【移転】 移動販売 泉州屋台  @市ヶ谷
2011年9月27日追記

「泉州屋台」さんは2010年8月29日にこの場所での営業を終え、南青山に移転しました。

DSCF0344.jpg
その後、同じ場所に「日和亭」が来ていましたが、2011年2月21日に撤退しました。
警察による取り締まりなどが厳しく、現在、月曜日に移動販売は来ていません。

***************************************

2009_0715画像0033
2009年7月13日は、せっかく上司が出張でランチに出るチャンスだったのですが、お中元でいただいたでっかいスイカを切ったところ、おやつに食べても全く減らず、仕方なく、お弁当を買って一緒に食べることにしました(泣)。
月曜日なので、「移動販売 泉州屋台(せんしゅうやたい)」さんが来ているはずだと思い、12時少し前に事務所を出て買いに行きました。

2009_0612画像0034
移動販売のワゴン車が止まる場所は、日本大学大学院前です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、最初の交差点を右に曲がります。
「五番町 祭り屋 ステーキハウス」「鳥珍 市ヶ谷店」を越えたもう少し先です。
日本大学大学院を越えてさらに進むと「京旬菜 塁菜 Rui-Sai」があります。
この場所には、ほぼ日替わりで移動販売の車がやってきます。
月曜日 泉州屋台
火曜日 名称不明のエスニック系移動販売
水曜日 サファリカレー
木曜日 BERO KITCHEN(ベロ キッチン)
金曜日 サファリカレー

2009_0612画像0032
前回食べたのが2009年6月8日だったので、約1ヶ月ぶり、2回目です。

2009_0612画像0031
車のボディは鮮やかな黄色が塗られていて、とっても目立ちます。

2009_0715画像0021
車のそばに、本日のランチメニューが出ています。

2009_0715画像0022
メニューは3種類で、お値段は600円か650円と、とてもお安いです。
それなのに、お米は最高級のジャスミンライスだそうです。

2009_0715画像0023
カレーが2種類、おかず系が1種類です。
この週は、カレーがグリーンカレーとレッドカレーでした。

2009_0612画像0029
車の後ろの部分を開けて、販売しています。
こちらは前回の写真ですが、販売窓口に置いてあるメニューです。

2009_0715画像0030
右上には写真とメニュー説明が記載されたメニュー表があり、とってもわかりやすいです。
蛍光ペン(?)でマルがついているメニューがこの日のメニューです。

2009_0715画像0024
車の前に立つと、中の様子がよく見えます。
こちらはこの日のおかず系メニュー、「ムー・トート・ガティアム(豚肉のせごはん)」です。
たっぷりのお肉が草原のように広がっていて、空腹な私はクラクラしちゃいました(笑)。

2009_0715画像0025
左側には2種類のカレーがお並んでいます。
グリーンカレーの方が人気なようで、だいぶ量が違っています(笑)。

2009_0715画像0026
好き嫌いがはっきりと分かれるコリアンダーについて、丁寧な説明が出ています。
お弁当を仕上げるとき、「コリアンダーはどうしますか?」と聞かれます。
私はもちろん、増量派!

2009_0715画像0027
ご主人おひとりで切り盛りしているので、混雑時はお客さんをお待たせしないよう、袋詰めなどをセルフサービスでお願いしています。

2009_0612画像0033
販売窓口の右側には、薄い木の板で作られたスプーンが置かれていて、セルフでとります。
とってもかわいいですが、使い捨てになってしまうのでもらわないようにしています。

2009_0715画像0028
こちらのお店で使われているジャスミンライスは、長粒米の中では最高級品とのこと。

2009_0612画像0030
車の脇に小さなサイドテーブルが置いてあり、タイ料理でよくある四つの調味料が置かれているので、お好みでこちらに寄って味付けをします。
こちらは前回の写真です。

2009_0715画像0029
この日は4種類の調味料は販売窓口の左側に置かれていました。

2009_0715画像0031
無事お弁当を購入し、事務所に戻りました。

2009_0715画像0032
かわいい木のスプーンはもらわなかったのに、お店のご主人が入れてくれていました(汗)。


ムー・トート・ガティアム 豚肉のせごはん  (650円)
2009_0715画像0033
前回はカレーを食べたので、おかず系メニューを食べてみました。
フタを開けてみると、お肉も野菜もあふれんばかりに入っていました。
美味しそう!

2009_0715画像0037
生野菜としてサニーレタスが飛び出さんばかりに詰められています。

2009_0715画像0035
この黄色いサラダの素材が何かはわかりませんが、お芋のようなねっとりとした食感で、あまり甘くなくて美味しかったです。

2009_0715画像0036
コリアンダーがたっぷりとトッピングしてあり、とても爽やかな口当たりになりました。

2009_0715画像0034
お肉はしっかりと味がしみ込んでいてとても柔らかく、ご飯がとても進みます。
ご飯のボリュームは普通です


カレー2種盛り [メイン:グリーンカレー、サブ:レッドカレー]  (650円)
2009_0715画像0038
先輩はカレー2種盛りをチョイス。

2009_0715画像0041
トッピングは私のメニューと全く同じです。

2009_0715画像0040
サブチョイスしたレッドカレーは、メインのグリーンカレーよりも辛いとのこと。

2009_0715画像0039
メインのグリーンカレーはたっぷりと盛られていて、具にはナスが入っていました。
ココナツミルクのまろやかで辛さも程よく、とても美味しかったとのことです。


おかず系メニューの「ムー・トート・ガティアム」は間違いない美味しさでしたが、味にはまるという意味ではカレーの方が魅力的かなと思いました。
週に1回しか来てもらえないので、なかなか食べられませんが、他のメニューもいろいろ食べてみたいです。


2009年7月13日購入時お店DATA
*******************************
移動販売 泉州屋台  (せんしゅうやたい)
場 所 日本大学大学院前
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/30 09:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(4) |
【店名変更】 Mexican Grill House GRILL CABANA  @四谷
2011年8月10日追記

「サルサ・カバナ 四谷店」は2010年9月20日に閉店し、2010年10月2日に「グリル・カバナ」の場所に移転し、「Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール」という店名に変更してリニューアルオープンしました。

DSCF4091.jpg
外観にあまり変化がないのはご愛敬です(笑)。
リニューアル後、2011年1月13日にランチ訪問しました。

なお、四谷三丁目にあった「サルサ・カバナ 四谷三丁目店」は新橋に移転し、2011年3月29日に「サルサ・カバナ セントロ」という店名でリニューアルオープンしたそうです。

***************************************

2009_0710画像0198
2009年7月10日は金曜日だったので、週の最後だし、ちょっと美味しいものを食べたいですね~ということで、このところご無沙汰だった四谷のしんみち通りにある「Mexican Grill House GRILL CABANA(グリル・カバナ)」へ行ってみました。

店

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りのかなり奥の右側にお店があります。

2009_0710画像0217
これまでに「グリル・カバナ」では、2008年1月15日にランチ訪問し、2008年6月6日にテイクアウトをしたことがあります。
お店の左側はテイクアウト用の窓口になっていますが、持ち帰りには少し時間がかかるので、あらかじめ電話で注文してから取りに行った方がスムーズです。

2009_0710画像0216
しんみち通りには色鮮やかな写真が入ったメニューの看板が出ています。

2009_0710画像0215
しんみち通りの手前の場所には姉妹店の「SALSA CABANA(サルサ・カバナ)」があり、2007年7月11日にランチ訪問をしたことがあります。
四谷三丁目にも、姉妹店の「SALSA CABANA 四谷三丁目店」があります。

「グリル・カバナ」に向かう途中、「サルサ・カバナ」のランチがやっていないのに気付きました。
たまたま? 定休日??

2009_0710画像0193
ウッディな店内はそれ程広くはなく、とてもシンプルな内装ですが、ところどころに現地らしい飾りが施されています。
左側に厨房とカウンター、右側にテーブル席があり、通り沿いにもかなり縦幅のない狭いカウンターがありました。
椅子は背の高いスツールなので、見た目はオシャレですが長時間座るのには向いてなさそう。

2009_0710画像0189
壁を見ると、ランチタイム限定コースメニュー(1,500円)がありました。
このメニューは2009年5月18日から始まったそうで、とっても興味津々です。
残念なことに、この日は私にしては珍しく朝ご飯をたっぷり食べていたので、ボリューム的にかなり無理そうで、次回のリベンジを誓って、この日は普通のランチをいただきました。

2009_0710画像0197
メキシコビールもいろいろあります。

2009_0710画像0192
夜のメニューも少し貼り出されていました。お値段もお手頃だし、とっても美味しそう。

2009_0710画像0190
店内は8割ほど席が埋まっていて、店員さんから一番右奥のテーブルに案内されました。
出されたお水のグラスの種類がばらばらなのが、とってもこのお店らしいです(笑)。

2009_0710画像0191
四人用テーブルなので、とても広々としています。

2009_0710画像0187
ランチメニューです。

2009_0710画像0188
メニューは4種類あり、950円か1,000円とややお高いお値段設定です。

2009_0710画像0210
ランチメニューは全てドリンク付きで、5種類の飲み物からチョイスできます。

2009_0710画像0194
メニューをオーダーすると、最初に飲み物が登場しました。
先輩は左側のアイスティーを注文。

2009_0710画像0195
私はアイスコーヒーを注文。

2009_0710画像0196
ミルクを入れていただきます。量がたっぷりなのが嬉しいです。


メキシカンコンビネーション  (1,000円)
2009_0710画像0199
前回来たときも気になっていたメキシカンビーフにチャレンジ。
少々待って、お料理が登場!
相変わらず、大きなお皿にどどーんと色鮮やかなお料理が盛られていて、見ているだけでワクワクします。

2009_0710画像0200
ちょっと見にくいですが、たっぷりと盛られたレタスのサラダにはワカモレがのっています。
ワカモレはしっかりとした濃い味付けで、ねっとりとした口当たりでとっても美味しい!

2009_0710画像0201
ピラフは味付けが淡かったので、濃い味好きの私はそのままでは食べず、サラダ、サルサ、ワカモレ、ブリトーのソースなどなど、ほかのものと和えながらいただきました。
トルティーリャにくるんで食べたら美味しそう。

2009_0710画像0204
サルサソースです。
こちらのお店のサルサソースは、トマトの酸味とコリアンダーの風味が鮮やかで美味しく、とてもお気に入りです。いろいろなものにのっけていただきました。

2009_0710画像0205
チキンのエンチラーダにはたっぷりのトマトソースとチーズがかけられています。

2009_0710画像0209
中に入った鶏胸肉は細くほぐされているので、とても食べやすいです。

2009_0710画像0202
あまり食べるチャンスのないメキシカンビーフは、少し薄めにカットされていて、塩・コショウの味付けはしっかりしていました。

2009_0710画像0208
レアな焼き加減で、とってもきれいなピンク色。この美味しそうな外見と裏腹に、お肉をナイフで切り分けるのにとても苦戦しました。
実は食べる前から少し心配していました(笑)が、予想以上になかなかタフなお肉で、ナイフで小さく切るのが大変だからと大きめに切って口に入れると、今度は噛みきれなくてかなりの咀嚼を要します。かといってうっかり中途半端な咀嚼で飲み込むと、大きめに切っているのでとても喉を通りにくかったです。


お値段は少しお高めですが、ドリンク付きでボリュームとしては満足でした。
メキシコビーフはステーキとして食べるには少々人を選びそうです。
店内のお客さんは、仕事の話をしている人もいるものの、昼休みの時間に縛られたリーマンランチとは全く違い、私たちより先に入った人のほとんどが私たちよりも長く残っていました。周りの様子で時間の経過を見ていると、ビックリするぐらい時間が経っているので、ご注意!


2009年7月10日訪問時お店DATA
****************************
Mexican Grill House GRILL CABANA (グリル・カバナ)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-20-9
電話 03-5379-1131
営業時間  
[昼]11:00~15:00  
[夜]17:00~24:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/29 09:00】 | メキシコ | トラックバック(0) | コメント(4) |
一代目 一心らーめん  @四谷三丁目
2009年11月26日追記

 かっしーさんからいただいたコメントによれば、
 店主が胃潰瘍で入院されていたそうですが、
 2009年11月24日から営業を再開されたそうです。
 四谷三丁目の名物ラーメン屋さんとして、
 これからもぜひともがんばっていただきたいです。
 
************************************

2009年11月9日追記

 Shiraさんからいただいたコメントによれば、
 2009年11月4日または5日から、都合により、しばらく臨時休業だそうです。
 四谷三丁目に行く機会が少ないので、
 もしお店が再開されたら、どなたか情報をお寄せいただければ嬉しいです。

************************************

2009_0710画像0173
2009年7月9日の夜、神宮球場で行われたヤクルト対中日戦のチケットをいただいたので、中日ファンの知人と一緒に観戦しました。三塁側ベンチの真上の内野席、しかも前から2列目という、素晴らしい場所で、カクテル光線を浴びながら試合をたっぷり堪能しました。夜の神宮球場はとってもキレイです。
残念ながら(?)、中日は終始リードされた展開で、終盤に突き放され、ほとんど良いところなく、2-8の惨敗でした。後から知りましたが、ヤクルト先発の館山投手は中日キラーだったとのこと。
2009_0710画像0185
ふてくされていた知人は、私と同じくラーオタな人だったので、「気分転換においしいラーメンでも食べて帰ろう。」と言い出したので、四谷三丁目まで歩き、念願だった「一代目 一心ラーメン(いっしん)」に入ってみました。

妻家房の「キムチ教室」に参加する前に四谷三丁目のラーメン屋さん巡りをしていますが、こちらのお店は午後6時の開店だったので、なかなか行ってみる機会がありませんでした。

2009_0710画像0184
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から四谷三丁目交差点に出て、外苑東通りを靖国通りに向かって緩やかに坂を下ってしばらく行くと、右手にあります。
このビルの隣には、20007年10月19日に訪問した「Sucre Sale(スクレ サレ)」があります。

神宮球場から歩いて行ってもそれ程遠くはなく、ちょっといいお散歩になりました。

2009_0710画像0183
三角形のようになったちょっと変わった形のビルなので、入口が2箇所あります。
お店の外にもテーブルがあるので、こちらで食べることも可能なようです。

2009_0710画像0186
この界隈ではかなり古くからあるお店で、もう何年前になるでしょうか、えりまきラーメンで一世を風靡したお店です。
営業時間は午後6時から午前2時までで、深夜までラーメンが食べられます。

2009_0710画像0182
お店の外に置かれた券売機で食券を購入してから入店します。

2009_0710画像0180
支那そば、ジャンジャンらーめん、ニンニクらーめんなどなど、種類が豊富です。
「エリマキらーめん」も健在でした。

2009_0710画像0181
塩らーめんの隣にある「ミルキーらーめん」がとっても気になります。
お値段は650円から950円とお手頃な設定です。
ずっと気になるお店だったにも関わらず、どのラーメンが美味しいか事前リサーチしておらず、意外にメニューが豊富で、食券を買うときにずいぶん時間がかかっちゃいました(汗)。

2009_0710画像0178
午後9時30分過ぎに入店したところ、先客1名で、後から1名が入ってきました。
厨房をぐるりと取り囲むようなカウンターで、この近辺にある他のラーメン屋さんと同じく、幅がとても狭くて後ろを通り抜けることが出来ないので、座りたい席のところにある扉から入店して着席します。
私たちはカウンターの左側の方に着席しました。

2009_0710画像0179
こちらのお店ではラーメンのお持ち帰りや全国発送をすることができます。

入口の扉は全て開けっ放しなので、当然店内に冷房はありません。扇風機は回っていました。

2009_0710画像0172
カウンターの中央にマダムが、奥の厨房にはご主人がいらっしゃって、お二人でお店の切り盛りをしています。


ジャンジャンラーメン 6番グラグラ  (750円)
2009_0710画像0173
「日本一細麺」と謳うだけあって、食券を渡してから程なくラーメンが出てきました。
じゃんじゃんラーメンという辛いラーメンがウリだったようなので、とりあえず一番の激辛を注文しちゃいました。スープが真っ赤になっていて、かなり期待できそうです。

2009_0710画像0174
トッピングは、ナルト、チャーシュー、黒キクラゲ、メンマ、海苔、長ネギなどです。

2009_0710画像0176
久しぶりに激辛麺を食べたせいか、無造作にスープを一口啜ったら、ラー油系のストレートな辛さにむせてしまい、ゲホゲホしちゃいました(汗)。お冷やを一口いただき、落ち着かせたところで、ゆっくりとスープを啜らないようにいただきました。

スープは表面上は脂が浮いていて少々オイリーでしたが、良く混ぜ合わせていただくと、辛いけれども程々のコクがありました。
中に入っているたっぷりの刻みタマネギに熱が加わってとても甘みを感じ、辛いスープと合わせていただくとちょうど良い感じでとても美味しかったです。

2009_0710画像0175
麺は黄色く極細で、ほんの少しウエーブしていています。
麺は硬めに茹でられてそこそこボリュームがあり、スープに絡んでとっても美味しい。

2009_0710画像0177
チャーシューは厚みがありますが、少し硬めで味付けも薄かったです。
ナルトは残念ながら、かなりぶよぶよとした口当たりで、正直、このナルトは無理して入れなくても良いんではないかと思っちゃいました。


辛いものが嫌いなわけではないけれどもそれ程強くはない知人にスープを一口勧めたところ、一口食べて、「辛い~」と悶えていました(笑)。
その様子を眺めていたマダムが、「何事もないように食べているのがすごい。私は絶対食べられませんよ。」と言われてしまい、ご主人からも「3番ぐらいにして、にんにくをたっぷり入れるのが一番美味しいよ~。」と言われてしまいました(汗)。
なんでも、この激辛メニューでは、「このお店で一番美味しいのは激辛だから、試してみると良いよ。」なんて言葉で騙されて訪問し、ほとんど食べられずに帰る人もいるとか(笑)。罰ゲーム?
ただでさえ梅雨でじとじとする天気の中、辛いものを食べて身体の内側から発熱気味の私には、新宿通りを吹き抜ける風がとても気持ちよかったので、四ッ谷駅まで歩いて帰りました。
さすがにこの日は体重は増えるわ、夜は喉が渇くわで大変でした(笑)。
個人的にはしっかりと辛くて旨みを感じてなかなか美味しくいただきましたが、次回は店主オススメのスタイルで食べてみたいと思います。


2009年7月9日訪問時お店DATA
**********************************
一代目 一心らーめん (いっしんらーめん)
〒160-0007 東京都新宿区荒木町9-24
電話 03-3226-8768
FAX 03-3351-8742
営業時間 17:00~2:00
定休日 日祝
定休日 火

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/10/28 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(10) |
【閉店】 月花亭 虎壱  @市ヶ谷
2012年4月5日追記

DSCF7513.jpg
2009年6月2日にオープンした「虎壱」は、2011年12月2日に閉店したそうです。
わずか2年半ぐらいの営業でした。

DSCF7512.jpg
跡地には、2011年12月12日に「韓国式屋台居酒屋 おぱ屋(おぱや)」/「東大門(とうだいもん) タッカンマリ 市ヶ谷店」という2つの韓国料理屋オープンしました。
同じ敷地内に2つのお店があるという変わったスタイルで、ランチタイムだからでしょうか、店内ではどこが2店舗の区切りかまったくわかりませんでした。

DSCF7507.jpg
2012年3月14日のホワイトデーに、寂しく一人で(笑)ランチ訪問しました。

***********************************

2009_0710画像0164
2009年7月9日は、午前中外出していた上司が12時になっても戻ってこなかったので、先輩とさっさと外へ食べに出てしまいました(笑)。四ッ谷駅から帰ってくるはずの上司に鉢合わせしないよう、市ヶ谷・麹町方面へ向かうことに。

2009_0710画像0171
このところ市ヶ谷の東郷通りがご無沙汰だったので、どのお店に行くかは決めてはいませんでしたが、ぶらぶらしてみました。

2009_0710画像0169
東郷通りの中程にあるこちらのメゾン・ド・シャル-には幾つか飲食店が入っていますが、今まで全く入ったことがありませんでした。

2009_0710画像0170
こちらのビルの地下一階に「月花亭 虎壱(とらいち)」という新店があるのを発見!
2009年6月2日にオープンしたばかりだそうです。
でも、以前はどんなお店が入っていたか、もう思い出せません(汗)。

2009_0710画像0167
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に向かい、二つ目の交差点を右折します。通りの中程の右手に「メゾン・ド・シャル-」があり、お店はその地下一階です。

ランチ営業をしていたので、早速行ってみることにしました。

2009_0710画像0168
吹き抜けの階段を降りていくと、左手に店舗があり、窓ガラスから中の様子が伺えます。

2009_0710画像0166
店内はかなり広く、入口から右側と左側の双方に向かって奥に細くのびています。

2009_0710画像0153
店員さんに二人です、と伝えたところ、禁煙席が満席だったので、仕方なく喫煙席にしました。
左側に通されたので、右側が喫煙席のようです。
左側の部屋は、右手にカウンター席、左側にテーブル席が並んでいて、一番奥のテーブル席に着席しました。

2009_0710画像0155
座った席は、イスがテーブルをぐるりと取り囲む感じになっているので、3、4人座れそうです。
ほぼ満席の店内は、サラリーマンがほとんどですが、女性の姿もちらほら。

2009_0710画像0154
地鶏と茹でたてそばをうりにしているこちらのお店、イマドキらしく、オシャレです。
お水の入ったボトルは、まるでフレンチのビストロのように薄いグリーンのボトルです。
コショウもピンクペッパーなどが入っている透明な容器で、とってもカワイイ。
ここまでいろいろ気を配っているなら、七味唐辛子もどうにかしてほしかったです(笑)。

2009_0710画像0157
お店の一番奥まった場所だったので、ゆっくりと写真が撮れました。

2009_0710画像0149
ランチメニューです。

2009_0710画像0150
メニューは全部で9種類あり、お値段は750円から950円とお手頃です。
定食にプラスアルファできるサイドメニューもたくさんあります。

2009_0710画像0151
ソフトドリンクは9種類あり、単品だと380円ですが、ランチセットだと200円になります。

2009_0710画像0152
ソフトドリンクだけでなく、アルコールやデザートもあります。

2009_0710画像0156
12時15分にオーダーしたところ、少し待ってお料理が登場!

2009_0710画像0158
店員さんは若い女性スタッフが多かったのですが、私たちにお料理を運んでくれた人はとても腕が細い華奢な人で、まだ慣れていないせいもあるとは思いますが、丼を持つ手がプルプル震えていて、見ているこっちが心配になってしまいました(笑)。


炭焼き親子丼 おしんこ・スープ付き  (900円)
2009_0710画像0159
メニューが豊富で悩みましたが、「炭焼き」の言葉にひかれ、こちらを注文。
丼にスープ、副菜、お新香のセットです。

2009_0710画像0162
スープは小さめなカップに入っていてそれ程ボリュームはありませんが、卵と小さくカットされたお豆腐が入っていて、さっぱりとした味わいです。

2009_0710画像0161
副菜はゴボウとニンジンのキンピラで、白ゴマがふってありました。

2009_0710画像0163
白菜とタクアンとセロリのお新香は一塩でさっぱりした味わいです。
セロリが入っているのがちょっと個性的でした。

2009_0710画像0160
親子丼のフタを開けると、ご飯の上に炭火で焼かれた鶏肉やタマネギをのせ、緩く卵で閉じられています。さらにトッピングとしてキンカンを2粒のせ、たっぷりの刻み海苔がかけられています。

2009_0710画像0164
親子丼にキンカンが入っているのは初めて見ました。鮮やかなオレンジ色がすごくキレイ。
先輩も私もキンカンが好きなので、とても嬉しくなっちゃいました。
半熟なのでプチっとかみ切ると、トロリと黄身が出てきます。

2009_0710画像0165
炭火で焼かれた鶏肉はとても香ばしく、ボリュームたっぷりで、適度な歯応えがあります。
タレはそれ程甘みがないので、とても私好みでした。
ご飯には麦も入っていました。


親子丼はボリュームがあり、かなりおなかいっぱいになりました。
思いがけず楽しいメニューに巡りあい、大満足です。
美味しかったのでぜひ別のメニューも食べてみたいです。


夜のメニューです↓
2009_0710画像0146

2009_0710画像0147

2009_0710画像0148


2009年7月9日訪問時お店DATA
*******************************
月花亭 虎壱  (とらいち)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-7-22 メゾン・ド・シャルーB1F
電話 03-5275-3512
FAX 03-5275-3513
営業時間
[平日] 11:30~14:00(LO13:50)  17:30〜23:30(LO22:30)
[土曜] 17:30~23:30(フードLO22:30、ドリンクLO22:45)
定休日 日・祝(お盆・お正月休みあり、パーティは店休日も受付)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/27 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
中国料理 麹町飯店  @四谷
2009_0710画像0135
2009年7月8日、上司が出張に出ていて午後にならないと戻らない予定だったので、先輩とランチに出かけました。
ここのところご無沙汰していた新宿通り沿いあたりに行こうという話になり、ちょっと前に私がみつけていた「中国料理 麹町飯店(こうじまちはんてん)」へ行くことに。

2009_0710画像0145
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を半蔵門方面に向かい、最初の角を右に曲がり、道なりに坂を下っていくと、郵便局と上智大学の裏門を通り抜け左手に葵シャトーという古めかしいマンションがあり、「麹町飯店」はその一階です。

2009_0710画像0143
お店へ向かう途中、2008年7月24日に訪問した「味の店 きよの」がランチを休業したことを知りました。

2009_0710画像0142
お店の入口が奥まっていて、全体的に白っぽいレイアウトなので、お店の存在がちょっとわかりにくいです。

2009_0710画像0141
場所柄としては、勤め人だけでなく、学生さんも多く来ていそうです。

2009_0710画像0127
小さめな入口を通ってお店に入ると、奥にずーーっとのびていて、とても広い店内でした。

2009_0710画像0125
私たちが入店したとき、ちょうどお店の方がみんな厨房に入ってしまっていて、どうしていいかわからず、しばらく入口付近に立ちすくんでしまいました(汗)。

2009_0710画像0126
マンションが古めかしいだけでなく、こちらのお店もかなり歴史がありそうで、お店の調度品も含め、全体に昭和の雰囲気が漂っています。

2009_0710画像0140
ようやく出てきた店員さんをつかまえたところ、奥に入るように言われたので一番奥にちょっと広くて別室のようになっているエリアまで行き、空いているテーブルに座ろうとしましたが、「予約席」とあったので、別の店員さんにもう一度座る席を尋ね、10人位が座れる大きな円卓に相席になりました。
メニューは円卓に一つしかないので、相席だと少々見辛かったです。

2009_0710画像0123
メニューはこちらです。

店内はかなり混み合っているというのに、フロアはたったの二人だけ。
そのうちの一人がかなりゆったりと優雅にサービスしていたように見えたのですが、オーナーからはかなり怒られていました(汗)。どうやら新入りさんだったようです。

2009_0710画像0124
お料理の種類はかなり豊富で29種類もあり、お値段は560円から1,140円とお手頃です。
点心がラーメンよりお高いのが不思議。。。

お料理を待っていると、ブレーカーが落ちたのでしょうか、店内が一瞬暗くなりました。
部屋全体の片側は窓に面していて、自然光が入っていたので、特に問題はなかったです。
少ししてから電気が復旧しましたが、なぜか私たちのいる一番奥の部屋の窓際に面した半分の席では照明の灯りが戻らず、店員のおばさまが「電気がつかなくてすいませんね~。」と言っていました(笑)。

2009_0710画像0129
私たちが入店したときは6割ほどの人の入りでしたが、その後満席になり、絶えず人波が途切れませんでした。

店員さんが出してくれた冷たいお茶は、同じ大きさの器に入っていますが、先輩の方はちょっと量が少なめで、私の方はかなり多めに入っていました。比較写真は撮り忘れてしまったのですが、このボリュームの差が、なんだかとっても中華料理屋さんらしくて先輩と二人で笑っちゃいました(笑)。


特製飯店麺  (770円)
2009_0710画像0135
麺類のメニューが多くて迷いましたが、お店のオリジナルのような、こちらを注文。
お料理が出てくるまで少々待ちました。

2009_0710画像0131
最近ではあまり見かけないほど、濃くて底の見えないお醤油味ベースのスープで、一口啜ると、かなりしっかりとした塩気を感じます。
私はこういうタイプが嫌いじゃないので、美味しくいただけました。

2009_0710画像0136
トッピングに、大きく切った白菜、何の種類かわかりませんが青菜、たっぷりの卵を炒めたものがのせられています。

2009_0710画像0138
食べ進めると、黒キクラゲ、タケノコ、豚肉なども入っていました。

2009_0710画像0137
中華料理屋さんのラーメンは、ダシの構成が違うからか、日本のラーメン屋さんの味とは大きく違うことが多いですが、こちらのお店のスープは懐かしい味わいでした。

2009_0710画像0139
麺はかなりの細麺で、硬めに茹で上げられていました。ボリュームもたっぷり。


特製飯店丼  (770円)
2009_0710画像0130
私が麺系を注文したので、先輩はお店オリジナルのご飯メニューを注文。

2009_0710画像0132
トッピングはどちらも同じで、麺にのせてあるかご飯にのせているかの違いです(笑)。

2009_0710画像0133
ただ、丼には半熟の目玉焼きがついていて、ちょっと羨ましかったです。


会計のときに夜のメニュー表を持って帰ろうとした私たちに、「夜、お酒飲んだりするの? このチケットをあげる。」とお店のおば様から言われ、クーポンをゲットしました。
おなか一杯食べて、CPはとても良かったです。
このお店は昭和という時代が歩みを止め、そこに生き残っている貴重な空間でした。

ブログをしていなければ、このお店を知ることも、このお店のある通りも歩くことはなかったと思います。またこういう新しい発見をしてみたいです。


2009年7月8日訪問時お店DATA
******************************
中国料理 麹町飯店  (こうじまちはんてん)
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-5 葵シャトー1F
TEL 03-3261-8359・8667
営業時間 
[平日] 11:30~15:00  17:00~22:00(L.O21:30)
[土曜] 15:00~22:00(L.O21:30)
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/26 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【 移転・店舗営業終了 】 欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店  @四谷三丁目/四谷
2009_0710画像0080
2009年7月7日、お昼になったので、先輩が上司に「ランチはどうしますか? お弁当を買ってきましょうか?」と尋ねたところ、カレーを食べたいとのことで、「欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店」に出前をお願いすることになりました。
前回こちらのお店のカレーを食べたのは2009年6月18日だったので、約20日ぶりです。

外観

オーベルジーヌの店舗は、四ッ谷駅と四谷三丁目駅の中間、新宿通り沿いにあります。

看板

お店はビルの2階にあり、1階にはこちらの看板が出ています。
一度ランチで伺ったことがありますが、並ぶ人もいるくらい、にぎわっていました。

お店

夜の雰囲気はこんな感じです。

2009_0710画像0074
12時10分頃に電話をかけたところ、なかなかつながらず、ランチタイムに持ってきてもらえるかな~と心配していました。お店の方からは「30分ぐらいかかります。」と言われましたが、12時35分ぐらいに到着。
お腹が空いているので、予想よりも早く届くのはとっても嬉しいです。

2009_0624画像0004
オーベルジーヌは、電話での対応も、配達の方も、どちらもとても丁寧な接客です。

2009_0624画像0005
ロゴマークは、とってもかわいくて色鮮やかなナスです。

バター

ジャガイモに塗るバターが添えられていますが、いつもダイエットも兼ねてここでは食べず、おうちに持って帰っています。

2009_0710画像0075
カレーのメニューは全部で10種類あり、全制覇まであと二つ。
いつもどおり、別料金でチーズをトッピングし、大辛にしてもらっています。


野菜カレー(1,260円)+チーズトッピング(230円)+大辛(105円)=1,595円
2009_0710画像0076
カレー、バターライス、ジャガイモのセットになっています。
本格カレーだから仕方ないとは思いますが、トッピングをいろいろつけているせいもあり、お値段はかな~りお高めです。

2009_0130画像0005
容器の左側にジャガイモ、右側にバターライスが入っています。
ご飯は温かです。

2009_0624画像0008
ご飯にはところどころバターがまぶしてあります。
ボリュームは普通からやや多めです。

2009_0624画像0009
茹でた(蒸した?)ジャガイモは、おそらくメークインだと思いますが、まるまる1個入っています。

2009_0130画像0010
カレー食べ始める前に、まずジャガイモの皮を全部むきます。
お腹が空いているときは、この時間がすごく長く感じられて、カレーの香りで余計に空腹が刺激され、早く食べたくてうずうずしちゃいます(笑)。

2009_0624画像0014
オーベルジーヌのカレーはいつも大辛で注文しているので、このジャガイモをいただくとお芋の甘みを感じ、とてもいい口直しになります。

2009_0710画像0080
欧風カレーなのでしっかりとした甘みがありますが、大辛にしているので、最初はスパイスのしっかりとした辛さを感じ、後から甘さがやってきます。
いつ食べても、最初の一口目を口に含むとスパイスでびんびんと痺れますが、食べ進めるうちに段々と慣れてきて、とっても美味しい~。

2008_0704画像0129
チーズはトッピングで入れているので、塊でたっぷりと入っています。
カロリーのことを考えると心配ですが、やっぱり美味しい♪

2009_0710画像0081
カレーのルーの中には、たっぷりの野菜が入っていました。

2009_0710画像0085
丸ごとの小タマネギ1個、揚げたカボチャ、ベビーコーン、カリフラワー、ニンジン、などなど。

2009_0710画像0084
こちらのカレーは欧風カレーなので、ルーそのものにかなり甘さがありますが、野菜カレーはさらに、タマネギ、カボチャ、ニンジンなどの野菜の優しい甘さが加わります。

中身がお野菜だったせいか、食べ終えた後の満足感は、いつもに比べれば少なかったです。
しっかりとしたスパイシーな辛さのため、食べ終えた後もしばらくは口の中はピリピリしたりひりひりしたりしていました(笑)。相変わらずの辛さはとっても嬉しかったですが、午後は少し喉が渇きました。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです↓ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ビーフカレー(2008年7月2日
ポークカレー(2007年7月23日
チキンカレー (2007年5月9日2007年5月21日
チーズカレー
海老カレー(2008年3月14日
あさりカレー (2009年6月18日
野菜カレー (2009年7月7日
帆立カレー (2009年1月27日
シーフードミックスカレー (2007年11月6日
コンビネーションカレー (2007年9月18日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


メニューです↓ 
メニュー1

メニュー2

メニュー3

メニュー4

メニュー5



2009年7月7日宅配時お店DATA
****************************
欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3-1 福島ビル2階
TEL 03-3357-7418 
営業時間
(注文受付時間)  9:00~21:30
(配達時間)   11:00~15:00、17:00~21:30
定休日 日・祝

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/23 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(4) |
中華居酒屋 三百宴 四谷店  @四谷
2009_0710画像0058
2009年7月6日は上司がお昼から出張に出て行ったので、12時を少し回ってから、やみそうでやまない雨の中、先輩とランチに出かけました。

2009_0710画像0071
新店訪問で前日行ったのに、水道工事中により食べることの出来なかった「中華居酒屋 三百宴(さんびゃくえん) 四谷店」に再度チャレンジ。

2009_0710画像0072
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を新宿方面に進み、少し行ったところに四谷小川ビルがありその2階にお店があります。

「市ヶ谷経済新聞」によれば、こちらのお店は「スリーハンドレット」という会社が運営し、約90種類の料理と約80種類のドリンク類の価格は全て315円だそうです。
最近不景気のせいか、大手チェーンを中心に価格が同じ居酒屋さんがとても増えています。

2009_0710画像0073
この場所には2009年3月30日訪問した「食通工房 然 四谷店」がありましたが、いつの間にか閉店し、2009年6月29日に「三百宴」がオープンしたそうです。
居抜き物件を借りて開店コストを下げたそうですが、ビルの脇にある看板は以前のまま(笑)。現在は変更されたかもしれませんが、しばらくの間、ずっとこのままでした。

このビルの1階には2007年6月22日に訪問した「政吉そば」が入っていますが、入口はしんみち通り側にしかありません。

2009_0710画像0070
新宿通りに面してランチメニューの看板が出ています。
残念ながら、ランチはオール600円です。当たり前か(笑)。

2009_0710画像0069
外階段を上がって2階に行くと、入口の近くに開店祝いのお花が飾られていました。
二組ほど並んでいましたが、席に案内する店員さんが不足していただけ、すぐに店内に通されました。ちょうど私たちで満席になりました。ラッキー♪

2009_0710画像0056
こちらのお店の店内はなんとも不思議な構造になっていて、入ってすぐのところにはテーブル席が並んでいて、左側に階段を一段上がった部屋があり、そこにもテーブル席が並んでいます。奥にも部屋があります。
私たちが通されたのは入って左側の部屋の一番奥の窓際の四人掛けテーブル、既に一人客がいらっしゃったので、先輩と横に並んで相席することになりました。お邪魔します~。

2009_0710画像0055
メニューは全部で6種類あり、お値段はすべて600円とお手頃です。
席数の多さのわりには店員さんが絶対的に少なく、ちょうど一番混み合っている時間帯だったせいもあり、オーダーするのも一苦労でした。

オープンしてまだ一週間だったので、オペレーションが不慣れで、お店側から頼まれた相席をオーダーの機械に入力するのがなかなか出来ず、何度もやり直していました。卓上のメニュー表はアルファベットで並んでいますが、オーダーの読み取り機は表の看板の表記と同じく数字がふられているようで、そのリンクにも苦労していました。
おまけに、私たちはご飯少なめで注文したので、混乱に拍車をかけることに(汗)。

2009_0710画像0057
オーダー騒ぎのおかげでお水とおしぼりは完全に忘れられ、相席していた方はお料理が来てからお店の方にお願いして持ってきてもらっていました(汗)。


担々麺とライスセット ご飯少なめ  (600円)
2009_0710画像0059
四川料理のお店でもないし、ご飯ものを食べた方が外れが少ないとはわかっていたものの、やっぱり食べたくなってこちらを注文。
お料理が出てくるまで、少し時間がかかりました。

2009_0710画像0060
少なめでお願いしていたご飯が普通盛りで出てきちゃいましたが、オーダーをとった店員さんが慌ててきてくれて、「こちらはご飯は少なめよ~。」と言って下さったので、無事、少なめに変更することができました。

2009_0710画像0058
担々麺、、、のはずが、かき卵を下の麺が見えないくらいのせてありました。
これが担々麺? イメージとはだいぶ違いました。

2009_0710画像0061
卵はいったい何個使っているのだろう?と思うぐらいたっぷりで、挽肉が混じっているところもありました。

2009_0710画像0066
スープはごくごく普通のさっぱりとしたお味で、辛さはほんのりピリ辛程度です。

2009_0710画像0067
白くて細い中華麺は少々のび気味でしたが、ボリュームはまあまあです。

2009_0710画像0068
全体的にさっぱりとした味わいだったので、ご飯を食べ進めるには少々しんどかったので、お行儀悪いですが、たっぷりの卵とスープをかけて、ねこまんま的にいただきました。


エビと卵のチリソース ご飯少なめ  (600円)
2009_0710画像0062
注文の時、先輩がエビチリが気になると言っていたので、600円というお値段ではチャレンジャーですよね、、、と話していたのですが、私が担々麺にチャレンジしたら、それならということでエビチリにチャレンジ(笑)。
エビチリ、卵スープ、ザーサイ、ご飯、デザート(?)のセットで、私のメニューに比べ、ずいぶん豪華でした。

2009_0710画像0063
エビチリは少し甘めな味付けで、ボリュームたっぷりだったそうです。

2009_0710画像0064
デザートでしょうか、ヤクルトがついていて羨ましかったです。


全体的なお味の印象としては、近所に古くからある中華料理屋さんのような懐かしい味わいでした。お値段を考えれば、ボリュームたっぷりです。

食事が終わった後、店員さんから「ご飯は足りましたか?」と心配して下さり、気をかけていただいてとても嬉しかったです。
お客さんはリーマンランチの人がほとんどなので、1時近くになると、ビックリするぐらい店内が無人化し、慌てて私たちも事務所に戻りました。


2009年7月6日訪問時お店DATA
******************************
中華居酒屋 三百宴 四谷店  (さんびゃくえん)
〒102-0085 東京都新宿区四谷1-8 四谷小川ビル2F
TEL 03-3351-0300 
営業時間 11:30~14:30 17:00~4:00
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/22 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(3) |
YOTSUYA 9BAR 9屋  @四谷
2009_0703画像0021
2009年7月3日は、上司が出張で午後から不在だったので、先輩と外に食べに出ました。
上司が出かける直前にバタバタとしていたので、外へ出たのは12時30分近くでした。

2009_0703画像0242
2009年3月30日に訪問した「食通工房 然 四谷店」の跡地に中華料理屋さんがオープンしたとの情報が市ヶ谷経済新聞にあったので、早速行ってみました。

2009_0703画像0241
残念ながら水道工事中とのことで、オープンは12時30分からという看板が出ていました。
すでに12時40分近くでしたが、オープンしそうな雰囲気がなかったので、断念。

2009_0703画像0243
新規開拓を意気込んでいただけにがっかりしてしまい、次の候補のお店がなかなか思いつかず、中華つながりで、2009年5月21日に訪問した「紹興酒倶楽部・刀削麺ダイニング 龐家私宴 四谷店」の麻婆豆腐を食べようかと新宿通りのさらに先へ行こうとしたところ、先輩が通りの向こうに「あんなお店ありましたっけ?」と、「YOTSUYA 9BAR 9屋(きゅうや?)」をみつけました。

2009_0703画像0247
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に進み、一つ目の信号の手前に中央総合ビルががあります。この建物にはたくさんの飲食店が入っていますが、訪問は初めてです。

2009_0703画像0244
私もキムチ教室に行くときにこのお店の存在には気付いていましたが、ランチをやっているとは知りませんでした。面白そうだったので、入ってみることに。
ランチのメニューは3種類あり、ご飯の大盛りは無料、コーヒーと紅茶をプラス100円で追加することが出来ます。

2009_0703画像0245
お値段は全て690円と、とってもリーズナブル。
きれいな写真がついているので、とてもわかりやすいです。

2009_0703画像0246
ランチメニューのうち、テイクアウトできるものもありました。
通常メニューよりも140円のお安くなるのにはビックリ。

2009_0703画像0248
お店は地下にあるので、細い階段を降りていきます。

2009_0703画像0249
営業時間はランチタイムが午前11時30分から午後3時まで、ディナータイムが午後6時から午前2時までです。大通り沿いのせいか、深夜まで営業しています。

2009_0703画像0250
階段の壁には、焼酎メーカーの前掛け(?)がズラリと飾ってありました。
真ん中にある黄色いシャツは、お店のオリジナルでしょうか。

2009_0703画像0001
お店の入口です。
オレンジとブルーのツートンカラーがかわいい。

2009_0703画像0002
お店の外観では焼酎のボトルがズラッと並んでいて、イマドキな居酒屋さんかと思いきや、店内はまるでカフェのようなオシャレな雰囲気です。

2009_0703画像0003
カウンターの背後には焼酎のボトルがズラリと並んでいて、壮観!
焼酎のお値段もかなりお手頃です。

2009_0703画像0005
店内は、右手にカウンター、左手にテーブル席が並び、中央部分に厨房があり、さらにその奥にもテーブル席がありました。
この写真はカウンターです。

2009_0703画像0006
私たちは中央の眺望のすぐ近くにあるテーブル席に着席。
店内は半分ほどの人の入りで、時間が遅かったせいもありますが、サラリーマンというよりも学生さんらしき方々でした。

2009_0703画像0015
内装は、細かい部分までとても凝った造りです。
フロアの女性スタッフ一人と厨房の男性スタッフ一人で切り盛りしていらっしゃいました。

2009_0703画像0004
トマトカレーを注文し終わったあと、ふとカウンターにはられたメニューを見てみたら、そのメニューにオムレツをつけたものがあり、写真がとっても美味しそうだったので、二人とも急遽変更してもらいました。
忙しい中でメニュー変更に応じていただき、本当にありがとうございます。


オム・トマトクリームカレー サラダ・お新香・スープ付  (800円)
2009_0703画像0024
少し待ってから、お料理が登場!
スープとサラダがついているので、やや小さなテーブルの上はいっぱいです。

2009_0703画像0023
スープには卵とワカメが入っていて、量もたっぷりありました。

2009_0703画像0022
ドロップ状の白くてかわいい容器に入ったサラダはレタスと水菜で、ドレッシングがかかっていました。水菜にほんのりと苦みがありました。

2009_0703画像0016
とても大きな平皿に、ご飯がドームのように盛られ、その上にオムレツがふんわりとのっけてあり、上からたっぷりのカレーをかけてあります。

2009_0703画像0017
カレーはトマトの酸味をほんのり感じる穏やかな味わいで、まろやかなコクがありました。
カレーと卵を一緒に食べると、さらに味わいが増して美味しく、無理にメニュー変更をお願いして本当に良かったです。

2009_0703画像0018
オシャレメニューなのにお新香を添えられているのが面白い(笑)。

2009_0703画像0019
お皿が大きいのでそれ程多く見えないライスですが、実はかなりたっぷりと盛ってあり、ボリュームたっぷりでした。

2009_0703画像0026
100円プラスで食後のドリンクをつけられたので、せっかくなのでいただきました。
先輩はアイスコーヒー、私はホットコーヒーです。

2009_0703画像0027
ランチの後にコーヒーをいただくととてもゆったり出来ます。


この日は午後遅くまで全く空腹を感じないほどおなかいっぱいになりました。
ぜひ、違うメニューも食べてみたいです。
夜もとてもお手軽な価格で焼酎を楽しめるようなので、興味津々です。


夜のメニューです↓
2009_0703画像0007

2009_0703画像0010

2009_0703画像0008

2009_0703画像0009

2009_0703画像0011

2009_0703画像0012

2009_0703画像0013

2009_0703画像0014


2009年7月3日訪問時お店DATA
**************************
YOTSUYA 9BAR 9屋 (きゅうや?)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-18 名華ビル地下1階
TEL&FAX 03-5269-0153
営業時間 
[昼] 11:30~15:00
[夜] 18:00~26:00
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/21 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(8) |
漁港直送 酒場 魚八 市ヶ谷店  @市ヶ谷
2009_0703画像0238
7月2日のランチは、上司が午後から市ヶ谷方面に出かける予定だったので、その前に外で一緒に食事をしようということで、雨の中、出かけることになりました。
ある程度時間を見計らって出てきたものの、遅れないようにと、上司は訪問先のすぐそばにある「漁港直送 酒場 魚八(うおはち) 市ヶ谷店」に入りました。
先輩と私は2008年10月3日に訪問しましたが、上司は初めてです。

2007_1004画像0125
お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、二つめの角を右に曲がるとすぐ左手にあります。

2007_1004画像0124
道路から少し奥まったところにあるせいか、とてもにぎやかなディスプレイになっています。
こちらのお店は「やきとり 串八珍」「鳥珍」を展開する株式会社豊創フーズホールディングスのお魚系のチェーン居酒屋で、都内で9店舗展開しています。

2007_1004画像0126
トロ箱がどかどかと積まれ、お魚の名前がズラリと並んでいます。
この場所には、以前は同じ系列のお肉系ブランド「下町ホルモン ありが亭」が入っていましたが、食べに行く前に閉店してしまい、いつの間にか「魚八」に衣替えしていました。

2007_1004画像0101
食券システムを知らない上司は、入店はしたものの、ウロウロ(笑)。
店内中程にあるレジに行き、前会計します。
メニューは全部で7種類、お値段は650円から980円と幅がありますが、4種類は600円台とかなりお手頃です。
こちらのメニューは前回来たときのものです。少しメニューの入れ替わりがありました。

2007_1004画像0102
メニューごとに食券代わりの札の色が違います。こちらも前回来たときの写真です。
売り切れのメニューは写真のように明示してあります。
前回は品切れが多くて残念でしたが、この日はレジに3、4人程並んでいたものの、売り切れのメニューはありませんでした。
写真にはありませんが、揚げ物がお皿からはみ出んばかりの天丼の写真に惹かれて、私は天丼定食を注文しました。

2007_1004画像0109
店内は新しい内装ですが、全体的にやや無骨なほど(すみません!)シンプルです。

2007_1004画像0106
店内はかなり広く、手前側にテーブル席、奥にお座敷があるようです。
壁にはたくさんのメニューが貼ってあり、見ていて楽しいです。お値段もお安めです。
お魚系メニューばかりでなく、メンチカツやガーリックトーストなんてものもあります。

2009_0703画像0228
奥の壁には、前掛けっていうんでしょうか、いろいろなお店の使い込まれたものがズラリとディスプレイされています。あまり見たことがなくて、興味深いです。

2009_0703画像0229
市ヶ谷の駅の近くで便が良く、お手頃価格でお魚が食べられることもあり、店内は主にスーツ姿の男性陣で相変わらずとても混み合っていました。
遅い入店だったせいか、既に一回転しているようで、ところどころに食べ終えた食器がそのまま並んでいます。店員さんが少なく、新しいお客さんの座る席を確保することで精一杯の状況でした。

2007_1004画像0108
この日は店内を奥に進み、左へ曲がっていくところのテーブル席に着席。
テーブルそのものも、卓上に置かれているものも実にシンプルです。

2009_0703画像0226
上司は海鮮丼定食、先輩は鮪ヅケ丼定食だったので、私のメニューだけ遅れて出てくるんじゃないかと話していたところ、お刺身系メニューだけあって二人の分は早く出てきましたが、それ程遅れることなく、私の天丼も登場しました。

2009_0703画像0230
天丼とお味噌汁とお新香のセットです。
お盆がちょっと大き過ぎて、なんだか寂しく見えます(笑)。


天丼定食  (690円)
2009_0703画像0233
天丼をパッと見た感じでは、メニューの写真とちょっと違うな~と思いました。
小さめな丼から天ぷらがはみ出す感じだったのに、実際には器がかなり大きめなので、天ぷらが少しのように見えました。

2009_0703画像0234
お手製でしょうか、キュウリとキャベツのお新香が付いています。

2009_0703画像0236
写真がブレブレですみません(汗)。
お味噌汁には大きめにカットされたジャガイモとタマネギが入っていました。どちらもそれ程煮込まれず、さっと火を通した味わいでした。
ジャガイモは窪みの部分の皮が残ったままでした(笑)。

2009_0703画像0237
実際には天ぷらはかなりのボリュームがあり、大きめのエビが1本、かなり大きいアジが1枚、塊のようになっている春菊、ナス1本でした。
早くお料理が出てくるので仕方ないですが、天ぷらは残念ながら揚げ置きです。

2009_0703画像0238
衣のパリ感はあまりなかったですが、中はまだほんのり温かくて、衣はやや厚めなものの、お味的には美味しかったです。
ご飯のボリュームはかなりあります。ご飯少なめでお願いするのを忘れてしまいました。
少々天つゆが少なめかな~とも思いましたが、お新香もあったので、ご飯は完食。
ボリュームたっぷりで、おなか一杯になりました。


鮪づけ丼定食  (690円)
2009_0703画像0231
先輩は、前回品切れで食べられなかったこちらを注文。

2009_0703画像0232
上司が食べ始めてすぐに「これは酢飯か~。」と言い出したので、何かと思ったら、先輩からご飯を一口いただいてみたところ、かな~りお酢がきいたご飯でした。
前回来たときはそれ程印象がなかったので、たまたまこの日はお酢の分量が多かったのか、それとも、気温が上がってきた時期だったのでお酢をよりきかせたのか、わかりません。
個人的にはしっかり酸味のある酢飯は好きでしたが、先輩曰く、マグロのヅケにはちょっと相性がよくなかったとのことです。


12時30分過ぎてもまだ人波が途絶えず、入店するお客さんたちがちらほらいました。
お値段のわりにはコストパフォーマンスは良かったです。

次の仕事の時間に遅れないように気をつけていた上司。
海鮮丼というメニューだったため、すぐに出てきて、すぐに食べ終えてしまったので、結局時間をあまらせてしまい、「魚八」の入口に灰皿が置かれていたので、そこで一服してから次の仕事場に向かいました(笑)。


2009年7月2日訪問時お店DATA
************************************
漁港直送 酒場 魚八 市ヶ谷店  (うおはち)
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-10 九段藤山ビル1F
TEL 03-3263-4007
営業時間 
[月~金] 11:30~14:00   17:00~23:00 (L.O.フード 22:15、ドリンク 22:30)
[土日祝] 17:00~23:00 (L.O.フード 22:15、ドリンク 22:30)
定休日 なし(年末年始を除く)
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/20 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
海産物居酒屋 さくら水産 市ヶ谷駅前店  @市ヶ谷
2009年7月1日、月初めの最初のランチは、午前中外出していた上司が12時になっても戻らず、連絡もなかったので、先輩と外に食べに出ちゃいました。事務所に帰ってくるかもしれない上司と鉢合わせをしないように、市ヶ谷・麹町方面へ行くことに(笑)。
2日前に麹町の「バビロン」に行ったので、市ヶ谷方面に向かいました。

2008_1115画像0089
市ヶ谷駅ほど近く、JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かって進むと、すぐ左手に市ヶ谷プラザビルというビルがあります。

2008_1115画像0090
こちらのビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階の土手に面したところにある「ティーヌン 市ヶ谷店」で、2007年6月8日にランチを、2007年9月26日にディナーを食べ、2007年12月11日2008年2月4日にお弁当を買ったことがあります。
また、2009年4月6日に入口が別にある「ちりめん亭 市ヶ谷店」に行きました

2008_0531画像0192
ビルの入口を入ってすぐ右の壁には、淡い色彩のフロアマップが描かれています。

2008_0531画像0193
よく見ると、ちゃんと店名も書き込まれています。

2009_0703画像0225
市ヶ谷プラザビル2階には、株式会社テラケンが運営する居酒屋チェーンの「海産物居酒屋 さくら水産 (さくらすいさん) 市ヶ谷駅前店」が入っていて、ランチの時にいつも人が並んでいるのを見ていたので、かねてから一度入ってみたかったお店でした。

2008_1115画像0087
ビルの中はかなり古めかしく、昼間だというのにやや暗い雰囲気です。
この幅の広い階段を上って2階に上がります。

2009_0703画像0224
2階にもたくさんの飲食店が入っています。
このうち、
2008年11月12日に「洋風居酒屋 petit・1(プティーワン)」
2009年5月27日「Cafe Bistro プシュケ」
に行ったことがあります。

2009_0703画像0221
「さくら水産」は、右手の一番奥にあります。

2009_0703画像0223
全国に展開される一大チェーン店ですが、個人的に入るのは全く初めてです。

2009_0703画像0220
平日はランチタイムとディナータイムにわかれていますが、土日祝は12時から通しで居酒屋営業しています。

2009_0703画像0218
入店する前に、とても小さな入口の右手にある券売機で食券を購入します。

2009_0703画像0219
どんどん後ろから人が並んできたので、あまりメニューのことを深く考られず、やや慌てながらチケットを購入。
店内に入ろうとしたところ、後ろにいた二人連れが割り込むような形で入ってきたので「何だろう?」と思っていたら、店内にもう一台券売機がありました。

2009_0703画像0216
メニューは全部で5種類あり、500円~650円ととてもお値打ちです。
「本日の日替り定食」と「本日の刺身定食」については、その中身が書かれています。

2009_0703画像0217
ランチだけでもとってもお安いのに、さらにソーメンがサービスされていました。

2009_0703画像0174
入口近くにテーブル席が並び、その奥は厨房に沿ったカウンター席があり、さらにその奥にたくさんのテーブル席がありました。ざっと見回した感じでは満杯だったのでどうしよう~と立ちすくんでいたら、フロアスタッフのおばさまに声をかけられ、奥の座敷席に行くように言われました。
かなり広い店内だと思っていましたが、さらにそのずーっと奥に座敷席がありました。
座敷席の右手真ん中の四人席に着席。ちなみに、四人席には二人で向かい合って座ることが出来ますが、6人席だと二人客は横並びで座るように言われていました。

2009_0703画像0175
テーブルの上には調味料や小皿などがたくさん置かれています。

2009_0703画像0215
ランチタイムは午前11時から午後2時までで、その間は禁煙です。
ごはんとお味噌汁はお替わり無料。
サイドメニューは5種類あり、30円から100円で注文できます。

2009_0703画像0176
ご飯のお供として、生卵、ふりかけ、味付け海苔、お漬け物が無料と太っ腹で、テーブルの真ん中にズラリと並べられています。
ご飯好きにはたまらない設定です。これだけ広いのに、背広軍団ばかりなのも納得。

2009_0703画像0177
食券は席につく前に渡していたので、テーブルで座って待っていたところ、あっという間にメインのお皿が出てきました。さすが「待ち時間0分」と謳っているだけあります。
しかし、それ以外のメニューがこない、、、???
周りを見回していたら、どうやらメイン以外は全てセルフサービスであることがわかりました。
お店の方から事前説明が全くなかったのは残念。

私たちとほぼ一緒に入った男性三人連れは、システムがわかっていたので全員ご飯と味噌汁を取りに行ってテーブルが空っぽになってしまい、店員さんがおかずをどこにおいていいかわからず、あちこちに聞いて回っていました(笑)。

2009_0703画像0178
どうして最初に気付かなかったのか不思議なぐらい、座敷の入口部分にご飯とお味噌汁のセットがどかんと置かれていました(汗)。
お味噌汁は、具材だけ既にセットされた器に自分で味噌汁を注ぎます。

2009_0703画像0179
ご飯のジャーには最初からフタがついていません(笑)。
とても大きなしゃもじでご飯をよそいます。

2009_0703画像0180
二人分のご飯と味噌汁を準備し、いよいよご飯タイム!


本日の日替り定食 A.サーモンねぎとろ  (500円)
2009_0703画像0182
サーモンが大好きなので、こちらのメニューを注文。

2009_0703画像0183
せっかくご飯が食べ放題になっているのに、ダイエットとのためにちょっとだけにしました。

2009_0703画像0185
器には「さくら水産」のかわいいお魚のキャラクターが入っています。

2009_0703画像0196
お味噌汁には大根やキャベツが入っています。
取り放題の小ネギのみじん切りをたっぷりとのせていただきました。

2009_0703画像0187
サーモンのたたきは、細長いお皿にたっぷりと盛られて出てきました。

2009_0703画像0197
ワサビとお醤油をつけていただきました。
やや水っぽくて味わいが薄いですが、脂はそこそこのっていて、500円なら充分です。

2009_0703画像0186
せっかくなので、生卵をいただきました。

2009_0703画像0200
たっぷりと小ネギを散らして、美味しかったです。

2009_0703画像0198
ふりかけとお新香もいただいたので、ご飯をもっとよせればよかったとすごく後悔。
照明とカメラの兼ね合いで、どうしてもご飯の写真が赤っぽくなってしまいました(汗)。


お魚系のランチを500円から600円で食べられる理由がとても良くわかりました。
ランチシステムが非常に合理化され、お客さんにもかなりの部分が担わされています(笑)。
まさに企業努力って感じです。

帰り際、お味噌汁が置かれたテーブルに茶色い麦茶らしき大きなボトルが置いてあるのに気付きました。これはソーメンのつゆのようでした。サービスのソーメンはその存在をほとんど認識していなかったのと、私たちが取りに行ったときは品切れだったので、残念ながら食べられず終い。

夜のメニューはテーブルの上に貼り付けてあります。
300円台がほとんどと、どれもお魚系をとは思えないぐらい、お安い設定です。
らっきょや魚のあらに至っては80円なんていうお値段!
先輩は、家の近くにさくら水産があるそうですが、いつも混んでいて入れないとこぼしていましたが、その理由がわかりました。
ここまでお安いと、一度ぜひとも夜に訪問したくなりました(笑)。


夜のメニューです↓
2009_0703画像0202

2009_0703画像0203

2009_0703画像0204

2009_0703画像0205

2009_0703画像0206

2009_0703画像0207

2009_0703画像0208

2009_0703画像0209

2009_0703画像0210

2009_0703画像0211

2009_0703画像0212

2009_0703画像0213

2009_0703画像0214


2009年7月1日訪問時お店DATA
******************************
海産物居酒屋 さくら水産 市ヶ谷駅前店  (さくらすいさん)
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル2F
TEL 03-3264-2275
FAX 03-3264-2276
営業時間 
[平  日] 11:00~14:00  16:00~24:00(L.O.23:15)
[土日祝] 12:00~24:00(L.O.23:15)
定休日 無休
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/19 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @市ヶ谷
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

2012年4月5日追記

2012年3月29日、久しぶりに「俵屋」に出前を頼んだら、配達をやめたと言われました。
最後にお願いしたのは2011年8月26日だったので、約7ヶ月の間のいつかに終わっていたようです。
あまり頻繁に利用してはいませんでしたが、スピーディに配達してくれる数少ない貴重なお店だっただけに残念です。

***************************************

2009_0703画像0173
2009年6月30日は、朝から雨で、まさに梅雨らしいお天気でした。
12時になったので上司に「お昼をどうしますか?」と聞いたところ、またもや、「うーん、冷やし中華。」とのお言葉。
5日前の6月25日にも「俵屋 (たわらや) 市ヶ谷店」から出前をお願いしていたので、正直なところ「またか~。」とガッカリしてしまい、メニュー選びにとても迷いました(汗)。

外2

「俵屋」は、出前だけでなく、実際の店舗でも食事をすることが出来ます。
お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から、日本テレビ通りを半蔵門方面に向かってしばらく進み、コンビニのampmの一つ先にある、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルの中にあります。

2009_0424画像0079
こちらのビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には、2008年3月7日に訪問した「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」
2階には、2007年6月4日にランチを、2008年の3月3日にお弁当2008年12月13日にディナーをいただいた、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」と、
2009年4月22日に訪問した「Yakiniku Y-Style (やきにく わいすたいる)」
地下1階には、2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 (やまちょう) 麹町店」
が入っています。

外1

こちらのお店は配達がかなり早いので、とても重宝しています。

2009_0703画像0164
この日はお料理のお皿と割り箸がばらばらで届きましたが、こちらのお店ではいつもはとても特徴的な割り箸のセッティングをしています。
まずお料理のお皿全体にラップをかけ、その上に割り箸やスプーンを置き、動かないように下三分の二ぐらいのところをもう1回ラップします。出来上がりは、まるでお皿の上にお箸やスプーンが浮いているように見えます。お皿を持ち歩いても、お料理の中身がこぼれないだけでなく、お箸もスプーンもビクともしません。この厳重なラッピングは、食べるときにはがすのが結構大変で、「おなかすいた~、でも、取れない~。」とジリジリしちゃうこともしばしば(笑)。

2009_0220画像0097
こちらは俵屋のオリジナルの割り箸です。
最近はマイ箸を使うことが多いので、忘れない限りはいただかないようにしています。

12時過ぎに出前をお願いしたところ、12時30分頃には届けていただきました。
相変わらず早くて、本当に助かります。


好評 ソース焼きそば  (790円)
2009_0703画像0165
のびた麺を食べるのが嫌だったので、いつも冷たい麺を中心に注文していましたが、いろいろと食べてしまったので、この日ちょっと目先を変えて、「ソース焼きそば」を注文してみました。
以前食べたことのある先輩からは、「イマイチでした。」というお言葉もいただきましたが(笑)。

2009_0703画像0166
真っ赤な紅ショウガが中央にたっぷりとのせてあり、しっかりと焼きそばに混ぜ込んでいただくと、かなりさっぱりと食べられました。

2009_0703画像0167
焼きそばには小さくカットされた豚肉、キャベツ、きくらげ、ノリなどが入っています。
ボリュームは普通です。

2009_0703画像0168
2009年3月10日に「サッパリ塩味 上海焼きそば」を食べたときは、「さっぱり」というフレーズとは裏腹にかなりオイリーでしたが、ソース焼きそばはかなりさっぱりとしたソースが絡めてあり、紅ショウガの効果もあいまって、塩焼きそばよりもむしろさっぱりしていました。


味噌つけめん  (740円)
2009_0703画像0169
先輩はこちらを注文。

2009_0703画像0172
つけ汁はたっぷりと入っています。スープ割りが出来ないのが残念。

2009_0703画像0170
チャーシュー、茹でモヤシ、メンマ、ワカメ、ナルトのトッピングは別皿に盛られています。

2009_0703画像0171
黄色みがかった麺には刻みノリがトッピングされています。
麺のボリュームは普通です。


お皿の下にはソースがたっぷりたまっていたりもしましたが、塩焼きそばのオイリーなイメージが強かったせいか、ソース焼きそばを普通に美味しくいただきました。

冷やし中華が大好物の上司は「冷やし中華を食べない人っているよな~。信じられない! 冷やし中華は日本の文化なのに!」とのたまっておりました。
個人的にスープの甘い冷やし中華は苦手なものの、基本的には大好きですが、それにしても、もう5回近く連続して食べている上司。。。。(汗)


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

【 らーめん 】
  絶品 たんめん 野菜たっぷり  (2008年3月7日
  大辛・中辛が選べる担々麺・大辛  (2008年8月27日
  カレーラーメン  (2009年4月24日
  好評 ソース焼きそば  (2009年6月30日
  サッパリ塩味 上海焼きそば  (2009年3月10日
  バリバリ カタヤキソバ  (2008年5月8日
  チャーシューつけめん  (2009年6月10日
  味噌つけめん  (2009年6月25日)
  ジャージャーめん  (2009年2月16日
  マーボメン (2009年6月19日
  冷し中華  (2008年10月2日
  黒酢冷し中華  (2009年5月20日
  大辛冷し中華  (2008年8月4日

【 ご飯もの 】
  マーチャン丼 麻婆かけチャーハン  (2008年3月24日
  中華丼  (2008年7月1日
  カレーのせチャーハン丼  (2009年3月19日

【 セットメニュー 】
  つけ麺セット ニラレバセット  (2008年12月4日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


新しくなったメニューです↓ 配達は2個以上からです。
2008_1205画像0098

2008_1205画像0101

2008_1205画像0103

2008_1205画像0099

2008_1205画像0100

ここからは午後5時以降のメニューになります↓
2008_1205画像0105

2008_1205画像0106

2008_1205画像0104


2009年6月30日配達時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX  03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
配達時間
[平日] 11:00~21:30 (16:00~17:00は休憩時間)
[土曜] 11:00~15:00
[日祝] 11:00~20:00 (16:00~17:00は休憩時間)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/15 09:00】 | その他麺類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 体に優しいヘルシーカレー専門店 BABYLON  @麹町/市ヶ谷
2013年11月12日追記

「バビロン」は2011年9月16日に閉店したそうです。

DSCF5199_201310290608492f7.jpg
跡地には、2013年1月25日、「DREAM CURRY(ドリーム カレー)」がオープンし、2013年10月15日にランチ訪問しました。

**********************************

2009_0703画像0153
2009年6月29日は、お昼頃に戻ってくるはずの上司から何も連絡がないまま12時になってしまったので、先輩と二人でちゃっちゃっとランチに出ることにしました(笑)。事務所に戻ってくる(かもしれない)上司に会わないよう、市ヶ谷・麹町方面へ行くことに。

2009_0703画像0161
上司が先に戻ってくるだろうからあまりのんびりできませんでしたが、この日は週の初めの月曜日だったのでちょっと面白いメニューを食べたいな~と思い、2009年6月4日に「麹町 二葉鮨」に行ったときに気になっていた「体に優しいヘルシーカレー専門店 BABYLON (バビロン)」へ行ってみることにしました。
ネットでの評判もよかったので、以前から気になっていたお店の一つです。

2009_0703画像0163
「バビロン」が入っている麹町クリスタルシティ東館は、地下鉄有楽町線麹町駅の四番出口とドッキングしていて、とても便の良いところです。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から行く場合には、日本テレビ通りを半蔵門方面にずーーっと進み、新宿通りにぶつかるほんの少し手前の右側にあります。

2009_0703画像0160
日本テレビ通りにはこちらの看板が出ています。

2009_0703画像0162
この場所のほぼ問面に、2009年6月4日に訪問した「麹町 二葉鮨」があります。

2009_0703画像0159
麹町クリスタルシティ東館には飲食店がたくさん入っています。
2008年7月15日に訪問した「南東酒房 黒うさぎ 麹町店」は同じビルの地下1階にあります。

2009_0703画像0158
お店の看板に地下1階にあると書いてあったので、ビルの階段を降りていくと、地下2階と表記されていたお店に出くわしてしまいました(汗)。
「黒うさぎ」は日本テレビ通りから入ると半階分しか降りていない感じがしますが、じつはもう地下一階で、「バビロン」が入っているのと同じフロアでした(汗)。
一度降りた階段を再度登り、ビルの中に入ってみると、すぐに「バビロン」を発見。

2009_0703画像0156
お店は想像していたのとは違い、とてもこぢんまりとしていました。

2009_0703画像0157
両側にメニューが写真入りでわかりやすく紹介されています。

2009_0703画像0148
店内はとてもシンプルでキレイです。
入ってすぐ右手にある券売機で食券を購入します。
お水はセルフサービスです。おかわり用のお水のポットはカウンターに置いてありますが、コップは入口近くのカウンターの角に置かれた給水器のところから取ってきます。

2009_0703画像0136
お店は手前側に2席ほど、セルフサービスの給水器をはさんで奥に向かうL字型カウンターのスタンド式で、全部で7席ぐらいしかありません。
カウンターの中の厨房で店主がおひとりで切り盛りしています。
入店時に先客は3人いました。私たちはお店の一番奥の席に並んで着席。

2009_0703画像0137
卓上に置かれたメニューです。
「体に優しいヘルシーカレー専門店」とあるだけに、カレーの中心は野菜です。

2009_0703画像0138
メニューは全部で6種類あり、お値段は780円から1,050円と、ややお高めです。
生クリームを入れるとプラス50円、大盛りはプラス150円です。


野菜チキンエッグカレー  (1,050円)
2009_0703画像0149
写真がとても美味しそうだったので、お高めですが、こちらのメニューを選択。
「一皿一皿、手作り感のある調理をする」とメニューにあるだけあって、店主はキャベツを炒めたり、野菜とルーと混ぜ合わせたりしていて、調理の様子を見ているのも楽しいです。
ただ、お時間は少しかかります。

2009_0703画像0151
ライスは平皿に盛られ、最初から少しルーがかけてある状態で出てきます。
面白い! こういうスタイル、あまり見たことがないです。
ご飯はやや少なめです。

2009_0703画像0152
いただきま~す!

2009_0703画像0153
ルーの入った真っ白な器は、上の部分がつぼまっているので、一見それ程量がないように見えますが、底がかなり深く鶏肉などがゴロゴロと入っていて、ルーはかなりボリュームがあります。
猫舌の私には辛いほど、出来たてアツアツです。

2009_0703画像0154
ルーはスパイスがたっぷりときいていて、かなりしっかりと辛くて美味しかったです。
カレーには珍しいキャベツの優しい甘み、ちょっと潰してあるトマトの爽やかさ、スクランブル状態の卵のまろやかさで、ルーの辛さやスパイシーさを程よく緩和しています。

2009_0703画像0150
卓上には薬味として福神漬けとカッパ漬けの2種類と、辛さを増すためのホットパウダーが置いてあります。

2009_0703画像0155
せっかくなので、もちろん2種類ともいただいちゃいました。


最初お値段が少しお高めかな~と思いましたが、ルーのボリュームが多くて美味しかったので大満足でした。次回は野菜ベーコンエッグカレーをぜひ食べてみたいです。


お店のこだわりもご覧下さい↓
2009_0703画像0139

2009_0703画像0141

2009_0703画像0142

2009_0703画像0143

2009_0703画像0144

2009_0703画像0145

2009_0703画像0146

2009_0703画像0147


2009年6月29日訪問時お店DATA
********************************
体に優しいヘルシーカレー専門店 BABYLON (バビロン)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ東館地下1階
営業時間 11:30~19:00  
定休日 不明
地下鉄有楽町線麹町駅から徒歩1分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/14 09:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 SUBWAY 四谷店  @四谷
2015年12月28日追記

DSCF4116 (480x360)
2015年12月21日の朝、所用あって郵便局に行ったら、「サブウェイ」が2015年10月29日に閉店していることに気付きました。

*******************************

2009_0703画像0002
2009年6月26日は、久しぶりに上司が一日出張でちょっと遠出ができる日でしたが、この日の夜に豪華ディナーを予定していたので、軽めなランチを食べなきゃな~と、先輩と二人でとりあえず四谷方面にぶらぶらと歩いて行きました。
当初、お蕎麦屋さんでも、、、と考えていましたが、交差点を待っていたら、ふと「SUBWAY (サブウェイ)」の看板が目に入り、行ってみることにしました。

2009_0703画像0021
JR・地下鉄四ッ谷駅を出て外堀通りの交差点を渡り、右手に進むと店舗があります。

2009_0703画像0022
アメリカから上陸して歴史の長いチェーン店ですが、個人的に利用しやすい距離に店舗がなかったこと、サンドウィッチは割高なイメージがあったことから、実はほとんど利用したことがなく、前回訪問したのが何年前だか思い出せないぐらいです。
四谷店の訪問も、もちろん初めてです。

2009_0703画像0020
お店の入口の外にはテーブルが2つほど並べられていて、お天気の良い日などにはとっても気持ちよさそうです。

2009_0703画像0011
お店に入ってみると、カウンターにかなりお客さんが並んでいたので、混んでいるかな、、、と心配でしたが、テイクアウトの人が多いようで、席はまだ空いていました。

2009_0703画像0001
店舗の右奥に小さめなテーブルが一列並んでいます。

サブウェイは、注文の時に自分好みのオーダーができるのがウリですが、逆にそのシステムがよくわかっていなくて敬遠していたところもあります(汗)。
まずは自分の食べたいサンドウィッチの種類を選択し、6種類のお野菜を好みで増減し、6種類のソースから好みをチョイスし、ドリンクやスープなどのセットを選びます。
久しぶりにこの流れ作業をやって、冷や汗がでました(笑)。


サブウェイクラブ (490円) + ドリンクセット(アイスカフェラテ) (180円) =670円
2009_0703画像0003
久しぶりに食べるので、サンドウィッチとポテトとドリンクのポテトセットを注文したつもりでしたが、日本語があまり堪能でなかった店員さんにうまく伝えることが出来ず、ドリンクセットになってしまいました(笑)。当初、軽めなランチをする予定だったので、全然問題なし。

2009_0703画像0004
ドリンクはアイスカフェラテのSサイズを選択。
単品だと220円ですが、ドリンクセットだと180円になってお得です。
Sサイズですが、量もたっぷり。

2009_0703画像0005
種類がたくさんあってサンドウィッチの種類を悩みましたが、店名がついた「サブウェイクラブ」のレギュラーサイズをチョイス。

2009_0703画像0006
ターキー、ローストビーフ、ポークハムをサンドし、お店がオススメする赤ワインビネガーソースをかけていただきました。

2009_0703画像0007
3種類のお肉はかな~り薄いカットですが、味の存在感はありました。

2009_0703画像0008
サブウェイは、「毎日に野菜をはさもう、野菜のサブウェイ」というキャッチフレーズをつけているだけあって、サンドウィッチにはさまれたトマト、ピーマン、タマネギ、レタスなどのお野菜はシャキシャキとした食感を楽しめ、とてもフレッシュな味わいです。

2009_0703画像0009
お店で毎日焼いているというパンはハニーオーツ、セサミ、ホワイト、ウィートの4種類の中から選べます。先輩も私もセサミを選択。
ゴマが香ばしく、しっかりした歯応えで美味しかったです。

2009_0703画像0010
包み紙がかわいかったので、記念撮影。


数年ぶりのサブウェイのサンドウィッチは野菜の美味しさが際立っていましたが、ボリュームとお値段を考えると少々割高ではあると思います。
とはいえ、美味しいサンドウィッチを食べられるお店はとっても貴重です。
次回はぜひともフットロング(30センチ)にチャレンジしてみたいです。


メニューです↓
2009_0703画像0012

2009_0703画像0013

2009_0703画像0014

2009_0703画像0015

2009_0703画像0016

2009_0703画像0017

2009_0703画像0018

2009_0703画像0019


2009年6月26日訪問時お店DATA
********************************
SUBWAY 四谷店  (サブウェイ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-6 佐奈ビル1階
電話&FAX 03-3350-9390
営業時間
[平日] 7:30~21:00  
[土日祝] 9:00~19:00
定休日 無休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/13 09:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(4) |
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店  @四谷/四谷三丁目
昨日は台風の影響で交通機関がマヒしてしまい、大変な通勤・通学だったと思います。
私は40分遅れで何とか会社にたどり着きましたが、先輩の到着は12時40分頃。4時間ぐらいかかったそうで、会社に到着した途端にぐったりしていました。みなさま、本当にお疲れ様でした。

2009_0624画像0241

2009年6月24日は、上司がお昼ギリギリまで外出、午後1時には来客を予定していたので、早めにお昼を手配しなければなりませんでした。「お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店」のメニュー制覇に王手をかけていた私は、先輩にお願いしてシローズのお弁当を頼むことにしました。
上司には後からメールで連絡して事後承諾しようと思っていたのにすっかり忘れてしまい、上司から12時頃に電話が来て、「冷やし中華!」と言われてしまいました(汗)。すみませ~ん。
前回「シローズ」お弁当を食べたのは2009年6月9日だったので、約2週間ぶりです。

2008_0907画像0044
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に進み、三つ目の交差点を越えた左側にある岡本ビルの1階にお店があります。

以前はJR四ッ谷駅の向かい側にあったグリーンマートという建物の地下に入っていましたが、
グリーンマートの閉鎖に伴い、2008年7月8日から現在の場所に移転しています。
移転先は四谷三丁目寄りの立地なので私の事務所からは遠くなってしまい、
最近は専ら出前をお願いしています。

2008_0907画像0043
新宿通りにこちらの看板が出ています。
岡本ビルには他にも幾つかのテナントが入っていて、ビルの構造上、
「シローズ」のお店がある場所が少しわかりにくいです。

2008_0907画像0045
1階の一番奥に「シローズ」の店舗がありました。
余裕があるつくりとでもいうのか、お店の手前はガランとしただだっ広いスペースがあります。

2008_0907画像0046
リニューアルオープンしただけあって、お店そのものはとってもキレイ。

2009_0624画像0231
この日は雨が降っていたせいか、注文が集中していたようで、11時15分に注文をお願いしたところ、1時間ぐらいかかります、と言われました。12時15分なら大丈夫だと思ってそのままお願いしたところ、結局到着は12時25分で、1時間10分かかりました。この日は時間に余裕がなかったので、お店に確認しようと電話をかけたら、それど同時に到着しました(笑)。

コレまでの経験から、電話注文の時に言われる配達時間よりもプラス10~15分かかることがありますので、お時間ギリギリに注文する方はご注意下さい。

2009_0624画像0232
ほとんどのおベントがこちらの黒い容器に入っていますが、フタを開けて中をのぞかなくてもわかるように、ちゃんと外側にメニュー名が書かれています。


ハンバーグ&カニクリームコロッケ弁当  (800円)
2009_0624画像0236
最後に食べるメニューは華やかで美味しそうなお弁当が良いな、と思っていたので、このメニューをずっと食べずにとっておきました(笑)。

2009_0624画像0239
サラダはたっぷりのキャベツの千切りで、ゴマドレッシングがついています。
お新香が梅酢のような酸っぱい系のお新香だったのは珍しかったです。

2009_0624画像0244
ご飯には黒ゴマがトッピングされています。
ボリューム系のお弁当を食べるときはご飯を少なめにお願いすることが多いのですが、この日は忘れてしまって普通盛りだったので、おなかいっぱいになりました。

2009_0624画像0237
カニクリームコロッケは中のクリームがトロリとして、とっても美味しい。

2009_0624画像0243
ケチャップで味付けされたスパゲッティが添えられていました。

2009_0624画像0246
このお弁当のもう一つのメインはシローズの人気メニューであるハンバーグ。

2009_0624画像0245
ハンバーグの付け合わせにフライドポテトが添えられています。

2009_0624画像0247
厚めで大きなハンバーグには彩りにインゲンがのせられ、ソースがたっぷりとかかっています。

2009_0624画像0248
ぎっしりとつまったお肉はみっちりとした歯応えでとっても美味しい!
サイズが大きいので、お肉をしっかり食べた~という満足感があります。


お好み弁当  (850円)
2009_0624画像0233
先輩はこちらのお弁当をチョイス。

2009_0624画像0234
最初はボリュームが少なめでお気に入りの「のりから明太子弁当」を食べるつもりでしたが、何故か急にメニューを180度変更(笑)。

2009_0624画像0235
相変わらず美味しくてボリュームたっぷりだったそうです。


シローズのお弁当は現在の事務所で働き始めてからずっと食べていましたが、このブログでは、2007年7月18日から2009年6月24日まで、約2年間かけて、25種類のメニューを制覇しました!
この間、多くの人に大好きなシローズのお弁当のことを知ってもらって嬉しかったです。
美味しくてボリュームたっぷりでお値段がお手頃のシローズのお弁当、これからもずっと食べていきたいと思っています。


◆◇◆◇◆ 全メニュー制覇しました! ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おろしロースカツ弁当 (2007年10月1日
ヒレかつ弁当 (2007年9月6日
手ごねハンバーグ弁当 (2008年5月29日
鶏唐揚弁当 (2008年2月19日
わかめご飯弁当 (2008年2月1日
ヒレカツカレー (2007年7月18日
のりから明太子弁当 (2007年10月10日
ハンバーグカレー (2007年12月19日
和風幕の内弁当 (2008年7月25日
洋風幕の内弁当 (2008年1月11日
ハンバーグ・唐揚弁当 (2007年8月2日
唐揚・エビフライ弁当 (2007年11月12日
焼肉・カニクリームコロッケ弁当 (2007年10月25日
そぼろ弁当 (2008年1月16日
お好み弁当 (2007年9月10日
ハンバーグ&カニクリームコロッケ弁当 (2009年6月24日
日替り焼肉&鳥唐弁当 (2009年5月13日
日替り焼肉&カニクリームコロッケ弁当 (2008年12月1日2009年1月15日
わかめご飯弁当 (2008年2月1日
ビーフカレー (2008年12月18日
コロッケカレー (2008年10月1日
白身魚フライカレー (2009年4月1日2009年6月9日

~日替わり弁当~
日替り弁当 (2008年4月14日
日替りお魚弁当 (2008年10月8日
日替り焼肉弁当 (2008年4月23日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2009_0117画像0151
日替わりのお弁当を一週間分記載したチラシを入れてくれます。
お持ち帰りで600円以上のお弁当を買うと50円引きになるというサービスがありますが、
店舗が遠くなって買いに行けなくなってしまったので、とっても残念。

2008_1205画像0033
新店舗になってからいただくようになったこのチラシには、以前いただいていた宅配&お持ち帰りメニューのほかに、おかずの組み合わせが違うなどの新しいメニューがちらほらあります。

2008_1205画像0034
二人分の出前をお願いすることもあるので、
配達をしてくれる合計金額が1100円以上とお安めな設定はとても助かります。


移転前にいただいているメニューです↓
メニュー7

メニュー6

メニュー5

メニュー4

メニュー3

メニュー2

メニュー1



2009年6月24日宅配時お店DATA
****************************
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-8 岡本ビル1階
TEL&FAX 03-3226-0407
営業時間 9:00~18:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/09 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(8) |
【一時休業中】 TO THE HARBS 市ヶ谷店  @市ヶ谷
2013年8月30日追記

DSCF2646_20130830230211c72.jpg
2013年8月29日の朝、久しぶりに市ヶ谷駅から出てみたら、ビルの建て替えに伴い、飲食店やコンビニが全て営業をやめていました。

DSCF2602_20130830230213018.jpg
「トゥ・ザ・ハーブス」は、2013年8月18日に閉店しました。
店舗改装により、12月下旬まで一時休業中です。

*********************************

現在、日本列島に台風上陸中です。
皆様くれぐれもお気をつけください!

2009_0624画像0228
2009年6月23日は上司が不在の日でしたが、午後早くから来客を予定していたので、近場に食べに出かけました。
このところ市ヶ谷方面にご無沙汰していたので出かけてみましたが、日本テレビ通り沿いの気にあるお店はほとんど訪問済みだったし、その日の夜、友人と和食を食べに行く予定だったので、和食以外のメニューが食べたいな~と歩きながら考えていたところ、急に「TO THE HERBS(トゥ・ザ・ハーブス)」のことを思い出し、先輩に提案してみました。
私は2007年10月11日に朝食でお邪魔したことありましたが、ランチは初めて。先輩は訪問自体初めてだったので、行ってみることに決定!

外

JR市ヶ谷駅とドッキングしたビルの2階には「STARBUCKS COFFEE」と「TO THE HERBS」が入っていて、外から見てもととてもオシャレな造りになっています。
「TO THE HERBS」は、「ピザーラ」などを運営する株式会社フォーシーズの一ブランドです。

階段

駅の改札からコンビニの前を通り過ぎると、2階に上がる階段があります。外階段もあります。

2009_0624画像0196
階段の途中に踊り場があり、メニューなどが出ています。

2009_0624画像0195
こちらのお店では平日の午前10時から午後2時までは禁煙です。

2009_0624画像0194
夜のパーティメニューです。

2009_0624画像0191
階段を上がるとお店の入口があります。「STARBUCKS COFFEE」はこの右手です。
この日は外階段から上っていったところ、既に4、5人の行列が出来ていました。
お店の人に声をかけ、ウェイティングリストに載せてもらう際に「どれぐらい時間がかかりますか?」と聞いたところ、「10分ぐらいです。」と言われたのと、既に食べ終えてゆっくりしている人もちらほら見受けられたので、そのまま待つことにしました。

2009_0624画像0192
待っている間、退屈だったので、ガラス越しに靖国通りを記念撮影(笑)。

2009_0624画像0193
しばらく待ってからお店に入り、入口から左側のスペースで、真ん中ぐらいの二人用テーブルに着席。
駅に直結しているお店だけあって客層はかなり幅広く、しかも、わりとのんびりできるお店のせいか、サラリーマンでも飲み物まで注文してゆっくりしている人や、その場で仕事をしている人など、いろいろな人がいて、ウオッチしているのがとても楽しいです。

2009_0624画像0213
卓上にはお手ふきタオルのほか、いろいろと置かれています。

2009_0624画像0214
右側にオリーブオイル、左側にハーブのセットが置かれています。

2009_0624画像0215
ハーブセットがとてもかわいくて、全部を外して一列横隊。
先輩が自宅にも欲しい~と言っていました。
縦置きで省スペースなのがとっても機能的なのに、シンプルでかわいいです。

2009_0624画像0219
取り分けようの小皿です。

2009_0624画像0220
店名が緑色のラインで書かれていて、優しい感じです。
店内が広くてお客さんが混み合っているせいか、お料理が出てくるまで少し待ちました。


アボガドと10種夏野菜のサラダピッツァ ~生ハムを添えて~  (1,280円)
2009_0624画像0216
こちらのお店では店内に釜があり、その釜で焼くピッツァが名物だったので、ぜひピッツァを食べたいと思っていたので、季節メニューで夏野菜が10種類もトッピングされているというこちらを注文。

2009_0624画像0217
ちょっとメニュー写真に比べるとボリューム感というか、トッピングの仕様がちょっと異なる気がしますが(笑)、アップの写真だととっても美味しそう。

2009_0624画像0218
ピッツァは最初からカットされているので、取りわけは楽ちんです。

2009_0624画像0229
たっぷりの生野菜&ハーブがのっているので、どうやって食べようかとしばし試行錯誤。
一切れのピザを縦半分に折って、野菜を包む込むようにして食べました。
ハーブやお野菜がとても爽やかで、チーズの味わいが重なり、とてもサッパリとした口当たりで美味しく食べられました。


釜焼きチーズハンバーグ ~トマトソース~  (1,050円)
2009_0624画像0221
当初は二人ともピッツァを食べる気満々でしたが、最近メニューに入ったばかりだという窯焼きハンバーグもとっても美味しそうだと意見が一致した先輩と、ピッツァとハンバーグを一種類ずつ頼んでシェアすることにしました。
こういう時、食べ物の趣味が近い人だととっても助かります。
ハンバーグはデミグラスソースかトマトソースをチョイスすることができます。

2009_0624画像0222
ご飯は別皿になっています。ボリュームは普通です。

2009_0624画像0223
店名のとおり、ご飯にもハーブが添えられていて、ハーブだけ食べてみたら、な、なんとミント! 
ご飯にミントか~。
でも、食べてみたら、サッパリして美味しかったです。

2009_0624画像0230
ハンバーグは180gあるそうで、かなりボリュームたっぷりです。

2009_0624画像0225
少し細めのフレンチフライが添えられています。

2009_0624画像0226
お皿ごと釜の中で焼いているせいか舌が火傷するぐらい熱々で、しかもずっと冷めません。
お肉はジューシーで味付けもしっかりとしていました。
トマトソースをつけるとサッパリとして美味しく、とってもご飯に合います。


お値段はお安くはありませんが、珍しい美味しいメニューを食べられてうれしかったです。
ディナータイムも来てみたいです。
食べ終わって事務所に帰ろうとしたところ、入店したときよりも長い行列になっていました。
以前朝食で来たときは、かなりガラガラだった印象が強かったんですが、お昼時は場所もよいせいか、かなり混み合うようです。隣のスターバックスも相変わらずの盛況でした。


メニューです↓
2009_0624画像0197

2009_0624画像0198

2009_0624画像0199

2009_0624画像0200

2009_0624画像0201

2009_0624画像0202

2009_0624画像0203

2009_0624画像0204

2009_0624画像0205

2009_0624画像0212

2009_0624画像0206

2009_0624画像0211

2009_0624画像0207

2009_0624画像0208

2009_0624画像0209

2009_0624画像0210


2009年6月23日訪問時お店DATA
**************************
TO THE HERBS 市ヶ谷店 (トゥ・ザ・ハーブス)
〒102-0076 東京都千代田区五番町2 市ヶ谷駅2階
電話 03-3511-5800
営業時間 
[平日] 午前7時~午後11時30分
[土曜] 午前11時~午後11時
[日祝] 午前11時~午後10時
定休日 無休
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/08 09:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(5) |
【閉店】 焼酎DINING おかわり屋 四ッ谷店  @四谷
2012年2月21日追記

「おかわり屋」は2011年9月16日に閉店したそうです。
その後、2011年11月21日に「やきとり 宮川 四ッ谷」がオープン。

DSCF5682_20120203230710.jpg
ディナー営業開始から2ヶ月後にランチ営業が始まったので、2012年1月31日に訪問しました

***************************************

2011年11月15日追記

DSCF1345_20111114085240.jpg
2011年10月7日、「おかわり屋」の前を通りかかったら、新しいお店の工事をしていました。
その少し前の2011年8月25日にランチ訪問していたのでビックリ。

DSCF1346_20111114085240.jpg
お店のメニューやイメージを一新し、お魚を全面に押し出すスタイルに変えていたのですが、うまくいかなかったのでしょうか。
その時ぜひ食べてみたいメニューがあったので、本当に残念です。

************************************

2009_0624画像0178
2009年6月22日は本格的な梅雨入りで、週の始まりの月曜日だというのに、今にも雨が降りそうなじめじめした日でした。
午後早くに外出する予定だった上司が、そのまま外出するから外で食べようと誘ってくれたので、先輩も私も傘を持たずに外に出たら、雨がぱらつき始めてしまいました(汗)。濡れてしまわないようにと上司が気遣ってくれ、会社から近く、食事後に外出する上司にとっても四ッ谷駅に近くて都合のよい「焼酎DINING おかわり屋 四ッ谷店」へ行くことになりました。
先輩と私は2009年2月23日訪問したことがありますが、上司は初めてです。

こちらのお店では持ち帰りのお弁当を買うことが多く、これまでに、2008年4月21日2008年7月9日2008年11月25日2009年4月7日の4回購入したことがあります。

鈴木さん2
JR四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの左奥を少し入ったところにお店があります。
2008年2月27日に訪問した「Restaurant f」が入っている主婦会館の隣のビルになります。

2008_0425画像0024

こちらの鳳翔ビルはそれ程大きくありませんが、飲食店がたくさん入っています。

2008_0425画像0036

大手の居酒屋チェーンの「和民」や「千年の宴」が入っていますが、このビルでランチを食べたりお弁当が買えるのは「おかわり屋」だけです。

2009_0227画像0084
それぞれの日のお弁当のメニューはお店の前の看板に出ています。
お弁当は日替わりで3種類あり、全て600円とリーズナブルです。
メインがお魚とお肉の2種類あり、写真が添えられていて、とてもわかりやすいです。

鈴木さん
本日のお弁当のほかに、「インド人もびっくりの本格インドカレー弁当」(500円)があります。

2009_0227画像0085
こちらが店内でのメニューです。
チョイスランチは、10種類のメインから2種類選んで800円と、なかなかリーズナブル。
ご飯はおかわり自由です。
他にもうどんやカレーなどの単品メニューも豊富にあります。

_$BF~$j8}!_._(J
こちらは夜のメニューです。
店名だけだと、どのようなジャンルのお店かよくわかりませんが、夜はイベリコ豚やHARTLANDビールが楽しめるようです。美味しそう♪

2009_0624画像0190
写真がブレブレですが(汗)、この日の夜のおすすめメニューです。

2009_0227画像0069
店内は意外に広く、カウンター席やテーブル席などいろいろなタイプの席がありました。
こちらは前回訪問したときに着席したカウンター席です。

2009_0624画像0172
12時30分近くに入店しましたが、店内はほぼ満席で、入口のすぐそばの四人用テーブル席に着席しました。テーブル席は初めてです。
駅に近い立地のせいもあるのか、1時近くになってもまだお客さんが入ってきていました。
灰皿が置いてあるので、喫煙はオッケーのようです。

卓上にポットとグラスが置いてあるのでお水はセルフサービスですが、グラスが一個しか残っていなかったので、店員さんにお願いしてグラスを持ってきてもらいました。

2009_0624画像0173
卓上にはこんな無着色無添加ソースが置かれていました。
こちらのお店は素材にとても気配りしていますが、それでいて価格はリーズナブルです。

2009_0624画像0189
ご飯はおかわり自由なので、フロアの真ん中辺りに大きな炊飯器がで~んと置かれています。
セルフサービスです。

2009_0624画像0174
前回来たときと季節が違うせいか、チョイスランチ以外のメニューが結構変わっていました。


ちょい辛!石焼肉味噌トマトチーズサラダ炒飯 [玄米]  (850円)
2009_0624画像0175
ちょい辛という言葉に惹かれ、前回と同じ系統の石焼きビビンバ系メニューを玄米で注文。
最初、三人とも同じメニューを注文しようとしましたが、上司がチョイスランチに鞍替え(笑)。
それ程待つことなく、まずは上司のチョイスランチが登場し、続いてジュージューと音をさせながら石焼が登場。

2009_0624画像0176
お味噌汁にはネギとワカメが入っていて、ダシも味噌もしっかりきいて濃い味わいです。

2009_0624画像0181
手作りというこちらのお豆腐は、ゆず胡椒でいただきます。

2009_0624画像0183
お豆腐は、ふわっとした口当たりで、ゆず胡椒でいただくとピリリとアクセントがあるわりにはお醤油ほどお豆腐の味を壊さないな~と思いました。とても美味しいです。

2009_0624画像0178
石焼きの器からは熱気がムンムンと伝わってきます。
サラダ炒飯という名前どおり、たっぷりのお野菜にご飯が覆われています。

2009_0624画像0179
野菜の陰から、肉味噌が顔をのぞかせています(笑)。

2009_0624画像0184
まずはよ~く石焼きご飯を混ぜ合わせます。
混ぜ合わせやすいようにという配慮からか、スプーンは2本も付いています。

2009_0624画像0185
たっぷりの野菜はみるみるうちにご飯の中に混ぜ込まれ、嵩が減ります。
最初は見えていませんでしたが、肉味噌も結構入っていました。

2009_0624画像0186
そのまま石焼きからいただくことも可能だと思いますが、ドロップ型(?)のかわいい小皿に少しずつ取り分けていただきます。猫舌の私には大変ありがたいです。

2009_0624画像0188
しっかりとしたお肉の味わいがひろがり、ピリ辛でチーズのコクがあって、とっても美味しい。
ところどころにしっかりとおこげができて、パリパリとした食感で香ばしく、うまいです。


全体的なボリュームは普通ですが、厳選された素材をリーズナブルなお値段で美味しくいただけて、満足しました。
ほかにもいろいろとメニューがあるので、ぜひまた食べに来てみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【 お弁当 】
  ユーリンチ&焼魚・鮭  (2008年4月21日
  カレー弁当  (2008年7月9日
  豚の生姜焼き&焼魚・鮭  (2008年11月25日
  サバの味噌煮・ユーリンチ  (2009年4月7日

【 店舗 】
  鮭ハラスと木の子の石焼玄米チャーハン  (2009年2月23日
  ちょい辛!石焼肉味噌トマトチーズサラダ炒飯  (2009年6月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです。↓
2009_0624画像0156

2009_0624画像0157

2009_0624画像0158

2009_0624画像0159

2009_0624画像0160

2009_0624画像0161

2009_0624画像0162

2009_0624画像0164

2009_0624画像0165

2009_0624画像0166

2009_0624画像0167

2009_0624画像0168

2009_0624画像0169

2009_0624画像0170

2009_0624画像0171


2009年6月22日訪問時お店DATA
***********************************
焼酎DINING おかわり屋 四ッ谷店
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3239-0477
営業時間
[平日] 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:30) 
[土祝] 17:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 日(月曜日が祝日の場合は日曜は営業)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/07 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
肥後 ばっ天  @四谷
2009_0624画像0143
2009年6月20日は、「妻家房」キムチ教室の後、せっかく四谷に出てきたので、先輩と四谷に呼び出した私の知人と3人で、ブログネタのために夕食をとることにしました。
しんみち通りには、ランチをやっていないけれども気になるお店が幾つもあり、その中から「越後路」に行ってみることにしました。
事前にネット上で調べたところ、定休日は日曜日、夕方は5時から開店という情報でしたが、もうすぐ5時になろうとしているのに、どういう訳かお店のシャッターは固く閉ざされ、とてもオープンしそうな雰囲気ではありません。
へぎそばと美味しい日本酒を期待していただけに、かなりショックでした(泣)。

2009_0624画像0097
どうしようかと、しばし呆然としていたところ、「越後路」からさほど遠くない場所にある「肥後 ばっ天(ばってん)」が目にとまりました。

2009_0624画像0098
お店の場所はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、かなり奥の方の左側です。

2009_0624画像0100
郷土料理を食べるのは大好きなので、新潟がダメなら熊本もいいなあ、と思って看板を眺めていたら、アサヒ生ビール(何故か看板には漢字で「朝日」)が1杯380円と、とってもリーズナブル。

2009_0624画像0099
しかも、この日は土曜日だからでしょうか、3名以上で麦焼酎のボトル1本をサービスと、ものすごい太っ腹! 先輩はお酒を飲めませんが頭数に入れて大丈夫かな?(笑)。

2009_0624画像0101
お酒のサービスにつられ、こちらのお店に決定!
お店は2階にあるので、細い階段を上がっていきます。
2階には扉はなく、そのまま店内につながっていました。

2009_0624画像0103
ほぼ開店時刻と同時に入店したので、もちろん、一番乗り!
店内は意外に広く、左側に厨房があり、テーブル席が二列に並んでいます。
私たちは厨房側で奥に近い四人テーブル席に着席。

2009_0624画像0102
厨房に男性が一人、フロアには奥様らしき方が一人、合計二人でお店を切り盛りしていました。
席数が多いからでしょうか、卓上にはメニューのメモがあり、自分でオーダーを書いてお店の人に渡すシステムです。

2009_0624画像0104
その後団体客が2組ほど入ってきて、店内は大賑わい。
自分たちの会話が聞こえないぐらいでした。

2009_0624画像0107
壁には日本酒のラベルがずらりと並んでいます。
飲んでみたい種類がたくさんありました。


アサヒスーパードライ 中ジョッキ  (380円)
2009_0624画像0105
久しぶりにカラッと晴れ上がった日だったうえに、私はキムチ教室でかなりしっかり味の辛い料理を食べた後だったので、まずは生ビールを注文。
先輩はウーロン茶を注文しましたが、写真を撮り忘れました(汗)。


お通し
2009_0624画像0106
汁気のないモツ煮込み(?)のようなお料理は味がしっかりしみていました。


特上けとばし  (980円)
2009_0624画像0108
熊本らしいメニューを頼まなきゃ!ということで、馬メニューを探索。
「けとばし」とは馬肉の意味だそうです。桜肉というのは知っていましたが、初めて知りました。

タマネギスライス、大葉、おろしショウガ、万能ネギの小口切り、白ゴマとたくさんの薬味があったので、いろいろと好みのものを馬刺しにくるんで、お醤油をつけていただきました。

2009_0624画像0109
けとばしは5切れしかなく、少々ボリューム不足なのは残念でしたが、甘みがあって程よくサシもあり、柔らかくてとても美味しかったです。


ボンチリ  (90円×3本)
2009_0624画像0111
焼き鳥の中でも大好きなこちらの部位を注文。
脂がかなりのっていて滴り落ちそうな感じで、ぷるぷるの食感です。
味付けは塩味で、先輩が食べた串はじゃりじゃりするほど塩がかけられていたそうで、ちょっとびっくりしていました(笑)。


麦焼酎 とっぺん
2009_0624画像0112

喉が渇いていたのであっという間に生ビールを飲み干し、サービスという麦焼酎のボトルをお願いし、水割りでいただきました。先輩、飲めないのに頭数になって下さってありがとうございます!

2009_0624画像0113
「美少年」という日本酒で有名な熊本県の蔵元で作られた麦焼酎だそうです。
私は初めていただきましたが、麦焼酎らしくとてもさっぱりとした癖のない口当たりで飲みやすく、水割りだとどんどん飲めちゃいました。

先輩は、ウーロン茶を2杯飲んだ後、炭酸を飲みたいとのことで、コーラを注文。
地酒や焼酎はかなりの種類がありましたが、ソフトドリンクのメニューはやや少なめです。


ばくだんコロッケ  (520円)
2009_0624画像0114
こういうメニュー名があると、面白そうで、ついつい注文してしまいます(笑)。
おそらく揚げたお蕎麦だと思いますが、導火線がついていて、なかなかユーモラスな外見です。
サイズもかなり大きめです。

2009_0624画像0115
コロッケを割ってみると、潰したジャガイモがぎっしり。
底に敷かれたホワイトクリームと周りにたっぷりとかかっているソースをつけて食べました。


一文字のぐるぐる  (380円)
2009_0624画像0117
この印象的なメニュー名、熊本料理としてよく聞いていましたが、いったいどんなものなのか不勉強で知らないままでした。
出てきたお料理は、野菜を細くぐるぐると巻き付けて、小さくまとめられています。
添えられていた酢味噌で食べてみると、それ程癖がなく、ほんのり青みを感じました。
先輩は「のびるのような味がする。」と言っていて、ちょうど店員さんが来た時に聞いてみましたが、「小ネギ」とのこと。ワケギですね。それ程ネギっぽい風味は感じなかったので、先輩は正体がわかったあとでも、「のびるが近いと思う。」と言い続けていました(笑)。


ナンコツの唐揚げ  (480円)
2009_0624画像0118
やや衣が厚めで、いくつかの軟骨をあわせて一つになっています。
下味がしっかりついていて、歯応えがよかったです。


名物つくね(玉子付)  (420円)
2009_0624画像0120
焼き鳥メニューがいろいろありますが、その中で、名物というつくねを注文。
とても大きなつくねが出てきてビックリ。

2009_0624画像0122
プリプリの玉子の黄身もついていました。
甘辛いタレと玉子の黄身をからめていただいたつくねは美味しかったです。


肥後ばっ天特製 もつ鍋  (1人前1,200円×2人前=2,400円)
2009_0624画像0141
この日のメイン(?)として、もつ鍋を2人前注文。
卓上コンロと共に、大きめのお鍋に山と材料が積まれたもつ鍋が登場。

2009_0624画像0140
お鍋の中には、たっぷりのキャベツ、お豆腐、ニラ、もつなどが入っていました。

2009_0624画像0143
おかみさんがお鍋をコンロにセットしようとしたら、うず高く積まれたモツなどが崩れ落ちかけ、慌てて手で押さえちゃいました(笑)。


馬串 (2串)  (300円)
2009_0624画像0144
馬肉大好きだったので、こちらを追加注文。
馬刺しと同じく、ボリュームはなく、2本あるとは言え、こぢんまりとした串にはちょっぴり残念でしたが、小さな馬肉を噛み締めると甘みと共に旨みがあり、すっごくおいしかったです。もっと食べたかった~。こちらも、先輩が食べた方には塩がしっかりかかっていたそうです。
私はお酒を飲んでいたのと、もともと塩味に強いから気にならなかっただけなのかな?

2009_0624画像0146
溢れんばかりのボリュームのもつ鍋、いったいどうなっちゃうんだろうと心配でしたが、じっくりと煮ていくと、どんどん嵩が減り、だいぶ良い感じになりました。

2009_0624画像0148
スープはさっぱりとした醤油味なので、どんどん食べ進められます。
モツは少し歯応えのあるタイプでした。


ご飯セット (200円×2人前=400円)
2009_0624画像0149
お鍋のしめにはご飯かラーメンを追加注文できます。私たちはご飯をチョイス。

2009_0624画像0150
おなかが一杯だったので、ご飯セットは1人前とお願いしたつもりでしたが、どうみても二人前のボリュームが出てきちゃいました。

2009_0624画像0151
お鍋にご飯を投入!

2009_0624画像0152
さらに卵も加え、良い感じになりました。

2009_0624画像0153
もつ鍋スープの美味しさを吸い込んだご飯はとっても美味しい!
おなか一杯でとにかく苦しかったですが、どうにか完食。


この日はお会計が合計で10,110円だったので、一人3,500円もかかりませんでした。
お酒にお金をほとんどかけず、ほぼお料理だけだとこんなにお安くてビックリ。
偶然入ったお店でしたが、郷土料理のメニューが面白くて楽しかったです。
もっといろいろな郷土料理のメニューにチャレンジしたかったですが、一つ一つのボリュームが多かったのでメニューをあまり試せずに残念でした。


夜のメニューです↓
2009_0624画像0123

2009_0624画像0124

2009_0624画像0126

2009_0624画像0127

2009_0624画像0128

2009_0624画像0129

2009_0624画像0130

2009_0624画像0131

2009_0624画像0132

2009_0624画像0133

2009_0624画像0134

2009_0624画像0135

2009_0624画像0136

2009_0624画像0137

2009_0624画像0138

2009_0624画像0139


2009年6月20日訪問時お店DATA
***************************
肥後 ばっ天 (ばってん)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8-8 佐伯千成ビル2階
電話 03-3355-0826
FAX 03-3355-1558
営業時間
[月~金] 17:00~24:00(L.O.23:00) 
[土日祝] 17:00~23:00(L.O.22:00) 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/10/06 09:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(3) |
麺匠 克味  @曙橋
2009_0624画像0043
2009年6月20日はキムチ教室だったので、教室が始まる前のランチに恒例の四谷三丁目ラーメン屋さん巡りをしようと思いましたが、めぼしいお店はだいたい訪問済み。

たまたま「市ヶ谷経済新聞」を見ていたら、4月6日にオープンし、話題を集めている「麺匠 克味(かつみ)」というラーメン屋さんが曙橋にあることを知り、少々遠いながらも、、「市ヶ谷」経済新聞に記事が掲載されているのだからマイブログ圏内だろうと決めつけ、行ってみることにしました(笑)。

2009_0624画像0040
電車代を節約したいのと、少しでもカロリーを減らすべく運動しようと思い、曙橋まで歩いて行くことにしましたが、そもそもどうやっていくのが一番近道なのかわからず、地図とにらめっこ。まずは市ヶ谷から靖国通り沿いに歩いて行くことにしました。

2009_0624画像0039
都営新宿線の曙橋駅には全く行ったことはありませんでしたが、不安を抱えつつも無事到着。
お店は駅からほど近く、ガソリンスタンドの奥にありましたが、無事に見つけました。

2009_0624画像0056
「克味」は新潟で4店舗を展開するラーメン店「なおじ」の姉妹店だそうです。

2009_0624画像0057
ベースは濃厚トンコツですが、味噌や辛みや煮干しなど、味わいはいろいろあります。

2009_0624画像0058
その中でも数量限定の超ド級濃厚スープがネット上でとても話題になっていました。

2009_0624画像0055
私が入店したときは8割ぐらいの客入りでしたが、その後どんどんお客さんがやってきて、帰る頃には数人並んでいました。
お店に入ってすぐ左側にある券売機で食券を購入します。

2009_0624画像0041
店内は、右手にカウンター、左手にテーブル席があり、私はカウンターの中央付近に着席。
カフェっぽい内装、、、とまではいきませんが新しくてオシャレなせいか、女性客も多く、私を含めて女性のお一人様が3人もいました。うち一人はビールを傾けつつのお食事で、うーむ、この後予定がなければぜひとも見習いたいものです(笑)。

2009_0624画像0042
卓上には辛つけ麺の食べ方が出ていました。
とっても美味しそうで、メニュー選択に悩む、、、。


1日30杯限定 超濃厚NEO-トンコツ玉子  (850円)
2009_0624画像0043
メニューにだいぶ迷いましたが、やはり当初の目的だったこちらを注文。
それ程待たずにラーメンが登場しました。
ラーメンの器はややこぢんまりとしています。

2009_0624画像0044
長ネギの緑の部分はたっぷりと中央部分に盛られていて、色がとっても鮮やか。

2009_0624画像0045
生タマネギのみじん切りは、麺やスープと一緒にいただくと、ピリッと辛みがあって、とてもいいアクセントになります。

2009_0624画像0047
とても大きくて立派な黒キクラゲは、そのものには味がなく、さっぱりとしていて、濃厚なスープに疲れたときに、いい口直しになりました。

2009_0624画像0046
玉子はまるまる一個、そのままスープの中に入っています。

2009_0624画像0051
中は少々かための半熟で、黄身はトロリとして甘かったです。

2009_0624画像0048
チャーシューは大きくてとても厚くカットされたものが1枚入っていました。

2009_0624画像0052
脂身の部分が口の中でとろけます。味付けは穏やかでした。

2009_0624画像0049
背脂たっぷりで、濃厚でな豚骨ですが、お魚の香りや味もかなりして、とっても美味しい~。
コッテリドロドロという噂どおり、半分固形化したようスープの粘度がかなり高いです。
久しぶりにガツンと来るスープの味に出会えました。
ドロドロスープというと、2007年11月2日に訪問した市ヶ谷の「麺処 くるり」を思い出しますが、「くるり」の初期の頃のスープよりもさらに粘度が高いです。

2009_0624画像0050
麺は中太麺で、スープの粘度が高くて、なかなか引っぱり出せません。
麺を食べて進めると、麺にスープが絡みつき、どんどん目減りしていくのがわかります(笑)。

2009_0624画像0053
真四角にカットされたメンマはなんだかオシャレ。

2009_0624画像0054
すごいカロリーだろうなあ、、、と思いつつも、麺に絡め取られて減ったスープも全て飲み干しちゃいました。濃厚なせいか、とてもおなかいっぱいになりました。


お店を出て妻家房へ行くために、地図を見ながら新坂という細い上り坂を歩いていたら、2007年12月1日に訪問した「北の大草原 四谷店」のところに出てきました。なるほど、こういう風に道がつながっていたのか~と納得。

久しぶりに衝撃的で個性的なラーメンに出会えて、とても美味しくうれしかったです。
ぜひ、他のメニューも食べてみたいです。


2009年6月20日訪問時お店DATA
*****************************
麺匠 克味 (かつみ)
〒162-0065 
東京都新宿区住吉町8-10 ライオンズマンション市ヶ谷1F
TEL 03-3351-0288 
営業時間 *スープ切れ終了 
[月~土] 11:00~22:00 
[日祝日] 11:00~21:30 
定休日 なし
都営新宿線曙橋駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/02 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(9) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @市ヶ谷/麹町
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

2012年4月5日追記

2012年3月29日、久しぶりに「俵屋」に出前を頼んだら、配達をやめたと言われました。
最後にお願いしたのは2011年8月26日だったので、約7ヶ月の間のいつかに終わっていたようです。
あまり頻繁に利用してはいませんでしたが、スピーディに配達してくれる数少ない貴重なお店だっただけに残念です。

***************************************

2009_0624画像0019
2009年6月19日は午後1時から来客を予定していたので、早めにお昼の準備をしなきゃと思い、12時前に上司に「お昼は何にしますか?」と尋ねたところ、「何だか、カレーやカツ丼ばっかり食べているなぁ。うーん、、、冷やし中華!」とのお言葉。
「冷やし中華も何度も食べているじゃん。」と心の中で思いました(笑)が、「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」に出前をお願いしました。
前回お願いしたのは2009年6月10日だったので、約10日ぶりです。

外2

「俵屋」は、出前だけでなく、実際の店舗でも食事をすることが出来ます。
お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から、日本テレビ通りを半蔵門方面に向かってしばらく進み、コンビニのampmの一つ先にある、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルの中にあります。

2009_0424画像0079
こちらのビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には、2008年3月7日に訪問した「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」
2階には、2007年6月4日にランチを、2008年の3月3日にお弁当2008年12月13日にディナーをいただいた、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」と、
2009年4月22日に訪問した「Yakiniku Y-Style (やきにく わいすたいる)」
地下1階には、2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 (やまちょう) 麹町店」
が入っています。

外1

こちらのお店は配達がかなり早いので、とても重宝しています。

2009_0624画像0018
まずお料理のお皿全体にラップをかけ、その上に割り箸やスプーンを置き、動かないように下三分の二ぐらいのところをもう1回ラップします。出来上がりは、まるでお皿の上にお箸やスプーンが浮いているように見えます。お皿を持ち歩いても、お料理の中身がこぼれないだけでなく、お箸もスプーンもビクともしません。この厳重なラッピングは、食べるときにはがすのが結構大変で、「おなかすいた~、でも、取れない~。」とジリジリしちゃうこともしばしば(笑)。

2009_0220画像0097
こちらは俵屋のオリジナルの割り箸です。
最近はマイ箸を使うことが多いので、忘れない限りはいただかないようにしています。

11時50分に電話したところ、12時過ぎに持ってきて下さいました。
いつも早く持ってきて下さっていますが、この日は特に早くてビックリ!


マーボメン  (840円)
2009_0624画像0019
このところ麺がのびないようにと、つけ麺や冷やし中華などを食べていましたが、ちょっと違うものが食べたいな~と思い、マーボメンを注文。

2009_0624画像0020
真っ赤なスープには油が浮かび、口当たりがかなりオイリーでした。
ラー油(?)の辛みが結構きいていますが、スープそのものは案外サッパリとしています。

2009_0624画像0023
お豆腐はたっぷりと入っていて、食べようと思ったら、レンゲが無いことに気付きました。
事務所には食事用のスプーンはなく、コーヒースプーンと何かのデザートでついてきた先割れスプーンだけだったので、マーボを食べるのにはかなり苦戦(汗)。

2009_0624画像0024
麺はやや太めで、ボリュームは普通です。

2009_0624画像0025
スープを少しずつ飲んでいたら、器の縁に店名の「俵屋」の文字が出てきました。


サッパリ塩味 上海焼きそば  (790円)
2009_0624画像0021
先輩はこちらのメニューを注文。

2009_0624画像0022
メニュー名ほどはサッパリとはしていなくて、ややオイリーなお料理だったそうです(笑)。


配達員さんがお皿を下げに来て下さったとき、「レンゲがなかったんですけど。」と報告したら、「レンゲはなくなっちゃうので、つけなくなったんですよ。」とのこと。
最近のびてしまうのが嫌で汁そば系メニューをあまり頼んでいませんでしたが、少なくとも去年ぐらいまではついていたはず。
先輩の記憶では、その時ついていたレンゲは陶器製ではなく、とても軽くて小さいプラスチック製で、てっきり使い捨てかと思って処分してしまったら、器の返却のときに「レンゲがないです。」と言われ、慌ててゴミ箱から拾い出したということもあったそうです(汗)。
ともあれ、お豆腐たっぷりのマーボメンはお箸だけで食べるのはかなり大変でした。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

【 らーめん 】
  絶品 たんめん 野菜たっぷり  (2008年3月7日
  大辛・中辛が選べる担々麺・大辛  (2008年8月27日
  カレーラーメン  (2009年4月24日
  サッパリ塩味 上海焼きそば  (2009年3月10日
  バリバリ カタヤキソバ  (2008年5月8日
  チャーシューつけめん  (2009年6月10日
  ジャージャーめん  (2009年2月16日
  マーボメン (2009年6月19日
  冷し中華  (2008年10月2日
  黒酢冷し中華  (2009年5月20日
  大辛冷し中華  (2008年8月4日

【 ご飯もの 】
  マーチャン丼 麻婆かけチャーハン  (2008年3月24日
  中華丼  (2008年7月1日
  カレーのせチャーハン丼  (2009年3月19日

【 セットメニュー 】
  つけ麺セット ニラレバセット  (2008年12月4日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


新しくなったメニューです↓ 配達は2個以上からです。
2008_1205画像0098

2008_1205画像0101

2008_1205画像0103

2008_1205画像0099

2008_1205画像0100

ここからは午後5時以降のメニューになります↓
2008_1205画像0105

2008_1205画像0106

2008_1205画像0104


2009年6月19日配達時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX  03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
配達時間
[平日] 11:00~21:30 (16:00~17:00は休憩時間)
[土曜] 11:00~15:00
[日祝] 11:00~20:00 (16:00~17:00は休憩時間)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2009/10/01 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(5) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる