アジア料理屋「GARBA」  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
早いもので今日は10月最終日です。
最近めっきり寒くなったのも、そう思えば全然不思議ではないのかも。
月末だからという訳ではないですが、このところ仕事がたまっているので、がんばりま~す!

DSCF8702_20131028080437346.jpg
2012年11月29日は、上司が何故か急に「カップラーメンが食べたい。」と言い出したので、珍しくお弁当をサボった先輩が、ローソンに行くついでに「千代田四番町ランチ屋台」へ二人分のお弁当を買いに行ってくれることになりました。
上司の食べたいカップラーメンは、最初チキンラーメンと言っていたのですが、よくよく聞いてみると日清のカップヌードルでした(笑)。

この日は木曜日だったので、来ている屋台はボリューム系でタイカレーが食べられるアジア料理屋「GARBA(ガルバ)」です。

DSCF7001.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

「ガルバ」さんの車はやや小さく、ちょっと緑ががって?落ち着いた白っぽい車で、絵柄や店名のロゴなどは全く入っていません。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

「ガルバ」は2011年3月17日からやって来ました。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2012年7月26日だったので、約4ヶ月ぶり、8回目です。

DSCF7002.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

最近のメニューがどうなっているかわからなかったので、カレーは限定があればそれを、以前やっていた温玉があったらトッピングして下さいとお願いしましたが、残念ながらメニューは不動で、温玉のトッピングは相変わらずないままとのことでした(泣)。

DSCF8238.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お料理のサンプルは、ジュースやテープが後ろから支えています(笑)。

以前は男性店主さんお一人で切り盛りしていましたが、サービス担当の女性店員さんが加わり、二人体制になりました。

DSCF8240.jpg
メニューはガパオとカレーセットの2種類で、お値段は650円です。
カレーは4種類の中からチョイス出来ます。
辛さの目安が表記してあるので、とってもわかりやすいです。

DSCF7958.jpg
文字だけのメニュー表だけでなく、お弁当の見本が出ています。

ガパオは温卵と春雨がついて、お値段は650円。
大盛りも無料です。

DSCF8241.jpg
カレーセットは実物のサンプルが出ています。

DSCF8242.jpg
カレーはグリーンカレー、レッドカレー、トマトチキンカレー、キノコとチキンのココナッツカレーの4種類から選べます。
カレーセットにもガパオと春雨がついています。

ガパオもカレーセットもお値段が同じですが、カレーセットだとカレーだけでなくガパオと春雨も食べられて断然お得なので、ガパオ単独で注文している人を見たことがありません。
私はブログにアップするために、2011年10月20日に食べてみましたが(笑)。

DSCF8243.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
何故かレッドカレーは空っぽです(笑)。
以前もレッドカレーのサンプルは容器のみでした。偶然?

DSCF7006.jpg
こちらは車の後ろ側なので、何もなくてとってもシンプル。

DSCF7009.jpg
混雑を少しでも緩和できるよう、比較的空いている時間をアナウンスしてくれています。
私もピークタイムをはずしたいですが、会社の都合でできないのが残念!

DSCF3430_20130614082146.jpg
12時少し過ぎてから行ったせいか、ローソンも「ガルバ」も激込みだったそうで、帰ってきたのは12時45分ぐらいになっていましした。
一番混雑する時間帯に2ヶ所も行くのは大変です(汗)。

DSCF3431_20130614082149.jpg
スプーンはもったいないのでいただかないようにしています。

DSCF8689_2013102808045716c.jpg
先輩はレッドカレーとグリーンカレーを買ってきてくれたのですが、「買ってきてくれた人に選択権がありますよ!」と言ったら先輩はレッドカレーをチョイスしたので、私はグリーンカレーをいただきました。

DSCF3432_20130614082151.jpg
ご飯とカレーは別々の容器になっています。

DSCF8692_20131028080502710.jpg
ご飯の容器は紙パックです。

DSCF8693_20131028080504d9b.jpg
カレーの容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。
ご飯とガパオはその場で盛りつけますが、カレーはあらかじめ準備してあったものを手渡されます。

DSCF8696_20131028080507fe7.jpg
こぼれ防止でしょうか、フタが2重になっていました。

DSCF8697_201310280804281fa.jpg
いただきま~す!


グリーンカレー  (650円)
DSCF8702_20131028080437346.jpg
私はグリーンカレーをいただきましたが、後から調べたら、前回のランチと同じでした(汗)。。

DSCF8704_201310280804401e8.jpg
ご飯の上にキャベツ、挽肉、春雨サラダ、もやしのナムル、マカロニサラダがのせられています。
たっぷりの具材で、ご飯は全く見えません。
このおかずの組み合わせはいつも同じです。

この日は春雨サラダが多かった気がします。

DSCF8706_2013102808035710b.jpg
千切りキャベツはたっぷり。

DSCF8714_20131028080332eff.jpg
春雨サラダにはほんの少しですが細く切ったニンジンが入っていました。
酸味がしっかりときいていてさっぱり味です。

DSCF8707_201310280804027a1.jpg
もやしのナムルもさっぱりとした味付けです。

DSCF8708_20131028080405414.jpg
マカロニサラダは太いものが2本あって、オーロラソース?がまぶしてありました。
こってり味です。

DSCF8710_20131028080407f8d.jpg
ガパオの味付けをした挽肉です。

DSCF8711_201310280804106a5.jpg
いつもどおり、カレーは容器のフチまでたっぷりと入っています。
とてもボリュームたっぷりです。

DSCF8713_20131028080330e1c.jpg
表面にはナスがちょっと浮かんでいるだけですが、中に具が入っています。

DSCF8719_2013102808033822e.jpg
作り置きなのでルーがちょっとぬるめなのは残念。
辛さはピリ辛程度ですが、しっかりとココナツミルクの風味とコクがあってとっても美味しい!
自分がグリーンカレー好きというのもあって、4種類の中では一番好きな味です。

DSCF3450_20130614082026.jpg
ナスはとろ~り柔らか。

DSCF3452_20130614081955.jpg
ルーの中にはナス、鶏肉、シメジ、大根、ニンジンなどなど、具だくさんです。

DSCF3453_20130614081958.jpg
まずはカレーをかけずにガパオとして少し食べて、その後カレーをかけて食べました。
ご飯のボリュームもしっかりあります。

そもそもガパオとしてそのままご飯が食べられるで、ココナツミルクの味がしっかりきいた、こってり味のカレーのルーが汁たっぷりとあるので、薄味好みの人には厳しいぐらいではないでしょうか。
食べたことはありませんが、ご飯を大盛りにしても全く味わいに困らないのでは。

DSCF8723_2013102808031744a.jpg
ご飯にスプーンでカレーをかけながら食べていましたが、最後は面倒になってしまい、残っているカレーをご飯の器の方にかけて食べちゃいました(笑)。
お行儀悪いですが、しっかり混ぜて食べるととっても美味しかったです。


レッドカレー (650円)
DSCF8698_20131028080431e9f.jpg
先輩はレッドカレーでした。
レッドカレーは4種類あるメニューの中ではピリ辛味とのこと。

DSCF8699_20131028080434355.jpg
しっかりとコクがある旨辛で、美味しかったとのこと。


安定した美味しさとたっぷりのボリュームで大満足でした。
「千代田四番町ランチ屋台」の中ではピカイチのCPだと思います。
先輩、買いに行ってくれて、ありがとうございました☆


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

◎定番メニュー
 ガパオ     (2011年10月20日
 グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日2012年11月29日
 レッドカレー  (2011年4月21日
 トマトチキンカレー (2011年6月30日
 キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日

◎本日のカレー
 カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
  ロシアン&ハワイアン<トマトソース> (2012年6月11日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  ハーブチキンフレンチライス (2012年1月23日
  ハーブチキンハワイアンライス (2012年2月13日
火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日
木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
  カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日
金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年11月29日訪問時お店DATA
******************************
[千代田四番町ランチ屋台]
アジア料理屋「GARBA」 (ガルバ) 
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 木曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/31 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
昨日は会社への行き帰りは雨から逃れられたものの、お昼を食べに行くときだけ降られちゃいました。
結構激しく降っていて、靴までしっかり濡れてしまい、かなり寒くて冷たかったです(泣)。

DSCF8581_20131028063229d86.jpg
2012年11月28日は、この日の夜にこれまで事務所に来てくれていたFさんとのお別れ会を行う予定でした。
お邪魔する予定のお店がとてもたくさんの日本酒を出すお店だったので、酔っ払ったりしないように、昼からがっつり食べておこうと思い、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へお弁当を買いに行きました。

DSCF7041_20130905083820fa6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2012年10月19日だったので、約40日ぶり、27回目です。

DSCF3011_20130607210051.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF1224_20130419071337.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。

この時期、寒くなったので、お店に入って一番手前の所で注文しました。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
この日は上司がお昼になってもぐずぐずしていたため、お店に買いに行ったのは午後1時近く。
さすがにお店はガラガラで、数人のお客さんしかいませんでした。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

DSCF8570_20131028063246b1c.jpg
持ち帰りのビニール袋は、真っ白なシンプルなものです。

DSCF8571_2013102806324945b.jpg
「瓢箪」ではかなりのメニューを食べていますが、カレーはずっと残しておきました。
これは、いつか半ライスを注文して一緒に食べようと思っていたからです。
そばかうどんか迷いましたが、半ライスをつけてカロリーが高くなるので、この日はお蕎麦をチョイス。

DSCF8576_20131028063221b1b.jpg
容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。

DSCF8572_20131028063252a86.jpg
ご飯はプラスチックの四角い容器に入っています。
とめたゴムに七味唐辛子の小袋がはさんでありました。

DSCF8573_20131028063255da7.jpg
半ライスを注文したら、「紅ショウガはどうしますか?」と聞かれました。
カレーだからと思って断っちゃいましたが、せっかくならもらえばよかったとちょっと後悔。

DSCF8575_20131028063219384.jpg
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。

DSCF8574_201310280632588c4.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。


カレーそば(430円)+半ライス(130円)=560円
DSCF8581_20131028063229d86.jpg
いただきま~す!

DSCF8579.jpg
半ライスは予想していたよりもボリュームが多かったです。

DSCF8577.jpg
カレー色に染まったたっぷりのソバつゆに、カマボコ、ネギ、ワカメがのせてあります。

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどにカマボコ、ワカメ、ネギがトッピングされているので勝手にトッピング3点セットと呼んでいます。

DSCF8586_201310280631539e9.jpg
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
かなり薄切りでした。

DSCF8583_20131028063145eb0.jpg
長ネギは小口切りです。
中央にトッピングされて、彩りのアクセントになっています。

DSCF8584_20131028063147f32.jpg
ワカメはそれ程多くありません。
カレーにワカメが入っているのはちょっと不思議。

DSCF8587_201310280631565d6.jpg
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF8588_2013102806310970e.jpg
カレーはスパイシーさや辛さはほとんどないものの、しっかり味でダシがきいて美味しく、いつもはちょっとぶよぶよしたおそばが全く気にならない程でした(笑)。

DSCF8590_201310280631121c2.jpg
カレーには豚肉でしょうか、バラ肉っぽい小間肉がちょこちょこ入っていました。

DSCF8592_2013102806311537b.jpg
おそばをあらかた食べ終えてから、半ライスを全て投入。

DSCF8593_20131028063121a4a.jpg
カレーおじやにしちゃいました。
実はこれが一番食べたかったかも。

DSCF8595_20131028063123531.jpg
ご飯に旨みのあるカレーがしっかりとしみ込み、美味しい。
結構なボリュームなのに、するすると食べられちゃいました。

DSCF8596_201310280630480c1.jpg
下の方にはおそばが残っていました(笑)。


かなりお腹いっぱいになり、夜に向けての準備はばっちりです(笑)。
上司から前日のランチに引き続き、二日連続でカレーじゃないかと指摘されましたが、どちらも美味しくて全然気になりませんでした。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 メンチうどん (2012年4月10日
 力うどん (2012年2月27日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけうどん  (2012年5月15日

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年11月28日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/30 06:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(4) |
やきとり 宮川 四ッ谷  @四谷
昨日はとても冷え込みました。
まだ冬物の洋服を出していなかったので、ヒートテックを着て重ね着で何とかやり過ごしました(汗)。
今週末は、洋服の整理をしなければ!

DSCF8558.jpg
2012年11月27日のランチは、「やきとり 宮川(みやがわ) 四ッ谷」へお弁当を買いに行きました。

DSCF5682_20120203230710.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの交差点を渡り、左に曲がります。
レストラン エフ」の入っている主婦会館の隣に四ッ谷鳳翔ビルがあり、その1階にお店があります。

DSCF5685_20120203230709.jpg
この場所には以前「おかわり屋」というお店がありましたが、2011年9月16日に閉店したそうです。

DSCF5683_20120203230710.jpg
「宮川」は40年継ぎ足された秘伝のタレを持つ老舗の焼き鳥屋さんだそうで、2011年11月21日にオープンしました。
溜池山王にも支店があるそうです。

DSCF5684_20120203230709.jpg
前回ランチ訪問したのは2012年11月6日でした。
前回お弁当を購入したのは2012年10月29日だったので、約1ヶ月ぶり、5回目です。

この日、店内メニューを眺めているお客さんに、店員さんが客引きしていました。
いつもランチタイムは店内が混雑しているイメージがあったので、ちょっとビックリ。

DSCF3627_20130614082822.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お店の入口の右側で、店員さん一人でお弁当を販売しています。
販売する人は日によって違います。
この日は若い女性店員さんでしたが、とても寒い日だったせいか、かなりか細い声でお弁当を売っていました。

お弁当の販売は店内でのランチと同じく、午前11時半からとのこと。
この日は12時半近くに買いに行きました。

DSCF7796.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お弁当のメニューが書かれた看板が出ています。

お弁当はきじ弁当、きじ・竜田揚弁当、宮川弁当が定番3種類で、その他に季節メニューなどがあるようです。
看板に出ていないメニューがあったりもします。

お味噌汁とご飯の大盛りは無料とのこと。

DSCF3630_20130614082831.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
こちらのお店では焼き物の時には豊後備長炭が使われているそうです。

DSCF2185_20130528075728.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お味噌汁はサービスでついているので、横に置かれた容器にセルフで入れます。

DSCF8541_2013102806171171c.jpg
この日は「宮川特製!!チキンカツと半日分の野菜カレー」というメニューがあり、これはルーが客が自由によそっていいとのことで、取り放題という贅沢さ。
全く迷い無く、このメニューに決定(笑)。

このメニュー、はっきりしませんが、確か700円だったと思います。
「宮川」は、お値段の表記がわからないときがあるので、出来ればきちんと出して欲しいです。

DSCF8544_20131028061717f00.jpg
お弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

DSCF8545_20131028061720c71.jpg
カレーはルーとご飯が別々の容器に入っていました。

DSCF6234_20130822083711f97.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
紙おしぼりはビニール袋に入っています。
この日はお断りして、いただいていません。

DSCF6233_20130822083708856.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お箸は箸袋のない割り箸です。
この日は紙おしぼりと同じくお断りして、いただいていません。

DSCF8556_20131028061656262.jpg
山椒が小袋でついていました。
以前はギャバン製だった記憶がありますが、変わったようです。

カレーに山椒?
カレーがしっかり味なので必要を感じませんでしたが、かけてみると味わいが結構変わるのかな?
この日は結局チャレンジせず、家に持って帰りました。

DSCF8547_20131028061723189.jpg
お味噌汁は小さなプラスチックの容器に入っていて、下は白、フタは半透明です

DSCF8553_20131028061650217.jpg
カレーのルーは丸いプラスチックの容器に入っていて、下は白、フタは半透明です

DSCF8550.jpg
ご飯もルーと同じ丸いプラスチックの容器に入っていて、下は白、フタは半透明です


宮川特製!! チキンカツと半日分の野菜カレー (700円?)
DSCF8558.jpg
いただきま~す!

DSCF8557_20131028061618b18.jpg
お味噌汁の具は油揚げとワカメで、いつも同じです。

お味噌汁は本来セルフサービスなのですが、この日は私がカレーのルーをよそっていたら、店員さんが代わりにお味噌汁をよそってくれました。
ありがとうございます☆

DSCF8554_20131028061653a50.jpg
食いしん坊の私なので、ルーは容器一杯にたっぷりと盛らせていただきました(笑)。

DSCF8566_20131028061601c1f.jpg
ルーには具材が入っていません。
やや冷めていたので、味わいがちょっと平板で残念。
カレーそのものは辛さやスパイシーさはそれ程でもなく、とても食べやすいお味です。
寸胴みたいな器に入っていましたが、もうちょっと温かだったら、だいぶ味わいが変わったのではないかと思います。

DSCF8552.jpg
もう一つの器には、盛られたご飯が見えない程、たっぷりのトッピングがありました。
チキンカツは3切れで、たっぷりの野菜が添えられています。

DSCF8560_20131028061627a0d.jpg
半日分というだけあって、お野菜はかなりのボリューム。
シシトウ2本、赤・黄パプリカ、キャベツ、シイタケ、ナス、レンコン、エリンギ、などなど。

DSCF8561.jpg
レンコンは素揚げしているのでしょうか、シャキシャキとした歯応えで美味しい!

DSCF8562_20131028061548e43.jpg
パプリカはとても甘かったです。

DSCF8567_20131028061603057.jpg
ナスも素揚げしているのでしょうか、実がトロリととろけました。
野菜はどれも大きめのカットで、食べごたえがあります。

DSCF8559_20131028061624904.jpg
チキンカツはこんがりと揚がっていて、とっても美味しそう。
3切れありました。

DSCF8564.jpg
チキンカツは多分胸肉で、シャクシャクする程よい歯応えで美味しかったです。

DSCF8569_20131028061533f2c.jpg
ご飯のボリュームは普通です。
カレーを全体に少しずつかけ回しながら食べました。

DSCF8543_20131028061714c39.jpg
この日の先輩のお弁当です。


揚げ物とたっぷりの野菜があって、ルーを山盛りにしたので、とにかくお腹いっぱい。
帰る時間まで全くお腹が空きませんでした。
とってもお得なメニューだと思います。
こちらのお店は、店内もお弁当も、カレーはCPがいいです。

鶏もも肉の生姜焼きというメニューも食べたことがないので、いつか食べてみたいです。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆

[イートイン]
きじ飯 (2012年1月31日
唐揚げ定食 (2012年3月9日
チキンカツカレー (2012年7月6日
鶏そぼろと春雨の辛味噌温玉ご飯 (2012年9月14日
チキンカツ定食 (2012年11月6日

[テイクアウト]
きじとそぼろが楽しめるミックス弁当 (2012年7月11日
自然栽培のお野菜を使った夏野菜カレー (2012年7月27日
宮川伝統の味 きじ弁当 (2012年10月3日
宮川弁当<油淋鶏> (2012年10月29日
宮川特製!! チキンカツと半日分の野菜カレー (2012年11月27日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1879_20130517053448.jpg

DSCF1883_20130517053456.jpg

DSCF1885_20130517053417.jpg

DSCF1888_20130517053428.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF1882_20130517053452.jpg

DSCF7340.jpg

DSCF7341.jpg

DSCF7342.jpg

DSCF7343.jpg

DSCF7344.jpg

DSCF7345.jpg

DSCF7346.jpg

DSCF7347.jpg

DSCF7349.jpg

DSCF7350.jpg

DSCF7351.jpg

DSCF7352.jpg


以前いただいたチラシです↓
DSCF6253_2013082208355069e.jpg

DSCF6254_20130822083507b02.jpg

DSCF6256_20130822083513967.jpg

DSCF6255_20130822083510bb0.jpg


お店の名刺です↓
DSCF6587_20120221081301.jpg

DSCF6588.jpg


2012年11月27日訪問時お店DATA
***********************************
やきとり 宮川 四ッ谷 (みやがわ)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 四ッ谷鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3221-4833
営業時間 *お弁当の販売は午前11時30分から
[月~金] 11:30~14:00 18:00~23:00 
[土日祝] 17:00~22:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/29 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
ティーヌン 市ヶ谷店  @市ヶ谷
心配していた台風はそれてくれましたが、みなさま、楽しい週末でしたか?
私は最近セイロを購入し、シューマイや蒸し野菜などを作って蒸籠パーティをやりました。
総勢7名という過去最大の規模だったので準備に少し戸惑いましたが、蒸し野菜が意外と美味しく(特に里芋)、差し入れにハロウィンらしくカボチャのパイをいただくなど、とっても盛り上がって楽しかったです。

DSCF8534_20131028045704f50.jpg
2012年11月26日は三連休明けの月曜日。
お昼になると上司が「松月庵」に出前をお願いしたので、私は「ティーヌン 市ヶ谷店」にお弁当を買いに行きました。

入り口

こちらは以前撮った写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から九段下方面に向かっての交差点を渡るとすぐ右手に市ヶ谷プラザビルがあり、お店は靖国通り側ではなく、土手側の1階にあります。
お店の入り口の右側の窓が開くようになっていて、テイクアウトができます。

2008_1115画像0089
市ヶ谷プラザは、JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かって進むと、すぐ左手にあります。

2010_0803画像0056
市ヶ谷プラザにはたくさんの飲食店が入っています。
1階の土手に面した側には「ティーヌン」と2011年7月1日にランチ訪問した「とんかつ うちの」があります。
靖国通り側は、1階にある、
2009年10月8日に「カレーの王様 市ヶ谷店」
2009年7月28日に「ITALIAN RESTAURANT DINOS」(2010年後半に閉店し、2010年11月24日に「松屋 市ヶ谷店」がオープン)、
2009年4月6日に「ちりめん亭 市ヶ谷店」
また、2階では、
2008年11月12日に「プティーワン」
2009年7月1日に「さくら水産」
2010年8月3日2011年9月1日に「芝浦食肉」、
へ行きました。

DSCF6882_20130830094608f87.jpg
写真が光ってしまって見にくいですが、タイの街角の風景写真です。

DSCF5516_201308090616121fa.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お弁当は定番メニューのご飯系と麺系、季節メニュー、サイドメニューがあります。
お値段は600円と620円で、季節メニューだけが950円とちょっとお高いです。

前回お弁当を購入したのは2012年10月30日だったので、半月ぶりです。

DSCF3271_20130607211826.jpg
お弁当の販売は午前11時から午後2時45分までのランチタイムのみです。

テイクアウトの窓口を担当している女性店員さんは、とても明るくていつもテキパキと対応してくれます。

DSCF5511_20130809061640ab6.jpg
真っ赤なボードがとても目立ちます。

DSCF5512_201308090616453dd.jpg
麺類を注文する場合、中華麺「バミー」か中細ビーフン「センレック」が選べます。

DSCF8520_20131028045758760.jpg
本日の日替わりチャーハンと一皿飯の内容は貼り出してあります。

DSCF8521_20131028045803af1.jpg
まだ買ったことのないメニューの、本日の日替わり一皿飯を買ってみました。
この日は豚肉と野菜のから味炒めのせごはんです。
とても寒い日だったので、トムヤムスープも合わせて購入。

DSCF8522_20131028045806e41.jpg
テイクアウトの窓口の前に長テーブルが置かれ、看板に出ているメニューのほかに既に出来ているお弁当をやお惣菜を売っています。

DSCF8523_2013102804580992c.jpg
窓口はいつもとっても明るいタイ人?の女性店員さんが担当していましたが、この日は若い(多分)日本人男性でした。
ここ数年、たまにお弁当を買っていましたが、彼女じゃなかったのは初めてです。
まだ新人さんのようで、やや手際が悪いものの、とても丁寧な接客でした。

DSCF8524_20131028045812386.jpg
持ち帰りのお弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

DSCF8525_20131028045726a53.jpg
お会計をしたら、この日、スタンプカードが一杯になったとのことで、お弁当は無料になりました。
ちゃんと見ていなくて気付いていなかった私は、とってもハッピー。
この日はトムヤムスープの代金200円だけでランチ代がすみました。

DSCF6904.jpg
こちらがスタンプカードです。

DSCF6906.jpg
一杯になったスタンプカードは、お店に渡しました。

DSCF8529_20131028045741039.jpg
この日はスプーンを断ることが出来ず、いただいちゃいました。
スプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF8528_201310280457388ec.jpg
メインの入った容器は大きめの丸形のプラスチック製で、下は白、フタは透明です。

DSCF8530_2013102804565691d.jpg
こぼれ防止でしょうか、トムヤムクンスープは個別にビニール袋に入れられていました。
これは、初めての対応です。

DSCF8531_2013102804565876b.jpg
スープの入った容器はやや大きめな形のプラスチック製で、下は白、フタは透明です。


本日の日替わり一皿飯<豚肉と野菜のから味炒めのせごはん>(620円→0円)
+トムヤムスープ (200円) =200円
DSCF8534_20131028045704f50.jpg
いただきま~す!

この日はメイン単独の写真を忘れちゃいました(泣)。

DSCF8535_201310280457095be.jpg
薄く盛られたご飯の上に、おかずが載っています。
豚肉と野菜のから味炒めは、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、赤パプリカ、豚肉などなど。

DSCF8536_20131028045628721.jpg
しっかりとした味付けで、ご飯が進みます。
見た目は白っぽいですが、そこそこ辛かったです。
お野菜がたっぷりと食べられました。

DSCF8532_20131028045701d3e.jpg
スープの器はそれ程大きく見えませんが、ボリュームたっぷりです。

DSCF8538_20131028045631cf0.jpg
表面は真っ赤っかで、とっても美味しそう。
いつもどおりの美味しさで、しっかりと辛く、かなり酸味がきいています。
むせちゃわないように気をつけて口に含みます。

DSCF8540_20131028045633525.jpg
トムヤムクンはいつもの美味しさで、しっかりと辛く、酸っぱくて、とっても美味しい!
具材はもやしが入っていますが、それ程多くはありません。
ボリュームたっぷりで、とっても身体が温まりました。

DSCF8526_20131028045732d6d.jpg
この日の先輩のお弁当です。


本日の日替わり一皿飯のボリュームは普通です。
トムヤムクンはたっぷりの量なので、お腹が一杯になり、身体がとても温まりました。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  冷やしトムヤム (2007年6月8日

[お弁当]
  蒸し鶏のせ炊き込みごはん弁当 (2012年2月9日
  レッドカレー弁当 (2011年12月8日
  グリーンカレー弁当 (2007年12月11日2011年1月26日
  ガパオ弁当  (2011年10月18日
  パッタイ弁当 (2012年2月20日
  生春巻    (2011年10月18日
  揚春巻    (2011年12月8日
  日替わり炒飯弁当 (2011年11月9日
  本日の日替わり一皿飯 (2012年11月26日
  トムヤムスープ (2007年12月11日2011年1月26日2011年11月9日2012年2月20日2012年11月26日
  野菜たっぷり日替わりスープ (2012年2月9日
  ガイパッキン (2008年2月4日
  冷やしトムヤムヌードル:センレック (2012年6月1日
  冷やしトムヤムヌードル:バミー (2012年9月18日) 
  冷やしチャーンノーイ麺:センレック (2012年6月14日
  冷やしチャーンノーイ麺:バミー (2012年7月23日) 
  海老チャーハン  (2012年10月15日
  おかず小パック  (2012年10月15日
  グリーンサラダ (2012年10月30日
  タイ式あぶらそば:バミー (2012年10月30日
 
[ディナー] 
  2007年9月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチのチラシです↓
DSCF5534_201308090614444e7.jpg

DSCF5535.jpg

DSCF5536.jpg


2012年11月26日購入時お店DATA
******************************
ティーヌン 市ヶ谷店
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル1階
TEL&FAX 03-5214-6515
営業時間  
[昼]11:00~15:00 (お弁当 11:00~14:45)  
[夜]17:00~23:00
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/28 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(4) |
Organic Dining nic  @四谷
今日は嬉しい金曜日で、おまけに給料日です!
それなのに、週末にかけて台風襲来とは本当に残念。
被害が大きくならないことを祈るばかりです。

本日は、2013年2月26日にオープンした「ニック」のレポートです。

DSCF5135_20131020105423d01.jpg
2013年10月11日は週の最後の金曜日。
この日は上司がお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに行きました。

DSCF5117_20131020105644376.jpg
三栄通りの奥の「クロチェッタ」という新店へ行ってみることに。
2013年9月18日に一度トライしたのですが、その時はお店の前に人が並んでいたので、別の新店の「フォレスタ」へ行ってしまったので、リベンジです。

DSCF5119_20131020105646ef7.jpg
ところが、この日は団体の予約が入っていて満席とかで、この日も入店出来ず。
男性店員さんから、今度来たときにサービスしますので、とお店の名刺をいただきました。

表に出て、「さてどうしようか。」と見回したところ、奥にもう一つの新店があることを思い出し、そちらへ行ってみることにしました。

DSCF5160_2013102010524468a.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入ってかなり奥まで進んだ右手に大河ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF5158_20131020105237c55.jpg
こちらのお店は「Organic Dining nic(ニック)」という女性経営者の個人店で、オーガニックを意識した野菜ダイニングで、2013年2月26日にオープンしたそうです。
ベジタリアンやマクロビ用のメニューもいただけるとのこと。

DSCF5154_20131020105316932.jpg
この場所には、2008年5月14日2010年8月10日にランチ訪問した「東京アニス」というお店がありましたが、2010年9月22日に閉店しました。
その後、2011年12月19日に「カイエホン」というお店がオープンし、2012年3月26日にランチ訪問しましたが、2012年12月末日で閉店したそうです。

DSCF5156_201310201053205c3.jpg
毎週木曜日には数量限定でお弁当を販売しているとのこと。
近々事務所で自転車を購入する予定なので、買いに来られるかな?

DSCF5155_20131020105318a6e.jpg
三栄通りにはお店の小さな看板が出ています。

DSCF5157_20131020105235ff5.jpg
ランチメニューの書かれた大きな看板も出ていました。

DSCF5159_201310201052405b1.jpg
ラッキーなことに、この日はお野菜食べ放題!
すごくお得な感じで、嬉しかったです。

DSCF5133_2013102010550873e.jpg
12時20分頃に入店すると、先客は3程。
その後1組やって来ました。全て女性です。

DSCF5111_20131020105948aca.jpg
フロアはそれ程広くはなく、茶色を基調にしたシンプルな内装です。

DSCF5115_20131020105727bad.jpg
入口から左の壁には大きな黒板があり、ディナーメニューが出ていました。

その日に使われているお野菜の産地と生産者のお名前が記載されています。

DSCF5116_201310201057312c2.jpg
あまりに大きすぎて、写真一枚じゃ収まり切りません(笑)。

利きワインというソムリエ選抜オーディションなるイベントをやっていて、1日1回のみ1,000円で、3種類のワインを値段ごとに並べられると、合格者は認定カードをもらい、平成26年3月末まで1日1杯、オススメワインをいただけるそうです。

DSCF5112_2013102010571873b.jpg
私はフロア中央の2人用テーブルに着席。

DSCF5114_2013102010572437f.jpg
卓上には赤い紙ナプキを差し込んであるガラスのコップと、カトラリーの入った焦げ茶色の小さなカゴが置かれています。

DSCF5113_20131020105721f85.jpg
着席すると、おしぼりとお水が出てきます。

店員さんは、オーナーさんでしょうか、厨房に女性一人、フロアに男性一人いらっしゃり、二人でお店を切り盛りしています。
お客さんはそれ程多くありませんが、かなり忙しそう。
最初、注文を取りに来ないのは私が写真を撮ったりしているから配慮していただいているのかなと思ったのですが、単に順番が回ってこなかっただけでした(笑)。

DSCF5102_201310201057525c6.jpg
こちらがランチメニューです。
メインを3種類の中から選び、小さなバーニャカウダとソフトドンクがついています。
お値段は880円か980円です。

このメニューだと一番上がポークになっていますが、外の看板では鶏肉が出ています。
鶏肉は売り切れてしまったそうで、看板を見て入店したお客さんがガッカリしていました。

DSCF5103_201310201057569e0.jpg
私はメインをローストポークにして、有機玄米をチョイス。
ソフトドリンクは3年寝かしたKUKI茶のアイスをお願いしました。

DSCF5123_20131020105654ce8.jpg
注文を終え、厨房の前に並んでいるサラダバーへ。

お野菜は全てオーガニックで、黒板に生産地と生産者が明記されています。

DSCF5125_2013102010553685d.jpg
こういうメッセージって、初めてでシステムがよくわかっていないときにすごく助かります。

DSCF5124_20131020105534efa.jpg
ドレッシングが2種類ありました。
私は白ワインビネガードレッシングをチョイス。

DSCF5126_20131020105539689.jpg
ワクワクしながらお野菜を見たら、なんと、これまでのお客さんでほぼ空っぽ(汗)。
でも、お店の人たちはとっても忙しそうで、とても言い出せる感じではありませんでした。

DSCF5127_20131020105544706.jpg
野菜はサラダえのき、黄色ズッキーニ、ヤーコン、ラディッシュ、キタアカリなど、ちょっと変わったものが多かったです。

DSCF5128_2013102010554672b.jpg
バーニャカウダはアンチョビと味噌の2種類がありました。
せっかくなので、アンチョビをたっぷりかけちゃいました。

DSCF5129_201310201055014eb.jpg
ありったけの野菜をかき集めて盛りつけたら、なかなか良い感じになりました。
彩りが豊かで、とても鮮やかです。

ただ、サラダバーはこの時点でほぼ空っぽ(笑)。
私より少し遅れて入店した来たお客さんは、サラダバーの補充をするために少し待っていました。

DSCF5130_20131020105503828.jpg
ヤーコンは、よく見かけますが意識して食べたのは初めてかも。
食感がよかったです。

黄色ズッキーニは結構苦みがありました。

一番感動したのはサラダえのき。
シャキシャキしていて、甘みがありました。
えのきを生で食べたのは初めてです。

DSCF5131_201310201055062cb.jpg
このアンチョビソースがとっても美味しかったです。
アンチョビのコクとニンニクの旨みで、イクラでも野菜が食べられそう。
自分でも一度バーニャカウダソースを手作りしたことがあるのですが、また作ってみたくなっちゃいました。

この日は全体的に時間がかかって時間が押していたので、おかわりは断念。


ジューシ!! ローストポーク  (980円) 
DSCF5134_20131020105510eae.jpg
ここでメインが登場しました。

DSCF5135_20131020105423d01.jpg
メインとライスは別皿で、白い丸皿にそれぞれ盛られています。

DSCF5137_20131020105425bd8.jpg
現在は落ち着いた茶色です。
写真だとわかりにくいですが、結構ボリュームがあります。
玄米の香りがふわ~っと立ちのぼりました。
苦手な人にはちょっと強いぐらいかも。

DSCF5138_2013102010543242e.jpg
粒粒としたかたい食感で、美味しかったです。

DSCF5139_201310201054341ce.jpg
メインはお肉が2枚にジャガイモが添えられていました。
サラダは別なので、色合い的にはやや地味です。

DSCF5143_20131020105348829.jpg
でも、ローストポークはやや厚めなものが2枚あって、テンションがとってもあがりました(笑)。

DSCF5141_201310201054367a2.jpg
ジャガイモはクリームでコッテリと煮てあり、滑らかな食感で美味しい。

DSCF5142_20131020105345dc8.jpg
少し焦げ目のついた豚肉は結構厚みがあります。
とっても美味しそう!

DSCF5144_20131020105350649.jpg
お肉の表面には岩塩の粒粒がはっきりとわかるぐらいたっぷりとふってありました。
フランス産とのこと。
こんなにあるとしょっぱいのでは?と思いましたが、食べてみると味が片寄ることもなく、ちょうど良いあんばいでした。

DSCF5146_20131020105352652.jpg
お肉の断面図です。
うっすらとピンク色に染まっています。
程よい歯応えで、かなりジューシー。
久しぶりに感激する豚肉で、と~っても美味しい!!
脂の旨みもたっぷりと感じました。

DSCF5148_20131020105354708.jpg
お肉の端っこにはハーブがついていました。


3年寝かしたKUKI茶
DSCF5149_201310201053100b4.jpg
食事を終え、ソフトドリンクをいただきました。
有機コーヒー、有機紅茶、このKUKI茶の3種類から、ホットかアイスで選べます。
手のひらにすっぽり収まるようなコロンとしたグラスのフォルムがカワイイ。

DSCF5153_20131020105313daa.jpg
KUKI茶は茎茶をイメージして日本茶っぽいのかなと思っていたのですが、見た目は紅茶のように茶色かったです。
ほんのり甘みがあって、とてもすっきりとしていました。


全体のボリュームは普通です。
身体に優しい有機野菜で、しかもちょっと変わった種類のものが食べられたのは楽しかったです。
ローストポークはとにかく美味しくて、先輩にも是非教えてあげないと。

食べ終えたのが12時55分位だったので、事務所に走って帰りました(汗)。
少し遠い場所なので、オペレーションがもうちょっとスムースだと嬉しいです。


ランチメニューです↓
DSCF5102_201310201057525c6.jpg

DSCF5103_201310201057569e0.jpg

DSCF5104_20131020105758822.jpg

DSCF5105_201310201058005ca.jpg

DSCF5106_2013102010580331c.jpg

DSCF5107_20131020105938c8a.jpg

DSCF5108_20131020105941fcc.jpg

DSCF5109_2013102010594398c.jpg

DSCF5110_20131020105946fde.jpg


2013年10月11日訪問時お店DATA
****************************
Organic Dining nic (ニック) 
〒160-0008
東京都新宿区三栄町19 大河ビル1階
TEL  03-6380-6016
営業時間
[平日] 11:30~14:30(L.O.14:00) 18:00~24:00(L.O.23:00)   
[日曜] 11:30~14:30(L.O.14:00) 18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 土曜日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/25 07:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(2) |
自家製麺 鶏そば 三歩一  @高田馬場
昨日は大好きな「サファリカレー」の最終営業日でした。
先輩が買いに行ってくれたのですが、ものすごい行列だったとのこと。
12時前に買いに行って大正解。
最後だからと思い、トッピングを全部つけて、初めて特盛にチャレンジしました。
安くて美味しいサファリカレーをもう食べられないのかと思うと本当に残念ですが、来週からキーマカレーのお店が来るとのことです。

DSCF8486_20131020100527b3a.jpg
2012年11月25日、行きつけの美容院に出かけるため、高田馬場に行きました。
都内有数のラーメン激戦地区なので、その前後にラーメンを食べるのがとっても楽しみ。
お店がたくさんありすぎて、いつもどこに行こうかすごく悩みます。
本当は「ラーメン二郎」に行きたかったのですが、この日は定休日(泣)。
あまり時間が取れなかったのでなるべく美容院の近くがいいと思い、オープン以来話題になっているという「自家製麺 鶏そば 三歩一」というお店に行ってみることにしました。

DSCF8482_20131020100516d6e.jpg
JR・高田馬場駅の早稲田口を出て、ロータリーの信号を渡ったら、左折して早稲田通りのが逆サイドに行きます。
そのまま歩いて最初の角を右折し、道なりに少し進むと右側に名芳ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF8483_20131020100519145.jpg
2011年11月22日にオープンしたこちらのお店は、岩手県の「あべ鶏」のスキガラをメインに、鶏の旨みを最大限活かせるスープを作っているとのこと。 麺は店内での自家製麺です。
この時期、鶏系ラーメン店がたくさんできていて、その中でもトップクラスの注目店でした。

DSCF8484_20131020100522ed7.jpg
メニューはこちらです。
鶏だけで炊き上げた上品でさっぱりとした「鶏そば」、鶏の旨みを最大限に引き出した濃厚でトロリとした仕上がりの「濃厚鶏そば」、鶏で炊き上げたスープと野菜の旨みを加えた濃厚スープの「つけそば」の3種類があります。
夜だけ、まぜそばというメニューもあるようです。

お店に到着すると、ちょっと開店時間より早かったので、近辺をぶらりと歩いて時間潰し。
戻って入店したら、残念ながら一番乗りではなく、男性一人客が既に来店していました。
その後パラパラと人が入ってきました。
日曜日の午前中だというにのに、さすが人気店です。

DSCF8519_20131020093536b61.jpg
入ってすぐ左に券売機が置かれているので、先に食券を購入。
この写真はモードを変えるのを忘れちゃったので、白っぽく写っちゃっています(汗)。

個人的には濃厚鶏そばが食べたかったのですが、券売機には女性の方や初めての方には鶏そばがオススメと書かれていました。
ひねくれ者なので性別で味わいを指定されるのは嫌いなのですが、お店のイチオシだったので鶏そばに決定。

つけめんはあつもりには対応していないとのこと。
理由まできちんと表記されていて、丁寧な対応です。

DSCF8505_20131020093626ce7.jpg
フロアはそれ程広くありません。
和風の落ち着いた内装です。
部屋の中央に厨房があり、ぐるりとカウンター席が取り囲んでいます。

DSCF8512_20131020093554226.jpg
左奥に製麺室があります。

DSCF8518_20131020093533e8e.jpg
店員さんが作業していました。

DSCF8485_20131020100524206.jpg
私は左側のカウンター席に着席。

DSCF8507_2013102009363797c.jpg
卓上にはお水の入ったポット、グラス、割り箸、ティッシュ、紙ナプキン、爪楊枝、調味料などなど。
お水はセルフサービスです。

DSCF8506_20131020093633ccb.jpg
味わいを変化させるアイテムが4種類あり、左から自家製ラー油、揚げエシャロット、甘がえし生姜?、魚粉です。

DSCF8504_201310201004153c5.jpg
メニューごとにオススメの組み合わせを教えてくれて、とっても親切です。

DSCF8514_20131020093600233.jpg
店員さんは男性が3、4人程。
仕込みにとても忙しそうでした。

DSCF8515_20131020093602d19.jpg
味の濃さについて、食べている途中でも対応して下さるとのこと。

DSCF8517_2013102009360847f.jpg
カウンターからは調理風景がよく見えて、待っていても楽しいです。


鶏そば (680円)
DSCF8486_20131020100527b3a.jpg
券売機を買ったときから準備に入っていたようで、着席してほとんど待たずに鶏そばが登場!
別皿でゆず胡椒がついています。

DSCF8488_20131020100440711.jpg
2012年7月7日にランチ訪問した「灯花」もそうでしたが、最近ゆず胡椒を添えるお店がとても増えている気がします。

DSCF8489_20131020100444ced.jpg
澄んだスープに長ネギ、メンマ、チャーシューなどがトッピングされています。
すっきりとしていて、とても淡麗なビジュアルです。

DSCF8492_20131020100447b57.jpg
メンマはとても細くカットされています。
歯応えも柔らかく、味付けも優しかったです。

DSCF8496_2013102010045294d.jpg
長ネギは、青い部分が小口切りになっていて、、、

DSCF8498_20131020100404f40.jpg
白い部分は白髪ネギで入っていました。

DSCF8495_2013102010044968f.jpg
チャーシューは鶏チャーシューでしょうか。
丸い形で、2枚入っていました。

DSCF8500_20131020100410161.jpg
透き通ったスープを一口啜ると、すっきりとした旨味を感じますが、塩気は結構しっかり目。
ちょっと意外でした。

DSCF8499_2013102010040768a.jpg
フロアの一画で作っている自家製麺は、黄色みがかった細いストレート麺で、ところどころにポツポツと何かが入っています。
少しざらっとした食感で、細麺なのに存在感がありました。
こういう味わいの麺、とっても好みです。
麺のボリュームは普通だと思いますが、食感のせいか、結構食べた気がしました。

DSCF8502_20131020100412bb6.jpg
鶏胸肉でしょうか、丸い形のチャーシューです。
程よい歯応えがあり、周りにほんのり味がついていました。

DSCF8508_201310200936409e8.jpg
鶏チャーシューだけでなく、鶏もも肉入っていました。
皮をバーナーで炙って焦がしてあります。
ほんのりピンク色を残していて、とっても美味しそう。

DSCF8510_20131020093643d83.jpg
食べてみると、皮が香ばしく、お肉はふんわりと柔らかくてとってもジューシー。
これ、ビックリするぐらいメチャメチャ美味しかったです。
もっと食べたい~。

DSCF8513_201310200935567ce.jpg
途中から、オススメに従って味わいを変化させました。
ゆず胡椒を入れると、ピリッと刺激的な味わいになり、よりくっきりしたスープに変身。
さらに、魚粉を投入すると、魚の香りがふわ~っと広がりました。
スープもすべて飲み干し、完食。


普段はあまり食べない鶏清湯のラーメンでしたが、すっきりしつつもしっかりと塩が利いていて予想以上に美味しくいただけました。
でも、やっぱり濃厚鶏そばが気になります(笑)。
鶏チャーシューは本当に抜群の美味しさで、これをどっさりのせて食べてみたいかも。
680円というお値段を考えるとお肉のトッピングが2種類あるので、お得ではないかと思いました。


◇・◆・◇ これまで巡った高田馬場近辺のラーメン屋さんはこちらです↓ ◇・◆・◇

さっぽろ 純連 東京店 (2010年2月13日
麺屋武蔵 鷹虎 (2010年8月14日
二代目海老そば けいすけ (2010年12月12日
俺の空 (2011年3月6日
中華そば べんてん (2011年7月23日
渡なべ (2012年2月5日
博多長浜らーめん ぼたん 高田馬場店 (2012年4月14日
蒙古タンメン中本 高田馬場店 (2012年6月24日
自家製麺 鶏そば 三歩一 (2012年11月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年11月25日訪問時お店DATA
***************************
自家製麺 鶏そば 三歩一 (さんぽいち) 
〒169-0075 
東京都新宿区高田馬場2-14-9 名芳ビル1階 
TEL 03-5155-8255
営業時間  
[昼]11:00~15:00
[夜]18:00~23:30
定休日 不定休 
JR・地下鉄高田馬場駅より徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/24 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(4) |
蒙古タンメン 中本 新宿店  @新宿
先週の水曜日、もうすぐ来なくなってしまう「サファリカレー」を買いに行ったのですが、台風のせいか、来ていませんでした。本当に残念。
今日は絶対に食べるぞ~!と昨日から先輩と気合いを入れています(笑)。

DSCF8465_20131019164559d4c.jpg
2012年11月23日、新宿へ買い物に出かけたので、そのついでにかねてから念願だった「蒙古タンメン 中本 新宿店」の北極ラーメンを食べに行きました。

DSCF8436_20131020091708d95.jpg
せっかくの三連休の初日でしたが、この日はひどい雨でした。
実はブログに記事を載せるならビックネームがいいかなと思い、「武蔵」も考えていたのですが、とても寒い日だったせいか辛いものモードに入ったため、やっぱり「中本」に決定。
「武蔵」の前を通りかかったところ、外には行列はありませんでした。

DSCF8437_20131020091712a76.jpg
営業時間はこちらです。

DSCF8440_2013102009172169f.jpg
JR・地下鉄新宿駅西口から小滝橋通りを大久保方面に進み、少し歩いた左側に美笠ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

DSCF8441_201310200916306af.jpg
地下へ降りる階段の前にメニューが出ています。

DSCF8442_20131020091634a29.jpg
朝9時から10時まで、朝定食が食べられます。
通常メニューの中では辛くないメニューですが、朝早くから食べられるなんて、すごい!
出勤前に食べるのも可能だから、一度食べてみたいです。

DSCF8438_20131020091715ad0.jpg
昭和43年に上板橋でオープンした「中本」は、今や辛いラーメンの代名詞となっているお店で、現在都内に15店舗展開しています。

DSCF8439_20131020091718539.jpg
激辛好きの私は、これまでにこの新宿店と亀戸店と高田馬場店に訪問したことがあり、このブログでは2012年6月24日に訪問した高田馬場店の記事をアップしています。

DSCF8443_20131020091638edd.jpg
午後2時近くに到着。
いつもは外までずらっと人が並んでいるイメージだったのに、この日はいなかったので「ラッキー!」と思ったら、中にたくさん並んでいました(汗)。

DSCF8450_20131020091610311.jpg
並んでいる人は多分、15人以上はいたと思います。
辛いからか、新宿だからか、カップルを含む若いお客さんが多かったです。

DSCF8449_20131020091607ade.jpg
暇だったので、壁に貼られたメニューなどをじっくりと見ていました。
お店側も並ぶ人を意識しているのか、所狭しといろいろと貼り出してあります。

DSCF8448_20131020091603495.jpg
「中本」は支店ごとにある限定メニューが人気です。
新宿店ではプチ印度丼というのがあるようです。
100円とは安い。

DSCF8447_201310200916006c2.jpg
ご飯は国内産のものを使っているとのこと。

DSCF8446_20131020091647277.jpg
お弁当も販売しています。
ご近所の方が羨ましいです。

DSCF8451_20131020091613a3d.jpg
店員さんが写真付きのプロフィールで紹介されていました。

DSCF8456_20131019164658e76.jpg
調理担当者の名前も出ています。

DSCF8453_201310191646529c8.jpg
通路からフロアに出るところに券売機があります。
先に食券を購入し、行列に並びました。
メニューはたくさんあって、辛さの目安が書かれています。

DSCF8457_20131019164701852.jpg
人気サイドメニューのランキングなんていうのもありました。

DSCF8445_20131020091644407.jpg
この日は北極ラーメンを食べようと決心していました。
北極ラーメンは「中本」で上から2番目の辛さのメニューです。
激辛好きと言っているわりにはこれまで蒙古タンメンしか食べたことがありませんでした。
この時期、同じ激辛好きの人と知り合い、北極ラーメンの辛さ3倍のバージョンを食べたことがあると言われ、ちょっと対抗心が出たのも確かです(笑)。

蒙古タンメンが5辛で、北極ラーメンは9辛。
いきなりこのジャンプアップは辛いから、8辛?の味噌卵麺にしようかとちょっと悩みましたが、やはり最初に考えていた「中本」の辛いラーメンの代名詞でもある北極ラーメンにチャレンジ!

DSCF8452_20131019164648ac0.jpg
紙エプロンは壁際に積んであるので、希望する人はここから取ります。

DSCF8459_20131019164623e27.jpg
フロアは牛丼屋さんのような大きなカウンターがあり、片側にはテーブル席が幾つかありました。

DSCF8454_20131019164655ed2.jpg
赤と白を基調にしたシンプルですが、明るい内装です。

DSCF8458_201310191646204d9.jpg
店員さんはとても元気よく明るい接客です。

DSCF8461_2013101916462959a.jpg
全然席が空かない時間帯があったり、どんどん入れ替わる時もあって、ようやく席についたのは20分後でした。

DSCF8462_20131019164632998.jpg
私はカウンター席の右奥の方に着席。
卓上にはお水のポットとティッシュが置かれています。
激辛ラーメンの「中本」では必需品です(笑)。

DSCF8460_20131019164626f16.jpg
着席すると、店員さんがお水を出してくれます。
食券を渡し、しばし待ちます。

DSCF8463_20131019164553578.jpg
ぶきっちょな私は洋服に赤い染みを作らないよう、紙エプロンをいただきました。

DSCF8464_201310191645563f8.jpg
後ろで結ぶのではなく、頭からすっぽりかぶるタイプなので、楽ちんです。


北極ラーメン (800円)
DSCF8465_20131019164559d4c.jpg
しばし待って、北極ラーメンが登場!
やや小さめのドンブリには、真っ赤なスープがなみなみと入っていて、テンションすっごくあがります!

DSCF8466_20131019164603d55.jpg
中央にはたっぷりの茹でもやしが天盛りしてあります。
このもやしを食べると辛さが少し中和されました。

DSCF8467_20131019164606188.jpg
スープは真っ赤っかです。
美味しそう。

DSCF8469_20131019164512db7.jpg
お肉がところどころで顔をのぞかせています。

DSCF8471_20131019164516773.jpg
まずはスープを一口。
啜ると絶対に咳き込んじゃうので、ゆっくりゆっくり口に含みました。
すっごく辛いですが、コクがあって美味しい!
辛さが口の中いっぱいに広がりますが、そのまま少しするとだいぶ慣れてました。

DSCF8474_20131019164520727.jpg
麺は黄色みがかった中細のストレート麺です。
かために茹でられ、ちょっともっちりとした歯触りでした。
結構量があったように思います。

DSCF8478_20131019164523fd7.jpg
薄切りの豚肉は結構あちこちに入っていました。
程よい食感です。

DSCF8479_2013101916452698a.jpg
ニンニクもたっぷり入っていました。
美味しいはずです。
この後、人と話さなきゃいけなかったのですが、かなりやばかったです(笑)。

DSCF8481_201310191644589f4.jpg
スープがとにかく美味しくて、病みつきになる味です。
全て飲み干しちゃいました。
おなかいっぱいです。


身体が内側から熱くなり、汗ばむほどでした。
ずっと念願だった北極ラーメンは、確かにかなり辛かったもの、予想以上に美味しく食べられて、とっても嬉しかったです。
次は中本で一番辛いメニューである冷やし味噌ラーメンを食べてみたいです。


2012年11月23日訪問時お店DATA
*********************************
蒙古タンメン 中本 新宿店 (なかもと)
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビル地下1階
TEL 03-3363-3321
営業時間 9:00~26:30
定休日 無休
大江戸線新宿西口駅から徒歩2分
西武新宿線西武新宿駅から徒歩3分
JR新宿駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/23 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
先日、自宅のパソコンのネットが切れちゃったので、あちこちケーブルを挿し直しました。
壁からランケーブルをはずしたら、フタが壊れちゃったのか、もう一度開かない(汗)。
このままではネットにつなげないので、パソコンを置く部屋を変えるか、無線ランに変えようかといろいろ心配したのですが、結局家人がフタをガンガン押し上げ、力業で再度挿し直すことに成功。
そして、フタは二度と閉まらなくなっちゃいました(笑)。

DSCF8407_201310210755596f6.jpg
2012年11月22日のランチは、上司から誘われ、外へ食べに出ることになりました。
向かった先は、いつもどおり、上司の大のお気に入りの「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF8435_20131019160359228.jpg
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

入り口

お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2012年11月9日だったので、13日ぶりでした。

DSCF8173_201310042053437df.jpg
11月に入ったからか、忘年会の予約を始めていました。

DSCF8172_20131004205340fd4.jpg
また、フロアにはちょっと大きめのツリーが飾ってありました。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。

DSCF8405_20131019160540f9f.jpg
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

奥の部屋にはとても大きなエアコンがあったのですが、この日見たらなくなっていました。
あとを隠すように中国らしいデザインの壁紙?が貼られています。

DSCF8406_2013101916054438f.jpg
それじゃあ、エアコンは、、、?と天井を見ると、はめ込み式のものを発見。
空調工事をしたのでしょうか?

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

DSCF7825_20130920052408e99.jpg
上司が事務所でぐずぐずしていたので、お店に到着したのは12時40分過ぎ。
結構遅い時間なのに、人気店らしく相変わらずの混雑でした。

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には調味料、お箸、紙ナプキン、食べるラー油など置かれています。

私たちは一番奥の個室の部屋の、奥のテーブル席に着席。
暖房をきかせるせいなのか、個室の入口の扉を半分ぐらい閉めているので、注文するときに店員さんの声がけが大変でした。奥の部屋にはコールボタンがあれば便利かなと思います。

DSCF1482_20130502072200.jpg
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF8404_20131019160538d27.jpg
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
食事中、フロアの方がこまめにお茶をつぎ足しに来てくれます。

お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF8401_20131019160535ffc.jpg
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF8428_20131021075643640.jpg
伝票です。

食べたことのないメニューがほとんどなくなってきて、いつもメニュー選びには一苦労。
この日のおかゆはまだ食べたことがない鶏肉入りだったので、カキソース和えソバと鶏肉入おかゆを注文。
同じくメニューに困っている先輩はお気に入りの五目やきそばをチョイス。
何だか最近、同じメニューばっかり注文している気がする、、、と嘆いていました(笑)。


カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (800円)
DSCF8407_201310210755596f6.jpg
しばし待ってお料理が登場!
メイン2種類、デザートのセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF8408_201310191605117a4.jpg
お粥は熱々で猫舌の私はすぐに食べられないので、まずはカキソース和えソバから食べました。

DSCF8409_2013101916051470b.jpg
具はみじん切りのネギだけと、と~ってもシンプル。

DSCF8410_2013101916051701c.jpg
オイスターソースの美味しさをダイレクトに感じます。
細麺はコシがしっかりあって、噛み応えがありました。
単品だと量があり過ぎてちょっと飽きちゃいますが、このボリュームだと最後まで美味しく食べられます。

DSCF8414_201310191605229cf.jpg
お粥は青と白でデザインされた、中ぐらいの大きさんの器にたっぷりと入っています。
表面には万能ネギが少し散らしてあるだけで、実にシンプル。
どのお粥を注文しても、外見からだけでは種類がわかりません(笑)。

DSCF8413.jpg
この日の器は、端っこがちょっと欠けていました。

DSCF8419_20131019160449a89.jpg
ボリュームたっぷりなのでなかなか冷めません。
猫舌の私は上の表面部分を削るように掬っていただきます。

DSCF8422_20131019160451c78.jpg
お粥はダシがしっかりと利いていて、具がなくても美味しいです。
火傷しないように気をつけて食べていましたが、この日もやっぱり火傷しちゃいました(汗)。

DSCF8426_20131019160413210.jpg
鶏肉は一口大の大きさです。
片栗粉をまぶしてあるのか、トロンとした口あたりで、お肉はふっくらと柔らかでした。

DSCF8429_20131019160420edc.jpg
お粥の下の方にはショウガの長めの千切りが入っています。
ショウガのピリッとした味わいが、たっぷりのお粥のいいアクセントになりました。

DSCF8418_201310191604383ba.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF8432_20131019160423c05.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF8433_2013101916042531a.jpg
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


五目やきそば (800円)
DSCF8423_2013101916045404c.jpg
先輩が注文した五目やきそば、デザートとのセットです。

DSCF8424_20131019160457f6b.jpg
野菜などの具がたっぷりで、麺がほとんど見えません。


どちらも食べ慣れた味わいですが、いつもどおり美味しかったです。
麺とご飯の両方を食べられて、かなりおなか一杯になりました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
 <4個>(2012年10月31日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2012年11月22日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/22 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) |
刀削麺 張家 麹町店  @麹町
週末は雨がちでとても寒かったですが、みなさま、楽しく過ごせましたか?
私は昨日は美容院に出かけたのですが、予想以上に寒くて雨が激しく、靴がビシャビシャに濡れて寒さに震えながら歩いていました(泣)。

DSCF8382_2013101915274803c.jpg
2012年11月21日は上司がお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて、外へ一人でランチを食べに出ました。
上司のスケジュールをちゃんと把握していなかったので、どこに行こうか特に決めていませんでした。
この時期オープンした新店もほとんど訪問済みだったので、とりあえず四ッ谷方面に歩いていたところ、新宿通りの麹町方面に刀削麺のお店があったことを思い出し、行ってみることにしました。

DSCF8397_201310191526569af.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を麹町方面に進みます。
地下鉄麹町駅を超えて少し行ったところに麹町渡辺ビルがあり、お店はその1階と2階です。
ちなみに、2階があることを知ったのは記事を書いているときで、お店に訪問した時には2階があるとは全く気付きませんでした。

お店は角地にあって、中華なのにシックな黒い外観なので、結構目立っています。
ただ、ぱっと見だと中華とはわからないかも。

DSCF8395_20131019152654768.jpg
お店の名前は「刀削麺 張家 麹町店」です。
「張家」はシルクロードの起点である西安料理のお店で、イスラム料理の影響を受け、独特な香辛料をふんだんに使っていることが特徴だそうです。
麹町店は2010年5月18日にオープンし、恵比寿・品川・代々木にも支店があるとのこと。

DSCF8393_20131019152649472.jpg
お店の前には小さな看板が出ていました。

DSCF8394_20131019152651392.jpg
お店の壁にはとても大きな写真とお料理の説明書きがあって、とてもわかりやすいです。

DSCF8399.jpg
お弁当も販売していました。

DSCF8398_20131019152659042.jpg
全品500円で、お茶付きです。

お弁当販売のため、入口のドアは常に全開です。
店内ではコートを脱がずに食べている人もいました(笑)。

DSCF8381_201310191527456a2.jpg
フロアはそれ程広くありません。
奥に厨房があり、その周りにカウンター席があります。

DSCF8380_201310191528293c7.jpg
8割程の席が埋まっていましたが、カウンターの左端の方に着席できました。

フロア担当の女性店員さんが一人、お弁当担当の女性店員さんが一人、厨房が男性店員さんが三人ぐらいいらっしゃいました。
注文するときの日本語は全く問題ないですが、それ以外は中国語が飛び交っていて、現地気分が盛り上がります。

DSCF8373_20131019152818d0b.jpg
卓上には割り箸、コップ、お水の入ったポット、ティッシュなどが置かれています。
写真にはありませんが、ポットに入ったお水にはレモンを浮かべてありました。

DSCF8374_20131019152821a62.jpg
カウンターの壁にはディナーのおすすめメニューが出ています。
ちょっと変わったメニューが多くて、美味しそう。

DSCF8376_2013101915282415d.jpg
カウンターの下には大きな荷物を入れるカゴがありました。

DSCF8372_201310191529001d7.jpg
おしぼりをいただいて、何を食べようか、しばらく悩みました。

DSCF8365_201310191529199f3.jpg
ランチメニューです。
刀削麺が7種類とご飯系が6種類ありました。
お値段は680円から850円です。
ご飯系メニューの一番最初に出ていた麻婆豆腐が激辛!を謳っていたので、かなり悩みましたが、まずは人気ナンバーワンの麻辣刀削麺を注文しました。

DSCF8379_20131019152826fac.jpg
お料理を待っていると、ちょうど目の前の店員さんが刀削麺を削って茹でていました。
麺のかたまり?をのせた大きな板の片方を胸にかけて左手で押さえ、右手に持ったナイフで次々とそぎ落としていきます。
ちょっと遠くから眺めていると、バイオリンを弾いているように見えます(笑)。
何人分かわかりませんが、長い時間をかけて結構な量でした。

DSCF8392_20131019152726275.jpg
伝票です。

たまたまなのか、ご飯系のメニューがとても早く出てきました。
私の左隣の二人組は私よりも先に着席していたはずなのに、私の右隣で後から着席して日替わりを注文している人の方が先に料理が出ていました。

左隣の人たちの麺が出たので、次は私かな~と思っていたら、刀削麺を作っていた店員さんから「注文は何ですか?」と聞かれました。私が答えた後、その後中国語で女性店員さんと話していたので、「もしかして注文を忘れられていたかな?。」と思い、まあ、上司が遅くまで帰って来ないからいいや、と思って時間潰しにメールを書いていたら、それからすぐにお料理が出てきました。


麻辣刀削麺 (680円)
DSCF8382_2013101915274803c.jpg
麻辣刀削麺は、器がややこぶりですが、真っ赤なスープからはみ出すように刀削麺がたっぷりと入っていて、挽肉、香菜、インゲン、唐辛子がトッピングしてありました。
茹でたての刀削麺は半透明にツヤツヤと光っていて、真っ赤なスープや唐辛子との対比がとってもキレイ。

お値段が680円とお安いためか、ドンブリ1つです。
中華料理によくあるザーサイや杏仁豆腐はついていません。

DSCF8383_20131019152751641.jpg
インゲンが添えてあるのは珍しいです。
かために茹でてあったので、食感を楽しめました。
白胡麻もふってあります。

DSCF8385_201310191527594a4.jpg
唐辛子は長くはないですが、かなり太いものです。
さすがに飾り用だろうと思って、この日は食べませんでした。

DSCF8384_20131019152757d43.jpg
刀削麺は白く、幅広です。

DSCF8386_2013101915271547b.jpg
隠れちゃっていますが、挽肉も結構入っています。

DSCF8388_20131019152718049.jpg
スープは表面を掬うとラー油が多くなってオイリーになるので、しっかりと混ぜてからいただきました。
最初はちょっとダシが薄めかなと思いましたが、挽肉を溶かし込んでいくと旨味がしっかりと移ってとっても美味しい。
辛さや痺れは、啜るときにちょっと気をつければいいぐらいでした。
ただ身体は素直に反応していて、事務所に帰ってからも結構暑かったです。
隣に座るお客さんが「辛いものを食べると、どうして鼻水が出るんですかね?」と話していましたが、ホント、不思議です(笑)。

DSCF8390_20131019152721db5.jpg
スープを吸った刀削麺はほんのり赤く染まっています。
よくかき回してからいただきました。
かなり厚みや長さがあるので、啜るというか口の中に入れて噛みしめて食べます。
茹でたての刀削麺は、むちむちした食感で、美味しい!
刀削麺は啜りにくい麺だし、麻辣スープは啜るとむせるので、刀削麺を合わせるのでしょうか?

DSCF8391_20131019152724c14.jpg
麺のボリュームもたっぷりで、しかも、しっかり噛んで食べるせいかとても食べごたえがありました。
スープも美味しくて、全て完飲。


680円とお手頃で、スープも麺も美味しく、大満足です。
以前は刀削麺って、スープがイマイチで麺の美味しさもわかり辛くてあまり好みではなかったですが、「ミスターバン」や「張家」の刀削麺と出会って、だいぶイメージが変わりました。
このお店の麻婆豆腐も是非食べてみたいです。

DSCF8362_2013101915291452a.jpg
新宿通りの子供の像がコスプレされていました。

DSCF8364_20131019152917305.jpg
この日は消防士さんです。
カワイイ。


ランチメニュー↓
DSCF8365_201310191529199f3.jpg

DSCF8366_20131019152922538.jpg

DSCF8367_20131019152924b87.jpg

DSCF8368_201310191528500fc.jpg

DSCF8369_20131019152852282.jpg

DSCF8370_20131019152855423.jpg

DSCF8371_2013101915285828c.jpg


2012年11月21日訪問時お店DATA
****************************
刀削麺 張家 麹町店 (ちょうや)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町3-1-13 麹町渡辺ビル1・2階
TEL 03-6272-9544
FAX 03-6272-9546
営業時間 
[平日] 11:30~16:00(L.O.15:45) 17:00~23:00(L.O.22:30) 
[土曜] 11:30~16:00(L.O.15:45) 17:00~22:30(L.O.22:00)
定休日 日祝
地下鉄有楽町線麹町駅1番出口から徒歩3分
地下鉄半蔵門線半蔵門駅 番出口から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/21 06:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 釜揚げうどん 四谷 ゆで釜  @四谷
2014年9月17日追記

「ゆで釜」は、2014年8月までに閉店したようです。

DSCF0459 (480x360)
跡地には、「武蔵野うどん じんこ 四ッ谷店」が2014年8月4日にオープンし、2014年8月15日にランチ訪問しました。

*********************************

今週は平日が4日しかなかったので仕事が終わらず、昨日は結構残業しました。
でも、今日一日がんばれば楽しい週末です。
お天気もなかなかのようなので、みなさまも、楽しい週末を☆

本日は、2013年9月24日にオープンした「ゆで釜」のリポートです。
penguin_19さん、オープン前から教えていただいていたのに、訪問&記事アップが遅くなってすみません!

DSCF5001_20131017083638ca4.jpg
2013年10月8日、お昼時に上司が不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
この日向かったのは、三栄通りの新店のうどん屋さんです。

DSCF4972_20131017083841446.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から四谷口を出て三栄通りを進み、信号を1つ越えた少し先の左側のビルの1階にお店があります。

一つ隣のビルには、2013年9月11日にランチ訪問した「陽だまり。」があります。

DSCF4973_20131017083844ce1.jpg

この場所には以前「串友」という居酒屋さんがありましたが、2013年7月末日に閉店したそうです。
ランチ営業がなかったので未訪問でしたが、調べてみたら、35年間営業を続けていた老舗のお店だったとのこと。

DSCF4974_2013101708384620a.jpg
三栄通りには、メニュー名をズラッと並べた大きめの看板が出ています。

penguin_19さんの情報によれば、「ゆで釜」は2013年9月24日午前11時にオープンしました。
この記事を書くにあたってお店に関する情報をネット上で調べて見たのですが、住所以外はほとんど情報なし(汗)。
看板の一番下に「横須賀 うどん工房 さぬき」と書いてあるので調べて見たのですが、それらしきお店の情報にはヒットしたものの、系列店なのか、修業先なのか、つながりはよくわかりませんでした。

ただ、「肉すい」というと大阪のお料理のイメージがあります。
大阪のうどんでは、2010年12月2日にランチ訪問した「感謝屋」や、2010年12月13日にデリバリした「亀一」を思い出します。

DSCF4975_201310170838499a5.jpg
入口はとても小さいです。
ただ、太い墨字で書かれた暖簾のフォントがとっても印象的。

DSCF4971_20131017083839acc.jpg
開店してからまだ2週間なので、開店祝いのお花がたくさん飾られていました。

DSCF4995_201310170836197e8.jpg
私たちは12時15分頃に入店。
細いフロアがのびていて、右手に厨房、その前がカウンター席でした。
奥には少し広くなった部屋があり、テーブル席が並んでいて、ちょっと変わった構造です。
内装はモノトーンで、かなりシンプル。
それなのに、何故かニコちゃんマークなどのラブリーな風船がたくさん飾ってあって、ちょっと不思議な感じです。

DSCF4987_201310170837567f4.jpg
満席だったので、入口を入ってすぐのところで少し待ってから、奥のフロアの一番手前の右側の4人テーブル席に着席。
卓上にはメニューのほか、割り箸・お醤油・爪楊枝などが置かれていました。

DSCF4978_2013101708382020f.jpg
席につくと、店員さんが薄いビニール袋に入ったおしぼりを出してくれます。

DSCF4979_2013101708382268a.jpg
お水の入ったポットはとても巨大です。
グラスはスリムで細い、オシャレなフォルムでした。

DSCF4976_20131017083818159.jpg
壁にこんなアナウンスが貼られています。
うどんの茹で時間は12分もかかるとのこと。

DSCF4980_20131017083824f54.jpg
こちらがランチメニューです。

DSCF4981_201310170838266d7.jpg
うどんのメニューが6種類あり、お値段は500円~800円です。

DSCF4982_201310170837472d6.jpg
面白いのが、看板にも出ていましたが、「肉すい」というメニューがあることです。
「肉すい」とは肉うどんのうどん抜きで、プラス100円で豆腐が入ります。
これに卵かけご飯をあわせる人が多かったです。
ご飯の大盛りは無料です。

DSCF4983_20131017083749b9d.jpg
うどんの大盛り(1.5玉)は無料で、倍盛り(2玉)はプラス100円です。

DSCF4984_20131017083751c99.jpg
裏にはトッピングが書かれています。
天ぷらだけでも9種類もあり、お値段は150円から750円です。
うどんよりも、天麩羅盛り合わせの方がお高いです(笑)。

DSCF4986_2013101708375370d.jpg
天麩羅以外のトッピングは8種類あり、お値段は100円から250円です。

DSCF4989_201310170836562b5.jpg
卓上に小さな日本酒のメニューがありました。
日本酒というとお蕎麦屋さんのイメージが強いですが、こちらのうどん屋さんでもいろいろな銘柄を飲むことができます。

DSCF5023_20131017083446136.jpg
この日の伝票です。
うどんの美味しさを楽しむならば、冷たいうどんの方が良かったと思うのですが、この日はちょっと肌寒い日だったので、「うどんの最も基本的な食べ方」と書かれたかけうどんを大盛りでお願いし、オープン前から気になっていた純あじ天をトッピングしました。
先輩はざるうどんととろ玉天を注文。

DSCF5018_20131017083506c04.jpg
壁に書かれていたとおり、10分以上経過してからお料理が登場!


かけうどん <大盛り> (500円) + 純あじ天 (250円) =750円
DSCF5001_20131017083638ca4.jpg
うどん、天麩羅、薬味のセットです。
木製のスプーンと共に黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF5002_20131017083551a50.jpg
うどんの薬味は2種類あり、2連の小皿に盛られています。

DSCF5003_201310170835539ce.jpg
小ネギの小口切りと、、、

DSCF5004_20131017083556a9c.jpg
おろしショウガです。

DSCF5006_20131017083600141.jpg
うどんは白い器に盛られていました。

DSCF5008_201310170835235bd.jpg
大盛りなので、ツユから盛り上がる程、量が多かったです。
最初にそのまま食べてみると、程よいコシがありました。
胡桃屋」の方がもっとかためな食感ですが、冷やしで食べてみないとちゃんとは比べられません。

DSCF5007_20131017083521e1e.jpg
トッピングはワカメのみと、とってもシンプル。

DSCF5011_20131017083526bba.jpg
西のおうどんなので、ツユは透明です。
お魚の風味があって、塩加減はしっかり目。

DSCF5022_20131017083444557.jpg
途中から薬味を加えていただきました。

DSCF5005_20131017083558cf9.jpg
トッピングの純あじ天は、小さなカゴに入っていました。
一口大のものが、3つか4つくらいだったかな?

DSCF5019_20131017083508747.jpg
純あじ天とは、長崎県五島列島にて、原材料を鰺のみで作った蒲鉾の天麩羅だそうです。

DSCF5020_20131017083442500.jpg
食べてみると、お魚の風味がばしっと利いて、とっても美味しい!
天麩羅にすることで油の旨みも加わりました。


ざるうどん(500円)+とろ玉天(250円)=750円
DSCF5013_201310170835287a4.jpg
先輩が注文したのはこちら。
うどん、天麩羅、つゆのセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF5014_20131017083530c36.jpg
普通盛りです。

DSCF5015_20131017083459254.jpg
とってもツヤツヤしています。

DSCF5016_201310170835016f3.jpg
とろ玉天はオシャレなフォルムの白いお皿に盛られていました。

DSCF5017_20131017083503274.jpg
二人とも丸い卵の形のままのものが出てくると思っていたので、ちょっと予想外。


うどんを大盛りにしておツユも飲み干したので、食べ終えた後はお腹いっぱいになりましたが、夕方にはお腹が空いちゃいました。
肉すいと卵かけご飯をセットにして食べている人が多かったので、次回は私も是非食べてみたいです。


ランチメニューです↓
DSCF4980_20131017083824f54.jpg

DSCF4981_201310170838266d7.jpg

DSCF4982_201310170837472d6.jpg

DSCF4983_20131017083749b9d.jpg

DSCF4984_20131017083751c99.jpg

DSCF4986_2013101708375370d.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF4990_2013101708365832c.jpg

DSCF4991_20131017083700cbd.jpg

DSCF4992_20131017083702b5b.jpg

DSCF4994_20131017083704e13.jpg


ドリンクメニューです↓
DSCF4996_2013101708362116a.jpg

DSCF4997_20131017083624793.jpg

DSCF4998_20131017083626737.jpg


2013年10月8日訪問時お店DATA
****************************
釜揚げうどん 四谷 ゆで釜 (ゆでかま)
〒102-0008 
東京都新宿区四谷1-23-8
Tel 03-6273-2976
営業時間 
[平日]11:30~14:00(L.O. 13:30)
    17:30~24:00(L.O. 22:30、ドリンクL.O.23:30)
[土曜]17:30~23:00(L.O. 22:00、ドリンクL.O.22:30)
定休日 日曜日・祝日
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/18 08:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(4) |
焼きスパゲッチ ミスターハングリー @霞が関
昨日の台風による交通機関の乱れはとっても大変でした。
自宅近くの地上を走る電車は全て止まってしまったので、バスを使って地下鉄に行き、何とか1時間半かけて事務所に到着。
お昼にランチを食べに出たら、これから出社しようとする人をたくさん見かけました。
しんみち通りはガラガラで、仕入れが出来ずにランチを休業しているお店も。
でも、こんな日でも普段よりは少ないと言え、行列の出来ている「たけだ」はさすがです。

本日は、マイブログ圏外の霞が関にある「ミスターハングリー」のレポートです。

DSCF8353.jpg
2012年11月20日の午前中は健康診断でした。
お昼までに事務所に戻れなかったので、そのまま外出先でランチをすることになり、ちょっと前に読んだグルメ本で紹介されていた霞ヶ関にあるスパゲッティのメガ盛りのお店「焼きスパゲッチ ミスターハングリー」に行ってみることにしました。

DSCF8358_2013101607145746f.jpg
地下鉄銀座線虎ノ門駅の11番出口を出て外堀通りを溜池山王方面に向かって少し歩くと、右手に霞が関ビルがあり、お店はその1階です。
住所は霞ヶ関ですが、虎ノ門駅の方が近いです。

霞が関ビルはとても大きなキレイなビルで、1階にはオシャレで美味しそうな飲食店がたくさん並んでいました。
個人的に、デカ盛りのお店って、コストの全てを食材にかけています!的なところが多く、立地が悪く、内装などには全くこだわらないお店が多いイメージだったので、「ミスターハングリー」は立派なビルの中にあってシンプルで小綺麗なお店だったので、かなりビックリでした。

DSCF8361_201310160715083b5.jpg
2010年から2011年ぐらいから、「ロメスパ」と呼ばれるジャンルのスパゲッティ屋さんがとても増えました。
ロメ(路面)のスパ(スパゲッティ)という意味だそうです。
茹で置きの極太スパゲッティを炒めた調理法で、たっぷりのボリュームなのに低価格なことが多いのが特徴です。
看板メニューがナポリタンであることが多く、「ナポリタンが復活した」とも言われています。
この日訪問した「ミスターハングリー」は、ロメスパ有名店の1つです。
「スパゲッティ」ではなく、「スパゲッチ」というのが、とってもカワイイ。

DSCF8360_20131016071503abe.jpg
お店の入口は広く、開放感があります。
もともと低価格ですが、テイクアウトだともっとお得になり、なんと390円!
ご近所の方がとっても羨ましいです。

DSCF8359_201310160715007f2.jpg
お店の前には行列用のポールが置いてあります。
私が午後1時前に到着したところ、まだ10人ぐらい並んでいました。
ただ、回転は早いのでそれ程待たないのですが、席が空いているのが見えていても、店員さんの案内を待たなければいけません。

DSCF8348_201310160716021fe.jpg
フロアはとても広く、左側に厨房、その前に大きな木製のテーブル、その周りにテーブル席がありました。
店員さんの数も多く、フロアではとても忙しそうに動き回り、厨房では絶えずフライパンでスパゲッティを炒めていました。

DSCF8347_20131016071554317.jpg
内装は非常にシンプルです。
今月の限定メニューやサイドメニューについて貼り出してありました。

お客さんは男性がほとんどでしたが、年齢層は広かったです。

DSCF8346_20131016071644b82.jpg
一人客の私は大きなテーブルの真ん中付近に着席。
もちろん、相席です。

卓上には紙ナプキン、フォーク、胡椒?、タバスコ、粉チーズなどが置いてあります。
写真ではわかりにくいですが、タバスコと粉チーズはかなり巨大です。
手が小さい私には掴むのも大変なぐらいでした。

DSCF8343_201310160716330e0.jpg
着席すると、店員さんからお水とサラダが出されます。

DSCF8339_201310160717055b0.jpg
メニューはチラシのスタイルで置いてありました。

DSCF8337_20131016071659b05.jpg
定番メニューは8種類あり、全て同じお値段です。
並盛りはなんと490円と、ワンコインでお釣りが来ます。
大盛りはプラス100円、特盛りはプラス200円です。

具材に何が入っているのか、ちゃんと明記してあります。

DSCF8338_201310160717021aa.jpg
定番のほかに1ヶ月に上旬と下旬に一種類ずつの時期限定メニューがありました。
この日は牛ハラミ煮込み。
うーん、とっても美味しそう!

DSCF8344_201310160716362fe.jpg
サイドディッシュは5種類あり、全て160円です。
本日のスープはなんと60円。
お安いのはメインだけではありません。
サイドディッシュとスープをセットにすると200円でいただけます。

せっかくの機会だったので、スープを頼めばよかったかも。
ちょっぴり後悔しています。

DSCF8345_201310160716394b7.jpg
飲み物は、ソフトドリンク2種類とアルコール(ノンアルコールビールを含めて)5種類ありました。
回転率が重要なお店だと思うので、お酒の提供があるのにはビックリ。

DSCF8342_20131016071630702.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF8355_20131016071535e94.jpg
伝票です。

どれを食べるかかなり悩みましたが、一番上に書かれた焼きスパゲティの定番であるナポリタンに決定。
事前に食べログで調べたとき、大盛りが500gと書いてあったので、大盛りをお願いしました。


ナポリタン(490円)+大盛り(100円)=590円
DSCF8349_20131016071605589.jpg
しばし待って、スパゲッチが登場!
とてもお安い値段設定なのに、小さめとはいえ、サラダがついているのがすごい。

DSCF8340_20131016071708829.jpg
キャベツは小さなガラスの器に入っています。
ピクルスというかマリネというか、しっとりとしていました。

DSCF8341_20131016071711b34.jpg
甘みがほとんどなく、かなりしっかりと酸っぱいです。
酸味が苦手な人は結構厳しいのでは?と思う程でした。
スパゲッチがややオイリーなので、とてもいい口直しになります。

DSCF8350_20131016071608a3a.jpg
丸いお皿にスパゲッティが天盛りになって、はみ出しそうです。
ただ、私の撮影技術だと、イマイチボリューム感が出ません(泣)。
バターのいい香りが立ちのぼります。

DSCF8353.jpg
横から撮影してみました。
こっちの方が立体感が出るでしょうか?
ただ、個人的には大盛りでもこれぐらいか、楽勝だな~という第一印象でした。

DSCF8351_20131016071611d13.jpg
麺はかなり太麺です。
全体がまんべんなく、オレンジ色に染まっています。

DSCF8352_20131016071523639.jpg
麺はアルデンテとかではなく、やや柔らかめです。
でも、太さがあるのでムチムチした食感がありました。
ケチャップのほんのりとした甘みと酸味があって、大学時代によく食べていた喫茶店のナポリタンを思い出すような素朴な味わいですが、とっても美味しい。
ややオイリーですが、個人的にはあまり後を引かない感じでした。
キャベツを時々食べると、とてもリフレッシュ出来て、いくらでも食べられそうです。

DSCF8354.jpg
具材がほとんど見当たりませんが、お値段を考えれば仕方ないです。
あちこちに散らばっているのを集めたところ、タマネギ、ピーマン、ベーコン、マッシュルームが見つかり、記載されているものは全てありました(笑)。

DSCF8356_20131016071538611.jpg
とにかく腹ぺこだったのでそのまま全部食べられちゃう感じでしたが、せっかくなので途中で粉チーズとタバスコをたっぷりかけました。
粉チーズはそのままふってもすぐに穴に詰まってしまい、ちょっと出にくいです。
ネット情報によると、横に振ると良いとか。
あまりよくわかりませんでしたが、とにかくかけられました(笑)。
タバスコの辛さと酸味もとてもよく合いました。


美味しいまま、ぺろりと完食。
これだったら特盛にすれば良かったな~とちょっと後悔でした。
ここはメニューの種類がたくさんあるし、ぜひまた来てみたいです。


2012年11月20日訪問時お店DATA
***************************
焼きスパゲッチ ミスターハングリー 
〒100-6001 
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル1階
TEL 03-3595-0171
営業時間
[平日] 11:00~22:00(L.O.21:30)
[土曜] 11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 日・祝
地下鉄銀座線虎ノ門駅11番出口から徒歩2分
地下鉄千代田線・日比谷線・丸ノ内線霞ヶ関駅A13番出口から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/17 08:00】 | メガ盛り | トラックバック(0) | コメント(3) |
番町 松月庵  @麹町
台風26号が接近中です。
10年に1度の大きさとのことだったので、立体駐車場の一番下に置いてある我が家の車をコインパーキングに移しておきました。
電車もかなり混乱しているようで、出勤がとても心配です。
みなさまも、くれぐれもご注意下さい☆

DSCF8328_201310150847510ca.jpg
2012年11月19日は、週の最初の月曜日。
個人的な事情で2日お休みをいただいていたので、会社に来たのは5日ぶり。
ランチのことは何も考えていなかったので、12時過ぎに上司が「鍋焼きうどん取って。」と言ったので私も一緒に「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いすることにしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2012年10月24日だったので、約1ヶ月ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF8319_20131015084815a79.jpg
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

12時15分頃電話でお願いしたところ、15分ぐらいで届けていただきました。
いつも早くて本当に助かります。

DSCF8324_20131015084744cd7.jpg
この日はとても冷え込んだ日だったので、上司はかなり寒かったようで、珍しく鍋焼きうどんを注文していました。

私は食べたことのないメニューの中から、天丼「中」をお願いしました。
次の日健康診断を予定していて、検査のために午後8時以降食事が禁止されていたのですが、どうしてもお買い物に行かなければならず、もしかしたら夕食が食べられないかもと思ってちょっとカロリーが高めのものをチョイスしました。

天丼は「上」だからでしょうか、茶色のとってもキレイな塗りの器に入っていました。
大切に扱っているからか、表面をサランラップでくるんであります。

DSCF8325.jpg
笹の葉?の絵が描かれていました。

DSCF8330_2013101508475837c.jpg
フタの裏側の中央には、店名が金色で入っています。

DSCF8320_20131015084818757.jpg
お新香の小皿には紙をかぶせてあります。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。


天丼「中」 (1,570円) 
DSCF8328_201310150847510ca.jpg
いただきま~す!
メインとお新香のセットです。

DSCF8321_2013101508482174e.jpg
お新香は定番のキュウリとタクアンの2種類です。
黄色と緑色のコントラストが鮮やか。

DSCF8322_20131015084824852.jpg
キュウリのお新香は2つ。
かなり大きいサイズでした。
塩気はそれ程強くありません。

DSCF8323_2013101508482627f.jpg
タクアンも2切れ。
1つは結構厚みがありました。
ほんのり甘くて歯応えがあります。

DSCF8329_20131015084754295.jpg
ご飯が見えない位、天ぷらがぎっしりとのせてありました。
天ぷらは全て海老天なので、天丼というよりは海老天丼ですね。

並は海老天が2本でしたが、中は3本。
器が立派になっていて、お値段の差は320円です。
うーん、ちょっとビミョーかな。

DSCF8331_20131015084720f2e.jpg
エビはが大好きなので、もちろんシッポも全部ガリガリ囓って食べちゃいました。
ちょっと堅かったですが(笑)。

DSCF8332_201310150847247c4.jpg
衣はかなり厚めで、水分を吸い込んでいるせいか、モロモロです。
持ち上げただけでほとんどが取れちゃうときもありました。

DSCF8333_201310150847273eb.jpg
中に入っているエビはプリッとした食感でした。

DSCF8334_20131015084730126.jpg
かけてあるタレはそれ程甘くなくて食べやすかったです。
ご飯の量は普通です。


全体のボリュームは普通でした。
海老天大好きですが、せっかくならもうちょっといろんな天ぷらが食べたかったかも。
この日の夜は案の定夕飯が食べられず、次の日の午前中が健康診断でほぼまるまる一日食事ができなかったので、天丼を食べておいてよかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば   (2012年8月31日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  カツ丼  (2010年4月6日
  天丼   (2012年5月8日
  天丼「中」 (2012年11月19日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2012年11月19日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/16 07:00】 | 天ぷら | トラックバック(0) | コメント(0) |
Manuel Casa De Fado 四谷  @四谷
三連休はとてもいいお天気でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は群馬県に行ってキャンプをしていたのですが、初日はテントのペグが吹き飛ばされる程の強風に体温を奪われ、夜寝ることが難しいぐらいの寒さでした(汗)。
それでも、BBQを楽しんだり、ちょっと足をのばして万座温泉の真っ白い温泉に入ったりと、久しぶりに自然の中でゆったりと過ごせました。

DSCF8303_20131011074425c44.jpg
2012年11月14日は、お昼時に上司が不在で、Fさんと先輩と三人で食べられる最後のランチでした。
せっかくだからちょっと変わったお料理を食べようと、Fさんから同意を得て「Manuel Casa De Fado 四谷(マヌエル カーザ・デ・ファド)”」に行くことに。

DSCF4163.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町出口から新宿通りの左側を麹町方面に進み、「カフェ・ド・クリエ」がある角を左に曲がって少し行くと、左側にアークスアトリウムというビルがあります。

DSCF4164.jpg
このビルは飲食店が入っているとは思えない、とてもこじゃれたビルです。
「マヌエル」はこのビルの地下一階にあります。

DSCF4162.jpg
ビルの前にポルトガルの国旗がかかっています。
この旗を目印にお店を探すと探しやすいです。

DSCF8317_20131015052717aff.jpg
ビルの前にランチメニューが出ていますが、これも目立たないです(笑)。

前回訪問したのが2011年8月17日だったので、約1年4ヶ月ぶりです。

DSCF8318_20131015052712a47.jpg
「マヌエル」は、ポルトガル料理専門店という、とても珍しいお店です。
ヨーロッパの最西端に位置する国なので日本からはとても遠く感じますが、天ぷらや南蛮漬けはポルトガル料理がルーツになっているそうで、山海の幸を使って飾り気がなく、素朴で滋味深いお料理とのこと。
四谷のほか、渋谷、高輪、丸ノ内にも支店があります。
ここ四谷店では、お料理だけでなく、定期的にポルトガル民衆歌謡のファドのライブが開催されているそうです。

ぐるなびの記事によれば、『バカリャウ』とは、塩漬けしたタラを天日干しした保存食で、ポルトガルを代表する食材で、大航海時代に三角貿易で盛んに取り引きされ、世界中に広まりまったそうです。
その美味しさから1950年代にはタラ戦争すら起きたほどですが、かつては庶民的な食材だったタラは1990年代乱獲により資源量が激減しその価格も高騰しているとのこと。
このバカリャウを使ったお料理が、1日10食限定でランチでいただけます。

階段

お店は地下にあるので階段を下りて行きます。
正面の壁に看板代わりの鮮やかなタイルがはめ込まれていました。

DSCF4160.jpg
階段を降りていく途中、壁がガラス張りになっていて、店内が見えます。

DSCF0181_20120422072338.jpg
営業時間が書かれた看板が出ていました。

ぐるなびの記事では、営業時間の表記が少し違います。

DSCF4159.jpg
入口の扉周りは照明がかなり暗めです。

DSCF4158.jpg
入口を入ってすぐ左手のテーブルの上には、店の名刺やいろいろなイベントの情報が置かれています。

DSCF8267_201310110747242e8.jpg
トイレは店内にはなく、入口前のフロアの右手にありました。

DSCF8268_201310110747286f5.jpg
男女の表記は扉にはめ込まれた絵と足元のポルトガル語だけなので、ややわかりにくいかも(笑)。

Fさんが少し出かけるのが遅くなったので、お店に到着したのは12時20分頃でした。
席は半分ぐらいしか埋まっていませんでしたが中に通してもらえず、入口前のスペースでしばらく待つことになりました。
見ていた感じでは、フロアスタッフが男性と女性の二人で全てを回していたのが大変だったようです。
フロアが広く、厨房は外にあって、運ぶのにも結構時間がかかります。
このお店では男性スタッフばかり見かけていたので、女性スタッフがいたのは珍しかったです。

DSCF0148.jpg
お店のカウンターにはワインがたくさん並んでいます。

DSCF4106.jpg
ビルの外観や入口からは想像できないほど店内が広く、テーブル席がずらり。

DSCF4096.jpg
5分位待ってようやく席に案内してもらえました。

このお店にいらっしゃるお客さんはサラリーマンは少なくて、この日も年配の方やちょっとした会食っぽい雰囲気の人が多く、みなさまとてものんびりと食事を楽しんでいらっしゃいました。
私たちがほぼ一番最後に入店したのに、午後1時近くだからと急いで帰っていたのも私たちだけでした(笑)。

DSCF8296_20131011074539179.jpg
部屋の奥にはワインセラーがあります。

DSCF7091.jpg
ワインセラーの脇には、セッティング用のグッズが置かれていました。

DSCF8282_20131011074644d58.jpg
私たちは入口の右奥辺りの4人テーブルに着席。

DSCF8290_2013101107460818d.jpg
お水はワイングラスにたっぷりと注がれます。

DSCF8271_2013101107474152a.jpg
ランチメニューです。
ランチメニューは4種類あり、お値段は1,000円から1,200円です。
全てのメニューにスープ、サラダ、前菜、パン、コーヒーがついています。
デザートは500円で、4種類の中から選べます。
2,500円のランチコースもあります。

ランチはいろいろ試行錯誤しているのか、ちょっとずつ内容が変わります。

DSCF8272_20131011074659adf.jpg
2011年1月14日のランチで食べた鉄板焼きステーキのランチがとっても美味しかったので、Fさんに食べてもらいたかったし、先輩も私もすごく楽しみにしていたのに、なくなっていて本当にガッカリ。
ディナータイムでしか食べられなかったポルトガルの名物料理であるバカリャウが限定10食で出ていたので、3人全員バカリャウをお願いしましたが、既に品切れ(泣)。
仕方なく、他のメニューの中からあまり食べられなさそうなメニューとして、海老のフェジョアーダ(豆煮込み)をお願いしました。
この日は意見が一致するようで、こちらも全員同じ(笑)。


パン
DSCF8283_2013101107464705b.jpg
最初にパンが出てきました。
細くて小さな籐籠にパンとオリーブオイルが一緒に入っています。

DSCF8285_20131011074601683.jpg
オリーブオイルは小さなガラスの器に入っています。
このオリーブオイルはさらっとしていて香りがよくて美味しいです。

DSCF8284_2013101107455802b.jpg
パンは薄切りのものが一人2枚ずつです。
皮も中身も程よい柔らかさの素朴なパンで、常温です。

DSCF8294_201310110745367c2.jpg
バターではなく、オリーブオイルとつけていただきます。
この日はスープに浸して食べたりもしました。


スープ
DSCF8286_20131011074603cbc.jpg
次に、スープが登場。
このお店ではいつもカラフルだけど民俗調の素朴なスープカップに入っていましたが、この日はちょっとオシャレなデザインの白い四角い器でした。

DSCF8288_2013101107460646d.jpg
コーンスープで、クルトンが3粒浮かんでいます。

DSCF8292_20131011074534af6.jpg
ダシはあっさり目ですが塩気がかなりしっかりと利いていました。
どちらかと言えば淡い味付けが多くて物足りなく思うこともあったので、ちょっとビックリ。
パンにひたすとちょうど良い感じでした。


サラダ&前菜
DSCF8297_20131011074542bab.jpg
次に、サラダと前菜が一皿に盛られて出てきました。

DSCF8302_201310110745177b4.jpg
厚手で、素朴なデザインです。
茶色い塗りに白いお花が一輪描かれています。

DSCF8298_20131011074501457.jpg
奥がサラダ、手前が前菜です。
前菜のお料理ついて、特にアナウンスはありませんでした。

DSCF8300_20131011074512883.jpg
サラダはリーフレタスのみのシンプルなものです。
中央にピンクペッパーが3粒ありました。
ガリガリ囓ると、とっても刺激的な味わいが口の中に広がります。
さすがに3粒もあるとかなりのボリュームで、この日は午後まで何となく口の中にピンクペッパーの味わいを感じ続けました。
Fさんは飾りかと思って食べなかったそうです(笑)。

DSCF8299_201310110745080eb.jpg
前菜はお魚の南蛮漬けのようなものです。
漬け汁に、何の種類かわかりませんがハーブが利いていて、ちょっとエスニック風な感じでした。
コリアンダー?
ポルトガルではこういうハーブを使うんだね~という話をしました。
少々骨がかためでしたが、全部食べちゃいました。


魚介料理のランチ 海老のフェジョアーダ(豆煮込み) (1,000円)
DSCF8303_20131011074425c44.jpg
最後にメインが出てきました。
3色に染められた素朴なデザインの丸いお皿に入っています。
たっぷりの白インゲン豆と海老の奥に、プリン型のご飯を添えてあります。

フェジョアーダといえば、私はブラジル料理をイメージしましたが、そいういえばブラジルはポルトガル語ですね。
ネットで調べて見たら、ポルトガルでもフェジョアーダを食べるそうです。

DSCF8304_201310110744284e4.jpg
ご飯は小さなバケツ型というか、型抜きしてあります。
これを見ると、私はいつもお子様ランチを思い出します。
パンが添えられているので、ライスの量は少ないです。

DSCF8305_20131011074431f82.jpg
海老がむきエビなので白インゲンと一緒だと全体的に白っぽい色合いで、どこがお豆でどこが海老か、一瞬わかりません(笑)。

DSCF8310_2013101107443677f.jpg
ほんの少しだけ、ソーセージ??が入っていました。

DSCF8308_20131011074433fab.jpg
一口食べてみると、海老はプリプリで、白インゲンはほろっとするぐらいのやわらかさに煮込んでありました。
海鮮系の旨味を感じますが、これもスープと同じでかなり塩気が強かったです。

DSCF8311_2013101107435975a.jpg
この日たまたまなのか、お料理がそういうレシピだったのか、料理人が変わったのか、ちょっとビックリでした。
私は味濃い目が好きですが、この私がちょっと塩がきついと思うのだから、普通の人はもっと厳しかったのではないかと思います。

DSCF8316_20131011074410109.jpg
食事の最後にドリンクをいただきます。


コーヒー
DSCF8313_2013101107440239d.jpg
メニューだとドリンクはコーヒーと記載されていますが、実際にはコーヒーかエスプレッソかで選べます。
Fさんと先輩はホットコーヒーをお願いしました。


エスプレッソ
t="_blank">DSCF8314_20131011074405fc9.jpg
久しぶりだったので私はエスプレッソをチョイス。

DSCF8315_201310110744075f3.jpg
エスプレッソは、当たり前ですが、かなりしっかりとした苦みがあり、量は少なかったです。
目が覚めました。


全体のボリュームは、お魚を選んだこともあり、やや少なめです。
バカリャウのランチをぜひ食べてみたいのですが、サラリーマン以外のお客さんが多いこのお店の現状を考えるとかなり難しそうなので、予約が出来るかどうか聞いてみようと思っています。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 仔羊肉のパン粉揚げ 蒸し野菜添え (2007年8月8日
 鉄板焼きステーキのランチ (2011年1月14日
 ポルトガルチキンカレー (2011年4月26日
 豚ロースのソテー 海老クリームソース (2011年8月17日) 
 海老のフェジョアーダ (2012年11月14日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


名刺です↓
DSCF2151_20111216233201.jpg

DSCF2152_20111216233201.jpg


ランチメニューです↓
DSCF8270_20131011074739051.jpg

DSCF8271_2013101107474152a.jpg

DSCF8272_20131011074659adf.jpg

DSCF8273_2013101107470257c.jpg

DSCF8274.jpg

DSCF8276_201310110747067b7.jpg

DSCF8277.jpg

DSCF8279_2013101107463357f.jpg

DSCF8280_201310110746357f8.jpg

DSCF8281_201310110746381f6.jpg


以前撮影したディナーメニューなどです↓
DSCF4103.jpg

DSCF4104.jpg

DSCF4097.jpg

DSCF4098.jpg

DSCF4099.jpg

DSCF4101.jpg

DSCF4102.jpg

DSCF4105.jpg

DSCF4114.jpg

DSCF4115.jpg

DSCF4116.jpg

DSCF4117.jpg

DSCF4124.jpg

DSCF4125.jpg

DSCF4126.jpg

DSCF4127.jpg


2012年11月14日訪問時お店DATA
********************************
Manuel Casa De Fado 四谷 (マヌエル カーザ デ ファド)
〒102-0083 
東京都千代田区六番町11-7 アークスアトリウム地下1階
電話:03-5276-2432
営業時間
[昼]11:30~15:00(L.O.14:00)
[夜]18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/15 08:00】 | ポルトガル | トラックバック(0) | コメント(2) |
自家製麺 GACHI  @曙橋
今朝は朝から雨が降っていて、ちょっぴり残念。
でも週末の三連休はお天気に恵まれそうで、キャンプに行く予定の私はとっても楽しみにしています。
みなさまも、楽しい三連休を☆

本日は、2013年10月1日にオープンした「自家製麺 ガチ」のリポートです。

DSCF4656_20131008081226ddd.jpg
2013年10月5日は、2013年下半期最初の「妻家房」でのキムチ教室でした。
キムチ教室が始まる前に、ランチで四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをするのが恒例ですが、このところ主だったところはほとんど食べてしまって訪問先に困っていたのですが、よく見るラーメンブログで曙橋に油そばのお店ができたことを知り、この日、早速行ってみることにしました。

DSCF4637_20131008081347a6b.jpg
2013年10月1日にオープンしたこちらのお店は、油そば専門店の「自家製麺 GACHI(がち)」です。
2005年9月1日に創業した株式会社麺庄が運営するお店です。
2007年5月18日2012年6月29日にランチ訪問した市ヶ谷にある「麺や 庄の」や新宿二丁目にある「つけ麺 GACHI」など、マスコミにもよく登場する人気店も同じ系列店です。

市ヶ谷経済新聞によれば、「自家製麺 GACHI」は新設したグループ専用の製麺所を併設し、「麺にガチ!!」をコンセプトに、打ちたての麺をより麺の風味を感じられる「油そば」で提供しています。
 
DSCF4638_201310080813502f4.jpg
都営新宿線曙橋駅のA2出口を出たら左に進み、少し行ったところで道路を渡ると曙企画ビルがあり、お店はその1階です。
ほぼ真正面に、2009年6月20日にランチ訪問した「克味」があります。

DSCF4639_20131008081353dc5.jpg
人気店が展開する新店だからきっと混んでいるだろうと思っていつもより早めに行って午後1時5分頃に到着すると、予想どおり10人位の行列が出来ていました(泣)。
止みそうで止まないか細い雨がぱらつく日だったので、傘がとにかく邪魔でした。

DSCF4641_2013100808135657d.jpg
オープンして5日目だったので、開店祝いのお花がたくさん飾られていました。
私が知っている範囲では、ラーメン評論家の石神秀幸氏や、、、

DSCF4642_201310080813599e8.jpg
高田馬場にある「麺屋 宗」のお名前を発見。

私の後ろにいた男性客は、業界で有名な?方のようで、並んでいるときから店員さんが出てきていろいろとお話しをされていました。
カメラを何種類も持っていて、たくさん写真撮影をしていました。

DSCF4645_20131008081325357.jpg
キムチ教室は午後2時からなので、行列の進み具合と時間をにらめっこしながら待ちました。

お店の入口の右側に券売機があるので、並んでいる人が入口に近くなると食券を購入し、お店の人に先に渡しておきます。

私はまずは基本を食べてみようと思い、油そばの並盛にしました。
細麺か太麺かを選べるので、太麺をチョイス。

DSCF4644_20131008081323ac1.jpg
お店の前に営業時間が書かれた小さな看板が出ています。
午前11時から午後3時までと、日曜日が定休日です。
2011年9月27日にランチ訪問した「ラーメン二郎 小岩店」みたいな、とても短い営業時間です。

DSCF4646_201310080813285ff.jpg
人気ラーメン店は行列による近隣トラブルが多いため、並び方について写真付きで簡潔に書かれています。
さすが人気店。こういう配慮も怠りないです。

DSCF4650_2013100808130399e.jpg
30分程でようやく入店。
フロアはかなり狭く、奥が製麺室になっていて、右に厨房があり、その周りをカウンターが取り囲んでいます。
席数はわずか9席です。
こんなに小さなお店でも並んで座りたいという二人客がいらっしゃり、お店の人も快く対応していました。

DSCF4653_201310080813108d3.jpg
厨房の中では二人の男性店員さんが切り盛りしています。

DSCF4652_20131008081308bec.jpg
私は奥まった方の席に着席。
一番奥には大きなご飯ジャーが置いてあり、100円で食べ放題とか。
お箸は割り箸です。

DSCF4647_20131008081331a5d.jpg
卓上には味変のための調味料などがたくさん置かれています。
酢、ラー油、ハーブニンニク、唐辛子マヨネーズ、フライドガーリック、激辛メンマなどなど。

DSCF4648_2013100808133418d.jpg
こちらがメニューです。
まだやっていなかったのか、たまたまいなかったのか、つけ油そばやカレーのお客さんは見かけませんでした。
ほろほろ鳥のスープはまだやっていないと、店員さんが言っていました。

DSCF4651_20131008081305705.jpg
こちらのお店では素材にはとてもこだわっていて、麺はパスタなどに使われるデュラムセモリナ粉100%で、太麺と細麺の2種類から選べます。お醤油は発祥の地である和歌山県の「湯浅角長醤油」を、油は「亜麻仁油」「太白胡麻油」を使っているそうです。

DSCF4654.jpg
コンセントが自由に使えるというのが、イマドキなサービスです。
イラストが可愛い。

油そばが出てくるまで暇なので周りをキョロキョロしていたら、自分だけお水がないことに気付きました。
どこかから取ってくるべきだったのか、店員さんが忘れたのかはっきりしません。
もともと水をほとんど飲まないし、時間もないし、「妻家房」でお茶をいただけるので、そのままにしちゃいました。


油そば 太麺 <並> (680円)
DSCF4656_20131008081226ddd.jpg
着席して3分程で、油そばが登場!
チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、海苔、背脂、貝割れ大根?などがトッピングされていて、麺が見えません。
白に黒字でお店のロゴが入ったオリジナルのドンブリに盛られています。

DSCF4657_2013100808123209f.jpg
油そばはほとんど食べたことがないですが、ナルトがあるのは珍しいのでは?
貝割れ大根?は、茎の部分が紫色で、とってもキレイ。
メンマは薄めですが幅広にカットされていました。

DSCF4658_2013100808123404d.jpg
メニュー説明によれば、ネギは九条ネギの青ネギ、白髪ネギ、揚げネギの3種類があるとのこと。
背脂は大きめの粒粒です。

DSCF4659_20131008081237920.jpg
チャーシューは薄切りですが、結構な大きさでした。

DSCF4660_20131008081154f58.jpg
たっぷりの刻み海苔の下にほんのちょっとだけ麺が見えます。

DSCF4649_20131008081253648.jpg
ガチ流の食べ方について、詳しい説明が出ています。
指示に従ってやってみたのですが、①から⑤を30秒以内って、難しくないですか?!

DSCF4661_20131008081157987.jpg
全体を混ぜ混ぜした状態です。
麺は中太麺ぐらいです。
もっちりした食感はかなり良かったです。

ただ、個人的には結構油っぽさを感じて、酢を少し多めにかけたのですが、酸味がはっきり出てしまう一方で脂っぽさがそれ程消えませんでした。

DSCF4662_2013100808115916b.jpg
チャーシューは歯応えがしっかりしていて、味付けはあっさりめ。

DSCF4663_20131008081202e92.jpg
面白そうな調味料がいろいろありましたが、時間もなかったので、気になっていた激辛メンマだけを投入。
メンマ本体が見えない程、真っ赤な薬味がたっぷりとついていて、とっても美味しそう。
実際に食べてみると、見た目程には辛くはありません。

DSCF4664_2013100808120830f.jpg
唐辛子効果でしょうか、麺が赤く染まるまで混ぜてみると、油っぽさが消えました。
最後に自分好みの味わいになって、美味しく食べ終えました。


全体のボリュームは普通です。
油そばだから仕方ないのかもしれませんが、そのまま食べると油っぽい感じが強かったので、個人的には2013年8月27日にランチ訪問した「東京油組総本店」の方が好みでした。
ただ、激辛メンマは本当に美味しくて、是非とも販売して欲しいです!


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のラーメン屋さんはこちらです↓ ◇・◆・◇

ラーメン むろや (2007年9月1日
らぁめん 赤道 (2007年10月20日
【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
ラーメン 大陸 (2008年1月19日
【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
めん屋 いなば (2008年5月10日
【閉店】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
まるいち (2008年9月6日
北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
中華料理 宝来 (2009年5月16日
麺匠 克味 (2009年6月20日
一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
【店名変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
麺や 樽 (2010年9月4日
【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日
雲南米線 (2012年9月1日
濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
自家製麺 GACHI (2013年10月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年10月5日訪問時お店DATA
*****************************
自家製麺 GACHI (がち)
〒162-0065 
東京都新宿区住吉町7-10 曙企画ビル1階
TEL 03-6380-4874 
営業時間 10:00~15:00 
定休日 日曜日
都営新宿線曙橋駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/11 07:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨日のランチは「サファリカレー」を食べました。
その時、店主さんから今月いっぱいでカレー屋を辞めると伝えられました。
間抜けな私はてっきりお料理の種類を変えるのかと思い、今度は何屋さんになるんですか?と聞いてしまったのですが(汗)、料理人そのものをお辞めになるとのこと。
今月は水曜日があと3回ありますが、聞き違いでなければ、「あと2回です。」とおっしゃっていました。
こちらのカレーが大好きだったので、本当に本当にすごいショック!

DSCF8237_20131004214927270.jpg
2012年11月13日のランチは、12時10分頃に上司が「そばかうどんを食べよう。天ぷら蕎麦にしよう。」と言い出したので、上司の分だけ「松月庵」に出前をお願いしました。
私は「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」のリゾットを食べるつもりだったので、Fさんに勧めてみたところ、Fさんはスパゲッティを頼むことになりました。
前日の「ながい」に続いて、二日連続のスパゲッティです(笑)。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF5380.jpg
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

電話をして持ち帰りをお願いすると、男性店員さんから「15分ぐらいみて下さい。」と言われたので、すぐに出かける準備を始めました。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回お弁当を購入したのは2012年10月16日だったので、約1ヶ月ぶり、24回目です。

DSCF8366_20130208072604.jpg
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日訪問した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF8229_201310042149496be.jpg
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと34周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

12時20分過ぎにお店に到着すると、この日は珍しく待ち客はゼロでした。
ただ、まだお料理が出来上がっていなかったので、椅子に座ってしばし待つことに。

DSCF8230_20131004214952e93.jpg
目の前には大きな保令ケースがあり、たくさんのサラダが並んでいました。
季節柄でしょうか、カキの入ったサラダです。
果物の入ったサラダはちょっと苦手なので、持ち帰りでよかった(汗)。
ちょっと待って、すぐにお料理が出来上がりました。

DSCF6926_20130830101357b9b.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです。

DSCF8232_20131004214955da0.jpg
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

DSCF8234_20131004214957a59.jpg
この日は2人分だったせいか、スパゲッティの方だけ書いてありました。
お腹の空いたFさんがすぐにスパゲッティを食べ始めちゃったので、写真はお願いできませんでした。残念。
でも、食べ終えた後、美味しかったと言ってもらえてよかったです。

DSCF8236_20131004214923369.jpg
私のリゾットにはお料理名の記載はなし。
以前、先輩がリーネア(牛すじ・野菜)のスパゲッティがとっても美味しいと言っていたので、この日はリーネアのリゾットを注文。
カロリーが1/3になるという、マンナンヒカリのごはんでお願いしました。

DSCF6870.jpg
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多いので、忙しそうだと返却が言い出せないこともしばしば。

この日は人が少なくてゆっくりしていたので、一旦お弁当を受け取ってからフォークなどを店員さんに返すことが出来ました。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。


リゾット ~ミートソース~ <リーネア> (900円)
DSCF8237_20131004214927270.jpg
リーネアには牛すじと野菜が入っています。
フタを開けると、トマトベースで真っ赤なリゾットがたっぷり。
深さのある容器の8割ぐらいでしょうか。
上から写真を撮ると、イマイチボリューム感が伝わらないのが残念です。

DSCF8242_201310042149339c1.jpg
中央にはパセリがトッピングされています。
牛すじは、ほんの少しだけ見える感じでした。

DSCF8241_20131004214930a03.jpg
持ち歩いて少し時間が経過したせいか、お米がやや膨らんで、スープから顔をのぞかせています。
何度見ても、どれがご飯でどれがマンナンなのか、わかりません。

DSCF8244_2013100421493679f.jpg
まずはリゾットだけを一口。
トマトの程よい酸味があって、お肉でしょうか旨味があって、とっても美味しい!
「タベルナ」のトマトソースベースは本当に美味しくて大好きです。
ニンニクの香りもしっかりするので、先輩が「一口食べたい~。」と言い出しました(笑)。
もちろん、たっぷり一口をおすそ分け。

<DSCF8250_20131004214903fb0.jpg
小さくカットされたニンジンも入っていました。

DSCF8253.jpg
牛すじは表に出ていないだけで、一口サイズのものが結構入っていました。
ちょっと噛み切れないものもありましたが、多くはトロンとした口あたりでやわらかかったです。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。

DSCF8249_201310042149003b0.jpg
途中からタバスコをかけて、味を変化させました。
トマトベースだから味が合うだろうと思い、かなりたっぷり目にかけて、しっかり辛くして食べました。
ボリュームが多いと、一度で2種類の味を楽しめるのが嬉しいです。

DSCF8257_20131004214832b08.jpg
この日は新しくなったメニューが出来ていたので、持ち帰りました。
冬限定メニューが大好きなので、いろいろと食べてみたいです。

DSCF6957_20130830100941000.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じです。

DSCF8235_20131004215000023.jpg
この日の先輩のお弁当です。


リゾットですが、ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。
たくさんソースの種類がありますが、ミートソース系は特に大好きです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日
  ネロ (2011年10月13日
◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日
◎ご飯系
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日
◎季節メニュー
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF8257_20131004214832b08.jpg

DSCF8258_20131004214834f89.jpg

DSCF8259_20131004214837187.jpg

DSCF8260_20131004214839576.jpg

DSCF8261_20131004214842e58.jpg

DSCF8263_201310042148118c6.jpg

DSCF8264_20131004214814ce3.jpg

DSCF8265_20131004214816e43.jpg

DSCF8266_201310042148187a6.jpg


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2012年11月13日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/10 06:00】 | リゾット | トラックバック(0) | コメント(0) |
スパゲッティ ながい  @四谷
台風は予想されたコースよりもやや北寄りに動いたため、大分出張中の上司は昨日の夕方、無事東京に戻れました。
今日も10月とは思えない暑さになりそうです。

DSCF8215_20131004210538451.jpg
2012年11月12日は週の最初の月曜日。
つい最近、上司の部屋に壁掛け時計を導入しました。
このところの上司は12時になってもなかなかランチのことを言い出さないので、スムーズにお昼が食べられるよう、アラーム機能がついているものを購入して12時にチャイムが鳴るように設定(笑)。
しばらくは音にビックリして動き始めていましたが、一週間も経つと慣れてしまうのか、早くも以前と変わらない状態に(泣)。
この日も外へ食べに行くことになりましたが、結局事務所を出たのは12時半過ぎ。
2012年11月7日に食べに出たとき、もともと「ながい」に行く予定でしたが、手前の「若水」に入ってしまったので、この日はリベンジ?で「スパゲッティ ながい」に行きました。

2010_0705画像0038
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。

2009_0317画像0008
前回ランチ訪問したのが2012年10月5日だったので、約5週間ぶりの訪問です。

看板

しんみち通りには、こちらの看板が出ています。

2010年1月27日によるくまさんからいただいたコメントによれば、「ながい」のシェフは西新宿にある老舗人気店「スパゲッティ ハシヤ」から独立されたそうです。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

2010_0222画像0009
こちらは以前の写真です。
季節メニューがある時期は、この看板に写真付きで紹介されます。

2010_0222画像0008
こちらも以前の写真です。
冬だとカキやカニを使ったメニューが出てきます。

2008_0825画像0035
しんみち通りには、ビルとしての看板も出ています。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には2008年9月26日にランチ訪問した「四谷ブルワリー」
地下1階には2008年8月22日にランチ訪問した「沖縄料理店 あん」があります。
ただ、この2店は現在、ランチ営業をやっていないようです。

2008_0825画像0034
中川ビルに入ってすぐ左手に、こちらのビルのポストがありました。
「ながい」のポストは上段の真ん中です。

入り口

細い階段を上ると、2階に写真のようなかわいい入口の扉があります。

待つ人が多くて、ときどき3階へつながる階段にまで行列ができることもあります。
並んでいる間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文します。

2009_0905画像0035
入口のすぐ右、カウンターの前の壁際に大きなマガジンラックが置かれています。

DSCF6065.jpg
新聞や文庫本などが常備されていて、一人客でものんびり出来そうです。

2010_0705画像0037
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。
この写真の右にトイレがあります。

DSCF1538.jpg
窓から見える問面のビルの2階です。

DSCF8212_20131004210530a5b.jpg
壁に掛かっている時計は、文字盤がパスタでした。

DSCF3919.jpg
お店は男性シェフが一人、フロア担当の女性一人で切り盛りしています。
お二人ともいつもテキパキと動き回り、とても人あたりがいいです。

DSCF3918.jpg
入口の正面の奥には冷蔵庫がはめ込まれています。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりと取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。

2008_0922画像0058
こちらは以前撮影した写真です。
カウンター席はこんな感じです。

DSCF6404.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上にはスプーン、フォーク、タバスコ、粉チーズ、乾燥ハーブ、粉唐辛子?が置かれています。

DSCF8204_20131004210651688.jpg
お店に到着したのは12時40分過ぎ。
フロアは8割程の人の入りでした。
私たちは窓際の中央にある4人用テーブル席に着席。

ちなみに、窓際のテーブル席は間が少し狭いので、我らが上司のような、大きな鞄やおなかを持っているとちょっと通りにくく、コップの水を倒さないよう気をつけた方がよさそうです(笑)。

DSCF8205_201310042106044ac.jpg
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

卓上

卓上にある粉チーズと乾燥ハーブです。
お好みでふりかけます。

DSCF6412.jpg
こちらの白い小さなボトルには、、、

DSCF6415_2013082208435256d.jpg
とても細かな粉唐辛子?が入っています。

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

DSCF8203_2013100421064804e.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF6402_20130822084458758.jpg
メニューです。
2011年頃より12種類のスパゲッティはお値段そのままでサラダがつくようになっていましたが、そのスタイルはやめたようで、その代わりに?ポンテケージョがつくようになりました。

DSCF8194_20131004212143e4d.jpg
この日の季節メニューです。
冬らしく、牡蠣の入ったメニューが4種類出ていました。

DSCF8226_201310042104347d1.jpg
上司がミートソースのスパゲティ、Fさんがカキのホワイトソーススパゲティ、先輩がシメジとベーコンのサラダスパゲティを注文。

DSCF8227_20131004210436685.jpg
私は久しぶりだったので、どのメニューを食べていないかはっきり記憶がなかったので、恐らく食べたことがないであろう、生ハムのサラダスパゲティを注文。
後からチェックしてみると、やはり食べたことのないメニューでした。
「ながい」も食べたことのあるメニューリストを持ち歩かねばと思います。

DSCF6413.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口すぐのカウンターに、出来上がっていくスパゲッティが並んでいます。

DSCF6423_20130822084316fe2.jpg
ポンテケージョのような小さなパンがつきます。


カキのホワイトソーススパゲティ (1,250円)
DSCF8209_2013100421062179b.jpg
この日は麺を茹でるタイミングが悪かったのか、注文してから出てくるまでちょっと時間がかかりました。
一番最初に出てきたFさんのカキのホワイトソーススパゲッティは約17分後です。


シメジとベーコンのサラダスパゲティ (1,100円)
DSCF8213_20131004210532b64.jpg
上司のミートソースのスパゲティが続き、先輩と私のサラダスパゲッティが出てきたのは約20分後でした。

DSCF8214_201310042105352a1.jpg
こちらは先輩が注文したシメジとベーコンのサラダスパゲティです。
シメジと細かくカットされたベーコンがたっぷり。


生ハムのサラダスパゲティ (1,200円)
DSCF8215_20131004210538451.jpg
生ハムのサラダスパゲティは、麺が全く見えない程たっぷりのサラダがトッピングされています。
サラダスパゲッティ以外のメニューに比べ、立体的な盛りがすごいです。

DSCF8225_2013100421043113d.jpg
お皿にはお店のロゴが入っています。

DSCF8216_201310042105412c1.jpg
レタス、キュウリ、トマト、生ハム、スイートコーンなどが入っていて、赤・緑・黄と彩りも華やか。

DSCF8220_20131004210512f0f.jpg
生ハムは、薄く切ったものが4、5枚が中央にのせてありました。

DSCF8218_20131004210505170.jpg
一口大にカットされたトマトはかなりたっぷりあります。

DSCF8217_201310042105025f7.jpg
お野菜の食感が様々で、食べ飽きません。

DSCF8222_201310042105146ee.jpg
麺はつるつるののど越しです。
ボリュームは普通です。

DSCF8219_20131004210508e1b.jpg
ドレッシング?がかかってはいますが、基本的に生ハムの塩気でスパゲッティを食べるようになっているので、生ハムがないエリアを食べるときはちょっとあっさり目で淡白な味付けになります。

DSCF8223_20131004210428e6a.jpg
なので、途中から、卓上にあったチーズをたっぷりふりかけていただきました。
チーズのコクが加わり、美味しかったです。

DSCF8228_2013100421043961f.jpg
ポンテケージョが一人一個ずつついただきますが、この日は四人分をのせたお皿が卓上のチーズなどの横に置かれていたので、私は全くその存在を忘れていて、スパゲッティを全部食べ終えてからいただきました(汗)。
相変わらずふんわりとしていて美味しかったです。


生ハムのサラダスパゲッティは、私には全体的にあっさり目の味付けでしたが、サラダスパゲッティだとたっぷりの野菜が食べられたのはよかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲティ】
  アサリと青じそのスパゲッティ (2008年9月18日

【タラコ、ウニのスパゲティ】
  タラコのスパゲティ   (2012年4月9日
  ウニとイカのスパゲティ (2009年9月2日
  ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日

のりとチーズのスパゲティ (2012年10月5日

【ミートソースのスパゲティ】
  ミートソースとナスのスパゲティ (2009年3月16日
  ミートソースとツナのスパゲティ (2011年1月7日2011年3月24日

【ペペロンチーノ風スパゲティ】
  タコとキノコと赤唐辛子のガーリック風スパゲティ (2010年5月25日) 

【トマトソースのスパゲティ】 
  ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
  ベーコンとソーセージと野菜のトマトソーススパゲティ (2009年9月15日
  タコとナスの唐辛子トマトソーススパゲティ (2011年10月19日

【クリームソースのスパゲティ】 
  アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日

【おしょうゆ味のスパゲッティ】 
  フランクとベーコン・キノコ・アスパラのスパゲッティ (2011年6月2日)  
  海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日

【ホワイトソースのスパゲティ】 
  ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日

【サラダスパゲッティ】 
  シメジとベーコンのサラダスパゲティ (2010年7月5日
  生ハムのサラダスパゲティ (2012年11月12日

【季節メニュー】 
  カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
  カキの唐辛子トマトスパゲティ (2008年12月3日
  カニと青ジソのクリームソース (2010年2月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF6402_20130822084458758.jpg
スパゲッティは定番メニューと季節メニューがあります。
季節メニューはない時期もあります。

DSCF8201_20131004210646522.jpg
2011年頃より12種類のスパゲッティはお値段そのままでサラダがつくようになっていましたが、そのスタイルはやめたようで、代わりにポンテケージョのようなパンがつくようになりました。

DSCF8196_20131004212148d47.jpg
定番メニューは基本的な味付けとして9種類あります。

DSCF8198_20131004212156106.jpg
トッピングがかなりいろいろあるので、好きなベースとの組み合わせを選びます。

DSCF8199_201310042106408f2.jpg
大盛りはプラス100円なのでとてもお得です。
追加料金でトッピングができるほか、無料で唐辛子やガーリックを入れられます。


季節メニュー
DSCF8194_20131004212143e4d.jpg
いつもではありませんが、季節メニューがあります。
この日は季節柄、カキを使ったものが4種類でした。

DSCF8505.jpg
サイドメニューはこちらです。

DSCF8506.jpg
こちらのお店はランチからディナータイムまで同じメニューで通し営業をしているので、お酒のメニューもあります。

2008_1205画像0076
2008年1月21日から店内は終日禁煙です。


2012年11月12日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2F
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/09 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
今年最大級の台風が九州に接近しています。
こんな時に限って、昨日から上司は大分県へ出張です(汗)。
果たして今夜、東京に戻れるのでしょうか、、、。

DSCF8153_20131004205505b33.jpg
2012年11月9日は、週の最後の金曜日。
この日は午前中の打ち合わせがかなり長引き、上司が外へ食べに出ようと誘ってくれたのは12時45分頃でした。
向かった先は、いつもどおり、お気に入りの「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF8174_201310042053463a5.jpg
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

入り口

お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2012年10月31日だったので、9日ぶりでした。

DSCF8173_201310042053437df.jpg
11月に入ったからか、忘年会の予約を始めていました。

DSCF8172_20131004205340fd4.jpg
また、フロアにはちょっと大きめのツリーが飾ってありました。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。

DSCF6934_20121228075009.jpg
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。
このエアコン、型式が古いのか、部屋の大きさに比べたらやたらとでっかいです(笑)。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

DSCF7825_20130920052408e99.jpg
お店に到着したのは12時40分過ぎ。
いつも混み合っている人気店ですが、入店したのは12時50分頃だったので、少し席が空いていました。
私たちは中央付近の4人用テーブル席に着席。

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には調味料、お箸、紙ナプキン、食べるラー油など置かれています。

コートをかけようと、ハンガーを取りに行ったら、男性店員さんが預かってくれました。
今までこちらでこんなサービスを受けたことなかったのでちょっとビックリ(笑)。

DSCF1482_20130502072200.jpg
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF8149_20131004205623c20.jpg
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
食事中、フロアの方がこまめにお茶をつぎ足しに来てくれます。

お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF8144_2013100420561731d.jpg
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF8147_201310042056204a4.jpg
伝票です。

もう食べたことのないメニューがほとんど見当たらず、甘い味付けかもと不安でしたが、A定食のスブタを注文。
上司とFさんもA定食、先輩だけB定食でした。


B定食 <青菜と牛肉の炒め>  (1,000円)
DSCF8150_2013100420562655d.jpg
しばし待ってお料理が登場!
先に先輩の注文したB定食が出てきました。
メイン、水餃子、ザーサイ、デザート、スープ、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF8152_2013100420562953f.jpg
お肉も野菜もツヤツヤ・ぴかぴか光っていて、とっても美味しそう。


A定食 <スブタ> ご飯少なめ  (1,000円)
DSCF8153_20131004205505b33.jpg
すぐに私のA定食も続けて出てきました。
メイン、水餃子、ザーサイ、デザート、スープ、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF8154_20131004205508844.jpg
ご飯は中華料理屋さんらしく、小さな器にこんもりと盛られています。

DSCF8155_201310042055108cc.jpg
この日は確か、ご飯の少なめをお願いしました。
わかりにくいですが、盛り方がいつもよりは少ないかな?

DSCF8156_20131004205513380.jpg
ザーサイは大きめのカットです。
塩気はそれ程きつくありません。

DSCF8161_201310042054362cd.jpg
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類のものしか出てきませんが、日によって色合いや透明度や味わいが結構違います(笑)。
具はトッピングの小ネギのみ。
鮮やかな緑色が、彩りのアクセントになっています。

DSCF8166_20131004205402298.jpg
この日のスープはやや黄色みがかっていて、不透明です。
ややあっさり目の味わいでした。

DSCF8160_201310042054339ad.jpg
定食には茹でギョーザが2個ついていて、とってもお得。

DSCF8157_20131004205516bb1.jpg
餃子のタレはあらかじめ調合されたものが、小皿に入って出てきます。

DSCF8168_201310042054089a9.jpg
濃い味好きのため、いつもたっぷり目に餃子のタレをつけちゃいます。
なので、ちょっとしょっぱくなっちゃうこともあります(汗)。

DSCF7852_201309200520531e1.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
皮が厚めのタイプで、もっちりとした食感です。
野菜たっぷりの餡はジューシーでした。

DSCF8162_2013100420544053d.jpg
酢豚にはお肉、ニンジン、タケノコ、ピーマン、タマネギなどが入っていました。

DSCF8164_201310042053596a4.jpg
味付けはケチャップベースなのか、見た目がかなりオレンジ色っぽく、甘みがあります。
お野菜は薄切りのものが多いですが、やや食感が残っています。

DSCF8163_2013100420544316f.jpg
一口大のお肉は衣をつけて揚げてあるのか、しっとりとやわらかでした。
結構たくさん入っているので、食べごたえがあります。

DSCF8159_20131004205430878.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF8169_20131004205411746.jpg
一体何があったのか、デザートの器にご飯粒がついていました(笑)。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF7853_20130920052056123.jpg
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


お肉たっぷりだったので、ご飯少なめでも結構ボリュームがありました。
スブタはもうちょっと甘さを抑えた味付けなら個人的にはすごくいいのですが。

この記事を書いている途中、2008年3月21日にスブタを食べていたことに気付きました(汗)。
この時はB定食での取り扱いでした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
 <4個>(2012年10月31日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2012年11月9日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/08 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ラーメン ヨシベー 錦糸町店  @錦糸町
お天気はイマイチな週末でしたが、みなさま、楽しく過ごせましたか?
今日からまた一週間が始まるので、気持ちを新たにがんばります☆

本日は、マイブログ圏外の錦糸町にある「ヨシベー」のレポートです。

DSCF8127_20131004204027ab0.jpg
2012年11月8日の夜、会社帰りに錦糸町で買い物をしました。
時間も遅くなったので、家人と夕食を食べて帰ることになり、久しぶりに「ラーメン ヨシベー 錦糸町店」に行きました。

DSCF8143_20131004203845f6f.jpg
JR・地下鉄錦糸町駅の南口を出まっすぐ進み、蔵前橋通りにぶつかったら右折します。
しばらく行った右手にお店があります。

DSCF8141_201310042038364d9.jpg
お店の外、入口の左側に券売機があるので、先に食券を購入。

DSCF8142_2013100420384125f.jpg
「よしべー」にはこれまで数回訪問したことがありますが、この日は久しぶりだし、ブログに紹介しようと思ったので、基本メニューの正油にしました。
家人は味噌ラーメンをチョイス。

このお店は焼餃子が春雨入りで結構美味しいのですが、この日はトロ肉ごはんにしてみました。
焼餃子が、ヨシベー焼餃子と滋養焼餃子の2種類がある、、、。
増えた?
多分、春雨入りはヨシベー焼餃子だと思います。

DSCF8122_20131004204056887.jpg
「ヨシベー」は千葉県八千代市に本店があり、錦糸町店は支店です。
本店は食べたことはありませんが、千葉方面にドライブに行くとき、何度か通りかかったことがあります。

DSCF8121_201310042040535d8.jpg
フロアはそれ程広くはなく、一番奥に厨房があり、その手前にテーブル席が並んでいます。
午後7時半過ぎに入店したところ、先客2組、後客1組ほど。

DSCF8125_20131004204021b33.jpg
内装は昭和レトロを再現していて、ちょっとミュージアム的な雰囲気です。
店員さんは男性二人だったと思います。

DSCF8120_2013100420405000c.jpg
私たちはフロアの中程の二人席に着席。
卓上にはお水のポット、各種調味料、爪楊枝などが置いてありました。

DSCF8119_20131004204047f9a.jpg
麺は細麺と太麺を選べますが、二人とも細麺をチョイス。
お店の公式HPによれば、太麺は、上質な小麦粉を使用し麺の甘味を存分に引き出してあり、細麺は卵を40%も使用する事によりゴリゴリとした食感を作り出しているとのこと。

お水をいただきながら、待ちました。


ヨシベー味噌ラーメン <細麺> (680円)
DSCF8126_20131004204024329.jpg
先に家人の注文したヨシベー味噌ラーメンが登場。
味噌ラーメンには三年熟成の味噌が使われているとのこと。
最後の方でスープを一口もらいましたが、酒粕?かと思っちゃうような、結構強めな甘みがありました。


ヨシベーラーメン正油 <細麺> (650円)
DSCF8127_20131004204027ab0.jpg
すぐに続いて私が注文したヨシベーラーメン正油が出てきました。
トッピングは海苔、メンマ、長ネギ、チャーシューでどちらのラーメンも同じです。

DSCF8130_201310042039432e4.jpg
海苔は1枚。
スープを吸って、すぐにシナシナになってしまいました。

DSCF8131_20131004203946b24.jpg
ネギは小口切りです。

DSCF8129_20131004203940044.jpg
メンマは太めのものがたっぷり。
ちょっと甘い味付けで、昔からこれは苦手な味です。

DSCF8128_20131004204031828.jpg
チャーシューはとても薄いですが、表面の1/3を覆う程の大きさです。
写真だとちょっとわかりにくいですが、うっすらとピンク色でとっても美味しそう。

DSCF8139_20131004203917fe8.jpg
程よい歯応えがありますが、お肉の味わいは薄めかも。
お肉は持ち上げると切れちゃいそうです。

DSCF8137_20131004203911f47.jpg
スープは程よいコクと脂の旨みがあります。
濃厚すぎず、薄すぎず、すっきりとして飲みやすいです。

DSCF8138_20131004203915522.jpg
細麺は黄色がかったストレートで、つるつるの食感です。
茹で具合の指定は何もしませんが、かなりかためでした。
ずいぶん久しぶりで記憶がはっきりしなかったのですが、こんなに特徴ある麺だったっけ?と少々ビックリ。
つるつるの舌触りですが、独特のかたさでしっかりコシがありました。
量は普通です。

DSCF8140_20131004203920bf9.jpg
体重のことが頭をよぎりましたが、美味しくてスープを全部いただいちゃいました。


トロ肉ごはん (400円)
DSCF8134_201310042039526b3.jpg
小さめな器に盛られたご飯の上に脂身たっぷりの大きめの豚のバラ肉が3枚程のせられ、タレがかかっています。
一口いただきましたが、濃厚な脂の美味しさがあって、口の中でとろけます。

DSCF8135_20131004203908dc2.jpg
さっぱり好きな人には厳しいぐらいのテイストです。
ネギを一緒に食べると少しさっぱりしました。


久しぶりに食べて、独特の麺の食感に驚きました。
次回は太麺バージョンとヨシベー焼餃子を食べてみたいです。


お店の名刺です↓
DSCF8123_201310042040595ba.jpg

DSCF8124_201310042040189c8.jpg


◇・◆・◇・◆・◇・◆ 錦糸町の食べ歩き情報はこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆

<ラーメン> 
つけ麺 七菜矢 (2010年1月31日
濃厚背脂拉麺・つけ麺 なりたけ TOKYO (2010年10月7日
【閉店】濃厚とんこつラーメン 神鷹山 (2011年6月26日
中華料理 桂林 (2012年3月11日
タンメン しゃきしゃき (2012年10月13日

<ラーメン以外>
海鮮居酒屋MARU  (2010年1月24日
立ち飲み居酒屋 倭武多 (2011年1月21日
カレーうどん専門店 せんきち 名代 錦糸町店 (2011年1月30日
ちょい呑み まる大本舗 本店  (2011年2月13日
伝説のすた丼屋 錦糸町店 (2012年7月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年11月8日訪問時お店DATA
***************************
ラーメン ヨシベー 錦糸町店 
〒130-0012 
東京都墨田区江東橋2-16-9  
TEL&FAX 03-3635-9882
営業時間 11:00~23:00  
定休日 なし
JR・地下鉄錦糸町駅南口から徒歩4分

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2013/10/07 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(0) |
Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ 四ッ谷バール  @四谷
今週も早いものでもう金曜日。
昨日は久しぶりに暑くなりましたが、週末はもう少し涼しくなりそうなので、サボりがちなジョギングをやらなければと思っています。
みなさまも、楽しい週末を☆

DSCF8100_20130930084038b79.jpg
2012年11月8日は、お昼時に上司が不在だったので、Fさんと先輩と私の三人で外へランチを食べに出ました。
上司と一緒ではなかなか行かないお店をリストアップし、Fさんにどこに行ってみたいか尋ねたところ「Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール」をチョイス。

DSCF5004_20121020004000.jpg
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、かなり奥の右手に小島ビルがあり、お店はその1階です。
この界隈では珍しいウッディな建物はとても目立ちます。

DSCF4092.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

この場所には「グリル・カバナ」というお店がありましたが、同じしんみち通りにあって2007年7月11日に訪問した「サルサ・カバナ 四谷店」が2010年9月20日に閉店し、2010年10月2日にこの場所に移転し、「Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール」という店名に変更してリニューアルオープンしたとのこと。
さらに、四谷三丁目にあった「サルサ・カバナ 四谷三丁目店」は新橋に移転し、2011年3月29日に「サルサ・カバナ セントロ」という店名でリニューアルオープンしたそうです。

DSCF4185_20130630090522.jpg
お店の前にランチメニューが出ています。

DSCF4137_20130630092116.jpg
店内はそれ程広くはなく、左手に厨房とカウンター、右側にテーブル席が並んでいます。

DSCF4146_20130630091820.jpg
天井には旗を張り巡らし、壁には小さなライトをつけていて、ピカピカと光っています。
カラフルな切り抜きのような旗?がカワイイです。

DSCF4147_20130630091823.jpg
前回ランチ訪問したのは2012年8月13日だったので、約3ヶ月ぶりです。

DSCF4087.jpg
12時20分頃入店すると、8割程の人の入りでした。

DSCF4145_20130630095926.jpg
壁にはいろいろなお酒のポスターが貼られています。

DSCF4086.jpg
こちらはテキーラです。
メキシコ料理屋さんなので、種類が豊富。

DSCF4163_20130630091545.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
私たちは右手奥のテーブル席に着席。
とても広々とした席でゆったりできました。
卓上には塩、紙ナプキン、カトラリーセットが置かれています。

DSCF4976_20121020004433.jpg
メニューは全部で4種類、お値段は880円と980円です。
全部のプレートに特盛サラダ、メキシカン炊き込みライス、自家製サルサ、とろけるアボガドディップ、ドリンクが付いています。

前回ブリトーを食べたので、この日はホームメードエンチラーダプレートを注文。
赤いソースと緑のソースを選べるとのことで、赤いソースをお願いしました。
Fさんと先輩は巻き巻きタコスプレートをチョイス。
メニューは飲み物付きで、4種類のソフトドリンクから選べます。
全員、メキシカンレモンスカッシュにしました。

DSCF8085_20130930084141d09.jpg
こちらは紙ナプキンです。
以前はカトラリーセットに入っていましたが、この日は注文してから出てきたような?

DSCF8086_201309300841444be.jpg
紙ナプキンと一緒に、お水が出てきました。

DSCF8088_20130930084147ecc.jpg
このグラスはラムのバカルディのロゴが入っています。
いいなぁ、私も欲しいです。

DSCF8090_201309300841511a3.jpg
メニューは飲み物付きで、4種類のソフトドリンクから選べます。
お料理より先に、ドリンクが登場。
3つ並べてみると、色合いにかなり違いがあります。
ピンクの色が濃いものと薄いものがあって、先輩のは薄く、Fさんと私のは濃かったです。
3人の中では先輩が少数派でしたが、周囲を見渡すとどちらかと言えば薄い色合いの人が多く、Fさんと私の濃い色合いが珍しかったようです。
味見をしてみると、味も結構違いました。
ピンクが濃い方が甘くて酸味が穏やかでした。
酸っぱい味が大好きなので、個人的にはピンクの薄い色合いの方が好きかも。
メキシカンレモンスカッシュだけだと酸っぱすぎるので、ピンク色で甘いシロップを入れているのでしょうか。


メキシカンレモンスカッシュ
DSCF8091_201309300841543ca.jpg
私のはこちらです。
ジョッキサイズでたっぷり。

DSCF8092.jpg
ストローで飲みました。

DSCF8099_20130930084035ce1.jpg
表面がとても泡立っていますが、炭酸はそれ程強くありません。


特盛サラダ
DSCF8093_201309300841151e8.jpg
次に、サラダが出てきました。
特盛というほどではないですが、結構なボリュームです。

DSCF8095_20130930084118af3.jpg
このサラダには「野菜を食べよう」というキャッチフレーズがついています。
リーフレタス、キュウリ、モロッコインゲン?がオーバル型の白いお皿に盛られていました。

DSCF8097_20130930084124d0e.jpg
あらかじめドレッシングがかかっています。

DSCF8096_20130930084121516.jpg
モロッコインゲンが入っていたのは初めてかも。
食感が変わってよかったです。


ホームメードエンチラーダプレート ~赤いソース~ (880円)
DSCF8100_20130930084038b79.jpg
大きな白いオーバル型のお皿に、エンチラーダ、お豆の煮込み、メキシカンライス、ワカモレ、サルサが盛り込んであります。
赤・茶・緑・オレンジと色合いがとっても鮮やか。

DSCF8103_20130930084051b65.jpg
メキシコ料理ではおなじみの、ワカモレとメキシカンサルサです。

DSCF8107_2013093008400758e.jpg
メキシカンサルサは自家製とのことです。
そのまま食べてみたら、この日はちょっとしょっぱかったです。

DSCF8105_20130930084004aeb.jpg
ワカモレはねっとりとした口あたりがたまりません。
他の具材と一緒に食べました。

DSCF8102_20130930084048ab5.jpg
メキシカン炊き込みライスです。
オレンジ色に染まっていて、ミックスベジタブルでしょうか、グリーンピースとコーンが入っていました。

DSCF8108_201309300840109cc.jpg
ちょっとぱさついていて、味付けも薄味なので、私はこのまま食べるのではなく、他のものと合わせていただきました。

DSCF8104_20130930083957744.jpg
お豆の煮込みです。
エンチラーダだけだと思っていたので、この煮込みが付いていたのは嬉しかったです。

DSCF8110_201309300839282a7.jpg
このお店のお豆の煮込み料理は大好きですが、こちらはちょっと塩気が強くて味わいも単調でした。
でも、お豆はとても柔らかかったです。

DSCF8101_201309300840452aa.jpg
とうもろこしの粉で作られたエンチラーダはホームメードとのこと。
3本あって、たっぷりのトマトソースとチーズがかけてありました。

DSCF8109_201309300840141d4.jpg
このトマトソースはピリ辛で、味わいのアクセントになります。

DSCF8115_201309300839428a1.jpg
食べやすい大きさに切って中を見てみると、ほぐした鶏肉が入っていました。
中身は3本とも全部同じです。
トルティーリャはトマトソースなどの水分を吸ってかなり柔らかくなっていました。


巻き巻きタコスプレート (880円)
DSCF8112_20130930083936cae.jpg
こちらがFさんと先輩が注文したタコスプレートです。
ジューシーステーキ、やわらかスパイシーチキン、メキシカン炊き込みライス、サラダ、ワカモレ、メキシカンサルサと、とっても具沢山。

DSCF8111_20130930083932909.jpg
焼き立てトルティーヤは専用の器に入って出てきます。
おかずが具沢山すぎて、最初に出てくるタコスだけではとても足りません。
こちらはおかわり無料なので、もちろん、いただいていました。

DSCF8113_2013093008393938e.jpg
具を詰めすぎて巻けないとか、口に入りれにくいとか、食べるのも大変(笑)。
最初は具材を単品や組み合わせで食べますが、最後は全部を大きく混ぜ込んで食べるとそれはそれで美味しいとのことでした。

DSCF4184_20130630090518.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じです。

DSCF8117_20130930083909c12.jpg
レジの近くにバカルディのロゴの入った小物が置いてありました。

DSCF8118_2013093008391230f.jpg
こんなものも作っているんですね~。


メインはペロリと食べられたので、ボリュームは普通だと思いましたが、全体としてはドリンクやサラダがつくので、結構満腹になりました。
Fさんは高校時代にアメリカでメキシコ料理を食べたことがあり、その時と変わらない味で美味しかったと喜んでもらえました。
メニューが少ないのは残念ですが、メキシコ料理は時々無性に食べたくなります。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 プレート・ボニータ (2011年1月13日
 大きな鉄板ブリトー (2012年1月13日
 メキシカンコンビネーション (2012年8月13日
 ホームメードエンチラーダプレート:赤いソース (2012年11月8日

*** 旧店舗で食べたメニューです。***

[サルサ カバナ]
  テックスメックス エンチラーダ  (2008年3月17日

[グリル カバナ]
  ジャンボブリトー (2008年1月15日
  メキシカンコンビネーション (2009年7月10日
  ランチタイム限定ランチコース
   1回目 (2009年9月10日
   2回目 (2010年3月23日
  テイクアウト (2008年6月6日
    本日のスペシャル 日替わりランチ プレミアムメキシカンビーフとトマトとハラペーニョ煮

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF4976_20121020004433.jpg

DSCF4970_20121020004538.jpg

DSCF4971_20121020004538.jpg

DSCF4972_20121020004538.jpg

DSCF4143_20130630095920.jpg

DSCF4144_20130630095922.jpg


メキシコ気分診断チャート↓
DSCF4149_20130630091826.jpg

DSCF4150_20130630091829.jpg

DSCF4151_20130630091833.jpg

DSCF4152_20130630091752.jpg

DSCF4153_20130630091755.jpg

DSCF4154_20130630091758.jpg

DSCF4155_20130630091801.jpg


お店の名刺です↓
DSCF5061_20121020004000.jpg

DSCF5062_20121020004000.jpg


2012年11月8日訪問時お店DATA
*******************************
Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ 四ッ谷バール〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20-9 小島ビル1階
電話&FAX 03-3225-1774
営業時間  
[昼] 11:30~14:00  
[夜] 17:00~26:00(L.O.25:30)       
    *22時以降の来店は、サービス料10%
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/04 05:00】 | メキシコ | トラックバック(0) | コメント(4) |
【閉店】 天ぷら 若水  @四谷
本日のレポートは、2012年11月末日で閉店した天ぷら屋さんの「若水」です。
なくなったお店の記事を書いても皆様のお役には立てないのですが、自分の日記代わりでもあるし、ちょうど閉店間近の時期に訪問して印象深かったので、アップすることにしました。

DSCF8069_20130930083342106.jpg
2012年11月7日のランチは、Fさんに私の大好きな「シローズ」のお弁当を食べてもらおうと、午前11時に注文を入れたのですが、この日は大量注文があったのか、配達が午後1時過ぎになってしまうとのこと。
上司が午後出かける予定だったので、残念ながら諦めました(泣)。

12時過ぎても上司がなかなかランチのことを言い出さないので、「お昼どうしますか?」と聞いちゃいました。
どうやら、12時すぐにお昼を食べると午後出かけるまで時間が余っちゃうので、わざと口をつぐんでいたようです。まったく!
みんなお腹空いているのだから、それならそれで、事前に一言いってくれないと。
結局、12時15分過ぎに外へ食べに出ることになりました。

先頭を歩く上司は、恐らく「ながい」を目指してしんみち通りに入ったと思うのですが、揚げ物大好きなので、ふと「天ぷら 若水 (わかみず)」に気付いて足を止め、そのまま入って行きました。

店

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りへ行き、通りに入ってすぐ左手にM&Mビルにあり、お店はその1階と2階です。
しんみち通りの入口にあり、2013年6月7日にランチ訪問した「和ごころ」が入っているタカマスヤビルの次のビルで、ほぼ問面にはいつも行列ができている「かつれつ 四谷たけだ」があります。

2011_0715_131358.jpg
お店の前に出ている看板には、メニューが4つだけ紹介されています。

前回こちらのお店に訪問したのが2011年7月15日だったので、約1年4ヶ月ぶりです。

DSCF1594.jpg
いつからか、持ち帰りのお弁当も始めていました。

2009_0117画像0175
お店は1階がカウンター席とテーブル席、2階がお座敷になっています。
この地でお店を始めてから30年以上という老舗のお店なので、店内はかなり歴史を感じさせる雰囲気です。

2009_0117画像0163
こちらは以前撮影した写真です。
12時20分頃に入店したところ、先客は4組程。
私たちは一番手前の4人用テーブルに着席しました。
卓上にはお醤油、爪楊枝、七味唐辛子が置いてあります。
テーブルの上に灰皿が置いてあるので喫煙可のようです。

DSCF8081_2013093008325754e.jpg
ふと壁を見ると、閉店のお知らせが貼り出してあってビックリ。
2012年11月末日で閉店するとのこと。

DSCF8067_20130930083339418.jpg
カウンター脇にも閉店のお知らせが貼ってありました。

後から入って来てカウンター席に座ったお客さんは常連さんなのか、「お店閉めちゃうの? 残念だね。隠居するの?」などなど、厨房のご主人と言葉を交わしていました。
聞こえてきた話では、消費税も上がるかもしれないし、とのことで、お店を売って隠居されるそうです。

DSCF8065_20130930083337f85.jpg
お茶をいただきながら、メニューを検討。

店内メニュー

こちらは店内のメニューです。
天ぷらとお刺身を中心に15種類、お値段は840円から3,150円とかなりの幅があり、全体としては天ぷら専門店なので、サラリーマンランチとしてはお値段がややお高め。

2009_0117画像0166
単品のメニューも12種類あります。

「若水」がお気に入りだった上司は「残念だなぁ。」と呟いていたので、最後ぐらいはちょっといいものを食べるのかと思いきや、全くいつもどおりのかきあげ丼でした(笑)。

私は手頃なお値段のメニューはだいたい食べていたので、海老のかきあげ定食を食べてみようかな~とも思ったのですが、最後はこのお店が四谷の名物と謳うかきあげ丼で〆ることに。
結局、全員がかきあげ丼を注文。

こちらのお店では、女性だとご飯の量が自動的に減らされるシステムです。
調理場へオーダーを通すとき、「女性です。」という声が聞こえてきます。
久しぶりだったのですっかりこのことを忘れていて、わざわざご飯少なめにしなくてもよかったです。

2009_0117画像0164
こちらは以前の写真です。
注文に応じてプラスチックのカードが渡されます。
これは、オーダーの時の交換するのではなく、お会計に使うためのもののようです。
この日はカードの写真がなかったので、撮影を忘れたか、対象にならないメニューだったのか、不明です。


かきあげ丼 ご飯少なめ (990円)
DSCF8069_20130930083342106.jpg
それ程待たずにかきあげ丼が登場。
メイン、お新香、お味噌汁のセットです。

DSCF8073_20130930083347a98.jpg
お新香です。

DSCF8074.jpg
白菜とニンジンの浅漬けです。
自家製かな?

DSCF8071_201309300833455e9.jpg
お味噌汁です。

DSCF8080_2013093008325544e.jpg
中身はいつも同じ、シジミでした。

DSCF8075_2013093008331558c.jpg
かき揚げはちょっとご飯が見えるぐらいの大きさです。
春菊がたっぷり目に入っているのか、緑色の部分がとても広いです。

DSCF8076_20130930083318ed1.jpg
かき揚げは春菊と海老がほとんどです。タマネギも入っていたかな?
中はかなり熱々で、猫舌の私はすぐにかじりつけませんでした。

DSCF8077_2013093008332177a.jpg
海老は結構数が入っていて、プリッとした食感を楽しめます。
春菊がたっぷり入っているので、口の中に入れると独特の香りをとても感じました。

DSCF8078_20130930083324db5.jpg
ただ、こちらのお店のかき揚げは何故かいつも衣がべしゃりとしています。
この日はいつにも増して衣がべったりしていて、残念。
タレにたっぷり浸したからという訳ではないと思うのですが、、、。
タレは甘さが少なく、あっさりとしていました。

DSCF8079_201309300832525fe.jpg
衣がべったりしていただけでなく、ダマになっているというか、小麦粉のかたまりか何かぶにぶにしているところがありました。
こちらのお店では何度も食べていますが、こんなことは初めて。
ご飯を少なめにしたので、全体のボリュームは普通でした。

DSCF9056_20130710062947.jpg
2012年11月末に「若水」が閉店した後、跡地には、「魚一商店」が2013年3月25日にオープンし、6月からランチ営業を始め、2013年6月17日にランチ訪問をしました。


上司が天ぷら好きでたまに訪問したお店で自分はそれ程好みではなかったですが、「炭膳」に引き続き老舗のお店がしんみち通りから姿を消したのはとても寂しいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
 かきあげ丼  (2007年11月30日2012年11月7日
 きす・めごち・野菜の天丼  (2009年1月16日
 野菜のかきあげ丼 (2011年7月15日
 まぐろ丼  (2010年10月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年11月7日訪問時お店DATA
***********************************
天ぷら 若水 (わかみず)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 M&Mビル1階・2階 
TEL&FAX 03-3351-0561
定休日 土・日・祝  (定休日でも慶事・法事・同窓会などのご会食の場合は営業)
営業時間 
[昼] 11:00~14:30 
[夜] 17:00~22:00(L.O.21:30)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/03 06:00】 | 天ぷら | トラックバック(0) | コメント(1) |
やきとり 宮川 四ッ谷  @四谷
台風が近づいています。
先週に引き続き、今週も台風が来るとは。
秋らしいといえば、そうなのでしょうか。

DSCF8037_20130930082408710.jpg
2012年11月6日は上司がお昼時に不在だったので、Fさんと先輩と私の三人で外へランチを食べに出ました。
この日向かった先は「やきとり 宮川(みやがわ) 四ッ谷」です。
実は、10ヶ月前にFさんが初めて事務所に来た頃、2011年11月21日に「宮川」がオープンしました。当初、すぐにランチ営業が始まるということだったので、ランチが半額になるという言葉に釣られてメルマガ登録したのですが、結局お店側の都合でランチ営業が一ヶ月以上遅れたので、Fさんはランチが食べられず終いでした。
なので、この日は10ヶ月ぶりのリベンジです(笑)。

DSCF5682_20120203230710.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの交差点を渡り、左に曲がります。
レストラン エフ」の入っている主婦会館の隣に四ッ谷鳳翔ビルがあり、その1階にお店があります。

DSCF5685_20120203230709.jpg
この場所には以前「おかわり屋」というお店がありましたが、2011年9月16日に閉店したそうです。

DSCF5683_20120203230710.jpg
「宮川」は40年継ぎ足された秘伝のタレを持つ老舗の焼き鳥屋さんだそうで、2011年11月21日にオープンしました。
溜池山王にも支店があるそうです。

DSCF5684_20120203230709.jpg
前回ランチ訪問したのは2012年9月14日だったので、約2ヶ月ぶりでした。
前回お弁当を購入したのは2012年10月29日です。

DSCF3627_20130614082822.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お店の入口の右側で、店員さん一人でお弁当を販売しています。
お弁当の販売は店内でのランチと同じく、午前11時半からとのこと。
販売する人は日によって変わります。

お弁当はきじ弁当、きじ・竜田揚弁当、宮川弁当が定番3種類で、その他に季節メニューなどがあるようです。
看板に出ていないメニューがあったりもします。

DSCF7796.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前にはお弁当のメニューが書かれた看板が出ていました。
お味噌汁とご飯の大盛りは無料です。

DSCF5502_201308090603010bd.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ランチメニューの大きな看板も出ています。

この日は冷たい雨の降る日でした。
お店に入ると人が結構並んでいたので満席かと心配しましたが、お弁当を待っている人たちでした。
雨だったので、お弁当販売も全て店内でやっていたようです。

DSCF7333.jpg
店内は左手に厨房とカウンター席、奥と右手にテーブル席がありました。
内装はシンプルで落ち着いた雰囲気です。

DSCF1907_20130517053241.jpg
厨房には調理の人が4人位いらっしゃり、一番左側で次々と鶏肉を焼いていました。
焼き場の上に蓋をかぶせてあるような造りなので、お肉を焼いている作業は見えないですが、煙はほとんど流れてきません。

DSCF5482_20130809060509803.jpg
和食のお店ですが、お酒は日本酒、焼酎、ワインなど種類豊富に揃えているようです。
それぞれのお酒と相性のいいおつまみが書かれていて、とってもわかりやすいです。

DSCF7331.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
季節のメニューもたくさんありました。

DSCF5483.jpg
焼酎は前割り焼酎もあります。
お店ではなかなか飲めないので、貴重です。

DSCF8032_2013093008243529a.jpg
12時10分過ぎの入店だったので、店内はまだ3・4割の人の入りでした。
その後どんどん人が入ってきました。

DSCF1877_20130517053445.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
カウンター席です。

DSCF7334.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
奥のテーブル席です。

私たちは右側のテーブル席が並んでいる部屋の一番奥の席に着席。

DSCF5481_20130809060506eab.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上には京都の祇園にある「原了郭」の黒七味と粉山椒が置いてあります。
先輩も私はこちらのお店の黒七味の大ファンなので、嬉しいです。

DSCF8031_20130930082432601.jpg
卓上にお茶のポットと湯飲みが置いてあるので、セルフで入れます。
お茶をいただきながら、メニューを検討。
冷え込む日でしたが、確かお茶は冷たかったと思います。

DSCF5475_2013080906045767a.jpg
ランチメニューです。

ランチは定番2種類、限定2種類、合計4種類あり、お値段は全て1,000円です。
ご飯とお味噌汁はお替り自由です。
メニューは多くありませんが、限定はちょこちょこと変わります。

前回の訪問からそれ程経っていなかったので、同じメニューでした。
4種類の中で食べたことのない限定のチキンカツ定食をご飯少なめで注文。
おろしポン酢かソースを選べるので、おろしポン酢でお願いしました。
Fさんと先輩はイチオシのきじ飯を注文。先輩はご飯少なめにしていました。

DSCF8027_20130930082425bbc.jpg
前回は店員さんから声をかけられたこちらのサービスが明文化されていました。

せっかくなので、全員でお願いしちゃいました。


<限定> チキンカツ定食 ご飯少なめ (1,000円)
DSCF8037_20130930082408710.jpg
しばし待ってお料理が登場!
メイン、小鉢、カレー、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。
大きな黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF8039_201309300823263a9.jpg
ご飯は小さめのお茶碗に盛られています。
少なめをお願いしたのですが、一度よそってから取り出したのか、ご飯粒があちこちに飛んでいます(笑)。

DSCF8048_20130930082304f7d.jpg
お味噌汁は黒いお椀に入っています。

DSCF8049_201309300823078e7.jpg
お揚げとワカメが入っていました。

DSCF8045_20130930082258124.jpg
お新香は紫色の柴漬けです。

DSCF8043_20130930082338ff4.jpg
小鉢はきんぴらゴボウです。
ゴボウとニンジンが入っていて、ちょっと甘い味付けでした。

DSCF8047.jpg
ちょいたしカレーは小さな四角い器に入っていました。

DSCF8038_201309300824116e2.jpg
ポン酢はディッシャーで丸められた大根おろしにたっぷりと浸っています。
この大根おろしは鬼おろしでしょうか。かなり粗めで、ざらっとした食感でした。
ポン酢は手作りのようで、柑橘系の酸味が強かったです。
トッピングしてあるのはゆずの皮かな?

DSCF8040_2013093008232957e.jpg
チキンカツは四角い黒のお皿に盛られ、キャベツが添えてあります。

DSCF8054_201309300822327ef.jpg
たっぷりのおろしポン酢とは別に、辛子もついていました。

DSCF8042_20130930082335dde.jpg
キャベツはたっぷりの千切りで、あらかじめドレッシングがかかっています。
シソの細切りも入っているので味が単調にならず、さっぱりして美味しかったです。

DSCF8041_20130930082332e3d.jpg
こんがりと揚がったチキンカツはとっても美味しそう。
細切りで6つあったので、辛子やおろしポン酢だけでなく、カレーまでつけたりして、いろいろな味付けで食べてみました。

DSCF8056_20130930082235935.jpg
お肉は薄めで、中までしっかりと火が通っています。
衣がカリッとしていて、お肉はやわらかです。
以前食べたチキンカツカレーの記憶だと、もうちょっとお肉が大きかったような気がしましたが、気のせい?

DSCF8058_201309300822386a7.jpg
ちょいたしカレーはご飯にのせて食べたり、チキンカツにつけて食べたりしました。
ちょっと冷えてしまったので、ややもったり感があります。
辛さはそこそこでした。
ご飯少なめだと思いっきり味わえないのが残念。


きじ飯 ご飯少なめ (1,000円)
DSCF8051_20130930082311732.jpg
先輩の注文したご飯少なめのきじ飯です。

DSCF8052_20130930082229604.jpg
お味はいつもどおり美味しかったそうですが、ちょっとお肉が少なくなったような気がすると言っていました。


ご飯少なめにしたこともあるので、全体のボリュームは普通です。
からりと揚がったチキンカツは美味しかったですが、CPはもう一息かなと思いました。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニュー↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

[イートイン]
きじ飯 (2012年1月31日
唐揚げ定食 (2012年3月9日
チキンカツカレー (2012年7月6日
鶏そぼろと春雨の辛味噌温玉ご飯 (2012年9月14日
チキンカツ定食 (2012年11月6日

[テイクアウト] *2015年7月31日お弁当販売終了。
きじとそぼろが楽しめるミックス弁当 (2012年7月11日
自然栽培のお野菜を使った夏野菜カレー (2012年7月27日
宮川伝統の味 きじ弁当 (2012年10月3日
宮川弁当<油淋鶏> (2012年10月29日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF5475_2013080906045767a.jpg

DSCF8034_20130930082358840.jpg

DSCF8033_20130930082437df8.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF1882_20130517053452.jpg

DSCF7340.jpg

DSCF7341.jpg

DSCF7342.jpg

DSCF7343.jpg

DSCF7344.jpg

DSCF7345.jpg

DSCF7346.jpg

DSCF7347.jpg

DSCF7349.jpg

DSCF7350.jpg

DSCF7351.jpg

DSCF7352.jpg


以前いただいたチラシです↓
DSCF6253_2013082208355069e.jpg

DSCF6254_20130822083507b02.jpg

DSCF6256_20130822083513967.jpg

DSCF6255_20130822083510bb0.jpg


お店の名刺です↓
DSCF6587_20120221081301.jpg

DSCF6588.jpg


2012年11月6日訪問時お店DATA
***********************************
やきとり 宮川 四ッ谷 (みやがわ)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 四ッ谷鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3221-4833
営業時間 *お弁当の販売は午前11時30分から
[月~金] 11:30~14:00 18:00~23:00 
[土日祝] 17:00~22:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/02 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
やきとり 串八珍 [市ヶ谷別館]  @市ヶ谷
今日からいよいよ10月です。
消費税増税の決定を嘆くかのような、雨のスタートになりました。
そろそろ年末を意識する時期でもあって、時間の経過の早さにしみじみしちゃいます。

DSCF8010_20130930081412a12.jpg
2012年11月5日は週の最初の月曜日。
朝からとても冷え込んだ日で、11月下旬の寒さでした。
この日から2週間限定で、Fさんが再び事務所に出勤していました。
午前中のお客様が1時間遅れでやってきて、しかも、とても長い打ち合わせになってしまい、ようやくランチになったのが午後1時(汗)。
午後2時からまた別の予定が入っていたので、事務所の近くに食べることになりました。

先頭を歩く上司は「やきとり 串八珍(くしはっちん) 市ヶ谷別館」と「五番町 祭り屋(まつりや) ステーキハウス」の間に立ち、「どっちがい?」と聞いてきたので、私が「せっかくなのでFさんの好きな方にすれば?」と答えたのですが、Fさんが「どちらでもいいです。」という謙虚な回答だったので、上司が「祭り屋は行ったことあったから、今日はこっちにしよう。」と「串八珍」に入りました。

2009_0905画像0094
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進んで最初の交差点を右に曲がり、建物三つ目のセンタービルの1階に店舗があります。正面はソニーミュージック本社です。

2009_0905画像0095
こちらも以前撮影した写真です。
「やきとり 串八珍」は株式会社豊創ホールディングスが運営する大手居酒屋チェーン店で、都内にたくさんの支店があり、この界隈では、2008年9月17日にランチ訪問した市ヶ谷店2012年4月5日にランチ訪問した四谷店があります。

2009_0905画像0046
以前は同じ会社が運営する「鳥珍」という店名でしたが、ブランド統合し、2009年9月1日から「串八珍」に業態変更しました。

前回訪問したのは2012年8月3日だったので、約3ヶ月ぶりです。

2009_0905画像0047
営業時間は、昼は午前11時30分~午後2時、夜は午後5時~午後11時までです。
定休日は土・日・祝です。

DSCF3897_20130621223620.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の入口にはランチメニューの看板が出ています。
この日のメニューとは少しラインナップが違います。

2009_0905画像0050
お店は外も中も、古民家を再現している凝った造りになっています。

2009_0905画像0052
入口は小さく、通路も狭いですが、奥に向かって店内が広がり、席数は結構あります。
しかも、二人テーブル席、四人テーブル席、お座敷、ちょっと区切った個室など、お部屋のパターンも様々です。

2009_0905画像0051
こちらのお店は前精算なので、まずはお店中央のレジで食券を購入し、店内にあるウェイティング用のイスに座るなどして、席に案内されるのを待ちます。
待っている人数が多くても、席数が多く、回転が早いので、それ程待ちません。

DSCF8002.jpg
お座敷はこんな感じです。

DSCF7999.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
メニューは全部で6種類、お値段が640円から980円です。

入店が午後1時過ぎだったのでさすがのランチ人気店もガラガラでしたが、この時間でもちらほら食べに来る人はいるようで、レジには数人並んでいました。
このお店、上司も何度か来ているはずなのに、「前払いなのか!」と初めて知ったように驚いていました(汗)。

Fさんに「このお店はつくねスープが美味しいですよ~。」と教えてあげたのですが、突然冷え込んだ日だったせいか、つくねスープと豚汁は売り切れ(泣)。
考えることはみんな同じですね。

2009_0905画像0058
こちらも以前撮影した写真です。
壁には夜のメニューが貼り出されています。

2010_0330画像0011
こちらも以前撮影した写真です。
店員さんは、ほぼ全員がおばさま軍団です。
いつも忙しく店内を走り回っていますが、お店のキャパの割には人数が少ないようで、ピークタイムは食事が終わって後片付けられていないままの席が空いているのを、時折見かけるのが残念。

DSCF3868_20130621223848.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
私たちは店内中程の個室スタイルの4人席に着席。
それほど広くないので、4人座るとかなりぎっしりした感じがします。
親密感は増すかもしれません(笑)。

DSCF8005_20130930081443d21.jpg
お会計を終えると、メニュー毎に色分けされたプラスチックの札を渡されます。

レジで注文するときは、メニューを伝えるだけで、ご飯の分量については聞いてくれません。
なので、席についてから来た店員さんにご飯少なめをお願いします。

DSCF8003_201309300814365aa.jpg
卓上にあらかじめ4個の湯飲み茶碗とお茶の入ったポットが置いてあるので、セルフサービスです。
温かいお茶でした。

DSCF8004_2013093008143949b.jpg
お茶をいただきながら、お料理を待ちます。

DSCF3867_20130621223844.jpg
お会計を終えると、メニュー毎に色分けされたプラスチックの札を渡されます。

メニューは少しずつ変わっていて、しかも久しぶりだったので自分が以前何を食べたのか不確かでしたが、ビーフカリーをご飯少なめで注文。
後から確認したところ、食べたことのないメニューでした。

DSCF8007_20130930081407aeb.jpg
ランチクーポン券をいただきました。

DSCF8009_20130930081409841.jpg
このお店に通うようになってずいぶん経ちますが、初めてだと思います。
人気店でも競争が激しいようです。


ビーフカリー ご飯少なめ (640円)
DSCF8010_20130930081412a12.jpg
少し待ってお料理が登場。
先輩と私が注文したご飯少なめのビーフカリー、上司が注文したご飯普通盛りのビーフカリーが出てきたのですが、Fさんの注文したマグロづけ丼が出てくるまで少し間がありました。
冷たいお料理が一番時間がかかるって、不思議(笑)。

メイン、サラダ、お新香のセットです。

DSCF3885_20130621223737.jpg
おしぼりの袋には店名がカラーで印刷されています。

DSCF3887_20130621223634.jpg
おしぼりだけでなく、お箸袋にも店名が印刷されていました。

DSCF3886_20130621223741.jpg
しかも、系列チェーンの店名も書かれています。
ここにだけ「鳥珍」の名前が残っていました(笑)。

DSCF8015_2013093008134101c.jpg
お新香は福神漬け?です。
着色したような赤さはなく、薄い茶色です。

DSCF8016_20130930081344c0f.jpg
中にはレンコンも入っていたのが珍しいです。
これだけ食べてみると結構甘かったので、ルーの中に入れて混ぜ込んじゃいました。

DSCF8012_201309300814158c3.jpg
サラダはレタスとリーフレタスなどのシンプルなものです。

DSCF8013_201309300814183ff.jpg
オレンジ色のドレッシングがあらかじめかかっていました。

DSCF8018_20130930081347b2f.jpg
カレーはとても大きな白い平皿に、上がご飯、下にルーが盛られています。

DSCF8020_2013093008135379b.jpg
ご飯は少なめです。
普通盛りの上司とご飯の量を比べたのですが、お皿に平たく盛るせいか、ほんの少し上司のお米の層の方が分厚いかな、って感じでした。

DSCF8019_20130930081351a4a.jpg
ルーは、お肉とジャガイモ以外の具材はなかったです。
ジャガイモちょっと大きめなカットで二つぐらいありました。

DSCF8021_20130930081322d09.jpg
カレーは、ちょっと旨みが足りない感じで塩気を感じます。
スパイスの風味はほとんどなくて、辛さもほんのちょっと。
カレーは当たり外れの少ないメニューですが、やや残念でした。

DSCF8026_20130930081325036.jpg
ビーフカレーというだけあって、大きめの塊のビーフが結構入っていました。
お肉はとても柔らかく、スプーンでも簡単に崩れるほどホロホロです。


ご飯を少なめにしたので、全体のボリュームは普通です。
メニューの中でとんかつはまだ食べたことがないので、次回チャレンジしてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2010年3月25日) 
国産黒毛牛すき焼き定食 (2009年9月3日
かつカレー定食 (2010年1月12日
釜揚げしらす丼定食 (2011年7月13日
ビビンバ丼 (2012年8月3日
ビーフカリー (2012年11月5日

[「鳥珍」時代]
つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2007年5月15日) 
具だくさん豚汁定食 (2009年4月13日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のメニューです↓
DSCF3869.jpg

DSCF3871.jpg

DSCF9330.jpg

DSCF9331.jpg

DSCF9333.jpg

DSCF9334.jpg


2012年11月5日訪問時お店DATA
*************************************
やきとり 串八珍 市ヶ谷別館 (くしはっちん)
〒102-0084 
東京都千代田区五番町10-2 センタービル1階
TEL 03-3230-3102
FAX 03-3230-3103
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:00~23:00(L.O. フード 22:15、ドリンク 22:30)
定休日 土・日・祝
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分
都営新宿線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/10/01 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(7) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる