立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
今日で5月も最後です。
今月は有休を取ったので、久しぶりに仕事に追われた忙しい月末を過ごしています。
何とかがんばって無事6月を迎えねば!

DSCF0941.jpg
2011年9月14日のランチは、上司がお昼時に外出していたので、お弁当の先輩を置いて一人で外へ食べに出ようと思っていたのですが、お昼直前にバタバタしてしまい、事務所を出るのが遅くなってしまいました(汗)。
早ければ1時前に上司が帰ってきそうだったので、泣く泣く外出は諦め、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へお弁当を買いに行きました。
2日前に珍しく臨時休業していた「瓢箪」ですが、この日はちゃんと営業していました。

DSCF8639.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右に曲がります。
2つめのビルの1階がお店です。

DSCF8637.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2011年9月9日だったので、5日ぶり、9回目です。

DSCF8638.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違います。
だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF0936.jpg
お店に到着したのは12時30分近くでしたが、テイクアウトのお客さんは私のほかにもチラホラいらっしゃいました。

厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、とっても忙しそうです。

DSCF0938.jpg
立ち食い蕎麦屋さんなので店内は男性客が多いですが、テイクアウトは女性客が多いです。

先にお会計をしてからお料理の出来上がりを待ちますが、会計時に「お箸はいりません。」と伝えても、長年の習慣は変わらないようで、「わかりました。」とその時は言ってくれるものの、実際にはほとんどの場合そのまま袋に入れてくれるので、袋を受け取ったときにお箸を返却するようにしています。

DSCF0939.jpg
なんだかんだで「瓢箪」をよく利用しているので、冷たいメニューはとろろとわかめの2種類を残すのみ。あまりとろろな気分ではなかったので、冷やしわかめうどんを注文しました。
でも、この記事を書くときに過去ログをチェックしていたら、冷しわかめうどんは2011年6月15日に食べていました(汗)。

DSCF0940.jpg
容器は、プラスチック製のドンブリで、フタが透明で器は白です。

DSCF0776_20120526081045.jpg
おうどんの薬味として七味唐辛子が小袋でついています。


冷しわかめうどん (460円)
DSCF0941.jpg
うどんのトッピングは、ワカメ、ネギ、カマボコが3点セットになっています。
うどんが見えないぐらい、たっぷりのワカメでした。

DSCF0942.jpg
小口切りの長ネギも結構なボリュームです。

DSCF0943.jpg
カマボコは、とても薄くてフチがピンクで中が白の華やかなタイプでした。

DSCF0944.jpg
ワカメは大きいものや厚めのものがあったりといろいろです。

DSCF0946.jpg
七味唐辛子を最初に全部ふりかけて、いただきま~す!

DSCF0947.jpg
トッピングに揚げ物系がないので、ダシがあっさりし過ぎるかな~とちょっと心配でしたが、この日はそれほど気になりませんでした。

DSCF0948.jpg
おうどんはいつもどおり、ほんのりとダシの色に染まり、しっかりとコシがありました。


さっぱり系メニューなので、全体のボリュームはやや少なめです。
夕方にはお腹が空いちゃいました(笑)。
冷たいメニューの制覇まであと一つ!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 肉うどん (2011年7月21日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年9月14日訪問時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/31 06:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
タコライス屋「移動販売 tono cafe」  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
2日連続ですごい嵐になりました。
両日とも雨の降っている時間帯に外へ出なかったので、雨に降られず、ラッキーでした。

DSCF0927.jpg
2011年9月13日のランチは上司が出かけていて外食するチャンスでしたが、前日の夜に飲みに出かけていて体重がやや高めだったので、「千代田四番町ランチ屋台」のお弁当にしました。

この日は火曜日だったので、タコライス屋さんの「移動販売 tono cafe(トノカフェ)」です。

DSCF8312.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2011年7月5日だったので、約2ヶ月ぶり、7回目です。

DSCF6968.jpg
「トノカフェ」は、2011年3月15日からこの場所にやって来ました。

DSCF8311.jpg
お店の公式HPによれば、「トノカフェ」は、シェアハウスを経営するMurabito株式会社が展開していて、ご夫婦とわんちゃん2匹が運営しているとのことです。

大きな車にはオレンジや緑色などの鮮やかな彩りでペインティングされています。

DSCF8314.jpg
購入する人は車の左側に並び、注文後は車の右側に待つように言われます。
時折、このシステムがわからず、ちょっと迷っている人を見かけます。

お料理のメニューは車の右側にしか置いていないので、左側に出来た注文する列が長いと見ることが出来ません。
複数で買いに行っているときは交代で見ている人もいますが、一人だとなかなか難しいです。

DSCF6756.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
メニューは全部で4種類あり、お値段は650円か750円です。

DSCF6967.jpg
「トノカフェ」にやって来たたくさんの有名人の写真が飾られています。

DSCF6755.jpg
日テレ通りという大きな通り沿いにあるので、お店はいつも大混雑です。
でも、素早くお弁当が作られていくので、回転は早いです。

この日は事務所を少し早めに出て買いに行ったので、お店に到着したときは先客が2、3名しかいませんでした。
こんなに並ばずに済むのは珍しい!

DSCF9209.jpg
「トノカフェ」は東日本大震災の義援金を集めているだけでなく、被災地に炊き出しに行っていらっしゃるそうです。2011年9月にも予定しているとかで、継続的な援助に頭が下がります。

DSCF6751.jpg
タコライス屋さんですが、このお店のポイントはアボガドです。
アボガドの入るメニューには、一つのお弁当に付き、なんとアボガド半個が入ります。
アボガド大好きな私はワクワクしちゃいます。

DSCF6969.jpg
車の中にアボガドが箱ごと並んでいて壮観です。
ものすごく素早い手つきで、アボガドを半分に割って中身をくるんと取り出していて、見ているのがとっても楽しいです。

DSCF8841.jpg
トッピングもいろいろあって楽しめます。

DSCF8313.jpg
こちらのお店、以前は男性が売り手で作り手が女性だったと思うのですが、車の中でお料理を作るなどしている女性がもう一人増え、3人体制になっていました。
屋台を3人で回しているのを見るのは初めて。

DSCF8315.jpg
最近、千代田四番町ランチ屋台でお弁当を購入するのに小さいビニール袋を毎回いただいちゃうのがもったいなくて持参するようにしていますが、「トノカフェ」だと流れ作業でお弁当が出てくるので、袋を持参したことを申告しにくく、そのまま持ち帰り袋に入れてもらってしまうことが多いです。

DSCF0926.jpg
この日は新メニューは見当たらなかったので、サルサソースをトッピングしたアボガドスパム丼を注文。

お弁当の容器は紙パックです。
なので、底を手で持つとかなり熱くなっています。

DSCF8844.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
スプーンは薄い木製です。

DSCF8318.jpg
こちらも以前撮影した写真です。


アボガドスパム丼(650円)+サルサソース(100円)=750円
DSCF0927.jpg
お店のメニューによれば、アボガドスパム丼は半分まるまるアボガド、カリカリスパム、温玉、刻みのり、特製甘辛タレ、マヨネーズが入っているとのこと。

DSCF0928.jpg
アボガドにはマヨネーズソースがた~っぷりとかかっていて、全体的に白くなっています。

DSCF0932.jpg
アボガドは熟しきっておらず、少し青臭さがあってかためでしたが、さっぱりしてよかったです。

DSCF0929.jpg
トッピングしたサルサソースはスパムの上にかけられて、色合い的にかぶっていて、ぱっと見にはサルサソースがあまり目立ちません。
実際に食べてみると、ピリっとした辛みがあって、とても存在感がありました。

DSCF0930.jpg
アボガドスパム丼の場合、温玉はあらかじめお弁当の中に入っています。

DSCF0933.jpg
途中から温泉玉子を割って、黄身のまろやかさを楽しみました。

DSCF0935.jpg
スパムの塩気、マヨネーズソースのこってりさ、サルサの辛みなどが混じり合って、美味しい。

DSCF0931.jpg
ご飯のボリュームは普通です。

以前アボガドスパム丼を食べたとき、スパムは美味しいものの、全体的にあっさりとしていた印象がありましたが、サルサをプラスしたら、全体的に味わいが複雑になってご飯がとても進みました。
基本的なメニューは全て食べたので、これからはいろいろトッピングを楽しみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 オリジナルタコライス (2011年5月24日
 ホットチリタコライス (2011年5月17日
 アボガドタコライス (2011年4月12日
 アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
 アボガドスパム丼 (2011年4月19日
 アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日

 タイ風チキンタコライス (2011年7月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日
水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  レッドカレー  (2011年4月21日
  グリーンカレー (2011年5月12日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年9月13日購入時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
タコライス屋「移動販売 tono cafe」 (とのかふぇ)
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 火曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/30 06:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 Green gourmet 市ヶ谷駅店  @市ヶ谷
2013年5月13日追記

DSCF6925_20130513084423.jpg
2013年5月8日、朝、市ヶ谷駅に行ったところ、「グリーングルメ」が閉店しているのに気付きました。

DSCF6924_20130513084421.jpg
店舗改装工事のため、2013年4月30日に閉店したとのことです。

************************************

今朝午前1時半過ぎの地震は久しぶりだったこともあり、「でっかい!」と飛び起きちゃいました。
大きく揺れたのは3月14日以来?
このところ少し落ち着いていて少し気が緩んでいたので、地震への備えをしっかりしなきゃと改めて心を引き締めました。

DSCF0918.jpg
2011年9月12日は週の最初の月曜日。
上司が不在だったので外へランチを食べに行くチャンスでしたが、月曜日だというのに夜飲みに行く予定があったので、軽めのランチにすべく、12時過ぎに「瓢箪」へ向かいました。

DSCF8639.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
前週の金曜日に続く「瓢箪」でしたが、体重のためには背に腹は替えられません(汗)。

DSCF0901_20120526082824.jpg
ところが、お店に到着してみると、ビックリ!臨時休業でした。
こんなこともあるんだ、、、と、しばし呆然(泣)。
「瓢箪」を利用するようになってから初めてのことでした。
蕎麦が入荷できなかったとか?!

時間がなかったので、「瓢箪」からそれ程遠くない「Green gourmet(グリーン・グルメ) 市ヶ谷駅店」に久しぶりに行きました。

DSCF5963.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
「グリーン・グルメ」はJR市ヶ谷駅と直結していて、2階建ての建物の1階にあります。
この建物の2階にはスターバックスコーヒーと、2007年10月11日に朝食を、2009年6月23日にランチをした「TO THE HARBS 市ヶ谷店」が入っています。

2010_0810画像0002
こちらも以前撮影した写真です。
Green gourmet」は、デパ地下のお総菜やさんで有名な「RF1」を展開する株式会社ロックフィールドのブランドです。

公式HPによれば、「グリーン・グルメ」は「Greenは野菜、健康、それらを育む環境、そしてエコを表し、Gourmetは 食にこだわりを持つ人、美味しさを求める人、つまり食文化に精通した人を表しています。環境と食にこだわるお客様に、日常使いをしていただける和・洋・アジアの枠を超えた野菜いっぱいのGlobalなSOZAI(サラダ)を提案いたします。」とのことです。
関東地方を中心に、全国で23の支店があります。

DSCF5960.jpg
この場所には2010年2月26日にお弁当を食べた「そうざいや [地球 健康 家族] 市ヶ谷店」がありましたが、2010年春頃にリニューアルをして「グリーン・グルメ」」になりました。

DSCF5809.jpg
フロアは広くて右と左の両方にカウンターがあります。
真ん中に置かれた棚にはお弁当やお総菜がたくさん並んでいました。

DSCF5811.jpg
売っている商品は、おにぎり、巻物、のり巻き、サンドウィッチ、ドンブリ、お弁当、お総菜などなど、かなり幅広く、どれを買おうか、かなり迷っちゃいます。

DSCF5812.jpg
こちらはお店の一番奥の場所で、その向こうが厨房になっていました。

DSCF5810.jpg
前回お弁当を購入したのは2011年3月17日だったので、約半年ぶりです。

DSCF5815.jpg
左手にはジュースとスープの販売スペースとレジがありました。

DSCF0906.jpg
ドリンクのラインナップをみてみると、ジュースだけでなくしょっぱいスープもあったので、じゃがいもの冷製ポタージュを購入してみました。

DSCF5962.jpg
お店の手前側、道路沿いはイートインスペースになっていて、テーブルやイスが並んでいます。

DSCF0902_20120526082823.jpg
こちらのお店はお弁当の種類がとっても多く、どれを買おうか本当に迷います。
でも、実は麺類は多少あるものの、ほとんどがご飯メニューで、パン系はほとんどありません。
なので、このお店ではレアなパンメニューを買ってみることにしました。

DSCF0903_20120526082822.jpg
サンドイッチは、値札を見ると2種類あるはずなんですが、残っていたのは1種類だけでした。

DSCF0904.jpg
これだけじゃさすがに少ないな~と思い、そのお隣にあった韓国風ライスロールも購入。

DSCF0905.jpg
店内はお弁当を買うお客さんがかなりいましたが、そのほとんどが女性でした。

DSCF0907.jpg
商品の温度が違うので、スープとそれ以外のものをわざわざ別袋に入れてくれました。
お箸は断ったのですが、咄嗟で言葉が出なくて、ありがたく袋を2ついただいちゃいました。
さすが天下のRF1。お値段が高いだけあって、とっても贅沢で惜しみないサービスです。

DSCF0908.jpg
ビニール袋から商品を取り出してみたら、さらに別の袋で梱包されていました(汗)。

DSCF0909.jpg
包み袋をのばしてみると、可愛くデザインされて、メッセージ入りです。

DSCF0910.jpg
この日購入したのはサンドイッチ、ライスロール、スープの3種類。


長兵衛玄米でヘルシー 韓国風ライスロール(399円)+照焼きチキン&エッグサンド(336円)
+じゃがいもの冷製ポタージュ(350円)=1,085円
DSCF0918.jpg
いただきま~す!

合計すると1,000円を超えで、なかなかお高いランチになりました。

DSCF0914.jpg
スープはこぼれないよう、フタの上からセロハンテープでとめてありました。


じゃがいもの冷製ポタージュ
DSCF0920.jpg
ビシソワーズは、カップの大きさの割にはあまりたくさん入っていませんでした。
真っ白のスープは滑らかな口あたりで、旨味があるけれども後味はサッパリ。
まさに夏向き!なお味です。

DSCF0911.jpg
韓国風ライスロールは四角い黒い容器に入っていて、透明なフタがかぶせてあります。

DSCF0913.jpg
ちょっと破れちゃいました(汗)。
消費期限は当日です。
食品添加物や原材料名が詳しく記載されていました。


長兵衛玄米でヘルシー 韓国風ライスロール (399円)
DSCF0915.jpg
一口大に切ったライスロールが4つです。

DSCF0916.jpg
一つだけ中に巻き込んだレタスが飛び出させ、彩りのポイントになっていました。

DSCF0917.jpg
ライスロールの中には小さくカットされた野菜や春雨?などいろいろなものが入っています。
ほんのりした甘さを感じ、ゴマ油の味もしました。
玄米なのでプチプチ感があって、少しかためなご飯は私の好みです。

DSCF0912.jpg
サンドイッチはプラスチックの透明な容器に入っていました。


照焼きチキン&エッグサンド (336円)
DSCF0919.jpg
2種類のお味が一つずつです。

DSCF0925.jpg
サンドイッチのパンには黒ごまがた~っぷりと入っていました。

DSCF0922.jpg
エッグサンドには、かなりのボリュームの固ゆでの卵がはさんであります。
シンプルですが、間違いない美味しさでした。

DSCF0924.jpg
照焼きチキンは、やや薄めなカットながら、とっても美味しそうな茶色に染まったお肉です。
お肉の下には野菜も敷いてありました。
照焼きチキンなのでタレの味付けには甘みがありましたが、とてもあっさりとした感じで、甘さが苦手な私でもとても美味しく食べられました。

DSCF1095_20120526082605.jpg
この日のレシートです。


お店で買ったときは、お値段も1,000円超えちゃったし、買い過ぎちゃったかな~と後悔していたんですが、食べてみるとボリュームはそれ程でもなく、ペロリと平らげられ、午後5時ぐらいには結構おなかが空いちゃいました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆ これまでに食べたメニューです↓ ◆・◇・◆・◇・◆・◇

彩り野菜と豚肉のしょうが焼きDON (2010年5月27日
長兵衛玄米ご飯 (2011年3月9日
2人で愉しむSOZAIセット (2011年3月9日
カリじゃこディッシュサラダ (2011年3月17日
10品目野菜のまぜまぜタコライス (2011年3月17日
長兵衛玄米でヘルシー 韓国風ライスロール (2011年9月12日
照焼きチキン&エッグサンド (2011年9月12日
じゃがいもの冷製ポタージュ (2011年9月12日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年9月12日購入時お店DATA
************************
Green gourmet 市ヶ谷駅店 (グリーングルメ) 
〒102-0076 
東京都千代田区五番町2 市ヶ谷駅1階
電話&FAX 03-3263-1237
営業時間 
[平 日] 7:00~22:00
[土日祝] 8:00~21:00
定休日 無休
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/29 07:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(2) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
週末は気温が上がって暑くなりましたが、とてもいいお天気でしたね~。
早いもので5月も今週で終わり。
月末に向けてしっかり仕事をしなければ!
今月はちょっと仕事が多く残っていて、バタバタしそうです(汗)。

DSCF0777_20120526081045.jpg
2011年9月9日は、上司がお昼に出かけていたので外へランチを食べに行くチャンスでしたが、この日の夜は会社関係の飲み会があったので、体重のことを考えると軽めにしなければならず、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」のテイクアウトをすることにしました。

DSCF8639.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右に曲がります。
2つめのビルの1階がお店です。

DSCF8637.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2011年8月30日だったので、10日ぶり、8回目です。

DSCF8638.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違います。
だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF8635.jpg
12時に事務所を出て「瓢箪」に到着すると、窓口にはそれまで誰もいなかったのに、急に私を含めて4人も集まりました。

厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、とっても忙しそうです。

DSCF8636.jpg
立ち食い蕎麦屋さんなので店内は男性客が多いですが、テイクアウトは女性客が多いです。

注文したときに女性の店員さんに「お箸はいらないです。」とお願いしましたが、他の注文もあって忘れられていましたので、いったん袋を受け取ってから、中に入ったお箸を取り出して返却しました。

DSCF0775_20120526081046.jpg
この日は夏がぶり返したように湿気が多くて暑い日だったので、冷し山菜きのこうどんを注文。
私以外のテイクアウトの人もほとんどがおうどんでした。
持ち帰りをするなら、おうどんの方がのびにくくて良いような気がします。

肉うどんの容器は、プラスチック製のドンブリで、フタが透明で器は白です。


冷し山菜きのこうどん (490円)
DSCF0777_20120526081045.jpg
こちらのお店では、ワカメ、ネギ、カマボコがトッピングの3点セットになっています。
それに、このメニューのメインである山菜ときのこがついていて、さらに天かすがたっぷりと添えられていました。

DSCF0780.jpg
トッピング3点セットのうち、ワカメが見当たらなかったかも。
カマボコは、とても薄く、フチがピンクで中が白の華やかなタイプでした。
小口切りの長ネギがたっぷり。

DSCF0781_20120526081004.jpg
私は山菜が大好きで、お蕎麦屋さんでは山菜が入ったメニューを頼むことがとても多いです。
2011年6月8日に食べた冷しめかぶそばにはかなりたっぷりめかぶが入っていたので、この日とっても期待したのですが、それほどでもありませんでした(汗)。

DSCF0779_20120526081043.jpg
きのこはなめこです。

DSCF0778_20120526081044.jpg
たっぷりの天かすが意外でした。
最初見たとき、「あれ? タヌキと間違えられたかな?」と勘違いしたぐらいです。

うどんのツユは最初はさっぱり味でしたが、時間が経つにつれて天かすの旨味が広がってコクが増しました。

DSCF0776_20120526081045.jpg
おうどんの薬味として七味唐辛子が小袋でついています。

DSCF0782_20120526081004.jpg
七味唐辛子を全部ふりかけて、いただきま~す!

DSCF0783_20120526081003.jpg
おうどんはしっかりと冷えていたのが嬉しかったです。
冷えていたせいか、いつもよりもかなりコシを感じました。
1本ずつ手繰っていただきました。

DSCF0784.jpg
ちょっと写真だとわかりにくいですが、ナメコはかなり大きなサイズのものも入っていました。


全体のボリュームは普通~少なめです。
うどんのおつゆも全て飲み干したので、その時はお腹いっぱいになりましたが、午後4時過ぎにはお腹空いちゃいました。
「瓢箪」の冷たいメニューも残り後1種類になりました。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 肉うどん (2011年7月21日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年9月9日訪問時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/28 06:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
【ランチ休業】 会津地方アンテナ居酒屋 会津 赤べこ  @市ヶ谷
2013年4月19日追記

2013年4月17日、通りかかった際、ランチ営業をやめているのに気付きました。

DSCF5848_20130419081400.jpg
メニューを増やしたり金額を下げたりといろいろ試行錯誤していたようでしたが、うまくいかなかったのでしょうか。

**********************************

今日は金曜日でしかもお給料日♪
勤め人にとって、こんなに嬉しいことはありません(笑)。
みなさま、楽しい週末を☆

DSCF8190_20120522054014.jpg
2012年4月6日は上司が出張で不在だったので外へランチを食べに出ようと思い、上司がちょうど事務所に戻るところだったので、四ッ谷駅付近でバッタリ会わないよう市ヶ谷方面へ向かいました(笑)。
先輩はお弁当を持ってきていたのに、どうしてもカップラーメンが食べたくなったとのことで、市ヶ谷のローソンまで買いに行ったので、交差点まで一緒に行きました。
ところが、先輩と別れた直後、会社でおつきあいのある事務職員さんにばったりと遭遇し、久しぶりに会ったのと、その方は半ドンで帰るところだということで、20分程立ち話してしまいました(汗)。

DSCF8175.jpg
ランチに出るのを諦めて「瓢箪」でうどんでも買って帰ろうかなと~と先輩に電話したところ、上司もいないし、大丈夫とのことで、そのままお店に食べに行きました。

DSCF8208_20120522053824.jpg
この日向かったお店は、前日「市ヶ谷経済新聞」に紹介されていた「会津地方アンテナ居酒屋 会津 赤べこ(あかべこ)」です。お店がランチ営業をしていると知り、早速行ってみました。
場所は外堀通り辺りぐらいしかわからずに行ったのですが、すぐに見つけることができました。

DSCF8203_20120522053923.jpg
JR市ヶ谷駅を出て左に曲がり、お堀を越えて外堀通りの交差点を渡って右に進みます。
少し行った左側に戸塚ビルがあり、「赤べこ」はその2階と3階です。

DSCF8205.jpg
「赤べこ」は、会津若松市に本社を構える「エキスパートAIZU」という人材派遣会社が運営する福島会津地方のアンテナ居酒屋で、2012年3月26日にオープンしました。
会津地方の歴史や酒、米を飲食店という形の中で伝えていくことを目的としていて、郷土玩具「赤べこ」や観光パンフレット、ポスターなどを配置した店内で、会津地方の郷土料理や地酒をメーンに提供するとのことです。

DSCF8206_20120522053826.jpg
日本酒を出すお店らしく、杉玉が飾ってありました。

この場所はお店の出入りがとても激しいです。
2008年6月13日2008年8月21日にランチ訪問した「名物 塩ちゃんこ食神 市ヶ谷店」がありましたが、2009年の後半頃でしょうか、いつの間にか閉店していました。
その後、2009年12月に「さかなさま 市ヶ谷店」がオープンし、2010年4月20日にランチ訪問しましたが、2011年9月12日に休業し、しばらくそのままになっていました。

DSCF8207.jpg
お店の前にランチメニューの看板が出ています。
線が細く写ってしまい、文字が読めないですね(汗)。

DSCF8202_20120522053923.jpg
細い階段をのぼると、開店祝いの大きなお花が飾られていました。

以前は2階と3階で禁煙と喫煙でフロアを分けていたようですが、特に聞かれなかったので、今のお店はそのようにはしていないのでしょうか。
とりあえず2階に入ってみると、そのままテーブルに通されました。

DSCF8201_20120522053924.jpg
階段の空いたスペースには、會津の観光ポスターとでっかい赤べこが飾られています。

DSCF8180.jpg
入口から左にある部屋は意外とこぢんまりとしていましたが、外堀通りに向かって大きなガラスの窓があるのでとても明るいです。

DSCF8199_20120522053926.jpg
私は入ってすぐ右手にある4人用のテーブル席に着席。
先客は3組程で、少なかったです。

DSCF8200_20120522053925.jpg
市ヶ谷駅前の大きなビルがとてもよく見えます。

DSCF8179.jpg
壁際の大きな冷蔵庫には美味しそうな日本酒がずらり。
福島のアンテナショップだけあって、東京ではあまり手に入らない貴重な地酒をいろいろと取り揃えているようです。
帰りがけ、このお酒を眺めていたら、店員さんから「日本酒お好きですか?」と声をかけられちゃいました(汗)。

DSCF8181.jpg
左にある茶色い箱に入ったお酒は「飛露喜」の純米吟醸です。
偶然、ちょっと前に四谷の「鈴傳」で購入したばかりでした。

DSCF8178.jpg
卓上にお茶のポットと湯飲み茶碗が置いてあるので、セルフで入れます。

DSCF8182_20120522054140.jpg
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF8177.jpg
ランチメニューはわずか2種類と、とってもシンプルです。
福島の郷土料理であるソースカツ丼と日替りで、どちらも800円です。
この日の日替わりはチンジャオロース丼でした。

DSCF8184_20120522054100.jpg
私はせっかくなので、ソースカツ丼をご飯少なめで注文しました。

福島県の郷土料理のお店というと、2009年9月28日にオープンし、2009年10月27日にランチ訪問した「旬菜料理 會津や まっちゃん」というお店がありましたが、東日本大震災のあと2011年3月末に閉店しています。

DSCF8185_20120522054059.jpg
しばし待って、お料理が登場!

DSCF8186_20120522054058.jpg
ソースカツ丼は背の低い平たい大きなドンブリに入っていて、フタ付きです。
フタ付きの器って、開ける瞬間にドキドキして、期待が高まります。


会津名物 ソースカツ丼 ご飯少なめ (800円)
DSCF8187_20120522054058.jpg
黒い長方形のお盆に、メイン、お味噌汁、お新香、お箸がのせられていました。

DSCF8189_20120522054056.jpg
お新香は紫色の柴漬けです。

DSCF8188_20120522054057.jpg
お味噌汁はワカメとお揚げの入ったシンプルなものでした。

DSCF8190_20120522054014.jpg
オープン!
ご飯の上にキャベツの千切りを敷いて、ソースかつがのせられていました。

器が大きいせいか、ちょっとカツがちっちゃく見えちゃいます(汗)。
お値段を考えれば当然ですが、このサイズのカツなら普通の丼の方が見た目がいいかも。

DSCF8191_20120522054013.jpg
ドンブリのフチにたっぷりのカラシが添えられていました。

DSCF8192_20120522054012.jpg
カツはあらかじめ一口サイズに切ってあります。
厚みはほどほどで、中までしっかり火が通っていました。

DSCF8194_20120522054011.jpg
奥の方に脂身がついています。
カツは衣がサクッとしていて、程よい歯応え。
ちょうどよい味付けで、そのまま食べても美味しかったです。

DSCF8193_20120522054012.jpg
カツとご飯の上に敷いたキャベツを一緒に食べると、とてもさっぱりしました。

DSCF8196_20120522054010.jpg
ご飯の方にもタレがかかっています。

DSCF8197_20120522053926.jpg
カツにカラシをたっぷりのせて食べてみると、こちらもかなりさっぱりとしました。
あまり辛くないな~と思ってキャベツに絡めて食べてみたら、結構辛かったです(汗)。

DSCF0157_20120525045343.jpg
帰りがけ、レジでポイントカードやかわいい赤べこのストラップをいただいちゃいました。
この赤べこ、小さいのにちゃんと首が動きます。


揚げ物を食べたのでお腹にたまりましたが、全体のボリュームは普通です。
入れ替わりの激しい大変な立地ですが、福島県の復興と共に是非がんばって欲しいです。
私は美味しい地酒を飲みに夜に来てみたいな。


ポイントカードです↓
DSCF9605_20120522053824.jpg

DSCF9606_20120522053823.jpg


2012年4月6日訪問時お店DATA
****************************
会津地方アンテナ居酒屋 会津 赤べこ (あかべこ)
〒162-0843 
東京都新宿区市谷田町1-2-1 市ヶ谷戸塚ビル2・3階
TEL 03-3269-8729
FAX 03-6228-1820
営業時間
[昼] 11:00~14:00(L.O.13:30)
[夜] 17:00~23:00(L.O. フード 22:00 ドリンク 22:30)
定休日 日・祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/25 07:00】 | 郷土料理 | トラックバック(0) | コメント(5) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨日は朝けっこう寒かったのに、昼間はとっても暑くなりました。
帰るとき、朝着ていた上着が邪魔でしょうがなかったです。
寒暖差があると、身体が辛いだけではなくこういうことも面倒です(汗)。

DSCF0739.jpg
2011年9月7日は上司が不在の日でした。
前日は夜9時スタートのディナーで「鮨さいとう」に出かけたのですが、ランチを軽めにしたからなのか、お寿司だったからなのか、この日の朝の体重はそれ程変わらなかったので、ちょっと豪華なランチを食べちゃおうと、「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」のテイクアウトをすることにしました。
この話を先輩にしたらすごく羨ましがって、結局持って来たお弁当を冷蔵庫にしまって翌日に回し、一緒にお弁当を買いに行くことになりました(笑)。

外観

お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進み、交差点を1つ越え、コンビニのファミリーマートの一つ先に、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF0729_20120521195424.jpg
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
出前をやっていた頃はよくお願いしていて2008年3月7日に訪問した「俵屋 市ヶ谷店」
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
お弁当をよく買い、2007年6月4日にランチ2008年12月13日にディナー訪問した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

2010_0814画像0002
こちらも以前撮影した写真です。
お店はビルの2階にありますが、ビルの1階の表のところにたくさんのメニューが出ています。

2010_0814画像0001
こちらも以前撮影した写真です。
午後4時まで、ピッツァが特別サービスになります。
特別サービスはいつもやっていますが、その時々でメニューが変わります。

メニュー

こちらも以前撮影した写真です。
メニューは驚くほどたくさんの種類があります。
お値段は中心価格帯が1000円近くてお高めですが、どれもかなりのボリュームです。

2010_0814画像0007
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF0728_20120521195425.jpg
階段の途中に大きな本日のスペシャルのメニューが出ていました。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
12時頃に先輩が電話して持ち帰りのお弁当をあらかじめ注文しました。
忙しい時間帯だから少し待たされるだろうなぁと思っていたのですが、10分で出来るとのこと!
慌てて準備をして外へ出ました(笑)。

2010_0814画像0005
「ラ・タベルナ」は1977年創業の老舗で、この時点でなんと34周年!
写真は去年撮影したものなので、古いです(汗)。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF0189_20120411202953.jpg
こちらはランチのテイクアウトメニューです。
種類がとても豊富で、しかも、お店で食べるよりお安くなります。

メニュー

店内には所狭しとたくさんのメニューが貼られていて、さらにそれらを組み合わせたり量を多くしたり減らしたり、変幻自在です。

到着したのは12時15分位だと思いますが、既にほぼ満席で、相変わらずの人気でした。
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
この日も出来上がったお弁当が置かれていました。

2010_0814画像0008
こちらは以前撮影した写真です。
この日はフォークはお断りしました。

たった2つのスパゲッティのお弁当なのに、ビニール袋を持つとずっしりと重さを感じます。
さすが「タベルナ」です。

DSCF0730_20120521195423.jpg
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪
容器は全く同じなので、店員さんがどちらがどちらかちゃんと教えてくれます。
また、フタにボールペンでメニュー名が書かれていることが多いです。

DSCF0731_20120521195423.jpg
前回お弁当を購入したのは2011年8月11日だったので、約1ヶ月ぶり、4回目です。

DSCF0732.jpg
先輩が初めてペンネを頼んだので、フタにはカタカナで「ペンネ」と書かれていました。
かなりの忙しさだったのでしょうか「ネ」がかなりやばいです(笑)。

DSCF0733_20120521195421.jpg
私は34周年?で特別にお安くなっている渡り蟹のトマトクリームソーススパゲッティを注文。

DSCF0734_20120521195339.jpg
私のお弁当の容器のフタには「Watari?」と書かれていました。
ペンネと渡り(蟹)だったら、ペンネの方が横文字で書きそうなものですが(笑)。

DSCF0735_20120521195338.jpg
いただきま~す!


渡り蟹のトマトクリームソース <スパゲッティ> (900円)
DSCF0739.jpg
スパゲッティは、器のかなりギリギリな位置までたっぷりと入っていました。

DSCF0741_20120521195253.jpg
中央にはパセリがトッピングされています。

DSCF0740_20120521195254.jpg
渡り蟹は豪快に半分に切ってありました。

DSCF0742.jpg
麺は細く、ボリュームたっぷり。

DSCF0743_20120521195252.jpg
スパゲッティを食べ進めていたら、渡り蟹の半身がさらに下から出てきました。
結局、まるまる1匹分が入っています。
身もかなり食べるところがあり、手がベタベタに汚れるのも気にせず、むしゃぶりついちゃいました(笑)。
太い足には、ちゃんと切れ目が入っています。
渡り蟹の美味しさを満喫できました。

DSCF0744.jpg
クリームが入っているからでしょうか、下の方は出来たて熱々のままです。
猫舌の私には食べるのが辛い程だったので、全体を混ぜるようにして冷ましながら食べました。


牛すじと野菜入りミートソース <ペンネ> (900円)
DSCF0736_20120521195337.jpg
先輩は牛すじと野菜入りミートソースをペンネで注文。

DSCF0737_20120521195337.jpg
「ラ・タベルナ」では初めてのペンネで、私も食べたことがありません。

DSCF0738_20120521195336.jpg
たっぷりのボリュームで美味しくて、前回の冷たいパスタとは違い、大満足だったそうです。


クリームソースはこってりし過ぎない濃厚さで、美味しかったです。
ボリュームたっぷりで、スパゲッティなのに夜まで全く空腹感を感じませんでした。
メニューがたくさんあるので、いろいろと食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
  オムライス  (2008年3月3日
  トンノ  (2010年8月13日
  アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  渡り蟹のトマトクリームソーススパゲッティ (2011年9月7日

[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF0189_20120411202953.jpg

DSCF0190_20120411202953.jpg

DSCF0191_20120411202952.jpg

DSCF0192_20120411202951.jpg

DSCF0193.jpg


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2011年9月7日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2F
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/24 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(1) |
鮨さいとう  @溜池山王
昨日は季節外れの寒さの上に、激しい雨風で大変な一日でした。
スカイツリーではオープン初日なのにエレベーターが止まってしまったようで、観光していた人たちも大変だったようですね。
今日は一転して夏日になりそうです。
気温差がとにかく激しいので、体調管理にくれぐれもご注意下さい☆

DSCF0692.jpg
2011年9月6日の夜、食べ仲間の友人と溜池山王にある「鮨さいとう」に行きました。
この日の食事会は、もともとは私の誕生日のお祝いにどこかとっておきのお店に行こうという企画だったので、これまで行ったことのなかった高級寿司店にチャレンジ!
当然大きな出費になるので、いろいろ調べた結果、こちらのお店に決めました。
鮨さいとう」はミシュラン三つ星ということもあってとにかく予約が大変で、友人が予約を入れてくれたのですが、一番直近で空いている日が一ヶ月後の火曜日、しかも、夜9時からでした(汗)。
当日は出勤途中にATMでお金をおろし、ランチはとろろそばと軽めにし、準備万端です(笑)。

DSCF0711.jpg
台風12号が過ぎた後もお天気が不安定で、この日も夕方から突然雨が降り始めました。
傘を持つのが嫌いなので傘は持たずに四谷を出たら、溜池山王に到着したらひどい雨(汗)。
改札横にある本屋さんで時間を潰し、小降りになったところでお店に向かいました。

溜池山王駅を出たら外堀通りを虎ノ門方面に歩き、特許庁前交差点を右折します。
大通りにぶつかってもそのまま道なりに進むと、米国大使館前交差点のところに自転車会館があります。

実際には私はもっと細い道を歩いていたので、2008年11月7日に訪問してとっても美味しかったオーストリア料理の「カーウントカー」の前を通り過ぎて、自転車会館に向かいました。
ビルに到着したのですが、飲食店はあるものの、「鮨さいとう」が見当たらない(汗)。
周りのビルを全て見ましたが、やはりここが自転車会館。
アメリカ大使館がすぐそばなので警備の人に聞いてみたのですがよくわからず、予約時間も迫っていたのでお店に電話をかけたところ、すぐに店員さんが傘を手に迎えに来てくれました。
忙しいところ、本当に申し訳なかったです。
お店はビルの駐車場へに入り、右手奥にありました。

DSCF0712_20120522062351.jpg
ようやく辿り着いた店内はとても明るく、落ち着いた内装です。
ただしスペースはとても狭く、席はわずか7席。
ご主人の真ん前の真ん中2つが私たちの席でした。
メチャメチャ緊張します。

DSCF0702.jpg
どうにか苦労して辿り着いたのに、友人は仕事で少し遅れることになりました(汗)。

壁にあるこちらの扉、以前お茶の水にある山の上ホテルの天ぷら屋さんで見たことがあったので、店主さんに「氷室ですか?」と聞いてみました。
冷蔵庫と違って湿度が高いので、同じ温度で置いておいても、ネタのしっとり感が違うそうです。

DSCF0651_20120522063235.jpg
仕方なく先に生ビールを注文し、チビチビと飲みながら友人を待ちました。

ご主人はとてもきさくで人あたりがよく、「お食事はお待ちになりますか? お腹空いちゃいますね。」とか、気軽に声をかけてくださったので、高級鮨初心者の私にはとても安心できて、居心地が良かったです。

DSCF0652_20120522063235.jpg
こちらは濡れおしぼりです。
お寿司を食べるなどで手が汚れたときにこちらで拭きました。


生ビール
DSCF0650_20120522063236.jpg
うすはり?のグラスに入った生ビールは、泡がきめ細かく、とってもよく冷えていて美味しかったです。
銘柄は特に言われず、私も聞かなかったので不明です。
仕事のあとのビールは旨し。
友人を待たねばならないのに、どんどん飲んじゃいました(笑)。

DSCF0655_20120522063233.jpg
友人が予定より15分ほど遅れて到着。
さっそくお食事スタート!

お寿司を置く厚みのある立派なお皿が目の前に出てきました。


アワビ
DSCF0654_20120522063234.jpg
最初にお塩とお醤油が出てきます。
でも、基本的におつまみもお寿司も味付けされているので、好みでいただきます。
結果的に私はほとんど使いませんでした。

DSCF0657_20120522063233.jpg
おつまみの一品目はアワビでした。
緑色の小さな器に氷とかぼす?の輪切りが浮かんだ中に、厚めにカットされたアワビが2つ。
氷水に浮かんでいるので冷え冷えなのかと思っていましたが、それ程でもありませんでした。

DSCF0659_20120522063153.jpg
厚めにカットされているので、歯応え抜群。
コリコリ、むちむちした食感がたまりません。もちろん、美味しい!
お水は塩水のようで、ほんのり味が付いています。
店主さんは「味が足りなかったらお塩をつけてください。」とおっしゃっていましたが、そのままで充分美味しかったです。


おつまみ三種盛り
DSCF0660_20120522063152.jpg
次に、小さなお皿に3種類のおつまみがのせられて出てきました。
右上から時計回りに茹でたシャコ、煮ダコ、蒸しアワビで、ワサビが添えられています。
それぞれ2つずつあるので、一つはそのままいただき、もう一つはワサビをのっけていただきました。


茹でシャコ
DSCF0661_20120522063152.jpg
ふっくら柔らかなシャコは、淡泊なお味でした。


煮ダコ
DSCF0664_20120522063150.jpg
とても柔らかでしたが、私は甘い味付けが苦手なので、煮汁が甘かったのがやや残念。


蒸しアワビ
DSCF0663_20120522063151.jpg
先程に続いて、もう一度アワビが登場。
2回もアワビが食べられるなんて、こんな幸せなことはありません☆
蒸したときに何か味付けをしているのでしょうか、旨味が口の中に溢れます。
生のものよりも柔らかいですが、噛みしめると程よい弾力があって、とってもジューシー。
とにかく美味しいので、もったいなくて、なかなか飲み込めません。


日本酒
DSCF0665_20120522063150.jpg
友人も生ビールを飲んでいましたが、私はビールを飲み終えたので、日本酒を注文。
すっきりした味のもの、とお願いしたので銘柄はわかりません。
確かに口あたりはすっきりとしていましたが、後味はやや辛めでした。


ウニ
DSCF0668_20120522063102.jpg
小さな手まり寿司のウニが登場。
利尻のバフンウニだそうです。
9月でもまだ食べられるんですね。

この日、食材の産地を聞いたのはこれだけだったと思います。
友人との話に夢中で、特に聞かなかったというのもありますが。

DSCF0670_20120522063101.jpg
手まり寿司にはちょこんとワサビがのせられていました。
一口でいただきます。
ウニは甘くてとろけますが、ねっとりとした感じではなく、あっさりと優しい味わいでした。


スミイカ?のゲソ
DSCF0671_20120522063101.jpg
お次はゲソです。
写真だと一つに見えますが、二つに切ってあります。

DSCF0672_20120522063100.jpg
焦げたお醤油の香りがたまらなく、と~っても香ばしい!
ゲソですが、かたいことはなく、さっくりとした柔らかさでした。


カツオ
DSCF0674_20120522063017.jpg
カツオというと、ぶ厚く切ってあるイメージがありますが、こちらはかなり薄めです。
緑色の薬味がのせられ、白胡麻がたっぷりとふられています。
緑色の薬味って珍しいな~と思って店主さんに聞いてみたところ、「アサツキと生姜を混ぜて叩いたものです。」とのこと。確かにそれだけ食べてみると、ショウガの風味がありました。

DSCF0675_20120522063016.jpg
カツオはヅケになっていて、味のしみ具合が絶妙です。
白胡麻もとても存在感がありました。
これも、とっても美味しかったです。


太刀魚
DSCF0676.jpg
お次は太刀魚の塩焼きです。
皮はこんがりと焼かれていて、パリパリの食感でした。
身はホクホクした食感で、ふんわりと口あたりの軽い脂がのっていて、美味しい!

DSCF0677_20120522063015.jpg
ボリュームも多くて、幸せです。
そのまま食べたり、大根おろしとあわせていただきました。

DSCF0680_20120522063014.jpg
そろそろ握りが始まるのでしょうか、お皿の上に水茄子のお漬け物が出てきました。
あっさり一塩の水茄子は大きめにカットされているので、口の中で噛みしめると美味しいエキスがびゅーっと出てきます。
美味しい! 夏の醍醐味です。

DSCF0681_20120522063013.jpg
水茄子の奥にガリもうずたかく盛られました。
こちらのガリ、甘さは全くなく、かなりしっかり目のキリリとした辛さで、ちょっとビックリ。
1枚1枚が結構大きいので、食べるのが少し大変でした。
普段甘いものが苦手なくせに、もうちょっと優しい味わいでもいいかなと思っちゃいました。


バチコ
DSCF0683.jpg
細くカットされたバチコは、炙ってあって温かでした。

DSCF0684.jpg
噛みしめると旨味が出て、お酒にぴったり。
本数が結構あるので、これだけでもだらだらと日本酒を飲み続けられます(笑)。


マコガレイ
DSCF0685.jpg
いよいよ、握りがスタート!

味付けはされているので、そのままいただきます。

DSCF0686.jpg
コリコリ、むちむちとした歯応えでした。


日本酒
DSCF0688.jpg
ここで日本酒をおかわり。
友人が辛口のものを、とお願いして出てきたのはこちらです。
銘柄は聞いていないのでわかりません。
先程の徳利は黒でしたが、こちらは白でした。


しめ鯖
DSCF0689.jpg
ちょっと塩味が強かったです。


赤身ヅケ
DSCF0691.jpg
店主さんが置いたお寿司の写真を撮ろうと構えたら、コロンと横倒しになりました(笑)。
シャリが小さいので、なんだかとってもかわいかったです。
甘みがなく、すっきりした味わいでした。


中トロ
DSCF0692.jpg
ぴんくがかった色合いがとってもキレイ。
細かいサシが入っていました。
やわらかな口あたりで、脂のうまみを感じます。


大トロ
DSCF0694.jpg
中トロに比べ、かなりサシが入っています。
当たり前ですが、3種類のマグロの中で一番脂がのっていました。
でも、全くくどくなくて、口の中で蕩けます。


スミイカ
DSCF0695.jpg
おつまみで食べたゲソの身の部分でしょうか。
コリコリとした歯応えですが、切れ目がちゃんと入っているので食べにくいことはなかったです。


車海老
DSCF0697.jpg
茹でて鮮やかな朱色の車海老は、ご飯をすっぽりと覆い隠すかなり大きなサイズです。
柔らかく、エビらしい身の甘みを感じました。


イワシ
DSCF0699.jpg
えーっと、この辺のお魚は記憶が不確かです。
間違っていたら、ゴメンナサイ。
私はイワシのお刺身が大好きなので、こういう高級店でもイワシを出すんだな~と嬉しかったです。

DSCF0701.jpg
脂がとてものっていました。


アジ
DSCF0703.jpg
これも、記憶が不確かなネタです。
おつまみのカツオのヅケと同じ、アサツキと生姜の緑色の薬味がのっていました。

DSCF0704.jpg
身が引き締まっていて、歯応えがありました。


ハマグリ
DSCF0706.jpg
甘いタレにさっと漬けて煮たハマグリは、火を通しているのにご飯が見えない程のかなりの大きさでビックリ。

DSCF0707.jpg
貝らしいさっくりとした歯応えもありましたが、タレが甘かったのが私にはダメでした。


ウニ
DSCF0709.jpg
おつまみの時にバフンウニの手まり寿司が出ましたが、もう一度ウニが登場。
こちらは紫ウニでしょうか?
バフンウニの濃いオレンジ色に比べると、白っぽい黄色です。

DSCF0710.jpg
甘みが少なく、ちょっと独特のクセがありました。

DSCF0713_20120522062350.jpg
お寿司もいよいよ終わりに近づき、お椀が出てきました。
小さめの器ですが、びっしりとアサツキが浮かんでいて、鮮やかな緑色です。

DSCF0714_20120522062350.jpg
サッパリとしたおダシで、とてもいい口直しになりました。

DSCF0715_20120522062249.jpg
最後にアナゴです。
ガリも新たにのせてくれました。

DSCF0716.jpg
塩とタレの2種類を食べ比べします。
こういう演出はとっても嬉しい☆


アナゴ <塩>
DSCF0718_20120522062247.jpg
最初に塩をいただきました。
アナゴはふっくらと柔らかく、程よい脂でさっぱり系していました。


アナゴ <タレ>
DSCF0717_20120522062248.jpg
次にタレをいただきました。
甘めなタレです。


玉子
DSCF0721_20120522062246.jpg
〆に玉子が出てきました。
小さくてツルツルの表面で、まるでサイコロみたいです。

DSCF0722_20120522062246.jpg
簡単に切れるぐらい柔らかく、プリンのようなつるんとした口あたりでした。
デザート代わりだからだと思いますが、とっても甘い!
私にはかなりしんどかったです。
居酒屋さんのように甘いのかしょっぱいのを選べるといいのに、などと思っちゃいます(汗)。


2回転目の客の中では一番遅いスタートだった上におしゃべりがはずんだせいか、気付いたら店内は私たちだけ。
店主さんによれば、この日の私たちはおつまみも握りもフルコースで食べたとのこと。
お腹空かせてきたかいがあって、すべてゆったりと楽しめました。
友人も私と同じく、お昼を軽めにしてきたとか(笑)。

この日のお会計は二人で47,000円ぐらいでした。
お酒をそれほど飲んでいないせいもありますが、こういう高級店の中では比較的お安かったのではないでしょうか。
数ヶ月遅れの私の誕生日祝だったので、友人が少し多めに払ってくれて、感謝、感謝!

人生初めての高級寿司でしたが、正直なところ、握りよりもおつまみに感動しました。
高級寿司を何度も食べたことのある友人も似たような感想でした。
個人的に「後楽」のマグロやウニの方が美味しく感じてちょっとビックリ。
でも、おつまみは香りが鮮やかだったり、歯ごたえが良かったり、脂がたっぷりのっていたりと、それぞれとっても美味しくて、このおつまみでお酒をずっと飲み続けたいな~と思いました。


2011年9月6日訪問時お店DATA
***************************
鮨さいとう 
〒107-0052 
東京都港区赤坂1-9-15 自転車会館1階
TEL 03-3589-4412
営業時間
[昼] 12:00~14:00
[夜] 17:00~23:00
定休日 日祝(ただし、連休にならない祝日は除く)
地下鉄溜池山王駅から徒歩5分
地下鉄虎ノ門駅から徒歩8分

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

【2012/05/23 09:00】 | | トラックバック(0) | コメント(6) |
番町 松月庵  @麹町
今日はいよいよスカイツリーの開業です。
残念ながら雨模様のスタートになってしまいそうで、眺望がちょっぴり残念でしょうか。
興味はあるのですが、人混みが嫌いなので、いつ頃行こうか悩ましいです(汗)。

DSCF0643_20120521080152.jpg
2011年9月6日のランチは、12時を少し過ぎてから上司が「冷やしたぬきをとって。」と言ったので「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしました。

私はこの日の夜、友人と食事に出かける予定だったので、軽めのランチにしようと思い、「とろろ、冷やそば」を注文。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類があるようです。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2011年8月31日だったので、約1週間ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備し、上司はため込んであった割り箸を使うので、新たな割り箸はいただかないようにしています。最近は配達の方に我が事務所はお箸不要だと覚えていただき、せっかく持ってきた割り箸をそのまま持ち帰っていただく、というのも少なくなりました。

DSCF0634.jpg
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

DSCF0638_20120521080234.jpg
12時15分近くに注文したところ、いつもどおりとっても早い配達で、15分ぐらいで持ってきていただきました。

DSCF0640_20120521080154.jpg
容器のフタを開けると、お蕎麦にラップがかけられ、その上に海苔の小袋が置いてありました。

DSCF0642_20120521080152.jpg
海苔をどかすとこんな感じ。

DSCF0635_20120521080236.jpg
冷やそばなので、ソバつゆは徳利に入っていました。

DSCF0636_20120521080236.jpg
とろろもお蕎麦とは別の容器です。

2011年8月31日に食べた「うめとろ」は、とろろかと思ったらとろろ昆布でしたが、この日注文した「とろろ、冷」はとろろでした。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

DSCF0427.jpg
お蕎麦やうどんについてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。
きしめんも同じ薬味でした。


とろろ、冷そば (840円)
DSCF0643_20120521080152.jpg
お蕎麦、とろろ、ソバつゆ、海苔、薬味のセットです。
いただきま~す!

DSCF0641_20120521080153.jpg
とろろといえば、海苔がつきもの。
小袋に入っていて、結構量があります。

DSCF0644_20120521080118.jpg
ざるそばに海苔を全てのっけちゃいました。

DSCF0645_20120521080117.jpg
かなりたっぷりで、食べるときに落っこちてきそうでした。
お蕎麦のボリュームも結構あります。

DSCF0639_20120521080155.jpg
最初、どうやって食べていいのかわからず、先輩に聞いたりしましたが、とろろの入ったちょっと大きめな器にソバつゆを入れ、お蕎麦を少しずつつけていただくことにしました。

DSCF0646_20120521080116.jpg
ソバつゆは結構量があるので、とろろに入れてみたらドボドボと入ってしまい、焦っちゃいました(汗)。

DSCF0647_20120521080116.jpg
さらに薬味も全て投入。

DSCF0649_20120521080115.jpg
お蕎麦を少しずつとろろにくぐらせて食べてみると、とろろはもったり・ずっしりと重くて食べごたえがあり、予想以上にボリューム感がありました。
とろろはかなりの量で、しっかりお蕎麦をくぐらせないと、余っちゃうぐらいです。


時々ソバつゆを足しながらいただき、最後に残ったとろろも食べ終えたら、予想以上にお腹にたまりました。
それでもとろろはとろろなので、夕方にはお腹が空いてしまい、食事に行くのが待ち遠しかったです。
でも、この日のディナーは午後9時スタートでした(汗)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  カレー丼    (2008年11月27日
  カツ丼     (2010年4月6日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2011年9月6日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/22 06:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【撤退】 ハーブチキンライス屋「SN dining」 [千代田四番町ランチ屋台] @市ヶ谷
2014年7月7日追記

「エスエヌダイニング」は、2014年春頃?に撤退したようです。

DSCF6232 (480x360)
同じ場所には入れ替わりで「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」という屋台がやって来て、2014年6月2日のランチで買いに行きました。

***************************

今日は金環日食ということでずいぶん前からとても盛り上がっていますが、東京はちょっと雲があるそうで、どうなるのでしょうか。
私は専用メガネを買っていないので、直接見ることが出来ず、残念です。

DSCF0626_20120512123455.jpg
2011年9月5日は上司が仕事で午前中から出かけてしまったので、お弁当を持ってこなかった先輩と外へお弁当を買いに出ました。
外へ食べに行くことも考えたのですが、台風一過のはずがなかなか天気が回復せず、またいつ激しい雨が降り始めるかわからなかったので、会社から近い「千代田四番町ランチ屋台」にお弁当を買いに行くことにしました。

この日は月曜日なので、ハーブチキンライス屋「SN dining(エスエヌダイニング)」です。

DSCF6726.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

DSCF6729.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。

「エスエヌダイニング」のオープン予定日は2011年3月14日でしたが、公式HPによると、計画停電と電車の運行状況等のせいでいきなりお休みだったそうで、2011年3月21日から営業が始まりました。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2011年8月29日だったので、1週間ぶり、9回目です。

DSCF6725.jpg
公式HPによると、こちらのお店は佐藤正文店長がお料理を作っていて、移動販売だけでなくケータリングやイベントへの出店などもしているそうです。

DSCF8702.jpg
日テレ通りにはお店の旗が出ています。

DSCF8423.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
いつ行ってもたくさんの人が並んでいますが、回転は早いです。
人通りの邪魔にならないよう、市ヶ谷駅方面の壁に沿って並びます。

ちょうど屋台に到着した頃にポツポツと雨が降り出し、私たちの前に並んでいる人たちは傘を持たず、後から人たちは傘を持っているという状態でした(笑)。

DSCF6726.jpg
大きな車にお店のロゴが入っています。

店主さんはとても気さくな方で、声をかけると、いろいろ話をしてくれます

DSCF8827.jpg
お弁当はSN特製弁当とWハーブチキン丼の2種類で、どちらも650円とお安いです。

列に並んでいると、いつもハーブの香りが立ちこめています。
待っている途中、お腹が空いちゃって困る程です(笑)。

DSCF6727.jpg
Wハーブチキン丼は、ハーブでマリネした若鶏を香ばしく焼き上げ、ハーブライスと合わせたボリューム満点の一品だそうです。

DSCF0399.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
SN特製弁当はハーブライスの上に各国料理の煮込みをのせ、焼き立てのスパイシーハーブチキンがついています。
ハーフ&ハーフは上乗せ料金なしで頼めるので、とってもお得!

DSCF0619_20120512123454.jpg
この日の煮込み料理は定番の中から2種類と、、、

DSCF0620_20120512123454.jpg
日替わり(週替わり?)3種類の、合計5種類ありました。

DSCF0621_20120512123453.jpg
車の内部を除くと、美味しそうなお肉が見えます。

DSCF8430.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
5種類のソースは、ボコボコと沸いて湯気の立っているお湯の中でそれぞれ器ごとに湯煎にかけられています。

支払いは、一旦お店の方にお金を見せて、お札は店長さんに手渡し、コインは横に置いてあるコインボックスに種類ごとにセルフで入れます。お釣りがある場合にもセルフでとります。

DSCF8429.jpg
店主さんお一人で切り盛りしていらっしゃるので、時間短縮のため、スプーンを入れたり袋にお弁当を詰めたりするのは、セルフです。

最近は、以前いただいた袋をリサイクルして持って行くことが多いです。

DSCF0622_20120512123452.jpg
お弁当の容器は白いプラスチックで、フタは透明なので中が見えます。

このところ、訪問するたびにWハーブ丼を食べようと思っているのですが、いつ行っても新しいトッピングがあって、なかなか食べることが出来ませんでした。
この日も食べた記憶がないキーマカレーライスとカレーライスというメニューがあったので、色合いが重なると思いつつも、ハーフ&ハーフでお願いいたしました。

こちらのお店は本当にメニューの種類が豊富で、何度買いに行っても楽しめます。

DSCF0623_20120512123452.jpg
いただきま~す!

いつも以上に出来たてのお弁当で、お弁当を素手で持つとかなり熱かったです。


SN特製弁当 ハーフ&ハーフ [カレー&キーマカレー] (650円)
DSCF0626_20120512123455.jpg
お弁当にはソースが2種類かかり、ハーブチキン、スパゲッティ、サラダがついています。
ボリュームたっぷりで下に盛ってあるご飯が見えません。
ソースは左側がカレーで、右側がキーマカレーです。

DSCF0629_20120512123407.jpg
添えられたスパゲッティはケチャップで和えてあり、ほんのり甘みと酸味を感じました。

スパゲッティとハーブチキンの下にはキャベツの千切りがたっぷりと敷かれています。
キャベツはスプーンで食べるには長さがあってやや口に入れにくいです。
ドレッシングがかかっていなくて量が結構たくさんあるので、おかずを残しておかないと食べるのが大変です。

DSCF0630_20120512123406.jpg
ハーブチキンはやや大きめなものが二つ入っています。
お肉は胸肉だと思いますが、こんがりと焼かれたお肉はハーブの香りがしてホロホロと柔らかでした。
この日の下味はあっさり目でしたが、そのまま食べても充分美味しいです。

お肉は程よい弾力があるので、お店からもらうスプーンで小さく切るのは結構大変。
このお弁当はお箸とスプーンを両方使った方が食べやすいかも。

DSCF0627_20120512123408.jpg
カレーは、トマトとヨーグルトで煮込んだまろやかチキンカレーだそうで、トマトの酸味を感じるしっかり味でした。

DSCF0631_20120512123406.jpg
キーマカレーは、エスエヌダイニング特製濃厚ソースだそうで、たっぷりのひき肉とお豆が入っていました。
こちらもしっかり味でご飯が進みます。

DSCF7064.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ご飯はたっぷりのハーブと一緒に炊き込んだハーブライスなので、断面にところどころハーブが入っていて、ご飯だけでもしっかりとしたハーブ味がします。


SN特製弁当 ハーフ&ハーフ [ハワイアン&フレンチ] (650円)
DSCF0624_20120512123405.jpg
先輩は、前回売り切れで食べられなかったフレンチとハワイアンのハーフ&ハーフです。

DSCF0625_20120512123404.jpg
美味しくてボリュームたっぷりで大満足だったとのこと。


ご飯もなかなか多めなので、全体のボリュームはたっぷりです。
相変わらずはずれのない美味しさで、ボリュームたっぷりなのに650円とお安くて大満足。
ついついソース系メニューばかり食べてしまうので、次回こそはWチキン丼を食べなければ!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
 ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
 コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
 インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
 チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
 ロシアン&カレー (2011年6月27日
 アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
 チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
 カレー&キーマカレー (2011年9月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日
水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  レッドカレー  (2011年4月21日
  グリーンカレー (2011年5月12日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年9月5日訪問時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
ハーブチキンライス屋「SN dining」 (えすえぬだいにんぐ)
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
TEL&FAX  03-6317-77634
営業時間 11:30~14:00
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/21 07:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【ランチ撤退】 元祖 やきとり 串八珍 四谷店  @四谷
早いもので今週もあと一日で終わりです。
みなさま、楽しい週末を☆

DSCF8139_20120512104317.jpg
2012年4月5日は上司が出張で不在だったので、お弁当の先輩を置いて、一人で外へランチを食べに出ました。
この日向かった先は、2012年3月12日、三栄通りにオープンした「元祖 やきとり 串八珍(くしはっちん) 四谷店」です。
夜営業だけだと思っていましたが、2012年3月26日に「カイエホン」へランチ訪問したときに、ランチを始めているのに気付き、しかもちょっと変わったメニューがあったので、是非食べてみたかったからです。

DSCF8172.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進むと通りの中程の左側に秋庭ビルがあり、お店はその1階です。

お隣には2008年1月24日にランチ訪問した「心技亭」があります。

DSCF8168.jpg
記憶が不確かですが、この場所は以前は飲食店ではなかったと思います。

「串八珍」は2012年3月12日オープンし、10日後の3月22日からランチ営業が始まりました。

DSCF8169.jpg
「やきとり 串八珍」は株式会社豊創ホールディングスが運営する大手居酒屋チェーン店で、都内にたくさんの支店があります。

差がわからないのですが、「やきとり 串八珍」と「元祖 やきとり 串八珍」の2種類のブランドがあり、
2008年9月17日に訪問した市ヶ谷店これまでに何度もランチ訪問した市ヶ谷別館は前者で、四谷店は後者です。

DSCF8170.jpg
焼き鳥屋さんらしく、大きな赤提灯がぶら下がっています。

DSCF8171.jpg
三栄通りにはランチメニューの看板が出ていました。

DSCF8130_20120512105526.jpg
フロアはそれ程広くはなく、右手に厨房とカウンター、左手にテーブル席が並んでいました。
チェーン店らしく、店員さんは活気があって元気よい接客です。

DSCF8166.jpg
入店すると、半分程の人の入りでした。
居酒屋チェーン店だからでしょうか、お客さんはほとんどが男性です。

DSCF8122.jpg
私は一番奥の二人用テーブルに通されました。

DSCF8124_20120512105631.jpg
卓上にはあらかじめ紙ナプキンの上に人数分のコップが置かれています。
こういうスタイルを見るのは初めてかも。

DSCF8123_20120512105632.jpg
テーブルの一番端っこにお茶の入った背の低いポットも置いてあります。

DSCF8126_20120512105629.jpg
こちらのお茶は、お店こだわりの黒烏龍茶だそうです。

DSCF8125_20120512105630.jpg
濃い色と同様に、味もしっかりしていました。

DSCF8127.jpg
ランチは全部で5種類あり、スープ付きで580円か680円です。
ご飯の大盛りはプラス70円かかります。
ランチの営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

DSCF8167.jpg
こちらが伝票です。

「串八珍」のランチメニューは、市ヶ谷店と市ヶ谷別館で少し違いますが、それは市ヶ谷支店別館がもともと「鳥珍」ブランドだったのでその時代のメニューが残っていたからなのですが、市ヶ谷店と四谷店でも少し違いました。
5種類あるメニューのうち、鶏肉のトマトソース煮込みと鶏肉エスニックグリーンカレーが気になりましたが、より「串八珍」らしくない、鶏肉エスニックグリーンカレーを注文してみました(笑)。


鶏肉エスニックグリーンカレー (580円)
DSCF8139_20120512104317.jpg
夜のメニューの写真を撮り終える前に、お料理が運ばれました。
さすがカレー、とっても早かったです。

黒い四角いお盆に、カレー、スープ、スプーン、紙ナプキンがのせてありました。

DSCF8140_20120512104317.jpg
スープは白い器に入っていて、ダブルソーサーになっています。
たっぷりのボリュームです。

DSCF8152.jpg
コンソメオニオンスープでしょうか、タマネギの甘みを感じます。

DSCF8153.jpg
かなりしっかりした濃いめの味でした。

DSCF8144_20120512104238.jpg
黒くて丸いお皿にご飯が平たく盛られ、手前側にグリーンカレーが添えられていました。
ココナツミルクの香りをふわんと感じ、期待が膨らみます。

DSCF8147_20120512104236.jpg
この日はとてもお腹が空いていたのと、夜にスポーツクラブに行く予定だったので、ご飯は少なめにせず普通盛りにしました。

DSCF8145_20120512104237.jpg
グリーンカレーには、鶏肉、タケノコ、ナス、黄パプリカ、赤パプリカなどが入っていました。

DSCF8148_20120512104235.jpg
トッピングにパクチーと糸唐辛子がのせてあります。

DSCF8149_20120512104235.jpg
お肉は鶏肉です。

DSCF8157.jpg
やや大きめのカットでやわらかでした。

DSCF8150.jpg
赤・黄・緑と揃っていて彩りがとってもキレイ。

DSCF8159.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
ナスも大きめに切ってあり、油がしっかりと通ってやわらかでした。

DSCF8156.jpg
写真だとわかりにくいですが、ご飯にカレーをかけると、確かにグリーンに染まりました。
ただ、カレーそのものは辛さはあるもののコクがなく、とてもオイリー。
塩気が弱くてご飯がなかなか進まず、スープをかけた方が食べられたかもと思いました。
正直、こんなに美味しくないグリーンカレーを食べたのは初めてかも。

DSCF8160.jpg
ローリエなどのハーブを見つけるたびに取り除いていたのですが、たくさんありすぎて途中でギブアップ。
このローリエはかなり薄く、しかも小さくちぎってあったので、どうやらそのまま食べていいようです。
確かに実際に食べてもそれ程気にならなかったです。


この日に限ってご飯を少なめにしなかったのをとっても後悔。
逆な意味で期待通りのランチになりました(汗)。

この記事を書くに辺ってお店の情報を調べていたら、2012年3月22日にスタートしたランチはわずか1ヶ月ちょっとの営業で、2012年4月27日に終了していました。
鶏肉のトマトソース煮込みを食べてみたかったので、残念です。


ランチメニューです↓
DSCF8127.jpg

DSCF8128_20120512105527.jpg

DSCF8129_20120512105526.jpg


夜のメニューです↓
DSCF8136.jpg

DSCF8162.jpg

DSCF8163.jpg

DSCF8164.jpg

DSCF8165.jpg

DSCF8131_20120512105525.jpg

DSCF8132.jpg

DSCF8133.jpg

DSCF8134.jpg

DSCF8135.jpg


2012年4月5日訪問時お店DATA
******************************
元祖 やきとり 串八珍 四谷店 (くしはっちん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-20 秋庭ビル1階
TEL&FAX 03-3351-4688
営業時間  16:00~23:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/18 00:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(3) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
木曜日と金曜日はお休みをいただいて、ちょっと旅行に行ってきます。
週末までコメントのお返しなど出来ないと思いますので、何卒ご了承下さい。

DSCF0611_20120512120247.jpg
2011年9月3日は、2011年上半期の最後の「妻家房」でのキムチ教室でした。
キムチ教室が始まる前、恒例の四谷三丁目ラーメン屋さん巡りとして、2010年2月20日に訪問した「もぐら」の跡地に出来た「とんこつ なおじ」に行ったのですが、この日は臨時休業(泣)。
ほかに食べる場所がチェーン店ぐらいしか思いつかず、ウロウロしているうちに時間がなくなってしまい、お昼は抜きでした。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大5人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回のキムチ教室は2011年5月14日だったので、約3ヶ月半ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、
中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きです。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF0504.jpg
この日のメニューは、キムチが「即席白菜キムチ」で、韓国料理が「ナムル」です。

静岡で「妻家房」がオープンするにあたり、日本人スタッフさんがキムチ作りを習うということで、この日一緒に参加していました。柳先生の旦那様である社長さんも登場。


【 即席白菜キムチ 】
DSCF0503.jpg
材料は全て卓上にセットされています。

この日作る即席白菜キムチは、名前の通り作ってすぐに食べるタイプの白菜キムチです。

DSCF0502.jpg
キムチ教室で使う白菜は、とても大きくて立派なサイズです。
特にこの日の白菜は、この季節では驚く程いいものだったそうです。
ちなみに、韓国の白菜は背丈が短くて葉も薄いそうですが、味は濃いとのこと。

DSCF8036.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
白菜を逆さまにして、底から半分まで包丁を入れます。

DSCF8037.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
包丁を抜いたら、手で残りの部分を裂きます。

DSCF8038.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
断面はとってもキレイ。

DSCF0508.jpg
もう半分に割いて、4つ割りにします。

DSCF0510.jpg
白菜は葉と茎を一緒に食べた方が美味しいので、1枚1枚、包丁で縦に切ります。

DSCF0514.jpg
長すぎると食べにくいので半分ぐらいにしますが、基本的にはアバウトでオッケー。

DSCF0518.jpg
ボールに切った白菜を少し入れ、岩塩をふりかけます。
その上に白菜を更に入れ、再度岩塩を散らし、これを繰り返します。

DSCF0520.jpg
一番上には多めに塩をかけ、岩塩は溶けにくいので水を少量回しかけます。
全体を軽く押して30分置き、上下を返して更に30分置きます。
重石は不要です。

DSCF0524.jpg
白菜を塩漬けしている間に、ヤンニョンを作ります。

DSCF0527.jpg
ショウガはスライスしてからすり鉢で潰します。

DSCF0530.jpg
ニンニクはそのまますり鉢に投入して潰します。
普通のキムチよりも少し粗めの方が美味しいそうです。

DSCF0539.jpg
アミの塩辛を細かく刻みます。
汁があれば、それだけでもいいそうです。

DSCF0542.jpg
万能ネギは4、5センチの長さに切りそろえます。

DSCF0501.jpg
実習ではあらかじめ工場で塩漬けされた白菜を使います。

DSCF0531.jpg
これだとちょっとしんなりし過ぎで、即席らしい歯触りが楽しめないそうです。

DSCF0533.jpg
塩漬けしてから白菜を手で裂くので、手順も逆になっちゃいます。

DSCF0543.jpg
ボールにアミの塩辛、ニンニク、ショウガ、唐辛子、イワシエキス、砂糖を入れて混ぜ合わせ、切った万能ネギを投入します。
万能ネギをが少ししんなりするまでよく混ぜます。

DSCF0548.jpg
さらに白菜を入れ、手袋をつけてよ~く混ぜ合わせます。

DSCF0552.jpg
白胡麻は普通の白菜キムチよりも多めに入れるのが美味しいそうです。

DSCF0555.jpg
こちらで完成!
食べるときにゴマ油をかけます。
ゴマ油を入れたものは一週間以内で食べきるようにします。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
陶器だとプラスチックなどと違って空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

DSCF0553.jpg
食べ残しを壺に入れると発酵します。
酸味が出たらゴマ油をかけなくていいそうです。


【 ナムル 】
DSCF0566.jpg
この日の韓国料理はナムルでした。
ビビンパ用のナムルは4種類あり、そのうちほうれん草のナムルともやしナムルです。

DSCF0561.jpg
卓上コンロが登場。

DSCF0563.jpg
フライパンにお水を入れて湧かします。
火は強火。

DSCF0564.jpg
このフライパンのデザイン、とってもゴージャスです。

DSCF0567.jpg
茹で上がりの色をよくするために、塩を入れます。

DSCF0570.jpg
お湯が沸いたらほうれん草の茎を先に入れます。

DSCF0571_20120512120643.jpg
全体をお湯に入れたらひっくり返して、再沸騰する前に茹で上がりです。

DSCF0581_20120512120552.jpg
ほうれん草を水洗いし、最後に氷水でしめます。
こうすると色持ちがよくなるそうです。

DSCF0585_20120512120550.jpg
水をしっかり絞ります。

DSCF0587_20120512120459.jpg
根っこを切り落とします。
韓国では美味しいので根っこごと食べるそうです。

DSCF0589_20120512120458.jpg
食べやすい大きさに切り分けます。

DSCF0576_20120512120554.jpg
次はもやしです。
もやしは豆もやしを使いますが、普通のでもいいそうです。
大きくてとても立派です。

DSCF0577_20120512120553.jpg
水が沸騰したら豆もやしを投入。
フタをすると豆くさくなるそうなので、フタはしません。

DSCF0582_20120512120552.jpg
再沸騰したら、全体をひっくり返す。
なるべくお豆の部分が下になるようにします。

DSCF0592_20120512120457.jpg
豆が煮えたらできあがりです。
ほうれん草と同じように、水洗いをしてから氷水でしめます。
こうすると、シャキシャキした食感になるそうです。
直接氷水に入れてもOKとのこと。

DSCF0593_20120512120456.jpg
これで豆もやしが出来上がりです。

DSCF0596_20120512120343.jpg
いよいよ味付けです。

DSCF0594_20120512120456.jpg
ナムルの味付けは、岩塩、牛肉ダシダ、煎りゴマ、ゴマ油です。

DSCF0595_20120512120455.jpg
ボールにほうれん草を入れ、、、

DSCF0597_20120512120342.jpg
岩塩、牛肉ダシダ、、、

岩塩は細かく砕きます。

DSCF0598_20120512120342.jpg
煎りゴマとゴマ油を入れます。

煎りゴマはすりごまでも大丈夫です。
ゴマ油はいいものを選んで使うとより美味しくなります。

DSCF0600_20120512120341.jpg
力を入れすぎないようにして、軽く和えます。

DSCF0602_20120512120340.jpg
ビビンバの時はこれで出来上がりです。

おかずにする時はすりニンニクを入れるといいそうです。

DSCF0604_20120512120339.jpg
豆もやしもほうれん草と同じように味付けします。

ただ、豆もやしのナムルは味付けが多彩で、唐辛子・お酢・ニンニクなどを入れたりします。

DSCF0605.jpg
味を絡めるときにもやしを揉むと豆が取れてしまうので、気をつけて和えます。

DSCF0606_20120512120248.jpg
盛りつけたナムルにゴマをふって、こちらで完成!

DSCF0609.jpg
この日作ったお料理全てです。

DSCF0611_20120512120247.jpg
こちらは試食用にレストランの厨房で作っていただいたものです。
ちょっとゴマ油が多めでさっぱりしませんでした。

DSCF0612_20120512120246.jpg
お楽しみの試食タイムです。
いただきま~す!

DSCF0615_20120512120207.jpg
ほうれん草のナムルはしっかり味で、もやしナムルはさっぱりしていました。
豆もやしの豆が程よい食感でいいアクセントになりました。


家には石焼きビビンバ用の器があるので、いつもはスーパーで買っているナムルを自分で作って石焼きビビンバを作ってみようと思います。


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg


2011年9月3日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2012/05/17 00:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(2) |
蕎麦処 酒肴処 九段 ゑん重  @市ヶ谷
DSCF0464.jpg
2011年9月2日は台風12号がゆっくりゆっくり日本列島に近づいている日でした。
この日は上司が不在だったので、お弁当の先輩を置いて一人で外へランチを食べに出ることになり、先輩から「早めに出て下さいね~。」とおっしゃっていただき、有り難く11時50分頃に出発。

関西方面に上陸予定でしたが、関東もかなり雨が降っていて、この日も夕方から夜にかけて激しい雨が降るのではないかと予想されていました。
強い日差しが出てすぐその後にどんより曇るという不安定な天気だったので、傘を持つのが嫌いな私ですが、渋々傘を持って行きました。

わずか10分程度の違いなのに、通りはまだガラガラ。
サラリーマンのランチって、本当にわずかな時間だけなんだなぁと思いました。

DSCF0494.jpg
2008年3月19日2008年12月8日にランチ訪問した「グラン・ゴジェ」や2008年2月29日にランチ訪問した「ボスボラス・ハサン」のある通りにとても雰囲気のいい感じの和食屋さんがあって、ずっと気になっていたので、この日、行ってみました。

DSCF0491.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進み、麹町郵便局がある角を右に曲がり、通りの終わりぐらいの右手にお店があります。
通りから少し引っ込んだ場所です。

DSCF0493.jpg
看板兼行燈でしょうか、とても趣があります。
後から知りましたが、お店の名前は「蕎麦処 酒肴処 九段 ゑん重(えんじゅう)」です。

DSCF0489.jpg
お店の一番手前にはこんな白板が出ていました。

DSCF0490.jpg
和食屋さんだと思っていたのですが、メニューを見てみたらなんとお蕎麦屋さんでした(汗)。
ま、お蕎麦もざっくり分ければ和食ですかね。

DSCF0495.jpg
私は目にすることがありませんでしたが、こちらのお店には坪庭があるそうで、美味しい日本酒をいただくことの出来るお蕎麦屋さんです。
窓際には有名な日本酒がずらりと並んでいました。

DSCF0488.jpg
歴史の長いお店で現在三代目だそうで、以前はもう一本奥の通り、2007年5月17日にランチ訪問した「らいむらいと」の近くの大きな柳の木のある場所にあったそうで、10年ぐらい前にこの場所に移転したとか。

DSCF0492.jpg
恐る恐る入店してみました。
女性店員さんから「何名様ですか~?」と聞かれたので、「一人です。」と答えたところ、「どうぞ~。」と店内に導かれました。

DSCF0487.jpg
お店は入り口右手にレジがあり、そのまま右手に折れて進んでいくと、左手に厨房があり、右手前にカウンター席、その奥にはテーブル席がありました。

DSCF0485.jpg
帰りがけに気付いたのですが、地下にもお部屋がありました。

DSCF0486.jpg
降りていく階段の壁には、出初め式のはしごを切ったものが飾られています。

DSCF0475.jpg
ご主人が消防団のグッズが大好きで、集めたたくさんのものが店内に飾ってあります。

DSCF0458.jpg
5人ほどのカウンター席の右から2番目に着席。
ほかに2人いらっしゃいました。
奥にはテーブル席があり、早い時間の割にはほとんど席が埋まっていて、その後も続々とお客さんが入って来ました。

DSCF0456.jpg
席に着くと、冷たいお茶をいただきました。
色合いはかなり薄いですが、麦茶っぽい味がしました。

DSCF0459.jpg
大きなメニューで、どれを食べるか検討。

DSCF0476.jpg
メニューの一番最初に出ていたオススメセットがとても気になりました。

DSCF0457.jpg
定番メニュー以外にも季節メニューがあります。

DSCF0474.jpg
伝票です。
とっても趣があって、老舗らしいです。

4種類あるご飯もののうち揚げ物系がすごく気になりましたが、週末に向けて体重が結構気になっていたのと、隣の人が食べていた鳥のまぜ御飯がとっても美味しそうだったので、おすすめセットを鳥のまぜ御飯と冷やしそばの組み合わせでを注文。


おすすめセット<鳥のまぜ御飯+冷しそば> (750円)
DSCF0461.jpg
お料理は以外に早く出てきました。
メニューの写真撮影を一時中断。

お料理は、お蕎麦、小皿、ご飯、デザートのセットです。
お蕎麦屋さんだからお蕎麦がメインでご飯がサイドかなと思っていたのですが、ご飯が普通サイズで、お蕎麦が少し小さめでした。

DSCF0462.jpg
鳥のまぜ御飯は器にたっぷりと入っていました。
ところどころ色ムラがあるのが、とっても手造りっぽいです。

DSCF0463.jpg
具は鶏肉(胸肉?)と油揚げです。
ご飯はややかために炊きあがっていて、ダシがとてもよくしみていて、シンプルですが美味しい。
家でも炊き込みご飯を作りたくなりました(笑)。

DSCF0467.jpg
白い三連のお皿に、左から薬味、大根の酢の物、お新香が入っていました。

DSCF0469.jpg
薬味は小口切りの長ネギとワサビの2種類です。

DSCF0472.jpg
真ん中には細切りの大根の甘酢漬けで、ナメコも入っていました。

DSCF0471.jpg
お新香は白菜で、ほどほどの塩気で酸味がありました。

DSCF0464.jpg
お蕎麦は小さめの器に入っていて、キュウリの細切り、カマボコの細切り、煮つけた油揚げの細切り、天かすが隙間なくのせられていて、お蕎麦がほとんど見えません。

DSCF0465.jpg
白胡麻もかけてあり、味のアクセントになりました。
油揚げは甘い味付けです。
具材がいろいろあるので、全体を混ぜ合わせて食べると味わいも様々感じられました。

DSCF0473.jpg
お蕎麦は細くてしっかりとコシがあり、むっちりとした歯応えでなかなか美味しかったです。
このところお店でお蕎麦を食べていなかったので、すごく久々にちゃんとしたお蕎麦を食べたな~と思っちゃいました。

DSCF0466.jpg
デザートは小ぶりなオレンジが一つ。
切れ込みが入っているので、そのままかぶりつけます。
しっかりした甘みとほんのりとある酸味でした。


全体のボリュームはたっぷりあってお腹いっぱいになりました。

食べ終えた後、メニューの写真をとっていたら、女性店員さんから「どこかに紹介してくれるんですか?」と聞かれました。「ブログに載せようと思って。」と答えたためか、帰りがけにレジでお金の支払いをしていたとき、いろいろとお店のことを話してくれました。

帰り道、「ナンバーファイブ」というお店がオープンしているのに気付き、2011年9月8日にランチ訪問しました。


お店の名刺です↓
DSCF0951.jpg


メニューです↓
DSCF0459.jpg

DSCF0460.jpg

DSCF0476.jpg

DSCF0477.jpg

DSCF0478.jpg

DSCF0479.jpg

DSCF0480.jpg

DSCF0481.jpg

DSCF0482.jpg

DSCF0483.jpg

DSCF0484.jpg


2011年9月2日訪問時お店DATA
******************************
蕎麦処 酒肴処 九段 ゑん重 (えんじゅう)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-2-16
電話&FAX 03-3263-6161
営業時間 
[平日] 11:10~15:00  17:00~22:00(LO 21:30)
[土曜] 不定休
定休日 日・祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/16 00:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(3) |
番町 松月庵  @麹町
ようやく初夏らしいお天気が続いたのに、今日は雨が降るようです。
傘を持ち歩くのが嫌いな私には、面倒くさくて憂鬱です(汗)。

DSCF0430.jpg
2011年8月31日のランチは、お昼になっても上司が仕事を続けていたのでそのまま放って置いたら、12時15分頃にようやく「蕎麦屋に冷やしたぬきを頼んで。」と言ったので、「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類があるようです。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2011年8月19日だったので、約2週間ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
事務所では先輩も私もマイ箸を常備し、上司はため込んであった割り箸を使うので、新たな割り箸はいただかないようにしています。最近は配達の方に我が事務所はお箸不要だと覚えていただき、せっかく持ってきた割り箸をそのまま持ち帰っていただく、というのも少なくなりました。

DSCF0424.jpg
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

電話を取った女性の店員さんに「うめとろ」をお願いすると、「うめとろは温かいメニューですけど、いいですか。」と聞かれました。この日はかなり気温が下がって過ごしやすい日だったので、そのまま注文。

DSCF0426.jpg
いつもどおりとっても早い配達で、15分ぐらいで持ってきていただきました。
配達員さんが「会社に届けても、どこも節電で涼しくないんですよ~。」とおっしゃっていました(笑)。
この日はわりあい涼しかったので我が事務所では扇風機を回していたのですが、お料理を幾つも運ぶ配達員さんにはまだまだ暑いんだろうなぁと、ちょっと申し訳なく思いました。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

DSCF0427.jpg
お蕎麦やうどんについてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。
きしめんも同じ薬味でした。


うめとろうどん (840円)
DSCF0429.jpg
「うめとろ」って、私はとろろ芋を使ったメニューだと勝手に思い込んでいたのですが、「とろ」は「とろろ」でした(汗)。

注文した時に女性店員さんとやりとりしたせいで記憶がはっきりしないのですが、自分ではお蕎麦を頼んだつもりでしたが、届いたのはおうどんでした。
「松月庵」のうどんは、2009年12月3日のなべやきうどん以来でしょうか、とっても久しぶり。 

DSCF0430.jpg
トロロ、カマボコ、梅干し、大葉がトッピングされた、とてもシンプルな一品です。

DSCF0433.jpg
カマボコは表面がピンクで中が白の二色のもので、飾り切りのものが2枚入っていました。

DSCF0431.jpg
梅干しはかなり大きいサイズものもが1個で、大葉の上にのせてありました。
見た目の濃い色どおり、かなり酸っぱくて塩気の強い梅干しです。
小さくちぎって散らしたかったのですが、結構果肉がかたくて苦戦(汗)。

DSCF0432.jpg
とろろはたっぷりと入っていました。
真ん中にたまっているのを自分でよく分散させておうどんに絡めるととろろの旨味が広がって美味しかったです。

DSCF0434.jpg
食べる前に薬味を全部のせちゃいました。

DSCF0435.jpg
おうどんのつゆには梅干しの風味がうつっていて、かなりすっきり味です。

DSCF0436.jpg
おうどんは真っ白です。
お蕎麦に比べるとのびているのがわかりにくいので、食べやすいです。
よく考えたら、前日の「瓢箪」に続き、二日連続のおうどんでした(笑)。


全体のボリュームは普通~やや少なめです。
おつゆも全て飲み干しちゃいましたので、食べ終えた直後はお腹いっぱいになりましたが、あっさり具材の組み合わせだったせいか、午後3時頃には空腹を感じ始めちゃいました(汗)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  カレー丼    (2008年11月27日
  カツ丼     (2010年4月6日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2011年8月31日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/15 00:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
昨日はとっても良いお天気になりましたね!
まさに行楽日和で、いろいろ楽しんだ方も多かったのではないでしょうか。
今日からまた新しい一週間が始まるので、仕事をがんばらねば。

DSCF0413.jpg
2011年8月30日、12時を過ぎたのですが、上司が何だかバタバタしていたのでお昼のことを言い出さず、そのまま待っていました。段々お腹が空いて我慢できないな~と思っていた12時半頃、上司は突然「お客さんと待ち合わせているので外で食べる。」と言って、出かけて行ってしまいました(汗)。
空腹を抱えたままずっと上司の指示を待っていた私たちはポカ~ン状態。
ランチの予定があるなら、先に言え!

12時を大きくまわっているので外へ食べに行くことも出来ないし、先輩はお弁当を持ってきていたので、私はお弁当を買いに出ました。
最初「千代田四番町ランチ屋台」へ買いに行こうと思っていたのですが、この日は体重がやや高止まりだったことを思い出し、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」でお持ち帰りすることにしました。

DSCF8639.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右に曲がります。
2つめのビルの1階がお店です。

DSCF8637.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2011年7月21日だったので、40日ぶり、7回目です。

DSCF8638.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

DSCF8635.jpg
お店に到着したのは12時半過ぎだったので持ち帰り客はゼロでしたが、店内はかなり混み合っていました。

厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、とっても忙しそうです。

DSCF8636.jpg
立ち食い蕎麦屋さんなので店内は男性客が多いですが、テイクアウトは女性客が多いです。

DSCF0412.jpg
この日は一番お値段のお高いメニューの1つである冷やしきつねうどんをお願いしました。
このお店のたき込みご飯が大好きなので、注文したかったのですが、ぐっと我慢。

肉うどんの容器は、プラスチック製のドンブリで、フタが透明で器は白です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違うことに気付きました。
きつねだと110円も違います。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。


冷しきつねうどん (510円)
DSCF0413.jpg
こちらのお店では、ワカメ、ネギ、カマボコがトッピングの3点セットになっています。
それに、このメニューのメインであるきつねがついていました。

DSCF0418.jpg
ワカメはまぁまぁの量です。
うどんの上にワカメを敷いて、その上にネギとカマボコがのせてありました。

DSCF0414.jpg
小口切りの長ネギがたっぷり。

DSCF0415.jpg
カマボコは、とても薄めですが、フチがピンクで中が白の華やかなタイプでした。

DSCF0417.jpg
薬味としてドンブリのフチにつけてあったワサビが汁に落下しています(笑)。

DSCF0416.jpg
お揚げの写真を撮影してから、何枚あるんだろうとトッピングをどかしてみたら、、、

DSCF0419.jpg
なんと!ドンブリの表面の半分以上を覆い尽くす程大きなサイズが1枚入っていました。
こういうスタイルを見たのは初めてで、ビックリ。
先輩も感動して、思わず記念撮影(笑)。
ただ、食べるのは大変で、端っこからお箸で持ち上げて少しずつ囓っていただきました。

DSCF0420.jpg
おうどんはいつもどおり、ツユにほんのり染まっています。
たぐるように、少しずつ引っぱり出しながらいただきました。

ツユはあっさりめです。

DSCF9429.jpg
おうどんの薬味として七味唐辛子が小袋でついています。

DSCF0421.jpg
普段ならば、こういうメガサイズのお料理は嬉しいですが、このお揚げは強烈に甘い味付けで、甘い味付けが苦手な私には食べるのがかなりしんどかったです。
七味唐辛子をかけるの忘れていたことに気付き、全部ふりかけて何とか完食。


全体のボリュームは普通ですが、甘くて巨大なお揚げのおかげで、食べ終えたときには達成感がありました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 肉うどん (2011年7月21日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年8月30日訪問時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/14 05:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
ごはん なる川  @市ヶ谷
昨日はお昼過ぎにいきなり空が真っ暗になり、雷がガンガン鳴り出して驚きました。
ランチを食べに行っている時間帯でなくて本当によかったです。

本日は、2011年12月1日にオープンした「ごはん なる川」の紹介です。

DSCF8083_20120502224331.jpg
2012年4月3日は上司が不在だったので、お弁当の先輩を置いて一人で外へ食べに出ました。
3月上旬頃、東郷通りに新たに4つのお店でランチが出来ることを知り、順次訪問して、この日訪問した「ごはん なる川(なるかわ)」が最後の訪問です。

DSCF8099.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、二つ目の交差点を右折します。
通りの中程の右手にメゾン・ド・シャル-という洒落た名前のビルがあり、お店はその一階です。

このビルの2階には、2011年9月8日にランチ訪問した「ナンバー5」があります。

DSCF8098.jpg
お店の軒先にランチメニューの小さな看板が出ています。
午後1時10分からプラス200円でコーヒー付にできます。
午前11時30分から午後2時までは禁煙です。

DSCF8093_20120502224509.jpg
こちらは看板の裏側です。
最近、コーヒーを始めたそうです。
カフェとしても利用できるようです。
さくら豆腐というメニューがとっても気になります。

DSCF8097_20120502224544.jpg
「なる川」は、2011年12月1日にオープンしたそうです。
この場所は、前に何があったのか、全く思い出せません(汗)。
ランチが出来る飲食店ではなかったと思うのですが。。。

DSCF8096_20120502224544.jpg
シンプルで凛とした佇まいでまるで小料理屋さんのようですが、敢えて「ごはん」と名付けているのに個性を感じます。

DSCF8094.jpg
東郷通りに面していますが、お店の入口は路地にちょっと入ったところにあります。
こんな路地があることすら気付いていませんでした(汗)。

DSCF8095.jpg
店内は入口正面にカウンターがあり、右と左に部屋が分かれています。
早く到着したのか、先客は2組程。
その後どんどんお客さんがやってきて、ほぼ満席になっていたと思います。

DSCF8075_20120502224434.jpg
フロアは女性お一人で担当していて、私は右手の部屋に案内され、真ん中辺りの席に着席。
内装はとってもシンプルで落ち着いた雰囲気です。

DSCF8073_20120502224435.jpg
卓上に個別のメニューはなく、入口の看板かこちらの壁に掛かっているものを見ます。
席によっては見辛いこともあるので、入口で決めてから入店した方がよさそうです。
店員さんからも着席してからすぐに注文を聞かれたので。

ランチメニューは全部で3種類あり、お値段はすべて1,000円です。
13時10分よりプラス200円でコーヒーが付けられます。
10分というのが細かい(笑)。
テイクアウトコーヒーは150円です。

DSCF8072.jpg
この日は無性にお腹が空いていたので、宮崎風タルタルソースのチキン南ばん定食をご飯少なめでお願いしました。


宮崎風タルタルソースのチキン南ばん定食 ご飯少なめ (1,000円)
DSCF8076_20120502224433.jpg
しばし待って、お料理が登場。
大きなお盆の上に、メイン、お新香、小鉢2種類、お味噌汁、ご飯がのせられていました。
雰囲気のいい和風なお店なのでちんまりしたお料理が出てくるのではと心配していたのですが、思いがけず豪華なお料理にビックリ。

DSCF8079.jpg
ご飯は少なめをお願いしたのですが、隣の男性客も同じ器でした。
盛りが少ないのかな?

DSCF8080_20120502224333.jpg
お味噌汁はワカメと万能ネギの入ったシンプルなものです。
ダシがしっかりときいていました。

DSCF8077_20120502224432.jpg
白いおにぎり型?のお皿に盛られたお新香は、カブとカブの葉の2種類でした。
お手製でしょうか、塩気はとても淡かったです。

DSCF8078.jpg
小鉢の一つはかぼちゃのサラダです。
最初このお料理を見たとき、「かぼちゃのサラダかぁ。、、、甘そうだな~。」と心配していたのですが、恐らく甘みは加えていなくて、カボチャだけの素朴な甘みでとても食べやすかったです。
クリーミーな口あたりでした。

DSCF8081.jpg
もう一つの小鉢は切り干し大根です。
切り干し大根のほかニンジンが少し入っていて、白胡麻がたっぷりとふってありました。
こちらもカボチャのサラダと同じく甘みがとっても控えめで美味しかったです。

DSCF8083_20120502224331.jpg
メインのチキン南蛮はサラダと一緒に、白くて大きな丸いお皿に盛られていました。
写真が少し暗めに写ってしまい、とっても残念!

DSCF8087.jpg
たっぷりのキャベツの千切りにはあらかじめドレッシングがかかっていました。

DSCF8088_20120502224247.jpg
パセリとレモンの薄切りも添えられています。

DSCF8085_20120502224249.jpg
チキン南ばんは大きな鶏肉の塊が5個あり、たっぷりのタルタルソースがかかっていました。
衣には程よい甘さのお醤油の下味がついていて、そのまま食べても充分美味しかったです。

DSCF8084.jpg
宮崎風タルタルソースは旨味はありますがしつこすぎず、と~っても美味しい。
もったいなくて、最後までぬぐって食べちゃいました(笑)。

DSCF8090_20120502224247.jpg
お肉はかなり厚みがあって、揚げたて熱々で、とってもジューシー。
肉汁がほとばしり、すごく柔らかでした。

DSCF9604_20120512093230.jpg
帰りがけ、レジの前で名刺かと思って取ろうとしたら、テイクアウト用の包みでした(汗)。
「名刺ですか?」と気付いてくれた店員さんがわざわざ入口近くのところから持ってきていただき、大変恐縮でした。


お料理全体の味付けが、甘さが控えめなので、個人的にとても好みの味でした。
お値段はややお高いですが、上質なおうちご飯が食べられるという感じです。
先輩にも教えてあげなきゃ。
食べログのコメントを見るとメニューによってはボリュームが少ないときもあるようですが、この日のチキン南蛮は私には充分でした。

お料理とは全く関係ありませんが、この日、隣に居合わせた男性二人組がとても熱く語り合っていて、席間はあまり広くないので全部私の方に聞こえてきました。お酒も入っていないのにこんなに情熱的ってすごいなぁ~と、こっちが気恥ずかしくなっちゃいます(笑)。


2012年4月3日訪問時お店DATA
*******************************
ごはん なる川 (なるかわ)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-7-22 メゾン・ド・シャルーB102
電話&FAX 03-3262-1303
営業時間 
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30)
[夜] 17:00~21:00
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/11 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
【撤退】 ハーブチキンライス屋「SN dining」 [千代田四番町ランチ屋台] @市ヶ谷
2014年7月7日追記

「エスエヌダイニング」は、2014年春頃?に撤退したようです。

DSCF6232 (480x360)
同じ場所には入れ替わりで「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」という屋台がやって来て、2014年6月2日のランチで買いに行きました。

***************************

昨日はすごい嵐でしたが、皆様、大丈夫だったでしょうか。
私は雨風が激しくなるちょっと前に自宅に戻れたのでラッキーでした。
今日も引き続き同じような天気になるようですので、皆様お気をつけ下さい。

DSCF0408.jpg
2011年8月29日、予想と違って上司が午後の仕事の行きがてらにお昼を取ることになり、12時過ぎに事務所から出て行ってしまいました。
その時間が遅かったのでランチを外へ食べに出る時間はなく、久しぶりに「千代田四番町ランチ屋台」にお弁当を買いに行くことにしました。
先輩はお弁当を持ってきていたのですが、せっかくだからと一緒にお出かけ(笑)。

この日は月曜日なので、ハーブチキンライス屋「SN dining(エスエヌダイニング)」です。

DSCF6726.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

DSCF6729.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。

「エスエヌダイニング」のオープン予定日は2011年3月14日でしたが、公式HPによると、計画停電と電車の運行状況等のせいでいきなりお休みだったそうで、2011年3月21日から営業が始まりました。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2011年7月11日だったので、約1ヶ月半ぶり、8回目です。

DSCF6725.jpg
公式HPによると、こちらのお店は佐藤正文店長がお料理を作っていて、移動販売だけでなくケータリングやイベントへの出店などもしているそうです。

DSCF8702.jpg
日テレ通りにはお店の旗が出ています。

DSCF8423.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
いつ行ってもたくさんの人が並んでいますが、回転は早いです。
人通りの邪魔にならないよう、市ヶ谷駅方面の壁に沿って並びます。

ところが、この日は12時半過ぎに車のところに到着すると、なんと先客ゼロ。
いつもなら、30分前はあんなに混雑しているのに、こんなに空いているのかとビックリしました。
たまたまだったのでしょうか。

DSCF6726.jpg
大きな車にお店のロゴが入っています。

店主さんはとても気さくな方で、声をかけると、いろいろ話をしてくれます

DSCF8827.jpg
お弁当はSN特製弁当とWハーブチキン丼の2種類で、どちらも650円とお安いです。

列に並んでいると、いつもハーブの香りが立ちこめています。
待っている途中、お腹が空いちゃって困る程です(笑)。

DSCF6727.jpg
Wハーブチキン丼は、ハーブでマリネした若鶏を香ばしく焼き上げ、ハーブライスと合わせたボリューム満点の一品だそうです。

DSCF0399.jpg
SN特製弁当はハーブライスの上に各国料理の煮込みをのせ、ハーブチキンがついています。
この日の煮込み料理は定番の中から4種類と日替わり(週替わり?)がありました。
ハーフ&ハーフは上乗せ料金なしで頼めるので、とってもお得!
全てのセットに焼き立てスパイシーハーブチキンがついています。

DSCF0398.jpg
この日の日替わり(週替わり?)はハーブチャイニーズライスでした。

DSCF8431.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
車の内部を除くと、美味しそうなお肉が見えます。

DSCF8430.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
5種類のソースが並んでいます。

支払いは、一旦お店の方にお金を見せて、お札は店長さんに手渡し、コインは横に置いてあるコインボックスに種類ごとにセルフで入れます。お釣りがある場合にもセルフでとります。

DSCF8429.jpg
店主さんお一人で切り盛りしていらっしゃるので、時間短縮のため、スプーンを入れたり袋にお弁当を詰めたりするのは、セルフです。

最近は、以前いただいた袋をリサイクルして持って行くことが多いです。

DSCF0400.jpg
お弁当の容器は白いプラスチックで、フタは透明なので中が見えます。

来る前はまだ食べたことのないWチキン丼を注文しようと思っていたのですが、この日の日替わりのチャイニーズライスはまだ食べたことなかったので、食べてみることにしました。
ソースの色合いが対称的になるよう、フレンチライスの組み合わせでお願いしたところ、フレンチだけ売り切れとのこと(泣)。フレンチソースは人気なんですね。
なので、代わりに野菜たっぷりのイタリアンライスをお願いしました。

こちらのお店は本当にメニューの種類が豊富で、何度買いに行っても楽しめます。

DSCF0402.jpg
いただきま~す!


SN特製弁当 ハーフ&ハーフ[チャイニーズ&イタリアン] (650円)
DSCF0408.jpg
お弁当にはソースが2種類かかり、ハーブチキン、スパゲッティ、サラダがついています。
ボリュームたっぷりで下に盛ってあるご飯が見えません。
ソースは左側がャイニーズで、右側がイタリアンです。

DSCF0407.jpg
添えられたスパゲッティはケチャップで和えてあるので、食べているとほんのり甘みと酸味を感じました。

DSCF0406.jpg
ハーブチキンはやや大きめなものが二つ入っています。
お肉は胸肉だと思いますが、こんがりと焼かれたお肉はハーブの香りがして柔らかく、しっかりと下味が付いています。
そのまま食べても充分美味しいです。

お肉は程よい弾力があるので、お店からもらうスプーンで小さく切るのは結構大変。
このお弁当はお箸とスプーンを両方使った方が食べやすいかも。

お肉の下にはキャベツの千切りがたっぷり敷かれています。
こちらもスプーンで食べるには長さがあってやや口に入れにくいです。
この千切り、結構たくさんあるので、おかずを残しておかないと食べるのが大変です(笑)。

DSCF0404.jpg
ハーフ&ハーフの一つであるチャイニーズライスは、春雨と青菜が入ったSN特製麻婆豆腐の旨辛チャイニーズソースがかかっているとのこと。
お豆腐は厚揚げでしょうか、全く型崩れしていません。

DSCF0410.jpg
ピリ辛ぐらいですが、かなりしっかりとした濃い味付けで、ご飯が進みます。
春雨は小さく切っているからか、それほど存在感はなかったです。
ハーブライスそのものにも少し下味がついているので、全体としてしっかり味です。

DSCF0405.jpg
ハーフ&ハーフのもう一種類は、10種類野菜をオリーブとトマトで煮込んだヘルシーソースのイタリアンライスです。
ソースには、赤パプリカ、ヤングコーン、タマネギ、レンコンなどが大きめにカットされて入っています。

DSCF0409.jpg
厚く大きめにカットされているレンコンはとっても珍しい。
歯応えがしっかりしているのでとてもいいアクセントになっていて、私も家で作るときに是非とも入れてみたいです。
トマトソースなので酸味や甘みがあり、チャイニーズよりはあっさり目の味付けです。


SN特製弁当 ハーフ&ハーフ[インディアン&イタリアン] (650円)
DSCF0403.jpg
先輩は、インディアンライスとイタリアンの組み合わせでした。
私、インディアンライスに入ったレンズ豆が大好きなので、自分のお弁当を美味しく食べているくせに、羨ましかったです(笑)。


ご飯もなかなか多めなので、全体のボリュームはたっぷりです。
相変わらずはずれのない美味しさで、ボリュームたっぷりなのに650円とお安くて大満足です。
ついついソース系に走っていますが、次回こそWチキン丼を食べなければ!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
 ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
 コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
 インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
 チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
 ロシアン&カレー (2011年6月27日
 アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
 チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日
水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  レッドカレー  (2011年4月21日
  グリーンカレー (2011年5月12日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年8月29日訪問時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
ハーブチキンライス屋「SN dining」 (えすえぬだいにんぐ)
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
TEL&FAX  03-6317-77634
営業時間 11:30~14:00
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/10 06:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
【リニューアル】 俵屋 市ヶ谷店  @麹町/市ヶ谷
2012年10月9日追記

 「俵屋 市谷店」は、2012年夏頃にいったん閉店しました。
 その後、銀座にあった「銀座 俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日、「俵屋 市谷店」の跡地に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしました。

DSCF5442_20121004072147.jpg
私はリニューアルした「俵屋」に2012年9月12日にランチ訪問しました。

********************************

昨日もかなり気温が上がりました。
私の事務所にやってくるお客様は比較的高齢な方が多いので、温かいお茶は欠かせないのですが、さすがにそろそろ不要になりそうです。

DSCF0385_20120502200708.jpg
2011年8月26日、上司がランチを外で食べようと誘ってくれましたが、前日お弁当を冷凍して「おかわり屋」に行ってしまった先輩は「この日食べなければ捨てないといけないので~。」とお断りし、上司は「俵屋(たわらや) 市ヶ谷店」で出前をお願いすることにしました。
「俵屋」さんは一人前では配達してくれないので、私もお供することに。

外2

「俵屋」は出前だけでなく、店舗で食事も出来るし、持ち帰りのお弁当もあります。
お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を半蔵門方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの一つ先にある、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルの中にあります。

2009_0424画像0079
こちらは以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2008年3月7日にランチ訪問し、よく出前をしていて、この日もお願いした「俵屋 市ヶ谷店」、
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
2007年6月4日にランチ2008年12月13日にディナー訪問し、お弁当もよく買う、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した韓国料理の「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
ランチ営業をしていない「ぢどり屋 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

外1

こちらのお店は配達がかなり早いので、とても重宝しています。
この日も12時30分近くに注文したところ、20分足らずで配達してもらえました。

前回出前をお願いしたのは2011年7月28日だったので、約1ヶ月ぶりです。

DSCF0383_20120502200709.jpg
この日は体重がイマイチ高めだったので、麺メニューを注文することにしました。
これまでに結構麺類は食べていたのですが、お値段が一番お高いあさりラーメンにチャレンジ。

DSCF0384.jpg
こちらのお店では割り箸とスプーンをとても特徴的なセッティングをしています。
まずお料理のお皿全体にラップをかけ、その上に割り箸やスプーンを置き、動かないように下三分の二ぐらいのところをもう1回ラップします。
出来上がった状態だと、まるでお皿の上にお箸やスプーンが浮いているように見えます。
お皿を持ち歩いても、お料理の中身はこぼれず、しかも、お箸もスプーンもビクともしません。
この厳重なラッピングは、食べるときにはがすのが結構大変で、「おなかすいた~、でも、取れない~。」とジリジリしちゃうこともしばしば(笑)。

DSCF9631.jpg
久しぶりの「俵屋」さんだったので、お箸をお断りするのを忘れちゃいました(汗)。


あさりラーメン (950円)
DSCF0385_20120502200708.jpg
「あさりラーメン」という名前ですが、黒い器の中にはあさりだけでなくエビやイカなどの海鮮が豊富に入っていて、一番お高いメニューにふさわしく、かなり具沢山です。

DSCF0388_20120502200623.jpg
お野菜も、写真にはあまり写っていませんが、チンゲンサイ・白菜・ニンジン・黒キクラゲなどがたっぷりと入っていて、麺がほとんど見えません。

DSCF0386_20120502200707.jpg
写真を撮り忘れましたが、白菜がかなりの大きさに切ってありました。

DSCF0389_20120502200622.jpg
スープと麺を食べる分には大丈夫でしたが、具にはあまり味付けがないので、野菜はたっぷりいただけるものの、塩気が足りなくて食べ続けるとやや単調な味わいでした。

DSCF0393_20120502200621.jpg
スープは塩味ベースの少し白濁していて、すっきり味ですが、海鮮系の旨味を感じます。

DSCF0394_20120502200620.jpg
麺はこのお店の基本であるやや縮れて白っぽい中太麺です。
ややのびて塊になりつつあったので、ほぐすのが大変でした。


具沢山だったので、お野菜と海鮮がメインでしたがお腹一杯になりました。
それ程しょっちゅう利用していませんでしたが、出前がなくなり、これが最後になりました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【 らーめん 】
  東京チャーシューめん  (2011年7月28日
  絶品 たんめん 野菜たっぷり  (2008年3月7日
  俵屋味噌らーめん 野菜・海鮮・玉子入り (2010年7月15日
  大辛・中辛が選べる担々麺・大辛  (2008年8月27日
  ワンタンめん  (2009年9月17日2009年12月24日
  カレーラーメン  (2009年4月24日
  あさりラーメン (2011年8月26日
  旨い 五目うま煮そば  (2009年7月14日
  好評 ソース焼きそば  (2009年6月30日
  サッパリ塩味 上海焼きそば  (2009年3月10日
  バリバリ カタヤキソバ  (2008年5月8日
  チャーシューつけめん  (2009年6月10日
  味噌つけめん  (2009年6月25日
  ジャージャーめん  (2009年2月16日
  マーボメン (2009年6月19日
  冷し中華  (2008年10月2日
  黒酢冷し中華  (2009年5月20日
  大辛冷し中華  (2008年8月4日

【 ご飯もの 】
  マーチャン丼 麻婆かけチャーハン  (2008年3月24日
  中華丼  (2008年7月1日
  カレーのせチャーハン丼  (2009年3月19日

【 セットメニュー 】
  つけ麺セット ニラレバセット  (2008年12月4日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


新しくなったメニューです↓ 配達は2個以上からです。
2008_1205画像0098

2008_1205画像0101

2008_1205画像0103

2008_1205画像0099

2008_1205画像0100


ここからは午後5時以降のメニューになります↓
2008_1205画像0105

2008_1205画像0106

2008_1205画像0104


2011年8月26日配達時お店DATA
*********************************
俵屋 市ヶ谷店 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX  03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
配達時間
[平日] 11:00~21:30 (16:00~17:00は休憩時間)
[土曜] 11:00~15:00
[日祝] 11:00~20:00 (16:00~17:00は休憩時間)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/09 00:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(1) |
【閉店】 焼酎DINING おかわり屋 四ッ谷店  @四谷
昨日はだいぶ暑くなりましたね~。
そろそろ出番が近いと思い、職場の扇風機を倉庫から出して、夏に向けての準備をしました。

DSCF0357_20120502192449.jpg
2011年8月25日、12時少し前に事務所に来た上司はお昼になったというのに無言で仕事を続けていたのでそのまま放っておいたら、12時半近くになってようやく外へランチを食べに出ることになりました。
四ッ谷駅に向かって歩いていたところ、上司が駅前ロータリーの二葉学園辺りで立ち止まり、「バイキングか右のビルか左に行くのとどちらがいい?」と聞かれたので、ランチメニューをリニューアルしていた「焼酎DINING おかわり屋(おかわりや) 四ッ谷店」に行きたくて左を希望しました。

ところが、上司が言った「左」というのは「後楽」のことだったらしく、慌てて「もちろん、後楽でも。」と付け加えたのですが、結局そのまま「おかわり屋」に入ることになりました(汗)。
上司の言うバイキングとは「レストラン エフ」、右のビルは「スクワール麹町」、左は「後楽」だったようです。上司は「後楽」に行くとき、新宿通り側を通らず、早稲田学院の前を通って裏側から行くんですよね~。

DSCF0382_20120502192139.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの左奥を少し入ったところに鳳翔ビルがあり、お店はその1階です。

2010年9月9日に訪問した「レストラン エフ」が入っている主婦会館は右隣のビルになります。

2008_0425画像0024

鳳翔ビルはそれ程大きくありませんが、飲食店がたくさん入っています。

2008_0425画像0036

大手の居酒屋チェーンの「和民」や「千年の宴」がありますが、このビルでランチを食べられるのは「おかわり屋」だけです。

DSCF0380_20120502192141.jpg
「おかわり屋」ではランチ訪問のほか、お弁当もよく買っていたのですが、いつ頃からかお弁当販売をやめてしまい、しばらくご無沙汰していました。
前回ランチ訪問したのは2009年7月30日お弁当を購入したのは2009年10月16日です。

DSCF0381_20120502192140.jpg
いつ頃かはっきりしませんが、お店をリニューアルしたようで、特にランチではお魚を全面的に謳うようになっていました。

DSCF0354_20120502192451.jpg
入店したのは12時30分過ぎだったので、店内はかなり混み合っていました。
お店の入口はかなり狭めなので、ちょうどお会計の人がいらっしゃると、かなり通りづらいです。
ランチメニューだけでなく内装もリニューアルしたようで、オシャレな雰囲気になっていました。

DSCF0355.jpg
店内は意外に広く、カウンター席やテーブル席などいろいろなタイプの席があります。
入口からすぐ左側にある四人用テーブルに座ることになりましたが、前のお客さんの片付けをするのに少し待たされました。

2009_0731画像0093
こちらは以前撮影した写真です。

お水のポットは卓上に置かれていましたが、コップは中央にある台の上に置かれたお水セットの所に取りに行きました。

DSCF0360_20120502192355.jpg
ランチメニューです。

DSCF0361_20120502192354.jpg
お魚メインのメニューが多く、料理法も洋食系・和食系・スパゲッティと種類が豊富です。

DSCF0362_20120502192353.jpg
ランチメニューは全部で14種類、お値段は680円から980円です。

DSCF0363_20120502192353.jpg
メニューによっては白米か玄米かを選べたり、ご飯の大盛り無料にできたりします。

DSCF0353_20120502192452.jpg
私たちの前にいたお客さんが注文した海鮮丼を見たら、ビックリするぐらいのボリューム!
がっちり目の体格の男性だったのに、ご飯はほとんど手つかずの状態で残していました。
私は一番人気のシーフードランチを頼むつもりでしたが、海鮮丼を見てかなり悩みました。
それでも、初めてだし、まずは基本を押さえようと思い、私はシーフードランチを注文し、先輩が海鮮丼を注文したのですが、限定のため既に品切れとのこと。
かなりショックを受けていた先輩に、次回、12時ジャストに事務所を出て食べにきましょう!と慰めておきました(笑)。

上司が「どうする?」と聞いてきたので、私は「シーフードランチに決めました。」と言ったら、上司はすごく驚いて「なんで?」と逆に聞かれちゃいました。
うーむ、確かにお値段は一番お高いですが、メニューの一番最初に一番大きな写真付きで紹介され、一番人気とデカデカと書かれていて、いろいろな種類のメニューが食べられてお得そうな感じがするメニューを選ぶのがそんなに驚きでしょうか。
10年以上の付き合いですが、上司の性格が未だによくわかりません(汗)。

ともあれ、朝1番仕込みのシーフードランチを玄米のご飯少なめで注文。
先輩も同じメニューにしました。


カルパッチョサラダ
DSCF0356.jpg
最初にカルパッチョサラダが登場。
大きな白いお皿にお魚とたくさんの種類のお野菜が盛られています。

DSCF0357_20120502192449.jpg
まるでアラカルトの前菜のような佇まいで、見た目もきれいだし、ボリュームたっぷり。
お野菜は小さく切ってあり、カブ、赤パプリカ、ミニコーン、アスパラ、レタス、セロリ、サツマイモなどなどとにかく種類が豊富です。
中央に見える白いものはお豆腐です。

DSCF0358_20120502192448.jpg
お野菜は新鮮で甘みを感じました。
この一皿だけでとてもボリュームたっぷり。
先輩が「少食の人はこれにライスかパンをつけたら充分ですね~。」と言っていたのですが、メニューを見たら確かにカルパッチョサラダランチというのがありました。

美味しく食べ進めていたら、ナシが一切れ入っていました(汗)。
サラダにフルーツは、甘いものが苦手な私には本当に辛いです。

DSCF0359_20120502192356.jpg
お魚はカツオ?が2切れ、サンマ?が1切れで、合計3切れ。
どれも大きいサイズで身が厚く切られています。
特にサンマは1/4ぐらいあって、こんなに魚を食べられたカルパッチョって初めてかも。
一口では頬ばれない程で、お箸で持って囓りながら食べました。
カルパッチョのソースも酸味がきいていてとっても美味しかったです。

この日私たちの担当になったお若い女性店員さんは、新人さんのようで、とても不慣れでした。
前のお客さんのお皿を下げたときにテーブルをふいてくれなかったのであれ?と思っていたのですが、スープを3つ運んでいるときに手がすごく震えていて、見ていて手助けしたくなっちゃいました。
お皿を置くとき、お冷やの上に置いていた私のお箸を床に落下させる一幕も。

DSCF0364_20120502192352.jpg
しばし待って、メインが登場!
オーバル型の白いお皿に3種類のお魚料理がのせられています。
ご飯も追っかけで出てきました。

DSCF0365_20120502192309.jpg
運んだときにバランスを崩したのか、私のお料理は完全に左側に寄っていました(汗)。

DSCF0366_20120502192308.jpg
先輩の方はちゃんとキレイに盛りつけてあったので、写真をとらせてもらいました(笑)。


朝1番仕込みのシーフードランチ <玄米、ご飯少なめ> (980円)
DSCF0368_20120502192307.jpg
少し遅れてスープが登場し、これでメニューが揃いました。
メイン、スープ、ライスです。
いただきま~す!

DSCF0371_20120502192305.jpg
ご飯は白米と玄米で選べるので、私は玄米をチョイスし、少なめでお願いしました。
小さめの白くて丸い平皿に盛られた玄米は茶色がかっています。

DSCF0372_20120502192305.jpg
食べてみると、粒粒感があってもっちりした歯応えでした。
この食感がたまりません。
玄米をちゃんと食べたのはかなり久しぶりかも。

DSCF0370_20120502192306.jpg
スープがついていることを知らなかったので、うれしい驚きでした。
白いカップに入ったスープは白濁していて、パセリ?がトッピングされています。
わりとさっぱりした味でしたが、中にニンニクの芽のような細い緑色の棒状のものが入っていて、これがかなりしょっぱい感じでアクセントになっていました。

DSCF0373_20120502192222.jpg
メインは3種類の魚料理です。
左から焼き物、煮物?、揚げ物で、レタスが少し添えられていました。

DSCF0376_20120502192219.jpg
左側にあるお魚の照焼はブリでしょうか。
サイズは小さいですが肉厚です。
見た目の濃い色合いと違い、タレの味わいはあっさりしていました。
お魚も脂控えめでさっぱりしていました。

DSCF0374_20120502192221.jpg
真ん中には小さなココットがあり、小さくカットされたニンジンやズッキーニなどの野菜とアサリ、エビ、タコなどのシーフードがたっぷりと入っていました。

DSCF0379_20120502192142.jpg
あっさり味ですが、スープに色々な旨味が詰まっていて、とっても美味しかったです。
一滴も残さずいただいちゃいました。

DSCF0375_20120502192220.jpg
右側にはとても色鮮やかなボール状の揚げ物がありました。
周りにまぶした粒粒が白・黄色・赤・緑と、とってもカラフル。
こんなの食べるの、初めてです。

DSCF0378_20120502192219.jpg
キレイに半割できませんでしたが、中はこんな感じで、写真だとわかりにくいですがサーモンのようなオレンジ色です。
食感は柔らかで、タルタルソースをたっぷりつけていただきました。

DSCF5682_20120203230710.jpg
リニューアルしたのですが、「おかわり屋」は2011年9月16日に閉店したそうです。
その後、この場所には2011年11月21日に「やきとり 宮川 四ッ谷」がオープン。
ディナー営業開始から2ヶ月後にランチ営業が始まったので、2012年1月31日に訪問しました


メインのお料理を見たとき、ボリュームが少なそうで心配しちゃいましたが、サラダのボリュームがあったのとご飯玄米だったせいか、ご飯少なめのお魚ランチでしたが、結構お腹いっぱいになりました。
次回は是非とも早めに来て海鮮丼を食べようと思っていたのに、閉店は本当に残念!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【 お弁当 】
  鶏のユーリンチ&焼魚・鮭  (2008年4月21日
  カレー弁当  (2008年7月9日
  豚の生姜焼き&焼魚・鮭  (2008年11月25日
  サバの味噌煮&鶏のユーリンチ  (2009年4月7日
  マーボー豆腐&鶏のユーリンチ (2009年10月16日

【 店舗 】
  鮭ハラスと木の子の石焼玄米チャーハン  (2009年2月23日
  ちょい辛!石焼肉味噌トマトチーズサラダ炒飯  (2009年6月22日
  鯛と高菜の石焼炒飯  (2009年7月30日
  朝1番仕込みのシーフードランチ  (2011年8月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF0953.jpg


店内のメニューです。↓
2009_0624画像0156

2009_0731画像0095

2009_0731画像0096

2009_0731画像0097

2009_0731画像0098

2009_0624画像0164

2009_0624画像0165

2009_0624画像0166

2009_0624画像0167

2009_0624画像0168

2009_0624画像0169

2009_0624画像0170

2009_0624画像0171


2011年8月25日訪問時お店DATA
***********************************
焼酎DINING おかわり屋 四ッ谷店
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3239-0477
営業時間
[平日] 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:30) 
[土祝] 17:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 日(月曜日が祝日の場合は日曜は営業)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/08 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Dining Caretta2 @四谷
楽しかったGWも終わってしまい、ややブルーな週明けです。
それにしても、後半のお天気は本当にひどかったですね~。
夏休みに向けて、しっかり仕事に励みます☆

DSCF0337_20120502184514.jpg
2011年8月24日は、先輩が夏休み明けで久しぶりの出社。
「ずっと和食三昧だったので、ランチでちょっと変わった料理が食べたい。」ということで、2011年3月25日にランチ訪問した「グリーン」を目指して行きましたが、「テート・ア・テート」が空いていたら行ってみようかとお店をのぞいてみたところ、席は空いていたものの、メインの牛肉が売り切れたのでやめました。
「グリーン」に戻る途中、2011年3月28日にランチ訪問した「Dining Caretta2(カレッタ・カレッタ)」を通りかかり、このお店の野菜サラダがとっても印象的だったことを思い出しました。

DSCF6182.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜け、少し行った右手に四谷Xeビルがあり、お店はその1階です。
1階とはいっても外階段をちょっと上がるだけなので半2階ぐらい?

このビルの地下1階は、2010年6月16日に訪問した「合点承知之助 四谷本店」です。
両方のお店ともぐるなびに掲載されていますが、お店の入っているビルについて、「合点承知之助」は長島ビル、「カレッタ・カレッタ」は四谷Xeビルと記載されています。
ビル名が変更になったのでしょうか?

DSCF6183.jpg
2011年2月21日にオープンした「カレッタ・カレッタ」は、この界隈では珍しく、牡蠣とワインを出すお店です。

DSCF0320.jpg
通りにランチメニューの小さめの看板が出ています。
今週はパスタWEEKとのこと。
前回訪問したときは洋食系メニューだったので、週替わりに入れ替えているのでしょうか。

DSCF0321.jpg
入口へ向かう階段の脇に、写真入りメニューもあってとってもわかりやすいです。

DSCF6180.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

外階段を登ってお店へ。
入口はかわいいイスで押さえて開け放たれています。

DSCF6155.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

お店はとても広く、右手がカウンター、左手にテーブル席が並んでいます。

DSCF6151.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

内装は新しく、木材がたっぷり使われています。

DSCF6154.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

男性シェフと女性のフロア担当の女性のお二人でお店を切り盛りしています。

DSCF6153.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

入店してみると、前回よりも少し増えたものの、6割程の人の入りでした。

DSCF6156.jpg
私たちは店内中程の窓際のテーブル席に着席。
窓が大きいのでとても明るいです。
木目調のテーブルは広くてとてもゆったりとしています。

DSCF0323.jpg
最初に冷たいおしぼりとお水をいただきました。

DSCF0324.jpg
サラダのドレッシングと取り皿はあらかじめ卓上に置かれています。

DSCF0322.jpg
パスタメニューは全部で5種類です。
お値段は全て1,000円とちょっとお高めですが、6種類から選べるドリンクがついていて、しかも、バゲット・スープ・サラダがお替わり自由です。

DSCF0352_20120502184243.jpg
卓上には一品料理のメニューも出ていました。
牡蠣をいろいろなスタイルでいただけるようです。
美味しそう!

DSCF0325.jpg
スープは小さめの白いコーヒーカップに入って出てきました。
ガツンとお魚の香りがします。
いろいろなお野菜が煮込まれていて、味わいはさっぱりしていましたが、ややオイリーでした。

DSCF0326.jpg
バスケットにバゲットとバターが入って登場。
バゲットは大きめのバゲットが一人1つずつ。
皮がパリパリとしていて、中はふんわり。

DSCF0331.jpg
バターはかなり白っぽい色合いで、軽い口あたりでした。

DSCF0328.jpg
二人分のサラダはガラスのボウルに入っていて、取り分け用に大きな菜箸がついていました。
器があまりにも大きくて、サラダが底の方に少ししか入っていないように見えますが、これがなかなかボリュームで、取り皿に軽く4杯分以上あります。

DSCF0329.jpg
レタス、水菜、ニンジン、ズッキーニ・カブなどなど、種類豊富の野菜です。

DSCF0330.jpg
前回食べたときはドレッシングはあらかじめかかっていましたが、この日は2種類のドレッシングを自分でかけるスタイルに変わっていました。

ドレッシングはフレンチバジル味とニンジン味です。

DSCF0334.jpg
キレイなピンク色のパハール岩塩もありました。
天然・無添加でミネラル豊富なパキスタン岩塩だそうです。

DSCF0332.jpg
ボールと同じガラスの小皿にサラダを適量取ります。

DSCF0335_20120502184515.jpg
まずは軽く一杯を取って、ニンジンドレッシングでいただきました。
ニンジンドレッシングは甘いときがあるのでやや警戒しながら食べたのですが、こちらのドレッシングはむしろ酸味がキリリと際立っていて美味しかったです。

DSCF0346_20120502184339.jpg
サラダを食べている途中にスパゲッティが登場!
いろいろとあって、テーブルの上はと~っても華やか。
どこから食べていいか、困っちゃうぐらいです(笑)。


牡蠣のカルボナーラ ~温玉のせ~ (1,000円)
DSCF0336_20120502184515.jpg
牡蠣がウリのお店なのでやはり牡蠣を食べなきゃと思い、唯一の牡蠣を使ったメニューである牡蠣のカルボナーラを注文。

DSCF0337_20120502184514.jpg
スパゲッティは白くて大きめのやや波形の器に、たっぷりのスープ、ベーコン、温玉、牡蠣が入っていました。

DSCF0340_20120502184426.jpg
温玉にはたっぷりの黒胡椒がかかっています。

DSCF0341_20120502184425.jpg
お目当ての牡蠣は大きめのサイズが4つ入っていました。
火が通ってもこれだけの大きさがあるのがすごい!
ふっくらと柔らかくて美味しかったです。

DSCF0339_20120502184427.jpg
麺は手打ち?なのでしょうか、ちょっとざらっとした口あたりで重たい食感です。
麺のボリュームもそこそこあるうえに、食べごたえのある麺なので、とても満足感がありました。
カルボナーラは塩味がしっかりときいた濃い味です。

DSCF0342.jpg
サラダをおかわり。

DSCF0343_20120502184424.jpg
こちらはフレンチバジルのドレッシングでいただきましたが、バジルの風味をとても感じて、こちらも美味しかったです。

DSCF0347_20120502184338.jpg
途中で温玉を崩していただきました。
黄身がトロトロ♪

DSCF0348_20120502184337.jpg
パンはバターを付けるだけでなく、、、

DSCF0349_20120502184336.jpg
美味しいカルボナーラも残すともったいなくて、パンでぬぐって全部食べました。


ベーコン・ナス・モッツァレラのトマトクリーム (1,000円)
DSCF0344_20120502184423.jpg
先輩はこちらのパスタをチョイス。

DSCF0345_20120502184340.jpg
先輩も美味しく食べたそうです。

DSCF0350_20120502184245.jpg
セットのドリンクはアイスコーヒーを選択。

DSCF0351_20120502184244.jpg
ミルクだけ入れて飲みました。


立地とお値段のせいか満席にはならないようですが、かなりボリュームたっぷりで美味しく、個人的にはかなりのお気に入りです。

帰りがけ、レジでお会計をしているときに「卓上にあったサイドメニューはランチタイムに注文できるんですか?」と聞いてみたところ、「大丈夫ですよ。食べられますよ。」と言われ、自分で質問しながらすっごく驚いちゃいました(笑)。
次回は絶対にサイドメニューをつけよう!と決心して帰りました。


以前いただいたチラシです↓
DSCF6184.jpg

DSCF6185.jpg


2011年8月24日訪問時お店DATA
*******************************
Dining Caretta2 (カレッタ・カレッタ)
〒160-0008 
東京都新宿区三栄町1-1 四谷Xeビル1階
TEL&FAX 03-5368-2164
営業時間 
[平日] 11:30~14:00 17:00~23:30
[土曜] 17:30~23:30
定休日 日曜日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/07 08:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(4) |
【閉店】 ランチ専門店 スタミナ 極丼亭 市ヶ谷店  @市ヶ谷
2013年6月28日追記

2011年11月頃?から、ランチの時間帯だけ「スタミナ極丼亭 市ヶ谷店」という別ブランドになりっていた「愉快酒場」ですが、2012年の後半頃に閉店したようです。

DSCF8488_20130622145811.jpg
跡地には、2013年1月15日に「もつ真路」がオープンし、その後ランチ営業を始めたので、2013年6月5日にランチ訪問しました。

*************************************

せっかくのGWですが、今日から2日間は雨とのこと。
明日は晴海でBBQを予定していたのですが、残念ながら中止になりそうです(泣)。
みなさま、GW後半も楽しくお過ごし下さい☆

DSCF8052_20120427195004.jpg
2012年4月2日は、平成24年度のスタートの日でした。
前の週末に桜の開花宣言が出たので桜を楽しみに出勤したのですが、ほとんど咲いておらず。
ガッカリ。

この日は上司がお昼近くになっても出勤せず、ランチをどうしようかと考えていたら、午前11時40分ぐらいに「食べてから出社する。」という電話が入ったため、お弁当の先輩を置いて一人で外へ食べに出ました。
念のため、出勤する上司とバッタリ出会わないよう、市ヶ谷方面へ(笑)。
東郷通りで幾つか見つけた新店のうち、カフェ風のお店に行こうかと思っていたのですが、この日はものすごくお腹が空いていたので、チェーン店ぽくってボリュームが期待できそうな「ランチ専門店 スタミナ 極丼亭(ごくどんてい) 市ヶ谷店」へ行くことにしました。

DSCF8067_20120427195057.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進んで最初の交差点である東郷公園入口を右に曲がり、少し行った左側にYSビルがあり、お店はその2階です。

2009年7月29日に訪問した「餃子 明明」はこの場所にあったビルの1階にありましたが、ビルの建て替えに伴って撤退し、現在は「中華・餃子・担々麺 ちょもらんま 市ヶ谷店」が2011年2月14日にオープンし、2011年6月10日にランチ訪問しました。

DSCF8382.jpg
YSビルの2階には、2011年2月25日にオープンした「愉快酒場(ゆかいさかば) 市ヶ谷店」があり、2011年5月27日にランチ訪問しました。

DSCF8065.jpg
それが、いつ頃からか、ランチの時間帯は「スタミナ極丼亭 市ヶ谷店」という別ブランドになっていました。

DSCF8066.jpg
東郷通りに出ている「愉快広場」の看板に、「極丼亭」のメニューがかけてあります。

極丼亭」は、大阪に本社のある株式会社ジェットワンという会社が展開するランチ専門店です。
公式HPが文字化けしてしまっているのではっきりはわかりませんが、市ヶ谷店も含めて全国に9店舗あるようです

DSCF8378.jpg
細い階段を登って2階に行きます。

DSCF8051_20120427195004.jpg
店内は細長く、正面にカウンターと厨房があり、その周りにテーブル席がありました。
テレビも設置されています。

DSCF8369.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
外に出ている看板と同じ絵柄のメニューが出ています。

DSCF8366.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
カウンター席はこんな感じです。

今どきの居酒屋さんらしくシンプルに整った内装です。

DSCF8368.jpg
2011年5月27日、「愉快酒場」時代にランチ訪問したときは、オープンしたばかりだったせいかそれ程お客さんが入っていませんでしたが、この日は8割程の人の入りでした。

DSCF8364.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
カウンターの壁には夜の本日のおすすめメニューが貼ってありました。
お食事メニューのお値段がとってもお安いです。

DSCF8367.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
夜のドリンクメニューは、チェーンのお店らしく、ビール、焼酎、ハイボール、マッコリと手広く揃えて低価格でいただけます。

DSCF8049.jpg
カウンター席が空いているのに、店員さんは一人客の私のためにわざわざ四人席を片付けて通してくれました。
ありがとうございます☆
私は右手奥のテーブル席にゆったりと着席。

DSCF8050.jpg
卓上にお茶のポットとグラスが置いてあり、普段ならならセルフだと思うのですが、、、

DSCF8046.jpg
この日は店員さんが注いでくれました。
気持ちのいい接待で、とても居心地が良かったです。

DSCF8037_20120427194731.jpg
ランチメニューはスタミナ丼とカレーが2本柱で、10種類以上あります。
お値段は390円から690円とお安いです。
プラス料金を支払って、お肉、ご飯、うどんを増やすことも出来ます。

「愉快酒場」時代とは、スタミナ丼がイチオシメニューであること、ミニうどん(そば)をつけるというスタイルは変わっていませんが、使われている豚肉がなんとイベリコ豚になりました。

DSCF8053.jpg
伝票です。

こちらのお店イチオシのスタミナ極丼ランチをご飯少なめで注文。
単品だと490円で、ミニうどん(そば)を付けると590円です。
ミニ麺類はメニューの写真どおり、うどんにしました。
後から伝票を見てみると、冷たいのと温かいものを選べたようです。


スタミナ極丼ランチ[ミニうどん・温]ご飯少なめ (590円)
DSCF8052_20120427195004.jpg
それ程待たずに、お料理が登場。
黒い長方形のお盆の上には、ドンブリ、ミニうどん、生卵、お箸がのせてありました。
お箸はエコ箸です。

このお店の照明とはどうもカメラの相性がよくなくて、反射気味に写ってしまいます(汗)。

DSCF8058.jpg
ミニうどんなので、器は小さめです。
関西風の透き通ったダシで、うどんに揚げ玉とネギがトッピングされていました。

DSCF8059.jpg
揚げ玉の中央辺りに何やらぼんやりしたピンク色が見えます。

DSCF8064_20120427194823.jpg
食べていると、下からカマボコが出てきました。
とても薄く、外側がピンクで中が白い二色のタイプです。

DSCF8063_20120427194824.jpg
ダシはすっきりとした味わいで、うどんものびていなくてフツーに美味しかったです。

DSCF8054_20120427195003.jpg
スタミナ極丼は、ご飯が隠れるぐらい豚肉がのせられ、ネギがトッピングされています。
「愉快酒場」時代のスタミナ丼に比べると、タマネギは下に隠れてるのでお肉がたっぷりに見え、紅ショウガのトッピングではなく生卵になりました。

DSCF8055.jpg
トッピングのネギは緑色の部分を使い、彩りを添えています。

DSCF8056.jpg
豚肉は薄めに切ってあり、優しい甘さの味付けです。
ほどよく脂がのり、とっても柔らか!
この柔らかさが、イベリコ豚だからなのでしょうか。美味しいです。
お肉の下に敷かれたタマネギはやや固めでシャキシャキした歯応えを楽しめました。

DSCF8057_20120427194908.jpg
生卵はあらかじめ別皿になっています。
注文のときに断ることもできます。

DSCF8060_20120427194906.jpg
ある程度食べたところで、生卵を投入。
味わいに変化を持たせるために、卓上にあった一味もたっぷりとかけてみました。

DSCF8061.jpg
一味があまり辛くないタイプなのか、豚肉の味付けが優しい分、生卵のマイルドさがかなり勝ってしまいました。
生卵より半熟ぐらいの方が好きかも。


スタミナ丼の醤油だれに甘さがあるので、個人的には「伝説のすた丼屋」の方が好みの味ですが、豚肉の柔らかさはとてもよかったです。
店員さんの対応がとても丁寧で居心地よく、ボリュームも十分でお腹いっぱいになりました。

それにしても、価格破壊が進み、イベリコ豚がわずか490円で食べられるとは、、、!
時代の流れってすごいと改めて思います。


ランチメニューです↓
DSCF8036_20120427194732.jpg

DSCF8037_20120427194731.jpg

DSCF8038_20120427194730.jpg

DSCF8039.jpg

DSCF8040_20120427194728.jpg

DSCF8041.jpg

DSCF8042_20120427194640.jpg

DSCF8043.jpg

DSCF8044.jpg

DSCF8045_20120427194638.jpg


2012年4月2日訪問時お店DATA
****************************
ランチ専門店 スタミナ 極丼亭 市ヶ谷店 (ごくどんてい)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-6-8 YSビル2階
電話 03-3222-7877
営業時間 11:30~14:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/02 10:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(2) |
原始焼 六番町 魚鷹  @市ヶ谷
GW前半はとっても良いお天気でしたね!
私は山梨県で遊んでいたので、30度超えでメチャメチャ暑かったです。
瑞牆山(みずがきやま)という山を登ったのですが、頂上直前に残雪があり、アイゼンを持っていない私は無念の撤退(泣)。
秋にリベンジしなければ!

DSCF0305.jpg
2011年8月23日は、夏休み明けの上司が出勤し、先輩はまだ夏休みだったので、二人で外へランチを食べに出ました。
お昼ちょっと前に出社したせいか、12時になってもなかなか仕事を切り上げず、午後から来客を予定していたので、事務所から近くて、上司のお気に入りである「原始焼 六番町 魚鷹(うおたか)」へ行きました。

最近の上司はやたらと「魚鷹」をご贔屓しています。
魚好きでもないのにとっても不思議。
事務所から近いのがいいのでしょうか。

DSCF1444.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かいます。
2つ目の信号を右折、次の角を左折して少し先に行くと佐藤ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF1445.jpg
日本テレビ通りから1本入ったこの道は道幅が細く、学校や住宅があるせいかとても静かです。

「魚鷹」は2010年9月14日にオープンしました。
前回訪問したのが2011年7月26日だったので、約1ヶ月ぶり、7回目の訪問です。

DSCF1446.jpg
ビルの前の敷地は日本庭園風になっていて、立派な石灯籠が置かれています。

DSCF1448.jpg
お店の前にランチメニューが2段になって出ています。
全部で5種類あり、お値段は980円から2,000円と少しお高めな設定です。

こちらは以前撮影した写真なので、ランチが13時半までとなっていますが、現在は時間が延長し、14時半までになっています。ラストオーダーは14時です。

DSCF0319.jpg
下の方には、日替わりの内容が書かれています。

DSCF1443.jpg
ちょっとした空間ですが、小石を敷き詰めた小さな廊下があって、ランチのお値段が出ていなかったら、なかなか入るのに勇気がいりそうな雰囲気です。

DSCF1440.jpg
店内は奥に向かってのびていて、すぐ右手に大きな焼き場と厨房とカウンター席があり、さらに奥にテーブル席があって、結構広々としています。

お店に入ってすぐ右手にこちらの囲炉裏のような大きな焼き場があります。
店名にもある「原始焼」とは、この炉で備長炭によって焼かれるとのこと。

この焼き場の前にはウェイティング用のイスが置かれています。

DSCF1439.jpg
奥のテーブル席に向かう通路に大きな冷蔵庫が置かれ、たくさんのお酒が並んでいます。
うーん、美味しそう! ランチ訪問なのが残念。

DSCF9458.jpg
冷蔵庫の中にはお漬け物でしょうか、甕が入っていました。
ランチにはお手製らしきお漬け物がついています。

DSCF1410.jpg
お店の奥にあるテーブル席です。

DSCF1411.jpg
店内はシンプルですが、落ち着いた内装です。

DSCF9266.jpg
場所によって掛かっている絵の文字が違います。

DSCF1412.jpg
壁にはメニュー?が貼り出されています。
「鶏魚」って何だろうと思って調べて見たら、「イサキ」とのこと。
勉強になりました。

DSCF0302.jpg
12時半近くの入店でしたが、この日は意外と空いていて、待ちはなく、8割程の人の入りだったでしょうか。

DSCF0301.jpg
二人だったせいか、初めてカウンター席に着席。

DSCF0300.jpg
カウンターはとても大きく、奥に向かった幅がかなりあるので、とてもゆったりとしています。

DSCF0304.jpg
店員さんの調理がよく見えるので楽しい♪

DSCF9442.jpg
席につくと、店員さんがおしぼりを手渡してくれます。

DSCF0303.jpg
お茶はいつでも温かいものです。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1417.jpg
やや厚みのある木の板に紙のメニューがはめ込んであります。
5種類あるメニューは全てお魚です。

DSCF1415.jpg
店内のメニューには日替わりの内容が出ていないので、店頭で見てくるか、店員さんに伺います。
全てのお料理に味噌汁、小鉢、漬物がつきます。
ご飯の大盛りは無料です。

DSCF1418.jpg
ランチだと原始焼を食べられないようで、とっても残念。

DSCF1419.jpg
立派な冷蔵庫を見るとわかりますが、日本酒が充実しているようです。


本日のフライ定食 <アジのフライ定食> ご飯少なめ  (980円)
DSCF0305.jpg
この日の丼は2011年7月12日に食べた鮭のほぐし身温玉丼だったので、この日はアジのフライ定食を注文。

しばし待って、お料理が登場!
お料理はメイン、小鉢、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。
黒くて四角いお盆にのって出てきました。

DSCF0306.jpg
注文するのが女性だと「ご飯の量はどうしますか?」と必ず聞かれます。
初期設定のご飯が多いからのようで、少なめにするのを忘れずにすみます。

こちらのお店のご飯は炊き加減が少し柔らかめです。

DSCF0309.jpg
お味噌汁はいつもと同じ、シンプルなアオサのお味噌汁です。

DSCF9326.jpg
しっかりとダシがきいていて、アオサのとろんとした口あたりが美味しい♪

DSCF0307.jpg
お新香はキュウリと白菜の2種類ありました。
冷蔵庫に入っていた甕の中にあるお手製でしょうか、毎回同じ組み合わせです。

キュウリは甘酢が利いていてパリパリと歯応えが良くて美味しかったです。
白菜は切り昆布が入っていて、白胡麻がふられています。
いつもそうですが、やや塩気がきつくてしょっぱめです。

DSCF0308.jpg
小鉢はキンピラです。
ゴボウ、ニンジン、糸コンニャク、油揚げなどが入っていました。
甘さ控えめで、見た目よりはあっさりした味わいでした。

DSCF0310.jpg
メインの長方形のお皿には、右に大きなアジフライが2つ、左にサラダが添えられていました。

DSCF0311.jpg
アジフライにはタルタルソースが最初からかけてありますが、ソースも別皿でついています。

DSCF0312.jpg
サラダはリーフレタス、水菜、赤パプリカなどがふんわりこんもり盛られています。
赤パプリカが色鮮やか。
ドレッシングがたっぷりとかかっていました。

DSCF0313.jpg
アジフライは出てくる前に二度揚げ?しているので、熱々、パリパリです。

DSCF0318.jpg
身が厚いので、衣はパリパリですが身はふっくら柔らかでとっても美味しい。
1つはタルタルソースで、1つはソースでいただきました。


大きめのフライが2つあったので、ご飯少なめでもかなりお腹いっぱいになりました。
お魚メニューでもボリュームたっぷり食べられるのが嬉しいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

本日の丼物 
 ホッケのほぐし身温玉丼 (2011年7月8日
 鮭のほぐし身温玉丼 (2011年7月12日
本日のフライ定食 
 秋刀魚と鮭のフライ定食 (2010年10月26日
 アジのフライ定食(2011年8月23日
本日の煮魚定食
 笠子の煮つけ定食 (2011年7月22日
 金目鯛の煮つけ定食 (2011年7月26日) 
刺身 御膳  (2010年10月18日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


以前撮影した夜のメニューです↓
DSCF1449.jpg

DSCF1450.jpg

DSCF1451.jpg

DSCF1452.jpg


2011年8月23日訪問時お店DATA
******************************
原始焼 六番町 魚鷹 (うおたか)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町3-20 佐藤ビル1階
TEL 03-3261-7897 
営業時間
[昼]11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜]17:00~23:00(L.O.22:15)
定休日 土日祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/05/01 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる