おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店  @四谷
いよいよ明日から、待ちに待ったGWです。
前半はお天気に恵まれるようで、今からとっても楽しみ。
私は山梨県へドライブに行く予定ですが、渋滞がかな~り心配です(汗)。
みなさまも、楽しい連休を☆

DSCF7990_20120422093936.jpg
2012年3月29日、お昼になると上司が「炒飯。」と呟きました。
チャーハンは「俵屋」でしか出前をお願いできないし、「俵屋」さんは2つ以上でしか配達してくれないので、仕方なく私も一緒に注文しようと、食べたことのない麺類をどれにしようか考えていました。
先輩が「俵屋」に電話で注文をしようとしたところ、いつもの強烈なおばさまが電話口に出て、「はぁ? 出前はもうやっていないから。」と一言で切り捨てられたそうです(汗)。
上司に「俵屋」が配達をやめたことを告げると、ずいぶん困り果ててしまい、「あとは蕎麦屋(注:「松月庵」)しかないし、外に行くのは面倒だし。」と独り言を言い続け、諦めたのか「しょうがない、外に行こう。」と言いました。
こんなメンタルではたいしたお店に行けそうになかったので、「おにぎり買ってきましょうか?」と聞いたら、「おにぎり! いいなぁ、それにして。」と即決でした。
私としては、リニューアルした「権米衛」のお弁当を買いたかったから、作戦勝ち?(笑)。

DSCF9003_20120427053010.jpg
2012年3月14日にリニューアルオープンしたアトレ四谷の飲食店は、新たにオープンしたお店と以前からあるお店と以前からあるお店がリニューアルしたお店の3種類があります。

この日買いに行った「おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店」はリニューアルしたタイプで、以前は「おむすび 権米衛 アトレ四谷店」という店名でした。
おむすび 権米衛」の公式HPを見ても、「ファーマーズキッチン」という言葉が加わった理由は特に記載がなくてわかりません。
現地でお店を見た限りでは、新しく変わった点は、お店の場所が移動したこと、イートインスペースを持つようになったこと、お総菜が充実したこと、でしょうか。

2012年3月21日に訪問した「ペンシーズキッチン」も同様のタイプで、以前は「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というお店でした。

DSCF9004_20120427053009.jpg
看板のロゴがとってもかわいいです。

DSCF7977_20120422094101.jpg
明るくて長いカウンターは、手前におむすび、奥にお総菜が並べてありました。

うだうだしていたせいか、お店に到着したのは既に午後1時近く。
今までだと、こんな遅い時間に行くとおむすびの種類は激減し、おかずはほぼ売り切れでしたが、リニューアルしてからまだ日が浅いせいか、イートインをやっているからか、戦略を変えたのか、おむすびもおかずもたっぷりとありました。
よかった~。

DSCF7980_20120422094058.jpg
お総菜は、今までプラスチックケースにあらかじめ入れて並べられていましたが、リニューアルしてからはデパ地下のお総菜売り場のようなスタイルになり、かなりオシャレになりました。

DSCF7975_20120422094102.jpg
お総菜は8種類ぐらいありました。

DSCF7978_20120422094100.jpg
いつもいつも大好きな玄米の明太子チーズばかり買っていたので、この日は新規開拓しようと決意。
玄米のおにぎりを食べたかったので、目に入ったピリ辛豚みそ玄米と、期間限定のおいなりさんの親子いなりの2種類を買ってみました。

DSCF7979_20120422094059.jpg
上司の分も購入したので、おにぎりを2個ずつ別包装にしてもらおうとお願いしたのですが、私の説明が中途半端で最初1個用の容器を使ってもらってしまい、大変申し訳なかったです。
でも、若い女性店員さんは全然嫌な顔をせず、笑顔で対応してくれました。

DSCF7983_20120422094017.jpg
この日はおむすび1個、おいなりさん1個、おかず2種類を購入。
上司には、同じ組み合わせのお総菜にして、おむすびの好みはよくわからなかったので、個人的に好きな玄米の明太子チーズとタイプの違う白米のしそちりめんにしておきました。

DSCF7985_20120422094015.jpg
お総菜は、1種類ずつ小さな透明のプラスチックケースに入っています。

DSCF7988_20120422093938.jpg
容器には消費期限と製造者が記載されたシールが貼ってありました。

DSCF7986_20120422094014.jpg
おむすびはお総菜と同じ透明なプラスチックケースですが、1パックで2個入ります。

DSCF7989_20120422093937.jpg
シールが折れていて見えませんが、製造会社が明記してあります。

「おむすび 権米衛」は株式会社イワイという会社が運営しているブランドで、東京、千葉、神奈川に30店舗以上の支店を展開しています。


ピリ辛豚みそ玄米(140円)+親子いなり(140円)
+米粉さっくり唐揚げ(180円)+春野菜のごま和え(140円)=640円
DSCF7990_20120422093936.jpg
いただきま~す!


春野菜のごま和え (180円)
DSCF7984_20120422094016.jpg
春野菜のごま和えは小さな黒いプラスチックケースに入っていました。
フタを開けた状態の写真を撮り忘れ、痛恨のミス。
菜の花、シメジ、黄パプリカなどが入っていました。
ごま和えというと渋いイメージがありますが、ごまは白胡麻でカラフルな野菜を使っているので、彩りがとても華やかです。黒の容器に入れるのは、色をキレイに見せるためなんでしょうね。
このお総菜は上司も気に入ったようです。

DSCF7976_20120422094101.jpg
春野菜のごま和えは春野菜として千葉県産の菜の花を使っている、期間限定のメニューです。
千葉県出身かつ千葉県在住で千葉をこよなく愛し、いつも「千葉県の野菜を食べて下さい~。」と言っているので、購入してみました(笑)。


米粉さっくり唐揚げ (180円)
DSCF7991_20120422093936.jpg
もう一つのお総菜はボリューム系が欲しいと思い、米粉さっくり唐揚げにしました。

DSCF7981_20120422094018.jpg
秋田県大潟村の涌井さんが作った上質な米粉でさっくりと仕上がっているそうです。
味付けは人気の特製醤油だれとのこと。

DSCF7992_20120422093934.jpg
米粉の唐揚げはほぼ初めてでしたが、すっごくクリスピーでビックリ。
唐揚げを噛みしめるとボリボリと音がします。
お肉のやわらかさと衣のカリカリ感の対比が面白く、美味しかったです。
この衣って、お米で醤油味だから、おせんべいですよね(笑)。
後日、別の機会に買ってみたのですが、この日のものは特にクリスピーでした。


ピリ辛豚みそ玄米 (140円)
DSCF7994.jpg
玄米のおむすびが食べたくて、買ってみました。
相変わらずのビックサイズです。
特製肉みそを使ったスタミナおむすびとのこと。

DSCF7995.jpg
おむすびの上に辛みそがぬられ、細かく切った糸唐辛子がトッピングされていました。

DSCF7998.jpg
おむすびの中にも辛みそが入っていました。
豚はあまり存在感を感じませんでしたが、ピリ辛というには結構しっかりと辛かったです。
ただ、ちょっとコクがないかな~とも思いました。
玄米は粒粒をしっかり感じる歯応えです。


親子いなり (140円)
DSCF7993_20120422093933.jpg
「権米衛」では初めてのおいなりさんです。
2012年3月24日、わずか5日前に発売されたばかりの期間限定の新メニューでした。
北海道オホーツク産の上質ないくらと、天然紅鮭をふんだんに使っているそうです。

DSCF7996.jpg
袋状の油揚げにご飯を詰め、その上にほぐした焼き鮭とイクラがのせられ、白胡麻をふってありました。
彩りがとっても鮮やか。

DSCF7997.jpg
イクラはプチプチしていましたが、鮭は量が少なくてあまり存在感を感じず。
いなりは甘めの味付けでした。

DSCF7982_20120422094017.jpg
この日のレシートです。


全体のボリュームは普通です。
ただ、玄米とクリスピーな唐揚げのおかげで一時的な満足感は結構ありました。
イートインスペースにも是非訪問したいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

[白米]
  おかか  (2009年8月25日) 
  日高昆布 (2009年8月25日
  からしみそ (2010年12月22日
  菜の花しらす (2011年3月22日

[玄米]
  明太子  (2009年9月9日
  明太子チーズ (2007年10月16日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
  チーズおかか (2007年10月16日
  ピリ辛豚みそ玄米 (2012年3月29日

[まぜごはん]
  たこむすび (2010年3月3日
  しそちりめん (2009年9月9日

[いなり]
 親子いなり  (2012年3月29日) 

[おかず] 
  筑前煮 (2009年8月25日2010年12月22日
  肉だんご (2009年8月25日2010年12月22日
  オクラのゴマ和え (2011年3月22日
  春野菜のごま和え (2012年3月29日
  さんまの蒲焼 (2011年3月22日
  米粉さっくり唐揚げ  (2012年3月29日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (2012年3月21日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年3月29日訪問時お店DATA
***********************************
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (ごんべえ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL&FAX 03-3357-0141
営業時間
[月~金] 7:30~22:00
[土日祝] 8:00~21:00
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/27 08:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 麹町 蛇乃目寿司  @四谷
2012年11月16日追記

「蛇乃目寿司」の閉店後、しばらく店舗がそのままでしたが、2012年9月12日に「魚魚や 鯛一」がオープンしました。
DSCF6617.jpg
2012年10月9日にランチ訪問しました。

***********************************

DSCF0283_20120422085915.jpg
2011年8月22日は、上司も先輩も夏休みだったので、一人ランチでした。
このブログもかなり長くなりますが、それでも宿題店が結構あって、新宿通り沿いにある「麹町 蛇乃目寿司(じゃのめずし)」はその一つでした。
ネットで情報を検索してもあまり情報がなく、お寿司屋さんなので、もしかしたら気むずかしい店主さんとかで「写真はダメ!」なんて言われちゃったら行く意味がないしな~、などとずっと迷っていましたが、お値段はそれ程でもないのでこの日、重い腰を上げて行ってみることにしました。

DSCF0296.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を半蔵門方面に向かって進み、二つ目の交差点である麹町六丁目交差点の少し先に麹町秋山ビルディングがあり、お店はその1階です。

DSCF0299.jpg
新宿通り沿いにはお店の看板が出ています。
見た感じ、かなり古くからあるお店のようです。

DSCF0298.jpg
ランチのメニュー表は表に貼り出されていて、お値段がいくらかちゃんとわかります。
店内の壁にも貼ってありましたが、写真を撮り忘れちゃいました(汗)。

ランチサービスとして、4種類の丼が800円、にぎりとちらしがボリュームによって800円から1,200円です。

DSCF0280_20120422085918.jpg
ドキドキしながらお店を入ってみると、間口の割には奥に深く、結構広いフロアでした。
手前左にカウンターがあり、奥がテーブル席になっています。
半分程の人の入りで、男性の一人客が多かったです。

DSCF0281_20120422085917.jpg
ネタケースは曇っていて中がよく見えないのが残念!

それまでの心配は全くの杞憂で、入店すると店員さんから「いらっしゃい!」と気さくに声をかけられました。
が、どこに座れという指示がなかったので、しばらくぼーっと立ち尽くしちゃいました。
好きなところに座ってよかったんですね(汗)。

DSCF0279_20120422085918.jpg
カウンターにはお醤油と爪楊枝が置かれていました。

私はカウンターの左側の方に着席。
せっかくお寿司屋さんに来たので、にぎりの一人半を注文。

DSCF0274_20120422085952.jpg
まずはお醤油用の小皿と割り箸が出てきました。

DSCF0275.jpg
ご家族でお店を切り盛りしていらっしゃるようで、ご主人がお寿司を握り、横で娘さんらしき方がドンブリを作っていて、おばさまがフロアを担当していました。
おばさまの接客は人当たりがよく、お寿司屋さんらしい敷居の高さはありません。

DSCF0276_20120422085950.jpg
次に温かいお茶と冷たいおしぼりが出され、さらに小鉢をいただきました。

DSCF0278.jpg
お茶はかなり大きいサイズ。

DSCF0277_20120422085950.jpg
小鉢はワカメとキュウリの酢の物で、ほとんど甘みがなくしっかりとした酸味がきいていました。
お寿司が出来上がるまでって結構時間がかかるので、特に一人で来ているときはボチボチ食べていられるのが嬉しいです。

DSCF0282_20120422085916.jpg
しばし待って、にぎりが出来上がりました。
大将からカウンター越しに直接受け取ります。


にぎり 一人半 (1,200円)
DSCF0283_20120422085915.jpg
にぎりの出来上がりにあわせてお吸い物が出てきて、こちらで完成!

DSCF0285_20120422085915.jpg
場所のせいか、何度撮っても、天井の照明が映り込んじゃいました(汗)。
お吸い物にはワカメが入っていて、小ネギが散らしてあります。
ワカメが青々としていました。

DSCF0286_20120422085826.jpg
にぎり一人半は、にぎりが8つ、軍艦巻きが1つ、細巻きが6個です。

DSCF0292.jpg
小皿に、、、

DSCF0293.jpg
お醤油を注いで、いただきま~す!

DSCF0287_20120422085825.jpg
ネタは、エビ、マグロ、白身、カツオ、サーモン、トビコ、玉子、タコ、イカ、お新香でした。

DSCF0288_20120422085824.jpg
細巻きはキュウリのお新香が入っていました。

DSCF0290.jpg
酢飯はお酢がそれ程きいていません。

DSCF0291.jpg
握りが軽いのか、お箸で持ち上げるとご飯が崩れやすいものが幾つかありました。

DSCF0289_20120422085823.jpg
玉子は甘い味付けでした。
タコはとても薄く切ってあったので食べやすかったです。

DSCF0295.jpg
添えられたガリがとっても大きかったので、思わず広げて記念撮影(笑)。

DSCF0294.jpg
注文のお料理を受け取るときにプラスチックの札をもらい、会計の時にレジに出します。

DSCF8609.jpg
2012年に入ってからお昼時なのにシャッターが閉まっているのを見かけたので、「ランチ営業をやめちゃったのかな?」と思い、2012年4月19日にこの写真を撮影したのですが、この記事を書くにあたってネットを調べたら、閉店してしまったようです。


特に印象が残るネタはなく、どれもフツーのお味でしたが、ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。
「敷居の高いお店だったらどうしよう。」という訪問前の心配は杞憂に終わり、家族経営と覚しき温かい空間でした。


2011年8月22日訪問時お店DATA
********************************
麹町 蛇乃目寿司 (じゃのめずし)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町5-3-4 麹町秋山ビルディング1階
TEL 03-3261-7684  
定休日 日曜日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/26 07:00】 | | トラックバック(0) | コメント(2) |
伝説のすた丼屋 亀戸店  @亀戸
昨日は本当に暑くなりましたね~。
日差しが強い上にランチにタイ料理を食べて、すっかり汗をかいちゃいました(笑)。

本日は、マイブログ圏外の「伝説のすた丼屋 亀戸店」のレポートです。

DSCF0268_20120422082021.jpg
1年ぐらい前に「伝説のすた丼屋 新宿店」ですた丼を初めて食べて以来すっかりファンになっていたのですが、2011年8月5日に亀戸店がオープンしたと聞きつけ、2011年8月21日の日曜日の午後、早速「伝説のすた丼屋 亀戸店」へ行ってみることにしました。

DSCF0273_20120422082340.jpg
JR亀戸駅北口を出て明治通りを南に下り、高架をくぐって京葉道路にぶつかったら左に曲がって、2つ目ぐらいの光美ビルの1階にお店があります。

DSCF0272_20120422082339.jpg
「すた丼」は、もともとは国立のB級グルメとして有名でしたが、株式会社アントワークスが「伝説のすた丼屋」としてチェーン展開し、首都圏だけでなく東北や関西にも出店し、最近も続々と支店が出来ています。

DSCF0244_20120422082319.jpg
店内はそれ程広くはなく、一番奥に厨房があり、その前にテーブル席がたくさんありました。
新店らしく、店内はどこもピカピカ。

DSCF0243_20120422082320.jpg
午後3時20分というランチともディナーとも言えない中途半端な時間でしたが、お店は駅近という立地だからか結構賑わっていて、6割程の席が埋まり、その後も絶えず人が出入りしていました。
持ち帰りも出来るようで、テイクアウトする人もかなりいました。

DSCF0245_20120422082318.jpg
右手の奥の方のテーブル席に着席。

DSCF0246_20120422082317.jpg
卓上にはドレッシング2種類、七味、コショウ、醤油、ラー油、豆板醤などが置かれています。

DSCF0247_20120422082317.jpg
今どきのお店らしく、とても明るくて気持ちのいい接客です。

DSCF0250_20120422082236.jpg
すた丼は、北イタリア産のホエー豚にニンニク醤油を使った秘伝のたれを絡めたもので、ご飯はなんと450gもあります。
他にも炒飯や麺類など、メニューは多彩でした。

DSCF0248_20120422082316.jpg
私は基本のすた丼を、家人はすた丼を肉増しで注文。

DSCF0260_20120422082151.jpg
しばし待って、お料理が登場!


すた丼 (600円)
DSCF0261_20120422082112.jpg
メイン、生卵、お味噌汁が小さめの黒いお盆にのって出てきました。

DSCF0262_20120422082112.jpg
生卵は別皿についてきます。
基本料金で生卵がついているのはとってもお得な感じがします。

DSCF0263_20120422082111.jpg
お味噌汁は小ネギが浮かび、豆腐とワカメが入っていました。
すっきりとしたダシでした。

DSCF0268_20120422082021.jpg
ドンブリにはお肉がはみ出しそうにたっぷりと盛られ、ご飯がほとんど見えません。
見かけからして、かなりボリューミーです。

DSCF0266_20120422082109.jpg
埋もれるようにタクアンが2切れ添えられていました。

DSCF0265_20120422082109.jpg
この秘伝のたれ、お醤油ベースで甘みがほとんどなく、ニンニクがものすごくきいていてパンチのある味です。
私の好みのドストレート。

DSCF0267_20120422082022.jpg
豚肉はスライサーで切らないと出来ないぐらいの薄さですが、程よい柔らかさです。
お肉には秘伝のたれがたっぷりとしみ込んできりっと味が濃く、ご飯がとても進みました。
お肉の味が濃いと思う人は、生卵をお肉に絡めると食べやすいのではと思います。

DSCF0269_20120422082020.jpg
お肉の下、ご飯の上には細長く切った海苔が数枚入っていました。

DSCF0270_20120422082020.jpg
450gというご飯は確かにかなりの量で、しっかり味のおかずでもご飯が余るぐらいだったので、途中から生卵を入れて、卵かけご飯にしていただきました。


すた丼(600円)+肉増し(130円)=730円
DSCF0258_20120422082153.jpg
こちらが肉増しバージョンです。
肉増しは器自体が並盛りより大きいようで、写真だとちょっとわかりにくいかも。

DSCF0259_20120422082152.jpg
家人曰く、肉増しにするとお肉だけでご飯が食べられて、生卵が不要なぐらいかもとのことです。


チェーンの牛丼に比べるとお値段は高いですが、食べた後の満足感はかなり高かったです。
お米をたっぷり食べて、日本人だな!ってお料理でした。
定休日も中休みもない、使い勝手の良いお店ができたのは嬉しい限りです。


メニューです↓
DSCF0249_20120422082237.jpg

DSCF0250_20120422082236.jpg

DSCF0251_20120422082236.jpg

DSCF0252_20120422082235.jpg

DSCF0253_20120422082234.jpg

DSCF0254_20120422082233.jpg

DSCF0255_20120422082155.jpg

DSCF0256_20120422082154.jpg

DSCF0257_20120422082154.jpg


2011年8月21日訪問時お店DATA
***************************
伝説のすた丼屋 亀戸店 (でんせつのすたどんや)
〒136-0071 
東京都江東区亀戸6-59-12 光美ビル1階
TEL&FAX 03-5875-1319
営業時間 11:00~03:00   
定休日 なし
JR総武線亀戸駅北口から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/25 07:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
ここ最近のぐずぐずしたお天気を吹き飛ばすかのように、今日は気温が25度まで上がるとか。
身体が対応できるか心配ですが、眩しい朝日はとっても清々しいです☆

DSCF0235_20120422075512.jpg
2011年8月19日は上司も先輩も夏休みで、一人ランチの二日目。
宿題店に行くつもりでしたが、午後から雨という天気予報がはずれ、午前10時頃からものすごい雨で嵐のようになってしまいました。
午前11時半頃には少し収まったので、「出かけるぞ~!」と決心していたのですが、12時前にまたもや激しく雨が降りつけてきて、雷まで鳴り始めました(泣)。
この日は夜出かける予定だったので、あまりずぶ濡れになりたくなかったこともあり、12時少し前に「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類があるようです。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2011年8月3日だったので、約半月ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備し、上司はため込んであった割り箸を使うので、新たな割り箸はいただかないようにしています。最近は配達の方に我が事務所はお箸不要だと覚えていただき、せっかく持ってきた割り箸をそのまま持ち帰っていただく、というのも少なくなりました。

DSCF0226_20120422075638.jpg
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

みんな同じことを考えているのか、代表電話が全然つながらず。
別の番号にかけてみたら、おばさまが出ていらして、なんとか注文することができました。
この日は店内がバタバタしている雰囲気が電話を通してすごく伝わってきました。
おばさまは当方を覚えてくださっているようで、「松月庵」さんにしては本当に珍しく、すごくすまなさそうに「今日はとても混み合っています。」と言われたので、「遅れても全く大丈夫ですので。」と答えておきました。

DSCF0228_20120422075636.jpg
のんびりお昼にしようと思っていたら、なんと12時15分過ぎにおそばが到着。
配達員さんはしきりに遅くなって申し訳ないとおっしゃっていましたが、私はあまりの早さに恐縮しちゃいました。
こんな時に限って1000円札がなくて1万円札だし(汗)。
本当にありがたかったです。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2009_0424画像0084
お蕎麦やうどんについてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。
きしめんも同じ薬味でした。


山かけそば  (940円)
DSCF0229_20120422075602.jpg
こんな日に一人分しか注文しないので、麺類でまだ食べたことのないメニューの中で一番お高い山かけそばをお願いしました。

DSCF0230_20120422075601.jpg
山かけそばにはとろろと海苔の2種類だけのせられ、とてもシンプルでした。

DSCF0232_20120422075559.jpg
真っ白なとろろがたっぷりとかかっています。

DSCF0231_20120422075600.jpg
海苔は細長く切ってありました。

DSCF0233_20120422075559.jpg
よく見てみると、中央に生卵を発見!

DSCF0235_20120422075512.jpg
生卵を掘り起こし、再度写真撮影(笑)。

DSCF0236_20120422075511.jpg
薬味は最初に全てのっけちゃいました。

DSCF0237_20120422075510.jpg
おそばはのびていなくて、つるつるとのどごしが良かったです。

DSCF0238_20120422075509.jpg
途中から生卵を崩していただきました。

DSCF0239_20120422075508.jpg
全体をかき回していただくと、とろろや卵がそばつゆに溶け込んで白っぽくなります。
とろろや生卵のおかげか、そばつゆがいつもよりあっさり目に感じられました。


全体のボリュームは普通ですが、溶け込んだとろろや卵がもったいなくておつゆも全ていただいたので、結構おなかがふくれました。

この日は事務所の中は暑かったですが、外はかなりひんやりした空気でした。
外気が一番入る部屋で食べたので、温かいおそばでも暑くなりすぎずにいただけました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろそば
  とろろ、冷そば
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  カレー丼    (2008年11月27日
  カツ丼     (2010年4月6日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2011年8月19日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/24 06:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Manuel Casa De Fado 四谷  @四谷
もうすぐ5月なのに、雨がちでスッキリしないお天気が続いていて、とっても残念です。
GWまであと1週間、仕事をきっちり片付けて楽しい連休にしたいです☆

DSCF0173_20120422071757.jpg
2011年8月17日は、先輩が夏休みに入る前日。
上司がいなくてゆっくりランチが食べられる数少ないチャンスだったので、この日はお弁当は作らず、外へ食べに出ることにしました。
それなのに、お昼直前に電話対応でバタバタしてしまって行きたいお店が決められず、とりあえずしんみち通り方面に出発。
テート・ア・テート」にしようか、、、などと話していたら、先輩が突然「急に方向転換してもいいですか。”Manuel Casa De Fado 四谷(マヌエル カーザ・デ・ファド)”に行ってステーキ食べたいです。」、とのこと。もちろん異存はなく、営業していることを心の中で祈りながら行ってみました。
通りに入ってみると、国旗が掲げられていたのを見つけ、一安心。
ビルの前に置かれたメニューを見ながら入るかどうか悩んでいた女性の一人客を追い越して入店しちゃいました。

DSCF4163.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町出口から新宿通りの左側を麹町方面に進み、「カフェ・ド・クリエ」がある角を左に曲がって少し行くと、左側にアークスアトリウムというビルがあります。

DSCF4164.jpg
このビルは飲食店が入っているとは思えない、とてもこじゃれたビルです。
「マヌエル」はこのビルの地下一階にあります。

DSCF4162.jpg
ビルの前にポルトガルの国旗がかかっています。
この旗を目印にお店を探すと探しやすいです。

DSCF4161.jpg
ビルの前にランチメニューが出ていますが、これも目立たないです(笑)。

前回訪問したのが2011年4月26日だったので、約4ヶ月ぶりです。

階段

お店は地下にあるので階段を下りて行きます。
正面の壁に看板代わりの鮮やかなタイルがはめ込まれていました。

DSCF4160.jpg
階段を降りていく途中、壁がガラス張りになっていて、店内が見えます。

DSCF0181_20120422072338.jpg
営業時間が書かれた看板が出ていました。

DSCF4159.jpg
入口の扉周りは照明がかなり暗めです。

DSCF7092.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
階段を降りたところにお花が飾られていました。

DSCF4158.jpg
入口を入ってすぐ左手のテーブルの上には、店の名刺やいろいろなイベントの情報が置かれています。

DSCF0148.jpg
お店のカウンターにはワインがたくさん並んでいます。

DSCF4106.jpg
ビルの外観や入口からは想像できないほど店内が広く、テーブル席がずらり。

DSCF4096.jpg
お盆の時期でさすがにお客さんは少ないようで、席が埋まっているのは半分ぐらいでした。
しかもラフな格好の方が多く、いつもとはちょっと雰囲気が違いました。

DSCF7091.jpg
ワインセラーの脇には、セッティング用のグッズが置かれていました。

DSCF7067.jpg
店員さんに案内され、私たちは中央のテーブルに着席。

DSCF7068.jpg
お水はワイングラスにたっぷりと注がれます。

DSCF0140.jpg
ランチメニューです。
ランチメニューは4種類あり、お値段は800円から1,100円です。
全てのメニューに本日のパンとスープがついています。

以前のメニューと比べると、サラダのランチやアラカルトがなくなりましたが、ランチコースが出来ていました。

DSCF0141.jpg
プラス100円でコーヒー・紅茶・エスプレッソ、
プラス300円でカプチーノ・カフェオレ・ダブルエスプレッソ、
プラス400円でデザートをつけられます。

DSCF7072.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ランチコースがとても魅力的でしたが、先輩がステーキを食べる予定だったので、この日は断念し、私はお肉料理をチョイスしました。


本日のスープ
DSCF0151.jpg
まず最初にスープが出てきました。

DSCF0152.jpg
ヨーロッパらしい厚手で、素朴だけれどもカラフルなスープカップです。

DSCF0153.jpg
特にアナウンスもなく、メニューにも記載がなかったので何のスープかはっきりしません。

DSCF0160_20120422071848.jpg
一口いただくと、このお店らしい、お豆の素朴な風味が口の中に広がります。
ほかの具材は入っていなかったようです。

DSCF0161_20120422071847.jpg
やや大きめなクルトンが入っていて、これがとても美味しくていい味のポイントになりました。
スープの量は結構あります。


パン
DSCF0155.jpg
スープの次に、小さなカゴの中に入ったパンとオリーブオイルが出てきました。

DSCF0156.jpg
こちらのお店では、バターではなくオリーブオイルが添えられています。

DSCF0157.jpg
食べているときには気付かなかったのですが、写真を見ると、パンは5枚入っていました。
先輩と私、どちらが3枚食べたんだろう?(笑)。
パンは皮も中身も程よい柔らかさの素朴なパンで、常温です。

DSCF0165_20120422071846.jpg
このお店のオリーブオイルは美味しいので、ついついたっぷりつけて食べちゃいます。

DSCF0172_20120422071758.jpg
この日はメインが出てくるまでかなり時間がかかりました。
スープが出てからメインが出てくるまで、25分近く経過(汗)。
お客さんの数を見込んで、調理の方も減らしているのでしょうか。
フロアも人数がかなり少なく、サービスはやや遅れがちで、帰り際、下げきれないお皿が一番入口近くのテーブルに山積みになっていました。


肉料理のランチ 
豚ロースのソテー 海老クリームソース (1,000円)
DSCF0173_20120422071757.jpg
先輩のステーキが先に出て、やや遅れて私のメニューが登場。
オーバル型のお皿に、ご飯、ポテト、お肉がのせられていました。

DSCF0174_20120422071756.jpg
ご飯はまるでお子様ランチのように、プリン型にかたどられています。
パンがついているからでしょうか、ボリュームは少なめです。

DSCF0176_20120422071710.jpg
フライドポテトはたっぷりと添えられています。
全体的に太めのカットで、かなり長いものもありました。

DSCF0175_20120422071756.jpg
豚肉に大きめのエビが4つほどのせられ、ホワイトソースがたっぷりとかかっています。

DSCF0177_20120422071710.jpg
海老は噛みしめるとぷりっと皮が弾けます。
サイズも大きめなので、噛みしめる回数があって、とっても美味しい。
海老好きの私にはたまらなかったです。

DSCF0178_20120422071709.jpg
ホワイトソースはあっさり系の味付けで、お肉に付けて食べるのにはよかったですが、ご飯のお供にするにはやや薄味で、ご飯をどうやって食べようかちょっと悩みました。

DSCF0180_20120422071707.jpg
お肉は中までしっかりと火が通してあり、切るときも食べるときもしっかり目の力が必要です。


鉄板ステーキのランチ 
牛ランプ肉のステーキ 3種のソース (1,100円)
DSCF0168_20120422071844.jpg
ジュージューと音をたてながら、先輩のステーキが登場!
私が食べたときと違って紙エプロンがないので、蒸気と共に飛び跳ねている油に要注意です。

DSCF0166_20120422071845.jpg
3種のソースは、BBQソース、玉ねぎとコリアンダーの緑のソース、ニンニクと唐辛子のソースです。

DSCF0169_20120422071844.jpg
熱々の鉄板には、お肉、野菜、ご飯がのせられています。
急いでいるからか、プリン型のご飯もやや形が不揃いでした(笑)。

DSCF0170_20120422071759.jpg
添えられた野菜はブロッコリー、カリフラワー、インゲンです。

DSCF0171_20120422071759.jpg
お肉は私が食べたときと違って、縦に細長くカットされていました。

DSCF0179_20120422071708.jpg
3種のソースは先輩もとても美味しかったようで、かなりたっぷりとつけてほとんど食べちゃいました。
ニンニクのソースは生をみじん切りしたものでかなりパンチがあったので、先輩は帰りがけにブレスケアを買うために寄り道することになり、私が一足先に帰りました。
午後は来客の予定はなかったと思っていたのですが、業者さんが来ることをすっかり忘れていたので、先輩はブレスケアを買っていて正解でした(笑)。


全体のボリュームは普通です。
ステーキと豚肉のソテーはわずか100円の違いであることを考えると、ステーキの方がいいかなと思いました。

注文したときに店員さんからはドリンクを勧められ、そんなに時間がないだろうと思って断りましたが、確かにこの日はかなり時間がかなりかかり、ドリンクを注文しないでよかったと心から思いました。
いずれ、時間をゆっくり取れるときにコースを食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 仔羊肉のパン粉揚げ 蒸し野菜添え (2007年8月8日
 鉄板焼きステーキのランチ (2011年1月14日
 ポルトガルチキンカレー (2011年4月26日
 豚ロースのソテー 海老クリームソース (2011年8月17日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


名刺です↓
DSCF2151_20111216233201.jpg

DSCF2152_20111216233201.jpg


ランチメニューです↓
DSCF0147.jpg

DSCF0140.jpg

DSCF0141.jpg

DSCF0142.jpg

DSCF0143.jpg

DSCF0144.jpg

DSCF0145.jpg

DSCF0146.jpg


以前撮影したディナーメニューなどです↓
DSCF4103.jpg

DSCF4104.jpg

DSCF4097.jpg

DSCF4098.jpg

DSCF4099.jpg

DSCF4101.jpg

DSCF4102.jpg

DSCF4105.jpg

DSCF4114.jpg

DSCF4115.jpg

DSCF4116.jpg

DSCF4117.jpg

DSCF4124.jpg

DSCF4125.jpg

DSCF4126.jpg

DSCF4127.jpg


2011年8月17日訪問時お店DATA
********************************
Manuel Casa De Fado 四谷 (マヌエル カーザ デ ファド)
〒102-0083 
東京都千代田区六番町11-7 アークスアトリウム地下1F
電話:03-5276-2432
営業時間
[昼]11:30~15:00(L.O.14:00)
[夜]18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/23 07:00】 | ポルトガル | トラックバック(0) | コメント(3) |
【ランチ撤退】 焼焼とんとん  @市ヶ谷
2012年11月2日追記

2012年10月23日、「万豚記」へランチに行ったとき、「とんとん」がランチ営業をやめているのを知りました。

DSCF7552.jpg
2012年1月23日にスタートしたランチでしたが、2012年10月19日で終了し、わずか9ヶ月間のランチでした。

***********************************

DSCF7947.jpg
2012年3月28日は、急な予定で上司がお昼過ぎまで戻らないことになり、お弁当の先輩を置いて外へ食べに出ました。
そろそろ3月も終わり。
お昼になるとかなり気温が上昇してきて、コートが脱ぎたくなりました。
この日は市ヶ谷の東郷通りに幾つか出来た新店の一つ、「焼焼とんとん」に向かいました。

DSCF7974_20120415073916.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進み、最初の東郷公園入口交差点を右折し、東郷通りに入ります。
角を一つ超えた少し先の左側に「とんとん」があります。
お隣のビルには2011年6月29日にランチ訪問した「安安」です。

DSCF7973.jpg
「とんとん」は新店ではなく、2008年頃?からオープンしているお店で、存在は知っていました。
ちょっと前に通りかかったら、ランチを始めていたので入ってみることにしました。

DSCF7972_20120415073915.jpg
東郷通りにランチメニューの看板が出ています。

DSCF7968_20120415073818.jpg
お店の前にはビールケースが積まれ、その上にメニューが書かれた黒板とメニュー見本が置いてあります。

DSCF7969_20120415073913.jpg
ランチメニューは全部で3種類、アイスコーヒーとおまけがついて、全て700円です。
単品メニューが1種類、プラス150円で小うどんがつけられます。
店内は喫煙可です。
喫煙がオッケーであることを表示する時代になったんですね~。

DSCF7971_20120415073914.jpg
3種類あるメニューのうち、Aメニューのサンプルが出ていました。
どんな感じか、わかりやすいです。
ご飯の大盛りは無料とのこと。

DSCF7970_20120415073913.jpg
2012年1月23日からランチ営業を始めたそうです。

黒板には具体的な料理名だけ書いてありましたが、ランチは日替わりプレート、週替わりうどんセット、週替わり丼ぶりセットの構成になっています。

DSCF7945.jpg
外からだと中の様子がよく見えず、「まさか立ち飲みじゃないだろうな~。」と扉の前でしばし躊躇していたら、店員さんが中から扉を開けて下さいました(汗)。
先客は男性二人組のみ。
でも、ここで帰る訳にもいかず、入店しました。

DSCF7966_20120415073820.jpg
店内は左奥に厨房があり、手前と右手にテーブル席が並んでいました。
壁にたくさんのポスターやメニューなどが貼られて雑然としています。
レトロを目指しているとも、ややチープな内装というか、ごっちゃな感じです。
入口のすぐ近くにテレビがかかっていて、一人で来ても退屈しないようになっていました。

DSCF7967_20120415073819.jpg
店内の壁には夜のメニューが出ていました。

DSCF7946.jpg
厨房に男性店員さんが2名、フロアに女性店員さんが1名いらっしゃり、女性店員さんの手が足りなくなると男性店員さんが1人ヘルプに出てくるというスタイルでした。
お客さんがほとんどいなくても、大きくて元気な声出しです。
私の後には一人客が2組、帰りがけに3人組が来ていました。
ランチを始めてから2ヶ月経ちますが、なかなか集客に苦戦しているようで、男性店員さんは時折外に出て客寄せをやっていました。

DSCF7944.jpg
女性店員さんに「こちらにどうぞ~。」と導かれ、中程の広いテーブル席に着席。
結構広かったのですが、一人で独占です。
ちょっと高いところにイスがあったので、足場があったのですが、ぼんやりしていた私は気付かずにけつまずいちゃいました(汗)。
でも、そのおかげで少し高い位置から壁を背にして座ったので、店内がよく見渡せました。

卓上には調味料などがいろいろと置かれています。
ご飯のお供、ふりかけもありました。
この日はチャーシューごはんだったので、使えずに残念。

灰皿が、わざと曇らせてレトロ感を出しているのが目を引きました。

DSCF7943.jpg
最初にお水とおしぼりを出していただきました。
個別のランチメニューはなく、5枚前の写真に写っている、カウンターにぶら下げてある黒板を取り外して見せてくれます。

DSCF7964_20120414102448.jpg
バナナポークという言葉にひかれて、Bセットを注文。
ご飯の大盛りが無料なのでどうするか聞かれましたが、そのまま普通盛りでお願いしました。


B.週替わりうどんセット
バナナポークの肉うどんとチャーシューごはん (700円)
DSCF7947.jpg
それほど待たずに、お料理が登場。
メイン、サイドメニュー、お新香のセットです。

DSCF7950.jpg
お新香はタクアンが2切れありました。

DSCF7948.jpg
チャーシューご飯は、小さなお椀にご飯が盛られ、チャーシューが2枚のせてありました。
まるでラーメン屋さんのサイドメニューのようです。
豚バラ肉のロール状になったチャーシューはとても大きく、ご飯がほとんど見えません。
小ネギと白ゴマがふりかけてありました。

DSCF7949.jpg
味付けがちょっと甘かったですが、お肉はトロトロでお箸で持とうとするとほどけてしまいます。
確かに、お肉はとっても美味しかったです。
見た目程には濃い味付けではなく、ご飯にもタレがそんなにかかっていなかったので、確かにお新香が必要でした。

DSCF7951.jpg
肉うどんにはワカメとネギとお肉がトッピングされていました。

DSCF7952.jpg
トッピングがワカメと、、、

DSCF7953.jpg
小口切りの長ネギなので、見た目はとてもシンプルです。

DSCF7954_20120414102542.jpg
メニュー名が「肉うどん」だったので、薄切り肉をイメージしていたのですが、出てきたお肉はかなりぶ厚いものが4切れあり、チャーシューのような感じでした。

バナナポークとは、名前の通りバナナを食べさせて飼育している豚だそうで、日本各地で精算されているようですが、このお店は茨城産です。
脂がサラリとして、栄養価も高く、冷めても美味しくいただけるのが特徴だとか。

DSCF7957_20120414102540.jpg
白っぽいお肉で、2010年10月29日に「みやらび」で食べたものと少し似ている感じでした。
厚みのせいか、中がまだ少し冷えているものもあったので、ダシに沈めておきました。
場所によって少しずつ歯触りが違い、プルプルしていたり歯応えがあったりしました。
私はどちらかと言えばチャーシューの方が好みです。
チャーシューがバナナポークかどうかわかりませんが。

DSCF7955.jpg
おダシは関西風の澄んだものですが、かなり塩気の強いしっかり味でした。
いつもスープを飲み干しちゃうのですが、しょっぱめなので少しずつ飲もうかと先にデザートにとりかかったら、店員さんが気を利かせてお皿を下げてくれちゃいました。
結果的にはこちらでよかったです。
午後はとてもノドが渇いて、お茶やコーヒーをたくさん飲んじゃいました。

DSCF7956_20120414102541.jpg
おうどんはかために茹でられていました。
ボリュームは普通です。

DSCF7960_20120414102452.jpg
食事の終盤頃を見計らって、店員さんがドリンクとデザートを持ってきてくれました。

DSCF7963_20120414102449.jpg
卓上にはガムシロップとミルクが置かれています。

DSCF7965_20120414102448.jpg
コーヒーはアイスコーヒーのみです。
グラスが小さめですが、かなりたっぷり目でした。
私はミルクだけ入れていただきました。
冷たいので、口の中がさっぱりしました。

DSCF7961_20120414102451.jpg
アイスコーヒーがメニューについているのは知っていましたが、おまけのことには気付いていなかったので、「サービスです。」と、イチゴをいただてビックリしちゃいました。

DSCF7962_20120414102450.jpg
小皿の上にイチゴが4個。
小さめですが、さっぱりとした甘さです。
春が近いな~。


お店が空いていることもあり、テーブル会計に対応して下さいました。
お会計の際、ランチポイントカードをいただきました。

うどんのつゆがしょっぱく、お肉はあまり好みの味ではなかったですが、お値段を考えればCPはかなりいいと思います。


ランチポイントカードです↓
DSCF8611.jpg

DSCF8613.jpg


2012年3月28日訪問時お店DATA
****************************
焼焼とんとん 
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-3-8 
電話 03-3263-9370
営業時間
[平日]11:00~14:00 16:00~04:00(L.O 03:00)
[土祝]16:00~23:30(L.O 23:00)
定休日 日曜日
地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
JR市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/20 07:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(8) |
現代フランス料理 HOTEL DE MIKUNI  @四谷
全くもって私事で恐縮ですが、2007年4月19日にスタートした拙ブログ、本日をもって5周年を迎えることが出来ました。
我ながら「えー、もう5年?!」と驚くばかりで、イマイチ実感がわきません。
日記ですら1週間も続けられなかった私がこんなに長くブログを続けてこられたのは、全て遊びに来てくださった皆様のおかげです。
本当にありがとうございます☆ 感謝の気持ちで一杯です。
だらだらブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

DSCF6669.jpg
こんなハレの日にふさわしいお店として、本日は、四谷を代表するグランメゾンの「現代フランス料理 HOTEL DE MIKUNI(オテル ド ミクニ)」の記事をアップします。
2012年2月17日のディナーに先輩と一緒にご招待いただいたときのもので、訪問そのものは5周年とは全く関係ありません(笑)。

2008_0419画像0082

こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅から「ミクニ」に行くのは結構大変です。
迎賓館近くの民家ばかりで道の込み入った場所にあるので幾つかの行き方がありますが、私は、四谷見附交差点を渡り、新宿通りの左側を新宿方面に進んで最初の角(ドコモショップ)を左に曲がり、そのまままっすぐ直進します。右手に若葉教会が出てきたらその角を右に曲がり、T字路にぶつかったら左に曲がり、道なりに右に曲がると、お店に到着します。
言葉で書いても、あまりイメージが沸かないと思いますが。。。(汗)

2008_0419画像0177

こちらも以前撮影した写真です。
「ミクニ」に行く途中の駐車場には「ミクニ」のトラックが止まっています(笑)。
実はこの界隈にはたくさんの猫がいて、かわいい姿をよく見かけます。
この日も1匹遊んでいました。

2008_0419画像0176

こちらも以前撮影した写真です。
この近辺はまさに「閑静な住宅街」という雰囲気で、ほとんど人通りもありません。
ただ、夜になると「ミクニ」にやって来る高級車をたくさん見ることが出来ます(笑)。

2008_0419画像0083

こちらも以前撮影した写真です。
字が潰れちゃって見えませんが、門の右手にはその日のメニューが出ています。

2008_0419画像0084

こちらも以前撮影した写真です。
門の前を通り過ぎると、下りの坂道になります。
時期になると、壁一面に蔦が絡まっていて、とってもいい雰囲気。

2008_0419画像0085

こちらも以前撮影した写真です。
敷地内はたくさんの緑にあふれています。

「ミクニ」には、ブログ1周年記念として2008年4月19日にランチ訪問したことがあり、更にずっと前にランチ訪問したことがありますが、ディナーは初めてです。

2008_0419画像0086

こちらも以前撮影した写真です。
お店の入口です。

この日のランチは「味仙」で思いがけずボリュームのある定食を食べてしまいましたが、夕方にはしっかりとお腹が空いて、準備万端(笑)。

DSCF6738_20120415081408.jpg
前回とは違い、入ってすぐ左手にある部屋に通されました。
この部屋はそれ程広くはありませんがテーブルがたくさん並び、しかも、金曜日の夜ということもあってか、満席です。私たちは遅い到着だったようで、みなさま、とても賑やかに盛り上がっていました。

DSCF6725_20120415081601.jpg
今回の食事会に誘って下さった男性は、「ミクニ」に何度か来ているというお話しだったのですが、いざお店に来てみると、大の常連さんだったようで、黒服の方々が入れ替わり立ち替わり挨拶にいらっしゃり、すっごく緊張しちゃいました(汗)。

DSCF6726_20120415081600.jpg
写真がピンぼけですみません。
こちらの趣のある建物には、もともとロシア正教会が入っていたそうです。
移転に際し「ミクニ」に打診があり、こちらに引っ越して今に至るとのこと。

お店の敷地には緑がたくさんありますが、オーナーの趣向であまり手をかけていないらしく、生い茂っているというか、かなりワイルドな状態です(笑)。
今回初めて知ったのですが、2階には個室があるそうで、この辺はアップダウンが結構ある土地なのでかなり眺めがいいそうです。

DSCF6640_20120415082409.jpg
私たちは男性1名、女性3名の合計4名で、大きな窓のそばのテーブルに着席。
既にお皿などがセットしてあり、4人だとちょっと余裕がない感じです。

DSCF6644.jpg
テーブルの中央の花瓶?はプラスチック製で、ゆるくカーブを描いた薄い板状のものです。
ご一緒した女性がこの花器をとても気に入り、食事の最後の方でサービスの方にメーカーを聞いてみたところ、「花弘」という、丸ノ内などに支店のある花屋さんで取り扱っているとのことです。
少ないお花でも豪華に見えるし、あまり場所を取らないのが良さそうです。
ただ、洗うのは大変そうですが。

DSCF6641_20120415082408.jpg
お皿の上にはその日のメニューが置かれています。
と、ここでハプニングが!

DSCF6642.jpg
日付にご注目下さい。
この日は2012年2月17日ですが、記載は2012年2月14日になっていました(笑)。
曜日やメニューは正しかったのですが、日付だけが何故か3日前。
いつもはおおざっぱなワタクシが奇跡的に発見しました。
「ミクニ」さんでもこんなことがあるんですね~。
黒服のサービスの方がすぐに正しいものを持って来てくれましたが、こんなことはとっても珍しかったので、記念に2枚ともいただいちゃいました(笑)。

DSCF6646.jpg
こちらが正しいメニューです。

DSCF6647.jpg
「メニューは毎日刺激的に変わります。」という印象的なこのフレーズ、健在です。

この日のメニューはパーティプランの12,000円のコースをお願いしていました。
「新年会プラン2011」という、2012年2月29日までの期間限定のコースで、前菜、魚料理、肉料理、チーズ料理、デザート、コーヒーという構成です。

DSCF6648.jpg
飲み物はなんと2時間のフリードリンクです。
フリードリンクは、食前酒・ビール・白ワイン・赤ワイン・オレンジジュース・ウーロン茶があり、ビールとワインの銘柄をお店のお任せです。

DSCF6645.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
コースの最初にノンアルコールカクテルをいただきます。
これは前回ランチで食べたときと同じスタイルで、コースの中に組み込まれています。
グレープフルーツなど数種類の果物が入っているとのこと。
爽やかな甘みと酸味がありました。

DSCF6650.jpg
筋目が入って丸められたバターが出てきます。
とてもきれいで、崩しちゃうのがもったいない~。

DSCF6651.jpg
メニューを取ってみると、下の一番大きなお皿にシェフからのメッセージが書かれています。
このお皿は同じ種類ですが、4人全員色が違いました。

DSCF6652.jpg
「ミクニ」では写真がオッケーなのは知っていましたが、念のため、席についてすぐに写真撮影についてお願いしたところ、「どうぞ、どうぞ、バンバン撮ってください。」との嬉しいお言葉をいただきました。


オニオンのキッシュ
DSCF6653.jpg
最初に、メニューにはないアミューズのオニオンのキッシュが登場です。

DSCF6654.jpg
アミューズにキッシュが出てくること、その細長くカットされたキッシュがまっすぐ斬新(?)に縦に置かれるというのは、以前のランチでも同じでした。

DSCF6655.jpg
中の部分はとてもトロトロで、ちょっとつつくと崩れ落ちそうな程の柔らかさでした。
ふわふわの口あたりで、タマネギの甘みと程よい塩味で濃厚な美味しさです。
全員、タルト1枚分全部食べたいよ~と盛り上がりました(笑)。
ホント、持ち帰りしたかったです。


グラスワイン・白
DSCF6660.jpg
最初にいただいたお酒はグラスの白ワイン。
香りは甘いですが、飲んでみるとすっきりとした辛口でした。

DSCF6659.jpg
グラスには「ミクニ」のロゴが入っています。

DSCF6658.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
南オーストラリアの2008年のシャルドネ種です。

DSCF6661.jpg
ここでパンが出てきました。

DSCF6663.jpg
以前のランチの丸っこいパンとは違い、小さめの四角いパンです。

DSCF6664.jpg
皮がパリッとかたく、中はふんわりしていました。

DSCF6666.jpg
メニューの1品目、前菜が登場です。

DSCF6668.jpg
ふわふわのムースの上にカブをのせ、海老を置いて、その上にフタをかぶせてあります。


静岡浜松・鈴木農園産黄カブのファルシ、アラジンの魔法の海老のしんじょう詰め、
ターメリック風味の泡とその海老のビスク和え
DSCF6669.jpg
お皿が出されてから、陶器のポットに入った温かなソースをたっぷりと注ぎます。
海老の香りが立ちのぼり、海老大好き人間の私はこの香りに包まれているだけでシアワセ。

DSCF6671.jpg
海老の上に置かれたカブのフタには茎もついていて、その周りに根っこでしょうか、ヒゲのようなものが巡らしてあります。
ちょっと固めですが食べられました。

DSCF6673.jpg
黄カブという野菜は初めて知りました。先輩も知らなかったとのこと。
サービスの方から、黄カブというのはかなり固いとの説明を受けました。
囓ってみると、確かに普通のカブのような瑞々しい柔らかさではなくミシッとした歯応えがありましたが、甘みもしっかり感じました。

DSCF6672.jpg
スープは海老の旨味が広がり、と~っても美味しい。
スプーンで掬って飲んだり、パンでぬぐってキレイにいただきました。

DSCF6675.jpg
メニューの2品目、お魚料理です。
丸くまとめられたリゾットの上に焼いたお魚が横方向にのせられ、さらに菜花が縦に置かれています。


長崎五島沖・青ハタのクルスティヤン焼き、高知の黄柚子風味リゾットと静岡・菜花のロースト、
オリーブ塩添え、その柚子のコンソメ味
DSCF6676.jpg
前菜と同じく、このお皿にもソースをかけていただきます。
今度は陶器ではなく、南部鉄器でしょうか、鉄製のポットでした。
演出がとても凝っています。

柚子が入っているからでしょうか、淡い黄色いソースです。
海老のソースのようなパンチのある香りではなりませんが、柚子がすっきりと香ります。

DSCF6678.jpg
お魚は白身でとても厚みがありました。
皮目がぱりっと焼かれ、身は柔らかです。

ソースは優しい味わいでしたが柚子の風味がとてもきいていて、このソースと混ぜ合わせたリゾットはとてもさっぱりとして美味しかったです。
このソースもパンにつけたりして、美味しく完食。

DSCF6681.jpg
2月ですが、春を感じる菜の花です。
菜花のローストはローストというだけあって表面はパリパリでした。
高菜のような味を感じたのですが、何故でしょう、、、。


グラスワイン・赤
DSCF6682.jpg
次はお肉料理なので、赤ワインになりました。
香りは軽く、少し甘みがあり、ちょっと酸味を感じました。

DSCF6684_20120415082027.jpg
こちらのグラスにも、もちろん「ミクニ」のロゴが入っています。

DSCF6683_20120415082028.jpg
白ワインと同じデザインのエチケットで、南オーストラリア産のシラーズ種です。


北海道産蝦夷鹿のロティ、熟成ユリネのピュレとフリット、二種の大根(黒大根・紅芯大根)、
長野産ビーツときのこ(大黒しめじ・越前こたけ・博多スギタケ)添え、ソースルワネーズ
DSCF6685_20120415082026.jpg
メニュー3品目、お肉料理です。
お肉にソースがたっぷりとかかっていて、色々なお野菜が添えられています。

DSCF6690_20120415081937.jpg
お野菜の一番上に、小さな芽のような2種類のお野菜は根っこを見せるようにのせてあります。
こういう飾り付けが独創的で面白いです。

DSCF6694_20120415081935.jpg
もちろん、根っこもちゃんといただきました。
野菜というより草っぽい野性味がありました。

DSCF6692_20120415081936.jpg
お野菜の影から巨大なキノコが顔をのぞかせています。

DSCF6698_20120415081934.jpg
野菜をどかしてみると、他のお野菜がよく見えました。
左から、大黒しめじ、博多スギタケ、越前こたけ、ユリネ、紅芯大根、ビーツでしょうか。
キノコは大好きですが、3種類とも初めてです。
おばけシメジのようなぶっとい大黒しめじは、食べてみるととってもジューシーでした。

DSCF6689_20120415081937.jpg
この日のお肉は蝦夷鹿でした。
冬はジビエを楽しめるので、フレンチに行くのが楽しいです。
鹿のお肉は周りに何かが巻いてあり、ユリネのピュレ?がのせられていました。
ソースには赤ワインが使っているそうです。

DSCF6695_20120415081934.jpg
断面はキレイな濃いピンク色です。
お肉は柔らかく、ユリネのピュレが優しい甘さを添えていました。

DSCF6699_20120415081843.jpg
前菜とお魚で最初のパンを食べ尽くし、二つ目をいただきました。
1つ目とは種類が違い、温めてありました。
この日はソースを付けてパンを食べていたので、バターをほとんどいただかなかったです。


チーズワゴン
DSCF6702_20120415081841.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
チーズ料理に入る前に、チーズワゴンをいただきました。
メンバー全員がチーズ好きだったので、コース料理とは別にお願いしたものです。

たっぷりの種類のチーズがのせられていて、夢のようです。
サービスの方から一つ一つ説明を受けて、各人それぞれ種類を選びました。

DSCF6705_20120415081841.jpg
私はミモレット、ウオッシュ2種類、山羊のチーズと、合計4種類をいただきました。
全員がウオッシュを選択。

DSCF6706_20120415081840.jpg
左上のパンから時計回りで、ミモレット、ウオッシュ、ヤギ、ウオッシュです。

DSCF6711_20120415081750.jpg
パンにはレーズンが入っていました。

DSCF6710_20120415081751.jpg
ミモレットはかたい歯触りですが、旨味たっぷり。

DSCF6708_20120415081753.jpg
山羊のチーズはさっぱりとしていて、ミルキーな口あたりでした。
思っていたよりもクセもなくて食べやすかったです。

DSCF6709_20120415081752.jpg
こちらのウオッシュはブランデーにひたした栗の葉で包んでいたそうです。

DSCF6707_20120415081839.jpg
もう一方のウオッシュはトロトロです。

DSCF6712_20120415081750.jpg
ねっとりと滑らかな口あたりがたまりません。
これが一番美味しかったです。


北海道小樽・乳酸菌たっぷりのフロマージュ・ブラン、佐賀県温洲みかん風味
DSCF6713_20120415081749.jpg
メニュー4品目、チーズ料理です。
実は私、食べているときはこのメニューを1つ目のデザートだと思っていました(汗)。

DSCF6714_20120415081701.jpg
真っ白な器に3種類のオレンジ色がグラデーションのように映えて、とっても鮮やかです。

DSCF6715_20120415081701.jpg
温洲みかんをオーブンで焼いたものがついています。
パリッとした口あたりで甘苦く、とっても美味しい。もっと食べたかったです。

DSCF6716_20120415081700.jpg
このフロマージュ・ブラン、乳酸菌たっぷりだからなのでしょうか、キリッとした酸味があって、爽やかな味わいでとても美味しかったです。
上にのっているみかんも、穏やかな甘さでした。


山形・洋梨のコンポートとそのジュレ寄せ、ポルト酒のアイスクリームと柑橘風味ショコラ添え
DSCF6718_20120415081659.jpg
メニューの5品目、デザートです。

DSCF6723_20120415081602.jpg
小さなデザートが3種盛りになっていました。

DSCF6719_20120415081658.jpg
チョコにはほんのり苦みがあり、果物の酸味が合わさって甘みは少なかったです。

DSCF6720_20120415081657.jpg
丸めた生地の真ん中をへこませ、フルーツとクリームが詰められていました。

DSCF6727_20120415081559.jpg
中はこんな感じです。

DSCF6721_20120415081603.jpg
ポルト酒のアイスクリームは甘さがほとんどなくて、滑らかな舌触り。
四角いカシス?が甘酸っぱくていいアクセントになっていました。

DSCF6729_20120415081559.jpg
ワインを飲み終わり、デザートなのでお水をいただきました。


コーヒーと三種の小菓子
DSCF6731_20120415081504.jpg
この日、最後のメニューです。

DSCF6737_20120415081409.jpg
ドリンクはコーヒーか紅茶の選択でした。

DSCF6732_20120415081503.jpg
私はコーヒーをチョイス。
紅茶派の先輩も珍しくコーヒーを注文。

DSCF6733_20120415081502.jpg
三種の小菓子は、ちっちゃくてとってもキュート♪

DSCF6734_20120415081501.jpg
フルーツケーキのようなものでした。

DSCF6735_20120415081500.jpg
抹茶のケーキです。
ちょっとクッキーのような口あたりでした。

DSCF6736.jpg
チョコレートの枠にマンゴー、バナナの柔らかな中身が入っていました。


お店を出たのは午後10時半頃で、粉雪がちらついていました。
約4年ぶりの「ミクニ」でしたが、以前と変わらぬ美味しいお料理に大満足です。

美味しいお料理とお酒をお腹いっぱいいただき、たくさんおしゃべりもして、とっても楽しい金曜日の夜でした。
こんなステキな時間を過ごさせていただき、本当にありがとうございます☆


2012年2月17日訪問時お店DATA
******************************
現代フランス料理 HOTEL DE MIKUNI (オテル・ドゥ・ミクニ)
〒160-0011 
東京都新宿区若葉1-18 
TEL 03-3351-3810
営業時間 
[火~土] 12:00~14:30(L.O.)  18:00~21:30(L.O.23:30)
[日曜日] 11:30~14:30(L.O.)  
定休日 月
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩7分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2012/04/19 10:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(3) |
Trattoria Fiore Cusina Italiana  @麹町
DSCF0126.jpg
2011年8月16日は、上司は夏休み中、先輩は寝坊してお弁当を作ることが出来なかったので、ランチを買いに行くか食べに行くことにしました。
お弁当を買いに行ってもよかったのですが、「千代田四番町ランチ屋台」は前日やっていなかったので、この日もやっていない可能性大。
せっかくのチャンスなので美味しいお店に行きたいものの、お盆まっただ中でお店がやっているどうかかなり不安だったので、お店のブログやぐるなびなどをいろいろチェックし、「Trattoria Fiore(トラットリア フィオーレ)Cucina Italiana」へ行くことにしました。もし「フィオーレ」がやっていなかったら「アジャンタ」に行くことも決めておきました。

調べてみて気付きましたが、飲食店自身が公式HPやブログをせっかく持っているのに最新情報の記載がないところも結構多かったです。お盆とか年末年始は通常のサイクルと違うことが多いので、ぜひとも情報発信して欲しいものです。

外観

地下鉄麹町駅の5番出口を出て日テレ通りを渡ってすぐのニューテシコビルの地下1階です。
赤い屋根と緑色の看板がとても色鮮やかで目立っています。

交差点の角になっているお隣のビルには2007年8月3日に訪問した「アジャンタ」があります。

DSCF0137.jpg
前回ランチ訪問したのは2010年7月27日だったので、約1年ぶり、3回目です。

12時に事務所を出て「フィオーレ」に向かいました。
この日は35度近い猛暑で、日差しの下を歩くとクラクラしちゃいそうです。
さすがにこの日は人通りはほとんどなく、道はガランとしていました。

DSCF0138.jpg
日テレ通りにはランチメニューの看板が出ています。

DSCF0139.jpg
「フィオーレ」ではお弁当の販売もしていて、私もよく利用しています。

DSCF0763.jpg
お弁当は午前10時30分から販売しているそうです。
早い!

DSCF0762.jpg
以前は日テレ通りでもお弁当を販売していましたが、今は地下の入口前のスペースだけです。
「フィオーレ」のお弁当は全て600円と、とてもお安くてしかもボリュームたっぷりです。

アジャンタ」や「ノルブネ」も営業していたので、食べることには困らなさそうで一安心。
「フィオーレ」の前には、お弁当販売の店員さんでしょうか、若い女性販売員さんがお店の前に立っていました。
さすがにこの辺りは麹町駅のすぐそばなので、結構人がいました。

DSCF0758.jpg
階段を降りると、壁一面が棚になっていてお弁当がたくさん並べられています。

DSCF0756.jpg
棚の上には天井まで届く大きさのメニュー表が貼り出されています。

普段なら、階段やスペースはとても狭く、お弁当を買いに並ぶ人、買って帰る人、レストランに入ろうとする人でごった返していますが、この日お弁当を買っていたのはわずか二人程。
棚には結構お弁当が並んでいたので、寂しい限りでした。
ただ、久しぶりに見た「フィオーレ」のお弁当はとっても美味しそうで、お盆が明けたらまた買いに行こうと心の中で決意しちゃいました(笑)。
壊れかけた自転車を直さねば。

2010_0727画像0015
店内は奥に向かって広がっています。
入ってすぐ右手に厨房があり、その周りにテーブル席が並べられています。

2010_0727画像0010
入口の扉を開けると、いつもに比べて驚くぐらいにお客さんがいなくて、4割程の人の入りでした。
その後お客さんが少しずつ入って来て、大体満席になったと思います。

DSCF0115.jpg
壁にはディナーメニューの黒板が掛かっていました。

私たちはフロアの中央、厨房の正面ぐらいの二人用席に着席。
店内はかなり照明を落としていて、昼間なのにとってもムーディーですが、この席は結構明るかったです。

DSCF0114.jpg
席の間隔はかなり狭く、隣のテーブルと接触しないように注意が必要です。

DSCF0124.jpg
それ程広くないテーブルの上には、お水のボトル、紙ナプキン、爪楊枝、唐辛子オイル、唐辛子、唐辛子ペースト?、粉チーズなどなど、いろいろなものがのっています。

前回来たときは、限定ランチを含めて気になるメニューがほとんどなくなっていてとてもがっかりしたのですが、この日は絶対に大丈夫だ!と思ってうれしかったです。
ただ、メニューがとにかくたくさんあって、しかも、新メニューらしい冷たいパスタや辛いパスタもあり、当初の決心も鈍りそうでしたが、パスタなら別の日にでも食べられると思い直して限定30食のメニューをお願いしました。

DSCF0116.jpg
注文を終えると、パンが登場。
バスケットの中にパンとチーズペーストのお皿が入っていました。
これで二人分です。

DSCF0117.jpg
パンは皮がパリパリとしていて、中はふんわりやわらか。
素朴なお味です。

DSCF0118.jpg
チーズペーストは黄色っぽくて、ところどころにハーブが入っています。
以前は小さいココットに入っていたと記憶していますが、この日は小皿でした。
しっかりとチーズの風味がきいて、とっても美味しいです。

DSCF0125.jpg
気をつけないと、これだけでパンを食べ切っちゃいそうな私です(笑)。
このチーズペーストを食べられるだけでも「フィオーレ」に来た甲斐があります。

DSCF0119.jpg
次にスープが登場。
白いダブルソーサーの器に入ったスープは結構ボリュームがあります。

DSCF0120.jpg
夏だし、白いスープだったのでビシソワーズかと思ったのですが、温かいスープでした(笑)。

DSCF0121.jpg
パセリと小さく折ったプリッツ?スティックパン?がトッピングされています。

DSCF0122.jpg
一口いただいてみると、スープはかなり粘度があってもったりとしていました。
胡椒がかなり利いていて、濃厚なクリーム味です。

DSCF0123.jpg
スープなのにビールが飲みたくなっちゃいます(笑)。
パンにつけて食べたりもしました。
とっても美味しかったです。


本日のランチメニュー Pranzo A
若鶏のローマ風トマト煮込み~ココット焼きポテトグラタン仕立て~ 
スパゲッティきのこ入りトマトソースのお皿 (1,000円)
DSCF0126.jpg
メインのお皿が出てくるまで少し時間がかかりました。
大きな白いお皿の上に、左にスパゲッティ、右にお肉料理がどーんとのせられています。

DSCF0129.jpg
スパゲッティとココットの間にはかなり大きなローズマリーの枝が境界線のように置かれ、スパゲッティの上には数枚のバジルがトッピングされています。
この豪快なハーブ使いが、「フィオーレ」のスタイルです。

DSCF0127.jpg
スパゲッティは細麺で、かなりボリュームたっぷりです。
一般的なお店なら、この量だけで一人前だと思います。
サッパリとしたトマトソースはトマトの酸味と甘みがあり、つるつるとのど越し良く食べられます。
トマトソースの中にはシメジが少し入っていました。

DSCF0131.jpg
時折バジルと一緒に食べましたが、あまり大きなバジルと一緒に食べるとさすがに苦みを感じたので、小さめにちぎってから食べた方がいいかもしれません。
先輩はナイフで小さく切り分けていました。

DSCF0135.jpg
せっかく美味しそうなトッピングが卓上にたくさんあったので、途中から粉チーズと辛みペーストをたっぷりとかけていただきました。
粉チーズを加えるとコクがすごくあり、辛みペーストも爽やかながらもしっかり辛みがあって、とっても美味しかったです。

隣の男性二人連れのお客さんは二人とも渡り蟹のスパゲッティを注文していたのですが、こちらもかなりのボリュームでとっても羨ましかったです。
このお店はイタリアンなのに男性客が多いのもうなずけます。

DSCF0128.jpg
ローズマリーの陰になっていますが、ココットはやや大きなサイズです。

DSCF0130.jpg
ココットの下にはチーズが敷かれ、パリパリに焼かれていました。
トッピングのチーズとは違い、スナックのように食べられてチーズ味が濃厚で美味しい!

DSCF0132.jpg
ココットは少し大きめで、溢れんばかりに鶏肉が入っていて、チーズがトッピングされています。

DSCF0133.jpg
お肉はぎっしりと詰められていて、かなりの量です。
柔らかくてホロホロと崩れました。

DSCF0134.jpg
底の方には薄く切ったジャガイモがたっぷり入っていました。
このジャガイモ、薄いですがいろいろな旨味を吸い込んでいて、すっごく美味しい!
ココット皿はなかなか温度が下がらず、猫舌の先輩と私はハフハフしながらいただきました。
でも美味しいので、熱くても箸が進みました(笑)。


お値段はお高めですが、お料理は美味しく、全体のボリュームがかなり多くて大満足です。
この日は夕方まで全くお腹が空きませんでした。
お盆の恩恵に与り、美味しいランチをゆっくり食べることが出来て嬉しかったです。
満足しすぎて、会計のとき、二人とも卓上にある伝票を完璧に忘れちゃいました(汗)。
「フィオーレ」はメニューがとても多いので、またぜひ食べに来たいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
[ランチ]  
Aランチ ポルペッティのトマト煮 (2007年9月4日
Aランチ 若鶏のローマ風トマト煮込み (2011年8月16日) 
Dランチ パルジャミーノチーズの焼きリゾット (2010年7月27日

[ディナー] 2008年2月1日

[お弁当]
  チキンロースト:トマトソース (2008年2月12日)  
  チキンロースト:中華風照り焼き (2008年4月11日
  若鶏のグリル:ねぎ塩チキンレモン添え (2010年10月12日
  若鶏のグリル:きこり風ソース? (2011年1月11日
  若鶏のグリル:ピッツァ職人風 (2011年2月21日)   
  肉だんご:トマトソース (2008年9月9日) 
  オムライス:キーマナスカレー (2009年11月10日
  ハンバーグ:チーズとトマトのピッツア風 (2010年6月17日
  ハンバーグ:モッツァレラチーズのせカレーソース (2010年9月29日
  オムライスと日替わりパスタ[きのこ入りツナクリーム](2010年10月21日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF0098.jpg

DSCF0099.jpg

DSCF0100.jpg

DSCF0101.jpg

DSCF0110.jpg

DSCF0102.jpg

DSCF0103.jpg

DSCF0104.jpg

DSCF0105.jpg

DSCF0106.jpg

DSCF0107.jpg

DSCF0108.jpg

DSCF0109.jpg

DSCF0111.jpg

DSCF0112.jpg

DSCF0113.jpg


2011年8月16日訪問時お店DATA
********************************
Trattoria Fiore Cusina Italiana 
(トラットリア フィオーレ クッシーナ イタリアーナ)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町3番地11 ニューテシコビルB1F
TEL 03-3264-3928
FAX 03-3264-3928
営業時間 11:00~0:00
定休日 日曜
地下鉄麹町駅 徒歩1分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/18 06:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(3) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
DSCF0082.jpg
2011年8月15日は週明けの月曜日かつお盆の真っ最中。
上司は夏休み中で、先輩はせっかく作ったお弁当を忘れてきてしまい、二人でランチを外へ食べに出ました。
どのお店が営業しているのかさっぱりわからなかったので、とりあえずしんみち通りに行ってみると、お盆まっただ中だけあって、お昼時だというのに人の通りはかなり少なく、お店もほとんど営業していませんでした。
ざっと歩いて先輩が中華料理を食べたいというので2010年7月20日2010年10月20日に訪問した「姜太公」に行こうとしましたが、せっかくなら「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」のちょっと豪華メニューでも食べようかと、三栄通りに移動しました。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」があり、2010年10月13日に訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめてしまいました。

看板

こちらは以前撮った写真です。
「嘉賓」は老舗有名店で、「カキそば」や「水餃子」などがグルメ本でよく紹介されています。

DSCF0095.jpg
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、その日の定食が何か、自分の好きなメニューがあるかが事前に確認してからお店に入ることが出来ます。

この日、メニューが出ていたので営業していることがわかり、一安心。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

酒ケース

階段を登りきったお店の入口の前にはショーケースが置かれていて、お酒が並んでいます。

入り口

やや古めかしい店内にはテーブルがギッシリと並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF6083.jpg
この日、三栄通りでちょっとしたトラブルがあり、消防や警察が集まっていた様子をお店のマダムが外で見ているところだったので、来店した私たちのために扉を開けていただいちゃいました。
人気店の「嘉賓」ですが、この日はさすがに空席が目立ち、7割程しか埋まっていませんでした。

この写真は奥の部屋です。

2008_0627画像0004
窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

2008_0627画像0003
卓上には中華風にデザインされた調味料入れやお箸立てが置かれています。

私たちは右手奥の方の四人用テーブルに着席。
ちょうどクーラーの吹き出し口に当たる場所だったので、とっても涼しくて快適でした。

DSCF0073.jpg
お茶は一年中温かいものが出てきます。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

食事中、フロアの方がお茶をつぎ足しに来てくれます。

DSCF0074.jpg
暑がりの先輩は、冷たいお水を所望し、グラスでいただきました。

DSCF0072.jpg
ランチメニューは15種類と種類が豊富です。
値段は700円~1500円と幅広いですが、そのほとんどが800円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

前回訪問したのが2011年3月24日だったので、約5ヶ月ぶりでした。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製ラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF0075.jpg
この日の伝票です。

季節メニューに冷やし中華そばがあったので、最初は注文しようかと思ったのですが、食べたかどうかどうしても思い出せず、この日はキャンセル。
代わりに、エビ・帆立・イカと豆腐の旨煮のA定食を注文。

先輩は、ちょっと豪華メニューを食べるために「嘉賓」に来たというのに、結局、日替わりのふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯を注文していました(笑)。
大好きなふくろ茸を素通り出来なかったそうです。
ちなみに、同じくふくろ茸が大好きな私も結構迷いました(笑)。

DSCF0081.jpg
それ程待たずに先輩の日替わりが登場し、やや遅れて私のA定食が出てきました。
いただきま~す!


A定食 エビ・帆立・イカと豆腐の旨煮 (1,000円)
DSCF0082.jpg
黒い長方形のお盆の上に所狭しとメイン、水餃子、ザーサイ、スープ、ライス、デザートがのっていて、とっても豪華です。

DSCF0083.jpg
ご飯は少なめにお願いするのを忘れました(汗)。
小さめのご飯茶碗に、ぽこんと型がついているように盛られています。
量はそれ程多くないですが、おかずがたっぷりなのでこれで充分です。

DSCF0084.jpg
ザーサイは小皿からこぼれんばかりに盛られています。
一切れ一切れがとても大きかったです。
しっかり味のおかずが多いのでこんなにたくさんはいらないと個人的に思いますが、比較的あっさり味なので食べやすかったです。

DSCF0085.jpg
「嘉賓」のスープは日によってだいぶ違いがあります。
この日のスープは白濁していて、小ネギを少し散らしてありました。

DSCF0091_20120417064925.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
あっさり味でした。

DSCF0086_20120417064925.jpg
メニューには「餃子」と記載されていますが、水餃子です。
「嘉賓」ではカキそばと並ぶ看板メニューです。
定食には2個ついています。

DSCF0093_20120417064644.jpg
餃子のタレは予め小皿に入って出てきます。

DSCF5274.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
水餃子は皮が厚めなので、タレをたっぷりつけちゃいました。
食べたのが遅かったせいもあり、熱々ではありませんでした。

DSCF5276.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
たっぷり具が詰まっているのでむっちりした食感でした。
中の野菜とお肉の餡にはそこそこ下味がついたしっかり味です。

DSCF0088_20120417064643.jpg
エビ・帆立・イカと豆腐の旨煮は、お皿からこぼれんばかりにたっぷりの量です。
四角く切ったたくさんのお豆腐がたくさんに、イカ、エビ、ホタテなどの海鮮も。

DSCF0089_20120417064642.jpg
先輩をうらやましく思っていたふくろだけもしっかり入っていました。

DSCF0090_20120417064642.jpg
お醤油ベースの餡はそれほどとろみはありませんが、とっても美味しい!
お豆腐にもしっかりと味が移っていました。

DSCF0094_20120417064641.jpg
写真は取り忘れましたが、残った餡がもったいなかったのでご飯にかけて全部いただいちゃいました。

DSCF0087_20120417064640.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、冷やしてあるのでわりあいさっぱりとしています。

DSCF1407.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていて量がたっぷり。
寒天系のツルツルした食感です。

DSCF1405.jpg
ワンポイントに果物やクコの実が必ず入っていますが、この日は缶詰のみかんでした。

DSCF1408.jpg
食べ終えた器はこんな感じです。


ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯  (700円)
DSCF0077_20120417064522.jpg
先輩の注文したふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯は、メイン、スープ、デザートのセットで、お盆はありません。

DSCF0078_20120417064521.jpg
大きな平皿にご飯が盛られていますが、お皿が大きいのか少しボリュームダウンしたように見えます。
たっぷりの卵のところどころに豚肉やふくろだけがあって、ザーサイが添えられています。

DSCF0079_20120417064520.jpg
ボリュームたっぷりで美味しかったそうです。
ふくろだけをおすそ分けをいただいたのですが、私のにもたくさん入っていました(笑)。


お値段は1,000円とややお高めですが、美味しくてボリュームたっぷりで大満足でした。
この日は夕方までおなかが空かなかったです(笑)。
ちなみに家に帰って調べてみたら、冷やし中華そばは2008年6月20日に食べていました。
違うメニューにチャレンジして良かったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日
什錦会麺 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦
A定食[餃子2個付]
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
B定食 古老肉 スブタ (2008年3月21日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ (2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
2010_0607画像0022

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2011年8月15日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2F
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/17 07:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国料理屋「本場ソウルの味 韓国家庭料理 DORAGON YATAI」  @市ヶ谷
桜はほぼ葉桜になってしまいました。
今日から新しい一週間が始まりますが、4月もいよいよ後半に突入です。
GWを楽しみに、がんばって働きま~す☆

DSCF0054_20120413201218.jpg
2011年8月12日、そろそろ皆様お盆休暇に入っているのか、街の人通りが減ってきていました。
上司は夏休み中だったので、お弁当を持ってこなかった先輩と一緒に、来ているのかどうか不安に思いながら、「千代田四番町ランチ屋台」に向かって歩いていました。
サファリカレー」は幟が出ていなかったので、どうやら来ていなかったようです。

日テレ通りに出てみると、屋台を発見! よかった~。
この日は金曜日だったので、韓国料理屋「本場ソウルの味 韓国家庭料理 DORAGON YATAI(ドラゴン屋台)」です。

DSCF7977.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。
このビルの入口近くの敷地内に車が停まっています。

DSCF7978.jpg
「ドラゴン屋台」の車はやや小さめの車ですが、全体がほぼ真っ赤でとっても目立ち、窓から韓国の国旗がのぞいています。
車体には店名の記載がありません。

DSCF0043_20120413201350.jpg
車の脇には大きな幟が立てられています。

暑さ対策でしょうか、窓にすだれがかかっていました。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

「ドラゴン屋台」は2011年3月18日からやって来ました。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2011年6月24日だったので、約2ヶ月ぶり、5回目です。

DSCF8781.jpg
メニューの看板も車と同じく鮮やかな赤です。

メニューは単品が3種類、お値段が600円で、盛り合わせが1種類、お値段が650円です。
大盛りは無料です。
メニューの種類は少ないですが、お値段はお安めです。

DSCF8782.jpg
車の扉は、日本語・韓国語・英語の3種類で注意書きがされています。

お客さんはいつもよりは少し少ないぐらいで、思っていたよりはたくさん並んでいました。

DSCF7976.jpg
トッピングは温泉卵と韓国海苔の2種類があり、両方とも50円です。

車内に調理担当の男性、外に接客担当の女性がいらっしゃり、お二人で切り盛りしています。

DSCF0045_20120413201349.jpg
久しぶりなので何か新メニューが出ているかなと期待したのですが、残念ながら全く変わらず。
なので、豚プルコギ&チャプチェの2種盛に、さらに温泉たまごをつけていただきました。
お値段は700円で、このお店ではかなりお高めです。
ソースはプルコギソースとピリ辛ソースの2種類がありますが、プルコギソースはちょっと甘めなので、ピリ辛ソースをチョイス。

DSCF0047_20120413201348.jpg
温泉たまごはそのままコロンと入っていました。

DSCF0046_20120413201349.jpg
お弁当の容器は紙製です。

お弁当を事務所のテーブルに置いてお茶の準備をしていると、周囲にニンニクの美味しそうな香りが漂います(笑)。
この日は問題ないですが、食べ終えたらしっかり換気をしないとお客様を迎えられません(笑)。

DSCF0048_20120413201310.jpg
オープン!
左からプルコギ、チャプチェ、キムチ、サラダがたっぷりとのせられ、ご飯が見えません。

DSCF0052_20120413201307.jpg
温泉たまごをお弁当の中央にのっけました。
いつも失敗するので、あらかじめお弁当の中央を少し凹ませておきました(笑)。

先輩も全く同じメニューです。


豚プルコギ&チャプチェ2種盛(650円)+温泉たまご(50円)=700円
DSCF0054_20120413201218.jpg
いただきま~す!

DSCF0055_20120413201217.jpg
まずは温泉たまごは崩さずにお弁当を少し食べました。

DSCF0056_20120413201216.jpg
キムチは白菜キムチです。
汁気たっぷりでピリ辛でしっかり味です。

DSCF0057_20120413201216.jpg
おかずは味が濃いものが多いので、キャベツの千切りはとてもさっぱりとしていました。
食べているときは気付きませんでしたが、写真を見たら紫キャベツも入っていました。

DSCF0050_20120413201309.jpg
チャプチェはプルコギに比べるとややあっさり味です。
少し太めの麺でかなり長かったです。

DSCF0051_20120413201308.jpg
豚肉はしっかりと下味がしみ込んでいて、お肉は柔らかです。
たっぷりの白胡麻がかかっていて、一切れ一切れが大きく、ボリュームもありました。
ピリ辛ソースでとてもご飯が進みます。

DSCF0058_20120413201215.jpg
温泉たまごを混ぜ込むと、まろやかさとコクが加わって美味しかったです。


それぞれを少しずつ食べた後、全体を大きくかき回して混ぜると色々な味わいが愉しめました。
全体のボリュームはやや多めでしたが、美味しくてペロリと完食。
メニューがもっと増えると嬉しいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
 ビビンバ (2011年5月20日
 チャプチェ (2011年6月24日
 豚プルコギ&チャプチェ2種盛  (2011年5月13日
 豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日
  
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日
水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  レッドカレー  (2011年4月21日
  グリーンカレー (2011年5月12日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年8月12日訪問時お店DATA
************************************
[千代田四番町ランチ屋台]
韓国料理屋「本場ソウルの味 韓国家庭料理 DORAGON YATAI」(ドラゴン屋台)
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 金曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/16 06:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 アヒージョとタパスのお店 Callejon19  @四谷 
2013年11月11日追記

「カイエホン19」は2012年12月末日に閉店しました。

DSCF5160_2013102010524468a.jpg
跡地には、2013年2月26日に「Organic Dining nic(ニック)」がオープンし、2013年10月11日にランチ訪問しました。

*******************************

本日は、2011年12月19日にオープンした「カイエホン19」のレポートです。

DSCF7892_20120409061206.jpg
2012年3月26日は、週の最初の月曜日。
上司に急な予定が入ってお昼時に出かけることになったので、お弁当を作れなかった先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
2012年3月14日にリニューアルオープンしたばかりのアトレ四谷に行ってみたのですが、この日はちょうど上智大学の卒業式だったようで、どのお店もいつもとは違う、明らかにサラリーマンではないお客さんがたくさん並んでいたので、この日は諦めました。

先輩から「最近、面白いお店はないですか?」と聞かれたので、少し前に見つけていた新店「アヒージョとタパスのお店 Callejon19(かいえほん)」を提案してみたところ、早速行ってみることになりました。

三栄通りを歩いている途中、最近オープンした「串八珍」がランチが始めているのを気付きました。
市ヶ谷店市ヶ谷別館とは違ってちょっとオシャレなメニューがあって、ちょっと先輩の心が揺れましたが、初志貫徹で「カイエホン19」に向かいました。

DSCF7904_20120409061034.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、通りのほぼ終わり近くまでまっすぐ進むと右手に大河ビルがあり、お店はその1階にあります。

この場所には2008年5月14日2010年8月10日にランチをした「東京アニス」というお店がありましたが、2010年9月22日に閉店しました。
私は2012年3月3日に妻家房のキムチ教室に行った帰り道にこのお店のことに気付いたので、てっきり「東京アニス」の次にできたお店だとばかり思っていたのですが、この記事を書くにあたっていろいろ見ていたら、その前に鉄板焼き屋さんがあったようです。通りの一番奥なので、全然気付いていませんでした(汗)。

DSCF7128.jpg
ちょっと聞き慣れない「カイエホン」という店名はスペイン語で「路地裏」という意味で、「カイエホン19」とは「路地裏19番地」となるそうです。

DSCF7901_20120409061120.jpg
お店の前の通りにはランチメニューの看板が出ていました。

DSCF7902_20120409061119.jpg
洋食系のお店なのに何故か提灯がぶら下がっています(笑)。
「アヒージョ」とはオリーブオイル煮のことだそうです。

洋食系のお店にぶら下がる提灯と言えば、「グローブ・デュ・モンド」を思い出します。

DSCF7903_20120409061034.jpg
「カイエホン19」は2011年12月19日にオープンした、和食も食べられるオリーブオイル煮のアヒージョを中心としたタパス(小皿料理)レストランだそうです。

DSCF7876_20120409061336.jpg
入店してみると、「東京アニス」の頃はカラフルだった内装は、シンプルで木目調にまとめられていました。
一番奥に厨房があり、手前側にテーブル席が並んでいます。

以前は確か丸テーブルが置いてありましたが、いまは四角いテーブルが並んでいるので、テーブルがたくさんある分、ちょっと狭く感じました。

DSCF7873_20120409061338.jpg
店内は半分程の人の入りで、私たちは右側のテーブル席に着席。
卓上には白いマグカップが置かれ、紙ナプキン、スプーン、フォークが入っています。

厨房に調理担当の男性が一人、フロア担当の男性が一人のお二人でお店を切り盛りしていました。
とても丁寧な接客です。

DSCF7875_20120409061337.jpg
お水をいただき、メニューを検討。

DSCF7872_20120409061339.jpg
メニューは4種類あり、スープ、ミニタパス、青汁がついて700円です。
ドリンクが3種類、デザートも2種類ありました。

和食も食べられるタパスレストランとのことですが、ランチメニューは多国籍料理のようです。

揚げ鶏もも肉のアプリコットソース丼というメニューが気になったのですが、アプリコットソースが甘いかどうか心配で店員さんに尋ねたところ、「みたらし団子のようなものです。」との説明だったので、甘いものが苦手な先輩と私はちょっと試してみる気にならず、先輩はシンガポールチキンプレート、私は豚バラと季節野菜の丼を注文。

DSCF7879.jpg
まず最初に青汁が登場。
小さめなグラスに氷を入れ、とても長めなストローがさしてありました。
かなり濃い色です。

DSCF7880_20120409061254.jpg
ランチで青汁が出てきたのは初めてです。
見た目どおりのやや苦めなテイストでしたが、クセはあまりなくて飲みにくくはなかったです。
ざらっとした口あたりだったので、粉を溶かしたものかな?

DSCF7882_20120409061254.jpg
次にスープが出てきました。

DSCF7883_20120409061253.jpg
小さめのコーヒーカップの中に薄茶色の透明なスープが入っていて、ワカメ、ネギ、白胡麻などが入っていました。

DSCF7888_20120409061208.jpg
中華風でしょうか、かなりしっかり味で、コショウ?のピリッとした辛さも感じました。

DSCF7884_20120409061252.jpg
本日のミニタパスは砂肝の唐揚げでした。
小さな白いドロップ型のお皿に入って出てきました。

DSCF7885_20120409061251.jpg
彩りにパセリがトッピングされています。
ちょっとかためな食感でした。

DSCF7887_20120409061251.jpg
しばし待って、メインが登場。
まずは先輩のシンガポールチキンが登場し、すぐに私の丼も出てきました。


豚バラと季節野菜の丼、生姜と梅酒のあんかけ (700円)
DSCF7891_20120409061207.jpg
メイン、ミニタパス、スープ、青汁のセットです。
700円というお値段を考えると、とっても豪華!

DSCF7892_20120409061206.jpg
丼は真っ白で少し深みのある四角いお皿で、ご飯やおかずががよく見えないほどたっぷりの水菜が盛られていました。
ご飯の上に豚バラ肉がのせられ、キノコやお野菜がたっぷりと添えられています。

DSCF7893_20120409061205.jpg
天盛りされた水菜のおかげでとても色鮮やかです。
ただ、水菜が長めなので、スプーンだとちょっと食べにくいです。
あらかじめスープにひたしてしんなりさせた方がよかったかも。

DSCF7894_20120409061205.jpg
ゆるくとろみの付いたスープがたっぷりとかかっていて、熱々です。
あまり鼻がよくない私、花粉症の時期ということもあり、梅酒の風味はわかりませんでした。

DSCF7899_20120409061121.jpg
お野菜は水菜、人参、白菜、赤パプリカ、シメジ、などなど、かなり具沢山です。

DSCF7896_20120409061122.jpg
豚バラ肉は薄く切ってあります。
少しかための食感でした。

DSCF7897_20120409061122.jpg
たっぷりのご飯は美味しいスープをたっぷりと吸って、とっても美味しい。
餡掛けになっているので、なかなか冷めず、ずっとホカホカなままです。
気温が結構上がった日でもあったので、食べている途中から身体がかなり温まりました。


シンガポールチキンプレート (700円)
DSCF7890_20120409061208.jpg
店員さんが先輩に「食べ方はわかりますか?」と聞かれ、説明を受けました。
鶏肉はほぐしてそのまま食べたり、2種類あるソースをかけたりして食べたりして下さいとのことです。

ご飯はチキンうスープで炊かれ、ニンニクがしっかりきいていたそうです。
この日の夜に歯医者に行く予定があった先輩は食後にブレスケアを食べていました(笑)。
鶏肉はとても柔らかでほろほろとほどけ、ボリュームたっぷりで美味しかったそうです。
チリソースは甘くて苦手な先輩ですが、全体に混ぜ合わせるといいコクになって美味しいと言っていました。


ちょっとひとひねりあるメニューが面白かったです。
このお値段でいろいろと食べられて、お腹いっぱいで大満足です。
これで700円とはとってもお得。
また他のメニューも食べてみたいです。


お店のチラシです↓
DSCF7905_20120409061033.jpg

DSCF7906_20120409061032.jpg

DSCF7907_20120409061031.jpg

DSCF7908_20120409061030.jpg


2012年3月26日訪問時お店DATA
*******************************
アヒージョとタパスのお店 Callejon19 (カイエホン) 
〒160-0008
東京都新宿区三栄町19 大河ビル1F
TEL 03-3356-8055
営業時間 
[平日] 11:30~14:00(L.O.14:00)  17:30~23:00(L.O.22:30)   
[土曜] 17:30~23:00(L.O.22:30)   
定休日 日・祝
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/13 07:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(5) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨日の雨は、日中はたいしたことなかったのに、夜になってかなり本降りになりました。
今朝は風も強く、桜はかなり散っちゃったのではないかと、とっても残念です(泣)。

DSCF0033_20120411203135.jpg
2011年8月11日は、上司が夏休み、先輩はお弁当のおかずしか持ってこなかったので、二人で外へお弁当を買いに出かけました。
このところ千代田四番町ランチ屋台のお弁当をよく買いますが、人気があるので結構待つのが難点。
ある日、順番を待ちながらボーッと外を眺めていたら、「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」が見えました。
距離的には1ブロック先になりますが、電話で事前にお願いできるので、屋台で並ぶよりも実は早く買ってこられるのじゃないかなと思いつきました。

外観

お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から、日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進み、交差点を1つ越え、コンビニのファミリーマートの一つ先に、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

2009_0424画像0079
こちらは以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
出前をやっていた頃はよくお願いしていて2008年3月7日に訪問した「俵屋 市ヶ谷店」
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
2007年6月4日にランチを、2008年3月3日2010年8月13日にお弁当、2008年12月13日にディナーをいただいた、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日に訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

2010_0814画像0002
こちらも以前撮影した写真です。
お店はビルの2階にありますが、ビルの1階の表のところにたくさんのメニューが出ています。

2010_0814画像0001
こちらも以前撮影した写真です。
午後4時まで、ピッツァが特別サービスになります。
特別サービスはいつもやっていますが、その時々でメニューが変わります。

メニュー

こちらも以前撮影した写真です。
メニューは驚くほどたくさんの種類があります。
お値段は中心価格帯が1000円近くてお高めですが、どれもかなりのボリュームです。

2010_0814画像0007
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF0025_20120411203159.jpg
階段の途中に大きな本日のスペシャルのメニューが出ていました。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
ぐるなびでいろいろメニューを見たところ、冷たいパスタがあることも判明。
午前11時半頃にお店に電話して、冷たいパスタもテイクアウト出来るのかどうか聞いてみたところ、大丈夫とのこと。
冷たいパスタだけでもかなりの種類があって迷いましたが、せっかくなので、一番お高い真鯛のカルパッチョと魚介のマリネをお願いしました。

2010_0814画像0005
「ラ・タベルナ」は1977年創業の老舗で、この時点でなんと34周年!
写真は去年撮影したものなので、古いです(汗)。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF0189_20120411202953.jpg
こちらのお店はテイクアウトすると料金を少しディスカウントしてくれますが、これまではどのメニューがどれぐらいお得になるかは会計してみないとわかりませんでした。
この日、お店の階段のところにテイクアウト用のメニューが置いてあるのを見つけ、メニューの種類やどれぐらいディスカウントになるかが一目でわかるようになりました。

ちなみにこの日は先輩も私もマイナス100円でした。
全体の印象としては、原価が高そうなトッピングがたくさんあるとそれ程値段は下がらず、シンプルなメニューの方が割引率が高そうです。

メニュー

店内には所狭しとたくさんのメニューが貼られていて、さらにそれらを組み合わせたり量を多くしたり減らしたり、変幻自在です。

12時10分の出来上がりをお願いしたところ、お店に到着したときにちゃんと出来ていました。
入口すぐの細い通路でお会計をしたので、店内はちらっとしかみえませんでしたが、既にお客さんがたくさん来ていました。相変わらずの人気店です。

2010_0814画像0008
こちらは以前撮影した写真です。
この日はフォークはお断りしました。

たった2つのスパゲッティのお弁当なのに、ビニール袋を持つとずっしりと重さを感じます。
さすが「タベルナ」です。

DSCF0026_20120411203158.jpg
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい。
容器は全く同じなので、店員さんが袋詰めするときにどちらがどちらかちゃんと教えてくれます。
また、フタにボールペンでメニュー名がちゃんと書かれています。

DSCF0028_20120411203138.jpg
前回お弁当を購入したのは2010年8月13日だったので、約1年ぶり、3回目です。

DSCF0029_20120411203138.jpg
いただきま~す!


[冷たいスパゲッティ] 真鯛のカルパッチョと魚介のマリネ入り (1,500円→1,400円)
DSCF0033_20120411203135.jpg
真鯛のカルパッチョと魚介のマリネ入りスパゲッティです。
フタを開けた途端、パッと目の前が開けるような、まるで宝石箱のように鮮やかな色合い。
海老、タコ、トマト、紫タマネギ、エリンギ等のたっぷりのトッピングが、麺が見えない位容器のギリギリまで入っていました。

DSCF0036_20120411203039.jpg
レモンの櫛切りがついているので、最初にたっぷりと搾りかけました。

DSCF0034_20120411203041.jpg
鮮やかな赤い海老はプリプリです。

DSCF0037_20120411203038.jpg
薄く切ったエリンギはしっかりと酸味がきいたマリネになっていて、シャキシャキとした歯応えでとっても美味しい!
エリンギ大好きですが、こういう美味しい食べ方もあるんだな~と勉強になりました。

DSCF0038_20120411203037.jpg
鯛は薄切りで、カルパッチョなので少し表面が白っぽくなっています。
歯応えがあって、こちらも酸味がとてもきいていました。

DSCF0039_20120411203037.jpg
キュウリはスライサーで1本そのままカットしているのでしょうか、とっても大きい(笑)。

DSCF0040_20120411202954.jpg
麺は細麺で、ボリュームたっぷり。
オイルを絡めてあるせいか、表面がテカテカ光っています。
つるつるとのど越しがよかったので、ぺろりと食べちゃいました。

DSCF0027_20120411203139.jpg
先輩は冷たいスパゲッティのアボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添えにしました。


[冷たいスパゲッティ] アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (1,000円→900円)
DSCF0031_20120411203137.jpg
フタを開けると、海老とトマトの赤、アボガドの緑、紫タマネギの紫がとても華やかです。
鮮やかな色合いは、私のメニューと見た目がほとんど変わりません。

DSCF0032_20120411203136.jpg
こちらのメニュー、ぐるなびのメニューの中のサービスタイムの欄には「アボガドと海老、フレッシュトマト入り マヨネーズソース添え(スパゲッティ・ペンネ)」とありましたが、マヨネーズソースオイルベースだったそうです。


のど越しの勢いで食べたスパゲッティは午後になるとお腹の中の麺が膨らみ、後からかなり苦しくなって夕方まで全くお腹が空かなかったです。
ただ、食べているときは冷えていたので気付きませんでしたが、かなり塩分がきいていて、後からすっごくノドが渇きました。

テイクアウトのメニューがいただけたので、メニューの種類やお値段がわかり、注文しやすくなりました。
これからのお弁当のチョイスが増えて、嬉しいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
  オムライス  (2008年3月3日
  トンノ  (2010年8月13日
  アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日

[ディナー]
   2008年12月13日
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF0189_20120411202953.jpg

DSCF0190_20120411202953.jpg

DSCF0191_20120411202952.jpg

DSCF0192_20120411202951.jpg

DSCF0193.jpg


2011年8月11日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2F
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/12 07:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 サファリカレー  @市ヶ谷
2013年11月26日追記

「サファリカレー」は2013年10月23日をもって営業終了となりました。
店主さんは料理人を辞め、サラリーマンになるとのことです。
大好きなカレーだったので、とってもとっても残念!!

DSCF6328_2013112108073479b.jpg
この場所には、2013年10月30日から「Cruisin’Diner(クルージン ダイナー)」というお店がやってきて、2013年11月6日に購入しました

*********************************

今日は花散らしの雨で、とっても残念です。
まだまだ桜を満喫したいです。

DSCF8225_20120411055012.jpg
本日記事をアップする「サファリカレー」ですが、確か2012年4月6日に通りかかったところ、番町グロリアビルの前ではなく、以前の場所に近い、ヤマト宅急便のオフィスのそばに車が来ていました。
もしかしたら、場所を変えたのかもしれません。

DSCF0016_20120406204345.jpg
2011年8月10日は、上司が夏休みで、先輩はおかずだけ持って来たとのことだったので、一緒に「サファリカレー」を買いに出かけました。

DSCF6622.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの麹町方面に向かい、最初の交差点を右に曲がって、日本大学大学院を超えた場所に、「サファリカレー」ののぼりが出ています。
以前はこの近くに車を止めて営業していましたが、厳しい警察の取り締まりによって撤退。

DSCF9406.jpg
現在車が来ている場所は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に向かって2つ目の信号を右に曲がり、最初の角のところにこちらの番町グロリアビルの前です。
ビルの空いたスペースを借りているようです。

DSCF9404.jpg
移動販売の車に到着してみると、少しずつお盆休みに入っているのか、いつも程行列が長くなくて、すぐに買うことが出来ました。

2010_0421画像0002
こちらは以前撮影した写真です。
前回こちらのお弁当を購入したのは2011年7月20日だったので、約20日ぶりです。

以前店主さんにお話を伺ったところ、もともとの通りの路上で商売するのはもう無理だとのことで、通りから1本入った私道のところで販売できるよう、現在地主さんと交渉中とか。
その場所は私の職場からかなり近いので実現したらうれしいですが、残念ながら未だに実現していません。

2010_0421画像0003
メニューはカレーライスのみで、サイドメニューが1品ついて500円です。
大盛りはプラス100円になります。
サイドメニューは、コールスロー、ゆでたまご、チーズの3種類の中から選びます。
プラス50円でサイドメニューを増やすことが出来ます。

店主さんはいつも気さくに声をかけてくれます。

2010_0701画像0006
販売窓口に置いてあるメニューです。
メニューはサファリカレー1つしかありませんが、ボリュームが並盛、大盛、特盛と3種類あり、それぞれ500円、600円、700円と100円ずつ高くなります。

並盛でも結構ボリュームの多いサファリカレーなのに、特盛ってどんなだろう?!

2010_0421画像0001
こちらは以前撮影した写真です。
並んでいる途中、ふと車の脇をのぞいてみると店主さんの靴がありました(笑)。

DSCF0009_20120406204429.jpg
この日はまだ食べたことのない組み合わせとして、カレーの並盛にコールスローのトッピングをお願いしました。
事務所へ戻る途中、ビニール袋の中にカレーしか入っていないことに気付き、慌てて車に戻りました。
戻って来た私に店主さんが気付いてくれたので、ちょっと行列に割って入らせていただき、サイドメニューがないことをお伝えしたところ、なんとコールスローは売り切れ(汗)。
仕方なく、チーズをいただました。

DSCF0011_20120406204428.jpg
ご飯の容器は輪ゴムがけしてあります。
てっきり、輪ゴムはスプーンを抑えるためなのかと思っていたのですが、スプーンがなくても同じでした。

2010_0719画像0004
こちらは以前撮影した写真です。
プラスチック製のスプーンは薄いビニール袋に入れてあります。
普段は事務所にスプーンを置いてあるので、もらわないようにしています。

DSCF0010_20120406204429.jpg
サイドメニューは1種類ずつ、小さな透明のプラスチックケースに入っています。

DSCF0013_20120406204426.jpg
お弁当の入っている容器は白いプラスチック製です。
フタを開けると、たっぷりのご飯とルーが入っていました。

DSCF0012_20120406204427.jpg
トッピングのチーズはカレーにのせます。

DSCF0014_20120406204346.jpg
先輩はサファリカレーの並盛に、サイドメニューはゆでたまごをチョイス。


サファリカレー<サイドメニュー[チーズ]> (500円)
DSCF0016_20120406204345.jpg
準備が整い、いただきま~す!

DSCF0017_20120406204344.jpg
チーズはルーの中にしっかり沈め、トロトロに溶かして食べるのがお気に入りです。

DSCF0019.jpg
ルーは容器の縁ギリギリまでたっぷりと入っています。
ぱっと見には具がないように見えますが、ルーの中に沈んでいます。

DSCF0020_20120406204257.jpg
ご飯はかために炊かれています。
並盛でもなかなかのボリュームです。

DSCF6640.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ルーはスパイスも辛さも程々ですが、コクと旨味があって、とっても美味しい。
際立つ個性があるわけではないのですが、時々すごく食べたくなっちゃう味です。
味のブレはほとんどなく、いつ食べても変わらぬ美味しさですが、ルーの温度が高い方がより美味しいです。
この日はまぁまぁの温かさでした。

DSCF0024_20120406204254.jpg
ルーに入っている具はニンジンとお肉です。
ニンジンは割に大きめにカットされていることが多いです。

DSCF0022_20120406204255.jpg
この日のお肉は崩れたものが入っていました。
とても柔らかくてホロホロと崩れます。

2010_0701画像0024
ご飯とルーをしっかりかき混ぜていただきます。


サファリカレー<サイドメニュー[ゆでたまご]> (500円)
DSCF0015_20120406204346.jpg
先輩は持ってきたお弁当のおかずも一緒に食べたので、かなりお腹いっぱいになったそうです。


お腹が空いていたので、ペロリと食べちゃいました。
いつもどおりの美味しさに、先輩も私も大満足です。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◎ 普通盛り [ゆでたまご]  
   2007年9月7日2007年10月19日2007年11月2日
   2007年12月14日2008年1月9日2008年1月25日
   2009年10月28日2010年7月16日
◎ 普通盛り [チーズ]  
   2007年10月26日2007年12月26日2009年2月20日
   2009年4月15日2009年8月26日2011年8月10日 
◎ 普通盛り [コールスロー]  
◎ 普通盛り [コールスロー+チーズ]  
   2007年9月5日2010年4月21日2011年4月8日2011年6月1日
◎ 普通盛り [ゆでたまご+チーズ]
   2010年12月8日
◎ 普通盛り [コールスロー+ゆでたまご]
   2011年5月11日2011年7月20日
◎ 普通盛り [コールスロー+チーズ+ゆでたまご]  
   2010年6月30日

◎ 大盛り [ゆでたまご]  
   2008年12月12日2009年9月30日2010年9月15日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2011年8月10日購入時お店DATA
*******************************
サファリカレー
移動ワゴン車での販売
場所  東京都千代田区六番町7 番町グロリアビル前
営業日 水曜日・金曜日
営業時間 お昼前から売り切れまで
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/11 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
創作料理 むさし坊 麹町店  @麹町
桜が満開ですね~。
昨夜は仕事関係でお呼ばれし、隅田川の屋形船に乗ってきました。
偶然、スカイツリーの試験点灯をやっていて、ライトアップされた美しい景色を見ながら揚げ立ての天ぷらをたっぷりと食べて、とても楽しい時間を過ごしました。

DSCF9976.jpg
2010年8月9日は、上司と先輩が夏休みだったので、一人ランチでした。

2011年8月1日に「麹町食堂」をランチ訪問したとき、この場所のお店に訪問するのは3回目だというのに、すぐ隣にある「創作料理 むさし坊(むさしぼう) 麹町店」には一度も行っていないことを思い出し、この日、行ってみることにしました。

DSCF0008_20120406200958.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を半蔵門方面に向かい、東京トヨペットを超えてすぐのところに泉商事ビルがあります。

DSCF0007_20120406200958.jpg
お店の入口にランチメニューが出ています。

DSCF0005_20120406201047.jpg
「むさし坊」は、麹町店のほかに支店が4つあります。
以前、市ヶ谷にも支店があり、ブログを始めるよりずっと前に一度訪問したことがありました。
お値段はお手頃なのにものすごいボリュームで、近隣のサラリーマンで賑わっていたことを覚えています。

DSCF0006_20120406201046.jpg
お店は泉商事ビルの地下一階なので、細い階段を降りていきます。

DSCF0004_20120406201048.jpg
踊り場を左に曲がり、さらに右手に曲がります。
壁にはお酒のポスターがいろいろ飾られていました。

DSCF0002_20120406201050.jpg
お店の入口までは二重扉のようになっていて、細くて短い廊下がありました。
壁際にはお店の情報やお酒などが並んでいます。

DSCF0001_20120406201050.jpg
営業時間は月曜日から土曜日、午前11時30分~午後2時迄と午後5時~午後11時迄です。
土曜日もランチをやっているんですね。

DSCF9999.jpg
入口すぐ右手にこんなモニュメントがありました。
水が絶えず流れています。

DSCF9998.jpg
店内に入り、正面にレジ、左手にお酒を冷やしている大きな冷蔵庫がありました。
中にはビール、日本酒、炭酸ソーダのほか、酒蔵の仕込み水もありました。
これはなかなかレアなのでは?

DSCF9968.jpg
フロアは意外と広く、厨房とカウンター席、たくさんのテーブル席があります。
女性店員さんに誘導され、私はカウンターの右側の方に着席しました。

カウンターには私の他に男性の一人客が二組いらっしゃいました。
テーブル席は背を向ける形になってしまったのでよく見えませんでしたが、かなりにぎやかだったのでお客さんはたくさん入っていたようです。

DSCF9995.jpg
カウンターは2段になっていて、何故かカエルの置物がたくさん並んでいました。

DSCF9965.jpg
まずはおしぼりとお茶が出てきました。

DSCF9974.jpg
かなり暑い日でしたが、温かいお茶です。

DSCF9967.jpg
こちらのお茶は、アサヒビールと同じ原料で、身体にとてもいい大麦茶とのこと。

DSCF9966.jpg
ランチメニューは6種類あり、すべて1,000円とややお高めです。
日替わりは女性店員さんが教えてくれました。
確か、豚肉を使ったメニューでしたが、名前は失念(汗)。
右隣の男性が食べていました。

どれにしようか迷いましたが、食べログで見た天丼がものすごいボリュームだったのが忘れられず、注文しちゃいました。

DSCF9975.jpg
揚げ物ですが、それ程時間がかからずにお料理が出てきました。


天丼 (1,000円)
DSCF9976.jpg
メイン、おうどん、お新香、お味噌汁のセットです。
見るからにかなりたっぷりのボリュームがありそうです。

DSCF9987.jpg
お盆にのせられた小瓶。
お醤油?天ぷらツユ?、、、?
結局使わなかったので、何だかわからず終いでした(汗)。

DSCF9981.jpg
お新香はキャベツやニンジンなどを細かく切ったもので、切り昆布も入っていました。

DSCF9978.jpg
お椀には三つ葉が浮かんでいたのでお味噌汁かと思って食べたら、豚汁でした。

DSCF9992.jpg
豚肉、大根、ニンジンなどかなり具沢山で美味しかったです。

DSCF9979.jpg
麺がのびちゃわないようにと、先にうどんを食べました。
このおうどんについては、メニューには書かれていません。
私は事前に食べログを見て知っていましたが、知らない場合には結構驚くぐらいたっぷりのボリュームです。

DSCF9980.jpg
麺はきしめんでしょうか、ひらべったい麺です。
たっぷりのワカメ、長ネギ、白胡麻がトッピングされています。
透き通った関西風のおダシですが、コクはありました。

DSCF9983.jpg
天丼は、海老、シソ、かき揚げ、ナス、白身魚などのたくさんの天ぷらがのせられていて、ご飯がほとんど見えません。
すぐに出てきたので、揚げ立てではなく揚げ置きなので、熱々ではなかったですが、一部温かさの残っているものもありました。
それでもナスは結構温かさが残っていました。

DSCF9984.jpg
衣は厚めです。

DSCF9986.jpg
これは、、、カボチャだったかな?

DSCF9988.jpg
海老はかなり大きいものが1本入っていました。

DSCF9989.jpg
白身魚です。

DSCF9990.jpg
ナスはまだ温かさが残っていました。

DSCF9991.jpg
かき揚げはほとんどがタマネギで、とても甘かったです。

DSCF9996.jpg
食後に店員さんが冷たいお水を持ってきてくれました。
有り難いサービスです。

DSCF9997.jpg
お店のロゴでしょうか、かわいいキャラクターが描かれていました。

DSCF9994.jpg
この日の伝票です。


全体的にかなり衣が厚めなせいか、油感が強いです。
私は何とか食べられましたが、人によってはかなり辛いかも。
お値段は1,000円かかりましたが、ボリュームたっぷりでとても満腹になりました。


ディナーメニューです↓
DSCF9969.jpg

DSCF9970.jpg

DSCF9971.jpg

DSCF9973.jpg


お店の名刺です↓
DSCF2153_20120406200957.jpg

DSCF2154_20120406200956.jpg


2010年8月9日訪問時お店DATA
**************************************
創作料理 むさし坊 麹町店 (むさしぼう)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-2-6 泉商事ビル地下1階
TEL 03-3239-6341
FAX 03-3230-2313
営業時間 11:30~13:30 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 日・祝
地下鉄麹町駅から徒歩1分
JR四ッ谷駅・地下鉄半蔵門駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/10 07:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
築地 宮川本廛 四谷店  @四谷三丁目
週末は、お天気に恵まれ、絶好のお花見日和でしたね!
私は遠出はせず、近所の桜を見て歩いていましたが、とても気持ちよかったです。
月曜日ですが、桜並木を見るのが楽しみで、出勤する足取りも軽くなっちゃいます(笑)。

DSCF9956.jpg
2011年8月8日は午前から午後にかけて長い会議を予定していたので、上司に事前に「お昼はどうしますか?」と聞いたところ、「きじ丼を頼んでくれ。お昼より少し早めに。」と言われたので、「築地 宮川本廛(みやがわほんてん) 四谷店」に午前11時過ぎに電話で注文し、午前11時50分に届けていただくよう、お願いしました。

店

実際の店舗には行ったことがなく、専ら出前をお願いしています。
お店の場所は、JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に向かって進み、通りの左側、この写真の路地を入ったところにあります。もう少しで津之守坂交差点という場所です。

2010_0827画像0054
こちらはお料理をのせてくるお盆です。

前回出前をお願いしたのは2011年7月25日だったので、約2週間ぶりでした。

DSCF9949.jpg
こちらのお店は配達がいつもとても早くて、すぐに届けてくれます。

ただ、この日はせっかく時間指定をしたのに、何故か午前11時半に届けられました(泣)。
まだしばらく食べないので、28度設定のクーラーから一番遠いところに置いておきました。

2009_0220画像0002
お店で出してくださるお箸です。

先輩と私はできるだけマイ箸を使うようにして、割り箸はいただかないようにしています。

DSCF9951.jpg
この日、何を食べようかいろいろ迷いました。
自腹を切って、合盛重を食べようかな~とか考えていたのですが、結局、久しぶりに基本のきじ重をお願いしました。前回食べたのが2008年1月22日だったので、約2年半ぶりでした。
先輩は一人だけ三色重を注文。

フタを開けるとき、とってもドキドキします。

DSCF9954.jpg
当初早めに食べる予定でしたが、会議の進行の関係でかなり遅れ、お客様に食事を出したりなんだりで、結局、先輩と私が食べ始めたのは12時50分で、お弁当が届いてから1時間半近く経過していました(汗)。


きじ重・上 (1,260円)
DSCF9955.jpg
いただきま~す!

DSCF9950.jpg
付け合わせのお新香は2種類。
黄色いタクアンと紫色の柴漬けで、このお店では不動の組み合わせです。

DSCF9956.jpg
ご飯の上に、こんがり焼けた鶏肉、大きな卵焼き、きぬさやがのせてあります。

DSCF9957.jpg
焼いた鶏肉は少し小さくなったのか、以前よりもご飯がよく見えるようになった気がします。
気のせい?

ご飯の上には細く切った海苔がたっぷりとのせられています。

DSCF9958.jpg
とても大きな卵焼きは、しっかりと火が通してあります。
そのまま口に運ぶのは結構大変そうなので、一口大に切っていただきました。
甘さが控えめなので、甘い味付けが苦手な私にも食べやすかったです。

DSCF9959.jpg
「宮川本廛」のご飯はかなり水分量が多くて柔らかいことが多いですが、この日は比較的かためな炊きあがりで食べやすかったです。
ご飯のボリュームは普通です。

DSCF9963.jpg
鶏肉は、香ばしく焼かれ、一口大に切ってあります。
中までしっかり火が通っていますが、柔らかです。
このお肉はいつ食べても、本当に美味しい。

DSCF9948.jpg
先輩はだけきじ重ではなく三色重と頼んだところ、どちらも容器は全く同じだったので、三食丼がどれか区別がつくように、やや大きめのピンク色のポストイットがついていました。


三色重・上 (1,260円)
DSCF9960.jpg
きじ焼き、卵焼き、そぼろと3種類のおかずがのっていて、3層になっています。
メニューの中で一番彩りがきれいです。


全体的なボリュームは普通です。

配達されてから1時間半も置きっぱなしにしていたので、かなり温度は低めになってしまいましたが、お肉そのものは冷えても美味しくいただけました。
出前のお店によっては、2時間程度でお皿を引き上げるところがあるので、お店の人がお皿を引き取りに来るんじゃないかとひやひやしちゃいました。
この日は食べるのがこんなに遅くなるとは思っていなかったので、奮発して合盛重を頼まなくてよかったです(笑)。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

うな重・竹  (2009年9月1日2011年7月25日
きじ重・特上 (2009年4月14日
きじ重・上 (2008年1月22日2011年8月8日
うな玉重・特上 (2009年5月31日
うな玉重・上 (2008年5月13日
親子重・特上 (2009年5月22日
親子重・上 (2009年2月12日
きじそぼろ重・上 (2008年9月29日
三色重・上 (2008年11月14日2010年8月26日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


出前のメニューはこちら↓です。
2008_1115画像0105

2008_1115画像0107

2008_1115画像0108


2011年8月8日宅配時お店DATA
****************************
築地 宮川本廛 四谷店 (みやがわほんてん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-11-9
電話 03-3341-7777  
FAX 03-3341-7805 
定休日 水曜日
地下鉄四谷三丁目から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/09 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
今週末は久しぶりに雨のない週末になるようで、絶好のお花見日和になりそうです。
ぶらっと散策するだけですが、どこに行こうか今からとても楽しみです。
みなさまも、楽しい週末を☆

本日は、2012年3月14日にオープンした「Pensri’s Kitchen アトレ四谷店」のレポートです。

DSCF7700.jpg
2012年3月21日のランチは、リニューアルオープンした四谷アトレの中にある「Pensri’s Kitchen(ペンシーズキッチン) アトレ四谷店」のお弁当を買いに行きました。

DSCF7686.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にお店があります。

四谷アトレは2012年3月14日に創業以来の大々的なリニューアルオープンをしました。
飲食店がたくさん集まる1階のフロアは千代田区側がガラス張りになってずいぶん明るくなった印象です。
以前からそのままのお店、ちょっとリニューアルしたお店、新たにやって来たお店と様々でした。

事務所を出るのが遅かったので、お店に到着したのは12時半頃でした。
ピークは過ぎたのか、店頭のお客さんは疎らです。
イートインスペースの入口には男性店員さんが立っていて、呼び込みをしていました。

DSCF7688.jpg
この場所には「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」がありました。
「ティーヌン」は撤退して別のタイ料理屋さんが入ったのかな?、、、と思って調べて見ると、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。

「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズキッチン」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとタイ料理かどうかわかりません。デパ地下のお総菜屋さんみたいです。
カウンターの奥にはイートインスペースがあります。

DSCF7687.jpg
私は存じ上げていなかったのですが、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg
ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニューなど、大きく3つに分かれてキレイに陳列されています。
タイ料理にサンドイッチなんて、珍しい!

DSCF7684.jpg
2種類だけですが、スイーツもありました。
自宅でも楽しめるよう、調理済みのレトルト商品もあります。

DSCF7683.jpg
お弁当の種類は5種類程で、そんなに多くはありません。
写真には写っていませんが、上に人気ナンバーワンのガパオが置かれていました。

この奥のショーケースにレシピ本などが置かれ、レジがあって、店内へと続いています。
写真に写っている足は、呼び込みをやっている店員さんのものです(笑)。

DSCF7689.jpg
初めてだし、やっぱりここはベタに行こう!と思い、人気ナンバー2というグリーンカレー弁当と、おかずとして生春巻を購入しました。

DSCF7690.jpg
温かいものと冷たいものだったので、ビニール袋をわざわざ別にしてくれました。
おまけにお手ふきも2つ。
スプーンは断ったのですが、これからはお手ふきも断らなければ。

DSCF7691.jpg
典型的なタイランチで、テンション上がります♪

DSCF7692.jpg
グリーンカレーは上にルー、下にご飯の入ったプラスチック製のドンブリ型容器に入っています。

DSCF7694.jpg
「ペンシーズキッチン」のロゴでしょうか、唐辛子とすり鉢の素朴なイラストが優しいオレンジ色を背景に描かれています。

DSCF7695.jpg
アレルギーや賞味期限もきちんと書かれていました。

DSCF7696.jpg
生春巻は透明な長方形のパックに入っています。

DSCF7697.jpg
こちらのシールはデザインは同じですが、背景が落ち着いた緑色でした。

DSCF7698.jpg
おかずにもきっちりとアレルギーや賞味期限が書かれていました。


グリーンカレー弁当 (680円)+生春巻 (280円) =960円
DSCF7700.jpg
いただきま~す!


グリーンカレー弁当 
DSCF7702.jpg
カレーはご飯とルーが2段なっています。

DSCF7704.jpg
それぞれ別にすると、こんな感じでした。

DSCF7706.jpg
上段のご飯の容器をはずして下に置くと、どうやら底にご飯がかなりくっついてしまったようで、机の上にご飯がたくさんついちゃいました(汗)。
写真の左中ぐらいにご飯粒があるのが見えるでしょうか。
このタイプの器だと、結構よくあります。

DSCF7707.jpg
ご飯は細長いタイ米です。
ボリュームは普通です。

DSCF7703.jpg
グリーンカレーにはチキンやナスなどが入っていて、中央に彩りの赤パプリカとピーマンがのせてありました。

ナスは皮がむいてあり、縦にスジが入れています。
柔らかで、味がよくしみていました。
タイ料理って、ナスをしっかり皮むきをしているという印象があります。

DSCF7712.jpg
ルーはしっかりと辛く、いろいろなスパイスの味がします。
以前の「ティーヌン」に比べると味のパンチがあって、ご飯が進みました。
美味しい!

DSCF7714.jpg
チキンは大ぶりで、中には一口では食べられないぐらい大きなサイズのものもありました。
お肉はとても柔らかいので、スプーンで切ることが出来ます。


生春巻 (280円)
DSCF7708.jpg
生春巻は1本を3つにカットしてあり、右側に敷いた青菜の上にスイートチリが小さな容器に入っておかれていました。

DSCF7709.jpg
生春巻きと言えばスイートチリですが、甘い味が苦手なので、ちょびっとだけ付けて食べました。
グリーンカレーを付けて食べてみてもよかったかな。

DSCF7710.jpg
生春巻は海老、春雨、ニンジン、卵、青菜などなどいろいろなものが入っていて、彩りが鮮やか。

DSCF7711.jpg
食べてみると、とてもさっぱりとしていて、ヘルシーです。

DSCF7716.jpg
この日のレシートです。


全体のボリュームは普通でした。
両方合わせると960円になるので、お値段は少々お高めです。

お弁当を作り置いてあるので仕方ないですが、
もうちょっと熱々だとグリーンカレーがもっと美味しいだろうなと思います。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (2012年3月21日

◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年3月21日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/06 07:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(3) |
番町 松月庵  @麹町
一昨日、市ヶ谷の靖国通りを歩いたら、四谷に比べて桜の開花が早いことに気付きました。
日当たりなんでしょうか、四谷はようやく一分咲きぐらいなのに、市ヶ谷は三分ぐらい。
でも、今日以降はどちらも満開に向けてたくさん咲きそうで、とっても楽しみです☆

DSCF9775.jpg
2011年8月3日、夏休み明けの上司がかなりの確率で「外へランチを食べに行こう。」と言い出すのではないかと思い、先手を打ってこちらから「どこか出前を取りませんか?」と聞きました。
実は、前日の「からいや」のお弁当が強烈で、先輩も私もかなり体重的にやばかったので、この日は大人しいランチにしたかったからです(笑)。

上司が「カレー蕎麦を食べたい。」と言ったので、目論見どおり、「番町 松月庵(しょうげつあん)」の出前をお願いすることになりました。
「温かいものですか、冷たいのですか?」と聞いたところ、天気が悪くてそれ程暑くない日で、しかも汗っかきのはずなのに、上司は温かい方を希望。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類があるようです。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2011年3月14日だったので、約7ヶ月半ぶりと、ずいぶんご無沙汰でした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備し、上司はため込んであった割り箸を使うので、新たな割り箸はいただかないようにしています。最近は配達の方に我が事務所はお箸不要だと覚えていただき、せっかく持ってきた割り箸をそのまま持ち帰っていただく、というのも少なくなりました。

DSCF9770.jpg
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

久しぶりに注文でしたが電話を受けた店員さんが覚えていてくれて、とっても嬉しかったです。
でも、お箸をお断りするのは忘れてしまいました(汗)。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2009_0424画像0084
お蕎麦やうどんについてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。
きしめんも同じ薬味でした。

DSCF9773.jpg
12時10分頃に注文したところ、15分ぐらいで配達していただきました。
相変わらず素早い配達で、本当にありがたいです。

久しぶりにお会いした配達員さんは、少し痩せたような気がしたのですが、どうでしょう?

DSCF9771.jpg
蕎麦ツユはお蕎麦とは別になっていて、徳利に入っていました。
こぼれないよう、口の部分にサランラップをかけてあります。


冷しきつねそば (700円)
DSCF9776.jpg
冷たい麺のメニューはほとんど食べていましたが、この日は「冷しきつねそば」を注文。

DSCF9775.jpg
麺の上には油揚げ、青菜、ナルト海苔がのせられていました。

DSCF9781.jpg
ナルトは薄切りが1枚。

DSCF9782.jpg
青菜は茹でてあり、かなりサッパリとした味わいです。

DSCF9780.jpg
たくさんの油揚げの上にたっぷりの刻み海苔がトッピングされていました。
きつねはかなり大きいカットで、たっぷりと入っていました。
大きなサイズの油揚げは甘辛く煮詰めてあり、甘いものが苦手は私にはかなり甘かったです。

DSCF9777.jpg
徳利の中にはソバつゆが結構たくさん入っています。

DSCF9783.jpg
ソバつゆを全部かけ回し、いただきま~す!

DSCF9785.jpg
薬味も全部のせちゃいました。

DSCF9786.jpg
冷たい麺ですが、お蕎麦はかなりのびていて、混ぜるのにもかなり重たかったです。
全体を大きく混ぜて、薬味やソバつゆを全体に行き渡らせてから食べました。
少しずつ啜るために引っぱり出すのも大変でした。


全体のボリュームは普通からやや少なめです。
午後5時近くにはお腹が空いちゃいました。
久しぶりの「松月庵」でしたが、やはりソバつゆは美味しいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろそば
  とろろ、冷そば
  釜揚げうどん
  山かけそば
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  カレー丼     (2008年11月27日
  カツ丼      (2010年4月6日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2011年8月3日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/05 06:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
高級焼肉弁当 からいや  @若松河田  
昨日は大変な嵐でした。
午後3時頃に会社を切り上げる方も多かったようですが、私は打ち合わせがあったため、午後4時過ぎに会社を出ました。ちょうどタイミングがよかったのか、雨風がそれ程ひどくない時間帯で電車もちょっと遅れた程度で無事帰宅。
家に到着した時間ぐらいにJRが止まってしまったので危ないところでした。

DSCF9740.jpg
2011年8月2日は上司が夏休みで不在で、先輩から「お昼に何かお弁当をとりませんか?」と聞かれたので、もちろん、オッケー。
出前館」で以前から食べてみたかった「高級焼肉弁当 からいや」というお店がありました。
このお店はいつも待ち時間がとても長くてなかなかチャレンジ出来なかったのですが、この日はいくらでもゆっくり待てるので初めて注文してみました。
午前11時50分ぐらいに注文すると60分待ちだったので、「食べるのは1時ですね~。」と長期戦を覚悟していたのですが、わずか40分ぐらい、12時半頃にお弁当が届きました。
とてもお腹が空いていたので、20分も早く到着してくれて、本当にうれしかったです。
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/04 06:00】 | 焼肉 | トラックバック(0) | コメント(2) |
祭茶屋 とき和  @四谷三丁目
ようやく桜がちらほら咲き始めたというのに、今日は先週の土曜日よりもさらにひどい嵐になるようです。
傘が吹き飛ばされるだけでなく、落下物がとても危険なので、みなさま、くれぐれもご注意下さい!

DSCF9681.jpg
2011年7月29日のランチは、上司が外へ食べに行こうと誘ってくれました。
このところ、しょっちゅう「魚鷹」に行っていたのでさすがに飽きたようで、久しぶりに四谷のしんみち通りに向かいました。
上司は大好物の中華料理屋さんに行きたかったようですが、目指していたお店もなく、知らないお店に入る勇気もなかったようで、どのお店に入るかなかなか決められないまましんみち通りを通り過ぎてしまい、新宿通りに出て四谷三丁目まで行ってしまいました(汗)。

DSCF9697.jpg
ようやく入店することになったのは和食の「祭茶屋 とき和(ときわ)」でした。
上司の前の事務所は四谷三丁目にあったので、その時代、行きつけのお店です。

DSCF9693.jpg
地下鉄四谷三丁目駅から新宿通りの左側をJR四ッ谷駅方面に向かって進み、最初に出た角を左に曲がり、すぐ右手の道に入ったところにお店があります。
路地なので、ややわかり辛い場所です。

DSCF9694.jpg
「とき和」は昭和56年7月にオープンしたお店だそうで、かなり歴史のあるお店です。

現在の四谷の事務所に移転してからも、上司に連れられて何度か訪問したことがあるのですが、ランチをやっているのは初めて知りました。
上司もランチについてはよく知らなかったようで、暖簾のない入口にがっかりしていたものの、店内をのぞくと営業していたので、早速入ってみることになりました。

DSCF9695.jpg
色紙のイラストに描かれているのは「とき和」のご主人の藤田新さんという方で、「もみあげ新さん」と呼ばれ、料理人としてテレビに出演したりレシピ本を出すだけでなく、演歌でレコードデビューしたこともあるそうで、マルチに活躍されていらっしゃいます。

DSCF9663.jpg
入店てみると、お店の人がどなたもいらっしゃらず、しばし立ち尽くしていました(汗)。
ランチタイムは奥の部屋で調理しているので、たまたま女将さんが奥に行ってしまうとフロアが誰もいなくなっちゃうようです。

DSCF9653.jpg
店内は昭和の雰囲気そのままで、入口すぐのところにテーブル席があり、奥に厨房とカウンターがあります。
2階に座敷席もあるそうです。
先客は3組ほどいました。

DSCF9662.jpg
灰皿があるので、喫煙はオッケーのようです。

上司も久しぶりの訪問のようでしたが、女将さんはちゃんと覚えていて喜んで下さいました。
私たちはカウンターの手前側に横並びで着席。

DSCF9691.jpg
「地養鳥」という鳥を使っていらっしゃるようです。

DSCF9692.jpg
部屋の片隅にはご主人の名前の入った提灯?がずらりと並んでいました。

DSCF9654.jpg
ランチメニューです。
全部で6種類あり、すべて850円です。
サイドメニューは4種類あり、100円か450円です。

この日の「新さんの気まぐれ定食」はカツ煮でした。
上司が注文したのですが、大きめの平たい鉄鍋に入ったカツ煮はボリュームたっぷりで、大食いの上司も大満足だったようです。

DSCF9664.jpg
私はもつ入り親子丼を注文したのですが、もつがもうないとのこと(泣)。
刺身定食が既に品切れでした。
うーん、本当に残念でしたが、親子丼をそのまま注文。ご飯少なめでお願いしました。

注文を終えると、お新香と一口お蕎麦が出てきました。

DSCF9665.jpg
小さな赤い器に入ったお蕎麦には薬味のネギがトッピングされていました。
外に大将の似顔絵と共にお蕎麦の紹介があったので、大将の手打ちでしょうか。

DSCF9666.jpg
作り置きだから仕方ありませんが、麺はのびていて柔らかかったです。
タレは甘じょっぱいしっかり味でした。

DSCF9667.jpg
お新香は、柴漬け、大根、キュウリと3種類も盛られていました。

DSCF9669.jpg
女将さんから、冷たいお水にするか、温かいお茶にするか聞かれました。
この日はそれ程暑い日ではありませんでしたが、3人とも冷たいお水を所望。

DSCF9670.jpg
出てきたお水は焼酎の水割りのような大きいグラスでした。

DSCF9671.jpg
親子丼用にということで、何やら壺が出てきました。
後からわかったのですが、親子丼はとても汁だくなので、レンゲが必要です。

DSCF9672.jpg
レンゲは鮮やかな緑色のもの。
こんなカラフルなレンゲ、初めて見ました。

DSCF9675.jpg
先にお味噌汁が登場し、最後に親子丼が出てきて全て出そろいました。

DSCF9676.jpg
親子丼は、大きなフタがついたとても立派な器で出てきました。
大きなフタがついていると、フタを開ける時にとってもワクワクしちゃいます。

DSCF9678.jpg
いただきま~す!


海老フライと煮込ハンバーグ定食 ご飯少なめ (850円)
DSCF9679.jpg
先輩も私と同じくもつ入り親子丼を希望したのですが、もつがなかったので、こちらのメニューに変更。
数ヶ月間外食を断って超ヘルシー生活をしていた先輩ですが、ここのところ、急に糸が切れたようにいろいろと食べるようになり、この日はこんな重たい組み合わせをお願いしていました(笑)。
ハンバーグもエビフライも丁寧に作られていて美味しく、ボリュームたっぷりだったとのことです。


親子丼 ご飯少なめ (850円)
DSCF9680.jpg
入店したのは12時40分頃、お料理を食べ始めたのは12時50分過ぎで、お腹ペコペコです。

DSCF9673.jpg
お味噌汁には三つ葉がたっぷりと浮かんでいました。

DSCF9690.jpg
お豆腐も入っていました。

DSCF9681.jpg
親子丼は、半熟の部分を少し残したたっぷりの卵がご飯を覆っていて、小さく切った鶏肉や三つ葉が顔をのぞかせていました。

DSCF9682.jpg
お肉は柔らかです。
前の写真にあった地養鳥なのでしょうか。

DSCF9684.jpg
メニューには「さっぱり味の新さん親子丼」と書かれていました。

DSCF9687.jpg
ダシはあっさり目ながらもしっかりとコクがあって、濃すぎず薄すぎずでとっても美味しい。

DSCF9689.jpg
汁だくなので美味しいお汁にしっかりとご飯を沈めて、レンゲでいただきます。
ご飯少なめでお願いしましたが、結構ボリュームがありました。

DSCF9686.jpg
デザートにバナナが出てきました。
写真は先輩との二人分です。


850円でデザートがついて、ボリュームたっぷりで、CPはとっても良かったです。
次にいつ来られるかわかりませんが、もつ入りもぜひ食べてみたいです。
帰りがけ、先輩の忘れたハンカチを女将さんが気付いてくれて、大変助かりました。


夜のメニューです↓
DSCF9656.jpg

DSCF9657.jpg

DSCF9658.jpg

DSCF9659.jpg

DSCF9661.jpg


2011年7月29日訪問時お店DATA
***************************
祭茶屋 とき和 (ときわ)
〒160-0004
東京都新宿区四谷3-6-5
営業時間 午前11時30分~
電話 03-3341-8993
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/03 06:00】 | 親子丼 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @麹町/市ヶ谷
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

いよいよ東京も桜の開花宣言が出ましたね!
四ッ谷・市ヶ谷界隈が1年で一番華やぐ時期に突入で、出勤する足取りが軽くなります(笑)。

本日アップする「俵屋」ですが、つい先週、久しぶりに出前の電話をしたら、出前を取りやめたとのことでした。

DSCF9633.jpg
2011年7月28日は午後早くに来客を予定していたので、早めにお昼の準備をすることにしました。
上司に何を食べたいか聞いたところ、「チャーハン。」との回答。
この界隈でチャーハンを持って来てくれるのは「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」だけ。
でも、「俵屋」は1つでは来てもらえないので、仕方なく私も一緒に注文することにしました。
「1つじゃダメなら餃子も。」と上司はいいますが、餃子はサイドメニューだってば!

外2

「俵屋」は出前だけでなく、店舗で食事も出来るし、持ち帰りのお弁当もあります。
お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を半蔵門方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの一つ先にある、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルの中にあります。

2009_0424画像0079
こちらは以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、出前でもよくお願いしていて2008年3月7日に訪問した「俵屋 市ヶ谷店」
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、2007年6月4日にランチを、2008年3月3日2010年8月13日にお弁当、2008年12月13日にディナーをいただいた、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日に訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

外1

こちらのお店は配達がかなり早いので、とても重宝しています。

前回出前をお願いしたのは2010年7月15日だったので、約1年ぶりです。

12時40分頃に電話で注文したところ、最近配達を担当する若い男性が電話を取ってくれました。
ところが、「ご住所はどちらですか~。」と聞かれると、「少々お待ち下さい。」と言われ、ほかの店員さんと何やら話していました。
こんな対応は初めてでビックリ。エリアによっては配達してもらえなくなったのでしょうか。でも、「俵屋」も事務所も六番町なのですが、、、。
結局、注文は通していただけました。

DSCF9630.jpg
混雑タイムを外していたからだと思いますが、なんと10分程度で配達してもらいました。
食べる準備すらしていなかった私たちはビックリ。
お腹空いていたので、本当にうれしいです。

DSCF9632.jpg
こちらのお店では割り箸とスプーンをとても特徴的なセッティングをしています。
まずお料理のお皿全体にラップをかけ、その上に割り箸やスプーンを置き、動かないように下三分の二ぐらいのところをもう1回ラップします。出来上がりは、まるでお皿の上にお箸やスプーンが浮いているように見えます。お皿を持ち歩いても、お料理の中身がこぼれないだけでなく、お箸もスプーンもビクともしません。この厳重なラッピングは、食べるときにはがすのが結構大変で、「おなかすいた~、でも、取れない~。」とジリジリしちゃうこともしばしば(笑)。

DSCF9631.jpg
久しぶりに注文したので、お箸をお断りするのを忘れてしまいました(汗)。
がっちりラップに巻かれているので、そのままいただくことに。

以前はお店オリジナルの割り箸でしたが、この日は一般のものでした。


東京チャーシューめん (950円)
DSCF9633.jpg
この日は30度に届かず、ひんやりするような気候だったので、温かい麺を食べようと思い、一番お高いチャーシュー麺を注文しました。

透明に澄んだスープには、たっぷりのチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、もやし、ワカメ、青菜、ゆで卵、メンマがトッピングされていました。
お高いお値段だけあって、結構具だくさんです。

DSCF9635.jpg
メンマはやわらかく、かなり甘い味付けでした。

DSCF9636.jpg
ナルトは何故かスープの色に染まっていました。

DSCF9638.jpg
チャーシューは5枚ぐらい。
バラ肉でしょうか、脂がたっぷりとついていますが、くどくなく食べられました。

DSCF9640.jpg
お肉によって柔らかかったり、歯応えがあったりいろいろな食感です。
程よくタレの味がしみていて、なかなか美味しかったです。

DSCF9639.jpg
スープはたっぷり脂が浮かんでいましたが、すっきりとしたお醤油味です。

DSCF9641.jpg
東京ラーメンなので細い縮れ麺だと思い込んでいたのですが、意外に太めなものでした。

DSCF9642.jpg
卵は味玉ではなくゆで卵で、黄身は固ゆでのものが半個分ついていました。


全体のボリュームはなかなかたっぷりでお腹いっぱいになりました。
それ程しょっちゅう利用していませんでしたが、配達がなくなったのは残念です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【 らーめん 】
  東京チャーシューめん  (2011年7月28日
  絶品 たんめん 野菜たっぷり  (2008年3月7日
  俵屋味噌らーめん 野菜・海鮮・玉子入り (2010年7月15日
  大辛・中辛が選べる担々麺・大辛  (2008年8月27日
  ワンタンめん  (2009年9月17日2009年12月24日
  カレーラーメン  (2009年4月24日
  旨い 五目うま煮そば  (2009年7月14日
  好評 ソース焼きそば  (2009年6月30日
  サッパリ塩味 上海焼きそば  (2009年3月10日
  バリバリ カタヤキソバ  (2008年5月8日
  チャーシューつけめん  (2009年6月10日
  味噌つけめん  (2009年6月25日
  ジャージャーめん  (2009年2月16日
  マーボメン (2009年6月19日
  冷し中華  (2008年10月2日
  黒酢冷し中華  (2009年5月20日
  大辛冷し中華  (2008年8月4日

【 ご飯もの 】
  マーチャン丼 麻婆かけチャーハン  (2008年3月24日
  中華丼  (2008年7月1日
  カレーのせチャーハン丼  (2009年3月19日

【 セットメニュー 】
  つけ麺セット ニラレバセット  (2008年12月4日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


新しくなったメニューです↓ 配達は2個以上からです。
2008_1205画像0098

2008_1205画像0101

2008_1205画像0103

2008_1205画像0099

2008_1205画像0100


ここからは午後5時以降のメニューになります↓
2008_1205画像0105

2008_1205画像0106

2008_1205画像0104


2011年7月28日配達時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX  03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
配達時間
[平日] 11:00~21:30 (16:00~17:00は休憩時間)
[土曜] 11:00~15:00
[日祝] 11:00~20:00 (16:00~17:00は休憩時間)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/04/02 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる