旭川らあめん こもり 四谷店  @四谷
早いもので8月も今日で終わり。
今年は9月に夏休みを取る予定なので、まだあまり夏を満喫していません(笑)。

DSCF4602.jpg
2011年1月27日は、先輩が前日に引き続きインフルエンザでお休みだったので、上司と二人で外へランチを食べに行きました。
この日はとにかく寒い日で、しんみち通りへ行く途中、上司が「あったかいラーメンが食べたいなぁ。」というので、「この辺だと『芳久』か『こもり』、あとは中華料理屋さんの麺メニューですね~。」と答えたら、「旭川らあめん こもり 四谷店」に行くことになりました。

入口

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、ほぼ一番奥の右側にあります。

2010_0119画像0033
こちらは以前撮影した写真です。現在はメニューが変わっています。
お店の正面には入口よりも大きい(笑)券売機が置いてあるので、先に食券を購入します。

「こもり」の再訪はずいぶん久しぶりで、ご無沙汰しているうちにお店のメニューがずいぶん変わっていました。以前は富山ブラックとかかなり多彩なメニューでしたが、いまはトッピングを豚しゃぶにして、つけ麺や味噌味などのバリエーションを広げていました。

2010_0119画像0038
こちらは以前撮影した写真です。
ピンぼけですみません(汗)。
店内は左手に厨房があり、その周りを取り囲むようにカウンター席が10席あります。

2010_0119画像0036
こちらも以前撮影した写真です。
お店に入ってみると、ちょうどカウンターの奥が2席並んで空いていたので、右端に着席。
いつも混んでいるイメージがあったので「珍しく空いているな~。」と思ったのですが、到着時間が早かっただけでその後だんだんと人が集まり、帰るころには3、4人が店内の壁際に並んでいました。

2010_0119画像0040
ピンぼけですみません(汗)。
店内は禁煙です。

お水は店員さんが出してくれます。
おかわりはカウンターに大きなポットが置いてあるので、セルフで入れます。

DSCF4597.jpg
お店は男性2名で切り盛りしていました。

前回訪問したのが2009年1月19日のだったので、約2年ぶりです。

DSCF4599.jpg
店員さんが少ないので、食べ終えたら自分で器をカウンターに戻し、使用済みティッシュペーパーは入り口近くのゴミ箱に捨てるよう、お願い書きがあります。
こちらはかわいいイラスト入りです。

DSCF4598.jpg
文字だけのもありました。
帰りがけ、入り口近くには人が並んでいることが多く、結構持ち帰って事務所で捨てていることが多いかも(笑)。

DSCF4600.jpg
麺は細麺、中太麺、極太麺の3種類から選べます。
麺とスープのオススメの組み合わせが書いてあるので、とてもわかりやすいです。

DSCF4601.jpg
つけめんにオススメの極太麺は最近登場した麺のようです。
茹で時間が長いため、提供まで10分以上かかることもあるとのこと。

食券を店員さんに渡すと、麺の種類を聞かれます。
上司も私も無難に中太麺を注文。


豚しゃぶ味噌カリーらあめん[中太麺](670円)+味付玉子(50円)=720円
DSCF4602.jpg
上司も私も新メニューという豚しゃぶカレー味噌ラーメンをチョイス。
私は味玉をつけちゃいました。
しばし待って、ラーメンが登場!
少し小ぶりでほっそりした白い器です。

DSCF4605.jpg
トッピングは、海苔1枚、メンマ、豚しゃぶ、チャーシュー、味玉、コーン、長ネギみじん切りです。
メンマは細切りでした。

DSCF4603.jpg
味噌ラーメンだからか、コーンが入っていました。
コーンは食べやすいようにということでしょうか、穴あきスプーンに入っています。
その下に重ねてスープを飲むためのレンゲがついていました。
でも、ラーメン全体をかき回して食べていたので、せっかく穴あきスプーンに盛られていたコーンは散り散りになってしまい、丼の奥底へ(汗)。

DSCF4606.jpg
豚しゃぶは一度湯通ししてあるのでさっぱりしていて、スープの味がよくしみています。
一切れが結構大きなサイズなので、一口では食べられませんでした。

DSCF4608.jpg
豚しゃぶラーメンですが、チャーシューもちゃんと入っています。
厚みはそれ程ではないですが、かなり柔らかでしっかりとした味付けです。

DSCF4604.jpg
味玉はそのままだとやや冷たいので、スープの中にしばらく沈めておきました。
丸ごと1個の形で提供されます。

DSCF4610.jpg
二つに割ってみるとやや固めの半熟で、黄身にはほんのりと味がついていました。

DSCF4607.jpg
スープはこってりとした口あたりで、カレーの風味がとてもあります。
すごく辛いわけでもスパイシーでもないですが、バランスのいい食べやすいカレー味です。
スープを飲んでいると身体の内側からどんどん温まり、汗っかきの上司は食べ終える頃にはダラダラでした(汗)。

DSCF4609.jpg
中太麺は茹で方の注文はしていませんが、そのままでもかなり固めの茹で加減でしっかりとした歯応えです。
普段ラーメンをそれ程食べない上司は、麺の太さに免疫がないようで、「これで中太麺か!」と驚いていました(笑)。

DSCF4611.jpg
最初は気にならなかったのですが、器の口が小さいからか、レンゲが2本あるのはちょっと邪魔になるときがありました。
美味しかったので、スープも全て飲み干しちゃいました。


お値段が安く、ボリュームたっぷりでおなかいっぱいになりました。
いろいろとスタイルは時代と共に変わっていきますが、どんな時でもそつなく美味しいのはさすがです。
上司も大満足でした。
次回は周囲の多くの人が食べていたつけめんを極太麺で食べてみたいです。
身体が火照っていたので、帰り道は上着を着ないでも外気がとても気持ちよかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューです・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

  辛味噌らあ麺 [平打ち麺] (2007年11月1日
  味噌 味付玉子 らあめん [中太麺] (2010年1月19日
  豚しゃぶカレー味噌ラーメン+味付玉子 [中太麺] (2011年1月27日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年1月27日訪問時お店DATA
****************************
旭川らあめん こもり 四谷店
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-20
電話 03-3341-5305
営業時間
[月~金] 11:00~23:00
[土日祝] 11:00~14:00 18:00~22:00
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/31 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
L’AMITIE  @高田馬場
昨日の夜はかなり風が涼しかったです。
節電の夏、寝苦しい夜もそろそろ終わりでしょうか。

本日は、マイブログ圏外のビストロ「ラミティエ」を紹介します。

DSCF4645.jpg
2011年1月29日は金曜日。
少し前に大学時代の友人とこの日にディナーに行くことが決まり、大人気で予約困難な高田馬場にあるビストロ「L’AMITIE(ラミティエ)」に電話してみたところ、キャンセルが出たのかたまたま席が空いていました。ラッキー♪

2009_0315画像0001
JR・地下鉄高田馬場駅から早稲田通りの左側を早稲田方面に進み、TSUTAYAを超えて二つ目の角を左に曲がり、少し行った左手にお店があります。

私は以前訪問したことがあり、2回目の訪問です。

2009_0315画像0009
お店から指定された開始時間は午後6時。
お値段がお安いお店なので、夜は2回転します。
第1陣は6時から8時(実際には8時半ぐらいまでいられました。)、第2陣は9時からです。

この週は仕事が早番で、何事もなければ5時半であがれるのですが、先輩がインフルエンザでお休みだったので、残業を頼まれないよう、あらかじめ上司にすぐあがることを伝え、6時からの来客用のお茶の準備だけをして、ダッシュで高田馬場へ。
6時到着はさすがに無理でしたが、お店に到着したら、ほぼ一番手でした。

その後やって来たお客さんはほとんどが女性でした。
午後7時近くになるとお店の中はかなりにぎやかになります。

DSCF4664.jpg
フロアスタッフは男性と女性一人ずつ。もしかしたら、女性がもう一人いたかもしれません。
内装はシンプルですが、落ち着いた雰囲気です。

DSCF4635.jpg
私たちは入口から正面奥のテーブル席に着席。
お店はこぢんまりとした空間で、たくさんのテーブルが並んでいるので、席間は狭いです。
友人が奥に座ったのですが、冬のコートを着たまま歩くと、隣のテーブルのグラスに触れちゃいそうでこわかったです。

DSCF4636.jpg
こちらのお店はコースのみで、前菜とメインで2,700円です。
いわゆるプリフィクスのスタイルで、お料理によってはプラス料金が発生します。
前菜もメインも美味しそうなメニューがたくさんあって、かなり悩みます。
友人は、お店の人にオーダーする段階でもまだ迷っていました(笑)。

DSCF4637.jpg
ワインもかなりお手頃価格です。

DSCF4667.jpg
こちらのお店はメニュー撮影は禁止です。
グローブ・デュ・モンド」もそうですが、フレンチのお店ってどうしてメニュー撮影がダメなことが多いのでしょうか。
メニュー名をとても考えてつけているお店が多いだけに、私のようなだらだらブログとはいえ、きちんと伝えたいと思っているのですが。


本日のおすすめ食前酒
パッションフルーツのシャンパンカクテル (630円)
DSCF4640.jpg
まずは乾杯の一杯。
日によっておすすめ食前酒があり、この日はパッションフルーツのパッションフルーツのシャンパンカクテルでした。
パッションフルーツが大好きな私は、迷わずチョイス。友人も同じものをお願いしました。

DSCF4641.jpg
パッションフルーツのキリッとした酸味がとても美味しかったです。

DSCF4642.jpg
お次にパンが登場しました。
小さなバスケットの中に、一人2つずつバケットが入っています。

DSCF4643.jpg
バターは、パンとは別に、白くて四角いお皿に盛られて出てきました。

DSCF4644.jpg
バターと一緒に出てきた小さな容器。
最初は何だかわからなかったのですが、メインの時にマスタードであることが判明しました。
中身の写真は撮り忘れちゃいました(汗)。


前菜 [白レバーのムース]
DSCF4645.jpg
私は前菜に白レバーのムースをチョイス。
白レバーが大好きなので、白レバーのメニューがあると素通りできません。

DSCF4646.jpg
前菜のお皿が運ばれてきたら、生野菜が森のようにこんもりと盛られていてビックリ!
いろいろな種類のリーフレタスはあらかじめドレッシングが和えてあります。

DSCF4649.jpg
下には生のトマトの櫛切りとピクルスが添えられていました。

DSCF4647.jpg
添えられたパンはこんがりカリカリに焼かれていて、食べるとバリバリと音が立つ程です。
かたいものを食べるが好きな私ですが、それでもかなりの食感です。

DSCF4648.jpg
白レバームースは、アイスクリームのようにコロンと丸いものが二つありました。
口あたりはフワフワで、こってりとした味わいですが、舌の上でとろけます。
そのまま食べたり、添えられたパンにのせていただきました。
うーん幸せ!


赤ワイン 「ドメーヌカショールージュ」 ピッチャー (2,100円)
DSCF4650.jpg
シャンパンはすぐに飲み干し、赤ワインをピッチャーでお願いしました。
ピッチャーの容量は500mlです。

DSCF4651.jpg
お店の説明では「こなれた味わい 口当りのよい プラムの香り」とのこと。
飲みやすかったです。


メイン [牛タン] (プラス210円)
DSCF4652.jpg
メインは、プラス210円の牛タンをお願いしました。
オーバル型の白いお皿に、牛タンにフライドポテトが添えられ、上にたっぷりの生野菜が立体的にトッピングされています。

DSCF4653.jpg
お肉だけでなく、たっぷり生野菜が食べられるのが嬉しいです。

メインが出てきた時、お店の方から先に出ていた器に入っているマスタードを使うように言われました。

DSCF4655.jpg
フライドポテトはとても太くて大きなものがたっぷり添えられていました。

DSCF4656.jpg
牛タンの大きさがうまく伝わるでしょうか。
かなりの厚み(高さ)があって、ピクルスがところどころに置かれています。

DSCF4657.jpg
牛タンはナイフがするりと通るぐらい柔らかく、一度焼いてから煮込んであるのか、焼いた香ばしさ感じました。
しかも奥に小さめな塊がもう一つあったのにはビックリ。


レモンシャーベット (525円)
DSCF4658.jpg
デザートと飲みものはコースとは別料金です。
デザートも選択肢がいろいろありますが、私はレモンシャーベットをお願いしました。

DSCF4660.jpg
ミニサイズのマドレーヌが添えられています。

DSCF4661.jpg
レモンシャーベットは目が覚めるような酸味があって、とっても美味しい!
お肉料理を食べた後だったので、とてもすっきりしました。


コーヒー (315円)
DSCF4663.jpg
飲み物はホットコーヒーをチョイス。

DSCF4666.jpg
おしゃべりが盛り上がっていたところで「次の予約がありますので~」と言われました。
午後8時20分ぐらいです。

DSCF4665.jpg
この日のお会計です。
これだけおなかいっぱい食べても、なんと、一人5,000円ちょっとでした。
安い!


「ラミティエ」は予約困難なお店として有名ですが、確かにお料理は美味しくてCP抜群でした。
充分なボリュームでしたが、友人も私も大食いなので、もうちょっと食べられたかな、という感じです。
前菜だけでももう一品追加楽しめたらいいのにと思います。
食べ過ぎ?


2011年1月29日訪問時お店DATA
***************************
L’AMITIE (ラミティエ)  
〒169-0075 
東京都新宿区高田馬場2-9-12 柴原ビル1階 
TEL 03-5272-5010
営業時間  
[月~土]12:00~15:00(L.O.13:30)
[日・祝]18:00~23:30(L.O.22:00)
定休日 月曜日、第2火曜日 
JR・地下鉄高田馬場駅より徒歩5分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2011/08/30 00:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) |
中国小皿料理 南国亭 四谷店  @四谷
今朝起きてみたら、外の空気がとてもひんやりしていて気持ちよかったです。
8月も今週でいよいよ終わります。
仕事がちょっと忙しくなりそうですが、新たな一週間を楽しく過ごしたいです。

DSCF4626.jpg
2011年1月28日は週の最後の金曜日。
前日、インフルエンザで倒れた先輩は、タミフルを服用して熱が少し下がったものの、なんと副作用で一晩中嘔吐と頭痛に悩まされたそうです。
劇的に効く薬は、副作用も劇的なんですね。

午前中の打ち合わせが予想外にのびて、12時を大きくまわってから上司に誘われて二人で外へランチを食べに行くことになりました。
最初はしんみち通りを目指していましたが、上司が帰りがけに銀行に寄りたいからと、急遽行き先を変更。
上司のお気に入りの中華料理屋さんである「中国小皿料理 南国亭(なんごくてい) 四谷店」へ行きました。

2010_0215画像0140
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て正面の交差点を渡るとスクワール麹町というビルがあり、新宿通り沿いの一つ隣に麹町東急ビルがあります。
麹町東急ビルの地下一階はレストラン街になっています。

2010_0215画像0142
このレストラン街の地下一階には、
2008年7月28日に訪問した「ビア・チムニー 四ッ谷店」、
2009年8月17日に訪問した「大阪屋」、
2007年9月26日2009年3月27日2009年12月9日2010年4月2日2010年8月2日2010年10月28日2011年1月17日に訪問した「KOREAN DINING 長寿韓酒房」、
2010年2月15日2010年7月8日2010年9月7日2010年10月8日2010年12月7日に訪問した「中国小皿料理 南国亭 四谷店」、
があり、全部で4店舗が営業しています。

2010_0215画像0141
前回訪問したのは2010年12月7日だったので、約1ヶ月半ぶり、6回目の訪問です。
「南国亭」はかなり大きなチェーン店のようで、四谷店のほか、新宿、渋谷、新橋、神田、町田などに支店があります。四谷店は2010年2月頃にオープンしました。

2010_0215画像0143
こちらは以前撮った写真です。
新宿通り沿いにはひときわ大きなメニューが出ています。

2008_0803画像0089
階段を降りて地下に行きます。
利用したことはありませんが、建物の奥の方にはエレベーターもあります。

2010_0215画像0138
こちらも以前撮った写真です。
階段を降りて手動のガラス扉を押して入り、すぐ左手にお店があります。

2010_0402画像0126
この場所には、2007年6月25日に訪問した「中国家常菜 麻辣房」がありましたが、2009年2月頃に閉店しました。
その前も中華料理屋さんが入っていたので、3代続いて中華のお店が入っています。
偶然?

DSCF3108.jpg
ビルの前に出ていたランチメニューが、お店の前にも置かれています。
大きな写真付きで、とてもわかりやすいです。

DSCF4634.jpg
他のランチメニューより100円安い本日の日替りメニューがあり、お店の入口にはサンプルが出ているので、入店前にどんな内容のメニューかわかります。
この日はピーマンと牛肉細切りかけご飯+半ラーメンでした。

DSCF4620.jpg
フロアは中央で大きめの仕切りで区切られていて、手前側が禁煙席、奥が喫煙席のようです。
入口で喫煙席か禁煙席か聞かれます。
席数が多くてお客さんの回転率がいいので、たとえ満席でもそれ程待ちません。

DSCF3087.jpg
お店の右奥には個室もあります。
2010年12月7日に訪問したときに、この部屋を利用しました。

2010_0215画像0119
夜はとてもお安くオーダーバイキングができるだけでなく、高級食材のフカヒレの姿煮なども食べられるようです。

DSCF3088.jpg
到着が12時半過ぎだったせいか、店内は満席。
ちょうど入れ替わりの人がいたため、禁煙席にもぐり込むことが出来ました。
入口から左側の奥の方、厨房のすぐ近くです。

DSCF0198.jpg
卓上にはお酢・お醤油・ラー油・カラシの小袋・爪楊枝などが置かれています。

2010_0215画像0118
こちらは以前撮影した写真です。
テーブルマットの下にも夜のメニューがいろいろと紹介されています。

DSCF4625.jpg
着席すると店員さんが冷たいお茶を持ってきてくれます。

DSCF0199.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
大きなお茶のおかわり用ポットはテーブルに置いてあったり、持ってきてくれたりします。
同じくビックサイズのギャバンのホワイトペッパーは注文したメニューによって出てくるような?

DSCF4612.jpg
ランチメニューです。

久しぶりに来たら、メニューがとても立派になっていました。
出ているメニューはそれ程変わっていないようでしたが。

日替り定食だけ698円で、そのほかのメニューは全て798円です。
定番の定食は8種類あり、ライス、ザーサイ、スープはお替り自由です。
麺類セットは9種類、チャーハンが3種類あります。

DSCF3089.jpg
せっかくキレイにしたのに、定番メニューの裏側に、真冬の1月なのに夏の涼麺が相変わらずあるのがちょっとおかしかったです。

季節メニューは、冷たい麺料理が4種類で、すべて798円です。

2010_0709画像0007
フロアが広いわりには店員さんが少ないせいか、卓上には呼び出しボタンがあります。

お料理が出てくるまで、少し待ちました。
上司はいつも注文している酢豚ではなく、珍しくカタヤキそばセットを注文していましたが、こちらが先に到着し、私のスーランタンが出てくるにはさらにもう少し時間がかかりました。


酸辣湯麺セット[杏仁豆腐] (798円)
DSCF4626.jpg
この日は夜にガッツリ系ビストロに行く予定だったので、少しでもカロリーを減らそうと、ミニチャーハンではなく杏仁豆腐にしてみました。
「南国亭」のサイドメニューで杏仁豆腐をチョイスしたのは初めてです(笑)。

定食と違い、麺セットの時はお皿がそのまま出てきて、お盆がついていません。

DSCF4630.jpg
「酸辣湯麺」は、今回のメニュー変更で登場しました。
大きめの器にたっぷりと入っています。

DSCF4631.jpg
酸辣湯は結構赤みのあるスープで期待が高まります。
タマネギ、ニラ、ニンジン、もやし、タケノコなどなど、野菜がたっぷり。
トッピングにむきエビがありましたが、スープの中にもう一つ沈んでいました。
柔らかかったです。

DSCF4632.jpg
スープをいただくと、しっかりとした酸味があり、しかも、結構しっかり辛い!
かなり好みの味です。
熱々のスープにはとろみがついているので、猫舌の私はかなりヒーヒーしながら食べました。

DSCF4633.jpg
中華料理屋さんの麺類は、なぜか提供するときに麺をほぐしていないことが多いです。
このお店も例外ではなく、中央にまとまっていた麺をほぐそうとしたら、細めの麺はすでにかなりのびていて、箸を差し込んでもなかなか崩れない(汗)。お箸を持ち上げると、かたまりのまま持ち上がり、食べるのが大変でした。
ちょっと「松月庵」の出前のお蕎麦を思い出しました(笑)。

DSCF4627.jpg
杏仁豆腐はやや大きめな器にたっぷりと入っています。
運んでいるところを見ていたら、すぐに運べるよう、カウンターの近くに杏仁豆腐があらかじめ並べてありました。

中央には小さくカットされた桜桃とパイナップルがトッピングされていました。
杏仁豆腐は寒天がしっかりとしてツルツルとした口あたりです。
甘さ控えめでさっぱりとしていました。

DSCF4629.jpg
器の左上に、ぱっと見だけでわかるなんだか黒っぽい線が、、、。
食べるときに取り除いてみましたが、髪の毛にしてはあまりにも太く、取り除いた指にはり付いてしまい、なかなか取れないぐらい軽いものでした。多分、刻み海苔かなにかかな?


私の料理は出てくるのが遅かった上に写真を撮っていたので上司よりかなり食べるのが遅くなり、デザートの杏仁豆腐はほとんど飲み込んで食べました(汗)。
美味しいスープもほとんど飲んだので、おなかいっぱいでした。
せっかくスープが美味しいので、麺がもうちょっと美味しければいいのにな、と思います。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[定番メニュー]
   五目焼きそば (2010年9月7日
   担々麺 (2010年2月15日
   海鮮麺 (2010年12月7日
   酸辣湯麺(2011年1月28日

[季節メニュー]
   冷し担々麺 (2010年7月8日2010年10月8日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF4612.jpg

DSCF4613.jpg

DSCF4617.jpg

DSCF4615.jpg

DSCF4616.jpg

DSCF4619.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF4621.jpg

DSCF4622.jpg

DSCF4623.jpg

DSCF4624.jpg

2010_0215画像0087

2010_0215画像0088

2010_0215画像0089

2010_0215画像0090

2010_0215画像0091

2010_0215画像0092

2010_0215画像0093

2010_0215画像0094

2010_0215画像0095

2010_0215画像0096

2010_0215画像0097

2010_0215画像0098

2010_0215画像0099

2010_0215画像0100

2010_0215画像0101

2010_0215画像0102

2010_0215画像0104

2010_0215画像0105

2010_0215画像0106

2010_0215画像0107

2010_0215画像0108

2010_0215画像0109

2010_0215画像0110

2010_0215画像0111

2010_0215画像0112


2011年1月28日訪問時お店DATA
******************************
中国小皿料理 南国亭 四谷店 (なんごくてい) 
〒102-0083
東京都千代田区麹町6-6 麹町東急ビル地下1F
TEL&FAX 03-6272-9822 
営業時間 
[昼] 11:30~14:30  
[夜] 17:00~23:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/29 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ティーヌン 市ヶ谷店  @市ヶ谷
蒸し暑い日が続いていますが、今週もあと一日。
昨日は給料日だったし、しっかり仕事に励んで、8月最後の週末を楽しみたいです☆
みなさまも、楽しい週末を!

DSCF4579.jpg
2011年1月26日は、せっかく上司がお昼時に不在で外へランチを食べにいくチャンスでしたが、事務所に来ていた業者さんの仕事がなかなか終わらず、時間が足りなくなって外出できませんでした(泣)。

水曜日だったので「サファリカレー」を買おうかなと思ったのですが、ふと、市ヶ谷にある「ティーヌン 市ヶ谷店」のことを思い出して先輩に提案したら、「久しぶりにグリーンカレーが食べたい!」と大賛成だったでの、早速行ってみました。

入り口

こちらは以前撮った写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から九段下方面に向かっての交差点を渡るとすぐ右手に市ヶ谷プラザビルがあり、お店は靖国通り側ではなく、土手側の1階にあります。
お店の入り口の右側の窓が開くようになっていて、テイクアウトができます。

DSCF4572.jpg
お弁当の販売は午前11時から午後2時(?)までのランチタイムのみです。

DSCF4569.jpg
テイクアウトの窓口の下にランチメニューの写真が貼り出してあります。
写真はかなり大きくて色鮮やかなので、お料理がどんな感じかとてもわかりやすいです。

DSCF4570.jpg
お持ち帰りできるタイランチ弁当は全部で4種類、お値段は600円と620円です。

DSCF4571.jpg
サイドメニューとしてトムヤムスープを200円でつけることができます。

このところ、上司のお弁当を購入する必要があって四谷の「ティーヌン」ばかり行っていたので、市ヶ谷店はとっても久しぶりです。
前回お弁当を購入したのは2008年2月4日だったので、約3年ぶりでした(汗)。

DSCF4567.jpg
窓口の前には小さなテーブルがあり、買いたいお弁当をここでメモしてお店の人に渡します。

12時に事務所を出て行列を覚悟していたのに、あまりの寒さからか、誰もいませんでした。
久しぶりなのでメニューを先輩にメールをしようかと思っていたのですがその時間はなく、慌てて電話をかけたのましたが、先輩の携帯はマナーモードになっていて気付いてもらえなかったので、当初の予定どおり、グリーンカレーとトムヤムクンを買いました。

DSCF4568.jpg
私がお料理の出来上がりを待っている間、後続の人がようやく一人来ました。
店舗の方も以前見た程の行列はなく、一人とか二人ぐらいでした。
この日がすごく寒かったからかな~。
寒いからこそ、ガツンと辛いティーヌンを食べたい気がしますが(笑)。

DSCF4573.jpg
少し待って店員さんから手渡されたお弁当は、二人分ですがスープとお弁当の容器を縦に積んでいるのでかなりの高さになっていました。
中のものがこぼれないように慎重に持ち帰ったので、結構腕が疲れました(汗)。

お弁当を受け取った瞬間にトムヤムクンのコリアンダーの香りをふわんと感じました。
泉州屋台」が移転してしまって以降、手軽にタイ料理が食べられなくなっていたので、本当に久しぶりです。

DSCF4575.jpg
私はせっかくなので、グリーンカレーとトムヤムスープを購入しました。

DSCF4577.jpg
プラスチックのスプーンはビニール袋に入っています。
スプーンを断るのを忘れていただいちゃいましたが、以前食べたときに付属の先割れスプーンでスープを食べるのはかなり四苦八苦した記憶があったので、事務所の備品の大きなスプーンでいただきました。

DSCF4580.jpg
いただきま~す!

DSCF4576.jpg
スープの器が変わったような気がします。
以前はもう少し間口が小さくて背の高いタイプでしたが、背が低くて間口が大きくて平べったいタイプに変わりました。
重ねて持ち帰るときに安定感が増すからでしょうか。


トムヤムスープ (200円)
DSCF4581.jpg
スープはボリュームたっぷりで、しかも熱々です。

DSCF4585.jpg
全体が赤く染まったスープはかなりしっかりとした酸味とパクチーの風味があって辛かったです。
以前食べたのがずいぶん前なので記憶が定かではありませんが、こんなにしっかりと酸っぱかったっけ?と先輩と話しました。食べ手を選ぶ程ですが、タイ料理大好きな私たちには辛くて酸っぱくってとっても美味しかったです。

DSCF4586.jpg
スープの中にはもやしなどがたっぷりと入っていて、なかなか具だくさんでした。
夢中でスープを啜っていたら、身体が内側からどんどん熱くなってきました。
もやしがあまり得意でない先輩は、「もやしって、タイ料理や韓国料理なら美味しく食べられますよね~。」と言っていました(笑)。私も焼きそばに入っているもやしは水っぽくて苦手なので、完全同意。

DSCF4578.jpg
カレーの入った容器は、スープとご飯とパーツの間に薬味用のスペースがありましたが、空でした(笑)。


グリーンカレー弁当 (620円)
DSCF4582.jpg
薬味用のスペースに少しカレーがこぼれちゃっています。

DSCF4583.jpg
ご飯はかなりたっぷり入っています。
カレーだけだと足りないぐらいで、後半はトムヤムクンをかけて食べたりもしちゃいました(笑)。

DSCF4584.jpg
カレーには大きめにカットされたナスと鶏肉がゴロゴロと入っていて、なかなか具沢山です。

DSCF4588.jpg
カレーはそれなりに辛く、かつ、ココナツミルクのまろやかさがありました。

DSCF4587.jpg
鶏肉はモモ肉なのでしょうか、とても柔らかかったです。
ナスはずいぶん手が込んでいて、皮を剥いて筋をつけてあります。
カレーの味をしみ込みやすくさせるためでしょうか。


久しぶりのタイ料理をとても美味しくいただきました。
四谷の「ティーヌン」に比べ、味わいにパンチがあってボリュームが多く、何より、お弁当の注文が入ってから作っているので出来たて熱々なのがすごくいいです。
この日はお味もボリュームも大満足でした。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  冷やしトムヤム (2007年6月8日

[お弁当]
  トムヤムスープ (2007年12月11日2011年1月26日
  グリーンカレー (2007年12月11日2011年1月26日
  ガイパッキン (2008年2月4日) 

[ディナー] 
  2007年9月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年1月26日購入時お店DATA
******************************
ティーヌン 市ヶ谷店
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル1F
TEL&FAX 03-5214-6515
営業時間  
[昼]11:00~15:00   
[夜]17:00~23:00
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/26 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
DSCF4495.jpg
2011年1月22日は、2011年に入ってから最初のキムチ教室でした。
教室の前に、恒例の四谷三丁目ラーメン屋さん巡りとして「CHABUYA Zutto Branch(ちゃぶや ずっと ぶらんち) 四ッ谷店」で腹ごしらえ。

整理が悪くてレシピが見当たらず、ここ数回のキムチ教室の記事をアップできなかったので、ずいぶん久しぶりのレポートです。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大5人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。

2008_1025画像0017
妻家房のお店の中は、手前側で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われています。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、
中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きです。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF4403.jpg
この日のメニューは、キムチが「小松菜キムチ」で、韓国料理が「チャンチククス」です。


【 小松菜キムチ 】
DSCF4399.jpg
材料は全て卓上にセットされています。

DSCF4401.jpg
生の状態の小松菜です。
とても立派なサイズ。

DSCF4433.jpg
小松菜以外の材料です。

DSCF4406.jpg
小松菜はよく洗って砂を落とし、食べやすいよう、2等分または3等分にします。

DSCF4408.jpg
根っこを切り落とします。

DSCF4410.jpg
茎と葉に分けて、まずは茎だけをボールに入れ、塩をふります。

DSCF4411.jpg
葉を上に重ね、さらに塩をふります。

塩が岩塩の場合には、溶けやすいよう、水をかけ回しますが、洗って水がついたままならいりません。

DSCF4412.jpg
重石は使わず、30分置いたら1回上下を入れ替えて、さらに30分置きます。

DSCF4402.jpg
よく洗って塩を落とし、しぼらずに自然に30分程置いて水切りをします。

DSCF4400.jpg
私たちが調理する分は、あらかじめ工場で塩漬けしてあるものを使います。

DSCF4500.jpg
こちらは先生が作ったものです。
小松菜はあまりしんなりしません。

DSCF4418.jpg
次にヤンニョンを作ります。
ニンニクとショウガをすりこぎで潰します。

すりこぎは一生ものだそうで、先生はお母様のものをつかっていらっしゃるとか。

DSCF4419.jpg
ショウガはそのままでは潰しにくいので、小さく切ってから潰します。

DSCF4416.jpg
ボールにお粥状のもち粉、唐辛子粉、砂糖、ニンニク、ショウガを入れて混ぜ合わせます。

もち粉は予めお水に溶かして火にかけ、お粥状にします。
焦げ付かないようかき回し続けてドロドロにして完成。
ヤンニョンに使うのは冷ましてからです。

DSCF4422.jpg
全体をよ~く混ぜ合わせます。

DSCF4435.jpg
このヤンニョンは一週間もつそうです。

DSCF4436.jpg
万能ネギは6㎝の長さに切りそろえます。

DSCF4437.jpg
ヤンニョンに万能ネギを入れ、、、

DSCF4424.jpg
小松菜といりゴマも投入!

DSCF4427.jpg
全体をかき混ぜます。

DSCF4429.jpg
これで完成!

このまま食べても大丈夫なので試食したところ、少し苦みがあり、かなり辛かったです。

DSCF4431.jpg
1日常温で置いて、その後冷蔵庫に入れて保存します。
3、4日は苦みが出るので食べないで、1週間後から食べるようにします。
途中から酸味が出てきますが、3ヶ月経っても大丈夫だそうです。

酸味が苦手な人は油で炒めて食べるといいそうです。
その時、少し砂糖を加えても。

DSCF4441.jpg
この日のお土産です。


【チャンチククス】
DSCF4438.jpg
この日の韓国料理は、チャンチククスというお祝いのときに食べる麺料理です。

DSCF4439.jpg
使う麺はそうめんです。
柳先生曰く、韓国のそうめんはあまりつるつるしないので日本のものが大好きだそうで、夏に買いだめしておくとのこと(笑)。

DSCF4445.jpg
トッピングは白菜キムチ、卵、ズッキーニ、ニンジン、海苔などで、あらかじめ用意してありました。

DSCF4452.jpg
卓上コンロに点火。

DSCF4442.jpg
水を入れたお鍋を火にかけます。

DSCF4443.jpg
水に煮干しと昆布を入れて沸騰させ、中火に落として煮詰めます。
煮干しは頭をとりません。

DSCF4448.jpg
スープを煮詰めているうちに、トッピングを作ります。

DSCF4451.jpg
千切りしたニンジンをフライパンでゴマ油と塩を入れて炒めます。

DSCF4453.jpg
ニンジンを取り出したら、続けて千切りしたズッキーニを同じように炒めます。
ズッキーニの方が火が通りやすいので、別々に炒めます。

DSCF4459.jpg
出来上がった野菜を冷ましておきます。

DSCF4460.jpg
そろそろスープが出来上がりそうです。

DSCF4462.jpg
ヤンニョンカンジャンを作ります。
ヤンニョンカンジャンとは、薬味の入っているお醤油で、ネギを入れなければ1ヶ月保つとのこと。
これはとても幅広く使える調味料で、ご飯、冷や奴、チヂミなど、何にでも合います。

DSCF4463.jpg
お醤油に唐辛子粉、ゴマ油、いりごま、ニンニク、刻みネギを入れて混ぜ合わせます。
ネギは、かき混ぜにくいぐらいたっぷり入れると、美味しいそうです。
辛くしたいときには、青唐辛子のみじん切りを入れるべし。

DSCF4467.jpg
これで、麺のタレが出来上がり。

DSCF4470.jpg
次に、麺を茹でます。

DSCF4468.jpg
お水を沸騰させ、、、

DSCF4469.jpg
そうめんを投入し、強火のまま3分茹でます。
吹きこぼれそうになったら差し水をすると、歯応えが出るそうです。

DSCF4471.jpg
この日はおしゃべりが盛り上がって、麺を茹で過ぎちゃいました(笑)。
そうめんは水でよく洗います。

DSCF4473.jpg
いよいよ盛り付けです。

DSCF4474.jpg
出来上がったスープはやや白濁していました。
スープは熱々にします。
丁寧にやるときは、スープを一度漉すといいそうです。

DSCF4476.jpg
器に麺を盛って、スープを注ぎ、麺をほぐします。

DSCF4479.jpg
トッピングをのせます。
ニンジン、ズッキーニ、、、

DSCF4480.jpg
白菜キムチ、、、

DSCF4482.jpg
錦糸卵、、、

DSCF4485.jpg
中央にヤンニョンカンジャンをのせ、、、

DSCF4489.jpg
その上に刻み海苔をのせて完成!

DSCF4490.jpg
楽しい試食タイムで~す!
私達が食べるお料理は上の階のレストランで作ってくださったものです。

トウモロコシ茶を新たにいただきます。

DSCF4495.jpg
お祝いに出されるお料理だけあって、とっても色鮮やか。

DSCF4492.jpg
さっぱりしていますが、ダシがすごくよくでていて、とっても美味しい!

DSCF4496.jpg
小松菜キムチも入れて食べちゃいました。


温かいそうめんをほとんど食べたことがなかったので、こういう風にそうめんを美味しくいただけるのか~とかなり勉強になりました。
私も先生を見習って今のうちにそうめんを買いだめし、寒い季節になったらこのお料理を是非とも作ってみたいです(笑)。


2011年1月22日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2011/08/25 00:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【閉店】 CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店  @四谷三丁目
2014年3月5日追記

「ちゃぶ屋 ズット ブランチ」は、2011年の年末頃に閉店したそうです。
2012年には「ちゃぶ屋」そのものが破産しています。

DSCF3628_2014022822003706c.jpg
その後、跡地には2012年8月15日に「莫莫 四谷三丁目店」がオープンしましたが、既に閉店しているようです。

****************************

DSCF4385.jpg
2011年1月22日は、2011年最初の「妻家房」のキムチ教室だったので、キムチ教室が始まる少し前に現地に到着し、恒例の四谷三丁目のラーメン屋さん巡りに行きました。
そろそろ行きたいラーメン屋さんがなくなってきたなぁ~と思っていたら、少し前にビックネームの支店が開店したとの情報が飛び込んできました。

DSCF4395.jpg
ラーメン界のカリスマ店主・森住康二氏が展開する「ちゃぶ屋」の支店で、油そばの専門店「CHABUYA Zutto Branch(ちゃぶや ずっと ぶらんち) 四ッ谷店」が2010年12月23日にオープンしたとのこと。
2011年1月7日にShiraさんからコメントをいただいたほか、ラーメンブロガーの方々もたくさん訪問して記事をアップしていたのを見ていました。

DSCF4398.jpg
地下鉄丸の内線四谷三丁目の駅から四谷三丁目交差点に出て、外苑東通りを靖国通りに向かって緩やかに坂を下って行くと、左手にあります。
この通りはラーメンストリートとなっていて、一番手前に2010年6月5日に訪問した「麺屋 大勝軒 四谷三丁目店」、その隣に2008年1月18日に訪問した「ラーメン 大陸」があり、「ちゃぶ屋」はすぐ隣のビルです。

DSCF4396.jpg
お店の入口にはでっかく「あぶら」と書かれた赤い提灯が下がっています。

もうずいぶん前になりますが、ラーメン界で油そばがブームになったことがあり、私も「ぶぶか」とか食べた記憶がありますが、スープがないので満腹感がイマイチなのと、食後感が今ひとつピンと来なくて自分はそれほどはまりませんでした。
・・・なので、久しぶりの油そばです。

なお、2011年6月11日から「あぶらそば」改め「うまみそば(UMAMI SOBA)」専門店になったそうです。

DSCF4397.jpg
ちゃぶ屋」は1996年に荒川区新三河島にオープンしました。
当時京成線沿線に暮らしていた私は、美味しいラーメン屋さんの登場がとても嬉しかったのですが、初めて食べにいったときには、護国寺に移転直前でした(泣)。

DSCF4382.jpg
オープンしたてのお店は内装がピッカピカです。
お店に入ると、入口は小さいですが奥にフロアが広がり、ラーメン屋とは絶対に思えない、とってもオシャレな内装です。

DSCF4381.jpg
店員さんから「どこでもどうぞ~」と言われ、入ってすぐの窓際の4人テーブル席に着席。
卓上にはビネガーや辛みオイル、割り箸などが置かれています。
午後1時少し前という時間でしたが、先客は4組程でした。
有名店の支店で、しかもまだオープンから1ヶ月足らずで結構混んでいるんじゃないかと早めに来てみたのに、肩すかしでした(汗)。

DSCF4392.jpg
最近増えてはいますが、店内だけ見るとラーメン屋さんとは絶対にわかりません。
まるでカフェのように、オシャレな内装、イケメンの店員さん、ゆったりと流れるBGMです。

DSCF4380.jpg
お水もかわいいゴブレットで出てきました。

DSCF4383.jpg
私の席からは外を見ることが出来ました。

DSCF4384.jpg
このビルそのものが新しい気がするのですが、どうでしょうか。

券売機は置いてありません。
レジでの後精算ですが、レジがお店の一番奥にあるので、入口近くに座っていた私には少々面倒くさかったです。

DSCF4393.jpg
麺の箱には「CHABUYA JAPAN」と書かれています。
「ちゃぶ屋」は香港に「香港MIST」という支店があり、ミシュラン香港で一つ星を獲得しています。ラーメン業界では初めての快挙です。

DSCF4394.jpg
オープンからちょうど1ヶ月ぐらい経過していますが、まだ開店祝のお花が置かれていました。
さすが胡蝶蘭、とっても長持ちです。

DSCF4372.jpg
ピンク色のカワイイメニューが渡される、メニューを検討。

DSCF4374.jpg
初めてなので基本のメニューを注文。
卵がのっていないのでトッピングしようかどうしようかと悩みましたが、ちょっと体重が心配なのとお値段が高めになるので、止めておきました。


特 牡蠣あぶらそば正油味 かつお風味 (850円)
DSCF4385.jpg
しばし待って、麺がが登場。
白い器の中は、予想どおり(笑)、ややこじんまりとした麺が盛られていました。

こちらのあぶらそばは、イタリア産のピュアオリーブオイル、牡蠣エキス、減塩した醸造醤油が使われているそうです。

DSCF4386.jpg
トッピングは支那竹、青ネギ、キザミのり、塩グリルポークです。

DSCF4387.jpg
メンマはかなり細めで、柔らかい部分と歯応えのある部分がありました。
少し甘めの味付けです。

DSCF4388.jpg
塩豚は薄くカットされて並べられていました。
バラ肉でしょうか、かなり脂身があり、少し炙ってあるのか、香ばしさも感じました。
お肉は柔らかくて味付けも程よいですが、いかんせん、脂っぽい!
麺の脂のくどさにさらに追い打ちをかける感じになってしまいました(汗)。

DSCF4389.jpg
刻みナッツがたっぷりと入っていて、食べているときにプチプチとアクセントになりました。

DSCF4391.jpg
麺はカキ油をまとっているので、結構重たく、適量引っぱり出すのが大変でした。

麺は固めでカキ油の風味がしっかりと感じられて美味しいのですが、ネット上の評判どおり、かなりオイリー。
私はこってりした味わいが大好きですが、濃厚さとオイリーは違うんだな~と実感しました。

途中からビネガーを投入。
少し酸味を感じましたが、それほど味わいに変化はなかったです。
その後、辛みオイルを入れました。
少し辛さを感じましたが、正直、ますますオイリーになってしまったような、、、(汗)。


麺のボリュームはそれほどではないですが、たっぷりのオイルでおなかいっぱいになったような気がしました。
もともと油そばというジャンルはほとんど食べたことがなかったので、久しぶりに食べて、こういう感じなんだ~とお勉強になりました。


メニューです↓
DSCF4372.jpg

DSCF4373.jpg

DSCF4374.jpg

DSCF4375.jpg

DSCF4376.jpg

DSCF4377.jpg

DSCF4378.jpg

DSCF4379.jpg


2011年1月22日訪問時お店DATA
**********************************
CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (ちゃぶや ずっと ぶらんち)
〒160-0006
東京都新宿区舟町7 ポワロ-ビルディング1階
電話 03-5919-0752
営業時間
[火~土]11:00~03:00(L.O.02:30) 
[日曜日]11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 月(祝日の場合は営業。翌日代休)
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/24 06:30】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
立ち飲み居酒屋 倭武多  @錦糸町
本日は、マイブログ圏外の錦糸町にある居酒屋さんの紹介です。

DSCF4352.jpg
2011年1月21日の夜に残業していたら、午後8時頃に家人から連絡が入ったので、夕飯がてら、飲みに行ってしまいました。
以前から行ってみたかった錦糸町にある居酒屋さんに行ったのですが、金曜日ということもあり満席(泣)。

DSCF4371.jpg
そこで、以前見つけた青森県の郷土料理を出すお店「立ち飲み居酒屋 倭武多(ねぶた)」に行ってみることにしました。

JR・地下鉄錦糸町の北口駅から線路沿いに右手に進んで大きな通りに出ると、問面にロッテホテルがあるので、通りを渡って左に曲がり、ロッテホテルを超えたところの路地を右に入るとお店があります。

DSCF4323.jpg
お店は立ち呑みですが、奥に小さなカウンターとテーブル席があります。
5割ほどの人の入りで、テーブル席はだいたい埋まっていたのでカウンターの一番右端に着席しました。

DSCF4326.jpg
お店の正面には大きなテレビがありました。
至る所にメニューが貼り出されています。

DSCF4325.jpg
この日のオススメです。

DSCF4324.jpg
青森といえば帆立!
帆立だけでもこれだけ色々な食べ方が出来ます。

DSCF4321.jpg
他では食べられない郷土料理を食べようと、どんどん注文してみました。

DSCF4318.jpg
でも、その前にまずはビール!
何故かビールと一緒に、フルーツ盛り合わせをいただいちゃいました。

DSCF4319.jpg
女性客へサービスということですが、甘いものが苦手な私(汗)。
もちろん果物は普段なら食べますが、お酒を飲みながらはかなり厳しい。
結局、相方が全部食べちゃいました。


生ビール 中 (380円)
DSCF4320.jpg
まずはビールで乾杯!
一週間の仕事の後のビールは格別ですね。


お通し
DSCF4322.jpg
お通しはホタテの中身を煮た物です。
ほっこりと煮られて美味しく、ボリュームたっぷり。


ホッケ押しずし (350円)
DSCF4327.jpg
「押しずし」ってどんな感じなんだろう~と思っていたら、お寿司とはいってもご飯がメインではなく、お魚の酢漬けのような感じでした。
輪切りのレモンが添えられています。

DSCF4328.jpg
ホッケは一度干物にしたものを使っているのか、結構かたくて酸っぱく、しかもかなりしょっぱかったです。


ハタハタ押しずし (350円)
DSCF4329.jpg
ハタハタはしっかりと身が引き締まり、ぶりりとした食感。
こちらにも輪切りのレモンが添えられていました。

DSCF4330.jpg
酸味がびしっときいていました。


竹の子炒め(青森産根まがり竹) (300円) 
DSCF4331.jpg
私はタケノコが大好きなので、青森の根まがり竹は大好物。
高野豆腐と共にあっさりとした優しい味わいの煮物でした。
シャクシャクした歯応えがたまりません。


ほっき貝サラダ (300円)
DSCF4332.jpg
サラダにはレタス、キュウリ、ミニトマト、ホッキ貝が入っていました。

DSCF4333.jpg
ホッキ貝はマヨネーズが和えてあり、シコシコした食感がよかったです。

DSCF4334.jpg
お酒も青森の地酒がたくさん並んでいます。
目の前に青森ではメジャーな「富久娘」がデンと置かれていました。
熱燗なんて長らく飲んでいませんが、とても寒い日だったし、目の前にお燗マシーンがあったことので、熱燗をいただいてみました。


日本酒一合 熱燗 (250円)
DSCF4335.jpg
香りはまさにザ・日本酒!って感じでクラクラしそうでしたが、ほんのりとした甘みとさっぱりとした後味で、大学時代に飲まされていた熱燗とはかなりの味わいの差がありました(笑)。
お値段を考えればなかなかです。


イカ肝和え (300円)
DSCF4344.jpg
イカは主にゲソでしたが、たっぷりと肝が和えられ、濃厚な味わいで美味しかったです。
イカがコリコリと歯応えよく、このメニューはかなり気に入りました。


もつ煮込み(豚) (300円)
DSCF4347.jpg
郷土料理と書いてあったので頼んでみたのですが、これはかなりフツーでした。
汁気がほとんどなくて、唐辛子をかけていただきました。

DSCF4348.jpg
モツのやわらかさも程々。
ちなみに、卓上には一味唐辛子と七味唐辛子の両方が置かれています。


串焼き[ニンニク] (300円)
DSCF4349.jpg
青森といえばニンニク!
串焼きを1本注文してみたところ、お値段は高いですが、さすがにサイズがでっかい!

DSCF4351.jpg
味付けに味噌がたっぷりと添えられています。
そんなにつけなくても、充分旨みはありました。

DSCF4350.jpg
ニンニクは2個ついていましたが、サイズが結構違う(汗)。
家人から大きい方をゆずってもらえてラッキーでした。
ホクホクとしていましたが、思っていたよりは甘みは少なかったです。


貝味噌焼き (350円)
DSCF4352.jpg
せっかく青森のお店だから帆立メニューも頼まなきゃと、とこちらを注文。
大きなホタテの殻の上に、ホタテがたっぷりの卵でとじられています。

DSCF4353.jpg
熱々で美味しい。
ホタテは食べやすく小さくカットされていました。
これもかなりお気に入りメニューです。

DSCF4368.jpg
青森の地酒がお手頃価格で揃っています。


日本酒「豊盃」 (600円)
DSCF4354.jpg
家人が豊盃を注文。
このお酒、美味しくてお気に入りですが、なかなか手に入りません。
600円で飲めるというのは結構お得だと思います。
しかも、入れている途中にビンが空き、残りは口開けを注いでいただけました。
マスにもたっぷりと入っています。
以前飲んだ記憶よりは少しお酒っぽさがありましたが、ほんのりと甘くて口あたりが良くて美味しかったです。


黒ホッピーセット (350円)
DSCF4355.jpg
私はホッピーを注文。

DSCF4356.jpg
ホッピーは黒が大好きです。

カウンターには若くてキレイな女性店員さんがいらっしゃって、私たち以外のカウンターに陣どるお客さん達はみんな彼女目当ての人ばかりでした。
我先にと声をかけ、彼女にビールを奢ったりしていて、激しい争いを繰り広げていました。
看板娘というのは重要なんだなぁと、改めて思いました(笑)。


きりこみ (300円)
DSCF4357.jpg
どんなお料理か全くわからずに注文。

DSCF4359.jpg
お魚を粕漬けにしたようなもので、自分としては少し甘かったです。


イカの塩辛 (300円)
DSCF4358.jpg
青森産のイカを使っているということで注文してみました。

DSCF4360.jpg
手作りではなく出来合いっぽい味だったのは残念。


焼酎 (200円)
DSCF4361.jpg
ホッピーの中をおかわり。


むしりカンカイ (300円)
DSCF4362.jpg
不思議なメニュー名があったので店員さんに聞いてみたところ、コマイの干物とのこと。
マヨネーズが添えられていました。

DSCF4363.jpg
少しずつちぎっていただきました。
噛む程に味が出ましたが、もうちょっと温めてあるともっとよかったかも。


焼酎 (200円)
DSCF4364.jpg
もう一度、ホッピーの中をおかわり。

DSCF4365.jpg
ホッピー1本で3杯飲めるので、とってもお得。


日本酒「じょっぱり」 (350円)
DSCF4366.jpg
家人が注文。
これは味見するのを忘れてしまいました。


帆立バター (300円)
DSCF4369.jpg
ホタテをもっと食べたくて、こちらを注文。

DSCF4370.jpg
まあまあの大きさのホタテが3つ。
バター醤油は間違いない美味しさです。
ホタテは甘く、柔らかでした。


この日のお会計は二人で6830円でした。
一品のお値段がお安いこともあり、少し当たり外れがあります。
全体的にお酒のおつまみ的なものが多いので、おなかはあまりたまらなかったです。
それでも、このお値段で郷土色豊かにメニューがあるのは本当にすごいです。
美味しいお料理を選びながら食べられれば楽しいお店だなと思います。

本当はがっつり残業するつもりでしっかりとランチを食べたのに、飲みに出てしまったので体重はかなりアップしちゃいました(汗)。


メニューです↓
DSCF4336.jpg

DSCF4337.jpg

DSCF4338.jpg

DSCF4339.jpg

DSCF4340.jpg

DSCF4341.jpg

DSCF4342.jpg

DSCF4343.jpg


2011年1月21日訪問時お店DATA
*****************************
立ち飲み居酒屋 倭武多 (ねぶた) 
〒130-0013 
東京都墨田区錦糸4-14-9 1階
TEL 03-6456-1922 
営業時間 
[日~木]15:00~01:00(L.O.24:30)
[金・土]15:00~02:00(L.O.25:30)
定休日 無休
JR総武線・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅 徒歩2分 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2011/08/23 07:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
週末は、半袖だと肌寒いぐらい気温が低く、とても過ごしやすかったですね~。
雨の降る月曜日は気分がややブルーですが、新しい一週間を楽しく過ごしましょう☆

DSCF4306.jpg
2011年1月21日は、先輩が所用で休みを取っていて、上司と二人でのランチでした。
お昼前後に打ち合わせが入っていたので、朝のうちに宅配のお弁当を手配しようと思っていたのに、上司が時間ギリギリにやってきてすぐに打ち合わせに入ってしまったため、手配できず(泣)。
お昼になって、時間があまりなかったので「「松月庵」か「俵屋」しかないですね~。」と言ったら、「昨日の夜、蒲田で餃子を食べたから蕎麦屋にとんかつを頼んで。」と言われ、「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

前回出前をお願いしたのは2011年1月12日だったので、9日ぶりです。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備し、上司はため込んであった割り箸を使うので、新たな割り箸はいただかないようにしています。最近は配達の方に我が事務所はお箸不要だと覚えていただき、せっかく持ってきた割り箸をそのまま持ち帰っていただく、というのも少なくなりました。

DSCF4304.jpg
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2009_0424画像0084
お蕎麦やうどんについてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。
きしめんも同じ薬味でした。

DSCF4305.jpg
12時になると注文がたて込むだろうと思ったので、11時55分頃に電話。
最近、電話口の店員さんにもこちらの事務所のことを覚えてくださっている人が多かったのですが、この日対応してくれた女性の方は全くわからなかったようです。
店舗には店員さんって何人ぐらいいるんだろう?
一度、実店舗に行ってみたいです。

わずか10分ほど、12時5分過ぎにお料理が到着。
あまりの早さに上司もビックリでした(笑)。


カレーライスセット[かけそば] (900円)
DSCF4306.jpg
この日の夜はちょっと残業しようと思っていたので、セットメニューをお願いしました。
カレーライスとかけそばのセットです。


かけそば
DSCF4307.jpg
まずは麺がのびないように、かけそばから食べ始めました。

DSCF4308.jpg
かけそばは、本当にお蕎麦オンリーで、非常にシンプル。

DSCF4310.jpg
たっぷりの蕎麦つゆの中にお蕎麦がたゆたっています。

DSCF4311.jpg
薬味を全て投入。
この日はソバつゆがほんの少しだけ、いつもよりは薄めかな~なんて思いました。

DSCF4317.jpg
麺ののび具合がそれ程ひどくなくて食べやすかったです。


カレーライス
DSCF4316.jpg
カレーライスはお皿は小さめですが、フチまでたっぷりと入っています。

DSCF4313.jpg
辛さはそれ程ではありませんが、ジャガイモがゴロゴロと入っていて具だくさんでした。

DSCF4315.jpg
ちゃんと福神漬けが添えられています。

DSCF4314.jpg
ご飯のボリュームは普通ですが、水分がかなり多めでちょっとべったりしていたのは残念。


ボリュームたっぷりでお値段もお安く、大満足でした。
残業をするからと思ってこんなにたっぷりと食べたのに、実際には夜になってから飲み会のお誘いを受けて飲みに行ってしまい、体重は呆れる程増加してしまいました(泣)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろそば
  とろろ、冷そば
  釜揚げうどん
  山かけそば
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば

(中華)
  ラーメン
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
  カツ丼      (2010年4月6日

(小さい丼)
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[たぬきそば](2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば](2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば](2008年3月13日
  天丼セット[きつねそば](2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2011年1月21日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/22 06:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【ランチ休業】 麹町市場  @麹町
2014年9月4日追記

DSCF2337 (480x360)
2013年8月22日、お店の前を通りがかったら、ランチ営業をやめているのに気付きました。

**********************************

本日は、2011年6月13日にオープンした「麹町市場(こうじまちいちば)」の新店紹介です。

早いもので今週も金曜日。
残り少ない夏休みを楽しんで、ハッピーな週末をお過ごし下さい♪

DSCF9702.jpg
2011年8月1日は、先輩が午前半休で、上司も夏休みだったので一人ランチになりました。
このところ、外食をあまりしていなかったし、なかでも、新宿通りの麹町方面に全然行っていないなぁ~と思い、新店・閉店情報探しを兼ねて行ってみることにしました。

麹町サブロードの飲食店街のお店の顔ぶれは変わらずでした。

DSCF9722.jpg
新宿通りをもう少し先に行ってみると、ビルの地下にあるお店がなくなった、、、と思ったら、とても控えめな新店がオープンしていました。

DSCF9723.jpg
麹町市場(こうじまちいちば)」は2011年6月13日にオープンしました。
旬の魚と野菜料理を美酒と共に愉しめる、大人の隠れ家だそうです。

DSCF9721.jpg
この場所は、なかなかお店が続かない場所で、2009年11月20日に訪問した「麹町 美禄亭」はその後しばらくして閉店し、2010年2月4日にオープンし、2010年8月18日に訪問した「楽呑空間 尾張の金蔵」もあまり長続きしなかったようで、2011年6月13日に「麹町市場」がオープンしたとのこと。
この場所、それ程新しいビルではありませんが、立地が良いのでなかなか難しいのでしょうか。

DSCF9720.jpg
新宿通りにランチの小さな立て看板が出ていて、日替わりランチの内容が出ています。
この日はメンチカツでした。

ランチ営業は月曜日から土曜日です。
名刺の記載の情報と少し違いますが、お店情報にはこちらを記載しています。

DSCF9719.jpg
お店は地下にあるので、細い階段を降りていきます。
白一色に塗られただけの非常にシンプルな内装です。

DSCF9718.jpg
階段の踊り場を一度左折し、さらに右折すると暖簾の掛かった入口に到着。

DSCF9701.jpg
店内に入ると、男性の店員さんから声をかけられ、席に通されました。
お店の奥が厨房で、その前にテーブル席がたくさん並んでいます。
広いホールですが、以前より狭く感じたのは、右側を改装して個室にしたからでしょうか。

DSCF9699.jpg
着席すると、背の高いグラスに冷たいお水をたっぷりといただきます。

新店だからか、お値段の高さからか、この日の人の入りは4割程でした。

DSCF9700.jpg
小さめの二人用テーブル席には白い陶器のオシャレなお醤油差しのみ置かれていました。

内装はシンプルながらもこじゃれた内装です。
照明のトーンを少し落としてあり、ムーディーな雰囲気でした。

DSCF9698.jpg
ランチメニューです。
全部で4種類と少なく、お値段は1,000円~1,500円とお高めです。
ご飯のおかわりは自由ですが、オムライスの大盛りはプラス200円です。
この日の日替わり麹町市場ランチは、新宿通りに看板が出ていて、メンチカツでした。


トロトロオムライスXO仕込み ご飯少なめ (1,200円)
DSCF9702.jpg
メニューの数は少ないですが、お料理の幅が広いのでどのメニューにするかとても悩みました。
結局、自家製XO醤にひかれて、オムライスをご飯少なめで注文。

しばし待って、お料理が登場!
メイン、サラダ、スープの組み合わせです。

DSCF9703.jpg
スープは小さめの白いコーヒーカップに入っています。
透明で、たっぷりのワカメと小口切りの長ネギが入っていました。
スープはとっても熱々で、左手にカップを持って一口啜ったら、器に接触していた人差し指が火傷しちゃいました(笑)。
見た目とは違い、胡椒がきいているのか、塩気が強いのか、濃い味好きの私にでもかなりしっかりとした濃い味でした。

DSCF9704.jpg
サラダにはキャベツの千切り、輪切りのキュウリ、プチトマト、スイートコーンが盛られ、ドレッシングがたっぷりかかっています。
フォークの目が粗かったので、食べ終える間際にキャベツやコーンを掬うのが大変でした。

DSCF9705.jpg
写真だとわかりにくいですが、オムライスは中央が少し窪んだ大きな白いお皿に盛られています。
ご飯少なめにしているせいか、一見結構少なそうに見えます。

DSCF9707.jpg
それでも、ご飯はほとんど見えないぐらいたっぷりの卵が使われ、中央にパセリがふりかけてあります。
ご飯が少ない分、お皿の中はた~っぷりの卵という状態でした。

DSCF9709.jpg
ご飯は、白ではなくてほんのり茶色に染まっていたので、XO醤で炒めたのかな?と思ったのですが、味付けはそれ程なく、炒めてあるわりにはかなりあっさりしていました。

DSCF9711.jpg
オムライスの卵には、ところどころに自家製XO醤の具であるピリ辛味のホタテがありました。
それ程辛さはありませんが、唐辛子の輪切りもちらほら。
自家製XO醤はかなりしっかり味だったので、薄味のご飯と絡めていただきます。

DSCF9713.jpg
食事の後半、男性店員さんが「温かいお茶か、冷たいお水はいかがですか?」と聞かれ、冷たいお水は最初にいただいたので、温かいお茶をいただきました。
なんだかとっても贅沢です。

DSCF9715.jpg
この日の伝票です。

DSCF9716.jpg
ご飯少なめもちゃんと書いてありました。


ご飯を少なめにしているのでボリュームが少なめなのは当然ですが、麹町の新宿通り沿いという場所柄で高級感ある雰囲気のお店とはいえ、それでもやっぱりちょっと割高かなと思いました。


お店の名刺です↓
DSCF9728.jpg

DSCF9727.jpg


2011年8月1日訪問時お店DATA
********************************
麹町市場 (こうじまちいちば)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-2-6 第2泉ビル地下1階
TEL 03-6272-6752
FAX 03-6272-6753
営業時間
[月~土] 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:00)
[日・祝] 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/19 00:00】 | オムライス | トラックバック(0) | コメント(2) |
【撤退】 BERO KITCHEN  @市ヶ谷
2012年10月24日追記

警察の取り締まりが厳しくなった後も、場所を変え、メニューも変えてたまに販売に来てくれていた「ベロキッチン」でしたが、次第に見かけなくなり、2011年2月17日のランチが最後になりました。
店主さんは2010年6月中旬から世田谷区深沢で「洋食シカタ」というお店を出しているので、いつか食べに行きたいです。

**************************************

昨日ランチに外出したら、人通りがだいぶ増えていました。
朝乗った電車はガラガラでしたが、少しずつ日常に戻りつつあるようです。

DSCF4301.jpg
2011年1月20日は、12時になっても上司が帰ってこなかったので、先輩と外へランチを食べに出ちゃいました。
午後早くから来客を予定していたので近場に行こうと思い、日テレ通り沿いに新しくオープンした中華料理屋さん「広東料理 大福酒家」(その後、2011年1月24日にランチ訪問)に行こうと歩いていたら、なんと移動販売の「BERO KITCHEN(ベロキッチン)」を発見!

車

移動販売のワゴン車が止まる場所は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、最初の交差点を右に曲がり、「五番町 祭り屋 ステーキハウス」と「焼鳥 串八珍 市ヶ谷別館」を越えてもう少し先のヤマト宅急便の営業所の前辺りです。

この通りは日替わりで複数の移動販売の車が来ていましたが、2010年後半から2011年前半にかけて警察の取り締まりがかなり厳しくなってほぼ駆逐されました。
2011年8月18日現在、この通りに来ている移動販売は、2011年3月頃から月曜日と木曜日にやってくるようになり、2011年4月14日にお弁当を購入した「ザイオン」と、水曜日にやってくるパン屋さんだけです。
水曜日と金曜日に来ていた「サファリカレー」は通りを一本奥に入った番町グロリアビルの前に移動しています。

DSCF4294_20110813081711.jpg
前回こちらのお弁当を買ったのは2010年7月22日だったので、約半年ぶりです。

久しぶりの「ベロキッチン」ですが、いつものスパゲッティとオムライスのメニューではなく、全く違うメニューが出ていました。
先輩と「どうしようか、、、。」と協議していたら、誰も並んでいなかったので、店主さんから「どうぞ~、いかがですか~?」と声をかけられてしまい、ふらふらと車に吸い寄せられてしまいました(笑)。

店主さんのお話では、なんと4ヵ月ぶりに来たそうです。
2010年6月中旬から深沢に「洋食シカタ」というレストランをオープンしたので移動販売はほとんどやめていたのですが、ちょうどこの頃、実店舗でちょっと暇な日が続いていたので、気分転換?お小遣い稼ぎ?に来てみたとか(笑)。
ただ、ずいぶんご無沙汰だったので「お客さんが全然来てくれなかったんですよ~。」と嘆いていました。

ちなみに、実店舗の店名「洋食シカタ」は、店主さんのお名前「たかし」さんの逆さ読みです。

DSCF4293.jpg
この日のメニューはイベントの時などに出すお料理だそうで、店主さん曰く「味は絶対に美味しいよ!」とのこと。
車の前に立つと、オイスターソースのとても良い香りが漂ってきます。
おなか空いた!

DSCF4296.jpg
お弁当の容器は紙パックです。
私のお弁当の方は中の汁が少しこぼれて、容器にかかっていました(笑)。


鶏肉とキノコのオイスターソース炒めごはん (600円)
DSCF4297.jpg
フタを開けてみると、左側にご飯、右側におかず、おかずの脇に彩りの菜っ葉が1枚と、非常にシンプルです。

DSCF4298.jpg
ご飯のボリュームは普通でした。

DSCF4299.jpg
小さめにカットされたたっぷりの鶏肉に、シメジが入っています。

DSCF4302.jpg
お肉は柔らかく、オイスターソースがきいていて、とっても美味しい。

DSCF4303.jpg
ソースはたっぷりと入っていて、底にたまっています。
ご飯に絡めて食べると、これだけでもとっても美味しかったです。


全体的なボリュームは普通でした。
この日の中華料理風メニューはかなり家庭的なお味で美味しかったものの、やはりファンとしては「ベロキッチン」のスパゲッティをまた食べたいので、ぜひまたスパゲッティを販売して欲しいです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 ◎ ふわふわ卵のせナポリタン (2007年9月20日
 ◎ ミートソース[大盛り] (2009年9月24日2010年6月24日) 
 ◎ ふわふわ卵のせミートソース (2007年9月27日同年11月1日2008年4月3日
 ◎ ふわふわ卵のせミートソース[大盛り] 
    (2009年2月9日2009年5月28日2009年11月19日) 
 ◎ オムライス 
    (2007年10月11日同年12月13日2008年1月31日2010年7月1日
 ◎ オムライス[大盛り] (2010年7月22日
 ◎ ハンバーグステーキ (2006年11月15日
 ◎ チキンカレー (2008年1月17日
 ◎ 鶏肉とキノコのオイスターソース炒めごはん (2011年1月20日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2011年1月20日購入時お店DATA
*******************************
BERO KITCHEN  (ベロ キッチン)
場 所 ヤマト宅急便 六番町センター近く
営業日 木曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/18 00:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
桂園 中華居酒屋・餃子房 四谷店  @四谷
お盆休みはそろそろ終わりでしょうか。
飲食店のお休みが多いのは残念ですが、空いている電車、鳴らない電話などなど、仕事をするにはありがたい時期なので、もうしばらく続いて欲しいぐらいです(笑)。

DSCF4285.jpg
2011年1月19日の12時過ぎ、中華大好きな上司のために、先輩が久しぶりに「桂園(けいえん) 中華居酒屋・餃子房 四谷店」のお弁当を買いに行ってくれました。

2010_0121画像0075
こちらはオープン当時の写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りの右側を少し進んだところにある三井資産ビルの1階です。

2010_0121画像0044
「桂園」は有限会社桂園が展開する中華料理店のチェーンで、都内だけでも20店舗もあります。

前回ランチ訪問したのは2010年11月24日でした。

DSCF2658.jpg
入口の右側には期間限定と本日の日替りメニューが出ています。
本日の日替りメニューAはお値段がお得になっています。

DSCF2660.jpg
実際のメニューがディスプレイされているので、とってもわかりやすいです。

2010_0405画像0022
こちらは以前撮影した写真です。
入口の左側では持ち帰り弁当を販売していて、呼び込み兼お弁当販売の店員さんが一人立っています。

前回お弁当を購入したのは2010年12月21日だったので、約1ヶ月ぶり、3回目です。

DSCF4273.jpg
この日は餃子弁当を大々的に売っていたそうですが、出来たてではないお弁当に詰められた餃子に懐疑的だった(笑)先輩は、それ以外のお弁当を3種類買ってきてくれました。

DSCF4275.jpg
上司は酢豚の入っているお弁当をチョイス。

DSCF4278.jpg
桂園でお弁当を売り始めた当初、販売員の中国人?の店員さんに日本語が通じなくてずいぶん苦労したのですが、だいぶ上達して意思の疎通がスムーズになったとのことです。
ただし、お弁当一つだけ領収書を書いてくださいというお願いはなかなか難しかったとのこと。

DSCF4280.jpg
ボリュームたっぷりのメニューをお願いします、とリクエストしたら、このメニューになりました。

DSCF4279.jpg
お箸を断るのを忘れて、いただいちゃいました。
箸袋は赤くてとても華やか。

DSCF4281.jpg
お弁当のフタには消費期限が記載されたシールが貼られています。


お弁当 <鶏肉の炒め物とチャーハン> (600円)
DSCF4286.jpg
お弁当には、おかず3種類、お新香、ご飯が入っています。
生野菜などは入っていないので、全体的な彩りはダークトーン。

DSCF4290.jpg
お新香はザーサイで、容器からはみ出るぐらい量もたっぷり。
ほんの少しだけキュウリが入っているのが面白いです。

DSCF4289.jpg
ご飯は炒飯です。
卵だけ入っているシンプルなものですが、味付けもほどよくて美味しかったです。
ボリュームもなかなか。

DSCF4291.jpg
唐揚げは1個ですがとても大きくて、皮がぱりっとしています。

DSCF4288.jpg
麻婆豆腐はお豆腐がたっぷりと入っていました。
辛さはピリ辛ぐらいです。

DSCF4287.jpg
鶏肉とピーマンと玉ねぎの炒め物はあふれ出そうな程たっぷりの量です。

DSCF4292.jpg
鶏肉はとってもやわらかでした。
見た目と違って、麻婆豆腐よりもかなり辛いです。

DSCF4274.jpg
先輩のお弁当はメインのおかずは同じですが、容器の形が違います。
こちらは500円でした。


お弁当 <鶏肉の炒め物とチャーハン> (500円)
DSCF4282.jpg
私のお弁当とは、メインの鶏肉の炒め物は同じですが、ザーサイと鶏の唐揚げと麻婆豆腐はなく、その代わりにエビチリと卵とトマトの炒め物が入っていました。
ご飯はチャーハンではなく白飯で、量もしっかりあっておなかいっぱいになったそうです。


全体的なボリュームはたっぷりで、これで600円とはCPがとてもいいです。
彩りや健康を意識してほんの少しだけでも生野菜を入れる努力をしているお弁当が多いですが、こちらのお店では生野菜を全く使わず、かなり潔いいです(笑)。
生野菜がないから、電子レンジでチンすることもできるかな、と思いました。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  エビチリソース定食 (2010年1月21日
  担担麺と半炒飯 (2010年4月5日) 
  麻辣麺 (2010年11月24日

[お弁当]
  1回目(鶏肉とピーマンとタマネギの辛炒め) 2010年4月15日
  2回目(麻婆豆腐と鳥唐揚) 2010年12月21日 
  3回目(鶏肉とピーマンとタマネギの炒め物) 2011年1月19日 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューはこちらです↓
DSCF2635.jpg

DSCF2636.jpg

2010_0121画像0049

2010_0121画像0050

2010_0121画像0051

2010_0121画像0052

2010_0121画像0053

2010_0121画像0054


2011年1月19日訪問時お店DATA
****************************
桂園 中華居酒屋・餃子房 四谷店 (けいえん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-21 三井資産ビル1階
TEL&FAX  03-6457-8588
営業時間 11:30~23:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/17 00:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) |
五番町 祭り屋 ステーキハウス  @市ヶ谷
連日暑いですね~。
私はお盆休みがないので、昨日もしんみち通りに出かけたのですが、人通りはまばらで、お店もほとんどが閉まっていました。
お休みの方が多いんだな~と改めて実感しました。

DSCF4262.jpg
2011年1月18日は午後1時から来客がある予定だったので、早めにお弁当の準備を使用としたら、上司が外へ食べに行こうと誘ってくれました。時間があまりないので近場で食べようということになり、お肉大好きな上司はハンバーグが食べたいとのことで、久しぶりに「五番町 祭り屋(まつりや) ステーキハウス」に行きました。

お店

店舗はJR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの坂を麹町方面に坂を上って最初の交差点を右に曲がり、よくお弁当を購入する「こしひかり弁当」のすぐ先の右手にあります。
ソニーミュージック本社の正面です。

店

前回訪問したのが2010年10月14日だったので、約3ヶ月ぶりの訪問でした。
こちらのステーキハウスで提供するお肉は全て熊本ビーフです。
なので、最初の頃は熊本県のアンテナショップなのかと思っちゃいました。

2008_0509画像0191

色鮮やかなお店の看板の向こう側(左側)に、お手頃価格でボリュームたっぷりのランチがいただける「やきとり 串八珍 市ヶ谷別館」があります。

DSCF1382.jpg
月曜日は、サントリーのプレミアムモルツがなんと198円!!でいただけます。

DSCF1381.jpg
お店に入ると、小さな木製の椅子やおもちゃが置かれていました。
ここで店員さんが対応してくれるのを待ちます。

2008_0627画像0215
こちらのお店は、飲食店である一方、無垢・一枚板の家具屋さん直営店なので、店内には様々な種類の木の板や商品モデルのテーブルや椅子などの家具が所狭しと置いてあります。
飲食店と家具屋さんのコラボレーションということで、店内には独特の雰囲気が漂っています。
入口からすぐ右側に、木工品の小さな商品が飾ってあり、販売しています。

2008_0627画像0214
レジの前にはまな板やトレーが置いてありました。
お値段は意外とお手頃です。・・・とは言っても、木のまな板の相場はわかりませんが(汗)。

2008_0627画像0213
レジ横のショーケースには、美味しそうなお肉が大きな塊でゴロゴロと入っています。
お肉好きにはワクワクしちゃう光景です(笑)。

2010_0212画像0003
ソファに座って天井を見上げるとくまもとあか牛の巨大なポスターが貼られていました。

家具5

壁一面に、商品でもある木材(?)が置かれています。
気に入った板が見つかり、お買い上げ!なんてお客さんもいらっしゃるんでしょうか。

家具4

テーブルや椅子は、食事の際に実際に利用するので、購入前に使い心地や座り心地がわかるのはいいなぁと思います。

DSCF4234.jpg
11時45分ぐらいに出たのでまだ通りにも人が少なく、お店もガラガラでした。
上司は年明けから禁煙していたので、禁煙席を希望したところ、一番奥の部屋に通されたので、ほぼ正面のテーブルに着席しました。

DSCF4251.jpg
実際に食事をするテーブルには、写真のようにお値段がはってあります。
この日に利用したテーブルは税込み451,500円。
テーブルはもちろんとても立派ですが、お値段もゴージャス!です。
うっかりものを落としたり、食べ物をこぼすんじゃないかとヒヤヒヤしちゃいます。

DSCF4253.jpg
店員さんはほとんどが外国人の方です。

DSCF1340.jpg
こちらは以前撮影したメニューの写真です。
ランチメニューはステーキ、ハンバーグ、シチュー、フライなどなど種類が豊富で、お値段は850円~3,800円とかなり幅が広いです。
ランチメニューには全てスープ、サラダ、新潟産コシヒカリ100%のライスがついていて、ライスはおかわりできます。
そのほかにもたくさんのメニューがあって、選ぶのが大変です。

DSCF4250.jpg
まずはお水が登場。
私は食べたことのないコラーゲンいっぱいのシチューを注文しました。

DSCF4235.jpg
最初にサラダが出てきました。
メニューが全品サラダ付きのせいか、とても早いです。

やや小さめのお皿にはキャベツ、トマト、ワカメ、海草がたっぷりと盛られています。

DSCF4249.jpg
ドレッシングはモズクドレッシングとゴマドレッシングの2種類が卓上に置かれています。
この日は最初もずくドレッシングをかけましたが、途中からゴマドレッシングもかけて、両方の味わいを楽しんじゃいました。

DSCF4236.jpg
海草はワカメと赤と緑の3種類ありました。
ノンカロリーでとってもヘルシー。

DSCF4237.jpg
大きくカットされた櫛切りのトマト2切れは、とても色鮮やかです。
レタスやキャベツなどの野菜がかなりたっぷりと盛られているので、レタスを取ろうとフォークでつついたら、外に飛び出してしまいました(汗)。

DSCF1361.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
普段ならコッテリ味のごまドレッシングが大好きですが、こちらのお店のもずくドレッシングはもずくがそのまま入っていて、先輩も私も大好きです。
もずくが入っているのがわかるでしょうか?
もずくのぬめりもちゃんとあって、とてもサッパリ味です。

DSCF4254.jpg
サラダが出てきてからお料理が出てくるまで、結構待ちます。
メインが出てくる前にご飯とお味噌汁が出てきました。

最初に上司の分が出てきたのですが、店員さんは入口側に背を向けていた私の横をスッと横切り、無言で上司の前にご飯とお味噌汁を置いてそのまま帰って行きました。
これ、結構びびりました(汗)。

上司の注文したハンバーグが出てから、またしばらく間があきました。
ハンバーグを食べる上司を二人でじっと見つめるような格好になってしまったので、上司もちょっと食べにくそう(笑)。

DSCF4255.jpg
ご飯は白い平皿に盛られています。
少なめでお願いしました。

DSCF4259.jpg
以前はご飯が少し少なめだったので上司は必ずお替わりしていましたが、この日はご飯の盛りがよくなったように思います。

DSCF4256.jpg
お味噌汁にはたっぷりのアオサ?と長ネギのみじん切りが入っていました。

DSCF4257.jpg
ボリュームたっぷりで、トロッとした口あたりがたまりません。


コラーゲンいっぱいのシチュー ご飯少なめ (1,300円)
DSCF4262.jpg
先輩のペペロナータハンバーグに続いて、私のコラーゲンいっぱいのシチューが登場。
以前先輩が食べたのを見て、ボリュームたっぷりで美味しそうだったのでいつか食べたいと思っていました。

DSCF4263.jpg
シチューhとても深さのある器にたっぷりと入っています。

DSCF4264.jpg
シチューの中央にチーズがトッピングされています。
チーズがしっかりとろけるよう、まず最初に中に沈めておきました。

DSCF4266.jpg
見た感じでは湯気がたっていないので、ぬるいのかな?と心配になりましたが、表面はそれなりに冷えていたものの、中はかなり熱々で、かき回すと湯気が立ち上りました。
まずはシチューを一口。
コクはありますが、さっぱり目のお味です。

DSCF4269.jpg
とても具沢山で、大きなカットのニンジン、インゲン、ジャガイモなどがたっぷり。

DSCF4272.jpg
お野菜だけでも結構食べ応えがありました。

DSCF4270.jpg
じっくりと煮込んだおアキレス腱かなりたくさん入っています。
ものによってはかなり大きいサイズで、とても一口では食べられません。
以前先輩が食べたときの感想どおり、食感がムニュムニュとしててややこってり味なので、途中食べ飽きやすいです。あっさり好きにはちょっと厳しい気もしますが、うまく温野菜や生サラダやみそ汁などと交互に食べるといいと思います。


ペペロナータハンバーグ ご飯少なめ (1,200円)
DSCF4261.jpg
先輩はペペローナハンバーグを注文。
このメニュー、以前もあったような気がしますが、こんなステキな名前ではなかったような?

先輩は卓上に置かれた紙エプロンを首にかけ、準備万端でハンバーグを待っていたのですが、上司のハンバーグとは違い、鉄板ではなく、お皿に盛られて登場。
あとでメニューを確認したらメニューの写真は器だったので、完全に先輩の勘違いでした(笑)。

DSCF4260.jpg
ハンバーグの上にはトマトやパプリカが文字通り山のように盛られて、ハンバーグの姿が見えないぐらい、ボリュームたっぷり。
その周りにはニンジン、ポテト、インゲン、レタスなどの野菜が取り巻いています。
ハンバーグを食べたいのに、お肉になかなか辿り着かなかったそうです。
ハンバーグの下にも焼いたナスなどがぎっしりと敷き詰められていて、とにかく具だくさんでおなかいっぱいになったとのこと。
上司の注文した普通のハンバーグよりもお安いお値段で、とってもお得だと思います。


お値段はややお高めですが、ボリュームたっぷりでおなかいっぱいになりました。
食べ終えて事務所に帰ろうとしたところ、お店の入口にはまだ並んでいる人がいました。
お値段がそこそこ高いお店ですが、お客さんをしっかりつかんでいるようです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【ランチ】
  塩焼きカルビステーキ (2007年7月6日
  もも肉ステーキ     (2007年7月30日
  リブロースステーキ (2010年10月14日
  チーズドラムハンバーグ(2008年5月7日
  ハンバーグとポテトのラクレット(2008年10月9日
  煮込みハンバーグ   (2007年11月28日2008年12月24日
  ビーフシチュー      (2008年6月26日2009年7月29日
  コラーゲンいっぱいのシチュー (2011年1月18日
  ハンバーグとカキフライ盛り合わせ (2010年2月12日

【ディナー】
  2008年1月7日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューはこちらです↓
DSCF1340.jpg

DSCF4244.jpg

DSCF4246.jpg

DSCF4245.jpg

DSCF4238.jpg

DSCF4239.jpg

DSCF4240.jpg

DSCF4241.jpg

DSCF1342.jpg

DSCF1348.jpg

DSCF1349.jpg


2011年1月18日訪問時お店DATA
********************************
五番町 祭り屋 ステーキハウス(まつりや) 
〒102-0076 
東京都千代田区五番町10-2 五番町センタービル1階
TEL&FAX 03-3237-0218
営業時間  11:00~23:00(LO 22:00)  *家具販売は10時~23時
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/16 09:15】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【閉店】 KOREAN DINING 長寿韓酒房 四ッ谷店  @四谷
2015年5月25日追記

長寿韓酒房」は2014年12月26日に閉店しました。
ビルの建て替えが噂されているためか、跡地はそのままになっています。

********************************

先週の土曜日、友人家族に招かれて人生で初めて熊谷花火大会に行ってきました。
途中、打ち上げ現場が火事になって一時中断という大ハプニングがありましたが、とても良い場所で見た花火は迫力満点で感激しました。

DSCF4207.jpg
2011年1月17日は、お昼時に上司が不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
大寒波がやってきていて冷たい風が吹きあれ、連日ものすごい寒さです。
先輩がお寿司を食べたいといったのですが、どうもハレの気分でいただけるようなお寿司屋さんが思い当たらず、寒さに負けないよう、辛い物を食べましょうということで、久しぶりに「KOREAN DINING 長寿韓酒房(ちょうじゅかんしゅぼう) 四ッ谷店」へ行きました。

2010_0215画像0140
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て正面の交差点を渡るとスクワール麹町というビルがあり、新宿通り沿いに次にあるのが麹町東急ビルで、このビルの地下一階はレストラン街になっています。

2010_0215画像0142
このレストラン街の地下一階には、
2008年7月28日に訪問した「ビア・チムニー 四ッ谷店」、
2009年8月17日に訪問した「大阪屋」、
2007年9月26日2009年3月27日2009年12月9日2010年4月2日2010年8月2日2010年10月28日に訪問した「KOREAN DINING 長寿韓酒房」、
2010年2月15日2010年7月8日2010年9月7日2010年10月8日2010年12月7日に訪問した「中国小皿料理 南国亭 四谷店」、
があり、全部で4店舗が営業しています。

2008_0803画像0089
こちらの階段を降りて地下に行きます。
建物の奥の方にはエレベーターもあります。

2010_0802画像0043
階段を降りてそのまままっすぐ進み、右に曲がります。
フロアの突きあたりの一番奥に、華やかな「長寿韓酒房」の店舗が出てきます。

こちらのお店は、株式会社イーケーシーという会社が運営していて、四ッ谷店のほか、銀座、大宮、川口、仙台に支店があるそうです。

2009_0327画像0091
このフロア唯一と思われる(笑)オシャレな雰囲気を醸し出しています。

DSCF1722.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
入口に大きなランチメニューが出ています。

DSCF4232.jpg
定番のほかに日替わりメニューもあります。
この日の日替わりメニューはイカのピリ辛炒めでした。

2009_0327画像0090
前回訪問したのは2010年10月28日だったので、約3ヶ月ぶりの訪問です。

店内

店内もダークトーンでシックな色調でかなりムーディでオシャレな雰囲気です。
入口から左がカウンター席と厨房で、右にテーブル席があります。

2010_0402画像0104
カウンターの上にはお酒がズラリと並んでします。
マッコリがなければ、どんなお料理屋さんかわかりません(笑)。

2010_0802画像0002
フロアはかなり広く、テーブル席の奥には座敷があります。

前回来たときは結構空いていましたが、気候のせいか、この日はかなり人がいて、席が9割程埋まっていました。奥の座敷に通されたので、靴を脱いで靴箱に入れ、お座敷の中央部分の四人用テーブルに着席。

2010_0802画像0005
内装は、伝統的ですが色鮮やかなデザインがとても華やかです。

DSCF1685.jpg
こちらの壁もとってもキレイ。

DSCF1686.jpg
お座敷のテーブルはかなり広々としていて、しかも掘りごたつなので楽チンです。

DSCF4177.jpg
座敷席は奥まった場所なので、呼び出しボタンがあります。
店員さんが少ないので、ランチタイムですが他のテーブルでは結構利用していました。
灰皿が置かれているので、喫煙はオッケーです。

DSCF4174.jpg
最初にお水、次に紙エプロンが出てきました。

DSCF1701.jpg
韓国料理の赤いスープでつけてしまったシミって落ちにくいので、紙エプロンをいただけるのは、とっても嬉しいです。

2010_0802画像0007
ランチメニューです。こちらは以前撮影したものです。
日替わり1種類を含めて、メニューは全部で14種類あり、お値段は900円~1,300円です。

DSCF4176.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。
私は季節メニュー?のカキチゲセットを注文。

DSCF1698.jpg
このお店はお料理が出てくるのに少し時間がかかるので、ディナーメニューの写真を撮りながらお料理を待っていました。

DSCF4206_20110813065906.jpg
しばし待ってお料理が登場!
写真を撮る前に直してしまいましたが、お店の忙しさと混乱ぶりを示すように、お盆の上では小鉢がてんでバラバラになっていました(汗)。

DSCF4207.jpg
先輩はチーズプテチゲ、私はカキチゲですが、ぱっと見だとほとんど区別がつきません(笑)。


カキチゲセット キムチ・バンチャン・サラダ付 (1,000円)
DSCF4210.jpg
メインのカキチゲのほかに、キムチ・バンチャン・サラダ・ライスがついています。

DSCF4215.jpg
ライスは小さなフタ付きのアルミの容器に入って出てきます。
ご飯が熱々なせいか、フタを持ち上げるとそのまま器全体が持ち上がってしまいました(笑)。

2010_0402画像0106
容器のフタやスプーンには「福」の文字が彫られています。

DSCF4211.jpg
器は小さいですが、ご飯がぎゅっと入っています。
せっかくチゲにしたので、ご飯は少しだけ食べて、ほとんどを雑炊にしていただきました。

DSCF4214.jpg
お料理には小皿が3つついていて、一つは生野菜サラダです。
サラダにはリーフレタス・水菜・キャベツ・紫キャベツが入っていて、少し甘めなお醤油ドレッシングがたっぷりとかかっていました。

DSCF4213.jpg
2つめの小皿はバンチャンです。
「バンチャン」とはメインのお料理とは別に出てくるおかずのことだそうで、日本の小鉢みたいなものでしょうか。
こちらのランチでは、全てのメニューにバンチャンがついています。

この日のお料理は、今まであまり出たことがないものでした。
高菜?とニンジンと練り物?などがゴマ油で炒めてあり、甘じょっぱい味付けです。
素朴で、なんとなく懐かしい味わいでした。

DSCF4212.jpg
キムチは白菜キムチで、辛さも酸味もほどほどです。
少しだけ食べて、残りはチゲにご飯を投入したときに一緒に入れちゃいました。

DSCF4216.jpg
カキチゲは、ぱっと見ると具材が少なくてちょっと寂しい感じですが、中には春菊、ネギ、もやし、エリンギなどの野菜に、牡蠣が入っていました。

DSCF4217.jpg
こちらのお店は卓上に辛みなどを置いてくれないのがちょっぴり残念です。

DSCF4221.jpg
スープを一口いただくと、さっぱりとした口あたりでふんわりと辛さがあります。
牡蠣のダシがとてもよく出ていて美味しい。
それほど辛くないですが、食べ進めるにつれて段々と身体全体が温まり、汗が出てきて、寒い日にはぴったりでした。

DSCF4225.jpg
エリンギは縦に細長くカットされています。

DSCF4223.jpg
牡蠣は大粒のものが3粒。
火が通ってもかなりの大きさです。

DSCF4226.jpg
食べてみるととても柔らかくてプルプルしていました。

DSCF4227.jpg
中身をある程度食べたところで、ご飯を投入!
おじやでいただきました。

DSCF4230.jpg
食事を終える頃、何故か温かいとうもろこし茶が出てきました。
入店したときにお水が出たので、出来れば最初に温かいお茶をいただき、食べ終えた後に身体をクールダウンするために冷たいお水がいただきたかったかな~と思います(笑)。


チーズプテチゲセット キムチ・バンチャン・サラダ付 (900円)
DSCF4208.jpg
先輩は初心に戻り、お気に入りメニューのチーズプテチゲセットを注文。
キムチ・ラーメン・ソーセージが入ったプテチゲにチーズを入れたお料理です。

DSCF4209.jpg
先輩のチーズプテチゲは相変わらず美味しそうで、具だくさんでした。

DSCF4231.jpg
この日の会計です。


全体的なボリュームは普通ぐらいですが、カキの旨味が広がるチゲは美味しかったです。

行きは寒さで身体を縮めて歩いていたのに、事務所への帰り道は身体が火照っていて、空気のひんやり加減がとても気持ちよかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 ビビン冷麺 (2007年9月26日
 チーズプテチゲセット (2009年3月27日
 サムゲタンセット (2009年12月9日
 おぼろ豆腐チゲセット (2010年4月2日
 石焼ユッケジャンクッパセット (2010年8月2日
 ~灼熱~石焼ユッケジャンクッパセット (2010年10月28日
 カキチゲセット (2011年1月17日


 しっけ (2009年3月27日
 スジョンガ (2010年4月2日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1689.jpg

DSCF1692.jpg

DSCF1693.jpg

DSCF1694.jpg


ディナーメニューです↓
2009_1209画像0079

2009_1209画像0078

DSCF4200.jpg

DSCF4201.jpg

DSCF4202.jpg

DSCF4203.jpg

DSCF4204.jpg

DSCF4205.jpg

DSCF4184.jpg

DSCF4185.jpg

DSCF4186.jpg

DSCF4187.jpg

DSCF4188.jpg

DSCF4189.jpg

DSCF4190.jpg

DSCF4191.jpg

DSCF4192.jpg

DSCF4193.jpg

DSCF4194.jpg

DSCF4195.jpg

DSCF4196.jpg

DSCF4197.jpg

DSCF4198.jpg

DSCF4199.jpg

DSCF4172.jpg

DSCF4173.jpg


2011年1月17日訪問時お店DATA
******************************
KOREAN DINING 長寿韓酒房 四ッ谷店 (ちょうじゅかんしゅぼう) 
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-6  麹町東急ビル地下1F
TEL  03-3288-2047 
営業時間 
[昼]11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜]17:30~23:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/15 08:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(6) |
手創り料理 むく 四ッ谷店  @四谷
厳しい暑さが続いていますが、お盆休暇に入っているのか、電車も電話も空いてきました。
みなさま、楽しいお盆休みをお過ごし下さい☆

本日は、2011年になってからランチ営業を始めたと思われる「むく」のレポートです。

DSCF9607.jpg
2011年7月27日は、上司が不在、先輩がお休みだったので久しぶりの一人ランチでした。

少し前にしんみち通りを歩いていたら、2009年10月30日に訪問した「くうかんぼう」が撤退して新店になったので、そこを目指して行ったのですが、ランチ営業していませんでした。残念。

DSCF9626.jpg
そこで、新店ではありませんが、最近?ランチ営業を始めた「手創り料理 むく 四ッ谷店」へ行くことにしました。

DSCF9627.jpg
「惣菜バー」というのが、何とも心惹かれます。

JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、少し行った左手に三陽ビルがあり、お店はこの地下1階です。

DSCF9628.jpg
最近、携帯がつながるのが当たり前になったので、あまりこういうポスターを見かけなくなりました。
ただ、私の携帯はソフトバンクなので、未だにビルの中で圏外になることがよくありますが(笑)。

DSCF9625.jpg
「むく」は有限会社東京ダイニング企画が運営するブランドで、池袋にも支店があります。
四谷三丁目に「無々」という姉妹店もあるようです。

DSCF9629.jpg
三陽ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、2008年6月11日2009年7月31日に訪問した「きらく亭」、
2階には、2008年9月19日2009年4月22日2010年6月29日に訪問した「京華園」、
があります。

DSCF9624.jpg
このお店には、ずいぶん前に1度だけ上司と飲みに行ったことがあります。

DSCF9623.jpg
お店は地下なので細い階段を降りていきます。

DSCF9622.jpg
記憶が不確かですが、リニューアルしたかのようにかなりキレイな内装です。

DSCF9621.jpg
入口の扉をくぐると正面にお酒がたくさん並んだカウンターがあり、右と左にそれぞれテーブル席があります。
以前来たはずなのに、あまり記憶が甦らない(汗)。

DSCF9593.jpg
厨房に男性一人、フロアに女性一人と男性二人?で切り盛りしています。
12時ジャストに事務所を出たので、まだ時間が早いのか、4割程の人の入りでした。
その後続々お客さんが入って来ましたが、常に9割ぐらい埋まっているという感じでした。

DSCF9594.jpg
店員さんに案内され、右手中程のテーブル席に着席。
テーブルはやや狭いです。
卓上には灰皿があったので、喫煙オッケーのようです。

DSCF9592.jpg
冷たいお茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF9613.jpg
ランチメニューです。

DSCF9614.jpg
メニューは全部で5種類あり、お値段は750円から900円です。

DSCF9616.jpg
全てのメニューにスープ、サラダ、惣菜バーがついています。

DSCF9586.jpg
オーダーを終え、お総菜を取りに行きます。
お店の中央にあるお酒が並ぶカウンターに、お総菜がいろいろ置かれていました。

カウンターの右側にスープが2種類ありました。
スープは右側が恐らく中華スープ、左側はミネストローネです。
両方食べたかったのですが、取り放題じゃなくて1回盛れるだけ盛っていいというスタイルじゃないのかな、、、などと逡巡して気が引けてしまい、ミネストローネをチョイス。

DSCF9587.jpg
スープの左側にサラダがあり、そのさらに左側にお総菜が5種類ありました。

サラダは竹の節の器に入っていて、1つずつとるようになっています。
ドレッシングは2種類ありました。

DSCF9585.jpg
5種類あるお総菜は、ワカメ?サラダ、、

DSCF9588.jpg
野菜(山菜?)ともやし、、

DSCF9589.jpg
青菜と油揚げ、、

DSCF9590.jpg
揚げナス、、

DSCF9591.jpg
ぶり大根でした。
これが1番の人気メニューなのか、かなり減っていました。

DSCF9595.jpg
サラダ、スープ1種類、お総菜5種類を持ってきて、記念撮影。
これだけでも、かな~り豪華です☆

DSCF9596.jpg
スープには、キャベツ、ニンジン、パプリカ、ソーセージが入っていました。
あっさりしたダシですが、塩気がやや強かったです。

DSCF9601.jpg
ピリピリと辛みがありましたが、これは中に入っているチョリソーの辛みがスープに広がっているようです。
ダシになったチョリソーはかたく、それだけ食べるとかなり辛かったです。

DSCF9597.jpg
サラダには、レタス、水菜、コーン、餃子の皮?が入っていました。
縦長なので少なそうに見えますが、結構量があります。
かけたドレッシングはお醤油ベースでワサビがけっこうピリピリと利いていて美味しかったです。

DSCF9598.jpg
右側の揚げナスは、ナスが油をたっぷりと吸っていますが、味付けは優しかったです。
実がとろとろしていました。

左側のワカメ?サラダに入っていた白いものが何だか食べていてもよくわからなかったのですが、シャキシャキとした食感で、マヨネーズと和えてあり、レタスが添えられています。
これもあっさりとした味付けでした。

DSCF9599.jpg
右側のぶり大根は、唯一しっかり味のお総菜で、ご飯のお供になりました。
大根は中までよ~く味がしみていました。
ブリは煮詰めて少しかたくなっていましたが、一切れが大きめで食べごたえがあります。

中央の青菜と油揚げのおひたしは、あっさりしたダシがよくしみていました。

左側の野菜ともやしの煮浸しに入っていた野菜は山菜でしょうか、結構太い中空の茎でシャキシャキした食感でした。
味わいはすっきり味です。


特製ダブルチーズハンバーグ ご飯少なめ (780円)
DSCF9607.jpg
サラダやスープを食べていると、メインが登場!
卓上がかなり一杯で、お箸などの入った箱を前に押しやって、ようやく全部並べられました(笑)。

DSCF9608.jpg
ご飯は少なめでお願いしました。

DSCF9610.jpg
平皿に盛られていましたが、場所がないから、お茶碗でもいいのにと思います。
お総菜はぶり大根をのぞいてご飯のお供にならなかったです。

DSCF9603.jpg
黒いお皿が白いお皿にのせられ、ダブルソーサーになっていました。
熱気が感じられる程熱々でした。

DSCF9604.jpg
俵型のハンバーグにチーズとトマトソースがかかっていて、温野菜が添えられています。

DSCF9605.jpg
温野菜はジャガイモ、ニンジン、ブロッコリーです。
どれも下味はほとんどついていませんでした。
ニンジンは熱が入ってかなり甘みがありました。
ジャガイモはホクホクです。

DSCF9606.jpg
ハンバーグもトマトソースも自家製とのこと。

DSCF9611.jpg
肉厚のハンバーグを切ってみると、中にチーズが入っていました。
かかっているチーズと中に入っているチーズがあるので、「ダブル」なんですね。
かかっているチーズは白っぽいものですが、中に入っているチーズはオレンジ色で、味も濃かったです。
お肉はしっかりと火が通してあり、肉汁はほとんどありませんでしたが、ムチムチとしたお肉食べている!っていう食感でした。


お値段が普通の定食並なのに、スープが2種類、サラダが1種類、おかずが5種類もあったので、お値段を考えれば、かなり豪華でした。
お総菜の味付けが控えめで全体的にヘルシーです。


欲張っていろいろ食べたので、かな~りお腹いっぱいになりました。
このところ、ランチを軽めにしていたので、こんな満腹感はかなり久しぶり。
夕方遅くまで全くお腹が空きませんでした(笑)。


夜のメニューです↓
DSCF9617.jpg

DSCF9618.jpg

DSCF9619.jpg

DSCF9620.jpg


お店の名刺です↓
DSCF9724.jpg

DSCF9725.jpg


2011年7月27日訪問時お店DATA
****************************
手創り料理 むく 四ッ谷店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 三陽ビル地下1F
TEL 03-5919-2447
FAX 03-5919-2448
営業時間 
[平日]11:30~14:30 17:00~24:00  
[日祝]15:00~24:00
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/12 07:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Manuel Casa De Fado 四谷  @四谷
毎日厳しい暑さですね~。
先輩は部屋で昼寝をしていたら、熱中症になってしまったそうです。
みなさま、お昼寝といえども、事前の水分補給をお忘れなく!

DSCF4128.jpg
2011年1月14日は、前日に引き続き上司が不在だったので先輩と外へランチを食べに出ました。
お正月気分が続いていてまだちょっと豪華なご飯を食べたかったので、以前とはランチメニューが大きく変わったという情報を仕入れた「Manuel Casa De Fado 四谷(マヌエル カーザ・デ・ファド)」に行ってみることにしました。

DSCF4163.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町出口から新宿通りの左側を麹町方面に進み、「カフェ・ド・クリエ」がある角を左に曲がって少し行くと、左側にアークスアトリウムというビルがあります。

DSCF4164.jpg
このビルは飲食店が入っているとは思えない、とてもこじゃれたビルです。
「マヌエル」はこのビルの地下一階にあります。

DSCF4162.jpg
ビルの前にポルトガルの国旗がかかっています。
この旗を目印にお店を探すと探しやすいです。

DSCF4161.jpg
ビルの前にランチメニューが出ていますが、これも目立たないです(笑)。

2007年8月8日にランチ訪問して以来、ディナー訪問をしてみたいな~と思いながらもそのまま時間が経っていまい、ランチ訪問もなんと3年5ヶ月ぶりした。
事務所からは直線距離だとかなり近いのですが、この辺はあまり横道がないのでぐるりとまわって行かなければならないのが残念です。もともとわかりにくい場所にあるとはいえ、あまりに久しぶりだったので、先輩はお店の場所すら忘れていました(笑)。

階段

お店は地下にあるので階段を下りて行きます。
正面の壁に看板代わりの鮮やかなタイルがはめ込まれていました。

DSCF4160.jpg
階段を降りていく途中、壁がガラス張りになっていて、店内が見えます。

DSCF4159.jpg
写真のとおり、入口の扉周りがちょっと不安になるぐらい薄暗いので、ここはもう少し照明を足してもいいのではないかと思います。
ただ、東日本大震災以降電気を使わなくなったので、今はそう思わない可能性が大(笑)。

DSCF4158.jpg
入口を入ってすぐ左手のテーブルの上には、店の名刺ばかりではなく、いろいろなイベントの情報が置かれています。

DSCF4106.jpg
ビルの外観や入口からは想像できないほど店内が広く、テーブル席がずらっと並んでいます。

DSCF4096.jpg
店内はまだガラガラでちょっと驚きましたが、単に私たちが距離が近くて早く着いただけのようで、その後ぞくぞくとお客さんがやってきて、満員になりました。
以前は7割程度しか入っていなかったような記憶があったので、昔よりも繁盛しているようです。

私たちはお店の右奥、ワインセラーのすぐそばの二人用テーブルに着席。
テーブルは紺色の落ち着いたテーブルクロスが敷かれ、お水用に大きなワイングラスが置かれています。

DSCF4107.jpg
私はこのお店の人気メニューという鉄板焼きステーキを注文。

ステーキを注文した私にだけ、ポルトガルのあれこれについて書かれた大きなビニールシートを置かれました。
ステーキ皿の熱さ対策のようです。

ポルトガルというのは日本にとってはややなじみがない国なので、いろいろと説明を読んでいると、お料理を待つのが気にならなかった。

DSCF4148.jpg
ステーキ用にいただいた紙エプロンは、クビの部分が輪っかになっているタイプです。
不器用な私には、これがとってもありがたいです(笑)。

DSCF4094.jpg
ランチメニューです。
ピンボケですみません(汗)。

DSCF4095.jpg
ランチメニューはわずか4種類で、お値段は1,000円か1,200円とお高めです。
ドリンクは、コーヒー・紅茶・エスプレッソの中から選べます。
カフェオレかカプチーノを注文するにはプラス200円、デザートはプラス400円でいただけます。

DSCF4108.jpg
ステーキ用の3種類のソースをいただけます。
最初メニューを見ていたときは、この3種類からどれか1つを選ぶのかと思っていたのですが、全て一度にいただくことができます。とっても贅沢で、うれしい!

DSCF4111.jpg
1つ目はBBQソース。
少し甘みがあってさっぱりとした味わいでした。

DSCF4109.jpg
2つ目は、玉ねぎとコリアンダーの緑のソースと呼ばれるそうです。
酸味があってコリアンダーの風味がとてもきいていて、これがとっても美味しかった!

DSCF4110.jpg
3つ目はニンニクと唐辛子のソースです。
生ニンニクの風味がガツンとくる、かなりパンチのある味でした。
ニンニク好きの私にはたまりません。
唐辛子も結構きいています。

DSCF4113.jpg
細長いバスケットに入ってパンとバターが出てきます。
写真は2人分なので、一人分がパン2切れ、バター1つです。
パンは皮が少しかたく、中が柔らかでした。
バターがとっても美味しくて、パンにたっぷりとのせて食べちゃいました。


本日のスープ[お豆のスープ]
DSCF4118.jpg
まずは本日のスープが出てきました。
この日は白インゲンとキャベツのスープです。

DSCF4120.jpg
ヨーロッパらしい厚手で、素朴だけれどもカラフルなスープカップでした。

DSCF4122.jpg
一口いただくと、非常に素朴でさっぱりとした味わいです。
量もなかなか。

DSCF4123.jpg
キャベツは柔らかく煮込まれ、白インゲンはすり潰されているのか姿は見えませんが、お豆の風味はとてもあります。
一口目は味わいの薄さにややびっくりしますが、だんだんと淡い味を感じられました。

DSCF4128.jpg
しばし待ってお料理が登場!


鉄板焼きステーキのランチ (1,200円)
DSCF4138.jpg
鉄板はかなり長い間ジュージューいっていて、熱々の状態が保たれていました。
木の厚い板にのせられているのにさらにビニールを敷いているのも納得です。

DSCF4129.jpg
熱々の鉄板の上にお肉、野菜、ご飯がのせられています。

DSCF4137.jpg
付け合わせの野菜はブロッコリー、カリフラワー、インゲン、コーンと種類が多く、色鮮やか。

DSCF4136.jpg
ご飯はプリンのようにかたどられていました。
パンがついているからでしょうか、ボリュームは少なめです。

DSCF4133.jpg
出てきたステーキを見てビックリ!
鉄板の上にゴロゴロと並べられたお肉は真っ赤っかです。
こんなステーキ見たことありません。かな~り感動しました。
お肉はかなり大きな赤身の塊がなんと6個もありました。

DSCF4135.jpg
一個一個がかなり大きくて、ぶ厚いです。
表面を見てみると、コショウがかかっていました。

DSCF4139.jpg
写真を撮り終え、お肉をひっくり返してみると、こんがりと焼けていてとっても美味しそう☆

DSCF4140.jpg
お肉は一口で食べるにはさすがに大きかったので、食べやすく切り分けました。
赤身だからかたいかな~と心配でしたが、それほどでもなく簡単に切れました。

DSCF4146.jpg
中はきれいなピンク色です。

DSCF4141.jpg
お肉は下味の塩味はほとんど感じなかったです。
さっそくいろいろなソースをつけて食べてみました。

DSCF4144.jpg
お肉は柔らかく、ソースのインパクトがあって美味しい。
ボリュームたっぷりです。

DSCF4147.jpg
ソースはどれも美味しいので、パンにものせて食べました。
結局、ほとんどのソースを食べ尽くしちゃいました。


肉料理のランチ[ひき肉とマッシュポテトの重ねオーブン焼き] (1,200円)
DSCF4132.jpg
先輩は肉料理のランチを注文。
ひき肉とマッシュポテトの重ねオーブン焼きは、大きな器にたっぷりと入っていて、かなり熱々。
一口いただきましたが、なかなか冷めなくて猫舌の私は苦戦しました(笑)。

DSCF4149.jpg
店内が混雑していたせいか、食事を食べ終えてドリンクが来るまで少し時間がかかりました。
時間が結構押していたので、早めに声をかければ良かったと反省。

DSCF4152.jpg
飲み物は二人ともホットコーヒーをチョイス。
寒波が来ている日でしたが、二人とも熱々メニューを食べてとても暑かったので、アイスコーヒーでも良かったぐらいでした(笑)。

DSCF4153.jpg
二人分なのに、お砂糖の量がたっぷりなのが、「さすが、ポルトガル?!」と思いました(笑)。

DSCF4154.jpg
コーヒーがぬるかったのが残念でしたが、この日は急いで飲まなければならなかったので、猫舌の先輩と私にはちょうどよかったです。

DSCF4155.jpg
ミルクだけ入れていただきました。

DSCF4156.jpg
この日の伝票です。

DSCF4157.jpg
お値段がお高めなせいか、リーマンランチといっても少し層が違う方が多いようで、午後1時前になってもまだのんびりと食事をしている人が多かったです。
各国料理だと女性客が多いことがほとんどですが、片側のおじさまは、鱈の美味しい季節だからとアラカルトで注文していたり、もう片側のおじさまは、最近美味しいメニューを見つけたんだよと連れの人に話しかけていて、なかなか通なお客さんでした。


ステーキはボリュームたっぷりでお肉もソースも美味しく、かなり感動しました。
以前の「マヌエル」は素朴な味付けにボリュームが少ないというイメージでしたが、劇的な変化です。
次回はアラカルトなども注文したいなと思います。
私は2日続けてステーキを食べちゃいました。


メニューです↓
DSCF4094.jpg

DSCF4095.jpg

DSCF4103.jpg

DSCF4104.jpg

DSCF4097.jpg

DSCF4098.jpg

DSCF4099.jpg

DSCF4101.jpg

DSCF4102.jpg

DSCF4105.jpg

DSCF4114.jpg

DSCF4115.jpg

DSCF4116.jpg

DSCF4117.jpg

DSCF4124.jpg

DSCF4125.jpg

DSCF4126.jpg

DSCF4127.jpg


2011年1月14日訪問時お店DATA
********************************
Manuel Casa De Fado 四谷 (マヌエル カーザ デ ファド)
〒102-0083 
東京都千代田区六番町11-7 アークスアトリウム地下1F
電話:03-5276-2432
営業時間
[昼]11:30~15:00(L.O.14:00)
[夜]18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/11 07:00】 | ヨーロッパ | トラックバック(0) | コメント(2) |
Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール  @四谷
DSCF4064.jpg
2011年1月13日は上司が不在だったので、この年初めて先輩と外へランチを食べに出ました。
新店が二つ程ありましたが、せっかくなのでちょっと豪華なものを食べたいと思い、2010年3月23日に訪問した「Mexican Grill House GRILL CABANA(グリル・カバナ)」に行くことにしました。

DSCF4091.jpg
直前に、ぐるなびの情報で、リニューアルに伴い、2010年10月からランチ営業をお休みしているとの記載を見つけましたが、ランチをやっているのを見た記憶もあったので、とりあえず行ってみて、やっていなかったら2010年10月22日に訪問した「徒歩徒歩亭」に行こうということになりました。

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、かなり奥の方の右手にあります。
この界隈では珍しいウッディな建物はとても目立ちます。

記憶通りにお店は営業していたので、早速入店。
お店の外観は全く変わっておらず、「グリル・カバナ」の看板もそのまま(笑)。

DSCF4092.jpg
お店の端っこに「サルサ・カバナ」の看板?を発見。

後から調べて見たところ、2007年7月11日に訪問した「サルサ・カバナ 四谷店」は2010年9月20日に閉店し、2010年10月2日に「グリル・カバナ」の場所に移転し、「Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール」という店名に変更してリニューアルオープンしたとのこと。
さらに、四谷三丁目にあった「サルサ・カバナ 四谷三丁目店」は新橋に移転し、2011年3月29日に「サルサ・カバナ セントロ」という店名でリニューアルオープンしたそうです。

DSCF4089.jpg
お店の前にランチメニューがライト付きで出ています。
リニューアルオープンに伴い、メニューも変わったようです。

DSCF4046.jpg
外装はほとんど違いがわからなかったですが、内装は少し変わったようで、天井には旗を張り巡らし、壁には小さなライトをつけていて、ピカピカと光っています。

DSCF4047.jpg
カラフルな切り抜きのような旗?がカワイイです。

DSCF4048.jpg
ランチタイムでも、壁に張り巡らされた小さなライトが点灯しています。

DSCF4087.jpg
このお面?は前から飾ってありました。

先客は一組で、後客は二組程でした。

DSCF4086.jpg
壁の黒板にはテキーラについての詳しい説明書きがありました。
テキーラ飲みたい!

DSCF4057.jpg
フロアの店員さんは女性でした。
このお店で女性の店員さんを見たのは初めてのような気がします。
「どこでもどうぞ。」と言われたので、二人でしたが、一番右奥の広いテーブル席に着席。

DSCF4054.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF4049.jpg
ランチメニューは大きく変わりました。
種類が3種類で、お値段は全て1,000円です。

DSCF4050.jpg
以前に比べると、メニューの種類が減り、ドリンクがつかなくなりました。
プラス100円でドリンクセットにできます。

DSCF4051.jpg
10品目の自家製メキシコ料理が食べられる、プレート・ボニータを注文。


1 具沢山スープ
DSCF4056.jpg
最初にスープが出てきました。
量はかなりたっぷりとあります。

DSCF4060.jpg
「野菜たっぷりあったかスープ」と書かれているとおり、コンソメ味のシンプルなテイストですが、ニンジン、玉ねぎ、トマトなどの野菜を小さく刻んだものや、パスタが入っています。

DSCF4059.jpg
パスタは蝶々型で、とってもかわいい。

DSCF4061.jpg
スープをいただいている途中で、メインのプレートが登場!
とても大きなサイズの白いプレートに、たくさんのお料理が並べられていて、とっても豪華!

DSCF4064.jpg
メインを食べ始めたところでデザートが出てきました。


プレート・ボニータ (1,000円)
DSCF4072.jpg
これで全てのメニューです。
品数がたっぷりあって、とっても豪華。

DSCF4065.jpg
プレートには8種類のおかずがのせられています。


2 彩りサラダ
DSCF4067.jpg
サラダはリーフレタス?を大きめにちぎったものとニンジンの細切りです。
ふんわりと立体的に盛られ、ボリュームたっぷりでとても色鮮やかです。
ドレッシングもかかっていますが、さらにお肉に添えられたライムを搾っていただいたのでとてもさっぱりと食べられました。


3 ビーンズコロッケ
DSCF4069.jpg
ビーンズコロッケは小さなまんまるのものが2個あって、ピリ辛のトマトソースがかかっていました。

DSCF4083.jpg
コロッケを二つに割ってみると、中にペーストがぎっしりと詰まっています。
お豆だけではなくてお肉も入っているのでしょうか、コクのある旨みがあり、お豆の味がしっかりとしていて美味しかったです。


4 一口ステーキライム添え
DSCF4068.jpg
ステーキは、一口ステーキというだけあって、お肉は薄めでサイズも小さいです。
大きいカットのライムが添えられていたので、お肉だけでなく、サラダなどにもしぼっちゃいました。

DSCF4076.jpg
お肉は切るのは少々手間取ります。繊維に沿って、大きめにカット。
お肉の中央部分はまだ赤さが残っていて、食べてみると意外と柔らかでした。
メキシカンビーフなのかな?


5 フライドフィッシュタコス
DSCF4066.jpg
1枚のタコスには、白身魚のフライの上にあらかじめ細長くカットされたリーフレタスが最初からはさまれ、白いソースがかけてありました。
ここに好きなものをいろいろとはさんでいただきます。

DSCF4070.jpg
タコスには3種類のソースがついています。


6 メキシカンシーフードマリネ
DSCF4073.jpg
1つ目はメキシカンシーフードマリネです。
細かくカットされたフレッシュトマトに和えたエビやイカ?などは、しっかりと酸味がきいてとてもさっぱり味でした。


7 新鮮アボガドディップ
DSCF4074.jpg
2つ目は新鮮アボガドディップ、ワカモレです。
このお店のワカモレは、ねっとりとした口あたりでとっても美味しい。


8 フレッシュサルサ
DSCF4075.jpg
3つ目はフレッシュサルサです。
コリアンダーの味が鮮やかにしっかりときいていて、相変わらずの美味しさです。

DSCF4079.jpg
タコスは1枚しかないので、3種類全部をたっぷりとのっけちゃいました。

DSCF4080.jpg
中身がたっぷりすぎて、包むのが大変!
お行儀は気にせず、大口を開けてがぶりといただきました。

DSCF4082.jpg
いろいろな味わいが口の中で混ざり合って、とっても美味しい~。
タコスは柔らかでした。


9 胚芽五穀米
DSCF4071.jpg
タコスの下にはライスが隠れています。
お米はメキシカンライスか胚芽五穀米をチョイスできますが、先輩がメキシカンライスを選んだので私は胚芽五穀米にしてみました。
ご飯そのものは悪くないのですが、個人的にあまりご飯に合うおかずがなくて少々持て余しちゃいました。サルサやワカモレはご飯との相性はイマイチで、ステーキの塩気で食べていた感じです。


9 メキシカンライス 
DSCF4063.jpg
先輩はメキシカンライスをチョイス。
先輩はタコスの中にライスの一部を少し挟み込んで食べていました。
なるほど、その手があったか~!


10 季節のフルーツ
DSCF4085.jpg
この日のフルーツはオレンジとグレープフルーツの盛り合わせです。
食べやすいよう、切り込みが入っていました。


おかずの種類が多く、見た目も華やかなプレートですが、ボリュームはふつうです。
1,000円というお値段を考えれば、品数は豊富ですがボリューム的にはやや少なく感じるので、タコスがもう一枚おかわりできるといいなぁと思います。

ほかのランチメニューも、少しずつ品目が違うものの、他種類のものを少しずつ食べるというスタンスは同じなので、初めて食べるときにはこれだけの種類が食べられるのはとってもお得ですが、2回目以降は、以前のメニューのように自分の好きなメニューをたっぷり食べられるメニューを選択したいと思っても、そういうメニューがないのが残念です。
後日、お店の前を通ったら、以前のようなメニューに戻っていたようです。


帰りがけ、フロアの女性店員さんにランチはいつからスタートしたのか聞いたところ、2010年11月中旬からとのことでした。ぐるなびの表記が、食べに行った時点で2ヶ月、記事をアップする今まで9ヶ月もそのままなのがとってもラテン系のお店らしいです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 プレート・ボニータ (2011年1月13日

*** 旧店舗で食べたメニューです。***

[サルサ カバナ]
  テックスメックス エンチラーダ  (2008年3月17日

[グリル カバナ]
  ジャンボブリトー (2008年1月15日
  メキシカンコンビネーション (2009年7月10日
  ランチタイム限定ランチコース
   1回目 (2009年9月10日
   2回目 (2010年3月23日
  テイクアウト (2008年6月6日
    本日のスペシャル 日替わりランチ プレミアムメキシカンビーフとトマトとハラペーニョ煮


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF4049.jpg

DSCF4051.jpg

DSCF4050.jpg

DSCF4052.jpg

DSCF4053.jpg


2011年1月13日訪問時お店DATA
*******************************
Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20-9 1階
電話&FAX 03-3225-1774
営業時間  
[昼] 11:30~14:00  
[夜] 17:00~26:00(L.O.25:30)       
    *22時以降の来店は、サービス料10%
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/10 07:00】 | メキシコ | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
立秋だというのに厳しい暑さですね~。
風がそよとも吹かないのが本当に辛いです。
夜はアイスノンを抱きしめて寝ています(笑)。

DSCF4026.jpg
2011年1月12日は、12時を少しまわったところで上司が「天ぷら蕎麦をとって。」と言ったので「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

前回出前をお願いしたのは2010年12月14日だったので、約1ヶ月ぶりです。
2011年お初の「松月庵」です。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備し、上司はため込んであった割り箸を使うので、新たな割り箸はいただかないようにしています。最近は配達の方に我が事務所はお箸不要だと覚えていただき、せっかく持ってきた割り箸をそのまま持ち帰っていただく、というのも少なくなりました。

DSCF4022.jpg
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

DSCF4023.jpg
12時20分頃に電話で注文したところ、20分かからずに届けていただきました。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2009_0424画像0084
お蕎麦やうどんについてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。
きしめんも同じ薬味でした。


月見そば(730円)
DSCF4025.jpg
電話口で名前を述べたら、どうやらすっかり覚えていただいているようで、「いつもどうも~。」と言われちゃいました。
そんなにしょっちゅうお願いしているわけでもないのに、嬉しいです。

DSCF4024.jpg
この日は日本列島を寒波が襲った日だったので、配達員さんは寒風と共にやってきました。
「年をとったから、寒さがこたえるよ~。」とのこと。
いやいや、年齢に関係なく、寒いですって!


月見そば(730円)+ミニカツ丼(540円)=1,270円
DSCF4029.jpg
この日は夜遅くまで残業する予定だったので、正月太りが全然戻っていないのに、月見そばとミニカツ丼をお願いしちゃいました。

DSCF4034.jpg
お蕎麦がのびてしまうので、まずは月見そばを食べました。
卵が真ん中にぽっかりと浮かんでいるシンプルなメニューをイメージしていたので、予想外に具だくさんでビックリ。
卵のほかに、青菜、海苔、カマボコ、ナルト、ミツバが入っていました。

DSCF4035.jpg
青菜はかな~りたっぷりでした。

DSCF4036.jpg
ナルトと、、、

DSCF4037.jpg
カマボコは、うっすらとソバつゆ色に染まっていて、味が少ししみていました。

DSCF4039.jpg
彩りに三つ葉がトッピングされています。

ソバつゆはいつもどおり美味しく、小さく切ったユズが入っているので、ときどき爽やかな酸味を感じました。

DSCF4040.jpg
薬味を全部投入して、いただきま~す!

お蕎麦はいつもどおり(笑)のび気味で、食べようとひっぱるとぷつぷつと切れてしまい、なかなか食べにくかったです。

DSCF4038.jpg
卵は白身はかたまっていますが、まだ黄身はまだ生だったので、お蕎麦を先に少し食べてから、黄身を崩していただきました。

DSCF4042.jpg
黄身の甘さがひろがり、卵を絡めて食べるお蕎麦はとても珍しく、美味しかったです。


ミニカツ丼 (540円)
DSCF4030.jpg
こちらのミニ丼は、ミニといっても、かなりボリュームたっぷりです。

DSCF4031.jpg
ミニなのに、ちゃんとお新香もついています。
お新香は2種類あり、細かめに切ってある白菜のお漬け物とタクアンでした。
白菜はしっかりと塩味がきいていて、タクアンは甘かったです。

DSCF4032.jpg
カツ丼は、カツが玉ねぎと一緒に煮て卵でとじてあり、彩りに三つ葉が添えられています。

DSCF4033.jpg
卵はしっかり火が通っていて、固めの仕上がりです。

DSCF4045.jpg
お肉は大きく3つか4つにカットされていて、しっかり火を通していますが、柔らかです。

DSCF4044.jpg
ご飯は少なめですが、それでもボリュームはたっぷりでした。
少食の人にはミニサイズで充分かも。


ちからそば (940円)
DSCF4028.jpg
先輩はちからそばを注文。
力というと、うどんのイメージがするので、珍しいです。

DSCF4027.jpg
先輩、お餅のかけらをお蕎麦と一緒にすすってしまい、咳き込んでいました(笑)。
「冷やし揚げ餅おろしの温かい版ですね~。」とのこと。
ボリュームたっぷりでおなかいっぱいになったそうです。


この日は朝にお菓子を食べてしまっていたこともあり、月見そばを食べ終わった時点でかなりおなかがたまっていましたが、がんばってミニカツ丼を完食。
久々にたっぷり食べたので、夕方になっても全くお腹が空かなかったです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろそば
  とろろ、冷そば
  釜揚げうどん
  山かけそば
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば

(中華)
  ラーメン
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
  カツ丼      (2010年4月6日

(小さい丼)
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[たぬきそば](2010年4月23日
  親子丼セット[もりそば](2008年3月13日
  天丼セット[きつねそば](2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2011年1月12日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅 徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/09 00:00】 | デリバリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
Trattoria Fiore Cusina Italiana  @麹町
先週末は、夏休み第1弾として、甲子園に行って来ました。
これまでに何回か高校野球を観戦したことがありますが、開会式を観たのは初めて。
聖光学院のサヨナラ試合には大興奮でした!

DSCF4013.jpg
2011年1月11日は、三連休明けの火曜日。
昨年の厳しい警察の取り締まりによって、火曜日は移動販売が全く来なくなってしまったので、お弁当を買うのがかなり大変になりました。
全国に寒波が押し寄せ、この冬一番の寒さの日でしたが、先輩が遠い「「Trattoria Fiore(フィオーレ) Cusina Italiana」までお弁当を買いに行ってくれました。
先輩、本当に寒い中ありがとございました。

外観

地下鉄麹町駅から旧日本テレビのところにでると、日本テレビ通りの角のところに2007年8月3日に訪問したインド料理のアジャンタがあり、「フィオーレ」はその隣のメディックスビルの地下1階にあります。
赤い屋根と緑色の看板が色鮮やかでとても目立っています。
普段はお弁当を買うことが多いですが、2007年9月4日2010年7月27日にランチ、2008年2月1日にディナーに訪問したことがあります。

DSCF0761.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
以前はメディックスビルの階段の前のこの場所でお弁当を販売していましたが、最近はここには少しだけ並べ、地下のお店の入口のところに壁一杯のお弁当を置いて販売しています。

DSCF0763.jpg
お弁当は午前10時30分から販売しているそうです。
早い!

DSCF0762.jpg
「フィオーレ」のお弁当は全て600円と、とてもお安いです。

DSCF0758.jpg
階段を降りると、壁一面が棚になっていて、お弁当がたくさん並べられています。

DSCF0756.jpg
棚の上には天井まで届く大きさのメニュー表が貼り出されていました。

DSCF0757.jpg
レストランの入り口の前のスペースはかなり狭く、ピークの時間帯は、お弁当を買う人・お弁当のために並んでいる人・レストランに行く人でごった返しています。

DSCF0759.jpg
メインの食材は同じでもソースや味付け違いのものがたくさんあり、かなり迷います。

DSCF0781.jpg
テイクアウトのお弁当のメニューです。

DSCF0782.jpg
この表には36種類のお弁当がありますが、記載以外のメニューもいろいろとあります。

DSCF4006.jpg
前回こちらでお弁当を買ったのは2010年10月21日だったので、約3ヶ月ぶりです。

相変わらずの人気店で、狭い階段の中でお客さんが押し合いへし合いのとぐろ状態になっていたとか。
身動きが取れないので一度手に取ったお弁当をそのまま近くに置いてしまう人もいて、実際の表記とお弁当の中身が違うこともあったそうです(笑)。


DSCF4007.jpg
買ってきた3つのお弁当は、まずは上司がオムハンバーグをチョイスし、買いに行ってくれた先輩がハンバーグ、私は若鶏のソテーになりました。

DSCF4008.jpg
お弁当には消費期限のシールが貼られています。
でも、いつも日付が入っていません(笑)。


若鶏のグリル[きこり風ソース?] (600円)
DSCF4017.jpg
お弁当の容器は2段になっていて、上段がおかず、下段にご飯が入っています。

DSCF4018.jpg
ご飯にはピンク色のお新香が添えられています。

DSCF4019.jpg
この日はとても忙しかったのか、ご飯が先輩のも私のもかなりボコボコに盛ってありました(汗)。
水分量も多めでちょっと固まっている感じだったので残念。

DSCF4009.jpg
上段に盛られたおかずは上下に2つに分かれ、上に副菜、下にメインが入っています。

DSCF4010.jpg
上段の副菜は、左がポテトフライ、右がマカロニサラダです。

ペンネのサラダにはクリームソースがたっぷりとかけられていました。
このクリームソース、滑らかで美味しかったので、残したらもったいないからと、ポテトフライにもつけたりして全部食べました。

DSCF4012.jpg
ポテトフライはやや大きめなサイズで、ボリュームたっぷり。

DSCF4011.jpg
下段のメインの若鶏のソテーは、全てを覆うようなかなり大きなサイズです。

DSCF4016.jpg
四つに切り分けられていましたが、それでも、一つ一つはかなりの大きさでした。

DSCF4020.jpg
チキンソテーは衣がしっかりとついてて、お肉は柔らかでした。
衣が油を吸って少し重たい感じだったので、レモンと大根おろしのおかげでさっぱりといただけました。

DSCF4015.jpg
ソテーされたシメジと、、、

DSCF4021.jpg
お肉の下に隠れていた細いスパゲッティーは、少し甘めなお醤油ダレがからめてありました。
スパゲッティーはつるつるとした食感で美味しかったです。


ハンバーグ[二種ソースのきこり風:デミ] (600円)
DSCF4014.jpg
先輩のお弁当はハンバーグでした。
こちらもボリュームたっぷりでお腹いっぱいになったそうです。


ボリュームたっぷりで美味しかったですが、寒さのせいかお弁当全体がかなりひんやりとしていたので、電子レンジでちょっと温めて食べた方が良かったかなぁとあとから思いました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
[ランチ]  
  本日のランチのピアット[ポルペッティのトマト煮] (2007年9月4日
  パルジャミーノチーズの焼きリゾット (2010年7月27日

[ディナー] 2008年2月1日

[お弁当]
  チキンロースト:トマトソース (2008年2月12日)  
  チキンロースト:中華風照り焼き (2008年4月11日
  若鶏のグリル:ねぎ塩チキンレモン添え (2010年10月12日
  若鶏のグリル:きこり風ソース? (2011年1月11日
  肉だんご:トマトソース (2008年9月9日) 
  オムライス:キーマナスカレー (2009年11月10日
  ハンバーグ:チーズとトマトのピッツア風 (2010年6月17日
  ハンバーグ:モッツァレラチーズのせカレーソース (2010年9月29日
  オムライスと日替わりパスタ[きのこ入りツナクリーム](2010年10月21日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年1月11日購入時お店DATA
********************************
Trattoria Fiore Cusina Italiana 
(トラットリア フィオーレ クッシーナ イタリアーナ)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町3番地11 メディックスビルB1F
TEL 03-3264-3928
FAX 03-3264-3928
営業時間 
[店舗] 11:00~0:00
[弁当] 10:30~
定休日 日曜
地下鉄麹町駅 徒歩1分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/08 07:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
もんじゃと酒膳 かりん  @麹町/市ヶ谷
本日は、最近?ランチ営業を始めた「もんじゃと酒膳 かりん」のレポートです。

DSCF9241.jpg
2011年7月7日のランチは、上司がお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて外へ出かけました。
向かった先は「もんじゃと酒膳 かりん」です。

DSCF9262.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、二つ目の交差点を越えたところに山陽六番町ビルがあり、このビルの地下にお店があります。
1階にはコンビニのampmがありましたが、ファミリーマートと合併したため、ファミリーマートに衣替えをしている途中でした。

DSCF9261.jpg
少し前にこの辺を散策していたら、ランチを始めているのを知りました。
「かりん」はずいぶん前から営業しているお店だと思うのですが、夜営業しかないお店だったので、どんなお店なのかとても興味津々で、ランチ訪問の機会をずっと狙っていました。

DSCF9259.jpg
お好み焼きやもんじゃなど、粉ものの鉄板焼きのお店なのに、ランチメニューはなんと担々麺!
見本が出ているので、とってもわかりやすいです。

DSCF9260.jpg
節電の夏なので、「店内はとても涼しくて静かです!!」というキャッチに弱いです(笑)。

帰りがけですが、手の空いた若い女性店員さんが呼び込みをやっていました。
ランチを始めたばかりでまだまだ認知度が低いからでしょうか。

DSCF9258.jpg
お店は地下なので、階段を降りていきます。

DSCF9256.jpg
お店の入口には広いエントランスがあって、かなり豪華な雰囲気にビックリ。
お好み焼き屋さんだと思っていたので、庶民派なお店だと勝手に思っていました(汗)。

DSCF9255.jpg
入口右手にレジがあり、左手に大きな靴箱があります。
キラキラな壁が、とってもゴージャス。

DSCF9236.jpg
靴箱の鍵は、小さな鈴付きでカワイイ。

DSCF9237.jpg
フロアはかなり広く、奥と手前で2つに分かれ、掘りごたつのテーブルがずらりと並んでいます。

DSCF9238.jpg
事務所を12時前に出たので、店内はまだ6割程の人の入りでした。

DSCF9240.jpg
入口に書かれていたとおり、かなり暑い日だったので程よい空調がとっても気持ちよかったです。

DSCF9234.jpg
道路側の壁は全てガラス張りになっていて、小さな竹林になっています。
上から太陽光が入り、道路と人が歩いているのが見えます。

DSCF9235.jpg
若い男性店員さんから「こちらにどうぞ~。」と導かれ、4人席を一人で独占しちゃいました。
その後は満席になり、相席になる人もいたので、私はラッキーでした。
メニューが担々麺だからか、女性一人客が私以外にも二人いました。

お茶は卓上にポットとグラスが置いてあるので、セルフサービスです。

DSCF9239.jpg
私はあまり水を飲まないので、お茶はグラスに半分だけ注ぎました。

メニューはすぐに下げられてしまったので写真が撮れませんでしたが、担々麺の単品か、焼肉ライスをつけるセットの2種類だけです。
あとはソフトドリンクとかでした。

せっかくなので、焼肉ライスのセットでお願いしました。


担々麺セット 焼肉ライス・サラダ付き (880円)
DSCF9241.jpg
しばし待って、お料理が登場!
メイン、ご飯、サラダとかなりゴージャスです。

DSCF9244.jpg
サラダにはレタス、サニーレタス、紫キャベツ、大根、ニンジン、トマトなどが入っていました。

DSCF9245.jpg
彩りがきれいで、ボリュームもなかなか。

DSCF9246.jpg
さっぱりとしたお醤油系ドレッシングがかかっていました。

DSCF9242.jpg
ご飯少なめでお願いしたと思うのですが、ちょっと記憶が定かではありません。
焼肉ライスは、ご飯の上に最初から焼肉がのせられています。

DSCF9243.jpg
牛肉の量はそれ程多くありませんが、お肉には甘じょっぱいたれがよくしみ込んで柔らかで、ご飯がとても進みました。

DSCF9247.jpg
担々麺は、白いゴマスープに赤い辛みが映えて、とても色鮮やかです。

DSCF9248.jpg
トッピングは挽き肉、青菜、もやしです。

DSCF9249.jpg
まずはスープを一口。
熱々のスープは、ゴマのコクが濃厚で、程よい辛さでとっても美味しい。
かなり好みの味でした。

DSCF9250.jpg
麺は平打ち麺で、やや不揃いなのか、固めに茹でられ、ざらっとした舌触りがありました。
スープとの絡みもよく、存在感があってとても美味しかったです。
ボリュームは普通です。

呼び込みをしていた店員さんが「手作りです。」と言っていたので、自家製麺なのでしょうか。

DSCF9251.jpg
お行儀悪いですが、せっかくの美味しいスープなので、半分残していたご飯にたっぷりとかけていただきました。
旨辛のスープをご飯が吸い上げ、とっても美味しい!
麺とご飯の両方を楽しめるのは贅沢だし、ボリューム満点。

DSCF9254.jpg
この日の伝票です。


手作り感溢れる美味しい担々麺に焼肉ライスでお腹いっぱいになりました。
お値段を考えたら、かなりお得だと思います。
ただ、お店の看板メニューであるお好み焼きやもんじゃも食べてみたいです。


DSCF2157_20111114062535.jpg
お店の名刺です。

DSCF2158_20111114062535.jpg


2011年7月7日訪問時お店DATA
*********************************
もんじゃと酒膳 かりん
〒102-0085
東京都千代田区六番町1 山陽六番町ビル地下1階
TEL 03-3261-6328
FAX 03-3262-7482
営業時間  
[月曜日] 17:00~01:00(L.O.24:00) 
[火~金] 11:30~14:00(L.O.13:30) 17:00~01:00(L.O.24:00)
[土・日] 17:00~01:00(L.O.24:00)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅 徒歩1分
地下鉄市ヶ谷駅 徒歩3分 
JR市ヶ谷駅 徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/05 00:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(6) |
神田居酒屋 食彩 でくの坊  @神田
DSCF3951.jpg
2011年1月8日の夜、知人たちと新年会をすべく、神田にある「神田居酒屋 食彩 でくの坊」という居酒屋さんへ行きました。
このお店は知人たちの行きつけの飲み屋さんで、私も1度訪問したことがあります。

DSCF3973.jpg
JR神田駅の北口を出て、線路沿いに左手に進みます。
最初の角を右に曲がり、2つ目の角を左に曲がって、少し行った左手にお店があります。

DSCF3974.jpg
このお店、お隣が同じ音読みの姉妹店「でくのぼう」という名前のお好み焼き屋さんをやっていて、そっちのお店のお客さんが間違えて入って来ちゃう人が結構います。
しかも、「でくの坊」のお客さんとは思えないような若い人が多くて、「あ、間違えてきたんだな。」ってすぐわかると聞いていたのですが、本当にそうでした(笑)。

DSCF3948.jpg
店内はそれ程広くはなく、手前にテーブル席、奥に厨房とカウンターがあります。
内装は落ち着いたレトロな雰囲気です。
私たちは入ってすぐ右側にある4人席のテーブルにつきました。
私が初めて来た時と同じ席でした。

DSCF3943.jpg
せっかくの新年会だったので、どこのお店に行くか実はいろいろ迷ったのですが、最終的には知人の一人がいつもお世話になっているこのお店のママさんに新年のご挨拶をしようと思って来たのですが、土曜日はママさんは出勤なし(汗)。
でも、私自身はまったりと飲めるお店なので問題なし。


お通し
DSCF3942.jpg
この日のお通しは、マカロニサラダでした。


サッポロビール(中) (500円)
DSCF3941.jpg
後から一人やってくる予定でしたが、先に生ビールで乾杯!
こちらのお店のビールはサッポロビールでした。

ノドが渇いていたので、写真も撮らずにグビグビ飲んじゃいました(汗)。


お刺身お得盛 (1,580円)
DSCF3951.jpg
最初の一品に、お刺身お得盛を注文。
美味しそうなお刺身が出たところで、ちょうど知人が登場!
全員揃ったところでいただきま~す。

しめ鯖、メジマグロ、真鯛、寒ぶり、タコなど6種類もありました。
どれもピッカピカでとっても美味しそう!

DSCF3952.jpg
マグロは一切れ一切れがとってもぶ厚い!

DSCF3953.jpg
寒ぶりでしょうか。
脂がたっぷりのっていました。

DSCF3957.jpg
卓上にお醤油が置いてあるので、こちらでお刺身をいただきます。

DSCF3954.jpg
真鯛とハマチ?が並んでいます。

DSCF3955.jpg
しめ鯖はピカピカです。

DSCF3956.jpg
タコは歯応え抜群でした。


ピリ辛タコス春巻 (550円)
DSCF3958.jpg
ピリ辛タコス春巻は、揚げたて熱々でとっても美味しい!
中にはいろいろ入っていて、ピリ辛味でとろりとした餡がたまりません。


さばの塩焼 (670円)
DSCF3959.jpg
さばの塩焼は、とっても大きなサイズで食べごたえ抜群です。
出てきた時、一瞬、ホッケ?とも思っちゃいました(笑)。


黒霧島・ボトル (???円)
DSCF3963.jpg
ビールは早々に飲み干し、黒霧島をボトルで注文。
黒霧島はどこでも飲めますが、やっぱり安定して美味しくてお安いのがいいですね。

DSCF3961.jpg
私は水割りでいただきました。
このグラス、私が家で使っているのと同じでした(笑)。


あったかおでん盛 6コ (750円→サービス)
DSCF3964.jpg
大将から、新年のご挨拶ということで、こちらをサービスでいただいちゃいました。
ありがとうございます☆

おでんは大根、コンニャク、卵、厚揚げ、はんぺん、薩摩揚げ?と、6種類もありました。
どれも味がよ~くしみていました。


砂肝ガーリック炒め (600円)
DSCF3965.jpg
砂肝はかなりボリュームたっぷり。
ガーリックは大胆に粒の半割で入っていました。
砂肝のコリコリ感とにんにくの柔らかさが対比できて面白かったです。


ほかほか できたて豆腐 (560円)
DSCF3966.jpg
お鍋のメニューもあったので、「お鍋なんかどうでしょう?」と知人に聞いたのですが、「もうそこそこお腹いっぱいだし、まったりしたいですよ~。」と言われたので、こちらの「できたて豆腐」を注文。

DSCF3967.jpg
そのまま食べても美味しかったです。

DSCF3968.jpg
薬味は塩、醤油、おろしショウガ、万能ネギの小口切り、かつおぶしなど、いろいろありました。


鶏皮ポン酢 (450円)
DSCF3969.jpg
鶏皮ポン酢は、細かく小さくカットした鶏皮に、もみじおろしとたっぷりのネギが添えられていて、彩りがとてもキレイです。

DSCF3970.jpg
鶏皮は小さく切ってあるので食べやすく、とてもさっぱりとしていて、美味しい。
なかなかのボリュームなので、だらだらとお酒を飲み続けるにはとてもいいおつまみです(笑)。


酎ハイ (380円)
DSCF3971.jpg
呑兵衛3人だったので、黒霧島のボトルはあっさり空いちゃいました。
もうちょっと飲み足りなかったので、酎ハイを1杯注文。

DSCF3972.jpg
さっぱりしていて飲みやすく、お値段を考えても、とってもお得です。


メニューは一つ一つが手作り感があって美味しく、とっても楽しい新年会でした。
お値段についてはメモが無くてはっきりしませんが、そんなにかからなかったと思います。
メンバーの一人はこのまま温泉のあるビジネスホテルに泊まるという、うらやましさ!
来年は私もぜひとも同じようにやってみたいです☆


つけ麺 さいたま屋 神田西口支店
どろつけ麺 並(500円)+味玉(100円)=600円
DSCF3993.jpg
帰りがけ、近くのラーメン屋さんでつけめんを食べました。
酔いが回って記憶がはっきりしないので、写真だけ載せておきます(笑)。


メニューです↓
DSCF3935.jpg

DSCF3936.jpg

DSCF3937.jpg

DSCF3938.jpg

DSCF3939.jpg

DSCF3940.jpg

DSCF3944.jpg

DSCF3945.jpg

DSCF3946.jpg

DSCF3947.jpg

DSCF3949.jpg


2011年1月8日訪問時お店DATA
********************************
神田居酒屋 食彩 でくの坊 (でくのぼう)
〒101-0047
東京都千代田区内神田3-18-7
TEL 03-3254-3468
受付時間 
[月~木] 17:00~24:00 
[金曜日] 17:00~01:00 
[土曜日] 17:00~23:00 
定休日 日祝
JR・地下鉄神田駅から徒歩1分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2011/08/04 06:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(2) |
スパゲッティ ながい  @四谷
本日からようやく2011年のランチの紹介になります(汗)。
土日も記事をアップするようにして、少しでも現実に追いつきたいものです。

DSCF3923.jpg
2011年1月7日、長かった冬休みも終わり、この日から出勤でした。
上司が外へランチを食べにいこうと誘ってくれたので、12時30分過ぎに事務所を出て、上司のお気に入りのお店である「スパゲッティ ながい」へ行きました。
私も「ながい」のスパゲッティが大好きなので、とても嬉しいランチ初めでした。

2010_0705画像0038
JR・地下鉄四ッ谷駅を出てしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。こぢんまりとしていて、あまり目立たない店構えです。

2009_0317画像0008
前回訪問したのが2010年7月5日だったので、約半年ぶりの訪問です。

看板

しんみち通りには、こちらの看板が出ています。

2010年1月27日によるくまさんからいただいたコメントによれば、「ながい」のシェフは西新宿にある老舗人気店「スパゲッティ ハシヤ」から独立されたそうです。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

2010_0222画像0009
こちらは以前の写真です。
季節メニューがある時期は、この看板に写真付きで紹介されます。

2010_0222画像0008
こちらも以前の写真です。
冬だとカキやカニを使ったメニューが出てきます。

2008_0825画像0035
しんみち通りには、ビルとしての看板も出ています。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には2008年9月26日に訪問した「四谷ブルワリー」
地下1階には2008年8月22日に訪問した「沖縄料理店 あん」があります。

2008_0825画像0034
中川ビルに入ってすぐ左手に、こちらのビルのポストがありました。
「ながい」のポストは上段の真ん中です。

入り口

細い階段を上ると、2階に写真のようなかわいい入口の扉があります。

待つ人が多くて、ときどき3階へつながる階段にまで行列ができることもあります。
並んでいる間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文します。

2009_0905画像0035
カウンターの近くの壁際に大きなマガジンラックが置かれ、文庫本などが常備されています。

2010_0705画像0037
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。
この写真の右にトイレがあります。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりとL字に取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。

DSCF3919.jpg
お店は男性シェフが一人、フロア担当の女性一人で切り盛りしています。
お二人ともいつもテキパキと動き回っていますが、とても人あたりが良くて居心地が良いせいか、男女問わず一人客の方も結構いらっしゃいます。

DSCF3918.jpg
入口の正面の奥には冷蔵庫がはめ込まれています。

2008_0922画像0058
卓上にはスプーン、フォーク、タバスコ、粉チーズ、乾燥ハーブが置かれています。
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

2008_0922画像0057
ささやかですが、植物が置いてあります。
ブルーのガラスで造られた3頭の熊さん、かわいい♪

2009_0905画像0036
壁に掛かっている時計は、文字盤がパスタになっていました(笑)。

ちなみに、窓際のテーブル席は間が少し狭いので、我らが上司のような、大きな鞄やおなかを持っているとちょっと通りにくく、コップの水を倒さないよう気をつけた方がよさそうです(笑)。

2010_0705画像0024
こちらはテーブル席です。

午後1時近くの遅い入店でしたが、店内は8割程の人の入りでした。
私たちは窓側にある真ん中のテーブル席に着席。

卓上

粉チーズと乾燥ハーブです。お好みでふりかけます。

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

DSCF3917.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF3914.jpg
最近、メニューのシステムが変わりました。

DSCF3915.jpg
たくさんあるメニューのうち、12種類のスパゲッティはお値段そのままでサラダがつきます。

DSCF3916.jpg
この日の季節メニューです。

DSCF3920.jpg
サラダを食べてみようと、ツナとミートソースのスパゲッティを注文。
最初にサラダが出てきました。

DSCF3921.jpg
量は小盛りですが、レタス、トマト、スイートコーン、キュウリと彩りよくいろいろ入っています。
爽やかな酸味が印象的なドレッシングが美味しかったです。


ミートソースのスパゲッティ
ツナとミートソースのスパゲッティ (1,150円)
DSCF3922.jpg
サラダを食べ終わった頃に、スパゲッティが登場。
サラダのおかげでお料理が出てくるまでの時間が気にならなくなりました。

DSCF3923.jpg
茶色い木の器に入ったスパゲッティは、スプーンとフォークが最初から入っています。

DSCF3925.jpg
ミートソースがたっぷりとのせられ、生クリームが格子状にかかっていました。

DSCF3926.jpg
ところどころにツナが入っています。

DSCF3927.jpg
麺はつるつるの口あたりで美味しい。
ボリュームは普通です。

DSCF3928.jpg
ミートソースはトマトの甘みと酸味が感じられ、さっぱりしながらも程よいコクがあります。

DSCF3929.jpg
食べる前に全体をよ~くかき混ぜて、味を全体に行き渡らせます。

DSCF3930.jpg
途中から卓上のバジルとチーズをかけて、味わいを変えました。
特にバジルはとっても風味がついて美味しかったです。


?ウニのスパゲッティ?(1,000円)
DSCF3924.jpg
先輩はこちらのメニューをチョイス。
メニューのメモがなくて、はっきりしたことがわかりません(汗)。


相変わらずの美味しさで、2011年のランチも楽しくスタートしました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲッティ】
  アサリと青じそのスパゲッティ (2008年9月18日

【タラコ、ウニのスパゲッティ】
  ウニとイカのスパゲッティ (2009年9月2日
  ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日

【ミートソースのスパゲッティ】
  ミートソースとナスのスパゲッティ (2009年3月16日
  ミートソースとツナのスパゲッティ (2011年1月7日

【ペペロンチーノ風スパゲッティ】
  タコとキノコと赤唐辛子のガーリック風スパゲッティ (2010年5月25日) 

【トマトソースのスパゲッティ】 
  ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
  ベーコンとソーセージと野菜のトマトソーススパゲッティ (2009年9月15日

【クリームソースのスパゲッティ】 
  アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日

【おしょうゆ味のスパゲッティ】 
  海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日

【ホワイトソースのスパゲッティ】 
  ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日

【サラダスパゲッティ】 
  シメジとベーコンのサラダスパゲッティ (2010年7月5日

【季節メニュー】 
  カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
  カキの唐辛子トマトスパゲティ (2008年12月3日
  カニと青ジソのクリームソース (2010年2月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF3914.jpg
スパゲッティは定番メニューと季節メニューがあります。

DSCF3915.jpg
2011年頃より、12種類のスパゲッティはお値段そのままでサラダがつくようになりました。

メニュー5

定番メニューは、基本的な味付けとして9種類あります。

2008_1205画像0070
トッピングがかなりいろいろあるので、好きなベースとの組み合わせを選びます。

2008_1205画像0073
この写真を見ていた初めて気付いたのですが、お持ち帰りが出来るようになっていました!
作り立てが一番美味しいですが、今度、ぜひ一度試してみたいです。

2008_1205画像0074
大盛りはプラス100円なのでとてもお得です。
追加料金でトッピングができるほか、無料で唐辛子やガーリックを入れられます。

メニューの写真には3種類のサラダスパゲッティがありますが、現在はシメジとベーコンのサラダスパゲティと生ハムのサラダスパゲッティの2種類になっているようです。


季節メニュー
2008_1205画像0068
いつもではありませんが、季節メニューがあります。

DSCF3916.jpg
2011年1月7日の季節メニューです。

2008_1205画像0071
サラダが6種類ありますが、以前はランチタイムに注文している人をほとんど見たことなかったですが、2011年頃から幾つかのメニューにサラダがセットで付くようになりました。

2008_1205画像0072
こちらのお店はランチからディナータイムまで同じメニューで通し営業をしているので、お酒のメニューもあります。

2008_1205画像0076
2008年1月21日から店内は終日禁煙です。


2011年1月7日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2F
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/03 06:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室・番外編】  @四谷三丁目
本日は、8ヶ月遅れですが、ようやく2010年最後の記事をアップします(汗)。
まだまだディナーの記事などが残っているのですが、とりあえず一区切です。

DSCF3902.jpg
2010年12月の終わり頃、昨冬に引き続き、「妻家房(さいかぼう)」からお鍋セットが自宅に届けられました。

入口

「妻家房」の四谷本店は、地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと右側にあります。
通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。

2008_1025画像0017
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階と3階がレストランになっています。
写真は1階の奥にあるキムチ博物館で、この場所を使ってキムチ教室が行われています。

2009_0126画像0048
いただいたものは、ここ数年冬のギフトとして販売しているこちらのお鍋のセット。
2010年下半期は整理が悪くて資料が見つからず、せっかくキムチ教室に行ったのに記事に出来ていなかったので、大変恐縮です(汗)。

DSCF3831.jpg
送られてきた箱は目を奪われる真っ赤な色。
昨年までは白だったので、大胆な変更があったようです。

DSCF3833.jpg
ドキドキしながらフタを開けます。

DSCF3834.jpg
箱の中にはぎっしりと食材が詰まっていました。

2009_1230画像0002
こちらは以前撮影した写真です。
大きく分けて、お肉、野菜、スープ、キムチに分かれています。

DSCF3903.jpg
一番上にお肉がのっていました。
鹿児島産黒豚のバラスライスです。

2009_1230画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
お肉の下にはキムチとスープが隠れていました。

DSCF3902.jpg
箱から全ての小袋を取り出してみると、こんな感じです。
ゴージャス!
こちらのセットは2~3人前のボリュームだそうです。

2009_0123画像0006
スープで小袋で3つに分けてあり、何回かに分けて使うこともできるようになっていました。
私は1回で食べ切っちゃいましたケド(笑)。

DSCF3905.jpg
そのままお鍋に入れるだけ。
薄める必要もなく、とっても簡単です☆

DSCF3904.jpg
お鍋の味の決め手になる妻家房の美味しい白菜キムチがたっぷりと入っています。
昨年とは袋詰めの方法が変わりました。

2009_1230画像0005
豚肉、スープ、キムチ以外の材料は一つの袋にまとめてあります。

DSCF3906.jpg
開けてみると、小袋がこんなにたくさん!
8種類の具材のほかに、ちょっと隠れちゃっていますが、右上にタデギがあります。
調理は包丁いらずです。

2009_0123画像0016
味のアクセントになるタデギです。
こちらのタデギ、しっかりと辛くてとっても美味しかったです。

2009_0123画像0009
8種類ある具材は、ちょっとピンぼけしてしまいましたが、春菊、、、

2009_0123画像0013
ニンジン、、、

こちらは以前撮影した写真です。
昨年はニンジンと一緒に大根?が入っていましたが、今回はニンジンのみでした。

2009_0123画像0012
シイタケ、、、

2009_0123画像0015
エノキ、、、

2009_0123画像0014
長ネギ、、、

2009_0123画像0010
トッポギ、、、

2009_0123画像0011
水に戻してある春雨が入っていました。

DSCF3907.jpg
2010年12月30日の夜、楽しみにしていたこちらのお鍋をいよいよ食べることに。
小袋をお皿に全て出してみると、こんな感じです。

DSCF3908.jpg
せっかくなので、ほかの具材もいろいろ入れてみました。
大根、白菜、キャベツ、チンゲンサイ、スナップエンドウ、ゴボウ、シメジ、百合根などなど。

DSCF3909.jpg
全部で大皿2つ分です。

DSCF3910.jpg
お鍋の作り方は、小袋を開けて全ての材料を投入するだけなのでとっても簡単♪
スープの赤さが食欲をそそります。

DSCF3911.jpg
豚バラを使っているので、脂がたっぷりと溶け出してコクがあって、美味しい!
キムチもタテギも全部入れたので、私にはピリ辛・旨辛味とっても美味しい~と食べていたのに、家人が「辛い!」とうるさかったです(笑)。

DSCF3912.jpg
最後はたっぷりのご飯と卵とネギを追加して雑炊にしました。

DSCF3913.jpg
全ての美味しさを吸い込んだ雑炊は格別です。
あっという間に平らげちゃいました。


美味しくてボリュームたっぷりで、お腹いっぱいになりました。
大晦日の夜にふさわしいご馳走で、とっても幸せ。
本当にごちそうさまでした!


2010年12月30日調理時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2011/08/02 06:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(2) |
龍月園  @四谷
せっかくの週末でしたが、天気もイマイチで何だか寒かったです。
ともあれ、今日からいよいよ8月!
これからがっつり暑くなると思いますが、楽しい夏を過ごしたいです♪

DSCF3888.jpg
2010年12月28日は、年内最後の出社でした。
上司が外でランチを食べようと誘ってくださり、2010年12月4日に訪問した「とんかつ三金」に行きましたが、残念ながら満席で入れませんでした。

DSCF3867.jpg
この日はしんみち通り側の入口から入ってみました。
新宿通り側に比べると、ずいぶんシンプルです。

DSCF3900.jpg
出鼻をくじかれた上司でしたが、気を取り直して、お気に入りの焼肉屋さんである「龍月園(りゅうげつえん)」に行きました。

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、少し進んだ通りの左側にあります。
高級感のあるちょっとオシャレな雰囲気です。

看板

同じビルの地下には、2007年11月22日に訪問した「ふらり 四谷店」が入っています。

DSCF3899.jpg
冬だからでしょうか、真っ白に染められた大きな木の枝が飾られていて、とっても華やか。

前回訪問したのは2010年12月15日だったので、約2週間ぶりです。

DSCF3898.jpg
お店の入口には、本日のおすすめメニューが出ています。

2009_0123画像0127
お店に入るとすぐレジがあり、奥にテーブル席が並んでいます。
店内はとてもシックで落ち着いた雰囲気です。

2010_0107画像0001
「とんかつ三金」に引き続き、「龍月園」もかなり混雑していてほぼ満席でした。

DSCF3872.jpg
私たちは左中央付近のテーブル席に着席。

私の座った位置からは、フロアから厨房に続く細い通路が見えました。
通路の脇に座敷席があるのを初めて知りました。
この日は座敷は使っていなかったのですが、座敷の上がりかまちのところに、マダムのお母様でしょうかおばあ様がちょこんと座っていらっしゃいました。

DSCF3876.jpg
卓上にはメニュー以外にもいろいろな紹介がありました。

DSCF3875.jpg
こちらは安曇野で放牧されている五心豚です。

DSCF3878.jpg
こちらはマッコルリです。

DSCF3880.jpg
製造過程が写真付きで説明されています。

DSCF3881.jpg
日本酒と似ていますね。

DSCF3429.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お茶とおしぼりをいただきます。

DSCF3428.jpg
私たちは全員焼肉ランチを注文。
注文を終えると、女将さんが燃える炭を持ってきて、テーブルの中央にセット。

2010_0107画像0003
炭は赤々と燃えていて、かなりの熱が伝わってきます。

2010_0107画像0006
ランチなのにちゃんと炭火焼きができるなんて、とっても贅沢です♪


ランチビール (320円)
DSCF3873.jpg
上司のはからいで、ランチビールをいただいちゃいました。
こちらのお店はサッポロビールです。
うーん、焼肉にはビールですね。とっても幸せ!


焼肉ランチ (1,000円)
DSCF3883.jpg
しばし待って、焼肉ランチが登場!
お肉、サラダ、ナムル、キムチ、スープ、ご飯のセットです。
タレの入った小皿もついているので、大きなお盆がいっぱい。

DSCF3884.jpg
少なめにお願いしたご飯は、小さい器に盛られています。
ご飯は新潟産コシヒカリだそうです。

DSCF3889.jpg
スープはワカメスープです。
透明なスープにはワカメと刻みネギ、白胡麻が入っていました。
ゴマ油がとても良い香りで、さっぱりします。

DSCF3887.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
キムチは白菜キムチです。
あまり辛さはなく、酸味もほどほどでした。

DSCF3885.jpg
サラダは、リーフレタスと赤パプリカのシンプルな組み合わせです。

DSCF3886.jpg
ナムルはキャベツで、ゴマ油と白ゴマの味がして美味しかったです。

DSCF3888.jpg
焼肉ランチのお肉は肩バラ肉がたっぷり8枚ありました。

DSCF3891.jpg
こちらのお店のお肉は最上等級A5ランクだそうです。
とってもキレイにサシが入っています。美味しそう☆

DSCF3890.jpg
焼肉のつけダレは、あらかじめ小皿に入っていました。

DSCF3893.jpg
しっかりと熱くなった網の上にお肉をのせます。

DSCF3896.jpg
上司はよく焼く派、先輩と私はレア派です。

DSCF3897.jpg
レアが好きなので、お肉の両面をさっと焼いたぐらいでいただいちゃいました。
お肉はやわらかで、脂がのっていて、とっても美味しい。
枚数も8枚あるので、たっぷりと食べられました。


2010年最後のランチでしたが、ボリュームたっぷりでとても美味しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  シェフのオススメランチ:焼肉+小カルビうどん  (2008年3月17日
  カルビ焼定食  (2008年11月6日2010年1月6日) 
  舌のハンバーグ  (2010年12月15日) 
  焼肉ランチ    (2010年12月28日

[ディナー]
  2009年1月23日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューはこちらです↓
DSCF3424.jpg

DSCF3425.jpg

DSCF3426.jpg

DSCF3427.jpg


ディナーメニューはこちらです↓
2009_0123画像0139

2009_0123画像0140

2009_0123画像0141

2009_0123画像0142

2009_0123画像0143

2009_0123画像0144

2009_0123画像0145

2009_0123画像0146

2009_0123画像0147

2009_0123画像0148

2009_0123画像0150

2009_0123画像0151

2009_0123画像0152

2009_0123画像0153

2009_0123画像0154

2009_0123画像0155

2009_0123画像0156

2009_0123画像0157

2009_0123画像0158

2009_0123画像0159

2009_0123画像0160

2009_0123画像0161

2009_0123画像0162

2009_0123画像0163

2009_0123画像0164

2009_0123画像0165

2009_0123画像0166

2009_0123画像0168

2009_0123画像0169

2009_0123画像0171

2009_0123画像0128

2009_0123画像0129


2010年12月28日訪問時お店DATA
********************************
龍月園 (りゅうげつえん)   
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-20 玉川ビル1階
TEL&FAX 03-3357-1088
営業時間 
[平日]11:30~14:30 17:00~1:00
[土祝]17:00~24:00 
定休日 日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2011/08/01 06:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる