【撤退】 移動販売 日和亭  @市ヶ谷/麹町
今日は、2010年9月6日から毎週月曜日に来るようになった「移動販売 日和亭(ひよりてい)」について新店レポートします。

DSCF0352.jpg
2010年9月13日は週の始まりの月曜日。
上司が不在で外へランチを食べに出ることも出来たのですが、大好きだった「泉州屋台」さんが南青山にご栄転されたあと、新たなパスタ料理の屋台が来ると聞いていたので、あえてお弁当にしました。

DSCF0344.jpg
12時過ぎに出かけてみると、既に4人ほど並んでいました。
車はとても鮮やかな深い青に塗られ、黄緑色のサイの絵が描かれていて、とってもキュート!

DSCF0335.jpg
移動販売のワゴン車が止まる場所は、日本大学大学院から四ッ谷駅方面に向かって2つ目ぐらいのビルの前です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、最初の交差点を右に曲がります。
「五番町 祭り屋 ステーキハウス」と「やきとり 串八珍 市ヶ谷別館」を越えたもう少し先です。

この場所には、ほぼ日替わりで移動販売の車がやってきます。
月曜日 日和亭Ricky LoLo
火曜日 WajiWaji LuncH
水曜日 サファリカレー
木曜日 BERO KITCHEN
金曜日 サファリカレー

DSCF0336.jpg
車の前の道路には、手作りでしょうか、ちょこんと小さい木の看板が置かれています。

本当は初めて「日和亭」が来た1週間前の2010年9月6日に買いに来たかったのですが、この日は2008年2月27日2009年10月15日に訪問した「レストラン エフ」がリニューアルオープンで特別価格になっていたのでそちらに行ってしまいました(笑)。

DSCF0343.jpg
車のサイドはこんな感じです。
小さな棚になっていて、メニューと一緒にお店のマスコット(?)のサイが飾られていました。
少し隙間があるので、店主さんが調理をしている様子がちらっと見えます。
後で店主さんとお話ししたら、この隙間から入ってくる風のおかげで暑さを何とかしのげるとのことでした。

DSCF0338.jpg
この日のメニューはこちらです。
600円が1種類、650円が2種類で、合計3種類。
650円で2種盛りできるというお得なハーフ&ハーフもあります。
ライスは大盛り無料です。

DSCF0337.jpg
トッピングはすりたてパルジャミーノ・レッジャーノ、温泉たまご、オリーブがそれぞれ50円です。
タバスコは無料でいただけます。
この日はお願いするのを忘れてしまい、残念。

DSCF0341.jpg
メニューの下の台に、マスコットキャラクターのサイ君と共にお箸とスプーンが置かれています。
セルフサービスです。

DSCF0339_20100929052841.jpg
この日のメニューの香草チキンです。

お弁当を作っていただいている間、店長さんとたくさんおしゃべりしました。
以前イタリアンで働いていたのでパスタソースにはちょっと自信があり、せっかくならちょっと変わった面白いメニューをと思って、ご飯に合わせたスタイルにしたそうです。
てっきり「ベロキッチン」と同じような感じかと思っていましたが、意外なお料理で期待が高まります。
まだ屋台を始めて2日目とのことでした。
「泉州屋台」の店主さんとも仲良しで、この場所を譲って(?)いただいただそうです。
とても気さくな店長さんでブログもやっています。
メニューが出ているので、月曜日は要チェックです!

DSCF0340.jpg
これはアラビアータかボロネーゼか、よく見ていなかったのでわかりません(汗)。

せっかくなので、豪華にすりたてパルジャミーノレッジャーノのトッピングもお願いしちゃいました。
チーズは、目の前で塊のチーズをすり下ろしてくれます。

DSCF0345.jpg
列が進んで自分が購入する番が近づいた時に、先輩に電話してメニューをチョイスしてもらったのですが、盛り合わせがあったので、絶対こっちの方が喜ぶだろうと思い、二人とも盛り合わせにしちゃいました(笑)。
香草チキンをメインにし、もう1種類の組み合わせを変えて2種類のお弁当を購入。

DSCF0346.jpg
買いに行ったご褒美に、お弁当をチョイスさせていただき、私はカルボナーラの組み合わせの方をいただきました。
カルボナーラには温泉卵がついていますが、そのままコロンと容器の上にのせられています。


2種盛り(ハーフ&ハーフ)[カルボナーラ&香草チキンのアラビアータ] (650円)
トッピング すりたてパルジャミーノ・レッジャーノ (50円)
DSCF0348.jpg
お弁当は、左側にカルボナーラ、右側にご飯が盛られ、その左にサラダが添えられ、その右にチキンがのせられています。

DSCF0350.jpg
カルボナーラは、しっかりとコクがあるのにとてもミルキーでさっぱりした味わいで、すっごく美味しい!
ワンランク上のクリームシチューという感じで、ご飯にとってもあいました。

DSCF0351.jpg
サラダはキャベツやシメジなどのピクルスで、ほとんど塩味がなくてさっぱりとしていますが、クミンが使われていてちょっと個性的な味わいでした。

DSCF0349.jpg
鶏肉はふっくら柔らかです。
アラビアータはとてもトマトの風味と酸味がありましたが、ご飯との相性もよかったです。

DSCF0357.jpg
2種盛り合わせなのに単品メニューと同じ650円なので、てっきりカルボナーラの温泉卵はついていないかと思いましたが、ついていました。
盛り合わせが単品の一番お高いメニューと同料金というのはとってもお得です。

DSCF0358.jpg
不器用なので、温泉卵を割るのに一苦労(汗)。

DSCF0359.jpg
温泉卵を絡めると一段と味わいが変わって楽しめました。

DSCF0347_20100929050359.jpg
先輩のお弁当は香草チキンは同じですが、ボロネーゼとの組み合わせです。


2種盛り(ハーフ&ハーフ)[ボロネーゼ&香草チキンのアラビアータ] (650円)
トッピング すりたてパルジャミーノ・レッジャーノ (50円)
DSCF0353.jpg
ボロネーゼはお肉のコクがあって美味しかったとのこと。

DSCF0354.jpg
すりたてパルジャミーノ・レッジャーノがたっぷりとのっているのがわかります。
先輩もこのお店のお弁当がとても気に入っていました。


全体的なボリュームは普通なので、たくさん食べたい人はご飯を大盛りにするといいと思います。
パスタソースをご飯に合わせて食べるのは全く違和感なく美味しかったですが、この日の先輩と私の一番のお気入りはカルボナーラでした。

ブログを拝見する限りではメニューはまだ少なそうですが、お値段もお安く、これまでにないメニューなので、これから月曜日がとても楽しみです。


2010年9月13日購入時お店DATA
*******************************
移動販売 日和亭 (ひよりてい)
場 所 日本大学大学院前
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
地下鉄麹町駅から徒歩2分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/30 09:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 中国小皿料理 香港食市場 三番町店  @市ヶ谷
2014年6月6日追記

「香港食市場」は、2011年9月頃に「中国料理 王府井 三番町店」へリニューアルオープンし、2011年10月7日2012年2月3日にランチ訪問しました。

DSCF5790_20121123082910.jpg
2014年5月14日、お店の前を通りかかったところ、閉店の貼り紙が出ていました。

DSCF5376 (480x360)
平成26年4月25日に閉店したとのこと。
最近はちょっとご無沙汰していましたが、前身の「香港食市場」の時代からたまに来ていたし、いつも混んでいたのでビックリでした。

**************************************

昨日はお昼前後にすごい雷雨でビックリしました。
今朝は久しぶりにいいお天気で、気温も上がりつつあり、ワクワクします!

2010_0402画像0087
2010年4月1日は上司が午後から市ヶ谷方面に仕事へ出かけるため、その行きがけに一緒に外でランチを食べることになりました。
向かった先は2010年3月5日に訪問した中国小皿料理 香港食市場(ほんこんしょくいちば) 三番町店」です。
中華好きな上司が気に入ったので、約1ヶ月ぶりに再訪することになりました。

2010_0402画像0102
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に進んで一つ目の東郷公園入口交差点を右に曲がり、三つ目の角の二七通りに出たら左に曲がります。少し行った右手の丸井第一ビルに店舗があります。

2010_0305画像0027
「香港食市場」は、ここの他に神保町、浜松町、江戸川橋、新川などの支店だけでなく、店名の違う姉妹店もあるようで、なかなか大きなチェーン店のようです。

2010_0402画像0099
お店の入口はとても小さな扉です。
すぐ左側にその日の日替りのサービス定食5種類が大きな黒板に書かれています。

日替わりメニューは、私がわかった限りではこの場所と階段で2階に上がってきてすぐのところにある黒板に書かれているだけで、卓上のメニューには記載がなく、店員さんも忙しそうで気軽に聞く雰囲気ではないので、ここでよくチェックしておくことオススメします。

2010_0402画像0100
黒板の下にお料理サンプルが並られているのでどんなお料理が食べられるのか、とてもわかりやすいです。
ライスのお替わりは一杯無料です。
前回はスープのおかわりが無料でしたが、やめちゃったようです。

2010_0402画像0097
店内は幅は狭くて奥に広がっていて、テーブル席がたくさん並んでいます。
こちらのお店はなんと3階まであって、お客さんが狭い階段を上り下りします。

2010_0402画像0098
中華料理屋さんらしい華やかなものがいろいろ飾られていますが、建物そのものはかなり年季が入っていて、ちょっと薄暗い感じです。

2010_0305画像0011
壁には夜のメニューが貼り出されています。

2010_0305画像0009
午後1時15分からの仕事だというのに午前中の仕事が押してしまい、お店に到着したのが12時45分ぐらいでした(汗)。
こんなに遅い時間なのに1階は満席で、2階席に通されました。人気の程がうかがえます。
私たちは一番奥の左端にあるテーブル席に着席。

2010_0305画像0010
卓上にはキムチが置かれていました。
お店の入口にあるメニューボードに書かれた漬物とはこれのことでしょうか?

2010_0305画像0001
ランチメニューです。
セットを注文すると、麺類にはミニチャーハン、ご飯ものにはミニラーメンがつきます。

2010_0305画像0003
表側の写真入りのものだけで、麺系が12種類、ご飯系が3種類がありました。
お値段は単品だと500円から850円、セットだと650円から950円と、かなりお手頃です。

2010_0305画像0004
裏にもたくさんのメニューがありました。
「トマトラーメン」がとても気になります。

2階は中国人(?)の女性店員さんお一人で切り盛りしているので、とっても忙しそうでした。
厨房とのやりとりなのか、中国語が響き渡ります。

2010_0305画像0006
「バンバジ」という表記がかわいい。

2010_0305画像0008
全部で15種類物メニューがありました。
何を食べようか、かなり迷います(汗)。

中華料理だから早くお料理が出てくるだろうと期待していたのですが、4月1日というシチュエーションのせいか大勢でやって来ているグループが多く、お料理がなかなか出てきません。
しかも、上司は自宅に忘れ、先輩と私は事務所に忘れて、全員誰も携帯電話を持っていないという状態(汗)で、部屋には時計がなくて時間がわからず、かなり焦りました。
最初に上司の注文したC定食が出てきて一安心。すぐに食べ始めました。


牛モツピリ辛そばセット (950円)
2010_0402画像0077
私は辛い麺のメニューがとても気になり、担々麺かピリ辛牛モツ煮ラーメンのどちらかにしようかすごく悩みました。店員さんに「どちらが辛いですか?」と聞いてみたら、あまり差がないのか、結構困った顔をされてしまいました(汗)。
最終的には「牛モツピリ辛そばお方が辛い。」と言われたので、こちらをチョイス。
あと、せっかくなので、半チャーハンのセットでお願いしました。

2010_0402画像0078
ミニチャーハンは小さめの平たいお皿にこんもりと盛られていて、結構量がありました。

2010_0402画像0079
お米はパラパラで、ちょうど良い塩加減で美味しい。
スイートコーンが入っているのが珍しく、噛み締めると「ぷにっ」と甘かったです。

2010_0402画像0080
牛モツピリ辛そばは、大きな器に真っ赤なスープが並々と入っていて、かなり美味しそう!

2010_0402画像0081
トッピングにはたっぷりのキャベツ、ニンジン、黒キクラゲなどが入っていました。

2010_0402画像0084
まずはスープを一口。
程よいコクがあり、じんわりと辛さがしみわたり、後からじわじわと身体が熱くなってきます。
個人的にかなり美味しくて気に入ったので、先輩にもおすそ分け。
先輩も「美味しい!」と同意してくれました。

2010_0402画像0095
少し縮れたやや黄色っぽい細麺は、器の端っこに固まっていました(汗)。
えっさえっさとほぐしてみると、麺のボリュームはかなりありました。

2010_0402画像0096
牛モツも、ハチノスぐらいしか見分けがつきませんが、いろいろな部位がたっぷりと入っていてどれも柔らかく、ボリューム満点でした。


天津丼[ワンタンスープ付き] (800円)
2010_0402画像0086
先輩は、前回来た時に本当は天津飯が食べたかったのにC定食の豪華さに目を奪われ、天津飯を食べず終いだったので、今回こそはリベンジ!ということで、こちらを注文。
パッと見それほどボリュームがあるようには見えませんでしたが、ご飯がぎゅーっと押し潰してあり、しかも高さがあって立体的だったので、かなりボリューミーだったとのことです。


950円かかりましたが、ボリュームを考えたらCPはよかったです。
スープが美味しいのでなるべく残さないように飲んじゃったのでおなかが苦しく、しかも身体がかなり火照りました。

上司は時間が押していたので先にお店を出てしまったので、先輩と私はゆっくり出来ました(笑)。
上司が気に入ったこともあり、これからも何度も来るチャンスがありそうでとても嬉しいです。
次回はぜひ担々麺を食べてみたいです。


2010年4月1日訪問時お店DATA
*******************************
中国小皿料理 香港食市場 三番町店 (ほんこんしょくいちば) 
〒102-0075
東京都千代田区三番町18-3 丸井第一ビル
TEL 03-3263-8766
営業時間 11:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 年中無休
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/29 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
炭火焼干物食堂 越後屋 五郎兵衛  @四谷
昨日は久しぶりに定期を忘れてしまい、夜出かける予定もあったので、
都区内フリー切符で一日過ごした私でした(汗)。

************************************

2010_0402画像0020
2010年3月31日は3月最後のランチ。
上司が「外へ食べに行こう。」と誘ってくれたので四谷方面に向かって歩いていたら、「最近、どこか良いお店はないか?」と聞かれました。突然のことでなかなか思いつかなくて焦りましたが、焼肉好きの上司にぴったり!と2010年1月15日に訪問した「炭火焼肉 山星 四谷一丁目店」を勧めてみたのですが、今ひとつ乗り気にならず。残念。
「炭火焼干物食堂 越後屋 五郎兵衛(えちごや ごろうべえ)」を挙げたら、まあまあの感触だったので、行ってみることにしました。

2008_0922画像0003
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、一番奥に近い右手に店舗があります。
お店の入口の向かって右側が焼き場になっていて、昼時ともなるともくもくと煙が立ち上り、お魚を焼く良い匂いが辺り一杯に立ちこめています。

2008_0922画像0025
市ヶ谷経済新聞の記事によりますと、越後屋という屋号に加えた「五郎兵衛」は、四谷のことなら『よつや五郎兵衛』に聞けといわれていたという人物から付けたそうです。

2009_1023画像0151
前会計なので、入口のすぐ横にあるレジで定食をオーダーしてお金を払います。

2008_0922画像0024
こちらは古い写真です。
店頭の焼き場の横に置いてあるお魚たちは、干物とは思えないほどツヤツヤと光っていて、身も厚く、とっても美味しそう♪

2009_1023画像0168
焼き場はこんな感じです。

2008年8月18日にオープンしたこちらのお店には、新橋、浜松町、銀座にも支店があるそうです。以前、築地から銀座に向かって歩いている時、銀座支店(?)を見つけました。

2009_1023画像0169
こちらも古い写真です。
上を見上げると魚がぶら下がっています。自家製?!

2008_0922画像0023
店内は古民家風のシンプルな内装で、入ってすぐ右手に右側に4人掛けのカウンターとして4人分のイスがありましたが、かなり幅がきつそうで、多分、男性だと3人しか座れないと思います。

2009_1023画像0167
店内の左側と奥にはテーブル席がぎっしりと詰めてあり、やや窮屈な感じです。
席は相席になります。
テーブルの奥に座るためには手前の方に席を立っていただかないと入ることが出来ません。
お店の方でさえ、食器を下げるときでもあちこちぶつかっていました(笑)。

2009_1023画像0150
カウンターの横の壁には、夜のメニューが出ています。

2009_1023画像0123
お昼近くの入店だったせいか、お店は6割程の人の入りでした。
席間があまりないお店なので大きな身体の大きな上司には少々窮屈だと思い、混雑していたらどうしようと心配でしたが、杞憂に終わりました(笑)。
左手中程のテーブル席に着席。

2009_1023画像0149
こちらは古い写真です。
お料理のオーダーをすると、一人一つずつ将棋の駒をいただきます。

2009_1023画像0121
前回訪問したのが2009年10月23日だったので、約5ヶ月ぶりです。

2009_1023画像0148
いつもは店員さんが厨房に1名、フロアに1名いたと思うのですが、この日は何故か一人しかいらっしゃらず、かなり忙しそうでした。

2010_0402画像0004
お料理が出てくるのを待っていると、部屋中に煙が立ちこめ、白っぽく霞んでいます。
写真でわかるでしょうか?
煙の感じ方には個人差があるようで、私は「煙いな~。」ぐらいでしたが、他のテーブルからは「すごいな!」という声が上がっていたり、我らが上司は目から涙を流していました(笑)。
だいぶ時間が経ってから、ブーンという機械音が聞こえてきて煙が引いていったので、恐らく店員さんが忙しくて、換気扇のスイッチを入れ忘れていたのでしょうか。

2010_0402画像0001
ランチメニューです。
お魚の干物をメインとしたランチメニューは種類がたくさんあってとても悩ましい。

2010_0402画像0002
お魚系の定食だけで18種類、お値段は680円から1,280円です。

2010_0402画像0003
「干物食堂」とありますが、お肉系の定食も730円から980円のお値段で4種類あります。

2009_1023画像0122
本当は、金目鯛の特大半身定食を食べたかったのですが、上司がさんまの味醂干しという渋い選択をしていたので、断念。「羅臼産」という赤字に惹かれ、時知らず炭火焼き定食を注文しました。


羅臼産時知らず炭火焼き定食 (880円)
2010_0402画像0006
お一人でやっているから時間がかかるようで、お料理が出てくるまで少々待ちました。
特に、上司の頼んだサンマの味醂干しは先に焼き上がっていたのに、先輩と私のメニューが出来上がるまでそのままカウンターの上に置かれたままだったのがやや哀れ(泣)。

定食は、焼き魚、薬味2種、お味噌汁とご飯の組み合わせです。

2010_0402画像0011
薬味は2種類あり、生姜の甘酢漬けと大根おろしです。

2010_0402画像0014
干物のお供の定番、大根おろし。

2010_0402画像0022
お醤油を少しかけていただきました。

2010_0402画像0013
干物の薬味に生姜の甘酢漬けを添えるというのは、個人的に珍しい組み合わせです。

2010_0402画像0017
お味噌汁には油揚げとネギが入っていました。

2010_0402画像0008
ご飯は確か、少なめをお願いするのを忘れたので普通盛りだと思います。
この日はお魚が小さいうえにご飯の量がとても多かったので、ご飯を食べるのに苦労しました。
個人的には生姜の甘酢漬けだとあまりご飯が進みません。
大根おろしをちょびちょびと食べながら、どうにか完食しました(汗)。

2010_0402画像0015
こちらのお店ではいつもお魚とは思えないぐらいボリューム感のあるメニューばかり食べていたせいか、時知らずはこぢんまりとしたサイズで、ちょっぴり残念。

2010_0402画像0016
脂はしっかりとのっていますが、後味はとてもさっぱりとしていました。


まぐろのとろすじ炙り定食 (880円)
2010_0402画像0018
先輩は、私が2008年9月16日に食べたまぐろのとろすじ炙り定食を注文。

2010_0402画像0021
写真がブレブレですみません(汗)。
ボリュームたっぷりで美味しかったそうで、先輩は大満足でした。


時知らずは味は美味しかったですがボリューム的にやや不満だったことから、選んだメニューで満足感がだいぶ違うというのを痛感。
次回の訪問ではメニュー選びをしっかりしなければ!と心に決めました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 まぐろのとろすじ炙り定食  (2008年9月16日
 トロニシン定食 (2009年10月23日
 羅臼産時知らず炭火焼き定食 (2010年3月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


こちらがメニューです↓
2009_1023画像0139

2009_1023画像0140

2009_1023画像0141

2009_1023画像0142

2009_1023画像0143

2009_1023画像0144

2009_1023画像0136

2009_1023画像0137

2009_1023画像0138

2009_1023画像0133

2009_1023画像0134

2009_1023画像0135


2010年3月31日訪問時お店DATA
*******************************
炭火焼干物食堂 越後屋 五郎兵衛  (ごろうべえ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20-1 第2岩井ビル1階
TEL (1階・店舗) 03-5360-8995  (4階・事務所)03-5848-4512
FAX (1階・店舗) 03-5360-8996  (4階・事務所)03-5848-4513
営業時間  
[昼]11:00~15:00  
[夜]17:00~23:30
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2010/09/28 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(7) |
番町 松月庵  @麹町
月曜日から冷たい雨が降り、やや残念な週の始まりですが、
今週もまた仕事にランチにがんばります☆

**********************************

2010_0330画像0133
2010年3月30日、扁桃炎にかかった先輩がようやく固形物を食べられるようになりました。
先輩から「長寿韓酒房」のサムゲタンを食べたいというリクエストが出ていたので、お昼に向けて外へ出かける準備をしていたら、12時3分前に上司から電話が入り、「カツ丼を頼んでおいてくれ。」と一言。
よくあることとはいえ、この日はかなり残念でした(泣)。
12時ジャストぐらいに「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備し、上司はため込んであった割り箸を使うので、新たな割り箸はいただかないようにしています。最近は配達の方に我が事務所はお箸不要だと覚えていただき、せっかく持ってきた割り箸をそのまま持ち帰っていただく、というのも少なくなりました。

2010_0330画像0130
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

電話での注文からわずか15分ぐらいで配達してくださいました。いつも早くてとても助かります。

2010_0330画像0132
お新香や薬味にかぶせてある紙が、レンゲ包みにも使われていました。

前回出前をお願いしたのは2010年3月9日だったので、3週間ぶりです。


モヤシソバ (730円)
2010_0330画像0136
私はあまり食べていなかった中華そばメニューの中から、「モヤシ」を注文。

2010_0330画像0137
中華そばはお蕎麦より器が一回り大きく、見るからにたっぷりとした量です。
たっぷりのモヤシの他に、豚肉、ニンジン、ニラなども入っていました。

2010_0330画像0139
たっぷりの胡椒がかかっているのは見えるでしょうか?
しっかりとピリピリして、いいアクセントになっています。

2010_0330画像0140
ほぼ透明なスープはさっぱりとしていますが程よいコクがあって美味しいです。

2010_0330画像0141
麺は細めで四角い形をしており、少しざらっとした舌触りです。
お蕎麦に比べてあまりのびていないので、食べやすいです。


天ぷらそば (940円)
2010_0330画像0134
先輩は天ぷらそばを注文。
前週の木曜日のランチで「串八珍」でつくねのスープ煮を食べて以来の久しぶりの固形物だというのに、天ぷら付きです。
さすが先輩!

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2009_0424画像0084
お蕎麦についてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。

2010_0330画像0135
先輩、体調の悪さも忘れて、しっかりと完食。
「久々にお粥以外のものを食べて、本当に美味しかったです~。」と大感激でした(笑)。


たっぷりのスープをほとんど飲み干し、かなりおなか一杯になり、汗をかくほど暑くなりました。
先輩の体調もだいぶ戻ってきて、本当によかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  たぬきそば    (2009年10月20日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦(日本蕎麦)(2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日
(特製品)
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
(中華)
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日
(季節物)
  冷しきつね
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日

  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日
(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
(セット物)
  親子丼セット(もりそば)(2008年3月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2010年3月30日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00-21:00
[土曜] 11:00-19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/27 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(5) |
とんかつ酒彩処 じん家  @四谷/麹町
いきなり気温が15度ぐらい下がり、涼しいというより寒くなりました(汗)。
寒暖差で体調を崩しやすい時期ですので、皆様ご自愛を!

**************************************

2010_0330画像0107
2010年3月29日は週明けの月曜日でした。
前週の木曜日に扁桃炎で倒れた先輩はなかなか抗生物質が効かず、病院に立ち寄って午後からの出社、上司も出張で不在だったので、一人でランチを食べに出ました。
日本工営ビルの地下街「麹町サブロード」で唯一訪問したことのない宿題店「とんかつ酒彩処 じん家(じんや)」に行ってみることにしました。2009年11月20日に一度トライしたのですが、待ちが出ていたので行き先を変えて「麹町 美禄亭」に訪問したので、「今度こそ!」と思い、12時ジャストに事務所に出て早足でお店に向かい、無事入店することが出来ました。

2009_0724画像0035
こちらは古い写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を半蔵門方面に進み、麹町6丁目交差点を少し先に行ったところに日本工営ビルがあります。

2010_0820画像0032
1階には業務用スーパーの「肉のハナマサ 麹町店」が入っています。

2010_0330画像0129
ビルの入口の柱の部分にお店のプレートが出ています。

2010_0819画像0109
日本工営ビルの地下一階は麹町サブロードと呼ばれ、飲食店などの店舗群です。
広い階段を降りて、地下へ。

2010_0819画像0111
麹町サブロードには飲食店が5軒入っていて、全てのお店でランチが出来ます。
このうち、
2008年4月2日に「中国大陸料理 桃李天下」
2009年8月24日に「割烹酒造 祭りや」
2010年8月19日に「にくの匠 京乃」
2010年8月20日に「Cafe,Restaurant,Bar Maccoy」
へ訪問したことがあります。

2010_0330画像0128
階段を降りていく途中の壁に、それぞれのお店のポスター(?)が出ていました。

2010_0330画像0126
階段を降りた正面にイタリアンの店を発見。

2010_0330画像0127
ランチはやっていないのかなぁと思って後から調べたら、閉店していました。
以前通りかかったとき、少しお高いパスタのランチをやっていたお店だったことも思い出しました。
この場所には、その後2010年8月19日に訪問した「にくの匠 京乃」がオープンします。

2010_0330画像0120
地下に降りて一番左の奥にお店があります。

2010_0330画像0124
お店の入口はとても小さいです。

2010_0330画像0121
入口の右手にランチメニューが出ています。
本日のランチは全部で3種類、全て850円です。

2010_0330画像0122
実際のお料理がディスプレイされています。

2010_0330画像0123
とんかつ屋さんなのに、入口に出ていたメニューにはフライはありますがとんかつ系はなし。
卓上に置かれているメニューの数があまりないので、入口であらかじめメニューをしっかり見ることをオススメします。

2010_0330画像0119
店内は右手に大きな厨房があり、その周りをぐるりと取り囲むようにカウンター席があります。
かなり年季の入った造りです。

2010_0330画像0117
店の奥にはひっそりとテレビが置かれています。
入口の小ささからするとお店の中は結構広くて席数があるため、ご夫婦でしょうか、お二人で厨房の中を走り回るような忙しさでした。

2010_0330画像0104
後ろの壁には夜のメニューが掲げられていました。

2010_0330画像0102
私は入って中程の席に着席。
女性の一人客は私以外にもう一人いましたが、あとは全員背広軍団でした。

2010_0330画像0103
卓上のお醤油差しがとってもキュートだったので、記念撮影(笑)。

2010_0330画像0101
ランチメニューは私の席にはなく、おかみさんからオーダーを聞かれてしまったので、入口に置いてあったメニューをぼんやりと思い出して「稲庭うどん」をお願いしました(汗)。
落ち着いてから周りを見渡すと、隣の席にランチメニューがあり、そこにはとんかつ屋さんらしいメニューが並んでいたようで、カツカレーを注文している人が多くて羨ましかったです。
メニューは左隣の人のさらに左側に置かれていたので、結局写真は撮れず終いで残念。


本日のランチ 稲庭うどん 野菜天丼 かつおたたき (850円)
2010_0330画像0105
しばらく待って、お料理が登場。
稲庭うどん、小天丼、小鉢、お新香と、かなりのボリュームにびっくりです。

2010_0330画像0111
お新香は、刻み白菜・刻み昆布・鷹の爪で、小皿にこんもりとなる程盛られています。
さっぱり目のお味でしたが、野菜天丼だったこともあってお新香の出番はあまりなく、食べ切るのが大変でした。

2010_0330画像0112
小鉢には鰹のタタキが3切れも入っていました。

2010_0330画像0113
スライスタマネギと貝割れ大根がトッピングされ、ポン酢でさっぱりといただきました。
この一品だけでもかなりの豪華さです。

2010_0330画像0106
野菜天丼の天ぷらは揚げたて熱々でした。
器は小さくてご飯の盛りも少なめですが、全くご飯が見えない位たくさん天ぷらがのっています。
ナス、シソ、サツマイモ、カボチャなどなどかなりのボリュームで、衣はやや厚い部分もありましたが美味しかったです。

2010_0330画像0107
稲庭うどんには、ナメコ、水菜、長ネギ、ゆば?がトッピングされていて、透き通ったスープに映えて彩りがとってもキレイ。

2010_0330画像0110
水菜は生のままなのでさっぱり。

2010_0330画像0108
うどんのつゆは見た目通り、すっきりとした味わいです。

2010_0330画像0109
ナメコはとても大粒で噛み応えがあり、とっても美味しい。

2010_0330画像0115
食べ進んだら、トッピングの下から豚肉が出てきました。
お肉は柔らか。

2010_0330画像0116
うどんはかために茹でられて、つるつるとしたのど越しが抜群です。
稲庭うどん単品でかなりのボリュームがありました。


このボリュームとお味で850円!
コストパフォーマンスの良さに脱帽です。
帰り道はおなか一杯で苦しくて、先輩が出社出来ずに一人だったら寝てしまっていたかも(笑)。

宿題店だった「じん家」でランチを食べ、麹町サブロードの全店制覇だ!とこの時は喜んでいたのですが、その後お店が二つ入れ替わり、新店紹介のために先にブログで記事をアップしています。
時系列はおかしくなりましたが、これでようやく全店制覇&全店記事アップできて嬉しいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 麹町サブロード全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

中国大陸料理 桃李天下  (2008年4月2日
割烹酒造 祭りや  (2009年8月24日
にくの匠 京乃  (2010年8月19日
Cafe,Restaurant,Bar Maccoy  (2010年8月20日

[閉店]
ビアレストラン 麹町 メルサ  (2009年7月23日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2010年3月29日訪問時お店DATA
*******************************
とんかつ酒彩処 じん家 (じんや)
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-4 日本工営ビルB1F
TEL 03-3262-3070
営業時間 
[平日]11:30~14:00 17:30~23:00 
[土曜]11:30~14:00
定休日 日・祝
地下鉄麹町駅から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/24 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 東京アニス  @四谷
2013年11月11日追記

「カイエホン19」は2012年12月末日に閉店しました。

DSCF5160_2013102010524468a.jpg
跡地には、2013年2月26日に「Organic Dining nic(ニック)」がオープンし、2013年10月11日にランチ訪問しました。

*******************************

2013年10月28日追記

「東京アニス」は2010年9月22日に閉店しました。

DSCF7904_20120409061034.jpg
この場所には、2011年12月19日に「アヒージョとタパスのお店 Callejon19(かいえほん)」がオープンし、2012年3月26日にランチ訪問しています。

**************************************

四谷の三栄通りの奥にある「東京アニス」は、本日2010年9月22日、閉店します。
2010年1月13日、このお店のマスコットであり店名にもなっている犬のアニス君が15歳で永眠。
アニス君のお店だったからと閉店を決め、シェフは飯田橋にある息子さんのお店にうつり、マダムは引退されるそうです。
私はアニス君の声しか聞いたことがなく、姿は写真を見たきりでした。
いつかお店で頭を撫でてあげたいと思っていたのに、本当に残念です。

ちぇぶぞうさんともう1名の方からこの貴重な情報をいただきました。
情報をいただいていなかったら、閉店を知ることなく、最後に訪問することもできなかったので大変感謝しています。
ありがとうございました。

2010_0810画像0028
2010年8月10日は、上司が夏休みだったので先輩と外へランチを食べに出ました。
先輩に「東京アニス」が閉店することを話し、久しぶりに行ってみることにしました。

2008_0519画像0230

JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、ひたすらまっすぐ進みます。
通りももうすぐ終わる辺り、飲食店もほとんどなくなった閑静な場所にお店があります。

2010_0810画像0003
入口の扉のすぐ左側に大きな黒板が置いてあり、この週のメニューが書かれています。

2008_0519画像0209

こちらのお店は、飯田橋にある有名ビストロ「東京パリ食堂」のシェフが、二人の息子さんにお店を譲った後、ご夫婦で開いたお店です。
旦那様がシェフ、奥様がサービスを担当し、お二人で切り盛りしています。

2008_0519画像0201

店内はポップな色合いだけど落ち着いている可愛らしいデザインで、丸や四角のテーブルが並んでいます。
道路に面しているガラス窓から太陽光線が入ってくるので、お天気の良い日に窓際に座るととても気持ちよさそうです。

2008_0519画像0202

壁にはびっしりと書き込まれたボードが掲げてあり、ワインリストになっています。

2010_0810画像0010
カウンター席から厨房を見渡すことが出来ます。
左側にいらっしゃるのはシェフです。

前回訪問したのは2008年5月14日だったので、約2年3ヶ月ぶりです。

2010_0810画像0011
前回はお客さんはあまりいらっしゃらなかったですが、今回は8割ぐらいの席が埋まっていました。
ただ、リーマンというよりは近所の方が多かったように思います。

2010_0810画像0007
最初、右奥のカウンター近くの二人席に通されましたが、マダムが「やっぱりこちらにどうぞ。」と、カウンター近くの四人席に変更して下さいました。シェフを真っ正面から見える、とても良い席です。
濃い緑色のテーブルクロスがとってもオシャレ。

2010_0810画像0008
最初にお水をいただきました。

2010_0810画像0012
店内は喫煙可です。

2010_0810画像0004
こちらのお店最後のランチ。じっくりとメニューを検討しました。
Aメニューは1,260円で、本日のスープと、大皿料理のメインディッシュを4種類の中から1種類選び、本日のデザート、カフェまたは紅茶となっています。

2010_0810画像0005
Bメニューは1,890円で、Aメニューに3~4種類のオードブルの取り合わせがつきます。
スペシャルメニューは3,150円で、Aメニューのメインにフォアグラのポワレ、オードブル、本日の魚料理、本日のデザート、カフェまたは紅茶となっています。

ちなみに、この日の本日の料理はチキンソテーにトマトソース、本日の魚料理はスズキでした。

2010_0810画像0006
アルコールのメニューもありました。

2010_0810画像0009
せっかくなので、奮発してBメニューをお願いしました。
時間が心配だったのでマダムに確認したところ、「早めに対応するので、食べる早さで決まります。」と言われたので、それなら少なくとも私は大丈夫だと思いました(笑)。
お店の時計を見たら12時20分だったので、30分ぐらいでコースを食べなければならない計算でしたが、実はこの時計は結構進んでいたことが事務所に戻ってから気付きました(汗)。

メニューに合わせてカトラリーを調整。
お料理を待ちます。


3~4種類のオードブルの取り合わせ
2010_0810画像0013
まずは前菜が登場!
4種類のオードブルにサラダが添えられています。

2010_0810画像0019
リーフレタスのサラダは、しっかり味のオードブルが多いせいかドレッシングがさっぱり目でした。

2010_0810画像0020
1つ目の前菜はイカのエスカベッシュです。
すっきりと鮮やかな酸味にニンジンのほんのりした甘みがあいまり、夏らしい美味しさ。
イカも程よい弾力でした。

2010_0810画像0015
2つ目の前菜はニンジンのムースです。

2010_0810画像0023
ニンジンの甘みに生クリームのコク、それにほんの少しニンジンの青臭さが混ざり合い、滑らかな舌触りでとっても美味しい。

2010_0810画像0021
3つ目の前菜はキッシュです。
外側はこんがりと焼かれていますが、中は半熟というかフランのようにトロリとしていてちょっとビックリ。
程よい塩気で、ワインが飲みたくなっちゃいました。

2010_0810画像0018
4つ目の前菜は豚のコンフィです。
「このまま手で食べて下さい。」と言われたので、パクパクといただいちゃいました。
しっかりとした塩気でしたが、味わいはサッパリとしていました。

2010_0810画像0022
前菜を食べている途中、銀色のアルミのお皿にのせられたバゲットが出てきました。
パンを食べたのがちょっと遅かったのではっきりわかりませんが、ほんのり温かだったような。
皮も中身も全体的にパリッとしていました。


本日のスープ
2010_0810画像0024
本日のスープはジャガイモのスープにコンソメのジュレが入っていました。

2010_0810画像0025
夏の時期はビシソワーズをよくいただきますが、さらに手が込んでいます。

2010_0810画像0026
スープはそのままいただくと比較的あっさりとした味わいでした。

2010_0810画像0027
コンソメのジュレと一緒に口の中に入れると、旨みも塩気も格段にアップ。


メイン 牛肉のブレゼ ラムラードソース
2010_0810画像0028
メインは牛肉のブレゼ、ラムラードソースをチョイス。
お肉には3種類のお料理が添えられています。

2010_0810画像0029
右側にあるこちらはキノコのフランです。
一見パイ生地のように見えましたが、フルフルの卵を表面だけかためたようなとて柔らかな一品。
優しい味付けでした。

2010_0810画像0031
中央にあるこちらはパスタのサラダ?です。
単に茹でてあるだけではなく、バターでしっかりと焼き付けてあるので、表面がとても香ばしくて中は柔らかで食感の違いを楽しめます。
こういうちょっとした一品でも手をかけて美味しいのがすごいです。

2010_0810画像0030
左側にあるこちらはラタトゥイです。
量は少ないですが、濃厚な味わいでとても美味しかったです。
野菜の色や形は崩れていないのに、濃厚な旨みがしっかりとしみ込んでいて、このまま食べても美味しいですが、パンにのせて食べてもとっても美味しかったです。
夏になると自分でもよく作りますが、いったいどうしてこんなに美味しくできるのか本当に不思議。

2010_0810画像0032
ラムラードソースはマヨネーズソースだそうですが、いわゆる市販のマヨネーズに比べるととても淡白で上品な味わいでした。

2010_0810画像0033
ビストロで牛肉というと煮込み系かステーキ系が多いので、こういうスタイルは珍しかったです。
お肉は基本的に柔らかですが、トロッとした場所もあったのでいろいろな部位が混ざっていたのでしょうか。


デザート
2010_0810画像0034
デザートは2種盛りでした。

2010_0810画像0035
見た目はとってもシンプル。

2010_0810画像0036
アイスはキャラメルのアイスクリームで、キャラメルの甘みがしっかりと利いていました。

2010_0810画像0037
チョコレートケーキは真四角に切ってあるのが、素朴だけど大胆な感じ。
あまり甘くなくて美味しかったです。


カフェ
2010_0810画像0038
飲み物はコーヒーか紅茶から選びますが、二人ともコーヒーをいただきました。

2010_0810画像0039
コーヒーの量はそれ程多くありませんが、甘くて冷たいアイスクリームのあとに温かくて苦いコーヒーをいただくと、ホッと一息つくような満足感がありました。


お会計はテーブル会計です。
残念ながらのんびりしている時間はなかったので、先輩にお会計を任せ、私は一足先に走って事務所に帰りました。
レストランを出るときは1時5分前だったのでかなり焦りましたが、事務所には1時5分に到着。距離を考えると、フロアにかかっていた時計が少し進んでいたような気がします(笑)。

前回食べたときよりもお料理全体がとても美味しく感じられ、メニューのチョイスによってずいぶん印象が変わるんだな~と改めて思いました。
何よりオードブルはどれも外れなく美味しく、Bメニューにして良かったと心から思いました。
最後の最後にこのお店の底力を知り、閉店してしまうのをとても寂しく感じます。


2010年8月10日訪問時お店DATA
****************************
東京アニス 
〒160-0008
東京都新宿区三栄町19 大河ビル1F
TEL&FAX  03-3350-1633
営業時間 12:30~13:30(L.O.)  18:00~20:30(L.O.)   
定休日 月・日・祝
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/22 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(4) |
用心棒  @お茶の水
お天気に恵まれた三連休、みなさま楽しく過ごされたでしょうか?
今日はまたもや猛暑の予想ですが、連休疲れに負けず、今週もがんばりましょう☆

2010_0330画像0073
2010年3月26日、少し残業して帰途についたらたまたま家人の帰りと重なり、金曜日の夜だし、夕飯を作るのも面倒だったので、JRの水道橋駅で途中下車し、ラーメンを食べに行くことにしました。

2010_0330画像0085
水道橋にはたくさんの人気ラーメン店がありますが、神保町の靖国通りのすぐ近くに「ラーメン二郎 神田神保町店」と「用心棒(ようじんぼう)」というお店が隣り合っているので、どちらかには入れるだろうと軽い考えで行ってみたのですが、10人以上行列していた「ラーメン二郎」は既に売り切れ(汗)。「用心棒」は一人しか並んでいなかったので入ることにしました。

2010_0330画像0084
JR総武線水道橋駅の東口を出て、白山通りの右側を靖国通り方面に向かって進みます。
神保町交差点の一つ手前の角で右に曲がり、次の角の左側に店舗があります。
「ラーメン二郎」は道路を挟んだ向かい側で、真っ正面です。
この辺りは飲食店などは少なくて明かりの少ない場所なのにたくさんの人が並んでいます。

2010_0330画像0054
入口のすぐ右手に券売機があるので、メニューをどうしようかと、ふと壁を見上げると、、、

2010_0330画像0055
なんと、このお店は二郎インスパイア系でした。リサーチ不足(汗)。
最近二郎系のお店がたくさん増えていますが、真向かいでの出店というのもあるんですね~。

2010_0330画像0062
お店はとても狭く、右手に厨房とカウンター、左手に窓に向かったカウンター席です。

2010_0330画像0060
窓側には、ど真ん中にお酒などが入った冷蔵庫と給水器が置かれています。

2010_0330画像0056
席は全部で10席しかないそうなので、混雑時は一人ずつバラバラの席になることもあります。

2010_0330画像0061
壁を見上げると、ゴミ袋とガムテープで補修していました。
水漏れでもするのかな?

2010_0330画像0067
しばらく並んでいましたが、右手奥のカウンターが空いたので、並んで着席できました。

2010_0330画像0066
カウンターからは厨房がよく見通せます。
湯気がもうもうと立ちあがっていて、寒い日でしたが、すごく暑そう。
男性店員お二人で切り盛りしていました。

2010_0330画像0068
営業時間はこちらです。

2010_0330画像0070
お水はセルフサービスなので、自分で取りに行きました。

2010_0330画像0058
二郎系はボリュームがすごいことがあるので、初めてなので普通のラーメンを注文。

2010_0330画像0059
連れは豪華に特のせラーメン。


特のせラーメン 野菜マシ (980円)
2010_0330画像0071
連れの特のせラーメンが先に登場。
特のせは、豚2枚、チーズ、味玉がついています。

2010_0330画像0072
豚がぶ厚い!

2010_0330画像0074
チーズはスライスチーズが1枚そのまま入っていました。


ラーメン 野菜マシ ニンニク (680円)
2010_0330画像0073
私のラーメンも続いてすぐに登場。

2010_0330画像0078
器はダブルソーサーになっています。
意外と器の底が浅く、小さいなと思いました。

2010_0330画像0077
出来上がりの直前に店員さんからトッピングについて聞かれます。
野菜マシをお願いしたら店員さんにちょっと驚かれた顔をされたので、どんなボリュームか戦々恐々としましたが、実際に食べてみると、問題なく平らげられました。

2010_0330画像0075
生のにんにくを刻んだものが、こんもりと盛られています。
この日が金曜日でよかった(笑)。

2010_0330画像0076
野菜はほとんどがもやしで、キャベツがちょびっとです。
麺にたどり着くまで食べるのが大変です。

2010_0330画像0079
スープはしっかりとした濃いめの味わいでコクがあって、とっても美味しい!
茹でもやしはこのスープに浸して味をからめながらいただきました。
ただ、スープ単独だとちょっとしょっぱかったです。

2010_0330画像0081
太くて少し縮れた麺は啜るのは難しいものの、程よいかたさで噛み応えがあって美味しかったです。

2010_0330画像0082
連れから味玉を半分恵んでもらいました。
黄身が半熟で美味しい。

2010_0330画像0083
ぶ厚いチャーシューはお肉に味がしっかりしみています。
脂の部分はとろけ、お肉の部分は歯応えがあってとっても美味しい。


ボリュームがやや少な目でしたが、とても美味しく食べられました。
この日はランチが「港家」だったので、二食続けてのラーメンで、ラーオタな私にはとても嬉しい一日となりました(笑)。


2010年3月26日訪問時お店DATA
***********************************
用心棒 (ようじんぼう)
〒101-0051 
東京都千代田区神田神保町2-2-21
TEL 非公開
営業時間 
[平日]11:00~15:00(L.O.14:45)  17:00~22:00(L.O.21:45)  
[土祝]11:00~16:00(L.O.15:45)
定休日 日
地下鉄神保町駅より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/21 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(4) |
【業態変更】 横浜家系ラーメン 港家  @四谷/麹町
2014年11月5日追記

「横浜家系ラーメン 港家」は2014年7月31日に閉店したそうです。

DSCF0661 (480x360)
その後、同じ運営会社の信越食品が2014年8月下旬に「ラーメン イレブン」をオープンし、2014年9月2日にランチ訪問しました

*******************************

急に涼しくなったと思ったら、連日の大雨。
こんな時に限って、遠出する仕事が多かったのには参りました(汗)。
でも、今日一日をがんばれば、明日から3連休!
皆様も、楽しい休日を☆

2010_0330画像0038
2010年3月26日は、先輩が扁桃炎でお休み、上司も不在だったので、一人ランチになりました。
少し前に市ヶ谷経済新聞で麹町近くの新宿通り沿いに新しいラーメン屋さんが出来たと紹介されていたので、ちょうどいいチャンスだと思い、行ってみることにしました。

2010_0330画像0033
お店に向かう途中、JR四ッ谷駅を通ったら、たくさんの消防自動車が!
火事、、、のような感じでもなかったので、一体なんだったんだろう。

2010_0330画像0052
2009年12月21日に新たにオープンしたラーメン屋さんは「横浜家系ラーメン 港家(みなとや)」。
立ち食い蕎麦大手チェーンを展開する信越食品が新たに立ち上げたブランドで、外神田店、入船展に続く3店舗目とのことです。
あまり記憶がないのですが、この場所にはゆで太郎麹町四丁目店があったそうです。

2010_0330画像0053
お店の前にはメニューの看板が出ています。

もう閉店してしまいましたが、2007年5月28日に訪問した「家系らーめん ややや」がこの近くにあったので、久しぶりにこの界隈での家系ラーメンの登場です。

2010_0330画像0051
午前11時から午後11時まで、中休みのない通し営業です。
定休日は日曜日です。

お酒も飲めるようですが、ウーロンハイと生ビールが同じ値段というのは不思議です。

2010_0330画像0049
お店に入ると右と左にそれぞれ券売機が置かれているので、この日は左側の機械で食券を購入。

2010_0330画像0050
麺のかたさ、味つけ、脂の量を好みで選べます。
注文の時に希望を述べるスタイルのようですが、食券を渡すときに店員さんから何も聞かれず、この貼り紙に気付いたのは帰りがけでした(泣)。

2010_0330画像0036
店内はそれ程大きくないですが、新店だけあってシンプルながらも新しくてキレイです。
午前11時から午後2時までは禁煙タイムです。

2010_0330画像0035
お店の奥に厨房があって、その前にカウンター、それ以外はテーブル席が並んでいます。
私が入店した時はカウンターの一番左の端だけ空いていたので、ラッキーでした。
ただ、回転が早いので、少し待てばそれ程待たずに入れると思います。
お客さんは、私以外は全員男性でした。

2010_0330画像0045
自分好みの味にカスタマイズ出来るよう、卓上には豆板醤とおろしにんにくが置かれています。

2010_0330画像0034
まずは基本をいただこうと思い、醤油ラーメンの並を注文。
フロアスタッフの店員さんは外国の方ですが、日本語が拙いながらも丁寧に対応してくれました。


醤油 並 ラーメン ~麺・味・脂 共に普通~ (680円)
2010_0330画像0037
ほとんど待つことなく、お盆にのせられたラーメンが出てきました。

2010_0330画像0038
見た目はまさに「ザ・家系」。
白っぽい豚骨スーぷに太麺が入っていて、ほうれん草、海苔がトッピングされています。

2010_0330画像0039
並でも海苔が3枚もありました。
ただ、私はあまり海苔のありがたさがわからない人なのですが(汗)。

2010_0330画像0041
家系ラーメンお約束の茹でほうれん草です。

2010_0330画像0040
チャーシューはほどほどの大きさと厚みがあり、お肉はやわらかでした。

2010_0330画像0044
スープはクリーミーなしっかり味で、かなり好みです。

2010_0330画像0046
麺は太いストレート麺で、硬めに茹でられていました。
ボリュームは普通です。

2010_0330画像0042
トッピングは味玉ではなく、ウズラの卵でした。

2010_0330画像0047
ウズラの卵をのせるのは、2009年11月3日に訪問した磯子にある「壱六家 総本店」と同じスタイルです。

2010_0330画像0048
ウズラの卵が大好きなので、固ゆででもとっても美味しい。


「ゆで太郎」の会社が経営しているお店とのことだったので、それほど期待していなかったのですが、意外と(失礼!)フツーに美味しくて満足しました。
この界隈ではお値段も安いのもポイントが高いです。


2010年3月26日訪問時お店DATA
****************************
横浜家系ラーメン 港家 (みなとや)
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-4
TEL 非公開
営業時間 11:00~23:00 
定休日 日曜日
地下鉄麹町駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/17 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(8) |
やきとり 串八珍 市ヶ谷別館  @市ヶ谷
2010_0330画像0012
2010年3月25日は上司がお昼時に不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
もう3月の終わりだというのにかなり肌寒い日だったので、先輩の希望で「やきとり 串八珍(くしはっちん) 市ヶ谷別館」へ行くことに。

2009_0905画像0094
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進んで最初の交差点を右に曲がり、建物三つ目のセンタービルの1階に店舗があります。正面はソニーミュージック本社です。

2009_0905画像0095
こちらも以前撮影した写真です。
「やきとり 串八珍」は株式会社豊創ホールディングスが運営する大手居酒屋チェーン店で、都内にたくさんの支店があり、市ヶ谷にも2008年9月17日に訪問した市ヶ谷店があります。

2009_0905画像0046
以前は同じ会社が運営する「鳥珍」という店名でしたが、ブランド統合し、2009年9月1日から「串八珍」に業態変更しました。
前回訪問したのは2010年1月12日だったので、約2ヶ月半ぶりです。

2009_0905画像0047
営業時間は、昼は午前11時30分から午後2時まで、夜は午後5時から午後11時までです。
定休日は土・日・祝です。

2010_0330画像0001
人気のあるお店なので12時ジャストに事務所を出ましたが、もう行列が出来ていました(泣)。

2010_0330画像0002
扉に貼られた店名の「珍」の文字、はがれかけています(笑)。

2009_0905画像0050
お店は外も中も、古民家を再現している凝った造りになっています。

2009_0905画像0052
入口は小さく、通路も狭いですが、奥に向かって店内が広がり、席数は結構あります。
しかも、二人テーブル席、四人テーブル席、お座敷、ちょっと区切った個室など、お部屋のパターンも様々です。

2009_0905画像0051
こちらのお店は前精算なので、まずはお店中央のレジで食券を購入し、店内にあるウェイティング用のイスに座るなどして、席に案内されるのを待ちます。
待っている人数が多くても、席数が多く、回転が早いので、それ程待ちません。

2009_0905画像0058
こちらは古い写真です。
壁には夜のメニューが貼り出されていました。

2010_0330画像0011
店員さんは、ほぼ全員がおばさま軍団です。
いつも忙しく店内を走り回っていますが、お店のキャパの割には人数が少ないようで、食事が終わって後片付けられていないままの席が空いているのを、時折見かけるのが残念です。

2010_0330画像0006
このところずっと二人用テーブル席に案内されていましたが、この日は久しぶりに右手にあるお座敷の一番端の席に通されました。

2010_0330画像0004
メニューは全部で6種類、お値段が690円から980円とお手頃です。
レジで前精算すると、プラスチックの札を渡されます。

2010_0330画像0010
卓上にポットと茶碗が置いてあるので、お茶はセルフで入れます。

2010_0330画像0009
いつもはブログで紹介するために、全メニュー制覇するまでは同じメニューを食べないようにしていますが、久しぶりに大好きなつくねスープをお願いしました。


つくねとたっぷり野菜のスープ煮 ご飯少なめ (690円)
2010_0330画像0015
少々待って、お料理が登場。
メイン、小鉢、お新香、ご飯のセットです。

2010_0330画像0020
おしぼりの袋にはお店の名前がカラーで印刷されています。

2010_0330画像0022
おしぼりだけでなく、お箸袋にも店名が印刷されています。

2010_0330画像0021
しかも、系列チェーンの店名も書かれています。
ここにだけ、「鳥珍」が残っていました(笑)。

2010_0330画像0017
小鉢はヒジキの煮物でした。
甘辛い味付けです。

2010_0330画像0019
お新香は白菜キムチです。
あまり辛くはなくて、サッパリ味でした。

2010_0330画像0016
ご飯は少なめでお願いしました。

2010_0330画像0018
スープには大きな器にたっぷりと盛られ、ボリューム抜群です。

2010_0330画像0027
具材にはたくさんの野菜が入っています。
ニンジンやタマネギ、、、

2010_0330画像0028
キャベツなどがよく煮えていて、とってもやわらか。

2010_0330画像0023
スープは程よい塩加減で、とても身体が温まります。
美味しい!

2010_0330画像0030
メニュー名になっているつくねは、ゴロゴロと入っています。

2010_0330画像0031
程よいやわらかさとと味付けで、美味しかったです。

2010_0330画像0024
つくねだけでなくソーセージも2本入っていて、とっても具だくさんです。
相変わらずボリュームたっぷりで、お値段もお安く、美味しかった!


もう少ししたら暖かくなったらつくねスープを美味しくいただけないと思って注文したのですが、結果的にこの春は異常気象が続き、4月に入って雪は降るは最高気温が10度以下だと、まだまだ温かいスープが恋しかったです(笑)。

先輩もとても美味しく食べていたのですが、この日の午後急に体調を崩して扁桃炎をこじらせてしまい、週が明けるまでほとんど固形物を食べることが出来ず、この食事が最後の晩餐になりました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2010年3月25日) 
国産黒毛牛すき焼き定食 (2009年9月3日
かつカレー定食 (2010年1月12日

[「鳥珍」時代]
つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2007年5月15日) 
具だくさん豚汁定食 (2009年4月13日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のメニューです↓
2010_0330画像0007

2010_0330画像0008

2009_0905画像0074

2009_0905画像0075

2009_0905画像0076

2009_0905画像0077

2009_0905画像0078

2009_0905画像0079

2009_0905画像0080

2009_0905画像0081

2009_0905画像0082

2009_0905画像0083

2009_0905画像0084

2009_0905画像0085

2009_0905画像0086

2009_0905画像0087

2009_0905画像0088

2009_0905画像0089

2009_0905画像0091

2009_0905画像0092

2009_0905画像0093


2010年3月25日訪問時お店DATA
*************************************
やきとり 串八珍 市ヶ谷別館 (くしはっちん)
〒102-0084 
東京都千代田区五番町10-2 センタービル1階
TEL 03-3230-3102
FAX 03-3230-3103
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:00~23:00(L.O. フード 22:15、ドリンク 22:30)
定休日 土・日・祝
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分
都営新宿線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/16 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
レストラン海斗グループ カレー LUNA KAITO  @芝大門
今朝は、とてもキレイな朝焼けが見られ、涼しくて気持ちのよい朝でした。
いよいよ猛暑とはおさらばでしょうか。

*************************************

2010_0324画像0002
2010年3月24日は上司が不在の日だったので、外食するチャンスでしたが、かなりひどい雨が降っている日だったので、出前館でデリバリをお願いすることにしました。

本格的なインド&ネパール料理を楽しめるという「レストラン海斗グループ カレー LUNA KAITO(るな かいと)」が、待ち時間が35分と短かったこともあって、初めて注文してみました。
2010年1月14日にデリバリしていただいた「TOKYO和食ダイニング立花&築地鈴富コラボレーション」と系列店のようです。
到着予定時刻の少し前に「今、虎ノ門を出ました。」という連絡をもらったのですが、その後全然やって来ず、先輩がお店に電話を入れて状況を聞いても、「もう出ています。」と素っ気なく言われただけでした。結局到着したのは電話をもらってから40分後だったので、35分待ちのはずが1時間15分待ちでした。

到着した配達員さんは、豪雨なのに何故かスーツ姿で、保温箱に入っているといえ、床に料理を直置きしてお金などの精算(汗)。「虎ノ門からここまで混んでいたんですか?」と聞いても、特に配達遅れの謝罪もなく「すごい混雑でした。」と言うだけでした。

注文した後に混雑し過ぎているのでキャンセルにされたことはありますが、ほとんどフォローのないまま到着予定時刻の倍以上かかったというのは、今までのデリバリの最高記録です。


サフラン?ライス
2010_0324画像0003
サフランライスだと思うのですが、出前館のメニューには普通のライスしかのっていません(汗)。


ナン (300円)
2010_0324画像0006
ナンはしわしわに折りたたまれていますが、広げてみるとかなり大きいサイズです。


うまくいかない時には重なるようで、ようやく落ち着いてご飯にしようとしたら、届けられたお料理の中に先輩の注文したチキンカレーがないことが判明。
お店に電話してそのことを伝えると「あぁ、じゃあ返金します。」と言われ、少し経ってから同じ配達員さんが戻ってきてお金を返金してくれました。手持ちの小銭がないようで、1,000円札を渡されました。


タンドリーチキン
2010_0324画像0007
このメニューも出前館のメニューから消えていました。
取り扱いがなくなってしまったのでしょうか。


マトンカレー (950円)
2010_0324画像0008
カレーがひとつなかったので、先輩と半分こ。
マトンということもありますが、少し冷めかけていたのでお肉はしっかりと噛む必要がありましたが、ルーはかなり本格的に辛くて美味しかったです。


お料理そのものは美味しいだけに何だか残念な対応でした。
後日、先輩が個人的に利用したときは、別の店員さんがちゃんと時間どおりに対応してくれたそうなので、この日は運が悪かっただけなんだと思います。


2010年3月24日注文時お店DATA
***********************************
レストラン海斗グループ カレー LUNA KAITO (るな かいと)
〒105-0012 東京都港区芝大門1-16-8
ネット受付時間 9:00~20:30 
定休日 なし
配達最低金額 税込3,000円以上

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/15 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【店名変更】 Mexican Grill House GRILL CABANA  @四谷
2011年8月10日追記

「サルサ・カバナ 四谷店」は2010年9月20日に閉店し、2010年10月2日に「グリル・カバナ」の場所に移転し、「Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール」という店名に変更してリニューアルオープンしました。

DSCF4091.jpg
外観にあまり変化がないのはご愛敬です(笑)。
リニューアル後、2011年1月13日にランチ訪問しました。

なお、四谷三丁目にあった「サルサ・カバナ 四谷三丁目店」は新橋に移転し、2011年3月29日に「サルサ・カバナ セントロ」という店名でリニューアルオープンしたそうです。

***************************************

昨日、カウンターが70万アクセスを超えていることに気付きました。
約3年半でこんなに数字を積み重ねられたのかと、本当に驚きです。
こんなダラダラブログですが、多くの方に見ていただいて、とても感謝しています。
これからもよろしくお願いします☆

************************************

2010_0323画像0013
2010年3月23日は三連休明けの火曜日。
上司が不在だったので、先輩とランチを外に食べに出ました。
前の週の金曜日は市ヶ谷の高級バーガー屋さん「PORTA」に行ったので、この日は四谷方面に行くことにして、歩きながらどのお店に行くか相談しました。
先輩がご飯を食べたいというので和食も考えたのですが、せっかくその週の最初のランチなのでもうちょっと華やかなメニューがいいですねと話していたら、私が連休中に浜松でシェラスコを食べたという話から「SALSA CABANA 四谷店(サルサ・カバナ)」か、「Mexican Grill House GRILL CABANA(グリル・カバナ)」に行こうということになりました。

しんみち通りを歩いていたら、「サルサ・カバナ」をいつの間にか通り過ぎて「グリル・カバナ」に到着してしまい、「サルサ・カバナ」に全然気付かなかった!と思って戻って確認すると、ランチをやっていませんでした。つい先日も「今日はやっていないのかな~。」と思ったことがあるので、最近、ランチは休業しているようです。

店

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りのかなり奥の右側にお店があります。
この界隈では珍しいウッディな建物はとても目立ちます。

2009_0710画像0217
お店の左側は持ち帰り用の窓口になっていて、2008年6月6日にテイクアウトをしました。
料理の準備に時間がかかるので、あらかじめ電話で注文してから取りに行くのをオススメします。

前回訪問したのが2009年9月10日だったので、約半年ぶりです。

2009_0710画像0216
こちらは古い写真です。
しんみち通りには色鮮やかな写真が入ったメニューの看板が出ています。

お店の前でメニューを眺めていたら、若い男性の店員さんがウインクしながら「どうぞ~。」と誘っていただきました。それが嬉しかったわけではないのですが(笑)、日替わりメニューがとても美味しそうだったので、入店することにしました。

2009_0710画像0215
しんみち通りの手前にある第43ビルに姉妹店の「SALSA CABANA(サルサ・カバナ)」があり、2007年7月11日にランチ訪問をしたことがあります。
四谷三丁目にも、姉妹店の「SALSA CABANA 四谷三丁目店」があります。

2010_0323画像0047
左側に厨房とカウンター、右側にテーブル席があり、通り沿いにもかなり縦幅のない狭いカウンターがありました。
椅子は背の高いスツールです。

先客はまだ二組ほどでした。
若い女性スタッフの方から「どこでもどうぞ~。」と言われたので、奥にある四人用テーブル席のうち、窓に近い方に着席。

2009_0710画像0193
外観と同じくウッディな店内はそれ程広くはなく、とてもシンプルな内装ですが、ところどころに現地らしい飾りが施されています。

2009_0710画像0197
メキシコビールもいろいろあります。

2009_0710画像0192
壁に夜のメニューも少し貼り出されていました。

2009_0910画像0048
カウンターから厨房を眺めるとこんな感じです。

2009_0910画像0049
カウンターの上にはずらりと洋酒が並んでいて、見ているだけで楽しい☆

2009_0710画像0187
ランチメニューです。

2009_0710画像0188
定番メニューは4種類あり、950円か1,000円とややお高いお値段設定です。

2010_0323画像0007
ランチメニューは全てドリンク付きで、5種類の飲み物からチョイスできます。
紅茶とコーヒーはホットかアイスを選べます。

2010_0323画像0001
この日のスペシャル?季節の限定メニュー?はこちらでした。

2009_0910画像0086
ランチタイム限定コースは壁にメニューが貼り出されています。
このメニューは2009年5月18日から始まったそうです。

2009_0910画像0087
ランチタイム限定コースは、一人1,500円で二人以上からの注文です。

2009_0910画像0088
お料理が4品、デザートが2品、それにドリンクと、とってもゴージャス!

日替わりメニューが美味しそうなので食べてみたくなった一方、せっかくならランチコースを食べたくなったので、店員さんに日替わりメニューをコースに組み込めないかと聞いてみたところ、オッケーだったので、ランチコースを注文しました。

2010_0323画像0008
最初に2皿のお料理が一緒に登場。
2人分を一皿に盛りつけてあります。


牛挽き肉とビーンズのあっさり煮込みとチップス
2010_0323画像0009
たっぷりの煮込みにの周りにチップスがぐるりと並べられ、チーズがトッピングされています。
チーズは白とオレンジの2種類がありました。

2010_0323画像0011
チップスはそのまま食べたり、煮込みをのせて食べます。
煮込みの熱でだんだんととろけるチーズがとっても美味しい。

2010_0323画像0010
お豆がとても柔らかく煮込まれていて、ソースもしっかりとしたコクと塩気があります。
個人的に、日本の煮豆よりも南米のお豆料理の方が大好きです。

2010_0323画像0018
まずは煮込みをそのまま食べて、次にタコスチップスにのっけていただきました。
食感の違いが美味しくて、ビールが飲みたくなっちゃいます(笑)。

2010_0323画像0019
せっかくチップスがたくさんあったので、アボガドものせて食べてみました。
もちろん、美味しかったです。


世界素材 アボガドのカルパッチョ
2010_0323画像0012
2皿目はこちら。「世界素材」っていうネーミングがかなりユニーク(笑)。
アボガドの緑とサルサソースのトマトの赤が色鮮やかで、とってもキレイ。

2010_0323画像0013
アボガドはよく熟していて、こってりとした旨みがあります。
ボリュームもたっぷり。

2010_0323画像0015
レモンの酸味とコリアンダーの香りがしっかりきいているサルサソースの角切りのトマトとアボガドを合わせて食べると、とてもさっぱりします。
サルサソースは、レモンの酸味とコリアンダーの香りがしっかりしていてとても美味しいです。

2010_0323画像0016
ここでドリンクが登場。
私はアイスコーヒーをお願いしました。

2010_0323画像0020
ミルクだけ入れました。
大きな器にたっぷりと入っているのが嬉しいです。

2010_0323画像0017
先輩はアイスティーをチョイス。


自家製手巻きタコス盛り合わせ
2010_0323画像0021
3品目にタコスが登場。メキシカンでははずせません。

2010_0323画像0023
色鮮やかな具材は6種類もありました。
これで二人分です。

2010_0323画像0029
ピントがぼけてしまってすみません(汗)。
たっぷりのレタスのみじん切り。

2010_0323画像0027
挽肉。多分、牛肉です。

2010_0323画像0026
黄色とオレンジの二色のチーズ。

2010_0323画像0024
ワカモレです。
ねっとりとしたアボガドの旨みがたまりません。

2010_0323画像0025
サルサソースです。

2010_0323画像0030
味付けをした鶏胸肉?をほぐしたもの。
ほんのり赤く染まっていてちょっと辛そうに見えますが、それ程でもなかったと思います。

2010_0323画像0022
自家製タコスは専用容器に入れられて運ばれてきました。

2010_0323画像0031
フタを開けてみると、タコスが2枚入っています。
焼き立てではなく、ほんのり温かいぐらいでした。

2010_0323画像0032
欲張って、具材を全種類包んじゃいます。

2010_0323画像0033
ボリュームたっぷりなので、しっかり包むのも、こぼれないように食べるのも大変でした(笑)。

2010_0323画像0034
まだ具材がたっぷり残っていたので、タコスをお替わりしました。
タコスの容器が、今まで見たことのある陶器のものではなく、プラスチック素材です。
プラスチック素材なのでちょっとチープに見えますが、ツマミの部分がなんだかカワイイ。

2010_0323画像0035
2枚目のタコスは焼き立てアツアツで、さらに美味しかったです。

2010_0323画像0036
残っているトッピングを全て詰め込みました。

2010_0323画像0037
口の中で色々な味わいがしてとっても美味しい。

2010_0323画像0038
中身が多くてうまくくるめないので、折りたたんでこぼれないようにしながら食べました。


本日のライスディッシュ「鳥モモ肉のアドボソース モレ仕立て」
2010_0323画像0039
鳥モモ肉をサボテンと黒豆の入ったソースで煮込んでスパイシーな味付けにしたとのこと。
このお料理は一人一皿ずつで、シェフ自らをサーブしてくれました。

2010_0323画像0041
ご飯の量もなかなかあります。

2010_0323画像0042
モレソースとは、チョコレート原料のカカオとメキシコ産唐辛子を燻製し、トマト・玉ねぎなどのたくさんの野菜と一日かけて煮込んだもので、マヤ伝統料理だそうです。
このソースはとてもコクがあり、少しピリリとしました。
お肉はとても柔らかく煮込まれていて、とっても美味しい。

2010_0323画像0040
刻み生タマネギを途中から混ぜ合わせて食べると、少し口当たりが変わりました。
さっぱりした感じです。


デザート2種盛合わせ
2010_0323画像0048
時間がなかったので、メインを食べている途中からデザートを早めに出してくださるようお願いしていたのですが、お料理を食べ終わってもなかなか出てこない。
忘れられているのかな~と心配していたら、デザートが登場!

2010_0323画像0049
デザートの一つは、フルーツのオレンジでした。

2010_0323画像0050
もう一つのデザートは、揚げたて熱々のタコスの上にバニラのアイスクリームがのせてあり、チョコレートとマンゴーをトッピングしてあります。
熱々のタコスは油のコクが加わって香ばしく、アイスクリームやチョコレートがとろけて美味しい!
熱いものと冷たいものを組み合わせたデザートって、これまではあまり美味しいと思ったことがなかったのですが、これはとっ~ても美味しかった!
このデザートだけでもかなりボリューム満点です。


食べ終えるとかなり時間が押していたので、重たいおなかを抱えて事務所まで走って帰りました。
このランチコース、美味しくてボリュームたっぷりで1,500円とはとってもお得だと思います。
大満足でした。


2010年3月23日訪問時お店DATA
****************************
Mexican Grill House GRILL CABANA (グリル・カバナ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20-9
電話 03-5379-1131
営業時間  
[昼]11:00~15:00  
[夜]17:00~24:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/14 09:00】 | メキシコ | トラックバック(0) | コメント(5) |
【閉店】 Ragu Hamburger Shop PORTA 九段店  @市ヶ谷/麹町
2010年11月16日追記

DSCF1752.jpg

 2010年10月29日に「ポルタ」を通りかかったところ、お店がなくなっていました。
 2010年2月15日にオープンしたお店だったので、わずか9ヵ月弱での閉店です。
 ランチは近隣の女子学生でかなりにぎわっていたので、夜の集客が良くなかったのでしょうか。

************************************

また新たな一週間が始まりました。
もう少し残暑が続くようですが、負けずにがんばりましょう!

2010_0319画像0019
2010年3月19日は、上司不在の金曜日だったので、何か美味しいランチを食べようと先輩と相談。
市ヶ谷経済新聞で高級バーガーのお店「Ragu Hamburger Shop PORTA(ポルタ) 九段店」が2010年2月中旬頃オープンしたという記事を見つけていたのを思い出し、先輩にお伺いをたてたところ、早速行ってみることになりました。

2010_0319画像0039
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に進み、一口坂交差点を右折。二つ目の角を左に曲がり、少し行った左側にお店があります。

地図をなんとなく見ていただけなので、場所がやや不安でしたが、無事、到着。
この場所は、以前は飲食店ではなかったような気がします。

お店は道路から少し奥まったところにあり、道路にはこの看板が出ています。
とてもシンプルなので、パッと見、バーガー屋さんに見えません。

2010_0319画像0002
17:00から21:00のディナータイムは、お酒を飲みながらイタリアンが楽しめるようです。

2010_0319画像0038
お店の外にテーブルが一つ置いてありました。
多少暖かくなったとはいえ、外で食べている人がいたのにはビックリ。

2010_0319画像0003
お店の入口には巨大バーガーのサンプル?がお出迎え。

2010_0319画像0001
お店の営業時間は午前11時から午後9時までと通し営業です。

2010_0319画像0004
こちらのお店はイートインだけでなく、テイクアウトも出来ます。
入口の左側に小さな出窓があり、テイクアウトはこちらで対応するようです。
テイクアウト用の窓と外のテーブルが重なり気味で、ちょっと使いづらそうでした。

2010_0319画像0035
店内はちょうど満席だったのでテイクアウトをお願いしようかと思いましたが、5分ぐらいで空くとのことで、そのまま待つことにしました。
少し待っていたらすぐに席が空いたので、無事入店。

2010_0319画像0036
お店の中は小さく、左手にカウンター席と厨房、右側にテーブル席がありました。
寒さ対策に、イスの背もたれに毛布をかけてあります。

この写真は帰りがけに撮りました。

2010_0319画像0037
右側の壁には、ディナータイムのドリンクメニューの黒板が掲げられています。

お店は、男性シェフと女性スタッフ2名の3人で切り盛りしていました。

2010_0319画像0010
カウンターの一番奥の壁には大きなテレビがかかっています。

店内はほぼ女性ばかりで、社会人よりも学生さんらしき方が多かったです。

2010_0319画像0008
カウンターの上にはディナータイムのフードメニューの黒板がありました。

2010_0319画像0015
私たちは一番手前の右奥の二人用テーブル席に着席。

2010_0319画像0005
メニューです。

2010_0319画像0011
ハンバーガーは全部で12種類、お値段は690円から970円と、確かにお高いです。
パテのボリュームも選べます。

2010_0319画像0014
サイドメニューには、サラダが5種類と、、、、

2010_0319画像0013
スープが2種類あります。

2010_0319画像0012
アップルタイザーはよく見かけますが、グレープタイザーなんて、珍しい!

2010_0319画像0006
ランチメニューとして、デザートも楽しめるセットメニューがあったので、こちらを注文してみました。

2010_0319画像0007
3種類のバーガーを選ぶとプラス100円になります。

2010_0319画像0016
最初にドリンクが出てきました。
本当はグレープタイザーを飲みたかったのですが、ランチセットの中に入っていなかったのでグレープフルーツジュースを注文。

2010_0319画像0017
あっさり系の味で、それほど酸味がなくて飲みやすかったです。


PORTAバーガー (1,100円)
2010_0319画像0020
少し後に、バーガーが登場!
まずは基本をと思い、店名を冠する「PORTAバーガー」を注文しました。

2010_0319画像0021
大きな白い角皿に、ハンバーガーとフレンチフライがのせられています。

2010_0319画像0022
フレンチフライはそれ程量がないのと、お皿が大きいのとで、少々寂しく見えます(汗)。

2010_0319画像0024
ハンバーガーはあらかじめ上のバンズが外して置いてあります。

2010_0319画像0025
オニオンフライ?がたっぷりとのせられてタワーになっていました。

2010_0319画像0026
パテは俵型でかなりの厚みがあり、チーズに覆われています。
厚めに切られたトマトも入っていました。

2010_0319画像0027
レタスは大胆なカットでハンバーガーから大きくはみ出しています(笑)。

2010_0319画像0028
食べるには、まず上のバンズをのせ、少し上から押して高さを減らします。
卓上に置かれた包み紙を開き、その中に入れます。
ハンバーガーを自分で包んだのは初めての経験かも。

2010_0319画像0029
店名にある「ラグー」とはイタリア語で煮込むという意味で、こちらのお店では、特製ソースで1時間以上煮込んだハンバーグを店内で焼き上げた自家製バンズに挟んでいるとのことです。
「PORTAバーガー」はラタトゥイユとチーズが入っています。

2010_0319画像0030
お肉を囓ってみるととってもジューシーで、パテというよりもハンバーグです。
お肉とラタトゥイユとチーズが合わさると、複雑な味わいになってとっても美味しい。
ボリュームもなかなかありました。

2010_0319画像0031
デザートは桜のブラマンジェでした。

2010_0319画像0032
何故か写真が暗く写ってしまって残念(泣)。

2010_0319画像0033
一口食べてみると、本当に桜餅のような桜の味がする!

2010_0319画像0034
さっぱりとした甘さで食べやすく、美味しかったです。


先輩も大満足だったようで良かったです。
別のメニューも食べてみたいと思います。


2010年3月19日訪問時お店DATA
************************************
Ragu Hamburger Shop PORTA 九段店 (ぽるた)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南3-4-5 1階
TEL&FAX  03-6272-6048
営業時間 11:00~21:00  
定休日 日・祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/13 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
restaurant le plaisir  @市ヶ谷/九段下
台風が去って、ようやく気温が下がり、だいぶ過ごしやすくなってきました。
クーラーをつけずに寝られるのはとても嬉しいのですが、
これでいよいよ夏とお別れなのかなと思うと、ちょっと寂しい気もする勝手な私です(笑)。

昨日に引き続き、この夏の豪華遠征ランチの記事をアップします。

*************************************

2010_0817画像0021
前日に引き続き、2010年8月17日も新店&豪華ランチへ行きました。
向かった先は「restaurant le plaisir(ル・プレジール)」というフレンチです。

2010_0817画像0050
電話をかけて席の予約と、コース料理をいただくのにどれぐらい時間がかかるかを聞きました。
すると、お店の方が「メニューをファックスするので、先にオーダーを入れてください。」とのこと。
あまりにもご丁寧な対応にビックリです。

2010_0817画像0051
美味しそうなメニューの選択肢が多いだけでなく、プラス料金のものもあるので非常に悩みました。

2010_0817画像0054
コースはオードブル+メイン+デザート+コーヒー又は紅茶のB(2,200円)をチョイス。
食べたいメニューにチェックを入れ、ファックスを返信しました。

2010_0817画像0048
12時ジャストに事務所を出て、この日ももちろんタクシーを飛ばしてお店に向かいました(笑)。
「プレジール」は2009年10月13日にオープンしたばかりの新しいお店です。

2010_0817画像0046
「ル・プレジール」は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に向かい、靖国神社南門交差点を右に曲がります。少し先に行った右にお店があります。

2010_0817画像0045
ランチメニューの看板が出ています。
ランチは全部で4種類、お値段は1,600円~3,300円と、ハレの日でないと厳しいお値段です(笑)。

2010_0817画像0002
お店はこぢんまりとしていますが、シンプルな内装で黄色に統一されていて、カワイイながらも落ち着いた雰囲気です。

2010_0817画像0001
お店の方に予約を伝えると、左手の一番奥の窓際のテーブル席に通されました。

2010_0817画像0010
壁際の飾り棚にはお店のことが紹介された雑誌が並べられています。

2010_0817画像0011
窓から表の通りを眺めることが出来ます。
ディナーメニューの看板も見えました(笑)。

2010_0817画像0012
「食べログ」ではランチは混んでいるという書き込みが多かったのですが、客は私たちだけでした。
その後も女性の二人連れが来ただけで、ほぼ貸切でとってものんびり。
皆様お盆休みにお金を使ってしまってゴージャスランチができないのかなと、勝手な推測(笑)。

2010_0817画像0004
卓上には生花が飾られていました。

2010_0817画像0009
隣のテーブルは違うお花が飾られています。

2010_0817画像0005
予約していたからか、バターは最初から置かれていたような気がします。

2010_0817画像0007
お水は大きなグラスにたっぷりといただきました。


フォワグラと、トウモロコシのパンケーキのミルフィーユ仕立て トリュフのソース (+1,000円)
2010_0817画像0013
シェフのスペシャリテというこちらのメニュー、プラスで1,000円もしましたが、思い切って注文。

2010_0817画像0021
ランチでフォアグラを食べられるなんて、こんな贅沢はありません。
出てきたフォアグラは、かなり大きいサイズで、ワクワクしちゃいました。

2010_0817画像0022
フォアグラもガレットも、しっかりと焦げ目を入れて表面をカリッとさせています。
ガレットを口に運ぶと、外はとても香ばしいですが、中はふんわりしていました。

2010_0817画像0023
フォアグラも同じく表面をカリッと香ばしく焼き上げ、中はトロリと甘く、濃厚でとっても美味しい。
フレンチに行くとたいていフォアグラを食べますが、この食感の差は面白かったです。
ワインがとても飲みたくなる味です。「フリー」でいいから、お酒が飲みたい!

2010_0817画像0024
ソースはそれほど甘くなくて、甘い味付けが苦手な私にはとてもよかったです。

2010_0817画像0025
フォアグラもガレットも2つずつありましたが、食べるのがもったいなくて少しずついただきました。
どちらもとっても美味しくて、幸せ一杯です。

2010_0817画像0014
オードブルと一緒にパンも出てきました。

2010_0817画像0015
パンは温かく、中がフワフワ。

2010_0817画像0026
美味しいフォアグラのソースを全てぬぐっていただいちゃいました。


本日のオードブルの盛り合わせ (+300円)
2010_0817画像0016
先輩はコース料金に300円プラスして、オードブルの盛り合わせをお願いしました。
ムース、キッシュ、パテの3種類です。

2010_0817画像0019
一口いただきましたが、キッシュは中身がトロリと柔らかい舌触りで美味しかったです。

2010_0817画像0020
こちらも一口いただきましたが、パテはコッテリ味で美味しい。

2010_0817画像0017
こんがりと焼いたバゲットを添えたムースです。
プラス300円でこれだけ食べられるのはとってもお得だと、二人とも強く思いました(笑)。

2010_0817画像0027
いよいよ、メインが登場!


ゆず胡椒風味の鴨胸肉のグリエ 軽い鴨のエッセンスで・・・ (+700円)
2010_0817画像0028
メインもどのお料理を選ぶか迷いましたが、お店の公式HPのメニューのページのトップ画像が鴨肉なので、鴨にしました。

2010_0817画像0029
鴨肉と共に、焼き野菜も一緒にお皿に盛られています。

2010_0817画像0030
鴨肉は断面がとてもキレイなロゼ色です。
お肉は程よい弾力で、ゆず胡椒の風味がふんわりと感じ、あっさりとした味わいでした。

2010_0817画像0033
焼き野菜はアスパラ、シイタケ、エシャロット、里芋です。
里芋は、最初ジャガイモだと思って食べたら、ねっとりとした口当たりがたまらなく美味しく、先輩と「ジャガイモじゃないですね、長いもですかね。」なんて話していて、店員さんに後から聞いたら里芋でした(汗)。

エシャロットは身の部分が細長く大きくて、トロトロと溶ける食感で、後味がらっきょうでした。
あまり記憶がないので初めて食べたかも。とっても美味しかったです。

2010_0817画像0034
パンをおかわりしちゃいました。

2010_0817画像0035
バターが軽い風味で美味しいので、半分はバターをたっぷり塗っていただき、もう半分はお肉のソースをぬぐっていただきました。


カシス入りのレアチーズ 牛乳とレモンのシャーベットと一緒に
2010_0817画像0036
デザートは2種盛りです。

2010_0817画像0037
白いガラスの器なのでとっても涼しげです。
彩りも華やか。

2010_0817画像0038
時間がないのでドリンクも一緒にいただきました。

2010_0817画像0039
飲み物は、ホットコーヒー、ホットティー、ハーブティーと温かいものしかありません。

2010_0817画像0040
ふたりとも、ホットコーヒーをいただきました。
大きなサイズのカップにたっぷりとコーヒーが入っていたのがすごく嬉しかったのですが、時間があまりなかったのと猫舌なので、全部いただけなくて申し訳なかったです。

2010_0817画像0042
レアチーズは少し甘めでしたが、サッパリしていました。

2010_0817画像0041
シャーベットはレモンの風味よりもミルクの濃い味わいがしました。

2010_0817画像0043
コーヒーを飲みながらぼんやりと壁の絵を眺めていたら、、、、

2010_0817画像0044
タグに書かれているのは、小学生のお名前!
棚に飾ってあった雑誌の記事などを先輩が確認したところ、このお名前は確かにシェフのもの。
「南小岩」って、私の地元のかなり近くです。
帰りがけ、シェフが出てきてくださり、お料理の感想などを聞かれたので、思わず「南小岩の出身なんですか? 地元にお店を開いてください~。」と無理なお願いをしたのでした(笑)。
スタッフの方と共にお見送りまでしていただいて、大変恐縮です。

2010_0817画像0049
帰りももちろん、タクシーで事務所に戻りました。
運転手さんがとてもいい人で、「さっき冷房を入れたばかりでまだあまりきいていなくてすみません。」と言われ、飴をいただいちゃいました。美味しいお料理を食べた後、車で帰れるだけで幸せ一杯なのに、ご丁寧なサービスで本当に嬉しかったです。


この日のお会計は3,900円でした。
だいぶ散財しちゃいましたが、カリッと香ばしいフォアグラがいただけて大満足です。
ビストロではなくフレンチ寄りのお店なので、今度はゆっくりと食事をしてみたいです。
お盆休みで電話もほとんど鳴らないし、気分がまったりしてしまって午後からの仕事のモチベーションをあげるのが大変でした(笑)。


2010年8月17日訪問時お店DATA
****************************
restaurant le plaisir (ル・プレジール)
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-6-9
Tel 03-3265-8285
営業時間 11:30~14:00(L.O.) 18:00~21:00(L.O.)
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩7分
地下鉄九段下駅から徒歩7分
地下鉄半蔵門駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/10 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) |
Stimolo  @市ヶ谷
2010年8月16日と17日はお盆休みで人が少ないと思い、ちょっと贅沢なランチをしました。
どちらもオープンしてからまだ1年も経たないお店なので、新店として先に記事をアップします。

****************************************

2010_0816画像0024
2010年8月16日は、前週に引き続いて上司が夏休みだったのでランチ遠征をするつもりでした。
久しぶりに「食べログ」をチェックしていたら、市ヶ谷方面に新しいイタリアンとフレンチのお店ができていて、お盆休みかどうか電話したところ、フレンチはこの日までお盆休みでしたが、イタリアンは営業していたのでイタリアンのお店「Stimolo(スティモーロ)」へ行くことにしました。

2010_0816画像2-0006
JR・地下鉄四ッ谷駅から外堀通りを市ヶ谷方面に進み、雪印乳業の本社を越えたら左に曲がり、少し行った右手にお店があります。
事務所から行くには直線距離だと近いのですが、線路を挟んでぐるりと回らなければなりません。
前の週に先輩が足を捻挫したこともあり、タクシーで向かいました。

2010_0816画像3-0001
隠れ家的と聞いていましたが、確かに入口はかなりシンプルで、イタリアの国旗がなかったら見落としてしまいそうです。
まるで表札のような目立たない店名が出ています。

2010_0816画像2-0005
「スティモーロ」は2009年10月20日にオープンしたそうで、スタッフの平均年齢27歳という、いろいろな意味でフレッシュなお店です。

2010_0816画像0040
ランチメニューです。
3種類のソースから好みのものを選び、さらにパスタかリゾットをチョイスします。
お値段は800円、1,000円、2,800円と、極端なラインナップです。

2010_0816画像2-0001
営業確認の電話のついでに、slowメニュー(2,800円)を1時間以内で食べられるかどうかを聞き、大丈夫そうなので席の予約を入れました。
滅多に行くことが出来ないし、せっかくなので豪華にはりこみました(笑)。

2010_0816画像2-0004
テイクアウトも出来るようです。
特製日替わりカレーが美味しそう。
ここまで買いに来るには、自転車じゃないと絶対ムリ。

2010_0816画像0039
夜のメニューも出ていました。

2010_0816画像0038
入口の扉は単なるビルにしか見えません(汗)。
空調の関係もあるのか、扉がかなり重かったです。

2010_0816画像0037
入口を入って細い廊下を通り抜けると正面に厨房があり、右手にテーブル席が広がっています。

2010_0816画像0003
一番奥はガラスで覆われたテラス席です。
予約したことを告げると、テラス席に通されました。明るくて、でも暑くなくて最高です。

2010_0816画像0004
私はフロアに背を向けて座っていたので見えませんでしたが、ぞくぞくのお客さんが入ってきて満席になったようです。

2010_0816画像0001
電話予約の時にもお願いしましたが、slowコースを50分ぐらいでいただけるよう再度店員さんに伝えたところ、その店員さんが厨房に伝えているのが聞こえてきました(笑)。

2010_0816画像0005
それなのに、1皿目が出てくるのにずいぶん時間がかかりました(汗)。
隣の男性二人組も同じコースを注文していて、コース名どおりスローなテンポでしたが、赤ワインを傾けながら談笑していたので、全く問題なさそうでした。羨ましい。

slowメニュー シェフにおまかせのスペシャルコース(2,800円)

前菜盛り合わせ
2010_0816画像0006
ようやく一皿目が出てきましたが、忙しいからか、店員さんは雑然とお皿をテーブルに置くだけでお料理の説明は全くなし(泣)。
大きな平皿にのせられた前菜の盛り合わせは3種類あり、透明なガラスがとても涼しげです。

2010_0816画像0009
トマトは果物のような甘さでした。

2010_0816画像0007
白身魚?のカルパッチョは酸味がきいていて、とってもさっぱり。
ニンジンの甘みも感じました。

2010_0816画像0010
パテにはナンコツが入っていて、コリコリとした食感を楽しめるのが面白かったです。
さっぱり目の味わいなので、マスタードの酸味がいいアクセントになりました。


パスタ&リゾット盛り合わせ
2010_0816画像0012
2皿目が出てくるのも少し待ちました。
エビと枝豆のオリーブオイルソースのスパゲッティと、ベーコンとほうれん草のクリームソースのリゾットの盛り合わせです。

2010_0816画像0014
枝豆の緑色とエビのピンク色がとっても鮮やか。

2010_0816画像0015
枝豆そのものは美味しいのですが、個人的にパスタを食べるとき、あまりに食感の違うものやフォークに巻き付けられないトッピングって何だか苦手です。面倒くさいからなのか、自分でもよくわかりませんが、麺好きなのでつるつる吸い込むのが好きなようです(笑)。

2010_0816画像0016
エビはぷりっぷりでした。

2010_0816画像0019
スパゲッティはアルデンテで、つるつると喉を通ります。

2010_0816画像0013
ベーコンとほうれん草のクリームソースのリゾットです。

2010_0816画像0017
ベーコンだけでなく、ソーセージも入っていました。

2010_0816画像0018
ソースはこってりと濃厚、チーズの風味もばっちりで、とーっても美味しい。
お米の粒粒感もよかったです。
これだけでもっと食べたい~。


本日のメインディッシュ 埼玉県 松村牧場の香り豚のグリル
2010_0816画像0020
メインはシェフ自らお皿を持ってきて下さり、メニューの説明と共に「お肉がまだ赤い部分がありますが、火はちゃんと通っています。」と言われました。
あとでお店のブログを見たら、熊シェフと呼ばれている方だったと思います。

2010_0816画像0021
グリルした豚肉は、切り口が鮮やかなロゼ色でとっても美しい!

2010_0816画像0024
この豚肉は、埼玉県で唯一のSPF豚牧場の村松牧場で育てられた香り豚というブランド豚です。

2010_0816画像0025
味付けは塩を基本とした非常にシンプルなものですが、ジューシーでたっぷりと脂がのっています。
火をあまり通していないせいか、豚肉とは思えないほどお肉が柔らかです。

2010_0816画像0023
付け合わせの野菜の中に水菜やレタスのほか、ざく切りキャベツが入っていたのがイタリアンのお店では珍しいなと思ったのですが、お肉と一緒に食べるとキャベツの青っぽさがお肉の脂をいい具合に緩和してくれました。
とんかつにキャベツ、という組み合わせと同じですね(笑)。

2010_0816画像0026
生野菜の下にマッシュポテトが隠れていました。
しっとりとクリーミーです。


ドルチェ
2010_0816画像0027
ドルチェはティラミスとレアチーズケーキの2種類の盛り合わせでした。

2010_0816画像0029
ティラミスはふんわりとした口あたりで、程よい甘さです。

2010_0816画像0031
レアチーズケーキはぷるんとした食感がよかったです。

2010_0816画像0033
最後にドリンクが出てきました。

2010_0816画像0034
先輩はアイスコーヒーを選択。

2010_0816画像0032
私はホットコーヒーをチョイス。

2010_0816画像0036
気温35度近い猛暑なのに、なんとなくホットが飲みたくてお願いしたのですが、ホットコーヒーだけに小さなビスケットがついていたのがうれしかったです。

2010_0816画像0035
ビスケットはしっかりとかたくて甘く、ストレートのコーヒーにはぴったりのお茶請けでした。


パスタも美味しかったですが、香り豚のグリルは見た目も美しく、とっても美味しかったです。
おなか一杯でゆっくりしたかったですが、そんな時間はもちろんなくて、バタバタと慌ただしくタクシーで帰りました。
ぜひとも、自転車を飛ばして持ち帰り弁当を買ってみたいです。


2010年8月16日訪問時お店DATA
****************************
Stimolo (スティモーロ)
〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町2-19 BSSビル1階
Tel 03-3260-2410
Fax 03-3235-5192
営業時間 
[平日]  11:30~14:00 18:00~23:00
[土日祝] 12:00~14:00 18:00~23:00 
定休日 なし(毎月第一土曜日は18:00から営業)
JR・地下鉄四ッ谷駅・市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/09 09:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(5) |
四ッ谷 胡桃屋  @四谷
2010_0318画像0007
2010年3月18日は上司が午前中からずっと外出していたので、先輩とランチを外へ食べに出ました。
前日は「ロミーナ」で南米カレーを堪能したので、もう一つの候補に挙がっていた「四ッ谷 胡桃屋(くるみや)」へ行くことにしました。先輩は数日前に三栄通りの本屋さんへ買い物に行ったのですが、私はお久しぶりの三栄通りです。

2009_0917画像0100
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、少し行った左手にあります。
こちらは2009年9月16日に初訪問したときに撮った写真です。

2009_0917画像0095
こちらのお店は昼はこだわりのうどん、夜は串天を楽しめるお店だそうです。
スタッフの方のブログもありました。

2009_0917画像0099
この場所には、2007年7月27日にランチ訪問し、2009年3月31日にお弁当を購入した「寿司と京のおばんざい 人と人と(ひとひと)」がありましたが、2009年7月31日に閉店しました。
その後、2009年9月14日に「胡桃屋」がオープンしました。
前回訪問したのが2010年1月20日だったので、約2ヶ月ぶり、4回目の訪問になります。

2010_0121画像0033
営業時間はこちらです。

2010_0121画像0035
おうどんには、沖縄の宮古島のお塩を使っているそうです。

2009_0917画像0098
こちらは以前撮った写真です。
お店の入口にランチメニューが出ています。

2010_0121画像0036
ディナータイムのメニューも出ていました。

2010_0121画像0037
串天以外のサイドメニューも充実しています。

2010_0121画像0038
夜は串天メインのお店ですが、ランチで食べられるこだわりのうどんは夜も楽しめるようです。

2009_1023画像0001
お店に入ると、両側にテーブル席、奥の右手に厨房、左手奥に座敷席がありました。

2009_1023画像0003
鮮やかな色彩で大きく野菜の絵が描かれた壁には、夜のメニューがいろいろと貼り出されています。
店員さんは若い男性ばかりです。

2009_1023画像0004
ちょうど私たちの前を歩いていた二人組の男性も「胡桃屋」へ入店したのですが、「カウンター席しか空いていない。」と言われ、別のお店へ行ってしまいました。

2010_0121画像0012
私たちは特に気にならないのでカウンター席へ。
私たちが着席した後は、あと一つしか席が残っていなかったので、すぐに入店できたのはとてもラッキーでした。

2010_0318画像0004
4回目の訪問で初めてのカウンター席です。
お寿司屋さんのようにネタケースがありますが、中には美味しそうなお魚などではなく、定食のお新香や袋に入ったままのお野菜だったのが残念(笑)。

2010_0318画像0003
天ぷらを揚げる場所もすぐそばにありましたが、透明なプラスチックに覆われて、油の匂いはそれ程感じなかったです。
卓上に灰皿があるので、喫煙はオッケーのようです。

2010_0121画像0001
ランチメニューです。

2010_0121画像0002
温かいうどんは9種類あり、お値段は530円から780円です。
トマトカレーやら明太子クリームなど、かなりユニークなメニューがあります。

2010_0121画像0003
冷たいうどんは7種類あり、お値段は480円から780円です。

2010_0121画像0004
小ぶり天丼がついたうどん定食は6種類あり、お値段は830円から950円です。

2010_0121画像0005
うどんがない定食は6種類あり、お値段は850円から930円です。

2010_0121画像0006
トッピングは15種類もあり、100円から180円です。
うどんの大盛りはプラス100円です。

2010_0318画像0002
定番メニューのほかに、季節のおすすめメニューが2種類あります。

2010_0318画像0005
春の限定メニューに登場するあしたばについて、詳しい説明が出ていました。
私は野草系のお野菜が大好きなので、もちろん、あしたばも大好きです。

2010_0121画像0010
この日は明太子クリームうどんを食べようと決心していたのですが、なんと、「この日はありません。」とのこと。
売り切れとは言っていなかったので、そもそも作っていなかったのでしょうか。すっごく残念(泣)。

2010_0318画像0001
以前いただいたクーポン券を利用して、うどんを大盛りにしてみました。


あしたばの天麩羅うどん (クーポン利用でうどん大盛り) (780円) 
2010_0318画像0008
こちらのお店はうどんがとても太いためか、お料理が出てくるのにすごく時間がかかります。
カウンターの中で次々とお料理が出来上がっていきますが、自分たちのものはなかなか出てきません(泣)。
しばらく待って、ようやくお料理の登場!

2010_0318画像0009
うどんの大盛りです。

2010_0318画像0013
こちらは先輩の注文した普通盛りのうどん。
黄色く写ってしまい、ちょっとわかりにくいですね(泣)。

2010_0318画像0010
細く刻んだ海苔がトッピングされています。

2010_0318画像0011
うどんはつやつやと光っていて、とっても美味しそう!

2010_0318画像0012
まずは一本いただくと、いつもどおり、かなりコシがしっかりとあって、とっても美味しい。
ワシワシと噛み締めるような歯応えなので、一度に1、2本ぐらいしか口の中に入れられません(笑)。

2010_0318画像0014
右側がソバつゆの入った徳利で、左側が薬味のお皿をのせたそばちょこです。

2010_0318画像0016
薬味はワサビとネギの2種類ありました。

2010_0318画像0019
徳利に入ったソバつゆをお猪口に移します。

2010_0318画像0020
ソバつゆはあまり量がないように見えたので、大盛りなのに大丈夫かな~と少し心配になりましたが、しっかりとした濃い味わいで問題なかったです。
あまり甘みがなくてキリリとした味わいでした。

2010_0318画像0015
天ぷらは、あしたばだけでなく、カマボコが2枚ついていました。

2010_0318画像0017
カマボコの天ぷらって初めて食べました。
熱が通ったせいか、生で食べるよりも柔らかく感じて美味しかったです。

2010_0318画像0018
たっぷりのあしたばの天ぷらは、とても大きな葉が1枚分です。
衣が薄くてパリパリとしているので、適当な大きさにちぎりながらいただきました。
あしたばらしいのクセはほとんど感じなかったです。
天ぷらがあると、ソバつゆにもその美味しさが移って、おうどんがさらに美味しくなりました。
ただ、天ぷらのボリュームがかなりあるので、食べている途中、ちょっと油のしつこさを感じました。
先輩の方は、午後になってから少々胃に来たと言っていました(笑)。


お会計のときに持参したクーポン券を出したので、当然ながら次回のサービス券はいただけませんでした。
こちらのお店はおうどんだけでなく鶏の唐揚げも名物料理のようで、運ばれているのを見たらものすごいボリュームでした。
次回は明太子クリームうどんにするか、鳥唐定食にするか、今からとても悩ましいです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[定番メニュー]
小ぶり天丼とごまだれざるうどん定食 (2009年9月16日
辛味噌煮込みうどん定食 (2009年10月19日
トマトカレーうどん (2010年1月20日

[季節メニュー]
あしたばの天麩羅うどん (2010年3月18日


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2010年3月18日訪問時お店DATA
********************************
四ッ谷 胡桃屋 (くるみや)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 松山ビル1階
TEL&FAX 03-5312-1091
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 無休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/08 09:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
【ランチ休業】 ペルー料理 メキシコ料理 南米料理 ROMINA  @四谷
2013年9月10日追記

その後、「ロミーナ」はランチ営業をやめています。

********************************

2010_0317画像0014
2010年3月17日は上司がランチタイムに不在だったので、先輩と外へ食べに出ました。
前回外出した時は市ヶ谷にある「中國飯店 市ヶ谷店」に行ったので、この日は四ッ谷方面に出かけました。

歩いている途中、水曜日だったことに気付いたので、水曜日と金曜日しかランチをしていない「ペルー料理 メキシコ料理 南米料理 ROMINA(ロミーナ)」へ行くことにしました。お目当ては以前見かけた日替わりのペルーカレーです。もし違うメニューならば「胡桃屋」へ行くつもりでした。

2009_0117画像0122
こちらは古い写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、少し行った右手に第43東京ビルがあります。

2009_0617画像0094
こちらも古い写真です。
このビルには飲食店がたくさん入っていて、
地下1階には2009年1月13日2009年6月16日2010年2月16日に訪問した「牛・豚・もつ 四谷精肉店(よつやせいにくてん)」、
1階には2008年10月6日2009年10月29日に訪問した「焼鳥 RYOMA(りょうま)」、
3階には2007年7月11日に訪問した「SALSA CABANA 四谷店(サルサ カバナ)」
があります。

2009_0117画像0118
こちらも古い写真です。
第43東京ビルは2008年に改装したため、とてもキレイです。

2009_0617画像0096
こちらも古い写真です。
「ロミーナ」は、2009年前半?ぐらいからランチ営業を始めるようになりました。

2010_0217画像0032
こちらも古い写真です。
前回訪問したのが2010年2月17日だったので、ちょうど1ヶ月ぶり、3回目の訪問です。

2010_0317画像0029
「本日限定」と書かれていますが、前回のランチでもありました(笑)。

2010_0317画像0030
ビルの入口に出ているメニューを見ると、この日の日替わりランチは「南米カレー」。
食べたかったペルーカレーとは微妙に違います(笑)が、入店することにしました。

2010_0317画像0032
ランチタイムは禁煙です。

2010_0317画像0033
以前は、ランチタイムの営業日が一応水曜日と金曜日に決まっていたものの、やっていない日もあったのでスケジュールをチェックしなければならなかったですが、最近は毎週ちゃんと営業しているようです。

2009_0617画像0227
2階の左手にお店の入口があります。

2009_0617画像0223
2階へ続く階段を登っていくと、各国の国旗が飾られていて、とっても華やか。

2009_0617画像0222
お店の入口にもランチメニューが出ていました。

2009_0617画像0196
店内はこぢんまりと左右に細長くのびてテーブル席がズラッと並び、右手奥に厨房があります。
先客は一組だけでしたが、男性一人客が2組含めて段々と人が集まり、ほぼ満席になりました。

2009_0617画像0195
あちこちに原色の色鮮やかなものが飾られ、とっても華やかです。
ただし、窓には国旗などがたくさん貼り付けられているので、太陽光はあまり入ってきません。

2009_0617画像0221
壁には夜のメニューが貼られています。
店員さんは、厨房に一人、フロアに一人、合計二人です。
この日初めてフロア担当が男性スタッフで、にこやかで穏やかな接客でした。
「どこでもどうぞ~。」と言われたので、ほぼ定位置と化している窓際の二人席に着席。

2009_0617画像0161
テーブルはこぢんまりとしていますが、民族衣装でよく見かけるようなオシャレで華やかなデザインの布地をテーブルクロスにしていました。とってもステキ!

2010_0217画像0018
窓ガラスに貼られた国旗の隙間から外を少しだけ見えます(笑)。

2010_0217画像0017
右斜め前に見える四谷小川ビルには、
1階には2007年6月22日に訪問した「政吉そば」が、
2階には2009年7月6日に訪問した「中華居酒屋 三百宴 四谷店」が、
それぞれ入っています。

2009_0617画像0159
ランチメニューはこちらです。
全てのメニューにおかわり自由のコーヒーかマテ茶をつけることができます。

2009_0617画像0160
メニューは全部で3種類、お値段は600円~800円で、飲み物付きならばお手頃です。

2010_0317画像0001
この日の日替わりメニューは「南米カレー」でした。
お目当てだったペルーカレーとは微妙に違いますが、アンデスのスパイスとマカで煮込んだカレーとあったのでもちろん、注文。

2010_0317画像0005
店内右手奥、厨房の手前にドリンクバーがあり、コーヒーとマテ茶が置いてあります。

2010_0217画像0010
こちらは古い写真です。ピンぼけですみません(汗)。
ドリンクとデザートはセルフサービスです。

2010_0317画像0007
マテ茶の種類は日によって違います。
この日は「アニス」という種類で、食べ過ぎたときにいいそうです。私向き?(笑)。
お恥ずかしい話ですが、マテ茶に種類があるとは「ロミーナ」で初めて知りました。

2010_0317画像0008
コーヒーは深煎りブラジルコーヒーです。

2010_0317画像0009
本日限定のデザートサービスは、アンデスパワーのマカ入りケーキ。
数量限定なので、一人一つまで。

2010_0317画像0010
ピンぼけ写真ですみません。(汗)。

2010_0317画像0011
なくなっちゃうと困るので、食事前にゲットしておきました(笑)。

2010_0317画像0012
小物のプレゼントがありました。
手にドリンクやケーキを持っていて、あまりちゃんと見られずに残念。

2010_0317画像0022
先輩も私も南米カレーを注文。
サラダだけがすぐに出てきました。
レタスの千切りに、赤パプリカのみじん切りとパセリがトッピングされています。
さっぱり系のドレッシングがかかっていて、とても味なじみがよかったです。


日替わりランチ「南米カレー」 (800円)
2010_0317画像0015
私がドリンクバーの辺りをウロウロしているうちに、カレーが到着していました。
先輩、お待たせしてすみません(汗)。

2010_0317画像0016
カレーを入れたお皿はは原色系のデザインでカラフルに彩られた大きな平皿でした。
手前側にこんもりとご飯を丸く盛り上げ、その周りにカレーがたっぷりと敷き詰められています。

2010_0317画像0023
「アニス」という名の本日のマテ茶は、やや黄色みがかった透明です。
ほんのり漢方のような香りがしましたが、飲んでみるとそれ程癖はありませんでした。
カップの形がそれぞれ微妙に違うのがわかるでしょうか?(笑)。

2010_0317画像0019
相変わらず、全体的にカラフルで立体的なお料理。
見ているだけでワクワクします。

2010_0317画像0018
ご飯の上には、ジャイアントコーンでしょうか、大きな豆?のようなものが数粒のっています。
これだけで食べてみると、煎ってあるのかとても香ばしく、カリカリっとした食感でした。
ちょこっと塩・胡椒をふれば、このままビールのあてになりそう。

2010_0317画像0021
カレーの具は、鶏肉、タマネギ、ジャガイモ、ニンジンが小さくカットされていて、グリーンピースも入っていました。
さらっとした黄色っぽいルーは旨みがあるけれどもさっぱりとした口当たりですが、見た目以上にしっかりと辛いです。美味しい!

2010_0317画像0025
ボリュームは普通だったかな~と思いましたが、結構ご飯の量はあったようで、午後になってからかなり満腹感がありました。

2010_0317画像0024
マカ入りケーキには、細いラインでチョコレートがかけられています。

2010_0317画像0026
デザートのために、マテ茶を飲み干し、コーヒーをいただきました。

2010_0317画像0027
しっとりとしたパウンドケーキという感じで、程よい甘さで食べやすく、素朴で懐かしい味です。

2010_0317画像0028
深煎りブラジルコーヒーは熱々で、すっきりとした味わいです。


次回こそはペルーカレーを食べて、南米カレーとの食べ比べをしたいです。
ディナー訪問もぜひとも行ってみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 ペルーランチ (2009年6月17日
 ファヒータ (2010年2月17日
 南米カレー (2010年3月17日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のメニューです↓
2010_0217画像0004

2009_0617画像0155

2009_0617画像0156

2009_0617画像0157

2009_0617画像0158

2009_0617画像0162

2009_0617画像0163

2009_0617画像0164

2009_0617画像0165

2009_0617画像0166

2009_0617画像0167

2009_0617画像0168

2009_0617画像0169

2009_0617画像0170

2009_0617画像0171

2009_0617画像0172

2009_0617画像0173

2009_0617画像0174

2009_0617画像0175

2009_0617画像0176

2009_0617画像0177

2009_0617画像0178

2009_0617画像0179

2009_0617画像0180

2009_0617画像0181

2009_0617画像0182

2009_0617画像0183

2009_0617画像0184

2009_0617画像0200

2009_0617画像0201

2009_0617画像0202

2009_0617画像0203

2009_0617画像0204

2009_0617画像0205

2009_0617画像0206

2009_0617画像0207

2009_0617画像0208

2009_0617画像0209

2009_0617画像0210

2009_0617画像0211

2009_0617画像0212

2009_0617画像0213

2009_0617画像0214

2009_0617画像0215

2009_0617画像0216

2009_0617画像0217

2009_0617画像0218

2009_0617画像0219

2009_0617画像0220


2010年3月17日訪問時お店DATA
****************************
ペルー料理 メキシコ料理 南米料理 ROMINA (ロミーナ)
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-27 第43東京ビル2階
Tel&Fax 03-3226-6608
営業時間 
[ランチ]  水曜日・金曜日の11:30~14:00(L.O.)
[ディナー] 17:00~24:00(L.O.23:00) 
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/07 09:00】 | メキシコ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 SUBWAY 四谷店  @四谷
2015年12月28日追記

DSCF4116 (480x360)
2015年12月21日の朝、所用あって郵便局に行ったら、「サブウェイ」が2015年10月29日に閉店していることに気付きました。

*******************************

9月第1週が過ぎたというのに、この暑さ!
1ヶ月前と何ら変わらないです(汗)。
今週も暑さを堪えてがんばりましょう☆

2010_0316画像0009
2010年3月16日のランチは、ちょうどお昼前に郵便局に行く用事のあった先輩が独断でお弁当を買っちゃうことにしました。上司には事後承諾です(笑)。
ダイエットを兼ねて少し軽めのものにしようということで、久しぶりに「SUBWAY(サブウェイ)四谷店」に行ってきてくれました。

あらかじめ、「サブウェイ」の公式HPでメニューをチェックしていたら、ネットクーポンを発見。
サンドウィッチ2つとポテト2つで1,000円というペアポテトセットを活用することにしました。

2009_0703画像0021
JR・地下鉄四ッ谷駅を出て外堀通りの交差点を渡り、右手に進むと店舗があります。
前回こちらでランチしたのが2009年6月26日だったので、約9ヶ月ぶりです。

2009_0703画像0022
先輩はネットクーポンを使っての購入にかなり苦労しました。
先輩と私の分はペアポテトセットでサンドイッチを買ってラップメニューを追加注文し、上司は普通のスープセットにするつもりでした。
ところが、このクーポン券はラップメニューも対応していたようで、店員さんがポテトを5つも用意してしまったので、店員さんにラップメニューがクーポンで買えることを知らなかったこと、ポテトは3つだけ必要だったことを伝え、商品を揃え直してお会計をやり直し、お店を出ようとしました。
その時レシートを見たら、なんとセットメニューではなくすべて単品で精算されていることに先輩が気付き、再度レジに戻りました。結局、担当していたレジの方はクーポンの入力がよくわからず、店長さんと覚しき女性の店員さんが替わって対応したそうですが、その店員さんはむすっとした表情でほとんど何も話さず、先輩もさすがにちょっとむかついたそうです。

最初にケチがつくと最後までうまくいかないようで、結局、事務所に戻ってからにもう一度レシートを見直したら、上司の分としてオーダーしたスープセットは、料金を取られているのにスープがない。単品も、ラップメニューではなくサンドイッチでオーダーになっていました。
お金を多く支払った形になりましたが、お店との対応も面倒だったので、そのまま食べました。

2010_0316画像0001
この日私が買ってきてもらったのは、ローストビーフのサンドイッチとトーストラップのケイジャンチキンラップとポテトです。

2010_0316画像0002
最初にポテトをいただきます。

2010_0316画像0003
「サブウェイ」のポテトは揚げずにオーブンで仕上げているとのことで、従来のフライドポテトよりもなんと50%もカロリーダウンされているそうです。
味付けは4種類あったので、私はピリ辛バーベキュー味を選択。


オーブンポテトS (単品170円、この日はペアポテトセットで購入)
2010_0316画像0008
大きなサイズのカットですが、さっぱりと食べられます。
写真がありませんが、ピリ辛バーベキュー味のソースは、トマトソースの味わいがしっかりと感じられて美味しかったです。

2010_0316画像0006
オーブンポテトをつまみながら、ケイジャンチキンラップへ。

2010_0316画像0007
あまりサブウェイを利用したことがないので、サンドイッチ以外のメニューを食べるのは初めてです。
ケンタッキーのツイスターのようなこんなメニューが出ていることも知りませんでした(汗)。


トーストラップ[ケイジャンチキンラップ] (390円)
2010_0316画像0011
トーストラップは、ラップをこんがりと焼き上げているシリーズです。

2010_0316画像0012
しっかりと下味の付いたケイジャンチキンのお肉はとても柔らかく、ボリュームたっぷり。

2010_0316画像0013
チーズもとろけて、とても美味しかったです。
皮の部分(トーストラップ)はやや固めでした。

2010_0316画像0004
包み紙は全て同じデザインです。

2010_0316画像0005
裏に貼ってあるシールで種類がわかるようになっています。


サンドイッチ[ローストビーフ] (単品520円、この日はペアポテトセットで購入)
2010_0316画像0009
最初は別のメニューを食べようと思っていたのですが、ネットクーポンのセットでどのサンドイッチでも合計1,000円になるなら、どうせなら一番お高いものを、という卑しい発想によりローストビーフに変更(笑)。

2010_0316画像0014
メニューを見ていたら、ローストビーフは意外にカロリーが低いことが判明。
赤身だからでしょうか。
トマト、レタス、ピーマン、タマネギ、オリーブなどいろいろな具材が入っていて、味わいが複雑で食べ飽きません。

2010_0316画像0015
ドレッシングはオススメの赤ワインビネガーでお願いしました。
この日は店員さんがやたらと気前よくかけてくれたようで、気をつけて囓らないといろいろな方向にピューピューと飛び出してしまい、大変でした(汗)。
食べるのが下手なのかな、、、。

先輩は人気ナンバーワンメニューのえびアボガドのサンドイッチを注文。
食べる前にパンを開いてみたら、中の具材のボリュームが少なかったのでガッカリしていました。
先輩の方もやたらとドレッシングがかかっていて、ワサビが効きすぎだったそうです。

この日のお会計は890円。
メニューは美味しくておなかも一杯になりました。
またほとぼりが冷めたら買いに行くつもりです(笑)。


メニューです↓
2009_0703画像0012

2009_0703画像0013

2009_0703画像0014

2009_0703画像0015

2009_0703画像0016

2009_0703画像0017

2009_0703画像0018

2009_0703画像0019


2010年3月16日訪問時お店DATA
********************************
SUBWAY 四谷店  (サブウェイ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-6 佐奈ビル1階
電話&FAX 03-3350-9390
営業時間
[平  日] 7:30~21:00  
[土日祝] 9:00~19:00
定休日 無休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/06 09:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 和洋Dining居酒屋 Marsey Beat  @四谷
2011年11月9日追記

DSCF1830.jpg
2011年10月26日、久しぶりに三栄通りを歩いていたら、「マージービート」が閉店していました。
30年近く続いた老舗の「鳥せん」を大胆にリニューアルして再出発したのが2010年8月25日だったので、わずか1年ぐらいしか続かなかったようです。
ランチで鳥刺しが食べられる貴重なお店だったので、とても残念です。

DSCF1828.jpg
新しく出来た「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店は炭火焼きのお料理を出すそうで、ネットで調べたところ、このお店は2011年9月28日にオープンしたとのことです。
残念ながら、ランチ営業はやっていませんでした。

*******************************

今日は店名を変更し、リニューアルオープンしたお店の紹介です。
今週は新店紹介ウィークになりました(笑)。

2010_0827画像0031
2010年8月25日は上司が不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。

2010_0827画像0047
私は週末プラス夏休み2日間の4連休のお休みをいただいていてなんとなくふわふわした感じだったので、どこか遠くの新店へ行こう!という気持ちにはなれず、リハビリ的(笑)にお気に入りの「嘉賓」へ行くことにしました。
お店で出すようになった自家製ラー油を先輩がまだ食べていなかったからです。

2010_0827画像0052
JR四ッ谷駅から三栄通りの左側を歩き、少し行った先に第三鹿草ビルがあります。
ビルの前で、こんな看板を見つけました。

2010_0827画像0048
なんと、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん」がリニューアルオープンし、「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」と店名が変更していました。
スタッフも味も変わりませんが、店内が少しキレイになったそうです(笑)。

2010_0827画像0051
三栄通りは何度も歩いていたはずなのに、この界隈のビル改修工事が多いせいもあって、全く気付いていませんでした(汗)。
ちょうどこの日が「マージービート」に店名変更し、ランチ営業を始めた日でした。すごい偶然!
ちなみに、ディナーは7月29日からリニューアルオープンしていたそうです。

2010_0827画像0046
せっかくの機会なので、行き先を変更し、入店してみることに。
ちなみに、1階に最近居酒屋チェーンの「天狗」がオープンしましたが、ランチはやっていません。

2010_0827画像0045
階段を降りて右側に、お店の入口があります。

2010_0827画像0043
入口の前にある中庭?のような場所も、以前と違ってかわいく飾っていました。

2010_0827画像0044
夜のメニューが少し出ています。
基本的に「鳥せん」時代のメニューに新しいメニューを加えているようです。

2010_0827画像0014
店内は入ってすぐにカウンターがあり、細長く右奥にお店が広がっています。
内装は、店名どおり和風から洋風にキレイに模様替えし、かっこよくなっていました。
ただ、前もバリバリの和風の部屋なのに、ビートルズとかの洋楽系のポスターが飾ってあったのは覚えています。

2010_0827画像0015
一番奥にあったお座敷はなくなって、テーブル席になっていました。
個人的には、夜に訪問してガムテープで修繕した壁の前で一度飲んでみたかったです。残念。

2010_0827画像0016
奥の壁にはスクリーンがかかっていて、絶えずミュージックビデオが流れています。

2010_0827画像0017
入店すると8割程の人の入りで、私たちはカウンターすぐ奥の左手のテーブル席に着席しました。

2010_0827画像0001
卓上にはあらかじめお新香が置かれています。

2010_0827画像0018
レジのすぐ下には冷蔵庫がありました。
サラダが1つ、コケています(笑)。

2010_0827画像0019
冷たい麦茶が最初に出てきます。

2010_0827画像0020
お店は、フロアに親子らしき(?)おば様と若い男性、厨房に女性一人の3人で切り盛りしています。

2010_0827画像0003
ランチメニューは全部で4種類、お値段は700円から900円とお手頃です。
全てのメニューにおしんことみそ汁がつきます。
11月からは合鴨卵とじも始めるそうです。

以前のメニューに比べると、数を搾って鳥メニューだけになりました。
焼鳥がなくなり、洋風メニューが登場しています。

2010_0827画像0012
二人でとりさし定食を頼んだら1つしかないと言われ、先輩が唐揚定食に変更してくれました。
お茶などを飲みながらしばらく待っていると、店員さんから「すみません、とりさし定食は終わりでした。」と言われちゃいました(泣)。かなり時間が経っていましたが、気を取り直してチキングラタンを注文。

2010_0827画像0022
入店から20分経過し、ようやく先輩のお料理が登場。
そういえば、前回も結構出てくるのに時間がかかっていたのですが、その時は上司が一緒だからそれ程気にならなかったのを思い出しました。
その後出てきた私のお料理は、まずはサラダです。

2010_0827画像0024
生野菜はレタス、リーフレタス、ニンジン、水菜、タマネギ、キュウリなど種類が豊富。
最初からドレッシングがかかっています。

2010_0827画像0023
たっぷりの生野菜だけでなく、ポテトサラダも盛られていました。


チキングラタン(サラダ付) (900円)
2010_0827画像0030
登場したメインのグラタンはジュージューと音をたてていて、出来たて熱々!
メイン、サラダ、お味噌汁、お新香のセットです。

2010_0827画像0033
こちらのグラタンは、ルーから全て手作りだそうです。

2010_0827画像0034
グラタン用にタバスコをいただきました。

2010_0827画像0035
スープカップですが、中身は他のメニューと同じお味噌汁です。
かなり熱々で量もたっぷりとあり、猫舌の私は飲むのがかなり大変でした。
ワカメとタマネギが入っていたような気がします。

2010_0827画像0002
お新香は、タクアン、キュウリ、大根の3種類あり、量もたっぷり。
甘い味付けのタクアン以外はかなり塩味が強く、ご飯がない私は食べ終えるのも一苦労でした。
最初から卓上に置かれていたので、おそらく置き忘れがないよう、機械的に全てのテーブルに出しているだけのような気がするのですが、チキングラタンにはいらないのではないかと思いました。

2010_0827画像0036
熱々のグラタンは、小さめの容器に入っていてパッと見こぢんまりしているように見えますが、深みがあってたっぷりのボリュームです。
この日は猛暑で気温が35度以上でしたが、フーフーしながら少しずついただきました。

2010_0827画像0037
こんがりと焼かれたパン粉がとっても美味しそう。

2010_0827画像0042
スプーンがなくてフォークだけだったのでちょっと食べにくかったので、出来れば大きいスプーンが欲しかったです。
食べ終えてから写真を撮ったので、汚らしくてすみません(汗)。

2010_0827画像0039
グラタンはとっても具だくさん。
生のトマトはすごくさっぱりします。

2010_0827画像0040
鶏肉やマカロニも入っていました。

2010_0827画像0041
クリームは塩加減で軽い後味で、手作りらしい素朴な味わいです。


唐揚定食(とりせん風味) 800円
2010_0827画像0029
メインのほかは、私と同じく、ご飯、味噌汁、お新香のセットです。
お味噌汁からはすごく湯気が出ていて熱々でした。

2010_0827画像0028
こちらのメニュー、以前は「とりせん定食」という名前でした。

2010_0827画像0025
白くて深みのある四角いお皿に入れられた鳥唐は、ずいぶんオシャレな雰囲気です。
以前は一枚のお肉をまるまる揚げて大迫力でしたが、よくある鳥唐の形に変わりました。

2010_0827画像0026
唐揚げはボリュームたっぷりでおなかいっぱいになったとのこと。


時間がかなり押していたので、熱々のグラタンと格闘している私を残して、先輩が先に事務所に帰りました。
もうちょっとお料理が早く出てくるとうれしいです。
ボリュームたっぷりでおなかいっぱいです。汗もたっぷりかきました(笑)。
11月には合鴨卵とじが食べられるそうなので、また来てみたいです。


夜のメニューです↓
2010_0827画像0004

2010_0827画像0005

2010_0827画像0007

2010_0827画像0008

2010_0827画像0009

2010_0827画像0010

2010_0827画像0011


2010年8月25日訪問時お店DATA
***********************************
和洋Dining居酒屋 Marsey Beat (まーじーびーと)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル地下1階
TEL 03-3355-5600
営業時間 
[昼] 12:00~14:00
[夜] 不明
定休日 不明
JR・地下鉄四谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/03 09:30】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 Cafe,Restaurant,Bar Maccoy  @四谷/麹町
2013年3月15日追記

「マッコイ」は、私が訪問してしばらくしてから少しリニューアルしたようで、再訪の機会を窺っていましたが、2013年1月頃までに閉店したようです。

DSCF4203_20130312060710.jpg
この場所には2013年2月1日に「セカンドウインド 四ッ谷店」がオープンし、2013年3月6日にランチ訪問しました。

****************************************

観測史上最も暑い夏になりそうですが、9月に入ったと油断せず、
みなさま、くれぐれも体調にはご注意下さい。

本日も、この夏訪問した新店のご紹介です☆

2010_0820画像0014
2010年8月20日は、上司と先輩が夏休みで一人ランチでした。
前日行った「にくの匠 京乃」の隣がいつの間にか新店になっていたので、早速行ってみました。

2009_0724画像0035
こちらは古い写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を半蔵門方面に進み、麹町6丁目交差点を少し先に行ったところに日本工営ビルがあります。

2010_0820画像0032
1階には業務用スーパーの「肉のハナマサ 麹町店」が入っています。

2010_0819画像0109
日本工営ビルの地下一階は麹町サブロードと呼ばれ、飲食店などの店舗群になっています。
広い階段を降りて、地下に行きます。

2010_0819画像0111
麹町サブロードには飲食店が5軒入っていて、全てのお店でランチが出来ます。
このうち、
2008年4月2日に「中国大陸料理 桃李天下」
2009年7月23日に「ビアレストラン 麹町 メルサ」(閉店)
2009年8月24日に「割烹酒造 祭りや」
2010年3月29日に「とんかつ 酒彩処 じん家」、
2010年8月19日に「にくの匠 京乃」
へ訪問したことがあります。

2010_0820画像0031
新店の「Cafe,Restaurant,Bar Maccoy(マッコイ)」は、2010年2月3日にオープンしました。
階段の脇の壁に白と黒のツートンカラーのメニューが出ています。

2010_0820画像0025
地下1階に降りて左手にお店があります。
この場所には、2009年7月23日に訪問した「ビアレストラン 麹町 メルサ」がありましたが、いつの間にか閉店していました。

2010_0820画像0028
「マッコイ」のお店の正面には2009年8月24日に訪問した「割烹酒造 祭りや」があります。

集客が芳しくないのか、「京乃」も「マッコイ」も店員さんがお店の前に立って客引きをしていました。
どちらも新しいお店なだけに大変そうです。

2010_0820画像0026
「マッコイ」は、素材を活かした本格イタリアン&カフェバーとのこと。
モノトーンのラベルが貼られたワインボトルがたくさん飾られています。

2010_0820画像0029
お店の前に、ライトアップされた丸いボードにランチメニューが出ています。
こちらは定番メニューです。

2010_0820画像0027
定番メニューとは別に、その週のスペシャルランチのサンプルが出ています。
ランチだからですが、このサンプルだけ見るとイタリアンではなく洋食屋さんに見えちゃいます(汗)。

2010_0820画像0005
店内は、手前側のフロアと奥の部屋にわかれています。
入店したときは、半分ほどの人の入りでした。
内装は、色彩がモノトーンで、ややシャープな感じのデザインです。

2010_0820画像0007
左手奥の壁には大きな黒板が掲げられています。

2010_0820画像0006
夜のコースメニューです。

2010_0820画像0004
店員さんに一人だと告げると、左奥の壁際のテーブル席に通されました。
卓上に灰皿があるので、喫煙はオッケーのようです。

2010_0820画像0003
お水をいただきながら、メニューを検討。

2010_0820画像0001
ランチメニューは定番が4種類、週替わりが2種類で合計6種類、お値段は800円から1,200円です。
ご飯系メニューはライスのお替わりが出来ます。

2010_0820画像0002
コーヒー、紅茶、カモミールティーがホットもアイスもプラス150円でいただくことができます。
カモミールティが入っているのが珍しいです。

メニューがなかなか決められず、男性店員さんに「どのメニューがオススメですか?」と聞いたところ、「一番よく出るのはハンバーグです。」とのことだったので、ハンバーグを注文しました。

2010_0820画像0024
3種類あるソースも、同じく一番人気の特製デミグラスソースでお願いしました。


山形県牛肉100%ハンバーグ 特製デミグラスソース  (950円)
2010_0820画像0009
しばし待って、お料理が登場。
ハンバーグの入った器から、ジュウジュウと音がして湯気が立っていました。
メイン、サラダ、スープ、ライスのセットです。

2010_0820画像0011
スープにはキャベツとベーコンが入っていて、パセリを散らしてあります。

2010_0820画像0018
優しいコンソメ味で、量もたっぷり。

2010_0820画像0012
サラダは、リーフレタス、キャベツ、紫キャベツ、プチトマトが入っていました。

2010_0820画像0013
ドレッシングはかけてあります。

2010_0820画像0014
ハンバーグには、茹でたほうれん草、コーン、マッシュポテトが添えられています。

2010_0820画像0015
茹でたほうれん草はおそらく味付けはなくて、とてもさっぱり。
マッシュポテトはとてもクリーミーで美味しかったです。
油断して食べたら、底の方はずっと熱々だったのでしっかり火傷してしまいました(汗)。

2010_0820画像0016
コーンは甘かったです。

2010_0820画像0010
ご飯は、少なめをお願いしたかどうか記憶がはっきりしません(汗)。

2010_0820画像0008
卓上にあった箱を開けると、キュウリのお漬け物が入っていました。
かなり大きく大胆にカットされています。

2010_0820画像0020
せっかくなので、ご飯のお供にいただいちゃいました。

2010_0820画像0017
コロンと厚みのあるハンバーグはとっても美味しそう!

2010_0820画像0019
店員さんが料理を運んで来たときに「中はまだレアでピンク色です。」とおっしゃっていたとおり、ハンバーグの断面はキレイなピンク色。
チーズやソースがあまりかかっていないところを最初にいただくと、お肉はふっくらと柔らかくジューシーですが、あっさりとした優しい味わいでした。

2010_0820画像0023
お肉の味わいにデミグラスソースやチーズが加わると、程よいコクが加わって美味しい!です。
器のおかげで最後まで温かくいただくことができました。


全体的なボリュームは普通ですが、店員さんの対応も気持ちよく、美味しくいただけました。
先輩も誘って再訪し、別のメニューを食べてみたいです。


2010年8月20日訪問時お店DATA
*******************************
Cafe,Restaurant,Bar Maccoy (マッコイ)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町5-4 日本工営ビルB1F
TEL 03-6272-6548
営業時間 
[平日]11:30~15:00(L.O.) 17:00~21:30(L.O.) 
[土曜]11:30~15:00(L.O.) 
定休日 日・祝
地下鉄麹町駅から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/02 09:00】 | ハンバーグ | トラックバック(0) | コメント(5) |
【店名変更】 にくの匠 京乃  @四谷/麹町
2012年3月28日追記

DSCF7265.jpg
「にくの匠 京乃」は2011年の中頃にリニューアルして店名が「さかな処~肴・魚~ 京乃」に変更し、2012年3月7日にランチ訪問しました。

***********************************

熱帯夜が続き、日中の気温も体温並のままですが、今日からいよいよ9月です。
日暮れが早くなり、せみの声が少し減ってきているところに秋の近づきを感じます。
本日のエントリーも、昨日に引き続き、この夏訪問した新店情報です。

2010_0819画像0086
2010年8月19日は上司が夏休みだったので、先輩と外へランチを食べに出ることにしました。
前日のランチで「尾張の金蔵」へ行く途中、麹町サブロードに「にくの匠 京乃(きょうの)」という新店が出来ていたので、先輩に提案し、早速行ってみることになりました。

2009_0724画像0035
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を半蔵門方面に進み、麹町6丁目交差点を少し先に行ったところに日本工営ビルがあります。
1階には業務用スーパーの「肉のハナマサ 麹町店」が入っています。

2010_0819画像0109
日本工営ビルの地下一階は麹町サブロードと呼ばれ、飲食店などがたくさん入っています。
広い階段を降りて、地下に行きます。

2010_0819画像0111
麹町サブロードには飲食店が5軒入っていて、全てのお店でランチが出来ます。
このうち、
2008年4月2日に「中国大陸料理 桃李天下」
2009年7月23日に「ビアレストラン 麹町 メルサ」(閉店)
2009年8月24日に「割烹酒造 祭りや」
2010年3月29日に「とんかつ 酒彩処 じん家」、
へ訪問したことがあります。

2010_0819画像0110
新店の「京乃」の看板も出ています。
「京乃」は2010年7月26日にオープンしたそうなので、まだ開店から1ヶ月経っていませんでした。

2010_0819画像0108
階段を降りきったところの正面にお店があります。
この場所には以前少しお高めなイタリアンが入っていましたが、なかなか行く機会がないまま閉店してしまい、その後しばらく空いていた場所です。

2010_0819画像0106
「京乃」は、オーナーの京都(京料理)好きが嵩じて京都の祇園にある「にくの匠 三芳」の支店を出すに至った、、、という情報をネット上で以前見つけたのですが、現在は削除されててしまっているので間違っていたらごめんなさい。
京料理ですが、近江牛を使ったお肉系メニューをメインに出すという、ちょっと個性的なお店です。

2010_0819画像0073
入口にランチメニューが出ています。
定番メニューは4種類あり、お値段は900円から2,000円とかなりお高めです。

2010_0819画像0074
夏季限定メニューとして、近江豚を使ったものが1種類ありました。
近江豚という銘柄もあるんですね。

2010_0819画像0105
こちらは夜のメニューです。

2010_0819画像0104
店内はそれ程広くはありませんがほぼ真四角で、左に厨房とカウンター席、右にテーブル席が並んでいました。
シンプルですが落ち着いた雰囲気で、新店なのでどこもピカピカです。

2010_0819画像0075
入店して店員さんに2名だと告げると、しばし躊躇し、カウンター席に通されました。
二つある4人用テーブル席は両方とも空いていましたが、相席はしない主義なのか3人以上のお客様優先なのか、半分ほどの人の入りでガランとした雰囲気だっただけにちょっと残念。結局、最後まで4人席の一つは空いたままでした。

2010_0819画像0082
厨房の奥の壁に何やら木製の立派な扉が。備品置き? 食材置き場?
壁に埋め込まれているのが趣があります。

2010_0819画像0076
場所はどこでもいいと言われたので、私たちはカウンターの中央部分に着席。
最初にお水とおしぼりが出てきました。

2010_0819画像0077
店内ではメニューをまだ見ていないのに、店員さんから「ご注文は?」と聞かれました(汗)。
カウンターの上を探すと、手の届かない左端に一つ置かれていたので、店員さんがメニューを渡してくれました。

2010_0819画像0078
最初にサラダが出てきました。
焼き物のお皿がとってもステキ。

2010_0819画像0079
レタス、タマネギ、赤パプリカ、お豆腐などが入っていて、ドレッシングがかかっています。
このお豆腐、お豆の風味があって美味しかった。

2010_0819画像0080
黄色っぽいドレッシングはなんと酢味噌で、酸味があってとてもすっきりとした味わいです。
少し大きめにカットされたタマネギの苦みがとてもいいアクセントでした。

2010_0819画像0085
先に先輩のお料理が出て、すぐに続けて私のお料理が登場。

2010_0819画像0097
ご主人はお若いイケメンさんで、フロアスタッフも若い女性陣です。


近江牛 サーロインステーキ御膳 (2,000円)
2010_0819画像0088
せっかくの機会だったので、奮発して一番お高いこちらのメニューを注文。
メイン、お新香、ご飯、赤だしのセットです。

2010_0819画像0089
お新香はキュウリと大根の2種類がありました。
塩加減がよく、とっても美味しかったです。

2010_0819画像0091
ワカメとネギが入った赤だしは、京料理らしくとてもすっきりとした味わいでした。
お味噌の豆の風味を感じます。

2010_0819画像0092
ご飯は背の高い器に入っていました。
量はそれ程多くありません。

2010_0819画像0093
黒い四角形のお皿にもやしを敷いてその上にサーロインを並べ、ワサビが添えられていました。

2010_0819画像0095
サーロインはあらかじめ一口サイズにカットされていて、タレがかかっています。

2010_0819画像0096
もやしは下味がなく、さっぱりとしていました。

2010_0819画像0094
ワサビはすっきりとした辛さで、お肉の脂の口あたりをすごく軽くします。
とても美味しいので、たっぷりとのせていただきました。

2010_0819画像0099
それ程お肉の厚みはないですが、中はロゼ色でとってもキレイ。
口の中に入れると脂がフワフワととろけてしまい、とっても美味しい!!

2010_0819画像0102
食べてしまうのがもったいなくて、1枚1枚大切に口に運びました(笑)。


近江牛 リブロース網焼き御膳 (1,500円)
2010_0819画像0083
先輩はこちらのメニューを注文。

2010_0819画像0087
メイン以外は私のと全く同じです。

2010_0819画像0084
お肉に少しだけ臭みがあったのは残念だったけど、リブロースは美味しくてボリュームもたっぷりだったとのことです。

2010_0819画像0103
この日のお会計です。


全体的なボリュームは普通でお値段は少々お高いですが、とても美味しいお肉でした。
もう少し時間が経ってオペレーションが落ち着いたら、お肉好きの上司に教えてあげたいです。


2010年8月19日訪問時お店DATA
****************************
にくの匠 京乃 (きょうの)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町5-4 日本工営ビルB1F
TEL 03-6380-8388
営業時間 
[平日] 11:00~14:30 17:00~23:00(L.O.22:30)
[土曜] 11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 日・祝
地下鉄麹町駅から徒歩4分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/09/01 09:00】 | ステーキ | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる