【移転】 WajiWaji LuncH  @市ヶ谷/麹町
いよいよGWに突入です!
すでにお休みに入った人もいるのではないかと思いますが、私は5月6日と7日にお休みをいただく予定で、なんと8連休になります。
残念ながら遠出の予定はなく、タケノコ狩りや近くの温泉へ行ったり、宿題店にしているラーメン屋さん巡りなぞをしようと考えています。
皆様も楽しい連休をお過ごしください。

**************************************

2009_1216画像0055
2009年12月15日はお昼になっても上司がなかなかご飯のことを言い出さず、「お昼ご飯どうしますか?」と聞いて「お弁当。何でもいいから。」と言われたのはもう12時を少し回っていました。
このところ、火曜日に来ていた移動販売が来なくなってしまっていたようなので、どこのお弁当を買おうかというアイデアもなく、この日の夜は先輩と忘年会を兼ねてがっつり食べに行く予定だったので、2009年2月25日に購入した「魚沼こしひかり弁当 五番町店」で買おうかと思い、事務所を出てお店に向かう途中、新たな移動販売を発見!

2009_1216画像0048
移動販売のワゴン車が止まる場所は、日本大学大学院前です。
(この記事を書いている2010年4月30日の時点では、警察の取り締まりなどにより、移動販売が来ている場所が変更しています。)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、最初の交差点を右に曲がります。
「五番町 祭り屋 ステーキハウス」「鳥珍 市ヶ谷店」(現在は「串八珍 市ヶ谷別館」になっています。)を越えたもう少し先です。
日本大学大学院を越えてさらに進むと「京旬菜 塁菜 Rui-Sai」があります。

この場所には、平日は日替わりで移動販売の車がやってきます。
月曜日 泉州屋台Ricky LoLo
火曜日 WajiWaji LuncH
水曜日 サファリカレー
木曜日 BERO KITCHEN
金曜日 サファリカレー

2009_1216画像0049
「タコライス」の幟がはためいています。
早速列に並びましたが、既に5人程待っていて、全て女性でした。
しばらく私が最後尾でしたが、その後男性を含む数人が続きました。

2009_1216画像0043
メニューはこちらです。
大きな写真付きなので、とてもわかりやすいです。

2009_1216画像0044
沖縄料理を取り入れたエスニック系のお料理という感じでしょうか。
全部で日替わりを含めて5種類、500円から650円とお安いお値段です。

2009_1216画像0042
この日の日替わりは、温玉マーボ飯でした。
ちなみに、この温玉は卵の殻がついたまま渡され、食べるときに自分で割ってのっけます。

2009_1216画像0045
車の前に小さな台があり、右側に辛みソースが置いてあります。

2009_1216画像0046
ご飯の大盛りは無料です。

2009_1216画像0047
スプーン、お箸、ナプキンはセルフで取ります。

お弁当を買う時に店長さんと少し言葉を交わしましたが、気さくな方でした。

2009_1216画像0050
誰がどれを食べるのかわからなかったので、日替わりとタコライスカレーとカオマンガイを一つずつ買いました。
結局、上司が(予想どおり)日替わりをチョイスし、買いに行ったとのことで選択権をもらった私がタコライスカレーを選び、先輩がカオマンガイでした。


タコライスカレー (650円)
2009_1216画像0055
他のメニューに比べて少しお高いですが、タコライスとレッドカレーが食べられるので、とってもお得!

2009_1216画像0057
タコライスは、ご飯の上にレタスを敷いて、その上にミートソース(?)をのせ、水菜とタコスチップス(?)が添えられていて、見た目もきれい。

2009_1216画像0058
水菜は彩りが濃くて鮮やかです。量もたっぷり。

お店で買う時に、タコライスは、チーズをトマトの上に置くか、下に置くかを聞かれます。
下に置くとトロトロにとろけ、上に置くとチーズそのものを楽しめるとのこと。
私はトロトロ派なので、下に置いていただきました。
・・・といっても、買う時に誰が食べるか決まっていないんですけど(笑)。

2009_1216画像0060
前日の「わっとこ」に引き続き、二日連続のタコライスになっちゃいました(笑)。

2009_1216画像0059
タコライスはひき肉がピリ辛で美味しいです。
チーズもちゃんととろけていました。
ご飯のボリュームがたっぷりで、ボリューム満点です。

2009_1216画像0056
レッドカレーで、私が買ったのが最後の一人分でした。ラッキー! 

2009_1216画像0063
具は小さくカットされた野菜などで、あまり入っていません。
あっさりとした口あたりですが、ココナツミルクの風味があり、ストレートなびしっとした辛さです。

2009_1216画像0052
カレー以外のメニューは紙製のお弁当箱で、シンプルでかわいいロゴが入っています。


カオマンガイ (500円)
2009_1216画像0051
お弁当を詰め合わせているとき、次から次へと鶏肉がのせられているのを見て、すごいボリュームだなあ~と思っていました。

2009_1216画像0054
写真だと見えにくいですが、水菜の下にゴーヤのスライスが入っています。

2009_1216画像0053
和風パクチーソースがピリ辛でとっても美味しかったそうです。


この夜のディナーに備え、お昼ご飯は少なめにするつもりだったのに、かなりおなかいっぱいなりました(汗)。
火曜日に安くて美味しい新しい移動販売が来てくれるようになり、これからもいろいろとメニューを試してみたいです。


2009年12月15日購入時お店DATA
*******************************
WajiWaji LuncH  (ワジワジ ランチ)
場 所 日本大学大学院前
営業日 火曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/30 09:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
くし焼 もつ鍋の店 わっとこ 四ッ谷店 @四谷
2009_1216画像0027
2009年12月14日は上司が出張で不在だったので、先輩と一緒にランチを外へ食べに出ました。

2009_1216画像0041
お目当ての店があったわけではなかったのですが、このところちょっとご無沙汰していたしんみち通りへ行ってみると、幾つかお店がかわっているのを発見。
しかも、その一つ「くし焼き もつ鍋の店 わっとこ」は看板が出ていて、ランチをやっていることがわかりました。
お店は2009年11月下旬にオープンし、この時期、ランチを始めたそうです。

ネットを検索しても他の支店の情報はなく、名刺にも書かれていませんが、なぜかぐるなびには「四ッ谷店」となっているので、その表記とさせていただきます。

2009_1216画像0040
通りに出ている看板には「くし焼き もつ鍋」とか書かれているのに、ランチメニューは沖縄料理。
お料理の写真もなくてなんだか不思議でしたが、入ってみることにしました。

2009_1216画像0039
お店の場所は、JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、少し行った右手にあるアクトワールドビルの2階です。
同じ場所には、2008年6月24日に訪問した「CHINESE DINING HOT CHINA(ホットチャイナ)」が入っていましたが、2009年半ばぐらいに閉店したようです。

2009_1216画像0037
このアクトワールドビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
地下1階には、夜営業のみの「もつ鍋居酒屋 なべちゃん 四ッ谷店」、
1階には、夜営業のみの「四ッ谷 今井屋本店」、
「わっとこと」と同じ2階には、2008年5月20日に訪問した「韓国家庭料理 二楽」
が入っています。

2009_1216画像0038
細い階段を上がり、右手にお店の入口があります。

2009_1216画像0003
以前のお店のオシャレな内装からだいぶ様変わりし、イマドキの昭和レトロになっていました。
2009年3月4日に訪問した「鉄板道場 鐵一 四ッ谷店」とか2009年5月16日に訪問した「日本一新鮮和豚専門店 大東京酒場」みたいです。

2009_1216画像0006
お店はそれ程広くなく、手前に厨房とカウンター席、それ以外はテーブル席です。
私たちが入店してみると、店内には店員さんがいませんでした(汗)。
厨房の方に声をかけたところ、下にいる店員さんを呼び戻していました。
そういえば、ビルの入口に若い女性が立っていましたが、このお店の人だったとは。
声出ししていなかったから、全然気付きませんでした。

2009_1216画像0016
「どこでもどうぞ~。」と言われたので、明るくて写真を取りやすそうな窓際の二人席に着席。

2009_1216画像0018
店員さんがお水を出してくれます。
さっそく、メニューを検討!

2009_1216画像0004
ランチメニューは、単品4種類、セット2種類で合計6種類、お値段は680円から980円です。

2009_1216画像0005
セットメニューはドリンクがついていますが、単品メニューでもプラス200円でランチドリンクをつけることができます。さんぴん茶やシークワサーが気になります。

2009_1216画像0001
店内の左側にホワイトボードがあり、本日の日替わりが出ています。
日替わりだけで5種類もあるのがすごい!

2009_1216画像0007
珍しいところでフーチャンプルーとか中身汁が気になったのですが、「いっぱいたべたい人にはおすすめ」というコメントに惹かれ、私はこちらを注文しちゃいました(笑)。
店員さんから「ボリュームたっぷりですけど、大丈夫ですか?」と聞かれたので、「大丈夫です。」と回答。

2009_1216画像0020
お料理が出てくる前に、辛みとして七味唐辛子とこうれいぐすを持ってきてくれました。

2009_1216画像0021
「辛いので少しずつ使って下さい。」と言われたのですが、ビンの口が広めだったので、ちょっとかけるつもりがかなりたっぷりかかっちゃいました(汗)。辛いのは平気なので私は美味しくいただきましたが、同じくたっぷりかけてしまった先輩は、混ぜないでスープを飲んだら、こうれいぐすの部分を飲んでしまい、「さすがに辛かった~。」と言っていました(笑)。

2009_1216画像0019
セットのドリンクはシークワサーをチョイス。
大きなグラスに並々と入っていて、とってもうれしいです。
ほんのり甘めでさっぱりとしていました。


日替わりセット[タコライスとミニソバセット] (980円)
2009_1216画像0027
しばし待って、お料理が登場です。
テーブルがやや小さめですが、それが埋まるぐらいたっぷりのお料理が出てきました。
この日はなぜだか自分のお料理の全体写真を撮り忘れるという痛恨のミス(泣)。

2009_1216画像0023
まずは温かいうちにと、ミニソバ(ソーキソバ)からいただきました。
ミニなので器は小ぶりですが、麺はたっぷり入っていました。

2009_1216画像0032
麺のほかに練り物、スパム、ワカメが入っていて、紅ショウガとネギがトッピングされています。

2009_1216画像0036
寒い日だったので、温かい汁がとても嬉しかったです。
この一品だけでもかなり食べごたえがありました。

ちなみに、この日はけっこう寒い日でしたが、窓は少し開けて風を通していました。
寒さはそれ程感じませんでしたが。

2009_1216画像0024
タコライスは大きな平たいお皿にはご飯がぎっしりとのっていて、その上にたっぷりのレタス、ミニトマト、ひき肉、トマトソースなどがのせられています。

2009_1216画像0025
全体的にさっぱりとしていますが、お肉がちょい辛になっていました。

2009_1216画像0033
半分ほど食べたところで、こうれいぐすをたっぷりかけて辛くしていただきました。

2009_1216画像0035
私たちが食べている途中、大根の炒め物をサービスしていただきました。
まだ温かく、薄味だけど味がしっかり染みこんでいて、美味しかったです。
ごちそうさまです。


ヘルシー中身汁のセット (980円)
2009_1216画像0028
先輩は、翌日予定している忘年会を意識して、さっぱり目の中身汁をチョイス。
それなのに、出てきたお料理を見たら、メインの他にミニソバ、小鉢2種類、お新香がつくというゴージャスぶりで、全然ボリュームダウン出来ませんでした(笑)。

2009_1216画像0031
サラダはリーフレタスのみですが、お皿からはみ出さんばかりに盛られていて、ドレッシングがたっぷりとかかっています。

2009_1216画像0030
もずくにはキュウリとおろし生姜が添えられて、さっぱりと。

2009_1216画像0029
人生お初の中身汁を先輩からおすそ分けしてもらいました。
半透明のスープですが味付けはしっかりとしていて、モツがふるふると柔らかく、程よく脂がのっていて、とっても美味しかったです。


店内は私たちの他に誰もいなかったので、店長さんがいろいろと話しかけてくれました。
こちらのお店は11月下旬にオープンし、店長さんはこの時期に四谷に引っ越してきたそうです。
モツ料理が得意とのことで、「どんなお料理が食べたいですか。いろいろとリクエストして下されば、作りますよ~。」とのうれしいお言葉。
先輩は、沖縄の衣の厚い天ぷらを食べたいと言ったら、沖縄の天ぷらは、夏のお盆に炎天下でも並べておけるように衣が厚くなったそうで、かけるのはウスターソースの方が合うとのこと。うーん、食べてみたい。
オーナーの意向でお料理の盛りをたっぷりにしているそうで、私のような人間には大歓迎です(笑)。
帰りがけ、10%割引きのチケットをいただきました。
ランチの別メニューや夜のメニューも気になるのでぜひ再訪したいです。


ディナーメニューです↓
2009_1216画像0008

2009_1216画像0009

2009_1216画像0010

2009_1216画像0011

2009_1216画像0012

2009_1216画像0013

2009_1216画像0014

2009_1216画像0015


2009年12月14日訪問時お店DATA
****************************
くし焼き もつ鍋の店 わっとこ 四ッ谷店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-7-18 アクトワールドビル2階
TEL 03-6457-8282
FAX 03-6457-8283
営業時間 11:30~24:00  
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/28 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
麻布 鳥源  @六本木
2009_1212画像0098
2009年12月11日はかなり冷え込み、おまけに冷たい雨が降りしきっていたので、久しぶりにお弁当を頼もうと出前館をいろいろ見ていたら、老舗の仕出し弁当屋さんの「麻布 鳥源(とりげん)」というお店が美味しそうだったので、注文してみました。

2009_1212画像0090
11時30分頃に注文したときは画面上で50分待ちと出ていましたが、注文後、お店から「混雑しているので少し時間より遅れます。」という電話が入りました。
電話でのやりとりがとても丁寧な対応だったので、雨の降る日だから混雑しているのは仕方ない、と思い、ゆっくり待っていたのですが、結局、予想していたよりも早く、12時15分頃にお弁当が到着したので、とても嬉しかったです。

2009_1212画像0091
「鳥源」は、六本木にある創業35年という老舗の宅配専門のお店で、全て国産の食材を使い、職人さんが手造りしているお弁当を販売しています。
配達エリアは千代田区と港区は全域、中央区・渋谷区・新宿区・目黒区・品川区の一部地域のみと、あまり広くありません。
お弁当の包み紙のデザインがいい感じです。

2009_1212画像0092
お弁当箱は、底は紙製ですが、周囲は最近ほとんど見かけない経木です。
とても立派で、さすが老舗だなと思いました。

2009_1212画像0093
お弁当の種類はかなり豊富で、お値段も850円から3,150円とかなり幅広いです。
配達販売金額が5,000円からとお高めで、二人分だと金額が足らなかったのですが、先輩が一つお弁当を持ち帰ることにして合計3つ購入し、金額をクリアしました。
先輩、ありがとうございます☆


お好み弁当(イ) (980円)
2009_1212画像0094
お店の自慢は竜田揚げだったので、これにキスの天ぷらが入ったこちらのメニューを注文してみました。
お店のお品書きによれば、メインのほかには、野菜の筑前煮(里芋・椎茸・牛蒡・はす・タケノコ・スナップエンドウ)、ふっくら天、がんも煮、厚焼き玉子、肉団子、刻みこんぶ、蒲鉾、漬け物が入っているそうです。

2009_1212画像0095
おご飯には梅干しがトッピングされ、黒ゴマがふられています。
私好みの固めに炊きあげられたご飯はまだ温かく、量もなかなか多かったです。

2009_1212画像0096
肉だんごは冷めていても柔らかで美味しかったです。
厚焼き玉子は私には甘めの味付けでした。

2009_1212画像0097
ふっくら天(?)は、ふんわりとやわらかな口当たりで、何だかわかりませんがコリコリとした食感のものが入っていました。

2009_1212画像0099
野菜の筑前煮は一つ一つの野菜がとても大きなパーツで豪華でしたが、伝統的なというか正統派というべきか、私にはかなり甘めな味付けでした。
キスの天ぷらはサイズは小さいですが、ふんわりと柔らかかったです。

2009_1212画像0098
竜田揚げを食べるのはとても久しぶりです。
竜田揚げは大きなものが二切れで、レモンの薄切りがのせてあります。
衣は薄めですがしっかりと下味がついていて、ほんのりと甘いです。
温かくはないですが、中の鶏肉は柔らかく、レモンの酸味がほんのりときいていて、とっても美味しい! 非常に上品な味付けの美味な竜田揚げです。
お醤油がついていましたが、そのままで充分いただけました。
正直なところ、もっとたくさん入っていたらな~と思います(笑)。


お総菜の甘めな味付けは私には少々しんどいですが、竜田揚げの美味しさに感動しました。
メニューの中に竜田揚げだけの単品があったので、次回お願いする時は自宅用に買って帰りたいです。
最低注文金額がちょっとネックですが、お弁当とのお値段もお手頃なので、また他のメニューを頼んでみたいです。


2009年12月11日訪問時お店DATA
****************************
麻布 鳥源 (とりげん)
〒106-0032 東京都港区六本木3-3-19
TEL 03-3583-6561
FAX 03-5754-3775
営業時間(配達時間) 
[平日] 10:00~20:00    
[土日] 10:00~14:00  
*土日の配達は3日前の午後3時までに入った予約のみ。
定休日 祝日

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/27 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
中華ごはん亭 とんぼ  @市ヶ谷
2009_1212画像0018
2009年12月10日は上司がお昼近くに事務所に戻って午後1時から来客の予定だったので、あまりお昼の時間をゆっくり取れず、ランチをどうしようかと先輩と協議していたら、ちょうど上司から電話が入り、「なんでもいいからお弁当を。」と言われました。
どのお弁当にしようかと悩んでいたら、2008年3月4日にお弁当を購入した「青山ごはん亭 市ヶ谷店」だった場所で新しいお店ができて、お弁当販売していることを思い出し、行ってみることにしました。

2009_1212画像0004
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの左側を麹町方面に向かって歩き、最初の交差点を左に曲がります。まっすぐ3ブロックほど歩き、東郷通りの少し手前です。

2009_1212画像0002
お店は右側に入口があり、左側にお弁当を販売する狭いスペースがあります。
ランチタイムはお店の左側でお弁当を販売し、店内で食事もできるようです。

2009_1212画像0003
この赤提灯を見る限りでは、夜は焼き鳥メインの一杯飲み屋なのかな?

2009_1212画像0001
この日は12時前に事務所を出て、お店に到着したのが12時になったばかりだったので、人もほとんどいなくて、お弁当はたくさんの種類がありました。
おばさまお二人でお弁当を販売しています。

写真を撮らせていただいたら、店員さんから「夜は焼き鳥をやっています。サービスしますので、ぜひ来て下さい。」とお誘いいただきました。

2009_1212画像0005
種類が豊富で迷いましたが、この日の夜は事務所の忘年会を予定していたので、軽めのメニューを希望していた先輩には鳥肉といか甘辛炒めを、上司には大好きなかつ煮を、私はこのお店のおすすめの鳥南蛮にしてみました。
とは言っても、上司がどのお弁当をチョイスするかわからないので、あくまで予測です(笑)。

2009_1212画像0008
お弁当についていた割り箸を見てビックリ。
「青山ごはん亭」が撤退して「とんぼ」になったと思っていたのですが、お箸は昔のままでした。


おすすめ 鳥南蛮 味噌汁付 (550円)
2009_1212画像0009
お弁当は目論見通りの配分となり、私はおすすめを食べられました(笑)。

2009_1212画像0010
お値段はどれもお安いのに、お味噌汁までついています。
小さなサイズのお味噌汁ですが、あるとないとでは大違い。身体が温まりました。
ワカメが入っていたような、ぼんやりとした記憶があります(汗)。

2009_1212画像0011

2009_1212画像0012
お新香は2種類入っていて、一つは大根の甘酢漬けで、、、

2009_1212画像0013
もう一種類はたっぷりのタクアンです。

2009_1212画像0015
ニンジンとお揚げの入った切り干し大根はかなり私にはかなり甘い味付けでした。

2009_1212画像0016
ご飯はたっぷりと入っていて、小梅がトッピングされています。
「ごはん亭」という名前のわりには、ご飯はフツーなお味でした。

2009_1212画像0017
ボリュームたっぷりのお肉は柔らかく、揚げ物ですがさっぱりといただけました。
お肉の下には千切りキャベツがひかれています。

2009_1212画像0018
しっかりと濃いめの味付けでごはんが進みます。


鳥肉といか甘辛炒め (550円)
2009_1212画像0006
先輩はこちらのお弁当をチョイス。
私の食べたお弁当に比べ、お新香が少ない分、もう一品のおかずが入っていました。

2009_1212画像0007
しっかり味の炒め物で美味しかったとのことです。

2009_1212画像0019
領収書を見てみると、お店の正式な名前は「中華ごはん亭 とんぼ」だそうで、電話番号は以前の「青山ごはん亭」と全く同じです。
「青山ごはん亭」の中華バージョンなのか、こちらのお店にお弁当だけ委託販売をしているのか、ネットを検索してもあまり情報がなく、よくわかりませんでした。


お弁当は低価格ですがお味噌汁がついて、ボリュームもたっぷりでお値打ちだと思います。
メニューも豊富だし、また買いに行ってみたいです。


2009年12月10日購入時お店DATA
***************************
中華ごはん亭 とんぼ 
〒102-0074
東京都千代田区九段4-7-24
TEL 03-3221-2388
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/26 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 KOREAN DINING 長寿韓酒房 四ッ谷店  @四谷
2015年5月25日追記

長寿韓酒房」は2014年12月26日に閉店しました。
ビルの建て替えが噂されているためか、跡地はそのままになっています。

********************************

2009_1209画像0104
2009年12月9日は上司が出張で不在だったので、先輩とランチを食べに出たのですが、この日は曇りでとても寒く、何か温かくて辛いスープを食べたいな~という気分になり、先輩も、前日に韓国料理のテレビで見たという「ソルロンタンが食べたい!」と賛成してくれたので、ソルロンタンがメニューにあるかどうかわからなかったのですが、「KOREAN DINING 長寿韓酒房(ちょうじゅかんしゅぼう) 四ッ谷店」に行ってみることにしました。

前回訪問したのが2009年3月27日だったので、8ヶ月ぶりの訪問です。

2009_1209画像0129
JR四ッ谷駅の麹町口を出て正面の交差点を渡るとスクワール麹町というビルがあり、新宿通り沿いに次にあるのが麹町東急ビルで、このビルの地下一階はレストラン街になっています。

2009_1209画像0130
一時期、店舗が入らなかったり、階段途中の広告スペースが空のままだったりして、もしかしたらビルの建て替えでもするのかな~と思っていたのですが、飲食店街の看板を作り直し、とてもきれいになりました。

看板の下には「長寿韓酒房」の個別の看板が出ているのでメニューを見てみると、ソルロンタンを発見! 
ソルロンタンがなくても行くつもりでしたが、先輩は大喜び(笑)。

2008_0803画像0089
こちらの階段を降りて地下に行きます。建物の奥の方にはエレベーターもあります。

2009_0327画像0094
階段から下りた地下のフロアには、大きなランチタイムメニューが出ていました。

2009_0327画像0093
麹町東急ビルの地下飲食店街には、「長寿韓酒房」のほかに、
2008年7月28日に訪問した「ビア・チムニー 四ッ谷店」
2009年8月18日に訪問したとんかつ屋さんの「大阪屋」
があります。

写真のシャッターが降りている場所には2007年6月25日に訪問した「中国家常菜 麻辣房(まーらーふぁん)」がありましたが、2008年夏頃に閉店。以来、ずっとこのままになっていましたが、2010年2月頃、中華料理の「南国亭」がオープンしました。

2009_0327画像0092
フロアの一番奥に、華やかな「長寿韓酒房」の店舗が出てきます。

こちらのお店は、株式会社イーケーシーという会社が運営していて、四ッ谷店のほか、銀座、大宮、川口、仙台に支店があります。

2009_0327画像0091
周囲の店舗とは全く違うオシャレな雰囲気を醸し出しています。

2009_0327画像0090
このお店の前に立つと、古めかしいビルの中にいることをすっかり忘れてしまうほどです(笑)。

店内

店内もダークトーンでシックな色調でかなりムーディでオシャレな雰囲気です。
入口から左がカウンター席と厨房で、右にテーブル席があります。

2009_1209画像0128
これまで訪問したときは満席にはなっていませんでしたが、何故かこの日はかなり混み合っていて、一瞬、「入れないかな?」と心配しちゃいました。
店員さんから「座敷でいいですか?」と聞かれ、お店の右奥にあるお座敷の部屋に通され、上がってすぐ左の四人席に座りました。掘りごたつなので、楽チンです。
こちらの部屋に通されたのは初めてで、そもそも奥に座敷があることも知らなかったので、3回目の訪問にしてこんなに広いお店だったんだと知りました(汗)。

2009_1209画像0076
色鮮やかな韓国の伝統的なデザインがモダンにデザインされていて、少し照明を落として落ち着いた雰囲気です。

2009_1209画像0077
席は広々とゆったりしていて、掘りごたつなので楽チンです。

2009_1209画像0068
卓上にはランチメニューのほかに幾つかオススメ商品が紹介されていました。

2009_1209画像0070
とうもろこし茶は大好きでよく飲みますが、ひげ茶もあるとは知りませんでした。
ランチの注文をした人はプラス200円で注文できます。

2009_1209画像0074
韓国料理とは関係ない、こんなものも(笑)。

2009_1209画像0075
時期的に忘年会シーズンだからかな?


チャグン サムゲタンセット キムチ・バンチャン・サラダ付 (1,500円)
2009_1209画像0102
メニューが冬バージョンになったのか、ちょっとラインナップが変わりました。
以前はサムゲタンはなかったと思うのですが、「料理長おすすめ」とあったので、一番お高いこちらのメニューを思い切って注文。

個人的に、サムゲタンそのものは好きなんですが、高麗人参やナツメなどの漢方薬系の味がするタイプはやや苦手なので、韓国料理屋さんではあまり進んで注文することはありません。でも、せっかくのオススメだし、寒い日だったので温かいメニューが食べたくて、メニューに高麗人参を使っていると明記ありましたが、チャレンジしてみました。

混雑していたせいか、お料理が出てくるまで、少し時間がかかりました。
店内を走り回っている店員さんもいました(笑)。

2009_1209画像0118
お料理が運ばれたあと、食べ終えた後の鶏の骨を入れる器が別に出てきました。
お盆の上はお皿が一杯で、載せきれません(笑)。

2009_1209画像0111
ご飯は韓国スタイルでやや小さめのフタ付き容器に入って出てきます。
フタの表面には「福」の字が彫られていました。

2009_1209画像0106
ご飯の量はそれほど多くありません。

2009_1209画像0113
「バンチャン」とはメインのお料理とは別に出てくるおかずのことだそうで、日本で言うところの小鉢みたいなものでしょうか。こちらのランチでは、全てのメニューにバンチャンがついています。
バンチャンは小皿で3つもついていました。

1つ目はサラダ。
レタス、水菜、紫キャベツなどに濃厚なゴマドレッシングがたっぷりかかっていました。

2009_1209画像0114
2つ目はナスの煮浸しで、ピーナッツが入っているのが珍しかったです。
たっぷりと油を吸ったナスはとっても甘くて美味しい~。

2009_1209画像0115
3つ目はカクテキ。
甘さと辛さが両方際立ち、コリコリとした食感でした。

2009_1209画像0108
さらにもう一皿、白菜キムチがついていましたが、先輩のお料理にはついていなかったので、サムゲタンとのセットだと思います。

2009_1209画像0105
サムゲタンは大きな石鍋に入っていて、見るからにボリュームたっぷり。

2009_1209画像0107
味を調整するためのかけ塩を別に用意してあります。
店員さんがちゃんと説明してくれました。

2009_1209画像0117
スープは真っ白で、刻んだ長ネギがトッピングされています。

2009_1209画像0116
メニュー名にあった「チャグン」とは、食べやすく小さめにカットしたもの、という意味だそうです。

2009_1209画像0119
スープはとろみすら感じるぐらい濃厚で、程よい塩気があって、とっても美味しい!
濃い味好きの私ですが、追加のお塩はいらないぐらい、しっかりとした味わいです。
あまりの美味しさに先輩にも少し食べてもらったら、先輩も気に入ったようで、悔しがられました(笑)。

2009_1209画像0122
鶏肉は骨付きで、かなりいろいろな部位が入っているので、食感も様々。
胸肉はほぼ丸ごと一個入っているんじゃないかという大きさ・厚みだったので、齧り付いて食べました。手羽は入っていなかったと思います。

2009_1209画像0127
軟骨はそのままガリガリ囓って食べちゃいました。
なので、鶏肉がたっぷり入っているわりには残った骨の量がとても少ないです(笑)。

2009_1209画像0121
ある程度サムゲタンを食べたところで、残しておいたご飯を投入!
美味な汁を吸い込んだご飯は、もちろん美味しい。

2009_1209画像0123
ついでに、白菜キムチもカクテキも投入!!

2009_1209画像0124
ご飯もキムチもカクテキも、先にほとんど食べず、スープに入れるためにとっておきました。

2009_1209画像0126
ほんのりと赤く染まってピリ辛味になり、こちらももちろん美味しかったです。
美味しいスープを残すのはもったいなくて、全部飲み干しました。


ソルロンタンセット カクテキ・バンチャン・サラダ付 (950円)
2009_1209画像0109
先輩はソルロンタンとサムゲタンのどちらにするか悩んでいましたが、初志貫徹でソルロンタンを注文(笑)。

2009_1209画像0110
一口いただいた先輩のソルロンタンは、サムゲタンに比べるととてもあっさりしていました。
ツルツルとした半透明の麺がたっぷり入っていて、ご飯もついています。
ご飯を投入して、お粥みたいにすると一番ぴったりした味になったとのこと。


お値段は少々はりましたが、美味しくてボリュームたっぷりでおなかいっぱいです。
こちらのお店のサムゲタンは本当に気に入りました。
ぜひディナー訪問もしてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 ビビン冷麺 (2007年9月26日
 チーズプテチゲセット (2009年3月27日
 サムゲタンセット (2009年12月9日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
2009_1209画像0060

2009_1209画像0061

2009_1209画像0062

2009_1209画像0063

2009_1209画像0064

2009_1209画像0065

2009_1209画像0067

2009_1209画像0066


ディナーメニューです↓
2009_1209画像0079

2009_1209画像0078

2009_1209画像0080

2009_1209画像0081

2009_1209画像0082

2009_1209画像0083

2009_1209画像0084

2009_1209画像0085

2009_1209画像0086

2009_1209画像0087

2009_1209画像0088

2009_1209画像0089

2009_1209画像0090

2009_1209画像0091

2009_1209画像0092

2009_1209画像0093

2009_1209画像0094

2009_1209画像0095

2009_1209画像0096

2009_1209画像0097

2009_1209画像0098

2009_1209画像0099

2009_1209画像0100

2009_1209画像0101

2009_1209画像0071

2009_1209画像0072


2009年12月9日訪問時お店DATA
******************************
KOREAN DINING 長寿韓酒房 四ッ谷店 (ちょうじゅかんしゅぼう) 
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-6  麹町東急ビル地下1F
TEL  03-3288-2047 
営業時間 
(昼)11:30~14:30(L.O.14:00)
(夜)17:30~23:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/23 10:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(5) |
【 閉店 】 イタリアン パスタ&カフェ ALBERTO  @麹町/四谷
2012年4月25日追記

DSCF8608.jpg
少し前に新宿通りを歩いていたら、「アルベルト」が閉店していることに気付きました。
ネット上で調べた範囲では、2012年1月頃までは営業していたようです。

************************************

2009_1209画像0038
2009年12月8日は上司が外出していて午後にならないと戻らなかったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
先輩に何が食べたいですか?と聞いたところ、特に思い当たるものがないとのことだったので、2009年11月20日に「麹町 美禄亭」へ行ったときに見つけた「イタリアン パスタ&カフェ ALBERTO(あるべると)」に行くことにしました。

2009_1209画像0056
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を半蔵門方面に進み、麹町六丁目交差点を越え、オリエントコーポレーションの本社ビルを越えた少し先にあります。

2009_1209画像0057
新宿通りを何度も歩いているはずなのにこれまでお店の存在に全く気付いていなかったのですが、先輩も同じように思っていたようで、現地に到着し、私が「ここですよ~。」と言っているのに、内心「ここはカフェですよ。」と思っていたそうです(笑)。実際、私もランチメニューとしてパスタという看板が出ていなかったら、気付かなかったですけれど。

2009_1209画像0059
外にテラス席がありました。
暖かい季節にはとても気持ちが良さそうです。

2009_1209画像0058
ランチタイムは午前11時30分から午後3時30分までの営業です。

2009_1209画像0053
お店は奥に向かって広がり、7割程の人の入りでした。
女性客が多かったですが、女性と一緒に来ている男性もちらほら見かけました。

2009_1209画像0054
内装はカフェらしくとてもオシャレで、テーブルなどもいろいろな種類が並んでいます。
写真に撮れませんでしたが、中央左に大きなカウンターがあり、お酒のボトルがずらりと並んでいました。

2009_1209画像0015
入店すると、お店の方から「禁煙ですか、喫煙ですか。」と聞かれたので「禁煙でお願いします。」と答えたところ、入口からすぐ右手にある4人掛けのかわいいテーブルに通されました。
この場所、太陽の光が入って明るくて気持ちいいのですが、扉が開け閉めされるたびに冷たい風がピューピュー入ってくるので、寒い時期はちょっと辛いです。先輩の方が扉に近い位置に座ったので申し訳なかったです(汗)。

2009_1209画像0023
お水は透明なボトルに入れられて、1本まるごといただきます。

2009_1209画像0024
氷入りのグラスが出てくるので、自分でお水を入れます。

2009_1209画像0016
メニューは小さな絵本のようになっていて、ページをめくります。

2009_1209画像0017
ランチはパスタセット(1,000円)の1種類だけです。
パスタとサラダバーと飲み物がついています。

2009_1209画像0018
パスタは3種類の中から1種類をチョイスします。
この日は、明太子カルボナーラと、、、

2009_1209画像0019
スモークチキンときたあかりのジェノベーゼと、、、

2009_1209画像0020
ボスカイオーラ(きの子のトマトソース)です。

2009_1209画像0021
サラダバーと飲み物だけの利用や、子供向けにサラダバーとソフトドリンクというメニューもありました。

2009_1209画像0022
この絵本スタイルのメニュー、一枚一枚めくっていくのは可愛くて楽しいですが、慌ただしいリーマンランチにはちょっと面倒に思ってしまう無精な自分でした(汗)。やはりこういうお店はのんびりと楽しみたいものです。

2009_1209画像0055
店内は、手前が禁煙席で、奥が喫煙席になっています。

2009_1209画像0043
注文した後、さっそくサラダビュッフェに!
ビュッフェ台はお店の奥にあります。
取り皿はボウル型と平皿があったので、私はボウル型をチョイス。

2009_1209画像0042
サラダビュッフェなだけに、生野菜だけでなく、ピクルスやキャベツや白菜などの甘酢漬け、大きなコンニャク、お豆、フジッリなどもあって、かなりいろいろな種類がありました。
全種類制覇を目指しましたが、お豆腐とゆで卵は私が取りに行ったときはほとんどなくて残念。

2009_1209画像0044
金属製の扉を上げると、カットされたパンが入っていました。

2009_1209画像0041
ドレッシングも5種類あり、面白そうだったのですりおろしわさびドレッシングを選択してみたら、食の好みが似ている先輩も同じものを選んでいました(笑)。
ぴりっとワサビが効いて、なかなか美味しかったです。

ドレッシングを取り出す顔の形にくりぬいてあるスプーン、私も大好きなシリーズで、自宅でコーヒー用のものを使っています。

2009_1209画像0039
スープも1種類ありました。

2009_1209画像0040
この日のスープはグリーンカレースープでした。
辛い物好きの私には嬉しい限り。

2009_1209画像0045
サラダビュッフェですが、デザートもプリンとフルーツポンチの2種類が用意されています。

2009_1209画像0026
スープとたっぷりのサラダをとって席に戻り、いただきま~す!

2009_1209画像0029
少し暗く写ってしまい、美味しそうに見えないのが残念(汗)。

2009_1209画像0030
ココナツミルクも入っているのかもしれませんが、比較的あっさりとした口当たりでした。
色は真っ白ですが、かなりしっかりと辛みがあります。

2009_1209画像0031
中にはジャガイモ、ニンジン、ソーセージなどが入っていました。

2009_1209画像0027
欲張ってサラダ全種類制覇を目指したので、お皿からこぼれそう(笑)。


パスタランチセット[明太子カルボナーラ] (1,000円)
2009_1209画像0032
たっぷりのサラダと格闘しているうちに、パスタが出てきました。

2009_1209画像0033
私はパスタに明太子カルボナーラをチョイス。
サラダバーを除くと300円という価格設定のためか、パスタはややこぢんまりとしています。

2009_1209画像0034
明太子はカルボナーラの上にのっかっています。

2009_1209画像0036
麺は細めで、ツルツルとのど越しが良かったです。

2009_1209画像0035
カルボナーラとしてはだいぶあっさりとした味わいで、彩りが鮮やかな明太子よりもところどころに入っていた小海老の方が塩気と風味のインパクトがありました。

2009_1209画像0051
サラダのお代わりに行ったのですが、結構おなかが一杯だったので、デザートを食べることにしました。甘いものにはあまり興味がありませんが、2種類しかないので両方いただくことにしました。

最初にサラダを取っていたとき、新しいプリン出てきて人がたくさん集まっていたそうですが、私は全然気付いておらず、先輩からからかわれちゃいました(汗)。

2009_1209画像0052
フルーツポンチはパイナップルと桜桃が入っていて、シロップはちょっと甘めでした。
プリンはシンプルながら牛乳と卵の味がしっかりしていて、甘みも程よくて美味しかったです。このプリンはとても人気があったようで、私の後から先輩が取りに行ったら、もうなくなっていたそうです。

2009_1209画像0046
食後のドリンクは、コーヒーか紅茶をホットかアイスで選べます。

2009_1209画像0049
私はアイスコーヒーをお願いしました。

2009_1209画像0048
ミルクを入れたボトルがとってもかわいいですが、使ってみると、なんだか牛さんが白いヨダレを垂らしているみたい(笑)。

2009_1209画像0050
ミルクだけ入れていただきました。
食事の後にドリンクをいただけると、すごくゆったりとして満足感があります。


お値段は1,000円かかりますが、サラダバーに飲み物がついていて、オシャレな空間でゆったりとお食事できることを考えればとてもお得で満足しました。

ところで、食事中に周囲を見回すと、多くの方(私の視界に入っていたのは全て女性でした。)が最初からデザートのお皿を持ってきていて、サラダの後に一口、パスタを食べながら一口と食べているのを見ました。最初にデザートをとってくるのは、ビュッフェなのでなくなってしまう心配があるからというところまでは理解できたのですが、甘い物好きの人にとってデザートをいただくのは最後じゃないんですね~。
自分の甘いもの嫌いは少数派なんだな~と改めて実感した日でもありました(汗)。


2009年12月8日訪問時お店DATA
***********************************
イタリアン パスタ&カフェ ALBERTO (あるべると)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-4-3 ピネックス麹町1F
TEL 03-3263-0803
営業時間 
[昼]11:30~15:30  
[夜]18:00~22:00(L.O.21:30) 
定休日 土・日・祝(貸切・宴会のみ営業)
地下鉄麹町駅から徒歩3分
JR四ッ谷駅から徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/22 09:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(3) |
うなぎ 秋本  @麹町
2009_1209画像0008
2009年12月7日、上司は午前11時30分から打ち合わせがあり、午後1時過ぎには出かけなければならないというタイトなスケジュールの日でした。
この打ち合わせのお客様からお気遣いいただき、事前にお電話をいただいて「お昼時にお邪魔するのは申し訳ないから、こちらで負担するので何か出前をとって下さい。」と頼まれました。
上司が不在だったのでお店について指示を仰ぐことが出来ず、しかも、このお客様はとてもグルメな方だったので、そんなお方にお出しできるランチでは、咄嗟に「オーベルジーヌ」しか思いつかず、提案させていただいたのですが、「え~、カレー?」と言われ、「うな重を。」とご指定いただいたので、「うなぎ 秋本(あきもと)」に出前をお願いしました。
しかも、お客様のご厚意で、先輩と私もご相伴させていただくことになりました。本当にありがとうございます。

前回出前をお願いしたのが2009年11月12日だったので、約1ヶ月ぶりです。

2008_0718画像0060
「うなぎ 秋本」の実際のお店は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かってずーっと進み、もう少しで新宿通りにぶつかるほんのちょっと手前のところにあります。地下鉄麹町駅からだとすぐです。
大きなビルばかり立ち並ぶ表通りの中で、数少ない情緒ある二階建ての家屋です。

2008_0718画像0061
このお店のロゴマーク(?)のようなものでしょうか。ひょうたんの中にウナギの「う」が描いてあるかわいい絵柄。

相変わらず出前用のメニューは出来ていないようですが、ぐるなびに詳しい出前メニューが掲載されています。
うな重、蒲焼き、白焼き、うなぎ入り三重弁当、幕の内(夏季以外)、さしみ入り三段弁当の6種類がそれぞれ3ランクずつあり、お値段は2,300円から3,800円です。
お店に直接注文することも出来ますし、予約期限や最低配達金額などの縛りがありますが、ぐるなびデリバリーでも対応しているようです。

2008_0704画像0132
こちらは以前の写真です。
お料理はこの大きなカゴに入って運ばれ、このカゴごといただきます。
個人的にとても風情があって気に入っています。
右側にある容器には肝吸いが入っていますが、今回は注文していません。

11時20分頃に電話で注文し、午後12時15分に届けていただくようお願いしたところ、時間の少し前に無事うな重が到着し、一安心。

2008_0704画像0134
こちらも以前の写真です。
中はこんな感じになっています。

この日はいつも配達して下さるおじ様とは別のおじ様がいらっしゃいました。
配達の方針が変わったのか、中のお弁当だけ置いてカゴは持ち帰りました。
我が事務所の大きくないカウンターで5人分を受け渡しするのはなかなか大変だったので、カゴかお盆があった方が便利かなと思いました。

2009_1209画像0001
うなぎの入ったお重に山椒の小袋、お新香でワンセットです。

2009_1209画像0006
お重は背が高く、豪華ではありませんがどっしりとした風格があります。
その雰囲気をお伝えしたかったのですが、写真の腕が悪くてイマイチ(泣)。


うな重・梅 (2,300円)
2009_1209画像0007
私たちは会議室とは別の小さな部屋でいただきました。
お重のフタを開けて、早速いただきま~す!

2009_1209画像0005
お新香は白菜、大根、ナス、キュウリ、カブ(?)と5種類の盛り合わせで、彩りもとてもキレイ。

2009_1209画像0008
こちらのうなぎは、2,300円、2,800円、3,300円の3ランクのうち、一番お安いものです。
お値段の違いはうなぎのボリューム違いだったと思います。
一番小さいサイズですが、なかなかの大きさです。
香ばしく焼かれたうなぎは照り照りに輝いていて、とっても美味しそう!

2009_1209画像0009
前回ほどではありませんが、少し固めに炊かれたお米はとっても美味しく、ボリュームもたっぷり。

2009_1209画像0010
焼き立て熱々とはいきませんが、うなぎはふっくらと柔らかで口の中でホロホロと崩れ、相変わらず脂がたっぷりとのっていて、とっても美味しい。

2009_1209画像0002
山椒は小袋でついてきます。

2009_1209画像0003
せっかくなので、小袋の表も裏も記念撮影(笑)。

2009_1209画像0012
山椒は大好きなので、たっぷりとふりかけていただきました。

2009_1209画像0014
うなぎにやや甘めなタレがしっかりとしみているので、ご飯がとても進みます。
焼肉もそうですが、タレのしみたご飯はとにかく美味しい♪


時間が押していたのでお客様が帰るときはバタバタしてしまい、うな重の感想を聞くことが出来ず、残念でした。
私はもちろん、とても美味しくいただきました。
でも、出来ればもっと広いところでゆっくりと食べたかったです(笑)。
ごちそうさまでした!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 うな重・梅 (2008年7月2日2009年11月12日2009年12月7日
 うなぎ入り三重弁当・梅 (2008年8月6日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年12月7日注文時お店DATA
****************************
うなぎ 秋本 (あきもと)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町3-4
TEL  03-3261-6762
営業時間 
[お店]11:30~14:30(L.O.14:00)   17:00~20:30(L.O.20:00)
[配達]11:30~14:00   17:00~20:00
定休日 日曜・祝日(7、8月以外の第2土曜)
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/21 09:00】 | ウナギ | トラックバック(0) | コメント(2) |
はなまるうどん 四谷店  @四谷
2009_1204画像0137
2009年12月4日は個人的な用事があり、午前休をいただきました。
用事を済ませ、事務所へ向かうときに先輩にメールを入れたら、前日と同じく、仕事が押していて12時をまわっていてもまだお昼を食べていなかったので、「事務所で一緒にランチをしましょうか?」と聞いたところ「今日も松月庵だから、せっかくなので別の場所でどうぞ。」と先輩からご配慮いただき、ありがたく四谷ランチに向かいました(笑)。

2009_1204画像0157
あまり時間がなかったので、パッと食べられるお店で、かつ、先輩と一緒では来ないようなところを探しました。駅近に何軒かある立ち食い蕎麦屋さんも考えたのですが、ちょっと疲れていたので席には座りたいな~と思い、ケンタッキーに入ろうかとも思ったのですが前日の会社関係の忘年会で体重が増加気味だったので取りやめ、新宿通りをぶらぶらと歩いたら、「はなまるうどん 四谷店」を発見。この日の状況にぴったり!と、早速行ってみることにしました。

2009_1204画像0156
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に向かって進み、最初の四谷一丁目交差点を越えてすぐの角地にスーパーのまるえい四谷店が入っている四谷SRビルの地下1階です。
鮮やかなオレンジ色の看板が出ているすぐにわかります。

2009_1204画像0155
以前からお店の存在には気付いていましたが、店舗はどこにあるのか不思議でした。
スーパー「まるえい」の入口の右手に細い階段があるのに気づき、そこを下へ降りていきます。
この階段はかなり細くて、人とすれ違うのが大変なほど。

2009_1204画像0154
ずいぶん昔、讃岐うどんブームで多くのお店が東京に進出できましたが、あっという間に多くのお店が淘汰されました。安く美味しいうどんが食べられる、という謳い文句に釣られ、何度かこの手のうどん屋さんに入ったことがありましたが、うどんの盛りが少なめなのでトッピングをつけたりすると案外お金がかかることを実感し、もともとうどんに対するこだわりがない人間なので、あまり行かなくなりました。
「花まるうどん」は初訪問です。

2009_1204画像0150
入口からすぐのところにメニューが大きく貼り出されていました。

2009_1204画像0151
基本的なうどんのメニューは300円以内で、さすがにお安いです。

2009_1204画像0152
おうどんの種類は、トッピングが違うのと、サイズを大・中・小の3種類から選べます。

2009_1204画像0153
うどんのほかに、牛丼やカレーやライスをつけることができます。

2009_1204画像0132
入口から右手にカウンターが長くのびています。
システムが全くわからなかったので、とりあえず並んでみました。
このときはメニューの全貌がわからず、どうしようかとやや焦っちゃいました(汗)。

2009_1204画像0131
写真が黄色っぽく写ってしまってすみません(汗)。
トッピングの天ぷらがずらりと並んでいます。

2009_1204画像0133
いなり寿司やおにぎりなどもありました。
横に移動している途中、前から順番に店員さんからオーダーを聞かれます。

2009_1204画像0135
季節だからでしょうか、おでんまでありました。

2009_1204画像0134
カウンターの左端でお料理を受け取り、お金を精算します。

2009_1204画像0149
カウンターの後ろにお水や薬味を自分で取るスペースがあります。
自分の好みでたっぷり入れられるのがいいですね。

2009_1204画像0148
店内はチェーン店らしく、まぶしいぐらいの明るい照明で、清潔感のある内装です。意外に広く、壁に向かって座るカウンター席とたくさんのテーブル席がありました。行かなかったのでよくわかりませんでしたが、右手の奥に部屋が広がっていました。

2009_1204画像0147
8割程の人の入りで、サラリーマンや学生さんが多かったです。
私はカウンター席に着席。


カレーセット[温玉ぶっかけうどん]  (499円)
2009_1204画像0136
せっかくの機会なので、いろいろ食べたいと思い、カレーセットを注文。
食べながら思ったのですが、これではケンタのチキンを諦めた意味がなかったです(汗)。

2009_1204画像0137
セットのうどんは、うどんの味がよくわかるように、冷たい温玉ぶっかけうどんにしました。
うどんのトッピングは温玉とネギのみと、潔いほどのシンプルさです。

2009_1204画像0138
「はなまるうどん」のロゴマークのお花が器に描かれています。

2009_1204画像0140
彩りのためか、長ネギは青い部分だけを使っているので、とても鮮やか。

2009_1204画像0141
ぷるぷるの温泉玉子。美味しそう!
おうどんのダシは意外とあっさり目でした。

2009_1204画像0139
太いうどんはピカピカひかっていて、とっても美味しそう。
のど越しはつるりとしていますが、もっちりとしたコシがありました。
それ程量はありませんが、すごく食べた感じがします。

2009_1204画像0146
温玉を割ると黄身のコクが加わり、よりいっそう優しい味付けになりました。

2009_1204画像0142
セットのカレーですが、かなりボリュームがありました。

2009_1204画像0143
福神漬けもたっぷりと添えられています。

2009_1204画像0144
カレーはあっさりとした優しい口当たりでした。

2009_1204画像0145
こんもりと盛り上がるほどのご飯の量にビックリ。
カレーだけでなく福神漬けも総動員してなんとか食べ終えました。


500円以下でかなりおなかが一杯になりました。
店内はきれいで居心地が良く、時間をかけたくない時には使い勝手がよさそうです。
次回来る時はご飯系メニューのボリュームを減らし、おうどんをたっぷり食べたいです。


2009年12月4日訪問時お店DATA
**************************************
はなまるうどん 四谷店
〒160-0004
東京都新宿区四谷2-1-1 四谷SRビルB1F
電話 03-5369-0870
営業時間 
[月~土] 10:00~22:00
[日・祝] 10:00~21:00
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/20 09:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(3) |
チェコ料理・ビール・絵本 だあしゑんか  @四谷三丁目
2010_0409画像0090
ある日「食べログ」を見ていたら、四谷三丁目にチェコ料理のお店があることを発見!
先輩に話をしたらとても興味をもってくれたので、2010年4月9日、「チェコ料理・ビール・絵本 だあしゑんか」へ行ってみました。
こちらのお店、2008年3月にオープンしたそうです。

ブログの3周年という意識はなかったのですが、ちょうどいいタイミングだったので、こちらのお店の記事をアップします。

2010_0409画像0032
お店は、地下鉄丸の内線四谷三丁目の駅から外苑東通りの左側を曙橋方面に向かう途中、道が緩やかに右に曲がるところにある田島ビルの2階にあります。
同じビルの1階には2008年1月19日に訪問した「ラーメン 大陸」があります。

2010_0409画像0031
駅からとても近くてわかりやすい場所だったので、すぐにお店を見つけられました。

2010_0409画像0034
「ラーメン 大陸」の入口の左側に2階へ行く入口がありました。

2010_0409画像0035
お店のロゴマークにもなっているこちらの絵、とってもかわいいです。

2010_0409画像0033
小さな看板に季節メニューが紹介されています。
ザクロ大好きなので、興味津々です。

2010_0409画像0137
ビルの中に入ってみると、実に普通の雑居ビルでした(笑)。
「だあしゑんか」は201号室です。

2010_0409画像0036
細い階段を2階へ登っていきます。

2010_0409画像0038
写真がピンぼけですみません(汗)。
「だあしゑんか」は左側の部屋で、とても小さな入口です。

2010_0409画像0066
ドキドキしながらお店に入ってみると、とてもこぢんまりとした店内です。
左側に厨房とカウンター席、右側と奥にテーブル席があります。

2010_0409画像0067
お店の奥にあるテーブル席からは、外苑東通りが見渡せます。
私たちは右側の真ん中にあるテーブル席に着席。
小さいお店で人気店なので、ぜひ予約をオススメします。

2010_0409画像0068
「だあしゑんか」のお店の方は、「食べログ」にチェコ料理の専門店は日本(都内?)に3店舗あると書いているのですが、私はこのお店の他には神宮前の「カフェアノ」しか見つけられませんでした(汗)。

2010_0409画像0069
こちらのお店は単に飲食店というだけでなく、チェコの絵本や本がたくさん取り揃えたBook Barでもあり、イベントなどもよく行われています。

2010_0409画像0070
マトリョーショカが飾ってあるように、チェコ料理ばかりでなく、ポーランドやロシア料理などの東欧料理が楽しめます。
私はまだチェコが「チェコ・スロバキア共和国」時代にプラハに行ったことがありますが、景色は思い出せるのものの、食べ物の記憶がほとんどありません(汗)。

2010_0409画像0071
お店に入ったばかりの時は私たちの他はもう一組しかお客さんがいませんでしたが、その後あっという間に満席になっていました。

2010_0409画像0072
この日は金曜日だったので、無事一週間の仕事を乗り切れたことに乾杯!

2010_0409画像0039
このコースターはチェコビールの「ブジェヨヴィツキー・ブトヴァル」です。
アメリカの「バドワイザー」のもとになったと言われ、商標権で訴訟しているとか。
少し前にビール専門店で飲んでいたので、この日は別のビールをいただきました。


エーデルピルス (700円)
2010_0409画像0074
こちらのビールはサッポロのプレミアムビールです。
せっかくならチェコビールを!と思ったのですが、最初の一杯は生ビールが飲みたかったこと、と後述の理由によりこちらをチョイス。
でも、ホップはチェコ・ザーツ産100%だそうです。


ざくろジュース (700円)
2010_0409画像0073
先輩は季節限定のザクロジュースをチョイス。
注文の時、氷を入れるかどうかを聞かれ、先輩は少し入れることにしました。
写真が赤くなっているせいばかりでなく、ザクロからイメージする赤よりはかなり濃い色でした。
一口いただきましたが、かなりしっかりとした酸味があって、とっても美味しかったです。


ウトペネツ (700円)
2010_0409画像0075
チェコ料理ばかりでなく東欧料理がいろいろありますが、せっかくなのでチェコ料理をメインに注文することにしました。
まずは冷菜から。

2010_0409画像0076
チェコ名物の白ソーセージのピクルスです。
「ウトペネツ」とは水死体という意味らしく、ぷよぷよした白ソーセージを目の前にすると、なんだかシャレになりません。。。(汗)。

2010_0409画像0089
ソーセージごとピクルス液に漬け込んでいるそうで、中に挟んだピクルスと相まってさっぱりとした酸味と共にソーセージのお肉をいただけます。
歯応えもやわらかで、焼いたソーセージとはだいぶ印象が違います。


ピヴニー・スィール (600円)
2010_0409画像0077
お次は、チェコのビアホールでおなじみという「ピヴニー・スィール」です。

2010_0409画像0079
クリームチーズとタマネギにたっぷりとパプリカがかけられています。

2010_0409画像0080
素朴な味の黒パンが2枚ついていました。

2010_0409画像0078
マスタードもたっぷりと添えられています。

2010_0409画像0081
この「ピヴニー・スィール」、とても独特の食べ方なので、説明書きをいただきます。
可愛い絵で、とってもわかりやすいです。
まずはクリームチーズにビールの泡を加えてかき混ぜ、タマネギを加えてさらに混ぜます。
マスタードはお好みで加えます。
よく混ざり合ってオレンジ色のペースト状になったら、パンに塗っていただきます。

2010_0409画像0083
このために生ビールの「エーデルピルス」を注文したので、さっそく、実行!
ペースト状にするには少し泡が足りなかったので、ビールも混ぜ込んじゃいました(笑)。
泡が足りない時は、お店の方に言えばいただけるようです。

2010_0409画像0084
ビールそのものをお料理使うことはよく聞きますが、泡を利用するなんて!
ビールの消費量が世界一というお国柄だけあって、こんな面白いメニューがあるんですね。

2010_0409画像0088
写真がピンぼけですみません(汗)。
ねっとりしたクリームチーズに少しピリッと辛いタマネギにビールの苦みが加わって美味しくて、素朴な黒パンとの組み合わせがたまりません。 
マスタードはあまり入れちゃうと、それだけの味になってしまうので、少なめが美味しいと思います。
簡単そうなので、家でも作ってみたいです。


冷製ボルシチ (700円)
2010_0409画像0090
こちらのお店にぜひ来たいと思ったメニューがこちら。
鮮やかピンク色のこちらのスープ、なんと冷製ボルシチです。

2010_0409画像0091
ボルシチに冷製があることを初めて知りました。
元はリトアニア近辺のお料理だったそうですが、現在ではロシアからポーランドにかけて夏季に幅広く飲まれているとか。
ヨーグルトと生クリームの中にマリネしたビーツやハーブが入っているそうです。

2010_0409画像0096
小さなカップにとりわけていただきます。
春から夏にかけてはこのリトアニア風ボルシチで、秋から冬にかけてはポーランド風バルシチがいただけるそうです。バルシチはロシアのボルシチよりもすっきりとした味わいとのこと。

2010_0409画像0101
スープの中にはビーツやキュウリなどの野菜がたっぷりと入っています。
酸味があってとてもさっぱりとした味わいで、「飲むサラダ」という言葉がぴったり。
この日は少し寒い日だったので、もっと暑い気候の中、きーんと冷やしていただきたいです。


ブランボラーク (600円)
2010_0409画像0092
ここから温かいお料理です。
こちらはオススメ料理の「ブランボラーク」。

2010_0409画像0094
マジョラムとニンニクをきかせたジャガイモのパンケーキです。

2010_0409画像0093
タルタルソースが添えられていました。

2010_0409画像0103
パンケーキはかなり厚みがあり、もっちりとした歯応えがたまりません。
ニンニクがかなりしっかりときいていて、お酒が進む!

2010_0409画像0104
タルタルソースをつけるとさらにこってりとした味わいになります。
ジャガイモなので食べごたえがあり、ボリュームたっぷりです。


ベトン (800円)
2010_0409画像0109
ビールを飲み終え、次のお酒を。
チェコワインはボトルだったので、「ベヘロフカ」というウオッカベースの薬草酒が気になりました。私はあまり薬草酒が得意じゃないので、トニックウォーターとライムを加えたカクテル「ベトン」を注文。
薬草のクセはそれ程気にならなかったのですが、私にはかなり甘めなテイストでした。


ビール煮込みのグラーシュ クネドリーキ付き half (900円)
2010_0409画像0106
こちらもオススメ料理の「グラーシュ」です。
ハンガリーのお料理でいうところの「グヤーシュ」でしょうか。
メニューをいろいろ食べたかったのでハーフサイズを頼みましたが、二人分には充分のボリュームでした。

2010_0409画像0108
牛肉とタマネギをビールでじっくりと煮込んでいるそうです。
トッピングも生のタマネギスライスが使われています。

2010_0409画像0107
添えられたパンは「クネドリーキ」といって、チェコ風の茹でパンだそうで、自家製です。

2010_0409画像0112
こってりと濃い味わいのグラーシュに、さっぱりとやわらかなクネドリーキがとてもよくあって、美味しい!
ふつう、パンのざらっとしたところに汁物を合わせることが多いので、クネドリーキのつるんとした口当たりがとても珍しくて新鮮に感じました。


ピンクレモネード (800円)
2010_0409画像0113
先輩は二杯目にピンクレモネードを注文。
フランスから直輸入したものだそうで、名前は知っていましたが、見るのは初めてでした。


ピルスナー・ウルケル (900円)
2010_0409画像0120
「ベトン」は甘口だったので早めに飲み終え、チェコビールを注文。

2010_0409画像0121
ピルスナーの元祖として著名なこちらですが、私の持っている「ピルスナービール」というイメージからすると、さっぱりとしていますがけっこうホップの苦みがあって複雑な味わいでした。


カマンベールチーズのマリネ (500円)
2010_0409画像0117
お料理を一通り食べ終えましたがまだおなかに入りそうだったので、気になっていたこちらのメニューを注文。

2010_0409画像0119
チェコで人気のおつまみという、カマンベールをスパイスとオイルで漬け込んだものです。
クラッカーが縦に刺さっていて、ダイナミック(笑)。

2010_0409画像0122
マリネされたカマンベールは水分が減って少し固くなっていて、ムチムチした感じが面白かったです。味も濃くなっている感じがします。

2010_0409画像0123
あまりデザートに興味のない私たちですが、チェコのデザートと言われると、やはり食べたくなって、注文してみました(笑)。
デザートが出来上がるのを待つ間、本棚を見ていたら、店名由来の本を発見。

2010_0409画像0124
「だあしゑんか」とは、チェコの作家「カレル・チャペック」が飼っていた犬の名前だそうです。
「カレル・チャペック」って聞いたことあるな~と思って調べてみたら、「ロボット」という言葉を作った人でした。


チェコのデザート2種類
2010_0409画像0125
この日のデザートは2種類あるとのことで、両方ともオーダーしてみました。


自家製チェコの焼き菓子 (600円?)
2010_0409画像0128
せっかくお店の方からメニュー説明を聞いたというのに、甘いものに興味がないせいか、すっかり忘れてしまいました(汗)。メモもなし。

2010_0409画像0127
素朴でどっしりと重いケーキで、生クリームが添えられていました。
チョコレートもあまり甘くなくて私には美味しくいただけました。

2010_0409画像0131
デザートになので本来なら紅茶やコーヒーの出番ですが、どうしてもこのザクロのお酒が飲みたくて注文しちゃいました。


ナリブカソーダ (800円)
2010_0409画像0132
ザクロのリキュールを赤ワインとソーダで割り、ライム(レモン?)が入ったロシアカクテルだそうです。
写真が赤く写ってしまってわかりにくいですが、先輩のザクロジュースよりもかなり明るい色合いでした。
ザクロとライムの違うタイプの酸味を感じ、とてもすっきりとしていて美味しかったです。


自家製チェコのデザート (600円?) 
2010_0409画像0129
チェコのデザートのもう一品はこちら。

2010_0409画像0130
チェコ版イチゴ大福です。

2010_0409画像0134
中には大きなイチゴが一粒丸ごと入っています。
日本のイチゴ大福と違って皮は小麦粉なのでつるんとしていて素朴な感じですが、その分、かなりさっぱりと食べられます。
ぎゅうひのもちもち感も捨てがたいですが、これはこれで美味しかったです。

2010_0409画像0136
伝票の入ったトレイが可愛かったので記念撮影(笑)。

2010_0409画像0135
これだけいろいろと食べて飲んで、二人で9,900円!
実は、1割引のぐるなびのクーポンを持参していたのに出すのをすっかり忘れてしまったのですが、それも悔しくないぐらい、リーズナブルなお値段でした。


チェコ料理は、冷製ボルシチを除き、見た目も味も華やかさはそれ程のないものの、素朴ながらもどっしりとした味わいで、とても好みで美味しかったです。内陸に位置するお国柄か、マリネなどの酸味のあるお料理がとても気に入りました。
お店の方の接客もとても気持ちよく、CPも抜群でした。
今回食べられなかったメニューやポーランド風バルシチをいただくために、秋以降、またぜひとも訪問したいです。


季節メニューです↓
2010_0409画像0048

2010_0409画像0049


フードメニューです↓
2010_0409画像0050

2010_0409画像0051

2010_0409画像0053

2010_0409画像0054

2010_0409画像0055

2010_0409画像0056

2010_0409画像0057


ドリンクメニューです↓
2010_0409画像0082

2010_0409画像0061

2010_0409画像0059

2010_0409画像0062

2010_0409画像0063

2010_0409画像0064

2010_0409画像0065

2010_0409画像0041

2010_0409画像0042

2010_0409画像0044

2010_0409画像0045

2010_0409画像0046

2010_0409画像0047


2010年4月9日訪問時お店DATA
***************************
チェコ料理・ビール・絵本 だあしゑんか
〒160-0006
東京都新宿区舟町7 田島ビル201(2階)
電話&FAX 03-5269-6151
営業時間
[火~土]15:00~24:00(L.O.23:30)
[日・祝]15:00~24:00(L.O.22:00)
定休日 月曜(祝日の場合は翌火曜)
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩2分

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2010/04/19 12:00】 | ヨーロッパ | トラックバック(0) | コメント(2) |
~☆~★~☆~ ブログ3周年を記念して、感謝の言葉を ~☆~★~☆~ 
2007年4月19日からスタートしたこちらのブログ、
おかげさまで3周年を迎えることができました。

最初の1年でちょうど10万アクセスをいただき、
2周年を迎える頃にはで35万アクセスを越え、
3周年で61万アクセスに近づいています。
増加率はやや落ち着いたものの、高止まりといいますか、
安定的に多くの方にご覧になっていただいているようで、大変感謝をしております。
61万という数字には全く実感がなく、何度も書いていますが、未だに実感できません。

ブログの性格上、平日のアクセスが土日に比べて3倍以上ある(笑)ので、
平日は毎日アップしよう!と意気込んでいたことはほぼ達成できていると思いますが、
記事ばかりでなく、機能もいろいろ取り込んで楽しいブログにしようという試みは、
パソコンの知識不足や無精があいまって、なかなか思うように進みません。

ずっと時系列で書くことにこだわっていましたが、ランチ紹介だけでさえ遅れ気味のところに、
最近は地域外での食事も紹介するようになったため、絶望的な遅れが出てしまっています。
長期休暇に入ると「よし、遅れを取り戻そう!」と決心するのですが、
たいていは旅行に行ったり、酔いつぶれていたりしていて、出来ず終いです(汗)。
不景気もあるせいか飲食店の入れ替わりが激しく、
新店情報はみなさまにとってはより付加価値の高い記事のはずだと思いますので、
これからは新店についてはなるべく早めにアップすることにしました。

いろいろな方からアクセスやコメントをいただいているにも関わらず、
ほとんどどこにも訪問せず、自分のブログの中に閉じこもってばかりですが、
みなさまの訪問は私の一番の励みになっていて、大変感謝しています。

また、飲食店では、好き勝手に写真を撮りまくるなどなどお騒がせしていますが、
いつも温かな対応をしていただきまして、本当にありがとうございます。

おいしい食事を楽しく食べられれば、ちょっとしたことにはくじけずに
頑張っていけるのではないかと思っています。
みなさまの楽しい食事の一助になれれば幸いです。
ただの食いしん坊でしかない私ですが、
どうぞこれからもよろしくお願いします。

                               なお

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2010/04/19 09:30】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
2009_1204画像0119
2009年12月3日は、会社に出社した後、仕事を抜け出して健康診断に行きました。11時からだったので、お昼には戻れないだろうな~と思っていたら、意外に早く終わり、事務所の方でもバタバタしていてまだランチの手配を取っていないとのことで、12時をまわりましたが、一緒にランチをすることになりました。
先輩からの電話で、「軽めがいいですか、重めがいいですか?」と聞かれ、血液検査のために朝から何も食べていない私はもちろん「重めでお願いします。」と答えておきました(笑)。
先輩は「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしていました。
前回出前をお願いしたのは2009年11月17日だったので、約2週間ぶりです。

2009_0123画像0103
実際のお店は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

2008_1128画像0070
こちらのお店でいただくお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備し、上司はため込んであった割り箸を使うので、新たな割り箸はいただかないようにしています。
最近は配達の方に我が事務所はお箸不要だと覚えていただき、せっかく持ってきた割り箸をそのまま持ち帰っていただく、というのも少なくなりました。

2009_1204画像0112
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2009_0424画像0084
お蕎麦についてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。
鍋焼きうどんでも同じ薬味がついていました。

2009_1120画像0037
うどんは小さめの緑色の土鍋に入って運ばれてきました。
土鍋って、フタを開けるときにすごくワクワクします(笑)。

「天ぷらそば」と「煮込みうどん」を注文し、好きな方を選択させていただきました。
この日はかなり寒い日だったので、お言葉に甘えて「煮込みうどん」をいただくことにしました。先輩、ありがとうございます☆

2009_1204画像0117
土鍋のフタには3文字の漢字が描かれていました。

2009_1204画像0115
「雪月花」という言葉です。せっかくなので、順番に撮影(笑)。

2009_1204画像0114
よく聞く言葉なので調べてみたら、もともとは白居易の詩の中の言葉で、日本では雪・月・桜を意味したり、それらを愛でる風流な態度のことだそうです。


なべやきうどん (1,150円)
2009_1204画像0120
少し重い土鍋のフタを開けてみると、うどんがあまり見えないぐらいたっぷりのトッピングが盛られ、溢れんばかりのボリュームでした。

2009_1204画像0125
うどんのツユはあっさり目でしたが、天ぷらのコクが段々と加わって美味しくいただけました。

2009_1204画像0130
おうどんは熱々で、柔らかく煮込まれています。身体がとっても温まりました。

2009_1204画像0121
おうどんには、ほうれん草、ネギ、カマボコ、ナルト、お麩、タケノコ、卵、シイタケ、海老の天ぷらなどが入っていて、とにかく具だくさん。

2009_1204画像0124
土鍋なのでいつまでも熱々で、猫舌の私は食べ進めるのが大変。

2009_1204画像0126
食べている途中から身体が温まり、汗をかくほどです。

2009_1204画像0128
シイタケはまるまる1枚入っていました。
噛み締めるとダシがじゅわーっと出てきます。

2009_1204画像0129
なべやきうどんにはやっぱり卵が欠かせません。
かための半熟でした。


天ぷらそば (940円)
2009_1204画像0116
先輩は残った「天ぷらそば」を食べることになり、前回と同じメニューでした。


うどんの量は普通ですが、スープも全て飲み干したのでおなか一杯になりました。
お値段はお高めですが、ボリュームたっぷりで納得です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  たぬきそば    (2009年10月20日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦(日本蕎麦)(2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日
(特製品)
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
(中華)
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
(季節物)
  冷しきつね
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば(2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日

  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日
(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
(セット物)
  親子丼セット(もりそば)(2008年3月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2009年12月3日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00-21:00
[土曜] 11:00-19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/16 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店  @四谷
2009_1204画像0105
2009年12月2日のランチは、お昼前後がタイトなスケジュールだったので、お弁当を買いに行くことにしました。

2009_1204画像0098
向かった先は、2009年11月10日にアトレ四谷の中でオープンした「成城石井(せいじょういしい) アトレ四谷店」です。

2009_1204画像0096
アトレ四谷の1階にはたくさんの飲食店が入っていて、一番奥まったこの場所には2009年1月26日に訪問した「Pizza&Pasta QuaQua(クワクワ) アトレ四谷店」がありました。

2009_1204画像0097
成城石井は牛角やレッドロブスターなどを運営する株式会社レックスホールディングスの完全子会社で、輸入食料品を多く取り扱う食料品主体の高級スーパーですが、最近は駅ビルなどを中心にかなり積極的に店舗展開しています。

2009_1204画像0094
駅のすぐそばだからお昼に行ったらずいぶん混んでいるんじゃないかと思い、12時少し前に事務所を出ましたが、まだ店内にちらほらお客さんがいるだけでした。お昼に向けてお弁当売り場はたくさんのお弁当が積み上がっていて、ゆっくりと写真撮影が出来たのは嬉しかったです。

2009_1204画像0099
販売しているお弁当は、軽食のサンドウィッチからランチボックスのお弁当、和食からエスニック系、そのままそのまま食べられるお弁当から電子レンジで必ずチンしなければならないお弁当などなど、お値段も様々で、かなり多岐にわたっていろいろな種類が置いてありました。
さすが高級スーパーだけあって、店員さんの対応がとても丁寧です。

2009_1204画像0100
お弁当の種類が多くてチョイスに悩みましたが、私は韓国系メニューにし、お肉大好きな上司にぴったりのお弁当がなかなか見つからず、中華系メニューにしてみました。


自家製プルコギと自家製ナムルのビビンバ丼 (580円)
2009_1204画像0105
中央にのっけられた半熟玉子を中心に盛られたナムルなどがとても彩りよく、美味しそう!

2009_1204画像0111
司が中華系お弁当を一口食べると「なんか、冷たいまんまだ。」と言うので、お弁当のラベルをよく見てみると、「電子レンジで温めて下さい。」との表記があり、私のビビンバも同様で、500Wで2分10秒温めるよう指示されていました(汗)。

2009_1204画像0106
自家製のプルコギは、お肉はやや薄いカットで、甘辛いタレがしみ込んでいました。

2009_1204画像0107
ナムルもすべて自家製だそうです。

2009_1204画像0108
ニンジンのナムルには黒コショウがたっぷりとふられていて、ほんのり甘い味付けですがピリリとコショウがきいていました。

2009_1204画像0109
なぜかザーサイも入っています。

2009_1204画像0110
やや固めの半熟玉子にはしっかりとした味付けがしてありました。
ご飯の量はそれ程でもなかったので、全体的なボリュームはもう一つでした。

2009_1204画像0104
この日体調が少しすぐれない先輩から和食系を頼まれていたので、2種類のご飯が食べられるお野菜メインのお弁当にしてみました。


玄米・黒米 野菜が主役のお弁当 (680円)
2009_1204画像0101
このお弁当は温める必要がなく、そのまま食べられました。

2009_1204画像0103
玄米と黒米のご飯がとても色鮮やかでキレイ。

2009_1204画像0102
ヘルシー系かと思いきや、ボリュームたっぷりで美味しかったとのことです。


成城石井にはほかにもたくさんのお弁当があるので、ここに来れば何かが買えるという安心感があり、しばらくはランチ難民にならずにすみそうです。
駅からすぐなので、最近、帰りがけにちょっと珍しい食材をちょこちょこ買うことも多いです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【 アトレ1階 】
Paul アトレ四谷店  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  (2007年7月25日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  (2007年10月16日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  (2007年10月30日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  (2008年10月5日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  (2009年1月26日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2009年12月2日)

【 アトレ2階 】
Le Champ De Pierres 四谷店  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年12月2日訪問時お店DATA
************************************
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (せいじょういしい)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷店1階
TEL 03-5362-0846
営業時間 
[月~土] 7:30~22:00
[日・祝] 8:00~22:00
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/14 09:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(1) |
魚 めし処 川佳  @麹町
2009_1204画像0074
2009年12月1日は上司が出張で不在だったので、先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
前週の金曜日に「グローブ・デュ・モンド」へ行ったばかりなのに、なぜかこのところ四谷方面ばかりに行っていると勘違いし、市ヶ谷・麹町方面へ出ることにしました(汗)。

2009_0703画像0161
先輩は前の日におなかの調子がイマイチだったそうなので、以前見つけて気になっていたお魚メインのお店「魚 めし処 川佳(かわよし)」に行ってみることにしました。

2009_0703画像0163
「川佳」が入っている麹町クリスタルシティ東館は、地下鉄有楽町線麹町駅の四番出口とドッキングしていてとても便の良いところです。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から行く場合には、日本テレビ通りの右側を半蔵門方面にずーーっと進み、新宿通りにぶつかるほんの少し手前の右側にあります。

この場所のほぼ問面に、2009年6月4日に訪問した「麹町 二葉鮨」があります。

2009_0703画像0159
麹町クリスタルシティ東館にはたくさんの飲食店が入っていて、
2008年7月15日に「南東酒房 黒うさぎ 麹町店」へ、
2009年6月29日に「体に優しいヘルシーカレー専門店 BABYLON(バビロン)」へ、
訪問したことがあります。

2009_1204画像0093
ビルの階段を降りていく途中、お店の看板が出ていました。

2009_1204画像0089
ビルの地下1階の奥にあるお店は、店舗も入口もとても小さかったです。

2009_1204画像0087
お店の壁にはびっしりとメニューの写真などが貼られていて、店名の看板を覆ってしまうほどです(笑)。

2009_1204画像0092
営業時間は土日祝を除く午前11時から午後3時半までと、平日のお昼のみの営業です。

2009_1204画像0061
私たちが到着した時、一人並んでいましたが、そのまま待つことにしました。

2009_1204画像0060
しばし待っていると、空いた席の関係で先に待っていた一人客の方より早く店内に入らせていただきました。ありがとうございます!

2009_1204画像0055
入口からすぐのところにやや大きめのメニューが書かれた黒板が置いてあります。

2009_1204画像0056
細かい字でびっしりとメニューが書き込まれ、かなりの種類がありました。

2009_1204画像0057
当然ほとんど全てがお魚のメニューで、刺身、焼き物、丼、フライなどなど、、、

2009_1204画像0058
ざっと数えただけでも20種類ありました。
メニュー選びも大変です。

2009_1204画像0059
お値段は840円から1,300円と少しお高めです。

2009_1204画像0086
機能的なオフィスビルの中にぽこっと定食屋さんが収まっているような店内はそれ程広くなく、左側に厨房とその前のカウンター、右側にテーブル席が3つ4つ程並んでいます。
サラリーマンが多いですが、女性客も結構いました。

2009_1204画像0062
私たちは右手一番前の四人席のテーブル席に横に並んで着席しました。
前には別のお客さんがいらっしゃり、相席です。
全体的に席の間隔は小さいので、満席の店内を見渡すとお客さんがぎゅーっと詰め込まれている感じがします(笑)。

フロアでは配膳・会計・注文取りを全て女将さんが一人でやっているので、かなり忙しく、小走りに店内を駆け巡っています。
カウンターの中では3人ぐらいの板前さんが調理していました。

2009_1204画像0063
店内にはランチメニューはなくて単品メニューのみだったので、外に出ていたランチメニューを思い出し、お刺身3種盛りをお願いしたところ、自分でお魚の種類が選べるようで、おかみさんから「何の種類がいい?」と聞かれてしまいました(汗)。メニューはないし、魚の種類は覚えていないしで焦ってしまい、もう一つの候補だった「シャケ・イクラ丼」を代わりにお願いしたら、笑われちゃいました(汗)。

2009_1204画像0085
私たちの注文は出てくるのに少し時間がかかり、後から相席になった人たちのお料理の方が早く出てきました。
お茶はお料理と一緒に出てきます。

2009_1204画像0064
写真が黄色くなってしまって残念(汗)。
お重のフタをわくわくしながら開きます。


シャケ・イクラ丼 ご飯少なめ (1,300円)
2009_1204画像0067
お料理は、メインの丼のほか、小鉢が2種類とお味噌汁がついています。

2009_1204画像0068
マイ箸を持参したので、お店の割り箸は記念撮影だけ(笑)。

2009_1204画像0071
かなり大きめにカットされたお豆腐には、長ネギとカツオブシがのせられていました。

2009_1204画像0080
お醤油をかけていただきます。

2009_1204画像0070
もう一つの小鉢には大根おろしとシラスが入っていました。

2009_1204画像0081
こちらもお醤油をかけていただきます。量がたっぷりとあって、とてもいい口直しになりました。

2009_1204画像0076
お味噌汁には白菜が入っていて、クタクタに煮込まれていました。

2009_1204画像0073
ついていたワサビを自分では全く使わなかったので、ワサビご飯を食べるほどワサビ好きな先輩にあげたら、とても美味しい!と食べていました。
それなら私も食べてみたいと思い、ほんの少しだけ口に含むと、辛さが鼻を抜けたあと、口の中に甘みが広がって、美味しい!
チューブではない本当のわさびって、こんなに美味しいのかと久々に感激しました。
こんなことなら最初からしっかり混ぜ混ぜして食べれば良かったです(汗)。

2009_1204画像0074
お重のフタをとると、色鮮やかな二色丼が出てきました。とっても美味しそう!
中央にイクラの列があり、その両隣に鮭の身を焼いてほぐしたものがたっぷりと詰められています。親子が川の字に寝ているって感じでしょうか?(笑)

2009_1204画像0082
お重の隅には玉子焼きが一切れ入っていました。少し甘めな味付けです。

2009_1204画像0077
大きめにほぐされた鮭はふんわりと柔らかく、口当たりの軽い脂がたっぷりとのっていて、とても美味しかったです。
ご飯を少なめに頼んでいたので、鮭の方が多いんじゃないかと思うぐらい、たっぷりと詰まっていました。

2009_1204画像0078
イクラの写真、撮っても撮っても赤く光ってしまいます(汗)。

2009_1204画像0084
たっぷりのイクラは粒が大きく、プチプチとした食感でした。


金目煮付 ご飯少なめ (950円)
2009_1204画像0065
先輩はこちらのメニューを注文。

2009_1204画像0066
金目鯛はなかなか大きいカットで、脂ものっていて美味しかったとのことです。


ご飯を少なめにしたにも関わらず、かなりおなか一杯になりました。
お安くはないですが、場所とボリュームを考えたら満足です。
帰り際にもまだお客さんが並んでいました。


2009年12月1日訪問時お店DATA
********************************
魚 めし処 川佳 (かわよし)
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ東館B2
営業時間 11:00 ~ 15:30  
電話番号 03-5275-7930
定休日 土・日・祝・年末年始
地下鉄有楽町線麹町駅 徒歩1分 JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/13 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
【移転】 移動販売 泉州屋台  @市ヶ谷
2011年9月27日追記

「泉州屋台」さんは2010年8月29日にこの場所での営業を終え、南青山に移転しました。

DSCF0344.jpg
その後、同じ場所に「日和亭」が来ていましたが、2011年2月21日に撤退しました。
警察による取り締まりなどが厳しく、現在、月曜日に移動販売は来ていません。

***************************************

2009_1204画像0042
2009年11月30日は午前中からお昼にかけての長い打合せがあり、お客様と上司には「宮川本廛」のきじ重を配達してもらいました。上司からは、「一緒にどう?」と聞かれていたのですが、せっかくの月曜日、「移動販売 泉州屋台(せんしゅうやたい)」のお弁当が食べたくて、断っちゃいました(笑)。

2009_0612画像0034
移動販売のワゴン車が止まる場所は、日本大学大学院前です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、最初の交差点を右に曲がります。
「五番町 祭り屋 ステーキハウス」「鳥珍 市ヶ谷店」(現在は「串八珍 市ヶ谷別館」になっています。)を越えたもう少し先です。
日本大学大学院を越えてさらに進むと「京旬菜 塁菜 Rui-Sai」があります。
この場所には、ほぼ日替わりで移動販売の車がやってきます。
月曜日 泉州屋台Ricky LoLo
火曜日 名称不明のエスニック系移動販売(現在は「wajiwaji」が来ています。)
水曜日 サファリカレー
木曜日 BERO KITCHEN
金曜日 サファリカレー

2009_0612画像0032
前回食べたのが2009年8月10日だったので、約2ヶ月半ぶり、4回目です。

2009_0612画像0031
車のボディは鮮やかな黄色が塗られていて、とっても目立ちます。

2009_0715画像0021
こちらは以前の写真です。
車のそばに、本日のランチメニューが出ています。

2009_0715画像0022
こちらも以前の写真です。
メニューは3種類で、お値段は600円か650円と、とてもお安いです。
お米は最高級のジャスミンライスだそうです。

2009_0715画像0023
こちらも以前の写真です。
カレーが2種類、おかず系が1種類です。
この週のカレーは、定番のグリーンカレーと初めてのマッサマンカレーでした。

2009_1204画像0038
マッサマンカレーとはジャガイモとチキンが入ったタイ南部の代表的なカレーで、辛さは控えめだそうです。

2009_1204画像0041
車の後ろの部分を開けて、販売しています。
販売窓口にメニューが置かれています。

2009_0715画像0030
右上には写真とメニュー説明が記載されたメニュー表があり、とってもわかりやすいです。
蛍光ペン(?)でマルがついているメニューがこの日のメニューです。

店主はとても気さくな方で、いろいろと話しかけて下さいます。

2009_0715画像0024
車の前に立つと、中の様子がよく見えます。
こちらはこの日のおかず系メニュー、「ムー・トート・ガティアム(豚肉のせごはん)」です。
たっぷりのお肉が草原のように広がっていて、空腹な私はクラクラしちゃいました(笑)。

2009_0715画像0025
こちらは以前の写真です。
左側には2種類のカレーがお並んでいます。
グリーンカレーは定番の人気メニューなので、いつもよく売れています。

2009_0715画像0026
好き嫌いがはっきりと分かれるコリアンダーについて、丁寧な説明が出ています。
お弁当を仕上げるとき、「コリアンダーはどうしますか?」と聞かれます。
私はもちろん、増量派!

2009_0715画像0027
ご主人おひとりで切り盛りしているので、混雑時はお客さんをお待たせしないよう、袋詰めなどをセルフサービスでお願いしています。

2009_0612画像0033
販売窓口の右側には、薄い木の板で作られたスプーンが置かれていて、セルフでとります。
とってもかわいいですが、使い捨てになってしまうのでもらわないようにしています。

2009_0814画像0002
こちらのお店で使われているジャスミンライスは、最高級の「香り米」とのこと。
説明書きが以前より立派になりました(笑)。

2009_1204画像0040
車の脇に小さなサイドテーブルが置いてあり、タイ料理でよくある四つの調味料(ナンプラー、プリックソム:唐辛子をつけた酢、プリックポン:粉唐辛子、砂糖)が置かれているので、お好みでこちらに寄って味付けをします。

2009_0814画像0003
調味料は販売窓口の左側に置かれているときもあります。

車をよく見ていると、ご主人が調理していると車全体が揺れるのがわかります。
かなりしょっちゅう揺れていて、小さい車の中で身体を動かすの大変そうです

2009_1204画像0039
車の扉から房飾りがぶら下がっています。
奥に見えるのがソニーミュージックのビルです。

2009_1204画像0047
12時ちょっと前に事務所を出たところ、並んでいるのは4人ぐらいでした。
そんなに待たずに済みましたが、寒い日だったせいか、立ちっぱなしだとかなり身体が冷えます。


カレー2種盛り[メイン:マッサマンカレー、サブ:グリーンカレー] (650円)
2009_1204画像0045
カレー2種盛りを注文すると、2種類のカレーのどちらかをメインとサブに指定します。
メインは初めてのマッサマンカレーにしました。

2009_1204画像0048
おかず(?)に薄切りキュウリとゆで卵が半分入っていました。
卵が入っているのは初めてのような気がします。

2009_1204画像0050
横に盛られたお新香は、カレーに水没していました(笑)。

2009_1204画像0049
ジャスミンライスの上にパクチーがのせてあります。

2009_1204画像0052
この日はご飯がかなりたっぷりと入っていました。

2009_1204画像0046
サブにお願いしたグリーンカレーは定番メニューなので注文する人が多いようです。
カレーには鶏肉、ナス、シメジ、タケノコなどが入っていて、ココナツミルクの甘みと辛さコクを感じて、とても美味しいです。

2009_1204画像0051
初めてのマッサマンカレーをいただきま~す!
ココナツミルクの白っぽい色に、ところどころ赤さが浮かんでいます。

2009_1204画像0054
カレーは、しっかりとした甘さとはっきりした辛さがあり、ココナツミルクのコクとあいまって、美味しい! このカレーはかなり気に入りました。

2009_1204画像0053
具材は鶏肉とジャガイモとのことでしたが、あまりジャガイモの姿は見かけず、鶏胸肉はたっぷりと入っていました。


ムー・トート・ガティアム (650円)
2009_1204画像0043
先輩はこちらのお肉系メニューを選択。

2009_1204画像0044
たっぷりの豚肉とご飯でボリューム抜群です。


この日は何故かご飯がとっても多くて、すごくボリュームがありました。
ランチの途中、長い電話につかまってしまっておなかが途中でふくれてしまったせいもあったと思いますが、とにかく食べ終わったらおなかいっぱいで、夕方まで全くおなかが空きませんでした(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【 カレーメニュー 】
 カレー2種盛り[メイン:グリーン、サブ:イエロー]  (2009年6月8日
 カレー2種盛り[メイン:グリーン、サブ:レッド]  (2009年8月10日
 カレー2種盛り[メイン:マッサマン、サブ:グリーン] (2009年11月30日

【 ご飯メニュー 】
 ムー・トート・ガティアム  (2009年7月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年11月30日購入時お店DATA
*******************************
移動販売 泉州屋台  (せんしゅうやたい)
場 所 日本大学大学院前
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/12 09:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(3) |
Globe du Monde  @市ヶ谷
2009_1127画像0071
2009年11月27日は、先週から仕事が忙しく、かつ、久しぶりに上司が出張に出たこともあり、美味しいランチを食べましょう!ということで、久しぶりに「Globe du Monde(グローブ・デュ・モンド」へ行きました。
前回訪問したのが2009年2月9日だったので、約9ヶ月ぶりです。

店

JR・地下鉄市ヶ谷駅から駅前の交差点を渡りって交番を通り過ぎ、ひたすら土手沿いをまっすぐ歩きます。それ程広くない道路なのに、路駐する車や通り抜ける車が多くて、結構歩くのが大変です。

魚

お店がほとんど無いような場所になり、「本当にこの道であっているのかな?」と不安になるころ、ようやくお店に掲げられたフランス国旗が見えてきます。
この道をさらにまっすぐ進み、橋を渡ってちょっと右に行くと「麺処 くるり」があります。

提灯

フレンチのお店なのに何故かいつもこの写真の提灯がぶら下がっていたのですが、この日は提灯がありませんでした。ちょっと寂しい(笑)。

2009_1127画像0051
12時ジャストに事務所を出て早足で歩いて行きましたが、残念ながら満席。
ただ、すでにデザートに入っているテーブルがちらほらあり、お店の方からも「10分ぐらいです。」と言われたので、そのまま待っていたら、意外と早く入店できました。

2009_1127画像0052
お店のメニューは、
Aコース 1,100円  (メイン、デザート、飲み物)       
Bコース 1,600円  (オードヴル、メイン、デザート、飲み物)
の二種類がありますが、こちらに来たら、迷わずBコースを選択することをオススメします。
オードブルもメインもたくさん種類の中から選べます。
メニューはしょっちゅう代わり、以前食べて美味しかったものに巡り会うのが大変(笑)。

2009_1127画像0060
店内は、入って右手奥にカウンター席があり、それ以外はテーブル席です。
ウッディで素朴なインテリアの店内は、全体的にこぢんまりとした空間で、テーブルも小さく、ゆったりしているとは言い難いのに、この日は7人連れのお客さんが来ていたのにはビックリ。

2008_0914画像0168
こちらのお店では、写真を撮るためにお皿交換などをしていると温かいお料理が冷めちゃうので、シェフとしては出来たてのお料理を食べてもらいたいという意向から、お料理の写真を撮るときにはお店側に一言声をかけて下さいとのお話をいただいていたので、サービスの方に写真撮影のお願いをしたところ、快く了解してくださいました。
写真を撮る方がいらっしゃいましたら、ぜひご配慮下さい。

2009_0211画像0067
こちらはカウンター席です。

ビストロなので基本的に女性客が多いですが、ボリューム抜群のお料理をいただけるせいか、男性一人客がぶらりとやってきていたり、お土地柄か外国人の方もよくいらっしゃっています。

2009_1127画像0058
私たちは入口すぐ右手にあるテーブル席に着席しました。
お料理の写真撮影の許可をいただきましたが、メニューの撮影はダメとのこと。
店内で見せられたメニューは外に出ているメニューよりも種類が多く、先輩は速攻でメニューを変更(笑)。

2009_1127画像0059
まず、バスケットに入ったパンが一人2個ずつ、合計4個出てきます。

2009_1127画像0069
小さくてコロンと丸いパンは表面にうっすらと焦げ目がついていましたが、温かくはありません。

2009_1127画像0070
皮はパリッとしていて、中はちょっともちもちした食感です。


仔牛すね肉のサラダ
2009_1127画像0063
メニューをどれにするかすごく悩みましたが、この日は前菜にこちらを選択。
たっぷりのすね肉に山盛りの生野菜サラダと自家製ピクルスが添えられて出てきました。
すね肉って、シチューやカレーなど味の濃いもので煮込むイメージがあるので、こういうスタイルでいただくのは初めてです。

2009_1127画像0066
生野菜は数種類のリーフレタスで、しっかりとドレッシングが和えてあります。
これだけでもかなりの量があります。

2009_1127画像0065
自家製ピクルスは酸味が爽やかで、ポリポリとした心地よい歯応えでした。

2009_1127画像0068
幾つも折り重なって盛られたピクルスは、カリフラワー、ニンジン、キュウリ、セロリ、カブ、赤パプリカなど種類も豊富でした。

2009_1127画像0067
すね肉は程よい噛み応えがあり、お肉の濃い味わいがします。マスタードと刻んだゆで卵をベースにしたさっぱりとしたソース(?)がかかっていて、とても美味しい。
お肉はボリュームたっぷりで、食べても食べても減りません。


豚肉と鶏レバーのテリーヌ
2009_1127画像0061
先輩は前菜にこちらをチョイス。

2009_1127画像0062
一口いただきましたが、パテはレバーの甘みがあってとっても美味しく、ワインがすごく飲みたくなりました。
先輩は「今日はもう誰も来ないし、よければどうぞ~。」と悪魔の囁きをします(笑)。

2009_1127画像0071
オーブン料理だったからか、メインが出てくるのに珍しく少し時間がかかりました。


牛トリップ(胃袋)のオーブン焼き
2009_1127画像0072
ぐつぐつと音を立て、湯気が出ているお料理が登場!

2009_1127画像0073
トリップのはずが、パッと見、お野菜しか見えません。
ブロッコリー、カリフラワー、ジャガイモ、ニンジンなどなど、それぞれ大きなカットでゴロンゴロンと入っています。

2009_1127画像0074
トリップと一緒に煮込まれてはいないようで、しゃっきりとした固めな歯触りでさっぱりしています。

2009_1127画像0076
トッピングされたチーズがだんだんと溶け出して、ソースにコクをつけていきます。

2009_1127画像0078
猫舌の私は間違いなく火傷をするな~と、まずはスープを一口。
あっさりとした口当たりでトマトの酸味を感じますが、旨みがあってとっても美味しい!!

2009_1127画像0077
こちらのお店にしては珍しく野菜ばかりでお肉は少なめなのかな~、なんて思ったのは大間違いで、スープの中から大きくカットされたトリップがゴロゴロと出てきました。
ほどよい噛み応えを残した柔らかいトリップは、脂がしっかりとのっていて、とにかくうまい!
全体のボリュームが多かったので、とにかくひたすら食ました。

2009_1204画像0036
メインを食べ終わって時計を見ると、12時52分!!
デザートとドリンクをキャンセルしようとお店の方に伝えたところ、ケーキを持ち帰れますよ、と言われたので、先輩が受け取ることにして、私は一足先に帰ることにしました。出来たてアツアツのオーブン料理を食べた後に急ぎ足で戻ったので、汗をかきそうなぐらい暑かったです(笑)。
先輩の話では、シェフ自らケーキを包んでくださったとのこと。


個人的には美味しくてボリュームたっぷりの二品を食べただけでも大満足でした。
いつも思うことですが、もうちょっとお店が近くてのんびりいただきたいものです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

オードヴル
砂肝・ベーコン・ソーセージのサラダ (2007年4月18日
カキのエスカベッシュ (2007年11月14日
鶏白レバーと砂肝のサラダ (2009年2月9日
仔牛すね肉のサラダ (2009年11月27日

メイン
仔鴨モモ肉の根菜煮込み (2007年4月18日) 
うずらと豚肉とレンズ豆のキャベツ包み (2007年11月14日
豚ほほ肉の赤ワイン煮 (2009年2月9日
牛トリップのオーブン焼き (2009年11月27日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2009年11月27日訪問時お店DATA
******************************
Globe du Monde (グローブ デュ モンド)
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-3-17 明君モナーク九段101
TEL 03-3221-6009
営業時間 11:30-15:00(L.O.14:00) 18:00-23:00(L.O.22:00)
定休日 日曜
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/09 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(4) |
炭火焼 炭膳  @四谷
2009_1127画像0046
2009年11月26日、12時になったので上司に「お昼をどうしますか?」と聞いたところ、「外へ食べに出よう。」と言ってくれたものの、仕事がなかなか一区切りしないようで、結局事務所を出たのが12時半頃でした。
四谷のしんみち通りに向かい、そのすぐ入口にある上司のお気に入りの定食屋さんである「炭膳(すみぜん)」に入ることになりました。
前回訪問したのが2009年5月12日だったので、約半年ぶりです。

2009_0123画像0057
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、すぐ左にあるタカマスヤビルの地下にあります。
2階には、2007年10月3日に訪問した「らぁめん 芳久(よしきゅう) 四谷」があります。

2009_0123画像0056
細い階段を下りていきます。

2009_0123画像0039
店内はそれほど広くなく、入口から向かって右手に厨房、左手にテーブル席が並んでいます。

2009_0306画像0008
12時から1時までの1時間は禁煙です。

2009_0514画像0199
ピントがずれて、すみません(汗)。
営業日、営業時間はこちらのとおりです。
ランチタイムは長いですが、夜はそれ程遅くまでやっていません。

2009_0514画像0183
厨房のある上の壁には、夜のメニューがたくさん貼り出してあります。

2009_0514画像0182
小さなお店ですが、メニューはたくさんあります。

2009_0514画像0181
季節を感じさせるおすすめメニューもあります。

2009_0123画像0043
いつも混み合っているこちらのお店もさすがにピークは過ぎていたようで、空いていた中央のテーブルに着席。

2009_0123画像0038
こちらは古い写真です。
店内にはラジオが大きめのボリュームで流れています。

2009_1127画像0037
いつも卓上に置かれているのはタクアンですが、この日はキュウリの漬物でした。

2009_1127画像0038
フロアではおばあちゃまが一人で切り盛りしています。
それ程席数は多くありませんが、さすがにとても忙しく、時には少々待たされることもありますが、いつも謙虚で丁寧な接客をして下さり、とっても感じが良いです。

2009_1127画像0031
メニューは卓上にはなく、お店の入っているビルの前か、お店の奥の壁に貼られています。
売り切り終いなので、お目当てのメニューがいつもあるとは限りません。

2009_1127画像0032
座る場所によっては、メニューが少々見えにくい時があります。

2009_1127画像0035
この日のメニューは17種類(すでに裏返っていた1枚を除く。)で、お値段は800円から980円とお手頃です。

2009_1127画像0036
時間が時間だったのでメニューの品切れを心配しましたが、案外魚系メニューは残っていて、むしろフライ系をオーダーした上司の方がA・B共に品切れでなかなか決まらず、困っていました(笑)。


銀むつ煮付け ご飯少なめ (900円)
2009_1127画像0042
前回来たときに食べられなかった「銀むつ煮付け」を注文。
しばし待って出てきたお料理は、メイン、小鉢、お味噌汁、ご飯のセットです。

2009_1127画像0045
小鉢には一口サイズの冷や奴が入っていて、長ネギのみじん切りとおろしショウガがのせられています。

2009_1127画像0049
お醤油をかけていただきました。

2009_1127画像0044
お味噌汁は作り置きせず、投入したばかりのナメコがツルツルの食感です。
ほかにネギとワカメが入っていました。

2009_1127画像0043
ご飯は少なめでお願いしました。

2009_1127画像0039
せっかくなので、卓上のお新香もいただきました。

2009_1127画像0050
ご飯は少なめでお願いしているし、メインのボリュームはたっぷりで、お新香の出番は必要ないぐらいです(笑)。

2009_1127画像0046
写真だとイマイチ伝わりませんが、銀むつは巨大な塊が2つ出てきました。

2009_1127画像0047
写真がピンぼけですみません(汗)。
煮汁は私には少し甘めの味付けでしたが、骨周りにたっぷりついた身は柔らかく、むっちりとした歯応えで、プルプルした食感の部分もありました。

2009_1127画像0048
脂がたっぷりとのっているので、とてもおなかが一杯になります。


銀むつ味噌焼 (900円)
2009_1127画像0040
先輩は、私と同じく銀むつですが、味噌焼を注文。

2009_1127画像0041
お魚の巨大な塊が香ばしく焼かれ、とっても美味しくておなか一杯になったと大満足でした。


とてもお魚系メニューを食べたとは思えない、ボリューミーなランチで大満足でした。
めばる煮付けや鮭かま塩焼もとても気になるメニューです。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

生カキフライ  (2009年1月21日
豚ロース炭焼  (2009年3月3日
銀むつ味噌焼  (2009年5月12日
銀むつ煮付け  (2009年11月26日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2009年11月26日訪問時お店DATA
*****************************
炭火焼 炭膳 (すみぜん)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-3 高増屋ビル地下1階
電話&FAX 03-5360-4451 
営業時間
[平日] 午前11時~午後3時
[土曜] 午後5時~午後9時
定休日 日曜
JR・地下鉄四ッ谷駅から 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/08 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 けむりや 炭火串焼  @四谷
2009_1127画像0022
2009年11月25日はお昼近くまで打ち合わせが続いていたので、12時過ぎに上司に「お昼をどうしますか?」と私が聞いたところ、先輩がすかさず「お弁当を買ってきましょうか?」と続けたので、流れの勢いでお弁当を買うことになりました(笑)。
どこのお弁当にしようかいろいろ迷った結果、「けむりや 炭火串焼」に決め、私が買いに出かけました。

お店に向かう途中、四ッ谷駅近くの交差点近くの路上で鳩が車にはねられてぐったりしているのを見かけました。身体が弱っていたのでしょうか。可哀想に。

2008_0914画像0028
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、少し行った右手にこちらのお店があります。
2008年9月8日にランチで訪問2009年5月8日にお弁当を購入したことがあります。

2008_0914画像0027
この写真は以前撮ったものです。
このところ、店内でのランチ営業を止めていて、350円のお弁当販売のみになっていました。
安くてボリュームたっぷりのランチ、もう一度食べたかったので、とても残念です。
お店の看板には「好評により11月27日までの営業です。」と書かれていましたが、この月で終わるのは、350円弁当なのか、弁当販売なのか、ちょっとよくわかりませんでしたが、結局お店そのものが閉店になりました。

2009_1127画像0021
カメラを持参するのを忘れてしまい、店内の様子を写真で撮れませんでした。
痛恨のミスです(泣)。
店内ではカウンターの一番前のところで男性が一人でお弁当を売っていました。
メニューは10種類ほどあり、なんと、すべて350円。
12時半頃だったのでほとんどのお弁当があと1つか2つになっていました。
カウンターには「万札禁止」との言葉あり、財布に福沢諭吉先生しかいなかった私は焦りまくり、小銭をかき集めて、どうにか精算が出来ました(汗)。安くてよかった。

全てのお弁当は一つずつ割り箸と共にビニール袋に入れてセッティングしてあり、そのまますぐに手渡せるようになっています。お店の人はお金のやりとりだけで済むようになっていて、とっても合理的。


トマトソースのハンバーグ (350円)
2009_1127画像0022
種類が多くてメニューの選択に迷いましたが、ボリューム系ということで、デミグラソースとトマトソースのハンバーグと、クリームソースの鳥唐弁当を購入しました。
持ち帰った弁当を上司に選んでもらったら、「え~、ハンバーグ?。」とのたまい、鳥唐弁当をチョイス。そういえば、前日の「エル・アルボル」ランチでハンバーグを食べていたのを思い出しました(笑)。
私は買いに行ったご褒美として、トマトソースのハンバーグを選ばせていただきました。

2009_1127画像0023
ご飯はたっぷりと盛られていて、中央にふりかけがかけてあります。
このふりかけ、カツオブシ風味で美味しかったです。
ご飯は水分少なめに炊かれていて、上司は「なんだ、ご飯がバサバサだな。」と言っていましたが、私はとても好みでした。

2009_1127画像0025
マカロニサラダはすごく淡い味付けでした。
一緒に入っていたお豆が柔らかくて味が濃く、美味しかったです。

2009_1127画像0024
赤カブの漬物はすっきりとした酸味があって、いい箸休めになりました。

2009_1127画像0030
鶏の挽肉に衣をつけて揚げたような丸い揚げ物は、春巻きのような味がして美味しかったです。

2009_1127画像0027
大きな俵型のハンバーグにはトマトソースがたっぷりとかかっています。
トマトソースには角切りのトマトやシメジ、エノキが入っていました。

2009_1127画像0028
ハンバーグの下には、ほんの少しでですが、キャベツの千切りも入っていました。

2009_1127画像0029
ハンバーグは以前お店で食べた時と同じく少々大味ですが、濃い味付けでお肉らしい食感があって美味しいです。
トマトソースはフレッシュトマトのおかげで酸味がきいていてさっぱりしています。


350円というお値段はこの界隈で最安値だと思いますが、それなのにこのボリューム! 
デフレのすごさを感じさせますが、一消費者としては感謝するばかりです。
でも、大変残念なことに、お値段のせいか他の事情があったのかは定かではありませんが、11月27日以降閉店し、現在は中華料理屋さんの「桂園 四谷店」が同じ場所にオープンしました。


2009年11月25日訪問時お店DATA
****************************
けむりや 炭火串焼
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-21 三井資産ビル1階
TEL&FAX  03-5312-4733
営業時間  ランチタイムの時間不明  17:30~24:00(L.O.23:30) 
定休日 不定休 日・隔週休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/07 09:00】 | ハンバーグ | トラックバック(0) | コメント(2) |
EL・ARBOL  @四谷
2009_1127画像0019
2009年11月24日、お昼になったので上司に「お昼どうしますか?」と聞いたところ、「うーん、、、外に食べに行こうか?」と言われ、四谷のしんみち通りへ出かけました。
特にお目あてのお店があるわけではない上司、「昨日の夜は鶏を食べたから、それ以外だな。」とはいうものの、なかなかお店が決まらず、いつもよくお邪魔している「スパゲッティ ながい」へ行きましたが、満席(泣)。またしんみち通りに戻り、ふと「EL・ARBOL (エル・アルボル)」の存在に気付き、入ってみることになりました。

店

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程の右手にあるお店です。
これまでに、2007年12月18日にランチ2009年1月30日にディナーに、それぞれ1回ずつ訪問したことがあるので、ランチの訪問は実に2年ぶりです。

看板

しんみち通りにはこちらの看板が出ています。
四谷界隈はメキシコ料理が食べられるお店が多いですが、特にこちらの「エル・アルボル」は創業35年、四谷に来て25年というかなり老舗のお店です。

柱

ディナータイムになるとお店で栽培された生のハバネロを使ったハバネロの肉詰めが食べられますが、このメニューが激辛料理としてとても有名で、私はずいぶん昔に日本テレビの「鉄腕ダッシュ」で紹介されたのを観て知りましたが、今でもテレビなどでによく紹介されています。

外メニュー1

外に出ているランチメニューです。

外メニュー2

メキシコ料理屋さんですがハヤシライスもあるようです。

外メニュー3

スペシャルメニューにタコスがあるのはわかりますが、自家製スープの「特製冷麺」(!)なるメニューもありました。不思議。

入口

入口はこじんまりとしていますが、店内はかなり広いです。

2009_1127画像0005
前回ランチでお邪魔したときと同じく空いていて、席が半分も埋まっていませんでした。
こういう系統のお料理屋さんにしては珍しく男性のお客さんが多いです。

2009_1127画像0004
店内はメキシコらしい(?)装飾品がいろいろと飾られています。

2009_1127画像0003
つい数日前にあった事務所の食事会で、私たちが「サルサ・カバナ」に行きたいとお願いしていたのを、上司が前日になってからぐずぐず言い出して急遽別のお店に変更したというのに、ここにランチで入るのだから、なんだかとっても天の邪鬼。

2009_1127画像0002
しかも、私たちが行きたかったのは2007年7月11日に訪問した「サルサ・カバナ」だというのに、上司は全くの勘違いをしていて、「ここに来る予定だったんだろ?」なぞと申していました(汗)。系統は同じですが。

2009_1127画像0001
私たちは左手一番奥のテーブル席に着席。

2009_1127画像0010
我が道を行く、というスタイルのお店ですが、ボージョレーを取り扱ったりするんですね(笑)。

2009_1127画像0006
ランチメニューです。

2009_1127画像0007
メキシコ料理ばかりでなくかなり幅広いメニューが12種類あり、ライスと味噌汁のセットだと850円、さらにコーヒーをつけると1,000円です。
以前はコーヒー付のセットしかなかったので、少しお手軽になりました。

2009_1127画像0008
スペシャルメニューも2種類あります。

2009_1127画像0009
メニューはいろいろありますが、メキシコ料理っぽいものが食べたくて「ポークチリソース煮」をお願いしました。


ポークチリソース煮 ご飯少なめ (850円)
2009_1127画像0012
しばし待って、お料理が登場!
大きな白い平皿にメインのお料理がたっぷりと盛られ、ご飯とおみそ汁がつきます。

2009_1127画像0013
前回も思いましたが、メキシコ料理にお味噌汁がついているのはとっても不思議(笑)。
ワカメやお豆腐が入っていました。

2009_1127画像0011
ご飯を少なめにお願いするのを忘れてしまい、お料理を持ってきていただく直前にお願いしてしまいました。お忙しい中で対応していただき、本当ありがとうございました。
しかも、マダムからは「これで足りる? 量が少なかったら、言ってね。」と優しく声をかけて下さいました。
ただ、ご飯がやや柔らかめだったのが残念。

2009_1127画像0019
メインのお皿には赤いチリソースに染まった煮込みに、たっぷりのサラダが添えられています。

2009_1127画像0016
スパゲッティのサラダにはキュウリとニンジンが入っていました。

2009_1127画像0017
生野菜のサラダはキャベツ、レタス、キュウリ、トマト、コーン、パセリで、種類だけでなく量もたっぷり。

2009_1127画像0018
チリソースは少し甘みが合ってほんのりと辛く、あとからじわじわと辛さがきいてきます。
豚肉は柔らかく、タマネギやピーマンなどの野菜もたっぷりと入っていて、全体的にとても食べごたえがあります。

2009_1127画像0020
ご飯にあわせても、もちろん、美味しかったです。


上司は「メキシコ料理」=辛いものというイメージが強いようで、ハンバーグにかかっていたチリソースがピリ辛だったので、「やっぱり、メキシコ料理って辛いな~。」としきりに言っていました。うーん、本当はいろいろあるんだけど。
温かいピリ辛料理をたっぷりといただいて、おなかいっぱいになりました。
お店に入る前は背中を丸めたくなるほど寒い日でしたが、帰りは冷たい空気がとても気持ちよかったです(笑)。


2009年11月24日訪問時お店DATA
****************************
EL・ARBOL (エル・アルボル)
〒160-0004 新宿区四谷1-7 第2鹿倉ビル1F
Tel:03-3357-6868
Fax:03-3359-5431
営業時間 (月~金)11:00~23:00  
       (土)17:00~23:00
定休日 日・祝(不定休)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/06 09:00】 | メキシコ | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 麹町 美禄亭  @麹町/四谷
2011年8月17日追記

DSCF9722.jpg
「麹町 美禄亭」の跡地に「楽呑空間 尾張の金蔵」が2010年2月4日にオープンし、2010年8月18日にランチ訪問しましたが、その後程なく閉店したようです。

DSCF9702.jpg
その後、2011年6月13日に「麹町市場(こうじまちいちば)」がオープンし、2011年8月1日に訪問しました

この場所はお店を経営するのはなかなか大変そうです。

***************************************

2010年9月10日追記

2010_0819画像0069

 「麹町 美禄亭」は、2009年11月20日の訪問後、しばらくして閉店したようです。
 この場所には2010年2月4日に「楽呑空間 尾張の金蔵」が新たにオープンし、
 私は2010年8月18日にランチ訪問しました。

***************************************

2009_1120画像0210
2009年11月20日は、上司と先輩が出張に出ていたので、事務所で一人お留守番。
お昼になり、あと一軒でコンプリートになる日本工営ビルの地下に行ってみましたが、お目当てのお店だけ行列が出来ていて断念。
仕方なく、新宿通りをさらに麹町方面に進んで「むさし坊」に行ってみようと地下への階段を降りていったら、こちらも行列(汗)。
一つ手前にあった「麹町 美禄亭(びろくてい)」に入ってみることにしました。

2009_1120画像0219
JR四ッ谷駅から新宿通りの左側を半蔵門方面に進み、トヨペットを越えた少し先です。
地下鉄有楽町線の麹町駅からはすぐ近くです。

2009_1120画像0220
お店は地下にあり、地上には入口だけがぽつんとあって、ちょっと変わった造りです。
検索をしてみたら、新宿にも支店があるようです

2009_1120画像0221
お店の入口には夜のメニューも出ていました。
お魚に力を入れているお店なんでしょうか。

2009_1120画像0218
細い階段を降りていきます。
お店の様子が全くわからないので、少々不安です。

2009_1120画像0172
店内は意外とかなり広く、イマドキの居酒屋さんらしく、明るい内装でした。
混雑していましたが、ちょうど人が入れ替わったようで、テーブルを片付けるために少し待たされました。

2009_1120画像0216
入口のすぐ左手に「おかわり処」がありました。

2009_1120画像0217
ごはん・キャベツ・みそ汁・おしんこをセルフでお代わりできます。
ただ、座る席によってはここまで来るのはちょっと遠いかも。

2009_1120画像0202
店内は手前にたくさんのテーブル席、右手奥にカウンター席があります。
私はカウンターの一番奥に着席。

2009_1120画像0215
目の前にはたくさんのお皿が積み上がっていて、調理している様子が見えにくくて残念。
厨房はものすごく忙しそうで、女性の調理人もいらっしゃいました。

2009_1120画像0173
ランチメニューです。

2009_1120画像0174
メニューは全部で7種類、お値段は690円から850円とお手頃です。
全品キャベツ・ごはん・みそ汁・お新香おかわり自由です。

2009_1120画像0201
メニューはいろいろありましたが、「さんしょう焼定食」というのが珍しかったので、豚肉のさんしょう焼をご飯少なめで注文。


さんしょう焼定食 ご飯少なめ (790円)
2009_1120画像0203
それ程待たずにお料理が登場。
メイン、小鉢、お新香、おみそ汁、ご飯です。

2009_1120画像0214
お茶を出し忘れられていて、途中からグラスが出てきました(笑)。

2009_1120画像0206
ほうれん草のゴマ和えは、ほんのり甘い味付けです。
あえ衣は黒ゴマで、ふりかけてあるのは白ゴマでした。

2009_1120画像0207
お新香はキャベツやニンジンの浅漬けです。

2009_1120画像0204
ワカメとネギの入ったお味噌汁は、さっぱりとしたダシで熱々でした。

2009_1120画像0205
ご飯は普通盛りの人と少なめの人では器が違うので、とてもわかりやすいです。
熱々のご飯は固めに炊かれていて美味しかったです。

2009_1120画像0208
写真がピンぼけですみません(汗)。
メインは、大きな白い丸皿にお肉とサラダが盛られていました。

2009_1120画像0209
水菜がメインのサラダにはお醤油系ドレッシングがかかっていました。

2009_1120画像0210
豚肉はとても大きなカットのお肉が4枚ぐらいありました。
大きすぎて少々食べづらいぐらいです。
お肉は程よいかたさで、しっかりと噛み締めていただきます。

2009_1120画像0212
お肉にはたっぷりの山椒がかかっています。
お醤油ベースの少し甘めなタレがお肉によくしみ込み、山椒がかかっている部分はぴりっとした刺激があって、なかなか美味しいです。自宅でも作ってみたい組み合わせでした。


お店がキレイで店員さんの感じもよく、お値段もお手頃でした。
山椒って使い道が少なくて家でも持て余し気味ですが、こんな使い方があるのかと大変勉強になりました。牛肉バージョンも食べてみたいです。


ディナーメニューです↓
2009_1120画像0177

2009_1120画像0178

2009_1120画像0179

2009_1120画像0180

2009_1120画像0181

2009_1120画像0182

2009_1120画像0183

2009_1120画像0184

2009_1120画像0185

2009_1120画像0186

2009_1120画像0187

2009_1120画像0188

2009_1120画像0189

2009_1120画像0190

2009_1120画像0191

2009_1120画像0193

2009_1120画像0194

2009_1120画像0195

2009_1120画像0196

2009_1120画像0197

2009_1120画像0198

2009_1120画像0199

2009_1120画像0200

2009_1120画像0192


2009年11月20日訪問時お店DATA
**************************************
麹町 美禄亭 (びろくてい)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-2-6 泉商事ビル ウエストスプリングB1
TEL 03-3261-2507
営業時間 
[平日] 11:30~14:00(L.O.13:45) 17:00~23:00(L.O.22:30) 
[土曜] 11:30~14:00(L.O.13:45) 17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 日・祝
地下鉄麹町駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/05 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【撤退】 BERO KITCHEN  @市ヶ谷/麹町
2012年10月26日追記

警察の取り締まりが厳しくなった後も、場所を変え、メニューも変えてたまに販売に来てくれていた「ベロキッチン」でしたが、次第に見かけなくなり、2011年2月17日のランチが最後になりました。
店主さんは世田谷区深沢で「洋食シカタ」というお店を出しているので、いつか食べに行きたいです。

**************************************

2009_1120画像0163
2009年11月19日、12時直前に打合せが終わった上司に「お昼どうしますか?」と聞いたところ、1時からいらっしゃるお客様の一人が12時にいらっしゃり、その方と一緒に外へ食べに行くとのこと。「なに~、そんな話、聞いていないよ。私たちはどうなる?」と呆然としているうちに、お客様がいらっしゃり、上司もそのまま外出してしまいました(汗)。
二人が何時に事務所に戻ってくるかわからず、天気予報にはなかった雨が降り始めていたので、久しぶりに「BERO KITCHEN(ベロキッチン)」へお弁当を買いに出かけました。

前回こちらのお弁当を買ったのは2009年9月24日だったので、約2ヶ月ぶりです。

車

移動販売のワゴン車が止まる場所は、日本大学大学院前です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、最初の交差点を右に曲がります。
「五番町 祭り屋 ステーキハウス」「鳥珍 市ヶ谷店」(現在は、串八珍市ヶ谷別館に変更)を越えたもう少し先です。
日本大学大学院を越えてさらに進むと「京旬菜 塁菜 Rui-Sai」があります。

この場所には、ほぼ日替わりで移動販売の車がやってきます。
月曜日 泉州屋台Ricky LoLo
火曜日 名称不明のエスニック系移動販売(現在は、「wajiwaji」が来ています。)
水曜日 サファリカレー
木曜日 BERO KITCHEN
金曜日 サファリカレー

2009_0220画像0137
メニューはいつもと同じ、ミートソースのスパゲッティとオムライスの2種類でした。

2009_0220画像0138
メニューの看板は新しく作り替えているのですが、写真がないので古いままです(汗)。

2009_0220画像0139
人気メニューだからか、最近はほぼこの2種類に固定されています。

移動販売の車はかなり年季が入っていて、以前、お料理の出来上がりを待っていたら、車の中が見えないようになっている下の目隠しの板が、突然地面に落下したことがありますので、買いに行く方は気をつけて下さい(笑)。

2009_0220画像0140
メニューは2種類で、ミートソースにはプラス50円でふわふわ卵をトッピングできます。
数量限定でサービスサラダがあり、大盛りは100円増しになります。

先輩と二人で買いに出たら、先客が5人ぐらい並んでいました。
一つ一つ火を使ってお弁当を作るので、なかなか順番が回って来ず、かなり冷え込んだ日だったので寒さが身に染みました(汗)。

2009_1120画像0161
この日はサービスのコールスローは品切れ。残念!


ふわふわ卵のせミートソース(650円)+大盛り(100円)=750円
2009_1120画像0165
前日の食事会で体重が大幅に増加していたのですが、たっぷり食べたいのと比較写真を撮りたいのとで、ついつい、大盛りを注文(笑)。
大盛りはスパゲッティの量が多いだけでなく、ミートソースのボリュームも増えているので、容器のふちまでソースが覆っていて、下にある麺がほとんど見えません。


ふわふわ卵のせミートソース(650円)
2009_1120画像0164
こちらは先輩が注文した普通盛りです。
ボリュームの差がわかるでしょうか。

2009_1120画像0163
普通盛りが左、大盛りが右です。
この写真だとそれ程はっきりとした差がありませんが、食べてみると断然違います。

2009_0927画像0005
パスタの注文をすると、仕上げの段階で「チーズとタバスコどうしますか?」と聞かれるので、もちろん、両方ともお願いします。

2009_1120画像0167
麺が硬めに茹でてあるのと、大盛りで麺の量がとても多いせいで、ほぐすのが少々大変です。
おまけに、この日はフォークをいただくのを断り、事務所に置いてあるフォークで食べたのですが、サイズがとても小さい(短い)ので食べづらかったです(汗)。今度、アスクルでマイフォークを買っておこうかな。

2009_1120画像0169
少し甘みのきかせ、複雑なコクのあるトマトソースは相変わらずの美味しさ。
すじ肉でしょうか、この日はかなり大きな塊のお肉が入っていて、とってもラッキー♪
味がとてもよく染みていて、トロトロにとろける柔らかさです。

2009_1120画像0166
ふわふわトロトロの卵がたっぷりのせられていて、タバスコと粉チーズもかけてもらっているので、ボリュームが多くても味が単調にならず、最後まで美味しくいただきました。

2009_0927画像0009
美味しいソースが麺全体に行き渡って、スパゲッティがオレンジ色に染まったら食べ頃です。
かために茹でられたスパゲッティはツルンとしたのど越しが気持ちよく、とにかくボリュームたっぷりで、食べても食べてもなかなか麺が減りません。


楽しく美味しくスパゲッティを食べている途中、お客様と上司が戻ってきてしまったので、会議室で食べていた私たちは慌てて席に戻りました(汗)。せっかくたっぷりと食べていたので、もっとゆっくりしたかったです。広いスペースのある事務所に引っ越したいなぁ。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 ◎ ふわふわ卵のせナポリタン (2007年9月20日
 ◎ ミートソース[大盛り] (2009年9月24日) 
 ◎ ふわふわ卵のせミートソース (2007年9月27日同年11月1日2008年4月3日
 ◎ ふわふわ卵のせミートソース・大盛り (2009年2月9日2009年5月28日2009年11月19日) 
 ◎ オムライス (2007年10月11日同年12月13日2008年1月31日
 ◎ ハンバーグステーキ (2006年11月15日
 ◎ チキンカレー (2008年1月17日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2009年11月19日購入時お店DATA
*******************************
BERO KITCHEN  (ベロ キッチン)
場 所 日本大学大学院前
営業日 木曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/02 09:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(8) |
中国料理 源源飯店  @四谷
今日から4月に突入し、新しい年度の始まりです。
特に変化のある職場ではないにもかかわらず、私は何故かウキウキしちゃいます。
桜の満開まであと少し。
気温が上がって晴れ上がった水色に澄んだ空の下でお花見をしたいものです。

************************************

2009_1120画像0059
2009年11月18日のランチは、上司がお昼時に不在だったので先輩と外へ食べに出かけたのですが、この日の夜は職場で食事会を予定していたのと体重がリバウンド気味だったので、軽めにパスタを食べようと新宿通り沿いにある「ジャズ喫茶 いーぐる」に行ってみました。
階段を降りてお店の入口に行ってみると、扉に「ランチタイムは音楽を聴いて下さい。」というような内容の貼り紙がしてありました。
以前、こちらのお店を飲み会の二軒目として紹介されたとき、音楽を聴くための場所なのでバータイムはおしゃべり禁止だと聞いて驚いたのですが、ランチタイムも同じでした。このお店に来る時は読書する本でも持ってこようと先輩と話し、この日は入店を諦めました。

2008_1205画像0066
どこに行こうかと途方にくれてしまったので、とりあえず信号を渡り、まだあまり行ったことのないお店が多い新宿通りの逆サイドへ行ってみました。
2008年12月2日に訪問した「Casual Wine Dining LeBard(ルバード)」の入っている中央総合ビルでは、ランチをやっている飲食店もう2軒入っていてどちらも中華系メニューを出していたので、せっかくお料理を食べるならと、専門店である「中国料理 源源飯店(げんげんはんてん)」に入ることにしました。

中央総合ビルはかなり年数が経っているのか古めかしく、訪問した時は大規模修繕中だったようで、1階にあった「サンマルクカフェ」は一時休業中していました。また、貼りだしてあったポスターによれば、この数日後にはビル全体の営業を止めて工事をする予定だったようです。
その後、このビルの前を歩く機会があったのですが、どうやら「サンマルクカフェ」は撤退してしまったようで、この記事を書くにあたり、公式HPをチェックしてみましたが、それらしい支店はありませんでした。

2008_1205画像0064
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に進み、少し行ったところです。
中央総合ビルにはたくさんの飲食店が入っています。

「源源飯店」は8階にあるので、ビルの入口の右手にあるエレベーターを使ったのですが、ビルだけでなくエレベーターもとても年代物で動くのがかなり遅く、止まるときは大きく箱が揺れます(汗)。この時の大規模修繕で新品になっているといいのですが、、、。

2009_1120画像0075
ビルの中は全く勝手がわからず、ちょっとドキドキしながらの訪問でしたが、8階に降りると思いがけず人がたくさんいました。

2009_1120画像0076
季節になると上海蟹もいただけるようです。

2009_1120画像0074
エレベーターを降りたところは階段があり、その前にメニューが出ていました。

2009_1120画像0073
小さな入口から入店すると、ソファや小さな液晶テレビと共にピンクのクロスがかかった小さなテーブルに同じくピンクの胡蝶蘭が飾ってあり、一瞬、どこかのバーかなにかに入り込んでしまったのかとビックリ。

2009_1120画像0077
お店の人がいなかったので、そのまま進んで入って行くと、レジの奥を右手に曲がって入ったところがカウンター席になっていました。

2009_1120画像0072
白いカウンターの奥にはずらりと洋酒などが置かれ、とても中華料理屋さんには見えません。

2009_1120画像0054
カウンターを越えると右側の奥に広がっていて、テーブル席がたくさん並んでいました。
マダムが「どこでもどうぞ~。」とおっしゃって下さったので、左奥の窓際のテーブルに着席。
良いお天気の日だったので窓からたっぷりの太陽光が差し込み、とても気持ちがよかったのですが、写真撮影には少々明る過ぎでした(笑)。
窓からは遠くの景色が眺められるとのことで、夜は夜景が見られることもお店のウリになっているようですが、昼間は遮光カーテンがかかっていたのでほとんど見えなかったのは残念。

2009_1120画像0053
イスはちょっと年季を感じましたが、壁は真っ白で、テーブルクロスは淡いピンク色と、とても色鮮やかです。中華料理屋さんというと赤をメインカラーとし、金などで重厚な装飾が多いので、それに比べるとすごく明るくて親しみやすい雰囲気でした。

2009_1120画像0055
こちらのお店は、2009年2月6日に訪問した「中國飯店 市ヶ谷支店」の元支配人が独立したお店だそうで、オープンしてから7年ほどになるそうです。

2009_1120画像0056
古めかしくてしかも改装中のビルにはほとんど人気がなかったのに、店内はたくさんのお客さんで既に9割ほどの席が埋まっていたのにはビックリでした。その後も次から次へと少しずつ人がやってきて、並んでいる人も出たほどです。
最初はサラリーマンが多かったですが、その後は近所の方らしき人や中年女性のグループなど、来客する人は多様でした。

2009_1120画像0052
いただいたお茶を飲みながら、メニューを検討。

そこそこ広いフロアをマダムと男性の二人でサービスしているのでかなり忙しく、注文しようと思っても人のいない時間帯がけっこうありました。

2009_1120画像0050
卓上にあったメニューです。
ランチは3種類で700円、850円、900円となかなかリーズナブル。
逆に、焼ギョーザ、シューマイ、小籠包が600円というのがお高く見えてしまいます(笑)。

2009_1120画像0051
裏にはスペシャルランチがありました。
こちらも3種類、1,100円、1,200円、1,300円と、確かにスペシャルなお値段です。

ビルの外にあったメニューには麺類があったはずなので、おかしいな~と思っていたら、隣のテーブルには麺やご飯ものが書かれたメニューが別にありました。単に私たちのテーブルには置き忘れられていたようです(笑)。注文の時には見せていただいたのですが、すぐに下げられてしまったので、写真が撮れず終いで残念。


牛肉煮込み麺 (900円)
2009_1120画像0058
メニューがなかなか決まらず、散々迷ったあげく、夜は外食だからと牛肉煮込み麺を注文。

2009_1120画像0059
麺が透けて見える茶色に澄んだスープに牛肉の角煮と青菜が盛られていて、シンプルながらも美しいビジュアルでうっとり。美味しそう!

2009_1120画像0060
深くて鮮やかな緑色の青菜はたっぷりと入っていました。

2009_1120画像0062
小さめですが、カットされた牛肉は5、6個入っています。

2009_1120画像0063
ラーオタな私ですが、中華料理屋さんのラーメンスープはなかなか好みにあうところがないのですが、こちらのスープはすっきりとした醤油味で、醤油の塩気を甘みが包み込む味わいで、とても美味しかったです。

2009_1120画像0064
麺は黄色みがかった縮れのない中太ストレート麺で、固めに茹でられ、量もなかなかです。

2009_1120画像0068
八角がほんのりきいた甘めのタレで煮込まれた牛肉は、柔らかくはないですが、味がしっかりと染みこんでいて美味しかったです。

2009_1120画像0057
ご飯もののメニューを注文すると、ザーサイとスープがついていて、先に出てきます。


麻婆豆腐
2009_1120画像0066
先輩は、麻婆豆腐を注文。
定食のご飯は器が小さくておかわり自由ですが、かけご飯は最初からお皿にたっぷりのご飯が盛られていて、かなりのボリュームだったそうです。

2009_1120画像0067
一口いただきましたが、さいの目に切ったお豆腐がたっぷりと入っていて、そこそこ辛く、山椒もきいていて、食べた後にじんわりとしてきます。美味しいです。
中に入っていた挽き肉に軟骨のような歯触りがあったので、自家製かな、とも言っていました。

2009_1120画像0069
食べ終わって帰ろうとしたら、マダムから「デザートがありますよ~。」と声をかけられ、もう一度席へ戻ることに(笑)。
デザートの杏仁豆腐は今まさに冷蔵庫から出したばかり、という感じでキンキンに冷えていました。自家製なのでしょうか、大きな塊から削りだした風情があり、缶詰のミカンが添えられています。

2009_1120画像0071
ピンぼけ写真ですみません(汗)。
杏仁豆腐は固めのタイプですが、ぷるんとした食感がとても口当たりがよく、かなり冷えているので甘みが抑えられ、食事の熱が残っている口の中をひんやりとさせてくれます。
温度って大事だな~と改めて思いました。


会計をしているとき、マダムが寝違えて首を動かすとすごく痛いとおっしゃっていました。
ポーカーフェイスだったマダムのサービスについて、中華料理屋さんにはありがちだな~ぐらいに思っていたのですが、体調が悪かったんですね(笑)。

お料理の味付けがとても好みだったので、次回はぜひスペシャルランチを食べに来たいと思います。元気なマダムの笑顔も見たいことですし(笑)。

実は先輩、このところ中華料理屋さんであまり美味しいメニューに巡り会っていなかったので、久しぶりに美味しい中華が食べられてとっても満足そうでした。
おかげで、この日の夜の肉系フレンチに行く途中、「まだおなかがあまり空いていない、、、。」と言っていました(笑)。


2009年11月18日訪問時お店DATA
**************************
中国料理 源源飯店 (げんげんはんてん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-9-6 中央総合ビル8階
TEL:03-5368-2388
FAX:03-5368-2557
営業時間 
[昼] 11:30~15:00
[夜] 17:00~24:00(L.O.22:30)
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/04/01 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる