【移転】 WajiWaji LuncH  @市ヶ谷/麹町
今朝は昨夜のサッカーの熱戦で、寝不足の方も多いのではないでしょうか?
居眠りしないよう、今日一日がんばりましょう(笑)。

2010_0202画像0005
2010年2月2日は元号表記をすると平成22年2月2日。
日付は元号表記をしなければいけない仕事なので、書類を作成していると何だかめまいがしちゃいます(笑)。

上司はお昼近くまで打ち合わせに入っていて、午後の予定が押しているわけでもなかったのですが、先輩がさっさと移動販売の「WajiWaji LuncH(ワジワジ ランチ)」にお弁当を買いに出てくれました。
エスニック系が苦手な上司には、先日美味しいと気に入っていた「魚沼こしひかり弁当」のお高い方を購入。売り切れないよう、こちらのお店に先に買いに行ったそうです。
お弁当の購入に2箇所もまわっていただき、先輩、本当にご苦労さまでした。

2009_1216画像0048
移動販売のワゴン車が止まる場所は、日本大学大学院前です。
(この記事を書いている2010年6月30日の時点では、警察の取り締まりなどにより、移動販売が来ている場所が変更しています。)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、最初の交差点を右に曲がります。
「五番町 祭り屋 ステーキハウス」と「やきとり 串八珍 市ヶ谷別館」を越えたもう少し先です。
日本大学大学院を越えてさらに進むと「京旬菜 塁菜 Rui-Sai」があります。

この場所には、平日は日替わりで移動販売の車がやってきます。
月曜日 泉州屋台Ricky LoLo
火曜日 WajiWaji LuncH
水曜日 サファリカレー
木曜日 BERO KITCHEN
金曜日 サファリカレー

2009_1216画像0049
車の脇には「タコライス」の幟がはためいています。

前回お弁当を買ったのは2009年12月15日だったので、約1ヶ月半ぶり、2回目です。

2009_1216画像0043
メニューはこちらです。
大きな写真付きなので、とてもわかりやすいです。

2009_1216画像0044
沖縄料理を取り入れたエスニック系のお料理という感じでしょうか。
全部で日替わりを含めて5種類、500円から650円とお安いお値段です。

2009_1216画像0042
こちらは前回撮影した写真です。
客にとっては週替わりである「日替り」(笑)も、写真付きで出ています。
この日の日替りメニューは石焼きビビンバでした。
それ程遅い時間に買いに行ったわけでもないのに、既に売り切れだったとのこと。

2009_1216画像0045
車の前に小さな台があり、右側に辛みソースが置いてあります。

店長さんは男性で、お話ししやすい気さくな方です。

2009_1216画像0046
ご飯の大盛りは無料です。

2009_1216画像0047
スプーン、お箸、ナプキンはセルフで取ります。

2010_0202画像0001
お弁当は紙のパッケージに入っています。

2010_0202画像0002
お店のロゴがシンプルでかわいい。


カオマンガイ (500円)
2010_0202画像0004
先輩が移動販売に並んでいる途中に電話でその日のメニューを教えてくれました。
最初、2種類の味が楽しめるタコライスカレーをお願いしたのですが、自分のブログを確認したら前回同じメニューを食べていた(汗)ので、慌てて先輩に電話をしてカオマンガイに変更しました。

ワクワクしながらお弁当のフタを開けてみると、トッピングの隙間からご飯が見え隠れしていて、ちょっと残念。

2010_0202画像0006
鶏肉のメインには水菜とゴーヤのサラダが添えられています。

2010_0202画像0009
こちらのお店のメニューの多くにゴーヤが入っているのがとても特徴的です。
このゴーヤ、少々厚めにカットされているのでかなりしっかりと苦みを感じるので、お子様味覚な私にはそのまま食べるのは少々しんどくて、ソースを絡めたり、お肉と一緒にしていただきました(汗)。

2010_0202画像0007
鶏肉は少しかためでしっかりと歯応えがありました。
上からかけてある和風パクチーソースがピリ辛でとっても美味しかったのですが、かけられた量がそれ程でもなかったので、できればもっとたっぷりとかけて欲しかったです。

2010_0202画像0008
ご飯も鶏肉もまだ温かかったのがうれしいです。
全体的なボリュームは普通でした。


先輩も私もエスニック系のお弁当が食べられて満足しました。
一方、上司は前回美味しいと喜んで食べていたコシヒカリ弁当のはずが、この日のメインはエビフライではなく塩鮭だったせいか、何も言わずに黙々と食べていました(笑)。


2010年2月2日購入時お店DATA
*******************************
WajiWaji LuncH  (ワジワジ ランチ)
場 所 日本大学大学院前
営業日 火曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/30 09:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
~☆★☆ ご報告 ☆★☆~
みなさまへ

 いつも拙ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
 
 これまでは、平日に毎日記事をアップするよう心がけていたのですが、
 プライベートで少し忙しくなり、同じように時間をとることが難しくなりました。

 自分としては、ブログを続けていきたいという気持ちは強くありますので、
 不定期な形になりますが、ぼちぼちやっていきたいと思っています。

 これからもよろしくお願いいたします。

                        なお
 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2010/06/28 09:00】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(3) |
鉄板焼ステーキ 六番館  @市ヶ谷/麹町
今日は快晴の予報で、梅雨は一休み。
かなり暑くなるようなので、みなさま、体調にご注意!

2010_0201画像0071
2010年2月1日は週明けの月曜日。
上司が午前中不在だったので、先輩とランチを外へ食べに出ました。
この日は東京地方も珍しく雪が降るとの情報で、表へ出てみると、空は既に暗くなり始めていて、朝より気温が下がっていました。

2010_0201画像0095
麹町駅近くの日本テレビ通り沿いに「鉄板焼ステーキ 六番館(ろくばんかん)」という高級ステーキ屋さんがあります。
こちらのお店、ディナータイムに何度か接待関係でお邪魔させていただいたことがあるのですが、とてもカメラを持ち出せるような状況にはなく、かといって簡単に自腹で行けるようなお店でもなく、ブログでなかなか紹介できないな~と思っていました。
ランチもやっているのですが、以前ちらっとメニューを見た記憶では、最低でも3,000円以上かかるとずっと思っていたのですが、つい先日、お店から上司宛にDMが来たのを見ていたら、なんと1,580円でランチが食べられることがわかりました。
週末の暴飲暴食がたたって先輩も私も体重が増加気味でしたが、思い立ったが吉日!で、早速行ってみることに。

2010_0201画像0088
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を半蔵門方面に進み、2つ目の交差点を越えた先にある六番町ビルの地下1階にあります。

このビルにはたくさんの飲食店があり、
同じく地下1階には、
2008年7月14日に訪問した「番町茶館」、
2008年4月10日にランチ訪問、2008年7月30日にディナー訪問した「炭火焼鳥 とりはん 麹町店」、
1階には、
2008年4月4日に訪問した「山・海・豚 旬処 みなみ」、
2階には、
2008年11月20日に訪問した「中華料理 東天楼」、
が入っています。

2010_0201画像0089
お店の前にランチメニューが出ています。
お値段、たかっ!

2010_0201画像0090
確かにDMにあったとおり、1,580円のメニューがありました。

2010_0201画像0091
しかも複数あるので、どちらか選べます。

2010_0201画像0092
ずっと長い間、これぐらいのお値段かと思っていました(汗)。

2010_0201画像0093
ランチでこんなに豪華メニューがいただけるんですね~。

2010_0201画像0094
店内で出されたランチメニューをすぐ下げられてしまったので、帰りがけにこの看板を撮影したのですが、とてもツルツルした素材で反射しちゃってうまく撮れず、見にくくてすみません(汗)。

2010_0201画像0087
階段を降りて店内に入ります。
確か数年前に改装したばかりで、高級感溢れるシックで落ち着いた内装です。

2010_0201画像0081
お店に入ってすぐのところにウェイティングのテーブルが二つあり、右手に写真のカウンターと個室、左手にいくつかの鉄板があって、カウンターが取り巻いています。
写真が赤く光ってしまってしまいました(汗)。

2010_0201画像0080
私たちは左側の大きめのカウンターのさらに一番左側に着席しました。

2010_0201画像0052
店内は意外と混み合っていて、7割近くの席が埋まっていたと思います。
うーむ、不況なんてどこ吹く風。驚きです。

2010_0201画像0051
鉄板がすぐ目の前にあって、ワクワクしちゃいます。

2010_0201画像0050
さすが高級店だけあって、ランチタイムでも店員さんがコートを預かってくれます。

2010_0201画像0053
「お料理の写真を撮っていいですか」と聞いたところ、女性の店員さんから笑顔で「どうぞ。」と言われたので、とても嬉しかったです。

2010_0201画像0054
夜は接待利用が多いこちらのお店、昼間でも少しトーンを落とした照明です。

2010_0201画像0055
やっぱりステーキ屋さんに来たのだからステーキを食べなきゃと思い、牛フィレ80gのレディースランチを注文しました。

ハンバーグだと鉄板を使ってもらえないかなぁ~と、注文しなかったのですが、この日は既に売り切れでした。

2010_0201画像0057
年の若そうなシェフさんが担当ですとのことで、ご挨拶して下さり、早速準備にとりかかってくださいました。ランチでも鉄板を使っていただけるようで、嬉しい!
ステーキ用のお皿がスタンバイ。

2010_0201画像0056
サラダ、香物、ステーキのつけダレが先に出てきました。

2010_0201画像0059
ステーキのつけダレはおろしポン酢です。

2010_0201画像0058
お新香はかなりしっかりと塩味のきいたものだったので、これだけでかなりご飯が進みます。

2010_0201画像0060
サラダはレタス、水菜、ブロッコリー、トマトが入っていました。

2010_0201画像0061
さっぱりとしたドレッシングがたっぷりとかかっています。

2010_0201画像0062
大きな松の実がゴロゴロと入っていて、とても良いアクセントになっていました。

2010_0201画像0066
シェフは、まずはたっぷりのニンニクの薄切りを焼き始めました。
鉄板は隣のお客さんの前で、私たちのすぐ目の前ではなかったのがとても残念でしたが、とてもいい香りが漂ってきます。
忘れていたわけではないのですが、この日は午後来客の予定があったので、先輩と帰りがけにブレスケアを買おうという話になりました(笑)。

2010_0201画像0065
ニンニクが出来上がると、次にお肉とお野菜が鉄板にのせられます。
途中で焼き加減を聞かれたので、レアでお願いしました。
バターが投入され、白い煙が立ち上ります。

2010_0201画像0067
焼き上がったものから、どんどんお皿に盛りつけていきます。

2010_0201画像0075
次にもやしとピーマンを炒めます。
ピーマンは半分に切ったものが用意され、鉄板の上で小さなナイフで細切りしながら炒めていました。すごい!


レディースランチ (1,580円)
2010_0201画像0072
鉄板焼が出来上がるタイミングに合わせ、ご飯とお味噌汁が登場し、レディースランチ完成!

2010_0201画像0073
ご飯は少なめを頼むのを忘れてしまいました。
茶碗は小さめですが、こんもりと盛られています。

2010_0201画像0074
お味噌汁はすっきりとしたダシで、もずく、ワカメ、豆腐など具材がたっぷりと入っていました。
ぬるぬるツルツルして、美味しかったです。

2010_0201画像0076
野菜はどれもほとんど味付けがなく、さっぱりとしています。

2010_0201画像0077
ニンジンはとても甘みがありました。

2010_0201画像0078
お肉は外側がこんがりと焼かれ、小さくサイコロ状にカットされたものが11個もありました。

2010_0201画像0069
レアの焼き加減なので、お肉の内側はロゼ色。
何もつけずに、まずは一口。ほんのり塩味を感じます。
お肉はさっくりと柔らかく、美味しい!!

2010_0201画像0079
おろしポン酢をつけたり、ガーリックスライスを一緒にのせて食べたりと、いろいろな食べ方を楽しめます。
あまりの美味しさに、先輩とほとんど話さず、無言で食べ続けちゃいました(笑)。

2010_0201画像0084
食事が終わってデザートを待っていると、「よろしければあちらでデザートをどうぞ。」と言われ、入口近くのウェイティングテーブルに移動しました。
以前、ディナータイムに伺った時、テーブルセッティングが終わるまで、こちらでお酒を飲んで待っていたことがありますが、ランチタイムも利用するようです。
ただこちらの場所、空調のせいもあるらしいのですが、かなり空気が動いて冷たい風が足元を吹き抜け、とても寒かったです。
私たちの隣にいたお客さんたちはそのままカウンターでデザートを食べていたので、席を離してゆっくりと食べてもらうという配慮だったのかと思うのですが、正直ビミョーでした。

2010_0201画像0082
手で触れないぐらいキンキンに冷やされたお皿に、この日のデザートのレモンシャーベットが盛られ、薄く平べったいクッキー(?)とイチゴが添えられていました。

2010_0201画像0083
しっかりと酸味のきいたレモンシャーベットはとっても好みの味でした。
ただし、クッキーの方はかたい食感で、しっかりと甘かったです。

2010_0201画像0085
ドリンクは、ホットコーヒー、ホットティー、アイスコーヒー、アイスティーの4種類から選びます。
私はホットコーヒーをお願いしました。
おなかいっぱいになりました。

2010_0201画像0086
先輩はホットティーをチョイス。

2010_0201画像0096
帰りがけにガムをいただきました。


豪華な内装とゆったりとした空間で、丁寧なサービスを受けながらほぼコース料理をいただき、大満足でした。同じ価格帯のメニューがあと二つあるので、金曜日やスペシャルな日にぜひまた来てみたいです。

この記事を書くにあたり、お店のHPを見たところ、水曜日をレディースデイにしたり、ランチタイムにステーキ食べ放題を実施するなど、楽しいイベントもいろいろとやっているようです。


2010年2月1日訪問時お店DATA
****************************
鉄板焼ステーキ 六番館 (ろくばんかん)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町3 六番町ビルB1
TEL 03-3264-3394
営業時間 
[平日] 11:30 ~14:00  17:30~22:00(L.O.21:00)
[土曜] 11:30 ~14:00  17:00~21:00(L.O.20:00)
定休日 日・祝
地下鉄麹町駅 徒歩2分 JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/24 09:00】 | ステーキ | トラックバック(0) | コメント(4) |
つけ麺 七菜矢  @錦糸町
昨日は思いがけず梅雨の晴れ間を楽しめましたが、今朝は朝から雨が降り続いています。

2日連続マイブログ圏外で、ラーメンネタが続いてしまいました(汗)が、どうぞご覧下さい。

2010_0201画像0038
2010年1月31日は錦糸町に出かけたので、夕飯には少し早かったのですが、2008年12月頃にオープンし、まだ食べたことのなかった「つけ麺 七菜矢」へ行くことにしました。

2010_0201画像0049
しばらく直進し、江東橋二丁目交差点を渡った右手の角地にこちらのお店があります。
駅からの道順はとても簡単で、店舗も大きいのでわかりやすいです。

2010_0201画像0048
「七菜矢」は、千葉県の千葉中央駅に本店のある(?)「宗庵(しゅうあん)」が展開するつけ麺専門店だそうです。「宗庵」は、船橋、北千住、小岩、大宮などにも支店があります。

2010_0201画像0047
土日祝日は通し営業なので、早めに夕飯を食べたい私としては、とても使い勝手が良いです。

2010_0201画像0028
午後4時頃という実に中途半端な時間に入店しましたが、意外と人が入っていました。
イマドキのラーメン屋さんらしく、すっきりとした内装で、キレイです。
11時30分から15時までは禁煙です。

2010_0201画像0023
店内はとても広く、左手から中程までカウンター席があり、右手にテーブル席がありました。テーブル席が空いていたので、一番奥の席に着席。

2010_0201画像0027
卓上の調味料の容器を開けてみたら、魚粉(?)と辛みが入っていました。

2010_0201画像0024
つけ麺は味が2種類あり、冷盛りと温盛りが選べます。

2010_0201画像0025
店名に「つけ麺」と冠していますが、らーめんもありました。
学割らーめんがあるのがユニークです。

2010_0201画像0029
「おろちょん 味噌つけ麺」という味もあるようです。
ひやもりとあつもりについて丁寧な説明があるのは、わかりやすくてとってもいいですね。

2010_0201画像0026
北千住に別ブランドの姉妹店がオープンしたようです。


七菜矢つけめん 並 冷盛り (730円)
2010_0201画像0038
2種類のスープのうち、個人的には「こく豚」に惹かれたのですが、まずは基本を食べようと思い、七菜矢つけ麺の冷盛りをチョイス。

2010_0201画像0032
つけ汁は、すっきりとした無難な美味しさでしたが、少ししょっぱかったです。

2010_0201画像0034
ところどころに浮かんだ背脂は、甘くて美味しい~。

2010_0201画像0040
麺は、並と大盛が同一料金ですが、並340gなのに対し、大盛510gとかなりのジャンプアップ。
一度このお店で食べたことのある同行者がそれ程高い評価ではなかったので、慎重にいくことにして並にしました。

2010_0201画像0041
細く切った海苔が麺にたっぷりとトッピングされています。

2010_0201画像0043
黄色みがかった細麺は、冷たくてしゃっきりと引き締まり、つるつるっとしたのど越しがとても良くて、美味しかったです。
340gあるとは思えないぐらい、ぺろりと食べちゃいました。

2010_0201画像0044
つけ汁の中にはメンマや小さく切ったチャーシューが入っていました。


こく豚つけめん 並 温盛り (730円)
2010_0201画像0030
同行者はこちらのメニューをチョイス。
こく豚だからか、温盛りだからか、細切りの海苔はスープにトッピングされていました。

2010_0201画像0036
こく豚つけめんを一口もらいましたが、こってりとした味付けでやはり私はこちらの方が好みでした。

2010_0201画像0037
温盛りの麺は、お皿の底にお湯が少したまった状態になっています。
一口いただきましたが、麺が柔らかく、ちょっとぬるぬる感がありました。

2010_0201画像0046
麺を食べ終えてスープ割りをお願いすると、取っ手の付いたかわいい陶器の器でスープが出てきます。

2010_0201画像0045
自分で濃度が調整できるのがうれしいです。


つけ麺の宿命でつけ汁が途中から冷えて味が劣化してしまいますが、個人的に麺は冷盛りが断然美味しいと思ったので、次回このお店に来た時は、こく豚つけ麺の冷盛りの大盛りにチャレンジしてみたいです。


2010年1月31日訪問時お店DATA
***************************
つけ麺 七菜矢 (ななや)
〒130-0022 
東京都墨田区江東橋2-15-5 
TEL  03-3846-8807
営業時間 
[平 日] 11:30~15:00 17:00~売り切れ御免  
[土日祝] 11:30~売り切れ御免    
定休日 なし
JR・地下鉄錦糸町駅南口から徒歩3分

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2010/06/23 09:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
吉田製麺店  @金沢文庫
本日はマイブログ圏外のラーメン屋さんの紹介です。

2010_0201画像0009
2010年1月30日の午後、金沢文庫に住んでいる友人宅にお邪魔しました。

2010_0201画像0018
金沢文庫という場所には滅多に行くことがないので、せっかくの機会だと思い、ラーメンデータベースをチェックし、少し早く現地に入って地元で評判のいい「吉田製麺店(よしだせいめんてん)」へ行ってみることにしました。

2010_0201画像0020
「吉田製麺店」は、国産小麦で作られた自家製麺の極太つけ麺専門店です。
同じ経営母体が、金沢文庫に「ごりあん」、「きょら本舗」という居酒屋も経営しています。

2010_0201画像0019
友人宅とは逆方向ですが、金沢文庫駅の東口を出て右手にある商店街をまっすぐ抜け、ぶつかった大通りを左に曲がって少し行った先でした。道はわかりやすかったです。

2010_0201画像0002
お店の前の道路にメニューが出ています。
大きい写真がついていてわかりやすいですが、全体的に日に焼けて白っぽくなっちゃっています(笑)。

2010_0201画像0017
11時30分から14時30分まで、料金がお得なお昼のセットメニューもありました。

2010_0201画像0001
営業時間はこちらです。
定休日は水曜日。

2010_0201画像0003
入店は午後1時過ぎでしたが、店内はほぼ満席で、入れ替わり立ち替わりお客さんがやって来ていました。
店内は、入口すぐ右手に製麺室、左手にカウンター、右手奥にテーブル席がありました。
私はカウンターの一番左の端っこに着席。

2010_0201画像0004
メニューはつけそばのみで、和風豚骨醤油味かごま味噌味が選べます。

2010_0201画像0005
麺の量は、小盛(150g)、中盛(200g)、大盛(300g)が全て同じ料金です。

イマドキのラーメン屋さんらしく、店員さんは若いイケメンさんで、とても丁寧な接客でした。

2010_0201画像0007
つけそばの味は、和風豚骨醤油とごま味噌のほか、焦がしスタミナという味もありました。

2010_0201画像0006
太麺なので、茹で時間がかなりかかります。
麺は温もりと冷もりの両方から選べますが、温もりで5分、冷もりで9分です。
他の人の注文を聞いていたら、温もりの人がけっこう多かったです。


つけそば[和風豚骨醤油]並盛 冷もり(680円)+ 味玉(70円) =750円
2010_0201画像0008
しばし待って、つけそば登場!
同行者だけ味玉をつけて、あとで半分もらっちゃいました。


つけそば[和風豚骨醤油]並盛 冷もり (680円)
2010_0201画像0009
初めてなので、定番の和風豚骨醤油味を冷もりで注文しました。
麺のボリュームをどうするか悩みましたが、友人宅でおやつをいただくと思ったので、並盛にしました。

2010_0201画像0011
太麺は見るからに迫力があります。
並盛の200gでもかなりボリュームがありました。

2010_0201画像0010
つけ汁はあっさり目の醤油味で、中にメンマやチャーシューが入っていました。

2010_0201画像0012
麺の脇に海苔が2枚トッピングされていました。

2010_0201画像0013
黄色っぽくがっしりとした太麺は、ツヤツヤに光っていて、とっても美味しそう!
しっかりとした噛み心地で食べごたえがあります。

2010_0201画像0015
チャーシューは柔らかでした。
味玉は、トロリとした半熟の黄身にしっかり味が付いていて美味しかったです。

2010_0201画像0014
つけ麺の宿命ですが、後半はつけ汁が冷え切ってしまい、味がだいぶ変わりました。

2010_0201画像0016
麺を食べ終わってからスープ割りをお願いしました。
かなり淡白であっさりとした味わいでした。


食後、うっかりお会計をせずにお店を出てしまい、店員さんから呼び止められてしまいました(汗)。ラーメン屋さんでは食券を買うなど事前会計が多いので、この失敗を一年に一度ぐらいやらかしてしまいます。ご迷惑をおかけしてすみませんでした。


2010年1月30日訪問時お店DATA
****************************
吉田製麺店 (よしだせいめんてん)
〒236-0016 
神奈川県横浜市金沢区谷津町360 1階
Tel:045-783-6160
営業時間 *材料がなくなり次第終了。
[平日] 11:30~14:00 18:00~22:00
[土曜] 12:00~15:00 18:00~22:00
[日祝] 12:00~15:00 18:00~21:00
定休日 水曜日
京浜急行電鉄・金沢文庫駅から徒歩3分

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2010/06/22 09:00】 | つけ麺 | トラックバック(1) | コメント(2) |
【閉店】 川越連馨寺 極太焼きそば  @四谷
2014年1月16日追記

DSCF8924_20140108075727047.jpg
「川越連馨寺 極太焼きそば」が撤退して以降、他の店舗が昼の時間だけ間借りする、というのはしてはないようです。

DSCF8927_20140108075733dcf.jpg
「軍鶏一」の別館として、夜の時間帯だけ営業しています。

*****************************************

ぱっとしないお天気が続いていますが、みなさま、楽しい週末を過ごされましたか?
今日から新しい一週間の始まりです。

本日アップしたこちらのお店、ここ何回かしんみち通りに行ったときに見かけなかったので、いつの間にか閉店(移転?)してしまったようです。
大変残念ですが、過去の記憶として載せておこうと思います。

2010_0129画像0012
2010年1月29日は、1月最後の平日でした。
この日は先輩が有休をとってお休みだったので、上司と二人きりのランチ、、、と思いきや、お昼近くに事務所に戻った上司は、これから出かけなきゃ行けない場所があるからと言い残し、あたふたと出て行ってしまいました。
思いがけず一人ランチになったので、四谷のしんみち通りにある宿題店の「川越連馨寺 極太焼きそば」へ食べに行くことにしました。

2008_0519画像0064

こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程、右手のビルの2階にあります。

2008_0519画像0063

こちらも以前撮影した写真です。
こちらの山田ビルには、
1階には、2008年9月2日2008年9月3日2008年9月24日2009年7月16日に訪問した「軍鶏一 四ッ谷店」、
地下1階には、2008年12月19日に訪問した「こだわり厨房 花淡菜 四ッ谷店」
が入っています。

2010_0129画像0031
こちらの場所、以前は、2008年5月10日に訪問した「ベトナム料理 OMELY(オメリー)」が入っていましたが、その後撤退し、2008年10月12日に訪問した「つけめん道場」が移転して営業していましたが、いつの間にか姿を消し、「川越連馨寺 極太焼きそば」になっていました。
昼営業の時間帯だけ、「軍鶏一」の別館である2階を借りているようです。

2010_0129画像0032
私はご当地B級グルメが大好きで、宇都宮の餃子や富士宮の焼きそばや富士吉田のうどんなど、ドライブがてらに食べに行きます。
不勉強のため連馨寺の極太焼きそばなるものは全く知らなかったのですが、本当に川越にある連馨寺というお寺の境内で販売しているんですね。

2010_0129画像0033
しんみち通りには焼きそばのディスプレイも出ていて、わかりやすいです。
お値段も、並盛り350円、中盛り450円、大盛り550円ととってもお得。

2010_0129画像0030
細い階段を登って2階に行くと、右手にお店の入口があります。
「川越連馨寺の極太焼きそば」というのは、店名でもあり、メニュー名でもあるようです。

2010_0129画像0029
入店すると、すぐ前にレジがあり、左側が厨房になっていて、料金は前払いとのこと。
お店は男性店主が一人で全てを切り盛りしています。
焼きそばの量がどれぐらいかわからず、「ボリュームってどんな感じですか?」と聞いたら、ちょうど出来上がった普通盛りのお皿を見せてくれました。それ程多くなかったので一旦お願いした中盛りを、この日の夜は遅くまで残業する予定だったので、思い切って大盛りに変更しました。それでも550円!

2010_0129画像0006
こちらのお店は全てセルフサービスになっているので、お冷ややスープを取ったり、食べ終えたお皿の返却などは、こちらの棚で行います。

2010_0129画像0022
お店の奥にはテーブル席が並んでいます。

2010_0129画像0023
「ベトナム料理 OMELY(オメリー)」のときとは間取りが変わっていて、私が座っていた窓際の一番奥の部分には仕切りが造られ、荷物置き場になっていました。
それにしても何故か荷物置きの扉が半開きで、中のものが丸見え状態です(汗)。

2010_0129画像0026
入口近くの壁には大きなテレビが設置されていました。
上司が出かけていくバタバタにつきあっていたので、事務所を出たのは12時15分過ぎと遅かったのですが、それにしても店内は閑散としていて、先客は一人客と二人連れ一組の合計3人でした(汗)。

2010_0129画像0001
私は左手中程のテーブル席に着席。

2010_0129画像0004
卓上には、焼きそばの味の変化を楽しめるよう、青海苔と魚粉粉?が置いてありました。

2010_0129画像0005
紅ショウガもたっぷり。

2010_0129画像0003
お水はセルフサービスなので、カウンターから取ってきます。


極太焼きそば 大盛 (550円)
2010_0129画像0007
しばし待って、焼きそばが登場!

2010_0129画像0002
スープもセルフサービスです。
透明なスープは具がワカメのみと、とてもシンプルで、すっきりとした味わいでした。

2010_0129画像0008
普通盛りは黒くて四角いお皿ですが、大盛りは赤の絵柄がついた白い丸皿に入っています。

2010_0129画像0012
せっかくなので、紅ショウガをトッピングしてみると、とても華やかになりました。

2010_0129画像0009
焼きそばの具材はキャベツと豚肉です。
豚肉は意外とたっぷりと入っていました。

2010_0129画像0010
キャベツは大ぶりのカットです。

2010_0129画像0019
焼きそばは、極太と言うだけあって、まるでうどんのような太さです。
少し甘めなソースが麺にしっかりと絡んでいて、美味しい。
焼きそばは四角い麺で、モチモチではなくプチッとした食感で、すすり上げることがあまりできないので、1、2本ずつたぐるようにいただきました。

2010_0129画像0013
紅ショウガを混ぜ込みながら食べると、とてもさっぱり。

2010_0129画像0021
途中から、青海苔と魚粉粉をふりかけました。
青海苔のとてもよい香りが広がり、魚粉でしっかりとした魚の味わいになって、飽きずにいただくことが出来て、大盛りも難なく食べられました。


Shiraさんが成し遂げたしんみち通りのランチ全店制覇をずっと羨ましく思っていましたが、私も3年かけて、ようやくリーチになりました(笑)。
いつ「ルノワール」に行こうかなと、とっても楽しみです。


2010年1月29日訪問時お店DATA
****************************
川越連馨寺 極太やきそば (かわごえれんけいじ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-7-15 山田ビル2F
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/21 09:00】 | その他麺類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
魚沼こしひかり弁当 五番町店  @市ヶ谷
今日は雨の予報ですが、朝は日差しの眩しさと暑さで目が冷めました(汗)。
今週もいよいよ最後の金曜日。
楽しい週末に向けて、がんばりましょう!

2010_0128画像0020
2010年1月28日は午前11時30分と午後1時に来客という、かなり忙しいスケジュールだったので、先輩と相談し、12時前に会社を出て、お弁当を先に買ってくることにしました。
この日は木曜日だったので、移動販売は「ベロキッチン」が来ている日でしたが、お客様との打ち合わせがいつ終わるのかさっぱりわからず、せっかくのスパゲッティが冷めてしまうのはもったいなかったので、久しぶりに「魚沼こしひかり弁当 五番町店」へ買いに行きました。

店

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点を右に曲がります。角に2009年8月14日に訪問した「麺・飯・中・華 かわかみ 市ヶ谷店」があり、その隣のグレイス五番町ビルの1階にお店があります。

店メニュー

お弁当は390円と580円の2種類あり、メニューは毎日変わります。
こちらは2008年2月5日に食べたときのものです。

店内はウナギの寝床のように縦に細長い作りになっていて、入口に入ってすぐ左手に食券機があるので、わずか2種類のメニューしかありませんが、まず食券を買います。
買った食券を奥にいる店員さんに渡すとお弁当を手渡されるので、右側にあるカウンターへ移動し、そこで自分で袋に詰めたりお箸をつけたりします。セルフサービスです。

看板

「魚沼こしひかり弁当」は、新潟県三条市に本社がある株式会社オーシャンシステムが展開するお弁当ブランドで、お弁当のお米は新潟県魚沼産こしひかり100%です。
お店の場所が良く、お米も良く、お値段も手頃なせいか、いつも行列が出来ていて、遅い時間に買いに行くと売り切れになってしまいます。

2010_0128画像0015
お店には一週間のメニュー表が置かれているので、買うときに確認することもできるし、持ち帰ることもできます。

お店は女性の店員さんが一人で切り盛りしているので、スムーズな販売ができるよう、お弁当は最初から一つずつ袋に入っています。三つのお弁当をバラバラに買うのは袋がもったいないような気がしたので、店員さんに「3つなんですが。」と言ったら、大きな袋に詰め替えて下さいました。
この作業中、徐々にお客さんがやってきて列を作ってしまい、大変申し訳なかったです。
とても親切な店員さんで、何度も「気をつけて持っていって下さいね~。」とおっしゃってくれました。

2010_0128画像0016
この日のお弁当メニューです。
前回こちらのお弁当を買ったのが2009年2月25日だったので、約11ヶ月ぶりです。

メニュー2

こちらは以前撮影した写真です。
お弁当の賞味期限は午後2時までなので、ご注意!

袋

持ち帰り袋にもちゃんとお店のロゴが印刷されています。

2010_0128画像0017
こちらのお弁当屋さん、オープンした当初は300円と500円の格安お弁当として売っていたのですが、いつからか390円と580円となっていました。それでも充分お安いとは思いますが。

久しぶりに買ってみたら、ご飯とおかずは別々の容器になっていて、お会計をする時に温められてホカホカのご飯を手渡してくれます。


お弁当 (580円)
2010_0128画像0020
いつも人気のこちらのお店、かなり早く行かないと580円のお弁当が売り切れてしまうのですが、さすがに12時前だったのでまだ人もほとんどおらず、580円のお弁当を無事ゲットできました。

2010_0128画像0019
580円のお弁当はおかずの種類が多いので、上司が「おっ! 今日の弁当はよさげだな。」と言っていたぐらい、見た目がとても華やかです。いつもすぐ売り切れになるのもわかります。
この日のメニューは、エビフライ、磯扇フライ、肉団子、笹がきごぼう煮、くわいのサラダです。

2010_0128画像0021
ご飯は新潟産コシヒカリ100%とこだわっているのに、温かいうちにフタをしてしまうせいか、とても水分が多くてご飯がやわらかくなってしまっているのを、個人的にかためでしゃっきりしたご飯が好きなので、すごく残念に思っていました。
ご飯が別盛りのスタイルになったので、もしかしたら改善されたかな~と期待したのですが、温かいご飯をいただけるものの、あまり状態は変わっていませんでした。

2010_0128画像0022
くわいのサラダは、この日一番個人的に気に入ったおかずです。
ヒジキやニンジンなども入ったこのサラダはマヨネーズのようなもので和えてありますが、かなりさっぱりとした口当たりで、くわいのシャクシャクとした歯応えがとても気持ちよくて美味しかったです。

2010_0128画像0024
笹がきごぼう煮は、きんぴらゴボウの汁だくという感じです。
ごぼう、ニンジン、コンニャクなどをかなり甘めな味で煮付けてありました。

2010_0128画像0023
このおかずにメニュー名はありませんでしたが、ビーフシチューのようなもので、少し甘めのデミグラスソースの中に小さく角切りにされたお肉、ニンジン、コーン、グリーンピースが入っていました。

2010_0128画像0030
上にあるのは「ご飯ですよ」のようなノリの佃煮で、写真だと真っ黒ですがご飯にのせるととても鮮やかな緑色でした。
下にあるのはタクアンで、量もたっぷり。
どちらもご飯のお供です。

2010_0128画像0026
エビフライは衣がやや厚めですが、2本入っているのでボリュームたっぷり。
レモンのほかにソースとタルタルソースがついていたので、1本ずつ違う味で楽しみました。
エビフライの下にはキャベツの千切りが敷かれています。

2010_0128画像0028
肉団子は小さめのサイズが2個入っていました。
お肉は程よい弾力で、甘めなタレがかかっていました。

2010_0128画像0031
磯扇フライとは何ぞや?と思って調べたところ、白身の魚のすり身を加工してホタテ貝柱の風味と食感に仕上げ、青海苔入りのパン粉をまぶして揚げたものだそうです。
食べてみると、ホタテの味がするのに少し柔らか目な練り物の食感でした。


久しぶりに食べた580円のお弁当は全体的な味付けが私にはかなり甘めだったものの、ボリュームたっぷりでおなかいっぱいになりました。上司もかなり満足したようです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【 390円弁当 】
 1回目 (2008年2月5日
 2回目 (2009年2月25日

【 580円弁当 】
 1回目 (2010年1月28日

【 バンバンジィーサラダ 】
 1回目 (2008年2月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2010年1月28日購入時お店DATA
********************************
魚沼こしひかり弁当 五番町店  (うおぬまこしひかりべんとう)
〒102-0076 
東京都千代田区五番町6-4 グレイス五番町ビル1階
TEL&FAX 03-5215-3488
営業時間 11:00~13:30(売り切れ終いです。)
定休日 土・日・祝  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/18 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
今日は梅雨の中休み。
傘を持たずに気楽に歩けるのは、とてもありがたいです☆

2010_0128画像0003
2010年1月27日は午前中の打ち合わせがとても長くてお昼に突入してしまいそうで、しかも、午後1時からも来客の予定だったので、お昼はお弁当を取り寄せちゃいましょうかと先輩と二人でいろいろ物色していたのですが、12時ちょっと前にお客様はお帰りになりました。
上司に「お昼どうしますか? お弁当を買うなら水曜日なので、今日はサファリカレーですよ。」と聞いたところ、「うーん、出前が早いから蕎麦屋のカレーにしてくれ。」との回答だったので、「番町 松月庵(しょうげつあん)」から出前を取ることになりました。
上司のカレーの好みって、私とは違うなぁ。

前回出前をお願いしたのは2010年1月7日だったので、約20日ぶりです。

2009_0123画像0103
実際のお店は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

2008_1128画像0070
こちらのお店でいただくお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備し、上司はため込んであった割り箸を使うので、新たな割り箸はいただかないようにしています。最近は配達の方に我が事務所はお箸不要だと覚えていただき、せっかく持ってきた割り箸をそのまま持ち帰っていただく、というのも少なくなりました。

2010_0128画像0001
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

12時ちょっとに出前をお願いしたところ、20分頃には届けていただきました。
いつも素早い対応で、とってもありがたいです。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2009_0424画像0084
お蕎麦についてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。


チャシューメン (940円)
2010_0128画像0002
中華そばのメニューをあまり食べていなかったので、この日はチャシューメンを注文。
チャーシュー麺はとてもシンプルで、メンマやナルトや長ネギなどが入っているものの、パッと見た限りだと、トッピングはチャーシューしかのっていないように見えちゃうぐらい、全体的に茶色いトーンです(笑)。
もうちょっといろいろ具材が入っているかと思いましたが、お値段を考えればこんなものでしょうか。

2010_0128画像0005
この記事を書いていて、メニューの記載が「チャーシューメン」ではなく「チャシューメン」であることに気付きました(笑)。

2010_0128画像0004
トッピングのメンマです。

2010_0128画像0008
紅一点のナルトです。

2010_0128画像0011
スープはかなり濃い色のお醤油味ですが、見た目の印象ほどしょっぱくはなくて美味しく、黒コショウがガツンときいています。

2010_0128画像0014
麺はやや黄色みがかかった四角いストレートの細麺です。
麺は少しのびていたので、スープの中に隠れている麺を引っぱり出すのには苦労しましたが、ちょっと独特なざらっとした口当たりと食感のせいか、お蕎麦ほどのびたことが気になりませんでした。

2010_0128画像0010
チャーシューは、薄めですが枚数はけっこうあります。

2010_0128画像0013
しっかりと噛み締めるタイプで、程よい下味が付いていました。


鴨南蛮そば (1,000円)
2010_0128画像0007
先輩はこちらをチョイス。
ソバのおダシは美味しかったそうですが、麺はいつも通りのびのびだったそうです。


おそば系メニューで興味のあるものをほとんど食べてしまったので、中華そば系メニューを頼んでみましたが、スープが懐かしいお醤油の味わいにコショウががっつりときいていて、美味しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  たぬきそば    (2009年10月20日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦(日本蕎麦)(2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日
(特製品)
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
(中華)
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
(季節物)
  冷しきつね
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日

  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日
(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
(セット物)
  親子丼セット(もりそば)(2008年3月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2010年1月27日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00-21:00
[土曜] 11:00-19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/17 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(3) |
お総菜のまつおか  @新宿[伊勢丹]
昨日は梅雨の晴れ間でとても良いお天気でしたが、夜はあまりの湿気に耐えかねて、今年初めて自宅で除湿をかけちゃいました。
始まったばかりの梅雨ですが、これから寝苦しい夜が始まります(泣)。

2010_0126画像0008
2010年1月26日の午前11時半頃、次の来客がやってくる午後1時までの間、打ち合わせをしたいとのことで、突然お客様がいらっしゃることになりました。
ランチタイムを潰してしまって申し訳ないとのことで、上司だけでなく先輩や私の分まで新宿の伊勢丹でお弁当を買ってきて下さり、大変ありがたいお心遣いに感謝です。

2010_0126画像0004
同じお客様から2009年5月15日にお弁当を差し入れていただいたことがあります。

2010_0126画像0005
この日いただいたお弁当は、「お総菜のまつおか」のものでした。
名古屋に本社のあるこちらのお店は日本中のデパ地下の常連店で、名古屋の味を取り込んだおかずで有名です。
ずいぶん前ですが、名古屋に遊びに行ったときに持ち帰りに味噌カツやらエビフライやらどて煮などを買ったら、東京でも売っていてしょぼーんとしたことがありました(笑)。

2010_0126画像0007
先輩と私の分の二つだけなのに、手に取ってみるとずっしりと重かったです。

2010_0126画像0006
この日いただいたお弁当は「でらうま弁当」の鯖塩焼きバージョンでした。


でらうま弁当[鯖塩焼き] (1,050円)
2010_0126画像0009
いただきま~す!!

2010_0126画像0010
ご飯はぎっしりと詰まっていて、ボリュームたっぷりです。

2010_0126画像0011
ご飯には黒ゴマが少しふりかけてあり、大きな梅干しがまるまる1個入っています。
とても柔らかな果肉は程よい酸味と塩気で美味しかったので、梅干しラブな先輩は大喜び。

2010_0126画像0012
ご飯に負けず、おかずも隙間もないほど、ぎっしりと詰められています。

2010_0126画像0014
お弁当の左側には主に煮物がぎっしりと詰め込まれています。
煮物は一つ一つがとても大きなサイズにカットされていて、名古屋流の味付けでしょうか、砂糖やみりんのきいた甘めな煮汁でしっかりと煮付けてあるので、甘いものが苦手な私には食べるのが少々しんどかったです(汗)。

2010_0126画像0015
大根はかなりの厚切りでしたが、とても柔らかかったです。
コンニャクは大きな三角形にカットされていました。
里芋は中にはそれ程味がしみ込んでいなかったので、外と中の味の違いを楽しめました。
煮物に添えられたきんぴらゴボウも、しっかりとした味付けです。

2010_0126画像0016
カボチャはホロリと崩れるやわらかさでした。
レンコンは肉厚で、シャキシャキとした食感です。
ナスの煮物だけが意外にあっさりした味付けでした。

2010_0126画像0013
お弁当の右側には、メインとしてお魚とお肉が詰められています。

2010_0126画像0017
甘い煮物だと私はあまりご飯を食べられないので、塩鯖にしっかりと塩がふられていたのは大変ありがたかったです。

2010_0126画像0018
メインのお肉は名古屋名物の味噌カツで、こんもりと山のようになったとても大きな塊でした。
厚みのある揚げ衣は、赤味噌のせい?で真っ黒です。

2010_0126画像0019
中に入っている鶏胸肉は柔らかくて美味しかったのですが、衣がべったりと甘く、個人的には何度食べても味噌カツのお味が少々苦手です。
ただ、揚げ衣も存在感があり、ボリュームはありました。


煮物の入った和食のお弁当というと、あっさり味でボリュームが少ないイメージがありますが、このお弁当は全く違い、ボリュームたっぷりでおなかいっぱいになりました。
好みのお味の方向性が違うものの、デパ地下の1,000円弁当はやはり迫力がすごくて、差し入れていただいたお客様に感謝、感謝です☆


2010年1月26日購入時お店DATA
***********************************
お総菜のまつおか 伊勢丹 新宿店
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 地下1階

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/16 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【移転】 移動販売 泉州屋台  @市ヶ谷
2011年9月27日追記

「泉州屋台」さんは2010年8月29日にこの場所での営業を終え、南青山に移転しました。

DSCF0344.jpg
その後、同じ場所に「日和亭」が来ていましたが、2011年2月21日に撤退しました。
警察による取り締まりなどが厳しく、現在、月曜日に移動販売は来ていません。

***************************************

サッカー観戦で睡眠不足の方が多いのではないでしょうか?
長く、しかも、かなり暑い一日になりそうですが、がんばって乗り切りましょう~!!

2010_0125画像0002
2010年1月25日のランチはお弁当を買ってくることになりました。
エスニック系のお味が苦手な上司には2009年2月25日に食べた「魚沼こしひかり弁当 五番町店」のお弁当を購入し、先輩と私の分は月曜日だったので「移動販売 泉州屋台(せんしゅうやたい)」でお弁当を買おうというプランを立てました。
いざ、お昼になって先輩が買いに行ったのですが、先に「泉州屋台」で自分たちのお弁当を買った後に「魚沼こしひかり弁当」へ行ったら、お弁当は既に売り切れ(汗)。
仕方なく先輩はもう一度「泉州屋台」に戻り、上司のお弁当として「ムー・トート・ガティアム」をパクチー抜きで購入しました。

2009_0612画像0034
移動販売のワゴン車が止まる場所は、日本大学大学院前です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、最初の交差点を右に曲がります。
「五番町 祭り屋 ステーキハウス」と「やきとり 串八珍 市ヶ谷別館」を越えたもう少し先です。
日本大学大学院を越えてさらに進むと「京旬菜 塁菜 Rui-Sai」があります。
この場所には、ほぼ日替わりで移動販売の車がやってきます。
月曜日 泉州屋台Ricky LoLo
火曜日 WajiWaji LuncH
水曜日 サファリカレー
木曜日 BERO KITCHEN
金曜日 サファリカレー

2009_0612画像0032
前回食べたのが2009年11月30日だったので、約2ヶ月ぶりです。

2009_0612画像0031
車のボディは鮮やかな黄色が塗られていて、とっても目立ちます。

2009_0715画像0021
こちらは以前の写真です。
車のそばに、本日のランチメニューが出ています。

2009_0715画像0022
こちらも以前の写真です。
メニューは基本的に3種類で、お値段は600円か650円と、とてもお手頃です。

2009_0715画像0023
こちらも以前の写真です。
メニュー3種類のうち、カレーが2種類、おかず系が1種類です。
この週のカレーは、定番のグリーンカレーと初めてのパネンカレーでした。

2009_1204画像0038
こちらは以前撮影した写真です。
カレーの種類を写真や文章で詳しく説明していて、とってもわかりやすいです。

2009_1204画像0041
車の後ろの部分を開けて、販売しています。
販売窓口にメニューが置かれています。

2009_0715画像0030
こちらも以前撮影した写真です。
販売窓口の右上には写真を添えたメニュー説明が記載されたメニュー表があり、その日のメニューに蛍光ペン(?)でマルをつけてあります。

店主はとても気さくな方で、いろいろと話しかけて下さいます。

2009_0715画像0024
こちらも以前撮影した写真です。
車の前に立つと、中の様子がよく見えます。
こちらはおかず系メニュー「ムー・トート・ガティアム(豚肉のせごはん)」です。

2009_0715画像0025
こちらも以前撮影した写真です。
お肉の鉄板の左側には2種類のカレーがお並んでいます。
グリーンカレーは定番の人気メニューなので、いつもよく売れています。

2009_0715画像0026
好き嫌いがはっきりと分かれるコリアンダーについて、丁寧な説明が出ています。
お弁当を仕上げるとき、「コリアンダーはどうしますか?」と聞かれます。
私はもちろん、増量派!

2009_0715画像0027
ご主人おひとりで切り盛りしているので、混雑時はお客さんをお待たせしないよう、袋詰めなどをセルフサービスでお願いしています。

2009_0612画像0033
販売窓口の右側には、薄い木の板で作られたスプーンが置かれていて、セルフでとります。
とってもかわいいですが、使い捨てになってしまうのでもらわないようにしています。
最近は、一つ一つ薄いビニール袋に入れたタイプになりました。

2009_0814画像0002
こちらのお店で使われているジャスミンライスは、最高級の「香り米」とのこと。

2009_1204画像0040
車の脇に小さなサイドテーブルが置いてあり、タイ料理でよくある四つの調味料(ナンプラー、プリックソム:唐辛子をつけた酢、プリックポン:粉唐辛子、砂糖)が置かれているので、お好みでこちらに寄って味付けをします。

2009_0814画像0003
調味料は販売窓口の左側に置かれているときもあります。

車をよく見ていると、ご主人が調理していると車全体が揺れるのがわかります。
かなりしょっちゅう揺れていて、小さい車の中で身体を動かすの大変そうです

2009_1204画像0039
車の扉から房飾りがぶら下がっています。
奥に見えるのがソニーミュージックのビルです。

2010_0125画像0001
先輩はカレーとおかず系メニューの合い掛けを買ってきてくれました。
この日は二人とも同じメニューです。

2010_0125画像0003
お店がつけてくれる木のスプーンは、以前はむき出しのまま持って帰るようになっていましたが、今回は透明なビニール袋に入っていました。
そのままだと汚いという苦情でもあったのでしょうか?


ぶっかけメニュー
ムー・トート・ガティアム+パネンカレー (650円)
2010_0125画像0009
カレーの二種盛りは食べたことがありますが、カレーとおかず系の組み合わせは初めて。
先輩曰く、メニューが少しずつ変わっていて、小さく書いてあったとのこと。

2010_0125画像0004
カレーが溢れるほどたっぷりと入っていました。
たっぷり過ぎて容器の左側に入っているスウィートチリにも混ざってしまっていたので、全体的に混ぜ合わせて食べました。
早速、いただきま~す!

2010_0125画像0006
タイ米のご飯はかなりボリュームたっぷりです。
ご飯の上に載せられたパクチーは、かなり干涸らびていてパサパサ状態でした(汗)。

2010_0125画像0007
春雨サラダにはキュウリやニンジンの千切りと挽き肉が入っていましたが、さっぱりとした薄味だったので、カレーのルーと和えて食べました。

2010_0125画像0005
豚肉にはかなりしっかりと味がついているので、ご飯が進みます。
お肉は柔らかく、端っこに詰められていますが、なかなかボリューミーでした。

2010_0125画像0008
カレーには一見何も入っていないようですが、いただいた木のスプーンでさぐってみると、たっぷりの具材が出てきます。

2010_0125画像0010
鶏肉はとても柔らかかったでした。

2010_0125画像0011
タケノコの細切りは結構長めだったので、このスプーンだと少々食べ辛かったです。

2010_0125画像0012
ふくろだけの独特な食感が大好きです。
カレーのルーにはたっぷりのココナツミルクが入っていて、濃厚でコクがあり、辛くてとても美味しい!


パネンカレーを初めて食べられたのがうれしかったです。
美味しくてエスニック気分をたっぷりと味わえて、ボリュームたっぷり、お値段もお手頃で大満足でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【 カレーメニュー 】
 カレー2種盛り[メイン:グリーン、サブ:イエロー]  (2009年6月8日
 カレー2種盛り[メイン:グリーン、サブ:レッド]  (2009年8月10日
 カレー2種盛り[メイン:マッサマン、サブ:グリーン] (2009年11月30日

【 ご飯メニュー 】
 ムー・トート・ガティアム  (2009年7月13日

【 ぶっかけメニュー 】
 ムー・トート・ガティアム+パネンカレー (2010年1月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2010年1月25日購入時お店DATA
*******************************
移動販売 泉州屋台  (せんしゅうやたい)
場 所 日本大学大学院前
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/15 09:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(1) |
超ごってり麺 ごっつ  @亀戸
いよいよ東京も梅雨入りです。
天候も気分も少々鬱陶しい時期ですが、まずは健康第一で乗り切りましょう☆

2010_0124画像0064
2010年1月24日、錦糸町の「海鮮居酒屋MARU(マル)」で食事をした後、最近購入したラーメン本で発見した亀戸のラーメン屋さんに行ってみよう!ということになり、ダイエットと腹ごなしを兼ねて、亀戸まで歩きました。
JR総武線の錦糸町駅と亀戸駅の駅間はとても短いせいか、歩いている人がたくさんいます。

2010_0124画像0075
向かった先は「超ごってり麺 ごっつ」。
2009年4月にオープンしたお店だそうです。

2010_0124画像0076
JR総武線亀戸駅の南口を出て歩くとすぐに京葉道路にぶつかるので、その歩道橋を上って右側に降ります。
ラーメン本の地図を見ていた時には、同じ場所にラーメン屋さんがあったのを知っていたので、そのお店が撤退して「ごっつ」が出来たのかと思ったら、実際に行ってみると、同じ並びにあったのでビックリ。
この場所には、駅に近い方から順番に「ごっつ」、「餃子の王将 亀戸店」、「豚”竜らあめん 亀戸店」が一列に並んでいます。
遠くからこの辺りを眺めていたら、たくさんの人が並んでいるのが見えたので、行列しているのかな?と心配したら、それは餃子の王将の持ち帰り組でした(笑)。

2010_0124画像0077
写真がピンぼけですみません(汗)。
営業時間は午前11時から深夜4時まで、水曜日が定休日です。
亀戸には土日の午後に遊びに来ることが多いので、通し営業で土日やっているのはとてもありがたいです。

2010_0124画像0056
入口すぐ左手に券売機があるので、先に食券を購入します。

2010_0124画像0057
店内は縦に長いカウンター席になっていました。
先客が1名しかいなくて不安になりましたが、お店の人から快く「どこでもどうぞ~。」と言われ、奥の方に着席。

2010_0124画像0062
厨房に男性店員さんが二人いて、お店を切り盛りしていました。

2010_0124画像0063
こちらのお店では菅野製麺所の麺を使っているようです。

2010_0124画像0058
不思議なことに、私たちが入店した後はお客さんがパラパラと入ってきました。

2010_0124画像0059
背脂の量を3段階から選べます。
普通を選んでも多めだとのことで、初めてだし、普通「ごっつ」でお願いしました。

2010_0124画像0060
こちらがメニューです。
基本的にはラーメンとつけ麺が、しょう油ベース、みそベースで選べます。
こってり系を食べる免罪符なのか、ドリンクに黒ウーロンとかヘルシアとかが選べるのがすごい(笑)。

2010_0124画像0061
少し待って、ラーメンが登場。


しょうゆ 味玉子ラーメン (780円)
2010_0124画像0064
出てきたラーメンは、ネギの緑と味玉子の黄色が映えて、見た目がとても華やか。
柔らかいですが、食感のあるメンマはたっぷり入っていました。

2010_0124画像0066
写真が黄色く写ってしまって残念!
山盛りのたっぷりの長ネギは、すごく香りがありました。
こってりした背脂と一緒に食べると、さっぱりとさせてくれます。

2010_0124画像0065
二人ではんぶんこしようと思って味玉をつけたのですが、つけ麺にはデフォルトで味玉が半個入っていました。
味付け卵は半分に切って麺にのせられているので、見た目がすごく華やか。
黄身がとろけて、程よい下味で美味しかったです。

2010_0124画像0067
チャーシューはかなり薄切りで、とても柔らかくてお箸で持ち上げると形が崩れてしまい、口の中に入れるととろけます。美味しい。

2010_0124画像0069
たっぷりと背脂の入ったスープはとても甘みとコクがあって、とっても美味しい!
かなり濃いですが、そのまま食べて濃厚さを味わったり、ネギと一緒に食べてさっぱりさせたりと、いろいろと楽しめるのがとてもいいです。

2010_0124画像0073
太めの麺はしっかりとした噛み応えで、甘みを感じて美味しかったです。
ボリュームもなかなか。

2010_0124画像0074
とても美味しいスープでしたが、二軒目だし、ダイエットしなきゃと思ったので、飲み干すのは止めました。


つけ麺 大地 スタンダード (800円)
2010_0124画像0068
連れはつけ麺のみそベースをチョイス。
つけ麺のタレの背脂は選択できず、普通「ごっつ」になるようです。
ただ、お料理が運ばれてきた時、「濃いようでしたらスープで薄められます。」と丁寧に説明してくれました。
つけ麺はデフォルトで味玉が半個入っていました。


スープも麺もとても好みの味で、とっても気に入りました。
次回はぜひつけ麺を食べに来たいです。
・・・しかし、居酒屋さんとの連食だったので、翌朝には体重がすごいことになっていて、朝からWiiFitをやる羽目になっちゃいました(汗)。


2010年1月24日訪問時お店DATA
***************************
超ごってり麺 ごっつ
〒136-0071 
東京都江東区亀戸1-39-7 サンキビル1階
TEL 03-5875-2212
営業時間 11:00~04:00   
定休日 水曜日
JR総武線亀戸駅北口から徒歩3分

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2010/06/14 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(5) |
海鮮居酒屋MARU  @錦糸町
2010_0124画像0028
2010年1月24日は錦糸町にお出かけし、夕飯を食べようということになったのですが、まだ5時前。美味しいお酒が飲めて、早くから営業している「海鮮居酒屋MARU」のことを思い出し、行ってみることにしました。

2010_0124画像0053
お店の外観写真は帰りがけに撮影したので外が既に暗くなっています。

2010_0124画像0054
JR・地下鉄錦糸町駅の南口から京葉道路に出て左に曲がり、少し行った左側にあります。

2010_0124画像0055
弟から教えてもらったこちらのお店、日曜日も営業しているし、土日は午後3時に開店していて、とっても重宝するだけでなく、おつまみが美味しくて全国各地の日本酒や焼酎をお手頃な値段でいろいろと飲むことができます。
今回が3回目の訪問です。

2010_0124画像0027
お店はそれ程広くなく、奥に向かってテーブル席があり、私たちは中程の席に着席。
写真のとおり、壁沿いにはお酒がびっしりと並んでいます。

2010_0124画像0021
卓上にはあらかじめ小皿がスタンバイしています。

2010_0124画像0022
ナプキンの上には小さな可愛い小箱。
ガムが入っていたと思うのですが、家に持ち帰った後、行方不明(汗)。

2010_0124画像0001
まずはお通しです。

2010_0124画像0003
前回の訪問で非常に気になっていたこちらのお店の目玉商品「ミャンマー産天然特大海老(約30㎝)」(1,000円)を注文したのですが、店員さんが厨房から戻ってきて、「まだ入荷がない。」とのこと。ガッカリ(泣)。


お通し
2010_0124画像0002
作り置きなのでさすがにお蕎麦はかたくなってしまっているので、つけ汁でほぐしながらいただきます。
温泉卵がまるまる1個入っているのは、なんとも贅沢です。

2010_0124画像0033
まずはビールを注文。


アサヒプレミアム生ビール [熟撰] 専用タンブラー(420ml) (550円)
2010_0124画像0004
こちらのグラスは専用タンブラーです。
ビールが運ばれてきたので、おつまみを注文しようと店員さんに声をかけたら、「まずは乾杯して下さい。」とのアドバイス!!
一口飲むと、泡がクリームのような口当たりで、とっても美味しい!
ビールそのものもしっかりと麦の味がして、好みの味でした。


サービス品 あじのたたき (350円)
2010_0124画像0019
こちらのお店は海鮮系メニューが充実しているので、この日のサービス品のあじのたたきを注文。

2010_0124画像0020
さすがにお値段がお値段なので量は少ないですが、脂がしっかりとのっていて美味しかったです。


白子天ぷら (780円)
2010_0124画像0023
個人的に白子が大好きなので、天ぷらを注文。冬の醍醐味です。
揚げたて熱々が出てきました。

2010_0124画像0024
さっぱりと塩をふった天ぷらを頬ばると、口の中でトロトロととろけます。美味しい!
蒸してポン酢につけて食べることが多いですが、天ぷらのお味は別格。
連れはずいぶん気に入ったようで、ガツガツと食べていました(笑)。


いか肝の沖漬け (380円)
2010_0124画像0025
写真が赤く光ってしまってすみません(汗)。
程よい塩気で、ねっとりとした舌触り。早く日本酒が飲みたくなっちゃいました。
一気に食べてしまうのがもったいなくて、チビチビと食べました(笑)。

2010_0124画像0032
ビールの次は、焼酎をお願いしました。


明るい農村 赤芋仕込み 水割り (600円)
2010_0124画像0034
以前飲んでとても美味しかった記憶のある、「明るい農村」の赤芋バージョンがあったので、水割りでお願いしました。
うーん、記憶にある美味しさと違う。水割りじゃなくて、ロックの方がよかったのかな。


えびせんべい (380円)
2010_0124画像0028
連れが大好きなえびせんは、出来合いではなく、揚げたて熱々でした。

2010_0124画像0029
脂でテカテカ光っていますが、食べてみるとさっぱりとした口当たりです。
お値段の割りにボリュームが多くて、安く飲むにはとてもいい一品。


サービス品 愛知うなぎ串 (280円)
2010_0124画像0030
この日のサービス品にうなぎ串があったので、1本だけ注文してみました。

2010_0124画像0031
うなぎの肝ってあまりちゃんと食べた記憶がなかったのですが、かなりの苦さ!
お子様味覚な私にはかなりしんどかったです(汗)。

2010_0124画像0036
ホッピー大好きな私、「こだわり」という言葉を見逃せません。
焼酎の次に、注文してみました。


こだわりホッピー (450円)
2010_0124画像0039
ジョッキとホッピーと焼酎を全て冷やしたいわゆる「三冷」スタイルで、焼酎はキンミヤ、氷はいれません。

2010_0124画像0040
自分でホッピーを注ぎ入れます。
全てがしっかりと冷たくて、そのせいか味わいがとてもすっきりしています。
ほんのりと甘くて、とても美味しかったです。


生サバ塩焼 (680円)
2010_0124画像0037
サバの塩焼きはよくありますが、生サバというのが珍しいなぁと思って注文。
写真だとわかりにくいですが、半身なのにかなりの大きさでボリュームたっぷり。

2010_0124画像0038
身が厚くてジューシーで、ふっくらとやわらかで、美味しかったです。
脂がたっぷりとのっているので、大根おろしでさっぱりといただきました。

2010_0124画像0013
こちらのお店、焼酎アドバイザーの資格を持った人がいるそうです。
焼酎にこだわっているお店は、前割りした焼酎を置いてあるのが嬉しいです。

2010_0124画像0014
鹿児島に行ったとき、前割りした焼酎の美味しさに目覚め、お店でよく頼むようになりました。
前割りした焼酎だけでも、6種類もあるのがすごい!

2010_0124画像0051
連れはお酒のお替わりに、前割りした焼酎を黒千代香で温めた芋焼酎をチョイス。
イチオシは吉兆宝山でしたが、よく飲む銘柄なので、「鉄幹 黒」にしました。


鉄幹・黒 [黒千代香燗] (650円)
2010_0124画像0041
テーブルで、自分でお燗します。
ちゃんと温度計も渡されます(笑)。

2010_0124画像0043
温度が段々上がってくるのを見ているのは楽しいです。


漬物 C.野沢菜キャベツ (380円)
2010_0124画像0044
さらにおつまみを追加。
漬物の野沢菜キャベツです。

2010_0124画像0045
ワサビがほんのりきいて、おつまみにぴったりでした。

2010_0124画像0046
不確かですが、54度がオススメの温度だったと思います。
そろそろ出来上がり!

2010_0124画像0052
黒じょか、いいなぁ。
鹿児島旅行の時、最後の最後まで買おうかどうか悩みました(笑)。

2010_0124画像0049
一口いただきましたが、程よい芋の香りと甘みがありました。


クリームチーズとチャンジャのカナッペ (580円)
2010_0124画像0047
クリームチーズのさっぱりとしたコクとチャンジャの塩気がすごくよく合います。
薄切りのフランスパン、いくらでも食べられそうです。

2010_0124画像0048
チャンジャの故郷である韓国でも、こういう組み合わせで食べるのかな?


この日のお会計、メモが残っていないので定かではありませんが、合計で8,000円かからなかったと思います。
特大海老が食べられなかったのはすごく残念でしたが、おつまみも美味しくお酒もいろいろとあって、お値段もお手頃でとても満足しました。
お料理にしろお酒にしろ、とにかく種類が多いので、またぜひ訪問したいです。


メニューはこちらです↓
2010_0124画像0005

2010_0124画像0006

2010_0124画像0007

2010_0124画像0008

2010_0124画像0009

2010_0124画像0010

2010_0124画像0011

2010_0124画像0012

2010_0124画像0015

2010_0124画像0016

2010_0124画像0017

2010_0124画像0018

2010_0124画像0033

2010_0124画像0032

2010_0124画像0051

2010_0124画像0036

2010_0124画像0013

2010_0124画像0014


2010年1月24日訪問時お店DATA
***************************
海鮮居酒屋MARU (マル)
〒130-0022 
東京都墨田区江東橋4-29-15 
TEL&FAX  03-5600-0151
営業時間 
[月~木] 17:00~24:00(L.O.23:00、ドリンク23:30)  
[金・祝前日] 17:00~25:00(L.O.24:00)  
[土曜日] 15:00~24:00(L.O.24:00、ドリンク24:30)  
[日曜日] 15:00~23:00(L.O.22:00、ドリンク22:30)  
定休日 不定休(月1回、年末年始)
JR・地下鉄錦糸町駅から徒歩1分

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

【2010/06/11 09:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(2) |
琉球料理 みやらび  @市ヶ谷
2010_0123画像0032
2010年1月22日は、上司が午前中不在だったので、先輩と外にランチを食べに出ました。
この週は、先輩がヘルシーウィークとしていたのに、前日に「桂園」で中華を食べてしまったので、何か和食のお魚系でも食べようとお店を考えていたら、2008年3月12日に訪問した「源」の冬季限定メニュー「ふく丼」をずっと食べたかったことを思い出し、久しぶりに市ヶ谷方面に出かけました。

2010_0123画像0054
「源」が少し遠いので早足で歩いている途中、「琉球料理 みやらび」の前を通りかかったら、ランチ営業を始めているのを発見。
昭和32年創業で老舗の沖縄料理店である「みやらび」にはブログを始める前にディナーで2回ほど来たことがありましたが、その後は訪問の機会がなく、いつか紹介したいと思っていたお店でした。
いつも人気のこちらのお店、会社の飲み会で当日に行こうとしてもずっと断られていましたので、せっかくの機会だからと二人の意見が一致し、「源」はまた次回ということで、早速「みやらび」に入店してみました。

2010_0123画像0051
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に進み、一口坂交差点を右に曲がり、二つ目の角を左に曲がります。少し進んだ左手のビル1階にお店があります。

2010_0123画像0053
お店の前の道路に、キレイなお花が飾られ、ランチメニューが出ています。
ランチタイムは11時30分から午後2時(ラストオーダー)です。

2010_0123画像0052
外にはランチメニューの他にさーたーあんだぎーが並んでいて、一個150円で購入できるようになっていました。おばあちゃんの手作りだったようで、買えば良かったと今さら後悔(泣)。

2010_0123画像0050
こちらのお店、以前は琉球舞踊を見ながらお食事ができるというやや高級なお店でしたが、数年前に改装して以来、そのシステムはなくなったようです。
ちなみに、私が2回訪問したときは単にお食事だけの利用で琉球舞踊は見ていません。残念。

2010_0123画像0001
空調の関係でしょうか、入口の扉がとても重たかったです。
店内に入ると手前にカウンターが席があり、奥が座敷席になっていました。
最初、店員さんがみんな厨房に入ってしまっていてしばらく立って待っていました。

2010_0123画像0002
奥の座敷席は入口からだとよく見えませんが、にぎわった声が聞こえていたので、かなり人が入っているようでしたが、カウンター席は数人いただけだったので、私たちはカウンターの一番左奥に着席。

2010_0123画像0007
店内は以前よりもちょっと現代的な雰囲気になりました。
イスにはブランケットが掛けられていて、細かい配慮が感じられます。

2010_0123画像0008
お茶をいただきながら、ランチメニューを検討。

2010_0123画像0003
ランチメニューは、単品1種類、セット3種類、トッピング2種類と、とてもシンプル。

2010_0123画像0004
基本的には沖縄そばとジューシー飯で、ボリューム違いの組み合わせです。

2010_0123画像0005
トッピングがわずか100円というのはとてもお得な気がします。

2010_0123画像0006
定番メニューのほかに、週替わりのメニューが2品ありました。


鶏のパパキム丼 ご飯少なめ + 半ソバ (1,000円)
2010_0123画像0032
二人とも、週替わりのメニューのパパキム丼に半ソバをセットでお願いしました。
先輩、ヘルシーウィークじゃなかったでしたっけ?(笑)

2010_0123画像0033
まずは、温かい沖縄そばからいただきました。
半ソバのはずが、意外にボリュームがあってビックリ。

2010_0123画像0035
豚バラ肉は歯応えがあり、薄味でお肉の味をしっかりと感じました。

2010_0123画像0036
カマボコのような練り物(?)はぶりぶりっとした強い歯応えがありました。

2010_0123画像0037
スープは薄めの味付けで、そのまま飲み干せます。

2010_0123画像0038
紅ショウガとネギのトッピングのおかげで彩りが華やかでした。

2010_0123画像0041
太めの麺は少し硬めに茹でられ、しっかりとしたのど越しです。

2010_0123画像0039
白菜のお新香は塩が強めな味付けでした。

2010_0123画像0034
パパキムとはパパイヤとキムチとのこと。
パパイヤはまだ青い状態で薄く切っているそうですが、それほど入っている感じはせず、むしろトリ胸肉がゴロゴロとたっぷりと入っていて、食べごたえがありました。
キムチは優しい辛さで、とても食べやすいです。

2010_0123画像0042
途中から、唐辛子を入れました。
唐辛子の辛い香りが漂って、とても良いアクセントになりました。

2010_0123画像0040
ご飯がかなり軟らかく、ところどころお団子状になっていたのが残念です。


お値段は少しお高めでしたが、ご飯の炊き加減以外は美味しくてボリュームたっぷりでおなか一杯になりました。他のメニューもぜひ食べてみたいです。


夜のメニューです↓
2010_0123画像0009

2010_0123画像0010

2010_0123画像0011

2010_0123画像0012

2010_0123画像0013

2010_0123画像0014

2010_0123画像0015

2010_0123画像0016

2010_0123画像0017

2010_0123画像0018

2010_0123画像0019

2010_0123画像0020

2010_0123画像0021

2010_0123画像0022

2010_0123画像0023

2010_0123画像0024

2010_0123画像0025

2010_0123画像0026

2010_0123画像0027

2010_0123画像0028

2010_0123画像0029

2010_0123画像0030

2010_0123画像0031

2010_0123画像0043

2010_0123画像0044

2010_0123画像0045

2010_0123画像0046

2010_0123画像0047

2010_0123画像0048

2010_0123画像0049


2010年1月22日訪問時お店DATA
******************************
琉球料理 みやらび
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-4-3  アウラ九段1階
TEL&FAX  03-3261-3453
営業時間 
[昼] 11:30~14:00(L.O.)  
[夜] 17:30~23:00(L.O. 22:00)  
定休日 土・日・祝
JR市ヶ谷駅から徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/10 09:00】 | 沖縄 | トラックバック(0) | コメント(2) |
桂園 中華居酒屋・餃子房 四谷店  @四谷
2010_0121画像0060
2010年1月21日は、前日に引き続き上司がお昼時に不在だったので、先輩とランチを外に食べに出ました。
三栄通りに出来た新店の「桂園(けいえん) 中華居酒屋・餃子房 四谷店」はいつオープンするかな~と楽しみにしていたら、前日「胡桃屋」に行った時に、既にオープンしていて、しかも、オープン記念をしているようだったので、ヘルシーウィークを実践していた先輩にお願いして、この日行くことになりました。先輩、すみません&ありがとうございます☆

2010_0121画像0075
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りの右側を少し進んだところにある三井資産ビルの1階です。

2010_0121画像0044
この場所は、以前「けむり屋 炭火串焼」という安くてボリュームたっぷりのランチを出すお店がありました。

2010_0121画像0043
「桂園」は有限会社桂園が主催する中華料理店のチェーンで、都内だけでも20店舗もあります。

2010_0121画像0042
そんな大手のオープニングにふさわしく、お店の前にたくさんのお花が飾られていました。

2010_0121画像0046
ランチオープンサービスとして、午前11時から午後3時まで全品600円(税込630円)と、とてもお得でした。

2010_0121画像0040
このサービス、時期をはっきり明記していなかったのですが、いつまで続いたのでしょうか?

2010_0121画像0041
メニューは全部で12種類あり、580円から880円と、定価でもお手頃価格です。

2010_0121画像0045
定食だけでなく、ビールや餃子もオープンサービス価格になっていました。

2010_0121画像0055
お店に到着すると既に6,7人並んでいましたが、中華だから回転が早いだろうと思い、そのまま並びました。

2010_0121画像0048
少し待って入店してみると、右手にカウンター席、左手にテーブル席が並んでいます。
それ程広くはありませんが、チェーン店らしくとても明るい照明です。
私たちは右手のカウンターの中程に着席しました。

2010_0121画像0047
カウンターにはイスがかなりぎっしりと詰め込まれていて、イスを手前に引かないと絶対に入れません。入店時期が冬で上着が厚いだけに、出入りがかなり面倒でした。
テーブル席もかなりテーブル間が狭かったです。

2010_0121画像0056
テーブルの上には前のお客さんのお冷やのコップの後がしっかりと残っていましたが、店員さんはオープニングの混雑に追われていてとても拭いてくれそうな雰囲気はありませんでした。

2010_0121画像0057
店員さんが持ってきたお茶は、あらかじめ大量に作られていたので既に氷が全て溶けきってしまい、見るからに薄いお茶でした(笑)。

2010_0121画像0049
こちらは店内のメニューです。

2010_0121画像0050
定食はライス、スープ、お新香、デザートが付いていて、ライスとスープはお替わり無料です。

2010_0121画像0051
定食だけでなく、サイドメニューもあります。

2010_0121画像0052
定食以外のメニューです。

2010_0121画像0053
飯類とラーメン類以外の麺類にはスープとお新香がつきます。

2010_0121画像0054
オープニングサービスでお値段は一律600円ですが、「五目チャーハン」の価格は580円。これも600円になってしまうのかな?と、ちょっと疑問でしたが、さすがに自分では注文できませんでした(汗)。


エビチリソース定食 (924円)
2010_0121画像0061
メニューとしては特製麻婆豆腐定食が気になりましたが、せっかく一律600円になっているので、一番お得な(下げ幅の大きい)エビチリを注文しました。同じようなことを考える人が多いようで、エビチリの注文がかなり出ていました(笑)。

2010_0121画像0062
ご飯は小さめの器にたっぷりと盛られています。
オーダーのときに少なめをお願いしたのですが、混雑しているので断られました。

店名にも入っていてオープニングセールにもなっている餃子も、いまは注文できないと断れました。残念。

2010_0121画像0063
スープは卵スープでした。

2010_0121画像0071
卵のふんわりとした口当たりながらもしっかりとした味わいで、美味しかったです。

2010_0121画像0065
ザーサイには唐辛子がまぶしてあって、少し辛めな味付けでした。

2010_0121画像0066
エビチリは、お皿いっぱいに盛られているメニューの写真とは違い、サラダと一緒に盛られていました(笑)。

2010_0121画像0067
サラダはキャベツ、紫キャベツ、キュウリ、ニンジンの千切りで、量はたっぷり。
ドレッシングがかかっていてさっぱりといただけました。

2010_0121画像0068
エビチリは、かなり大きめなエビがたっぷりと入っていました。
ぷりっとした歯応えはなくてかなり柔らかかったですが、海老の味はしっかりとしていて、ソースも程々の甘辛で美味しかったです。

2010_0121画像0069
デザートは杏仁豆腐です。
クコの実がアクセントとしてトッピングされていて、かわいい。

2010_0121画像0070
かためな口当たりですが、甘さ控えめで味わいが濃厚で美味しかったです。
お料理使われているお皿には全て店名のロゴが入っていて、さすがチェーン店。


桂園スブタ定食 (840円)
2010_0121画像0058
先輩は、お店の名前を冠するスブタ定食を注文。
メイン以外は私の注文と全く同じです。

2010_0121画像0059
スブタはお肉の他に、ピーマンとニンジンが入っていましたが、全体的に緑が少なく、ケチャップのような赤っぽい色合いでした。
先輩からお肉を一ついただいたところ、かけまわしてある甘酢はかなり甘めでしたが、お肉そのものはしっかりとした歯応えがあり、油を吸ってとっても美味しかったです。お肉のボリュームもなかなかでした。

2010_0121画像0074
本日のお会計です。


スープやデザートなどのサイドメニューが予想外に(失礼!)美味しく、ボリュームたっぷりでおなかいっぱいになりました。
明るくてキレイな店内で一日中定食が食べられるというスタイルは、とても重宝ではないかと思います。
少し経ってお店が落ち着いたら、店名に関している餃子をぜひ食べに来たいです。


2010年1月21日訪問時お店DATA
****************************
桂園 中華居酒屋・餃子房 四谷店 (けいえん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-21 三井資産ビル1階
TEL&FAX  03-6457-8588
営業時間 11:30~23:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/09 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(3) |
四ッ谷 胡桃屋  @四谷
昨日は真夏のような暑さでしたが、今日はけっこう冷え込んでいます。
みなさま、うっかり風邪をひいたりしないように気をつけて下さい~!!

2010_0121画像0023
2010年1月20日は、大寒の日だというのに前日からとても暖かくなり、梅の花が咲いてしまった東京でした。
この日は上司が一日出張で、先輩とランチを外へ食べに行ったのですが、この週は先輩がヘルシーウィークを標榜し、いつもよりはちょっと健康的なランチをしましょう、ということで、三栄通りにあるうどん屋「四ッ谷 胡桃屋(くるみや)」へ行きました。

2009_0917画像0100
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、少し行った左手にあります。
こちらは2009年9月16日に初訪問したときに撮った写真です。
このところ三栄通りをご無沙汰していたので、偵察も兼ねています(笑)。

2009_0917画像0095
こちらのお店は昼はこだわりのうどん、夜は串天を楽しめるお店だそうです。
スタッフの方のブログもありました。

2009_0917画像0099
この場所には、2007年7月27日にランチ訪問し、2009年3月31日にお弁当を購入した「寿司と京のおばんざい 人と人と(ひとひと)」がありましたが、2009年7月31日に閉店しました。
「胡桃屋」は2009年9月14日にオープンしました。
前回訪問したのが2009年10月19日だったので、3ヶ月ぶり、3回目の訪問になります。

2010_0121画像0033
営業時間はこちらです。

2010_0121画像0035
おうどんには、沖縄の宮古島のお塩を使っているそうです。

2009_0917画像0098
こちらは以前撮った写真です。
お店の入口にランチメニューが出ています。

2010_0121画像0032
これまでと違い、「本日おすすめのうどん」が登場していました。
この日は大好きな舞茸。美味しそう!

2010_0121画像0036
ディナータイムのメニューも出ています。

2010_0121画像0037
ディナーメニューの看板は新しくなっていました。

2010_0121画像0038
夜は串天メインのお店ですが、ランチで食べられるこだわりのうどんは夜も楽しめるようです。

2009_1023画像0001
お店に入ると、両側にテーブル席、奥の右手に厨房、左手奥に座敷席がありました。

2009_1023画像0003
鮮やかな色彩で大きく野菜の絵が描かれた壁には、夜のメニューがいろいろと貼り出されています。
店員さんは若い男性ばかりです。

2009_1023画像0004
私たちが入店したときはがらんとしていて、まだほとんどお客さんが入っていませんでした。
元気の良い店員さんから「二人席にどうぞ~。」と言われ、一番奥の席に着席。

2010_0121画像0012
その後はぞくぞくとお客さんが入ってきて満席になり、すぐに席が空かないならいいや、と諦めて帰ってしまうお客さんもいました。

2010_0121画像0011
卓上に灰皿があるので、喫煙はオッケーのようです。

2010_0121画像0010
お茶をいただきながら、何を食べようかとメニューを検討。

2010_0121画像0001
ランチメニューです。
季節が冬だからか、温かいメニューが先に記載されています。
ラインナップはそれ程変わっていませんが、うどん定食と定食を分けるようになりました。

2010_0121画像0002
温かいうどんは9種類あり、お値段は530円から780円です。
トマトカレーやら明太子クリームなど、かなりユニークなメニューがあります。

2010_0121画像0003
冷たいうどんは7種類あり、お値段は480円から780円です。

2010_0121画像0004
小ぶり天丼がついたうどん定食は6種類あり、お値段は830円から950円です。

2010_0121画像0005
うどんがない定食は6種類あり、お値段は850円から930円です。

2010_0121画像0006
トッピングは15種類もあり、100円から180円です。
うどんの大盛りはプラス100円です。

2010_0121画像0007
定番メニューのほかに、季節のおすすめメニューが2種類あります。


トマトカレーうどん (780円)
2010_0121画像0014
こちらのお店はおうどんが美味しいだけでなく、変わり種のメニューがあるので、ぜひともチャレンジしたいと思っていました。
この日は明太子クリームとトマトカレーで悩みましたが、トマトカレーに決定。
小ぶり天丼とのセットはなかったので、単品で注文しました。

とても太いうどんのうえ、注文が入ってからゆでているようで、いつもお料理が出てくるのに結構時間がかかりますが、この日はいつもよりさらに時間がかかりました(汗)。
しばらくして、最初に私のトマトカレーうどんが登場。

2010_0121画像0013
たっぷりの天かすが添えられていました。

先輩の注文した舞茸の天麩羅は周りでも注文している人がとても多く、さらに時間がかかり、私たちより後から入店して違うメニューを頼んだ人たちの方が先にお料理が出ていました。
先輩のメニューがまだ来ていなかったのですが、写真を一通り撮り終えたのでお先にいただくことにしました。
まずはうどんとカレーを合わせるために一混ぜしたところで、先輩の注文が到着したので、慌てて両方の写真を撮りました(汗)。

2010_0121画像0015
黒い器の中に太くて真っ白なうどん、トッピングに素揚げしたシシトウとミニトマトがのっかっていて、とっても可愛らしくて彩りがキレイです。
汁だくのカレーうどんを予想していましたが、カレーのルーは少なくて和えるスタイルでした。

2010_0121画像0022
トップにちょこんとのせられたミニトマトがとっても可愛い。

2010_0121画像0016
素揚げしたシシトウは見た目は鮮やかな緑色でしたが、味は結構辛目でした。

2010_0121画像0018
太くかために茹でられたうどんはしっかりと噛んで食べる必要があるほどで、すすることはできず、一本一本食べます。

2010_0121画像0021
カレーの辛さはそれ程ではなく、食べ終わると後からやってくる感じでした。
カレーのルーの中にトマトの酸味をとても感じ、バランスが良くてとても美味しかったです。

2010_0121画像0027
写真が赤く写ってしまい、すみません(汗)。
見た目のボリュームはそれほどではありませんが、うどんを少しずつしっかりと噛み締めて食べるせいか、おなかに結構たまります。

2010_0121画像0029
先輩から舞茸の天麩羅を一ついただいちゃいました。
うどんがつるつると吸い上げられないので、この器は縁の部分が少し高くてちょっと食べにくかったです。

2010_0121画像0031
途中から天かすを投入。
天かすを入れると、油のコクとシャクシャクとした食感が加わるのが良かったです。


舞茸の天麩羅うどん[ざるうどん] (780円)
2010_0121画像0026
先輩はヘルシーなランチを、と言っていたのに、日替わりのこちらをチョイス(笑)。

2010_0121画像0025
先輩は、舞茸は天麩羅が一番美味しいと言っていましたが、私も同感です。

2010_0121画像0024
たくさんあるからと、舞茸の天麩羅を一ついただいちゃいました。
衣が軽くてとっても美味しかったです。


お会計の時に次回以降のクーポン券をいただきました。
1枚で大盛り無料、2枚でトッピング1つ無料です。
確か、前回ももらっていたので、家に帰って探さなければ!

麺を食べ終わるとルーが少し残ってしまったので、スプーンでしっかりとこそげ取って全部きれいにいただいちゃいました。こんなにルーが美味しいなら、定食にしてご飯を入れて食べても良かったかな~とちょっと後悔(笑)。
次回はぜひとも明太子クリームに挑戦してみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

小ぶり天丼とごまだれざるうどん定食 (2009年9月16日
辛味噌煮込みうどん定食 (2009年10月19日
トマトカレーうどん (2010年1月20日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2010年1月20日訪問時お店DATA
********************************
四ッ谷 胡桃屋 (くるみや)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 松山ビル1階
TEL&FAX 03-5312-1091
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 無休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/08 09:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
旭川らーめん こもり 四谷店  @四谷
2010_0119画像0041
2009年1月19日のランチに、上司が珍しく「味噌ラーメンが食べたい。」と言い出したので、即座に2007年11月2日に訪問した「麺処 くるり」を候補に挙げたのですが、「法政大学の近くです。」と教えたら、即却下(泣)。ま、遠いだけでなく、並ぶのも大変ですが。
この界隈はそこそこラーメン屋さんがありますが、味噌ラーメンをウリにしているところはほとんどなく、上司が以前何度か行ったことがある「旭川らあめん こもり 四谷店」を思いついたので行くことになりました。

入口

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、ほぼ一番奥の右側にあります。

「こもり」に行くのを決めたのが12時15分ぐらいだったので、この時間帯だと凄く混み合うだろうということで、結局1時近くに行くことになりました。
さすがにこの時間だとエリーゼの行列を除けば、しんみち通りはずいぶん閑散としています。

2010_0119画像0033
お店の正面には入口よりも大きい(笑)券売機が置いてあるので、先に食券を購入します。
券売機が新しくなった気がする。。。。

2010_0119画像0034
麺は3種類から選べます。
麺とスープのオススメの組み合わせが書いてあるので、とっても親切。

2010_0119画像0038
ピンぼけですみません(汗)。
店内は左手に厨房があり、その周りを取り囲むようにカウンター席が10席あります。

2010_0119画像0036
私たちが入店したとき、カウンターの手前の角のところで3人並んで座ることができましたが、寒い日だったからでしょうか、その後も午後1時過ぎだというのにぞくぞくとお客さんがやってきて、あっという間に満席になり、私たちの後ろには行列ができちゃいました(汗)。ちょうど三人並んで座れたなんて、とても運が良かったようです。

2010_0119画像0040
ピンぼけですみません(汗)。
店内は禁煙です。

2010_0119画像0035
お店は厨房に男性店主が一人、フロア担当の女性が一人、合計二人で切り盛りしていました。

2010_0119画像0039
前回訪問したのが2007年11月1日だったので、なんと2年3ヶ月ぶりです。


味噌 味付玉子 らあめん [中太麺] (770円)
2010_0119画像0041
以前は富山ブラックなど変わり種のものもいろいろありましたが、メニュー構成がシンプルになって、醤油、塩、味噌、つけ麺、辛い麺になっていました。
変わり種のメニューを食べようと思っていたので、ちょっと肩すかし。
結局、上司と同じ、味玉付き味噌ラーメンを注文。

出てきたラーメンを先輩とほぼ同時に食べ始めたのですが、先輩が「麺が違いました~。」と言われ、見てみると、私の方が細麺になっていました(汗)。言われなければ、全く気付かずにそのまま食べていました。丼を交換してみると、確かに、全然違う(笑)。

2010_0119画像0043
以前はすごくたっぷりと野菜がのっていたような記憶もあるのですが、全部入りだったかな?
トッピングの野菜はそれ程多くなく、ほとんどがもやしで、キャベツが少し入っていました。

2010_0119画像0046
海苔は1枚ついています。
三角形にトッピングされていました。

2010_0119画像0042
味玉は丸ごとそのまま入っています。

2010_0119画像0044
メンマは太めです。

2010_0119画像0045
チャーシューは薄めですがかなり大きいです。
常温なので、スープに沈めて食べた方が温められて脂が溶け出して美味しいと思います。
私は気付かずに食べてしまい、とっても残念(汗)。

2010_0119画像0047
スープはほんのりと甘い優しい味噌味で、とても食べやすいお味です。
美味しいし、身体が温まるので、ついつい、スープを飲み干しちゃいました。

2010_0119画像0049
中太麺はコシがありました。

2010_0119画像0050
ラーメンを食べるときは、大好きなので必ず味玉をつけちゃいます。

2010_0119画像0051
トロトロの半熟状態で、黄身は甘く、全体的にほんのり味付けされていて、美味しかったです。

2010_0119画像0052
スープの底からコク出しの挽き肉が出てきました。


器が細めの形になっているせいか、出てきた時はちょっとこぢんまりしているように見えましたが、全体のボリュームはなかなかです。
久しぶりに食べましたが、華やかさはないものの、相変わらず安定した美味しさでした。
身体が熱く火照っていたので、上着を脱いだまま外に出たらとても気持ちよかったです。


2010年1月19日訪問時お店DATA
****************************
旭川らあめん こもり 四谷店
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-20
電話 03-3341-5305
営業時間 11:00~23:00 (土日休11:00~22:00)
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/07 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
和食ダイニング 直心  @四谷
2010_0119画像0026
2009年1月18日、お昼になったので上司に「お昼どうしますか?」と尋ねたところ、「外に食いに行こう。」と言われたので、外食することになりました♪
行き先を決めず、ぶらぶらとしんみち通りを歩いていた上司は、お気に入りの「スパゲッティ ながい」に近づいたのですが、このところよく行っていたので「さすがに飽きたな。」とつぶやき、また放浪。すぐ近くにある「和食ダイニング 直心(じきしん)」に目を留め、入ってみることになりました。

2010_0129画像0034
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの奥の右側にお店があります。

2010_0129画像0035
この場所には以前「横浜天下鳥 四ッ谷駅前店」というお店があり、2008年3月18日にランチ訪問をしたことがありましたが、その後お店をブランドリニューアルをして、2008年7月上旬から「直心」としてスタートしました。

2010_0129画像0037
同じ第2鹿倉ビルの1階には、老舗のメキシコ料理屋さんの「EL・ARBOL(エル・アルボル)」が入っていて、2007年12月18日2009年11月24日にランチ訪問を、2009年1月30日にディナー訪問をしたことがあります。

2010_0129画像0036
「横浜天下鳥」の時代から、チェーン店ではないようですが、お店の造りにとてもお金をかけている印象があります。

2010_0119画像0032
「横浜天下鳥」の時代は、ネーミング的にはお肉系メニューが中心でしたが、「直心」になってからはややお魚系メニューが多くなっているようです。

2010_0119画像0031
「直心」になってからの訪問は初めてだったので、上司に感謝!です。

2010_0119画像0030
お店の入口付近には、お魚をウリにしているだけあって、鮮魚が置かれています。
水槽の中は、な、なまこ、、、?

2010_0119画像0024
店内は右手にカウンター、左手にテーブル席が並び、一番奥の右手には座敷席がありました。
「横浜天下鳥」の頃とは、間取りが変わっています。

2010_0119画像0025
6割ほどの人の入りで、前のお客の後片付けのために少し待ち、私たちは左手中程のテーブル席に着席しました。

2010_0119画像0007
お茶はセルフサービスで、卓上にポットと湯飲みが置かれていました。

2010_0119画像0029
隣の席とはこんなオシャレな感じの布のロールスクリーンで分けられています。

2010_0119画像0004
自ら入れたお茶は、残念ながらピンぼけ(泣)。

2010_0119画像0002
こちらがランチメニューです。

2010_0119画像0003
全部で8種類あり、お値段は800円から980円です。


直心特製 豚ロース味噌漬け ご飯少なめ (900円)
2010_0119画像0015
お店「特製」という言葉に惹かれて、こちらのメニューを選択。
少し待って、お料理が登場です。「天下鳥」ほど待たされませんでした(笑)。
メイン、小鉢、お新香、ご飯、お味噌汁のセットです。

2010_0119画像0019
小鉢には二色のコンニャクの煮物が入っていました。
常温よりも少し冷たい感じでしたが、ほんのり甘めな煮汁がよく染みていました。

2010_0119画像0017
お新香はキュウリです。

2010_0119画像0020
お味噌汁はシンプルにワカメと長ネギのみじん切りだけ入っていましたが、熱々でした。

2010_0119画像0016
ご飯は少なめでお願いしました。

2010_0119画像0018
お店特製の豚ロース味噌漬けにはサラダが添えられていました。

2010_0119画像0021
サラダは、水菜とレタスとプチトマトで、フレンチドレッシングがかけられてます。

2010_0119画像0022
お肉はかなり薄くのばされていて、噛み応えがありました。

2010_0119画像0023
焦げ目が香ばしく、少し甘めなお味噌がしっかりとしみ込んでいて、美味しかったです。


さばの文化干し ご飯少なめ (850円)
2010_0119画像0027
ヘルシーウィークの先輩は、こちらのメニューを注文。

2010_0119画像0028
メイン以外は私のメニューと同じです。
かなり大きめの鯖は、脂がたっぷりとのっていて、美味しかったそうです。


お料理のお味自体はなかなかでしたが、お値段と全体的なボリューム、地下という立地の不便さを考えると、もうちょっと個性というか、パンチが欲しいなと思います。


夜のメニューです↓
2010_0119画像0008

2010_0119画像0009

2010_0119画像0010

2010_0119画像0011

2010_0119画像0012

2010_0119画像0013

2010_0119画像0014


2010年1月18日訪問時お店DATA
************************************
和食ダイニング 直心 (じきしん)
〒160-0004 新宿区四谷1-7 第2鹿倉ビルB1F
Tel:03-5368-0522
Fax:03-5368-0523
営業時間
[平日]11:30~14:00(L.O.13:30)、17:00~24:00(L.O.23:00)  
[土曜]11:30~14:00(L.O.13:30)、15:00~22:00(L.O.21:30)  
[日曜]15:00~22:00(L.O.21:30)  
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/04 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
博多ラーメン 凪 立川店  @立川
2010_0117画像0065
2010年1月17日の夕方、たまたま機会があって、立川に行きました。
立川という街は、通過するばかりで降り立ったのは初めてですが、駅前はビルが建ち並び、とても大きくてにぎやかなところでした。
お目当ては「AREAREA」という商業ビルの中に入っている「ラーメンスクエア」。
こちらではフードテーマパークとして7店舗のラーメン屋さんが営業しているだけでなく、定期的にトライアウトを実施し、優勝すれば既存店と入れ替わってお店を立ち上げることができます。
2009年4月16日に訪問した「黄金の塩らぁ麺 ラーメン堂 Due Italian」は、立川ラーメンスクエアを卒業して市ヶ谷に移転したお店です。

2010_0117画像0075
「ラーメンスクエア」は駅からすぐ近くにあり、早速入ってみたのですが、日曜日の夕方のせいかフロア全体が意外にがらんとしていました。並び客はゼロです。
特にお目当てのお店はなかったので、1軒1軒店舗を眺め、大好きな豚骨ラーメンのお店「博多ラーメン 凪(なぎ) 立川店」がラーメントライアウト初代優勝店ということもあったので、入ってみることにしました。

2010_0117画像0074
入口にある券売機で食券を購入します。

2010_0117画像0063
店内はなかなか広く、7割程の席が埋まっていました。
私は入って左側にあるテーブル席に着席。四人席なので、広々としてよかったです。

2010_0117画像0062
「凪」は、2004年9月に新宿ゴールデン街にある小さなバーを間借りしてオープンしたお店で、既存の飲食店の間借りをして人気になって独立するというスタイルの草分け的存在だったと思います。

2010_0117画像0061
現在では渋谷、立川、新宿、駒込に支店があります。
渋谷店と立川店は豚骨ベースですが、新宿店は煮干しスープ、駒込は醤油スープと、いろいろな味を展開していて、私は「凪」グループへの訪問は初めてでした。


ラーメン (680円)
2010_0117画像0065
私は基本の「ラーメン」を注文しました。
それ程待たずにラーメンが到着。

白濁したスープの上にチャーシュー、キクラゲ、ネギがトッピングされていて、とってもシンプル。

2010_0117画像0067
ネギの緑の彩りがキレイです。

2010_0117画像0070
豚骨ラーメンのトッピングの定番である黒キクラゲ。

2010_0117画像0068
すっきりとした口当たりですが、コクと旨みはしっかりと残っているスープは、とても飲みやすくて美味しい。

2010_0117画像0069
細めのストレート麺はかために茹でられ、しゃっきりして食べやすかったです。

2010_0117画像0066
チャーシューはかなり薄かったですが、お肉はやわらかでした。

2010_0117画像0071
ツレが味玉入りを注文していたので、はんぶんこ。
半熟の黄身がとっても甘かったです。

2010_0117画像0072
卓上には紅ショウガが置いてあったので、せっかくなので途中から入れてみました。
スープの味わいの変化を楽しめます。


冬の限定 味玉濃厚髄豚骨 (900円)
2010_0117画像0064
ツレは濃厚という言葉に惹かれ、こちらのラーメンをチョイス。
基本のスープをぐっと濃厚にしたイマドキの味は、私の好みだけで言えば、こちらの方が断然美味しかったです。


ボリュームは普通ですが、ベーシックでシンプルな豚骨ラーメンなので、生活圏内にあったらとても重宝するだろうなと思うお店でした。

立川にはもうひとつのラーメンフードパーク「立川らーめんたま館」ができたので、ラーメンを連食するか、それともどこかで一杯飲もうかとしばらく繁華街の中をウロウロ。
鶏と豚のホルモン料理を出す、ちょっとよさげなお店に入ろうとしたら、日曜日なのでかなりのメニューが品切れだと言われてガッカリしてしまい、この日は大人しくそのまま自宅に帰りました(笑)。


2010年1月17日訪問時お店DATA
*********************************
博多ラーメン 凪 立川店 (なぎ)
〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-6-29 アレアレア2
電話 042-521-0173
営業時間 11:00~24:00(L.O.23:30) 
定休日 なし

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2010/06/03 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
【ランチ営業休止】炭火焼肉 山星 四谷一丁目店  @四谷
2016年8月22日追記

「山星」のランチは,2010年1月15日に訪問してからしばらくすると営業をやめました。

*****************************

2010_0117画像0042仕事始めの2010年1月7日のランチで「龍月園」に行った時、「炭火焼肉 山星(さんせい) 四谷一丁目店」でランチを始めたのを知り、2010年1月15日、上司が不在だったので早速行ってみることにしました。

2010_0117画像0057
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜けて右に曲がり、すぐ左手にある第2菊重ビルの2階に店舗があります。
同じビルの1階には、2009年8月20日に訪問した「らーめん 俵屋 四ッ谷店」があります。

2010_0117画像0056
実はこちらのお店、2009年に残業明けにディナーで訪問したことがあるのですが、終電を気にしてひたすら食べ続け、しかも結局終電に間に合わずにタクシー帰りというお間抜けな結果になり、お店をゆっくり楽しむこともできず、ブログの記事も書いていませんでした。

2010_0117画像0055
ビルの内階段を二階へ上がって入店すると、かなりオシャレでステキな雰囲気です。

2010_0117画像0004
店内は手前の左にカウンター席があり、中程にガラスの壁で区切られたテーブル席、一番奥に座敷席があります。
私たちが入店した時、先客はテーブル席のみでした。
店員さんから座敷席に通され「どこでもどうぞ~。」と言われたので、一番目立たない左の奥に着席しました。

2010_0117画像0005
炭火焼肉 山星」は四谷三丁目に四谷本店を構構え、今回訪問した四谷一丁目支店のほか、西巣鴨にも支店があります。
壁一面にいろいろな和牛のブランドポスターが貼られていますが、こちらのお店では特に茨城県産の「常陸牛」に力を入れているそうです。

2010_0117画像0020
ピンぼけ気味で不鮮明ですが、松阪牛の証明書です。
口蹄疫の問題で、今後の松阪牛は大変そうです。。。

2010_0117画像0019
デザートに力を入れているようで、卓上にオリジナルデザートメニューが置かれています。

2010_0117画像0013
焼肉メニューをチョイスしたので、テーブルの中央にお肉を焼く場所があるので、炭がセットされます。

2010_0117画像0015
しばらく網を温めます。

2010_0117画像0021
チゲやビビンバなどのメニューもありましたが、せっかく焼肉屋さんに来たのだから焼肉を食べなきゃ!と思い、しかも、この日は金曜日だったので、思い切って「山星特選焼肉御膳W」(2,200円)を注文しちゃいました。

2010_0117画像0012
メニューにはドリンクがついています。
先輩はウーロン茶をチョイス。


ワイン[グラス赤ワイン]
2010_0117画像0018
飲み物は、ソフトドリンクだけでなく、ワインもチョイスできるとのこと。
「わ~、いいなぁ。」と私が言ったら、先輩が「上司もいないし、金曜日だからどうぞ、どうぞ!」と言ってくださったので、お言葉に甘えて、ワインをチョイスしちゃいました(笑)。
焼肉だからでしょうか、白か赤か選択はなく、グラスの赤ワインが運ばれてきました。
渋みがほとんどなく、ほんのり甘めでとても美味しかったです。

なお、こちらのお店では、ランチタイム(午前11時30分から午後5時)はアルコールが半額になるというとってもお得なサービスをしています。

2010_0117画像0024
しばし待って、サラダ、小鉢、ライス、スープが登場です。


ライス
2010_0117画像0027
ライスは小さな器にこんもりと盛られ、白ゴマがトッピングされていました。


スープ
2010_0117画像0028
スープはソルロンタンのように少し白濁していて、たっぷりのワカメと長ネギが入っていました。
深いコクがあってとっても美味しく、ボリュームもたっぷりです。

2010_0117画像0022
私の注文したメニューには、なんと9種類もの小皿がつきます。
1種類ずつ小皿に盛ってあるので、ずらーっと3列に並ぶ姿はかなり壮観でした。
テーブルがとても広いので、ちゃんと置くことができます。

2010_0117画像0040
焼肉のタレ
ピンぼけしてしまって、すみません(汗)。


サラダ
2010_0117画像0047
サラダは葉物がたっぷりと盛られ、ドレッシングがかかっていました。
ドレッシングがかかっていなかったら、お肉を巻いて食べれたかも?

2010_0117画像0029
にんにくの芽の醤油漬け?
しっかりと中まで味がしみ込んでいて、歯応えがありました。

2010_0117画像0030
白菜キムチ
それ程辛くなかったです。

2010_0117画像0031
キュウリの浅漬け?
すごくさっぱりとしていて、とてもいい口直しになりました。

2010_0117画像0034
ほうれん草のナムル
白ゴマがトッピングされています。

2010_0117画像0035
豆モヤシのナムル

2010_0117画像0036
ぜんまいのナムル

2010_0117画像0037
大根のナムル
辛くはなくて、さっぱり味でした。

2010_0117画像0038
お豆腐
お醤油(タレ?)が最初からかかっていました。

2010_0117画像0041
カクテキ


山星特選焼肉御膳W (2,200円)
2010_0117画像0043
お肉が登場し、これでようやく全部のメニューが揃いました。
ランチとは思えない、超ゴージャス!!

2010_0117画像0044
白いお皿に整然と並べられたお肉は、1列1人前7枚で合計14枚もありました。

2010_0117画像0045
たっぷりとサシが入っていて、うーん、とっても美味しそう!

2010_0117画像0046
お肉にはお花とシシトウ2個が添えられていました。


山星焼肉御膳 (1,000円)
2010_0117画像0026
先輩は、メニューを比較してみようということで、お肉は特選ではなく、かつ、ダブルでもない、シングルの「山星焼肉御膳」を注文してみました。

2010_0117画像0023
こちらのメニューは小鉢が3種類。
さらにサラダもつくので、普通に見ればなかなかなのものですが、私のメニューに比べてしまうととても寂しく見えます(笑)。

2010_0117画像0025
特選のお肉に比べると、サシの入り方がだいぶ違うのがわかります。
1人前ですが、ボリュームはたっぷり。

2010_0117画像0051
早速焼きます!
網の上にお肉を置いてみると、先輩のお肉と形が違うのもわかりました。
奥が普通のお肉で、手前が特選のお肉です。

2010_0117画像0052
お肉はとても柔らかく、脂がトロトロととろけてとっても美味しい!
先輩と一枚ずつお肉を交換してみましたが、先輩のお肉はしっかりと噛み締めるタイプでした。


デザート[杏仁豆腐]
2010_0117画像0053
お店手作りの杏仁豆腐は濃厚かつ滑らかで、とっても美味しかったです。

2010_0117画像0054
お料理を食べ終えたあと、冷たいお茶を出してくださいました。

2010_0117画像0058
精算しているときに、お口直しのガムをいただきました。
韓国料理屋さんや焼肉屋さんでよくいただくロッテガムです。


お料理を食べている途中、男性店員さんが二度も「ご飯のお替わりはいかがですか?」と聞いて下さりました。人当たりが良く、気持ちの良いサービスです。

お肉を焼いて食べるのに忙しく、ワインも小鉢もついつい忘れがちになるほどで、とにかくおなかいっぱい、大満足でした。ちょっとした贅沢にはもってこいです。

この近辺は焼肉ランチができるお店が少ないので、雰囲気もサービスもいいこちらのお店がランチを始めてくれたのはとても嬉しいです。
上司がお肉!と言い出したら、このお店を勧めてみようと思いました。


ランチメニューです↓
2010_0117画像0006

2010_0117画像0007

2010_0117画像0008

2010_0117画像0009

2010_0117画像0010

2010_0117画像0011

2010_0117画像0001

2010_0117画像0002

2010_0117画像0003


2010年1月15日訪問時お店DATA
****************************
炭火焼肉 山星 四谷一丁目店 (さんせい)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-23-14 第2菊重ビル2階
電話&FAX 03-3356-8333
営業時間 
[平 日] 11:30~14:00  16:00~26:00  
[土日祝] 11:00~26:00  
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/02 09:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(3) |
レストラン海斗グループ TOKYO和食ダイニング立花&築地鈴富コラボレーション
2010_0114画像0065
2010年1月14日、上司は午前中に外出していたので、事務所に戻る時間にあわせて、お弁当をとることにしました。事後承諾です(笑)。
以前、「出前館」の中の「レストラン海斗グループ TOKYO和食ダイニング立花&築地鈴富コラボレーション」というお店にオーダーを入れたら、何故かお店都合のキャンセルになってしまったので、リベンジです。

2010_0114画像0049
11時23分にオーダーを入れたところ、待ち時間は40分で、到着予定時刻は12時3分でした。
配達が遅れる場合にはお店から直接電話が入るので、その時の連絡先を登録電話番号ではなく事務所にしていただくよう備考欄に書き込んでおきましたが、気付いてもらえなかったようで登録の電話番号にかかってきていました(汗)。
この日は10分ちょっと遅れてお料理が到着。

2010_0114画像0050
出前館クーポンでお茶を1本サービスしてもらいました。
寒い日でしたが、上司は冷たいお茶の方がいいというので上司にあげちゃいました(笑)。

2010_0114画像0051
配達の方は、お店の方針なのか何故かスーツ姿だったので、最初玄関に出たとき、お届けではなく、何かの営業の人かと思っちゃいました(笑)。
この日は領収書を忘れてしまい、後日すぐ、郵送で丁寧な謝罪のお手紙と共に届きました。

2010_0114画像0052
「出前館」でのこちらのお店のメニューを見ると、キャンペーンで幾つかの商品がお得な価格になっていて、中には半額近いものもあります。値引率は少しずつ変わっているようですが、私が知っている限りでは2009年後半からずっと続いているので、事実上値下げしている状態です。

2010_0114画像0065
うちの事務所のような少人数だと、このお店に注文するのに一番のネックは最低注文金額が4,000円ということ。せっかくのキャンペーンががむしろ仇になり、たくさんのメニューを購入することになりました。
この記事を書いていて気付いたのですが、現在では3,500円に下がったようです。

2010_0114画像0057
お肉の焼き加減はウェルダンでなまものが苦手な上司のために、人気メニューでランキング上位に入っている「まぐろ生姜焼き丼」を注文してみました。


まぐろ生姜焼き丼 (900円)
2010_0114画像0058
案の定、上司は何故かお魚だというのに「マグロ炙り丼」の鮮やかなピンク色に恐れをなし、しっかり火が通っている「まぐろ生姜焼き丼」をチョイス(笑)。
マグロの隙間からご飯が見えちゃうのがちょっと寂しいです(汗)。

2010_0114画像0055
お寿司やお刺身などのお魚をメインとするこのラインナップの中で、突如ロシア料理の「ペルメーニ」が出てくるのかとても不思議ですが、面白そうなので注文してみました。


ロスキー ペルメーニ [1人前6個] (500円)
2010_0114画像0059
ペルメーニは、お値段がお高いだけあって大ぶりなものが6個入っていて、キャベツの千切りとスライスキュウリ、それにたっぷりのマヨネーズが添えられていました。

2010_0114画像0060
まだほんのりと温かく、中に詰められたお肉は下味がしっかりとついていて美味しかったです。

2010_0114画像0071
ペルメーニはそのままorお醤油をつけていただきましたが、あまりにマヨネーズがたっぷりとあったので、マヨネーズをつけるべきだったのかな?!

2010_0114画像0054
配達最低金額になかなかならなかったので、苦し紛れに注文した一品。
「ペルメーニ」と同じく、他のメニューを考えるとかなり浮いています。


まぐろ富士宮焼きそば (680円)
2010_0114画像0061
焼きそばはタマネギと一緒に炒めてあり、紅ショウガが添えられていました。
マグロがどこに入っていたのか、確認できず(汗)。

2010_0114画像0062
焼きそばの麺は、最後に食べたせいもあってかなりほぐれにくくなっていましたが、麺のコシがしっかりとあって、味付けも美味しかったです。

2010_0114画像0072
苦し紛れに注文した一品でしたが、麺がとても美味しく、先輩はかなり気に入っていました。

2010_0114画像0053
私は奮発して、お高めな金額設定の「カマトロしゃぶしゃぶ丼」を注文。


カマトロしゃぶしゃぶ丼 (2,000円→1,680円)
2010_0114画像0067
ご飯の上にはまだほんのりとピンク色の残っているカマトロのしゃぶしゃぶがみっちりと敷き詰められていて、卵焼きとガリが添えられていました。

2010_0114画像0070
卵焼きの味付けは、メモも記憶もなく、よくわかりません(汗)。

2010_0114画像0068
カマトロは表面がツヤツヤと脂で光り、一口食べてみるとさっぱり系の人は厳しいかもと思うぐらい脂がのっていて、口の中でとろけます。

2010_0114画像0069
それなりの数のカマトロととろける脂のおかげで、結構おなかにたまりました。
ご飯はそれ程多くありません。

2010_0114画像0056
先輩は「マグロ炙り丼」を注文。


マグロ炙り丼 (1,800円→980円)
2010_0114画像0063
副菜は私のものと全く同じです。
周りだけを炙り、中はまだレアでとても鮮やかで艶やかな赤色のマグロがぎっしりと敷き詰められていて、ちょっと羨ましかったです(笑)。

2010_0114画像0064
先輩から一切れいただいたところ、旨みがしっかりあって美味しかったです。


出前館に掲載されているメニュー写真が小さかったり不鮮明だったりとちょっとイマイチだったので、恐る恐る注文してみたお店でしたが、どれも美味しかったです。最低購入価格が3,500円に下がったようなので、またぜひ違うメニューを食べてみたいと思います。


2010年1月14日注文時お店DATA
****************************************
レストラン海斗グループ TOKYO和食ダイニング立花&築地鈴富コラボレーション
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-21 OK司ビルB1
ネット受付時間 9:00~20:30 
定休日 なし
配達最低金額 税込3,500円以上

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/06/01 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる