【閉店】 KOREAN DINING 長寿韓酒房 四ッ谷店  @四谷
2015年5月25日追記

長寿韓酒房」は2014年12月26日に閉店しました。
ビルの建て替えが噂されているためか、跡地はそのままになっています。

********************************

2009_0327画像0068
3月27日は金曜日だったので、新店訪問もしたかったのですが、この週はほとんど外へ食べに出ていなかったし、週の最後は美味しいランチで締めくくりたい思い、久しぶりに「KOREAN DINING 長寿韓酒房(ちょうじゅかんしゅぼう) 四ッ谷店」へ行きました。
前回訪問したのが2007年9月26日だったので、なんと約1年半ぶりの再訪です。

入口

JR四ッ谷駅の麹町口を出て正面の交差点を渡るとスクワール麹町というビルがあり、その次にあるのが麹町東急ビルで、このビルの地下一階はレストラン街になっています。
道路には写真のような細長い看板が出ていて、メニューとチラシが置いてあります。

2009_0327画像0094
階段を降りて少し進むと、大きなランチタイムメニューが出ています。

2009_0327画像0093
麹町東急ビルの地下飲食店街には、
2007年6月25日に訪問した「中国家常菜 麻辣房(まーらーふぁん)」と、
2008年7月28日に訪問した「ビア・チムニー 四ッ谷店」のほか、
とんかつ屋さんが入っています。

こちらのスペースには「中国家常菜 麻辣房」がありましたが、2008年夏頃に閉店して以来、ずっとこのままになっていて、新しいお店も入らないのがとても悲しいです。
駅近過ぎてビルも結構古めなのに、お家賃が高いのでしょうか。
お昼時なのにあまり人の往来がなく、階段脇の広告スペースも空っぽで、このままでは新店どころかほかのお店も撤退してしまうのではないかと、とても不安です。

2009_0327画像0092
フロアの一番奥に、華やかな「長寿韓酒房」の店舗が出てきます。

こちらのお店は、株式会社イーケーシーという会社が運営していて、四ッ谷店のほか、銀座、大宮、仙台に支店があります。

2009_0327画像0091
周囲の店舗とは全く違うオシャレな雰囲気を醸し出しています。

2009_0327画像0090
このお店の前に立つと、古めかしいビルの中にいることをすっかり忘れてしまうほどです(笑)。

店内

店内もダークトーンでシックな色調でかなりムーディでオシャレな雰囲気です。
入口から左がカウンター席と厨房で、右にテーブル席があります。

2009_0327画像0089
右手中程のテーブル席に着席しました。
お客さんの入りは8割ほどで、そのほとんどが女性です。

2009_0327画像0066
卓上にはお手ふき、お箸、スプーンのセットが置いてあります。

2009_0327画像0036
ランチメニューはこちらです。
セットは9種類あり、お値段は900円から1,500円と、ややお高めです。
以前に比べ、お高いメニューが増えるなど、メニューに幅が出ました。

2009_0327画像0037
すべてのセットにキムチとパンジャンがついていて、メニューによってさらにスープやサラダがついています。
パンジャンとは、付きだしとか、副菜とかの意味のようです。

2009_0327画像0038
セットについてくるライスとスープはお替わり自由です。

2009_0327画像0039
ランチメニューを注文した人に限り、プラス300円で5種類のソフトドリンクからチョイスしてランチドリンクをつけることが出来ます。

2009_0327画像0040
それぞれのメニューには写真と詳しい説明書きがついているので、韓国料理にあまりなじみがない人でもわかりやすいです。

2009_0327画像0041
プラス350円でランチビールをつけることができます。
ソフトドリンクとは50円しか差がないし、ビールはプレミアム・モルツなので、アルコールを選択した方がお得な気がします(笑)。


チーズプテチゲセット 【キムチ・サラダ・パンジャン付】  (900円)
2009_0327画像0067
前回来たときに先輩が食べてとても美味しかったと言っていたこちらを注文。
小さめなお鍋に入ったチゲ、ご飯、キムチ、サラダ、パンジャンのセットです。

2009_0327画像0080
白菜キムチです。

2009_0327画像0077
サラダはレタス、水菜、キュウリなどのシンプルなもので、柚子ドレッシングがかかっていて美味しかったです。

2009_0327画像0078
この日のパンジャンは、チヂミ(?)でした。
赤と黄色のパプリカを散りばめたカラフルな彩りで生地の味も悪くなかったのですが、冷めて少し油が戻った感じだったのが残念。

2009_0327画像0072
ちょっと見にくいですが、ご飯の容器の蓋に、「福」の文字が薄く彫られています。

2009_0327画像0069
ご飯は少なめでオーダーしましたが、器いっぱいに盛られていたので、多分普通盛りだったんじゃないかと思います。

2009_0327画像0073
石鍋に入ったプテチゲがぐつぐつと煮えていて、とても熱々です。

2009_0327画像0082
スープはかなり唐辛子がしっかりときいたストレートな辛さです。ダシも濃くて、とても私好み。
近隣の韓国料理屋さんのチゲの中ではかなりお気に入りです。

2009_0327画像0081
メニューには、チゲにはキムチ、ラーメン、ソーセージ、チーズが入っていると説明してありましたが、ほかにもいろいろ入っていて、スパムのようなお肉、、、

2009_0327画像0084
おもちのトックや、、、

2009_0327画像0085
韓国おでんでいただく練り物などなど、具だくさんでボリュームたっぷり。

2009_0327画像0083
花粉症でのどがかなりいがらっぽかったので、少しチゲの具を食べてから、すぐにご飯を投入し、キムチも入れて、雑炊としていただきました。
美味しいスープを吸って軟らかくなったご飯はとっても美味しかったです。
全体的なボリュームは普通です。


キムチチゲセット 【キムチ・サラダ・パンジャン付】  (900円)
2009_0327画像0075
先輩はこちらを注文。
辛さと酸味のバランスがよく、ダシも良くきいていて、美味しかったとのことです。

2009_0327画像0086
私はかなり早食いなので、先輩が食べ終わるのを待ちつつメニューを眺めていたら、ソフトドリンクのところに、「しっけ」なるものを発見。
夜のメニューには記載がなく、ランチタイムにしか頼めないようです。
お店の方に聞いてみたところ、「お米の、甘酒のようなものです。」と説明されました。


しっけ  (300円)
2009_0327画像0087
甘酒と聞いて、かなり甘い飲み物なのかな、、、とややひるみましたが、せっかくのチャンスだと思って思い切って注文。
300円は高いなーと思っていましたが、出てきたしっけはかなり大きなサイズのコップになみなみと入っていて、納得のボリュームです。

2009_0327画像0088
甘酒をイメージしていたので白濁しているのかと思いましたが、ほんのり白みがかっていますが透き通っています。コップの底には茶色っぽいお米の粒がたくさん沈んでいました。
一口飲んでみると、なんだかとっても懐かしい味わいで、ぽんぽんせんべいのような香ばしいお米の風味があり、甘さもすっきりめです。ニッキの入っていない冷やしあめっていう感じでしょうか。
お米が口の中に入ると、くにゅっとした歯触りでした。
最初にいろいろ尋ねたせいで、お店の方が「お味はどうですか。」と心配してくれました(笑)。


この日のランチはチゲが辛くて美味しく、面白いドリンクに出会えてとても楽しかったです。
帰り際、たっぷりのしっけでおなかはタプタプでした(笑)。


夜のメニューです↓
2009_0327画像0044

2009_0327画像0045

2009_0327画像0046

2009_0327画像0047

2009_0327画像0048

2009_0327画像0049

2009_0327画像0050

2009_0327画像0051

2009_0327画像0052

2009_0327画像0053

2009_0327画像0054

2009_0327画像0055

2009_0327画像0056

2009_0327画像0057

2009_0327画像0058

2009_0327画像0059

2009_0327画像0060

2009_0327画像0061

2009_0327画像0062

2009_0327画像0063

2009_0327画像0064

2009_0327画像0065

2009_0327画像0042

2009_0327画像0043


2009年3月27日訪問時お店DATA
******************************
KOREAN DINING 長寿韓酒房 四ッ谷店 (ちょうじゅかんしゅぼう) 
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-6  麹町東急ビル地下1F
TEL  03-3288-2047 
営業時間 
(昼)11:30~14:30(L.O.14:00)
(夜)17:30~23:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅 徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/30 09:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(4) |
番町 松月庵  @麹町
3月26日のランチは、午前中出かけていた上司から電話が入り、「蕎麦屋のカツ丼をお願いします。」との要望を出されたので、「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしました。
前回出前をお願いしたのは3月12日だったので、10日ぶりになります。

2009_0327画像0024

こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんも、
皆さんとても感じの良い方ばかりです。
それほど頻繁に出前をお願いしている訳でもないのに、こちらの会社のことを覚えていただき、
とってもうれしいです。

2009_0123画像0103
実際のお店は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

2008_1128画像0070
こちらのお店でいただくお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備しているので、利用するのは上司だけ。
電話で注文する時に「お箸はいりません。」と伝えるのを忘れてしまうことが多いので、
配達の時に持ってきていただいたのにわざわざ持ち帰っていただいたり、
さらにそれも忘れると使わずにとっておいて器と一緒に返却するようにしています。

紙

お新香にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2009_0327画像0025
お蕎麦についてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。

この日は一番混み合う12時頃に注文しましたが、30分ぐらいで届けていただきました。


なべやきうどん・上  (1,260円)
2009_0327画像0026
温かいお蕎麦を頼むとのびちゃうなあと悩みつつも、花冷えでとても寒い日だったので、温かいものが無性に食べたくなり、思い切って「なべやきうどん・上」をお願いしてみました。
こちらのお店の中で一番お高いメニューの一つです。

2009_0327画像0027
鍋焼きうどんはとても重たい鉄鍋に入っています。

2009_0327画像0028
せっかくの鉄鍋でしたが、調理されてから届けられるまでに少し時間があったようで、温かではあったものの、ぐつぐつと湯気がのぼるほどでなかったのは残念です。

2009_0327画像0029
以前、先輩が普通の鍋焼きうどんを注文したことがありましたが、110円お高い「上」だけあって、具材はかなりゴージャスになっていました。

2009_0327画像0033
カマボコ、伊達巻き、卵、エビフライ、鶏肉、長ネギ、三つ葉、カニかま、しいたけ、などなどとにかくボリュームたっぷり。

2009_0327画像0034
うどんは多少のびてはいるものの、柔らかすぎず、美味しかったです。
トッピングが多いので、下に隠れているうどんを取り出すのが大変でした。

2009_0327画像0035
豊富なトッピングの中にはエビの天ぷらがあったので、引っ張り出してみたところ、周りの衣がすべてずるずると取れてしまい、寂しい姿に。。。


天丼  (940円)
2009_0327画像0030
先輩は、「のびた麺が食べたくない!」との強い思いで、久しぶりにご飯ものを注文。

2009_0327画像0031
ご飯ものにはお新香が付いています。
タクアンと白菜のお新香の2種類です。

2009_0327画像0032
天ぷらは、サツマイモ、エビ、ナスなどなど、なかなか種類が豊富。
ボリュームたっぷりで普通に美味しかったとのことです。


うどんのおつゆも美味しかったので、トッピングもスープも全部食べたら寒さも吹き飛び、汗をかきそうなぐらい身体が暖まり、かなーりおなかがいっぱいになりました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  五目蕎麦(日本蕎麦)(2008年12月9日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日
(特製品)
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
(季節物)
  冷しきつね
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば(2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日

  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日
(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
(セット物)
  親子丼セット(もりそば)(2008年3月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2009年3月26日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00-21:00
[土]   11:00-19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/29 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(3) |
仏蘭西料理 北島亭  @四谷
2008_1218画像0288
2008年12月18日は、先輩と二人で忘年会。
恒例になっている「ボーナスが出たら北島亭!」で、一年の締めにふさわしいごちそうを食べようと、少し前から予約を入れておきました。本当は金曜日に行きたかったのですが、双方ともいろいろ予定が入ってしまい、水曜日のこの日になりました。
四谷が誇るフレンチの名店「仏蘭西料理 北島亭(きたじまてい)」で、今年はちょっと奮発して、ぜひともジビエを食べよう!と盛り上がっていました(笑)。

2008_0627画像0029
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入ってしばらくまっすぐ進むと、右手にこちらの黄色い幌が見えます。最近内装をリニューアルしたのに、このすすけた黄色い幌は変わっていません(笑)。
同じビルの地下には、2008年4月15日にランチをした「軍鶏 黒豚 郷味 四ッ谷店」があります。

2008_0627画像0030
「北島亭」はお値段だけ考えるとグランメゾン級ですが、質素な内装・緩いサービスなどから高級「うまいものやさん」と巷では言われています。
こちらのお料理はガツンときいた塩気に驚くほど大きなポーションで、先輩と私のモロ好みです。
「北島亭」にはボーナスが出るたびに先輩と伺っていて、今回で7回目になります。

年末進行の仕事の状況が読めなかったので、念のため入店ラストの7時30分に予約を入れて、当日は余裕をもって行こうと思っていましたが、仕事が予想外に長引き、結局ギリギリ。
上司は年末の忙しさで私たちに当たり散らし、忘年会をやるにしては最低の日でした。
おまけに、私は仕事中に黒タイツを思いっきり引き裂いてしまい、三栄通りにあるローソンで購入して着替えてから行くというお間抜けさでした(汗)。

2008_0627画像0113
それ程広くない店内には、テーブル席が並んでいます。
リニューアル前に比べると、席が少なくなって席間が広くなりました。

2008_0627画像0112
忘年会シーズンでもあるしクリスマス前でもあるので少しは空いているのかと思いましたが、二人席をのぞいて全て埋まっていました。カップルはほとんどいなくて、家族連れや私たちのような女性グループが多かったです。

2008_0627画像0031
店内右手中程の席に着席。
以前顔を覚えていただいた大石さんは見あたらず。フロアから厨房に戻ったのかな?

2008_1218画像0262
テーブルの上にはカーネーションのお花が飾られていて、少しだけ華やか。

2008_0627画像0032
まずはおしぼりが出てきました。

2008_1218画像0240
ドリンクメニューです。こちらは食前酒です。

2008_1218画像0241
前回に比べて、ミネラルウオーターにはペリエのレモンが加わっていました。

2008_1218画像0242
こちらは食後酒です。

2008_1218画像0243
甘いテイストだからでしょうか、食後酒の中に黒糖焼酎も入っていました。

2008_1218画像0244
ワインリストです。

2008_1218画像0245
こちらが白ワインです。

2008_1218画像0246
こちらがロゼワインです。
赤ワインのリストは撮り忘れてしまったようです・・・(泣)。


ヒューガルテン(ベルギービール)  (735円)
2008_1218画像0253
まずは飲み物を。
前回はシャンパーニュをいただいたので、ベルギービールを注文してみました。
グラスでの提供です。


ジンジャーエール  (630円)
2008_1218画像0252
お酒の飲めない先輩は、ジンジャーエールを注文。
忘年会を兼ねたお食事会なので、今年一年お疲れ様~ということで、乾杯!

2008_1218画像0254
その日の食事のメニューはとても大きなホワイトボードに手書きで書かれています。
食前酒をいただきながら、メニューをのんびりと選びます。至福の時です。

2008_1218画像0255
冷たいオードヴル(前菜)は10種類あり、お値段は3,150円から6,300円です。
記載された料金はアラカルトで注文した場合のお値段です。

2008_1218画像0256
温かいオードヴル(前菜)は6種類で、お値段は4,200円から5,250円です。

本日のオススメ食材の記載はなくなり、オススメ度を示す★表示がメニュー名の前にふられるだけになっていたので、当然、オススメ食材を目の前で見せてくださるサービスもなくなり、ちょっと残念。

2008_1218画像0257
お魚のメインディッシュは2種類で、お値段は4,200円か5,250円です。

2008_1218画像0258
お肉のメインディッシュは9種類で、お値段は4,200円から12,600円です。
このうち2種類は、コースに組み込む場合には、プラス2,100円の追加料金が必要になります。

2008_1218画像0259
お魚のメインディッシュがもう一つ、なぜか最後にぽつんと書かれていました。
全部で3種類で、お値段は4,200円か5,250円です。

2008_1218画像0260
ディナーのコースは全部で3種類あります。
(1) 3品お任せのフルコースが8,400円
(2) 4品お任せのフルコースが10,500円
(3) 全部のメニューから好きなものを選んだ5品フルコースが15,750円

この日ももちろん、5品フルコースをお願いしました。

2008_1218画像0261
前回、温かい前菜とメインのお魚・お肉はテーブルで統一しなければならなかったのですが、男性フロアスタッフからその説明はなかったので、いろいろ頼めますね~とメニュー決めをしたのですが、結局食べ物の好みがすごく似ていて食べたいものは同じだったので、結局一緒になってしまいました(汗)。
食後に男性フロアスタッフの方に伺ったところ、このルールは変わっていなくて、たまたま説明を受けていないだけでした。
さらに、この記事を書いているとき、ちゃんとボードに記載されていたことに気付きました。メニューを選ぶのに夢中でちゃんと読んでいませんでした(汗)。反省。


アミューズ① アンチョビ入りミニクロワッサン
2008_1218画像0264
アミューズのクロワッサンは焼きたてで、手に持つのが大変なくらい熱かったです。
濃厚なバターの味と香りにアンチョビの塩気が程良くきいていて、とっても美味しい♪


アミューズ② メヒカリのから揚げ
2008_1218画像0265
北島亭でメヒカリをいただくのは初めてです。
カラッと揚がっていてサクサクとしてシッポまで全部食べちゃいました。


ジントニック  (840円)
2008_1218画像0266
食事が美味しくてお酒も進み、あっという間にビールを飲み終えてしまいました。
いつもなら白ワインをお願いするところですが、同じじゃつまらないから何かないかな~と思い、ジントニックなんぞを選んでみました。

2008_1218画像0267
味も香りもライムがしっかりと利いていますが、すっきりと甘くて飲みやすかったです。
美味しかったのでアルコールアレルギーの先輩に一口勧めてみたところ、「美味しい! 明日が金曜日でなければもうちょっと飲むのに~。」と言っておりました(笑)。


冷たいオードヴル① あかざえびのマリネ・キャビア添え フランボワーズの香り、サラダ添え
2008_1218画像0268
冷たい前菜の1皿目は、こちらのお料理にしました。あかざえび、大好き♪

2008_1218画像0269
マリネされたアカザエビは身がキュッと引き締まっていて、口の中に入れるとエビの甘み、ヴィネガーの爽やかな酸味、キャビアの塩気とピンクペッパーの心地良い刺激が混じり合い、とても美味しいです。


冷たいオードヴル① 利尻産 生ウニのコンソメゼリー寄せ カリフラワーのクリーム添え
2008_1218画像0271
先輩の冷たい前菜の1皿目はこちら。
なかなかメニューが決まらず、以前も食べたことがある北島亭の名物定番メニューにしました。

2008_1218画像0272
前回食べたときは殻付きでしたが、今回はウニを取りだしてあります。

2008_1218画像0273
一口いただきましたが、たっぷりのウニは甘くてそのままとろけます。
コンソメの穏やかな塩気とカリフラワーのクリームのコクが相まって、変わらぬ美味しさです。

2008_1218画像0281
パンは素朴なお味です。

2008_1218画像0282
バターはたっぷりと出てきます。


冷たいオードヴル② 特選和牛もも肉のタルタルステーキ サラダ添え
2008_1218画像0277
冷たい前菜の2皿目は、二人ともタルタルステーキを注文したのですが、残念ながら一人分しかなく、シェアして食べることにしました。

2008_1218画像0278
トマトやアスパラなどの野菜も添えられています。

2008_1218画像0280
粗めに叩かれた牛もも肉はちょうどいい塩加減でさっぱりとした味わいなので、ペロリといただけちゃいます。
もっと食べたい~!


冷たいオードヴル② うずらとリードヴォーのテリーヌ 黒トリュフ添え
2008_1218画像0274
タルタルステーキ一人分しかなくてガッカリしてしまい、なかなか次のメニューが決められなかった私たちに、お店の方がボードには書かれていないメニューを教えて下さり、こちらのお料理ををいただくことになりました。

2008_1218画像0276
たっぷりの黒トリュフが添えられたテリーヌです。
タルタルステーキのお皿とシェアして二人でいただきました。

2008_1218画像0275
こちらはフォアグラの入ったテリーヌです。
最近、温かい前菜をテーブルで統一しなければならないので、フォアグラとタラの白子を両方食べることが出来なくなっていたので、とってもラッキーでした。
ねっとりと濃厚なお味で、やっぱりフォアグラって美味しい~。


温かいオードヴル② 真鱈の白子のムニエル・トマトソース添え
2008_1218画像0284
温かい前菜は、メニューの中に二人とも大好物のタラの白子があったので、迷いなく選択。
お皿全体で見ると小さめに見えますが、かなり厚みがあります。

2008_1218画像0285
小さくカットされたお野菜とさっぱりしたトマトソースが添えてあります。
タラの白子は、冬に北島亭に来るときの大きな楽しみです。

2008_1218画像0286
表面を香ばしくカリッと焼き上がっていますが、口に含むとと柔らかな白子が口の中にとろけ出します。しっかりとした塩気にバターがきいていて、何度食べてもシアワセ♪


メインディッシュ(魚) 大目鮭の半生仕立て 香草ヴェネグレットソース
2008_1218画像0287
魚の選択肢はホタテと大目鮭の二種類しかなかったので、お初の大目鮭を選択。
前回先輩が食べた鱒が大ぶりでとっても美味しかったので、同じ感じかな~?と、かなり期待しちゃいました。

2008_1218画像0288
大目鮭というのは初めて聞いた種類だったので後から調べたところ、初夏の時期に海から取れる鮭で、一般的には「時しらず」と呼ばれていて、大目鮭とは日本海側での呼び方とか。

2008_1218画像0289
添えられた野菜はスナックエンドウ、カブ、ブロッコリーなどなどたっぷり。 
一番手前にある長い野菜は、食べているときはてっきり菜の花かと思っていたのですが、後日、ブロッコリーに株にしないでまっすぐのびた品種があることを知ったので、もしかしたら、ブロッコリーだったかもしれません(汗)。
一人一つずつ、カマの部分をあげたものをいただきましたが、これも脂がのっていて、とっても美味しかったです。

2008_1218画像0290
大きめにカットされた大目鮭は、皮がカリカリに焼いてあり、身の部分はレアになっていて明るいオレンジ色のままで、上にたっぷりの香草がのせられています。
身は柔らかく、脂はのっていますが案外さっぱりしているので、香草のアクセントがとても良く効いています。


本日のグラスワイン・白  (950円)
2008_1218画像0291
ジントニックを飲み終えた後、白ワインのグラスをいただきました。
すっきりとした辛さで飲みやすかったです。
これからお肉料理なのだから赤ワインにすれば良かったと、後から気付きました。
ワタクシ、あまりマリアージュとかわからない人間なのです、、、(汗)。


メインディッシュ(肉) 
<限定品> イギリス産山しぎ(ベカス)のロースト・サルミソース (+2,100円)
2008_1218画像0292
メインが出てくるまで、珍しく結構待たされました。
少々待って、初体験の山シギ(ベカス)が登場!
お皿には、中央に大きな山シギのお肉の塊、その上にモモの部分、左側にフランスパンに塗られたレバーペースト、右側に砂肝と頭の部分が盛られていて、見るからに濃ゆそうな焦げ茶色のソースがたっぷりとかかっていて、ふんわりとレバーの香りが漂います。

「ジビエを食べよう!」なんて言っていたものの、実はジビエのことに詳しい訳ではなく、たまたまメニューに山シギあって美味しそうだから注文しただけだったんですが、実は後から山シギはジビエの王様(少なくとも鳥類では)と言われていることがわかりました(汗)。

2008_1218画像0296
直接手で召し上がって下さい、とのことで、フィンガーボールが出されました。

2008_1218画像0293
山しぎの付け合わせには、巨大な満願寺唐辛子と焼きリンゴが2つ添えられていました。
万願寺唐辛子はまるでパプリカのように肉厚で、とても甘かったです。

万願寺唐辛子は京野菜なので今まであまりなじみがありませんでしたが、この時以来、見かけたら買うようになりました。ただ、手に入るのはこんなに大きくなくて、シシトウより少し大きいサイズですが(汗)。

しょっぱいものと甘いものの組み合わせはとても苦手な私なので、焼きリンゴにほんのちょっとソースをつけていただきましたが、やはりその美味しさはわからず、リンゴ単体でいただきました(汗)。

2008_1218画像0294
ジビエだからお肉は固めなのかと想像しましたが、全くそんなことはなく、とても柔らかくてお味的には淡白でした。
サルミソースとは、香ばしく焼いた野鳥のガラと香味野菜にワインとフォンを加えて煮出してバターを加え、骨の中のエキスを押し潰すようにしながら漉したソースだそうです。
見た目どおりにかなり濃厚なソースだったので、お肉にたっぷりつけていただくと抜群に美味しかったです。一滴も残さないよう、パンでぬぐって最後まで美味しくいただきました。
レバーペーストは表面がカリカリに焼いてありました。

2008_1218画像0297
写真がリアル過ぎて嫌いな方はすみません。こちらは山シギの頭部です。
小さな白い脳みそ部分をこそげ出していただきましたが、まるで蟹味噌のような、タラの白子のような、濃い旨みがギューッと詰まっていて、とっても美味しい!

2008_1218画像0298
デザートのメニューです。

2008_1218画像0299
デザートは全部で15種類もあります。
定番メニューが12種類、新メニューが1種類、日替わりで2種類からどちらかを選べます。

2008_1218画像0300
前回の訪問では、記事を書くときに食べたデザートを忘れるという大失態を演じてしまったので、今回は先輩の力を借りずにブログの記事が書けるよう、ちゃんとメモしておきました(笑)。

メインを食べ終わり、デザートに移るとき、またもや厨房が混み合っているようで、デザートが出てくるまで少し時間がかかりました。おしゃべりしたりお酒を飲んでいるので、待つのはあまりに気にならないですが、食べ終えたお皿をテーブルに置いたままだったのは残念。せめてお肉のお皿は先に下げてもらいたかったです。


クレーム・ダンジュ・ブルーベリーソース  (ほわっととふっくらしたレアチーズケーキ)
2008_1218画像0302
甘い物が苦手な私は、こちらのデザートを選択。
型に入れず、ふわふわっとしたレアチーズケーキに、たっぷりのブルーベリーが入ったソースを添えられています。

2008_1218画像0303
チーズは口の中で柔らかくとろけ、ソースは甘酸っぱくてとても良い組み合わせでした。


チョコレート・テリーヌ  (焦がしたくるみをはさんだしっかりムース)
2008_1218画像0301
私と同じく甘いものが苦手な先輩は、最初プロフィットロール・ショコラを注文しましたが、残念ながら売り切れだったので、私と同じクレーム・ダンジュを選択したのですが、同じメニューだとつまらないと思い直し(笑)、チョコレート・テリーヌを注文。
目がどっしりと詰まって重たそうなチョコレートケーキには、チョコレートソースがかかっているだけではなく、カシスのシャーベットやたっぷりのイチゴが添えられていました。美味しそう。
チョコレートは苦みがきいて、とっても濃厚だったとのことです。

2008_1218画像0305
デザートの後、飲みものをいただきました。

2008_1218画像0307
私はコーヒーをチョイス。

2008_1218画像0306
デザートの後なので、ブラックでいただきましたが、せっかくなので記念撮影(笑)。

2008_1218画像0308
コーヒーのお供に生チョコトリュフとシガークッキープティフールが出てきました。
トリュフは甘みと苦みのバランスがよく、シガーはちょっと甘めでした。もうおなか一杯です。

2008_1218画像0309
最後に、フルーツとして洋なしとイチゴ2粒が出てきました。
12月だというのにビックリするほど大粒のイチゴは、もちろん、とても甘かったです。

帰りがけに店員さんがお見送りをしてくださったとき、私たちのことを覚えてくださっていた大石さんがいらっしゃいました。最近は厨房にいらっしゃるとのことで、顔つきや体型がちょっとふっくらしていました(笑)。

念願のジビエをとても美味しくいただいたことを話したら、なんでも山シギはあまり数が入ってこないもので、2007年は10羽しかこなかったとか。2008年はこの時点で13羽入っていたそうです。
フロアスタッフの方からは、山シギはメニューにも出ないことがほとんどだと聞いたので、ふらりと来て食べられた私たちはとってもラッキーだったようです。こんな幸せなことはありません。

2008_1224画像0069
前回に引き続き、お土産をいただいちゃいました。
おしゃべりばかりしていて、なかなか帰らなかったのが良かったのでしょうか(笑)
みかんと洋なしです。

2008_1224画像0070
このみかんは、シェフのご実家で栽培しているという、北島亭の名物フルーツかな?

2008_1224画像0071
もう一つはこの日のデザートで食べた洋なしでした。
新潟県産の「ル・レクチェ」という銘柄だそうです。

2008_1224画像0072
私は洋なし大好きなのでとってもハッピーでした。おうちで美味しくいただきました。


この日のお会計は、5品フルコース15,750円にお肉のチョイスで2,100円追加され、私がお酒を3杯、写真を撮り忘れましたが先輩がペリエも飲んで、サービス料が10%ついて、二人で合計43,433円になりました。
とても美味しいジビエ料理を初めてきちんといただき、本当に楽しい夜を過ごせました。


こちらの記事で、2008年の訪問店をすべて書き終えました。
6月ももう終わり、半年がかりになってしまいました(汗)が、私にとっての2008年がようやく終了し、ちょっとホッとしています(笑)。


2008年12月18日訪問時お店DATA
****************************
仏蘭西料理 北島亭 (きたじまてい) 
〒160-0008 東京都新宿区三栄町7番地 JHCビル1F
TEL  03-3355-6667
営業時間 
[昼] 11:30~ (L.O.13:30) 入店は13:00まで  
[夜] 18:00~ (L.O.20:00) 入店は19:30まで
定休日 日、第1・3月休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/06/26 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(4) |
【店名変更】 洋食エリーゼ  @四谷
2012年1月6日追記

四谷の人気老舗洋食店だった「洋食エリーゼ」は2011年9月25日に閉店し、翌日の9月26日に揚げ物専門店として「こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ」としてリニューアルオープンしました。

DSCF3558.jpg
なかなか訪問できず、2011年12月14日にようやくランチ訪問できました。

***********************************

3月25日のランチは、先輩がお昼前に外出する予定があったので、その帰りがけに、しばらくご無沙汰していた「洋食エリーゼ」のお弁当を買ってきて下さいました。
前回お弁当を持ち帰ったのが2008年12月22日だったので、約3ヶ月ぶりになります。

外観(21)

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、すぐ右手にあるお店です。
この界隈ではダントツの人気店で、時間を問わず、いつも行列が出来ています。

看板

お店の入り口に掲げてある言葉どおり、こちらのお店の食事はボリュームがたっぷりでとても満足感があります。
スタッフの元気な言葉がけでいつも活気があり、とても感じの良い対応です。

2008_0902画像0004
お店の入口は小さく、左側にメニューのサンプルが出ています。

2008_0902画像0005
営業時間は、月曜日から金曜日までが昼の部の午前11時から午後3時(ラストオーダー)、
夜の部の午後5時から午後9時(ラストオーダー)で、土曜日は昼の部のみ営業しています。
日・祝はお休みです。

2008_0902画像0006
こちらのお料理は全てお持ち帰りが出来ます。
いつも電話で取りに行く時間を指定してお願いし、お店ですぐに受け取れるようにしています。

お店の前にはいつも長蛇の列が出来ているので、お弁当を受け取ろうと並ばずに店内に入ろうとすると、何となく痛い視線にさらされます(笑)。
先輩は必ず大きな声で「お弁当取りに来ました!」と必ず言っているそうです。
多くの方はお持ち帰りが出来ることをご存じないようで、「持ち帰れるんだ~。」という言葉が必ず聞こえてくるとか(笑)。

2008_1224画像0127
メニューです。
定食メニューには全てライスと味噌汁がついています。
ライスの大盛りはプラス50円、定食ではなくおかず単品だと250円マイナスになります。

2008_1224画像0128
定食のメニューだけで29種類もあり、お値段は800円から1,400円と幅広いです。

2008_1224画像0125
季節メニューもあります。
冬の時期はカキのメニューがあります。

2008_1224画像0126
トッピングメニューや、大盛りメニューもあって、いろいろな注文ができるようになっています。

ちょっと不確かですが、お弁当はお店で注文する時に比べて70円引きになりました。
ご飯は単価が180円ですが、小盛りを頼んだらマイナス50円で130円になりました。

2009_0327画像0009
この日は11時40分にお店に電話してメニューを伝え、12時に先輩が取りに行きました。

2009_0327画像0014
ほかにトマトソースを使ってメニューはありませんが、ちゃんとわかりやすいように、容器にメニュー名が書いてありました。

2009_0327画像0011
ご飯は普通サイズと少なめのものがあったので、私がお願いした少ない量のご飯には、ちゃんと器に半ライスと書いてあります。


ニンニクステーキ定食 ご飯少なめ  (1,400円、ご飯少なめなので1,350円?)
2009_0327画像0015
いつも揚げ物系を食べることが多いですが、この日は楽しい・嬉しい給料日だったので、奮発して一番お高いメニューであるニンニクステーキ定食を頼んでみました。
ステーキ、サラダ、ライスの3つの容器に分かれています。
お値段が不確かですみません(汗)。

2009_0327画像0016
サラダはたっぷりのキャベツの千切りにポテトサラダが添えられ、彩りにパセリがのせてあります。サラダにかけるドレッシングはゴマ味です。

2009_0327画像0017
半ライスだと、底が少し透けて見えています(笑)。
ご飯にはタクアンが添えられていますが、ご飯が少なめだったこと、おかずのトマトソースが味がしっかりしていて量もたっぷりだったのでご飯が進み、タクアンはいらないぐらいでした。

2009_0327画像0018
ステーキはそれなりに大きいサイズですが、トマトソースがたっぷりとかけてあって、その姿がほとんど見えません(笑)。
トマトソースはトマトの酸味を感じられ、しっかりとした味付けで、メニューに「ニンニクたっぷり」と書かれているだけあって、ガーリックの香りが立ち上ります。

2009_0327画像0019
トマトソースの海からお肉を引っ張り出し、ご飯にのせて、いただきま~す!

2009_0327画像0021
お肉の断面はとってもきれいなピンク色です。美味しそう~。

2009_0327画像0023
お肉は程よい噛み応えがあり、美味しいトマトソースをたっぷりからめていただきました。
お肉もたっぷりとあります。


サーロインステーキ定食  (1,300円)
2009_0327画像0020
先輩も同じくお高いメニューにチャレンジ。
お肉はミディアムレアに焼かれています。
お肉は柔らかく、とても美味しかったとのことです。


ミックスフライ定食  (920円)
2009_0327画像0012
珍しく上司のお弁当も写真を撮りました(笑)。
フライはエビ、キス、カニクリームコロッケです。
揚げ物ラブな上司は、こんなにたくさんのメニューがあるというのに、いつもメニューを見ずに「ミックスフライ!」と注文します。
もちろん、ミックスフライは美味しいんですけど、なんだかもったいなく思っちゃいます。


トマトソースがとにかくたっぷりだったので、どんなにお肉にたくさんからめても残ってしまいました。そのままご飯にかけて食べてもとても美味しかったので、ご飯を少なめにしたのをかなり後悔しました。
さすがにソースだけで食べると塩気が強かったです。
おなか一杯で幸せでしたが、部屋にはかなりニンニクの香りが残ってしまいました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

  ニンニクステーキ定食 (2009年3月25日
  オムライス (2007年5月2日
  メンコロ定食 (2008年8月26日
  メンチミックス定食 (2008年12月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年3月25日訪問時お店DATA
****************************
洋食エリーゼ
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-4-2
TEL 03-3357-6004 
営業時間
【昼】 11:00-15:00(L.O.)  *土曜日は昼のみの営業
【夜】 15:00-21:00(L.O.)
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/24 09:00】 | ステーキ | トラックバック(1) | コメント(3) |
【撤退】 移動販売  @市ヶ谷/麹町
2010年4月30日追記

 名無しの移動販売屋さん、2009年後半頃から姿を見かけなくなり、
 現在は「WajiWaji LuncH(ワジワジ ランチ)」という
 別の移動販売が来るようになりました。
 美味しくてメニューも多くてお気に入りだったので、とても残念です。

2009_1216画像0048

*************************************

3月24日は、お昼直前に資料を届けに来ただけのはずのお客様がそのまま居座ってしまい、午後早くから仕事を予定していた上司がすっかりつかまってしまいました。急いでランチを準備しなければならず、先輩がお弁当を買いに出てくれました。

特にあてもなく買いに出たのですが、火曜日に来ている移動販売に二人しか並んでいなかったので、時間もなかったので買うことにしました。
前回食べたのが2月10日だったので、約1ヶ月半ぶり、2回目になります。

CIMG4152_convert_20090428210149.jpg
移動販売のワゴン車が止まる場所は、市ヶ谷駅から日テレ通りを半蔵門方面に向かい、最初の交差点を右に曲がって少し行ったところにある日本大学大学院前です。

CIMG4159_convert_20090428210230.jpg
こちらの移動販売、店名がどうしても見あたりません。
・・・なので、便宜的に「移動販売」と呼んでいます。

CIMG4166_convert_20090428210418.jpg
同じ場所に来る他のお店(車?)と違い、この車はサイドとバックの2箇所が開きます。

CIMG4165_convert_20090428210357.jpg
メニューは全部で4種類。650円か750円とお値打ちです。

CIMG4162_convert_20090428210259.jpg
本物かサンプルかわかりませんが、実際のお弁当の様子が見てわかります。
温玉ととり肉のついたガパオは大盛り無料です。

2009_0327画像0001
買いに行った時間が遅かったのでメニューはガパオ一つしか残っていませんでした。

2009_0327画像0002
紙のお弁当容器には、はみ出さんばかりにギッシリと詰め込まれていて、ご飯、挽肉、鶏肉、キャベツの千切り、大根などの煮物が入っています。
写真の右上に、とっても見辛いですが、マカロニも入っていました。


ガパオ  (650円)
2009_0327画像0003
ガパオには温玉がついているので、お弁当の中央にのせて、こちらで完成!
ボリューム系ですが、キャベツの千切りもたっぷり添えられています。

2009_0327画像0004
ぷるぷるの温玉、見ているだけでシアワセ♪

2009_0327画像0005
ご飯の上には炒めた挽肉が敷き詰められています。
糸コンニャクみたいなもの(?)も入っています。しっかりとした味付けでご飯が進みます。

2009_0327画像0007
挽肉の上には、鶏肉を小さく切ったものが重ねられています。
こちらもしっかりとした味付けで、お肉も柔らかです。

2009_0327画像0006
大根とニンジンの煮物はピリ辛でほんのりと甘く、しっかりとした味付けです。
この甘さには八角が使われているようで、普段はやや苦手な八角ですが、これは美味しくいただけます。

2009_0327画像0008
温玉をつついて崩すと、半熟の黄身がトロリと流れ出して、とっても美味しそう~。
お肉などに絡めて食べると、また違った味わいになって美味しいです。


相変わらず美味しくてボリュームたっぷりで、おなかがいっぱいになりました。
これで650円というのはとってもお値打ちだと思います。
メニューは4種類しかないので、ぜひ全種類食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
 スパイシー鶏丼  (2009年2月10日
 スパイシー牛丼
 ガパオ  (2009年3月24日
 イエローカレー

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年3月24日購入時お店DATA
*******************************
移動販売
場所  日本大学大学院前
営業日 火曜日
営業時間 お昼前から売り切れまで
JR・地下鉄市ヶ谷駅・麹町駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/23 09:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(7) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @市ヶ谷/麹町
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

2012年4月4日追記

2012年3月29日、久しぶりに「俵屋」に出前を頼んだら、配達をやめたと言われました。
最後にお願いしたのは2011年8月26日だったので、約7ヶ月の間のいつかに終わっていたようです。
あまり頻繁に利用してはいませんでしたが、スピーディに配達してくれる数少ない貴重なお店だっただけに残念です。

***************************************

2009_0323画像0038
3月19日は、WBC・決勝ラウンドへの敗者復活戦としてメキシコとの大一番。
外に食べに行くなんて、とてもできません(笑)。

上司が外出先から「カレーライスが食べたい。」と電話してきたので、いつもなら「番町 松月庵」でお願いするところですが、上司が帰ってくる時間があまりはっきりしていなかったので、お蕎麦を頼むのは危険だと思い、「俵屋 (たわらや) 市ヶ谷店」のカレーを注文することにしました。
前回出前をお願いしたのが3月10日だったので、9日ぶりになります。

外2

「俵屋」さんは、出前だけでなく、実際の店舗でも食事をすることが出来ます。
お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から、日本テレビ通りを半蔵門方面に向かってしばらく進み、コンビニのampmの一つ先にある、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルの中にあります。

2008_0527画像0214

こちらのビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には、2008年3月7日に訪問した「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」、
2階には、2007年6月4日にランチを、2008年の3月3日にお弁当2008年12月13日にディナーをいただいた、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」、
地下1階には、2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 (やまちょう) 麹町店」
が入っています。

外1

こちらのお店は注文してから配達してくれるまでがかなり早いので、とても重宝しています。

2009_0323画像0037
こちらのお店のラップ使いはすごいです。
まずお料理のお皿全体にラップをかけ、その上に割り箸やスプーンを置き、動かないように下三分の二ぐらいのところをもう1回ラップします。出来上がりは、まるでお皿の上にお箸やスプーンが浮いているように見えます。お皿を持ち歩いても、お料理の中身がこぼれないだけでなく、お箸もスプーンもビクともしません。この厳重なラッピングは、食べるときにはがすのが結構大変で、「おなかすいた~、でも、取れない~。」とジリジリしちゃうこともしばしばです(笑)。

2009_0220画像0097
12時前に出前をお願いしたので、12時10分ぐらいに届きました。
ほどなく上司も帰ってきて、すぐにお昼になりました。


カレーのせチャーハン丼  (940円)
2009_0323画像0040
上司の帰りの時間がはっきりしなかったので麺類を頼まずに、ちょっと変わったメニューとして気になっていた「カレーのせチャーハン丼」を注文しました。

2009_0323画像0045
カレーは、辛いというよりもかなり塩味がきいていて、しょっぱかったです。

2009_0323画像0044
ご飯に卵、お肉、野菜、練り物などが炒められたチャーハンでしたが、ご飯かチャーハンかがわからないぐらい、カレーの味が強かったです。
ボリュームはまあまあです。

2009_0323画像0046
カレーの薬味として福神漬けが添えられています。


牛肉生姜焼きライス ご飯少なめ  (1,110円)
2009_0323画像0039
先輩は全てのメニューで一番お高い牛焼肉生姜ライスを注文。
焼肉、ご飯、お吸い物のセットです。

2009_0323画像0041
予想よりもたっぷりあった牛肉はタマネギと炒めてあり、ドレッシングをかけてレタスが添えられています。お値段を考えれば仕方ないと思いますが、少々硬かったそうです。


メニュー的には微妙でしたが、ランチ中に観戦していた野球の試合は、キューバに快勝! 
岩隈投手の霧の中での素晴らしいピッチングで決勝ラウンドへ進出を決めました。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

【 らーめん 】
  絶品 たんめん 野菜たっぷり  (2008年3月7日
  大辛・中辛が選べる担々麺・大辛  (2008年8月27日
  サッパリ塩味 上海焼きそば  (2009年3月10日
  バリバリ カタヤキソバ  (2008年5月8日
  ジャージャーめん  (2009年2月16日
  冷し中華  (2008年10月2日
  大辛冷し中華  (2008年8月4日

【 ご飯もの 】
  マーチャン丼 麻婆かけチャーハン  (2008年3月24日
  中華丼  (2008年7月1日
  カレーのせチャーハン丼  (2009年3月19日

【 セットメニュー 】
  つけ麺セット ニラレバセット  (2008年12月4日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


新しくなったメニューです↓ 配達は2個以上からです。
2008_1205画像0098

2008_1205画像0101

2008_1205画像0103

2008_1205画像0099

2008_1205画像0100

ここからは午後5時以降のメニューになります↓
2008_1205画像0105

2008_1205画像0106

2008_1205画像0104


2009年3月19日配達時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX  03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
配達時間
[平日] 11:00~21:30 (16:00~17:00は休憩時間)
[土曜] 11:00~15:00
[日祝] 11:00~20:00 (16:00~17:00は休憩時間)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/22 09:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(3) |
TRATTORIA ANTIVINO  @渋谷
久しぶりに、ブログ圏外のお店の紹介です。

************************************

2008年12月15日の夜、この日は会社の忘年会でした。
メンバーは、上司ご夫妻、親しくさせていただいている取引先の方、先輩と私の計5名です。

2008_1218画像0184
せっかくなのでちょっと華やかなお料理がいいだろう、という上司のありがたい配慮により、渋谷にある「TRATTORIA ANTIVINO (アンティビーノ)」というイタリアンに連れて行っていただきました。

2008_1218画像0182
お店の場所は、並木橋の交差点から渋谷を背にして左に入ってすぐ右にあり、渋谷といっても繁華街から少し離れた場所なのでとても静かな環境です。

2008_1218画像0181
「トラットリア」と冠していますが、お店の雰囲気はとても落ち着いてゴージャスで、しかも深夜午前2時まで美味しいイタリアンが食べられるということで人気のお店です。
ずいぶん前に上司に連れて行っていただいたことが2、3回がありましたが、上司も含めて今回は久しぶりの訪問になります。

2008_1218画像0125
入口を入ってからやや狭めな通路を抜けると、ガラス張りの広い部屋があり、たくさんのテーブルが並んでいます。この日は一番右手奥のテーブルに着席しました。

2008_1218画像0126
お部屋の角だったので、窮屈というよりもむしろ個室っぽくてよかったです。
まず最初に、突き出し(?)として、グリッシーニと、、、

2008_1218画像0123
オリーブが出てきました。
濃い味わいでとても美味しく、パクパク食べちゃいました。

2008_1218画像0127
円卓を5人で囲み、お食事をスタート!

2008_1218画像0121
食前酒のメニューです。

2008_1218画像0122
最初の一杯は、せっかくイタリアンなので、グラス・スプマンテをお願いしました。


グラス・スプマンテ <スパークリング>  (800円)
2008_1218画像0128
すっきりとした口当たりで、美味しかったです。


パン
2008_1218画像0137
パンはテーブルの上に直接置かれます。


生牡蠣
2008_1218画像0138
この日は年末特別コースメニュー(5,000円)をお願いしたのですが、季節のオススメということで、上司が一人一個ずつ、生牡蠣を別にオーダーして下さいました。

2008_1218画像0140
生牡蠣には、ホットケチャップ(左)とアンチョビソース(右)でいただきます。

2008_1218画像0141
一粒がとても大きいので、半分ずつ、ソースをつけていただきました。
私はアンチョビソースの方が好みでした。


白ワイン
2008_1218画像0142
生牡蠣には白ワインを、、、ということで、食前酒はさっさと飲み干し、白ワインへ移行(笑)。


4種類のアンティパストの盛合せ
<マグロのカルパッチョ、生ハムとイチゴ、タラの白子のフリット、カポナータ>
2008_1218画像0144
コースの一品目として、4種類の前菜を少しずつ盛り合わせて出てきました。

2008_1218画像0149
マグロのカルパッチョです。
酸味でしめてあるせいか、周囲がほんのりと白っぽくなっています。

2008_1218画像0148
生ハムとイチゴです。
お子様味覚なので、生ハムとフルーツの組み合わせは全く理解できない私は、別々に美味しくいただきました(汗)。

2008_1218画像0146
タラの白子のフリットです。

2008_1218画像0151
ねっとりとした白子が口の中でとろけて、とっても美味しい! 季節が冬でよかった~。

2008_1218画像0145
カポナータです。
カポナータは大好きなので自宅でも夏などによく作りますが、お店でいただくと野菜の味がフレッシュなのに何故かとても深いコクがあり、プロの技術を感じます。こちらのお店のカポナータはとても美味しくて、もっとたっぷり食べたい~。


パスタ2種類の盛合せ  <スパゲッティ北海ダコのラグーとカキと春菊のリゾット>
2008_1218画像0152
コース料理の二皿目は、パスタを2種類、少しずつ盛り合わせてあります。

2008_1218画像0155
スパゲッティ北海ダコのラグーです。
麺がアルデンテでつるつるっとしたのど越しで、二口分ぐらいしかないのが残念。

2008_1218画像0154
カキと春菊のリゾットです。
お米のツブツブ感がしっかりと残り、カキの味わいがしっかりとリゾットに移っていて、とても濃厚でした。こちらももっと食べたかったです。


赤ワイン
2008_1218画像0164
白ワインを飲み終え、赤ワインになりました。
ただでさえ照明を落とし気味の店内の、壁沿いにある棚の中にボトルが置かれていたので、こんな写真になっちゃいました(汗)。

2008_1218画像0156
渋みがあまりなくて飲みやすかったです。


このワインで、事件が発生!
ペースよく飲んでいてかなり出来上がっていた上司が、赤ワインの入ったグラスを倒してしまい、勢いよくこぼれだしたワインは、隣に座っていた先輩のカバンとデジカメに直撃!!
先輩がカバンの中をふき、私は先輩のデジカメをナプキンでワインをぬぐいました。しっかり拭き取ったつもりでしたが、やはり精密機械は水に弱く、数日後なんとか動き始めましたものの、シャッターやズームの動きが段々と鈍くなり、おしゃかとなってしまいました。買ってからまだ1年ぐらいしか経っていなかったのに! カメラ本体もそうですが、中に入っていた写真のデータをなくしたことも先輩には大変なショックで、本当に気の毒でした。


魚料理と肉料理の盛合せ <本日の鮮魚のソテー、地鶏のロースト>
2008_1218画像0158
メインとして、お魚とお肉が一皿に盛り込んで出てきました。

2008_1218画像0159
本日の鮮魚はスズキ。
皮目がパリッと焼き上がり、白身はさっぱりとしていました。

2008_1218画像0160
お肉は地鶏のローストでした。しっかりとした歯応えです。


紫芋のニョッキ
2008_1218画像0166
コースのお料理は終わりましたが、まだ食べたりない上司が、こちらを追加注文。

2008_1218画像0167
ニョッキはモチモチっとした食感で、ほんのりと紫芋の甘みを感じました。
普段なら甘めなテイストが苦手な私ですが、これはもっと食べたかったです。


チーズ盛り合わせ
2008_1218画像0169
チーズ好きな先輩と私のために、上司がチーズの盛り合わせをオーダーしてくれました♪

2008_1218画像0173
ブルーチーズです。香りも味もそれほどきつくなくて、食べやすかったです。

2008_1218画像0172
シェーブルです。
山羊特有の個性はそれ程でもなく、こちらも食べやすかったです。

2008_1218画像0171
ミモレットです。いつ食べても、美味しい~。

2008_1218画像0175
写真が黄色くなってしまいましたが、レーズンです。
甘いレーズンをチーズに合わせて食べるという良さがさっぱりわからない私です、、、(汗)。

2008_1218画像0174
チーズのお供に、パンの薄切りも添えられていました。


ドルチェ
2008_1218画像0179
ようやくおなかも一杯になり(笑)、コースメニューのドルチェをいただきました。
ケーキ二つの盛り合わせです。

2008_1218画像0177
ピントがぼけぼけですみません(汗)。
こちらはチーズケーキ。

2008_1218画像0178
デザートなのでお料理の時ほど気合いが入らないのか、ひどい写真ばかりです(泣)。
チョコレートケーキです。


コーヒー
2008_1218画像0180
最後にコーヒーをいただきました。


この日のお会計は、人数5名で、白ワイン1本と赤ワイン2、3本飲んで、合計66,874円、1人14,000円弱でした。追加メニューをたくさん頼み、お酒もたっぷりといただいたので、結構な金額になってしまいましたが、ぐるなびの平均予算では1万円となっています。
年末特別コースメニューは、全体のボリュームはそれ程でもありませんが、美味しい物を少しずついろいろな種類を食べたい人には向いていると思います。
こちらのお店で以前食べたメニューで、トリッパとかグリーンアスパラガスと卵とチーズのオーブン焼き(メニュー名は不確かです。)、ゴルゴンゾーラのリゾットなどもとっても美味しかったので、興味のある方はぜひ試してみて下さい。

大変ごちそうさまでした☆


メニューです↓
2008_1218画像0129

2008_1218画像0130

2008_1218画像0132

2008_1218画像0135

2008_1218画像0131

2008_1218画像0133

2008_1218画像0136


2008年12月15日訪問時お店DATA
*******************************
TRATTORIA ANTIVINO (アンティビーノ)
〒150-0011 
東京都渋谷区東1-14-13 サンフローラハイツ1階
TEL  03-5466-1030
FAX  03-5466-1028
営業時間 18:00~02:00 (L.O)
定休日 日
JR・地下鉄渋谷駅 徒歩8分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/06/19 09:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(3) |
FIRE HOUSE  @本郷
3月18日は、WBCの第2ラウンド、日本対韓国の試合だったので、野球好きな私はどうしてもランチを事務所でテレビを見ながら食べたいと思い、先輩にお願いして出前をお願いすることにしました。午前中外出していた上司は、事後承諾(笑)。

デリバリしてくれるご飯屋さんを探すのに「出前館」をよく見ているのですが、その中で、本郷にある「FIRE HOUSE (ファイアーハウス)」というハンバーガー屋さんを一度食べてみたかったので、せっかくの機会だと思い、注文してみることにしました。 
1996年1月16日にオープンして、既に10年以上の歴史を持つこちらのお店は、大きくて美味しいハンバーガーが食べられるということで、雑誌などでもよく掲載される有名店のようです。

2009_0323画像0001
出前館の中の「FIRE HOUSE」の情報だと、当日の注文は午前11時15分からの受付になっていましたが、本郷からの距離が少しあるし、上司は午後早くから仕事だし、WBC観戦のために同じように考えている人がかなりいるんじゃないかと思い、11時15分の受付では遅いんじゃないかな~と心配になりました。お店のHPの方を見てみたら、9時30分からオーダーできたので、10時に出社した先輩と相談し、10時30分近くにお店へ電話をしてみました。

初めての利用だったせいか、お店の方から折り返し電話をしますといわれ、10分以上ジリジリと待っていましたがなかなかお店からの電話が来なかったので、こっちからもう一度かけちゃいました。
電話の対応はとても丁寧で、折り返し電話が来ないことを伝えるとしきりに謝っていただき、すぐにオーダーをとってもらえることになりました。配達予想時間を12時30分と伝えられ、前後15分見てくださいとのこと。結局、配達予想時間の15分前である12時15分頃に到着したので、早く食べることが出来ました。

2009_0323画像0002
一番人気はアボガドバーガーだそうですが、ビッグなサイズのメニューの中でも一際目立つ、「マッドバーガー」にチャレンジ。ボリュームよりも、2,100円というお値段に躊躇しちゃいます(笑)。
長崎旅行で佐世保バーガーを食べて以来、しっかりした素材で作られたビックサイズのハンバーガーが大好きです。
真っ赤な容器には、一目でオーダーがわかるように、メニュー名にチェックが入っています。


MAD BURGER <マッドバーガー>  (2,100円)
2009_0323画像0003
ハンバーガーを注文すると、フレンチフライが必ず付いています。
上から撮ったこの写真だと、このバーガーがどれだけマッドがわからいですね(汗)。

2009_0323画像0007
フレンチフライにはケチャップが添えられています。
ボリュームは普通です。

2009_0323画像0004
紙の容器の手前側を壊して、正面から写真を撮ると、こんな感じです。
これもイマイチ、ハンバーガーの大きさがわかりにくいです(汗)。

2009_0323画像0006
まだ全く触っていない状態で、チーズや卵がはみ出しています(笑)。

2009_0323画像0008
ハンバーガーにはマスタード、マヨネーズ、レタス、トマト、レリッシュ、オニオンが入っていて、マッドバーガーには、それらに加えて、パティが3枚、チーズ、卵、チリが入っています。
食べているときは、オニオンの存在は全く気付きませんでした。

2009_0323画像0011
ちゃんと手でしっかり持って食べないと、お肉やチーズが後ろに飛び出てしまいそうです。
こんがりと焼かれたバンズは美味しかったです。

2009_0323画像0012
何だか食べ散らかしの写真ですみません(汗)。
タワー状態のバーガーの高さで、一口で囓るなんて、絶対ムリ。
先に上の方を囓り、次には下の方から囓り、ようやく一列囓れた!みたいな食べ方でした。
お肉はしっかりとした旨みがありますが、塩とペッパーをかなりきかせていました。
チーズの味も濃厚で、とってもウマイです。
写真を撮り忘れましたが、先輩が食べたモッツァレラマッシュルームバーガーもチーズの味わいが濃厚でとても美味しかったということです。


当初は食べきれるかどうか心配のボリュームでしたが、美味しかったのでパクパク食べて完食できましたが、さすがにこれだけ大きなバンズとたっぷりのお肉をいただいたので、午後かなり遅い時間になるまで全くお腹が空きませんでした(笑)。

WBCの日韓戦は、ダルビッシュ投手の立ち上がりが悪く、野手のエラーもあって負けてしまったのが本当に残念でしたが、美味しくて巨大なハンバーガーがたっぷりと楽しめたのはよかったです。


メニューです↓
2009_0323画像0013

2009_0323画像0014

2009_0323画像0015

2009_0323画像0019

2009_0323画像0020

2009_0323画像0021

2009_0323画像0025

2009_0323画像0026

2009_0323画像0027

2009_0323画像0028

2009_0323画像0029

2009_0323画像0032

2009_0323画像0033

2009_0323画像0034

2009_0323画像0035


2009年3月18日注文時お店DATA
****************************
FIRE HOUSE (ファイア ハウス)
【 店舗 】
〒113-0033 東京都文京区本郷4-5-10
TEL 03-3815-6044
FAX 03-3815-6045
営業時間  11:00~23:30
定休日 なし

【 デリバリー 】
〒112-0002
東京都文京区小石川4-21-2
TEL 03-3815-6144
FAX 03-3815-3981
オーダー時間 9:30~22:30
配達時間 11:00~23:00
定休日 なし

地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷3丁目駅」より徒歩2分
都営三田線「春日駅」より徒歩4 分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/18 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(8) |
ステーキ&ワイン スカッシュ2  @四谷
3月17日のランチは、上司が出張だったので外に食べに行くことになりました。
さて、どこに行こうかと先輩に聞いてみたところ、前日の夜から何故か無性にハンバーグ食べたい病にかかっている(笑)とのことで、ハンバーグを食べられるお店を考えてみました。

飲食店はそこそこ数があるのに、案外ハンバーグの専門店って少ないな~と気付きました。
特に四谷は学生街なのにチェーンの「ペッパーランチ」とか「くいしんぼ」とかが無いのも不思議。
次点の行きたいお店候補として、2007年11月20日に訪問した「Irish Pub The Morrigan’s (ザ・モリガンズ)」の名前が挙がっていたので、とりあえず四谷方面に向かいました。

ハンバーグが食べられるお店、、、2008年3月11日に訪問した市ヶ谷の「屯」のことを後から気付きましたが、時既に遅し。2008年9月8日に訪問した「けむりや 炭火串焼」も思い出したのですが、お値段がお安くてサイズは巨大なものの、少々大味なので、他には~と、交差点に差しかかったところで、「ステーキ&ワイン スカッシュ2」を思い出しました。先輩も喜んで賛同してくれたので、早速三栄通りに向かいました。
前回来たのは2008年11月18日だったので、約4ヶ月ぶり、3回目の訪問です。

2008_0519画像0183

JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、少し行った右側に三陽ビルがあります。
2008年2月25日にランチをした「宇明家 四谷店」(現在は業態変更し、2009年3月4日にランチをした「鉄板道場 鐵一(てついち) 四ッ谷店」)の一つ奥の建物です。
問面には「十割蕎麦・地酒 蔵や」があります。

2008_0519画像0154

こちらのビルは他に飲食店が入っていないので、ただの古めかしいオフィスビルにしか見えず、一見でお店に入るにはなかなか勇気がいります。

2008_0519画像0180

三栄通りにとても目立たない看板が出ているので、かろうじてお店があるのがわかります。
店名の看板は「スカッシュ2」となっているのに、メニュー名の看板では「スカッシュ」。
これは、以前は「スカッシュ」がこの近辺に3号店まであって、こちらはその2号店だったそうなんですが、現在はこちらの店舗しか残っていないからだそうです。
個人的に「スカッシュ2」の方が面白いので、私は「スカッシュ2」と表記しています(笑)。

2008_0519画像0179

お店は最上階の5階にあるので、半2階まで階段をあがり、そこからエレベーターに乗ります。
「鐵一」の一つ奥のビルだと思っていましたが、実は同じ三陽ビルでした。
写真は古い物なので、「宇明家」ままです(汗)。

2008_0519画像0178

店内は昔の喫茶店のような雰囲気ですが、意外と広くて、席数もかなりあります。
奥には個室もありました。

到着時間が早かったというのもありますが、これまではいつも満席で待つことが多かったのに、この日はまだ3割ぐらいの人の入りでした。そのあと続々とお客さんが入店してきましたが、結局満席にはなっていなかったので、こんな日もあるんだ~とちょっとビックリでした。

2008_1123画像0056
お店に入ると、左側の戸棚の上にあるわんちゃんの置物が出迎えてくれます。

2008_1123画像0054
下の戸棚にはボトルキープされたお酒の瓶がずらり。夜も賑わっているようです。

2008_0519画像0162

テーブル席には、場所によりますが、ちょっとした小物が置いてあります。

2008_0519画像0163

店内は喫煙可です。

2009_0317画像0015
この日は店内の左奥にある、カウンター席に初めて座りました。
奥にある個室は、会社関係者で貸切利用しているようでした。

2009_0317画像0016
お茶はボージョレーヌーヴォーの華やかな空ボトルの中に入っています。

2008_1123画像0058
メニューは洋食を中心として全部で7種類。お値段は700円~900円とお手頃です。
全てのメニューにスープ・サラダ・ライスが付いています。
以前先輩が気付いたのですが、ランチメニューに「G」がありません。何故?

2009_0317画像0017
しばらく待った後、お料理が運ばれる時間を見計らってスープとサラダが出てきました。

2009_0317画像0021
コーヒーカップに入ったスープは、ほんのり黄色がかった透明で薄いコンソメで、ワカメがほんの少し入っています。ニンニクと粗挽きコショウがしっかりときいていて、相変わらず美味しいです。
先輩も私もかなりこのスープが気に入っています。

2009_0317画像0018
レタスとキュウリのシンプルなサラダには、美味しい自家製ドレッシングが野菜が見えなくなるほどたっぷりとかかっています。


C 牛肉の鉄板焼き ご飯少なめ  (900円)
2009_0317画像0023
私も俄然ハンバーグが食べたくなっていましたが、せっかくなので違うメニューにチャレンジしようと思い、牛肉の鉄板焼きを注文してみました。
スープ、サラダ、メイン、ライスのセットです。

2009_0317画像0022
ジュージューと美味しそうな音をさせながら、牛肉の鉄板焼きが登場。
鉄板一面にもやし、ニラ、タマネギがたっぷりと敷かれ、その上に焼かれた牛肉の小間切れがのせられています。

2009_0317画像0024
ご飯は少なめでお願いしました。

2009_0317画像0026
お値段を考えれば当然ですが、お肉は少々固めなものの、しっかりと味付けしてあって、美味しいです。お肉の上に大根おろしが添えられているので、案外さっぱりといただけます。

2009_0317画像0025
鉄板なのでお野菜はいつまでも熱く、猫舌の私には食べるのがなかなか大変。

2009_0317画像0027
お肉系のがっつりメニューですが、実はお野菜もたくさんいただけて、おなかいっぱいでした。


A ハンバーグ(ソース) ご飯少なめ  (800円)
2009_0317画像0019
先輩は、もちろん、念願のハンバーグを注文。

2009_0317画像0020
美味しいハンバーグが食べられて、先輩も大満足でした。
こちらのメニューには、ハンバーグは「ソース」と「おろし」の2種類があり、この日はソースを選択しましたが、わりあいさっぱりしているので、どちらもあまり食べた印象は変わらないそうです。


こちらのお店はお料理が出て来るのがかなりゆっくり目です。この日は私たちの前にあまり他のお客さんがいらっしゃらなかったですが、それでも、少々時間がかかっていました。
どのメニューを注文しても、メインとお野菜をたっぷりといただけて、とてもお値打ちです。
メニューの種類は少ないので、ぜひとも全種類食べてみたいです。次はカレー!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
 B 和風ハンバーグ(おろし)  (2008年5月12日
 C 牛肉の鉄板焼き  (2009年3月17日
 E マグロのカルパッチ  (2008年11月18日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年3月17日訪問時お店DARTA
****************************
ステーキ&ワイン スカッシュ2
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-5 三陽ビル5階
電話&FAX 03-3359-3684
営業時間 11:30~14:00  17:00~24:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/17 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
スパゲッティ ながい  @四谷
2009_0317画像0003
3月16日のランチは、午前中外出していた上司からお昼前に電話があり、「スパゲッティでも食べませんか?」とのお誘いがあったため、四谷のしんみち通りにある「スパゲッティ ながい」で待ち合わせをすることになりました。
前回訪問したのが2008年12月3日だったので、約3ヶ月ぶりの訪問になります。

2009_0317画像0008
JR・地下鉄四ッ谷駅を出てしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。こぢんまりとしていて、あまり目立たない店構えです。

看板

しんみち通りには、こちらの看板が出ています。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

2008_0825画像0035
しんみち通りには、ビルとしての看板も出ています。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には2008年9月26日に訪問した「四谷ブルワリー」
地下1階には2008年8月22日にランチをした「沖縄料理店 あん」があります。

2008_0825画像0034
中川ビルに入ってすぐ左手に、こちらのビルのポストがありました。
「ながい」のポストは上段の真ん中です。

入り口

中川ビルの細い階段を上ると、2階に写真のようなかわいい入口の扉があります。
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。

待つ人が多くて、ときどき3階へつながる階段にまで行列ができることもあります。
並んでいる間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文します。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりとL字に取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。
お店は男性シェフが一人、厨房とフロアの両方を担当する女性が一人、フロア担当の女性一人です。
みなさん、いつもテキパキと動き回っていますが、とても人あたりが良くて居心地が良いせいか、男女問わず一人客の方も結構いらっしゃいます。

2008_0922画像0058
卓上にはスプーン、フォーク、タバスコ(赤・緑)、粉チーズ、乾燥ハーブが置かれています。
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

2008_0922画像0057
ささやかですが、植物が置いてあります。
ブルーのガラスで造られた3頭の熊さん、かわいい♪

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

卓上

粉チーズと乾燥ハーブです。お好みでふりかけます。

2008_1205画像0078
カウンターの近くの壁際に文庫本などがたくさん入った本棚が置いてあります。
カウンター席などを利用する一人客の方へのサービスでしょうか。

12時ジャストに事務所を出てお店に向かったところ、上司よりも早く到着し、久しぶりに窓に近いテーブル席に通されました。今日は空いているな~と思っていたら、私たちの後からどんどん人が入ってきてすぐに満席になりました。

メニューを渡されて眺めていたのですが、なかなか上司が来ない。お店の方にもオーダーはどうしますか?と聞かれてしまい(汗)、こんなことなら上司からあらかじめメニューを聞いておけば良かったと大反省。そうこうしているうちにようやく上司が到着し、メニューをオーダーできました。
ちなみに、窓際のテーブル席は間が少し狭いので、我らが上司のような、大きな鞄やおなかを持っているとちょっと通りにくく、コップの水を倒さないよう気をつけた方がよさそうです(笑)。


ミートソースとナスのスパゲッティ  (1,150円)
2009_0317画像0003
最近ミートソース系を食べていなかったな~と思い、こちらを注文してみました。
それ程待たずにお料理が登場。
ミートソースとウニ・タラコ系のメニューをオーダーしたときは、木製の器で出てきます。

2009_0317画像0004
スパゲッティの上にたっぷりとのせられたミートソースには、生クリーム(?)を一筋かけられ、細長くカットされたナスがたっぷりと入っています。
ミートソースを麺にしっかりと絡めてから、いただきま~す。

2009_0317画像0005
トマトソースとお肉の美味しさを感じるミートソースは、以前食べた私の記憶よりもわりあいあっさりとしていました。
揚げてあるのか、ナスは噛み締めると甘い汁が出てきて、とって美味しい。
途中から、テーブルの上にある粉チーズをたっぷりとふりかけていただきました。
麺のボリュームは普通です。


アスパラとベーコンのホワイトソーススパゲティ  (1,150円)
2009_0317画像0001
先輩は、こちらのメニューを注文。

2009_0317画像0002
濃厚なお味のホワイトソースに、たっぷりのアスパラで相変わらず美味しかったとのことです。


12時30分過ぎにお店を出ましたが、まだ一組のお客さんが並んでいました。
少々お値段はかかりますが、一人客の男性がいたりと、相変わらず人気です。
目標は全メニュー制覇ですが、まずは系統ごとだけでも食べないと!


メニューです↓
2008_1205画像0075
スパゲッティは定番メニューと季節メニューがあります。

メニュー5

定番メニューは基本的な味付けとして9種類あります。

2008_1205画像0070
トッピングがかなりいろいろあるので、好きなベースとの組み合わせを選びます。

2008_1205画像0073
この写真を見ていた初めて気付いたのですが、お持ち帰りが出来るようになっていました!
作り立てが一番美味しいですが、今度、ぜひ一度試してみたいです。

2008_1205画像0074
大盛りはプラス100円なのでとてもお得です。
追加料金でトッピングができるほか、無料で唐辛子やガーリックを入れられます。


季節メニュー
2008_1205画像0068
それほど種類が多くありませんが、季節メニューもあります。
この日はカキをつかったものが3種類ありました。

2008_1205画像0071
サラダが6種類もありますが、ランチタイムに注文している人をほとんど見たことがありません。
そういう意味でも本当にスパゲッティ専門店です。

2008_1205画像0072
こちらのお店はランチからディナータイムまで同じメニューで通し営業をしているので、お酒のメニューもあります。
自家製ドレッシングが400円から450円に値上がりしていました。

2008_1205画像0076
2008年1月21日から店内は、終日禁煙です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲッティ】
  アサリと青じそのスパゲッティ (2008年9月18日
【タラコ、ウニのスパゲッティ】
  ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日
【ミートソースのスパゲッティ】
  ミートソースとナスのスパゲッティ (2009年3月16日
【ペペロンチーノ風スパゲッティ】
【トマトソースのスパゲッティ】 
  ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
【クリームソースのスパゲッティ】 
  アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日
【おしょうゆ味のスパゲッティ】 
  海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日
【ホワイトソースのスパゲッティ】 
  ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日
【サラダスパゲッティ】 
【季節メニュー】 
  カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
  カキの唐辛子トマトスパゲティ (2008年12月3日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年3月16日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2F
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/16 09:00】 | パスタ | トラックバック(1) | コメント(4) |
【閉店】 PIZZERIA LA SCARPETTA  @市ヶ谷
2011年10月25日追記

いつ頃かはっきりしませんが、「ピッツェリア・ラ・スカルペッタ」が閉店しました。

DSCF5808_20111024052300.jpg
素材の美味しさがとてもよくわかり、好きなお店だっただけにとても残念です。
一度ディナー訪問して、あれこれ食べてみたかったのに。

**************************************

2009_0315画像0121
3月13日のランチは、上司が不在だったので、先輩と外へ食べに出ることにしました。
この日は金曜日だったので、せっかくなら美味しいものを食べましょうということで、久しぶりに「PIZZERIA LA SCARPETTA(ピッツェリア・ラ・スカルペッタ)」に行ってきました。
初めて訪問したのが2007年10月5日だったので、1年5ヶ月ぶりの再訪です。

店

JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進み、東郷通りを右折し、東郷公園のある道を左折して少し行ったところの右側にあります。

2009_0315画像0136
お店の前に本日のメニューが出ています。すべてピザで、5種類あります。
ランチタイムは午前11時30分から午後2時(ラストオーダー)までです。

2009_0315画像0137
ランチはピッツァのみなので、ピッツァの大きさを選びます。
20㎝セットだとサラダとアイスクリーム付き。30㎝だとピッツァのみです。
ピザの種類によってお値段が1000円か1200円にわかれます。
30㎝でもプラス200円でサラダとアイスクリームをつけられます。

2009_0315画像0138
お店の前の黒板には入荷した食材について書かれていて、ランチにも少しだけメニューに反映されています。

2009_0315画像0139
こちらはディナーのメニューです。
お店はピッツェリアですが、夜はイタリアンのお料理をいろいろ楽しめるようです。

2009_0315画像0140
2007年11月13日に訪問した「TRATTORIA LA SCARPETTA(トラットリア・ラ・スカルペッタ)」は、こちらのお店の姉妹店です。

2009_0315画像0111
店内はこじんまりとしていて、かわいい内装です。二人用のテーブル席が7席あります。
私たちが到着したときは7割ぐらいの人の入りで、その後満席になりました。
前回と同じ、右手の一番奥、カウンターの前に着席しました。
フロアは男性スタッフ1名が、厨房は女性スタッフ1名が切り盛りしています。

2009_0315画像0113
こちらは店内に出ているメニューです。

2009_0315画像0112
飲み物もいろいろ選べます。
グラスワインがソフトドリンク並のお値段でとってもお安い!

2009_0315画像0109
こちらのおすすめピッツァは、ディナーメニューです。
お値段も格段に違いますが、トッピングがかなり豪華で、美味しそう。



サラダ
2009_0315画像0114
最初にサラダが出てきます。

2009_0315画像0115
前回食べたときはとても美味しいオープンオムレツが入っていましたが、今回はチャーシューのような(?)薄切りのお肉が入っていました。
柔らかく、とてもしっかりとしたお肉の味がしました。美味しい♪

2009_0315画像0116
お肉以外には、レタス、トマト、お豆が入っています。
サラダのドレッシングは、ヨーグルトを使っているのでしょうか、とても爽やかな酸味があるさっぱりとした味で美味しかったです。

2009_0315画像0121
二人で注文して半分こしよう!ということで、「ツナ、オニオン、水菜のピリ辛」(チーズ無し)と「ヤリイカ、コーン、トマトクリーム」のピザを20センチのセットで注文しました。
サラダが食べ終わり、ピザが登場!

2009_0315画像0117
辛さを足す時にどうぞ、と出された唐辛子オイル。前回とボトルが変わっていました。
こちらのオリーブオイル、ピザにかけるとふわーっとオリーブの良い香りが漂い、口当たりがさらっとしていて、とっても美味しい。
唐辛子はほんのりと辛くなるぐらいです。
カロリーが高くなるとはわかっているのですが、たっぷりつけていただいちゃいました(笑)。


20㎝ピッツァ <ツナ、オニオン、水菜のピリ辛(チーズ無し)>
2009_0315画像0118
いろいろな種類のピッツァを食べたくて、あえてチーズののっていないこちらを選択。

2009_0315画像0119
たっぷりとトッピングされた水菜の緑色が、とっても色鮮やか。


20㎝ピッツァ <ヤリイカ、コーン、トマトクリーム>
2009_0315画像0124
もう一種類は、チーズがたっぷりとのって、お魚系のこちらをチョイス。

2009_0315画像0125
ヤリイカもコーンもたっぷりとトッピングされています。

2009_0315画像0128
ピッツァは最初からキレイにカットされていますが、持ち上げるときに気をつけないと、先っぽが下がって持ち上げられません。
生地がとても薄く、中央部分にチーズがたっぷりとのっているので、端から持ち上げると先のチーズがどんどん落ちてしまい、先輩はドツボにはまっていました(笑)。
お皿からとるときはナイフを下に入れて引っぱりだし、食べるときは半分に折って食べました。

2009_0315画像0131
最初に、さっぱり目の水菜のピザからいただきました。
ツナの旨みやタマネギの甘みとトマトソースの酸味が口いっぱいに広がって美味しい!

2009_0315画像0130
コーンの黄色が鮮やかで、フンワリとした甘みがあります。
甘い食材がお料理に入っていることを極端に嫌う私たちですが、先輩はトウモロコシとチーズとトマトソースの組み合わせは大好きだそうです。

チーズがとても美味しくて、焼いているのにミルクの風味をとても感じます。
途中から唐辛子入りオリーブオイルをつけていただきました。


アイスクリーム
2009_0315画像0134
アイスクリームは、エスプレッソカップにちょこんと盛られて、チョコシロップがかかっていて、すっごくキュート。

2009_0315画像0135
サイズは小さいですが、キンキンに冷やされていて、バニラアイスクリームもかかっているチョコレートも濃厚です。


周囲を見ると、ほとんどのお客さんが別料金を支払って食後の飲み物を注文していて、私たちよりも先に入店しているのにそのままゆっくりしていらっしゃいます。話を聞いていると仕事の話をしているので近所でお勤めの方が多いのでしょうが、いわゆるサラリーマンランチとはちょっと違った人々です。外国人のお客様もよくいらっしゃっています。
相変わらずの美味しさで、大満足。この日の午後はとても気分よく仕事ができました(笑)。
ぜひディナーにも訪問してみたいです。


2009年3月13日訪問時お店DATA
*************************************
PIZZERIA LA SCARPETTA (ピッツェリア・ラ・スカルペッタ)
〒102-0072 
東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ1階
電話&FAX 03-3221-0900
定休日 土曜 
営業時間 
[昼] 11:30~14:00(L.O.) 
[夜] 18:00~22:00(L.O.) 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/15 09:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(4) |
LA TAVERNA  @麹町/市ヶ谷
2008年12月13日の土曜日、知人と待ち合わせて夕食をとることになり、せっかく近くまで来ていたので、市ヶ谷にある「LA TAVERNA(ラ・タベルナ)」に行ってみました。
「タベルナ」には、2007年6月4日にランチで訪問し、2008年3月3日にお弁当を買いに行ったことがあります。

土曜日の午後8時近くということもあり、とっくに真っ暗になっていて市ヶ谷駅近辺は人通りもまばら。そのせいか、それ程遠くないはずなのに、市ヶ谷駅からお店までの距離が長く感じました。

外観

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りをしばらく歩くと、右手に緑色の恩田ビルがあり、
お店はその2階にあります。
このビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
地下1階には、2008年5月26日に訪問した「黒うどん 山長 麹町店」
1階には、2008年3月7日に訪問した「俵屋 市ヶ谷店」があります。

看板2

古めかしいみかけどおり、少なくとも20年以上営業している人気のお店です。
ビルの1階の表のところにメニューが出ています。これはランチの時の写真です。

メニュー

メニューは驚くほどたくさんの種類があり、もっとビックリなのは、そのほとんどが持ち帰りでお願いできるということ。
お値段は中心価格帯が1000円近くてお高めですが、とにかくボリューム満点です。

看板1

店内でランチをすると特製オニオンスープがサービスになります。
以前こちらのお店に来たときはピザだったので、時期によって少しずつ変えているようです。

看板

ビルの細い外階段を上がって2階のすぐ左に入り口があります。
ビルの中も年代を感じさせる造りです。

メニュー

店内には所狭しとたくさんのメニューが貼られていて、さらにそれらを組み合わせたり量を多くしたり減らしたり、変幻自在です。

2008_1218画像0047
厨房の前の細い通路を抜けると、ウッディなテーブルやイスが並んでいます。
全体的にゴツゴツしていて、少々座りにくい場所とかもあります。
日本テレビ通りにはほとんど人がいなかったのに、お店の中は7割ぐらい埋まっていました。
入口からすぐの二人席に着席。

2008_1218画像0063
こちらがメニューです。
オードブルは18種類あり、お値段は750円から1,300円です。

2008_1218画像0064
肉料理は6種類、お値段は1,300円から1,500円です。
魚料理は5種類、お値段は全て1,300円です。

2008_1218画像0061
スープは4種類、お値段は450円から850円です。
スパゲッティは14種類、お値段は750円から1,200円です。
ほかに、ラザニア1種類、グラタン2種類があります。

2008_1218画像0062
リゾットは5種類、お値段は900円から1,200円です。
ご飯をプラス100円で発芽玄米に変更することができます。
ピッツァは7種類、お値段は1,100円から1,400円です。
サラダは8種類、お値段は650円から950円です。
午後3時以降は、こちらの料金に税金が加算されます。

2008_1218画像0046
季節メニューでしょうか、窓にもメニューが貼ってあります。
日中ほとんど食事をしていなくておなかがペコペコだったので、どんどん注文しました。


生ビール「ヒューガルテン・ホワイト」  (700円)
2008_1218画像0043
大好きなこちらの生ビールで乾杯!
ふんわりとした甘みがあり、いつ飲んでも美味しい~。


ジャーマンポテト  (750円)
2008_1218画像0048
お値段のせいか、こちらのお店のメニューにしてはボリュームは普通です。

2008_1218画像0049
ちょっと火の入り方が足りないようで、じゃがいもに一部固い部分が残っていました。
塩気はそれ程強くなく、胡椒がしっかりときいていました。


むき海老たくさんのガーリックオイルオーブン焼き  (1,200円)
2008_1218画像0050
エビが大好きなので、こちらのメニューを注文してみました。
ジュージューと音を立て、煙が立ち上る器が登場。

2008_1218画像0054
メニューに書いてあるとおりエビがたっぷりと入っていて、プリップリでした。
塩気も程よく、ところどころに沈んでいたニンニクの塊がとっても美味。


スパゲッティ アラビアータ  (900円)
2008_1218画像0057
スパゲッティはツルツルとのど越し良く、アルデンテにゆであがっていました。
写真だとわかり辛いですが、ボリュームたっぷり。小さな山になっています。
トマトの酸味や甘さが程よく聞いて、ところどころ潰れて形の残ったトマトが入っています。
辛さはそれ程でもなく、あとからじんわりと効いてきました。


ハウスワイン・白・デカンタ  (1,500円)
2008_1218画像0059
ベルギービールの次に、白ワインのデカンタを注文しました。
お食事のボリュームが多くて有名なこちらのお店ですが、デカンタに入っているワインの量もすごかったです。少し甘くてさっぱりとしたお味で、とても気に入りました。


牛肉の薄切りステーキ  (1,300円)
2008_1218画像0066
こちらのお店の名物料理で、はずせない一品です。
黄色く炊きあげられたたっぷりのバターライスとパスタの上に、薄めですが大きな牛肉が2枚ものっています。

2008_1218画像0065
パスタは茹でたてではなく、ちょっと味が落ちるのが残念。
お肉は柔らかくて少し甘めな下味がしっかりとついています。
美味しくてボリュームたっぷりです。


スパゲッティ ラグー<ミートソース>  (900円)
2008_1218画像0068スパゲッティが美味しかったのでもう一種類食べたくなりました。
隣の席から「ゴルゴンゾーラ」という言葉が聞こえてきたのでチーズ系もいいなと思いましたが、残念ながらピザしかありませんでした。
またもやトマトソース系を頼んでしまいましたが、こちらも美味しくて大満足。


フロアはおじさまがお一人で切り盛りしているので、他のお客さんに対応している時や厨房の雑事をやっているときはすぐに対応してもらえませんが、テキパキと注文をさばいています。

この日は二人とも苦しいぐらいおなかいっぱいになって、お会計が8,347円でした。安い!
一品のお値段はほとんどが1,000円を超えるので一見お高そうに見えますが、ボリューム満点なので、大人数で来れば来るほどメニューをいろいろと楽しめて、お値段もお得になると思います。
他のメニューもぜひ食べてみたいです。


2008年12月13日訪問時お店DATA
****************************
LA TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085 東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2F
TEL  03-3262-8946
営業時間 
ランチ  月~土 11:00~18:00
ディナー 月~土 18:00~23:00(L.O.22:30) 
      日・祝 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅 徒歩2分 JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩3分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/06/12 09:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(3) |
番町 松月庵  @麹町
3月12日のランチは、12時になったので上司に「お昼どうしますか?」と聞いたところ、返ってきた答えが「天ぷら蕎麦。」だったので、「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしました。
前回出前をお願いしたのは3月2日だったので、10日ぶりになります。

2009_0315画像0101
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんも、
皆さんとても感じの良い方ばかりです。
それほど頻繁に出前をお願いしている訳でもないのに、こちらの会社のことを覚えていただき、
とってもうれしいです。

2009_0123画像0103
実際のお店は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

2008_1128画像0070
こちらのお店でいただくお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備しているので、利用するのは上司だけ。
電話で注文する時に「お箸はいりません。」と伝えるのを忘れてしまうことが多いので、
配達の時に持ってきていただいたのにわざわざ持ち帰っていただいたり、
さらにそれも忘れると使わずにとっておいて器と一緒に返却するようにしています。

紙

お新香にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2009_0315画像0104
お蕎麦についてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。

この日は注文してから20分ほどでお料理が到着。
いつも早くて、大変助かります。

届いたお料理をテーブルに並べながら、先輩が「天ぷらそば、早く食べた方がいいですよ~。」と上司に声をかけていたので、上司が注文した天ぷら蕎麦を見てみたところ、麺がのびてボリュームが増えて器のふちまでせり上がっていて、蕎麦つゆが見えなくなっているような事態になっていました(笑)。
お料理が届くまでそんなに時間がかかっていなかったのに、どうしてこんなにのびちゃうんでしょう?


なめこおろしそば  (940円)
2009_0315画像0102
二日連続で外食に出かけ、体重が増加しすぎていたので、あっさり系を食べようと思い、こちらを注文しました。温かいものと冷たいもの、どちらでも注文できるそうです。温かい蕎麦つゆにも一瞬心惹かれましたが、麺がのびるのを恐れ、冷たい方でお願いしました。

2009_0123画像0035
そばつゆは、別の容器に入っています。
つゆはたっぷりめに入っていて、濃い味好きの私はとてもうれしいです。
メニューによって最初からかけてあったり、後からかけられるようになっていたりと様々です。

2009_0315画像0103
お蕎麦の上に、大根おろし、なめこ、大葉、貝割れ大根、カマボコ、カツオブシがトッピングされています。

2009_0315画像0105
こちらのメニュー、2009年1月20日に食べていたことが、後から判明しました(汗)。

2009_0315画像0106
「松月庵」は、かけつゆの時はかなりたっぷりの蕎麦つゆをつけて下さいますが、大根おろしの水分のせいか、この日はそばつゆを全部かけてもちょっと味が足りない感じがしました。
冷たい麺とはいえ、やはり多少のびているので、そばを引き上げるのは大変でした。


鴨せいろそば  (1,000円)
2009_0315画像0107
先輩は鴨せいろそばを注文。

2009_0315画像0108
つけつゆということもあり、私よりも麺をほぐすのに格闘していました(笑)。


メニューをいろいろ試してみようと思っていたのに、うっかり以前と同じメニューを食べてしまってちょっと残念でしたが、大根おろしとなめこの組み合わせは個人的に大好きなので、美味しくいただきました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  五目蕎麦(日本蕎麦)(2008年12月9日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日
(特製品)
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
(季節物)
  冷しきつね
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば(2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日

  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日
(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
(セット物)
  親子丼セット(もりそば)(2008年3月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2009年3月12日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (ばんちょう しょうげつあん)
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00-21:00
[土]   11:00-19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/11 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
広島つけ麺 ぶちうま 四ッ谷本店  @四谷
3月11日のランチは、上司が不在だったので、先輩と外へ食べに出ることにしました。
この日の夜は会社の取引先からお食事に招かれていたので、軽めの和食にしたかったのと、このところ三栄通りがご無沙汰だったので、三栄通りから一本奥に入った「後楽寿司」に行くつもりで事務所を出たのですが、結局、「広島つけ麺 ぶちうま 四ッ谷本店」へ行ってしまいました。
前回訪問したのは2008年8月19日だったので、約7ヶ月ぶりです。

2008_0821画像0215
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りをまっすぐ進み、ローソンを越えて二つめの道(というよりも路地)を右に曲がります。
曲がる場所がちょっとわかりにくいからか、「ぶちうま」ののぼりが出ています。

三栄通りを歩きながらランチ未訪のお店を確認しましたが、しんみち通りに比べて飲食店が少ないため、コージーコーナーとか、喫茶店系のお店に入っていないぐらいで、ほとんどのお店に訪問していることがわかりました。完全制覇を目指してがんばりたいものです。

2008_0821画像0216
同じく三栄通りには、看板というか「ぶちうま」から道行く人々へのメッセージが出ています(笑)。
こちらのお店は2003年11月26日にオープンしたそうで、6年目になります。

2008_0821画像0214
三栄通りから路地に入ったら、一つめの角をさらに左に曲がります。
目印に、こちらにもお店ののぼりが立っています。行き止まりの道の一番奥に店舗があります。

2009_0315画像0099
この写真の右奥にあるのが「後楽寿司」です。
最初はこちらのお店を目指して来たはずなのですが、、、

2009_0315画像0100
ふと、通りの一番奥にある「ぶちうま」をのぞいてみたら、、、

2009_0315画像0077
どういう訳か誰も並んでいなくて、最初は定休日なのかと思いましたが、のれんは出ています。
最近はあまり人が来ないのか、寒い時期には冷たいつけ麺は敬遠されるのか、、、。

2009_0315画像0079
先輩も私も大好きなこちらのお店、並ばずに食べられるチャンスだ!ということで、急遽、「後楽寿司」からこちらのお店に変更しちゃいました(笑)。

2009_0315画像0078
店内に入ってみるとちょうど満席で、結局外で待つことになりました。
お店の入口にかかっている簾の陰には行列用のイスが並べられています。
並んでいる途中に店員さんがオーダーを取りに来るので、簾の裏に出ているメニューを検討しておかなければなりません。

・・・とはいえ、メニューはつけ麺のみなので、辛さの指定と麺の量を指定するだけです。
麺のボリュームは0.5玉から2玉まで選べます。
つけダレの辛さは1から40まで、1刻みで指定できます。
トッピングの追加はすべてプラス100円で、ランチセットもあります。

2009_0315画像0098
少し待って席が空いたので店内に入ってみると、こんな貼り紙がありました。
2月11日から3月20日までの約40日間、ランチ営業のみだったようです。

2008_0821画像0197
店内は、手前にテーブル席、奥に調理場と向かい合ったカウンターがあり、シンプルですっきりとしたインテリアです。お寿司屋さんを居抜きで譲り受けたようで、カウンターの真ん中あたりにネタケースがあります(笑)。
こちらはカウンター席です。

2009_0315画像0080
この日は入口近くにある四人席のテーブルの奥側に、横並びの相席で座ることになりました。
こちらのお店には何度か来ていますが、テーブル席に着いたのは初めてです。
外から日光が差し込むので気持ちいいし、写真もとても撮りやすいです。
特に先輩のカメラは光量にとても左右されていつも撮影が大変なので、とても喜んでいました。

2009_0315画像0081
お茶はセルフサービスです。

2008_0821画像0194
カウンターの壁には、ぶちうまのこだわりがたっぷりと書かれています。


つけ麺  麺1.5玉 40辛・ぶち辛  (950円)
2009_0315画像0095
夜に備えて軽めに食べようと思っていたはずなのに、先輩は15辛、麺1玉+しめごはん、私は40辛、麺1.5玉を注文(笑)。
前回しめごはんを食べていて、同じものじゃブログ的につまらないし、、、と一応言い訳(汗)。

2009_0315画像0088
最初につけ汁が出てきます。40辛・ぶち辛です。
真っ赤なスープに白ゴマがたっぷりと浮かんでいます。

つけ汁は、最初の一口目は油分の多さを感じましたが、そのまま食べていると、油に慣れるのか、混じり合うのか、すぐに気にならなくなります。
こちらのお店のつけ汁は、唐辛子で赤いだけではなく、トマトをたっぷり使っているそうです。
辛さのレベルが低いとトマトの酸味や旨みを感じることが出来ますが、ここまで辛くなると、さすがに辛さが勝ってあまり感じることが出来ません。
40辛のスープはコクがあって、唐辛子の辛さをかなり感じて美味しい!
後からもビリビリと辛さを感じます。

2009_0315画像0087
先輩の15辛と私の40辛を比べてみました。
器の色が違うので印象が違いますが、先輩は「明らかに色が違いますね。」と言っていましたが、そうですかね? 
ちなみに、追加料金を支払えば40辛以上の設定も出来るそうです。

2009_0315画像0089
席につく前にオーダーを通していましたが、麺を茹でるのは時間がかかるのか、麺が出てくるまでには少し時間がかかりました。
麺を盛られたお皿には、キャベツ、キュウリ、白髪ネギなどの野菜がたっぷりと天盛りになっていて、チャーシュー3枚、煮卵半個、レモンひとかけらが添えられています。
相変わらず、色鮮やかで美味しそうなお皿にうっとりしちゃいます。

2009_0315画像0090
麺のお皿を比べてみると、1玉(160g)と1.5玉(240g)のボリュームの差は歴然です。
1.5玉だと、は、大きな平たいお皿のギリギリのところまで麺をのせてあります。

2009_0315画像0092
こちらのお店ではキャベツにとても力を入れていて、旬のキャベツをいろいろな場所から取り寄せています。本日のキャベツはどこから来ているか、店内の壁に書かれているのですが、写真を取り忘れちゃったので、わからなくなってしまいました(泣)。
糸唐辛子が彩りのアクセントになっています。
キャベツは太い茎もそのまま茹でてあり、食べるとバリバリと音がするほどで、先輩に笑われちゃいました。スープの辛みが強いせいもあると思いますが、キャベツの甘みを余計に感じて、とてもおいしいです。

2009_0315画像0093
この日の味玉は、半熟よりももう少し固めになっていたのはちょっぴり残念。
黄身の甘みを感じます。

2009_0315画像0094
添えられたレモンは、食べている途中に搾っていただくと、さっぱりとして食べ飽きません。

2009_0315画像0091
うっすらと美味しそうなピンク色のチャーシューは、薄いカットですが程よい味付けでとても柔らかいです。とても美味しいので、次回はチャーシュー丼を食べてみようかな。

2008_0821画像0210
このお店の真っ白いストレート麺は、ややゴワッとするような硬い食感で、とても独特です。
他のお店であまりこういうタイプに出会ったことがありません。
かなり好みがはっきり分かれると思いますが、私は大好きです。
つけダレをしっかり絡めた麺とそのままの麺と比べてみると、色合いがだいぶ違います。

2008_0821画像0208
水分の少ない麺だからなのか、とてもスープをよく吸い込んで、美味しいです。
麺をすすると、唐辛子が気管に入り込むのか激しく咳き込むことがあるので、慎重にゆっくりと口に含んで食べないと危険です(笑)。

2008_0821画像0195
こちらのお店はスープ割りはなく、「しめごはん」(100円)を勧めています。
ご飯の量は残っているスープの分量で加減してくれます。


しめごはん  (100円)
2008_0821画像0211
しめごはんは最初に注文しなくても、食べている途中でお願いすることも出来ます。
麺を食べ終わったらスープの器をカウンターに出します。

こちらのお店のしめご飯は、なぜかいつもお団子状になっています。
水分多めに炊いたご飯の方が合うからなのか、お団子的にまとまったご飯を楽しむものなのかもしれませんが、私はできればサラサラした感じで美味しいスープをまんべんなく行き渡らせて食べたいので、いつもこのお団子を潰すのに時間がかかります。先輩もせっせとご飯を崩していました。

2008_0821画像0212
温められたスープは、ふわんと香りが立ち上り、辛さが和らいでトマトの酸味の味わいが戻って、とても美味しいです。
先輩は麺は1玉でしたが、ご飯の量が結構あって、とてもお腹いっぱいになったそうです。


さすがに240gの麺はとても食べごたえがあって、夕方まであまり空腹を感じずませんでした。
入店まで少し待っていたのと、麺が出てくるのが遅かったのとで、結構時間が押してしまったので、早足で事務所に帰りました。

この日、会社員らしき若い男性と若い女性の二人組と相席になりましたが、男性は10辛のつけ麺に「うわっ、辛! まじで辛い~。」と身悶えし、女性は麺1玉をもてあまして食べきれませんでした。15辛やら40辛に設定し、麺1.5玉やしめご飯を食べている私たちってば、、、(泣)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問記録はこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

  1回目  2007年4月20日
  2回目  2008年8月19日
  3回目  2009年3月11日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年3月11日訪問時お店DATA
****************************
広島つけ麺 ぶちうま 四ッ谷本店
〒160-0008 東京都新宿区三栄町7 松尾ビル1階
TEL 03-3355-5595
営業時間 11:30~16:00  17:00~20:30(L.O.)
定休日 日・祝
JR・地下鉄四谷駅から徒歩4分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/10 09:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(4) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @市ヶ谷/麹町
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

2012年4月4日追記

2012年3月29日、久しぶりに「俵屋」に出前を頼んだら、配達をやめたと言われました。
最後にお願いしたのは2011年8月26日だったので、約7ヶ月の間のいつかに終わっていたようです。
あまり頻繁に利用してはいませんでしたが、スピーディに配達してくれる数少ない貴重なお店だっただけに残念です。

***************************************

2009_0315画像0069
3月10日、12時をまわったので、「お昼をどうしますか?」と上司に尋ねたところ、「午後は早く出かけなきゃ行けないから、チャーハンと餃子とって。」との回答だったので、「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」に電話で注文しました。
前回出前をお願いしたのが2月16日だったので、約3週間ぶりになります。

外2

「俵屋」さんは、出前だけでなく、実際の店舗でも食事をすることが出来ます。
お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から、日本テレビ通りを半蔵門方面に向かってしばらく進み、コンビニのampmの一つ先にある、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルの中にあります。

2008_0527画像0214

こちらのビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には、2008年3月7日に訪問した「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」、
2階には、2007年6月4日にランチを、2008年の3月3日にお弁当をいただいた、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」、
地下1階には、2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 (やまちょう) 麹町店」
が入っています。

外1

こちらのお店は注文してから配達してくれるまでがかなり早いので、とても重宝しています。

2009_0315画像0068
こちらのお店のラップ使いはすごいです。
まずお料理のお皿全体にラップをかけ、その上に割り箸を置き、お箸が動かないように下三分の二ぐらいのところをもう1回ラップします。出来上がりは、まるでお皿の上に割り箸が浮いているように見えます。お皿を持ち歩いても、お料理の中身がこぼれないだけでなく、お箸もビクともしません。この厳重なラッピングは、食べるときにはがすのが結構大変で、「おなかすいた~、でも、取れない~。」とジリジリしちゃうこともしばしばです(笑)。

2009_0220画像0097
一番混み合う12時ちょっと過ぎに注文しましたが、25分かからず料理を配達してくれました。


サッパリ塩味 上海焼きそば  (790円)
2009_0315画像0069
いつもの出前の方からお料理を受け取っていた先輩、「お料理が少なくありませんか?」と聞いたところ、「そんなことないですよ、この伝票通りに、、、、、あっ! 塩焼きそばがない!」
私がお願いした上海焼きそばは、配達を忘れられていました(泣)。
幸い、店舗が近くなので、すぐにとってきてくれましたケド。

2009_0315画像0070
この日の夜は友人との会食を控えていたので、軽めにと思ってこちらを注文してみました。

2009_0315画像0076
キャベツ、もやし、豚肉、キクラゲが入っていて、紅ショウガがトッピングされています。
ボリュームは普通です。

2009_0315画像0074
ラップにぎゅーぎゅーと押し付けられてやや潰れ気味の焼きそばは、「サッパリ塩味」との謳い文句でしたが、麺をすすると油の膜がはってあるかと思うぐらい油っぽさを感じました(汗)。

2009_0315画像0075
・・・なので、添えられたカラシがたっぷりなのは嬉しかったです。
ほとんど全部を全体に混ぜ込んでいただきました。


豚焼肉丼  (900円)
2009_0315画像0072
「俵屋」さんは、麺類よりもご飯ものの方が美味しいということがわかり、1,000円という破格なお値段の「チンジャーロース丼」にチャレンジしてみよう!と決意して注文した先輩でしたが、電話口で何故か「それはできない。」と断られました。「メニューに載っているんですけど、、、。」と食い下がりましたが、結局ダメで、豚焼肉丼を代わりにお願いしました。
はりきって注文しようとしていた先輩はがっくり。

2009_0315画像0073
この日は上司もご飯ものを頼んだのですが、ご飯の水分が少なくてかなり硬かったとのことで、二人とも食べるのにかなり苦戦していました。
また、先輩のお吸い物を一口いただきましたが、塩味濃いめが好きな私でも、かなり塩気が強かったです。


この日はいろいろあったランチでしたが、「俵屋」さんらしいといえばこれほどらしいことはないランチになりました(笑)。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

絶品 たんめん 野菜たっぷり (2008年3月7日
大辛・中辛が選べる担々麺・大辛 (2008年8月27日
サッパリ塩味 上海焼きそば  (2009年3月10日
バリバリ カタヤキソバ (2008年5月8日
ジャージャーめん (2009年2月16日
冷し中華 (2008年10月2日
大辛冷し中華 (2008年8月4日
マーチャン丼 麻婆かけチャーハン (2008年3月24日
中華丼 (2008年7月1日
つけ麺セット ニラレバセット (2008年12月4日)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


新しくなったメニューです↓ 配達は2個以上からです。
2008_1205画像0098

2008_1205画像0101

2008_1205画像0103

2008_1205画像0099

2008_1205画像0100

ここからは午後5時以降のメニューになります↓
2008_1205画像0105

2008_1205画像0106

2008_1205画像0104


2009年3月10日配達時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX  03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
配達時間
[平日] 11:00~21:30 (16:00~17:00は休憩時間)
[土曜] 11:00~15:00
[日祝] 11:00~20:00 (16:00~17:00は休憩時間)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/09 09:00】 | その他麺類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
本場 博多 天神 【 もつなべきむら屋 】 四谷麹町  @四谷
2009_0315画像0054
3月9日は週の初めの月曜日、上司が不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
一週間の始まりだし、せっかくなら美味しいものを食べましょうということで、2007年12月20日に訪問してとても美味しかった「もつ一得(もついっとく) 四谷麹町店」へ行くことにしました。
この日はけっこう寒い日だったので、美味しい煮込みを食べたくなったのです。

2009_0315画像0065
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口から駅前の信号を渡り、新宿通りの左側を半蔵門方面にまっすぐ進みます。小さな公園が出てきたら、ちょっと左側にある茶色いビルの地下一階にあります。

2009_0315画像0066
こちらのお店、株式会社KID’Sが展開するチェーン店ですが、2008年のいつ頃からか、店名が「もつ一得」から「もつなべきむら屋」に変わっていました。
看板が光るようになったので、少し華やかなになった気がします。
ただ、ランチメニューを見る限りでは、ほとんどお店の内容は変わっていない感じがします。

2009_0315画像0067
お店はニュー弥彦ビルの地下1階になります。

2009_0315画像0061
こちらは夜のメニューです。

2009_0315画像0062
博多名物のもつ鍋や酢もつ、九州名物の明太子、馬刺し、さつま揚げなどなど、美味しそうなメニューがずらり。

2009_0315画像0063
お値段もお手頃そうなので、夜も来てみたいな~。

2009_0315画像0060
細い階段を地下へ降りて行きます。
ビールはサントリーのプレミアムモルツです。

店内

店内はかなり広くて、内装もとてもキレイです。靴を靴箱に預けて座敷に上がります。
大きめの掘りごたつ式テーブル席なので、足をのばしてとてもくつろげます。
相席になりますが、テーブルが広いので隣の人のことはそれ程気になりません。

2009_0315画像0046
12時少し回ってからの入店でしたが、私たちでちょうど満席。とてもにぎわっています。
奇しくも、初めて訪問したときと同じ、お店の一番奥にある長テーブルの左側でした。
部屋の一番奥にある間接照明の写真を撮ってみたら、まるで夜のような雰囲気になってしまいましたが、実際には全体的にもっと明るいです。

卓上

卓上にはおそろいビンに入った調味料セットが置かれています。

唐辛子

卓上に置かれていた唐辛子です。かなり太めにカットされているのがすごい!

2009_0315画像0045
お水はセルフサービスです。

水

お水が入っているコップはちょっと背が高く、たっぷり入ります。

2009_0315画像0041
本日のランチはこちらの5種類で、お値段が650円か750円と、とてもお手頃価格です。
こちらのお店らしいメニューは相変わらず「もつ煮込み定食」(650円)だけなのがちょっと残念。
「もつ煮込み定食」はプラス200円でおかずを大盛りにできます。
ご飯の大盛り・お替りは無料です。

2009_0315画像0042
100円か150円で3種類の単品メニューがあります。
ランチビールも400円で飲むことが出来ます。

2009_0315画像0043
こちらは夜のコースメニューになります。

2009_0315画像0044
2,500円、3,500円、4,500円とお手頃価格のコースがあり、プラス1,500円で飲み放題にできます。


もつ煮込み定食 ご飯少なめ  (650円) 
2009_0315画像0048
それ程待たずに、お料理が運ばれてきました。
小さめなお盆に載せられたお料理は、もつ煮込み、サラダ、ご飯、味噌汁、お新香で、以前とほとんど同じでした。

2009_0315画像0052
以前と変わらず、ポテトサラダの量はそれ程多くありませんが、アイスクリームディッシャーで盛られていて、とてもかわいい形です。

2009_0315画像0050
お新香はキュウリの漬物で、結構量がありました。

2009_0315画像0051
お味噌汁にはワカメと長ネギが入っていました。

2009_0315画像0049
ご飯は少なめでお願いしています。

2009_0315画像0053
もつ煮込みには固ゆで卵半個とたっぷりのネギがのっています。
もつ煮込みの汁は、以前は白味噌を溶いたように白っぽかったですが、かなり茶色がかっていて、色合いが濃くなっていました。

2009_0315画像0055
モツのほかには、ゴボウが一緒に煮込まれていました。

2009_0315画像0056
固ゆでの卵を少しずつ崩してスープを合わせるととっても美味しいです。

2009_0315画像0058
たっぷりと入っているモツは、ひとつひとつのカットがとても大きくなり、一口で頬ばるのがちょっと大変。モツそのものはかなり柔らかくてトロトロとしているので、食べにくいということはありません。
モツの形が様々なので、部位もいろいろ入っているようです。

2009_0315画像0057
スープを飲んでみると、以前よりもこってりとしたコクのある濃ゆさが少なくなり、あっさりとしていて、少々塩気が強くなっていました。


帰りがけにお会計をしようとしたところ、1,000円札が切れたとのことで、先輩からお金を借りることになりました。その後、お店の入口の写真を撮っていたら、店員さんがお金を崩しに出て行っていました(笑)。

料理人さんが変わったのか、たまたまこの日の出来上がりの差なのかわかりませんが、前回食べたときの方が好みの味だったので、味わいの変化はちょっと残念でした。
とはいえ、夜は一度行ってみたいお店です。


2009年3月9日訪問時お店DATA
******************************
本場 博多 天神 【 もつなべきむら屋 】 四谷麹町
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-2-30 ニュー弥彦ビルB1
TEL:03-5213-1109  FAX:03-5213-1109
営業時間 
[平日] 月~金 11:30~14:00 17:00~24:30  
[土日祝] 16:00~23:30(L.O.22:30) (ドリンクL.O.23:00)
定休日 無休)JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/08 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
鮨 後楽  @四谷
2008_1128画像0098
2008年11月27日、上司がお客様たちとの打ち合わせの後、お気に入りのお店である「鮨 後楽(こうらく)」へ食事に行きました。大変ありがたいことに先輩と私もお誘いいただいたため、残った仕事を片付け、後から遅れて参加することになりました。
前回ディナー訪問したのは2008年3月14日だったので、約8ヶ月ぶりです。

ビル入口

JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て正面の信号を渡って新宿通りを半蔵門方面に向かって歩き、カフェドクリエのある角を左に曲がります。
角を曲がってすぐ次のビルがこの写真のビルになりますが、ぱっと見ただけだと入り口には看板などが全く出ていないので、とても飲食店が入っているようには見えません。

看板

よく見ると、入口の右側に、ひっそりと、しかもあまり目立たない黒の看板が出ています。

案内板

長尾ビルの中に入るとフロアの案内板があり、地下一階に「後楽」があることがわかります。
右手にエレベーターと細い階段があるので、どちらかを使って地下へ。

のれん

小さなお店の入り口にかかっている暖簾はとても短いです。

2009_0123画像0114
店内は意外に広く、入ってすぐ左手にカウンター、右手に個室があります。

カウンター

奥はこあがりになっていて、右にカウンター、左に個室があります。
こちらの写真が奥のカウンターです。
夜の営業ではこのカウンターの一番奥で大将が握ってくれます。

お座敷

こちらは奥の個室です。ふすまで仕切られていて、6人入れます。
この日は総勢6名だったので、こちらの個室に入りました。


瓶ビール
2008_1128画像0075
遅れて参加した私のためにわざわざ瓶ビールを注文していただきました。
お酒の飲めない先輩はウーロン茶で、遅まきながら、乾杯です。よく冷えていて、美味しい!
ビールはキリンの「ザ・ゴールド」。こちらのお店では初めて見ました。

2008_1128画像0071
まず最初に、遅刻した私たちのために上司が美味しいネタの組み合わせを注文してくれました。
どちらも私の大好物である、アナゴと中トロです。

2008_1128画像0072
アナゴはふんわりと口の中でとろけます。相変わらずの美味しさです♪
ツメがあまり甘くないのもうれしいです。

2008_1128画像0073
中トロは、こちらのお店で一番美味しいネタの一つです。
最初からお醤油がかけてあるので、そのままいただきます。
脂がたっぷりとのって、こちらもとろけます。美味しい~。

2008_1128画像0077
ここからは全員分をいろいろと握っていただきました。
まずはウニの登場です。

2008_1128画像0081
一口で頬ばるのが大変なほど、ウニがうず高く積まれています。
磯の香りは全くなく、とっても甘くて、幸せ一杯!

2008_1128画像0078
次にヒラメが出てきました。

2008_1128画像0080
ツヤツヤと光って半透明のヒラメは、青じそをはさんでいるのが透けて見えます。
写真では撮影のためにお醤油皿にのせていますが、お塩とスダチだけでいただきます。
コリコリとした食感でした。

2008_1128画像0084
お次は車海老です。

2008_1128画像0090
車海老は一度ボイルしてあるので、甘みが際立ちます。

2008_1128画像0085
生シャコの握りです。
「後楽」では、旬のものを含めてネタの顔ぶれがそんなに変わりませんが、この日はとても珍しいものがありました。

2008_1128画像0087
長崎県で食べた、茹でたピーナッツとシャコが入ったお弁当がとても美味しかったことはありますが、生シャコって人生で初めての体験です。
甘エビのようにねっとりと甘く、しかももっとコクがあり、すっごくおいしかったです!!
私はとても気に入りましたが、味はいいけどシャコの姿を思い出しちゃうとちょっと、、、というお客様もいらっしゃいました。

2008_1128画像0083
こちらは肝ソース付きのカワハギです。

2008_1128画像0086
上司の大好物で、冬の時期にしかいただけない、貴重なネタです。
もちろん私も大好きです! トロリとした肝ソースはコクがあって美味しい~。


大分むぎ焼酎 二階堂 「吉四六」瓶
2008_1128画像0105
焼酎をボトルで注文し、各自好きな飲み方でいただきました。私はロックで。
もうだいぶ空いちゃっていますね・・・(笑)。

2008_1128画像0091
ネギトロ巻です。

2008_1128画像0093
つやつやと光るピンク色のネギトロがとっても美味しそう!
こちらのお店の絶品のマグロ、もちろんネギトロでもたまりません。

2008_1128画像0096
まだお寿司が続いていましたが、何故かお味噌汁が登場しました。

2008_1128画像0097
白味噌にアサリのお味噌汁は、ずっとお寿司を食べ続けていた口にはとても温かくて、いいリフレッシュになりました。

2008_1128画像0098
最後に大皿に5種類者お寿司がどどーんと盛られてきました。

2008_1128画像0099
もう何度もこちらのお店に来ていますが、かんぴょうをいただいたのは初めてです。
とても柔らかく煮られていて、ワサビも入っていました。

2008_1128画像0103
シャリがとても小さくて、大きくて分厚い玉子の下に隠れちゃっています(笑)。

2008_1128画像0102
コハダです。程よい酸味です。

2008_1128画像0106
真上から撮ったイクラは、何だか変な感じです(汗)。
ウニと同様にたっぷりと盛られてこぼれ落ちそうです。
プチプチとした食感とねっとりした味わいが美味しい~。

2008_1128画像0109
赤身のヅケです。大根おろしがのっています。
食感がとても柔らかく、ちょうど良い感じにつけダレが染みていて、個人的にはかなり大好きなネタの一つです。

2008_1128画像0110
最後にあがりをいただきました。
相変わらず美味しくって、おなか一杯で大満足です。


この日のお会計は総勢6名で、67,500円でした。
お客様の中にとても偏食な方がいらっしゃいましたが、普段は食べられないお魚でも、こちらのお店のお寿司だと美味しくて食べられる~と感動していました。
私も美味しいお寿司をおなか一杯いただけて、大変幸せでした。
人生お初の生シャコの握り、忘れられない美味しさと出会えたのもとても嬉しかったし、勉強になりました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問記録はこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

ランチ訪問
  1回目  2007年5月23日
  2回目  2007年6月28日
  3回目  2009年1月23日

ディナー訪問
  1回目  2007年9月12日
  2回目  2008年3月14日
  3回目  2008年11月27日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2008年11月27日訪問時お店DATA
****************************
鮨 後楽 (こうらく)
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-6-1 長尾ビル地下1階
TEL 03-3261-6573
営業時間 不明です。通し営業ではありません。
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/06/05 09:00】 | | トラックバック(0) | コメント(2) |
季節料理 根本  @市ヶ谷/麹町
2011年6月27日追記

DSCF8310.jpg
この記事の中にはありませんが、路地の奥にある「根本」の大きな看板が新しくなっていたので、載せておきます。

**************************************

2009_0306画像0081
3月6日のランチは、上司が不在だったので先輩と二人で外に食べに出たのですが、この日は金曜日だったので、ちょっと美味しいものを食べに行きましょう!ということになり、久しぶりに市ヶ谷にある「季節料理 根本(ねもと)」へ行ってみることにしました。
前回訪問したのが2008年8月8日だったので、約7ヶ月ぶり、4回目の訪問です。

看板1

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進んでいくと、右手にコンビニのampmがあります。ampmを越えてすぐ右手に、ちょっとした路地があります。

看板2

日テレ通りに出ている看板です。

壁看板

この路地の一番奥に、2008年7月29日に訪問した「ハイカラ串家 ちょっとら 麹町店」があり、そのお店の看板の上にシンプルかつ巨大な「季節料理 根本」の白い看板が見えます。

ビル入口

三井ビルの入口は路地の奥左手にあり、お店は二階です。

2009_0306画像0079
ビルの中はかなり古めかしく、階段を登っていくと、二階の踊り場に立派な飾り棚があり、看板と共に立派な絵やお皿などが飾られています。

2009_0306画像0080
飾り棚の雰囲気はちょっと割烹らしく見えますが、飾り棚の左端や3階へ続く階段には相変わらず食材などのストックが無造作に並んでいます。
この日はお野菜がむき出しではなく、袋に入っているだけ、まだましかな?(笑)

2009_0306画像0078
棚の右側には黒龍酒造の「石田屋」と「仁左衛門」が飾られていました。
日本酒ファンなら垂涎のブランド。おいくらぐらいで飲めるのでしょうか。。。

入口

階段を上がった右手、飾り棚の右側に、長い暖簾の入口があります。
お店に入ると左手にお座敷、右手左側がカウンター席、右手右側がお座敷、右手奥はテーブル席があり、変則的な形ながら席数はかなりありました。

店内

ビルの古さとは対照的に、店内は明るくてとてもキレイで、居心地良いです。
こちらはカウンター席です。

卓上

いつも人気のこちらのお店。12時を過ぎるといつも人が並んでいます。
この日は雨の日だったせいか、少し待っただけですぐに中に入れました。
入って右手にあるカウンターと向かい合ったお座敷に通されました。
お座敷には4人掛けのテーブル席が二つあり、奥の方に着席。カウンターと違い、座敷はやや古びております(失礼!)。

メニュー1

定食のメニューは12種類もあって種類は豊富で、お値段は800円~1500円とややお高めに見えますが、6種類の定食は1000円以下です。
定食にお味噌汁が付いていますが、200円プラスするとスペシャルしじみ汁に変更できます。

メニュー2

予約をすれば一日一組、個室でお昼の会席をいただけるようです。


特製 海鮮丼 <ご飯少なめ>  (1,500円)
2009_0306画像0082
以前先輩が注文して、とても美味しそうだった「特製 海鮮丼」を注文。
この日の夜は外食する予定だったので、ご飯を少なめでお願いしました。

2009_0306画像0085
お漬け物にはいくつもの野菜が使われていて、いい塩加減です。

2009_0306画像0084
小鉢にはネギとおろしショウガを添えた冷や奴が入っていました。

2009_0306画像0083
ワカメと長ネギの小口切りが入ったお味噌汁です。

2009_0306画像0092
ご飯を少なめでお願いしているので少々寂しそうにみえてしまいますが、普通盛りなら充分なボリュームです。
ネギ、ワカメ、刻みノリ、ワサビがトッピングされています。

2009_0306画像0089
白身のお魚だけで3、4種類ありました。

2009_0306画像0091
まぐろだけで3、4切れのっているので、存在感があります。

2009_0306画像0087
それぞれのお刺身はそれ程厚くありませんが、とても新鮮で、プリプリしていたり、コリコリしていたりと、味わいを楽しめます。

2009_0306画像0088
とても美味しかったので、海鮮丼はカロリーが低いから、ご飯少なめにしなければよかったと、食べ終わってから後悔しちゃいました(笑)。


少しお値段がかかりましたが、上質な海鮮丼を食べられて大満足です。
ほかにも美味しそうなメニューがあるので、ぜひいろいろと食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
 名物 根性の さばみそ煮  (2008年8月8日
 天丼  (2008年2月7日
 オリジナル さばネギ焼  (2008年2月8日
 特製 海鮮丼  (2009年3月6日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年3月6日訪問時お店DATA
*********************************
季節料理 根本 (ねもと)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1 三井ビル2階
TEL  03-3262-8974
予約専用電話 0066-9676-0469
営業時間  
[昼] 11:30~14:00(L.O.13:30) 
[夜] 17:30~22:30
定休日 日・祝 
名刺に記載された営業日・営業時間は上記のとおりですが、
看板の情報だと土曜日のランチ営業はないようです。ご注意下さい。 
地下鉄麹町駅 徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/04 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
一番どり 市ヶ谷駅前店  @市ヶ谷
2014年8月18日追記

「一番どり」はいつ頃かはっきりしませんが、2012年秋から冬頃までに閉店しました。

DSCF1590 (480x360)
跡地には、2012年11月28日に「九州 熱中屋」市ヶ谷LIVEがオープンしました。
ランチ営業をしていないので、未訪です。

********************************

2009_0306画像0059
3月5日のランチは、上司が不在だったので、先輩と外へ食べに行くことにしました。
このところ、市ヶ谷方面に行ってなかったので、未訪のお店がたくさんある、市ヶ谷駅のさらに先のお堀の向こう側まで足をのばしてみることにしました。

2009_0306画像0075
JR・地下鉄市ヶ谷駅から左に進んでお堀に架かる橋を渡り、交差点をわたったところにあるビルの中に、ランチを出している飲食店がいくつかあります。

2009_0306画像0077
この日は新高ビル2階に入っている「一番どり 市ヶ谷駅前店」に行ってみました。
外食産業大手の株式会社ジェーシー・コムサが運営する焼き鳥の一大チェーンのお店で、都内だけでもかなりの数の店舗があります。市ヶ谷には靖国通り沿いにも支店があります。
最近はすっかりご無沙汰ですが、以前は夜のディナータイムに別の支店に何度か行ったことがあります。ランチでの訪問は初めてです。

2009_0306画像0076
ビルの前にはランチメニューの看板が出ています。
写真を縮小しているので、字が潰れ気味。見にくくてすみません(汗)。
お持ち帰りもできるようです。

2009_0306画像0072
新高ビルには飲食店が4軒も入っています。

2009_0306画像0071
ビルの内部はやや古めかしい造りです。
お店は2階にあるので、階段を登っていきました。
階段の途中には、お店の位置がちゃんとわかるよう、案内しています。

2009_0306画像0070
階段の踊り場にも「一番どり」の看板が出ていました。
夜のメニューの案内です。
月・火・土・日・祝限定で、飲み放題プランは値段がそのままで120分から150分に延長してくれます。

2009_0306画像0074
写真がピンぼけ気味ですみません(汗)。
毎月1日と11日は、ディナータイムに限り、全品10%オフになります。

2009_0306画像0069
お店の入口です。
エレベーターであがることもできます。

2009_0306画像0052
店内はそこそこ広く、入口から右と左に広がっている造りでした。

2009_0306画像0051
ほぼ満席でしたが、左手すぐの席が空いていて、無事、4人テーブルに着席しました。
私には夜の安い焼き鳥屋さんのイメージが強かったので、女性客が多いのには少々ビックリ。

2009_0306画像0053
ランチメニューです。

2009_0306画像0055
定番メニューが6種類、週替わりメニューが2種類あります。

2009_0306画像0056
この週のメニューは、「とりすき焼き丼セット」(930円)と「塩あんかけ丼セット」(930円)でした。

2009_0306画像0054
単品で注文しても味噌汁と漬物がついています。
セットメニューはお値段は840円から940円で、味噌汁の代わりにミニうどんがついています。

2009_0306画像0057
まずはお茶と漬物が出てきました。

2009_0306画像0058
漬物は2種類の盛り合わせです。


特選親子丼セット  (900円)
2009_0306画像0061
私は一番人気のこちらのセットメニューを注文しました。

2009_0306画像0062
プラス200円もするだけあって、ミニうどんはなかなか豪華です。
透明なダシの中に、大きな揚げ、ワカメ、万能ネギがトッピングされています。
普通に美味しく、ボリュームもそこそこありました。

2009_0306画像0066
親子丼が大好きなので、メニューにあるとついつい、注文しちゃいます。

2009_0306画像0067
卵は、半熟というよりもなまのままかと思うほど緩い火入れです。
卵をほぐすときに出来たと思われる泡がまだそのまま残っています。

2009_0306画像0065
トッピングの海苔も鶏胸肉も、かなりたっぷりとついていました。

2009_0306画像0068
ご飯もそこそこボリュームがありました。


塩あんかけ丼セット  (930円)
2009_0306画像0063
先輩はこちらのメニューをチョイス。「塩あんかけ」なんて、珍しい!

2009_0306画像0064
白菜、チンゲンサイ、ニンジン、ウズラの卵、鶏の唐揚げなどなど、ご飯が見えないくらい、たっぷりの具がのっています。
ビックリするほどの量のショウガで、単調となりがちな塩味を、かなりさっぱりと食べられたそうです。


ミニうどんをセットにするとお安くないお値段ですが、お味もそこそこで、ボリュームはたっぷりでした。
持ち帰りも出来るようなので、自転車で買いに来てみようかなと思っているものの、そのためには、まず最初に、最近ほったらかしになっている自転車のタイヤに空気を入れなければ!


2009年3月5日訪問時お店DATA
******************************
一番どり 市ヶ谷駅前店  (いちばんどり)
〒162-0844 
東京都新宿区市谷八幡町1 新高ビル2F
TEL  03-5206-6741
FAX  03-5206-6742
営業時間
[昼] 11:30~14:00 
[夜] 17:00~23:30 (L.O.22:30)
定休日 無休
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/03 09:00】 | 親子丼 | トラックバック(0) | コメント(4) |
鉄板道場 鐵一 四ッ谷店  @四谷
3月4日のランチは、前日に引き続き、午後外出する予定の上司と共に、四谷方面へ外食に行くことになりました。「炭膳」がずいぶん気に入った上司ですが、「さすがに二日連続っていうわけにはなあ、、、。」と歩きながら考え込んでいましたが、「炭膳」に行く前に三栄通りでみつけた新店の「鉄板道場 鐵一(てついち)」に行ってみようということになりました。

2009_0306画像0048
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、少し行った右手にこちらのお店があります。

2009_0306画像0049
同じ場所には、2008年2月25日に訪問した「宇明家(うめいや) 四谷店」がありましたが、2009年に入ってから改装して業務転換をはかり、「鐵一」になりました。

2009_0306画像0045
こちらのお店は「ピザーラ」などで有名な外食産業大手の株式会社フォーシーズの経営で、会社にとっても初めてのブランドの立ち上げだそうです。
市ヶ谷経済新聞によれば、レトロですが明るい内装で女性客にも入りやすくし、鉄板焼きと煮込み料理をメインに手ごろな価格で提供するとのことです。

2009_0306画像0047
ランチメニューは入口近くに看板が出ています。

2009_0306画像0046
ランチには定食、カレー、ラーメンがあり、「ごはん」と「惣菜」がおかわり自由とのこと。
ランチタイムでもビールが飲めます。

2009_0306画像0032
店内は広く、テーブル席がたくさん並んでいます。
12時30分近くに入店したところ、お店は案外空いていて、半分ほどの客の入りでした。
「空いているところ、どこでもどうぞ~。奥の方が寒くないですよ。」と店員さんから優しく言われ、奥のテーブルに席に着席しました。

2009_0306画像0031
最近よくあるの昭和レトロの内装ですが、上司にはもの珍しいのか、「おおー、すごいなぁ。」と言っていました(笑)。

2009_0306画像0030
壁の所々に貼られている夜のメニュー、「ホットとん」とか「マグマ煮」がとても気になります。

2009_0306画像0024
ランチメニューです。
定食が3種類、カレーが2種類、ラーメンが3種類あり、お値段は680円から950円です。
定食のトッピングが2種類、50円と100円で、ラーメンのトッピングは3種類、120円か150円です。
惣菜、つけもの、定食のご飯はおかわり無料です。

2009_0306画像0029
冷たいお茶は大きなポットがテーブルの上に置いてあり、セルフサービスになっています。

2009_0306画像0043
おかわり自由の「つけもの」だと思われる梅干しとふりかけが置かれています。

2009_0306画像0028
テーブルの真ん中に大きな鉢が置かれ、2種類のお総菜がたっぷりと入っています。
私たちのテーブルはきんぴらゴボウと青菜のおひたしでした。

2009_0306画像0044
お総菜はテーブル毎に少しずつ違うようです。
こちらのテーブルの鶏ひき肉と枝豆のお総菜、とっても美味しそう。。。
席につく前にさりげなくお総菜をチェックし、自分の好きなお総菜が置いてあるテーブルに座った方がいいかもしれません(笑)。


とろとろ煮豚カレー (850円)
2009_0306画像0035
それ程待たずにお料理が出てきました。
お総菜がテーブルに置いてあるせいもあり、運ばれてくるお料理はとってもシンプルで、カレーとお吸い物だけです。

2009_0306画像0037
お吸い物には小口切りの長ネギと大きめにカットされたワカメが入っていました。

2009_0306画像0038
お皿は小さめですが、ごはんもカレーもこぼれそうになるほどたっぷりと盛られています。

2009_0306画像0041
角煮は大きめなカットが二つ入っていて、とても柔らかでした。
カレーは特徴あるお味ではなかったですが、マイルドで食べやすく、普通に美味しかったです。

2009_0306画像0040
あまり赤く着色されていない福神漬けがたっぷりと添えられています。

2009_0306画像0042
せっかくなので、カレーのかかっていないところにお総菜2種類をたっぷり盛りつけてみました。
私は白いご飯が少なかったのでふりかけは試せませんでしたが、かつお節の風味がしっかりと感じられるお味は上司と先輩にとても好評で、上司はご飯をおかわりをしていました(笑)。


日替わり定食 <チキン南蛮定食> 950円
2009_0306画像0033
先輩はこちらのメニューを選択。

2009_0306画像0034
お値段はお高めですが、大きくて柔らかいチキンが3つもあり、たっぷりのタルタルソースがかけられていて、ボリューミーで美味しかったとのことです。
南蛮だから当たり前なのですが、味付けが少々甘めだったのが、先輩にとって唯一残念だったところだそうです。

食事が終わってお茶を飲んでいると、お店の方が食べ終わった食器を下げに来ました。
「ご飯が多かったですけど、大丈夫でしたか?」と優しく声をかけられましたが、残念ながら聞く相手を間違えています(笑)。ご飯が多かったおかげで、お総菜やふりかけをたっぷり楽しんじゃいました。
若くて人当たりの良い店員さん達のサービスも印象的です。
壁に貼られた夜のメニューには気になるものも多く、お値段もお手頃そうなので夜も来てみたいです。


2009年3月4日訪問時お店DATA
****************************
鉄板酒場 鐵一 四ッ谷店 (てついち)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-5 三陽ビル1階
電話:03-5379-5800
営業時間
[平  日]11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:30(L.O.23:00)
[土日祝]11:30~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/02 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
炭火焼 炭膳  @四谷
3月3日のランチは、上司の午後の外出にあわせ、12時30分過ぎに事務所を出て、上司と先輩と私の3人で外食することになりました。
外出先へ行くのに丸ノ内線を使うため、四ッ谷方面にあるお店へ行くことに。

2009_0123画像0057
2009年1月21日のランチで「炭膳(すみぜん)」に行った時、ボリューム感たっぷりのお料理を上司はかなり気に入ったようで、再訪することになりました。
もちろん、先輩も私もこんなに早く再訪できてとってもうれしかったです!

2009_0123画像0056
お店はしんみち通りの入口すぐ左にあるタカマスヤビルの地下にあります。
同じビルの2階には2007年10月3日に訪問した「らぁめん 芳久(よしきゅう) 四谷」があります。
細い階段を下りていきます。

2009_0123画像0039
店内はそれほど大きくなく、右手に厨房、左手にテーブル席が並んでいました。

2009_0306画像0008
12時から1時までの1時間は禁煙です。

2009_0123画像0043
階段を下りて店内をのぞくと、ちょうど満席でしたが、お店のおばちゃまから「もうすぐ空きますよ~。」と言われ、待つことにしました。
本当に、すぐに席が空き、奥の方の6人掛けのテーブルに相席で着席。

2009_0123画像0038
店内にはラジオが大きめのボリュームで流れていました。
フロアはおばちゃまがお一人で切り盛りしています。とても丁寧で気持ちのいい接客で、「お待たせしてスミマセン。」と何度も何度もおっしゃって下さいました。

2009_0306画像0010
メニューは卓上にはなく、お店の入っているビルの前か、お店の奥の壁に貼られています。
この日のメニューは15種類の定食ですが、早い時間に行かないと売り切れも出てきます。


豚ロース炭焼 ご飯少なめ  (800円)
2009_0306画像0015
「おすすめ」と書かれた「豚ロース炭焼」を全員で注文しましたが、残念ながら2名分しかないとのことで、メンチ定食とかなり悩んでいた上司が変更してくれることになりました。
ありがとうございます!

2009_0306画像0017
小鉢には冷や奴が入っていました。前回と同じです。

2009_0306画像0022
木綿豆腐の冷や奴には、おろし生姜と小口切りの長ネギが添えられていました。
お醤油をかけていただきま~す。

2009_0306画像0018
熱々のお味噌汁にはナメコ、ワカメ、長ネギの小口切りが入っていました。
いつもしっかりした味付けのお味噌汁ですが、この日はかなり味噌味が強く、醤油よりも味噌が好きなくせに味噌汁の苦手な先輩はかなりしんどかったそうです。

2009_0306画像0016
ご飯は少なめでお願いしました。
お店のおばちゃまは「足りなかったら言ってくださいね。」と優しく声をかけてくださいます。

2009_0306画像0021
出てきたお肉の大きさにビックリ!です。
豚ロースはそれ程厚みはないものの、一枚がお皿の上を覆い尽くすぐらいの大きさで、しかも、3枚ものっていました。

2009_0306画像0020
お肉に隠れてしまっていますが、下にたっぷりの千切りキャベツが敷かれていて、フレンチドレッシングがかけてあります。

2009_0306画像0019
お味噌に漬け込んだ豚肉は程よく甘く、お箸で持っていても崩れそうになるぐらい柔らかで、炭火で焼かれた香ばしい匂いと味わいが、口の中にふわーっと溢れます。とっても美味しい!

2009_0306画像0023
大きさがわかりやすいかと、お肉を一枚お皿の上に出してみましたが、全然ボリューム感が出ていませんでした。。。(泣)。


この日食べた豚ロース炭焼は、お肉って炭で焼くとこんなに美味しいんだ!ということを再認識させてくれて、さすが「おすすめ」になっているだけのことはあるな~と思いました。
二回目の訪問でますます大好きになったこちらのお店、他のメニューもぜひ開拓したいです。


2009年3月3日訪問時お店DATA
*****************************
炭火焼 炭膳 (すみぜん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 高増屋ビル地下1階
電話&FAX 03-5360-4451 
営業時間
[平日] 11:00~15:00 17:00~21:00
[土曜] 11:00~14:00 
定休日 日曜
JR・地下鉄四ッ谷駅から 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/06/01 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる