カフェ・ド・クリエ 市ヶ谷駅前  @市ヶ谷
2014年6月17日追記

DSCF8097 (480x360)
「カフェ・ド・クリエ 市ヶ谷駅前」は2014年4月15日にリニューアルオープンしました。

DSCF8096 (480x360)
以前のオレンジを基調とした明るい雰囲気から、焦げ茶色をベースとしてぐっとシックになりました。

*********************************

お天気に恵まれた週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
今日で9月が終わり、明日から10月になります。
気持ちを新たに、今週をがんばります☆

DSCF7959_20130925061846d62.jpg
2012年11月2日は、上司が不在で外へランチを食べに行くチャンスでしたが、この日の朝、遅めの時間にたっぷりと朝ご飯を食べてしまったので、12時になっても全然お腹が空きませんでした。
こんな状態で食べに行っても楽しくないだろうな~と思い、軽めに済ませようと、市ヶ谷にある「カフェ・ド・クリエ 市ヶ谷駅前」に出かけました。

DSCF7934_20130925062120a26.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅を出たら、信号を渡ると、日テレ通りと靖国通りに挟まれた市ヶ谷大郷ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF7931_20130925062102d19.jpg
お店に入ろうとすると、入口がない(汗)。
市ヶ谷駅を通るとき、いつも横目で見ていたはずなのに、、、。

DSCF7932_20130925062114b88.jpg
実はこちらの店舗、お隣にあるフジフィルムのパレットタウンに入ってから右手に進むと、「カフェ・ド・クリエ」に入店することが出来ます。

DSCF7933_20130925062117fec.jpg
カフェ・ド・クリエ」は、株式会社ポッカクリエイトが展開するコーヒーチェーン店で、2013年9月現在、系列店を含め、全国で169店舗があります。

営業時間は、平日は6時30分から22時、土曜は7時30分から22時、日祝は7時30分から21時です。

DSCF7927.jpg
四谷店には2011年2月6日に訪問したことがありますが、市ヶ谷店は初めてです。

DSCF7929_20130925062143349.jpg
すぐ近くにある「エクセルオール・カフェ」と本屋さんのように隣の店舗との融通をよくしてお客さんを呼び込もうとするお店はありますが、店舗の入口はそれぞれ別にあるので、こんなスタイルはあまり見たことがありません。

DSCF7926_201309250621383a2.jpg
入口すぐの所には、お菓子や飲み物などが並んでいます。

DSCF7930_20130925062059d66.jpg
大きな看板が出ていて、この時期のオススメ商品が紹介されています。
この写真に惹かれ、結局これを買っちゃいました。

DSCF7924_20130925062132963.jpg
注文カウンターの端っこだったでしょうか、ケーキも販売していて、ショーケースの中に並んでいました。

DSCF7925_20130925062135a26.jpg
12時15分位に入店したところ、8割程の人の入りでした。
奥のフロアが喫煙で手前が禁煙になっているようですが、仕切りはほとんどありません。

フロアに入って左に厨房があり、その前にテーブル席が並んでいます。
厨房はそれ程広くないのですが、女性店員さんが5人もいてちょっときつそうでした。

DSCF7937_201309250620294e3.jpg
トーストサンドとホットドッグを注文。
お料理の出来上がりまで少し待ち、事務所に戻りました。

DSCF7938_20130925062031edd.jpg
テイクアウトすると、オレンジ色の小さなロゴ入りの紙袋に入れてくれます。
可愛いデザインです。

DSCF7939.jpg
紙袋を開けると、パンの他におしぼりとナプキンが入っていました。

DSCF7941_2013092506203603e.jpg
おしぼり小さめのサイズで、お店のロゴ入りの袋に入っています。
パンを2種類買ったせいか、おしぼりも2つもありました。

DSCF7942_20130925062001a6f.jpg
ナプキンです。

DSCF7944_2013092506200381e.jpg
こちらにもお店のロゴが入っていました。

DSCF7947_201309250620112f4.jpg
このトーストサンドは2テイストサンドといって、一度に2種類のお味が楽しめるというお得なサンドイッチですが、袋を見てみると完全に2つに分けてありました。
最初から重ねてあって、かぶりつくだけだと思っていた私はちょっとビックリ。

DSCF7948_20130925061915523.jpg
トーストサンドは、テイストごとに白い包み紙にくるまれ、店名の入ったシールでとめてありました。

DSCF7949_201309250619209d5.jpg
中の具材がわかるように、手書きのラベルを貼っています。
こちらはHLT(ハム&レタス&トマト)です。

DSCF7950_20130925061922b42.jpg
こちらがもう一種類のトーストです。
包装のスタイルは全く同じ。

DSCF7951_201309250619254ea.jpg
中身の入ったラベルだけ違います。
こちらがもう一つのテイストのサーモンです。

DSCF7945_20130925062006b76.jpg
こちらはホットドッグの入った袋です。

DSCF7946_20130925062008666.jpg
包装は全く同じで、真っ白の包み紙を店名の入ったシールでとめてありました。

DSCF7952_20130925061927567.jpg
袋の中から出してみました。
こちらがサーモン。
パンがこんがりと焼かれていて、美味しそう。

DSCF7953_20130925061838ca6.jpg
こちらがHLT。
2枚のパンに具材をはさみ、半分に切ってありました。


トーストサンド ~サーモンのオランデーソースとHLT~ (440円)
DSCF7959_20130925061846d62.jpg
こちらは、約2週間前の2012年10月17日に発売が始まったばかりの新商品でした。
店頭の写真が美味しそうだったから買ってみたのですが、ちょっとイメージ違いで残念。
・・・なので、自分で積み重ねてみました(笑)。
実際に食べるときは、食べにくいので別々にいただきました。

DSCF7956_20130925061841843.jpg
パンにレタスを敷き、その上にサーモンが置かれ、オランデーソースがのせてあります。
サーモンはとっても鮮やかなオレンジ色。
オランデーソースは卵とバターの風味が効いたコクのある味わいのソースとのこと。

DSCF7957_201309250618449df.jpg
HLTとは、ハム&レタス&トマトとのこと。
ハムには、サラダ感覚で楽しめるようレタス、トマト、マヨネーズを合わせてあるそうです。

DSCF7960_20130925061849157.jpg
オランデーソースがたっぷりと添えられていたので、どちらかというとソースの味わいが強かったです。

DSCF7962_201309250615036a9.jpg
HLTは、ハムのお味と塩気とペッパーの風味がしっかり感じられました。
でも、トマトとレタスでとてもさっぱりとした後味です。


ホットドッグ~ミートソースソーセージ~ (280円)
DSCF7963_20130925061515d3e.jpg
トーストサンドを食べ終え、次はホットドッグ。

DSCF7964_201309250615185a3.jpg
こちらのメニューは、ポークソーセージに野菜と牛挽肉のうまみのあるミートソースを合わせ、パルメザンチーズをかけることにより、チーズの風味とコクでミートソースの味が引き立つとのこと。
また、パン生地にライ麦をプラスし、香ばしさアップしているそうです。

DSCF7965_20130925061521c90.jpg
2012年6月22日に「ベックス」のホットドッグを購入したとき、先輩が注文した商品と違う!と勘違いしたことがありますが、基本的にソースが中に入っていて表に出ていないので、パッと見だとメニューの違いがわかりません。
外側に具材を盛りつけると、包装紙にくっついちゃうからでしょうか。

DSCF7966_20130925061524c29.jpg
ソーセージはプリッとした歯応えがあって、程よい塩気で美味しかったです。
ミートソースの量はそれ程多くありませんでしたが、少し甘めな味付けで、タマネギが入っていたような気がしました。

DSCF7967_20130925061448b0a.jpg
レシートです。

DSCF7935.jpg
この日の先輩のお弁当です。


この日購入したメニューは2種類とも写真との見た目の落差がやや激しかったですが、お腹があまり空いていないところでパンを2つ食べたのでお腹いっぱいになり、帰る頃になるまで全く空腹を感じませんでした。
朝ご飯をたっぷり食べると日中のお腹の加減が全然違うことを再認識しました。

なお、こちらのお店は2013年4月15日にリニューアルオープンしています。


2012年11月2日訪問時お店DATA
****************************
カフェ・ド・クリエ 市ヶ谷駅前 
〒102-0076
東京都千代田区五番町1-10 市ヶ谷大郷ビル1階
電話 03-3262-4271
営業時間 
[平日] 6:30~22:00
[土曜] 7:30~22:00
[日祝] 7:30~21:00
定休日 無休
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/30 07:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(0) |
Golf Studio&Caffe FORESTA YOTSUYA  @四谷
今日は週の最後の金曜日。あと一日がんばれば、週末です。
9月ももうすぐ終わりですが、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2013年9月17日にオープンした「フォレスタ」のリポートです。

DSCF3730_20130924045218eb7.jpg
2013年9月18日は、上司がお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに出ました。
この日は「市ヶ谷経済新聞」で見つけた「クロチェッタ」というお店に向かったのですが、お店に到着したときに先客の二人がドアの前で立っていました。この場所はちょっと遠いので待つ時間はないと思い、その手前にも新店の「Golf Studio&Caffe FORESTA(ふぉれすた) YOTSUYA」を見つけていたので、こちらに行ってみることに。 

DSCF3749_20130924045059ef6.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、交差点を1つ越えてしばらく行くと、左手の角にお店があります。
この場所、以前はセブンイレブンがあったような、、、。

DSCF3750_20130924045101d00.jpg
市ヶ谷経済新聞」によると、「フォレスタ」は2013年9月17日にオープンしたゴルフスタジオ併設カフェとのこと。
森をイメージした店内にはゴルフスタジオのほか、自由に使えるパソコンや電源、Wi-Fi、大型テレビなどがあり、ゴルフ好きの人以外にも幅広く楽しめるお店だそうです。

DSCF3748_20130924045131d1f.jpg
お店の前には小さいオレンジ色のかわいい看板が出ていて、ランチメニューの紹介をしています。

DSCF3746_20130924045123ecc.jpg
もう一つやや大きい白い看板でもランチの案内が出ていました。

メニューは4種類あり、全てドリンクとサラダがついて750円です。

DSCF3727_20130924045253dc4.jpg
フロアはとても広く、様々なスタイルのテーブルがゆったりと配置されていました。

DSCF3744.jpg
右奥にはカウンターがあります。

DSCF3745_20130924045121d94.jpg
一番奥にゴルフの出来るスペースがあります。
シミュレーションゴルフ1打席とレギュラー打席2打席とのこと。
ちなみに、ゴルフスタジオの料金(1時間)は、レギュラーが1,500円、シミュレーションが2,500円だそうです。
ゴルフには疎いので、この料金が安いのか高いのか全くわかりません(汗)。

DSCF3725_2013092404524804f.jpg
店員さんは厨房に男性が一人、フロアに女性二人だったと思います。
私が入店すると「いらっしゃいませ。どうぞ~。」と言われただけで、どのテーブルに座っていいのか、しばし立ち竦んでしまいました(汗)。
結局、右手奥のテーブル席に着席。
ゆったりと広くて一人ではもったいないぐらい。
雑誌がたくさん置いてありました。

DSCF3726_2013092404525157e.jpg
大きなガラスの窓からはたっぷりと光が入ってとても明るいです。
お花もたくさん飾ってあって、全体的にゆったりとした雰囲気です。

先客は1名、後客は3人でした。
ランチタイムでもカフェ利用ができるようで、後から来た一人客は飲み物だけ注文していました。

DSCF3747_20130924045126f0f.jpg
こちらがメニューです。
実際に出していただいたものは注文後にすぐに下げられてしまいましたが、外に同じものが出ていたので、そちらで撮った写真です。

食べ物は、ここに記載されたホットサンドとハニーワッフルの他、エビピラフとドライカレーがあります。
それにサラダとソフトドリンクが付いてセットで750円になります。
この日はちょっと軽めな食事にしたかったのと、ホットサンドを久しく食べていなくて、すごく食べてみたくなったので、注文してみました。

DSCF3728_201309240452558a2.jpg
ドリンクはコーヒーやアイスコーヒーなど幾つかありましたが、記憶が不確かでよくわかりません(汗)。
私はアイスカフェオレをお願いしました。

DSCF3729_20130924045257136.jpg
ドリンクは先に出てきました。
量はたっぷり目。


ホットサンド+アイスカフェオレ (750円)
DSCF3730_20130924045218eb7.jpg
やや遅れてホットサンドが出てきました。
いただきま~す!

DSCF3731_20130924045221bd3.jpg
ホットサンドはウッディで長方形のお盆を縦置きにし、サラダと一緒にのせられていました。

DSCF3732_201309240452231b5.jpg
お料理には紙おしぼりとフォークが添えられています。

DSCF3733_20130924045225a11.jpg
サラダは小さな陶製の器に入っていて、レタスにもやしのナムル?がのせてありました。
このもやしは味付けが甘めで、甘さが苦手な私はちょっと苦手です。

DSCF3734_2013092404522790d.jpg
もやしの下に敷いてあるレタスは大きな一枚だったので、フォークで食べるのに悪戦苦闘(汗)。
お箸が欲しいとつくづく思いました。

DSCF3735_20130924045149d09.jpg
ホットサンドは白い長方形のお皿に盛られ、ピクルスとサルサソースのかかったトルティーヤチップスが添えられていました。

DSCF3736_20130924045151490.jpg
このピクルス、かなり太いもので、食べごたえがあります。
ただ、こちらも結構甘いテイストでした。

DSCF3737_20130924045156640.jpg
サルサソースはあっさり目な味わいですが、酸味はけっこうありました。
トルティーヤチップスはそのまま食べたり、サルサソースと一緒に食べたりしました。

DSCF3738_201309240451585d4.jpg
ホットサンドを食べるのは本当に久しぶり。
薄切り2枚分で、出来たてアツアツでした。
こんがりとした焼き目はあまりなし。

DSCF3742_20130924045200177.jpg
中身はハムとチーズという王道です。
熱々なので、チーズがトロリととろけてとっても美味しかったです。


全体のボリュームは少なめです。
午後4時ぐらいにはお腹が空いちゃいました。
ランチというよりはモーニングに近いです。
ピラフなど、ご飯系メニューだとちょっと違ったかもしれません。


2013年9月18日訪問時お店DATA
*************************************
Golf Studio&Caffe FORESTA YOTSUYA (ふぉれすた)
〒160-0008 
東京都新宿区三栄町6  森山ビル東館1階
TEL 03-6322-3369
営業時間 11:00~22:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/27 00:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 立喰い きねや 四谷麹町店  @四谷
2014年2月21日追記

2014年2月10日、新宿通りを歩いていたら、「きねや」が閉店しているのに気付きました。

DSCF1638_201402180622502f5.jpg
少し前にも通りかかったとき、お昼時なのにシャッターが閉まっていたのですが、その時はビールなどがお店の前に積まれていたので夜営業に切り替えたのかな、などと思っていたのですが。

***********************************

このところ、朝晩めっきり冷え込むようになりました。
一日の寒暖差が10度以上あって、どんな服を着ればいいのか、毎朝悩みます(汗)。
風邪をひきやすい季節ですので、みなさま、ご注意下さい☆

DSCF7913_2013092005460697c.jpg
2012年11月1日は、11月最初のランチでした。
この日は上司がお昼時に不在で、外へ食べに行くチャンスでしたが、ある有名レストランの月に一度の予約日だったので、12時からお昼を食べずにずっと電話をかけていました。
20分以上つながらず、これじゃあお昼を食べ損ねちゃうから諦めようと思い、外へ出ようとしたところで電話がつながり、無事、2013年1月のディナーの予約が取れました!
不景気、不景気と言われていますが、人気のあるお店には関係ないようです。
時間がなかったので近場でお弁当を買うことにしたのですが、「宮川」は3日前に食べたばかりだし、アトレ内のお店もイマイチ乗り気になれず、結局「立喰い きねや 四谷麹町店」に行くことにしました。

DSCF7905_20130920054624b77.jpg
JR・地下鉄四ツ谷駅の麹町口を出て、新宿通りの右側を半蔵門方面に進み、上智大学をちょっと越えたところの角地に麹町共栄ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF1454.jpg
このビルの2階には、アイリッシュパブの「モリガンズ」があり、ランチやディナーで何度か訪問しています。

DSCF7906_20130920054627bc9.jpg
「きねや」は2010年8月12日にオープンし、平打ちの極太麺を提供する立ち食い蕎麦屋さんで、ずっと訪問するチャンスを狙っていましたが、ランチタイムはいつも人が行列していたりするなど、どうも敷居が高かったです。
以前朝ご飯で食べようかと行ってみたのですが、逆に誰もいなくて入れず、未訪問のままでした。
ちょっと前に仕事で通りかかったところ、ランチタイムにお弁当を売り始めたのを知ったので、この日、行ってみることにしました。

朝7時から9時までは、定食・そば・うどん・カレーがなんと300円というお得なお値段でいただくことができます。
カレーは大盛りも可能です。

DSCF7907_20130920054630ef0.jpg
お店に到着すると、イートインの方は数人並んでいました。
お弁当はお店の前に小さな台を置いて販売しています。
丼物は定番4種類、日替わり1種類、合計5種類あり、全て350円です。
小さなおかずなどもあり、そちらは全て150円です。
男性店員さんがしきりに「お弁当、350円です!」と呼び込みしていました。

先客ゼロだったので恐る恐る近づくと、店員さんが「タルタルからあげ丼が出来たてだよ~。」とのアナウンス。
出来たてはとっても魅力的でしたが、前日の夜が食事会で体重がやや高めだったので、もうちょっとカロリーダウンしようと思い、親子丼の並盛を注文。
店員さんから「おかずはいかがですか?」と勧められたので、ポテトサラダも買っちゃいました。
おかずの種類は少なかったですが、お新香などもありました。
おかずは150円なので、合計500円です。

私が買った後には数人のお客さんが並んでいました。

DSCF7908_201309200546331d5.jpg
お弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

DSCF7909_201309200546360c0.jpg
お箸はお断りしました。

DSCF7910_20130920054557f07.jpg
会社に戻ってからお弁当を袋から出してみると、味噌汁の小袋がついていました。
全然知らなかったのでビックリ。
こんなにお安い値段なのに、お味噌汁付きだったとは。
この日のランチではいただかず、家に持ち帰りました。

DSCF7911_20130920054600a25.jpg
ポテトサラダは透明の小さなプラスチックの容器に入っています。

DSCF7912_20130920054603799.jpg
親子丼の入った四角い容器はプラスチック製で、フタは透明、容器は白です。


親子丼<並盛>(350円)+ポテトサラダ(150円)=500円
DSCF7913_2013092005460697c.jpg
いただきま~す!

DSCF7914_20130920054608b2b.jpg
潰したジャガイモの中にはタマネギやニンジンなどの野菜や、赤いソーセージの薄切りなどが入っていました。

DSCF7916_201309200545308b9.jpg
食べてみると、マスタードがたっぷりと入り過ぎているのか、妙に酸っぱいようなしょっぱいような味わいで、ちょっと残念なお味でした。

DSCF7917_2013092005453362e.jpg
ご飯の上に卵、鶏肉、タマネギなどがのせてあり、海苔をトッピングし、お新香が添えられていました。
パッと見てもわかりますが、ボリュームは少なめです。
350円というお値段は確かにお安いですが、大きさ的にはハーフサイズです。

DSCF7918_20130920054536eca.jpg
細長く切った刻み海苔はたっぷり。

DSCF7920_201309200545421e6.jpg
添えられたお新香は、紫色の柴漬けです。

DSCF7921_201309200545108f0.jpg
味付けは甘さ控えめのタレでした。

DSCF7919_201309200545396b2.jpg
鶏肉は結構入っていて、お肉は柔らかです。

DSCF7922_20130920054513a68.jpg
チラシをいただきました。
夕方5時以降は立ち呑み屋さんになるようです。
さすが立ち呑みだけあって、お値段がとってもお安いです。


全体のボリュームは少なめです。
さくっと食べ終え、少々物足りなさが残りましたが、ダイエットなので我慢。
ちょこっと食べるにはいい分量ですが、一食で考えるなら大盛りにするか、お蕎麦やおうどんと合わせた方がいいかなと思いました。
事務所からはあまり遠くない場所だし、幾つかドンブリの種類があるので、これからも利用したいです。


2012年11月1日訪問時お店DATA
********************************
立喰い きねや 四谷麹町店 
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-1-18 麹町共栄ビル1階
TEL 03-6272-6226
営業時間
[平日]そば 7:00~16:00 串揚げ 17:00~23:00(L.O.22:30) 
[土曜]そば 7:00~16:00
定休日 日曜日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/26 00:00】 | 親子丼 | トラックバック(0) | コメント(2) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
今日は楽しい給料日♪
今月はいろいろと出費が嵩んでいたので、いつも以上に嬉しいです。
アベノミクスが反映されるのはまだまだ先になりそうですが(笑)。

DSCF7832_20130920052244122.jpg
2012年10月31日の水曜日、この日の夜は友人とディナーの予定だったので、軽めに食べたいなと思っていたのですが、12時半過ぎに上司から「外へ食べに行こう。」と誘われ、いつもどおりというか、お気に入りの「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」へ行くことになりました(汗)。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF7854_20130920052059148.jpg
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

入り口

お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2012年10月12日だったので、約3週間ぶりでした。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。

DSCF6934_20121228075009.jpg
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。
このエアコン、型式が古いのか、部屋の大きさに比べたらやたらとでっかいです(笑)。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

DSCF7825_20130920052408e99.jpg
お店に到着したのは12時40分過ぎ。
いつも混み合っている人気店ですが、少し時間がずれていたせいか、すぐに席に通されました。
私たちはフロア中程の左側にある4人席に着席。

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には調味料、お箸、紙ナプキン、食べるラー油など置かれています。

DSCF1482_20130502072200.jpg
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF7819_20130920052351b2b.jpg
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
食事中、フロアの方がこまめにお茶をつぎ足しに来てくれます。

この日は少し肌寒い気温になっていたので、お茶は温かいものでした。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF7822_2013092005235811f.jpg
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

メニューを見ながら、上司が「ほとんど食べたよなぁ。」と呟いていました。
そりゃ、これだけの回数を訪問して入れば、一通り食べてますって!

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF7823_20130920052401fd1.jpg
伝票です。

1番の日替わりメニューは食べたことあるし、カロリーを押さえたかったので定食はパス。
注文するものがなかったので、以前から考えていたそれぞれ単品の半五目チャーハンと水餃子4個の単品組み合わせで注文。

DSCF7831_201309200523319bc.jpg
しばし待って、お料理が登場!
まずは上司のトマトと豚肉のうま煮卵とじかけご飯、次に先輩の五目やきそばが出てきて、私のお料理が最後でした。


水餃子 ~4個~
DSCF7835_2013092005225193e.jpg
まずは水餃子が登場し、、、


半五目チャーハン
DSCF7833_201309200522485f9.jpg
ほとんど時間をおかず、半五目チャーハンが登場。
メイン、スープ、デザートのセットです。
長方形の黒?のお盆にのせられていました。
確か、五目チャーハンだとお盆が付かなかったような記憶があります。
そして何より驚いたのは、400円というお値段にも関わらず、スープとデザートがついていたことでした。


半五目チャーハン(400円)+水餃子4個(400円)=800円
DSCF7832_20130920052244122.jpg
いただきま~す!

DSCF7836_20130920052254800.jpg
まずは冷めないうちに、水餃子から食べました。

DSCF7837_20130920052257118.jpg
水餃子は4個です。

DSCF7838_20130920052150936.jpg
小皿にあらかじめ出来ている餃子のタレが入っていました。

DSCF7850_2013092005213355d.jpg
濃い味好きなので、いつもたっぷり目に餃子のタレをつけちゃいます。
なので、ちょっとしょっぱくなっちゃうこともあります(汗)。

DSCF7852_201309200520531e1.jpg
茹でたてでしょうか、この日は結構熱々でした。
皮は少し厚めでもっちりとしています。
野菜たっぷりの餡はとてもジューシーでした。

DSCF7842_2013092005220086e.jpg
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類のものしか出てきませんが、日によって色合いや透明度や味わいが結構違います(笑)。

DSCF7848_201309200521223c5.jpg
この日のスープは少し茶色がかっていて、やや濁っていました。

DSCF7849_2013092005212501f.jpg
小ネギの小口切りがトッピングが彩りのアクセントになっています。

塩加減や味の濃さが私の好みとちょうどあって美味しかったです。

DSCF7843_2013092005220469e.jpg
半五目チャーハンは、写真だとわかりにくいですが、小さめなお皿に結構たっぷりと盛ってありました。

DSCF7846_2013092005211664e.jpg
具として、レタス、卵、お肉が入っています。
レタスが油を吸ってとても色鮮やか。

DSCF7845_20130920052207066.jpg
たっぷりのザーサイが添えてありました。

DSCF7847_201309200521191be.jpg
チャーハンはパラパラというよりは、しっとりとしています。
私はチャーハンのしっとり系は嫌いじゃないし、この日はちょうどよい塩梅でとっても美味しかったです。
半チャーハンとはいっても、結構ボリュームがありました。

DSCF7840_20130920052157c59.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF7853_20130920052056123.jpg
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


トマトと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (700円)
DSCF7826_20130920052317827.jpg
こちらは上司が注文したトマトと豚肉のうま煮卵とじかけご飯です。

DSCF7827_201309200523200be.jpg
私も2008年1月28日に食べたことがありますが、味は美味しいし、トマトの赤さがとても印象的でキレイです。
この日、たまたま上司が携帯電話で席を外した隙に記念撮影(笑)。


五目やきそば (800円)
DSCF7828_20130920052324a33.jpg
先輩はこちらを注文。

DSCF7829_201309200523277ab.jpg
「嘉賓」の五目シリーズは本当に具沢山で、麺がほとんど見えません。


思いつきで注文した組み合わせでしたが、この日は味付けがとっても自分好みで美味しくいただけました。
全体のボリュームはたっぷりで、お腹いっぱいです。
それにしても、これで本当に頼むメニューがなくなってきました(汗)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食[餃子2個付]
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
B定食[餃子2個付] 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
 <4個>(2012年10月31日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2012年10月31日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/25 00:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ティーヌン 市ヶ谷店  @市ヶ谷
この三連休はいいお天気でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか?
私は昨日の朝、数ヶ月ぶりにジョギングで10キロ走ったので、今朝は下半身全体がこわばっています(汗)。
今週も平日が4日しかないうえに、月末の忙しさが加わりそうなので、がんばりま~す!

DSCF7803.jpg
2012年10月30日は、12時15分過ぎに上司が「カレー、頼んで。」と言ってきたので、前日に引き続き、2日連続の「松月庵」への注文を先輩に任せ、私は「ティーヌン 市ヶ谷店」のお弁当を買いに出かけました。
あらかじめ電話注文しようかと思いましたが、前回は10周年記念でバタバタしていたのがいまどうなっているのかわからなかったので、やめておきました。

入り口

こちらは以前撮った写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から九段下方面に向かっての交差点を渡るとすぐ右手に市ヶ谷プラザビルがあり、お店は靖国通り側ではなく、土手側の1階にあります。
お店の入り口の右側の窓が開くようになっていて、テイクアウトができます。

2008_1115画像0089
市ヶ谷プラザは、JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かって進むと、すぐ左手にあります。

2010_0803画像0056
市ヶ谷プラザにはたくさんの飲食店が入っています。
1階の土手に面した側には「ティーヌン」と2011年7月1日にランチ訪問した「とんかつ うちの」があります。
靖国通り側は、1階にある、
2009年10月8日に「カレーの王様 市ヶ谷店」
2009年7月28日に「ITALIAN RESTAURANT DINOS」(2010年後半に閉店し、2010年11月24日に「松屋 市ヶ谷店」がオープン)、
2009年4月6日に「ちりめん亭 市ヶ谷店」
また、2階では、
2008年11月12日に「プティーワン」
2009年7月1日に「さくら水産」
2010年8月3日2011年9月1日に「芝浦食肉」、
へ行きました。

DSCF6882_20130830094608f87.jpg
写真が光ってしまって見にくいですが、タイの街角の風景写真です。

DSCF5516_201308090616121fa.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お弁当は定番メニューのご飯系と麺系、季節メニュー、サイドメニューがあります。
お値段は600円と620円で、季節メニューだけが950円とちょっとお高いです。

前回お弁当を購入したのは2012年10月15日だったので、半月ぶりです。

DSCF3271_20130607211826.jpg
お弁当の販売は午前11時から午後2時45分までのランチタイムのみです。

テイクアウトの窓口を担当している女性店員さんは、とても明るくていつもテキパキと対応してくれます。

DSCF5511_20130809061640ab6.jpg
真っ赤なボードがとても目立ちます。

DSCF5512_201308090616453dd.jpg
麺類を注文する場合、中華麺「バミー」か中細ビーフン「センレック」が選べます。

DSCF7797.jpg
本日の日替わりチャーハンと一皿飯の内容は貼り出してあります。

DSCF5515_20130809061609823.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
テイクアウトの窓口の前に長テーブルが置かれ、看板に出ているメニューのほかに既に出来ているお弁当をやお惣菜を売っています。

DSCF7798.jpg
12時半近くにお店に到着すると、先客2名、後客2名でした。

お弁当も気になりましたが、私はお目当てのメニューがあったので、窓口に注文。
忙しい時間帯なので、少々待ってお料理が出来上がりました。

DSCF7799.jpg
持ち帰りのお弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

帰ってくるまでに時間がかかったことと、「松月庵」が素早い配達をしてくれたおかげで、カレーライスを注文した上司は、私が事務所に戻ったら、もう食べ終えていました(笑)。

DSCF7800.jpg
この日購入したのは最近のメニューに登場してとっても楽しみにしていたタイ式あぶらそばで、この日の夜はスポーツクラブに行く予定だったので、グリーンサラダもつけちゃいました。

DSCF7801.jpg
サラダの入った容器は小さめの四角い形のプラスチック製で、下は白、フタは透明です。

DSCF7802.jpg
メインの入った容器は大きめの丸形のプラスチック製で、下は白、フタは透明です。


タイ式あぶらそば<中華麺>(620円)+グリーンサラダ(250円)=870円
DSCF7803.jpg
いただきま~す!


グリーンサラダ
DSCF7804.jpg
前からグリーンサラダがあることは知っていましたが、サラダにさほど興味のない私はなかなか食べてみようと思わなかったのですが、もらったチラシの中にスパイシードレッシングという説明書きがあったので、一転購入する気満々に(笑)。

DSCF7806_20130920051015c26.jpg
グリーンサラダはレタス、キュウリ、ニンジン、プチトマト、ツァンサイなどの野菜だけでなく、お肉や卵も入っていて、具沢山でボリュームもたっぷり。
具材の種類が豊富なので、食感や味わいが変わって食べ飽きません。

DSCF7807.jpg
サラダにかかっているスパイシードレッシングはかなりの辛さで、辛い物好きの私でも舌が痺れました。
本格的な辛酸っぱい味わいで、とっても満足です。


タイ式あぶらそば<中華麺>
DSCF7808_20130920050927a6f.jpg
あぶらそばの上にはたっぷりのもやし、チャーシュー、つみれ?、エビなどがのせてあり、具沢山なので麺がほとんど見えません。

DSCF7809_201309200509321e7.jpg
こっちの角度で撮った写真の方が、美味しそうなビジュアルでした(笑)。

DSCF7810_201309200509353fc.jpg
パクチーがとってもいい香り。
タイ料理を食べている醍醐味です。

DSCF7811_20130920050938758.jpg
もやしは茹でてありました。

DSCF7812_20130920050941d5f.jpg
チャーシューは細切りになっています。
お肉は柔らかでした。

DSCF7813_20130920050900057.jpg
エビは1尾だけでしたが、結構大きめでプリっとしていました。

奥にある小さな白いお団子は、最初見たとき、てっきり冷凍の里芋だと勘違い。
冷凍里芋は美味しくないので一番最後に食べてみたら、お魚のすり身団子でした(汗)。

DSCF7814_20130920050902192.jpg
こちらは他のお料理でもよく見かけますが、ナッツ類を砕いたものです。
タイ料理によく見るこちらのトッピング、とっても濃い旨味がプラスされます。

DSCF7816_20130920050910871.jpg
ニンニクとナンプラーの良い香りがしました。
早速麺を食べようとすると、、、、固まってる(汗)。
購入してから放置した訳ではないので、フツーに麺が汁を吸ってのびちゃったんだと思います。

DSCF7818.jpg
食べるために一口分を取り分けるのが難しかったです。
タレがかかっているのは一部なので、全体をかき回して味を平均させようと思っても、麺がくっついているのでうまくいかず(泣)。
なので、麺を啜るというか囓ると、味がほとんどないところと、しっかり過ぎるぐらいの味がついているところと、やたらばらついちゃいました。


うーん、中華麺だったから悪かったのか、麺を食べるのにかなり苦戦しました。
美味しいメニューが多い「ティーヌン」ですが、これはちょっとはずれかも。
前日の「宮川」に続き、大好きなお店なのにメニューをはずしたので、とっても残念でした。


DSCF6904.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

DSCF6906.jpg
お弁当を購入したときに押してくれるスタンプカードです。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  冷やしトムヤム (2007年6月8日

[お弁当]
  蒸し鶏のせ炊き込みごはん弁当 (2012年2月9日
  レッドカレー弁当 (2011年12月8日
  グリーンカレー弁当 (2007年12月11日2011年1月26日
  ガパオ弁当  (2011年10月18日
  パッタイ弁当 (2012年2月20日
  生春巻    (2011年10月18日
  揚春巻    (2011年12月8日
  日替わり炒飯弁当 (2011年11月9日
  トムヤムスープ (2007年12月11日2011年1月26日2011年11月9日2012年2月20日
  野菜たっぷり日替わりスープ (2012年2月9日
  ガイパッキン (2008年2月4日
  冷やしトムヤムヌードル:センレック (2012年6月1日
  冷やしトムヤムヌードル:バミー (2012年9月18日) 
  冷やしチャーンノーイ麺:センレック (2012年6月14日
  冷やしチャーンノーイ麺:バミー (2012年7月23日) 
  海老チャーハン  (2012年10月15日
  おかず小パック  (2012年10月15日
  グリーンサラダ (2012年10月30日
  タイ式あぶらそば:バミー (2012年10月30日
 
[ディナー] 
  2007年9月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチのチラシです↓
DSCF5534_201308090614444e7.jpg

DSCF5535.jpg

DSCF5536.jpg


2012年10月30日購入時お店DATA
******************************
ティーヌン 市ヶ谷店
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル1階
TEL&FAX 03-5214-6515
営業時間  
[昼]11:00~15:00 (お弁当 11:00~14:45)  
[夜]17:00~23:00
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/24 04:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
旬菜酒場 陽だまり。  @四谷
今週は平日が4日しかなかったので、すごく時間の経過が早かったです。
今日一日がんばれば、先週に引き続き三連休です。
先週よりはいいお天気になるはず。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2013年夏頃にオープンした「陽だまり。」のレポートです。

DSCF3413_20130918074159a14.jpg
2013年9月11日は、上司がお昼時に不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
先輩が食べたことのない美味しい新店を、、、と思いついたのが2013年7月25日にランチ訪問した「金太郎」で、もつめんちゃんこ定食を勧めたところ、早速行ってみることになりました。
「金太郎」は三栄通りのかなり奥の方にあるので、行きがけに9月10日にpenguin_19さんのコメントで教えてもらった新店を見ていこうと思っていました。
当初、この新店の場所は「エル・サラーヤ」の跡地だと思っていたのですが、実際には1つ手前のビルで、その場所には別の新店がオープンしているのを発見。
急遽予定を変更し、こちらを訪問することになりました。
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/20 00:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【お弁当販売終了】 やきとり 宮川 四ッ谷  @四谷
2015年8月10日追記

DSCF6577 (480x360)
「宮川」のお弁当販売は、2015年7月末をもって終了しました。

************************************

本日もネタがないので草津温泉の話を。
草津温泉では、いっぺんに数十人が入れる巨大な西の河原の露天風呂、4段階の温度設定の合わせ湯が楽しめる大滝乃湯、湯畑とは源泉が違うペンションの温泉の3種類を楽しみました。
どれもしっかりと硫黄臭がしていいお湯でしたが、温度を比べられる合わせ湯はとってもユニーク。
確か、39度、41度、43度、45度ぐらいだったと思います。
私は熱いお湯が得意ではないので、下から二つ目ぐらいでもう充分。
せっかくだからと気合いで烏の行水状態で入りましたが、草津のお湯って全般的に熱いですね~。

DSCF7774.jpg
2012年10月29日は週の最初の月曜日。
お昼になってもそのまま仕事を続けていた上司は、12時45分ぐらいにようやく「天ぷら蕎麦!」と言って来たので、「松月庵」への注文を先輩にお願いし、私はお弁当を買いに出かけました。
時間もなかったので、最近あまり行ってなかった「やきとり 宮川(みやがわ) 四ッ谷」へ行くことに。

DSCF5682_20120203230710.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの交差点を渡り、左に曲がります。
レストラン エフ」の入っている主婦会館の隣に四ッ谷鳳翔ビルがあり、その1階にお店があります。

DSCF5685_20120203230709.jpg
この場所には以前「おかわり屋」というお店がありましたが、2011年9月16日に閉店したそうです。

DSCF5683_20120203230710.jpg
「宮川」は40年継ぎ足された秘伝のタレを持つ老舗の焼き鳥屋さんだそうで、2011年11月21日にオープンしました。
溜池山王にも支店があるそうです。

DSCF5684_20120203230709.jpg
前回ランチ訪問したのは2012年9月14日でした。
前回お弁当を購入したのは2012年10月3日だったので、26日ぶり、4回目です。

DSCF3627_20130614082822.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お店の入口の右側で、店員さん一人でお弁当を販売しています。
販売する人はいろいろ変わるようで、この日は今まで見たことのない若い女性店員さんでした。

お弁当の販売は店内でのランチと同じく、午前11時半からとのこと。
この日はずいぶん遅い時間だったので、もうなくなっていたらどうしようと心配でしたが、まだ結構残っていました。

お弁当はきじ弁当、きじ・竜田揚弁当、宮川弁当が定番3種類で、その他に季節メニューなどがあるようです。
看板に出ていないメニューがあったりもします。

DSCF3630_20130614082831.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
こちらのお店では焼き物の時には豊後備長炭が使われているそうです。

DSCF2185_20130528075728.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お味噌汁はサービスでついているので、横に置かれた容器にセルフで入れます。

DSCF7796.jpg
お弁当のメニューが書かれた看板が出ていました。

お味噌汁が無料サービスなのは知っていましたが、ご飯の大盛りも同じく無料サービスだったのは初めて知りました。

DSCF7768_201309140851022d8.jpg
看板に書かれたメニューは3種類でしたが、実際にはチキンかつカレーもありました。

DSCF7767.jpg
チキンかつカレー弁当が気になりましたが、前日の日曜日の夜にビュッフェに行って体重が高めだったので、断念。
きじ弁当は食べたことがあったので、宮川弁当にしました。
この日の宮川弁当のメインは油淋鶏です。

DSCF7769.jpg
いつも試食を置いてあるのですが、この日は豪華に2種類もありました。
店員さんから「油淋鶏の試食があるのでどうぞ食べて下さい。」と勧めてくれたので、ありがたく一口いただいちゃいました。
お肉は多少かためになっていましたが、甘酢のタレをたっぷりつけていただくと美味しかったです。

DSCF7770_20130914085112f21.jpg
お弁当は長方形のプラスチックの容器に入っていて、フタは半透明で、下は黒です。

お箸は断りましたが、おしぼりはついていました。
次回以降は、おしぼりも断ろうっと。

DSCF6234_20130822083711f97.jpg
紙おしぼりはビニール袋に入っています。

DSCF6233_20130822083708856.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
この日お箸はいただいていません。
割り箸で、箸袋はなしです。

DSCF7771.jpg
山椒が小袋でついています。
油淋鶏に山椒?
この日は結局チャレンジせず、家に持って帰りました。

DSCF7773.jpg
お味噌汁は小さなプラスチックの容器に入っていて、下は白、フタは半透明です


宮川弁当(800円)
DSCF7775.jpg
いただきま~す☆

DSCF7776.jpg
お味噌汁はセルフサービスなので、たくさん具が入るように、一生懸命注ぎました(笑)。
具にワカメと油揚げが入っています。

DSCF7774.jpg
お弁当は、ご飯、メイン、おかず、サラダ、お新香のセットです。
作り置きなので常温でした。

DSCF7781.jpg
長方形のパーツに盛られたご飯は真ん中に横一直線でゆかりがかけてあり、真ん中に梅干しが置いてありました。
ちょっとオシャレなデザインです。

DSCF7789.jpg
ご飯はよそった後にしばらく置いてあったのか、表面がちょっとかちかちしちゃっていて残念でした。

DSCF7786.jpg
お新香は紫色の柴漬けで、たっぷりと入っています。

DSCF7782.jpg
サラダはポテトサラダでした。
アイスディッシャーで象られたまんまる型です。

DSCF7783.jpg
すごく細かく切った大葉?などがトッピングしてありました。
ゆかりののせ方といい、一手間かけてあるのが印象的です。

DSCF7779.jpg
小さなおかずは、2012年9月14日に店舗で食べた鶏そぼろと春雨の辛味噌温玉ご飯に近いお料理でした。
たっぷりの挽肉は、甘辛にしっかりと味付けされています。

DSCF7790.jpg
残念ながら春雨が水分を吸ってしまったせいか、ほぼ塊になっていて少しずつ食べることは出来ず、お箸で持ち上げてみると、そのまま持ち上がります(汗)。
囓るようにしていただきました。

DSCF7777.jpg
油淋鶏は中華料理屋さんで見かけるのとはだいぶ違い、リーフレタスを敷いた上にお肉が置かれ、さらに生野菜のキュウリ、赤パプリカ、タマネギなどが添えられていて、とてもカラフル。
食感もいろいろと楽しめます。

DSCF7784.jpg
ただ、不思議なことに試食の時と違い、この油淋鶏は甘酢ダレが全くかかっていませんでした。

DSCF7785.jpg
お肉には下味はついていて、ちょっとピリッとした刺激も感じましたがあっさり目で、濃い味好きの私にはご飯のお供にするのはちょっと辛かったです。
お野菜を一緒に食べると、ますますあっさりしちゃいました。

DSCF7772.jpg
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームは普通です。
いつも安定的に美味しいお料理を楽しめる「宮川」ですが、このお弁当は個人的にはずれでした。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニュー↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

[イートイン]
きじ飯 (2012年1月31日
唐揚げ定食 (2012年3月9日
チキンカツカレー (2012年7月6日
鶏そぼろと春雨の辛味噌温玉ご飯 (2012年9月14日


[テイクアウト]
きじとそぼろが楽しめるミックス弁当 (2012年7月11日
自然栽培のお野菜を使った夏野菜カレー (2012年7月27日
宮川伝統の味 きじ弁当 (2012年10月3日
宮川弁当<油淋鶏> (2012年10月29日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1879_20130517053448.jpg

DSCF1883_20130517053456.jpg

DSCF1885_20130517053417.jpg

DSCF1888_20130517053428.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF1882_20130517053452.jpg

DSCF7340.jpg

DSCF7341.jpg

DSCF7342.jpg

DSCF7343.jpg

DSCF7344.jpg

DSCF7345.jpg

DSCF7346.jpg

DSCF7347.jpg

DSCF7349.jpg

DSCF7350.jpg

DSCF7351.jpg

DSCF7352.jpg


以前いただいたチラシです↓
DSCF6253_2013082208355069e.jpg

DSCF6254_20130822083507b02.jpg

DSCF6256_20130822083513967.jpg

DSCF6255_20130822083510bb0.jpg


お店の名刺です↓
DSCF6587_20120221081301.jpg

DSCF6588.jpg


2012年10月29日訪問時お店DATA
***********************************
やきとり 宮川 四ッ谷 (みやがわ)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 四ッ谷鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3221-4833
営業時間 *お弁当の販売は午前11時30分から
[月~金] 11:30~14:00 18:00~23:00 
[土日祝] 17:00~22:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/19 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
くつろぎの里 庄や 市ヶ谷店  @市ヶ谷
ネタがないので、週末に行った草津話を。
草津では源泉を持つペンションに泊まりました。
ご主人の話では、草津は標高が高いので大雨は全て下の地域に流れ、固い岩盤の上にあるので東日本大震災のときもほとんど影響がなかったそうで、自然災害には強い場所だとのことでした。
気候は札幌と同じぐらいで、夏はとても涼しくて避暑にはぴったりの場所ですが、冬の雪はとっても多いそうです。

DSCF7658.jpg
2012年10月26日は週の最後の金曜日。
上司がお昼になっても事務所に戻ってこなかったので、お弁当の先輩を置いて、一人で外へランチを食べに出ました。
帰ってくる上司と鉢合わせしないよう市ヶ谷方面へ向かいましたが、このところ、立て続けに市ヶ谷方面で食事をしていたので、この日はお堀を越えた方に行ってみることにしました。
せっかくの金曜日だったのでちょっと美味しいものでも食べたい気分でしたが、体重が少し心配だったので軽めのメニューにしようと思っていました。
この辺りにはまだ未訪問のお店がたくさんあったので一通り見て回りましたが、あまり興味を引かれるメニューがなかったので、カロリーが低そうなお魚メインの「くつろぎの里 庄や(しょうや) 市ヶ谷店」に入ることにしました。
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/18 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
せっかくの3連休でしたが、台風の襲来で大変でした。
よりによって後半の2日で登山を予定していた私は、さすがに断念(泣)。
草津のホテルの予約をしていたのでとりあえず現地には行きました。
草津温泉にちゃんと遊びに来たのは初めてだったので、街中をあちこち散策し、何ヶ所も温泉を巡って硫黄の香りの強いお湯にゆっくりとつかって、とても楽しかったです。

DSCF7559_20130913192810dff.jpg
2012年10月24日は、お客様との打ち合わせがかなり長引き、終わったのが午後1時半近く。
仕事が忙しいなら仕方ないですが、そもそも長引きそうな打ち合わせなのに上司が朝早いのを嫌がって遅い時間に設定したからこんな時間になってしまい、おまけに次の予定が午後2時でした。
事務サイドの険悪な雰囲気に気付いたのか、「時間がないから蕎麦屋に出前を取って。そっちの分も持つから。」とのこと。
急いでメニューを決めて、「番町 松月庵(しょうげつあん)」に電話で注文しました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2012年10月2日だったので、約3週間ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF7553.jpg
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

ランチタイムから大きくはずれた時間だったので、いつもどおり10分位で持ってきてもらえるかなと思ったのですが、意外と時間がかかり、15分位かかりました。
普通に考えれば、これでも充分早いのですが。

DSCF7554_20130913192803d2d.jpg
私は親子丼の中にしました。
お値段が高くて申し訳なかったのですが、メニューの全制覇を目指していて、麺メニューとご飯もののお安いメニューはほとんど食べてしまったからです。

フタ付きの赤い塗りのドンブリに入っています。

DSCF7555_20130913192807e70.jpg
フタの中央にはお店のロゴが金色で入っていました。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。


親子丼「中」 (1,050円)
DSCF7559_20130913192810dff.jpg
いただきま~す!
メインとお新香のセットです。

DSCF7560_201309131928136fe.jpg
お新香は定番のキュウリとタクアンの2種類です。
黄色と緑色のコントラストが鮮やか。
タクアンはほんのり甘めでした。

DSCF7563_201309131927135de.jpg
親子丼は、ご飯の上にタマネギと鶏肉を卵でとじて、三つ葉が添えられ、さらに生玉子がトッピングされていました。
のせるのがずれちゃったのか、ご飯がちょこっとのぞいていまいた。

DSCF7565_20130913192720d5d.jpg
並と中の値段の差は210円。
中身としての違いは、生卵のトッピングのあるなしなのでしょうか。

DSCF7564_20130913192716f14.jpg
タマネギはよく煮込まれた柔らかでした。

DSCF7566_201309131926183ce.jpg
閉じてある卵はかなりしっかり火を通してあります。
タレは甘みが少なく、やや塩気が強かったです。

DSCF7567_201309131926227a4.jpg
鶏肉は胸肉でしょうか、結構数がありました。
並と中の違いはここもあったのでしょうか。

DSCF7571.jpg
生玉子はある程度食べてから、途中で崩しました。
全体の味わいがマイルドになりました。

DSCF7569.jpg
この日は大変残念なことに、ご飯がとってもはずれでした。
柔らかめに炊いたのか、炊いてから時間をおいていないのか、かなり水分を含んでいて、潰れるような感じなのでお箸で取りにくいぐらいでした。
配達の時間が遅かったのはそのせいだったのかな?と思っちゃう程です。


カレー南蛮うどん (940円)
DSCF7561_201309131927067a3.jpg
先輩はカレー南蛮ですが、初めてうどんに挑戦。

DSCF7562_201309131927102f4.jpg
お蕎麦に比べると麺はのびてはいるものの、食べやすかったそうです。
猫舌で食べるのが遅い先輩は、食事中にお客さんが来てしまったので、上司の部屋にこもって食べました。


食べ始めて15分もしないで来客の予定だったので、5分程でご飯をかき込んで食事は終了。
上司は天ぷら蕎麦を食べきることが出来ず、1時間ぐらい経ってからスープを吸い上げてぶよぶよになったお蕎麦を食べ切っていました(泣)。
この日はバタバタしていた上にご飯もハズレで、ちょっと悲しい昼下がりでした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば   (2012年8月31日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  カツ丼  (2010年4月6日
  天丼   (2012年5月8日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2012年10月24日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/17 04:00】 | 親子丼 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【閉店】 カレー屋 パク森 市ヶ谷本店  @市ヶ谷
2014年5月30日追記

「パク森」はオーナーの森幸男さんの健康上の理由で2014年3月20日に閉店しました。

DSCF5373 (480x360)
その後、2014年5月7日に「ふじのや 市ヶ谷店」がオープンし、2014年5月13日にランチ訪問しました。

********************************

昨日は久しぶりに暑かったですね~。
今日一日がんばれば、楽しい三連休です!
私は久しぶりに登山をする予定ですが、お天気がちょっと心配。
みなさまも、楽しい週末を☆

DSCF7493_2013090420313144b.jpg
2012年10月22日は週の最初の月曜日。
この日は上司がお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて一人で外へランチを食べに出ました。
このところめぼしい新店がなく、かといって宿題店に行く気にもなれず、ラーメン本についていたクーポン券が10月末までだったので、市ヶ谷にあるラーメン屋さんを目指して歩いていました。

靖国通りを歩いている途中に「カレー屋 パク森(ぱくもり) 市ヶ谷本店」を通りかかったところ、感謝セールをやっているのを発見。
2007年10月2日2010年10月7日のランチでお弁当の記事は書いたことはありましたが、イートインはまだだったな~と思い、入店してみることにしました。

DSCF7506_20130904202927cff.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に向かってしばらく進むとアルス市ヶ谷ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF7510.jpg
「パク森」は、いろいろな国のそれぞれのカレーの多様な美味しさを追求した結果、野菜・フルーツ・スパイスを
ふんだんに使ってしっかりと炒めて煮込み、日本人の口にあうオリジナリティ豊かなカレーを提供しているとのこと。
こちらのお店は本店で、渋谷に支店があります。

DSCF7507_2013090420293116d.jpg
お店の前には立体的なメニューが出ていて、とてもわかりやすいです。

DSCF7508_2013090420293544e.jpg
感謝セールでは、いつもは900円のパク森カレーが750円になっていて、とってもお得。

パク森カレーとは、ご飯の上に挽肉と野菜を炒め込んだドライカレーをのせ、さらに野菜がタップリ溶け込んだプレーンカレーのルーをかけて、2種類のカレーを一皿で楽しむことができます。
見た目の新しさもあり、このお店を一躍有名にし、今でも人気ナンバーワンの看板商品です。

具材に大根を入れたダイコンカレーもずいぶん話題になりました。
我が家のカレーにも必ず大根をいれるようになった思い出のカレーです。

DSCF7509_201309042029382dd.jpg
実は、訪問時はこの感謝セールについて、何が理由で期間がいつまでなのかよくわからなかったのですが、この記事を書くにあたりお店の公式HPを見たところ、20周年記念セールだったようです。
このセールはまだ継続中です、、、というか、この時は19周年記念だったのでしょうか?

こんなに長い歴史があるお店とは知りませんでした。
ただ、ずいぶん前は市ヶ谷と言っても防衛省のあるお堀の向こう側に店舗がありました。
先輩が自転車に乗って坂を登って買いに行ってくれたのを覚えています。
また、ブログを始める前に店舗へ数回食べに来たことがありました。

DSCF1109.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
フロアはそれ程広くなく、入口からカウンターまではゆるやかなスロープの通路があり、それに沿って壁際にイスが置かれていて、テイクアウトの人はこちらで待ちます。
右に厨房があり、その前にカウンター席があり、奥に向かってのびていました。

「パク森」のカレーはレトルトでもいろいろと販売されています。
店内の通路のところにテイクアウト注文用のメニューが置かれていました。
夜のみですが、デリバリもやっています。

DSCF1107.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
カレーはレトルトだけでなく、冷凍品もあるようです。

DSCF7476_20130904203254983.jpg
店内にも大々的に感謝セールについて貼り出してありました。
8割程の人の入りです。
お客さんはどちらかと言えば男性が多かったような。
私が入店した後も、入れ替わり立ち替わり入っていました。

DSCF7477_20130904203258065.jpg
店員さんは、男性が3、4人、女性が一人だったと思います。
私は主に女性店員さんが対応してくれましたが、とても丁寧でした。

DSCF7474_20130904203248380.jpg
カウンターの真ん中ぐらいに着席。

卓上にはおかわり用のお水のポット、薬味、爪楊枝、紙ナプキンなどが置かれています。

DSCF7497.jpg
激辛好きとしては、「キケン!」なんて書かれると、ますます気になります(笑)。

DSCF7498_20130904203052008.jpg
これまでに食べたときは、カレーにしてはちょっとお高いな~というイメージでしたが、ランチカレーなんかは650円でいただけるようです。

DSCF7475_20130904203252f70.jpg
ランチカレーの内容については、厨房にかかっているホワイトボードに書かれていました。

DSCF7473_201309042032455cd.jpg
メニューはもちろん、パク森カレーを注文。
せっかくお安くなっているからトッピングでもつけようかな~と迷いましたが、まずは基本にしました。
辛さも好みで段階を選べますが、追加料金のかからない範囲での上限である辛口をチョイス。
こちらのお店の普通が家庭での中辛ぐらいだそうです。

DSCF7505.jpg
お料理を待つ間、カウンター越しすぐの所で店員さんが作業しているのを見ることができて楽しいです。


パク森カレー <辛口> (900円→750円)
DSCF7487.jpg
しばし待って、カレーが登場。
白い大きな平皿の右側にご飯が丸く平らに盛られ、その上にドライカレーが層を連ねるようにのせられています。その周りにプレーンカレーが薄くたっぷりかけ回してありました。
とてもシンプルですが、造形美というか、美しさを感じます。

DSCF7488_201309042031182fa.jpg
横から見たご飯、厚みが違うのはわかるでしょうか。
中央側は薄く、外へ向かって厚めに盛ってあります。
形成しにくい炊いたご飯をどうやって盛りつけているのでしょうか?

DSCF7492.jpg
卓上に置かれた小さなカゴからスプーンを取り出し、、、

DSCF7493_2013090420313144b.jpg
薬味を添えて、いただきま~す!

DSCF7494.jpg
薬味はキュウリのピクルスと福神漬けの2種類ありました。
キュウリのピクルスは自家製でしょうか、かなりの薄切りで、ちょっと甘めな味付けでした。

DSCF7489.jpg
彩りといえるのは、ドライカレーの中央にトッピングされた乾燥パセリ?だけです。
無理矢理しょぼいサラダなどをつけるお店が多い中、潔さすら感じます。

DSCF7490_20130904203125e56.jpg
プレーンカレーは具材が溶かし込んであるのか、完全な液体になっています。
辛さはこちらで調整されているようで、さらさらした口あたりですが、しっかり辛い!

DSCF7496.jpg
ドライカレーだけで食べるのはカレーにしては水分量も刺激も少ないのでちょっとシンプルすぎますが、プレーンカレーと一緒に食べると複雑な旨みを感じ、ずっと美味しくいただけます。

DSCF1120.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
カレーを2重がけにするとこんな感じ。
ご飯はボリュームは普通です。

DSCF7502_2013090420300342d.jpg
こちらは伝票です。

DSCF7504_20130904203008737.jpg
通常料金だとちょっとお値段が高いので、普段からこの値段だと嬉しいのになぁと勝手に思っちゃいます。
750円なら、ちょっとトッピングをつけてみようかなという気にもなるし。

DSCF7525_201309042029065ad.jpg
いただいたサービス券です。

DSCF7528_201309042029095a7.jpg
この日だけで4枚もいただいちゃいました。


全体のボリュームは普通です。
久しぶりに「パク森」のカレーを食べましたが、美味しいことを再確認。
次回は大根カレーを食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
 パク森カレー+倍辛+とろとろ卵 (2007年10月2日
 パク森カレー <辛口> (2010年10月7日

[イートイン]
 パク森カレー <辛口> (2012年10月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF7478.jpg

DSCF7479_201309042032197ab.jpg

DSCF7480_201309042032239a0.jpg

DSCF7481_201309042032277ad.jpg

DSCF7482_201309042032302d5.jpg

DSCF7483.jpg

DSCF7484_2013090420315344f.jpg

DSCF7485_20130904203157071.jpg

DSCF7486_20130904203200207.jpg

DSCF7499_2013090420305789b.jpg

DSCF7500.jpg

DSCF7501.jpg


2012年10月22日訪問時お店DATA
*****************************
カレー屋 パク森 市ヶ谷本店 (ぱくもり)
〒102-0074
東京都千代田区九段南4-8-30 アルス市ヶ谷ビル102
電話&FAX 03-5215-8560 
定休日 日曜・祝日 
営業時間 
[昼]11:15~15:00
[夜]17:00~21:30
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分

<デリバリ>
配達受付時間 17:00~21:00 
配達エリア お店から徒歩5分圏内
二人前より配達

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/13 07:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(4) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
全くもって私的なことなのですが、今週の拙ブログは「ローリーズ」のディナーとキムチ教室の記事があったので、とてもボリュームがありました。
本日、無事アップできてホッとしています(笑)。

DSCF7421_20130905075045327.jpg
2012年10月20日は、「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。
キムチ教室が始まる前のランチでいつも四谷三丁目ラーメン屋さん巡りしますが、この日は鶏そば専門店の「晴壱」へ行きました。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2012年9月1日だったので、約1ヶ月半ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF7287_20130905075741a5a.jpg
この日のメニューは、キムチが「トマトキムチ」で、韓国料理が「かぼちゃのソンピョン」です。


【トマトキムチ】
DSCF7289_201309050757447b5.jpg
トマトキムチはキムチ教室で初めてとのこと。
トマトってキムチになるんだ~とビックリ。

トマトは大きくてかためのものを選びます。
完熟したものはダメで、青っぽいものがいいそうです。
「妻家房」で使う野菜はいつもとても立派です。

先生は生から調理しますが、実習では時間短縮のため、あらかじめ工場で下処理をしたものを使います。

DSCF7292_20130905075747d53.jpg
まず最初にトマトを塩漬けします。

DSCF7294_20130905075750ef5.jpg
キレイに洗ったら皮はむかず、芯を取ります。

DSCF7295_201309050757565d6.jpg
下2センチを残して、トマトを6等分します。
トマトが大きい場合には8等分です。

切れ目があまり深いと、中身を入れた後の見た目が悪くなるとのことです。

DSCF7296_20130905075706fba.jpg
先生、6等分でいいサイズなのに8等分しちゃいました(笑)。

DSCF7300_20130905075716a04.jpg
トマトは塩漬け後は洗わないので、塩は軽めに振ります。

DSCF7300_20130905075716a04.jpg
切り込みを入れた中に塩を入れます。

DSCF7310.jpg
最後に外側にまぶします。

DSCF7313_20130905075721dc9.jpg
このままの状態で1時間置きます。

DSCF7315.jpg
トマトを塩漬けしている間に、中に詰めるものを作ります。

DSCF7317_20130905075639106.jpg
ダイコンはかなり細い千切りにします。

DSCF7319.jpg
三つ葉は茎のみを使い、2、3センチの長さに切ります。
セリのある時期ならば、セリがベストとのこと。

DSCF7321_201309050756474ee.jpg
万能ネギも2、3㎝の長さに揃えて切ります。

DSCF7316_20130905075636c0f.jpg
切った野菜は一旦お皿に盛って待機。

DSCF7318_2013090507564139d.jpg
アミは細かく刻みます。

DSCF7324_20130905075609143.jpg
大きなボウルにダイコンを入れ、唐辛子粉を入れます。

DSCF7325_20130905075611906.jpg
ダイコンに唐辛子の色を移すために、全体を混ぜ合わせた後、少し置きます。

この日はトマトの塩漬けのため、先にソンピョンを作り始めたのですが、この記事ではこのままキムチの作り方を続けます。

DSCF7392_20130905075206fcd.jpg
これぐらい色が付いたら、味付けします。

DSCF7396_20130905075209e25.jpg
おろしニンニク、砂糖、アミの塩辛、アミの塩辛の汁を入れてよくかき混ぜ、写真を撮り忘れましたが、切った野菜を混ぜ込みます。
野菜を入れたら水分が出ないようにぎゅうぎゅうとは押さず、軽くかき混ぜながらヤンニョンと和えます。

DSCF7399_20130905075213d7f.jpg
トマトに中身を詰めます。

DSCF7401_20130905075215780.jpg
トマトは塩漬けされて柔らかくなり、中が開きやすくなっています。

DSCF7404_201309050751224e0.jpg
これで完成です。

DSCF7407.jpg
残った中身をトマトにのせ、、、

DSCF7410_20130905075137ce5.jpg
ボウルに残った汁を回しかけます。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保てます。

DSCF7409_20130905075134636.jpg
この日のお土産です。
1人1個いただきました。

DSCF7412_2013090507514063f.jpg
トマトキムチは酸味が出るまでに食べます。
だいたい一週間ぐらいは大丈夫だそうです。
当日食べてもオッケーです。


【かぼちゃのソンピョン】
DSCF7328_20130905075614069.jpg
ソンヒョンとは韓国式のお餅です。
お盆の時に新米で作り、朝から食べて、お墓参りに持って行くそうです。
一人10個は食べちゃうとのこと。

ソンは韓国語で松という意味だそうです。
お餅を蒸すときに松を入れて香りを移します。
飾りにも松を使うとのこと。

DSCF7329_20130905075616118.jpg
韓国料理は実習がなく、先生が作るのを見るだけです。
材料をあらかじめ全て揃えて、お料理スタート!

DSCF7335_20130905075535ef3.jpg
ソンピョンにはヨモギやイチゴなどいろいろな種類があるそうですが、この日は色がキレイなかぼちゃのものを作りました。

DSCF7341_20130905075544e48.jpg
カボチャは水っぽくならないように、茹でずに蒸します。
レンジでチン!でもオッケーです。

理由は失念しましたが、カボチャの下処理に失敗し、漉してから加えました。

DSCF7339_20130905075538b6f.jpg
米粉に塩を加え、、、

DSCF7342_20130905075547a47.jpg
さらに漉したカボチャを入れてよく混ぜ合わせます。

DSCF7346_20130905075549501.jpg
お湯を少しずつ加えながら混ぜていくと、生地全体が黄色くなります。

DSCF7350_20130905075431d21.jpg
これでもかなり黄色っぽいですが、蒸すともっと鮮やかになるそうです。

DSCF7351_20130905075434fb1.jpg
お湯を加え過ぎたので、米粉を追加(笑)。

DSCF7356_20130905075437fbb.jpg
よく練ると食感が柔らかくなり、モチモチするとのことです。

「耳たぶぐらい」の柔らかさになったら出来上がりです。
この表現は韓国にはないそうで、先生は知りませんでした。

DSCF7370_20130905075402d23.jpg
生地が出来上がったら、すぐに乾いてしまうので、固く絞った布か濡らしたキッチンペーパーでくるんでおきます。

この生地は冷蔵庫で2日保つそうです。

DSCF7359_20130905075440d88.jpg
ソンピョンに入れる餡を作ります。
餡にはいろいろな種類があるそうですが、この日は栗餡とゴマ餡の2種類です。

まずはゴマ餡から作りました。

DSCF7360_20130905075442e35.jpg
小さなボウルにすりゴマ・はちみつ・砂糖・塩をを加え、よく練ります。

DSCF7369.jpg
ゴマ餡の出来上がり。

DSCF7331_20130905075619671.jpg
次は栗あんです。
栗は甘露煮を使います。

レシピには「甘栗」と記載されていましたが、天津甘栗ではないとのこと。
韓国には天津甘栗はないそうです。

DSCF7364.jpg
栗は細かく刻みます。

DSCF7365.jpg
あれば、すり鉢で潰します。

DSCF7367_20130905075356015.jpg
栗餡はこれで出来上がりです。

DSCF7372_2013090507531316a.jpg
いよいよ成形です。

DSCF7373.jpg
生地を20gぐらいにちぎり、凹みを作って餡を入れます。

DSCF7375.jpg
餡はたっぷり目が美味しいとのこと。

DSCF7377.jpg
成形にはいろいろな形があります。

DSCF7381_20130905075323f2e.jpg
この日はゴマ餡はギョウザ型、栗あんは拳の握り型にしました。

DSCF7382.jpg
個数がとっても多かったので、ベテラン生徒さんの一人がお手伝い。

DSCF7384.jpg
小さくてとってもキュート。

韓国の子供たちは犬の頭の形を作ったりするそうですが、何と、先生は作れないそうです(笑)。

DSCF7385.jpg
あらかじめ、蒸し器にお湯を沸かしておきます。

DSCF7387.jpg
蒸し器の底には布を敷いておきます。

DSCF7389_2013090507525365f.jpg
お湯が沸騰したら、いよいよ蒸します。

DSCF7391_20130905075202c74.jpg
20分間蒸します。
松の枝?があったら、一緒に入れます。
いい香りがつくし、餅同士がくっつかないそうです。

DSCF7425_20130905075051e31.jpg
蒸し上がりです!

DSCF7427_201309050750077a7.jpg
鮮やかな黄色で、しかもツヤツヤ。

DSCF7426_20130905075053a71.jpg
あらかじめ氷水を用意しておき、、、

DSCF7430_20130905075010102.jpg
すぐにお餅を入れて冷やします。

DSCF7435.jpg
ザルにあげて水を切り、ゴマ油を手にとって、お餅に和えます。

DSCF7440_201309050750192cb.jpg
こちらで完成です。

DSCF7441_20130905074929153.jpg
と~っても美味しそう。

DSCF7442_201309050749321de.jpg
これは生徒さんの試食用に、上のレストランで作られたものです。

DSCF7444_20130905074934baa.jpg
盛り付けにも松を使うといいそうです。

DSCF7448_20130905074945687.jpg
こちらは松に代わり、パプリカを添えています。

DSCF7445.jpg
ソンピョンの形はどちらも同じで、パプリカが色違いになっています。
メモが無く、どっちがどっちかわからなくなっちゃいました(汗)。

DSCF7449_20130905074850843.jpg
ソンピョンは日持ちはしません。
冷蔵庫に入れるとかたくなるので、食べるときはもう1回蒸します。
柔らかいうちに冷凍しても大丈夫とのこと。

DSCF7450_2013090507485656a.jpg
いよいよ楽しい試食タイム。
いただきま~す!

DSCF7453_20130905074859fba.jpg
奥の2個が試食用、手前の1個が先生が作ったものです。

DSCF7455_201309050749028d7.jpg
皮はモチモチというか、結構しっかりとした歯応えがありました。
やはり、出来たての方が柔らかです。

DSCF7456_2013090507490499a.jpg
レストランで作った栗餡の方が甘さが強かったです。

DSCF7415_20130905075042bb3.jpg
出来たてのトマトキムチも一緒にいただきました。
実際に食べるときは、しっかり下まで切り分けます。

DSCF7421_20130905075045327.jpg
お花が咲いたみたいで、と~っても華やか。

DSCF7424_2013090507504869c.jpg
う~ん、美味しそう。

DSCF7459_20130905074816744.jpg
ピリッと辛く、トマトの甘みと酸味があいまって、さっぱりと美味しかったです。

DSCF7460.jpg
このキムチ教室の少し前、「妻家房」が皇室にキムチを献上したそうです。

DSCF7461.jpg
4種類のキムチを壺に入れ、箱に入れてポシャギという韓国の伝統のパッチワークの布に包んだとのこと。

DSCF7463_20130905074832134.jpg
伝統的な製法の紙で作られた箱は、とってもステキ。

DSCF7462.jpg
これを作れる人は、韓国でただ一人しかいらっしゃらないそうです。

DSCF7464_2013090507475917c.jpg
なので、この箱は3万円もするそうで、先生はキムチよりよっぽど高いと言っていました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  

[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日
ソクバクジ (2007年10月20日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日
干し大根のキムチ (2008年5月10日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ (2010年2月20日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日) 

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg


2012年10月20日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2013/09/12 05:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(2) |
濃厚鶏そば 晴壱  @曙橋
このところ朝晩とても涼しくなりました。
朝起きたときに窓を開けると冷たい風がすーっと入って来て、すごく気持ちいいです。
数日前、うっかり窓を開けて寝ちゃったら、朝方寒くて飛び起きちゃいました(汗)。

DSCF7256_2013090420451389b.jpg
2012年10月20日は、2012年下半期最初の「妻家房」のキムチ教室でした。
前日「ローリーズ」のディナーでローストビーフを510g食べた私は、胃もたれはなかったものの、お腹が全然空かない(汗)。
教室が始まる前にランチとして四谷三丁目のラーメン屋さん巡りをしていますが、この半期は結構たくさんキムチ教室に行く予定だったので、せっかくのチャンスでしたがこの日のランチはパスしようかな~とも思ったのですが、市ヶ谷経済新聞で曙橋にラーメンの新店が出来たという記事を見ていたので、やはり行ってみることにしました。
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/11 05:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
LAWRY’S THE PRIME RIB TOKYO  @溜池山王
この2ヶ月程、暑さを言い訳ジョギングをさぼっていました。
先週末に久しぶりに5キロ程走ったのですが、身体が重くてスピードが上がらず、ヘロヘロでした(汗)。
ホント、身体って使わないとあっという間に錆びちゃいます。
少し涼しくなってきたので、改めてジョギングをがんばりま~す☆

本日は、マイブログ圏外の溜池山王にある「ローリーズ」のレポートです。
こちらのお店、10月1日から値上げを予定していますので、興味をある方は今月中にGO!

DSCF7172_20130903082539372.jpg
2012年10月19日の夜、先輩を含む美味しいもの大好きなメンバー4人での食事会でした。
この日伺ったお店は溜池山王にある「LAWRY’S THE PRIME RIB TOKYO(ローリーズ)」です。

DSCF7057_201309030835182ce.jpg
地下鉄銀座線溜池山王駅の12番出口を出て六本木通りに入り、右手に少し進むと赤坂ツインタワーの東館があり、お店は1階と地下1階にあります。
徒歩1分という近さでした。

DSCF7059_201309030835226f7.jpg
お店の入口はまるで欧米の劇場のような外観です。
門番、、、ではなく、男性スタッフが外にいるので、遠くから写真を撮りました(笑)。
事前にお値段がわからなければ、一見で入るのは絶対無理!って感じです。

DSCF7060_20130903083525e18.jpg
「ローリーズ」は、1938年にアメリカのロサンゼルスで創業されたプライムリブの専門店で、アメリカではロサンゼルス・ラスベガス・シカゴ・ダラスの4店舗、アジアでは東京・大阪・シンガポール・台湾の4店舗を展開しています。
東京店は、6店舗目の『Lawry's The Prime Rib』として、2001年にオープンしました。

プライムリブとは、特製スパイスを塗った上質な骨付き牛肉をじっくり焼き上げた、アメリカンスタイルのローストビーフとのことです。
メンバーの一人がこのお店を訪問したことがあり、紹介してくれました。
私はもちろん、初めての訪問です。

DSCF7062_20130903083528b10.jpg
建物の中に入ると、とってもカワイイハロウィンの飾りがありました。
実は次の日からハロウィンスペシャルになって、デザートとかが変わったようで、ちょっぴり残念。

DSCF7063_20130903083530e4f.jpg
天井が高く、シックな内装でとても広々としています。

DSCF7072_20130903083501dad.jpg
まだちょっと予約の時間に早かったので、右手にあるバーに入店。

DSCF7066_20130903083457d9a.jpg
奥に細長くフロアが広がっていて、ソファやスツールの席がありました。

DSCF7073_20130903083503b34.jpg
先輩と私は一番奥の方にあるスツールのテーブル席に着席。

DSCF7065_20130903083454fda.jpg
席に着くとおしぼりをいただきました。

DSCF7064_201309030834521d7.jpg
午後5時から7時まではハッピーアワーで、こんなステキな雰囲気なのにとってもお得なお値段でいろいろとアルコールをいただくことが出来ます。
ちょうどこの時間帯でラッキー。

DSCF7076_201309030834146c3.jpg
先輩はお酒が飲めないのでオレンジジュース?、私はジントニックをいただきました。
ミックスナッツがお通しとして出てきましたが、メニューによると、ドリンク料金に含まれているようです。
消費税も込みのようですが、チャージはどうなっているんだろう?

DSCF7082_20130903083426778.jpg
先輩が注文したソフトドリンクです。
何だったか、メモも記憶もありません(汗)。


Gin Tonic (ハッピーアワー 500円)
DSCF7078.jpg
ジントニックは結構甘めでした。
でも、お腹が空いていたし、ノドも渇いていたので、グビグビ飲んじゃいました。
ドリンクを飲み始めたところで、もう一人のメンバーが到着。


Mix Nuts
DSCF7081_201309030834239d0.jpg
ミックスナッツは、ピーナッツ、アーモンド、ジャイアントコーン、カシューナッツなどなど、かなり種類が豊富です。
いろいろ選びながら食べられるのが楽しい。
これはドリンク料金に含まれているとのこと。


Champagne (1,600円?)
DSCF7089_20130903083351e8f.jpg
ジントニックを飲み終えたので、もう一杯注文。
シャンパンを飲もうと思ったら、午後7時を過ぎたようで、ハッピーアワーが終わってしまい、通常のメニューを渡されました。
倍額以上になってしまいましたが、せっかくなので初志貫徹で注文。
とてもよく冷えていて、きりっと辛口で美味しかったです。

DSCF7090_201309030833561d3.jpg
二杯目を頼んだ頃にもう一人のメンバーが合流し、全員が揃いました。
せっかくなので、その方もシャンパンを飲んで、それからレストランへ移動。

DSCF7091_201309030833022f5.jpg
落ち着いてはいますがゴージャスな内装の中、階段を降りて地下1階のフロアに入ると、見渡す限りたくさんのテーブルがあり、ほとんどが満席でとってもにぎやか。

DSCF7102_201309030831589ab.jpg
バーで飲んでいた時はこんなにゴージャスだとは思っていなかったので、もうちょっとオシャレな格好をすべきだったかとちょっと反省していたのですが、お客さんはカップル、同性同士、会社っぽい集まり、ご家族と実に様々でした。

DSCF7092_20130903083308243.jpg
私たちは左手奥の壁に向かったテーブル席に着席。
席は背の高い壁がぐるりと丸く座る形なので、全員が席につくと、サービスの方がテーブルを奥に押し込むので、一番奥に入った人は簡単に外へ出ることはできません。
トイレが近い方はご注意!

DSCF7097_20130903083231fd3.jpg
メニューです。

DSCF7100_20130903083241877.jpg
まず、おしぼりとお水をいただきます。

DSCF7099_20130903083237c71.jpg
最初にバターが出てきました。
四人分なので、十字に切れ込みが入っています。
テーブルの中央に置かれました。

DSCF7101_20130903083155c3c.jpg
席がたくさんあるからか、店員さんもとてもたくさんいらっしゃいます。
外国人の方がとても多いのが、溜池山王らしいかったです。
テーブルごとに女性店員さんがついて担当してくれるのですが、制服がとってもかわいいデザインでした。

DSCF7098_201309030832346e5.jpg
乾杯のお酒は、店員さんに勧められ、こちらに決定。


Veuve Clicquot Rose Label (1,900円)
DSCF7106_20130903083204f7b.jpg
みんなで乾杯!
ヴーヴクリコにロゼ色があるなんて、初めて知りました。
サーモンピンクの色合いがとってもキレイ。

DSCF7104_2013090308320191f.jpg
でも、飲んでみると可愛らしい外見とは違い、味はドライですっきり辛口でした。
炭酸がしっかりと感じられて、美味しかったです。

DSCF7120.jpg
この日は美味しいローストビーフをたっぷり食べよう!ということで、コースメニューもありますが、お肉にサラダと付け合わせがついたプライムリブディナーを注文し、サイドメニューのクラムチャウダーをつけました。
クラムチャウダーはサイズが選べるので、一人はレギュラー、三人はハーフサイズをチョイス。

DSCF7124_20130903082951f94.jpg
小さなまんまるのパンが出てきました。
一人一個、四人分です。

DSCF7129.jpg
席を担当する店員さんが、目の前でサラダを豪快に作ってくれます。
ボウルの中にいろいろな種類の野菜を入れ、シーザードレッシングを豪快なスタイルで混ぜ合わせて仕上げます。

DSCF7126.jpg
このお店はいろいろパフォーマンスをやってくれるお店なのですが、この時はいきなり始まったので、カメラの準備も間に合わず(汗)。
いくつか撮影しましたが、ご覧の通り、ブレブレです(泣)。

DSCF7131.jpg
店員さんの説明も流暢というか、やや立て板に水っぽい感じだったので、突然始まったパフォーマンスを唖然と見つめちゃいました。
このお店を紹介してくれた人は何度か来たことがあるので、こういう感じだというのをもちろん知っていましたが。

DSCF7135_201309030829195e8.jpg
お皿もカトラリーも冷え冷えです。
知らずに触り、「ひゃっ!」を思っちゃいました(笑)。

DSCF7136_20130903082922098.jpg
サラダの出来上がり!


オリジナル・スピニング・ボウル・サラダ
DSCF7137_20130903082925a02.jpg
サラダは数種類の葉物、トマト、クルトンなどが入っています。

DSCF7138_201309030828329e7.jpg
野菜に和えてあるシーザードレッシングは、75年に及ぶ創業以来の味だそうです。

DSCF7139_201309030828352f1.jpg
こってりとした味わいでとっても好みでした。

DSCF7141_20130903082838f77.jpg
お好みでシーズニングペッパーをかけることができます。
この日はドレッシングのお味だけでも充分美味しくいただけたので、使いませんでした。

DSCF7142_201309030828443b1.jpg
続いて、パンをいただきました。

DSCF7143_201309030828478b0.jpg
外側は少し固めで中はふんわり。

DSCF7144_20130903082750139.jpg
フツーに美味しかったです。


赤ワイン (ボトル)
DSCF7146_201309030827563ae.jpg
グラスシャンパンを飲み終え、赤ワインのボトルを注文。

DSCF7147_201309030827591c5.jpg
ワインに詳しいメンバーに一任しました。

DSCF7148_201309030828024da.jpg
とても甘い香りがして、少しだけ苦みがありましたが、すっきりと飲みやすかったです。


Clam Chowder ハーフ (400円)
DSCF7150_20130903082805356.jpg
クラムチャウダーは、白地に紺色?のデザインが施されたお皿に盛られ、ダブルソーサーで出てきました。

DSCF7155_2013090308270237b.jpg
ぽってりとした見た目どおり、スープはとっても濃くて重たくて美味しい!
ミルキーですが、海鮮の旨味がたっぷり。

DSCF7157_20130903082708473.jpg
小さくカットされたじゃがいもなど、具もそこそこ入っていました。

レギュラーで注文したメンバーが羨ましかったです。
ただ、この後のメインを考えるとハーフにして正解でした。

DSCF7163_20130903082611774.jpg
ワインもとても進みます。

DSCF7160_20130903082711ee3.jpg
いよいよ次はメインです。
テーブルの上はちゃくちゃくと準備が進められます。

DSCF7161_201309030827142ee.jpg
メインの薬味として、ホースラディッシュと、、、

DSCF7162.jpg
生クリームを加えたホイップド・クリームホースラディッシュが出てきました。

DSCF7165_20130903082614a4f.jpg
お肉は「宇宙船か?」と思っちゃうような巨大な容器で登場。
「シルバー」と呼ばれるカートの中にプライムリブの大きな塊を縦置きにし、客の目の前で好みのサイズと焼き加減を聞いて、お肉を切り取ります。
このお肉を取り分けるのは金メダルを持つ店員さんだけだそうで、お肉の焼き具合などをきっちり見極められるそとのこと。

DSCF7167_2013090308261789b.jpg
フタをオープン!
なんと、巨大な肉塊が登場。
目を奪われます。

お肉はボリューム(重さ)と焼き加減を選べます。
一人が一番軽く、東京のみという140gのトーキョー、二人がこのお店の名前を冠する300gのロウリーズ、私はせっかくなのでチャレンジして見ようと、一番大きな510gのダイアモンド・ジム・ブレーディカットをレアで注文。
何故この時こんなに頑張ったかというと、前回の食事会で「オザミ・デ・ヴァン」に行ったとき、私が吉田豚のローストをあまりにも嬉しそうに食べていたので、メンバーが今回こちらのお店を選んでくれたので、その期待に応えなければ!と思ったからです(笑)。


The Tokyo Cut
DSCF7175_201309030825473ef.jpg
こちらが少食なメンバーが注文した一番小さいサイズです。

DSCF7177_20130903082550d1c.jpg
140gとのことですが、薄切りのせいか、これでも結構大きく見えます。


The Lawry Cut
DSCF7171_201309030825363b8.jpg
こちらが先輩ともう一人のメンバーが注文した300gのローリーカットです。
店名を冠するこちらのサイズは、1938年の創業から続く、お店定番のカットとのこと。


The‘Diamond Jim Brady’Cut
DSCF7172_20130903082539372.jpg
そしてこちらが、私が注文した一番大きなサイズのカットです。
510gのお肉が出てきて、一同騒然。
でっか~い!
こんなぶ厚いお肉、見たことないです。
メチャメチャ感動しました!

DSCF7173_201309030825446a3.jpg
この高さというか厚みがすごい。
3センチ? もっとあるでしょうか。

DSCF7181_201309030825023e9.jpg
先輩のローリーカットと並べると、その違いがわかるでしょうか(笑)。

DSCF7182_20130903082505e5e.jpg
いただきま~す!
付け合わせはマッシュドポテトとヨークシャープティングに、クリームドスピナッチ(500円)をプラスしました。
たっぷりのソースがかかっていました。

DSCF7185_20130903082508ef0.jpg
こちらがヨークシャープティングです。
シュークリームの皮のような、ちょっとぱりっとした口あたりでした。

DSCF7189_20130903082421083.jpg
マッシュドポテトもたっぷり。
真ん中を凹ませてあり、お肉のソースが入っています。

DSCF7190.jpg
クリームドスピナッチは茹でたほうれん草がクリーム味のソースで和えてあり、とてもこってりしています。
あっさり目のお肉にはぴったり。
このトッピングはオススメです。

DSCF7186_2013090308241857b.jpg
焼き加減がレアなので、ピンクなお肉の断面がとってもキレイ。
テンションがすごく上がり、ワクワクしちゃいました。

DSCF7192.jpg
お肉はスッとナイフが入って、とっても柔らか。
せっかくなので、贅沢に厚めに切っちゃいました。
まずは一口。
切った感触そのままで、すっごく柔らかい!
これだけの大きさですが、筋など歯にひっかかるような所は全くありませんでした。

DSCF7202.jpg
外側が少しかために焼かれていて脂があるので、中の赤身のところだけ食べたり、外側と一緒に脂と共に食べたりと、いろいろな食べ方ができます。
正直に言えば、中央付近の赤身のところだけを食べるとちょっと水っぽい感じがしてお肉そのものの旨味は薄いです。
でも、これだけのたっぷりのお肉を柔らかに美味しくいただけるので、全く問題なし!

DSCF7200_20130903082432082.jpg
たっぷりかかっているソースは、少し甘めで美味しかったです。

DSCF7205_20130903082348c8a.jpg
お肉はあり得ないぐらいたっぷりあるので、いろいろな付け合わせをのせて食べると、それぞれ違った味わいでお肉がどんどん食べられました。

この日の私は何故か絶好調!
お酒もとっても進み、ひたすらお肉を食べ続けました。

DSCF7209_201309030823549f5.jpg
自分でもビックリでしたが、最後まで美味しく510gのお肉を完食☆
完食記念に証拠写真撮影を(笑)。

実は、一段階量の少ないローリーズカットを食べていた二人はお肉を食べきれず、残してしまっていました。
一人はクラムチャウダーをレギュラーで食べたのが敗因だと思います(笑)。

DSCF7212_20130903082357a4e.jpg
食べきれなかった先輩からお肉を一切れいただきました。
これを食べたらさすがに苦しく、先輩はもっとお肉を残していたのですが、これが限界でした(汗)。

DSCF7218_201309030823021db.jpg
食事が終わり、デザートです。

パフォーマンス大好きなこちらのお店、お誕生月の人に対し、プラス料金なしでデザインされたケーキとお誕生日ソングをお願いすることができます。

実は、先輩が一週間前に誕生日で、このお店を取ってくれたメンバーにそのことを伝えたら、手配してくれました。本当にありがとうございます。
でも、私自身はでっかいお肉を食べ切った充実感からすっかり忘れていて、どこからともなくハッピバースデイソングが聞こえてきて、ロウソクに灯の灯ったケーキが出てきたのにはビックリ。
先輩もとっても喜んでくれました。

すごくステキな演出なので、この日の夜だけでも10ヶ所近くからお祝いの声が聞こえてきました。
お誕生日の思い出作りにはすごく良いと思います。


Ice Cream (650円)
DSCF7228_20130903082228f18.jpg
メンバーの一人がこちらを注文。
メニューによれば、バニララムレーズン&クッキーの3種類から選ぶようですが、この日の種類はメモも記憶もありません。


Sherbet (600円)
DSCF7229_201309030822319c8.jpg
もう一人のメンバーは日替わりシャーベット2種類の盛り合わせです。


Key Lime Pie (850円)
DSCF7230_20130903082234871.jpg
お肉でお腹が一杯なので、デザートはシャーベットにでもしようかと思いましたが、ふと目に入ったキーライムパイを注文。
白い四角いお皿にのせられ、ソースとベリーで飾られていました。
結構大きなピースで、しかも、生クリームがたっぷり。
先輩から後から「大丈夫か?」と心配された程の盛りっぷりでした。

DSCF7231_2013090308223730b.jpg
結果的には、このクリームは甘さが控えめだったので、食べやすかったです。
フィリングはライムの風味がすごく効いていて、かなり酸味が強くて美味しい!
黒いパイ生地はサクサクでクッキーみたいな味わいでチョコレートの風味が利いています。
甘いもの嫌いな私には珍しく、美味しくいただけたデザートでした。


Iced Coffee (600円)
DSCF7234_201309030821396f1.jpg
ドリンクはアイスコーヒーをいただきました。

DSCF7236_20130903082142f88.jpg
お腹いっぱい、大満足でごちそうさまでした。


美味しくて楽しい食事会はあっという間に11時近くなり、解散しました。
「ローリーズ」は公式HPなどを見ると豪華絢爛でちょっと敷居が高い感じがしますが、パフォーマンスたっぷりのフレンドリーな接客、食べやすいお味でとてもステキなお店でした。
特に記念日にはぴったりだと思います。

この日は510gのローストビーフを完食できて、すっごく自信がつきました。
これからメガ盛りに挑戦するのに、目安になりそうです(笑)。


バーメニュー(ハッピーアワー)です↓
DSCF7064_201309030834521d7.jpg


バーメニュー(通常時間)です↓
DSCF7084.jpg

DSCF7085_201309030833430ec.jpg

DSCF7086_20130903083346fb3.jpg

DSCF7087_201309030833486c1.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7093_201309030833115ee.jpg

DSCF7094_201309030833142d9.jpg

DSCF7095_201309030833173d2.jpg

DSCF7096_20130903083227015.jpg


ワインリスト1です↓
DSCF7107_201309030832070b0.jpg

DSCF7108_201309030831233af.jpg

DSCF7109_201309030831260f4.jpg

DSCF7110_20130903083129469.jpg

DSCF7111_201309030831325ff.jpg

DSCF7112.jpg

DSCF7113.jpg

DSCF7114.jpg

DSCF7115.jpg

DSCF7116_201309030831020a5.jpg

DSCF7117.jpg


ワインリスト2です↓
DSCF7121_2013090308303244b.jpg

DSCF7118.jpg

DSCF7119_201309030830245ad.jpg

DSCF7122.jpg

DSCF7123_2013090308294875b.jpg

DSCF7133.jpg

DSCF7134.jpg


デザートメニューです↓
DSCF7223.jpg

DSCF7224_2013090308230732a.jpg

DSCF7225_201309030823103a0.jpg

DSCF7226_20130903082224a1b.jpg


お店の名刺です↓
DSCF7237_201309030821448bf.jpg

DSCF7238_20130903082148101.jpg

DSCF7239_20130903082150b64.jpg

DSCF7240_20130903082122d0d.jpg


2012年10月19日訪問時お店DATA
************************************
LAWRY’S THE PRIME RIB TOKYO (ローリーズ) 
〒107-0052 
東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー東館1階・地下1階
TEL 03-5114-8080
FAX 03-5114-8012
営業時間
[平日] 11:30~15:00(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.21:30)
[土曜] 17:00~23:00(L.O.21:30)
[日祝] 17:00~23:00(L.O.21:00)
定休日 なし
地下鉄銀座線溜池山王駅12番出口から徒歩1分
地下鉄丸の内線赤坂見附駅から徒歩10分

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

【2013/09/10 06:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
週末はイマイチなお天気でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
今週は3連休を楽しみにがんばりま~す!

DSCF7044_201309050838295d3.jpg
2012年10月19日は、上司がお昼時に不在で外へ食べに行くチャンスでしたが、夜にガッツリ系のディナーを予定していたので、お料理を美味しく食べられるように、かつ、体重もやや高止まりだったので、軽めのランチにしようと、久しぶりに「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」の持ち帰りにしました。
一緒にディナーに行く予定の先輩はお弁当をサボっていたので、一緒に行くことに。
私が「瓢箪」でテイクアウトするようになってからずいぶん時間が経ちましたが、先輩はこの日がデビューです(笑)。

DSCF7041_20130905083820fa6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2012年9月28日だったので、約3週間ぶり、26回目です。

DSCF3011_20130607210051.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF1224_20130419071337.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
先輩と一緒にお店まで買いに行きました。
12時10分ぐらいに到着したとき、先客なしですぐに注文することが出来ました。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

DSCF9764_20130316092412.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
持ち帰りのビニール袋は、真っ白なシンプルなものです。

DSCF7042_20130905083823783.jpg
私はなるべく軽めにと思い、わかめ蕎麦を注文。

DSCF7043_2013090508382606b.jpg
容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。

DSCF9780_20130316092337.jpg
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。


わかめ蕎麦 (350円)
DSCF7044_201309050838295d3.jpg
いただきま~す!

この日は本当にうっかりしていて、わかめ蕎麦単体の写真を撮り忘れ(泣)。
麺に、カマボコ、ネギ、ワカメがのせてあります。

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどにカマボコ、ワカメ、ネギがトッピングされているので勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

DSCF7051_201309050838039dd.jpg
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
かなり薄切りでした。

DSCF7050_2013090508380097f.jpg
長ネギは小口切りです。
中央にトッピングされて、彩りのアクセントになっています。

DSCF7052_20130905083806d84.jpg
わかめはトッピングの定番ですが、さすがにわかめ蕎麦というだけあって、かなりたっぷりと入っていました。
お蕎麦を覆い尽くして見えない程です。

DSCF7054_2013090508372372e.jpg
わかめの茎なんでしょうか、飛び出している部分があったので記念撮影。
ちょっとコリッとした食感でした。

DSCF7053_20130905083719b58.jpg
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF7055_20130905083726d01.jpg
ダシは甘さ控えめのあっさり系ですが、この日はそんなに気にならなかったです。
お蕎麦はいつものとおり(?)、ちょっとぶよぶよとした柔らかめな食感でした。
ボリュームは普通です。


カレーうどん (430円)
DSCF7046_20130905083832024.jpg
先輩は無難に美味しいカレーうどん。
最初、お蕎麦を買おうとしていましたが、お蕎麦よりはうどんの方が悪くないと私が勧めたため、変更しました。


お初の「瓢箪」だった先輩は、お値段を考えれば充分美味しいとの評価だったので、一安心でした。

全体のボリュームはやや軽めです。
スープも飲み干して食べ終えた後も、何となく空腹感が残りましたが、夜に向けて我慢。
午後4時頃にはお腹が空いてしまったので、ディナーまでの3時間ぐらいがとっても長かったです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 メンチうどん (2012年4月10日
 力うどん (2012年2月27日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけうどん  (2012年5月15日

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年10月19日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/09 00:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(0) |
FRESHNESS BURGER 市ヶ谷日テレ通り店  @市ヶ谷/麹町
昨日のお昼、2012年10月18日にランチ訪問した「ミスターバン」に再訪したのですが、写真撮影が禁止になっていました。
写真を撮る方はお気をつけ下さい。

お天気が回復しましたので、みなさま、楽しい週末を☆

DSCF6990_20130830103119412.jpg
2012年10月17日、数日前にテレビでやっていた美味しいハンバーガーのランキングを観た上司が、無性に食べたくなったとのことで、「FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー) 市ヶ谷日テレ通り店」で予算一人1,000円で買ってくるように頼まれました。
先輩も同じ番組を観ていたそうです。
私は全然知らなかったものの、降ってわいたありがたいお話しにとってもハッピー!
ただ、番組ではモスバーガーが圧倒的な強さだったそうですが、残念ながらこの界隈にはありません。

2008_1123画像0038
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、2つめの交差点の少し手前の右側に店舗があります。

2008_1123画像0039
一軒家、というのでしょうか、2階建ての小さな建物です。

フレッシュネスバーガー」は、株式会社フレッシュネスバーガーが展開するちょっとお高めのバーガーチェーンで、1992年12月14日に第一号店がオープンし、現在では中国地方以外の日本各地だけでなく、香港やシンガポールにも支店があります。

2008_1123画像0037
前回購入したのは2011年9月20日だったので、約1ヶ月ぶりです。

2010_0629画像0043
こちらは以前撮影した写真です。
お店の扉にはメニューが幾つか貼り出されています。

2008_1123画像0032
お店に入ると、右側に小さなテーブルが並び、、、

DSCF1057.jpg
左側にはカウンター席がありました。

DSCF1056_20120604195111.jpg
フロアの端には調味料やお水、お砂糖などが置かれた小さなワゴンがあります。

小さい器もあって、持ち帰りもオッケーです。
タバスコだけでもかなりの種類があって、見ているだけでも楽しい。

DSCF1059_20120604195025.jpg
お店は1階と2階がありますが、いつもテイクアウトなので2階には行ったことがありません。
1階は禁煙です。

2010_0224画像0001
こちらも以前撮影した写真です。
店内にはメニューがいろいろと貼ってあります。

上司が「フレッシュネスバーガー」の話をし始めたのは12時半近くで、公式HPでメニューを決め、あらかじめ私がお店に注文の電話したのが12時半頃でした。
慌ただしいランチの真っ最中ということで、30分程みて欲しいといわれ、出かける準備をしていた先輩は一旦武装解除(笑)。
しばらくして出かけましたが、お店でも少し待ったそうです。
番組の影響もあって、上司と同じような人がいたのでしょうか?

2010_0224画像0006
こちらも以前撮影した写真です。
お店オリジナルのエコバックの販売もありました。

DSCF1058_20120604195109.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
午前11時から午後2時まではお得なLunch Comboが販売されています。
本日のバーガーとフライドポテトRとドリンクがセットで640円とお得です。
2007年8月29日に初めてランチ訪問したときにこのセットをいただきました。
ただ、いろいろな種類を食べたい私には、このセットはあまり魅力的ではありません。

2010_0224画像0003
カウンターの横には小さな冷蔵ケースがあります。

2010_0224画像0002
この中には、サラダ、デザートのほか、お酒も置いてありました。
「フレッシュネス・バーガー」でお酒が飲むことができます。

DSCF6971_20130830103257750.jpg
3人分はさすがに量がありました。
買いに行ってくれた先輩、ありがとうございます!

DSCF6974_20130830103304333.jpg
持ち帰り用の薄いビニール袋は半透明で、白い店名のロゴが入っていました。

DSCF1060_20120604195025.jpg
持ち帰りの袋は淡い茶色でとってもシンプルです。

DSCF1061_20120604195024.jpg
でも、店名のロゴはこちらにもちゃんと入っています。

DSCF6976_20130830103309ba0.jpg
紙ナプキンは持ち帰りの袋と似た淡い茶色です。
こちらにも店名のロゴは入っていました。


ブルーチーズバーガー(620円)+スパムバーガー(380円)=1,000円
DSCF6977_201308301033127d8.jpg
私は食べたことのないメニューから、ブルーチーズバーガーとスパムバーガーをお願いし、ジャスト1,000円!(笑)。

DSCF1063_20120604195022.jpg
この日はケチャップが2つもついていました。
バーガーにそれぞれ1つずつということでしょうか。

DSCF6979_20130830103223d28.jpg
マスタードは1つでした。

DSCF1065_20120604194942.jpg
裏側はこんな感じです。


DSCF6983_20130830103230717.jpg
こちらはブルーチーズバーガーです。
このメニューは初めて見たような気がするのですが、ブルーチーズ大好きなので注文したものの、お値段はなんと620円。
ワンコインランチよりも遙かにお高く、牛丼だと2.5杯ぐらい食べられます。
改めてお値段の高さにビックリです。

クラシックバーガーのシリーズの包み紙はヘインズのケチャップの広告が描かれているので。すぐに区別がつきます。

DSCF6984_201308301032336c5.jpg
ブルーチーズバーガーに貼られたシールには「BE-FRESH」と書かれていました。
BLUE CHEESEだとちょっと違うし、何の略称だろう?

DSCF6992_201308301031228cc.jpg
お店の公式HPによれば、ブルーチーズバーガーは「食べ応え十分なクォーターパウンド[113]gパティに世界三大チーズの一つである「ゴルゴンゾーラ」を合わせました。日本でも愛されているブルーチーズでその芳醇な香りが特徴です。クセが少なく口当たりなめらかでクリーミーな味わいがビーフパティの旨みと絶妙にマッチしています。また、ハチミツをかけても美味しくお召し上がり頂けます! チーズの塩気とはちみつの甘みがクセになる味わいです。」とのことです。

まずはとっても楽しみにしていた、ブルーチーズバーガーから食べました。
さすがにサイズがかなり大きく、写真を撮るために片手で持つのが大変。
もちろん、食べるときもどうやって囓ろうかと躊躇っちゃう程です。


ブルーチーズバーガー (620円)
DSCF6990_20130830103119412.jpg
バンズにレタス、トマト、タマネギ、パテが挟まっています。
どれもかなりの厚みでどっしり!

DSCF6994_20130830103126953.jpg
全体をキレイに囓るのは難しく、少しずついろいろな角度で口の中へ。
パテは赤身中心でしょうか、食べ始めはブルーチーズがないので、歯応えが結構あって、かなりあっさりしています。
トマトもタマネギもかなりの厚みがあるので、とても存在感があってさっぱり。
タマネギのシャキッと感がすごくよかったです。

DSCF6995_20130830103130583.jpg
少ししてから、ようやくチーズに到着。
ゴルゴンゾーラを使っているのでこれだけお高いお値段になっていますが、全体に行き渡る程たっぷりというわけにはいかないようです。
お肉やお野菜の味わいがしっかりしているせいか、ゴルゴンゾーラらしいクセはそれ程感じないで、普通のチーズよりはもうちょっと主張しているかな~という感じでした。
心配していたハチミツの甘さは気付かなかったです。
全体として、ブルーチーズの癖が大好きな私にはちょっと物足りなく思いました。

DSCF6996_20130830103134f58.jpg
全体的な味付けがあっさり気味だったので、途中からケチャップをかけて食べました。

DSCF6985_20130830103153e32.jpg
次に、スパムバーガーです。
ハロウィンの包み紙がとってもカワイイ!

DSCF6986_2013083010315521a.jpg
こちらのシールはメニュー名そのままでした。


スパムバーガー (380円)
DSCF6998_20130830103043aab.jpg
お店の公式HPによれば、スパムバーガーは「ハワイで人気のスパム(ポーク)をこんがりと焼き、特製テリヤキソースをたっぷりとからめました。焼き立ての目玉焼き、千切りキャベツ、トマトをゴマバンズでサンドした具沢山でボリュームのある一品です。」とのこと。

DSCF6999_201308301030475ee.jpg
バンズに千切りのキャベツ、トマト、スパム、目玉焼きが重なっています。
トマトもスパムはかなりの厚みがあって、やはり一口で囓るのは大変でした。

DSCF7001_20130830103050714.jpg
スパムはとってもジューシーで柔らかく、しっかり味です。
脂もこってりしているので、トマトやキャベツがよく合いました。

DSCF7003_20130830103102a31.jpg
途中から、ケチャップとマスタードの両方をつけてみました。
ボリュームもあって、美味しかったです。


クラシックバーガー(480円)+サルサバーガー(350円)+アボガドサラダ(240円)=1,070円
DSCF6988_201308301032021b4.jpg
先輩はこちらを注文。

DSCF6989_20130830103205d7b.jpg
合計1,070円で1,000円の予算をオーバーしたため、70円を自費で支払いました(笑)。


アボガドサラダ (240円)
DSCF6982_2013083010322679c.jpg
アボガドサラダはスイートチリソースを和えたものだったので、甘い味付けが苦手なのに知らずに食べた先輩は「失敗した~。」と嘆いていました(笑)。

DSCF7004_20130830103105394.jpg
この日のレシートです。

DSCF7005_20130830103026348.jpg
上司はクラシックバーガー(480円)とフィッシュバーガー(350円)とフライドポテトの小さいサイズ(200円)を注文し、合計1,030円で30円オーバー(笑)。
うーむ、フィッシュバーガーとは珍しいチョイスだ。
ベーコンオムレツバーガーが美味しいですよって勧めたのに、、。


こちらのお店はカボチャを使ってほんのり黄色になったバンズが有名ですが、今回食べたバーガーでは使われていませんでした。メニューによって違うんですね。

大きなバーガーを2つ食べたので、お腹いっぱいになりました。
お値段は結構かかりますが、たまに食べるとやっぱり美味しいです。
上司は食べている途中に感想を述べていなかったけれど、満足したのでしょうか?


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

[クラシックバーガー]
 クラシックチーズバーガー (2010年2月24日
 ブルーチーズバーガー (2012年10月17日

[ハンバーガー]
 フレッシュネスバーガー (2008年11月17日
 ベーコンオムレツバーガー (2010年6月28日2011年9月20日
 テリヤキバーガー (2007年8月29日
 スパムバーガー (2012年10月17日
 サルサバーガー (2009年6月12日

[ベジタブルバーガー]
 ベジタブルバーガー トーフ (2010年6月28日

[ホットドッグ]
 ホットドッグ (2010年2月24日
 チーズドッグ (2011年9月20日

[サイドメニュー]
 フライドポテト (2007年8月29日
 オニオンリング  (2008年11月17日
 プーリー (2011年9月20日) 
 チキンナゲット (2009年6月12日
 ベジタブルスープ (2010年6月28日
 ポップオーバー (2010年2月24日
 クラムチャウダー (2008年11月17日

[ドリンク]
アイスコーヒー (2007年8月29日

[セット]
 ランチコンボ<テリヤキバーガー> (2007年8月29日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年10月17日購入時お店DATA
*********************************
FRESHNESS BURGER 市ヶ谷日テレ通り店  (フレッシュネスバーガー)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町2-13
電話 03-3222-0125
営業時間 
[月~金] 8:00~22:00
[土日祝] 9:00~21:00
地下鉄麹町駅から徒歩2分
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/06 07:00】 | バーガー | トラックバック(0) | コメント(4) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨日から引き続き大気がとても不安定で、空は朝だというのに暗い雲に覆われ、それ程遠くない場所で雷が鳴り続いています。
今日は一日中この状態が続くようですので、みなさま、くれぐれもお気をつけ下さい。

DSCF6942_20130830101226df0.jpg
2012年10月16日、12時半過ぎにようやく上司がお昼のことを言い出しました。
前日に引き続き「松月庵」を食べようと思ったものの、さすがにこのところずっと「松月庵」が続いていて迷っていた上司に、お弁当をサボった先輩が「スパゲッティでも食べませんか?」と声をかけたところ、少し前には「スパゲッティなんて、、、。」と言っていたのに、この日は「スパゲッティか、いいな!」と豹変(笑)。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF5380.jpg
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

いつもどおりあらかじめお店に注文の電話を入れてから、すぐに事務所を出て取りに行きますが、この日は先輩が買いに行ってくれました。
ありがとうございます☆

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回お弁当を購入したのは2012年10月11日だったので、5日ぶり、23回目です。

DSCF8366_20130208072604.jpg
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日訪問した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF6783_20130823123025db7.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
恩田ビルの前にはメニューが出ていて、その日の日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと34周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6926_20130830101357b9b.jpg
お弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

スパゲッティやリゾットとは思えないくらい、とても重くてずっしりとしていることが多いです。

DSCF6929_201308301014039fc.jpg
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。
この日は3人分あったので、書いてありました。

DSCF6930_20130830101405607.jpg
上司に「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」のメニューを見せるとき、「ご飯系メニューもありますよ。」と声をかけたら、結局、この日はスパゲッティではなくてオムライスに決めていました。

DSCF6931_201308301014087d5.jpg
先輩はお気に入りのミートソースのリーネア(牛スジ・野菜)です。

DSCF6933_201308301013211f0.jpg
この記事を書いていて気付いたのですが、書かれている文字が、リーネアに見えない、、、。

DSCF6935_20130830101325af9.jpg
私はこの日の夜はスポーツクラブに行く予定だったので、ちょっとたっぷり目に食べちゃおうとスパゲッティを食べることにしました。

DSCF6936_20130830101328970.jpg
オイルベースのスパゲッティを食べたことがなかったので、ミスキアーレ(海老・アボガド)を注文。

DSCF6870.jpg
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多いので、忙しそうだと返却が言い出せないこともしばしば。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
これをはがすのは結構大変。

DSCF6938_201308301013316a4.jpg
いただきま~す!


スパゲッティ ~ ミスキアーレ(海老・アボガド) ~  (900円)
DSCF6942_20130830101226df0.jpg
スパゲッティの上にたっぷりの海老・アボガドがトッピングされ、マヨネーズソースでしょうか、中央に細いラインでたっぷりとかかっています。
海老の赤、アボガドの緑、ソースの白で、とっても色鮮やかで彩りがいいです。

DSCF6944_201308301012334fc.jpg
中央にドライハーブがトッピングしてありました。

DSCF6947_20130830101013a28.jpg
細長い赤い唐辛子が1本そのまま入っています。
このおかげ?で、ところどころピリ辛でした。

DSCF6953_20130830101009554.jpg
海老は中ぐらいの大きさで、かなりたくさん入っていました。
食べてみると、とってもプリプリです。

DSCF6946_20130830101239ccc.jpg
一口大に切ってあるアボガドは完熟しきってはいませんが、十分柔らかで食べてみるとコクがありました。

DSCF6952_20130830101025a6a.jpg
麺は細麺で、炒めてあるのかちょっと香ばしさを感じ、ニンニクがしっかりときいていて、とっても美味しい!
ちゅるちゅるとしたのど越しがたまりません。
オイル系を今まで食べたことがなかったのが残念なぐらい、好みの味です。
麺のボリュームは結構ありますが、ぺろっと食べられました。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。

DSCF6956_20130830100938252.jpg
途中でタバスコをかけてみました。
ちょっとピリ辛だったのが、けっこう辛口に。
ホワイトソース系のメニューだと、タバスコの辛さだけでなくて酸味も味わいに大きな変化がありましたが、オイル系だとそれはあまりわからず、辛さが補強されたような感じでした。


スパゲッティ ~ リーネア(牛スジ・野菜) ~  (900円)
DSCF6939_2013083010133495e.jpg
先輩はお気に入りのこちらを注文。

DSCF6941_20130830101222a14.jpg
相変わらずの美味しい味わいとボリュームに大満足だったそうです。

DSCF6957_20130830100941000.jpg
特にお願いしていないのに、何故かこの日は領収書が入っていました。


結構ボリュームがあるはずですが、美味しくてぺろりと完食。
食べ終えても、もっと食べたい気分でした(笑)。
オイル系のメニューをこれからもいろいろ食べてみたいです。

タベルナのオムライスのボリュームに驚いた上司はちょっと引け腰になってしまい、少しご飯を残していました。
味付けも胡椒がしっかり目に利いていたとのことで、あまり気に入らなかったようで、残念です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日
  ネロ (2011年10月13日
◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  ネロ (2012年6月6日
◎ご飯系
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日
◎季節メニュー
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF0728_20130405055415.jpg

DSCF0729_20130405055328.jpg

DSCF0730_20130405055332.jpg

DSCF0731_20130405055336.jpg

DSCF0732_20130405055340.jpg

DSCF0733_20130405055344.jpg

DSCF0734_20130405055257.jpg

DSCF0735_20130405055301.jpg


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2012年10月16日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/05 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
ティーヌン 市ヶ谷店  @市ヶ谷
今日は朝から大荒れです。
このブログを書いている途中、雷がガンガン鳴り響いていて、雨も土砂降り。
お出かけの方は、くれぐれもご注意下さい!

DSCF6887_2013083009452196b.jpg
2012年10月15日は、週の最初の月曜日。
上司は12時過ぎに「松月庵」の出前を希望したので、オーダーを先輩に任せ、私は「ティーヌン 市ヶ谷店」のお弁当を買いに行くことにしました。
前回テイクアウトしたとき、とても立派な持ち帰りメニューをいただき、その中に先に電話でオーダーできると書いてあったので、まるで「タベルナ」のように、この日初めて、買いに行く前に電話をしてみました。
最初に男性の店員さんが出てからいつも窓口担当をしている女性店員さんに替わったので、麺系メニューをのお弁当を一つお願いしたところ、10周年でフェアをやっていて、麺メニューはないと言われました(汗)。
いつも日本語がとても上手な店員さんですが、フェアのことが何だかよくわからず、とにかくお店に行ってみることに。

入り口

こちらは以前撮った写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から九段下方面に向かっての交差点を渡るとすぐ右手に市ヶ谷プラザビルがあり、お店は靖国通り側ではなく、土手側の1階にあります。
お店の入り口の右側の窓が開くようになっていて、テイクアウトができます。

2008_1115画像0089
市ヶ谷プラザは、JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かって進むと、すぐ左手にあります。

2010_0803画像0056
市ヶ谷プラザにはたくさんの飲食店が入っています。
1階の土手に面した側には「ティーヌン」と2011年7月1日にランチ訪問した「とんかつ うちの」があります。
靖国通り側は、1階にある、
2009年10月8日に「カレーの王様 市ヶ谷店」
2009年7月28日に「ITALIAN RESTAURANT DINOS」(2010年後半に閉店し、2010年11月24日に「松屋 市ヶ谷店」がオープン)、
2009年4月6日に「ちりめん亭 市ヶ谷店」
また、2階では、
2008年11月12日に「プティーワン」
2009年7月1日に「さくら水産」
2010年8月3日2011年9月1日に「芝浦食肉」、
へ行きました。

DSCF6882_20130830094608f87.jpg
写真が光ってしまって見にくいですが、タイの街角の風景写真です。

DSCF5516_201308090616121fa.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お弁当は定番メニューのご飯系と麺系、季節メニュー、サイドメニューがあります。
お値段は600円と620円で、季節メニューだけが950円とちょっとお高いです。

前回お弁当を購入したのは2012年9月18日だったので、約1ヶ月ぶりです。

DSCF3271_20130607211826.jpg
お弁当の販売は午前11時から午後2時45分までのランチタイムのみです。

テイクアウトの窓口を担当している女性店員さんは、とても明るくていつもテキパキと対応してくれます。

DSCF5511_20130809061640ab6.jpg
真っ赤なボードがとても目立ちます。

DSCF5512_201308090616453dd.jpg
麺類を注文する場合、中華麺「バミー」か中細ビーフン「センレック」が選べます。

DSCF5513_201308090616038fe.jpg
本日の日替わりチャーハンと一皿飯の内容は貼り出してあります。

DSCF6881_201308300946040e9.jpg
お店に到着すると、この日はいつもと様子が違い、鮮やかな黄色いポスターがとてもたくさん貼ってありました。

DSCF6880_20130830094551ae5.jpg
なんと、こちらのお店はオープンから10周年とのこと。
5日間の記念フェア期間中、1日2種類の料理をワンコイン(500円)で提供していました。

DSCF6875.jpg
お弁当は普通が500円、2種盛りと日替わり3種盛りが780円です。
おかずの小さなパックが250円でした。

DSCF6876_20130830094639e13.jpg
テイクアウトの窓口の前に置かれた長テーブルには、いつもよりたくさんのお弁当が出ていて、しかも、少なくなるとどんどん補充しています。

DSCF6879_20130830094547cea.jpg
フェア中のせいか、12時半近くになってもお店やお弁当のお客さんが途切れません。

DSCF6878_20130830094544abe.jpg
現地に到着しても、システムをきちんと理解出来なかった私は、2種盛りや3種盛りのお弁当のポスターがあったので、作り置きして売っているお弁当が全品500円だったとはすぐにわからず、てっきりポスターにある海老チャーハンだけが500円の対象商品かと思い込んでしまいました。
なので、海老チャーハンが見当たらなかったので女性店員さんに聞いてみたら、「今日は売り切れましたが、待ってもらえれば作れます。」と言われたので、そのまま待つことに。
さすがにこの日はお料理が出来上がるまで少し時間がかかったので、店員さんがすごく謝ってくれて、恐縮でした(汗)。

DSCF5518_20130809061615d2e.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
持ち帰りのお弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

DSCF6883_20130830094509933.jpg
普段はみかけないおかずもいろいろ出ていてので、この日はメインのお値段もお安かったこともあり、一つ買ってみました。

DSCF6885_20130830094515ec0.jpg
メインの入った容器は丸形のプラスチック製で、下は白、フタは透明です。

DSCF6884_2013083009451207b.jpg
おかずの入った容器は長方形のプラスチック製で、下は白、フタは透明です。


海老チャーハン「カオ・パッ・クン」(500円)+小パック(250円)=750円
DSCF6887_2013083009452196b.jpg
いただきま~す!

DSCF6888_20130830094435fa3.jpg
小パックのおかずは、かなりぎっしりと詰まっていました。
春雨サラダがメインで、小さな揚春巻とタイ風さつま揚げが添えられています。

DSCF6889_20130830094438a0d.jpg
春雨サラダには鶏挽肉、ニンジン、紫タマネギ、黒キクラゲ、パクチーなど具材もたっぷり。

DSCF6903_20130830094310496.jpg
春雨のシャキッとした歯応えがよかったです。
見た目と違い、結構しっかりとした辛さでした。

DSCF6890_20130830094441fee.jpg
タイ風さつま揚げは、外側は濃い茶色で日本のものと同じですが、中がオレンジ色というか、薄い茶色っぽい色がついています。
色からして辛いのかな?と警戒していただきましたが、そんなこともなかったです。
むっちりとした歯応えでした。

DSCF6891.jpg
小さな揚春巻は、売っているものと同じでしょうか。
ちょっと小さめ?

DSCF6897.jpg
春巻用のスイートチリは小さな小袋に入っていて、おかずの下に置いてありました。
最初からかけてあると周りにも味が広がってしまうので、スイートチリが少々苦手な私にとって、あらかじめかかっていなくて嬉しかったです。

DSCF6898_20130830094304c56.jpg
ほんの少しだけ、つけていただきました。

DSCF6900_2013083009430703f.jpg
春巻きは常温です。
小さいサイズですが、中にもちゃんと餡が入っていました。

DSCF6892_2013083009444776a.jpg
海老チャーハンは出来たて熱々で、容器を持つだけでその熱が伝わってきました。
チャーハンには冷凍ミックスらしきスイートコーン、グリーンピース、ニンジンの他、卵、タマネギ、海老などが入っています。
ナンプラーのとっても良い香りが漂い、とっくの昔に「松月庵」の料理を食べ終えた上司が、珍しく「そっちもうまそうだな。」と声をかけられました(笑)。

DSCF6894_20130830094352f47.jpg
チャーハンには大きめにカットされた櫛切りのレモンが添えられていました。
まずはそのまま食べ、途中でレモンを搾って味わいを変えました。
とてもさっぱりします。

DSCF6893_20130830094350e31.jpg
彩りなのか、サラダなのか、キュウリの薄切りが添えられていました。
ちゃんと手間をかけて、皮を筋状にむいてあります。

タイ料理ってよくキュウリが添えられていますが、個人的にはそんなにキュウリって合うのかなぁ?とちょっと疑問です。

DSCF6895_20130830094355d81.jpg
海老は結構たっぷり入っていました。

DSCF6896_20130830094358d94.jpg
タマネギは大きめのカットで、ちょっとシャキシャキ感が残っています。
ご飯は熱々でとっても美味しかったです。
出来たてはやっぱり美味しい!


この日はおかずもつけたので、結構おなか一杯になりました。
たまたま10周年記念の時期にあたり、お得に食べられてよかったです。
これからも美味しいタイ料理を期待しています!


DSCF6904.jpg
こちらはお弁当を購入したときに押してくれるスタンプカードです。

DSCF6906.jpg
あと1つでランチサービス!


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  冷やしトムヤム (2007年6月8日

[お弁当]
  蒸し鶏のせ炊き込みごはん弁当 (2012年2月9日
  レッドカレー弁当 (2011年12月8日
  グリーンカレー弁当 (2007年12月11日2011年1月26日
  ガパオ弁当  (2011年10月18日
  パッタイ弁当 (2012年2月20日
  生春巻    (2011年10月18日
  揚春巻    (2011年12月8日
  日替わり炒飯弁当 (2011年11月9日
  トムヤムスープ (2007年12月11日2011年1月26日2011年11月9日2012年2月20日
  野菜たっぷり日替わりスープ (2012年2月9日
  ガイパッキン (2008年2月4日
  冷やしトムヤムヌードル:センレック (2012年6月1日
  冷やしトムヤムヌードル:バミー (2012年9月18日) 
  冷やしチャーンノーイ麺:センレック (2012年6月14日
  冷やしチャーンノーイ麺:バミー (2012年7月23日) 
  海老チャーハン  (2012年10月15日
  おかず小パック  (2012年10月15日


[ディナー] 
  2007年9月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチのチラシです↓
DSCF5534_201308090614444e7.jpg

DSCF5535.jpg

DSCF5536.jpg


2012年10月15日購入時お店DATA
******************************
ティーヌン 市ヶ谷店
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル1階
TEL&FAX 03-5214-6515
営業時間  
[昼]11:00~15:00 (お弁当 11:00~14:45)  
[夜]17:00~23:00
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/04 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
タンメン しゃきしゃき  @錦糸町
このところ体重が比較的安定していたので、スポーツクラブに行くのをサボり、家でエアロバイクをちょこちょこやってごまかしていました。
先週末、久しぶりにスポーツクラブに行って体脂肪チェックをしたところ、見事に筋肉量と脂肪量が入れ替わり、体脂肪率が大幅にアップ(泣)。
何もしなくても大丈夫なんて、夢みたいなことはやっぱりないようです。

本日は、マイブログ圏外の錦糸町にある「しゃきしゃき」のレポートです。

DSCF6852_201308300926524b5.jpg
2012年10月13日の日曜日の午後、錦糸町に買い物に出かけ、終わったのが午後6時過ぎだったので、夕飯にラーメンを食べることにしました。
この日行ったのは「タンメン しゃきしゃき」です。

DSCF6870_20130830092453448.jpg
JR総武線錦糸町駅の北口を出て、ロータリーの真ん前にある道をスカイツリーを眺めながら北に上がり、最初の角を右折し、二つ目の右手のビルの1階にお店があります。

2011年6月26日に訪問した「神鷹山」は、斜め向かいぐらいの近さにあります。
もっとも、「神鷹山」は2013年3月30日に閉店し、跡地には、2013年5月17日に「新とんこつ大学 錦糸町キャンパス」がオープンしています。

DSCF6872_20130830092502a49.jpg
少し前になりますが、ラーメン界でタンメンが流行ったときに話題になったお店です。
タンメンと餃子の専門店で、2009年3月25日に葛西でオープンし、2010年5月10日、錦糸町へ移転しました。

これまでにも何度かチャレンジしていたのですが、中休み中だったり、行列が出来ていたりで、この日、ようやく食べることが出来て嬉しかったです。

DSCF6843_201308300927203b0.jpg
お店の入口はとても小さく、中もかなり狭かったです。
細い長方形のフロアには、左側に厨房があり、その前にカウンターがありました。
お客さんが着席していると、後ろを人が通るのはギリギリぐらいです。

DSCF6844_201308300927241c1.jpg
入口からすぐ左手にレジやビールサーバーが置いてありました。

DSCF6841_2013083009280973b.jpg
メニューはとてもシンプルで、食べ物はタンメンとギョウザとライスしかありません。
飲み物がビールとサワーが2種類のみ。
タンメンは麺か野菜を半分にすると50円引きと、細かな配慮の設定もありました。
ランチタイム(11:30~15:00)はライスが無料です。
ただ、ライスはなくなり次第、終日終了とのこと。

DSCF6839_201308300928047ae.jpg
とっても辛いラー油は、自家製とのこと。
タンメンにもギョウザにも合うそうです。
辛いもの好きの私は見過ごせません。

DSCF6840_20130830092807e26.jpg
6割ぐらいの席が埋まっていましたが、それぞれバラバラに座っていたので、私たちはカウンターの一番手前に並んで着席しました。

DSCF6847_201308300927357c5.jpg
お水の入ったポットがも鮮やかな黄色でとってもかわいく、ちょっとお店にそぐわない(失礼!)です。

DSCF6836_201308300927585bb.jpg
券売機はなく、口頭で注文します。
ギョウザも有名なので、タンメン一つとタンギョーセット一つを注文。
タンメンブーム以来、これを合わせて「タンギョー」なんて言うらしいです。


タンメン (単品700円、タンギョーセットだと1,000円)
DSCF6852_201308300926524b5.jpg
しばし待って、タンメンが登場!
器はちょっと小さめですが、野菜がてんこ盛りで、麺やスープがほとんど見えません。

DSCF6855.jpg
入っている野菜はほんとどがもやしですが、、、

DSCF6853_20130830092655409.jpg
ニンジン、、、

DSCF6857_20130830092557b15.jpg
キャベツ、ニラなどが入っています。

お野菜はシャキシャキというよりはもうちょっとしんなりしていました。
ニンジンは太めに切ってあるので歯応えがよかったです。
お野菜そのものにも全体的にしっかり目の下味がついていました。

DSCF6862.jpg
ほんの少しですが、豚肉もありました。
かなり薄切りです。

DSCF6859_201308300926006c6.jpg
トッピングの隙間をこじ開け、まずはスープを一口。
ちょっとだけ濁っていますが、ほぼ透明に近いスープです。
あっさりしているのかと思っていたのですが、案外コクがありました。

DSCF6861_2013083009260390f.jpg
麺は黄色みがかかった中太麺で、縮れています。
かために茹でられてコシがあり、歯応えがむちっとしていて美味しかったです。
ボリュームは普通です。


ギョーザ (単品450円、タンギョーセットだと1,000円)
DSCF6863_20130830092609d43.jpg
タンメンを食べている途中、ギョーザが出てきました。

DSCF6864_20130830092523cf5.jpg
白い楕円形のお皿に、やや大ぶりのものが5個盛られています。

DSCF6865.jpg
底がこんがりと美味しそうに焼かれていました。

DSCF6845_20130830092727227.jpg
餃子用の小皿は卓上に積んであります。
よく見ると、お皿によってデザインがちょっとずつ違いました。

DSCF6846_20130830092732ced.jpg
お酢とラー油がたっぷり、お醤油少なめが好みです。

DSCF6867_2013083009253075a.jpg
皮はまぁまぁパリッと焼かれていました。
中の餡はお野菜やお肉がかなり細かくミンチされていて、ジューシーというよりはむっちりした食感でした。
美味しい餃子だとは思いましたが、個人的には必須というほどではなかったです。

DSCF6868_201308300925339db.jpg
卓上にいろいろ味変アイテムがあったので、せっかくなので試してみました。
まずはおろしショウガを投入。
すごく口あたりがあっさりしました。

DSCF6869_2013083009253668f.jpg
激辛好きなので、自家製ラー油も入れてみました。
確かになかなか辛くて、味もすごく変わり、結構汗をかいちゃいました。


最初器を見たとき、ちょっと小さめだなと思いましたが、餃子も食べたし、しっかり野菜を噛みしめて食べてスープも全ていただいたので、結構おなか一杯になりました。
こってり味好きの私は、どうもタンメンというとあっさり味で物足りないイメージがあり、なかなか食べようという気にならなかったのですが、しっかりとした野菜の下味、スープのコク、麺の美味しさがあって予想以上に美味しくいただくことが出来ました。

この日、近所の方なのでしょうか、男性がお鍋を持って現れ、持ち帰りをお願いしていました。
あまりない事態なのか、店員さんも「持ち帰り、、って、何をお持ち帰りになりますか?」とやや動揺して聞いていました(笑)。
自分で容器を持っていけばテイクアウトに対応してくれるお店がある、というのはたまに聞きますが、こちらもそのお店の一つなのでしょうか。
麺がのびちゃいますが、自宅で食べられるのはちょっと羨ましかったです。


お店の名刺です↓
DSCF6848_201308300926462c5.jpg

DSCF6850_2013083009264977e.jpg


2012年10月13日訪問時お店DATA
*************************
タンメン しゃきしゃき  
〒130-0013 
東京都墨田区錦糸3-3-3
TEL 03-3624-4541
営業時間 
[昼]11:30~15:00
[夜]17:30~24:00
定休日 なし
JR総武線・地下鉄半蔵門線錦糸町駅北口から徒歩2分

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2013/09/03 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(4) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
猛暑日が続いていますが、みなさま、楽しい週末だったでしょうか。
今週からいよいよ9月に突入です。
気分を新たに仕事をがんばりま~す!

DSCF6805_20130823124545ab3.jpg
2012年10月12日は、10月最後のFさんの出勤日でした。
12時半過ぎにようやく上司が「お昼を食べに行こう。」と言ったので、Fさんはハンバーグ好きだったことから、てっきり「祭り屋」にでも行くのではないかと思ったのですが、上司が向かったのはいつもの「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」。
最近の上司は、外で食べるランチの90%以上が「嘉賓」です(汗)。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF6833_201308231243095b2.jpg
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

入り口

お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2012年9月26日だったので、約2週間ぶりでした。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。

DSCF6934_20121228075009.jpg
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。
このエアコン、型式が古いのか、部屋の大きさに比べたらやたらとでっかいです(笑)。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には調味料、お箸、紙ナプキン、食べるラー油など置かれています。

12時40分ぐらいの入店でしたが、相変わらずの混雑。
少し待たなきゃいけないかなと心配しましたが、一番奥の個室のテーブルが空いていたので、すぐに着席できました。

DSCF1482_20130502072200.jpg
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF6802_20130823124538e87.jpg
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
食事中、フロアの方がこまめにお茶をつぎ足しに来てくれます。

お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF6803_201308231245412d8.jpg
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF3292.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
伝票です。

日替わりもお粥も食べたことがあり、もう本当に食べたことのないメニューがないなぁと思い、B定食を注文。
上司とFさんがA定食、先輩が焼きビーフンをお願いしていました。


B定食 ~豆腐と牛肉のうま煮~ (1,000円)
DSCF6805_20130823124545ab3.jpg
しばし待って、お料理が登場!
メイン、水餃子、ザーサイ、デザート、スープ、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF6806_20130823124549c74.jpg
そんなに多くないかなと思って、ご飯を少なめにしなかったのですが、器は小さめなものの、かなりこんもり盛ってありました(汗)。

DSCF6810_20130823124501abb.jpg
次回からは定食の時は減らさなきゃ。

DSCF6808_20130823124552cef.jpg
ザーサイは大きめのカットです。
塩気はそれ程きつくありません。

DSCF6811_20130823124504f0f.jpg
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類のものしか出てきませんが、日によって色合いや透明度や味わいが結構違います。

DSCF6823_2013082312433802e.jpg
この日のスープはちょっと茶色っぽくて半透明な感じでした。
わりあいあっさり目の味わいです。

DSCF6824_20130823124349420.jpg
小ネギのトッピングが彩りのアクセントになっています。

DSCF6814_2013082312451134e.jpg
定食には茹でギョーザが2個ついていて、とってもお得。
皮が厚めのタイプで、もっちりとした食感です。

DSCF6816_2013082312451486b.jpg
餃子のタレはあらかじめ調合されたものが、小皿に入って出てきました。

DSCF6826_201308231243528ae.jpg
いつもたっぷり目に餃子のタレをつけちゃいます。
なので、ちょっとしょっぱくなっちゃうこともあります(汗)。

DSCF6830_2013082312430474e.jpg
熱々ではなくてちょっと残念。
餡は野菜が多めでジューシーです。

DSCF6817_2013082312442690e.jpg
この日のメインは豆腐と牛肉のうま煮です。
「嘉賓」のうま煮ははずれなく美味しいので、いつもとても楽しみ。
お皿にたっぷりのお豆腐と牛肉が盛られていました。

DSCF6820_20130823124432550.jpg
牛肉は片栗粉をまぶしてあるのか、とろみがついていて、とっても柔らか。
前日の「タベルナ」の牛肉とは全く違いました。
しっかり味で、ご飯が進みます。

DSCF6818_20130823124429d08.jpg
お豆腐も大きめのカットですが、美味しいタレがよくしみていてうまい!
ロバーツ」の豆腐料理も美味しかったし、中華の豆腐の煮物は美味しくて大好きです。
ただ、レンゲで掬っていると、最後がとっても取りにくかったです。

DSCF6813_201308231245082d1.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
しっかりと冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF4688_20130716062922.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


焼きビーフン (800円)
DSCF6827_201308231243560bc.jpg
こちらは先輩が注文した焼きビーフンです。

DSCF6829_201308231243599cf.jpg
私はビーフンが結構好きで、家でもよく作るのですが、先輩は人生で焼きビーフンってほとんど食べたことがなかったそうです。


A定食 ~青菜とエビの炒め~ (1,000円)
DSCF6821_201308231244350d5.jpg
こちらはFさんが注文したA定食です。

DSCF6822_201308231244391e2.jpg
写真を撮らせてくれて、ありがとうございます!


定食を食べたのは久しぶりでしたが、メインのうま煮がとっても美味しく、水餃子もついていてボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食[餃子2個付]
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
B定食[餃子2個付] 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ (2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
2010_0607画像0022

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2012年10月12日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/09/02 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる