焼きたてフィナンシェ <noix de beurre>  @新宿伊勢丹
DSCF2985_20120928235531.jpg
2012年7月18日の午後、T事務所様から2種類のお菓子をいただきました。
1つは「日本橋 長門」の久寿もちで、当日中の賞味期限だったのでその日に会社でいただき、もう一つのお菓子は自宅に持ち帰りました。

DSCF2966_20120928235641.jpg
お菓子は白地に赤でお店のロゴが書かれた大きな紙袋に入っていました。

DSCF1759_20120819094119.jpg
このお菓子は「noix de beurre(ノワ・ドゥ・ブール)」というお店のものです。

DSCF2980_20120928235532.jpg
紙袋をのぞいてみると、小袋がたくさん入っていました。

DSCF2982_20120928235532.jpg
このお菓子は「ノワ・ドゥ・ブール」の焼きたてフィナンシェで、2012年7月3日にもいただきました。

DSCF2979_20120928235532.jpg
中の小袋は紙袋と同じデザインです。

DSCF1764_20120819094118.jpg
「ノワ・ドゥ・ブール」は、兵庫県神戸市中央区に本社のある株式会社エーデルワイスが運営するブランドの一つです。
新宿伊勢丹と日本橋三越に入っていて、この日は新宿伊勢丹で買ってきて下さったようです。

DSCF2972_20120928235609.jpg
「ノワ・ドゥ・ブール 日本橋三越店」は2012年3月28日にオープンしたばかりです。

DSCF2968.jpg
この日はお店のパンフレットがたくさん入っていました。

DSCF2970.jpg
それぞれのお菓子のお値段はこちら。

「ノワ・ドゥ・ブール」とはフランス語で小さなバターのかたまりという意味だそうで、素材の風味を生かし、作り立ての美味しさ、それぞれのお菓子の一番美味しい瞬間を届けたいとのこと。

DSCF2975_20120928235608.jpg
もう一つの二色刷のカードには、それぞれのお菓子の消費期限が記載されています。

この日いただいたフィナンシェは特にイチオシのお菓子で、ローストしたスペイン産マルコナ種アーモンドプードル、国産発酵バター、きび糖などを使い、高温のオーブンで短時間に焼き上げることで中はしっとり、外はカリッとした食感に仕上げているそうです。

DSCF2974_20120928235608.jpg
お菓子によって消費期限は結構違います。


焼きたてフィナンシェ (210円)
DSCF2984_20120928235532.jpg
いただきま~す!

DSCF2985_20120928235531.jpg
長方形のフィナンシェは、中央部分が少しだけ膨らみ、こんがりと茶色に焼けています。

DSCF1775_20120819094030.jpg
外側はかたく、中はしっとりとした食感でした。
どっしりと甘く重たいせいで、1個食べるだけでとてもボリューム感があります。
甘いものが苦手な私にはちょっと辛い甘さです(汗)。


このフィナンシェは、焼き立てを店頭販売しているそうなので、甘いお菓子は苦手ですが、ぜひ温かい状態のを一度食べてみたいです。


2012年7月18日購入時お店DATA
***********************************
noix de beurre 伊勢丹新宿店 (ノワ・ドゥ・ブール) 
〒160-0022 
東京都新宿区新宿3-14-1 
伊勢丹新宿本店地下1階
営業時間 10:00~20:00(百貨店に準ずる。)
定休日 百貨店に準ずる。
スポンサーサイト

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2012/09/30 09:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
カフェ アントニオ アトレ四谷店  @四谷
早いもので今週も今日で終わりです。
月内最終平日で仕事が大変な人や、給料日から最初の金曜日で遊びに繰り出す人など様々だと思いますが、台風の進路が気になるものの、楽しい週末をお過ごし下さい☆

新店というにはやや遅すぎですが、本日はアトレ四谷内の「アントニオ」のレポートです。

DSCF5264_20120922100249.jpg
2012年9月6日は上司がお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて外へランチを食べに出ました。
前日に「スターバックス コーヒー アトレ四谷店」でテイクアウトしたことで、そういえば、アトレ四谷内のレストランでまだ食べたことがないお店があることを思い出し、この日は「カフェ アントニオ アトレ四谷店」に行ってみることにしました。
オープン当初、先輩と一度行ったのですが、大行列だったので諦めてしまい、それきりでした。

DSCF5284_20120922100000.jpg
「アントニオ」は、JR四ッ谷駅の四ッ谷口改札口と直結しているアトレ四谷の2階にあります。
1階フロアにはたくさんの飲食店が入っていますが、2階は「アントニオ」だけです。
入口は窓側の左手です。

DSCF5282_20120922100001.jpg
公式HPによれば、「アントニオ」は1944年にイタリア海軍の指揮官付コック長だったカンチェーミ・アントニオが日本に本格イタリアンを紹介したのが始まりで、今年で創業68年の老舗イタリアンレストランです。
現在は創業当時の味を守りつつ、2代目のジャーコモ、3代目のアントニオとテレサが大切な味を受け継いでいるとのことです。
レストランは青山本店と横浜に2店舗、デリは都内デパートを中心に9店舗、カフェは青葉台と四谷の2店舗を展開しています。
「カフェ アントニオ アトレ四谷店」はアトレ四谷のリニューアルオープンに伴い、2012年3月14日にオープンしました。

DSCF5281_20120922100001.jpg
お店の入口には大きなメニューの看板が出ています。

アトレ四谷のリニューアル前、この場所には2008年11月10日にランチ訪問した「Le Champ De Pierres 四谷店」がありました。

DSCF5279_20120922100001.jpg
入口からすぐ左手には大きなショーケースがあり、たくさんのケーキを販売しています。

DSCF5278_20120922100001.jpg
12時15分頃にお店に到着すると、入口からすぐ右手にあるウェイティングのソファには二組のお客さんがいました。
突っ立ったまんま、「結構待つかな~。」と考えていたら、店員さんがやってきて「小さめの一人用のテーブルが空いていますが、そちらでもよろしければすぐにご案内できます。前に並んでいるお客様の了解を取りますので、少々お待ち下さい。」と言われ、ラッキーなことにすぐ入れることになりました。

DSCF5277_20120922100057.jpg
ケーキのショーケースを超えて奥に行くと、奥から右に曲がって、テーブル席が並んでいます。
駅直結の商業ビルのせいか、客単価がお高めのせいか、お客さんはサラリーマンだけでなく家族連れなども多かったです。

DSCF5241.jpg
私は一番奥からちょっと手前にあるやや小さめなテーブルに着席。
テーブルは、薄い緑のテーブルカバーがかけられ、その上に鮮やかな赤い紙ナプキンがのせられています。
このテーブル、足を奥に入れられないので、テーブルというよりは飾り棚だったかも?!

DSCF5242.jpg
内装は、緑を基調とした落ち着いていながらも豪華な雰囲気でした。
60席ある店内は満席なので、たくさんの店員さんが忙しそうに動き回っています。
本国から来ている人もいるのか、金髪の白人の女性店員さんもいらっしゃいました。

DSCF5243_20120922100416.jpg
席からはとっても良い眺めを楽しめます。

左にはスクワール麹町、右には上智大学が見えました。

DSCF5244_20120922100416.jpg
卓上にはテーブルと同じ赤い紙ナプキンが敷かれた籐籠に、カトラリーセットが入れてあります。

DSCF5246_20120922100334.jpg
赤いお店のロゴが入った紙ナプキンでした。

DSCF5245_20120922100416.jpg
店員さんからお水をいただき、メニューを検討。
店員さんは、とても丁寧で洗練された接客です。

DSCF5228_20120922100548.jpg
メニューです。
表紙のデザインがとってもキュート。

DSCF5229.jpg
ランチメニューはパスタ、カレー、サラダの3種類がありましたが、とにかくパスタが大々的に出ているので、ちゃんと見ないと他の二種類は見つかりませんでした(笑)。
ケーキ屋さんらしく、ドルチェのメニューはとてもたくさんあります。

DSCF5230_20120922100547.jpg
せっかくなので、イチオシのパスタランチをお願いしました。
本日のスープまたはオリジナルサラダ、ガーリックトースト、パスタ、コーヒーまたは紅茶で1,470円です。
パスタは5種類の中から選びます。
ちょっと迷いましたが、スモークサーモンとブロッコリーのクリームソーススパゲッティをチョイス。
サラダではなく、本日のスープをお願いしました。


スープ:ビシソワーズ
DSCF5250.jpg
本日のスープは、ミネストローネかビシソワーズということで、ビシソワーズをお願いしました。
少し待ってスープが登場!
小さめな白いスープ皿はダブルソーサーになっています。

DSCF5251_20120922100334.jpg
意外なことに、スープの色は白ではなくキレイな薄い緑色でした。
これが何に由来しているのかは、説明もなかったし、食べてもよくわかりませんでした(汗)。

DSCF5253_20120922100334.jpg
中央にパセリがトッピングされています。

DSCF5257_20120922100250.jpg
スープはしっかりと冷えていますが、かなり濃厚で味付けもしっかり目でした。
最初はそれほどの量ではないと思いましたが、重たい味わいなのでかなりボリューム感があります。


ガーリックトースト
DSCF5254_20120922100333.jpg
スープに続いて、ガーリックトーストが登場。
パンは、2つ、バスケットに入って出てきました。

DSCF5255.jpg
表面にたっぷりとバターが塗ってあり、こんがりと焼き上げてあるので、出てきた時は焼きたて熱々で手に取るのがちょっと大変です。

DSCF5260_20120922100249.jpg
写真だとわかり辛いですが、パンの断面図を見ると、半分ぐらいの厚さまでバターがしみ込んでいるのが見えます。

DSCF5259_20120922100250.jpg
バターとガーリックですごくしっかり味で、このままパクパク食べられます。
重ためな味のスープをつけて食べると味が濃くなり過ぎな感じがするぐらいです。
しかも、表面が結構しっかり焼き上げているのでガリガリ音がするぐらいのかたさなので、私は歯応えのあるパンが大好きですが、ちょっと苦手な人もいるかも?


スパゲッティ スモークサーモンとブロッコリーのクリームソース (1,470円)
DSCF5263_20120922100249.jpg
パンとスープを食べている途中に、パスタが登場!
白いオーバルのお皿に入ったパスタは、思っていたよりもボリュームたっぷりでした。

DSCF5264_20120922100249.jpg
やや太めの麺はクリームソースにたっぷりと絡めてあり、ブロッコリー、サーモン、マッシュルームなどが入っています。

DSCF5265_20120922100155.jpg
トップには粉チーズがふってありました。

DSCF5266_20120922100154.jpg
ブロッコリーは一口サイズにカットされているので、食べやすいです。
かために茹でてあり、かなりたっぷり入っていました。

DSCF5268_20120922100154.jpg
スパゲッティはやや太めで、茹でたて熱々でした。
アルデンテなのでちょっとコシがありますが、のど越しはツルツル。
サーモンの味わいが移ったクリーミーなクリームソースがたっぷり絡んでいました。
麺の量もたっぷりです。

DSCF5269_20120922100154.jpg
サーモンはかなり小さく切ってありますが、ふんわりと柔らかでした。

DSCF5270_20120922100154.jpg
お料理を食べ終わった後、ガーリックトーストのバターとかけらで手がすごいことになっていたので、紙ナプキンで一生懸命拭いていたら、男性店員さんが新しいものを一つ下さいました。
ありがたい気配りに感謝!です。


ホットコーヒー
DSCF5271_20120922100153.jpg
メニューにはコーヒーまたは紅茶と書かれていて、オーダーの時もそう言われたので、コーヒーをチョイス。

DSCF5272_20120922100058.jpg
私は深く考えずに「コーヒー」と答えてしまったので、ホットコーヒーをいただきました。

DSCF5273_20120922100058.jpg
周囲を見回すと、アイスも選べたようでした(汗)。

DSCF5274_20120922100057.jpg
普段はブラック派ですが、ミルクだけ入れました。

DSCF5275_20120922100057.jpg
店内はちゃんとクーラーがきいていたので、美味しかったです。

DSCF5276_20120922100057.jpg
この日の伝票です。


重たいスープ、しっかりした味付けでしっかりアゴを使うガーリックトースト、麺量が多くクリームの利いたスパゲッティの組み合わせで、かなりお腹いっぱいになりました。
お値段はちょっとお高めですが、美味しくてボリュームたっぷりでとてもよかったです。


メニューです↓
DSCF5228_20120922100548.jpg

DSCF5229.jpg

DSCF5230_20120922100547.jpg

DSCF5231_20120922100547.jpg

DSCF5232.jpg

DSCF5233_20120922100546.jpg

DSCF5234_20120922100500.jpg

DSCF5235_20120922100500.jpg

DSCF5236.jpg

DSCF5237_20120922100459.jpg

DSCF5238_20120922100459.jpg

DSCF5239.jpg

DSCF5240.jpg


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (2012年3月21日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日) 


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年9月6日訪問時お店DATA
***********************************
カフェ アントニオ アトレ四谷店 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷2階
TEL 03-5379-0388
営業時間 10:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/28 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(4) |
いし井  @柴又
昨日は朝晩が冷え込み、日中は結構気温が上がりました。
昼間にいらない上着を持ち歩くのがすごく面倒な私なので、こういう時期は着るものをどうすれば良いか、とっても悩みます。
会社帰りにちょっとお店をブラブラしていたら、午後6時前なのにすっかり暗くなり、季節が進んでいるのを実感しました。

本日は、ランチではなくスイーツのレポートです。

DSCF4144_20120922093211.jpg
2011年12月26日のランチは「祭り屋」のハンバーグを食べましたが、実はこの日の出勤前、葛飾区にある柴又帝釈天にスイーツを買いに出かけていました。
以前からT事務所様からいろいろ頂き物をしていたので、年内に何かお返ししなければと思い、先輩と二人で食べログで人気のスイーツを検索したところ、私の自宅からそれ程遠くないところに「い志い」というお店があり、かなり人気のロールケーキがあることを発見し、早速買いに行ってみました。

DSCF4090_20120922093535.jpg
「い志い」は、1862年、江戸時代の文久2年、柴又帝釈天の参道に呉服店として誕生し、常連客へ振る舞っていた漬け物やお菓子が評判になり、第二次大戦後、お漬け物とお菓子をメインとして売るお店になったそうです。

柴又といえば帝釈天や寅さんなどで有名な観光地ですが、東京の東の外れにあるという立地故、このブログをご覧の方も行ったことがない人が多いのではと思い、スイーツを買いに行くついでに散策してきました。

柴又観光の入口は、京成線柴又駅です。
都内でも数少ない単線で、本数も少ないです。
会社の出勤時間に遅れないようにと、午前9時少し前に到着。

DSCF4092_20120922093534.jpg
小さな駅前広場には寅さんの像があって、観光客を出迎えてくれます。
この像は結構有名では?

DSCF4093_20120922093534.jpg
参道を通って帝釈天へ向かいます。

DSCF4094_20120922093534.jpg
幅の狭い道路の両側に草団子屋さんなどがずら~っと並んでいます。
ただし、まだ午前9時前なので、ほとんどのお店がまだオープンしていません。

DSCF4095_20120922093534.jpg
参道の終わりに来ると、帝釈天が見えてきました。

DSCF4096_20120922093534.jpg
帝釈天の入口です。

DSCF4103_20120922093359.jpg
裏側から見るとこんな感じです。

DSCF4097_20120922093444.jpg
境内をのぞいてみると、年末年始の参拝の準備として本堂周りに囲いがしてありました。
平日の朝早い時間ですが、参拝客もちらほら。

DSCF4098_20120922093443.jpg
会社に遅れないよう、ケーキを買いに「い志い」に戻ってきました。

DSCF4099_20120922093443.jpg
このお店の営業開始時間はなんと、朝8時半!
電話をしてこの時間にケーキを買えるのかどうか聞いてみたところ、ケーキの焼き上がりは遅く、本当は10時ぐらいからの販売でしたが、なんとか9時ぐらいなら大丈夫、とのことで、お土産用と自分たち用に2本予約しました。
こんなわずかな数で、こちらの無理を聞いていただき、大変恐縮でした。
しかも、こちらのお店は基本的に年中無休で不定休なのですが、年末年始の忙しい時期に向けて12月26日に一日休もうと予定していたそうで、お休みそのものをを27日にずらしていただいちゃいました。
本当に、本当に、ありがとうございます。

DSCF4102_20120922093359.jpg
お店の右側には、確かにたくさんのお漬け物が並んでいました。

DSCF4101_20120922093443.jpg
この日購入したのは「米米ロール」という看板商品です。
テレビ番組で紹介されたのをきっかけ?に爆発的に売れたそうで、2010年の食べログスイーツ部門の1位に輝いたそうです。
いろいろなコメントを読んでいると、一世を風靡した「堂島ロール」に負けずとも劣らずとのことで、スイーツに興味がないくせに、勝手に地元意識がくすぐられてちょっと嬉しかったです(笑)。

DSCF4100.jpg
お店の訪問前はお漬け物と洋菓子なんてすごい組み合わせだな~と思っていましたが、フツーにお饅頭や羊羹などの和菓子もありました。

DSCF4104_20120922093358.jpg
ロールケーキは2つを袋に入れると結構重かったです。

DSCF4105_20120922093358.jpg
お店のロゴは、古めかしさを残しつつも、すっきりとシンプルなデザインでした。

DSCF4106_20120922093358.jpg
T事務所様に無事差し入れし、自分たちも3時のおやつに食べてみることにしました。

DSCF4107_20120922093250.jpg
お店の歴史について説明書きがありました。
店舗は参道の中では最古の木造建築で、築200年あまりとのこと。
出桁造りと呼ばれる江戸の商家建築様式だそうです。

DSCF4109_20120922093249.jpg
ご飯のうるち米とお餅のもち米の2種類のお米で作った生地に無添加純生クリームを巻き上げ、徳島産和三盆や甜菜糖をケーキの表面で炙っています。
国産素材100%とのこと。

DSCF4142.jpg
米米ロール登場!

DSCF4143.jpg
ロールケーキの断面には透明なセロファンが貼られ、保冷剤が添えてありました。


米米ロール (1,200円)
DSCF4144_20120922093211.jpg
1つ1,200円と、お値段もなかなかお手頃です。

DSCF4145_20120922093211.jpg
実はこの日の午後は上司が不在だったので、Fさんと先輩と私の3人で食べちゃいました(笑)。
もちろん、少し残して後から上司にあげましたが。

DSCF4146_20120922093210.jpg
炙られた和三盆や甜菜糖は熱で溶けて、茶色い点々になっています。

DSCF4148_20120922093210.jpg
ロール生地は甘さ控えめで、米粉が使われているので少し重たくてもっちりしています。

DSCF4150.jpg
中には真っ白なクリームがたっぷりと入っています。
甘さがかなり控えめで、その分、ミルクのコクを感じます。
後味はさっぱりと軽く、とっても美味しい!
甘い物好きな人には物足りないぐらいなのでは?


ロールケーキ全体として食べると、生地とクリームは甘みが少なく、時々、表面にかかった甘みがぱあっと口の中で広がりました。
軽い口あたりなので、甘いものが苦手な私でも結構たくさん食べられます。


地元贔屓を抜きにしても、とても美味しいロールケーキでした。
後日、T事務所様からも美味しかったという感想をいただき、一安心。
思わぬ形で美味しいケーキに巡り会えて、地元の友人に教えたり、手土産にしたり、ホームパーティで出したりと、今でも大変重宝しています。


2011年12月26日訪問時お店DATA
***********************************
い志い (いしい)
〒125-0052 
東京都葛飾区柴又7-6-20 柴又帝釈天参道
TEL 03-3657-1749
営業時間 
[月~土] 8:30~17:00
[日祝日] 8:30~18:00
定休日 無休
京成金町線柴又駅から徒歩3分

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2012/09/27 06:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(1) |
五番町 祭り屋 ステーキハウス  @市ヶ谷
昨日は涼しいというよりは、寒かったですね~。
秋物の準備をまだしていないので、出勤前に洋服を探してバタついちゃいました(汗)。

DSCF4125_20120922090934.jpg
2011年12月26日は午後早くから来客を予定していたので、事務所からそれ程遠くなく、かつ、Fさんがハンバーグ好きだったこともあり、「五番町 祭り屋(まつりや) ステーキハウス」にランチを食べに出ました。
もともと上司のお気に入りのお店だったのに、割とお高めだからなのか、最近それなりにダイエットしているからなのか、このところだいぶご無沙汰していました。

お店

店舗はJR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって坂を上り、最初の交差点を右に曲がります。
交差点の角には2011年5月31日2011年7月14日に訪問した「まんてん」があり、その隣にはよくお弁当を購入する「こしひかり弁当」、その次が「祭り屋」です。
問面にソニーミュージック本社があります。

店

前回訪問したのが2011年3月18日だったので、約9ヶ月ぶりの訪問でした。
こちらのステーキハウスで提供するお肉は全て熊本ビーフです。
なので、最初の頃は熊本県のアンテナショップなのかと思っちゃいました。

2008_0509画像0191

色鮮やかなお店の看板の向こう側(左側)に、お手頃価格でボリュームたっぷりのランチがいただける「やきとり 串八珍 市ヶ谷別館」があります。

DSCF4141_20120922090818.jpg
お店の前には、商品でしょうか、小さな木製の椅子?台?がたくさん置かれていました。

DSCF1381.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お店に入ると、中にも小さな木製の椅子やおもちゃが置かれていました。
ここで店員さんが対応してくれるのを待ちます。

2008_0627画像0215
こちらも以前撮影した写真です。
「祭り屋」は、飲食店である一方、無垢・一枚板の家具屋さん直営店なので、店内には様々な種類の木の板や商品モデルのテーブルや椅子などの家具が所狭しと置いてあります。
飲食店と家具屋さんのコラボレーションということで、店内には独特の雰囲気が漂っています。
入口からすぐ右側に、木工品の小さな商品が飾ってあり、販売しています。

2008_0627画像0214
こちらも以前撮影した写真です。
レジの前にはまな板やトレーが置いてありました。
相場がまったくわかりませんが、お値段は意外とお手頃?!

2008_0627画像0213
レジ横のショーケースには、美味しそうなお肉が大きな塊でゴロゴロと入っています。
お肉好きにはワクワクしちゃう光景です(笑)。

2010_0212画像0003
ソファに座って天井を見上げるとくまもとあか牛の巨大なポスターが貼られていました。

家具5

壁一面に、商品でもある木材(?)が置かれています。
気に入った板が見つかり、お買い上げ!なんてお客さんもいらっしゃるんでしょうか。

家具4

テーブルや椅子は、食事の際に実際に利用するので、購入前に使い心地や座り心地がわかるのはいいなぁと思います。

フロアは木材の中にテーブル席が散在していて、手前と奥の2つの部屋があります。

DSCF4140_20120922090819.jpg
12時20分頃に入店すると、案外空いていて、席は半分程しか埋まっていませんでした。
混雑していてお料理が出てくるのに時間がかかることもあったので、お客さんが来るまでに事務所に帰れるかどうかちょっと不安に思っていただけに拍子抜けです。

私たちは奥の部屋の正面にある6人席の大きなテーブルに着席。
何故かここに座ることが結構多いです。

DSCF4124_20120922090934.jpg
実際に食事をするテーブルには、それぞれ写真のようにお値段がはってあります。
この日に利用したテーブルは税込み451,500円。
テーブルはもちろんとても立派ですが、お値段もゴージャス!です。
うっかりものを落としたり、食べ物をこぼすんじゃないかとヒヤヒヤしちゃいます。

DSCF4253.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
テーブルの上にはカトラリーセットが置かれています。

DSCF4113_20120922091103.jpg
こちらはメニューの一部です。

ランチメニューはステーキ、ハンバーグ、シチュー、フライなどなど種類が豊富で、お値段は850円~3,800円とかなり幅が広いです。
ランチメニューには全てスープ、サラダ、新潟産コシヒカリ100%のライスがついていて、ライスはおかわりできます。

DSCF4114_20120922091103.jpg
そのほかにもたくさんのメニューがあって、選ぶのが大変です。

また、このお店は意欲的に新メニューを考案していて、この日は新メニューとしておろしハンバーグと和牛バラ肉のジュウジュウ焼きと牛タンシチューの3種類がありましたが、この記事を書くにあたって過去記事を見たら、前の記事にも「新メニュー」となっていました(汗)。ただ、種類がたくさんあるのは本当です。

3連休明けで体重がかなりやばかった先輩と私は、おろしハンバーグを注文。
ハンバーグは小サイズ(130g)もあるので、店員さんから「普通サイズでいいですか?」と聞かれましたが、どんなにダイエット中でもハンバーグは普通サイズ(190g)を食べたくて、ご飯だけ少なめにしてハンバーグはそのままでお願いしました。

DSCF4250.jpg
注文を終えると、すぐにお水とおしぼりとサラダが出てきました。

DSCF5990.jpg
店員さんはほとんどが外国人の方です。

DSCF4117_20120922091102.jpg
メニューが全品サラダ付きのせいか、サラダが出てくるのはとても早いです。

やや小さめのお皿にはキャベツ、レタス、トマト、ワカメ、海藻、マカロニなどがたっぷりと盛られていて、ボリュームたっぷりです。

DSCF4119.jpg
大きくカットされた櫛切りのトマトは2切れあり、とても色鮮やか。
お昼前に仕込んでいるからか、キャベツとレタスは、ちょっと乾燥してぱさついていました。

DSCF4120_20120922091016.jpg
こちらのお店のサラダは、海藻がたっぷりとのっているのが特徴でしたが、この日はワカメだけでした。

DSCF4121.jpg
代わり?に、薄紫色の寒天のようなにょろにょろしたものがトッピングされていました。
名前はわかりませんが、ぷちぷちとした食感が面白かったです。

DSCF4118_20120922091017.jpg
マカロニが入っているのは珍しいかも。
さっぱり目の味わいでした。

DSCF4249.jpg
ドレッシングはモズクドレッシングとゴマドレッシングの2種類が卓上に置かれています。

DSCF4122_20120922091016.jpg
普段ならコッテリ味のごまドレッシングが大好きですが、こちらのお店のもずくドレッシングはもずくがそのまま入っていて、先輩も私も大好きです。
いつも両方ともかけて味を楽しんでいますが、この日はもずくドレッシングだけをたっぷりかけていただきました。

DSCF4123_20120922091016.jpg
よっぽどお腹が空いていたのか、気付かなかっただけなのか、上司はドレッシングもかけずに食べ始めていました(笑)。

DSCF1361.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
もずくが入っているのがわかるでしょうか?
もずくのぬめりもちゃんとあって、とてもサッパリ味です。


和牛ハンバーグステーキ (1,250円→お試し期間10%off 1,125円)
DSCF4132_20120922090855.jpg
Fさんの注文した和牛ハンバーグステーキです。
ハンバーグは鉄板にのっていて、熱々の状態で出てきます。
目玉焼きが美味しそう。
ハンバーグ好きのFさんですが、美味しかったようでよかったです。


おろしハンバーグ ご飯少なめ (1,250円)
DSCF4125_20120922090934.jpg
サラダを食べ終えるころ、ご飯とお味噌汁が出てきて、最後にメインが登場。
いただきま~す!

DSCF4126_20120922090933.jpg
ご飯は白くて丸い平皿に盛られています。

DSCF4127_20120922090933.jpg
少なめでお願いしたので、見た目はやや寂しそう。

DSCF4129_20120922090933.jpg
お味噌汁は、このお店の定番で、たっぷりのアオサにネギが散らしてあります。

DSCF4130_20120922090855.jpg
シンプルですが、ダシが効いていて、トロッとした口あたりがたまりません。
量も結構あります。

DSCF4133_20120922090855.jpg
この日はハンバーグの全体像を撮り忘れるという、痛恨のミス!
Fさんの写真を撮らしてもらったりしていたら、すっかり忘れちゃいました(泣)。

おろしハンバーグは白い深皿の中央に入っています。
190gあるので、かなりの大きさです。
たっぷりのおろしがかかっていて、その上からポン酢ダレがかけてありました。

DSCF4134_20120922090855.jpg
ハンバーグの周りには野菜がたっぷり。

DSCF4136_20120922090819.jpg
ニンジン、インゲン、赤パプリカ、ズッキーニ、レタス、ジャガイモなどです。

DSCF4137_20120922090819.jpg
多くは茹で野菜ですが、ジャガイモはローストしているようで、歯応えがありました。
野菜を食べるだけでもお腹にたまります。

DSCF4135_20120922090855.jpg
サラダスパゲティもついています。

DSCF4138_20120922090819.jpg
この日はお箸でハンバーグを切ってみたのですが、なかなかの弾力があって大変でした。
お肉の断面を見ると、ほんのりピンク色。
切るときは結構抵抗感がありますが、食べてみると少し歯応えがあるだけで、お肉はジューシーです。
ポン酢ダレが美味しくて、程よい酸味でお肉をとてもさっぱりといただけました。


ご飯を少なめにしましたが、190gというお肉とたっぷりのお野菜は結構食べごたえがあり、かなりお腹いっぱいになりました。
先輩は久しぶりに食べたせいか、「こんなに量が多かったでしたっけ?」と聞いていました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【ランチ】
  もも肉ステーキ     (2007年7月30日
  リブロースステーキ (2010年10月14日
  塩焼きカルビステーキ (2007年7月6日
  ペペロナータハンバーグ (2011年3月18日
  チーズドラムハンバーグ(2008年5月7日
  ハンバーグとポテトのラクレット(2008年10月9日
  煮込みハンバーグ   (2007年11月28日2008年12月24日
  ビーフシチュー      (2008年6月26日2009年7月29日
  コラーゲンいっぱいのシチュー (2011年1月18日
  ハンバーグとカキフライ盛り合わせ (2010年2月12日
  おろしハンバーグ  (2011年12月26日

【ディナー】
  2008年1月7日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューはこちらです↓
DSCF4113_20120922091103.jpg

DSCF4112.jpg

DSCF4110_20120922091104.jpg

DSCF4114_20120922091103.jpg

DSCF4115_20120922091103.jpg


以前のメニューです↓
DSCF1340.jpg

DSCF4244.jpg

DSCF4246.jpg

DSCF4245.jpg

DSCF5988.jpg

DSCF5989.jpg

DSCF4240.jpg

DSCF4241.jpg

DSCF1342.jpg

DSCF1348.jpg

DSCF1349.jpg


2011年12月26日訪問時お店DATA
********************************
五番町 祭り屋 ステーキハウス(まつりや) 
〒102-0076 
東京都千代田区五番町10-2 五番町センタービル1階
TEL&FAX 03-3237-0218
営業時間  11:00~23:00(LO 22:00)  *家具販売は10時~23時
定休日 なし(12/31~1/3を除く)
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/26 07:00】 | ハンバーグ | トラックバック(0) | コメント(2) |
熟成味噌タンメン 蔵味噌屋  @北千住
昨日も結構涼しかったですが、今日はかなり冷え込むようです。

自宅でインスタントコーヒーをよく飲むのですが、夏になると暑くて全く飲めなくなり、秋に涼しくなってから久しぶりに飲んでみようかなと思ってビンを取り出すと、残っているコーヒーがカチカチに固まってカビがはえちゃいます。
昨日もそうでした、、、(泣)。

DSCF4077.jpg
2011年12月23日、北千住の荒川河川敷で開催された「第2回 足立フレンドリーマラソン」というレースに参加し、人生で初めて10キロマラソンにチャレンジしました。
自己新記録を出すことができて、無事大会を終えた後、せっかく北千住に来たからと、ラーメンデータベースで一番人気の高かった「熟成味噌タンメン 蔵味噌屋(くらみそや)」へ行ってみました。
北千住にはメディアでよく紹介される「牛骨らぁ麺 マタドール」というお店もありましたが、この日はとっても寒い日だったので、こってり味の味噌ラーメンで身体を温めたくて、「蔵味噌屋」にしました。

DSCF4089_20120921210525.jpg
JR北千住駅西口から駅前の商店街の右側を日光街道に向かってまっすぐ進み、5・6分歩いたところにお店があります。

北千住は何回か来たことがあるので、少し地理がわかるからと、適当に地図を見てきただけだったので、予想より遠くまで歩いてちょっと心配でしたが、無事お店を発見。

DSCF4067_20120922084556.jpg
お店の入口にとても大きな写真入りのメニューが置いてあるので、すごくわかりやすいです。

DSCF4068_20120922084555.jpg
お店に到着したのは午後1時頃でした。
お昼時でもあり、また、私のようにマラソン大会帰りの人も多く、数人並んでいました。

DSCF4069_20120922084555.jpg
メニューを一番下で支えているのは、味噌樽?

DSCF4070_20120922084555.jpg
ちょうどお客さんの入れ替えがあったので、すぐに入店することが出来ました。
入って左にある券売機で食券を購入し、そのまま待つことに。
この日はクリスマス寒波の到来で日本列島全体が冷え込んでいたので、同じ待つにしてもほとんど店内で待つことができたのでラッキーでした。

DSCF4074_20120922084509.jpg
フロアは広く、奥に厨房があってその周囲をカウンター席が取り囲み、手前には4人掛けのテーブル席がたくさんありました。
家族での利用も多く、また、お酒を飲む人も多くて、ラーメン屋さんにしては回転が緩やかでした。

DSCF4071_20120922084555.jpg
しばし待って、窓際の4人席に着席。

DSCF4073_20120922084509.jpg
卓上にはニンニクチップなどが置いてありました。

DSCF4075_20120922084509.jpg
窓から外をのぞいてみると、行列は更に伸びていて、お店の幅を超えそうな人数でした。

「蔵味噌屋」は、2010年5月1日にオープンし、同じく足立区の竹の塚にあった「わんたんめんの店 しお福」というお店の別ブランドとして、2010年7月16日にオープンしました。
情報が見つけられませんでしたが、直近にリニューアルオープンをしたのか、外にはお花がたくさん並んでいました。
なお、「しお福」は、2012年4月1日に「味噌らーめんと中華 てつまる」にリニューアルオープンしたそうです。

DSCF4072_20120922084555.jpg
満員のお客さんのせいか、お料理が出てくるまで少し待ちました。


定番セット<味噌タンメン+半チャーハン> (880円)
味噌タンメン:がっつり濃とんこつスープ+太麺・中・220g
DSCF4076_20120922084508.jpg
ツレは定番セットを注文。
これは、味噌タンメンにチャーハンがついているものです。

15分ぐらい待って、定番セットが登場。
続いて私の辛味噌タンメンが出てきました。

DSCF4078.jpg
味噌タンメンのスープは、味噌というにはかなり白っぽいです。
中央にもやし、長ネギ、黒キクラゲがトッピングされていました。
スープをちょっともらいましたが、甘くてこってり感が強く、味噌タンメンの方が個人的に好みでした。
うーん、残念。次回はこちらを食べたいです。


辛味噌タンメン(750円)+味付玉子(100円)=850円
辛味噌タンメン:がっつり濃とんこつスープ+太麺・中・220g
DSCF4077.jpg
辛味噌タンメンのスープは赤というより茶色っぽく、白っぽい味噌タンメンに比べ、こちらの方がぱっと見は味噌タンメンに見えるかも。
トッピングは味噌タンメンと同じく、もやし、長ネギ、黒キクラゲです。

DSCF4080_20120922084429.jpg
少し前にタンメンブームがあって、幾つも有名店がありますが、そういうお店と比べてしまうと、タンメンと名乗るには少し野菜の種類や量が見劣りするな~と思ってしまいます。
ただ、麺の量が300gまで選べることを考えれば、お値段は高くないと思います。

DSCF4081.jpg
味付け玉子は最初から半分に切ってあり、見た目がとってもキレイ。

実は、トッピングに味付玉子をお願いしたのは定番セットだったのですが、お料理が出てきたら、辛味噌タンメンの方に入っていました(笑)。

DSCF4083_20120922084429.jpg
スープはがっつり濃とんこつスープとあっさりさっぱりスープの2種類から選べます。
濃い味好きの私は、もちろん、がっつり濃とんこつスープ太お願いしました(笑)。

スープはコッテリとしたコクがあって、美味しく、身体が温まります。
辛さはピリ辛程度でした。
ただ、普通の味噌タンメンの方が甘めな味わいでよりコクがあって、好みでした。

DSCF4084_20120921210526.jpg
麺は小150g、中220g、大300gから選べて、全て同じ料金です。
とってもお腹が空いていたので大にしようかなと思ったのですが、次の日に友人家族からクリスマスパーティに招かれていたので、体重が心配で中にしておきました。

麺は黄色っぽく、きしめんを厚くしたような感じでした。
かために茹でられた麺は、コシがあって美味しかったです。

DSCF4085_20120921210526.jpg
せっかくなので、卓上にあったニンニクを2種類とも入れてみました。
麺やスープと一緒にを口に含むと風味だけでなく食感を楽しめてすごくよかったです。

DSCF4086_20120921210526.jpg
味付玉子の黄身は大好きな半熟タイプ。
トロトロとした食感で、黄身が甘くて美味しかったです。

DSCF4087_20120921210525.jpg
豚肉らしきお肉も少し入っていました。


こってり濃厚スープのおかげで身体がとても温まり、マラソンの疲労がだいぶ和らぎました。

この後、北千住から京成関屋駅まで歩いたのですが、その途中に「牛骨らぁ麺 マタドール」を発見。
北千住にあるというのは知っていたのですが、こんなに京成関屋寄りだったとは。
こちらも話題店だけあって、午後2時頃だったのに数人並んでいました。
牛骨ラーメンってちゃんと食べたことがないので、ぜひ食べてみたいです。


2012年12月23日訪問時お店DATA
***********************************
熟成味噌タンメン 蔵味噌屋 (くらみそや)
〒120-0034 
東京都足立区北千住3-32 タケダビル1・2階
TEL 03-3870-5415
営業時間 11:00~6:00
定休日 年中無休
JR常磐線北千住駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/25 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(4) |
Madame Toki  @代官山  
この週末は気温がかなり下がり、先週に比べると10度以上違ったのではないでしょうか。
猛暑がようやく終わったのは嬉しいですが、あまりの変化にビックリです。
昨日は土砂降りの雨の中、美容院に行ったり、買い物したりで面倒でした、、、。

本日は、代官山の老舗フレンチ「マダム・トキ」のレポートです。

DSCF3995.jpg
2011年12月22日の夜、いつも仕事でお付き合いのあるT事務所の女子社員・Hさんと先輩の3人で忘年会を兼ねた女子会をしました。
ひょんなことから直近に持ち上がったこの企画、どこのお店にするかかなり悩み、しかも忘年会シーズンまっただ中の3連休の前日の夜ということもあってなかなかお店が決まらない中、食べログの評判がよく、予算に合いそうなお店の中で唯一予約を取れたのが代官山にある「Madame Toki(マダム・トキ)」でした。

DSCF3950.jpg
東急東横線代官山駅の正面口出口からり八幡通りに出て横断歩道を渡って左折。旧山手通りに出たら右折してそのまま約500m直進すると、進行方向右手にお店があります。

DSCF3951_20120922160946.jpg
「マダム・トキ」は1978年創業という老舗のフレンチで、「王様のレストラン」というドラマの舞台になったそうです。

DSCF3952_20120922160946.jpg
クリスマス近くという時期的なものか、いつもなのかわかりませんが、お店の門とお庭にはとてもステキなイルミネーションが施されていて、入店する前からワクワクしちゃいました。

DSCF3955_20120922160945.jpg
小さなお庭を通り抜け、入口の扉をくぐると、かなり広いフロアに出ます。
入店時は6割程の入りでしたが、その後ほぼ満席になったようです。
内装はシンプルで落ち着いた雰囲気で、ヨーロッパの洋館に遊びに来たような感じです。

DSCF3954_20120922160945.jpg
私たちの席は入口すぐのフロアから右手にのびた小部屋の一番奥のテーブルでした。
角っこなので人の気配も少なく、とてものんびり出来て良かったです。

DSCF3953_20120922160946.jpg
いつもはそれ程忙しくないのに、こんな日に限って仕事でばたつき、Hさんをお待たせしてしまいました(汗)。


グラス シャンパーニュ:Maurice Vesselle (1,500円)
DSCF3956_20120922160857.jpg
まずはグラスのシャンパーニュで乾杯!
シャキッと辛口でさっぱりとしていました。

DSCF3957_20120922160857.jpg
メニューによれば、「美しく綺麗で、ほのかな色調。赤い果実とドライフルーツの香り。体格の良い味わい。濃密でいて、真っ直ぐさも感じます。果実実にあふれ、実においしいシャンパーニュです。」とのこと。


ミネラル・ウオーター
DSCF3961_20120922160856.jpg
お酒の飲めない先輩はミネラルウオーターを注文。
ちょっと発泡するタイプです。


オリーブ
DSCF3958_20120922160857.jpg
お通しにグリーンオリーブが出てきました。

DSCF3959_20120922160857.jpg
身が厚かったです。

DSCF3963_20120922160804.jpg
ファーストドリンクをいただきながらメニューを検討し、3種類あるコース料理から真ん中の10,500円のコースに決定。
メインはお魚とお肉のどちらかを選択し、お魚の場合はプラス料金がありました。
Hさんはお魚、先輩と私はお肉をチョイス。


アミューズギュール
DSCF3976.jpg
アミューズギュールは3種類が1プレートで出てきました。

DSCF3979.jpg
小さな器に入っているのはコンソメジュレです。

DSCF3980.jpg
スプーンで掬うと、ふるふるとしていました。

DSCF3977.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。

カリカリに焼いた一口サイズのパンにリエットがのせられています。
リエット大好きなので、とても嬉しかったです。
リエットのコクがたまりません。
パンのかたい食感も良いアクセントでした。

DSCF3978.jpg
こちらはトマトのムースです。
淡いピンクがとてもキレイ。
口の中に含むと、トマトの甘みと酸味を感じて、ふわっと溶けていきます。


バター
DSCF3984.jpg
こちらのお店のバターはカルピスバターで、サーブするときに巨大な円柱の状態で持って来て、小皿に取り分けてくれます。
円柱状の写真を撮りたかったのですが、忙しい動きで声をかける隙がありませんでした。
普通のバターより白っぽいです。
このバター、美味しくて有名で、私の周りにもファンがたくさんいます。

DSCF3986.jpg
パンは、5、6種類のパンが大きな容器に入れられ、種類の説明を受けて好きなものを取ります。


DSCF3988.jpg
こちらはHさんか先輩が取ったパンです。


パン
DSCF3987.jpg
私はブリオッシュと、、、何だっけ?
2種類いただきました。

DSCF3989.jpg
こんがりと焼けて、美味しそう。

DSCF3992.jpg
ブリオッシュはとてもフワフワしていました。


オーガニックカブのブランマンジュとブルーテ 緑あざやかな葉のエスプーマ
DSCF3993_20120922160531.jpg
あまりにも濃い緑色にちょっとビックリ。
白い部分はトロリとした口あたりです。

DSCF3995.jpg
カブ特有のクセはほとんど感じられず、爽やかな緑っぽさでサッパリしていました。
食べてみると確かに蕪の味!

DSCF3990.jpg
もう一つのパンは、、、

DSCF3996.jpg
カルピスバターをつけていただいたり、、、

DSCF4011_20120922160237.jpg
お料理のソースをつけていただきました。


ランド産鴨フォアグラと兵庫県香住港松葉蟹のフィロ包み焼き 
フレッシュ黒トリュフの香り
DSCF4003.jpg
次のお料理は、フレンチの楽しみであるフォアグラ料理。
長方形のお皿の上にフォアグラと松葉蟹が入った包みがのせられ、その上には薄く切った黒トリュフがたっぷりとふりかけてありました。

DSCF4005.jpg
横一線に引かれている白いフワフワの泡と下にある黒っぽいソースがとってもフレンチらしいです。

DSCF4007_20120922160335.jpg
先輩は黒トリュフの香りの良さに感動していました。

DSCF4010_20120922160335.jpg
外側はパリパリで、中をのぞくと松葉蟹とフォアグラが見えます。
フォアグラってよくフルーツと合わせますが、海鮮系との組み合わせって初めてかも。
フィロのパリパリ感、フォアグラの滑らかさと、食感も様々です。
フォアグラの濃厚な旨味に負けず、松葉蟹の美味しさを感じられて、すっごく美味しい!
この日一番美味しくて印象に残ったお料理です。
もっと大きなポーションで食べたい~。


グラス・白ワイン
DSCF4009_20120922160335.jpg
シャンパーニュを飲み終え、ラスの白ワインをお願いしました。
やや辛口で、後味すっきりでした。

この日はお客さんが多かったせいか、サービスの方の目配りが少なく、飲み物をオーダーしたくてもなかなかつかまらなかったです。


北海道産鮟鱇のムニエルと赤ワインでポシュした牡蠣
香ばしい自家製白金豚バラ肉のフュメ
DSCF4012_20120922160237.jpg
次のお料理はアンコウのムニエルと牡蠣です。

DSCF4014_20120922160236.jpg
フレンチで鮟鱇を食べるのは初めてかも。
身が厚く、ほっこりとした口あたりで上品な脂を感じました。

DSCF4017_20120922160236.jpg
牡蠣は火を通しているのに、とっても大きな一粒です。
ジューシーで牡蠣の旨味が口の中に広がります。


グラス・赤ワイン
DSCF4019_20120922160127.jpg
白ワインを飲み終え、グラスの赤ワインを注文。
軽い渋みと酸味がありました。


神奈川県佐島のフレッシュ赤座海老のポワレ
エストラゴン香るジュとクリュスタッセのムースリーヌ(+2,000円)
DSCF4020_20120922160127.jpg
こちらはHさんがチョイスしたメインです。

DSCF4021_20120922160127.jpg
赤座海老大好きなので、こちらもとっても美味しそう。


ビュルゴー家シャラン鴨のロティとブーダンノアールの取り合わせ 
洋なしのピュレとパンデピスのジュ
DSCF4022_20120922160127.jpg
先輩と私がチョイスしたメインは鴨とブータンノワールです。

DSCF4023_20120922160126.jpg
白い四角いお皿に、手前に鴨、奥にブーダンノアールが置かれています。

DSCF4024_20120922160126.jpg
鴨は外側はこんがりと焼かれ、中はとてもキレイなロゼ色です。

DSCF4029_20120922160016.jpg
程よい噛み応えで、お肉の旨味が口の中に広がります。
お肉のサイズが小さめなのが残念~。

DSCF4025_20120922160017.jpg
小さい長方形のブーダンノワールは、少し前に食べた「サラマンジェ」とは少し違いました。
滑らかというよりは柔らかな食感で、味も匂いもクセがなくて食べやすかったです。

DSCF4027_20120922160016.jpg
洋なしのピュレとパンデピスのジュは甘そうだったので、ブーダンノワールにほんの少しだけつけていただきました。
ブーダンノワールはよく甘い果物と合わせますが、こちらのお店は洋なしなんですね。

DSCF4030_20120922160016.jpg
食事を終え、次はデザートです。

DSCF4032_20120922160016.jpg
最初にマドレーヌをいただきました。

DSCF4033_20120922160015.jpg
カトラリーもデザート用のものをセット。

DSCF4035_20120922155908.jpg
ケーキなどがワゴンで次々と運ばれてきました。

DSCF4034_20120922155908.jpg
いろいろなベリーのケーキ、、、

DSCF4036_20120922155907.jpg
クルミ?のケーキ、、、

DSCF4037_20120922155907.jpg
ムース?、、、
(→記事をアップした後の先輩の話では、これはクレームブリュレだったようです。)

DSCF4038_20120922155907.jpg
カスタードプリン、、、

DSCF4041.jpg
デザートは、デザートワゴンの中から選ぶか、アラカルトメニューから選択します。
デザートワゴンにのせられた種類は莫大です。

サービスの日がケーキの説明を一つ一つしてくれますが、種類が多いので必然的に長くなります。
店内が混み合っているからか、やや早口でした。
デザートをワゴンサービスにするお店にありがちですが、説明が早口でやや聞き取りにくく、話し終えるとホッとした感じが伝わってくるので、個人的にはメニューでも出せばいいんじゃないかなといつも思ってしまいます。

DSCF4042_20120922155804.jpg
アラカルトメニューはこちらです。


紅茶
DSCF4045_20120922155804.jpg
先輩は紅茶派なので、紅茶をチョイス。

DSCF4048_20120922155658.jpg
紅茶のポットがとっても個性的。


コーヒー
DSCF4046_20120922155803.jpg
私はコーヒー党なので、コーヒーをいただきました。

DSCF4047_20120922155803.jpg
お砂糖は使いませんが、写真だけ。

DSCF4055_20120922155554.jpg
多分、先輩のデザートだったような、、、。
メモも記憶もありません、、、。

DSCF4049_20120922155657.jpg
こちらはHさんのデザートだったと思います。
ワゴンサービスではなく、アラカルトからお願いしました。

DSCF4051_20120922155657.jpg
私のデザート、、、だったと思います。
私は甘いものが苦手なくせに、せっかくなのでショートケーキ、シューケーキ、ベリーケーキなど、いろいろ注文しちゃいました。
どれもそれ程甘すぎず、食べやすかったです。

DSCF4060_20120922155553.jpg
デザートを食べ終えたら、さらにデザートが出てきました。
もうおなかいっぱいだったので、ギモーブとゼリーを一つずつだけいただきました。

DSCF4062_20120922155447.jpg
ギモーブは手渡しで受け取ります。
ふにゃふにゃと柔らかく、見た目の色どおり、ミントがしっかりと効いていてとってもさっぱりしました。
私はこのお菓子の名前を全く知らず、Hさんや先輩に教えてもらっても、なかなか覚えられませんでした(汗)。

DSCF4063_20120922155447.jpg
透明なセロファンにくるまれたゼリーは、周りが砂糖で覆われています。

DSCF4064_20120922155446.jpg
見た目どおりでかなり甘かったです。

DSCF4066_20120922155446.jpg
コーヒーを飲み終えてしまっていたので、甘さが口の中に残ったのがどうにも嫌で、先輩からお水をいただいちゃいました(汗)。


女子3人でおしゃべりがはずみ、気付いたら午後11時過ぎ!
店内のお客さんもかなり減っていました。
帰りは数人のサービスの方から丁寧に見送られました。
女子会にはぴったりの、雰囲気のあるお部屋とオシャレな食事でとても楽しかったです。


メニューです↓
DSCF3966_20120922160803.jpg

DSCF3962_20120922160856.jpg

DSCF3963_20120922160804.jpg

DSCF3964_20120922160804.jpg

DSCF3970_20120922160803.jpg

DSCF3971_20120922160803.jpg

DSCF3972_20120922160709.jpg

DSCF3974_20120922160709.jpg

DSCF3975.jpg

DSCF3967_20120922160803.jpg


ドリンクメニューです↓
DSCF3997.jpg

DSCF3998.jpg

DSCF4002.jpg

DSCF4001.jpg


2011年12月22日訪問時お店DATA
****************************
Madame Toki(マダム・トキ)
〒150-0035 
東京都渋谷区鉢山町14-7
TEL 03-3461-2263
FAX 03-3461-2210
営業時間 
[昼]12:00~14:00(L.O.)
[夜]18:00~22:00(L.O.)  
定休日 月曜日
   (但し、月曜日が祭日の場合は営業し、翌火曜日がお休み)
東急東横線代官山駅より徒歩8分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2012/09/24 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(3) |
わらび粉 久寿もち <日本橋 長門>  @日本橋
DSCF2956_20120916093829.jpg
2012年7月18日は、夏休み明けでぼんやりしていた日でした。
お昼頃、T事務所様のT様がやってきて、お願いしていた仕事が出来上がった報告と共にお菓子をいただいちゃいました。
本当にいつもありがとうございます!

DSCF2943_20120916093906.jpg
この日いただいたのは、「日本橋 長門(ながと)」の和菓子でした。
T様から「知ってる?」と聞かれたのですが、私にはさっぱり、、、(汗)。

DSCF2944_20120916093905.jpg
「長門」は、創業300年以上という老舗のお店で、食べログで高評価を受けています。

T事務所様で勤める女性社員さんがこのスイーツの存在を知っていて、たまたま仕事でこの近くを訪問したT様が買ってきてくださったそうです。

DSCF2945_20120916093905.jpg
包み紙がとても古めかしいです。

DSCF2946_20120916093905.jpg
わらび粉の入ったくずもちだそうですが、そもそもわらび餅とくず餅の差があまりよくわかりません(汗)。
調べて見たところ、久寿もちとは関東で小麦粉を発酵させたもので、西日本の本葛から作る葛餅とは全く違うそうです。
こちらは小麦粉ではなく、わらび粉を使っているようです。

DSCF2950_20120916093830.jpg
昔、おにぎりを包んでいた竹皮のような包み紙です。

DSCF2949_20120916093830.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
ただ、古くからあるもののはずなのに、中央近くにリサイクルの紙マークがありました(笑)。
さすが、時代ですね~。

DSCF2954_20120916093830.jpg
包みを開けてみると、オブラートのような中包みがありました。


わらび粉 久寿もち  (850円)
DSCF2956_20120916093829.jpg
中包みを開けてみると、長い久寿もちが2本、た~っぷりの黄粉がかかって入っていました。

DSCF2958.jpg
最初見たとき、細長いのがまるまる1本なのかな~??と驚いたのですが、黄粉でまぶされて見えていないだけで、大きく3つに切ってあり、さらにナナメに切ってありました。

DSCF2962_20120916093752.jpg
ほとんど甘みのない黄粉たっぷりなのがうれしいです。

DSCF2959_20120916093753.jpg
一切れを持ち上げると、形がクニャクニャしちゃうほどの柔らかさでした。

DSCF2961_20120916093752.jpg
甘みがかなり控えめで、しかも、しっかり冷やしていることもあって、さっぱりと食べられました。


食べ終えると机の上には黄粉が散乱していました(汗)。
後日T様とも話したのですが、黄粉って、どんなに注意して食べても飛んじゃうんですよね~。


2012年7月18日購入時お店DATA
****************************
日本橋 長門 (ながと)
〒102-0027 
東京都中央区日本橋3-1-3 日本橋長門ビル1階
電話 03-3271-8966
営業時間 10:00~18:00
定休日 日祝
地下鉄日本橋駅より徒歩3分
JR東京駅八重洲北口より徒歩3分

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2012/09/22 00:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店  @四谷
昨夜から今朝にかけて、かなり涼しくてとても過ごしやすかったです。
アキアカネが飛んでいるのを見かけたし、確実に秋は近づいているようです。
今週は平日が4日しかなかったので、もう週末かと、とっても嬉しいです。
みなさまも、楽しい週末を☆

今さら新店というには気恥ずかしいですが、本日はアトレ四谷内の「スターバックス」のレポートです。

DSCF5224_20120916085837.jpg
2012年9月5日は、会社に行く前にちょっと病院に寄ったのですが、かなり時間がかかってしまい、会社に着くのがお昼頃になりそうでした。
先輩は「せっかく外にいるんだから、どこかで適当にランチをしてくれば。」と言ってくれたのですが、病院ですっかり疲労困憊してしまい、早く会社に行ってゆっくりしたかったので、どこかでお昼のお弁当を買って行こう思いました。
四ッ谷駅から遠くへ行くのも億劫だし、そういえば、アトレ四谷がリニューアルオープンして登場した「STARBUCKS COFFEE(スターバックス コーヒー) アトレ四谷店」に未訪だったことを思い出し、行ってみることにしました。
ただ、「スターバックス」って、軽食というかスイーツぐらいしかないイメージだったので、ランチになるかどうかちょっと不安でしたが。

DSCF5196_20120916090205.jpg
JR四ッ谷駅の四ッ谷口改札口と直結しているアトレ四谷の1階フロアにはたくさんの飲食店が入っています。
窓側の右手に「スターバックス」があります。

DSCF5197_20120916090205.jpg
2012年3月14日にアトレ四谷がリニューアルオープンした際に、新たな登場したお店としてオープンしました。

市ヶ谷にも「スターバックス」が駅に直結して入っていますが、これまでに記事に挙げていないことに気付いてビックリ。
あまりにも近くて未訪問でした(汗)。

DSCF5195_20120916090250.jpg
11時半頃にお店に到着。
フロアはとても広々としていてたくさんの席がありますが、半分ぐらい埋まっていました。
見慣れてはいますが、やはり内装がオシャレでいいですね~。

DSCF5189_20120916090251.jpg
カウンターの右側にパンやスイーツの並んだ棚に近づいてみると、ちょうど新作スイーツをお試しを配っていて、砂糖を使っていないブルーベリーマフィンを食べさせていただきました。あっさりとした甘さで美味しかったです。

DSCF5187_20120916090251.jpg
幾つかの種類を食べてみようと思い、こちらのサンドイッチと、、、

DSCF5188_20120916090251.jpg
温めるパンのこちらを購入してみました。

DSCF5194_20120916090250.jpg
ドリンクにソイラテを購入したら、引き渡しの前に豆乳に関するこんな注意喚起のカードを預かりました。
徹底しているんですね~。

DSCF5192_20120916090251.jpg
カウンターの右側で注文し、先程のカードを持って前に進み、カウンターの左側で出来上がりを待ちました。
太陽がたっぷりと入って、とても明るい店内です。

DSCF5199_20120916090204.jpg
おなじみの紙袋に入れて、会社に持っていきました。

DSCF5200_20120916090204.jpg
温かくして食べるフィローネ きのこ&モッツァレラ(ポーク)420円とサンドイッチのグレインブレッド バジルチキン&シーザーサラダ(380円)、ドリンク2種類を購入。

DSCF5201_20120916090204.jpg
出社が遅れたお詫びで、ソイラテとカフェモカのショートを購入し、どちらか先輩に好きな方を選んでもらおうと思いました。
茶色っぽい仕切りの紙に入っていました。


フィローネ きのこ&モッツァレラ(ポーク) (420円)
DSCF5202_20120916090123.jpg
フィローネ きのこ&モッツァレラ(ポーク)です。

DSCF5203_20120916090123.jpg
フィローネ(Filone)とは、日本ではあまり知られていないイタリアンブレッドの一種で、イタリア語で「小川」「流れ」を意味し、細長い形状と歯切れのよい食感、素朴な味わいが特徴だそうです。
「スターバックス コーヒー」では2008年9月1日から商品化し、高品質なカナダ産の春小麦を使用し、ざっくりとした食感を出す全粒粉をブレンドし、通常のパンよりも水を多く加える伝統的な製法で、外はカリカリ、中はモッチリとした食感を実現したとのことです。

DSCF5204_20120916090123.jpg
きのこ&モッツァレラ(ポーク)は季節のおすすめ商品です。
フィローネに角切りのポークとエリンギ・しめじ・れんこんをブラックペッパーソースで炒めたきのこソテーと、モッツァレラチーズをはさんでいるとのこと。

DSCF5205_20120916090123.jpg
消費期限はこういう商品にしては珍しく、翌日の午前4時までと、やや長めです。

DSCF5212_20120916090002.jpg
いただきま~す!

DSCF5209_20120916090046.jpg
フィローネは事務所の電子レンジで温めていただきました。

DSCF5210_20120916090045.jpg
どれぐらいの時間が適当かよくわかりませんでしたが、チーズがとろけて、とっても良い感じ。

DSCF5211_20120916090045.jpg
パンは皮がかためだったのでしっかりと噛みしめて食べました。

DSCF5220_20120916085916.jpg
チーズがとろとろで、少し甘い味付けですが、美味しい!
キノコはシメジやマッシュルームでしょうか、たっぷり入っていました。
チーズたっぷりにしっかり噛むパンなので、かなりボリューム感があります。


アイス ショート カフェ モカ  (400円)
DSCF5213_20120916090002.jpg
先輩がソイラテをチョイスしたので、私はカフェモカをいただきました。

DSCF5214.jpg
おなじみのロゴです。

DSCF5215_20120916090002.jpg
いろいろとメモが入っています。

DSCF5216_20120916090001.jpg
ストローの入っている袋は、真っ白のシンプルなものでした。

DSCF5218_20120916085916.jpg
二人とも甘いものが苦手なのに、何となく焦ってしまって、何故かカフェモカを選んでしまいました。
カフェラテとソイラテにすればよかったかな?
ただ、カフェモカはそれ程甘くなくて飲みやすかったです。


グレインブレッド バジルチキン&シーザーサラダ(380円)
DSCF5221_20120916085916.jpg
こちらは通年メニューのようです。

DSCF5222.jpg
グレインは穀物、雑穀という意味で、グレインブレッドとはドイツ風雑穀パンだそうです。
一般のパンに比べてヘルシーとのこと。

DSCF5223_20120916085837.jpg
こちらの商品も消費期限は翌日の午前4時までと、やや長めでした。

DSCF5224_20120916085837.jpg
パン生地が白っぽいものと焦げ茶色っぽい2種類で、色のコントラストがいいですね。
パンに詳しく無い私がおしゃべりしながら食べたので、差はよくわからず(汗)。

DSCF5225_20120916085837.jpg
左がゆで卵スライスをはさんだ「シーザーサラダサンドイッチ」で、右がローストチキンと野菜にバジルソースを合わせた「バジルチキンサンドイッチ」です。

DSCF5226_20120916085836.jpg
シーザーサラダ、、、というのははっきりとよくわからなかったですが、普通に卵とキュウリとレタスのお野菜でさっぱりと食べられました。

DSCF5227_20120916085836.jpg
バジルチキンは、チキンはかなりの薄切りでお肉自体の存在感はほとんどなかったですが、バジルの風味はすごくあって、美味しかったです。


アイス ショート スターバックス ラテ <豆乳> (390円) 
DSCF5206_20120916090122.jpg
買ってきた2種類のドリンクのうち、先輩はソイラテをチョイス。

DSCF5207_20120916090046.jpg
実はソイラテがとっても好きだとのこと。
好みのものを買えて良かったです。

DSCF5208_20120916090046.jpg
先輩がソイラテと共に食べたお弁当はこちらです。

DSCF5198_20120916090205.jpg
この日のお会計です。


「スターバックス」のフードメニューは意外と充実していました。
食べ終えたときは結構おなか一杯になりましたが、やはりパンだったせいか、夕方はお腹が空いちゃいました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (2012年3月21日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年9月5日訪問時お店DATA
***********************************
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (すたーばっくす こーひー)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5368-1751
営業時間 7:30~22:00
定休日 不定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/21 07:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
炭火魚、旬彩料理 坂本  @四谷
現在住んでいるマンションは7年目になりますが、最近、あちこち壊れます。
台所で水漏れしたり、お風呂を沸かすとエラーが出てパネルがかたまったり、、、。
修理にどれぐらいお金がかかるのか、とっても心配です(汗)。

DSCF3944_20120916083635.jpg
2011年12月22日は夜に女子会を予定していたのですが、2日前の会社の忘年会で増えた体重がまだ下がりきっていませんでした。
上司は出張で不在の日でしたが、二日続けて「瓢箪」もなぁ、と思いあぐんでいたところ、お弁当を持ってきているはずの先輩が、「自分のお弁当にあきちゃったので、外に食べに出たい。『炭火魚、旬彩料理 坂本(さかもと)』なら和食だし、大丈夫では?」とのことで、Fさんの同意も取り付け、食べに出かけました。

DSCF2902_20111207055200.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、最初の交差点を越えて少し行ったところにYOKビルがあり、お店はその1階にあります。
暖簾のないシンプルで落ち着いた色合いの外観なので、あまり目立ちません。

DSCF2901_20111207055200.jpg
お店の公式HPによれば、「坂本」は、毎日店主さんが築地で仕入れたお魚の炭火焼きや、玄米で直接仕入れた新潟産コシヒカリをいただけるお店で、2011年9月29日にオープンしたとのことです。

DSCF3918_20120916083919.jpg
お店の前にランチメニューが出ています。

「坂本」は開店してすぐ人気店になったので、席が空いているかどうか心配でした。
お店に到着すると二組程並んでいて、どうしようかと迷いましたが、ちょうどたくさんのお客さんが出てきたので、交替で入ることができました。

DSCF2884_20111207055006.jpg
店内はそれ程広くはありません。
左手に厨房があり、その前にカウンター、右手にテーブル席があり、奥にも半個室的なテーブル席がありました。カウンターは少し高めになっています。
ピントがボケボケでわかりにくいですが、お魚はあらかじめ火を通してあり、注文が来るまでスタンバってます。

DSCF2883_20111207055006.jpg
店員さんは、フロアのおば様がお一人と厨房に男性スタッフが2、3人いました。
こちらのお店の店員さんたちは、とても気持ちのいい接客です。
カウンターからは厨房がよく見えるので、とても楽しいです。

DSCF3920_20120916083919.jpg
この日は入口すぐ右手にある4人用のテーブル席に着席。

DSCF3919_20120916083919.jpg
卓上には、黒い長方形のお盆、濡れおしぼり、お箸がセッティングされていました。

DSCF3923_20120916083918.jpg
前回ランチ訪問したのは2011年11月25日だったので、約1ヶ月ぶり、2回目です。

DSCF3918_20120916083919.jpg
メニューは5種類あり、お値段は800円から950円で、御飯・みそ汁・小鉢2品・香の物が付いています。
ご飯と大根おろしはお替わり自由です。
プラス料金であら汁を頼めます。
前回はお刺身もプラス料金でしたが、焼き魚・刺身セットという形に変わっていました。
銀ムツと焼き魚・刺身セットに赤い丸印がついているのかは、一番のオススメだからでしょうか。
なお、混雑時には相席になります。

せっかく焼き魚・刺身セットを頼むなら一番お高い焼き魚にしなきゃと、貧乏根性を発揮したのですが、一番お高い焼き魚は前回食べた銀ムツ香味焼きだったので、体重の問題もあるし、この日はやめておきました。

DSCF3924_20120916083837.jpg
まず最初にお茶をいただきました。

Fさんはツボダイ塩焼き、先輩はトロアジ塩焼きをご飯少なめ、私は秋サバ塩焼きをご飯少なめで注文。

DSCF3929_20120916083836.jpg
小鉢が4つ、次々と出てきます。

DSCF3925_20120916083837.jpg
小鉢1つ目はサラダです。
コールスローでしょうか、キャベツ、ニンジン、コーンが入っていました。

DSCF3930_20120916083752.jpg
色鮮やかなサラダが和風な器に入っているのがちょっと面白いです。
さっぱり目の味付けですがやや塩気が強かったです。

DSCF3927_20120916083837.jpg
小鉢1つ目はヒジキの煮物です。
ヒジキだけでなく、ニンジンや油揚げも入っていました。

DSCF3926_20120916083837.jpg
香の物は、タクアンと青菜のお新香の2種類です。

DSCF3928_20120916083836.jpg
大根おろしは最初からかなりたっぷり目に盛られています。
さっぱり目のお魚なら、これでも余っちゃうぐらいです。
これでお代わりをするのはすごい!

DSCF3949_20120916083634.jpg
お醤油をたっぷりかけていただきました。
大根おろしだけでもご飯が進みますが、ご飯を少なめにしているのであまりできなくて残念。

DSCF3932.jpg
次に、フタがついたお椀が登場。

DSCF3933.jpg
お味噌汁です。


秋サバ塩焼き ご飯少なめ  (900円)
DSCF3934.jpg
最後に焼き魚とご飯が出てきて、こちらで完成です。
と~っても豪華!

DSCF3935_20120916083751.jpg
ご飯は少なめです。

DSCF3938_20120916083751.jpg
大根おろしをたっぷり楽しむために、普通盛りがよかったかも。

DSCF3939_20120916083710.jpg
お味噌汁はシンプルで、ワカメと小ネギが入っていました。
すっきりとしたおダシでした。

DSCF3944_20120916083635.jpg
秋サバ塩焼きは、大きめのサイズの秋サバが2つありました。
レモンの櫛切りが添えられています。

DSCF3947_20120916083635.jpg
皮はぱりっと焼かれていました。

DSCF3945_20120916083635.jpg
秋サバの身は厚く、ほっこりと柔らかです。
脂もたっぷりとのっていたので、レモンをかけたり、大根おろしと和えたりと、いろいろな味わいで食べられました。


ツボダイ塩焼き (850円)
DSCF3940_20120916083709.jpg
Fさんはツボダイ塩焼きをチョイス。

DSCF3941_20120916083709.jpg
ツボダイがかなりの大きさでビックリ。
先輩も私も名前に「タイ」とつくぐらいだから、切り身が小さいかと思っていました(汗)。
うーん、次回ぜひ食べてみたいです。


トロアジ塩焼き ご飯少なめ (800円)
DSCF3942_20120916083709.jpg
先輩はトロアジ塩焼きを注文。

DSCF3943_20120916083709.jpg
脂がたっぷりとのっていて、美味しかったそうです。

DSCF2881_20111207055007.jpg
こちらは前回撮影した写真です。
伝票です。


ご飯を少なめにしたので満腹!という感じではなかったですが、美味しくて満足です。
全体のボリュームは普通だったので、夕方遅くにお腹が空いて、ディナーを食べに行く前のランチとしてはぴったりでした。


ランチメニューです↓
DSCF2878.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF3921_20120916083918.jpg

DSCF3922_20120916083918.jpg


2011年12月22日訪問時お店DATA
****************************
炭火魚、旬彩料理 坂本 (さかもと)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-23-9 YOKビル1階
電話 03-6380-4643
営業時間 
[昼]11:30~14:00
[夜]17:45~23:00 
定休日 日曜日
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/20 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
月曜日の昼間のことですが、晴れているのにポツポツと雨が降っていたとき、空を見たらとても大きな虹がかかっていました。
端から端まで180度の大きさでしたが、ちゃんとした半円にはならないんですね。
見るからに淡い色合いだったので、写真に撮っても何だか判らないものしか写らなかったのが残念!

DSCF3911_20120916082641.jpg
2011年12月21日は、前日事務所の忘年会で三田の「桃の木」に行き、美味しい中華料理をたっぷりといただいたので、体重がかなり増えていました。
少しでもカロリーが少ないものをと思い、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へおうどんを買いに行きました。

DSCF8639.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF8637.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2011年12月16日だったので、5日ぶり、15回目です。

DSCF8638.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF0936.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

お店に到着すると、店員さんが店内に中に入るように手招きして下さったので、混雑している中とても迷惑な存在でしたが、暖かい場所で待つことが出来て、本当にありがたかったです。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

先にお会計をしてからお料理の出来上がりを待ちますが、会計時に「お箸はいりません。」と伝えても、長年の習慣は変わらないようで、「わかりました。」とその時は言ってくれるものの、実際にはほとんどの場合そのまま袋に入れてくれるので、袋を受け取ったときにお箸を返却するようにしています。

DSCF3907_20120916082642.jpg
2011年ももう少し。
店内に入ってすぐ右側に、年末年始の営業についての貼り紙がしてありました。

DSCF3908_20120916082642.jpg
この日の朝、新聞を取りに行ったときにメチャメチャ寒く、そのせいで風邪をひいてしまったようで、会社でくしゃみを連発していました。
できるだけカロリー低めのうどんを食べたかったのですが、先輩が「体調の悪いとこはしっかり食べないと!」と心配してくれたので、肉うどんをチョイス。

DSCF3909_20120916082642.jpg
容器は白いプラスチック製のドンブリで、フタが透明です。

DSCF2793.jpg
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。

DSCF2792_20120810173712.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。


肉うどん (430円)
DSCF3911_20120916082641.jpg
トッピングは、「瓢箪」の三大トッピングである長ネギ・ワカメ・かまぼこの他は、お肉だけです。

DSCF3913_20120916082611.jpg
長ネギは小口切りで、いつもよりちょっと量が少なめだったような。

DSCF3914_20120916082611.jpg
ワカメうどんを注文しなくても、ワカメは多めに入っています。
カマボコはかなり薄切りですが、フチがピンク色で中が白色なので華やかです。

DSCF3912_20120916082612.jpg
思っていたよりもお肉がたっぷり目で嬉しかったです。
薄い細切れのお肉は甘辛なタレでしっかりと煮込んでありました。
見た目だとお肉がちょっとかたそうかな、、、と思いましたがそれ程ではなかったです。

DSCF3915_20120916082611.jpg
最初から薬味の七味唐辛子を全てかけて食べました。

DSCF3916_20120916082611.jpg
おうどんはつゆに染まってほんのり茶色になっています。
固くも柔らかくもなく、太めなので1本ずつ手繰っていただきました。


お肉の味がスープに溶け出すのか、この日のうどんのつゆは結構甘く感じましたが、お肉の脂もコクになって程よい感じで美味しかったです。
全体のボリュームはやや少なめで、夕方にはお腹が空いちゃいました。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめうどん (2011年11月24日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年12月21日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/19 00:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
御田町 桃の木  @三田
晴れているのに突然雨が降ってくるという不思議なお天気に振り回されっぱなしでしたが、みなさま、楽しい3連休を過ごされたでしょうか。
今週は平日が4日しかないので、ちょっと嬉しい一週間です。

本日は、三田にある中華料理「桃の木」のリポートです。

DSCF3845_20120917083323.jpg
2011年12月20日の夜、関係者なども参加して総勢6名で事務所の忘年会を行いました。
珍しいことに上司からお店の指定権をいただいたのですが、忘年会シーズンのまっただ中だというのにわずか2週間前に言われたので、気になるお店に片っ端からかけてみましたが、ことごとく玉砕(泣)。
この時期は洋食系以外が入りやすいかもと、以前私が行ったことのある中華料理の「御田町 桃の木(もものき)」を推薦したところ、奇跡的に席が取れました。

DSCF3903_20120917082534.jpg
地下鉄白金高輪台駅の2番出口を出て桜田通りを北に上がり、右手にある郵便局を超えたら左に曲がるとすぐ右手にオーロラ三田があり、お店はその1階です。

以前来たときは田町駅から歩いたので、ちょっと道に迷っちゃいました(汗)。
どちらの駅からも少し遠いです。

DSCF3902_20120917082535.jpg
店名にある「御田(みた)町」とは三田の古い呼び名で、その昔伊勢神宮に奉納する為の美味しいお米をつくる田んぼがあったことから、その名が付いたそうです。

DSCF3905_20120917082534.jpg
厳選された食材で作られたこちらの中華料理は、ミシュランの一つ星を獲得しています。

DSCF3802_20120917083947.jpg
フロアはそれ程広くはなく、左手に厨房があり、手前と右側にテーブル席が並んでいます。
お店はシンプルながらもオシャレな雰囲気で、内装だけ見ると中華とはわかりません。
写真にあるとおり、かなりワインが充実しているそうです。

DSCF3819_20120917083636.jpg
午後7時少し前にお店に到着したところ、まだお客さんはほとんどいませんでしたが、その後、どんどんやってきて、ほぼ満席になりました。

DSCF3801_20120917083947.jpg
お店のあちこちにとっても大きな文旦が飾られていました。
2つ前の写真の中にも、文旦があるのがわかるでしょうか。
ちなみに、カウンターにぶら下がっているのは文旦の皮だそうです。

DSCF3799_20120917083948.jpg
私たちは中央付近にテーブルを二つくっつけて着席。

DSCF3800_20120917083948.jpg
お箸だけでなく、ナイフとフォークもセッティングされていました。

DSCF3818.jpg
この日は奮発して10,500円のコースをお願いしました。
コースの内容は、前菜4品、パパイヤのスープ、野菜料理、肉料理、本日の鮮魚料理(蒸し魚)、お食事、デザートです。

DSCF3803_20120917083947.jpg
まずは乾杯のドリンクを頼んだのですが、なかなか出てこない。。。
フロアの担当者がやや少なく、人を捕まえるのも大変。
後から追加のドリンクなどを注文した時、完全に忘れられていたこともありました。
忘年会シーズンまっただ中で混雑していたとは思いますが、お値段を考えたら、もうちょっとスムーズに対応して欲しかったです。


お通し くるみの砂糖がけ
DSCF3820_20120917083636.jpg
最初にお通しでしょうか、くるみの砂糖がけが出てきました。
お通し的な一品で甘いものはとても珍しい気がします。


ヱビス生ビール (650円)
DSCF3823.jpg
まずはビールで乾杯!
今年一年、ご苦労様でした~。


ペリエ (400円)
DSCF3824_20120917083636.jpg
お酒の飲めない先輩はペリエでご相伴。

いよいよお料理がスタート!
コース料理の内容については、私の席から逆サイドで行われていたので、ほとんど聞こえませんでした(汗)。
なので、お料理名などは不正確であることをご了承ください。


前菜1品目 上海‘よだれどり’麻辣味・‘大和かしわ’
DSCF3825_20120917083635.jpg
前菜1品目はよだれどりです。
大きな白いお皿にのたっぷりの赤いソースが入っていて、その中央に大きな鶏肉が置かれ、パクチーがたっぷりとのせられています。

DSCF3836.jpg
香辛料の複雑な味わいがあり、タレが程よい辛さで上品な美味しさでした。

DSCF3837_20120917083427.jpg
鶏肉は蒸し鶏らしいのですが、骨付きなのでいただいた部位によってはちょっと苦戦するかも。


前菜2品目 揚げピータン
DSCF3827_20120917083516.jpg
前菜2品目は揚げピータンです。
鮮やかな黄色いお皿で出てきました。
ピータンを揚げたものって初めていただいたかも。

DSCF3828_20120917083515.jpg
揚げピータンにはたっぷりの薬味がのせられていました。


高級店ですが、いくつかのお料理をのぞいて、基本は大皿に盛られて自分たちで取り分けます。
ドリンクなどの対応ではかなりのんびりだったのに、大皿にお料理が残っていると早く食べてしまうようにと促されました(汗)。


前菜3品目 紅芯大根と干し貝柱和え
DSCF3829_20120917083515.jpg
前菜3品目は紅芯大根と干し貝柱和えです。
揚げピータンに続けて出てきました。
鮮やかなピンク色がとても目をひきます。

DSCF3831_20120917083515.jpg
二品一緒に盛りつけていただきました。

DSCF3832.jpg
やや酸味の効いた味付けにたっぷりの薬味が添えられているせいか、脂っぽさはありません。
衣があると独特の食感と旨味が加わって、揚げるのも美味しいんだ~としみじみしました。

DSCF3833_20120917083428.jpg
味付けは薄く、とてもさっぱりとした一品です。
ちなみに、いつも何かを引き当てる先輩は、このお料理の中からホチキスの針が出てきたそうです(笑)。
飲み込んでしまう前に気付いてよかったです。


前菜4品目 おじゃことインゲンの山椒醤油炒め
DSCF3834_20120917083428.jpg
最後の前菜はおじゃことインゲンの山椒醤油炒めでした。

DSCF3840_20120917083427.jpg
シンプルな味わいながらも、インゲンの甘みとじゃこの旨味がよかったです。

DSCF3843_20120917083323.jpg
ビールを飲み終え、上司がボトルで注文していた紹興酒をグラスでいただきました。


紹興酒
DSCF3844_20120917083323.jpg
ストレートでも独特なクセはほとんど感じられず、口あたりがよくて飲みやすかったです。


パパイヤのスープ
DSCF3845_20120917083323.jpg
前菜が終わり、このお店のスペシャリテでもあるパパイヤのスープが登場です。

DSCF3846_20120917083323.jpg
パパイアの中身をくりぬき、丸ごと一個を器にしてそれぞれに出てきます。
写真ではわかりにくいと思いますが、かなりの大きさです。
一人一個、いただきます。

DSCF3847_20120917083323.jpg
パパイアの頭(お尻?)には小さな穴が空いていて、透明なスープがたっぷりと入っています。
甘い味付けやフルーツを使ったお料理がとても苦手な私は、かなり身構えて一口目をいただきました。

DSCF3849_20120917083221.jpg
どんだけ甘いんだろう~と心配しましたが、パパイヤがまだ完熟じゃないこと、熱を加えているので甘みが伝わりにくいというのもあり、透明なスープは甘さは控えめで程よい塩気を感じ、あっさりしていますが貝柱の旨味がたっぷりです。
味わいでした。
器ごとオーブンで焼いているのか、中はものすごく熱々で、しかも冷えにくかったので、猫舌の先輩はかなり苦戦していました。

DSCF3850_20120917083221.jpg
パパイヤの底には大きな白キクラゲが入っていて、プリプリの食感です。

DSCF3852_20120917083220.jpg
果肉を内側から削いで食べても、形は全然崩れず、しかもかなり量がたっぷりありました。

DSCF3857_20120917083132.jpg
紹興酒をお代わり。


関帝紹興酒10年 (3,900円)
DSCF3856_20120917083220.jpg
注いでいただいたついでに、ボトルを撮影させていただきました。


野菜料理 青菜と自家製干し肉の炒め物
DSCF3853_20120917083220.jpg
野菜料理は青菜と自家製干し肉の炒め物です。

DSCF3858.jpg
2種類の調味料を好みでつけていただきます。
海老油とお醤油だったかな?

DSCF3859_20120917083131.jpg
味付けがかなりあっさりとしていました。

DSCF3860.jpg
自家製干し肉の旨味が味のポイントです。

DSCF3861.jpg
欲張りなので、両方の味付けでいただいちゃいました。

DSCF3874_20120917082931.jpg
紹興酒のボトルを飲み終え、赤ワインをいただきました。

DSCF3875_20120917082930.jpg
ボトルの撮影は出来ず、コルクのみです(笑)。


赤ワイン
DSCF3864.jpg
飲みやすかったです。


肉料理 鎮江黒酢の酢豚
DSCF3865_20120917083029.jpg
肉料理は、このお店のスペシャリテである黒酢酢豚が登場!
かなりポピュラーになって、多くの中華料理屋さんで見かけるようになった黒酢の酢豚ですが、このお店のものは見た目からかなり違います。
真っ白な大きな丸いお皿の上に青菜を1枚敷いて、その上に大きなお肉の塊がのせられ、真っ黒で艶やかソースがたっぷりとかかっています。

DSCF3867_20120917083028.jpg
ソースは艶っ艶で、黒光りしています。

DSCF3868.jpg
お肉はかなりの高さと厚みがありますが、これで1人前です。
ナイフとフォークでいただきます。
表面は揚げてあるからでしょうか、ややかためなので、ちょっと力を入れてお肉を切りました。

DSCF3870.jpg
写真がピンぼけですみません(泣)。
見た目はお肉がとろける系に見えますが、表面だけでなくお肉そのものも歯応えがしっかりあります。
歯に筋がつまっちゃいました(汗)。

DSCF3872_20120917083028.jpg
こちらの写真もピンぼけですみません(泣)。
黒いソースは甘みと酸味があって、とろりと濃厚です。
黒酢の酢豚は甘いテイストが多くてちょっと苦手なことが多いですが、これはそれ程甘さが突出していなくて美味しくいただきました。
見た目どおり、ボリュームもしっかりあります。
甘い物好きで酢豚大好きなFさんはとっても感動していたので、このお店を選んだ私は一安心でした。


本日の鮮魚料理(蒸し魚) 
DSCF3876_20120917082930.jpg
お魚の名前は聞き取れず、よくわかりませんでした。
確か、北海道産だったような、、、。

DSCF3877_20120917082930.jpg
お魚にはたっぷりのネギがのせられていました。

DSCF3878_20120917082930.jpg
とても大きな卵が卵がついていました。

DSCF3880_20120917082834.jpg
タレです。

DSCF3879_20120917082929.jpg
お料理と一緒にご飯がついてきました。

DSCF3881_20120917082834.jpg
いただきま~す!


お食事
DSCF3883_20120917082834.jpg
ご飯は一口サイズです。

DSCF3888_20120917082739.jpg
パクチーは別盛りで、好みでトッピングできます。

DSCF3889_20120917082739.jpg
大好きなのでたっぷりとのせちゃいました。

DSCF3891_20120917082738.jpg
お魚はふんわりと柔らかでした、ご飯のお供にしてはややあっさり目の味付けでした。

食事を終えて、デザートになりました。
デザートは口頭で説明を受けてチョイスします。


老酒のアイスクリーム亀ゼリー添え
DSCF3893_20120917082738.jpg
私は老酒のアイスクリーム亀ゼリー添えをお願いしました。

DSCF3896_20120917082637.jpg
私が酒好きなせいか、他のメンバーから「やっぱり!」という声があがりました(汗)。
一番甘くないんじゃないかというのと、珍しそうだから選んだだけですよ~!
アイスは甘さ控えめで結構お酒が効いていて、すっきりと美味しかったです。

DSCF3895_20120917082637.jpg
この日、お店のあちこちに飾ってあった文旦が、ちゃんと入っていました。


杏仁豆腐
DSCF3892.jpg
先輩は杏仁豆腐は選択。
トロトロ系で、とっても美味しそう。
こちらにも文旦が添えられていました。
全てのデザートに入れていたようです。

DSCF3897_20120917082637.jpg
最後に温かいウーロン茶?をいただいてお食事終了です。

DSCF3898_20120917082637.jpg
この細工、とってもかわいい。

帰りがけ、黒服の方が6人分のコートを一抱えして、上から取ってくださいとのこと(汗)。
小さなお店でスペースがないから仕方ないとは思うのですが、、、。

初めて来たときも、お会計の時に友人と割り勘で支払ったのでお札の枚数が多かったせいか、私たちの目の前でお札を数えていたので、高級フレンチのようなサービスは期待しないほうがいいかもしれません。

DSCF3906_20120917082534.jpg
帰りは田町に出ました。
せっかくの東京タワーだったのに、ピンぼけで残念!
この後、上司がカラオケに行きたがり、強制連行で2次会に連れて行かれました、、、。


高級中華というと、フカヒレだのアワビだのっていうイメージですが、ハーブたっぷりのちょっと個性的なお料理をいただけました。
この日のお会計は6名で89,265円です。


メニューです↓
DSCF3804_20120917083946.jpg

DSCF3805_20120917083817.jpg

DSCF3806.jpg

DSCF3807_20120917083817.jpg

DSCF3808_20120917083817.jpg

DSCF3809_20120917083816.jpg

DSCF3810_20120917083816.jpg

DSCF3811_20120917083734.jpg

DSCF3814.jpg

DSCF3815_20120917083734.jpg

DSCF3816_20120917083733.jpg

DSCF3817_20120917083733.jpg


2011年12月20日訪問時お店DATA
***************************
御田町 桃の木 (もものき)
〒108-0073
東京都港区三田2-17-29 オーロラ三田105
TEL  03-5443-1309
営業時間 
[昼]11:30~14:30(L.O.14:00) 
    *月曜日はランチ営業がありません。
[夜]17:30~22:30 
定休日 水曜日
地下鉄白金高輪駅から徒歩8分
JR田町駅から徒歩10分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2012/09/18 10:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(3) |
茶の露 ほろり <京だんご 藤菜美> @京都府京都市
DSCF2129_20120907213047.jpg
2012年7月9日、T事務所様からまたもやスイーツをいただきました。

DSCF2125_20120907213128.jpg
午後、ふっと現れ、「食べるの手伝って~。」と一言残し、風のように去ってしまうので、お礼も満足に言えない状態です(汗)。

DSCF2124_20120907213128.jpg
この日いただいたスイーツは、京都にある「京だんご 藤菜美(ふじなみ)」です。

DSCF2126_20120907213128.jpg
お店の公式HPに記載が無いので詳しくはわかりませんが、かなり歴史の長いお店なのでしょうか。
京都市内にお店が2箇所と製造工場があるようです。
デパートの催事にはかなり多く出店していて、あちこち行列を作っているとか。

DSCF2127_20120907213047.jpg
商品はみたらしだんご、わらび餅、草だんごと種類が少ないですが、昔ながらのできたてを販売しているそうです。


茶の露 ほろり (368円?)
DSCF2129_20120907213047.jpg
この日いただいたのは「茶の露 ほろり」です。
見た感じ、夏季限定っぽいスイーツですね。

会社では食べず、家に持ち帰りました。

DSCF2130_20120907213047.jpg
食べようとしたときに気付いたのですが、冷凍庫で凍らしてシャーベット状にして食べてもいいそうです。
その方法も美味しそう。
でも、時間がなかったので、この日はそのままいただきました。

DSCF2131_20120907213047.jpg
とても濃い緑色のゼリーのようなものと、あんこが別々になってました。

DSCF2150_20120907212911.jpg
付属のスプーンです。

DSCF2135_20120907213004.jpg
あんこよりも一まわり大きい透明なプラスチックの容器です。

DSCF2138_20120907213004.jpg
賞味期限は当日中だったので、一日遅れです(汗)。

DSCF2141_20120907213004.jpg
鮮やかなとっても濃い真っ茶色です。
美味しそう。

DSCF2144_20120907212912.jpg
まずはそのまま口の中へ。
見た目の濃い色合いとは違い、お茶の柔らかな味わいで、苦みはほとんどありません。
ぷるんとした口あたりで、冷たくてとてもさっぱりしています。
個人的には見た目どおりのしっかりとした苦さが欲しかったかも。

DSCF2132_20120907213005.jpg
あんこは小さな透明のプラスチック容器に入っています。

DSCF2134_20120907213005.jpg
粒あんです。

DSCF2146_20120907212911.jpg
あんこも、ほんの少しだけそのまま食べてみました。
つぶあんなので、粒々の食感があり、お豆の味をしっかり感じます。

DSCF2145_20120907212912.jpg
抹茶ゼリーとあんこを一緒に食べてみると、あんこだけ食べたときはそれほど甘さを感じなかったのに、だんだん甘さが口の中を支配してきて、かなり苦しい状態に(汗)。
食べたらすぐに出かけなければ行けない時間帯だったので、お茶を飲むこともままならず、しばらくしんどかったです。

DSCF2147_20120907212911.jpg
先に食べていた家人があんまり甘くなくて食べやすかったと言っていたのを鵜呑みにして失敗しました。
あんこがこれだけ甘いなら、もうちょっとお茶の苦みをしっかり利かせた方が好みです。


また食べる機会があったら、下の抹茶ゼリーをシャーベット状に凍らして食べてみたいです。
T事務所様、ごちそうさまでした。


お店の名刺です↓
DSCF2121_20120907213129.jpg

DSCF2122_20120907213128.jpg


2012年7月9日購入時お店DATA
*******************************
京だんご 藤菜美 (ふじなみ)
<本社>
〒607-8223 
京都府京都市山科区勧修寺瀬戸河原町45
tel 075-501-6744
FAX 075-594-0263
営業時間 9:00~18:00
定休日 日祝
<注文・お問い合わせ>
電話 0120-81-2473 
受付時間 月~土 9:00~18:00

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2012/09/15 09:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
サブニール  @四谷
本日アップした「サブニール」というお店は、2012年3月12日にリニューアルオープンして、この記事とはお店の様子がだいぶ変わっているようです。

早いもので今週ももう金曜日。
みなさま、楽しい週末を☆

DSCF3787_20120907205502.jpg
2011年12月20日のランチは、上司とFさんがお昼前に外出し、午後早くから来客の予定だったので、駅から近い「サブニール」で落ち合って食べようということになっていました。
ところが、仕事が早く終わってしまったようで、上司とFさんは事務所に戻ってきてしまいました。それでも、せっかく決めたからと、「サブニール」に出かけることになりました。

上司が何故「サブニール」にこだわったかというと、事務所から近いというのもありますが、この日の夜は事務所の忘年会で中華を食べに行く予定だったので、メニューがかぶらないようにということでした。
私は同じ系統の料理が続くのが全く気にならないのですが、世間的にはどうなのでしょう?

スクワール

JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの正面のビルがスクワール麹町です。
「サブニール」はこのビルの最上階の7階に入っています。

前回こちらのお店にランチ訪問したのは2010年9月2日だったので、約1年3ヶ月ぶりと、かなり久々でした。

2009_0417画像0073
ビルの入口左側には、このビルに入っている飲食店3店舗の看板が出ています。
このうち、2階にある「レストラン アピアン」には、これまでに2007年7月25日2007年9月3日2007年11月29日2012年5月22日と4回訪問しています。

2009_0417画像0074
こちらは以前撮った写真です。
看板の下の方に、「サブニール」の平日ランチメニューが出ています。

2009_0417画像0108
この写真も以前、オープン前に撮影したものです。
スクワール麹町のビルの中に入り、右手にあるエレベーターで7階に上がります。

2009_0417画像0109
エレベーターを降りてすぐ左にちょっとしたスペースがあり、大きな窓ガラスなのでとても眺めが良い場所です。店内が禁煙になった代わりにこのスペースが喫煙場所になったので、タバコを吸わない私にはちょっと近寄りがたくなってしまって残念。

DSCF3798.jpg
新宿通りを新宿方面に向かって眺めています。

DSCF3797_20120907205331.jpg
こちらは上智大学。
この景色を見られるだけでも嬉しいです。

DSCF0022.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の入口の左側にメニューが出ています。
写真がついているのでとてもわかりやすいです。

営業時間は平日の午前11時から午後2時までで、ラストオーダーは午後1時40分です。
その他の時間帯は、貸し切りパーティのみ対応しているようです。

2009_0826画像0028
店内は、左側に厨房とカウンターがあり、真ん中にはテーブル席が並んでいます。
内装は飲食店というよりは喫茶店のような会議室みたいな雰囲気で、古めかしくてやや垢抜けない印象です。
イスではなくソファが多く、かなり低い位置にテーブルがあります。

DSCF0021.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
窓から上智大学が見えます。

この日はお天気がとってもよくて、眺めが最高。
食事中、Fさんに直射日光が差し込んでいたので、店員さんにカーテンを閉めてもらったぐらいでした。

DSCF3778.jpg
12時頃に入店すると、まだ3割程の人の入りでした。
私たちは中央のテーブル席に着席。
中央のテーブル席はテーブルが低くてやや食べにくいです。

フロアは女性二人が切り盛りしていました。
食べている途中、厨房から男性一人が出てきたこともありました。

DSCF3772.jpg
ランチメニューです。
ずいぶんご無沙汰していたので、メニューが少し変わって、種類も増えていました。

DSCF3774_20120907205637.jpg
メニューは全部で5種類あり、お値段は750円~1,000円です。
サラダとドリンクはお替わり自由ですが、セルフサービスです。

DSCF3796_20120907205331.jpg
この日の季節の月替り丼と日替わりランチはこちらです。
確か、お店の入口に貼り出してありました。

DSCF3776_20120907205637.jpg
注文を終え、カウンターに置かれているサラダを取りに行きました。
キャベツの千切り、マカロニサラダ、スイートコーンの3種類です。

DSCF3777.jpg
ドレッシングはごましょうゆ、サウザン、コールスローの3種類ありました。

DSCF3779_20120907205552.jpg
野菜はキャベツ、ニンジン、レタス、紫キャベツなどです。
器は小さいですが、てんこ盛りにしてたっぷりといただいちゃいました。

DSCF3780_20120907205552.jpg
ドレッシングは一番カロリーが少なそうなごましょうゆをチョイス。
ちょっとドレッシングをかけるのが少なかったようで、キャベツの下の方にはあまり味がつかず(汗)。
せっかくなのでお代わりをしたかったのですが、夜のこともあるので自粛。

DSCF3782_20120907205552.jpg
この日はお料理が出てくるまでずいぶん時間がかかりました。
ほぼ満員になっていたとはいえ、15分位経っていました。
このお店はサラリーマンらしき人は少ないのですが、それでも時間に厳しい人がいらっしゃったようで、「お料理はまだですか?」と聞いていました。
厨房は見えませんが、調理担当の人が少なかったのでしょうか。


季節の月替り丼 <鮪・鰯・サーモンの丼>  (850円)
DSCF3783_20120907205551.jpg
メイン、小鉢、お新香、お吸い物のセットです。

DSCF3785_20120907205502.jpg
お新香は小ナスとタクアンの2種類ありました。
小ナスは辛子漬けだったのか、かなり辛く、タクアンは甘めでした。
ただ、ドンブリが酢飯だったこともあり、私にはあまり必要なかったです。

DSCF3784_20120907205502.jpg
お椀はお吸い物で、ワカメ、貝割れ大根、お麩が入っていました。
見た目がとってもキレイ。
ダシもすっきりとしていて、美味しかったです。
このお椀がこの日一番印象的でした。

DSCF3786_20120907205502.jpg
小鉢はきんぴらゴボウでした。
ゴボウだけでなく、ニンジンも入っていました。
冷凍物を解凍したのか、ちょっとガスガスしていて、食感がよくなかったです。

DSCF3787_20120907205502.jpg
ドンブリにはご飯の上に鮪・鰯・サーモンはそれぞれ3キレずつ、刻み海苔、卵、大葉、ガリがのせられていました。

DSCF0014.jpg
お醤油用の小皿です。

DSCF3788_20120907205501.jpg
卓上のお醤油を注いで、いただきま~す!

DSCF3791_20120907205415.jpg
ガリはたっぷり。

DSCF3790_20120907205415.jpg
ご飯を少なめにお願いするのを忘れて、普通盛りでいただきました。
こちらのお店はご飯がちゃんと酢飯だったので、嬉しかったです。

DSCF3789_20120907205415.jpg
マグロは小さめで、かなり薄く切ってあるので柔らかでしたが、味はあまりわからなかったです。
サーモンはちょっと水っぽかったのが残念。
イワシはとても脂がのっていて、3種類の中で一番美味しかったです。

DSCF3794_20120907205332.jpg
時間はあまりなかったのですが、せっかくなので、ドリンクもいただきました。
飲み物は、ホットコーヒー、アイスコーヒー、アイスウーロン茶などです。

DSCF3795_20120907205331.jpg
私はホットコーヒーをいただきました。


上司は鮪漬け丼を食べていたのですが、料理を食べ終えた上司、「魚鷹の方が美味しいな。」とつぶやきました。店内で別のお店を褒めるなんて、何とも失礼な。店員さんに聞こえていないかヒヤヒヤしちゃいました(汗)。
魚鷹」はお魚系和食の専門店だし、それより何より、「魚鷹」ではマグロを食べていないのにどうやって比較する?


帰りがけ、Fさんに景色がいいのを教えるために、今は喫煙スペースとなっている大きな窓の近くに案内。
上司は「ここに来たと言うことは、タバコを吸えってことだな?」と勝手な解釈でタバコを吸い始めました(笑)。
とても大きなタバコの空気清浄機があるのですが、節電のためにコンセントが抜かれていることなかなか気付かず、スイッチを入れるのに一騒動ありました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇

鮪漬け丼 (2010年9月2日
季節の月替り丼 (2010年9月2日

[メニュー変更前]
寒ぶり漬丼 (2009年1月29日
帆立ずわい蟹丼 (2009年8月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年12月20日訪問時お店DATA
*******************************
サブニール
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6丁目6番地 スクワール麹町7階
営業時間
[平日ランチ] 11:30~14:00(L.O.13:40)
その他の時間は貸切パーティのみ利用できます。
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/14 06:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(2) |
Salle a manger de HIsashi WAKISAKA  @虎ノ門
11月にトレイルランみたいなイベントに参加することになりました。
山道なんて走ったことないのに、距離は20キロ以上(汗)。
とにかく体力をつけなければと、運動をがんばるのみです。

DSCF3660_20120909091159.jpg
2011年12月16日は金曜日。
この日は先輩と二人で忘年会をしようと、虎ノ門にあるフレンチの「Salle a manger de HIsashi WAKISAKA(サラマンジェ)」へ行きました。
こちらのお店は、がっつり系のお料理をとてもリーズナブルに食べられるとのことで、巷では「おやじのフレンチ」などと呼ばれています。
そんなステキなお店をおやじだけに独占させるのはもったいない!と二人で勇んで出かけました(笑)。

DSCF3611.jpg
地下鉄虎ノ門駅の1番出口を出たら虎ノ門交差点の方向に進み、最初の角を左に曲がります。三つ目の角でさらに左に曲がり、二つ目の角を右に曲がって右側の二つ目ぐらいのビルが森谷ビルです。
最後の道は、路地と言っていいぐらいかなり細い道です。
駅からそれ程遠くはないですが、私たちはなかなかお店の場所がわからず、しばらく近辺をふらついちゃいました(汗)。

DSCF3610.jpg
路地から東京タワーが見えました。
せっかくの景色なのに、ピンぼけですみません。

DSCF3612.jpg
「サラマンジェ」は、脇坂尚シェフが2006年8月にオープンさせたお店です。

DSCF3613.jpg
入口の右手には等身大以上(?)と思われるシェフの写真が貼り出されています。
何かと物議を醸しているこの写真、食べログのコメントがこれほど高評価でなければ、私も尻込みしてしまう方の人間です(笑)。

DSCF3732_20120909085925.jpg
写真の足元には少しだけ植物が置かれていました。
一番手前にあるのはローズマリーかな?

DSCF3614.jpg
お店の前にメニューが出ていました。

営業時間は午後5時から午後11時です。

DSCF3620.jpg
古地図など、ちょっとレトロチックで落ち着いた装飾でした。

DSCF3619.jpg
お店は地下一階なので、細い階段を降りて行きます。

DSCF3728_20120909090034.jpg
フロアはそれ程広くはなく、厨房とカウンター、テーブル席がありました。
落ち着いて控えめな内装です。

私たちが入店した時は6割程の人の入りでしたが、その後どんどん人がやって来て、ほぼ満席になりました。

DSCF3659_20120909091159.jpg
シェフ、スーシェフ、サービスの男性3人でお店を切り盛りしていました。

シェフはちょっと強面ですが、遅い時間になって手が少し空くと、気さくに話して下さいました。
あと、外に出ている写真はちょっとお若いです(笑)。

DSCF3621.jpg
私たちはカウンターの中央ぐらいに着席。
シェフがお料理を作っている様子がとても良く見える場所で嬉しかったです。

DSCF3622.jpg
ドリンクメニューです。

DSCF3623.jpg
ビールは置かない!というフレンチのお店が時折ありますが、こちらはちゃんと生ハイネケンがありました。

先輩はトマトジュース、私はグラスシャンパンを注文。

DSCF3626.jpg
まず最初にグラスだけ出てきました。

DSCF3627.jpg
お店のロゴなのでしょうか、文字を象ったデザインがされています。

DSCF3625.jpg
こちらがボトルです。


グラスシャンパン ルイ ロデレール ブリュットプルミエ (1,200円)
DSCF3628.jpg
まずはグラスシャンパンで乾杯!
今週一週間、そして、この一年間、お疲れ様でした~☆

DSCF3629.jpg
キリッと辛口ですっきり。
シュワシュワ感がたまりません。


黒オリーブ
DSCF3630.jpg
お通しで黒オリーブが出てきました。

席料は一人400円です。

DSCF3638_20120909091502.jpg
マリネ?した定番のものだそうです。
種が入っているので、ぶきっちょな私は爪楊枝で食べるのに苦戦(汗)。
量はたっぷりで、結局全部食べ切れなかったと思います。


飲む前に飲む・・・トマトジュース 熊本県清和高原産 (600円)
DSCF3637_20120909091502.jpg
先輩はトマトジュースを最初にいただきました。
飲む前に飲むものらしいですが、お酒の飲めない先輩はこれがメイン(笑)。

肝臓を心配して出している飲み物なんて、珍しい。

DSCF3624.jpg
食べたいメニューがたくさんあったので、食べログのクチコミを読み込んで厳選したメニューをお願いしたら、店員さんから「よく調べてきてますね。」って褒められ(?)ちゃいました(笑)。

ちなみに、このお店のスペシャリテのバヴェットのソテを食べたくて注文したら、この日はないとのこと。
仕入れの都合もあり、毎日食べられるわけではないそうです。
しかし、その後食事の途中でそのお肉を発見。
どうやら予約するときにお願いすれば、入荷の状況で対応できるときもあるそうなので、次回は絶対に言ってみよう!


サラディエ リヨネ (1,400円)
DSCF3640.jpg
まずはこちらのお料理が登場。
リヨン風サラダです。
お皿を見てビックリ!
サラダという名前ですが、お野菜だけでなく、お肉やお魚もたっぷりとのっています。

DSCF3641_20120909091415.jpg
野菜は、生の青菜・紫タマネギ・黄パプリカ、ローストしたジャガイモ、マリネしたニンジンなどなどです。

DSCF3642_20120909091415.jpg
お肉は、焼いたベーコン、レバー、砂肝などが入っていました。

DSCF3643_20120909091415.jpg
マリネしたお魚も入っています。


パン
DSCF3644.jpg
サラダを食べている途中にパンが出てきました。

DSCF3645_20120909091415.jpg
バスケットに一人2つずつ、4切れです。

DSCF3647_20120909091315.jpg
自分たちで取り分けて、いただきま~す!

DSCF3648_20120909091315.jpg
お肉などにはしっかり味が付いていて、生の野菜のさっぱりさやビネガーの酸味など、いろいろな味わいが楽しめて、食べ飽きません。

DSCF3646_20120909091414.jpg
サラダがお酒が進む味わいなのですぐにシャンパンを飲み終え、グラスの白ワインをお願いしました。
店員さんがボトルを4種類並べて丁寧に説明をしてくれます。


グラス・白ワイン (800円)
DSCF3650_20120909091315.jpg
お店のハウスワインを注文。

DSCF3651_20120909091314.jpg
かなりシャープな辛口で、すっきりしていました。

DSCF3652_20120909091314.jpg
サラダをおかわり。

DSCF3653.jpg
レバーはとろける柔らかさで、砂肝やハツはコリコリした食感です。
お肉もお魚も入っているサラダって、初めて食べたかも。


ミネラル・ウオーター エヴィアン 75cl (800円)
DSCF3726_20120909090034.jpg
先輩はミネラル・ウオーターを注文。
よくあるエビアンを頼んだつもりが、巨大なボトルが登場してビックリ。

DSCF3727_20120909090034.jpg
後からメニューを見たら大小2種類のサイズがあることがわかりました。
特に指定をしなかったのですが、大きなサイズが出てきました。

DSCF3656_20120909091200.jpg
2回目のおかわり。

DSCF3657_20120909091159.jpg
サラダはボリュームたっぷりで、これだけでかなりの満足感がありました。

DSCF3658_20120909091159.jpg
次のお料理がちゃくちゃくと作られています。


ブーダンノワールとレンズ豆・りんご・バナナのラグー (900円)
DSCF3660_20120909091159.jpg
2皿目はブーダンノワール。
このお店のスペシャリテなのに、なんと900円というお安さです。

スペシャリテですが、実は食べるかどうかすごく迷いました。
付け合わせがレンズ豆・リンゴ・バナナのラグーなので、甘いものが苦手で、かつ、しょっぱいお料理と果物の組み合わせも好まない私にはかなりハードルが高かったのですが、でも、せっかく来たからと思って注文。

DSCF3662_20120909091159.jpg
黄みがかったスープに黒いレンズ豆と小さなダイス状にカットされたバナナとリンゴがたっぷりと入っていて、その中央にソーセージスタイルの真っ黒で大きななブータンノワールがのっかっています。
ビジュアルはとってもキレイ。

DSCF3664_20120909091048.jpg
ブータンノワールって、パーツとして食べたことはありますが、こういう単独のお皿で食べるのは初めてでした。
まずは半分に切って断面を見てみると、ちょっとねっとりした感じです。

DSCF3665_20120909091048.jpg
ラグーだけ食べると確かに甘かったですが、果物なのでそれ程きつくなかったです。
お肉はふわふわ、お味は見た目のようなインパクトはなく、むしろ優しい感じでした。
両方合わせていただくと、ねっとりとした旨味がひろがり、甘さはほとんど気にならず、と~っても美味しい!
レンズ豆もすっごく旨味がありました。

DSCF3666_20120909091048.jpg
お酒がとっても進んでしまって、もう一度グラスの白ワインを注文。


グラス・白ワイン (1,200円)
DSCF3669_20120909091047.jpg
グラスは最初のワインと同じ形です。

DSCF3668.jpg
辛口ですが、前に飲んだ白ワインよりは穏やかな口あたりでした。


カワカマスのクネル (2,500円)
DSCF3670_20120909091047.jpg
次はお魚料理のクネルが登場です。
カワカマスという川魚のはんぺんみたいなものだそうです。

DSCF3671.jpg
丸い熱々のお皿に細長くて四角いクネルがのせられ、ソースが敷いてあります。

DSCF3673_20120909090957.jpg
表面はこんがりと焼かれていました。

DSCF3674_20120909090957.jpg
たっぷりのソースです。
このこってりしたソースの味わいのおかげで、とても洋風な感じがしました。

DSCF3675_20120909090957.jpg
取り分けのために切ってみると、弾力があってプルプルです。

DSCF3676_20120909090957.jpg
食べてみると、確かに出来上がったばかりの上質なはんぺんみたいで、柔らかですがほどよい食感がありました。
スペシャリテだけあって、本当に美味しい! 
ふわふわ感がたまりません。


パン
DSCF3678.jpg
おかわりのパンをいただきました。
パンは常温の提供だったかな? ちょっと不確かです。

DSCF3679_20120909090901.jpg
次は、いよいよメインです。


詰め物をしたホロホロ鳥のロースト キノコとファオ・グラソース (2,800円)
DSCF3680_20120909090900.jpg
メニュー以外のメインとしてジビエの雷鳥がありましたが、以前食べたことがあったので、こちらにしました。

DSCF3681_20120909090900.jpg
まるごと一個、大きな塊で登場です。
これを二人でシェアします。

DSCF3683.jpg
お肉の下にはマッシュポテト?が敷かれ、シメジやシイタケやインゲンのソテーが添えられていました。

DSCF3682.jpg
表面はこんがりと焼かれていて、と~っても美味しそう!

DSCF3684.jpg
半分に切ると、こんな感じです。

DSCF3685.jpg
中には詰め物がぎっしりと詰まっていました。
真ん中辺りのオレンジ色っぽいのはフォアグラです。

DSCF3687.jpg
メインが来たので、グラスの赤ワインをお願いしました。
白ワインと同じく、4本ボトルを並べて丁寧に説明してくれます。

DSCF3688.jpg
こちらの赤ワインをお願いしました。


グラス・赤ワイン (800円)
DSCF3693_20120909090652.jpg
ワイングラスは全部同じ形でした。

DSCF3694_20120909090651.jpg
すっきりしていて飲みやすかったです。

DSCF3689.jpg
先輩の分を取り分け、私はお皿ごといただいちゃいました。

DSCF3690.jpg
お肉はとってもジューシーで、旨味たっぷり。
半分でもかなりのボリュームです。

DSCF3691.jpg
フォアグラはトロリとした口あたりで、さらに旨味が増します。
フォアグラが食べられて、とっても幸せ♪

DSCF3695_20120909090651.jpg
私はもう少し食べられそうでしたが、先輩はお腹いっぱいになったとのことで、デザートの代わりにチーズをいただきました。

DSCF3696_20120909090549.jpg
チーズはトレーにのせられて、説明を聞きながらいろいろ選べます。

DSCF3697_20120909090549.jpg
種類が結構多かったです。

DSCF3698_20120909090549.jpg
どれも美味しそうで、選ぶのにとっても迷いました。


フランス産チーズいろいろ (2,400円)
DSCF3699.jpg
結局5種類をチョイス。
このお皿、先輩が持っているのと同じかも。

DSCF3700.jpg
メモが無くて不確かですが、クリーム?、カマンベール?ブルー、ウオッシュ2種でした。

DSCF3701_20120909090548.jpg
クリームチーズ?です。

DSCF3703_20120909090427.jpg
トロトロした口あたりがたまりません。

DSCF3704_20120909090427.jpg
ブルーチーズはクセはあまり感じず、食べやすかったです。

DSCF3705_20120909090426.jpg
ウオッシュチーズです。

DSCF3706_20120909090426.jpg
こちらもウオッシュチーズです。
どっちがどっちかわからなくなってしまいましたが、一つはシェフ自家製のもので、もう一つは長期熟成のものでした。

シェフ自家製の方はは甘みがあって、癖がなくてさっぱりとしていました。
シードルで洗っているから甘いのですか?と聞いたところ、シードルは甘くないとのこと。
不思議です。
熟成させたウオッシュはどっしりした味わいでした。

DSCF3707_20120909090426.jpg
チーズには2種類のパンとジャムがついてきました。

DSCF3708_20120909090425.jpg
チーズとジャムを合わせて食べるのは苦手ですが、、、、

DSCF3714_20120909090300.jpg
せっかくなので、パンにつけて少し食べてみました。

DSCF3710_20120909090300.jpg
2枚あるパンは、1枚は普通のバケットで、、、

DSCF3711_20120909090300.jpg
もう1種類はレーズンや木の実が入ったものです。

DSCF3712_20120909090300.jpg
うーん、美味しい!

DSCF3718_20120909090141.jpg
チーズを食べ終え、さすがにお腹いっぱいになりました。
最後にドリンクを注文。

DSCF3723_20120909090035.jpg
お砂糖に突き刺さっているのは、、、?


コーヒー (500円)
DSCF3719.jpg
コーヒーカップはちょっと大きめなソーサーにのせられていました。

DSCF3721_20120909090140.jpg
ブラックでいただきます。

DSCF3722.jpg
プチフールまでついていました。

DSCF3724_20120909090035.jpg
中身はチョコレートです。

DSCF3725_20120909090034.jpg
全て食べ終え、お腹パンパンになりました。

DSCF3729_20120909085926.jpg
この日のお会計です。

DSCF3730_20120909085926.jpg
私はお酒を4杯いただいちゃったので、実はちょっとお会計が心配でした(汗)。

DSCF3731.jpg
満腹になるまでしっかり食べて、二人で17,200円、一人8,600円でした。
こんなに食べて1万円いかないのかと、お安さにビックリ。

DSCF3736_20120909085924.jpg
帰りは虎ノ門ではなく、新橋まで歩いて出ました。

DSCF3735_20120909085924.jpg
時期的なせいでしょうか、とてもキレイにライトアップしていました。


どれを食べても美味しく、ボリュームたっぷりでCP抜群でした。
しっかりとした味付けが先輩も私もドストライクで、本当に良いお店を見つけました。
今回食べられなかったメニューを食べに、是非再訪したいです。


ディナーメニューです↓
DSCF3632_20120909091546.jpg

DSCF3634_20120909091503.jpg

DSCF3635_20120909091503.jpg

DSCF3636_20120909091502.jpg


2011年12月16日訪問時お店DATA
***************************
Salle a manger de HIsashi WAKISAKA (さらまんじぇ ど いざし わきさか)
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-11-5 森谷ビル地下1F
TEL  03-6903-6730
営業時間 17:00~23:00 
定休日 日曜日、祝祭日の月曜日(振替休日を含む)
地下鉄虎ノ門駅から徒歩2分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2012/09/13 07:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(3) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
DSCF3602.jpg
2011年12月16日は、上司が不在で外へ食べに行くチャンスでしたが、この日の夜はガッツリ系のビストロに行く予定だったので、できるだけ軽めにしようと思い、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へうどんを買いに行きました。

DSCF8639.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF8637.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2011年12月12日だったので、4日ぶり、14回目です。

DSCF8638.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違います。
だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF0936.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

前回は、寒いからと店員さんから店内に招き入れられましたが、この日は既に先客が店内で注文していたので、私も続けて入店し、順番を待ちました。
このところ寒さが厳しいせいか、持ち帰りのお客さんが増えているように感じます。
この日も先客が3名ほど、後客が2名程いました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

先にお会計をしてからお料理の出来上がりを待ちますが、会計時に「お箸はいりません。」と伝えても、長年の習慣は変わらないようで、「わかりました。」とその時は言ってくれるものの、実際にはほとんどの場合そのまま袋に入れてくれるので、袋を受け取ったときにお箸を返却するようにしています。

DSCF3601.jpg
食べたことのないメニューの中でカロリーが低めのものにしようと思い、たぬきうどんをチョイス。

容器は白いプラスチック製のドンブリで、フタが透明です。

DSCF2793.jpg
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。

DSCF2792_20120810173712.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。


たぬきうどん (350円)
DSCF3602.jpg
たぬきうどんのトッピングは、「瓢箪」の三大トッピングである長ネギ、ワカメ、かまぼこの他は天かすのみと、とってもシンプルです。

DSCF3604.jpg
長ネギは小口切りで、量もたっぷり。

DSCF3605.jpg
ワカメうどんを注文しなくても、ワカメは多めに入っています。
カマボコはかなり薄切りですが、フチがピンク色で中が白色なので華やかです。

DSCF3603.jpg
天かすは表面の半分を覆うほど、かなりたっぷり入っていました。
既に半分以上は汁を吸っています。
「瓢箪」のおつゆはわりあいすっきり目なので、天かすをしっかりと沈めると、とてもコクが出て美味しくいただけました。

DSCF3606.jpg
最初に薬味の七味唐辛子をすべてかけてから食べました。

DSCF3607.jpg
おうどんはつゆに染まってほんのり茶色に染まっています。
固くも柔らかくもなく、太めなので1本ずつ手繰っていただきました。


たっぷりのおつゆも全て飲み干したので、身体がとても温まって、おなかも一杯になりましたが、午後4時ぐらいにはお腹が空き始めちゃいました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 肉うどん (2011年7月21日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめうどん (2011年11月24日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年12月16日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/12 05:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店  @四谷三丁目
昼間はかなり厳しい残暑が続いていますが、夜は確実に涼しくなっているようです。
このところ、何回か扇風機の風が寒くて夜中に目が覚めました。
タイマーが壊れちゃっているのでとめることも出来ないので、ちょっと厚めのタオルケットを身体の横に置いて寝ることにしました(笑)。

DSCF3568.jpg
2011年12月15日のランチは、午後早くから来客を予定していたので、上司の希望で、「欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店」のカレーのデリバリをお願いしました。

外観

店舗は、JR四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に進み、津之守坂入口交差点を越えて少し先に行った福島ビルの2階にあります。

「オーベルジーヌ」は20年以上も営業が続く老舗のお店で、四谷本店のほかデリバリー専門の三田店と銀座店があり、3日間かけて炒めたタマネギの甘みを感じる欧風カレーをいただけます。
マスコミにもしばしば取り上げられ、ロケ弁としてもよく使われるそうで、四谷本店はTBS、三田店はフジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京、銀座店は日本テレビと、店舗ごとの担当局が決まっていて、メニューに記載されています。

看板

ブログを始める前にランチでお店に一度訪問したことがありますが、市ヶ谷経済新聞の2010年4月5日付の記事によれば、2010年3月25日で店内の営業は終了し、現在はデリバリーとテイクアウトのみ継続していて、2010年10月中に新宿区内の別の場所に移転するとのことでしたが、いまのところ、新店舗の情報は見つかりません。
公式HPよれば、2010年7月から通販も可能になっています。

お店

夜の雰囲気はこんな感じでした。

前回こちらのお店のカレーを食べたのは2011年10月5日だったので、約2ヶ月ぶりです。

DSCF6568.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
「オーベルジーヌ」は、電話での対応も配達の方も、どちらもとても丁寧な接客です。

既に全メニューを制覇していたので、どのメニューを注文するか、しばらく悩みました。
先輩が「海老カレーはぷりぷりで美味しい。」と話していたので、久しぶりに海老カレーをお願いしました。前に食べたのが2008年3月14日だったので、なんと、3年半以上ぶり!
いつもどおり、辛さは大辛口でチーズトッピングをプラスしました。

DSCF6571.jpg
午前11時頃に電話で注文したのですが、12時ジャストの配達は既に難しく、12時15分ぐらいまでに届けていただくことになりました。

DSCF6572.jpg
ロゴマークは、とってもかわいくて色鮮やかなナスです。

バター

こちらは以前撮影した写真です。
ジャガイモに塗るバターが添えられています。

DSCF1900.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
せっかくのバターですが、いつもダイエットも兼ねて食べずにおうちに持って帰っています。

DSCF1305_20120622235111.jpg
スプーン、おしぼり、バターナイフは一つの袋にまとめて入れてありました。

DSCF6566.jpg
裏を見ると、こんな感じです。

DSCF3566.jpg
カレーのルーとご飯は別々の容器に入っています。

DSCF3567.jpg
ルーの容器には中身が一目でわかるようにメニュー名のラベルが貼られています。


海老カレー(1,260円)+大辛口(105円)+チーズトッピング(210円)=1,575円
DSCF3568.jpg
いただきま~す!

DSCF3571.jpg
ご飯はほかほかで、ボリュームは普通からやや多めです。

DSCF3572.jpg
バターライスになっているので、ところどころにバターがまぶしてあります。

DSCF3570.jpg
茹でた(蒸した?)ジャガイモはおそらくメークインだと思いますが、皮付きでまるまる1個入っています。

DSCF3573.jpg
カレー食べ始める前に、まずジャガイモの皮を全部むきます。
この日はジャガイモの皮がすーっと縦に長細くはずれて、とっても簡単でした。

DSCF3574.jpg
お腹が空いているときはこの時間がすごく長く感じられて、カレーの香りで余計に空腹が刺激され、早く食べたくてうずうずしちゃいます(笑)。

DSCF3569.jpg
ルーはとっても濃い茶色です。
フタを開けただけの時は、具材がほとんど見えません。

DSCF3575.jpg
底の方をかき回すと、具の海老とトッピングしたチーズが出てきました。

DSCF3576.jpg
トッピングしたチーズはゴーダーチーズを二層に重ね合わせたというものです。
トロトロととろけるタイプではなく、ちょっと囓れるぐらいのかたさです。

DSCF3578.jpg
「オーベルジーヌ」のカレーは欧風カレーなのでベースはかなり甘みがありますが、大辛にすると、最初はスパイスのしっかりとした辛さを感じて後から甘さがやってきて、食べ終えるとスパイスの辛さがすごく残ります。
大辛はかなりしっかりと辛いので、久しぶりに食べるとちょっとむせちゃったりします。

ルーの温度が低めだと、甘さを強く感じます。
この日はやや低めかな~とは思いましたが、いつもどおり、美味しくいただきました。

DSCF3581.jpg
メインの海老以外に、ウズラの卵とマッシュルームが入っています。
ウズラの卵はまるごと、マッシュルームはやや厚めに切ってありました。

DSCF5600.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ウズラの卵はしっかり固ゆでです。

DSCF3579.jpg
エビは大ぶりで、結構な数が入っていました。
プリップリの歯触りで、エビ好きにはたまりません。

DSCF3582.jpg
この日のお会計です。


ジャガイモとご飯、そしてカレーのスパイスのおかげでお腹いっぱいになりました。
久しぶりの海老カレー、美味しかったです。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです。全種類制覇しました! ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ビーフカレー  (2008年7月2日
ポークカレー  (2007年7月23日
チキンカレー  
 [大辛] (2007年5月9日2007年5月21日2010年6月4日
 [辛口] (2010年11月5日
チーズカレー  (2010年4月12日
海老カレー  (2008年3月14日2011年12月15日
あさりカレー  (2009年6月18日2011年3月4日
野菜カレー  (2009年7月7日
帆立カレー  (2009年1月27日
シーフードミックスカレー  (2007年11月6日2010年4月16日2011年4月6日
コンビネーションカレー  (2007年9月18日
ランチセット  (2011年10月5日
奈々スペシャルカレー  (2011年2月25日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


メニューです↓ 
2010_0412画像0038

2010_0412画像0039

2010_0412画像0040

2010_0412画像0041

2010_0412画像0043

2010_0412画像0044

2010_0412画像0048

2010_0412画像0045

2010_0412画像0042

2010_0412画像0046

2010_0412画像0047

2010_0412画像0049

2010_0412画像0050

2010_0412画像0051


2011年12月15日宅配時お店DATA
****************************
欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3-1 福島ビル2階
TEL 03-3357-7418 
営業時間
(注文受付時間) 9:00~21:30
(配達時間)
  [月~土] 11:00~15:00 17:00~21:30
  [日・祝] 11:00~15:00 17:00~20:30
定休日 なし

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/11 05:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(4) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
土曜日の午前中、自転車で買い物に出かけていたら、突然雨に降られました。
出発したときは太陽が眩しいぐらいの暑いお天気だったのに、、、。
幸い、降りが一番ひどい時間帯はお店の中にいたので、びしょ濡れになるのは免れました。

今週も新しい一週間をがんばりましょう☆

DSCF3509.jpg
2011年12月13日は先輩がお昼時不在だったのですが、上司に誘われ、Fさんと共に外へランチを食べに出ました。
向かった先は、上司のお気に入りの「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」があり、2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめてしまいました。

看板

こちらは以前撮った写真です。
「嘉賓」は老舗有名店で、「カキそば」や「水餃子」などがグルメ本でよく紹介されています。

DSCF3520.jpg
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

入り口

お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。

前回ランチ訪問したのが2011年11月21日だったので、約3週間ぶりでした。

2008_0627画像0004
窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF2627.jpg
卓上には調味料、お箸、紙ナプキン、食べるラー油など置かれています。

お店に到着したのは12時30分頃でしたが、店内は相変わらずの混雑でほぼ満席でした。

DSCF2622.jpg
最近は夏は冷たいお茶が出るようになりましたが、基本的に温かいお茶が出ます。
食事中、フロアの方がこまめにお茶をつぎ足しに来てくれます。

お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF3505_20120907200834.jpg
ランチメニューは15種類と種類が豊富です。
値段は700円~1500円と幅広いですが、そのほとんどが800円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製ラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF3508_20120907200833.jpg
この日の伝票です。

上司が早々に五目チャーハンに決めたため、慌てて茹でギョーザとエビ入りおかゆを注文。
なるべく全メニュー制覇するように食べていたのですが、前回食べたメニューと全く同じものを頼んでしまい、大失敗でした(汗)。


茹でギョーザとエビ入おかゆ  (800円) 
DSCF3509.jpg
それ程待たずにお料理が登場。
お粥、茹でギョーザ、デザートのセットです。

DSCF3510_20120907200745.jpg
茹でギョーザは小さめの丸い平皿に6つのせられていました。

DSCF3511_20120907200745.jpg
茹で立てだったようで、湯気が立つ程熱々でした。
お粥を食べていると冷めてしまったので、やっぱり早く食べた方がいいですね。

DSCF3512_20120907200745.jpg
餃子のタレはあらかじめ小皿で出されます。

DSCF3515_20120907200701.jpg
不器用なので、プラスチックのお箸で1つずつ持ち上げるのは結構大変(汗)。
皮が厚めなので、タレは多めにつけていただきます。

DSCF5276.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
具がたっぷり詰まっているのでむっちりした食感でジューシーでした。
中の野菜とお肉の餡にはそこそこ下味がついたしっかり味です。

DSCF3514.jpg
お粥はやや小さめですが深さのあるドンブリにたっぷりと入っています。
最初運ばれてきたときはほぼお粥しか見えないので、何味のお粥かわかりません(笑)。
中には小ネギ、エビ、ショウガが入っていました。

DSCF2637_20120810114934.jpg
お粥は粒粒感が残っていて、ぽってりとした口あたりです。
前回に比べると、今日のお粥はあまりダシがきいていなくて淡白な味わいでした。

DSCF3517.jpg
中から小ネギが結構出てきました。
お粥は熱々で、しかもなかなか冷めないので、猫舌の私は表面を削り取るようにして少しずつ食べます。

DSCF3518.jpg
エビはやや大きめなものが2尾。
プリプリとした食感で、エビの香りがとてもしました。

DSCF2644_20120810114854.jpg
底の方にはショウガを細長く刻んだものが入っていて、ピリリと爽やかさを感じます。

DSCF3513_20120907200745.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでわりあいさっぱりとしています。

DSCF0973_20120603150822.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていて量がたっぷり。
寒天系のツルツルした食感です。

DSCF3519.jpg
ワンポイントに果物やクコの実が必ず入っていますが、この日は缶詰のみかんでした。
このところ、ずっとみかんが続いています。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


五目かけごはん (800円)
DSCF3506.jpg
Fさんは初めての「嘉賓」だったので、「五目かけご飯が美味しいですよ~。」とアドバイスしたら、本当に注文してくれました(笑)。

DSCF3507_20120907200833.jpg
「美味しい!」といいながら食べていたので、一安心。
写真も撮らせてもらっちゃいました。


食べ終えたときはかなりお腹いっぱいになりましたが、お粥だったので夕方早くにお腹が空いちゃいました。
全メニューを制覇するために、食べたことのあるメニューをしっかりチェックしなければ!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食[餃子2個付]
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
B定食 古老肉 スブタ (2008年3月21日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ (2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
2010_0607画像0022

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2011年12月13日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2F
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/10 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
フレーズ・シャンティ <noix de beurre>  @新宿伊勢丹
DSCF1785_20120903062901.jpg
2012年7月3日にT事務所様の女性社員さんと一緒にお昼を食べたとき、デザートも差し入れていただきました。

DSCF1757_20120819094119.jpg
フィナンシェと生ケーキの2種類をいただいたのですが、焼きたてフィナンシェの方はおやつにいただき、とても重たい味わいだったので、生ケーキは自宅に持ち帰らせていただきました。

DSCF1759_20120819094119.jpg
お菓子は白地に赤でお店のロゴが書かれた大きな紙袋に入っていました。

DSCF1767_20120819094118.jpg
2種類のスイーツが3人分あるので、かなりたくさんです。

DSCF1764_20120819094118.jpg
このお菓子は「noix de beurre(ノワ・ドゥ・ブール)」というお店のものです。
スイーツに全く知識のない私はもちろん知りませんでしたが、兵庫県神戸市中央区に本社のある株式会社エーデルワイスが運営するブランドの一つです。
新宿伊勢丹と日本橋三越に入っていて、この日は新宿伊勢丹で買ってきて下さいました。

DSCF1765_20120903062931.jpg
「ノワ・ドゥ・ブール」とはフランス語で小さなバターのかたまりという意味だそうで、素材の風味を生かし、作り立ての美味しさ、それぞれのお菓子の一番美味しい瞬間を届けたいとのこと。

DSCF1766_20120903062931.jpg
生ケーキなので、当然賞味期限は当日中でしたが、実際には次の日の朝にいただいちゃいました(汗)。

DSCF1783_20120903062930.jpg
箱を開けると、イチゴでしょうか、とってもいい香りが辺りに広がりました。
ケーキはやや多きなサイズで、深さのある四角いお皿にのせられています。


フレーズ・シャンティ (630円)
DSCF1784.jpg
こちらのフレーズシャンティというケーキは、焼きたてフィナンシェと同じくお店イチオシのケーキのようで、お店の公式HP内の商品情報のトップページに紹介された商品群中に入っていて、フレッシュケーキのページではトップで紹介されています。

卵の香りを生かしたきめ細やかなふんわり感のあるスポンジと苺を層にして、毎日店内厨房で一つ一つ丁寧に仕上げているそうです。
注文後に口どけなめらかな6分だての生クリームをとろりとかけて仕上げます。
630円というお値段は、スイーツに詳しくない私にはかなりお高く感じます。

DSCF1785_20120903062901.jpg
ケーキの上から生クリームがたっぷりとかけてあるので、お皿にも生クリームがたまっています。

食べてみると、6分だてという生クリームはとっても滑らか!
そこそこ甘みはありましたが、舌の上でトロンととろける生クリームの食感がと~っても美味しかった!

DSCF1787_20120903062901.jpg
せっかくイチゴのドアップを撮ったのに、ピンぼけしちゃってすみません(汗)。

DSCF1789_20120903062900.jpg
四隅のうち2ヶ所に小さく刻んだイチゴ?(もしかしたら、軽く煮込んだジャムでしょうか。)が添えられて、彩りが華やかにしています。

DSCF1791_20120903062900.jpg
半分に切ってみると、中にもイチゴが入っていました。
スポンジと生クリームが層になっています。
スポンジもふわふわで口あたりがよかったです。


全体的にもうちょっと甘さ抑えめだとよかったですが、それにしても生クリームの美味しさにはびっくりでした。
これが出来たての実力なのでしょうか。
一緒にいただいた家人にも好評でした。


2012年7月3日購入時お店DATA
***********************************
noix de beurre 伊勢丹新宿店 (ノワ・ドゥ・ブール) 
〒160-0022 
東京都新宿区新宿3-14-1 
伊勢丹新宿本店地下1階
営業時間 10:00~20:00(百貨店に準ずる。)
定休日 百貨店に準ずる。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2012/09/08 00:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
ゲリラ豪雨に振り回されたような一週間でしたが、あと1日がんばれば週末です。
昨夜は扇風機の風が寒く感じて夜中に目が覚めました。
猛暑が少し和らいできたので、みなさま、どうぞ楽しい週末を☆

DSCF3497_20120903061118.jpg
2011年12月12日の月曜日は、お昼になってからお弁当を買いに行きました。
Fさんは「エスエヌダイニング」のお弁当が気に入ったようで、千代田四番町ランチ屋台に買いに行きましたが、私は前日列席した結婚式で12時間ぐらい飲み食いを続けた結果、体重がかなりやばい状態だったので、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」のおうどんを買いに出かけました。

DSCF8639.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF8637.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2011年11月24日だったので、約3週間ぶり、13回目です。

DSCF8638.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違います。
だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF0936.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

先客は3名でしたが、店内が混み合っていたせいか、この日は結構待ちました。
店員さんが「寒いから中に入って下さい。」と声をかけてくださり、初めて入店しました。
中ではたくさんのお客さんが思い思いの場所で食べています。
やはりスーツ姿のおじ様が多かったです。
入ってすぐ左が食器の返却場所になっているので、私はその前でしばらく待ちました。
この日はかなり寒い日だったので、とてもありがたかったです。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

先にお会計をしてからお料理の出来上がりを待ちますが、会計時に「お箸はいりません。」と伝えても、長年の習慣は変わらないようで、「わかりました。」とその時は言ってくれるものの、実際にはほとんどの場合そのまま袋に入れてくれるので、袋を受け取ったときにお箸を返却するようにしています。

DSCF3496.jpg
体重が高いとはいえ、月見うどんは頼むことは出来ず、この日は芽かぶうどんを注文。

事務所に戻ると、屋台の方が空いていたようで、Fさんはもう戻っていました。

容器はプラスチック製のドンブリで、フタが透明で器は白です。

DSCF2793.jpg
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。

DSCF2792_20120810173712.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。


芽かぶうどん (380円)
DSCF3497_20120903061118.jpg
芽かぶうどんの具は、芽かぶ、わかめ、ネギ、カマボコと、とってもシンプルです。

食べたことのないメニューを、と思ってチョイスしたはずが、2011年11月2日に食べていました(汗)。

DSCF3499_20120903061118.jpg
小口切りの長ネギはたっぷりと盛られていました。

DSCF3501_20120903061047.jpg
カマボコは、とても薄いですがフチがピンクで中が白の華やかなタイプです。

DSCF3500_20120903061047.jpg
わかめはかなりたっぷり目でした。
芽かぶうどんなのにわかめも食べられるのはお得?!

DSCF3498_20120903061118.jpg
メインのはずの芽かぶは、多めとは言え、わかめとほぼ同じぐらいです。
トロトロとした口あたりがたまりません。

DSCF3502_20120903061047.jpg
最初に薬味の七味唐辛子をすべてかけちゃいました。

DSCF3503_20120903061047.jpg
おうどんはつゆの中に入っているので、食べる頃にはほんのり茶色に染まっています。
太めなので1本1本手繰っていただきます。

うどんのおツユは甘みが少なく、サッパリしていました。
ややあっさり目なので、七味唐辛子がいいアクセントになります。


温かいうどんのおつゆを飲み干して、身体が温まりました。
全体のボリュームは少なめなので、午後4時頃にはお腹が空いちゃいましたが、そのおかげで体重はだいぶ戻すことが出来てよかったです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 肉うどん (2011年7月21日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 わかめうどん (2011年11月24日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年12月12日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/07 06:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
ティーヌン 市ヶ谷店  @市ヶ谷
昨日はせっかくがんばって朝6時に記事をアップしたのに、日時指定をミス(汗)。
午後に気付いたので、その日中にあげることができて良かったです。。。

DSCF3316.jpg
2011年12月8日はお昼になると、Fさんと一緒にお弁当を買いに行きました。
この日は木曜日だったので、千代田四番町ランチ屋台にはいろいろな種類のカレーが食べられる「ガルバ」が来ていましたが、全メニューを制覇していたので「ティーヌン 市ヶ谷店」の持ち帰り弁当を買いに行くことにしました。
Fさんも、「前日のランチでカレーを食べたので、タイ料理にします。」とのことで、一緒に行きました。

入り口

こちらは以前撮った写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から九段下方面に向かっての交差点を渡るとすぐ右手に市ヶ谷プラザビルがあり、お店は靖国通り側ではなく、土手側の1階にあります。
お店の入り口の右側の窓が開くようになっていて、テイクアウトができます。

DSCF1508_20120630112529.jpg
写真が光ってしまって見にくいですが、タイの街角の風景写真です。

この日は上司が12時になっても全く気付かずに仕事をしていて、結局お弁当を買いに行ったのは午後1時過ぎでした。さすがにこの時間だと駅近とはいえランチの人も少なく、お弁当売り場には誰も並んでいませんでした。

DSCF1505_20120630112530.jpg
お弁当は定番メニューが7種類、季節メニューが2種類、サイドメニューが3種類あります。

前回お弁当を購入したのは2011年11月9日だったので、約1ヶ月ぶりでした。

DSCF1506_20120630112529.jpg
お弁当の販売は午前11時から午後2時45分までのランチタイムのみです。

DSCF1509.jpg
窓口の下に貼り出された写真はかなり大きくて色鮮やかなので、お料理がどんな感じかとてもわかりやすいです。
画像が粗くてわかりにくいですが、お値段は多分、600円と620円です。

DSCF1507_20120630112529.jpg
夏限定の季節メニューが2種類あり、こちらはどちらもお値段が950円とお高めです。

DSCF3299.jpg
私はまだ食べたことのないレッドカレー弁当と揚春巻きを購入。
最初、日替わり一皿飯を注文したのですが、既に売り切れでした。
売り切れということもあるんだと、初めて知りました。

DSCF3300.jpg
揚春巻は、白いプラスチックの容器に入っていて、透明なフタがついています。

DSCF3301.jpg
レッドカレーの入った容器は白い紙製で、透明なフタがついています。

DSCF3302.jpg
両方のフタをとって、記念撮影。

DSCF3307.jpg
揚春巻にはスイートチリソースが小さな容器で入っています。

DSCF3311.jpg
レッドカレーの容器は2段になっていて、上にレッドカレー、下にご飯が入っています。


レッドカレー弁当(620円)+揚春巻(250円)=870円
DSCF3312.jpg
いただきま~す!

DSCF3308.jpg
中ぐらいの大きさの容器の中に揚春巻、野菜、チリソースが入っています。

DSCF3309.jpg
野菜は千切りキャベツとニンジンで、小さく切ったパクチーがのせてありました。

千切りキャベツの量は結構多いですが、スイートチリソースで食べるのは、甘い味が苦手な私にはかなり厳しかったので、野菜はレッドカレーに混ぜて食べました。

DSCF3310.jpg
揚春巻は小さなサイズのものが3つ入っています。

DSCF3321.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。

生春巻は大きい1本を3つに切って入っていたので、ずいぶんスタイルが違いました。

DSCF3322.jpg
中には春雨やニンジン、黒キクラゲ?などが入っていました。
春雨のせいか、あっさりとした味わいでした。

DSCF3313.jpg
レッドカレーの2段の容器を取り外すとこんな感じです。

DSCF3314.jpg
ご飯のボリュームは普通です。

DSCF3315.jpg
カレーをのせていただきました。

DSCF3316.jpg
レッドカレーは、鶏肉、タケノコ、赤ピーマン、緑ピーマンなどなど、たっぷりの具材です。

DSCF3317.jpg
カレーは熱々ではなかったですが、しっかりとコクがあって、なかなかピリ辛でした。
食べると身体がかなり温まります。

DSCF3318.jpg
タケノコは細長く切ってあるので、スプーンで食べるのは結構大変(汗)。

DSCF3320.jpg
鶏肉はたっぷりと入っていて、カットも結構大きく、お肉は柔らかでした。


蒸し鶏のせ炊き込みごはん弁当(620円)+トムヤムスープ(200円)=820円
DSCF3305.jpg
Fさんは蒸し鶏のせ炊き込みごはん弁当とトムヤムスープを購入。

DSCF3304.jpg
トムヤムスープは持ち帰る途中に少しこぼしちゃったので、下にビニール袋を敷きながらいただいていました(笑)。

DSCF3306.jpg
「蒸し鶏のせ炊き込みごはん弁当」という名前になっていますが、カオ・マン・ガイと言った方がピンときやすいかも。


揚春巻のボリュームとレッドカレーの香辛料が相まってかなりお腹いっぱいになりました。
Fさんの食べたカオ・マン・ガイもボリュームたっぷりで美味しそうだったので、いずれ食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  冷やしトムヤム (2007年6月8日

[お弁当]
  レッドカレー弁当 (2011年12月8日
  グリーンカレー弁当 (2007年12月11日2011年1月26日
  ガパオ弁当  (2011年10月18日
  生春巻    (2011年10月18日
  揚春巻    (2011年12月8日
  日替わり炒飯弁当 (2011年11月9日
  トムヤムスープ (2007年12月11日2011年1月26日2011年11月9日
  ガイパッキン (2008年2月4日

[ディナー] 
  2007年9月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年12月8日購入時お店DATA
******************************
ティーヌン 市ヶ谷店
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル1F
TEL&FAX 03-5214-6515
営業時間  
[昼]11:00~15:00 (お弁当 11:00~14:45)  
[夜]17:00~23:00
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/06 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨夜は夕飯後にスポーツクラブへ出かけようとしたところ、突然の雷雨に足止めされました。
今日はサボっちゃおうかな~と、言い訳作りのために体重計に乗ってみたら、ランチでラーメンと餃子を食べてしまったせいか、かなりお高い数字(汗)。
こりゃまずいと思って、雨風がようやくおさまった9時過ぎに出かけました(泣)。

DSCF3284.jpg
2011年12月7日は上司とFさんがお昼時に不在で、先輩はお弁当を持参していました。
外食するチャンスでしたが、久しぶりにパスタを食べたくなって、「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」のお弁当を買いに行きました。

外観

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に、緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF3275_20120903052841.jpg
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
出前をやっていた頃はよくお願いしていて2008年3月7日に訪問した「俵屋 市ヶ谷店」
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
お弁当をよく買い、2007年6月4日にランチ2008年12月13日にディナー訪問した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

店内で食事をする場合には、午後4時までオニオンスープがサービスされます。
それをお知らせする看板で、他のお店の部分が見えません(笑)。

DSCF3274_20120903052841.jpg
お店は2階にありますが、ビルの入口にメニューが出ています。

メニューは驚くほどたくさんの種類があります。
お値段は中心価格帯が1000円近くてお高めですが、どれもかなりのボリュームです。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF1442.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
階段の途中にも大きな本日のスペシャルのメニューが出ています。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

前回お弁当を購入したのは2011年11月18日だったので、約20日ぶり、10回目です。

2010_0814画像0003
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

12時ジャストぐらいにお店に電話をして、先に注文しました。
男性スタッフさんは、忙しい時間帯でしたが、たった1個のテイクアウトの私にも簡潔に対応して下さいました。
「10分ほどお時間をいただきます。」とのことだったので、すぐに事務所を出ました。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業の老舗で、この時点でなんと34周年!

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF1939.jpg
こちらはランチのテイクアウトメニューです。
種類がとても豊富で、しかも、お店で食べるよりお安くなります。
年に2回、季節メニューを中心にメニューが変わります。

メニュー

店内には所狭しとたくさんのメニューが貼られていて、さらにそれらを組み合わせたり量を多くしたり減らしたり、いろいろな形でお願いできます。

入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。

お店に到着すると、いつにも増して混雑していて、人一人がやっと通れる通路に5人ぐらいイスに座っていて、なんとかレジのところまで行ったのですが、店員さんはお二人とも忙しく立ち働いていて、自分のお弁当を目の前にしながら、しばし立ち竦んでいました。
その間、お店を出る人、席が空いたのでテーブルに移動する人と、かなりごった返しました。
ただ、こんな忙しい中でも、男性店員さんから「いつもどうも。」と声をかけられて嬉しかったです。

2010_0814画像0008
こちらも以前撮影した写真です。

お弁当はスパゲッティやリゾットとは思えないくらい、とても重くてずっしりとしています。

DSCF3279_20120903052840.jpg
店内の混雑ぶりから「スプーンはいりません。」を声がけできず、この日はフォークをいただいちゃいました。

DSCF3280_20120903052840.jpg
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

DSCF3281_20120903052757.jpg
購入したお弁当は一つでしたが、容器のフタにメニューが書いてありました。
この日は牛すじと野菜入りミートソーススパゲッティを注文したのですが、ちょっと読めない、、、(笑)。

DSCF3298.jpg
フォークは透明なビニール袋に入っています。

DSCF1447_20120629220157.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
これをはがすのは結構大変。

DSCF3283_20120903052756.jpg
いただきま~す!


牛すじと野菜入りミートソーススパゲッティ (900円)
DSCF3284.jpg
フタを開けてみると、相変わらずの盛りの良さで、フチ近くまでたっぷりと入っています。

DSCF3285.jpg
スパゲッティの上に牛すじとニンジンがあり、中央にパセリがトッピングされています。

DSCF3286_20120903052756.jpg
ミートソースは思っていたよりもあっさり味で、ミートソースというよりはお肉がところどころに入っているトマトソースみたいで、トマトの風味をしっかり感じました。

味が淡泊な分、たっぷりの量を食べるとやや単調なので、途中からタバスコをたっぷりときかせて辛くして食べました。
粉チーズもありましたが、この日はやや体重が厳しかったので、自粛。

DSCF3290_20120903052705.jpg
牛すじはかなりたっぷりと入っていて、大きめのサイズのものもありました。
口の中に入れるとトロトロととろけて、とっても美味しい!

DSCF3291.jpg
入っていた野菜はニンジンぐらいしか気付かなかったです。
牛すじよりもやや小さく切ってありました。

DSCF3294.jpg
中太麺のスパゲッティは、たっぷりと盛ってあるのでなかなか外へ引っぱり出すのが大変です。
出来上がりをすぐに持って来たつもりでしたが、珍しくこの日はあまり熱々でなかったのがちょっぴり残念でした。

DSCF3295.jpg
麺を食べ終えると、器の底にたっぷりのソースが残っちゃいました。
美味しいし、もったいないので、もちろん全部食べました。

DSCF3277_20120903052841.jpg
この日、先輩は新しく購入したばかりのお弁当箱を持って来ていました。
とってもカワイイ~。

DSCF3278.jpg
見た感じ、いかにもですが、北欧のデザインです。
先輩からブランド名を聞いたのですが、すいません、雑貨に疎い私はすっかり失念(汗)。

DSCF3282_20120903052757.jpg
この日の先輩のお弁当です。
お弁当箱の幅がほとんどなくて、見るからに少なそうなことがわかります。
さすがに先輩もこれでは少なすぎるようで、デザインはお気に入りなものの、その後このお弁当箱はあまり使われていません(笑)。


ミートソースがあっさり味だったのでぺろっと食べられましたが、全体のボリュームはかなりあるので、午後遅くまで全くお腹が空かなかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日
  アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  鮟肝と牡蠣入り・ビアンコ (2011年11月11日
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
◎ご飯系
  オムライス  (2008年3月3日

[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF1939.jpg

DSCF1940.jpg

DSCF1941.jpg

DSCF1942.jpg

DSCF1943.jpg


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2011年12月7日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2F
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/05 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
築地 宮川本廛 四谷店  @四谷三丁目
昨日は週末に引き続き、雨がぱらつく一日でした。
気温はだいぶ下がって過ごしやすいのですが、雨が気になって窓をしっかり開けられないのが残念!

DSCF3265_20120903051042.jpg
2011年12月6日のランチは、お昼になると上司が「鶏丼とって。」と言ったので、久しぶりに「築地 宮川本廛(みやがわほんてん) 四谷店」に出前をお願いしました。
「鶏丼」ではなく、正しくは「きじ重」ですが(笑)。

店

実際の店舗には行ったことがなく、専ら出前をお願いしています。
お店の場所は、JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に向かって進み、通りの左側、この写真の路地を入ったところにあります。もう少しで津之守坂交差点という場所です。

市ヶ谷経済新聞によれば、2012年2月13日、「宮川本廛」の支店として、「荒木町 宮川」という和食のお店がオープンしたそうです。

2010_0827画像0054
こちらはお料理をのせてくるお盆です。

前回出前をお願いしたのは2011年9月26日だったので、約2ヶ月半ぶりでした。

DSCF3260.jpg
こちらのお店は配達がいつもとても早くて、すぐに届けてくれます。

12時20分ぐらいに電話でお願いしたところ、20分かからずに届けていただきました。
この日はとても寒い日で、配達員さんが来たので扉を開けると、びゅーっと冷気が部屋の中に入ってきて外の厳しい寒さを実感しました。
しかも、帰りに食器を取りに来たときは雨が降りだしていました(汗)。
出前というのは本当にありがたいです。

2009_0220画像0002
お店のお箸です。
先輩と私はできるだけマイ箸を使うようにして、割り箸はいただかないようにしています。

DSCF1141_20120609150602.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お新香の入った容器にはサランラップをかけてあります。

DSCF3263_20120903051043.jpg
自分で手が届くお値段がお安めのメニューはほとんど食べていたので、この日は原点に戻ってきじ重をお願いしました。

DSCF1148_20120609150520.jpg
お重のフタを開けるとき、とってもドキドキします。

DSCF1149_20120609150519.jpg
フタの裏側は鮮やかな赤色で、金文字で店名が入っていました。

DSCF3268_20120903050959.jpg
いただきま~す!


きじ重・上 (1,260円)
DSCF3264_20120903051043.jpg
お重とお新香のセットです。

DSCF3262_20120903051043.jpg
付け合わせのお新香は2種類。
黄色いタクアンと紫色の柴漬けで、このお店では不動の組み合わせです。
盛り付けなのか配達の揺れなのか、タクアンが離れちゃっています(笑)。

DSCF3265_20120903051042.jpg
きじ重は、ご飯の上に刻み海苔を敷いて焼いた鶏肉がのせられ、さらにその上に卵焼きとさやインゲンがトッピングしてありました。

DSCF3266_20120903051042.jpg
卵焼きは2切れあり、ほんのり甘かったです。

DSCF3267_20120903050959.jpg
彩りのため、茹でたさやインゲンを切ったものが2枚のせられていました。

DSCF3269_20120903050959.jpg
鶏肉は、美味しそうなお醤油色に染まって香ばしく焼かれ、一口大に切ってあります。
ボリュームたっぷりです。

DSCF3270_20120903050959.jpg
胸肉でしょうか、噛むと程よい弾力があります。
お肉に塗られたタレはそれ程甘みがなく、ご飯が進みます。

DSCF3272_20120903050958.jpg
「宮川本廛」はご飯が軟らかめなことが多いですが、この日はそれ程気にならずにいただけました。


全体のボリュームは普通です。
これまでいろいろなメニューを食べてましたが、シンプルなこのお弁当が一番CPが良くて美味しいかな~と思います。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

うな重・竹  (2009年9月1日2011年7月25日
きじ重・特上 (2009年4月14日
きじ重・上 (2008年1月22日2011年8月8日2011年12月6日
合盛重 (2011年9月26日
うな玉重・特上 (2009年5月31日
うな玉重・上 (2008年5月13日
親子重・特上 (2009年5月22日
親子重・上 (2009年2月12日
きじそぼろ重・上 (2008年9月29日
三色重・上 (2008年11月14日2010年8月26日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


出前のメニューはこちら↓です。
2008_1115画像0105

2008_1115画像0107

2008_1115画像0108


2011年12月6日宅配時お店DATA
****************************
築地 宮川本廛 四谷店 (みやがわほんてん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-11-9
電話 03-3341-7777  
FAX 03-3341-7805 
定休日 水曜日
地下鉄四谷三丁目から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/04 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【撤退】 ハーブチキンライス屋「SN dining」 [千代田四番町ランチ屋台] @市ヶ谷
2014年7月7日追記

「エスエヌダイニング」は、2014年春頃?に撤退したようです。

DSCF6232 (480x360)
同じ場所には入れ替わりで「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」という屋台がやって来て、2014年6月2日のランチで買いに行きました。

***************************

週末の大雨はすごかったですね~。
自転車で買い物に出かけて帰りがけに降られたり、洗車し終わった帰り道に降られたりと、散々でした(汗)。

今日から始まる9月最初の新しい一週間を、しっかりがんばります!

DSCF3254_20120903040325.jpg
2011年12月5日は、午後イチでお客様がいらっしゃる予定だったので、Fさんとお弁当を持ってこなかった先輩の三人で「千代田四番町ランチ屋台」へお弁当を買いに出かけました。

この日は月曜日なので、ハーブチキンライス屋「SN dining(エスエヌダイニング)」です。

DSCF6726.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

DSCF6729.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。

「エスエヌダイニング」のオープン予定日は2011年3月14日でしたが、公式HPによると、計画停電と電車の運行状況等のせいでいきなりお休みだったそうで、2011年3月21日から営業が始まりました。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2011年10月31日だったので、約1ヶ月ぶり、11回目です。

DSCF6725.jpg
公式HPによると、こちらのお店は佐藤正文店長がお料理を作っていて、移動販売だけでなくケータリングやイベントへの出店などもしているそうです。

DSCF8702.jpg
日テレ通りにはお店の旗が出ています。

DSCF8423.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
いつ行ってもたくさんの人が並んでいますが、回転は早いです。
人通りの邪魔にならないよう、市ヶ谷駅方面の壁に沿って並びます。

12時ぐらいに事務所を出て屋台に到着すると、先客が3人位しかおらず、それ程待たずにお弁当を買うことが出来ました。
後から10人近く並んだので、とてもラッキーでした。

DSCF6726.jpg
大きな車にお店のロゴが入っています。

店主さんはとても気さくな方で、声をかけると、いろいろ話をしてくれます。

DSCF3245_20120903040353.jpg
ツイッターも始めたようです。

DSCF8827.jpg
お弁当はSN特製弁当とWハーブチキン丼の2種類で、どちらも650円とお安いです。

列に並んでいると、いつもハーブの香りが立ちこめています。
待っている途中、お腹が空いちゃって困る程です(笑)。

DSCF6727.jpg
Wハーブチキン丼は、ハーブでマリネした若鶏を香ばしく焼き上げ、ハーブライスと合わせたボリューム満点の一品だそうです。

DSCF3247_20120903040353.jpg
SN特製弁当はハーブライスの上に各国料理の煮込みをのせ、焼き立てのスパイシーハーブチキンがついています。
ハーフ&ハーフは上乗せ料金なしで頼めるので、とってもお得!
メニューは定番の中から幾つかと、日替わり(週替わり?)が1・2種類の組み合わせになります。

DSCF3248_20120903040352.jpg
この日は定番の中から4種類と日替わり(週替わり?)が1種類でした。

DSCF0621_20120512123453.jpg
車の内部を除くと、美味しそうなお肉が見えます。

DSCF8430.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
5種類のソースは、ボコボコと沸いて湯気の立っているお湯の中でそれぞれ器ごとに湯煎にかけられています。

支払いは、一旦お店の方にお金を見せて、お札は店長さんに手渡し、コインは横に置いてあるコインボックスに種類ごとにセルフで入れます。お釣りがある場合にもセルフでとります。

DSCF8429.jpg
店主さんお一人で切り盛りしていらっしゃるので、時間短縮のため、スプーンを入れたり袋にお弁当を詰めたりするのは、セルフです。

最近は、以前いただいた袋をリサイクルして持って行くことが多いです。

DSCF3249_20120903040326.jpg
定番メニューは全て食べていたのでどうしようか悩みましたが、日替わり(週替わり?)のトマトカレーライスとインディアンのハーフ&ハーフにしました。

お弁当の容器は白いプラスチックで、フタは透明なので中が見えます。

DSCF3253.jpg
いただきま~す!

この日は全体の彩りがちょっと地味でした(笑)。


SN特製弁当 ハーフ&ハーフ [トマトカレー&インディアン] (650円)
DSCF3254_20120903040325.jpg
お弁当にはソースが2種類かかり、ハーブチキン、スパゲッティ、サラダがついています。
ボリュームたっぷりで下に盛ってあるご飯が見えません。
ソースは左側がトマトカレーで、右側がインディアンです。

DSCF3255_20120903040246.jpg
添えられたスパゲッティはケチャップで和えてあり、ほんのり甘みと酸味を感じました。

DSCF3259.jpg
スパゲッティとハーブチキンの下にはキャベツの千切りがたっぷりと敷かれています。
キャベツはスプーンで食べるには長さがあって、やや口に入れにくいです。
右側にはソースが全くかかっていないので、配分を気をつけながら食べないと、左側はソースが濃いぐらいの味わいで食べられるのに、右側を食べるときはほとんど味がない状態になってしまいます。

DSCF3256_20120903040246.jpg
ハーブチキンはやや大きめなものが二つ入っています。
お肉は胸肉だと思いますが、こんがりと焼かれたお肉はハーブの香りがしてホロホロと柔らかでした。
この日の下味はあっさり目でしたが、そのまま食べても充分美味しいです。

お肉は程よい弾力があるので、お店からもらうスプーンで小さく切るのは結構大変。
このお弁当はお箸とスプーンを両方使った方が食べやすいかも。

DSCF3257_20120903040246.jpg
ハーブチキントマトカレーライスは、「具沢山野菜のあっさり味トマトカレーソース」と説明書きがあったとおり、トマトの酸味を感じ、さっぱり味ながらも淡白すぎない旨味があって、かなり美味しかったです。
具にはニンジンとナスが入っていましたが、ナスはかなりたっぷり目でとっても柔らかでした。

DSCF3258_20120903040246.jpg
インディアンはレンズ豆とソーセージ入りスパイシーカレーソースです。
濃厚なしっかり味でご飯が進み、たっぷりのレンズ豆が入っていました。
ソーセージもところどころに入っていて、ボリュームたっぷり。

DSCF7064.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ご飯はたっぷりのハーブと一緒に炊き込んだハーブライスなので、断面を見ると、ところどころハーブが入っていて、ご飯だけでもしっかりとしたハーブ味がします。


SN特製弁当 ハーフ&ハーフ [イタリアン&インディアン] (650円)
DSCF3251_20120903040326.jpg
先輩はできればヘルシー系とのことで、野菜たっぷりのイタリアンとお豆たっぷりのインディアンの組み合わせにしました。

DSCF3252_20120903040325.jpg
相変わらずの美味しさで大満足だったとのことです。


Fさんはハーフ&ハーフの大盛りにしたのですが、お肉やルーだけでも充分なボリュームだったようで、普通盛りでもよかったとは言っていましたが、お弁当のお味はとても気に入ったようでよかったです。

それにしても、ハーフ&ハーフで大盛りでもお値段が変わらないって、本当にすごいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
 ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
 コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
 インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
 チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
 ロシアン&カレー (2011年6月27日
 アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
 チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
 カレー&キーマカレー (2011年9月5日
 Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
 トマトカレー&インディアン (2011年12月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年12月5日訪問時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
ハーブチキンライス屋「SN dining」 (えすえぬだいにんぐ)
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
TEL&FAX  03-6317-77634
営業時間 11:30~14:00
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/09/03 05:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
焼きたてフィナンシェ <noix de beurre>  @新宿伊勢丹
DSCF1773_20120819094031.jpg
2012年7月3日は上司が出張で不在だったので、T事務所様の女性社員さんと一緒にお昼を食べることになりました。
ランチの場所は先輩と私の働く事務所だったのですが、大変ありがたいことにT事務所様からとても立派なお弁当を差し入れていただき、女子3人で楽しくおしゃべりをしながら美味しくいただきました。

DSCF1757_20120819094119.jpg
実はこの日、お弁当だけではなくデザートの差し入れもいただいていたのですが、お弁当だけでお腹が一杯だったのと、しゃべり続けていて食べる時間がなくなっちゃったので、午後のおやつの時間にいただくことにしました。

DSCF1759_20120819094119.jpg
お菓子は白地に赤でお店のロゴが書かれた大きな紙袋に入っていました。

DSCF1767_20120819094118.jpg
生ケーキとフィナンシェの2種類のお菓子をいただいていたので、二人分だけでもこんなにたくさん!

DSCF1760_20120819094119.jpg
この日のおやつにいただいたのはフィナンシェの方で、紙袋と同じデザインのこちらの袋に入っていました。

DSCF1764_20120819094118.jpg
このお菓子は「noix de beurre(ノワ・ドゥ・ブール)」というお店のものです。
スイーツに全く知識のない私はもちろん知りませんでしたが、兵庫県神戸市中央区に本社のある株式会社エーデルワイスが運営するブランドの一つです。
新宿伊勢丹と日本橋三越に入っていて、この日は新宿伊勢丹で買ってきて下さいました。

DSCF1768_20120819094118.jpg
「ノワ・ドゥ・ブール」とはフランス語で小さなバターのかたまりという意味だそうで、素材の風味を生かし、作り立ての美味しさ、それぞれのお菓子の一番美味しい瞬間を届けたいとのこと。

DSCF1771_20120819094031.jpg
この日いただいたフィナンシェは特にイチオシのお菓子で、ローストしたスペイン産マルコナ種アーモンドプードル、国産発酵バター、きび糖などを使い、高温のオーブンで短時間に焼き上げることで中はしっとり、外はカリッとした食感に仕上げているそうです。


焼きたてフィナンシェ (210円)
DSCF1772_20120819094031.jpg
いただきま~す!

DSCF1773_20120819094031.jpg
長方形のフィナンシェは、中央部分が少しだけ膨らみ、こんがりと茶色に焼けています。

DSCF1774_20120819094031.jpg
よく会社でいただいたフィナンシェは、スポンジケーキの様に柔らかい食感が多かったですが、確かに外側はかたく、中はもっとしっとりとした食感でした。

DSCF1775_20120819094030.jpg
どっしりと甘く重たく、甘いものが苦手な私には、体中が痺れる感じでした(汗)。
そのせいか、1個食べるだけでとてもボリューム感があります。


このフィナンシェは、焼き立てを店頭販売しているそうです。
食べたときはもう常温になっていたので、温かい状態のを一度食べてみたいです。


2012年7月3日購入時お店DATA
***********************************
noix de beurre 伊勢丹新宿店 (ノワ・ドゥ・ブール) 
〒160-0022 
東京都新宿区新宿3-14-1 
伊勢丹新宿本店地下1階
営業時間 10:00~20:00(百貨店に準ずる。)
定休日 百貨店に準ずる。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2012/09/01 10:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる