THAI RESTAURANT JASMINE THAI 四谷店  @四谷
劇的な衆院選から一夜明け、寝不足の方も多いのではないでしょうか。
私ももちろん深夜までテレビに齧り付いていて、今朝ブログの記事を書くために早起きするのがとても辛かったです(笑)。
いやはや、今週は長い一週間になりそうですが、がんばりましょう!

ところで、この記事からしばらくは、カメラのセットを間違えてパノラマにしてしまった(汗)ので、普段よりも写真の縮尺が違いますので、見た感じが少し変わると思います。

2008_0531画像0122

2009年5月25日は週明けの月曜日。
上司は出張で一日不在だったので、何か美味しいものでも食べに行きましょう!ということで、久しぶりに「THAI RESTAURANT JASMINE THAI (ジャスミン・タイ) 四谷店」に行こうと思っていました。
12時ジャストに出かけるべく支度をしていたら、突然上司が事務所に戻ってきてビックリ。上司は幾つか用事を片付けてから出かけていったので、私たちは12時30分近くにようやくランチへ行けました。
前回訪問したのは2008年10月27日だったので、約7ヶ月ぶりで、3回目の訪問です。

店

JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に向かって進み、2つめの角を左に曲がります。

看板

静かな路地の奥の方に、オシャレな佇まいのお店があります。
この界隈では有名な鯛焼き屋さんの「ふたば」の斜め前です。
こちらのお店は本店が六本木にあります。

2008_1028画像0033
お店には広いテラス席が入口の左右に広がっています。

2008_1028画像0041
入口近くの階段を上がってすぐのところに、水をたたえた大きな鉢が置いてあり、カラフルな造花の蓮の花がたくさん浮かべられていて、とても色鮮やかです。

店内1

店内は入って左側にテーブル席が3つあるちょっとした個室があり、右側はかなり広いスペースでテーブル席がたくさん並んでいます。

店内2

レジと厨房の間にある壁に掲げられている肖像はタイの高僧の方だそうです。

2008_1028画像0034
店内は8割ほどの人の入りで、お店の方からは店内のお店をすすめられましたが、急に気温が高くなって良い季候だったので、空いていたテラス席に座らせていただきました。
一番左手奥の席です。

2008_1028画像0035
フロアスタッフの女性店員さんは、色鮮やかでステキな民族衣装に身を包んでいます。

2008_0531画像0137
店内の至る所にオシャレな小物が飾られていて、とても凝っています。

2008_0531画像0116
内装品のほとんどはタイから直接取り寄せているとのことです。

2008_0531画像0115
12時半を過ぎていましたがテラス席は6割ほど埋まっていました。

2008_0531画像0138
ランチメニューは曜日によって決まっています。
アラカルトメニューも注文できるようですがどんなお料理があるのか全くわかりません。

2008_0531画像0139
写真の写りが悪いですが(汗)、メニューは6種類あります。
ただし、重複しているメニューも結構あります。

2008_0531画像0140
お値段は4種類が950円、2種類が1,200円と少しお高めの設定です。

2008_0531画像0141
こちらは入口に置かれたランチメニューです。
全部で7種類ありました。決められた6種類のほかに、950円の「P 空心菜炒めセット」という日替わりのようなメニューもありました。

2008_1028画像0036
卓上にあった木箱。

2008_1028画像0037
フタを開けてみると、中にお箸、スプーン、フォークが入っていました。

卓上

ナプキン立てにはとってもリアルな象があしらわれています。

2008_1028画像0038
細かく鮮やかな色合いに彩色された灰皿です。
かなり装飾的な灰皿とはいえ、置いてあるということは喫煙オッケーなのだと思います。

2008_0531画像0117
大きなグラスにお水をたっぷりといただき、お料理を待ちます。


E 蟹のカレー炒めセット  (1,200円)
2008_0531画像0118
この日は給料日だったので、、一番お値段のお高いこちらを注文。
それ程待たずにお料理が出てきました。
メイン、ライス、スープ、小鉢のセットです。

2008_0531画像0123
以前食べたとき、スープはトムヤムクンスープだったので、ちょっと残念。
日によって違うのかな?

2008_0531画像0132
ほんのり甘めな中華スープには、黒キクラゲ、卵、万能ネギ、かわいく飾り切りされた大根やニンジンが入っていました。ボリュームもあって美味しかったです。
スープの底に黒胡椒の粒があったようで、思いっきり噛みしめてしまい、しばらく口の中がビリビリしていました(笑)。

2008_0531画像0124
厚揚げ(?)にはパクチーがきいたタレがかかっていましたが、辛さの割には甘みもかなり強かったです。
彩りにレタスが少し添えられていました。

2008_0531画像0119
大きくて真っ白なお皿に鮮やかな黄色の蟹のカレー炒めとご飯が盛られています。

2008_0531画像0126
ご飯は型押しになっていて小さく見えますが、けっこうたっぷりと入っていました。

2008_0531画像0120
カレーの鮮やかな黄色に、たっぷりの赤のパプリカ、ネギの緑と、とても鮮やかな色合いです。

2008_0531画像0121
カニの姿はすぐには見えませんが、野菜の下に隠れていました(笑)。
ソフトシェルでしょうか、しっかりとした下味をつけて揚げてあり、全部食べられます。

2008_0531画像0131
大きなカットのセロリもたっぷりと入っていました。
カレー炒めといっても辛さはほとんどなく、わりあいさっぱりした味わいです。


E チキンバジル炒めセット  (950円)
2008_0531画像0127
先輩はこちらのメニューを注文。
メイン以外は私のものと全て同じです。

2008_0531画像0128
ご飯の上にすっぽりとかぶせられた半熟の目玉焼きがとっても美味しそう。

2008_0531画像0129
バジルのきいたお肉は美味しかったとのこと。

2008_0531画像0125
写真だとちょっとわかりにいですが、デザートのタピオカには少量の氷を浮かべてあり、食事が終わってからでも冷たいままいただけます。

2008_0531画像0134
翡翠色のタピオカはさっぱりとした甘みで美味しいのですが、ついていたスプーンが恐らくコーヒー用の小さめなものだったので、ちょっと食べにくく、タピオカの量がたっぷりなだけに面倒でした。

2008_0531画像0136
お料理を食べ始めてそれ程経たないうちにジャスミンティーが運ばれました。
香りも味もちょっと薄めだったのが残念。
お料理のボリュームは普通ですが、お茶を最後にいただいたので満足です。


この日は、タイ料理を食べに行くぞ~と、トムヤムクンの酸っぱさやパクチーのパンチある味わいをイメージしていたので、この日のメニューにはそういう系統の味付けでなかったのは少々残念でしたが、お料理としては美味しくて満足しました。

実は数日前が誕生日だったので、この日のランチは先輩がおごって下さいました。
ひえ~、ブログ用にと、一番お高いメニューを食べてしまった(汗)。
先輩、本当に本当に、ごちそうさまでした!


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

トムヤムクンラーメン  (2007年11月7日
レッドカレー  (2008年10月27日
蟹のカレー炒めセット  (2009年5月25日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2009年5月25日訪問時お店DATA
**************************************
THAI RESTAURANT JASMINE THAI 四谷店 (タイ レストラン ジャスミン タイ)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-17 後藤ビル1F
電話03-5368-1091
営業時間 
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30) 
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:00) 
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/31 09:00】 | タイ | トラックバック(1) | コメント(4) |
The Pool & TRADER VIC’S [ホテル・ニューオータニ]  @四谷
2009_0821画像0051
普段のランチレポートは3ヶ月も遅れている私ですが、
今日はこの夏に楽しんだイベントを繰り上げてレポートします!

ホテルニューオータニでは、夏の期間、プールを宿泊客以外に公開しているのをご存ですか?
日中からプールに入るにはかなりのお値段がかかりますが、ナイトプールという午後6時以降の企画を利用すると4,000円で利用でき、さらに水曜日は女性だけ3,500円で楽しむことが出来ます。

こちらの企画、実は昨年から計画していたのですが、なかなか先輩と出かけるタイミングが合わず、2年目の今年、8月19日の夜、ようやく実現しました!

2009_0821画像0016
会社を定時で速攻に上がり、先輩と二人でホテルに向かいました。
夏至以降、日が段々と短くなってきていて、まだ午後7時前で夕暮れの景色です。

ちなみに、高級ホテルのプールに行くというのは、私は人生初めてです。

2009_0821画像0017
ホテルへは、JR・地下鉄四ッ谷駅を背に立ち、右側にのびる上智大学と桜並木の間の細い道を道なりに進みます。緩やかな坂道をしばらく歩いていくと、木立の間からニューオータニが登場します。
四ッ谷駅へと戻っていく会社員の人が多く、歩道が細いために少々歩きづらかったです。

プールへ行くには、ホテルのフロントには行かず、道標に従ってまっすぐ進みます。

2009_0821画像0018
通りのほぼどん詰まりにプールがあり、意外にポップな「The Pool」という看板を見つけました。

案内板が出ているので迷うことなく到着し、地下への細い階段を降ります。
この辺りの雰囲気は、申し訳ないですが、公営プールとさほど変わりません(笑)。
靴を脱いで入口近くのカウンターに行って3,500円を支払い、ロッカーの鍵とバスタオルとバスローブを受け取ります。バスタオルとバスローブはどちらもしっかりとした素材なので厚みあり、靴も一緒に持たねばならないので、かなりの大荷物でした。
この日は多少ディスカウントがある日のせいか、結構たくさんの人がいました。
更衣室には、少々手狭なシャワーが6つか8つあり、それよりもう少し広い着替え用のスペースが6部屋ぐらいあります。

2009_0821画像0030
着替えを終え、階段を登ってプールに行きました。
入口近辺のHPで見てイメージしていたものより、実物のプールは少々小さめでした。
全体的に丸みを帯びた大人用の大きなプールが一つ、子供用の浅めのプールが一つありました。

2009_0821画像0085
大人用のプールの一角はかなり深みのある飛び込み専用スペースになっていて、監視員さんが一人ついています。
空いていたら一度ぐらいやってみようかな~と思いましたが、飛び込みに自信のある男性陣、子供たち、友達に追い込まれた若い女性などなど、結構混み合っていたので、恥ずかしいのでやめておきました(汗)。

2009_0821画像0028
プールサイドにはぐるっとデッキチェアが並んでいて、ブルーのライトアップがとってもキレイ。
優雅に見えますが、場所によってはイスとイスの間がほとんどなく、かなりキツキツに並んでいるところもありました(笑)。

ちなみに、1日10席限定でカメハメハシート(プール入場料別で1万円)というサービスがあり、2階のゆったりとしたスペースを確保することが出来ます。バスローブの豪華さが違うので、こちらのサービスを利用している方はすぐにわかりました(笑)。

2009_0821画像0031
プールサイドの2階テラスにレストランがあります。
こちらではバスローブ姿のまま利用することが出来ます。
食事も楽しみですが、まずはせっかく来たので泳がないと!

2009_0821画像0032
プールは泳いでいる人ばかりでなく、持参したビーチボールなどを使って楽しんでいる人が多かったので、あまり長い距離を泳ぐことも出来ず、先輩と私はひたすら歩いていました。

ニューオータニの新館は、日没した時間を過ぎてもうっすらと外からの光を浴びていて、ほんのりと明るく光っていました。

2009_0821画像0020
プールサイドでは、プール営業期間中、水曜日から土曜日の夜、様々なイベントが行われています。この日はフレアバーテンディングで、7時、8時、9時と1時間ごとに行われました。
普段はレストランで勤務している方々のパフォーマンスは、人によってちょっと実力差がわかっちゃうぐらいで、割れないボトルとは言え、ボトルを落とさないか、ハラハラしちゃいます(笑)。

2009_0821画像0033
お客さんもノリノリで、パフォーマンスがよく見えるよう、前に集まってきました。
カクテルを作るパフォーマンスのあと、カラーボールを幾つかプールに投げ込み、ボールをキャッチした人がその色のカクテルをいただける、という仕組みでした。

2009_0821画像0036
この日は神宮花火大会でした。
プールの中で遊んでいたところ、7時45分頃でしょうか、突然大きな花火の炸裂する音が聞こえてきて、空がパーッと明るく広がりました。プールの中にいたお客さんたちは即座に2階のテラスに上がり、神宮方面を眺めていましたが、どういう訳かそれ以上は続かず、何でこのときだけいろいろと聞こえたり見えたりしたのか、とても不思議でした。

結局2時間近くスイムウオーキングを行い、おなかペコペコだったのであがることにしました。
さすがにこの頃はかなり気温が下がり、おまけに風が吹いていたため、ブルブル震えながらバスローブを身につけました。

2009_0821画像0083
プールの一番奥、パフォーマンスをやっていたスペースの脇に、2階にあるレストランへ上がっていく階段があります。
何故か、色違いの花輪をのせたモアイ像が2つ置かれています。

2009_0821画像0084
「TRADER VIC’S(トレーダー ヴィックス)」は、アメリカのサンフランシスコに本店のあるレストランで、普段はニューオータニのガーデンタワーの4階にあるそうですが、プールを営業している期間 「TRADER VIC’S OUTRIGGER(アウトリガー)」という名前でプールサイドの2階でお料理を楽しめます。

2009_0821画像0039
お店はプールに沿って細長く奥に向かってのびていますが、私たちは入口すぐのテーブルに案内されました。店員さんが詰める場所なので、ちょっとバタバタしていて、雰囲気もイマイチでしたが、このときはとにかく寒くて早く何か食べたいという思いで一杯でした(笑)。
身体が震えていたせいか、ピントもボケボケ。

2009_0821画像0038
テラスから眺めたプールはとってもキレイ。
白い文字で「The New Otani」と書かれていました。


MAI TAI ~マイタイ~  (1,500円)
2009_0821画像0042
せっかくホテルのビーチにいるんだから、トロピカルカクテルを頼まないと!と思い、寒さにも負けず、こちらを注文。

マイタイとはタヒチ語で”最高”という意味だそうで、最高のカクテルとしてこちらのお店のベストセラーとのこと。ジャマイカのオールドラムをベースとしたカクテルです。

ちなみに、アルコールなしでも注文できます。お値段は1,000円です。

2009_0821画像0043
搾ったライム、ミント、パイナップル、チェリーがトッピングされていました。
甘いですが、ラムのアルコールの強さもしっかりと感じる、サッパリしたお味でした。

2009_0821画像0046
フルーツを差してあるピンに、何やらビミョーなキャラクターがありました(笑)。


CHEF TAI’S NASI GORENG ~タイシェフ特製ナシゴレン~  (2,200円)
2009_0821画像0047
タイシェフ特製という言葉にひかれ、こちらのメニューを注文。
少々待って、お料理が登場しました。
ナシゴレンはインドネシア料理ですが、何故かタイシェフ特製(笑)。

2009_0821画像0048
ナシゴレンと言えばエビせんべい。
大きいサイズで3つもありましたが、かなりしけっていたのがとっても残念。

2009_0821画像0049
こちらもナシゴレンのお約束、目玉焼きが中央にトッピングされていました。
この目玉焼きは半熟で、黄身がトロトロでした。

2009_0821画像0050
ナシゴレンの中にも入っていましたが、エビは幾つか並べられています。
彩りにトマトも添えられていました。

2009_0821画像0055
四谷界隈ではインドネシア料理屋さんはないので、普段はついついタイカレーとかばかり食べてしまうので、ナシゴレンをいただくのはずいぶん久しぶりでした。

おなかペコペコだったので、早速食べ始めたら、このナシゴレン、とっても美味しい~!
複雑な味わいですがしっかりとした味付けで、ところどころピリッと辛みを感じます。

ナシゴレンが2,200円か~と、オーダーしたときはかなりお高いと感じていましたが、あまりの美味しさにビックリ。ホテルのお料理ってグレードが違います。


THAI GREEN CHICKEN CURRY ~タイグリーンチキンカレー~  (2,000円)
ミックスグリーンサラダ、フルーツ付き
2009_0821画像0054
先輩は大好きなタイカレーを注文。
ココナツミルクの濃厚な甘い香りが漂います。
カレーを一口いただきましたが、香りと同じく味わいも濃厚で、とっても美味しい!
先輩の話では、サラダのドレッシングもめちゃくちゃ美味しかったそうです。

2009_0821画像0064
食事をしていたら、9時スタートのパフォーマンスが始まりました。
8時のイベントの時、「次はより過激にやります!」と言ってましたが、ここまではほとんど同じ。
この時間帯はさすがにかなり冷え込んでいて、プールの中から見ている人は少なく、プールサイドにあがって座ってみている人がほとんどでした。

2009_0821画像0067
ここで、炎を使ったパフォーマンスが!
照明を落とし、黄色い炎が忙しく動いて、とってもキレイ。
なるほど、かなり過激です(笑)。

2009_0821画像0077
7杯のカクテルが同時に出来上がりました。器用だなあ~。

のんびり食べたりおしゃべりしていたら、もう午後9時50分!
慌ててあがりましたが、午後10時に営業終了だったので、シャワーやロッカーが大混雑。
少し並んで温かいシャワーを浴びて、とてもすっきりしました。

2009_0821画像0088
たっぷりと遊んで心地よい疲労感に身を委ねながら帰路につきました。


2年越しの企画は、予想以上にたっぷりと遊び、美味しい食事でとても楽しかったです。
また機会があれば、高級ホテルで遊んでみたいです。


2009年8月19日訪問時お店DATA
*************************************
The Pool (ザ プール)
TRADER VIC’S 
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ガーデン40F
TEL 03-3238-0023
営業時間 
[朝] 7:00~10:00
[昼] 11:30~14:00  
[夜] 17:30~21:00
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩6分
地下鉄赤坂見附・永田町から徒歩3分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/08/28 09:00】 | エスニック | トラックバック(0) | コメント(3) |
番町 松月庵  @麹町
2008_0531画像0004
5月23日は土曜出勤を命じられ、先輩も私も午前10時前に会社に到着。
ここで働き始めてからほとんど土日出勤がなかったのに、上司は最近味をしめたようで、今年に入ってからかなり頻繁になりました。うーむ、困ったもんです(泣)。

上司はかなり楽観的で、3時間ぐらいで終わるから、、、との話でしたが、いざフタを開けてみたら、まずお客様が30分も大遅刻、しかも資料を取りに埼玉県川口市まで資料を取りに帰るなど、なんだかんだで最終的には7時間近くかかりました(汗)。

午後2時過ぎ、さすがに空腹に耐えきれなかったのか、上司が「お昼、どこかでとれるか?」と聞いてきました。実はこの日、先輩も私も夜の予定があったので、中途半端な時間にあまり食べたくなかったので、「松月庵ならやっていますよ。」と誘導し(笑)、出前をお願いすることになりました。
前回出前をお願いしたのは2009年4月23日だったので、約1ヶ月ぶりになります。

こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんも、
皆さんとても感じの良い方ばかりです。
それほど頻繁に出前をお願いしている訳でもないのに、こちらの会社のことを覚えていただき、
とってもうれしいです。

2009_0123画像0103
実際のお店は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

2008_1128画像0070
こちらのお店でいただくお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備しているので、利用するのは上司だけ。
電話で注文する時に「お箸はいりません。」と伝えるのを忘れてしまうことが多いので、
配達の時に持ってきていただいたのにわざわざ持ち帰っていただいたり、
さらにそれも忘れると使わずにとっておいて器と一緒に返却するようにしています。

紙

こちらは普段お新香にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_0531画像0001
ところが、この日は定休日前日の土曜日だったので、こちらの紙になっていました。
「明日は休業させて戴きます。何卒御容謝の程お願い申し上げます。」との丁寧なコメントが印刷されています。

2008_0531画像0002
せっかくなので紙を開いて、記念撮影。
正直なところ、この日はこの包み紙に巡り会えたのがとても嬉しく、土曜出勤して本当に良かったと思いました。

2008_0531画像0003
お蕎麦についてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。
休前日だから、、、というわけではないでしょうが、この日は長ネギがたっぷり!
あまりにも量が多すぎて、七味唐辛子が見えないぐらいです(笑)。

午後2時過ぎに注文したところ、20分ぐらいで届けていただきました。
おなかがペコペコだったので、本当に助かりました。


冷しきつねそば  (700円)
2008_0531画像0004
夜に備え、ボリュームを軽めにと思って「きつねそば」を注文しましたが、お蕎麦の上には油揚げだけではなく、天かす、ナルト、ほうれん草、そしてたぷりの刻み海苔と、当初のイメージよりもかなり豪華でした。

2008_0531画像0005
きつねは油揚げ、狸は天かす、というイメージがありましたが、.こちらのきつねそばにはたっぷりの天かすが入っています。
個人的にはコクがしっかりと楽しめるたぬきそばの方が好きなので嬉しかったです。

2008_0531画像0007
きつねそばと言えば油揚げですが、たくさんのっているものの、刻み海苔などでちょっと姿が見えなくなってます。

2008_0531画像0011
海苔をどけてみました。
短冊切りしてある油揚げは、しっかりと甘く煮付けてあります。

2008_0531画像0008
最近ラーメンではほとんど見かけなくなったナルトが1枚入っています。
私は練り物大好きなので、嬉しかったです。

2008_0531画像0009
少しですが、ほうれん草を茹でたものが入っていました。
彩りとしてはあるとないではかなり違います。

2008_0531画像0010
麺は配達していただいてから少し置いてしまったこともあり、麺がそばつゆを吸い込んでしまい、ほぐすのが大変でした。そばつゆは相変わらずの美味しさです。
麺のボリュームは普通です。のびている分、多く感じましたが。


この日は中途半端な時間に出前をお願いし、こちらも終わり次第会社を閉めてしまう予定だったので、月曜日に改めて空いたお皿を取りに来ていただくことにしていましたが、4時過ぎにお店の方がわざわざいらっしゃって下さり、無事食器を引き渡すことが出来ました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  五目蕎麦(日本蕎麦)(2008年12月9日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日
(特製品)
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
(季節物)
  冷しきつねそば  (2009年5月23日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば(2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日

  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日
(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
(セット物)
  親子丼セット(もりそば)(2008年3月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2009年5月23日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日曜日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/27 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(4) |
築地 宮川本廛  @四谷三丁目/四谷
5月22日はお昼をはさんで長い打ち合わせがあったので、お客様にお出しするために何か出前を取らなければなりませんでした。
打ち合わせ前に上司の意向を聞いておくつもりだったのですが、何だかバタバタしているうちに会議に突入してしまい、もう上司と話せないだろうから、「シローズ」のお弁当でも取り寄せようかと先輩と話していたら、ひょんなことから会議室から出てきた上司が「きじ丼をとってくれ。」と言ったので、「築地 宮川本廛(みやがわほんてん) 四谷店」に出前をお願いしました。
前回こちらのお店に配達をお願いしたのは2009年4月14日だったので、約1ヶ月ぶりです。

店

実際の店舗には行ったことがなく、専ら出前をお願いしています。
お店の場所は、JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に向かって進み、通りの左側、この写真の路地を入ったところにあります。もう少しで四谷三丁目という場所です。

2009_0520画像0037
11時30分頃に電話で注文し、「30分ぐらい見ておいて下さい。」と言われたので、ちょうど到着が12時頃になるからちょうどいいなあと思っていたら、なんと11時45分に届けて下さいました。5人分のお料理を頼んだのに、所要時間がわずか15分。あまりの早さにビックリです。
お昼前の空いている時間帯だったとはいえ、何だかあまりに早過ぎて、お客さんがそんなにいらっしゃらないのかしら、、、と余計な疑問も思ってしまいました(汗)。

2009_0220画像0002
お客様にお弁当を出したので、この日はマイ箸にせず、お箸もいただきました。

2009_0520画像0038
お新香はいつもどおり、タクアンと柴漬けの2種類です。

2009_0520画像0039
お昼前に出すわけにもいかず、しばらく時間をおいてからお弁当を配る段になり、私のどえらいミスが発覚!
お客様の一人がかなり遅れていらっしゃったのですが、私はその方をカウントするのを忘れ、お弁当が一つ足りない、、、、!!!
会議参加メンバーにはきじ重を注文していたのですが、先輩は鳥そぼろ重、私は親子重特上を頼んでいたので、違うメニュー。しかも、私の親子重は特上のために赤い器だったのできじ重(並)の黒い器のお客様に出すわけにもいかず、きじ重と同じ黒色の容器の先輩の鳥そぼろ重を上司に食べさせることにし、なんとか事態を収拾しました(汗)。
本当に、本当に、申し訳ございませんでした!(大反省)

お弁当が一人分足りないので、この日は金曜日だったということもあり、「サファリカレー」を買いに行きました。12時を少し回っていたので既に長い行列。売り切れになってしまったらどうしよう、と心配したのですが、ちょっと待たされたものの、無事ゲット。


親子重・特上  (1,470円)
2009_0520画像0041
最初、私が注文した親子重・特上を先輩に食べていただこうと思っていたのですが、先輩から「最近ちょっと宮川本廛のメニューには飽きているので、サファリカレーの方がとっても嬉しい。」と言われ、結局自分でいただくことになりました(汗)。

2009_0520画像0043
中央部分には、並盛りではない、とても大きな生卵がトッピングされていました。
温かいまましばらく置いていたせいもあり、卵黄の縁は少し固まっています。

2009_0520画像0042
並盛りの「親子重」に比べて卵をたっぷりと使っているせいか、「きじ重・上」と違って鶏肉のボリュームはそれ程変わっていないように感じましたが、ささがきのゴボウはかなりたくさん入っていました。

2009_0520画像0044
ご飯が相変わらず水分多めで、硬めなご飯が好きな私にはちょっと残念でした。
卵はたっぷりなものの、全体的なボリュームは普通です。


サファリカレー (600円) + トッピング (50円) = 650円
2009_0520画像0040
いつもはサービスのトッピングを一つつけるだけですが、この日は先輩に食べてもらう可能性があったので、お詫びを込めてチーズとゆで卵の二つのトッピングをつけました。

2009_0520画像0045
わずかプラス50円なんですけど、とっても豪華です。

2009_0520画像0046
先輩は、夏になって気温が上がってくると自宅でカレーを作らなくなってしまうとので、美味しいカレーが食べられて本当にうれしいと喜んでもらえました。
本当に、心の底からホッとしました(汗)。


この日は本当に大失敗で、大反省な一日です。
お客様に(それほど)迷惑がかからなかったことが唯一の救いでした。
上司にも先輩にも本当にご迷惑をおかけしました。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

きじ重・特上 (2009年4月14日
きじ重・上 (2008年1月22日
うな玉重・上 (2008年5月13日
親子重・特上 (2009年5月22日
親子重・上 (2009年2月12日
きじそぼろ重・上 (2008年9月29日
三色重・上 (2008年11月14日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

出前のメニューはこちら↓です。
2008_1115画像0105
色が水色からオレンジ色になり、ちょっと華やかになりました。

2008_1115画像0107
うなぎで有名なこちらのお店ですが、上司は「うなぎは秋本!」という人なので、「築地宮川本廛」ではうなぎを注文したことがありません。。。

2008_1115画像0108
値上がりにより、以前はあった「うな重 梅」はなくなり、以前1,500円からいただけたうな重は、最低でも1.995円かかるようになってしまいました(泣)。


2009年5月22日宅配時お店DATA
****************************
築地 宮川本廛 四谷店 (みやがわほんてん)
〒160-0004 東京都新宿区四谷2-11-9
TEL 03-3341-7777  FAX 03-3341-7805 
定休日 水曜日
地下鉄四谷三丁目から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/26 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(4) |
【閉店】 紹興酒倶楽部・刀削麺ダイニング 龐家私宴 四谷店  @四谷
2014年10月3日追記

「龍の里」は2014年7月頃までに閉店したようです。

DSCF1029 (480x360)
跡地には、2014年8月に「中華居酒屋 聚べん」がオープンし、2014年9月10日にランチ訪問しました。

*******************************

2014年3月4日追記

「123酒場」は2014年1月までに閉店したようです。

DSCF2226_201402260753417ce.jpg
跡地には、2014年2月に「創作風居酒屋 龍の里(りゅうのさと)」がオープンし、2014年2月19日にランチ訪問しました。

**********************************

2013年7月18日追記

「龐家私宴 四谷店」は、2013年4月末に閉店したそうです。

DSCF9324_20130716074900.jpg
跡地には、「華の宴 123酒場」が2013年5月7日にオープンし、2013年6月20日にランチ訪問しました。

**************************************

2009_0520画像0023
2009年5月21日のランチは、上司が不在だったので、先輩と外に食べに出ました。

2009_0520画像0035
向かった先は、約2週間前の5月8日にオープンしたばかりの「紹興酒倶楽部・刀削麺ダイニング 龐家私宴 (ばんかしえん) 四谷店」です。

2009_0520画像0036
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に向かい、四谷一丁目交差点の次の交差点の右側にあるパルム四谷の地下1階にあります。
この場所に以前何があったか、全く思い出せません(汗)。

2009_0520画像0034
いただいたチラシによれば、オーナーシェフは上海出身の龐陳偉という方で、上海で活躍後、28歳で来日、麹町に「龐ちゃん酒房 麹町本店」をオープンして有名店となり、多くの著名人や芸能人が顧客となっているカリスマシェフだそうです。

2009_0520画像0033
細い階段を降りて行きます。

2009_0520画像0032
階段の壁には所狭しとお料理や来訪した有名人の写真などが飾ってあります。

2009_0520画像0031
入口は小さいですが、開店記念でしょうか、立派なお花が飾られています。

2009_0520画像0022
店内はかなり広く、右手に厨房があり、左手にテーブル席がたくさんあります。
全部で80席あるそうです。

2009_0520画像0030
私たちが入店したときは、ちょうど一番混雑している時間帯だったので、席はほとんど埋まり、店員さんは忙しく動き回っていて、どうして良いかわからず、しばらく立ちすくんでいました(笑)。

2009_0520画像0002
右手奥にちょっとした個室スペースがあり、テーブルが2卓ありました。
本来ならランチでは使わないようですが、快く私たちを通して下さいました。

2009_0520画像0001
こちらの場所は使う予定じゃなかったからか、冷房が止められていて、かなり暑かったです。
店員さんたちは忙しそうだったので、特に何も言わなかったのですが、食事が終わる頃に気付いていただき、食後はクーラーにあたることができて気持ちよかったです。

2009_0520画像0003
先輩も私も、刀削麺に飲茶や杏仁豆腐がついているレディースセットを注文。
ちなみに、こちらは男性も注文可能です。
最初に、飲茶と杏仁豆腐と小皿が縦に積まれて出てきます。

2009_0520画像0007
この合理的な配膳は、日本ではあまり見かけないです(笑)。

2009_0520画像0009
飲茶は嬉しい驚きで3個も入っていて、種類も違います。

2009_0520画像0010
小籠包を小さくした感じです。
口の中に入れるとお肉のエキスがじゅわーっと出てきました。

2009_0520画像0011
ミニサイズの餃子は、皮がぷるるんとしていました。

2009_0520画像0012
メモが無くて不確かですが、確かエビシューマイだったと思います。
飲茶は熱々ではなかったですが、三つともとても美味しかったです。

2009_0520画像0004
小さいサイズですが、チャーハンもついていました。
ご飯はパラパラでしっかりと下味が付いていて、さすが中華料理屋さん、美味しかったです。
ここまで食べただけでかなりおなかにたまりました。


レディースセット 元祖麻辣刀削麺  (950円)
2009_0520画像0023
こちらのお店には「龐流’実演刀削麺’」、「頂点石鍋麻婆豆腐」、「絶対名物鉄鍋ゴマ棒餃子」という三大名物がありますが、まずは店名になっている刀削麺を食べ見ることにしました。

2009_0520画像0024
トッピングは黒キクラゲ、キャベツ、もやしなどです。

2009_0520画像0025
スープは辛みは結構ありますが、意外にあっさりとした味わいです。

2009_0520画像0026
手作りの刀削麺は、麺がもちもちとしてとても美味しかったです。
場所によって麺の厚みが違って食感がいろいろ変わるのがとても楽しい。
ボリュームは普通です。

2009_0520画像0027
スープの底には挽肉などが沈んでいました。

2009_0520画像0008
一番最初に出てきた杏仁豆腐に、ようやくたどり着きました(笑)。

2009_0520画像0029
この杏仁豆腐も自家製だそうです。
ぷるぷるの口当たりで、甘さ控えめでとてもさっぱりしていました。

2009_0520画像0028
レンゲの模様がかわいかったので、記念撮影。


ボリュームたっぷりのレディースセットはとってもお得で、おなか一杯、大満足でした。
刀削麺のスープの味わいが個人的な好みとは少し違うのは残念でしたが、名物の麻婆豆腐とゴマ棒餃子もぜひ食べてみたいです。
ゴマ棒餃子は夜しか食べられないようなので、ちょっぴり残念。


メニューはこちらです↓
2009_0520画像0005

2009_0520画像0013

2009_0520画像0014

2009_0520画像0015

2009_0520画像0016

2009_0520画像0018

2009_0520画像0019

2009_0520画像0020

2009_0520画像0021


2009年5月21日訪問時お店DATA
********************************
紹興酒倶楽部・刀削麺ダイニング 龐家私宴 四谷店  (ばんかしえん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-3-6 パルム四谷B1
電話&FAX 03-3226-0686
営業時間 
[昼]11:30~15:00  
[夜]17:30~23:30
定休日 日 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/25 09:00】 | その他麺類 | トラックバック(0) | コメント(4) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @市ヶ谷/麹町
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

2012年4月4日追記

2012年3月29日、久しぶりに「俵屋」に出前を頼んだら、配達をやめたと言われました。
最後にお願いしたのは2011年8月26日だったので、約7ヶ月の間のいつかに終わっていたようです。
あまり頻繁に利用してはいませんでしたが、スピーディに配達してくれる数少ない貴重なお店だっただけに残念です。

***************************************

今日からまた新しい一週間が始まります。
お盆明け、いまさらという感じで暑い夏になりました。
みなさま、体調を崩さず、今週も乗り切れるようがんばりましょう!

2009_0520画像0124

5月20日は週の半ばの水曜日。
出張が重なり、ようやくこの週初めて事務所に出てきた上司は何だかとても忙しそう。
お昼になってもなかななランチのことを言い出さないので、先輩が「お昼はどうしますか?」と切り出したところ、だいぶ気温が上がってきた日だったせいか、「冷やし中華」との回答でした。
「番町松月庵」だと麺がおそばなので、「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」に出前をお願いしました。
前回出前をお願いしたのが4月24日だったので、約1ヶ月ぶりになります。

外2

「俵屋」は、出前だけでなく、実際の店舗でも食事をすることが出来ます。
お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から、日本テレビ通りを半蔵門方面に向かってしばらく進み、コンビニのampmの一つ先にある、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルの中にあります。

2009_0424画像0079
こちらのビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には、2008年3月7日に訪問した「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」
2階には、2007年6月4日にランチを、2008年の3月3日にお弁当2008年12月13日にディナーをいただいた、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」と、
2009年4月22日に訪問した「Yakiniku Y-Style (やきにく わいすたいる)」
地下1階には、2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 (やまちょう) 麹町店」
が入っています。

外1

こちらのお店は注文してから配達してくれるまでがかなり早いので、とても重宝しています。

2009_0520画像0122
こちらのお店のラップ使いはすごいです。
まずお料理のお皿全体にラップをかけ、その上に割り箸やスプーンを置き、動かないように下三分の二ぐらいのところをもう1回ラップします。出来上がりは、まるでお皿の上にお箸やスプーンが浮いているように見えます。お皿を持ち歩いても、お料理の中身がこぼれないだけでなく、お箸もスプーンもビクともしません。この厳重なラッピングは、食べるときにはがすのが結構大変で、「おなかすいた~、でも、取れない~。」とジリジリしちゃうこともしばしばです(笑)。

2009_0220画像0097
いつもぐるぐる巻きになっているお箸は、この日は別添えになっていました。

12時を少し回り、店内が一番混雑している時間帯に電話で注文したので、いつも愛想の良い若い女性の店員さんの声はいつもよりさらに声量が大きく、甲高くなっていて、思わず受話器を耳から遠ざけながらオーダーを伝えました(笑)。
20分ほどで料理が到着。
お腹が空いていたのでとてもうれしかったです。


黒酢冷し中華  (900円)
2009_0520画像0125
メニューを見たところ、「俵屋」には冷し中華だけで、「冷し中華」、「大辛冷し中華」、「黒酢冷し中華」と3種類あったので、上司が冷し中華、先輩が大辛冷し中華、私が黒酢冷し中華を注文しました。
私はこれで3種類全て制覇です(笑)。

2009_0520画像0126
お値段がお高めなメニューなので、トッピングもなかなか豪華。
エビ、チャーシュー、ワカメ、キュウリ、錦糸卵、春雨がのっていました。

2009_0520画像0127
普通の冷し中華と黒酢冷し中華は、黒酢冷し中華汁がほんのすこーし黒っぽいかな?というぐらいで、差がほとんどわかりませんでした。トッピングは違いましたが。

2009_0520画像0128
この日はマイ箸のことをすっかり忘れ、割り箸でいただいちゃいました(汗)。

2009_0520画像0129
麺が多いのか、のびてしまってボリュームが増えたのか、それとも、もともとつけダレが少ないのか、麺にタレを含ませるのに全体を大きくかき回さなければならず、なかなか大変でした。

2009_0520画像0130
タレはそのままではとても甘かったので、たっぷりとつけられていたカラシを全部溶かし込みました。ビリビリとした辛みがありましたが、甘みがが苦手な私にはちょうど良かったです。

2009_0520画像0131
全体的なボリュームは普通でした。


大辛冷し中華  (900円)
2009_0520画像0123
先輩はお気に入りの大辛冷し中華を注文。
いつもどおり、美味しくいただいたようです。


気温が上がってくると、こういうさっぱりしたメニューは美味しいな!と思いました。
3種類ある冷し中華ですが、個人的には大辛冷し中華が一番お気に入りです。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

【 らーめん 】
  絶品 たんめん 野菜たっぷり  (2008年3月7日
  大辛・中辛が選べる担々麺・大辛  (2008年8月27日
  カレーラーメン  (2009年4月24日
  サッパリ塩味 上海焼きそば  (2009年3月10日
  バリバリ カタヤキソバ  (2008年5月8日
  ジャージャーめん  (2009年2月16日
  冷し中華  (2008年10月2日
  黒酢冷し中華  (2009年5月20日
  大辛冷し中華  (2008年8月4日

【 ご飯もの 】
  マーチャン丼 麻婆かけチャーハン  (2008年3月24日
  中華丼  (2008年7月1日
  カレーのせチャーハン丼  (2009年3月19日

【 セットメニュー 】
  つけ麺セット ニラレバセット  (2008年12月4日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


新しくなったメニューです↓ 配達は2個以上からです。
2008_1205画像0098

2008_1205画像0101

2008_1205画像0103

2008_1205画像0099

2008_1205画像0100

ここからは午後5時以降のメニューになります↓
2008_1205画像0105

2008_1205画像0106

2008_1205画像0104


2009年5月20日配達時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX  03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
配達時間
[平日] 11:00~21:30 (16:00~17:00は休憩時間)
[土曜] 11:00~15:00
[日祝] 11:00~20:00 (16:00~17:00は休憩時間)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/24 09:00】 | その他麺類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 PIZZERIA TRIX yotsuya @四谷
2013年1月16日追記

DSCF0040_20130116083135.jpg
2012年12月28日、「トリックス」の前を通った時、お店がなくなっているのに気付きました。

DSCF0037_20130116083138.jpg
調べて見たところ、「トリックス」は2011年12月一杯で閉店したそうです。
現在は「モノ」というライブハウスになっています。

**************************************

2009_0520画像0108
5月19日のランチは、当初の予定では先輩と一緒に、新宿通りにできた四川料理の新店に行く予定でしたが、先輩が会社に来るのが午後になってしまい、お昼を一緒に行けませんでした。
せっかくの新店は先輩と一緒に行きたかったので、別のお店に行くことにしました。

2009_0520画像0119
2009年4月28日に訪問した「心酔食処 福もん」と同じく、先輩が行ったことがあるけれども私は行っていない唯一のお店があることを、歩いている途中に思い出しました。
四谷にあるイタリアンの「PIZZERIA TRIX(トリックス) yotsuya」です。
このお店には、ブログを始める前に上司と先輩の3人で一度ランチをしたことがあったので、数年ぶりの再訪になります。

2009_0520画像0117
JR・地下鉄四ッ谷駅の四ッ谷口を出て、信号を渡り、大通り沿いに右手に進みます。
郵便局を越えてさらに進み、左手にある祥平館ビルの地下一階にあります。

2009_0520画像0118
この辺りまで来ると飲食店が少なくなり、ちょっと見つけにくい感じもしますが、鮮やかなオレンジ色の看板が出ています。

2009_0520画像0121
通り沿いにランチメニューの看板も出ています。
こちらは四谷方面から市ヶ谷に向かって歩く向きに置かれたメニューです。

2009_0520画像0120
市ヶ谷から四谷に向かって歩く向きにはまた違うメニューの看板が出ています。

2009_0520画像0116
営業日や営業時間などが記載された看板も出ています。

2009_0520画像0115
やや細めの階段を降りて行きます。

2009_0520画像0114
右手にお店の入口があります。

2009_0520画像0113
この写真を見るまでは気付きませんでした(汗)が、エレベーターがありました。
テーブルの上にはワインなどが飾られています。

2009_0520画像0107
店内はかなり広く、入ってすぐ左手にバーカウンターがあり、右手に大きな長方形のテーブルや丸テーブルなどががたくさん置かれています。
ワインやビールなどのお酒のボトルがスタイリッシュに並べられ、モダンなインテリアです。

2009_0520画像0098
中央付近にある丸い形の二人席に、入口を見つめるような向きで着席。
店内は6割ほどの人の入りでした。こういうお店のわりには意外と男性客も多かったです。

2009_0520画像0103
ランチメニューです。
メニューには全品、サラダ、パン、コーヒーか紅茶のドリンクがつきます。

2009_0520画像0104
店名ではピッツェリアとなっていますが、メニューは豊富で、ピッツァのほかにパスタやカレーなどもあります。
お値段は800円から1,000円と少々お高めです。

2009_0520画像0106
パスタメニューはプラス100円で大盛りに出来ます。

2009_0520画像0105
デザートも200円というお手頃価格で2種類あります。

2009_0520画像0099
カレーなども興味がありましたが、おうちでなかなか作れない、手打ちのラザニアを注文。
最初にサラダとパンが出てきました。

2009_0520画像0101
パンは薄くスライスされ、バターでしょうか、円を描くようにかけられています。
温めてはおらず、素朴な味わいでした。

2009_0520画像0100
サラダには、レタス、タマネギ、キュウリ、水菜、赤・黄パプリカなどが入っていて、フレンチドレッシングがかかっていました。
赤と黄色のパプリカが、とても色鮮やかで、パプリカの甘みが美味しかったです。


Home made Pasta Lunch [ラザニア 手打ち麺とチーズの重ね焼き]  (1,000円)
2009_0520画像0108
少し待ってラザニアが登場! 焼き立て熱々です。

2009_0520画像0110
たっぷりとチーズのかかったラザニアはなかなか大きかったです。
私はとても猫舌なので、ナイフ・フォークで小さく切り分け、冷ましながらいただきました。
ラザニアだけでいただくと、チーズの味わいがしっかりとあって美味しいです。

2009_0520画像0109
トマトソースの赤がとても鮮やか。
トマトの酸味と甘みを感じるトマトソースとラザニアを一緒にいただくと、さっぱりします。

2009_0520画像0111
カットしたラザニアを横から見ると、たっぷりの層が重ねられています。
不器用なので食べるときに大変かなと、、、心配しましたが、それほど崩れることなく、立体的なまま食べることが出来て、一安心(笑)。

2009_0520画像0112
食後のドリンクはコーヒーか紅茶を選べるので、私はホットコーヒーをいただきました。


全体的なボリュームは普通です。
少々お値段がお高いですが、オシャレな内装の広い空間の中でゆったりと飲み物つきの食事ができるのはいいかな、と思います。
ちなみに、以前食べたとき、ピザも美味しかった記憶があります。


2009年5月19日訪問時お店DATA
********************************
PIZZERIA TRIX yotsuya  (とりっくす)
〒160-0003 
東京都新宿区本塩町4 祥平館ビルB1
電話 03-3353-8680
営業時間
[昼] 11:30~14:30(L.O.14:00)  
[夜] 17:30~22:00(L.O.) 土・祝は21:00(L.O.) 
定休日 日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/21 09:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(3) |
Mexican Kitchen Vida Rosa  @四谷
2009_0520画像0081
5月18日は週明けの月曜日。
上司が不在だったので、先輩と一緒に新宿通り沿いに4月27日にオープンしたばかりの新店「Mexican Kitchen Vida Rosa(ヴィダ ロッサ)」に行ってみました。

2009_0520画像0094
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿三丁目方面に2分程歩いた右側にあります。
同じ場所には、2007年8月14日に訪問した「PIZZA SALVATORE CUOMO(ピッツァ サルヴァトーレ クオモ) 四谷店」がありましたが、2009年3月3日にオープンした「三井ガーデンホテル四谷」の1階に移転しています。

2009_0520画像0097
こちらのお店は株式会社タイムシェアが運営するお店で、お店のHPによると、「伝統的メキシカンのエッセンスを生かしながら日本人が毎日食べれるメキシカン」を提供しているとのことです。
四谷店のほかには、なんと長崎店の2店舗があります。

2009_0520画像0096
鮮やかなピンクのロゴマーク(?)がとても目立ちます。

2009_0520画像0092
新宿通りにランチメニューの看板が出ています。
大きな料理写真も添えてあり、とてもイメージが掴みやすいです。

2009_0520画像0091
こちらのお店ではテイクアウトもやっています。
テイクアウトできるメニューは午前11時から午後3時まではランチメニューでだけですが、それ以外の時間帯は単品も応じてくれるようです。
お店のオリジナルカラーをあしらったお弁当箱も実物がついているので、わかりやすいです。

2009_0520画像0095
メニューの横には、チラシなどが置いてあるイスも置かれています。

2009_0520画像0064
店名の「Vida Rosa」の意味について、説明があります。

2009_0520画像0065
この界隈には、
2007年7月11日に訪問した「サルサ カバナ」
2007年12月17日に訪問した「エル・アルボル」
2008年1月15日に訪問した「グリル・カバナ」
まだ未訪ですが「ロミーナ」などなど、メキシカンフードを出すお店がたくさんあり、新たにこちらのお店が加わったことで、ますます激戦地区になりました。

2009_0520画像0093
お店に向かってみると、ちょうど4人ぐらいの集団が入店していたので、いっぱいかな~と心配しましたが、まだそのひと組しか来店していませんでした。
その後どんどんお客さんが入り、最終的に8割ほど埋まりました。

2009_0520画像0066
居抜きなので店内の基本的な構造は変わらず、右手に黒板のような大きな壁があり、左側にテーブルが一列に奥に向かって並んでいます。

2009_0520画像0090
営業時間はこちらです。
通し営業ですが、時間帯によってランチ、カフェ、ディナーと区分されています。

2009_0520画像0067
店内はとても斬新でカラフルな内装です。

2009_0520画像0047
ランチメニューです。このメニューは午前11時から午後3時まで注文できます。

2009_0520画像0048
メニューは全部で5種類で、980円から1,100円とややお高めの設定ですが、オニポテ(オニオン・ポテト)とドリンクがついています。
ドリンクは5種類の中から好きなものを選べます。
単品のタコスをつけることもできます。
大盛がライスだけでなく、「ダブルトルティーリャ」があるのが、メキシカンらしいです(笑)。

2009_0520画像0068
注文を終えると、まずはドリンクが出てきます。
先輩はアイスティー、私はアイスコーヒーをお願いしました。

2009_0520画像0069
私たちは入口近くのテーブル席に着席しました。
横にソファがついているのでテーブルは小さめながらも3人座れそうです。

2009_0520画像0070
この日は久しぶりに気温が27度に上がり、体感温度は30度越え。
お店のクーラーがとても気持ちよかったです。
なのに、奥にいらっしゃったお客さんが「クーラーがきついので止めて下さい。」おっしゃり、店内全てのクーラーが止められてしまい、食事をしている最中はとても暑くなってしまいました(泣)。

2009_0520画像0071
私が注文したメニューにはスープが付いていたので、メインの前に登場。

2009_0520画像0072
トマトベースのスープに、ズッキーニなどのいろいろな種類の野菜が小さくカットされて入っています。
しっかりとした塩味で、トマトとは違う酸味も感じました。量も結構あります。

2009_0520画像0084
お料理と共に、ケチャップとハバネロを瓶ごといただけます。

2009_0520画像0089
辛いのが大好きな私たちは大興奮!


④ Tacos & Mini Tacorice プレート  (1,100円)
2009_0520画像0073
私はタコスとミニタコライスの両方を食べられるこちらのメニューを注文。
お料理が出てくるまで少し時間がかかりました。

2009_0520画像0074
「オニポテ」、オニオンフライとポテトフライの盛り合わせは結構ボリュームがあります。
揚げたて熱々で、湯気が立ちこめていました。
お料理がなかなか出てこなかったのは、揚げ物のためかな?
ポテトは厚みがあるタイプです。
大好きなオニオンフライが甘くてとっても美味しい~。

2009_0520画像0075
鮮やかなオレンジのお皿には、左側にビーフタコス、右側にミニチキンタコライスが盛られ、中央に小さな器に入ったサルサがちょこんと置いてあります。

2009_0520画像0082
サルサはとてもフレッシュな味わいでさっぱり。
タコスに半分、タコライスに半分のせていただきました。

2009_0520画像0076
薄いトルティーリャの上にまずビーフが置かれ、その上にたっぷりのレタスのみじん切り、トマト、二種類のチーズを重ねています。

個人的に葉物を食べるとき、葉っぱが大きいと食感が飽きちゃうので、最近はメキシカンスタイルでレタスも細い千切りにして食べることが多いです。

2009_0520画像0085
レタスに埋もれていますが、量は少なめなものの、ビーフはちゃんと入っています(笑)。

2009_0520画像0086
具だくさんのタコスにサルサの半分をさらにのっけてみました。
タコスを食べようとしても、中身がたっぷり過ぎて、なかなか包めません。
こぼれ落ちそうな下側を押さえながら、頭からかぶりつきます。
お肉のどっしり感は、生野菜やサルサのおかげでさっぱりと食べられます。
チーズがとても良いコクを出していて、タコスの時はぜひチーズを入れたいと思いました。

2009_0520画像0083
タコライスには、レタスなどの葉物やトマトなどがたっぷりとのせてあります。
こちらにもサルサを半分のせました。

2009_0520画像0088
野菜に隠れてしまっていますが、ちゃんとチキンも入っています。
お肉はスプーンがほぐれるぐらい、柔らかです。
タコライスはとてもさっぱりとしてヘルシーです。
ご飯もそこそこのボリュームがありましたが、ぺろっと食べられちゃいました。


① Tacos ”A”プレート  (980円)
2009_0520画像0078
先輩はこちらのメニューをチョイス。
鮮やかなオレンジのお皿に全てのお料理がぎっしりと隙間なくのせられています。

2009_0520画像0080
オニポテとサルサがついているのは私のメニューと同じです。

2009_0520画像0079
タコスはビーフタコスとエビアボガドタコスの2種類です。
野菜に覆われていて、どっちがどっちか全くわかりません(笑)。

2009_0710画像0086
後日、夜しんみち通りの奥の道を歩いたので、こちらのお店の裏側を記念撮影。
出前館でデリバリもやっているので、配送用のミニバイクがこの看板の下に並んでいます。


お値段はややお高めですが、キレイな内装の中でドリンク付きなのでCPは悪くないと思います。ただ、近隣のメキシカンのお店も値頃感があるところが多いので、競争はなかなか厳しいように思います。
場所が良いわりにお値段がお手頃なので、ディナータイムにも一度来てみたいです。

写真を撮りまくっていたせいか、帰りがけに男性の店員さんから「雑誌の方ですか?」と聞かれました。ただのブロガーだと答えたのに、ディナーのドリンクサービス券を下さったり、丁寧に出口までお送りいただき、本当に恐縮でした。ありがとうございます!


ディナーメニューです↓
2009_0520画像0051

2009_0520画像0052

2009_0520画像0053

2009_0520画像0057

2009_0520画像0058

2009_0520画像0059

2009_0520画像0054

2009_0520画像0055

2009_0520画像0056

2009_0520画像0060

2009_0520画像0061

2009_0520画像0062

2009_0520画像0063

2009_0520画像0049

2009_0520画像0050


2009年5月18日訪問時お店DATA
********************************
Mexican Kitchen Vida Rosa 四谷店 (ヴィダ ロッサ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-2 第22相信ビル1階
電話(店内予約) 03-5919-7779 
電話(デリバリー) 03-6380-5607
FAX 03-5919-7888
営業時間 
[ランチタイム] 11:00~15:00  
[ティータイム] 15:00~17:00  
[ディナータイム] 17:00~24:00 (L.O. 23:00)
定休日 なし 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/20 09:00】 | メキシコ | トラックバック(0) | コメント(5) |
つけ麺屋 やすべえ 水道橋店  @水道橋
5月16日の夜、市ヶ谷にある「日本一新鮮和豚専門店 大東京酒場」で飲み食いしたとき、〆めに食べるメニューにピンと来るものがなく、ラーメンでも食べたいな~と思い、水道橋へ向かいました。
もうおなか一杯、という先輩とは市ヶ谷で別れ、そんなに遅い時間でもなかったので、少しでも食べたものを消化すべく、てくてくと歩いて行きました。

水道橋界隈には有名なラーメン屋さんがたくさんありますが、午後9時近かったので、確実にオープンしていそうな「つけ麺屋 やすべえ 水道橋店」に行ってみることにしました。

2009_0516画像0183
JR水道橋駅の西口改札を出て左に曲がり、マクドナルドのある最初のカドを左に曲がり、直進します。
二つ目の角をさらに左に曲がると、すぐ右手にこちらのお店があります。

2009_0516画像0182
つけ麺屋 やすべえ 」は手軽なお値段でボリュームたっぷりのつけ麺をいただけるお店で、都内に8店舗展開しています。
私が初めてこちらのお店で食べたのはもうずいぶん昔で、池袋店でした。
2005年3月頃に水道橋店が出来たそうで、最近は専らこちらで食べています。

2009_0516画像0181
店内入ってすぐ右手に券売機があるので、食券を購入します。

2009_0516画像0180
「やすべえ」では、麺の量が並盛りの220gから大盛りの440gまで、同じお値段で食べることが出来ます。特盛りの550gでも、わずかプラス100円です。

2009_0516画像0169
午後9時近い遅い時間帯でしたが、土曜日の夜ということもあり、店内はほぼ満席でした。
カウンターの中央近くに着席。

2009_0516画像0174
卓上に置いてあったお水の入った容器がとてつもなく巨大(笑)。
かなり長い時間、補給を気にしなくて済みますね。

2009_0516画像0170
つけ麺は、つけダレが醤油と味噌の2種類で、そのままか、辛みを加えるか選択します。
つけダレに味噌を選択するとプラス100円になります。
あとはトッピングのチョイスで値段が変わってきます。

2009_0516画像0171
「つけめん屋」と名乗っていますが、らーめんも提供しています。
ただ、私はこちらのお店のつけ麺が大好きなので、らーめんを食べたことがありません(汗)。

2009_0516画像0172
トッピングは50円から300円でいろいろと選ぶことが出来ます。
「特製水餃子」はトッピングというよりサイドメニューのような。。。。

2009_0516画像0173
サイドメニューはご飯と水餃子の2種類、飲み物はビールとコーラとウーロン茶の3種類です。
イマドキのラーメン屋さんにしては、とてもシンプルです。


みそつけ麺 並盛り  (820円)
2009_0516画像0175
最近はいつも【辛み】つけ麺を食べることがほとんどですが、この日は珍しく「みそつけ麺」を食べみることにしました。多分、初めてです。
それ程待たずに、つけ麺が登場!

2009_0516画像0178
トッピングに小口切りの長ネギがたっぷりと盛られ、白ゴマもかけられています。
醤油ダレはかなり甘みを感じますが、味噌味にするとだいぶ和らぎます。
タレの中にはメンマなどが入っていました。

2009_0516画像0176
「やすべえ」の麺はツルツルとしたのど越しともちっとした歯触りで大好きです。
いつもは中盛り(330g)で食べることが多いのですが、たらふく飲み食いした後だったので、泣く泣く普通盛り(220g)に(笑)。

2009_0516画像0179
久しぶりに食べましたが、ツルツルの麺にタレがしっかりと絡んで相変わらずの美味しく、ペロッと食べられました。改めて中盛りにしなかったのを残念に思ってしまいました(笑)。


5月16日は、「宝来軒」でランチをし、「妻家房」のキムチ教室に参加して韓国料理をつまんだあと、「コージーコーナー」でお茶して、「大東京酒場」で飲み「やすべえ」のつけ麺で〆めと、私らしく食べてばかりの一日でした。
当然ながら次の日には体重が1キロ以上増えていた(泣)ので、エアロバイクを漕いだり、岩盤浴に行ったりと忙しい日曜日になりました(笑)。


2009年5月16日訪問時お店DATA
******************************
つけ麺屋 やすべえ 水道橋店
〒 101-0061 東京都千代田区三崎町2-10-5
TEL 03-3237-4811
営業時間 11:00~23:00  *麺・スープがなくなり次第終了。
定休日 日
JR・地下鉄水道橋駅より徒歩1分

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2009/08/19 09:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(3) |
日本一新鮮和豚専門店 大東京酒場  @市ヶ谷
2009_0516画像0151
5月16日、午後の妻家房でのキムチ教室のあと「銀座コージーコーナー」でお茶をし、知人と合流して市ヶ谷へ三人で飲みに行きました。

2008_0803画像0207
向かった先は、朝挽きの新鮮豚ホルモンを売りにしている、2008年7月31日にランチ訪問した「日本一新鮮和豚専門店 大東京酒場(だいとうきょうさかば)」です。

JR・地下鉄市ヶ谷駅から左に曲がってお堀の橋を渡り、外堀通りの信号を渡って右に曲がってすぐのところに市谷田町ビルがあり、その2階に店舗があります。 

2008_0803画像0206
お店の入口はとても小さいです。
2008年8月21日にランチをした「名物 塩ちゃんこ 食神(しょくじん) 市ヶ谷店」の入っているビルの一つ手前です。

2008_0803画像0204
やや細くて急な階段を上がり、2階の右手にお店の入口があります。

2008_0803画像0203
2階の踊り場から階段を下に眺めると、イマドキなレトロ調の内装が施してあります。
入口に入ってすぐのところは壁に覆われた調理スペースとなっていて、客席は窓のある右側か、奥まった左側に入っていく感じになります。
以前入口正面にズラリと並べられていたフィギュアがなくなっていました(笑)。

2008_0803画像0182
テーブルを片付けるのに少々待たされ、左側の一番奥にあるテーブル席に着席。
ここはランチで食べた席でした。なんという偶然。
テーブル席は少々小さめで、イスはスツールのようにやや高くなっています。

2008_0803画像0184
壁のいたるところに夜のメニューが貼り出してあります。
炭焼きのやきとんは1本130円から、一品料理も200円台や300円台がかなりあり、とてもお安いお店です。

2008_0803画像0185
土曜日の夜だというのに、結構にぎわっていて、6~7割ぐらいの席が埋まっていました。

2008_0803画像0186
こちらはランチの時の卓上写真です。
おかわりのお水や割り箸のほか、(右から)ソース、塩、お醤油、七味唐辛子、レッドペパーが置いてあり、調味も自由に出来るようになっています。


エビス生 中ジョッキ  (480円)
2009_0516画像0143
まずはエビスの生ビールで乾杯!  う~ん、美味しい♪


オレンジジュース  (190円)
2009_0516画像0144
お酒が飲めない先輩は、オレンジジュースででご相伴。
こちらのお店、ソフトドリンクはジョッキサイズで190円と、ビックリしちゃうお安さです。


ネギ盛り  (280円)
2009_0516画像0147
万能ネギを長めにカットし、カツオブシと味の素とゴマ油をかけただけのシンプルなお料理ですが、これが案外美味しくて、私たちの間ではなかなかヒットでした。さっぱりとしていい口直しになります。
先輩は、次の日に自宅でも作ったそうです(笑)。


もつ煮  (380円)
2009_0516画像0148
モツ大好きな私は、メニューにもつ煮込みがあったら必ず注文します。
お値段がお安いこともあり、最初出てきたときは器がちょっと小さいなーとガッカリしましたが、スープが少なくて、意外にたっぷりとモツが詰まっていました。

2009_0516画像0149
大ぶりにカットされたモツはトロトロで、口の中に入れると咀嚼しなくてもとろける感じです。
スープもこってりと言うほどではありませんが、甘みが少なく、旨みとコクがあって、とても私好みの味わいでした。おなかに余裕があれば、おかわりしたかったです。
ぜひランチタイムにカレーだけじゃなく、もつ煮込み定食を出して欲しいと思いました。

2009_0516画像0151
こちらのお店では、朝挽きの新鮮な豚モツ刺しが食べられるというのがウリで、ぜひぜひ食べてみたいと思っていました。
一つ一つのお値段が安かったので、思い切って刺身4種類を全て注文してみましたが、とっても残念なことに「ガツ芯刺」は品切れ。
くー、土曜日だったからかなあ。

運ばれてきたモツ刺しは、見るからにピカピカと新鮮に光っていて、とっても美味しそう!
お値段のわりにはそこそこボリュームがあり、一人二切れずつはいただけました。
3種類のお刺身が並んでいるのかなり壮観で、4種類揃わなかったのは、とにかく残念。


トロタン刺 [醤油]  (380円)
2009_0516画像0152
タン刺は、タン独特の歯応えが程よく、噛み締めるとほんのりとした甘みと旨みが出てきます。


レバ刺 [ゴマ油]  (380円)
2009_0516画像0153
レバ刺は、プリプリとした食感で、とても甘みがありました。ゴマ油との相性は抜群。


ハツ刺 [醤油]  (380円)
2009_0516画像0154
豚のハツ刺ってあまり食べた記憶がなく、もしかしたら初めてかもしれません。
切り口が鮮やかなピンク色で、ツヤツヤと光っていて、見るからに美味しそう。
この日、3種類の刺身のうち、一番感動したのはこちらのハツ刺でした。
一切れがとても大きく、かなり厚みがありますが、とても柔らかく、しっかりと噛み締められます。
ほんのりとした甘みがあり、もう一度おかわりしたいぐらいでした。美味しい!


膝軟骨唐揚げ  (380円)
2009_0516画像0155
軟骨唐揚げも大好きで、あれば必ず注文する一品。
パーツは小さかったですが、味は良かったです。
添えられたレモンを搾るととてもサッパリしました。


炭火串焼 [塩]  
2009_0516画像0156
串焼は、刺身とはかぶらないよう、テッポウ、かしら、ハラミの3種類をオーダー。


テッポウ (1本130円)
2009_0516画像0157
テッポウはとても大ぶりでした。


かしら (1本130円)
2009_0516画像0158
かしらは脂がのっていて、とてもジューシーです。
ハラミと写真の区別がつかず、間違っていたら、ゴメンナサイ。。。(汗)。


ハラミ (1本130円)
2009_0516画像0159
こちらのたっぷりと脂がのっていて、噛み締めると旨みがじゅわーっと出てきました。
かしらと写真の区別がつかず、間違っていたら、ゴメンナサイ。。。(汗)。


元祖下町ハイボール  (390円)
2009_0516画像0160
ビールのあとはハイボールを注文。
レモンの酸味と風味がきいて、とてもさっぱりとして美味しかったのですが、グラスサイズだったのが残念。


赤ウインナー  (130円)
2009_0516画像0161
とても懐かしく、最近では全く見かけないほど鮮やかな赤ウィンナーです。
皮がぷちっと弾けるようなタイプではなく、まるで魚肉ソーセージかのような、むにゅむにゅした食感でした(笑)。


辛みそホルモン  (380円)
2009_0516画像0162
キャベツがたっぷりと入ったホルモン炒めは、甘い味付けでほんのりとした辛さです。
ご飯にも合いそう。


ホッピー黒  (390円)
2009_0516画像0164
ハイボールは早々に飲み終え、次は黒ホッピーをお願いしました。
黒ホッピーが大好きなので、最近、どこでも黒ホッピーが飲めるようになってうれしい限り。
ジョッキサイズがいいですね!

2009_0516画像0166
中焼酎(190円)も一度おかわり。
いつもはホッピー1本で3杯飲みますが、ジョッキサイズでちょっと感覚がわからなくなり、最後は切りが悪かったので、ホッピーのまま飲んじゃいました(笑)。


炭火串焼 [塩]  ハツ(1本130円)、しろ(1本130円)
2009_0516画像0165
串焼を2種類を追加オーダー。
ハツ刺が美味しかったので、焼き物でも注文してみました。
しろはクニュクニュとした食感です。


にんにく鍋  (280円)
2009_0516画像0167
こちらのお店の名物メニューの一つ、にんにく鍋です。
お値段のわりにはボリュームたっぷりのにんにくにはしっかりと火が通って、甘くてホクホク。
匂いが気になりますが、土曜日だし、オッケー!と思い、パクパク食べちゃいました。


タン皮炙り焼き  (280円)
2009_0516画像0168
こちらも名物メニューの一つ。
厚く大きめに切られているので、噛み締めると歯応えが良く、お肉はジューシーで美味しい。
これも結構ボリュームがありました。


緑茶  (190円)
2009_0516画像0163
先輩はおかわりに緑茶を注文。
ビールジョッキに入っていると、あまり緑茶っぽく見えません(笑)。


「朝挽き」という言葉にとても期待していましたが、予想以上にお刺身が美味しくて、大満足でした。
それに比べると、串焼きはパーツが少し小さいせいか、平凡になる気がします。おしゃべりをしていて焼きたてを食べていなかったせいもあるかもしれませんが(汗)。
それでも、お料理も飲み物もとにかくお安く、この日は3人で8000円かかりませんでした。
この日食べられなかったもう一種類のお刺身を食べるべく、また近いうちに再訪したいです。


夜のメニューです↓
2008_0803画像0174

2008_0803画像0175

2008_0803画像0176

2008_0803画像0177

2008_0803画像0178

2008_0803画像0179

2008_0803画像0180

2008_0803画像0181


昼のメニューです↓
2008_0803画像0172
ランチメニューは「大東京カレー」がトッピング違いで9種類もあり、お値段が650円から850円となかなかお手頃です。全品サラダもついています。

2008_0803画像0173
普通盛りだとご飯が300gのところ、大盛だとご飯400gにルーが1.2倍でプラス100円、特盛だとご飯500gにルーが1.5倍でプラス200円、小盛だとご飯200gにルーはそのままでマイナス50円と、とても親切な設定でした。


2009年5月16日訪問時お店DATA
******************************
日本一新鮮和豚専門店 大東京酒場 (だいとうきょうさかば)
〒162-0843 
東京都新宿区市ヶ谷田町1-1-1 市谷田町ビル2階 
TEL 03-6412-9218
FAX 03-6412-9219
営業時間
[月~木、土日] 17:00~23:00
[金曜日]    17:00~05:00
定休日 なし
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩1分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/08/18 09:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(7) |
銀座コージーコーナー 四谷店  @四谷
2009_0516画像0133
5月16日の妻家房のキムチ教室のあと、せっかく先輩も一緒だったので、私の知人を一人呼び出し、四谷近辺でディナーをすることにしました。
知人は別の用事があったので、四谷に出てくるには6時過ぎになるということだったので、キムチ教室が4時に終わった後、ランチを食べた「中華料理 宝来」で私の上着を回収し、先輩と一緒に若葉の辺りを歩き回ったり、どこのお店に行くか探索しようとしんみち通りや三栄通りを歩き回りました。
そのまま歩き回って合流を待っていても良かったのですが、せっかくなので、「銀座コージーコーナー 四谷店」で一息入れることにしました。

2009_0516画像0142
JR・地下鉄四ッ谷駅から、三栄通りに入り、すぐ右手にお店があります。

2009_0516画像0140
こちらのお店は、ケーキ屋さん兼カフェなので、入口から入って右手に大きなショーケースがあり、ケーキがたくさん並んでいる、、、、はずなんですが、土曜日の夕方ということもあり、もうほとんどありません。

2009_0516画像0139
左手にはギフト用のケーキやゼリーなどががたくさん並んでいます。
店内の照明は明るく、フルーツを基本としたカラフルでとても鮮やかな印象です。

2009_0516画像0138
ケーキケースの一番奥に行き、その左手にカフェのテーブルが一列ズラッと並んでいます。

2009_0516画像0102
席数は少なめですが、意外にお店は混んでいて、左手奥の窓際の二人用テーブルに着席。
テーブルは少々小さめです。

2009_0516画像0137
ランチタイムは食事も出している「コージーコーナー」ですが、甘いものが得意でない先輩と私にはどうも敷居が高く、なかなか行くチャンスがありませんでしたが、三栄通りのお店はほとんど網羅していて、「いつかは行かねば。」と思っていた宿題店でした。


カフェ・ネージュ  (660円)
2009_0516画像0130
コーヒー党の私は、せっかくなので、カフェアレンジの中から、「泡のようなミルクとコーヒーのハーモニー」と説明書きのある「カフェ・ネージュ」を注文。

2009_0516画像0136
コースターは、お手ふき入れと同じく、レトロなコージーコーナーのカラーデザインです。

2009_0516画像0131
メニューの写真で見たほどにキレイに色分けできていなかったのは残念でした。

2009_0516画像0132
それでも、ホイップされた泡はフワフワで、韓国料理を食べた後に歩き回っていたので、とてもノドが渇いていたので、美味しくいただきました。

2009_0516画像0103
フルーツティーを注文した先輩には、最初にはキャンドルと砂時計が出てきました。


季節のフルーツティー [一人用]  (700円)
2009_0516画像0128
出てくるまで少し時間がかかりました。
いろいろな果物が入ったティーポットを、砂時計で計りながら3分間、キャンドルで温めます。

2009_0516画像0129
大きな透明のポットの中には、フルーツがたっぷりと入っています。
中に入っていた果物は、パイナップル、ナツメ、リンゴ、イチゴ、オレンジ、ラズベリーなどなど。

2009_0516画像0134
紅茶はたっぷり、2杯分近くありました。

2009_0516画像0135
一口いただきましたが、甘みの強い果物が多いせいか、お砂糖とは違う優しい味わいながらも、かなりしっかりとした甘さでした。とても美味しかったです。


飲み終わった後、ちょうど知人が四谷に到着したので、合流しました。
先輩は、自宅でよくゆずドレッシングを使うとのことで、コージーコーナー製のゆずドレッシングをお土産に購入していました。そんな商品もあるなんて、全く知りませんでした。
時刻は午後6時過ぎ、いよいよディナータイムに突入!


こちらがメニューです↓
2009_0516画像0106

2009_0516画像0107

2009_0516画像0108

2009_0516画像0109

2009_0516画像0110

2009_0516画像0111

2009_0516画像0112

2009_0516画像0113

2009_0516画像0114

2009_0516画像0115

2009_0516画像0118

2009_0516画像0119

2009_0516画像0120

2009_0516画像0121

2009_0516画像0122

2009_0516画像0123

2009_0516画像0127

2009_0516画像0124

2009_0516画像0125

2009_0516画像0126

2009_0516画像0099

2009_0516画像0101

2009_0516画像0104

2009_0516画像0105

2009_0516画像0116

2009_0516画像0117


2009年5月15日訪問時お店DATA
****************************
銀座コージーコーナー 四谷店
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-5 東光ビル1階
電話:03-3351-5570
営業時間
[平日] 11:30~14:30  17:00~23:30
[土祝] 11:30~14:30 17:00~23:00 
営業時間
【売店】
[平日]  9:00~23:00
[土曜] 10:00~23:00
[日祝] 10:00~22:00
【ホール】
[平日] 10:00-23:00
[土曜] 10:00-22:00
[日祝] 10:00-20:00
定休日 正月三が日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩1分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/08/17 09:00】 | カフェ | トラックバック(0) | コメント(4) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
5月16日は、2009年上半期の最初のキムチ教室でした。
キムチ教室が始まる前、恒例のラーメン屋さん巡りとして、「中華料理 宝来」でランチをしてきました。
前回のキムチ教室は2009年2月21日だったので、約1ヶ月ぶりです。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

このキムチ教室は1回20人の定員ですが、いつも申し込みが殺到し、多くの方がなかなか参加できないとのことで、今回からは、机を一つ増やし、1回25人に増えました。これまでは最大で4人でお料理のグループでしたが、これからは5人になります。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きです。

2008_1025画像0017
妻家房のお店の中は、手前側で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われています。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。
キムチ教室には長年通っていますが、今まで全然気付きませんでした(汗)。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、
中にカクテキの材料が飾られています。

2009_0516画像0047
この日のメニューは、「キャベツのソクバクジキムチ」と「ナスと牛肉のジョリム(煮付け)」です。


【 キャベツのソクバクジキムチ 】
2009_0516画像0045
テーブルの上にはその日のキムチの材料が並べられています。
ソクバクジキムチの「ソクバクジ」とは、切って混ぜるという意味だそうです。

2009_0516画像0046
この日のメインであるキャベツです。
基本的に実習は5名一組で行いますが、たまに人数が変わるので、材料のところにわかるように人数が書かれています。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

2009_0516画像0052
アミの塩辛です。
冷凍保存がきくので、たっぷり買っても冷凍庫に入れておけば大丈夫です。

2009_0516画像0048
この日は久しぶりに先輩も参加です。
いつも申し込みはしていたのですが、いろいろなハプニングに見舞われ、なかなか参加できずにいました(笑)。

2009_0516画像0049
キムチ教室では時間が足りないので、キャベツは予め工場で塩漬けしていたものを準備して下さいました。

本来ならば5人分の材料を準備されていましたが、グループの一人が友人と別れてしまうのが嫌だとのことで、実際には4人で実習をすることになりました。
たっぷりのキムチをいただけたので、私的にはとてもうれしかったです。

2009_0516画像0050
大根は2、3センチの四角に切りそろえ、厚さは0.5センチほどにします。

2009_0516画像0051
キュウリは縦に四等分し、種をとります。2.5センチの幅に切ります。
種を入れると柔らかくてドロドロになってしまうからだそうです。

ちなみに、オイキムチは種が出来る前のキュウリで作るそうです。

2009_0516画像0054
ボールに切った大根とキュウリを入れ、塩を全体にふりかけます。
妻家房では韓国産の岩塩を使うので、塩が溶けるように水も回しかけます。
水分が出てくるまで、1時間ほど置いておきます。30分経ったら、上下を返します。
前の写真に比べ、水が出ているのがわかりますか?

2009_0516画像0053
野菜の水分を出す間、ヤンニョンを作ります。
ボールの中に、アミの塩辛、すりニンニク、すりショウガ、唐辛子を入れて混ぜ合わせます。
アミの塩辛は軽く水分を絞って口当たりがいいように包丁で粗めに叩き、搾った汁ごと加えます。
全体的に水分が少ないので、昆布だしを入れます。

2009_0516画像0055
万能ネギを3センチぐらいに切って、ヤンニョンに混ぜ合わせます。
あれば、万能ネギではなく、セリの方がいいそうです。
日本で芹が入手できる時期は短く、二週間前に同じ内容のクラスをやっていたのですが、その時はセリがあったそうですが、この日はもう手に入らなかったとのこと。

2009_0516画像0056
長ネギは白い部分のみを縦半分に切り、斜め薄切りにします。
梨があれば、大根同じ大きさに切りそろえます。
梨は洋なしでもよく、なければ砂糖を入れても良いそうです。

2009_0516画像0057
塩漬けしていた野菜はさっと水洗いし、ヤンニョンの入っているボールに全ての材料を投入し、全体を軽く混ぜ合わせます。

2009_0516画像0059
最後に、適当な長さに切った糸唐辛子を投入。

2009_0516画像0060
出来上がったらキムチ壺に入れます。

2009_0516画像0061
常温で一日おいた後、冷蔵庫に移します。
一週間で食べ始められますが、あまり持たないキムチなので、1ヶ月で食べきります。
浅漬けで食べても問題ないそうです。ちょっとつまみましたが、充分美味しい!
発酵して柔らかくなったキャベツは自然な甘みがあり、さっぱりとした味わいです。
長持ちさせたい場合には、新しい空気に触れないように、キムチにサランラップをかけるといいそうです


【 ナスと牛肉のジョリム(煮付け) 】
2009_0516画像0063
この日のお料理は、「ナスと牛肉のジョリム」。
「ジョリム」とは、煮付けのことだそうです。
このお料理は宮廷料理ということもあり、手間のかかる一品です。

2009_0516画像0062
材料はこちらです。

2009_0516画像0065
牛肉はひき肉や千切りを使います。
お酒、醤油、みじん切りのニンニク、コショウを加え、下味をつけます。

2009_0516画像0069
赤唐辛子と青唐辛子を縦半分に切り、種を抜き、短い千切りにして牛肉に混ぜます。
長ネギのみじん切りを入れるとさらに美味しくなります。

2009_0516画像0071
ナスは太めのものを選び、両端を切り落とします。
2センチぐらいの太めの輪切りにします。

2009_0516画像0072
切ったナスの片面にだけ、やや深めの十文字の隠し包丁を入れ、お肉を詰めます。

2009_0516画像0075
出来上がったナスをフライパンにきっちりと並べます。
写真がボケボケです(汗)が、赤唐辛子と青唐辛子が、とてもいい彩りになっています。

2009_0516画像0077
水に昆布、薄切りの生姜、塩を入れて煮立て、予めコンブ汁を作っておきます。

2009_0516画像0078
フライパンにコンブ汁、塩、日本酒、醤油、ごま油、水を加え、火にかけます。

2009_0516画像0082
スープが沸騰したら、ナスに汁をかけまわし、味を染みこませます。
火は中火から弱火、水分がなくなるまで続けます。

2009_0516画像0083
完成です!
ナスにたっぷりとスープがしみ込み、とっても美味しそう♪

2009_0516画像0085
うれしい試食タイムです。
新しくトウモロコシ茶をもう一杯いただき、いただきま~す!

2009_0516画像0086
先生が作ったお料理では試食分は足りないので、上のレストランで作ったものをいただきます。

2009_0516画像0087
味がよくしみていて、噛みしめるとじゅわーっとエキスが出てきます。
ナスはトロトロ。
最初、煮汁がまるで日本の煮物ののようなレシピなので、あまり面白みがないかな~と思いましたが、挽肉の中に入っている青唐辛子と赤唐辛子がピリピリときいてきて、それなりに辛いお料理でした。

2009_0516画像0088
断面図です。
お肉がたっぷりと入っています。

2009_0516画像0090
少し前に、先生がキムチ教室用のレシピで作ったキムチを持ってきて下さいました。

2009_0516画像0092
かき混ぜると、キャベツばかりではなく、キュウリなども顔をのぞかせます。

2009_0516画像0094
先生お手製のキムチをいただきました。とっても美味しい!

キャベツキムチは白菜よりもあっさりとした味わいで、このままご飯にのっけて食べたり、ビールのお供にとても良さそうです。キャベツだけでなく、大根やキュウリも入っているので、いろいろな味わいや食感を楽しめるのがちょっとお得な感じがします。


キムチもお料理もとても美味しく、この日も大満足でした。
ナスと牛肉のジョリムは、自分の家で作るのはなかなか大変そうなので、米なすを使って一気にたっぷりと詰め込み、煮てみようかな。
・・・・ものぐさで、すみません(汗)。


2009年5月16日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2009/08/14 09:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(4) |
中華料理 宝来  @四谷/四谷三丁目
2009_0516画像0038
5月16日は、2009年上半期、初めての妻家房のキムチ教室でした。
せっかくの機会なので、キムチ教室が始まる前に恒例のラーメン屋さん巡りをするべく、今回向かった先は2008年3月1日になまけものさんのコメントで教えていただいた「中華料理 宝来(ほうらい)」です。
ずっと機会をうかがっていましたが、ようやく訪問することが出来ました。

2009_0516画像0044
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に進み、四谷二丁目交差点を左折します。
2007年12月4日に訪問した「太陽のトマト麺 四谷2丁目店」があるところです。
下り坂を歩き、2007年12月26日にディナー訪問をした「MAISON Cache-Cache (メゾン カシュカシュ)」のある角をさらに左に曲がります。
少し行った先の右手にこちらのお店がありました。
お店がちょっとわかりにくい場所にあったので、無事辿り着けて一安心。

2009_0516画像0096
お店の外に、電子レンジやお料理の材料(?)などが置かれています。
開けっぴろげなこういう雰囲気、いいですねぇ。

2009_0516画像0043
街に根付いた老舗の中華屋さん、といった古めかしい店内に入ると、とても小さなコの字型カウンターがあり、その中央におば様が立っていました。

麺と御飯の大盛りはサービスです。

2009_0516画像0037
午後1時頃の訪問でしたが、子供なども含めて地元の方らしいお客さんで、6割ほど席は埋まっていました。
私は奥の壁際沿いのカド席に座りました。

妻家房のキムチ教室に行くとき、ランチをしたお店でエプロンなどを入れた紙袋を何度も忘れてきてしまっているので、この日は絶対に忘れないようにと、足元にいつものカバンと紙袋を隣り合わせで置きました。
壁にハンガーがかかっていたので、上着を掛けました。

2009_0516画像0033
メニューです。
めん類だけで28種類もあります。
お値段は500円から800円と、とてもお安く設定されています。

2009_0516画像0034
背脂入り特製スープの麺類が7種類ありますが、こちらでもお値段が550円から750円とリーズナブルです。
トッピングは3種類ありました。

2009_0516画像0035
飯類は12種類あり、お値段は700円から800円です。
単品料理は7種類あり、お値段は600円か700円です。

2009_0516画像0036
ほかにもヤキソバや季節メニュー、スープなどなど、メニューがとても豊富です。

こちらのお店では手延べの麺を使っているそうで、なまけものさんからは「もやしソバ」を勧められていましたが、ネット上で「タンタンメン」も美味しいという情報を得ていたので、特製タンタンメンを注文。
餃子も食べたかったのですが、夜だけの提供だそうで、とっても残念!


特製タンタンメン  (650円)
2009_0516画像0038
カウンター中央にいるおば様から奥の厨房のおじ様にオーダーが入り、料理を作り始めます。
カウンターからでも奥の厨房でお料理を作っている様子が見えます。
ほどなく、特製タンタンメンが登場。

2009_0516画像0039
トッピングは挽肉、もやし、わかめ、長ネギでした。

2009_0516画像0040
スープそのものはさっぱりとしていますが、背脂のコクが程よくのっています。
辛さは穏やかで、あとからホカホカしてくる感じです。

2009_0516画像0041
手打ちという麺は、シコし縮れた黄色い細麺でした。
麺は細いですが、もちっとした食感があって、存在感があります。
麺のボリュームは結構ありました。

2009_0516画像0042
スープがとても飲みやすかったので、全部いただいちゃいました。
ラーメン丼の内側には「宝来」をかたどった可愛らしいロゴがあったので、記念撮影(笑)。


お値段がお手頃で手作りの優しい味わいで美味しかったです。
次回はなまけものさんがオススメする「もやしソバ」と「タカナ炒飯」の組み合わせと、夜の時間帯でしか食べられない餃子も食べてみたいです。

妻家房に到着し、上着を預けようとしたら、「宝来」に忘れてきたことに気付きました(汗)。
肌寒い日だったので、上着を着てきたのですが、タンタンメンを食べて身体の内側からとても熱くなっていたので、完璧に忘れてそのまま歩いていました。
エプロン入りの紙袋は忘れなかったのに、今度は上着を忘れた。。。(泣)。

キムチ教室終了後、一緒に参加した先輩にお願いして帰りに取りにうかがったところ、お店は中休みの時間帯で営業はしていませんでしたが、上着を無事回収することが出来ました。
ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありませんでした。。。反省!


2009年5月16日訪問時お店DATA
******************************
中華料理 宝来  (ほうらい)
〒102-0085 
東京都新宿区若葉2-5 
TEL  03-3353-4732
営業時間  11:00~14:00  17:00~20:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩10分 
JR信濃町駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/13 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(7) |
【 番外編 】  銀座アスター  @新宿 [ 伊勢丹 ]
今日はちょっと番外編です。

2009_0516画像0010
5月15日、午前11時からの打ち合わせにいらっしゃったお客様は、我らが上司の古くからのお知り合いで、個人的に親交のある方でした。

いらっしゃる直前に、そのお客様から電話をいただき、たまたま電話に出た私は「お弁当を買っていくけど、和食と中華、どっちがいい?」と聞かれたので、「上司は中華の方が喜ぶと思います。」と答えたら、「じゃあ、両方二つずつ買っていくわね。」とおっしゃっていただき、わざわざ先輩と私の分も一緒にお弁当を買ってきてくださいました。

2009_0516画像0006
デパ地下のお弁当が脚光を浴びるようになって久しいですが、この界隈では全く手に入らず、平日ランチでは全く縁がなかったので、とっても嬉しかったです。

右の中華のお弁当は「中国明菜 銀座アスター」で、左の和食のお弁当は「お総菜のまつおか」と、どちらも定番の大御所ブランドです。

2009_0516画像0008
先輩から「ボリューム系の方がお好きでしょう(笑)。」といわれ、もちろん、ありがたく銀座アスターのお弁当をいただきました。
銀座アスターのお弁当をいただくのは、多分、初めてだと思います。

2009_0516画像0028
お客様は伊勢丹の袋をお持ちだったので、恐らく伊勢丹新宿店のデパ地下で買ってきて下さったのだと思います。

2009_0516画像0011
デパ地下のお弁当は、この界隈で売っているお弁当とは全く違います。
器も大きめですが、何より持ったときの重さが違います。
先輩の分と合わせて2つ持っただけなのに、ずっしりとした重みが伝わってきました。
こういう重さを体感したのは、「ラ・タベルナ」のお弁当ぐらいしか思いつきません。
大きな器の中に、ご飯もおかずも、何もかもがぎっしりと詰まっていました。
ご飯はうずたかく、あふれそうなぐらいたっぷりと盛られています。

2009_0516画像0018
前日食べた「福翔飯店」のお弁当に引き続き、二日続けて中華です(笑)。
エビチリはやや大きめのエビがプリプリとした食感でした。
ソースの甘みは穏やかで、少し辛かったです。
彩りとしてブロッコリーが添えられています。

2009_0516画像0016
イカの揚げ物は二つ入っていました。衣がやや厚めでした。

2009_0516画像0014
おかず関係はしっかりと楽しめるようにという配慮からなのか、1種類のおかずが必ず二つずつ入っています。

2009_0516画像0019
鶏の唐揚げも二つ入っていて、お肉はジューシーで柔らかでした。

2009_0516画像0020
タケノコの細切りの炒め物は、ニンジン、お肉、黒キクラゲなども入っていて、前の日に食べたチンジャオロースに比べ、しっかりとした味付けで美味しかったです。

2009_0516画像0013
一口では食べられないほどの大きな肉だんごは、甘酢あんがかかっていたので、甘いものが苦手な私には少々しんどかったです。


まつおか 「でらうま弁当1」  (1,082円)
2009_0516画像0007
先輩はこちらのお弁当をチョイス。

2009_0516画像0032
お弁当の詳しい内容です。

2009_0516画像0021
中華のお弁当と比べるとやや少なめですが、和食系お弁当としてはこちらのお弁当もとてもボリュームたっぷりで、おかずがぎっしりと詰まっています。

2009_0516画像0027
名古屋に本社がある「お総菜のまつおか」のお弁当を食べるのは初めてですが、今までに何度かお総菜を買ったことがあります。
メニューに名古屋の郷土料理もあるので、わざわざ名古屋で購入したこともありました(笑)。

2009_0516画像0022
お弁当には煮物、メインのお肉、ご飯が入っています。

2009_0516画像0023
ご飯には梅干しと黒ゴマがトッピングされています。

2009_0516画像0024
和食らしく煮物がたっぷり入っています。
煮物は大ぶりにカットされた大根、レンコン、ちくわ、ナス、ニンジンがあり、インゲンのお浸しやきんぴらゴボウも添えられています。
甘みをきかせたお味だったそうです。

2009_0516画像0030
大根なんて、半月切りとはいえ、ものすごい厚みです。

2009_0516画像0025
ヒレ味噌カツは2枚入っていました。

名古屋系だからなのか、先輩や私には全体的にやや甘めな味付けでしたが、和食弁当なのにとてもおなか一杯になったそうです。


久しぶりに食べたデパ地下弁当は、お値段が倍近い設定とはいえ、ボリュームはたっぷりで、一つ一つが美味しくいただけて、コストパフォーマンスは抜群でした。
おなかが一杯過ぎて、午後仕事に取り組むのが大変だったぐらいです(笑)。
たまにはこういう贅沢なお弁当も楽しかったです。
この界隈で手軽に買えるところがあれば、持ち帰りお弁当ライフも幅が出てきて面白いのになあ、とちょっと残念です。
ごちそうさまでした!


2009年5月15日購入時お店DATA
***********************************

中国明菜 銀座アスター 伊勢丹新宿店
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 地下1階

お総菜のまつおか 伊勢丹 新宿店
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 地下1階

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/12 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
アーバンチャイナ 福翔飯店  @四谷
そろそろお盆休みに入る方も多いんではないでしょうか。
それなのに、台風上陸前に台風以上の暴風雨、二日続けての大きな地震と、遊びに行くどころか身の安全に気をつけなければならない気候が続いています。
みなさま、くれぐれもご注意のうえ、夏休みをお過ごし下さい。

************************************

2009_0514画像0299

5月14日のランチは、上司がお昼ギリギリまで外出で、しかも、午後イチでまた出かける予定だったので、お弁当をとることにしました。
どこか新しい宅配のお店はないかな~と、「出前館」をながめていたら、中華のところで、四谷のしんみち通りの奥にあり、2008年8月22日にディナー訪問をしたアーバンチャイナ 福翔飯店(ふくしょうはんてん)」を見つけました。ディナーでしたが、お店で食べたたとき、なかなかリーズナブルで美味しかったので、お弁当を取り寄せてみることにしました。

2008_0825画像0072
実際のお店はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜け、次のブロックを少し先に行った右側にある上野KGビルの2階にあります。

こちらのビルには飲食店がたくさん入っていますが、場所がちょっと辺鄙だからなのか、しょっちゅうお店が入れ替わります。
「福翔飯店」と同じ二階のフロアには、2008年4月7日にランチした「韓国家庭料理・居酒屋 サランチェ」が入っていました。
また、写真に写っている1階の水たき鳥料理「博多 華吉」も既に閉店し、2008年9月17日から「名物 塩ちゃんこ 食神 四谷店」がオープンしています。

2009_0514画像0300
出前館を通じてオーダーを出すと、お弁当1個につき、常温の緑茶を1本サービスしてくれます。

2009_0514画像0301
見たことのないお茶でしたが、神戸にあるメーカーの製品のようです。

2009_0514画像0302
1,500円以上の注文で配達オッケーなので、小さな所帯の我が事務所は大変助かります。
ネットで注文できるのも便利です。
11時45分ぐらいに注文したところ、HP上では40分かかると表示されていましたが、12時15分ぐらいに持ってきていただけたので、予定時間よりも10分早く、30分ぐらいで到着しました。
お腹が空いているときは、予定時間を遅れるとすごくガッカリしてしまうので(笑)、時間前に届けていただけるのはとてもうれしいです。


上中華弁当  (1,320円)
2009_0514画像0303
せっかくなので、おすすめメニューの、二種類のメインが楽しめるこちらを注文してみました。
選択できるメインは幾つかありますが、私はチンジャオロースとエビチリをチョイス。

2009_0514画像0307
ご飯のボリュームはなかなかあり、黒ゴマをふってあります。

2009_0514画像0308
2種類のメインのほかに、副菜として煮卵半個、春巻き1本、サラダがついていました。
全体的にかなりボリューム系です(笑)。

2009_0514画像0310
生野菜サラダはほんの少しで、全体的にお野菜が少なめですが、春巻きの中に野菜がたくさん入っていました。

2009_0514画像0309
エビチリにはプリプリの海老がた~っぷりと入っていて、ソースは甘みと辛みが両方ともしっかりときいていました。
お新香も少し添えられています。

2009_0514画像0306
もう一つのメインのチンジャオロースは、豚肉、ピーマン、タケノコが炒められ、特にタケノコのボリュームがすごかったです。こちらの味付けは、私にはやや薄味でした。


チンジャオロース弁当  (880円)
2009_0514画像0304
先輩は、チンジャオロースの単品のお弁当を注文しました。
たっぷりのチンジャオロース、煮卵、シューマイ、お新香、ご飯です。

2009_0514画像0305
大変残念なことに、チンジャオロースに入っていたタケノコが、たまたま根本の部分だったようで、歯応えはガスガスで繊維が強く、かなり歯に挟まってしまったとのことでした(汗)。
味付けがやや薄めなのは同じだったようです。


お値段は少々かかりましたが、ボリュームはたっぷりで美味しかったです。
ただ、お店で食べたお料理の印象がとても良かったので、選択したメニューのせいもありますが、個性がなくなってしまったのは残念でした。


夜のメニューはこちらです↓
2008_0825画像0047

2008_0825画像0048

2008_0825画像0050

2008_0825画像0051

2008_0825画像0052

2008_0825画像0053

2008_0825画像0054

2008_0825画像0055

2008_0825画像0043

2008_0825画像0044


2009年5月14日注文時お店DATA
****************************
アーバンチャイナ 福翔飯店 (ふくしょうはんてん)
〒 160-0004 東京都新宿区四谷1-23 上野KGビル2F
TEL&FAX 03-3226-6808
営業時間 
[月~土]11:00~14:30 17:00~23:30(L.O.23:00)
[祝祭日]17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/11 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(3) |
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店  @四谷
2009_0514画像0200
5月13日は、上司がお客様とお昼ご飯を食べながら打ち合わせをする予定だったので、久しぶりに「お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店」のお弁当を届けていただきました。
前回「シローズ」お弁当を食べたのは2009年4月1日だったので、約1ヶ半月ぶりです。

2008_0907画像0044
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に進み、三つ目の交差点を越えた左側にある岡本ビルの1階にお店があります。

以前はJR四ッ谷駅の向かい側にあったグリーンマートという建物の地下に入っていましたが、
グリーンマートの閉鎖に伴い、2008年7月8日から現在の場所に移転しています。
移転先は四谷三丁目寄りの立地なので私の事務所からは遠くなってしまい、
最近は専ら出前をお願いしています。

2008_0907画像0043
新宿通りにこちらの看板が出ています。
岡本ビルには他にも幾つかのテナントが入っていて、ビルの構造上、
「シローズ」のお店がある場所が少しわかりにくいです。

2008_0907画像0045
1階の一番奥に「シローズ」の店舗がありました。
余裕があるつくりとでもいうのか、お店の手前はガランとしただだっ広いスペースがあります。

2008_0907画像0046
リニューアルオープンしただけあって、お店そのものはとってもキレイに改装されています。

注文するとき、電話口でおじさまがいつも丁寧な応対をしてくれますが、ますますご丁寧な対応になっていました。不景気で、お客さんが減っているのかな、と心配です。

11時45分ぐらいに注文し、30分から40分かかると言われていましたが、30分かからずに、12時15分前に届けていただきました。お腹が空いていたのでとてもうれしかったです。


日替り焼肉&鶏唐弁当  (750円)
2009_0514画像0200
全種類メニュー制覇まであと2つ。
この日は「日替り焼肉&鶏唐弁当」をお願いしました。

2009_0514画像0207
サラダはキャベツの千切りで、お新香はたっぷりのタクアンの細切りです。
ドレッシングとお醤油がついていました。
ドレッシングはサラダにかけましたが、お醤油は使わず終いでした。

この日はキャベツの千切りがちょっと乾燥気味でした。
何度もこちらの弁当をいただいていますが、こんなことは初めてです。
先輩のキャベツに至っては、干涸らびているのが見てわかるぐらいでした(汗)。

2009_0514画像0201
たっぷりのご飯には黒ゴマがかかっています。

2009_0514画像0208
メインの一つは鶏の唐揚げで、大きめのサイズで二つ入っていました。
冷めていてほんの少し固めでしたが、お肉はジューシーで美味しかったです。

2009_0514画像0209
鶏の唐揚げにはスパゲッティが添えられていました。

2009_0514画像0206
お肉はタマネギと一緒に炒められ、貝割れ大根がトッピングされていました。
味付けがしっかりしていて、ご飯がとても進みます。
焼肉の下にはもやしが敷き詰められていました。


日替りお魚弁当  (750円)
2009_0514画像0202
先輩は、シローズのお弁当の中ではヘルシー系のこちらを注文。
サラダのキャベツの千切りは、ちょっとしなびちゃっていました。

2009_0514画像0204
メインのお魚のほか、サラダ、副菜、お新香、ご飯がついています。
副菜は里芋の煮っころがし、お新香は細切りのタクアンです。

2009_0514画像0203
メインは、お魚のフライ、卵焼き、ソーセージで、スパゲッティも入っていました。
お魚のフライや卵焼きにはトマトソースがかけられています。


シローズのお弁当の中ではガッツリ系だったので、ボリューム満点で、おなかが一杯になりました。
メニュー全制覇まで、あと1種類!
メニュー制覇をしたら、自分で撮影したお料理の写真を並べてメニューを作ってみようかな、などと考えております(笑)。


◆◇◆◇◆ 目指せ!全メニュー制覇 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おろしロースカツ弁当 (2007年10月1日
ヒレかつ弁当 (2007年9月6日
手ごねハンバーグ弁当 (2008年5月29日
鶏唐揚弁当 (2008年2月19日
わかめご飯弁当 (2008年2月1日
ヒレカツカレー (2007年7月18日
のりから明太子弁当 (2007年10月10日
ハンバーグカレー (2007年12月19日
和風幕の内弁当 (2008年7月25日
洋風幕の内弁当 (2008年1月11日
ハンバーグ・唐揚弁当 (2007年8月2日
唐揚・エビフライ弁当 (2007年11月12日
焼肉・カニクリームコロッケ弁当 (2007年10月25日
そぼろ弁当 (2008年1月16日
お好み弁当 (2007年9月10日
ハンバーグ&カニクリームコロッケ弁当
日替り焼肉&鳥唐弁当 (2009年5月13日
日替り焼肉&カニクリームコロッケ弁当 (2008年12月1日2009年1月15日
わかめご飯弁当 (2008年2月1日
ビーフカレー (2008年12月18日
コロッケカレー (2008年10月1日
白身魚フライカレー (2009年4月1日

~日替わり弁当~
日替り弁当 (2008年4月14日
日替りお魚弁当 (2008年10月8日
日替り焼肉弁当 (2008年4月23日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2009_0117画像0151
もうなんの役にも立ちませんが、翌週のメニュー表です。
お持ち帰りで600円以上のお弁当を買うと50円引きになるというサービスがありますが、
店舗が遠くなって買いに行けなくなってしまったので、とっても残念。

2008_1205画像0033
1週間分の日替わりメニューをのせたチラシには、以前いただいていた宅配&お持ち帰りメニューのほかに、おかずの組み合わせが違うなどの新しいメニューもちらほらあります。

2008_1205画像0034
二人分の出前をお願いすることもあるので、
配達をしてくれる合計金額が1100円以上とお安めな設定はとても助かります。


移転前にいただいているメニューです↓
メニュー7

メニュー6

メニュー5

メニュー4

メニュー3

メニュー2

メニュー1



2009年5月13日宅配時お店DATA
****************************
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-8 岡本ビル1階
TEL&FAX 03-3226-0407
営業時間 9:00~18:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/10 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
炭火焼 炭膳  @四谷
5月12日は、12時過ぎになっても、ランチに何も言及せずに仕事を続ける上司に、おなかが空いてイライラしてきたのでそろそろお昼について聞かなきゃと身構えていたところ、上司の方から「しんみち通りの入口の地下にあったお店に行くか!」と言い出し、二日続けて外食に出ることになりました。
揚げ物大好きな上司は「炭膳(すみぜん)」がとてもお気に入りです。
前回訪問したのが2009年3月3日だったので、約3ヶ月ぶり、3回目の訪問になります。

2009_0123画像0057
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、すぐ左にあるタカマスヤビルの地下にあります。
同じビルの2階にある「らぁめん 芳久(よしきゅう) 四谷」には2007年10月3日に訪問しました。

2009_0123画像0056
細い階段を下りていきます。

2009_0123画像0039
店内はそれほど大きくなく、右手に厨房、左手にテーブル席が並んでいました。

2009_0306画像0008
12時から1時までの1時間は禁煙です。

2009_0514画像0199
ピントがずれて、すみません(汗)。
営業日、営業時間はこちらのとおりです。
ランチタイムは長いですが、夜はそれ程遅くまでやっていません。

2009_0514画像0183
厨房のある上の壁には、夜のメニューがたくさん貼り出してあります。

2009_0514画像0182
小さなお店ですが、メニューはたくさんあります。

2009_0514画像0181
季節を感じさせるおすすめメニューもあります。

2009_0123画像0043
12時30分近く入店したところ、ちょうど食べ終わったお客さんの入れ替わりで一席空きました。
待たずに済んで、ラッキーでした。
私たちの後からもたくさんのお客さんが来て列を作っていました。相変わらずの人気です。

2009_0123画像0038
店内にはラジオが大きめのボリュームで流れています。
一番奥の厨房側のテーブル席に着席。
本来ならば4人席ですが、お酒をおく棚で一席潰れていてちょうど三人掛けになっています。

フロアでは、おばちゃまがとても丁寧で気持ちのいい接客で、一人で切り盛りしています。
それ程広い店内ではありませんが、おばちゃま一人で切り盛りしているのでとても忙しく、時には少々待たされることもありますが、いつも謙虚で丁寧な接客をして下さり、すごく感じが良いです。

2009_0514画像0179
メニューは卓上にはなく、お店の入っているビルの前か、お店の奥の壁に貼られています。
座った場所からだとメニューが見にくくてすみません(汗)。
この日のメニューは15種類の定食ですが、早い時間に行かないとどんどん売り切れます。


銀むつ味噌焼 ご飯少なめ  (900円)
2009_0514画像0186
これまでに2回こちらにお邪魔していますが、いつもお肉系メニューをいただいていたので、今回はお魚系メニューをを食べるべく、先輩と二人で銀むつ煮付けをお願いしましたが、残念ながらあと一人分しかないとのことで、私は銀むつ味噌焼に変更しました。
ちなみに、ミックスフライのAとBもこの日は既に終了していました。

それ程待たずに、まずは私の注文したメニューが登場。メイン、小鉢、お味噌汁、ご飯です。

2009_0514画像0189
小鉢の冷や奴には、ネギとおろしショウガをトッピングしています。

2009_0514画像0196
お醤油をかけていただきました。

2009_0514画像0192
写真がピントが合っていませんでした(汗)。
薬味とワカメの入ったお味噌汁で、残念ながら少しぬるめでした。

2009_0514画像0187
ご飯は少なめでお願いしました。

2009_0514画像0184
テーブルの上には、タクアンの入った大きな容器が置いてあります。

2009_0514画像0185
せっかくなので、いただくことにしました。

2009_0514画像0198
この日食べた銀むつの味噌焼は脂がたっぷりのっていたので、いい口直しになりました。

2009_0514画像0190
銀むつの味噌焼は、とても大きなサイズが二切れも出てきて、全員ビックリ。
炭火で焼かれているため、とても香ばしい匂いがします。

2009_0514画像0191
脂がしたたるほどたっぷりとのっていて、とっても美味しい。
ご飯を少なめにしたのを後悔しちゃいました(笑)。

2009_0514画像0193
ただし、かなり大きな骨がついているので、身をほぐすのはかなり大変です。
久しぶりにお魚を食べるのに格闘しました(笑)。


銀むつ煮付け  (900円)
2009_0514画像0194
先輩はこちらのメニューを注文。

2009_0514画像0195
写真がボケボケでとっても残念です(泣)。
最後の一人分だったので、残っている銀むつを全部のっけられたのか?と思うぐらい、かなりなボリューム。
こちらも脂がたっぷりとのっていて美味しかったとのことです。


わらじのような大きなとんかつを食べた上司は、珍しくそのボリュームに苦戦し、最後の一切れを食べるのにかなり苦しんでいました(笑)。
少々手間はかかりましたが、お料理はとても美味しく、魚を食べたとは思えないぐらい、たっぷりとしたボリューム感で、おなか一杯です。
人が絶えず訪れるのも納得です。またぜひほかのメニューを食べてみたいです。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

生カキフライ  (2009年1月21日
豚ロース炭焼  (2009年3月3日
銀むつ味噌焼  (2009年5月12日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2009年5月12日訪問時お店DATA
**************************
炭火焼 炭膳 (すみぜん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 高増屋ビル地下1階
電話&FAX 03-5360-4451 
営業時間
[平日] 11:00~15:00 17:00~21:00
[土曜] 11:00~14:00 
定休日 日曜
JR・地下鉄四ッ谷駅から 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/07 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
2009_0514画像0164
5月11日は週明けの月曜日、上司がランチを外に食べに行こうと誘ってくださり、三栄通りにある「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」に行くことになりました。
「嘉賓」は、中華料理が大好きな上司のお気に入りのお店ですが、前回訪問したのが2009年1月8日だったので、約4ヶ月ぶりと、ずいぶんご無沙汰でした。

外観

JR四ッ谷駅を四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にあるビルの2階にあります。
こちらの第三鹿草ビルには飲食店が何軒か入っていますが、ランチをやっているのは、「嘉賓」と2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん」だけです。

看板

こちらのお店は四谷界隈では老舗の有名店で、
「カキそば」や「水餃子」などがグルメ本で良く紹介されています。

2009_0514画像0176
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、その日の定食が何か、
自分の好きなメニューがあるかが事前に確認してからお店に入ることが出来ます。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

酒ケース

階段を登りきったお店の入口の前にはショーケースが置かれていて、お酒が並んでいます。

入り口

やや古めかしい店内にはテーブルがギッシリと並んでいて、奥には座敷があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

2008_0627画像0004
窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、
ちょっとしたお庭になっています。

2008_0627画像0003
卓上には中華風にデザインされた調味料入れやお箸立てが置かれています。

2009_0514画像0159
入店したのは12時30分近くでしたが、店内は満席。
部屋の中央部分にある円卓が3人分空いていたので、相席で入ることになりました。

2009_0514画像0162
ランチメニューは14種類と種類が豊富です。
値段は700円~1500円で、そのほとんどが800円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

メニューに冷やし中華そばが出ていて、夏が近づいているんだなぁと実感。


蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯  (700円)
2009_0514画像0163
この日の日替わりである大根と豚肉のうま煮かけご飯は初めて見るメニューだったので、先輩も私もこちらを注文しました。

日替わりメニューだけあって、出て来るのが早かったです。
スブタを注文した上司はもうちょっと待たされていました(笑)。

2009_0514画像0168
この日のスープはやや白濁していました。

2009_0514画像0167
小さく角切りされたたっぷりの大根と豚肉で、ご飯が見えないぐらい覆われています。

2009_0514画像0166
大根はよく煮えていて、とても柔らかで、優しい味付けでとっても美味しい。
少しとろみがついている感じでした。

2009_0514画像0171
同じ色合いで目立ちませんが、ザーサイが添えてあります。
たっぷりのいいアクセントになりました。

2009_0514画像0173
デザートに杏仁豆腐がつきます。

2009_0514画像0174
杏仁豆腐は手作りのせいか、大きさはかなりまちまちで、スプーンにのらないほどの大きさのものまでありました。
ツルっとしたのど越しで、サッパリした味わいです。

2009_0514画像0175
この日の杏仁豆腐に入っていた果物は、大きいミカンが一房でした。

この日食事をした円卓には、真ん中の部分にお箸などが置かれているので、ぎっしりお客さんが座っているとお皿の配置などでちょっとスペースが足りなかったので、杏仁豆腐をいただく時は、ほかのお皿を重ねました。
大根をこういう形の煮物のうま煮にして食べるのは初めてでした。
美味しくておなかいっぱいで、大満足です。


~*~*~ これまでに食べたメニューです。 ~*~*~
香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
炒麺 五目やきそば (2007年6月27日
B定食 古老肉 スブタ (2008年3月21日
水餃子 茹でギョウザ (2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日


2009年5月11日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2F
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 11:00~14:00  17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/06 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(5) |
【閉店】 けむりや 炭火串焼  @四谷
2009_0514画像0035
5月8日のランチは、上司のお昼前後のスケジュールがタイトだったため、お弁当を買いに行くことになりました。
前日「エジプト・中近東料理 EL SARAYA(エル・サラーヤ)」のランチに行った時、「けむりや 炭火串焼」で400円のお弁当を販売しているのを見つけたので、早速、先輩が買いに行ってくれました。

2008_0914画像0028
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、少し行った右手にこちらのお店があります。
2008年9月8日にランチで訪問したことがあります。

2008_0914画像0027
三栄通りには、ランチメニューが写真入りでとてもわかりやすく出ています。
この写真は以前撮ったもので、現在は、お弁当の写真が出ています。

こちらのお店では、以前、オムライス弁当のみ数食分を販売していましたが、日によってはすぐに売り切れてしまい、電話予約だと10時30分ぐらいまでに注文しなければならなかったので、なかなか上司との連絡がうまくいかないまま、一度も注文できないうちにいつの間にかお弁当をやめちゃっていて、とても残念だったので、お弁当が復活してくれて、しかも3種類も選択できて、本当に嬉しいです。

2009_0514画像0034
電話で先に注文しようと思って12時前にお店に電話したところ、もう全て出来上がっているとのことでした。
お弁当はタコライス弁当、チャーシュー弁当、オムライス弁当と3種類あり、どれを食べても恨みっこなし、ということで、先輩は3種類を一個ずつ買ってきました。
上司は意外なことにタコライス弁当をチョイス。

安くてボリュームたっぷりのランチを食べられるので、店内もとても混み合っていたそうです。


チャーシュー弁当  (400円)
2009_0514画像0035
私はチャーシュー弁当をいただきました。

2009_0514画像0040
メインのほかに、鶏の唐揚げとソーセージ1本が入っていて、キャベツの千切りがたっぷり敷き詰められ、スパゲッティも添えられています。
ソーセージは食感が少し硬めでした。
鶏の唐揚げも普通に美味しくて、お肉は柔らかかったです。

2009_0514画像0036
チャーシューは、ご飯が見えないほどぎっしりと敷き詰められています。
そこそこ厚みがあり、甘さは控えめでややしっかり目の味付けなのでご飯がとても進みます。
お肉はホロホロと崩れる部分や脂がとろけるところがあり、美味しかったです。

2009_0514画像0041
それ程大きなお弁当箱には見えませんが、ご飯はぎっしりと詰まっていて、かなりボリュームがありました。
チャーシューのタレが染みたご飯もうまい!


オムライス弁当  (400円)
2009_0514画像0037
先輩はオムライスをチョイス。

2009_0514画像0039
ボリュームを増やすため、ソーセージと揚げ物が一つずつついています。

2009_0514画像0038
オムライスには、ケチャップとデミグラスソースがかかっていますが、ご飯が多いので、すこし甘めなケチャップなどでご飯を食べることになり、少々しんどかったそうです。
卵はとてもうすーく焼かれていて、ちょっと存在感がなかったそうです(笑)。
以前販売していたオムライス弁当はもっとお値段が高かったので、もう少し豪華だったと思います。


お弁当は美味しくてボリュームたっぷりでおなか一杯になりました。
これで400円とは本当に驚きです。
別のメニューもぜひ食べてみたいです。


2009年5月8日訪問時お店DATA
****************************
けむりや 炭火串焼
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-21 三井資産ビル1階
TEL&FAX  03-5312-4733
営業時間  ランチタイムの時間不明  17:30~24:00(L.O.23:30) 
定休日 不定休 日・隔週休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/05 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 エジプト・中近東料理 EL SARAYA  @四谷
2013年9月20日追記

「エル・サラーヤ」は2013年6月に閉店したそうです。

DSCF3456_2013091807383118b.jpg
跡地には、2013年の夏頃でしょうか、和風居酒屋さんの「旬菜酒場 陽だまり。(ひだまり)」がオープンし、2013年9月11日にランチ訪問しました。

************************************

2009_0514画像0020
5月7日はGW明けの木曜日。
上司は未だ連休中なので、小雨が降る中、先輩と二人でランチに出ました。

連休中、外食続きで体重もかなり増加気味だったので、ヘルシーでおいしいランチが食べたいですね~という話になり、三栄通りから少し入ったところにあるお寿司屋さんを目指して歩いていたのですが、ふと、「エジプト・中近東料理 EL SARAYA(エル・サラーヤ)」を見ると、ランチが再開している!!
「ちょっと様子を見ませんか?」と言ってお店の前でメニューを眺めた先輩、手元ではもう傘を折り畳み始めていて、あっけなく行き先変更(笑)。
客引き中の店員さんがお店の入口で、私たちが入るのを待ちかまえていました(笑)。

外観

こちらのお店には、2007年10月18日にランチ訪問し、2007年11月16日にお弁当をテイクアウトしましたが、その後ランチ営業をやめていました。

入口

写真は以前撮ったものです。
JR・地下鉄四ッ谷駅から四谷口を出て三栄通りを進み、ローソンのある信号を越えた少し先の左側にあります。フレンチ「北島亭」の少し手前です。

こちらのお店は、数年前に渋谷から移転したそうで、朝日新聞で「コシャリ」というエジプトの家庭的な伝統料理の紹介されていたこともありました。

店内

店内は、入口の左側にテーブル席があり、奥に細まった通路があり、その先にまた部屋が続いていてテーブル席が並んでいます。

2009_0514画像0005
店内はところどころに現地の調度品や水タバコなどが飾られていて、雰囲気抜群。

2009_0514画像0008
前回訪問した時は奥の部屋に通されましたが、今回は入ってすぐ左にあるテーブル席に着席。
先客は女性の一人客だけでしたが、あとから少しずつお客さんが増えていました。

2009_0514画像0001
以前はセミ・ビュッフェスタイルでしたが、普通のオーダーメニューに変わっていました。
ランチの定番メニューは3種類あり、すべて850円です。

2009_0514画像0003
定番メニューのほか、1日5食限定の日替わりメニューがあります。

2009_0514画像0004
お値段は定番メニューと同じ、850円です。
この日は木曜日だったので、キーマカレーでした。

2009_0514画像0002
スペシャルメニューの「エジプシャンプレート」や、ベジタリアンランチもあります。
ドリンクもビールを含めて5種類ほどあります。

2009_0514画像0006
こちらのお店では、毎週木曜日から土曜日、午後8時からベリーダンスショーが開催され、テーブルチャージなしで見られるそうです。いいなあ、ぜひとも見てみたいです。

2009_0514画像0007
恐らくディナータイムだと思いますが、2時間の飲み放題メニューがあります。
現地のお酒である「アラク」を飲んでみたい~。

2009_0514画像0012
まず最初に、熱々で湯気が立ち上るモロヘイヤスープが登場です。

2009_0514画像0015
モロヘイヤの緑色がとても鮮やかで、独特の粘りがたまりません。
ニンニクがとてもきいたしっかり味で、美味しい~。

2009_0514画像0016
スープを食べ終えてからメインが出るまで少し時間がかかりました。
アルミ製(?)のワンプレートの中にお料理を全てのせて登場。


エジプシャンプレート  (1,480円)
2009_0514画像0017
せっかくなので、エジプシャンプレートを注文。

こちらのメニューは、豆のペースト2種、ピタパン、ライス、サラダ、チキンカバーブ、コフタカバーブ、モロヘイヤスープ、選択可能なメインを一つと、とにかく盛りだくさん。
私はメインにチキンカレーをチョイスしました。

2009_0514画像0021
小さなカゴにナンを小さく切ったものが入って出てきました。
ナンはちょっと厚めで、パンに近い食感です。

2009_0514画像0022
ようやく全てのお料理が出そろいました。
う~ん、とってもゴージャス! 

2009_0514画像0024
お豆のペーストは2種類あります。
ブラックオリーブがトッピングされたこちらの方が、少々塩気が強かったです。

2009_0514画像0025
普通のオリーブがトッピングされた方は、マスタードのようなピリピリした辛さがありました。
どちらもそのまま食べてもピタパンにのせて食べてもおいしかったです。

2009_0514画像0028
レタス、キャベツ、ニンジン、キュウリなどが入った生野菜サラダにはドレッシングがかかっていなかったので、お豆のペーストやカレーをのせたりして食べました。

2009_0514画像0023
ご飯は少しピンクがかった色合いで、とてもキレイです。
以前も気になった、細い糸状のニョロニョロも健在でした(笑)。

2009_0514画像0026
奥がチキンカバーブで、手前が挽肉を棒状に固めたコフタカバーブです。

2009_0514画像0029
チキンカレーは、ほとんど辛くなく、むしろ甘みを感じるぐらいで、どちらかというとカレーというよりはシチューに近い感じです。コクとまろやかさがあり、とっても美味しいです。ご飯にもピタパンにも合います。
鶏肉も大きめのものが幾つか入っていて、柔らかでした。


エジプシャンプレート  (1,480円)
2009_0514画像0018
先輩も同じくエジプシャンプレートを注文。

2009_0514画像0019
メインには「シャワルマ」という、柔らかい牛肉を使ったエジプト風焼肉を選択しました。


デザート [ ライスプティング ]
2009_0514画像0030
食事のあと、かなり大きめのライスプディングがデザートとして出てきました。

2009_0514画像0031
生クリームとチョコレートとナッツがトッピングされています。
私には少々甘めでしたが、お米のつぶつぶ感がとても良かったです。


コーヒー
2009_0514画像0033
飲み物にういて聞かれたので、思わず「ついているんですか?」と聞いたところ、「サービスです。」と祝えたので、ホットコーヒーをお願いしました。
サービスコーヒーなのでカップ半分ぐらいの量でした(笑)が、いただけただけで大満足です。
デザートもとコーヒーもメニューに記載がないので、ランチ再開記念か何かのサービスだったと思います。


食べ終えてふと時計を見ると、1時過ぎてる!!
慌てて、会計は先輩に任せて、私は走って事務所に戻りました(汗)。
他にも食べたいメニューがあるし、お弁当もやっているようなので、またぜひ違うメニューを食べてみたいです。ランチ再開してくれて、とても嬉しいです。


2009年5月7日訪問時お店DATA
****************************
エジプト・中近東料理 EL SARAYA
 (エル・サラーヤ)
〒102-0008 
東京都新宿区三栄町一番地 堀内ビル1F
Tel&Fax 03-3353-9394
営業時間
(昼)11:30~14:30 (土・祝なし)
(夜)18:00~23:00 (L.O. 22:00)
定休日 日曜日
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/04 09:00】 | エジプト | トラックバック(0) | コメント(5) |
【閉店】心酔食処 福もん  @四谷
2016年3月23日追記

「福もん」は、2014年10月頃までには閉店したようです。

DSCF9067 (480x360)
跡地には、「串焼き居酒屋 千の味」というお店が2014年10月27日にオープンし、2016年3月15日にランチ訪問しています。

*******************************

2009_0430画像0124
4月28日は、上司が出張、先輩はGWのお休みだったので、前日の「汁番新館」に引き続き、この日も一人ランチでした。

2009_0430画像0136
四谷のしんみち通りに、先輩が以前一人で行ったことのある「心酔食処 福もん(ふくもん)」というお店があったので、そこに行ってみることにしました。

2009_0430画像0135
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの一番奥の右手に第2岩井ビルがあり、こちらのビルの2階にあります。とても大きな看板が掲げてあるので、とても目立ちます。
以前、同じ場所に2007年7月17日に訪問した「うさぎの農園食堂」というお店がありました。
さらにその前はインド料理屋さんがありました。なかなか集客が難しい場所のようです。

このビルには、
地下一階に、2008年10月14日に訪問した「味処 与志井」
一階に、2008年9月16日に訪問した「炭火焼干物食堂 越後屋 五郎兵衛」
があります。

2009_0430画像0133
ビルの1階にメニューが出ているので、お料理の内容や値段がわかります。

2009_0430画像0131
やや古めかしい細い階段をあがって2階に行く途中にもメニューが出ています。

2009_0430画像0130
お店の入口にはこんなファンキーな看板が掲げられています。

ちょうどお客さんが入った直後のようで、しばらくお店の方に気付いてもらえませんでした(汗)。

2009_0430画像0118
ご夫婦でしょうか、厨房に男性とフロアに女性と、お二人でお店を切り盛りしています。
カウンターにどうぞーと言われ、店主の真ん前に着席。

こちらのお店は喫煙がオッケーで、外の看板にも大きく書いてあります。

2009_0430画像0092
カウンターのデザインが「鳥獣戯画」でした。かわいい♪

2009_0430画像0093
こぢんまりとした店内には、お店の一番奥と厨房の前にカウンターがあり、後はテーブル席です。
その後もぞくぞくとお客さんが入ってきて、満席になっていました。

2009_0430画像0091
この日のランチメニューは6種類あり、680円から750円ととてもリーズナブルです。
しかも、ライスの大盛りとおかわりがサービスです。


モツみそ煮  (700円)
2009_0430画像0119
メニューはいろいろ気になるものがあって悩みましたが、大好きなモツに決定。
いっぺんにお客さんが入ってきて、最後の方に注文したため、お料理が出てくるのにちょっと時間がかかりました。
メイン、小鉢、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。

2009_0430画像0122
ニンジンも少し入っていたマカロニサラダは私にはやや薄味でした。

2009_0430画像0123
キュウリの浅漬けは一塩で美味しかったです。

2009_0430画像0129
お新香を食べ終えたお皿がかわいいデザインだったので、写真を撮っちゃいました。

2009_0430画像0121
お味噌汁はワカメとネギとミツバが入っていて、ミツバがとても良い香りでした。

2009_0430画像0120
ご飯を少なめでお願いするのを忘れましたが、小さなお茶碗にご飯がこんもりと盛られ、ボリュームはもともとそれ程多くありませんでした。

2009_0430画像0124
モツみそ煮は、たっぷりの千切りキャベツの真ん中に味噌煮込みのモツがタレごとのっていて、彩りに糸唐辛子がトッピングされていました。

2009_0430画像0126
写真だとわかりませんが、出来たて熱々のモツから、湯気が立ちのぼっていました。

2009_0430画像0127
店員さんから「モツはキャベツと絡めてから食べてください。」と言われたので、しっかりと混ぜ合わせたところ、モツの熱でキャベツが柔らかくなって甘みを感じました。
大きいモツはプリプリでとても柔らかかったですが、私には味付けが少々甘めでした。


先輩が食べに行った頃は、メニューに有機野菜や減農薬野菜などを使っていることを謳っていたようですが、今回、私が来た時には気付きませんでした。
ボリュームは普通ですが、お手頃価格でお野菜もたっぷり食べられたのがよかったです。


夜のメニューです↓
2009_0430画像0094

2009_0430画像0095

2009_0430画像0096

2009_0430画像0097

2009_0430画像0098

2009_0430画像0099

2009_0430画像0102

2009_0430画像0103

2009_0430画像0104

2009_0430画像0105

2009_0430画像0106

2009_0430画像0107

2009_0430画像0108

2009_0430画像0109


2009年4月28日訪問時お店DATA
*******************************
心酔食処 福もん (ふくもん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20 第2岩井ビル2階
TEL 03-3356-1945
営業時間  
[昼] 11:45~14:30(L.O. 14:15)  
[夜] 17:00~23:00(L.O. 22:30)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/08/03 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(5) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる