博多名物 しろ味噌もつ鍋 もつ真路 市ヶ谷店  @市ヶ谷
昨日は雲一つなくきれいに晴れて、空がとっても青かったです。
梅雨明けが待ち遠しくてなりません。
月末でお忙しい方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2013年1月15日にオープンし、その後ランチ営業を始めた「もつ真路」のレポートです。

DSCF8465_20130622150037.jpg
2013年6月5日は、上司がお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて、外へ一人でランチに出ました。
この日向かったのは、2013年5月8日に「春日亭」にランチ訪問した帰りに見つけた3つの新店のうちの1つ、「もつ真路(もつまろ) 市ヶ谷店」です。
2013年5月15日にランチ訪問した「角吉」と、2013年5月22日ランチ訪問した「串の陣」に続き、これでようやく全部訪問できました。

DSCF8489_20130622144526.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進んで最初の交差点である東郷公園入口を右に曲がり、少し行った左側にYSビルがあり、お店はその2階です。

DSCF8491_20130622144533.jpg
同じビルの1階には、2012年10月23日にランチ訪問した「万豚記」があります。

DSCF8488_20130622145811.jpg
「もつ真路」は、平成21年3月3日に設立された株式会社西頭が展開するもつ鍋のチェーン店で、都内に6店舗展開しています。
市ヶ谷店は2013年1月15日にオープンしました。
ちなみに、店名の読み方が「まろ」だというのはこの記事を書いていて初めて知りました(笑)。

DSCF8490_20130622144530.jpg
このビルは2011年頃に建て替わって以来、2階に飲食店が入るようになりました。
2011年2月25日にオープンした「愉快酒場(ゆかいさかば) 市ヶ谷店」があり、2011年5月27日にランチ訪問しました。
その後、2011年11月頃?から、ランチの時間帯だけ「スタミナ極丼亭 市ヶ谷店」という別ブランドになり、2012年4月2日にランチ訪問していましたが、2012年のいつ頃かに閉店していたようです。

DSCF8487_20130622145808.jpg
東郷通りに夜のメニューの看板が出ています。

DSCF8486_20130622145805.jpg
ランチメニューの看板も出ていました。

DSCF8378.jpg
人とすれ違うのもちょっと心配になるぐらいの細い階段を登って2階に行きます。

DSCF8485_20130622145802.jpg
入店してすぐ左にあるレジで前精算します。
ランチメニューは肉うどんのみ。
温かいのか冷たいのか、普通盛りか大盛かを選択します。
この日は気温が上がった日だったので冷たい麺を、料金が同じなので大盛をお願いしちゃいました。

DSCF8461_20130622150132.jpg
内装は以前とほとんど変わっていないような気がしました。
入口正面に厨房、その前にカウンター、左側にテーブル席があります。

DSCF8484_20130622145759.jpg
4割程の人の入りでした。

女性店員さんが一人でフロアを担当しています。

DSCF8447_20130622150208.jpg
「どこでもどうぞ~。」と声をかけられたので、窓に近い4人席に座らせていただきました。

卓上にはお水、コップ、調味料、爪楊枝などが置いてあります。
お水はセルフサービスです。

DSCF8463_20130622150030.jpg
小さな容器を開けてみると、おろしショウガと柚子胡椒でした。
柚子胡椒があるのが、さすが博多料理のお店です。

DSCF8462_20130622150027.jpg
壁にはもつ鍋の食べ方が貼り出されていました。
以前は激安をウリにしたお店でしたが、今度のお店は少し価格帯が上がり、博多料理を前面に出してお味で勝負のお店になったようです。

DSCF8448_20130622150211.jpg
店員さんから夜メニューのもつ鍋のクーポン券をいただいたり、「夜はいろいろなメニューがあるから是非見て下さい。」と、隣のテーブルに置いてあったメニューを手渡されたので、拝見させていただきました。
おかげで、お料理を待つのが気にならなかったです。

DSCF8464_20130622150032.jpg
私はあまりお水を飲まないので、もったいないので少しだけいただきました。


冷たい 博多名物肉うどん 大盛り (780円)
DSCF8465_20130622150037.jpg
しばし待ってお料理が登場!
メイン、ご飯、副菜、お新香のセットです。
黒い大きな長方形のお盆にのせられていました。

あまりメニューをちゃんと見ていなかったので、うどんのほかにもいろいろあったのでビックリ。

DSCF8466_20130622150039.jpg
お料理にはお手ふきとスプーンが添えられていました。
スプーンは濃い目の朱色でとても目立ちます。

DSCF8469_20130622150007.jpg
お新香はタクアンと高菜の2種類ありました。
タクアンは少し甘かったです。
ご飯が白飯ではなく炊き込みご飯だったので、あまり一緒に食べ合わせる気になれず、お豆腐と一緒にいただきました。

DSCF8467_20130622150001.jpg
副菜は小さな冷や奴です。

DSCF8468_20130622150004.jpg
薬味としておろしショウガとネギがのせてありました。

DSCF8478_20130622145829.jpg
思いつきで柚子胡椒と一緒に食べてみたのですが、しょっぱいところとそうではないところのバランスが悪かったので、途中で辞めて、お新香と合わせていただきました。
出されたお新香と一緒に食べれば、お醤油をかけずに済んで塩分をとるのを少し抑えられるかな?と、この方法は結構気に入って、自画自賛(笑)。

DSCF8470_20130622150010.jpg
炊き込みご飯は小さなお茶碗に入っていました。
しっかりと茶色に染まっていますが、見た目よりはあっさりした味付けなものの、ちょこっと油っぽかったです。

DSCF8471_20130622150012.jpg
ニンジンやお肉など、具も結構入っていました。
たっぷりの刻み海苔がうれしいです。
ちょこっとだけでもご飯がつくと、メインがおうどんでも満足感がありました。

DSCF8472_20130622145932.jpg
黒い大きなお皿に盛られたうどんはとてもたっぷり。

DSCF8473_20130622145935.jpg
お肉とネギと白胡麻がトッピングしてあります。

DSCF8476_20130622145944.jpg
店員さんから「タレを凍らせてジュレになっているので、溶かしながらどうぞ。」とアナウンスをいただきました。
ずいぶん手が込んでいて、ビックリです。

DSCF8474_20130622145938.jpg
お皿はしっかりと冷やされていて、写真には写っていませんが、うどんのつゆには氷が入っていて、とてもキンキンに冷えていました。
この日はかなり気温が高い日だったので、ぴったりなお料理です。

DSCF8481_20130622145834.jpg
おうどんのつゆは、甘さがなく、ダシがしっかりと効いていました。
のっかっているお肉は脂分がたっぷりなので、後からつゆの中に入れると段々と脂の膜がはってきました。

DSCF8480_20130622145831.jpg
太めのうどんをいただいてみると、冷たく、しっかりとコシがあって、美味しい!
うどん屋さんのうどんみたいで、とっても本格的。
1本ずつ、噛みしめるように食べました。

DSCF8475_20130622145941.jpg
お肉はスジ肉でしょうか、トロトロに煮込まれていて、とっても柔らか。
・・・が、一口食べてあまりの甘さにビックリ!!!
関西の、九州の味というべきなのか、コッテリと煮付けられた甘さは、ちょっと最近食べたことがない程で、甘い味付けが苦手な私は飛び上がりそうでした(汗)。
この界隈のランチでこんなに甘さを感じたのは、「瓢箪」の牛丼ぐらいでしょうか。
お肉はたっぷりあって、普段ならとても嬉しいはずなのに、この日は食べ切るのが苦痛でした(泣)。

DSCF8483_20130622145837.jpg
少しでも緩和できないかと思って柚子胡椒を溶かし込んだのですが、つゆがしょっぱ辛くはなるものの、お肉の甘さは何も変化せず。。。
どうにかこうにか完食しました。


大盛のおうどんに小さなご飯と副菜がついていたので、ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。
おうどんがとっても美味しかっただけに温かいタイプも食べてみたいのですが、個人的にはこの甘い味付けは自分には全く合わなかったのが本当に残念です。


ディナーメニューです↓
DSCF8449_20130622150213.jpg

DSCF8451_20130622150219.jpg

DSCF8452_20130622150145.jpg

DSCF8453_20130622150147.jpg

DSCF8454_20130622150150.jpg

DSCF8455_20130622150152.jpg

DSCF8456_20130622150155.jpg

DSCF8457_20130622150120.jpg

DSCF8458_20130622150123.jpg

DSCF8459_20130622150126.jpg

DSCF8460_20130622150129.jpg


2013年6月5日訪問時お店DATA
****************************
博多名物 しろ味噌もつ鍋 もつ真路 市ヶ谷店 (もつまろ)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-6-8 YSビル2階
電話 03-3556-1705
営業時間 
[昼]営業時間不明
[夜]17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 なし
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/28 07:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(4) |
OUTBACK STEAKHOUSE 六本木店 [ファインダイン 赤坂店] @六本木
つい最近、会社の電話機がリニューアルされたのですが、私の耳の形と合わないのか、電話対応していると耳がこすれる感じがして結構痛いです(泣)。
こういうのって、慣れることがあるのでしょうか。
しばらく様子見です、、、。

DSCF4110_20130622142826.jpg
2012年8月9日は夏休み中の上司が夕方から来る予定でしたが、この日はご近所のT事務所様の女子職員のHさんと一緒にランチをすることになりました。
約1ヶ月前の2012年7月3日のランチ以来で、今回もT事務所様がよく注文するというデリバリの「ファインダイン」の中から、「OUTBACK STEAKHOUSE(あうとばっく すてーきはうす) 六本木店」というお店からランチを取り寄せていただきました。
いつも本当にありがとうございます。

ファインダイン」は、メディアに露出の多い有名店・人気店のレストランのお料理を届けてくれる、ちょっとグレードの高い宅配システムです。
「出前館」との大きな違いは、配達料が注文金額の15%と、従量制であることです。
もともと有名店のお料理なので料金が高いところに、さらに金額に応じて上乗せになることから、総額が結構大きくなり、先輩も私も存在は知っていましたが、なかなか注文できませんでした。

DSCF4114_20130622142800.jpg
アウトバック」は、1988年にアメリカのフロリダ州・タンパで誕生したカジュアル・ダイニングです。創業者であるC.サリバン、B.バシャム、T.ギャノンの3人が、自分達の壮大な夢の出発点として、オーストラリアの『未開拓の地』を意味する『OUTBACK』という名の、ステーキハウスをオープンさせました。
現在は、ザガットサーベイで3年連続1位を記録した実力店で、アメリカで最も有名なステーキハウスだそうで、全世界に1,000店舗以上の支店があるそうです。

2000年4月に日本に上陸し、東京・名古屋・大阪などに10店舗展開し、オーストラリアをテーマとしたフロアで、世界共通のレシピ、店舗での手作りのソースやドレッシングで、日本にいながら、肉厚でジューシーなステーキや、豪快に焼き上げたバーベキューリブなど、本場アメリカさながらのダイナミックな料理を楽しめます。
「ファインダイン 赤坂店」では、六本木支店から届けていただいているようです。

DSCF4109_20130622142822.jpg
この日はそれぞれハンバーガーを1個ずつとブルーミンオニオンを1つ取って、全員でシェアしました。


Bloomin’ Onion (1,350円+配送料15%)
DSCF4110_20130622142826.jpg
ブルーミンオニオンは、ジャンボサイズのオニオンを丸ごとフライし、西洋わさびの自家製ぴり辛マヨソースでいただくアウトバック名物料理です。

写真ではわかりにくいですが、とにかくあまりの巨大さにビックリ!
これが1つあるだけで、気分はパーティ会場です(笑)。
私と同じく食いしん坊の先輩は、このメニューには見覚えがあったと言っていました。

DSCF4111_20130622142830.jpg
店舗で手作りされた西洋わさびの自家製ぴり辛マヨソースは、小さなプラスチックケースの中に入れられ、オニオンの真ん中にセットされています。

DSCF4124_20130622142743.jpg
取り出すとこんな感じになります。
外から見ると太めのフライドポテトが突き刺さっているようにも見えますが、こうやって見ると中はタマネギなんだな~というのがわかります。

DSCF4112_20130622142833.jpg
崩してしまうのがもったいなくて、食べるのを躊躇っちゃいます。
一部分皮が残っている部分もありましたが、とんがった所を引っぱってみると、結構カンタンにスポッと取れました。

DSCF4126_20130622142708.jpg
何もつけずに食べてみると、しっかりと衣がついてて、シャクシャクした歯応えです。
タマネギの甘みがありますが、胡椒でしょうか、スパイスがものすごくきいていて、ビールが飲みたくなる味です。
オニオンフライは大好きなので結構よく食べますが、こんなにスパイシーな味付けは初めて。

DSCF4115_20130622142802.jpg
グルメなT事務所様のところでは、お肉などの重たいお弁当と食べるときにサントリーのオールフリーをお供にするとか。
Hさんも大好きで、よく飲んでいるとのこと。

DSCF4116_20130622142805.jpg
アルコールフリー飲料の中で売り上げ1位だということは知っていましたが、私はこの時初めていただきました。
ずいぶん前に先駆けのキリンの「フリー」を飲んだとき、あまり美味しくなくてそれ以来遠ざかっていたのですが、ずいぶん味わいが進化しているようです。
すっきりとして飲みやすくて美味しい!
オニオンフライとの相性は抜群です。

DSCF4113_20130622142836.jpg
ハンバーガーはベーコンチーズバーガーの1種類しかありません。
茶色い紙の箱に入っていました。

DSCF4117_20130622142807.jpg
付け合わせに透明の小さなプラスチックケースに入ったコールスローがついていました。

この記事を書くにあたり「アウトバック」の該当ページを見てみると、コールスローはついていません、という但し書きがありました。
サービスがなくなったのか、それとも別オーダーでつけていただいたのか、不明です。。。

DSCF4120_20130622142810.jpg
フタをオープン!
右にハンバーガー、左にポテトフライが入っていました。


Bacon and Cheese Burger (1,980円+配送料15%)
DSCF4123_20130622142740.jpg
豪州産ビーフ100%のパティを使用した、ベーコンとチーズをトッピングしたお店での人気No.1のバーガーだそうです。
店舗だと他にもハンバーガーの種類があるようですが、宅配だとこの1種類しか食べられません。

DSCF4125_20130622142746.jpg
コールスローはキャベツやニンジンなどが細かく刻んであります。
とてもさっぱりとしていました。

DSCF4121_20130622142734.jpg
フライドポテトは太めで長く、量もたっぷり。

DSCF4122_20130622142737.jpg
ハンバーガーもかなりの大きさです。
バンズには胡麻がついていて、上から見るとベーコンがはみ出していました。

DSCF4127_20130622142712.jpg
インパクトあるお料理に囲まれて、全員テンションがすっかり上がっちゃいました。

DSCF4128_20130622142715.jpg
ハンバーガーは片手で持ち上げるのが大変な程の大きさです。
さすがに大口の私でも、かぶりつくのは難しそうだったので、ついていたプラスチックのナイフで1/4に切って食べました。

DSCF4129_20130622142717.jpg
お肉はつなぎがなく、赤身らしいしっかりしたお肉で歯応え抜群。

DSCF4133_20130622142655.jpg
脂っ気がないのでジューシーさはあまりないので、好みが分かれる味だと思いました。

DSCF4130_20130622142720.jpg
おや? これは、、、、(笑)。
美味しい食事にアクセントが加わり、話もとっても弾んで、すでに気分は暑気払い!


みっちりと詰まったお肉のハンバーガーと巨大なフライドオニオンを、炭酸の入った飲み物と一緒にいただいたので、お腹パンパンになりました。
さすがに巨大オニオンフライは食べきれず、それぞれ家に持ち帰りました。
とっても楽しいランチ女子会でした。


2012年8月9日購入時お店DATA
******************************
OUTBACK STEAKHOUSE 六本木店 (あうとばっく すてーきはうす)
<店舗>
〒106-0032
東京都港区六本木6-1-3 六門2階
TEL 03-5413-4870
受付時間 
[平日]11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~24:00(L.O.23:00)  
[土日祝]11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 なし
東京メトロ日比谷線、都営地下鉄 大江戸線「六本木」駅3番出入り口より徒歩1分

ファインダイン 赤坂店
受付時間 
[月~土]11:30~14:00 17:00~22:00 
[日祝日]11:30~14:00 17:00~21:30(L.O.) 
定休日 なし
最低注文金額2,000円から
配達サービス料合計金額の15%

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/27 08:00】 | バーガー | トラックバック(0) | コメント(2) |
土風炉 市ヶ谷店  @市ヶ谷
昨日のお昼頃の激しい雷雨には、雨が降るなんて思っていなかったのでビックリでした。
幸い、私はランチを買いに出るときは既に降り始めていたので傘をさすことができましたが、街中のビルの影や駅には傘がなくて動くことも出来ず、空を見上げている人がたくさんいらっしゃいました。

DSCF4012_20130621233452.jpg
2012年8月7日は、上司が引き続き夏休みだったので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに出ました。
市ヶ谷のラーメン屋さんの新店「博多金龍」に行きたくて、この日チャレンジしたのですが、お店に到着すると数人行列が出来ていたので、断念。

ちなみにこの「博多金龍」には2012年8月8日にランチ訪問したのですが、2013年の春前に閉店してしまったようです。

DSCF4043.jpg
そのまま靖国通りに出て未訪問のお店がないか眺めたところ、「土風炉(とふろ) 市ヶ谷店」があったので、入ってみることにしました。

DSCF4042_20130621233136.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの左側を九段下方面に進み、幾つか飲食店が入っているアルカディア市ヶ谷の次に市ヶ谷ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

DSCF4041_20130621233231.jpg
土風炉]は、外食産業大手の株式会社ラムラが展開するブランドの1つで、茶の湯の世界を彷彿とさせる「わび・さび」を通し、日本の伝統文化を伝えたい、というコンセプトで作られた和食の居酒屋さんとのこと。

DSCF4040_20130621233226.jpg
ランチの特典で、ご飯とお蕎麦の大盛はサービスだそうです。

DSCF4039_20130621233223.jpg
階段を降りて入店してみると、確かにコンセプトのとおり、古民家風の凝った内装です。

DSCF4037_20130621233217.jpg
フロアはかなり広く、店員さんに1名だと告げるとかなり奥まった小上がりの部屋に通されました。

DSCF3984_20130621233750.jpg
下駄箱に靴を預け、鍵は自分で持ちます。

DSCF4038_20130621233220.jpg
写真がピンぼけでスミマセン(汗)。
「土風炉」ではお蕎麦にと手も力を入れているそうで、挽きたて、打ちたて、茹でたてにこだわり、そばの実全体を使用し、石臼で丁寧に挽きあげた本格派のそばで、そば本来の香りを楽しめるとのこと。

DSCF3982.jpg
掘りごたつのテーブル席が4つある個室にで、まだ誰もいなかったので「お好きなところをどうぞ。」と言われました。

DSCF3987_20130621233709.jpg
こちらも写真がピンぼけでスミマセン(汗)。
人気メニューが通販で販売しているらしく、壁に案内が貼られています。

DSCF3985.jpg
卓上には各種調味料、爪楊枝、お茶ポットなどが置いてありました。

DSCF3986_20130621233756.jpg
こちらも写真がピンぼけでスミマセン(汗)。
呼び出しボタンもありました。

DSCF3983.jpg
お水と紙ナプキンをいただき、メニューを検討。

DSCF3990_20130621233716.jpg
ランチメニューはお蕎麦を中心にドンブリものや定食など種類が豊富です。
こちらのメニューは季節メニューの冷たい生十割蕎麦だけでも9種類ありました。

DSCF3988_20130621233712.jpg
イベリコ豚丼なんていうのもありました。
ランチタイムはサービスでソフトドリンクは5種類全て150円均一です。
もちろん、ランチビールの用意もあります。

DSCF3997_20130621233613.jpg
注文を何にしようかとメニューを見ていたら、店員さんがずっと待っていてくれたので、少々焦っちゃいました(汗)。
定番メニューを見ながら、「入店する時にお蕎麦の種類がもっとたくさんあったのを見たような気がする、、、」と思っていたのですが、そのまま慌てて蕎麦屋のカレーつけそばを注文したら、後から季節メニューのページがあって、冷たいお蕎麦がたくさんあったことに気付きました(汗)。
ま、でも、もともとお蕎麦を食べるつもりで、食べたいメニューだったので問題なし。


蕎麦屋のカレーつけそば 大盛 (787円)
DSCF4006_20130621233446.jpg
しばし待って、お料理が登場!
お蕎麦、つけ汁、ソバ湯のセットです。

こちらのお料理は、こだわり天然出汁のそばつゆと自家製和風カレーの絶品バランスだそうです。

DSCF4009_20130621233449.jpg
蕎麦湯は結構大きめの朱色の容器に入っていて、外から触ってもわかるぐらい熱々でした。

DSCF4012_20130621233452.jpg
長方形のお盆の上に、右にお蕎麦、左につけ汁の容器が置かれています。

メニューの記載によれば、つけ汁そばは、麺は冷たく、つゆは温かく提供し、コシのある麺を温かいつけ汁でいただくことが出来るそうです。
蕎麦粉は北海道産きたそらち産そば粉100%使用で、つなぎに地粉を少々加えているとのこと。

DSCF4014_20130621233456.jpg
箸袋にはお店のロゴが印刷されています。

お箸は使い捨てですが、竹材を利用しています。
「箸」という漢字に竹かんむりが使われているのは、もともとお箸は竹から作られていたからだったそうです。
竹は木に比べて生育期間が圧倒的に短く、箸材として切り出すときも親竹から枝分かれした部分を切っていて、よりエコロジーとのこと。
個人的に竹の手触りがとても好きで、調理用具で幾つか利用しています。

DSCF4017_20130621233500.jpg
平日のランチはそば特盛りサービスがあります。
メニューの記載にもありますが、店員さんからも勧められるので、頼みやすいです。
お蕎麦だからと思い、お願いしちゃいました。

DSCF4018_20130621233334.jpg
お蕎麦はお盆の上に敷かれた簀の子に大きく平らに広げてあり、砕いた氷がのせてあります。
ずっと冷たいまま食べられるので、いいですね~。

DSCF4020_20130621233338.jpg
つけ汁は、小さめな容器に入っていて、量も少なめでした。

DSCF4022_20130621233341.jpg
ネギがたっぷりとのせられ、三つ葉がトッピングされています。

DSCF4023_20130621233344.jpg
ネギは太めにカットしてありました。

DSCF4025_20130621233347.jpg
お蕎麦は意外に柔らかくて少々水っぽく感じました。
もうちょっとしゃっきりしている方が好みです。

DSCF4027_20130621233254.jpg
このネギはあまり火を通していなかったので、結構辛味を感じるものもありました。

DSCF4029_20130621233258.jpg
つけ汁の中には豚肉が少し入っています。
柔らな食感でした。

つけ汁はかなり粘度があって、麺にたっぷりと絡みます。
カレーの辛さはピリ辛でした。

DSCF4031_20130621233302.jpg
つけ汁にたっぷり目につけるのが好きなので、途中でつけ汁がなくなっちゃいました(汗)。
仕方なく、お醤油を少しかけて何とか食べ切りました。

DSCF4034_20130621233305.jpg
蕎麦湯の入った容器のフタを開けるとこんな感じです。

DSCF4036_20130621233308.jpg
飲んでみましたが、そのままでは味がなく、お醤油を入れても美味しくなかったです。
当たり前か(笑)。

DSCF4044_20130621233143.jpg
帰りがけ、飴をいただいちゃいました。


お蕎麦が柔らかめでつけ汁の量も少なく、久しぶりに残念なランチでした。
大盛りなので食べるときは結構量があったように感じましたが、午後早くお腹が空いちゃいました。


ランチメニューです↓
DSCF3990_20130621233716.jpg

DSCF3992_20130621233719.jpg

DSCF3993_20130621233722.jpg

DSCF3994_20130621233604.jpg

DSCF3995_20130621233607.jpg

DSCF3996_20130621233610.jpg

DSCF3997_20130621233613.jpg

DSCF3998_20130621233616.jpg

DSCF3999.jpg

DSCF4001_20130621233525.jpg

DSCF4003_20130621233530.jpg

DSCF4004_20130621233533.jpg

DSCF4005_20130621233536.jpg


お店の名刺です↓
DSCF4046_20130621233146.jpg

DSCF4048_20130621233149.jpg


2012年8月7日訪問時お店DATA
************************************
土風炉 市ヶ谷店 (とふろ)
〒102-0073 
東京都千代田区九段北4-2-6 市ヶ谷ビル地下1階
TEL 03-3222-5522 
FAX 03-3222-5599
営業時間 
[平日・祝前日] 11:30~14:00 16:00~23:30(L.O.22:55、ドリンクL.O.23:05)
[土曜] 11:30~17:00 17:00~23:00(L.O.22:25、ドリンクL.O.22:35)
[日祝] 11:30~17:00 17:00~22:00(L.O.21:25、ドリンクL.O.21:35)
定休日 なし
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/26 06:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
SOHO’S BAKERY  @虎ノ門
湿気の多い日が続いています。
プリンターで印刷すると、機械から紙が出てきた途端、くるくると巻いちゃったりします(汗)。
机に持ってくる間に皺がよったりと、この時期は紙の扱いが大変です。

DSCF3966_20130621230813.jpg
2012年8月6日は週の最初の月曜日。
この日は大気がとても不安定な日で、朝から午後にかけて大雨が降りました。
上司が再び夏休みで不在でしたが、外へ食べに行くのも大変そうだったので、この日は久しぶりに「出前館」でランチをとることにしました。
先輩もお弁当を持ってきていなかったので、二人でいろいろ検索した結果、とても美味しそうだった「SOHO’S BAKERY(そーほーず べーかりー)」に注文。
考えることは皆同じなのか、もともと人気店なのか、申し込んだ時点で2時間待ち(汗)。
来客の予定もないし、自分たちが空腹を我慢すればいいだけだったので、気長に待つことにしました。

DSCF3927_20130621231119.jpg
結局、2時間はかからず、1時間20分ぐらいで到着。
お腹ペコペコで待っているのが辛かったですが、ありがとうございます!

DSCF3930_20130621231124.jpg
とても鮮やかなオレンジ色の箱に入っていました。

DSCF3932_20130621231131.jpg
「ソーホーズ ベーカリー」は、各国大使館、都内有名レストランへオーダーメイドパンやケーキ類を納品し、また都内各有名デパートでの催事や国内外の有名企業、ご自宅へのサンドウィツチのケイタリングなどを行っているそうです。

私が購入したときは、「SOHO’S BAKERY」という店名でしたが、現在は「SOHO’S BAKERY 3206」となっているようです。

DSCF3933_20130621231048.jpg
ちょっと暗く写っちゃいましたが、箱の横にはフォークのかわいいロゴデザインがありました。

DSCF3931.jpg
箱をとめるシールには、内容物の説明や消費期限などが書かれています。
こちらは先輩が注文したもの。

注文するとき、最低注文金額が3,000円だったので何とかいろいろメニューをやり繰りして基準額に達したところ、実際に注文してみると、4,000円以下は送料が1,000円かかるとのこと!
送料を払うぐらいなら、商品を買って持ち帰りましょうということで、さらにメニューを追加で注文しました。

DSCF3937_20130621231051.jpg
こちらは私が注文したものです。

サンドイッチなどかなり多くのメニューでハーフ&ハーフで注文できるので、とってもお得。
ハーフ&ハーフは全て1,380円です。
せっかくならいろいろな種類が食べたかったので、こちらでお願いしたのですが、メニューが多いのでかなり悩みました。
しかも、散々悩んだのに組み合わせが先輩と思いっきりかぶってしまい、先輩は中身を1つ変更しました(笑)。

出前館クーポンとして、全てのサンドウィッチ、バーガーには唐揚げ2P+フレンチフライドポテトが付きます。

DSCF3939_20130621231057.jpg
こちらは持ち帰り用に購入したロースハムとエメンタルチーズのバゲットです。

DSCF3940_20130621231100.jpg
フタをオープン!
サンドウィッチ2種類、唐揚げ、フライドポテトのセットです。

DSCF3948_20130621231027.jpg
おしぼり、紙ナプキン、フォークなども入っていました。


Sandwiches<ハーフ&ハーフ> 1,380円
DSCF3942_20130621231018.jpg
私はオールディズ ブレックファーストのサンドウィッチとローストチキンとドライトマトとアボガドのサンドウィッチ の組み合わせにしました。

DSCF3955_20130621230950.jpg
いただきま~す!

DSCF3943_20130621231021.jpg
フライドポテトはそれ程長くはありませんが、太いものがたっぷり。

DSCF3947_20130621231024.jpg
フライドチキンは2ピースありました。

DSCF3963_20130621230902.jpg
しっかりと下味がついていて、お肉が柔らかくて美味しかったです。

DSCF3953_20130621230944.jpg
サンドイッチは一つずつビニールで包装してあります。

DSCF3952_20130621230941.jpg
一つ目のサンドウィッチは、ローストチキンとドライトマトとアボガドです。
自家製ローストチキンにドライトマト、アボガド、ブラックオリーブ、パルメザンチーズ、を加えたとてもリッチでヘルシーで、人気の一品とか。


ROASTED CHICKEN AND AVOCADO SANDWICH
DSCF3957_20130621230851.jpg
パンにはそれぞれの具材が一列に、ぎっしりと中身が詰まっています。
アボガドの緑、チキンの白、トマトの赤と、彩りもキレイ。

DSCF3958_20130621230854.jpg
裏から見るとこんな感じです。

DSCF3960.jpg
パンは両面ともこんがりと焼いてありました。

DSCF3962_20130621230900.jpg
かなり厚みがあったので、どこから齧り付くか悩みます。
食べていても、中身が後ろから押し出されちゃいそうで不安になるほど。
全体としてとてもさっぱりと食べられました。
チキンは胸肉だったと思います。

DSCF3954_20130621230947.jpg
もう一つのサンドウィッチは、オールディズ ブレックファーストです。

DSCF3951_20130621230938.jpg
英国では欠かせないサンドウィッチの定番!
ベーコン、ソーセージ、卵にレタスを加えた一日中朝食?感覚で食べられるとのことで、店長さんのオススメでした。


ALL DAY BREAKFAST SANDWICH
DSCF3966_20130621230813.jpg
もう一つのサンドウィッチに比べると、こちらは一転して肉々しい中身です。
ベーコンとソーセージの赤さと、卵の黄色がとっても鮮やか。

DSCF3967_20130621230816.jpg
食べた場所で味わいが変わります。
お肉も卵も味がしっかりとしていて、ソースもとっても美味しい。
これ1つだけでもかなりのボリュームでした。


ロースハムとエメンタルチーズのバゲット (840円)
DSCF3970_20130621230820.jpg
当初の予想と全く違い、サンドイッチだけでかなりお腹いっぱいになってしまったので、バゲットは記念撮影だけして家に持ち帰りました。

DSCF3972_20130621230823.jpg
バゲットもビニールで包装してあります。

DSCF3973_20130621230826.jpg
最高級ロースハムとエレメンタルチーズを自慢のバケットで挟んだとてもシンプルな一品で、欧米人に大人気の定番バケットだそうです。
こちらも店長さんのオススメでした。

DSCF3974_20130621230504.jpg
薄い細い紙で帯のようにバゲットにかけてあります。

DSCF3975_20130621230507.jpg
いただきま~す!

DSCF3977_20130621230511.jpg
バゲットにはびっしりと芥子の実がついていて、食べている途中、ぽろぽろと落ちちゃいます(汗)。

DSCF3978_20130621230514.jpg
パンを開いてみると、本当にハムとチーズだけでした。

DSCF3979_20130621230518.jpg
バゲットはかなりしっかりとした歯応えで、まるで「ポール」のパンのようです。
でも、噛めば噛む程しっかりと味が出て、美味しい!
一日おいたので、パンからはみ出たチーズが少し乾燥してしまいましたが、全く問題なし。
ハムもチーズもとても薄切りですがすごく味わいがありました。

DSCF3928_20130621231122.jpg
この日のお会計です。


送料の縛りがちょっと辛いですが、味わいやボリュームは大満足でした。
他にも美味しそうなメニューがあるので、またぜひとってみたいです。


2012年8月6日購入時お店DATA
******************************
SOHO’S BAKERY
<店舗>
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-20-6 大久保ビル1階
TEL 03-5776-6532
受付時間 8:00~20:00 
定休日 正月
東京メトロ日比谷線神谷町駅3番出口から徒歩3分

出前館
TEL 0037-6311-2796
受付時間 9:00~16:00 
定休日 土日
最低注文金額送料抜き税込み3,000円から
ただし、4,000円未満の場合は送料1,000円

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/25 08:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
やきとり 串八珍 [市ヶ谷別館]  @市ヶ谷
週末はとっても暑くなりましたね~。
毛布など、大物の洗濯がとてもはかどりました。

6月も今週で終わり。
月末に向けて仕事がちょっと忙しくなりそうですが、がんばりま~す☆

DSCF3878_20130621223806.jpg
2012年8月3日は先輩が夏休みでしたが、上司は久々に出勤した日でした。
午後から市ヶ谷方面で仕事のある上司に誘われ、ランチは外に食べに出ました。
上司のお気に入りの「魚鷹」にでも行くのかなと思ったら、「ここで食べるか。」と入店したのは「やきとり 串八珍(くしはっちん) 市ヶ谷別館」でした。

2009_0905画像0094
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進んで最初の交差点を右に曲がり、建物三つ目のセンタービルの1階に店舗があります。正面はソニーミュージック本社です。

2009_0905画像0095
こちらも以前撮影した写真です。
「やきとり 串八珍」は株式会社豊創ホールディングスが運営する大手居酒屋チェーン店で、都内にたくさんの支店があり、この界隈では、2008年9月17日にランチ訪問した市ヶ谷店2012年4月5日にランチ訪問した四谷店があります。

2009_0905画像0046
以前は同じ会社が運営する「鳥珍」という店名でしたが、ブランド統合し、2009年9月1日から「串八珍」に業態変更しました。

前回訪問したのは2011年7月13日だったので、約1年ぶりです。

2009_0905画像0047
営業時間は、昼は午前11時30分から午後2時まで、夜は午後5時から午後11時までです。
定休日は土・日・祝です。

DSCF3897_20130621223620.jpg
ランチメニューです。
全部で6種類、お値段が580円から690円とお手頃です。

久しぶりに来たら、メニューが少し変わっていました。
ビビンバとかグリーンカレーとか、国際的になっています。

DSCF3894_20130621223650.jpg
この時期はディナータイムに沖縄フェアをやっていました。

2009_0905画像0050
お店は外も中も、古民家を再現している凝った造りになっています。

2009_0905画像0052
入口は小さく、通路も狭いですが、奥に向かって店内が広がり、席数は結構あります。
しかも、二人テーブル席、四人テーブル席、お座敷、ちょっと区切った個室など、お部屋のパターンも様々です。

2009_0905画像0051
こちらのお店は前精算なので、まずはお店中央のレジで食券を購入し、店内にあるウェイティング用のイスに座るなどして、席に案内されるのを待ちます。
待っている人数が多くても、席数が多く、回転が早いので、それ程待ちません。

12時半ぐらいの入店でしたが、夏休みモードのせいか、いつもの行列は全くなくてすぐに食券を買うことが出来ました。
ベンチでも、少し待ったものの、すぐに席に通されました。

2009_0905画像0058
こちらは古い写真です。
壁には夜のメニューが貼り出されていました。

2010_0330画像0011
店員さんは、ほぼ全員がおばさま軍団です。
いつも忙しく店内を走り回っていますが、お店のキャパの割には人数が少ないようで、食事が終わって後片付けられていないままの席が空いているのを、時折見かけるのが残念。

DSCF3868_20130621223848.jpg
店員さんに案内され、一番奥にほど近い、個室スタイルになっている二人席に着席。
こんな奥にまで来たのは初めてです。
個室が多いので見通しにくいですが、かなり広いフロアです。

卓上にポットと湯飲み茶碗が置いてあるので、お茶はセルフサービスです。

DSCF3867_20130621223844.jpg
お会計を終えると、メニュー毎に色分けされたプラスチックの札を渡されます。

DSCF3866.jpg
最初は無難に一番お安い親子丼にしようかなと思ったのですが、上司がマグロづけ丼を頼んだので、それよりはお安いからいいだろうと思って、ビビンバをチョイス。
どちらかと言えば和食の「串八珍」のイメージとのギャップも楽しみです。
ご飯が主役のメニューなので、ご飯は普通盛りでお願いしました。

DSCF3874_20130621223758.jpg
しばし待って、お料理が登場!
黒い長方形のお盆に、ビビンバとお味噌汁がのせてあり、お箸、紙ナプキン、スプーンがついていました。

DSCF3885_20130621223737.jpg
おしぼりの袋には店名がカラーで印刷されています。

DSCF3887_20130621223634.jpg
おしぼりだけでなく、お箸袋にも店名が印刷されていました。

DSCF3886_20130621223741.jpg
しかも、系列チェーンの店名も書かれています。
ここにだけ「鳥珍」の名前が残っていました(笑)。


ビビンバ丼 (650円)
DSCF3876_20130621223802.jpg
お味噌汁はフタ付きのお椀だったので、フタを開けて、いただきま~す!

DSCF3883_20130621223733.jpg
お味噌汁にはネギのみじん切りが散らしてありました。

DSCF3892_20130621223642.jpg
中にはもずく?が入っていました。

DSCF3878_20130621223806.jpg
ビビンバは深めな茶色いドンブリに入っていました。

ご飯の上には、もやしのナムル、ほうれん草のナムル、味玉、刻み海苔、挽肉、キムチなどがのせてありました。

DSCF3879_20130621223810.jpg
味玉は半分で、かための半熟です。

DSCF3880_20130621223813.jpg
ドンブリのフチにはコチュジャンがつけてありました。

DSCF3881_20130621223726.jpg
ほうれん草のナムルは結構量がありますが、、、

DSCF3882_20130621223729.jpg
他の具材はそれ程でもないので、ご飯が見えなくなる程ではありません。

DSCF3889_20130621223638.jpg
ビビンバは混ぜ加減が命!
全体に味が行き渡るよう、しっかりとかきまぜてからいただきます。

ピリ辛な味わいなもののちょっと甘い味付けで、私的にはちょっと残念でした。
あと、スプーンが結構深めなのが私の口の形状に合わないのか、ちょっと食べにくかったです。


全体のボリュームは普通です。
新たな他のランチメニューも食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2010年3月25日) 
国産黒毛牛すき焼き定食 (2009年9月3日
かつカレー定食 (2010年1月12日
釜揚げしらす丼定食 (2011年7月13日
ビビンバ丼 (2012年8月3日

[「鳥珍」時代]
つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2007年5月15日) 
具だくさん豚汁定食 (2009年4月13日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のメニューです↓
DSCF3869.jpg

DSCF3871.jpg

DSCF9330.jpg

DSCF9331.jpg

DSCF9333.jpg

DSCF9334.jpg


2012年8月3日訪問時お店DATA
*************************************
やきとり 串八珍 市ヶ谷別館 (くしはっちん)
〒102-0084 
東京都千代田区五番町10-2 センタービル1階
TEL 03-3230-3102
FAX 03-3230-3103
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:00~23:00(L.O. フード 22:15、ドリンク 22:30)
定休日 土・日・祝
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分
都営新宿線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/24 06:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Rossi  @麹町
今週も早いもので、もう金曜日、今日一日がんばれば楽しい週末です!
お天気はイマイチで、しかも、給料日が週明け早々なので軍資金がやや乏しいですが、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2011年9月20日にオープンし、最近ランチ営業を始めた「ロッシ」のレポートです。

DSCF8142.jpg
2013年5月29日は、上司がお昼時に不在だったので、先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
この日はあらかじめ「Rossi(ろっし)」というイタリアンの新店に行きましょうと誘っていたので、先輩はお弁当を持参せず。
この少し前、その新店に一度行ったのですが、何故かやっていなくてランチ営業を辞めたのかと思っていたのですが、その後近くを通りかかったらやっぱりやっていたのでこの日リベンジすることに。

DSCF8167_20130614214143.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、2つの交差点を越えた少し先にコンビニのファミリーマートがあるので、その先を右折します。
するとちょっとした広さのある路地に出ます。

一番奥に三井ビルがあり、このビルには、
1階には、2008年7月29日にランチ訪問した「ちょっとら」、
2階には、2008年2月7日2008年2月8日2008年8月8日2009年3月6日2009年11月2日にランチ訪問した「根本」、
があります。

ちなみに、この左隣には2011年5月23日にランチ訪問した「イチ」があります。

DSCF8168_20130614214148.jpg
「ロッシ」は2011年9月20日にオープンしたのですが、場所が奥まっていたことと、当初は夜営業のみだったことから、私がお店のことを知ったのは高田馬場の美容院で読んでいた情報誌からでした(笑)。

DSCF8171_20130614214037.jpg
2013年の4月下旬か5月初め頃に通りかかったとき、ランチを始めたのに気付きました。
営業時間は火曜日から木曜日の週3日で、時間も12時オープン、午後1時30分ラストオーダーと、なかなか外へランチに出られない私にとってはかなりハードルが高いです。

約2週間前の2013年5月14日の火曜日に一度来てみたのですが、告知がないまま何故かこの日は営業していなくて、ランチ営業をやめちゃったのかと思っていたのですが、その後通りかかったときには営業していました。この日訪問したら営業していて一安心。
結局、前に来たときにやっていなかった理由はよくわかりません。

DSCF8165_20130614214130.jpg
三井ビルはかなり古めかしいビルです。
やや暗くて細い階段を降りて地下へ。

この階段は「根本」に行くときに使っていたのですが、地下に以前どんなお店があったのか、全く記憶がありません(汗)。

DSCF8166_20130614214138.jpg
お店の入口の前の踊り場にはワインなどが飾られています。

DSCF8128_20130614214504.jpg
小さな入口を通って中に入ると、右手にカウンターと厨房とテーブル席、左に半個室っぽくなった場所にテーブル席が2つ並んでいました。
先客は3組ほどで、後客も2組ぐらい来ました。

DSCF8125_20130614214556.jpg
木目調でダークトーンにまとめられたシックな内装で、とても落ち着いた雰囲気です。
日光が入らない上に照明もかなり抑えているので、店内にいるとディナーに来たような感覚になりました。

DSCF8122_20130614214549.jpg
私たちはカウンター席のやや奥側に着席。
厨房に二人、フロアに一人、合計三人の男性で切り盛りしています。

DSCF8124_20130614214554.jpg
ちょうど目の前でシェフがお料理をしているところがよく見える、特等席でした。

DSCF8123_20130614214552.jpg
お水のグラスはワイングラスです。

DSCF8126_20130614214559.jpg
この雰囲気だと、お水じゃなくて、ワインが飲みたくなっちゃいます(笑)。

DSCF8164_20130614214226.jpg
ランチメニューは1,300円、2,500円、3,800円と、ちょっとというか、結構お高めです。
メニューは注文するとすぐに下げられてしまい、写真が撮れませんでした(汗)。
こちらは外に出ていた同じメニューです。

DSCF8170_20130614214152.jpg
この日は1,300円のPranzoAを注文。
前菜盛り合わせとサラダ、本日のパスタ、デザート、コーヒーです。

本日のパスタは冷たいものと温かいものが1種類ずつあります。
店員さんが口頭で説明してくれます。
冷たい方は野菜とバジル?で、温かい方は鯖とアンチョビ?だったような、、、。
二人とも温かいパスタをチョイス。

DSCF8127_20130614214501.jpg
お客さんが入ったのがほぼ同時だったようで、前菜のお皿がたくさん並んでいました。

DSCF8129_20130614214506.jpg
作り置きはせず、注文が入ってから全て切り分けるようで、シェフはいろいろな食材をどんどん切ってお皿に盛りつけていきます。

DSCF8139_20130614214439.jpg
シェフの目の前なので、お料理する姿がよく見えます。

DSCF8140_20130614214441.jpg
オープンスタイルのキッチンは、気分が盛り上がります。

DSCF8130_20130614214509.jpg
段々と一皿目が出来上がっていきます。

DSCF8133_20130614214511.jpg
実はこの「ロッシ」というお店は、名刺を見ると「since 1993」となっています。
オーナーシェフの岡谷文雄氏は1993年に六本木で「ロッシ」をオープンし、1999年に閉店した後は表参道の「フェリチタ」というお店でシェフを勤め、2011年にこの地で「ロッシ」を再オープンしたとのことです。

DSCF8138_20130614214436.jpg
お見かけしたシェフは職人風で黙々とお料理を作っていらっしゃいました。

DSCF8137.jpg
手間暇かかっている分、お皿が出来上がりまで少し時間がかかります。


前菜盛り合わせとサラダ
DSCF8141_20130614214444.jpg
まずは、ワンプレートの前菜盛り合わせとサラダが出てきました。
白い大きな平皿に8種類もの前菜が並び、奥にサラダが添えられています。
一つ一つは小さいですが、とってもゴージャス!

DSCF8142.jpg
右から、鯖のマリネ、タイのカルパッチョ、パテ・ド・カンパーニュ、辛い一品、ローストビーフ?、生ハム、ジャガイモの何やら、バーニャカウダです。

店員さんが説明してくれたのですが、私たちのお皿が出たときではなく、隣の人にサーブしたときに一緒に言われたので、ちょっと声が遠くて聞き取りにくかったです。

DSCF8143_20130614214400.jpg
サラダはレタスと水菜にドレッシングがかかっていました。
写真には写っていませんが、レタスは筋目とかが赤くなっているところが結構ありました。

DSCF8144_20130614214403.jpg
鯖のマリネは程よい酢加減で、身がしっとり。

DSCF8145_20130614214405.jpg
タイのカルパッチョは少しコリコリした食感でした。

DSCF8146_20130614214408.jpg
パテ・ド・カンパーニュはかなり柔らかく、フォークを使うとホロホロと崩れるぐらいです。
あっさり目の味わいでした。

DSCF8147_20130614214323.jpg
こちら、店員さんから「辛いです。」とアナウンスがあったのですが、小さいサイズだったので先輩はぱくりと一口で食べたところ、ものすごく辛くてビックリしたとのこと。
私は警戒してちょっとずつ食べていたので、助かりました。
唐辛子のペースト?と思うぐらい、ビシッとした辛さでした。
食事が終わって事務所に帰る途中でも、先輩はまだ辛さが口の中に残っていると言っていました(笑)。
店員さんは私たちの隣にいた男性一人客にも「辛さは大丈夫でしたか?」と聞いていたので、お店的にもかなりの辛さだと認識しているようです。

DSCF8151.jpg
これはお肉だかお野菜だか、記憶が不確かです(汗)。
後日、もう一度食べるチャンスがあり、ジャガイモベースのお料理でした。

DSCF8148_20130614214326.jpg
ローストビーフ?だったような、、。
赤身のしっかりした歯応えがありました。
生ハムの脂身を楽しむのとは対称的です。

DSCF8149_20130614214330.jpg
生ハムは小さなサイズですが、しっとりと柔らかく、味がしっかりしていました。
脂がとろけます。
うーん、ワインが飲みたい~!

DSCF8150_20130614214332.jpg
バーニャカウダは、とっても小さくカットされたダイコン、プチトマト、山菜?などにソースがかかっていました。
アンチョビの風味はそれ程感じなかったですが、野菜のコリコリした食感がよかったです。
右にある細長い黒っぽいものは山菜?
あまり見たことがなく、先輩に聞いてもわからなかったです。


パン
DSCF8152_20130614214251.jpg
ここで2種類のパンが出てきました。
2種類あります。

DSCF8153_20130614214255.jpg
右側のはかなり黒っぽい色合いです。
しっかりとした歯応えで、そのまま食べても噛みしめると旨みがありました。

DSCF8154.jpg
左側のもう一つはパンというか、ぺたんこのパリッとしたものです。
そのまま食べても薄い塩味がありました。
お料理をのっけて食べるのにいいかも。
見たことのないパン?で面白かったです。


本日のパスタ 温かいスパゲッティ 鯖とアンチョビ?
DSCF8155.jpg
次にパスタが登場。

DSCF8156_20130614214305.jpg
大きめの白いお皿の真ん中のくぼみにスパゲッティが盛ってあります。
ボリュームはそれ程多くありません。

DSCF8158.jpg
小さく切った鯖がトッピングしてありました。
小さめですが、ふんわり柔らかで程よい塩味でとっても美味しい!

DSCF8159_20130614214214.jpg
麺は細麺で、茹でたて熱々です。
気をつけないと、猫舌の私は火傷しそうな程でした。
つるつるののど越しです。


デザート
DSCF8160_20130614214219.jpg
デザートは、薄い水色の透明なガラスの器に、バニラアイス、苺、ヨーグルトのパンナコッタが重ねてあります。
上からバルサミコ酢をかけているそうです。

バニラは濃厚で、イチゴはあっさりとした甘みと酸味がありました。
不思議なもので、お料理にバルサミコ酢を使っていると甘いことが多くてやや苦手なのですが、デザートにかけると塩気を感じます。
ヨーグルトもとてもさっぱりとしていたので、しっかりと冷えたデザートはとてもさっぱりいただけました。

DSCF8161.jpg
デザートの時に「ドリンクはどうしますか?」と聞かれました。
お料理の出てくるのがゆっくり目だったので時間が心配だったことと、メニューをよく見ていなかったので、ドリンクがコースに組み込まれているのか、それとも2007年10月12日にランチ訪問した「すし匠」のように別料金だけど勧められているのかはっきりせず、この日はお断りしちゃいました(汗)。
なので、ずいぶん急いでいるように見えたのか、お会計の時に店員さんから「ランチの時間が短いんですね。40分ぐらいですか?」と聞かれちゃいました。


後から写真を確認したら、デザートはコースの中にちゃんと入っていました。
事務所に戻ってみると12時50分ぐらいだったので、ドリンクをいただく時間はありましたが、事務所から近いから何とか間に合う感じで、やっぱりお料理そのものはかなりゆっくり目じゃないかと思います。

お値段は少しお高めだし、ボリュームも決して多くはありませんが、種類豊富な豪華な前菜にパスタ、デザートとドリンクを楽しめたので、CPはとても良かったです。
先輩も私もとても気に入ったので、数日後に控えていた上司のお誕生日ランチはここのお店のちょっと良いコースで食べようと決めちゃいました。


お店の名刺です↓
DSCF8173_20130614214053.jpg

DSCF8174_20130614214059.jpg


2013年5月29日訪問時お店DATA
*********************************
Rossi (ろっし)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-2 三井ビル地下1階
TEL  03-5212-3215
営業時間  
[昼:火~木のみ]12:00~13:30(L.O.) 
[夜:月~水・土]18:30~24:00
[夜:木・金]18:30~2:00
定休日 日・祝  
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/21 08:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(4) |
中国料理 福龍飯店  @市ヶ谷
昨日は朝は窓を開けていられない程の強風が吹いていたのに、夜になるとじとっと湿ったまま完全な無風状態ですごく蒸し暑かったです。
まさにニッポンの梅雨本番だ~と、ゲンナリしちゃいました(泣)。

DSCF3849_20130614084503.jpg
2012年8月2日は上司が夏休みだったので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに出ました。
2011年1月24日にランチ訪問した「大福酒家」が2011年11月14日に閉店し、跡地に「文」という和食の新店がオープンしていたのを少し前に知ったので、この日早速行ってみたのですが、残念ながらランチ営業はなし。
その後、2013年になってから?ランチ営業を始めたようで、2013年1月21日にランチ訪問しています。

がっかりして、2012年7月4日に「みつぼし」にランチ訪問したときに見つけたもう一つの新店の「博多金龍」に行ってみましたが、こちらはオープンしていたものの、満席で入れず。
その後、2012年8月8日にランチ訪問したのですが、2013年の春までには閉店してしまったようです。

途方に暮れて、そのまま靖国通りをぶらぶら歩き、2012年6月27日に「なか卯」にランチ訪問した時に見つけていた「中国料理 福龍飯店(ふくりゅうはんてん)」に入店。

上司が夏休みで先輩が事務所でお留守番してくれていたおかげで、こんな放浪ができました(汗)。

DSCF3859_20130614084404.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に進み、一口坂交差点の先にマールコート麹町の1階にお店があります。
1階といってもちょっと半地下になっています。

この建物にはたくさんの飲食店が入っていて、私が訪問したことがあるのは、2012年6月27日にランチ訪問したお隣にある「なか卯」だけです。

DSCF3860_20130614084407.jpg
新宿通りにはディナーメニューの小さな看板が出ています。

DSCF3861_20130614084411.jpg
店頭ではお弁当を売っています。
スープ付き、ご飯大盛り無料で全て500円。
60種類以上もあるとか。
予約も出来るそうです。

DSCF3858_20130614084400.jpg
何故か、私が見ていたときは店員さんがいませんでした。

DSCF3857_20130614084357.jpg
階段を降りた入口の手前に、本日のランチの内容とお弁当について書かれた小さな看板が出ています。

DSCF3846_20130614084540.jpg
フロアは結構広く、一番奥に厨房があり、その前にたくさんのテーブルが並んでいました。
内装はいかにも中華らしく、赤を中心としています。

DSCF3847_20130614084457.jpg
お客さんは少なく、2・3割程の人の入りで、私以外は全員男性でした。
男性店員さんが一人で切り盛りしています。

DSCF3841_20130614084610.jpg
店員さんから「どこでもどうぞ~。」と促されたので、右手中程の4人用テーブル席に着席。
とても広々としています。
卓上には各種調味料、爪楊枝、紙ナプキン、灰皿が置いてありました。

DSCF3842_20130614084527.jpg
灰皿の年季の入り方があまりにも印象的だったので、思わず記念撮影(笑)。

DSCF3843_20130614084531.jpg
着席すると、お水とお箸をいただきました。

DSCF3848_20130614084500.jpg
入口のドアは開けっ放しだったので冷房は期待できないかなと思ったのですが、中はしっかりと涼しかったです。

DSCF3844_20130614084534.jpg
箸袋はオリジナルで、お弁当や宴会について印刷されています。

「福龍飯店」は、このお店の他に東京に3軒、神奈川県に2軒の系列店があるようです。

DSCF3832_20130614084633.jpg
ランチメニューはかなり豊富で、とても迷いました。
壁に貼られた「当店のおすすめ」から、大好きなタンタン麺をチョイス。
お隣のパーコー麺もかなり惹かれたのですが、、、。


タンタン麺 (800円)
DSCF3849_20130614084503.jpg
しばし待ってお料理が登場!
お箸は割り箸だったので、記念撮影だけして、お料理が来たときに店員さんに返したら、店員さんはびっくりして「麺ですが、、、」と拙い日本語で心配してくれたので、マイ箸を見せたら安心してくれました。
驚かせてゴメンナサイ。

絵柄の入った白いドンブリに担々麺が入っていました。
青菜系は全くないので、ちょっと色合いが単調です。

DSCF3850_20130614084507.jpg
たっぷり目の挽き肉が真ん中にトッピングされています。
少しずつスープに崩し入れていただきました。

DSCF3852_20130614084428.jpg
お肉の周りには黒ごまと長ネギのみじん切りが散らしてあります。

DSCF3853_20130614084431.jpg
中華料理屋さんのラーメンのスープってあっさり系が多いですが、こちらのお店のスープはダシがしっかりときいていて、しかもゴマの風味がすごくあって、とっても美味しい!
スープがしっかり熱々なのもよかったです。
辛さはピリ辛ぐらいですが、食べているうちにどんどん暑くなり、しっかり冷房が効いていたのに汗がにじんできました。

DSCF3854_20130614084434.jpg
麺は細麺で、縮れています。
こちらは残念ながら普通の中華料理屋さんらしく、麺はかなり柔らかめでした。
ボリュームは普通です。

DSCF3856_20130614084441.jpg
ほんの少しですが、細かく刻んだザーサイが入っていて、歯応えのアクセントになりました。


全体のボリュームは普通ですが、スープも全ていただいたので、お腹いっぱいになりました。
お値段を考えると、麺の単品だけでデザートなども何にも付いていないので、ほかの中華料理屋さんと比べるとちょっとお高めかなと思います。

ちょっと事務所からは遠いですが、マールコート麹町には他にも飲食店が入っているので、是非訪問してみたいです。


お店のメニューです↓
DSCF3831_20130614084716.jpg

DSCF3832_20130614084633.jpg

DSCF3833_20130614084636.jpg

DSCF3834_20130614084639.jpg

DSCF3835.jpg

DSCF3836_20130614084646.jpg

DSCF3837_20130614084557.jpg

DSCF3838_20130614084600.jpg

DSCF3839_20130614084604.jpg


お店の名刺です↓
DSCF6339_20130614084340.jpg

DSCF6340.jpg


2012年8月2日訪問時お店DATA
*****************************
中国料理 福龍飯店 (ふくりゅうはんてん)
〒102-0074
東京都千代田区九段南3-9-11 マールコート麹町1階
電話&FAX 03-3222-5117  
営業時間 
[平日]11:00~22:30
[土祝]11:00~21:30 
定休日 日曜日 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/20 00:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(4) |
原始焼 六番町 魚鷹  @市ヶ谷
昨日の朝、お金を下ろそうと思って市ヶ谷駅前の三菱東京UFJ銀行のATMに行ったら、営業終了していました。
昔は四ッ谷駅も市ヶ谷駅もすぐ近くにATMがあってとっても便利だったのに、結局両方ともなくなっちゃいました(泣)。
メインバンクをみずほ銀行に変えようかな、、、。

DSCF3757_20130614083611.jpg
2012年7月31日は7月最終日。
翌日から夏休みの上司から誘われ、久しぶりに「原始焼 六番町 魚鷹(うおたか)」へ行きました。
一時期、和食で一番のお気に入りのお店と言ってかなり頻繁に通っていましたが、最近はとんとご無沙汰。
上司と一緒に行くお店が「嘉賓」じゃないのは本当に久々で、もうそれだけで嬉しかったです(笑)。

DSCF1444.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かいます。
2つ目の信号を右折、次の角を左折して少し先に行くと佐藤ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF1445.jpg
日本テレビ通りから1本入ったこの道は道幅が細く、学校や住宅があるせいかとても静かです。

「魚鷹」は2010年9月14日にオープンしました。
前回ランチ訪問したのが2012年3月27日だったので、約4ヶ月ぶり、12回目の訪問です。

DSCF1446.jpg
ビルの前の敷地は日本庭園風になっていて、立派な石灯籠が置かれています。

DSCF1448.jpg
お店の前にランチメニューが2段になって出ています。
全部で5種類あり、お値段は980円から2,000円と少しお高めな設定です。

こちらは以前撮影した写真なので、ランチが13時半までとなっていますが、現在は時間が延長し、14時半までになっています。ラストオーダーは14時です。

DSCF3773.jpg
下の方には、日替わりの内容が書かれています。

電灯での撮影モードのまま、屋外で撮っちゃいました(汗)

DSCF1443.jpg
ちょっとした空間ですが、小石を敷き詰めた小さな廊下があって、ランチのお値段が出ていなかったら、なかなか入るのに勇気がいりそうな雰囲気です。

DSCF1103_20120608223302.jpg
入ってすぐのところにレジがあります。
後ろの壁にはいろいろな器や、、、

DSCF5032_20121021080054.jpg
植物などが飾られていました。

DSCF1440.jpg
店内は奥に向かってのびていて、すぐ右手に大きな焼き場と厨房とカウンター席があり、左手には半個室のテーブル席、さらに奥にテーブル席があって、結構広々としています。

お店に入ってすぐ右手にこちらの囲炉裏のような大きな焼き場があります。
店名にもある「原始焼」とは、この炉で備長炭によって焼かれるとのこと。

この焼き場の前にはウェイティング用のイスが置かれています。

DSCF0301.jpg
カウンター席から見た厨房です。

DSCF1439.jpg
奥のテーブル席に向かう通路に大きな冷蔵庫が置かれ、たくさんのお酒が並んでいます。
うーん、美味しそう! ランチ訪問なのが残念。

DSCF9458.jpg
冷蔵庫の中にはお漬け物でしょうか、甕が入っていました。
ランチにはお手製らしきお漬け物がついています。

DSCF1410.jpg
お店の奥にあるテーブル席です。

DSCF1411.jpg
店内はシンプルですが、落ち着いた内装です。

DSCF9266.jpg
場所によって掛かっている絵の文字が違います。

DSCF1412.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
壁にはメニューというか、魚の名前が貼り出されています。
読めない漢字が2つありました。
「鶏魚」は「イサキ」、パソコンだと文字が出てこなかったのですが、左から2番目の札は縞ホッケとのこと。
勉強になりました。

DSCF3749_20130614083724.jpg
日差しが照りつける中、12時45分ぐらいにお店の前に到着すると、ちょうど3人の人が入って行ってしまい、「待ちかな?」と心配になっちゃいました。
ところが実際に店内に入ってみると、フロアはがらがら。
夏休みだからでしょうか、いつもは満席で待つこともあるお店なのに、4割も埋まっていなかったです。
私たちは一番右奥の4人席に着席。

卓上に置かれているのは爪楊枝のみです。

DSCF9442.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
席につくと、店員さんが温かいおしぼりを手渡してくれます。

店員さんは全員男性でした。

DSCF3742_20130614083712.jpg
お茶は一年を通していつも温かいものです。
クーラーがしっかりきいているので、美味しくいただけました。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF3745_20130614083715.jpg
やや厚みのある木の板に紙のメニューがはめ込んであります。
5種類あるメニューは全てお魚と、潔いラインナップです。

DSCF3746_20130614083718.jpg
店頭には出ていますが、中のメニューには日替わりの内容が出ていません。
店員さんが口頭で説明してくれます。

DSCF3747_20130614083721.jpg
お値段は980円、1,350円、2,000円とややお高めです。

上司はサバの味噌煮、先輩はドンブリで、ご飯を半分ぐらいに減らしてもらっていました。
本日の丼ぶり物は鰺でした。
てっきり食べたことがあると勘違いして、私はかじきのフライをご飯少なめで注文。


本日のフライ定食 <カジキのフライ定食> ご飯少なめ  (980円)
DSCF3757_20130614083611.jpg
それ程待たずに、お料理が登場!
本日のフライ定食は、メイン、小鉢、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。
格子状の模様が入った黒い長方形のお盆に載せられていました。

DSCF3764_20130614083543.jpg
基本的なご飯の盛りが多いのか、女性客だと店員さんから「ご飯の量はどうしますか?」と必ず聞かれます。
この日は少なめをお願いしました。

「魚鷹」は比較的ご飯をやわらかめに炊いていることが多いです。

DSCF3768_20130614083511.jpg
お味噌汁はいつもと同じ、シンプルなアオサのお味噌汁です。

DSCF9326.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ダシはあっさり目で、アオサが色鮮やかでした。
アオサのとろんとした口あたりが美味しい♪

DSCF3766_20130614083546.jpg
お新香は甘酢漬けのキュウリと白菜のお漬け物の2種類です。
冷蔵庫に入っていた甕の中にあるお手製でしょうか、毎回同じ組み合わせです。

DSCF3758_20130614083614.jpg
この日の小鉢は煮物でした。

DSCF3759_20130614083617.jpg
大きめの厚揚げが2つと、ゴボウとニンジンです。
ほんのり甘くてさっぱり味でした。

DSCF3760_20130614083619.jpg
かじきのフライは長方形のお皿に盛られ、左側に野菜が添えてあります。

DSCF3769_20130614083514.jpg
お皿のフチには辛子がついていました。

DSCF3767_20130614083549.jpg
フライのソースは別に小さな容器に入っています。

DSCF3761.jpg
サラダは青菜と赤パプリカで、ドレッシングがかけてありました。

DSCF3762_20130614083541.jpg
今まで食べたフライはかなりの大きさだったの、今回もそうかな?と期待していたのですが、意外と小さいサイズのものが2つでした。
サイズは小さいですがかなり厚みがあってコロンとしていて、衣が茶色くこんがりと揚がっています。

DSCF3772_20130614083520.jpg
ぶ厚い白身はとてもジューシーで、ふんわりとしていて美味しかったです。
しっかり噛みしめて食べたのでとても満足感がありました。
そのまま食べたり、ソースをつけたり、カラシをつけたりといろいろな組み合わせで楽しめました。


本日の丼ぶり物 <鰺のほぐし身 温玉丼> ご飯少なめ  (980円)
DSCF3754_20130614083657.jpg
先輩は丼ぶりをご飯少なめで注文。

DSCF3756.jpg
いつもどおり美味しかったそうです。


久しぶりの「魚鷹」は美味しかったです。
後から調べてみたら、鰺のドンブリは食べたことなかったので、いつか食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

本日の丼ぶり物 
 ホッケのほぐし身温玉丼 (2011年7月8日
 鮭のほぐし身温玉丼 (2011年7月12日
 サワラのほぐし身温玉丼 (2011年9月22日

本日のフライ定食 
 秋刀魚と鮭のフライ定食 (2010年10月26日
 アジのフライ定食 (2011年8月23日
 カジキのフライ定食 (2012年7月31日

本日の煮魚定食
 笠子の煮つけ定食 (2011年7月22日
 金目鯛の煮つけ定食 (2011年7月26日) 
 鰈の煮付け定食 (2011年11月29日
 鰤と大根の煮付け定食 (2012年1月16日
 目鯛の煮付け定食 (2012年3月27日

刺身 御膳  (2010年10月18日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のメニューです↓
DSCF3750_20130614083645.jpg

DSCF3751_20130614083648.jpg

DSCF3752_20130614083651.jpg

DSCF3753_20130614083654.jpg


前日の夜のメニューです↓
DSCF3822_20130614083348.jpg

DSCF3823_20130614083351.jpg

DSCF3824_20130614083354.jpg

DSCF3825_20130614083357.jpg

DSCF3826_20130614083400.jpg


コースメニューです↓
DSCF3812_20130614083444.jpg

DSCF3813.jpg

DSCF3814_20130614083450.jpg

DSCF3815_20130614083453.jpg

DSCF3816_20130614083456.jpg

DSCF3817_20130614083417.jpg

DSCF3818_20130614083420.jpg

DSCF3819_20130614083422.jpg

DSCF3820_20130614083426.jpg

DSCF3821.jpg


2012年7月31日訪問時お店DATA
******************************
原始焼 六番町 魚鷹 (うおたか)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町3-20 佐藤ビル1階
TEL 03-3261-7897 
営業時間
[昼]11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜]17:00~23:00(L.O.22:15)
定休日 土日祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/19 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
やきとり 宮川 四ッ谷  @四谷
スポーツクラブへ行くのが億劫な日は自宅でテレビを見ながらエアロバイクを漕いでいることが多いのですが、最近気温が上がってきたので、かなり汗をかくようになりました。
単に水分が抜けているだけですが、それでも体重が下がるのはやっぱり嬉しいです(笑)。

DSCF3636_20130614082809.jpg
2012年7月27日は上司がお昼時に不在の日で外へランチを食べに行くチャンスでしたが、前日の暑気払いでご馳走をいただいて体重がかなり高止まりしていたので、お弁当を買うことにしました。
二日連続お弁当をさぼっている(笑)先輩と一緒に、この日は「やきとり 宮川(みやがわ) 四ッ谷」へ。

DSCF5682_20120203230710.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの交差点を渡り、左に曲がります。
レストラン エフ」の入っている主婦会館の隣の四ッ谷鳳翔ビルの1階にお店があります。

DSCF5685_20120203230709.jpg
この場所には「おかわり屋」というお店がありましたが、2011年9月16日に閉店したそうです。

DSCF5683_20120203230710.jpg
「宮川」は40年継ぎ足された秘伝のタレを持つ老舗の焼き鳥屋さんだそうで、2011年11月21日にオープンしました。
溜池山王にも支店があるそうです。

DSCF5684_20120203230709.jpg
前回ランチ訪問したのは2012年7月6日でした。
前回お弁当を購入したのは2012年7月11日だったので、約2週間ぶり、2回目です。

DSCF3627_20130614082822.jpg
お店の入口の右側でお弁当を販売しています。
女性店員さんが一人で対応していましたが、とても声が大きく溌剌とした接客でした。

お弁当の販売は店内でのランチと同じく、午前11時半からとのこと。

お弁当は定番3種類と季節メニューが1種類、合計4種類、全て700円です。

DSCF3628_20130614082825.jpg
お弁当を販売している横には、お店でのランチの見本が出ていました。

DSCF3630_20130614082831.jpg
こちらのお店では焼き物の時には豊後備長炭が使われているそうです。

DSCF3631.jpg
卓上には試食用の竜田揚げが置いてあったので、1ついただいちゃいました。

DSCF3632_20130614082758.jpg
皮はカリカリと香ばしく、程よい下味がついていて美味しかったです。
まだ研究途上のメニューなのか、この日は先輩の買ったお弁当がありましたが、この竜田揚げが入った定番のお弁当はありませんでした。

DSCF3629_20130614082828.jpg
またすぐ買うことになるとは思いましたが、季節メニューは食べられるときに食べておかないと!と思い、私は自然栽培のお野菜を使った夏野菜カレーをチョイス。

先輩は、店員さんが「今日だけ鳥そぼろときじと竜田揚げが入っています。」と3種類も食べられるミックスのお弁当を注文しました。

DSCF2185_20130528075728.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お味噌汁はサービスでついているので、横に置かれた容器にセルフで入れます。

DSCF3633_20130614082801.jpg
夏野菜カレーは注文を受けてから厨房にオーダーを入れて作ってもらうので、出来上がりまでしばらく待ちました。

DSCF3634_20130614082804.jpg
お味噌汁は小さなプラスチックの容器に入っていて、下は白、フタは半透明です。

DSCF3635_20130614082806.jpg
お弁当も同じくプラスチックの容器で、下は白、フタは透明でした。

DSCF3644_20130614082658.jpg
いただきま~す!


自然栽培のお野菜を使った夏野菜カレー (700円)
DSCF3636_20130614082809.jpg
先輩のお弁当に比べると、ボリュームたっぷりで、見た目も豪華です。

DSCF3638_20130614082721.jpg
お味噌汁にはワカメとお揚げが入っています。
お揚げは結構厚みがありました。
ワカメの色が完全に変色しちゃっていたのは残念。

それでも、お味噌汁がついているかいないかではだいぶ満足度が違うので、セルフでもあるのはとっても嬉しいです。

DSCF3639_20130614082724.jpg
カレーは3つのパーツに分かれていて、カレーのルー、ご飯とお野菜、薬味が入っています。

DSCF3640_20130614082727.jpg
薬味は福神漬けなどではなく、キュウリのお新香でした。

DSCF3650_20130614082633.jpg
添えられた夏野菜は、和食屋さんとは思えないぐらい、とてもカラフルで種類もたっぷり。

DSCF3652_20130614082638.jpg
ミニトマト、ズッキーニ、赤・黄パプリカ、ジャガイモ、キャベツ、ナスなどなど。
どれも大ぶりのサイズにカットされています。

DSCF3651_20130614082636.jpg
ちょっと焦げ目がつくぐらい焼き付けてありました。

DSCF3642_20130614082733.jpg
カレーには竜田揚げが2本入っていました。
カレーにはお肉が入っていないと思っていたので、とっても嬉しかったです。

DSCF3643_20130614082655.jpg
骨付きでしたが、お肉ははらりと取れて、食べやすかったです。

DSCF3653_20130614082641.jpg
ルーそのものには具材は入っていませんでした。
ピリ辛で、しっかりと旨味があり、後味にスパイスを感じます。


きじとそぼろが楽しめるミックス弁当 (700円)
DSCF3647_20130614082701.jpg
先輩が購入したのはこちら。

DSCF3648_20130614082704.jpg
今日だけきじとそぼろと竜田揚げの3種類ミックスだと店員さんにアナウンスされて買ったお弁当でしたが、竜田揚げが見当たらない、、、、。

DSCF3649.jpg
先輩、前回ランチ訪問した時はカレーにスプーンが沈んじゃったし、「宮川」ではハプニングなしではなかなか食べられないようです(笑)。


カレーだけで食べたり、野菜とカレーを和えて食べたりといろいろ楽しめました。
野菜の種類が多くて食感も様々で、食べ飽きないのがよかったです。

ボリュームだけでいうと店内で食べたカレーの方が多かったですが、たっぷりの種類豊富な夏野菜とお肉の両方が楽しめて700円というお値段は、とてもCPが良かったで。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニュー↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

[イートイン]
きじ飯 (2012年1月31日
唐揚げ定食 (2012年3月9日
チキンカツカレー (2012年7月6日

[テイクアウト]
きじとそぼろが楽しめるミックス弁当 (2012年7月11日
自然栽培のお野菜を使った夏野菜カレー (2012年7月27日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1879_20130517053448.jpg

DSCF1883_20130517053456.jpg

DSCF1885_20130517053417.jpg

DSCF1888_20130517053428.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF1882_20130517053452.jpg

DSCF7340.jpg

DSCF7341.jpg

DSCF7342.jpg

DSCF7343.jpg

DSCF7344.jpg

DSCF7345.jpg

DSCF7346.jpg

DSCF7347.jpg

DSCF7349.jpg

DSCF7350.jpg

DSCF7351.jpg

DSCF7352.jpg


お店の名刺です↓
DSCF6587_20120221081301.jpg

DSCF6588.jpg


2012年7月27日購入時お店DATA
***********************************
やきとり 宮川 四ッ谷 (みやがわ)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 四ッ谷鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3221-4833
営業時間
[月~金] 11:30~14:00 18:00~23:00 
[土日祝] 17:00~22:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/18 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
アジア料理屋「GARBA」  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
週末はどうもお天気とのタイミングが合わず、毛布を洗うことが出来ませんでした(汗)。
さすがにこれだけ暑くなってくると、とっても邪魔なので早く片付けたいのですが、、、。

6月もいよいよ後半に突入です。
梅雨明けを楽しみに、今週もがんばりま~す☆

DSCF3439_20130614082126.jpg
2012年7月26日は、上司がお昼時に不在だったので外へ食べに行くチャンスでしたが、この日の夜は事務所の暑気払いを予定していたので軽めにしようと思い、お弁当を買いに行くことにしました。
いつもはお弁当の先輩も、珍しく一緒です。

最初はどんなお弁当なら軽めかと話していたのですが、この日は木曜日だったので「千代田四番町ランチ屋台」はボリューム系だけどタイカレーが食べられるアジア料理屋「GARBA(ガルバ)」ですよ、と言ったら、先輩がどうしてもタイカレーを食べたくなった!とのことで、「ガルバ」に行くことに。
全く軽くないランチになりました(笑)。

私は「ガルバ」のメニューを全制覇していたのでどうしようか迷ったのですが、なかなか他に思いつくところがなく、確か温玉が別料金だったから、プラスしてみようと思いました。

DSCF7001.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

「ガルバ」さんの車はやや小さく、ちょっと緑ががって?落ち着いた白っぽい車で、絵柄や店名のロゴなどは全く入っていません。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

「ガルバ」は2011年3月17日からやって来ました。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2012年2月23日だったので、約5ヶ月ぶり、7回目です。

DSCF3429_20130614082143.jpg
この日は30度を超えるカンカン照りで、かなり暑い日でした。

DSCF3428_20130614082139.jpg
すごく久しぶりに来てみると、いろいろなことが変わっています。
以前は店主さんお一人でやっていたのが、二人体制に。
幾つかカワイイ日傘が並んでいて、自由に使っていいとのこと。
とても細かい気遣いにビックリです。

DSCF7002.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

私たちの前には10人程並んでいました。

DSCF8238.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お料理のサンプルは、ジュースやテープが後ろから支えています(笑)。

DSCF8240.jpg
メニューはガパオとカレーセットの2種類で、お値段は650円です。
カレーは4種類の中からチョイス出来ます。
辛さの目安が表記してあるので、とってもわかりやすいです。

DSCF7958.jpg
文字だけのメニュー表だけでなく、お弁当の見本が出ています。

ガパオは温卵と春雨がついて、お値段は650円。
大盛りも無料です。

DSCF8241.jpg
カレーセットは実物のサンプルが出ています。

DSCF8242.jpg
カレーはグリーンカレー、レッドカレー、トマトチキンカレー、キノコとチキンのココナッツカレーの4種類から選べます。
カレーセットにもガパオと春雨がついています。

ガパオもカレーセットもお値段が同じですが、カレーセットだとカレーだけでなくガパオと春雨も食べられて断然お得なので、ガパオ単独で注文している人を見たことがありません。

DSCF8243.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
何故かレッドカレーは空っぽです(笑)。
以前もレッドカレーのサンプルは容器のみでした。偶然?

DSCF7006.jpg
こちらは車の後ろ側なので、何もなくてとってもシンプル。

DSCF7009.jpg
混雑を少しでも緩和できるよう、比較的空いている時間をアナウンスしてくれています。
私もピークタイムをはずしたいですが、会社の都合でできないのが残念!

DSCF3430_20130614082146.jpg
トッピングしようと思っていた温玉は単品のメニューではありませんでした(泣)。

DSCF3431_20130614082149.jpg
スプーンはもったいないのでいただかないようにしています。

DSCF3432_20130614082151.jpg
ご飯とカレーは別々の容器になっています。

DSCF3433_20130614082114.jpg
ご飯の容器は紙パックです。

DSCF3434_20130614082117.jpg
カレーの容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。
ご飯とガパオはその場で盛りつけますが、カレーはあらかじめ準備してあったものを手渡されます。

DSCF3436.jpg
こちら、メモも記憶も不確かですが、フタが2重になっていたような、、、。

DSCF3447.jpg
いただきま~す!


グリーンカレー  (650円)
DSCF3439_20130614082126.jpg
温玉トッピングは出来なかったので、この日は久しぶりにグリーンカレーを注文。

DSCF3440.jpg
ご飯の上にキャベツ、挽肉、春雨サラダ、もやしのナムル、マカロニサラダがのせられています。
たっぷりの具材で、ご飯は全く見えません。
このおかずの組み合わせはいつも同じです。

DSCF3444_20130614082053.jpg
千切りキャベツはたっぷり。

DSCF3443_20130614082050.jpg
春雨サラダにはほんの少しですが細く切ったニンジンやキュウリが入っていました。
酸味がしっかりときいていてさっぱり味です。

DSCF3442_20130614082046.jpg
もやしのナムルもさっぱりとした味付けです。

DSCF3441_20130614082043.jpg
マカロニサラダは太いものが2本あって、オーロラソース?がまぶしてありました。
こってり味です。

DSCF3445.jpg
ガパオの挽肉は、単独で食べてみたら、それ程濃い味ではありませんでした。

DSCF3437_20130614082122.jpg
いつもどおり、カレーは容器のフチまでたっぷりと入っています。

DSCF3449_20130614082023.jpg
ルーがちょっとぬるめなのは残念。
辛さはピリ辛程度ですが、ココナツミルクの風味があり、相変わらずコクがあってとっても美味しい!

DSCF3450_20130614082026.jpg
ナスはとろ~り柔らか。

DSCF3452_20130614081955.jpg
カレーの表面ではほとんど見えませんが、中にはナス、鶏肉、シメジ、大根、ニンジンなどなど、具だくさんでした。

DSCF3453_20130614081958.jpg
まずはカレーをかけずにガパオとして食べて、その後カレーをかけて食べました。
ご飯のボリュームもしっかりあります。


トマトチキンカレー (650円)
DSCF3448_20130614082021.jpg
先輩はトマトチキンカレーでした。
しっかりとコクがあって美味しいと感激。
エスニック味を堪能していました。


久しぶりの「ガルバ」でしたが、相変わらず美味しくてボリュームたっぷりでした。
「千代田四番町ランチ屋台」の中ではピカイチのCPだと思います。
ただ、温玉がなくなってしまったのは本当に残念です。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

◎定番メニュー
 ガパオ     (2011年10月20日
 グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日
 レッドカレー  (2011年4月21日
 トマトチキンカレー (2011年6月30日
 キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日

◎本日のカレー
 カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
  ロシアン&ハワイアン<トマトソース> (2012年6月11日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  ハーブチキンフレンチライス (2012年1月23日
  ハーブチキンハワイアンライス (2012年2月13日
火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日
木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
  カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日
金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年7月26日訪問時お店DATA
******************************
[千代田四番町ランチ屋台]
アジア料理屋「GARBA」 (ガルバ) 
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 木曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/17 04:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
【撤退】 アジアンランチ [ランチ屋台村]  @四谷
2013年8月6日追記

少し前にランチ屋台村麹町6丁目店が撤退することを知りました。
2013年7月30日、駐車場に行ってみると、確かに閉店のお知らせが出ていました。

DSCF1335_201308061854486f5.jpg
営業は2013年8月9日までとのこと。
すでに火曜日と水曜日の営業は終了しています。
このランチ屋台村は2013年2月15日にオープンしたので、半年持ちませんでした。
いつ行っても結構空いているな~とは思っていたのですが。。。
お弁当の選択肢が減ってしまったのはとても残念です。

*************************************

今月上旬は久しぶりに仕事が忙しかったのですが、今日が最後の締め切りです。
きっちり仕上げて楽しい週末を迎えたいです。
お天気はイマイチのようですが、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2013年2月15日からやって来た「アジアンランチ」のレポートです。

DSCF7969_20130608091455.jpg
2013年5月24日は週の最後の金曜日。
この日のランチは、ランチ屋台村にお弁当を買いに来ました。
ランチ屋台村は、金曜日は「アジアンランチ」というお店がやってきていますが、金曜日は夜に外食に行くことが多くてランチはなるべくカロリー控えめな食事にしていたので、なかなか訪問する機会がなく、この日初めての訪問です。

DSCF7962_20130608091528.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を麹町方面に進み、最初の「カフェ・ド・クリエ」のある角を左折します。少し行った右手に堤ビルがあり、その前に車が停まっています。

DSCF5251_20130408055818.jpg
車の前にランチ屋台村の看板が出ています。
市ヶ谷の千代田四番町ランチ屋台と同じく、平日の午前11時30分から午後1時45分まで、日替わりでお店がやって来ます。

DSCF5252_20130408055822.jpg
金曜日に来ているお店は、「アジアンランチ」です。
TBSの「王様のブランチ」でナンバー1屋台に選ばれ、マスコミ出演多数のアジアン屋台で、400品メニューの中から毎回6品が登場するとのこと。

このランチ屋台は2013年2月15日にオープンしたそうで、「アジアンランチ」は一番最初に営業を始めたお店だったようです。

DSCF7949_20130608091618.jpg
こちらはアジアンランチのメニューが出ている看板です。

DSCF7950_20130608091621.jpg
お弁当は3種類あり、3品ぶっかけごはん(600円)、アジアンランチボックス(650円)、カレーボックス(550円)で、お値段はお安めです。

ぶっかけごはんとアジアンランチボックスは、どちらもその日のおかずから3品を選びます。
のっけちゃうか、わけて置くかの違いです。

DSCF7951_20130608091624.jpg
お弁当類とセットで購入すると、トムヤムスープが100円になります。
おかずは単品で1種類250円です。
オプションとして、パクチー3g、おかず1品をお玉スリキリ半量トッピング、おかず1品お玉スリキリ半量大盛がそれぞれ+50円、ライス大盛り100gを+100円があります。
グラムとかスリキリ半量とか、すごくきっちりとした表記です。

DSCF7948_20130608091615.jpg
この日のおかずは全部で6種類あり、別の黒板に書かれています。
スリランカ、中国、日本、タイ、オリエンタルとお料理の幅が広く、種類が豊富です。
辛さの程度も明記されているので、わかりやすいです。

保存料は使っていないとのことです。
お米は100%青森産だそうです。

初めての注文だし、おかずの種類も多く、並びながら一生懸命看板を読みました。
TBSの「王様のブランチ」でテイクアウト屋台のナンバーワンになったそうですが、おかずが日によって変わるので、どの組み合わせが一番だったか知りたいです。

DSCF7955_20130608091548.jpg
12時になってすぐ事務所を出て屋台に行ったところ、前客が5、6人いました。
この屋台に来るお店の中で、今までで一番人が並んでいたような気がします。
エスニック料理って人気があるのでしょうか。

DSCF7957_20130608091554.jpg
この日は先輩が珍しくお弁当を持ってきていなかったのですが、上司の「松月庵」の出前に対応するため、二人で出てしまうことが出来ず、屋台に着いてから先輩にメニューのあらましをメールして、選んでもらいました。
ぶっかけで、おかずを適当に選んで下さいとのこと。

DSCF7958_20130608091556.jpg
男性店主がお一人で切り盛りしています。
とても丁寧な接客でした。

DSCF7959.jpg
ご飯は白米と玄米が選べたので、玄米でお願いしました。

DSCF7961_20130608091525.jpg
車の左側に持ち帰り用のビニール袋が置いてあります。

DSCF7960_20130608091523.jpg
お弁当を受け取ったら、セルフで横のサイドテーブルで袋詰めします。

DSCF7963_20130608091532.jpg
お弁当を入れる袋は薄い赤のビニール袋です。
ロゴが入っているのは結構ありましたが、色つきの袋は珍しい。

DSCF7982_20130608091409.jpg
ちょっとレトロっぽいかわいいデザインです。

DSCF7965_20130608091534.jpg
この日はせっかくなので辛いメニューに統一しちゃおうと思い、唐辛子が3本マークされたタイの6種類の野菜と豚肉のグリーンカレー焼春雨、唐辛子2本マークのタイ料理の定番甘辛すっぱいイカのハーブ添え、同じく唐辛子2本マークのスリランカのマスタードチキンカレーをチョイス。
このカレーはプラス50円ですが、とてもオススメとのことで選んでみました。
先輩にはお弁当だけ購入しましたが、私はせっかくだったのでトムヤムスープをつけました。

DSCF7966_20130608091450.jpg
お弁当は紙製の容器です。

DSCF7967_20130608091453.jpg
スープはプラスチック容器で、下は白、フタは透明です。


3品ぶっかけごはん(600円)+トムヤムスープ(100円)=700円
DSCF7969_20130608091455.jpg
いただきま~す!

DSCF7970_20130608091458.jpg
トムヤムスープは、6時間豚骨を煮込んだ具なしのスープです。

DSCF7971_20130608091500.jpg
赤茶っぽいスープにコリアンダーが浮かんでいました。

DSCF7978_20130608091435.jpg
しっかりと辛味と酸味がありましたが、豚骨だからでしょうか、「ティーヌン」のトムヤムスープなどに比べるとちょっと味わいが違いました。

DSCF7972_20130608091423.jpg
お弁当は、右からカレー、イカ、焼春雨です。

DSCF7973_20130608091426.jpg
タイの6種類の野菜と豚肉のグリーンカレー焼春雨は、ヌーベルタイクジーヌと書かれていたので、タイ料理の新しいスタイルでしょうか。
豚肉、春雨、ニンジン、タケノコ、などなど、意識していなかったので、6種類全部はわかりませんでした(汗)。
あまりグリーンカレーっぽい味わいは感じませんでした。

DSCF7974_20130608091430.jpg
甘辛すっぱいイカのハーブ添えは、ヤムプラームックという、タイ料理の定番です。
イカのほかにはセロリ、ニンジン、トマト、もやし?などなど、野菜がたっぷり。
酸味がしっかりと効いていたのでとってもさっぱりといただけました。

DSCF7975_20130608091433.jpg
カレーは、お店の方が100品のカレーの中でもベスト5に入ると強力にオススメしている自慢の一品です。
こちらを買うとき、店主さんは丁寧に「こちらは50円プラスになりますが、よろしいですか?」と確認してくれました。
スリランカのカレーなんて、初めてかも。
やや白っぽさのある茶色いルーです。
クリーミーさがありますが、結構塩分強めの味わいでした。

DSCF7980_20130608091405.jpg
ご飯のボリュームは普通です。
玄米をチョイスしたので、薄茶色の色合いで、とても粒粒感があって歯応えがよくて美味しかったです。


全体のボリュームは普通です。
屋台のお店はいろいろな制限があるせいかメニューを絞っていることが多い中、アジアンといっても和食も含んだかなり幅広いおかずのラインナップなので、たくさんの種類の味わいを楽しめるお店でした。
この日チョイスしたおかずはどれもおかずが結構小さめにカットしてあったので、あまりメインっぽくなかったのはちょっと残念でした。

これで、ランチ屋台村の全ての曜日を制覇しました。
会社からそれ程遠くないところにお弁当の選択肢が増えて、本当にうれしいです。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ ランチ屋台村全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 「SHANTI CURRY」 
  からあげセット (2013年4月8日
火曜日 「PINOS-CHICKEN DINER-」
  ガーリックチキン<コラーゲン炊き込みご飯> (2013年4月23日
水曜日 「キミドリ」  
  キミドリ風タコライス+玄米 (2013年4月3日
木曜日 イタリアごはん「CAFFE LATTE」  
  おすすめ3種類全部盛り (2013年4月11日
金曜日 「アジアンランチ」
  3品ぶっかけごはん (2013年5月24日
  トムヤムスープ (2013年5月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年5月24日訪問時お店DATA
********************************
[ランチ屋台村]
アジアンランチ
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-4-14 堤ビル前
ランチ屋台村 金曜日
営業時間 11:30~13:45
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/14 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
父の日のプレゼントをすっかり忘れていて、昨日の夜、慌てて楽天市場を検索しまくりました(汗)。
あと4日しかないのに、無事、当日到着の手配が出来て一安心。
便利で本当にありがたいです。

DSCF3295_20130607213942.jpg
2012年7月24日は、お昼をだいぶ過ぎてから上司が「外へ食べに行こう。」と声をかけてくれました。
向かった先は、上司のお気に入りの中華料理屋さん「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です。

「嘉賓」は上司だけでなく先輩も私も大好きなお店ですが、このところの上司の「嘉賓」訪問率が高すぎる!
調べて見たら、ここ数ヶ月間だと2012年7月9日に「アピアン」に行ったぐらいで、それ以外は行くたびにほぼ「嘉賓」でした。
「嘉賓」に向かう途中、三栄通りの手前に位置する「蔵や」や「嘉賓」と同じビルの地下にある「エラバ」なども眺めてはいるのですが、結局入店するのは「嘉賓」。
それでも私はまだいろいろなお店のお弁当を買ったり、上司がいない日は外へ出かけているのでいいのですが、普段お弁当の先輩はお弁当ではない日は全て「嘉賓」という状態が続いていました(笑)。
美味しくて大好きなだけに、飽きない頻度で行きたいものです。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF3318_20130607213636.jpg
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

入り口

お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。

前回ランチ訪問したのが2012年7月18日だったので、6日ぶりでした。

DSCF6934_20121228075009.jpg
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。
このエアコン、型式が古いのか、部屋の大きさに比べたらやたらとでっかいです(笑)。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがありました。

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には調味料、お箸、紙ナプキン、食べるラー油など置かれています。

12時40分頃に入店すると、店内は満員でしたが、ちょうどお客さんの入れ替わりがあってすぐに着席することができました。
お店の中程にある4人用テーブル席に着席。
この席はとても空調の利きがいい場所だったので、暑がりの上司は大感激でした(笑)。

DSCF1482_20130502072200.jpg
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF3289_20130607213932.jpg
夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
食事中、フロアの方がこまめにお茶をつぎ足しに来てくれます。

着席するとすぐに冷たいお茶が出てきました。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF3291_20130607213935.jpg
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF3292.jpg
この日の伝票です。

この日は日替わりもお粥の種類も全て食べたことがあったので、久しぶりにB定食を注文。
スブタが大好物の上司はA定食、先輩は日替わりをご飯少なめでお願いしました。


B定食 青菜と牛肉の炒め (1,000円)
DSCF3295_20130607213942.jpg
しばし待って、私のお料理が一番最初に登場。
黒い長方形のお盆に、メイン、水餃子、お新香、スープ、ご飯、デザートがのせられています。
水餃子のつけダレもあって、定食はかなりゴージャスです。

DSCF3296.jpg
ご飯は小さい器ながらも、てんこ盛りでした。
少なめをお願いすればよかったかな、、、とちょっと思ったのですが、実際に食べてみると、おかずの味付けがかなりしっかり目だったので、この量でよかったです。
ちなみに、定食だとご飯のおかわりは自由です。

DSCF3299_20130607213805.jpg
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類のものしか出てきませんが、日によって色合いや透明度が結構違います。

DSCF3312_20130607213713.jpg
小ネギのトッピングが彩りのアクセントになっています。
この日は薄茶色の半透明で、お味はコクがあって塩加減もしっかりしていました。

DSCF3298_20130607213801.jpg
ザーサイは小皿にたっぷりと盛られています。
しかも、一切れ一切れがとても大きい。
しっかり味のおかずが多いのでこんなにたくさんはいらないのではといつも個人的に思いますが、比較的あっさり味なので食べやすいです。

DSCF3300_20130607213809.jpg
定食には茹でギョーザが2個ついていて、とってもお得です。

DSCF3297_20130607213758.jpg
餃子のタレはあらかじめ調合されて、小皿に入って出てきます。

DSCF3316_20130607213629.jpg
皮が厚めのタイプで、食感はややもっちりとしていました。

DSCF3317_20130607213632.jpg
この日は出来たてアツアツではなかったのが残念。
中には細かく刻まれたお野菜とお肉が入っていて、ジューシーでした。

DSCF3302_20130607213659.jpg
この日のメインは青菜と牛肉の炒めです。
お皿にたっぷりと盛りつけてありますが、具材はこの2種類だけと、とってもシンプル。

DSCF3304_20130607213702.jpg
たっぷりの青菜は油通しをしてあるのか、しっかりと油でコーティングされていて美味しいです。
特に茎の部分はシャキシャキした食感がたまりません。

DSCF3315_20130607213626.jpg
青菜に隠れがちですが、お肉も結構入っていて、程よい噛み応えでした。
「嘉賓」はいつもしっかり目の味付けですが、この日は特に濃いめだったので、かなりご飯が進みました。
たっぷりの油を吸って濃い味付けだからか、見た目よりもすごくボリューム感があります。

DSCF3301_20130607213812.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF7538_20130121043336.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。

DSCF7537.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


マーボー豆腐のかけご飯 ご飯少なめ (700円)
DSCF3305_20130607213706.jpg
先輩はこの日の日替わりを注文。

DSCF3306_20130607213710.jpg
ご飯少なめにしていました。


久しぶりに定食を食べましたが、お値段は高めなものの、茹でギョーザも食べられて、ボリュームたっぷりで味も美味しくて大満足でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食[餃子2個付]
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
B定食[餃子2個付] 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ (2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
2010_0607画像0022

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2012年7月24日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2F
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/13 07:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ティーヌン 市ヶ谷店  @市ヶ谷
ちょっと前まで空梅雨だ、水不足だと言っていたのに、台風の接近で一転、梅雨前線が活発化し、急に雨がちなお天気になっちゃいました。
農作物などにとっては恵みの雨ですが、傘を持つのが嫌いな私にはガッカリです(汗)。

DSCF3278_20130607211740.jpg
2012年7月23日は、週の最初の月曜日。
上司は12時少し前に出先での仕事が終わり、お弁当を買って戻ってくるとの連絡が入っていたので、前週の金曜日のランチとは違い、二人分の準備をする必要はありませんでした。
私は「すた丼屋」など、週末の飲み食いで体重が増加していたので軽めのランチを食べようと思い、「ティーヌン 市ヶ谷店」のお弁当を買いに出かけました。

入り口

こちらは以前撮った写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から九段下方面に向かっての交差点を渡るとすぐ右手に市ヶ谷プラザビルがあり、お店は靖国通り側ではなく、土手側の1階にあります。
お店の入り口の右側の窓が開くようになっていて、テイクアウトができます。

2008_1115画像0089
市ヶ谷プラザは、JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かって進むと、すぐ左手にあります。

2010_0803画像0056
市ヶ谷プラザにはたくさんの飲食店が入っています。
1階の土手に面した側には「ティーヌン」と2011年7月1日にランチ訪問した「とんかつ うちの」があります。
靖国通り側は、1階にある、
2009年10月8日に「カレーの王様 市ヶ谷店」
2009年7月28日に「ITALIAN RESTAURANT DINOS」(2010年後半に閉店し、2010年11月24日に「松屋 市ヶ谷店」がオープン)、
2009年4月6日に「ちりめん亭 市ヶ谷店」
また、2階では、
2008年11月12日に「プティーワン」
2009年7月1日に「さくら水産」
2010年8月3日2011年9月1日に「芝浦食肉」、
へ行きました。

DSCF1508_20120630112529.jpg
写真が光ってしまって見にくいですが、タイの街角の風景写真です。

12時少し過ぎた頃にお店に到着すると、前客は2名、後客も2名ほどでした。

DSCF6311_20121204053643.jpg
お弁当は定番メニューが7種類、季節メニューが2種類、サイドメニューが5種類あります。

前回お弁当を購入したのは2012年6月14日だったので、約40日ぶりです。

DSCF3271_20130607211826.jpg
お弁当の販売は午前11時から午後2時45分までのランチタイムのみです。

テイクアウトの窓口を担当している女性店員さんは、とても明るくていつもテキパキと対応してくれます。

DSCF6310.jpg
サイドメニューとしてサラダやスープもあります。

DSCF6313_20121204053635.jpg
窓口の下に貼り出された写真はかなり大きくて色鮮やかなので、お料理がどんな感じかとてもわかりやすいです。

DSCF6312_20121204053647.jpg
画像が粗くてわかりにくいですが、お弁当のお値段は600円と620円です。

DSCF0495_20130329061230.jpg
夏限定の季節メニューが2種類あり、こちらはどちらもお値段が950円とお高めです。

DSCF0496.jpg
麺類を注文する場合、中華麺「バミー」か中細ビーフン「センレック」が選べます。

DSCF0497.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
前回のランチで冷やしチャーンノーイ麺を中細ビーフン「センレック」で食べたので、この日は同じメニューを中華麺「バミー」でお願いしました。

一番お値段が高いメニューだけあってボリュームが多いのか、持つとかなりずっしりときます。

DSCF3272_20130607211829.jpg
麺とスープは別々の容器に入っています。

DSCF3273_20130607211832.jpg
スープは麺よりは一回り小さい容器でした。
プラスチック製で、下は白、フタは透明です。

DSCF3274_20130607211837.jpg
麺の入った容器は紙製で、透明なプラスチックのフタがついています。


冷やしチャーンノーイ麺 : バミー  (950円) 
DSCF3278_20130607211740.jpg
いただきま~す!
麺の入った容器は2段になっていて、上に具材、下に麺が入っています。

DSCF3276.jpg
スープ?つけ汁?は、半透明で赤茶っぽく、量はたっぷり。
唐辛子の種でしょうか、ほんのちょっとだけ浮かんでいます。
ニンニクの香りが結構して、ピリ辛味です。

DSCF3281_20130607211746.jpg
麺は中華麺のバミーなので、黄色いです。
太さはセンレックと同じだと思うのですが、色の違いのせいでしょうか、こちらの方がボリュームがあるような気がします(笑)

大きめの容器の底にあるので少なく見えますが、そこそこのボリュームです。
時間が経っているので仕方ないですが、麺はくっついちゃっていました。

DSCF3279_20130607211743.jpg
具は種類が豊富でぎっしりと盛ってあり、彩りも鮮やか。
お値段が950円とお高めな理由がわかります。

DSCF3282_20130607211655.jpg
中央にはパクチーや砕いたナッツやフライドオニオン?がたっぷりとのせてあり、味のアクセントになります。

DSCF3285_20130607211706.jpg
錦糸卵、、、

DSCF3283_20130607211659.jpg
レタス、細めの千切りの人参、やや太めに切った焼き豚などなど、とっても具沢山です。
写真には写っていませんが、ミニトマト、キュウリ、海老なども入っています。

DSCF3284_20130607211702.jpg
大きめの櫛切りのレモンが添えられていました。

DSCF3287_20130607211710.jpg
麺の器にトッピングを移しましたが、たっぷりのトッピングなので、とても一回ではのせきれません。
そこにスープを全て注ぎ入れて、固まった麺をほぐしながら食べますが、全体にスープが行き渡らせるのも結構大変。

DSCF3288_20130607211630.jpg
茶色っぽいスープはピリ辛でしっかりと酸味がきいていて、とてもさっぱり。
もともと酸味がしっかりあるので、レモンを搾っても味はあまり変わらない気がしましたが、香りは華やかになりました。
全体的に具材・スープとも、あっさり・さっぱりしています。


食べ慣れている、というのもあるのでしょうか、冷やしトムヤムクンラーメンと比べるとチャーンノーイ麺のスープの方がさっぱりしているので、麺の存在感が大きく感じて、個人的にはビーフンよりも中華麺の方がしっくりきました。

麺のボリュームは普通ですが、たっぷりの具材で食べた後はかなりお腹が一杯になります。
ただし、お野菜がメインなので夕方早くにはお腹が空いちゃいましたが(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  冷やしトムヤム (2007年6月8日

[お弁当]
  蒸し鶏のせ炊き込みごはん弁当 (2012年2月9日
  レッドカレー弁当 (2011年12月8日
  グリーンカレー弁当 (2007年12月11日2011年1月26日
  ガパオ弁当  (2011年10月18日
  パッタイ弁当 (2012年2月20日
  生春巻    (2011年10月18日
  揚春巻    (2011年12月8日
  日替わり炒飯弁当 (2011年11月9日
  トムヤムスープ (2007年12月11日2011年1月26日2011年11月9日2012年2月20日
  野菜たっぷり日替わりスープ (2012年2月9日
  ガイパッキン (2008年2月4日
  冷やしトムヤムヌードル:センレック (2012年6月1日
  冷やしチャーンノーイ麺:センレック (2012年6月14日
  冷やしチャーンノーイ麺:バミー (2012年7月23日) 

[ディナー] 
  2007年9月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年7月23日購入時お店DATA
******************************
ティーヌン 市ヶ谷店
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル1F
TEL&FAX 03-5214-6515
営業時間  
[昼]11:00~15:00 (お弁当 11:00~14:45)  
[夜]17:00~23:00
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/12 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(6) |
伝説のすた丼屋 錦糸町店  @錦糸町
昨日は週明けの月曜日らしく、朝の電車がずいぶん遅れていました。
早番だった先輩はのろのろと走って前に進まないわりにはブレーキが踏まれる度にぎゅーぎゅーの車内でもみくちゃになり、出勤しただけで疲労困憊していました(笑)。

本日は、マイブログ圏外の「すた丼」@錦糸町のレポートです。

DSCF3239_20130608083331.jpg
2012年7月22日の午後、買い物で錦糸町に出かけました。
午後4時過ぎ、まだランチを食べていなかったので、夜食べ過ぎちゃわないように少し食べておこうという話になり、「伝説のすた丼屋(でんせつのすたどんや) 錦糸町店」に行ってみました。

DSCF3251_20130608083222.jpg
JR・地下鉄錦糸町駅の南口を出て四つ目通りの右側を南へ下り、少し行ったところにKINSIA ANNEXSビルがあり、お店はその1階にあります。

DSCF3252_20130608083228.jpg
「すた丼」は、もともとは国立のB級グルメとして有名でしたが、株式会社アントワークスが「伝説のすた丼屋」としてチェーン展開し、首都圏だけでなく東北や関西にも出店し、続々と支店が出来ています。
錦糸町店は2012年4月27日にオープンしたそうです。
私は2010年秋頃に新宿店、2011年8月21日に亀戸店に訪問したことがあります。

DSCF3219_20130608083523.jpg
店内に入るとすぐに券売機があるので、食券を購入します。
この機械、何度か格闘したのですが、まとめ購入がうまくできませんでした(汗)。

DSCF3218_20130608083612.jpg
お冷やは券売機を通り過ぎ、一番奥のスペースに置かれているので自分で取りに行きます。

DSCF3217_20130608083608.jpg
壁にはたくさんのメニューが貼り出されていました。
メニューがずいぶん増えたようです。

DSCF3216_20130608083604.jpg
フロアは細長く、左奥に厨房があり、それを取り囲むようにカウンター席、その周りにテーブル席がありました。
こんな中途半端な時間でしたが、先客は4組ほどいました。

DSCF3220_20130608083527.jpg
私たちは一番手前にあった4人用のテーブル席に着席。
卓上には持ち帰りメニューが置いてありました。

DSCF3250_20130608083214.jpg
開店からまだ3ヶ月ぐらいしか経っていないので、内装はとってもキレイ。

DSCF3237_20130608083326.jpg
雨の日や、、、

DSCF3236_20130608083425.jpg
学生さん向けなど、いろいろサービスがあるようです。

DSCF3214_20130608083557.jpg
テーブルの真ん中にお箸や調味料が並べられています。

DSCF3221_20130608083531.jpg
テーブルの左端に、もやしを発見。
前の人の残したものを、拭き忘れたようです。
自分で拭きたくてもダスターはないし、2つ前の写真のとおり、ちょうど私のテーブルの紙ナプキンは品切れでした(汗)。

DSCF3224_20130608083448.jpg
私は前から気になっていたすたみなカレーを注文。
家人は少し前から炒飯食べたい病になっていたので、月替わりのガーリックレタスチャーハンにしました。

丼物のボリュームが多すぎるのを考慮して少なめのオーダーも出来るようになっていたり、夏限定の冷たい麺メニューなども登場してかなりメニューのラインナップが増えたので、メニューにおけるすた丼の占有率が減ったようです。

DSCF3229_20130608083506.jpg
程なく、チャーハンが登場。
ご飯を450g使っているというだけあって、見た目からわかるたっぷりのボリュームです。
ガーリックの香りがたちこめました。


ガーリックレタスチャーハン (700円)
DSCF3231_20130608083412.jpg
後からお味噌汁が出てきました。

DSCF3230_20130608083408.jpg
一口いただいたところ、美味しい味付けではありますが、しっかり味過ぎてちょっとしょっぱかったです。
チャーハンは他にお味噌汁ぐらいしか逃げ道がないので、この量では辛かったのでは。
家人はお水をたくさん飲んでいました。

DSCF3215_20130608083600.jpg
チャーハンが出てから私のカレーが出てくるまで、結構時間がかかりました。
店員さんは厨房に一人、フロアに一人、合計二人でお店を回していました。私たちが入店するとき、ちょうど他の二人の店員さんが何らかの理由でお店を出て行ったので、一番手薄な時間帯だったのだとは思いますが、わずか数組しか店内にいないのに、私だけでなく「お料理まだすか?」とか「餃子が出てこない。」と店員さんに尋ねている人がいました。
食べ終えて帰ったお客さんのお皿などもところどころに残ったままだったので、人手が全然足りていなかったようです。


すたみなカレー (650円)
DSCF3239_20130608083331.jpg
5分遅れで、私のカレーが出てきました。
メインとお味噌汁のセットです。

DSCF3241_20130608083335.jpg
お味噌汁は量がたっぷり。
彩りに小ネギが散らしてあるほか、写真はありませんが、ワカメが入っていたような気がします。

DSCF3242_20130608083340.jpg
カレーはチャーハンと同じ黒い器です。
ご飯が丘のように盛られ、カレーがたっぷりと入っていて、お肉がトッピングされていました

DSCF3246_20130608083259.jpg
カレーの薬味に赤い福神漬けが添えられています。

DSCF3243_20130608083344.jpg
お肉はすた丼にのせてあるのと同じものですが、量はかなり少なめ。
ニンニク醤油だれのしっかりとした味付けなので、カレーと一緒に食べるとちょっとしょっぱくなってしまうので、普通にご飯と一緒に食べた方がよかった気がします。

DSCF3244_20130608083248.jpg
カレーのルーには具はないですが、かな~りたっぷりの量でした。

DSCF3247_20130608083304.jpg
辛くもスパイシーでもないですが、食べやすいカレーです。

DSCF3245_20130608083254.jpg
この写真だとわかりにくいですが、ご飯がとにかくたっぷりなので、ルーと絡めてひたすらいただきました。
とにかくボリュームたっぷりです。

DSCF3249_20130608083308.jpg
卓上に一味唐辛子があったので、途中、たっぷりふりかけました。
ピリッとした刺激が加わり、いいアクセントになりました。


すた丼は、カレーとの合い盛りよりも単独の方が好みだなとは思いましたが、ボリュームとしてはご飯をたっぷりと食べて大満足。
雨の日にはお肉が1.3倍になる肉増しなどのサービスがあるようなので、ぜひ雨の日にも来てみたいです。


メニューです↓
DSCF3222_20130608083535.jpg

DSCF3223_20130608083540.jpg

DSCF3224_20130608083448.jpg

DSCF3225_20130608083453.jpg

DSCF3226_20130608083458.jpg

DSCF3227_20130608083502.jpg

DSCF3233_20130608083417.jpg

DSCF3235_20130608083421.jpg


2012年7月22日訪問時お店DATA
******************************
伝説のすた丼屋 錦糸町店 (すたどんや) 
〒130-0022 
東京都墨田区江東橋3-8-12 KINSIA ANNEXS1階  
TEL&FAX  03-6659-9829
営業時間 7:00~24:00
(7:00~11:00は朝食メニュー)  
定休日 なし
JR・地下鉄錦糸町駅南口から徒歩3分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2013/06/11 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
週末はかなり気温が上がり、暑くなりましたね~。
みなさま、楽しい週末だったでしょうか。
今週は水曜日を締め切りの大きな仕事があるので、がっつりがんばります!

DSCF3020_20130607210012.jpg
2012年7月20日のランチは、この日の夜に夏休み明けわずか3日目でにディナーに行く予定だったので、出来るだけカロリーを少なめにしようと思い、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」のテイクアウトをしようと決めていました。

お昼になると、上司が「幕の内弁当みたいのを一緒に買ってきてくれないか。」と言い出しました。先輩が「こしひかり弁当でいいですか。」と聞くと、「そうだな。なければ蕎麦屋のカツ丼でもいいんだけど、、、。」とはっきりしない返事だったので、先に「こしひかり弁当」でお弁当を買い、後から「瓢箪」に行くことに。

上司はランチのことを言い出すのがいつも遅いので、「こしひかり弁当」に到着したのは12時15分過ぎになってしまい、既に店内も棚もがらんとしていて、一番お安いけれども量の少ないお弁当が2つ、ボリューム系の一番お高い550円のお弁当が2つあるだけで、上司の希望に一番近そうなお弁当は完売でした。少ないよりは量がある方が良いかなと思い、ボリューム系のお弁当を購入。

DSCF3012_20130607210055.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2012年7月12日だったので、8日ぶり、24回目です。

DSCF3011_20130607210051.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF1224_20130419071337.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

窓口のおばさまに最近顔を覚えていただいてもらったような気がします。
笑顔がちょっと柔らかく感じました。

2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという期間限定メニューが登場しました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期になるとお店の中に入って待つことができるので大変助かります。

DSCF9764_20130316092412.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
持ち帰りのビニール袋は、真っ白なシンプルなものです。

DSCF3014_20130607210103.jpg
この日は数日続いた猛暑日から一転して半袖では寒いぐらいの気温だったので、温かいたぬきそばにしました。

DSCF3019_20130607210008.jpg
容器は白いプラスチック製のドンブリで、フタは透明です。

DSCF9780_20130316092337.jpg
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。


たぬきそば (350円)
DSCF3020_20130607210012.jpg
麺に、カマボコ、ネギ、ワカメ、天かすがのせてあります。

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどにカマボコ、ワカメ、ネギがトッピングされているので勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

DSCF3027_20130607205928.jpg
カマボコはかなり薄切りですが、フチがピンク、中が白の華やかなタイプです。

DSCF3026.jpg
長ネギは小口切りです。

DSCF3023_20130607205921.jpg
ワカメはそれ程多くはないです。

DSCF3021.jpg
たぬきそばなので、天かすはかなりたっぷりと入っていました。
ただ、この日は天かすがこんなに入っているにも関わらず、ソバつゆがとてもあっさり。
薬味や七味唐辛子のアクセントがあったので、何とか食べられました。

DSCF3028.jpg
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF3030_20130607205835.jpg
麺はちょっとゴムっぽい食感です。
一口分をたぐるのが結構大変。

DSCF3018.jpg
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームは少なめです。
午後早い時間に空腹を感じましたが、夜のディナーが楽しみだったので、気になりませんでした。

幕の内弁当ではなくがっつり肉弁当を食べていた上司は、何故かこちらのお弁当が気になるようで「それは何だ? うどんか?」と声をかけてきました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 メンチうどん (2012年4月10日
 力うどん (2012年2月27日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけうどん  (2012年5月15日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年7月20日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/10 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(4) |
串揚げ全国ひもの市 串の陣 市ヶ谷店  @市ヶ谷
残業続きの一週間でしたが、ようやく金曜日まで辿り着けました。
来週半ばには仕上げなければいけない仕事があるのですが、なんとか形がついてきたので一安心。
土日出勤はしなくてすみそうです。
みなさまも、楽しい週末を☆

本日は、ニューオープンというにはだいぶ時間が経ってしまいましたが、2011年5月16日にオープンした「串の陣」のレポートです。

DSCF7820.jpg
2013年5月22日は、上司がお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに出ました。

この日向かったのは「串揚げ全国ひもの市 串の陣(くしのじん) 市ヶ谷店」。
2013年5月8日に「春日亭」へランチに行った帰り道に3つの新店をみつけ、そのうちの1つ「角吉」には2013年5月15日にランチ訪問していたので、この日はこちらのお店に行ってみることにしました。

DSCF7854_20130604060813.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進み、二つ目の角を右に曲がります。
少し行った先の右手の小林ビルの1階にお店があります。

DSCF7853_20130604060810.jpg
2011年5月16日にオープンした「串の陣」は、居酒屋・居食屋を経営する株式会社ジュエルバコが展開するお店で、串揚げや干物を楽しむことが出来るそうです。
この通りはあまり歩かないので、約1年もの間、お店の存在に全然気付きませんでした(汗)。

DSCF7855.jpg
このビルの地下一階には、2008年12月16日にランチ訪問した「決戦前夜」がありますが、同じく株式会社ジェルバコが運営する姉妹店です。
後から気付いたのですが、確かにこの看板にはお店の名前が連名で書かれていました。
ほかにも、飯田橋に「魚タリアン」というお店もやっているようです。

DSCF7856_20130604060819.jpg
お店の入口近くの壁に大きなランチメニューが貼り出されていました。

大阪名物の串揚げといえば、2010年12月2日にランチ訪問した「感謝屋」がありましたが、最近通りかかったときにランチメニューを見たら、ほとんどフツーの定食屋さんになっていて、串揚げはだいぶ目立たなくなっていました。

DSCF7857_20130604060747.jpg
昼間ですが、入口には明かりの灯った小さなぼんぼり?が下がっています。

DSCF7819.jpg
フロアはそれ程広くはなく、左に厨房とカウンター、右と手前にテーブル席がありました。

DSCF7814.jpg
12時15分ぐらいにお店に到着したところ、半分程の人の入りでした。
店員さんはサービスが一人、厨房に一人の二人体制で、どちらも男性です。

DSCF7815.jpg
カウンターにはお酒などが並んでいます。

DSCF7813.jpg
小さな白板に、夜のオススメが書かれていました。

DSCF7808.jpg
私はカウンター席の右側の方に着席。
厨房がよく見える場所だったので、臨場感があって楽しかったです。

DSCF7806.jpg
テーブルにはあらかじめおしぼりと器がセットされていました。

DSCF7809.jpg
ランチメニューです。

メニューは3種類あり、全て780円です。
ご飯の大盛は無料です。

カツカレーも気になりましたが、せっかく串揚げのお店に来たのだから名物の串カツを食べようと思い、季節の彩り串カツ定食をご飯少なめでお願いしました。

DSCF7816.jpg
お水はセルフでいただきます。
私はあまりお水を飲まない人なので、少しだけ。


名物串カツ 季節の彩り 串カツ定食 ご飯少なめ (780円)
DSCF7820.jpg
しばし待って、お料理が登場!
メイン、サラダ、ソース、お味噌汁、ご飯のセットです。
小さめのお盆にぎっしりとのせられていて、見るからにボリューム満点。

DSCF7829_20130604060924.jpg
お箸は木製のエコ箸です。
こちら、まんまるの形状なので、写真を撮ろうと思って器の上に置くと、よほどそ~っと置かないとコロコロと転がっちゃいました(笑)。

DSCF7821.jpg
ご飯は小さめなお茶碗に盛られていました。

DSCF7822.jpg
見た感じだと少なめになっているのかどうかよくわかりませんが、多くはなかったです。

DSCF7824.jpg
お味噌汁には長ネギの小口切りが浮かんでいました。

DSCF7825.jpg
食べてみてビックリ。お味噌汁ではなく豚汁でした。
写真は撮り忘れちゃいましたが、細切れの豚肉や大根などが入っていて、美味しかったです。

DSCF7826.jpg
サラダは透明のガラスの器に入っていました。

DSCF7827.jpg
リーフレタス、紫キャベツ、ニンジンなどが入っていて、ドレッシングがかけてあります。
見た目よりはボリュームがありました。

DSCF7823.jpg
ソースはやや口の広いお皿に入っています。
大阪の串カツ屋さんだと2度漬け禁止でちょっとストレスを感じることがありますが、マイソースで好きなだけたっぷりつけられるのは嬉しいです。
ソースは濃い目でかなり甘口でした。

DSCF7828_20130604061002.jpg
串カツは6種類もあり、キャベツとレモンが添えられています。
油切りのため、お皿の上にすのこ?が置いてありました。

DSCF7831_20130604060927.jpg
レモンの櫛切りは結構厚切りです。
あらかじめ、全体にかけ回していただきました。

DSCF7832_20130604060930.jpg
串カツは、カボチャ、タマネギ、うずら、豚肉、コロッケ、レンコンです。

DSCF7833_20130604060933.jpg
揚げ物に隠れてしまっていますが、生のキャベツが添えられていました。
大ぶりのカットで量もたっぷり。

DSCF7834_20130604060935.jpg
カボチャはとても薄切りですが、かなり大きめでした。

DSCF7850_20130604060844.jpg
少し歯応えの残るかたさで、ほんのりと甘かったです。

DSCF7836_20130604060858.jpg
レンコンはとても大きく、しかも厚みがありました。
レンコン大好きなのでとっても嬉しかったです。

DSCF7838_20130604060901.jpg
油を吸ってコクのあるレンコンは、シャクシャクとした歯触りも楽しめました。

DSCF7839_20130604060904.jpg
タマネギはそれ程大きくありません。

DSCF7851_20130604060806.jpg
タマネギは火がしっかりと通っていてとても甘かったです。

DSCF7840_20130604060907.jpg
うずらの卵は3個で一連になっていました。
間違いない美味しさです。
断面図の写真で撮ろうと半分に囓ってみましたが、黄身が後ろに飛び出してしまい、あまりに無残な姿になってしまったので、断念(泣)。

DSCF7841_20130604060909.jpg
食べている途中、お皿の下の方のフチについていたカラシを発見。
それまで全く気付きませんでした(汗)。
私にはちょっとソースが甘めだったので、味の引き締めによかったです。

DSCF7843_20130604060833.jpg
こちらは豚肉でした。

DSCF7845_20130604060835.jpg
薄切り肉を重ねて巻いてあったので、ジューシーで柔らか。

DSCF7846_20130604060838.jpg
最後は?メンチ?でした。
これだけは串カツスタイルではなく、串が2本刺さっていました。
大きめのカットなので、串1本だけだとやや不安定になるからでしょうか。

DSCF7848_20130604060841.jpg
野菜も入っているようで、水分多めで優しい味わいでした。


ソースがちょっと甘めでしたが、揚げ物のボリュームが多くてお腹いっぱい。
サラダと付け合わせのキャベツを両方あわせるとかなり野菜も食べられました。
これで780円なのは、かなりCPが良かったです。


ランチメニューです↓
DSCF7809.jpg

DSCF7810.jpg

DSCF7811.jpg

DSCF7812.jpg


2013年5月22日訪問時お店DATA
*******************************
串揚げ全国ひもの市 串の陣 市ヶ谷店 (くしのじん)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-8-35 小林ビル1階 
TEL 03-3263-0766
営業時間 
[昼]11:30~14:00 
[夜]17:30~24:00 
定休日 不定休
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/07 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
日曜日のことですが、所用があって水道橋に行ったら、黄色い服装に身を包んだ人・人・人。
ファンキーモンキーベイビーズのラスト公演が東京ドームで行われるためでした。
東京ドーム界隈だけでなく水道橋駅付近も含め、歩くにせよ買い物するにせよ、とにかくどこもかしこもものすごい混雑で、こんなに人気があるんだなぁ~と、しみじみ実感しました。

DSCF2998.jpg
2012年7月19日は東京は初めて猛暑日になり、前日に続いて厳しい暑さでした。
お昼になると上司が「番町 松月庵(しょうげつあん)」の出前を頼んできたので、久しぶりにご相伴。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2012年6月4日だったので、約1ヶ月半ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF2990.jpg
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

12時15分頃に電話でお願いしたところ、猛暑日のせいもあったのでしょうか、「松月庵」さんにしては珍しく時間がかかり、12時35分頃に届けられました。
それでもわずか20分ぐらいなのですが(汗)。

DSCF2997.jpg
麺メニューはほとんど食べちゃったので、この日は牛丼をお願いしました。
フタ付きの丼に入っています。

DSCF0642_20130329062628.jpg
ご飯もの系メニューにはお新香がついています。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

DSCF2991_20130602072926.jpg
この日は牛丼の薬味としてもう一つ小皿がついていました。
ラップをかけてあります。


牛丼 (840円)
DSCF2998.jpg
いただきま~す!

DSCF2995.jpg
牛丼の薬味は、紅ショウガと七味唐辛子の2種類がありました。

DSCF2993_20130602072929.jpg
お新香はキュウリとタクアンの2種類です。
黄色と緑色のコントラストが鮮やか。

DSCF2999.jpg
ご飯の上にはお肉とタマネギと糸こんにゃく?がのせられ、中央に貝割れ大根がトッピングしてありました。

DSCF3001.jpg
彩りの貝割れ大根はほんの少し。

DSCF3002_20130602072909.jpg
具沢山ということはなく、ご飯がところどころに見えています。

DSCF3004.jpg
薬味を最初に全てのっけてからいただきました。

DSCF3005_20130602072834.jpg
七味唐辛子はかなりたっぷり目に入っていたので、結構刺激的な辛さを感じられ、いいアクセントになりました。

DSCF3003_20130602072827.jpg
味付けが甘めじゃないかとちょっと心配でしたが、それほどでもなかったです。
お肉は柔らかく、思っていたよりも美味しい牛丼でした。

DSCF3007_20130602072841.jpg
具は少なめですが、ご飯にはタレがかかっていました。
つゆだく状態なので、お箸でご飯を食べるのは結構大変。
スプーンの方がよかったかも。

DSCF2994_20130602072932.jpg
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームは普通です。
最近は300円以下で牛丼が食べられるので、チェーン店以外の牛丼を食べたのは本当に久しぶりでした(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  親子丼  (2011年11月14日
  カツ丼  (2010年4月6日
  天丼   (2012年5月8日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2012年7月19日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/06 00:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(2) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
昨日の健康診断は午後まで何も食べられなかったので、終わった後に遅めのランチで有楽町にある「ジャポネ」というデカ盛りで有名なロメスパの老舗店に行っちゃいました。
お安くて美味しくてお店の人の感じもよくて大満足でしたが、なんだかあまり健康的な感じじゃないですね(笑)。

DSCF2927_20130601213654.jpg
2012年7月18日は、夏休み明けで6日ぶりの出勤でした。
休み前にやっていた仕事のことをすっかり忘れていて、少しずつ思い出しながら手探りで仕事を進めている状態でした(汗)。
お昼になると、上司から誘われて外へランチを食べに出ることになりました。
向かった先は、上司のお気に入りの中華料理屋さん「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF2942_20130601213502.jpg
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

入り口

お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。

前回ランチ訪問したのが2012年7月2日だったので、16日ぶりでした。

DSCF6934_20121228075009.jpg
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。
このエアコン、型式が古いのか、部屋の大きさに比べたらやたらとでっかいです(笑)。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがありました。

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には調味料、お箸、紙ナプキン、食べるラー油など置かれています。

お店に到着したのは12時45分過ぎだったので、人気店の「嘉賓」ですが、さすがに空席がちらほらありました。
真ん中辺りの4人席に着席。

DSCF1482_20130502072200.jpg
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF1706_20130517050000.jpg
夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
食事中、フロアの方がこまめにお茶をつぎ足しに来てくれます。

お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF2921_20130601213639.jpg
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF2922_20130601213642.jpg
伝票です。

このところ、上司が連れて行ってくれるお店は90%以上の確率で「嘉賓」なので、食べたことのないメニューを探す方が大変になりました。
これまでに食べてメニューを携帯電話にメモしているのですが、さっさと注文を決めた上司が「まだ決まらないのか? 俺はもう決まったぞ。」と言われ、焦って注文したら、前と同じメニューを注文しちゃいました(汗)。
ガッカリ、、。

夏休みの旅行で体重がかなり増えていたので、この日は茹でギョーザと牛肉入おかゆのセットにしました。


茹でギョーザと牛肉入おかゆ (800円)
DSCF2927_20130601213654.jpg
しばし待ってお料理が登場!
お粥、餃子、デザートのセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF2928_20130601213610.jpg
茹でギョーザは丸い平皿に6個盛られています。

DSCF2933_20130601213620.jpg
餃子のタレはあらかじめ調合されて、小皿に入って出てきました。

DSCF2935_20130601213624.jpg
水餃子は茹でたて熱々です。
皮が厚めのタイプで、食感はややもっちりとしていました。

DSCF2938_20130601213454.jpg
いつもたっぷり目に餃子のタレをつけるのですが、同じようにやっていたつもりでしたが、この日は結構しょっぱくなっちゃいました。
タレが濃いめだったのでしょうか。

DSCF1503_20130502071951.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
中には細かく刻まれたお野菜とお肉が入っていて、ジューシーでした。
6個もあるので結構ボリューミー。

DSCF2932_20130601213617.jpg
お粥は中ぐらいの器にたっぷりと入っています。
ぱっと見だと、具やトッピングは全く見えません。

DSCF2936_20130601213451.jpg
熱々なので猫舌の私にはなかなか食べられないので、少し冷めた表面だけをはぎ取るような感じでいただきました。
お米がかなりとろけていて、粒の輪郭ははっきりしません。
程よくダシと塩気がありました。

DSCF2941_20130601213458.jpg
中に入っている牛肉は、片栗粉を絡めてあるのか、トロリとした食感でした。
お肉はかなり柔らかです。

DSCF2644_20120810114854.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
底の方にはショウガを細長く刻んだものが沈んでいます。
ピリリと爽やかさを感じて、味わいのアクセントになりました。

DSCF2929_20130601213613.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF7538_20130121043336.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。

DSCF7537.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 ご飯少なめ (700円)
DSCF2924_20130601213647.jpg
先輩は、日替わりメニューをご飯少なめで注文。

DSCF2926_20130601213651.jpg
相変わらずの美味しさだったそうです。


お粥は結構たっぷり目で水餃子も6個もあり、さらにデザートもついているので、かなりお腹いっぱいになりました。
ただ、お粥なので夕方にはお腹が空いてきましたが、二日後に食事会を控えていたので、ダイエットのために軽めにしてよかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食[餃子2個付]
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
B定食 古老肉 スブタ (2008年3月21日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ (2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
2010_0607画像0022

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2012年7月18日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2F
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/05 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
今日は午前中に健康診断を受ける予定です。
毎年のこととはいえ、何か問題が出たらどうしようと、ちょっと不安。
そして今回時間がお昼直前なので、午後までご飯を食べられないのが辛いです(汗)。

DSCF2328_20130601212239.jpg
2012年7月12日は、前日に友人とディナーに行きい、しかも次の日から夏休みの旅行に出かける予定だったので、できるだけカロリーを抑えなきゃ!と思い、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」のテイクアウトに決定。

DSCF8639.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF8637.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2012年6月21日だったので、約3週間ぶり、23回目です。

DSCF1225_20130419071325.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF1224_20130419071337.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという期間限定メニューが登場しました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期になるとお店の中に入って待つことができるので大変助かります。

DSCF9764_20130316092412.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
持ち帰りのビニール袋は、真っ白なシンプルなものです。

DSCF2324_20130601212226.jpg
うどんのメニューはほとんど食べてしまったので、冷たいお蕎麦で、その中でもカロリーの低そうな冷し山菜きのこそばを購入しました。

DSCF2327_20130601212236.jpg
おうどんの入った容器は白いプラスチック製のドンブリで、フタは透明です。

DSCF9780_20130316092337.jpg
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。


冷し山菜きのこそば  (490円)
DSCF2328_20130601212239.jpg
麺の上にはカマボコ、ネギ、、山菜、ナメコ、天かすがのせてあります。

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどにカマボコ、ワカメ、ネギがトッピングされているので勝手にトッピングの3点セットと呼んでいるのですが、冷し山菜きのこそばはワカメは入っていませんでした。

DSCF2331_20130601212208.jpg
薬味としてワサビもついています。

DSCF2333_20130601212214.jpg
カマボコはかなり薄切りですが、フチがピンク、中が白の華やかなタイプです。

DSCF2329_20130601212202.jpg
長ネギは小口切りです。

DSCF2332_20130601212211.jpg
山菜は幾つか種類がありました。

DSCF2330_20130601212205.jpg
いつも入っているワカメのトッピングはなく、天かすが入っています。
天かすが入るとソバつゆの味わいにコクが加わるので、むしろワカメより嬉しかったかも。

DSCF2334_20130601212135.jpg
メニュー名にあるきのことは、ナメコのことでした。
ぬるっとした独特の食感を楽しめます。

DSCF2335_20130601212138.jpg
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF2336.jpg
冷しで食べるお蕎麦は温かいものに比べるとのびた感じはあまりありませんが、お蕎麦そのものがちょっとビヨンとした食感でした。

DSCF2326_20130601212232.jpg
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームは少なめです。
あっさりと食べ終えたので、この日は夕方早めにお腹が空いちゃいました。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 メンチうどん (2012年4月10日
 力うどん (2012年2月27日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけうどん  (2012年5月15日

 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年7月12日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/04 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
やきとり 宮川 四ッ谷  @四谷
週末は梅雨の中休みでなかなかいいお天気でしたが、みなさま、楽しい週末を過ごされたでしょうか。
私は名古屋で念願の台湾ラーメンを食べることが出来ました。
ニンニクたっぷりでパンチの効いた味わいは病みつきになります。
東京にもぜひとも進出して欲しいです。

今週から2週間、かなり仕事が忙しくなりそうなので、がんばりま~す!

DSCF2197_20130528075202.jpg
2012年7月11日は、夜に友人と外食する予定で、しかも、2日後に夏休みの旅行に出かける予定だったので、この日のランチはできるだけカロリーを抑えたいと思い、先日お弁当販売を始めていたのを知った「やきとり 宮川(みやがわ) 四ッ谷」に買いに行ってみました。

DSCF5682_20120203230710.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの交差点を渡り、左に曲がります。
レストラン エフ」の入っている主婦会館の隣の四ッ谷鳳翔ビルの1階にお店があります。

DSCF5685_20120203230709.jpg
この場所には「おかわり屋」というお店がありましたが、2011年9月16日に閉店したそうです。

DSCF5683_20120203230710.jpg
「宮川」は40年継ぎ足された秘伝のタレを持つ老舗の焼き鳥屋さんだそうで、2011年11月21日にオープンしました。
溜池山王にも支店があるそうです。

DSCF5684_20120203230709.jpg
前回ランチ訪問したのは2012年7月6日でした。
お弁当の購入は今回が初めてです。

DSCF1913_20130517053222.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

お店の入口の右側でお弁当を販売しています。

DSCF2186_20130528075731.jpg
販売していた女性店員さんはとても元気な接客でした。

メニューは写真に写っている3種類の他にカレーがあったと思います。

DSCF2185_20130528075728.jpg
お味噌汁はサービスでついているので、横に置かれた容器にセルフで入れます。

DSCF2187_20130528075735.jpg
この日は2種類の味が楽しめるきじとそぼろが楽しめるミックス弁当を購入。

DSCF2188_20130528075739.jpg
紙おしぼりと、、、

DSCF2189_20130528075742.jpg
ビニール袋に入ったスプーンがついていました。
この日は初めての購入で勝手がわかりませんでしたが、次回からはもったいないのでお断りしようっと。

DSCF2191_20130528075553.jpg
お味噌汁は小さなプラスチックの容器に入っています。

DSCF2192_20130528075557.jpg
お弁当は2色のプラスチックの容器で、透明なフタがついていました。


きじとそぼろが楽しめるミックス弁当 (700円)
DSCF2193_20130528075602.jpg
いただきま~す!

DSCF2195_20130528075609.jpg
お味噌汁はお揚げと、写真には写っていませんが、ワカメが入っていました。
ワカメはすっかり色が褪せちゃっていたのは残念でしたが、お味噌汁がついているかいないかでだいぶ満足度が違うので、セルフでもあるのはとっても嬉しいです。

DSCF2197_20130528075202.jpg
ご飯の上にはそぼろ、炒り卵、きじ、野菜、お新香などがのせられ、とっても色鮮やか。

DSCF2199_20130528075212.jpg
お新香は紫色の柴漬けです。

DSCF2201_20130528075221.jpg
そぼろが甘かったらどうしようと心配していたのですが、甘さは抑えめで生姜がきいていてドライな味付けで美味しかったです。

DSCF2200_20130528075217.jpg
ナスとシシトウ、それぞれ2つずつ、素揚げされたものが入っていました。
ナスはたっぷりと油を吸って、と~っても甘い!

DSCF2198_20130528075206.jpg
きじは2・3切れ入っていました。
お店で食べた方がもちろん美味しいですが、それでもお肉は充分美味しかったです。

DSCF2194_20130528075605.jpg
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームは普通です。
ご飯はやや少なめでしたが、おかずがいろいろ多くて楽しめました。
会社から近い距離で買いにいけるお弁当の選択肢が増えたので嬉しかったです。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニュー↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

[イートイン]
きじ飯 (2012年1月31日
唐揚げ定食 (2012年3月9日
チキンカツカレー (2012年7月6日

[テイクアウト]
きじとそぼろが楽しめるミックス弁当 (2012年7月11日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1879_20130517053448.jpg

DSCF1883_20130517053456.jpg

DSCF1885_20130517053417.jpg

DSCF1888_20130517053428.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF1882_20130517053452.jpg

DSCF7340.jpg

DSCF7341.jpg

DSCF7342.jpg

DSCF7343.jpg

DSCF7344.jpg

DSCF7345.jpg

DSCF7346.jpg

DSCF7347.jpg

DSCF7349.jpg

DSCF7350.jpg

DSCF7351.jpg

DSCF7352.jpg


お店の名刺です↓
DSCF6587_20120221081301.jpg

DSCF6588.jpg


2012年7月11日購入時お店DATA
***********************************
やきとり 宮川 四ッ谷 (みやがわ)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 四ッ谷鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3221-4833
営業時間
[月~金] 11:30~14:00 18:00~23:00 
[土日祝] 17:00~22:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/06/03 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
DANSK BAGERI OG KONDITORI JENSEN  @元代々木
DSCF1919_20130515084904.jpg
2013年1月30日、お客様からいただきものがありました。

DSCF1902_20130515084941.jpg
お客様のご自宅の近くにあるお店で、大好物とのこと。

DSCF1904_20130515084943.jpg
こちらのお店は元代々木にある「DANSK BAGERI OG KONDITORI JENSEN(イエンセン)」です。

DSCF1905_20130515084947.jpg
「イエンセン」は、日本では珍しいデニッシュ・ペストリー(デンマークのパン)の専門店で、デンマーク大使館御用達とのこと。

パンに疎い私は、デニッシュという種類のパンがデンマークのパンであるということを知ったのはだいぶ大人になってからでした(汗)。

DSCF1906_20130515084949.jpg
オーナーの和田哲也さんはデンマークで修業しマイスターの資格を得た日本人唯一のコペンハーゲン製パン・製菓オーナーズ協会々員だそうです。

DSCF1908_20130515084951.jpg
北欧らしく(?)、箱は非常にシンプルな白い紙製です。

DSCF1909_20130515084918.jpg
フタを開けると、薄紙がのっけてありました。

DSCF1914_20130515084920.jpg
いろいろな種類のデニッシュがたくさん入っていました。

DSCF1915_20130515084922.jpg
バターのとってもいい香りがたちこめます。
お腹空いちゃいます(笑)。

DSCF1916_20130515084925.jpg
午後遅くにいただいたので、それぞれ自宅に持ち帰ることになりました。

お客様の好みなのか、それとも、おやつの時間の差し入れだったからか、甘いパンばかりでした。

DSCF1917_20130515084927.jpg
できるだけ、甘くなさそうなものをチョイス。

DSCF1919_20130515084904.jpg
いただきま~す!

DSCF1921_20130515084906.jpg
砂糖がけのインパクトが強く、かなり甘かったです。
でも、パンそのもはサクサクした食感で、バターの風味がすごく感じられて美味しかったです。
パンそのものが大きく、どっしりとしていたので一個食べただけでもとってもボリュームがありました。


いただきものだから贅沢を言ってはいけないのは重々承知をしているのですが、とっても美味しいパンだっただけに、甘くないタイプのを食べてみたかったです。
いつかお店に遠征してみたいです。


2013年1月30日購入時お店DATA
**********************************
DANSK BAGERI OG KONDITORI JENSEN (イエンセン) 
〒151-0062 
東京都渋谷区元代々木町4-3
TEL 03-3465-7843
営業時間
[平日]6:50~19:00
[土曜]6:50~16:00
定休日 日曜日
小田急線代々木八幡駅から徒歩2分
千代田線代々木公園駅から徒歩3分

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2013/06/01 00:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(3) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる