妻家房 四谷本店 【 キムチ教室 】  @四谷三丁目
2月2日の土曜日、四谷三丁目の韓国料理屋さん「妻家房」で、今年2回目のキムチ教室がありました。キムチ教室は同じメニューで月2回開かれるので、その時の都合に合わせて参加するのが前半だったり後半だったりするため、今回のキムチ教室は前回のキムチ教室から2週間しか経っていません。前回お土産に持ち帰ったキムチをまだ食べ切っていないぐらい早い(笑)。
いつものとおり、少し早めに四ッ谷駅に到着し、交通費を節約するために四谷三丁目までてくてくと歩き、恒例になった(笑)ラーメンランチとして「支那そば 温洲軒」へ行きました。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は、お店のキムチ博物館のスペースで、午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。
できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。

茶

キムチ教室が始まる前に、温かいトウモロコシ茶をいただきます。香ばしくて美味しい♪

この日のレシピは、キムチが「セロリキムチ」で、韓国料理が「カムジャジョン」でした。
家に帰ってからレシピを整理していたら、この日の表紙のレシピをなくしてしまったので、今日はレシピの写真がありません(泣)。


【 セロリキムチ 】
生セロリ

まずは主役のセロリです。
妻家房で使う野菜はいつもとても質の良いものです。この日のセロリもでっかい!

キムチ材料

レシピではセロリは塩漬けしてから使わなければならないので、自分たちが実習するときは、時間を節約するために写真の上に写っている妻家房の工場で塩漬けされたセロリを使って作ります。

キムチ

最初に先生が見本で作ります。
セロリキムチは手順としてはとても簡単で、セロリを塩漬けにし、ヤンニョンを作ってタマネギやニラなどの野菜と一緒に揉み込みます。出来上がったキムチはキムチ壺へ。うーん、美味しそう♪

混ぜる

さて、実習に入ります。
まずはヤンニョン作り。すりニンニク、すりショウガ、イワシのエキス、アミの塩辛、唐辛子、砂糖、いりごま、水飴を念入りに混ぜ合わせます。唐辛子の赤味がだんだんと艶っぽい色合いになります。

魚

アミの塩辛の中に小魚を発見! こんなこともあるんですね~。
ほとんど姿形を意識しないアミに比べ、あまりにも大きくて存在感が生々しいので、必死にヤンニョンを混ぜ合わせますが、塩漬けしているはずなのに形が崩れず、かき回すたびにピカピカしたお魚とご対面(泣)。柳先生に聞いても、「だいじょーぶ、だいじょーぶ」。ホントですか?!

セロリ

柳先生がデモンストレーションしながら塩漬けしたセロリです。
だいぶ水が出てきてしんなりし、ツヤツヤと輝いています。

持ち帰り

出来上がったセロリキムチを、持ち帰るために一人分ずつビニールに詰めます。写真だと少なく見えますが、セロリだけで一人200~300gあるので、かなりな分量です。
セロリキムチは酸味が出ると美味しくないので、あまり長持ちせず、遅くても1ヶ月以内に食べきるのが良いそうです。
作った次の日に友人宅に持っていったところ、唐辛子の辛さと水飴などの甘さがあいまり、とっても美味しくて大好評! 白菜キムチよりはだいぶ作りやすいので、これはぜひ自宅でもチャレンジしないと!


ニンニク

キムチ作りの実習が終わり、片付けていたら、料理教室のそばで妻家房のスタッフの方がたっぷりのニンニクをすりこぎで潰していました。これ全部をすり鉢を使って手ですり潰すなんて、大変!

潰す

妻家房で使うニンニク・ショウガは、基本的にすり鉢で潰したものが基本です。すり下ろすと粘りが出てしまうし、すり潰したものの方がしっかり香りが出るとか。まとめてすり潰し、冷凍しておくといいそうです。


【 カムジャジョン 】
材料

今日の韓国料理は「カムジャジョン」。
カムジャ=ジャガイモ、ジョン=チヂミだそうで、ジャガイモのチヂミです。
日本では「チヂミ」という名前が一般的ですが、これは方言で、普通は「ジョン」といいます。「ジョン」はフライパンで焼いたもの全てを指すそうです。

混ぜる

すり下ろしたジャガイモに小麦粉と米粉を入れて練り込み、塩を加えます。生地が出来たら、みじん切りにしたタマネギ、ニンジン、ニラを入れ、さらに割りほぐした卵を加えます。彩りがとってもキレイ♪
中に入れる野菜は、カボチャ、サツマイモ、長ネギ、万能ネギも美味しいそうです。

焼く

熱したフライパンで焼きます。大きく一枚で焼いても良いし、一口大で焼いてもいいそうです。
ジャガイモは焦げやすいので要注意。ネギチヂミなどと違い、パリッとさせない方が美味しいとか。

試食

完成です!
醤油、酢、唐辛子、ごま油、いりごまで作ったタレを添えていただきます。

アップ

タレはあっさりとした感じで、それ程辛くありません。
「カムジャジョン」はモチモチとした食感で、とっても美味しい♪ もっと食べたい~。
生地を作るのにすり下ろしたジャガイモに小麦粉と米粉を加えましたが、小麦粉だけでも米粉だけでもいいそうです。ただ、両方入れた方が美味しいそうです。また、すり下ろしたジャガイモの水気をしっかり切れば、ジャガイモだけで生地を作ってもオッケーだそうです。その際は、切った水の中にデンプンが沈んでいるので、デンプンをジャガイモに戻すとのこと。


この日のレシピはどちらも難しくないのに美味しくて、ぜひともおうちで再現したいと思いました。
この日をもって、2007年下半期のスケジュールが終了。今期は臨時キムチ教室や韓国のイベントに参加させていただいたり、何かと楽しい半年でした。今年もぜひキムチ教室に通いたいのですが、のんびりやさんの妻家房は、なかなか今期のスケジュールが出てきません。。


2008年2月2日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話:03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2008/02/29 09:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【 閉店 】 支那そば 温洲軒  @四谷三丁目
2012年5月27日追記

「なおじ」はリニューアルオープン後、1年ももたずに閉店しました。

DSCF1914_20130524213231.jpg
跡地には、2012年6月30日に「塩つけ麺 灯花」がオープンし、2012年7月7日にランチ訪問しました。

****************************************

2013年2月26日追記

「もぐら」は2011年4月に閉店しました。

DSCF2460.jpg
跡地には、2011年6月24日に「とんこつラーメン なおじ」がオープンし、2011年11月19日にランチ訪問しました。


***********************************

2013年2月26日追記

「温洲軒」は2009年10月10日に閉店しました。

2010_0220画像0133
跡地には、2010年2月3日に「つけ麺・中華 もぐら」がオープンし、2010年2月20日にランチ訪問しました。

***********************************

2009年11月9日追記

 2009年9月18日付市ヶ谷経済新聞によれば、
 昭和40年創業のこちらのお店が、2代目店主の体力の限界により、
 2009年10月10日頃閉店するとのことです。
 自分では現地を確認していませんが、記載しておきます。

***********************************

ラーメン

2月2日の土曜日、2週間ぶりのキムチ教室だったので、いつもと同じく少し早めに四谷三丁目へ到着し、ラーメンランチをしました。四谷三丁目のラーメン屋さん巡りは、キムチ教室と同じくらい、自分の中では楽しみになっています(笑)。

店

地下鉄丸の内線四谷三丁目の駅から四谷三丁目交差点に出て、外苑東通りを靖国通りに向かって緩やかに坂を下っていくと、通りの右側に「支那そば 温洲軒」「らぁめん赤道」「一心ラーメン」とほぼ一直線に三軒のラーメン屋さんが並んでいる激戦地区があります。

看板

「一心ラーメン」は夜からの営業なのでなかなか食べることが出来ませんが、「らぁめん赤道」は昨年10月20日に食べに行きました。残りの一軒「支那そば 温洲軒」へは、前回のキムチ教室の時に行ってみたのですが、残念ながら月に1度しかない土曜日のお休みにあたってしまい、「らーめん 大陸」へ行きました。今日はリベンジ!

日程

この日は無事、営業していました(笑)。後から知ったのですが、こちらのお店の女将さんがブログをやっていて、そこで営業日を確認できるようです。

外メニュー

ラーメン類は全部で5種類。550円~800円と、お値段も手頃です。
座席の後ろがとても狭くて人が通ることが出来ないので、女将さんがお店の外に立って、空いている席の後ろの扉を開けて席に誘導してくれます。

卓上

店内はカウンター6席のみです。一番左端の席に座ったので、お店をゆっくり眺められて楽しかったです。
隣にある「らぁめん赤道」と同じく、外見はまるでバラックのような建物(失礼!)ですが、
店内はこぎれいで、卓上は清潔・シンプルに整えられています。

店内メニュー

入店は午後1時頃で、お昼時なのでひっきりなしにお客さんが出入りしていて、ほぼ満席な状態が続いていました。
客のいるスペースも狭いですが、調理場も負けないくらい狭くて、店主はカウンターに潜り戸でもない限り外に出ることが出来ません。生餃子は別の場所に置かれているようで、注文が入ると女将さんがカウンター越しに渡していました(笑)。


もやしそば  (700円)
ラーメン

お店の外の扉に、雑誌に紹介されているもやしそばの写真が貼ってあったので、こちらを選択。
一度に注文が立て込んだせいか、店主お一人で全てやるので出てくるまでに少々時間がかかりました。
たっぷりのもやしの下には、キャベツ、ニンジン、タケノコ、黒キクラゲが入っていて、少しとろみがつけてあり、とても身体が温まります。

スープ

澄んだスープは、とってもとっても優しい醤油味です。「懐かしい味のするラーメン」とはまさにこのこと。
普段は濃厚豚骨スープのラーメンを好んでよく食べているので、軽いカルチャーショックを受けるくらいでした(笑)。飲んだ後の締めの一杯とか、毎日食べられるラーメンですね。

麺

縮れのあまりない黄色がかった中細麺は、硬めに茹でられていて、ボリュームは普通です。

チャーシュー

バラ肉のチャーシューが1枚入っていて、お箸で持つと柔らかくて半分にちぎれてしまいました。

空

優しいお味のスープだったので、すっかり飲み干して、ごちそうさまです。


こちらのお店は1966年に当時の文化放送の前にオープンしたとのことで、長い歴史を持つお店でした。記憶の奥に残る懐かしい味のするラーメンなのも納得です。餃子を注文する人が多く、隣の人はチャーハンと餃子という組み合わせで食べていたので、次回はサイドメニューを試してみたいです。


2008年2月2日訪問時お店DATA
**********************************
支那そば 温洲軒 (おんしゅうけん)
〒160-0007 
東京都新宿区荒木町8
電話 03-3357-3462
営業時間 11:30~15:00、18:00~21:00
定休日 日・祝 月曜日不定休(詳細はブログを
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/28 09:45】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(9) |
Trattoria Fiore Cusina Italiana (フィオーレ)  @麹町
2月1日の夜、この日は楽しい楽しい金曜日♪

昨年末、仕事がきっかけで市ヶ谷の会社の方と知り合い、ご近所どおし、お食事会をしましょうという話になりました。お店の選択を任されるという重大な使命をいただき、どこにしようか先輩とずいぶん迷いましたが、パスタを食べたいという先方さんの希望があったので、ランチで食べたときの印象もよく、ネットでの評判もよかった麹町の「Trattoria Fiore Cusina Italiana」(トラットリア フィオーレ)に決定。

看板

地下鉄麹町駅から旧日本テレビのところにでると、角のところにインド料理のアジャンタがあり、
その隣のビルの地下にあります。
昼も夜も、赤い屋根と緑色の看板がとても色鮮やかで目立っています。

店入口

地下に続く階段の前には、メニューが置かれ、ワインが積まれています。

入口

細い階段を降りていくと、お店の入口の扉に出ます。
壁にはポストカードや切り抜きがたくさん貼ってあります。

卓上

店内は少し暗めの照明でしたが、イタリアンのお店らしくすでにかなり賑わっていて、8割方のテーブルが埋まっていました。
フロアスタッフの女性はとても感じが良く、伝票をとらずにオーダーを記憶しているのはすごい。

生ビール 中ジョッキ (630円)
ビール

喉が渇いていたので、私はまずはビールで乾杯! キリンの一番搾りでした。
グラスをしっかりと凍らしているので、キンキンと冷たくいただけて、シアワセ。

カシス

こちらはサングリアなんですが、逆光になってしまい、色が真っ暗になってしまいました。残念。

メニュー↓
メニュー14

メニュー13

メニュー12

メニュー11

メニュー10

メニュー9

メニュー8

メニュー7

メニュー6

メニュー5

メニュー4

メニュー3

メニュー2

メニュー1


パン

パンと、パンに隠れてほんのちょっとしか見えていませんがグリッシーニが出てきました。一緒に添えられているのはバターではなく、ランチでも出てきたチーズスプレッドです。
グリッシーニはポリポリと囓る食感が楽しく、塩気がきいていて、おつまみにピッタリ。


おまかせ前菜盛り合わせ 5品  (1365円)
前菜

実はこちらの一品は、隣のテーブルでサーブされていた華やかな一皿に目を奪われ、店員さんにメニューを確認した上での注文。まるで海外旅行中の指さし注文です(笑)。
ボリュームたっぷりの前菜の盛り合わせは、生ハーブがふんだんに盛り込まれてとても華やか。
ランチをいただいたとき、生ハーブの使い方が印象的でしたが、ディナーではそれ以上にたっぷりと添えられていて、嬉しくなっちゃいました。

生ハム、ハム、サラミ
ハム

生ハムは柔らかくて塩加減もよく、ビールにぴったり!

カポナータ(冷製)
ラタトゥイ

いわゆるラタトゥイでしょうか。たくさんの種類のお野菜が煮込まれ、コクがあって美味しい。

高知産米茄子のマリネ
ナス

巨大なハーブの影に隠れてしまい、米茄子が見えませんが、揚げられた茄子はジューシーで、しっかりマリネされていて酸味がきいてさっぱりと食べられました。

合鴨のスモークとキノコのマリネ
鴨

合鴨のスモークは柔らかく、しっかりとした味付けでした。

オリーブ
オリーブ

上のオリーブは、親指ぐらいありそうなでっかいオリーブでした。

北海道産水ダコのマリネ
タコ

水ダコは柔らかく、マリネの酸味はそれ程ではなかったですが、味付けはしっかり。

私の前菜

前菜は一つ一つのボリュームがとてもあるので、とりあえず最初にこれだけお皿に取りましたが、まだまだたくさんあります。
どのメニューにも生ハーブがたっぷりと添えられ、味付けがしっかりしていて、とても好みです。

グラスワイン (白)
白

前菜だけでビールを美味しく飲んでしまったので、グラスワインの白をオーダー。


じゃがいものニョッキ(ゴルゴンゾーラと生クリーム)  1417円
ニョッキ

ニョッキは手作りだと思いますが、とてもモチモチしていて、噛むとむにゅーっとした食感が心地よくて美味しかった

私のニョッキ

ゴルゴンゾーラのソースは、チーズの癖がきつすぎず、弱すぎずでとても食べやすく、チーズの美味しさをたっぷり堪能。


渡り蟹のスパゲッティ (トマト・生クリーム)  1365円
パスタ

こちらのお皿がサーブされたとき、一同思わず歓声。
渡り蟹のスパゲッティは小さいサイズを注文したのに、渡り蟹がお皿を覆う大きさでビックリ。

私のパスタ

パスタは細く、アルデンテに茹でられ、さっぱりしたトマトソースにカニの旨みがしっかりとのっていて、とても美味しい~
渡り蟹の身もしっかりつまっていたので、蟹フォークを使って蟹肉も堪能。

四種チーズのピッツァ ゴルゴンゾーラetc(トマトソースなし) 1417円
ピザ1

ピザは運ばれてきたとき、チーズの良い香りが漂いました。

ピザ2

たっぷりのチーズは癖の強いものもなく、美味しかったです。
ただ、パスタ2品とピザがほぼ同時に来てしまったので、一番最後に食べたピザはちょっと冷めかけだったのが残念。もうちょっとずらして出てくると嬉しかったです。


若鶏のグリル キノコのソース・マルサラ風味 (1680円)
鶏

まだおなかに入りそうだったので、セコンドで若鶏のグリルを注文。
大きな鶏肉が見えないほどシメジやマイタケがたっぷりとのせられていました。

鶏・皿

一人分を盛りつけてもたっぷりなのがわかります。お肉だけでなく野菜もたくさん添えられているのが嬉しいです。お肉はこんがりと香ばしく焼かれていて、とても柔らか。


メニュー(デザート)↓
ドルチェ1

ドルチェ2

メニュー(ドリンク)↓
ドリンクリスト



カプチーノ (577円)
カフェ

私が注文したカプチーノはとってもかわいい、少年の顔が描かれていました♪ 感激です。
飲むのがもったいなくて、しばし眺めていました。同じようなメニューなのに、先輩がオーダーしたカフェラテにはなし(笑)

カフェ モカ
モカ

こちらにはたっぷりの生クリームとチョコレートのトッピング。美味しそう♪

作ってからしばらく忘れられちゃったんでしょうか、見た目はとても楽しめたんですが、残念ながら三人ともコーヒーが冷めかけていました。ちょっとガッカリ。


ドルチェ盛り合わせ5品(3~4人前) 1785円
デザート盛り合わせ

一緒に行った方が甘いものが大好きな方だったので、デザートの盛り合わせを注文しました。
前菜の盛り合わせと同じく、5種類のドルチェはボリュームたっぷりで、色合いがとても華やか。
アイスはイチゴとバナナがついて、さっぱり食べられました。

ティラミス

まずはティラミスからいただきました。しっかりとした甘さです。

抹茶

こちらはティラミスにたっぷりの抹茶をかけたもの。ティラミスの甘さがはっきりしているので、抹茶の苦みはそれ程感じませんでした。

マンゴー

カボチャのプリンはさっぱりとした甘さでカボチャの味がしっかり出ていました。
この日の盛り合わせでは、私はこれが一番気に入りました。

ショコラ

チョコレートケーキにはたっぷりの粉砂糖がふりかけられ、生クリームが添えられています。

アイス

アイスクリームにはイチゴとバナナが添えられ、ベリーソースがかかっていました。

デザート・取り皿

デザートは前菜の盛り合わせと同じく一つ一つのボリュームがしっかりとあるので、3人それぞれたっぷりと食べることができました。


ぐるなびのクーポン券を忘れるという痛恨のミスをしてしまいました(泣)が、この日のお会計は3人で合計16000円弱。一人あたり5000円ちょっとだったので、コストパフォーマンスはとても良かったです。
目新しいメニューはそれほどありませんが、パスタの美味しさがとても印象的に残りました。
メニュー一つ一つのお味がしっかりしていて美味しく、ボリュームがあるので、人数が多ければ多いほどリーズナブルに楽しめるお店だと思います。

美味しい食事に話も弾み、4時間以上話し込んでしまい、とっても楽しいお食事会でした。

ごちそうさまで~す!


2008年2月1日訪問時お店DATA
********************************
Trattoria Fiore Cusina Italiana 
(トラットリア フィオーレ クッシーナ イタリアーナ)
〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地11 ニューテシコビルB1F
TEL 03-3264-3928
FAX 03-3264-3928
営業時間 11:00~0:00
定休日 日曜
地下鉄麹町駅 徒歩1分 JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩5分

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2008/02/27 09:45】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(2) |
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店  @お届け
2月に入って最初のランチは、残念ながら外に出ることとが出来なかったので、四ッ谷駅すぐ隣のグリーンマートの地下にある「お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店」からお弁当を届けてもらいました。
1月11日に洋風幕の内弁当1月16日にそぼろ弁当を食べていて、2週間ぶり、今年既に3回目になります。

最近の宅配のお店は、一度注文したことがあると電話番号や名前を登録してくれて、二回目以降に注文するときだいぶ手間が省けますが、シローズはそのような対応がないので、ちょっと面倒です。電話で注文を受けて下さる方も、既におなじみさんになっているようで、「いつもありがとうございます」的に言ってくださるだけに残念。

容器

わかめご飯弁当は、シローズの中ではお安い価格(550円)なので、その分、容器もチープです(笑)。これは仕方ないですね。


わかめご飯弁当 (550円)
全体

わかめがふりかけられたたっぷりのご飯にコロッケ、きんぴらゴボウ、千切りキャベツ、かまぼこ、卵焼き、ポテトサラダ、お新香、そして、コロッケの影にほとんど隠れてしまっていますが、スパゲッティが少し、というラインナップになっています。

きんぴら

きんぴらゴボウは薄めの味付けで、ちょっと水分を多く含んでいるのか歯ごたえが柔らかです。
お新香は鮮やかなオレンジ!

わかめご飯

本日のお弁当のメインであるわかめご飯は、見た目はそれ程たくさんのわかめがのっかっているわけではないですが、塩味がしっかりときいていて、食べてみると存在感があります。わかめご飯そのままでも食べることができて、美味しい。

コロッケ

卵焼きはほんのりと甘かったです。コロッケが大きい!

コロッケ断面

コロッケは、ジャガイモが粗く刻まれて入っているので、つぶつぶ感を感じられ、ほんの少し甘みあって美味しい。


手ごねハンバーグ弁当 (650円)
ハンバーグ

こちらは先輩のチョイス。大きなハンバーグが美味しそう。3種類あるソース(トマトソース、デミソース、和風ソース)のうち、この日は和風だったと思います。


今日の「わかめご飯弁当」は初めて食べたメニューでした。
揚げ物がたっぷり詰まったシローズのお弁当の中では珍しく(笑)ヘルシーでお値段も手頃なメニューですが、その分、ボリュームはやや少なめになります。
ただ、わかめご飯はとても気に入ったので、他のお弁当でもプラスでいくらか支払ってわかめご飯にしてくれるといいのにな、と思いました。


メニューです↓
メニュー7

メニュー6

メニュー5

メニュー4

メニュー3

メニュー2

メニュー1



目指せ!全メニュー制覇(日替わり弁当を除いてだけど)

おろしロースカツ弁当(平成19年10月1日)
ヒレかつ弁当(平成19年9月6日)
手ごねハンバーグ弁当
鶏唐揚弁当
わかめご飯弁当(平成20年2月1日
ヒレカツカレー(平成19年7月18日)
のりから明太子弁当(平成19年10月10日)
ハンバーグカレー(平成19年12月19日
和風幕の内弁当
洋風幕の内弁当(平成20年1月11日
ハンバーグ・唐揚弁当(平成19年8月2日)
唐揚・エビフライ弁当(平成19年11月12日
焼肉・コロッケ弁当(平成19年10月25日)
そぼろ弁当(平成20年1月16日
お好み弁当(平成19年9月10日)

~日替わり弁当~
日替り弁当
日替りお魚弁当
日替り焼肉弁当


2008年2月1日宅配時お店DATA
****************************
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5 グリーンマート地下1階
TEL&FAX 03-3226-0407
営業時間 10:00~18:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/26 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(0) |
【撤退】 BERO KITCHEN (ベロ キッチン)  @お弁当
2012年10月26日追記

警察の取り締まりが厳しくなった後も、場所を変え、メニューも変えてたまに販売に来てくれていた「ベロキッチン」でしたが、次第に見かけなくなり、2011年2月17日のランチが最後になりました。
店主さんは世田谷区深沢で「洋食シカタ」というお店を出しているので、いつか食べに行きたいです。

**************************************

オムレツ

1月31日のランチは、木曜日だったので、迷わず「BERO KITCHEN(ベロ キッチン)」のお弁当を買いに行くことになりました。最近は11時半ぐらいから並ぶらしいという話を聞いていたので、先輩は12時ジャストに会社を出て行ったにもかかわらず、なかなか帰ってこない。。
なんでも、パスタを10人前注文した人がいたらしく、列が全く進まなくなってしまい、店主が注文をさばいている間にもどんどん人が並んでしまったそうですが、結局買うことが出来なかった人がたくさんいたとか。並んでいる人たちから大顰蹙をかい、さすがに注文した人も申し訳なさそうだったそうです。ともあれ、寒い中での行列、本当にご苦労さまでした。

車

ワゴン車が止まる場所は「サファリカレー」と同じ日本大学大学院前です。
市ヶ谷駅から日テレ通りの坂をのぼり、ローソンのある交差点を右に曲がります。
以前ご紹介した「五番町 祭り屋 ステーキハウス」「鳥珍 市ヶ谷店」を越えたもう少し先です。
日本大学大学院を越えてさらに進むと「京旬菜 塁菜 Rui-Sai」があります。

看板1

この日のメニューは「Omlet Rice with beef stroganoff オムライス ビーフストロガノフソース」(600円)と「Meat Sauce ミートソース」(600円)、「Chicken Curry 洋食屋のチキンカレー」(600円)の3種類でした。
「Meat Sauce ミートソース」(600円)には、50円アップした「Meat Sauce ふわふわ卵のせミートソースミートソース」(650円)もあります。
写真には写っていませんが数量限定でサービスサラダがあり、大盛りは100円増しになります。

看板2

ベロキッチンの店主曰く、水曜日と金曜日に「サファリカレー」がやってくるので、敢えてこの場所ではカレーを売らないようにしていたところ、常連さんから「カレーが食べたい」という希望が多く、最近「チキンカレー」を出すようになったそうです。前回1月17日のランチで初めて食べましたが、今日もメニューに入っていました。


Omlet Rice with beef stroganoff オムライス ビーフストロガノフソース (600円)
全体

1月17日のランチ以来、2週間ぶりに今年2回目の「BERO KITCHEN(ベロ キッチン)」です。
この日は、ホントは久しぶりにパスタを食べたかったのですが、大口注文騒ぎでオムライスしかメニューが残っていませんでした。

コールスロー

サービスサラダのコールスローです。とてもさっぱりしていてお口直しにぴったり。

オムレツ

オムレツは、卵を一人前二個とたっぷり使い、かなり半熟に近くてふわっふわっ♪です。
この日のデミグラスソースは、いつにも増して、とっても美味しかった! ほんのり甘く、コクがあります。お料理がだんだんと美味しくなっていくのはすごく嬉しいです。

アップ

ご飯の盛りがいいので、全体のボリュームも多いです。男性ファンが多いのも頷けます。
ただ、ルーとご飯の量を調整しながら食べないと、ちょっとご飯が残り気味になってしまいます。

中身

ご飯はローズマリーか何かハーブを一緒に炊き込んであるようで、先輩は残念ながら苦手とのこと。自分はハーブ入りであることに全然気付かなかった(汗)のですが、この日、ローズマリーのかけらが口の中に残ったので、入っていることは間違いないです。。


この日の大口注文騒ぎにはさすがに店主も参っちゃったようで、大口のお客さんは断るか、予約を入れてもらうようにするか、検討するとの話だったそうです。以前、サファリカレーでも同じようなことがあったので、美味しくて人気があるお店ゆえの悩みですね~。
この日も美味しくおなか一杯になりました♪


~ ベロキッチンの美味しいメニュー ~
 ◎ ふわふわ卵のせナポリタン(平成19年9月20日
 ◎ ふわふわ卵のせミートソース(平成19年9月27日同年11月1日
 ◎ オムライス(平成19年10月11日同年12月13日平成20年1月31日
 ◎ ハンバーグステーキ(平成19年11月15日
 ◎ チキンカレー(平成20年1月17日


2008年1月31日購入時お店DATA
*******************************
BERO KITCHEN (ベロ キッチン)
場 所 日本大学大学院前
営業日 木曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/25 09:00】 | オムライス | トラックバック(0) | コメント(0) |
インド料理 Mumbai 四谷店  @四谷
1月30日のランチは、上司と先輩と三人でしんみち通りに出かけました。上司はいつも行っているお店ではつまらないらしく、しばらくしんみち通りをウロウロしていたのですが、「インド料理 Mumbai (ムンバイ)」の看板を見つけ、ビルの中に入りました。カレーは大好きですが、エスニック系となるとそれ程スパイスに強くない上司にしては、思い切った選択です。

ビル

JR・地下鉄四ッ谷駅を出て、しんみち通りの左側、通りの真ん中辺りにあります。

看板

お店はビルの2階にあり、しんみち通りにはこちらの看板だけが出ているので、ちょっと見つけにくいかもしれません。
こちらのお店の、「日本で一番インドに近いインドレストラン」という標語がいいですね。 

本日メニュー

本日のカレーは「じゃがいもとチキンカレー」ナンまたはライス、サラダがついて850円。
ドリンクは200円でいただけるようです。

壁

ビルに入り、2階まで階段で上がります。
中に入ってから気付きましたが、このビル、新宿通り側からも入れます。新宿通り側にもお店の看板が出ていて、1階の文房具屋(だったかな。。)を通って奥にある同じ階段を使います。

入口

2階に上がると、インドの国旗が飾られた小さな入口があります。

夜メニュー

入口の右手には、夜のメニューが置かれていました。文字が小さすぎて見えません。失礼!

テイクアウト

入口の左側にはテイクアウトの案内があります。お持ち帰りランチは全て750円で、ナンかライスで選択できるようです。サイドメニューにタンドゥーリチキンがあるのが良いな。美味しそう。

店内1

入口の扉の小ささからは想像できないぐらい店内はとても広く、しかもオシャレな内装になっています。印象深い濃いブルーの壁に、絵が掛けてあったり、小物が飾られています。

店内2

新宿通り側の窓側には巨大なテレビ画面が置かれていて、映像が流されていました。私たちは入口近くのテーブルに通されたので、よく見られなくて残念。
店内はクミンの香りが漂っています。

メニュー1

ランチメニューは、本日のカレーを含めてカレーが6種類、全て850円です。
それぞれに唐辛子マークが付いていて、本数が多くなるほど辛いことがわかります。

メニュー2

カレー単品の他に、レディーススペシャルセット(980円)と2種類のカレー&バーベキュー(1200円)があります。
ホントは、カレーを2種類食べられるレディーススペシャルセットが食べたかったのですが、上司の奢りだったので、大人しく(笑)、唐辛子マークが唯一3本ついていたラムカレーを選択。

水

お水とサラダが一緒に出てきます。水の入っているコップが銅製でとってもステキ。

サラダ

サラダはレタス、コーン、トマトの他に、ラディッシュ(?)のような赤身のあるお野菜が少し。

Lamb Curry (ラムカレー)
カレー

次にカレーが出てきます。うーん、辛くて、美味しそう!

ナン

最後に、焼き立て熱々の巨大なナンが出ています。でっかい!

アップ

バターの香りが漂います。どこからちぎって良いかわからないほど大きくて、いざ、つかんでみると手に持てないくらい熱いです。
そのままナンだけ食べると、塩味があって、ほんのり甘くて美味しい♪

セット

全体完成図はこんな感じです。ナンが巨大なのがよくわかります。

肉

カレーのルーも量がたっぷりありますが、ナンがあまりに大きいので、気をつけて食べないとルーが先になくなってしまいそうです。事実、先輩は足りなくなってしまいました。
スパイシーな辛さで、ラムはゴロゴロと入っていて、とっても柔らかいです。

Today’s Curry (本日の日替わりカレー) じゃがいもとチキンカレー
本日

本日のカレーは、具沢山で、辛さが控えめで、ココナッツミルクかクリームが入ってまろやかな味わいだったそうです。


焼き立て熱々の香ばしい巨大なナンがとても美味しく、店内もキレイで、お値段もお手頃(私は払っていませんが。。)で、とても気に入りました。次回はレディーススペシャルセットか2種類のカレー&バーベキューを食べてみたいです。

個人的なインドカレー全般の感想ですが、日本のカレーやタイカレーと違って、インドカレーって辛口にすればするほど、調合されたスパイスの強さが際立ってきます。決して美味しくないわけではないのですが、どのタイプのカレーを食べても似たような辛さになってしまう印象があります。
何が何でも一番辛いメニューをオーダーすることが多かったですが、インドカレーの場合にはルーの素材や具の種類で選んだ方がいいかな、と思う今日この頃です。


2008年1月30日訪問時お店DATA
********************************
インド料理 ムンバイ 四谷店
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル2F
電話 03-3350-0777
営業時間 
[昼]11:00~15:00 
[夜]17:00~23:00
定休日 年末年始 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/22 09:00】 | インド | トラックバック(1) | コメント(8) |
レストラン 花咲き山  @四谷
1月29日のランチは、先輩と久しぶりに新規開拓してきました。5日前の1月24日にチャレンジしましたが、既に満席だったので入れなかったフレンチ「レストラン 花咲き山」(はなさきやま)へもう一度チャレンジ。この日は12時ジャスト(実は、ちょっと早かったかも。。)に会社を出ました。

店

JR・地下鉄四ッ谷駅から四谷口を出て三栄通りに入り、ずーっとまっすぐ進んだ右側です。

扉

扉に飾られたリースがとってもカワイイ♪
1月24日に来たときは、お店に入った途端、マダムから「もう一杯です。」と素っ気なく言われてしまい、がっかりして「四川料理 心技亭」へ行ったのですが、この日は会社を早く出た甲斐あって、3組目か4組目で入れました♪

インテリア

お店自体はこじんまりとしていますが、店先にはたくさんの植物などで可愛らしく飾られていて、センスの良さを感じます。

外メニュー

ちょっと文字が見えにくいですが、お店の外にはメニューが出ています。ディナーメニューの上にランチメニューのボードが重ねて置いてあります。

夜

こちらも同じく外に出ているディナーメニューです。
夜のお食事のコースは3465円と、フレンチレストランなのにとてもお手頃です。

メニュー3

店内は入口から細長く広がっていて、テーブル席が並んでいます。
お店に入ったら、すぐ右手にコート掛けがあるので、そちらに上着を預けます。

メニュー4

私たちが座った席は、お店に入ってすぐ左手にある席だったので、道路に面していて太陽の光があたり、とても気持ちのよい場所でした。三栄通りを歩く人やお店のメニューをのぞき込んで検討している人を見ているのはとても楽しいです。
テーブル席は小さめです。

メニュー1

卓上にはメニューは置かれておらず、マダムがも持ってきてくれます。
夜のメニューだけでなく、ランチメニューもとてもお手頃で、全てスープ・サラダ・ライスが付いて、800円が3種類、850円と900円が1種類ずつ、合計5種類から選べます。明太子生パスタはプラス50円で大盛りにできます。ライスの大盛りは無料でお願いできるようです。

メニュー2

月・水・金は、ライスが古代米になるようです。この日は火曜日だったので普通のライス。残念!
プラス200円で今月のサービスデザートや珈琲・紅茶の飲み物がつけられるようで、お得です。
ランチタイム(12時から1時)は禁煙です。

箸

お店オリジナルのお箸がテーブルに置いてあります。紫を基調にしたデザイン、ステキです。

箸付き

まずはサラダが出てきます。お箸でいただきます。


サラダ
サラダ

レタス、トマト、コーン、ワカメが入っていて、彩りがキレイ。
フレンチレストランでワカメに出会うのは結構珍しい?!


スープ
スープ

ポタージュスープが入ったカップは、背が低くて底が広めなカップの形が面白い。
スープは、口当たりがとてもクリーミーで、少し甘めな味わいでした。


花咲き山ランチ  (900円)
セット

限定12食の本日のおすすめ(海の幸のつぼ入りパイ包み焼き)もとても美味しそうで悩みましたが、二人ともハンバーグとパスタが食べられるこちらのメニューを選択。

プレート

1枚のプレートの中に、和風ミニハンバーグ、生パスタ・サルサソース、デザートが盛り込まれていて、ナイフとフォークが組み合わせられて添えられています。


生パスタ・サルサソース
パスタ

生パスタはとても細いタイプで、アルデンテに茹で上げられていました。細いパスタなのに、生パスタらしく、とってももちもちした食感で、とっても美味しい♪ これは単品でオーダーしたいくらい気に入りました。
サルサソースはニンニクの香りとトマトの酸味をしっかりと感じられ、ほんの少しだけ唐辛子の辛さがあります。ソースの具はイカ、貝、トマトの小さい角切りです。味付けが濃いめなので、ちょっとご飯にかけて食べてみましたが、これもとても美味しかったです。

余談ですが、この界隈では美味しいパスタはありますが、美味しい生パスタはあまり出会ったことがありません。日テレ通りの市ヶ谷と麹町の間ぐらいに、美味しい生パスタ屋さんがあったんですが、ビルの建て直しに伴って閉店してしまい、とっても残念でした。


和風ミニハンバーグ
ハンバーグ

たっぷりの貝割れ大根と刻み海苔がのせられたミニハンバーグはコロンとした形でかわいい。
マイタケ、マッシュルーム、えのきなどが入ったキノコのソースでいただきます。

断面

お肉がみっちりと詰まっていますが、とても柔らかくて美味しかったです。


デザート
デザート

小さい器ながら、たくさんの種類のデザートが盛り込んであります。この日はライチ、キウイ、グレープフルーツのほかに、、

バナナ

さらに下にバナナが入っていて、全部で4種類もありました。グレープフルーツは切り込みが入っていてとても食べやすかったです。


今日チョイスした「花咲き山ランチ」はお手頃なお値段でいろいろ食べられるせいか、全体的なボリュームは少なめなので、たくさん食べたい方はライスを大盛りにした方が良いと思います。
サーブは少しゆっくりめなので、ゆったりと食事を楽しめます。

個人的に、一度のお食事で割り箸とナイフフォークのセットを両方使うので、ちょっともったいなく思いました。最初からナイフフォークを置いておけば、お箸を使わずに済むのでは。

あとでネット検索したところ、つぼ入りパイ包み焼きは人気メニューのようです。週に3日ある古代米も食べられなかったし、下調べはしっかりしないとなーと反省しました。次回はぜひつぼ入りパイ包み焼き+古代米の組み合わせで食べてみたいです。


2008年1月29日訪問時お店DATA
****************************
レストラン 花咲き山 (はなさきやま)
〒160-0008 
東京都新宿区三栄町6  小椋ビル1階
TEL 03-3355-6668
営業時間 
[昼]11:30~14:00 
[夜]18:00~21:30
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/21 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
1月28日、上司がランチに連れて行ってくれました。行った先は上司がお気に入りの「純広東家庭料理 嘉賓」(かひん)で、昨年12月25日に行って以来、約1ヶ月ぶりの訪問です。

外観

JR四ッ谷駅を四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にあるビルの2階にあります。

看板

こちらのお店は四谷界隈では老舗の有名店で、グルメ本にもよく登場します。「カキそば」と「水餃子」がとても有名です。

外メニュー

お店の外にその日のメニューが全て出ているので、その日の定食が何か、自分の好きなメニューがあるかが事前に確認してからお店に入ることが出来ます。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

酒ケース

階段を登りきったお店の入口の前にはショーケースが置かれていて、お酒が並んでいます。

入り口

やや古めかしい店内にはテーブルがギッシリと並んでいて、奥には座敷があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待っているとすぐに席が空きます。この日は自分たちが席についてちょうど満席でした。ラッキー♪

メニュー

ランチメニューは14種類と種類が豊富です。値段は700円~1500円で、そのほとんどが800円です。平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。


蕃茄肉片飯 (トマトと豚肉のうま煮かけご飯) 700円
定食

昨年9月28日にこちらに来たとき、先輩がこのメニューを食べていて、とても美味しかったと言っていたので、ずっと食べたかったメニューです。ようやく出会うことが出来ました♪
トマトと豚肉のうま煮かけご飯、スープ、杏仁豆腐です。

スープ

スープはいつも白濁した白湯スープでしたが、この日のスープはやや黒みがかっていて、胡椒の味がしていました。

トマト

ご飯の姿を確認できないほどたっぷりのうま煮がかけられていますが、ご飯のボリュームもかなりあります。豚肉は量が多くてお肉は柔らかです。卵は良い具合にトロトロ。しっかりした味付けですが、トマトの酸味がキチンと利いていて、とてもさっぱり食べられます。先輩の言うとおり、これは美味し~い♪ お気に入りのメニューになりました。
写真を整理したときに気付いたのですが、前回先輩が食べた時は、豚肉が少しでトマトがたっぷりでした。今回は豚肉がたっぷりでトマトが少し。これは、トマトの仕入れ値で決まるのでしょうか(笑)。

ザーサイ

同系色なのでうま煮に溶け込んでしまっていますが、ザーサイもたっぷりと添えられています。
さっぱりしてそれ程塩気がきつくありません。

デザート

この日の杏仁豆腐は、フルーツの姿がほとんど見あたらず、その代わり、杏仁豆腐がてんこ盛りで入っていました。いつもどおり美味しく、さっぱり、つるるん♪

杏仁

杏仁豆腐をよく見てみると、カットがバラバラで一つ一つの大きさにかなり違いがあります。
大きいものはスプーンにのりきらないほど! 手作り感が伝わります。

黄桃

黄桃を発見しましたが、ぺらぺらの薄いカットが一枚っきり。。 
今日は杏仁豆腐をたっぷり楽しむ日のようです。


ずっと食べたかったメニューをこの日食べることが出来て、大満足です。
美味しいし、お値段も安いし、おなか一杯になったし、言うことなしのランチでとってもしあわせ♪


2008年1月28日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2F
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 11:00~14:00  17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/20 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(10) |
【閉店】 サファリカレー  @市ヶ谷
2013年11月25日追記

「サファリカレー」は2013年10月23日をもって営業終了となりました。
店主さんは料理人を辞め、サラリーマンになるとのことです。
大好きなカレーだったので、とってもとっても残念!!

DSCF6328_2013112108073479b.jpg
この場所には、2013年10月30日から「Cruisin’Diner(クルージン ダイナー)」というお店がやってきて、2013年11月6日に購入しました

*********************************

のっけ
1月25日のランチは、金曜日だったので、サファリカレーを買いに行きました。
1月9日に今年初めてサファリカレーを食べているので、今回で今年2回目になります。

車

ワゴン車が止まる場所はいつも同じで、「BERO KITCHEN」と同じ日本大学大学院前です。
市ヶ谷駅から日テレ通りの坂をのぼり、ローソンのある交差点を右に曲がります。
以前ご紹介した「五番町 祭り屋 ステーキハウス」「鳥珍 市ヶ谷店」を越えたもう少し先です。日本大学大学院を越えてさらに進むと「京旬菜 塁菜 Rui-Sai」があります。

メニュー1

サファリカレーは毎回70食分売っているそうですが、最近、カレーを買うための行列がとても長くなっています。上司と先輩と自分の分と、三人分を確保しないといけないので、売り切れがとっても心配。12時ジャストに買いに行くように心がけています。

メニュー2

メニューはサファリカレーのみで、サイドメニューが1品ついて500円です。
大盛りはプラス100円になります。
サイドメニューは、コールスロー、ゆでたまご、チーズの三種類の中から選びます。
プラス50円でサイドメニューを増やすことが出来ます。

容器

うっかりしていて、本日のサイドメニューは、前回と同じゆでたまごをチョイスしてしまいました。
絵的に前回と全く変わらず、つまらない。失敗した。。

サファリカレー+サイドメニュー(ゆでたまご) 500円
カレー

カレーのルーは、やや濃厚で、ちょびっとスパイシーです。深みのある味はとっても美味しい♪
この日はいつにも増して美味しかったです。だんだんと美味しくなっている気がします。 
トッピングでもうちょっと辛くする選択があると、最高なんだけどなー。店主にぜひお願いしたい。

のっけ

ご飯は普通盛りでも結構量があるので、食べているとルーがやや足りなくなることがあります。最後にご飯が余ってしまわないよう、気をつけて食べるようにしてしまいます。

オン

トッピングはゆでたまごにするかチーズにするか、いつもとても悩みます。ゆでたまごにするとボリュームアップで満腹感が高まるし、チーズにすると味の変化をとても楽しめます。健康を考えればコールスローにしてお野菜を食べた方が良いのでしょうが、三人とも自ら好んで選択しないところに性格が出てしまいます(笑)。

卵

ゆでたまごは冷たいので、ルーに沈めてしばらく置いておいて、温まってから食べると美味しいですが、そうするともともとあまり高くないルーの温度が早く下がっちゃうのがちょっと残念。
ルーがもうちょっと熱々だと最高なんですが、やっぱり設備とかの関係で難しいのかなぁ。

人参

サファリカレーに入っている具は、お肉、ニンジン、セロリです。
ジャガイモが入っているのを見たことありません。

肉

具はどれも大ぶりにカットされていてゴロゴロと入っていますが、その日にどんな種類が入っているかは、運次第。この日はお肉がたっぷりで、幸せ♪


このブログでのサファリカレーの紹介も既に9回目となり、目新しい情報をお伝えすることはなかなか難しいですが、500円というお値段でいつも美味しく食べられるサファリカレーは、大好きなお弁当の一つです。


2008年1月25日購入時お店DATA
***********************
サファリカレー
移動ワゴン車での販売
場   所 日本大学大学院前
営業時間 
 水曜日・金曜日
 最近かなり並びます。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/19 09:00】 | カレー | トラックバック(2) | コメント(0) |
四川料理 心技亭  @四谷
セット

1月24日のランチは、三栄通りの奥にあるフレンチ「レストラン 花咲き山」へ行ったのですが、一足遅く既に満席だったので、三栄通りをてくてくと戻り、「四川料理 心技亭」(しんぎてい)へ行きました。

店先

JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、通りの中程、左側にお店があります。
同じ中華料理「純広東家庭料理 嘉賓」の少し奥です。

ビル

三栄通りには、一つ上の写真のようにお店のメニューや看板が出ているのですが、ビルが奥まったところにあるので、お店がどこにあるのか、少々わかりにくいです。

上看

看板に書かれた「2F」という言葉が黒で消されています(笑)。ネットで検索したところ、以前は2階にあったようです。私は数年前に一度訪問したことがあり、今回が2度目でしたが、最初に来たときから既に1階にありました。

看板

こちらの看板にも黒塗り部分がありますね(笑)。

ビル内

ビルに入って正面の壁に貼られたお店の案内の矢印に従い、右手に行くと、ビルの一番奥にお店があります。

店内メニュー1

店内はそれ程広くありませんが、テーブル席がぎっしりと置かれています。ほぼ満席で、4人席に相席になりました。

店内メニュー2

ランチタイムには「お得なランチセット」があります。(A)の欄にあるメインメニューと(B)の欄にあるサブメニューを一つずつ選択します。(A)のメニュー選択によってお値段が840円か890円になります。(B)のサブメニューの中には、デザートの杏仁豆腐や、グラスビールまで入っています。

外メニュー

こちらは外に出ているメニューですが、「お得なランチセット」のうち、日替わりでお値段がディスカウントされるようです。この日は木曜日だったので麻婆麺または麻婆丼。ただし、この写真を撮ったのは食べた後だったので、お安くなることは知りませんでした。残念。

店内メニュー3

もちろん、単品メニューもありますが、ほとんどの人がランチセットを選択していました。


(A)四川タンタン麺(辛め)+(B)小麻婆丼  (840円)
セット

せっかく「四川料理」と銘打っているお店なのだから、辛いメニューをオーダーしないと!
とても感じの良いフロアスタッフ方に伺って、一番辛いメニューの四川タンタン麺をさらに辛めでお願いし、サイドメニューには小麻婆丼をチョイス。

担々麺

表面の赤い油のような層はぬるいですが、下に入っているスープは熱々なので、良くかき混ぜていただきました。

挽肉

挽肉がたっぷり。
前回も全く同じ組み合わせで食べましたが、以前よりもスープに胡麻の風味とコクが加わり、私好みの味に変わっていました。ただ、辛さのパンチは乏しく、辛めでお願いしたのに、唐辛子が足りないのか、あまり辛くなかったです。

麺

ホワイトバランスがうまくいかなかったので、色がはっきりわかりませんが、麺は黄色みがかっていて、ほんの少し縮れた細麺でした。かなり軟らかめに茹でられていたのがとっても残念!

麻婆

小麻婆丼はご飯の量はそこそこですが、豆腐がたっぷり入っていたのでボリュームがあります。
花山椒が効いていて痺れますが、こちらも四川タンタン麺と同じく、辛さが足りない。

貼メニュ3

夜もお手頃なお値段で楽しめるようです。

貼メニュ4

こちらのお店ならボリュームたっぷりでいただけそうです。


麺の量が多く、ご飯もあって、とにかくおなか一杯になり、コストパフォーマンスは抜群です。
ただ、「四川料理」と期待してしまっていた分、辛さが足りないのがとても残念でした。むしろ、辛くないメニューをいただいた方が、お味的な満足感が高かったかもしれません。

相席で食べていた二人組のおじ様方が、私が「タンタン麺があまり辛くない~」と呟いていたのを聞いていたらしく、レジで「いや~、女性は辛いのに強いですね。」と言っていたそうです。見た目ほどには辛くなかったですよ!と声を大にして言いたい(笑)のですが、最近、フツーの人の辛さ感覚がわからなくなりつつ私です。。



2008年1月24日訪問時お店DATA
******************************
四川料理 心技亭 (しんぎてい)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 装美ビル1階
TEL&FAX 03-3351-4688
営業時間 
[平日]11:30~15:30(L.O.15:00) 17:30~23:00(L.O.22:00) 
[土曜]11:30~14:00(L.O.14:00)
定休日 日・祝
JR・地下鉄四谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/18 09:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(8) |
たん焼き 忍  @四谷
ゆで

このところ残業が多くて仕事ばかりの単調な生活が続いていたので、気分転換を兼ねて美味しいものを食べましょう!という話になり、1月23日の夜、先輩と四谷にあるタン料理専門店「たん焼き 忍」に行きました。

「たん焼き 忍」は、四谷では数少ない知名度の高いお店で、ぜひこのブログで取り上げてみたかったのですが、ディナータイムのみの営業なのでなかなかチャンスがありませんでした。

店

JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りをずーーっとまっすぐ進んだ先の右手にお店があります。
古民家を移築した造りになっていて、店内はカウンターとテーブル席になっています。テーブル席はかなり低くて膝ぐらいの高さしかありません。大きめのテーブルなので相席になります。

看板

7、8年前に一度訪問したことがありますが、今でも相変わらずの人気店で、雨にもかかわらずギッシリ満員でした。こちらの予約はちょっとシステムが変わっていて、5時から6時の間なら完全予約になるのですが、それ以降の時間で入れるとあくまで目安の時間となり、席が空くまで外で待つことになります。この日はお客さんが一回転しそうな時間帯を狙って7時半頃行ってみたところ、10分程で中に入れました♪

メニュー1

席にはメニューは置いていないので、店内に貼られているメニューを見てオーダーします。
こちらは飲み物のメニューです。
ビール、焼酎、ワイン、日本酒と、一通りなんでもありますが、総じてお高めです。


生ビール  (690円)
ビール

先輩はお酒が飲めないので、ソフトドリンクとビールで乾杯! 
喉が渇いていて、写真を撮る前に飲んでしまいました。。
ビールはアサヒのスーパードライ。生ビール690円は私的にはちょびっとお高い。

メニュー2

食べ物のメニューはこちらです。
「たん」のメニューがずらりと並んでいて、ワクワクします♪ 目指せ、全制覇!

メニュー3

あくまで主役は「たん」料理なので、「たん」以外のメニューは、肉じゃが、冷や奴、冷トマトなど、サイドメニュー的なものばかりです。

シメ

手ブレしてしまいました(汗)が、ご飯関係の締めのメニューです。


ゆでたん  (980円)
ゆで

ゆでたんの表面にはびっしりと胡椒がふりかけてあるので、胡椒の強く良い香りがしますが、実際に食べてみると胡椒の味はそれ程でもなくて、むしろ弱めの塩加減でシンプルに美味しいです。ふわふわな口当たりのワサビを付けるとちょうど良いくらい。タンは箸でほどける柔らかさで、うっとりするぐらい美味しい~


たんしちゅう  (1100円)
シチュー

「しちゅう」というメニュー名ですが、たんのデミグラスソースかけという感じです。デミグラスソースはさっぱり味で、こちらには辛子をつけていただきます。ゆでたんと同じく、こちらもたんはホロホロと柔らかです。


たん焼き  (1100円)
焼

店名にもなっている「たん焼き」です。外はかりっと焼き上がり、中はレアなピンク色を残しつつ、柔らかジューシーです。胡椒か何かぴりりと辛味がきいていました。
添えられたごまたっぷりの白菜のお漬物が白菜の甘みを感じてさっぱりとして美味しく、とてもタンに合います。単品で頼みたいぐらいでした。
断面

他のメニューもたくさん出ていたので、たん焼きを少し食べ残して時間を置いてしまったら、もったいないことに冷めて固くなってしまったので、たん焼きは必ず一番最初に食べないとダメですね。
最初の訪問の時、たん焼きをとても美味しくいただいたのですが、昨年、仙台の「利久」でとんかつのようにぶ厚いたん焼きを食べて大感動!したので、「忍」にもぜひ極厚たん焼きをメニューに加えて欲しいです。


塩漬けたん(右)&みそ漬けたん(左)盛り合わせ  (1100円)
盛り合わせ

お店の方に塩漬けたんとみそ漬けたんを注文したら、盛り合わせにしてくださいました。
いっぺんに両方のお味が楽しめるので、ラッキー♪


みそ漬けたん
味噌1

味噌の色が残っているのでしょうか、たんの縁が黒っぽくなっています。
こちらにはマスタードを添えていただきます。
味噌2

味噌の風味はあまりわかりませんでした。
タンの甘みは感じましたが、なんと表現して良いのか、ちょっと不思議なお味でした。


塩漬けたん
刺1

見た目は塩漬けとはわからず、タン刺しのように鮮やかなピンク色です。
こちらはレモンを搾っていただきます。
刺2

パッと見にタンの角が立っているので、少し凍っているのかな?と思ったんですが、そんなことは全くなく、とても柔らかで、タンの甘み、旨みを感じて、とっても美味しい
レモンをかけなくても、問題なくさっぱりいただけます。


生姜煮  (680円)
土手煮

こちらは注文したらあっという間に出てきました。最初の一品として、お通しのようにオーダーするのが良いかもしれません。タンはゴロゴロと入っていて、とても柔らか。見た目は濃い色になっていますが、それ程濃すぎず、ショウガがしっかりと利いていてお酒やご飯にピッタリです
ビールがぐいぐい飲めちゃいます。写真を取り忘れましたが、レモンサワーを注文。


どて煮  (680円)
煮込

タンの旨みを引き出すためかスープはさっぱりしています。こちらもタンがゴロゴロと入っていて肉の旨みをしっかりと感じましたが、タンにちょっと筋張ったところがありました。残念。


たんスープ  (600円)
スープ

ちょっと茶色がかっているのはお醤油でしょうか? 少し酸味を感じました。テールスープのようにあっさりした味わいをイメージしていたのですが、ちょっと不思議な味わい。あぶらっこいわけではありません。


たんゾウスイ
雑炊1

たんスープをベースとしているお味で、酸味が感じられますが、だいぶ薄いです。
雑炊2

ご飯はさらさらでさっぱりといただけるので、締めにピッタリです。もちろん、タンは柔らかです。


タンメニューを全制覇できたので、大満足です♪ 個人的には、ゆでたん、生姜煮、塩漬けたんがとても気に入りました。おなかに余裕があれば、おかわりしたかったぐらいです。

先輩はゆでたんと塩漬けたんをお土産に買って帰りました。お値段はお店の注文と同じです。残念ながら、お土産の塩漬けたんはお店で食べた程の感動は得られなかったそうです。切り立てなのとそうでないのとではやはりお味が変わってくるんでしょうか。ゆでたんは未食のため、まだ感想はわかりません。

タン以外のメニューは少なく、相席は当然でオーダーを並べ切れないほどテーブルが狭く、ちょっとお皿が空いているとどんどん注文をとりに来たりするなど、居心地抜群とは言えないユニークなお店ですが、行列するほどお客さんが来て、ひっきりなしにオーダーしているのは、とにかくタンがお手頃で美味しく食べられるからだと思います。
この日の会計は、先輩がソフトドリンク2杯、私がビールとサワーを合計3杯で、二人で12000円ちょっとでした。並ばないで済むのなら、もっと頻繁に通いたいお店です。


2008年1月23日訪問時お店DATA
****************************
たん焼き 忍 (しのぶ)
〒160-0008 
東京都新宿区三栄町16
TEL 03-3355-6338
営業時間 17:00-23:00(L.O.22:20)
定休日 日祝、その他(電話にてお問合せ下さい)
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩7分

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2008/02/15 10:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  @四谷
2012年6月26日追記

アトレ四谷はリニューアルオープンのため、一部店舗を除き、2011年12月25日に休業しました。
その後、2012年3月14日にリニューアルオープンしましたが、「COCORO」はなくなっていました。

*************************************

セット

1月23日のランチは、久しぶりに上司と一緒に出かけたのですが、この日は顔がこわばるほど寒い上に風も強く、おまけに雪まで降り始めていたので、どこのお店に行こうかとウキウキ考えるようなことはなく、近場の四ッ谷駅にあるアトレに行きました。

店

JR四ッ谷駅に隣接しているアトレ四谷店の一階にある「Modern Japanese Dining COCORO(こころ)四谷アトレ店」へ入ることに。
こちらのお店は、以前残業した帰りに上司がおごってくれたことがありましたが、ランチに来たのは初めてです。

サンプル

お店の前にはその日のランチメニューのサンプルを出してくれているのでとてもわかりやすいのですが、この日はメニューに目をやることもなく、すぐに入店(笑)。

メニュー1

写真がうまく撮れず、とても見づらくなってしまいましたが、ランチは全部で9種類、お値段は850円~1100円です。値段はお高めですが、便利な場所なので仕方ないですね。

メニュー2

店内は、入口から左に向かって細長く広がっていて、テーブル席がたくさんあります。
いまどきの和風居酒屋さんらしく、内装がとってもオシャレです。入店した時は7割ぐらいの人の入りでしたが、その後満席になっていたと思います。

茶

私の座っている席の斜めうしろから照明があたっているので、どんなにがんばってもカメラを持つ自分の影が写真に写り込んでしまいます(泣)。


本日の気まぐれランチ (メンチカレー) 850円
セット

この日の気まぐれランチはメンチカレーでした。腹ぺこだったので、こちらを注文。
メンチカレーのほか、お味噌汁、サラダ、副菜二つとかなりボリュームがあります。

サラダ

レタスと千切りのニンジンに、ゴマたっぷりのドレッシングがかかっていました。

カレー

ご飯は赤米を含む雑穀米だったので、彩りもキレイで健康に良さそう♪ 
レーズンが一緒に炊き込んであったのにはちょっと腰が引けたのですが、カレーやメンチなど個性的な味との組合せだったので、それ程気にならずにいただけました。
カレーはよそったまま少し放置してあったのか、冷えかけていて、「もったり」というよりも「ぼったり」としてちょっと残念。ルーのお味は適度に辛くスパイシーで、普通に美味しかったです。

お新香

白菜のお新香は塩加減が穏やかだったので、白菜の甘みを感じながらさっぱりいただけました。

おから

卯の花のは、甘みをおさえた味付けで、パサパサしていなくてしっとりと食べやすかったです。

メンチ

ホワイトバランスに失敗しちゃいました(泣)。
カレーとは対照的に、メンチはやや衣が厚めではありましたが、揚げたて熱々で、サクサクした歯ごたえを楽しめ、中のお肉もとってもジューシーで柔らかでした♪ 美味しい!

本日の魚御膳 (サワラの照り焼き) 900円
膳1

先輩は、お魚系メニューのこちらを選択。本日のお魚はサワラでした。
副菜二つは同じで、さらに冷や奴がついていました。

魚1

銀ムツの切り身は大きめで、脂もしっかりとのっていたそうです。


大ぶりの揚げたてメンチに、副菜もいろいろとついて、とにかくお腹いっぱい! この日のメニューの中ではコストパフォーマンスは抜群でした。
この日の夜は外食する予定で、ダイエットするために軽めのランチをするはずだったのを後から思い出しました。。


2008年1月23日訪問時お店DATA
****************************
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店 (こころ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1F
TEL 03-3351-2169
FAX 03-3351-2173
営業時間 
[平日] 11:00~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/14 10:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
築地宮川本廛 四谷店  @四谷
セット

1月22日は、お客様と上司の打ち合わせが長引いてお昼の時間にかかってしまい、うなぎで有名な「築地宮川本廛」(つきじみやがわほんてん)に急遽出前をお願いすることになりました。
お相伴に預かることができたので、とてもラッキー♪

店

実際の店舗には行ったことがなく、専ら出前をお願いしています。
お店の場所は、JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に向かってまっすぐ進み、この写真の路地を入ったところにあります。もう少しで四谷三丁目という場所です。

メニュー1

このブログを始めてからも何度か出前をお願いするチャンスがあったんですが、何故かいつも定休日の水曜日にあたってしまって、なかなか食べることが出来ませんでした。

メニュー2

今回改めてメニューを見てビックリ。
6700円(税別)もする要予約の特製弁当なんてあるんだ~。

メニュー3

うなぎで有名なこちらのお店ですが、上司は「うなぎは秋本!」という人なので、「築地宮川本廛」ではいつもきじ重ばかりお願いしています。

メニュー4

ちょっとピンぼけしてしまいましたが、詳しい地図はこちらになります。

きじ重・上 (1100円)
セット

ちゃんとした塗りのお重なのがとっても嬉しいです。フタを開けるときはいつもワクワクします。

お新香

お新香は柴漬けとタクアン。いつもこの組み合わせだったような気がします。

きじ重

お重にはこんがり焼かれたたっぷりの鶏肉と卵焼き、彩りのさやインゲンが入っています。

卵

卵焼きはあまり甘くないので、私には食べやすいです。

鶏

鶏肉は炭火焼きなんでしょうか。こんがりと焼かれていて、とても香ばしい♪
柔らかなお肉には、甘くないスッキリとしたタレがかけられています。
ご飯はそれ程多くありませんが、お肉がたっぷりなので満足感があります。


何度もこちらのきじ重をいただいていますが、全体的にご飯が軟らかめに炊かれています。
個人的に硬めのご飯が好きなので、その点だけはちょっと残念。
次回は親子重を食べてみたいです。 


2008年1月22日宅配時お店DATA
****************************
築地宮川本廛 四谷店 (つきじみやがわほんてん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-11-9
TEL 03-3341-7777  
FAX 03-3341-7805 
定休日 水曜日
地下鉄四谷三丁目から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/13 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国家庭料理 ノルブネ 麹町店 @麹町
先週は、四谷三丁目にある妻家房でのキムチ教室伝統・宮廷料理のイベントと、韓国料理を二日続けて記事にしていましたが、週明けの1月21日、そんなことはすっかり忘れて、ランチでまたもや韓国料理を食べに行ってしまいました。
行った先は、韓国家庭料理のお店「ノルブネ 麹町店」です。

店

地下鉄有楽町線麹町駅から旧日本テレビの建物がある出口を出て、旧日本テレビの建物と昨年8月3日に行った「AJANTA」の間の道に入ってすぐです。他にも幾つか支店があり、錦糸町のオリナスの店舗で食べたことがあります。

看板

こちらのお店は数年前に一度来たことがあるのですが、その時のことをいろいろ思い出して話をしても、一緒に食べたはずの先輩は「どうしても思い出せない!」と言っていたのですが、店内に入ったら記憶が甦ったと言っていたので、一安心(笑)。

立看板

店内は縦に細長く広がっています。
お店に着いたとき、既にだいぶ混み合っていて、ちょうど席を立った人との入れ替えになったので待たずに入ることが出来ました。

メニュー

ランチメニューは上の写真↑の16種類と下の写真↓の1種類と合計17種類で、全て850円です。たくさんあって迷っちゃいます。。

別メニュー

料金は前金制なので、お店に入ってすぐ右側にあるレジでお支払いをします。
お釣りをもらうとき、ガムを一枚いただきました。

突き出し

席に着くと、すぐにキムチとサラダが出てきました。

サラダ

サラダはキャベツ、ニンジン、キュウリ、コーンにドレッシングがかかっていて、ごく普通です。

キムチ

このキムチ、辛さはそれ程ではなかったですが、コクがあってとっても美味しい! 
もっとたくさん食べたかったです。

ユッケジャンうどん・辛め (850円)
うどん

前回来たときは、多分石焼きビビンバを食べたような気がするので、今回は寒いので汁物を。
ユッケジャンうどんは、お願いして辛めにしてもらいました。
辛さは結構ありましたが、スープが割とあっさりしていたので、個人的には少々物足りなかったので、キムチを投入してみたら、だいぶ良い感じの味になりました。

麺

麺は平打ち麺でした。珍しい! つるつるしてのど越しが良く、美味しかったです。
麺のボリュームは多く、食べ応え充分です。スープもたっぷりでおなか一杯!


ユッケジャンクッパ (850円)
セット

お料理の全体写真を撮ったはずなのに、整理している段階で間違えて捨ててしまったようです(泣)。こちらは先輩がオーダーしたユッケジャンクッパ。

チゲ

先輩はユッケジャンクッパが大好きで、韓国料理屋さんや焼肉の締めに必ずオーダーします。
この日はもちろん、記憶のなかった最初の時も多分ユッケジャンクッパを食べているはず(笑)。
私と同じくコクが足りなく感じたようで、コチュジャンを足しながら食べていました。


スープのお味がちょっと薄めでしたが、キムチやコチュジャンを入れれば美味しく調整できました。麺もスープもたっぷりめで、身体はとても暖まり、おなかが一杯になりました。
以前食べたはずの石焼きビビンバの記憶があまりないので、次回はビビンバ系メニューを食べてみたいです。
この日、先輩がうっかりテーブルにデジカメを置いてお店を出てしまったところ、お店の方が走って出てきて下さり、大変助かりました。ありがとうございました!


2008年1月21日訪問時お店DATA
****************************
韓国家庭料理 ノルブネ 麹町店
〒102-0084 東京都千代田区二番町3-4 アボ日興ロイヤルパレス1F
TEL 03-5213-8022
営業時間 
[月~金] 11:30~15:00、17:30~24:00(L.O.23:00)
[土日祝] 11:30~14:30、17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 無休
地下鉄麹町駅 徒歩1分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/12 09:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(5) |
妻家房 四谷本店 【 イベント 】  @四谷三丁目
2009年7月8日

先日に引き続き、本日もブログの機能がおかしくなっています。
今日アップした記事は市ヶ谷の「ちりめん亭」です。
よろしければ、こちらからご覧下さい。

************************************

1月19日、今年初めての妻家房のキムチ教室に参加したところ、教室が終わった後に時間のある人は韓国の伝統料理・宮廷料理を食べてアンケートをとっているので参加しませんか、とお誘いをいただきました。
なんでも、だんだんと消えつつある韓国の伝統料理や宮廷料理の研究や啓蒙を行っている伝統料理研究所なるものがあり、韓国国内だけでなく日本にもそのお料理を紹介するために、今回関係者がたくさんの食材と共に来日し、妻家房の施設を借りてお料理をつくり、日本人に食べてもらってお料理の感想を集めていたのです。たくさんのモニターが欲しいとのことで、ちょうど同じ日に開催されたキムチ教室の参加者にも声がかかったんです。
実はこの日は夜から友人らと合流して大久保にある韓国料理屋に行く予定だったんですが(しかも自分が言い出しっぺで店の予約を取っていた。)、こんなチャンスはまたとない!と、友人に事情を話して遅れて合流することにしました。

卓上

場所は妻家房四谷本店の2階と3階にあるレストラン部分でした。私は新宿にある妻家房では食事をしたことがあるのですが、四谷本店のレストランに入るのは初めて。2階がテーブル席、3階が座敷席で、私は3階の座敷席へ。

紙6

各テーブルに一人ずつ、日本語の出来るスタッフの方がついていただいて、お料理の取り分けや説明を担当してくださいました。私のテーブルの担当は若くてとても優しそうな男性で、韓国料理名の日本語訳のあんちょこを片手に握りしめ、とても緊張していらっしゃいました(笑)。
私の隣のテーブルでは柳先生も一緒に食べてアンケートにチャレンジしていました。

40種類以上の韓国料理を味見し、一つ一つについて、写真の官能評価表に書き込みます。まずは味を自分の好みで7段階(非常きらい、きらい、少きらい、普通、少すき、良い、非常好き)の中から選択し、その理由を書き込み、さらに各カテゴリーの中(例えばナムル3種類)での好みの順番をつけました。

こちらの官能評価表の作成には中国の方が関わったいたのかな?と思っちゃうくらい、漢字の旧字体が使われています。

紙5

紙1

紙4

紙2

紙3


料理の写真に付記している料理名は、私のわかる範囲内で、カタカナの表記で明らかに間違えているもの(ホルモソ→ホルモン)を直したり、読みやすくするためにメニュー名に漢字を使っています。ただ、写真やメモをとるのが忙しくて、官能評価表の1枚の写真を取り忘れたり、食事に出てくるメニューが必ずしも官能評価表の順番どおりではなかったので、メニュー名を間違えている可能性もありますので、ご了承下さい。


【 粥 】 蓮の実の粥
粥

ニッキの味(!)がします。とても薄味でしたが、これはこの後に続くお料理がより食べたくなるよう、食べたい気持ちを引き出すためだとのことです。

【 サラダ 】 きゅうりナムル
キュウリ

彩りがとても鮮やかで、さっぱりとした浅漬けタイプのお味です。細かな細工がすごいの一言。

【 サラダ 】 車エビと松の実
エビ

茹でた車エビ、キュウリ、タケノコに松の実ドレッシングがかかっています。梨の甘みがあり、タケノコの触感がとてもいい。

【 サラダ 】 (左)サーモンと水さんの巻き (右)鶏肉の胡麻ソース
鮭

(左)水さんとは、小さいニンジンのことだそうです。サーモンにカラフルなパプリカなどの野菜をくるんでいます。こちらの彩りもとってもキレイ。韓国では生のサーモンはあまり食べないそうですが、サーモン大好きな日本人向けに開発したメニューだとか。
(右)見た目は中華料理の棒々鶏にそっくりですが、棒々鶏よりもソースがさっぱりしていて甘みがあります。

【 サラダ 】 朝鮮人参と梅ソース
サラ

大根の千切りのような白っぽいものは、桔梗の根っこだそうです。苦みがあり、さっぱりした梅ソース味のサラダの中でアクセントになっていました。

【 焼き 】 (上)キノコ入り味付け  (下)カルビ
肉巻

カルビは間違いない美味しさ。もっと食べたいよ~。
巻

お肉の中心部分にキノコを巻き込んでいます。あまり味がなかった。。

【 焼き 】 (右上)ニンニク入りホルモン焼き (左上)プルコギ (下)サムギョプサル 
肉

ホルモンはとても柔らかく、辛さのある味付け。初めての辛いメニューでした。
プルコギはお肉が柔らかく、意外にあっさりとした甘めな味付けです。
サムギョプサルには塩気があまりなかったので味が良くわからなかった。
全体的に冷めかけだったので、熱々で食べたかったです。

【 ナムル 】 タソピョソテェ
春雨

太い春雨でしょうか。シイタケの味がしっかりと染み込んで、とっても美味しい。

【 ナムル 】 春雨(チャプチェ)
ビーフン2

韓国料理の定番。あっさりとした味付けでした。

【 ナムル 】 コブ ごぼう 春雨
ビーフン3

昆布好きの日本人のために、麺に昆布を練り込んであります。昆布の味がしっかりと感じられ、麺もやや硬めで歯応えがあり、とても美味しかったです。

【 蒸し 】 (左)宮廷トッポギ  (右)蟹蒸し 
トッポギ

韓国の屋台で真っ赤に染まって売られているトッポギが有名ですが、宮廷トッポギは彩り豊かな野菜と一緒に炒められ、辛くありません。キムチ教室でも一度習いましたが、普通のトッポギの方が習いたかったです。
蟹蒸しは、こってりと濃厚な蟹のコクが病みつきになりそうです。唐辛子が入っていて、ピリリと辛く、本日お気に入り3つのうちの一つです。これと一緒にビールが飲みたい。

【 ジョン 】 三色カナペ
チヂ1

彩りの鮮やかさで、出てきた瞬間、歓声が上がりました。上からキムチをのせたズッキーニ、お肉をのせたカボチャ、ニンジンをのせたレンコンで作られたジョンです。

【 ジョン 】 キムチジョン
チヂ2

豚肉とキムチが入ったあっさり薄味のジョンです。

【 チゲ 】 サムゲタン
サム

嫌いなものが全くない私ですが、ナツメなどの香辛料をたっぷり使ったサムゲタンは苦手です。こちらのサムゲタンは香辛料が入っておらず、鶏肉がホロホロと柔らかく崩れるぐらい煮込まれていて、抜群に美味しかった! スープも美味。本日お気に入り3つのうちの一つ。

【 チゲ 】 朝鮮人参入りのカルビタン
カム

ナツメと共に朝鮮人参のお味が苦手なので、これはちょっとダメでした。薄味でお肉は柔らか。

【 ご飯 】 五穀米 
飯

水分多めで柔らかく炊かれているのがちょっと残念でしたが、モチモチして美味しかった。

【 チゲ 】 うどん入りのユケチ
チゲ

さっぱり薄味で、ほとんど辛くありません。大好きな山菜がたっぷり。

【 ご飯 】 (上)のり巻き  (下)キムチの巻き 
巻

韓国海苔で巻かれた海苔巻きは具材が玉子やキュウリなのでさっぱりしていました。
白菜キムチ巻きは程よいキムチの辛さに、幾つでもご飯が食べられそう。赤くない白菜は塩漬けした白菜で、ポッサムを食べるときと同じものです。こちらも白菜の甘みが出て美味しかった。

【 チゲ 】 納豆入りキムチチゲ
チ1

韓国でも納豆を食べるんですね。納豆はお肉と一緒に炒めてあるそうです。ネバネバ感は全くなく、こちらは久々にしっかり辛いスープでした。

【 ご飯 】 だずもやしの釜飯 
チ2

「だずもやし」ってどんなもやしなのか聞きそびれましたが、多分、豆もやしじゃないかな。
あっさりとしたお醤油味(?)でした。こちらのご飯が軟らかめなのが残念。。

【 チゲ 】 海鮮チョンゴコル
チ3

エビ、カニ、アサリなど海鮮がたっぷり入っていて、ダシが良く出ていますが味付けは薄めで、ほんの少しだけ、ピリ辛です。

【 ご飯 】 石焼きビビンパ 
ビ

王道の味です。シンプルですが、やっぱり美味しい。

【 キムチ 】 ユズ入り白菜キムチ 
キ1

全部のメニューの写真を撮ったつもりでしたが、キムチの部分を取り忘れてしまいました。
ユズのおかげでキムチがさっぱりと食べられます。この組み合わせ、とても気に入りました。

【 キムチ 】 松の白キムチ
キ2

さっぱりした白キムチに松の実のコクがプラスされました。

【 ご飯 】 韓国風餃子 
点心

中国と同じく、韓国でも餃子といえばまずは水餃子なのでしょうか。中の具材にキムチが入っていますが、あっさり味です。

【 ご飯 】 緑茶マグロ入り緑茶の麺 
ソ

麺に緑茶が練り込んであるため、色合いがイマイチですが、お茶の苦みをしっかりと感じとれます。甘めな味付けとのコントラストが良かったです。

(上)昆布の揚げ物  (下)煮鮑
昆布

この辺りのメニューも写真に取り忘れてしまいました(泣)ので、メニュー名は適当です。
昆布はキレイに形を整えて結んであり、とても丁寧なお仕事です。油でさっと素揚げしたものだそうですが、これ、カリカリでとっても美味しかった! 地味な見た目とのギャップに驚き、本日のお気に入り3つに入れてしまいました(笑)。単純なものですが、シンプルに美味しい。
煮鮑も間違いのない美味しさでうっとり。飲み込んじゃうのがもったいなかったです。

キノコの煮物
キ

じっくりと煮込まれて醤油味がよく染みていて、美味しい。
日本料理と言われて出されても違和感ないです。


【 デザート 】 (手前)カラメルソースのすしご飯  (奥)朝鮮人参の煮物
デ

甘いものはそれ程得意ではないので、「す、すしごはんのカラメルソース?!」とひるんでしまい、おそるおそる一口食べてみましたが、さっぱりとした甘さで案外美味しく感じました。ご飯がみっしりと詰まっています。すしご飯とありますが、お酢とかは入っていなさそうでした。

【 デザート 】 五味子花茶(オミジャ茶)
茶

オミジャ茶とは、オミジャという植物の実からつくる韓国の伝統的なお茶の一つだそうです。
鮮やかな赤ピンクの色はとっても華やか。すっきりとした甘さとすっぱさが良いバランスで、とっても美味しかったです。アセロラみたいな感じでしょうか。浮かんでいるのは梨を切って型で抜いたものです。これはぜひ自分でも買って飲んでみたいです☆


妻家房の2階には、この日食べた全てのお料理のサンプルが置いてあり、帰りがけに一人3つずつシールを渡され、最も気に入ったメニュー3つのサンプルにシールを貼り付けます。
私が帰る時点では、蟹蒸しに人気が集中してました。
私がシールを貼ったのは、上にも書いたとおり、蟹蒸し、サムゲタン、昆布の揚げ物(笑)です。
どんな順位になったのか、結果を知りたいです。

お料理サンプル1
サ


お料理サンプル2
サ2


お料理サンプル3
サ3


お料理サンプル4
サ4



袋

帰りがけ、お土産までいただいてしまいました。至れり尽くせりで申し訳ないぐらいです。

kasi

中には韓国のお菓子らしきものが入っていました。まだ食べていないので、味はわかりません。


韓国の伝統料理・宮廷料理は、とても手間暇かかり、健康を考えられているので薄味で、韓国料理なのに辛い食べ物がほとんどなかった、というのが私の感想です。日本料理も、例えば京料理などのように上質になればなるほど手間を惜しまず、ダシをきかせて塩を減らすことを考えれば、韓国料理も日本料理もお料理の方向性って同じだなぁと思いました。
普段妻家房で韓国の家庭料理を習ってその味に慣れているので、だいぶギャップを感じました。たくさんのお料理をいっぺんに作っているので熱々の状態で食べられなかったり、ご飯類の水加減が少し軟らかめだったので、もうちょっと万全な状態で食べるともう少し感想が変わってきたとは思いますが、個人的には、家庭料理の方が好みです。
ただ、今回参加させていただいたことで、初めて出会った美味しいお料理などもあり、とても勉強になりましたし、とにかく楽しかった♪ 
参加させていただき、関係者の皆様、本当にありがとうございました。


長い長いレポートになりましたが、ここまで読んでくださった方々、感謝してます☆


2008年1月19日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 本店 (さいかぼう)
〒160-0004 東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話:03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2008/02/08 09:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(4) |
妻家房 四谷本店 【 キムチ教室 】  @四谷三丁目
1月19日の土曜日、四谷三丁目の妻家房で、今年最初のキムチ教室があったため、少し早めに現地に到着し、「ラーメン 大陸」で恒例になった(笑)ラーメンランチをしてから行きました。
交通費を節約するために、いつも四谷から四谷三丁目までてくてくと歩いていきます。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は、お店のキムチ博物館のスペースで、午後2時から4時までの2時間、
妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習します。
そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。
できあがったキムチはお土産として持ち帰ることができますが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。

茶

キムチ教室が始まる前に、温かいトウモロコシ茶をいただきます。香ばしくて美味しい♪

レシピ

この日のレシピは、キムチが「小松菜キムチ」で、韓国料理が「ノビアニ」でした。

【 小松菜のキムチ 】
調味料

おなじみのキムチ作りに使う調味料です。
左にある4つで一つの箱に収められているのは、左上から時計順に、岩塩、砂糖、胡麻、牛肉ダシです。右側にある4つの器には、同じく左上から時計順に、ニンニク・ショウガをすりつぶしたもの、もち米粉のお粥、いわしエキス、唐辛子粉です。
もち米粉のお粥は、もち米粉に5倍量のお水を加え、トロトロのお粥状にしたものです。

小松菜

今日のメイン、小松菜です。
この日の小松菜はとても丈が短くて、まるでほうれん草のようです。お隣の参加者の方が、まだ若い小松菜じゃないかと言っていました。
小さいうちの方が柔らかいからキムチに適しているのかな?とも思ったのですが、柳先生も「ちっちゃいねー。」と驚いていたので、意図はなさそうでした(笑)。

材料

小松菜は塩漬けしてからキムチにするので、実習するときは既に工場で塩漬けにしてもらった小松菜を使いました。手前にあるのは一緒にキムチにする万能ねぎです。

鰯1

この日初めて出会ったこちらの調味料は「いわしエキス」です。
「いわしエキス」はこれまでもよく利用していたのですが、それは日本のしょっつるのように一見お醤油のように見えるものでした。
ところが今回の「いわしエキス」は、写真でもはっきり見えますが、いわしがほぼそのままの形でゴロゴロと入っています。
魚を丸ごとそのまま塩漬けし、一定の時間置いておくと魚が溶け出してこのようなエキスになるそうです。海岸地方の人たちはかなりしょっぱいこれらをこのままご飯のお供にして食べたりもするそうです。常温保存が可能で、長く置くと骨以外は全て溶けてしまうとか。

鰯2

調味料として使うには、魚とエキスにほんの少しお水を加え、火にかけて煮出します。骨以外は全て溶けて液体になるので、漉して骨を除き、液体を調味料として使います。そこまで調理したものが左側の器に入っているものです。煮出したエキスは冷蔵保存しなければなりませんが、冷やしておけば1年間は充分持つそうです。
魚の生臭さをすごく感じるのかなと思いましたが、もちろん魚の匂いは強く感じるものの、それほど強烈なものではなかったです。

ヤンニョン

小松菜に混ぜるヤンニョンです。
唐辛子粉を吸い込むとむせかえりそうになりますが、負けずに練り練りしていると、だんだんと唐辛子の色が鮮やかになり、とても美味しそうな色合いになります。この日はもち米粉をお粥状にしたものを加えていたので、ねっとりとしていて、かき混ぜるのに結構力がいりました。

完成

小松菜キムチ完成! 
1日常温保存したら冷蔵庫に移し、2週間したら食べられるようになります。2ヶ月ぐらいは大丈夫だそうです。そのまま食べるだけでなく、ごま油で炒めるととても美味しいそうです♪

【 ノビアニ 】
材2

ノビアニのヤンニョンを作るときの材料です。
ヤンニョンというより、焼肉のタレという感じなので、甘みを加えるために梨・リンゴ・タマネギを使います。パイナップルやキウイでも良いそうです。
韓国では一年中梨が手に入るので、いろいろなお料理に甘みとして梨が使われています。

生

カルビでも良いようですが、お肉の部位はヒレなどの脂の少ない部分が適しているそうです。
宮廷料理なので、基本的に冷たくても食べられるようするためで、脂が多い部位だと冷えると脂が固まって美味しくなくなってしまうそうです。
お肉は焼いても固くならないように叩いて伸ばすため、手間がかかります。

焼

お肉をヤンニョンに漬け込み、最低30分、可能であれば1晩おくとお肉に味がしっかりと染み込んで美味しくなります。フライパンで焼きますが、網焼きにするとさらに脂が落ちて美味しいとか。
食べるときは砕いた松の実をぱらりとふりかけます。
お肉は適度な噛み応えがあり、お肉の味を感じられます。ヤンニョンはあっさりしたタイプで、松の実のコクがあいまり、美味しい♪ もっと食べたいよ~。
牛肉というと、日本人は霜降りが大好きで脂の美味しさを楽しむことが多いですが、韓国人は赤身などのお肉の味を楽しむことが多いそうです。

この日はキムチ教室終了後、とても興味深いイベントに参加させていただきました。
韓国に伝統料理研究所なるものがあり、だんだんと消えつつある伝統料理や宮廷料理の研究や啓蒙を行っているそうです。韓国国内だけでなく日本にもそのお料理を紹介するために、関係者がたくさんの食材と共に来日し、妻家房の施設を借りてお料理をつくり、日本人に食べてもらってお料理の感想を集めていたのです。たくさんのモニターが欲しいとのことで、ぜひいかがですか、と誘われました。
実はこの日は夜から友人らと合流して大久保にある韓国料理屋に行く予定だったんですが(しかも自分が言い出しっぺで店の予約を取っていた。)、こんなチャンスはまたとない!と、友人に事情を話して遅れて合流することにしました。
思わぬ展開にとても忙しい土曜日になりました。韓国の宮廷・伝統料理の紹介は、明日、詳しくレポートします。


2008年1月19日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話:03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2008/02/07 09:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(5) |
ラーメン 大陸  @四谷三丁目
ラーメン
1月19日は今年初めての妻家房の「キムチ教室」だったので、教室が始まる前に、恒例となった四谷三丁目のラーメン屋さん巡りです。

店

地下鉄丸の内線四谷三丁目の駅から四谷三丁目交差点に出て、外苑東通りを靖国通りに向かって緩やかに坂を下って行くと、右手に「温州軒」、「らぁめん赤道」、「一心ラーメン」と、ラーメン屋さんが3軒並んでいる激戦地区があります。「一心ラーメン」は昼の営業をやっていないのでなかなか食べるチャンスがありませんが、「らぁめん赤道」には昨年10月20日に行っていたので、最後の一軒でランチ営業をやっている「温州軒」に行ってみたくて、この日、行ってみました。
ところが、この日の「温州軒」は月に一回しかない土曜日の定休日で、仕方なく外苑東通りを四谷三丁目方面に戻る途中の右手にある「ラーメン 大陸」(たいりく)に行きました。

メ1

今までも、もちろんこちらのお店には気付いていたのですが、外からだとお店の雰囲気が見えづらいこともあり、「温州軒」の次に行ってみたいお店と位置づけていました。

メ2

ラーメンだけでなく餃子や炒飯、レバニラなどサイドメニューもいろいろ注文できるようです。
また、お店の佇まいからは想像できなかったのですが(失礼!)、健康志向の強いお店で、インスタントのスープや添加物の入った冷凍麺は一切使用していないとのこと。

メ3

メニューが豊富なお店ですが、メインはこちらの「こだわりのトンコツ醤油ラーメン」(550円)と、

メ5

こちらの「鳥からの醤油ラーメン」(500円)のようです。

メ4

店内は縦に細長くてやや狭めで、緩やかなカーブを描くようにカウンターがあります。定員は10人ぐらいでしょうか、午後1時頃の入店だったので先客が6人ほどいて、賑わっていました。
ご夫婦でしょうか、お二人で切り盛りしていて、男性が調理を担当しています。

卓上

お店の造りはお世辞にも新しくてキレイとは言えません(失礼!)が、カウンターは真っ白です。
卓上には、左から一味唐辛子、胡麻、ニンニクすり下ろしが置かれています。


大豆・ジャガイモ・野菜 魚(カタクチイワシ)他で作り上げた
こだわりのトンコツ醤油ラーメン 雑麺  (550円)
ラーメン

パッと見はなんだか懐かしいラーメンで、炒められたキャベツ・ニンジン・もやしと野菜がたっぷりとのっています。他に、メンマ、チャーシュー1枚、玉子半個が入っています。
どうも健康を意識して作られるスープって、ジャンクなお味が大好きな私には薄味過ぎたりさっぱりしすぎちゃっていることが多いのですが、こちらのスープは、口当たりは優しくてスッキリした味わいですが、しっかりとコクがあって、とっても美味しい。

卵

最近では珍しい、黄身がしっかりと固ゆでされている卵です。白身がしっかりと煮込まれて濃い茶色くなっていますが、味は見た目ほど濃くなくて、程よい味付けでした。

チャーシュー

チャーシューは大きくはありませんが、柔らかくてお肉の味が感じられ、美味しい♪

麺

緩やかに縮れ、黄色みがかった中細麺ですが、添加物の入った冷凍麺は不使用と謳っているだけあり、麺がとてもツルツルと弾力があって美味しかったです。
「雑麺」と表記されているとおり、麺に何か練り込んであるのかと思うのですが、私にはよくわかりませんでした。

蓋

卓上調味料のうち一味唐辛子は、蓋にラーメン(雑麺)用と書かれています。
ご指名されているのだから、使ってみなければ!

唐辛子

とても細かな唐辛子で、チリパウダーのようです。激辛好きの心をそそる、キレイな色♪

オン

半分ぐらいラーメンを食べ終わったところで、唐辛子をかけてみました。
初めてで辛さの度合いもわからないのにちょっとたっぷり過ぎたかな? 食べてみたら、優しい辛さだったので全く問題なく美味しくいただきました。

空

ボリューム的にはそこそこなので、しっかり食べたい人は半チャンをつけると良いと思います。
スープまでしっかり全部いただいて、ごちそうさまでした!

店内の様子が外側からわかりにくかったのと幅の広すぎるメニューに、正直なところ、あまり期待せずに入店したのですが(ゴメンナサイ)、優しい味ながらもコクのあるスープとつるつるののど越しの麺はとっても好みで美味しくいただくことが出来ました。


2008年1月19日訪問時お店DATA
**********************************
ラーメン 大陸 (たいりく)
〒160-0006
東京都新宿区舟町8-101 田島ビル
電話 03-3357-7292
営業時間
[昼]11:30~14:00 
[夜]18:30~23:30
定休日 日・祝
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩3分
地下鉄都営新宿線・丸の内線曙橋駅から徒歩5分

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2008/02/06 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(8) |
旬肴 山おか  @市ヶ谷/麹町
1月18日のランチは、諸事情あって1時前に会社に戻らねばならなかったので、近場のお店に食べに行こうという話になりました。

入口

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの左側の坂を上がり、お花屋さんを越えたところにとてもキレイなビルがあります。このビルは交差点の一角を占めていて、問面にはローソンがあります。
地下1階には、写真の右手に写っている「旬肴 山おか」と「鮨乃家」があるので、このどちらかに入ろうと、階段を降りてみました。

看板

こちらのビル、以前は1階にロッキーという何でも屋さんがあって、会社の備品を買いに良く来ていましたが、立て直してキレイなビルになってからは通り過ぎるだけで、飲食店が入っているという意識もほとんどありませんでした(失礼)。

上

階段の上からのぞくと意外に広いスペースがあり、奥の正面に「鮨乃家」が、手前左に「旬肴 山おか」がありました。「鮨乃屋」はランチ営業していないようです。もう一つの「旬肴 山おか」には行列が出来ていてビックリ。地上からは全く見えませんでしたが、繁盛店でした。。

入口

お店の外側に並んでいるだけではなく、店内にも3、4人並んでいます。
ただ、回転が速いので、それ程待たなくてもお店に入ることが出来ました。

看板

シンプルで落ち着いたお店の佇まいです。
割烹とまではいかないけど、小粋な小料理屋さんといったような感じでしょうか。

メニュ

昼定食は全部で4種類です。お魚系が3種類で750円か1000円、お肉系が1種類で750円です。お店の雰囲気や場所の良さの割には意外にお手頃なお値段です。

暖簾

お魚などの産地をメニューにしっかりと表記していてとても好感が持てます。
余計なお世話ですが(並んでいて暇だったので)、このメニューの並びで豚肉生姜焼を頼む人ってどんな人だろうかと想像しちゃったりします。常連さんとか、上司に連れてこられた魚嫌いの人とかかな?

料理場

店内はカウンターとテーブル席で、それ程広くはありません。相席になるので店内は人がギッシリと詰まっている感じです。元気の良いフロアスタッフのおば様が手際よく席を指示し、お料理を運んでいるのでとても活気があります。
調理場の中にはお店の規模の割にはたくさんの料理人さんがいらっしゃいます。
回転が速いのはそのためでしょうか。
店内に貼られて夜のお品書きを見ると、お昼と同様、案外お手頃です。

胡麻丼 (若狭湾天然寒ブリ5K物、バチマグロ) 750円
セット

席に着くと、ほとんど待たず、すぐにお料理が出てきました。早い!
胡麻丼、副菜、お味噌汁、お新香です。

富山湾七尾もずくと渥美サワーキャベツ煮
副菜1

こちらの副菜は小さい一品ながらとてもいろいろな物が入っています。
写真に写らなかったものもありますが、ほうれん草、キャベツ、もずく、レンコン、なめこです。
副菜2

もずくなのでてっきり三杯酢のような味付けかと思いましたが、甘みは全くありませんでした。

汁

シンプルなお味噌汁ですが、汁が熱々で、寒い日だったのでとてもありがたかったです。

お新香

お新香は2種類でした。

丼

ゴマだれはしっかりとした味付けで、トロリとコクがあり、美味しい♪ 副菜と同様、こちらも味付けが甘くないので、私にはとても好みでした。卵焼きはほんのり甘いです。
お刺身は薄めに切られていますが、柔らかくてお魚の味がしっかり感じられました。
注文するとき、女性だと最初から「ご飯軽めにしますか?」と聞かれますが、軽めにしてもかなりのボリュームです。ただ、好みの範囲だと思いますが、ご飯が軟らかめだったのだけは残念。

あとでネットで検索してみたら、この日の胡麻丼というメニューは金曜日にしか出ないものらしく、個人的にとても美味しかったので、ラッキーでした♪
何年間も通り過ぎていただけの場所に、こんなに人気の繁盛店があったなんて、大反省。
場所が良く、お値段もお手頃な魚定食でおなか一杯になれるので、お店を出たときもまだ行列ができていました。
自家製粕漬焼も美味しそうだし、その時期その時期の旬のお魚を楽しめそうなので、ぜひまた行ってみたいです。


2008年1月18日訪問時お店DATA
********************************
旬肴 山おか (やまおか) 
〒 102-0076 東京都千代田区五番町5-1 JS市ヶ谷ビルB1階
TEL 03-3262-1195
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/05 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
【撤退】 BERO KITCHEN (ベロ キッチン)  @お弁当
2012年10月26日追記

警察の取り締まりが厳しくなった後も、場所を変え、メニューも変えてたまに販売に来てくれていた「ベロキッチン」でしたが、次第に見かけなくなり、2011年2月17日のランチが最後になりました。
店主さんは世田谷区深沢で「洋食シカタ」というお店を出しているので、いつか食べに行きたいです。

**************************************

カレー

1月17日のランチは、2008年初めてのBERO KITCHEN(ベロ キッチン)でした。
週に一回、木曜日しかやって来てくれない移動販売のお弁当ですが、昨年は9月20日9月27日10月11日11月1日11月15日12月13日と、合計5回もお世話になりました。私自身はこちらのパスタを最も気に入っているのですが、オムレツやシチューなど、メニューが多彩で、「今日は何が食べられるのかな~」といつも期待しちゃいます。

車

ワゴン車が止まる場所は「サファリカレー」と同じ日本大学大学院前です。
市ヶ谷駅から日テレ通りの坂をのぼり、ローソンのある交差点を右に曲がります。
以前ご紹介した「五番町 祭り屋 ステーキハウス」「鳥珍 市ヶ谷店」を越えたもう少し先です。
日本大学大学院を越えてさらに進むと「京旬菜 塁菜 Rui-Sai」があります。

メ2

この日のメニューは「Omlet Rice with beef stroganoff オムライス ビーフストロガノフソース」(600円)と「Meat Sauce ミートソース」(600円)、「Chicken Curry 洋食屋のチキンカレー」(600円)の3種類でした。
「Meat Sauce ミートソース」(600円)には、50円アップした「Meat Sauce ふわふわ卵のせミートソースミートソース」(650円)もあります。

看板

写真には写っていませんが数量限定でサービスサラダがあり、大盛りは100円増しになります。

メ3

こちらの「チキンカレー」は、初めて見たメニューです。
ベロキッチンの店主曰く、別の曜日に「サファリカレー」がやってくるので、敢えてこの場所ではカレーを売っていなかったそうですが、普段お弁当を買うお客さんから「カレーが食べたい」という希望が多くて、今回作ってくれたとのこと。

セット

サファリカレーと違い、ごわっとした紙の容器に入っています。
この器、コンパクトでこぼれにくくていい! サファリカレーもこちらにしてくれるといいのになあ。

コールスロー

コールスローはとてもさっぱりしていてお口直しにぴったり。


洋食屋のチキンカレー  Chicken Curry (大盛り) 700円
カレー

「『サファリカレー』のカレーとはだいぶ違いますよ。」との店主の言葉どおり、テイストは全く違いました。いろいろな香辛料の味がするなどかなりスパイシーで、辛さもあります。
中に入っている鶏肉は胸肉なので、やや硬めです。大盛りなのでボリュームはたっぷりでした。
この日はご飯の炊き方に失敗していたようで、水分がとても多く、あちらこちらに団子状に固まっていて、とても残念でした。

ベロキッチンの店主は若くてお話好きな方で、注文したお料理を作っている間、何かと話してくれます。売り上げをあげて早くお店を持ちたいそうですが、「1個600円で売っていたらなかなか儲からないのに、お客さんは500円に下げろって言うんですよ~。」と嘆いていたそうです(笑)。
ベロキッチンファンの一人としては、店主のご活躍を願うばかりですが、お店を持ったらランチが食べられなくなるので複雑。。


~ ベロキッチンの美味しいメニュー ~
 ◎ ふわふわ卵のせナポリタン(平成18年9月20日
 ◎ ふわふわ卵のせミートソース(平成18年9月27日同年11月1日
 ◎ オムライス(平成18年10月11日同年12月13日
 ◎ ハンバーグステーキ(平成18年11月15日
 ◎ チキンカレー(平成20年1月17日


2008年1月17日購入時お店DATA
*******************************
BERO KITCHEN (ベロ キッチン)
場 所 日本大学大学院前
営業日 木曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/02/04 09:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる