鳥肉料理 GOLDEN CHICKEN  @市ヶ谷
11月の平日は今日で終わりです。
営業日だけだと短い月なので、忙しい方も多いのでしょうか。
何とか仕事をやっつけて、楽しい週末をお過ごし下さい☆

本日は、2013年11月1日?からやってきた「ゴールデンチキン」のレポートです。

DSCF6741_20131125051735e70.jpg
2013年11月15日は週の最後の金曜日。
この日の夜は会社関係の忘年会だったのでランチは軽めにしなきゃと思っていたのですが、「サファリカレー」の後にやって来たカレー屋さんがどうしても食べたくて、買いに行っちゃいました。

DSCF6735_20131125051755617.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点を左折します。
しばらく進むと左手にグランドメゾン六番町というビルがあり、1階にヤマト運輸の営業所が入っていて、車はその前に停まっています。

12時ちょっと過ぎに事務所を出て買いに行くと、車がいました。

DSCF6736_2013112505175740e.jpg
サファリカレー」の店主さんから挽き肉カレーだと聞いていたのに、2013年11月6日の水曜日にカレーを買いに行ったら、ポークカレーの「クルージンダイナー」が来ていてすごく不思議だったのですが、11月1日か8日のどちらか、通りかかったら金曜日もカレー屋さんが来ているのを発見し、この日、来ることにしました。なるほど、こちらのお店はキーマカレー屋さんです。
そういえば、「サファリカレー」って以前は水曜日と金曜日に来ていたんだよな~と思い出しました。

DSCF6737_20131125051800412.jpg
車にかわいいイラストが描かれているようですが、残念ながらあまり見えず。

DSCF6727_20131125051812902.jpg
歩道には小さな看板が出ていました。

こちらのお店は「鳥肉料理 GOLDEN CHICKEN(ゴールデン チキン)」という名前で、キーマカレーのお店と聞いていましたが、キーマカレーだけでなく鶏肉料理のお弁当も販売しているようです。
多分、2013年11月1日から来るようになったんだと思います。

DSCF6733_2013112505175158e.jpg
まだまだ認知されていないせいか、先客は2名、後客が数名程でした。

男性の店主さんがお一人で切り盛りしています。
一緒に買いに行った先輩と「サファリカレー」の店主さんと似ているような気がする、、、と話していたら、後日、のほほんさんから店主さんのお兄様との情報をいただきました。
ありがとうございます☆
やっぱり!という感じで、とても納得でした。

DSCF6728_20131125051814969.jpg
カウンター?の横にお店からのお知らせが出ていました。
次週(2013年11月22日)はイベント出店のため、お休みとのこと。
情報が古くてスミマセン(汗)。

DSCF6731_20131125051818561.jpg
自分でカスタマイズ出来るよう?、調味料などが置いてありました。
この日は特に使いませんでした。

メニューは鶏肉と野菜たっぷりのキーマカレーと、、、

DSCF6732_20131125051821f4e.jpg
お弁当がタンドリーチキンとカラアゲの2種類がありました。
売り切れとなっていますが、時間から考えたら、この日は持って来ていなかったのではないかと思います。

DSCF6729_20131125051816ab2.jpg
キーマカレーは、普通盛りで600円。
大盛りがプラス100円、特盛がプラス200円です。
トッピングは温玉、チーズ、コーン、らっきょ、チョリソーの5種類があり、全て50円です。
大辛・激辛もお願いできるのとのこと。

DSCF6734_201311250517539f9.jpg
薄いグリーンのカワイイ機械は、秤でした。
店主さんはご飯を盛ると、メーターにのせて重さをチェック。
きっちりした性格なのでしょうか。
屋台をやるお店では初めて見ました(笑)。

DSCF6738_201311250517314bb.jpg
お弁当はシンプルな白いビニール袋に入れてくれます。

この日はまずは基本を食べようと思い、キーマカレーの普通盛りを購入。

DSCF6739_20131125051733bc0.jpg
お弁当の容器は白い紙製です。


キーマカレー 普通盛り (600円)
DSCF6741_20131125051735e70.jpg
ご飯の左にキーマカレー、右上にサラダ、ピクルスがのせられていました。
とってもシンプルな見た目です。

DSCF6745_20131125051715d23.jpg
ご飯のボリュームは普通です。

DSCF6744_2013112505171244d.jpg
サラダとしてレタスが添えられていました。
トッピングに、カレーによくあるコールスローがなかったのはこのせいでしょうか。

DSCF6743_2013112505173945f.jpg
ピクルスは、小さなものが1本、ころんと入っていました。

DSCF6742_20131125051737cd6.jpg
キーマカレーにはチーズがトッピングされていて、半分とろけていました。

DSCF6747.jpg
キーマカレーはそれ程辛くはなくて、食べやすいお味でした。
普段キーマカレーってほとんど食べないので、すごく久しぶりな感じです。
パク森」以来?

DSCF6749_201311250517198bf.jpg
カレーを食べ進めていたら、カボチャ?や赤パプリカが入っているのに気付きました。


全体のボリュームは普通です。

先輩は「これで600円だとちょっと高い気がする、、。」と言っていたのですが、「キーマカレーだからルーがないし、生野菜サラダが添えられているからトッピング1つ分だと思えばこんなもんじゃないですか?」と話しました。「サファリカレー」さんが特にCPよかったから、そう考えちゃうのでしょうが。
サファリカレー」がなくなってしまったのはとても残念ですが、新たに2種類のカレー屋さんが来るようになったのは嬉しいです。


2013年11月15日購入時お店DATA
*******************************
鳥肉料理 GOLDEN CHICKEN (ごーるでん ちきん)
移動ワゴン車での販売 
場所  東京都千代田区六番町6-20 グランドメゾン六番町前
営業日 金曜日
営業時間 お昼前後
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/29 00:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(3) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
めっきり冷え込んできて、かなり寒くなってきました。
ノロウイルスやらインフルエンザなどが流行りつつあるようですので、みなさま、くれぐれもご自愛下さい。
私は毎年寒くなり始めに風邪をひいちゃうことが多いのですが、今年はまだ大丈夫。
このまま元気に2013年を終えたいです。

DSCF9928.jpg
2012年12月21日は、週の最後の金曜日。
お昼になると、上司が「外へ食べに出るか。」と誘ってくれたので、久しぶりに四人全員で外へ行くことになりました。
向かった先は、いつもどおり、上司の大のお気に入りの「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です。

外観

お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF9946.jpg
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

下から

2階へ登る階段は外階段で、下から見上げるとこんな感じです。

上から

2階から外階段を見下ろすとこんな感じになります。

入り口

お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2012年11月22日だったので、約1ヶ月ぶりでした。

DSCF8173_201310042053437df.jpg
季節柄、こんなポスターも出ていました。

DSCF8172_20131004205340fd4.jpg
また、フロアにはちょっと大きめのツリーが飾ってありました。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。

DSCF8405_20131019160540f9f.jpg
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

こちらは前回の写真ですが、いつの間にか内装工事をしたようで、とてもキレイになっていました。
色をきちんと塗り直し、違う絵が掛かっていました。

DSCF8406_2013101916054438f.jpg
エアコンも、壁掛け式から天井のはめ込み型になっていました。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

DSCF7825_20130920052408e99.jpg
12時半過ぎに入店すると、店内はほぼ満席。
相変わらずの賑わいです。

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には調味料、お箸、紙ナプキン、食べるラー油など置かれています。

私たちは一番奥の部屋の入口近くのテーブルに通されました。

DSCF1482_20130502072200.jpg
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF9921.jpg
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
この日は4人だったからか、個室だったからか、ポットごといただきました。
個室だと店員さんを呼ぶのにちょっと大変な時があるので、これはとても助かります。

DSCF9917.jpg
お茶を飲みながら、メニューを検討。

DSCF9918.jpg
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。

DSCF9922.jpg
伝票です。

あまりにも通い過ぎて、私はほぼ全てのメニューを食べていたので、この日も悩みました。
前日の忘年会で体重がアップしていたので、できれば定食は避けたかったのですが、食べたことないのはそれぐらいしかなかったので、お肉よりは魚をと思い、A定食をチョイス。


A定食 ニラ・もやしとエビの炒め (1,000円)
DSCF9928.jpg
私のお料理が出てくるのに結構時間がかかりました。
メイン、水餃子、ザーサイ、デザート、スープ、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

お値段はややおお高いですが、相変わらずとっても豪華。

DSCF9930.jpg
ご飯は中華料理屋さんらしく、小さな器にこんもりと盛られています。

DSCF8155_201310042055108cc.jpg
ご飯はそれ程多くないので少なめにはしなかったのですが、全体のおかずの多さや高めの体重のことを考えれば、少なめにすればよかったかなと、ちょっと後悔。

DSCF9935.jpg
ザーサイは大きめのカットで、はみ出す程たっぷりでした。
塩気はそれ程きつくありません。

DSCF9937.jpg
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類ですが、日によって色合いや透明度や味わいが結構違います(笑)。
具はトッピングの小ネギのみ。
鮮やかな緑色が、彩りのアクセントになっています。

DSCF9942.jpg
この日はやや黄色がかった半透明でした。
塩加減もちょうどよかったです。

DSCF8160_201310042054339ad.jpg
定食には茹でギョーザが2個ついていて、とってもお得。

DSCF8157_20131004205516bb1.jpg
餃子のタレはあらかじめ調合されたものが、小皿に入って出てきます。

DSCF8168_201310042054089a9.jpg
濃い味好きのため、いつもたっぷり目に餃子のタレをつけちゃいます。
なので、ちょっとしょっぱくなっちゃうこともあります(汗)。

DSCF7852_201309200520531e1.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
皮が厚めのタイプで、もっちりとした食感です。
野菜たっぷりの餡はジューシーでした。

水餃子は茹でたて熱々ではありませんでしたが、ぽってりとした皮の美味しさを楽しめました。

DSCF9931.jpg
ニラ・もやしとエビの炒めはたっぷりこんもりと盛ってありました。
もやしの白、ニラの緑、エビの赤の色合いが鮮やかです。
もやしはシャキッと炒めてあり、歯応えが良くて美味しかったです。
中華ってもやしをとっても美味しく食べさせてくれます。

DSCF9932.jpg
この炒め物は出来たて熱々でした。
それ程湯気が出ていなかったので、他の人よりも食べ始めが遅かったこともあって急いで口の中に入れたら、ちょっと餡がかかっていて、思わず口から出したくなるぐらい、とびきり熱かったです(泣)。
しっかり火傷してしまったのは言うまでもありません。
具材を餡で閉じていると、こんなにも保温力が違うんだ~。

大ぶりのエビは3~4個入っていました。
ぷりっという食感はあったものの、ちょっと水っぽかったです。
2010年6月7日に食べたエビチリの時も同じように感じたので、日々のズレもあるかもしれませんが、「嘉賓」はエビがちょっとはずれなのかもしれません。

DSCF9940.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5279.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF7853_20130920052056123.jpg
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


五目やきそば (800円)
DSCF9924.jpg
先輩が注文した五目やきそば、メインとデザートとセットです。
具だくさんで、麺がほとんど見えません。

DSCF9925.jpg
先輩は他に食べたいメニューがないのか、3回ぐらい同じのを頼んでいるような気がします(汗)。


Oさんは半カキソースあえそばと半五目チャーハンセットをチョイスし、「嘉賓」のスペシャリテでもあるカキソース和えソバをとても美味しいと言っていました。
「嘉賓」の定食は安定して美味しく、ボリュームたっぷりでいつもお腹いっぱいになります。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
 ◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日
B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
 <4個>(2012年10月31日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2012年12月21日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/28 00:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
おむすびと 麹町店  @四谷
昨日は会社帰りに新たに買って預けて置いた自転車を引き取ってきました。
久しぶりの新車の自転車は、カゴを大きめのタイプを選んだので、買い物の時にとっても重宝しそう。
何より、どこへ行くにも自転車の生活だったので、ようやく不便な生活を脱却できました(笑)。

DSCF9897.jpg
2012年12月20日のランチは、上司が「松月庵」の出前をお願いしたので、Oさんと私はお弁当を買いに出かけました。
四ッ谷駅方面に二人で歩いて行きましたが、この日の夜は事務所の忘年会を予定していたので、軽めに食べたいなと思い、久しぶりに「おむすびと 麹町店」に行くことにしました。Oさんは前回のリベンジをすべく、「宮川」のチキンカツカレーを買いに行くとのことだったので、別々に買いに行きました。

DSCF8576.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て正面の交差点を渡るとスクワール麹町というビルがあり、新宿通りから麹町方面に向かって一つ隣が麹町東急ビルです。
このビルの地下1階にはレストラン街があります。

DSCF8574.jpg
このレストラン街には、
1階に、2011年3月1日に購入した「おむすびと 麹町店」、
地下1階に、
2008年7月28日にランチ訪問した「ビア・チムニー 四ッ谷店」、
2009年8月17日にランチ訪問した「大阪屋」(2011年に閉店)、
2007年9月26日2009年3月27日2009年12月9日2010年4月2日2010年8月2日2010年10月28日2011年1月17日2012年12月5日にランチ訪問した「KOREAN DINING 長寿韓酒房」、
2010年2月15日2010年7月8日2010年9月7日2010年10月8日2010年12月7日2011年1月28日にランチ訪問した「中国小皿料理 南国亭 四谷店」、
2012年4月18日にランチ訪問した「沖縄食堂 おなが家」、
があり、全部で5店舗が営業しています。

DSCF5620.jpg
ビルの左端、階段の左横にとても小さい入口があります。

DSCF5621.jpg
「昔ながらのかまど飯」とありますが、さすがにかまどはないと思うのですが、、、。
ガス炊きなのでしょうか。

「でかでかおむすび」っていうロゴ、とってもそそられます(笑)。

DSCF5622.jpg
こちらのお店、テイクアウトだけでなくイートインも可能です。
ビルの正面にあるこの入口は、お持ち帰りの人用です。
ちゃんと見ていないのですが、食べる人は奥に別の入口から入店するようです。

個数限定ですが、手づくりのお弁当が390円というお安さです。

DSCF5627.jpg
店内は奥に向かって細長くのび、左側は小さな棚になっていてお弁当やおにぎりのパックが置かれ、右奥には飲み物とお総菜を置いた冷蔵ケースがありました。
幅がかなり狭いので、混み合ったら結構大変そう。

DSCF9887.jpg
またもや、バグが発生(汗)。

狭い店内なので混雑しているかなと心配でしたが、12時20分位に到着したところ、先客1名、後客1名ぐらいでした。

DSCF5631.jpg
前回購入したのは2011年3月1日だったので、9ヶ月半ぶり、2回目です。

DSCF5626.jpg
壁にはおむすびのラインナップがデカデカと並んでいます。
一杯ありすぎて、かなり迷います、、、(汗)。

DSCF5625.jpg
お店の一番奥が厨房で、その前にレジがあります。
レジの上にもたくさんのおむすびの写真が並んでいて、目がチカチカしちゃいます。
こちらのお店では、おむすびは注文が入ってから作るというのがこだわりです。

DSCF5624.jpg
店員さんは、私が見えていた限りでは全ておば様で、3人いらっしゃいました。

DSCF9888.jpg
お得なパックもいろいろあります。

DSCF9889.jpg
こちらの写真も反転してしまって、すみません(汗)。
前回はその場でおむすびを握ってもらいましたが、この日は出来合いのものを買ってみることにしました。
おむすび2個におかずが2種類ついて、380円というパックがあったので、こちらに決定。
中身の組み合わせは幾つかあるので、この日は辛子明太子と葉唐辛子にしてみました。

DSCF5623.jpg
冷蔵ケースの中にサイドメニューがいろいろと入っています。

DSCF9890.jpg
おかずもついていましたが、前回、お総菜が個性的で美味しかったので、この日はわさび菜を購入。

DSCF9891.jpg
前回はロゴ入りの袋でしたが、この日は真っ白なビニール袋。
購入したものによって違う? たまたま?

DSCF9892.jpg
おむすびと」は、「株式会社縁結び」が主宰するおむすびチェーン店で、東京・千葉を中心に10店舗ほど展開しています。

DSCF9893.jpg
おしぼりがついていました。
持ち帰り袋と同じく、前回はこちらもロゴ入りでしたが、無地のものに変わっています。

DSCF9895.jpg
サイドメニューは小さな透明のプラスチックの容器に入っています。

DSCF9896.jpg
おにぎりのセットは長方形のプラスチックの容器に入っていました。
緑色の輪ゴムで止められています。


辛子明太子おむすび+葉唐辛子おむすび(380円)+わさび菜(90円)=470円
DSCF9897.jpg
いただきま~す!

DSCF9899.jpg
わさび菜には、わさび菜の他にニンジンやタケノコ?も入っていました。

DSCF9900.jpg
90円というお値段の割には量も多かったです。
しっかりとわさびが利いて、とてもいいアクセントになりました。

DSCF9901.jpg
こちらのセットは、おむすび2個におかずが2種類ついています。

DSCF9902.jpg
おかずはソーセージと玉子焼きです。

DSCF9907.jpg
玉子焼きは甘めの味付けです。
中に岩のりのようなものが入っていました。

DSCF9912.jpg
ソーセージはパリッとした歯応えでした。

DSCF9909.jpg
おむすびはパッと見、どっちがどっちかわかりませんでしたが、辛子明太子のおむすびはトップに辛子明太子が少しつけてあったのでわかるようになっています。

DSCF9911.jpg
辛子明太子はそれ程たくさんは入っていませんでした。

DSCF9903.jpg
葉唐辛子のおむすびは、ご飯が見えない位、たっぷりと海苔が巻いてあります。

DSCF9905.jpg
葉唐辛子は、全然辛くなくてちょっと拍子抜け。
わりとあっさり味です。

DSCF5655.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じでした。

DSCF9898.jpg
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームは普通です。
握りたてのおむすびに比べると、お米はややかたくて全体的にみっしり詰まった感じの味わいでした。
せっかくおむす人に行くなら、やっぱり握りたてをお願いした方がいいかなと思います。


2012年12月20日訪問時お店DATA
******************************
おむすびと 麹町店 
〒102-0083
東京都千代田区麹町6-6 麹町東急ビル1F
TEL 03-3556-6171 
営業時間 
[平日] 8:00~21:00  
[土曜] 9:00~15:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/27 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ティーヌン 市ヶ谷店  @市ヶ谷
先日の日曜日、近所にオープンした自転車屋さんの特売で自転車を1台購入しました。
整備に時間がかかると言われたので、月曜日に取りに行くことにしたのですが、昨日の夜はすっかり忘れてそのまま帰宅(汗)。
今夜は絶対に引き取りに行かねば!

DSCF9852.jpg
2012年12月19日は、午前中に外出していた上司とOさんがお弁当を買って帰ってくるとのことだったので、私もお弁当を買おうと「ティーヌン 市ヶ谷店」に行きました。

入り口

こちらは以前撮った写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から九段下方面に向かっての交差点を渡るとすぐ右手に市ヶ谷プラザビルがあり、お店は靖国通り側ではなく、土手側の1階にあります。
お店の入り口の右側の窓が開くようになっていて、テイクアウトができます。

2008_1115画像0089
市ヶ谷プラザは、JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かって進むと、すぐ左手にあります。

2010_0803画像0056
市ヶ谷プラザにはたくさんの飲食店が入っています。
1階の土手に面した側には「ティーヌン」と2011年7月1日にランチ訪問した「とんかつ うちの」があります。
靖国通り側は、1階にある、
2009年10月8日に「カレーの王様 市ヶ谷店」
2009年7月28日に「ITALIAN RESTAURANT DINOS」(2010年後半に閉店し、2010年11月24日に「松屋 市ヶ谷店」がオープン)、
2009年4月6日に「ちりめん亭 市ヶ谷店」
また、2階では、
2008年11月12日に「プティーワン」
2009年7月1日に「さくら水産」
2010年8月3日2011年9月1日に「芝浦食肉」、
へ行きました。

DSCF6882_20130830094608f87.jpg
写真が光ってしまって見にくいですが、タイの街角の風景写真です。

DSCF5516_201308090616121fa.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お弁当は定番メニューのご飯系と麺系、季節メニュー、サイドメニューがあります。
お値段は600円と620円で、季節メニューだけが950円とちょっとお高いです。

前回お弁当を購入したのは2012年11月26日だったので、半月ぶりです。

DSCF3271_20130607211826.jpg
お弁当の販売は午前11時から午後2時45分までのランチタイムのみです。

12時10分頃にお店に到着すると、先客は1名、後客は3名ほどでした。
この日はまた店員さんが変わっていて、長く窓口を担当していた人とは違いますが、女性です。
この方も明るい接客で、テキパキと注文をこなしていました。

DSCF5511_20130809061640ab6.jpg
真っ赤なボードがとても目立ちます。

DSCF5512_201308090616453dd.jpg
麺類を注文する場合、中華麺「バミー」か中細ビーフン「センレック」が選べます。

DSCF9842.jpg
本日の日替わりチャーハンと一皿飯の内容は貼り出してあります。

DSCF9840_20131122075029f46.jpg
テイクアウトの窓口の前に長テーブルが置かれ、看板に出ているメニューのほかに既に出来ているお弁当をやお惣菜を売っています。

DSCF9841_20131122075032e59.jpg
定番メニューはほとんど食べてしまっていたのと早めに事務所に戻りたかったのとで、この日はあらかじめ作って並んでいるお弁当を買いました。

DSCF8524_20131028045812386.jpg
持ち帰りのお弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

DSCF9843.jpg
とても寒い日だったので、前日に食べた「宮川」のお弁当の二の舞にならないよう、電子レンジで温めて食べられそうな、生野菜が入っていない三種盛りのお弁当をチョイスしました。
この日「ティーヌン」へ買いに行くのを羨ましがった先輩と自分用にトムヤムスープも購入。

DSCF9844.jpg
この日もお断りするタイミングがうまく合わず、割り箸とスプーンをいただいちゃいました。

DSCF9846.jpg
事務所に戻ると、上司とOさんがもう帰っていたので、2分ぐらいだけ、電子レンジで温めてからいただきました。

DSCF9847.jpg
メインの入った容器は大きめの丸形のプラスチック製で、下は黒、フタは透明です。

DSCF9848.jpg
スープの入った容器はやや大きめな形のプラスチック製で、下は白、フタは透明です。
前回トムヤムスープを購入したとき、個別にビニール袋に入れられていましたが、この日はそのままでした。


日替わり3種もり(780円)+トムヤムスープ(200円)=980円
DSCF9849.jpg
いただきま~す!

DSCF9851.jpg
トムヤムスープの器はそれ程大きく見えませんが、ボリュームたっぷりです。

DSCF8538_20131028045631cf0.jpg
表面は真っ赤っかで、とっても美味しそう。
むせちゃわないように気をつけて口に含みます。

DSCF8540_20131028045633525.jpg
いつもどおりの美味しさで、しっかりと辛くて酸っぱく、とっても美味しい!
具材はもやしが入っていますが、それ程多くはありません。
この日は特に酸味が強く、スープを飲み終えると、口の中が痺れました。
ボリュームたっぷりでとても食べごたえがあり、これで250円というのはお得です。
とっても身体が温まりました。

DSCF9852.jpg
日替わり3種もりのお弁当にはレッドカレー、ガパオ、揚春巻が入っています。
見るからにボリュームたっぷりで、普段は私の買ってくるお弁当に興味を持たない上司も、「すごいな、、、。」としきりに言っていました。
かくいう上司は、何故か「成城石井」の小さめなお弁当を1個しか買っていなくて、私のお弁当とはかなりギャップがありました(笑)。

DSCF9855.jpg
揚春巻は一口サイズです。
中に餡がかかった具材が入っています。
下にレタスがちょっとだけ敷いてありました。

DSCF9856.jpg
レッドカレーは、パッと見には具がありませんが、下に沈んでいます。

DSCF9860.jpg
カレーはほどほどの辛さで、味付けが濃くなっちゃいますが、ガパオの上からたっぷりとかけてご飯と一緒にいただきました。

DSCF9863.jpg
結構大きめな鶏肉も入っています。

DSCF9854.jpg
ご飯が見えない程たっぷりの挽肉が載せられていて、目玉焼きも添えてありました。
彩りにピーマンと赤パプリカが入っています。

DSCF9858.jpg
挽肉にはしっかりと味がついているので、カレーがなくてもご飯が進みます。
ガルバ」と同じで、おかずがたっぷりとありすぎるような状態です(笑)。

DSCF9853.jpg
目玉焼きは黄身だけ半熟でした。
こんなにくっきり分けられるのはすごい。

DSCF9864.jpg
ある程度食べたところで、黄身を崩しました。
味わいがまろやかになります。

DSCF9845.jpg
先輩のお弁当がとても小さいので、トムヤムスープがとっても大きく見えます(笑)。

DSCF9859.jpg
この日の先輩のお弁当です。


多すぎるぐらいのおかずに、ビシッとした辛さと酸味の味わいで、お腹いっぱいで大満足でした。
日替わり3種もりは人気メニューをいろいろと食べられ、とってもお得だと思います。
ほかにもいろいろな組み合わせがあるので、これから食べるのが楽しみです。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  冷やしトムヤム (2007年6月8日

[お弁当]
  蒸し鶏のせ炊き込みごはん弁当 (2012年2月9日
  レッドカレー弁当 (2011年12月8日
  グリーンカレー弁当 (2007年12月11日2011年1月26日
  ガパオ弁当  (2011年10月18日
  パッタイ弁当 (2012年2月20日
  生春巻    (2011年10月18日
  揚春巻    (2011年12月8日
  日替わり炒飯弁当 (2011年11月9日
  本日の日替わり一皿飯 (2012年11月26日
  トムヤムスープ (2007年12月11日2011年1月26日2011年11月9日2012年2月20日2012年11月26日2012年12月19日
  野菜たっぷり日替わりスープ (2012年2月9日
  ガイパッキン (2008年2月4日
  冷やしトムヤムヌードル:センレック (2012年6月1日
  冷やしトムヤムヌードル:バミー (2012年9月18日) 
  冷やしチャーンノーイ麺:センレック (2012年6月14日
  冷やしチャーンノーイ麺:バミー (2012年7月23日) 
  海老チャーハン  (2012年10月15日
  おかず小パック  (2012年10月15日
  グリーンサラダ (2012年10月30日
  タイ式あぶらそば:バミー (2012年10月30日

 日替わり3種もり (2012年12月19日

 
[ディナー] 
  2007年9月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


スタンプカードです↓
DSCF6904.jpg

DSCF6906.jpg


ランチのチラシです↓
DSCF5534_201308090614444e7.jpg

DSCF5535.jpg

DSCF5536.jpg


2012年12月19日購入時お店DATA
******************************
ティーヌン 市ヶ谷店
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル1階
TEL&FAX 03-5214-6515
営業時間  
[昼]11:00~15:00 (お弁当 11:00~14:45)  
[夜]17:00~23:00
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/26 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【お弁当販売終了】 やきとり 宮川 四ッ谷  @四谷
2015年8月10日追記

DSCF6577 (480x360)
「宮川」のお弁当販売は、2015年7月末をもって終了しました。

************************************

この週末は、土日ともとってもいいお天気でしたね~。
紅葉狩りなどなど、みなさま、楽しまれたのでは?

11月は今週で終わりなのでちょっと忙しくなりそうですが、今日は嬉しい給料日。
いつもはちょっとブルーな月曜日も、明るく過ごせます(笑)。

DSCF9780_201311220627099d0.jpg
2012年12月17日は午後イチで来客の予定があったので、先輩が早めに「お昼はどうしますか?」と上司に聞いたのに、ぐずぐずしていてなかなか決まらず。
前の週の2012年12月12日に食べた「こしひかり弁当」を覚えていたのか、外へお弁当を買いに行く私に「ついでに幕の内弁当を買ってきて。」と頼まれました。
こしひかり弁当じゃつまらないので、Oさんに事務所から近いお弁当屋さんを紹介しようと思い、「やきとり 宮川(みやがわ) 四ッ谷」へ行きました。

DSCF5682_20120203230710.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの交差点を渡り、左に曲がります。
レストラン エフ」の入っている主婦会館の隣に四ッ谷鳳翔ビルがあり、その1階にお店があります。

DSCF5685_20120203230709.jpg
この場所には以前「おかわり屋」というお店がありましたが、2011年9月16日に閉店したそうです。

DSCF5683_20120203230710.jpg
「宮川」は40年継ぎ足された秘伝のタレを持つ老舗の焼き鳥屋さんだそうで、2011年11月21日にオープンしました。
溜池山王にも支店があるそうです。

DSCF5684_20120203230709.jpg
前回ランチ訪問したのは2012年11月6日でした。
前回お弁当を購入したのは2012年10月29日だったので、約1ヶ月半ぶりです。

朝から降っていた雨がちょうど上がっていたので、多分お弁当を売っているはず、と思って角を曲がると、お弁当販売が見えませんでした(汗)。
のぼりは出ていないし、ちょっと奥まった位置にテーブルを置いているので、結構近くに行かないとお弁当を売っているのに気付きにくいです。

DSCF3627_20130614082822.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お店の入口の右側で、店員さん一人でお弁当を販売しています。
お弁当の販売は店内でのランチと同じく、午前11時半からとのこと。
販売する人は日によって変わります。

お弁当はきじ弁当、きじ・竜田揚弁当、宮川弁当が定番3種類で、その他に季節メニューなどがあるようです。
看板に出ていないメニューがあったりもします。

定番のきじ弁当は必ずありますが、それ以外はちょくちょく変わっているようです。
この日はきじ弁当、以前食べた大満足だったチキンカツカレー弁当、鶏もも肉の生姜焼き弁当の3種類でした。

DSCF7796.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前にはお弁当のメニューが書かれた看板が出ていました。
お味噌汁とご飯の大盛りは無料です。

この日の販売員さんは、初めて男性でした。
寒い中立ったまま販売しているし、お客さんも少なく、とっても寒そう。
先客ゼロで、後客が1名ほどでした。

DSCF5502_201308090603010bd.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ランチメニューの大きな看板も出ています。

DSCF9771_20131122070731d7a.jpg
何故か写真が反転してしまうバグ。
直せないです。。。(泣)。

私は食べたことのない鶏もも肉の生姜焼き弁当をチョイス。
Oさんにはカレーのルーが盛り放題のチキンカツカレー弁当をオススメしたのですが、私と同じメニューをチョイス。
上司には、間違いないお味のきじ弁当を購入しました。
幕の内というリクエストでしたが、和食だからいいでしょう(笑)。

DSCF9774_20131122062821f6d.jpg
割り箸は断ったのですが、おしぼりを断るのを忘れていただいちゃいました。

DSCF9776_20131122062827425.jpg
お味噌汁は下が白、フタが透明のプラスチック製の容器に入っています。
自分でよそって入れるので、なるべく具沢山になるようしちゃいました(笑)。

DSCF9775_20131122062824f7e.jpg
お弁当は長方形で、下が黒、フタが透明のプラスチック製の容器に入っていました。


鶏もも肉の生姜焼き弁当 (800円)
DSCF9777_20131122062831027.jpg
いただきま~す!

DSCF9779_20131122062702566.jpg
お味噌汁はいつも同じ中身で、油揚げとワカメです。
作り置きだから仕方ありませんが、ワカメは変色して黒っぽくなっちゃっています。

DSCF9780_201311220627099d0.jpg
お弁当は、メイン、サラダ、副菜、お新香、ご飯のセットです。

DSCF9786_201311220625118d7.jpg
ご飯には真ん中に一文字でゆかりがかけてあり、真ん中にカリカリ小梅がのせてあります。
ボリュームは普通です。

DSCF9787_20131122062515745.jpg
長い時間、寒い中にお弁当を置いてあったせいか、ご飯は冷えてかたくなっていました。
この時期、販売スタイルからすると仕方ないとは思います。

DSCF9784_20131122062720a00.jpg
お新香は紫色の柴漬けです。

DSCF9785_20131122062508665.jpg
副菜は、ゴボウとニンジンのきんぴらゴボウでした。
白胡麻がふってあります。
ほんのり甘めな味付けでした。

DSCF9781_201311220627137eb.jpg
サラダはポテトサラダです。
赤いウインナーを小さく切ったものも入っていました。

DSCF9791_20131122062518674.jpg
大葉と、切りごま?胡椒?の細かく切ったものがトッピングしてあります。

DSCF9782_20131122062716119.jpg
鶏もも肉の生姜焼きは千切りのキャベツにのせられ、長ネギの青い部分と白胡麻がトッピングされていました。
鶏肉はもも肉のはずですが、こちらもご飯と同様に外気に冷やされたのか、結構かためでした。

DSCF9792_2013112206252143e.jpg
そして、生姜焼きのはずなのに、何故か生姜の味がしませんでした。
同じメニューを食べたOさんも同意見。

キャベツには特にドレッシングなどがかかっていなくて、しかも、鶏の味付けも薄めだったので、食べるのにちょっと難儀しました。


全体のボリュームは普通です。
2012年10月29日に食べた油淋鶏もそうでしたが、「宮川」は基本メニューのチキンカレーやきじ弁当はとっても美味しいですが、それ以外のメニューだとちょっと当たり外れがあるように思います。
カレーなどに比べても100円高いのに、ちょっと残念でした。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニュー↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

[イートイン]
きじ飯 (2012年1月31日
唐揚げ定食 (2012年3月9日
チキンカツカレー (2012年7月6日
鶏そぼろと春雨の辛味噌温玉ご飯 (2012年9月14日
チキンカツ定食 (2012年11月6日

[テイクアウト]
きじとそぼろが楽しめるミックス弁当 (2012年7月11日
自然栽培のお野菜を使った夏野菜カレー (2012年7月27日
宮川伝統の味 きじ弁当 (2012年10月3日
宮川弁当<油淋鶏> (2012年10月29日
鶏もも肉の生姜焼き弁当 (2012年12月17日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF5475_2013080906045767a.jpg

DSCF8034_20130930082358840.jpg

DSCF8033_20130930082437df8.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF1882_20130517053452.jpg

DSCF7340.jpg

DSCF7341.jpg

DSCF7342.jpg

DSCF7343.jpg

DSCF7344.jpg

DSCF7345.jpg

DSCF7346.jpg

DSCF7347.jpg

DSCF7349.jpg

DSCF7350.jpg

DSCF7351.jpg

DSCF7352.jpg


以前いただいたチラシです↓
DSCF6253_2013082208355069e.jpg

DSCF6254_20130822083507b02.jpg

DSCF6256_20130822083513967.jpg

DSCF6255_20130822083510bb0.jpg


お店の名刺です↓
DSCF6587_20120221081301.jpg

DSCF6588.jpg


2012年12月17日訪問時お店DATA
***********************************
やきとり 宮川 四ッ谷 (みやがわ)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 四ッ谷鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3221-4833
営業時間 *お弁当の販売は午前11時30分から
[月~金] 11:30~14:00 18:00~23:00 
[土日祝] 17:00~22:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/25 04:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner  @四谷
明日は祝日の勤労感謝の日なのに、土曜日と重なってしまい、土日が休みの私は非常にガッカリです。
振替休日が欲しい!(笑)
・・・ともあれ、みなさま、楽しい週末をお過ごしください☆

本日は、2013年10月30日からやってきた「グルージンダイナー」のレポートです。

DSCF6363_20131121075801458.jpg
2013年11月6日は水曜日。
サファリカレー」が2013年10月23日に営業を終えたあと、別のカレー屋さんが来るとサファリカレーのご主人から聞いていたのでとっても楽しみにしていました。
初日の10月30日は都合で行けず、この日、初めて買いに行くことに。
先輩も食べたかったのですが、この日の夜にディナーに行くとのことで、カロリーを気にして泣く泣く断念。

DSCF6328_2013112108073479b.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点を左折します。
しばらく進むと左手にヤマト運輸の営業所があり、車はその前に停まっています。

いつもの場所に行ってみると、確かに新しい車が来ていました。

DSCF6329_20131121080737ed9.jpg
こちらのお店で販売しているのは、やわらかお肉の旨コク欧風ポークカレーの「マリンカレー」です。
レギュラーサイズが550円、スモールが50円引きの500円、ラージは100円増しの650円、キングは200円増しで750円です。
なお、キングはトッピングが1つ無料になるとのこと。


サファリカレー」はトッピングを1つ含んで並盛が500円でしたが、こちらはレギュラーにトッピングをつけると600円になります。
2割高くなると思うと、「サファリカレー」ってやっぱりとってもお得だったんだな~と思っちゃいました。

サファリカレー」の店主さんから挽き肉カレーだと聞いていたのに、看板に書かれているのはポーク。
この時はとても謎だったのですが、その後、金曜日にも同じ場所にカレー屋さんが来ていて、こちらがキーマカレーを出していたので、店主さんが話していたのはこちらのお店のことでした。

DSCF6330_20131121080739d14.jpg
車には「カレーライス」という小さな暖簾?がかけられていました。
赤と緑という、スイカカラーでとっても目立ちます。

DSCF6323_201311210810251c8.jpg
歩道には小さな看板も出ていました。

こちらはMACKY RAMONE(マッキーラモーン)さんの「Cruisin’Diner(クルージン ダイナー)」というお店です。
私はツイッターに登録していないので情報があまりわからないのですが、マッキーラモーンさんは現役のDJ&ミュージシャンのようです。

ラルゴ」でもそうでしたが、看板の記載が500円~となっていて、もちろんSサイズとは書かれていますが、この表記は個人的にあまり好みではありません。

DSCF6324_20131121081028df4.jpg
営業時間は毎週水曜日、午前11時30分から午後1時までです。

DSCF6326_201311210807313a5.jpg
お米にこだわっているとのことで、富山県産のてんたかくという品種の新米です。
お水が良いからお米も美味しいとのこと。
お米マイスターが推奨する、カレーに一番合うお米だとか。

DSCF6325_20131121080728288.jpg
特製コールスローは50円です。

サファリカレー」と違って看板を出したり、暖簾?をさげているのでとっても目立ちます。
あまり目立つとまた警察と揉めるんじゃないかとこちらが心配です(汗)。

DSCF6320_2013112108101068a.jpg
12時5分位に到着すると、前客2名、後客3名でした。
店主さんは男性で、一人で切り盛りしています。

DSCF6321_20131121081014d90.jpg
トッピングはタマゴ、チーズ、生タマネギ、コールスローの4種類で、全て50円です。

生タマネギは「サファリカレー」にはなかったので、ちょっと興味があります。

サファリカレー」の時は、カレーのお値段にトッピングが1つ含まれていましたが、「クルージンダイナー」は別です。
私の前のお客さんが「サファリカレー」を買っていた人らしく、トッピングが有料だというのをお会計の時に気付いたようで、店員さんから説明を受けていました(笑)。

DSCF6331_20131121080700516.jpg
持ち帰り用のビニール袋は白です。

DSCF6336_2013112108070790c.jpg
この日はがっつり残業する予定だったので、ちょっとしっかり目に食べようと思い、ラージを注文。
せっかくなのでトッピングもと思い、タマゴとコールスローのどちらにしようか迷っていたら、店主さんが「それなら両方。」と声をかけてきたので、アドバイスに従い、両方をお願いしちゃいました(笑)。

DSCF6340_201311210805425e2.jpg
白いプラスチック製のスプーンは透明なビニール袋に入っています。
うっかりしていて、スプーンをお断りするのを忘れちゃいました(汗)。

DSCF6334_201311210807054b9.jpg
紙ナプキンもついていました。

DSCF6333_20131121080702b3c.jpg
ラージサイズなので、ご飯とルーは別容器になっています。

DSCF6342_20131121080545dcf.jpg
トッピングのコールスローは、透明なプラスチック容器に入っています。

DSCF6345_201311210805484b3.jpg
トッピングのタマゴも、同じく透明なプラスチック容器に入っていました。

DSCF6346_20131121080551a52.jpg
ご飯は下が白、フタが透明のプラスチックの容器に入っています。

DSCF6349_201311210805541ce.jpg
ルーはやや背の高い筒状の容器で、フタが半透明、下が白いプラスチック容器に入っています。


マリンカレー<ラージ>(650円)+タマゴ(50円)+コールスロー(50円)=750円
DSCF6350_2013112108003889a.jpg
いただきま~す!

DSCF6354_2013112108004968a.jpg
タマゴはあらかじめ半分に切ってあり、黄身をチラ見せさせています(笑)。
こういうちょっとした気遣いが、センスというか、オシャレです。

DSCF6358_201311210800594c4.jpg
オーバル型の容器に、ラージだけあってご飯がたっぷりと盛ってあります。

DSCF6361_20131121075754658.jpg
横一直線にドライハーブがかかっていました。
これがあるかないかで、ビジュアルがだいぶ違います。

DSCF6363_20131121075801458.jpg
ご飯にタマゴをのっけてみました。
うーん、いい感じ!

DSCF6351_20131121080044dbd.jpg
特製コールスローです。
マヨネーズとりんご酢をベースに、レモンなどの隠し味が使われているとか。
キャベツのほか、スイートコーンや紫キャベツ?などが入っていてカラフルです。
別料金を取るだけあって、さすがに華やか。
さっぱりとしていて美味しかったです。

DSCF6365_20131121075810a5d.jpg
タマゴがあるとボリュームも出るし、何より見た目がゴージャスになりました。

DSCF6367_20131121075815178.jpg
タマゴはほぼかた茹でです。

DSCF6356_201311210800537c5.jpg
カレーのルーは、容器の7割程でしょうか。
ぱっと見の表面にはちょこっとお肉が顔をのぞかせているだけで、他の具は見あたりません。

DSCF6369_201311210754522e5.jpg
まずはルーをそのまま一口。
欧風カレーだからか、少し甘いような気がしました。
スパイシー感はそれ程なく、ピリ辛です。
旨みもしっかりありました。

DSCF6375_20131121075504508.jpg
こちらの豚肉は大麦豚の肩ロースだそうで、結構大ぶりの大きさです。
一口食べてみると、お肉がホロホロと崩れ、肩ロースなのにと~っても柔らか。
すっごく美味しい!
お肉多めの設定とか出来ないかな?と思ってしまいました。

DSCF6378_201311210755306c8.jpg
ご飯が多いので、最後にルーがなくならないようにご飯の容器の方にルーを入れて、よくかき混ぜて食べちゃいました。
汚らしい写真ですみません(汗)。

DSCF6338_20131121080709f9f.jpg
この日の先輩のお弁当です。


大盛りでしたが結構ペロリと食べちゃいました。
もちろん、ボリュームはあったので、残業していてもお腹があまり空かずにすみました。

こちらのカレーのお肉の美味しさには大感激でした。
生タマネギトッピングがとても気になるので、是非試してみたいです。


2013年11月6日購入時お店DATA
*******************************
MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner (くるーじんだいなー)
移動ワゴン車での販売 
場所  東京都千代田区六番町6-20 グランドメゾン六番町前
営業日 水曜日
営業時間 11:30~13:00
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/22 05:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(4) |
黒猫夜 六本木店  @六本木
昨日はちょっと遅くまで残業しようと思い、ランチに「タベルナ」の看板メニューである牛肉の薄切りステーキをがっつりと食べちゃいました。
夕飯は結局食べなかったのに、朝、体重を量ったら、前日より増えてる(汗)。
さすが、2,000キロカロリーオーバーなことだけはありました、、、。

本日は、マイブログ圏外の六本木にある「黒猫夜」のレポートです。

DSCF9696_20131119071427fec.jpg
2012年12月14日の夜、先輩と二人で忘年会ディナーに行きました。
この日向かったのは六本木にある「黒猫夜(くろねこよる) 六本木店」というお店です。
食べログで高評価のこちらのお店、ずっと前から気になっていて、この日、ようやく行くことが出来ました。
中華料理のお店ですが、かなりディープな食材を使っていて、しかも、あまりなじみのない中国酒を少しずついろいろな種類を楽しめ、しかも、六本木なのにとってもお値段がお安いというお店です。

DSCF9644_20131119071924f31.jpg
地下鉄日比谷線六本木駅6番出口を出たら六本木通りをそのまま進み、最初の角を左折して次の左の角に佐竹ビルがあり、お店はその4階です。

DSCF9643_20131119071920042.jpg
駅から徒歩3分ととっても近く、すぐ裏手にある感じですが、ビルの標識に名前が出ていないので、一度通り過ぎてしまいました(汗)。
よく見るとビルの入口に小さな看板があって、ようやくわかりました。

DSCF9645_20131119071927a6a.jpg
ビルは雑居ビルで、かなり年代物です。
エレベーターを使って上へ。

DSCF9649_20131119071934e1b.jpg
エレベーターを降りると、看板もなく、中が全く見えない巨大な扉があるだけ(汗)。
本当にここで良いのか、キョロキョロしちゃいました。
まるで会員制のお店みたいです。

DSCF9648_20131119071930aae.jpg
よく見ると、奥の壁にの下に小さな店名が出ていました。
事前情報を一切知らない一見じゃ、絶対に怖くては入れません。

DSCF9651_20131119071850698.jpg
恐る恐る扉を開けると、男性店員さんからとても明るく出迎えられて、ホッと一息。

DSCF9654_20131119071859676.jpg
食べログではこのお店はとっても怪しげなオーラがあるように書かれていましたが、ダウンライトでちょっと暗い店内はとってもオシャレな内装で、お香の香りが漂っています。
店員さんはイケメンの若い男性が多いです(笑)。

DSCF9655_201311190719025ce.jpg
フロアの中央にカウンターがあり、その周りにテーブル席、半二階になっているような席もありました。
7時に到着したところ、まだ店内はガラガラ。
忘年会シーズンで金曜日なので、一番混み合うかと思っていただけにちょっと拍子抜けしたのですが、単に六本木というお土地柄、スタートが遅かっただけのようで、しばらくすると満席になってお料理が出てくるのが滞る程でした。

DSCF9695_201311190714247cb.jpg
カウンターの前にはお酒がずらり。
見たことがない中国の酒がたくさんあって、ワクワクしちゃいます。

DSCF9653_2013111907185616d.jpg
私たちはカウンターの左端に着席。
まずは乾杯の飲み物として、先輩は阿里山烏龍茶のアイスで、私は生ビールの小ジョッキをチョイス。


阿里山烏龍茶 <アイス> (580円)
DSCF9671_20131119071726792.jpg
ウーロン茶はポットごと提供されます。
熱々のウーロン茶を目の前で作り、自分で氷を入れてアイスにします。
ウーロン茶の葉が開くのに、2、3分待ちました。

このウーロン茶は台湾のもので、お店で直接買い付けているそうです。
このお店のウーロンハイもこのお茶で作っているそうですが、現地の農家さんから「もったいない!」と言われちゃうとか。
店員さんから口頭で「ありさんの烏龍茶です。」と言われていましたが、「ありさん」が「あり」が知名で「あり産」なのか、「あり」が人名で「アリさん」なのか、さっぱりわからず。
後でメニューを見たら、「阿里山」という地名でした(笑)。

DSCF9694_2013111907151556b.jpg
お茶の出来上がり具合は、お店の人が教えてくれます。

乾杯!
2012年も1年間、お疲れ様でした~。

先輩は烏龍茶の美味しさに感動。
一口いただきましたが、烏龍茶独特の癖がなくてさっぱりとして、甘みを感じます。
烏龍茶嫌いの人も飲めるのでは?
色は黒ではなく薄い緑色で、見た目もかなり違います。


生ビール 小ジョッキ (480円)
DSCF9672_20131119071729f37.jpg
先輩の烏龍茶の出来上がりを待っていたので、私のビールの泡はすっかり消えちゃいました(笑)。
このビール、銘柄がわからないのですが、ほんのりと甘みがあってさっぱりとしていて美味しかったです。


お通し (1,000円)
DSCF9690_201311190714587ac.jpg
まずはお通しが出てきました。
これで二人分ですが、それにしても一品料理と変わらないぐらいのボリュームです。
模様の入ったオーバル型のお皿に3種類のせられていました。

DSCF9691_2013111907150234b.jpg
左は、自家製ルースイで味付けした大豆とブロッコリーです。
後で調べたところ、ルースイとは、八角・ローリエ・クローブ・ニッケイ・生姜などが入る中華の香味醤油タレだそうです。
苦手な八角の香りはほとんどしなかったです。
ブロッコリーにこのルースイがよくしみ込んでいて、とっても美味しい。
味は濃くないですが、旨味たっぷりです。
こういう味わいは初めてでした。

DSCF9692_20131119071508870.jpg
真ん中は、揚げピーナッツに海苔塩をまぶせたもの。
シンプルですが、海苔の風味がとっても香ばしくて美味しい。
お酒にとっても合いました。
お店の公式HPを見たら、「黒猫夜オリジナル こだわり海苔ピーナッツ」という名前で通販されています。

DSCF9693_201311190715124d6.jpg
右は、豚バラ肉とメンマの辛味炒めです。
しっかりと味がしみていて、辛さもばっちり効いていました。
お肉は柔らかかったです。


前菜の盛り合わせ <1~2人前> (1,800円)
DSCF9696_20131119071427fec.jpg
メニューを見ると、食べたいものがあり過ぎて、とても悩みました。
食べログで下調べもしたのですが、それでも決まらない(汗)。

いろいろ食べられるよう、前菜の盛り合わせは、それぞれ2つずつにしてもらいました。
なんと7種類ものお料理が並び、と~ってもゴージャス!!
お通しと前菜だけで、かなりのボリュームです。

DSCF9704_20131119071351914.jpg
お皿の片隅には仙人?鎮座していました。
こんな遊び心が良いですね~。

DSCF9697_20131119071430738.jpg
1つ目はエビ紹興酒漬けです。
身がトロリととろけ、甘い!
ほんのり紹興酒の香りが漂いました。

DSCF9698_2013111907143314c.jpg
2つ目は右のあん肝五香煮です。
あん肝、美味しい~。
ほんのちょっと八角でしょうか、甘い香りがしました。

3つ目は左のサバ烏龍スモークです。
阿里山ウーロン茶でスモークしたもの?
ウーロン茶でスモークしたというのは初めていただきましたが、すっごく香ばしい香りがしました。

DSCF9699_20131119071437ff3.jpg
たくさんあって、どれから食べようか、迷っちゃいます。

DSCF9736_201311190707186de.jpg
4つ目は子持コブ腐乳風味です。
粒粒とした食感でした。

DSCF9725_20131119071202bb1.jpg
5つ目はなまこ酸辣ソース
なまこはコリコリとした歯応えで、しっかりと酸っぱ辛いソースがアクセントになりました。

DSCF9706_20131119071354521.jpg
小皿に取り分けて、いただきま~す。

DSCF9707_2013111907135845f.jpg
6つ目は枝豆糟鹵(?)です。
これはお通しのと同じ味付けかな?

DSCF9708.jpg
7つ目は紅芯大根甘酢漬けです。
さっぱりとしていました。


樹子水連菜
水連菜の樹子炒め (1,100円)
DSCF9709_20131119071404dd5.jpg
店員さんにお勧めメニューを聞いたら、台湾から輸入している水連菜が旬だと言われたので、せっかくならただの塩炒めではなく、同じく台湾の樹子が使われた、台湾素材の水連菜の樹子炒めというお料理を注文。

水蓮菜(台湾ガガブタ)は台湾南部の高雄市美濃区の特産で、くせがなく、シンプルな和え物や炒め物によく使われるとのこと。

樹子は「破布子」とも呼ばれるカキバチシャノキの実で、漬物にすると甘みと旨みがあるので、朝ご飯のおかずや料理の食材として使うそうです。
漬物は、熟して黄土色を帯びた果実を選んで熱湯で湯がき、完全に軟らかくなったところをすくい上げ、冷水で冷やして水を切り、しょう油と一緒に容器に入れて1週間ほど漬けます。

DSCF9710.jpg
大ぶりのシメジも入っていました。
水連菜は見た目は細くて緑色の濃い茎なので、水菜というか海藻みたい。
食べてみると、この細さからはイメージ出来ない程、しっかりとしたシャキシャキした食感です。
歯応えのある食べ物が大好きな私は、他にはなかなか味わえない強い歯触りがとっても気に入りました。
しっかりとダシが利いていて、中華料理の野菜の炒め物って美味しいなぁと再認識。

DSCF9724_2013111907115838a.jpg
樹子には種があります。
酸っぱくないかためな梅干しというか、少し歯応えのあるオリーブという感じでしょうか。
旨みがお料理に出ているのか、単独で食べるとあまり味がわかりませんでした。


串盛り4本 (780円)
DSCF9712.jpg
串焼きは1本200円で4種類ありますが、串盛りで注文すると20円お得になります(笑)。
ディスカウント目当てではなく、4種類がどれも美味しそうだったので、盛り合わせで注文しました。

DSCF9714.jpg
お好みでお塩やハーブ、お味噌?などをつけていただきます。

DSCF9716_201311190713280c9.jpg
右から順番に
鴨背肝串 鴨レバーの串焼き
鴨心臓串 鴨ハツ・ハツもとの串焼き
烏魯木斉烤羊肉串 烏魯木斉の羊串焼き 
密汁香腸 腸詰の串焼き
です。 

DSCF9718_20131119071235483.jpg
羊の串焼きは程よい歯応えで、癖はほとんどなかったです。
腸詰の串焼きは少し甘めの味付けでした。


黄酒 三種きき酒 (900円)
DSCF9719_20131119071238171.jpg
こちらのお店ではたくさんの種類の中国のお酒を揃えていて、特に黄酒と白酒が充実しています。メニューにとても詳しく説明されていますが、中国酒初心者の私にはちんぷんかんぷん。
なので、いろいろ試してみようと思い、こちらを注文。

黄酒とは、中国の沿岸部で製造される地方酒の総称です。
日本では紹興酒や老酒と呼ばれることが多いですが、これは紹興地方の黄酒で、間違っているようです。
店員さんに飲みやすいものを、とリクエストして、チョイスしてもらいました。

DSCF9720_20131119071241c07.jpg
小さな黒い長方形のお盆に、3種類のお酒だけでなく、チェイサーものせられています。
それぞれのお酒のネームまでついてて、とってもわかりやすい!

DSCF9723_201311190711559fb.jpg
右は石庫門(シークーメン)の12年もの。
大都市上海に現在、唯一残る上海の酒蔵で、上海老酒です。
香りが薄く、少し重たい口あたりでした。
上海に行った時に20年ものを飲みましたが、そちらの方が断然美味しかったです。

DSCF9722_20131119071249511.jpg
中は況缸酒です。
缸缸好型と伝統型5年の2種類がありますが、どちらだったか、聞きそびれてわかりません。
全国評酒会最多三度受賞の銘酒、事実上中国で一番の黄酒のようです。
甘い香りがして味わいも甘く、後には引きませんが、かなりの甘さでした。

DSCF9721_201311190712452b0.jpg
左は堲墨(ジーモー)老酒で、清焦(チンジャオ)型です。
北方派と分類され、山東省の青島で生産されているとのこと。
甘い香り、軽い甘さですっきりとした後口でした。


珍味 鴨の脳みそ (680円)
DSCF9726.jpg
お店の名物料理と言われていた鴨舌の炒めを注文しようとしたら、隣に鴨の脳みそをなるものを発見。
二人とも興味津々で、こちらを注文しちゃいました。

DSCF9728_20131119071212451.jpg
見た目は白子みたいで、赤いソースをあわせてありました。

DSCF9735_20131119070807f87.jpg
お味は深いコクがあって、こってりと濃厚です。
メチャメチャ美味しい!
ピリ辛ソースがとってもよく合います。
とってもお酒が進みました。


白酒 三種きき酒 (1,200円)
DSCF9738_20131119070721b16.jpg
黄酒の飲み比べが楽しかったので、白酒も注文。

DSCF9739_20131119070726989.jpg
黄酒と全く同じスタイルでお酒が出てきました。

DSCF9741_20131119070732f10.jpg
右は金六福(キンロクフク)という兼香型のものです。
四川省で生産していて、アルコール度数は38度もあります。
「香・醇・濃・甜・綿・浄」の6つの要素が溶け合う香り高く調和の取れた一品だそうで、甘く、強い口当たりでした。

DSCF9742_20131119070609643.jpg
中は芽台(マオタイ)酒という醤香型のものです。
貴州省で生産され、アルコール度数はなんと、53度!
300年以上の歴史を持ち、独特な高貴な香りと濃厚な味で、国酒として栄誉を博しているそうです。
私は白酒というと、まずこれを思い出します。
軽い甘さですが、刺激的な痺れがありますが、後味は残りませんでした。

DSCF9740_201311190707296b3.jpg
左は貴州(グイジョウ)醇という清香型のものです。
貴州省で生産され、アルコール度数は35度です。 歴史が短いわりには、その深みのある香りと味わいで中国だけでなく国外でもたいへん人気だそうです。
独特の甘さがありました。


海蛎煎蛋 かきの台湾風オムレツ (1,100円)
DSCF9729_20131119070754f5b.jpg
冬らしいメニューとして牡蠣を食べようと思い、3種類あるメニューからかきの台湾風オムレツをチョイス。
大きな丸くて白い平皿に、大きなオムレツがのっていました。

DSCF9730_20131119070757994.jpg
具材がたっぷり過ぎて、オムレツに見えません。
どちらかと言えばかきとニラ?の間に黄色い卵が顔をのぞかせている、という感じです。
ボリュームたっぷり。

DSCF9731_20131119070800e03.jpg
辛い薬味が添えられています。

DSCF9732_201311190708040c2.jpg
片栗粉がちょっとダマになっている部分がありましたが、片栗粉をしっかり使わないと形がまとまらないのかなと思いました。
程よい味付けで、かきの風味がたっぷり。
どこを食べても必ずかきが口に入ります。


100%茘枝ワイン (580円)
DSCF9743_20131119070614676.jpg
世界一の生産地の広東省の恵来にある茘枝の村で製造されているそうで、「黒猫夜」が独占契約をしているのこと。
なんと、ライチを70個使用しているとか。

色が透明ではなくちょっと茶色がかっていたのは意外でしたが、香りといい、甘い中にも軽い苦みのある味わいも、ライチそのままで美味しかったです。

DSCF9745_20131119070618f09.jpg
このお店にはたくさんの名物メニューがあって迷いましたが、次に注文したのは陳さんの村の中国クレープギョウザです。

混み合ってきてピークタイムになったこともあると思いますが、お料理が出てくるのに結構時間がかかることがあります。
このクレープギョウザは特に時間がかかり、待っている間に他の食べ物は食べ尽くしてしまい、ちびちびお酒を飲みながら30分以上かかりました。途中、忘れられているのかなと思って聞いてみましたが、遅れていただけのようです。

DSCF9746_20131119070622494.jpg
ようやく登場!
とてもオシャレな火がついたスタンドが出てきました。


特色点心 陳村煎腸粉
陳さんの村の中国クレープギョウザ (980円)
DSCF9748_20131119070626d7a.jpg
その上にクレープギョウザののせられたお皿を置きます。

DSCF9749_201311190703108f5.jpg
生地はクレープっぽいですが、見た目はおうちでつくる巻ききれないオムレツのような、トルティーリャのような。
先程のかきのオムレツよりはよっぽどオムレツっぽいかも(笑)。

DSCF9750_201311190703323b1.jpg
火にかけたら、店員さんが調理してくれます。

DSCF9752_20131119070340fb7.jpg
クレープを切り刻み、中の具材と全体を混ぜ合わせてくれました。
とてもギョウザとは思えません。

DSCF9754_20131119070347d56.jpg
中にはたっぷりの挽肉、ネギ、トマトなどが入っていました。
白っぽく見えるのは小さくカットされた餃子の皮です。
スプーンで取り分けながらいただきます。
中華風もんじゃみたい??

DSCF9757_20131119070351d3e.jpg
挽肉にはかなりしっかりした下味がついていて、かなり濃い目の味わいで、しかも、ややオイリーです。
トマトも入っていますが、それでも相殺できないぐらいで、お酒を飲み終えていた私にはちょっと辛かったため、お酒の追加オーダーをしました。


生ビール 小ジョッキ (480円)
DSCF9758_20131119064805312.jpg
クレープギョウザの味の濃さと油っこさをしっかり流したかったので、黄酒や白酒では無理だと思い、もう一度生ビールを注文。
かなりお酒の進む味わいでした。
メニューにあるかどうかわかりませんが、ご飯とあわせても良かったかもしれません。


香菜沙津
パクチサラダ (880円)
DSCF9760_20131119064809933.jpg
さらに口を中の中をさっぱりさせるために、パクチサラダも注文。

DSCF9762_2013111906481435b.jpg
野菜をもしゃもしゃ食べてすっきりしたので、クレープにはぴったりのチョイスでした。
たっぷりのボリュームで嬉しかったです。

DSCF9763_20131119064818528.jpg
葉物ばかりではなく、ピーナッツや長芋なども入っていて、歯応えも楽しめました。

DSCF9765_201311190648220db.jpg
奥のテーブルをふと見ると、何やらグラスでタワーを作っています。

DSCF9767_201311190647314c0.jpg
何だろう?と思ってメニューを見たら、紹興酒塔(タワー)でした。
これ、わずか1,000円でやってくれます。
いつか、少し多い人数で訪問してぜひやってみたいです。

DSCF9769_20131119064737c5e.jpg
料理の終わりに温かいお茶をいただきました。
お花やたっぷりのクコの実が浮かんでいて、と~ってもゴージャス。
ほんのり甘かったです。

DSCF9770_20131119064741707.jpg
この日のお会計です。


食べたいメニューがもっとたくさんあるのにお腹が一杯でこちらで終了。
六本木という場所で、珍しい食材の本格的なお料理と滅多に飲めないお酒を飲んだたというのに、お会計は二人で13,717円、一人約7,000円で、納得のCPでした。
先輩も予想以上の大感激で、また是非再訪しようと誓いました。

ところで、フードメニューの写真の一部が横向きになってしまっているのはわざとではなく、何度データをアップしても直らないので、バグか何かのようです。
見にくくてスミマセン。


フードメニューです↓
DSCF9678_201311190716571f8.jpg

DSCF9679_201311190805469bf.jpg

DSCF9680_20131119071607b18.jpg

DSCF9681_2013111907161130c.jpg

DSCF9682_20131119071614f65.jpg

DSCF9683_20131119071620fdb.jpg

DSCF9684_20131119071623298.jpg

DSCF9685_20131119071533ec8.jpg

DSCF9686_20131119071537392.jpg

DSCF9687_20131119071540565.jpg

DSCF9688.jpg

DSCF9689_20131119071546545.jpg


ドリンクメニューです↓
DSCF9656_2013111907190439f.jpg

DSCF9657_2013111907182292e.jpg

DSCF9658_2013111907182578f.jpg

DSCF9659_2013111907182792a.jpg

DSCF9660_20131119071832dbc.jpg

DSCF9661_20131119071835dc8.jpg

DSCF9662_20131119071750737.jpg

DSCF9663_201311190717542b0.jpg

DSCF9664_20131119071757193.jpg

DSCF9665_20131119071801000.jpg

DSCF9666_20131119071804139.jpg

DSCF9667_201311190717199f4.jpg

DSCF9668.jpg

DSCF9674.jpg

DSCF9675_20131119071641e58.jpg

DSCF9676_201311190716500b9.jpg

DSCF9677.jpg


2012年12月14日訪問時お店DATA
****************************
黒猫夜 六本木店 (くろねこよる)
〒106-0032 
東京都港区六本木4-9-1 佐竹ビル4階
TEL 03-3497-0256
FAX 03-5754-3775
営業時間 
[平日] 18:00~5:00    
[土曜] 18:00~23:30(L.O.22:30)  
定休日 日曜・祝日
地下鉄日比谷線六本木駅6番出口から徒歩3分

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

【2013/11/21 07:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
魚沼こしひかり弁当 五番町店  @市ヶ谷
先週末は土日とも食事会があり、土曜日の夜と日曜日の昼にフルコースの中華(汗)。
しかも、お店は違えど、海老チリ・麻婆豆腐・大根餅などなど結構メニューがかぶりました。
私は同じお料理を食べ続けるのはそれ程苦にならないので、実際に食べてみたら、お店によって味わいって結構違うんだな~と楽しめました。

DSCF9530_20131118075656675.jpg
2012年12月12日は午後イチに来客を予定していたので早めに食事をしなければならず、上司は「松月庵」の出前を頼み、Oさんと私はお弁当を買いに出ました。
Oさんにリクエストを聞いたところ、前に教えた「魚沼こしひかり弁当 五番町店」を食べてみたいとのことだったので、行ってみることに。

店

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点を右折します。
交差点の角には2011年5月31日にランチ訪問した「らーめん まんてん」があり、その隣のグレイス五番町ビルの1階にお店があります。

看板

「魚沼こしひかり弁当」は、新潟県三条市に本社がある株式会社オーシャンシステム百米という事業部?子会社?が展開する個人向けのお弁当ブランドで、お弁当のお米は新潟県魚沼産こしひかり100%です。
お店の場所が良く、お米も良く、お値段もお安いせいか、いつもお店を取り巻くように大行列が出来ていて、遅い時間に買いに行くと売り切れになってしまいます。

DSCF9513_20131118075751a83.jpg
本日のお弁当が写真付きで出ていました。
ただ、容器の形状を含めて、実物とは結構違います(笑)。

店内はウナギの寝床のような縦に細長い作りになっていて、女性の店員さんが一人で切り盛りしています。

DSCF9514_2013111807580312c.jpg
週間メニューも貼り出してあります。
なので、自分の好きなメニューを選んで買えるのがいいですね。

お弁当は390円と480円と550円の3種類あり、メニューは毎日変わります。
500種類のメニューの組み合わせにより、1年間通しても同じメニューや内容になることはないそうです。
以前は390円と580円の2種類だったのが、390円・480円・550円の3種類になっていました。
ちなみに、オープン当初は300円と500円でしたので、結構変化してます。

DSCF9515_20131118075807bdf.jpg
お値段は低価格ですが、おかずの内容はかなり細かく記載されています

到着が12時20分過ぎだったので、お弁当がまだあるかどうか心配でしたが、案の定、お店の中はがらんとしていて誰もいませんでした。
550円のお弁当は完売、480円のお弁当が1個、390円のお弁当が5個程残っていただけで、相変わらずの人気です。
デフレの象徴のようなお店ですが、意外と高価格帯が人気?

2010_0409画像0025
こちらは以前撮影した写真です。
この日は見当たらなかったですが、週間メニューは貼りだしてあるだけではなく、持ち帰ることも出来ると思います。

前回お弁当を買ったのが2010年4月9日だったので、約2年8ヶ月半ぶりと、かなりご無沙汰でした。

DSCF9517_20131118075810b15.jpg
持ち帰り袋にもちゃんとお店のロゴが印刷されています。

DSCF9518_20131118075813e8c.jpg
Oさんと私は390円のお弁当を購入。
おかずとご飯は別々の容器になっています。
店頭に出ているのはおかずだけで、ご飯はお会計の時に入れてくれます。

2010_0409画像0007
こちらは以前撮影した写真です。
この日はお箸はお断りしました。

DSCF9519_201311180757252ab.jpg
ご飯は、下が黒、フタが透明なプラスチック製の容器に入っていました。

DSCF9520_20131118075727659.jpg
おかずの容器も同じくプラスチック製、フタあ透明、下は何色か組み合わされたちょっと華やかなデザインです。

DSCF9521_20131118075732945.jpg
賞味期限が当日の午後2時までと、とっても短いので、ご注意!


魚沼産こしひかり弁当 (390円)
DSCF9528_20131118075652d5a.jpg
いただきま~す!

DSCF9525_20131118075738a3f.jpg
こちらのお店のご飯はこしひかりなのでお米そのものは美味しいのですが、どうも水分が多めでべしゃっとしていることが多いのが気になっていたのですが、容器の形状も含め、いろいろと試行錯誤しているようです。

DSCF9526_201311180756503a3.jpg
この日のご飯は水分少なめでかためなご飯が好きな私にしてはちょっと水分が多く感じましたが、お米そのものはとてもふっくらとしていて美味しかったです。
ボリュームは普通です。

DSCF9530_20131118075656675.jpg
この日のおかずは、エビカツ&イカ磯辺カツ、オムレツ、洋風肉じゃが、オニオンマリネ、キムチ炒めです。

DSCF9540_20131118075542a7a.jpg
お新香は、ナスの漬物が2切れです。

DSCF9542_2013111807554541f.jpg
ネギ味噌でしょうか、ご飯のお供で、結構しょっぱかったです。
おかずが他にもたくさんあるので、ご飯だけだと使い切れなかったので、オムレツなどにもつけちゃいました。

DSCF9531_2013111807565888f.jpg
オニオンマリネです。
赤・黄・緑と色合いがあるのはパプリカでしょうか。
彩りが華やかです。
酸味がしっかりときいていて、さっぱりとしていました。

DSCF9532_20131118075701392.jpg
洋風肉じゃがです。 
タマネギとじゃがいもとグリーンピースなどが入っていました。
お醤油を使っていないから洋風なのかな?
肉じゃがとは思えない白っぽさです。

DSCF9533_2013111807560701c.jpg
キムチ炒めのはずですが、後からメニューを見るまでそれとは気付きませんでした(汗)。
どちらかと言えば五目炒めの餡かけみたいな感じです。
ニンジン、もやし、黒キクラゲなどが入っていました。
ピリ辛だったかな?

DSCF9536_20131118075613777.jpg
メインのおかずのパートには、エビカツ、イカ磯辺カツ、オムレツ、キャベツの千切り、ブロッコリーが入っていました。

DSCF9537_2013111807561680b.jpg
イカ磯辺カツです。

DSCF9538_20131118075619263.jpg
エビカツです。

DSCF9543_2013111807554769c.jpg
キューピーのタルタルソースが小袋でついています。

DSCF9544_20131118075550710.jpg
カロリーが怖いですが、たっぷりとカツにかけていただいちゃいました。

DSCF9546_20131118075553c1a.jpg
イカ磯辺カツは青海苔?の風味がよかったです。

DSCF9548_20131118075521335.jpg
エビカツは衣が結構厚めでした。

DSCF9550_20131118075524ea3.jpg
オムレツはしっかり火が通してあり、中に具が入っていました。

DSCF9554_2013111807552753d.jpg
何が入っていたか、ちょっと覚えていません(汗)。

DSCF9522_20131118075735807.jpg
この日の先輩のお弁当です。
先輩が、今日のお弁当はとにかく手抜きだから写真を撮られたくない!と騒いでいたので、パパラッチのように?遠くから撮影してみました(笑)。

DSCF9555_20131118075529886.jpg
出前のとき、「松月庵」のカレンダーをいただきました。
老舗らしいスタイルで、書き込みがたくさんできるとのこと。
事務所が狭くて飾るところがほとんどないのですが、どこかにかけられないかな~。
「松月庵」さんは創業から30年ぐらいだそうです。
こんなに長く出前をお願いしているのに、初めて聞きました。


全体のボリュームは普通です。
Oさんはあっという間に食べ終えていました(笑)。
相変わらず、390円でこれだけのおかずを揃えているのは本当にすごいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【 390円弁当 】
 1回目 (2008年2月5日
 2回目 (2009年2月25日
 3回目 (2010年4月9日
 4回目 (2012年12月12日

【 580円弁当 】
 1回目 (2010年1月28日

【 バンバンジィーサラダ 】
 1回目 (2008年2月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年12月12日購入時お店DATA
********************************
魚沼こしひかり弁当 五番町店 (うおぬまこしひかりべんとう)
〒102-0076 
東京都千代田区五番町6-4 グレイス五番町ビル1階
TEL&FAX 03-5215-3488
営業時間 11:00~13:30(売り切れ終いです。)
定休日 土・日・祝  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/20 00:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Ristrante Maestoro  @四谷
昨日は週末に引き続き、暖かくて過ごしやすい日でした。
ずっとこうだといいのになぁ~と思うのですが、そろそろ寒くなっちゃうようです。
電車の中でマスク姿の人をたくさん見かけるようになったので、皆様、ご自愛ください。

DSCF9501_20131118065207d4b.jpg
2012年12月11日はお昼になっても上司がなかなかランチのことを言い出さず、午後から来客の予定だったので12時半頃に「お昼どうしますか?」と聞いたら、外へ食べに出ることになりました。
外堀通りから三栄通りに入ろうとしたのでてっきり「嘉賓」に行くのかと思ったのですが、おもむろに立ち止まり、「あっちの中華に行くか。」と言い出しました。「日高屋ですか?」と聞くと、三栄通りをのぞきこみ、「そうだ、こっちの店もあったな。」とスタスタ歩いて行き、「Ristrante Maestoro(マエストロ)」に入っていきました。

DSCF9512_20131118065143e20.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入って少し行った右手に三井資産ビルがあり、お店はその2階です。
前回こちらのお店にランチ訪問をしたのは2012年1月26日だったので、約11ヶ月ぶりの訪問です。

三井資産ビルには飲食店がたくさん入っています。
1階には、2010年1月21日2010年4月5日2010年11月24日にランチ、2010年4月15日2010年12月21日2011年1月19日2011年9月29日2012年4月26日にお弁当を購入した「桂園 中華居酒屋・餃子房 四谷店」、地下1階には、2008年4月1日に訪問した「てしごとや 一の鳥 四谷店」(現在は、「ふくの鳥」に店名変更)があります。

DSCF9511_2013111806513985f.jpg
この時期らしく、クリスマスコースの案内が出ていました。

入口

階段を上がった右手がお店の入口です。
トイレは外にあり、この写真の左側にあります。

DSCF0815.jpg
店内は入口からすぐの左手に厨房とカウンター席、その奥にテーブル席があり、老舗なお店なのでやや古めかしさもありますが、落ち着いた内装で気取らずに食事のできるお店です。
この写真は、カウンターの前にあるテーブル席です。

DSCF0814.jpg
奥のテーブル席に入るところに、卓上に置かれるものの補充分が置かれています。

2007_1008画像0093
入店したのは12時40分過ぎで、店内は8割程の人の入りでした。

このお店のフロアを歩いていると、お店の名物料理「スパゲッティ・ボロネーゼ」(シナモン入りミートソース)のシナモンの甘い香りを感じることがよくあります。

DSCF9489_201311180653064d9.jpg
私たちは窓際の真ん中の4人用テーブルに着席。
卓上に置かれているは紙ナプキンだけで、とってもシンプルです。

DSCF7028.jpg
こちらは以前撮った写真です。
大きな窓からは問面の通りがよく見えます。
この角度からだと正面の本屋さんの2階の人とばっちり目が合いそうです(笑)。

2007_1008画像0098
こちらも以前撮った写真です。
本屋さんの右隣には、第三芝草ビルが見えます。
このビルの2階には上司お気に入りの中華「純広東家庭料理 嘉賓」があります。
この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF9496_201311180652398fb.jpg
店内のインテリアはすっかりクリスマスモードでした。

DSCF9487_20131118065300a20.jpg
テーブルの上には鮮やかな濃い青色のクロスが敷かれています。
おしぼりとお水をいただきます。

DSCF9488.jpg
お水のグラスが前回と違い、背の高いグラスになっていました。

DSCF9485_20131118065258e0f.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF5353_20121102203146.jpg
ランチタイムは午前11時30分から午後2時30分までです。
ランチメニューは大きく分けてパスタ、それ以外、スペシャルの3種類に分かれます。
パスタは、定番3種類、日替り1種類の合計4種類あり、パンとサラダ付きで値段は全て980円です。
パスタ以外には2種類のステーキがあり、パンorライスとサラダ付きで値段はどちらも980円です。

ほかには日替りスペシャル・ランチがあり、日替りスパゲッティ(小)フレッシュトマトソース、パン、サラダ、本日のお魚料理orお肉料理という内容で、お値段は1,500円です。
プラス200円でパスタを大盛り、プラス100円でライスを大盛りにできます。
食事をした人に限り、プラス200円でコーヒーか紅茶を、プラス300円で5種類のソフトドリンクの中から1つ、プラス500円でお好きなデザートとコーヒーまたは紅茶をつけることができます。

ランチタイムのうち、午前11時30分から午後1時までは禁煙です。

DSCF5354_20121102203146.jpg
この日の日替わりはワタリガニでした。
上司は日替わりのフレッシュトマトソース、Oさんと先輩は日替わりのトマトクリームソースにしたのですが、私は確かペンネを食べたことがなかったなと思い、ペンネアラビアータを注文。



サラダ
DSCF9491_20131118065309506.jpg
最初にサラダが出てきました。
小さめなお皿には、レタス、水菜、トマトの角切りなどが入っています。

DSCF9492_20131118065230438.jpg
ドレッシングがあらかじめかかっていますが、これがとっても美味しいです。

DSCF9493_20131118065233535.jpg
記憶にある限りでは、サラダの内容はだいたい同じです。


パン
DSCF9494_20131118065236bfe.jpg
パンは4人分が一皿にのせられて出てきました。
タワーのように積み上がっていて面白い(笑)。


日替りパスタ <ワタリガニ> トマトクリームソース (980円)
DSCF9497_20131118065244f96.jpg
Oさんと先輩の注文した日替わりパスタが先に出てきました。

DSCF9498_201311180651579c2.jpg
写真だとわかりにくいですが、Oさんが「結構ボリュームあるんですね~。」と言っていました。


ペンネ アラビアータ (980円)
DSCF9500_20131118065203e9a.jpg
ペンネはお花がたくさん描かれた大きな丸い平皿に盛られています。

DSCF9501_20131118065207d4b.jpg
写真だとわかりにくいですが、ペンネもボリュームたっぷり。

DSCF9503_201311180652114a4.jpg
トマトソースはしっかり味で、ほんのり甘みや酸味を感じます。
唐辛子が結構きいていて、しっかりと辛いです。
ペンネはもちっとした歯触りでした。
ボリュームたっぷりなので、できれば粉チーズとかがあればいいのにな~といつも思います。

DSCF9508_201311180651331d9.jpg
パンは温めてあり、外側はやや固めですが中はふんわりしています。
ペンネのソースが美味しいので、全部ぬぐっていただいちゃいました。

DSCF9505_20131118065214967.jpg
小さな透明な器に赤いソースがついてきました。
説明がなかったのですが、辛味?

DSCF9506_20131118065128960.jpg
香りはあまりなく、結構サラサラしていました。
最初にパンにかけて食べてみると、オリーブオイルと唐辛子でしょうか、ストレートな辛さがびしっと感じました。

DSCF9510_2013111806513651e.jpg
せっかくなので、ペンネにたっぷりとかけていただきました。
多分、アラビアータの私のために出てきたのですが、Oさんや先輩もかけて辛さを楽しみました。
Oさんは辛いもの好きなので、汗までかくほどかな~りたっぷり目にかけていました(笑)。

DSCF7050.jpg
こちらは以前撮影した伝票です。


個人的にはつるつると啜れるスパゲッティの方が好きですが、とっても久しぶりに食べたペンネも美味しかったです。
次回はペンネのクリームソースを食べたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  スパゲッティ・ボロネーゼ (2007年11月27日
  日替りスパゲッティ トマトクリームソース (2008年10月7日
  ハンバーグステーキ (2012年1月26日
  チキンガーリックソテーランチセット (2010年10月1日
  日替りスペシャル・ランチ (2009年1月7日2011年4月22日
  
[ディナー]
  2007年5月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年12月11日訪問時お店DATA
****************************
Ristrante Maestoro(マエストロ)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-21 三井資産ビル2階
TEL  03-3350-0230
営業時間 
[月~土] 11:30~14:30  17:00~22:30(L.O.21:30) 
[日祝日] 12:00~15:00  17:00~21:30(L.O.21:00)  
定休日 月曜日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/19 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店  @四谷三丁目
週末は土日ともいいお天気に恵まれましたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
11月も後半に突入です。
新しい一週間、がんばりま~す!

2012年12月7日のランチは、千代田四番町ランチ屋台の韓国料理屋「ドラゴン屋台」のお弁当を食べたのですが、デジカメの充電をサボっていて、1枚しか写真が撮れませんでした、、、(泣)。

DSCF9458_20131118050720537.jpg
2012年12月10日は週の最初の月曜日。
午前中の来客との打ち合わせが大幅にのびてしまい、途中で上司から早くても終わるのは午後1時以降になるから、弁当を買っておいてくれと頼まれたので、久しぶりに「お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店」に出前をお願いしました。
12時10分過ぎぐらいに電話で注文したところ、「今からだと30~40分かかります。」と言われましたが、こちらとしてはちょうど良いぐらいだったのでそのままお願いしました。

前回「シローズ」に出前をお願いしたのは2011年7月19日だったので、約1年5ヶ月ぶりと、ずいぶんご無沙汰でした。

2008_0907画像0044
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に進み、三つ目の交差点を越えた左側にある岡本ビルの1階にお店があります。

以前はJR四ッ谷駅の向かい側にあったグリーンマートという建物の地下に入っていましたが、グリーンマートの閉鎖に伴い、2008年7月8日から現在の場所に移転しています。
移転先は四谷三丁目寄りの立地なので私の事務所からは遠くなってしまい、最近は専ら出前をお願いしています。

2008_0907画像0043
新宿通りにこちらの看板が出ています。
岡本ビルには他にも幾つかのテナントが入っていますが、ビルの構造上、「シローズ」の場所は少しわかりにくいです。

2008_0907画像0046
「シローズ」の店舗は1階の一番奥にあります。
注文する時の電話はいつもとても丁寧な対応です。
ただ、シローズの配達はアナウンスされた時間と少し差があるときがあります。
配達の人はいろいろなところを回っているのか、予定時刻より遅れているという意識があまりないように見受けられます。

領収書は電話注文の時にお願いしないと、いただくことができないので、ご注意!

DSCF9452_201311180507468f7.jpg
とっても久しぶりな「シローズ」。
がっつり洋風弁当を食べたいところでしたが、週末の暴飲暴食で体重が増加していたのでこの日は諦めました。

お弁当は午後1時少し前に到着。
打ち合わせが終わった直後だったので、ちょうどいいタイミングでした。

DSCF9453_20131118050748bbe.jpg
お弁当は金色のポイントが入った黒のプラスチック製です。
お箸を輪ゴムで止めてあります。

2010_0310画像0003
「シローズ」のお箸です。
電話でお箸は不要だと伝えていただかないようにしているのですが、この日は久しぶりの注文だったのでお箸を断るのを忘れてしまいました(汗)。
領収書も。

DSCF9454.jpg
お弁当の容器が同じなので、中身がわかるようにメニュー名が書いてあります。

DSCF9455_201311180507544a1.jpg
Oさんの希望を聞いていなかったので、お好み弁当とハンバーグ&唐揚弁当を買って、どちらかを選んでもらうことにしたところ、Oさんはお好み弁当をチョイスしたので、私はハンバーグ&唐揚弁当をいただきました。
上司と先輩もお好み弁当です。

DSCF9456_20131118050818aa4.jpg
輪ゴムをはずして、、、、

DSCF9457_2013111805071764b.jpg
割り箸を取り外すと、こんな感じになります。


ハンバーグ&唐揚弁当 (800円)
DSCF9458_20131118050720537.jpg
久しぶりの「シローズ」、テンションがとっても高まります。
メイン2種、サラダ、お新香、ご飯のセットです。

DSCF9464_201311180506460d5.jpg
ドレッシングとお醤油の小袋がついています。

DSCF9466_201311180506518e4.jpg
ドレッシングはサラダにかけました。
お醤油は、キャベツ用?唐揚げ用?
唐揚げは下味がしっかりついていたので、この日は使いませんでした。

DSCF9461_20131118050730a67.jpg
ご飯のボリュームは普通です。

DSCF9462_20131118050639cee.jpg
黒ごまがふってあります。

DSCF9463_20131118050642c23.jpg
お新香です。

DSCF9473_20131118050402c8e.jpg
サラダはキャベツの千切りです。
この日はてんこ盛りで、隣のお新香のエリアまではみ出していました(笑)。
ついていた小袋のドレッシングをかけていただきます。
フレンチドレッシングですが、オレンジ色でした。

DSCF9459_201311180507236c2.jpg
メインの1つ、鶏の唐揚げです。

DSCF9467_20131118050614acc.jpg
見えにくいですが、奥にスパゲッティが添えられています。
区切りをする笹にレモンの切れ端のようなものがついていました(笑)。

DSCF9468_20131118050617e75.jpg
輪切りのレモンが添えられています。

DSCF9475_201311180452139ce.jpg
唐揚げは一口大のものが2個。
唐揚げはしっかり下味がついていて、お肉はとても柔らかです。

DSCF9460_2013111805072739c.jpg
もう一つのメインはハンバーグです。
インゲン2本と皮付きのポテトが添えられています。

ハンバーグはかなりの大きさで、たっぷりのデミグラスソースがかけてありました。

DSCF9469_20131118050619f30.jpg
ポテトは1個だけですが、皮付きで太めなので存在感があります。

DSCF9478_20131118050517e8d.jpg
食べるためにハンバーグをお箸で切ろうとするとけっこうかたい感じがしますが、口の中に入れるとお肉がみっしり詰まっていてとっても食べごたえがあります。


お好み弁当 (850円)
DSCF9470_20131118050541437.jpg
こちらは私以外の3名が食べたお好み弁当です。

DSCF9471_201311180506008fb.jpg
お店オススメの幕の内弁当で、焼肉・鳥唐・フライなど、人気のおかずが勢揃い。

DSCF9472_20131118045206621.jpg
もちろん、とってもボリュームがあって美味しかったそうです。

DSCF9484_2013111805033013b.jpg
この日の伝票です。


美味しくてボリュームたっぷりで大満足。
仕事が終わるまで全然お腹が空きませんでした。
Oさんが加わって頼みやすくなったので、これからも時々注文したいです。


◆◇◆◇◆ これまで食べたメニューです。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

[お弁当]
おろしロースカツ弁当 (2007年10月1日
ヒレかつ弁当 (2007年9月6日
手ごねハンバーグ弁当 (2008年5月29日
鶏唐揚弁当 (2008年2月19日
わかめご飯弁当 (2008年2月1日
ヒレカツカレー (2007年7月18日
のりから明太子弁当 (2007年10月10日2010年6月10日
ハンバーグカレー (2007年12月19日
和風幕の内弁当 (2008年7月25日
洋風幕の内弁当 (2008年1月11日
ハンバーグ&鶏唐揚弁当 (2007年8月2日2010年6月23日2010年9月28日2012年12月10日
唐揚・エビフライ弁当 (2007年11月12日
焼肉・カニクリームコロッケ弁当 (2007年10月25日
そぼろ弁当 (2008年1月16日
お好み弁当 (2007年9月10日2010年3月10日2010年7月29日
ハンバーグ&カニクリームコロッケ弁当 (2009年6月24日
日替り焼肉&鳥唐弁当 (2009年5月13日
日替り焼肉&カニクリームコロッケ弁当 (2008年12月1日2009年1月15日
わかめご飯弁当 (2008年2月1日
ビーフカレー (2008年12月18日
コロッケカレー (2008年10月1日
白身魚フライカレー (2009年4月1日2009年6月9日
ビーフシチュー (2010年10月19日
ビビンバ丼 (2011年7月19日

~日替わり弁当~
日替り弁当 (2008年4月14日
日替りお魚弁当 (2008年10月8日
日替り焼肉弁当 (2008年4月23日

[パーティメニュー]
オードブル (2009年12月28日


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DSCF9401.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
届けてくれたお弁当に日替わりのお弁当を一週間分記載したチラシを入れてくれます。
お持ち帰りで600円以上のお弁当を買うと50円引きになるというサービスがありますが、
店舗が遠くなって買いに行けなくなってしまったので、とっても残念。

DSCF9403.jpg
日替わりメニューの下にレギュラーメニューとサイドメニューが出ています。

二人分の出前をお願いすることもあるので、
配達をしてくれる合計金額が1100円以上とお安めな設定はとても助かります。


移転前にいただいたメニューです↓
メニュー7

メニュー6

メニュー5

メニュー4

メニュー3

メニュー2

メニュー1



2012年12月10日宅配時お店DATA
****************************
お肉やさんの洋食 シローズ 四谷本店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-8 岡本ビル1階
TEL&FAX 03-3226-0407
営業時間 9:00~18:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/18 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
麒麟宴  @市ヶ谷
昨日の健康診断でバリウムを飲みました。
前日は夕飯を食べ損ねていたので、固形物を口にしたのは20時間ぶり。
いやはや、バリウムがとっても美味しくて、おかわりしたいぐらいでした(笑)。

みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2013年8月8日にオープンした「麒麟宴」のレポートです。

DSCF5996_2013111108165014c.jpg
2013年10月29日は、上司もOさんもお昼時に不在だったので、一人で外へランチを食べに出ました。
お弁当の先輩も誘ったのですが、週末にディナーを控えているとのことで、自粛。
この日は午後すぐに上司が帰ってくる予定ではなかったので、ちょっと遠い新店に行ってみました。
市ヶ谷経済新聞で記事を見て、ずっと機会を窺っていた「麒麟宴(きりんえん)」です。

DSCF6025_201311110812323fa.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面へ進み、一口坂交差点を越えて次の角を右折します。
最初の通りを超えた左側の角にエミナンス九段というビルがあり、お店はその1階です。
このビルの地下1階には、2008年11月11日にランチ訪問した「馬刺と粋なお酒 風舞 市ヶ谷店」があります。

DSCF6026_20131111081234e30.jpg
市ヶ谷経済新聞によれば、2013年8月8日にオープンした「麒麟宴」は、中国出身の料理人により、四川・上海料理を中心に約170種の豊富なメニューをそろえているそうです。

DSCF6027_2013111108123773c.jpg
お店の前にはランチメニューの看板が2つ出ていました。

DSCF6029_201311110812160ec.jpg
この日は雨が激しく降る寒い日で、傘をさして歩いても足が濡れちゃう程でした。
距離がちょっとあったので、正直、日を間違えたかな~と、後悔。

DSCF6028_20131111081239daf.jpg
人はいませんでしたが、店頭でお弁当を販売しているようです。

DSCF6022_20131111081348278.jpg
フロアはかなり広く、右奥に厨房がありました。
たくさんの中国人?の店員さんが忙しそうに動き回っています。
内装は新店なのでとてもキレイで、オシャレな雰囲気。
そのせいか、女性客も多く、テーブル席がたくさんあるせいか、グループで来ている人が多かったです。

DSCF5983_20131111081841c93.jpg
12時20分頃に入店したところ、ほぼ満席。
フロアが広くて席数が多いので、とてもにぎわっていました。
一瞬は入れないかな?と心配しちゃいましたが、私からは見えない場所に空きがあって、一安心。

私は厨房の斜め前、中央付近の4人用テーブルに着席。
真ん中に各種調味料、紙おしぼりなどが置いてあって2人・2人に区切ってあるので、男性二人組との相席でしたが、あまり気にならなかったです。

DSCF5994_2013111108164619d.jpg
店員さんからお冷やをいただきました。

DSCF5982_2013111108183970c.jpg
水を飲みながら、メニューを検討。

DSCF5995_20131111081648e5f.jpg
紙おしぼりはあらかじめ席数分が卓上に置かれていました。

DSCF5985_20131111081843e72.jpg
ランチメニューです。
中華料理屋さんらしく種類がとっても豊富で、かなり迷います。

DSCF5989_2013111108174762b.jpg
定食や麺・飯セットなどが16種類程、お値段は680円から850円です。

なお、ランチタイムは全席禁煙です。

DSCF5993_2013111108164466b.jpg
麻婆豆腐もかなり気になりましたが、担担麺と半チャーハンを注文。
言葉では説明がないですが、写真を見ると、サラダとお新香とデザートがセットのようです。


担担麺と半チャーハン (850円)
DSCF5996_2013111108165014c.jpg
10分程待って、お料理が登場!

メイン、チャーハン、サラダ、お新香、デザートのセットです。
黒い長方形のお盆にのせられて出てきました。

DSCF5997_20131111081653a7c.jpg
割り箸は濃い目の赤い箸袋に入っています。

DSCF6001_20131111081551c68.jpg
お新香は紫に染まったキュウリの漬物です。
中華料理屋さんにしては珍しく、ザーサイではなかったです。
この日は担担麺とチャーハンなので、あまり必要ではありませんでした。

DSCF5998_2013111108154750b.jpg
サラダは小さめのちょっと波形のような白いお皿に盛られています。

DSCF5999_201311110815497c9.jpg
水菜・キャベツ・ニンジンなどが入っていて、あらかじめドレッシングがかかっていました。

DSCF6005_20131111081601429.jpg
半チャーハンは、白い小さな器に盛られていました。

DSCF6007_20131111081603e48.jpg
卵がメインで、ネギなどがちょこっと入っていたと思います。

DSCF6017_20131111081338394.jpg
油感はありますが、かなりあっさりとした味付けでした。

DSCF6008_20131111081459609.jpg
担担麺は白い大きなドンブリに入っていました。
たっぷりの茶色いスープの真ん中に挽き肉がのせられ、白髪ネギがトッピングされています。
見た目は白と茶色でちょっと地味。

DSCF6010_2013111108150112d.jpg
長めに切った白髪ネギにはラー油?が回しかけてあるようで、少し赤っぽくなっています。

DSCF6011_201311110815034ca.jpg
スープは赤ではなく茶色です。
表面には油が少し浮かんでいます。

DSCF6012_20131111081508beb.jpg
麺をほぐそうとしてお箸でかき回したら、ほうれん草でしょうか、青菜が出てきました。
完全にスープに沈んじゃっていました。
量は結構多め。

DSCF6016_20131111081336b4c.jpg
まずはスープを一口。
最初表面の近くを啜ったせいか、あまり出汁の感じがなかったですが、よくかき回して挽き肉などが溶け込むと、塩気と辛さがしっかりと感じられるようになりました。
辛さはピリ辛ですが、食べ進めるとスープの温度と相まって、かなり身体が熱くなりました。

DSCF6013_201311110815103fc.jpg
麺は黄色みがかった中太麺で、縮れはほとんどありません。
盛り付けの時にほぐしていないからか、かなり全体的にがっつりほぐさないと麺がほどけてくれないので、麺を取り出すのが大変。
麺そのものはかために茹でてありました。

DSCF6019_20131111081343d6c.jpg
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
透明の小さなガラスの器に入っていました。

DSCF6020_201311110813465f3.jpg
杏仁豆腐だけではなく、白桃?と黄桃も入っていて、彩りがよかったです。
杏仁豆腐は手作りでしょうか、大きさはバラバラで、柔らかめでした。
私にとってはかなり甘みが強く、器の外側にちょっと汁が垂れていたようで、器を持つと手がべたつきました。

DSCF6023_20131111081230339.jpg
この日の伝票です。


味わいはフツーに美味しく、お値段は850円と普通ですが、ボリュームは多かったです。
お腹いっぱいになりました。


ランチメニューです↓
DSCF5985_20131111081843e72.jpg

DSCF5986_20131111081845969.jpg

DSCF5987_201311110818487d8.jpg

DSCF5988_20131111081745bb0.jpg

DSCF5989_2013111108174762b.jpg

DSCF5990_20131111081749dee.jpg

DSCF5991_20131111081751457.jpg

DSCF5992_20131111081753f98.jpg


2013年10月29日訪問時お店DATA
******************************
麒麟宴 (きりんえん)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南3-5-7 エミナンス九段1階
電話 03-6261-2725
営業時間  
[昼]11:00~14:30  
[夜]17:00~23:00 
定休日 無休
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/15 06:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(8) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
今日の午前中に健康診断を受ける予定です。
昨日は午後8時までに食事をしなければならなかったのですが、仕事が長引いて歯医者さんの予約に遅れ、歯医者さんでもかなり待たされ、家に戻ったのが午後8時過ぎでした(泣)。
お腹空いた~。

DSCF9279_201311080721385f2.jpg
2012年12月6日は、夜にディナーに行く予定でした。それに備えて前日の夜にスポーツクラブに行ったりしたのですが、月曜日にOさんの歓迎会をやったせいもあるのか、体重がイマイチ。
ディナーを心置きなく美味しく食べたかったので、この日は「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」のおそばを買いに行くことにしました。
上司が「松月庵」の出前を取ったので、Oさんに松月庵を一緒にとるか外へお弁当を買いに行くか尋ねたところ、外へ買いに行くとのことだったので、一緒に外へ出ました。
さすがに初めてお弁当を買うのに「瓢箪」では申し訳ないと思い、「魚沼こしひかり弁当」や千代田四番町ランチ屋台を歩きながら紹介したのですが、「瓢箪」でいいとのことで、一緒に買いに行きました。

DSCF7041_20130905083820fa6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2012年11月28日だったので、約1週間ぶり、27回目です。

DSCF3011_20130607210051.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF1224_20130419071337.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
出かけるのが遅くなり、お店に到着したのは12時半頃でしたが、店内にはまだ結構お客さんがいました。
寒い日だったので、中に入ってカウンターの一番端っこで注文。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

DSCF9764_20130316092412.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
持ち帰りのビニール袋は、真っ白なシンプルなものです。

事務所に戻ると「松月庵」は既に届いていて、上司は先に食べていました。

DSCF9275_20131108072124405.jpg
私はなるべく軽めにと思い、わかめ蕎麦を注文。
食べたことのあるメニューをちゃんとチェックしていなかったので、2度目の注文になっちゃいました(汗)。

DSCF9780_20130316092337.jpg
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF9278_20131108072135e55.jpg
容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。


わかめ蕎麦 (350円)
DSCF9279_201311080721385f2.jpg
いただきま~す!

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

DSCF9281_201311080721008d4.jpg
長ネギは小口切りです。
中央にトッピングされて、彩りのアクセントになっています。

DSCF9284_201311080721083cd.jpg
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
かなり薄切りでした。

DSCF9282_20131108072103504.jpg
わかめはトッピングの定番ですが、さすがにわかめ蕎麦というだけあって、かなりたっぷりと入っていました。
お蕎麦を覆い尽くして見えない程です。

DSCF9285_20131108072111f3a.jpg
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF9287_20131108072046f5e.jpg
ダシは甘さ控えめのあっさり系です。
お蕎麦はいつもどおり(?)少しのびていて、ちょっとぶよっとした柔らかめな食感でした。
ボリュームは普通です。

DSCF9280_20131108072057f07.jpg
この日の先輩のお弁当です。


そばつゆも全ていただいたので、その時はお腹いっぱいになりましたが、午後4時前にはお腹が空いちゃいました。ディナーがとっても待ち遠しかったです。

Oさんにはあらかじめ、温かいおそばはイマイチだからうどんの方がオススメですよ、と伝えておいたのですが、意外にチャレンジャーなのか、コロッケそばを注文。しかも大盛り(笑)。
私はこの日初めて大盛りがあることを知りました。
食後、感想を聞いたところ、「立ち食いそばの味がしますね。」とのこと。
だから、最初に言ったじゃないですか!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 メンチうどん (2012年4月10日
 力うどん (2012年2月27日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけうどん  (2012年5月15日

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年12月6日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/14 06:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 KOREAN DINING 長寿韓酒房 四ッ谷店  @四谷
2015年5月25日追記

長寿韓酒房」は2014年12月26日に閉店しました。
ビルの建て替えが噂されているためか、跡地はそのままになっています。

********************************

この間の日曜日、白山から上野へ歩いていたら東京大学にぶつかったので、せっかくの機会だからと中に入ってみました。
通り抜けようと思っていたのですが、構内図をいい加減に見ていたのでなかなか外へ出られる門が見つけられず、かなり彷徨っちゃいました(汗)。

DSCF9252.jpg
2012年12月5日は、前日に引き続き、上司がお昼時に不在だったので、Oさんと先輩と私の三人で外へランチを食べに出ました。
お正月並みに冷え込む寒さの日だったからか、Oさんのリクエストは「何か身体の温まる物」ということだったので、「KOREAN DINING 長寿韓酒房(ちょうじゅかんしゅぼう) 四ッ谷店」に行くことにしました。
去年の2011年12月1日、Fさんがいた時にも同じ理由で行ったのですが、満席で入れず。
この日は如何に?!

DSCF8576.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て正面の交差点を渡るとスクワール麹町というビルがあり、新宿通りから麹町方面に向かって一つ隣が麹町東急ビルです。
このビルの地下1階にはレストラン街があります。

DSCF8574.jpg
このレストラン街には、
1階に、2011年3月1日に購入した「おむすびと 麹町店」、
地下1階に、
2008年7月28日にランチ訪問した「ビア・チムニー 四ッ谷店」、
2009年8月17日にランチ訪問した「大阪屋」(2011年に閉店)、
2007年9月26日2009年3月27日2009年12月9日2010年4月2日2010年8月2日2010年10月28日2011年1月17日にランチ訪問した「KOREAN DINING 長寿韓酒房」、
2010年2月15日2010年7月8日2010年9月7日2010年10月8日2010年12月7日2011年1月28日にランチ訪問した「中国小皿料理 南国亭 四谷店」、
2012年4月18日にランチ訪問した「沖縄食堂 おなが家」、
があり、全部で5店舗が営業しています。

DSCF8573.jpg
前回ランチ訪問したのは2011年1月17日だったので、約1年10ヶ月ぶり、8回目の訪問です。

2008_0803画像0089
こちらの階段を降りて地下に行きます。
建物の奥の方にはエレベーターもあります。

2010_0802画像0043
階段を降りてそのまままっすぐ進み、右に曲がります。
フロアの突きあたりの一番奥に、華やかな「長寿韓酒房」の店舗が出てきます。

2009_0327画像0091
このフロア唯一と思われる(笑)、オシャレな雰囲気を醸し出しています。

DSCF1722.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
入口に大きなランチメニューが出ています。

2009_0327画像0090
こちらのお店は、株式会社イーケーシーという会社が運営していて、四ッ谷店のほか、銀座、大宮、川口、仙台に支店があるそうです。

ビルの地下に降りると、「南国亭」の前にはスーツ姿の人がずらりと並んでいて、相変わらずの人気でした。
「長寿韓酒房」の方もそれなりに混雑していて、ざっと見た感じだと9割程の人の入りでしたが、すぐに入店することが出来ました。

店内

店内もダークトーンのシックな色調で、かなりムーディでオシャレな雰囲気です。
入口から左がカウンター席と厨房で、右にテーブル席があります。

2010_0402画像0104
カウンターの上にはお酒がズラリと並んでします。
マッコリがなければ、どんなお料理屋さんかわかりません(笑)。

DSCF9274_2013110806264814f.jpg
写真がピンぼけですみません(汗)。
とうもろこし茶やゆず茶などを販売していまいsた。

2010_0802画像0002
フロアはかなり広く、テーブル席の奥には座敷があります。

前回来たときは結構空いていましたが、気候のせいか、この日はかなり人がいて、席が9割程埋まっていました。奥の座敷に通されたので、靴を脱いで靴箱に入れ、お座敷の中央部分の四人用テーブルに着席。

2010_0802画像0005
内装は、伝統的ですが色鮮やかなデザインがとても華やかです。

DSCF1685.jpg
こちらの壁もとってもキレイ。

DSCF1686.jpg
お座敷のテーブルはかなり広々としていて、しかも掘りごたつなので楽チンです。

DSCF9231_201311080630009c3.jpg
通された部屋は入口の真っ正面にある個室で、今までこんな場所があることを知りませんでした。

DSCF9232_201311080630044b6.jpg
個室かと思ったのですが扉はないようで、正面に座ってしまうと入口に待っているお客さんや通路を行き交う店員さんとばっちり目が合ってしまい、どうにも落ち着きません(汗)。
ランチだからいいですが、ちょっとディナーには辛い場所かも。

DSCF4177.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には、爪楊枝や紙ナプキンなどが置いてあります。
灰皿が置かれているので、喫煙はオッケーです。

DSCF1698.jpg
小さなカゴに、スプーンやフォークなどが入れてあります。

DSCF9243_2013110806285884d.jpg
呼び出しボタンもありました。
奥まった場所なのでありがたいです。

DSCF9233_201311080630096bf.jpg
ランチメニューです。
メニューは全部で13種類あり、お値段は780円~1,300円です。

久しぶりに来たのでメニューも新しくなり、お料理の構成も変わっていました。
ランチ サムゲタンは1,300円ですが、確かこの日は980円に値下げしていました。
帰りがけに看板の写真を撮ろうとしたのですが、人が並んでいて撮れず終い(泣)。

DSCF9229_20131108062956f2f.jpg
店員さんからお水をいただき、メニューを検討。

DSCF9240_201311080628555e0.jpg
チヂミとかカルビタンとか魅力的なお料理がありましたが、せっかく韓国料理屋さんに来たので辛いスープが食べたくて、牡蠣チゲを注文。食べたことのない季節メニューだろうと思っていたのですが、前回食べていました(泣)。
先輩は初めての牛テールコムタン、Oさんはチーズプテチゲをチョイス。

DSCF9249_20131108062828ff2.jpg
しばし待ってお料理が登場。

以前、お客さんはそれ程入っていないのにぬるいチゲが出てきたこともありましたが、この日はカメラが曇っちゃう程熱々のグツグツでした。

DSCF9250_201311080628315f1.jpg
ライスは小さなフタ付きのアルミの容器に入って出てきます。

2010_0402画像0106
こちらは以前撮影した写真です。
容器のフタやスプーンには「福」の文字が彫られています。
この日のものは、経年劣化か、あまりはっきりしていません。


牡蠣チゲ (980円)
DSCF9252.jpg
メイン、キムチ・バンチャン・サラダ・ライスのセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF9251_20131108062834bad.jpg
ご飯の量はそれほど多くないのを知っているので、少なめにはしませんでした。
ただ、器は小さいですが、ご飯がぎゅっと入っています。
チゲのときはいつも、ご飯はほとんどを雑炊にして食べています。

DSCF9261_20131108062706673.jpg
お料理には小皿が3つついていて、一つは生野菜サラダです。
サラダにはレタス・水菜・キャベツ・紫キャベツ・キュウリなどが入っていて、あらかじめドレッシングがかかっていました。
量は少なめです。

DSCF9258_20131108062745a76.jpg
二つ目の小皿はキムチです。
いつも同じ、白菜キムチです。
酸味と辛さはほどほどありますが、わりあいあっさり。
それ程好みの味じゃないのと、最後の雑炊に入れるために、いつも一口だけ食べて後は残しておきます。

DSCF9259_20131108062748e8b.jpg
三つ目の小皿はバンチャンです。
この日は韓国の練り物とタマネギ?の煮物でした。
ちょっと甘めな味付けです。

DSCF9255_20131108062739031.jpg
牡蠣チゲは、器に近づくのもちょっと控えるぐらい熱々です。
スープの表面がぐつぐつと泡立っていました。
他の二人も気付くぐらい牡蠣の香りが立ちのぼり、とってもそそられます。

DSCF9256_20131108062742a9c.jpg
ぱっと見は三つ葉とエノキぐらいしかなくてちょっと寂しい感じですが、中には春菊、ネギ、もやし、エリンギなどの野菜に、牡蠣が入っていました。

DSCF9262_20131108062708f5c.jpg
まずはスプーンでスープを一口。
ビシッと辛くてダシも利いていて、牡蠣の旨味もすごく感じました。
スープを飲む手が止まりません。
身体がじんわりと内側から熱くなりました。

DSCF9264_20131108062711d70.jpg
牡蠣は一粒が結構大きくて、ぷっくりと膨らんでいます。
とても柔らかくてジューシーでした。
数もそこそこ入っています。

DSCF9267_20131108062714316.jpg
スープの底に沈んでいますが、牡蠣以外にもいろいろ入っています。

DSCF9268_20131108062718f33.jpg
一口大に切った玉ネギ、エリンギ、ズッキーニなどなど。

DSCF9270_20131108062642bb3.jpg
ある程度具材を食べたところで、残しておいたご飯を全て投入。
もちろん、白菜キムチも入れました。

DSCF9272.jpg
牡蠣の旨味がしみたスープにご飯を浸して食べると、とっても美味しい!
ご飯もスープも残さずいただき、お腹いっぱいになりました。


牛テールのコムタン (880円)
DSCF9245_20131108062901904.jpg
先輩の注文した牛テールのコムタンは、お好みで塩を足していただきます。

DSCF9246_2013110806290394a.jpg
ダシの味わいがやや弱くて、チゲの方が良かったかもと言っていました。


チーズプテチゲ  (900円)
DSCF9247_201311080628123d0.jpg
こちらがOさんが注文したチーズプテチゲです。

DSCF9248_201311080628150e4.jpg
ジャンクな味わいが好きな人には絶対美味しいだろうと思っていたのですが、とっても気に入っていただけたようで、美味しかったと言われました。
よかった♪

DSCF4231.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
伝票です。


帰りがけ、Oさんに、「何か身体が温かくなるものが食べたい、と言われると、私たちは二人とも辛い物好きなので辛いものになってしまうので、そうでないときには辛くなくて身体が温まる物とはっきり言って下さいね。」とお願いしておきました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 ビビン冷麺 (2007年9月26日
 チーズプテチゲセット (2009年3月27日
 サムゲタンセット (2009年12月9日
 おぼろ豆腐チゲセット (2010年4月2日
 石焼ユッケジャンクッパセット (2010年8月2日
 ~灼熱~石焼ユッケジャンクッパセット (2010年10月28日
 カキチゲセット (2011年1月17日2012年12月5日


 しっけ (2009年3月27日
 スジョンガ (2010年4月2日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF9233_201311080630096bf.jpg

DSCF9234_20131108062924c49.jpg

DSCF9235_201311080629275b5.jpg

DSCF9236_20131108062931268.jpg

DSCF9237_2013110806293456b.jpg

DSCF9238_20131108062937513.jpg

DSCF9239_201311080628528c6.jpg


ディナーメニューです↓
2009_1209画像0079

2009_1209画像0078

DSCF4200.jpg

DSCF4201.jpg

DSCF4202.jpg

DSCF4203.jpg

DSCF4204.jpg

DSCF4205.jpg

DSCF4184.jpg

DSCF4185.jpg

DSCF4186.jpg

DSCF4187.jpg

DSCF4188.jpg

DSCF4189.jpg

DSCF4190.jpg

DSCF4191.jpg

DSCF4192.jpg

DSCF4193.jpg

DSCF4194.jpg

DSCF4195.jpg

DSCF4196.jpg

DSCF4197.jpg

DSCF4198.jpg

DSCF4199.jpg

DSCF4172.jpg

DSCF4173.jpg


2012年12月5日訪問時お店DATA
******************************
KOREAN DINING 長寿韓酒房 四ッ谷店 (ちょうじゅかんしゅぼう) 
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-6  麹町東急ビル地下1F
TEL  03-3288-2047 
営業時間 
[昼]11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜]17:30~23:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/13 08:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(4) |
餃子酒場 四谷本店  @四谷
昨日吹いた木枯らし1号は、本当に寒かったですね~。
薄い上着しか着ていなかったので、駅から自宅まで小走りで帰りました(汗)。
しばらく冷え込むようなので、風邪などをひかないよう、ご自愛下さい。

DSCF9197_201311071936250e2.jpg
2012年12月4日は、Oさんの出勤2日目。
この日は上司がお昼時に外出していて不在だったので、持って来たお弁当を冷蔵庫に押し込めた先輩と共に、三人で外へランチを食べに出ました。

Oさんに何が食べたいかを聞いたところ、「カレーか中華。」との回答。
カレー、、、。
カレーのチャンピオンパク森カレーカレーの王様オーベルジーヌ、、などなど幾つか考えましたが、意外にカレーの専門店って少なくて、しかも、うーん、決め手がない。。。
どういうカレーが食べたいかを聞いたところ、普通の家庭的なカレーということで、先輩が「雨やどり」を思い出し、早速行ってみたのですが、何故かこの日は看板が出ていなくてランチ営業をしていませんでした。
私も年内に訪問したかったので、とっても残念!

それでは中華かな~とのことで、「嘉賓」はいずれ上司が連れて行くだろうからと、少し前にオープンして先輩もなかなか気に入っていた「餃子酒場(ぎょうざさかば) 四谷本店」へ行くことに。
Oさんは辛いものが大好きでもあったので、ちょうどピッタリでした。 

DSCF5644_20121005062350.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、一番左奥のつきあたりにお店があります。

以前この場所に何があったのかよく覚えていないのですが、飲食店ではなく、文房具屋さんだったような気がします。

DSCF5645_20121005062350.jpg
「餃子酒場」は2012年9月12日頃にオープンし、2012年9月20日にランチ訪問しました。

入口に面する側はとても大きくて、広々としています。

DSCF9227.jpg
左側に小窓があり、お弁当の販売が始まっていました。

DSCF5642_20121005062351.jpg
12時20分過ぎに入店すると、1階は満席だったので、前回と同じく地下に通されました。
一番奥にある階段を使って地下へ。

DSCF5641_20121005062351.jpg
地下フロアも結構広く、階段を降りてすぐの所には個室っぽい席、奥に厨房、その周りにテーブル席、階段周りにはカウンター席がありました。

地下も7割程の人の入り。

DSCF5609.jpg
カウンターと同じ並びに大きな棚があってお酒などが並んでいました。
サントリーの商品が多いですね。

DSCF9193_20131107193618d81.jpg
壁にはディナーメニューのオススメが出ていました。

DSCF9184.jpg
私たちはカウンターの前の真ん中あたりの4人用テーブルに着席。
卓上には各種調味料、洗い箸、紙ナプキンなどが置いてありました。
以前とても気になった埃の匂いはすっかり消えていて、一安心(笑)。

DSCF5607_20121005062628.jpg
卓上に食べられる麻辣油がありました。

DSCF9187.jpg
お水(お茶?)をいただきながら、メニューを検討。

DSCF9188.jpg
ランチメニューです。
メニューは全部で13種類、そのうち11種類は餃子3コをつけることができて、お値段は680円から950円です。
全品に杏仁豆腐が付き、サービスライスも無料でつけられます。

DSCF9189.jpg
餃子にはニンニクが使われていないとのことで、匂いの心配がありません。

DSCF9190_20131107193709a08.jpg
メニューがちょっと変わったな~と眺めていたら、是非食べてみようと思っていた麻婆豆腐がなくなっていて大ショック。
しかも、前回、担々麺と麻辣麺のどちらを食べたか記憶がはっきりせず、さらに混乱(泣)。

DSCF9192_20131107193615239.jpg
こちらは夜のドリンクメニューです。

DSCF9226_20131107193411b63.jpg
伝票です。

結局先輩が担々麺を注文し、私は麻辣麺をお願いしました。
どちらも餃子セット付きです。
確か、オススメと書かれた担々麺を注文したはずだという記憶を信じて、、、。


麻辣麺 餃子3コセット (930円)
DSCF9196_20131107193622d09.jpg
しばし待って、お料理が登場!
麺、サラダ、デザートのセットです。
黒い大きな四角いお盆にのせられていました。
餃子は出来上がり次第持ってくるとのこと。

DSCF9204_20131107193551708.jpg
サラダはお皿は小さいですが、かなりこんもりと盛ってあります。
サニーレタス、水菜、紫キャベツ、ニンジン、ダイコンなどなど。

DSCF9205_201311071935543dc.jpg
ドレッシングはあらかじめかかっていました。
生野菜たっぷりです。


麻辣麺
DSCF9197_201311071936250e2.jpg
麻辣麺は黒いちょっと小さめの器に入っています。
汁も少なめなので、パッと見、ちょっとボリューム感に欠けますが、麺の量は意外と多かったです。

DSCF9206_20131107193557fca.jpg
赤茶っぽいスープに、チンゲンサイ、長ネギ、水菜などが彩りとして添えられ、白胡麻がトッピングされています。

DSCF9216_20131107193522579.jpg
味付けされた挽き肉もありました。
挽肉も入っているので、少しずつ溶かし込んでいくと、スープの味わいに深みが出ます。

DSCF9208_201311071935108ec.jpg
脇に大きめの唐辛子が浮かんでいます。
辛いもの好きの私は、見ているだけでワクワクしちゃいます(笑)。

DSCF9214_20131107193519950.jpg
スープはしっかり辛くて少し痺れます。
前回食べたときと同じく、ほんのり甘みがあり、八角の香りが漂います。
たっぷりの香辛料で、身体の内側から温まります。

正直、前回食べたメニューと同じかと思っていたのですが、後からチェックしたら違いました(汗)。
猫舌でゆっくり食べていた先輩を尻目に早食いの私は汁まですっかり飲み干してしまい、比べることも出来ず終いでした。

DSCF9212_2013110719351600f.jpg
麺は黄色みがかった細めのストレート麺です。
かために茹でられていて、ボリュームたっぷり。


麻辣麺 餃子3コセット (930円)
DSCF9217_20131107193435edb.jpg
お料理に遅れること5分以上経ってから、ようやく餃子が登場!
食べ散らかしていて、すみません(汗)。


餃子
DSCF9218_201311071934382cb.jpg
大ぶりで、ぷっくりと膨らんだ焼餃子が3つです。

DSCF9219_2013110719344523f.jpg
前回は美味しかったものの、やや冷めた感じでちょっと残念だったのですが、この日は熱々が登場!
こんがりとした焼き目が美味しそう。

DSCF9220_20131107193447ed5.jpg
タレ用の小皿はないので、直接好みの調味料を回しかけます。

DSCF9223_20131107193450b4c.jpg
食べられる麻辣油?をつけたら、結構辛くなりました。

DSCF9224_20131107193408b57.jpg
皮は薄めで、中には野菜がたっぷり入っていて、とってもジューシー。
前回は温度が低くてわからなかったですが、軽い口あたりです。

DSCF9198_20131107193632c08.jpg
デザートは中華の定番、杏仁豆腐です。
小さな硝子の器に流しかためてあり、缶詰めのみかん一房とクコの実が一粒添えられていて、彩りもキレイで豪華です。
やや固めの寒天系の食感で、ちょっと甘めでした。


担々麺 餃子3コセット (850円)
DSCF9201_201311071935450e0.jpg
こちらは先輩が注文した担々麺です。

DSCF9202_20131107193548e8e.jpg
麻辣麺とあまり見た目が変わりません。
担々麺の方がちょっと茶色っぽいかな?


八角の香りがするちょっと個性的な辣麺に大きな餃子でお腹いっぱいになりました。
Oさんも気に入ってくれたようでよかったです。


お店の名刺です↓
DSCF5646_20121005062307.jpg

DSCF5647.jpg


2012年12月4日訪問時お店DATA
****************************
餃子酒場 四谷本店 (ぎょうざさかば)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-19 中沢ビル1階・地下1階
電話&FAX 03-3354-3008
営業時間
[昼] 11:00~15:00
[夜] 17:00~23:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/12 07:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(0) |
スパゲッティ ながい  @四谷
昨日の朝は、久しぶりの大きな揺れに驚きました。
パソコンなどを押さえたり、テレビの速報を見たりと、バタバタ。
大地震への備えを忘れないよう、備品などのチェックをしなければ。

DSCF9087_201311010611129f6.jpg
2012年12月3日は、我が事務所にとっては大きな一日でした。
これまで10数年、上司一人、事務二人でしたが、ついに新人さんがやってきて、四人体制に!
新人Oさんの初出勤日のお昼はどうなるのかと興味津々でしたが、相変わらず上司が12時過ぎてもうだうだしていて、ランチに出かけたのは12時半過ぎ。
お気に入りの「嘉賓」に入ろうとしたのですが、「俺、昨日の夜が中華だった!」と言い出し、三栄通りからしんみち通りに移って「スパゲッティ ながい」に入りました。

2010_0705画像0038
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。

2009_0317画像0008
前回ランチ訪問したのが2012年11月12日だったので、約20日ぶりの訪問です。

看板

しんみち通りには、こちらの看板が出ています。

2010年1月27日によるくまさんからいただいたコメントによれば、「ながい」のシェフは西新宿にある老舗人気店「スパゲッティ ハシヤ」から独立されたそうです。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

2010_0222画像0009
こちらは以前の写真です。
季節メニューがある時期は、この看板に写真付きで紹介されます。

2010_0222画像0008
こちらも以前の写真です。
冬だとカキやカニを使ったメニューが出てきます。

2008_0825画像0035
しんみち通りには、ビルとしての看板も出ています。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には2008年9月26日にランチ訪問した「四谷ブルワリー」
地下1階には2008年8月22日にランチ訪問した「沖縄料理店 あん」があります。
ただ、この2店は現在、ランチ営業をやっていないようです。

2008_0825画像0034
中川ビルに入ってすぐ左手に、こちらのビルのポストがありました。
「ながい」のポストは上段の真ん中です。

入り口

細い階段を上ると、2階に写真のようなかわいい入口の扉があります。

待つ人が多くて、ときどき3階へつながる階段にまで行列ができることもあります。
並んでいる間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文します。

2009_0905画像0035
入口のすぐ右、カウンターの前の壁際に大きなマガジンラックが置かれています。

DSCF6065.jpg
新聞や文庫本などが常備されていて、一人客でものんびり出来そうです。

2010_0705画像0037
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。
この写真の右にトイレがあります。

DSCF1538.jpg
窓から見える問面のビルの2階です。

DSCF8212_20131004210530a5b.jpg
壁に掛かっている時計は、文字盤がパスタでした。

DSCF3919.jpg
お店は男性シェフが一人、フロア担当の女性一人で切り盛りしています。
お二人ともいつもテキパキと動き回り、とても人あたりがいいです。

DSCF3918.jpg
入口の正面の奥には冷蔵庫がはめ込まれています。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりと取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。

2008_0922画像0058
こちらは以前撮影した写真です。
カウンター席はこんな感じです。

DSCF6404.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上にはスプーン、フォーク、タバスコ、粉チーズ、乾燥ハーブ、粉唐辛子?が置かれています。

DSCF8204_20131004210651688.jpg
着席したのは午後1時頃だったので、さすがにあと二組ぐらいしかお客さんがいませんでした。
私たちは窓際の真ん中のテーブル席に着席。

ちなみに、窓際のテーブル席は間が少し狭いので、我らが上司のような、大きな鞄やおなかを持っているとちょっと通りにくく、コップの水を倒さないよう気をつけた方がよさそうです(笑)。

DSCF8205_201310042106044ac.jpg
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

卓上

卓上にある粉チーズと乾燥ハーブです。
お好みでふりかけます。

DSCF6412.jpg
こちらの白い小さなボトルには、、、

DSCF6415_2013082208435256d.jpg
とても細かな粉唐辛子?が入っています。

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

DSCF8203_2013100421064804e.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF6402_20130822084458758.jpg
メニューです。
2011年頃より12種類のスパゲッティはお値段そのままでサラダがつくようになっていましたが、そのスタイルはやめたようで、その代わりに?ポンテケージョがつくようになりました。

DSCF8194_20131004212143e4d.jpg
前回撮影したこの時期の季節メニューです。
冬らしく、牡蠣の入ったメニューが4種類出ていました。

DSCF9100_20131101061025773.jpg
Oさんは意外とシンプルにミートソースをチョイス。
先輩はウニとイカを注文しました。
私は「ながい」のメニューで食べたことのないものがどれだったのか今ひとつ記憶がはっきりしなかったので、季節メニューのカキの唐辛子トマトソースにしました。

DSCF6413.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口すぐのカウンターに、出来上がっていくスパゲッティが並びます。

DSCF6423_20130822084316fe2.jpg
ポンテケージョのような小さなパンがつきます。


カキの唐辛子トマトソーススパゲッティ (1,250円)
DSCF9087_201311010611129f6.jpg
しばし待って、お料理が登場!
いただきま~す。

DSCF9094_20131101061055a99.jpg
ポンテケージョ?は、一皿に2個ずつのせられて出てきました。

DSCF9086_20131101061109b7b.jpg
大きな白いお皿に盛られています。

DSCF9093_2013110106105242c.jpg
お皿の縁にはお店のロゴが入っています。

DSCF9088_20131101061115e0e.jpg
ソースの真ん中にはドライハーブがトッピングされていました。

DSCF9092_2013110106105028b.jpg
トマトソースは唐辛子がしっかりときいていて、辛さがビシッと感じます。
酸味とほんのりとした甘みにコクがあって、トマトソースそのものもとっても美味しい。

DSCF9091_201311010610470f3.jpg
牡蠣はたっぷりと入っています。

DSCF9095_201311010610113eb.jpg
火を通してあってもなかなかの大きさで、ふっくら柔らかで美味しい! 
冬の醍醐味を満喫です。

DSCF9090_201311010610451c9.jpg
麺はつるつるとしたのど越しがたまりません。
ボリュームは普通です。

DSCF9096_201311010610145a9.jpg
せっかくなので、途中から乾燥バジルとチーズをたっぷりかけていただきました。

DSCF9097_20131101061020b7a.jpg
ポンテケージョは一人一個です。

DSCF9099_201311010610222a1.jpg
とってもふわふわで、2つに割っただけでぺったんこになってしまい、どうも美味しそうな写真が撮れないのが残念。
すごく美味しいので、別料金でいいのでもっと食べたいです。


ウニとイカのスパゲティ (1,100円)
DSCF9089_2013110106111889c.jpg
こちらは先輩が注文したスパゲティです。


相変わらずの美味しさで満足です。
Oさんの感想は直接聞きませんでしたが、どうだったかな?


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲティ】
  アサリと青じそのスパゲッティ (2008年9月18日

【タラコ、ウニのスパゲティ】
  タラコのスパゲティ   (2012年4月9日
  ウニとイカのスパゲティ (2009年9月2日
  ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日

のりとチーズのスパゲティ (2012年10月5日

【ミートソースのスパゲティ】
  ミートソースとナスのスパゲティ (2009年3月16日
  ミートソースとツナのスパゲティ (2011年1月7日2011年3月24日

【ペペロンチーノ風スパゲティ】
  タコとキノコと赤唐辛子のガーリック風スパゲティ (2010年5月25日) 

【トマトソースのスパゲティ】 
  ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
  ベーコンとソーセージと野菜のトマトソーススパゲティ (2009年9月15日
  タコとナスの唐辛子トマトソーススパゲティ (2011年10月19日

【クリームソースのスパゲティ】 
  アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日

【おしょうゆ味のスパゲッティ】 
  フランクとベーコン・キノコ・アスパラのスパゲッティ (2011年6月2日)  
  海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日

【ホワイトソースのスパゲティ】 
  ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日

【サラダスパゲッティ】 
  シメジとベーコンのサラダスパゲティ (2010年7月5日
  生ハムのサラダスパゲティ (2012年11月12日

【季節メニュー】 
  カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
  カキの唐辛子トマトソーススパゲティ (2008年12月3日2012年12月3日
  カニと青ジソのクリームソース (2010年2月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF6402_20130822084458758.jpg
スパゲッティは定番メニューと季節メニューがあります。
季節メニューはない時期もあります。

DSCF8201_20131004210646522.jpg
2011年頃より12種類のスパゲッティはお値段そのままでサラダがつくようになっていましたが、そのスタイルはやめたようで、代わりにポンテケージョのようなパンがつくようになりました。

DSCF8196_20131004212148d47.jpg
定番メニューは基本的な味付けとして9種類あります。

DSCF8198_20131004212156106.jpg
トッピングがかなりいろいろあるので、好きなベースとの組み合わせを選びます。

DSCF8199_201310042106408f2.jpg
大盛りはプラス100円なのでとてもお得です。
追加料金でトッピングができるほか、無料で唐辛子やガーリックを入れられます。


季節メニュー
DSCF8194_20131004212143e4d.jpg
いつもではありませんが、季節メニューがあります。
この日は季節柄、カキを使ったものが4種類でした。

DSCF8505.jpg
サイドメニューはこちらです。

DSCF8506.jpg
こちらのお店はランチからディナータイムまで同じメニューで通し営業をしているので、お酒のメニューもあります。

2008_1205画像0076
2008年1月21日から店内は終日禁煙です。


2012年12月3日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2F
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/11 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
OSTERIA Crocetta  @四谷
月曜日に遊びに行ったスパは、こういう施設では珍しく、岩盤浴に本などを持ち込むことがオッケーでした。私は岩盤浴が大好きなので、どれぐらい入っていられるか試してみたところ、なんと、4時間も滞在。体重が1.4キロも落ちましたが、水分がなくなっただけなので、もちろん夕飯を食べたらほぼ戻っちゃいましたが(笑)。

今日一日がんばれば、嬉しい週末です。
みなさま、楽しい週末を☆

DSCF5268_2013102808163390a.jpg
2013年10月17日は上司がお昼時にいなかったので、前日に引き続き、先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
前日は台風で人出が少ないおかげで超行列店の「たけだ」で食べることができましたが、この日は三栄通りの新店「OSTERIA Crocetta(クロチェッタ)」に行ってみることに。
2013年9月18日に私一人の時に行ってみたときは、お店の前に人が並んでいたので2013年9月17日にオープンした「フォレスタ」に行ってしまい、2013年10月11日に2回目に訪問した時は貸切で一杯だったので2013年2月26日にオープンした「ニック」に行き、今回が3回目の訪問です。
三度目の正直になりますように。

DSCF5296_20131028081411de9.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入ってかなり奥まで進んだ右手に名倉堂ビルがあり、お店はその1階です。

この場所には以前何があったか思い出せません。
飲食店だったかどうかも不確かです。
東京アニス」の跡地と勘違いしていたぐらいでした(汗)。

DSCF5295_20131028081409c3b.jpg
お店の入口の左脇に、ランチメニューが書かれた小さなギネスの看板が置いてあります。

2013年9月12日にオープンしたイタリアンの「クロチェッタ」は、お店の公式HPによれば、店名はクロスを意味し、「交わる場所にしたい」という思いであると同時に、オーナーシェフである門脇氏のトリノでの修業先の店名でもあるそうです。

DSCF5263_20131028081627bb8.jpg
店内はとても広々としていて、シンプルながらもたくさんの木材を使った落ち着いた内装でした。

DSCF5262_20131028081625eaf.jpg
左手にカウンターがあり、右手にテーブル席が並んでいます。

DSCF5261_201310280816553cd.jpg
12時20分ぐらいに入店してみると、この日はお客さんが少なく、半分程の人の入りでした。

DSCF5255_20131028081720ff3.jpg
私たちは、女性店員さんの案内で、フロア中央ぐらいの二人席に着席。

DSCF5256_201310280817225c3.jpg
テーブルにはあらかじめナイフ・フォーク・紙ナプキン・お手ふきがセットされています。

DSCF5260_20131028081653136.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF5257_2013102808164601d.jpg

DSCF5252_201310280817131bf.jpg
ランチメニューです。

DSCF5253_201310280817151b7.jpg
ランチメニューは、700円のサラダとカフェのシンプルな組み合わせから、2,100円の前菜・パスタ・メイン・ドルチェ・カフェのミニコースまで、4種類あります。

パスタは定番2種類と本日のパスタ1種類あり、3種類の中から選べます。
メニューの右下にこっそり書かれていますが、大盛り無料です(笑)。

Aランチはプラス100円でドルチェをつけることが出来ます。
カフェは5種類の中から選べ、プラス150円でさらに3種類加わります。
プラス250円でランチビールをいただくこともできます。

DSCF5254_2013102808171749f.jpg
個人的には前菜が食べたくてドルチェはいらなかったのですが、その組み合わせはなし。
わかってはいたのですが、店員さんにも聞いちゃいました(汗)。

DSCF5294_20131028081406310.jpg
結局、二人ともBコース(1,300円)を注文。
パスタは先輩が本日のパスタ、私はベーコンと玉ネギのトマトソースローマ風をチョイス。
カフェは先輩がピーチティ、私はブレンドです。

DSCF5258_20131028081649378.jpg
アルミのカゴというかお皿に入って、フォカッチャが出てきました。

DSCF5259_20131028081651c6b.jpg
一人1つですが、結構大きめです。

DSCF5265_201310280816296c4.jpg
注文から5分程経って、前菜が登場。

DSCF5266_20131028081631145.jpg
白いオーバル型のお皿に盛られた前菜は、なんと、5種類。
メニューには「前菜」としか書かれていなかったので、嬉しいサプライズでした。

DSCF5268_2013102808163390a.jpg
平日の昼間からこんなメニューが食べられて、とっても贅沢です。

DSCF5273_20131028081601f66.jpg
左上から時計回りに行きます。
ジャガイモのマリネ??
ジャガイモが酸っぱいのは何となく不思議ですが、美味しかったです。

DSCF5272_20131028081550ac1.jpg
プロシュートです。
柔らかい食感で、程よい塩気で量も結構ありました。
ワインが飲みたい!

DSCF5271_20131028081548655.jpg
白インゲンとツナのマリネです。
こちらも酸味が利いていました。
お豆が好きですが、あまり食べる機会がないので嬉しかったです。

DSCF5274_201310280815092e7.jpg
野菜のピクルスです。
キュウリとダイコン、それぞれ1枚ずつです。
この写真だけ見ると、お新香にも見えちゃいます(笑)。

DSCF5269_20131028081544dd4.jpg
赤・黄パプリカのマリネです。
とても色鮮やかで、酸味がとてもしっかり利いていました。

前菜の多くは酸味がしっかりと感じられるお料理でした。
酸っぱいもの好きな私は嬉しかったです。

DSCF5275_201310280815115be.jpg
フォカッチャの裏はこんがりきつね色になっていました。

DSCF5277_20131028081513bb8.jpg
温めてあったかどうか、、、。
すみません、記憶が不確かです(汗)。


本日のパスタ
DSCF5279_20131028081515d8b.jpg
先輩の本日のパスタが先に登場。
詳しいメニュー名は、私も記憶がなく、翌週に先輩に聞きましたがわかりませんでした(汗)。

DSCF5280_20131028081518401.jpg
フジッリです。
チーズたっぷりで美味しかったと言っていました。


ベーコンと玉ネギのトマトソース ローマ風 <大盛り>
DSCF5288_20131028081455ba8.jpg
次に私のパスタが登場。
オーバル型の白いお皿にパスタが盛ってあります。

DSCF5283_201310280814461ba.jpg
写真だとわかりにくいですが、かなり多めです。
先輩に「大盛りはボリュームありますね~。」と言われました(笑)。

DSCF5287_20131028081453031.jpg
出来たてアツアツで、カメラのレンズは曇るし、猫舌の私にはすぐに食べられないぐらいでした。

DSCF5284_20131028081448855.jpg
さっぱりとしたトマトソースにベーコンとチーズの旨みが加わって、美味しかったです。

DSCF5286_2013102808145035e.jpg
麺はたっぷりですが、アルデンテに茹でられていて、つるつると喉を通りました。

DSCF5289_2013102808142434b.jpg
ドルチェはブラッドオレンジのシャーベットでした。
エスプレッソのカップでしょうか、とても小さな器に盛られて、スプーンが挿してある状態で出てきました。

このスタイルは、2009年3月13日にランチ訪問した「スカルペッタ」(閉店)と同じです。

DSCF5290_20131028081426151.jpg
量は少ないですが、鮮やかな色合いです。

DSCF5291_20131028081428add.jpg
酸味がしっかりときいて、とても好みの味でした。


ブレンド
DSCF5292_201310280814316c0.jpg
私はドリンクにコーヒーのブレンドをチョイス。

ドリンクが出てきた時に時計を見たら、12時50分過ぎ!
先輩は慌てて上司にちょっと送れますメールを送ってくれました。


アイスピーチティ
DSCF5293_2013102808143397b.jpg
先輩のドリンクはアイスピーチティです。
せっかくのドリンクも、バタバタしながら飲み干し、食事を終えました。

DSCF5117_20131020105644376.jpg
お店の名刺です。

DSCF5119_20131020105646ef7.jpg
2013年10月11日に貸切で入れなかったときに、「サービスします。」と言われて渡された名刺を会計の時に出したのですが、どうやら注文時に言えばデザートサービスするという内容だったようで、この日は関係ありませんでした(汗)。


ちょっとお値段がかかりましたが、酸味の利いた前菜はとても好みの味だったし、パスタが大盛りに出来るのはポイントが高かったです。
フジッリも美味しかったそうなので、また違う種類のメニューを食べてみたいです。


2013年10月17日訪問時お店DATA
****************************
OSTERIA Crocetta (クロチェッタ) 
〒160-0008
東京都新宿区三栄町16-2 名倉堂ビル1階
TEL  03-6457-7171
営業時間 
[昼]11:30~15:00(L.O.14:00) 
[夜]18:00~23:00(L.O.22:00)   
定休日 日曜日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩6分
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩7分
都営地下鉄新宿線曙橋駅から徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/08 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(4) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
今日は立冬です。
そろそろ冬ものの洋服を出さなきゃと思いつつ、なかなかできない私です(汗)。

DSCF9001_20131104063709844.jpg
2012年12月1日は、2012年最後の「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。
キムチ教室が始まる前のランチでいつも四谷三丁目ラーメン屋さん巡りしますが、この日は「豚と鶏の物語」というお店がへ行きました。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
お店は1階が韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2012年10月20日だったので、約40日ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF8805_20131104065459dbc.jpg
この日のメニューは、キムチが「白菜キムチ」で、韓国料理が「カルグクス」です。


【 白菜キムチ 】
DSCF3081_20120819085942.jpg
白菜キムチは全てのキムチの基本で、お料理などでも最も使われます。
「妻家房」のキムチ教室では年間を通して何度も登場し、最も人気があるそうです。

DSCF3083_20120819085942.jpg
材料は全て卓上にセットされています。

DSCF3084_20120819085941.jpg
11月下旬から12月中旬まで、無形文化遺産登録されたキムジャンと呼ばれるはキムチ作りの時期で、いろいろな種類の野菜で作りますが、用途が多い白菜キムチを多めに作ります。
野菜の少ない時期はキムチを代わりに食べます。
白菜キムチは一度にたくさんの量を作った方が美味しいので、4、5人家族で20~30株、多い家では100株程作るとのこと。なので、自分で作る場合には最低でも3株が望ましいそうです。
それより少ない場合には、味付けの量を多めにした方が良いとのこと。

DSCF8810.jpg
まず最初に白菜を塩漬けにします。
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。
重さにすると2.5~3キロあります。

韓国の白菜は日本のものに比べると葉が薄くて水分が少ないそうで、キムチに向いているとのこと。
なので、葉が詰まっているものよりも、少しスカスカしている方が良いそうです。

DSCF3088_20120819085902.jpg
白菜は茎の方を上にして、上から1/3~1/2に包丁を入れ、残りは手で裂きます。

DSCF3090_20120819085902.jpg
手で裂いた方が包丁で切るよりも断面がザラザラするので、塩水がしっかり入るとのこと。

DSCF3091.jpg
切り口がとってもキレイ。

DSCF8821_20131104065314eaa.jpg
大きなボウルに水を入れ、、、

DSCF8823.jpg
塩を入れます。

DSCF8825_201311040652167d6.jpg
岩塩は粒が大きいので、よくかき回してしっかり溶かします。

DSCF8827_2013110406522153d.jpg
白菜全体に塩水が行き渡るよう、白菜を塩水の中に浸します。

DSCF8829_201311040652245a0.jpg
白菜の中にも塩水が行き渡るよう、小皿で掬ってかけ回します。

水を多くすれば白菜をつけやすいですが、塩がもったいないので、少なめのお水にします。

DSCF2487.jpg
白菜をボールの中に入れ、重石をしないで1時間置きます。

DSCF8832_2013110406523082c.jpg
葉がしんなりしたら白菜を立てて持ち、葉を一枚ずつ広げながら塩を入れます。

DSCF3102_20120819085821.jpg
茎にもしっかりと塩をまぶします。

DSCF2491.jpg
残っている塩水は葉に回しかけます。
まぶした塩が流れてしまうので、茎にはかけません。 

白菜の切り口を上にして重石をして3時間置きます。
1/2株の上下を入れ替え、さらに3時間。

DSCF2497.jpg
白菜がしんなりしたら、塩抜きをします。
ボールに白菜を入れ、3回洗い、流水に晒します。
この時、茎の根本も開いてよく洗います。
白菜は切り口を下にしてザルにあげ、絞らずに1時間、自然に水切りをします。

DSCF8820_20131104065310354.jpg
こちらで出来上がりです。

DSCF8807_20131104065506705.jpg
実習では時間がないので、あらかじめ工場で塩漬けした白菜を使います。
一人分が1/4株なので、そのサイズに切ってあります。

DSCF8842_201311040651406b7.jpg
大根はまず輪切りにして、、、

DSCF8844_20131104065143bff.jpg
縦に切って太めの千切りにします。

DSCF8847_201311040651460e7.jpg
ボールに切った大根を入れ、唐辛子を投入。

DSCF2509.jpg
しっかりとかき回し、大根に唐辛子の赤さを移します。

DSCF8873_2013110406501360c.jpg
ニンニクとショウガを潰すときには、すり鉢とすりこぎを使います。
この巨大なすりこぎはとっても便利で、私も購入して自宅で使っています。

DSCF8876_2013110406501631f.jpg
ニンニクは薄皮をむいて、丸ごと投入。

DSCF8877_20131104065019f23.jpg
すりこぎで擂らずに、潰します。

DSCF8880_20131104065022de6.jpg
ショウガはニンニクよりもかたいので、先に包丁で小さく切ってから、、、

DSCF8882_2013110406493118d.jpg
ニンニクと同様に、すりこぎで潰します。

DSCF8837_20131104065137d2a.jpg
一般的に、キムチには梨を使いますが、日本では梨のない時期はリンゴで代用します。

DSCF3125.jpg
リンゴは種の部分を切り取って皮ごと薄切りにし、細い千切りにします。

DSCF8872_201311040650100e0.jpg
韓国の梨は1年中出回っていて、日本のものよりも少しかためだそうです。
梨も皮をむいて細めの千切りにします。
梨はキムチが発酵すると溶けちゃうとのこと。

DSCF8860_20131104065059d6d.jpg
タマネギは薄切りにします。

DSCF3119.jpg
長ネギは白い部分だけ使い、縦半分に切ってから斜め切りします。

DSCF2535.jpg
ニラはよく洗って、4・5センチに切ります。

タマネギ、長ネギ、ニラは各家庭の好みで入れるそうです。
あと、長期保存するつもりの場合には、野菜は入れずに基本の調味料だけにするといいそうです。

DSCF2533.jpg
イカは刺身用のものを皮をむかずに細切りにします。
浅漬けの場合は大きめが美味しいですが、発酵させると固くなるのでその場合には小さめに切ります。

ゲソでもオッケーです。
ゲソの場合は細かく切ります。

DSCF3130.jpg
材料を切り終えました。

DSCF2536.jpg
大根にアミの塩辛、イワシエキスを入れて混ぜ合わせます。
さらにニンニク、ショウガ、砂糖、イカを投入。

DSCF2538.jpg
ピンぼけで、すみません(汗)。
手に唐辛子の赤さが移らないよう、手袋をつけて作業します。
素手でやると1週間ぐらい色が残るそうです。

DSCF8890_2013110406493778e.jpg
野菜を全て入れます。

DSCF3132.jpg
揉まないようにして、全体を混ぜ合わせます。

DSCF8892_201311040649415cf.jpg
最後にイリゴマを入れて完成です。

DSCF8894_201311040649451e9.jpg
20分~30分置くと、水分が出てきます。

DSCF3140.jpg
白菜の一番外側の葉を広げます。

DSCF3141.jpg
大根などを全体にこすりつけて白菜の葉をしっかり赤くし、中身は根元の方に入れます。

DSCF3143.jpg
外側の大きい葉を広げ、同様の手順を繰り返します。

DSCF2553.jpg
中身を入れ終えたら、白菜の一番上や横側に白い部分が残らないよう、残った具材でしっかりこすりつけます。

DSCF2557.jpg
美味しい中身が出てしまわないように、両手で白菜の形を整えます。

DSCF3149.jpg
出来上がったときに食べやすくするため、半株の白菜をさらに1/2に切ります。
根本から包丁を入れると切りやすいとのこと。

DSCF2560.jpg
ちょっと見えにくいですが切り分けると断面図がこんな感じで、白菜と中身が層になっているのがよくわかります。

この切った断面にもしっかり中身を塗って唐辛子の色をつけます。

DSCF2562.jpg
一番外側の大きな葉を引っ張り出し、、

DSCF8920_20131104064726bc7.jpg
全体にぐるりと巻き付けます。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

DSCF3152.jpg
出来上がったキムチを壺の中に入れ、余った大根や水などは上からかけ回します。
サランラップを空気が入らないように、キムチにぴたっとくっつけます。

常温で1日置いたら冷蔵庫に入れます。
食べ頃は夏なら2・3週間、冬なら1ヶ月以上経ってからです。
食べるときは、汁にひたった下の方から食べるといいそうです。

DSCF8924_20131104064638dd8.jpg
こちらが持ち帰りの分です。
1/4株あるので、結構な量になります。


【カルグクス】
DSCF8925_2013110406464557f.jpg
この日習った韓国料理は、カルグクスです。

DSCF8926_201311040646485af.jpg
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF8927_20131104064650a43.jpg
先生が大好きなメニューとのこと。

DSCF8931_20131104064544ffa.jpg
麺は先生の好みで稲庭うどんを使いました。
韓国ではもっと太くて厚い麺を使うそうです。

DSCF8930_20131104064654397.jpg
最初にあさりの下ごしらえをします。

DSCF8932_20131104064547cc4.jpg
水を沸騰させ、、、

DSCF8934_2013110406455175e.jpg
お酒を加えて、あさりを入れます。

DSCF8935_201311040645568ae.jpg
先生は、この日、お酒を入れ忘れていました(笑)。

DSCF8943_20131104064410eb4.jpg
口が開いたら出来上がりです。

DSCF8944_2013110406441266a.jpg
火を止め、、、

DSCF8945.jpg
ザルにあげて、、、

DSCF8949_20131104064258bb1.jpg
別に取り分けておきます。

DSCF8939.jpg
じゃがいもは千切りし、ぬめりを取るために一度洗います。

DSCF8950.jpg
ズッキーニも千切りします。

DSCF8953_201311040643034ae.jpg
ズッキーニはたっぷり目が美味しいとのこと。

DSCF8954_20131104064306370.jpg
タマネギも千切りします。

DSCF8955_20131104064203399.jpg
野菜の準備はこちらで完了。

DSCF8947_20131104064418c41.jpg
アサリを茹でた水を再度お鍋に戻し、、、

DSCF8957_20131104064208bfc.jpg
再度沸騰させます。

DSCF8958_20131104064211628.jpg
稲庭うどんはそのままだと塩気があるので、一度湯がきます。

DSCF8959_201311040642141f3.jpg
塩気を取るだけなので、さっと湯がいたら、、、

DSCF8960_20131104064218f53.jpg
ザルにあげます。

DSCF8961_20131104064124418.jpg
このお湯はまだ使います。

DSCF8963_2013110406412892f.jpg
ジャガイモを入れ、再び火にかけます。

このお湯の中に、風味付けでおろしニンニクと薄口醤油を入れてもいいそうです。

DSCF8970_201311040640151e7.jpg
沸騰したら麺と野菜を入れ、、、

DSCF8971_20131104064021243.jpg
しばし煮込みます。
途中、アクを取ります。

DSCF8975_201311040640283d9.jpg
麺を煮ている間に、トッピングとヤンニョンを準備します。

DSCF8964_20131104064132955.jpg
茹でたアサリは、、、

DSCF8969_201311040640124f4.jpg
殻から実を取り外します。

DSCF8973_2013110406402576d.jpg
小さなボウルに刻み長ネギ、おろしニンニク、粉唐辛子、すりごま、昆布のだし汁、醤油、みりん、ゴマ油を加え、すべて混ぜ合わせます。

DSCF8980_20131104063917dad.jpg
昆布のだし汁は醤油を薄めるためなので、入れなくてもいいとのこと。

DSCF8976_201311040639108bb.jpg
長ネギは小口切り。
入れなくてもいいそうです。

DSCF8979_201311040639148a7.jpg
青唐辛子と赤唐辛子は細かく刻みます。

DSCF8982_20131104063919d55.jpg
どちらも彩りなので、なくても大丈夫です。
青唐辛子は辛いのでご注意!

DSCF8986_20131104063923bb1.jpg
切ったものを加えます。

DSCF8988_20131104063658e30.jpg
麺が透き通ってきたら、出来上がりです。

DSCF8992_201311040637009c3.jpg
盛りつけます。

DSCF8993_201311040637035bc.jpg
ヤンニョンジャンをかけて、、、

DSCF9001_20131104063709844.jpg
刻み海苔をのせて、こちらで完成。
さらに豪華にしたい場合には、卵を白身と黄身で分けて作った玉子焼きを刻んだものをのせるといいそうです。

DSCF9003_20131104063549998.jpg
楽しい試食タイムです。
実習生が食べる分は、先生が作った分では少ないので、上のレストランで作ったものが多いです。

DSCF8998_20131104063706578.jpg
いただきま~す!

DSCF9004_20131104063552e97.jpg
アサリ出汁がしっかりと利いていますが、かなりあっさりした味わいです。
なので、ヤンニョンジャンたっぷり目が美味しいです。

DSCF9007_20131104063558df9.jpg
この日は白菜キムチもつけていただいちゃいました。

麺はとってもつるつるで美味しかったです。
先生は待たされてのびてしまった麺を食べていました(笑)。

DSCF9008_2013110406353004d.jpg
レストランで作ったかるぐくすはのアサリは、殻がついていました。
先生とレストランでは、結構作り方が違うことが多いです(笑)。


2012年10月26日、大久保にオープンした「SAIKABO SEOUL MADANG」のチラシです↓
DSCF8812.jpg

DSCF8813_20131104065353be8.jpg

DSCF8814.jpg

DSCF8815_20131104065402c2d.jpg


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  

[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日
ソクバクジ (2007年10月20日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日
干し大根のキムチ (2008年5月10日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ (2010年2月20日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日) 

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg


2012年12月1日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2013/11/07 06:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 麺屋 豚と鶏の物語  @四谷三丁目/曙橋
祝日の振替休日だった月曜日は、千葉県印西市にあるスパへ遊びに行きました。
降っていた雨も途中であがり、バリ風にデザインされた露天風呂などでのんびり。
ところが、昨日の朝ニュースを見たら、千葉県全域でPM2.5の注意報が出ていたとか。
千葉県民以外にも警報がわかるようにして下さい、、、(汗)。

本日アップした「豚と鶏の物語」は既に閉店しているお店ですが、自分にとっては日記代わりの備忘録なのでご了承下さい。

DSCF8792_201311051913231db.jpg
2012年12月1日は、2012年最後の「妻家房」でのキムチ教室でした。
教室が始まる前にランチとして恒例の四谷三丁目のラーメン屋さん巡りをしていますが、ここ数年いろいろ回っていたため、ついに行ってみたいお店がなくなってしまい、食べログで人気のランチのお店にでも行ってみようかな~と思っていたのですが、直前に有名ブロガーさんが新店を紹介して下さったので、行ってみることにしました。

DSCF8804_20131105191235bf2.jpg
地下鉄丸の内線四谷三丁目の駅から四谷三丁目交差点に出て、外苑東通りを曙橋方面に向かって進み、4つ目の角を左折し、細い坂道を下っていく途中の左手にあります。

DSCF8802_20131105191227fe4.jpg
この場所には、2006年6月にオープンし、2007年12月1日にランチ訪問した「北の大草原」がありましたが、2012年10月末に閉店したそうです。
一時期行列が出来ていたお店だっただけにビックリです。

その後、2012年11月27日に「麺屋 豚と鶏の物語(ぶたととりのものがたり)」がオープンしました。
あまりラーメン屋さんっぽくない店名のこちらのお店は、市ヶ谷経済新聞によれば、ラーメン業界に18年身を置く、店主の後藤康浩さんが1人で切り盛りし、下処理に約1時間半かけて匂いを抑えた豚骨スープと鶏白湯スープをベースにしたラーメンを提供するとのこと。

赤がメインの看板がすっごく目立ちます。
ちょっと安っぽいデザインですが(汗)。

DSCF8803_20131105191232dcb.jpg
営業時間はこちらです。
店内は終日禁煙とのこと。

DSCF8791_20131105191320b63.jpg
店内は居抜きで、ほぼそのままの内装でした。
フロアは狭く、奥に厨房があり、その前がカウンターになっていて、席はわずか7席です。

DSCF8790_20131105191359880.jpg
午後1時20分頃に入店すると、先客は2名。
後からカップルが2組やってきました。

丸山製麺という会社の麺を使っているようです。

DSCF8785_20131105191347658.jpg
私はカウンターの真ん中ぐらいの席に着席。

厨房に店主さん、フロアに女性店員さん一人で、二人で切り盛りしていました。

DSCF8786_201311051913506f3.jpg
卓上にはお水の入ったポット、コップ、ティッシュ、調味料などなど。

DSCF8787_20131105191353e7d.jpg
お水はセルフです。

DSCF8788_2013110519135657c.jpg
小さな黒板にメニューが書かれています。
ラーメンが豚骨・鶏骨・味噌の3種類で680円、つけ麺が豚骨1種類で750円です。
トッピングは3種類でそれぞれ50円、大盛り(半玉)はプラス50円、特盛り(1玉)はプラス100円です。
種類は少ないけれども、写真もないし、どれがオススメかよくわからない(汗)。
店員さんに聞いてみたところ、店主さんがわざわざ厨房から出てきて下さり、丁寧に説明してくれました。
店主さんとしては鶏骨がオススメとのことだったので、鶏骨ラーメンを注文。
味玉もつけたかったのですが、この日の夜は友人と食事に行く予定だったのでやめておきました。


鶏骨ラーメン (680円)
DSCF8792_201311051913231db.jpg
しばし待ってラーメンが登場。

渦巻きのようにデザインされた器です。
トッピングは水菜、長ネギ、メンマ、チャーシューなど。
見た目はとてもシャープな感じ。

DSCF8793_20131105191326d59.jpg
刻んだ水菜が彩りを添えています。

DSCF8794_20131105191329660.jpg
下半分はスープそのままですが、、、

DSCF8795_20131105191331a6f.jpg
上半分は茶色いお魚ダシをかけてありました。

DSCF8797_20131105191252647.jpg
まずはそのままのスープのところを一口。
優しい味わいで飲みやすいです。

DSCF8798_201311051912564da.jpg
お魚ダシの茶色の部分も一緒にいただくと、お魚の香りと味わいがバーッと広がりました。

DSCF8799_20131105191259f03.jpg
黄色い細麺は少し縮れています。
かために茹でられていました。
ボリュームは普通です。

DSCF8800.jpg
メンマは大きめのサイズでした。

DSCF8801_201311051913058bd.jpg
チャーシューは薄いですが、かなり幅の大きいものが2枚ありました。
見た目がとっても映えます。
豚バラ肉で、脂のやわらかな部分とお肉らしい食感の両方を味わえました。
味付けは薄めです。


食べやすい味わいで美味しく完食できました。
ただ、個人的にはもうちょっとパンチがあった方がいいかなと思います。


「豚と鶏の物語」は2013年春頃までには閉店し、その後2013年5月に「麺家カツ」という新店が出来ましたが、こちらも長くは続かず、2013年10月5日に通りかかったところ、また別のラーメン屋さん(もしかしたら、お蕎麦屋さんかも)がオープンしていました。
立地が厳しく、どのお店も苦戦しているようです。


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のラーメン屋さんはこちらです↓ ◇・◆・◇

ラーメン むろや (2007年9月1日
らぁめん 赤道 (2007年10月20日
【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
ラーメン 大陸 (2008年1月19日
【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
めん屋 いなば (2008年5月10日
【閉店】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
まるいち (2008年9月6日
北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
中華料理 宝来 (2009年5月16日
麺匠 克味 (2009年6月20日
一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
【店名変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
麺や 樽 (2010年9月4日
【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日
雲南米線 (2012年9月1日
濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
自家製麺 GACHI (2013年10月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年12月1日訪問時お店DATA
**********************************
麺屋 豚と鶏の物語 (ぶたととりのものがたり)
〒160-0006
東京都新宿区舟町12
電話 03-3350-6698
営業時間
[月~金]11:30~15:00(LO:14:30) 17:00~23:30(LO:23:00)
[土日祝]11:30~23:30(LO:23:00)
定休日 無休
地下鉄都営新宿線・丸の内線曙橋駅から徒歩2分
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/06 05:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
お天気はイマイチな三連休でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
今週は平日が4日しかないので、仕事をしっかりこなさなければ。
新しい一週間、がんばりま~す!

DSCF8749_20131101055245773.jpg
2012年11月30日のランチは、午後イチに来客の予定があったので、事務所から近い四谷アトレに行き、久しぶりに「Pensri’s Kitchen(ペンシーズキッチン) アトレ四谷店」のお弁当を購入しました。

前日は「ガルバ」のグリーンカレーを食べていたので、二日連続のタイ料理(笑)。
でも、大好きなので、全く問題なし。

DSCF7686.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退したのかと思ったら、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。

DSCF7688.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。

なんでも、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF8728_2013110505430769a.jpg
お店はすっかりクリスマスモード。

DSCF8729_20131105054311e68.jpg
いろいろと飾り付けされていました。

DSCF7685.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。
メニューは時期によっていろいろとかわっているようです。

DSCF7684.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。

前回お弁当を購入したのは2012年5月23日だったので、約6ヶ月ぶり、3回目です。
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しました。

DSCF7683.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。

DSCF8725_20131105054300465.jpg
お弁当一つだけにするか、ちょっとおかずもつけようかといろいろ悩んでいたら、青パパイヤのサラダを発見!
珍しいな~と思って是非食べてみたかったのですが、お値段が350円と結構お高め。

DSCF8727_20131105054303efe.jpg
なので、メインのお弁当を安めにしようと思い、人気ナンバー3というパッタイ弁当を購入しました。

DSCF8730_201311010553595bf.jpg
お弁当は白いビニール袋に入っています。

DSCF8731_20131101055402aa2.jpg
スプーンなどは断ったのですが、おしぼりはいただいちゃいました。

DSCF8732_201311010554081ee.jpg
この日はメインをパッタイ弁当、サイドメニューを青パパイヤのサラダです。

DSCF8733_201311010554113cb.jpg
青パパイヤのサラダは、透明のプラスチックの容器に入っていました。

DSCF8734_20131101055414b14.jpg
「ペンシーズキッチン」のロゴでしょうか、唐辛子とすり鉢の素朴なイラストが薄い緑色を背景に描かれています。

DSCF8735_20131101055330043.jpg
ラベルには賞味期限やアレルギー表示が書かれています。
お店のメニュー表示だと青パパイヤのサラダと書かれていましたが、ラベルはミニソムタムとなっていました。

DSCF8736_201311010553337e4.jpg
パッタイ弁当は、下が白、フタが透明の四角いプラスチック容器に入っています。

DSCF8738_20131101055336871.jpg
青パパイヤのサラダとは色違いで、オレンジ色のシールにお店のロゴが描かれていました。


パッタイ弁当(630円)+青パパイヤのサラダ(350円)
DSCF8749_20131101055245773.jpg
いただきま~す!

DSCF8740_20131101055339811.jpg
青パパイヤのサラダには、青パパイヤのほかに、赤パプリカ、リーフレタス、プチトマトなどが入っていました。
青パパイヤはやや太めの千切りで、しっかりとした歯応えです。
ドレッシングはビシッと辛いけれども甘さも強かったです。

DSCF8742_20131101055342971.jpg
写真を撮るのを忘れちゃったのですが、下の見えないところにキャベツも入っていました。
たまたま太い芯の部分にあたっちゃったので、ガリガリ囓る感じで食べました。
お値段もお高いですが、ボリュームはたっぷりです。

DSCF8743.jpg
パッタイは、中央にエビがトッピングしてあり、その周りにニラなどで彩りを添えてありました。

DSCF8744_2013110105530588c.jpg
よく見ると、赤い小海老がたっぷりかかっていました。
ニラは生だと思います。
全体的に赤い色合いですが、辛くはなく、むしろ甘めな味付けです。

DSCF8745_20131101055309d88.jpg
櫛切りのレモンが添えてあります。
絞ってかけ回すと少しすっきりした味わいになりました。

DSCF8747_20131101055315dec.jpg
見た目はシンプルですが、もやし、小海老、タイの練り物?などなど意外といろいろな物が入っていて、全体的な味わいは甘さが支配しちゃっていましたが、食感はいろいろでした。

DSCF8750_20131101055248c03.jpg
ある程度予想はしていましたが、麺は固まってしまっていたので、ほぐすのが大変。
一口サイズにするのに苦労しました。
人気ナンバー3というのがちょっと不思議です。

DSCF7716.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じでした。

DSCF8746_20131101055312240.jpg
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームは普通です。
パッタイ弁当も青パパイヤのサラダも、どちらも甘めな味付けだったので、私にはちょっと残念でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
グリーンカレー弁当 (2012年3月21日
ペンシーズ弁当 (2012年5月23日
パッタイ弁当 (2012年11月30日

生春巻 (2012年3月21日
青パパイヤのサラダ (2012年11月30日

[イートイン]
鶏挽肉のバジル炒めごはん 大人気!ガパオ
ちょっぴりがちょうどいい ミニフォーセット (2012年4月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日)  

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2012年11月30日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/05 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
DREAM CURRY  @麹町
今日から11月です。
今年もあと2ヶ月、少しずつですが、年末に向けてドタバタし始めました。

一日仕事をがんばれば、明日からいよいよ三連休。
お天気も良さそうですので、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2013年1月25日にオープンした「ドリームカレー」のレポートです。

DSCF5185_20131029060945bc2.jpg
2013年10月15日は三連休明けの火曜日。
午前中、上司が午後にならないと事務所に来ないことがわかり、思いがけず外へランチを食べに出るチャンスが巡ってきました。
先輩も誘ったのですが、三連休にいろいろ食べていたのと、週末に食事会を控えているのでこの日は大人しく自分の弁当を食べるとのこと。残念。
突然のことで行きたいお店のことを考えていなかったので、久しぶりに新店・閉店チェックを兼ねて、日テレ通りを歩いてみることにしました。

2009_0703画像0161
この日は台風が近づいていたせいで、雨がけっこう降っている日でした。
日テレ通りの麹町方面のお店はそれ程変化がなく、地下鉄麹町駅近くに到着。

DSCF5206_20131029060820430.jpg
麹町クリスタルシティ東館は、地下鉄有楽町線麹町駅の四番出口とドッキングしていて、とても便の良いところです。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から行く場合には、日本テレビ通りを麹町方面にひたすら進み、新宿通りにぶつかるほんの少し手前の右側にあります。

DSCF5204_20131029060817453.jpg
食事後に気付いたのですが、日本テレビ通りにはこちらの看板が出ていました。

DSCF5203_2013102906081467d.jpg
麹町クリスタルシティ東館には飲食店がたくさん入っています。
地下1階には、2008年7月15日にランチ訪問した「南東酒房 黒うさぎ 麹町店」
地下2階には、2009年12月1日にランチ訪問した「川佳」があります。

DSCF5199_201310290608492f7.jpg
このビルの地下2階に未訪問のチェーン店があったなぁと思い出して入ってみると、地下1階のフロアに「DREAM CURRY(ドリームカレー)」を発見。
カレー屋さんがあったのは覚えているけど、「ドリームカレー」? 
名前が違う気がする、、、。
しかも、男性一人が切り盛りしていたカレー屋さんだったのに、お店の前にはとても大きなテディベアが飾ってあって、絶対違うはずだとしばらく考えたところ、こちらのお店の以前のお名前が2009年6月29日にランチ訪問した「体に優しいヘルシーカレー専門店 BABYLON (バビロン)」という名前だったことを思い出しました。

ただ、パッと見たときに満席っぽかったのと、この日は傘が邪魔だったのでスタンドはちょっとな~と思い、最初に思いついた「藩」に行ってみたのですが、5人位並んでいたので、再度こちらに戻ってきました。

DSCF5198_201310290608471f4.jpg
以前こちらにあった「バビロン」は、2011年9月16日に閉店したようです。
その後どうなったかよくわかりませんが、2013年1月25日、「ドリームカレー」がオープンしました。

ラーメン屋さんの跡地にラーメン屋さんが居抜きで入るのはよく見ますが、カレー屋さんも同じなのでしょうか。

DSCF5197_20131029060844c3c.jpg
お店の前には小さなメニューの看板が出ていました。

「ドリームカレー」は、略して「ドリカレ」というようです。

DSCF5201_201310290608128f1.jpg
このテディペアは、ドリーちゃんという名前のようです。
胸に置かれたボードには、お店からの一言が添えられていました。

外からのぞいてみると、奥の二人用のテーブル席が空いていたので、食べられるだろうと思って入店。

DSCF5178_20131029061010c8e.jpg
フロアはとても小さく、左に厨房があり、その周りにカウンター席があります。
右側に2つだけ、二人用テーブルがありました。

DSCF5180_201310290609373b4.jpg
カウンター席からは厨房がよく見えます。

厨房に調理担当の男性とサービス担当の女性の二人でお店を切り盛りしていました。

DSCF5179_2013102906101300a.jpg
奥の壁には大きなテレビがかかっています。

DSCF5177_20131029061007676.jpg
私が入店すると、カウンターの奥の方が空いていたので、そちらに着席。

DSCF5175_20131029061002f9a.jpg
卓上にはお水の入ったポット、コップ、おしぼり、紙ナプキン、爪楊枝、福神漬けなどが置かれています。
後から気付いたのですが、私の一番近くのポットはなくて、お店の人は忙しそうだし、隣の人の邪魔になってもなぁと思って、結局お水は飲まないままでいました。

DSCF5181_201310290609402ce.jpg
この日は結局福神漬けを食べるのを忘れてしまいました。
彩りがだいぶ違ったはずなのに。残念。

DSCF5176_2013102906100593c.jpg
こちらがメニューです。
カレーはビーフベースの一種類のみとシンプルで、辛さを三段階で選べます。
大盛りはプラス100円。
揚げ物中心のトッピングが6種類あり、お値段は90円から120円です。
ほかにドリンクが5種類、デザートが1種類あります。
ウーロン茶はおかわりできるとのこと。
なお、全てのメニューがお持ち帰りできるそうです。

DSCF5183_2013102906094263d.jpg
辛いもの好きの私はカレーを超辛口にして、ひとくちメンチカツをつけてみました。

カレー屋さんですが、お料理が出てくるのに結構時間がかかりました。
作業そのものに時間がかかっているのもあるし、オーダーを再確認したりするなどオペレーション的なものもあるようです。
お二人で全て切り盛りしているので、ルーのおかわりやお会計など、客からの声かけが重なってしまうこともしばしばあり、とても忙しそうにしていました。


カレー<超辛口>(730円)+ひとくちメンチカツ(90円)=820円
DSCF5185_20131029060945bc2.jpg
10分程経って、カレーが登場!
男性店員さんがお皿を運んで来てくれて、「ルーのおかわりできます。」とのアナウンスをいただきました。

DSCF5186_20131029060947334.jpg
カレーは白い大きな丸皿に盛られていて、中央にご飯、右側にカレー、ひとくちメンチカツがトッピングされていました。
濃い茶色や淡い茶色と白という組み合わせなので、見た目はかなり地味です。
彩りになるべき福神漬けのことをすっかり忘れてしまったが残念。

DSCF5187_201310290609070c1.jpg
ひとくちメンチカツは、名前のとおり、可愛らしいサイズでした。
揚げ置きで保温しているものをのせてくれます。

DSCF5188_201310290609098b1.jpg
ご飯は普通盛りです。

DSCF5190_20131029060912a01.jpg
ルーはかなり濃い焦げ茶色です。

DSCF5196_20131029060841e29.jpg
一口いただいてみると、予想外にビシッと辛く、スパイシーでした。
後から口の中が痺れます。
美味しい!

DSCF5192_20131029060915f52.jpg
見た目だと具はほとんど見当たりませんが、中にジャガイモやニンジン?などが入っていました。
ビーフはかたまりではなく、ほぐれているのが入っていたと思います。

DSCF5194_201310290609176d4.jpg
ひとくちメンチカツは軽い味わいで、ごくごくフツーでした。

DSCF5195_20131029060838626.jpg
せっかくルーがおかわりできるとのことなので、ご飯を少し残してお願いしました。
この時も、お会計や新たに入ってきたお客さんなどで混雑し、声をかけるタイミングをはかるのが難しかったです。

おかわりのルーは、ご飯の量に合わせるのか、最初よりも少なめでした。
ルーをおかわりできるのって、ちょっと贅沢感があってとても嬉しかったです。

DSCF5207_20131029060823343.jpg
メニュー表をいただきましたが、、、

DSCF5209_20131029060757884.jpg
雨で少し滲んじゃいました(汗)。


かなりスパイシーなカレーだったので、肌寒い雨の日でしたが、帰り道はかなり身体がホカホカしていました。
事務所で自転車を購入したら、お弁当を買いに来てみたいです。


2013年10月15日訪問時お店DATA
********************************
DREAM CURRY (ドリームカレー)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-8-1 麹町クリスタルシティ東館B104
電話 090-3875-2024
営業時間 
[平日]11:30~20:00  
[土曜]11:00~14:00  
定休日 日・祝
地下鉄有楽町線麹町駅4番出口直結 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2013/11/01 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる