中国料理 翠  @市ヶ谷
12月11日のランチは、上司が不在だったので先輩と外に食べに出ました。
ここのところ麹町方面ご無沙汰していたので、久しぶりに靖国通りをぶらぶらと歩いてたところ、
アルカディア市ヶ谷に目がとまりました。

2008_1218画像0028
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進み、一つ目の交差点を越えて少し先の左側にこちらの建物があります。

2008_1218画像0025
アルカディア市ヶ谷は私学会館とあるとおり、もともとは宿泊や宴会や会議などを行うために全国私学関係者のセンターとしてつくられたものが一般にも開放されている施設のようです。
四谷で言えば、「スクワール麹町」のようなものでしょうか。

2008_1218画像0023
「アルカディア」とは、ギリシャ南部のペロポネソス半島の県の名前で、現在では牧歌的な理想郷を表す代名詞となっている、、、、そうです。
四谷もそうですが、市谷近辺は政府系組織や業界団体の建物が多いです。

2008_1218画像0026
アルカディア市ヶ谷には、飲食店が和食・洋食・中華・喫茶兼バーの4店舗あり、
そのうち和食・洋食・中華の3店舗のランチが、入口にサンプルを出していました。

2008_1218画像0027
この日は「中華料理 翠(すい)」に入ることにしました。
こちらは夜のメニューですが、大きな火鍋のポスターが出ていました。いいなあ、食べたい!

2008_1218画像0024
季節柄、建物に入ってすぐのところにクリスマスツリーが飾ってありました。

2008_1218画像0022
この辺は土地が平たくないので、1階にある靖国通りの入口から建物の中に入って行くと、
下にピアノや応接セットのテーブルなどが置いてある広いホールが広がっています。
巨大なシャンデリアがぶら下がっていたり、絨毯が敷き詰められていたりと、
やや古めかしいゴージャスさを感じる内装です。

2008_1218画像0020
建物に入ってまっすぐ進み、少し階段をのぼって右に曲がります。
途中、通路にギリシャ物産展もやっていました。「アルカディア」つながり?
通りの一番奥に、今ではほとんど見かけなくなった公衆電話ボックスを発見。

2008_1218画像0021
「中華料理 翠(すい)」は、一番奥にありました。
お店の入口はとても小さいです。

2008_1218画像0019
この看板に書かれている営業時間だと、午後も通し営業をしているようです。
ぐるなびの情報だと中休みがあるようで、どちらが正しいのかわかりません(汗)。

2008_1218画像0018
メニューは一品料理、定番、コースと多彩です。
ただ、一番お安いお値段が900円なので、少しお高いです。

2008_1218画像0016
入口の右側には、メニューのサンプルがズラリと並んでいます。

2008_1218画像0015
お料理の雰囲気がわかるし、「当店のおすすめ」も出ていて、とっても親切。

2008_1218画像0001
入口から入ると細長い場所を通り抜け、その先、右手と奥に広間のようになっています。

2008_1218画像0002
入口で喫煙の有無について聞かれ、禁煙と答えたら、入口のすぐ近くのテーブル席に案内されたので、豪華な内装はあまり楽しめなくて残念でした。


担々麺  (900円)
2008_1218画像0010
メニューはたくさんあるし、いろいろなメニューが一度に楽しめるお得なセットがありましたが、この日の夜の宴会の予定だったので、「担々麺」を単品で注文。
お料理はとても早く出てきました。

2008_1218画像0011
トッピングは挽肉と長ネギのみじん切り、そしてたっぷりの黒ごまです。

2008_1218画像0012
ごまの風味を前面に押し出し、こってりと濃い味のスープはとても私好みで美味しかったのですが、残念ながらスープがかなりぬるめでした。
熱々だったらもっと美味しくいただけたのでは、と残念です。
辛さはそれ程でもなく、あとからじんわりときいてくる感じです。

2008_1218画像0014
細い麺はまあまあ固めに茹でられていました。
ボリュームは普通です。


定番御膳  (1,000円)
2008_1218画像0003
先輩は、「当店のおすすめ」というこちらのセットをチョイス。
出てきてその豪華さにビックリしました。
私のメニューとわずはか100円違いです(泣)。

2008_1218画像0009
スープは、中華では定番の卵スープでした。

2008_1218画像0007
青菜の炒め物に糸唐辛子が彩りとして添えられています。

2008_1218画像0005
麻婆豆腐は四川山椒が添えられた本格的なものでしたが、先輩曰く、山椒を足して味を変えずにそのままいただいたのが一番美味しかったとのことでした。

2008_1218画像0006
エビチリのエビはかなり大きめで、ゴロゴロと入っています。
注文してからかなり早く出てきただけあって、やはり熱々ではなかったそうです。

2008_1218画像0004
杏仁豆腐のデザートまで付いていて、とにかくボリューム満点なセットでした。


会計はお店の外にあり、隣にある「レストラン フォッセ」と合同でした。
午後1時少し前で、食事を終えた人が一番多い時間帯だったので、
精算待ちの行列が「フォッセ」の中にまで延びていました(汗)。
入ってみてわかったのですが、「フォッセ」は大きな窓から桜並木の土手が一望できて、
とても眺めが良く、天気のいい日やお花見には最高の場所だと思います。


2008年12月11日訪問時お店DATA
************************************
中国料理 翠 (すい)
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25 アルカディア市ヶ谷2階
TEL 03-3261-9921 (内線3205)
FAX 03-3222-1142
営業時間 
[昼] 11:00~14:00
[夜] 月~土 17:00~21:30
    日・祝  17:00~21:00
定休日 お盆・年末年始
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩2分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/27 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(8) |
韓国家庭料理 新古房  @四谷
2008_1210画像0217
12月6日に妻家房のキムチ教室へ行った帰り道、しんみち通りをぶらぶらと歩いていたら、
2008年にオープンしたばかりの「一品入魂」がなくなり、
新たに韓国料理屋さん「韓国家庭料理 新古房(しんこぼう)」が出来ているのを発見。
12月10日、ランチをやっているかどうかわかりませんでしたが、早速先輩と行ってみました。

2008_1210画像0237
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの奥の左側にあるホリナカビルの地下1階にお店があります。

2008_1210画像0238
お店は2008年11月19日にオープンしたばかりでした。
お店の雰囲気は、韓国料理屋さんらしからぬというか、しんみち通りらしからぬというか(笑)、とてもオシャレでポップな垢抜けたデザイン&色遣いです。

2008_1210画像0242
お店の入口にはまだ開店祝いのお花が飾られていました。

2008_1210画像0243
営業時間、定休日、連絡先はこちらのとおりです。
 
2008_1210画像0240
見切り発車で来てしまいましたが、ランチ、やっていました!

2008_1210画像0241
ランチだけではなくお弁当もやっています。
全部で5種類あり、500円か600円とリーズナブルです。

2008_1210画像0236
お店は地下1階にあるので、細めの螺旋状の階段を下りて行きます。
キレイに塗られた壁には、韓国料理の大きな写真がたくさん飾られています。

2008_1210画像0183
お店の入口は細くなっていて、左側にレジが置いてあります。
レジ脇には韓国のガムと飴が置かれていて、帰りがけにいただけるようになっています。

2008_1210画像0235
レジから左手の奥にお店が広がっています。
右にテーブル席、左に厨房がありました。

2008_1210画像0234
反射していてちょっと見にくいですが、床に空洞を作って砂を敷き、ガラスの床になっています。

2008_1210画像0232
最初に入った部屋の奥にも部屋があって、テーブル席が5つほどありました。
お店に入ったのが12時30分過ぎだったので、前のお客さんの後片付けをしている間、
レジ横で少し待ったあと、こちらの奥のテーブル席に通されました。

2008_1210画像0212
テーブルは真っ白で、まるでカフェです。
テーブルの下には荷物置きが置いてあります。

2008_1210画像0185
冷たいオクスス(トウモロコシ茶)が出てきましたが、色もお味も少々薄めでした。

2008_1210画像0186
卓上にメニューが置いてあります。
メニューはとても種類がたくさんあって、すごく悩みます。

2008_1210画像0191
ランチメニューはこちらです。

2008_1210画像0187
ランチは、副菜4品+メイン+スープまたは小ライスがつきます。
副菜は日替わりで、ご飯はおかわり自由です。
メインは、850円か900円の麺類が4種類、、、

2008_1210画像0188
750円から850円の炒めもの類が7種類、

2008_1210画像0189
700円から1,000円のご飯類が8種類、

2008_1210画像0190
全て850円のスープ類が5種類と、
全部で24種類もあり、お値段もお手頃です。
メニューに通し番号がふってあるので、少々日本語が危なっかしい店員さんでも大丈夫。
こういう気遣いはステキです。

2008_1210画像0233
定番メニューのほかに、日替わりメニューも2つありました。

2008_1210画像0205
まずは日替わりの副菜4品が出てきました。
最初から二人分の盛り合わせをしているので、かなりなボリュームです。

2008_1210画像0206
白菜キムチは、かなり酸味が出ていて、しっかりとした辛さです。
一枚のカットがとても大きかったので、口に入れるのが大変でした(笑)。

2008_1210画像0207
水キムチの大根はとてもさっぱりしていて、箸休めにはぴったり。
大根は皮付きなので歯ごたえもいいです。

2008_1210画像0209
じゃこ炒めはごま油の香りがして、ほんのりと甘いですが、全体的にかなりしっかり目の味付けだったので、ご飯かビールが欲しくなります。

2008_1210画像0208
この日一番美味しかった副菜はこちら。
細長くて茶色っぽい色をしたものは練り物でしょうか。
甘辛く煮付けてあり、しっかりした味わいながら何となく懐かしい味で、おかずにぴったりです。
お店の方に聞いたところ、これは韓国おでんだそうです。


ユッケジャンうどん (850円)
2008_1210画像0220
メニュー選びに散々悩んだ挙げ句、結局、店員さんに「一番辛いメニューはどれですか?」と聞き、「ユッケジャン」とのことだったので、「ユッケジャン麺」を注文しました(汗)。

2008_1210画像0221
おうどんですが、ちゃんと小ライスがついてきます。
韓国スタイルで、ご飯の容器には「福」の字が入ったフタがついています。

2008_1210画像0223
最後にスープに投入しておじや的に食べたいので、ご飯は抑え気味に食べました。

2008_1210画像0222
うどんに小ライスがついて、ボリュームたっぷりです。

2008_1210画像0213
スープはまるでトマトソースのように真っ赤な色合いが鮮やかで、ワクワクしちゃいました。

2008_1210画像0225
見た目のとおり、かなり唐辛子がストレートにきいていて、しっかりと辛いです。
この近辺の韓国料理屋さんの中では上位に入るほどの辛さだと思います。
ただ、個人的にはスープのダシが少し弱くてさっぱり気味なのが残念でした。

2008_1210画像0219
お肉、大根、ニンジン、シイタケ、青菜と、とにかく具材がたっぷり入っています。

2008_1210画像0227
大きめに固められた卵も入っていました。

2008_1210画像0229
柔らかかったり歯応えがあったりしたので、お肉はいろいろな部位が入っているようです。

2008_1210画像0226
うどんはやや太めでした。春雨も入っています。

2008_1210画像0231
最後にユッケジャンスープの中にご飯、ジャコ、キムチを全て入れて、美味しくいただきました。


本日の日替わりランチ  コムタンスープ定食 (800円)
2008_1210画像0210
先輩は日替わりのコムタンスープ定食を注文。

2008_1210画像0211
お肉の塊やスジのコラーゲンの塊がゴロゴロと入っていて、スープなのに具だくさんでとてもおなかいっぱいになったそうです。一口いただきましたが、スープはトロリと濃厚でとても美味しくて、個人的にはユッケジャンよりこちらの方が好みでした。
日替わりではなく、ぜひとも定番にして欲しいです。


お店の方針なのかテーブル担当の方の性格かわかりませんが、お皿が一つ空くごとにどんどん下げるのが、少々せわしない感じがしました。満席で待っている人がいらしゃるなら仕方ないと思うのですが、午後1時をとっくに過ぎてテーブル席もほとんど空いているのに、一つお皿が空く度に毎回お皿を下げに来られるのは、小皿が多いスタイルだっただけに少々残念でした。
レジにいらっしゃった店長らしき女性の方はとても気さくで明るい方で、いろいろとお店の話をして下さいました。

お弁当も買ってみたいし、夜もメニューが豊富で、お値段もお手頃なので、ディナータイムにもぜひ訪問してみたいです。


夜のメニューはこちらです↓  ランチメニューと冊子は同じで、ランチの後にのっています。
2008_1210画像0191

2008_1210画像0192

2008_1210画像0193

2008_1210画像0194

2008_1210画像0195

2008_1210画像0196

2008_1210画像0197

2008_1210画像0198

2008_1210画像0199

2008_1210画像0200

2008_1210画像0201


2008_1210画像0202

2008_1210画像0203


2008年12月10日訪問時お店DATA
*************************
韓国家庭料理 新古房 (しんこぼう)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8 ホリナカビルB1F
電話 03-3357-4560
営業時間
[昼] 11:00~15:00 (L.O. 14:30)
[夜] 17:00~24:00 (L.O. 23:15)
定休日 日・祝 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/26 09:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(6) |
番町 松月庵  @麹町
12月9日は、午後12時を周って昼休みに突入したというのに上司の仕事が全く終わらず、
先輩と私は空きっ腹を抱えたまま仕方なく仕事を続けていました。
午後12時30分頃、ようやく仕事に区切りがついた上司は「天ぷら蕎麦。」と一言。
それならばと、「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いすることに。
前回出前をお願いしたのは11月27日だったので、約2週間ぶりになります。

2008_1210画像0171
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんも、
皆さんとても感じの良い方ばかりです。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

2008_1128画像0070
こちらのお店でいただくお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備しているので、利用するのは上司だけ。
電話で注文する時に「お箸はいりません。」と伝えるのを忘れてしまうことが多いので、
配達の時に持ってきていただいたのにわざわざ持ち帰っていただいたり、
さらにそれも忘れると使わずにとっておいて器と一緒に返却するようにしています。


五目蕎麦  (1,000円)
2008_1210画像0175
何か面白いメニューはないかな~といろいろと悩み、とても寒い日だったこともあり、
五目蕎麦(1,000円)を注文したところ、日本蕎麦か中華蕎麦を選べますと言われました。
この日の夜は友人とディナーを予定していたので、軽めにと思い、日本蕎麦をお願いしました。

紙

お新香にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_1210画像0172
薬味は、ワサビ、長ネギの小口切り、七味の3種類がついてきます。

2008_1210画像0176
五目というからにはいろいろとトッピングがのっているんだろうなーと期待していました。
ちょっとイメージしていたビジュアルとは違いましたが、たくさんのトッピングがのっています。
カマボコ、なると、ゆで卵、、、

2008_1210画像0177
海苔、伊達巻き卵、青菜、、、、
この伊達巻き卵は少し甘めな味付けです。

2008_1210画像0178
カニかま、タケノコ、、、これだけで、もう8種類あります。

2008_1210画像0180
大きめにカットされた鶏胸肉や、、、、

2008_1210画像0181
シイタケが、下の方に隠れていて、これで10種類。
伊達巻き卵と同様に、私にとっては少し甘めな味付けでした(汗)。
ややお高めなお値段だけあって、トッピングはとてもゴージャスです。

2008_1210画像0179
出前のピークを越えてかなり余裕があるのか、わずか15分足らずでお料理が到着たせいか、
この日のお蕎麦はあまりのびていませんでした。

2008_1210画像0182
お蕎麦のダシはとても濃いお醤油の色合いですが、それほどしょっぱくはなく、
すっきりとしていていつもどおりの美味しさです。
おつゆをいただくと、器の縁に「松月庵」の名前が書かれていたのを発見。


冷し揚げ餅おろしそば  (940円)
2008_1210画像0173
先輩は寒い日にもめげず、お気に入りの「冷し揚げ餅おろしそば」を注文。
いつもどおり、美味しくて食べごたえ充分だったとのことです。


この日は寒さに負けて温かい汁そばをいただきましたが、
やはり出前でお願いするときは冷たいお蕎麦の方がいいなあとは思います。
ただ、お値段はかかりましたが、トッピングが華やかでいろいろ楽しめたのは良かったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
(そば、うどん)
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  五目蕎麦(日本蕎麦)(2008年12月9日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日
(特製品)
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
(季節物)
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば(2008年3月25日) 
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日
(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
(セット物)
  親子丼セット(もりそば)(2008年3月13日
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2008年12月9日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (ばんちょう しょうげつあん)
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00-21:00
[土]   11:00-19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/25 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(5) |
ビストロ Grand Gosier  @市ヶ谷
2008_1210画像0159
12月8日は週明けの月曜日、上司が不在だったので、これはチャンス!と思い、午前11時頃、久しぶりに市ヶ谷にある「ビストロ Grand Gosier (グラン・ゴジェ)」に予約の電話を入れてみたところ、直前でしたが予約が取れました。
ただし、12時15分までに到着しない場合にはキャンセルになりますとの注意をいただきました。
前回訪問したのが2008年3月19日で、今回が2度目の訪問になります。

お店

JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進み、麹町郵便局のある角を右に曲がると、次の角の右手にお店があります。小さくこじんまりとしたお店ですが、フランスの国旗がたなびいているので、すぐにわかると思います。
この少し先にはトルコ料理の「ボスポラス ハサン 市ヶ谷店」イタリアンの「トラットリア ラ・スカルペッタ」があります。

看板

お店のロゴマーク(?)でしょうか、とってもかわいい♪

営業時間

この近辺で土曜日や祝日も営業しているのは大変貴重でありがたいです。

2008_1210画像0170
ランチは1050円のプリフィクスで、オードヴル1品、メイン1品にお替わり出来るパンか大盛りサービスのライスという内容です。オードヴルは2種類の中から、メインは6種類の中から選びます。
追加料金は、オードヴルがプラス300円、メインがプラス700円です。

2008_1210画像0169
手書きのメニューも出ています。

2008_1210画像0166
文字が判別しづらいですが、こちらは夜のメニューです。
夜もなかなかお手頃価格。

2008_1210画像0167
2名様限定メニューとして、二人で取り分けながらいただくスタイルのコース料理があります。
オードブル2品、お魚とお肉がついて5,250円とは、とってもリーズナブル!

2008_1210画像0168
おすすめと本日のお肉料理も出ています。どれも美味しそう~。

店内

フライングして、12時5分前ぐらいに事務所を出て早足でお店に到着しましたが、入店した途端、「ご予約の方ですか?」と聞かれ、店内は全て満席になっていました。あいかわらずの大人気です。
他のテーブルのお食事を見ると、既にメインに入っている方が多かったので、お店の開店時間(11時30分)に入店している人がほとんどのようです。

2008_1210画像0145
店内はこぢんまりとした大きさで、カウンターとテーブル席があります。
壁には小品の絵がところどころに飾られていて、シンプルながらオシャレな雰囲気です。

2008_1210画像0144
この日は入って左手にある窓際の二人掛けテーブルに着席しました。

2008_1210画像0146
食後の飲み物も、コーヒーやエスプレッソが200円と、とても良心的な価格です。
「小さなデザート」(200円)というのがとっても気になりました。

お魚料理は変更になっていて、カンパチではなく、メジマグロでした。


[オードヴル] 生ハムのサラダ仕立て
2008_1210画像0150
この日のオードヴルはスープかサラダの選択だったので、先輩と共にサラダをチョイス。

2008_1210画像0148
生ハムはしっかりとした塩気があります。
生野菜にかけられたドレッシングはほんのりとした甘さとしっかりした酸味でとても美味しい。

2008_1210画像0149
レンズ豆がたっぷりとのせられているのがうれしいです。

2008_1210画像0153
付け合わせにはライスかパンが選べます。
温められたパンは、皮がかなりパリパリとしていますが、中身はふんわりと柔らかです。
こちらのお店では、パンのお代わりを必ず勧めて下さるので、おかわりが気軽に出来てうれしいです。この日も勧められるまま、もう一つパンを追加していただいちゃいました。


オードブルのお皿を下げる時、私がお皿の上にフォークを置きっぱなしにしてしまっていたせいか、店員さんの手元が狂い、お皿が床に落下。大きな音は出ましたが、割れずにすんでよかった~。案外、頑丈なんですね(笑)。


[メイン] バターライスを詰めた鶏モモ肉のロースト
2008_1210画像0159
ちょうど混雑していた時間帯だからか、この日はメインが出て来るまで少し時間がかかり、オードブルを食べ終えてから少々手持ちぶさたでした。

2008_1210画像0160
付け合わせには、温野菜として、茹でたサヤインゲン、ニンジン、カブと焼いたキノコが添えられ、その下にマッシュポテトがひかれていました。
カブがとても甘みが強く、美味しかったです。

2008_1210画像0161
開いた鶏もも肉にバターライスをぎゅーっと巻き入れて、ホワイトソースがかけられています。

2008_1210画像0162
これだけ見ると、イカ飯に見えなくもない。。。。

2008_1210画像0164
お肉は柔らかく、味付けも程よくて美味しかったですが、鶏もも肉、ホワイトソース、ご飯というこの組合せはまるでシチューのようで、フレンチというよりも洋食っぽかったです。
ボリュームは普通です。


[メイン] 豚バラ肉のコンフィ
2008_1210画像0154
先輩はメインとして豚バラ肉のコンフィを選択。

2008_1210画像0157
付け合わせの温野菜は私のと同じです。

2008_1210画像0155
表面がカリカリに焼かれた豚バラ肉には、粒マスタードが添えられていました。
お肉はやわらかで美味しかったそうです。


チョイスしたメニューなのか、物価高の影響なのでしょうか、全体的にボリュームダウンした印象です。メニューの種類も、前回のホタルイカのサラダやハツのステーキなどちょっと風変わりなものがなく、わりあいよくある食材だったので、最初の印象がとてもよかったせいか、今回のお料理も美味しかったものの、ちょっぴり残念な2回目の訪問になりました。


2008年12月8日訪問時お店DATA
******************************
ビストロ Grand Gosier (グラン・ゴジェ)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-6-1  シルバーパレス1F
電話 03-5215-5616
営業時間 
[平日] 11:30~15:00(LO 14:00)  18:00~23:00(LO 21:30)
[土祝] 11:30~15:00(LO 14:00)  18:00~22:30(LO 21:00)
定休日 日・第三土曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/24 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(4) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
2008_1210画像0054
12月6日の土曜日は、2008年最後のキムチ教室でした。
まずは教室開始時間より1時間以上前にJR四ッ谷駅に到着し、恒例となっている四谷三丁目ラーメン巡りをすべく新宿通りをてくてくと歩き、「旨辛至福研究飯店 陳麻家(ちんまーや) 四谷三丁目店」で担々麺と陳麻飯をいただきました。
前回のキムチ教室は10月18日だったので、約3週間ぶりになります。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。
できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きです。

2008_1025画像0017
妻家房のお店の中は、手前側で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われています。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、
中にカクテキの材料が飾られています。

2008_1210画像0036
この日のメニューは、「カクテキ」と「韓国餅入りスープ」です。


【カクテキ】
2008_1025画像0022
キムチを作るための調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左側の上にある壺の中には3種類の粗さを混ぜた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
左側の下にあるお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2008_1210画像0059
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、砂糖、ゴマ、牛肉ダシ、韓国産岩塩が入っています。

2008_1210画像0035
この日のキムチは、日本でもおなじみの大根のキムチ、カクテキです。

2008_1210画像0037
大根の皮はコリコリとした口当たりが美味しいので皮をむきません。
大根は皮ごとよく洗ってヒゲをとり、2センチ角ぐらいに切ります。
大きいと食べにくく、小さいと美味しくないそうです。
形をキレイにしたいときは端を落とし、真四角にします。

2008_1210画像0055
妻家房で使っているお塩は岩塩なので、そのまま大根の塩漬けをするには粒が大きくて水に溶けづらいので、あらかじめすり鉢ですって細かくします。

2008_1210画像0057
大根の葉は彩りがよくなるので、出来れば葉付きの大根で作ります。
外側の葉は取り去り、中の柔らかい葉を2センチの長さに切り、大根と共に塩漬けします。

2008_1210画像0041
万能ネギを2センチの長さに切ります。
セリがある時期ならば、セリの茎を入れてもいいそうです。

2008_1210画像0060
大根に色づけするために、粉唐辛子を使います。

2008_1210画像0061
塩漬けした大根に粉唐辛子をふりかけます。

2008_1210画像0064
キッチン用手袋をつけてあえると、大根から出た水分で粉唐辛子が溶け、大根が色づきます。
大根があまり甘くない時期は、キムチにはあまり入れない砂糖を少し加えるといいそうです。

2008_1210画像0051
いつも登場するこちらの唐辛子は、3種類の粗さの唐辛子が混ぜられています。

2008_1210画像0065
写真が赤く光ってしまってすみません(汗)。
辛みをつけるために、唐辛子を入れます。

2008_1210画像0066
すりニンニク、すりショウガ、アミの塩辛も入れて、よ~く混ぜ合わせます。

カクテキをすぐに食べるときは、タマネギを入れると美味しいそうです。
タマネギを大根と同じ大きさに切って投入します。

2008_1210画像0067
万能ネギを入れたらあまり混ぜ合わせず、軽く和えます。

カクテキに生牡蠣を入れると美味しいそうです。
小さい粒はそのまま、大きい粒は二つに切って最後に混ぜ込みます。
カキを入れるとあまりもたないそうです。

2008_1210画像0054
陶器製のキムチ壺に入れて出来上がりです。
一口味見をしましたが、ポリポリとした歯応えでとても美味しく、このままでもキムチの浅漬けみたいで、とっても美味しかったです。

2008_1210画像0069
こちらが本日の私の持ち帰り分です。結構ボリュームがあります。
空気をしっかり抜いてビニール袋に入れ、そのままタッパーに保管します。
1日常温のまま保管し、次の日から冷蔵庫に入れて1週間経ったら食べられます。
好みにもよりますが、食べ頃は3週間目ぐらいだそうです。


【韓国餅入りスープ】
2008_1210画像0070
この日の韓国料理のメニューは韓国餅入りスープでした。
主にお正月に食べる、上品で手間のかかるお料理です。

2008_1210画像0071
牛肉のスジ肉でダシをとります。
スジ肉は、水に1時間つけて血抜きをし、よく水洗いをします。

2008_1210画像0073
お湯を沸かし、火の強さを変えながらスジ肉を茹で、途中長ネギや丸ごとのニンニクを入れます。
出来上がった牛肉ダシはザルで漉します。

2008_1210画像0074
韓国餅=トックは、お米で作っているのでお湯で煮てもとけません。
韓国ではお正月はご飯を食べず、お雑煮を食べて過ごすそうです。
トックは一度水洗いし、ザルで水を切ります。

2008_1210画像0079
茹でた牛スジ肉は食べやすいように小さく切り分けます。

2008_1210画像0081
スープの中に切った牛スジ肉とトックを入れ、火にかけて沸騰させます。

2008_1210画像0087
沸騰させながら粉の牛肉ダシ、お醤油、ニンニクを入れて味付けをします。

2008_1210画像0075
この日使ったお醤油は、韓国のスープ用自家製醤油だそうで、塩と大豆しか使っていないので甘みがないそうです。色も濃くて、たまり醤油のようでした。

2008_1210画像0089
トックは柔らかくなると浮いてきます。
仕上げに、小口切りした長ネギを投入します。

2008_1210画像0094
卵を溶きほぐし、おたまでスープの中に少しずつ入れていきます。

2008_1210画像0091
卵を全体に入れてしまうとスープが濁ってしまうため、上品に仕上げるために少しずつ投入。

2008_1210画像0078
お正月用のスープとして上品に仕上げるため、お肉はトッピング用に赤味肉を別に調理します。

2008_1210画像0076
お肉は細切りし、すりニンニク、コショウ、ごま油、醤油を入れて味付けをします。

2008_1210画像0097
フライパンで強火でしっかりと焼きます。

2008_1210画像0100
焼いている途中からとっても美味しそうないい香りがします。

2008_1210画像0105
完成した韓国餅入りスープです。
黄色いものは、卵の黄身だけを焼き、菱形に切ったものです。
トックの白色、卵の黄身の黄色、ネギの緑色、海苔の黒と、鮮やかな彩りです。

2008_1210画像0107
こちらは2階のレストランで作っていただいた、私たちの試食用です。
でっかいお鍋になみなみとスープが入っています。

2008_1210画像0108
それでは、いただきま~す!

2008_1210画像0110
スープは意外とコクがあり、あっさりし過ぎず、とても私好みで美味しい♪

2008_1210画像0111
トックはとても柔らか。

2008_1210画像0112
スジ肉もトロトロにとろけます。


食べるときはスープと具を一緒に食べるために、スプーンでいただきます。
お餅やお肉が入っているので、案外食べごたえがありますが、餃子を入れるとさらにボリュームがアップするということです。
ちなみに、餃子はもともとは韓国で食べる習慣はなく、北朝鮮から伝わってきたとのこと。
また、韓国の南の地域では、牛のスジ肉ではなく、牛骨(ゲンコツ)からダシを取るそうです。
なかなか手間のかかる一品ですが、一度チャレンジしてみたいです。


2008年12月6日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2009/02/23 09:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(3) |
旨辛至福研究飯店 陳麻家 四谷三丁目店  @四谷三丁目
12月6日の土曜日は、2008年最後の「妻家房」でのキムチ教室の日でした。
いつものように四谷三丁目近辺のラーメン巡りをするために、お昼過ぎぐらいにJR四ッ谷駅からてくてく歩いて四谷三丁目へ。

2008_1210画像0033
この日に食べたお店は「旨辛至福研究飯店 陳麻家(ちんまーや) 四谷三丁目店」です。
2008年10月18日のキムチ教室の時、こちらのお店で食べるつもりだったのですが、もう少し先のところに「北海道らーめん 麺屋 とみ吉(とみきち)」を発見してそちらでたべてしまったのでした(汗)。

2008_1210画像0032
お店は地下鉄四ッ谷三丁目駅の交差点からすぐのところにある慶和ビルの2階にあります。
「旨辛至福研究飯店 陳麻家」は、株式会社ベンチャー・リンクが運営するチェーン店で、全国各地に支店があります。前に四ッ谷にも支店ができて、一度食べに行ったことがありましたが、数ヶ月で閉店してしまいました。現在その場所は、2007年10月23日にランチをしたラーメン屋さんの「きなり家」になっています。

2008_1210画像0034
食事が終わって帰りがけにこの写真を撮っていたのですが、キムチ教室用に持ってきていたエプロンなどを入れた紙袋を店内に置いてきてしまい、お店の人が気付いて追いかけてきてくれました。
写真左奥に写っているのが優しい店員さんと私の紙袋です(汗)。ご迷惑をおかけいたしました。
紙袋を忘れる失態は、2008年9月6日に訪問した「まるいち」に続いて2回目です(汗)。

2008_1210画像0031
入口の扉を通ると、2階へ続く階段があります。
大きなお花が飾られ、チェーン店だと思っていたのにかなりゴージャスな雰囲気です。

2008_1210画像0030
四谷三丁目店は2007年8月29日オープンしたそうです。
まだまだとってもキレイです。

2008_1210画像0029
中華特有の調味料も、大きなビンに入れられてキレイにディスプレされています。

2008_1210画像0010
入口の小さなドアから考えると、2階の店舗はとても広く、お客さんもそこそこ入っていました。
テーブル席とカウンター席があり、写真を撮ったりしてもお邪魔にならないように、一番奥のカウンターに着席しました。
店員さんは中国(?)系の人が多かったです。


担々麺セット (930円)
2008_1210画像0019
こちらのお店では陳麻飯と担々麺が二大名物メニューなので、もちろん両方食べなきゃ!
普通サイズの担々麺と陳麻飯のミニサイズがセットになった担々麺セット(930円)を注文。
それほど時間がかからずにお料理が出てきました。
どちらもこのお店では一番辛い、激辛です。

2008_1210画像0020
まずは麺がのびないうちに~、と思って担々麺から食べ始めました。

2008_1210画像0027
中華鍋をアレンジしたこのお店のロゴマーク、とってもかわいい。

2008_1210画像0021
トッピングはひき肉とほうれん草です。

2008_1210画像0024
ピンぼけ気味ですみません(汗)。
激辛というには私的にはたいして辛くなかったですが、スープはコクがあってなかなか美味しかったです。

2008_1210画像0025
白っぽいストレート麺はちょうど良いゆで加減でした。
ボリュームは普通です。

2008_1210画像0023
「陳麻飯」とは、麻婆豆腐のことです。
こちらも辛さはそれ程ではありませんが、山椒がピリピリときいていているのがなかなか本格的。

2008_1210画像0026
ミニサイズとはいえ、どこにスプーンを差し込んで良いかちょっと迷うぐらい、たっぷりとかけてあり、お豆腐がゴロゴロしていたので、食べ応え充分。

2008_1210画像0028
そうそう、辛いだけじゃなく、やっぱり「旨辛」じゃないとね!


麺とご飯を両方いただいたので、おなかがパンパンになりました。
お店もキレイだし、お値段もお手頃で、食べやすいお料理なので支店がたくさんできるのも納得です。


メニューです↓
2008_1210画像0008

2008_1210画像0009

2008_1210画像0002

2008_1210画像0003

2008_1210画像0004

2008_1210画像0005

2008_1210画像0006

2008_1210画像0007

2008_1210画像0011

2008_1210画像0012

2008_1210画像0014

2008_1210画像0013

2008_1210画像0015

2008_1210画像0016

2008_1210画像0017
時間がなくて、撮れませんでした(笑)。


2008年12月6日訪問時お店DATA
****************************
旨辛至福研究飯店 陳麻家 四谷三丁目店  (ちんまーや)
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-9-18 慶和ビル2階
TEL 03-3358-5168
営業時間 11:00~23:00(L.O.22:30)  
定休日 無休
地下鉄四谷三丁目駅から徒歩1分
JR信濃町駅から徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/20 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
【閉店】 そば処 角屋  @市ヶ谷/麹町
2016年7月6日追記

2016年6月下旬、「角屋」さんが閉店しているのに気付きました。
工事していたので、最初はリニューアルなのかな?とも思ったのですが、造作物を全て取り除いてすっからかんになっていたので、多分違うと思います。

IMG_2718 (480x480)
工事終了後は、シャッターが閉ざされています。

2016年1月8日にランチ訪問していたし、お弁当を買うために時々近くを歩いていたのに全然気付かなかった!
閉店時期を知っていれば、最後にカレー南蛮を食べに行きたかったです(泣)。

*****************************

2008_1205画像0113
上司は月に一度、金曜日に午後から市ヶ谷方面へ出かける仕事があり、出かける途中にお気に入りの「そば処 角屋(かどや)」でランチをとるのが半ば慣例になっていて、12月5日もまさにそのコースを辿ることになりました。
前回訪問したのが11月7日だったので、約1ヶ月ぶりです。

2008_0614画像0038

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かって緩やかな坂を上がり、
最初の交差点を越えてちょっと先の右手に朝日六番町マンションがあります。
朝日六番町マンションには地下1階から地上2階までたくさんの飲食店が入っています。
1階には2008年11月5日に行った老舗の「釜めし うち山(うちやま)」
地下1階には2008年6月10日に生パスタのランチを食べた「WINE BAR & DINING R(アール)」
2階には2008年8月20日に行った「酒と肴 月(つき)」があります。

入口

見た目はごくごくフツーのお蕎麦屋さんですが、南蛮カレーが有名で、色々な雑誌に紹介されています。また、三木武夫元首相の事務所が六番町の近くにあった関係で、三木元首相夫人がご贔屓にしていたそうです。

2008_1205画像0121
昭和の時代に戻ったような懐かしさのある店内はとても広く、
6人掛けや8人掛けの大き目なテーブルがぎっしりと置かれていて、相席になります。

2008_1205画像0122
仕事がおして入店が12時30分過ぎだったので、ちょうどお客さんの入れ替わりがあり、
片付けのために少し待ったあと、左手奥の6人掛けのテーブル席に着席しました。
先に一人で食べていた方と相席です。

卓上

席数はかなりありますが、フロアスタッフはわずか2、3人で、いつも活気があります。
お客さんの大部分が男性です。

2008_0627画像0205
お店の外見と同じく、メニューもごくごくフツーです。
15種類のおそばまたはうどんと、5種類のご飯ものがあります。
飲んでいる人を全く見たことがありませんが、ソフトドリンクとアルコールもあります。

2008_0627画像0206
こちらのお店のイチオシは、「特製カレー南蛮」(750円)です。麺だけ冷たくすることもできます。
毎週水曜日は100円引きで、なんと650円とお得なお値段になります。
この日は金曜日だったので、残念ながら割引はありませんでした。
実は、特製カレー南蛮そばか特製カレー南蛮うどんしか食べたことがなく、
他のメニューはいただいたことがないので、ホントにイチオシかどうかは不明です(笑)。

2008_0803画像0211
店内を見回してみると、寒さが厳しくなってきたからか、ほとんどの人がカレー南蛮でした。


特製カレー南蛮うどん  (750円)
2008_1205画像0113
カレー南蛮そばが大好きな上司は、お店の方が注文を取りに来ると、「カレー南蛮ソバでしょ?」と私たちに向かって無邪気におっしゃるので、いまさら別のメニューとも言い出せず、上司の奢りなので大盛りをお願いすること出来ず、精一杯の抵抗、、、というか、ブログ的に面白くしたいと、カレー南蛮うどんにしてみました(汗)。

2008_1205画像0114
薬味として長ネギの小口切りがたっぷりとのせられています。

2008_1205画像0116
スープは魚ダシがしっかりときいていて、口当たりはわりあいサラサラしています。
スパイシーとは言えませんが程々に辛みがあり、後から蕎麦つゆらしい甘みを感じ、
食べているうちにだんだんと身体が温まってきます。
辛いものに弱く、汗っかきの上司は額から汗を吹き出し、ネクタイまで濡れてしまいます(笑)。

この日はスープがかなり濃厚でもったりとしていて味が濃く、
その分、魚ダシがそれ程感じられませんでした。

2008_1205画像0119
うどんはボリュームは普通です。
かなりやわらかく茹でられていて、お箸で持ち上げると切れちゃいます。

2008_1205画像0118
小さくカットされた鶏胸肉、タマネギ、油揚げなどが入っています。


ボリュームでも麺のコシとしても、私はカレー南蛮にはおそばの方が好きでした。
あとで喉が渇いて大変なことになるとわかっているのに、ついついスープを完飲。
おなかいっぱいで汗だくになり、お店の外に出ると外気の寒さがむしろ気持ちよかったです。
次回こそは、別メニューまたはカレー南蛮そばの大盛りにチャレンジするぞ~!


2008年12月5日訪問時お店DATA
******************************
そば処 角屋 (かどや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町4-11 朝日六番町マンション1F
TEL  03-3261-0066
営業時間 11:30~16:30
定休日 土・日・祝
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/19 09:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @市ヶ谷/麹町
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

2012年4月4日追記

2012年3月29日、久しぶりに「俵屋」に出前を頼んだら、配達をやめたと言われました。
最後にお願いしたのは2011年8月26日だったので、約7ヶ月の間のいつかに終わっていたようです。
あまり頻繁に利用してはいませんでしたが、スピーディに配達してくれる数少ない貴重なお店だっただけに残念です。

***************************************

2008_1205画像0086

12月4日のランチは、午前中外出していた上司から事務所に電話が入り、「お昼はチャーハンと餃子。」と一言。全く悩むことなく、「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」からの出前が決定しました。。。
前回食べたのが10月2日だったので、約2ヶ月ぶりになります。ずいぶんご無沙汰でした。

外2

お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から、日本テレビ通りを半蔵門方面に向かってしばらく進み、コンビニのampmの一つ先にある緑色のタイルに覆われ、やや古めかしい恩田ビルの中にあります。

2008_0527画像0214

こちらのビルにはたくさんの飲食店が入っていて、1階にはこちらの「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」、2階には、2007年6月4日にランチを、2008年の3月3日にお弁当を買った、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」、地下1階には2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 (やまちょう) 麹町店」が入っています。

外1

注文してから配達してくれるまでが結構早いので、とても重宝しています。

こちらのお店のラップ使いはすごいです。
まずお料理のお皿全体にラップをかけ、その上に割り箸を置き、お箸が動かないように下三分の二ぐらいのところをもう1回ラップします。出来上がりは、まるでお皿の上に割り箸が浮いているように見えます。お皿を持ち歩いても、お料理の中身がこぼれないだけでなく、お箸もビクともしません。この厳重なラッピングは、食べるときにはがすのが結構大変で、「おなかすいた~、でも、取れない~。」とジリジリしちゃうこともしばしばです(笑)。


つけ麺セット ニラレバセット  (940円)
2008_1205画像0089
メニュー選びが何とも悩ましいこちらのお店ですが、メニュー表をながめていたら、セットものがあることに気付き、せっかくなら一度に2種類のものが食べられてお得だな~と思い、注文してみることにしました。

注文の電話をかけたら、いつも出て来るやや無愛想なおばさまではなく、明るくてハキハキした若い女性でした。11時40分頃に注文し、ちょうど12時に到着。
上司が事務所に戻った直後だったので、タイミングぴったり!

私が注文したメニューのボリュームのすごさに全員ビックリ!
実は私、麺があるからライスがつくとは思っていなかったんです(汗)。
でも、よく考えれば、レバニラだけ食べるっていうのも大変か。。。

2008_1205画像0090
レバニラのボリュームが単品でオーダーしたかのように盛りだくさんでした。
たっぷりのもやし、ニラ、ニンジンに、レバーもたくさん入っています。

2008_1205画像0095
オイスターソースがきいたしっかりとした味付けで、ご飯がとても進みます。
普段はもやしを苦手とする先輩が、「この味付けはうまい~。」と味見のおかわりまで発生(笑)。

2008_1205画像0094
セットのご飯はさすがに半ライスでした。
助かりました(笑)。

2008_1205画像0097
レバーもそれ程固くなくて食べやすく、たっぷりと入っていました。

2008_1205画像0091
つけ麺のセットです。
このつけ麺は、単品でオーダーすると、「和人つけめん(690円)」になるのかな?

2008_1205画像0092
トッピングは、メンマ、ワカメ、刻み海苔、そしてまたもやモヤシです(笑)。
麺のボリュームもなかなか。

レバニラを食べるのに夢中でつけ麺のことをすっかり忘れてしまい、
いざ食べようとしたら、麺が固まってお箸で持ち上げたら立方体になっていました(汗)。
それでも、つけ汁に浸すとするするとほぐれ、
細いストレート麺はつるつるとしたのど越しで美味しかったです。

2008_1205画像0093
つけ汁は、お醤油ベースで酸味が少しきいていて、個人的になかなか気に入りました。
お醤油味だから「和人」なのかな?


酢豚(大皿) (850円) + ライス (150円)
2008_1205画像0087
先輩は、「大皿」と書かれたメニューの言葉が気になり、酢豚を注文。

電話でお願いした時、電話口の方が厨房に向かって出来るかどうかを聞いていたのですが、
今回新しくなったメニューからはずれていたというのが、あとでわかりました。

2008_1205画像0088
タマネギ、タケノコ、ニンジン、ピーマンと固めに炒められたたっぷりの野菜に、
こちらも負けじとばかりにお肉がゴロゴロと入っています。とにかくすごいボリューム。
一口いただきましたが、ほんのり甘く、酸味をきかせたお味で美味しかったです。


こちらのブログによくコメントを下さる☆まがり★さんからいただいたアドバイスどおり、炒め物が美味しくてボリュームたっぷりなことがわかり、次回からはそっち系のメニューをせめてみようと思います。
最初からアドバイスをちゃんと聞いていれば良かったです(汗)。反省!

メニューが新しくなり、一枚の紙の綴りになりました。お料理の種類も増えたようです。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

絶品 たんめん 野菜たっぷり (平成20年3月7日
大辛・中辛が選べる担々麺・大辛 (平成20年8月27日
バリバリ カタヤキソバ (平成20年5月8日
冷し中華 (平成20年10月2日
大辛冷し中華 (平成20年8月4日
マーチャン丼 麻婆かけチャーハン (平成20年3月24日
中華丼 (平成20年7月1日
つけ麺セット ニラレバセット (平成20年12月4日)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


新しくなったメニューです↓ 配達は2個以上からです。
2008_1205画像0098

2008_1205画像0101

2008_1205画像0103

2008_1205画像0099

2008_1205画像0100

ここからは午後5時以降のメニューになります↓
2008_1205画像0105

2008_1205画像0106

2008_1205画像0104


2008年12月4日注文時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX  03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
配達時間
[平日] 11:00~21:30 (16:00~17:00は休憩時間)
[土曜] 11:00~15:00
[日祝] 11:00~20:00 (16:00~17:00は休憩時間)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/18 09:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
スパゲッティ ながい  @四谷
2008_1205画像0080
12月3日のランチは、午前の仕事が押して12時を少し回ってから、上司と先輩と私の3人で外へ食べに出かけました。
行き先は上司にお任せなので、しんみち通りまでぶらりと歩いていたところ、上司は3人ともお気に入りの「スパゲッティ ながい」に入ろうと言ってくれました。うれしい♪
前回来たのが9月18日だったので、約2ヶ月半ぶりの訪問になります。

看板

JR・地下鉄四ッ谷駅を出てしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。こぢんまりとしていて、あまり目立たない店構えです。
こちらの写真はかなり古いものですが、しんみち通りに出ている「ながい」の看板です。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、1階には2008年9月26日に訪問した「四谷ブルワリー」があり、地下1階には8月22日にランチをした「沖縄料理店 あん」があります。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

入り口

中川ビルの階段を上ると、2階の入口には写真のようなかわいい扉があります。
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。

この日はちょうど満席だったため、この扉の横にある狭いスペースで待ちました。
待つ人が多くて、ときどき3階へつながる階段にまで並んじゃうこともあります。
待っている間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文できますが、どのメニューも美味しいので、いつもすっごく悩みます。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりとL字に取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。
調理場はシェフともう一人の二人体制で、
お店は男性シェフが一人、厨房とフロアの両方を担当する女性が一人、フロア担当の女性一人です。席数はそれ程多くありませんが、いつも忙しそうにテキパキと動き回っています。
みなさん、とても人あたりが良くて居心地が良いせいか、男女問わず一人客の方も結構いらっしゃいます。

2008_0922画像0058
卓上にはスプーン、フォーク、タバスコ(赤・緑)、粉チーズ、乾燥ハーブが置かれています。
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

2008_0922画像0057
ささやかですが、植物が置いてあります。
ブルーのガラスで造られた3頭の熊さん、かわいい♪

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

卓上

粉チーズと乾燥ハーブです。お好みでふりかけます。


メニューです↓
2008_1205画像0075
スパゲッティは定番メニューと季節メニューがあります。

メニュー5

定番メニューは基本的な味付けとして9種類あります。

2008_1205画像0070
トッピングがかなりいろいろあるので、好きなベースとの組み合わせを選びます。

2008_1205画像0073
この写真を見ていた初めて気付いたのですが、お持ち帰りが出来るようになっていました!
作り立てが一番美味しいですが、今度、ぜひ一度試してみたいです。

2008_1205画像0074
大盛りはプラス100円なのでとてもお得です。
追加料金でトッピングができるほか、無料で唐辛子やガーリックを入れられます。


季節メニュー
2008_1205画像0068
それほど種類が多くありませんが、季節メニューもあります。
この日はカキをつかったものが3種類ありました。

2008_1205画像0071
サラダが6種類もありますが、ランチタイムに注文している人をほとんど見たことがありません。
そういう意味でも本当にスパゲッティ専門店です。

2008_1205画像0072
こちらのお店はランチからディナータイムまで同じメニューで通し営業をしているので、お酒のメニューもあります。
自家製ドレッシングが400円から450円に値上がりしていました。

2008_1205画像0076
店内は禁煙です。

2008_1205画像0078
カウンターの近くの壁際に文庫本などがたくさん入った本棚が置いてあります。
カウンター席などを利用する一人客の方へのサービスでしょうか。

2008_1205画像0077
カウンター席の角をはさんで3人で着席しました。
スプーンセットのところに敷かれたクロスはこの日は緑色で、クリスマスカラーでしょうか。


カキの唐辛子トマトソーススパゲティ (1,200円)
2008_1205画像0080
この日は季節メニューとしてカキを使ったメニューが3種類あったので、唐辛子トマトソースを選んでみました。
先にオーダーしていたので、着席してほどなくスパゲッティが出てきました。

2008_1205画像0081
こちらのお店の唐辛子が入っているソースはかなりしっかりと辛みがあります。
トマトソースの中をよく見ると、輪切りの赤い唐辛子がところどころに散りばめられていました。

2008_1205画像0082
ソースを口に入れると、トマトの爽やかな酸味の次に唐辛子の辛さがきますが、そのうち、唐辛子の辛さがどんどん広がり、辛さの合間にトマトソースを感じる位にまでなります。
唐辛子なのでストレートにすっきりと辛く、辛いもの食べてる!って実感できます。

2008_1205画像0083
麺はアルデンテに茹でられていて、つるつるとしたのど越しで、いつもどおりの美味しさ。
この茹で方、茹で加減を自分でもマスターできれば・・・。

2008_1205画像0084
カキは小ぶりながらもプリプリで、数えてみたら8粒ぐらい入っていました。
冬の時期しか食べられない季節メニューを堪能できました。


ウニとイカとキムチのスパゲッティ  (1,200円)
2008_1205画像0079
先輩はこちらのメニューを選択。


写真を見る限りでは、そんなにボリュームがあるようには見えませんが、油をたっぷり使っているせいかおなかいっぱいになりました。しっかりと辛く、相変わらずの美味しさで大満足でした。
もっと頻繁に通っていろいろなメニューに挑戦したいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲッティ】
アサリと青じそのスパゲッティ(2008年9月18日
【タラコ、ウニのスパゲッティ】
ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日
【ミートソースのスパゲッティ】
【ペペロンチーノ風スパゲッティ】
【トマトソースのスパゲッティ】 
ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
【クリームソースのスパゲッティ】 
アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日
【おしょうゆ味のスパゲッティ】 
海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日
【ホワイトソースのスパゲッティ】 
ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日
【サラダスパゲッティ】 
【季節メニュー】 
カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
カキの唐辛子トマトスパゲティ (2008年12月3日)

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2008年12月3日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2F
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/17 09:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【業態変更】 Casual Wine Dining LeBard  @四谷
2014年10月29日追記

「ルバード」は2014年9月10日に閉店し、新しく塊肉とワインのお店「ブロックス」として生まれ変わる予定だそうです。

*********************************

2008_1205画像0052
12月2日は、この一週間で唯一ランチタイムに上司がいない日だったので、どこか美味しいお店でランチをしたいねーなどと言っていたのですが、12時直前に仕事でバタバタしてしまい、お店のことを何も考えないまま、寒空の下を歩き始めました。前回外食したのが11月28日に訪問した市ヶ谷にある「Bistro a vin Le Fleur (ル・フルール)」だったので、四谷方面に行ってみました。

2008_1205画像0066
四谷から新宿に向かう新宿通り沿いの左手の表通りにあるお店は、実はあまり開拓していないことに気付き、幾つかお店をのぞいていたのですが、先輩が以前見かけて気になっていたというお店に入ってみることにしました。
1階にサンマルクが入っているビルです。

2008_1205画像0064
こちらの中央総合ビルには、たくさんの飲食店が入っていて、ランチもいろいろやっています。

2008_1205画像0067
先輩が行きたかったお店はこちらのビルの3階にある「Casual Wine Dining LeBard(ルバード)」というお店です。看板はちょっとおとなしめなデザイン。

2008_1205画像0065
新宿通りにはランチメニューの看板が出ています。
5種類あるランチメニューはドリンク+サラダ+スープ+惣菜+デザートのセットで1,000円です。

2008_1205画像0035
ちょうど店員さんがランチ50円引きのチラシを配っていたところに遭遇しました。ラッキー♪

2008_1205画像0063
こちらのお店は2008年10月1日にオープンしたばかりだそうで、ライナ株式会社という会社の運営していて、四谷三丁目にある「国産豚と有機野菜のお店 Cafe de Leavanest (カフェドリバネス)」の姉妹店です。 

この写真はお店の入口から内階段を下に向かって撮ったものですが、黒い壁に白のペイントでいろいろと描かれています。実はこれ、こちらのお店に来たお客様が書いたものらしく、夜に来るとこんな楽しそうなイベント(?!)にも参加できるそうです。

2008_1205画像0045
店内はそれ程広くはありませんが、オープンしたての新しいお店らしく、とてもキレイでオシャレなインテリアです。天井にはワインのボトルがずらり。

2008_1205画像0041
入って右側に厨房とカウンターがあり、左側から奥にかけてテーブル席があります。

2008_1205画像0046
レジの奥の壁に、グラスワインのリストが掲げられていました。
ワインのことはよくわかりませんが、お手頃価格のグラスワインの種類が豊富で、私のような人間にはありがたいです。アルゼンチン、イタリア、フランス、アメリカなど、産地もいろいろありました。

2008_1205画像0044
先客は1名だけだったので、席は「どこでもどうぞー。」と快く言われ、窓際の席に着きました。

2008_1205画像0036
窓からのぞいた新宿通りの眺めはこちら。
2008年1月30日に訪問した「インド料理 Mumbai (ムンバイ)」や、2008年7月18日に訪問した「焼肉レストラン 寿苑 (じゅえん)」などが見えました。

2008_1205画像0039
ランチメニューは、大きくて鮮やかな写真がついていて、とても美味しそう。
日替わりを含めて5種類あるランチメニューはドリンク+サラダ+スープ+惣菜+デザートのセットで1,000円です。ご飯の大盛、小盛も選べます。
この日の日替わりは都鳥のキノコ焼き、、、だったと思います。

2008_1205画像0040
セットのドリンクメニューは、マンゴー、グァバ、オレンジ、グレープフルーツ、コーヒー、烏龍茶のソフトドリンクの6種類だけでなく、なんと、グラスワインの赤と白もあります。
く~、午後から仕事があるのが大変残念です。

こちらのお店はとても鶏にこだわりがあり、「いわい鶏」や「ハーブ鶏」など、その時美味しい鶏を取り寄せているそうで、こちらで出されるご飯は鶏ガラスープで炊きあげているそうです。

2008_1205画像0043
お水はなく、最初にドリンクが出されました。
先輩はマンゴージュース、私はグアバジュースです。色のコントラストがとってもキレイ。
味が濃くて美味しかったです。

外でチラシを配っていた女性の店員さんが戻ってきて、フロアに入りました。
お客さんも次第に集まり、テーブル席はだいたい埋まりましたが、サラリーマンらしき人は少なく、どちらかと言えば学生さんが多かったです。


若鶏の赤ワイン煮  (1,000円)
2008_1205画像0051
ランチのメニューを選択したら、メインもドリンクもことごとく先輩とかぶってしまいました。
食べ物の好みがあまりにも似過すぎています(笑)。

運ばれてきたお皿の大きさにビックリ!
かなり大きな楕円形のお皿に、全てのお料理がのせてあり、ものすごい迫力です。

2008_1205画像0056
小さなココット皿に入ったスープは、すっきりとした味わいのコンソメスープで、タマネギ、やや歯ごたえを残したニンジン、シメジなどが入っていました。

2008_1205画像0053
レタスと水菜などの生野菜のサラダはボリュームたっぷりで、写真だと白っぽく写っていますが、鮮やかなオレンジ色のドレッシングがたっぷりとかかっています。

2008_1205画像0057
ゴボウとニンジンのマヨネーズ和えの中に、波形でやや長めのコンニャクが入っていて、ぷるぷるとした食感がとても美味しかったです。
この食べ物がこんにゃくだということは、帰りがけにスタッフの方から教えていただきました。

2008_1205画像0058
ご飯は玄米がかなり混ぜられているので歯ごたえが良く、鶏ガラスープで炊かれているので下味がしみ込んでいて、とても美味しいです。

2008_1205画像0055
鶏肉は、お肉のたっぷりついて食べでのある手羽元で、ソースはほんのりと甘く、酸味もあり、しっかりとした味付けでとても美味しかったです。


ゆみのサーモン&アボガド  (1,000円)
2008_1205画像0047
先輩はこちらのメニューを選択。
メニュー名についている「ゆみ」というのは、お店の女性スタッフのお名前で、外でチラシを配りをし、店内でフロアを担当していたまさにその方でした。

入店したときにお店の方に写真撮影の許可を伺ったところ、「ブログですか? うちの店でもつい最近ブログを始めたんですよ~。是非お店の宣伝をして下さい!」と快くお返事をいただきました。
宣伝なぞになるかどうかわかりませんが、2ヶ月遅れでようやく記事アップできました(汗)。
ゆみさんなどスタッフの方がやっているブログは「ルバードスタッフ」です。
お店のお得な情報ものっているので、行かれる方はぜひチェックしてみてください。

2008_1205画像0050
サーモンとアボガドの黄金の組み合わせ、美味しくないはずがありません。
こちらもボリュームたっぷり。

2008_1205画像0060
デザートは、オレンジやグレープフルーツなどのフルーツにヨーグルトを和えたものでした。
甘さ控えめでさっぱりとしていて、美味しかったです。


お値段は1,000円かかりますが、オシャレで美味しくてボリュームたっぷりのお食事で、とってもCPがよかったです。こちらのお店を見つけていた先輩に感謝・感謝!
ランチもですが、ぜひディナータイムにも行ってみたいです。


2008年12月2日訪問時お店DATA
**************************
Casual Wine Dining LeBard (ルバード)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-9-6 中央総合ビル3階
TEL&FAX:03-6380-6998
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] 18:00~24:00
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/16 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 炭火焼鳥 とりはん 麹町店  @麹町/市ヶ谷
2012年3月6日追記

2012年2月3日、「とりはん」の跡地に「香港料理 居酒屋 味仙」がオープンしました。

DSCF6301_20120219143451.jpg
オープンニングサービス中の2012年2月8日にランチ訪問しました。

この場所は、この近辺では一番お店が変わるところで、5年弱の間に3店舗目。
不況に強い中華料理なので、今度こそ長続きするでしょうか。

***********************************

2011年7月14日追記

DSCF8779.jpg
つい先日、久しぶりに日テレ通りを歩いていたら、「とりはん」が閉店しているのに気づきました。

DSCF8778.jpg
諸般の事情により、2011年3月31日に閉店したそうです。
「とりはん」が2008年7月14日に訪問したお隣の「番町茶館」と同じ会社が経営していることをこの時初めて知りました。

2007年8月9日に訪問した「ロッソ」に続いての閉店。
経営的にはなかなか難しい場所なのでしょうか。

***********************************

何とか昨年中にアップしようと思っていた古い記事(汗)ですが、どうぞご覧下さい。


2008年7月30日、お客様と一緒に事務所全体で夜10時過ぎまで残業しました。
すっかりお腹を空かせた上司とお客様と共に、食事をしてから帰ることに。

時間が時間なので営業しているお店が少なく、日本テレビ通りをしばらくぶらぶらと歩いていましたが、上司がふらりと入っていったお店は、4月10日にランチで行った「炭火焼鳥 とりはん 麹町店」でした。

2008_0414画像0098

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの右側を5分ほど歩いたところのテシコ六番町ビルの半地下にお店があります。
このビルにはたくさんの飲食店があり、地下(半地下?)には「とりはん」のほか、2008年7月14日に行った「番町茶館(ばんちょうさかん)」があり、1階には2008年4月4日に行った「山・海・豚 旬処 みなみ」、2階には2008年11月20日に行った「中華料理 東天楼(とうてんろう)」が入っています。

2008_0414画像0096

こちらの鶏肉は「大山どり」という銘柄だそうです。
最近は、地鶏やら銘柄鶏やら、いろいろなブランド鶏があって覚えるのが大変ですが、「大山どり」はよく目にします。

2008_0414画像0095

入口の右手にあるこの鶏さんたち、何やらシュールな佇まいで、ちょっと不思議な雰囲気。

2008_0803画像0118
店内は縦に長いカウンターがのびていて、一番奥にテーブル席が2つありました。
とてもオシャレな内装で、照明のトーンも一段落としてあります。
私たちはカウンターの中程、店主が炭火焼きを作っているすぐそばに着席しました。
時間が時間なので、さすがに店内にはあまりお客さんはいらっしゃいませんでした。

2008_0803画像0119
夏の暑い時期だったので、レバ刺しと砂肝刺しは食べられないとのこと。
鶏刺しをこよなく愛する私にはとてもショック。
お肉の刺身は全く食べることの出来ない我らが上司におねだりするつもりだったのに(笑)。

2008_0803画像0148
カウンターの上には、その日のオススメ食材がディスプレイされています。
夜遅い入店だったので、ほとんどなくなっていて残念。生とうもろこしが食べたかったです。

2008_0803画像0147
厨房の奥の壁には焼酎などがズラリ。
この記事を書きながら改めて写真を見たら、私の大好きな「海」を発見。飲みたかった~。

2008_0803画像0144
お通しは、アンチョビソースをかけた蒸し鶏と枝豆のディップで、かなり手が込んでいました。
枝豆のディップは舌触りが滑らかで枝豆の風味がとても濃くて美味しかったです。


生ビール 熟撰  (580円)
2008_0803画像0146
写真を撮る前に一口飲んじゃいました(汗)。久しぶりにやってしまった。
でも、残業後の生ビールはうまい!


大山どり炭火串焼き 10串盛り合わせ (2,300円)
2008_0803画像0157
お料理の注文は全て上司が仕切っていて、先輩と私には選択権はありません(笑)。
10串の盛り合わせですが、まずはお肉を中心とした焼き立ての5本が出てきました。

2008_0803画像0152
とても大きな手羽先(塩)でした。

2008_0803画像0153
ねぎま(塩)です。
個人的にねぎまよりも正肉を注文しちゃうので、ねぎまは滅多に食べません。

2008_0803画像0154
せせり(塩)です。
うまみがあって、個人的に大好きなパーツです。お店にあったら、必ず注文します。

2008_0803画像0155
レバーとつくねはタレでいただきました。
レバーを噛み締めるとトロリとしていて、美味しい。

2008_0803画像0160
焼き鳥の5串セットは先輩と分けて食べたので、食べやすいように串からはずしちゃいました。


鶏から揚げ  (520円)
2008_0803画像0158
美味しい大山どり、焼き鳥だけでなくから揚げでもいただきました。

2008_0803画像0159
ピンぼけしちゃいました(泣)が、こちらはから揚げ用のタレです。

2008_0803画像0162
サクッとふんわり揚げてあるから揚げをさっぱり味のタレをつけていただきました。


生ビール 熟撰  (580円)
2008_0803画像0150
生ビールをおかわり。
今度はちゃんと写真を撮りました(笑)。


大山どり炭火串焼き 10串盛り合わせ (2,300円)の続き
2008_0803画像0163
さらに5串の串焼きが焼き上がったので出てきました。
今度は鶏肉だけでなく、野菜の串も入っています。

2008_0803画像0164
かわ(塩)です。
カリカリした歯応えが楽しい。

2008_0803画像0165
ささみ梅じそです。

2008_0803画像0166
砂肝(塩)です。
程よい歯応えでした。

2008_0803画像0167
シシトウは5本ついていて、とても鮮やかな緑色。さっぱりします。

2008_0803画像0168
大きくて肉厚のシイタケは、じゅわっと汁が出てきてとっても美味しかった~。


焼きおにぎり (350円)
2008_0803画像0170
食事の締めに焼きおにぎりをいただきました。
表面が香ばしくパリパリに焼かれていて美味しかったですが、11時過ぎにこんなに食べてしまって体重的にはどうかなーと、かなり心配でした(笑)。


この日一緒に食事をしたお客様は、食べ物の好き嫌いがとても激しく、野菜やお魚はほとんどダメでお肉はしっかり焼いたものが好き、大好物はマックで、そもそも基本的には食べることが面倒くさいという、私とは対極の位置ににあるような方でした(笑)。

この日のお会計は、4人でお酒2杯ずつぐらい飲んで12,860円でした。
ごちそうさまでした!


夜のメニューはこちら↓です。
2008_0803画像0121

2008_0803画像0122

2008_0803画像0123

2008_0803画像0125

2008_0803画像0126

2008_0803画像0127

2008_0803画像0128

2008_0803画像0129

2008_0803画像0130

2008_0803画像0131

2008_0803画像0132

2008_0803画像0133

2008_0803画像0134

2008_0803画像0135

2008_0803画像0136

2008_0803画像0138

2008_0803画像0139

2008_0803画像0140

2008_0803画像0142


2008年7月30日訪問時お店DATA
****************************
炭火焼鳥 とりはん 麹町店
〒102-0084 
東京都千代田区六番町3-11 テシコ六番町ビル1F
TEL&FAX 03-6906-6731
営業時間
[昼] 月~金 11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜] 月~土 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 日・祝
地下鉄麹町駅 徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩5分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/02/13 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店  @四谷/四谷三丁目
ようやくですが、今日から2008年12月のランチをレポートします(汗)。

12月1日のランチは、午前中出かけていた上司がお昼ギリギリに戻ってくること、午後1時からお客様が来ることが決まっていました。先輩と相談し、久しぶりに「お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店」のお弁当を食べようという話になりました。
そこで、先手を打って上司にメールを送り、ランチで何を食べたいのか、「シローズ」を筆頭に幾つか店名をあげて聞いたところ、(考えるのが面倒だから)一番上に書いた店名を指定してきました。目論見通りです(笑)。
電話で注文したときに名前を伝えたところ、名前を覚えていただいているようで、お店の方からとても丁寧に「いつもありがとうございます。」と言われ、そんなにしょちゅう注文しているわけでもなかったので、とてもうれしかったです。
前回「シローズ」お弁当を食べたのは10月8日だったので、約2ヶ月ぶりです。

2008_0907画像0044
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に進み、三つ目の交差点を越えた左側にある岡本ビルの1階にお店があります。

もともとはJR・地下鉄四ッ谷駅の道路を挟んで向かい側にあったグリーンマートという建物の地下に入っていましたが、グリーンマートの閉鎖に伴い、2008年7月8日から現在の場所に移転しています。
移転先は四谷三丁目寄りの立地なので私の事務所からは遠くなってしまい、専ら出前をお願いしています。

2008_0907画像0043
新宿通りにこちらの看板が出ています。
岡本ビルには他にも幾つかのテナントが入っていて、ビルの構造上、「シローズ」のお店がある場所が少しわかりにくいです。

2008_0907画像0045
1階の一番奥に「シローズ」の店舗がありました。
余裕があるつくりとでもいうのか、お店の手前はガランとしただだっ広いスペースがあります。

2008_0907画像0046
リニューアルオープンしただけあって、お店そのものはとってもキレイに改装されています。

2008_1205画像0021
お肉大好きな上司からはどういう内容のお弁当が食べたいという指定はなかったのと、この日は自分が夜遅くまで残業するつもりだったので、どれを選択されても良いように、がっつり系メニューを3種類注文しました(笑)。

事務所にマイ箸を常備しているのに、電話注文のときに「割り箸はいりません。」と伝えるのを、またもや、忘れちゃいました(汗)。

2008_1205画像0022
11時15分過ぎに注文したところ、12時ちょっとに持ってきていただけました。


日替り焼肉&カニクリームコロッケ弁当 (750円)
2008_1205画像0023
結局、私が密かに食べようと思って注文した「ハンバーグ&カニクリームコロッケ弁当」は上司にとられてしまった(笑)ので、「日替り焼肉&カニクリームコロッケ弁当」をいただくことにしました。

2008_1205画像0026

2008_1205画像0028
カニクリームコロッケは、まったりとした口当たりのクリームがほんのり甘いです。
薄切りのレモンを搾ってソースをかけていただきました。
添えられたスパゲッティはちょっと酸味のあるトマトソースでさっぱりとしています。

2008_1205画像0029
豚の生姜焼きはお肉のボリュームがかなりたっぷりとあって食べ応え充分。
ちょっと濃いめの味付けでご飯が進みます。下にはもやしが敷かれていました。

2008_1205画像0030
お新香はタクアンです。
千切りキャベツにはフレンチドレッシングがついていました。

2008_1205画像0031
ご飯には黒ごまがふりかけてあり、ボリュームもそこそこあります。


相変わらずのボリュームで、この日は夕方の5時になってもおなかが空きませんでした(笑)。
さすがシローズのがっつり系メニューです。


◆◇◆◇◆ 目指せ!全メニュー制覇 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おろしロースカツ弁当(2007年10月1日
ヒレかつ弁当(2007年9月6日
手ごねハンバーグ弁当(2008年5月29日
鶏唐揚弁当(2008年2月19日
わかめご飯弁当(2008年2月1日
ヒレカツカレー(2007年7月18日
のりから明太子弁当(2007年10月10日
ハンバーグカレー(2007年12月19日
和風幕の内弁当(2008年7月25日
洋風幕の内弁当(2008年1月11日
ハンバーグ・唐揚弁当(2007年8月2日
唐揚・エビフライ弁当(2007年11月12日
焼肉・カニクリームコロッケ弁当(2007年10月25日
そぼろ弁当(2008年1月16日
お好み弁当(2007年9月10日
ハンバーグ&カニクリームコロッケ弁当
日替り焼肉&鳥唐弁当
日替り焼肉&カニクリームコロッケ弁当(2008年12月1日
わかめご飯弁当(2008年2月1日
ビーフカレー
コロッケカレー(2008年10月1日
白身魚フライカレー

~日替わり弁当~
日替り弁当(2008年4月14日
日替りお魚弁当(2008年10月8日
日替り焼肉弁当(2008年4月23日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2008_1205画像0032
もうなんの役にも立ちませんが、この週のメニュー表です。
お持ち帰りで600円以上のお弁当を買うと50円引きになるというサービスがありますが、店舗が遠くなって買いに行けなくなってしまったので、とっても残念!

2008_1205画像0033
1週間分の日替わりメニューをのせたチラシには、以前いただいていた宅配&お持ち帰りメニューのほかに、おかずの組み合わせが違うなどの新しいメニューもちらほらあります。
全メニュー制覇までもう少し!

2008_1205画像0034
二人分の出前をお願いすることもあるので、配達をしてくれる合計金額が1100円以上とお安めな設定はとても助かります。


移転前にいただいているメニューです↓
メニュー7

メニュー6

メニュー5

メニュー4

メニュー3

メニュー2

メニュー1



2008年12月1日宅配時お店DATA
****************************
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-8 岡本ビル1階
TEL&FAX 03-3226-0407
営業時間 9:00~18:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/12 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
Bistro a vin Le Fleur  @市ヶ谷
2008_1128画像0130
11月28日のランチは、金曜日だし、上司が不在だったので、ちょっと華やかで美味しいものを食べに行きましょう!という話になり、久しぶりに市ヶ谷にある「Bistro a vin Le Fleur (ル・フルール)」へ行ってみました。
初めて訪問したのが2008年7月8日だったので、約4ヶ月ぶりです。

2008_0712画像0141
JR市ヶ谷駅を出て左に行ってお堀の橋を越え、外堀通りの交差点を渡り、右に進みます。
モスバーガーのある角を左に曲がって小さな路地に入り、すぐ右側にあるATビルという小さなビルの地下1階です。

2008_1128画像0134
道路に出ている看板に、ランチメニューが出ています。
ランチはパスタ3種類とスープ1種類で合計4種類あります。
サラダ、お替わり自由のパン、ドリンクが付いて1000円です。

2008_1128画像0135
ランチメニューの看板の裏側に、夜のメニューが少し出ています。
お値段はまあまあお手頃です。フォアグラエッグと生ウニのプリンがすごく気になります。

2008_0712画像0143
シンプルで落ち着いたデザインがステキです。

2008_0712画像0138
こちらのお店は2008年6月10日午後5時30分のオープンなので、まだ開店して約半年です。

2008_0712画像0140
地下一階にあるお店には、細い階段を下りていきます。
踊り場が多くて何度も折れ曲がってぐるぐると降りていくのでちょっと不安になりますが、階段そのものはキレイに改装されています。

2008_0712画像0114
店内は、右手がオープンキッチンのカウンターで6人程座れます。

2008_1128画像0113
左手はテーブル席が幾つかあって、とてもこぢんまりとした空間です。
全体的にシンプルですっきりとしたインテリアです。

2008_1128画像0116
カウンターの奥には、生ハムが置かれています。
うーん、食べたい!

2008_1128画像0115
この日は小雨が降っていたので、もしかしたらお客さんの出足が鈍いかも、と期待しつつ、12時ジャストに事務所を出てお店に向かいました。

2008_1128画像0118
季節柄、忘年会や新年会向けのコースメニューが出ていました。

2008_0712画像0116
こちらは前回来たときに座ったカウンター席です。
フロア担当の女性が一人、男性シェフ、シェフ兼フロアの若い男性の3人がいらっしゃいます。

2008_1128画像0112
二人席を寄せた4人席のところが空いていたので、テーブルを少しずらして分離して座ることが出来ました。前回と同じく、この日も私たちでちょうど満席。良かった!

2008_1128画像0117
本日のパスタC「4種お肉のペンネボロネーゼ」と本日の具だくさんなスープ「7種の野菜と大山鶏のミネストローネ」は前回来たときと同じでした。 
セットのドリンクは、コーヒーはアイスとホットが選べますが、紅茶はホットのみです。

2008_1128画像0119
まず、サラダとパンがワンプレートで出てきます。

2008_1128画像0121
サラダは葉物とラディッシュの薄切りにゆで卵入りドレッシングがかかっています。
こちらのドレッシング、カレー風味がプラスされているゆで卵のおかげでとてもコクがあり、しっかりとした味付けで、相変わらずとても美味しかったです♪ 

2008_1128画像0122
パンは温められていて、皮の部分は固いですが中はふんわり。口当たりがとても軽いパンです。
美味しくって、ゆで卵ドレッシングをつけて一個目を平らげちゃいました。


本日のパスタ A スパゲッティカルボナーラ (1,000円)
2008_1128画像0126
前回食べてとても美味しかったボロネーゼがこの日もありましたが、せっかくなので違うメニューが食べたいと思い、カルボナーラを注文。
食べ物の好みと思考回路がほとんど一緒の先輩も、やはり同じメニューを注文(笑)。

2008_1128画像0124
ソースがつやつやと光っていてクリーミーな見た目はとっても美味しそう!

2008_1128画像0125
ベーコンは小さくカットされていますが、お肉の味がすごくします。

2008_1128画像0127
塩味がそれほど強い訳ではないのですが、クリームが濃厚でこってり・どっしりした味わいで、とっても美味しいです。

2008_1128画像0128
粗く挽いた黒胡椒もピリッときいて、存在感のあるアクセントになっていました。

2008_1128画像0129
お店の方から「パンのおかわりはいかがですか?」と聞かれ、お願いしたところ、しばらく待たされました。パンを温めているのかなーと思ったのですが、それにしてもなかなか来ない。
一個目のパンはサラダで食べてしまい、カルボナーラの残ったソースでパンを食べたかった私は、お店の方に「あの~」と聞いてみたところ、思い出していただけました(笑)。

パンは、最初のものに比べ、温めてあるというよりもちょっと焼いてあり、皮は香ばしくカリカリでさらに軽い口当たりになり、これはこれで美味しかったです。
カルボナーラのソースをたっぷりと付けていただき、完食!

2008_1128画像0133
コーヒー党の私ですが、この日は朝から既に3杯以上飲んでいたのでさすがにまずいと思い、セットのドリンクはホットティーをお願いしました。

2008_1128画像0131
先輩はホットコーヒーをチョイス。


麺のボリュームもそこそこあるのでおなかにたまり、美味しくて大満足です。
ランチメニューはそれほどたくさんの種類から選べるわけではありませんが、いろいろと食べてみたいですし、何より、夜にぜひとも訪問してみたいです。


~・~ これまでの訪問記 ~・~

4種お肉のペンネボロネーゼ (2008年7月8日
スパゲッティカルボナーラ   (2008年11月28日


2008年11月28日訪問時お店DATA
******************************
Bistro a vin Le Fleur (ル・フルール)
〒162-0843 東京都新宿区市ヶ谷田町1丁目1番地 ATビルB1
TEL&FAX  03-3260-3574
営業時間
[月~金] 11:30~14:00 L.O.
[月~土] 17:30~23:00 L.O.
定休日 日・祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/10 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(3) |
番町 松月庵  @麹町
11月27日のランチは、午後から来客を予定していたので、すぐにお料理を配達してくれる「番町 松月庵(しょうげつあん)」の出前をお願いしました。
前回食べたのは11月19日だったので、1週間ぶりになります。

2008_1128画像0060
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんも、皆さんとても感じの良い方ばかりです。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

2008_1128画像0070
こちらのお店でいただくお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備しているので、利用するのは上司だけ。
出前の時にお箸いりませんと言うのをいつも忘れてしまい(汗)、器と一緒に返却しています。


カレー丼 (940円)
2008_1128画像0064
前回食べた汁そばがのびのびだったので、今回は久しぶりにご飯ものにチャレンジ。
丼はそれほど大きくありませんが、カレーははみ出そうなぐらいたっぷりのっています。

紙

お新香にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_1128画像0066
タクアンと白菜の2種類のお新香です。

2008_1128画像0069
豚こま肉でしょうか、お肉もそこそこ入っています。

2008_1128画像0067
カレーはピリ辛ぐらいの辛さで、それ程スパイシーでもなく、食べやすかったです。
ボリュームは普通です。


カツ丼 (840円)
2008_1128画像0061
先輩も同じくご飯ものを注文。

2008_1128画像0063
とんかつをこよなく愛する上司がよく注文するこちらのカツ丼。
器はそれ程大きくないのでご飯の量はそんなに多くないようですが、カツは普通に美味しかったとのことです。


お値段が安めなせいか、ご飯ものはお蕎麦に比べるとそれほどボリュームがなかったです。
それにしても、先輩のカツ丼が840円で私のカレー丼が940円という値付けはやや不思議。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
(そば、うどん)
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日
(特製品)
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
(季節物)
  冷しおろし    (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろし(2008年3月25日) 
  冷しカレーせいろ(2008年9月10日
  冷し山菜     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナ   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日
(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
(セット物)
  親子丼セット(もりそば)(2008年3月13日
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2008年11月27日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (ばんちょう しょうげつあん)
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00-21:00
[土]   11:00-19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/09 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 焼酎DINING おかわり屋 四ッ谷店  @四谷
2012年2月21日追記

「おかわり屋」は2011年9月16日に閉店したそうです。
その後、2011年11月21日に「やきとり 宮川 四ッ谷」がオープン。

DSCF5682_20120203230710.jpg
ディナー営業開始から2ヶ月後にランチ営業が始まったので、2012年1月31日に訪問しました

***************************************2011年11月15日追記

DSCF1345_20111114085240.jpg
2011年10月7日、「おかわり屋」の前を通りかかったら、新しいお店の工事をしていました。
その少し前の2011年8月25日にランチ訪問していたのでビックリ。

DSCF1346_20111114085240.jpg
お店のメニューやイメージを一新し、お魚を全面に押し出すスタイルに変えていたのですが、うまくいかなかったのでしょうか。
その時ぜひ食べてみたいメニューがあったので、本当に残念です。

************************************

11月25日、ふと時計を見上げたら、既に12時過ぎ。ビックリして上司に「ご飯どうしますか。」と尋ねたら、しばらくうなり続け、出てきた回答は「カレー。」。。。
「番町 松月庵(しょうげつあん)」や「俵屋(たわらや)」でもカレーをお願いできますが、もっと面白そうなカレーはないですかね、と先輩と相談。
市ヶ谷にある「鮮」のカレーがまだ未食だったので候補に出てきたのですが、こちらは前回買いに行った時、12時過ぎ行ったにもかかわらず既に売り切れだったので、まずはお店に電話をかけてみたら、12時15分近くで一番忙しい時間帯だったせいか、電話はコールが鳴りっぱなしでした。残念。
「焼酎DINING おかわり屋(おかわりや) 四ッ谷店」にカレーがあることを先輩がを思い出し、買いに行ってくれました。

鈴木さん2
JR四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの左奥を少し入ったところにお店があります。
「Restaurant f」が入っている主婦会館の隣のビルになります。
こちらの写真は先輩が撮ってきてくれました。

2008_0425画像0024

こちらの鳳翔ビルはそれ程大きくありませんが、飲食店がたくさん入っています。

2008_0425画像0036

大手の居酒屋チェーンの「和民」や「千年の宴」が入っていますが、このビルでランチにお弁当が買えるのは「おかわり屋」だけです。

CIMG0803_convert_20090201190820.jpg
お弁当は日替わりで3種類あり、全て600円とリーズナブルです。
メインがお魚とお肉の2種類あり、写真が添えられていて、とてもわかりやすいです。

鈴木さん
本日のお弁当のほかに、「インド人もびっくりの本格インドカレー弁当」(500円)があります。

CIMG0808_convert_20090201190634.jpg
まだ来たことはありませんが、店内でもランチをいただけます。
こだわり定食は、メインを2種類選んで800円となかなかリーズナブル。
ご飯はおかわり自由です。
他にもうどんなどの単品メニューがあります。

_$BF~$j8}!_._(J
こちらは夜のメニューです。
店名だけだと、どのようなジャンルのお店かよくわかりませんが、夜はイベリコ豚やHARTLANDビールが楽しめるようです。美味しそう♪

2008_1128画像0002
こちらのお店は、お弁当用の窓口を別に設けていないので、入口のお弁当の看板を見てメニューを決め、中に入ってお店の方に注文します。

お店のランチが混み合っていて、お弁当組は少々待たされ気味だったそうなので、メニューがわかるなら、あるいは決まっているなら先に電話を入れた方がいいかなと思いました。


本日のお弁当 A:豚の生姜焼き&焼魚 鮭 (600円)
2008_1128画像0005
私は前回カレーを食べたので、今回はお弁当をいただきました。

2008_1128画像0006
ご飯にはゴマがふりかけてあります。ボリュームは普通。

2008_1128画像0007
焼き鮭はあまり固くなく、大根おろしと大きめのレモンが添えられていて、とてもさっぱりといただくことができました。

2008_1128画像0008
青菜のおひたしは淡い味付けでさっぱりとしていました。
タクアンは少し甘めでしたが塩加減はちょうど良かったです。

・・・それにしても、上にあるマヨネーズはどのお料理に合わせるものなのでしょう??

2008_1128画像0009
たっぷりの豚肉の生姜焼きの横に、お総菜が幾つか添えられています。

2008_1128画像0010
焼肉はバラ肉でしょうか、脂のある部分で、味付けがしっかりとしていてお肉も柔らかくて美味しかったのですが、作り終えてから時間が経っているからか、温度が低いからか、お肉から出てきた脂がお弁当箱の底に白く固まっていました。
お肉の下にはキャベツの千切りが敷かれています。

2008_1128画像0011
ひじきとおからの煮物はかなり甘みがきかせてあり、私には少々辛かったです。
小ぶりの卵焼きは、ほんのりとした甘みで固めに焼かれていて美味しかったです。


Take Out Curry Box カレー弁当 (500円)
2008_1128画像0001
先輩も上司と一緒にカレーを食べました。

2008_1128画像0003
カレーはその日によって具材が多少変わっている気がします。

2008_1128画像0004
たくさんのスパイスをきかせた本格カレー、上司も先輩も美味しくいただきました。


お肉の脂が凝り固まってしまっていたのはやや残念でしたが、600円というお値段で美味しくてボリュームもあり、満足しました。事務所からとても近いばしょにあるので、ぜひ一度、店内のランチに行きたいです。


2008年11月25日購入時お店DATA
***********************************
焼酎DINING おかわり屋 四ッ谷店
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3239-0477
営業時間
[平日] 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:30) 
[土祝] 17:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 日(月曜日が祝日の場合は日曜は営業)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/06 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
スペイン料理&バル MESON CERVANTES  @麹町/市ヶ谷
11月20日に「中華料理 東天楼」に行った帰り、たまには裏道を通ってみましょうとぶらぶらしていたら、偶然セルバンテス文化センターの中に「スペイン料理&バル MESON CERVANTES(メゾン・セルバンテス)」というお店を発見。次の日にでも行きたかったのですが、上司が不在のランチの日がなかなかなく、11月26日になってようやく行くチャンスができました。

2008_1128画像0059
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、二つめの交差点を右に曲がり、すぐ右手にこちらの建物があります。

2008_1128画像0058
セルバンテス文化センターとは、1991年に設立された国営の組織で、スペイン語の振興と教育、スペイン及びスペイン語圏文化の普及に努めているとのことです。四大陸に70以上の支部があり、2007年9月から業務を開始したこちらの東京支部は最大規模だそうです。
余談ですが、私の大学時代の友人で、ここにスペイン語を習いに来ている人がいます。

2008_1128画像0056
昨年10月から、こちらのビルの最上階である7階に「メゾン・セルバンテス」がオープンしました。

2008_1128画像0057
メニューの文字が潰れ気味で、見えにくくてすみません(汗)。
建物の入口近く、ディナーメニューの上にランチメニューが重ねて置いてあります。

2008_1128画像0055
ランチメニューは全部で4種類あり、1,000円から2,200円とややお高めな設定です。

2008_1128画像0054
真新しいビルに入ると、中の壁が鮮やかな黄色と赤になっていました。
さすがスペイン!華やかでとってもオシャレです。

2008_1128画像0052
受付の男性からから「どちらにご用ですか。」と聞かれ、レストランに行きたいと伝えたら、7階になります、と教えていただきました。
とてもスペインとは思えない(笑)、親切丁寧な対応に驚きでした。

2008_1128画像0053
エレベーター脇のフロア表示では、「カフェテリア」と記載されています。

2008_1128画像0045
エレベーターを降りると、お店の入口がありました。

2008_1128画像0044
扉の前のちょっとしたスペースにはいろいろと飾られています。

2008_1128画像0049
スペインのワインかな?

2008_1128画像0048
あちこちに唐辛子らしき赤い房が飾られていますが、そんなにお料理に使うのかな?
それとも、パプリカみたいなもの??

2008_1128画像0046
入口にもメニューが出ていました。

2008_1128画像0050
こちらの方がもうちょっと見やすいでしょうか。

2008_1128画像0051
あまり変わらないかな(汗)。

2008_1128画像0012
お店は広くて天井が高く、大きな窓に囲まれているのでとても明るいです。

2008_1128画像0013
これは、、、ゴヤかな? 無教養ですんません(汗)。

2008_1128画像0043
入口からすぐ左には、ちょっと個室っぽく区切られたテーブル席があります。

2008_1128画像0018
右側はカウンターバーになっていて、生ハムが塊で置かれています。

2008_1128画像0042
私たちが入店した時はまだあまり人が入っていませんでしたが、ちょうど窓際の席は全て埋まってしまっていて、とっても残念! その後、ほぼ満席になりました。
文化を広めるという役割だからか、インテリアの製品がどれもこれもとてもオシャレで、自分の家で使いたいようなものがたくさん。こちらのイスも色違いのビロードがとってもかわいい。

2008_1128画像0014
お水はワイングラスで出てきます。うーん、飲みたくなってしまいます(笑)。
周囲を見渡しましたが、さすがにホントにワインをいただいている人はいませんでした。

2008_1128画像0016
テーブルの上にスペイン産のオリーブオイルを発見。

2008_1128画像0017
この日は残念ながら使うのを忘れちゃいました。
店員さんのサービスがとても親切できびきびしていて、あまりスペインらしくありません(笑)。
もちろん、日本人なんですけど。

せっかくなので奮発して、サラダ、スープ、パエリア、メイン、プチデザートをいただける、「Menu C(1,500円)」をチョイス。

2008_1128画像0021
まずはスープの登場です。
写真だとわかりにくいですが、まるでアラカルトでスープを注文したかのようなサイズです。

2008_1128画像0022
スープ皿は鮮やかな青いデザインでとってもステキ。

2008_1128画像0023
大きなお皿になみなみとつがれたコンソメスープには、よく煮込まれた白菜、タマネギ、ベーコンが入っていて、しっかりとした味つけです。

2008_1128画像0024
次は野菜サラダが出てきました。
葉物だけではなく、スパニッシュオムレツが2切れ添えられています。

2008_1128画像0027
ドレッシングはとても香りの良いオリーブオイルにビネガーを加えただけのような、酸味が鮮やかでシンプルなお味でした。とても好みです。

2008_1128画像0026
スパニッシュオムレツの中にはジャガイモがたっぷりと入っていて、全体的にぎゅっと固く引き締まっていて重量感のある味でした。サラダなのにおなかにたまります。

2008_1128画像0033
写真を撮っていたせいもありますが、ようやくスープが食べ終わるかどうかというところでパエリアが出てきてしまいました。どれもお皿が大きく、二人用のテーブルの上にのせきれないので、慌ててスープを飲み終えたら、今度はメインも登場(汗)。

2008_1128画像0034
鮮やかな黄色に染められたパエリアには一切れのレモンが添えられ、ベビーホタテ、エビ、イカ、あさりなどのシーフードがたっぷりと入っています。

2008_1128画像0036
ご飯を口に運ぶと、潮の香りがたっぷりと染みわたっていて美味しい。
お米がちょっと芯が少し残るぐらい固さに炊かれていたら、より好みかも。


豚バラ肉と野菜の煮込み
2008_1128画像0031
メインとしてこちらをチョイスしてみました。
平たいお皿に煮込まれたお肉と野菜が盛り合わせてあるのかと思いきや、陶器の器の中に豚肉や野菜が煮込まれたスープごとたっぷりと入っていました。

2008_1128画像0037
薄茶色のスープの中には細長くカットされた豚バラ肉やベーコンのほか、エリンギ、マイタケ、シメジ、大豆、ニンジン、サヤエンドウなどが入っています。

2008_1128画像0038
見た目が地味な色合いですが、いろいろな旨みが混ざり合い、しっかりとした塩気と味わいがあっていて、とっても美味しい。このメニューはすごく気に入りました。

2008_1128画像0039
小さく見える器ですが、具だくさんでボリュームたっぷり!


鳥ムネ肉のソテー ゴマとシェリーヴィネガーソース 
2008_1128画像0028
先輩はこちらのメインをチョイス。

2008_1128画像0029
胸肉なので、少々固めですが、たっぷりのお肉です。
ゴマの風味にビネガーとトマトの酸味がとても合っていて、美味しかったそうです。

2008_1128画像0030
お肉の下にはラタトゥイのような、野菜のトマト煮が敷き詰められています。

2008_1128画像0041
プチデザートはチョコレートケーキでした。因みに、飲み物は別オーダーになります。

2008_1128画像0040
チョコレートはチョコの濃厚さとほんのりとした苦みがあって、とても美味しかった~。
お店の方のお話しでは、以前はこの倍の大きさを出していたそうですが、残してしまう方が多かったので少なくしたとのことです。甘いものが苦手な私でも倍量はオッケーだと思いましたが、それだとコーヒーが絶対欲しくなっちゃうかな。


お料理は美味しくてボリュームたっぷり、驚きのコストパフォーマンスです。
おなか一杯なので、シェスタ!といきたいところですが、残念、ここは日本なので昼休みは1時間しかありません(笑)。
お料理が出て来るのもそれ程遅くなかったので、次回はぜひとも2,200円のランチコースにチャレンジしてみたいです。

隣の席の方は忘年会で利用するようで、ランチを食べながら忘年会メニューをチェックし、帰りがけに予約を入れていました。夜もお値段がそれ程高くなく、お店もキレイだし、席によっては夜景も見られるし、楽しい忘年会になりそうでうらやましいなーと思っていたのですが、実は、今月末にちょっとした食事会があり、こちらのお店に来ることになりました。今からとっても楽しみです♪


2008年11月25日訪問時お店DATA
********************************
スペイン料理&バル MESON CERVANTES (メゾン・セルバンテス)
〒102-0085 東京都千代田区六番町2-9 セルバンテスビル7F
電話 03-5210-2990
FAX 03-5210-2977
営業時間 
[カフェタイム]   10:30~17:00
[レストランタイム] 17:00~22:30
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/05 09:00】 | スペイン | トラックバック(0) | コメント(6) |
【 閉店 】 焼酎・炭火焼き 六蔵  @四谷
2010年6月29日追記

 「六蔵」は相変わらずシャッターが閉まったままですが、
 系列店で、2010年に入ってから休業していた「蔵や」は、
 4月になってから改装工事を終え、リニューアルオープンしました。

**************************************

2010_0129画像0040

2010年2月8日追記

2010年になってしんみち通りを歩いていたら、お店がなくなっていました。
特に貼り紙とかもなかったので、改装などではなさそうです。
姉妹店で三栄通りにあった「蔵や」も同じくなくなっていたので、運営会社そのものが倒産してしまったのでしょうか。
突然のことだったので、ビックリしました。

**************************************

11月21日は、上司が午前中外に出かけていて、ちょうどお昼頃に戻る予定だったので、外でランチを食べよう、そのお店で落ち合おうという話になりました。
四谷に戻ってきた上司が指定したお店は「焼酎・炭火焼き 六蔵(ろくぞう)」でした。
2008年3月17日の夜にお邪魔したことはありましたが、ランチは初めてです。

こちらのお店は三栄通りにある、2007年8月17日2007年12月17日2008年4月22日にランチで行った「十割そば・地酒 蔵や(くらや)」と姉妹店です。

お店

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、ちょっと行った右手にお店があります。
駅からはとても近く、お店が目立つのですぐにわかります。
こちらの写真は以前夜に行ったときのものです。

2008_1123画像0179
お店の入口には、とても写真が大きくてきれいなメニューが出ています。
間接照明まで照らされています。
定番のランチメニューは全部で5種類で、お値段は780円から980円となかなかお手頃です。

2008_1123画像0180
定番メニューのほかに、限定10食の本日の日替りランチ(900円)がありました。
この日は「豚生姜焼きと海老フライ」です。

2008_1123画像0182
夜のメニューのうち、今月のおすすめもきれいな写真で紹介されていました。

焼酎

しんみち通りにあるお店の中では店内が広くてテーブル席がたくさん並んでいます。
イマドキの内装が凝ったオシャレな和風居酒屋さんで、インテリア代わりに壁にはずらりと銘柄焼酎のボトルがディスプレイされています。

2008_1123画像0165
入って右手中程のテーブルに上司が座っていたので、無事、合流。
店内は約半分ぐらいの人の入りで、満席にはなりませんでした。

2008_1123画像0163
ランチには関係ないと思いつつ、プレミアムビールが置いてあるとなると、写真を撮らずにはいられません(笑)。ビールはアサヒ系を置いているようです。

2008_1123画像0166
まずはお冷やをいただきました。

2008_1123画像0161
テーブルにもランチメニューが置かれています。
定番メニューについては、食事の内容について、かなり詳しい内容が記載されています。

2008_1123画像0162
食事をした人は、ホット/アイスコーヒーを100円でいただくことが出来ます。

どれにしようかな~、と先輩とメニューをいろいろ検討していたら、上司が「日替わりが限定だったから、注文しておいたぞ!」とのたまい、二人とも唖然。まあ、美味しそうだからいいんですケド。。。


本日の日替りランチ 豚生姜焼きと海老フライ (900円)
2008_1123画像0168
上司が先に注文してくれたおかげ(笑)で、それ程待たずにお料理が出てきました。
豚生姜焼き、海老フライ、サラダ、小鉢、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。

2008_1123画像0178
「六蔵」のネームの入った割り箸です。
最近はマイ箸を持っていくようになったので、記念撮影だけして使いませんでした(笑)。

2008_1123画像0171
写真がピンぼけ気味で、すみません(汗)。
小鉢には煮物を少し盛られていましたが、メモがなくて、詳しいことは忘れてしまいました(汗)。

2008_1123画像0170
青菜の茎などのお新香は、ほんの少しでした。

2008_1123画像0172
お吸い物には小口切りの長ネギとゴマが入っています。

2008_1123画像0169
ご飯は普通盛りです。
上司が先に注文していたので、減らすことができず、、、(残念)。

2008_1123画像0173
メインのお皿にはタルタルソースがかけられた海老フライ2本に豚肉の生姜焼きとサラダが盛られていて、かなりゴージャスです。

2008_1123画像0176
写真が黄色くなってしまってすみません(汗)。
レタスや水菜など、わりあいたっぷりとしたボリュームで、ドレッシングがかかっていました。

2008_1123画像0174
豚肉の生姜焼きにはタマネギが入っていて、しっかりとした味付けでご飯が進みます。

2008_1123画像0175
海老フライは揚げたて熱々で、火傷しそうでした。
衣が香ばしく、細めの海老でしたが、しっかりと甘みが感じられて、美味しかったです。
歯応えが大好きで、しっかりとシッポまでいただきました。


インテリアにお金をかけているお店って、お料理的にはどうなんだろう?という疑問があったのですが、思いがけず(失礼!)美味しくてボリュームもたっぷりだったので、かなり満足しました。それもこれも、限定を注文しておいてくれた上司のおかげです(笑)。


夜のメニューです。 ↓
メニュー1


メニュー2


メニュー4


メニュー5


メニュー7


メニュー9


メニュー8


メニュー10


メニュー11


メニュー3



2008年11月21日訪問時お店DATA
****************************
焼酎・炭火焼き 六蔵  (ろくぞう)
〒 160-0004 
新宿区四谷1-4-2 綿半野ビル1F
TEL 03-3358-1330
営業時間 
[昼] 11:30~14:00(L.O.13:45)  
[夜] 17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/04 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 中華料理 東天楼  @麹町/市ヶ谷
2013年2月7日追記

「大福酒家」は2011年11月14日に閉店したそうです。

DSCF1468_20130126001343.jpg
跡地には、2012年3月上旬頃に「和風創作居酒屋 文ーAYA- 四ッ谷店」がオープンし、当初は夜営業のみでしたが、2012年12月頃からランチ営業を始めたので、2013年1月21日にランチ訪問しました。

***************************************

2008年11月20日に訪問した「中華料理 東天楼」は、2010年の夏以降に閉店したようです。

DSCF4543.jpg
その後、この場所には同じ中華料理の「広東料理 大福酒家」がオープンし、
2011年1月24日に訪問しました。

************************************

11月20日のランチは、この一週間で唯一上司がお昼時に不在の日だったので、先輩と外へ食べに出かけました。
このところ四谷方面にしょっちゅう行っていたので、麹町方面に行ってみることに。

2008_1123画像0159
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に5分ほど進むと、右手にやや古めかしい茶色い「テシコ六番町ビル」があります。
このビルの中にはたくさんの飲食店が入っていて、地下1階には、2008年4月10日に行った「炭火焼鳥 とりはん 麹町店」2008年7月14日に行った「番町茶館(ばんちょうさかん)」、1階には2008年4月4日に行った「山・海・豚 旬処 みなみ」があります。
こちらのビルの2階にある「中華料理 東天楼(とうてんろう)」に入ってみることにしました。

2008_1123画像0157
「東天楼」は、ネットなどを見てもあまり評判を聞いたことがなかったので、これまではなんとなく避けてしまっていましたが、この日は思い切って入ってみることにしました。
ビルの正面にある階段を上がると、左手に「山・海・豚 旬処 みなみ」があります。

2008_1123画像0156
こちらのビルは1階から上を対称の構造にしているため、1階から上に2階へ向かう階段は幅が半分になってしまってとても細く、しかも、傾斜がかなり急です。
外側からだとわかりにくい立地のせいか、階段を利用して派手にアピールしています(笑)。

2008_1123画像0155
2階の踊り場のすぐ左側にお店の入口がありました。
予想と違い、既に3、4人待っている人がいたのにはちょっとビックリ。
食べ終えて出る人がチラホラいたので、すぐに席が空くと思って並ぶことにしました。

2008_1123画像0153
古めかしいビルの中に入っていたのでてっきり老舗なのかと思っていましたが、実は開店からわずか5年のようで、午後3時以降だと5周年記念の感謝メニューがお安くいただけます。

2008_1123画像0152
細い階段からはイメージできない程店内は広く、円卓やテーブル席がたくさん並んでいました。
開店5周年とありましたが、残念ながらビルと同じくかなり古めかしい内装です(すみません。)

2008_1123画像0151
それでも、壁などに貼られているお料理の写真はとても大きくてキレイで、美味しそうです。
店内は背広軍団ばかりで、女性をほとんど見かけませんでした。

2008_1123画像0131
それ程待たずに、入口正面の奥にある壁際の円卓に着席。円卓なのでもちろん相席です。
円卓の上の回転するテーブル板には、温かいお茶と冷たいお茶の両方が準備されていました。
店内は喫煙オッケーです。

2008_1123画像0132
寒い日だったので、私は温かいお茶をいただきました。

2008_1123画像0129
ランチセットは全部で5種類あり、850円が3種類、1,000円が2種類です。
850円のランチセットにはライス、スープ、サラダ、デザート、漬物がついています。
こちらのセットにはプラス150円でハーフの担々麺をつけることが出来ます。
1,000円のランチセットは、スープではなく、ハーフの担々麺がつきます。
どうやらこちらのお店は、担々麺が名物メニューのようです。

2008_1123画像0158
ちなみに、この日の日替わりは「豚肉・分葱の黒胡椒炒」です。
お店の方からは直接聞かせてもらえましたが、店内では見当たらなかったです。。。

2008_1123画像0130
単品のメニューは8種類あり、すべて900円です。


麻婆春雨 ご飯少なめ (850円) + ハーフ担々麺 (150円)
2008_1123画像0135
麻婆春雨大好きなので、こちらのメニューを選択。もちろん、ハーフ担々麺付きで。
ボリュームとダイエットが心配なので、ご飯は少なめにしていただきました。
麻婆春雨、ハーフ担々麺、サラダ、ザーサイ、杏仁豆腐と、トレイにのりきらないぐらいのボリュームにビックリです。

2008_1123画像0134
サラダはキャベツのせんぎり、キュウリ、トマトとシンプルな組み合わせでした。

2008_1123画像0136
ご飯は少なめでお願いしました。

2008_1123画像0142
挽肉がたっぷり入った麻婆春雨は、お皿からこぼれ落ちそうなぐらいたっぷりと出てきました。
ピリ辛でしっかりとした味付けなので、ご飯ととても合います。

2008_1123画像0133
ハーフ担々麺のはずですが、かなりの大きさです。普通の担々麺の7割ぐらいあるのでは?

2008_1123画像0141
トッピングには挽肉とほうれん草がちゃんとのっています。

2008_1123画像0143
スープが光に反射してしまい、色がほとんどわからなくて、すみません(汗)。
スープはそれ程辛くはなく、ゴマの風味があってコクがあり、何故か酸味もあります。
個人的にはかなり好みの味でした。

2008_1123画像0145
麺は少し柔らかめでしたが、ハーフだと思えば、ボリュームたっぷりです。

2008_1123画像0137
デザートは、中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。

2008_1123画像0147
杏仁豆腐はさっぱりとした甘さで、つるんとしたのど越しでした。

2008_1123画像0148
食べ進めると、フルーツも結構入っていました。こちらはブドウ。

2008_1123画像0149
えーっと、メモが残っていないので不確かですが、パイナップルだったかな?

2008_1123画像0150
チェリーも入っていました。


日替わり 豚肉・分葱の黒胡椒炒 (ハーフ)担々麺付きセット ご飯少なめ (1,000円)
2008_1123画像0138
先輩は日替わりメニューのこちらを注文。

2008_1123画像0139
パッと見、青椒牛肉絲に見えますが、ピーマンではなく分葱です。
黒コショウがかなりきいたしっかりとした味付けで、美味しかったそうです。お肉がたっぷりと入っていてすごいボリュームだったとのこと。

席への案内と注文を取って下さった女性店員さんは、他の店員さんに比べて年齢が高く、ベテランらしい落ち着きがあったのでこちらのお店のマダムかと思うのですが、中華料理屋さんらしからぬ(笑)丁寧な接客と明るい笑顔でとても居心地が良かったです。


2008年11月20日訪問時お店DATA
*****************************
中華料理 東天楼 (とうてんろう)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町3-11 テシコ六番町ビル2F
TEL 03-3261-7755
営業時間 11:00~21:30(L.O)
定休日 日
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/03 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(5) |
番町 松月庵  @麹町
11月19日、ランチをどうするか上司に聞いたところ、とても寒い日だったせいか、「鍋焼きうどん!」という回答が返ってきたので、久しぶりに「番町 松月庵(しょうげつあん)」の出前をお願いしました。
前回食べたのは9月10日だったので、2ヶ月ぶりになります。
どんなに混雑した時間帯でもかなり早く届けてくださるこちらのお店にいつもお世話になっていますが、結構お久しぶりでした。

2008_1123画像0122
この日は12時15分ぐらいに注文したところ、12時40分頃には持ってきていただけたので、おなかペコペコで待っていたので、とても助かりました。
いつも出前を持ってきて下さる配達員さんは、とても感じの良いおじさまです。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

紙

薬味にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_1123画像0123
薬味は、ワサビ、小口切りの長ネギ、七味唐辛子の三種類がついています。


親子南蛮そば  (1,260円)
2008_1123画像0126
このところぐっと冷え込んできていたので、麺がのびちゃうとはわかっていましたが、温かな汁ソバが食べたくなり、親子南蛮なるものを注文してみました。
汁全体がふわふわの卵でとじられたようになっていて、上から見ただけだとわかりにくいですが、ところどころに鶏肉が入っています。
トッピングとして、ノリ、カマボコ、みつば、ユズが入っていました。

2008_1123画像0127
鶏胸肉は結構大きいカットが4つぐらい入っていて、それ程固くなかったです。
この日のスープは、いつもより薄味であっさりしていました。

2008_1123画像0128
麺はやはりのびていて、お箸で持ち上げていると途中でぷちぷち切れちゃったので、少し食べにくかったです。
ボリュームは普通です。あっさり食べられる分、ちょっと物足りない気もしました。


大もりそば  (630円)
2008_1123画像0124
前日たらふく中華料理を食べたので、先輩はあっさりメニューとしてもりそばを選択。
でも大盛りです(笑)。

2008_1123画像0125
大盛りだとどれくらいボリュームアップしているかな、と期待しましたが、ビジュアルではそれ程わかりませんでした。先輩に聞いてみたところ、結構ボリュームがあって、おなかいっぱいになったとのことです。


この日はどうしても温かいお汁が飲みたくて、麺がのびちゃっているのはわかっていて汁そばを注文したのですが、お目当てだった蕎麦つゆがいつもよりあっさり目だったのがとっても残念でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
(そば、うどん)
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日
(特製品)
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
(季節物)
  冷しおろし    (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろし(2008年3月25日) 
  冷しカレーせいろ(2008年9月10日
  冷し山菜     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナ   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日
(セット物)
  親子丼セット(もりそば)(2008年3月13日
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2008年11月19日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (ばんちょう しょうげつあん)
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00-21:00
[土]   11:00-19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/02/02 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる