わらび詰合せ <京だんご 藤菜美> @京都府京都市
DSCF0665_20130321060216.jpg
2013年1月10日の午後、T事務所様からスイーツをいただきました。

DSCF0653_20130321060314.jpg
この日はココア&チョコとオレンジのベーグルもいただいていました(汗)。

DSCF0654_20130321060317.jpg
こちらのスイーツは、京都にある「京だんご 藤菜美(ふじなみ)」というお店のものです。

DSCF0655_20130321060320.jpg
お店の公式HPに記載が無いので詳しくはわかりませんが、かなり歴史の長いお店なのでしょうか。
京都市内にお店が2箇所と製造工場があるようです。
デパートの催事にはかなり多く出店していて、あちこち行列を作っているとか。

DSCF0656_20130321060324.jpg
商品はみたらしだんご、わらび餅、草だんごと種類が少ないですが、昔ながらのできたてを販売しているそうです。

DSCF0659_20130321060327.jpg
この日いただいたのはわらび餅です。
わらび餅だと知って、先輩も私も、てっきり2012年7月18日にいただいた「日本橋 長門」のものかと勘違いしていたのですが、2012年7月9日にいただいていた「茶の露 ほろり」のお店のものでした。

DSCF0660_20130321060241.jpg
「藤菜美」のわらび餅は三種類あり、これはその全てが味わえるというお得なセットです。

DSCF0661_20130321060243.jpg
京都弁のコメントがいいですね~。

DSCF0662_20130321060246.jpg
賞味期限は当日中だったのですが、スケジュールの都合上、事務所全員でいただくために翌日食べました。

DSCF0663_20130321060249.jpg
包みを開けると、経木の箱が出てきます。

DSCF0664_20130321060238.jpg
わらび餅を取るための爪楊枝というか、串が入っていました。


わらび詰め合わせ (?1,575円?)
DSCF0665_20130321060216.jpg
フタをオープン!
3色並んでいて、とってもキレイ。

DSCF0666_20130321060219.jpg
ちょっと黒っぽい黒糖、、、

DSCF0667_20130321060222.jpg
緑色が鮮やかな抹茶、、、

DSCF0668_20130321060225.jpg
基本の白の3種類です。

DSCF0669_20130321060213.jpg
いただきま~す!

DSCF0670_20130321060142.jpg
お餅はふるふるで、口の中でとろけます。
賞味期限を過ぎちゃっていましたが、それ程かたくなっていないのがすごい。
どれも甘さはかなり控えめで、黄粉もフワフワでした。


わらび餅はあまり甘くないし、ぷるんとした食感がとてもよくて、甘いものが苦手な私でも和菓子の中では美味しくいただけるな~と思います。
T事務所様、ごちそうさまでした。


お店の名刺です↓
DSCF2121_20120907213129.jpg

DSCF2122_20120907213128.jpg


2013年1月10日購入時お店DATA
*******************************
京だんご 藤菜美 (ふじなみ)
<本社>
〒607-8223 
京都府京都市山科区勧修寺瀬戸河原町45
tel 075-501-6744
FAX 075-594-0263
営業時間 9:00~18:00
定休日 日祝
<注文・お問い合わせ>
電話 0120-81-2473 
受付時間 月~土 9:00~18:00
スポンサーサイト

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2013/03/30 00:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(4) |
PAUL アトレ四谷店  @四谷
3日前の夜、会社からの帰り道に四谷の土手の桜並木沿いの道路を歩いていたら、お肉の焼けるとってもいい香りが漂ってきました。こんな鮮やかな香りはテイクアウトのはずはなく、絶対花見客が火を持ち込んでその場で焼いていたと思います。次の日に先輩と話したら、先輩が歩いている時も同じだったそうです。
羨ましすぎる! すっごくおなかが減っちゃいました(笑)。

3月ももうすぐ終わりです。
みなさま、楽しい週末を☆

DSCF0398_20130322185905.jpg
2012年5月30日はお昼直前まで打ち合わせがあり、午後イチで次の来客がある予定だったので、あらかじめお昼の準備をしようと上司に「お昼はどうしますか?」と聞いたところ、「おにぎりにでもするか。」と答えたので、四谷アトレにお弁当を買いに行きました。
上司には「権米衛」のおにぎりとおかずを買い、前日の夜の会食で体重が高めの先輩からは「PAUL(ポール) アトレ四谷店」のサンドウィッチを頼まれていたので、こちらを購入しました。
自分はアトレのどこで買うか決めていなくて、「ペンシーズ」などものぞいてみたりしたのですが、結局、私も最近ご無沙汰していた「ポール」のパンを買うことにしました。

入口

店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

巨大なケースの中には、大体、右にしょっぱい系、左に甘い系のパンが並んでいます。

DSCF0388_20130322190021.jpg
「ポール」は1889年にパン作りの名職人シャルマニヨ・メイヨによって、フランス北部の町リールに生まれた老舗で、現在、フランスでは250店舗以上展開していてフランスでもっとも有名なブーランジェリーのひとつだそうです。
創業当時のレシピと製法を厳格に守り続け、独自に契約栽培した小麦のみを使用していて、日本でも現地に限りなく近い味を伝えるため、主にフランスの小麦・塩・水を使って忠実に味を再現しているとのこと。

ハード系のパンはかなりしっかり噛みしめて食べます。
私は食べる時に口の中を切ってしまうこともあります(笑)。
でも、美味しさが病みつきになって、苦になりません。

DSCF0386_20130322190015.jpg
アトレ四谷店は2002年9月にオープンし、アトレ四谷のリニューアルに伴って大改装し、2012年3月14日にリニューアルオープンしています。
前回テイクアウトしたのは2007年12月21日だったので、なんと4年5ヶ月ぶりです。
もちろん、リニューアル後は初めての訪問です。

DSCF0389_20130322190023.jpg
袋はデザインがとてもシンプルで、色合いも落ち着いています。

DSCF0390_20130322190012.jpg
この日は何となく目にとまったサンド・オリーブ・トマト・モザレラとピッツァ・プロヴァンサルの2種類を購入しました。

DSCF0397_20130322185944.jpg
それぞれのパンの特性に合わせて、小袋はビニール袋だったり紙袋だったりします。


サンド・オリーブ・トマト・モザレラ (472円)
DSCF0391_20130322185947.jpg
2種のオリーブを使用したパンに、トマトとモッツァレラチーズをサンドしたものです。

DSCF0392_20130322185951.jpg
トマトもモッツァレラチーズも、どちらも結構厚めにカットされています。
レタスも挟んであるので、トマトの赤、チーズの白、レタスの緑で、彩りが華やかです。

DSCF0393_20130322185955.jpg
パン生地の表面には練り込んであるオリーブがところどころ顔をのぞかせていました。

DSCF0396_20130322185958.jpg
トマトの酸味とチーズの味わいで、全体的にとてもあっさりとしていて、オリーブの味がアクセントになっています。
パン生地は、ポールのハード系に比べるとずいぶん食べやすかったです。
それでも、しっかり噛んで食べるせいか、ボリューム感はありました。


ピッツァ・プロヴァンサル (504円)
DSCF0398_20130322185905.jpg
トマト、ブラックオリーブ、チーズを使用し、オリーブオイルで仕上げているとのこと。
大きい長方形で、具がたっぷりとのせられ、盛り上がっています。
持ってみると結構重たい。
生地はクリスピーではなく、パンのタイプです。

DSCF0400_20130322185915.jpg
ピッツァについては、店員さんが「温めますか?」と聞いてくれました。
事務所で温めようと思い、この時はお断りしたのですが、結局、ランチ直前に長い電話につかまってしまったので、温めて食べるのを忘れていました(汗)。
こんなことなら最初に温めてもらえばよかったとちょっぴり後悔。
温めると味わいもだいぶ変わるんじゃないかと思います。

DSCF0399_20130322185909.jpg
たっぷりのチーズでコクがありますが、塩気は少なかったです。
トマトの酸味があって、とってもさっぱりしていました。
ブラックオリーブが見た目も味わいもアクセントになっています。

DSCF0401.jpg
サイズが大きいのでとても食べごたえがありましたが、
ピザにありがちな、食べると油でべとべとということはまったくなかったです。

DSCF6350_20130322185901.jpg
この日のレシートです。
それぞれボリュームのあるパンですが、お値段は結構がはります。


どちらのパンもあっさり目のお味でしたが、ボリュームがたっぷりなのと、しっかり噛みしめて食べてお腹いっぱいになりました。
これだけ具沢山だと、パンだからといってもあまり軽くなかったです(笑)


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
アンシェン・ミックス (2007年12月21日
プチパン 3フロマージュ (2007年12月21日
サンド・オリーブ・トマト・モザレラ (2012年5月30日
ピッツァ・プロヴァンサル (2012年5月30日

[イートイン] 
  ◎モーニング  2007年7月4日
  ◎ランチ  2007年9月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年5月30日購入時お店DATA
****************************
PAUL アトレ四谷店 (ポール)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25
TEL 03-5368-8823
営業時間 
[平日] 7:30~22:00
[日祝] 8:00~22:00
定休日 無休(アトレの休館日に準ずる)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/29 06:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 インド・アジア料理 NaZa  @市ヶ谷
2015年6月12日追記

「ナザ」は2015年春頃までには閉店したようです。

DSCF3041 (480x360)
跡地には、「やさいと揚げもん屋 「亨。」」というお店が2015年4月10日にオープンし、、、

DSCF3043 (480x360)
2015年6月3日にランチ訪問しました。

****************************************

昨日の夜は、人生で初めてK-POPのファンミーティングなるものに行ってきました。
コンサートに比べると小さい規模だし、歌だけでなくてトークなどもたくさんあるのでいろいろな表情を見られるのが良かったです。

DSCF0324_20130322075807.jpg
2012年5月28日は週の最初の月曜日。
週末から引き続き気温が上がり、かなり暑い日でした。
この日は上司が出張で不在だったので、普段はお弁当の先輩も「何か美味しいランチを食べたい。」とのことで、持って来ませんでした。
「何かいい新店はありませんか?」と聞かれたので、プラウンカレーがすっごく美味しかった「インド・アジア料理 NaZa(ナザ)」を推薦し、行くことになりました。

DSCF8961.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、最初の交差点である東郷公園入口交差点を右折します。3ブロック目に東郷公園交差点があるので左折し、少し行った左手に九段木田ビルがあります。
お店はその2階にありました。

DSCF8962_20120702060518.jpg
「ナザ」は2012年1月16日にオープンしたそうです。

この場所には以前、和食系のお店が入っていたような記憶があるのですが、訪問を先延ばしにしているうちに未訪のまま終わってしまいました。

DSCF8960.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ビルの前にはお店の看板が出ています。

DSCF0348_20130322075609.jpg
本日のインドカレーは、チキンとほうれん草でした。

DSCF8957.jpg
テイクアウトも出来ます。

DSCF8958.jpg
持ち帰りは、お店のランチ営業時間と同じく午前11時から午後3時までです。
メニューがとっても豊富。

DSCF8956.jpg
午後5時から午後7時まで、生ビールやサワー、ワイン、ハイボールなどが1杯280円というとってもお得なハッピーアワーです。

DSCF8955.jpg
細い階段をのぼって2階へ。

前回ランチ訪問したのは2012年4月23日だったので、約1ヶ月ぶり、2回目です。

DSCF8926.jpg
フロアは意外と広く、窓に向かってたくさんのテーブル席、左端に小さいカウンターがありました。

こちらはカウンター席です。
右奥には焼酎のボトルが並び、その前と横にはタイ料理向けの調味料が置いてあって、ちょっと不思議。

DSCF8927.jpg
グラスがぶら下がっていたり、洋酒がたくさん並んでいるので、ここだけ見るとインド料理屋さんとはとても思えません。

店員さんは全員インド系?の人で、日本語がしっかりしていて、まるでコンビニのようにとても丁寧な接客です。

DSCF8928.jpg
カウンター席からガラス張りの壁をのぞいてみると、階段がよく見渡せました。

DSCF0306_20130322075909.jpg
12時過ぎにお店に到着すると、店内は半分程の人の入り。
ビルの2階ということもあり、なかなか集客が厳しいのでしょうか。

DSCF0307_20130322075913.jpg
私たちは窓際の席に着席。
さらに奥には壁に挟まれたような小さな席もありました。
もともとの部屋の造りがかなり変わっているようです。

DSCF0308_20130322075916.jpg
卓上に小さなカゴがのっていて、落ち着いた色合いのチェックのナプキンがかかっていました。

DSCF0309_20130322075918.jpg
中にはお箸やスプーンなどが入っています。

DSCF0312_20130322075838.jpg
席につくとすぐにお水が出てきました。
コップはアルミでしょうか、インド料理屋さんっぽい豪華な装飾が施されていてとてもキレイ。
手に持つと水の冷たさがダイレクトに感じます。
この日は25度ぐらいでまだまだ暑さの序の口ぐらいでしたが、もっと暑くなったらこのコップを持っているだけで涼めそうでした(笑)。
店内はちょっとぬるい温度だったこともあり、余計に気持ちよかったです。

DSCF0313_20130322075840.jpg
濡れおしぼりもいただきました。
何を食べようか、メニューを検討。

DSCF8918_20120702060350.jpg
ランチメニューです。
ナザタリーというカレーの基本メニューは890円で2種類のカレーが食べられます。

DSCF8921_20120702060350.jpg
カレーは定番が4種類、日替わりが1種類あり、合計5種類です。
プラス290円を支払うと、さらにカレーをもう1種類増やすことが出来ます。

辛さのレベルが絵で描かれているので、わかりやすいです。
ただ、辛さが最大4なのに、ランチだと一番辛くても2までしかなく、しかも2種類だけなのが残念。

DSCF8919_20120702060350.jpg
メニューを見てみると、インド料理のほかにアジア料理もありました。
確かに店名は「インド・アジア料理」となっています。

DSCF8920_20120702060350.jpg
いろいろな種類が食べられるスペシャルメニューもあり、サイドメニューやドリンクやデザートなども充実しています。

先輩はせっかく来たからと、インドスペシャルをチョイス。
私は対抗して(?笑)、アジアスペシャルを注文。

DSCF0310_20130322075906.jpg
食べログに、ランチタイムにマンゴーラッシーがサービスになるクーポンがついています。
ランチの前にせっかくプリントアウトしておいたのに、持ってくるのを忘れてガッカリしていたのですが、サービスで出てきました。

DSCF0311_20130322075835.jpg
マンゴーラッシーは甘さ控えめでさっぱりしていて、氷が入っているのでとても冷たくてすっきりとしています。
小さめのグラスですが、量も充分です。


インド スペシャル (1,490円)
DSCF0320_20130322075815.jpg
先に先輩のインドスペシャルが登場!
カレー3種類、ナン、ライス、タンドゥーリ、サラダ、デザートのセットです。

DSCF0315.jpg
カレー3種は、私のオススメのバタープラウン、豆、チキンをチョイス。

DSCF0316.jpg
チキンカレーを一口いただいたのですが、トマトとは違う酸味があってちょっと個性的な味でした。
豆カレーにはたっぷりのお豆が入っていたそうです。
オススメしたので心配だったのですが、どれもルーがほかのお店とはひと味違って美味しかったととても喜んでもらえて、一安心。

DSCF0317.jpg
小さな容器に入ったライスは、写真だと黄色いターメリックライスですが、白いご飯でした。
器が小さいので量も少なく見えますが、結構底が深くてボリュームがあります。
インド料理屋さんに来ると、絶対ナンが食べたいですが、こうやってちょこっとだけでもご飯も食べられるのは贅沢な感じでとってもお得です。

DSCF0318_20130322075813.jpg
ナンは焼き立て熱々で、ちぎるのが大変だったとのこと。

DSCF0321_20130322075818.jpg
やや遅れてタンドリーチキンが別皿で登場。結構な大きさでした。
こちらにもサラダがついています。
フォークがなかったので、先輩は手でかぶりついていました。

DSCF0324_20130322075807.jpg
少し遅れて私のお料理も出てきました。
と~っても豪華です。
いただきま~す!


アジア スペシャル (1,490円)
DSCF0325_20130322075743.jpg
前回カレーがとっても美味しかったし、お店の雰囲気も店員さんはどう見てもインド系だと思うのですが、アジア料理をチャレンジしてみました。
フォー、グリーンカレー、ライス、サラダ、デザートのセットです。

DSCF0326_20130322075745.jpg
大きなお盆の上にフォー、グリーンカレー、ライス、サラダがのせられていました。

DSCF0328_20130322075750.jpg
紙ナプキンにおかれたレンゲは、柄の部分に桜でしょうか、お花が描かれています。
ちょっと和風な感じ?

DSCF0331_20130322075717.jpg
お皿に盛られたご飯はかなりのボリュームです。
運ばれてきた瞬間、ご飯少なめにすればよかったと思っちゃいました(汗)。

DSCF0332_20130322075719.jpg
カレーを食べるのがレンゲだったので、平皿だと最後に少しだけ残ったご飯粒を拾うのが結構大変でした。

DSCF0329_20130322075740.jpg
サラダはカレーについているものと同じです。
小さなガラスの器に、キャベツ、レタス、スイートコーン、ニンジンなどが入っていて、オレンジ色のドレッシングがかかっています。

DSCF0337_20130322075652.jpg
インド料理屋さんに来ると、かなりの確率でオレンジ色のドレッシングがかかっています。
インドではポピュラーなものなのでしょうか。
ほんのり甘みがありますが、美味しくて野菜をさっぱりと食べられました。

DSCF0333_20130322075722.jpg
麺がのびないようにと、フォーから食べ始めました。
器は結構大きめで、水菜、パクチーなどが、フォーだけでなくスープもほとんど見えない位、たっぷりと盛られています。

DSCF0334_20130322075724.jpg
先輩から「パクチーがたくさんでいいですね!」と言われましたが、、、

DSCF0335_20130322075714.jpg
残念ながら半分以上は水菜でした(笑)。

DSCF0336_20130322075650.jpg
野菜の間から、もやし、エビ、干しエビ、小ネギなどが見えます。

DSCF0338_20130322075654.jpg
スープは透明で、少し茶色がかっていました。
飲んでみると、一般的なフォーのスッキリした味わいに比べると、干しエビでしょうか、海産物のコクがあり、しかもほんのりとした甘みがありました。
フォーって、ともするとあっさりし過ぎていて食べ飽きちゃうことがありますが、このスープはすごく美味しかったです。

DSCF0340_20130322075657.jpg
麺は幅広でやや厚みがあります。
グリーンカレーとのセットなのにかなりのボリュームでした。

DSCF0341_20130322075646.jpg
食べ進めてみると、スープの中にはエビ、アサリ、イカ、干しエビなどの海産物が入っていました。

DSCF0342_20130322075626.jpg
これらがスープに旨味を加えているようです。

DSCF0327_20130322075748.jpg
グリーンカレーは小さな白い器になみなみと入っています。
緑色のパクチーと赤パプリカがトッピングされていて、彩りがキレイ。

DSCF0343_20130322075628.jpg
ココナツミルクのコクがしっかりとあって、しかも、かなりの辛さです。
「ペンシーズ」のグリーンカレーも結構辛かったと思いますが、「ナザ」の方が辛いかも。
旨辛なカレーをご飯にたっぷりかけていただきました。

DSCF0344_20130322075631.jpg
一口大の鶏肉も入っていました。
お肉は柔らかです。

DSCF0345_20130322075633.jpg
お料理を食べ終えそうなところで、デザートが出てきました。
デザートがついていることをすっかり忘れていたのでビックリ(汗)。
マンゴーシャーベットです。

DSCF0346_20130322075623.jpg
先輩は、キンキンに冷やされたシャーベットは無造作に口にたくさん入れたので、脳天までショックが走ったと言っていました(笑)。
マンゴーだけでなくミルクも入っているようで、しっかりと甘くてコクがありました。

DSCF0347_20130322075611.jpg
レジの横にお口直しとしてフェンネルが置いてありました。
以前、どこかのお店ですっごい苦辛い味だった記憶があったので、私はスルーしていたのですが、先輩が試してみたら、「お菓子みたいですよ。」といわれたので、いただくことに。
フェンネルの周りには何かコーティングしているようで、ほんのり甘くて麦っぽい香ばしさがあり、ちょっとゴロゴロしますが、美味しくいただけました。
なんでもチャレンジしないとダメだな~と反省です。


インド料理屋さんでアジア料理を食べるのはやや冒険かなと思っていましたが、思いがけず美味しくて、お値段はちょっとお高いものの、ボリュームたっぷりでとても良かったです。

この日はあまりのボリュームに、夜まで全くお腹が空かなかったです。
私も次回は是非ともインドスペシャルを食べてみたいです。


お店の名刺です↓
DSCF0362_20120702060351.jpg


夜のメニューです↓
DSCF8929.jpg

DSCF8930.jpg

DSCF8931.jpg

DSCF8932.jpg

DSCF8935.jpg

DSCF8936.jpg

DSCF8933.jpg

DSCF8934.jpg


2012年5月28日訪問時お店DATA
*************************************
インド・アジア料理 NaZa (ナザ)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-2-3 九段木田ビル2階
電話&FAX 03-3263-5205
定休日 無休 
営業時間 
[昼] 11:00~15:00 
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:30) 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/28 08:00】 | エスニック | トラックバック(0) | コメント(2) |
欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店  @四谷三丁目
昨日は無事花粉症の薬が届き、久しぶりに夜ぐっすりと眠ることが出来ました。
普段はあまり効かない薬だな~と思っていたのですが、服用するとしないではかなり違いがあることを改めて実感です。

DSCF0199_20130322071726.jpg
2012年5月25日、お昼になっても上司は何も言い出さずに仕事を続けていたので、放っておいたら午後1時になってしまいました(汗)。
時計を見てビックリした上司が「もう1時じゃないか! 昼飯にしよう。・・・久しぶりにカレーをとって。」と言ったので、「欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店」にデリバリをお願いしました。

外観

店舗は、JR四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に進み、津之守坂入口交差点を越えて少し先に行った福島ビルの2階にあります。

「オーベルジーヌ」は20年以上も営業が続く老舗のお店で、四谷本店のほかデリバリー専門の三田店と銀座店があり、3日間かけて炒めたタマネギの甘みを感じる欧風カレーをいただけます。
マスコミにもしばしば取り上げられ、ロケ弁としてもよく使われるそうで、四谷本店はTBS、三田店はフジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京、銀座店は日本テレビと、店舗ごとの担当局が決まっていて、メニューに記載されています。

看板

ブログを始める前にランチでお店に一度訪問したことがありますが、市ヶ谷経済新聞の2010年4月5日付の記事によれば、2010年3月25日で店内の営業は終了し、現在はデリバリーとテイクアウトのみ継続していて、2010年10月中に新宿区内の別の場所に移転するとのことでしたが、いまのところ、新店舗の情報は見つかりません。
公式HPよれば、2010年7月から通販も可能になっています。

お店

夜の雰囲気はこんな感じでした。

前回宅配をお願いしたのは2011年12月15日だったので、約5ヶ月ぶりです。

DSCF0195_20130322065326.jpg
「オーベルジーヌ」は、電話での対応も配達の方も、どちらもとても丁寧な接客です。

注文のために電話をかけてみると、午後1時過ぎなのに通話中(汗)。
何度かかけて、ようやくつながりました。
人気があるんですね~。

DSCF6571.jpg
電話口では「お届けまで30~40分みてください。」と言われましたが、30分ちょっとで到着。
お腹が鳴りっぱなしだったので、本当にありがたかったです。

DSCF6572.jpg
ロゴマークは、とってもかわいくて色鮮やかなナスです。

DSCF0191_20130322065352.jpg
スプーン、おしぼり、バター、バターナイフは一つの袋にまとめて入れてあります。
以前はバターは別でしたが、一緒に入るようになりました。

DSCF0190_20130322065350.jpg
裏を見ると、こんな感じです。

久しぶりだったので、スプーンなどを断るのを忘れてしまいましたが、こんな感じでセットされているとスプーンだけ取り出すのはむしろ大変かも。

DSCF0193_20130322065358.jpg
せっかくのバターですが、いつもダイエットも兼ねて食べずにおうちに持って帰っています。

DSCF0196_20130322065329.jpg
カレーのルーとご飯は別々の容器に入っています。

DSCF0197_20130322065332.jpg
ルーの容器には中身が一目でわかるようにメニュー名のラベルが貼られています。

メニューを一巡しているので、何を食べようかとても迷いました。
とても久しぶりだったので前回何を食べたか思い出せず、自分のブログをチェックして、帆立カレーを注文してみました。



帆立カレー(1,365円)+大辛口(105円)+チーズトッピング(210円)=1,680円
DSCF0199_20130322071726.jpg
いただきま~す!

帆立はお肉系カレーより105円お高いことに注文してから気付きました。

DSCF0200_20130322065305.jpg
ご飯は炊き立て熱々で、容器越しにかなりの熱さが伝わってきました。
ボリュームはやや多めです。

DSCF0203_20130322065310.jpg
バターライスになっているので、ところどころにバターがまぶしてあります。

DSCF0201_20130322065307.jpg
メークインだと思われる茹でた(蒸した?)ジャガイモが、皮付きでまるまる1個入っています。

DSCF0205_20130322065302.jpg
カレー食べ始める前に、まずジャガイモの皮を全部むきます。

DSCF0207_20130322065242.jpg
お腹が空いているときはこの時間がすごく長く感じられて、カレーの香りで余計に空腹が刺激され、早く食べたくてうずうずしちゃいます(笑)。

DSCF0204_20130322065312.jpg
ルーはとっても濃い茶色です。
フタを開けただけの時は、具材がほとんど見えません。
帆立カレーには、帆立のほか、マッシュルームとうずらが入っています。

DSCF0209_20130322065244.jpg
トッピングしたチーズはゴーダーチーズを二層に重ね合わせたというものです。
トロトロととろけるタイプではなく、さっくり囓るぐらいのかたさがあります。

DSCF3578.jpg
「オーベルジーヌ」のカレーは欧風カレーなのでベースはかなり甘みがありますが、大辛にすると、最初はスパイスのしっかりとした辛さを感じて後から甘さがやってきて、食べ終えるとスパイスの辛さがすごく残ります。
大辛はかなりしっかりと辛いので、久しぶりに食べるとちょっとむせちゃったりします。
ただ、ルーの温度が低めだと、甘さを強く感じます。

この日は熱々のご飯に比べるとルーは温度が低めでした。
個人的にはもうちょっと熱めな方が、甘さよりもスパイシーさが際立つので好みです。
久しぶりに大辛口を食べると辛さや刺激をきつく感じるときがあるのですが、この日はそのままフツーに食べられました。ただ、食べ終えた後は辛さがやってきましたが。

DSCF3581.jpg
メイン以外には、ウズラの卵とマッシュルームが入っています。

DSCF0212_20130322065250.jpg
カレーに入っているマッシュルームはとにかくでっかい!
断面図でこんな大きさです。
しかも、厚めに切ってありました。

DSCF0213_20130322065239.jpg
ウズラの卵はまるごと入っています。

DSCF5600.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
しっかり固ゆでです。

DSCF0210_20130322065247.jpg
帆立はかなり大きなサイズが二等分になって入っていました。
程よいやわらかさが残っていて、美味しかったです。

DSCF0214_20130322065227.jpg
この日のお会計です。


ジャガイモとご飯、そしてカレーのスパイスのおかげでお腹いっぱいになりました。
久しぶりの「オーベルジーヌ」はとっても辛くて美味しかったです。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです。全種類制覇しました! ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ビーフカレー  (2008年7月2日
ポークカレー  (2007年7月23日
チキンカレー  
 [大辛] (2007年5月9日2007年5月21日2010年6月4日
 [辛口] (2010年11月5日
チーズカレー  (2010年4月12日
海老カレー  (2008年3月14日2011年12月15日
あさりカレー  (2009年6月18日2011年3月4日
野菜カレー  (2009年7月7日
帆立カレー  (2009年1月27日2012年5月25日
シーフードミックスカレー  (2007年11月6日2010年4月16日2011年4月6日
コンビネーションカレー  (2007年9月18日
ランチセット  (2011年10月5日
奈々スペシャルカレー  (2011年2月25日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


メニューです↓ 
2010_0412画像0038

2010_0412画像0039

2010_0412画像0040

2010_0412画像0041

2010_0412画像0043

2010_0412画像0044

2010_0412画像0048

2010_0412画像0045

2010_0412画像0042

2010_0412画像0046

2010_0412画像0047

2010_0412画像0049

2010_0412画像0050

2010_0412画像0051


2012年5月25日宅配時お店DATA
****************************
欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3-1 福島ビル2階
TEL 03-3357-7418 
営業時間
(注文受付時間) 9:00~21:30
(配達時間)
  [月~土] 11:00~15:00 17:00~21:30
  [日・祝] 11:00~15:00 17:00~20:30
定休日 なし

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/27 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
せっかく桜が満開なのに、昨日の雨は残念でした。
ただ、降りはそれ程強くなかったので、まだまだお花は楽しめそうです。

昨日は花粉症の薬を切らしてしまい、辛い一日でした。
ネット通販で購入しているので、今夜には届くはず、、、!

DSCF0169_20130322061801.jpg
2012年5月24日は、12時を大きくまわった時間になってようやく上司が「お昼、外へ食べに行くか。」と話しかけられ、上司のお気に入りの中華料理屋さん「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」へ行きました。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF0186_20130322061706.jpg
ビルの前にはその日のメニューとお料理の見本が出ています。
5月の終わりですが、もう冷やし中華が始まっていました。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」などがよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF0187_20130322061658.jpg
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

入り口

お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。

前回ランチ訪問したのが2012年5月9日だったので、約半月ぶりでした。

DSCF6934_20121228075009.jpg
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側には4人席のテーブル、右側には4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。
このエアコン、型式が古いのか、部屋の大きさに比べたらやたらとでっかいです(笑)。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には調味料、お箸、紙ナプキン、食べるラー油など置かれています。

午後1時近くに入店したところ、さすが人気店、こんなに遅い時間結構混雑していました。
私たちは中央付近の4人テーブルに着席。
この日はいつも丁寧な接客をして下さるマダムの姿がありませんでした。

DSCF9546_20130308061259.jpg
夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
食事中、フロアの方がこまめにお茶をつぎ足しに来てくれます。

段々と気温が上がっているせいか、この日のお茶は冷たいものでした。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF0162_20130322061825.jpg
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF0163_20130322061828.jpg
伝票です。

上司は五目チャーハン、先輩が冷やし中華、私は食べたことのない(と思っていた)日替わりメニューの鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯をご飯少なめでお願いしました。
時々日本語がたどたどしい店員さんがいるので、料理名ではなく数字で伝えることもあります。


鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 ご飯少なめ (700円)
DSCF0165_20130322061834.jpg
最初に上司の五目チャーハンが出てきて、次に私のお料理が登場。
メイン、スープ、デザートのセットです。
お盆はなし。

ここで、トラブルが。
最後に先輩の冷やし中華が到着、、、、と思ったら、海鮮タン麺でした。
メニューが違うと答えたら、お詫びされてしばらく待つように言われました。
伝票を見ると、確かに13番が入っていましたが、どうやら、13番が海鮮タン麺から冷やし中華に変更されていたのに、厨房の方では前のまま作ってしまったようです。
さらに5分以上遅れて、ようやく冷やし中華が登場。

DSCF0167_20130322061822.jpg
スープは小さな器に入っています。
こちらのお店のスープは、日によって色合いや透明度が結構違います。

DSCF0179_20130322061729.jpg
小ネギがたっぷりとトッピングされていて、彩りのアクセントになっています。
この日のスープはちょっとお醤油色でしたが、見た目よりはあっさりしたお味でした。

DSCF0169_20130322061801.jpg
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯は、ご飯を少なめにしたせいもありますが、たっぷりのおかずでご飯が見えません。

後から気付いたのですが、こちらのメニュー、「鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯」という名前で2012年3月15日に食べていました(汗)。

DSCF0173_20130322061809.jpg
ちょっとわかりにくいですが、ザーサイが添えられています。
薄切りですが、かなり大きいサイズです。
全体の色合いが茶色なので、見分けるのが大変(笑)。

DSCF0172_20130322061806.jpg
スープだけでなく、旨煮かけご飯にも小ネギがたっぷりトッピングしてありました。

DSCF0175_20130322061721.jpg
ご飯が見えない位、竹の子と鶏肉がたっぷりです。
一口大にカットされた竹の子は、シャクシャクとした歯応えが楽しめました。

DSCF0174_20130322061758.jpg
ご飯にも美味しいタレがかかっていて、おかずがなくても食べられます。

DSCF0176_20130322061724.jpg
鶏肉は片栗粉を絡めてあるのか、トロリとした食感で、柔らかでした。
程よい塩加減で全体にしっかりと味がしみていて、とてもご飯が進みます。

DSCF0180_20130322061743.jpg
黒味噌というのは甜麺醤じゃないかと思うのですが、ちょっと心配していた甘さはそれ程感じず、美味しくいただけました。
ちょこちょこと、黒いお味噌を見かけました。

DSCF0177_20130322061727.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF7538_20130121043336.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。

DSCF7537.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


冷やし中華そば (900円)
DSCF0182_20130322061701.jpg
先輩が注文した冷やし中華そばです。
すったもんだしましたが、何とか食べられました(笑)。

DSCF0183_20130322061704.jpg
酸味がしっかりしていて美味しかったそうです。


竹の子の食感がたまらなく、しっかりと噛んで食べたせいか、ご飯少なめにしましたがボリューム感があってお腹が一杯になりました。
「嘉賓」の日替わりは700円というお得なお値段でいつもはずれなく美味しくいただけて、とっても満足です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食[餃子2個付]
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
B定食 古老肉 スブタ (2008年3月21日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ (2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
2010_0607画像0022

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2012年5月24日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2F
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/26 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
週末は天気予報がはずれて雨は降らなかったので、お花見を楽しんだ方が多かったのではないでしょうか。
今日は残念ながら少し雨がぱらつくようですが、もうちょっと桜を楽しみたいです。
新しい一週間、3月ももうすぐ終わりなので、がんばります☆

DSCF0143_20130322055357.jpg
2012年5月23日のランチは、午前半休を取っていた先輩が事務所に来る途中にお弁当を買ってきてくれました。
先輩と私のは「Pensri’s Kitchen(ペンシーズキッチン) アトレ四谷店」で、エスニック料理が苦手な上司には「桂園」で購入。
お店を二つもまわってもらい、本当にありがとうございます!

DSCF7686.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退したのかと思ったら、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。

DSCF7688.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。

なんでも、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。
メニューは時期によっていろいろとかわっているようです。

DSCF7684.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。

前回お弁当を購入したのは2012年3月21日だったので、約2ヶ月ぶり、2回目です。
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しました。

DSCF7683.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。

DSCF0140_20130322055348.jpg
「ペンシーズ」のお弁当は種類がいろいろと変わっています。
この日先輩が買ってきたのは私は見たことのなかった「ペンシーズ弁当」です。
先輩曰く、「お店の名前を冠しているから、きっと美味しいに違いない!」とのこと。
確かに!

DSCF0142_20130322055354.jpg
「ペンシーズキッチン」のロゴでしょうか、唐辛子とすり鉢の素朴なイラストが優しいオレンジ色を背景に描かれています。

DSCF0141_20130322055350.jpg
賞味期限は当日中です。


ペンシーズ弁当 (880円)
DSCF0143_20130322055357.jpg
お弁当は880円と少しお高めですが、ご飯のほかにタイ料理のおかずが6種類も入っていて、とても豪華です。

DSCF0145_20130322055326.jpg
左下にはご飯とガパオが入っていました。

DSCF0146_20130322055328.jpg
ご飯はもちろん、タイ米です。
炊かれたお米は細長いシルエット。

DSCF0147_20130322055331.jpg
ご飯の右横にガパオがかけてありました。
鳥挽肉、バジル、赤パプリカ、タマネギ、タケノコなどなど具沢山。
これはかなり唐辛子が効いていて、バッチリ辛かったです。
ご飯がとても進みました。

DSCF0148_20130322055334.jpg
右上には生春巻きと春雨サラダが入っています。

DSCF0154_20130322055258.jpg
生春巻きは一口サイズです。

DSCF0153_20130322055309.jpg
それでも、ちゃんとチリソースが小さな容器でついていました。

DSCF0155_20130322055241.jpg
中には葉物、春雨、キュウリ、ニンジン、卵などが入っています。
彩りがキレイで、とてもさっぱりと食べられました。

DSCF0152_20130322055307.jpg
春雨サラダにはエビ、黒キクラゲ、タマネギなどが入っていました。
つるつるとした口あたりで、さっぱりとしていて美味しかったです。

DSCF0144_20130322055411.jpg
左上は炒め物でした。
豚肉、赤ピーマン、ピーマン、タマネギ、黒キクラゲ、ニンジン、ショウガなどが具沢山です。
ガパオの具材と重なるものが多かったですが、ショウガたっぷりでさっぱりとした味付けでした。

DSCF0151_20130322055304.jpg
右中には、タイ風さつま揚げというか、練り物コロッケの半分に、キュウリが添えられていました。
キュウリの飾り切りがタイ料理屋さんらしいです。

DSCF0156_20130322055239.jpg
下味がついているのでこのままいただけました。
ぷりっとした食感です。

DSCF0150_20130322055301.jpg
右下はカレーです。
大きめにカットされたジャガイモと鶏肉が入っていました。
カレーはそれ程辛くなくて、あまり印象に残りませんでした。

DSCF7716.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じでした。


全体のボリュームは普通ですが、一度のお弁当でこれだけの種類のタイ料理を食べられるのはとってもお得だと思います。
いいお弁当を買ってきてくれた先輩に感謝です☆


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

グリーンカレー弁当 (2012年3月21日
ペンシーズ弁当 (2012年5月23日

生春巻 (2012年3月21日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年5月23日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/25 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
鮨 後楽  @四谷
昨日はお天気がとてもよくて、桜がかなり咲きました。
今日からお花見をたっぷり楽しめそうですね~。
日曜日はお天気が崩れるという予報ですが、みなさま、楽しい週末を☆

DSCF0057_20130319051747.jpg
2012年5月21日は週の最初の月曜日。
私は週末に旅行に出かけていて、久しぶりの出社です。
12時をだいぶまわってから、上司が「外へ食べに行こう。」と誘っていただき、久しぶりに「鮨 後楽(こうらく)」へ行きました。

ビル入口

こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て正面の信号を渡り、新宿通りの左側を半蔵門方面に向かって歩き、「カフェ・ド・クリエ」のある最初の角を左に曲がります。
角を曲がってすぐのビルがこの写真の長尾ビルです。

DSCF1980.jpg
こちらは以前、夜に撮影した写真です。

DSCF1981.jpg
夜は明るく光って、とても目立ちます。

2010_0517画像0020
前回ランチ訪問したのは2011年12月28日だったので、約5ヶ月ぶりです。

2010_0517画像0021
「後楽」は地下一階にあります。
ビルの入口から右に入ると、左にエレベーター、右に階段があるので、どちらかを使って地下へ。

のれん

小さなお店の入り口にかかっている暖簾はとても短いです。

2009_0123画像0114
入口に比べると店内は意外に広く、入ってすぐ左手にカウンター、右手に個室があります。

DSCF4189_20120929002527.jpg
手前右にある個室はこんな感じです。

2009_0123画像0115
こちらは以前撮影した写真です。
カウンターには写真に写っているもの以外にも具材がズラリと並べられ、二人の料理人さんがせっせとちらし寿司を作っています。次から次へと注文が入るので、手を止める暇が全くありません。
カウンターからだとちらし寿司を作る様子がとてもよく見えて、とても楽しいです。

カウンター

奥は小上がりになっていて、右にカウンター、左に個室があります。
こちらの写真が奥のカウンターです。
夜の営業ではこのカウンターの一番奥で大将が握っています。

お座敷

こちらは奥の個室です。
ふすまで仕切られていて、6人入れます。

DSCF0050_20130319051810.jpg
お店は相変わらずにぎわっていて、この日は手前側のフロアが一杯だったので、奥のカウンターに3人横並びで着席しました。
照明の違いでしょうか、こちらだと写真が黄色く光らず、キレイに撮れました。

席には小皿と割り箸があらかじめセットしてあります。

DSCF0051_20130319051813.jpg
お醤油用の小皿です。

DSCF0052_20130319051800.jpg
割り箸にはお店の名前が入っています。

DSCF0048_20130319051805.jpg
卓上に置かれているのはお醤油と爪楊枝だけと、とってもシンプル。

DSCF0049_20130319051808.jpg
とても大きな湯飲みでお茶をいただきます。

「後楽」のランチはちらし寿司のみなので、メニューもなく、そのまま席に座って待ちます。

DSCF0055_20130319051742.jpg
しばし待って、ちらし寿司とお味噌汁が登場!


ちらし寿司  (1,000円)
DSCF0056_20130319051745.jpg
相変わらずたっぷり具材でとっても美味しそう!

DSCF0053_20130319051739.jpg
お味噌汁はとてもシンプルです。

DSCF4215_20120929001506.jpg
具は定番のアサリが入っていました。

DSCF0063_20130319051711.jpg
小皿にお醤油を入れ、ドンブリに入っていたワサビを移して溶かし、お魚につけたりかけたりしていただきます。
ワサビの量が結構多めなので、最初にたくさん溶かしちゃうと、かなり利くのでご注意!

DSCF0057_20130319051747.jpg
たっぷりのトッピングで、ご飯が全く見えません。
マグロ、中トロ、カツオ、白身、ホタテ、エビ、シラウオのトビコ和え、イクラ、玉子焼き、カマボコ、お漬け物、キュウリ、でんぶ、ガリなどなど盛りだくさん!
とっても美しいビジュアルに、しばしうっとり。
どこから食べ始めようか、いつも悩んじゃいます。

DSCF0060_20130319051717.jpg
ガリもワサビと同じく、お刺身などと一緒に盛られています。
結構量があるので、お口直しに時々食べました。

DSCF0061_20130319051720.jpg
お漬物は、タクアンと山ゴボウの2種類が入っています。
玉子焼きはそれ程甘くないですが、このピンクのつぶつぶのでんぶだけが、唯一、甘くて苦手な食材です(汗)。

DSCF0062_20130319051723.jpg
中央に、茹でたエビをキュウリで立たせてあります。
立体感があると、とってもゴージャスに見えます。

DSCF0059_20130319051715.jpg
シラウオのトビコ和えはしっかり味でご飯が進みます。

DSCF0058_20130319051736.jpg
ホタテは甘みがあり、中トロは口の中でとろけます。
量は多くないですが、イクラの粒粒感もたまりません。
お魚の切り身はそのままお刺身のように食べたり、ご飯とあわせて食べたりと、いろいろ楽しめました。

DSCF4209_20120929001506.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
しゃっきりとかために炊きあげられたご飯は程よい酢加減でした。
量も結構あります。


久しぶりに食べて、相変わらずとっても美味しかったです。
全体のボリュームもなかなかでした。

ところで、この日の午後は先輩も私もとてもノドが渇きました。
先輩と話したところ、トビコで和えた白魚が結構しょっぱかったからかな~という結論でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問記録はこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

ランチ訪問
  1回目  2007年5月23日
  2回目  2007年6月28日
  3回目  2009年1月23日
  4回目  2009年9月25日
  5回目  2010年5月17日
  6回目  2011年10月6日
  7回目  2011年12月28日
  8回目  2012年5月21日 

ディナー訪問
  1回目  2007年9月12日
  2回目  2008年3月14日
  3回目  2011年11月24日
  4回目  2012年1月27日  

デリバリ
  2009年12月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年5月21日訪問時お店DATA
****************************
鮨 後楽 (こうらく)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-6-1 長尾ビル地下1階
TEL 03-3261-6573
営業時間 不明。通し営業ではありません。
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/22 05:00】 | | トラックバック(0) | コメント(2) |
オムライス屋「Little Grandma」 @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
今週に入って気温がすごく上がり、桜の花もだいぶ咲いてきました。
ゆっくりお花見をしたいので、どうにか週末までもってもらいたいです。

DSCF9797_20130319045346.jpg
2012年5月16日は3泊4日旅行の出発の前日。
上司がお昼まで出勤してこなかったので、外へ食べに出ることも出来たのですが、できるだけ軽めにしておこうと思い、この日は久しぶりに「千代田四番町屋台村」へお弁当を買いに行きました。
この日は水曜日だったので、オムライス屋「Little Grandma(りとる ぐらんま)」の日です。

屋台へ行く途中、販売場所を変えた「サファリカレー」を見つけました。
のぼりは車内にしまいっぱなしで、車体が黒なので、お弁当を売っているようには見えません。
場所が変わっていることもあり、お客さんの姿は疎らでした。

DSCF9784.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

DSCF9785_20130319045436.jpg
車の上に「オムライス」と書かれた布がかかっていました。
とってもかわいいです。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

「Little Grandma」は2011年3月16日からやって来ました。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2012年4月11日だったので、約1ヶ月ぶり、7回目です。

DSCF9788.jpg
この日は何故かいつも道路に置いてある小さな看板がビルの中にありました。

DSCF6786.jpg
日本テレビ通りに「オムライス」のとってもかわいいのぼりが出ています。

DSCF9794_20130319045404.jpg
日テレ通り沿いにメニューが出ています。

DSCF8311_20130203093717.jpg
12時10分過ぎに車に到着すると、15人位並んでいました。
相変わらず大人気のようです。

DSCF8312_20130203093721.jpg
チーズ、チョリソー、ハラペーニョの3種類を、それぞれ50円でトッピングが出来ます。

DSCF8313_20130203093724.jpg
オムライスは定番が5種類で、お値段は550円か600円です。

DSCF8315_20130203093726.jpg
以前あった週替わりメニューのようなものはなくなっていました。

DSCF9786_20130319045439.jpg
こちらのお店は女性二人体制です。
女性だけというのは、千代田四番町屋台村では唯一。

DSCF9787.jpg
お弁当の容器がたくさん重ねてあります。
大きな炊飯ジャーにはオレンジ色に染まったご飯が入っています。
外にいる店員さんがご飯を型に入れて容器に盛って、車内の店員さんに渡してオムライスやソースをかけてお弁当を仕上げます。

DSCF9789.jpg
車の中に、使い終わった卵の殻が捨てられているのが見えました。
すごい数!
こうやって見ると、改めてすごいなと思っちゃいます。

DSCF8318_20130203093654.jpg
販売窓口にもメニューが置いてありました。

DSCF8323_20130203093659.jpg
お弁当の容器は紙製です。
この日はケチャップ&ローストチキンにチョリソーをトッピングしました。
チョリソーのトッピングは初めてです。


ケチャップ&ローストチキン(550円)+チョリソー(50円)=600円
DSCF9797_20130319045346.jpg
フタを開けると、容器一杯にたっぷりと盛られています。

真ん中にオムライスには右ナナメにケチャップがかけられ、レタスが添えられています。
左上にトッピングのチョリソー、左下にローストチキンが入っていました。
赤・黄・緑と、彩りがとてもキレイで美味しそうです。

DSCF9800_20130319045317.jpg
サラダは小さく切ったレタスです。
マヨネーズ?ソースがかけてあります。

DSCF9803_20130319045325.jpg
マカロニも入っていました。

DSCF9801_20130319045320.jpg
卵はトロトロの部分とかためな部分が残っていて、いろいろな味わいを楽しめます。

DSCF9802_20130319045323.jpg
ケチャップは甘さ控えめで結構酸味がありました。
ほかのソースに比べればシンプルですが、美味しかったです。

DSCF9798_20130319045349.jpg
ローストチキンはやわらかで美味しかったです。

DSCF9799_20130319045808.jpg
チョリソーは見た目がまるでソーセージでしたが、食べてみると結構辛さがありました。

DSCF9804_20130319045314.jpg
プラス50円のわりには量も入っています。


このところ、上司が不在の時にはずっと外へ食べに行っていたので、久しぶりにお弁当の先輩とご飯を一緒に食べました。
全体のボリュームは普通です。
メニューの種類は増えないようなので、トッピングをいろいろと変えて食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
 デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
 デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
 アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日) 
 牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
 ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
 ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
  ハーブチキンフレンチライス (2012年1月23日
  ハーブチキンハワイアンライス (2012年2月13日
火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日
木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
  カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日
金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年5月16日訪問時お店DATA
*****************************
[千代田四番町屋台ランチ]
オムライス屋「Little Grandma」 (りとる・ぐらんま) 
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 水曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/21 05:00】 | オムライス | トラックバック(0) | コメント(6) |
ベーグル[オレンジ] <SOPO>  @中野
DSCF0671_20130316093306.jpg
2013年1月10日、T事務所様からベーグルの差し入れをいただきました。
大のパン好きであるT事務所様は特にベーグルには目がないそうで、遠いお店まで買いに行っているとか。

DSCF0610_20130307081632.jpg
この日いただいたベーグルは、中野にある「SOPO(ソポ)」というお店のものです。

DSCF0611_20130307081636.jpg
2種類いただき、ココア&チョコはいただいたその日の夜に早速食べちゃいました

DSCF0612_20130320133911.jpg
翌日、もう一個の方を食べてみることに。

DSCF0674_20130316093314.jpg
「ソポ」というベーグル屋さんは実店舗はなく、お若い女性が中野の街を一人でリヤカーをつけた自転車で移動販売しているとのことで、どこで売っているかはツイッターでわかるとか。
仕事の関係でT事務所様は毎日中野に通っているのですが、偶然遭遇して購入してみたらとても美味しかったので、それ以来常連客になっているそうです。


ベーグル[オレンジ]
DSCF0671_20130316093306.jpg
手に持ってみると、ずっしりと重さを感じます。

DSCF0673_20130316093311.jpg
前回ココア&チョコを食べた時、温め方を失敗してかたくしてしまったので、先輩に教わったとおりに周りに水をまいてからオーブントースターで温めてみました。

DSCF0672_20130316093309.jpg
ところどころに小さく切ったオレンジピールが入っています。

DSCF0675_20130316093317.jpg
半分に切ってみると、中には生地がみっしりと詰まっていました。

DSCF0676_20130316093252.jpg
今回はちゃんとふんわりと温まりました。
もちっとした生地を噛みしめるとほんのりと甘みがあり、時折塩の粒が入っているのでしょうか、ちょっとだけしょっぱさを感じます。
オレンジピールは甘苦く、いいアクセントになりました。


温め方なのか、好みの違いなのか、ココア&チョコよりもとっても美味しかったです。
しっかりと噛みしめて食べるパンは大好きなので、自分でも週末とかにベーグルを買ってみようかなと思いました。

T事務所様、ごちそうさまでした☆


2013年1月10日購入時お店DATA
*******************************
SOPO (ソポ)
〒165-0026 
東京都中野区新井2-35-2 ピアハイム中野B

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

【2013/03/20 13:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(0) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
昨日も荒れたお天気になりました。
今年の春は本当に強風が多いですね。

今週は水曜日が祝日なので、今日一日がんばればお休みです。
二日働いて一日休みというのはとっても楽ちん。
いつもこうだといいのになぁ(笑)。

DSCF9768_20130316092423.jpg
2012年5月15日、上司は仕事、先輩は午後出勤だったため、お昼ご飯は一人でした。
この日も前日に引き続き、週末の旅行に向けて軽い食事を取りたかったのですが、降りは強くないものの、雨がしとしと降る日だったのであまり遠くへ出かけたくないのと、旅行のスケジュールを決めたかったので、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」でうどんの持ち帰りをすることにしました。

DSCF8639.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF8637.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2012年4月10日だったので、約1ヶ月ぶり、20回目です。

DSCF8638.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF0936.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

先にお会計をしてからお料理の出来上がりを待ちますが、会計時に「お箸はいりません。」と伝えても、長年の習慣は変わらないようで、「わかりました。」とその時は言ってくれるものの、実際にはほとんどの場合そのまま袋に入れてくれるので、なるべく袋詰めをするときに「お箸はいりません。」とコールをするようにしています。

DSCF7753.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターの中に移動させます。

暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期になるとお店の中に入って待つことができるので大変助かります。

12時に事務所を出てお店に行ってみると、持ち帰りの先客は1名、後客は1名でした。

DSCF9764_20130316092412.jpg
お料理を入れてくれるビニール袋は、真っ白なシンプルなものです。

DSCF9765_20130316092415.jpg
これまでに食べたメニューをまだ整理していなかったので、ダブることがないようにと、うどんはかけうどんにしました。
さすがにこれだけでは夕方まで保たないので、お気に入りメニューのたき込みご飯を大きいサイズで注文。2011年6月14日2011年7月21日にミニサイズを食べていましたが、普通サイズはこれが初めてです。

ところが、あまり普通サイズのたき込みご飯の注文はないのか、「普通のサイズで。」と念押ししたつもりでしたが、お会計の金額が少ない(汗)。
ミニサイズのプラスチックケースにたき込みご飯を盛りつけていたので、「私のじゃないよね、、、。」と思っていたのですが、自分のところに出てきちゃいました。
「たき込みご飯、普通サイズですが、、、。」と言ったら、容器を変えて盛りつけてくれました。

DSCF9766_20130316092417.jpg
おうどんの容器は白いプラスチック製のドンブリで、フタは透明です。

DSCF9767_20130316092420.jpg
たき込みご飯の容器は透明なプラスチックケースです。
おうどん用の七味唐辛子の小袋が輪ゴムで一緒にとめられています。

DSCF9780_20130316092337.jpg
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。


かけうどん(280円)+たき込みご飯(170円)=450円
DSCF9768_20130316092423.jpg
いただきま~す!


かけうどん
DSCF9769_20130316092349.jpg
麺がのびないように、先におうどんから食べました。
かけうどんは、こちらのお店の3点セットのトッピングであるカマボコ、ネギ、ワカメのみ。
基本形のトッピングだと、うどんの汁はとてもさっぱりとしていました。

DSCF9770_20130316092351.jpg
長ネギは小口切りです。

DSCF9772_20130316092354.jpg
ワカメはそこそこの量が入っています。

DSCF9773_20130316092357.jpg
カマボコはかなり薄切りですが、フチがピンク、中が白の華やかなタイプです。

DSCF9782_20130316092313.jpg
食べる前に七味唐辛子をすべてかけました。

DSCF9783_20130316092315.jpg
おうどんはつゆの色が移り、ほんのり茶色に染まっています。
程よいコシがありました。


たき込みご飯
DSCF9776_20130316092326.jpg
普通サイズのご飯は、ミニサイズに比べ、倍ぐらいのボリューム。
でもそれでもわずか170円です。

DSCF9777_20130316092329.jpg
中央には真っ赤な紅ショウガがたっぷりとトッピングしてありました。
辛さがいいアクセントになっています。

DSCF9778_20130316092332.jpg
具は細かく切ったニンジン、干し椎茸、コンニャクなどでした。

DSCF9779.jpg
程よい塩加減でダシが効いています。
ミニサイズしか食べたことがなかったので、倍量ぐらいある普通サイズは、とても食べごたえがありました。


体重を気にしていたはずが、結構なボリュームでお腹いっぱいです。
昼食後に誰もいない事務所で旅行の行程を考えて、一人を満喫しちゃいました。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 メンチうどん (2012年4月10日
 力うどん (2012年2月27日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 かけうどん  (2012年5月15日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年5月15日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/19 05:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 ゆで太郎 市ヶ谷店  @市ヶ谷
2013年8月5日追記

2013年7月31日、「ゆで太郎 市ヶ谷店」が閉店していることに気付きました。

DSCF1401_2013080506110191c.jpg
ネットで調べたところ、2013年6月頃には閉店していたようです。

****************************************

お天気に恵まれた週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
観測史上最速で東京の桜も開花したとか。
しばらく土手沿いを歩くのがとても楽しみです。

DSCF9743_20130316091539.jpg
2012年5月14日は、週の最初の月曜日。
上司がお昼になっても事務所に戻ってこなかったので、お弁当の先輩を置いてひとりで外へランチを食べに出ました。
帰ってくるかもしれない上司と出会わないよう、市ヶ谷方面へ。
最近このパターンが多くて、市ヶ谷のお店をかなりいろいろ行った気がします(笑)。

この週の後半は有休を二日取って旅行に行く予定だったので、なるべく摂取カロリーを控えようと思い、「ゆで太郎 市ヶ谷店」に行ってみることにしました。
2012年4月12日にランチ訪問した「ゆで太郎 六番町店」で予想以上にお蕎麦が美味しかったので、ちょっと楽しみでした。

DSCF9763_20130316091434.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に進み、二つ目の交差点(東郷通り)の少し手前の市ヶ谷KTビルの1階にお店があります。

同じビルの地下一階には、2009年8月7日にランチ訪問した「一番どり 市ヶ谷店」があります。

DSCF9761_20130316091431.jpg
「ゆで太郎」は、昭和54年9月に創業した信越食品株式会社が平成6年10月から始めた立ち食い蕎麦のチェーン店で、現在は株式会社ゆで太郎システムと共に関東一円のほか、北海道や東北、台湾にも支店を展開しています。
店舗で毎日粉から製麺する自家製麺で、「挽きたて」、「打ちたて」、「茹でたて」のお蕎麦をいただけます。

入口の右と左に1台ずつ券売機があるので、まずは食券を購入。

DSCF9740_20130316091613.jpg
メニューについて何も考えずに来てしまったのですが、季節メニューが日テレ通り店と同じゴボウの唐揚げだったので、キョロキョロ券売機を見回していたら、かきあげ天ざるを見つけました。
この日は結構気温の上がった日だったので、冷たいお蕎麦の方がいいかなと思い、こちらに決定。

DSCF9758.jpg
続々とお客さんが集まっていましたが、六番町店ほどの混雑はありませんでした。
お客さんは男性ばかりで、女性は私一人だったと思います。

店内は左側に厨房があり、右側の壁沿いに席が並んでいます。
席数は日テレ通り店の方がかなり多いですが、立ち食い席はなく、着席スタイルでした。

DSCF9741.jpg
厨房前のカウンターに並んで食券を出すと、すぐにお料理が出来上がりました。

DSCF9742_20130316091536.jpg
唐辛子は輪切りと七味の2種類から選べます。
ただ、お料理の受け取り場所よりも手前にあり、後ろの人が並んでいて取り辛くて諦めました。

お料理を受け取ったときはちょうど満席で、どうしようかと少し立ち尽くしましたが、一番左端の男性がちょうど食べ終えたので、無事席をゲット。


かきあげ天ざる (430円)
DSCF9743_20130316091539.jpg
小さめの黒い長方形のお盆に、右に天ざる、左にソバつゆが置いてありました。

DSCF9744_20130316091542.jpg
ソバつゆの入った器の上に薬味の入ったお皿がかちっとのっけられています。

DSCF9745_20130316091545.jpg
薬味とソバつゆをはずします。

DSCF9747_20130316091548.jpg
薬味は小口切りのネギとワサビです。

DSCF9748_20130316091511.jpg
ソバつゆは少し甘めでとても濃いので、たっぷりつけるとしょっぱくなっちゃいます。

DSCF9755_20130316091450.jpg
食べる前に薬味を全部投入しちゃいました。

DSCF9749.jpg
お蕎麦はやや上の左の方に寄って盛られていました(笑)。

DSCF9750_20130316091517.jpg
更に左側に大きなかき揚げが添えられています。

DSCF9752_20130316091520.jpg
お蕎麦には刻み海苔がたっぷりとのせられています。

DSCF9753.jpg
お蕎麦は細く、明るい灰色です。

DSCF9756_20130316091453.jpg
見た目はピカピカと光っています。
さらっとしたのど越しで、日テレ通り店と同じく美味しかったです。

DSCF9754_20130316091447.jpg
かき揚げは円柱形のとても大きくてぶ厚いものです。
かぶりつくには大きすぎるので、お箸で少しずつちぎっていただきました。
メインがタマネギで、ニンジンも少し入っています。

DSCF9757_20130316091456.jpg
ソバつゆをつけていただくと、タマネギの甘さをしっかりと感じます。
温かいお蕎麦と違って、ソバつゆにかき揚げの旨味が伝わりにくいですが、それでもソバつゆには油の輪が浮かんでいました(笑)。
見た目どおり、かなりのボリュームです。

DSCF9759_20130316091425.jpg
お茶のポットと蕎麦湯のポットの違いがわからなかったのですが、とりあえず手近にあったポットを引き寄せて注いでみたところ、蕎麦湯でした。

DSCF9760_20130316091428.jpg
ソバつゆも全て美味しく飲み干しました。

DSCF0349_20130316091604.jpg
無料クーポン券をいただきました。


全体のボリュームは普通です。
カロリーを押さえるためにお蕎麦屋さんに行ったはずが、お値段もカロリーも高めのメニューを食べてしまったランチでした(笑)。

この日、何か厨房にトラブルが発生したようで、私が食べ始めてしばらくしたら、お客さんの入店をとめていました。
食べ終えて帰る頃にはもう数人しか残っていなくて、あまりにもガランとしていてビックリ。
店員さんが一人入口の前に立って、お客さんが入ろうとするとお断りしていました。
せっかくの稼ぎどきなのに、こんなこともあるんですね。


2012年5月14日訪問時お店DATA
******************************
ゆで太郎 市ヶ谷店 (ゆでたろう)
〒102-0074
東京都千代田区九段南4-7-16 市ヶ谷KTビル1階
電話 03-3221-2350
営業時間 
[平日] 7:00~22:00 
[土祝] 7:00~15:00 
定休日 日曜日 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/18 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(3) |
ベーグル[ココア&チョコ] <SOPO>  @中野
DSCF0616_20130307081603.jpg
2013年1月10日、T事務所様からベーグルの差し入れをいただきました。
大のパン好きであるT事務所様は特にベーグルには目がないそうで、遠いお店まで買いに行っているとか。

DSCF0610_20130307081632.jpg
この日いただいたベーグルは、中野にある「SOPO(ソポ)」というお店のものです。

DSCF0611_20130307081636.jpg
2個もいただいちゃったので、、、

DSCF0614.jpg
この日の夜、早速1個食べてみました。

DSCF0615_20130307081600.jpg
「ソポ」というベーグル屋さんは実店舗はなく、お若い女性が中野の街を一人でリヤカーをつけた自転車で移動販売しているとのことで、どこで売っているかはツイッターでわかるとか。
仕事の関係でT事務所様は毎日中野に通っているのですが、偶然遭遇して購入してみたらとても美味しかったので、それ以来常連客になっているそうです。


ベーグル[ココア&チョコ]
DSCF0616_20130307081603.jpg
パンに疎い私は、ベーグルというとスモークサーモンやら具材をサンドしたものしか食べたことがなく、こういう甘いテイストのシンプルな状態で食べるのはほぼ初めて。

DSCF0617_20130307081606.jpg
手に持ってみると、ずっしりと重さを感じます。
食べ方がよくわからなかったので、とりあえずオーブントースターで少し温めてみました。

DSCF0618_20130307081608.jpg
ところどころにチョコチップが入っています。

DSCF0619_20130307081612.jpg
半分に切ってみると、中がココア色の生地がみっしりと詰まっていました。

DSCF0621_20130307081548.jpg
温めたせいか、皮の部分はパンパンにはじけるような食感でしたが、中はちょっとぱさついた感じ。
甘くはなく、かといってしょっぱくもなく、少し甘みを感じるチョコチップも全体からするとほんのわずかなので、何とも中途半端な味わいでした。

次の日に先輩にそのことを伝えたら、温めるときに乾燥しないように少し周りに水をかけるといいですよ~とアドバイスしてもらいました。
次回はきちんと温めて食べてみたいと思います。


2013年1月10日購入時お店DATA
*******************************
SOPO (ソポ)
〒165-0026 
東京都中野区新井2-35-2 ピアハイム中野B

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

【2013/03/16 09:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(0) |
【休業】 セカンドウインド 四ッ谷店  @四谷
2014年1月24日追記

DSCF0485_20140124080111c54.jpg
いつ頃からかわかりませんが、「セカンドウインド」は休業していました。

***********************************

早いもので今週ももう金曜日。
花粉は辛いですが、お天気はよくなりそうですので、みなさま、楽しい週末を☆

DSCF4193_20130312060725.jpg
2013年3月6日は、上司がお昼時に外出していたので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに出ました。

少し前に、市ヶ谷経済新聞で日本工営ビルの地下にイタリアンバル「セカンドウインド 四ッ谷店」という新店ができたという記事を見ていたので、この日、行ってみることに。

DSCF4207_20130312060645.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を半蔵門方面に進み、麹町6丁目交差点を少し先に行ったところに日本工営ビルがあります。

DSCF4210_20130312060648.jpg
このビルの1階には業務用スーパーの「肉のハナマサ 麹町店」が入っています。

DSCF4204_20130312060637.jpg
広い階段を降りて、地下へ行くと、、、

DSCF4205_20130312060640.jpg
地下一階のフロアは麹町サブロードと呼ばれ、お店がたくさん入っています。

DSCF4206_20130312060643.jpg
そのうち飲食店が5軒入っていて、全てのお店でランチが出来ます。

DSCF4203_20130312060710.jpg
「セカンドウィンド」は、フロアの左奥にあります。

この場所には2010年2月3日にオープンした「Cafe,Restaurant,Bar Maccoy(マッコイ)」があり、2010年8月20日にランチ訪問しましたが、その後お店をリニューアルしたとのことで、再訪問の機会を窺っていましたが、2013年1月までの間に閉店しました。

DSCF4201_20130312060705.jpg
市ヶ谷経済新聞によれば、2013年2月1日にオープンした「セカンドウィンド」は、ランナー歴33年のベテランランナーであるオーナーの本河裕二さんが、その日仕入れた魚を使った料理や野菜中心のメニューのほか、「カーボローディング」と呼ばれる栄養摂取法を取り入れたメニューなど、ランナーや健康志向の人をターゲットにしたメニューも提供するとのことです。
店名の「セカンドウインド」は、走りだして20分ほどがたち心拍数や血圧が安定して楽になる状態のことで、カーボローディングとは、レース前に走るためのエネルギー源を蓄えるために炭水化物を摂取する食事法だそうです。皇居ランナーの方も来やすい場所を条件に物件を探したとか。
将来的にはカーボローディングパーティーも開催したいそうです。

DSCF4200_20130312060703.jpg
お店の前に小さな看板が出ていて、その日のランチが紙に印刷されて貼りだしてありました。

DSCF4202_20130312060707.jpg
開店祝いのお花が飾ってあります。

DSCF4177_20130312060832.jpg
12時15分頃に入店すると、意外とお客さんが少なく、先客3組、後客2組ほどでした。
フロアは男性が一人で担当していました。厨房も男性一人だったと思います。
一人であることを告げると、奥の部屋に通されました。
最初、一人だから二人席に座ろうかと思ったのですが、先に一人の女性客が4人テーブルに着席していたので、私も一番奥の4人席に座らせていただきました。

DSCF4179_20130312060836.jpg
奥の壁には大きなディナーメニューの黒板がかかっていました。

DSCF4178_20130312060834.jpg
入口の正面に厨房があり、左手にテーブル席、奥に部屋がつながっていてテーブル席があります。
シックで落ち着いた内装です。

DSCF4182.jpg
テーブルの下には大きな荷物置きのカゴがありました。

DSCF4180_20130312060806.jpg
卓上には小さな金属製のカゴに入ったカトラリーだけが置いてあります。

DSCF4183_20130312060812.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF4175_20130312060827.jpg
メニューはリゾットとスパゲッティの2種類で、それぞれ900円と950円です。
麺食いの私はスパゲッティが食べたくて、とり肉の白ワインラグー トマトベース ぴり辛スパゲッティを注文。
フォカッチャとポタージュがついています。

DSCF4176_20130312060829.jpg
サイドメニューが2種類あるのが面白かったです。
先に気付いていたら、注文してみたかった~。

ほかに、2種類のドルチェと8種類のソフトドリンクがあります。

DSCF4184_20130312060814.jpg
最初にフォカッチャとポタージュが出てきました。


フォカッチャ
DSCF4185_20130312060816.jpg
フォカッチャにはオリーブオイルがかけてあり、とてもいい香りがしました。

DSCF4186_20130312060745.jpg
皮はパリッとしていて、中はちょっと重たい食感で美味しかったです。


ポタージュ
DSCF4187_20130312060747.jpg
白い器に入ったポタージュにはクルトンが浮かんでいて、オリーブオイルがかけてありました。

DSCF4189_20130312060751.jpg
濃いオレンジ色だったので、カボチャでしょうか。

DSCF4188_20130312060749.jpg
クルトン多めです。

DSCF4190_20130312060754.jpg
一口目はあっさりとした甘みと味わいでしたが、オリーブオイルを混ぜ込むとコクが出ました。


とり肉の白ワインラグー トマトベース ぴり辛スパゲッティ (950円)
DSCF4192_20130312060723.jpg
しばし待って、スパゲッティが登場!

DSCF4193_20130312060725.jpg
白い丸皿の真ん中に、スパゲッティがこんもりと盛られていました。
麺は細麺で、猫舌の私にはすぐに食べられない程、茹でたて熱々。

DSCF4196_20130312060728.jpg
あっさりと酸味のあるトマトソースにとろけたチーズが絡んで美味しかったです。
写真に写っていませんが、ほぐした鶏肉も入っていました。

DSCF4197_20130312060730.jpg
この日の伝票です。

DSCF4199_20130312060701.jpg
麹町サブロードにもう一軒新店が出来ていました。
近いうちに訪問したいです。

DSCF4211_20130311060316.jpg
事務所に戻る途中、2011年4月5日にランチをテイクアウトした「EXCELSIOR CAFFE(エクセルシオール カフェ) 四谷東口店」が閉店していることに気付きました。
ネットで調べたところ、2013年1月31日閉店したとのことです。

DSCF4213_20130312060623.jpg
新宿通り沿いにある銅像にたすき掛けしてありました。


全体のボリュームは普通です。
後から入って来た男性の一人客は、店員さんとお知り合いなのか、いろいろと話し込んでいらっしゃいました。
帰り際、店員さんがとても丁寧に見送って下さいました。
次回来た時には、ぜひともサイドメニューのリエットやパテを食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 麹町サブロード訪問記です↓◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

中国大陸料理 桃李天下  (2008年4月2日
【閉店】 ビアレストラン 麹町 メルサ  (2009年7月23日
【閉店】割烹酒造 祭りや  (2009年8月24日
とんかつ 酒彩処 じん家  (2010年3月29日
【リニューアル】 にくの匠 京乃  (2010年8月19日
さかな処 ~肴・魚 ~ 京乃  (2012年3月7日) 
【閉店】Cafe,Restaurant,Bar Maccoy  (2010年8月20日
セカンドウインド 四ッ谷店 (2013年3月6日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年3月6日訪問時お店DATA
*******************************
セカンドウインド 四ッ谷店
〒102-0083 
東京都千代田区麹町5-4 日本工営ビルB1F
TEL 03-6261-1258
FAX 03-6261-1259
営業時間 
[昼]11:30~14:30(L.O.14:00) 
[夜]17:00~22:30(L.O.22:00)  
定休日 日・祝
地下鉄麹町駅から徒歩3分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/15 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
立喰い寿司 魚がし日本一 麹町店  @麹町
昨日は激しい風が吹き乱れて大変な一日でした。
駅の近くにビル風が吹く場所があるのですが、そこでは向かい風があまりに強くて顔を前に向けることが出来ず、足が動かなくて進めなくなっちゃいました(汗)。
お昼にお弁当買う時も、並ぶために立っているのもやっとの状態。
雨が降り出したのが夜で本当に助かりました。。。

DSCF9635_20130308075942.jpg
2012年5月11日は週の最後の金曜日。
この日は上司が出張で不在だったので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに出ました。
せっかくの金曜日なのでちょっと豪華に食べたいところでしたが、夜に友人との食事会を控えていたので、お蕎麦とかお寿司とか、軽めのものを食べようと思っていました。

DSCF9667_20130308075705.jpg
あまり思い当たるお店がなかったので、この日は時間がたっぷりあったこともあり、麹町まで行ってみました。
たくさんの人で賑わっていて、お店もたくさん。
お蕎麦屋さんも幾つか見かけたのですが、「立喰い寿司 魚がし日本一(うおがしにほんいち) 麹町店」を見つけ、入ってみることにしました。

DSCF9666_20130308075658.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅からだと、新宿通りの右側を半蔵門方面に進み、麹町四丁目交差点を右折します。
通りを一つ越えた左側にサンゴビルがあり、お店はその1階です。

DSCF9660.jpg
このビルには他にも飲食店がいろいろと入っていました。

DSCF9664_20130308075733.jpg
「立喰い寿司 魚がし日本一」は、株式会社にっぱんが展開するお寿司のチェーンブランドで、毎朝、築地で競り落とした新鮮なネタをリーズナブルに、作りたて・握りたてにこだわっていただけるとのこと。都内に20店舗近く展開しています。

DSCF9665_20130308075737.jpg
午前11時から午後5時まで食べられるお得なお昼のセットが4種類ありました。
それぞれ握りと巻物の数やカロリー表示しているのがすごいです。

DSCF9663_20130308075730.jpg
数量限定ですが、海賊丼の持ち帰りが出来ます。

DSCF9661_20130308075721.jpg
営業は平日のみ、午前11時から午後11時までです。
ラストオーダーは午後10時50分です。

DSCF9662_20130308075725.jpg
前職のとき、会社の近くに「魚がし日本一」があったのでよくランチをしていたのですが、立ち食いスタイルの店舗は初めてです。

いざ!

DSCF9627_20130308080008.jpg
店舗は入口が小さく、奥に向かって細長い作りになっていました。
入店すると、左手に厨房があり、その周りをカウンターが取り囲んでいます。
入店前に一番手前の場所のお客さんが帰って席が空いたのを確認していたのですが、それ以外はぎっしり。
女性客もそこそこいました。

壁にはネタの名前やオススメなどがいろいろと貼りだしてあります。

DSCF9645_20130308075825.jpg
ネタケースにはたくさんのお魚が並んでいて、とっても美味しそう。
明朗会計で、どれもお安い!

DSCF9621_20130308080031.jpg
私は入口すぐ近くのポジションをゲット。

カウンターの幅はそれ程広くないですが、奥にはエコ箸やガリなどが置いてあります。

DSCF9625_20130308080002.jpg
壁だけではなく、箸箱の上にもメニューが貼ってありました。

DSCF9626_20130308080006.jpg
フタを開けると、洗い箸が入っています。

DSCF9620_20130308080028.jpg
食べるポジションを決めると、フロア担当のおば様がお手ふきやお茶、お味噌汁を次々と持って来てくれます。

DSCF9622_20130308080033.jpg
せっかくだったので、一番お高い、豪華!!特上握りセットを注文。
お寿司10貫にお味噌汁がついています。
軽めに食べるはずだったのに、一番豪華なのを選んじゃいました(笑)。
でもカロリーは全部で497キロカロリーです。

実は、魚がし握りセット(980円)は中トロ入りで12貫あるので、お値段は300円もお安いですがボリュームが多く、カロリーは592キロカロリーと、95キロカロリー高いということに後から気付きました。

DSCF9623_20130308080036.jpg
お味噌汁にはアオサとネギが入っています。
アオサは投入したばかりのようで青々としていました。

DSCF9624_20130308080039.jpg
握る職人さんは何人かいらっしゃいましたが、私の場所に近いところにはやや年配のおじさまが担当していまいした。
お寿司の職人さんらしく、お話し上手でお客さんたちとキレのいい会話を交わしています。
私が注文すると、私の目の前にバラン?笹の葉?を置いてくれました。

DSCF9629_20130308080011.jpg
小皿にお醤油を入れて、こちらもスタンバイ。
お寿司が出てくるのじっと待ちます(笑)。

DSCF9632_20130308075936.jpg
最初に3貫一緒に出てきました。
照明との相性が悪く、どうにも黄色っぽく写って残念です。

DSCF9630_20130308080014.jpg
マグロ(?)、イカ、赤身(?)です。

DSCF9636_20130308075945.jpg
ガリを食べたくて卓上の容器から取り出したのですが、ぼんやりしていてお醤油の小皿に置いたら、お醤油がついちゃって、しょっぱくなっちゃいました(汗)。
バランの端に置けばよかったです。

DSCF9633_20130308075939.jpg
おなかがとっても空いていたので、一番左端にあるマグロをさっさといただいちゃいました(笑)。
意外と脂がのっていました。

DSCF9635_20130308075942.jpg
次にエビ、アジ、サーモンが3貫一緒に出てきました。
握り手のおじさまに「写真撮るなら、全部寿司が並んでから撮れば良いじゃないか?」と声をかけられたのですが、お腹が空いていて我慢できなかったです。

DSCF9638_20130308075855.jpg
次に玉子、そして穴子が出てきました。

DSCF9639_20130308075859.jpg
玉子は薄く正方形の形のものが2つです。
少し固めで、甘かったです。

DSCF9640_20130308075901.jpg
ここまでで8貫出てきています。

DSCF9642_20130308075904.jpg
甘いツメが塗ってあった穴子はぷるんとした歯触りで脂がのっていました。

DSCF9643.jpg
どこで食べても味にブレの少ないサーモンですが、わりあいフツーのお味です。

DSCF9647_20130308075829.jpg
アジはおろしショウガと小ネギがのせてありました。

DSCF9648.jpg
最後に、イクラとウニの軍艦巻きが1貫ずつ出て、こちらで握りが終了です。

DSCF9650.jpg
特上を注文してはいましたが、ウニやイクラが食べられるとは思っていなかったので、嬉しかったです。

DSCF9652.jpg
茹でたエビは大きめのサイズでした。

DSCF9653_20130308075755.jpg
イカはやや歯応えがありました。

DSCF9655.jpg
赤身だからでしょうか、最初に食べたマグロに比べるとあっさり目のお味です。

DSCF9658_20130308075805.jpg
イクラはツブツブしていました。

DSCF9656_20130308075802.jpg
一番楽しみのものは最後に食べる性格なので、締めにウニをいただきました。
思いがけず甘みがあり、美味しかったです。


全体のボリュームは普通だと思いますが、2010年5月20日にランチ訪問した「三崎丸」に比べるとシャリがやや小さめでしょうか。
お腹が空いていたせいか、立って食べているせいか、10貫をペロリと平らげ、なんとなく物足りない感じでした。
午後4時頃にはお腹が空いてしまい、ディナーが待ち遠しくてしょうがなかったです。

初めての「魚がし日本一」での立ち食いは、満員だったのでスペースが狭めでしたが、店内はキレイだし、活気があったので居心地よかったです。
ランチタイムでもお好みで握ってもらっている人がいてちょっと羨ましかったので、自分でもやってみたいです。


2012年5月11日訪問時お店DATA
****************************
立喰い寿司 魚がし日本一 麹町店 (うおがしにほんいち)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町3-5-16 サンゴビル1F
TEL 03-3288-0877
営業時間 11:00~23:00(L.O.22:50)
定休日 土日祝
地下鉄麹町駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/14 06:00】 | | トラックバック(0) | コメント(6) |
酒菜屋 かみや  @市ヶ谷
昨日はお昼を買いに出た時は風が吹いていて肌寒かったのに、午後、用事があって外出したらコートを着ているのが場違いのように暖かくなっていました(汗)。
この時期はどういう洋服を着ればいいのか、本当に悩みます。

DSCF9586_20130308062147.jpg
2012年5月10日は午前中外出していた上司が12時になっても帰って来なかったので、お弁当の先輩を置いて、一人でランチを外へ食べに出ました。
帰りがけの上司にバッタリ会わないように、市ヶ谷方面に出発(笑)。
この日はずっと宿題店だった「酒菜屋 かみや」に行ってみました。

DSCF9602_20130308062029.jpg
お店は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進み、麹町郵便局のところで右折し、次のカドにある中川ビルの1階にあります。

DSCF9603_20130308062032.jpg
このビルには他にも飲食店が入っていて、2階には2009年4月9日にランチ訪問した「韓国料理 ジェ・イル」があります。

DSCF9599_20130308062055.jpg
ビルの前には小さな看板が出ていて、、、

DSCF9600_20130308062058.jpg
その脇にランチメニューもありました。

DSCF9601_20130308062026.jpg
お店のガラス窓には夜のメニューが貼ってあります。

DSCF9598_20130308062052.jpg
お店の入口はビルの中にありました。

入店すると、ちょうど満席だったようで、男性店員さんから4人テーブルに横並びに二人で座っているところの正面に座る形での相席を言われたのですが、写真を撮ることもあり、あまり落ち着かないのでお断りして帰ろうとしたところ、厨房から出てきたおばさま店員さんから「奥のテーブルにどうぞ~。」と言われ、お言葉に甘えて奥のテーブル席に行かせていただきました。

DSCF9572_20130308062233.jpg
店内は左側に厨房があり、その前にカウンター席、右側にテーブル席が並んでいます。
私が入店した時はカウンター席は一杯で、一番奥の四人用テーブル席が一つだけ空いている状態だったので、「人が来たら相席をお願いすることになります。」と言われましたが、もちろん了解し、ありがたく着席させていただきました。


卓上にはお茶の入ったポット、紙ナプキン、七味唐辛子、お醤油、爪楊枝、ふりかけが置いてあります。

DSCF9573_20130308062236.jpg
小さなカゴの中にふりかけがたくさん入っています。
永谷園でこんな種類が出ているんですね~。初めて見ました。
種類毎に色が違って、かわいいです。

DSCF9570_20130308062545.jpg
着席すると、温かいお茶をいただきました。

お店を運営しているのはご家族でしょうか、厨房で調理をしているやや年配の男性、同じく厨房に奥様らしきやや年配の女性、フロアは息子さんらしい若い男性の3で切り盛りしています。

DSCF9571_20130308062230.jpg
メニューはお魚かお肉の2種類のみで、お値段はどちらも1,000円です。
この日はお腹が空いていたので、お肉メニューの冷やし豚しゃぶサラダ定食をご飯少なめで注文しました。

ランチタイム混雑時は禁煙です。

DSCF9575_20130308062239.jpg
しばし待ってお料理が登場!
黒くて四角いお盆の上に、メイン、小鉢、お新香、お味噌汁、ご飯、デザートがのせられていました。

DSCF9591_20130308062122.jpg
男性店員さんが、テーブルの端に置いてあった調味料やふりかけなどを私の周りに引き寄せて取りやすいように並べてくれました。
こんなご丁寧な対応、初めてかも。


冷やし豚しゃぶサラダ定食 ご飯少なめ (1,000円)
DSCF9576_20130308062205.jpg
いただきま~す!

相席になるかな~、とか、一人で四人テーブルを占領しちゃうのは申し訳ないな~とか思っていたのですが、少し経つとカウンター席もテーブル席も、食事を終えたお客さんが数人帰ったので、ちょっとホッとしました。

DSCF9584_20130308062142.jpg
割り箸がついていましたが、写真撮影だけ。
食べる時はマイ箸を使いました。

DSCF9577_20130308062208.jpg
ご飯は少なめです。
小さなお茶碗に盛られていました。

せっかくなのでご飯にふりかけをかけたかったのですが、もともと量を少なめにしていたのと、ゴマだれのしっかり味のために、出番なしでした。残念。

DSCF9579_20130308062210.jpg
お味噌汁にはネギのみじん切りがたっぷり。
熱々です。

DSCF9594_20130308062046.jpg
中にはナメコとお豆腐が入っていました。
ダシはかなりあっさりとしています。

DSCF9585_20130308062145.jpg
お新香はニンジンとキュウリの2種類です。
お手製でしょうか、とても薄いカットで、塩味も控えめでした。

DSCF9581_20130308062216.jpg
小鉢には山菜の煮物が入っていました。
かなりたっぷり目の山菜に、ニンジンと厚揚げが入っていて、白胡麻をふってあります。
ダシで煮付けたようなかなり淡い味付けで、山菜らしい歯応えを楽しめるものの、量がある分だけ、ちょっと単調でした。

DSCF9586_20130308062147.jpg
メインの冷やし豚しゃぶは大きな白いお皿に盛られ、水菜、タマネギ、トマト、キュウリが添えられ、たっぷりのタレがかかっています。

タレやタマネギの白さに水菜の緑とトマトの赤が映えてとってもキレイ。
見た目からして、すごく美味しそう。

DSCF9588_20130308062113.jpg
水菜は食べやすい大きさに切りそろえてあります。

DSCF9589_20130308062116.jpg
キュウリは薄切りが1枚、トマトは薄めの櫛切り?が3枚ほど。

DSCF9590_20130308062119.jpg
タマネギは新タマネギでしょうか、やわらかでした。

DSCF9587_20130308062150.jpg
お肉はかなりたっぷり目です。
タレは、ゴマだれベースですが、マヨネーズも結構入っているようで、かなり濃厚な味わいで、とてもご飯が進みます。
お肉は柔らかく、そのまま食べたり、お野菜と一緒に食べたりしました。

DSCF9583_20130308062139.jpg
デザートは、透明で小さな器にバナナ、キウイ、リンゴ(?)の3種類のフルーツが盛ってありました。
キウイはゴールデンキウイでしょうか、ちょっと黄色っぽかったです。

DSCF9595_20130308062049.jpg
食べようとしてみると、フルーツの汁かと思ったら、ゆるいゼリーになっていました。

DSCF9592_20130308062124.jpg
この日の伝票です。


帰りがけ、会計をしているときにおばさまから「ふりかけの写真を撮っていましたね。」と声をかけられました。

ご飯少なめにしていたので全体のボリュームは普通でしたが、お肉の量は多めでタレが濃厚で食べごたえがありました。
お味噌汁や小鉢の味付けは少し好みと違いますが、メインはとても美味しくいただけたし、何よりも店員さんの細やかな心遣いやお店全体のアットホーム感がとてもよかったです。


2012年5月10日訪問時お店DATA
******************************
酒菜屋 かみや
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-4-7 中川ビル1階
TEL 03-3222-3541
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/13 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
昨日は日曜日の夏日から一転して、10度以上気温が下がったとても寒い日でした。
体調をとても崩しやすいと思いますので、みなさま、ご自愛下さい☆

DSCF9550.jpg
2012年5月9日のランチは、上司から誘われて外へ行くことになりました。
向かった先は上司のお気に入りの中華料理屋さん「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF9569_20130308061140.jpg
ビルの前にはショーケースに入ったお料理の模型が並んでいます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」などがよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

入り口

お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF9540.jpg
いつもだと、お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ますが、この日は天候が不安定でポツポツと雨が降っていたせいか、いつもは階段の下に置いてあるメニュー表が2階の入口の左側に置かれていました。
濡れないように移動したのでしょうか。

なぜか、大きなカバンも置かれていました。
出張帰りのお客さんがいたのでしょうか?(笑)。

DSCF9541_20130308061253.jpg
上司はメニューをチェックしたりしないので、出ていないことに気付いていなかったかも。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。

前回ランチ訪問したのが2012年4月4日だったので、約1ヶ月ぶりでした。

DSCF6934_20121228075009.jpg
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側には4人席のテーブル、右側には4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
エアコンやテレビがあります。
このエアコン、型式が古いのか、部屋の大きさに比べたらやたらとでっかいです。

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には調味料、お箸、紙ナプキン、食べるラー油など置かれています。

お店に到着したのは12時半頃だったので、食べ終えて帰るお客さんとすれ違いましたが、それでも店内はかなりの混み具合で、相変わらずの繁盛ぶりです。
私たちは中程にある4人用のテーブル席に着席しました。

DSCF9546_20130308061259.jpg
夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
食事中、フロアの方がこまめにお茶をつぎ足しに来てくれます。

お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF9543_20130308061256.jpg
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF9549_20130308061302.jpg
伝票です。

上司はいろいろと迷った挙げ句、定食のスブタを注文。
この日の日替わりは茄子と豚肉のうま煮かけご飯で、私は食べたことがなかったので、こちらを注文してみました。先輩も同じメニューをご飯少なめで頼み、私も慌ててご飯少なめに変更しました。


茄子と豚肉のうま煮かけご飯 ご飯少なめ (700円)
DSCF9550.jpg
しばし待ってお料理が登場。
メイン、スープ、デザートのセットです。
お盆はなし。

DSCF9551_20130308061228.jpg
スープは小さな器に入っています。
こちらのお店のスープは、日によって色合いや透明度が結構違います。

DSCF9562_20130308061205.jpg
この日はやや黄色みがかっていて、少し濁っていました。
色の濃い見た目と違い、スープはわりあいあっさり味です。

DSCF9563_20130308061131.jpg
小ネギがたっぷりとトッピングされていたので、彩りのアクセントになっています。

DSCF9553.jpg
茄子と豚肉のうま煮かけご飯は、ご飯を少なめにしたせいもありますが、たっぷりのおかずでご飯が見えません。
ちょっとわかりにくいですが、右側にザーサイが添えられています。

DSCF9554_20130308061237.jpg
このザーサイは薄切りですがかなり大きいサイズです。
味付けはそれ程濃くありませんが、この日はご飯少なめだし、おかずはしっかり味だったので、あまり必要なかったかも。

DSCF9559_20130308061157.jpg
スープだけでなく、ご飯にも小ネギがたっぷりトッピングしてありました。

DSCF9557_20130308061154.jpg
豚肉の薄切りは柔らかで、餡がかかっていてしっかりとした味付けでした。
ご飯がとても進みます。

DSCF9560_20130308061200.jpg
豚肉もそれなりに入っていましたが、それ以上にたっぷりの茄子にビックリ。
この時期、天候が不安定で茄子がそんなに安くないはずだと思うのですが、たっぷりのボリュームです。

茄子は、やや多過ぎるかな?と思うぐらいのたっぷりの油を吸っていて、トロントロンの舌触りでした。
油を吸ったナスって、ホントに美味しい。

DSCF9565.jpg
ご飯には旨味たっぷりのタレがしっかりとしみていて、おかずがなくても食べられたかも?!

DSCF9552_20130308061231.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF7538_20130121043336.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。

DSCF9568_20130308061137.jpg
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

この日のデザートは、見た目、フルーツがない!
あまりにもたっぷりの白い杏仁豆腐に埋もれて、みかんが底に沈んでいました(笑)。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


ご飯は少なめでしたが、具が多くて油をたっぷり使っているので、ボリュームたっぷりでした。
「嘉賓」の日替わりは700円というお得なお値段でいつもはずれなく美味しくいただけて、とっても満足です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食[餃子2個付]
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
B定食 古老肉 スブタ (2008年3月21日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ (2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
2010_0607画像0022

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2012年5月9日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2F
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/12 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
昨日はお昼頃には真夏のような暑さだったのに、午後は薄暗くなり、夕方には雨が降って気温がすごく低くなるという、何とも不思議なお天気でした。
花粉症の症状がいよいよひどくなってティッシュが手放せないですが、今週もがんばります☆

DSCF9534_20130308060731.jpg
2012年5月8日、先輩が午後休だったため、上司二人とのランチになりました。
仕事を続けていたのか、ランチに悩んでいたのか、お昼ご飯について言い出したのは午後1時少し前。
「出前を取れるのは蕎麦しかないんだよな?」と言うので、出前館を念頭に置いて「金額が少し高いもので、時間を待てばほかのところにお願いすることも出来ますよ。」と答えました。
それはイヤだったようで、「番町 松月庵(しょうげつあん)」のメニューをじっくりと眺め、冷やし五目そばを注文。
この日は少し気温が上がって暑い日だったので、冷やし中華そば好きの上司はそれに近いものを注文したようです。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類があるようです。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2011年11月14日だったので、約半年ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF9529_20130308060757.jpg
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

午後12時50分過ぎぐらいに注文し、15分かからず持ってきてくれました。
先輩がいないので、出前が来たらお会計とかの対応をしなければならないため、自分の分を外へ買いに行くことは諦め、久しぶりに自分も一緒に注文しました。

DSCF9530_20130308060800.jpg
麺メニューはかなり食べてしまったのと、この日の夜はスポーツクラブに行く予定だったので、ご飯ものにしようと思い、天丼をお願いしました。

DSCF9531_20130308060802.jpg
やや平たい感じの器の蓋には、金色の松の木のデザインの中に「月」という文字がナナメに浮かんでいます。
これが「松月庵」のロゴなのでしょうか。
いままでたくさん注文していましたが、気付いたのは初めてです(汗)。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

DSCF9532_20130308060805.jpg
ご飯もの系メニューにはお新香がついています。
白菜とタクアンの2種類です。
白菜は塩気が淡く、タクアンは少し甘みがありました。


天丼 (940円)
DSCF9534_20130308060731.jpg
メインとお新香のセットです。
いただきま~す!

DSCF9533.jpg
ドンブリの蓋を開けると、ご飯の上には2本の海老の天ぷらがのせてありました。
並をチョイスしたせいでしょうか、彩りは茶色と白のツートンカラーです。

DSCF9536_20130308060737.jpg
ご飯にもタレがかかっていて、このままで充分食べられました。

DSCF9535_20130308060734.jpg
エビは衣が厚めですが、それでも結構大きなものが2本のっています。

DSCF9537_20130308060740.jpg
私はエビが大好物なので、シッポもカリカリ囓って全部食べちゃいました。

DSCF9538_20130308060743.jpg
フタをしていたので衣はしんなりとしていましたが、中に入っていたエビはなかなか大きく、柔らかでした。


ご飯のボリュームは普通ですが、揚げ物が二つついていたので、充分お腹いっぱいになりました。

ところで、冷やし五目蕎麦を注文した上司ですが、見た目はかなり具沢山で豪華だったのですが、お味があまり気に入らなかったようで、私の天丼を見て「天丼うまそうだな。そっちにすればよかった!」としきりに嘆いていました(汗)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  親子丼  (2011年11月14日
  カツ丼  (2010年4月6日
  天丼   (2012年5月8日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2012年5月8日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/11 05:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(2) |
【店名変更】 うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店  @市ヶ谷
2015年12月9日追記

「うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店」は、2015年8月1日に「チャイナRai 中国料理」に店名を変更したとのことです。

**************************************

気温がだいぶ上がってきて、今日は20度越えとか。
いよいよ春ですね~、、、っていうか、急に暑すぎるかも(笑)。
今日一日がんばれば、明日から楽しい週末です。
みなさま、楽しい週末を☆

DSCF9515_20130301083027.jpg
2012年5月7日はGW明けの月曜日でした。
9連休明けの上司はなかなか会社にやって来ず、そのままお昼になったので、先輩と一緒に外へランチを食べに出ちゃいました。
バッタリと出会わないよう、市ヶ谷方面に行ったのですが、結局上司が会社に来たのは午後2時半近くだったので、全くの杞憂でした(笑)。
何も考えずに事務所を出てきてしまったので、日テレ通り辺りで、「さて、どうしよう?」と困っちゃいました。
とりあえず、ぱっと浮かんだのが、2012年4月3日にランチ訪問してなかなか美味しかった「なる川」と担担麺の美味しかった「うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店」です。
先輩に提案したら「辛いものが食べたい!」ということで、「うすけぼー」に即決(笑)。

2008_0619画像0063
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、2つ目の交差点を左に曲がります。
ちょっと行った左手に野村ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

このビルの1階には、私も大好きなフレンチの有名店「Au gout du jour (オー グー ドゥ ジュール)」があります。

DSCF7203.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
1996年9月11日にオープンしたこちらのお店は、もともとはニッカウヰスキーが経営していましたが、アサヒビールの完全子会社化に伴い、アサヒビールのFC店となっています。

このお店の前身である「Pub Restaurant うすけぼー 市ヶ谷店」には2008年6月18日にランチ訪問しましたが、2012年1月31日に閉店しました。
2科gつごの2012年3月1日、「うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店」としてリニューアルオープンしました。
「うすけぼー」は、都内に直営店が3店、FC店が3店の合計6店舗を展開していますが、今回のようなリニューアルをしたのは市谷店だけのようです。
ブログには載せていませんが、上司のお供で夜に2回訪問したことがあります。

DSCF7199.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの前にはお店の看板が出ています。

DSCF9527_20130301082858.jpg
日替わりランチや、期間限定のメニューが看板に貼り出してありました。

DSCF9528_20130301082901.jpg
リニューアルオープン後、2012年3月5日にランチ訪問しているので、約2ヶ月ぶり、2度目の訪問です。

DSCF7201.jpg
同じビルの地下にはドイツ料理「PAUKE(パウケ)」というお店も入っています。
ぜひ行ってみたいのですが、ランチはやっていないようで、とっても残念。

2008_0619画像0060
こちらも以前撮影した写真です。
お店に到着してみると3人組の先客が待っていましたが、すぐに入口に通されたので待つことにしました。

DSCF7168.jpg
入口入ってすぐ左にはレジがあり、その正面にはウェイティングの椅子が置かれています。
店内は、やや細い廊下に沿ってたくさんの小部屋に分かれています。
内装にたっぷりの木材を使っていて、重厚感のあるインテリアです。
リニューアルしてもこの立派な内装は変わっていませんでした。

フロアはかなり広くて全体像は定かではありませんが、左側には個室が並び、右手に大きな広間があります。

DSCF7167.jpg
左側にあるマイナス2度と表記された温度計は、アサヒビールでとても人気のエクストラゴールドのものです。

DSCF7169.jpg
この看板に妙に時代を感じます。

ウェイティングに着席して待っていると、お香の香りが漂ってきました。
前回は気付かなかったのか、最近置くようになったのかはっきりしませんが、ちょっと苦手な香りです。

DSCF7174.jpg
店員さんから、タバコを吸うか吸わないかを聞かれます。
あまり待たずに、前回も通された右奥にある広めの部屋に通されました。
最初チャイナドレスに身を包んだ店員さんから4人席に促されましたが、別の店員さんから二人席を片付けるので少し待って欲しいと言われ、ちょっと待ってから二人席に着席。

DSCF9512_20130301083018.jpg
卓上には中華料理らしいお醤油・お酢・ラー油の3点セットのほか、いろいろ置かれています。

DSCF9513_20130301083021.jpg
カラシは小袋入りです。

DSCF9507_20130301083043.jpg
ランチメニューです。

ご飯類は950円で3種類あり、ライス・スープ・ザーサイ・杏仁豆腐がついています。
お替わりを希望する場合にはスタッフに申し出るとのこと。

麺類は900円で8種類あり、杏仁豆腐がついています。
麺の大盛りはプラス150円です。
スタッフさんに小ライスを申し出るとサービスでつきます。

DSCF9508_20130301083046.jpg
丼ぶりは900円で2種類あり、スープ・ザーサイ・杏仁豆腐がついています。
ライス大盛りはプラス100円です。

ラーメン・麻婆丼・ザーサイ・杏仁豆腐で850円というお得なセットもありました。

飲み物はソフトドリンクやアルコールなど、9種類も揃えています。

DSCF9509_20130301083049.jpg
さすがオフィス街、ミーティングランチなるものも2種類ありました。
予約が必要です。

DSCF9510_20130301083051.jpg
どちらもお値段は2,500円のコース料理です。

DSCF9511_20130301083054.jpg
前回の訪問の時に麻婆豆腐を食べている人がいたので、次回は麻婆豆腐を食べようと心に決めていたのですが、意外なことに単品ではなくて、ラーメンとのセットしかありませんでした。
季節メニューとして冷やしタンタン麺があったので、二人ともそちらを注文。
私たちのテーブルには何故か期間限定メニューがなかったので、帰りがけに外の看板に貼られていたメニューの写真を撮りました。
生岩のりエビ炒めもちょっと変わったメニューで美味しそう。

DSCF9514_20130301083024.jpg
注文後、お料理が出てくるまでかなり時間がかかりました。
前回訪問したときはテーブルの片付けが間に合わなくて行列が出来ていたものの、お料理が出てくるのはそれ程時間がかからなかったのですが、この日はお料理がなかなか出てきません。

周囲でも、3人のうち一人分だけお料理が出てきてそのまま待っていたり、店員さんに「まだですか?」と聞いている人がたくさん。
結局、まるまる20分かかってようやく冷やし担々麺が登場(汗)。


冷し担々麺 (950円)
DSCF9515_20130301083027.jpg
メインとデザートのセットです。
いただきま~す♪

時間がないから焦っていたせいか、最初に麺を啜ったら、思いっきりシャツに飛ばしてしまいました(汗)。
このシーズン、初めて着た半袖シャツだったのに(泣)。

DSCF9517_20130301083004.jpg
麺は真っ白な丼に入っていて、下にお皿が敷かれてダブルソーサーになっています。

DSCF9518_20130301083006.jpg
赤茶っぽいスープには黒ごまがたくさん浮かんでいて、野菜などが盛られています。

DSCF9522_20130301082913.jpg
辛味オイルもそこかしこにありました。

DSCF9519_20130301082942.jpg
一番上にトッピングされていたのは長いもです。とっても珍しい。
白くて小さなキューブ上にカットされた長いもは、さっぱりとした口あたりとシャクシャクした歯応えを感じて、全体の良いアクセントになっていました。

DSCF9520_20130301082944.jpg
その下にはもやし(ナムル?)、挽肉、ザーサイなどなど。

DSCF9521_20130301082947.jpg
姿はほとんど見えませんが、青菜も入っています。

DSCF9523_20130301082916.jpg
スープは、温かい坦々麺と同じく、しっかりとした辛さ、コク、酸味がありました。
ただ、かなりしょっぱいというか濃いというか、スープだけで飲むのはちょっと辛かったです。

DSCF9524_20130301082919.jpg
麺は細めで少し縮れていました。
ボリュームは普通です。

DSCF9516_20130301083030.jpg
デザートは中華の定番、杏仁豆腐です。
器の上に直接スプーンがのせられているので、最初見たとき、クコの実をのせ忘れちゃったのかと思いました(笑)。

DSCF9525_20130301082921.jpg
スプーンをどけてみると、ちゃんと赤いクコの実を発見。

DSCF7196.jpg
相変わらず美味しかったものの、とにかく急いで流し込むように食べました。

DSCF9526_20130301082924.jpg
この日の伝票です。


10分程度で急いで食事を終え、事務所に帰りました。
店員さんからは「お待たせしてすみません。」と何度も言われましたが、さすがにこれだけ時間がかかってしまうと、次回来るのをどうしようかと迷っちゃいます。
もう一つの季節限定メニューも美味しそうなんだけどなぁ~。


お店の名刺です↓
DSCF7234.jpg


2012年5月7日訪問時お店DATA
********************************
うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店
〒102-0081 
東京都千代田区四番町4-8 野村ビル地下1階
TEL 03-3288-8811
営業時間  
[平日] 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~22:30(L.O.22:00)
[土曜] 11:30~15:00(L.O.14:30)
定休日 日曜・祝日 (但し、予約の場合のみ営業)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/08 06:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
今朝起きたら、鼻が詰まって苦しかったのか、口を開けたまま寝ていたようで、中がガサガサに乾燥していました(汗)。
あ~、いよいよ今年も本格的に花粉が飛び始めたなぁと、ちょっとブルーです。

DSCF9498_20130306061556.jpg
2012年5月5日はGWの真っ直中でしたが、「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。
キムチ教室が始まる前のランチでいつも四谷三丁目ラーメン屋さん巡りしますが、この日は「熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店」で油そばを食べました。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2012年4月21日だったので、約2週間ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF9385_20130306062659.jpg
この日のメニューは、キムチが「ごぼうキムチ」で、韓国料理が「デジカルビティギム」です。


【ごぼうキムチ】
DSCF9383_20130306062652.jpg
材料は全て卓上にセットされています。

ごぼうキムチを習うのは、2009年2月21日に続いて2回目です。

DSCF9384_20130306062656.jpg
この日の主役のごぼうです。
韓国語でゴボウはウオン、通貨はウォンと似ています。

先生は生から調理しますが、実習では時間短縮のため、あらかじめ工場で下処理をしたこちらを使います。

DSCF9392_20130306062629.jpg
まずは、ゴボウの皮はむかず、キレイに洗い、、、

DSCF9399_20130306062631.jpg
端っこを切り落とし、7~8センチの斜め切りにします。

とても立派なサイズでした。
「妻家房」で使うお野菜は、いつもすごくいいものです。

DSCF9403_20130306062635.jpg
切ったゴボウは茹でます。
鍋に水を入れ、変色を防ぐため酢を入れて沸騰させます。

DSCF9404_20130306062637.jpg
お水が沸騰したら、切ったゴボウを投入。
さっと茹でるだけで充分なので、一度沸騰したら終わりです。

DSCF9411_20130306062603.jpg
ザルにあげて水を切り、一度洗います。
そのまま置いておくと変色してしまうので、すぐに調味料と和えます。

DSCF9389_20130306062626.jpg
キムチの味付けに、イワシエキスとイワシの塩辛を使います。

このレシピでは半々です。
右の小皿に入っているのがイワシエキスです。
これだけでもキムチを作ることは可能で、さっぱりとした味わいになるとのこと。

DSCF9387_20130306062702.jpg
こちらはイワシの塩辛です。
イワシが生きているうちに塩漬けしたもので、魚の身がそのまま入っています。
そのままだとやや生臭ささがあります。

DSCF9388_20130306062704.jpg
小松菜やニラなどにはエキスだけでなく、塩辛を入れた方が味が濃くなるそうです。
ただ、塩辛だけだと色がキレイにならないとのこと。

DSCF9408_20130306062557.jpg
塩辛の身の汁を切り、包丁で細かく叩きます。

DSCF9409_20130306062600.jpg
これに汁を戻してしっかりと混ぜ合わせます。

DSCF9413_20130306062609.jpg
ニンニクとショウガはすりこぎで粗く潰します。

DSCF9412_20130306062606.jpg
大きなボールにニンニク、生姜、唐辛子を入れます。

DSCF9417_20130306062523.jpg
さらに水あめ、、、

DSCF9418.jpg
砂糖を加え、、、

DSCF9420_20130306062530.jpg
しっかりと混ぜ合わせます。

DSCF9421_20130306062533.jpg
万能ネギは、よく洗ったら、、、

DSCF9423_20130306062536.jpg
3センチ幅に切ります。

DSCF9424_20130306062022.jpg
ゴボウをボールに投入!

DSCF9428_20130306062026.jpg
全体をしっかり混ぜ合わせます。
他のキムチと違って手袋をつける必要はなく、スプーンなどで和えればオッケーです。
最後にいりごまを加えます。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保てます。

DSCF9431_20130306062029.jpg
ごぼうキムチを壺に入れて完成!
このキムチはすぐに食べても美味しいそうです。
2、3日すると味がしみるので、酸味が出ないうちに食べ切ります。

DSCF9432_20130306062032.jpg
この日の持ち帰り分です。
かなりたっぷり目でした。


【デジカルビティギム】
DSCF8842_20130218060004.jpg
この日の韓国料理はデジカルビティギムです。

ティギムは揚げ物という意味だそうで、このお料理はおかずやおつまみになる豚肉の揚げ物とのこと。

DSCF9434_20130306062035.jpg
調味料の小皿がずらりと並んで壮観です。

DSCF9447.jpg
お肉の下味や味付けに使います。

DSCF9435_20130306061947.jpg
お肉は骨付きの豚バラ肉(スペアリブ)す。

DSCF9436_20130306061950.jpg
鶏の手羽元でも良いそうです。

DSCF9439_20130306061955.jpg
5㎝の長さのお肉から、脂が多ければ取り除き、、、

DSCF9437_20130306061953.jpg
切り込みを2ヶ所入れます。

DSCF9446_20130306061858.jpg
お肉の下味におろしニンニク、ショウガ汁、胡椒、お酒を加えて混ぜます。

DSCF9448_20130306061905.jpg
味を馴染ませるために少し置いておきます。

DSCF9449.jpg
ボールに片栗粉を入れ、、、

DSCF9450_20130306061910.jpg
お肉にしっかりと和えます。

DSCF9456_20130306061833.jpg
これでお肉の準備は完了です。

DSCF9455_20130306061829.jpg
次に、ヤンニョンを作ります。
オイスターソース、コチュジャン、唐辛子粉、水あめ、砂糖、醤油、ラー油、ゴマ油を混ぜ合わせます。

DSCF9458_20130306061835.jpg
水あめと砂糖はオリゴ糖に変えても大丈夫です。
ラー油は辛さをみるために後から加えてもいいとのこと。

DSCF9460_20130306061737.jpg
フライパンに油を入れます。
油多めが美味しいとのこと。

DSCF9459_20130306061838.jpg
火をつけて、170度に上げます。

DSCF9469_20130306061749.jpg
油の中にお肉を投入!

DSCF9472_20130306061702.jpg
外側だけがこんがりするぐらい、さっと揚げて、、、

DSCF9474_20130306061706.jpg
一旦取り出して少し冷まします。

DSCF9476_20130306061709.jpg
二度揚げします。
お肉を再投入し、油が沸騰したら温度を下げ、上下を返しながら8~10分揚げます。

DSCF9480_20130306061712.jpg
最後に温度を上げてさっと揚げ、お肉を取り出して油を切ります。

DSCF9462_20130306061740.jpg
長ネギは白い部分のみ使います。

DSCF9465_20130306061743.jpg
小口切りに切ります。

DSCF9468.jpg
これは後からヤンニョンに加えます。

DSCF9482_20130306061715.jpg
フライパンにあらかじめ混ぜ合わせておいたヤンニョンを入れます。

DSCF9485_20130306061620.jpg
沸騰したら火を弱めます。

DSCF9487_20130306061624.jpg
よく混ぜて味見をし、好みの味に調整したら、少し煮詰めます。

DSCF9489_20130306061627.jpg
ヤンニョンの中に揚げたお肉を入れます。

DSCF9491_20130306061630.jpg
しっかりと絡めたら、、、

DSCF9493_20130306061633.jpg
ネギといりゴマを加えます。
この段階で胡椒を入れてもオッケーです。

DSCF9495_20130306061550.jpg
煮汁がなくなるまで煮詰めたら、完成です。

DSCF9497_20130306061553.jpg
お皿に盛る時は、サラダを添え、ピーナツや松の実をトッピングするといいそうです。

DSCF9498_20130306061556.jpg
うーん、とっても美味しそう!

DSCF9499_20130306061559.jpg
楽しい試食タイムです。
先生が作った分だけでは量が足りないので、上のレストランで作ったものもいただきます。
そちらにはサラダが添えてありました。
いただきま~す!

DSCF9501_20130305081310.jpg
手でお肉を持ってかぶりつきます。
タレは甘めです。
お肉がすっごく香ばしくて美味しい。


家では揚げ物をほとんどしないのでデジカルビティギムを作る可能性は低いですが、ごぼうキムチは簡単に作れてとっても美味しいので、是非やってみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  

[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日
ソクバクジ (2007年10月20日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日
干し大根のキムチ (2008年5月10日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ (2010年2月20日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
 

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
 

[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg


2012年5月5日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2013/03/07 08:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店  @四谷三丁目
毎朝、起きるとすぐにインスタントコーヒーを飲みます。
この間、カップにコーヒーを入れたつもりが、隣のビンに入っていたシリアルでした。
寝ぼけていたと信じたいです、、、(汗)。

DSCF9356_20130304054552.jpg
2012年5月5日はGWまっただ中でしたが、「妻家房」のキムチ教室があったので四谷三丁目に出かけました。
いつも楽しみにしている近隣のラーメン屋さん巡りですが、いよいよ食べるところが少なくなり、この日は四ッ谷にも市ヶ谷にも支店のある「熱烈中華食堂 日高屋(ひだかや) 四谷三丁目店」へ行きました。

DSCF9378_20130304054418.jpg
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅の2番出口を出て新宿通りを新宿方面に向かって行くと、最初の角に第2光明堂ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF9379.jpg
日高屋は、株式会社ハイデイ日高が運営するラーメンチェーンで、都内だけでもかなりの数の店舗を展開しています。

DSCF9380_20130304054424.jpg
四谷店には2009年1月24日2009年2月4日2009年11月12日2011年3月31日、市ヶ谷店には2010年6月14日に訪問しました。

この日はちょっと忙しくて時間があまりなかったので、「妻家房」のすぐそばにあるのもありがたかったです。
ちょっと前に「日高屋」の他の店舗の前を歩いていたら、辛そうなチゲの麺が期間限定で出ていたので、それを食べるつもりで出かけたのですが、季節が変わってなくなってしまい、冷やし中華になっていました(泣)。

DSCF9381_20130304054426.jpg
お店の営業時間はこちらです。
月曜日から土曜日は午前10時00分から午前3時(L.O.午前2時30分)で、  
日曜日と祝日は午前10時00分から午後12時(L.O.午後23時30分)です。

オープンから午後5時までは禁煙です。

DSCF9355_20130304054629.jpg
午後1時20分頃に入店すると、4割ほどでしょうか、そこそこお客さんが入っていました。
フロアはそれ程広くはありませんでした。

DSCF9352_20130304054621.jpg
手前側がカウンター席だったので、2列目ぐらいの一番奥に着席。
アジア系の男性店員さんが対応してくれました。

DSCF9353.jpg
卓上にはお水の入ったポット、紙ナプキン、各種調味料、洗い箸などが置かれています。

DSCF9354_20130304054626.jpg
席にはコールボタンがあります。

DSCF9351_20130304054618.jpg
暑さのためか、祝日だからか、周りでは結構ビールを注文している人が多く、羨ましかったです(笑)。

DSCF9336_20130304054753.jpg
メニューです。

DSCF9377_20130304054415.jpg
この日の伝票です。
食べようと思っていたメニューがなかったので、かなり困ってしまいました。
この日はかなり気温が上がり、初めて夏っぽく感じる暑さで汁麺を食べる気にもなれず、汁なしらーめんを注文。
後から気付いたのですが、このメニューはかなりお高い方でした。


汁なしラーメン(油そば) (540円)
DSCF9356_20130304054552.jpg
しばし待って、お料理が登場!
黒い長方形のお盆に麺の入ったドンブリと温玉をのせた小皿がのせられていました。

DSCF9357_20130304054555.jpg
温泉卵は別皿になっています。

DSCF9358_20130304054558.jpg
急いでいたのでしょうか、お盆に刻み海苔が散らばっていました(笑)。

DSCF9359_20130304054601.jpg
油そばは、1.5玉の麺の上にチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔がのせてあります。

DSCF9360_20130304054603.jpg
海苔は細切りで天盛りになっています。

DSCF9363_20130304054529.jpg
長ネギは小口切りです。

DSCF9361_20130304054524.jpg
メンマは見た目のとおり、かなり甘じょっぱい味付けでした。
シャキシャキした歯応えはあったものの、これはちょっと濃すぎました。

DSCF9362_20130304054527.jpg
チャーシューは結構厚めのものが4枚もありました。
すこ~しひんやりとしていましたが、柔らかくて美味しかったです。

DSCF9364_20130304054532.jpg
麺は黄色っぽい中太麺です。
ちょっと縮れてる?
油そばは麺が1.5玉分あります。

DSCF9366_20130304054535.jpg
まずは温泉卵を中央にのせて、完成!

DSCF9367_20130304054441.jpg
不器用なので、温泉卵を割るのに結構苦戦しました(汗)。

DSCF9369_20130304054444.jpg
温泉卵を後から割りたいと思って、端っこの方からかき混ぜ始めたのですが、麺が太くて結構大変。
ある程度絡めたところでちょっと食べてみると、結構しょっぱくて、やはり全体に行き渡らせないとダメでした。
油そばってブームの頃に2、3回食べたことがありますが、久しぶりに食べてみると、結構手間ですね(笑)。

DSCF9371.jpg
塩気のしっかりした醤油だれで、しかも、油そばというだけあって、かなり油っぽかったです。
そのまま食べるのはちょっと辛かったので、お酢をかけてみました。
すると、かなり劇的に口あたりがかわり、すごく食べやすくなりました。
面白くてどんどんお酢をかけ回しちゃったので、ほとんど冷やし中華状態です(笑)。

DSCF9373_20130304054450.jpg
麺を半分ぐらい食べたところで、なんとか潰さずにいた温泉卵をドンブリの底から引っぱり出し、黄身を割ってみました。

DSCF9375_20130304054452.jpg
黄身のトロトロがたまりません。
温玉を絡めると味がさらに和らぎました。

DSCF9615_20130304054351.jpg
この日のレシートです。


麺は1.5玉ありましたが、ペロリと食べられました。
お酢をかけるとこんなに味が変わるなんて驚きです。
身体にも良さそうだし、病みつきになりそうです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇  

[定番メニュー]
  担々麺  (2009年11月12日
  餃子   (2009年2月4日2009年11月12日
  ピリ辛とんこつネギラーメン (2011年3月31日
  汁なしラーメン (2012年5月5日

[限定メニュー]
  太平燕  (2009年1月24日
  ヤンニョンラーメン (2009年2月4日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF9336_20130304054753.jpg

DSCF9337_20130304054756.jpg

DSCF9338_20130304054759.jpg

DSCF9339_20130304054802.jpg

DSCF9340_20130304054805.jpg

DSCF9341_20130304054722.jpg

DSCF9342_20130304054725.jpg

DSCF9343_20130304054729.jpg

DSCF9344_20130304054732.jpg

DSCF9345_20130304054735.jpg

DSCF9346_20130304054654.jpg

DSCF9347.jpg

DSCF9348_20130304054701.jpg

DSCF9349_20130304054704.jpg

DSCF9350_20130304054707.jpg


いただいた割引券です↓
DSCF9616_20130304054354.jpg

DSCF9617_20130304054357.jpg

DSCF9618_20130304054400.jpg

DSCF9619_20130304054403.jpg


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のラーメン屋さんはこちら↓です ◇・◆・◇

ラーメン むろや (2007年9月1日
らぁめん 赤道 (2007年10月20日
【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
ラーメン 大陸 (2008年1月19日
【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
めん屋 いなば (2008年5月10日
【閉店】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
まるいち (2008年9月6日
北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
中華料理 宝来 (2009年5月16日
麺匠 克味 (2009年6月20日
一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
【閉店】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
麺や 樽 (2010年9月4日
【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
【閉店】ふわふわ (2011年5月14日
麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年5月5日訪問時お店DATA
*****************************
熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (ひだかや)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3-11-7 第2光明堂ビル1階
電話 03-5269-4177
営業時間 
[月~土] 10:00~3:00(L.O.02:30)
[日祝日] 10:00~0:00(L.O.23:30)
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅2番出口から徒歩2分

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2013/03/06 06:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(4) |
とり鉄 麹町店  @麹町
昨日は寒い上に夜は雨にも降られ、傘を持っていなかった私は散々でした(汗)。
こんな天候なのに、花粉症の症状は結構ひどいのが不思議です、、、。

DSCF9311.jpg
2012年5月2日はGWの谷間で上司と先輩がお休みだったので、一人ランチでした。
半蔵門方面の新宿通りの未訪店に行こうと思ってぶらぶら歩いていたのですが、なかなか決められず、そろそろどこかに入らなきゃと思った辺りに「とり鉄(とりてつ) 麹町店」を見つけたので、入ってみることにしました。

DSCF9333_20130301081825.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を半蔵門方面に向かって進みます。麹町四丁目交差点の少し手前、日テレ通りとぶつかる辺りにセリエビルがあり、お店はその2階です。

DSCF9334_20130301081749.jpg
このビルには飲食店が幾つか入っています。
実は、以前ビルの地下にある「こうじや」に入ったことがあるのですが、デジカメの電池を忘れるという大失敗をしてしまいました(汗)。

DSCF9335_20130301081752.jpg
新宿通りにはランチメニューの看板だけでなくランチの見本も飾ってあります。

DSCF9332_20130301081821.jpg
ビルの中に入り、左手にある階段を登ります。
壁に描かれたイラストがカワイイ。

DSCF9330_20130301081815.jpg
とり鉄」は、株式会社とり鉄が2000年6月29日から展開する焼鳥ダイニングのチェーン店で、日本全国に68の支店があります。

私は一度だけ、秋葉原だか中野だかの支店でディナータイムの焼き鳥食べ放題に行ったことがありますが、ランチは初めてです。

DSCF9329_20130301081812.jpg
古木や漆喰を活用し、照明の明るさにもこだわった温かみのある内装の中で、安心で安全な国産食材を多用したお料理を提供するとのことです。

DSCF9304_20130301082040.jpg
入店してみると、目の前に厨房とカウンター席がありました。
奥にテーブル席があったようですが、よく見えなかったので、わかりません。

壁にはディナーメニューが貼りだしてありました。

DSCF9303.jpg
一人なのでカウンター席に通されました。
私と同様、女性の一人客もちらほら。

DSCF9301_20130301082030.jpg
照明をかなり落としていて、ランチなのに結構ムーディーです。

ライトがちょうど私の背後から差し込んでいるようで、自分の影と戦いながら写真を撮りました(汗)。
右斜め前のアングルばかりで撮っているのはそのせいです。

DSCF9298_20130301082106.jpg
卓上には紙ナプキン、七味唐辛子、串入れ、お醤油、爪楊枝などが置いてありました。
灰皿もあるので、喫煙はオッケです。

DSCF9299_20130301082109.jpg
たまごかけごはん専用のお醤油もありました。
せっかくなので使いたかったですが、この日は丼を注文しちゃったので、出番はナシ(泣)。

DSCF9302_20130301082033.jpg
モバイル会員になると、ドリンク一杯無料になるそうです。

DSCF9291_20130301082124.jpg
ランチメニューです。
メニューは12種類と豊富で、お値段は780円か880円です。
店名どおり鳥メニューが多いですが、豚肉や牛肉も食べられます。
追加トッピング、デザート、ドリンクメニューもありました。
ご飯のお替わりは無料です。

DSCF9300_20130301082112.jpg
お水をいただきながらメニューを検討し、定番メニューの烏骨鶏卵と炙りもも肉の親子丼をご飯少なめで注文しました。


烏骨鶏卵と炙りもも肉の親子丼 ご飯少なめ (880円)
DSCF9305_20130301082042.jpg
それ程待たずに、お料理が登場!
長方形のお盆の上に、メイン、サラダ、お味噌汁がのせられていました。

味噌汁とサラダがついて880円です。
烏骨鶏卵って、こんなお値段で食べられるんだ~。

烏骨鶏と言えば、2007年10月29日にランチ訪問した「麺屋 ○銀」というラーメン屋さんで烏骨鶏ラーメンを提供していましたが、食べる前にお店が閉店しちゃいました。

DSCF9306.jpg
ドンブリ用に木製のスプーンがついていました。
これ、かなり深さと厚みのあるものだったので、最初、何も考えずに口の中にすっぽり入れようとしたら、かなり大変でした(汗)。
上の部分だけ滑らせて食べるんですね。

DSCF9307_20130301082008.jpg
お味噌汁はかなり熱々です。
具はシンプルにキャベツだけが入っていました。

DSCF9308_20130301082011.jpg
サラダはキャベツの千切りで、最初からドレッシングがかかっていました。

DSCF9309.jpg
結構量があったので、ちょっとドレッシングが少なく感じました。

DSCF9311.jpg
烏骨鶏卵と炙りもも肉の親子丼は、お肉がゴロゴロ入っていて、卵でとじていますが、それ程卵の量が多くないので、ご飯が見えます。

DSCF9312_20130301081942.jpg
中央には彩りに三つ葉がトッピングされていました。

DSCF9314_20130301081948.jpg
タマゴは半熟の部分が少なく、せっかくの烏骨鶏なのにかために火が通されています。

DSCF9315_20130301081951.jpg
卵の善し悪しはあまりわからない人間なので、その良さがイマイチわかりませんでした(汗)。

DSCF9313.jpg
鶏肉は小さいサイコロ型に切ってあります。
胸肉でしょうか、結構歯応えがありました。

DSCF9321_20130301081926.jpg
ところどころ、こんがりと焦げ目がついています。

DSCF9320_20130301081923.jpg
タレの味はそれ程甘みがなく、さっぱりしていました。

ご飯を少なめにしたせいか、かなりつゆだくになりました。
個人的につゆだくが好きなので、美味しかったです。

DSCF9323.jpg
途中で卓上にあった七味唐辛子をかけてみました。
ピリッとした刺激が加わり、いい変化になりました。

DSCF9316.jpg
この日の伝票です。


ご飯少なめにしたので、ボリュームは普通です。
卵の味の差はよくわかりませんでしたが、滅多に食べられない烏骨鶏の卵が食べられたのはよかったです。


ランチメニューです↓
DSCF9291_20130301082124.jpg

DSCF9292.jpg

DSCF9293_20130301082131.jpg

DSCF9294_20130301082134.jpg

DSCF9295_20130301082137.jpg

DSCF9296.jpg

DSCF9297.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF9324.jpg

DSCF9325.jpg

DSCF9327_20130301081851.jpg

DSCF9328_20130301081855.jpg


お店の名刺です↓
DSCF9613_20130301081755.jpg

DSCF9614_20130301081757.jpg


2012年5月2日訪問時お店DATA
****************************
とり鉄 麹町店 (とりてつ)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-1 セリエビル2階
TEL 03-3221-1165
営業時間 
[昼] 11:30~14:00 
[夜] 17:00~23:30
 *土曜日は予約営業のみ
定休日 日祝
地下鉄有楽町線麹町駅から徒歩1分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/05 06:00】 | 親子丼 | トラックバック(0) | コメント(2) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
この週末は、強風だったり寒かったりと、ちょっと残念なお天気でした。
車検に出していた車を引き取りに行ったのですが、特に修理を必要とするところはなく、出費も最低限に済んで一安心です(笑)。
今日から新しい一週間、がんばりま~す☆

DSCF9048_20130301080212.jpg
2012年4月27日は週の最後の金曜日。しかも、GW突入前日でした。
上司が不在だったので、どこか食べに出ようかと思ったのですが、残念なことにこの日は雨。
美味しくないかもしれない宿題店に行く気分になれず、ちょっとこのところご無沙汰していた「LA. TAVERNA (ラ・タベルナ)」のテイクアウトをすることにしました。
先輩にそのことを言ったら、急に「私もリゾットにします!」と宣言し、作ってきたお弁当を冷蔵庫に入れちゃいました(笑)。

外観

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF8366_20130208072604.jpg
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日訪問した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF9039_20130301080326.jpg
ビルの入口にメニューが出ていて、その日の日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

前回お弁当を購入したのは2012年3月13日だったので、約1ヶ月半ぶり、16回目です。

2010_0814画像0003
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

12時を少し回ってお店がすごく忙しい時間帯に電話で注文(汗)。
しばらくコールが鳴っていましたが、いつものフロアのおじ様が素早く、かつ、丁寧な対応をしてくれました。
15分程で出来上がるということだったので、すぐに事務所を出発。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと34周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られていて、さらにそれらを組み合わせたり量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

12時15分ぐらいにお店に到着すると、店内の席が空くのを待つお客さんがウェイティングにずらりと座っていました。
先輩が細い通路をくぐり抜け、お弁当を無事ゲット!

DSCF9063_20130301080124.jpg
帰りがけにテイクアウトメニューをもらって帰りました。
種類がとても豊富で、しかも、お店で食べるよりお安くなります。
年に2回、季節メニューを中心にメニューが変わります。
4月ももう終わりなので、冷製パスタが登場していました。

DSCF5734.jpg
お弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

スパゲッティやリゾットとは思えないくらい、とても重くてずっしりとしていることが多いです。

DSCF6870.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
フォークは透明なビニール袋に入っています。

なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多いので、忙しそうだと返却が言い出せないこともあります。

DSCF9040_20130301080328.jpg
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

DSCF9042_20130301080255.jpg
2個以上購入する時は、中身が何かわかるように、フタにメニューが書かれています。

DSCF9043_20130301080258.jpg
あまりスパゲッティのブイヨンベースのメニューを食べたことがなかったので、この日はオラータ ビアンコをチョイスしてみました。

DSCF9041.jpg
先輩はクリームベースのポロのリゾットをマンナンで注文。

容器のフタには先輩のには「リゾット」と書かれ、私のには「鯛」と書かれていました。
対比が違うのが面白かったです(笑)。
「リゾット」なら「スパゲッティ」だろうし、「鯛」なら「チキン」では?

DSCF1447_20120629220157.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
これをはがすのは結構大変。

DSCF9044_20130301080301.jpg
いただきま~す!


スパゲッティ <ブイヨンベース> オラータ ビアンコ (1,000円)
DSCF9048_20130301080212.jpg
オラータ ビアンコのスパゲッティは、真鯛とエリンギが入っていて、ブイヨンベースの中では一番お高いメニューです。
麺が容器の8割ぐらいまで入っていて、相変わらずのボリュームです。

DSCF9049.jpg
中央にはドライハーブがトッピングされています。

DSCF9050_20130301080217.jpg
麺は細めで相変わらずボリュームたっぷりでした。
つるつると食べられて、のど越しがいいです。
ブイヨンベースはわりとすっきりとした味わいでした。

DSCF9051.jpg
薄切りの真鯛はたっぷりと入っています。

DSCF9057_20130301080152.jpg
火がしっかり通っているので、ほろほろした口あたりでした。

DSCF9056_20130301080149.jpg
エリンギはやや大きめのスライスなので、シャキシャキした食感が楽しめます。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。

DSCF9059_20130301080154.jpg
ある程度食べたところでタバスコをたっぷりとかけました。
もともとさっぱり系の味だったので、辛味と酸味が加わるととても味わいがしっかりして美味しかったです。

DSCF9061_20130301080118.jpg
容器の底にはたっぷりのソース?スープ?がたまっていました。
美味しいし、もったいないので、麺にたっぷりと絡めたり、そのまま飲んじゃったりしました。
そのせいか、午後は少し喉が渇きました。


リゾット <クリームベース> ポロ <マンナン> (800円)
DSCF9046.jpg
先輩は、クリームベースのポロのリゾットをマンナンでお願いしました。
チキン、エリンギ、オニオンなど具材がたっぷり。
「タベルナ」のマンナンはお米のものと全く区別がつきません。

DSCF9047_20130301080209.jpg
久しぶりのリゾットは、ボリュームたっぷりで美味しくて大満足だったとのことです。

DSCF9062_20130301080121.jpg
先輩のリゾットには大きなローリエが入っていました(笑)。


食べ終えた直後は「美味しいからもっと食べたい!」と思うのですが、午後になると胃がどっしりと重くなり、帰りがけまでお腹が空かなかったです。やっぱり「タベルナ」のスパゲッティはボリュームがあるんだなぁと改めて感じました。
これからの時期、冷たいパスタも是非いろいろと食べたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日
  アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  パンナ (2012年2月14日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
◎ご飯系
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日
◎季節メニュー
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF9063_20130301080124.jpg

DSCF9064.jpg

DSCF9065_20130301080129.jpg

DSCF9066_20130301080052.jpg

DSCF9072_20130301080027.jpg

DSCF9068_20130301080055.jpg

DSCF9069_20130301080058.jpg

DSCF9070_20130301080100.jpg

DSCF9071_20130301080103.jpg


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2012年4月27日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2F
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/04 05:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
CHAPEAU CHOCOLATE <フランス製ショコラ専門店 Satie>  
DSCF0375_20130210075556.jpg
2013年1月8日、T事務所様からお菓子の差し入れをいただきました。
2012年もいろいろといただいていましたが、2013年のお初です。

DSCF0343_20130210075722.jpg
薄い水色で、シンプルなデザインの紙袋をのぞいてみると、、、

DSCF0345_20130210075726.jpg
紙袋のテイストとは全く違い、ゴールドに輝いてリボンがけした小箱が入っていました。

DSCF0344_20130210075724.jpg
この日いただいたのは、「フランス製ショコラ専門店 Satie(サティー)」というお店のもので、三越銀座店、三越日本橋店、三越名古屋栄店、アトレ吉祥寺店で販売しているほか、オンラインでも購入できるようです。

DSCF0347_20130210075728.jpg
紙袋の中から取り出してみると、2種類の箱が入っていました。

ゴールドのパッケージに入っていたのは「CORSE CHOCOLATE(コルセショコラ)」で、先に記事をアップしています。

DSCF0351_20130210075702.jpg
真っ白のパッケージに白いリボンがかかり、シンプルながらもとても高級感があります。

DSCF0352_20130210075704.jpg
こういうリボンってそのまま捨てちゃうには本当にもったいなくて、時々手元に残すのですが、如何せん、手芸だのラッピングだのをやらない私には豚に真珠・猫に小判で、ただたまっていくだけでしたが、最近は先輩のお知り合いが裁縫に使うとのことで、差し上げています。

DSCF0353_20130210075707.jpg
「サティー」のショコラは、全てフランスの熟練したショコラティエが作ったものだそうです。

DSCF0354_20130210075633.jpg
箱のフタを取ると、内ブタ代わりの紙がのせられ、その上に商品説明書とチョコを食べる時の爪楊枝のようなものが入っていました。
この爪楊枝?は結局使わなかったので、どんな形状かは不明です。

DSCF0363_20130210075613.jpg
半透明の紙に、それぞれの商品の説明が書かれていました。

DSCF0365_20130210075615.jpg
定番は6種類のようです。

DSCF0366_20130210075617.jpg
「サティー」のショコラは、上質なカカオ豆を使ってカカオの美味しさを活かし、甘さを控えたこくのあるまろやかな味わいだそうです。
バターやミルクを使用していないので後味がさっぱりと上品で、賞味期間が1ヶ月以上、時期によっては半年以上と、とっても長いです。
ただし、保存は要冷蔵で、食べる時には滑らかな食感を楽しむために、20度前後に戻すといいそうです。

DSCF0356_20130210075635.jpg
両方の箱を開けて、記念撮影。
壮観です!


CHAPEAU CHOCOLATE (シャポーショコラ)15個入り (2,100円)
DSCF0358_20130210075637.jpg
お店の公式HPによれば、シャポーショコラは、程よい甘さと口溶けが好評のサティー定番のフランス製ショコラで、上質なカカオパウダーを使用しているので、お口の中でとろけてしまう、まろやかで繊細な味わいが大人気だそうです。
シャポーはフランス語で帽子という意味とか。

DSCF0359_20130210075640.jpg
こうやって並んでいると、ひよこちゃんに見えます(笑)。

DSCF0367_20130210075619.jpg
それぞれ一粒ずつ、いただきま~す!

DSCF0375_20130210075556.jpg
ショコラにはたっぷりのココアパウダーをコーディングしています。

DSCF0377_20130210075559.jpg
カカオの香りが立ちのぼりい、口に含むとトロリととろけます。
滑らかな舌触りですが後味はさっぱり。
ほんのりとした甘みとわずかな苦みがあって、すっごく美味しい!
ワインと相性が良いというのもわかります。
コルセショコラ」は私にはちょっと甘かったですが、こちらはとっても好みの味でした。


見た目はそれ程変わらないのに、2種類を食べ比べるとこんなに味わいが違うものなんだな~と実感しました。
そんな機会を下さったT事務所様、いつも本当にありがとうございます☆


2013年1月8日購入時お店DATA
*******************************
フランス製ショコラ専門店 Satie (サティー)
〒460-0008 
愛知県名古屋市中区栄3-21-23 KSイセヤビル3階 
電話  0120-570-037

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2013/03/02 09:00】 | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
とっても気軽なイタリアン DUE PASSI  @市ヶ谷/九段下  
今日からいよいよ3月です。
昨日に引き続いて気温が上がるようで、とっても嬉しいです。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、新店というには2012年5月28日オープンなのでちょっと遅いですが、イタリアンの「ドゥエ パッシ」というお店のレポートです。

DSCF2868_20130223000300.jpg
2013年2月14日はバレンタインデー。
上司のスケジュールの都合で前日にプレゼントはしておいたので、この日は特に何もしませんでした。
お昼になると、上司は午前中の仕事がのびたので出先で食べてくるとの連絡が入ったので、お弁当の先輩を置いて一人で外へランチを食べに出ました。

最近市ヶ谷方面に行っていないなと思っていくつかの宿題店を思い浮かべながらちょっと早歩きで出かけ、それらのお店をのぞいたのですが、あまり気が乗らなくてブラブラ歩いていたら、ちょっと前になりますが、市ヶ谷経済新聞で紹介されていた「とっても気軽なイタリアン DUE PASSI(どぅえ ぱっし)」という新店を思い出しました。

DSCF2880_20130223000143.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進み、一口坂交差点の次の角を右に曲がり、二つめの通りの左の角にグレース和平というビルがあり、お店はその1階にあります。

この場所には「東風汁麺屋本店」というお店があり、2008年8月18日にランチ訪問しましたが、2012年の春頃までには閉店したようです。

DSCF2879_20130223000210.jpg
通りにはランチメニューが書かれた小さな看板が出ています。
ランチタイムは午前11時30分から午後3時(ラストオーダーは午後2時30分)までです。
学生は学生証を提示すると自家製ジェラートがサービスになります。

DSCF2878_20130223000208.jpg
市ヶ谷経済新聞によれば、2012年5月28日にオープンした「ドゥエ パッシ」は、オーナーの大富直樹さんとスタッフ4人が九州出身が北欧をイメージしたワインレッドと白を基調とした店内で、宮崎の地鶏や野菜など九州の食材を使ったイタリアンを提供しているとのこと。

DSCF2859_20130223000323.jpg
12時15分過ぎにお店に到着してのぞいてみると、結構空いていました。
私が入店した後は、結構お客さんが入ってきました。

DSCF2860.jpg
入店すると、カウンター席に通されました。
フロアは広く、右手に厨房とカウンター、左手にテーブル席が並んでいます。一番奥のところには衝立で仕切られたテーブル席が一つあって、半個室のようになっていました。
内装はシンプルですがとてもオシャレな雰囲気です。

DSCF2854_20130223000350.jpg
カウンターの壁のところにカトラリーの入った箱が置いてあります。

DSCF2853.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF2856_20130223000351.jpg
ランチメニューです。

DSCF2857_20130223000354.jpg
メニューはパスタランチセット(880円)とメインランチセット(1,000円)の2種類があり、それぞれ2種類のお料理の中から選択できます。

DSCF2858_20130223000356.jpg
プラス100円でドリンク、プラス300円でドリンクとデザートをつけることができます。
ソフトドリンクの中にある自家製ジンジャーエールというのが気になりました。
コーヒーはおかわり自由なので、のんびり出来る人にはとってもお得です。
残念ながら私はちょっと遠方なので、お料理のみお願いしました。

パスタ大盛無料というのに惹かれたのですが、メインに仔羊があるのを発見。
ランチで仔羊が食べられる!と感激し、こちらを注文。


サラダ
DSCF2861.jpg
注文してすぐにサラダが出てきました。
丸い白いお皿に、こんもりと盛ってありました。

DSCF2862_20130223000330.jpg
リーフレタスなどの青菜がメインで、中央にチーズをのせ、サイドにペッパーをふりかけてあります。
最初食べた時、ドレッシングは酸味がしっかりきいているものの、甘みを感じました。

DSCF2863.jpg
チーズは削ってあるようで、とても細かいです。
あとからチーズだけを食べてみたら、これに甘みがありました。

DSCF2864_20130223000253.jpg
野菜はシャキッとした歯触りで、種類はわかりませんがしっかりと苦みを感じるものが入っていたり、胡椒のピリッとした刺激も結構あって、かなり大人な味わいのサラダでとてもインパクトがありました。

DSCF2865_20130223000255.jpg
葉っぱの下にはミニトマトが2切れ隠れていました。
皮が少し厚めで、酸味と甘みのあるトマトで美味しかったです。

入店した時はお客さんの数はそれ程でもなかったですが、その後それなりに入って来たせいか、メインが出てくるまで結構時間がかかりました。
暇だったので本を読んでいたら、男性店員さんがわざわざ「もう少しでメインの準備が出来ます。」と教えてくれました。メインが出てきていない人は他にもたくさんいましたが、一人客は私だけだったのでお気遣いいただいたようです。


メインランチセット (1,000円)
仔羊のロースト マスタードソース
DSCF2867.jpg
10分位待って、メインが登場!
大きな白くて丸いお皿にメイン、お野菜、パンが一緒に盛られていました。

DSCF2874_20130223000237.jpg
オリーブオイルでしょうか、黄色っぽいラインでデザインされています。

DSCF2868_20130223000300.jpg
仔羊というとラムチョップのイメージがあるので、勝手に骨付き肉が出てくるのかと思っていました(汗)。
お肉はかなりの厚みがあって、とっても美味しそう!

DSCF2873_20130223000235.jpg
パンには食べやすいように切れ目が入っていました。

DSCF2877_20130223000206.jpg
薄めの皮はパリッとしていますが、中の白い部分はふわふわでした。

DSCF2871_20130223000231.jpg
お肉と焼き野菜の間にルッコラが添えられていて、立体的で見た目も色鮮やかでした。
ただ、大きなサイズだったので、ぶきっちょな私は食べるのに一苦労(汗)。

DSCF2872_20130223000233.jpg
野菜にはこんがりと焼き目がついていて、種類が豊富です。
カリフラワー、黄パプリカ、ナス、ゴボウ、さやインゲンなどなど。
お野菜の甘みを感じました。

DSCF2876_20130223000204.jpg
特に美味しかったのはゴボウです。
あまりソテーしたものを食べたことはありませんでしたが、ゴボウの風味がすごく強く感じられて歯応えがありました。

DSCF2869_20130223000302.jpg
お肉にかけられたマスタードソースには、名前のとおり、マスタードの粒がたっぷり入っているのが見えます。

DSCF2870_20130223000229.jpg
厚みのある仔羊のお肉からは赤い肉汁がにじみ出ていて、と~っても美味しそう!
予想外にボリューミーで嬉しかったです。

DSCF2875_20130223000202.jpg
食べやすいよう、一口サイズにカットすると、中は鮮やかなロゼ色です。
お肉は適度な歯応えがあって、臭みもなく、美味しい!
マスタードソースはピリッと刺激的です。


全体のボリュームは普通です。
お肉をしっかり噛みしめて食べたので食べた後は結構おなかが一杯でしたが、午後早くにはお腹が空いちゃいました。

ランチで美味しい仔羊のローストをたっぷり食べられて本当に幸せ。
先輩に報告したら、すごく羨ましがっていました(笑)。

このお料理一品しか食べていないからはっきりしませんが、味付けに甘みが少なくて、個人的にすごく好みの味わいでした。
事務所からちょっと遠いので、ちょくちょくいけないのが残念です。


名刺です↓
DSCF2881_20130223000145.jpg

DSCF2883_20130223000147.jpg


2013年2月14日訪問時お店DATA
********************************
とっても気軽なイタリアン DUE PASSI (どぅえ ぱっし)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南3-5-5 グレース和平1階
電話 03-5215-5315
営業時間 
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30)
[夜] 17:30~23:00(L.O.) 
定休日 日曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩8分
地下鉄半蔵門線半蔵門駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/03/01 06:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる