築地 宮川本廛 四谷店  @四谷三丁目
今日で10月も終わり。そして、ハロウィンですね。
個人的になじみのないまま来てしまったのですが、巷の様子を見ていると、すっかり年中行事としてハロウィンが定着しましたね~。

DSCF5137_20121026200903.jpg
2012年1月20日は週の最後の金曜日。
この日は東京に初雪が降り、もしかしたら10センチも積もるんではないかと言われていたとても寒い日でした。
こんな日は外出したくないということと、Fさんに紹介してみたくて、久しぶりに「シローズ」のデリバリをお願いしてみようと上司にお伺いを立ててみたのですが、「シローズか、、、もっとしみじみ美味しいものがいいなぁ。鶏丼はどうだ?」とのお言葉により、「築地 宮川本廛(みやがわほんてん) 四谷店」に変更(泣)。
まぁ、「宮川本廛」は出前がとても早いので、こういう日にはうってつけかも。

店

実際の店舗には行ったことがなく、専ら出前をお願いしています。
お店の場所は、JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に向かって進み、通りの左側、この写真の路地を入ったところにあります。もう少しで津之守坂交差点という場所です。

市ヶ谷経済新聞によれば、2012年2月13日、「宮川本廛」の支店として、「荒木町 宮川」という和食のお店がオープンしたそうです。

2010_0827画像0054
こちらはお料理をのせてくるお盆です。

前回出前をお願いしたのは2011年12月6日だったので、約1ヶ月半ぶりでした。

DSCF5131_20121026200949.jpg
こちらのお店は配達がいつもとても早くて、すぐに届けてくれます。

11時半近くに電話で注文したところ、お店の女性店員さんはこちらのことを覚えてくださったようで、「いつもありがとうございます。」と言われて、嬉しかったです。
話している時に他の電話が鳴っているのが聞こえたので、天候のせいで混んでいるなぁと感じました。

「30分ほど見てください。」といわれていたのですが、配達員さんが到着したのは11時50分と、わずか20分で来てくれました。
この日はお昼を食べるのが遅くなりそうだと覚悟していただけに、とてもありがたかったです。

2009_0220画像0002
こちらは以前撮影した写真です。
お店のお箸です。
先輩と私はできるだけマイ箸を使うようにして、割り箸はいただかないようにしています。

DSCF1141_20120609150602.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お新香の入った容器にはサランラップをかけてあります。

DSCF5135.jpg
自分で手が届くお値段がお安めのメニューはほとんど食べてしまったので、前回と同じになってしまいますが、このお店で一番お気に入りのきじ重(上)をお願いしました。

DSCF1148_20120609150520.jpg
お重のフタを開けるとき、とってもドキドキします。

DSCF1149_20120609150519.jpg
フタの裏側は鮮やかな赤色で、金文字で店名が入っていました。



きじ重・上 (1,260円)
DSCF5136.jpg
お重とお新香のセットです。

DSCF5132_20121026200949.jpg
お新香は定番の2種盛りです。

DSCF5134_20121026200948.jpg
黄色いタクアンが2切れと、、、

DSCF5133.jpg
紫色の柴漬けです。

DSCF5137_20121026200903.jpg
きじ重は、ご飯の上に刻み海苔を敷いて焼いた鶏肉がのせられ、さらにその上に卵焼きと絹さやがトッピングしてありました。

DSCF5139_20121026200903.jpg
卵焼きは大きな長方形のものを2つに切ってあります。
ふんわりとした控えめな甘さでした。

DSCF5138_20121026200903.jpg
茹でた絹さやの緑色が彩りのアクセントになっています。
いつもは確か2つあったと思うのですが、、、。

DSCF5140_20121026200903.jpg
鶏肉は、美味しそうなお醤油色に染まって香ばしく焼かれ、一口大に切ってあります。
胸肉でしょうか、噛むと程よい弾力がありました。
お肉に塗られたタレはそれ程甘みがなく、お肉によくしみこんでいます。

DSCF5142.jpg
「宮川本廛」はご飯が軟らかめなことが多いですが、この日はそれ程気にならずにいただけました。


全体のボリュームは普通です。
これまでいろいろなメニューを食べてましたが、シンプルなこのお弁当が一番CPが良くて美味しいので、ついついこればかり食べてしまいます。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

うな重・竹  (2009年9月1日2011年7月25日
きじ重・特上 (2009年4月14日
きじ重・上 (2008年1月22日2011年8月8日2011年12月6日2012年1月20日
合盛重 (2011年9月26日
うな玉重・特上 (2009年5月31日
うな玉重・上 (2008年5月13日
親子重・特上 (2009年5月22日
親子重・上 (2009年2月12日
きじそぼろ重・上 (2008年9月29日
三色重・上 (2008年11月14日2010年8月26日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


出前のメニューはこちら↓です。
2008_1115画像0105

2008_1115画像0107

2008_1115画像0108


2012年1月20日宅配時お店DATA
****************************
築地 宮川本廛 四谷店 (みやがわほんてん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-11-9
電話 03-3341-7777  
FAX 03-3341-7805 
定休日 水曜日
地下鉄四谷三丁目から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩10分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/31 00:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Trattoria Fiore Cusina Italiana  @麹町
少し前にしんみち通りを歩いていたら、「炭膳」が閉店しているのに気付きました。
大好きなお店だっただけにとってもショックです。
このところご無沙汰していたので、閉店時期が事前にわかっていたら、最後にお料理を食べたかったです、、、。

DSCF5118_20121026194654.jpg
2012年1月19日は上司が出張で不在の日だったので、Fさんと先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
Fさんに美味しいお店を紹介したくて、どんな料理が食べたいか聞いたところ、「洋食系で。」とのこと。「スパゲッティ ながい」は上司と既に行ったと聞いていたので、「Trattoria Fiore(フィオーレ)Cucina Italiana」に行くことにしました。

外観

地下鉄麹町駅の5番出口を出て日テレ通りを渡ってすぐのニューテシコビルの地下1階です。
赤い屋根と緑色の看板がとても色鮮やかで目立っています。

交差点の角であるお隣のビルには2007年8月3日に訪問した「アジャンタ」があります。

DSCF0137.jpg
前回ランチ訪問したのは2011年10月21日だったので、約3ヶ月ぶり、5回目です。

DSCF5128_20121026194459.jpg
日テレ通りにはランチメニューの看板が出ています。

DSCF5129_20121026194459.jpg
この日はお料理の注文後にすぐにメニューを下げられちゃったので、詳しいお料理の内容はこちらだけです。

DSCF0139.jpg
「フィオーレ」ではお弁当の販売もしていて、私もよく利用しています。

DSCF0763.jpg
お弁当は午前10時30分から販売しているそうです。
早い!

DSCF0762.jpg
以前は日テレ通りでもお弁当を販売していましたが、今は地下の入口前のスペースだけです。
「フィオーレ」のお弁当は全て600円と、とてもお安くてしかもボリュームたっぷりです。

DSCF0758.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
階段を降りると、壁一面が棚になっていてお弁当がたくさん並べられています。

DSCF0756.jpg
棚の上には天井まで届く大きさのメニュー表が貼り出されています。

12時20分ぐらいにお店に到着したところ、お弁当売り場はそこそこお弁当が残っているのにもう閑散としていました。いつも大混雑しているのに、こんな日もあるのかとビックリ。

DSCF5101_20121026194817.jpg
入店してみると、ちょうど2人席が飛び飛びで2つ空いているという実に中途半端な状態(汗)。
先輩は別々に食べましょうか?と言ってくれたのですが、せっかくなので少し待つことにしました。
暖かい店内に入れていただき、デザートのケースの前でに立っていたので、ずらりと並んだケーキを見ることが出来ました。

DSCF5102_20121026194816.jpg
並んでいる途中にメニューが渡され、先に注文。
この日は生パスタは既に売り切れでした。
限定のAセットはまだあったので、Fさんと先輩が注文。
私もAセットを食べたかったのですが、食べたことのないパスタの盛り合わせをお願いしました。

2010_0727画像0015
店内は奥に向かって広がっています。
入ってすぐ右手に厨房があり、その周りにテーブル席が並べられています。

2010_0727画像0010
こちらは厨房です。

このお店はかなり盛りがいいので、イタリアンにしては男性客もかなり多いです。

DSCF0115.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
壁にはディナーメニューの黒板が掛かっていました。

DSCF5106_20121026194815.jpg
程なく席が空き、店員さんが大急ぎで二人席をくっつけて四人席にしてくれました。
席の間隔はかなり狭く、お腹が出ている上司は隣のテーブルと接触しないように注意が必要です(笑)。

DSCF5108_20121026194737.jpg
それ程広くないテーブルの上には、お水のボトル、紙ナプキン、爪楊枝、唐辛子オイル、唐辛子、唐辛子ペースト?、粉チーズなどなど、いろいろなものがのっています。

DSCF5107.jpg
こちらの唐辛子ペースト?ですが、前回の写真を見たら青唐辛子だったので、自家製で、いろいろと作っているのでしょうか。

DSCF5103_20121026194816.jpg
注文を終えると、すぐにパンが登場。
小さなバスケットの中にパンとチーズペーストの入ったココットが入っています。

DSCF5105_20121026194816.jpg
バケットは一人1個ずつで、3つありました。
パンは皮がパリパリとしていて、中はふんわりやわらか。
素朴なお味です。

DSCF5104_20121026194816.jpg
チーズペーストはやや黄色っぽく、ところどころにハーブが入っています。
しっかりとチーズの風味がきいて、とっても美味しい!
これ、販売してくれたら是非買ってみたいです。

DSCF5126_20121026194459.jpg
このチーズペーストを食べるだけでも「フィオーレ」に来た甲斐があります。
パンにたっぷりとチーズをのせて食べると、美味しくってこれだけでパンを食べ切っちゃいそうになってしまうので要注意!

DSCF5109_20121026194737.jpg
次にスープが登場。
白いダブルソーサーの器に入ったスープはかなりボリュームがあります。

DSCF5111_20121026194737.jpg
トマトベースのスープで、中に野菜が入っています。

DSCF5112_20121026194737.jpg
トマトの酸味と野菜の甘みを感じますが、少々塩気が強かったです。
お酒が飲みたくなっちゃいました(笑)。

DSCF5113.jpg
野菜はタマネギやキャベツなどが入っていました。


本日のランチメニュー Pranzo A
若鶏のコトレッタ ~カツレツ~(自家製タルタル添え)&<茸のマデラ酒風味ソース> 
スパゲッティ ポモドーロのお皿 ~トマトソース~ (1,000円)
DSCF5114_20121026194655.jpg
Fさんと先輩の注文したメニューが先に出てきました。
限定30食のこちらのお料理、たっぷりのスパゲッティにお肉が添えられています。

DSCF5115_20121026194655.jpg
スパゲッティもお肉も、それぞれ単独でも大丈夫なぐらいのボリュームです。

DSCF5116_20121026194655.jpg
うーん、美味しそう!
やっぱりこっちにすればよかったかしらと、ちょびっと後悔(笑)。


本日のサービスパスタ Pranzo B
スパゲッティ メディチ家 ~ボロネーゼ、クリーム~ 
リガトーニ(土管型パスタ) ゴルゴンゾーラチーズソース 2種盛り (1,000円)
DSCF5118_20121026194654.jpg
Aセットに続いて、すぐに私の注文したBセットが登場。
大きな白い丸皿の上に、手前にスパゲッティ、奥に器に別盛りされたリガトーニが盛られています。

DSCF5119_20121026194654.jpg
ココットに入っているのは、土管型パスタのリガトーニです。
これだけ太いパスタはあまり食べたことがありません。

DSCF5121_20121026194535.jpg
「フィオーレ」はハーブ使いが大胆で、見ていて楽しく、食べて美味しいです。
こちらはイタリアンパセリでしょうか?
ハーブに疎くてすんません(汗)。

DSCF5124.jpg
ゴルゴンゾーラですが、それほど青カビのクセは感じず、チーズの旨味を感じました。
大きなパスタなので、しっかりと噛みしめます。

DSCF5120_20121026194623.jpg
もう一つのパスタはボロネーゼです。
これだけでもかなりたっぷりの量で、その辺の単品のスパゲッティよりよっぽど多いです。
グリーンピースと粉チーズとローズマリーがトッピングされていました。

DSCF5122_20121026194535.jpg
枝ごと置かれた生のローズマリーの香りが立ちのぼります。

DSCF5123.jpg
グリーンピースの付け合わせって珍しい。
スパゲッティはつるつるとした口あたりでのど越し抜群。
トマトソースがサッパリながらもコクがあって美味しいです。

DSCF5125_20121026194459.jpg
卓上にいろいろ調味料が置いてあったので、せっかくなので唐辛子を粉チーズを加えました。
唐辛子はしっかりと辛く、メリハリがはっきりして美味しかったです。

DSCF5127_20121026194459.jpg
この日の伝票です。


ボリュームたっぷりでチーズのコクもあり、お腹いっぱいで大満足です。
お値段は1,000円かかりましたが、CPはとってもいいです。
先輩もFさんもお腹いっぱいで美味しかったとのこと。

この日、帰りがけにメニューを見ていたら、チキンカレーを発見!
こんなメニューもあるのかと驚きです。
次回はなかなか巡り会えない生パスタかチキンカレーを食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
[ランチ]  
Aランチ ポルペッティのトマト煮 (2007年9月4日
Aランチ 若鶏のローマ風トマト煮込み (2011年8月16日) 
Bランチ スパゲッティ&リガトーニ (2012年1月19日
Dランチ パルジャミーノチーズの焼きリゾット (2010年7月27日
とっても辛いスパゲッティ<国産牛スジ肉のスパイス煮込みソース> (2011年10月21日

[ディナー] 2008年2月1日

[お弁当]
  チキンロースト:トマトソース (2008年2月12日)  
  チキンロースト:中華風照り焼き (2008年4月11日
  若鶏のグリル:ねぎ塩チキンレモン添え (2010年10月12日
  若鶏のグリル:きこり風ソース? (2011年1月11日
  若鶏のグリル:ピッツァ職人風 (2011年2月21日)   
  肉だんご:トマトソース (2008年9月9日) 
  オムライス:キーマナスカレー (2009年11月10日
  ハンバーグ:チーズとトマトのピッツア風 (2010年6月17日
  ハンバーグ:モッツァレラチーズのせカレーソース (2010年9月29日
  オムライスと日替わりパスタ[きのこ入りツナクリーム](2010年10月21日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


以前撮影したランチメニューです↓
DSCF1570_20120706220059.jpg

DSCF1571.jpg

DSCF1572_20120706220059.jpg

DSCF1573_20120706220058.jpg

DSCF0110.jpg

DSCF0102.jpg

DSCF0103.jpg

DSCF0104.jpg

DSCF0105.jpg

DSCF0106.jpg

DSCF0107.jpg

DSCF0108.jpg

DSCF0109.jpg

DSCF0111.jpg

DSCF0112.jpg

DSCF0113.jpg


2012年1月19日訪問時お店DATA
********************************
Trattoria Fiore Cusina Italiana 
(トラットリア フィオーレ クッシーナ イタリアーナ)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町3番地11 ニューテシコビルB1F
TEL 03-3264-3928
FAX 03-3264-3928
営業時間 11:00~0:00
定休日 日曜
地下鉄麹町駅から徒歩1分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/30 06:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(1) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
昨日の朝、先週のリベンジをすべく、20キロ走破を目指してジョギングをしたのですが、途中から雨が降り出して、残念ながら17キロで断念。
あと3キロだったので、私は走っちゃいたかったのですが、同行者がメガネ&半袖だったので辛かったようです。
気温が低かったので身体のダメージも少なく、20キロは間違いなく走れるなと実感しましたが、当日は25キロ超でしかも上り坂(汗)。もうちょっと走り込みが必要です。

今日から新しい一週間が始まります。
今週もがんばりましょう☆

DSCF5089_20121026193052.jpg
2012年1月18日のランチは、上司とFさんが「番町 松月庵」の出前をお願いしたので、私は「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」に買いに出かけました。
お正月太りのまま次の夜の食事会が迫っていたので、少しでも軽めの食事がしたかったからです。

DSCF8639.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF8637.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2011年12月21日だったので、約1ヶ月ぶり、16回目です。

DSCF8638.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF0936.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

12時過ぎに事務所を出てお店に到着すると、持ち帰りは先客1名だけだったので、暖かい店内に入って待つことが出来ました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

先にお会計をしてからお料理の出来上がりを待ちますが、会計時に「お箸はいりません。」と伝えても、長年の習慣は変わらないようで、「わかりました。」とその時は言ってくれるものの、実際にはほとんどの場合そのまま袋に入れてくれるので、なるべく袋詰めをするときに「お箸はいりません。」コールをするようにしています。

DSCF5081_20121026193127.jpg
食べたことのないメニューをと思い、かき揚そばを注文。
いつもうどんを注文していたのに、この日はずいぶんご無沙汰していたせいか、何故かお蕎麦で頼んじゃいました(汗)。
それ程待たずにお料理が出来上がりました。

事務所に戻ってみると、珍しく「松月庵」さんの出前が遅くてまだ来ていませんでした。
その後やって来た配達員さんに聞いてみたところ、店員さんが風邪か何かで一人お休みとのことで、配達が遅れ気味とか。
こんなに忙しいお店で一人欠けたら、さぞかし大変だろうなぁ。

DSCF5083_20121026193127.jpg
容器は白いプラスチック製のドンブリで、フタが透明です。

DSCF5084.jpg
かき揚はと~っても大きいです。
サランラップでくるまれているので、のせたてを食べることが出来ます。

DSCF5082_20121026193127.jpg
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。
この日は何故か2つ入っていました。

DSCF5085_20121026193053.jpg
トッピングは「瓢箪」の三大トッピングである長ネギ・ワカメ・かまぼこだけです。
少し置いていたので、お蕎麦がのびて、蕎麦ツユから顔を出しています(汗)。

DSCF5088.jpg
長ネギは小口切りです。

DSCF5087_20121026193053.jpg
ワカメはそこそこの量が入っています。

DSCF5086_20121026193053.jpg
カマボコはかなり薄切りですが、フチがピンク色で中が白色なので華やかです。


かき揚そば (400円)
DSCF5089_20121026193052.jpg
かき揚げをのっけていただきま~す。
あまりにでっかくて、お蕎麦が全く見えなくなりました(笑)。

DSCF5090_20121026193016.jpg
かき揚げには、タマネギ、ニンジン、春菊などが入っていました。

DSCF5091_20121026193015.jpg
どこから食べていいのか、わかりません。
まずは少し時間をおいて、かき揚げの下の部分が柔らかになるのを待ちました。

DSCF5092_20121026193015.jpg
最初から薬味の七味唐辛子を全てかけて食べました。
一袋分ですが。

DSCF5093_20121026193015.jpg
久しぶりに食べた「瓢箪」のお蕎麦です。
汁を吸って麺がのびていますが、この日はたっぷりのかき揚げで味わいがしっかりしていたのであまり気にならなかったです。

DSCF5095_20121026193015.jpg
かき揚げは、シャクシャクした食感も楽しんだり、つゆにしっかりひたしてスープにかき揚げの旨味を移し、柔らかくなってとろけつつあるかき揚げを食べたりしました。


巨大なかき揚げのおかげでかなり食べごたえがありました。
ダイエットにはあまり向かないメニューでしたが。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめうどん (2011年11月24日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年1月18日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/29 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(1) | コメント(4) |
ジョナサン 四谷店  @四谷
昨日は嬉しい給料日でしたね!
今夜はちょっと豪華にお出かけの方も多いのでは?
ちょっとお天気が崩れそうですが、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2012年9月6日から千代田区の五番町と六番町でデリバリサービスを始めた「ジョナサン」のレポートです。

DSCF5832_20121021082400.jpg
2012年9月25日のランチは、「ジョナサン 四谷店」にデリバリをお願いしてみました。

DSCF6907.jpg
少し前に出前を始めたというチラシとメニューがポストが入っていました。
大手チェーン店だけあって注文最低金額が1,500円と低いので、一度注文してみたいと思い、チャンスを狙っていました。

DSCF7573.jpg
実店舗もそれ程遠くはありません。
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を四谷三丁目方面に向かって進み、通りを2つ越えた先に四谷東急ビルがあり、お店はその1階です。

入口の左側にはデリバリ用のバイクが置いてありました。

DSCF7574.jpg
「ジョナサン」は、株式会社すかいらーくが展開するブランドの一つで、関東だけでも300店舗以上ある巨大なチェーン店です。

あまりファミレスに行かない私には、「ジョナサン」が何が一番ウリなのかわかりません。
メニューをざっと見た限りではハンバーグが一番目についたので、ハンバーグの入っているメニューからチョイスすることにしました。

お店と同じメニューもありますが、お得なお弁当メニューも豊富です。
この日の夜は友人とディナーに行く予定でしたが、体重もまあまあだし、せっかくのチャンスだから好みのものをしっかり食べてみたくなり、お好み弁当の中からハンバーグと唐揚げ弁当をお願いしちゃいました。

DSCF5820_20121021082440.jpg
混雑するだろうから、早めに注文しなきゃ、と午前11時20分頃に注文。
30~40分ぐらいかかると言われたので、「ちょうど良いですね~。」なんて話していたら、なんと20分ぐらいで届けていただきました。
確かに店舗はそれ程遠くはないですが、あまりの早さにビックリです。


サービスタイム限定! ハンバーグとメンチカツ弁当 (450円)
DSCF5821_20121021082440.jpg
少ない金額だとなかなか出前に応じてもらえず、「番町 松月庵」をお願いすることが多い上司も、新たな選択肢が増えて嬉しいようでした。
それなのに、これだけたくさんあるメニューの中から、一番安いメニューをチョイス。
うーん、、、。
上司の注文したお弁当は、お安いだけあって、一回り小さい容器でした。

DSCF5822_20121021082440.jpg
お弁当を作った時間がシールで貼ってあります。
1時間以内だと美味しくいただけるとのこと。

DSCF5823_20121021082440.jpg
お弁当は黒い大きめの立派な紙の容器に入っていました。

DSCF5831_20121021082400.jpg
表に記載されたネームは「ジョナサン」ではなく、「すかいらーくグループ」との文字。
店名ではなくグループ名を記載するのって珍しいのでは?!
間違い防止のためか、私のお弁当にだけ、メニュー名が書いてありました。

DSCF5829_20121021082401.jpg
紙ナプキンやフォークなどは、半透明のビニール袋にまとめて入れられています。

DSCF5847.jpg
いただきま~す!


お好み弁当 ハンバーグと唐揚げ弁当 (690円)
DSCF5832_20121021082400.jpg
ご飯、メイン2つ、おかず3つが入っていて、なかなか豪華です。

DSCF5833_20121021082324.jpg
ご飯には黒ごまが振ってありました。

DSCF5834_20121021082324.jpg
ボリュームは普通です。

DSCF5838_20121021082323.jpg
右上にはお新香が入っていました。
薄い色合いの柴漬けで、ちょっと多いぐらいたっぷり目です。

DSCF5839_20121021082323.jpg
右中のおかずは青菜とニンジンの煮浸しです。
ダシがしっかりと利いていてさっぱりしていました。

DSCF5840_20121021082323.jpg
右下にはアイスディッシャーで丸くしたポテトサラダが入っていました。
滑らかな口あたりで、少し野菜が入っていました。

DSCF5835_20121021082323.jpg
ハンバーグは厚みがあり、結構な大きさです。

DSCF5854_20121021082247.jpg
お肉はみっちりとした食感で、フツーに美味しかったです。

DSCF5856_20121021082221.jpg
ハンバーグの下には千切りキャベツが敷いてあったので、かかっていたデミグラスソースと和えて食べました。

DSCF5843_20121021082248.jpg
唐揚げは大きめのものが3つありました。
下にはレタスが敷いてあります。

DSCF5858_20121021082221.jpg
唐揚げは下味がしっかりついていて、皮はパリパリでお肉は柔らかでした。
唐揚げ大好きですが、ダイエットでこのところあまり食べていなかったので美味しかったです。

DSCF5825_20121021082439.jpg
こちらは先輩が注文したお弁当です。

DSCF5826_20121021082401.jpg
お弁当の容器は私と全く同じものでした。

DSCF5827_20121021082401.jpg
コロッケ用のソースは、外側に小袋でセロハンテープでとめてあります。


平日だけの日替りランチ弁当 ②  (590円)
DSCF5848.jpg
注文する際、10種類ある平日だけの日替りランチ弁当を番号で伝えてたら、メニューが既に変わっていたようで、当初希望したものと違うメニューでした(笑)。
それでも、充分美味しくいただけたそうです。

DSCF5860_20121021082220.jpg
この日の伝票です。

DSCF5861_20121021082220.jpg
記載項目が多いのか、やたらと長いです。

DSCF5862_20121021082220.jpg
この日は3人分で合計1,730円。
配達料も込みだと考えると、とってもお安いです。


ハンバーグと唐揚げというボリューム感たっぷりな組み合わせのお弁当で、お値段も690円だし、充分満足できました。
最低注文金額がお安くて配達も早いので、これからも重宝しそうです。


メニューです↓
DSCF6907.jpg

DSCF6911.jpg

DSCF6912.jpg

DSCF6913_20121024055653.jpg

DSCF6914_20121024055614.jpg

DSCF6915_20121024055613.jpg

DSCF6916_20121024055613.jpg

DSCF6917_20121024055613.jpg

DSCF6918_20121024055613.jpg

DSCF6919_20121024055613.jpg

DSCF6920_20121024055533.jpg

DSCF6921_20121024055533.jpg

DSCF6922_20121024055533.jpg

DSCF6923_20121024055533.jpg

DSCF6924_20121024055532.jpg

DSCF6908.jpg

DSCF6909.jpg


2012年9月25日注文時お店DATA
**************************************
ジョナサン 四谷店
〒160-0004
東京都新宿区四谷2-1-3 四谷東急ビル1階
電話 03-5919-3266
営業時間 24時間
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/26 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
地酒と季節料理 COFFEE&SNACK ベルモント  @四谷
昨日は朝から結構冷え込みましたね~。
そろそろお客様には温かいお茶を準備しなければと思い、半年ぶりぐらいに事務所の電気ポットを取り出し、ポット洗浄中を使ってお掃除しました。

DSCF5065_20121021081301.jpg
2012年1月17日は、上司が不在だったのでお弁当の先輩を置いて外へランチを食べに出ました。
しんみち通りに幾つか新店が出来ていたので行ってみたのですが、2つあった新店はどちらもランチ営業はなし(汗)。
しんみち通りを抜けて、新宿通りの交差点を渡り、2011年12月19日にランチ訪問した「カフェ・ド・プリン」が入っている中央総合ビルに食べたことのないランチのお店があったと思って行ったのですが、ランチ営業をやめてしまったようで、こちらも空振り(泣)。
そこで、同じ新宿通りにあり、長年の課題店だった「地酒と季節料理 COFFEE&SNACK ベルモント」へ行ってみることにしました。

DSCF5078_20121021081032.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿三丁目方面に進んで曲がり角を一つ越えたちょっと先に新盛ビルがあり、お店はその2階です。

DSCF5079_20121021081032.jpg
窓に描かれたデザインといい、看板の雰囲気からしても、かなり老舗な感じです。
この記事を書いているときに知ったのですが、土曜日は定休日なのに日曜日は営業しているそうです。
かなり珍しいパターンでは?

DSCF5077_20121021081032.jpg
新宿通りにはランチメニューを写真入りで詳しく説明している看板が出ています。

DSCF5080.jpg
もう一つ大きな看板がありました。
お店が2階にあってちょっと敷居が高いですが、この日は看板に書かれた「お一人様でも安心してお食事出来るお店です。」という言葉に勇気を得て、入店することに。

DSCF5076_20121021081032.jpg
ビルはかなり古めかしいです。

DSCF5075_20121021081108.jpg
エレベーターがありますが、私は階段を登って2階に行きました。

DSCF5074_20121021081109.jpg
階段を登って左側がお店の入口です。

DSCF5073_20121021081109.jpg
小さな扉を開けて入店してみると、意外に(失礼!)お客さんがかなり入っていました。
店内はそれ程広くはなく、正面にカウンター、その周りにテーブル席が並んでいます。

DSCF5056_20121021081346.jpg
こちらは注文をした後の写真です。

私は手前真ん中ぐらいの二人用テーブル席に着席。
お客さんは男性が多かったですが、女性もちらほら。

フロアはおばちゃまが担当し、厨房に旦那様と息子さんでしょうか、男性二人がいらっしゃり、三人でお店を切り盛りしています。
常連さんが多いようで、おばちゃまと言葉を交わす人も結構いました。

DSCF5057_20121021081345.jpg
テーブルは小さく、お客さんの数によって席を分けているのか、私の席には他の席に置かれているものは何もありませんでした。

DSCF5052.jpg
ランチメニューです。

DSCF5053_20121021081346.jpg
メニューはかなり豊富です。
スパゲッティ3種、ピラフ2種、カレー2種の他、定食が13種類もありました。

DSCF5054_20121021081346.jpg
お値段は700円から900円とお手頃です。

DSCF5055_20121021081346.jpg
この週はお正月太りのままなのに2回も夜の外食を予定していたので、少し軽めに食べたいと思い、表の看板で一番最初に名前の挙がっていたスパゲティ・カレーを注文。

DSCF5063_20121021081301.jpg
おばちゃまが紙ナプキンとフォーク、次いで粉チーズを持って来てくれました。
私が入店したのは12時15分頃だったので、出来上がったお料理や食後のコーヒーを出すのに忙しく、おばちゃまがお冷やを忘れていて、少し経ってからいただきました。
私はお水をほとんど飲まない人なので、自分でもお水がないことに気付いていませんでいた(笑)。

DSCF5058_20121021081302.jpg
スパゲッティ用の粉チーズは小さな容器に入れられて出てきます。

DSCF5059_20121021081301.jpg
たっぷりで嬉しいです。


スパゲティ・カレー (700円)
DSCF5064_20121021081301.jpg
しばし待って、お料理の登場!

DSCF5065_20121021081301.jpg
オーバル型の白いお皿にスパゲッティが盛られ、左横にキャベツの千切りが添えられていました。

DSCF5066_20121021081149.jpg
キャベツは千切りで、たっぷり。

DSCF5067_20121021081149.jpg
あらかじめドレッシングがかかっていました。
スパゲッティがややざらついた口あたりだったので、瑞々しい野菜はありがたかったです。

DSCF5068_20121021081149.jpg
スパゲッティのボリュームはなかなかで、ニンジン、ピーマン、タマネギ、お肉などが入っていました。

DSCF5069_20121021081146.jpg
ピーマンの緑色がツヤツヤしていて、彩りがキレイ。

DSCF5070_20121021081619.jpg
カレー粉をたっぷりまぶしてあるせいか、やや粉っぽくのど越しはあまりよくないですが、意外にスパイシーでした。

DSCF5071_20121021081109.jpg
お肉は多分、豚肉です。

DSCF5072_20121021081109.jpg
途中から粉チーズをたっぷりのせて、味を変えてみました。
カレーの辛さがやや引っ込んで、チーズのまろやかな味が加わわりました。


全体のボリュームは普通です。
揚げ物メニューは結構ボリューム系のようだったので、次回来るときにはチャレンジしてみたいです。

入口すぐのところにあるレジの近くにはハンガーが置いてあり、この日は知らなかったのでもう一つの空いているイスに置いちゃいましたが、そこに上着を掛けたりもできたようです。


2012年1月17日訪問時お店DATA
**************************
地酒と季節料理 COFFEE&SNACK ベルモント
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-9-3 新盛ビル2階
TEL 03-3357-9719
営業時間 
[平日] 11:30~15:00 17:00~23:30
[日曜] 18:00~23:30
定休日 土曜・祝日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/25 05:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
原始焼 六番町 魚鷹  @市ヶ谷
昨日は大荒れなお天気でしたね~。
ちょうど12時頃に雨が一息ついたので外へ食べに出かけたら、食事中に雷がすごかったようで、お弁当の先輩から安否確認メールが届きました。
歩いている時間帯は雨のピークとはずれて、本当にラッキーでした。

DSCF5046_20121021075948.jpg
2012年1月16日はお昼になっても上司がなかなかランチのことを言い出さず、「外で食べよう。」と声をかけられたのは12時40分過ぎでした。
この冬一番の冷え込みで、曇天の暗い空の下、寒さに身体を震わせながら、上司のお気に入りの「原始焼 六番町 魚鷹(うおたか)」へ行きました。
どうやら、我らが上司は寒い中お店で並ぶことがないよう、わざわざ遅い時間に来たようでしたが、人気店の「魚鷹」は遅い時間でも人が絶えず、結局2、3人は待つことになりました。

DSCF1444.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かいます。
2つ目の信号を右折、次の角を左折して少し先に行くと佐藤ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF1445.jpg
日本テレビ通りから1本入ったこの道は道幅が細く、学校や住宅があるせいかとても静かです。

「魚鷹」は2010年9月14日にオープンしました。
前回ランチ訪問したのが2011年11月29日だったので、約1ヶ月半ぶり、10回目の訪問です。

DSCF1446.jpg
ビルの前の敷地は日本庭園風になっていて、立派な石灯籠が置かれています。

DSCF1448.jpg
お店の前にランチメニューが2段になって出ています。
全部で5種類あり、お値段は980円から2,000円と少しお高めな設定です。

こちらは以前撮影した写真なので、ランチが13時半までとなっていますが、現在は時間が延長し、14時半までになっています。ラストオーダーは14時です。

DSCF5031_20121021080054.jpg
下の方には、日替わりの内容が書かれています。

DSCF1443.jpg
ちょっとした空間ですが、小石を敷き詰めた小さな廊下があって、ランチのお値段が出ていなかったら、なかなか入るのに勇気がいりそうな雰囲気です。

DSCF1103_20120608223302.jpg
入ってすぐのところにレジがあります。
後ろの壁にはいろいろな器や、、、

DSCF5032_20121021080054.jpg
植物などが飾られていました。

DSCF1440.jpg
店内は奥に向かってのびていて、すぐ右手に大きな焼き場と厨房とカウンター席があり、さらに奥にテーブル席があって、結構広々としています。

お店に入ってすぐ右手にこちらの囲炉裏のような大きな焼き場があります。
店名にもある「原始焼」とは、この炉で備長炭によって焼かれるとのこと。

この焼き場の前にはウェイティング用のイスが置かれています。

DSCF0301.jpg
カウンター席から見た厨房です。

DSCF1439.jpg
奥のテーブル席に向かう通路に大きな冷蔵庫が置かれ、たくさんのお酒が並んでいます。
うーん、美味しそう! ランチ訪問なのが残念。

DSCF9458.jpg
冷蔵庫の中にはお漬け物でしょうか、甕が入っていました。
ランチにはお手製らしきお漬け物がついています。

DSCF1410.jpg
お店の奥にあるテーブル席です。

DSCF1411.jpg
店内はシンプルですが、落ち着いた内装です。

DSCF9266.jpg
場所によって掛かっている絵の文字が違います。

DSCF1412.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
壁にはメニューというか、魚の名前が貼り出されています。
読めない漢字が2つありました。
「鶏魚」は「イサキ」、パソコンだと文字が出てこなかったのですが、左から2番目の札は縞ホッケとのこと。
勉強になりました。

DSCF9265.jpg
結局席に通されたのは午後1時近くでした。
入口から左手にある半個室っぽく区切られたスペースに4人用テーブル席が2つありますが、その奥側に着席。

卓上に置かれているのは爪楊枝のみです。

DSCF9442.jpg
席につくと、店員さんが温かいおしぼりを手渡してくれます。
寒さに震えていたので、ホッと一息。

DSCF5033_20121021080054.jpg
お茶は一年を通していつも温かいものです。
この日は熱々のお茶がとってもありがたかく啜りました。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1104_20120608223302.jpg
やや厚みのある木の板に紙のメニューがはめ込んであります。
5種類あるメニューは全てお魚です。

DSCF1105_20120608223301.jpg
店頭には出ていますが、中のメニューには日替わりの内容が出ていません。
店員さんが口頭で説明してくれます。

DSCF1106.jpg
お値段は980円、1,350円、2,000円とややお高めです。

この日の丼ぶりはほっけで、以前食べたことがあるような気がしたので、煮魚の鰤大根をお願いしました。


本日の煮魚定食 ご飯少なめ <鰤と大根の煮付け定食>  (980円)
DSCF5036_20121021080054.jpg
それ程待たずに、お料理が登場!
本日の煮魚定食は、メイン、小鉢、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。

DSCF5037_20121021080054.jpg
基本的なご飯の盛りが多いのか、女性客の場合だと店員さんから「ご飯の量はどうしますか?」と必ず聞かれます。
正月太りから脱却できず、しかも新年会が続いている私は、もちろん、少なめをお願いしました。
「魚鷹」のご飯は基本的に水分が多くて柔らかめに炊かれているので、かためが好きな私の好みとちょっと違うのがいつも残念です。

DSCF5040_20121021080021.jpg
お味噌汁はいつもと同じ、シンプルなアオサのお味噌汁です。

DSCF9326.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ダシはあっさり目で、アオサが色鮮やかでした。
アオサのとろんとした口あたりが美味しい♪

DSCF5042_20121021080020.jpg
お新香は甘酢漬けのキュウリと白菜のお漬け物の2種類です。
冷蔵庫に入っていた甕の中にあるお手製でしょうか、毎回同じ組み合わせです。

この日のキュウリは歯応えはパリパリしていましたが、お酢があまり効いていない感じでした。
白菜は切り昆布が入っていて、白胡麻がふられています。
やや塩気が強かったです。

DSCF5038_20121021080021.jpg
小鉢はヒジキの煮物です。
とても具沢山で、ヒジキのほか、油揚げ、ニンジン、お豆などが入っていました。
あまり甘くなくて、あっさり目の味付けです。
量も結構ありましたが、マイ箸がしょぼいこともあり、芽ヒジキなので最後はやや取り辛かったです。

DSCF5041_20121021080021.jpg
鰤大根は、長方形の角皿に鰤と大根が1つずつ盛られ、長ネギがトッピングされていました。

DSCF5043_20121021080020.jpg
薄く切った長ネギはたっぷりで、お魚と大根の様子がほとんど見えません。

DSCF5045_20121021075948.jpg
大根はかなりの厚みがあります。

DSCF5046_20121021075948.jpg
とても濃い、黒っぽい色合いでした。

DSCF5048_20121021075948.jpg
割ってみても、中までしっかりと色が入っています。
少し甘めの煮汁に煮込まれた大根はとっても柔らか。
お魚の煮汁と大根の味わいが違ったので、別々に煮て、最後に一緒にしている気がします。

DSCF5044.jpg
写真だとわかりにくいですが、鰤の切り身井はかなり大きめのサイズです。

DSCF5050_20121021075947.jpg
鰤の煮汁はそれ程甘みはなく、さっぱりとしていました。
あらかじめ調理してあるので、身は引き締まった食感です。
脂がのっているので、長ネギと和えて食べるとサッパリしました。


ご飯少なめにしていたこともあり、全体のボリュームは普通です。
いつも「魚鷹」の写真は照明との相性で黄色く光っていましたが、この席だと写真がだいぶ自然な感じで撮影できて嬉しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

本日の丼物 
 ホッケのほぐし身温玉丼 (2011年7月8日
 鮭のほぐし身温玉丼 (2011年7月12日
 サワラのほぐし身温玉丼 (2011年9月22日

本日のフライ定食 
 秋刀魚と鮭のフライ定食 (2010年10月26日
 アジのフライ定食(2011年8月23日

本日の煮魚定食
 笠子の煮つけ定食 (2011年7月22日
 金目鯛の煮つけ定食 (2011年7月26日) 
 鰈の煮付け定食 (2011年11月29日
 鰤と大根の煮付け定食 (2012年1月16日

刺身 御膳  (2010年10月18日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のメニューです↓
DSCF1418.jpg

DSCF1419.jpg

以前撮影した夜のメニューです↓
DSCF2165_20120608222706.jpg

DSCF2166_20120608222705.jpg

DSCF2167_20120608222705.jpg

DSCF2168_20120608222704.jpg

DSCF2169_20120608222703.jpg

DSCF2170_20120608222602.jpg

DSCF2171.jpg

DSCF2172.jpg

DSCF2174_20120608222600.jpg

DSCF2175_20120608222559.jpg

DSCF2176_20120608222511.jpg

DSCF2177_20120608222510.jpg

DSCF2178_20120608222509.jpg

DSCF2179_20120608222509.jpg

DSCF2180_20120608222508.jpg


2012年1月16日訪問時お店DATA
******************************
原始焼 六番町 魚鷹 (うおたか)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町3-20 佐藤ビル1階
TEL 03-3261-7897 
営業時間
[昼]11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜]17:00~23:00(L.O.22:15)
定休日 土日祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/24 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
麺心 國もと  @京成高砂
先週は毎日のように中央線が遅れていました。
混雑で全く動けないとき、降りる人が思いっきり私の靴を踏んづけながら出て行ったので、痛すぎました、、、(泣)。

本日は、マイブログ圏外の京成高砂にある「國もと」のリポートです。

DSCF5019_20121020010548.jpg
みなさま、京成高砂駅ってご存じでしょうか。
私にとっては人生で一番長く生活した場所なのですが、恐らく京成線沿線にお住まいの方以外は全く知られていない駅だと思います。
なので、人にはいつも「寅さんで有名な柴又帝釈天の隣の駅。」と説明しています(笑)。

ラーオタ的には京成高砂は長らくラーメン不毛の地でしたが、2011年10月16日にオープンした「麺心 國もと(くにもと)」というお店のかなり評判が高く、ラーメン本にまで掲載されたので、2012年1月14日のランチに食べに行ってみました。

DSCF5029_20121020010312.jpg
京成線京成高砂駅の北口を出て、ロータリーの左側、建物が二つ並んでいる間の細い道に入り、すぐ右手にお店があります。
徒歩30秒という表記が嘘ではなく、本当に駅からすぐそばです。

DSCF5030.jpg
お店は細長く奥に向かってのびていて、幅はかなり狭く、着席した人の後ろを通ることはできません。
席の後ろは全て扉になっているので、座る席のところにあるビルの通路の扉を開けて着席します。
2007年10月20日に訪問した「赤道」もこんな感じでした。

DSCF5005_20121020010725.jpg
12時少し前にお店に行くと、店内は満席で、2人が待っていました。
到着と共に先客が席についたので、一番手前の扉から入店し、券売機で食券を購入し、その場で席が空くのを待ちました。
とても寒くて風の強い日だったので、狭いスペースとはいえ、暖かい店内で待ててよかったです。

食事時ということもあって、私たちの後にもお客さんがどんどんやってきて、最大5人程並んでいました。
うーん、京成高砂において「牛角」以外で行列がでるとは!(笑)

DSCF5009_20121020010724.jpg
メニューは超濃厚豚骨魚介のつけ麺とお醤油ベースのらーめんの2種類です。

券売機を見た限りでは、ラーメン以外はビールのみで、餃子もライスもありません。
ほんと、ラーメン・つけ麺で勝負している!っていう感じでした。

DSCF5006_20121020010724.jpg
特製のトッピングがどういう構成なのか、ラーメンとつけ麺の麺量がどれぐらいなのか、きちんと表記してあって、とっても親切。

DSCF5008_20121020010724.jpg
内装はとってもシンプルですが、券売機の上には小さな鏡餅ととっても可愛らしいお人形が飾ってあって、ちょっと不思議な感じでした(笑)。

お客さんは男性が多かったですが、子供連れの家族もちらほら。
話題のお店だからと遠征しているらしきラーオタの方も。

DSCF5013_20121020010624.jpg
こちらのお店のご主人は有名店の「武蔵」ご出身とのこと。
どの方が店主さんかわからなかったですが、若い男性3人でお店を切り盛りしていました。
テキパキとした動きやたくさんの声がけがあり、とても気持ちのよい接客です。

DSCF5007_20121020010724.jpg
お冷やはセルフサービスです。
座る席によっては、お冷やを持って一旦外へ出て、また中に入って着席します(笑)。

DSCF5010_20121020010723.jpg
しばし待って、席が空き、カウンターの奥の方に着席。

DSCF5012_20121020010624.jpg
卓上には美味しそうな辛味がありました。

店主さんが「武蔵」出身なので、らーめんはお醤油系のすっきりしたタイプですが、このお店で有名なのは超濃厚のスープのつけ麺で、ほとんどのお客さんが注文していました。

私ももちろんつけめんを食べるつもりで、本当は特製つけめんにしたかったのですが、正月太りから抜け出せていなかったので、仕方なく普通のつけ麺を注文。
2012年1月5日に訪問した「ごっつ」と同じくクーポンがあったので、味玉をお願いしました。

DSCF5014_20121020010624.jpg
席から目の前でラーメンを作っている様子がよく見えます。
上の空間に寸胴をかき回す巨大なしゃもじ?がぴったりおさまっているなど、狭い場所を効率的に使う工夫があって、見ていて楽しいです。

DSCF5015_20121020010624.jpg
器は壁の上の方、麺を茹でるお湯の湯気に当たる場所に設置してあります。
提供時間近くなると、麺茹での寸胴の上に丼を直接上にのせて温めます。
さらに、チャーシューや味玉もざるに入れて温めていました。
温かいラーメンを食べるとき、冷え切った味玉を食べるのは興ざめなので、この工夫はとっても嬉しいです。

DSCF5016_20121020010624.jpg
太麺のため、茹で時間が10分かかるので、出来上がりまで少し待ちます。


つけ麺(730円)+味玉(クーポン利用)
DSCF5017_20121020010548.jpg
しばし待って、つけ麺が登場!

DSCF5018_20121020010548.jpg
太麺をきっちり巻いた形で盛られているので、麺は200gということもあり、やや量が少なめにこじんまりとして見えます。
味玉は麺に添えられていました。

DSCF5019_20121020010548.jpg
麺は瑞々しく、ツヤツヤと光っていて、とっても美味しそう!

DSCF5020_20121020010348.jpg
味玉子は丸ごと一個そのままの状態です。

DSCF5021_20121020010348.jpg
青い丼に入ったスープは濃い茶色で、具のほとんどは沈んでいます。
海苔、長ネギ、ナルトがトッピングされていました。

DSCF5022_20121020010347.jpg
海苔は長方形のものが1枚です。

DSCF5023_20121020010347.jpg
長ネギは小口切りでたっぷりめ。

最近ほとんど見かけないナルトも1枚ありました。
久しぶりに食べると、クニクニとした食感がよかったです。

DSCF5027_20121020010312.jpg
まずはスープを一口。
表面は少し温度が下がっていて、ぬるめなのかな?と思いましたが、下の方は熱々でした。
濃厚でこってりとした味わいですが、甘みがあって後味がとても軽いです。
地元贔屓ではなく、このスープ、すっごい美味しい!
そのまま飲むには少々濃いめですが、後をひいてずっと飲みたくなっちゃいます。
ぶるんぶるんの太麺をひたして美味しいスープを絡めて食べるととにかく美味しくて、食べる手が止まりません。

DSCF5025_20121020010347.jpg
味玉を半分に切って、記念撮影。
どうも上手に切れず、見た目が汚くてすみません(汗)。
鮮やかなオレンジ色の黄身は甘く、半熟でトロトロです。
全体の味付けは薄めです。

DSCF5026_20121020010312.jpg
つけ汁の中にメンマとカットされたチャーシューが入っていました。
このどちらも少々味が濃すぎて残念でした。
メンマは甘さもありますが、ちょっと塩気が強かったです。
チャーシューはお肉は柔らかでしたが、すごく濃い味付けでした。
スープが濃厚なだけに、もうちょっと淡い味わいの方がいいような気がします。

DSCF5028_20121020010312.jpg
麺を食べ終え、スープ割りをお願いしました。
スープだけでなく、ネギも投入してくれます。
直接飲んでもすっきりする濃度になっていますが、こってりとしたスープの味に慣れているので、ちょっと薄まってしまった感じです。
ネギがとても爽やかに感じました。


他の人のコメントでは、チャーシューやメンマの味付けが濃すぎるというのはほとんど見かけないので、その日のブレだったのかもしれません。

最初麺のボリュームを見たとき、ちょっと少なめかな~なんて思いましたが、スープが濃厚でスープ割りもいただいたのでお腹いっぱいになりました。
それでも、次回はぜひ麺の量を増やして食べてみたいです。

自分の地元にこんなに美味しいラーメン屋さんが出来てくれて、とってもハッピーです。
こんな辺鄙なところにお店を出してくれた店主さんには本当に感謝!


2012年1月14日訪問時お店DATA
*******************************
麺心 國もと (くにもと)
〒125-0054 
東京都葛飾区高砂5-36-10
電話 03-3607-8924
営業時間  
[昼] 11:00~15:00  
[夜] 18:00~22:00(日曜日は夜営業なし)       
定休日 火曜日
京成線京成高砂駅から徒歩30秒

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/23 06:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(6) |
Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール  @四谷
週末はとっても良いお天気でしたね☆
私は人生お初の20キロジョギングに挑戦したのですが、12キロぐらいのところで脇腹痛に見舞われ、残念ながら18キロで断念(泣)。
来週末こそは、20キロ走るぞ~!

DSCF4996_20121020004152.jpg
2012年1月13日は、週の最後の金曜日。
この日は先輩と二人きりのランチだったので、せっかくの金曜日だし、美味しいものを食べようと、外へランチを食べに出ました。
事前に何も考えていなくて、道路に出てからどうしようかと立ち竦んでしまいましたが、先輩の希望で「Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール」に行くことにしました。

DSCF5004_20121020004000.jpg
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、かなり奥の方の右手にあります。
この界隈では珍しいウッディな建物はとても目立ちます。

DSCF4092.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

この場所には「グリル・カバナ」というお店がありましたが、同じしんみち通りにあって2007年7月11日に訪問した「サルサ・カバナ 四谷店」が2010年9月20日に閉店し、2010年10月2日にこの場所に移転し、「Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール」という店名に変更してリニューアルオープンしたとのこと。
さらに、四谷三丁目にあった「サルサ・カバナ 四谷三丁目店」は新橋に移転し、2011年3月29日に「サルサ・カバナ セントロ」という店名でリニューアルオープンしたそうです。

DSCF4046.jpg
店内はそれ程広くはなく、左手に厨房とカウンター、右側にテーブル席が並んでいます。

DSCF4047.jpg
天井には旗を張り巡らし、壁には小さなライトをつけていて、ピカピカと光っています。
カラフルな切り抜きのような旗?がカワイイです。

DSCF4048.jpg
前回ランチ訪問したのは2011年1月13日だったので、何とぴったり1年前でした。
この時のランチメニューが以前とだいぶ変わってしまっていたのでしばらく遠ざかっていましたが、その後メニューが以前のラインナップに近いスタイルに戻っていたので、来てみました。

DSCF4087.jpg
12時15分頃に入店したところ、8割程の人の入りでした。

DSCF4086.jpg
壁の黒板にはテキーラについての詳しい説明書きがありました。
テキーラ飲みたい!

DSCF4975.jpg
私たちは中央にある二人用テーブルに着席。
中央のテーブルに座ったのは初めてです。
かなりこじんまりとしたスペースでした。

DSCF4977_20121020004433.jpg
卓上にはカトラリーのセットとハバネロソースが置かれていました。

DSCF4979_20121020004433.jpg
この日は使うのを忘れてしまいました(汗)。
残念。

DSCF4974_20121020004537.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF4976_20121020004433.jpg
メニューは全部で4種類、お値段は880円と980円です。
全品特盛サラダとドリンクが付いています。

悩みましたが、大きな鉄板ブリトーを注文。
お肉をチキンとビーフから選べるので、ビーフにしました。
テーブルが狭いからか、注文するとすぐにメニューを下げられてしまったので、隣の空席のメニューを拝借して写真撮影(笑)。


スープ (サービス品)
DSCF4980_20121020004432.jpg
最初にスープが出てきました。
この日がとても寒い日だからとのことで、サービス品です。
かなり冷え込む日だったので、非常にありがたかったです。
小さなコーヒーカップに入っているスープは白く、見た目からコーンスープ?かと思っちゃいました。
いただいてみると、多分チキンスープのようで、トロリとした口あたりで深い味わいがあって、とっても美味しい!

DSCF4981.jpg
スープの底には鮮やかな緑色の枝豆と鶏肉がたくさん入っていました。
このスープ、とっても美味しかったので通常メニューにも出して欲しいです。


特盛サラダ
DSCF4985_20121020004349.jpg
次に特盛サラダが出てきました。
以前とスタイルが変わり、サラダは別盛りになったようです。
リーフレタス、紫タマネギ、ニンジンとシンプルな組み合わせでした。

DSCF4984_20121020004432.jpg
ドレッシングはお手製でしょうか、甘さもありますが、ビネガーがしっかりと効いたタイプで私はとても美味しかったですが、風邪気味で口の中が荒れている先輩にはかなり大変だったようです(笑)。


メキシカンレモンスカッシュ
DSCF4986_20121020004349.jpg
ドリンクが、なんとでっかいジョッキで登場!
4種類あるメニューから、メキシカンレモンスカッシュを注文しました。
写真を撮り忘れましたが、ストローを別にいただきます。
炭酸は弱めで、レモンも酸味が強すぎず、甘みも少なくてすっきりしていました。

DSCF4996_20121020004152.jpg
ちょっと間が空いて、メインが登場!
狭いテーブルの上はかなり大変な状態です。
どんどん食べないと、お皿がのりきれません。


大きな鉄板ブリトー (880円)
DSCF4994_20121020004153.jpg
メインをのせた鉄板はジュージューと音をたてていました。
私はちゃんとメニューを見ていなかったので、この時初めて鉄板だと知りました(汗)。

DSCF4988_20121020004349.jpg
鉄板にはブリトー、ライス、サルサ、ワカモレがのっていました。
鉄板はかなり熱くなっていたようで、長い間ジュージューいっていました。
チーズがとろけて、とてもいい香りがします。

DSCF4989_20121020004348.jpg
アボガドディップのワカモレです。
ねっとりとした口あたりでとっても美味しい。

DSCF4990_20121020004348.jpg
フレッシュサルサです。
コリアンダーの味が鮮やかにしっかりときいていて、美味しいです。

サルサやワカモレ、どうやって食べていいかちょっと悩みましたが、多分どれに付けてもいいんだろうと思います(笑)。

DSCF4991_20121020004348.jpg
オレンジ色のライスはメキシカン炊き込みライスです。
これだけ食べるとほとんど下味がありません。
サルサやワカモレ、ブリトーと一緒にいただきました。

ブリトー以外はそれ程ご飯の進む味ではなかったので、ライスの量が多いだけにもうちょっと下味がついている方が好きかなと思いました。

DSCF4992_20121020004153.jpg
ブリトーはかなり大きいサイズで、厚みがあります。

DSCF4993_20121020004153.jpg
チーズが鉄板で良い感じに焦げています。

DSCF5002_20121020004058.jpg
まずは大きなブリトーをざっくりと半分に切ってみました。
中を見たくて開こうとすると、ブリトーの皮が鉄板にはり付いてしまい、なかなか動かない(汗)。

DSCF5003_20121020004001.jpg
中にはチーズやビーフがたっぷり。
ビーフはあらかじめレアに焼かれたものを小さく切ってサイコロっぽく入っていました。
お肉は柔らかです。
上にかけられているトマトソースはピリ辛味なので、とっても美味しい。
以前は普通のトマトソースだったような気がします。
鉄板なので、ずっと熱々のまま食べられました。


メキシカンコンビネーション (980円)
DSCF4997_20121020004152.jpg
先輩はブリトーも食べられるメキシカンコンビネーションを注文。

DSCF5001_20121020004058.jpg
ライス、ワカモレ、サルサは必ずついています。

DSCF4998_20121020004152.jpg
ブリトーも結構大きめでした。

DSCF4999_20121020004058.jpg
お肉は150gあるだけあって、とっても豪華!
以前メキシカンステーキを食べたとき、かなり肉質がかたくて食べるのに苦労したので今回は見送ったのですが、先輩の話では、お肉はレアに焼かれて以前に比べたら格段に柔らかだったとか。
次回はぜひこれを食べたいと決心した私でした。


お皿が多かったのと、メインが出てくるのに少し時間がかかったので、食べ終えた頃には午後1時5分前(汗)。
小走りで事務所に帰りましたが、週の最後に美味しいランチが食べられて、とってもハッピーな気分で仕事に戻りました。
久しぶりのメキシカンは美味しくてお腹いっぱいになりました。
以前食べられた1,500円の豪華コースもぜひ復活してもらいたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 プレート・ボニータ (2011年1月13日
 大きな鉄板ブリトー (2012年1月13日


*** 旧店舗で食べたメニューです。***

[サルサ カバナ]
  テックスメックス エンチラーダ  (2008年3月17日

[グリル カバナ]
  ジャンボブリトー (2008年1月15日
  メキシカンコンビネーション (2009年7月10日
  ランチタイム限定ランチコース
   1回目 (2009年9月10日
   2回目 (2010年3月23日
  テイクアウト (2008年6月6日
    本日のスペシャル 日替わりランチ プレミアムメキシカンビーフとトマトとハラペーニョ煮

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF4976_20121020004433.jpg

DSCF4970_20121020004538.jpg

DSCF4971_20121020004538.jpg

DSCF4972_20121020004538.jpg

DSCF4973.jpg


お店の名刺です↓
DSCF5061_20121020004000.jpg

DSCF5062_20121020004000.jpg


2012年1月13日訪問時お店DATA
*******************************
Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20-9 1階
電話&FAX 03-3225-1774
営業時間  
[昼] 11:30~14:00  
[夜] 17:00~26:00(L.O.25:30)       
    *22時以降の来店は、サービス料10%
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/22 06:00】 | メキシコ | トラックバック(0) | コメント(5) |
ラ・プレシューズ アトレ四谷店  @四谷
この二日間、かなり雨に降られてずいぶん冷たい思いをしましたが、台風は予想より早く通り過ぎるようで、週末はお天気になりそうです。
行楽やスポーツにもってこいのこの時期、みなさま、楽しい週末を☆

新店というにはやや遅すぎですが、本日はアトレ四谷内の「ラ・プレシューズ」のレポートです。
7ヶ月かけて、ようやくアトレ四谷の飲食店の新店を全制覇しました(汗)。

DSCF5805_20121018084611.jpg
2012年9月24日は上司がお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて外へランチを食べに出ました。
アトレ四谷のお店の中に「ラ・プレシューズ アトレ四谷店」というお店があるのですが、ずっとケーキ屋さんだと思っていたら、少し前にイートインスペースがあるのに気づき、しかも、ケーキだけでなくお料理も出していてランチが出来ることを知ったので、新規開拓として行ってみることにしました。

DSCF5816_20121018084431.jpg
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結するアトレ四谷の1階にあります。
この場所には2008年1月23日にランチ訪問した「COCORO」がありましたが、アトレ四谷のリニューアルオープンに伴い、閉店しました。

DSCF5819_20121018084430.jpg
「ラ・プレシューズ」は広尾に本店を構え、モンブランが有名なお店だそうで、恵比寿、神奈川県大和市、神奈川県鎌倉市などにもカフェやアトリエなどの系列店があります。
「アトレ四谷店」は2012年3月14日にオープンしましたが、何故かお店の公式HPには情報が載っていません。

DSCF5817_20121018084431.jpg
あらら、、紙がはがれちゃっています(汗)。

営業時間は基本的に年中無休で、午前10時から午後9時までです。
ラストオーダーは閉店時間30分前の午後8時30分です。

DSCF5818_20121018084430.jpg
ケーキのショーケースの脇にとても細い通路があり、奥に入れるようになっていました。

DSCF5774_20121018085008.jpg
中は意外と広く、厨房を取り囲むようにL字になっていて、大きなガラス窓から太陽光線がたっぷり入ってきて、とっても気持ちよかったです。

店名の「プレシューズ」とは、フランス語で「大切なもの」という意味だそうです。

DSCF5773_20121018085008.jpg
私は入口からすぐの、カウンターの左端の席に着席。
私のようにテイクアウトのお店だと勘違いしている人が多いからか、先客はまばらで、数人ぐらいでした。
ほとんどが女性で、一人で訪問してのんびりしている人が多かったです。

DSCF5814_20121018084523.jpg
卓上にはお客様アンケートが置かれていました。

DSCF5815_20121018084523.jpg
荷物は、椅子の下にある荷物入れの箱に入れます。

DSCF5776_20121018085007.jpg
席から厨房がとてもよく見渡せます。
店員さんは女性二人で、ケーキの店頭販売と厨房での調理の両方を行っていました。

DSCF5772_20121018085008.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF5762_20121018085049.jpg
ランチメニューです。

DSCF5766_20121018085049.jpg
メニューはガレット4種類、サンドイッチ1種類、グラタン2種類がありました。

DSCF5767_20121018085049.jpg
ガレットがお店のイチオシのようだし、滅多に食べられない大好きなガレットを注文。
ガレットは中身によって値段が違い、トッピングで好きな具を付け加えることも出来ます。
多分、そんなにボリュームがないだろうからと思い、4種類ある中から一番重たそうなのガレットベシャメルを単品でお願いしました。

DSCF5777_20121018084930.jpg
ケーキ屋さんだけあって、ケーキの種類はとっても豊富です。

DSCF5796_20121018084714.jpg
見やすい大きな写真をカードカタログのようにしているので、写真を撮るのが大変!(汗)。

DSCF5763_20121018085049.jpg
ケーキの他に、クレープもありました。

DSCF5771_20121018085008.jpg
ドリンクメニューです。

DSCF5770_20121018085009.jpg
お得なセットメニューもあります。

DSCF5795_20121018084714.jpg
注文を終えると、カトラリーセットが出てきました。


ガレットベシャメル  (850円)
DSCF5805_20121018084611.jpg
少し待って、お料理が登場!
白い四角い平皿に、ガレットがのせてありました。

DSCF5806_20121018084611.jpg
茶色っぽい生地の中にはベシャメルソースが敷いてあり、中央に黄身はほぼ生の状態の卵がのせられていて、その周りにリーフレタスが添えられています。

DSCF5807_20121018084611.jpg
いつも思うのですが、ガレットってどうやってカットするのが一番いいのか、わかりません。
正直、私の中では美味しいけど、食べにくいお料理になっています。
この日は特に生野菜をガレットと一緒に合わせて食べるのに苦労しました(汗)。
いっそロール状にして頬ばりたいような(笑)。

DSCF5808_20121018084610.jpg
メニューに書かれた「カリッと香ばしいそば粉のガレット!」という程にはあまりカリッとはしていませんでしたが、そば粉の生地は美味しいです。
ただ、ベシャメルソースは味が強いので、一緒に食べるとそば粉の風味はなくなっちゃいます。
その代わり、ベシャメルのミルキーでこってりとした味わいをしっかり感じますが。

DSCF5809_20121018084524.jpg
ガレットベシャメルはクリーミィーなホワイトソースにきのこソテーをのせてあるものとのこと。
キノコはシメジやマッシュルームが入っていました。

DSCF5811_20121018084523.jpg
ある程度食べたところで、卵の黄身を崩しました。
黄身のコクが加わり、滑らかな口あたりになります。

DSCF5812_20121018084523.jpg
伝票です。


ボリュームはかなり少なめです。
ランチというよりは、間食の方がぴったり来ます。
ドリンクやケーキのセットをつけるのが基本だと思いました。
ただ、この日は週明けで体重がやや高めな私にとってはよかったです。


ランチメニューです↓
DSCF5762_20121018085049.jpg

DSCF5766_20121018085049.jpg

DSCF5767_20121018085049.jpg


ドリンクメニューです↓
DSCF5771_20121018085008.jpg


セットメニューです↓
DSCF5770_20121018085009.jpg


デザートメニューです↓
DSCF5763_20121018085049.jpg

DSCF5777_20121018084930.jpg

DSCF5778.jpg

DSCF5779_20121018084929.jpg

DSCF5780_20121018084929.jpg

DSCF5781_20121018084929.jpg

DSCF5782.jpg

DSCF5783_20121018084851.jpg

DSCF5784_20121018084850.jpg

DSCF5785_20121018084850.jpg

DSCF5786.jpg

DSCF5787_20121018084849.jpg

DSCF5788_20121018084849.jpg

DSCF5789_20121018084806.jpg

DSCF5790_20121018084805.jpg

DSCF5791_20121018084805.jpg

DSCF5792_20121018084805.jpg

DSCF5793_20121018084805.jpg

DSCF5794_20121018084804.jpg

DSCF5796_20121018084714.jpg

DSCF5797_20121018084714.jpg

DSCF5798_20121018084713.jpg

DSCF5799_20121018084713.jpg

DSCF5800_20121018084713.jpg

DSCF5801_20121018084612.jpg

DSCF5802_20121018084611.jpg


お店の名刺です↓
DSCF6319_20121018084430.jpg

DSCF6320_20121018084430.jpg

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (2012年3月21日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年9月24日訪問時お店DATA
***********************************
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-3356-6559
営業時間 10:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/19 06:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
上海家庭料理 ROBERT’S  @代々木
昨日の朝、皇居の周りで初めてジョギングをしました。
1周5キロを32分30秒ぐらいで走ったので、詳しい方には「ぷっ!」と笑われちゃう程のなんちゃってランナーですが、自分としてはなかなかだったと思っています。
空気が冷たく澄んでいて、ほんの少し紅葉も始まっていて、とても気持ちよかったです。

本日は、マイブログ圏外の代々木にある「ロバーツ」のレポートです。

DSCF4898_20121017060500.jpg
2012年1月12日の夜、ご近所で仕事のお付き合いがあるT事務所様と一緒に新年会を行いました。
上司の奥様も参加され、総勢8名という大人数です。

DSCF4969_20121017055629.jpg
この日伺ったお店は代々木にある「上海家庭料理 ROBERT’S(ロバーツ)」という中華料理屋さんです。

DSCF4967_20121017055629.jpg
中華料理らしからぬオシャレな(?)空間で上海家庭料理をいただける、古くからの上司のお気に入りのお店で、ブログを始めるよりもだいぶ前になりますが、先輩や私も連れて行っていただいたことがあります。
当時は私も気に入って、一度だけ個人的に食べに行ったことがあり、かなり久しぶりの再訪になりました。

DSCF4968_20121017055629.jpg
JR代々木駅東口から左にドコモタワーを見ながら進むと明治通りにぶつかります。右折して曲がり角を一つ越えた右側にプラザF1があり、お店は外階段を登った2階にあります。
外観写真がどれもボケボケですみません(汗)。

DSCF4966_20121017055630.jpg
入店すると、広いフロアがあって、テーブル席がたくさん並んでいます。
上司はせっかくだからメンバーでゆっくり話せるようにと1つしかない奥の個室をお願いしたのですが、通されたお部屋はエリアの1/3ぐらいはテーブルなどの荷物置き場のようになっていて、特に衝立もないので全て丸見え。
ちゃんとした接待にはあまり向かないのでは。

DSCF4857_20121017060744.jpg
テーブル一つにしては人数がちょっと多く、円卓にぎっしりと詰まった状態で着席。
肘を伸ばすとお隣さんにぶつかってしまう程の狭さでした。

DSCF4856_20121017060744.jpg
午後6時半頃に到着したとき、先客は確かゼロ。
この日は木曜日で平日だったせいか、その後もあまりお客さんは入らなかったようで、帰りにフロアを通ったときも2、3組ぐらいしかいらっしゃらず、妙に広々としていてちょっと羨ましかったです(笑)。


生ビール・グラス (500円)
DSCF4858_20121017060744.jpg
まずはグラスビールで乾杯!
今年もよろしくお願いしま~す。


お通し
DSCF4860_20121017060744.jpg
お通しは茹でピーナッツ。
中華でたまに出てきますが、私はこの茹でピーナッツが大好き。
なかなか食べられないので、とっても嬉しかったです。

メニューのオーダーは行きつけ?にしている上司が一任。
上司の話では、私が以前行った頃からシェフは変わっているそうです。
この日オーダーしたお料理にわかる限りのお値段をつけていますが、もしかしたら人数を見て多めの分量で注文しているものもあったような気がしますので、参考程度にご覧下さい。


汁錦并盆 冷菜の盛り合わせ (2,300円)
DSCF4861_20121017060743.jpg
まずは前菜にこちらを注文。
メニューには2~3人前とありますが、人数に会わせて作っていただいたのでしょうか、小山のようにどっちゃりと盛ってあってビックリ。
5種類ある冷菜が、重なり合っています(笑)。

DSCF4863_20121017060743.jpg
くらげ、ピータン、蒸し若鶏、モツ、細切り堅豆腐で、色合いはちょっと地味ですが、どれも中華の前菜の定番です。
クラゲはコリコリした食感でした。


腐衣蝦 芝エビの湯葉巻  (1,500円) 
DSCF4867_20121017060704.jpg
こちらは「ロバーツ」のオススメ料理の一つです。

DSCF4868_20121017060704.jpg
湯葉の中に芝エビが丸ごと1本入っていて、揚げてあります。
細長いすらりとしたフォルムです。

DSCF4870_20121017060704.jpg
サクサクした湯葉に、海老がぷりっとした歯応えで、確かに美味しい!
程よい下味がついていました。

DSCF4872_20121017060703.jpg
エビ大好き人間の私は、もっとたくさん食べたかったです。


京都排骨 上海風黒酢酢豚  (1,400円) 
DSCF4871_20121017060703.jpg
こちらもオススメ料理の一つです。
上海風という酢豚は、見た目からしてよく見る酢豚とは全く違いました。
2011年12月20日にディナー訪問した「桃の木」のものとも全く違い、とても同じ料理とは思えません。

DSCF4874_20121017060703.jpg
お肉は細いかりんとうのような形に整えられていて、黒酢餡がたっぷりと絡まっています。

DSCF4881_20121017060614.jpg
黒酢の入ったタレはやや甘めで、お肉は少しかたかったです。
個人的に酢豚にはあまり思い入れがないのですが、一般的な方が好きかな。


紹興酒  (クーポン利用)
DSCF4877_20121017060615.jpg
ビールを飲み終え、紹興酒へ。
5年ものです。
これは確かクーポン利用でのサービス商品だったと思います。

DSCF4876_20121017060615.jpg
色はかなり濃くて焦げ茶色というよりは黒に近い見かけですが、飲みやすかったです。


干焼刀豆 いんげんの中華風炒め  (1,600円)
DSCF4878_20121017060614.jpg
お野菜のメニューも注文。

DSCF4882_20121017060614.jpg
たっぷりの挽肉です。


青菜とタケノコの炒め物(?)
DSCF4885_20121017060614.jpg
もう一つ野菜料理が出てきました。

DSCF4886_20121017060536.jpg
これは確か、お店オススメの野菜の炒め物だった気がします。
中華はシンプルな炒め物がとっても美味しいですが、まさにこれがその一品でした。
野菜はシャキッとしていますが、下味がしっかりとしみていて美味しかったです。


ウーロン茶 (300円)
DSCF4888_20121017060536.jpg
先輩のウーロン茶だったような、、、。


かめ出し紹興酒 (600円)
DSCF4896_20121017060500.jpg
大人数だったので、ボトルの紹興酒もあっという間に飲み尽くし、かめ出し紹興酒を注文。
大きめの徳利に入っていました。

DSCF4891_20121017060535.jpg
確か手前が5年物、奥がかめ出しで、5年物の方が少し色が濃いよう見えますが、ほとんど変わりません。

DSCF4892.jpg
5年物の方がまろやかだった気もしますが、、、

DSCF4893_20121017060535.jpg
かめ出しも飲みやすかったです。


銀杏蝦仁 芝えびの銀杏炒め  (1,600円)
DSCF4898_20121017060500.jpg
芝えびの赤と銀杏の黄色の組み合わせがとても華やかでキレイ!

DSCF4900_20121017060459.jpg
火を通したのにかなり大きな海老で、ぷりっぷりの食感です。

DSCF4902.jpg
海老好きの私ですが、このお料理は海老よりも銀杏の方がとても印象的でした。
噛みしめるとぷちっとした歯触りですが、中はねっとりとして甘みがあって、本当に美味しかったです。
この日出たメニューの中でもピカイチのお気に入りでした。


特製焼き餃子  (6個入り750円)
DSCF4903.jpg
上司が美味しいと太鼓判の焼餃子を注文しました。

DSCF4910_20121017060416.jpg
お酢・お醤油・ラー油の餃子用調味料3兄弟です。

DSCF4906_20121017060417.jpg
私はお酢とラー油がたっぷり、お醤油少なめが好みです。

DSCF4907_20121017060417.jpg
底はこんがりと焼かれていました。
皮は厚めでした。

DSCF4909_20121017060416.jpg
パリッとした食感でもなく、中の餡がすごくジューシーという感じでもなく、個人的にはフツーの餃子でした。
シェフが変わったせい?


豆腐の煮込み??
DSCF4905.jpg
お皿からはみ出しそうなたっぷりのお豆腐にお醤油色をした餡がかかっていて、シイタケ・赤パプリカ・ピーマン・タケノコなどの野菜も入っていました。

DSCF4908_20121017060417.jpg
このお豆腐、美味しいダシのスープをたっぷりと吸っていて、とっても美味しい!
お豆腐にこれだけしっかりと味がしみ込むのってすごいです。
このお料理もかなり気に入りました。


上海蟹
DSCF4932_20121017060052.jpg
上海蟹のシーズンだったの、上司が注文してくれました。
自分では滅多に食べることのない貴重なメニューで嬉しかったです。

DSCF4934_20121017060052.jpg
上司が最初にこのお店に連れて行ってくれたのは、確か上海蟹がきっかけでした。
人生で初めて食べた上海蟹でしたが、食べるのにチマチマと手間がかかったことしか覚えていません(汗)。

DSCF4935.jpg
シーズンになるとお気に入りの中華料理屋さんを食べ歩いたり、本場の中国まで出かける人もいる程の熱狂的なファンを持つ上海蟹。
食べる前にとってもワクワクしちゃいました。

DSCF4938_20121017055952.jpg
いざ一口!
味噌は濃厚でこってりしていましたが、ベースの味がかなり甘くてちょっと苦手でした。
うーん、他で食べたことがないので比較のしようもないのですが、上海蟹ってこんな感じなのでしょうか。


薄切り豚肉とナスの味噌入り鍋  (1,500円)
DSCF4936_20121017060051.jpg
いわゆるマーボー茄子でしょうか、土鍋に入って出てきました。

DSCF4943_20121017055951.jpg
辛いメニューだということで注文し、激辛好きな私がまず食べさせていただきましたが、ピリ辛程度で拍子抜けでした。
油をたっぷり吸ったナスが美味しかったです。


女児紅 (2,800円) 
DSCF4960_20121017055710.jpg
かめ出し紹興酒の他に、こちらの紹興酒も注文。
最初に「ロバーツ」に来たとき、この紹興酒がとても飲みやすくて衝撃的でした。

DSCF4961_20121017055709.jpg
それまでは紹興酒って熱燗にするから香りが強く、砂糖を入れるので甘ったるくて全く好きじゃなかったのですが、初めて紹興酒を美味しいと思いました。
私にとっては思い出のお酒です。
お酒のディスカウントに行くと、3桁ぐらいの値段で手に入ります(笑)。

DSCF4946_20121017055859.jpg
メンバー全員かなりお腹いっぱいでしたが、かめ出し紹興酒でいい感じに出来上がっている上司がいろいろと〆を注文(汗)。


焼きそば
DSCF4941_20121017055951.jpg
焼きそばはメニューに4種類ありましたが、多分、上海焼そばだと思います。

DSCF4942_20121017055951.jpg
たっぷりのキャベツが入っていて、かなりのボリューム。

DSCF4955_20121017055803.jpg
小さな器に取り分けていただきました。


揚州風炒飯 揚州風五目チャーハン (1,000円)
DSCF4944.jpg
中華の〆と言えばこれ!ということで、定番のチャーハンも注文。

DSCF4945_20121017055859.jpg
チャーハンは3種類ありましたが、多分、揚州風五目チャーハンだと思います。

DSCF4949_20121017055858.jpg
パラッとしていて普通に美味しかったです。


担担麺 タンタン麺  (1,000円)
DSCF4947_20121017055859.jpg
辛い物好きのメンバー(先輩と私?)のために、上司が担担麺も注文してくれました。

DSCF4948_20121017055859.jpg
赤いスープの中央に、もやし、挽肉、さやインゲンがトッピングしてあります。

DSCF4951_20121017055858.jpg
マーボー茄子と同じく、これもマイルドな辛さでした。

DSCF4952_20121017055803.jpg
麺はちょっと柔らかめでした。

DSCF4958_20121017055802.jpg
食事を終える少し前、中国茶をいただきました。

DSCF4957_20121017055802.jpg
ちょっと色が淡いです。

DSCF4959_20121017055802.jpg
お茶を飲みながら、何とかお食事を完了。


かめの子ゼリー  (600円)
DSCF4962_20121017055709.jpg
先輩はこちらのデザートを注文。


芒果布丁 マンゴプリン  (500円)
DSCF4965_20121017055709.jpg
私は甘いものが苦手ですが、何故かマンゴーは大好きなので、マンゴプリンをいただきました。
濃厚なテイストで美味しかったです。


上司はかなりたっぷりと紹興酒を飲んで上機嫌になり、注文し過ぎで余ったお料理をいろいろな人に食べさせていたので、全員かなりお腹いっぱいになりました。
それなのに、このお店の帰り道に上司が「もう一軒行くぞ!」とどうしても譲らず、駅前にあったお酒も出す喫茶店で二次会を開催(汗)。
メンバーの一人はこの後仕事に戻る方もいたので、本当にお疲れ様でした。

この日のお会計は合計で62,490円で、一人約7,800円でした。


ドリンクメニューです↓
DSCF4911_20121017060416.jpg

DSCF4912_20121017060322.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF4913_20121017060322.jpg

DSCF4914_20121017060322.jpg

DSCF4915_20121017060322.jpg

DSCF4916_20121017060321.jpg

DSCF4917_20121017060321.jpg

DSCF4918_20121017060236.jpg

DSCF4919_20121017060236.jpg

DSCF4920_20121017060235.jpg

DSCF4921_20121017060235.jpg

DSCF4922_20121017060235.jpg

DSCF4923_20121017060235.jpg

DSCF4924_20121017060147.jpg

DSCF4925_20121017060147.jpg

DSCF4926_20121017060147.jpg

DSCF4927_20121017060147.jpg

DSCF4928_20121017060146.jpg

DSCF4929_20121017060146.jpg

DSCF4930.jpg

DSCF4931_20121017060052.jpg


2012年1月12日訪問時お店DATA
****************************
上海家庭料理 ROBERT’S (ロバーツ)
〒151-0051 
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-6 プラザF1
TEL&FAX 03-5269-0045
営業時間 
[昼] 11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜] 17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日 日曜日
JR代々木駅東口から徒歩2分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2012/10/18 08:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 そば処 角屋  @市ヶ谷/麹町
2016年7月6日追記

2016年6月下旬、「角屋」さんが閉店しているのに気付きました。
工事していたので、最初はリニューアルなのかな?とも思ったのですが、造作物を全て取り除いてすっからかんになっていたので、多分違うと思います。

IMG_2718 (480x480)
工事終了後は、シャッターが閉ざされています。

2016年1月8日にランチ訪問していたし、お弁当を買うために時々近くを歩いていたのに全然気付かなかった!
閉店時期を知っていれば、最後にカレー南蛮を食べに行きたかったです(泣)。

*****************************

昨日のアクセス数、一体何が起きたのか2,000人を超えていました。
これまでの最高は1,100人もいっていなかったと思いますので、とにかくビックリ。
この界隈のお店がテレビで紹介されたりしたのでしょうか。
ともあれ、たくさんの方に遊びに来ていただき、本当にありがとうございます☆

DSCF4848_20121017050319.jpg
2012年1月12日は、上司が午後から市ヶ谷方面での仕事だったので、行きがけにランチを食べようと、外へ食べに出ました。
この日はとても寒い日だったので、Fさんがまだ行ったことのない「そば処 角屋(かどや)」へ行きました。

2008_0614画像0038

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かって緩やかな坂を上がり、
最初の交差点を越えてちょっと先の右手に朝日六番町マンションがあります。
朝日六番町マンションには地下1階から地上2階までたくさんの飲食店が入っていて、
地下1階には、
2008年6月10日2009年11月11日2011年10月4日、にランチ訪問した「アール」、 
2011年12月28日に訪問した「Bar 岸良」、
1階には、
2008年11月5日にランチ訪問した「釜めし うち山」、
カレー南蛮が有名で、上司と共に何度も通っている「そば処 角屋」、
2階には、
2008年8月20日にランチ訪問した「酒と肴 月」」、
2008年12月17日にランチ訪問した「NATURAL FOODS ヘルシー館」、
2011年10月27日にランチ訪問した「韓国家庭料理 明洞」、
があります。

DSCF3047.jpg
見た目はごくごくフツーのお蕎麦屋さんですが、南蛮カレーが有名で、色々な雑誌に紹介されています。
三木武夫元首相の事務所が六番町の近くにあった関係で、三木元首相夫人がご贔屓にしていたそうです。

2008_1205画像0121
昭和の時代に戻ったような懐かしさのある店内はとても広く、6人掛けや8人掛けの大き目なテーブルがぎっしりと置かれていて、相席が基本です。

DSCF3036.jpg
前回ランチ訪問したのが2011年12月2日だったので、約40日ぶりです。

2008_1205画像0122
席数はかなりありますが、フロアスタッフはわずか2、3人で、いつも活気があります。
お客さんの大部分が男性です。

DSCF4843_20121017050320.jpg
入店したのは12時30分頃だったので店内はほぼ満席でしたが、すぐに入ることが出来ました。
左手奥の6人掛けテーブルで男性一人客と相席になりました。

DSCF4845_20121017050319.jpg
以前はお店の名前が印刷された袋に入った割り箸がありましたが、現在は箸箱の中に入った割り箸を使うようになっています。

DSCF3031.jpg
お店の外見と同じく、メニューもごくごくフツーです。
15種類のおそばまたはうどんと、5種類のご飯ものがあります。
飲んでいる人を全く見たことがありませんが、ソフトドリンクとアルコールもあります。

この日メニューを見ていたら、天ぷら蕎麦がないことに気付きました。
お蕎麦屋さんにしては、かなり珍しいかも。

DSCF3032.jpg
こちらのお店のイチオシは、「特製カレー南蛮」(750円)です。
麺だけを冷たくすることもできます。
毎週水曜日は100円引きで、650円というお得なお値段になります。
この日は木曜日だったので、残念ながら割引はありませんでした。

今まで特製カレー南蛮そばかうどんしか食べたことがなくて他のメニューはいただいたことがないので、本当にイチオシかどうかは不明です(笑)。

DSCF4842_20121017050320.jpg
毎週水曜日は特製カレー南蛮が100円引きになりますが、最近、水曜日のランチタイムはカレー南蛮とライスのみの販売になっていました。
約40日前の前回のランチ訪問では気付かなかったので、本当にごく最近このシステムになったようです。

DSCF4844_20121017050319.jpg
店内をざっと見渡すと、この日はお店の看板メニューである特製カレー南蛮蕎麦ではなく、特製カレー南蛮うどんやそれ以外のメニューを食べている人がちらほらいました。

いつも全く同じですが、やっぱり一番美味しい特製カレー南蛮蕎麦を注文。
Fさんだけ、蕎麦よりうどん派とのことで、特製カレー南蛮うどんにしました。


特製カレー南蛮そば  (750円)
DSCF4848_20121017050319.jpg
しばし待って、お料理が登場!

やや大きめな器に汁がたっぷりと入っています。

DSCF4850_20121017050225.jpg
薬味として長ネギの小口切りが中央にのせられています。

DSCF4851_20121017050225.jpg
薬味の他は、具材はお肉とタマネギだけなので、とってもシンプルです。

DSCF4854_20121017050225.jpg
蕎麦つゆはカレーですが黄色っぽくはなく、濃い茶色です。
とろみがあまりなくて、わりあいサラサラしていました。
一口飲もうとすると、ふんわりとお魚の香りがします。
魚ダシがしっかりときいていて、スパイシーとは言えませんが程々に辛みがあり、後から蕎麦つゆらしい甘みを感じ、食べているうちにだんだんと身体が温まって汗が出てきました。

DSCF4852_20121017050225.jpg
お蕎麦は少々柔らかめですが、量は多いです。

DSCF4855_20121017050224.jpg
中に入っているお肉は小さなサイコロ状に切ってあり、胸肉でしょうか、ややかたい食感です。


スープも全ていただいたのでお腹いっぱいになりました。
身体がほかほかと温まるので、寒い時期には本当に美味しいです。
ただ、いつも同じメニューで変わり映えしないので、別の種類のお蕎麦を食べてみるか、水曜日に来て、大盛りバージョンを食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

特製カレー南蛮そば 
 1回目 2007年6月6日
 2回目 2007年11月21日
 3回目 2008年6月25日
 4回目 2008年8月1日
 5回目 2008年11月7日 
 6回目 2011年12月2日
 7回目 2012年1月12日

特製カレー南蛮うどん
 1回目 2007年12月7日 
 2回目 2008年12月5日 
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年1月12日訪問時お店DATA
******************************
そば処 角屋 (かどや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町4-11 朝日六番町マンション1階
TEL  03-3261-0066
営業時間 11:30~16:30
定休日 土・日・祝
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/17 06:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(3) |
炭火焼 炭膳  @四谷
最近、朝が冷え込むので温かいコーヒーを飲むようになりました。
少しずつ季節が変わっているのを実感します。

DSCF4780_20121012220554.jpg
2012年1月10日は三連休も終わり、いよいよ本格的な仕事のスタートの日でした。
お正月にかかった風邪がかなりたちが悪く、1週間経ってもまだかなり体調の悪かった先輩は、この日は感染を防ぐ意味も兼ねて、自らの申し出によってランチを別行動にしました。
先輩は持参の弁当を食べ、上司とFさんと私は外へランチを食べに出ました。
四ッ谷駅方面に歩きながら、上司が「何が食べたい?」と聞いてきたので、「(上司が)食べたいものでどうぞ。」と答えたら、しんみち通りの入口にある「炭火焼 炭膳(すみぜん)」に入って行きました。

DSCF5873.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
前回訪問したのが2011年5月10日だったので、ちょうど8ヶ月ぶりです。
久しぶりの「炭膳」です。

DSCF5872.jpg
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの入口のすぐ左にある高増屋ビルの地下1階にあります。
このビルの2階には、2007年10月3日に訪問した「らぁめん 芳久(よしきゅう) 四谷」があります。

2009_0123画像0056
細い階段を下りていきます。

上司は何も言わずに地下へ降りる階段へ向かったので、Fさんはそのまましんみち通りをまっすぐ進んでいたので、慌てて引き留めました(笑)。

DSCF6214.jpg
入口の右手に夜のメニューが出ています。

2009_0123画像0039
店内はそれほど広くなく、入口から向かって右手に厨房、左手にテーブル席が並んでいます。

2009_0514画像0199
ピントがずれて、すみません(汗)。
営業日、営業時間はこちらのとおりです。
ランチタイムは長いですが、夜はそれ程遅くまでやっていません。

この写真は以前撮影したもので、ホットペッパーによれば、現在は土曜日の営業はないようです。

2009_0306画像0008
12時から1時までの1時間は禁煙です。

お店はご主人とおばあちゃまのお二人で切り盛りしています。

2010_0526画像0031
カウンターの奥が厨房になっています。

DSCF7892.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お店のご主人が忙しく立ち働き、注文の入ったメニューを次々と作っています。

DSCF5845.jpg
入店したのは12時半頃でした。
店内は8割程の人の入りで、少し空いていました。

DSCF5850.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
厨房のある上の壁には、夜のメニューが貼り出してあります。

DSCF5851.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
小さなお店ですが、定番メニューのほか季節のおすすめメニューもたくさんあります。

2009_0123画像0043
店内にはラジオが大きめのボリュームで流れています。

DSCF6216.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
私たちは入口からすぐの左端の席に着席。

卓上に大きなポットと空のコップが置いてあるので、セルフで水を入れます。
この日はコップが2つしかなかったので、おばあちゃまから一つ追加をいただきました。

DSCF4784_20121012220554.jpg
お水です。

ポットの中のお水もあまり入っていなくて、最後に注いだ自分のお水はこれだけ(笑)。
でも、私は普段あまりお水を飲まないので、これで充分です。

DSCF7891.jpg
卓上には、お醤油、ソース、爪楊枝のほか、、、

DSCF6217.jpg
ゆず七味や、、、

DSCF5844.jpg
ご飯のお供にタクアンやキュウリの漬物が置かれています。

DSCF5843.jpg
フロアではおばあちゃまが一人で切り盛りしています。
それ程席数は多くありませんが、さすがにとても忙しく、時には少々待たされることもありますが、いつも謙虚で丁寧な接客をして下さり、とっても感じが良いです。

DSCF4790_20121012220507.jpg
メニューは卓上にはなく、お店の入っているビルの前か、お店の奥の壁に貼られています。
座る場所によっては少々見えにくい時があります。
売り切り終いなので、お目当てのメニューがいつもあるとは限りません。
お値段は750円から980円です。

この日はメンチカツなど食べたいメニューがかなり品切れで、食べたことのあるメニューと重ならないように選ぶのが大変でした。
散々悩んだ挙げ句、食べていないだろうと思ったさば塩焼をご飯少なめで注文。
年末年始に食べ過ぎて体重が高止まりだったので、結果的にはよかったのかも(笑)。
ちなみに、私たちの入店してしばらくすると、ご飯が切れてしまったとのことで後から入って来たお客さんたちは食べられませんでした。


さば塩焼 ご飯少なめ (800円)
DSCF4785_20121012220509.jpg
しばし待って、お料理が登場。
メイン、小鉢、お味噌汁、ご飯のセットです。

DSCF4777_20121012220555.jpg
ご飯は少なめでお願いしました。
さばはかなりの大きさでしたが、そのまま食べていたら最後にご飯が少し余っちゃいました。
お新香をいただけばよかったのですが、他のメンバーがほぼ食べ終えていたこともあり、そのままご飯だけで食べました。

DSCF4778_20121012220555.jpg
お味噌汁はいつもナメコのお味噌汁でしたが、この日はワカメのお味噌汁でした。
たっぷりのワカメと長ネギが入っていました。

DSCF4779_20121012220555.jpg
小鉢は定番の小さめの冷や奴です。
おろしショウガと長ネギの小口切りがトッピングされていました。

DSCF4786_20121012220508.jpg
お醤油をたっぷりかけていただきました。

DSCF4780_20121012220554.jpg
さばの塩焼きはかなり大きいサイズの半身です。
かなり大きいサイズで、シッポがお皿からはみ出していました(笑)。

DSCF4782_20121012220554.jpg
焼魚には大根おろしとレモンが添えられていました。

DSCF4787_20121012220508.jpg
大根おろしにお醤油をかけ、お魚全体にレモンをたっぷり搾っていただきま~す!

DSCF4788_20121012220508.jpg
さばの身はとても脂がのっていて、食べごたえ抜群です。

DSCF4789_20121012220508.jpg
そのまま食べたり、大根おろしを和えたり、ご飯にのせたりと、いろいろな形で食べました。


「炭膳」はお魚メニューを注文してもとっても満足感が高いです。
さすがに揚げ物ほどのボリューム感はないですが、充分お腹いっぱいになりました。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

豚ロース炭焼  (2009年3月3日
豚ひれカツ   (2011年3月30日
銀むつ味噌焼  (2009年5月12日
銀むつ煮付け  (2009年11月26日
Bミックス   (2010年5月26日
Dミックス   (2011年3月10日
生カキフライ  (2009年1月21日
生めかじきフライ(2011年5月10日
さば塩焼    (2012年1月10日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2012年1月10日訪問時お店DATA
*****************************
炭火焼 炭膳 (すみぜん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 高増屋ビル地下1階
電話&FAX 03-5360-4451 
営業時間
[昼] 11:00~15:00 
[夜] 17:00~22:00(L.O21:00) 
定休日 土日祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/16 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
十割そば・地酒 蔵や  @四谷
この週末は新しいランニングシューズを購入し、早速15キロ走ってみました。
人生最長の距離で、2回目の挑戦でしたが、靴のおかげか無事走り切れました。
20キロも走れそうな自信が持てて嬉しかったです。

DSCF4658_20121012211650.jpg
2012年1月6日は、2012年最初の出勤日でした。
仕事嫌いな上司のおかげで、世間よりのんびりとした新年のスタートです。

お昼になると、上司から「外へ食べに行こう。」と誘っていただきました。
上司の後を付いていくと、三栄通りの入口にある「十割そば・地酒 蔵や(くらや)」へ。

2010_0419画像0060
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、すぐ左にある綿半野原ビルの1階にあります。

2010_0419画像0062
「蔵や」は、しんみち通りに2008年3月17日にディナー訪問2008年11月21日にランチ訪問した「焼酎 炭火焼き 六蔵」という系列店がありましたが、2009年の年末に閉店。
2009年7月15日に訪問した「飲み処 喰い処 膳菜や 市ヶ谷店」も系列店のようです。

2010_0419画像0061
前回訪問したのが2011年2月1日だったので、約11ヶ月ぶりでした。

DSCF4669_20121012211553.jpg
ビルの前にランチメニューの看板が出ています。

DSCF4864.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
通常メニューのほかに、サービスランチを2種類出すようになったようです。

DSCF4862.jpg
こちらのお店では、石臼挽きの群馬県の赤城産のお蕎麦を使っています。
改めて見直してみると、2009年7月15日に訪問した「飲み処 喰い処 膳菜や 市ヶ谷店」も同じお蕎麦を使っていました。

DSCF4863.jpg
ランチタイム(11:30~14:30)は禁煙です。

DSCF4634_20121012212028.jpg
12時半頃の入店で、9割程の席は埋まっていました。
まだまだ新年を引きずっているのか、いつもはサラリーマンで一杯のお店ですが、サラリーマン以外らしきお客さんが多かったです。

私たちは半個室のようになっている奥のテーブル席に通されました。
何度かこのお店に入ったことがありますが、こんなに奥まった席は初めてです。
さらに奥にも席があり、このお店はかなり広いことを改めて知りました。

卓上にはコップとポットが置いてあるので、お茶はセルフサービスで入れます。

DSCF4635_20121012211939.jpg
奥まった席だからか、呼び出しボタンがありました。

DSCF4633_20121012212029.jpg
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF4628.jpg
ランチメニューです。
久しぶりだったので、メニューが結構変わっていました。
メニューは大きく分けて十割そば、讃岐うどん、お昼のセットの3種類がありましたが、稲荷セットというのが増えていました。
ちなみに、稲荷は1個80円で、単品でもお願いできます。

DSCF4629_20121012212029.jpg
定番メニューは十割そばが12種類、讃岐うどんが4種類、お昼のセットが5種類、稲荷セットが3種類あり、お値段は600円~980円です。

DSCF4834.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
セットのおそばは、「せいろ」か「かけそば」から選びます。

DSCF4835.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
大盛りはプラス100円です。


黒龍 純米吟醸  (950円)
DSCF4638_20121012211938.jpg
新年最初の日だったので、上司は「せっかくだから一杯飲もう!」と言い出し、なんと日本酒を注文。
ビールをいただいた記憶はありますが、さすがに日本酒は初めてです(汗)。
わざわざドリンクメニューを店員さんに持ってきていただき、黒龍を1合注文。

DSCF4639.jpg
注文を終え、しばらく待っていたのですが、お酒がなかなか出てきません。
店内の忙しさを勘案してもさすがに遅すぎるだろうと思い、店員さんにお酒が来ないことを尋ねたところ、忘れられているようでした(汗)。

DSCF4637_20121012211938.jpg
ようやくお酒が到着。
お猪口を3ついただき、風邪をひいていてお酒の飲めない先輩も一応一緒に乾杯。
お猪口は上司と私は同じものでしたが、先輩のはデザインが違いました。

DSCF4636_20121012211938.jpg
黒龍の純米吟醸は香りが甘く、さらっとした口あたりで飲みやすかったです。


数量限定 地鶏のつくねそば  (900円)
DSCF4652_20121012211734.jpg
私は数量限定の地鶏のつくねそばを注文。
つくねが美味しそうで、数量限定だし、体重が高止まりで稲荷のセットは食べたくなかったので、こちらにしてみました。

シンプルに、おそばと薬味のセットです。

DSCF4851.jpg
割り箸の袋には店名が入っています。

DSCF4655_20121012211651.jpg
薬味は2連の器に、長ネギと白胡麻の2種類がありました。

DSCF4656_20121012211650.jpg
長ネギの小口切りは、量はそれ程多くありません。

DSCF4657_20121012211650.jpg
白胡麻は粒のままです。

DSCF4658_20121012211650.jpg
ドンブリにはたっぷりの鮮やかな緑色の水菜の合間につくねが浮かんでいます。
水菜の鮮やかな緑色が印象的です。

DSCF4660_20121012211650.jpg
中央には、そんなに量が多くありませんが、白髪ネギがトッピングされていました。

DSCF4661_20121012211649.jpg
つくねはなかなか大きなサイズが4つあり、焦げ茶っぽいものと薄い茶色のものがありました。

DSCF4663_20121012211554.jpg
最初に薬味を全て入れて、いただきま~す!

DSCF4665_20121012211554.jpg
お蕎麦は田舎蕎麦のスタイルで、平たくて厚めな濃いグレーの麺にはところどころ黒い点々があります。
かための食感でコシがありました。

DSCF4667_20121012211553.jpg
蕎麦ツユはすっきりとしたダシで、甘さも控えめです。

DSCF4664_20121012211554.jpg
つくねを持ち上げてみたら、半分にカットされていました(笑)。
ところどころに軟骨が入っているのかコリコリとした食感もあり、ぶりっとした歯応えが楽しめて美味しかったです。


九条葱と桜海老のそばと蔵やの稲荷セット  (880円)
DSCF4646_20121012211833.jpg
上司と先輩が注文したこちらのメニューは、私のおそばよりも先に出てきました。

DSCF4647_20121012211735.jpg
初めて見るメニューです。
葱も桜海老もたっぷりで美味しそう。


全体のボリュームは普通です。
午後早めに空腹を感じましたが、この日の夜は新年会だったのでちょうどよかったです。


ランチメニューです↓
DSCF4628.jpg

DSCF4629_20121012212029.jpg


ドリンクメニューです↓
DSCF4642_20121012211834.jpg

DSCF4648_20121012211735.jpg

DSCF4649_20121012211734.jpg

DSCF4650_20121012211734.jpg

DSCF4641_20121012211834.jpg

DSCF4643_20121012211834.jpg

DSCF4644_20121012211834.jpg

DSCF4645_20121012211833.jpg


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

芽かぶとオクラのそば  (2007年8月17日
けんちん汁せいろ  (2007年12月17日
鮪のヅケ丼とせいろ  (2008年4月22日
讃岐うどんとしらすおろし丼(温) (2010年4月19日
地鶏の親子丼とおそば (2011年2月1日
地鶏のつくねそば   (2012年1月6日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年1月6日訪問時お店DATA
****************************
十割そば・地酒 蔵や (くらや)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-4-2 綿半野原ビル1階
電話:03-3356-7571
営業時間 
[昼]11:30~14:30 
[夜]17:00~23:30
定休日 日祝
JR・地下鉄四谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/15 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(7) |
餃子酒場 四谷本店  @四谷
今週は平日が4日しかなかったので、時間が過ぎるのが早かったです。
天気予報によれば、週末はお天気に恵まれそうですので、みなさま、楽しい週末を☆

本日は2012年9月12日頃にオープンした「餃子酒場」のレポートです。

DSCF5617_20121005062547.jpg
2012年9月20日は、上司が不在の日で、しかも、先輩が自分のお弁当に飽きたからと久しぶりに一緒に外へランチを食べに出ました。
このところ新店が少なかったですが、しんみち通りの一番奥に飲食店がオープンしそうだったことを思い出し、久しぶりにしんみち通りへ向かいました。

歩いている途中、「四ッ谷 今井屋本店」でランチ営業を始めているのを見つけました。
このお店、長らくこの地で営業していると思いますが、ランチは初めてでは。
先輩も私も、一瞬こちらに入ろうかと迷いましたが、遠くではないのでとりあえず、当初行く予定のお店まで行ってみました。
予想どおりお店はオープンしていました。
お店は2012年9月12日頃にオープンした「餃子酒場(ぎょうざさかば) 四谷本店」です。

DSCF5644_20121005062350.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、一番左奥のつきあたりにお店があります。

以前この場所に何があったのかよく覚えていないのですが、飲食店ではなく、文房具屋さんだったような気がします。

DSCF5645_20121005062350.jpg
「餃子酒場」という名前のとおり、餃子をメインとした中華料理のお店で、ロゴといい、お店の外観といい、ちょっとチェーン店っぽい雰囲気でしたが、ネット上でちょっと調べた感じではそうではないようです。

入口に面する側はとても大きくて、広々としています。

DSCF5643_20121005062350.jpg
左側に小窓があり、テイクアウトも出来るようですが、しばらくはお休みとのこと。

先輩とどちらのお店に行こうか話し合いましたが、こちらの方がもしかしたら先に店舗がなくなっちゃうかもと勝手に憶測し、「餃子酒場」に入店することにしました。
お店の方、ごめんなさい、、(汗)。

DSCF5642_20121005062351.jpg
入店してみると、新店だからか、お客さんがぎっしり。
満席かなと心配したら、地下へ案内されました。
地下のフロアがあるなんて知らなかったので驚きました。
一番奥に地下へ降りる階段があります。

DSCF5641_20121005062351.jpg
地下フロアも結構広く、階段を降りてすぐの所には個室っぽい席、奥に厨房、その周りにテーブル席、階段周りにはカウンター席がありました。

DSCF5609.jpg
カウンターと同じ並びに大きな棚があってお酒などが並んでいました。
サントリーの商品が多いですね。

DSCF5606_20121005062628.jpg
ちょうど全ての席が埋まっていたので、私たちはカウンター席に着席。
この席、テーブルの奥行きがかなり狭くて、少々切迫感さえあります。
正直、あまりオススメできない席です。

ちょっとほこりっぽい臭いが気になりました。
もともと飲食店ではないので地下だと換気が悪いのか、オープンしたばかりだかならなのかわかりませんが、これから薄れることを祈ります。

DSCF5607_20121005062628.jpg
卓上に食べられる麻辣油がありました。

DSCF5608.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
階段の下のスペースは飲み物のストックになっています。

DSCF5612_20121005062548.jpg
お水(お茶?)をいただきながら、メニューを検討。

DSCF5611_20121005062627.jpg
メニューは全部で6種類、お値段は850円から950円です。
中華料理屋さんにしては少々お高めかな?
全品餃子が3個、サラダ、杏仁豆腐がついています。
何故か1番と5番の番号は赤字で書かれていて、1番はオススメと紹介されていました。

DSCF5610_20121005062627.jpg
それぞれのメニューは単品でも注文できます。
お値段は700円から800円で、杏仁豆腐がついています。

麻辣麺か担担麺で迷いましたが、オススメの担担麺にして、店名に餃子を謳っているのだから、餃子も食べなきゃ!と思って、セットメニューにしました。


餃子+担担麺セット  (850円)
DSCF5613_20121005062548.jpg
しばし待ってお料理が登場!
地下では料理は作っておらず、お料理運搬用の小さなエレベーターで運ばれてきました。

メイン、餃子、サラダ、デザートのセットです。


サラダ
DSCF5620_20121005062509.jpg
サラダはレタス、紫キャベツ、ダイコンなどです。

DSCF5623_20121005062508.jpg
あらかじめドレッシングがかかっていました。


餃子
DSCF5617_20121005062547.jpg
餃子は大ぶりのものが3個です。

DSCF5619.jpg
こんがりと焼いてあって、とっても美味しそう。

DSCF5630_20121005062429.jpg
小皿はついていないので、卓上にあった餃子のタレはそのまま直接餃子にかけました。

DSCF5636_20121005062428.jpg
皮はやや厚めで、餡はぎっしり入っていました。
程よい味付けで、美味しいですが、残念ながら焼きたて熱々ではありません。

DSCF5637_20121005062428.jpg
大きいので、食べごたえもたっぷり。
美味しい餃子だったので、できれば焼きたてを食べてみたいです。
単品でないのも残念。


担担麺
DSCF5629_20121005062507.jpg
担担麺は、かなり汁が少ないタイプです。
スープは赤ではなく、茶色のせいか、見た目はあまり担担麺っぽくありません。

DSCF5626_20121005062508.jpg
中央に水菜とネギがトッピングされていました。

DSCF5633_20121005062429.jpg
スープは、担担麺らしい胡麻の味ではなく、独特の香辛料の風味がありました。
八角? 五香粉?
イメージが違うのでちょっとビックリしましたが、これはこれでなかなかはまるお味で美味しい。
辛さはピリ辛です。
スープは少ないこともあって、全部いただいちゃいました。

DSCF5634.jpg
麺は黄色っぽい細めのストレートです。
中華料理屋さんにありがちなのびのびの麺ではなく、かために茹でられていてしゃっきりしていました。
ボリュームは普通です。

DSCF5639_20121005062428.jpg
スープの中に大きくカットされていたチンゲンサイが入っていました。


杏仁豆腐
DSCF5616_20121005062547.jpg
デザートは中華の定番、杏仁豆腐です。

DSCF5615_20121005062548.jpg
お店の自家製だそうです。
缶詰めのみかんの上にクコの実がのせられていて、豪華です。

DSCF5640.jpg
伝票です。


正直なところ、入店した時はチェーン系の中華かなぁ、なんてあまり期待していなかったのですが、個性的なスープとボリュームのある餃子で大満足でした。
麻辣麺も是非食べてみたいし、テイクアウトが出来るようになったら、買ってみたいです。


お店の名刺です↓
DSCF5646_20121005062307.jpg

DSCF5647.jpg


2012年9月20日訪問時お店DATA
****************************
餃子酒場 四谷本店 (ぎょうざさかば)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-19 中沢ビル1階・地下1階
電話&FAX 03-3354-3008
営業時間
[昼] 11:00~15:00
[夜] 17:00~23:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/12 06:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(5) |
超ごってり麺 ごっつ  @亀戸
DSCF4614.jpg
2012年1月5日、まだ冬休み中の私は前日食べた「鬼金棒」がとっても美味しくて、ラーメンモードに入ったままだったので、亀戸にある「超ごってり麺 ごっつ」へラーメンを食べに行っちゃいました。

2010_0124画像0075
こちらは以前撮影した写真です。
JR総武線亀戸駅の南口を出て歩くとすぐに京葉道路にぶつかるので、その歩道橋を上って右側に降りるとその並びにお店があります。

2010_0124画像0076
こちらも以前撮影した写真です。
「ごっつ」は2009年4月にオープンしたそうです。

DSCF4625_20121005061357.jpg
営業時間は午前11時から深夜4時までです。
以前は水曜日が定休日でしたが、現在は年中無休になっています。
亀戸には土日の午後に遊びに来ることが多いので、通し営業で土日やっているのはとてもありがたいです。

DSCF4626_20121005061356.jpg
こちらのお店では菅野製麺所の麺を使っているようです。

DSCF4627_20121005061356.jpg
お店のことが紹介された雑誌が飾られていました。

DSCF4605_20121005061555.jpg
入口のすぐ左手に券売機があるので、先に食券を購入します。
この日はラーメン本についていたクーポン券を持参しました。

私は以前醤油ラーメンを食べたことがあったので、この日はみそラーメンにしてみました。
お正月だし、味玉もトッピング。
家人はチャーシューが美味しいからと、醤油チャーシューメンにしました。

2010_0124画像0057
店内は縦に長いカウンター席です。

午後2時40分過ぎに入店。
こんな中途半端な時間なのに、店内は5、6人ほどのお客さんが入っていて、その後も入れ替わりでぼちぼち席が埋まっていました。

2010_0124画像0062
「なりたけ」系のこちらのお店、味は大好きなのですが、カロリーが気になってなかなか訪問できません。
2010年1月24日に訪問したときのことを以前記事にアップしていますが、他にも数回来ています。

DSCF4609_20121005061554.jpg
店内は禁煙です。

2010_0124画像0063
表の看板どおり、菅野製麺所の麺を使っているようです。

DSCF4606_20121005061555.jpg
私たちはカウンターの中央付近に着席。

DSCF4607_20121005061554.jpg
席からは厨房がよく見渡せます。
この日は男性店員さんと若い女性店員さんの二人で切り盛りしていました。

DSCF4608_20121005061554.jpg
お水は券売機の横に冷水器があるので、セルフでとります。
真っ赤な器が珍しいです。

2010_0124画像0060
こちらがメニューです。
基本的にはラーメンとつけ麺が、しょう油ベース、みそベースで選べます。
こってり系を食べる免罪符なのか、ドリンクに黒ウーロンとかヘルシアとかが選べるのがすごい(笑)。

2010_0124画像0061
超濃厚スープなので、味が濃すぎるときは、申し出れば割りスープを出してくれます。

2010_0124画像0059
このお店のこだわりでもある背脂の量を3段階から選べます。
普通の「ごっつ」を選んでも、一般的にはかな~りたっぷりです。

しょうゆチャーシューメン (930円)
DSCF4610_20121005061554.jpg
しばし待って、お料理が登場。
たっぷりのチャーシューで表面を覆い尽くしていて、とっても美味しそう!


水ギョーザ  (クーポン利用)
DSCF4611_20121005061516.jpg
クーポンは100円トッピングのいずれかか、水ギョーザだったのですが、珍しいので水ギョーザをお願いしました。

水餃子は定価がかなりお高いので、数が少なく出てくるだろうと思っていたのに、何と5個もありました。
タレはあらかじめかかっていて、ラー油でしょうか、真っ赤な色でとっても美味しそう!

DSCF4612_20121005061515.jpg
水ギョーザの器にも店名のロゴが入っています。

DSCF4613_20121005061515.jpg
水餃子は小さいがま口のような形で、見るからに皮が厚めのタイプです。

DSCF4621_20121005061437.jpg
囓ってみると、皮がぶるんぶるんいう程むっちりとしていて、弾力を感じます。
私は餃子は皮が薄いタイプの方が好みですが、水餃子だし、これだけ皮の存在感があるのはとても美味しかったです。

DSCF4622_20121005061437.jpg
具はジューシーでしたが、皮に比べるとちょっと存在感が薄かったです。
このタレ、見た目程の辛さは感じませんでしたが、さっぱりとお酢がきいて美味しかったので、ラーメンを食べ終わりの頃にスープに加えちゃったりしました。
量が少なくてあまり味の変化は感じられませんでしたが(笑)。
このクーポンはとってもお得でした!


みそ味玉子ラーメン 背脂:ごっつ (850円)
DSCF4614.jpg
みそ味玉子ラーメンは、2つに切った味玉、チャーシュー、メンマがのっていて、中央にたっぷりのネギがのせてあります。
お肉の赤・黄身の黄色・ネギの緑と、とても色鮮やかで、美味しそう!

DSCF4615_20121005061515.jpg
惜しむらくは、女性店員さんがやってくれた長ネギトッピングがやや平たくなっていたのが残念。
前回食べたときは、タワーのようになっていて、より立体的で美味しそうでした。

DSCF4617_20121005061438.jpg
メンマは数本入っていました。

DSCF4616_20121005061515.jpg
味玉は、最初から切ってあるのがビジュアル的にとても嬉しいです。

DSCF4618.jpg
チャーシューは薄切りのものが2枚ありました。

DSCF4619_20121005061438.jpg
まずはスープを一口。
背脂の甘みをとても感じます。美味しい~。
ラーメンが出てくるとき、店員さんが「スープが濃ければおっしゃってください。」と声をかけてくれます。
こってりと濃いスープがウリのお店ですが、味噌スープは醤油に比べるとさらにこゆいです。
しょっぱいというか濃いというか、味噌の濃厚さも加わり、かなりどっしりした口あたりでした。
それでも、ネギと組み合わせて食べるとかなりサッパリといただけます。

DSCF4620_20121005061438.jpg
麺は少し縮れた中太麺です。
麺の茹で加減については何もお願いしなかったですが、かためで嬉しいです。
噛みしめる感じのもっちりした麺で美味しい。
ボリュームも結構あります。

DSCF4623_20121005061357.jpg
チャーシューはとても薄く切ってあるので、そのままの形を保ちながらレンゲにのせるのは一苦労。
普通チャーシューが薄いとすごくガッカリですが、このお店のチャーシューは口の中ではらはらととろけてとっても美味しい!
スープが濃いからこれ以上厚いとくどくなるのかな?
かなりお気に入りのチャーシューなので、私もチャーシュー麺を一度食べてみたいです。

DSCF4624_20121005061357.jpg
黄身はトロリと半熟で、甘みがありました。

2010_0124画像0074
水ギョーザの器と同じく、器に店名のロゴが入っています


久しぶりの「ごっつ」、満足でしたが、個人的には味噌より醤油の方が好みかな?と思いました。
味噌だと味が濃すぎてトッピングとかの味わいを少し殺しちゃうかなと感じがします。
次回味噌を食べる時は、少しだけ割りスープを入れてみようかなと思います。


2012年1月5日訪問時お店DATA
***************************
超ごってり麺 ごっつ
〒136-0071 
東京都江東区亀戸1-39-7 サンキビル1階
TEL 03-5875-2212
営業時間 11:00~04:00   
定休日 なし
JR総武線亀戸駅北口から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/11 10:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
カラシビ味噌らー麺 鬼金棒  @神田
10ヶ月遅れですが、今日からようやく2012年のレポートになります。
こんなぼちぼちブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございます。

本日は、マイブログ圏外の神田にある「鬼金棒」というラーメン屋さんです。

DSCF4575_20121005060054.jpg
2012年1月4日は多くの人は仕事始めでしたが、私はまだ冬休みだったので、ずっと行ってみたかった神田のラーメン屋さん「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒(きかんぼう)」に行ってみました。

DSCF4589_20121005055929.jpg
JR・地下鉄神田駅の東口を出て左に曲がり、そのまま線路沿いに歩くとやや大きな通りに出ます。
道を渡って右に進むと突きあたりにお店があります。

ちなみに私は電車賃を節約するため、秋葉原駅から歩きました。
公式HPによれば、神田駅からだと3分、秋葉原駅からだと7分とのこと。
ランチタイムをはずそうと思って午後1時近くに到着しましたが、外に5、6人並んでいました。

DSCF4562_20121005060217.jpg
お店の壁には系列店の「カラシビつけ麺 鬼金棒」のポスターが貼ってあります。

DSCF4591_20121005055929.jpg
場所はわずか3軒お隣だそうで、こんなに近いのもすごい!
こちらにも2、3人のお客さんが待っていました。

DSCF4592.jpg
2009年9月17日にオープンした「鬼金棒」は、妥協のない本格的な唐辛子の辛さと四川山椒の痺れの味わいからオープン当初から大人気のお店です。

DSCF4569_20121005060134.jpg
ちょうどこの日から営業時間が変わっていました。
定休日も中休みもなく、お客さんにとってもありがたいです。

行列はほとんどが男性でしたが、私の前後にいたグループには女性がいました。

DSCF4563_20121005060217.jpg
お店の壁は大きなメニューが貼り出してあります。
基本的にはカラシビ味噌らー麺だけで、トッピング変えることと、辛さ・痺れのレベルを選択するだけです。

辛さと痺れは、カラとシビと表記され、抜き・少なめ・普通・増し・鬼増しと5段階有り、全部で25種類も選べます。
スープの色合いも少しずつ違い、写真のおかげでなんとなく味わいがイメージできます。

DSCF4571_20121005060133.jpg
回転は早く、5分程で入店できたのですが、店内でも並んでいました(汗)。

フロアは結構狭く、奥が厨房になっていて、その周りをカウンターが囲んでいますが、かなり変則的な形です。
BGMは太鼓の音楽が流れていました。
内装は黒を基調にしたシンプルなもので、ところどころに鬼のモチーフが飾られています。
店員さんは全員男性で、3、4人いらっしゃったような、、。

DSCF4573_20121005060133.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。

カラ抜き・シビ抜きの場合は、すりおろししょうがを入れることが出来ます。

DSCF4570_20121005060133.jpg
入ってすぐ右手に券売機があるので、先に食券を購入し、奥に進んでさらに並びます。
この券売機の上に紙エプロンが置いてあるのですが、うっかり取り忘れてしまったため、この日はいつもより慎重にラーメンを食べました(笑)。

年末年始の暴飲暴食で体重がかなり高めでしたが、せっかくなので味玉も。
食券は並んでいる途中に店員さんに渡し、その際、辛さと痺れについて聞かれます。
初めてなので、どちらも普通にしました。
後ろのお客さんが言っていたのですが、麺の茹で加減も指定できるようです。

DSCF4572_20121005060133.jpg
私の前は4人グループだったのですが、一斉に食べられるようにと店員さんが配慮し、先に私が着席させていただきました。
ただし、この場所は一番カウンターがせり出しているところだったので、すぐ後ろに並んでいるお客さんの気配を感じました(汗)。

DSCF4574.jpg
お水はセルフサービスでコップとポットが卓上に置かれていましたが、ちょうどコップが品切れで、左隣の男性と共にどうしようかな~と思っていたら、店員さんが気付いてくれてコップをもらえました。
ただ、私の位置だと両隣にポットが置いてあるものの、スペースが狭いので、食べていらっしゃると邪魔しちゃう感じで、知り合い同士でないとちょっと手が出しづらいです。
ポットのお水がなくなりかけていたので、お水は少しだけ。
私はもともとお水を飲まない人間なので、これで充分です。


味玉カラシビ味噌らー麺 <カラ普通、シビ普通>  (880円)
DSCF4575_20121005060054.jpg
しばし待って、ラーメンが登場!
赤みがかったスープにドンブリの縁に沿って黒い筋がぐるりと一回り。
中央にもやしとネギとヤングコーンが盛られ、味玉とチャーシューが添えてあります。
うーん、とっても美味しそうなビジュアル!

DSCF4576_20121005060054.jpg
ヤングコーンのトッピングって珍しい。
辛い系のラーメンはどうしても赤一緒になったりとビジュアルが単調になりがちなので、黄色を添えられるのはとってもいいアイデア。
見た目だけでなく、シャキッとした歯応えがよかったし、ほんのわずかですが、辛さや痺れを和らげる効果もありました。

DSCF4577_20121005060054.jpg
この写真だとチャーシューはほぐしてあるように見えますが、実際には大きめの一枚肉でした。

DSCF4578_20121005060054.jpg
味玉はプラス100円です。

DSCF4579_20121005060053.jpg
この黒い一筋はマー油でしょうか。

DSCF4581_20121005060014.jpg
まずは赤いスープを一口。
こってりとしたコクがある味わいで、そして、しっかり辛い!
気をつけて啜らないと、間違いなくむせます(笑)。
お味噌!って感じはあまりわからなかったのですが、このコクがそうだったのでしょうか。
普通でも結構な辛さで、辛い物好きの私は嬉しくなっちゃいました。
中華料理で四川山椒ががっつり効いているお料理をいただいたことがあるので、それに比べれば痺れのインパクトは弱く、後からじわじわとやってくる感じです。

DSCF4582_20121005060013.jpg
麺は、平たいきしめんをぶ厚くしたような中太麺です。
茹で加減は指定しなかったですが、かために茹でられていて美味しかったです。
辛い麺の時は思いっきりすすれないのが残念です(笑)。

DSCF4583_20121005060013.jpg
せっかくの味玉、中央に亀裂が入っていて、ちょっと残念。

DSCF4584_20121005060013.jpg
亀裂付近の黄身はかたまってしまっていましたが、基本的には半熟トロトロで、黄身は甘みがありました。

DSCF4585_20121005060013.jpg
チャーシューは厚めにカットされた豚バラ肉?でした。
お肉も脂の部分も柔らかく、とろけて、かなり好みのチャーシューでした。

DSCF4586_20121005060012.jpg
美味しくって、スープを飲む手が止まらず、全て飲み干しちゃいました。

DSCF4587_20121005055930.jpg
ドンブリの内側には、お店のイラストとロゴが大きく入っています。


思い描いていた以上にコクがあって辛く、とっても美味しかったです。
ぜひとも辛さや痺れの鬼増しにチャレンジすべく再訪したいし、系列店のつけ麺タイプもぜひ食べてみたいです。
一年の始まりにとても美味しいラーメンが食べられて、大満足でした。


メニューです↓
DSCF4563_20121005060217.jpg

DSCF4568_20121005060216.jpg

DSCF4567_20121005060217.jpg

DSCF4564_20121005060217.jpg

DSCF4565_20121005060217.jpg


2012年1月4日訪問時お店DATA
*********************************
カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 (きかんぼう)
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-10-10
TEL  03-3256-2960
営業時間
[月~土] 11:00~21:30
[日曜日] 11:00~16:00
定休日 なし 
JR・地下鉄神田駅から徒歩3分 
JR・地下鉄秋葉原駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/10 06:00】 | らぁめん | トラックバック(1) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室・番外編】  @四谷三丁目
お天気がちょっと崩れてしまいましたが、みなさま、楽しい三連休だったでしょうか?
私は群馬県の榛名山の麓へキャンプに行き、焚き火をおこして焼肉・焼魚・カレー・豚汁などなど、ひたすら食べ続けた3日間でした(笑)。

本日は、10ヶ月遅れですが、ようやく2011年最後の記事をアップします(汗)。
2011年はランチだけでなくディナーの紹介も時系列どおりにアップしたので、大変ではありましたが、いろいろなお店が紹介できて嬉しかったです。

DSCF4485_20121009042457.jpg
2011年12月の終わり頃、昨冬に引き続き、「妻家房(さいかぼう)」からお鍋セットが自宅に届けられました。

入口

「妻家房」の四谷本店は、地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと右側にあります。
通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。

2008_1025画像0017
1階に韓国食材販売店とキムチ博物館があり、2階と3階がレストランになっています。
写真は1階奥にあるキムチ博物館で、この場所でキムチ教室が行われています。

2009_0126画像0048
いただいたものは、冬のギフトとして販売しているこちらのお鍋のセットです。

DSCF4482_20121009042457.jpg
送られてきた箱は目を奪われるど派手な赤でした。

DSCF4483.jpg
ドキドキしながらオープン!

DSCF4484.jpg
箱の中にはぎっしりと食材が詰まっていました。

DSCF4485_20121009042457.jpg
箱から全ての小袋を取り出してみると、こんな感じです。
大きく分けて、お肉、野菜、スープ、キムチに分かれています。
こちらのセットは2~3人前のボリュームとのこと。

DSCF4488.jpg
一番上にお肉がのっていました。
鹿児島産黒豚のバラスライスです。

2009_0123画像0006
こちらは以前撮影した写真です。
スープで小袋で3つに分けてあり、何回かに分けて使うこともできるようになっていました。
私は1回で食べ切っちゃいましたケド(笑)。

DSCF4486.jpg
そのままお鍋に入れるだけで、薄める必要もなく、とっても簡単です☆

DSCF4487.jpg
お鍋の味の決め手になる妻家房の美味しい白菜キムチがたっぷりと入っています。

DSCF4489_20121009042416.jpg
豚肉、スープ、キムチ以外の材料は一つの袋にまとめてあります。

DSCF4490_20121009042416.jpg
四谷本店特製とあるので、たくさんある支店では別のものが販売されているのかな?

DSCF4491.jpg
開けてみると、小袋がこんなにたくさん!
8種類の具材とタデギが入っていました。
調理は包丁いらずです。

DSCF4492_20121009042415.jpg
味のアクセントになるタデギです。
こちらのタデギ、辛くてとっても美味しいですが、全部入れるとけっこう辛くなるので要注意です。

DSCF4493.jpg
8種類ある具材は、春菊、、、

DSCF4496_20121009042323.jpg
ニンジン、、、

DSCF4494.jpg
シイタケ、、、

DSCF4497.jpg
エノキ、、、

DSCF4498.jpg
長ネギ、、、

DSCF4499.jpg
トッポギ、、、

DSCF4500_20121009042245.jpg
タマネギ、、、

DSCF4495_20121009042323.jpg
戻してある春雨が入っていました。

DSCF4506_20121009042244.jpg
2011年12月31日の夜、楽しみにしていたこちらのお鍋をいよいよ食べることに。
小袋をお皿に全て出してみると、こんな感じです。

DSCF4504_20121009042245.jpg
せっかくなので、ほかの具材もいろいろ入れてみました。
追加した野菜は、白菜、京ニンジン、シメジ、シイタケ、エリンギ、長ネギ、百合根などなど。

DSCF4505_20121009042245.jpg
今年は海産物も入れてみました。
アサリ、ホタテ、カキの3種類です。

DSCF4501_20121009042245.jpg
全部で大皿3つ分です。

DSCF4508_20121009042244.jpg
お鍋の作り方は、全ての材料をスープに投入するだけなのでとっても簡単♪
スープの赤さが食欲をそそります。
具材はいっぺんには入らないので、少しずつ。

DSCF4509_20121009042204.jpg
だいぶ良い感じになってきました。

DSCF4510_20121009042204.jpg
お肉にも火がしっかり通ったので、いただきま~す!

DSCF4515_20121009042115.jpg
キムチもタテギも全部入れたので、私にはピリ辛・旨辛味とっても美味しい!

DSCF4512_20121009042203.jpg
豚バラを使っているので、脂がたっぷりと溶け出してコクがあります。

DSCF4517_20121009042114.jpg
具材をどんどん追加して煮込みます。

DSCF4518_20121009042114.jpg
味わいも食感もいろいろで、食べ飽きません。

DSCF4516_20121009042114.jpg
野菜もたっぷり食べられました。

DSCF3912.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
最後はたっぷりのご飯と卵とネギを追加して雑炊にしました。

DSCF3913.jpg
全ての美味しさを吸い込んだ雑炊は格別です。
お腹いっぱいでしたが、別腹なので、あっという間に平らげちゃいました(笑)。


美味しくてボリュームたっぷりで、お腹いっぱいになりました。
海産物を入れるとまた違った味わいが出てとってもよかったです。
大晦日の夜にふさわしいご馳走で、ステキな一年の締めになりました。
本当にごちそうさまでした!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  

[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日
ソクバクジ (2007年10月20日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日
セロリキムチ (2008年2月2日
干し大根のキムチ (2008年5月10日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ (2010年2月20日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
 

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日

[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年12月31日調理時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2012/10/09 06:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(2) |
和人餃子房 銀座 俵屋  @市ヶ谷/麹町
昨日は、前日に引き続き、突然の雷雨に驚きました。
今年の秋は、本当に雨が多いですね~。

今日一日がんばれば、楽しい三連休です。
お天気が予報よりもよくなりそうなので、みなさま、楽しい週末を☆

DSCF5429_20121004072323.jpg
2012年9月12日は上司が出張で不在だったので、お弁当の先輩を置いて外へランチを食べに出ました。
この日向かった先は、前日に「タベルナ」のお弁当を買いに行った時に見つけた新店です。

DSCF5445_20121004072146.jpg
ちょっと前に「俵屋」に工事が入っていたので、「『俵屋』つぶれちゃったのかな? 新しいお店は何だろう?」と思っていたのですが、実は「俵屋」のリニューアル工事でした(汗)。
ネットで調べたところ、銀座にあった「俵屋」がビルの解体に伴って2012年8月31日に閉店し、2012年9月6日に「和人餃子房 銀座 俵屋(たわらや)」としてリニューアルオープンしたそうです。

DSCF5442_20121004072147.jpg
お店はJR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を半蔵門方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの一つ先にある、印象的な緑色のタイルに覆われた、やや古めかしい恩田ビルの中にあります。

以前の外観はいかにも街の中華屋さんといった趣でしたが、黒・赤・白というシックな色合いを使い、ちょっとオシャレな雰囲気になりました。

2009_0424画像0079
こちらは以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2008年3月7日にランチ訪問し、よく出前をしていて、この日訪問した「俵屋」、
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
2007年6月4日にランチ2008年12月13日にディナー訪問し、お弁当もよく買う、安くて美味しくてボリューム満点のイタリアン「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した韓国料理の「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
ランチ営業をしていない「ぢどり屋 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF5443_20121004072147.jpg
2011年8月26日にデリバリして以降、出前をやめてしまったので、約1年ぶりです。

DSCF5444_20121004072147.jpg
お店の前にはとても大きなメニュー写真が出ていて、とてもわかりやすいです。

DSCF5441_20121004072147.jpg
日替わりメニューでしょうか、2種類のセットの内容が黒板に書かれています。

DSCF5419.jpg
リニューアルしたばかりで混雑しているかな~と心配でしたが、12時15分頃入店すると、8割程の人の入りでした。
内装も、木目を活かした落ち着いた雰囲気です。

フロアはそれ程広くはなく、右と左に細長い状態に分かれ、右にはテーブル席が並び、左には厨房とテーブル席があります。

DSCF5393_20121004072656.jpg
「俵屋」を仕切るちょっと怖めのおばちゃんがいらっしゃるんじゃないかとドキドキでしたが、フロアは2名の女性店員さんで、日本語がちょっとたどたどしいですが、とても丁寧な接客でした。
その日結局店内ではおばちゃんの声は聞こえなかったので、お休みだったのでしょうか。

灰皿が置いてあるので、喫煙はオッケーです。

DSCF5418_20121004072411.jpg
卓上にあった辛味がとっても美味しそう。
この日は使うのを忘れてしまい、残念!

DSCF5392_20121004072656.jpg
私は左奥の4人席に、男性一人と相席になる形で着席。
ただし、その男性はその後すぐ食べ終わって出て行ったので、帰る間際に団体さんたちの一部の人たちが座るまで、ほとんど一人の状態でした。

DSCF5394_20121004072655.jpg
メニューを見ると、お料理はほとんどが以前と変わっていなかったので、ちょっぴりガッカリ。

DSCF5397.jpg
「餃子房」という店名なのだから、餃子を食べてみたいな~と思ったのですが、基本的に単品で、とてもたくさんセットメニューがあるのに、餃子が含まれているのは俵屋定食だけだったのでので、俵屋定食を注文。
俵屋定食は餃子・ラーメン・半ライスのセットで850円ですが、半ライス不要だと700円になります。
半ライスで150円引きとはすごい!


俵屋定食 半ライスなし  (700円)
DSCF5421.jpg
混雑時はお時間をいただくことがあります、という注意書きのとおり、お料理が出てくるまでかなり待ちました。
10分以上待って、お料理が登場!

お料理は、ラーメン、餃子、お漬け物のセットです。
お盆にのせてありました。

DSCF5423_20121004072410.jpg
お漬け物は、大きめの柴漬けがたっぷり。
ご飯のお供だと思うのですが、ご飯のない私には不要でした。
量が多かったので、食べるのに苦戦(汗)。


ラーメン
DSCF5424.jpg
ラーメンがのびないよう、餃子より先に食べました。
ラーメンはトッピングがワカメ、メンマ、ナルト、もやし、長ネギで、見た目はとても懐かしい風情のラーメンです。

DSCF5425_20121004072324.jpg
ワカメはたっぷりありました。

DSCF5426_20121004072323.jpg
ナルトは薄切り1枚です。

DSCF5427_20121004072323.jpg
メンマはやや太めで、シャキシャキした食感です。
スープの中にも沈んでいて、結構たくさん入っていました。

DSCF5428_20121004072323.jpg
茹でもやしは少しだけ。

DSCF5433_20121004072235.jpg
少し茶色っぽい透明なスープは、意外と油が浮かんでいます。
普段はスッキリお醤油ベースのラーメンを食べることは少ないので、自分から食べようと思うことは少ないですが、俵屋のスープはすっきりとしていて、美味しかったです。

DSCF5435_20121004072235.jpg
黄色っぽい麺は少し縮れた細麺です。
かために茹でてあり、量もそこそこありました。


餃子
DSCF5429_20121004072323.jpg
餃子はやや大きめなサイズが5個あります。

DSCF5430_20121004072323.jpg
ぷっくりと太めで、底はこんがりと焼いてありました。

DSCF5431_20121004072236.jpg
餃子のタレ用の小皿にです。

DSCF5432_20121004072236.jpg
卓上の調味料で、餃子のタレを自分で作ります。
私はお酢とラー油をたっぷり、お醤油少しが好みです。

DSCF5438_20121004072235.jpg
皮は厚めです。

DSCF5440_20121004072235.jpg
以前食べたときとあまり印象は変わらず。
悪くはないですが、ごくごくフツーなので、店名に「餃子房」と入れるにはちょっと荷が重いのではないでしょうか。

DSCF5422_20121004072410.jpg
この日の伝票です。


ラーメンのスープが美味しかったので飲み干し、大きめの餃子を5個いただいたので、お腹はすごく一杯になりました。これで700円なのでCPはとてもよかったです。

昼間は内装がキレイになったこととおばさまがいなかったことぐらいしか以前との違いがわかりませんでしたが、夜のメニューはかなり変わり、本格中華料理を出すようになっていました。
夜のメニューはちょっと気になります。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

俵屋定食  2011年8月26日

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
リニューアル前です↓
【 らーめん 】
  東京チャーシューめん  (2011年7月28日
  絶品 たんめん 野菜たっぷり  (2008年3月7日
  俵屋味噌らーめん 野菜・海鮮・玉子入り (2010年7月15日
  大辛・中辛が選べる担々麺・大辛  (2008年8月27日
  ワンタンめん  (2009年9月17日2009年12月24日
  カレーラーメン  (2009年4月24日
  あさりラーメン (2011年8月26日
  旨い 五目うま煮そば  (2009年7月14日
  好評 ソース焼きそば  (2009年6月30日
  サッパリ塩味 上海焼きそば  (2009年3月10日
  バリバリ カタヤキソバ  (2008年5月8日
  チャーシューつけめん  (2009年6月10日
  味噌つけめん  (2009年6月25日
  ジャージャーめん  (2009年2月16日
  マーボメン (2009年6月19日
  冷し中華  (2008年10月2日
  黒酢冷し中華  (2009年5月20日
  大辛冷し中華  (2008年8月4日

【 ご飯もの 】
  マーチャン丼 麻婆かけチャーハン  (2008年3月24日
  中華丼  (2008年7月1日
  カレーのせチャーハン丼  (2009年3月19日

【 セットメニュー 】
  つけ麺セット ニラレバセット  (2008年12月4日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF5394_20121004072655.jpg

DSCF5395_20121004072655.jpg

DSCF5397.jpg

DSCF5398_20121004072655.jpg

DSCF5399_20121004072615.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF5400_20121004072615.jpg

DSCF5401_20121004072615.jpg

DSCF5402_20121004072614.jpg

DSCF5403_20121004072614.jpg

DSCF5404.jpg

DSCF5405_20121004072536.jpg

DSCF5406_20121004072535.jpg

DSCF5407_20121004072535.jpg

DSCF5408_20121004072535.jpg

DSCF5409.jpg


ドリンクメニューです↓
DSCF5410_20121004072534.jpg

DSCF5411_20121004072454.jpg

DSCF5412_20121004072454.jpg

DSCF5413.jpg

DSCF5414.jpg

DSCF5415_20121004072453.jpg

DSCF5416.jpg


2012年9月12日訪問時お店DATA
*********************************
和人餃子房 銀座 俵屋 (たわらや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 思田ビル1F
TEL  03-3264-4488
FAX  03-3230-4355
営業時間
[平日] 11:00~23:00
[土曜] 11:00~21:00
[日祝] 11:00~20:00
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/05 00:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
Bar 岸良  @市ヶ谷
昨日の雨は結構ひどい降りでした。
天気予報を見ていたはずなのに、何故か午前中しか降らないと思い込んでしまい、傘を持つのが嫌いな私は傘を持たずに出社(汗)。
幸い、土砂降りの時間帯からはずれて帰れたので助かりました。

DSCF4356_20120929093046.jpg
2011年12月28日の夜、「メソン・セルバンテス」で食事会を終えた後、上司が「まだ8時じゃないか。もう一軒行こう!」と言い出し、上司お気に入りのバー「Bar 岸良(きしら)」へ連れて行かれました(汗)。

2008_0614画像0038

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かって緩やかな坂を上がり、
最初の交差点を越えてちょっと先の右手に朝日六番町マンションがあります。
朝日六番町マンションには地下1階から地上2階までたくさんの飲食店が入っていて、
地下1階には、
2008年6月10日2011年10月4日2009年11月11日にランチ訪問した「アール」、 
この日訪問した「Bar 岸良」、
1階には、
2008年11月5日にランチ訪問した「釜めし うち山」、
そのお隣にはカレー南蛮が有名で、上司と共に何度も通っている「そば処 角屋」、
2階には、
2008年8月20日にランチ訪問した「酒と肴 月」」、
2008年12月17日にランチ訪問した「NATURAL FOODS ヘルシー館」、
2011年10月27日にランチ訪問した「韓国家庭料理 明洞」、
があります。

DSCF4386_20120929004558.jpg
ビルの右脇にある階段を降りて地下に降りると、確か一番手前にお店があります。

DSCF4387_20120929004557.jpg
お店が狭いため、5名以上の団体はお断りしています。

DSCF4356_20120929093046.jpg
フロアは細長く、左手にお酒がたくさん並んだ棚とカウンターがあり、一番奥にテーブル席が一つあります。
木目調の重厚で落ち着いた内装で、とってもステキな雰囲気。
朝日六番町マンションは古めかしいビルのなので、その中にこんな隠れ家的なお店があるとはビックリです。
マスターがお一人で切り盛りしています。

DSCF4357_20120929093046.jpg
先客なしで、貸切状態でした。
なので、マスターにお断りし、店内の写真をいろいろ撮影させていただきました。
後から2組ぐらいお客さんがいらっしゃいました。

DSCF4358_20120929093045.jpg
あまりちゃんと写真が撮れなかったので今まで記事にしなかったのですが、これまでにも何度か来たことがあります。


ブラッディマリー
DSCF4376_20120929004734.jpg
私は大好きなブラッディマリーを注文。


ノンアルコールカクテル
DSCF4377_20120929004649.jpg
先輩はお酒が飲めないので、アルコールの入っていないノンアルコールカクテルを作っていただきました。
オレンジジュースベースです。

DSCF4378_20120929004649.jpg
こちらはFさんの注文したものですが、何だったかな、、、。


ミックスナッツ (700円)
DSCF4381_20120929004648.jpg
全員お腹いっぱいでしたが、上司はおつまみを2種類注文(汗)。


チョコレート (600円)
DSCF4380_20120929004649.jpg
チョコレートはしっかりした苦みがあって美味しかったです。
お酒のお供にぴったり。


ジントニック
DSCF4383_20120929004558.jpg
おかわりでジントニックをいただきました。

DSCF4384_20120929004558.jpg
このカクテルは、、、。
メモも記憶もなく、なんだかわからない(汗)。

DSCF4388_20120929004557.jpg
午後10時前にようやく解散。
市ヶ谷駅まで歩いている途中、東急番町ビルの前にイルミネーションがあって、とってもキレイでした。
この日のお会計は17,200円です。

2011年のお仕事はこれにて終了!


メニューです↓
DSCF4359_20120929093045.jpg

DSCF4360_20120929093045.jpg

DSCF4361_20120929093045.jpg

DSCF4362_20120929093002.jpg

DSCF4365_20120929093002.jpg

DSCF4366_20120929093002.jpg

DSCF4367.jpg

DSCF4368_20120929093001.jpg

DSCF4369_20120929093001.jpg

DSCF4370_20120929004735.jpg

DSCF4371_20120929004735.jpg

DSCF4372_20120929004735.jpg

DSCF4373_20120929004734.jpg


2011年12月28日訪問時お店DATA
******************************
Bar 岸良 (きしら)
〒102-0085
東京都千代田区六番町4-11 朝日六番町マンション地下1階
TEL  03-3237-9324
営業時間 
[平日] 19:30~00:30
[土曜] 19:30~22:30
定休日 日祝、年末年始
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2012/10/04 07:00】 | バー | トラックバック(0) | コメント(0) |
スペイン料理&バル MESON CERVANTES  @市ヶ谷
今週末の三連休はキャンプに行く予定なのですが、台風が次々に発生するなど天気予報がイマイチで残念です。
良いお天気になるよう、諦めずに祈っています。

DSCF4326_20120930211901.jpg
2011年12月28日は事務所の仕事納めだったので、上司の奥様やいつもお世話になっているT事務所のT様も加わり、仕事を終えてから総勢6名で食事会に行きました。
面倒くさがりの上司は、ずっとぐずぐずしていてお店選びをしたのはなんと当日(汗)。
スペイン料理&バル MESON CERVANTES(メソン・セルバンテス)」に電話してみたところ、意外なことに空いていました。

2008_1128画像0059
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、二つめの交差点を右に曲がってすぐ右手にこちらの建物があります。

2008_1128画像0058
セルバンテス文化センターとは、1991年に設立された国営の組織で、スペイン語の振興と教育、スペイン及びスペイン語圏文化の普及に努めているとのことです。四大陸に70以上の支部があり、2007年9月から業務を開始したこちらの東京支部は最大規模だそうです。
余談ですが、私の大学時代の友人で、ここにスペイン語を習いに来ている人がいます。

2008_1128画像0056
こちらは以前撮影した写真です。
2008年10月6日から、このビルの最上階である7階に「メゾン・セルバンテス」がオープン。
こちらは株式会社スペインクラブが展開するスペインクラブグループの一つです。

ビルの前に置かれている看板は結構小さめです。

2008_1128画像0054
真新しいビルに入ると、中の壁が鮮やかな黄色と赤になっていました。
さすがスペイン! 華やかでとってもオシャレ。

2008_1128画像0052
入口からすぐ右の所に受付の方がいて、挨拶してくれます。

2008_1128画像0053
エレベーター脇のフロア表示では「カフェテリア」と記載されています。

2008_1128画像0045
エレベーターを降りると、お店の入口がありました。

2008_1128画像0044
扉の前のちょっとしたスペースにはいろいろと飾られています。

2008_1128画像0049
スペインワイン?

2008_1128画像0048
あちこちに唐辛子らしき赤い房が飾られています。
スペイン料理はあまり辛くないので、パプリカかな?

2008_1128画像0012
お店は広くて天井が高く、大きな窓に囲まれているのでとても明るいです。

2008_1128画像0013
これは、、、ゴヤかな? 無教養ですんません(汗)。

2008_1128画像0018
フロアの右側はカウンターバーになっていて、生ハムがどんと塊で置かれています。

DSCF3787.jpg
カウンターの冷蔵ケースの中には、ランチタイムだとスイーツが入っています。

DSCF3788.jpg
左端にはいろいろなディスプレイが飾られていました。

DSCF3790.jpg
奥の棚にはお皿などのストックが置かれている場所なので、店員さんがよく出入りします。

2010_0512画像0001
前回ランチ訪問したのは2010年12月24日でした。
ディナー訪問は2009年2月27日以来、約2年10ヶ月ぶり、2回目です。

2008_1128画像0042
文化を広めるという役割だからか、インテリアの製品がどれもこれもとてもオシャレで、自分の家で使いたいようなものがたくさん。こちらのイスも色違いのビロードがとってもかわいい。

2010_0512画像0014
窓際の席からは大きなガラス窓から外を眺めることが出来ます。

2010_0512画像0015
窓の外には、カラフルなイスやテーブルがいくつも置かれたテラス席がありました。
天気の良い時期なら、すっごく気持ちよさそう!

2008_1128画像0043
入口からすぐ左には、ちょっと個室っぽく区切られたテーブル席があります。
この日はこのスペースに通されました。
他のお客さんを気にせず、のんびりできたので、とてもラッキー♪
私たちの後からはお客さんはちらほら入っただけだったので、仕事納めにスペイン料理を選択する会社は少なかったようです。

DSCF4220.jpg
内装が凝っているので昼でも良い雰囲気のお店ですが、夜になるとぐっと光を絞ってよりムーディーに。

DSCF4216_20120930213307.jpg
テーブルはあらかじめセッティングされていました。
赤のナプキンがとっても色鮮やかです。

DSCF4226_20120930213214.jpg
上司から珍しく「そっちでメニュー決める?」と聞かれたのですが、恐れ多いので辞退しました。

DSCF4223_20120930213215.jpg
でも、結果的にはこちらのお店のウリであるイベリコ豚を全然食べずに終わってしまったので、幾つかだけでも希望すればよかったな~と、ちょびっと後悔。

DSCF4224.jpg
小皿のワンポイントが可愛いです。


オリーブ (お通し?)
DSCF4217_20120930213307.jpg
最初にオリーブが出てきました。
これは多分、注文したものではなくて、お通し的に出てきたものだと思います。

DSCF4218.jpg
種を入れる容器も一緒に出てきました。

人数が多いせいか、とっても量があります。
ちなみに、テーブルチャージは一人500円です。

DSCF4219_20120930213306.jpg
黄緑色の大きめなものと茶色で小さな粒の2種類です。

DSCF4331_20120930211759.jpg
当たり前ですが、大きい方が肉厚で食べるところが多かったです。
どちらもちょっとしょっぱ目でした。


ビール (740円)
DSCF4222.jpg
まずは乾杯のドリンクとして、スペインビールのアルハンブラをお願いしました。
ごついグラスが、格好いい。

この一年、お疲れ様でした~!と先に乾杯したので、写真は一口飲んでしまった後です(笑)。
スペインのビールってあまり飲んだことがありませんが、結構濃い茶色でしたが、しっかりと甘みがあって美味しかったです。


スペイン風ポテトサラダ (750円)
DSCF4249_20120930212823.jpg
角の丸い長方形の平たいお皿にたっぷりのポテトサラダが、水菜やサニーレタスなどの生野菜と一緒に盛ってあります。

DSCF4252.jpg
スペインらしく?オレンジの薄い輪切りも添えられていました。
こういう風にサラダにフルーツが入っているのを見ると、どうもヨーロッパっぽいと思ってしまう私です(汗)。

DSCF4253_20120930212822.jpg
スペインのママの味とのことですが、ツナが入っていて、さっぱりしていました。


ヒコイワシ酢漬け (700円)
DSCF4259_20120930212729.jpg
スペインタパスの定番という、ヒコイワシ酢漬けです。

DSCF4262_20120930212729.jpg
これはランチでも出てくる前菜なので、食べたことがありました。

DSCF4313_20120930212002.jpg
穏やかな酸味でさっぱり味です。


スペイン産からすみの盛り合わせ (1,280円)
DSCF4269_20120930212632.jpg
シェリーにもワインにも合うスペインの珍味とのこと。
3種類出てきました。

DSCF4314_20120930212002.jpg
からすみといってもボラの卵ではなく、メモが無くてはっきりしませんが、多分、右からマグロの赤身、紅鮭の卵、マグロの卵だったと思います。

マグロの赤身はしっかりとした塩味、程よい歯応えでした。
紅鮭の卵はねっとりとした口あたりが本物のからすみみたいで、塩がややきつめでしたが、1番美味しかったです。
マグロの卵はさっくりとした食感で、しょっぱかったです。


スペイン産チーズ3種類盛り合わせ (1,280円)
DSCF4293_20120930212214.jpg
チーズ好きの先輩のために?上司が注文してくれました。

DSCF4299_20120930212214.jpg
木のボードにのせられた3種類のチーズは、スペイン直輸入とのこと。

DSCF4300.jpg
クラコットのようなパンと四角い形の乾燥イチジク?が添えられていました。

DSCF4301_20120930212214.jpg
ブルーチーズとハードチーズ2種類で、どれもクセがあまりなくて食べやすかったです。

DSCF4340_20120930211702.jpg
このメニューのほかに、ヤギのチーズの盛り合わせやチーズフォンデュというのもあって、面白そうです。


スペインオムレツ (550円)
DSCF4316_20120930212002.jpg
スペインの食卓には欠かせないメニューとのことですが、スペイン料理屋さんに行くと必ず注文する定番です。
かなりぶ厚く、表面はこんがりと焼いてありました。

DSCF4338_20120930211703.jpg
生地がとっても美味しくて、じゃが芋の旨味をしっかりと感じます。
このお店のスペインオムレツはかなり好きな味です。


グラス・白ワイン (クーポン利用)
DSCF4318_20120930211902.jpg
ビールを飲み終え、グラスの白ワインをお願いしました。
確か、ぐるなびのクーポン券でいただいたものです。
口あたりは甘めですが、後味はさっぱり。


サンタニオル・ガスなし?  (600円)
DSCF4320_20120930211902.jpg
先輩はスペイン産ミネラル・ウオーターを注文。


タラとジャガイモのグラタン (950円)
DSCF4321_20120930211901.jpg
シェフのオススメメニューの一つです。

DSCF4322_20120930211901.jpg
陶器に入っているのでずっと熱々でした。

DSCF4335_20120930211758.jpg
ジャガイモメニューがサラダとダブりましたが、美味しいです。
小皿に取って冷めてしまっても、より甘みを感じました。


フォアグラのピンチョス 赤ワインのジャム添え (1,800円)
DSCF4326_20120930211901.jpg
シェフのおすすめメニューの中で、さらに年末特別メニューです。
パンの上に大根、フォアグラ、ミニトマトがのせられています。

DSCF4330_20120930211759.jpg
ミニトマトの赤、ハーブの緑、フォアグラの茶色、パンの白と、とってもキレイな彩り。
フォアグラがぶ厚い!

DSCF4332_20120930211759.jpg
ピンチョスって、串で刺しているイメージでしたが、こんな感じのもあるんですね。
手でつまんでいただきました。

DSCF4334_20120930211759.jpg
フォアグラのねっとりとした旨味を、茹でた?大根でさっぱりさせていただきました。
ミニトマトの甘みと酸味で、いろいろな味が口の中で混ざり合います。
赤ワインのジャムは食べた記憶がないです、、、(汗)。


赤ワイン・ボトル
DSCF4336_20120930211758.jpg
こちらのお店はワインの品揃えがとっても豊富です。
リストがとってもぶ厚く、写真を撮っていたら疲れちゃう程でした(笑)。

このワインをサーブしてくれたのは男性のスペイン人で、バルセロナにいらっしゃるお母様がこのワインがお好きとのこと。

DSCF4337_20120930211703.jpg
最初の口あたりは少し重ためですが、後口は軽かったです。
程よい甘さでした。


フリット
DSCF4342_20120930211702.jpg
何の種類を注文したのか、記憶がありません(汗)。

DSCF4344_20120930211605.jpg
後からメニューを見る限りでは、カキかなぁ、、、。


本日のパエリア (1人前 1,280円)
DSCF4345.jpg
スペイン料理と言えばこれ!と言う定番中の定番で、大鍋で炊きあげているので、売り切れ次第終了だそうです。

DSCF4346.jpg
黄色く炊きあげられたご飯にはグリーンピース、インゲン、サイズの違う2種類の海老、ムール貝、アサリなどなど具がたっぷりと入っていて、見るからにとっても豪華。

DSCF4347_20120930211604.jpg
レモンの櫛切りがところどころに添えられています。
ランチでも食べられる一品ですが、ディナー版の方が豪華でした。


グラス・赤ワイン
DSCF4353_20120930211504.jpg
ボトルを飲み終えたので、グラスの赤ワインをいただきました。
飲みやすかったです。
たまたまかもしれませんが、このお店でいただいたことのあるワインって、どれも軽やかな甘みでとても飲みやすいです。


パン コン アホ (2枚 400円)
DSCF4348_20120930211604.jpg
ガーリックトーストです。
確か、「アホ」って、スペイン語でニンニクでしたよね。

DSCF4350_20120930211603.jpg
パンは柔らかでした。

DSCF4351_20120930211504.jpg
パンには温めてあるた~っぷりのバターとハーブで、とっても美味しい。

DSCF4354_20120930211503.jpg
最後にお水をいただきました。
お水ですが、小さめのワイングラスに入っています。


美味しいお料理をみんなでワイワイたっぷり食べて、とても楽しい仕事納めになりました。
メニューが多いお店なので、イベリコ豚も含めてもっとたくさんの種類を食べてみたいです。
この日のお会計は39,860円だったので、一人約6,700円でした。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちらです↓・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  メニューC (2008年11月25日
  メニューD (2010年5月12日2010年12月24日
[ディナー]
  1回目  2009年2月27日 
  2回目  2011年12月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


フードメニューです↓
DSCF4312.jpg

DSCF4273_20120930212631.jpg

DSCF4274_20120930212537.jpg

DSCF4275_20120930212536.jpg

DSCF4276.jpg

DSCF4277.jpg

DSCF4278_20120930212536.jpg

DSCF4279_20120930212536.jpg

DSCF4280_20120930212421.jpg

DSCF4281_20120930212420.jpg

DSCF4282_20120930212420.jpg

DSCF4283.jpg

DSCF4284.jpg

DSCF4285_20120930212419.jpg

DSCF4287_20120930212317.jpg

DSCF4288_20120930212317.jpg

DSCF4289_20120930212316.jpg

DSCF4290_20120930212316.jpg

DSCF4291_20120930212316.jpg

DSCF4292_20120930212316.jpg

DSCF4302_20120930212213.jpg

DSCF4303_20120930212213.jpg

DSCF4304_20120930212111.jpg

DSCF4305_20120930212111.jpg

DSCF4306_20120930212111.jpg

DSCF4307_20120930212111.jpg

DSCF4308_20120930212110.jpg

DSCF4309.jpg

DSCF4310_20120930212003.jpg

DSCF4311_20120930212003.jpg


ドリンクメニューです↓
DSCF4272_20120930212631.jpg

DSCF4225_20120930213214.jpg

DSCF4227_20120930213214.jpg

DSCF4228.jpg

DSCF4229.jpg

DSCF4230_20120930213128.jpg

DSCF4231_20120930213128.jpg

DSCF4232_20120930213128.jpg

DSCF4233.jpg

DSCF4234_20120930213127.jpg

DSCF4235_20120930213036.jpg

DSCF4236_20120930213035.jpg

DSCF4237_20120930213035.jpg

DSCF4238_20120930213035.jpg

DSCF4239_20120930213035.jpg

DSCF4240_20120930213035.jpg

DSCF4241_20120930212927.jpg

DSCF4242_20120930212927.jpg

DSCF4243_20120930212927.jpg

DSCF4244_20120930212927.jpg

DSCF4245_20120930212927.jpg

DSCF4246_20120930212926.jpg

DSCF4247_20120930212823.jpg

DSCF4248_20120930212823.jpg

DSCF4263_20120930212728.jpg

DSCF4264_20120930212728.jpg

DSCF4265.jpg

DSCF4266_20120930212632.jpg

DSCF4267.jpg

DSCF4268.jpg


2011年12月28日訪問時お店DATA
********************************
スペイン料理&バル MESON CERVANTES (メソン・セルバンテス)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町2-9 セルバンテスビル7階
TEL 03-5210-2990
FAX 03-5210-2977
営業時間 
[カフェタイム]   10:30~17:00
[レストランタイム] 17:00~22:30
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩7分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2012/10/03 06:00】 | スペイン | トラックバック(0) | コメント(2) |
鮨 後楽  @四谷
少し前の週末、ユニクロに行きました。
サイズ違いが欲しくて、すぐそばにいた金髪の白人女性店員さんに声をかけたら、「日本語、わかりません。」と言われちゃいました(汗)。
社内公用語が英語のファーストリテイリングですが、客もグローバル化しないとダメ?!

DSCF4198_20120929001634.jpg
2011年12月28日は、2011年最終営業日。
この日の夜は会社で仕事納めに「セルバンテス」でディナーをする予定だったので、お料理が重なることが嫌いな上司は、「夜はスペイン料理だから、昼は違うものを食べに行こう。」ということで、行きつけの「鮨 後楽(こうらく)」へ行きました。

ビル入口

こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て正面の信号を渡り、新宿通りの左側を半蔵門方面に向かって歩き、「カフェ・ド・クリエ」のある最初の角を左に曲がります。
角を曲がってすぐ次のビルがこの写真の長尾ビルです。

DSCF1980.jpg
こちらは以前、夜に撮影した写真です。

DSCF1981.jpg
少し前に看板が新しくなりました。
夜は明るく光って、とても目立ちますね~。

2010_0517画像0020
前回ランチ訪問したのは2011年10月6日だったので、約2ヶ月半ぶりです。

2010_0517画像0021
「後楽」は地下一階にあります。
ビルの入口から右に入ると、左にエレベーター、右に階段があるので、どちらかを使って地下へ。

のれん

小さなお店の入り口にかかっている暖簾はとても短いです。

2009_0123画像0114
入口に比べると店内は意外に広く、入ってすぐ左手にカウンター、右手に個室があります。

2009_0123画像0115
こちらは以前撮影した写真です。
カウンターには写真に写っているもの以外にも具材がズラリと並べられ、二人の料理人さんがせっせとちらし寿司を作っています。次から次へと注文が入るので、手を止める暇が全くありません。
カウンターからだとちらし寿司を作る様子がとてもよく見えて、とても楽しいです。

カウンター

奥は小上がりになっていて、右にカウンター、左に個室があります。
こちらの写真が奥のカウンターです。
夜の営業ではこのカウンターの一番奥で大将が握っています。

お座敷

こちらは奥の個室です。
ふすまで仕切られていて、6人入れます。

DSCF4189_20120929002527.jpg
12時半過ぎに行ったところ、いつも混んでいる「後楽」ですが、この日はさすがに空いていていました。
カウンター席はほぼ満席だったので、入ってすぐ右にある小上がりのテーブル席に通されました。
こちらのテーブル席はとっても久しぶり。

DSCF4190_20120929002527.jpg
卓上に置かれているのはお醤油と爪楊枝だけです。

DSCF4188_20120929002527.jpg
割り箸とお醤油用の小皿が先に置かれていました。

DSCF4191_20120929001723.jpg
マイ箸を持参していたので、この日はこちらを使いました。

DSCF4192_20120929001722.jpg
お品書きはなく、メニューはちらし寿司だけなので、注文しないでひたすら待ちます。

DSCF4193_20120929001722.jpg
やや遅れてお茶をいただきました。


ちらし寿司  (1,000円)
DSCF4194_20120929001722.jpg
しばし待ってちらし寿司とお味噌汁が登場。
いただきま~す!

DSCF4196_20120929001722.jpg
お味噌汁にはネギが散らしてあります。

DSCF4215_20120929001506.jpg
具にアサリが入っていました。
これはいつも同じです。

DSCF4198_20120929001634.jpg
たっぷりのトッピングで、ご飯が全く見えません。
マグロ、カツオ、白身、ホタテ、エビ、シラウオのトビコ和え、イクラ、玉子焼き、カマボコ、タクアン、キュウリ、でんぶ、ガリなどなど盛りだくさん!
とっても美しいビジュアルに、しばしうっとり(笑)。

DSCF4206_20120929001549.jpg
シラウオのトビコ和えはしっかり味でご飯が進みます。

DSCF4200_20120929001633.jpg
量は少ないですが、イクラもちゃんと入っています。

DSCF4201_20120929001633.jpg
ガリやワサビもお刺身などと一緒に盛られています。

DSCF4202_20120929001633.jpg
茹でたエビをキュウリの土台で中央に立たせるようにトッピングされています。
赤と緑の対比がキレイ。

DSCF4203_20120929001550.jpg
中トロが顔をのぞかせています。

DSCF4204_20120929001550.jpg
玉子焼きはそれ程甘くないですが、このピンクのつぶつぶのでんぶだけが、唯一、甘くて苦手な食材です(汗)。

DSCF4208_20120929001507.jpg
小皿にお醤油を入れ、ドンブリに入っていたワサビを移して溶かし、お魚につけたりかけたりしていただきます。
量は結構多めです。

DSCF4209_20120929001506.jpg
しゃっきりとかために炊きあげられたご飯は程よい酢加減でした。
いつもよりご飯が多めだったような気がします。

DSCF4212_20120929001506.jpg
中トロです。

DSCF4214_20120929001506.jpg
貧乏性なので、最後までとっておいて、とろける脂を楽しみました。
美味しい~。


いつもたっぷりのお刺身がのせてありますが、この日はいつにも増してかなり充実していました。
先輩も同じ感想でしたが、ご飯も多くて、とてもお腹いっぱいになり、前日の「亀福」に引き続き、和食なのに二日連続で満腹ランチです(笑)。

この日は大将をお見かけできず、年末のご挨拶が出来ずにとっても残念でしたが、2011年最後のランチが「後楽」の美味しいちらし寿司で幸せでした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問記録はこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

ランチ訪問
  1回目  2007年5月23日
  2回目  2007年6月28日
  3回目  2009年1月23日
  4回目  2009年9月25日
  5回目  2010年5月17日
  6回目  2011年10月6日
  7回目  2011年12月28日 

ディナー訪問
  1回目  2007年9月12日
  2回目  2008年3月14日
  3回目  2011年11月24日

デリバリ
  2009年12月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年12月28日訪問時お店DATA
****************************
鮨 後楽 (こうらく)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-6-1 長尾ビル地下1階
TEL 03-3261-6573
営業時間 不明。通し営業ではありません。
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/02 06:00】 | | トラックバック(0) | コメント(2) |
四谷 亀福  @四谷
台風が近づくと、我が家では大きく3つの心配があります。
地下にとめてある車、ベランダに設置したスカパー!のアンテナ、ベランダに敷き詰めたタイルです。
今朝も早起きして確認したところ、タイルが10枚ぐらいはがれていただけで、スカパー!も調整したらちゃんと映りました。一安心です。

DSCF4156_20120929000456.jpg
2011年12月27日はお昼時に上司が不在だったので、Fさんと先輩と一緒に下っ端だけで年内最後のランチを食べに出ました。
幾つかのお店が候補に挙がり、「サルサ・カバナ」や「テート・ア・テート」などものぞいたのですが、結局、「四谷 亀福(きふく)」へ行くことにしました。

久しぶりにしんみち通りを歩いたら、「六蔵」の跡地に「雪梅花」がオープンしていました。
ほかにも、2008年5月20日にランチ訪問した「二楽」が撤退し、新店がオープンしていてビックリ。
ちゃんと定期的にしっかりと歩かないとな~と思いました。

2009_0814画像0101
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜け、更に先に行った左側にあります。
道路からはやや奥まっています。

2009_0814画像0099
前回訪問したのが2011年3月16日だったので、約9ヶ月ぶり、4回目の訪問です。

DSCF4187_20120929000138.jpg
お店の外側にあるメニューを見ると、夜はかなりお高いお店ですが、お昼は午前11時30分から午後1時30分まで、
20食限り、1,500円の週替りのお弁当をいただくことが出来ます。

2009_0814画像0102
細くて白い暖簾が下がっていて、小料理屋さんの雰囲気たっぷり。

2009_0814画像0097
こちらは以前撮った写真です。
入口の右側に、ランチの詳しい説明が貼り出してありました。
亀福特製弁当の構成は、刺身、焼物、煮物、口替り、御飯、漬物、吸物です。
予約も出来ます。

DSCF1050.jpg
店内は右手にカウンター、奥が座敷になっています。

DSCF4185_20120929000138.jpg
カウンター近くの棚に、こちらの日本酒が飾ってありました。
オリジナルラベルがあるんですね~。

DSCF1051.jpg
お店に入店すると、左手前のテーブルだけ空いていて、入ることがで来ました。
大きくゆったりとしたテーブルです。
二人席仕様になっていたので、おばさまが背もたれと座布団を出して下さいました。

DSCF1054.jpg
カウンターは板前さん、フロアは女将さんのお二人で切り盛りしていらっしゃいます。

DSCF1056.jpg
楊枝入れがとってもかわいかったので、記念撮影。

2009_0814画像0080
店内はやや古めかしい落ち着いた内装です。

DSCF5939.jpg
メニューは一つだけなので、お茶だけいただいて、そのままお料理を待ちます。
サービスはゆっくり目です。

DSCF4155_20120929000456.jpg
このお店にいらっしゃるお客様は割と年配の方が多いです。
2回転目では家族連れが訪れて、小さなお子さんも来ていました。
あんなに小さいうちからこんなに美味しいものが食べられるとは、最近の子供は本当に羨ましいです(汗)。

DSCF5940.jpg
最初におしぼりと温かいお茶が出てきて、その後、お新香が出てきました。
お新香ってこんなに早く出てきたっけ?
食事と一緒じゃなかったかなと記憶していますが、不確かです。

2009_0814画像0082
こちらは以前撮影した写真です。
しばし待って、お料理が登場です。
と~っても大きな塗り物のお弁当箱です。
フタを開けてお料理の見た目を楽しむと、女将さんがすぐにフタを下げてくれます。

DSCF4156_20120929000456.jpg
ワクワクしながらオープン!


20食限定 週替り弁当  (1.500円)
DSCF4168.jpg
後からご飯とお吸い物が出てきて、こちらで完成。
すっごい豪華で、とってもシアワセ☆

DSCF4169.jpg
ご飯の器は小さめですが、こんもりと盛られています。
少なめにお願いするのを忘れましたが、もともとそれ程量は多くはありません。
おかずが美味しくて種類がたくさんあるので、ご飯は少なく感じちゃいました。

DSCF4165.jpg
ふと、Fさんのご飯を見ると、先輩と私のご飯茶碗と明らかに違います。
私たちは小ぶりのお茶碗で、Fさんは小さめの丼でした。

DSCF4167.jpg
比較するために、お茶碗を並べて記念撮影。
Fさん、ご協力ありがとうございました☆

DSCF4170.jpg
前回のランチ訪問は上司と一緒でしたが、そのときお茶碗がどのサイズだったか記憶がありませんが、あらかじめ性別などでご飯の出す量を加減しているようです。

DSCF5958.jpg
この日はお新香の単独写真を撮り忘れ(汗)。
前回の写真を流用しています。
お新香は、種類も量もたっぷりです。
ほかのおかずがいろいろとあるので、ご飯が足りないぐらいです。

DSCF4171.jpg
お吸い物はとても背が高くて大きく豪華な赤い塗りのお椀に入っていました。
シジミのお吸い物のたっぷりの三つ葉とネギが散らしてあります。

DSCF4172_20120929000311.jpg
このお吸い物、お出汁がとっても美味しい。
三つ葉がすごく鮮やかなアクセントになりました。

DSCF4184_20120929000139.jpg
底の方にはたっぷりのシジミが入っています。

DSCF4156_20120929000456.jpg
お弁当箱の中は十字に仕切られ、右上から時計回りで、刺身、口替り、焼物、煮物が入っています。
ぎっしりとおかずが詰め込まれていて、とっても華やか。

DSCF4159_20120929000455.jpg
右上に入っているお刺身の盛り合わせにはお醤油は最初からかけ回してあり、ワサビが添えられています。
甘エビ、ホタテ、白身、マグロの4種類のお刺身に、青菜のお浸しも添えられていました。

DSCF4174_20120929000228.jpg
ホタテは小さめでしたが、甘みがありました。

DSCF4173_20120929000311.jpg
甘エビは間違いない甘みと美味しさです。

DSCF4178.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
必ず出る一品で、薄く切ったマグロで千切りの長芋をくるんでいます。
シャキシャキとした歯応えで食感がよく、美味しいです。

DSCF4158_20120929000455.jpg
左上は煮物です。
大根、ニンジン、カボチャ、お豆腐、青菜、練り物と具沢山で、お皿からはみ出しそうな程たっぷりです。

DSCF4175.jpg
このお店の煮物は何度かいただいていますが、お豆腐が入っていたのは初めて。
このお豆腐、ふんわりとした甘みがあってとっても美味しかったです。
久しぶりの美味しいお豆腐を食べたな~と思いました。
Fさんは唯一カボチャが苦手という人でしたが、このカボチャはそれ程甘みがなくて食べやすかったです。

DSCF4179.jpg
私は普段煮物にはあまり興味がないのですが(汗)、煮汁が甘くなく、濃くはないですが旨味たっぷりのダシの味がとっても私のつぼにはまっていて、このお店の煮物は大好きです。
根菜は形が煮崩れていないのに、中まで味がしっかりとしみています。

DSCF4180.jpg
練り物の中を割るとこんな感じです。

DSCF4157_20120929000455.jpg
左下は焼物で、白身魚を焼いたものに、梅ゴボウが添えられています。

DSCF4162_20120929000402.jpg
魚は焼き置きです。
白身のお魚は身がとても厚くたっぷりの脂がのっていました。
塗っているタレも甘くなくて美味しかったです。

DSCF4161_20120929000402.jpg
毎回お魚には梅ゴボウが添えられていますが、ほんのりとした甘さと程よい酸味で、パリパリ・コリコリとした歯応えがたまりません。
これだけでご飯が進みます。

DSCF4160_20120929000455.jpg
口替りは、揚げ物やサラダなどです。
このパーツには、和食っぽくないおかずが入っていることが多いです。

DSCF4164_20120929000402.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
串揚げとシューマイです。

DSCF4181.jpg
串揚げは、豚肉とタマネギが一つの衣になって揚げてありました。
タマネギが甘かったです。

DSCF4183.jpg
シューマイの中はこんな感じです。
この日は中華も登場でした(笑)。

DSCF4163_20120929000402.jpg
左のサラダはタマネギなどのいろいろなお野菜をマヨネーズベースのタルタルソースっぽいもので和えてありました。
右はエビのフリッターとブロッコリーです。
辛そうなビジュアルですが、そうでもなかったです。

DSCF4186_20120929000138.jpg
限定20食なので、この日は売り切れたようです。
帰りがけ、準備中の札が出ているのを見つけました。
今まで気付かなかっただけかもしれませんが、見たのは初めてです。


お値段は1,500円とお高いですが、一手間かかったお料理がボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。
和食でこんなにお腹が一杯になるのも珍しいです。
2011年の(自分でお店をチョイス出来る)ランチの〆にふさわしかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆ これまでに食べたメニューです↓ ◆・◇・◆・◇・◆・◇

ランチ1回目 (2009年8月12日
ランチ2回目 (2010年10月5日
ランチ3回目 (2011年3月16日
ランチ4回目 (2011年12月27日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2011年12月27日訪問時お店DATA
********************
四谷 亀福 (きふく)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-9
TEL 03-3226-5238  
営業時間  
[昼] 11:30~13:30  
[夜] 17:30~22:00
定休日 土日祝 
JR・地下鉄四谷駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2012/10/01 07:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる