番町 松月庵  @麹町:お届け
5月28日のランチは、あまり時間に余裕のなかったので「番町松月庵(ばんちょうしょうげつあん)」に出前をお願いしました。
ここのところ、かなり暑くなっていたので、そろそろ季節物が始まっているんじゃないかと思い、注文する時にお店の人に聞いてみたら、始まっていました! これまでに何度もふられていただけに、とてもうれしかったです。

2008_0529画像0001

12時に注文して20分かからないでお蕎麦が到着。早いなあ。
いつもお昼頃にはかなりおなか空いているので、早く来てくれるのはとても助かります。

2008_0529画像0011

器をのっけているお盆です。三人前を頼むので、かなり大きいです。


冷しスタミナ(1050円)
2008_0529画像0002

お蕎麦が来る前に、「スタミナ」とは何かを先輩と議論してました。先輩はニンニクを使ったもの、私はニラを使ったもの、というイメージがありましたが、実際には焼肉がのっている、ということでした!

紙

薬味にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしい、歴史のあるデザインです。

2008_0529画像0003

薬味は長ネギの小口切り、ワサビ、七味です。この日はネギがたくさん。

2008_0529画像0004

麺がぎっしりと詰まっているせいなのか、はたまた、たくさんの具がのっているせいなのか、麺をほぐしてかき回すのが大変でした。なかなか麺が引っ張り出せない。。
そばつゆがたっぷり過ぎるぐらいの量が入っているので、ちょっと濃く感じる人もいると思います。

2008_0529画像0008

麺を覆い尽くすトッピングはいろいろな物があり、レタス、紅ショウガ、、、、

2008_0529画像0006

カニかま、キュウリ、錦糸卵、貝割れ大根、白髪ねぎ、などなど。

2008_0529画像0007

大きな卵焼きの下に焼肉が隠れています。
全体で見ると少ししかないように見えますが、上にあるトッピングをどかしてみると、、、

2008_0529画像0009

焼肉は大きなカットがたっぷりと入っていて、味が良く染みていて冷たくてもそれ程固くなくて、美味しく食べられました。ただ、お肉から出ている脂がお蕎麦やほかのトッピングにもついてしまって、なんとなく全体的に脂がくっついてペトペトした感じになります。

2008_0529画像0010

この日は麺の茹で具合はなかなか良かったです。


お値段はお高めですが、お肉も野菜もたくさん食べられて「スタミナ」というメニュー名どおり、ボリュームたっぷりでおなか一杯になりました。


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



これまで食べたメニューはこちらです。目指せ、全種類制覇!!

(そば、うどん)
  肉南蛮そば    (2008年3月31日)
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日)
(特製品)
  鴨せいろ     (2008年4月18日)
(季節物)
  冷しおろし    (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろし(2008年3月25日) 
  冷し山菜     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナ   (2008年5月28日) 
  冷し中華     (2008年5月28日)
(セット物)
  親子丼セット(もりそば)(2008年3月13日)


2008年5月28日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (ばんちょう しょうげつあん)
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00-21:00
[土]   11:00-19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/30 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
とり料理 ゆりかご 四ッ谷店  @四谷
5月27日のランチは、上司が不在だったので、先輩と一緒に三栄通りにある「とり料理 ゆりかご 四ッ谷店」へ食べに行きました。この日はとっても暑い日でした。
5月14日にフレンチ「アニス食堂」へ行ったときに見つけたお店です。

2008_0527画像0305

JR・地下鉄四ッ谷駅を出て三栄通りに入ってずぅーーっと進んで行き、通りの終わりに差しかかって、ほとんど飲食店がなくなった辺りの左側にこちらのお店があります。
2007年12月12日にランチで訪問した「Cafe&Ristrante Kamiya(カミーヤ)」 の正面です。

2008_0527画像0306

お店の入口には焼酎の一升瓶が立体的にディスプレイされています。
「魔王」「森伊蔵」「村尾」の超有名銘柄と一緒に、屋久島で飲んで以来大ファンの「三岳」もありました。余談ですが、「三岳」をパッションフルーツ割り(できれば国産のもの)で飲むのが超オススメです!

2008_0527画像0303

こちらのお店は5月1日からランチの営業を始めたばかりで、まだ1ヶ月経っていません。
営業は年中無休で日曜日もやっているようですが、ランチは月曜日から土曜日だけです。
ランチタイムは午後1時まで禁煙とのこと。

2008_0527画像0304

こちらのお店のランチを見つけたとき、この卵のポスターがとても気になり、こだわり卵がどうしても食べたくて訪問したようなものです(笑)。「日本一」とはすごい表現。

2008_0527画像0276

店内はとても新しくて内装がキレイです。入って右側にカウンター、左側にお座敷があり、三栄通りのかなり奥に位置するというのに、既に8割ぐらいの席が埋まっていました。私たちはカウンター席に着席。

2008_0527画像0277

ランチメニューです。お米は新潟県産のこしひかりを使用しているとのこと。

2008_0527画像0278

メニューは全部で7種類で、お値段は750円~1100円です。こだわり玉子(生)は200円!!
ご飯の大盛りは無料で、おかわり・特盛りはプラス100円です。


数量限定 霧島豚鉄板しょうが焼定食 (1100円)+こだわり玉子(生) (200円)
2008_0527画像0291

数量限定で、「入荷のない日もあります」なんて書かれていると、レアもの好きの血が騒ぎ、しょうが焼定食を注文。もちろん、「こだわり玉子(生)」も一緒にお願いしました。

2008_0527画像0295

味噌汁は熱々で、彩りの万能ネギのほかに、ワカメがたっぷり入っていました。


こだわり玉子(生)  200円
2008_0527画像0293

「日本一こだわり玉子」の登場です。ポスターには「養鶏場直送」と書かれていますが、どこの産地から来たものなのかわかりません。黄身がオレンジ色にピカピカと光っていて、とっても美味しそう♪ サイズはやや小さめで、一般のMサイズでしょうか。

2008_0527画像0294

新潟産コシヒカリに、、、

2008_0527画像0301

こだわり玉子をかけてみました。
鮮やかなオレンジ色の黄身が真っ白なご飯に広がり、うっとりしちゃいます♪
そのままいただくと、黄身の甘みをしっかりと感じられて美味しい♪ ちょっとお醤油をたらすと、甘さと塩気が入り交じり、また違った美味しさがあります。

2008_0527画像0292

こちらは数量限定霧島豚のしょうが焼きです。
熱々の鉄板には、たっぷりのキャベツが敷き詰められその上に豚肉がのせられています。

2008_0527画像0296

豚肉には味付けがされていないようで、別皿でおろししょうがを含んだタレが出されます。

2008_0527画像0298

鉄板が熱々のうちにタレをかけると、ジュワー!!とすごい音と煙があがりました。写真が少しピンぼけ気味なのは、煙が立ち昇っているからです。とても香ばしい匂いが立ちこめます。
お肉はカットが大きく、歯ごたえがあり、味わいもあって美味しい♪
キャベツは鉄板で焼かれて甘くなっています。猫舌なので、キャベツで火傷しちゃいました。

2008_0527画像0302

8枚目に載せたセット料理の写真をご覧下さい。この日は先輩も私と全く同じメニューを注文したのですが、先輩の方ににだけ、こちらのお新香が付いていました。。。


この日は限定メニューやらこだわり玉子やらを注文したので、総計で1300円もかかってしまいました。霧島産豚は美味しかったですが、ボリュームが多い割りにはキャベツしか添えられていなかったので、ちょっと単調な味わいになってしまったのが残念です。こだわり玉子も美味しかったですが、200円かと思うと、リピートは難しいかなーっという感じです。話のネタには面白いですけどね。


夜のメニュー(お料理)↓
2008_0527画像0280


2008_0527画像0281


2008_0527画像0286


2008_0527画像0287


2008_0527画像0288


2008_0527画像0289


2008_0527画像0290


夜のメニュー(飲み物)↓
2008_0527画像0284


2008_0527画像0285


2008_0527画像0282


2008_0527画像0283



2008年5月27日訪問時お店DATA
****************************
とり料理 ゆりかご 四ッ谷店
〒160-0008 東京都新宿区三栄町8-4  ルネ三栄町1F
TEL&FAX 03-3226-4447
営業時間
[月~土] 11:30~14:00  17:00~26:00
[  日  ] 17:00~26:00
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/27 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(10) |
黒うどん 山長 麹町店  @麹町/市ヶ谷
2008_0527画像0203

5月26日は、夜に顧客の方とイタリアンの会食にご相伴させてていただく予定があったので、この日のランチは軽めにすまそうということになり、先輩と一緒に麹町にある「黒うどん 山長 麹町店」へ行きました。

2008_0527画像0214

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側をまっすぐ進むと、緑色のタイルに覆われた飲食店がたくさん入っているビルがあり、このビルの地下一階にお店があります。
この建物の1階には、出前も頼める「俵屋 市ヶ谷店」があり、2階には圧倒的なボリュームのイタリアン「ラ、タベルナ」が入っています。

2008_0527画像0213

通りに出ているのはこちらの「黒うどん」書かれた看板だけです。以前からこのシンプルで潔い「黒うどん」なる言葉がとても気になっていましたが、お店が地下にあるので様子がわからず、なかなか行く機会がありませんでした。
「黒うどん」って何だろう? 
名古屋の味噌煮込みうどんのようなものなのか、それとも伊勢うどんのようなものなのか?

2008_0527画像0212

ビルの中に入ると、地下へ続く階段の手前にメニューが書かれた看板が置かれていました。
ランチセットは4種類あり、お値段は880円~950円です。

2008_0527画像0210

同じビルの地下には「博多中州 ぢどり屋」というお店もあるようですが、こちらではランチをやっていません。

2008_0527画像0211

ビル全体はとても古びている(すみません!)し、地下の様子が全くわからなかったので、階段を恐る恐る降りていきました。

2008_0527画像0209

すると、ビル全体の古びた雰囲気とは全く違い、リフォームしたのでしょうか、それともお店自体が新しいのか、予想していたよりも(失礼!)キレイなお店がありました。
こちらの奥に、「博多中州 ぢどり屋」がありました。

2008_0527画像0196

店内には、右手奥にカウンター、左手にテーブル席が並んでいます。
私たちが入店した時は半分ぐらいの人の入りでしたが、少し立つと8割程入りました。ざっと見回した感じでは、スーツ姿の男性がほとんどです。

2008_0527画像0195

私たちはカウンターの右端の席に通されました。

2008_0527画像0194

フロアスタッフはおばさま一人だけなので、とても忙しそう。
まずは、温かいお茶をいただきました。

2008_0527画像0192

うどんとご飯のセットが4種類あり、トッピングを追加することも可能です。

2008_0527画像0193

あとから気付いたのですが、うどんは単品でもお願いすることが出来ました。
しかも、単品の方がうどんのメニューが豊富でした。。。

2008_0527画像0199

せっかくなので、看板メニューになっている「黒うどん」が食べたいと思ったのですが、不思議なことにメニューにその名前はありません。黒うどんとは「みそ煮込み」のことだろうなあと思いながら注文。注文後、なかなかお料理が出てこなくて、20分近く待ってようやくお鍋が登場しました。

2008_0527画像0200

店名入りの土鍋も迫力ありますが、さらに特製(?)の木製鍋入れがすごい。お鍋は熱々です。


C みそ煮込み《玉子入》 とりめしお新香 (950円)
2008_0527画像0203

とりめしが出てくるのにさらに少し時間がかかりましたが、玉子入のみそ煮込みうどん、とりめし、お新香のセットです。軽めのランチにしようと思っていたはずが、ちっとも軽めじゃない(汗)。

2008_0527画像0205

とりめしは、鶏肉の姿は見当たらず、煮こまれたシイタケがちらほらと入っていました。ご飯がやや柔らかめなせいなのか、味付けしたあとの混ぜ込みが足りないのか、少々ダマになっていて、白いご飯のまま残っているところがありました。

2008_0527画像0204

お新香はタクアン二きれ。お皿が大きめなのでちょっと寂しく見えちゃいます。

2008_0527画像0202

うどんの土鍋の蓋を取ると、たっぷりの揚げと長ネギが黒っぽい汁の上にのせられていて、ピンクのかまぼこと生卵がトッピングされています。余熱でまだぐつぐつと煮えています。

2008_0527画像0207

スープは名古屋の味噌煮込みうどんのように甘くはなく、私には食べやすかったですが、少々ダシが薄目なのか、味に深みがない感じがしました。

2008_0527画像0208

まるできしめんのような太いうどんは、麺の厚みやコシがあるのでしっかりとした歯ごたえです。麺の量はそれ程多くありません。


D 冷やしおろしうどん とりめしお新香 (900円)
2008_0527画像0198

先輩は冷たいうどんを選択。うどんとありますが、見た目は色といい、細さといい、まるでお蕎麦のようです。つやつやと光っていて美味しそう。味わいとしては、お蕎麦と冷麺を足して割ったような感じだったらしく、とてもコシがあったそうです。麺のボリュームはやや少なめとのこと。


ボリュームはとりめしとうどんの両方あわせて普通ぐらいなので、私の頼んだメニューはお値段的にはちょっとお高めかなと思いました。
器が大きいし、土鍋入れなど数が多いので、フロアスタッフのおばちゃま一人ではお料理を出すのが精一杯で片付けまで手が回らず、後から入ってきたお客さんたちは、私たちが精算している間に自分たちで片付けながら席に着いていました(笑)。お料理が出てくるのにけっこう時間がかかるし、中も外も人が足りてない印象です。


2008年5月26日訪問時お店DATA
****************************
黒うどん 山長 麹町店 (やまちょう)
〒102-0085 東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2F
TEL  03-3262-8946
営業時間 ランチ 月~土 11:30~14:00
         月~土 18:00~23:00(L.O.22:30) 
         日・祝 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅 徒歩2分 JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/26 09:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(4) |
RESTAURANT PAS A PAS  @四谷三丁目
5月23日は、楽しい楽しい金曜日♪
せっかくの夜を楽しもう!と、先輩と四谷三丁目に繰り出しました。
目的のお店は老舗のビストロ「RESTAURANT PAS A PAS (パサパ)」です。

2008_0527画像0144

地下鉄四谷三丁目から新宿通りを四谷方面に進み、通りの左側にある杉大門通りを入ってずっと行くと、通りの終わりにほど近い左側の並びのところに、かなーり年季の入った(失礼!)小さな2階建ての建物があります。

2008_0527画像0145

1階には別の飲食店が入っています。建物の右側に見える細い階段がその入口です。

2008_0527画像0146

通りに出ている看板は、とてもシンプルなので、闇夜に溶け込んでしまいそうです。。。

2008_0527画像0147

細くて暗い階段を登っていきます。多分気のせいではなく、歩くと階段が揺らぎます(汗)。

2008_0527画像0189

こちらのお店にはもうずいぶん前に上司と先輩と3人でランチに来たことがあるのですが、残念なことにどんな食事をしたのか記憶がありません。お料理だけでなくてお店の場所もすっかり忘れていて、何しろ、このブログを始めてから、「パサパ」という老舗の有名店があるから行ってみたいなー、と思っていたぐらいでした(笑)。

こちらのお店はランチの時にお料理のメニューが出てくるのにけっこう時間がかかるそうで、先輩は、もっと昔にランチに来た時に、メインが出てきたのが1時過ぎになってしまい、当時の職場で上司からお目玉をもらったといういわく付きのお店でもあります。

2008_0527画像0190

こちらのお店は1986年創業と、今年で22年目という老舗中の老舗です。この入口の扉を見れば、一目瞭然! 今では珍しくなくなりましたが、開店当初からプリフィクススタイルをとっていたそうです。

2008_0527画像0158

歴史ある扉を開けると、やや小さめのテーブルがぎっしりと並んでいます。
私たちが到着したとき、席は半分ほど埋まっていました。年齢層が実に幅広く、女性同士のお食事、ちょっとしたデート、家族での晩餐、古い友人同士の会合などなど、老舗らしく地域に溶け込んでいて、いろいろなスタイルでお食事を楽しまれているのがわかります。

2008_0527画像0157

右手奥にはカウンターバーが設置されていて、いろいろなお酒が並んでいます。

2008_0527画像0148

私たちは右手の一番奥の席に着席。
赤いギンガムチェックのテーブルクロス&ナプキンは、レトロですが、かわいい♪

2008_0527画像0149

ディナーのコースメニュー(オードブル、メイン、デザート)は、なんと税込み2500円です!
まずはオードブルを7種類の中から1品チョイスします。
プラス1100円で、オードブルをもう1品追加することもできます。

2008_0527画像0150

メインディッシュは6種類(お魚1種類、お肉5種類)の中から1品チョイスします。
どれも美味しそうで、とっても悩みます。。。

2008_0527画像0151

最後にデザートを11種類の中から1品チョイスします。
この中で、フランス産チーズ盛り合わせを選択するとプラス600円必要です。

2008_0527画像0152

デザートはプラス700円で、食べたい3品の盛り合わせをお願いできます。
飲み物は別料金になります。

2008_0527画像0153

こちらはお酒などのドリンクのメニューです。

2008_0527画像0154

お料理と同じく、飲み物のお値段もお手頃です。

2008_0527画像0155

ワインについてはよくわかりませんが、ハーフボトルもあり、フルボトルのお値段もお手頃。


ジンジャーエール (500円)
2008_0527画像0159

まずは乾杯のために、最初の一杯を注文しました。
お酒の飲めない先輩はジンジャーエールをチョイス。


ヒューガルデンホワイト(生)  (650円)
2008_0527画像0160

大好きなベルギービール「ヒューガルデンホワイト」の生が650円! 安い! 
麦の香りと甘みがたっぷりと感じられて、とっても美味しい♪ お酒の飲めない先輩ですが、少し味見をしてもらったところ、先輩も気に入っていました。
他にもハイネケンの生ビールもあって、ビストロにしては美味しいビールを取りそろえているせいか、ワインよりもビールを飲んでいるお客さんが多いです。

2008_0527画像0169

しばし待って、オードブルが登場です♪
写真を見て気付いたのですが、私、料理が来る前にビール飲み過ぎですね。。。

2008_0527画像0164

オードブルと共に、カットされたフランスパンとバターが小さな籠に入って出てきました。パンの皮はパリパリです。


鶏白レバーのムース
2008_0527画像0163

レバー好きな私なので、白レバーとメニューにあったら、素通りできません(笑)。
たっぷりの白レバームースにクルミ入りパン、サラダ、ピクルスが添えられています。

2008_0527画像0171

パンを小さくちぎり、白レバームースをたっぷりとのせていただきます♪
白レバーはとても濃厚ですが、ムースなので口当たりは軽くて、美味しい♪ ビールがどんどん進む、すっかりとした味わいです。


お肉屋さんのオードブル盛り合わせ
2008_0527画像0165

「盛り合わせ」という言葉に弱い先輩は、こちらのオードブルを選択。
ハムやサラミなど、どれもとっても美味しそう♪ 種類を色々食べられるのはいいですね。


テーブルワイン グラス 白  (520円)
2008_0527画像0172

早々にヒューガルデンホワイトを飲み終えたので、白ワインをお願いしました。
キリリと冷えて、すっきりとした味わいでした。


グラピョン 100%ぶどうジュース  (750円)
2008_0527画像0174

先輩はこちらのぶどうジュースを注文。アルコールよりもお高いジュースです。
先輩も私も初めて見た種類で、ぶどうというよりも干しぶどうのような濃くて甘い味がしました。


鴨もも肉のコンフィー
2008_0527画像0177

メインもどれにするかずいぶん迷いましたが、鴨好きなので、こちらを選択。ワンパターンと思いつつ、ビストロではしょっちゅう鴨のコンフィーを頼んじゃいます。

2008_0527画像0178

ボリュームたっぷりで皮はパリパリ、お肉はジューシーに焼かれた鴨は、とっても美味しい♪ 
塩味もしっかりときいているので、お酒との相性もバッチリです。

2008_0527画像0179

付け合わせのフレンチフライドポテトのボリュームにはビックリ。嬉しい誤算です。
カラッと揚がっていて、サクサクと食べられました。


トリッパ(牛胃袋)のトマト煮
2008_0527画像0175

内臓大好きな先輩は、トリッパを選択。
こちらもビックリするぐらいのたっぷりのトリッパに、ジャガイモが添えられています。
一口いただきましたが、トリッパはふるふると柔らかくて美味しかったです。

2008_0527画像0181

メインをお肉にしたので、赤ワインのグラスを頼もうかなーと思いましたが、ヒューガルデンホワイトがとっても美味しかったので、もう一杯お願いしちゃいました。

2008_0527画像0182

ナプキンの裏をふと見たら、クリーニングのためと思われるこんなタグが付いていました。なんだかかわいかったので、思わず写真を撮っちゃいました。


フランス産チーズ盛り合わせ  (プラス600円)
2008_0527画像0183

先輩も私も甘いものが得意ではないので、デザートにチーズの盛り合わせを選択しました。
4種類のチーズに、パン3切れが添えられて出てきました。
お店の方が忙しそうで、チーズの説明を聞けなかったのは残念。シェーブルのフレッシュチーズ、カマンベール、ウオッシュ、ブルーチーズでした。どれも癖があまりなくて食べやすかったです。
フレンチのお店でチーズをお願いするとデザートとは別料金になるところが多いのですが、プラス料金がかかるとはいえ、デザートメニューに組み込まれているのはとっても嬉しいです。


カプチーノ (500円)
2008_0527画像0188

最後に並々とそそがれたカプチーノをいただいて、おなか一杯で大満足でした。


お店の味わいが自分好みだったので、美味しいメニューをボリュームたっぷり食べられました。これで一人5000円ぐらいだったのでコストパフォーマンスもとても良かったです。気さくに通えるお店なので、普段使いとしてメニューをいろいろと制覇してみたいと思いました。
美味しいお酒と美味しいご飯で、楽しい金曜日の夜を過ごせました♪


2008年5月23日訪問時お店DATA
**********************************
RESTAURANT PAS A PAS (パサパ)
〒160-0006 東京都新宿区舟町5番 
電話 03-3357-7888
営業時間 12:00-13:30(L.O.) 18:00-21:30(L.O.) 
定休日 日、年末年始

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2008/06/25 09:30】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) |
小泉豆腐店  @四谷
5月23日のランチで「鮨処 すし政」へ行った後、せっかくなので同じビルの1階にある「小泉豆腐店(こいずみとうふてん)」で豆乳を買って帰りました。昨年11月8日以来、2回目の購入です。

昨年9月21日にランチした「豆腐料理 米永」のご主人は、小泉豆腐店の娘婿にあたるそうで、お店のお料理に小泉豆腐店で作られたお豆腐を使っています。
同じくしんみち通りにある「幻の古代豚 古代一」のランチでも小泉豆腐店のお豆腐が使われていました。地産地消、いいですね♪

看板

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りのかなり奥の方の右手のビルにこちらのお店があります。ビルの1階とは言え、奥まったところにお店があるので、のぼりしか見えないです。私は何年もこちらの前を通り過ぎていたのに、お豆腐屋さんがあることに全く気付きませんでした(汗)。

お店

ビルに入ってすぐ右側にお店があります。実際にお豆腐を作っているのはビルの上の階なので、お店が無人になっていることもしょっちゅうです。用がある時はインターホンで呼び出します。

メニュー

お店の前には豆乳などが入った冷蔵ケースがあり、その上に価格表がのっかっています。
ところ天、ちくわぶ、ひとくちこんにゃくも売っています。

ケース

豆乳は2リットル入りのペットボトルに入っているのがすごい。
ところ天はタレ付きだから、暑くなってきたことだし、今度買ってみたいです。


豆乳  (120円)
2008_0527画像0140

1時前に会社に戻れたので、早速、豆乳を飲んじゃいました。

2008_0527画像0143

この豆乳の容器は他のお豆腐屋さんでもよく見かけるので、共通に作られているものだと思います。

2008_0527画像0141

お店のおばちゃまが気前よく豆乳を注いでくれるので、会社に持って帰る途中、豆乳が容器からあふれ出ています(笑)。

2008_0527画像0142

ピンぼけな写真になってしまいましたが、前に飲んだ時と同じで、豆臭さがほとんどなくて、しっかりとした甘みがあり、とっても美味しかったです♪ 家に持って帰って豆乳鍋でもやってみたいです。


2008年5月23日訪問時お店DATA
****************************
小泉豆腐店  (こいずみとうふてん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20 小泉ビル1F
営業時間 9:00-18:30
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/24 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
鮨処 すし政  @四谷
2008_0527画像0124

5月23日のランチは、上司がお昼時に不在だったので、先輩としんみち通りへ行きました。
ずいぶん前になりますが、このブログによくコメントを下さる☆まがり★さんから、「太平山」はランチをやっているかどうか、と問い合わせを受けていたのですが、しんみち通りをしょっちゅう通っているにも関わらず、良くわからなかったので、ようやくですが、この日確認しに行ってみました。

2008_0527画像0139

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りのかなり奥の方、右手に飲食店がたくさん入っている小泉ビルがあります。「鬼平」のランチはありましたが、「太平山」ではやっていませんでした。

2008_0527画像0138

この日の夜は先輩とフレンチを食べに行く予定だったので、お昼は軽めにしようと思い、地下一階にある「鮨処 すし政(すしまさ)」に行くことにしました。

2008_0527画像0136

以前同じビルの地下にある「豆腐料理 米永(よねなが)」に昨年9月21日に食べに行ったとき、同じ地下にある「鮨処 すし政(すしまさ)」のお店の佇まいがとても印象が良かったので、いつか行きたいとずっと思っていました。念願の初訪問です。

2008_0527画像0137

ランチは「にぎり」、「ちらし」、「日替丼」の3種類で、全てお椀付きで1050円です。

2008_0527画像0134

細いですが、キレイにリフォームされた階段を下ります。先程も書きましたが、ビルの地下1階には「豆腐料理 米永」と「鮨処 すし政」の2軒のお店が入っています。

2008_0527画像0135

階段を降りたところには、お花が飾られていました。
右手に「鮨処 すし政」、左手奥に「豆腐料理 米永」があります。

2008_0527画像0133

シンプルですが、とてもキレイで落ち着いた佇まいです。お値段のわかるランチだからお店に入ることが出来ますが、夜は怖くて入れません(笑)。

2008_0527画像0131

お店の入口と同じく、店内もシンプルに整えられ、とても気持ちの良い雰囲気です。
調理場に大将、フロアに女将さんと二人でお店を切り盛りしていらっしゃいました。

2008_0527画像0132

店内は左手にカウンター、右手にお座敷があります。私たちが入店したときはお座敷に一組のお客さんがいるだけでした。

2008_0527画像0104

私たちは真ん中にあるお座敷に座りました。

2008_0527画像0105

お茶は濃くて苦みのきいたお茶でした。
湯飲みがとっても大きくて、「すし政」と彫られています。見えるでしょうか?

2008_0527画像0106

さらに裏面には「四谷しんみち通り」の文字が! 

2008_0527画像0107

先程も書きましたが、ランチは「にぎり」、「ちらし」、「日替丼」の3種類で、全てお椀付きで1050円です。
カウンターの中の大将にこの日の「日替丼」を伺ったところ、光り物、貝、カツオと三種類もありました。

2008_0527画像0111

こちらは夜のメニューです。

2008_0527画像0112

お寿司屋さんの相場というのはよくわからないのですが、、

2008_0527画像0113

お店の雰囲気のわりにはそれほどお高くないような気がします。

2008_0527画像0114

飲み物は間違いなく普通にお手頃なお値段です(←これだけはわかるw)。

2008_0527画像0110

最初に小鉢が出てきました。大根2きれ、薩摩揚げ1きれの煮物は、小皿からはみ出そうなボリュームです。厚く切られた大根は、しっかりと味がしみていて、おいしい♪


日替丼 (貝) お椀付 (1050円)
2008_0527画像0123

貝が大好きな私は、迷わず日替丼(貝)を選択。

2008_0527画像0119

白味噌仕立てのお味噌汁は熱々で、大根と白身魚のあらと長ネギが入っていました。うまい!

2008_0527画像0124

丼には、生のホタテ、ボイルしたホタテ、青柳、かまぼこ、卵焼き、自家製(?)かんぴょう、ガリ、浅漬けの小さい大根などが所狭しと並べられていて、ご飯が全く見えません。

2008_0527画像0125

ホタテの生は4切れ入っていて、厚みがかなりあり、噛むとさくっと歯に入るような食感があって、そしてとても柔らかくて、甘い!

2008_0527画像0126

ボイルしたホタテは2つ入っていて、こちらも柔らかくて美味しい♪ 生とボイルを食べ比べできるのが楽しいです。ホタテの甘みが微妙に違うのが面白いです。

2008_0527画像0127

青柳は2つあり、柔らかくて、ほんのり甘かったです。

2008_0527画像0130

卵焼きはほんのり甘く、とても大きくて量がたっぷりです。

2008_0527画像0129

かんぴょうは自家製だと思うのですが、太くて長く、甘みが強くなくてさっぱりと食べられました。
左にあるちいさな赤い大根は、生ではなくて一塩してあり、ポリポリとした食感でした。


日替丼 (光り物) お椀付 (1050円)
2008_0527画像0118

先輩は大好物の光り物の丼を選択。

2008_0527画像0116

イワシ、アジ、コハダ、小鯛と、魚の種類も多く、量もたっぷり。

2008_0527画像0120

美味しそうなコハダ。
光り物だけで作る丼って珍しい気がします。レア度でいったら、先輩のチョイスの方が面白かったと思います。

2008_0527画像0121

小鯛は少々締めすぎで、酢がききすぎていたそうです。

2008_0527画像0122

イワシとアジはご飯が見えないほど敷き詰められています。


ご飯の酢飯も酢加減がちょうど良く、ご飯はたっぷりで、海鮮丼を食べたというのに、とてもおなか一杯になりました。主人と女将さん、とても人当たり良く、感じのいいサービスでした。ランチを食べた方にはランチサービス券(兼お店の名刺)がもらえ、10回ランチをいただくと1回無料になります。

カウンターにいたお客さんと大将のお話しを耳ダンボで聞いていたところ、こちらのご主人は高田馬場にある「寿司源」で修行したとのこと。また、隣にある米永のご主人は、小泉豆腐店の娘婿だそうです。


2008年5月23日訪問時お店DATA
****************************
鮨処 すし政 (すしまさ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20 小泉ビルB1F
TEL 03-3350-0443
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/23 09:30】 | | トラックバック(0) | コメント(6) |
ワイン&レストラン 葡萄の木  @市ヶ谷/麹町
5月22日のランチは、上司が不在だったので先輩と外食に出たのですが、この日は真夏日で暑かった! あまり時間がなかったので、会社の近場にある市ヶ谷の「ワイン&レストラン 葡萄の木(ぶどうのき)」へ行きました。

2008_0527画像0099

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの左側を歩いていくと、少し坂を登ったところにあるビルの地下一階にお店があります。

2008_0527画像0074

市ヶ谷駅から会社に行くとき、必ず通る道なので、この看板はしょっちゅう見ていたのですが、お店に入るのは今回が初めてです。

2008_0527画像0071

お店が出来てから26年目という、かなりな老舗です。

2008_0527画像0100

階段の手前にランチメニューが出ています。ランチタイムは11時30分から16時(17時クローズ)までと、かなり長いです。

2008_0527画像0101

洋食中心のメニューは全部で8種類あります。全てのメニューにライスorパン、スープ、コーヒーor紅茶がついていることを考えると、820円~980円というお値段はお手頃です。

2008_0527画像0073

この日の「本日の日替りランチ」は、「二戸鶏ハンバーグ 照り焼きゴマソース」でした。

2008_0527画像0072

細い階段を地下に下りると、既に5人程の行列が出来ていましたが、流れが速そうなので、待つことにしました。

2008_0527画像0078

店内はかなり広く、クラシックな内装で、どちらかというと、喫茶店のような雰囲気です。お店が広いせいか、5、6人の集団のお客さんもちらほら。店内は喫煙可能なので、室内が何となく煙たい感じです。

2008_0527画像0075

私たちは中央にある大きなテーブルの端っこに着席しました。お水とナイフ・フォークが出されたすぐ後にスープが出てきました。

2008_0527画像0076

スープはコンソメ味で、少し胡椒がきいていました。


カニクリームコロッケカレー  (900円)
2008_0527画像0081

どのメニューを食べようか色々迷いましたが、このメニューに「カレーが辛口です」とコメントが書かれていたのが決め手になりました(笑)。

2008_0527画像0080

サラダはシンプルにレタスなどの葉物のサラダで、醤油系ドレッシングがかかっていました。量はたっぷり。

2008_0527画像0079

カレーだったので迷いましたが、ダイエットを優先させて、ご飯少なめにしました。

2008_0527画像0085

お店の内装と同じく、洋食屋さんのカレーだなぁと思わせるレトロな雰囲気のカレーです。

2008_0527画像0086

カニクリームコロッケは、丸くて平たいものが2個入っていました。

2008_0527画像0091

カレーは口当たりがすっきりとしていて、後からスパイスがピリピリとしてきます。辛口と謳っていたのでもうちょっと辛いかなーと期待しましたが、程よい辛さです。

2008_0527画像0093

こうやって取り出してみると、カニクリームコロッケは結構大きいです。

2008_0527画像0094

コロッケの中に入っているカニクリームはほんのりと甘くて美味しいです。
カレーと一緒に口に入れると、カレーの辛さとクリームの甘さが良い感じにマッチしました。

ハンバーグセット  (850円)
2008_0527画像0082

先輩はハンバーグセットを注文。

2008_0527画像0090

かなり厚みがあるハンバーグに、さらにチーズがのっかっていて、美味しそう。
実際、ボリュームもあって普通に美味しかったそうです。

2008_0527画像0096

ドリンクはアイスコーヒーをお願いしたところ、大きめなコップに6分目ぐらいしか入っていない。。

2008_0527画像0097

ミルクだけ入れてみました。
見た目が寂しいので、小さめのコップに並々と入れてくれる方がうれしいような。


駅から近くて立地が良く、手頃なお値段で味とボリュームがそこそこのお料理を、飲み物付きでいただけるのが、長らく市ヶ谷の地で愛されている理由なのかなと思いました。


2008年5月22日訪問時お店DATA
********************************
ワイン&レストラン 葡萄の木 (ぶどうのき) 
〒 102-0076 東京都千代田区五番町5-1 第8田中ビルB1
TEL 03-3262-9975
FAX 03-3262-9985
営業時間
(昼) 11:30~16:00(L.O.15:00)
(夜) 17:30~22:30(L.O.21:30)
定休日 土・日・祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/20 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ホルモン・たん とん助 市ヶ谷店  @市ヶ谷
5月21日のランチは、最近、市ヶ谷方面に行ってないなーということで、お店のあてはなかったのですが、市ヶ谷方面にぶらりと出かけました。この日は真夏日で照り返しの暑い中、「ほあん」の跡地に新しい飲食店が入ったかな、とのぞいてみたところ、入口の扉に「ほあん」は3月末で閉店しました」との張り紙があったので、私のようにのぞき込んだりする人が多いのでしょう(笑)。

2008_0527画像0068

JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面にまっすぐ進んでいると、大好きな「ホルモン」の文字を見つけて、先輩と一緒にふらふらとお店の中へ引き込まれました。

2008_0527画像0069

こちらのお店は以前は「ねじべえ 市ヶ谷店」という名前で営業していたそうで、わずか9日前の5月12日に「ホルモン・たん とん助 市ヶ谷店」にリニューアルオープンしたばかりでした。

2008_0527画像0067

ランチは11時30分からで、メニューは4種類あり、小鉢が付いています。お値段は780円から980円で、ご飯の大盛りはサービスです。

2008_0527画像0070

お店はこちらのビルの2階にあります。看板には夜のメニューも出ていました。

2008_0527画像0065

入口だと思って暖簾をくぐると、実は暖簾しかなくて、階段やビルのロビーにつながっています。後ろから見るとちょっとお間抜け(笑)。

2008_0527画像0066

2階へ続く階段は、消毒したばかりなのか、この日はとても薬くさかったです。

2008_0527画像0036

お店の入口にはランチの券売機がありました! まるでラーメン屋さんのようです。ランチメニューしかないので、夜はこれを撤去する、、、なんてことはないですよねー。そのままオブジェとして置いておくのでしょうか。一度お金を入れたのですが機械が反応せず、もう一度入れ直してようやく、ランプが点灯しました。

2008_0527画像0039

店内はリニューアルしたばかりでとてもキレイ。イマドキらしく、ちょっとレトロな内装です。スペースはかなり広く、テーブル席やカウンターや掘りごたつの席など色々な種類がありました。

2008_0527画像0038

卓上にはお水のセットが置かれていて、セルフサービスです。私たちが入店したときはお客さんの入りは半分ぐらいでしたが、その後団体客も含めてどんどん入り、ほぼ満席に。


こちらのお店、リニューアルしたばかりで段取りがスムースに行かないのか、しばらく時間が経ってもお料理が全然出てきません。お料理が出てきてもひとつかふたつ。おまけに順番を飛ばされた人もいたようで、あちこちの席から不満が上がっていました。フロアスタッフのおばさまが一人しかいないので、料理を運んだり、食器を下げたりに忙しく、テーブルから呼ばれてもなかなか対応できなかったのも残念でした。
入店して約25分たったところで先輩が注文したお料理がようやく出てきました。私の注文したお料理が出てきたのははさらに3分後。結局、約30分近く待たされたことになります。


牛タン焼き定食 ご飯小盛り (980円)
2008_0527画像0050

先輩が奮発して注文した一番お高いメニューにようやく出会えました(笑)。
牛タン焼き、温泉卵、ヒジキの煮物、お新香、ご飯、味噌汁が出てきました。

2008_0527画像0053

温泉卵がついているのは、うらやましい♪

2008_0527画像0055

牛タンはボリュームがあってとても美味しそうに見えたのですが、いざ食べてみると人肌よりも低い温度になってしまっていたそうです。既に冷えて固くなってしまい、先輩はかみ切るのがとても大変そうでした。25分も待たされて出てきたというのに、いったいなぜ?


特製もつ煮定食 ご飯小盛り  (680円)
2008_0527画像0056

モツ煮をよそるだけにしか思えない私の定食は、牛タン焼きよりも後から登場しました。
モツ煮、ヒジキの煮物、お新香、ご飯、お味噌汁のセットです。

2008_0527画像0058

お新香はちょっと甘めなタクアン。

2008_0527画像0059

小鉢は、ニンジンも入っていたヒジキの煮付けで、甘くなくて食べやすかったです。

2008_0527画像0060

味噌汁は、ワカメとネギのシンプルなお味噌汁でした。

2008_0527画像0061

モツ煮込みは、大根、ゴボウ、ニンジンなどの根菜がたっぷり。ほかに大きめに切られた豆腐が2つも入っていました。モツは柔らかく煮込まれ、少々塩味が強かったですが、美味しかったです。

2008_0527画像0064

途中から、卓上に置かれていた一味唐辛子をもつ煮込みにふりかけていただきました。七味じゃなくて一味なのが、激辛好きな私には嬉しいです♪

2008_0527画像0057

ご飯は小盛りでお願いしましたが、普通盛りに見える。。。水分が多めで柔らかいのですが、保温で乾いた感じがしたので、最後はモツ煮の汁をかけて食べちゃいました。


私の食べた特製モツ煮定食は、ボリュームも多くてお値段も安く、これでもっと早く出てきたら言うことなしなんですが、さすがにランチタイムに30分も待ち時間がかかるのは参りました。厨房もフロアもとにかく人手が足りないようです。この記事をアップするのはリニューアルオープンから一ヶ月以上経っているので、事態はだいぶ改善されているとは思いますが。


夜のメニューです↓
2008_0527画像0043


2008_0527画像0044


2008_0527画像0045


2008_0527画像0046


2008_0527画像0047


2008_0527画像0048


2008_0527画像0049
2008_0527画像0049
2008_0527画像0049



2008年5月21日訪問時お店DATA
*****************************
ホルモン・たん とん助 市ヶ谷店 (とんすけ)
〒102-0074 千代田区九段南4-6-10 近清堂ビル2F
電話 03-3288-7372
FAX 03-5213-9773
定休日 日曜・祝日 
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] (月~金) 17:00~24:00(L.O.23:30) 
    (土) 17:00~22:30(L.O.22:00) 
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/19 10:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国家庭料理 二楽  @四谷
5月20日のランチは、上司が不在だったので、しんみち通りのどこかのお店に入ろうと思って先輩とぶらぶらしていたら、韓国料理屋さん「韓国家庭料理 二楽(にらく)」を発見。最近出来た新しいお店だと思うのですが、この場所に以前どんなお店があったのか、先輩も私も全く思い出せません(汗)。しんみち通りは、お店の入れ替えがホント、激しいです(←言い訳)。

2008_0527画像0033

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、少し進んだ右手のビルの2階です。

2008_0527画像0034

このビルには飲食店がたくさん入っていて、1階に高級な焼鳥屋さんがあり、2階には韓国料理の「二楽」と中華料理の「HOT CHINA」が入っています。
「二楽」の看板に「席空いております。」と最初からくっついているのが面白い(笑)。行列店になったら困っちゃうんじゃないでしょうか。

2008_0527画像0032

狭いですが改装されてとてもキレイな階段を二階に上がる途中、サラリーマンが4、5人並んでいたのでしばらく最後尾に並んでいたら、実は同じ二階にある中華料理屋さん「HOT CHINA」の行列でした(汗)。

2008_0527画像0031

間違いに気付き、慌ててビルの2階に上がってみると、手前に「HOT CHINA」があり、「二楽」は奥にありました。

2008_0527画像0004

写真がピンぼけになってしまいましたが、お店は意外に広くて、テーブル席が並んでいます。とってもシンプルな内装で、まだ取りつけたばかりでピカピカの排気管がテーブルの上に伸びています。
半分ほどの席が埋まっていました。

2008_0527画像0001

ランチメニューは2曜日ごとに7種類のメニューが決まっていて、お値段は780円~980円です。
この日は火曜日で、個人的に好きなメニューが多く、どれにするか悩む。。。

2008_0527画像0002

人気の石焼きビビンバはどの曜日にも必ず入っています。

2008_0527画像0003

あまり大きくありませんが、料理の写真が載っているので、だいたいのイメージがわかります。

2008_0527画像0005

テーブルの上に最初からお茶が置かれているので、セルフサービスです。
フロアはオモニ2人が切り盛りしています。

2008_0527画像0006

まずは三種類の前菜が出てきます。韓国料理のこのスタイル、大好きです♪

2008_0527画像0010

茎ワカメは太めに切られているのでとても歯ごたえが良く、ごま油と塩でしっかりと味付けしてありて美味しい♪

2008_0527画像0008

やや酸味の出た白菜キムチは、辛すぎず優しい味わいで、ツナが入っています。

2008_0527画像0011

野菜サラダは、レタス、水菜、玉ねぎ、ニンジンに甘めなドレッシングがかかっていました。作り置きしていた時間が長かったのか、やや乾燥気味だったのが残念。


ユッケジャン (850円)
2008_0527画像0021

辛いメニューが食べたかったので、ユッケジャンを注文。程なくしてお料理が出てきました。
メニューを全部並べると、華やかで嬉しくなっちゃいます♪

2008_0527画像0024

ご飯もたっぷりついてきました。ご飯を少なめでお願いするのを忘れちゃいました。。

2008_0527画像0015

スープはあまり見たことがないくらい真っ赤で、期待が高まります♪
ユッケジャンの中には、ナムル、ネギ、春雨などたっぷりの具が入っています。

2008_0527画像0029

スープは見た目どおり、唐辛子のビシッとした辛さを感じますが、ダシがちょっと薄めで弱いです。ちなみに、韓国のスプーンって日本のものに比べるととても重たいですが、こちらのお店のスプーンは材質が違うのか、とても軽い! 

2008_0527画像0030

食べている途中に、卓上に置かれていたコチュジャンを入れてみたところ、まろやかさが加わって辛味が少し落ち着きましたが、ダシが濃くなるほどの変化はなく、むしろちょっと甘口になってしまいました(←当たり前)。
身体が内側から暑くなり、汗が噴き出してきました。


イカ丼 (850円)
2008_0527画像0016

先輩は珍しく、イカ丼なぞを注文。

2008_0527画像0017

付け合わせのスープは、何故か大根とお豆腐のお味噌汁でした。4月7日に行った「サランチェ」でもお味噌汁が出てきたのを思い出しました。

2008_0527画像0018

こちらの炒めたイカも、辛そうな色合いをしています。ご飯もたっぷり。

2008_0527画像0020

甘・辛な味付けですが、辛さの方がかなり勝っていたとのことです。イカは大きくカットされていて、食べ応え充分だったそうです。

2008_0527画像0035

お土産にこちらのガムをいただきました。あまり見たことのない種類で、うれしい♪


ユッケジャンはしっかりと辛く、ボリューム満点でしたが、スープの味わいが私にはちょっと合わなかったのが残念です。先輩はイカ丼をとても気に入っていたので、また別のメニューに挑戦してみたいです。


2008年5月20日訪問時お店DATA
****************************
韓国家庭料理 二楽 (にらく)
〒 160-0004 新宿区四谷1-7-18 アクドワールド2階
TEL 03-3355-1855
営業時間 11:30-14:30  17:00-24:00
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から 徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/18 09:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 小料理 魚長  @麹町/市ヶ谷
2012年5月2日追記

「魚長」は、2009年9月頃まで営業していたようですがその後閉店しました。
また、お店の入っていた大熊ビルは二番町ビルと改名したようです。

DSCF1080.jpg
跡地には、2010年8月19日、「DiVino(でぃびーの) Cucina Italiana」というイタリアンがオープンし、2010年10月6日にランチ訪問しました。

**************************************

5月19日のランチは、上司が食事に連れて行ってくれました♪
行ったお店は、昨年5月14日に初めてこちらのブログに紹介し、今年の2月15日にお弁当を購入した「魚長(うおちょう)」です。基本的に肉派の上司が自発的に通う、数少ないお魚料理のお店です(笑)。

外観

お店は日テレ通りから1本入った通りで、現在建て替え工事中のベルギー大使館の向かいにありますが、店の前の道路を歩いているとどこにお店があるのか、うっかり見過ごしてしまうほど目立ちません。
通りからお店を見るとこぢんまりとした魚屋さんにしか見えないので、とてもご飯が食べられる場所とは思えないのですが、看板(?)に「小料理」と書かれているとおり、ランチだけでなく夜もお酒を楽しみながらお魚料理を堪能できます。また、正面のガラス扉からは入れず、「この奥」との指示に従ってこのまままっすぐ奥に進むと、左手に入り口があります。

外看板

お店の前にはこちらのメニュー兼看板がぽつりと置いてあるだけです。
この看板は昨年5月14日に撮ったものです。

2008_0519画像0301

メニューはだいたい6種類ほどで、かつ、一つのメニューをあまり多く準備していません。
これは前回お店で食べたときのメニューですが、なくなったメニューにはどんどん線が引かれていきます。お店に入った瞬間にお目当てのメニューが消されて、ガッカリすることもしばしばです(笑)。
この日も12時前に行ったのに、店内はほぼ満席で、既に売り切れのメニューがありました。
お店の中はこぢんまりとしていて、カウンターが数席と、掘りごたつ式の円卓のお座敷が3つしかないので、相席になります。


金目鯛の煮付け  (980円)
2008_0519画像0304

3人とも銀たらの味噌漬けを注文しましたが、二つしかなかったので、私は金目鯛の煮付けに変更。それ程待たずに、お料理が出てきました。
金目鯛の煮付け、ひじきの煮付け、ご飯、味噌汁、お新香です。

2008_0519画像0306

ひじきの煮付けは、味付けが甘くなくてうれしかったです。

2008_0519画像0307

お新香のタクアンはちょっと甘めでしたが量がたっぷりあって、歯ごたえが良かったです。

2008_0519画像0308

金目鯛の煮付けは、脂がしっかりとのっていてとても美味しいですが、見た目のとおり、一切れがやや小さめなので、ボリューム感はあまりありません。それなのに、お店のお客さんはほとんどが男性なのがとっても不思議。

2008_0519画像0309

ご飯は少なめでお願いしました。普通盛りの時とは、お椀の大きさから違います。

2008_0519画像0310

写真が赤くなってしまいましたが、ワカメと豆腐と長ネギのシンプルなお味噌汁。


銀たら味噌漬け  (1000円)
2008_0519画像0302

こちらは上司と先輩が注文した銀たらの味噌漬け。お魚以外は全て同じセットです。

2008_0519画像0303

こんがりと焼かれた銀たらは、こちらのお店で(多分)一番の人気メニューだけあって、脂がしっかりとのっていて、とても美味しかったとのこと。

2008_0519画像0311

12時20分にはさしみ盛合定食を除いて、全て売り切れになっていました。寂しいメニュー表です(笑)。店内のキャパが少ないのでそれ程たくさんの人が来ているわけではなく、毎日売り切れ終いできるよう、それぞれのメニューを少ししか準備していないと思います。


12時前からなくなってしまうメニューもあるというのに、相変わらず、12時を回るとお客さんがどんどんやってきます。家で食べるのとはちょっとランクが違うお魚を食べられるのはとてもありがたいですが、もう少し品切れを少なくしてくれるとメニューをいろいろ楽しめるのになーと思います。


2008年5月19日訪問時お店DATA
****************************
小料理 魚長 (うおちょう)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町7-3 大熊ビル1階
TEL 03-3261-3769 
営業時間
[昼] 11:30~13:30
[夜] 17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 土・日・祝
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR四ツ谷駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/17 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町:宅配
5月16日のランチは、午後1時に来客がある予定だったので、すぐに食事ができるよう、久しぶりに「番町 松月庵」に出前をお願いしました。4月18日以来なので、約一ヶ月ぶりです。
ここのところ、5月だというのに肌寒い日が続いていましたが、この日はとても暑くなったので、冷たいおそばが食べたくなり、季節物メニューの「冷しスタミナ」と「冷し五目中華」をお願いしたら、まだやっていないとのこと。うーん、残念! 
先輩は、いつも「冷し揚げ餅おろし」じゃ飽きるから、と季節物メニューをチャレンジしましたが、電話口で咄嗟に変更するメニューを思いつかず、結局「冷し揚げ餅おろし」を注文(笑)。
あとから配達のかたにお伺いしたところ、6月下旬ぐらいから、とのことでした。

2008_0519画像0295

12時前に注文したので、12時15分には届きました。いつも配達が早くて助かります♪


冷し中華  (900円)
2008_0519画像0299

注文したメニューがことごとくなかったので、お店の方が気の毒に思ったらしく、「冷し中華」ならありますよ~、と教えて下さったので、私は「冷し中華」を注文。
トッピングは、もやし、ワカメ、キュウリ、卵、ハム、紅ショウガです。ボリュームたっぷりです。
練り辛子の量にちょっと驚きましたが、冷し中華のタレが私には甘かったので、全部溶かし込んでいただいてちょうどいいぐらいでした。

2008_0519画像0300

メニュー名は「冷し中華」ですが、麺はどう見ても中華麺ではなく、お蕎麦では?? 味付けが冷やし中華という意味なんでしょうか。
麺が長く、たくさんの具材がのっているため、なかなかほぐれないので、部分部分を引っぱりだして味を絡めて食べるのは無理でした。途中で諦め、石焼きビビンバを混ぜるように、全体をぐるぐるとかきまわして食べました。


「冷し揚げ餅おろし」  (940円)
2008_0519画像0298

先輩は、「冷し揚げ餅おろし」を食べるのは何回目になるんでしょうか(笑)。


ボリュームたっぷりでおなか一杯になりました。
麺がのびにくい冷やしメニューが多い季節メニューを早く食べてみたいので、夏が来るのが待ち遠しいです。


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2008年5月16日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (ばんちょう しょうげつあん)
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00-21:00
[土]   11:00-19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/16 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 東京アニス  @四谷
2013年11月11日追記

「カイエホン19」は2012年12月末日に閉店しました。

DSCF5160_2013102010524468a.jpg
跡地には、2013年2月26日に「Organic Dining nic(ニック)」がオープンし、2013年10月11日にランチ訪問しました。

*******************************

2013年10月28日追記

「東京アニス」は2010年9月22日に閉店しました。
2010年1月13日、このお店のマスコットであり店名にもなっている犬のアニス君が15歳で永眠。
アニス君のお店だったからと閉店を決め、シェフは飯田橋にある息子さんのお店にうつり、マダムは引退されたそうです。

DSCF7904_20120409061034.jpg
この場所には、2011年12月19日に「アヒージョとタパスのお店 Callejon19(かいえほん)」がオープンし、2012年3月26日にランチ訪問しています。

************************************

2008_0519画像0218

5月14日は上司が不在だったので、5月12日のランチに月曜定休日で涙を呑んだフレンチ「アニス食堂」に先輩と共に、雨の中、リベンジ! 

2008_0519画像0230

JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、ひたすらまっすぐ進みます。通りももうすぐ終わる辺り、飲食店もほとんどなくなった閑静な場所に、こちらのお店があります。

2008_0519画像0227

入口の扉のすぐ左側に大きな黒板が置いてあり、今週のメニューが書かれています。
Aメニューは1260円で、本日のスープと、大皿料理のメインディッシュを5種類の中から1種類選び、デザート、カフェまたは紅茶となっています。

2008_0519画像0229

Bメニューは1890円で、Aメニューに3~4種類のオードブルの盛り合わせがつきます。
Cメニューは2410円で、Aメニューにフォアグラのポワレ サラダ仕立てがつきますが、デザートは盛り合わせになり、飲み物の選択肢にエスプレッソが増えます。

2008_0519画像0209

こちらのお店は、飯田橋にある有名ビストロ「東京パリ食堂」のシェフが、二人の息子さんにお店を譲った後、ご夫婦で開いたお店だそうです。

2008_0519画像0201

店内はポップな色合いだけど落ち着いている、可愛らしいデザインです。四角いテーブルや丸いテーブルが並んでいます。道路に面している硝子窓から太陽光線が入ってくるので、お天気の良い日に窓際に座るととても気持ちよさそうです。
先客は女性の1人客のみでした。

2008_0519画像0202

壁にはびっしりと書き込まれたボードが掲げてあり、ワインリストになっています。

2008_0519画像0219

ツルや縁がグリーンの個性的な眼鏡をかけた、お話し好きなマダムが、メニューを一つずつ丁寧に読み上げて説明してくださいます。
店内は喫煙可です。


本日のスープ (野菜のスープ)
2008_0519画像0206

キャベツとセロリが入ったコンソメスープは、ベーコンなどのお肉系が見当たりませんが、しっかりとした味付けで、湯気がもうもうと立ち上るほど熱々でした。粉チーズもかかっていて、美味しい♪

2008_0519画像0207

温かなパンは皮がパリッとしていて、中身はほんのりと甘みがありました。


A Menu 4 築地市場より旬の魚料理  (1260円)
2008_0519画像0218

大皿料理のメインディッシュが出てきたとき、イナダのソテー香草オイルがけ、サバとポテトのパイ包み焼き、青梗菜の炒め物、ナスのピザ、とうもろこしのフラン、サラダと、大きなお皿に所狭しと盛りつけられて、ビジュアルとして大感動♪
ソテーされた青梗菜は、茎ごとなので見た目は存在感がありますが、少々食べづらいほど長かったです(笑)。

2008_0519画像0214

サバとポテトのパイ包み焼きは、サバの香りが結構あるので、魚の匂いを気にする人には好みが別れると思いますが、私はオッケーでした。ポテトとサバがかなり粗く刻まれていて、食感も楽しむことが出来て美味しかったです。

2008_0519画像0215

イナダのソテー香草オイルがけは、イナダの切り身はそれ程大きくありませんが、パリッと焼かれていて、たっぷりと香草がのっていました。オリーブオイルの良い香りが広がります。私には少し塩味が薄かったのが残念。

2008_0519画像0216

ナスのピザは、生地は少し厚めのタイプで、ほんのり甘みがありました。ナスがうまい♪

2008_0519画像0217

とうもろこしのフランは、フルフルと崩れそうな柔らかさだったのでビックリ。先に少し食べてみたのですが、トウモロコシだけでない甘さが私には少々辛くて、デザートとして、お皿の最後にいただきました。


A Menu 1 本日の料理 牛肉とジャガイモの煮込み  (1260円)
2008_0519画像0210

先輩は、本日の料理(牛肉とジャガイモの煮込み)を選択。
メインのお料理以外は全て私のメニューと同じです。出来たてアツアツで、カメラが曇ってしまうほどもうもうと湯気がたっていました。

2008_0519画像0212

ホロホロと崩れる牛肉に、ちょっとクリーミーなソースがかかっていて、ボリュームもあって、先輩は大満足でした♪

2008_0519画像0222

コースにはデザートと飲み物が含まれています。

2008_0519画像0226

飲み物は紅茶かコーヒーを選べます。

2008_0519画像0224

私はコーヒーを選択。エスプレッソサイズです。

2008_0519画像0220

この日のデザートは、ゆるいカスタードクリームが添えられたアーモンドとバナナのタルトでした。サイズが大きく、しっかりと甘かったです。


この日は、先客の女性一人客のあと、私たちのほかにもう一人女性客が訪れ、お店の中はずっとのんびりした雰囲気でした。
メインを食べているとき、お店のどこからか「ゴー、ゴー、ガー」という音が聞こえてきて、辺りをキョロキョロとしていたら、マダムが「出てこないように言っているけど、イビキでわかっちゃうわね~(笑)。」とおっしゃるので何のことなのかと思ったら、わんちゃんが空いているテーブルのイスの上でお昼寝していて、イビキをかいていたのでした! こちらのお店の店名「東京アニス」の「アニス」は、シェフとマダムの飼い犬の名前からとったものだそうです。帰る頃にアニス君が起きてきたので先輩は遭遇できたのですが、私が見に行ったときには厨房に行ってしまい、姿は見られず終いでした。残念! 店内にはお客さんが撮ったアニス君の写真がたくさん飾られています。
ちなみに、この日先輩はお店に傘を忘れ、仕事帰りに取りに行ったそうですが、夜の営業も昼と同じくのんびりとしていて、マダムがアニス君と遊んでいたそうです(笑)。

なお、ランチタイム中の飲み物のみの利用はできません。


2008年5月14日訪問時お店DATA
****************************
東京アニス 
〒160-0008 東京都新宿区三栄町19 大河ビル1F
TEL&FAX  03-3350-1633
営業時間 12:30~13:30(L.O.)  18:00~20:30(L.O.)   
定休日 月・日・祝
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/13 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(4) |
築地宮川本廛 四谷店  @四谷三丁目/四谷:お届け
5月13日は、11時、12時、1時と来客がある予定だったので、12時にいらっしゃるお客様と上司が一緒にランチできるように、ウナギで有名な「築地宮川本廛(つきじみやがわほんてん)」から出前を取ることになりました。先輩と私はお相伴に預かることになり、とってもラッキー♪ こちらのお店に出前をお願いするのは、今年の1月22日以来、2回目になります。
打ち合わせの時間がタイトだったため、時間ぴったりに配達していただきたかったので、10時半に電話をして12時に持ってきていただくようお願いしました。

店

実際の店舗には行ったことがなく、専ら出前をお願いしています。
お店の場所は、JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に向かってまっすぐ進み、この写真の路地を入ったところにあります。もう少しで四谷三丁目という場所です。

2008_0519画像0187

無事、12時ちょっとにお弁当が到着しました。お客様と上司の分を会議室に出した後、先輩と私は別室でいただくことに。


うな玉重 上  (1155円)
2008_0519画像0190

「築地宮川本廛」で出前をお願いすると、前回1月22日に食べた「きじ重 上」(1155円)ばかり注文していたので、今回は思い切って別のメニューである「うな玉重 上」(1155円)を注文してみました。

2008_0519画像0188

お新香は「きじ重 上」の時と変わらず、タクアンと柴漬けの組み合わせでした。

2008_0519画像0191

ウナギの茶色、半熟気味にとじられた卵の黄色、散らされた三つ葉の色合いがとてもキレイ♪

2008_0519画像0194

うなぎはふっくらと柔らかで、薄切りのゴボウも一緒に煮こまれています。
三つ葉の風味が良いアクセントになっていて、食べ飽きません。
こちらのお店はご飯がいつも柔らかめに炊かれていますが、この日は普通に炊かれていたのか、それとも「きじ重」と違って半熟気味の卵がかかっていたからか、あまり気にならずに美味しくいただけました。


三色重 上  (1155円)
2008_0519画像0196

先輩は、初めて「三色重」を注文。
「三色」とは、鶏肉、玉子焼き、そぼろなんですね。思いがけない組み合わせにビックリ。きぬさや入れると四色になるのでは。。

2008_0519画像0199

鶏肉はこんがりと焼かれていて、とっても美味しそう♪

2008_0519画像0200

玉子焼きがとにかくでかい!


出前のメニューはこちら↓です。
メニュー1


メニュー2

予約制ですが、6700円(税別)もする特製弁当があるのにはビックリ。

メニュー3

うなぎで有名なこちらのお店ですが、上司は「うなぎは秋本!」という人なので、「築地宮川本廛」ではうなぎを注文したことがありません。。

メニュー4

ちょっとピンぼけしてしまいましたが、詳しい地図はこちらになります。


お店の看板メニューであるうなぎが入った「うな重」はさすがに美味しい一品でしたが、いつもお願いしている「きじ重」や先輩が今回注文した「三色重」などに比べるとややボリューム感にかけたのが残念でした。お高いメニューが多いですが、次回はまた違うメニューを食べてみたいです。


2008年5月13日宅配時お店DATA
****************************
築地宮川本廛 四谷店 (つきじみやがわほんてん)
〒160-0004 東京都新宿区四谷2-11-9
TEL 03-3341-7777  FAX 03-3341-7805 
定休日 水曜日
地下鉄四谷三丁目から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/12 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(3) |
ステーキ&ワイン スカッシュ2  @四谷
5月12日のランチは、上司がいなかったので、先輩と三栄通りの奥にある「東京アニス食堂」に行こうと思ってネットで調べてみたら、月曜定休で、ガッカリ。。
気を取り直して、同じく三栄通りにあるネット上で評判の良い「スカッシュ2」に行きました。数年前に一度上司と先輩とで来たことがあるはずなんですが、お店のことや食べたメニューの記憶がほとんどありません(汗)。

2008_0519画像0183

JR・地下鉄四ッ谷駅から、三栄通りに入り、ちょっと行った右側のビルの中にお店があります。通りの入口からだと、コージーコーナー、「宇明家 四谷店」、その次ぐらいにあるビルです。問面には「十割蕎麦・地酒 蔵や」があります。

2008_0519画像0154

こちらのビルは他に飲食店が入っていないので、ただの古めかしいオフィスビルにしか見えないので、一見でお店に入るにはなかなか入る勇気がいります。

2008_0519画像0180

表に店名とメニューの看板が出ているので、これでかろうじて飲食店が入っているのがわかります。
店名の看板は「スカッシュ2」となっているのに、メニュー名の看板では「スカッシュ」。これは、以前は「スカッシュ」がこの近辺に3号店まであって、こちらはその2号店だったそうなんですが、現在はこちらの店舗しか残っていないからだそうです。今回の記事でもどちらを店名にするか迷いましたが、「スカッシュ2」の方が面白いので、私の独断で「スカッシュ2」と呼ばせていただきます(笑)。

2008_0519画像0179

お店は最上階の5階にあるので、半2階まで階段をあがり、そこからエレベーターに乗ります。
「宇明家 四谷店」とは近いと思っていましたが、同じビルなんですね。雰囲気が違いすぎるので、全く別々かと思っていました(汗)。

2008_0519画像0178

混んでいるとの評判だったので、12時ちょっとに会社を出ましたが、お店の中はほぼ満員でした。店内は意外と広くて、席数もかなりあります。奥には個室もありました。
店内は昔の喫茶店のような雰囲気です。
入口すぐの棚にはボトルキープされたお酒の瓶が並んでいて、夜も賑わっているようです。

2008_0519画像0162

この日は中央付近の8人掛けのテーブルに先輩と私が向かい合う形で座り、他のお客さんたちと相席になりました。

2008_0519画像0163

店内は喫煙可です。

2008_0519画像0155

メニューは洋食を中心として全部で7種類。お値段は700円~900円とお手頃です。
全てのメニューにスープ・サラダ・ライスが付いています。

2008_0519画像0158

お茶は、サントリーが輸入しているボージョレーヌーボーの空瓶に入って出てきます。
決して私が昼から飲んでいるわけではありません(笑)。

2008_0519画像0160

華やかなボトルだから、良いリサイクルだと思います。
フロアスタッフのおばさまたちは、混み合う店内の中できびきびと働いています。

2008_0519画像0164

ハンバーグが出来あがる頃を見計らって最初にスープが出てくるので、少し待ちました。
スープは粗挽き胡椒が振りかけられた薄いコンソメ色で、底の方にほんの少しのワカメが入っていました。色合いからさっぱりしたお味かと思って一口いただいたら、意外とニンニクがしっかりときいていて、美味しい♪


B 和風ハンバーグ(おろし) ご飯少なめ  (800円)
2008_0519画像0165

ネットで評判が良かったので、来る前から和風ハンバーグ(おろし)を食べようと決めていましたが、実際に他の人に運ばれている実物を見て感動! ハンバーグが大きい♪ 

2008_0519画像0166

ご飯は少なめでお願いしています。

2008_0519画像0167

熱々の鉄板にのせられたハンバーグは評判通りかなり大きく、その上にハンバーグが見えないほどびっしりと大根おろしが盛られています。
横に添えられたサラダもハンバーグに負けないぐらいのボリュームです。

2008_0519画像0169

お皿からはみでるぐらい山となって盛りつけられたレタスやキュウリなどのサラダは、ハンバーグにものっかっているので、ハンバーグの全貌を見ようと、サラダを少し左に寄せたら、器からこぼれてしまいました(汗)。
鉄板に近いレタスは熱が加わってシナシナとなってしまっていますが、これはこれで生ばかりの単調な食感にならず、美味しくいただけました。ドレッシングもたっぷりとかかっています。

2008_0519画像0168

お肉はとても柔らかくて食べやすく、酸味がきいたポン酢がたっぷりとかけられた大根おろしはしっかりとした味付けながらも、さっぱりといただけます。ちょっとポン酢がかかり過ぎている気もしますが。

2008_0519画像0173

ハンバーグは大きいですが、厚さはそれ程でもないので、こうやって見ると、むしろ大根おろしの方がぶ厚いかもしれません(笑)。

2008_0519画像0175

ハンバーグを切ってみると、こんな感じです。やっぱり、大根おろしの層の方が厚い(笑)。
ボリュームたっぷりですが、食べやすくてペロリといただいちゃいました。


数年前にランチしたときにどうして印象に残っていなかったのか不思議なぐらい、個性的で美味しくボリュームたっぷりのお店でした。隣の男性が食べていたポークジンジャーや、ネット上で評判の良いもマグロのカルパッチョもとても気になるメニューなので、ぜひまた食べてみたいです。


2008年5月12日訪問時お店DATA
****************************
ステーキ&ワイン スカッシュ2
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-5 三陽ビル5階
電話&FAX 03-3359-3684
営業時間 11:30~14:00  17:00~24:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四谷駅から徒歩2分

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2008/06/11 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(5) |
【閉店】 ベトナム料理 OMELY  @四谷
5月10日は、一日中、四谷・四谷三丁目近辺で遊んでいました。
まずはお昼ご飯に四谷三丁目の「めん屋 いなば」でラーメンを食べ、その後妻家房のキムチ教室で韓国料理を習い、その後、キムチ教室に一緒に参加していた先輩と四谷三丁目から四谷まで、主に飲食店をのぞきながらぐるぐると歩き回り、結局前から行ってみたかった「ベトナム料理 OMELY(オメリー)」で夕食を取ることにしました。

2008_0519画像0064

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程、右手のビルの2階にあります。
最初、お店の場所がわからず、何度か行ったり来たりしてしまいました(汗)。

2008_0519画像0063

同じビルの1階にある「軍鶏一」がつい最近オープンしたこともあり、雰囲気が変わっていました。
二階を見上げると、、

2008_0519画像0068

「ベトナム料理」と書かれた提灯があり、お店があることを確認できました(笑)。

2008_0519画像0067

先輩と二人でお店の前をウロウロしていたら、お店の方が出てきて、看板を出して開店。

2008_0519画像0065

よく見たら、ビルの全体の立て看板の中に、お店の名前がちゃんと入っていました(汗)。

2008_0519画像0066

そそっかしい私らは、お店がなくなっちゃったのかと、すごく心配してしまいました。
置かれた看板には美味しそうなベトナム料理の写真が飾られています。

2008_0519画像0151

階段を登って2階に上がると、なんとも素朴でシンプルな扉がありました。

2008_0519画像0070

店内は結構広く、テーブル席がズラッと並んでいます。

2008_0519画像0071

開店直後に入店したので、先輩と私が一番乗り。

2008_0519画像0069

お店の形がL字型になっているので、写真を撮っても他の方に迷惑にならないようにと一番奥の窓際の席に座りました。
この日は、4人組のお客さんが店内中央テーブルに入っただけだったので、とてものんびりと過ごすことが出来ました。

2008_0519画像0099

テーブルの上に、それぞれのお国のビールが置いてあり、気分が高まります♪

2008_0519画像0100

こちらがメニューです。たくさんあって、選ぶのが大変。

2008_0519画像0073


2008_0519画像0074


2008_0519画像0075


2008_0519画像0076


2008_0519画像0077


2008_0519画像0078


2008_0519画像0079


2008_0519画像0080


2008_0519画像0081


2008_0519画像0082


2008_0519画像0083


2008_0519画像0084


2008_0519画像0085


2008_0519画像0086


2008_0519画像0087


2008_0519画像0088


2008_0519画像0089


2008_0519画像0090


2008_0519画像0091


2008_0519画像0092


2008_0519画像0093


2008_0519画像0094


2008_0519画像0095


2008_0519画像0096


2008_0519画像0097


2008_0519画像0098



333・バーバーバー (630円)
2008_0519画像0102

ベトナムのビールといえば、まずはこれ!

2008_0519画像0104

さっぱりとした口当たりですが、意外と深みのあるお味で美味しかったです。


黒豆茶
2008_0519画像0117

アルコールの飲めない先輩は、黒豆茶を注文。
一口いただきましたが、お豆の味がしっかりときいていて、美味しかったです。

2008_0519画像0105

シンプルですが、細工がかわいいお箸です。


生春巻き (1本315円)
2008_0519画像0106

ベトナム料理と言えば、まずはこのひと品から。
他の料理も食べたかったので、1本を二人でシェアしました。

2008_0519画像0110

野菜などの具がたっぷりと詰まっています。

2008_0519画像0108

ほんのり甘いタレはとっても美味しくて、たっぷりとつけていただきました。
さっぱりとした味わいの生春巻きとの相性は抜群♪


青いパパイヤのサラダ (1050円)
2008_0519画像0114

こちらもベトナム料理でははずせない一品。大好きなので、必ず注文しちゃいます。

2008_0519画像0113

シャキシャキとしたパパイヤに、パクチーの香りがしっかりときいていて、たっぷりとかけられたナッツの香ばしさとコクがありました。

2008_0519画像0115

ピリッと辛味のあるドレッシングで、お野菜との相性も良くて、とっても美味しい♪ 
エスニック食べているなーと幸せ一杯になります。


ブンリュー (950円)
2008_0519画像0118

フォーは食べるチャンスが結構あるので、野菜がたくさん食べられそうな「ブンリュー」を選択してみました。私は初めて食べるメニューです。

2008_0519画像0124

見た目は真っ赤なスープですが、ベースがトマトなので、全然辛くないです。

2008_0519画像0130

野菜を投入する前に、まずはスープの具をいただきます。あっさりとした味わいの中に、ホタテやエビなどの海鮮ダシがしっかりと利いていて、じわりとうまい、って感じです。

2008_0519画像0120

添えられた野菜を投入! お好みでレモンを絞っていただきます。
野菜だけでもおなかが一杯になるようなボリュームですが、個人的には野菜を入れた後はちょっとさっぱりしすぎでした。


SAIGON・サイゴン  (630円)
2008_0519画像0127

ベトナムビールをもう一種類頼んでみました。
ほんのり苦みのあるスッキリ味で、飲みやすいです。


パインセオ 小  (840円)
2008_0519画像0129

お米から出来たクレープは、表面はパリパリとしていますがモチモチとした食感もあり、とても独特。中にはたっぷりのお野菜が入っています。

2008_0519画像0128

やや甘めなタレをつけていただきました。


ネップ・モイ オン・ザ・ロック シングル  (315円)
2008_0519画像0133

もう食事はほとんど終わりかけだったんですが、どうしても「ネップ・モイ」が飲みたかったので、注文しちゃいました。もち米を原料とするベトナムを代表するスピリッツだとか。初めて飲みました。タイのメコンのような味かと思って飲んだのですが、全然違いました!
一口ネップ・モイを口に含むと、口当たりは甘めですが、トウモロコシのような、独特の香りがしました。最初ちょっとビックリしましたが、飲んでいるうちに香りに慣れて、氷が溶けて少し口当たりがまろやかになり、美味しくいただきました。お値段が安いのもいいなあ。


Coffee latte・ベトナム風カフェラテ  (420円)
2008_0519画像0134

以前にあったベトナムコーヒーのブームになんとなく乗り遅れていて、あまりキチンとしたベトナムコーヒーを飲んだことがなかったので、注文してみました。

2008_0519画像0143

容器の底にはたっぷりのコンデンスミルクが沈んでいて、くっきりと2層になっています♪

2008_0519画像0145

自分の好みの甘さになるまで、少しずつコンデンスミルクを溶かします。個人的には、これぐらいがちょうど良かったです。

2008_0519画像0150

でも、せっっかくなので、全部混ぜてみたら、こんな感じになりました(笑)。コーヒーを飲むときはいつもブラックな人間なので、かなーり甘くなってしまい、飲むのに一苦労(当たり前!)。


チェー  (630円)
2008_0519画像0140

先輩と私にしては珍しく、コースでもないのにデザートを注文してみました(笑)。
ココナツミルクの中に、ロンガン、ランブータン、ジャックフルーツ、椰子の実、海藻ゼリー、タピオカなどが入っていて、かなりのボリュームです。それ程甘くなく、フルーツの味がしっかりとわかりました。メニューのデザート欄に並んでいるものがほとんど入っていたので、とってもお得なメニューで、大満足♪


この日はあまりお腹が空いていなかったのと人数が二人だけだったので、せっかくいろいろあるメニューなのにあまり種類が食べられなかったのは残念です。この日の会計は二人で7000円ぐらいでした。お値段もお手頃でそれぞれ美味しく食べられたので、次回はぜひ人数を揃えて来てみたいです。
お店は、ベトナム人のご夫婦でしょうか、お料理担当の寡黙な男性とフロア担当で笑顔の美しい女性の、お若いお二人で切り盛りしています。普段ならばお店の評価はお料理の味と量に限定している私ですが、美男美女のお二人の佇まいにはうっとりしちゃったことを申し添えておきます(笑)。


2008年5月10日訪問時お店DATA
****************************
ベトナム料理 OMELY (オメリー)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-15 山田ビル2F
Tel:03-3356-9880
営業時間 17:00~23:00 
定休日 無休(不定休)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2008/06/10 09:00】 | エスニック | トラックバック(0) | コメント(6) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
5月10日は2008年上半期の最初の妻家房でのキムチ教室でした。
まずは少し早めに四ッ谷駅に到着し、交通費を節約するために四谷三丁目までてくてくと歩き、「めん屋 いなば」で腹ごしらえした後、妻家房に向かいました。いつもは一人でこの教室に行っているのですが、この日は会社の先輩も一緒に参加しました。

この日は、事前に妻家房のスタッフの方から、韓国のテレビが妻家房の取材に来て教室の様子を撮影したり、インタビューがあったりするかもしれないので、ご了解下さい、と言われていたので、韓国デビューしても良いように、少しだけおめかしして行きました(笑)。
「めん屋 いなば」でのんびりしすぎてしまい、時間ギリギリに妻家房に飛び込もうとしたら、韓国テレビの方にちょうどつかまって、お店に入店するシーンを撮らせてくださいと言われ、撮影されちゃいました。テレビに出られたのかしら??

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は、お店のキムチ博物館のスペースで、午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。
できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。

茶

キムチ教室が始まる前に、トウモロコシ茶をいただきます。香ばしくて美味しい♪

2008_0519画像0060

この日のメニューは、「干し大根キムチ」と「キムチとツナのチゲ」です。


【干し大根のキムチ】
2008_0519画像0024

干し大根のキムチは、過去に一度やったことがあるらしく、その時に参加した方から、「とっても美味しいよ!」と聞いていたので、ぜひ自分でも習ってみたかったので、とっても期待していました。
「キムチ」と表記していますが、ホントは発酵させないのでキムチではなく、作ったらすぐに食べられ、冷蔵庫の中に入れておけば何ヶ月でも保存が出来る韓国の常備菜だそうです。
右側が干し大根を水に戻したもの。割り干し大根だともっと良いそうです。
左側は乾燥唐辛子の葉で、こちらも既に水に戻してあります。

2008_0519画像0029

まずはもち米粉と水を合わせて火にかけて溶かし、のり状にし、その間に水飴を入れます。

2008_0519画像0033

出来上がったもち米粉ののりがこちらです。白っぽくてもったりしています。

2008_0519画像0034

温かいうちに唐辛子を入れ、よく混ぜ合わせ、冷まします。
こうすると、唐辛子の辛さが抜けるそうです。

2008_0519画像0035

のりがもったりしているので、かき回すのにはちょっと力がいります。
段々と唐辛子の色が鮮やかになってきます♪

2008_0519画像0037

出来上がったら、ニンニク・ショウガ・イワシエキス・塩などを投入し、味付けをします。

2008_0519画像0038

さらに、水に戻した干し大根と唐辛子の葉を投入し、あえます。
いりごま・砂糖を入れて味見をし、好みの味わいに整えます。

2008_0519画像0040

出来上がりはこんな感じです。こちらは4人分で、お土産に持ち帰りました。

2008_0519画像0031

先生が作ったものを味見させていただきました。
出来たばかりなので干し大根の食感がポリポリとしていて、美味しい♪ 保存している時間が長くなると、切り干し大根が水分を吸って段々と柔らかくなるそうです。
普段は甘めな味付けが苦手な私ですが、このキムチは少し甘めに味付けし、唐辛子の葉のぴりっとしたアクセントをきかせた方が美味しいです。しっかりと濃厚な味わいなので、ご飯にのっけて食べたい!
これまで切り干し大根というと出汁とお醤油で煮るようなワンパターンな食べ方しか知りませんでしたが、韓国スタイルで美味しく食べられることが発見できたのは、とても嬉しいです。作り方も簡単なのもお気に入りです(笑)。


【キムチとツナのチゲ】
2008_0519画像0041

韓国料理の代表選手であるチゲ料理。この日はキムチとツナのチゲを習いました。

2008_0519画像0042

材料はとてもシンプルで、ツナ・長ネギ・豆腐・赤唐辛子(彩りなのでなくてもOK)です。
先生が冷蔵庫の中に入っている手軽な材料でできるようにと、ツナのチゲを試作したらとても美味しかったとのことで、今回紹介することになったそうです。

2008_0519画像0043

忘れてはいけない、白菜キムチ! チゲに使う白菜キムチはしっかりと発酵させて酸味が出たものを使います。このキムチを砂糖と一緒に炒めると、酸味が飛んで、旨みだけが残るそうです。

2008_0519画像0046

炒めたキムチに水を入れて沸騰させ、他の材料を投入します。
もう一度沸騰したところに缶の中の水を切ったツナを入れます。

2008_0519画像0049

再度沸騰したら、ヤンニョム(ニンニク、イワシエキス、唐辛子、砂糖)を加え、隠し味に牛肉ダシを入れます。豆腐に味が染みるまで煮ます。
鮮やかな色合いで、とっても美味しそう♪ 良い香りが漂ってきます。

2008_0519画像0050

もう一度いただいたトウモロコシ茶と共に、チゲの試食です♪

2008_0519画像0054

この日はテレビカメラを意識しているせいか(?!)、ご飯も出して下さいました。ラッキー♪

2008_0519画像0057

二階のレストランで作っていただいた干し大根のキムチも出していただき、もう立派なお食事会です。

2008_0519画像0052

チゲは、スープが鮮やかな赤色ですが、見た目ほどの辛さはなく、どちらかと言えばスッキリした味わいです。でも、淡泊になりすぎず、旨みがあって、とっても美味しい♪

2008_0519画像0059

チゲを半分食べた後、ご飯を投入! うーん、最高です!
韓国の家庭料理(先生のお料理かな?)は、味付けがとてもしっかりしているの、ご飯がどんどん食べられちゃいます。


この日は両方とも簡単で美味しいレシピだったので、ぜひおうちで再現してみたいです。

最近、妻家房は日本のマスコミだけでなく韓国のメディアからもたくさんの取材を受けていて、事業としてとても成功しているというのに、社長夫人である柳(リュウ)先生は、とってもマイペースで憎めないお人柄で、時々ずっこけるような緩さもありながら、楽しくキムチ教室を続けています。


2008年5月10日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話:03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2008/06/06 09:40】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(3) |
めん屋 いなば  @四谷三丁目/新宿御苑
2008_0519画像0006

5月10日は2008年上半期の最初のキムチ教室だったので、その前に腹ごしらえすべく、四谷三丁目のラーメン屋さん「めん屋 いなば」へ。
せっかく楽しい土曜日だというのに、雨で、しかもやや肌寒い日でした。

2008_0519画像0020

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅を出て、新宿通りの右側を新宿方面に向かう途中、大きな交差点を渡ったところにお店があります。
この交差点を右に曲がって坂を下ると昨年9月1日に訪問した「ラーメン むろや」があります。

2008_0519画像0022

お店の看板には、お店が掲載された雑誌のページを貼っているだけではなく、いついつに有名人の誰が来たとのサイン入りの貼り紙がしてありました。
個人的に、こういうのってあまりクールじゃないと思います。。。。
この場所は以前「黒船」というラーメン屋さんで、更にその前もラーメン屋さんでしたが、どのお店もあまり長く続かないので、がんばっているんだろうなあ。

2008_0519画像0021

醤油らーめんとつけめんの2種類から選べます。
ネット上ではつけめんの評判が良かったのでつけめんを食べるつもりでしたが、かなり寒い日だったので、「特製 濃厚豚骨和風 醤油らーめん 並」(900円)にしました。

2008_0519画像0019

つけめんの麺の量が多いのは良くありますが、らーめんでも麺が多いとは珍しい。
味玉を注文してみたら、最初から半分入っていた、という事態がよくあるので、「特製」のトッピングが明記されているのは嬉しいです。
つけめんのあつもりが出来たり、麺少なめの対応をしてくれたりと、サービス盛りだくさん♪

2008_0519画像0005

店内はこぢんまりとしたL字型のカウンターです。インテリアはとてもシンプルです。
先客は3名いて、私のいる間に3名来店しました。

2008_0519画像0002

こちらは店内(カウンター)に置いてあるメニューです。

2008_0519画像0001

入ってすぐの席に着席し、しばし待ちます。
太麺を使っているので、麺を茹でるのに時間がかかります。

2008_0519画像0004

卓上には揚げニンニクチップスが取り放題♪
すっごく魅力的ですが、このあとキムチ教室に行くことを考え、使いませんでした。
普段だったら、たっぷり入れちゃうのに、とっても残念!


特製 濃厚豚骨和風 醤油らーめん 並  (900円)
2008_0519画像0006

特製とはいえ900円は結構お高いなーと思っていたのですが、らーめんが出てきてビックリ!
大ぶりのトッピングが表面を覆い尽くし、麺が見えないぐらいで、ちょっと感動しました。
具材だけでなく、ラーメンの表面を覆うような大きな海苔が2枚、山のようにそびえ立っています。

2008_0519画像0009

茎ワカメが入っているのはそれ程珍しくないですが、こちらのお店のものはとても太くて、シャキシャキとした歯応えを楽しめます♪

2008_0519画像0008

メンマもとても太くて、少なくとも3本は入っていました。

2008_0519画像0012

歯応えのあるものが大好きなので、柔らかいだけのメンマよりも太くてシャキシャキした食感のメンマが好きです。これだけ太いとしっかり噛み締められて、美味しい。

2008_0519画像0010

長ネギも全体に合わせて太くカットされています。

2008_0519画像0013

イマドキのとんこつ・魚介のスープですが、スープの温度も高く、お魚の風味を程よく感じ、メニュー名どおり、濃厚でこってりとしていて、とっても美味しい♪ 

2008_0519画像0007

ぶ厚く炙られたチャーシューが2枚も入っています。

2008_0519画像0014

こちらはバラ肉で脂多め。
もうちょっととろけるような食感で、さらっとした脂が好みです。

2008_0519画像0016

こちらは脂が少なめ。
自分の体調もあったのか、珍しくチャーシューの脂がしつこく感じちゃいました。

2008_0519画像0015

どっしりとした麺は美味しかったです。麺が太めだと、すごく食べ応えがあります。

2008_0519画像0011

味玉は、まるまる1個入っています。

2008_0519画像0017

卵の表面は、淡い色合いです。

2008_0519画像0018

卵は、色合い通り、あまり味付けをしておらず、純粋に黄身の味が濃厚で美味しかったです♪


美味しくておなかいっぱいで、大満足でした!
ただ、太麺なのでらーめんが出て来るまでに少し時間がかかり、さらに、麺とトッピングがたっぷりで、食べるのにも時間がかかったので、キムチ教室に遅刻してしまいしそうになり、食べ終わった後は慌てて小走りで妻家房に向かいました(笑)。


2008年5月10日訪問時お店DATA
*****************************
めん屋 いなば
〒160-0004 
東京都新宿区四谷4-28-17 大木戸ビル1F
電話 03-3341-2177
営業時間 11:30~21:00 スープがなくなり次第終了
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/05 09:40】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(4) |
中国家庭料理 醉詩家  @四谷
2008_0509画像0208

4月25日のランチでイタリアン「IL VECCHIO PLATANO(イル ベッキオ プラタノ)」に行ったとき、ふと路地をのぞいたら、中華料理屋さんを発見。
隠れ家的な佇まいが気になり、上司のいない5月9日のランチで、先輩と行ってみました。

2008_0509画像0213

JR・地下鉄四ッ谷駅から四谷見附交差点をわたり、新宿通りの左側を進んで、NTTドコモのショップがある最初の角を左に曲がります。次に出てきた角をさらに左に曲がって細い道に入り、少し進んだ左手に植物に覆われたお店があります。

2008_0509画像0214

お店の名前は「中国家庭料理 醉詩家(スージーハウス)」です。

2008_0509画像0217

ちょっと独特でオシャレな雰囲気のお店なので、ぱっと見ただけだと、中華料理屋さんだとは全くわからないし、もちろん家庭料理のお店とも思えません(笑)。

2008_0509画像0216

外に出ていた「今週の定食メニュー」はこちらです。4種類あり、暑くなってきたからか、冷し麺2種類も始まっていました。お値段は950円~1000円と、ちょっとお高めな設定です。

2008_0509画像0200

サルサ・カバナのように天井や壁がガラスで仕切られた店内なので、ほとんどの席に太陽の光が届きます。すごく気持ちいいです。お店はそれ程広くありませんが、手前は大きめの円卓、奥にはテーブル席と小さなカウンターがあります。カウンターの上には洋酒が並んでいて、ちょっとしたカフェ・バーになっています。

2008_0509画像0192

ランチタイムだというのに店内は半分ほどの席しか埋まっていませんでした。
気さくなフロアスタッフのおばさまに「好きなところに座ってください」とすすめられ、店内中程にある大きめの円卓に座りました。他に人がいなかったので、二人で円卓を占領(笑)。

2008_0509画像0201

お茶はテーブルの上に置いてあるので、セルフ・サービスです。

2008_0509画像0193

外に出ていた「今週の定食メニュー」は店内にも置かれています。
先程の写真だと「老面セット(ラーメンセット)」の値段がわかりませんでしたが800円でした。
定食のご飯・小ラーメンはお代わりOKです。

2008_0509画像0194

他にもたくさんのメニューがあります。目がちかちかしちゃうほどです。

2008_0509画像0195

これだけあると、逆に選ぶのが難しい。。。

2008_0509画像0196

ランチメニューと書いてあるので、夜は違うメニューになるのでしょうか。。

2008_0509画像0197

季節メニューもありました。

2008_0509画像0198

点心系も食べたいな。。

2008_0509画像0199

さんざん迷ったあげく、結局「担々麺(四川風辛子そば)」(800円)を選択。


担々麺  四川風辛子そば  (800円)
2008_0509画像0208

四川料理のお店でもないので、「どうかなー?」と心配でしたが、程なく出てきた担々麺は、辛味の赤さとスープの白さがとても色鮮やかでした♪

2008_0509画像0209

麺の中央にはこぢんまりとひき肉が盛られています。

2008_0509画像0211

ほかの具材としては、細長いメンマと、、、

2008_0509画像0210

青みをつけるためのほうれん草が、それぞれ少しずつ入っていました。
正直、あまり期待していなかったせいもあるのか、スープは案外コクがあって、とっても好みの味でした♪ 辛さは普通ぐらいです。

2008_0509画像0212

麺は量は多かったのですが、少しのびていて柔らかくなってしまっていたのが残念。


什錦会飯  五目うま煮かけご飯  (850円)
2008_0509画像0205

先輩は、中華料理の中で、うま煮が大好きだそうで、迷わずこちらの一品を注文。

2008_0509画像0203

具材たっぷり、ボリュームたっぷりだったそうです。


雰囲気がある割にはメニューはフツーな中華料理屋さんですが、あまりお客さんが多くなかったこともあり、太陽の柔らかな光を浴びながらのんびり食事が出来たので、個人的にはなかなか気持ちの良いランチができました。


2008年5月9日訪問時お店DATA
********************************
中国家庭料理 醉詩家 (スージーハウス)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-2-6 アーバンビル1階
TEL 03-3355-0569
携帯 090-1056-0959 
営業時間 
[昼] (月~土) 11:30~14:30  
[夜] (月~金) 17:00~23:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/04 10:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @麹町/市ヶ谷
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

2012年4月4日追記

2012年3月29日、久しぶりに「俵屋」に出前を頼んだら、配達をやめたと言われました。
最後にお願いしたのは2011年8月26日だったので、約7ヶ月の間のいつかに終わっていたようです。
あまり頻繁に利用してはいませんでしたが、スピーディに配達してくれる数少ない貴重なお店だっただけに残念です。

***************************************

2008_0509画像0185

5月8日のランチは、上司が12時ジャストぐらいに事務所に戻り、1時には来客が来るというスケジュールだったので、時間がなかったので、「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」の出前を取ることになりました。
出前をお願いするのは、3月24日に続いて2回目です。

外2

実際のお店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から、日テレ通りの右側をまっすぐ6分程歩いたところです。
ビルの一階(半二階?)にあるお店で、二階には、昨年6月4日にランチを、今年の3月3日にお弁当を買った、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」が入っています。

外1

12時ちょっと過ぎに、俵屋に注文の電話をかけると、前回と同じく、コールが鳴りっぱなしでなかなか出てくれません。一番忙しい時間帯なので、仕方ないですね。
お店のおばさまに注文を伝え、どれぐらい時間がかかるか尋ねたところ、時間を30分~40分見て欲しい、と言われました。「わかりました。」と答えたのに、何度も何度も「時間をみてくださいね!」と念を押されました。。。

2008_0509画像0182

35分後位にお料理が届いたのですが、先輩がオーダーした味噌坦々つけめんの具材がない!
出前の人がしきりに謝って下さり、調理の方が別皿のトッピングを入れるの忘れたとのことで、取りに戻りました。バイクならお店まで2、3分の距離なので、お店から近いから良かったねー、なんて言いながら、時間もないので少しずつ食べ始めました。


バリバリ かたやきそば (750円→780円)
2008_0509画像0185

麺にかけられている餡には、イカ、白菜、キャベツ、ニンジン、キクラゲ、かまぼこ、豚こま肉、さつまあげ、ニラ、もやし、などなど、たくさんの種類の具材が入っています。

2008_0509画像0186

餡にはしっかりと味付けされていて、たっぷりと添えられたカラシと紅ショウガで、いいアクセントになりました。

2008_0509画像0188

そばは、皿うどんのようにとても細い麺でした。量はたっぷりです。


味噌坦々つけめん (750円→780円)
2008_0509画像0183

トッピングのないつけめんは、絵的に少々寂しいですね。
麺のボリュームは結構ありましたが、残念ながらちょっとのびていたそうです。
スープの辛味は予想以上にあったそうで、先輩はしきりに汗をかいていました(笑)。


出前の方がトッピングを取りにうちの会社を出てから20分以上経過。
先輩は当然とっくに食べ終わってしまい、午後1時過ぎになってもトッピングが来ないので、先輩が「俵屋」に電話をして断りを入れたところ、お店のおばさまは全く謝ることもなく、「もう作っちゃったから。」と配達は強行されることに。


2008_0509画像0189

麺が届けられてから30分以上経過し、ようやく登場したトッピングはこちらです(笑)。
お店の方から「もう作っちゃったから」なんて言われましたけれど、既に用意されているものを盛っているだけにしか見えないけどなぁ~。
もったいないので、先輩は家に持ち帰り、カップラーメンの具材にしたそうです(笑)。


お値段が安くてボリュームがあり、配達もそこそこ早いので、この近辺では貴重な出前のお店ではありますが、お店の方の対応にはちょっと疑問が残りました。

前回載せるのを忘れました、出前のメニューです。
今回注文したとき、「味噌坦々つけめん」は780円、「かたやきそば」も780円と、両方とも値段表示よりも30円高かったので、一律に30円アップしているかも知れません。

2008_0509画像0022


2008_0509画像0023


2008_0509画像0026


2008_0509画像0027


2008_0509画像0028


2008_0509画像0029


2008_0509画像0030


2008_0509画像0031



2008年5月8日購入時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX 03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/06/03 09:00】 | その他麺類 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる