RESTAURANT BAMBI 四谷店  @四谷
2009_1002画像0009
2009年9月28日は、一週間の始まりの月曜日。
上司は出張、先輩はお休みだったので、久々の一人ランチになりました。
前日の日曜日の夜、地元に出来た新しいラーメン屋さんに行ってみたら月曜日定休のはずがなぜかやっていなくて、ガッカリ(泣)。ラーメンを食べたい気分をずっと引きずっていたので、2008年10月22日に訪問し、現在は近くに店舗が移転した「つけめん道場」に行ってみることにしました。
しかし、ついていない流れは月曜日になっても変わらないようで、ビルの前に行ってみましたが、「つけめん道場」の看板が出ていない。。。。
定休日? 理由はわかりませんが、とにかく、食べられなくて残念!

2009_1002画像0014
せっかくしんみち通りまで来たので、これまでずっと宿題店だった「RESTAURANT BAMBI(バンビ) 四谷店」に入ってみることにしました。
前職はお茶の水勤務だったのでお茶の水店に行ったことはありますが、こちらは初めてです。
1970年設立ということは、もう40年になるんですね~。

2009_1002画像0018
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、少し行った先の左手にあります。
同じ津嶋ビルの2階には2009年5月29日に訪問した「唄えるスナック 雨やどり」が入っています。

角地なので入口は二つありますが、食券を買うにはしんみち通り側から入店した方が便利です。

2009_1002画像0015
全品手作り自家製こだわりメニューは全部で12種類あり、680円から1,000円とお安いです。
ランチタイムだけでなく営業時間中はすべて同じ料金で同じお料理が食べられます。
お酒やおつまみもありました。

2009_1002画像0016
メニューをあまりちゃんと見ていなかったので、食事後にお店の周りの写真を撮っている時にサーロインビーフステーキが980円で食べられることに気付きました。残念!

2009_1002画像0017
しんみち通り側にある入口から入店し、すぐ右手にある券売機で食券を購入します。
メニューは色々あって迷いましたが、ぱっと目に飛び込んできたこちらを注文。
この記事を書きながら気付いたのですが、ご飯ではなくパンという選択肢もありました。

2009_1002画像0002
12時ちょっと過ぎに入店したところ、お店は6割程の人の入りでした。
オープンキッチンをぐるりと取り囲むようにカウンター席があり、お店の方に案内されて奥の方に席に着きました。

2009_1002画像0013
通りに面した壁は大きなガラスなので、通りがよく眺められ、明るいです。
安くてボリュームのあるお肉メニューのお店なので、若い男性陣が多いのかな~と思っていましたが、確かに女性は私一人だったものの、意外に年配の男性も多かったです。

2009_1002画像0004
お店の外観とは裏腹に、イスが大胆なゼブラ模様なのにはビックリ。

2009_1002画像0005
オープンキッチンなので、厨房が全て見渡せます。
シェフたちがテキパキとお料理を作っているのを見ているのはとても楽しく、お料理が出るまでの時間があまり気になりません。

2009_1002画像0001
着席する時、お水とスープが一緒に出てきました。

2009_1002画像0003
白いカップに入ったコンソメスープは適度にコクがありました。

2009_1002画像0006
お料理に先立ち、ご飯が先に出てきます。
ご飯は少なめでお願いしました。


和牛ハンバーグ鉄板焼 ビーフストロガノフ ご飯少なめ (880円)
2009_1002画像0007
しばし待って、お料理が登場!
これで全部のお皿が揃いました。

2009_1002画像0008
ジュージューと美味しそうな音をさせた鉄板には、大きなハンバーグがをのせられ、温野菜などが添えられています。
少し鉄板の位置が遠かったので引き寄せようとしたら、かなり重かったです。

2009_1002画像0009
ハンバーグは思っていたよりも大きくて、厚みがあり、上からたっぷりとビーフストロガノフがかけられていました。
ビーフストロガノフはさっぱりとした口あたりで美味しかったです。

2009_1002画像0010
ハンバーグには皮付きフライドポテト、ニンジン、トウモロコシの3種類の温野菜が添えられています。
トウモロコシが甘いのは当然ですが、ニンジンも甘かった個人的には辛かったです(汗)。

2009_1002画像0011
食べ始めてから気付いたのですが、ハンバーグの上には豚肉らしきお肉ものせてありました。こちらは少々固めで、ナイフで切るのが大変でした。

2009_1002画像0012
ハンバーグは柔らかく、ボリュームたっぷりで美味しい。
熱々なので、猫舌の私は火傷をしないように慎重にいただきました(笑)。


ご飯少なめでしたが、それでもかなりおなかいっぱいになりました。CPは抜群です。
ほかにもメニューがたくさんあるので、また別の機会に食べてみたいです。
ブログを始めて2年半、しんみち通りのランチについて、完全制覇に近付いています。
がんばるぞ~!!


2009年9月28日訪問時お店DATA
*******************************
RESTAURANT BAMBI 四谷店  (ばんび)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 津嶋ビル1階
電話 03-3355-4658
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/29 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
鮨 後楽  @四谷
2009_0927画像0015
2009年9月25日、お昼の時間になったので、上司に「お昼どうしますか?」と尋ねたところ、午後から外出予定の上司が「ついでに外に食べに行くか」と誘って下さいました。とっても嬉しかったのですが、出かける時間には少し早かったので、12時半過ぎまで仕事を続けることになり、おなかが結構減っちゃいました(笑)。

どこのお店に行くのかわからないまま、上司について歩いていたところ、JR四ッ谷駅を越えて三栄通りへ渡る信号まで来ましたが、上司はふと、「そうだ、寿司がいいなあ。」とつぶやき、方向転換(汗)。
とても久しぶりに上司のお気に入りのお寿司屋さん「鮨 後楽(こうらく)」へ行くことになりました。

前回ランチ訪問したのは2009年1月23日だったので、約8ヶ月ぶりです。

ビル入口

JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て正面の信号を渡り、新宿通りの左側を半蔵門方面に向かって歩き、「カフェドクリエ」のある最初の角を左に曲がります。
角を曲がってすぐ次のビルがこの写真のビルになりますが、ぱっと見ただけだと入り口には看板などが全く出ていないので、とても飲食店が入っているようには見えません。

看板

よく見ると、入口の右側に、ひっそりと、しかもあまり目立たない黒の看板が出ています。

2009_0927画像0017
久しぶりにやってきた長尾ビルは改装工事中で、フロアマップの看板が新しくなり、位置も変わりました。白っぽい壁になり、以前よりも明るい雰囲気です。

2009_0927画像0018
「後楽」は地下一階です。
右手にエレベーターと細い階段があるので、どちらかを使って地下へ。

のれん

小さなお店の入り口にかかっている暖簾はとても短いです。

2009_0123画像0114
店内は意外に広く、入ってすぐ左手にカウンター、右手に個室があります。

カウンター

奥はこあがりになっていて、右にカウンター、左に個室があります。
こちらの写真が奥のカウンターです。
夜の営業ではこのカウンターの一番奥で大将が握ってくれます。

お座敷

こちらは奥の個室です。ふすまで仕切られていて、6人入れます。

2009_0123画像0115
写真では一部しか写っていませんが、具材をズラリと並べ、二人の料理人さんがせっせとちらし寿司を作っています。次から次へと注文が入るので、手を止める暇が全くありません。
カウンターからはちらし寿司を作る様子がとてもよく見えて、とても楽しいです。
ただ、業務用のサランラップやクッキングペーパーもどーんと並んじゃっています(笑)。

2009_0927画像0011
もう1時近かったですが、店内はまだかなり埋まっていて、相変わらずの人気です。
ちょうど入口すぐ左手にあるカウンターが空いていたので、一列に並んで座りました。


ちらし寿司  (1,000円)
2009_0927画像0012
お品書きはなく、メニューはちらし寿司だけです。
お味噌汁もついています。

2009_0927画像0013
お味噌汁はアサリのお味噌汁でした。
さっぱりとしたダシで、ネギもたっぷり入っていて美味しかったです。

2009_0927画像0015
色鮮やかで豪華なちらし寿司は、見ているだけでうっとりしちゃいます。
白身、マグロ、エビ、イクラ、白魚のとびこ和え、キュウリ、ガリ、お新香などなど、数え切れないほどの具材が入っています。
程よい酢飯に美味しいお刺身を一緒に頬ばると、美味しくってとてもシアワセです。

この日はとにかくマグロやネギトロなどなどお魚がたっぷりとのっていて、カマボコなどはお刺身の下に埋もれていて、食べ進めてからようやく顔をのぞかせました。
途中でご飯を足りなく感じ、お新香を持て余してしまったぐらいです。

2009_0927画像0016
写真が赤くなってしまい、すみません(汗)。
こちらのランチには長く通っていますが、ネギトロが入っているのを初めて見ました。
口の中で美味しい脂がとろけます。


もう何年もこのお店のランチをいただいていますが、お魚が少なめで、お魚以外のものでご飯を覆っていたような時もありました。なぜこの日はこんなにもボリュームたっぷりだったのか、たまたまなのか、昨日の夜の残りが多かった(笑)からなのか、金曜日だからなのか、理由は全くわかりませんが、次回来る時もぜひともまたこの日のようなちらし寿司にあたりたいです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問記録はこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

ランチ訪問
  1回目  2007年5月23日
  2回目  2007年6月28日
  3回目  2009年1月23日
  4回目  2009年9月25日

ディナー訪問
  1回目  2007年9月12日
  2回目  2008年3月14日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年9月25日訪問時お店DATA
****************************
鮨 後楽 (こうらく)
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-6-1 長尾ビル地下1階
TEL 03-3261-6573
営業時間 通し営業ではない、、、と思います。
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/28 09:00】 | | トラックバック(0) | コメント(4) |
【撤退】 BERO KITCHEN  @市ヶ谷/麹町
2012年10月26日追記

警察の取り締まりが厳しくなった後も、場所を変え、メニューも変えてたまに販売に来てくれていた「ベロキッチン」でしたが、次第に見かけなくなり、2011年2月17日のランチが最後になりました。
店主さんは世田谷区深沢で「洋食シカタ」というお店を出しているので、いつか食べに行きたいです。

**************************************

2009_0927画像0002
2009年9月24日はシルバーウィーク明けの木曜日。
5日前にどんな仕事をしているかよく覚えておらず(汗)、手探り状態で仕事を始めました。
この日は木曜日だったので、「BERO KITCHEN(ベロキッチン)」のスパゲッティが食べたいと思った先輩は、上司に「お昼ご飯はお弁当買ってきましょうか?」と先制パンチ。何を買ってくるかもわからない上司は「うん、じゃあ、お願い。」と答え、まんまと成功です(笑)。

前回こちらのお弁当を買ったのは2009年5月28日だったので、約4ヶ月ぶりです。

車

移動販売のワゴン車が止まる場所は、日本大学大学院前です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、最初の交差点を右に曲がります。
「五番町 祭り屋 ステーキハウス」「鳥珍 市ヶ谷店」を越えたもう少し先です。
日本大学大学院を越えてさらに進むと「京旬菜 塁菜 Rui-Sai」があります。

この場所には、ほぼ日替わりで移動販売の車がやってきます。
月曜日 泉州屋台Ricky LoLo
火曜日 名称不明のエスニック系移動販売
水曜日 サファリカレー
木曜日 BERO KITCHEN
金曜日 サファリカレー

2009_0220画像0137
メニューはいつもと同じ、ミートソースのスパゲッティとオムライスの2種類でした。

2009_0220画像0138
メニューの看板は新しく作り替えているのですが、写真がないので古いままです(汗)。

2009_0220画像0139
人気メニューだからか、最近はほぼこの2種類に固定されています。

移動販売の車はかなり年季が入っていて、以前、お料理の出来上がりを待っていたら、車の中が見えないようになっている下の目隠しの板が、突然地面に落下したことがありますので、買いに行く方は気をつけて下さい(笑)。

2009_0220画像0140
メニューは2種類で、ミートソースにはプラス50円でふわふわ卵をトッピングできます。
数量限定でサービスサラダがあり、大盛りは100円増しになります。

12時ちょっと過ぎに出かけたはずの先輩でしたが、帰ってきたのは12時半近くとかなり遅かったです。なんでも、お店には既に長い行列が出来ていて、オムレツは売り切れ、スパゲッティは先輩で売り切れだったとのこと。危なかった~。

2009_0927画像0001
こちらのお店のスパゲッティが大好きなので、大盛りでお願いしていましたが、結局、三人とも大盛りでした(笑)。


ミートソース(600円)+大盛り(100円)=700円
2009_0927画像0003
大盛りのミートソースは、スパゲッティの量が多いだけでなく、ミートソースのボリュームも増えているので、容器のふちまでソースが覆っていて、下にある麺がほとんど見えません。

2009_0927画像0004
サービスサラダのコールスローはさっぱりとしていて、とてもいい口直しになります。
容器にぎゅーっと詰められていて、ボリュームもたっぷり。

2009_0927画像0005
パスタの注文をすると、仕上げの段階で「チーズとタバスコどうしますか?」と聞かれるので、もちろん、両方ともお願いします。
チーズはたっぷり。
たっぷりのミートソースは深い旨みがあって、相変わらずの美味しさ。

2009_0927画像0006
麺が硬めに茹でてあるのと、大盛りで麺の量がとても多いせいで、ほぐすのが少々大変です。

2009_0927画像0009
美味しいソースが麺全体に行き渡って、スパゲッティがオレンジ色に染まったら食べ頃です。
スパゲッティのツルンとしたのど越しが気持ちよく、とにかくボリュームたっぷりで、食べても食べてもなかなか麺が減りません。


ボリュームたっぷりの大盛りおかげで、午後遅くまでおなかが全く減りませんでした。
メニューとしての目新しさはほとんどありませんが、このお店のスパゲッティは時々無性に食べたくなります。相変わらずの美味しさで大満足でした。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 ◎ ふわふわ卵のせナポリタン (2007年9月20日
 ◎ ミートソース[大盛り] (2009年9月24日) 
 ◎ ふわふわ卵のせミートソース (2007年9月27日同年11月1日2008年4月3日
 ◎ ふわふわ卵のせミートソース・大盛り (2009年2月9日2009年5月28日) 
 ◎ オムライス (2007年10月11日同年12月13日2008年1月31日
 ◎ ハンバーグステーキ (2006年11月15日
 ◎ チキンカレー (2008年1月17日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2009年9月24日購入時お店DATA
*******************************
BERO KITCHEN  (ベロ キッチン)
場 所 日本大学大学院前
営業日 木曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/27 09:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(1) |
長崎 出島厨房 四谷店  @四谷
2009_0917画像0001
2009年9月18日の金曜日、上司は出張していて不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
せっかくの金曜日、何か美味しいものを食べたくて、朝食抜きでおなかを空かせた先輩のチョイスで「長崎 出島厨房(でじまちゅうぼう)」へ行きました。
前回訪問したのは2008年11月4日だったので、10ヶ月ぶり、3回目になります。
姉妹店として神楽坂に「すし処 長崎 出島」があるそうです。

2008_1107画像0053
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に向かって進み、最初の角を左に曲がり、すぐのところにある次の角を右に曲がります。道幅は細く、長さもそれ程でもないこちらの道には、くすのき通りという名前が付いていて、こんな立派な標識も立っていました。

屋外

くすのき通りの奥の方の左側に「出島厨房」があります。
とても雰囲気のいい木製デッキのテラス席があるので、一度ここでお食事してみたいです。

看板

くすのき通りには店名が書かれた小さな看板や、、、

2008_1107画像0052
営業日、営業時間、メニューなどが書かれた看板が出ています。

入口

扉に向かう道は広々としていて、贅沢でゆったりとしたエントランスです。

2008_1107画像0013
エントランスの右手にメニューが置いてあります。
左側が定番メニューで、右側がシェフ特選の期間限定ランチメニューです。
こちらは以前来た時の写真です。

2008_1107画像0045
入口の扉を通って左手に進むと、ちょっとした広い空間が広がり、テーブル席が並んでいます。
内装はシンプルで天井が高いので、とても広々と感じます。

2008_1107画像0044
壁には大きな鏡が設置され、その上に火縄銃(?)が飾られています。

これまでは満席で入れないこともあったのに、この日は6割ぐらいしか席が埋まっていませんでした。
「ながい」と同じく、予算が1,000円を超えるお店はこの不景気で来客が減ったのか、シルバーウィークに備えてお客さんの財布のヒモがきついのでしょうか。

2008_1107画像0048
お店の奥にあるカウンターの横には、夜のお魚のオススメメニューが出ています。
こちらも以前来た時の写真で、その季節季節で違うお魚の名前が書かれています。

2009_0917画像0014
中央奥の部分に二人が向かい合う席がずらっと隙間なく並べられていて、店員さんからその列に奥から詰めて座るよう促されました。
四人席テーブルに二人が座ってしまうのが嫌というのはわかりますが、5列並んでいる二人席ならば、席間はそれ程広くはないので、わざわざ場所を指定せずに好きな場所に着席させて欲しかったな~と思います。
その日は結局3組しか入らなかったので、奥に3列並んでいました。

温かいほうじ茶は、しっかりと香ばしい香りがして美味しかったです。

2009_0917画像0003
テーブル席の下には荷物を置く少し大きめなカゴがおいてあるので便利です。
卓上には大きなカラー印刷のマットのようなものが置かれています。

2009_0917画像0010
長崎県への知識を深めるこの卓上マットも時期によって違います。
この日のお題は「長崎県の日本一・世界一 水産業編3」でした。

2009_0917画像0009
お料理を待つ間、豆知識を読むのは楽しいです。

2008_1107画像0019
卓上には長崎のお塩、お醤油、このお店の料理長監修の塩ポン酢が置いてあります。

2008_1107画像0020
定番メニューは基本的に6種類あり、1,000円から1,380円とお高めの設定です。

2008_1107画像0021
ランチドリンクやランチデザートも郷土色豊かで、興味津々。

2009_0917画像0002
定番メニューのほか、期間限定(?)のシェフ特選のランチメニューが1種類あります。

2009_0917画像0005
シェフ特選のランチメニューは時期によっていろいろ変わるようです。


五色海鮮炙り丼 (1,100円)
2009_0917画像0004
日替わりと焼き魚定食にはあまり惹かれなかったので、シェフ特選のランチメニューを選択。
それ程待たずに、お料理が登場しました。

2009_0917画像0007
お味噌汁には豆腐、ワカメ、トロロ(?)が入っていて、薄味ですが、少し甘みのあるダシがきいていて美味しかったです。

2009_0917画像0008
お新香は、タクアン、甘酢漬けの大根、辛子高菜の3種類の盛り合わせで、色合いがとても鮮やか。

2009_0917画像0011
小鉢はキュウリとワカメの酢の物でした。

2009_0917画像0012
サラダにはレタス、水菜、赤・黄パプリカ、紫タマネギ、海草などがたっぷりと盛られ、しっかり味のドレッシングがかかっていました。

2009_0917画像0013
銀色のお皿に盛られた海鮮丼はとってもキレイ。
長崎のお醤油を小皿に出して、少しずつつけていただきます。

2009_0917画像0015
メニューによれば、丁寧に焼き上げた錦糸卵の上に、新鮮なトラウトサーモン、〆鯖、蛸、鰺を軽く炙って旨みをぎゅっと凝縮させてトッピングし、イクラを添えたという一品です。
トッピングされた大根おろしとイクラは、お刺身にのせたり、ご飯に直接のせて食べたりしました。

2009_0917画像0016
薄いカットですが、サーモンは甘みを感じました。
お魚の一切れ一切れは結構薄めです。

2009_0917画像0017
鰺です。
ご飯は酢飯ではなかったと思います。それほど量も多くありません。

2009_0917画像0018
蛸です。
お魚はどれも新鮮でツヤツヤと光っていて、炙っているのでほんのり香ばしさを感じました。

2009_0917画像0019
〆鯖です。
お皿の内側に小さなくぼみがあり、最後に残ったご飯粒をとるのが少々面倒でした(汗)。


こちらのお店はお値段がお高めですがとても美味しくてボリュームたっぷりなのが気に入っていましたが、五色海鮮炙り丼はお刺身は新鮮で美味しかったものの、ちょっとボリューム的に残念でした。
隣の方が食べていた日替わり天ぷらの量がすごくて、羨ましかったです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[定番メニュー]
出島ランチ (2007年9月11日
うどんセット・椿(手延そうめん) (2008年11月4日

[シェフ特選のランチメニュー]
五色海鮮炙り丼 (2009年9月18日

[デザート]
和酒ていら (2008年11月4日
シーソルトアイス (2008年11月4日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年9月18日訪問時お店データ
********************************
長崎 出島厨房 四谷店 (でじまちゅうぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-10-2 長崎県東京産業支援センター1階
TEL 03-5366-0536
FAX 03-5366-0537
営業時間 
[平日] 11:30~14:00 17:00~24:00
[土]  17:00~22:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/26 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @麹町/市ヶ谷
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

2012年4月5日追記

2012年3月29日、久しぶりに「俵屋」に出前を頼んだら、配達をやめたと言われました。
最後にお願いしたのは2011年8月26日だったので、約7ヶ月の間のいつかに終わっていたようです。
あまり頻繁に利用してはいませんでしたが、スピーディに配達してくれる数少ない貴重なお店だっただけに残念です。

***************************************

2009_0917画像0103
2009年9月16日、お昼になったので上司にランチをどうするか聞いたところ、気温が上がっている日だったせいか、久しぶりに「冷やし中華。」との回答。
早速、「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」に出前をお願いしました。
前回配達をお願いしたのは2009年7月14日だったので、約2ヶ月ぶりです。

外2

「俵屋」は、出前だけでなく、実際の店舗でも食事をすることが出来ます。
お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から、日本テレビ通りを半蔵門方面に向かってしばらく進み、コンビニのampmの一つ先にある、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルの中にあります。

2009_0424画像0079
こちらのビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には、2008年3月7日に訪問した「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」
2階には、2007年6月4日にランチを、2008年の3月3日にお弁当2008年12月13日にディナーをいただいた、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」と、
2009年4月22日に訪問した「Yakiniku Y-Style (やきにく わいすたいる)」
地下1階には、2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 (やまちょう) 麹町店」
が入っています。

外1

こちらのお店は配達がかなり早いので、とても重宝しています。

2009_0917画像0102
この日はお料理のお皿と割り箸がばらばらで届きましたが、こちらのお店では割り箸とスプーンをとても特徴的なセッティングをしています。
まずお料理のお皿全体にラップをかけ、その上に割り箸やスプーンを置き、動かないように下三分の二ぐらいのところをもう1回ラップします。出来上がりは、まるでお皿の上にお箸やスプーンが浮いているように見えます。お皿を持ち歩いても、お料理の中身がこぼれないだけでなく、お箸もスプーンもビクともしません。この厳重なラッピングは、食べるときにはがすのが結構大変で、「おなかすいた~、でも、取れない~。」とジリジリしちゃうこともしばしば(笑)。

2009_0220画像0097
こちらは俵屋のオリジナルの割り箸です。
最近はマイ箸を使うことが多いので、忘れない限りはいただかないようにしています。

12時5分ぐらいに電話したところ、15分もかからずにお料理が到着し、相変わらずの早さにビックリです。
いつも早く配達してくださり、大変助かります。


ワンタンめん (790円)
2009_0917画像0105
のびないように、冷たい麺を注文したかったのですが、どのメニューを以前食べたのかすぐにはわからなかったので、絶対食べたことがないはずのワンタンめんを注文してみました。

2009_0917画像0106
わんたんはたっぷりと入っていました。

2009_0917画像0107
他には、メンマ、ワカメ、ナルト、青菜、チャーシューが入っていて、なかなか具だくさんでした。

2009_0917画像0108
スープは醤油のすっきりとした味わいで、程よくコクがあり、なかなか美味しいです。
飲みやすかったので、最後に全部飲み干しちゃいました。

2009_0917画像0109
麺はさすがに軟らかくてのびていました。

2009_0917画像0110
ワンタンはお肉の味もしますが、なんとなくざらざらした粉っぽい(?)食感がありました。
皮もあまりつるつるしていなくて残念。


マーボメン (840円)
2009_0917画像0104
先輩は、麺がのびていても比較的美味しくいただけるこちらのメニューを選択。


ワンタンめんというものを本当に久々に食べましたが、具だくさんなのが良かったです。
「俵屋」さんのメニュー、ブログで食べたことがあるメニューが重ならないよう、どれを食べたことがあるのかすぐにわかるようにどこかにメモをしておかなきゃと思いました(笑)。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

【 らーめん 】
  絶品 たんめん 野菜たっぷり  (2008年3月7日
  大辛・中辛が選べる担々麺・大辛  (2008年8月27日
  ワンタンめん  (2009年9月17日
  カレーラーメン  (2009年4月24日
  旨い うま煮そば  (2009年7月14日
  好評 ソース焼きそば  (2009年6月30日
  サッパリ塩味 上海焼きそば  (2009年3月10日
  バリバリ カタヤキソバ  (2008年5月8日
  チャーシューつけめん  (2009年6月10日
  味噌つけめん  (2009年6月25日
  ジャージャーめん  (2009年2月16日
  マーボメン (2009年6月19日
  冷し中華  (2008年10月2日
  黒酢冷し中華  (2009年5月20日
  大辛冷し中華  (2008年8月4日

【 ご飯もの 】
  マーチャン丼 麻婆かけチャーハン  (2008年3月24日
  中華丼  (2008年7月1日
  カレーのせチャーハン丼  (2009年3月19日

【 セットメニュー 】
  つけ麺セット ニラレバセット  (2008年12月4日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


新しくなったメニューです↓ 配達は2個以上からです。
2008_1205画像0098

2008_1205画像0101

2008_1205画像0103

2008_1205画像0099

2008_1205画像0100


ここからは午後5時以降のメニューになります↓
2008_1205画像0105

2008_1205画像0106

2008_1205画像0104


2009年9月16日配達時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX  03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
配達時間
[平日] 11:00~21:30 (16:00~17:00は休憩時間)
[土曜] 11:00~15:00
[日祝] 11:00~20:00 (16:00~17:00は休憩時間)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/25 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
四ッ谷 胡桃屋  @四谷
2009_0917画像0087
上司が外出中だったので、2009年9月16日のランチは、9月14日に訪問した「ラ・ボーテ」に引き続き、9月14日にオープンした新店に行ってみました。

2009_0917画像0100
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、少し行った左手にあります。

2009_0917画像0095
新しくできたこちらのお店は「四ッ谷 胡桃屋(くるみや)」といって、昼はこだわりのうどん、夜は串天を楽しめるお店だそうです。
スタッフの方のブログもありました。

2009_0917画像0101
オープンしたばかりなので開店祝いのお花がたくさん飾られていて、とても華やか。

2009_0917画像0099
この場所には、2007年7月27日にランチ訪問し、2009年3月31日にお弁当を購入した「寿司と京のおばんざい 人と人と(ひとひと)」がありましたが、2009年7月31日に閉店しました。

2009_0917画像0098
お店の入口にランチメニューが出ています。

2009_0917画像0096
ディナータイムのメニューも出ていました。

2009_0917画像0097
観葉植物でメニューの一部が隠れちゃっています(笑)。

2009_0917画像0068
お店に入ると、両側にテーブル席、奥の右手に厨房、左手奥に座敷席がありました。

2009_0917画像0069
ポスターを見てうどん屋さんだと知っていたので、勝手に和風な佇まいを想像していたのですが、壁には野菜の絵が鮮やかなカラーでポップに描かれていて、店員さんも若い男性ばかり。
フロアは二人で担当していました。

2009_0917画像0067
少し遅れていったので席が空いているかどうか不安でしたが、ちょうど入口すぐ左手にある四人席のテーブル席が空いていて、案内されました。

2009_0917画像0076
お茶をいただきながら、何を食べようかとメニューを検討。

2009_0917画像0070
ランチメニューです。
かなりいろいろの種類があって、とっても悩ましい。。。

2009_0917画像0071
冷たいうどんは7種類あり、お値段は480円から780円です。

2009_0917画像0072
温かいうどんは9種類あり、お値段は530円から780円です。
トマトカレーやら明太子クリームなど、かなりユニークなメニューがあります。

2009_0917画像0073
定食は8種類あり、お値段は830円から900円です。
うどんがついていないご飯もののメニューもありました。

2009_0917画像0074
トッピングも15種類もあり、100円から180円です。

2009_0917画像0075
うどんの大盛りはプラス100円です。

2009_0917画像0077
もうすぐ涼しくなってしまうし、おうどん屋さんに初めて来たからには冷たい麺にしないと!と思い、ごまだれざるうどんを食べてみることにしました。
せっかくなので、小ぶり天丼とのセットの定食を注文。
食べ物の好みがほとんど同じの先輩と同じメニューになってしまったので、せっかくなので(?)、私はうどんを大盛りにしてみました。

2009_0917画像0082
スペースを確保するために薬味を載せたお皿はつゆを入れる器に重ねてあります。
徳利にはたっぷりのごまだれが入っていました。

2009_0917画像0083
薬味は長ネギのみじん切りとワサビの2種類です。

2009_0917画像0081
ゴマは自分でするようにと、小さなすり鉢とすりこぎが出てきました。

2009_0917画像0084
このスタイルだと自分で好きな量のゴマを好みの粗さですり立てを楽しめるのが嬉しいです。

2009_0917画像0085
ゴマだれの中に、さらにたっぷりのすりゴマを入れちゃいました。

しっかりしたゴマの風味があって濃厚なごまダレは少々甘めなテイストですが、さっぱりとお酢が利いています。このまま中華麺にかければごまダレ冷やし中華になりますね。


うどん[普通盛り]
2009_0917画像0080
こちらが先輩の注文したうどんの普通盛りです。


うどん[大盛り](プラス100円)
2009_0917画像0078
そしてこちらが私が注文したうどんの大盛りです。
写真だと、あまりその差がよくわかりませんが(汗)、実際に食べてみると結構量が違いました。

2009_0917画像0079
太いうどんはつやつやと光っていて、とっても美味しそう。
刻み海苔が少しトッピングされています。

ずずっとうどんをすすってみたら、経験したことのないすごいコシ!
あごをしっかりと使って噛みしめて食べないといけないほどで、かなり好みが分かれると思いますが、先輩も私もとっても気に入りました。
途中から麺を一本ずつ食べて、食感をしっかりと味わいました。


小ぶり天丼とごまだれざるうどん定食(850円)+大盛り(100円)=950円
2009_0917画像0089
定食でお願いしたつもりが、「ごまだれうどんです~。どうぞ~。」と店員さんに言
われたので、慌ててセットですと確認したら、忘れていたわけではなかったようで、
もうしばらくして小ぶり天丼が出てきました。

2009_0917画像0088
定食には、小ぶり天丼のほか、おかず一品とお新香がついています。

2009_0917画像0091
お新香はキュウリのお新香が2種類です。色が鮮やか。

2009_0917画像0092
お総菜は、ナスの煮物です。
ダシが中までしっかりとしみて、とっても柔らか。

2009_0917画像0093
同じおかずですが、先輩とは器が違ったので、記念撮影(笑)。

2009_0917画像0090
小ぶり天丼には、エビ2本、インゲン2個、レンコン、サツマイモ、シソの葉、練り物(?)の天ぷらがのっていて、予想以上にボリューミーでした。

2009_0917画像0094
天つゆが私には甘めだったのがちょっぴり残念でしたが、揚げたて熱々でした。


ちょうど私たちの隣の席にいた5人組のおじさま軍団がお会計をしていたら、先頭の人が歯が悪いとかで、とても食べられないという話を店員さんにしていました。
先輩と私はこのコシの強さを気に入っただけに、お店の経営は難しいな~、と思いました。

定食に大盛りをプラスしたので少しお高くなりましたが、お腹一杯です。
気になるメニューが幾つかあるので、またぜひ食べに行きたいです。


2009年9月16日訪問時お店DATA
****************************
四ッ谷 胡桃屋 (くるみや)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 松山ビル1階
TEL&FAX 03-5312-1091
営業時間 
[昼]11:00~15:00 
[夜]17:00~23:00
定休日 無休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/22 09:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(3) |
スパゲッティ ながい  @四谷
2009_0917画像0054
2009年9月15日は、午後から上司が外出する予定だったので、早めにお昼と頼もうと、11時30分過ぎにランチのお伺いを立てたところ、「外に食べに行こう」とのお言葉。
JR四ッ谷駅からしんみち通りへ向かって入っていく上司に着いていくと、辿り着いたのは上司も私たちも大好きな「スパゲッティ ながい」。とっても嬉しかったです。
前回訪問したのが2009年9月2日だったので、約2週間ぶりの訪問です。

2009_0317画像0008
JR・地下鉄四ッ谷駅を出てしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。こぢんまりとしていて、あまり目立たない店構えです。

看板

しんみち通りには、こちらの看板が出ています。

2010年1月27日によるくまさんからいただいたコメントによれば、「ながい」のシェフは西新宿にある老舗人気店「スパゲッティ ハシヤ」から独立されたそうです。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

2008_0825画像0035
しんみち通りには、ビルとしての看板も出ています。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には2008年9月26日に訪問した「四谷ブルワリー」
地下1階には2008年8月22日に訪問した「沖縄料理店 あん」があります。

2008_0825画像0034
中川ビルに入ってすぐ左手に、こちらのビルのポストがありました。
「ながい」のポストは上段の真ん中です。

入り口

中川ビルの細い階段を上ると、2階に写真のようなかわいい入口の扉があります。
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。

待つ人が多くて、ときどき3階へつながる階段にまで行列ができることもあります。
並んでいる間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文します。

2009_0905画像0035
カウンターの近くの壁際に大きなマガジンラックが置かれ、文庫本などが常備されています。
一人客が退屈しないための配慮でしょうか。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりとL字に取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。
お店は男性シェフが一人、厨房とフロアの両方を担当する女性が一人、フロア担当の女性一人です。
みなさん、いつもテキパキと動き回っていますが、とても人あたりが良くて居心地が良いせいか、男女問わず一人客の方も結構いらっしゃいます。

2008_0922画像0058
卓上にはスプーン、フォーク、タバスコ(赤・緑)、粉チーズ、乾燥ハーブが置かれています。
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

2008_0922画像0057
ささやかですが、植物が置いてあります。
ブルーのガラスで造られた3頭の熊さん、かわいい♪

2009_0905画像0036
壁に掛かっている時計は、文字盤がパスタになっていました(笑)。

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

卓上

粉チーズと乾燥ハーブです。お好みでふりかけます。

12時15分頃に到着したので席が空いているかどうか心配でしたが、店内は意外なことにがらんとしていて、6割ほどしか埋まっていませんでした。
窓際のテーブル席のうち、向かって右側に着席。

ちなみに、窓際のテーブル席は間が少し狭いので、我らが上司のような、大きな鞄やおなかを持っているとちょっと通りにくく、コップの水を倒さないよう気をつけた方がよさそうです(笑)。


ベーコンとソーセージと野菜のトマトソーススパゲッティ (1,150円)
2009_0917画像0054
前回の訪問でウニとイカの超こってりタイプを食べたので、この日はトマトソースベースを注文。

2009_0917画像0058
たっぷりの野菜とお肉がのっていました。
お肉はベーコンとソーセージの両方が入っているので、ボリュームがあります。

2009_0917画像0059
アスパラが大好きなので、たっぷりとのっていたのは嬉しかったです。
ちょっと茎の固い部分も混じっていましたが(笑)。

2009_0917画像0060
同じく大好きで、歯応えの良いシメジもどっさり。

2009_0917画像0061
トマトソースはかなりさっぱりとした口当たりですが、トマトやタマネギの甘みとトマトの酸味があいまり、深い味わいが感じられて、とっても美味しかったです。

2009_0917画像0062
ある程度食べたら、卓上にあるチーズとドライハーブをたっぷりのせていただきました。


ミートソースのスパゲッティ (1,050円)
2009_0917画像0055
先輩はシンプルなこちらのメニューをチョイス。

2009_0917画像0056
ミートソースはとてもコクがあり、美味しかったとのこと。
簡単そうでいて、絶対に家では作れないお味です。


この日は店内が空いていたせいで、上司が「不景気だな~。」なぞと言っていましたが、つい2週間前に行ったときはほぼ満員だったので、日によってずいぶんばらつきがあるのかなと思いました。
お値段は確かにお高めなので、この経済状況の中では大変だとは思いますが、これからもぜひがんばってもらいたいです。


メニューです↓
2008_1205画像0075
スパゲッティは定番メニューと季節メニューがあります。

メニュー5

定番メニューは基本的な味付けとして9種類あります。

2008_1205画像0070
トッピングがかなりいろいろあるので、好きなベースとの組み合わせを選びます。

2008_1205画像0073
この写真を見ていた初めて気付いたのですが、お持ち帰りが出来るようになっていました!
作り立てが一番美味しいですが、今度、ぜひ一度試してみたいです。

2008_1205画像0074
大盛りはプラス100円なのでとてもお得です。
追加料金でトッピングができるほか、無料で唐辛子やガーリックを入れられます。


季節メニュー
2008_1205画像0068
それほど種類が多くありませんが、季節メニューもあります。
この日はカキをつかったものが3種類ありました。

2008_1205画像0071
サラダが6種類もありますが、ランチタイムに注文している人をほとんど見たことがありません。
そういう意味でも本当にスパゲッティ専門店です。

2008_1205画像0072
こちらのお店はランチからディナータイムまで同じメニューで通し営業をしているので、お酒のメニューもあります。
自家製ドレッシングが400円から450円に値上がりしていました。

2008_1205画像0076
2008年1月21日から店内は、終日禁煙です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲッティ】
  アサリと青じそのスパゲッティ (2008年9月18日
【タラコ、ウニのスパゲッティ】
  ウニとイカのスパゲッティ (2009年9月2日
  ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日
【ミートソースのスパゲッティ】
  ミートソースとナスのスパゲッティ (2009年3月16日
【ペペロンチーノ風スパゲッティ】
【トマトソースのスパゲッティ】 
  ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
  ベーコンとソーセージと野菜のトマトソーススパゲッティ (2009年9月15日
【クリームソースのスパゲッティ】 
  アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日
【おしょうゆ味のスパゲッティ】 
  海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日
【ホワイトソースのスパゲッティ】 
  ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日
【サラダスパゲッティ】 
【季節メニュー】 
  カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
  カキの唐辛子トマトスパゲティ (2008年12月3日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年9月15日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2F
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/21 09:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(6) |
esthe’tique restaurant La Beaute’  @四谷
2009_0917画像0030
2009年9月10日に「Mexican Grill House GRILL CABANA(グリル・カバナ)」へ行った時、しんみち通りの奥に新規オープンした「esthe’tique restaurant La Beaute’(ラ・ボーテ)」というお店が9月14日からランチをスタートさせると知ったので、上司が出張中のこの日、早速行ってみることにしました。

2009_0917画像0049
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜け、さらにその先を少し進んだ左手に四谷大新ビルがあり、店舗はその2階です。

同じビルの1階には、2007年7月6日2008年10月15日に訪問した人気フレンチビストロ「テート・ア・テート」があります。
店名だけで見るとこのビルはフレンチビルになりました(笑)。

2009_0917画像0050
この場所には2008年3月27日に訪問した「奥久慈軍鶏と黒おでん 一心門(いっしんもん)」がありましたが、このところランチをやっていないなぁ~と思っていたら、ついに撤退してしまいました。

2009_0917画像0053
ル・クレーゼのお鍋のようなロゴマークがとってもかわいいです。

2009_0917画像0051
ビルの入口に、ランチメニューが書かれた看板が出ています。

こちらのお店は、栃木県・千葉県・宮城県の提携農家から届く無農薬、減農薬野菜を漢方、生薬を煮出したスープで味わう火鍋のお店だそうです。
この界隈には全くない、とてもユニークなコンセプトに興味津々です。
洋食系の薬膳料理のお店なんて、初めて。

2009_0917画像0052
ちょっと見えにくいですが、夜のメニューも出ていました。

2009_0917画像0048
ビルの階段の入口には看板と同じお鍋のかわいいロゴのマットが敷かれています。

2009_0917画像0045
細くてやや急ですが、シックに改装された内階段を上ってお店へ。

2009_0917画像0046
階段を登って左側が入口です。
写真がぼけちゃって、すみません(汗)。

2009_0917画像0047
階段を登って右側、入口の前には、ウェイティング用の白いイスが2脚置かれていました。

2009_0917画像0044
お店の中の造りは以前と変わらず、お店に入ると左の奥に向かって細長い構造です。
右手に厨房、左手にカウンター席があり、お店の奥の窓際にテーブル席が並んでいます。
とても小さな空間です。

どうも薬膳料理というとお堅いイメージがあって、デザインは二の次、みたいな野暮ったさのあるお店が多いですが、このお店は落ち着いたオシャレなインテリアで、明るい音楽が流れていて、とても洗練された雰囲気です。

2009_0917画像0021
お店に入ると、キッチンに男性シェフ、フロアに女性スタッフがいらっしゃり、二名でお店を切り盛りしていました。
7割ほどの人の入りで、私たちは一番奥の窓際のとても明るい席に着席。
やや小さめの二人掛けのテーブルですが、大きな窓から光が差し込んでとても気持ちが良いです。

2009_0917画像0020
窓から外を眺めると、お店の正面に2007年11月19日2007年12月10日に訪問した老舗人気ラーメン店「支那そば屋 こうや」が見えました。
相変わらず、たくさんのお客さんが出入りしています。

2009_0917画像0022
ランチメニューはカウンター席の端の黒板に書かれています。
着席した場所によっては、ちょっと見にくいかも?
日替わりが3種類、お値段は780円か900円です。
健康米の大盛りが無料でお願いできます。
日替わりの自家製デザートも150円でいただけます。


本日の薬膳丼「まとう鯛と茄子の花山椒丼」 薬膳ミニスープ、サラダ付き (900円)
2009_0917画像0031
好き嫌いの全くない私ですが、実は、薬膳料理ってちょっと苦手です。
食べ物よりもそれぞれの薬の香りを全面的に感じてお料理を食べている気分ではなくなったり、健康を意識しているために、薄味が多くて味がぼんやりしがちだからです。

なので、最初は牛すじスープカレーを注文しようかと思いましたが、せっかくこういうお店に来たんだから!と思い直し、先輩と共にこちらを注文。

しばし待って出てきたお料理は、色鮮やかでとっても美味しそう!

2009_0917画像0033
サラダは葉物数種類で、ゴマドレッシングがかかっています。
オイル控えめでしょうか、さらっとしていますがゴマの味が濃いドレッシングで、たっぷりとかけられていて、とても美味しかったです。

2009_0917画像0032
薬膳ミニスープは、鶏肉と根菜のピリ辛胡麻スープでした。

2009_0917画像0038
スープは一見、真っ赤なので辛いのかな?と思いましたが、それ程ではありませんでした。
黄色や赤の小さなお花がとっても色鮮やかでキレイ。

2009_0917画像0039
スープの中には、ニンジン、大根、ゴボウなどなど、根菜がたっぷり。
お味はあっさり目ですが、程よいコクがあって美味しいです。
ミニスープにしては、ボリュームもしっかりありました。

2009_0917画像0034
メインの本日の薬膳丼はまとう鯛と茄子の花山椒丼です。

2009_0917画像0035
丼には丸くかたどった紫色の古代米?の上に生野菜を少しのせ、さらにその上にメインの的鯛、ナスやシシトウの揚げ物が盛りつけられていました。
さらに、菊の花でしょうか、黄色い花びらが彩りに散らしてあり、とても鮮やかです。

2009_0917画像0036
健康米と書かれた鮮やかな紫色に染まったお米はモチモチして美味しかったです。

2009_0917画像0037
素揚げされた大きな茄子はたっぷりと油を吸って甘みが増幅されて、うまい!

2009_0917画像0040
的鯛の揚げ物は揚げたて熱々で白身がほっこりと柔らかく、ほんのりと甘いタレがかかっていて、とっても美味しかったです。

2009_0917画像0041
お店の入口でお店のちらしを手に取ったら、9月末までデザートサービス券がついていたので、お願いしました。先輩は辞退したので、私だけ。
一口サイズの大葉若葉のシフォンにクリームがたっぷりとかかっていました。
甘さ控えめのシフォンケーキは苦みがしっかりきいていて、とても美味しかったです。
デザートまでいただいたので、おなか一杯になりました。


私が持っていた薬膳料理のイメージをいい意味で覆してくれました。
見た目が華やかで美しく、お料理もとても美味しかったです。
ボリュームはそれ程なので、たくさん食べたい方は無料のご飯大盛りにすると良いと思います。
別のランチメニューも食べてみたいし、夜のコースメニューもずいぶんお手頃価格なので、ディナーにも行ってみたいお店です。



夜のメニューです↓
2009_0917画像0023

2009_0917画像0024

2009_0917画像0025

2009_0917画像0026

2009_0917画像0027

2009_0917画像0028

2009_0917画像0029

2009年9月14日訪問時お店DATA
****************************
esthe’tique restaurant La Beaute’ (ラ・ボーテ) 
〒 160-0004 東京都新宿区四谷2-3-19 四谷大新ビル2階
TEL&FAX 03-3353-8785
営業時間 11:30~14:00 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/20 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(5) |
【店名変更】 Mexican Grill House GRILL CABANA  @四谷
2011年8月10日追記

「サルサ・カバナ 四谷店」は2010年9月20日に閉店し、2010年10月2日に「グリル・カバナ」の場所に移転し、「Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール」という店名に変更してリニューアルオープンしました。

DSCF4091.jpg
外観にあまり変化がないのはご愛敬です(笑)。
リニューアル後、2011年1月13日にランチ訪問しました。

なお、四谷三丁目にあった「サルサ・カバナ 四谷三丁目店」は新橋に移転し、2011年3月29日に「サルサ・カバナ セントロ」という店名でリニューアルオープンしたそうです。

***************************************

2009_0910画像0076
2009年9月10日は、上司が不在の日だったので、先輩と外へ食べに行くことにしました。
この週はどうもイマイチなランチが続いていたので、何か美味しいものを食べたいね~ということで、前回2008年10月15日に訪問した「テート・ア・テート」へ行ってみましたが、相変わらず人気で既に満席(泣)。
同じ建物の2階には新しくフレンチのお店が出来ていましたが、ランチ営業は14日からでした。

ふと、「Mexican Grill House GRILL CABANA(グリル・カバナ)」でスペシャルランチがあることを思い出し、早速行ってみました。

店

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りのかなり奥の右側にお店があります。
この界隈では珍しいウッディな建物はとても目立ちます。

2009_0710画像0217
これまでに「グリル・カバナ」では、2008年1月15日にランチ訪問し、2008年6月6日にテイクアウトをしたことがあります。
前回訪問したのが2009年7月10日だったので、ちょうど2ヶ月ぶりです。
お店の左側はテイクアウト用の窓口になっていますが、持ち帰りには少し時間がかかるので、あらかじめ電話で注文してから取りに行った方がスムーズです。

2009_0710画像0216
しんみち通りには色鮮やかな写真が入ったメニューの看板が出ています。

2009_0710画像0215
しんみち通りの手前の場所には姉妹店の「SALSA CABANA(サルサ・カバナ)」があり、2007年7月11日にランチ訪問をしたことがあります。
四谷三丁目にも、姉妹店の「SALSA CABANA 四谷三丁目店」があります。

2009_0710画像0193
外観と同じくウッディな店内はそれ程広くはなく、とてもシンプルな内装ですが、ところどころに現地らしい飾りが施されています。
左側に厨房とカウンター、右側にテーブル席があり、通り沿いにもかなり縦幅のない狭いカウンターがありました。
椅子は背の高いスツールなので、見た目はオシャレですが長時間座るのには向いてなさそう。

2009_0710画像0197
メキシコビールもいろいろあります。

2009_0710画像0192
夜のメニューも少し貼り出されていました。お値段もお手頃だし、とっても美味しそう。

2009_0910画像0048
店内はほぼ満席で、初めてカウンターに座りました。

2009_0910画像0049
カウンターの上にはずらりと洋酒が並んでいて、見ているだけで楽しいです。

2009_0710画像0187
ランチメニューです。
以前の写真なので、季節ごとに少し変わっているかも知れません。

2009_0710画像0188
メニューは4種類あり、950円か1,000円とややお高いお値段設定です。

2009_0710画像0210
ランチメニューは全てドリンク付きで、5種類の飲み物からチョイスできます。

2009_0910画像0050
この日のスペシャル?季節の限定メニュー?はこちらでした。
これもとっても美味しそうで、コースメニューとちょっと迷いました。

2009_0910画像0086
お目当てのランチタイム限定コースは壁にメニューが貼り出されています。
ランチタイム限定コースメニューは2009年5月18日から始まったそうです。

2009_0910画像0087
ランチタイム限定コースは、一人1,500円で二人以上からの注文です。

2009_0910画像0088
お料理が4品、デザートが2品、それにドリンクがつくという、とってもゴージャスなコースです。

最初にドリンクをどうするか聞かれましたたので、アイスコーヒーをチョイス。
それ程待たずに、最初のお料理が登場!


牛挽き肉とビーンズのあっさり煮込みとチップス
2009_0910画像0052
二人分、一緒のお皿に盛られてきました。

2009_0910画像0053
煮込みの周辺にチップスが並べられ、チーズがトッピングされています。

2009_0910画像0054
チップスはコーンフラワーで作られて、トウモロコシの香ばしい匂いがします。
あっさり味ですがとてもコクがあり、トマトの酸味も感じて、美味しい。

2009_0910画像0055
お豆も柔らかく煮えていて、いくらでも食べられそうです。
煮込みの熱でだんだんととろけるチーズがうまい!


世界素材 アボガドのカルパッチョ
2009_0910画像0056
2皿目はこちら。「世界素材」っていうネーミングがいいですね(笑)。
アボガドの緑とサルサソースのトマトの赤が色鮮やかで、とってもキレイ。

2009_0910画像0058
アボガドは完熟ではなく、少し柔らかく、ほんの少し硬めで青い感じです。
アボガドのコクをサルサソースでさっぱりといただきます。

2009_0910画像0059
こちらのお店のサルサソースはレモンの酸味がしっかりあって、コリアンダーの香りが良く、美味しいので大好きです。
このお皿も二人分なのにボリュームたっぷり。

食べている途中、テーブル席が空いたということで、一番右奥のテーブルに移動しました。
広いテーブルでゆったりと食べられてとても嬉しかったです。
お店側の優しい配慮に感謝です。


自家製手巻きタコス盛り合わせ
2009_0910画像0062
三品目にタコスが登場。メキシカンでははずせません。

2009_0910画像0064
自家製タコスは焼き立てを専用容器に入って運ばれてきました。
「サルサ・カバナ」はオレンジ色でしたが、こちらのお店は緑色。色違いがあるんですね(笑)。

2009_0910画像0065
フタを開けてみると、タコスが2枚入っていました。

2009_0910画像0063
トッピングは色鮮やかで6種類もありました。

2009_0910画像0067
ワカモレです。
ねっとりとしたアボガドの旨みがたまりません。

2009_0910画像0068
サルサソースです。
ボケボケ写真ですみません(汗)。

2009_0910画像0066
挽肉。多分、牛肉?です。

2009_0910画像0070
味付けをした鶏肉の胸肉?をほぐしたもの。

2009_0910画像0071
黄色とオレンジの二色のチーズ。

2009_0910画像0072
たっぷりのレタスのみじん切り。

2009_0910画像0073
とても一枚のタコスでは包みきれないほどのトッピングを、無理矢理のせました(笑)。

2009_0910画像0074
欲張ってのせたせいで、いざ食べようと思ってもタコスをちゃんとくるめません(汗)。
なんとか半分に折りたたんで食べ始めると、後ろの方から中身が出てきちゃいました。
それでも、いろいろな味が混じり合って、とっても美味しい!

2009_0910画像0075
トッピングもまだまだたくさん残っていたので、タコスのお代わりをお願いしました。
焼き立てが登場し、熱々で手に持つのも大変でした。


本日のライスディッシュ(牛ロースのトマト煮)
2009_0910画像0076
4品目、最後のメニューはこちらです。

2009_0910画像0079
トマトソースに煮込まれたお肉はとても柔らかで、量もたっぷり。
前回食べたメキシカンビーフのステーキはかなり硬めで食べるのに苦戦しましたが、ちゃんと煮込めばこんなに美味しいんだ~と大感激。

2009_0910画像0080
煮込みにはお肉の他に大きなジャガイモも入っていて、たっぷりのライスが添えられているので、ボリューム満点です。


お好きなドリンク(アイスコーヒー)
2009_0910画像0081
飲み物は、かなり早い段階で出ていました。

2009_0910画像0085
ミルクを入れて、デザートと一緒にいただきました。


デザート2種盛合わせ
2009_0910画像0082
お料理の種類が多いうえにタコスのお代わりなぞをしてしまったので少し時間が押してしまい、デザートを早く出してもらうことにしました。
デザートはアイスクリームとマンゴープリンの組み合わせでとっても豪華。

2009_0910画像0083
ヴァニラアイスです。
甘すぎず、濃厚で美味しかったです。

2009_0910画像0084
甘いものが好きではないと言いつつ、マンゴーは大好きなので、マンゴープリンはうれしかったです(笑)。
独特の濃厚さがたまりません。


もう1時を回っていたので、ふくれたおなかを抱えながら走って事務所に戻りました。
美味しいメニューをたっぷりといただけて、大満足でした。


2009年9月10日訪問時お店DATA
****************************
Mexican Grill House GRILL CABANA (グリル・カバナ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20-9
電話 03-5379-1131
営業時間  
[昼]11:00~15:00  
[夜]17:00~24:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/19 09:00】 | メキシコ | トラックバック(1) | コメント(2) |
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  @四谷
2009_0910画像0039
2009年9月9日は久しぶりにゆったりとしたランチの時間が取れそうだったので、12時前に上司にお昼はどうするか尋ねたのに、アイデアが思い浮かばないのかなかなか決めてくれず、結局12時過ぎになって「そういえば1時から来客があったんだ。急いで食べられるように、おにぎりを買ってきて。おかずももちろんつけて。」とのこと。
なので、お気に入りの「おむすび 権米衛(ごんべえ) アトレ四谷店」へ行きました。
前回こちらで購入したのは2009年8月25日だったので、約2週間ぶりです。

入口

「権米衛」はJR四ッ谷駅に直結しているアトレ四谷の1階にあります。

2009_0910画像0036
こちらのおむすびは、お米が白米、玄米、まぜごはんの3種類をベースとして、かなりいろいろな種類ががあり、保存料・着色料を一切使用していないとのことです。

2009_0910画像0035
随時、新商品も発売されているようです。
どれも美味しそう~。

2009_0910画像0037
おむすびだけでなく、小さなおかずも販売しています。

袋

持ち帰り袋に印刷されたお店のロゴマークがとってもかわいい♪

2009_0910画像0038
最初お店を見た時は、あまり混んでいなくてラッキーと思ったのですが、スタートを出遅れていただけで、おかず類はほぼ完売、おにぎりも人気のものは売り切れでした(泣)。
こんな状態になっちゃうから、早くメニューを決めるようお願いしているというのに、上司はそういうことがイマイチ疎いです(汗)。

おかずがほとんどないので、上司用にはおにぎり2個に肉団子ときんぴらが添えられているお弁当用パック(400円)を購入。おにぎりは玄米の明太子チーズと白米の高菜でした。
これに、単品パックのオクラのごま和えを追加(150円)しました。

2009_0826画像0057
こちらは前回の写真です。
「おむすび 権米衛」は株式会社イワイという会社が運営しているブランドです。

2009_0910画像0044
おしぼりにもお店のかわいいロゴマークが入っています。


まぜごはん[しそちりめん] (180円)
2009_0910画像0040
おむすびの種類はかなり少なかったですが、お気に入りのこちらが残っていたのはラッキー。

2009_0910画像0045
相変わらずでっかいおにぎりで、とても一口ではほおばれません(笑)。
上司はお箸で崩しながら食べていました(笑)。

2009_0910画像0046
しそちりめんは、爽やかな青じそと、香ばしい白ごま、ほんのりと塩気を感じるちりめんじゃこと、黄金の組合せです。
ご飯がしゃっきりと炊かれていて、相変わらずとってもお美味しい。


玄米[明太子] (170円)
2009_0910画像0043
私は大好きな玄米の明太子チーズが完売だったので、先輩との分と合わせてこちらを購入。

2009_0910画像0047
玄米は白米よりもさらに粒がたった感じなので、気をつけて持って囓らないと、ボロボロと崩れ落ちちゃいます。
明太子がぴりりときいて、美味しいです。


まぜごはん[梅づくし] (150円)
2009_0910画像0041
先輩から玄米と白米のおにぎりを一個ずつというリクエストが出ていたので、玄米は明太子、白米は梅干しが大好きな先輩が気に入るかなと思って、梅づくし(150円)にしてみました。
紀州産と甲州産の梅干し2種類を楽しめるそうです。


玄米[明太子] (170円)
2009_0910画像0042
先輩もお気に入りのメニューです。


とても大きなおにぎりなので、2個食べるとかなりおなかにたまります。
でも、さすがにおかずが全くなかったので、午後5時ごろには空腹になってしまいました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  (2007年7月25日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  (2007年10月30日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  (2008年10月5日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年9月9日訪問時お店DATA
****************************
おむすび 権米衛
 アトレ四谷店 (ごんべえ)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1F
TEL&FAX 03-3357-0141
営業時間 
[平日] 7:30~21:00  
[土曜] 7:30~21:00
[日曜]10:00~21:00
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/18 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(5) |
【閉店】 La Table de com・ma   @駒沢大学
2013年8月7日追記

「ラ・ターブル・ド・コンマ」は、23年の歴史に幕を閉じ、2012年1月31日に閉店しました。
オーナーシェフだった小峰敏宏氏は、現在、2012年11月15日にオープンした神楽坂の「カーヴ・ド・コンマ」のグラン・シェフになったとのことです。

********************************

いつものこととは言え、記事を書くのに手間取り、ようやくアップすることができました。
11ヶ月前の訪問になりますが、ぜひ、ご覧下さい☆

2009_0211画像0142
先輩と、新年会と称して美味しいものを食べに行こうとずっと考えていたのですが、なんだかバタバタしているうちに1月が過ぎてしまい、2009年2月10日、ようやく出かけることができました。
新年会に行ったお店は、駒沢大学にある老舗のフレンチ「La Table de com・ma (ラ・ターブル・ド・コンマ)」です。
こちらのお店は、以前仕事の関係で上司に連れて来てもらったことがあり、とても美味しかったのでぜひ一度自分たちだけで食べに来たいと思っていました。

2009_0211画像0096
午後7時30分に予約を入れたのですが、お客様が打ち合わせに遅刻してきたりなんだりで、結局30分遅れの午後8時にお店に到着(泣)。7時頃に電話をして、遅れることは伝えておきました。
お店に到着し、建物や入口の写真を撮ろうとしましたが、私たちの姿を見つけたサービスの方が素早く扉を開けてくださったので、そのまま店内に入りました。

2009_0211画像0095
入口のすぐのところにちょっとしたスペースがあり、カウンターとソファが置かれています。
こちらでコートを預けたり、お会計をしたりします。
店員さんに導かれ、細い廊下を通ってダイニングルームに入ると、広い室内には丸いテーブルがたくさん置かれています。一番奥が大きな窓ガラスになっていて、木々が鬱蒼と茂った中庭がありますが、残念ながら夜なので、暗くてあまり様子がわかりません。

2009_0211画像0092
室内にはお客様が誰もいないくてちょっと緊張しましたが、部屋の奥の左側から次の部屋へと続いていて、そこに男性の一人客がいらっしゃいました。
私たちは右奥の一番窓際の席に着席。

2009_0211画像0097
老舗らしい、落ち着いて重厚感のあるインテリアと内装です。

2009_0211画像0093
1988年にオープンしたこちらのお店はすでに20年以上の歴史を持つ老舗のフレンチで、日本全国から取り寄せているというお野菜がとても美味しいとの評判だったので、今回はお野菜のコースの一番お高い「幸福な出会い」(10,500円)をお願いしました。

こちらのお店はジビエを取り扱っているので、お願いしようと相談したところ、「ご希望のものはございますか。日程にあわせて取り寄せることも出来ます。」とのとてもうれしいお言葉をいただきましたが、残念ながらジビエ初心者なのでよくわからず、2008年12月18日に「仏蘭西亭 北島亭」で食べたベカス2008年10月15日に「テート・ア・テート」で食べた蝦夷シカ以外でシェフのオススメのものをお願いしました。
ジビエをお願いすると、もちろんプラス料金が発生します。


グラス・シャンパン  (1,575円)
2009_0211画像0099
女性のフロアスタッフの方から食前酒を勧められます。
基本的に口頭のやりとりらしく、メニューは出てきませんでした。
せっかくなので、食前酒としてシャンパンをグラスで注文。

2009_0211画像0100
キリッと辛口の味わいでした。
グラスはリーデルです。


黄金柑とオレンジのフレッシュジュース  (1,575円)
2009_0211画像0098
先輩はソフトドリンクの中から黄金柑とオレンジジュースのフレッシュジュースを選択。
「フレッシュジュースは、出すのに少しお時間をいただきます。」という言葉どおり、このジュースが出てくるまでの間、二人組のお客様がいらっしゃり、私たちと逆側の左奥のテーブルに着席し、先に食前酒が出ていました(笑)。

出されたフレッシュジュースはとても鮮やかなオレンジ色で、すごく濃度が高そう。
抜群に美味しかったそうですが、あとでレシートを見てビックリ!
なんとお値段が1,575円で、シャンパンと同じお値段でした。

ちなみに、黄金柑とは別名ゴールデンオレンジと呼ばれ、ミカンとユズを足して二で割ったような柑橘だとのことです。

2009_0211画像0101
アミューズの前に、前回と同じく、焼き立てサクサクの2種類のチーズパイが出てきました。
サービスの方から「とても割れやすいので、手で持ってお食べ下さい。」と注意をいただいたにも関わらず、縦方向にパリパリと割れちゃいました(汗)。
焼き立てアツアツで、チーズがふんわりと感じて美味しかったです。

2009_0211画像0109
アミューズです。

2009_0211画像0110
大きな白い角皿に、ちょこんと2種類盛られていて、とってもかわいい。

2009_0211画像0111
ミニミニクロワッサンです。

2009_0211画像0113
皮はパリッとしていて、中はふんわりと柔らかく、バターの良い香りがしました。

2009_0211画像0112
もう一種類のアミューズは、小さなスプーンで一口でいただきます。
メモも記憶もなく、お料理が何だったかわかりません(汗)。

2009_0211画像0105
シャンパンは早々に飲み終え、白ワインをお願いしました。
2種類見せていただき、食前酒のシャンパンがキリッと辛口だったので、すこし口当たりが甘めでさっぱりした方をお願いしました。


白ワイン・グラス (840円)
2009_0211画像0106
ワイングラスにお店のロゴが入っていて、かわいい。

2009_0211画像0107
香りはそれほど感じませんでしたが、柔らかな甘みでとても美味しかったです。


ミネラル・ウオーター「Orezza(オレッツァ)」 (1,050円)
2009_0211画像0108
先輩は生ジュースを飲み終え、ミネラル・ウォーターを注文。
フランスのコルシカ島のお水だそうです。

2009_0211画像0114
パンが出てきました。

2009_0211画像0116
パンに合わせ、バターとオリーブオイルも出てきました。
二種類のお味を楽しめるのは嬉しいです。


帆立と熊本県産のタケノコのソテー
2009_0211画像0119
一皿目はこちらです。

2009_0211画像0120
1月の終わりなのに、もうタケノコが食べられるんだ~、と感激。
春が近づきつつあるのを感じさせてくれます。

2009_0211画像0121
タケノコはこんがりと焼かれていて、お醤油でしょうか、とてもいい香りがします。

2009_0211画像0123
食べてみるととても柔らかくて甘みがあり、ほんの少しだけ舌の回りにえぐみを感じますが、むしろそれがとても心地良いです。

2009_0211画像0122
肉厚なホタテはレアな焼き加減で甘みもあって美味しかったですが、タケノコが主役のお料理でした。


白菜のブレゼ ミモレットと黒トリュフを添えて
2009_0211画像0124
このお料理は小峰シェフのスペシャリテでもあるそうで、前回こちらのお店でいただいて大感激したので、今回はコースメニューの中に盛り込んでいただきました。

2009_0211画像0125
白菜を1時間近くオーブンで焼いているそうで、白菜が口の中でとろけていくような柔らかさです。

2009_0211画像0129
白菜の上には、お肉だけでなく、黒トリュフやミモレットをのせています。

2009_0211画像0126
それぞれの塩気と旨みが白菜の甘みと混じり合い、いろいろな美味しさを感じて、とてもシアワセ。
白菜ってこんなに美味しいんだ~と感激の一品でした。

2009_0211画像0133
葉っぱがしっかり巻かれた白菜なので、ボリュームもたっぷりです。
とても野菜料理とは思えないインパクト。

2009_0211画像0134
まだこれからお魚料理というところでしたが、早々に赤ワインをお願いしちゃいました。
白ワインと同じく、二種類のボトルを持ってきていただき、「華やかな味わいです。」といわれた方をチョイス。


赤ワイン・グラス (1,050円)
2009_0211画像0135
こちらのお店は野菜料理ばかりでなく、ワインもとても美味しいという評判でしたが、その通りでした。

2009_0211画像0136
軽すぎない味わいでほんのりと甘く、すごく美味しかったです。


尾長鯛と野菜のソテー
2009_0211画像0137
この日のお魚料理です。

2009_0211画像0138
お魚は皮目にしっかりと塩がふられていて、パリッと焼き上げられています。
白身はふんわりと柔らかくてほんのり甘みがありました。

2009_0211画像0139
芽キャベツの葉が一枚、お皿の縁に。
とてもキュートです♪

2009_0211画像0140
お魚にも芽キャベツやキノコなどのお野菜がたっぷりと添えられていました。


ジビエ (+1,050円)
2009_0211画像0159
お肉のお皿が出て来るのに少し時間がかかりました。

2009_0211画像0142
とっても楽しみにしていたジビエは、山鳩でした。
山鳩は初めての体験です。

2009_0211画像0152
この鳥はスコットランド産です。
日本の地のものをいただくには、秋、9月から10月頃が旬だそうで、しかも、猟師さんお一人で2羽しか許可されていないという貴重なものだそうです。

こちらのお店では国内・海外から取り寄せる様々なジビエをいただけます。
珍しいものでは熊も入るとのことで、臭みはまったくなく、脂がとろけるほど甘いとか。
ただし、前回入ったのは4年前で、猟師さんが命がけの猟をしているので、次回いつ入るのか、全くわからないとのことです。うーん、食べてみたい!

2009_0211画像0156
レモンの薄切りが浮かべられたフィンガーボールも出てきました。
・・・ということは、手でいっちゃっていいのかしら?

2009_0211画像0157
お肉のお皿にも、別皿でたっぷりの温野菜が添えられていました。

2009_0211画像0158
お野菜がとにかく美味しい!
お豆類が特に印象的で、空豆やグリーンピースなど甘みがあって美味しかったです。
ニンジンや大根(?)はあまり火を通しすぎず、固めで歯ごたえがありました。

2009_0211画像0145
小さなハツは少しコリコリとした食感です。

2009_0211画像0147
レバは中が濃い赤で、甘みがあり、柔らかくてとろけるよう。

2009_0211画像0160
こちらは頭の部分です。

2009_0211画像0148
濃い茶色のソースはフォアグラや血、内臓を溶かし込んだソースだとのこと。
濃厚でとっても美味しく、一滴も残さないよう、パンにたっぷりつけていただきました。

2009_0211画像0150
お肉はとても大きな塊ですが、ナイフを入れるとすっと切れました。

2009_0211画像0168
野生の鳥だからさぞかしお肉は固いのかな、と思ったのですが、そんなことは全くなく、柔らかくて美味しい!

2009_0211画像0171
コースとは別料金ですが、チーズをお願いしました。
チーズワゴンにのせられた、たくさんのチーズが出てきて、見ているだけで幸せ。

2009_0211画像0173
赤ワインを飲み終えてしまったので、先輩のミネラル・ウオーターをいただいちゃいました。

2009_0211画像0174
炭酸好きなので、微炭酸なのはとても嬉しいです。


チーズ盛り合わせ (+1,890円)
2009_0211画像0177
ひとつずつ丁寧に説明され、どれも食べたくなりますが、流石に全種類は無理。

2009_0211画像0182
カリカリに焼き上げたパンは2種類あり、一つは薄く、もう一つはやや厚めでナッツが入っていました。
枝つき干しぶどうがたっぷりとあって、とても豪華ですが、甘いものに興味のない私たちは、完全にスルー(笑)。

2009_0211画像0183
鮮やかな彩りの5種類のジャムが出てきました。とってもキレイ♪。
でも、チーズ+ジャムに興味のない私が「全部ジャムか~。」と呟いたら、先輩から「そりゃそうです。」との切り返しが(汗)。
ただし、いただいてみると、どれも酸味を含むジャムでした。
以前、神宮前にあるフレンチで、ものすごく酸味のきいたルバーブのデザートをいただいたことがあったので、ルバーブのジャムは期待して食べてみたのですが、うーん、ほんのり酸味があるというぐらいでした。

2009_0211画像0184
別皿で、イチジク(?)のコンポートも登場。
こんなに豪華なチーズの盛り合わせは初めてです。

2009_0211画像0176
チーズは、上から右回りで、シェーブル、ウオッシュ、白カビ、ブルーチーズです。

2009_0211画像0181
完熟したというシェーブルは、長く置いているせいか、表面はかなり乾燥してかちかちで、ナイフを入れるのが大変。滑っちゃうんじゃないかとひやひやしました。
後味に独特の匂いがありましたが、食べやすかったです。

2009_0211画像0179
ウオッシュは、かなり熟成が進んで、形を保てないほどトロトロ。
舌触りはなめらかでしたが、かなり塩気がきつかったです。
これはワインがないとしんどい(汗)。

2009_0211画像0178
白カビとウオッシュはごっちゃになっている可能性が(汗)。

先輩から食べ頃だというコンテをいただきましたが、旨みが凝縮されていて、本当に美味しい! 
もともとのチーズが高品質なのか、熟成なのか、保存なのか、全てが謎です。

2009_0211画像0180
ブルーチーズはゴルゴンゾーラよりも少しマイルドという種類で、食べやすかったです。

さて、デザートに入ろうかと思ったところ、周りのお客様がほとんど帰ってしまい、とても静かでガランとしていたので時計を見たところ、なんと午後11時30分! どっひゃー。
デザートをまだ食べていないし、終電に間に合わなくても行けるとこまで行けばいいや、と諦め、そのままデザートへ突入。

2009_0211画像0190
デザートはゴマづくしのデザートとマロンのデザートのどちらかをチョイス。
マロンは甘いような気がして、ゴマづくしを選択。

2009_0211画像0192
黒ゴマのアイスです。
甘さは控えめで、濃厚なゴマの味がします。美味しい。

2009_0211画像0191
ゴマのシュークリームです。

2009_0211画像0195
中にはたっぷりのゴマペーストが入っています。
ペーストは甘さを抑え、ゴマの風味がとてもきいていました。

2009_0211画像0193
ゴマのブラマンジェには、ふわふわとしたクリームがのっていて、その下にゴとろりとした食感のゴマのブラマンジェが入っていました。

2009_0211画像0194
先輩は甘くないものを、ということで、アイスの盛り合わせをお願いしました。

2009_0211画像0196
飲み物はコーヒーを選択。

2009_0211画像0197
美味しいコーヒーでしたが、デザートがたっぷりだったので、もっと飲みたかったです(笑)。

2009_0211画像0198
コーヒーシュガーだけで3種類もありました。

2009_0211画像0200
先輩はハーブティーを選択。
美味しいという噂を聞いていたのでチョイスしたそうですが、確かにすごい。
透明なポットの中にはさまざまな種類のハーブがたっぷりと入っていました。
一口いただくと、いろいろな香りが口や鼻の中を吹き抜けていきます。
レモングラスでしょうか、柑橘系の香りが印象的で、とてもさっぱり。

デザートの甘さをどうにかさっぱりさせたくて、何も考えずにコーヒーを選んでしまいましたが、こっちにすれば良かった(泣)。

2009_0211画像0199
飲み物と一緒にプチフールが出ましたが、もうおなかいっぱいで甘い物はこれ以上入らず、時間もかなり押していたので、諦めて帰ることにしました。
一応、おばさん根性を発揮して、持ち帰れないかとカバンをさぐってみましたが、包むようなものもなく、手つかずで残してしまいました。すみません。。。


お会計をしているとシェフがご挨拶に出てきて頂き、サービスの方と共にお店の外にまで出て見送って下さいました。
時間がないのと、振り返るのが気恥ずかしいので、お店の外観の写真は結局撮れずじまいでした。残念。
ちなみに、この日のお会計は、サービス料が10%ついて、二人で合計36,267円です。

帰り道は行けるところまで電車を乗り継ぎ、最後はタクシーにて帰宅。
ずいぶん散財しちゃいましたが、お料理は文句なく美味しくておなかいっぱいになり、たまにはこういうのも面白かったです。楽しい新年会でした(笑)。

さて、今年はどこに行こうかな。


2009年2月10日訪問時お店DATA
*********************************
La Table de com・ma (ラ・ターブル・ド・コンマ)
〒154-0012 東京都世田谷区駒沢1-16-7
TEL  03-3418-1011
FAX  03-3418-1603
営業時間 12:00~14:00(L.O.)  18:00~21:00(L.O.)
定休日 月 
田園都市線駒沢大学駅 徒歩5分 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2010/01/15 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(4) |
番町 松月庵  @麹町
2009_0910画像0031
2009年9月8日は、お客様が突然12時ジャストにいらっしゃり、そのまま上司と長い打ち合わせに入ってしまい、お腹を空かせたまま待つことになりました(汗)。
お客様がお帰りになり、仕事が一段落してから、すぐにお料理を配達してくれる「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしました。
前回出前をお願いしたのは2009年9月4日だったので、わずか4日後です(汗)。

こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんも、
皆さんとても感じの良い方ばかりです。
それほど頻繁に出前をお願いしている訳でもないのに、こちらの会社のことを覚えていただき、
とってもうれしいです。

2009_0123画像0103
実際のお店は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

2008_1128画像0070
こちらのお店でいただくお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備しているので、利用するのは上司だけ。
電話で注文する時に「お箸はいりません。」と伝えるのを忘れてしまうことが多いので、
配達の時に持ってきていただいたのにわざわざ持ち帰っていただいたり、
さらにそれも忘れると使わずにとっておいて器と一緒に返却するようにしています。

紙

お新香にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2009_0424画像0084
お蕎麦についてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。


おかめとじそば (1,260円)
2009_0910画像0024
最近、「松月庵」の食べたことのあるメニューがダブらないように、机の上にメニューを置いて、食べたことがあるものを塗りつぶしています(笑)。
未食のメニューでお値段がお高い「おかめとじそば」を注文してみました。

2009_0910画像0026
パッと見では卵の塊が表面を覆い、小松菜のような青菜と海苔で彩りをしているだけのように見えますが、卵の下には、カマボコ、タケノコ、シイタケ、伊達巻き、ナルトなどなど、具材がたっぷりと隠れていました。なるほど、お値段がお高いのはこれが理由なんですね。

2009_0910画像0027
午後1時20分頃に電話で出前をお願いしたところ、到着したのは1時40分。もちろんこれでもとても早いほうだと思いますが、12時頃の一番混み合う時間帯でも20分ぐらいで届けていただけるので、あんまり変わらないんだなぁ~と実感。配達の方もピーク時を越えるとお休みに入るのでしょうか。

2009_0910画像0029
お蕎麦はやはりのびていて、慎重に手繰らないと柔らかくて切れそうでした。

2009_0910画像0032
伊達巻きはかなり甘い味付けなので、甘いものが苦手な私には少々しんどかったです(汗)。

2009_0910画像0034
この日のそばつゆは美味しかったですが、いつもより気持ち薄めだったので、トッピングがあっさりしている分、さっぱりといただけました。コッテリ好きなので、ボリュームという意味ではなく、少々物足りなかったです(笑)。


冷しカレーせいろそば (980円)
2009_0910画像0030
先輩はこちらを注文。

2009_0910画像0033
麺がほぼ固形と化していて、持ち上げてもブロック状になったままです(笑)。
食べる分だけ手繰ることが出来ないので、ブロックごとつゆに沈めたら、今度は量が多すぎてうまくカレーに絡まず、しかもこぼれそう。食べるのにだいぶ苦労していました(笑)。


注文したのが遅かったせいか器の回収もなかなかこなかったので、午後遅い時間に先輩と「松月庵、こないですね~。」と話していたら、ちょうどぴったりのタイミングでインターホンが鳴ったので、びっくりしました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  五目蕎麦(日本蕎麦)(2008年12月9日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日
(特製品)
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
(季節物)
  冷しきつね
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば(2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日

  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日
(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
(セット物)
  親子丼セット(もりそば)(2008年3月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2009年9月8日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00-21:00
[土曜] 11:00-19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/14 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
Ricky LoLo  @市ヶ谷/麹町
2009_0910画像0014
2009年9月7日は上司がお昼になっても帰ってこず、連絡もなし。
午後早くから次の予定が入っていたので、見切り発車で移動販売のお弁当を買いに行くことにしました。

2009_0910画像0007
この日は月曜日だったので「移動販売 泉州屋台」さんが来ていたのですが、ほぼ問面に見慣れぬピンク色の車が、、、。
数週間前にも、月曜日に違う移動販売が来ていて美容院の前に停車していたとのに気付いていたのですが、この日はソニーミュージックの前に車がありました。

2009_0910画像0008
せっかくなので新規開拓!と思い、こちらのお店に来てみました。
ワゴン車が止まる場所は、市ヶ谷駅から日テレ通りを半蔵門方面に向かい、最初の交差点を右に曲がって少し行ったところにある日本大学大学院前です。
以前ご紹介した「五番町 祭り屋 ステーキハウス」と「やきとり 串八珍 市ヶ谷別館」を越えたもう少し先です。日本大学大学院を越えてさらに進むと「京旬菜 塁菜 Rui-Sai」があります。

この場所には、ほぼ日替わりで移動販売の車がやってきます。
月曜日 泉州屋台Ricky LoLo
火曜日 名称不明のエスニック系移動販売
水曜日 サファリカレー
木曜日 BERO KITCHEN
金曜日 サファリカレー

2009_0910画像0001
こちらの「Ricky LoLo(リッキー ロロ)」はハワイアンフードの専門店で、ここにやってくる移動販売のお店で唯一の女性店長さんです。

2009_0910画像0003
メニューはとても豊富で、常時10~12種類あるとのことです。
車のサイドにメニューの写真がたくさんはられていて、お料理の説明や人気メニューはどれとか、いろいろと書いてあってとてもわかりやすかったです。

2009_0910画像0004
女性店長さんはとても明るく対応してくださいます。
それ程待たずにお料理が出来上がります。

2009_0910画像0006
ランチセットは全て600円とお安く、ご飯の大盛りは無料、メガ盛りはプラス50円です。
予約も出来るとのこと。

2009_0910画像0002
私たちの前には二人ほど並んでいて、私たちの後にはまた二人ぐらい並んでいました。
お店の前のカウンターにドレッシングやソースなどが置かれているので、好みで自分でかけます。

2009_0910画像0009
日替わりで数量限定のメニューがいろいろあってとても迷いましたが、やはり、ここはまず基本から!と思い、ロコモコを注文。

2009_0910画像0010
紙で作ってあるお弁当箱はとても大きく、ご飯がアツアツで底がとても熱くなっていました。
紙の容器は、プラスチックの容器と違って洗わないで捨てられるので、とても便利。


Loco Moco(ロコモコ) (600円)
2009_0910画像0015
ロコモコにはメイン、ご飯、お総菜、サラダ、フルーツが入っていました。
お料理はオシャレに盛りつけられています。

2009_0910画像0016
レタスと水菜のサラダにはゴマドレッシングをかけていただきました。
デザートとしてルビーグレープフルーツを薄くカットしたものが入っています。

2009_0910画像0017
お総菜として薄い小判型のポテトコロッケが入っていました。

2009_0910画像0022
無難なお味でしたが、大量生産っぽい形でちょっとエスニック的な雰囲気を損ねているかも。

2009_0910画像0018
大きなハンバーグにボール状にまるめられたご飯が二個添えられ、その上に目玉焼きがのせて、たっぷりのソースがかかっています。

2009_0910画像0019
たまたまだったのか、ご飯はかなり軟らかく炊かれていて、べっとりとしていました。
食べるのが少々しんどかったです。
ご飯の量は少なめなので、ボリューム系の方は無料の大盛りにした方がいいかも。

2009_0910画像0020
目玉焼きは黄身がパッと見半熟のように色鮮やかですが、ちょうど固く焼かれています。

2009_0910画像0021
ハンバーグはサイズはとても大きく、お肉はかなり柔らかです。
「甘口」とあったとおり、かけてあるソースがかなり甘めで、甘いものが苦手な私には少々しんどかったです(汗)。

2009_0910画像0023
ソースの量はかなりたっぷりとかかっています。


今日の日替り おすすめ!! 限定10食 ココナツチキンカリー (600円)
2009_0910画像0012
先輩は、日替わりのこちらのメニューをチョイス。
メイン以外は私のお弁当と全く同じです。

2009_0910画像0013
私も一口いただきましたが、ココナツチキンカリーは、あまりコクがなくて塩気を強く感じました。
ココナツミルクの風味があまりなかったのが残念だったそうです。


苦手な甘めの味付けとご飯の柔らかさなどなどが気になり、先輩も私も残念ながらあまり好みではなかったです。メニューが他にもたくさんあるので、次回はスパイシー系とかを食べてみたいです。


2009年9月7日購入時お店DATA
*******************************
Ricky LoLo (りっきー ろろ)
移動ワゴン車での販売
場所  日本大学大学院前(東京都千代田区五番町12-5
営業日 月曜日
営業時間 お昼前から売り切れまで
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分

[会社]
〒120-0854
東京都足立区本木東町12-17
電話 090-9952-8117 03-3889-3532
メールアドレス ricky_lolo@softbank.ne.jp

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/13 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
徳多和良  @北千住
2009_0905画像0266
2009年9月5日は、四谷三丁目の「らぁめん 薫」でランチをしたあと、妻家房のキムチ教室に参加し、その後、本当ならば先輩と四谷界隈でディナーをしようと言っていたのですが、先輩が残念ながら腰痛で不参加だったので、急遽中止。

2009_0905画像0277
でも、せっかくの機会だったので、どこかに出かけたいと思い、情報をチェック。
このところの居酒屋ブームにのり、よく居酒屋巡りをしているので、東京三大もつ煮込みとしても有名な北千住の「大はし」に行こうかと思って調べたところ、写真撮影が最近禁止になったとのこと(泣)。
食べログで北千住エリアだと「大はし」よりも注目度の高い立ち呑み居酒屋「徳多和良(とくだわら)」を発見したので、こちらに行ってみることにしました。

2009_0905画像0276
JR・地下鉄北千住駅の西口から大通りの左手を直進し、三つ目の角を左に曲がって、ほぼ住宅地のような場所をしばらく行くと、右手にお店があります。
開店時間の5時少し前でしたが、さすがに人気店で、既に5、6人が並んでいました。

2009_0905画像0259
客層はかなり広く、ギリギリ若い感じ(笑)の人から年配の方、4人位のグループから一人客までと様々です。

2009_0905画像0260
開店して店内に入ると、テーブル席が二つ、カウンター席がありました。
全体的にとてもこじんまりとしていて狭いです。

2009_0905画像0255
私たちは奥のテーブルに案内され、男性4人連れと相席になりました。
開店と同時にほぼ満席です。

2009_0905画像0257
お店の奥の壁に、お酒とお料理のボードが出ています。
ドリンクのメニューはこちら。
ほとんどのメニューが315円!
まずはお店の方が、お客さん全員にお酒の注文を伺います。

2009_0905画像0270
この日のお料理のメニューはこちらです。
お魚系のメニューがほとんどなのに、主要価格帯が315円というすごさ。
しかも、ちょっと珍しいお料理がたくさんあります。
売りきりなので、終わったメニューはどんどん黒板から消えていきます。
早い者勝ち!


生ビール エビス樽生 (315円)
2009_0905画像0261
まずはビールで乾杯!
ドリンクはほとんどのメニューが315円で、生ビールも同じ値段ですが、当然サイズは小さかったです。
韓国料理を食べた後ということもあり、とにかくノドが渇いていて、もちろんエビスは大好きですが、いつも以上に美味しくいただき、あっという間に飲み干しちゃいました(汗)。


ふぐの唐揚 (315円)
2009_0905画像0262
まずは最初の一品。
揚げたて熱々で出てきました。

2009_0905画像0263
小さいですが、ほろりとほどける白身がとっても美味しい!
中にある一番太い骨は食べられないので、しゃぶるようにいただきました(笑)。


徳ハイ (315円)
2009_0905画像0264
ウイスキーに梅酒を加えたものだそうで、このお店の名物ドリンクです。
かなり多くの人が注文していました。
炭酸は弱かったですが、ウイスキーの苦みは少なく、梅酒の甘みがあります。
最初のうちは梅酒の甘みが気になりませんでしたが、後半は私にはちょっと甘く感じたので、お刺身などについていたかぼすを搾って入れたら、最後まで美味しく飲めました。


焼しめさば (315円)
2009_0905画像0265
お値段がお値段なので、切り身は少々小さめです。
表面がとても香ばしく焼かれたしめ鯖は、しっかりと締めてあるのでかなり酸味がきいていました。
面白い組み合わせで、サッパリして美味しいです。
初めて食べたと思います。


鮫心臓刺 (315円)
2009_0905画像0266
サメを生で食べること、ましてや心臓なんて、人生初めてです。
出てきたお刺身は一切れ一切れも大きめにカットされていて、全体のボリュームもたっぷり。

2009_0905画像0267
おろしショウガ、大葉など、薬味がたっぷりと添えられていますが、薬味をつけずそのまま食べても、臭みなどは全くなく、ぷりっとした歯応えで、とっても美味しい。
どこかで食べた味のような気がしますが、どうしても思い出せません。
この日一番のインパクトのあったメニューでした。


鮭白子豆腐 (315円)
2009_0905画像0268
白子と同じく、もみじおろしとポン酢でさっぱりといただきます。
普通の豆腐より少し硬めで、白子のコクをしっかり感じました。
こういう変わり豆腐ってあまり食べたことがなかったので美味しくて面白いです。


舌平目煮付 (315円)
2009_0905画像0269
舌平目って、ムニエルとかで食べることが多く、煮付けが珍しかったので注文してみました。
煮汁の味付けが私にはかなり甘めなのは残念でしたが、ふんわりと柔らかくて脂がのっていました。
まるまる一匹でこのお値段はとってもお得!


生レモンサワー (315円)
2009_0905画像0271
おかわりでレモンサワーをいただきました。
さっぱりとしていました。


ほうぼう生うに巻き (420円)
2009_0905画像0272
ほうぼうのお刺身なんて、珍しい!と思って注文してみた一品です。
生うにをほうぼうのお刺身でぐるりと巻いて、一緒にいただきます。
彩りがとってもキレイ。

2009_0905画像0273
生うにはさすがに絶品という訳にはいきませんでしたが、甘みがありました。
サッパリとしてちょっとこりっとしたほうぼうのお刺身との組み合わせは面白かったです。


帆立しんじょ揚げ (420円)
2009_0905画像0274
かぼすを搾って、さっぱりといただきます。
揚げたて熱々のしんじょは帆立の旨みがしっかりとのっていて、とっても美味しい!

2009_0905画像0275
つみれやしんじょなどお魚をすり潰すお料理は、手作りだと本当に美味しい。
もともとホタテ好きということもあり、とっても気に入りました。


連れの人間が、立ち飲みは3杯以上飲むと酔いがかなり回るから、ここまでということで、大変残念ながら、これにて終了。
この日のお会計は、一人3杯ずつ飲んで、二人で合計4,305円。
こんなに美味しいおつまみをいただいてこちらのお値段とは感激です!
お魚系が中心の、珍しくて美味しいメニューがたくさんのこちらのお店、人数を揃えたら、メニュー制覇も夢じゃないような気がするので、もう少し人数を揃えてぜひとも再訪してみたいです。

なお、こちらのお店は2010年1月20日~2月28日まで、改装のため休業です。

ちなみに、満腹にはなっていなかったので、この界隈で評判のラーメン屋さんに行ったのですが、お味は無難で、食べている途中にデジカメが容量一杯になって写真撮影が続行不可能になってしまったので、今回は割愛します。


2009年9月5日訪問時お店DATA
************************
徳多和良 (とくだわら)
〒120-0034 東京都足立区千住2-12
電話 03-3870-7824
営業時間
[平日]17:00~21:30
[土曜]17:00~21:00
定休日 日曜・祝日・第2月曜
JR・地下鉄北千住駅から徒歩7分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2010/01/12 09:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目  
2009_0905画像0247
2009年9月5日は、2009年上半期最後のキムチ教室でした。
教室が始まる前、恒例のラーメン屋さん巡りとして「らぁめん 薫」でランチをしてきました。
前回のキムチ教室は2009年6月20日だったので、約2ヶ月半ぶりです。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大5人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きです。

2008_1025画像0017
妻家房のお店の中は、手前側で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われています。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、
中にカクテキの材料が飾られています。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

2009_0905画像0198
この日のメニューは、キムチが「マッキムチ」、韓国料理が「納豆チゲ(チョングッチャン)」です。

参加者の中に、珍しく男性が二人参加していました。


【 マッキムチ 】
2009_0905画像0197
テーブルの上にはその日のキムチの材料が並べられています。

「マッキムチ」とは、白菜を株からではなく切ってから作るキムチで、手間がかからず、すぐに食べられるそうです。

2009_0905画像0223
妻家房のキムチ教室で使うお野菜はいつもとても立派です。
白菜はお尻の方向から縦に二つに割きます。

2009_0905画像0200
縦に三等分し、4.5センチ角に切りそろえ、水でさっと洗って水分を切ります。

2009_0905画像0201
ボールに少しずつ白菜を入れ、塩をかけ回します。

2009_0905画像0226
重石をしないで30分置き、一度全体をひっくり返してもう30分置きます。
キムチ教室で使う白菜は、時間がないので工場で既に塩漬けされたものを使います。

塩漬けした白菜は水で2、3回洗い、しぼらずに自然の水切りを30分行います。

2009_0905画像0206
このキムチでは、イワシのエキスではなく、イワシの塩辛を使います。
エキスよりもコクが出るそうです。

2009_0905画像0207
イワシの塩辛は汁を搾って中身だけ取りだし、骨ごと細かく包丁で叩きます。
このとき、イワシの中に残っている汁が飛び出すのにご注意!

2009_0905画像0215
トロトロの液状化にします。

2009_0905画像0209
次に、ヤンニョンを作ります。
ニンニクとショウガはすり鉢で潰します。

2009_0905画像0216
もち粉は、水にもち粉を溶かして沸騰させ、冷まして糊状になったものを使います。

2009_0905画像0214
ボールに唐辛子粉、ニンニク、ショウガ、もち粉を入れて混ぜ合わせます。
イワシの身が入っているので、それ程赤くなりません。

2009_0905画像0224
ニラと万能ネギを切って加えます。

2009_0905画像0227
さらに砂糖といりゴマを加え、好みで煮干しの粉も入れます。

2009_0905画像0218
全体を混ぜ合わせます。

2009_0905画像0228
水を切った白菜を投入。
揉まないで、ヤンニョンを全体に和えるようにします。
味を見て、足りないようなら塩を足します。
白菜の緑の部分を入れると、唐辛子をかなり入れないと赤く染まらないそうです。

2009_0905画像0222
出来上がったら、キムチ壺に入れます。
このまま食べると少し魚の生臭みがあるので、嫌いならば発酵させます。
1日常温で置いて、その後冷蔵庫に入れ、1週間後ぐらいから食べられます。

2009_0905画像0229
こちらが持ち帰り用です。量がたっぷりで嬉しい。
出来たてを一口食べましたが、少々塩気が強いものの、私は全く臭みは気にならず、美味しく食べられました。


【 納豆チゲ(チョングッチャン)】
2009_0905画像0230
この日の韓国料理は納豆チゲ。
材料がずらりと机の上に並んでいます。
韓国語で書いてあるので、どれがどれだか、わからないです(笑)。

2009_0905画像0232
チゲのダシはイワシの煮干しを使います。

2009_0905画像0231
イワシの煮干しは生臭さをとるため、お鍋で乾煎りします。

2009_0905画像0234
乾いたら、細かく刻みます。

2009_0905画像0233
韓国にも納豆がありますが、日本のようにそのまま食べることはなく、鍋などに入れるそうです。
今日のお料理は日本の納豆で作りました。

2009_0905画像0235
鍋にお水と煮干しを入れ、沸騰させます。
このとき、お水ではなく昆布ダシだとなお良いそうです。
白菜キムチの汁を搾り、みじん切りにします。

2009_0905画像0238
お鍋が沸騰したら、味噌とコチュジャンを加えます。
豚肉のバラや牛肉のハラミなどを入れると、より美味しいそうです。

2009_0905画像0239
長ネギと青唐辛子を刻みます。
青唐辛子はとっても辛いので、お好みの分量で。

2009_0905画像0242
ズッキーニは1センチの銀杏切りに、豆腐は1センチ角に切ります。

2009_0905画像0243
ズッキーニを先に鍋の中に投入します。
火加減はずっと強火です。

2009_0905画像0244
ズッキーニが柔らかくなったら、納豆、豆腐、ネギ、ショウガ、ニンニクを加えます。

2009_0905画像0245
全体に火が通ったら、出来上がりです。

2009_0905画像0246
いよいよ、うれしい試食タイムです♪

2009_0905画像0247
うーん、とっても美味しそう!
納豆の美味しい香りが漂ってきます。

2009_0905画像0248
新たにお茶を一杯もらい、いただきま~す!

2009_0905画像0250
よく煮えたズッキーニは、何だかナスに見えますね(笑)。

2009_0905画像0251
しっかりとダシがきいて、ピリ辛でとってもウマウマです。
水分を少なめにしておかずのように食べる方が美味しいとのこと。

2009_0905画像0252
ご飯のおかずだからと、先生の計らいでご飯を出していただきました。
味がしっかりとしていて、ご飯がいくらでも食べられる!
自分でもなんちゃって韓国風納豆味噌汁を作ったことはありますが、全然違いました。

2009_0905画像0253
さらにさらに、妻家房の美味しいキムチも登場!
間違いない美味しい組み合わせで、とっても幸せです。

2009_0905画像0254
この日もとても美味しいお料理をいただくことができました。
簡単なので自宅でもぜひ作ってみたいですが、やはり美味しい白菜キムチが必要です。自分で作るのは大変だから、調達しないと(笑)。
身体がとても温まるのでどうも冬向きなメニューのイメージなんですが、ズッキーニが必要なので、日本だと作るのは夏なんだろうな~。


2009年9月5日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2010/01/08 09:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【店名変更】 らぁめん 薫  @四谷三丁目
2010年12月20日追記

2010_0605画像0022
 2009年6月14日にオープンした「らぁめん 薫」は1年経たずに閉店し、
 2010年6月3日に「麺屋 大勝軒 四谷三丁目店」がオープンしました。
 2010年6月5日に訪問したところ、経営母体は変わらず、店名変更でした。

**************************************

2009_0905画像0183
2009年9月5日は、2009年上半期の最後の妻家房でのキムチ教室でした。

2009_0905画像0163
その前に、恒例になっている四谷三丁目のラーメン屋さん巡りで腹ごしらえをすべく、時間より少し早めに四谷三丁目に到着しました。

2009_0905画像0164
そろそろ四谷三丁目のラーメン屋さんもほとんど制覇したなぁ~、なんて思っていたら、2008年1月18日に訪問した「ラーメン 大陸」のすぐ隣に新しいラーメン屋さんが出来ていたので、行ってみることにしました。

2009_0905画像0165
地下鉄丸の内線四谷三丁目の駅から四谷三丁目交差点に出て、外苑東通りを靖国通りに向かって緩やかに坂を下って行くと、左手にあります。

2009_0905画像0166
店舗の構えやメニューの看板などを見るとチェーン店なのかなと思いましたが、そうではないようです。
・・・と最初に記事を書いてしまいましたが、☆まがり★さんからのご指摘があり、名刺をみつけたり、ネット検索してみたら、株式会社南京軒食品という製麺屋さんの直営店で、「元祖 札幌や」など姉妹店だけで都内に15店舗ありました。
平成21年6月14日にオープンしたとのことです。

2009_0905画像0181
店内はとても広く、中央の厨房を囲むようにカウンター席があり、それ以外の場所はテーブル席があります。

2009_0905画像0167
外苑東通りに面した席は窓ガラスが大きく、太陽の光が燦々と入ってきて、とっても明るい。

2009_0905画像0168
店員さんから「どこでもどうぞ~。」と言われたので、カウンター席のやや右側の方に着席。

2009_0905画像0169
それにしても、土曜日とは言え午後1時半頃なのに、広い店内に先客は一名のみ。
さすがにちょっと気恥ずかしかったです。


鰹つけめん (800円)
2009_0905画像0183
下調べを特にしていなかったのと、何でもありありのメニューだったので、どれにしようかずいぶん迷いましたが、まだまだ暑い日だったので、こちらを選択。
お得なセットメニューもありましたが、この日の夜も外食予定だったので、我慢。

2009_0905画像0190
お箸は洗い箸でした。

2009_0905画像0184
最近のつけ麺屋さんの盛りを考えると、麺のボリュームは普通よりも少々少なめかな?

2009_0905画像0187
黄色みがかった中太麺は、ぴかぴか・ツヤツヤに光っています。
美味しそう。

2009_0905画像0188
鰹ベースのつけ汁は、具材が全て沈んでしまって、見た目がちょっと侘びしい(汗)。

2009_0905画像0196
お品書きに書かれた程のインパクトはありませんが、魚の風味がしっかり感じられて、とても食べやすいスープです。

2009_0905画像0191
メンマはたっぷりと入っていました。

2009_0905画像0194
味玉は美味しかったですが、もっと半熟なタイプが好みです。

2009_0905画像0195
薄切りのチャーシューは細くカットされて入っていました。


つけ麺は、良くも悪くも食べやすく、万人向けのお味でした。
お店は駅近でキレイでゆったりとしていることを考えれば、ボリュームはやや少ないものの、使い勝手の良いお店なのかと思います。


メニューはこちらです↓
2009_0905画像0170

2009_0905画像0171

2009_0905画像0172

2009_0905画像0173

2009_0905画像0174

2009_0905画像0175

2009_0905画像0176

2009_0905画像0177

2009_0905画像0178

2009_0905画像0179

2009_0905画像0180


2009年9月5日訪問時お店DATA
************************
らぁめん 薫 (かおり)
〒160-0006
東京都新宿区舟町7-1
電話 03-3226-4376
営業時間
[火~土]11:00~4:00
[日・月]11:00~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩3分
地下鉄都営新宿線・丸の内線曙橋駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/07 09:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @市ヶ谷/麹町
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

2012年4月5日追記

2012年3月29日、久しぶりに「俵屋」に出前を頼んだら、配達をやめたと言われました。
最後にお願いしたのは2011年8月26日だったので、約7ヶ月の間のいつかに終わっていたようです。
あまり頻繁に利用してはいませんでしたが、スピーディに配達してくれる数少ない貴重なお店だっただけに残念です。

***************************************

改めまして、新年あけましておめでとうございます。
私の職場は仕事始めが少し遅く、今日からいよいよスタートです。

拙ブログは遅れに遅れ、まだ昨年の9月上旬頃の記事を書いているところですが、今日アップする記事はさらに3ヶ月前の2009年6月25日のものです(汗)。
なんでこんなに遅くなってしまったのかは、記事をお読み下さい。

こんなダラダラなブログですが、本年も何卒よろしくお願いします☆

**************************************

全体convert_20100104084628
2009年6月25日のランチは、上司からの希望で、「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」に出前をお願いしました。
前回お願いしたのは2009年6月19日だったので、約1週間ぶりです。

外2

「俵屋」は、出前だけでなく、実際の店舗でも食事をすることが出来ます。
お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から、日本テレビ通りを半蔵門方面に向かってしばらく進み、コンビニのampmの一つ先にある、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルの中にあります。

2009_0424画像0079
こちらのビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には、2008年3月7日に訪問した「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」
2階には、2007年6月4日にランチを、2008年の3月3日にお弁当2008年12月13日にディナーをいただいた、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」と、
2009年4月22日に訪問した「Yakiniku Y-Style (やきにく わいすたいる)」
地下1階には、2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 (やまちょう) 麹町店」
が入っています。

外1

こちらのお店は配達がかなり早いので、とても重宝しています。

2009_0220画像0097
こちらは俵屋のオリジナルの割り箸です。
最近はマイ箸を使うことが多いので、忘れない限りはいただかないようにしています。

この日はデジカメのスイッチが入らないという衝撃的な事件に遭遇しました。
すでに5年物になっている私のデジカメ、半年ぐらい前から、「カチッ」という音がして突然電源が落ちるという症状が出ていました。頻繁というほどではないものの、そろそろ新しい機種の購入を考えなきゃいけないかな~とぐずぐずしていたら、案の定!
デジタルカメラを渡り歩くこと既に4代目の先輩から、「スペアを持つつもりで買っておかないと、いざというときに美味しい料理の写真が撮れないし、急に買おうとするとディスカウント狙えないから、1万円ぐらい買値に差がありますよ!」と以前から言われていたのにこのていたらく。
くぅ~。


味噌つけめん (740円)  
和人つけ麺convert_20100104085026
汁麺はのびてしまうので、この日はこちらを注文。

和人つけ麺・スープconvert_20100104084946
何度スイッチを動かしてもピクともしないカメラを前に、頭の中が真っ白。
この日の写真はすべて先輩のカメラのものです。
・・・なので、写真の色合いが普段と少し違います。
ただし、先輩がカメラを貸してくれたので、私が撮ったものも混ざっています(笑)。

麺convert_20100104084816
麺が多少のびていても、タレをくぐらせることで麺がほぐれ、食べやすくなりました。

トッピングconvert_20100104084558
トッピングは別皿に盛られて来るので、、、

トッピングのせconvert_20100104084859
自分でトッピングの盛り付けをします。
カメラのことばかり考えていたのでお味はあまり覚えていませんが、スープがよくからみ、しっかり味でなかなか美味しかったです。ボリュームもまあまあ。


味噌坦々つけめん (790円)  
味噌担々麺つけ麺convert_20100104084743
先輩は、こちらのメニューをチョイス。

味噌坦々つけ麺・スープconvert_20100104084710
つけ汁以外は全て同じです(笑)。
俵屋さんのメニューの中では先輩お気に入りの一品でした。


実はこの次の日に、ちょっと良いお店のディナーに行く予定だったので、真剣にキャンセルをお願いしようかと悩みました(笑)。
家に持ち帰り、充電器に差し込んだところ、ランプが付いたので一安心。
充電完了したところでとにかく中に入っているデータを取り出そうと取り込み作業を行いましたが、やはりスイッチは入らず(泣)。 
バッテリーや目盛りを引き抜き、息を吹きかけて埃を払って差し直したところ、無事、復活!
どうやらバッテリー切れダウンしたようです。
日時の設定もとんでいましたが、データはすべて残っていて、本当に安心しました。
幸いこのときは写真が撮れなかっただけですみましたが、そろそろボーナスも出たことだし、そろそろ本気で後継機種を考えなきゃいけないな、と大反省な一日でした。

その後ドタバタしていてデータを先輩からもらうのが遅くなり、半年以上経ってからようやく記事をアップすることになりましたが、この記事を書いている現在、実はまだデジカメは買っていません。デジカメの状況はさらに悪化していて、電源が落ちるのは常態化し、昨年末にはメモリが勝手に初期化してしまい、二日分のデータが飛んでしまいました(泣)。さすがにこれ以上の被害に遭わぬよう、デジカメの購入を決意しました。もう機種も決めています。買い換えたら、ブログでお知らせする予定です。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

【 らーめん 】
  絶品 たんめん 野菜たっぷり  (2008年3月7日
  大辛・中辛が選べる担々麺・大辛  (2008年8月27日
  カレーラーメン  (2009年4月24日
  サッパリ塩味 上海焼きそば  (2009年3月10日
  バリバリ カタヤキソバ  (2008年5月8日
  チャーシューつけめん  (2009年6月10日
  味噌つけめん  (2009年6月25日
  ジャージャーめん  (2009年2月16日
  マーボメン (2009年6月19日
  冷し中華  (2008年10月2日
  黒酢冷し中華  (2009年5月20日
  大辛冷し中華  (2008年8月4日

【 ご飯もの 】
  マーチャン丼 麻婆かけチャーハン  (2008年3月24日
  中華丼  (2008年7月1日
  カレーのせチャーハン丼  (2009年3月19日

【 セットメニュー 】
  つけ麺セット ニラレバセット  (2008年12月4日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


新しくなったメニューです↓ 配達は2個以上からです。
2008_1205画像0098

2008_1205画像0101

2008_1205画像0103

2008_1205画像0099

2008_1205画像0100

ここからは午後5時以降のメニューになります↓
2008_1205画像0105

2008_1205画像0106

2008_1205画像0104


2009年6月25日配達時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX  03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
配達時間
[平日] 11:00~21:30 (16:00~17:00は休憩時間)
[土曜] 11:00~15:00
[日祝] 11:00~20:00 (16:00~17:00は休憩時間)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/01/06 09:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
~☆~ A HAPPY NEW YEAR ~☆~
みなさま、2010年、明けましておめでとうございます☆

お天気に恵まれた元旦でしたが、
楽しいお正月を過ごされているでしょうか。

2007年4月から始めたこちらのブログ、
無事、3回目のお正月を迎えることが出来ました。
それもこれも、多くの方々に閲覧していただけたおかげだと、大変感謝しています。

昨年は、拙ブログを新書に取り上げていただいたり、
アクセスも50万回を越えるなど、
自分でもとても驚きでした。

何より、四谷・市ヶ谷近辺と、かなり限定されたエリアにも関わらず、
いまだに美味しいお店を発見できたのがすごく嬉しかったです。

日々はあっという間に過ぎていきますが、
美味しい食事を楽しく食べられることは、
ささやかなことですが、とても幸せなことだと実感しています。
このブログでそうした気持ちを少しでも伝えられればと願っています。

個人的には、体重が2キロほどアップしてなかなか減らすことが出来ないので、
皇居ジョギングでも始めようかなと思っています(笑)。

皆様にとって、今年もステキな一年になりますように!


2010年 元旦  

テーマ:新年のご挨拶 - ジャンル:その他

【2010/01/01 20:55】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる