お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店  @四谷/四谷三丁目
今日はいよいよ大晦日。一年最後の日となりました。
2010年を締めくくるにふさわしい、ゴージャスなお料理のお店でも紹介ししたかったのですが、残念ながら時間が取れず、時系列どおりの紹介です。
「シローズ」の中でも最安値に近いお弁当というこちらの記事は、ある意味で私らしいかな?

2010年も終わろうとしています。
今年も多くの方がこのブログに遊びに来て下さり、とてもうれしかったです。
よいお年をお迎えください。

****************************************

2010_0611画像0004
2010年6月10日は、午前中のお客様との打ち合わせが長引き、午後も早くから上司は出かけなければならなかったので、上司の断りなしで「お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店」のお弁当を注文しちゃいました(笑)。

2008_0907画像0044
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に進み、三つ目の交差点を越えた左側にある岡本ビルの1階にお店があります。

以前はJR四ッ谷駅の向かい側にあったグリーンマートという建物の地下に入っていましたが、グリーンマートの閉鎖に伴い、2008年7月8日から現在の場所に移転しています。
移転先は四谷三丁目寄りの立地なので私の事務所からは遠くなってしまい、最近は専ら出前をお願いしています。

2008_0907画像0043
新宿通りにこちらの看板が出ています。
岡本ビルには他にも幾つかのテナントが入っていますが、ビルの構造上、「シローズ」の場所は少しわかりにくいです。

2008_0907画像0046
「シローズ」の店舗は1階の一番奥にあります。
電話ではいつもとても丁寧な対応です。

2010_0611画像0001
11時30分頃注文したところ、届いたのは12時30分近く。
お昼近い注文とはいえ、1時間近くかかったので、これから注文するときには気をつけないと。

2010_0310画像0003
「シローズ」のお箸です。
お箸は不要だと伝えるのを忘れてしまいました(汗)。

2010_0611画像0002
前回「シローズ」に出前をお願いしたのは2010年3月10日だったので、3ヶ月ぶりです。

配達の方に領収書をお願いしたところ、「注文のときに言ってもらわないと渡せません。」と言われちゃいました。次回からはお箸は不要なことと領収書を忘れずにお願いしなければ!


のりから明太子弁当 (500円)
2010_0611画像0003
この日の夜は事務所で飲み会を予定していたので、せっかくのシローズでしたが、ちょっとボリューム少なめ系の「のりから明太子弁当」を注文。
先輩はもともと大好きなメニューなので、先輩も同じものにしました。

お弁当は、ご飯の上に大きな海苔が敷かれ、その上に鶏の唐揚げが2個、中央に卵焼き、右上にキュウリのお新香、右下にもやしのナムルです。
明太子の赤さが隠れちゃっているせいもあり、全体的なトーンがやや暗めです。

2010_0611画像0007
小さめの卵焼きはほんのり甘かったです。

2010_0611画像0008
お新香はキュウリの漬物です。

2010_0611画像0006
ナムルは豆もやし、ニンジン、山菜など、いろいろなものが入っています。
しっかりした味付けなので、ご飯が進みます。

2010_0611画像0005
鶏の唐揚げはしっかりと下味がついていて、お肉は柔らかくて美味しい。

2010_0611画像0009
海苔をめくってみると、ご飯との間に明太子が塗られています。
う~ん、美味しい。


全体的なボリュームはそれほど多くないですが、明太子やナムルでご飯をとても美味しく食べられて、私にとっても体重が気になる日のお気に入りのメニューです。


◆◇◆◇◆ これまで食べたメニューです。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

[お弁当]
おろしロースカツ弁当 (2007年10月1日
ヒレかつ弁当 (2007年9月6日
手ごねハンバーグ弁当 (2008年5月29日
鶏唐揚弁当 (2008年2月19日
わかめご飯弁当 (2008年2月1日
ヒレカツカレー (2007年7月18日
のりから明太子弁当 (2007年10月10日2010年6月10日
ハンバーグカレー (2007年12月19日
和風幕の内弁当 (2008年7月25日
洋風幕の内弁当 (2008年1月11日
ハンバーグ・唐揚弁当 (2007年8月2日
唐揚・エビフライ弁当 (2007年11月12日
焼肉・カニクリームコロッケ弁当 (2007年10月25日
そぼろ弁当 (2008年1月16日
お好み弁当 (2007年9月10日2010年3月10日
ハンバーグ&カニクリームコロッケ弁当 (2009年6月24日
日替り焼肉&鳥唐弁当 (2009年5月13日
日替り焼肉&カニクリームコロッケ弁当 (2008年12月1日2009年1月15日
わかめご飯弁当 (2008年2月1日
ビーフカレー (2008年12月18日
コロッケカレー (2008年10月1日
白身魚フライカレー (2009年4月1日2009年6月9日

~日替わり弁当~
日替り弁当 (2008年4月14日
日替りお魚弁当 (2008年10月8日
日替り焼肉弁当 (2008年4月23日

[パーティメニュー]
オードブル (2009年12月28日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2009_0117画像0151
こちらは古い写真です。
日替わりのお弁当を一週間分記載したチラシを入れてくれます。
お持ち帰りで600円以上のお弁当を買うと50円引きになるというサービスがありますが、
店舗が遠くなって買いに行けなくなってしまったので、とっても残念。

2008_1205画像0033
日替わりメニューの下にレギュラーメニューとサイドメニューが出ています。

2008_1205画像0034
二人分の出前をお願いすることもあるので、
配達をしてくれる合計金額が1100円以上とお安めな設定はとても助かります。


移転前にいただいているメニューです↓
メニュー7

メニュー6

メニュー5

メニュー4

メニュー3

メニュー2

メニュー1



2010年6月10日宅配時お店DATA
****************************
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-8 岡本ビル1階
TEL&FAX 03-3226-0407
営業時間 9:00~18:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/31 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(0) |
【閉店】 高級四川料理 九龍飯店  @市ヶ谷
2011年9月2日追記

 市ヶ谷で45年にわたり営業を続けていた「九龍飯店」は、2011年1月14日に閉店しました。
 市ヶ谷経済新聞の記事によれば、ご家族の介護に専念されるとのことです。
 まだまだ食べてみたいメニューがたくさんあったので、本当に残念です。

DSCF8857.jpg
 本日現在、ビルを少し改装したのかキレイになりましたが、まだテナントは入っていません。

***************************************

2010_0609画像0046
2010年6月9日は上司がお昼時に不在だったので、先輩と外へランチを食べに行きました。
この日は一日中雨が降り続き、時折激しい土砂降りだったので先輩から「近くのお店で食べましょう。」と提案されました。「六番館」「フィオーレ」「九龍飯店」を候補に挙げたら、先輩が久しぶりに「高級四川料理 九龍飯店(くーろんはんてん)」へ行きたいとのことで、早速行ってみることに。

入口

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、最初の角を右折して2軒目に第一星光ビルという古めかしいビルがあり、お店はその2階にあります。

看板

この地で40年以上営業を続けていて、現在のご主人は3代目というかなり老舗なお店です。

2009_0117画像0145
ビルの横に掲げられた看板には「高級四川料理 九龍飯店」とありますが、お店の前の道路に置かれている看板には「中華四川料理 九龍飯店」となっています。
ビルやお店の古めかしさといい、ランチのお手頃な価格設定からはあまりわからないのですが、ディナータイムは「高級」になるのでしょうか。

2010_0609画像0051
ビルの入口にメニューが出ています。

前回訪問したのが2009年1月14日だったので、約1年5ヶ月ぶり、3度目の訪問です。

階段

狭い階段をのぼる途中の踊り場の壁に、こんなプレートが掲げられていました。
お店は2階と3階にあり、2階はイス席です。
3階には行ったことがありません。

階段を上っていく途中、ちょうどサラリーマンのおじ様3人が降りてきました。

扉

2階にある入口は重厚感と時代を感じるものです。

雨の日だから空いているかな~と思っていたのですが、ぎっしり満席。
すれ違ったおじ様たちの席を片付けるまでしばしお店の入口で立って待っていました。

2009_0117画像0130
店内はそこそこ広いフロアですが、ぎっしりとテーブル席が並べられています。
天井もとても凝った造りになっています。

2010_0609画像0040
久しぶりに来たら店内の様子が少し変わっていて、中国製なのでしょうか、可愛らしい文房具などのグッズを販売していました。
グッズの多くはピンク色などの明るい色使いで、レースやフリルがたっぷりと使われるというメルヘン調なので、お店の老舗で重厚な雰囲気からするとちょっと浮いている感じです(笑)。

2010_0609画像0039
レジ横にもたくさん陳列されていました。

2009_0117画像0129
窓際の席には薄紙に包まれた紹興酒がずらりと並んでいて、なかなか壮観です。

2010_0609画像0038
こちらのお店は二人の時は四人席テーブルだと横並びに座って相席することになります。
この日も入口近くの四人席に男性客二人と相席にあり、先輩とは横並びに座りました。

2009_0117画像0126
最初にお水、おしぼり、お箸が出てきます。

フロアスタッフは女性一人なので、とっても忙しそうですが、人当たりがすごく良いです。

2009_0117画像0131
ボリュームばっちりのメニューが多いので男性客が多いですが、案外女性客も来ています。

2010_0609画像0037
以前に比べ、メニューの数が絞り込まれていました。
麺類が3種類、ご飯ものが3種類、合計6種類で、全て945円です。
この他に季節メニューで冷やし中華がありました。

四川料理の代名詞でもある麻婆豆腐や担々麺はなく、四川料理らしきものが見あたりません。
ディナータイムじゃないといただけないのでしょうか。


五目焼きそば(軟麺) (945円)
2010_0609画像0045
以前こちらのお店で見かけた真っ赤な麺メニューが食べたくて来たのですが、麺メニューが減ってしまい、いまあるメニューはいままで食べたことのあるものだけになっていました(泣)。
かなりガッカリでしたが、気を取り直して五目焼きそば(軟麺)を注文。

こちらのお店、お客さんが多いことを差し引いても、お料理が出てくるのに時間がかるので、メニューをこんなに減らしたのは時間短縮のためなのかな?と思ったのですが、それは全く違ったようで、相変わらずかなり待たされ、お料理が出てくるまで20分近くかかりました(笑)。

2010_0609画像0048
出てきた五目焼きそばは、たっぷりの五目餡がのせられ、下の麺が全く見えません。
五目中華丼だと言われても、外見では全くわかりません(笑)。

2010_0609画像0050
ピンボケですみません(汗)。
五目よりもたくさんの種類の具材が入っていて、キャベツ、ピーマン、青菜、タケノコ、黒キクラゲ、ハム、お肉などのほか、下の方からはウズラの卵や海老も出てきました。
お醤油色をした餡は、優しい甘みのある味付けで美味しかったです。

2010_0609画像0049
麺はパリパリとした感じではなく柔らかめなので、下から引っぱり出すのが一苦労でした(汗)。
ボリュームたっぷりです。
ずっと食べているとやや一本調子で飽きる感じがあったので、途中からお酢を回しかけたら、さっぱりとして味わいがずいぶん変わりました。


冷やし中華・海老
2010_0609画像0041
先輩は季節メニューの冷やし中華を注文。
海老と何か、二つからチョイスできます。

2010_0609画像0042
日本スタイルの色とりどりのトッピングではなく、たっぷりの海老とクラゲとキュウリの3種類のみが盛られていて、とてもシンプルです。

2010_0609画像0043
タレはあまり甘くなくて先輩には食べやすく、美味しかったそうです。
さすがに食べ終える頃には甘みを感じたそうです。


お客さんが1時近くになっても次から次へとやってきていました。
「九龍飯店」は、場所は駅から近いとは言え、やや死角になるような場所だし、店内の様子がわかりにくい2階にあり、相席だし、お料理の提供時間がかなりかかると思うと、この繁盛ぶりはすごいなと思います。

相変わらずのボリュームで、おなかいっぱいになりました。
次回はご飯系メニューを食べてみたいです。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです☆ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

九龍酸辣麺(九龍飯店特製麺)  (2007年9月13日
青椒肉絲麺 ピーマンと肉の細切りそば  (2009年1月14日
五目焼きそば(軟麺)  (2010年6月9日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2010年6月9日訪問時お店DATA
***************************
高級四川料理 九龍飯店 (くーろんはんてん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町2-15 第一星光ビル2階
TEL 03-3264-0090
FAX 03-3264-8433
営業時間 
[昼]11:30~14:00 
[夜]17:00~21:30 (L.O 20:45)
定休日 日・祝日 土曜日不定休
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/30 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Bistro a vin Le Fleur  @市ヶ谷
昨日は無事に仕事を終えることが出来て、今日から冬休みです。
ほおっておいた家事や年賀状作りなど、やることが山積みなのにいつもより寝坊してしまい、ブログのアップもだいぶ遅くなってしまいました(汗)。
今日も東京はとってもいいお天気なので、一日がんばりましょう☆

*************************************

2010_0609画像0011
2010年6月8日は、上司がお昼前に帰ってくるだろうと思っていたのに12時になっても戻らなかったため、12時ジャストに事務所を出て、先輩と一緒にランチ食べに出ちゃいました(笑)。
事務所に戻ってくるかもしれない上司と鉢合わせをしたくなくて、市ヶ谷方面へ。

前日は先輩の希望で中華料理の「嘉賓」でランチをしたので、この日は私の希望として「韓国料理か「フルール」がいい。」と提案したところ、先輩は「Bistro a vin Le Fleur(フルール)」をチョイスしました。

2008_0712画像0141
JR市ヶ谷駅を出て左折してお堀の橋を越え、外堀通りの交差点を渡り、右に進みます。
モスバーガーのある角を左に曲がって小さな路地に入り、すぐ右側にあるATビルという小さなビルの地下1階です。

モスバーガーの壁には「フルール」の看板が出ていました。

2010_0609画像0034
道路に出ている看板に、ランチメニューが出ています。
ランチはパスタ3種類とスープ1種類で合計4種類あります。
サラダ、お替わり自由のパン、ドリンクが付いて1000円です。

2010_0609画像0035
この日のパスタ3種類はこちら。
スープメニューは私知る限り、オープンしてからずっと同じです。

2008_1128画像0135
ランチメニューの看板の裏側に、夜のメニューが少し出ています。
お値段はなかなかお手頃です。
フォアグラエッグと生ウニのプリンがすごく気になります。

2008_0712画像0143
前回こちらに訪問したのが2010年4月14日だったので、約2ヶ月ぶり、4回目の訪問です。

2008_0712画像0138
こちらは古い写真です。
「フルール」は2008年6月10日午後5時30分にオープンしました。

2008_0712画像0140
地下一階にあるお店には、細い階段を下りていきます。

2010_0609画像0033
踊り場が多くて何度も折れ曲がってぐるぐると降りていくのでちょっと不安になりますが、階段そのものは壁が真っ白に塗られていて明るいです。

2010_0609画像0030
階段の途中には絵などが飾られています。
段々と装飾品が増えています。

2008_0712画像0114
店内は、右手がオープンキッチンのカウンターで6人程座れます。

2008_1128画像0113
左手はテーブル席が幾つかあって、とてもこぢんまりとした空間です。

2008_1128画像0116
カウンターの奥には、生ハムが置かれています。
うーん、食べたい!

2010_0609画像0003
カウンターの上の壁には、メニューの黒板やワインボトルが並んでいます。

2010_0609画像0002
全体的にシンプルですっきりと落ち着いたインテリアです。

2010_0414画像0006
こちらは以前撮った写真です。
カウンター席はこんな感じです。

この日は珍しく空いていたので、中央部分のテーブル席に着席
その後、あっという間に満席になり、相変わらずの人気です。

2010_0414画像0007
厨房に男性シェフが二人、フロア担当の若い男性一人、合計3人でお店を切り盛りしています。

2010_0609画像0001
ランチメニューはパスタ3種類とスープ1種類で合計4種類あり、サラダ、お替わり自由のパン、ドリンクが付いてお値段が1000円です。
3種類のパスタはいろいろと内容が変わっていますが、スープはいつも同じです。


サラダ
2010_0609画像0006
まずはサラダが登場です。
サラダとパンが小さめのお皿にワンプレートで出てきます。

2010_0609画像0008
パンは温めてありません。
皮はパリパリ、中はふっくらです。
パンのお替わりは自由で、店員さんも声がけしてくれます。

2010_0609画像0009
サラダはいつも同じ定番です。
葉物にゆで卵入りドレッシングをたっぷりとかけて、ラディッシュの薄切りを2枚あしらっています。
緑、黄色、赤の組み合わせで鮮やかな色合いです。

2010_0609画像0010
このドレッシングは卵のコクと旨みがあり、しっかりとした味付けで私は大好きです。
パンにのっけて食べても美味しいです。


本日のパスタ C. 真アジ・ほうれん草・オリーブのトマトソース ペンネ (1,000円)
2010_0609画像0012
本当はスパゲッティが食べたかったのですが、真アジを使ったトマトソースというのに惹かれ、ペンネをチョイス。

2010_0609画像0013
真アジは、ニンニクをしっかり使っていて生臭さもなく、しっかりとお魚の味がします。

2010_0609画像0014
小さいですが、お魚の身も入っていました。柔らかです。

2010_0609画像0015
ペンネは程よい茹で加減で、むちっとした食感がたまりません。
ボリュームは普通です。

2010_0609画像0018
唐辛子もほどよく効いていて、美味しい!

2010_0609画像0019
食後のドリンクは、先輩がアイスティー、私はアイスコーヒーをチョイス。

2010_0609画像0004
卓上にお砂糖やガムシロップ、ポーションミルクが小さなカゴに入って置かれています。

2010_0609画像0026
コーヒーはブラック派なのですが、、、

2010_0609画像0027
朝からコーヒーばかり飲んでいるので、ミルクだけは入れました。

2010_0609画像0029
このお店の雰囲気のある照明とはどうもカメラの相性が悪く、なかなかキレイに撮れないのが残念。


この界隈のランチで、アサリやツナ以外のお魚系パスタって初めてのような気がします。
この日はパンのお代わりをしなかったこともあって、全体的なボリュームは少なめでした。
美味しいパスタをもっと食べたいので、パスタの大盛りという設定がぜひ欲しいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 4種お肉のペンネボロネーゼ (2008年7月8日
 スパゲッティカルボナーラ   (2008年11月28日
 海老・そら豆・タケノコのペペロンチーノ (2010年4月14日
 真アジ・ほうれん草・オリーブのトマトソース ペンネ(2010年6月8日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2010年6月8日訪問時お店DATA
******************************
Bistro a vin Le Fleur (ル・フルール)
〒162-0843 
東京都新宿区市ヶ谷田町1丁目1番地 ATビルB1
TEL&FAX 03-3260-3574
営業時間
[月~金] 11:30~15:00(L.O.14:30)
[月~土] 17:30~23:00(L.O.)
定休日 日・祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/29 12:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
毎日お天気ではありますが、かなりの寒さですね。
今年もあと少し、私の職場も今日の午前中でほぼ終わりです。
仕事が終わるかどうか、かな~り不安ではありますが(汗)。

記事が半年も遅れているので、年末もポツポツアップしていく予定ですが、
会社で見ていただいている方も多い(笑)ようなので、一応ご挨拶を。

今年も拙ブログに多くのアクセスをいただき、本当にありがとうございました。
特に12月は忘年会の関係か、一日に1,000人以上の方が遊びに来ていただいた日もたくさんあり、とっても嬉しかったです。
みなさま、よいお年をお迎えください。

******************************************

2010_0607画像0036
2010年6月7日は上司が不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
先輩に「何が食べたいですか?」と聞いたところ、「今日は韓国料理か中華料理が食べたいですね~。」という回答だったので、最近ご無沙汰している「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」に行こう!ということになりました。

前回訪問したのが2009年9月11日だったので、9ヶ月ぶりでした。

外観

JR四ッ谷駅を四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が何軒か入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」があります。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん」が、2010年7月29日からリニューアルオープンしたお店です。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、2010年10月13日に訪問した「テング酒場 四谷店」があります。

看板

こちらは以前に撮った写真です。
「嘉賓」は四谷界隈では老舗の有名店で、「カキそば」や「水餃子」などがグルメ本でよく紹介されています。

表看板
こちらも以前に撮った写真です。
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、その日の定食が何か、
自分の好きなメニューがあるかが事前に確認してからお店に入ることが出来ます。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

酒ケース

階段を登りきったお店の入口の前にはショーケースが置かれていて、お酒が並んでいます。

入り口

やや古めかしい店内にはテーブルがギッシリと並んでいて、奥には座敷があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

2008_0627画像0004
窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、
ちょっとしたお庭になっています。

2008_0627画像0003
卓上には中華風にデザインされた調味料入れやお箸立てが置かれています。

2009_0514画像0159
入店してみると、お店はほぼ満席。
レジの近くに立って店員さんの案内を待っていたら、一番奥にある厨房近くから、男性の店員さんが「席が空いているので、どうぞ~。」とおっしゃっていただいたのですが、相席のテーブルが幾つもあって、どこに座っていいのか、しばし呆然(汗)。うーむ、久しぶりの「嘉賓」らしさでした(笑)。

結局、レジのすぐ近くにある円卓に着席。

2010_0607画像0024
ランチメニューは14種類と種類が豊富です。
値段は700円~1500円と幅広いですが、そのほとんどが800円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0607画像0022
ディナーメニューも入っています。


エビチリ定食 (単品1,500円+100円=1,600円)
2010_0607画像0026
「嘉賓」には上司と一緒に来ることが多く、ずっと注文できなかった一番お高いメニュー「エビチリ」に100円プラスして定食で注文。それ程待たず、お料理が登場しました。

さすがエビチリ、お値段が高いな~と思っていたのですが、出てきたお料理を見てみると、定食と同じく、水餃子やデザートがついていました。
メイン、水餃子、お漬け物、スープ、ご飯、デザートのセットです。

2010_0607画像0030
ザーサイはお皿からはみ出るばかりに盛られていました。
薄切りながらもかなり塩気が強く、ご飯が少なめだったので、食べるのはかなり大変でした(汗)。

2010_0607画像0027
スープはボリュームたっぷり。

2010_0607画像0044
この日はやや濁っていましたが、さっぱり味でした。

2010_0607画像0028
ご飯は少なめでお願いしました。

2010_0607画像0032
定食と同じく、水餃子が2個ついています。
茹でたてだったようで、湯気が立ち上っていました。

2010_0607画像0029
餃子のつけダレは、最初から作られてお料理についてきます。
味はピリ辛でしたが、先輩のつけダレは、量がたっぷりとあったのに、まるで何かの汁で薄まってしまったような感じで、いくらつけても味が感じられなかったとのことです(汗)。

2010_0607画像0043
この日の水餃子はニラの風味を強く感じました。

2010_0607画像0033
エビチリは、お皿にたっぷりのエビが盛られていて、ボリューム抜群。

2010_0607画像0039
火を通してもなおかつ大きなサイズのエビを早速一口食べてみました。
うーん、解凍に失敗したのでしょうか、下味が薄くてあまり塩味がなく、水っぽい味わいでした。

2010_0607画像0040
先輩にエビを幾つかおすそ分けしましたが、感想はほとんど同じでした。

2010_0607画像0041
赤っぽいソースはあまり甘みはなかったのですが、味わいが薄めで、ネギなどの風味が一番強かったです。

2010_0607画像0045
デザートは定番の杏仁豆腐です。
小さめの器とは言え、あふれそうになるほどたっぷりと盛られています。

2010_0607画像0046
大きめにカットされた杏仁豆腐は甘さ控えめで、さっぱりとしていました。

2010_0607画像0048
杏仁豆腐に入っているこの日の果物はみかんです。


B定食[餃子2個付]なすとエビのうま煮 (1,000円)
2010_0607画像0034
先輩はこちらを注文。

2010_0607画像0035
写真がピンぼけですみません(汗)。
お互いのエビを交換して1匹いただきましたが、油で炒めたのか素揚げなのか、かなり旨みの詰まったエビで、とっても美味しい!
おなじ食材なのに、こんなに味わいが違うとは。

2010_0607画像0023
伝票はこんな感じです。


ほとんどのメニューが美味しい「嘉賓」でしたが、「エビチリ」はかなり残念でした。
久しぶりの嘉賓で、長年食べてみたかった宿題メニューだっただけに、ガッカリ感が強かったです。


~*~*~ これまでに食べたメニューです。 ~*~*~
香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
炒麺 五目やきそば (2007年6月27日
A定食[餃子2個付]なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
B定食 古老肉 スブタ (2008年3月21日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ (2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日


2010年6月7日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2F
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 11:00~14:00  17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/28 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
九州らーめん もとまる(元○)  @御徒町
かなり寒さの厳しい週末でしたが、みなさま、楽しいクリスマスを過ごされたでしょうか。
私は先輩が開催したブリパーティにお呼ばれし、壱岐から取り寄せた5キロのブリで、ブリしゃぶやブリのなめろうなどをたっぷりと堪能しました。美味しかった~。
今年もあと数日、体調を崩さぬようがんばりましょう!

2010_0607画像0007
2010年6月6日、午後から出かける予定があったので、通り道にあたる上野か御徒町辺りでラーメンを食べようという話になりました。
前から食べてみたかったせたがやグループの「大ふく屋 上野店」に行こうと思ったのですが、何やらお家騒動でもあったらしく、4月末で閉店していました(汗)。
以前食べてなかなか美味しかった味噌ラーメンのお店があったので、とりあえず見切り発車で出かけてみたら、松屋近くだけでも3軒もラーメン屋さんがあったので、その中で一番人が多く入っていて、個人的にも大好きな豚骨ラーメンの「九州らーめん もとまる(元○)」に入ってみることにしました。

2010_0607画像0018
JR御徒町駅の北口を左側に出て、広小路交差点に向かって進み、一つ目の交差点を右に曲がるとすぐ右手にお店があります。

2010_0607画像0017
「もとまる」は、株式会社ムジャキフーズが展開するお店のようです。
駅から近く、とても目立つ店舗です。

2010_0607画像0019
お店の基本は久留米ラーメンです。
とんこつラーメンが大好きな私は、そのルーツである久留米ラーメンも大好き。
いつか久留米に行ってラーメンの食べ歩きをする!という野望を持っています(笑)。

2010_0607画像0020
大きな資本でやっているお店らしく、味は醤油、塩、辛みなどなど、何でもあります。

2010_0607画像0006
店内は、左手にカウンター、右手にテーブル席が並んでいました。
イマドキのお店らしくウッディでオシャレな内装なので、場所柄もあるとは思いますが、カップルや女性同士、家族客などいろいろなタイプのお客さんが来ていました。

2010_0607画像0005
入口のすぐ右手に券売機があるので、食券を購入します。
基本の伝統的な久留米ラーメンに、焼アジ干しのダブルスープやら自家製醤油ダレを入れた醤味ラーメンもありましたが、まずは基本を食べようと思い、久留米ラーメンにしました。
ただ、せっかくの機会だったので、角煮ものっている少々お高い「特もとまる(元○)めん」を注文。

2010_0607画像0003
九州ラーメンらしく、麺の茹で加減をいろいろと選べます。

フロアスタッフは若い女性が一人でこなしていて、感じのよい接客でした。
厨房は男性二人で切り盛りしています。

2010_0607画像0001
店内は9割程埋まっていて、タイミングによっては人が並んでいました。
私たちはカウンターの一番左端に着席。

2010_0607画像0002
卓上には水に沈んだ生ニンニクが置いてありました。


特もとまる(元○)めん (880円)
2010_0607画像0007
しばし待って、ラーメンが登場!
券売機に貼られている写真とはかなりの違いを感じます(汗)。
トッピングはノリ、味玉子、角煮、メンマ、ネギです。

2010_0607画像0010
私のラーメンにのせられたノリは、1枚がほぼ沈没し、もう1枚はシワシワの状態(汗)。
連れのラーメンは受け渡しの時からレンゲがスープの中に入っちゃっていました。
店員さんは恐らく気付いていたでしょうけど、そのままでした。
レンゲは卓上に置いておけばいいと思うのですが。

2010_0607画像0011
メニュー写真とは違い、長ネギの緑色の部分はかなりちょびっとです。
メンマは細長でした。

2010_0607画像0008
味玉、半個はスープの中に沈んじゃっていました。
黄身がもう少しトロトロだともっと嬉しいですが、ほんわり甘みがあって美味しかったです。

2010_0607画像0009
角煮のサイズはそれほど大きくはなかったですが、、、

2010_0607画像0014
お肉がほどけるように柔らかく、少し甘みのある味付けがとても美味しかったです。

2010_0607画像0012
スープはとてもクリーミーですが後味はさっぱりとしていて、クセがなくて飲みやすかったです。

2010_0607画像0013
麺は細麺で、かために茹でられていてツルツルとしたのど越しです。
ボリュームは普通です。

2010_0607画像0015
食べている途中で、沈んでいたチャーシューを発見。
九州ラーメンらしく、少し歯応えがありました。

2010_0607画像0016
卓上に置いてあったので、紅ショウガと辛子高菜をいれてみました。 
スープに少しピリッとしたアクセントがついてよかったです。


少しお値段がお高めですが、場所を考えればこんなモノかなと思います。
味は悪くないのに、お昼時でお客さんが多くて忙しいからか、メニュー写真との落差が結構あったし、ラーメンが全体的に雑なつくりだったのは残念でした。


帰る間際、手前側にいた店員さんの前掛けが日本酒の「東一」のものであることに気付きました。
私が大ファンの「東一」。こちらのお店で飲めるのかな?
店員さんにお話を聞いてみたかったのですが、忙しそうでチャンスはありませんでした。


2010年6月6日訪問時お店DATA
************************
九州らーめん もとまる(元○)
〒110-0005
東京都台東区上野4-2-4
電話 03-5816-4371
営業時間 11:00~
定休日 無休
JR御徒町駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/27 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
カレーショップ アルー  @堀切菖蒲園
今日はクリスマスイブですね☆
楽しいイベントを企画している方が多いのではないでしょうか。
残念ながら私は年内に片付けなければならない仕事のため、残業確実です(汗)。
とても寒い一日になりそうですが、楽しい一日をお過ごし下さい!

2010_0605画像0131
2010年6月5日、「もつ焼 のんき」を出た後、シメのメニューを食べていなくもう一つ物足りなさがあったので、以前雑誌で紹介されて、とても気になっていたカレー屋さん「カレーショップ アルー」に行ってみることにしました。

2010_0605画像0136
京成線の堀切菖蒲園駅を出て大通りを渡り、右に進んで少し行ったところにお店があります。
黄色い看板と黄色い暖簾が目印です。

2010_0605画像0127
お店はこぢんまりとしていて、厨房を取り囲むカウンタースタイルです。
おばさまがお一人でお店を切り盛りしていました。

2010_0605画像0126
歴史のあるお店のはずですが、改装したのか、カウンターや暖簾はとても新しい感じがします。
壁にわんちゃんの写真が飾られていましたが、店主が飼われているのかな?

2010_0605画像0128
定休日は第1・第3水曜日です。

2010_0605画像0129
午後6時少し前の入店でしたが、先客はゼロ。
私たちはカウンターの左端に着席しました。

2010_0605画像0123
メニューはこちらです。
赤く書かれているメニューがオススメなのでしょうか。
飲み物にフィリピンのサンミゲールビールがあるのが面白いです。

2010_0605画像0124
調理をしていただいている途中、超大辛バージョンがあることに気付き、「今からでも辛さをお願いできますか?」と聞いたところ、「初めてのお客様には中辛までにしてもらっているんですよ。」と丁寧に説明されました。

2010_0605画像0130
卓上には福神漬け、らっきょう、桜漬け大根の3種類の薬味が置いてあり、取り放題です。


ソーセージカレー (840円)
2010_0605画像0135
連れは雑誌で紹介されていた「ソーセージカレー」を注文。
紹介されていた雑誌の写真と同じく、こんがりと焼かれたソーセージがズラリと並び、ルーにはジャガイモやニンジンやブロッコリーなどの野菜がたっぷりと入っていて美味しかったそうです。
こちらのルーはスパイシーではなく、家庭的な味わいだったそうです。


アルーカレー(中辛)生玉子 (680円)
2010_0605画像0131
私はこちらのお店の名物「アルーカレー」を注文。
「アルーカレー」には卵がついていて、ゆで卵か生卵かを選べます。
私は生卵でお願いしました。

しばし待って、アルーカレーが登場!
とても大きな平たいお皿に、ご飯が全く見えないぐらいルーがたっぷりと盛られていて、お皿のギリギリまでルーが来ているので、ちょっとでも動かそうとするとこぼれそう!

2010_0605画像0133
カレーのルーには大豆がたっぷりと入っていて、中央に生卵がトッピングされています。
ちょっと関西風かな?
私も個人的に大好きなので、自宅でカレーを作るときによく大豆を入れています。

2010_0605画像0132
ルーの色はかなり濃く、辛そうな雰囲気ですが、美味しそう。
まずは一口食べてみてビックリ。かなり鮮烈なスパイシー感があって、久々に痺れました。
唐辛子とかではなく、スパイスの辛さで、かなりの辛さですが、旨辛です!

おばさまから「中辛からいきなり大辛にするのではなく、中辛と大辛の間にも一段階あるので、少しずつ辛くしていくといいですよ~。」とアドバイスされました。
うーん、最上階を目指して、ここに通いたくなっちゃいました。

2010_0605画像0134
途中から生卵の黄身を崩してカレーと和えてみると、黄身の甘さをとても感じます。
味わいの変化を楽しめました。


ご飯の量が半端なく多くて、お昼のラーメンからずっと食べ続けていた私はさすがに降参。
連れに残りのカレーを託したのですが、二口三口食べたら、辛さにやられて「食べられない」と返されてしまったので、かなり苦しかったのですが、どうにか完食しました。
この記事を書くにあたっていろいろ調べたら、デカ盛り系のお店としても有名だそうで、納得です。


2010年6月5日訪問時お店DATA
************************
カレーショップ アルー
〒124-0006
東京都葛飾区堀切4-57-14
電話 03-3838-4151
営業時間 11:30~23:00
定休日 第1・3水曜日
京成線堀切菖蒲園駅から徒歩2分

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2010/12/24 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(5) |
もつ焼 のんき  @堀切菖蒲園
2010_0605画像0114
2010年6月5日、妻家房のキムチ教室終了後、堀切菖蒲園にある「もつ焼 のんき」に行きました。
下町居酒屋として著名なこちらのお店は、もつ焼きの中でも特にシロが美味しいことで有名です。
ずっと行ってみたかったお店で、ようやく念願が叶いました。

2010_0605画像0101
京成線の堀切菖蒲園駅を出て大通りを右に進み、平和橋通りにぶつかったら交差点を渡り、右に堀切5丁目商店街のアーケードがあるので平和橋通りを離れてまっすぐ進み、少し行った左手にお店があります。
地図を持参していたので、迷うことなく到着しました。

堀切菖蒲園の駅を降り立つと、四ッ谷と同じく、こちらも地元のお祭りをしていました。
夏祭りの時期なんですね~。
堀切菖蒲園って、町そのものはそれ程大きいわけではないですが、下町居酒屋やラーメン店で名を知られているところが多く、食べ歩きには楽しい場所です。

2010_0605画像0102
歴史のある大衆居酒屋らしく建物はかなり古めかしいですが、「のんき」をもともと切り盛りしていたご主人は既に亡くなくなり、このお店の味のファンだったお若い方がお店を引き継いでいるようです。

2010_0605画像0103
お店の入口が2箇所あるのには困惑しましたが、とりあえず奥の方から入ってみました。
午後5時開店ですが、5時10分ぐらいに入店。混雑を心配しましたが、先客は3、4人でした。
長いカウンターが2列あり、入口側が焼き場になっていて、奥側が厨房です。
なるほど、この構造だからお店の入口が2箇所あるんですね。

焼き場はとても若い店員さんが一人で担当していました。
お一人のせいか、焼き場が小さいせいか、焼き物が出てくるのに少し時間がかかります。

2010_0605画像0112
焼き場の上にもつ系メニューがずらり。
刺ものが多いのが生肉ファンの私にはとっても嬉しいです。

2010_0605画像0109
私はカウンターの一番右端に着席。
厨房のある壁の上にはドリンクのメニューが貼り出されていました。安い!

2010_0605画像0110
東京東部の下町居酒屋では、定番の飲み物はボールです。
ビールは高くて飲めません(笑)。
最近はハイボールブームですが、ウイスキーの苦みが苦手な私は下町居酒屋で飲む焼酎ハイボールが断然好みです。

2010_0605画像0111
店主さんはイマドキのイケメン男性で、昭和の風情が漂う古めかしい店内で、流行のラーメン屋さんのように全身を黒い制服で身を包んでいるのがちょっと違和感(笑)。


ハイボール (290円)
2010_0605画像0104
まずはハイボールで乾杯!
小さめのグラスにレモンの薄切りを浮かべ、氷を入れないスタイルです。

2010_0605画像0105
ほんのり甘くてすっきりとした口当たりです。
炭酸もほどほどなので、どんどん飲めちゃいます。
個人的に、氷を入れないハイボールは味が薄まらない利点があると思いますが、特に夏場なんかは早く飲まないとぬるくなっちゃうので、お酒が進み過ぎちゃいます(笑)。


れば刺 (360円)
2010_0605画像0106
刺し系メニューが充実しているので、まずはれば刺を注文。
味付けはゴマ油とお塩でいただきました。
少し厚めに切られたレバは、プリプリとした食感で甘みがあって美味しい。


たん刺 (360円)
2010_0605画像0107
たん刺の味付けは生姜醤油でお願いしたところ、最初からたっぷりと回しかけてあります。
薄切りですが、タンらしいコリコリとした食感はしっかりとあって美味しかったのですが、お醤油味が強すぎたのが残念。つけダレの方がいいかなと思いました。お酒は進みますが(笑)。


大根サラダ (240円)
2010_0605画像0108
大根サラダは、お皿は小さいですが、千切りの大根が山盛りになっています。
さっぱりとしていて、口直しにはぴったり。
とてもお得な一品です。

この頃からだいぶお客さんが増えてきました。


しろ (1皿4本 360円)
2010_0605画像0113
焼き物は、まずは最初にこちらのお店の名物しろを注文。
焼き物は1皿4本で、2本ずつの組み合わせもお願いできますが、あえてシロだけにしてみました。

2010_0605画像0114
焦げ目がいい感じにこんがりと焼かれ、薄い色合いのタレをまとっています。
食べてみると、焦げたところはカリッと香ばしく、中の部分はふるふると柔らかくて少し甘めなタレとあいまり、
口の中でとろけます。
こんなシロは食べたことがないです。評判通りの美味しさでとっても幸せ。


ハラミ刺
2010_0605画像0116
「本日入荷!」という言葉につられ、ハラミ刺を注文。
こちらも生姜醤油でいただきました。
必ずあるメニューではないようなので、ラッキー☆

2010_0605画像0117
小さめのカットですがやや厚めなので、お肉らしいむっちりと歯応えがありました。


かしら2本+はつ2本 (1皿4本 360円)
2010_0605画像0118
焼き物に戻り、カシラとハツを2本ずつ、塩味で盛り合わせてもらいました。

2010_0605画像0119
どちらもパーツがなかなか大きく、しっかりと噛み応えがありました。

2010_0605画像0120
お肉食べてる!って感じがします。


バイスサワー (350円)
2010_0605画像0121
飲み物のおかわりにバイスサワーを注文。
最初なかなか出てこなかったので、忘れられているなら諦めてお会計をしめちゃおうかなと思ったのですが、他のお客さんの注文で忙しかっただけようで、しばらくしてから出てきました。
梅酢をサワーにしたもので、酸味がきつくなく甘みも少なく、さっぱりして美味しかったです。

2010_0605画像0122
この日のお会計です。
二人で合計3,550円と、とってもお得でした。


個人的にはお店をはしごするよりも一箇所で落ち着いて食べたり飲んだりするのが好きなので、もつの刺し物と焼き物を思いっきり楽しめるものの、それ以外のメニューが少ないのはやや物足りなかったですが、もつは安くて美味しく大満足でした。

外に出てみると空気がひんやりとして気持ちよかったです。


2010年6月5日訪問時お店DATA
************************
もつ焼 のんき
〒124-0006
東京都葛飾区堀切5-20-15
電話 03-3601-4052
営業時間 17:00~22:00
定休日 水曜日
京成線堀切菖蒲園駅から徒歩5分

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2010/12/22 09:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
2010_0605画像0060
2010年6月5日は、私にとって2010年度上半期最初のキムチ教室でした。
教室の前に、恒例のラーメン屋さん巡りとして「麺屋 大勝軒 四谷三丁目店」で腹ごしらえ。
前回のキムチ教室は2010年2月20日だったので、約4ヶ月ぶりです。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大5人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。

2010_0605画像0097
この日は町内のお祭りで、「妻家房」も提灯をつるして参加していました。

2008_1025画像0017
妻家房のお店の中は、手前側で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われています。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、
中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きです。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

2010_0605画像0027
この日のメニューは、キムチが「えごまの葉のチャンアチ」、韓国料理が「たちうおとカボチャの煮つけ」です。


【 えごまの葉のチャンアチ 】
2010_0605画像0028
チャンアチは「~漬け」の意味で、キムチではなく漬物なので酸味はなく、キムチよりも長持ちするそうです。

2010_0605画像0029
とても大きくて立派なえごまの葉がたっぷり。
えごまの葉には砂があるので、半分に畳んだ状態でよくもみ洗いし、砂を落とします。

2010_0605画像0030
だし汁に使う煮干しです。かなり大きなサイズ。

2010_0605画像0032
定員25名のこのクラス、珍しく11名しか出席していなくてとてもゆったりと座れました。
柳先生が髪を切ってショートカットにしていて、イメージチェンジ。

2010_0605画像0034
最初にだし汁を作ります。
水に大きめにスライスしたニンニク、長ネギ、タマネギ、煮干しを加えて強火にかけ、沸騰したら中火で10分煮出して冷まします。
この日はあらかじめ準備してありました。

2010_0605画像0035
次にヤンニョンを作ります。
ボールにだし汁、醤油、砂糖、イワシエキス、唐辛子粉、ゴマを入れてよく混ぜます。

2010_0605画像0037
ニンニクは細かい千切りにします。

2010_0605画像0038
ショウガも同様に。

2010_0605画像0040
切り終わったらどんどんヤンニョンに混ぜていきます。

2010_0605画像0041
ネギは輪切りにします。

2010_0605画像0043
糸唐辛子はハサミでジョキジョキと切ってヤンニョンに加えます。

2010_0605画像0055
えごまの葉は2枚重ねてヤンニョンにつけます。
1枚ずつだとしょっぱくなるからですが、食べるのは1枚ずつです。
まずは茎をヤンニョンにひたし、それから全体に回しかけます。

2010_0605画像0060
えごまの葉を全て重ねたら、残ったヤンニョンを上からかけ回します。

2010_0605画像0089
お皿などをのせて軽く重石をして、タッパーに入れて保管します。

2010_0605画像0062
えごまの葉のチャンアチは作ったらすぐに食べられます。
ご飯にのお供にも美味しいですが、のりまきにいれてるととっても美味しいそうです。
冷蔵庫で1ヵ月保管できます。
タレが余ったら鍋の素にすると良いそうです。


【たちうおとカボチャの煮つけ】
2010_0605画像0064
この日の韓国料理はたちうおとカボチャの煮つけです。

2010_0605画像0065
カボチャと魚の一緒に煮るというのは初めてです。
野菜は大根やジャガイモでもいいそうです。

2010_0605画像0066
たちうおは一口大に切り、塩を軽く振って1時間置きます。
たちうお以外に、サンマやさばでも美味しいとのこと。

2010_0605画像0063
まずはヤンニョンを作ります。
ボールに醤油、コチュジャン、味噌、ショウガ、ニンニクを入れ、、、

2010_0605画像0067
さらに唐辛子粉を加え、よく混ぜ合わせます。

2010_0605画像0068
カボチャは皮ごと使うのでよく洗います。
煮崩れないよう、大きめに切り分けます。

2010_0605画像0070
赤唐辛子を太めの斜め切り。
赤唐辛子は辛くないです。

2010_0605画像0072
青唐辛子はかなり辛いです。お好みで。
赤唐辛子と同じく太めの斜め切りにします。

2010_0605画像0076
厚みのあるお鍋の底に、大きめに切ったカボチャを皮を下にして並べます。
お鍋は平たいものの方がいいです。

2010_0605画像0077
カボチャの上に太刀魚の半量を並べます。

2010_0605画像0078
太刀魚の上にヤンニョンの半量をのせます。

2010_0605画像0079
同じようにさらにカボチャを並べ、、、

2010_0605画像0080
半量の太刀魚と半量のヤンニョンをのせていきます。

2010_0605画像0081
ヤンニョンを入れていたボールに水を入れて残ったヤンニョンを溶かし入れ、具材にかからぬよう、鍋のフチから水を注ぎます。
フタをして鍋を火にかけ、沸騰したら中火で7~8分程煮ます。

2010_0605画像0082
長ネギを太めの斜め切りにします。

2010_0605画像0085
中の具材をいじらず、煮汁をそっとかけまわし、赤・青唐辛子と長ネギを加えます。
さらにフタをして最初は中火、その後は弱火にして汁気がなくなるまで煮詰めます。

2010_0605画像0086
時々フタを開け、煮汁をそっと全体に掛け回します。

2010_0605画像0087
これで完成!

2010_0605画像0094
楽しい試食タイムで~す!
私達が食べるお料理は上の階のレストランで作ってくださったものです。

2010_0605画像0095
ご飯のおかずだからと、柳先生のご配慮でご飯もいただいちゃいました。

2010_0605画像0090
いただきます☆

2010_0605画像0091
太刀魚はほろほろとほどけ、ヤンニョンの味がしっかりとしみています。

2010_0605画像0092
写真が赤くなってしまってすみません(汗)。
カボチャにもしっかりと火が入っていて、ほくほくです。
甘さはそれ程気になりませんでした。

2010_0605画像0096
この日作ったえごまの葉のチャンアチもいただきました。
ちょっと癖のあるえごまの葉に薬味がしっかりしみて、これだけでかなりご飯が進みます。


この日もどちらのお料理もとても美味しく、大満足でした。
私はあまり太刀魚に馴染みがないんですが、韓国料理にはとても頻繁に出てくるので、自分でももっと使ってみようかと思います。
圧力鍋で煮たら、骨ごと食べられるかな?


2010年6月5日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2010/12/21 10:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(2) |
麺屋 大勝軒 四谷三丁目店  @四谷三丁目
2010_0605画像0011
2010年6月5日は、2010年上半期初めてのキムチ教室でした。
その前に、恒例になっている四谷三丁目のラーメン屋さん巡りで腹ごしらえをすべく、JR四ッ谷駅から四谷三丁目に向かって新宿通りを歩いていました。

2010_0605画像0002
この日はちょうど町内のお祭りだったようで、ビルの谷間にある小さな公園でいろいろと準備をしていました。

2010_0605画像0001
公園の前の道路には、御神輿が鎮座。
サイズは小さいけど、とても立派です。

2010_0605画像0003
大きな太鼓もありました。
もっとぶらぶらしていたかったのですが、あまり時間がなくて残念。

2010_0605画像0022
当初、市ヶ谷経済新聞で紹介されていたラーメン屋さんの新店に行こうと思っていたのですが、わずか3日前の6月2日にShiraさんから「薫が閉店し、大勝軒が出来た。」というコメントをいただいていたので、急遽、「麺屋 大勝軒(たいしょうけん) 四谷三丁目店」に行ってみることにしました。

2010_0605画像0026
地下鉄丸の内線四谷三丁目の駅から四谷三丁目交差点に出て、外苑東通りを靖国通りに向かって緩やかに坂を下って行くと、左手にあります。
2008年1月18日に訪問した「ラーメン 大陸」のすぐ隣です。

2010_0605画像0024
この場所には、平成21年6月14日にオープンし、2009年9月5日に訪問した「らぁめん 薫」がありましたが、あっという間に閉店したようで、2010年6月3日に「麺屋 大勝軒 四谷三丁目店」がオープンしました。

2010_0605画像0010
12時少し過ぎの入店で、店内は9割程埋まっていました。
新店だからか、ビックネームだからか、「薫」に比べかなり人が入っていました。
お客さんはミドルエイジの男性が多かったです。

2010_0605画像0005
店内はかなり広く、カウンターとたくさんのテーブル席があります。
店員さんの数も多く、とても活気がありました。

2010_0605画像0004
私はカウンターの一番左端に着席。

2010_0605画像0006
メニューです。

私は今はなき東池袋の「大勝軒」には一度だけ行ったことがあり、もりそばを食べました。
その後、大勝軒の系列店ではつけめんばかり食べています。

2010_0605画像0007
麺類は全部で7種類もありましたが、まだオープンしたてで準備が整わないのか、4種類は「近日スタート」になっていました。

入店したときは「大勝軒」の系列店なのかと思っていましたが、「薫」が模様替えしただけのようで、置いてあるクーポンのチケットにはまだ「大勝軒」に変更になったことも記載されていなくて、「薫」のままでした(笑)。
「大勝軒」は支店?や系列店?がかなりたくさんあってそれぞれどのようなつながりになっているのか、かなりフリークな人でないとわからなくなってきていますが、このお店のように「大勝軒」という名前だけを売るようなスタイルもあるのかとビックリです。

2010_0605画像0008
全ても麺メニューは大・中・小の3種類のサイズから選べます。

「薫」もこの「大勝軒」も株式会社南京軒食品という製麺屋さんの直営店で、「元祖 札幌や」など姉妹店だけで都内に15店舗あります。

2010_0605画像0009
トッピングは10種類ありました。


大勝軒らーめん(にぼし)中(650円)+味付玉子(80円)=730円
2010_0605画像0011
とても暑い日だったのでつけ麺にしようか悩みましたが、やはり基本を食べようと思い、大勝軒らーめんの中サイズに味玉をつけました。

それ程待たずに、ラーメンが登場。
懐かしいビジュアルです。

2010_0605画像0012
海苔は大きなサイズのものが1枚ついていました。

2010_0605画像0014
メンマは太めのものが3本ほど。

2010_0605画像0019
柔らかな歯触りでした。

2010_0605画像0015
チャーシューはやや厚めです。

2010_0605画像0018
脂の部分はとろけ、お肉の部分は噛み応えがありました。

2010_0605画像0013
味付け玉子は半熟で美味しそうなビジュアルです。

2010_0605画像0020
トロトロの黄身が、とっても甘くて美味しかっ。

2010_0605画像0016
澄んだ醤油スープは、表面に脂があるせいか、器が運ばれてきたときには湯気が見えません。
すっきりとしたお醤油とにぼしのスープはとても優しくて、懐かしい味わいです。

2010_0605画像0017
中太で少し縮れた麺は、茹で加減が少々柔らかめだったのは残念でした。
ボリュームは結構ありました。

2010_0605画像0021
この日のお会計です。


優しく懐かしい味わいで、食べやすいラーメンです。
中毒性がない分、個人的にはちょっとはまれないタイプですが(汗)。

私が訪問したときは、オープンしたばかりなので営業時間は午後11時まででしたが、現在では朝5時までの営業になっています。


2010年6月5日訪問時お店DATA
************************
麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (たいしょうけん)
〒160-0006
東京都新宿区舟町7-1
電話 03-3226-4376
営業時間 11:00~05:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩3分
地下鉄都営新宿線・丸の内線曙橋駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/20 09:00】 | らぁめん | トラックバック(1) | コメント(3) |
なにわの元気酒場 感謝屋 麹町店  @麹町/市ヶ谷
今日は、2010年10月4日にオープンした「なにわの元気酒場 感謝屋(かんしゃや) 麹町店」の新店レポートです。

DSCF2858.jpg
2010年12月2日はお昼時に上司が仕事で不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
前日の水曜日に「鉄板焼ステーキ 六番館」のレディースランチを楽しんだ帰り道、2008年11月20日に訪問した「中華料理 東天楼」が閉店し、新たな中華料理屋さんがオープンしていることに気付きました。
三栄通りでも新しい和食屋さんがオープンしていて、どちらに行くか迷いましたが、この日は中華料理を食べたくて、麹町方面に出かけました。

DSCF2887.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を半蔵門方面に進み、信号を2つ過ぎてampmの少し先に、やや古めかしい大きな茶色いビルがあります。

DSCF2889.jpg
ビルの前に到着すると、「広東料理 大福酒家」という中華料理のほかに、「なにわの元気酒場 感謝屋 麹町店」という大阪名物料理を出すお店ができたことに気付きました。

たくさんの飲食店が入っているこの茶色いビルは「テシコ六番町ビル」という名前だと思っていたのですが、この記事を書いていて、「感謝屋」のビル名が「玉柳ビル」だということに気付きました。
この写真を見ると、確かに標識では左側がテシコ六番町ビルで、右側が玉柳ビルに分かれていて、一つのビルに見えますが、実は二つのビルがくっついているようです。

DSCF2885.jpg
当初中華料理を食べるつもりでしたが、大阪名物料理なんて珍しいと思い、「感謝屋」に入ることにしました。日本テレビ通りにお店の看板が出ています。

DSCF2886.jpg
後から記憶を辿ると、「六番館」からの帰り道、若い男性店員さんが「今日からランチ始めました!」と言っていたような記憶がぼんやりとありました。

DSCF2883.jpg
「感謝屋」は、大阪に本社のある株式会社やるねんという会社が展開する飲食店ブランドの一つで、公式HPによれば、「麹町店」とありますが、まだこの店舗のみのようです。

DSCF2884.jpg
店舗は2階にあるので、幅がとても狭く、やや急な階段を登っていきます。

DSCF2881.jpg
お店の入口です。
真っ赤な扉がとっても印象的。

飲食店がたくさん入っているこちらのビルですが、この場所は以前は飲食店ではなく、歯医者さんだったようです。

DSCF2882.jpg
入口の前にあるスペースにはイスが置かれ、チラシなどが置いてありました。

DSCF2890.jpg
「感謝屋」は2010年10月4日にオープンしました。

DSCF2891.jpg
夜は大阪名物料理の串カツや鍋料理などを楽しめるようです。

DSCF2834.jpg
店内はそれ程広くはなく、奥に向かってテーブルが並んでいます。
真新しい内装は、黒を基調にしているのでとても落ち着いた雰囲気です。

DSCF2851.jpg
黒い壁にはちょっとした名言?などが書かれていて、お料理が出てくるまでの時間潰しにはもってこいです(笑)。

お店は6割程の人の入りで、スーツ姿のサラリーマンばかりでした。

DSCF2835.jpg
私たちは中央付近のテーブル席に着席。
灰皿が置かれているので、喫煙オッケーのようです。

DSCF2837.jpg
串カツを出すお店なので、ソースの入った壺が置かれています。
もちろん、「二度付け禁止」です。

DSCF2857.jpg
フタを開けるとこんな感じでした。

フロアスタッフは若い男性です。

DSCF2836.jpg
箸袋はお店の看板と同じくビビットな赤です。

株式会社やるねんが運営する別ブランドの「新天地 鳥屋」は大阪と東京などに6店舗を展開しています。

DSCF2843.jpg
ランチメニューです。

DSCF2844.jpg
お料理は全部で5種類、お値段は700円から900円です。
ご飯のおかわりは自由です。

DSCF2842.jpg
「なにわの味」と書かれたカレーうどんは期間限定で700円。
もとがいくらなのか書かれていないので、お得感があまりありませんが、「今だけ!」という言葉にはやはりグラリときてしまいます(笑)。

DSCF2856.jpg
串カツかカレーうどんか悩みましたが、先輩も私も期間限定でお得なカレーうどんをチョイス。
まだまだ不慣れなのか、私たちが注文した時には先客にほとんどお料理が出ておらず、私たちのお料理が出てくる時も少し時間がかかりました。


なにわの味 カレーうどん (700円)
DSCF2859.jpg
うどん、サラダ、小鉢、お新香、ご飯のセットです。
うどんにご飯がついてくるのが、何だか関西チック?!

DSCF2869.jpg
サラダはキャベツの千切りにトマトの櫛切りが一つ添えられていました。

DSCF2868.jpg
小鉢はヒジキの煮物です。
ヒジキだけでなく、ニンジン、油揚げ、大豆と具だくさんでした。

DSCF2866.jpg
お新香はキュウリの柴漬けです。

DSCF2862.jpg
ご飯は小さめの器にこんもりと盛られていました。

DSCF2864.jpg
この写真だとカレーうどんが少なそうに見えますが、結構大きなドンブリです。

DSCF2865.jpg
刻んだ万能ネギが少しトッピングされていました。

DSCF2870.jpg
カレーは少し塩分強めに感じましたが、辛さもスパイスも程々で食べやすい味です。

DSCF2873.jpg
うどんはかなり柔らかめ。
小学校の給食で食べたソフト麺を思い出しました。

DSCF2874.jpg
鶏肉が入っていました。多分、胸肉だったような、、、。

DSCF2875.jpg
かなり大きな長方形のお揚げが入っていました。
カレースープにお揚げが入っているのは珍しいと先輩に話したら、「この辺が関西文化じゃないでしょうか。」とのこと。

DSCF2877.jpg
ご飯は途中ではほとんど食べず、麺を食べ終えたカレースープに投入!
メニューの左下に食べ方のオススメとして書かれています。

DSCF2879.jpg
スープが濃いめの味付けなので、おじやで食べるととっても美味しかったです。


全体的なボリュームは普通です。
おうどんがかなり柔らかめだったのが残念でしたが、次回は串揚げを食べてみたいです。


ディナーメニューです↓
DSCF2838.jpg

DSCF2850.jpg

DSCF2847.jpg

DSCF2848.jpg

DSCF2845.jpg

DSCF2846.jpg

DSCF2841.jpg

DSCF2839.jpg

DSCF2840.jpg


2010年12月2日訪問時お店DATA
*********************************
なにわの元気酒場 感謝屋 麹町店 (かんしゃや)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町3-11 玉柳ビル2F
TEL&FAX 03-6272-5526
営業時間 
[昼] 11:00~14:30
[夜] 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 無休
地下鉄麹町駅 徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/17 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【店舗営業終了 】 欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店  @四谷三丁目
2010_0604画像0003
2010年6月4日は午前中から始まった打ち合わせが長引き、ランチを手配することになりました。
年配の方もいらっしゃったので、先輩と私は「シローズ」のお弁当をすすめたのですが、上司が「オーベルジーヌのカレーがいい。」と言うので、「欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店」に出前をお願いしました。
私たちも一緒にオーダーするよう言われたので、ありがたくご一緒させていただきました。

外観

オーベルジーヌの店舗は、JR四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に進み、津之守坂入口交差点を越えて少し先に行った福島ビルの2階にあります。

「オーベルジーヌ」は20年以上も営業が続く老舗のお店で、四谷本店のほかデリバリー専門の三田店と銀座店があり、3日間かけて炒めたタマネギの甘みを感じる欧風カレーをいただけます。
マスコミにもしばしば取り上げられ、ロケ弁としてもよく使われるそうで、四谷本店はTBS、三田店はフジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京、銀座店は日本テレビと、店舗ごとの担当局が決まっていて、メニューに記載されています。

看板

ブログを始める前にランチでお店に一度訪問したことがありますが、市ヶ谷経済新聞の2010年4月5日付の記事によれば、2010年3月25日で店内の営業は終了し、現在はデリバリーとテイクアウトのみ継続していて、2010年10月中に新宿区内の別の場所に移転するとのことです。

2010年12月16日現在、新店舗の情報は見つかっていません。
2010年12月4日に通りかかったら、営業はしていませんでしたが、店舗はまだありました。

お店

夜の雰囲気はこんな感じでした。

前回こちらのお店のカレーを食べたのは2010年4月16日だったので、約2ヵ月ぶりです。

2010_0419画像0017
こちらは以前の写真です。

「オーベルジーヌ」は、電話での対応も配達の方も、どちらもとても丁寧な接客です。

2009_0624画像0004
11時50分頃電話したところ、いつもどおりのとてもご丁寧な対応で「30分か40分で届けられます。」と言われ、実際に30分で到着しました。
お腹が空いているので、予定時間どおりの到着はとっても嬉しいです。

2009_0624画像0005
ロゴマークは、とってもかわいくて色鮮やかなナスです。

バター

こちらも以前の写真です。
ジャガイモに塗るバターが添えられていますが、いつもダイエットも兼ねてここでは食べず、おうちに持って帰っています。

このところ、バターはプラスチックの容器ではなく、ナプキンやスプーンと一緒のビニール袋に入れられるようになりました。バターが潰れてしまう可能性もありますが、こちらの方がゴミが少なくていいと思います。

2010_0604画像0002
メニュー全制覇をしてしまったので、どのカレーにするか、ちょっとに迷いました。
基本に戻り、ソテーされたチキン美味しいのでチキンカレーを注文。


チキンカレー(1,260円)+大辛(105円)+チーズトッピング(210円)=1,575円
2010_0604画像0003
カレー、バターライス、ジャガイモのセットになっています。
本格カレーだから仕方ないとは思いますが、トッピングをつけているせいもあり、お値段はかな~りお高めです。

2010_0412画像0025
容器の左側にジャガイモ、右側にバターライスが入っています。
ご飯は温かです。

2010_0419画像0019
ご飯にはところどころバターがまぶしてあります。
ボリュームは普通からやや多めです。

2010_0604画像0005
茹でた(蒸した?)ジャガイモは、おそらくメークインだと思いますが、まるまる1個入っています。

2010_0604画像0010
カレー食べ始める前に、まずジャガイモの皮を全部むきます。
お腹が空いているときはこの時間がすごく長く感じられて、カレーの香りで余計に空腹が刺激され、早く食べたくてうずうずしちゃいます(笑)。

2010_0419画像0024
この日のジャガイモは皮がやけに毛羽立っていて、ちょっと皮が剥きにくかったです。
先輩と「お芋の種類を変えたのかな?」なんて話も出ました。

2010_0419画像0026
オーベルジーヌのカレーはいつも大辛で注文しているので、このジャガイモをいただくとお芋の甘みを感じ、とてもいい口直しになります。

ようやく準備完了。いただきま~す!

2010_0604画像0006
カレーのルーはパッと見、具材がほとんどないように見えますが、ちゃんと下に沈んでいます。
欧風カレーなのでしっかりとした甘みがありますが、大辛にしているので、最初はスパイスのしっかりとした辛さを感じて後から甘さがやってきます。

2010_0419画像0028
トッピングしたチーズはゴーダーチーズを二層に重ね合わせたというものです。
温度の問題もあるとは思いますが、トロトロととろけるタイプではなく、ちょっと囓れるぐらいのかたさです。

2010_0419画像0027
こちらのお店のカレーはもともとかなり甘めなので、ルーの温度が下がると甘みが増してしまって私には少々辛いです。
この日は少しぬるめだったので、わたしにはちょっぴりと甘かったのは残念。
でも、後からしっかりと辛さがやってきます。

2010_0604画像0013
表面をカリッと焼き上げられたチキンがとっても美味しい。
こんなにしっかりした味のルーなのに、それに負けずに香ばしさを感じられます。


海老カレー[辛口](1,260円)+チーズトッピング(210円)=1,470円
2010_0604画像0001
先輩は珍しく海老カレーをチョイス。
大辛口ではなく辛口だったので、甘さが少し気になったとのことです。


3年ぶりに食べたチキンカレーは記憶通りの美味しさで大満足でした。
2010年9月16日にあああさんから教えていただいた裏メニューの「奈々カレー」、次回ぜひともチャレンジしたいです。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです。全種類制覇しました! ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ビーフカレー  (2008年7月2日
ポークカレー  (2007年7月23日
チキンカレー  (2007年5月9日2007年5月21日2010年6月4日
チーズカレー  (2010年4月12日
海老カレー  (2008年3月14日
あさりカレー  (2009年6月18日
野菜カレー  (2009年7月7日
帆立カレー  (2009年1月27日
シーフードミックスカレー  (2007年11月6日2010年4月16日
コンビネーションカレー  (2007年9月18日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


メニューが新しくなりました↓ 
2010_0412画像0038

2010_0412画像0039

2010_0412画像0040

2010_0412画像0041

2010_0412画像0043

2010_0412画像0044

2010_0412画像0048

2010_0412画像0045

2010_0412画像0042

2010_0412画像0046

2010_0412画像0047

2010_0412画像0049

2010_0412画像0050

2010_0412画像0051


2010年6月4日宅配時お店DATA
****************************
欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3-1 福島ビル2階
TEL 03-3357-7418 
営業時間
(注文受付時間)  9:00~21:30
(配達時間)
  [月~土] 11:00~15:00 17:00~21:30
  [日・祝] 11:00~15:00 17:00~20:30
定休日 なし

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/16 09:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(4) |
【閉店】麹町 二葉鮨  @麹町
2016年10月14日追記

IMG_7088 (480x480)
「二葉鮨」は,2016年8月5日に閉店しました。

********************************

2010_0602画像0010
2010年6月2日は、我らが上司の??回目のお誕生日。 
この日はお昼前後がかなりタイトなスケジュールだったので、外へ食べに行くことができるかどうかわからなかったのですが、たまたま午前中の仕事が早く終わったので、上司をお祝いすべく、慌てて「麹町 二葉鮨(ふたばずし)」に電話を入れて席を予約しました。

続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/15 09:00】 | | トラックバック(0) | コメント(2) |
海鮮炭焼処 源や  @四谷
2010_0601画像0026
2010年6月1日は上司がお昼時に不在だったので、先輩とランチを外へ食べに出ました。
「魚が食べたい。」という先輩の希望により、当初2008年12月15日2009年11月9日に訪問した「海虎」を目指したのですが、「できればお刺身やお寿司じゃないお魚料理がいいなぁ~。」とのことで、しんみち通りの「海鮮炭焼処 源や(げんや)」へ行ってみました。

2010_0601画像0035
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを奥に進み、かなり奥まった場所の右手にお店があります。

2010_0601画像0036
お店の入っている建物は「ホテルニューショーヘイ」の1階にありますが、どちらも株式会社祥平館という会社が運営しています。
株式会社祥平館はこの他にもビルのテナントやセブンイレブン、ドトールの運営などなど、この界隈で手広く事業を行っているようです。

2010_0601画像0034
お店の外にはメニューのディスプレーがずらりと並んでいます。

以前食べたのがどんなメニューだったか全く思い出せないぐらいかなりのご無沙汰で、前回訪問したのが2007年7月2日だったので、約3年ぶりの訪問でした。

2010_0601画像0037
営業時間はこちらです。

2010_0601画像0038
毎週水曜日はランチタイムサービスがあり、お刺身定食950円がなんと300円引きの650円になり、メール会員の場合はさらに50円お安い600円です。

2010_0601画像0004
お店に入ってすぐ右手には3段になっている大きな生け簀があります。

2010_0601画像0001
左手手前にはショーケースがあり、お魚がズラリ。
お魚たちは、自らの運命を知らぬまま、颯爽と泳いでいます、、、。・

2010_0601画像0006
ショーケースの奥にはレンガを積み上げた大きな焼き場があり、おじさま店員が一人でお魚をさばいたり焼いています。

2010_0601画像0002
お魚が炭火で焼かれています。

2010_0601画像0005
おおぶりのホッケ、とっても美味しそう!

2010_0601画像0033
お店は奥に広がって席数はかなりありますが、いつもにぎわっているお店なのでこの日もお店に入ったすぐのところで少し待つことになりました。
「相席でもいいですか?」と聞かれ、左手中程の四人掛けのテーブル席に着席。

2010_0601画像0016
お茶をいただきながら、メニューを検討。

2010_0601画像0007
この日のおすすめメニューです。
お刺身は産地も表記されています。

2010_0601画像0008
ランチのグランドメニューはこちらです。

2010_0601画像0009
種類がかなり豊富で、とても迷います。

2010_0601画像0010
全て定食なので、150円引きで単品として注文できます。

2010_0601画像0011
2,000円と一番お高く、お店の名前を冠する「源や定食」を食べてみたかったのですが、残念ながら前日まで要予約でした。
ご飯のおかわりは無料です。

2010_0601画像0012
私は焼き場で焼かれていたホッケの大きさに目を奪われ、ホッケ定食を注文。
最初に小さなサイズの真四角のお盆にお新香と副菜がのせられて出てきました。

2010_0601画像0013
隙間があって寂しいので、お茶とおしぼりを置いてみました(笑)。


備長炭火の炉端ばた焼き ホッケ定食(北海道仕入) ご飯少なめ (850円)
2010_0601画像0025
焼き上がったホッケが登場し、最後にお味噌汁とご飯が出てきました。
メイン、小鉢、お新香、ご飯、お味噌汁のセットです。

2010_0601画像0015
お新香は大根や大根の葉(?)などの浅漬けにキュウリのお新香が混ぜられていました。

2010_0601画像0014
小鉢にはレタスが一枚敷いてあり、その上にやや大きめなクリームコロッケです。
ソースは最初からかかっていました。

2010_0601画像0032
このクリームコロッケ、冷めていてもけっこう美味しくてうれしかったですが、大きなホッケを食べ終えた後にはかなりなボリュームでした。

2010_0601画像0021
お味噌汁にはもやし、水菜、お揚げが入っていました。

2010_0601画像0022
ご飯は少なめです。

2010_0601画像0017
北海道仕入れのホッケは巨大なサイズで、お皿からずり落ちそうです。
お盆が小さいので余計にそう見えます。

2010_0601画像0019
大根おろしとレモンが添えられていました。

2010_0601画像0023
巨大なホッケはたっぷりと身がついていて、食べても食べても減りません。

2010_0601画像0018
干物にしてはとても薄味だったので、そのまま食べたり、お醤油をかけながらいただきました。

2010_0601画像0031
表面が少しぱさついて、身もすごくジューシーというほどではなかったですが、このボリュームではとても文句が言えません。


マグロかま大根煮定食 ご飯少なめ (850円)
2010_0601画像0028
先輩はこちらのメニューをチョイス。
メイン意外のセットは全て私のと同じです。

2010_0601画像0027
おそらくヘルシーに食べようと思った注文したのだと思いますが、大きな平皿に巨大なカマと飴色に煮えた大根がたっぷりと盛られていて、ビックリ仰天。

2010_0601画像0030
煮汁の見た目はかなり濃い色ですが、それ程砂糖も醤油も多くは使われていないようで薄味で、少々煮込み過ぎなのか、身が引き締まっていたとのことです。
血合いの部分もかなりあるので、少し食べ手を選ぶかもしれないとのことでした。


ヘルシーにお魚料理を、、、と思ったはずが、二人ともおなかがパンパンになりました(笑)。
これで850円とはすごいです。いつも混雑しているのには理由がありました。
お刺身だとボリュームはフツーですが、煮物や焼き物になるとデカ盛りのお店になるとは初めて知りました。
知っているお店のようでいて、まだまだ新たな発見があるなぁと反省です。


2010年6月1日訪問時お店DATA
******************************
海鮮炭焼処 源や (げんや) 
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7-9 ホテルニューショーヘイ1F
TEL  03-3355-2545  
FAX  03-3355-0133
営業時間
[平日] 11:30~14:00 17:30~23:30
[土曜] 11:30~14:00 17:30~21:30
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅 徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/14 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】ENGLISH BEER PUB THREE THREAD  @四谷
2016年9月15日追記

「スリースレッド」は,詳しい時期はわかりませんが,ランチ訪問後それほど経たずに閉店したようです。

IMG_5655 (480x480)
その後数年間,建物がそのまま放置されていましたが,2016年8月8日に「GRILLMAN yotsuya(ぐりるまん)」がオープンし,2016年9月7日にランチ訪問しました

****************************
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/13 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
居酒屋 月のうさぎ  @四谷
今日は、2010年6月24日にオープンした「居酒屋 月のうさぎ」の記事をアップします。
新店記事と書くにはかなり遅めですが、訪問したのが最近だったのでご容赦下さい(汗)。

DSCF2161.jpg
2010年11月16日は、前日に引き続き、上司がお昼時に不在だったので先輩と外へランチを食べに出ました。
この日は二人ともここへ行きたい!というのがなかったので、以前新宿通りを歩いているときに見つけた「居酒屋 月のうさぎ」へ行ってみました。
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/10 09:30】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
雷 本店  @北松戸
2010_0530画像0061
2010年5月30日。
流山にある温泉へ朝風呂に行った帰り道、最新ラーメン本で注目度千葉県ナンバーワンと紹介されて行ってみたかった「雷(かみなり) 本店」に行ってみました。

2010_0530画像0056
「雷」は、ラーメン界の大御所「中華蕎麦 とみ田」の直営三号店で、2009年11月25日にオープンしました。
超濃厚こってりラーメンをボリュームたっぷり出すお店です。

JR北松戸駅の西口からロータリーを進んで6号水戸街道にぶつかったら通りを渡り、左折します。1つ目の北松戸三丁目交差点の角にお店があります。
最寄り駅から歩いて5分程という良い立地ですが、駐車場もあってとても便利です。
11時30分開店ですが、12時少し過ぎて到着すると、ちょうど1台分だけ空いていて、ラッキー!!

2010_0530画像0057
自動販売機もお店仕様のデザインになっていました(笑)。
最近、こってりラーメン屋さんの自販機には必ずサントリーの黒ウーロンが売っています。
店内で販売しているところもあるほど。
みんな、こってり・がっつり食べたいけど、健康も気になるというジレンマでしょう。

先客は店内に4、5名ほど、外の壁沿いに5,6人ぐらい並んでいました。

2010_0530画像0054
営業時間は午前11時30分から午前3時まで通し営業で、定休日はなく、利用者としてはとてもありがたいです。

ちなみに、同じ水戸街道沿いには「中華蕎麦 とみ田」の直営二号店「東池袋大勝軒 ROZEO」があり、こちらも駐車場は満車で、かなり混雑していました。

2010_0530画像0055
こちらのお店のラーメンは、お醤油味と味噌味の2種類があります。
初めての訪問だったので、やっぱりお店イチオシの雷ラーメンを食べないと!

2010_0530画像0058
最後尾について待っていると、店員さんが「先に食券を買って下さい~。」と教えてくれます。
この店員さん、けっこう強面ですが、応対は優しいです。
お店の入口すぐのところにある券売機に行って、先に食券を買いました。

持参したラーメン本にたまたまこのお店の味玉1個サービス券がついていました。
本当ならば切り抜いて使わなければならないのですが、店員さんに話したところ、呈示だけでオッケーしてくれました。ありがとうございます☆

2010_0530画像0053
中盛りと大盛りは料金が同じでしたが、夜も外食予定だったので大人しく中盛りにしました。
中盛りは麺の量が220gです。

結構並ぶかな~と覚悟していましたが、開店直後に入店したお客さんが出始めると列が動き出し、30分待ちぐらいでした。
ボリューム系のお店ということで、お客さんは男性が多いですが、カップルや家族連れもいらっしゃいます。

2010_0530画像0060
お店の壁にはずらりと弓張(ちょうちん)が並んでいます。
個人だと1口15,000円で、半永久的に飾ってくれるそうです。

店内はそれ程広くなく、右側に厨房があり、左側は手前がカウンター席で奥側が4人のテーブル席になっています。
私たちは厨房に近いテーブル席に着席。四人席なのでとても広々と座れました。
お水はセルフサービスです。

2010_0530画像0072
餃子もオススメだったようですが、この貼り紙を見るまで気付かず、残念。

二郎系インスパイアのこちらのお店、直前のコールはなく、並んでいる途中に食券を店員さんに出す時、「ニンニクと背脂入れますけどいいですか?」と聞かれます。
もちろん、お願いしました。

2010_0530画像0059
麺が220gの中盛りは最近出来たようですが、この表記とは違い、既に券売機に中盛りボタンがありました。
雷飯、とっても美味しそう。次回食べたいな。


雷そば(中) (700円)+半熟味玉(サービス)
2010_0530画像0061
先にオーダーを入れているので、ほとんど待たずにラーメンが登場しました。
器は意外と小さめで、ニンニクの香りが立ち上ります。

2010_0530画像0063
もやしはたっぷりと天盛りされ、麺やスープがほとんど見えません。

まずはニンニクを溶かす前にスープを一口、、、と思っても、野菜がたっぷりすぎて、スープまで辿り着けません。
お店も推奨していますが、まずは野菜全体をスープに沈めて味を均一化すべく、全体を大きくかき回します。
器が小さいこともあって、これがなかなか大変。
私にはとても難しかったので、少しずつ野菜や麺を引っぱり出しながら食べ進め、その時出来た隙間を使って混ぜ込みました。

2010_0530画像0065
生の刻みニンニクもたーっぷり。
スープの中にしっかり浸さないと、甘みよりも苦みが出ちゃいます。

2010_0530画像0062
ロールケーキのような大きなチャーシューが1枚添えられています。
チャーシューは、お肉と脂の部分の食感に差がありました。
大きくて食べごたえがあり、程よい味付けでしたが、私の好みとは少々違いました。

2010_0530画像0064
ラーメン本のクーポンでゲットした半熟味玉です。
しばらくスープの中に埋めて、スープの味を移し、かつ、温めます。

2010_0530画像0067
中は半熟トロトロで、ふんわりと味がしみて美味しかったです。

2010_0530画像0066
スープはこってりとした濃い豚骨醤油に背脂の甘みが加わり、とっても美味しい!

2010_0530画像0068
茹で時間が6分かかるという太麺は、モチモチとゴワゴワの間ぐらいの食感で、スープとしっかりと絡めて噛み締めるととても美味しい。この麺、かなり好みです。
ツレは太麺嫌いでしたが、最近は慣れたからあまり気にならなくなったと言っていました。
最近は美味しい太麺が多いというのもあるんじゃないかと思います。

2010_0530画像0069
スープが見えないぐらい細かい背脂をチャッチャと散らしているお店は結構ありますが、こちらのお店ではこんなに大きな背脂がゴロゴロと入っていました。
スープと一緒に口の中に入れてみたら、それ程くどくはなく、甘かったです。

2010_0530画像0070
背脂や野菜の旨みが溶け出したスープはコッテリと美味しくてもっと飲みたかったですが、すごいカロリーになりそうなので、さすがに途中で止めておきました。

2010_0530画像0071
ラーメン丼にはお店のロゴが入っています。
深い緑色って珍しい気がします。


寄る年波には勝てないのか、帰り道、おなかがこなれるまでの時間はやや胃もたれ感がありましたが、とっても美味しかったです。
味噌味や、カレートッピングがあるので、またぜひ食べに行きたいです。


2010年5月30日訪問時お店DATA
****************************
雷 本店 (かみなり)
〒270-0063 
千葉県松戸市北松戸3-1-76
TEL 047-366-5455 
営業時間 11:30~25:00  
定休日 なし
JR北松戸駅から徒歩5分

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2010/12/09 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(6) |
ResTaurant L’Abeille  @市ヶ谷/麹町
2010_0528画像0122
2010年5月28日は週の最後の金曜日。
上司が出張に出ていたので、せっかくの金曜日、美味しいものを食べようと、以前からずっと行ってみたかった麹町近くの「ResTaurant L’Abeille(ラ・ベイユ)」へ行きました。

2010_0528画像0135
JR・地下鉄市ヶ谷駅から新宿通りの右側を九段下方面に進み、一口坂交差点の次の角を右に曲がり、最初の角を左に曲がり、しばらく進んだ左側にお店があります。

2010_0528画像0140
これまでに何度か行ってみたことがあるのですが、定休日だったり、お盆休みだったり、満席だったりと入ることが出来ませんでした。食べログを見てランチも予約が出来ることを知り、11時30分過ぎに電話してみたら「カウンター席でよければ空いています。」と言われ、予約に成功☆

2010_0528画像0136
お店の前にランチメニューが出ています。

2010_0528画像0137
ランチは前菜、メイン、パン、デザート、コーヒーがついて1,575円です。

2010_0528画像0138
プリフィクスのスタイルなので、前菜とメインとデザートは幾つかの種類から選べます。

2010_0528画像0139
前菜とメインは5種類、デザートは9種類から選ぶので、とても選択肢が多くて嬉しい悩みです。

2010_0528画像0104
12時きっかりに事務所を出て早足でお店に向かいましたが、私たちが入店したときは既に満席でした。女性客が9割です。

カウンターにはお酒がいろいろ並んでいました。

2010_0528画像0105
店内はとてもこぢんまりとしていて、手前にテーブル席、奥にカウンターがあります。

2010_0528画像0110
厨房に男性シェフ、フロアに奥様らしき女性が担当し、お二人でお店を切り盛りしています。

2010_0528画像0106
お水は透明なボトルに入れられ、ボトルごといただきました。

2010_0528画像0103
メニューを悩みながらなんとか決定。

2010_0528画像0108
最初にパンが出てきました。

2010_0528画像0109
大きなカットのフランスパンが一人2個ずつです。


鶏白レバーのパテ ハチミツがけ
2010_0528画像0111
前菜は鶏白レバーのパテを選択。
レバーのパテは大好物ですが、甘いものが苦手なのでハチミツがけというのが非常に気がかりでしたが、思い切って頼んでみました。

2010_0528画像0113
サラダはリーフレタスとニンジンがたっぷりと盛られ、プチトマトが添えられていました。
酸味のきいたドレッシングがとっても美味しかったです。

2010_0528画像0112
バゲットの薄切りが2枚ついています。

2010_0528画像0116
バゲットはカリカリに焼かれ、バターが塗られていました。

2010_0528画像0114
レバーにはどっぷりとハチミツがかけられていました(汗)。
まずはレバーパテだけを食べてみると、濃厚でコックリとしたコクがあって、とっても美味しい。
ワインが飲みたくなっちゃいます。

ハチミツだけ舐めてみると、当たり前ですが、しっかりと甘い!
隣で食べていた先輩は、目が冷めた!と言っていました(笑)。
パテと合わせて食べてみましたが、うーん、やはり私には単独の方が美味しかったので、シェフには大変申し訳なかったのですが、ハチミツを取り除きながらいただきました。
ボリュームたっぷりです。


牛ロースステーキ
2010_0528画像0122
隣の人がとても大きなお肉を食べていたのを見て、あれは牛肉メニューに違いないと思ってチョイスしたところ、当たりでした
かなりの大きさです。

2010_0528画像0120
付け合わせは、マイタケ、エリンギ、シメジのバター炒め。
キノコ大好きなので、美味しくてとっても幸せです。
きゅっきゅっとした歯応えがとっても気持ちいい。

2010_0528画像0125
お肉は少々かためなので、切り分けるのに少し力がいります。
表面をしっかりと焼き上げていてとても香ばしく、歯応えがあるのでお肉食べているな~と実感します。ややジューシーさが少ないかなとは思いますが、お値段とボリュームを考えれば充分です。
お肉にかけられたソースはお醤油ベースだと思うのですが、バルサミコ酢でしょうか、少し甘い味付けになっていました。


豚肩ロース肉のロースト
2010_0528画像0117
先輩はメインに豚肉をチョイス。
ロゼ色のお肉はつやつやしていて、とっても美味しそう!

2010_0528画像0118
一口いただきましたが、お肉は柔らかく、ソースはほんのりとした甘みがありました。

2010_0528画像0126
ドリンクは、私にしては珍しく、ハーブティを選択してみました。
小さなカゴにいろいろな種類が盛られ、自分でチョイスすることができます。

2010_0528画像0127
私はベリー系が好きなので、ミックスチェリーのこちらをチョイス。

2010_0528画像0128
お湯の入ったカップをいただきます。

2010_0528画像0130
ティーパックですが、とても良い香りと味わいでした。

2010_0528画像0133
私はデザートにヨーグルトシャーベットをお願いしました。


ヨーグルトシャーベット
2010_0528画像0134
二つ盛りにびっくり。
すっきりとした甘みと爽やかな酸味があり、ミルクの風合いも感じました。

2010_0528画像0129
先輩はアイスティーを選択。

2010_0528画像0131
先輩のデザートはチーズケーキ フランボワーズソースです。


チーズケーキ フランボワーズソース
2010_0528画像0132
一口いただきましたが、少々甘めなもののしっとりとしてチーズの味わいが濃くて美味しかったです。


おなか一杯で食べ終わると、12時55分。やばい!
とりあえず、私が先に走って帰りましたが、先輩がタクシーを捕まえて途中でピックアップしてもらいました。
先輩がタクシーに乗ったとき、運転手さんが「1時前に女性の二人客を乗せると大抵ランチの帰り道で、結構そういう人たちがいますよ~。」とおっしゃっていたそうです。
こんなアホなことをやっているのが私たちだけじゃないとわかったのはちょっと嬉しかったです(笑)。


お値段が安く、美味しく、おなか一杯になって、とても幸せでした。
大好きな「グローブ・デュ・モンド」と同じスタイルですが、「ラベイユ」の方が味付けが少し甘めなかなと思いました。
ともあれ、ランチの予約が可能なので、またぜひとも行ってみたいです。


2010年5月28日訪問時お店DATA
************************************
ResTaurant L’Abeille (ラベイユ)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南3-8-2 ライオンズマンション1階
電話 03-3230-2580
営業時間  
[平日] 11:30~14:00(L.O) 18:00~21:30(L.O)
[土日祝]11:30~13:30(L.O) 18:00~21:30(L.O)
定休日 火曜日、第2水曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/08 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 Green gourmet 市ヶ谷駅店  @市ヶ谷
2013年5月13日追記

DSCF6925_20130513084423.jpg
2013年5月8日、朝、市ヶ谷駅に行ったところ、「グリーングルメ」が閉店しているのに気付きました。

DSCF6924_20130513084421.jpg
店舗改装工事のため、2013年4月30日に閉店したとのことです。

************************************

2010_0528画像0011
2010年5月27日のランチは、先輩が上司に「お昼どうしますか? お弁当でも買ってきますか?」と先制パンチを繰り出し、考えるのが面倒な上司はそのまま了解した(笑)ので、先輩がお弁当を買いに出てくれました。
この日は木曜日だったので「ベロキッチン」のお弁当も食べられましたが、この日向かったのは2010年2月26日にお弁当を食べた「そうざいや [地球 健康 家族] 市ヶ谷店」が2010年春頃にリニューアルした「Green gourmet(グリーン グルメ) 市ヶ谷駅店」です。

2010_0810画像0001
「Green gourmet」はJR市ヶ谷駅構内の1階にあります。
この建物の2階にはスターバックスコーヒーと、2007年10月11日に朝食を、2009年6月23日にランチをした「TO THE HARBS 市ヶ谷店」が入っています。

2010_0810画像0002
Green gourmet」は、デパ地下のお総菜やさんで有名な「RF1」を展開する株式会社ロックフィールドの1ブランドです。

公式HPによれば、「Green gourmet」は「Greenは野菜、健康、それらを育む環境、そしてエコを表し、Gourmetは 食にこだわりを持つ人、美味しさを求める人、つまり食文化に精通した人を表しています。環境と食にこだわるお客様に、日常使いをしていただける和・洋・アジアの枠を超えた野菜いっぱいのGlobalなSOZAI(サラダ)を提案いたします。」とのことです。
全国で12の支店があります。

2010_0528画像0001
この日の夜はイベントに出かける予定だったので、できればボリューム系のお弁当を希望していたのですが、大変残念ながら、新しく出来たこのブランドはサラダを中心としたヘルシー系メニューばかりで、先輩は上司と私のお弁当を買うのにとても悩んだそうです(笑)。

2010_0528画像0006
おかず6種盛りと玄米ご飯の組み合わせか、丼もののどちらか好きな方を選んで下さいと言われ、先輩が買いに行ったのだから選択権はそちらにと固辞したのですが、結局、丼をチョイスさせていただきました(汗)。

2010_0528画像0005
消費期限は当日午後3時半までと、とっても短いです。


彩り野菜と豚肉のしょうが焼きDON (630円)
2010_0528画像0007
フタを開けてみると、豚肉とたくさんの種類のお野菜が、ゆるゆるのあんかけになっています。

2010_0528画像0012
おかずの容器を持ち上げると、ご飯とセパレーツになっていました。

2010_0528画像0008
塩分控えめで少し甘みがあるお醤油ベースの味わいです。

2010_0528画像0009
ナスとカボチャは素揚げしてあるので、コクと甘みがありました。

2010_0528画像0010
豚肉はやわらかでした。

2010_0528画像0013
ご飯は、お高いチェーン店には珍しく、かなり雑に盛られていて表面がデコボコです(汗)。
かためが好み私には少々柔らかめで、ところどころお団子状になっていました。

2010_0528画像0015
全体的なボリュームは少なめですが、630円だと考えれば仕方ないかなと思います。

2010_0528画像0002
先輩はおかずとご飯を別々に買ったので、この日のお会計は1,060円とお高めになりました。


Salada Bennto 黒(R) (880円)
2010_0528画像0003
お料理の写真を撮り忘れちゃって残念(泣)。
6種類のおかずがあるのに、ラベルには5種類の料理名しか出ていませんでした。


長兵衛玄米ご飯(小)  (180円)
2010_0528画像0004
私のご飯もやわらかめでしたが、先輩の玄米はもっと水分量が多く、かなりべたべただったそうです(汗)。


予想どおりおなか一杯にはなりませんでしたが、この日以降、体重が減りだしたので、ちょうどいい転機になりました(笑)。


2010年5月27日訪問時お店DATA
************************
Green gourmet 市ヶ谷駅店 (グリーングルメ) 
〒102-0076 
東京都千代田区五番町2 市ヶ谷駅1階
電話&FAX 03-3263-1237
営業時間 
[平 日] 7:00~22:00
[土日祝] 8:00~21:00
定休日 無休
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/07 09:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(4) |
炭火焼 炭膳  @四谷
この週末は、お天気が良くてとても気持ちよかったです。
今日からまた新しい一週間が始まるので、年末に向けてがんばらないと!

2010_0526画像0013
2010年5月26日は、12時過ぎまで来客との打ち合わせがあり、午後も早くから上司が出かけなければならなかったので、出がけに外でランチを食べることになりました。
上司が向かった先は、しんみち通りの入口にある「炭火焼 炭膳(すみぜん)」。

前回訪問したのが2009年11月26日だったので、約半年ぶりです。

2009_0123画像0057
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、すぐ左にあるタカマスヤビルの地下にあります。
2階には、2007年10月3日に訪問した「らぁめん 芳久(よしきゅう) 四谷」があります。

2009_0123画像0056
細い階段を下りていきます。

2009_0123画像0039
店内はそれほど広くなく、入口から向かって右手に厨房、左手にテーブル席が並んでいます。

2009_0306画像0008
12時から1時までの1時間は禁煙です。

2009_0514画像0199
ピントがずれて、すみません(汗)。
営業日、営業時間はこちらのとおりです。
ランチタイムは長いですが、夜はそれ程遅くまでやっていません。

2010_0526画像0031
カウンターの奥が厨房になっています。

2009_0514画像0183
厨房のある上の壁には、夜のメニューが貼り出してあります。

2009_0514画像0182
小さなお店ですが、メニューはたくさんあります。

2009_0514画像0181
定番メニューのほか、季節のおすすめメニューもありました。

2009_0123画像0043
12時半過ぎですが、ほぼ満員で、一番奥にあるテーブル席だけ空いていました。

2009_0123画像0038
こちらは古い写真です。
店内にはラジオが大きめのボリュームで流れています。

2009_1127画像0037
卓上にはご飯のお供とにタクアンやキュウリの漬物が置かれています。

2009_1127画像0038
フロアではおばあちゃまが一人で切り盛りしています。
それ程席数は多くありませんが、さすがにとても忙しく、時には少々待たされることもありますが、いつも謙虚で丁寧な接客をして下さり、とっても感じが良いです。

2010_0526画像0003
メニューは卓上にはなく、お店の入っているビルの前か、お店の奥の壁に貼られています。
売り切り終いなので、お目当てのメニューがいつもあるとは限りません。

2010_0526画像0007
座る場所によっては、メニューが少々見えにくい時があります。
この日のメニューはすでに裏返っていた1枚を除いて17種類で、お値段は800円から980円です。

2010_0526画像0008
時間が遅かったので、メニューがかなり売り切れていました。
私はかつカレー、まぐろたい盛り合わせ、Aミックスを注文したのですが、結局Bミックスになりました。
ほかにも、銀むつ煮付け、銀むつ味噌焼き、さば味噌も売り切れでした。
相変わらずの繁盛店です。

2010_0526画像0009
それ程待たずに、お料理が登場です。


Bミックス ご飯少なめ (850円)
2010_0526画像0012
メイン、小鉢、お味噌汁、ご飯のセットです。
見るからにボリュームたっぷり!

2010_0526画像0014
小鉢にはいつもどおりの、やや大きめな冷や奴。
おろしショウガに小ネギが散らされています。

2010_0526画像0021
お醤油をかけていただきました。

2010_0526画像0016
お味噌汁にはナメコとワカメとネギが入っています。
ナメコは投入したばかりのようで、色が鮮やかでツルツル。

2010_0526画像0015
注文のときに言い忘れてしまったので、配膳直前にご飯を少なめでお願いしました。
いつも優しいお母様は「ご飯が足りなかったら、いつでも言ってくださいね~。」と言ってくれます。
少なめにしてもご飯は結構な量があります。

2010_0526画像0017
お皿の上にはミックスフライとキャベツの千切りがこぼれんばかりに盛られていて、レモンとタルタルソースが添えられています。

2010_0526画像0018
たっぷりのキャベツには、、、

2010_0526画像0022
ソースをかけていただきました。

2010_0526画像0020
Bミックスはエビ、豚ヒレ、チキンの3種類です。

2010_0526画像0024
フライにもソースをたっぷりかけていただきます。

2010_0526画像0025
まずは豚ヒレから食べました。

2010_0526画像0026
お肉は薄いですが、柔らかです。

2010_0526画像0027
チキンは何故かフタコブラクダのようになっています。

2010_0526画像0028
お肉は柔らかくてジューシーです。

2010_0526画像0029
エビは大きくてまっすぐです。
タルタルソースをたっぷりつけて、尾っぽも全部食べちゃいました。


鮭かま塩焼 ご飯少なめ (800円)
2010_0526画像0010
先輩は鮭かま焼きを注文。
出てきたカマ焼きのボリュームにビックリ。
スーパーで売っている一皿分はありそうで、カマ焼きが層になって折り重なっています。

2010_0526画像0011
ただ、残念なことに、もともと塩鮭のところに塩をさらにかけてあったそうで、口の中で塩がジャリジャリするほどしょっぱかったそうです。
このお店で初めてちょっと残念なメニューでした。


時間に追われていた上司は先にお店を出たので、先輩と私はそのままのんびりといただきました(笑)。
相変わらず美味しく、ボリュームたっぷりで大満足です。
また違うメニューを食べてみたいです。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

生カキフライ  (2009年1月21日
豚ロース炭焼  (2009年3月3日
銀むつ味噌焼  (2009年5月12日
銀むつ煮付け  (2009年11月26日
Bミックス   (2010年5月26日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2010年5月26日訪問時お店DATA
*****************************
炭火焼 炭膳 (すみぜん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 高増屋ビル地下1階
電話&FAX 03-5360-4451 
営業時間
[平日] 11:00~15:00 17:00~21:00
[土曜] 11:00~14:00 
定休日 日曜
JR・地下鉄四ッ谷駅から 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/06 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(10) |
スパゲッティ ながい  @四谷
2010_0525画像0011
2010年5月25日、上司がお昼時に戻る予定のはずが仕事が押して帰ってこられなかったので、12時になったら先輩と私はさっさと外へランチを食べに出てしまいました(笑)。
先輩は食事の後に銀行へ寄る用事があったので、四谷方面に食べに行くことにしましたが、なかなか行くお店が決まらず、先輩の提案で久しぶりに「スパゲッティ ながい」に行くことにしました。

前回訪問したのが2010年2月22日だったので、約3ヶ月ぶりの訪問です。

2009_0317画像0008
JR・地下鉄四ッ谷駅を出てしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。こぢんまりとしていて、あまり目立たない店構えです。

看板

しんみち通りには、こちらの看板が出ています。

2010年1月27日によるくまさんからいただいたコメントによれば、「ながい」のシェフは西新宿にある老舗人気店「スパゲッティ ハシヤ」から独立されたそうです。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

2010_0222画像0009
こちらは以前の写真です。
季節メニューがある時期は、この看板に写真付きで紹介されます。

2010_0222画像0008
こちらも以前の写真です。
冬だとカキやカニを使ったメニューがあります。

2008_0825画像0035
しんみち通りには、ビルとしての看板も出ています。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には2008年9月26日に訪問した「四谷ブルワリー」
地下1階には2008年8月22日に訪問した「沖縄料理店 あん」があります。

2008_0825画像0034
中川ビルに入ってすぐ左手に、こちらのビルのポストがありました。
「ながい」のポストは上段の真ん中です。

入り口

細い階段を上ると、2階に写真のようなかわいい入口の扉があります。
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。

待つ人が多くて、ときどき3階へつながる階段にまで行列ができることもあります。
並んでいる間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文します。

2009_0905画像0035
カウンターの近くの壁際に大きなマガジンラックが置かれ、文庫本などが常備されています。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりとL字に取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。
お店は男性シェフが一人、フロア担当の女性一人で切り盛りしています。
お二人ともいつもテキパキと動き回っていますが、とても人あたりが良くて居心地が良いせいか、男女問わず一人客の方も結構いらっしゃいます。

2008_0922画像0058
卓上にはスプーン、フォーク、タバスコ(赤・緑)、粉チーズ、乾燥ハーブが置かれています。
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

2008_0922画像0057
ささやかですが、植物が置いてあります。
ブルーのガラスで造られた3頭の熊さん、かわいい♪

2009_0905画像0036
壁に掛かっている時計は、文字盤がパスタになっていました(笑)。

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

卓上

粉チーズと乾燥ハーブです。お好みでふりかけます。

ちなみに、窓際のテーブル席は間が少し狭いので、我らが上司のような、大きな鞄やおなかを持っているとちょっと通りにくく、コップの水を倒さないよう気をつけた方がよさそうです(笑)。

2010_0525画像0002
お店はほぼ満席で、カウンターの一番手前に滑り込むことが出来ました。
このお店には珍しく、高校生の男子二人連れがいました。
うーむ、その年でこんなに美味しいスパゲッティを食べているとは、何とも贅沢。


ペペロンチーノ風スパゲッティ
タコとキノコと赤唐辛子のガーリック風スパゲッティ (1,150円)
2010_0525画像0003
どのメニューをブログにアップしているかよく覚えていなかったので、私があまり普段食べないペペロンチーノ系のこちらのメニューを注文。
この日は久しぶりにお料理が出来上がるまで結構かかりました。

2010_0525画像0010
お皿の縁にはお店のロゴが入っています。

2010_0525画像0004
スパゲッティは、シメジ、タコの具が入っていて、小ネギがトッピングされています。
しっかりとした塩味に、ニンニクと唐辛子がガツンときいていて、とっても美味しい!

2010_0525画像0005
プリプリのシメジはニンニクや油の旨みを吸い込んでウマウマです。

2010_0525画像0006
ツルツルの麺はとてものど越し良く、いくらでも食べられそうです。
「ながい」に来ると、いつもプラス100円で大盛りにしちゃおうか悩みます(笑)。

2010_0525画像0007
タコは少しかためな歯応えでした。

2010_0525画像0016
食べている途中、大きくスライスされたニンニクがたくさん出てきました。


サラダスパゲティ
シメジとベーコンのサラダスパゲティ (1,200円?)
2010_0525画像0012
先輩は数年ぶりにサラダスパゲッティを注文。
たっぷりの野菜が盛りつけられていて、とっても美味しそう!

メニュー名がわからず、先輩にリサーチして半年前の記憶を掘り起こしてもらったところ、シメジとベーコンのサラダスパゲティでした。
メニューの写真には3種類のサラダスパゲッティがありますが、現在はこのスパゲッティと生ハムのサラダスパゲッティの2種類になっているようです。

2010_0525画像0013
レタス、トマト、コーン、キュウリ、シソ、貝割れ大根、シメジ、ベーコンといろいろな種類が入っています。

2010_0525画像0014
単に冷たい野菜と合わせているだけでなく、温かいベーコンやシメジも入っていて、とても美味しくて大満足だったとのことです。
私は食べたことがないので、ぜひ次回食べてみたいです。


前日の夕飯をセーブしていたので、食べれば食べるほど食欲に火がついてしまい、食べ終わったらもっと食べたくなってしまいました(笑)。ペペロンチーノ系はトッピングがあっさりしているし、のど越しが良いので、大盛りにしてもよかったかなと思います。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲッティ】
  アサリと青じそのスパゲッティ (2008年9月18日

【タラコ、ウニのスパゲッティ】
  ウニとイカのスパゲッティ (2009年9月2日
  ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日

【ミートソースのスパゲッティ】
  ミートソースとナスのスパゲッティ (2009年3月16日

【ペペロンチーノ風スパゲッティ】
  タコとキノコと赤唐辛子のガーリック風スパゲッティ (2010年5月25日) 

【トマトソースのスパゲッティ】 
  ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
  ベーコンとソーセージと野菜のトマトソーススパゲッティ (2009年9月15日

【クリームソースのスパゲッティ】 
  アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日

【おしょうゆ味のスパゲッティ】 
  海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日

【ホワイトソースのスパゲッティ】 
  ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日

【サラダスパゲッティ】 

【季節メニュー】 
  カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
  カキの唐辛子トマトスパゲティ (2008年12月3日
  カニと青ジソのクリームソース (2010年2月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
2008_1205画像0075
スパゲッティは定番メニューと季節メニューがあります。

メニュー5

定番メニューは、基本的な味付けとして9種類あります。

2008_1205画像0070
トッピングがかなりいろいろあるので、好きなベースとの組み合わせを選びます。

2008_1205画像0073
この写真を見ていた初めて気付いたのですが、お持ち帰りが出来るようになっていました!
作り立てが一番美味しいですが、今度、ぜひ一度試してみたいです。

2008_1205画像0074
大盛りはプラス100円なのでとてもお得です。
追加料金でトッピングができるほか、無料で唐辛子やガーリックを入れられます。

メニューの写真には3種類のサラダスパゲッティがありますが、現在はシメジとベーコンのサラダスパゲティと生ハムのサラダスパゲッティの2種類になっているようです。


季節メニュー
2008_1205画像0068
いつもではありませんが、季節メニューがあります。

2008_1205画像0071
サラダが6種類もありますが、ランチタイムに注文している人をほとんど見たことがありません。
そういう意味でも本当にスパゲッティ専門店です。

2008_1205画像0072
こちらのお店はランチからディナータイムまで同じメニューで通し営業をしているので、お酒のメニューもあります。

2008_1205画像0076
2008年1月21日から店内は、終日禁煙です。


2010年5月25日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2F
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/03 09:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(3) |
【閉店】 おでん・地鶏 でん ~DEN~  @市ヶ谷
2012年6月22日追記

「でん」は、2011年6月頃までは確かに営業していたようですが、その後閉店したようです。

DSCF8424_20120605080432.jpg
その後、2011年年末から2012年初め頃に「魚の旨い おかってや 市ヶ谷店」というお店がオープンし、2012年4月13日にランチ訪問しました。

***********************************

2010_0524画像0023
2010年5月24日は週の始まりの月曜日。
上司が外出中、先輩がお休みだったので、一人ランチの予定でした。
雨が降り続く日だったので近場に行きたいと思い、2008年9月5日2009年1月19日にお弁当を購入した「無さほう酒膳 鮮」の店舗に行ってみようと考えていました。
ところが、時間が余ったのか、上司がお昼前にひょっこりと戻ってきて、しかも、12時半近くまで居座り続けたのでなかなかお昼に出ることが出来ず、おなかがすごく減りました(泣)。
ようやく上司がいなくなったので、「鮮」へ行ってみたら、入口で店員さんから「ランチの半分はもう売り切れましたけど、いいですか?」と聞かれました。お目当ての料理が売り切れていたので、機会を改めることにしたのですが、その後「鮮」は2010年の夏頃に閉店してしまい、実店舗には行けず終いでした。残念。

2010_0524画像0038
ふらふらと雨の中を歩き、2008年2月28日2008年10月21日2009年2月2日「花びし」の先にチェーン店らしき居酒屋さんがあったことを思い出し、行ってみることにしました。
向かった先は「おでん・地鶏 でん ~DEN~」です。 

2010_0524画像0035
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの左側を九段下方面に進み、少し行ったところに第2星光ビルがあり、お店はその地下一階にあります。

2010_0524画像0039
日替わりでしょうか、ランチメニューの看板が出ていました。

2010_0524画像0036
「でん」は、夜になるとおでんや地鶏料理を楽しめるようです。

2010_0524画像0037
お店は地下一階なので、階段を降ります。

2010_0524画像0034
入口を入ると、靴脱ぎ場になっていて、大きな靴箱が置かれていました。

2010_0524画像0015
この日は14番の靴箱に靴をしまいました。
木札は持ち歩きます。

2010_0524画像0032
もう1時近かったので、さすがに店内はかなり閑散としていました。
右手にカウンターと厨房、左手にテーブル席があります。

2010_0524画像0006
店員さんからカウンター席を進められ、真ん中当たりに着席。

2010_0524画像0013
イマドキの和風居酒屋さんらしく、オシャレな内装に少し照明を落とし気味です。

2010_0524画像0014
カウンターからはおでん鍋が見えて、たっぷりの具材が煮込まれていました。
とっても残念ですが、ランチでの提供はありません。

2010_0524画像0005
お茶をいただきながら、メニューを検討。

2010_0524画像0008
ランチメニューは全部で4種類あり、お値段は780円から980円です。

2010_0524画像0009
全てのメニューに小鉢、お新香、お味噌汁がついています。

2010_0524画像0010
ランチは平日のみで、午前11時30分から午後2時までです。

2010_0524画像0011
夜のメニューのメインである地鶏もランチでいただけます。

2010_0524画像0012
もう一つのメインであるおでんはメニューにないのは残念です。

2010_0524画像0016
メニューの左上に紹介されていた親子丼を注文。
それ程待たずにお料理が登場しました。


親子丼 (800円)
2010_0524画像0017
とても小さなお盆の上に、メイン、小鉢、お新香、お味噌汁が載せられています。

2010_0524画像0028
小鉢にはヒジキの煮物が入っていて、ヒジキ、ニンジン、ちくわが入っていました。
あまり甘くなくて、むしろしょっぱめの味付けでした。

2010_0524画像0020
お新香は黄色いタクアンが2切れです。

2010_0524画像0018
熱々のお味噌汁にはネギが入っていました。

2010_0524画像0023
親子丼は大きめの器に入っていたので、たっぷりあって食べられるかな~と心配したのですが、わりと上げ底というか、底が浅かったです(笑)。
たっぷりの鶏肉とタマネギを半熟の卵でとじて、ミツバを散らしていました。

2010_0524画像0030
黄身のトロトロ加減がたまりません。

2010_0524画像0025
ミツバの緑色が鮮やか。

2010_0524画像0027
鶏肉はとても柔らかかったです。

2010_0524画像0029
あっさり目のダシがたっぷりとかかっていて、かなりつゆだくです。
ご飯がところどころ固まっているところがありましたが、汁気のおかげで簡単にほぐせました。

2010_0524画像0031
この日のお会計です。


全体的なボリュームは普通です。
お店がキレイで居心地よく、店員さんのサービスも丁寧だったので、お料理のメニューがもうちょっと個性的だと面白いのになぁと思います。


2010年5月24日訪問時お店DATA
******************************
おでん・地鶏 でん ~DEN~
〒102-0073 
東京都千代田区九段北4-2-11 第2星光ビルB1
TEL&FAX 03-3262-8400
営業時間 
[昼]11:30~14:00
[夜]17:00~23:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分  

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/02 09:00】 | 親子丼 | トラックバック(0) | コメント(6) |
IL VECCHIO PLATANO  @四谷
今日から12月です。
早いもので今年もあと1ヵ月で終わろうとしています。
忘年会やクリスマスや年末などなど、美味しいものを食べる機会が多い時期なだけに体重がとっても心配です(笑)。
スポーツクラブにもしっかりと通わねば!

**************************************

2010_0521画像0016
2010年5月21日は上司は外出していたので、先輩とランチを外へ食べに出ました。
金曜日だったので何か美味しいものが食べたいと思い、出かける前にいろいろ検討し、「IL VECCHIO PLATANO(イル ベッキオ プラタノ)」の一番上のランチコースを食べようということになりました。お店に電話をしてコースを1時間以内に食べ終えるかどうかを聞いたところ、大丈夫だとのお言葉をいただいたので早速お店に早足で向かいました。

2008_0425画像0127

JR・地下鉄四ッ谷駅から四谷見附交差点を渡り、新宿通りの左側を新宿方面に歩き、最初の角(ドコモショップのところ)を左に曲がります。しばらく進み、右手にある小山ビルの二階にひっそりとお店があります。

2010_0521画像0035
道路にはメニューの黒板が出ています。
ランチには無添加の自家製パンがついています。

2010_0521画像0036
ランチは3種類あり、1000円、1400円、2800円と、なかなかお高い設定です。
パスタは日替わりで、定番のラザニアを含む4種類の中からチョイスします。
プラス料金が発生するものもありました。

2008_0425画像0129

看板にはランチが11:45~14:00(ラストオーダー)、ディナーが17:45~21:30(ラストオーダー)とありますが、いただいたお店の名刺には、ランチが12:00~14:00、ディナーが18:00~21:30と書いてあり、微妙に違います(笑)。

2010_0114画像0048
ディナータイムでしょうか、お料理のハーフサイズの提供も始めたようです。

2008_0425画像0126

1階の階段の脇にあるお店のゴミ箱は、イタリアンらしく、鮮やかな黄色でかわいい♪

2008_0425画像0125

外階段を登っていくと、踊り場にお店の看板が掲げられています。

2008_0425画像0124

お店の入口はこじんまりとしていますが、鮮やかな赤い扉です。

2010_0521画像0003
こちらのお店は2007年11月6日にオープンしました。

2008_0425画像0099

お店に入ってすぐ右手のところにカウンターが3席あります。

2008_0425画像0110

お店の左側にはテーブル席が手前に10席ほど、奥にテーブルが2卓ほどあり、途中に磨りガラスの仕切り扉があって、扉を閉めると個室のようになります。
あまり広くはありませんが、シンプルで落ち着いた内装ながらも凝った造りになっています。

2010_0114画像0026
前回訪問したのが2010年1月13日だったので、約4ヶ月ぶり、3回目の訪問です。

2010_0521画像0001
お店は男性シェフと男性フロアスタッフのお二人で切り盛りしています。

2008_0425画像0119

箸置き、、ではなく、スプーン・フォーク置きが、素朴でかわいい♪

これまでのランチ訪問ではお店はいつも空いていたのですが、最近は混み合うようになったのか、こういう日に限ってかなりお客さんが入っていて、私たちの入店後もお客さんが途絶えず、カウンター席も使ってほぼ満席になりました。

2010_0521画像0002
入店して名前を告げると、入口からすぐ左の二人席に通され、店員さんからやや慌て気味に、メニューの選択とパスタの種類を選ぶように言われました。

2010_0114画像0025
パスタランチ(1,000円)は平日のみで、「本日のカップスープ」「有機野菜のサラダ」と「本日のスパゲッティ(3種類のソースから選択)」または「プラタノ風ラザニア」です。

2010_0114画像0021
カーサランチ(1,400円)は、「有機野菜のサラダとカップスープ グリッシーニ添え」と「自家製生パスタ ビーゴリまたはフィットチーネ(3種類のソースから選択)」または「プラタノ風ラザニア」、「デザート」です。

2010_0114画像0022
ラザニアは平日のみで、しかも、1日限定4食です。
この日は既に売り切れでした(泣)。

2010_0114画像0023
ピアーノランチ(2,800円)は、「三種類の前菜と有機野菜のサラダ」と「自家製生パスタ ビーゴリまたはフィットチーネ(3種類のソースから選択)」または「プラタノ風ラザニア」、「本日のお魚またはお肉料理」、「デザート盛り合わせ」です。

2010_0114画像0024
この日は奮発してピアーノランチを注文。
あらかじめ、電話で予約して1時間以内で食べられるようにお願いしておきました。

2010_0114画像0019
こちらは以前の写真です。
本日のパスタは、定番のラザニアの他には3種類ありました。

2008_0425画像0088

自家製生パスタは、実際に実物をテーブルに持ってきて見せてくれます。
とっても嬉しい演出で、食べる前からとってもワクワクしちゃいます。

2008_0425画像0091

左側がビーゴリ。
私はこちらのお店でこのパスタの種類を覚えました。

2008_0425画像0092

右側がフェットチーネ。


三種類の前菜と有機野菜のサラダ
2010_0521画像0005
まずは前菜です。
事前に作っていただいていたのか、ほとんど待たずに出てきました。

2010_0521画像0006
千葉県銚子のカツオのカルパッチョ。
のせられたお野菜は、多分セロリの葉だと思います。
それ程酸味は強くなく、さっぱりといただきました。

2010_0521画像0007
静岡県小田原のイイダコ。
トマトソースで煮込まれたイイダコはしっかりとした塩味で、ワインが飲みたくなっちゃいました(笑)。

2010_0521画像0008
高知県産のフルーツトマトのカプレーゼ。
トマトは皮がしっかりとしていて、フルーツのように甘みがあります。
すごく甘いのに、野菜だからでしょうか、べたべたした甘さではなく、後味がとてもすっきり。
モッツァレラチーズだけ食べるとブニブニとした食感を感じるだけですが、トマトと一緒にいただくと、ミルキーな味が口の中に広がります。本当に不思議。組み合わせってすごい。

2010_0521画像0009
有機野菜のサラダにはさっぱり味のドレッシングがかかっていました。
レタス、ニンジン、タマネギ、パプリカ、エンドウマメなど種類の豊富なお野菜が立体的にこんもりと盛りつけてあり、ボリュームたっぷり。
お豆がとっても甘かったです。

2010_0521画像0012
クコの実も入っていました。
ちょっと意外な組み合わせです。


パン
2010_0521画像0013
前菜を食べている途中、パンを出てきました。

2010_0521画像0014
パンは少し黄色っぽくて、温めてあります。
皮はパリパリとしていて、中は柔らかでした。


自家製生パスタのフェットチーネ
[ビーフと春キャベツのトマトソース]
2010_0521画像0015
パスタは、本日のパスタからビーフと春キャベツのトマトソースを選び、さらに麺は平打ち麺のフェットチーネをチョイスしました。

周りの人は次々とパスタが運ばれてきていたのに、私たちのパスタが出てくるまで少し時間がかかりました。

2010_0521画像0016
最初パスタが出てきた時、お皿の中央にちんまりと盛られていて、ちょっと少なめかなぁ~と思いましたが、食べてみると、こちらの自家製麺はとても重くて食べごたえがありました。

2010_0521画像0018
トマトソースはかなりしっかりとした味付けです。
小さなサイコロ状の牛肉は少しかためでしたが、チーズの味わいはしっかりありました。
麺は表面がざらっとした口当たりで、すするこというよりは少しずつ噛み締めて食べる感じです。
モチモチつるつるのつけ麺を食べ慣れているので最初はその食感の違いに驚きましたが、個人的にざらついた味わいが好きなので、すぐに慣れて美味しくいただけました。

2010_0521画像0019
次のメインに向けて、新しいナイフとフォークをいただきました。

2010_0521画像0020
先輩はお魚、私はお肉です。


本日のお肉料理 [茨城産?銘柄豚のロースト]
2010_0521画像0024
前菜のサラダはとても立体的に盛られていたこともあり、大きくて平たいお皿に盛られたメインはやや寂しげに見えちゃいました。

2010_0521画像0025
豚肉にはグリルした野菜と水菜がトッピングされていました。

2010_0521画像0026
グリルされた右側のお野菜が何だかわからず、店員さんに後で聞こうと思っていましたが、タイムアップで先に事務所に戻ってしまったのでわからず終いです(汗)。

2010_0521画像0027
豚肉の表面にはこんがりと茶色の焼き色がついていました。

2010_0521画像0029
カリッとした口当たりで、香ばしくてとっても美味しい。
ただ、個人的にはバルサミコソースはそのままだと甘くて辛いので、ソースを避けながら食べていました(笑)。

2010_0521画像0030
メインに添えられたラタトゥイは先輩お魚料理にも盛られていました。


本日のお魚料理 [スズキのソテー]
2010_0521画像0021
お魚料理はスズキのソテーです。

2010_0521画像0022
一口いただきましたが、お魚の身がふわりと柔らかく、
オランジュソース?がとっても美味しかったです。


デザート盛
2010_0521画像0031
デザートはアイスクリームとレアチーズケーキの2種盛りです。

2010_0521画像0032
時間が押していたので急いでいただきました。

2010_0521画像0033
アイスクリームには小さくカットされたイチゴがところどころ入っていて、シャクシャクとした歯触りがよかったです。お酒がばっちりときいていて、しかも、こってりと甘かったです。
アルコールアレルギーの先輩は、午後、軽い発作が出ていました(笑)。

2010_0521画像0034
レアチーズケーキは台座のケーキがコーヒー(ココア?)味で、ほろ苦くて美味しかった。
レアチーズケーキは、恐らく甘さ控えめだったと思うのですが、最初に食べたアイスが激烈に甘かったので甘みを感じないぐらいでした。


かなり早めに食べましたが、食べ終わるとジャスト1時。
先輩にお会計を任せ、私は一足先に事務所に走って戻りました。
こういう日に限って上司から連絡が入り「もう1時過ぎているぞ!」と怒られちゃいました(泣)。

この日は一番お高いコースを食べちゃったのに、翌日に控えた私の誕生日のお祝いにと、先輩が奢ってくれました。
ひえぇ、大変申し訳ないです! ごちそうさまでした☆


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇

 カーサ ランチ
  1回目 (2008年4月25日
  2回目 (2010年1月13日

 ピアーノ ランチ  (2010年5月21日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

2010年5月21日訪問時お店DATA
********************************
IL VECCHIO PLATANO  (イル ベッキオ プラタノ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-11-19 小山ビル2F
TEL&FAX 03-3341-6029 
営業時間
[昼]12:00~14:00  
[夜]18:00~21:30
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2010/12/01 09:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(3) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる