LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
連日、ロンドンオリンピックの熱戦が続いています。
観たい競技がいろいろあって、夜更かしすべきか早起きすべきかとても悩ましく、どちらにしても、かなりの睡眠不足です(笑)。

DSCF2218_20120727222233.jpg
2011年11月11日は上司が出張で不在の日でした。
LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」のメニューが冬バージョンに変わり、季節メニューを食べたいとずっと考えていたところ、前日に先輩が「金曜日はお弁当を持ってこないので、『タベルナ』のスパゲッティを食べましょう!」と声をかけてくれたので、即決でした(笑)。

外観

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF0729_20120521195424.jpg
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
出前をやっていた頃はよくお願いしていて2008年3月7日に訪問した「俵屋 市ヶ谷店」
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
お弁当をよく買い、2007年6月4日にランチ2008年12月13日にディナー訪問した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF2210_20120727222309.jpg
お店は2階にありますが、ビルの入口にたくさんのメニューが出ています。

DSCF2211_20120727222309.jpg
メニューは驚くほどたくさんの種類があります。
お値段は中心価格帯が1000円近くてお高めですが、どれもかなりのボリュームです。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF1442.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
階段の途中にも大きな本日のスペシャルのメニューが出ています。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

前回お弁当を購入したのは2011年10月28日だったので、2週間ぶり、7回目です。

2010_0814画像0003
11時50分ぐらいにお店にあらかじめ電話を入れて注文しておきました。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業の老舗で、この時点でなんと34周年!

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF1939.jpg
こちらはランチのテイクアウトメニューです。
種類がとても豊富で、しかも、お店で食べるよりお安くなります。

メニュー

店内には所狭しとたくさんのメニューが貼られていて、さらにそれらを組み合わせたり量を多くしたり減らしたり、いろいろな形でお願いできます。

入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。

お店に到着すると、私の前にお弁当を買っている人が数人いて、そのせいか、珍しくまだお弁当が出来上がっていませんでした。

2010_0814画像0008
こちらも以前撮影した写真です。

相変わらずですが、二人分のお弁当だったので、ずっしりと重い!
とても中にスパゲッティが入っているとは思えません(笑)。

DSCF1928.jpg
スパゲッティについてくるプラスチックのフォークは個包装になっています。
なるべくお断りするようにしています。

DSCF2212_20120727222309.jpg
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

この日は容器のフタにメニュー名が書かれていませんでした。

DSCF1447_20120629220157.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
これをはがすのは結構大変。

DSCF2216_20120727222234.jpg
冬限定メニューは牡蠣や鮟肝が入っていたので、せっかくなので両方食べられる一番お高いメニューを注文。


鮟肝と牡蠣入りスパゲッティ・ビアンコ (1,300円)
DSCF2218_20120727222233.jpg
フタを開けてみると、スパゲッティの上にたっぷりの牡蠣と鮟肝がのせられ、シソがトッピングされていました。

DSCF2221_20120727222153.jpg
刻んであるシソはフタをしているせいか、ちょっと色が悪くなっちゃっています。

DSCF2219_20120727222233.jpg
牡蠣は少なくとも5個入っていました。
火を通してあるのに、かなりの大きさです。

DSCF2225_20120727222153.jpg
ぷるんと柔らかくて美味しかったです。

DSCF2223_20120727222153.jpg
鮟肝は予想以上にゴロゴロと入っていて、鮟肝ラブな私は見ているだけでシアワセ

DSCF2220_20120727222154.jpg
まずはそのまま口の中に。
濃い旨味があって、とっても美味しい~。

そのあとスパゲッティに絡めて食べましたが、味わいをしっかりと感じられるよう、あまり粒を潰さないようにしながら気をつけて食べました(笑)。

DSCF2224_20120727222153.jpg
スパゲッティはかなりのボリュームです。
中の方はまだ食べられない程熱々で、カメラのレンズが曇っちゃいました(笑)。
最初一口食べたときはあっさりとした塩味でしたが、だんだんと味がいろいろと加わり、ちょうど良くなりました。


食べ終えたときはお腹いっぱいでしたが、午後2時頃にはかなり苦しかったです。
鮟肝の入ったスパゲッティって初めて食べたんじゃないかと思います。
牡蠣も美味しかったですが、鮟肝が本当に美味しくて、鮟肝(たくさん)というメニューを是非食べてみたいと思いました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日
  アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  鮟肝と牡蠣入り・ビアンコ (2011年11月11日
◎ご飯系
  オムライス  (2008年3月3日

[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF1939.jpg

DSCF1940.jpg

DSCF1941.jpg

DSCF1942.jpg

DSCF1943.jpg


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2011年11月11日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2F
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/31 00:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
ティーヌン 市ヶ谷店  @市ヶ谷
週末はとてもいいお天気で暑かったですね~。
海に行ったら最高!でしたが、残念ながら来週末にホームパーティをする予定なので、家の掃除をしていました(汗)。

DSCF2134.jpg
2011年11月9日は、前日のランチで「松月庵」に出前をお願いし、大枚はたいてカツカレーを注文したのに、カメラのバッテリーを自宅に忘れて写真が撮れないという悲しい事態だったので、この日はちゃんとバッテリーが入っていることを確認して、出社しました(笑)。

12時過ぎても上司がそのまま仕事を続けているたので、そのまま放っておいたところ、20分過ぎにようやくお昼だと気づき、「天ぷら蕎麦を。」と言ったので、「松月庵」に上司の分だけ注文し、私はお弁当を買いに出ました。
この日は「ティーヌン 市ヶ谷店」」のお弁当を食べようと決心していたので、市ヶ谷方面へ。

入り口

こちらは以前撮った写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から九段下方面に向かっての交差点を渡るとすぐ右手に市ヶ谷プラザビルがあり、お店は靖国通り側ではなく、土手側の1階にあります。
お店の入り口の右側の窓が開くようになっていて、テイクアウトができます。

DSCF1508_20120630112529.jpg
写真が光ってしまって見にくいですが、タイの街角の風景写真です。

ずっと平年以上の陽気が続いていましたが、この日からついにしっかりと冷え込むようになりました。
寒さを辛さで吹き飛ばしたいのか、私がお店に到着したとき、店舗には10人近くの人が並んでいましたが、お弁当の窓口は誰もいなかったので、すぐに注文できました。

DSCF1505_20120630112530.jpg
お弁当は定番メニューが7種類、季節メニューが2種類、サイドメニューが3種類あります。

前回お弁当を購入したのは2011年10月18日だったので、約3週間ぶりでした。

DSCF1506_20120630112529.jpg
お弁当の販売は午前11時から午後2時45分までのランチタイムのみです。

DSCF1509.jpg
窓口の下に貼り出された写真はかなり大きくて色鮮やかなので、お料理がどんな感じかとてもわかりやすいです。
画像が粗くてわかりにくいですが、お値段は多分、600円と620円です。

DSCF1507_20120630112529.jpg
夏限定の季節メニューが2種類あり、こちらはどちらもお値段が950円とお高めです。

冷やしトムヤムヌードルの写真がまだ貼られていたので、注文してみたところ、もうやっていないとのこと(泣)。


DSCF2128_20120727220032.jpg
日替わり炒飯弁当(カオパット)を注文し、出来上がるまで少し待ちました。
厨房から「チン!」という音が聞こえ、電子レンジから取り出したお弁当を袋の中へ。
カオパットは、既に準備していたものを温め、レモンとキュウリを添えて出来上がりでした。

DSCF2129_20120727220032.jpg
炒飯の見た目はシンプルだし、作り方にもちょっとガッカリしていたので、後からテイクアウトの女性客が二人いらっしゃったのですが、その方たちが注文を終えてから、さらにトムヤムスープを追加注文しちゃいました。
先に他の方の持ち帰り分としてトムヤムスープの準備が出来ていたのですが、まだメインが出来上がらないとのことで、スライドして私がいただきました。

DSCF2131_20120727220031.jpg
トムヤムスープは、フタは透明でカップは白い容器です。

DSCF2130_20120727220031.jpg
日替わり炒飯弁当は、フタは透明でお皿が白い容器です。

買うのにもたもたしていたので、私が事務所に戻った時には上司は天ぷら蕎麦を食べ終えていました(笑)。


トムヤムスープ
DSCF2141_20120727215858.jpg
色の濃い真っ赤な色合いが、とっても美味しそう。

DSCF2143_20120727215858.jpg
スープの表面にたっぷりの油が浮いていますが、味では油っぽさは感じません。
器は小さいですが、たっぷりと入っているのでかなりのボリュームです。

DSCF2144_20120727215858.jpg
具材は幾つかお野菜が入っていますが、ほとんどがもやしです。
辛さはそこそこですが、酸味がバシッと効いていて、とっても美味しい!
「ティーヌン」のトムヤムスープはすごく好みの味です。


日替わり炒飯弁当(カオパット)
DSCF2134.jpg
この日の日替わり炒飯はシーフード炒飯です。
レモンとキュウリが添えられていました。

DSCF2133_20120727220031.jpg
フタを開けてみると、中央にトッピングされていたパクチーが全部フタにくっついちゃいました(汗)。

DSCF2135.jpg
パクチーを手動で元に戻し、改めて写真撮影(笑)。

DSCF2136_20120727215939.jpg
先輩曰く、このパクチーがすごく香っていたそうです。

DSCF2137_20120727215939.jpg
レモンは櫛切りで、かなり厚みがありました。
最初はそのままで炒飯を食べ、その後、レモンをたっぷりと搾ってみました。
もともとそれ程油っぽかったわけではないですが、とってもサッパリしました。

DSCF2138_20120727215938.jpg
キュウリはとても大きな薄切りです。

DSCF2142_20120727215858.jpg
縁はとても鮮やかな飾り切りになっていました。

DSCF2139.jpg
シーフードはイカ、エビ、アサリなどで、野菜はミックスベジタブルらしきニンジン、グリーンピース、コーンが入っていました。
タマネギだけが大きな櫛切りで、火の通し方も少なめです。

DSCF2140_20120727215859.jpg
炒飯は盛りが少なく、見た目もシンプルでしたが、炒飯のお味そのものは、パラパラする軽さはなかったものの、ナンプラーのしっかり味にほんのちょっとだけピリ辛でとても美味しかったです。


全体のボリュームは普通です。
炒飯は美味しかったものの、見た目がやや寂しいので、お弁当として食べるならカレーとかの方が華やかな~と思いました。



◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  冷やしトムヤム (2007年6月8日

[お弁当]
  グリーンカレー (2007年12月11日2011年1月26日
  ガパオ弁当  (2011年10月18日
  生春巻    (2011年10月18日
  日替わり炒飯弁当 (2011年11月9日
  トムヤムスープ (2007年12月11日2011年1月26日2011年11月9日
  ガイパッキン (2008年2月4日

[ディナー] 
  2007年9月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年11月9日購入時お店DATA
******************************
ティーヌン 市ヶ谷店
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル1F
TEL&FAX 03-5214-6515
営業時間  
[昼]11:00~15:00 (お弁当 11:00~14:45)  
[夜]17:00~23:00
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/30 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
マンゴー大福 <釜人 鉢の木 阿佐谷本店>  @新宿伊勢丹
DSCF1065_20120721021803.jpg
2012年6月14日、T事務所様からまたもやスイーツの差し入れをいただきました。

DSCF1042_20120721021858.jpg
この日いただいたのはマンゴー大福です。

いちご大福が登場してブームを巻き起こしてからかなりの時間が経過したとは思いますが、それにしてもマンゴーまで大福の中に入れられているとはビックリでした。

DSCF1045_20120721021858.jpg
大福の中には、なんと!宮崎県産のアップルマンゴーがまるまる一個入っているそうです。

アップルマンゴーというと、前宮崎知事がテレビでよく宣伝していましたが、とても手に届くようなお値段ではなく、自分で買うのはフィリピン産のペリカンマンゴーです。ドライマンゴーもヨーグルトに入れるのでよく買います。

DSCF1044_20120721021858.jpg
このマンゴー大福を販売している「釜人 鉢の木」というお店は、昭和27年頃創業とかなり歴史のあるお店で、JR阿佐ヶ谷駅南口を出て左に行き、アーケードの商店街「パールセンター」を入ってすぐの右側にあるそうです。
阿佐ヶ谷本店のほか、鎌倉店や経堂店があって、そちらも人気店とのこと。


マンゴーだけでなく季節限定のいろいろなフルーツ大福があるようですが、伊勢丹や三越などに催事の時だけ出しているようで、食べログなどの情報を見た限りでは、本店で販売してる情報は見つかりませんでした。
T事務所様は新宿の伊勢丹で行われていた催事で買ってきて下さいました。
いただきものだし、ネット上探しても結局お値段はわかりませんでしたが、かなりお高いんじゃないかと思います。

DSCF1058_20120721021857.jpg
マンゴー大福は大福にしてはかなり大きめですが、それにしてもこの箱は大き過ぎてスカスカでした。
催事なので何でも入るような大きさにしているのだと思います。

前日の2012年6月13日にお客様から堂島ロールをいただいたので、箱の隙間に入れて一緒に持って帰りました。

DSCF1057_20120721021857.jpg
比較対象がないのでわかりにくいですが、大福はかなり大きく、しかも重い!


マンゴー大福
DSCF1062_20120721021804.jpg
いただきま~す!

DSCF1063_20120721021803.jpg
たっぷりと白い粉がついています。

DSCF1064_20120721021803.jpg
マンゴーが丸ごと一個入っているので、もちろん中には種が入っています。
・・・なので、キレイな断面図が撮れませんでした。すみません(汗)。

マンゴーの周りには白あんが入っていました。

マンゴーはよく熟していてとても甘く、ジューシーで、本当に美味しい!
果肉もたっぷりとありました。

DSCF1065_20120721021803.jpg
種を抜いて、もう一度記念撮影。

マンゴーが柔らかだからでしょうか、2011年11月18日にいただいた「甘音屋」のみかん大福に比べて皮はややかためで、塩気を結構感じました。
先輩はこの皮がすごく好きだとのこと。

種があるせいか、マンゴーが大きいせいか、食べていると皮と身が分離しやすいです。
でも、普通に食べるときはそのままかぶりつくので、問題ないかもしれません。

マンゴーがしっかりと甘く、白あんも甘かったので、両方の甘さが重なって甘いものが苦手な私にはちょっとしんどかったです。マンゴーの美味しさを白あんがわかりにくくしているような気がします。

でも、アップルマンゴーそのものは本当に美味しくて感動しました。
最上級品の「太陽のたまご」は絶対無理にしても、小さいサイズなら手が届くかなぁ?
今度果物売り場をチェックしてみようっと!


T事務所様、ごちそうさまでした☆


2012年6月14日時点お店DATA
*******************************
釜人 鉢の木 阿佐谷本店 (はちのき)
〒166-0004 
東京都杉並区阿佐谷南2-15-4
電話  03-3311-6917
営業時間
[日~木] 9:30~19:30
[金・土] 9:00~20:00
定休日 なし
JR阿佐ヶ谷駅南口から徒歩2分

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2012/07/28 00:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
博多らーめん みつぼし 市ヶ谷店  @市ヶ谷
開会式の前ですが、オリンピックがいよいよ始まりました。
女子、男子とサッカーの快進撃が続き、いきなり盛り上がっていますね~。
ロンドンとは時差がかなりあるので、寝不足との戦いになりそうです(笑)。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2012年6月26日にオープンした「みつぼし」のレポートです。

DSCF1810.jpg
2012年7月4日は、前日に引き続き上司が出張だったので、お弁当の先輩を置いて外へランチを食べに出ました。

DSCF1829_20120721002321.jpg
この日向かったのは市ヶ谷に出来たラーメン屋さんの新店「博多らーめん みつぼし 市ヶ谷店」です。
このお店のことは、私がよく見ているラーメンブログで知りました。特に新店紹介が詳しいブロガーさんとはいえ、この界隈の新店すら教えてもらっているていたらくです(汗)。

DSCF1828_20120721002321.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、二つ目の東郷公園入口交差点を右折し、東郷通りに入ります。
少し行った右手にくじらビルがあり、お店はその一階です。

DSCF1830_20120721002320.jpg
この場所には2009年2月26日にランチ訪問した「ちた屋」がありましたが、2012年の春頃に閉店したようです。

DSCF1794_20120721002608.jpg
「みつぼし」は2012年6月26日にオープンしました。
市ヶ谷経済新聞によれば、福岡・久留米の業者から取り寄せた麺と、エビやホタテなどの海鮮類も使った「あっさりとしていながら、しっかりとしたうま味が特徴」という豚骨スープの「正統派の博多ラーメン」を、シックな雰囲気の店内で提供して男性客だけでなく、女性客やカップル客を取り込みたいとのことです。

DSCF1795_20120721002608.jpg
新店だからでしょうか、外まで人が並んでいました。
イマドキのラーメン屋さんらしくオシャレな雰囲気なので女性の姿も多く、近所の女子大生らしい女性5人グループも来ていました。

DSCF1796_20120721002608.jpg
オープンから1週間以上経過していますが、まだまだ店員さんを募集しているようです。

「みつぼし」に並ぶ前、すぐ近くにも豚骨ラーメン屋さんが開店準備をしているのを見つけました。
こちらもオープンが楽しみです。

DSCF1797_20120721002607.jpg
お店は年中無休で、月曜日から土曜日までは午前11時から午後11時まで、日曜日は午前11時から午後6時までです。
ただし、スープ切れ次第終了になります。

DSCF1798_20120721002607.jpg
お店の前には開店祝いのお花がたくさん飾られていました。

DSCF1799_20120721002607.jpg
しばし待ってお店に入店。
入ってすぐ左側に券売機があるので、食券を購入します。

店内はシンプルながらもキレイな内装です。

DSCF1800.jpg
この日は基本メニューの博多とんこつに味玉をトッピングしました。

フロアは奥に細長くのびていて、それ程広くありません。
一番奥が厨房で、右側にカウンター席、左側にテーブル席が並んでいました。
四人座れるテーブル席はそれほどなく、5人グループは補助椅子を使っていました。
さらにその後にも5人の女子大生グループや4人の男性会社員グループがやってきて、一緒の席に着席するのを希望する人ばかりでお店の人は席の案内だけでもてんてこ舞い。

DSCF1801_20120721002527.jpg
食券を買ってからもちょっと待ちましたが、すぐに中央付近のカウンター席が空いたので座ることが出来ました。

卓上にはお代わり用のお水のポット、ティッシュ、調味料などが置いてあります。

DSCF1805.jpg
博多ラーメンらしく、紅ショウガや、、、

DSCF1806_20120721002526.jpg
高菜が取り放題です。
写真がピンぼけですみません(汗)。

DSCF1802.jpg
メニューは博多とんこつラーメンが味違いで3種類と中華そばです。
ちゃんぽん2種類もあるようですが、まだ販売されていません。

DSCF1804_20120721002526.jpg
サイドメニューのイカシューマイや一口揚げ餃子ネギのせとか、面白そう。

DSCF1807.jpg
お水は店員さんが持って来てくれます。
食券を渡すとき、麺の茹で加減を聞かれるので、かためでお願いしました。


味玉とんこつらーめん (800円)
DSCF1808.jpg
お客さんの数は多いですが、さすが博多ラーメン、それ程待たずにラーメンが登場!

ラーメン屋さんには珍しく、ラーメンとレンゲはお盆に載せられて運ばれて来ました。
食券も戻ってきました。

DSCF1810.jpg
博多ラーメンらしくとってもシンプルで、トッピングはきくらげ、ネギ、チャーシュー、味玉です。

ラーメンブログを見ていてちょっと気になったのですが、見かけはかなりシンプルでした。
上半分に具をのせてあるのと、紅ショウガが入っていないから、彩りが少なくて寂しく見えるのでしょうか。

DSCF1814_20120721002443.jpg
唯一の彩りでもあるネギはやや太めに切ってあって、たっぷり入っています。

DSCF1815.jpg
キクラゲはそれ程太く切ってあるわけではありませんが、かなりシャキシャキ感が強くていいアクセントになりました。

DSCF1813_20120721002444.jpg
チャーシューは薄いですがやや大きめなスライスが1枚です。

DSCF1811_20120721002444.jpg
味玉は丸のままで入っていました。

DSCF1816_20120721002401.jpg
博多とんこつらーめんですが、スープの表面には細かい背脂が浮かんでいます。
かなり珍しいのでは?

DSCF1818.jpg
一口いただくと、クリーミーなスープに背脂の上品な脂と甘みがあって、美味しい!
とっても好みのスープでした。

DSCF1820_20120721002400.jpg
麺は真っ白なストレートの細麺です。
かために茹でられているので、食感がしゃっきりとしていました。
麺のボリュームは普通~やや少なめです。

DSCF1821_20120721002400.jpg
チャーシューはとても柔らかで、写真を撮影しようと持ち上げると崩れちゃいました。
少し甘めなタレが絡まり、バラ肉でしょうか、脂がとろけて美味しかったです。

DSCF1823_20120721002400.jpg
味玉を半分に割って写真撮影。

DSCF1825_20120721002321.jpg
どうもキレイに上手に2つにわけることが出来ません(泣)。
黄身は半熟でトロリとしていました。
白身にはそれ程味付けはありませんでしたが、黄身は甘くて美味しい~。

DSCF1827_20120721002321.jpg
残り1/3位になったところで、紅ショウガ、高菜、白胡麻をのせて味わいを変化させました。
高菜をたっぷり目に入れたので、ピリッと辛味があって最後まで美味しくいただけました。


訪問前は見た目のシンプルさがやや心配でしたが、かなり好みの味で大満足でした。
ただ、ボリュームから考えるとちょっとお値段が高いかなと思います。
とんこつは他に2種類の味があるので、また食べに来てみたいです。

このランチの帰りに、T事務所様のメンバーにばったりお会いしました。
この方もラーメン好きなので報告したところ、既に訪問していたとのこと。
さすが!


2012年7月4日訪問時お店DATA
*******************************
博多らーめん みつぼし 市ヶ谷店
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-7-19 くじらビル1階
電話  03-6272-9534
営業時間 *スープ切れ次第終了
[月~土]11:00~23:00 
[日曜日]11:00~18:00 
定休日 なし
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/27 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(4) |
和創作 太  @目黒
今日もかなり暑くなるようですので、体調にくれぐれもご注意下さい!
最近、早朝とはいえ、扇風機なしでパソコンに向かうのが辛くなってきました。
扇風機、買っちゃおうかな、、、。

本日は、マイブログ圏外の目黒にある「和創作 太」のレポートです。

DSCF2034_20120721025730.jpg
2011年11月2日の夜、次の日は文化の日でお休みだったので、友人とディナーに出かけました。
この日行ったのは目黒にある「和創作 太(た)」というお店で、2006年9月15日にオープンして以来、お料理がお任せで5,000円というお値段にもかかわらず、ボリュームたっぷりでとても美味しい和食がいただけると、食べログでも大人気のお店です。
わずか8席か9席のとても小さなお店なので予約が大変らしいですが、私は結構前から予約を入れたのですんなり取れました。

お店はJR目黒駅の西口からすぐです。
西口の前の交差点を渡り、そのまま目黒通り沿いに歩くと二つ目にサンフェリスタ目黒というビルがあります。
飲食店がたくさん入ったやや古めかしい雑居ビルで、たくさん看板があるものの、目指すお店が入っているかどうかわからず、1階にあるはずだからとそのまままっすぐ行くと、右手奥にお店を発見しました。
入口はとても小さいです。

DSCF1992.jpg
店内に入ると、フロアは細長く奥に向かっていて、右が厨房で、左がカウンターです。
男性シェフと男性店員さんのお二人でお店を切り盛りしています。
先客は2名で、一番奥に座っていました。
予約した名前を告げると、「奥から順番に詰めて座って下さい。」とのこと。
荷物を置く場所はなく、背後の壁の上の棚にカゴが置いてあるので、店員さんが荷物の出し入れをしてくれます。
コートかけももちろんないので、イスの背もたれにかけるか、カゴに入れます。
私は携帯とカメラだけ出してスタンバイ。
最初はちょっと窮屈に感じましたが、すぐに慣れちゃいました。
このあと続々とお客さんがやって来て、スペースが足りなかったようで、座っているお客さん全員で少しずつ奥側の左に移動したりもしました(笑)。

DSCF1991.jpg
お料理は5,000円でお任せです。
お料理が始まる前に店主さんから好き嫌いを聞かれますが、友人も私も嫌いなものは一切なく、お料理が出てくるのをいまかいまかと待っていました。


ビール<キリンハートランド生> (600円)
DSCF1993.jpg
最初に飲み物は二人とも生ビールを注文して、乾杯!
泡が柔らかく、軽くてすっきりとしたのど越しでした。
ドリンクのメニューは卓上にあったのですが、途中まで気付かず(汗)。
後からメニューを見て、ビールがハートランドビールだと知りました。

DSCF2012.jpg
ドリンクメニューです。

DSCF2013.jpg
ドリンクメニューにはあまり詳しく書いてありませんが、厨房の壁に焼酎や日本酒がいろいろと並んでいます。
飾ってあるもの以外にもワインを含めていろいろと取り揃えているようですので、お店の方に好みを伝えて選んでもらいます。


?モズクガニ?
DSCF1994.jpg
最初に蒸したモズクガニが出てきました。
中華料理でおなじみの上海蟹は近い種類だそうです。
身というよりは、カニミソを楽しんで下さい、とのこと。

DSCF1995.jpg
甲羅をはずし、身を半分に割ってあります。
黄色いカニミソがとっても美味しそう!
早速食べてみると、しっとりとコクがあって、ほんのり甘みがありました。
うーん、美味しい!
まだビールを飲み始めたところでしたが、早くも日本酒が飲みたくなっちゃいました(笑)。
お箸でつついていると、ほじる程に少しずつ食べるところが出てくるので、無言のままずっと食べ続けてしまいました。

DSCF1996.jpg
呑兵衛な二人は、1品目から興奮(笑)。
このモズクガニ、生きているものを仕入れてお店で蒸しているそうですが、かなり生命力があるカニさんで、蒸し器で蒸していると、自分でフタを開けて出てきちゃうとか。
店主さんは擦り傷を作りながらお料理しているそうです。


白バイ貝
DSCF1999.jpg
次のお皿は白バイ貝でした。
身の部分に2本の爪楊枝がさしてあり、店主さんから「しっかり身を取り出してね~。」と声をかけていただいたので、「がんばります!」と答えました(笑)。
ただ、モズクガニを食べ続けていたので、白バイ貝はしばし放置プレイ。

DSCF2001.jpg
写真を撮り忘れてしまったのが残念ですが、爪楊枝を引っぱると、白くて太い身が出てきました。
ある程度出てきたところでパクリ。
シコシコとした歯応えがとても気持ちよかったです。
味付けは薄めでしたが、むしろしっかりと旨味を感じました。

DSCF2002.jpg
自分なり格闘しましたが、肝の部分が出てこない(汗)。
自分からお願いするか、出せないと判断されると、店員さんが一旦お皿を下げて、貝の殻を割ってくれます。
戻ってきたお皿には驚く程大きな肝がありました。

口に含むとねっとりとした舌触りで、まるでレバー。
海のレバーです。
モズクガニのカニミソより遙かに濃厚でまったりとした口あたりで、「日本酒持ってきて~!」と叫びたくなりました(笑)。
こちらのお店、私が行きたくて友人を誘ったのですが、友人から「ここに来て良かったよ~。」と言われて嬉しかったです。

白バイ貝って、今までも何度か食べたことあったのに、肝についてこんなに美味しいと思ったことないな~と思っていたら、店主さんが、「地元で食べたりすると、醤油を濃くして煮つけちゃうから~。」とおっしゃっていました。なるほど、なんともったいない。
私は貝が大好きなので、この一品はとってもうれしかったです。


お総菜の盛り合わせ
DSCF2003.jpg
お次はいろいろなお総菜の盛り合わせです。
6種類ありました。

DSCF2004.jpg
こちらは二人で一皿です。
隣のお客さんは一人一皿と勘違いしていましたが(笑)。
ケンカにならないように、ちゃんと二人で分けやすいようになっています。


銀杏の白和え
DSCF2005.jpg
ココットに入っているのは、銀杏の白和えです。
粗めにほぐされたお豆腐も銀杏も、とてもさっぱりとしていました。


牡蠣の薫製
DSCF2006.jpg
中央にはカキの薫製です。
ややピンぼけ気味で残念。
多分、4個ありました。
口に含むとぶわーっと薫香が広がり、しっかりした味付けで、これもお酒がすっごく飲みたくなる!
薫製好きにはたまりません。
友人も私も自宅で薫製作るので、友人からどんな素材が美味しいか、いろいろ教えてもらいました。


タコの柔らか煮
DSCF2007.jpg
タコの柔らか煮はかなり大きい一切れで、食べごたえ抜群。
サクッと歯が入って、少し甘い味付けのタコの足をムニムニと噛みしめます。
たこを柔らかく煮るのって難しいので、二人とも食べられて幸せでした。


ミニトマト
DSCF2008.jpg
ミニトマトは、店主さんがお好きな品種だそうです。
小粒で皮がむちっと厚めですが、噛みしめるとかなりの甘みがあって美味しかったです。


サツマイモのレモン煮
DSCF2009.jpg
サツマイモのレモン煮は、食感を残したかための煮加減で、甘みは少なくてレモンの酸味が際立ちました。
とってもさっぱり。


?たらこの煮付け?
DSCF2010.jpg
たらこの煮つけ?は、薄味に煮つけてあって、粒粒感を楽しめました。
量も結構ありました。


芋焼酎 「千鶴」@神酒造 <ロック>
DSCF2014.jpg
ここでビールを飲み終え、焼酎にしました。
芋のオススメをお願いしたところ、好みを聞かれたので、「しっかり芋っぽいものが。」と答えたら、鹿児島県にある神酒造株式会社の「千鶴」というお酒が出てきました。
ロックでいただきましたが、香りはまさにくっさいお芋!(笑)。
氷が少し溶けてきたら、だいぶ飲みやすくなりました。


カリフラワーのすり流し
DSCF2016.jpg
次のお料理はカリフラワーのすり流しです。

DSCF2017.jpg
クリーミーですが、かなりさっぱりとしています。

DSCF2018.jpg
身体が温まりました。


お刺身盛り合わせ
DSCF2019.jpg
次の一品はしめ鯖とウマヅラハギのお刺身です。
カボスが添えられていますが、店主さん曰く、どちらにでもお好みでかけて下さい、とのこと。

DSCF2020.jpg
それぞれ切り身がたくさんあったので、一切れずつ、まずはカボスをかけないでいただきました。

DSCF2021.jpg
しめ鯖は一切れが厚めで、身がつやつやと赤く、すっごくレアな感じです。
酸味はそれ程感じませんでした。

DSCF2022.jpg
ウマヅラハギはカワハギのお仲間。
なので、冬場はその肝がお楽しみです。
細長く切った半透明の白い身の横にはた~っぷりの肝。
身はコリコリとかたい食感で、とてもさっぱりしていました。

DSCF2023.jpg
肝はトロリととろけ、コクがありますがとても軽い口あたりです。
ずっと舐めていたい感じです。

カニミソ、白バイ貝の肝、ウマヅラハギの肝。
酒飲みにはたまりません。幸せ過ぎです。

DSCF2024.jpg
友人はビールの後に焼酎「佐藤」のロックを飲んでいましたが、それも早々に飲み干し、私と同じ「千島」をお願いしたのですが、もう残りがほとんどありませんでした。
代わりに注文したのが何だったのか失念しちゃいましたが、そのお酒と友に「千島」の残りもサービスでいただいて、うーん、うらやましい!(笑)。


すき焼きコロッケ
DSCF2025.jpg
次のお料理は、すき焼きコロッケ。
何とも不思議なネーミングのこのコロッケ、結構大きめでコロンとしています。

DSCF2026.jpg
店主さんが「お肉がたっぷり入っているよ~。」とおっしゃっていました。

DSCF2028.jpg
割ってみると、中にはお肉と青菜とジャガイモが入っていました。
口に含んでみると、この青菜は春菊で、甘じょっぱい味付けはまさにすき焼き!
衣はサクサクで、粗めなジャガイモの口あたりも良かったです。
食べごたえ抜群でした。


日本酒 「春霞」@合名会社栗林酒造店
DSCF2031.jpg
焼酎を飲み終え、日本酒を注文。
好みを伝えると「春霞」が出てきました。
「春霞」は比較的よく見る銘柄ですが、これはあまり見たことのないラベルでした。


カブと自家製からすみ
DSCF2032_20120721025730.jpg
次のお皿はカブと自家製からすみです。

DSCF2033_20120721025730.jpg
カブはかなり太めの拍子木切りで、さっくりとした歯応えでとってもジューシー。
甘みをすごく感じ、ユズの香りが立ち上ります。
からすみと言えば大根ですが、カブも合いますね~。

DSCF2034_20120721025730.jpg
からすみは少ししょっぱめでしたが、ねっとりと歯にまとわりつくのが快感です(笑)。
お酒が進む!


里芋とキノコのスープ
DSCF2035_20120721025555.jpg
お次は里芋とキノコのスープでした。

DSCF2036_20120721025555.jpg
温かなとろみのあるスープの中に、大きな里芋とたっぷりのシメジが入っています。

DSCF2038_20120721025555.jpg
スープのダシがとっても美味しかったです。
里芋を少しずつ崩しながらいただきましたが、ねっとりとしていました。


焼酎 「麦冠 情け嶋」@八丈興発株式会社 <水割り>
DSCF2039.jpg
日本酒が飲み終わったので、もう一度焼酎をお願いしました。
芋はもうそんなに種類がないな~と思っていたら、思いがけず麦焼酎を勧められ、八丈島の麦焼酎とのことで、お願いしました。

わたし、麦焼酎というと「焼酎臭さがなくて飲みやすいのが命」みたいなイメージがあって、「鳥飼」など甘みのあるもの以外はわざわざ飲むことはほとんどなかったのですが、この焼酎はすごい!
(→「鳥飼」はお米でした。すみません! ご指摘ありがとうございます。)

DSCF2040_20120721025554.jpg
飲み心地はあっさりと普通の麦焼酎と変わらないのですが、後から焦がした麦の風味がぶわーっと広がります。
友人は、麦茶みたい!と言い、私に続いて注文していました(笑)
八丈島にこんな面白い焼酎があったとは。
自宅でも飲もうと思って探してみたのですが、かなり入手の難しいお酒でした。


鶏肉とアスパラ
DSCF2041_20120721025554.jpg
次のお皿は鶏肉とアスパラです。
大きなお皿に鶏肉2切れと、と~っても太くて長いグリーンアスパラがのせられていました。

DSCF2044.jpg
お皿のフチに、ゆず胡椒が添えられています。

DSCF2043_20120721025501.jpg
なが~いグリーンアスパラは少しずつ切っていただきました。
ゆず胡椒がだけいただくと、アスパラの甘みが際立ちます。

DSCF2042_20120721025502.jpg
鶏肉は小さいですが、とても厚みがあり、表面はこんがりと焼かれていました。
焼き立て熱々のお肉に、ゆず胡椒をのせていただきます。

DSCF2045_20120721025501.jpg
中心はロゼ色でとっても美味しそう!
皮がパリッパリで、お肉はジューシーでとっても柔らか。
ウマウマです。

DSCF2046_20120721025501.jpg
こちらのお店、〆に炊き込みご飯をいただくことが多いそうですが、店主さん曰く「今日は食べ過ぎたから、さっぱり塩むすびね。」ということでした。
とても大きな土鍋で炊きあげたご飯を一度見せてくれたのですが、写真を撮りたい!とワガママ言ったら、もう一度ご飯を見せてくれました。
店主さん、ありがとうございます☆

店主さんはがっしりとした体型でやや強面ですが、話してみると、とっても気さくです。
2歳と4歳のお子さんがいらっしゃるそうで、おませな年頃なのか、とってもかわいそうなことに「パパ、いや!」なんて言われちゃうそうです。
店主さんのお話では、「イヤとか言われても、お構いなく行きますから。」とのこと(笑)。


塩むすび
DSCF2047.jpg
お客さん一人一人に、おむすびの大きさ、大・中・小を尋ねます。
私の友人は「すっごく小さいの」をお願いし、私は中をお願いしました。
2段階以上差があるせいか、かなりの大きさの違いです。

DSCF2048_20120721025406.jpg
友人のは本当にちっちゃい!

DSCF2050_20120721025406.jpg
おむすびにはキュウリの漬物に添えられていました。

DSCF2051_20120721025405.jpg
塩むすびは実にシンプルで、表面に軽く塩がついているだけで、かなりあっさり目の味付けです。
炊き立てのせいか、ご飯はやや水分多めでしっとりしていました。

DSCF2052_20120721025324.jpg
半分に切られた長いキュウリは、浅漬けでとてもさっぱりとしています。
お箸で少しずつ崩しながらおむすびを食べ、合間にキュウリを囓りました。

DSCF2053.jpg
おむすびをいただくと、お茶が出てきました。


いちじく?の赤ワインコンポート
DSCF2054_20120721025323.jpg
最後にデザートです。
いちじく、、、だったかな?、赤ワインのコンポートです。

DSCF2055_20120721025323.jpg
甘さが控えめでサッパリとしていて、赤ワインの風味をすごくしっかりと感じました。
コンポートって、こってり甘いイメージがあったので警戒していたのですが、このデザートはとても大人の風味でさっぱりとしていて美味しかったです。


デザートを食べ終え、友人とおしゃべりをしていたら、店主さんからかしこまって「そろそろ次の予約の方が待っているので、、、。」とのアナウンス。
このお店が入れ替え制とは知りませんでした。

この日のお会計は二人でジャスト16,000円、一人8,000円でした。
美味しいご飯をお腹いっぱい、お酒も4杯ずつぐらいいただいたので、CPは抜群で、大満足でした。
誘った友人も「また行きたい!」と言ってくれたので嬉しかったです。

なお、最近お店はお隣のビルに移転し、少し席数も増えてテーブル席も出来たそうです。
ぜひぜひ再訪したいお店でした。


2011年11月2日訪問時お店DATA
****************************
和創作 太 (た)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-26-5 メグロードビル地下1F
TEL  03-3779-0002
営業時間 18:30~2:00(L.O.1:00) 
定休日 日曜日
JR目黒駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/26 08:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(2) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
昨日は久しぶりに暑さがぶり返しましたね~。
個人的には気温そのものより、高い湿度とか風が少ないことがしんどかったです。
しばらく30度ちょっと超えの気温が続くようなので、身体が少し慣れてくれるといいな、と思っています。

DSCF1984.jpg
2011年11月2日は、夜に友人とディナーに行く予定でした。
突発的なこともあって3日連続の外食で、体重がかな~りやばい状態で、上司がお昼時に不在で外で食べるチャンスでしたが、問答無用で「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」のおうどんに決めました。

DSCF8639.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF8637.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2011年10月17日だったので、約2週間ぶり、11回目です。

DSCF8638.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違います。
だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF0936.jpg
12時になってお店に行くと、先客ゼロですぐに買うことができました。
この日は珍しく後ろにも人が並ばなかったです。

厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

先にお会計をしてからお料理の出来上がりを待ちますが、会計時に「お箸はいりません。」と伝えても、長年の習慣は変わらないようで、「わかりました。」とその時は言ってくれるものの、実際にはほとんどの場合そのまま袋に入れてくれるので、袋を受け取ったときにお箸を返却するようにしています。

DSCF1982.jpg
温かいおうどん、できればカロリーの低いもの、、、。
もちろん、かけうどんが一番なのはわかっていたのですが、朝から何も食べずにいて腹ぺこだったので、さすがにそれを頼む気力はなく、芽かぶうどんをお願いしました。

DSCF1983.jpg
容器はプラスチック製のドンブリで、フタが透明で器は白です。

DSCF0776_20120526081045.jpg
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。


芽かぶうどん (380円)
DSCF1984.jpg
容器のフタを開けると、ダシの良い香りが立ち上ります。
うどんのトッピングは、ワカメ、ネギ、カマボコ、芽かぶです。

DSCF1986.jpg
輪切りの長ネギはたっぷりと盛られていました。
カマボコは、とても薄いですがフチがピンクで中が白の華やかなタイプです。

DSCF1987.jpg
「芽かぶうどん」というメニュー名ですが、めかぶよりもワカメの方が多いかも(笑)。

DSCF1985.jpg
メインの芽かぶですが、2011年6月8日に食べた冷し芽かぶそばに比べると、ちょっとボリュームが少ないように見えます。
温かなスープの中に入っているので、芽かぶはややくすんだ緑色になっていました。

DSCF1988.jpg
うどんのおツユがさっぱり系なので、アクセントになるよう七味唐辛子を最初に全部ふりかけて、いただきま~す!
ただ、いつもはさっぱり系のうどんつゆですが、この日はそれ程薄く感じなかったです。

DSCF1989.jpg
おうどんはほんのりお醤油色に染まっています。
かなりコシがあるので、1本ずつ手繰ってゆっくりといただきました。


うどんのおつゆも全て飲んだので、全体のボリュームは普通です。
その時はお腹いっぱいになりましたが、午後4時過ぎには小腹が空いてきちゃいました。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 肉うどん (2011年7月21日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年11月2日訪問時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/25 06:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
先週末のちょっと涼しかった日の朝、牛乳が少しだけ余っていたので、カフェオレを作って飲み切っちゃおうとお湯を沸かしてインスタントコーヒーを作りました。
牛乳を入れて出来上がると、なにやら不思議な匂いが、、、。
慌てて牛乳のパックを見てみると、賞味期限は1ヶ月前に切れていました(汗)。

DSCF1963.jpg
2011年11月1日は11月最初のランチでした。
お昼の12時になっても、締め切りが過ぎている仕事がなかなか終わらない上司はひどくイライラしていたので、そのまま放っておきました。
12時20分過ぎにようやくランチタイムだと気付いたようで、「外で食べよう。」と声をかけられ、中華料理が大好きな上司のお気に入りである「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」へ行きました。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」があり、2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめてしまいました。

看板

こちらは以前撮った写真です。
「嘉賓」は老舗有名店で、「カキそば」や「水餃子」などがグルメ本でよく紹介されています。

DSCF1979.jpg
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

入り口

お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

到着したところ、ちょうど店内は満席だったので、少々外で待ちました。
2階の階段から2010年11月24日にランチ訪問した「桂園」を見渡すと、あちらも満席だったようで、中華料理の人気の高さを感じます。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。

前回ランチ訪問したのが2011年10月3日だったので、約1ヶ月ぶりでした。

2008_0627画像0004
窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

2008_0627画像0003
卓上には中華風にデザインされた調味料入れやお箸立てが置かれています。

それ程待たずに、中央付近の丸テーブルに相席する形で着席できました。

DSCF1956.jpg
最近は夏は冷たいお茶が出るようになりましたが、基本的に温かいお茶が出ます。
食事中、フロアの方がこまめにお茶をつぎ足しに来てくれます。

この日は温かいお茶でした。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1957.jpg
ランチメニューは15種類と種類が豊富です。
値段は700円~1500円と幅広いですが、そのほとんどが800円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製ラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF1958.jpg
この日の伝票です。

五目シリーズで唯一まだ食べていなかった五目チャーハンを注文。


五目タン麺 (800円)
DSCF1265.jpg
「嘉賓」はお料理が出てくるのは結構早いです。
まずは上司のA定食が早々に登場。
上司は不安顔で「早過ぎないか?」「メインのお豆腐の煮物が温かくなさそう、、。」などと漏らしていました。
確かにお料理を見てみると、水餃子の方が茹で立て熱々なようで、湯気が出ていました。

しばし待って、私の五目タン麺が登場!
お料理はメインとデザートのセットです。
お盆はありません。

DSCF1267.jpg
たっぷりの五目餡かけがのせられていて、麺が全く見えません。

DSCF1268.jpg
五目となっていますが、具材はもっとたくさんあり、チンゲンサイ、ニンジン、タマネギ、タケノコ、豚肉、黒キクラゲ、エビなどなどです。
少し餡がかかっていました。

DSCF1269.jpg
お野菜は火の通りが浅く、このお店らしく、とってもシャキシャキして歯応え抜群です。

DSCF1273.jpg
お肉にはしっかりと味がしみて柔らかく、エビはプリプリです。

DSCF1270.jpg
スープは塩味がベースでしょうか、熱々で、程よいコクでした。

DSCF1272.jpg
麺は細めのストレートで、しゃっきりとしたのど越しです。

DSCF1266.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでわりあいさっぱりとしています。

DSCF0973_20120603150822.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていて量がたっぷり。
寒天系のツルツルした食感です。

DSCF0974_20120603150822.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ワンポイントに果物やクコの実が必ず入っていますが、この日は缶詰のみかんでした。
このところ、ずっとみかんが続いています。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器はこんな感じです。


お野菜がメインですが、麺の量もけっこうあり、スープまで飲み干しちゃったので、食べ終えるとボリュームたっぷりでかなりお腹いっぱいになりました。

DSCF1971.jpg
いただきま~す!


五目チャーハン (800円)
DSCF1959.jpg
さすがチャーハン、私のメニューが一番に出てきました。
メイン、スープ、デザートのセットです。
ご飯メニューなのでスープがつきます。

DSCF1962.jpg
「嘉賓」のスープは日によってだいぶ違いがあります。
この日はやや濁っていて、薄茶色っぽかったです。
具はなくて、小ネギがちょっと散らしてあります。

DSCF1974.jpg
少しコクがあり、とても胡椒がきいていました。
特に飲み終えるときに底に胡椒がたまっていたのか、かなりジンジンきました(笑)。

DSCF1963.jpg
五目チャーハンは平たく丸いお皿にたっぷりと盛られています。

ブログを始める前から「嘉賓」にはよく来ていて色々なメニューを食べていましたが、五目チャーハンの単品は本当に初めてだったかも。

DSCF1964.jpg
添えられていたザーサイの一部が飛び出していました(笑)。
ザーサイはしょっぱめなので、しっかり味の炒飯にはあまりいらなかったかも。

DSCF1965.jpg
他の五目シリーズとは大きく違い、具材は小さく切られて炒飯の中に入っています。

DSCF1972.jpg
卵、お肉、青菜、エビ、シイタケなどなど、いろいろ入っていました。

DSCF1966.jpg
焦げた部分もあり、味のアクセントになります。

DSCF1973.jpg
ご飯はパラリとしていなくて、わりあいしっとり系です。
程よい味付けが全体に行き渡っていて、美味しいです。

DSCF1975.jpg
せっかくなので、「嘉賓」の自家製ラー油をのせちゃいました。
しかも、かなりたっぷり目。
全体をかき混ぜてからいただきました。

DSCF1977.jpg
しっかりと辛く、痺れもあって、美味しい!
油で炒めたご飯にさらに油の調味料を加えているので、カロリーはやばそうですが、、、。

DSCF1960.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでわりあいさっぱりとしています。

DSCF0973_20120603150822.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていて量がたっぷり。
寒天系のツルツルした食感です。

DSCF1978.jpg
ワンポイントに果物やクコの実が必ず入っていますが、この日は缶詰のみかんでした。
このところ、ずっとみかんが続いています。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器はこんな感じです。


茹でギョーザと牛肉入おかゆ (800円)
DSCF1967.jpg
体重がかなり厳しかった先輩は、こちらのメニューを注文。

DSCF1970.jpg
茹でギョーザはたっぷり6個ありました。

DSCF1968.jpg
お粥は塩味ベースで、中に牛肉が隠れています。

DSCF1969.jpg
深めなドンブリにかなりたっぷりと入っているので、さっぱり味なだけに後半はやや単調だったとのことです。


この日の夜はスポーツクラブに行こうと思っていたので、カロリーオーバー気味に食べたのですが、突然仕事絡みで夕飯のお誘いがあり、もともと高めだった体重がかなりやばいことに(汗)。
いつどんな風になるのかわからないので、やはり体重はしっかりコントロールしなければ!
ともあれ、この日は五目系メニューを制覇できて嬉しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食[餃子2個付]
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
B定食 古老肉 スブタ (2008年3月21日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ (2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
2010_0607画像0022

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2011年11月1日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2F
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/24 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【撤退】 ハーブチキンライス屋「SN dining」 [千代田四番町ランチ屋台] @市ヶ谷
2014年7月7日追記

「エスエヌダイニング」は、2014年春頃?に撤退したようです。

DSCF6232 (480x360)
同じ場所には入れ替わりで「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」という屋台がやって来て、2014年6月2日のランチで買いに行きました。

***************************

週末はいろいろ大物を洗濯しようと思っていたのに、土日共気温が低くて雨がちで残念。
今日からまた暑くなるそうなので、週の最初から気分がブルーですが、新しい一週間をがんばりましょう☆

DSCF1947.jpg
2011年10月31日は10月最終日の月曜日。
お昼直前に外に出かける予定のあった先輩が、「ついでにお弁当を買ってきましょうか?」と言われたので、ありがたくお願いしました。
先輩も、家に常備しておいた冷凍ご飯が尽きてしまっておかずしかないとのことで、この日は私と一緒にお弁当を買うことになり、「千代田四番町ランチ屋台」へ出発。
この日は月曜日なので、ハーブチキンライス屋「SN dining(エスエヌダイニング)」です。

上司にもお弁当を食べるかどうか一応聞いてみましたが、味に保守的な上司は「天ぷらそばがいい。」とのことだったので、一人分だけ「松月庵」に出前をお願いしました。

DSCF6726.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

DSCF6729.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。

「エスエヌダイニング」のオープン予定日は2011年3月14日でしたが、公式HPによると、計画停電と電車の運行状況等のせいでいきなりお休みだったそうで、2011年3月21日から営業が始まりました。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2011年9月5日だったので、約2ヶ月ぶり、10回目です。

DSCF6725.jpg
公式HPによると、こちらのお店は佐藤正文店長がお料理を作っていて、移動販売だけでなくケータリングやイベントへの出店などもしているそうです。

DSCF8702.jpg
日テレ通りにはお店の旗が出ています。

DSCF8423.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
いつ行ってもたくさんの人が並んでいますが、回転は早いです。
人通りの邪魔にならないよう、市ヶ谷駅方面の壁に沿って並びます。

DSCF6726.jpg
大きな車にお店のロゴが入っています。

店主さんはとても気さくな方で、声をかけると、いろいろ話をしてくれます

DSCF8827.jpg
お弁当はSN特製弁当とWハーブチキン丼の2種類で、どちらも650円とお安いです。

列に並んでいると、いつもハーブの香りが立ちこめています。
待っている途中、お腹が空いちゃって困る程です(笑)。

DSCF6727.jpg
Wハーブチキン丼は、ハーブでマリネした若鶏を香ばしく焼き上げ、ハーブライスと合わせたボリューム満点の一品だそうです。

DSCF0399.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
SN特製弁当はハーブライスの上に各国料理の煮込みをのせ、焼き立てのスパイシーハーブチキンがついています。
ハーフ&ハーフは上乗せ料金なしで頼めるので、とってもお得!

DSCF0619_20120512123454.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
メニューは定番の中から幾つかと、日替わり(週替わり?)が1・2種類の組み合わせになります。

DSCF0621_20120512123453.jpg
車の内部を除くと、美味しそうなお肉が見えます。

DSCF8430.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
5種類のソースは、ボコボコと沸いて湯気の立っているお湯の中でそれぞれ器ごとに湯煎にかけられています。

支払いは、一旦お店の方にお金を見せて、お札は店長さんに手渡し、コインは横に置いてあるコインボックスに種類ごとにセルフで入れます。お釣りがある場合にもセルフでとります。

DSCF8429.jpg
店主さんお一人で切り盛りしていらっしゃるので、時間短縮のため、スプーンを入れたり袋にお弁当を詰めたりするのは、セルフです。

最近は、以前いただいた袋をリサイクルして持って行くことが多いです。

DSCF1944.jpg
以前から気になっていた、Wハーブチキン丼をお願いしました。
色とりどりの各国のソースが選べるお弁当なので、チキンだけのこのお弁当を頼むことがなかなかできなかったのですが、この日は思い切ってチャレンジ。
先輩の話では、このメニューを注文している人はほとんどいなかったそうです(笑)。
2011年10月20日に食べた「ガルバ」のガパオのような位置づけでしょうか。

DSCF1946.jpg
お弁当の容器は白いプラスチックで、フタは透明なので中が見えます。

DSCF1951.jpg
いただきま~す!

お弁当のフタを開けるとハーブの香りが立ちこめて、ただでさえ空腹なところにさらに食欲に火がつきました(笑)。


Wハーブチキン丼 (650円)
DSCF1947.jpg
お弁当はご飯を敷き詰めた上にたっぷりのハーブチキンがのせられ、レタス、スパゲッティ、ミニトマトが添えられています。
ソースがないので、いつものお弁当とだいぶ雰囲気が違いました。
色合いがやや地味でしょうか(笑)。

DSCF1948.jpg
スパゲッティはケチャップでしっかりと味がついています。

DSCF1949.jpg
サラダにミニトマトが入っているのは初めて見ました。
先輩のSN特製弁当には入っていなかったので、Wハーブチキン丼だけのようです。
ミニトマトはかなり大きめなサイズで甘みが強く、口がさっぱりしました。

DSCF1950.jpg
SN特製弁当に比べてハーブチキンがたっぷりと、大きなサイズが4・5個入っていました。

DSCF1953.jpg
お肉は胸肉だと思いますが、こんがりと焼かれたお肉はハーブの香りがして表面は香ばしく、中はホロホロと柔らかでした。
ただ、程よい弾力があるので、お店からもらうスプーンで小さく切るのは結構大変。
このお弁当はお箸とスプーンを両方使った方が食べやすいかも。

DSCF1954.jpg
ご飯とチキンの間には、ピリ辛味のもやしが敷いてありました。
ハーブチキンそのものはそこそこしっかり下味がありますが、それ程ご飯が進む味ではなかったので、このおかずはとても良かったです。

DSCF1955.jpg
ご飯はたっぷりのハーブと一緒に炊き込んだハーブライスなので、断面にところどころハーブが入っていて、ご飯だけでもしっかりとしたハーブ味がします。

DSCF1945.jpg
先輩はアジアンとフレンチ?の盛り合わせのお弁当です。


SN特製弁当 ハーフ&ハーフ [?アジアン&フレンチ?] (650円)
DSCF1952.jpg
どちらも白っぽいソースの色なので見分けがつきにくいですが、タケノコが入っている右側がアジアンじゃないかと思います。


いつもと違ってソース的なものがなかったせいか、お肉は多かったものの、ペロリと食べられました。
全体のボリュームは普通です。
これで、エスエヌダイニングのメニューはほぼコンプリートしたかなと思います。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
 ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
 コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
 インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
 チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
 ロシアン&カレー (2011年6月27日
 アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
 チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
 カレー&キーマカレー (2011年9月5日
 Wハーブチキン丼 (2011年10月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年10月31日訪問時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
ハーブチキンライス屋「SN dining」 (えすえぬだいにんぐ)
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
TEL&FAX  03-6317-77634
営業時間 11:30~14:00
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/23 05:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
堂島ロール <Patisserie Mon cher> 
DSCF1055_20120719055011.jpg
2012年6月13日、お客様から「堂島ロール」をいただきました。

DSCF1046_20120719055040.jpg
スイーツに関する知識がほぼゼロの私でさえ知っている「堂島ロール」。
鮮やかですが、フチが茶色で落ち着いたオレンジ色の箱に入っていました。

DSCF1047_20120719055040.jpg
お店のロゴもとってもオシャレ。

堂島ロールは、大阪に本社のある株式会社モンシュシュが展開する「Patisserie Mon cher(パティスリー モンシェール)」というブランドの目玉商品です。
ちなみに、モンシェールとは、フランス語で「私の愛しい人」という意味だそうです。
「モンシェール」は大阪を中心に全国の大都市に店舗があり、東京でも日本橋三越や銀座三越、東急本店などで購入することが出来るようです。

DSCF1048_20120719055040.jpg
賞味期限は当日でしたが、この日は夜に食事会を予定しており、体重が心配だったので残念ながら食べるのを次の日にしました。

DSCF1049_20120719055040.jpg
中を開けてみると、堂島ロールは一人分サイズに切ってありました。
以前、大阪で買ったことがあるのですが、既に切ってあるタイプは初めて見ました。

DSCF1050_20120719055012.jpg
箱の中には堂島ロールが5つと保冷剤とプラスチック製のフォークが入っていました。

DSCF1051_20120719055012.jpg
ケーキの切り口には両側とも、乾燥防止のためにプラスチックが貼ってあります。

DSCF1053_20120719055012.jpg
透明なシールに大きく印刷された「大阪 堂島ロール」という文字が、オシャレな箱やロゴと違って、フォントがビミョーに野暮ったくて、ちょっと面白かったです。
ロゴと同じフォントにしたほうが、統一感もあるし、オシャレっぽいのでは?

DSCF1055_20120719055011.jpg
このところ、柴又にある「い志い」の米米ロールをよく食べていたので、それに比べるとクリームはこってりと甘く、スポンジは柔らかでした。
家人はこちらの方が好みとのことです。
私はクリームが軽くてさっぱりした甘みの米米ロールの方が好きかな~。


とはいえ、ロールケーキの一大ブームを起こしただけあって美味しかったです。
いただいた次の日に自宅に持ち帰ったのですが、その日にはT事務所様から贅沢なマンゴー大福をいただいてしまい、結局スイーツを2個持ち帰って食べちゃいました(汗)。


2012年6月13日時点のお店DATA
*******************************
Patisserie Mon cher (パティスリー モン シェール)
株式会社モンシュシュ
堂島本店
〒530-0004 
大阪市北区堂島浜2-12
電話 06-6136-8003(本店直通)
営業時間
[平日]  9:00~21:00
[土日祝] 9:00~20:00
JR東西線北新地駅より徒歩6分、ほか

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2012/07/21 00:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ランチ休業】 市ヶ谷ワイン酒場 ウシカミ Gabu 市ヶ谷店  @市ヶ谷
2013年5月13日追記

2013年4月17日に「雅屋」へランチ訪問したとき、「ガブ」がランチ営業をやめたのに気付きました。

DSCF5854_20130502205136.jpg
オープンしたのが2012年6月12日だったので、ランチは10ヶ月ぐらいで終わってしまったようです。

****************************************

この数日、本当に暑かったですね~。
昨日の夜からだいぶ気温が下がり、ちょっと一息って感じです。
週末はまた暑さが戻るようですが、みなさま、体調に気をつけて楽しい週末を☆

本日は、2012年6月12日にオープンした「ウシカミ ガブ」のレポートです。

DSCF0854.jpg
2012年6月12日は上司が不在だったので、お弁当の先輩をおいてランチを食べに出ました。
この日は火曜日だったので、市ヶ谷にある「かわかみ」を目指して出発。
「かわかみ」では毎週火曜日にジャンボ餃子半額サービスをやっているので、ずっとチャンスを狙っていました。
12時ジャストに事務所を出たのですが、人気店だということもあり、私が到着したときにちょうど3人程が入店し、満席になってしまいました(泣)。
残念ながら、この日は「かわかみ」を断念。

DSCF0866_20120718062520.jpg
気持ちを切り替え、「かわかみ」に向かう途中に見えた新店らしきお店に行ってみました。

JR・地下鉄市ヶ谷駅を出て左折してお堀の橋を越え、外堀通りの交差点を渡って右に進みます。
モスバーガーのある角を左に曲がって小さな路地に入り、「ル・フルール」の入っているATビルの1つ奥に染谷ビルがあります。

DSCF0868_20120718062520.jpg
メニューを眺めていたら、客引きの店員さんから「今日からオープンしたので、ぜひどうぞ~。」と声をかけられたので、せっかくなので入店してみました。
オープン当日にランチ訪問できたなんて、滅多に出来ない経験です。
ビルの入口にはたくさんの開店祝いのお花が並んでいました。

DSCF0865.jpg
新店の名前は「市ヶ谷ワイン酒場 ウシカミ Gabu(がぶ) 市ヶ谷店」です。
店名の「Gabu」はがぶ飲みの「ガブ」だそうで、リーズナブルで種類の豊富なワインとお肉をメインとしてハーブを効かせた東南アジア料理を提供するお店で、聖蹟桜ヶ丘にも支店があります。

実は訪問時はワインがメインのお店ということもあり、「ウシカミ」を「ウシカイ」と勘違いしてしまい、2011年4月2日にディナー訪問した「ウシカイ」の系列店かと思っていました(汗)。

DSCF0867_20120718062520.jpg
染谷ビルには、1階には「ウシカミ Gabu」、2階に「雅屋」、地下1階には2009年2月5日にランチ訪問した「福の花」が入っています。

この記事を書いていて、「雅屋」でランチをやっていることを初めて知りました。
今度行かねば!

DSCF0844.jpg
店内は真新しいウッディな内装で、とってもキレイ。
意外に広く、手前にカウンターと厨房があり、奥にテーブル席が並んでいました。

DSCF0841.jpg
人通りも少ない場所で、オープン初日ということもあり、客入りは半分程でした。
ほとんどがサラリーマンの男性でしたが、関係者もいらっしゃっていたようで、店員さんと親しく声をかわしている人たちもいました。

DSCF0863.jpg

DSCF0842.jpg
最初カウンター席に通されたのですが、テーブル席が空いていたので、一番奥にある二人用テーブル席とどちらかを選んでいいと言われました。
チビな私にはカウンター席のスツールがちょっと高そうだったので、ありがたくテーブル席に座らせていただきました。

DSCF0845.jpg
お料理にハーブを多用すると謳っているだけあって、卓上にはハーブについての説明書きが置かれていました。

DSCF0846.jpg
個人的にざっくりとした知識しかないので、こうやってまとまった文章を読むと、とても勉強になります。

DSCF0843.jpg
店員さんからお水とおしぼりをいただきました。
開店初日なので店員さんの動きはぎこちないですが、とても元気で明るい接客です。
お水はとても大きなサイズのグラスで出てきました。

DSCF0820.jpg
ランチメニューです。

DSCF0821.jpg
ランチメニューは全部で6種類、お値段は750円から850円とお手頃です。
基本的に鶏や豚のお肉メニューですが、何故かフォーなんていうものもありました。

DSCF0822.jpg
「元気豚」というネーミングが気になり、食べることにしました。
トンテキ、ロースカツ、カツカレーの3種類がありましたが、ちょうど前の週末に先輩の手作りの塩麹漬けのトンテキをいただいたので、比べてみようと思い、ご飯少なめで元気豚のトンテキプレートを注文。


元気豚のトンテキプレート・ご飯少なめ (800円)
DSCF0848.jpg
しばし待って、お料理が登場!
プレートというメニュー名どおり、白い長方形のプレートに、左からご飯、トンテキ、サラダがのせられています。
トンテキって言葉から想像できないオシャレなスタイルにびっくり(笑)。

トンテキプレートにはライス、スープ、サラダがついています。

DSCF0851.jpg
ご飯はまるでお子様ランチのように可愛らしく丸く盛りつけてあり、トップに梅干しがトッピングされていました。
ご飯少なめでお願いしていたので、量は控えめです。

DSCF0853.jpg
梅干しはカリカリ小梅で、しっかりした酸味でした。

DSCF0850.jpg
スープはお味噌汁で、小さめの白いコーヒーカップに入っていました。

DSCF0861.jpg
中にはジャガイモ、お肉、白菜、お揚げなどなど、かなり具沢山でした。

DSCF0857.jpg
プレートの右側にはサラダがこんもりと盛られていました。

DSCF0858.jpg
お野菜は水菜、レタス、ニンジンなどなどで、あらかじめドレッシングがかかっていました。

DSCF0854.jpg
トンテキはかなり厚みのあるお肉をあらかじめ一口サイズにカットし、たっぷりのソースと砕いたニンニクチップスがかけてありました。

DSCF0855.jpg
元気豚について調べてみたところ、有限会社ジェリービーンズという会社が千葉県多古町で育てたブランド豚のようです。

DSCF0860.jpg
お肉はしっかり目に火を通してありました。
ほどよい歯応えで、厚みがあるのでお肉食べている!って実感できて、食べごたえ抜群。
お肉をそのまま囓っても下味が少しついているので、そのまま食べられました。

DSCF0862.jpg
お肉にかけてあるソースが、タマネギでしょうか、優しい甘みのあるしっかり味でとっても美味しかったです。
ソースの量もたっぷり目だったので、お肉だけでなく、サラダに和えたり、ご飯にそのままのせて食べたりしました。

DSCF0864.jpg
この日の伝票です。


プレートを食べ終え、最後にスープを飲み干しているとき、店員さんから「お皿をお下げしてよろしいですか?」と声をかけられました。スープを飲んでいるから返事は出来ず、そのままプレートが下げられました(汗)。
うーん、プレートは食べ終えているとはいえ、食事はまだ終わっていないのに一部の食器を下げるのはどうなんだろう、、、。行列が出来ているならまだしも、店内はガラガラだったのに。

ご飯を少なめにしていたせいか、全体のボリュームは普通です。
夜はワインをお安く飲めるそうで、とっても興味があります。


名刺です↓
DSCF0869_20120718062520.jpg

DSCF0870_20120718062519.jpg


オープニングのチラシです↓
DSCF0871_20120718062519.jpg

DSCF0872_20120718062421.jpg

DSCF0873_20120718062421.jpg


チラシです↓
DSCF0874_20120718062420.jpg

DSCF0875_20120718062420.jpg

DSCF0876_20120718062420.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF0847.jpg

DSCF0823.jpg

DSCF0824.jpg

DSCF0825.jpg

DSCF0826.jpg

DSCF0827.jpg

DSCF0828.jpg

DSCF0829.jpg

DSCF0830.jpg

DSCF0831.jpg

DSCF0832.jpg

DSCF0833.jpg

DSCF0834.jpg

DSCF0835.jpg

DSCF0836.jpg

DSCF0837.jpg

DSCF0838.jpg

DSCF0839.jpg

DSCF0840.jpg


2012年6月12日訪問時お店DATA
******************************
市ヶ谷ワイン酒場 ウシカミ Gabu 市ヶ谷店 (がぶ)
〒162-0843 
東京都新宿区市ヶ谷田町1-1 染谷ビル1階
TEL 03-5227-6480
営業時間
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:00~23:30
定休日 なし
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/20 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨日は6日ぶりの出社で、休み前の仕事を少しずつ思い出して片付けるという、リハビリ状態でした(汗)。
月末の忙しい時期を迎える前に、いろいろ準備を整えねば!

DSCF1932.jpg
2011年10月28日は12時近くなっても、お昼に戻るはずの上司から連絡がないまま。
午後イチに来客を予定していたので、見切り発車で自分の分だけお弁当を買いに行っちゃいました。
この日は金曜日だし、体重もかなり順調だったので、ボリューム系の「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」のお弁当をテイクアウトをすることにしました。

外観

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF0729_20120521195424.jpg
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
出前をやっていた頃はよくお願いしていて2008年3月7日に訪問した「俵屋 市ヶ谷店」
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
お弁当をよく買い、2007年6月4日にランチ2008年12月13日にディナー訪問した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF1925.jpg
お店は2階にありますが、ビルの1階の表のところにたくさんのメニューが出ています。

2010_0814画像0001
こちらは以前撮影した写真です。
午後4時まで、ピッツァが特別サービスになります。
特別サービスはいつもやっていますが、その時々でメニューが変わっているようです。

メニュー

こちらも以前撮影した写真です。
メニューは驚くほどたくさんの種類があります。
お値段は中心価格帯が1000円近くてお高めですが、どれもかなりのボリュームです。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF1442.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
階段の途中にも大きな本日のスペシャルのメニューが出ています。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
12時45分ぐらいに電話で先に注文したところ、珍しく女性の店員さんが出ました。
「10分後にはできますよ!」とのことで、慌てて事務所を出発。

2010_0814画像0005
「ラ・タベルナ」は1977年創業の老舗で、この時点でなんと34周年!
写真は以前撮影したものなので、古いです(汗)。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF0189_20120411202953.jpg
こちらはランチのテイクアウトメニューです。
種類がとても豊富で、しかも、お店で食べるよりお安くなります。

メニュー

店内には所狭しとたくさんのメニューが貼られていて、さらにそれらを組み合わせたり量を多くしたり減らしたり、いろいろな形でお願いできます。

入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。

12時前にお店に到着したので、まだ店内は静かでした。
お会計しているとき、電話で対応してくれた女性の店員さんが「階段のところに新しいメニューが出ているから持って行ってね。」と教えていただいたので、帰りがけにいただいて帰りました。

DSCF1939.jpg
これまで春・夏メニューでしたが、秋・冬メニューになりました。
定番はほとんど同じですが、冷製パスタがなくなり、冬らしい、あん肝と牡蠣のメニューが登場。

DSCF1943.jpg
あん肝のパスタなんて、珍しいし、とっても美味しそう。
先輩と絶対来週食べてみましょうと盛り上がりました(笑)。

2010_0814画像0008
こちらは以前撮影した写真です。

相変わらず、スパゲッティなのにずっしりと重いお弁当でした。

DSCF1927.jpg
リゾットを食べようかと思っていたのですが、どうしてもスパゲッティが食べたくなり、ちょっとこってり系のゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入りスパゲッティにしました。

前回お弁当を購入したのは2011年10月13日だったので、約2週間ぶり、6回目です。

DSCF1928.jpg
プラスチックのフォークは個包装になっています。
この日は断るのを忘れ、いただいてしまいました。

DSCF1929.jpg
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

この日は容器のフタにメニュー名が書かれていませんでした。

DSCF1447_20120629220157.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
これをはがすのは結構大変。


ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入りスパゲッティ (1,000円)
DSCF1932.jpg
フタを開けてみると、たっぷりのスパゲッティが白いソースに染まり、マッシュルームがところどころに顔をのぞかせ、パセリがトッピングしてありました。

お持ち帰りだと1,100円の店頭価格が100円ディスカウントされ、1,000円になります。

DSCF1933.jpg
ゴルゴンゾーラチーズの味はアクセント的で、クリームソースのゴルゴンゾーラ風味という方がぴったりくるかも。

DSCF1935.jpg
スパゲッティはとても重たくて、お箸で食べているせいもあるのですが、食べる分だけ引っぱり出すのが大変(汗)。
茹で立て熱々で、特に中に入っている麺は火傷しそうなぐらいでした。

DSCF1936.jpg
クリームソースはかなりたっぷり目にかかっていて、容器の下の方にスープのようにたまっていました。

DSCF1937.jpg
かなりこってり系をイメージしていましたが、少し粉っぽさを感じましたが、全体的にはあっさり目でした。

DSCF1938.jpg
急いで調理したせいでしょうか、マッシュルームがたくさんつながっていて、開くとまるでお花のようになったので、せっかくなので記念撮影(笑)。


麺のボリュームとソースのおかげで、食後はかなりの満腹感が押し寄せ、夜になるまで全くお腹が空かなかったです。
これから秋・冬の季節メニューを食べるのが、とっても楽しみです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日
  アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
◎ご飯系
  オムライス  (2008年3月3日

[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF1939.jpg

DSCF1940.jpg

DSCF1941.jpg

DSCF1942.jpg

DSCF1943.jpg


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2011年10月28日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2F
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/19 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
フランス料理 コート・ドール  @三田
梅雨が明けた途端、強烈な暑さになりましたね~。
私は夏休みを終え、今日から久しぶりの出勤です。
6日ぶりの仕事なので、休み前に何をやっていたか、全く覚えていません、、、(汗)。

DSCF1855_20120717161045.jpg
2011年10月26日の夜、食べ友達の友人とちょっと豪華なディナーに行ってきました。
友人が読んだエッセイの中に出てきて、ぜひ一度行ってみたかったという、三田にある老舗フレンチ「フランス料理 コート・ドール」というお店です。
ミシュランガイドが初めて日本に登場したとき、何故三つ星にならなかったのかと話題になったとか。

DSCF1839_20120717161223.jpg
お店は東京メトロ南北線、都営三田線白金高輪駅から徒歩8分という立地です。
駅から桜田通りを麻布十番方面に進み、首都高にぶつかる手前で右折し、お店の入っている三田マンションを探しました。

DSCF1840_20120717161222.jpg
地図を見ながら最短距離のつもりで歩いていたのですが、ほとんど人気のない薄暗い通りに入ってしまい、かなり不安になりましたが、なんとかマンションの看板を発見。
友人は別ルートから楽々入って来たようです(汗)。

DSCF1841_20120717161222.jpg
お店は三田マンションの1階にあります。
とても大きいマンションで、こういうお店はあまり来たことがありません。

DSCF1897_20120717160615.jpg
こちらの写真は帰りがけに撮影しました。
お店到着時に入口の写真を撮とろうと思ったら、どこからか見ていらっしゃったようで、店員さんが出てきてご挨拶を受けてしまい、そのまま中に入店してしまったからです。

DSCF1842_20120717161222.jpg
友人はまだ到着していなかったので、ウェイティングルームに通されました。

DSCF1843_20120717161222.jpg
ホールはとてもゆったりとしています。
程なくして友人が到着したので、ダイニングルームへ。

DSCF1890_20120717160650.jpg
シンプルで落ち着いた内装で、照明は結構暗めです。
そのせいで、この日は写真を撮影してもピントがはっきりわからず、ぼけた写真が多くて残念(泣)。
店内は4割程の人の入りでした。
こちらの写真は食事後に撮影したものです。

DSCF1892_20120717160650.jpg
フロアスタッフさんたちは年齢層高めの男性で、とてもゆったりとした物腰です。
訪問前は老舗フレンチのサービスってどんなかなぁ、、とやや心配でしたが、くつろぐことができました。

DSCF1893_20120717160650.jpg
窓際の席に着席したので、ガラス越しにお庭を眺められました。

DSCF1846_20120717161139.jpg
午後8時から食事を始めたのですが、「コート・ドール」は午後8時30分にラストオーダーということで、店内の他のお客さんはほとんどがメインを食べている途中でした。

DSCF1849_20120717161138.jpg
卓上には小さなお花が飾られています。

DSCF1844_20120717161221.jpg
ディナーメニューです。

DSCF1845_20120717161139.jpg
メニューをどうしようか、店員さんと相談。
お任せをお願いしようとしたところ、店員さんから「どれぐらいお食べになりますか?」と聞かれ、友人は普通ぐらい、私は結構食べると答えたところ、「お任せだとボリュームが結構あるので、あまり召し上がらないのであれば、前菜2つにメイン1つがよろしいのでは?」と勧められました。私はどちらでもよかったので、友人にどうするか聞いたところ、友人は「せっかく念願叶った訪問だったので、がんばって食べてみる!」とのことで、お任せの15,000円のコースを頼むことになりました。

DSCF1851_20120717161046.jpg
店員さんが一旦厨房に戻り、メニューを先に教えてくれます。
メニューを聞いて私たちがオッケーを伝え、いよいよお食事スタートです。


グラスシャンパーニュ (1,600円)
DSCF1847_20120717161139.jpg
まずはグラスシャンパンで乾杯!

DSCF1848_20120717161138.jpg
キリリと辛口で、すっきりとしていました。

DSCF1850_20120717161138.jpg
パンのバターです。


赤ピーマンのムース
DSCF1853_20120717161046.jpg
最初の一品は赤ピーマンのムース。
このお店のスペシャリテだそうで、ぜひとも食べたかった一品でした。

DSCF1854_20120717161045.jpg
トマトソースの上にアイスクリームのように赤ピーマンのムースがのせられています。
スプーンで少しずつ掬っていただきます。

DSCF1855_20120717161045.jpg
口に含むと、ムースという名前のわりにはわりにもったりした口あたりで、クリームっぽい後味でした。
食べログのコメントで、口の中でとろける~とよく書かれていましたが、予想していたよりも重たい食感で、下にあったトマトソースがとてもさっぱりとしつつも甘みが際立ち、ムースの重たさを打ち消してくれました。


パン
DSCF1856_20120717161045.jpg
パンは温めてあって、熱々です。
皮の部分はパリパリ、中はふんわりとしていて、バターをつけなくてもほんのりとした塩加減でとっても美味しかったです。
ついつい、パンをたっぷり食べちゃいます。


サワラのくんせい焼き
DSCF1857_20120717161004.jpg
次のお料理はサワラのくんせい焼きでした。
大きな白いお皿にサワラが二切れのせられ、下にはピンク色のお野菜が敷いてありました。

DSCF1860_20120717161004.jpg
サワラを口の中に入れると薫香がぶわ~っと広がります。
お魚は柔らかく、とても旨味がありました。

DSCF1859_20120717161004.jpg
下にあるお野菜はビーツでしょうか?
しっかりとした酸味で、さっぱりとしていました。


パン<おかわり>
DSCF1862_20120717161003.jpg
パンをパクパク食べていたので、すぐにおかわりを持って来てくれました。
おかわりのパンも、もちろん、熱々です。


甘鯛のムニエル
DSCF1863_20120717161003.jpg
次のお料理は、甘鯛のムニエルです。
茶色くこんがりと焼かれたお魚の下にはポロ葱がたっぷりと敷かれていました。

DSCF1864_20120717161003.jpg
甘鯛は、大きな身の部分とアラ(頭?)の部分の2つありました。
身は骨からするっとはずれてとても食べやすかったです。

DSCF1865_20120717160917.jpg
皮はパリッパリで、身はジューシー。
ちょうどよい塩加減でした。

DSCF1866_20120717160917.jpg
ネギはとても甘かったです。


グラス白ワイン (1,600円)
DSCF1867_20120717160917.jpg
グラスの白ワインを注文。
柔らかい甘さで飲みやすかったです。

まだシャンパーニュを半分程しか飲んでいなかった時、サービスの男性が次の飲み物を勧めに来たので、ちょっとフライング気味かなと思いました。

DSCF1868_20120717160916.jpg
メインの牛テールは、取り分け前に見せてくれました。

DSCF1869_20120717160916.jpg
こちらで二人前です。


牛尾の赤ワインソース
DSCF1871_20120717160916.jpg
お肉に赤ワインソースがかけられ、ニンジンのピューレが添えられています。

DSCF1872_20120717160831.jpg
牛テールはホロホロの柔らかさでしたが、下味はそれ程ありませんでした。

DSCF1873_20120717160831.jpg
赤ワインソースは甘酸っぱい味わいで、個人的に牛テールとあまりしっくりこない感じでした。

DSCF1876_20120717160831.jpg
お任せメニューはどれほど多いボリュームかと心配していたのですが、結局赤ワインを注文することなく、あっけなく食べ終えました。

DSCF1877_20120717160830.jpg
デザートの前にお水をいただきました。


?マロングラッセ?
DSCF1878.jpg
デザートに、友人はこの季節らしい栗を使ったものをチョイス。

DSCF1880_20120717160830.jpg
ボリュームたっぷりです。


?チョコレートのデザート?
DSCF1882_20120717160739.jpg
私は甘くなさそうなチョコレート系のデザートを注文。

どちらのデザートも、ちゃんとしたメニュー名がわからず、すみません(汗)。

DSCF1883_20120717160739.jpg
ケーキの上にはたっぷりのアーモンドがのせられ、歯応えがすごくよかったです。
チョコレートはとてもビターな味わいでした。

DSCF1884.jpg
かなり大きめのサイズなのでとても食べごたえがあり、これでお腹いっぱいになりました。


プティフール
DSCF1885.jpg
飲み物の前にプティフールが出てきました。

DSCF1886.jpg
クッキー、マカロン、チョコレートの3種類です。


カプチーノ
DSCF1887_20120717160738.jpg
私はカプチーノをお願いしました。

DSCF1889_20120717160651.jpg
泡で白いハートが描かれ、とってもキュート。

DSCF1894_20120717160615.jpg
この日のお会計です。

DSCF1895_20120717160615.jpg
二人で合計42,042円、一人21,021円でした。
飲み物がお高めだったので、結構な金額になっちゃいました。


食べ終えたのは午後10時頃で、ほとんどのお客さんが帰っていたので、店内の写真をたくさん撮らせていただきました。
全体的にクラシックでシンプルなお料理だったと思います。


お店の名刺です↓
DSCF2149_20120717160615.jpg

DSCF2150_20120717160614.jpg


2011年10月26日訪問時お店DATA
********************************
フランス料理 コート・ドール
〒108-0073
東京都港区三田5-2-18 三田ハウス1階
電話 03-3455-5145
営業時間 
[昼] 12:00~14:00  
[夜] 18:00~20:30 
定休日 月曜日、第2火曜日 
地下鉄白金高輪駅から徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/18 06:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
みなさま、海の日の三連休はいかがお過ごしでしたか?
お休みが終わってしまってブルーな週明けですが、新しい一週間をがんばりましょう☆

DSCF1751_20120706224332.jpg
2011年10月24日は週の最初の月曜日。
午後イチに来客がある予定だったので早めにランチをとらなきゃいけないのに、朝かなり遅く出勤した上司は月曜日のせいかかなり不機嫌で、事務サイドを無視したまま仕事を続けていたので、そのまま放っておきました(笑)。
12時半近くにようやく「来客があるから早くお昼を食べないと。カレー。」と言い出したので、「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類があるようです。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2011年9月28日だったので、約1ヶ月ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF1747_20120706224332.jpg
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

私は麺メニューはほとんど食べていたので、上司と一緒にカレーライスを注文。

DSCF1748_20120706224332.jpg
この日もいつもどおりの素早い出前で、わずか10分程で届けていただきました。
お腹が空いているときには本当にありがたいです。

DSCF1750_20120706224332.jpg
スプーンの丸い部分には、薬味にかぶせてあるのと同じ紙が巻かれていました。

DSCF1756.jpg
準備オッケー。
いただきま~す!


カレーライス (780円)
DSCF1751_20120706224332.jpg
カレーライスはご飯が見えないぐらいたっぷりのルーがかけてあり、福神漬けが添えてありました。

DSCF1754.jpg
お皿にはお店のネームが入っています。

DSCF1753.jpg
薬味である真っ赤な福神漬けは、量がたっぷり。

DSCF1752_20120706224332.jpg
カレーにはジャガイモとニンジンが入っていました。

DSCF1755.jpg
辛くもなくスパイシーでもないお味で、ルーは冷めかかっているせいもあるからか、かな~りもったりしています。

DSCF1758_20120706224257.jpg
ご飯は水分多めでややべったりしていたのが、ちょっぴり残念。


ボリュームは普通ですが、カレーだからか結構満腹感がありました。
カレーってどこのお店で食べても大体オッケーという無難なメニューだと思うのですが、「松月庵」のカレーは残念ながら個人的にややビミョーでした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  カツ丼  (2010年4月6日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2011年10月24日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/17 00:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
夢のまた夢  @六本木
DSCF1060_20120709081952.jpg
2012年6月8日、T事務所様からまたスイーツの差し入れをいただいちゃいました。

DSCF0751_20120709082346.jpg
以前、美味しいお菓子の話をしていたときに名前が挙がっていた「夢のまた夢」というお店のお菓子をわざわざ買ってきて下さいました。
いつも本当にありがとうございます。

DSCF0752_20120709082346.jpg
こちらのお店は、店主の吉田池郷さんが「『夢のまた夢』は“普通の”スイーツはお売りしていません。お売りするものは、商品以上に価値のあるもの、それは“感動体験”です。」と語るケーキ屋さんです。

DSCF0762_20120709082308.jpg
店主さんの熱い思いはケーキだけではなく、言葉でも溢れています。
こちらはお店の名刺です。

DSCF0763_20120709082308.jpg
まずは店主さんのプロフィールがぎっしりと書かれています。

DSCF0764_20120709082229.jpg
もう一枚の名刺には、スイーツの世界を超え、、、

DSCF0765_20120709082229.jpg
「富老超寿」や「人類健幸化」など、壮大なテーマが掲げられています。

DSCF0767_20120709082228.jpg
理想実現のためのケーキ作りの基本として、日本で初めてノー・白砂糖系、ノー・トランスファット宣言をしています。
トランスファットとはトランス脂肪酸のことでしょうか。
トランス脂肪酸が人体に悪影響を与えるというのは聞き及んでいましたが、白砂糖というのは知りませんでした。

DSCF0768_20120709082228.jpg
ケーキにはたくさんの資料が添えられ、こだわりなどについて詳細に語っています。
その圧倒的なボリュームに、甘いものが苦手な私としては、食べる前からやや食傷気味です。。。

DSCF0777_20120709082111.jpg
店主さんの思いは細部にまで行き渡っています。
これは店主さんのインスピレーションを形にした「夢叶鳥(ゆめかなうどり)」というもので、紙袋についています。
それぞれのパーツが太陽と月をイメージしていて、切り込みで組み合わせると立体的な鳥になるそうです。
写真を撮っていたときはそのことを知らなかったので、組み立てていません。

DSCF0778_20120709082111.jpg
事務所にいいことがありますようにと願い、部屋の中に飾っています。

DSCF0754_20120709082346.jpg
こちらのお店にはたくさんのケーキやスイーツがありますが、この日いただいたものは「夢のチーズケーキ」です。

DSCF0755_20120709082345.jpg
このチーズケーキには蜜芋、有機プルーン、36ヶ月イタリア製パルジャミーノレッジャーノが使われているそうです。

DSCF0779_20120709082111.jpg
なんでも、お店のHPによれば、女性が大好きな3大アイテムはさつま芋、プルーン、チーズですが、これらをミックスしたケーキが世の中には見当たらないので作ってみたとのことです。

DSCF0791_20120709082034.jpg
包み紙をとると、茶色い紙箱がでてきました。

DSCF0792_20120709082034.jpg
ピントがぼけちゃってすみません(汗)。
夢を象ったロゴマークでしょうか。幾何学的でオシャレです。

DSCF0793.jpg
箱のサイドには「夢のまた夢」が上半分だけ印刷されていました。

DSCF0794_20120709082033.jpg
茶色い紙箱を開けると、中から木箱が出てきました。

DSCF0795_20120709082033.jpg
紙箱に印刷されていたものよりはちょっとシンプルになったお店のロゴマークが焼き印で押されています。

DSCF0796.jpg
木箱に入ったケーキの上に、セロハン紙がかけてありました。
このあと、外に出したケーキの全体像などの写真を数種類撮ったはずなのですが、デジカメの調子が悪かったのか、取り出しに失敗したのか、黒い影が写った状態になってしまいました。残念。


夢のチーズケーキ (2,000円)
DSCF0797_20120709081953.jpg
外見は、チーズケーキというよりパウンドケーキのようです。

DSCF1059_20120709081953.jpg
小さくカットして、いただきま~す!

DSCF1060_20120709081952.jpg
ケーキの断面はみっちりと詰まっていて、とっても重たそう。
ベイクドチーズケーキに見えなくもないですが、生地の粗い感じからしても、やっぱりパウンドケーキみたいです。

DSCF1061_20120709081952.jpg
食べてみると、そこそこ甘く、しっとりとしていますが、ほろほろっと崩れました。
ベースに使っている蜜芋の味わいが強く、チーズはふんわりと風味を感じるぐらいです。


チーズケーキが大好きな私としては、チーズケーキ!と思って食べると、ちょっと肩すかしを食らう感じなので、お芋ケーキだと言われて食べた方が美味しく感じるかなと思いました。

T事務所様、ごちそうさまでした。


パンフレットです↓
DSCF0756_20120709082345.jpg

DSCF0757_20120709082345.jpg

DSCF0758_20120709082309.jpg

DSCF0759_20120709082309.jpg

DSCF0760_20120709082309.jpg

DSCF0761_20120709082308.jpg

DSCF0767_20120709082228.jpg

DSCF0768_20120709082228.jpg

DSCF0769_20120709082228.jpg

DSCF0770_20120709082228.jpg

DSCF0772_20120709082150.jpg

DSCF0771_20120709082151.jpg

DSCF0773_20120709082150.jpg

DSCF0774_20120709082150.jpg

DSCF0775_20120709082150.jpg

DSCF0776_20120709082150.jpg


2012年6月8日購入時お店DATA
*********************
夢のまた夢 (ゆめのまたゆめ)
〒106-0046
東京都港区元麻布3-1-37
電話 03-5771-7077
電話 03-5771-7078
定休日 第4日曜日 
営業時間 
[月~土] 10:00~19:00 
[日曜日] 10:00~17:00 
地下鉄日比谷線六本木駅1C出口から徒歩10分
地下鉄大江戸線六本木駅3出口から徒歩15分

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2012/07/14 00:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
インドカレー&ナン居酒屋 タラキッチン 四谷店  @四谷
夜になっても気温が下がらず、ここ二日程、寝苦しい夜が続いています。
この時期は暑さを身体に慣らすのが大変です。
みなさま、ご自愛ください☆

13日と17日は夏休みをいただいて、ちょっと旅行に行ってきますので、コメントへのお返事が出来なくなりますので、何卒ご了承ください。

DSCF0466_20120706230356.jpg
2012年5月31日は、上司がお昼時に不在だったので外へランチを食べに行こうと考えていたら、いつもお弁当の先輩も珍しくこの日はお休みとのことで、「どこか美味しいお店に行きたい!」と言われたので、四谷にインド料理の新店「インドカレー&ナン居酒屋 タラキッチン 四谷店」があることを思い出し、一緒に食べに行きました。

DSCF0494_20120706230729.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを抜け、更に先に行った次の通りの一番奥にあるサンサーラ四谷というビルの1階と2階にお店があります。
同じ通りには、2010年10月22日2011年1月31日にランチ訪問した「徒歩徒歩亭」があります。

DSCF0492_20120706230729.jpg
オレンジの看板がとても目を引きます。

この場所は以前は用品店というか、雑貨屋さんだった記憶があります。
ただ、食べログを見たところ、そのもう一つ前は飲食店だったそうです。

入口に近づいたら、ドアは開けっ放しだったので中から見えていたのか、店員さんが飛び出してきてくれました(笑)。
店員さんはとてもフレンドリーです。

DSCF0493_20120706230729.jpg
テイクアウトもできます。
こちらのお店のナンは炭焼きだそうです。

DSCF0491_20120706230728.jpg
一階のスペースに民族衣装などが飾られていました。

「タラキッチン」は、もともとは東中野にオープンしたお店で、オープニングスタッフが独立する際に人材募集をかけたところ、多くの人が来たので四谷店をオープンすることになったそうです。
2012年1月28日にオープンし、スタッフ3名で切り盛りしているとのこと。

DSCF0453_20120706230550.jpg
入店してみると、一階は満席だったので2階に通されました。
フロアはそれ程広くはなく、左手に厨房とカウンター席、窓際にテーブル席がありました。

DSCF0464_20120706230356.jpg
かなり気温が高くなりつつある日でしたが、冷房はなし。
2階は窓が全て開けていて時折涼しい風が吹いているものの、どうも暑いな~と思っていたら、厨房にいるコックさんが1階に持って行くお料理を作っていたため、室温がかなり高めでした(笑)。

DSCF0465_20120706230356.jpg
スペースの問題もあるのだとは思いますが、かなり家庭的?な雰囲気です(笑)。
内装もそうですが、このお店はインド料理屋さんらしい装飾はほとんどありません。
使われている食器を見ると、前のお店のものを引き続き使っているのでしょうか?

DSCF0450_20120706230631.jpg
私たちは階段に近いテーブル席に着席。
四人席だったので、かなり広々としていました。

この日2階を利用したのは、私たちのほかには後から来た男性の一人客だけで、カウンター席に着席していました。

DSCF0451_20120706230631.jpg
卓上には籐籠にナプキンを敷いてスプーンやフォークが入っていました。
ナプキンの色は看板と同じく濃いオレンジです。

DSCF0452_20120706230550.jpg
灰皿があったので、喫煙オッケーです。

DSCF0449_20120706230632.jpg
最初にお水をいただきました。

DSCF0457_20120706230549.jpg
ランチメニューです。
種類は全部で3種類あり、カレー1種類、カレー2種類、カレー2種類にチキンティカがついているセットで、お値段はそれぞれ580円、750円、980円です。
それぞれサラダとナンがついています。
カレーは8種類あるなかから選びます。

DSCF0454_20120706230550.jpg
白黒のメニューもありました。
ランチセットを注文した人は、プラス100円で12種類の飲み物の中から1種類を選ぶことが出来ます。
普通のソフトドリンクだけではなく、ラッシーやチャイなどもあって、とってもお得。

DSCF0466_20120706230356.jpg
私はせっかくなので、お好みのカレー2種類とティキンチカの食べられるダブルカレーとチキンティカセットをチョイス。
カレーはバターチキンカレーとポークカレーにしました。
好みがとても似ているので、先輩も全く同じになっちゃいました(笑)。

しばし待ってお料理が登場!

DSCF0468.jpg
赤フチの黒い長方形のお盆の上に、サラダ、ナン、カレー2種がのせてありました。


ダブルカレーとチキンティカセット (980円)
DSCF0482_20120706230120.jpg
食べようとしたとき、チキンをお願いしたのについていないことに気付きました。
店員さんに聞いたところ、オーダーが入っていなかったようです。
チキンを待っていたら、厨房から「チン!」という音が聞こえてきました(笑)。
作り置きがあって、電子レンジで温めてから出てくるようです。
1階にいた方がわからなくてよかったかも(笑)。


サラダ
DSCF0469_20120706230355.jpg
サラダは小さな透明のガラスの器に入っていました。
たっぷりの千切りキャベツに、ほんの少しのレタスとニンジンが入ったシンプルなものです。

DSCF0470.jpg
あらかじめドレッシングがかかっていました。
多分、ゴマドレッシングだったと思います。


ナン
DSCF0477_20120706230243.jpg
ナンがでっかい!

DSCF0478_20120706230121.jpg
下に丸皿が置かれていますが、それをはみ出ているだけではなく、お盆を超えて先輩のお盆まで進出していました(笑)。

DSCF0479_20120706230121.jpg
ナンはクリスピータイプで、ふっくらした膨らみはほとんどありません。
これは、シェフさんの好みなのか、それとも地方なのでしょうか。
こういうタイプも悪くはなかったですが、個人的にはふんわり・むっちりしている方が好みです。


チキンティカ
DSCF0484_20120706230018.jpg
チキンティカは2個で、プラス230円です。
サイズの合わない大きすぎるお皿にちょこんとのせられているのを見ると、ちょっとお高い気がしなくもありません(汗)。

DSCF0485_20120706230018.jpg
お肉は柔らかでしたが、辛さはかなりパンチが効いていました。

DSCF0476_20120706230243.jpg
カレー2種類は、湯飲み茶碗?のようなものに入っていました。
見た目がとっても和風です(笑)。
珍しい!


ポークカレー
DSCF0475_20120706230244.jpg
メニューによれば、ポークカレーはトマト、玉ねぎ、ガーリック、生姜の基本野菜にタラキッチンオリジナルカレースパイスを加えた豚肉のカレーとのこと。

DSCF0474_20120706230244.jpg
ポークカレーはインド料理屋さんではあまりみかけないので、チョイスしてみました。

DSCF0487_20120706230018.jpg
ポークカレーからいただきました。
黄色っぽくサラサラしたルーです。
実は、最初、こっちをバターチキンカレーだと思って食べ始めちゃいました(汗)。
写真では、こっちの方が濃い色をしていたのですが、、、。

DSCF0488_20120706230017.jpg
お肉は意外とゴロゴロとたっぷりと入っていました。
トマトが入っているせいか酸味があり、ほどよい辛さやコクがあって美味しかったです。


バターチキンカレー
DSCF0471_20120706230244.jpg
メニューに寄れば、バターチキンカレーはカシューナッツ、グリーンチリ、シュガー、トマト、ミルク、バターに鶏肉を加え、タラキッチンオリジナルカレースパイスで仕上げたクリーミーでマイルドなカレーとのこと。

DSCF0472_20120706230244.jpg
バターチキンカレーは、8種類あるカレーのうち一番最初に紹介されていたので、オススメかなと思って注文してみました。

DSCF0489_20120706230017.jpg
こちらは一口食べて飛び上がる程ビックリ。
すっごく甘い!
後からメニュー説明を見たら、確かにシュガーと書かれていました。
ココナツミルクを使ってほんのり甘いカレーは食べたことがありますが、まるでスイーツのように甘いテイストのカレーは初めてです。

DSCF0490_20120706230016.jpg
たっぷりのルーが恨めしく、とにかく食べ切らなきゃと口の中に押し込みました(汗)。


ダブルカレーセット(750円)+アイスチャイ(100円)=850円
DSCF0483_20120706230120.jpg
先輩はカレー2種類を食べられるこちらのセットにソフトドリンクをつけました。
カレーは私と全く同じです。


チャイ(アイス)
DSCF0480_20120706230121.jpg
プラス100円でチャイがいただけるのはお得です。
ガムシロップがついていました。

DSCF0481_20120706230120.jpg
やや小さいサイズのグラスです。


ナンがとても大きかったので、全体としてはボリュームがありました。
私のセットは980円かかるので、まぁ妥当かなという気がしますが、一番お安いカレーセットは580円なので、これでこの大きなナンが食べられるのはお得じゃないかと思いました。
この近辺には何軒もインド料理屋さんがありますが、クリスピータイプのナンや甘いカレーなど、このお店はかなり個性的です。


ランチメニューです↓
DSCF0454_20120706230550.jpg

DSCF0455_20120706230550.jpg

DSCF0456_20120706230549.jpg

DSCF0457_20120706230549.jpg

DSCF0458_20120706230456.jpg

DSCF0459_20120706230456.jpg

DSCF0460_20120706230456.jpg


2012年5月31日訪問時お店DATA
********************************
インドカレー&ナン居酒屋 タラキッチン 四谷店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-9-15 サンサーラ四谷1・2階
電話&FAX 03-3354-9052
営業時間 
[昼] 11:00-17:00  
[夜] 17:00-23:00 (L.O.22:30) 
定休日 日 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/13 05:00】 | インド | トラックバック(0) | コメント(8) |
BONHOMIE  @五反田
昨夜から湿度が高く、とても風が強く吹いています。
ジメジメしているので窓を大きく開くと、猛烈な風で整理の悪い家の中のものがあちこちに飛び散ってしまい、部屋の中は大惨事になっちゃいました(汗)。

本日は、マイブログ圏外の「ボノミー」@五反田というお店のレポートです。

DSCF1727_20120709052314.jpg
2011年10月22日の土曜日の夜、友人と五反田にある「BONHOMIE(ボノミー)」というお店に行きました。
食べログでとても人気のビストロで、ずっと行ってみたいと思っていたのですが、あまりなじみのない五反田という場所故、なかなか機会がありませんでした。
ちょうど友人とディナーの話が出たときに思い切って誘ってみたところ、埼玉県在住で私よりもさらに五反田になじみがなかったはずでしたが、快く承諾してくれました。
ありがとう!

DSCF1743_20120709052759.jpg
JR五反田駅東口駅を出たら歩道橋を使って駅前の太い道路の反対側に行きます。
そのまま大通り沿いに駅から離れる方向に向かって歩き、信号を3つ超えてもう少し行ったところにお店があります。
駅から徒歩6分で、道もわかりやすかったです。

DSCF1744_20120709052759.jpg
入口は意外と小さく、かつ、とてもシンプル。

久しぶりに会う友人だったのでゆっくり楽しめるようにと、開店時間の5時半スタートで予約しました。

DSCF1689_20120709052700.jpg
2010年7月14日にオープンしたお店だったので、店内はシンプルでシックな内装で、とてもキレイです。
フロアは奥に向かって長くのびて、左右にテーブル席がありました。
左側のテーブル席はズラッと並んでいますが、右側は少し引っ込んだような造りになっていて、あまりたくさんのテーブルは並んでいません。
ビストロなのでテーブルは小さめで、席間も狭いですが、たまたま通された席は右側にある奥まった場所だったので、近くのテーブルのことも気にせず、半個室的にゆったりできました。

DSCF1685_20120709052740.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
ドリンクメニューです。
ボードに書かれたメニューを店員さんから手渡されます。

DSCF1686_20120709052740.jpg
最初の一杯は、二人ともスパークリングワインを注文。


スパークリングワイン (800円) 
クレマン・ド・リムー ブリュット シウール・ダルク (フランス・ランドック) 
DSCF1687_20120709052700.jpg
細長いグラスに入ったスパークリングワインはとてもよく冷えていました。
キリリと辛口で、シュワシュワ感がたまりません。


アミューズ チーズのラスク (無料)
DSCF1688_20120709052700.jpg
アミューズでしょうか、注文したものとは別に、こちらの一皿出てきました。
こぼれる程たっぷりとチーズがかかっていてるラスクです。
しょっぱいラスクなんて、珍しい!
カリッとした食感がよく、チーズの旨味が辛口のスパークリングワインにぴったり。
チーズ大好きの私にはとってもいいスターターでした。

DSCF1683_20120709052740.jpg
お料理のメニューです。

DSCF1684_20120709052740.jpg
ドリンクと同じく、ボードに書かれたメニューを店員さんから手渡され、お料理を選びます。

DSCF1679_20120709052741.jpg
種類がとても豊富で、食べてみたいものがたくさん。
かなり悩んじゃいます。

DSCF1680_20120709052741.jpg
この日は前菜の盛り合わせ、グラタン、お魚、お肉の4種類を注文しました。

DSCF1691.jpg
注文を終えると、パンに塗るバターが登場。


バケット
DSCF1692_20120709052659.jpg
次にパンが出てきました。

「ボノミー」では、フレンチのお店に珍しく、サービス料やチャージ代がかかりません。
その代わりでしょうか、パンが有料です。
お代わり自由のバケットは200円ですが、じゃがいものグラタン“ドフィノア”をつけると、一人400円で、なんとバケットとグラタンが食べ放題になります。

DSCF1693_20120709052659.jpg
シンプルなバケットですが、結構大きめです。
温めてあったかどうか、、、すみません、記憶がないです(汗)。
皮はパリッとかたく、中はふんわり。

 
本日のいろいろお野菜 4種盛り合わせ (1,200円)
DSCF1694_20120709052621.jpg
前菜は11種類ありましたが、その中から本日の色々お野菜を選びました。
8種類もある本日の色々お野菜は、単品だと400円ですが、4種盛り合わせにすると1,200円とお得だと食べログで予習していたので、もちろん、盛り合わせで(笑)。
8種類もあるのでかなり迷います。
二人で2種類ずつチョイス。

DSCF1703_20120709052619.jpg
4種類の前菜は、真っ白い四角の大きなお皿に全て一緒にのせられて出てきました。
組み合わせの偶然もありますが、彩りが鮮やかでとってもキレイ。


茄子のタプナードチーズ焼き
DSCF1698_20120709052620.jpg
友人は一つ目にこちらを選択。

厚めに切った茄子にタプナードソースとチーズがのせられて焼かれていました。
タプナードもチーズもそれ程強く味を主張していなかったです。


ビーツのフロマージュブラン&ハーブ和え
DSCF1697.jpg
友人のもう一つのチョイスはこちら。
友人の旦那様は外食でメニューを絶対に冒険しない人らしく、あまり食べることのないビーツのメニューがどんな感じがわからなかったので、せっかくなのでチャレンジしてみました(笑)。

ビーツのピンク色がとっても鮮やかで、すごくキレイ。
少し酸味があってさっぱりとしていて、ボリュームも結構ありました。


キノコのマリネ ライムとコリアンダー風味
DSCF1699_20120709052620.jpg
私はキノコが大好きなので、まずはこちらをチョイス。

友人は小さいお子さんがいるので、原発事故の関係でこのところキノコを食べていないからと、とても喜んでいました。
キノコはマッシュルームやシイタケなどなど。
キリリとした酸味が際立っていたのは、ライムだからでしょうか。
個人的に4種類の中で一番美味しかったです。


ブロッコリーのニンニクアンチョビマリネ
DSCF1700.jpg
最後の1つはかなり悩み、ニンジンやカボチャだと甘いだろうなぁと心配し、消去法的にこちらを選択しました。

ニンニクもアンチョビもあっさり目に効かせています。
小さくカットされたブロッコリーはちょっと柔らかめでした。

DSCF1709_20120709052530.jpg
それぞれ半分ずつ取り分け、いただきました。

「ボノミー」では、基本的にお料理は人数分が一皿に盛られて出てきて、自分たちで取り分けをします。


バケット&じゃがいものグラタン“ドフィノア” (1人前400円×2人前=800円)
DSCF1704_20120709052531.jpg
ドフィノアは、やや小さい丸いグラタン皿に入って出てきました。

DSCF1705.jpg
焼き目がこんがりとしていて、とっても美味しそう。

DSCF1706_20120709052531.jpg
じゃがいもはホクホク、チーズは味わいがしっかりとしていて、ワインが進みます。
間違いない組み合わせで、とっても美味しい!

DSCF1710.jpg
イマイチ美味しそうに写真が撮れませんでした(泣)。


グラス白ワイン (900円)
ブルゴーニュ・ブラン シャルドネ2009 ドメーヌ・モレ・コフィネ 
(フランス ブルゴーニュ/シャルドネ)
DSCF1711.jpg
早々にスパークリングワインを飲み終え、白ワインのグラスをお願いしました。
3種類ある中で、1種類はフランス産ですが、もう2種類はアメリカ産です。
せっかくビストロに来たからと、二人ともフランス産のものを注文。
しっかりと冷えていて、ほんのりと甘くて飲みやすかったです。


長崎県・五島より、スジアラのヴァプール カリフラワーとアサリのソース (2,800円)
DSCF1712_20120709052451.jpg
次はお魚料理が出てきました。
お魚料理はアンコウとスジアラの2種類がありましたが、友人がこちらをチョイス。

DSCF1713_20120709052451.jpg
白くて大きな丸いお皿の上に、小さく切ったカリフラワーで丸く囲み、その中にアサリソースを入れ、上にスジアラが2切れのせられています。
これで2人前です。

DSCF1714_20120709052451.jpg
身はほんのりピンク色の光る部分があって、とってもキレイ。

スジアラというお魚は全く知りませんでした。
スズキ目ハタ科の白身のお魚のようです。

DSCF1715_20120709052450.jpg
小さくカットされたカリフラワーは、こんがりと焼き目がついていました。

DSCF1716_20120709052450.jpg
それぞれのお皿に取り分け、いただきま~す。

DSCF1717_20120709052450.jpg
ヴァプールとはフランス語で蒸気という意味で、転じて素材を蒸気で加熱する調理法だそうです。

DSCF1718_20120709052406.jpg
アサリのソースは少しとろみがついていました。

DSCF1719_20120709052406.jpg
お魚は身がふんわりと柔らかく、アサリのソースをかけなくても美味しくいただけます。
一切れが結構厚みがあり、お魚料理ですが結構食べごたえがありました。


じゃがいものグラタン“ドフィノア” (おかわり)
DSCF1720_20120709052405.jpg
ここで、ドフィノアをおかわり。

DSCF1721_20120709052405.jpg
猫舌の私ではすぐに食べられない程、出来たて熱々でした。

DSCF1722_20120709052405.jpg
そのせいか、最初お皿よりもチーズの風味をしっかりと感じました。


グラス赤ワイン (800円)
ドメーヌ・ド・ペルオー “アルモニー・ド・ガスコーニュ”2009
(フランス南西地方/タナ・メル、、、etc)
DSCF1725.jpg
次はグラスの赤ワインを注文。
グラスの赤ワインは3種類あり、2種類がフランス産、1種類がアメリカ産でした。
私は同じくフランス産のこちらを注文。
口あたりが軽く、ほんのり甘くてとても飲みやすかったです。

写真を撮り忘れましたが、友人は白ワイン好きなのでアメリカ産の白ワインをおかわり。


佐賀県産・酵素ポークとマコモ茸のロースト (2,300円)
DSCF1726_20120709052315.jpg
お肉は8種類ある中から、酵素ポークというのが興味があったのと、マコモ茸が好きだったので、こちらをチョイス。

DSCF1727_20120709052314.jpg
角のない大きく白いお皿にたっぷりのマコモ茸が敷かれ、お肉がのせられています。
これも二人前が一皿に盛られています。

DSCF1728_20120709052314.jpg
お肉はパッと見小さいカットですが、かなりの厚みがあります。
断面がとってもキレイなロゼ色で、すっごく美味しそう!

DSCF1729_20120709052314.jpg
それの分を取り分け、いただきま~す!

DSCF1730_20120709052314.jpg
酵素ポークとは、はっきりとはわかりませんでしたが、抗生物質を使わず、活性酵素などを使って育てた豚のようです。

DSCF1731.jpg
口の中に入れると、程よい弾力があり、厚みがあるのでとてもお肉食べている!っていう充実感がありました。
ボリュームもたっぷりです。

DSCF1733_20120709052217.jpg
マコモ茸はしゃくしゃくとした歯触りがたまりません。

DSCF1735.jpg
ドリンクメニューです。

DSCF1734_20120709052217.jpg
二人ともお魚を食べ終えた頃からかなりお腹がたまりつつあり、お肉を食べて満腹!って感じでしただったので、デザートはパスしました。


コーヒー (500円)
DSCF1736_20120709052216.jpg
友人はコーヒーを注文。

DSCF1737_20120709052216.jpg
ドリンクには2種類のプティフールがついていました。

DSCF1738_20120709052216.jpg
1つはトリュフ。

DSCF1739_20120709052125.jpg
もう一つは、食べたはずなのに思い出せず、、、(汗)。
どちらも抑えた甘みだったような、、、。


エスプレッソ ダブル (500円)
DSCF1740.jpg
エスプレッソのダブルがコーヒーと同じ値段なんて珍しいんじゃないかと、ケチくさいことを考え、こちらを注文(笑)。

DSCF1741_20120709052125.jpg
エスプレッソは濃くて苦みがあり、すごくすっきりしました。

DSCF1742_20120709052125.jpg
この日のお会計です。
二人で13,100円、一人あたり6,550円でした。
ボリュームたっぷりで美味しくて、お値段もお手頃で、大満足です。


食事を食べ終えた後も、数年ぶりに二人きりで食事をしたのでおしゃべりが止まらず、ドリンクをいただいたのが午後8時過ぎだったのに、結局、お会計をしたのは午後10時半近くでした。
午後5時半スタートだったので、結局、5時間もいたことに(汗)。
私たちが入店したときはまだお客さんがちらほらいただけでしたが、その後ずっと満席だったので、すっかり居座ってしまって本当に申し訳なかったです。

豊富なメニューを色々食べてみたいのに、五反田が生活圏から少し離れているのが本当に残念です。


お店の名刺です↓
DSCF1782_20120709052124.jpg

DSCF1785.jpg


2011年10月22日訪問時お店DATA
****************************
BONHOMIE (ボノミー)
〒141-0022 
東京都品川区東五反田1-24-11 
TEL 03-6450-3309 
営業時間 17:30~24:00(L.O.23:00) 
定休日 日曜日、第3月曜日
JR五反田駅から徒歩6分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2012/07/12 07:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) |
esthe’tique restaurant La Beaute’   @四谷
昨日は暑かったですね~。
今日も引き続き気温が上がりそうなので、熱中症にお気をつけ下さい!

DSCF1642.jpg
2011年10月21日は嬉しい金曜日。
この日の夜、ご近所で、かつ、仕事でお付き合いのあるT事務所の女性社員・Hさんと初めてのお食事会をしました。
夏頃から女子会をやろうという話が出ていたのですが、なかなか実現せず、この日ようやく決行!
同じ四谷で働く者同士、この界隈で美味しいお店を、、、と思い、幾つかの候補から、先輩が一番興味があった「esthe’tique restaurant La Beaute’(ラ・ボーテ)」に決定。
店名はフランス語で「美しい」という意味だそうで、薬膳などもあり、野菜たっぷりでヘルシーなお料理の数々は、女子会にぴったりで、しかもお値段もお手頃です。

このところ、ずっと厳しいダイエットをしていた先輩とも久しぶりの食事会でしたが、雨女の本領発揮で、この日はしとしとと小雨の降る肌寒い日でした。でも、「ラ・ボーテ」はお鍋メニューがいろいろあるので、お鍋を食べるのにはぴったりの気候です(笑)。

2009_0917画像0049
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜け、さらにその先を少し進んだ左手に四谷大新ビルがあり、店舗はその2階です。

同じビルの1階には時々ランチ訪問する人気フレンチビストロ「テート・ア・テート」があります。
この界隈は意外にフレンチのお店が多いとは言え、ビルの1階と2階の両方にフレンチの入ったフレンチビルになっているところは他にないと思います。

2009_0917画像0050
この場所には2008年3月27日に訪問した「奥久慈軍鶏と黒おでん 一心門(いっしんもん)」がありましたが、2009年のいつ頃からかランチ営業をやめ、その後撤退しました。
「ラ・ボーテ」は2009年9月1日にオープンし、同年9月14日からランチがスタートしました。

2009_0917画像0053
ル・クレーゼのお鍋のようなロゴマークがとってもかわいいです。

直近でこちらのお店に訪問したのは2010年11月1日のランチだったので、約1年ぶりの訪問です。
ディナーは初めてでした。

2009_0917画像0048
ビルの階段の入口には看板と同じお鍋のかわいいロゴのマットが敷かれています。

2009_0917画像0045
細くてやや急ですが、シックな内装の内階段を上ってお店へ。

2009_0917画像0047
階段を登って右側、入口の前にはウェイティング用の白いイスが2脚置かれています。

2009_0917画像0046
写真がぼけちゃって、すみません(汗)。
階段を登って左側が入口です。

2009_1221画像0018
お店に入ると左の奥に向かって細長い構造になっています。
右手に厨房、左手にカウンター席があり、その周りにテーブル席が並んでいます。
フロアはそれ程広くありません。

2010_0629画像0030
男性オーナーシェフは、新潟県ご出身の阿部正和という方です。

DSCF1762.jpg
どうも薬膳料理というとお堅いイメージがあって、デザインは二の次、みたいな野暮ったさのあるお店が多いですが、このお店は落ち着いたオシャレなインテリアで、明るい音楽が流れていて、とても洗練された雰囲気です。

DSCF1663.jpg
私たちがお店に到着したとき、Hさんは既に窓際の4人席にいらっしゃいました。
お待たせしてしまって、すみません(汗)。

この窓からは以前2007年11月19日2007年12月10日に訪問した老舗人気ラーメン店「支那そば屋 こうや」が見えていましたが、ビルの建て替えにより敷地が更地になり、この時点ではコインパーキングになっていました。

「こうや」は同じ通りで四ッ谷駅方面にビル2つ3つ分近くなる場所に2011年8月1日に移転し、2011年8月18日にランチ訪問しました。


美肌ドリンク<ロック> (クーポン利用でサービス)
DSCF1603.jpg
ホットペッパーの美肌ドリンクプレゼントのクーポン券を持参したところ、Hさんも持参していました(笑)。
Hさんも食べ歩きが大好きで、いろいろなお店の情報にとっても詳しいです。

飲み方はロックでお願いしました。
お酒の飲めない先輩も金曜日なので、一緒に注文し、少しだけご相伴。
しっかりと濃いのグレープフルーツジュースで割ってあって、とても飲みやすかったです。

DSCF1604.jpg
店員さんがメニューの書かれた大きな黒板を持って来てくれます。
この他にお鍋のメニューがいろいろありますが、その前に幾つか食べてみましょうということで、それぞれ好きなものを1つずつ選んでみました。

DSCF1605_20120709043426.jpg
多彩なメニューにかなり悩み、大好きな鶏と白レバーのパテ、タコとじゃが芋のボッコンチーニ、ストウブで焼いたカマンベールの3種類を注文。


鶏と白レバーのパテ (780円)
DSCF1606_20120709043426.jpg
最初にこちらのお料理が出てきました。
ぶ厚きカットされたパテに、輪切りのピクルスと薄く切ったパンと粒マスタードが添えられていました。

DSCF1608_20120709043425.jpg
薄切りのパンは6枚もありました。

DSCF1607_20120709043426.jpg
輪切りのピクルスも、パテ同様、なかなかの厚みがあります。
パンと同じく6個です。

DSCF1609.jpg
厚みのあるパテがとっても美味しそう♪
Hさんもレバ好きとのことで、「レバーのパテがあったら、素通り出来ないですね!」と三人で意気投合しちゃいました(笑)。

DSCF1611_20120709043330.jpg
小皿に取り分け、いただきま~す。

DSCF1612_20120709043330.jpg
写真がピンぼけでごすみません(汗)。
程よいレバーのコクがありますが、後味はすっきりとしていました。
そのまま食べたり、パンにのせていただきました。

DSCF1614.jpg
次に、ストウブで焼いたカマンベールが登場。
大きな白い丸皿の中央に柄の付いたストウブがそのまま置かれ、その周りにパテと同じ薄切りのパンがぐるりと取り囲んでいました。


ストウブで焼いた丸ごとカマンベール (1,200円)
DSCF1615_20120709043329.jpg
店員さんがフタをオープン!

最近、洋食系でストウブを使うお店がすごく多いな~と思います。
2011年1月29日にディナー訪問した「バ・カール」もそうでした。

DSCF1616_20120709043329.jpg
ストウブの中を見ると、丸ごと1個のカマンベールの上にアンチョビなどがのせられ、グツグツと煮えたぎっていました。
とってもいい香りがたちのぼります。

DSCF1619.jpg
店員さんがスプーンでチーズを真ん中から切れ目を入れ、豪快にかき回します。
白くてとろとろのチーズに、3人とも目がハートマークになって釘付けです(笑)。

DSCF1620_20120709043248.jpg
こちらで完成!
パテよりもさらに多い、12枚もの薄切りパンがついていましたが、この後のお料理のことを心配して、あまり食べないようにしました。

DSCF1621.jpg
カマンベールのフライというのは食べたことがはありますが、こういうスタイルは初めて。

DSCF1634.jpg
猫舌なので、早く食べたくてうずうずしちゃいます(汗)。
トロトロのカマンベールにオリーブオイルやハーブの旨味が加わって、間違いのない美味しさ。
3人ともお酒のアテのような食べ物が大好きで、テンション上がりまくり(笑)。


薬膳ビール 柚子ビール (700円)
DSCF1631.jpg
私も1杯目を飲み終え、柚子ビールを注文。
こちらも柚子サワーと同じく自家製柚子シロップを使用。

DSCF1633.jpg
キリンビールのロゴの入ったグラスが出てきたので、最初「あれっ?注文間違えた?」と思ったのですが、よく見ると、底にユズなどが沈んでいました。
ちょっと写真だとわかりにくいですね。
柚子よりも甘みが勝っていて、私にはちょっと甘かったです。


?柚子サワー? (650円)
DSCF1630.jpg
カルシウム、ビタミンCが豊富で、美肌効果のある自家製柚子シロップを使っているそうです。
すみません、ここから3つのドリンクは、どれがどれだったか記憶が不確かです。


?柚子トニック? (650円)
DSCF1636.jpg
これは、Hさんのおかわりだったかな、、。


?辛口ジンジャーエール? (450円)
DSCF1637.jpg
先輩がおかわりで頼みました。

DSCF1638.jpg
楽しみにしていたお鍋へ。
季節限定のお鍋もありましたが、定番のアンチエイジング鍋にしました。
まずはお野菜の登場です。
色とりどりのたっぷりのお野菜が立体に的に盛りつけられ、一同びっくり仰天!

DSCF1639.jpg
店員さんがかなり詳しくお野菜の説明をしてくれましたが、ぼんやり聞いていて、あまり覚えていません(汗)。

DSCF1640.jpg
知らなかった野菜で覚えているのは、白茄子とか、金針菜ぐらいです。

DSCF1641.jpg
白いお皿の上にたっぷりと野菜を並べ、さらに器の上にあふれんばかりの野菜です。
見ているだけでゴージャスでボリュームたっぷり。


トマトとバジルのアンチエイジング鍋 (一人前3,130円×二人前=6,260円)
DSCF1642.jpg
生薬でじっくりと煮込んだリコピンたっぷりでアンチエイジング効果の高いトマトと、爽やかな香りのバジルの「赤」と「緑」の2色の烏骨鶏スープで西洋野菜やアンチエイジング食材をいただく「若返り鍋」だそうです。

大きなサイズのお鍋は、最近お鍋料理屋さんでよく見かける波形に仕切られトマトスープとバジルスープがそれぞれ入っています。
赤と緑のクリスマスカラーで和食のお鍋では決して見られない華やかさです。

DSCF1643.jpg
た~っぷりの金針菜と食用菊が浮かんでいます。

DSCF1644.jpg
昔撮影したメニュー写真では、お鍋には、12種類以上の有機野菜、有頭海老、ムール貝、肉or魚、鳩麦の肉団子、ピンクのニョッキが入っているとの記載でしたが、お肉とお魚は両方入っていて、ピンクのニョッキはあまり記憶がありません。

DSCF1651.jpg
お鍋に投入するのは野菜だけではなく、モチロン、お魚やお肉もあります。
お肉、鳩麦の肉団子、有頭海老、ムール貝、白身魚が全て1つのお皿に盛られていました。
どちらかと言えば、野菜をメインにたっぷりといただくお鍋です。

DSCF1646.jpg
スープが沸騰してきたら、、、

DSCF1652.jpg
具材をたっぷりと投入!

DSCF1654.jpg
お鍋は二人前だったので、全部の具材を全員では食べられなかったので、恨みっこなしで(笑)、好きな具材をそれぞれ取っていただきました。
トマト味のスープはダシがとても良く効いていて、お野菜をどんどん食べられます。
漢方系の味は苦手なのですが、薬っぽい風味はほとんどなく、美味しかったです。

DSCF1653.jpg
トマトスープの味わいは最近あちこちで食べられますが、バジルのスープはとても珍しく、しかも、とっても美味しい!
バジルの風味がバシッと効いていました。


薬膳サングリア (680円)
DSCF1649.jpg
おかわりに薬膳サングリアを注文。
これはHさんも頼んでいました。
赤ワイン、クコの実、八角、陳皮、クローブ、シナモン、オレンジ、サンザシが入った、スパイスの効いた甘くて飲みやすいワインとのこと。
私は八角がちょっと苦手ですが、それほど強くはなかったのでいただけました。
全体的に結構甘いテイストでしたが、後口はサッパリ。


タコとじゃが芋のボッコンチーニ (780円)
DSCF1655.jpg
こちらのメニュー、出てきたのはお鍋がほぼできあがった頃でした。
私たちはオーダーが通らなかったんだと思っていました(笑)。

DSCF1656.jpg
ジャガイモは、たっぷりのバジルソースに絡められて、深い緑色に染まっています。
トッピングにはこちらもお鍋と同じ、黄色い食用菊の花びらです。
タコは程よい感触で噛み応えが良く、バジル味がしっかりとしみたジャガイモが美味しかったです。


薬膳酒 健康酒<サワー> (700円)
DSCF1657.jpg
「ラ・ボーテ」自家製の薬膳酒である健康酒は菊花、はすの実、なつめ、朝鮮人参を25度のホワイトリカーに漬け込んでいます。
とてもさっぱりしていました。

DSCF1659.jpg
お鍋をほとんど食べたところで〆をお願いしたところ、、、

DSCF1658.jpg
ランチでおなじみの五穀米とたっぷりのチーズが出てきました。

DSCF1660.jpg
2種類あるスープのどちらで食べますか?と聞かれますが、片方だけではスープが足りず、結局、余っているスープを継ぎ足すので、あまり関係ないかも(笑)。

DSCF1662.jpg
出来上がったのは、雑炊ではなくたっぷりチーズのリゾットです。
チーズの味がしっかりときいているので、間違いのない美味しさで、かなりお腹が一杯になりました。

DSCF1666.jpg
残っていたスープがもったいなかったので、いじましくのせちゃいました。


自家製デザート 緑のガトーショコラ+アイス1種 (600円)
DSCF1667.jpg
お腹はかなり苦しかったですが、デザートを注文。
確か、店主さんから直接デザートの説明をしていただきました。

デザートは600円で、3種類あるものから1種類選び、各種アイスの中から1種類選びます。
アイスだけだと、2種類で600円だそうです。
デザート2種類を食べる余裕はなく、アイスクリームの中で面白い種類があったので、デザート一皿とアイス2種類をお願いしました。

DSCF1668.jpg
緑のガトーショコラの緑色とはなんと、青汁とのこと。
ただ、茶色いチョコレートに青汁を足しても色がキレイに出ないので、ホワイトチョコを使っているそうです。

DSCF1673.jpg
このアイスはどれだったか、一口は食べたはずなのに、メモも記憶もありません(汗)。

DSCF1672.jpg
見た目は本当にガトーショコラにしか見えませんが、ホワイトチョコらしいふんわりした甘みがありました。
青汁は苦みなどはなく、さっぱりとしていました。
「何も言わなければ青汁とは絶対わからず、抹茶と言われる。」とシェフが言っていた通りだと思います。


自家製デザート アイス2種<だったんそば茶アイスとアボガドアイス> (600円)
DSCF1669.jpg
デザート2皿目は2種類のアイス。
幾つかあるアイスの中で、面白そうなメニューを注文してみました。

DSCF1674_20120709042651.jpg
アイスを少し食べ始めたところで、だったんそばとアボガドを注文したところ、料理をお待たせして申し訳なかったとのことで、サービスでアイスを2種類出していただいちゃいました。
と~っても豪華です!


アボガドアイス
DSCF1670.jpg
アボガドアイスは、牛乳や生クリームなどは全く使わず、アボガド自身の乳脂肪分でつくっているそうで、とってもヘルシーです。ただ、アボガドは味わいはないので、ある果物で味付けしてあるとのこと。
一口食べてみて、サッパリとしたリンゴ味を感じたので、店主さんに「リンゴですか?」と聞いたところ、「このお店を開いて2年になるけど、リンゴ味をあてたのは5人だけですよ!」と褒められちゃいました。
すっごくうれしかったですが、多分、みんな言わなかっただけなんじゃないでしょうか。
植物由来だからか、口に含むとほどよいコクは感じて、すーっと溶けて拡散されました。
このさっぱり感は、このアイスにしかなかったので、乳脂肪分を使わないというのは味わいが全く異なるなぁと実感です。


だったんそば茶アイス
DSCF1671.jpg
だったんそば茶アイスは、アイスとは思えないぐらい香ばしい香りがしました。
麦茶みたいです。
甘みはほとんどなくて、かなりさっぱりとしていました。


バジルアイス
DSCF1675_20120709042651.jpg
バジルのアイスは口の中に入れると、バジルの香りがはじけます。
バジル好きの人間にはたまらない美味しさです。
甘さも控えめで、とっても美味しかったです。

この日はお鍋、ボッコンチーニ、アイスと、バジルを5年分ぐらい食べた気がします(笑)。

DSCF1676.jpg
うーん、こちらのアイスの種類もわかりません。
なんだったっけ、、、(汗)

DSCF1677_20120709042650.jpg
この日のお会計です。

おしゃべりがかなり盛り上がり、ふと時間を見ると午後11時半過ぎ(汗)。
慌ててお会計をお願いしました。

DSCF1678_20120709042650.jpg
おなかがパンパンで少しアイスを残してしまった程のボリュームでしたが、3人で合計15,080円、一人5,000円ぐらいでした。
とっても安くてお値打ちです。


帰りがけ、店主さんと少しお話ししたところ、店主さんはお料理教室を開いているそうです。
一人3,000円、6人以上でメニューを2種類やっていただけるとのこと。
フレンチだけでなく、中華もお得意だそうで、いろいろとお願いできるようです。

実はこの日、Hさんからこのブログを作っていませんか?と聞かれて、とっても慌てちゃいました(汗)。
なんでも、転職して四谷で働くことが決まった頃からこのブログの存在に気付き、ずっとご覧いただいていただいていたそうです。何ともありがたいお話しで、感謝感激です。
ずっと、私ではないかと思っていたらしいのですが、T事務所様からいただいたお菓子をアップしたことで確信したとのこと。
これまでも、数人の読者の方とお会いしたことはありましたが、こんな身近な方は初めてで、ホント、気恥ずかしくて頭がぼーっとしてしまいました。。。

Hさんを交えた初めての女子会はお料理が美味しくて話は延々途切れず、とってもとっても楽しかったです。
またぜひともご一緒させてください♪


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

本日の薬膳丼「まとう鯛と茄子の花山椒丼」 (2009年9月14日
本日の薬膳丼「豚肉のステーキ丼」 (2010年6月25日
牛すじスープカレー (2009年12月21日
本日の薬膳スープランチ ハーフ&ハーフ (2010年11月1日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ディナーメニューです↓
DSCF1759.jpg

DSCF1760.jpg

2010_0629画像0016

2010_0629画像0017

2010_0629画像0018

2010_0629画像0019

2010_0629画像0020

2010_0629画像0021

2010_0629画像0022

2010_0629画像0023

2010_0629画像0024

2010_0629画像0025

2010_0629画像0027

2009_0917画像0028

2009_0917画像0029


ドリンクメニューです↓
DSCF1622.jpg

DSCF1623.jpg

DSCF1624.jpg

DSCF1625.jpg

DSCF1626.jpg

DSCF1627.jpg

DSCF1628.jpg

DSCF1629.jpg


2011年10月21日訪問時お店DATA
****************************
esthe’tique restaurant La Beaute’ (ラ・ボーテ) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-3-19 四谷大新ビル2階
TEL&FAX 03-3353-8785
営業時間 
[昼]11:30~14:00 
[夜]17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2012/07/11 10:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) |
Trattoria Fiore Cusina Italiana  @麹町
ここ数日、湿度が低いせいか、朝晩は結構冷え込みます。
窓を開けているとかなり冷たい風が入ってくるので、久しぶりにホットコーヒーを飲みながらブログの記事を書いています。
昼間の気候を考えると嘘みたいです(笑)。

DSCF1595_20120706215754.jpg
2011年10月21日、上司が外でランチを食べようと誘ってくれたので、出かけることになりました。
上司の最近のお気に入りで会社から近い「魚鷹」へ向かったのですが、私たちがお店に到着する寸前に4人連れのお客さんが入店して待ちになってしまったので、上司はしばらく待たなきゃいけないと思ったらしく、別のお店に向かいました。
そのままふらふらと歩き続け、旧日テレと「アジャンタ」のある交差点に出てきました。
上司は「アジャンタ」と「Trattoria Fiore(フィオーレ)Cucina Italiana」をしばらく見比べ、「どっちがいい?」と聞いてきたので、上司の好きな方で、と答えたら、「フィオーレ」に入ることになりました。

外観

地下鉄麹町駅の5番出口を出て日テレ通りを渡ってすぐのニューテシコビルの地下1階です。
赤い屋根と緑色の看板がとても色鮮やかで目立っています。

交差点の角になっているお隣のビルには2007年8月3日に訪問した「アジャンタ」があります。

DSCF0137.jpg
前回ランチ訪問したのは2011年8月16日だったので、約2ヶ月ぶり、4回目です。

DSCF0138.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
日テレ通りにはランチメニューの看板が出ています。

DSCF0139.jpg
「フィオーレ」ではお弁当の販売もしていて、私もよく利用しています。

DSCF0763.jpg
お弁当は午前10時30分から販売しているそうです。
早い!

DSCF0762.jpg
以前は日テレ通りでもお弁当を販売していましたが、今は地下の入口前のスペースだけです。
「フィオーレ」のお弁当は全て600円と、とてもお安くてしかもボリュームたっぷりです。

DSCF0758.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
階段を降りると、壁一面が棚になっていてお弁当がたくさん並べられています。

DSCF0756.jpg
棚の上には天井まで届く大きさのメニュー表が貼り出されています。

到着したのは12時45分近くだったのでお弁当はほとんどなくなっていました。

2010_0727画像0015
店内は奥に向かって広がっています。
入ってすぐ右手に厨房があり、その周りにテーブル席が並べられています。

2010_0727画像0010
店内は半分程の人の入りで、こんなに空いている「フィオーレ」を見たのは初めてです。
ピークタイムをはずすとこんなに違うんだな~と実感でした。

DSCF0115.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
壁にはディナーメニューの黒板が掛かっていました。

DSCF1575_20120706220017.jpg
私たちは店内の中程のテーブルに着席。
席の間隔はかなり狭く、お腹が出ている上司は隣のテーブルと接触しないように注意が必要です(笑)。

DSCF1576_20120706220017.jpg
それ程広くないテーブルの上には、お水のボトル、紙ナプキン、爪楊枝、唐辛子オイル、唐辛子、唐辛子ペースト?、粉チーズなどなど、いろいろなものがのっています。

DSCF1570_20120706220059.jpg
上司が「困ったな~。」と言葉を漏らす程、メニューが豊富で迷います。
限定30食の「本日のランチメニュー Pranzo A」が美味しくてボリュームたっぷりでお気に入りのメニューですが、この日の夜はディナーに行く予定だったので、もうちょっとカロリーを押さえなきゃと思い、パスタの単品にすることにしました。
でも、パスタは単品でもかなりなボリュームなのを見たことがあったのですが(笑)。

DSCF0113.jpg
前回ランチ訪問したときにあった夏季限定の辛いスパゲティーのメニューが、好評だからでしょうか、10月下旬なのにまだあったので、「とっても辛いスパゲッティ 国産牛スジ肉のスパイス煮込みソース」を注文しました。
もう一つ、もっと辛いメニューがありましたが、このお店の辛さの程度がわからなかったので、この日はおとなしめにチョイス(笑)。

DSCF1577_20120706220017.jpg
注文を終えると、すぐにパンが登場。
小さなバスケットの中にパンとチーズペーストの入ったココットが入っています。

DSCF1578_20120706220016.jpg
パンは皮がパリパリとしていて、中はふんわりやわらか。
素朴なお味です。

DSCF1579_20120706220016.jpg
チーズペーストはやや黄色っぽくて、ところどころにハーブが入っています。
しっかりとチーズの風味がきいて、とっても美味しい!
これ、販売してくれたら是非買ってみたいです。

DSCF1580.jpg
このチーズペーストを食べるだけでも「フィオーレ」に来た甲斐があります。
お腹が空いていたこともあり、たっぷりとチーズをのせてパンをどんどん食べちゃいました。
気をつけないと、これだけでパンを食べ切っちゃいそうになります(笑)。

DSCF1582_20120706215930.jpg
次にスープが登場。
白いダブルソーサーの器に入ったスープは結構ボリュームがあります。

DSCF1584.jpg
キャベツ、ニンジン、ジャガイモ?、お豆など具沢山なコンソメスープで、小さくちぎったバケットが最初からひたしてありました。

DSCF1583_20120706215930.jpg
たっぷりとスープを吸って柔らかくなったパンはまた違った美味しさです。

DSCF1586_20120706215929.jpg
スープはかなりしっかり目の塩気でした。

DSCF1588_20120706215848.jpg
お豆が好きなので、お豆が入っているのは嬉しかったです。

DSCF1593_20120706215847.jpg
いよいよ、メインの登場です。
いただきま~す!


夏季限定ランチメニュー
とっても辛いスパゲッティ
国産牛スジ肉のスパイス煮込みソース (1,000円)
DSCF1592.jpg
私が注文したスパゲッティは一番最後に登場。
白い四角いお皿にスパゲッティが盛られています。
この写真だとボリュームが普通のように見えますが、食べてみると結構多いです。

DSCF1595_20120706215754.jpg
こちらのスパゲッティにはトマト、SBカレー、インゲン、パルミジャーノチーズなどが使われているそうです。
メニューが不鮮明でよく見えないのですが、SBカレーって、あのS&Bカレーなのでしょうか?

DSCF1596_20120706215754.jpg
スパゲッティにはこのお店らしい生の大きなローズマリーがのせられ、上からたっぷりのチーズがかけられていました。

DSCF1597_20120706215753.jpg
スパゲッティを少し取ってまずは一口。
ピリリとした辛さは唐辛子などではなく、カレーのスパイスのスパイシーさを感じます。
メニューの記載を見逃していましたが、後からS&Bのスパイスを使っていることを知りました。
辛さをつくるのに、唐辛子ではなくカレー味なのは意外で珍しい。
先輩に一口おすそ分けしたところ、「確かにカレーの味がしますね~。」といわれました。

食べているときはそれ程ではなかったですが、後から辛さがじわじわときいてきました。
細めの麺はつるつると食べられました。

DSCF1601_20120706215753.jpg
お肉はとっても柔らかでした。

DSCF1602.jpg
後からメニュー写真を見たら、インゲンと書かれていましたが、緑色のものは見当たらず。
ソースに入っていたたっぷりのお豆がインゲンではなくインゲン豆ということでしょうか?
食感が変わるのがいいアクセントになっていました。


本日のランチメニュー Pranzo A
若鶏のカチャトーラ風(猟師風)きのこ入り煮込み~ココット焼きグラタン仕立て~ 
スパゲッティ ナスとベーコン入りペペロンチーノのお皿 (1,000円)
DSCF1589_20120706215848.jpg
先輩は限定30食のこちらのメニューを注文。
遅い時間の訪問だったのに、珍しくまだありました。
一緒に夜の外食をする予定のはずの先輩は、お肉とスパゲッティの両方が食べられる、ボリュームたっぷりのこの一品を注文(笑)。

DSCF1591_20120706215847.jpg
チキン若鶏のカチャトーラ風(漁師風)きのこ入り煮込み~ココット焼きグラタン仕立て~というとっても長い料理名です。
ココットから盛り上がる程のボリュームで、鶏肉は手羽元が丸々1本入っていたそうです。
出来たて熱々で、猫舌の先輩は食べるのにかなり苦戦していました(笑)。

DSCF1590_20120706215847.jpg
スパゲッティはナスとベーコンのペペロンチーノです。
遠目で見てもボリュームがあることがわかります。
このお店らしく、大きなハーブが添えられていました。
ニンニクもしっかりと効いていたそうです。


先輩の食べた限定のセットメニューのボリュームに比べるとちょっと少なめでしたが、それでも一般的なスパゲッティの量よりは多かったので、カレースパイスの辛さがきいたスパゲッティは美味しくてお腹いっぱいになりました。

もっと辛いのでも大丈夫そうなので、ハバネロの方のメニューか、出てきたスパゲッティを見て上司が「すごいボリュームだな!」と呟いたパスタの2種盛りあわせを食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
[ランチ]  
Aランチ ポルペッティのトマト煮 (2007年9月4日
Aランチ 若鶏のローマ風トマト煮込み (2011年8月16日) 
Dランチ パルジャミーノチーズの焼きリゾット (2010年7月27日
とっても辛いスパゲッティ<国産牛スジ肉のスパイス煮込みソース> (2011年10月21日

[ディナー] 2008年2月1日

[お弁当]
  チキンロースト:トマトソース (2008年2月12日)  
  チキンロースト:中華風照り焼き (2008年4月11日
  若鶏のグリル:ねぎ塩チキンレモン添え (2010年10月12日
  若鶏のグリル:きこり風ソース? (2011年1月11日
  若鶏のグリル:ピッツァ職人風 (2011年2月21日)   
  肉だんご:トマトソース (2008年9月9日) 
  オムライス:キーマナスカレー (2009年11月10日
  ハンバーグ:チーズとトマトのピッツア風 (2010年6月17日
  ハンバーグ:モッツァレラチーズのせカレーソース (2010年9月29日
  オムライスと日替わりパスタ[きのこ入りツナクリーム](2010年10月21日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1570_20120706220059.jpg

DSCF1571.jpg

DSCF1572_20120706220059.jpg

DSCF1573_20120706220058.jpg

DSCF0110.jpg

DSCF0102.jpg

DSCF0103.jpg

DSCF0104.jpg

DSCF0105.jpg

DSCF0106.jpg

DSCF0107.jpg

DSCF0108.jpg

DSCF0109.jpg

DSCF0111.jpg

DSCF0112.jpg

DSCF0113.jpg


2011年10月21日訪問時お店DATA
********************************
Trattoria Fiore Cusina Italiana 
(トラットリア フィオーレ クッシーナ イタリアーナ)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町3番地11 ニューテシコビルB1F
TEL 03-3264-3928
FAX 03-3264-3928
営業時間 11:00~0:00
定休日 日曜
地下鉄麹町駅から徒歩1分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/10 05:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(2) |
アジア料理屋「GARBA」  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
先週の土曜日、七夕でしたが東京は曇り空で星は見られず、残念でした。
今週もかなり暑くなりそうですが、新しい一週間を楽しくがんばりたいです。

DSCF1560.jpg
2011年10月20日は上司が不在で外でランチをするチャンスでしたが、この週は金曜日と土曜日の2連続でディナーの約束が入っていたため、体重をなるべく抑えようと思い、「千代田四番町ランチ屋台」へお弁当を買いに行きました。

この日は木曜日だったので、アジア料理屋「GARBA(ガルバ)」です。

DSCF7001.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

「ガルバ」さんの車はやや小さく、ちょっと緑ががって?落ち着いた白っぽい車で、絵柄や店名のロゴなどは全く入っていません。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

「ガルバ」は2011年3月17日からやって来ました。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2011年6月30日だったので、約4ヶ月半ぶり、5回目です。

DSCF7002.jpg
12時少し前に事務所を出てお店に買いに行ったところ、時間が早かったせいか、まだ3人位しかならんでいませんでした。

DSCF8238.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お料理のサンプルは、ジュースやテープが後ろから支えています(笑)。

DSCF8240.jpg
メニューはガパオとカレーセットの2種類で、お値段は650円です。
カレーは4種類の中からチョイス出来ます。
辛さの目安が表記してあるので、とってもわかりやすいです。

DSCF7958.jpg
文字だけのメニュー表だけでなく、お弁当の見本が出ています。

ガパオは温卵と春雨がついて、お値段は650円。
大盛りも無料です。

DSCF8241.jpg
カレーセットは実物のサンプルが出ています。

DSCF8242.jpg
カレーはグリーンカレー、レッドカレー、トマトチキンカレー、キノコとチキンのココナッツカレーの4種類から選べます。
カレーセットにもガパオと春雨がついています。

ガパオもカレーセットもお値段が同じですが、カレーセットだとカレーだけでなくガパオと春雨も食べられて断然お得なので、ガパオ単独で注文している人を見たことがありません。

DSCF8243.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
何故かレッドカレーは空っぽです(笑)。
以前もレッドカレーのサンプルは容器のみでした。偶然?

DSCF7006.jpg
こちらは車の後ろ側なので、何もなくてとってもシンプル。

DSCF7956.jpg
車体にもメニューが出ています。

DSCF7007.jpg
店主さんお一人で切り盛りしているので、スプーンをつけたり袋詰めはセルフサービスです。
スプーンは事務所にあるので以前からもらわないですが、ビニール袋ももったいないので、このところ自分で持参するようにしました。

DSCF7008.jpg
車のサイドで注文と受け渡しをします。

温泉卵もセルフでした。
ガパオは無料、それ以外の場合には1個50円です。

DSCF7009.jpg
混雑を少しでも緩和できるよう、比較的空いている時間をアナウンスしてくれています。
私もピークタイムをはずしたいですが、会社の都合でできないのが残念!

DSCF8245.jpg
お会計もセルフで行います。

DSCF8246.jpg
支払ったお金を店主さんに見せて、小銭はボックスに入れ、お札は店主さんに手渡しします。
お釣りは店主さんに確認してもらってからボックスから取り出します。

DSCF1550_20120706214508.jpg
こちらのお店のメニューは大きく分けてガパオとカレーセットの2つです。
カレーセットはガパオにカレーが別容器でつくので、同じお値段なら、ガパオ単独より断然お得です。
なので、今まではずっとカレーセットばかり食べていました。
メニューは以前と変わっていなかったし、ダイエットとメニューコンプリートを目指し、ガパオを注文。

DSCF1552_20120706214508.jpg
カレーセットではプラス料金の温泉たまごですが、ガパオだとついています。

DSCF1551.jpg
ご弁当の容器は紙パックです。

DSCF1554_20120706214507.jpg
オープン!

お弁当を買うとき、ガパオを注文している人は全く見当たらず、店主さんからも「ガパオでいいんですか?」と確認されちゃいました(笑)。注文する人は皆無のようです。


ガパオ (650円)
DSCF1560.jpg
温泉たまごをのっけて準備完了。いただきま~す!

ご飯の上にキャベツの千切り、ガパオ、春雨サラダ、もやしのナムル、マカロニサラダがのせられていました。
たっぷりの具材で、ご飯は全く見えません。
この組み合わせはいつも同じです。

DSCF1555_20120706214507.jpg
千切りキャベツはたっぷり。

DSCF1556_20120706214507.jpg
マカロニサラダは太いものが2本、オーロラソース?がまぶしてあります。
これはカレーセットと変わらない量でした。

DSCF1557.jpg
春雨サラダにはほんの少しですが細く切ったニンジンやキュウリが入っていました。
酸味がしっかりときいていてさっぱり味です。

DSCF1558_20120706214422.jpg
もやしのナムルもさっぱりとした味付けです。

DSCF1561_20120706214422.jpg
ガパオの挽肉は、カレーセットよりもかなりたっぷりと入っていました。
お肉にはしっかりと味付けされているので、ご飯がとても進みます。

DSCF1563_20120706214422.jpg
食べている途中、温泉たまごを崩しました。
味わいが複雑かつマイルドになって、美味しかったです。


カレーがないとボリューム的にどうだろうとちょっと心配でしたが、お肉がたっぷりと入っていたので結構おなか一杯になりました。
メニューコンプリートできたので、この日は大満足です。

この日の帰り道、「明洞」がオープンしているのをみつけたので、2011年10月27日にランチ訪問しました。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 ガパオ     (2011年10月20日
 グリーンカレー (2011年5月12日
 レッドカレー  (2011年4月21日
 トマトチキンカレー (2011年6月30日
 キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年10月20日訪問時お店DATA
******************************
[千代田四番町ランチ屋台]
アジア料理屋「GARBA」 (ガルバ) 
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 木曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/09 05:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(1) |
京都・東山茶寮   @京都府宇治市
DSCF0072_20120625230625.jpg
2012年5月17日と18日にお休みをいただいてちょっと旅行に行っていました。
その間、T事務所様からお菓子の差し入れをいただいたとのことで、人数分をいただいたからと、先輩がわざわざ私の分を冷蔵庫に入れてとっておいてくれました。

DSCF0064_20120625230656.jpg
休み明けの5月21日にその話を聞いたのですが、その日は食べるタイミングがなく、さらに一日経った22日の朝、朝ご飯代わりにいただきました。

DSCF0065_20120625230655.jpg
いただいたお菓子は、京都府宇治市にある有限会社京・和華が展開する「京都・東山茶寮」のもの。
京都産の選りすぐった和と洋の素材をふんだんに利用し、今まで味わったことのない新しい上質な洋風和菓子を作っているそうです。

購入手段はちゃんと聞かなかったのはっきりしませんが、T事務所様は大変なグルメで、ランチのお弁当やおやつなどを新宿の伊勢丹でよく購入していらっしゃるそうなので、「京都・東山茶寮」が催事として来ていたのではないかと思います。

DSCF0066_20120625230655.jpg
この日いただいたのは、宇治抹茶生クリームどら焼きです。

DSCF0067_20120625230628.jpg
賞味期限が5月20日だったので、二日も過ぎちゃっていました(汗)。
よい子は真似しないで下さい。


宇治抹茶生クリームどら焼 (?189円?)
DSCF0068.jpg
上から見ると、こんがりとした茶色い普通のどら焼です。
お値段はネット上からひろったので、正確ではないかもしれません。

DSCF0069.jpg
横から見ると、真っ茶色の中身が見えます。
白あんに生クリーム、そして抹茶が加えられているそうです。

どらやきの皮はかなり厚めです。
賞味期限越えのせいかちょっと重たくてぱさついていました。
ちゃんと美味しい時期に食べなきゃダメですね(汗)。

DSCF0072_20120625230625.jpg
食べてみると餡の甘さをそこそこ感じますが、抹茶の苦さがびしっときいていて、甘い後口を和らげてくれます。
こんなにしっかりと苦みを感じる抹茶は珍しいかも。
鮮やかな苦みがとても印象的でした。


厚めの皮にたっぷりの餡が入っていたので、一個でもかなりのボリュームでした。

しょっちゅう美味しいスイーツを召し上がっているT事務所様では、私の記事のアップがあまりに遅く、すでにどんなものだったか忘れてしまっているそうです(笑)。
これを見て思い出していただければいいのですが。。。
ごちそうさまでした☆


2012年5月18日頃購入時お店DATA
*********************
京都・東山茶寮 (ひがしやまさりょう)
有限会社京・和華(きょう・おはな)
〒611-0013
京都府宇治市菟道丸山1-234
TEL (事務所)0774-23-9822 (本社)0774-34-0870
FAX (事務所)0774-23-9818 (本社)0774-34-0873

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2012/07/07 00:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 インド・アジア料理 NaZa  @市ヶ谷
2015年6月12日追記

「ナザ」は2015年春頃までには閉店したようです。

DSCF3041 (480x360)
跡地には、「やさいと揚げもん屋 「亨。」」というお店が2015年4月10日にオープンし、、、

DSCF3043 (480x360)
2015年6月3日にランチ訪問しました。

****************************************

早いもので今週ももう金曜日です。
まだ梅雨は明けませんが、7月に入ってお中元が届くようになったり、気温が30度を超えたりと、夏の到来を感じる週になりました。
週末のお天気はイマイチのようですが、みなさま、楽しい週末を☆

新店紹介で時系列がやや前後してしまいましたが、本日は、2012年1月16日にオープンした「ナザ」のレポートです。

DSCF8938.jpg
2012年4月23日は週の最初の月曜日。
午前中出かけていた上司がお昼に帰ってくるのかどうかはっきりしないまま12時になったので、お弁当の先輩をおいて、外へランチを食べに出かけました。
上司にバッタリ会わないよう、市ヶ谷方面に行きました(笑)。

DSCF8961.jpg
このところ、市ヶ谷方面によく行くので、新店はほぼ訪問済み。
少し遠くに未訪問の和食屋さんがあったな~と思って道を歩いていたところ、インド料理屋さんがあるのを見つけました。

JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、最初の交差点である東郷公園入口交差点を右折します。3ブロック目に東郷公園交差点があるので左折し、少し行った左手に九段木田ビルがあります。
お店はその2階にありました。

DSCF8962_20120702060518.jpg
お店の名前は「インド・アジア料理 NaZa(ナザ)」は2012年1月16日にオープンしたとのこと。

この場所には以前、和食系のお店が入っていたような記憶があるのですが、訪問を先延ばしにしているうちに未訪のまま終わってしまいました。

DSCF8960.jpg
ビルの前にはお店の看板が出ています。

DSCF8959.jpg
本日のインドカレーは、チキンとヨコマメでした。
「ヨコマメ」ってどんなお豆かわからなかったので、興味津々。

DSCF8957.jpg
テイクアウトも出来ます。

DSCF8958.jpg
持ち帰りは、お店のランチ営業時間と同じく午前11時から午後3時までです。
メニューがとっても豊富。

DSCF8956.jpg
午後5時から午後7時まで、生ビールやサワー、ワイン、ハイボールなどが1杯280円というとってもお得なハッピーアワーです。

DSCF8955.jpg
細い階段をのぼって2階へ。

DSCF8926.jpg
入店してみると、6割程の人の入りでした。
フロアは意外と広く、窓に向かってたくさんのテーブル席が、左端に小さいカウンターがありました。
私は一人だったので、カウンターに通されました。

右奥には焼酎のボトルが並び、その前と横にはタイ料理向けの調味料が置いてあって、ちょっと不思議です。

DSCF8928.jpg
誰もいなかったので、一番右奥に着席。
ガラス張りになっているので、階段がよく見渡せました(笑)。

DSCF8927.jpg
グラスがぶら下がっていたり、洋酒がたくさん並んでいるので、ここだけ見るとインド料理屋さんとはとても思えません。

店員さんは全員インド系?の人で、日本語がしっかりしていて、しかも、とても丁寧な接客です。
椅子を引いてくれたり、いろいろと声をかけてくれました。
お客さんを見送るとき、「ありがとうございました~。」という声かけがまるでチェーンの居酒屋さんみたいでした(笑)。

DSCF8922.jpg
アルミでしょうか?
装飾が施されたシルバーのメタリックなグラスがとってもインド料理屋さんっぽいです。

DSCF8923.jpg
濡れおしぼりもいただきました。
何を食べようか、メニューを検討。

DSCF8918_20120702060350.jpg
ランチメニューです。
ナザタリーというカレーの基本メニューは890円で2種類のカレーが食べられます。

DSCF8921_20120702060350.jpg
カレーは定番が4種類、日替わりが1種類あり、合計5種類です。
プラス290円を支払うと、さらにカレーをもう1種類増やすことが出来ます。

辛さのレベルが絵で描かれているので、わかりやすいです。
辛い食べたかったのですが、一番辛い2本のマークはチキンカレーと日替わりの2種類だけでした。
店員さんに日替わりを確認したところ、「チキンとヨコマメカレー」と言われたので、チキンはかぶるのでやめにして、バタープラウンと日替わりをチョイス。

DSCF8919_20120702060350.jpg
メニューを見てみると、インド料理のほかにアジア料理もありました。
確かに店名は「インド・アジア料理」となっているし、両方のメニューが食べられるのは嬉しいですが、一抹の不安を感じたのも事実です(汗)。

DSCF8920_20120702060350.jpg
いろいろな種類が食べられるスペシャルメニューもあり、サイドメニューやドリンクやデザートなども充実しています。

インド料理の方が最初に紹介されているし、店員さんも見た目はアジア系ではなくインド系だったので、カレーにしました。
せっかくなのでインドスペシャルにしようかなと思ったのですが、やや不安があったので、ナザタリーにしました。

DSCF8924.jpg
「サービスです。」といわれ、マンゴーラッシーをいただいちゃいました。
小さめのグラスですが、とっても嬉しい♪

DSCF8925.jpg
甘さ控えめでさっぱりしていました。
食べログに、ランチタイムにマンゴーラッシーがサービスになるクーポンがついています。


ナザタリー<バタープラウン、日替わり:チキンとヒヨコマメ> (890円)
DSCF8937.jpg
しばし待って、お料理が登場!
大きめのアルミのお盆にカレー2種、サラダ、ご飯、ナンがのっています。
と~っても豪華。

DSCF8938.jpg
いただきま~す!

DSCF8943.jpg
サラダは透明のガラス容器に入っていました。
キャベツ・ニンジンの千切り、レタス、コーンに、やや甘いオレンジ色のドレッシングがかかっています。
インド料理屋さんではよくオレンジ色のドレッシングを見かけますが、これがポピュラーなのでしょうか。

サラダをあらかじめ出すインド料理屋さんが多いですが、「ナザ」では一緒に出てきます。
マンゴーラッシーがあるので、手持ち無沙汰を感じませんでした。

DSCF8942.jpg
ご飯は小さなアルミの容器に入っていました。
少し柔らかめでしたが、ご飯とナンが一度に両方楽しめるのは嬉しいです。

DSCF8944.jpg
ナンは焼き立てでバターの香りがふんわりと漂います。
そのまま食べてもほんのりと甘みを感じました。

DSCF8949.jpg
食べている途中、店員さんから「辛くないですか?」と聞かれました。
「辛いの大好きなので全然大丈夫です。」と答えたら、「もっと辛く出来ますよ。」と、辛味ソースを出してくれました。

DSCF8951.jpg
小さな器に入ったソースは暗い赤色。確か、唐辛子だと言っていたような、、、。
ソースだけで舐めてみたら、ちょっと酸味のある辛さでした。
どちらのカレーにも途中から投入して、辛さを強くしました。

DSCF8940.jpg
こちらが日替わりのチキンとヨコマメカレーです。

DSCF8947.jpg
辛さは一番辛い唐辛子2本のイラストでしたが、後味にスパイスを感じ、普通に辛いぐらいでした。
写真を撮り忘れましたが、チキンもちゃんと入っていて、柔らかでした。

DSCF8946.jpg
中からは出てきたお豆は、どう見てもひよこ豆。
看板といい、店員さんのアナウンスといい、もしかして完全に勘違いしているのでしょうか?(汗)。

DSCF8941.jpg
こちらのカレーはバタープラウン味です。
酸味のきいたトマトベースのルーをバターと生クリームでマイルドにしたエビカレーとのこと。

DSCF8952.jpg
このカレー、トマトの酸味と甘みをくっきりと感じ、ミルキーな滑らかさでとっても美味しい!
これまで何度もインド料理屋さんでカレーを食べてきましたが、こんなに際立って美味しく思ったのは初めてでした。
これだけをた~っぷりご飯にかけて食べてみたいかも。

DSCF8953.jpg
中に入っているエビはとてもプリップリでした。


サービスのドリンクとボリュームたっぷりのお料理でお腹いっぱいになりました。
私が帰る頃にはお客さんは誰もいなくなっていたので、店員さん総出でお見送りされ、ありがたくも恥ずかしかったです。
2階にあるので集客は大変そうですが、バターブラウンはとっても気に入ったので、先輩にも是非教えてあげたくなりました。
やや不安ですが、アジア料理も食べてみたいです。


お店の名刺です↓
DSCF0362_20120702060351.jpg

夜のメニューです↓
DSCF8929.jpg

DSCF8930.jpg

DSCF8931.jpg

DSCF8932.jpg

DSCF8935.jpg

DSCF8936.jpg

DSCF8933.jpg

DSCF8934.jpg


2012年4月23日訪問時お店DATA
*************************************
インド・アジア料理 NaZa (ナザ)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-2-3 九段木田ビル2階
電話&FAX 03-3263-5205
定休日 無休 
営業時間 
[昼] 11:00~15:00 
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:30) 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/06 05:00】 | インド | トラックバック(0) | コメント(3) |
スパゲッティ ながい  @四谷
昨日はかなり暑くなりましたね~。
いよいよ夏がやってきたな!と実感しました。
外回りの仕事をなるべくやらないように画策しちゃいます(笑)。

DSCF1539_20120630114322.jpg
2011年10月19日、午後イチに外出する上司から、「出がけにランチを食べよう。」と誘われました。
電車に乗って出かける予定だったので四ッ谷駅方面に向かい、久しぶりに「スパゲッティ ながい」へ。
大好きなお店なので嬉しかったです☆

2010_0705画像0038
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。

2009_0317画像0008
前回訪問したのが2011年6月2日だったので、約4ヶ月半ぶりの訪問です。

看板

しんみち通りには、こちらの看板が出ています。

2010年1月27日によるくまさんからいただいたコメントによれば、「ながい」のシェフは西新宿にある老舗人気店「スパゲッティ ハシヤ」から独立されたそうです。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

2010_0222画像0009
こちらは以前の写真です。
季節メニューがある時期は、この看板に写真付きで紹介されます。

2010_0222画像0008
こちらも以前の写真です。
冬だとカキやカニを使ったメニューが出てきます。

2008_0825画像0035
しんみち通りには、ビルとしての看板も出ています。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には2008年9月26日にランチ訪問した「四谷ブルワリー」
地下1階には2008年8月22日にランチ訪問した「沖縄料理店 あん」があります。
ただし、未確認ですが、この2店は最近ランチ営業をやっていないようです。

2008_0825画像0034
中川ビルに入ってすぐ左手に、こちらのビルのポストがありました。
「ながい」のポストは上段の真ん中です。

入り口

細い階段を上ると、2階に写真のようなかわいい入口の扉があります。

待つ人が多くて、ときどき3階へつながる階段にまで行列ができることもあります。
並んでいる間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文します。

2009_0905画像0035
入口のすぐ右、カウンターの前の壁際に大きなマガジンラックが置かれています。

DSCF6065.jpg
新聞や文庫本などが常備されていて、一人客でものんびり出来そうです。

2010_0705画像0037
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。
この写真の右にトイレがあります。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりと取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。

DSCF3919.jpg
お店は男性シェフが一人、フロア担当の女性一人で切り盛りしています。
お二人ともいつもテキパキと動き回り、とても人あたりがいいです。

DSCF3918.jpg
入口の正面の奥には冷蔵庫がはめ込まれています。

2008_0922画像0058
卓上にはスプーン、フォーク、タバスコ、粉チーズ、乾燥ハーブが置かれています。
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

DSCF6064.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
小さな植物を飾ってありました。

2009_0905画像0036
壁に掛かっている時計は文字盤がパスタです。

ちなみに、窓際のテーブル席は間が少し狭いので、我らが上司のような、大きな鞄やおなかを持っているとちょっと通りにくく、コップの水を倒さないよう気をつけた方がよさそうです(笑)。

DSCF1549_20120630114341.jpg
窓際には大きな花かごが飾ってありました。
写真が逆光になってしまって残念(泣)。

DSCF1538.jpg
窓から見える問面のビルの2階です。

2010_0705画像0024
こちらは真ん中にあるテーブル席です。

DSCF1535_20120630114323.jpg
入店したのは12時40分頃でしたが、店内がガラガラでちょっとビックリ。
私たちは窓際の一番右手のテーブル席に着席しました。
こんなにお客さんの少ないときもあるんだなぁと思いましたが、その後ちらほらお客さんがやってきて、8割程埋まったと思います。

卓上

卓上にある粉チーズと乾燥ハーブです。
お好みでふりかけます。

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

DSCF1536_20120630114323.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF3914.jpg
メニューです。
種類豊富なメニューのうち、黄色い部分に書かれているメニューはサラダ付きなのでお得です。

この日は季節メニューがありませんでした。
嘉賓」と同じく、どのメニューを食べているか、どのメニューをブログにアップしているのか、かなり記憶が怪しく、いつもメニューがかぶらないよう、悩んじゃいます。
これからは自分で食べたことあるメニューリストを作らなきゃ、と痛感。
この日は、単独でタコを食べたことないはずというおぼろげな記憶から、トマトソースの中から「タコとナスの唐辛子トマトソーススパゲッティ」を注文。
ちなみにこのメニューは黄色いリストにはないので、3人のうち私だけサラダなし(泣)。


トマトソースのスパゲッティ
タコとナスの唐辛子トマトソーススパゲッティ (1,200円)
DSCF1539_20120630114322.jpg
しばし待って、お料理が登場!
白くて丸い大きなお皿にスパゲッティが盛られています。

2010_0525画像0010
こちらは以前撮影した写真です。
お皿の縁にはお店のロゴが入っています。

DSCF1543.jpg
いただきま~す!

DSCF1545.jpg
トマトソースの中にはナスとタコが入っていて、パセリと生クリーム?がトッピングされていました。

DSCF1544.jpg
麺は相変わらずやや固めの茹で加減で、ちゅるちゅるとノドを通ります。
うーん、美味しい。
上司が一緒でなければ、一度大盛りを食べてみたいです。

DSCF1546_20120630114234.jpg
トマトソースには薄くカットされたナスがたっぷり入っています。
ナスはたっぷりの油を吸ってとっても柔らかく、口の中でとろけます。

唐辛子の辛さが抜群にきいていました。
2011年10月4日にランチ訪問した「アール」の辛さがイマイチ不完全燃焼だったので、痺れる辛さに大満足でした。

DSCF1547_20120630114233.jpg
タコは小さく切ってあり、結構ゴロゴロ入っていました。
しっかり火を通しているからか、かなりしっかりとした歯応えです。

DSCF1548_20120630114233.jpg
途中から、粉チーズをたっぷりとふりかけて濃い味わいにしていただきました。


納豆とミートソースのスパゲッティ (1,150円)
DSCF1540.jpg
先輩は納豆とミートソースのスパゲッティを注文。

DSCF1542.jpg
このスパゲッティはサラダがセットなので、とってもお得です。
サラダには千切りキャベツ、レタス、スイートコーンなどが入っていました。

DSCF1541.jpg
納豆ラブの先輩、かなりな確率でこのメニューを注文しています(笑)。


全体のボリュームは普通です。
タコはもうちょっと柔らかければより良かったですが、この日も美味しくいただけました。

ランチのデフレが進み、しんみち通りではワンコインレベルの争いが続いている中、1,000円を超えるメニューではかなり大変だと思いますが、美味しいのでぜひこれからもがんばって欲しいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲッティ】
  アサリと青じそのスパゲッティ (2008年9月18日

【タラコ、ウニのスパゲッティ】
  ウニとイカのスパゲッティ (2009年9月2日
  ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日

【ミートソースのスパゲッティ】
  ミートソースとナスのスパゲッティ (2009年3月16日
  ミートソースとツナのスパゲッティ (2011年1月7日2011年3月24日

【ペペロンチーノ風スパゲッティ】
  タコとキノコと赤唐辛子のガーリック風スパゲッティ (2010年5月25日) 

【トマトソースのスパゲッティ】 
  ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
  ベーコンとソーセージと野菜のトマトソーススパゲッティ (2009年9月15日
  タコとナスの唐辛子トマトソーススパゲッティ (2011年10月19日

【クリームソースのスパゲッティ】 
  アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日

【おしょうゆ味のスパゲッティ】 
  フランクとベーコン・キノコ・アスパラのスパゲッティ (2011年6月2日)  
  海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日

【ホワイトソースのスパゲッティ】 
  ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日

【サラダスパゲッティ】 
  シメジとベーコンのサラダスパゲッティ (2010年7月5日

【季節メニュー】 
  カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
  カキの唐辛子トマトスパゲティ (2008年12月3日
  カニと青ジソのクリームソース (2010年2月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF3914.jpg
スパゲッティは定番メニューと季節メニューがあります。

DSCF8499.jpg
2011年頃より、12種類のスパゲッティはお値段そのままでサラダがつくようになりました。

DSCF8500.jpg
定番メニューは基本的な味付けとして9種類あります。
2011年6月2日に訪問したとき、アサリのスパゲッティはなくなっていました。

DSCF8501.jpg
トッピングがかなりいろいろあるので、好きなベースとの組み合わせを選びます。

DSCF8502.jpg
サラダにはミニサイズがありました。

DSCF8503.jpg
大盛りはプラス100円なのでとてもお得です。

DSCF8504.jpg
追加料金でトッピングができるほか、無料で唐辛子やガーリックを入れられます。


季節メニュー
2008_1205画像0068
いつもではありませんが、季節メニューがあります。

DSCF3916.jpg
2011年1月7日の季節メニューです。

DSCF8505.jpg
サラダは6種類あります。
以前はランチタイムに注文している人をほとんど見たことなかったですが、2011年頃から幾つかのメニューにサラダがセットで付くようになりました。

DSCF8506.jpg
こちらのお店はランチからディナータイムまで同じメニューで通し営業をしているので、お酒のメニューもあります。

2008_1205画像0076
2008年1月21日から店内は終日禁煙です。


2011年10月19日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2F
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/05 00:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
ティーヌン 市ヶ谷店  @市ヶ谷
朝から太陽が顔をのぞかせていて、今日から本格的に暑くなりそうですね!
熱中症にはくれぐれもご注意下さい☆

DSCF1524_20120630110702.jpg
2011年10月18日は前日に引き続いて体重が高止まりだったので、上司はお昼時に不在でしたが、前日に引き続き、この日もお弁当にしました。
この日は火曜日だったので、千代田四番町ランチ屋台は「トノカフェ」でしたが、一週間前の10月11日に食べていたので、「ティーヌン 市ヶ谷店」へ。
4種類あるメニューの中でまだ食べたことのないメニューがあったからです。

入り口

こちらは以前撮った写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から九段下方面に向かっての交差点を渡るとすぐ右手に市ヶ谷プラザビルがあり、お店は靖国通り側ではなく、土手側の1階にあります。
お店の入り口の右側の窓が開くようになっていて、テイクアウトができます。

DSCF1508_20120630112529.jpg
12時少し前に事務所を出てお店に行ってみると、店舗の前に女性が3人程並んでいたので、混んでいるのかな~と思ったら、お弁当ではなく店舗の待ちでした。
注文票を書くテーブルがなくなっていて、お弁当を辞めちゃったのかな?と心配になったのですが、単にテーブルを撤去しただけでした。

前回お弁当を購入したのは2011年1月26日だったので、約9ヶ月ぶりです。
久しぶりに行ってみたら、ディスプレイが変わっていました。
写真が光ってしまって見にくいですが、タイの街角の風景写真です。

DSCF1505_20120630112530.jpg
これまで4種類しかなかったお弁当の種類がすごい増えていました。
定番メニューが7種類、季節メニューが2種類、サイドメニューが3種類ありました。

DSCF1506_20120630112529.jpg
お弁当の販売は午前11時から午後2時45分までのランチタイムのみです。

DSCF1509.jpg
窓口の下に貼り出された写真はかなり大きくて色鮮やかなので、お料理がどんな感じかとてもわかりやすいです。
画像が粗くてわかりにくいですが、お値段は多分、600円と620円です。

DSCF1507_20120630112529.jpg
夏限定の季節メニューが2種類あり、こちらはどちらもお値段が950円とお高めです。
聞いていないのではっきりしませんが、値段にばってん印がついているので、10月の販売はなかったようです。

DSCF1513_20120630112202.jpg
私はサイドメニューにトムヤムクンスープをつけるつもりでしたが、せっかくなので新メニューの生春巻にして、お弁当はガパオ弁当にしました。

少々待って、お料理が出来上がり!
とても細長い袋に入れられましたが、写真を撮り忘れてしまい、残念(泣)。

DSCF1514_20120630112202.jpg
お弁当の容器が変わりました。
以前は大きく平たい容器にご飯とおかずが両方盛られていましたが、フタはプラスチック製で容器が紙製の、今どきらしい上下に分かれたタイプになりました。

DSCF1515_20120630112201.jpg
生春巻の入った容器も同じような造りで、お弁当よりも一回り小さく背が低いものです。

DSCF1516_20120630112201.jpg
まずはフタをオープン!


ガパオ弁当(600円)+生春巻1本(250円)=850円
DSCF1524_20120630110702.jpg
さらにおかずとご飯を分けたり、ソースの容器を出したりして、ようやくいただきます♪


生春巻
DSCF1517_20120630110749.jpg
器の中には切った生春巻、容器に入ったチリソース、生野菜が入っていました。

DSCF1519.jpg
店内での調理の様子を見ていたら、まるごと1本の生春巻を取り出して、その場で3つに切っていました。
生春巻って、お店で注文すると、あらかじめ切り置きしてあって切り口がパサパサになっていることが多いので、これは嬉しかったです。

DSCF1520.jpg
チリソースはかなりたっぷり入っています。
甘い味付けな苦手な私は、いつもちょっとしか使いません。

DSCF1518_20120630110749.jpg
生春巻は、大葉、ニンジン、タマゴ、海老、キュウリ、春雨などなど、かなり具材が豊富で、とてもあっさりとしていてヘルシーです。


ガパオ弁当
DSCF1527_20120629224421.jpg
容器の上におかず、下にはご飯が入っています。

DSCF1525_20120630110702.jpg
急いで盛っているからか、ご飯の表面は結構ボコボコです(笑)。

DSCF1521_20120630110748.jpg
ガパオは、たっぷりの挽肉の上に目玉焼きがのせられています。

DSCF1523.jpg
卵の白身はかなりカリカリに焼かれて香ばしさがありました。

DSCF1522_20120630110703.jpg
ガパオはたっぷりの挽肉のほか、タマネギ、ニンジン、ピーマン、赤ピーマン、バジルなどが入っています。

DSCF1531_20120629224420.jpg
しっかりとした味付けでご飯が進みます。

DSCF1529_20120629224421.jpg
色合いが地味な見た目とは全く違い、唐辛子がたっぷり入っているのか、カレーとは比べものにならないぐらい、
かなり刺激的な辛さです。
ご飯を少なく感じちゃいました。

DSCF1532_20120629224420.jpg
白身はカリカリでしたが、黄身は少しだけ半熟でトロリとしていました。
途中、目玉焼きをガパオに混ぜ込んだところ、少し味わいがマイルドになりました。

DSCF1533_20120629224420.jpg
生春巻の容器に入っていた生野菜はチリソースでは食べられなかったので、後からガパオに混ぜちゃいました。
それでもガパオはかなりの辛さでした。

DSCF1511.jpg
お昼前にひとしきり私とタイ料理の話をしていた先輩は無性にタイ料理が食べたくなってしまい、私は先輩の分のトムヤムクンを頼まれちゃいました(笑)。

途中、トムヤムクンスープを一口いたただきましたが、旨味が濃く、かなりの酸味があります。
好みの分かれる味だと思いますが、個人的にはこういうばしっとした味付けが大好きで、タイ料理食べているな~と実感できます。

DSCF1510.jpg
この日の先輩のお弁当は故あって、た~っぷりのウインナーが入っていました。
ちょっと漫画チックで思わず記念撮影(笑)。肉食系女子ですね。
本格的ダイエットに取り組むためのお弁当持参のはずが、トムヤムクンスープもたっぷりあるので、この日はかなりのボリュームでした(笑)。


サイドメニューに生春巻をつけて、しかも、ガパオは挽肉がたっぷりだったのとしっかりとした辛さのせいか、食べ終えるととてもお腹が一杯になりました。
久しぶりにパンチのあるタイ料理が食べられて大満足です。
メニューの種類が増えたので、これから色々なメニューを食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  冷やしトムヤム (2007年6月8日

[お弁当]
  トムヤムスープ (2007年12月11日2011年1月26日
  グリーンカレー (2007年12月11日2011年1月26日
  ガイパッキン (2008年2月4日
  ガパオ弁当  (2011年10月18日
  生春巻    (2011年10月18日


[ディナー] 
  2007年9月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年10月18日購入時お店DATA
******************************
ティーヌン 市ヶ谷店
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル1F
TEL&FAX 03-5214-6515
営業時間  
[昼]11:00~15:00   
[夜]17:00~23:00
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/04 05:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
DSCF1493_20120629222044.jpg
2011年10月17日は週の最初の月曜日。
週末にトレーニングと大食いを繰り返したところ、体重は1.8キロの幅で上下し、月曜日の朝は高止まりでした(汗)。
なので、この日は上司が出張で外へ食べに行くチャンスでしたが、カロリー低めのランチにしようと、大人しく「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へうどんを買いに行くことに(泣)。

DSCF8639.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF8637.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2011年9月14日だったので、約1ヶ月ぶり、10回目です。

DSCF8638.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違います。
だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF0936.jpg
12時ジャストぐらいに事務所を出て買いに行ったところ、先客は1名だけだったので、すぐに買うことが出来ました。

厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

窓口を対応する店員さんがこれまでの方と違ったのですが、辞めちゃったのか、ローテーションなのでしょうか。奥にいる店員さんはよく見えなかったので未確認です。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

先にお会計をしてからお料理の出来上がりを待ちますが、会計時に「お箸はいりません。」と伝えても、長年の習慣は変わらないようで、「わかりました。」とその時は言ってくれるものの、実際にはほとんどの場合そのまま袋に入れてくれるので、袋を受け取ったときにお箸を返却するようにしています。

私の後ろには二人程並んでいましたが、後ろの方がめかぶうどんにとろろをトッピングしていました。
なるほど、そんな注文も可能なんですね~。
今度やってみようっと!

DSCF1492_20120629222044.jpg
容器は、プラスチック製のドンブリで、フタが透明で器は白です。

冷たいメニューはほとんど食べたので、温かい山菜きのこうどんを注文しました。

DSCF0776_20120526081045.jpg
おうどんの薬味として七味唐辛子が小袋でついています。


山菜きのこうどん (380円)
DSCF1493_20120629222044.jpg
容器のフタを開けると、ダシの良い香りが立ち上ります。
先輩も「うどん食べたくなる~。」と言っていました(笑)。

うどんのトッピングは、天かす、ネギ、カマボコ、山菜きのこです。

DSCF1496_20120629222044.jpg
輪切りの長ネギはたっぷりと盛られていました。

DSCF1495_20120629222044.jpg
カマボコは、とても薄いですがフチがピンクで中が白の華やかなタイプです。

DSCF1497_20120629222002.jpg
きのこは、つるんとしたのど越しのナメコとシメジなどがありました。

DSCF1498_20120629222002.jpg
山菜は水煮のものが数種類入っていましたが、一部、かなりガリガリと硬くて食べにくいものもありました。

DSCF1494_20120629222044.jpg
なぜか天かすがたっぷり入っています。
天かすではなく出来れば山菜やきのこを増やしてもらいたいですが、香りはいいもののややあっさり目のうどんのつゆに天かすが入るととてもいいコクになるので、これはこれでありがたいです。
天かすの脂がスープ全体にしっかり行き渡るよう、よく混ぜまわせました。

DSCF1500_20120629222002.jpg
七味唐辛子を最初に全部ふりかけて、いただきま~す!

DSCF1499_20120629222002.jpg
七味唐辛子もうどんのおつゆのいいインパクトになります。

DSCF1502_20120629222001.jpg
おうどんはほんのりお醤油色に染まっています。
温かいおうどんでも、それなりにコシが残っていました。
麺が絡み合って引っぱり出すのが大変なので、少しずついただきました。


おつゆも全て飲み干したので食べ終えた時はお腹いっぱいでしたが、午後4時頃にはお腹が空いてしまいました(汗)。
冷たいメニューよりも温かいメニューの方が種類が豊富なので、これからの寒い季節にどれを食べようか、とても楽しみです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 肉うどん (2011年7月21日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年10月17日訪問時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/03 00:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(8) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
7月に入り、2012年も後半戦に入りました。
梅雨明けがとても待ち遠しいです。
雨が降ってややブルーですが、新しい一週間をがんばりましょう☆

DSCF1449_20120629220156.jpg
2011年10月13日はお昼時に上司が不在で外へ食べに行くチャンスでしたが、前日も外食して「開華亭」をランチ訪問していたのでちょっとカロリーセーブをしようと思い、「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」のテイクアウトをすることにしました。

外観

お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF0729_20120521195424.jpg
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
出前をやっていた頃はよくお願いしていて2008年3月7日に訪問した「俵屋 市ヶ谷店」
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
お弁当をよく買い、2007年6月4日にランチ2008年12月13日にディナー訪問した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

2010_0814画像0002
こちらは以前撮影した写真です。
お店は2階にありますが、ビルの1階の表のところにたくさんのメニューが出ています。

DSCF1441.jpg
この日の?メニューです。

2010_0814画像0001
こちらも以前撮影した写真です。
午後4時まで、ピッツァが特別サービスになります。
特別サービスはいつもやっていますが、その時々でメニューが変わります。

メニュー

こちらも以前撮影した写真です。
メニューは驚くほどたくさんの種類があります。
お値段は中心価格帯が1000円近くてお高めですが、どれもかなりのボリュームです。

2010_0814画像0007
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF1442.jpg
階段の途中に大きな本日のスペシャルのメニューが出ていました。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
11時45分頃にお店に電話して、先に注文しておきました。
先輩はお弁当を持参していて私一人だったので、テイクアウトを1個だけでも注文できるのかどうか不安でしたが、大丈夫でした。
嬉しいな~。これからもちょくちょくお願いしたいです。

2010_0814画像0005
「ラ・タベルナ」は1977年創業の老舗で、この時点でなんと34周年!
写真は去年撮影したものなので、古いです(汗)。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF0189_20120411202953.jpg
こちらはランチのテイクアウトメニューです。
種類がとても豊富で、しかも、お店で食べるよりお安くなります。

メニュー

店内には所狭しとたくさんのメニューが貼られていて、さらにそれらを組み合わせたり量を多くしたり減らしたり、いろいろな形でお願いできます。

入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。

先に電話で注文したとき、「すぐに作り始めます。」とのことだったので、電話を切ってからすぐに出かけました。
お店に到着すると、私のお弁当はちゃんと出来上がっていて、他にもたくさんの持ち帰り弁当がカウンターや空いているテーブルの上にずらり。
12時ちょっと過ぎだったので、店内のお客さんはまだ疎らでした。

2010_0814画像0008
こちらは以前撮影した写真です。
この日はフォークはお断りしました。

これまで持ち帰ったお弁当に比べ、この日は1個だけだったこともあってそれ程の重さではなかったですが、それでも、スパゲッティと思えば結構な重さです(笑)。

DSCF1443_20120629220157.jpg
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

前回お弁当を購入したのは2011年9月7日だったので、約1ヶ月ぶり、5回目です。

DSCF1445_20120629220157.jpg
メニューがいろいろあって悩みましたが、以前からとても気になっていたイカスミのスパゲッティを食べてみることにしました。
お持ち帰りだと1,300円の店頭価格が200円もディスカウントされ、1,100円になります。

お弁当を複数を購入すると、容器は全く同じなので、店員さんがどちらがどちらかちゃんと教えてくれます。
また、フタにボールペンでメニュー名が書かれていることが多いです。

この日は1個しか購入していないのに、お弁当のフタには「Nero」と書かれていました。
1個だけなら間違いようがないのになぁと思ったのですが、お持ち帰りのお弁当が幾つもあったので、お弁当それぞれを区別するだけでなく、注文毎の区別にも使うのかもしれません。

DSCF1447_20120629220157.jpg
お弁当を受け取るとき、男性店員さんから「こぼさないように~。」と声がけしていただいたので、揺らさないように注意して持ち帰りましたが、容器はフタと本体がセロハンテープで2ヶ所、しっかりと貼り付けてありました。
これをはがすのが結構大変(汗)。


ネロ <スパゲッティ>  (1,100円)
DSCF1449_20120629220156.jpg
ドキドキしながらフタを開けてみると、予想どおり、真っ黒黒なスパゲッティにご対面!

DSCF1450_20120629220116.jpg
イカスミで真っ黒に染まって、一瞬全てが黒い、、、と思いましたが、よく見ると、真っ黒な麺のほかに、真っ黒なイカ、そして中央に緑色のパセリがトッピングされていました。

DSCF1451_20120629220116.jpg
麺は細麺で、ボリュームたっぷり。
洋服にイカスミが飛ばないように少しずつお箸で手繰りましたが、ボリュームのせいなのかわかりませんが、適量を引っぱり出すのが大変(汗)。

DSCF1453.jpg
イカは大きめにカットされていて、食感は柔らかでした。

DSCF1454_20120629220116.jpg
見た目のインパクトに比べると、味わいは淡く穏やかで、じんわりと旨味が広がります。
ニンニクがきいていました。
食べても食べても麺の量が減りません(笑)。

DSCF1455_20120629220115.jpg
食べ終わってみると、容器の底にたっぷりの油がたまっていました(汗)。
先輩と、家のスパゲッティを食べ終わった後にこんなに油が残らないですよね~と話し合い、外食って美味しいけれども高カロリーなんだな~と改めて納得。
黒い粒粒はニンニクやタマネギでした。

DSCF1457_20120629220115.jpg
汚い写真ですみません(汗)。
お店でつけてくれたフォークはお断りしたので、事務所に置いてあるマイ箸で食べていましたが、お箸も真っ黒になっちゃいました(笑)。


外食よりカロリーを控えようと思ってお持ち帰り弁当にしましたが、ボリュームも油もたっぷりだったので、果たして妥当だったかは不明ですが(笑)、前から気になっていたネロが食べられて満足でした。
これまでずっとスパゲティを食べているので、次回はリゾットが食べたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日
  アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
◎ご飯系
  オムライス  (2008年3月3日

[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF0189_20120411202953.jpg

DSCF0190_20120411202953.jpg

DSCF0191_20120411202952.jpg

DSCF0192_20120411202951.jpg

DSCF0193.jpg


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2011年10月13日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2F
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/07/02 05:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる