焼鳥 RYOMA  @四谷
10月6日のランチは、上司が外での仕事が長引いてお昼までに戻れなかったので、先輩とランチに出かけたのですが、小雨がそぼ降る肌寒い日だったのであまり遠出をする気にもなれず、四谷のしんみち通りへ行くことにしました。

2007_1008画像0085
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程の右手にある「焼鳥 Ryoma(りょうま)」に入ってみました。初めての入店です。

2007_1008画像0089
お店の入口の右側に大きな写真付きのメニューの垂れ幕があって、とっても見やすいです。
ランチタイムは午後4時までと、かなり遅い時間まで食べることが出来ます。

2007_1008画像0088
ランチは全部で13種類あるとのことですが、写真で表示されているのは8種類だけです。
午後2時からお酒を飲むことも出来ます。

2007_1008画像0086
ギネスのロゴが入ったこちらの黒板、お店に入って並ぶことはありませんよ、という配慮から置いてあると思うのですが、こちらのお店の前を通るたびにこの言葉に目が止まり、あまり混雑しないお店なのかな、、、と思ってしまい、なかなか思い切って入ってみることが出来ませんでした(汗)。

2007_1008画像0090
入口のガラス扉にこちらのステッカーが貼られています。
「Ryoma」という店名といい、このステッカーといい、お店のオーナーさんはかなりの坂本龍馬ファンのようです。

2007_1008画像0083
店内は至って普通の和食屋さんらしい佇まいでやや雑然とした雰囲気ですが、お店の中の至る所に龍馬グッズがたくさん飾られています。

2007_1008画像0081
入口は小さいですがお店は奥に広がっており、左側に写真のカウンター席、右側にテーブル席があり、かなり席数があります。入口の看板どおり、奥の席が空いていたので、一番奥のテーブルに座りました。

2007_1008画像0068
お店の一番奥には炭火の焼き場があってもうもうと煙があがっていますが、ガラスで区切られているので煙は全く感じません。ただ、焼き場と背中合わせだった先輩は、「後から熱を感じた」と言っていました(笑)。

CIMG6995_convert_20081124161033.jpg
鶏の炭焼きがウリのこちらのお店、鶏の炭焼きが食べられるランチメニューは7種類もあり、お値段も630円か740円ととてもお手頃です。
タバスコでいただく「トマトソース定食」やコチュジャンダレの「ピリ辛丼」なんて、ちょっと多国籍なメニューもあって、面白そう。

2007_1008画像0064
鶏の炭焼き以外に魚やカレーなどのメニューも6種類あり、お値段は同じく630円か740円です。
大盛りは、630円のメニューがプラス110円で740円になり、740円のメニューはプラス100円で840円になります。
プラス50円で単品(ポテトサラダor冷奴orとろろ芋or納豆)がつけられます。

2007_1008画像0082
店内の奥の壁には夜のメニューが書かれていました。夜もお手頃価格です。
5年物自家製すもも酒を飲んでみたい~。

2007_1008画像0067
ランチタイムにお水を補充しなくて済むようにするためか、卓上にはびっくりするほど大きなお水の入ったピッチャーが置かれています。私、片手ではとても持ち上げられないです。。。

2007_1008画像0066
テープルにはお新香が最初からスタンバイしています。
大根のお新香はすっきりとした甘さで、ぽりぽりと食感を楽しめました。


ピリ辛丼  (630円)
2007_1008画像0074
鶏の炭焼きがオススメのお店なので、最初は「照り焼き丼」か「照り焼き定食」にしようかと思いましたが、コチュジャンを使った「ピリ辛丼」がとても気になり、こちらを選択。

2007_1008画像0073
お味噌汁はオーダーが入ると、下準備している汁椀に注いでしまうので、メインのお料理が出て来るのにそれ程時間がかかるわけではなかったですが、ちょびっとぬるくなっていました。残念。
お味噌汁の具は、お豆腐、ワカメ、大根でした。

2007_1008画像0075
鶏肉はもも肉1枚分あって、大きなサイズです。
コチュジャンダレは見た目もほんのり赤く染まっていました。

2007_1008画像0078
コチュジャンを加えたタレはほんのり甘いピリ辛味で美味しく、細かく刻まれたたっぷりのネギがとても良いアクセントになっています。

2007_1008画像0076
ご飯の量は多かったのですが、水分多めで柔らかだったのが残念。

2007_1008画像0080
皮はパリッと焼かれ、お肉は柔らかジューシーです。


みぞれ定食  (630円)
2007_1008画像0069
先輩は「みぞれ定食」を注文。

2007_1008画像0072
鶏もも肉に天盛りになっている大根おろしは黒酢がきいていたそうです。たっぷりの千切りキャベツが添えられていて、とってもヘルシーな組み合わせに、先輩もとても美味しくいただいていました。


炭で焼かれた鶏肉は香ばしくて柔らかく、ボリュームたっぷりでとてもお値打ちなランチで満足しました。次回はトマトソース定食を食べてみたいです。


2008年10月6日訪問時お店DATA
****************************
焼鳥 RYOMA  (りょうま)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-27 第43東京ビル1F
Tel&Fax 03-3356-2506
営業時間 ランチは午後4時まで
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/28 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
【業態変更】 TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  @四谷
2013年3月25日追記

「TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」は、アトレ四ッ谷店のリニューアルに伴い、2011年12月25日に閉店しました。

DSCF7686.jpg
2012年3月14日、アトレ四ッ谷店のリニューアルオープンに伴い、「Pensri’s Kitchen(ペンシーズ キッチン) アトレ四谷店」がオープンしました。
「ティーヌン」も「ペンシーズ」もどちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドです。
2012年3月21日にお弁当を購入2012年4月24日にイートインを利用しました。

***********************************

2007_1008画像0039
現在の職場に転職してからだいぶ経ちますが、平日は午前様まで残業することはあっても、土日出勤を命じられることはありませんでした。
ですが、どうにも難渋している仕事がいよいよ煮詰まり、土日ともお客様と打ち合わせをしなくてはならない状況になってしまい、さすがに先輩と私も逃げるわけにはいかず、土日にひとりずつ出社することになりました。前日の土曜日は先輩が出社し、10月5日の日曜日は記念すべき私の(現在の職場での)初めての日曜出勤となりました。

2007_1008画像0061
日曜日の午後1時30分から打ち合わせを行う予定だったので、準備をするために午後12時30分ごろ出社しました。
でも、せっかくお昼からの出社だったので、少し早めに四ッ谷駅に到着し、アトレ四ッ谷店の1階に入っている「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」でランチをすることにしました。
こちらのお店には、四谷のアトレが出来たばかりの頃に1度先輩とディナーで来たことがあり、数年ぶりの再訪になります。その時に比べ、メニュー表が変わっていたような気がします(←当たり前)。
「ティーヌン 市ヶ谷店」では昨年6月7日にランチ昨年9月26日にディナー昨年12月11日2月4日にお弁当と結構食べています。

2007_1008画像0062
休日の四谷なんてさぞかしガラガラかと思いきや、アトレの中はお昼時ということもあって人があふれかえっていました。びっくり。

2007_1008画像0047
入口のところに、メジャーなタイ料理がディスプレイされています。
久しぶりのエスニックなので、何を食べようかとワクワクしちゃいました。

2007_1008画像0048
「ティーヌン」はエスニック系では最大ではないかと思われるチェーン展開をしているお店です。最近ではタイ料理は家庭でも作られるほどポピュラーになったとはいえ、まだまだ苦手な人が多い唐辛子や香辛料に配慮してこういう表示をきちんと出しているのが成功した理由かな、と思いました。
こちらの店舗は「ティーヌン」のHPによれば、直営店ではなく、フランチャイズ店でした。

2007_1008画像0060
タイ料理のメジャーどころがいろいろ食べられる「ティーヌンセット」(1,500円)の存在を、帰りがけに写真を撮っているときに気付きました。残念。

2007_1008画像0038
店内はほぼ満席でしたが、一人だったのが幸いしてすぐに入ることが出来ました。
女性客比率がとても高く、しかも私も含めて女性一人客も多数でした。外国人の方もちらほら。

2007_1008画像0036
手前にテーブル席とカウンター席があり、奥は床が一段高くなってテーブル席が並んでいます。私は奥の一段高いところに並んでいる二人掛けのテーブルに通されました。
店員さんはほとんどがタイ(?)の方のようで、てきぱきとしたサービスです。

2007_1008画像0037
テーブルの上にはタイ風調味料3点セットが陶器に入って置かれています。
砂糖、唐辛子、唐辛子入りのお酢です。割り箸ではないお箸が置いてありました。


トム・ヤム・ヌードル ワンタン  (840円)
2007_1008画像0039
久々のタイ料理、酸っぱ辛さを食べたくなり、トム・ヤム・ヌードルのワンタン入りを注文。
店内が混み合っているので、「お料理がなかなか出てこなかったらどうしよう。会社の時間に間に合うかなあ、、、。」と少し心配でしたが、あっという間にトムヤムヌードルが出てきました。
全体的にスリムで背が高いフォルムの丼は、とってもオシャレ。

2007_1008画像0040
スープは見た感じは真っ赤に染まっていて美味しそう。
野菜はもやしがたっぷり入っていましたが、ほかには小口切りのネギぐらいしか入っていなかったので、ちょっと寂しい気がしました。せめて、フクロダケがはいっているといいのに。

2007_1008画像0041
スープは辛さはまあまあで、酸味が強めです。
ダシがちょっと薄めでさっぱりとした味わいでした。

2007_1008画像0042
麺は中華麺かライスヌードルかを選択できます。
私はライスヌードルをチョイス。ストレートでやや透明な麺は、つるつるっとしたのどごしです。
麺の量は普通~やや少なめです。

2007_1008画像0044
ワンタンは小さめですが、5つは入っていました。

2007_1008画像0046
エビが入っていてぎゅっと固めた餡が美味しかったです。


レジは日本人の方で、店長さんでしょうか、とっても丁寧な接客でした。
全体的なボリューム感を考えると多少割高な気もしますが、便利な場所で手軽にエスニックを食べられるのはとてもありがたいです。
帰りがけに店舗の写真を撮っている時も次から次へのお客さんが入っているというのに、このあと買い物のために出かけた新宿通りは人影もまばらでほとんどのお店が閉まっていて、日曜日ににぎやかなのは駅周辺だけだなあ、と改めて実感しました。


メニューです↓
2007_1008画像0049

2007_1008画像0050

2007_1008画像0051

2007_1008画像0052

2007_1008画像0053

2007_1008画像0054

2007_1008画像0055

2007_1008画像0056

2007_1008画像0057

2007_1008画像0058

2007_1008画像0059


2008年10月5日訪問時お店DATA
****************************
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店 (ティーヌン)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四ッ谷店1階
TEL 03-5312-9733
営業時間 
[平日] 10:30~23:00
[日祝] 10:30~22:00
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/26 09:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(6) |
漁港直送 酒場 魚八 市ヶ谷店 @市ヶ谷
10月3日のランチは、上司が不在だったので先輩と外に食べに行きました。
9月30日に「串八珍 市ヶ谷店」へ行ってから4日ぶりに市ヶ谷方面に出かけてみることに。

2007_1004画像0125
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、二つめの角を右に曲がるとすぐ左手にある「漁港直送 酒場 魚八(うおはち) 市ヶ谷店」に行ってみました。

2007_1004画像0124
道路から少し奥まったところにあるせいか、とてもにぎやかなディスプレイになっています。
こちらのお店は「やきとり 串八珍」「鳥珍」を展開する株式会社豊創フーズホールディングスのお魚系のチェーン居酒屋です。

2007_1004画像0126
トロ箱がどかどかと積まれ、お魚の名前がズラリと並んでいます。
この場所には、以前は同じ系列のお肉系ブランド「下町ホルモン ありが亭」が入っていましたが、食べに行く前に閉店してしまい、いつの間にか「魚八」に衣替えしていました。

2007_1004画像0101
店内はかなり広く、手前側にテーブル席、奥にお座敷があるようです。
前会計のスタイルなので、まずは入って左中程にあるレジに向かいます。
メニューは全部で7種類、お値段は650円から980円と幅がありますが、4種類は600円台とかなりお手頃です。

2007_1004画像0102
そのせいか、背広軍団のお父様方の支持が高いようで、4人程並んでいました。
少し遅れて来たせいか、お目当てだった海鮮丼は既に品切れ。。。ガッカリ。
メニューの写真の横に置かれているのは食券代わりのお札です。

2007_1004画像0103
私が食券を買うちょっと前に「鮪づけ丼定食あと2つ!」と言っていたので、「鮪づけ丼定食」をお願いしたら、私の前の人も買っていたらしく、私で完売してしまいました(汗)。同じくづけ丼を食べようとしていた先輩、すみません。。。。
先輩はせっかくだから生のお魚を食べたい、とのことで、奮発して一番お値段の高い「刺身定食」(950円)を注文。
お店の方から説明を受け、私は色違いの食券をいただきました。

2007_1004画像0106
入ってすぐ左にあるテーブル席に着席し、お料理が出てくるのを待ちました。
壁にはたくさんのメニューが貼ってあり、見ていて楽しいです。お値段もお安めです。

2007_1004画像0109
お店自体は新しいですが、内装そのものはややチープ(すみません!)なので、全体的に無骨な感じがします。
お魚系のメニューばかりでなく、肉じゃがやメンチカツやカレーなどもあります。

2007_1004画像0107
ちょうどこの頃、焼酎に事故米が混入していることが発覚していた時期で、こちらのお店で取り扱っていた商品も該当してしまっていたようで、きちんと報告書が出ていました。

2007_1004画像0108
テーブルそのものも、卓上に置かれているものも実にシンプルです。


鮪づけ丼定食  (690円)
2007_1004画像0110
それ程待たずに、お料理が登場しました。

2007_1004画像0112
鮪づけ丼、お味噌汁、ガリ、ワサビがセットになっていました。

2007_1004画像0115
お醤油皿にワサビがたっぷりとのっています。
注ぎ口がついているので使いやすいです。細かい配慮が嬉しいです。

2007_1004画像0114
ガリは大きく、こちらもたっぷりめに盛られていました。

2007_1004画像0116
逆にお味噌汁は小さめです。ワカメと長ネギが入っていました。

2007_1004画像0118
思っていたよりもたっぷりのづけ鮪がのっていて、ご飯が見えないくらいです。
たっぷりの刻み海苔、万能ネギの小口切り、白胡麻がのせられています。

2007_1004画像0121
ちょうどよい漬け込み加減でマグロにしっかりと味がしみこみ、ご飯がとても進みます。
ご飯のボリュームは普通でしたが、食べ応え充分でした。


刺身定食 鶏唐揚げ付き (950円)
2007_1004画像0113
私が鮪づけ丼定食(690円)を完売させてしまったため、先輩は刺身定食を注文。
ご飯とお味噌汁は同じですが、お刺身のほか、鶏唐揚げとお新香がついています。

2007_1004画像0119
鶏の唐揚げは二つあり、キャベツの千切りが添えられています。
お刺身定食をいただくときは、食いしん坊な私はどうしてもボリュームが心配ですが、こういう風にちょっとインパクトのある小鉢をつけていただけると、とっても嬉しいです。

2007_1004画像0120
お刺身は、鮪、サーモン、ハマチ、青魚(種類は聞くのを忘れました。いわし?)の4種類で、なかなかボリュームがありました。マグロ以外は美味しかったとのことです。

2007_1004画像0123
ちょっとピンぼけでわかりにくいと思いますが、ご飯を少なめでお願いしたら、一度よそったところから慌てて取り外したかのようなご飯のぼこぼこさが面白くて写真を撮ってしまいました(笑)。


お店に入る前は、チェーン店のお魚系居酒屋さんってどうなんだろう?とちょっと心配なところもありましたが、690円でなかなか美味しい鮪づけ丼をたっぷりと食べられて、個人的に大変満足できました。次回は今回食べられなかった海鮮丼定食をぜひ食べてみたいです。


2008年10月3日訪問時お店DATA
************************************
漁港直送 酒場 魚八 市ヶ谷店  (うおはち)
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-10 九段藤山ビル1F
TEL 03-3263-4007
営業時間 
[月~金] 11:30~14:00   17:00~23:00 (L.O.フード 22:15、ドリンク 22:30)
[土日祝] 17:00~23:00 (L.O.フード 22:15、ドリンク 22:30)
定休日 なし(年末年始を除く)
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/25 09:00】 | 和食 | トラックバック(1) | コメント(2) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @麹町/市ヶ谷
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

2012年4月4日追記

2012年3月29日、久しぶりに「俵屋」に出前を頼んだら、配達をやめたと言われました。
最後にお願いしたのは2011年8月26日だったので、約7ヶ月の間のいつかに終わっていたようです。
あまり頻繁に利用してはいませんでしたが、スピーディに配達してくれる数少ない貴重なお店だっただけに残念です。

***************************************

2007_1004画像0090
10月2日のランチは、上司に「お昼どうしますか?」と聞いたところ、「ラーメン&餃子」という答えが返ってきたので、久しぶりに「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」に出前をお願いすることになりました。
いつもすぐに持ってきてくれるこちらのお店ですが、この日は午前中の打ち合わせが思っていたよりも長引き、上司の注文が「ラーメン」だったので、注文する時間を見計らっていました。
お店に電話したところ、珍しく「今日は20分ぐらいかかります。」と言われましたが、逆にちょうどいい時間帯になりそうだったので注文しました。
前回食べたのが8月27日だったので、約2ヶ月ぶりになります。

外2

実際のお店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から、日テレ通りの右側をまっすぐ6分程歩いたところです。
ビルの一階(半二階?)にあるお店で、二階には、昨年6月4日にランチを、今年の3月3日にお弁当を買った、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」が入っています。

外1

注文してから配達してくれるまでが結構早いので、とても重宝しています。

2007_1004画像0085
こちらのお店のラップ使いはすごいです。
まずお料理のお皿全体にラップをかけ、その上に割り箸を置き、お箸が動かないように下三分の二ぐらいのところをもう1回ラップします。出来上がりは、まるでお皿の上に割り箸が浮いているように見えます。お皿を持ち歩いても、お料理の中身がこぼれないだけでなく、お箸もビクともしません。この厳重なラッピングは、食べるときにはがすのが結構大変で、「おなかすいた~、でも、取れない~。」とジリジリしちゃうこともしばしばです(笑)。


冷し中華 (880円)
2007_1004画像0090
季節限定メニューは「大辛冷やし中華」と「冷やし中華」の2種類あり、「大辛冷やし中華」は8月4日に食べていたので、せっかくなのでもうひとつの「冷やし中華」を注文してみました。もう10月だし、さすがに無理かなーと思いつつ、お願いしたのですが、まだやっていました。

2007_1004画像0091
前日シローズに注文したときは、お店の方が教えてくれた時間よりも遅くなりましたが、この日は逆に早く届けていただいてしまい、びっくり。20分かかると思っていたら、10分で到着。

2007_1004画像0092
この日ばかりは到着の早さにあまり喜べず、お弁当の配達の難しさを改めて痛感しました。

2007_1004画像0093
結局打ち合わせが終わらなかったので、10分ぐらいは置きっぱなしに(泣)。
打ち合わせがどれぐらいで終わるか読めないのに、冷し中華を注文した私も私ですが、もっと麺がのびてしまう汁麺のラーメンを注文する上司のメニューチョイスもちょっと問題だとは思います(笑)。

2007_1004画像0094
甘めなタレは、そのまま食べるには私には甘すぎますが、たっぷり添えられているカラシを溶かし込んで、いただくと、ちょうどいい具合になります。

2007_1004画像0095
料理を届けていただいてから10分は置いてしまっため、麺はお皿の底に塊のように張り付いてしまい、なかなかほぐれません。全体をほぐすのはとても無理だったので、右端から少しずつ崩していただきました。


天津飯
2007_1004画像0087
先輩は、単品のチンジャオロース(880円)をお願いしたところ、何故か「今日はやっていない。」と言われ、逆に、メニューにはない「天津飯はありますか。」と聞いてみたら、こちらは大丈夫とのことで注文していました。

2007_1004画像0088
天津飯にはスープが付いていました。

2007_1004画像0086
予想していたよりも甘さがなくて食べやすく、普通に美味しかったとのことです。


麺がのびてさらに量が増えたためもあるとは思いますが、ボリュームは多くておなかいっぱいになりました。先輩の食べていた天津飯が美味しそうだったので、今度からは私もご飯物のメニューにチャレンジしてみようと思います。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

タンメン (平成20年3月7日
担々麺・大辛 (平成20年8月27日
カタヤキソバ (平成20年5月8日
大辛冷し中華 (平成20年8月4日
冷し中華 (平成20年10月2日
中華丼 (平成20年7月1日
マーチャン丼 (平成20年3月24日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


出前のメニューです↓ 配達は2個以上です。お値段は一律に30円アップしているようです。
2008_0509画像0022


2008_0509画像0023


2008_0509画像0026


2008_0509画像0027


2008_0509画像0028


2008_0509画像0029


2008_0509画像0030


2008_0509画像0031



2008年10月2日注文時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX 03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/21 09:00】 | その他麺類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店  @四谷/四谷三丁目
10月最初のランチをレポートします。

10月1日は午前中から午後にかけてぶっ通しの長い長い打ち合わせがあり、お昼頃会議を中座して出てきた上司は一言「昼飯にきじ丼!」と言い放ち、そのまま会議に戻ってしまいました。
残念ながらこの日は水曜日で「築地宮川本廛(つきじみやがわほんてん) 四谷店」の定休日。上司がもう一度出てくる気配は全くなく、時間もあまりなかったので、先輩と私で勝手に「お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店」に決めてしまいました(笑)。
会議に参加しているメンバーはおじさま軍団だったので、あまりシローズっぽくないメニューだなあと思いつつ、「和風幕の内弁当」(1,100円)に勝手に決定!
前回「シローズ」お弁当を食べたのは7月25日だったので、約2ヶ月ぶりです。

2008_0529画像0026

以前いただいていた新店舗の地図です。
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に進み、三つ目の交差点を越えた左側あたり。

2008_0907画像0044
「シローズ」は、もともとJR・地下鉄四ッ谷駅のすぐ隣にあったグリーンマートという建物の地下に入っていましたが、グリーンマートの閉鎖に伴い、今年の7月8日から現在の場所に移転しています。

2008_0907画像0048
移転後は四谷三丁目寄りの立地になったことから、私の事務所からは遠くなってしまい、専ら出前をお願いしています。
ぜひとも新店舗を見てみたくてそのチャンスを窺っていたのですが、9月6日に妻家房のキムチ教室に行ったとき、ミスクさんのコメントで教えていただいた店舗のだいたいの位置を思い出し、ウロウロしていたら無事発見できました。

2008_0907画像0043
新宿通りにこちらの看板が出ています。

2008_0907画像0047
岡本ビルには幾つかのテナントが入っているようですが、ビルに入ってすぐ左手の部分が現在工事中で、ガランとしています。

2008_0907画像0045
1階の一番奥に「シローズ」の店舗がありました。
手前の部分が改装中ということを差し引いても、どこかガランとした雰囲気で、雑多な感じが否めません。でも、これってグリーンマートの時代とそれ程変わりないような気がします(笑)。

2008_0907画像0046
お店のカウンター部分だけ見ると、とってもキレイに改装されています。

2007_1004画像0076
打ち合わせをしている軍団は、午後1時10分にはこちらを出なければならないというのに、電話でオーダーするのが午前11時30分になっていました。「シローズ」に電話をしてお弁当の配達時間について尋ねてみたら、「12時をちょっと回るぐらいには届けられます。」とのお話だったので、注文しました。

配達は時間が読めないから仕方ないとはわかっているのですが、12時15分になってもお弁当は届かず、上司にせかされて「シローズ」に電話をして確認したところ、既に配達に出ていて、私の事務所に来る前に中華学校に立ち寄っているとのことでひたすら待つしかなく、結局お弁当が到着したのは午後12時30分でした。
お昼時にちゃんと届けてもらおうと思ったら、やはり午前11時にはオーダーしないとダメですね。


コロッケカレー  (550円)
2007_1004画像0078
前日の夜午後10時過ぎに上司と「鮨処 すし政(すしまさ)」でお腹いっぱいお寿司を食べちゃったので、当然この日の朝は体重がかなり増加。少し軽めのメニューにしようと思い、「コロッケカレー」(550円)を注文してみました。世間的にはあまり軽くないかな?(笑)。
お値段が550円だからシンプルなメニューだろうとは思っていましたが、全体的に茶色いトーンで、どんよりしています(笑)。

2007_1004画像0082
唯一彩りになりそうなのものが福神漬けだけでしたが、赤く着色していないタイプのものでした。

2007_1004画像0079
揚げ物が得意のシローズ、コロッケはサクサクで、まだ充分温かくて美味しかったです。
中身のジャガイモは、カレーに合わせてあるのか、少し甘めな味付けでした。
ご飯のボリュームは普通です。

2007_1004画像0081
具材を全て溶かし込んでいるドロドロのルーは、特にスパイシーでも辛くもありません。
ご飯を食べ終わって最後にルーだけが残ったとき、先割れスプーンなので隙間からこぼれ落ちてしまい、食べるのが大変でした(汗)。


ハンバーグ・唐揚弁当  (800円)
2007_1004画像0072
先輩は「シローズの」メニューの中でもガッツリ系の「ハンバーグ・唐揚弁当」(800円)を注文。

2007_1004画像0073
大きなハンバーグにはトマトソースがかけられています。

2007_1004画像0075
大きめの唐揚げは2個入っていました。
相変わらずの美味しさで、先輩はお腹いっぱいになったようです。


久しぶりに食べたシローズのお弁当は大きめのコロッケだったので、お腹はけっこう一杯になりました。550円というお値段なら満足です。
食べる機会を何とか増やして、ぜひぜひ、全メニュー制覇をしてみたいです☆


◆◇◆◇◆ 目指せ!全メニュー制覇 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おろしロースカツ弁当(平成19年10月1日
ヒレかつ弁当(平成19年9月6日
手ごねハンバーグ弁当(2008年5月29日
鶏唐揚弁当(平成20年2月19日
わかめご飯弁当(平成20年2月1日
ヒレカツカレー(平成19年7月18日
のりから明太子弁当(平成19年10月10日
ハンバーグカレー(平成19年12月19日
和風幕の内弁当(平成20年7月25日
洋風幕の内弁当(平成20年1月11日
ハンバーグ・唐揚弁当(平成19年8月2日
唐揚・エビフライ弁当(平成19年11月12日
焼肉・カニクリームコロッケ弁当(平成19年10月25日
そぼろ弁当(平成20年1月16日
お好み弁当(平成19年9月10日
ハンバーグ&カニクリームコロッケ弁当
日替り焼肉&鳥唐弁当
日替り焼肉&カニクリームコロッケ弁当
わかめご飯弁当(平成20年2月1日
ビーフカレー
コロッケカレー(平成20年10月1日
白身魚フライカレー

~日替わり弁当~
日替り弁当(平成20年4月14日
日替りお魚弁当(平成20年10月8日)
日替り焼肉弁当(平成20年4月23日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2008_0803画像0115
前回注文した7月25日にいただいた、次週のメニュー表です。
お店に行って持ち帰りで600円以上のお弁当を買うと50円引きになるというサービスは、以前はなかったと思います。店舗が遠くなって買いに行けなくなってしまい、とっても残念!

2008_0803画像0116
メニューは以前とほとんど変わりませんが、よく見ると、おかずの組み合わせが違うなどの新しいメニューもちらほら。
全メニュー制覇にはもう少し時間がかかりそうです。

2008_0803画像0117
二人分の出前をお願いすることもあるので、配達をしてくれる合計金額が1100円以上とお安めな設定はとても助かります♪


移転前にいただいているメニューです↓
メニュー7

メニュー6

メニュー5

メニュー4

メニュー3

メニュー2

メニュー1



2008年10月1日宅配時お店DATA
****************************
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-8 岡本ビル1階
TEL&FAX 03-3226-0407
営業時間 9:00~18:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/20 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(3) |
鮨処 すし政  @四谷
9月30日は月末最終営業日だったので、どうしてもこの日に終わらせなければならない仕事があって10時頃まで残業していました。上司が長い長い打ち合わせを終えたのが同じく10時だったので、一緒に事務所を出てJR四ッ谷駅に向かって歩いていたら、「夕飯食べるのにあと1時間も我慢できないから、どっかに食べに行こう。」と誘っていただきました。

夜のしんみち通りをぶらぶらと歩いていると、がっつり系大好きな上司が「中華か焼肉が食べたいな~。」と言い出したので、6月24日に食べたランチが美味しかった「HOT CHINA(ホット・チャイナ)」を提案して行ってみたところ、既にラストオーダーでした。残念。

この時間帯から食べられそうな中華料理屋さんを他に思いつかなかったので、三栄通りに行って3月17日にランチをした「龍月園」にでも行きますか、と話しながらしんみち通りの奥へ向かって歩いたら、上司は「お! こんな所にすし屋があるのか。入ってみよう!」と5月23日にランチで訪問したことのある「鮨処 すし政(すしまさ)」へ入ることになりました。
ついさっき中華か焼肉食べたいと言っていたのに何故か寿司屋に入ることになりました(笑)。

2008_0527画像0139

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りのかなり奥まった右手に飲食店がたくさん入っている小泉ビルがあります。

2008_0527画像0138

お店の外観の写真は5月23日にランチをしたときのものです。

2008_0527画像0136

小泉ビルでは「鮨処 すし政」のほかに、昨年9月21日に「豆腐料理 米永」で、今年の6月2日に「居酒屋 鬼平」でランチを食べたことがあります。

2008_0527画像0134

「鮨処 すし政」は地下1階にあるので、細いですがキレイにリフォームされた階段を下ります。
ビルの地下1階には「豆腐料理 米永」も入っています。

2008_0527画像0135

階段を降りたところにはお花が飾られていました。
右手に「鮨処 すし政」、左手奥に「豆腐料理 米永」があります。

2008_0527画像0133

シンプルですが、とてもキレイで落ち着いた佇まいです。
ランチで訪問したときに夜のメニューを見ていますが、自分で行くにはやはり夜のお寿司屋さんは敷居が高く、上司に感謝です。

2008_0527画像0131

お店の入口と同じく、店内もシンプルに整えられ、とても気持ちの良い雰囲気です。
調理場に大将、フロアに女将さんと二人でお店を切り盛りしていらっしゃいました。

2008_0527画像0132

店内は左手にカウンター、右手にお座敷があります。
お店に入ったのが恐らく午後10時30分を回っていたのではないかと思いますが、こんな遅い時間で、ほかのお客さんもいませんでしたが、快く迎え入れて下さいました。

2008_0527画像0111

こちらはランチに来たときに撮影した夜のメニューです。

2008_0527画像0112

でも、この日はメニューは全く見ませんでした。

2008_0527画像0113

お寿司のほか、お刺身や一品料理もお願いできるようです。

2008_0527画像0114

飲み物のメニューです。

2007_1004画像0039
この日はカウンターのちょっと奥側寄りに着席しました。

2007_1004画像0040
突き出しでシラウオをいただきました。
味付けはポン酢とおろし生姜でとてもさっぱりとしていて、ツルツルっと喉を通ります。


ビール 一番搾り 生(中)  (630円)
2007_1004画像0041
まずはビールで乾杯!
残業の後の一杯は、いつにも増して美味しいです♪

2007_1004画像0042
上司はお腹が空いていたので、すぐに握りをお願いしました。
お任せではなく自分の好みのネタをお願いしなければならなかったので、お品書きのないお寿司屋さんには縁のない私は何をお願いすればいいのか、少々混乱(汗)。


金目鯛
2007_1004画像0043
上司が「白身は何がありますか。」と大将に伺ったところ、「ヒラメと金目鯛がありますよ。」とのことで、上司はヒラメを、私は金目鯛をいただきました。
以前伊豆の漁師さんから取れたてピチピチの金目鯛をお取り寄せして以来、金目鯛の美味しさに病みつきな私です。この日の金目鯛は千葉からあがったものだそうです。


ホタテ
2007_1004画像0045
貝類が大好きなのでどんな種類があるか伺ったところ、ホタテ、赤貝、トリ貝などがありましたが、シンプルにホタテをお願いしました。
肉厚で甘みのあるホタテはシャリを覆ってしまっています(笑)。


カツオ
2007_1004画像0048
戻り鰹の時期かなと思ってカツオをいただきました。

大将は高田馬場にある「寿司源」で修行され、10年前にこちらのお店をオープンしたそうです。当時は四ッ谷駅側からしんみち通りを来ると手前に2軒もお寿司屋さんがあったそうですが、「最近は焼き鳥屋さんが増えたね~。」と少々寂しげに語っていらっしゃいました。

2007_1004画像0050
こちらの小さな赤い大根、ランチのときにもいただいたのですが、浅漬けにしてあり、ポリポリとした食感が楽しめてお気に入りです。お口直しにぴったり。


ウニ
2007_1004画像0053
上司がウニをいただいたので、ちゃっかりご相伴させていただきました(笑)。
たっぷりのったウニはトロリと甘くとろけて、とっても美味しかった~♪


ビール 一番搾り 生(中)  (630円)
2007_1004画像0059
ビールを飲み終えた上司は焼酎に移行しましたが、私はビールをもう一杯いただきました。


卵焼き
2007_1004画像0056
こちらは注文ではなく、お店の方が出してくださいました。
それほど甘みが強くなくて、私には食べやすかったです。


甘エビ
2007_1004画像0062
目の前にあったネタケースの中で美味しそうだったので、甘エビを注文。あま~い♪


ネギトロ巻き
2007_1004画像0065
上司が食べていたネギトロ巻きがとっても美味しそうだったので、私もお願いしてみました。
大将が目の前でトロを叩いているのを見ていたらワクワクしちゃいました。カウンターだとお料理がだんだんと出来上がっていくのが見られて、とても楽しいです。
しっかりと脂ののったトロはとっても美味しかった!

2007_1004画像0070
上司がカウンターの奥に飾ってあったこちらの写真を発見。大将にお伺いしたところ、江戸末期から明治の頃に仙台に実在した仙臺四郎と呼ばれた人物で、この人の行くお店は必ず繁盛したとの言い伝えがあり、現在では商売繁盛の福の神として親しまれ、仙台の飲食店ではこの写真が必ずと言っていいほど飾られているそうです。大将は埼玉生まれですが(笑)。この写真は生前の彼の唯一の写真とのこと。
仙台へ行ったことはありますが、全然気付きませんでした。後日、地元の飲み屋さんに行ったら、お店の壁に大きく飾ってありました。もちろん、何も知らない同行者に偉そうにうんちくをたれておきました(笑)。

2007_1004画像0067
この言葉、私はさっぱりわからなかったのですが、みなさんはおわかりになりますか。
「商い繁盛」と読むそうです。
春夏秋冬の「秋」がないので「あきない」、そして、「五合」は一升の半分なので半升、これを「はんじょう」と読み、言葉を続けて、「あきないはんじょう(商い繁盛)」となるそうです。

2007_1004画像0071
熊手の左側にも同じ言葉が書かれています。縁起を担ぐ有名な言葉だそうです。


この日のお会計は15,750円。私はお寿司屋さんに行きつけないのでこのお値段が高いのか安いのか良くわかりませんが、上司には大変ご馳走になってしまい、感謝です。思わぬ豆知識で大将との話も大変盛り上がり、残業は大変でしたが、とっても楽しい夜を過ごせました。


2008年9月30日訪問時お店DATA
****************************
鮨処 すし政 (すしまさ)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-20 小泉ビルB1F
TEL:03-3350-0443
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2008/11/19 09:00】 | | トラックバック(0) | コメント(2) |
やきとり 串八珍 市ヶ谷店  @市ヶ谷
2007_1004画像0021
9月30日のランチは上司が不在だったので、先輩と二人でここのところご無沙汰していた市ヶ谷方面へ行ってみることにしました。午前中の仕事がおしてしまい、あまり時間がなかったので、9月17日に行った「ニュー浅草 市ヶ谷店」のすぐ先にある「串八珍(くしはっちん) 市ヶ谷店」に入店することに。

2007_1004画像0038
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かって進む途中、すぐ左手にある五番町グランドビルの1階にお店があります。こちらのビルに入るのは初めてです。

2007_1004画像0036
お店はビルの奥にあるので、日テレ通りに看板が出ていますが、お店は見えません。

2007_1004画像0037
店舗が見えない分、かなり大きなランチメニューがビルの入口に出ています。
がっつり系が大好きな私は、「ボリューム満点!」という言葉にメロメロです(笑)。

2007_1004画像0032
ドキドキしながらビルの中に入っていくと、とても時代を感じさせる理髪店があり、その隣、ビルの一番奥に「やきとり 串八珍(くしはっちん) 市ヶ谷店」がありました。

2007_1004画像0033
ランチは全部で7種類、お値段は590円~980円とお手頃価格です。
ランチの営業時間は平日の月曜日から金曜日まで、午前11時30分から午後2時までです。

2007_1004画像0031
入口は小さいですが、店舗は中に入ると左側に大きく広がり、テーブル席やカウンター席など全部で141席もあるとのことです。確認出来ませんでしたが、数寄屋席やいろり席もあるそうです。
厨房はオープンキッチンなので、着席する場所によって調理している様子がよく見えます。

2007_1004画像0012
私たちはお店の一番左奥に位置するテーブル席に案内されました。
まだ時間が早かったせいか、店内全体にはほとんど人が入っていなかったです。

2007_1004画像0013
メモをしていなくて不確かな記憶なのですが、入口からすぐのところにあるレジで前精算をして、食券をいただいたと思います(汗)。

2007_1004画像0014
卓上に置いてあったソース入れがあまりに大きくて、思わずパチリ。


とろとろビーフとかつのせカレー定食 (980円)
2007_1004画像0018
しばし待って、お料理が登場!
大きなお皿にカツカレーが盛られ、サラダとお新香がついています。

2007_1004画像0028
カレーを注文したせいでしょうか、お茶とは別にお水が出て来ました。
サッポロビールのグラスなのがこのお店らしくていいですね(笑)。

2007_1004画像0022
サラダは大根サラダで、ほんの少しだけニンジンや青菜が入っていて彩りになっています。

2007_1004画像0020
お新香はたっぷりと盛ってあります。

2007_1004画像0021
とても大きなお皿に盛られたカレーに、でっかいカツがまるまる一枚分のっていました。

2007_1004画像0026
カレーのルーを一口ほおばると、、、、、なんか、しょっぱい。
辛くもなくスパイシーでもなく、塩気をとても感じる、不思議なカレーでした。
「とろとろビーフ」という名前どおり、お肉はとても柔らかで、ホロホロと崩れます。
大きくカットされたじゃが芋も存在感がありました。

2007_1004画像0027
「特大!」と書いているだけあってかなり大きめなカツは、揚げたてアツアツでした。

2007_1004画像0030
お肉は中までしっかりと火が通っていて、柔らかくはなかったですがボリュームがたっぷりとあって食べ応えは抜群です。


とろとろビーフとじゃが芋カレー定食 (640円)
2007_1004画像0015
先輩はこちらのメニューを選択しましたが、私のメニューに比べるとカツがなくてその代わりにじゃが芋などがたくさん入っていてボリュームは充分だったそうです。


お味はともかくお値段から考えればボリュームたっぷりですが、昨年5月15日に訪問した「鳥珍」はお値段が690円なのにお味もよくボリュームたっぷりなので、同じ会社が運営している別チェーンなのにどうしてこんなに差がついてしまうのか、不思議でなりません。。。。


2008年9月17日訪問時お店DATA
*************************************
やきとり 串八珍 市ヶ谷店  (くしはっちん) 
〒102-0076 東京都千代田区五番町3-1 五番町グランドビル1階
TEL 03-3263-2237
FAX 03-3263-2437
営業時間 
[月~金] 11:30~14:00  17:00~23:00(L.O.[食べ物]22:15、[飲み物]22:30)
[土日祝] 16:00~23:00(L.O.[食べ物]22:15、[飲み物]22:30)
定休日 なし
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/18 09:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
築地宮川本廛 四谷店  @四谷/四谷三丁目
9月29日のランチは、午前中から夕方まで長い長い打ち合わせが入っていたので、上司の希望により、ランチは「築地宮川本廛(つきじみやがわほんてん) 四谷店」から出前をお願いすることになりました。
前回お願いしたのが5月13日だったので、4ヶ月ぶりになります。

店

実際の店舗には行ったことがなく、専ら出前をお願いしています。
お店の場所は、JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に向かって進み、通りの左側、この写真の路地を入ったところにあります。もう少しで四谷三丁目という場所です。

2007_1004画像0001
午後12時10分頃に電話で注文したのですが、雨の日にもかかわらず、30分程で到着。おなかぺこぺこだったので、とてもうれしかったです。


きじそぼろ重 上  (1,155円)
2007_1004画像0008
こちらのお店は1月22日にいただいた「きじ重」がなんと言ってもイチオシなので、この日はきじ焼きと鳥そぼろの2種類が楽しめる「きじそぼろ重」を注文してみました。

2007_1004画像0006
お新香はたっぷりの刻み柴漬けとタクアンです。

2007_1004画像0009
ほぼ正方形のお重には、左上にきじ重が、右下にはそぼろが敷き詰められていて、右上から左下を結ぶきれいな斜線で区切られています。
二つに切った茹でさやインゲンが彩りとして中央に飾られています。

2007_1004画像0010
きじ焼きは相変わらず香ばしくこんがりと焼かれていて、程よい味付けで美味しいです。
こちらのお店のご飯は私の好みからすると水分多めのやや重たい感じなので、もうちょっとしゃっきりとした固めなご飯だといいのにな、と思います。

2007_1004画像0011
そぼろはふんわりと柔らかい口当たりで、甘みをきかした味付けです。
ただ、お箸でいただくのにはやや苦戦しました(汗)。
そぼろがたっぷりとあってご飯が進むので、お新香はいらないぐらいでした。
全体的なボリュームは普通です。


親子重 上  (1,155円)
2007_1004画像0004
先輩は「親子重・上」を注文。

2007_1004画像0003
鶏肉を包み込むトロトロ半熟の卵がとっても美味しそう。

2007_1004画像0005
ボリュームは少なめでしたが、美味しかったとのことです。


「築地宮川本廛」に出前をお願いしようとする日が、なぜか定休日の水曜日にあたることが多く、ずいぶん久しぶりになりましたが、きじ焼きと鳥そぼろの2種類のおかずを楽しめて、最後まで単調にならずに美味しくいただくことが出来ました。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

きじ重・上 (平成20年1月22日
うな玉重・上 (平成20年5月13日
きじそぼろ重・上 (平成20年9月29日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


出前のメニューはこちら↓です。
メニュー1


メニュー2

予約制ですが、6700円(税別)もする特製弁当があるのにはビックリ。

メニュー3

うなぎで有名なこちらのお店ですが、上司は「うなぎは秋本!」という人なので、「築地宮川本廛」ではうなぎを注文したことがありません。。

メニュー4

ちょっとピンぼけしてしまいましたが、店舗の詳しい地図はこちらになります。


2008年9月29日宅配時お店DATA
****************************
築地宮川本廛 四谷店 (つきじみやがわほんてん)
〒160-0004 東京都新宿区四谷2-11-9
TEL 03-3341-7777  FAX 03-3341-7805 
定休日 水曜日
地下鉄四谷三丁目から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/17 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【ランチ休業】 四谷ブルワリー  @四谷
2010_0129画像0039

2010年2月8日追記

2009年夏頃からだったか、ランチ営業を止めてしまったようです。
この近辺ではあまり食べられないメニューが多かっただけに残念。
ディナータイムにもぜひ行ってみたいです。

**************************************

9月26日は前日が給料日だし、金曜日でもあったので、「ちょっと華やかで美味しいランチを食べよう!」ということになり、昨年7月6日に訪問した「tete-a-tete(テート・ア・テート)」へ久しぶりに行ってみました。

2008_0928画像0050
とっても残念なことに、この日は臨時休業(泣)。なんというタイミングの悪さ。お店の奥には灯りがともっていて人影はありましたが、、、、。
3月27日に訪問した同じビルの二階にある「奥久慈軍鶏と黒おでん 一心門」も何故かお休みでした。

2008_0928画像0075
仕方なくしんみち通りや新宿通りをぶらぶら歩きましたが、なかなかピンとくるお店がないまま12時30分近くになってしまい、しんみち通りにある「四谷ブルワリー」に入ってみました。

2008_0928画像0079
ランチタイムが午前11時30分から午後3時までと、かなり遅くまでやっています。
メニューは700円、800円、900円の3種類のみです。

2008_0928画像0077
今年オープンしたばかりのベルギービールの専門店のこちらは、ランチタイムでもかなり照明を落としたムーディーな雰囲気で、入口の扉を開放しています。しんみち通りには数少ないオシャレな雰囲気で、以前から気になっていたのですが、夏は冷房があまり効いていないんじゃないかという不安があってなかなか入るチャンスがありませんでした。

2008_0928画像0078
ランチタイムでも、こんなにたくさんのベルギービールが飲めるようです。
日本では高級ビールのエビスがリストの一番下に書かれていて、脇役に甘んじています。

2008_0928画像0053
店内はそれ程広くはなく、右手にカウンター席、左手にテーブル席があります。
先客はカウンター席に一人いただけだったので、テーブル席の一番奥の席に着席しました。
 
2008_0928画像0057
お店はお料理担当の男性マスターとサービス担当の女性フロアスタッフのお二人で切り盛りしています。
お料理の写真を撮るのをお願いしたところ、快く承諾してくださり、「ぜひお店の宣伝を。」とまで言われてしまいました。うひゃー、そんなたいそうなことはできません(汗)。写真がキレイに撮れていますように。

2008_0928画像0058
お店の一番奥にたくさんのベルギービールがずらりと並んだ大きな冷蔵庫があります。
ベルギービールのことはほんの少ししか知りませんが、生の「ヒューガルテン・ホワイト」と「禁断の果実」が大好きで、お店にある場合にはよく飲んでいます。

2008_0928画像0054
表に出ているのと同じメニューで、お料理は700円、800円、900円の3種類のみです。
プラス100円で大盛りにできます。

2008_0928画像0055
ランチを食べた人に限り、格安な金額でドリンクをつけられます。
プラス100円でアイスコーヒーかアイスティーを、プラス150円でオレンジジュースかグレープフルーツジュースをいただくことが出来ます。

2008_0928画像0059
二人掛けのテーブルはやや小さめです。

2008_0928画像0060
お水のグラスのロゴがかわいくて写真を撮ったのですが、ピンぼけになってしまって残念!
あとで調べたところ、「VEDETT(ベデット)」という種類のベルギービールがあるそうです。
そういえば、ベルギービールは銘柄ごとに専用のグラスがあるんですよね。

2008_0928画像0063
まずはサラダとビシソワーズスープが登場です。

2008_0928画像0061
サラダはレタス類、水菜、プチトマト、玉ねぎスライスなど、ボリュームたっぷり。
とても酸味のきいたパンチのあるドレッシングがかかっていました。
先輩が会計時に伺ったところ、ドレッシングは自家製だそうです。

2008_0928画像0064
しっかりと冷えたビシソワーズの中央部分には彩りとしてパセリがトッピングしてあります。

2008_0928画像0066
さっぱりした口当たりながらもコクがあって美味しい♪
量もたっぷりとあって、ジャガイモのせいかクリームのせいか、結構お腹にたまります。

2008_0928画像0067
スープとサラダが意外にボリューミーだったため、カレーを持ってきていただいた時にまだ食べ終わっておらず、カレーの置く場所をつくるため、お店の方が急遽隣の二人用テーブルをくっつけて下さいました。

2008_0928画像0069
ベルギービールを使って煮込んだカレーということで、3種類あるメニューの中から迷わずこちらを選択。カレーだと思って食べるとスパイシーさがほとんどないのですが、野菜などを煮込んだコクがすごくあって、なんと言っていいのか複雑な旨みがあってとても独特です。ビールで煮込むとこのような味わいになるのかしら。お料理としては、カレーというよりもトマトベースのシチューのようです。

2008_0928画像0070
ご飯の量はやや少なめです。
しっかり食べる方はプラス100円して大盛りにすることをオススメします。

2008_0928画像0072
パッと見た感じだと、ルーの中にあまり具が入っていないように見えますが、シメジやシイタケなどのキノコ類のほか、、、

2008_0928画像0071
色鮮やかなパプリカなどが入っています。

2008_0928画像0073
パプリカは、黄色と、、、

2008_0928画像0074
赤色のものが入っていて、大きくカットされているので彩りがとてもよく、厚みがあるので噛み締めると野菜の甘みをしっかりと感じます。


ご飯の量が少なめなので全体的なボリュームにはやや欠けるものの、この近辺ではなかなか味わえないようなビシソワーズスープとカレーの美味しさがとても気に入りましたので、他のランチメニューもぜひ食べてみたいです。そして、夜にベルギービールを堪能するために絶対に行ってみたいお店でもあります。


2008年9月26日訪問時お店DATA
****************************
四谷ブルワリー
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8 中川ビル1F
TEL 03-3353-1009 
営業時間  
[昼] 11:30-15:00 
[夜:月~木・土] 17:00-02:00
[夜:金・祝前日] 17:00-05:00
[夜:日・祝] 17:00-24:00
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/14 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
高級中国四川料理 登龍 麹町店  @麹町/半蔵門
2008_0928画像0042
9月25日のランチは、「中華食うぞ、中華!」という上司の一言で、外へ食べに行くことになりました。「純広東家庭料理 嘉賓」に行くのだとばっかり思い込んでいたのですが、上司の足は麹町方面へ。行き先は「高級中国四川料理 登龍(とうりゅう) 麹町店」でした。
前回来たのが6月5日だったので、約3ヶ月ぶりです。

外1

地下鉄有楽町線麹町駅から出ると、新宿通り沿い、麹町4丁目交差点のすぐそばにあります。
JR・地下鉄四ッ谷駅からだと、新宿通りを半蔵門に向かって左側をまっすぐ進みます。
こちらは前々回来たときの写真です。

外3

担々麺が名物メニューとしてとても有名なこちらのお店ですが、自ら「高級中国四川料理」と名乗っているとおり、そのお値段の高さでも有名です。

外2

こちらのお店に来るのは今回で4回目です。
このブログでは2回目に来た今年の1月10日3回目に来た6月5日の記事をアップしています。

2008_0609画像0072

外に出ているランチメニューです。
この界隈ではピカイチの高級店で、日本テレビが移転して以来、余計なお世話ながらどうなっちゃうかと思っていましたが、相変わらずの繁盛ぶりです。

店内

店内は高級店にふさわしく、立派な壺やテーブルに生花が飾られるなど、豪華な内装です。
店員さんも黒服でサービスしています。

メニュ1

受付にはフロント嬢がいらっしゃり、案内するので少しお待ち下さいと言われました。
すぐにテーブルの準備が整えられ、黒服の店員さんの先導で席に案内されました。
こちらのメニューは以前来た時のものですが、多分、それ程変わっていないと思います。
ランチメニューは2種類あり、Aランチ(2300円)が5種類、Bランチ(3700円)が3種類あり、全てライス・スープ・ザーサイが付いています。

メニュ2

相変わらずのお値段の高さに目がクラクラ。3桁のメニューを見ると安心しちゃいます(笑)。
焼売2個(700円)は2種類のつけだれで食べるようで、美味しそう。。

メニュ3

こちらは単品の麺類のメニューです。

メニュ4

単品の麺類は全部で19種類、ご飯ものは3種類あります。
一番お安いメニューが1700円というのにも驚きですが、一番お高いメニューはアワビそばとフカヒレそばの、なんと8500円! ランチというよりも、アラカルトっていう感じです。

フロアはかなり広いですが、テーブルがギッシリと置かれていて、席と席の間は意外と狭めです。お客さんがどんどん入ってくるので、高級店ですが相席も普通です。

2008_0928画像0038
4回目の訪問で初めて新宿通りに面する窓際のテーブル席につきました。それ程天気の良い日ではありませんでしたが、大きな窓から日光が差し込んで気持ち良かったです。
冷たくて香りの良いジャスミンティーをたっぷりいただきます。

せっかくマイ箸を使うようになり、この日もちゃんとお店まで持ってきたのに、箸袋を開けたら、肝心なお箸が入っていませんでした。。。アホです(泣)。


菜芯皇麺 牛肉と青菜のそば (1,700円)
2008_0928画像0042
前回来た時に見つけた冷やし担々麺を食べたかったのですが、まだまだ暑い日があるとは言え、もう9月の終わりだったせいかメニューにはありませんでした。ガッカリ。
担々麺は食べたいけれど既にブログで紹介しちゃったし、かといってあまり気になるメニューもなく、なんとなく「菜芯皇麺」を注文してみました。

2008_0928画像0044
すっきりと澄んだ醤油スープは、程よくコクがあって美味しかったです。

2008_0928画像0047
あまり縮れのない細麺は、固めに茹でられていて、しゃっきりとしていました。
麺のボリュームは普通です。

2008_0928画像0043
小さくカットされた青菜、小口切りの長ネギ、フクロダケの合間に、牛肉が浮かんでいます。

2008_0928画像0048
牛肉を覆うようにとろみがかっていて、薄いカットながらもとても柔らかでした。
4、5枚ほど入っていたと思います。

2008_0928画像0045
個人的に大好きなフクロダケがたっぷり入っていたのは嬉しかったです♪

2008_0928画像0046
よく見るとフクロダケってそれぞれ形が違うものです。
ほとんど味付けがなく、むにゅっとした食感をたっぷり楽しめました。


四川炒飯 四川風辛みチャーハン (1,700円)
2008_0928画像0040
先輩はオーダーする直前にメニューの中から見つけた四川炒飯を注文。
私はそのメニューに全く気付かなかったので、ちょっと悔しかったです(笑)。
炒飯にはやや長めにカットされた糸唐辛子がたっぷりと混ぜ込んでありました。
スープがついています。

2008_0928画像0041
高級中華料理屋さんだけあってチャーハンはパラパラに仕上がっていたそうですが、糸唐辛子自体はほとんど辛くないので、長さがある分、口の中にあたって食べにくかったそうです。
炒飯の中に入っていた具材が卵、ネギ、チャーシュー、糸唐辛子とシンプルだったこともあり、醤油・塩・胡椒などの味付けで、食べ続けると少々単調だったとのこと。

2008_0928画像0049
この日のデザートは、私には少々甘めのオレンジシャーベットでした。


あまり熱心にメニュー選びをしなかった割には、「菜芯皇麺(牛肉と青菜のそば)」はそつなくまとまっていて美味しくいただけましたが、1,700円というお値段を考えると、やっぱり割高感があります。
もっと四川料理っぽいメニューがあったらぜひ食べてみたいのですが。。。 


2008年9月25日訪問時お店DATA
**************************
高級中国四川料理 登龍 麹町店 (とうりゅう)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-2-2 
TEL 03-3264-6628
営業時間 11:15~22:00 (ランチタイム11:15~14:45)  
定休日 日・祝
地下鉄有楽町線麹町駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/13 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
軍鶏一 四ッ谷店  @四谷
9月24日のランチは、上司が午後から外出する予定だったので一緒にランチをしてそのまま出かけることになりました。「どこのお店に行くんだろー?」とワクワクしながらあとをついていくと、四谷のしんみち通りにある「軍鶏一(しゃもいち) 四ッ谷店」へ入店。こちらのお店は9月2日に先輩と初めて訪問し、その次の日の9月3日に上司が偶然連れてきてくれて、二日連続でランチを食べたお店です。

ちょうど3週間ぶりの再々訪になり、てっきり、豚肉好きの上司が古代豚の味噌漬けが美味しくて気に入ったからなのかと思っていたら、「あれ? ここのお店、来たことあったっけ?」とのたまう上司。おいおい、たった3週間前ですよ~。大丈夫かな~。お酒の飲み過ぎじゃ?!

2008_0902画像0135
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、少し行った右手にお店があります。今年出来たばかりの新しいお店で、ライトアップされた大きくてドハデな看板がとても目立っています。
こちらのビルの2階には、5月10日にディナーで訪問したベトナム料理「OMELY(オメリー)」があります。

2008_0902画像0136
しんみち通りにはこちらの看板が出ています。前回来た時上司はこれに目を奪われました(笑)。
埼玉県産の「タマシャモ」と「古代豚」というブランド肉を食べられるお店です。
しんみち通りのもう少し先にある、2月20日に行った「幻の古代豚 古代一(こだいいち)」は「軍鶏一」の系列店のようです。

2008_0902画像0137
「タマシャモ」は親子丼、「幻の古代豚」はみそ漬け焼がイチオシのようです。
定食のご飯の大盛りはサービスです。
「軍鶏一」は四ッ谷店の他、飯田橋と池袋にもあります。

2008_0928画像0034
お店の入口の右側にはとても大きくて見やすいランチメニューの幕が出ています。
「軍鶏一の名物ランチ」は全部で6種類あり、700円から850円とリーズナブルです。
定食のご飯大盛りはサービスです。
1回目2回目に来た時と少しメニューが変わっています。
特大メンチカツ定食がメンチカツ定食になり、前回先輩が食べた「ランチの王様 古代豚生姜焼き定食」がなくなっています。王様は退位されたようです。。。

2008_0902画像0116
店内は新しいだけあってとてもキレイで、たくさんの店員さんから元気よく声をかけられます。
お店に入ってすぐ右手に個室があり、奥にテーブル席がありました。
テーブルを片付けている間少し廊下で待たされ、その後お店の一番奥左側のテーブル席へ。

2008_0902画像0117
冷たい麦茶がテーブルの上に置いてあるので、セルフで入れます。
「古代一」と同じく、こちらのお店も喫煙オッケーのお店です。
写真を取り忘れましたが、この日、念願のマイ箸のデビュー♪ ようやくエコの仲間入りです。


幻の古代豚 味噌漬け焼き定食 (780円) 
2008_0928画像0025
「幻の古代豚 古代一」とこちらのお店のイチオシメニューであるこちらを選択。
この日は私が注文した料理が一番早く出てきました。
古代豚の味噌漬け焼き、小鉢、お新香、ご飯、お味噌汁のセットです。

2008_0928画像0031
小さくカットされたお豆腐には小口切りの万能ネギにおろし生姜がのっていました。

2008_0928画像0032
お新香は柴漬けで、たっぷりです。

2008_0928画像0027
お味噌汁はあっさりとしたダシで、ワカメと小さく刻んだ青菜が入っていました。

2008_0928画像0026
ご飯を少なくしていただくのを忘れて、普通盛りでいただきました。
私にはやや水分多めだったのが残念。

2008_0928画像0030
古代豚の味噌漬け焼きには彩りのために万能ネギの小口切りが散らしてあります。
千切りのキャベツに味付けはなく、マヨネーズが添えられていましたが、味噌漬け焼きと一緒に食べるのも美味しかったです。

2008_0928画像0033
古代豚はバラ肉の薄切りで、甘めなお味噌の味がしみこんで、とても柔らかくて美味しい♪ 
ぱっと見だとお肉は薄く見えますが、しっかり濃いめ味で脂がのっているので、満足感があります。


自家製古代豚カレー  (700円)
2008_0928画像0028
初めて来たときに味噌漬け焼きを食べている先輩は、幻の古代豚を食べられるこちらのメニューを選択。
古代豚カレー、野菜サラダ、福神漬け、お味噌汁のセットです。

2008_0928画像0029
カレーのルーは普通なお味だったそうですが、コロコロにカットされたお肉はやはり美味しく、とても旨みがあったとのことでした。


古代豚の味噌漬け焼きはイチオシメニューだけあって、古代豚のお肉の美味しさがとても良くわかり、コストパフォーマンスもよく、大満足でした。これまでメンチを食べたりしていましたが、素材に手を加えすぎない味噌漬け焼きや生姜焼き(メニューがなくなっちゃいましたが。)の方が美味しくいただけると思います。


2008年9月24日訪問時お店DATA
****************************
軍鶏一 四ッ谷店  (しゃもいち)
〒160-0004 新宿区四谷1-7-15 山田ビル1F
Tel:03-5363-2471
営業時間 
[月~金] 17:00~24:00(L.O.23:00)
[土日祝] 15:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/12 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
中国家庭小皿料理 京華園  @四谷
2008_0922画像0080
9月19日のランチは、先輩と二人で四谷のしんみち通りへ行きました。
先輩とはほとんど一緒にランチを食べに行っていますが、たまたまどちらかが休みの時に外食することがあり、ごく稀に片方が行ったことがあるけど、もう一人はない、というお店があります。この日に伺った「中国家庭小皿料理 京華園(きょうかえん/けいかえん)」もその一つで、私は以前上司と行ったことがあったのですが、先輩は初めての訪問になります。

2008_0922画像0090
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入ってすぐ左手の三陽ビルの2階にあります。
1階のお店は6月11日にランチをした「炭火焼肉 きらく亭」です。

2008_0922画像0091
しんみち通りには大きな写真を使ったメニューが出ていて、とてもわかりやすいです。

2008_0922画像0092
写真に出ているということは、この6種類のメニューは定番だろうかと思います。

2008_0922画像0093
こちらのお店、いただいた名刺には「京華園」の横に「KYOKAEN」と書いてあるのですが、ぐるなびを見ると読み方としては「けいかえん」となっているので、併記しておきます。

2008_0922画像0094
こちらのお店は四谷店のほか、新橋店もあるそうです。

2008_0922画像0089
ランチはご飯ものが5種類、麺類が5種類あり、全て800円とお手頃です。
ご飯(チャーハン)とスープはお代わり自由とのこと。
チャーハンもお替わり自由なんて、とても太っ腹!です。

2008_0922画像0085
細い階段をのぼって2階に行きます。

2008_0922画像0087
階段の壁には中華料理屋さんらしい赤と金をメインとしたデザインの絵が掲げられています。

2008_0922画像0067
店内は広く、テーブル席がズラリと並んでいます。入口から右手奥に厨房があり、左手の奥には写真のように個室がありました。

2008_0922画像0071
店名には「中国家庭小皿料理」とありますが、落ち着いた内装は重厚感があります。
特筆すべきはこちらのイス! 一見普通のイスなんですが、座ると身体が沈み込むぐらい柔らかさを感じ、とっても気持ちよかったです。

2008_0922画像0068
奥に見える扉が入口です。
私たちは入ってすぐのところにあるテーブル席につきました。
入店したときは半分ほどの人の入りでしたが、すぐに満席になりました。

2008_0922画像0070
こちらは夜のコース料理のメニューです。
ランチメニューは注文したらすぐに回収されてしまい、写真が撮れませんでした。残念。


タンタンメン(激辛) チャーハン、お新香付き (800円)
2008_0922画像0080
我ながら芸がないな、とは思うのですが、やはり「タンタンメン」の文字を見ると素通りできず、注文してしまいました。辛さを普、中、激辛の3種類の中から選べるので、もちろん、激辛を選択しました。

2008_0922画像0078
シンプルな卵のチャーハンですが、さすが中華料理屋さんだけあって、お米はパラパラとしているし、全体的にしっかりと味付けが施されていて、美味しかったです。

2008_0922画像0079
お新香はザーサイが2切れでした。

2008_0922画像0075
タンタンメンは大きめの器にたっぷりと入っていて、挽肉と彩りとしての青菜がちょっぴり中央にトッピングされています。

2008_0922画像0077
挽肉の量はあまりありませんが、味のアクセントになっていました。

2008_0922画像0083
激辛をお願いしましたが、個人的にはまあまあぐらいの辛さでした。
スープそのものはゴマなどのコクが濃厚で、とても好みの味です。初めて来たときよりも美味しくなっていて、嬉しかったです。

2008_0922画像0084
ストレートの細麺はのど越しはよかったのですが、ちょっとのびていたのが残念。
ボリュームは普通です。


カニチャーハン 小担々麺、お新香付き (800円)
2008_0922画像0072
先輩はこちらを注文。
私のメニューとは、メインと小皿の内容を取り替えただけのように見えますが、先輩のチャーハンはカニチャーハンです(笑)。

2008_0922画像0073
コクのあるタンタンメンは、先輩も気に入ったようです。

2008_0922画像0074
こちらのチャーハンもご飯がパラパラで、さすが中華料理屋さん!


辛さがもうちょっと本格的だともっと嬉しかったですが、タンタンメンに小炒飯が付いていたのでボリュームたっぷり、お腹いっぱいでした。お値段が800円なので、とてもお値打ちだと思います。フカフカの座席に座るためだけでももう一度来てみたいお店です(笑)。


2008年9月19日訪問時お店DATA
**********************************
中国家庭小皿料理 京華園 四谷店 (きょうかえん/けいかえん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 三陽ビル2階
TEL&FAX 03-3350-6896
携帯 080-5469-9896
営業時間 
[昼] 11:00~14:30  
[夜] 17:00-24:00(L.O.23:30)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/11 09:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(8) |
スパゲッティ ながい  @四谷
2008_0922画像0062
9月18日のランチは、上司が「スパゲッティ ながい」に連れて行ってくれました。
上司も大好きなこちらのお店、前回来たのが6月12日だったので、3ヶ月ぶりの訪問です。

看板

JR・地下鉄四ッ谷駅を出てしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。こぢんまりとしていて、あまり目立たない店構えです。
しんみち通りに出ている「ながい」の看板ですが、これは古い写真です(失礼!)。
同じビルの地下には8月22日にランチをした「沖縄料理店 あん」があります。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、今年の1月21日から終日禁煙になりました。

入り口

中川ビルの階段を上ると、2階の入口には写真のようなかわいい扉があります。
店内はカウンター席とテーブル席3つなのでこぢんまりとしています。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりとL字に取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。
調理場はシェフともう一人の二人体制です、いつも忙しそうにしています。

2008_0922画像0058
卓上にはスプーン、フォーク、タバスコ(赤・緑)、粉チーズ、乾燥ハーブが置かれています。
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。
この日はベージュでした。

2008_0922画像0057
本当にささやかですが、植物を置くようになっていました。
しかも、鉢(?)の前にはブルーのガラスで造られた熊さんが3頭。かわいい♪

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

卓上

粉チーズと乾燥ハーブです。お好みでふりかけます。


メニュー(定番)
メニュー5

メニュー4

メニュー3

メニュー2

この日は季節メニューがみあたりませんでした。
サラダや飲み物なども一応ありますが、注文している人をほとんど見たことがなく、そういう意味でも本当にスパゲッティ専門店です。


アサリと青じそのスパゲッティ (1,150円)
2008_0922画像0062
ながいのスパゲッティはどれを食べても美味しくて、いつもメニュー選びに困るのですが、アサリのスパゲッティを一番食べていないことに気付いて、注文してみました。

2008_0922画像0063
スパゲッティの上に、同じ大きさに切られた海苔と青じそがたっぷりとのせられています。
色のコントラストがとっても鮮やか!
中央の海苔の下にむき身のアサリが顔をのぞかせているのが見えるでしょうか。

2008_0922画像0065
スパゲッティはいつもどおりのアルデンテにゆであがっていてツルツルとしたのど越しです。
ショウガがとってもきいていて、青じそと合わせるととてもさっぱりといただけます。


アスパラとベーコンの生クリームスパゲッティ (1,250円)
2008_0922画像0060
先輩はこちらを注文。

2008_0922画像0061
生クリームが濃厚で、さっぱりとしたアスパラとの組み合わせは相変わらずの美味しさだったとのことです。

2008_0614画像0088

カウンターの近くに文庫本などがたくさん入った本棚が置いてあります。
カウンター席などを利用する一人客の方へのサービスでしょうか。


ショウガのきいたアサリスパゲッティは、間違いなくとっても美味しかったのですが、私としてはもうちょっとボリュームが欲しかったです。アサリ系を食べるときにはプラス100円で大盛りにした方がいいな、と思いました。今回、これまで食べたメニューをまとめてみたら、まだまだ食べて(紹介して)いない種類がたくさんあることがわかったので、もっと頻繁に通いたいものです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲッティ】
アサリと青じそのスパゲッティ(2008年9月18日
【タラコ、ウニのスパゲッティ】
ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日
【ミートソースのスパゲッティ】
【ペペロンチーノ風スパゲッティ】
【トマトソースのスパゲッティ】 
ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
【クリームソースのスパゲッティ】 
アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日
【おしょうゆ味のスパゲッティ】 
海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日
【季節メニュー】 
カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2008年9月18日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2F
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/10 09:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
ニュー浅草 市ヶ谷店  @市ヶ谷
2008_0922画像0041
9月17日は午前中の仕事が押せ押せで、先輩とランチを食べに外へ出られたのは午後12時30分過ぎになってしまいました。どこか近場でぱぱっと食べちゃおうと、JR・地下鉄市ヶ谷駅方面に向かって日テレ通りの坂を下っていきました。
普段だと入店を躊躇ってしまうチェーンの居酒屋さんランチですが、ちょうど良い機会だと思って入ってみることにしました。市ヶ谷駅近くにはニュー浅草 市ヶ谷店「串八珍 市ヶ谷店」がほぼお隣さん同士で並んでいて、どちらに入店するか迷いましたが、とりあえず職場に近い方ということで、「ニュー浅草 市ヶ谷店」へ。
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/07 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
炭火焼干物食堂 越後屋 五郎兵衛  @四谷
9月16日のランチは上司が不在だったので、先輩と二人でこのところご無沙汰していたしんみち通りへ行ってみました。
四ッ谷駅近くのしんみち通りにはランチを出す飲食店がたくさんあるので、全店制覇はかなり難しい(全制覇したShiraさん、とっても尊敬してます!)うえに、どんどんニューオープンのお店が出てくるので、ちょっと来ていないと、以前どんなお店だったか覚えていないこともしょっちゅうです。

しんみち通りの一番奥の方に、昨年12月27日にその年最後のランチとして行った「とんかつ いけだ 四谷店」があって、とんかつのお肉がとても柔らかくて美味しいお気に入りのお店でしたが、2度目を訪問することなく、今年閉店してしまいました。すっごく残念!! 

2008_0922画像0003
今年の8月18日、「いけだ」の跡地に「炭火焼干物食堂 越後屋 五郎兵衛(ごろうべえ)」がオープンしました。こちらのお店は、ここ数年で新橋、浜松町、銀座と立て続けに支店をオープンさせているそうです。
お店の入口の向かって右側が焼き場になっていて、昼時ともなるともくもくと煙が立ち上り、お魚を焼く良い匂いが辺り一杯に立ちこめています。

2008_0922画像0025
市ヶ谷経済新聞の記事によりますと、越後屋という屋号に加えた「五郎兵衛」は、四谷のことなら『よつや五郎兵衛』に聞けといわれていたという人物から付けたそうです。

2008_0922画像0001
お魚の干物をメインとした五郎兵衛定食は、種類がたくさんあってとても悩ましいです。

2008_0922画像0002
お魚系の定食だけで21種類、お値段は680円から980円です。
「干物食堂」とありますが、お肉系の定食も870円から980円のお値段で6種類あります。

2008_0922画像0024
前会計なので、入口のすぐ横にあるレジで定食をオーダーしてお金を払います。
店頭の焼き場の横に置いてあるお魚たちは、干物とは思えないほどツヤツヤと光っていて、身も厚く、とっても美味しそう♪

2008_0922画像0023
店内は古民家風のシンプルな内装で、入ってすぐ右手に右側に4人掛けのカウンターとして4人分のイスがありましたが、かなり幅がきつそうで、多分、男性だと3人しか座れないと思います。
店内の左側と奥にはテーブル席がぎっしりと詰めてあり、見るからに席間に余裕がなさそうです。席はもちろん相席になります。テーブルの奥に座るためには手前の方に席を立っていただかないと入ることが出来ません。お店の方でさえ、食器を下げるときでもあちこちぶつかっていました(笑)。

2008_0922画像0005
私たちは入って左側の中央当たりのテーブルの手前側に座りました。ちょうど満席になったぐらいだったので、タイミングがよかったです。
お料理のオーダーをすると、一人一つずつ将棋の駒をいただきます。

2008_0922画像0004
裏に書いてある「22」の番号が重要なのだと思いますが、遊び心があっていいな♪

2008_0922画像0007
先輩がもらった駒は「歩兵」。私は「銀将」だったので、「勝った!」と一瞬思いましたが、二人とも同じ料理をオーダーしているので、全く意味なし(笑)。

2008_0922画像0006
先輩は「21番」でした。

2008_0922画像0009
卓上にとても大きなポットが置いてあるので、お茶はセルフサービスです。


まぐろのトロスジ炙り定食  (880円)
2008_0922画像0011
美味しそうなメニューがたくさんあってずいぶん迷いましたが、「数量限定」という言葉に惹かれて、こちらを選択。
まぐろのトロスジ炙り、お新香、ご飯、お味噌汁がセットになっていました。

2008_0922画像0013
お味噌汁は大きめのお椀にたっぷりと入っていました。
具としてたっぷりのワカメと長ネギが入っていましたが、特にお麩が美味しかったです。

2008_0922画像0014
ご飯は、普通盛りだったか少なめをお願いしたのか、忘れてしまいました。。。

2008_0922画像0017
おかずがたっぷりだからか(?)、お新香はほんの少しでした。

2008_0922画像0015
まぐろのトロスジ炙りは予想よりもたっぷりと量があり、彩りにレタスが添えられています。
こちらを食べるために、まるで韓国のように大きなキッチンばさみとトングがついてきました。

2008_0922画像0020
炭火でさっと表面だけ焼いて中はレアなままなので、程よく脂の旨みがあり、美味しい♪

2008_0922画像0021
同じ部位を生のものと火の通ったものと両方食べ比べが出来るのは、食いしん坊な私にとってとても幸せです。スジが噛みきれないので、キッチンばさみでチョキチョキし、ワサビ醤油でいただけばまるでお刺身です。


お魚の干物だけだとお料理のボリュームとしてどうかなー、と最初はちょっと心配でしたが、トロスジのボリュームもあり、脂がよくのっているので食べ応えがありました。スーパーでよく特売にかかるようなパサパサで食べるところがないような干物とは全然違いました(笑)。
珍しくて美味しそうなメニューがたくさんあるので、ぜひまた来て食べてみたいです。


2008年9月16日訪問時お店DATA
*******************************
炭火焼干物食堂 越後屋 五郎兵衛  (ごろうべえ)
〒 160-0004 新宿区四谷1-20-1 第2岩井ビル1F
TEL (1F・店舗) 03-5360-8995  (4F・事務所)03-5848-4512
FAX (1F・店舗) 03-5360-8996  (4F・事務所)03-5848-4513
営業時間  11:00~15:00  17:00~23:30
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/05 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(19) |
GLOBE du MONDE  @市ヶ谷
このところ仕事のことでイライラすることが多く、9月12日は三連休前の金曜日でもあるし、上司もいないし、美味しいランチを食べよう!という話になり、久しぶりに「GLOBE du MONDE(グローブ デュ モンド)」まで遠征することになりました。
いつも満席で入れないことが多いのですが、この日は1時からの予約の方が来るまでなら、という条件ですぐに入ることができました。

店

こちらのお店に来たのは、このブログの初めての記事にした昨年4月18日昨年11月14日なので、実に10ヶ月ぶりです。
ホントは月イチで来たいぐらいですが、遠いしいつも混んでいるしで、なかなか叶わず。

魚

JR・地下鉄市ヶ谷駅から駅前の交差点を渡りって交番を通り過ぎ、右手にあるタイ料理「ティーヌン」の前をひたすら土手沿いをまっすぐ歩きます。それ程広くない道路なのに、路駐する車や通り抜ける車が多くて、結構歩くのが大変です。

お店がほとんど無いような場所になり、「本当にこの道であっているのかな?」と不安になるころ、ようやくお店に掲げられたフランス国旗が見えてきます。
この道をさらにまっすぐ進み、橋を渡ってちょっと右に行くと「麺処 くるり」があります。

提灯

フレンチのお店なのに何故かぶら下がる提灯(笑)。相変わらず、健在です。

2008_0914画像0179
お店のメニューは、
Aコース 1000円  (メイン、デザート、飲み物)       
Bコース 1500円  (オードヴル、メイン、デザート、飲み物)
の二種類がありますが、こちらに来たら、迷わずBコースを選択することをオススメします。

2008_0914画像0156
店内は、入って右手奥にカウンター席があり、それ以外はテーブル席です。
ウッディで素朴なインテリアの店内は、全体的にこぢんまりとした空間で、テーブルも小さく、ゆったりしているとは言い難いですが、この日も満席で相変わらずとてもにぎわっていました。

2008_0914画像0168
こちらのお店では、写真を撮るためにお皿交換などをしていると温かいお料理が冷めちゃうので、シェフとしては出来たてのお料理を食べてもらいたいという意向から、前回来たときに、お料理の写真を撮るときにはお店側に一言声をかけて下さいとのお話をいただいていたので、サービスの方に写真撮影のお願いをしたところ、快く了解してくださいました。
この日は先輩の食べたお料理は、お皿交換はせず、腕を伸ばして撮りました(笑)。
写真を撮る方がいらっしゃいましたら、ぜひご配慮下さい。

2008_0914画像0154
フレンチ・ビストロなので女性客が多いですが、ボリューム抜群のお料理をいただけるので、男性一人客がぶらりとやってきていたり、外国人の方もよくいらっしゃっています。

2008_0914画像0155
まず、バスケットに入ったかわいい丸いパンが出てきます。
温められていて、皮はパリッとしていて、中はちょっともちもちした食感です。
こちらで二人分です。


ホタテとエビのマリネ
2008_0914画像0162
先輩はオートブルにこちらを選択。
お皿の交換はしないで向きだけこちらに向けてもらい、撮影しました。
ホタテは驚くほど大きく、エビに甘みがあってとっても美味しかったとのことです。


牛タンのサラダ
2008_0914画像0157
牛タンのオードブルなんて珍しい!と思い、こちらを選択してみました。
初めて食べるメニューです。

2008_0914画像0161
オードブルには生野菜がたっぷりと添えられています。
細長く切られたニンジン、レタス、ピクルスなど、しっかりとドレッシングが和えられています。

2008_0914画像0159
牛タンにはゆで卵を使ったソースがかけられています。タルタルソースほどこってりはしていませんでした。牛タンはかなり薄切りですが、味わいはしっかりしていて、美味しい♪


仔羊ひき肉とマッシュポテトのオーブン焼き
2008_0914画像0166
先輩はメインにこちらをチョイス。
たくさんあるからと、一口いただいちゃいました。全体的にはあっさりとした味付けですが、中にはお肉やマッシュポテトだけでなく、キノコ、ニンジン、インゲン、ブロッコリーがゴロゴロと入っていて、すごいボリュームでした。


牛肉のステーキ
2008_0914画像0163
以前こちらでランチしたとき、隣の方がとっても大きなステーキを食べていたのを思い出し、同じメニューかどうかわかりませんでしたが、こちらを注文してみました。

2008_0914画像0165
メインにはズッキーニ、ニンジン、キャベツ、ジャガイモ、スナップエンドウ、などなど、たっぷりの温野菜が添えられています。物価高など大変な時期だと思いますが、ボリューム感は全く変わっていません。

2008_0914画像0164
こんがりといい色合いに焼かれた牛肉のステーキにはマスタードソースがかけられていました。
大きさに改めてビックリです。

2008_0914画像0167
外側はカリッとするぐらいよく焼かれていて、中はほんのりピンク色で柔らかなお肉。
ちょっとピンぼけで残念(泣)。
しっかりとした塩加減で、モロ私好みです。美味しくって、黙々といただいちゃいました。

2008_0914画像0174
食後のデザートとコーヒーです。

2008_0914画像0178
飲み物はコーヒー、紅茶、ハーブティーからの選択ですが、この日はコーヒーか紅茶かどちらか、といわれたような記憶があります。ハーブティーはなくなったのかな? 記憶が不確かですみません。
コーヒーは小ぶりのカップで登場します。
紅茶をお願いすると、お湯とティーパックが出てきます。

2008_0914画像0170
デザートは小ぶりながらも、なんと6種類もあります!!
Aコースだとケーキは1種類しかないので、これもBコースをオススメする理由です。
ケーキの組み合わせはその時にあるもので組み合わされるので、隣の席とは違うこともしょっちゅうです(笑)。
ココットから時計回りで紹介します。


パイナップルのジュレ
2008_0914画像0172
これは初めて食べました。
パイナップルはちょっと甘いかな、、、と心配しましたが、案外さっぱりとして美味しかったです。


抹茶のムース
2008_0914画像0171
抹茶の苦みが程よくきいて、ムースの滑らかさがとっても美味しかったです。
この日のデザートの中ではこれが一番気に入りました。


リンゴのタルト
2008_0914画像0173
季節を感じさせるデザートです。私にはやや甘めでした。


栗のタルト
2008_0914画像0175
こちらも季節を感じさせるデザートで、リンゴのタルトと同じく、私にはやや甘めでした。


ラズベリーのタルト
2008_0914画像0176
定番のタルトです。
こちらのお店のタルト系は全体的に私には少し甘めです(汗)。


キウイのタルト
2008_0914画像0177
定番のキウイのタルトは、数少ないタルト系の例外で、こちらはしっかりとキウイの酸味があって、とっても美味しいです。


この日もとっても美味しいお料理をお腹いっぱいいただけて、幸せな時間を過ごすことが出来たので、仕事のストレスもかなりぶっとびました。
いつものことですが、お店からの帰り道は距離があって時間がおしているので、満腹のお腹を抱えて、小走りに帰らなきゃいけないのが、本当に残念です(笑)。


2008年9月12日訪問時お店DATA
******************************
GLOBE du MONDE (グローブ デュ モンド)
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-3-17 明君モナーク九段101
TEL 03-3221-6009
営業時間 11:30-15:00(L.O.14:00) 18:00-23:00(L.O.22:00)
定休日 日曜
JR/地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2008/11/04 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(8) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる