立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
梅雨らしい(?)雨がちな週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか?
私は土曜日の夜にコンサートに行ったのですが、アリーナではなかったものの、せり出した舞台の脇の最前列で、自分もスポットライトを浴びるような時間帯もあるぐらい、近くで見ることが出来て、大感激!!でした。
まだ興奮の余韻を引きずっている感じです(笑)。

今週で6月も終わり、7月に突入です。
早く梅雨が明けて、楽しい夏になりますように。

DSCF8696 (480x360)
2013年6月13日のランチは、上司が不在で外へ食べに行くチャンスでしたが、この日の夜に食べ放題のディナーに行く予定だったので、なるべく軽めにしたかったのと、雨なのであまり遠くへ出かけたくなかったので、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」のテイクアウトをすることにしました。

DSCF7041_20130905083820fa6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2013年5月17日だったので、約1ヶ月ぶり、32回目です。

DSCF3011_20130607210051.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF1224_20130419071337.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
12時になってすぐ事務所を出てお店に向かいましたが、雨の日だから手近な場所で済ませたいのか、この日の「瓢箪」は店内は大混雑でした。
イートインが優先なのか、テイクアウトの出来上がりが遅く、先客は2・3名ぐらいでしたが、結構待つことに。
ずいぶんこちらのお店に通っていますが、こんなに賑わっていたのは初めてでした。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

DSCF7384 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
持ち帰りのビニール袋はシンプルな真っ白のものです。

DSCF8694 (480x360)
この日はとってもヘルシーにめかぶそばをチョイス。

DSCF9780_20130316092337.jpg
薬味として七味唐辛子がついています。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF8695 (480x360)
おそばの容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。


芽かぶそば (380円)
DSCF8696 (480x360)
いただきま~す!

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

DSCF8698 (480x360)
長ネギは小口切りです。
中央に盛っているので、彩りのアクセントになっています。

DSCF8699 (480x360)
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
かなり薄切りでした。

DSCF8700 (480x360)
ワカメもそこそこの量が入っていました。

DSCF8697 (480x360)
この日の主役の芽かぶはボリュームたっぷり。

DSCF8702 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF8704 (480x360)
芽かぶはトロッとした口当たりで美味しかったです。

ダシは甘さ控えめのあっさり系なので、ちょっと物足りなく思うこともあります。

DSCF8705 (480x360)
麺は食べ進めるうちにダシを吸い上げて太くなってのびています。
一口分をたぐるのが大変です(笑)。

ボリュームは少なめなので、すぐに食べ終え、あまりお腹いっぱいにはなりませんでした。
夕方にはお腹が空いてしまったので、夜がとっても待ち遠しかったです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 きつねそば (2013年1月9日
 メンチうどん (2012年4月10日
 力うどん (2012年2月27日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶそば (2013年6月13日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけうどん  (2012年5月15日

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年6月13日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/30 04:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(6) |
本格中華料理 天香 市ヶ谷店  
4月下旬から取り組んでいた大きな仕事がようやく一段落しそうで、そろそろ一息つけるかな~なんて思っていたのですが、その間ため込んでしまった他の仕事の処理をしなければならず、まだしばらくはバタバタしそうです。
出来るだけ身軽になって、7月を迎えたいものです(笑)。
週末は梅雨本番であまり天気がよくなさそうですが、みなさま、楽しくお過ごし下さい☆

本日は、2014年5月にオープンした「天香」のレポートです。

DSCF6139 (480x360)
2014年5月28日は、上司とOさんがお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに出ました。
この日向かったのは、新店の「本格中華料理 天香(てんか) 市ヶ谷店」です。

DSCF6167 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に進み、一つ目の東郷公園入口で右折して東郷通りに入ります。
通りの中程の右手にメゾン・ド・シャルーというビルがあり、お店はその地下1階です。

DSCF6169 (480x360)
東郷通りには、小さなランチメニューの看板が出ていました。

前日の2014年5月28日に新店の「唐辛麺 まっかっか」にランチ訪問した帰り道、こちらのお店を見つけたので、早速来てみました。

DSCF6166 (480x360)
メゾン・ド・シャルーにはたくさんの飲食店が入っています。
同じく地下1階には、2012年3月14日にランチ訪問した「韓国式屋台居酒屋 おぱ屋(おぱや)」/「東大門(とうだいもん) タッカンマリ 市ヶ谷店」があります。

DSCF6168 (480x360)
ビルの入口近くには、照明付きの大きな看板が出ていました。

DSCF6164 (480x360)
お店は地下一階にあるので、階段を降りて行きます。

DSCF6161 (480x360)
お店の入口です。

この場所には、以前、2009年8月18日にランチ訪問した「うまいものや KAIMI[怪味]亭」がありましたが、2012年8月に閉店したそうです。

その後、2012年9月18日に「麺酒場 かれー麺 実之和(みのわ) 市ヶ谷店」がオープンし、2012年10月1日にランチ訪問しましたが、2014年4月ぐらいまでには閉店していたようです。

DSCF6163 (480x360)
こちらのお店については、ネット上でほとんど情報が見つかりませんでした。
2014年5月にオープンしたようです。
「市ヶ谷店」とあるので、他に本店か支店があるかと思うのですが、湯島に同じ店名のお店を見つけたきりでした。

DSCF6162 (480x360)
入口の前にも、東郷通りに出ていたのと同じ、小さなランチメニューの看板が置かれています。

DSCF6135 (480x360)
フロアはかなり広く、左に曲がっています。
左奥に厨房があり、左壁に沿ってカウンター席、その周りにテーブル席があります。

内装はシンプルで黒をベースとした色使いでした。
「実の和」のほぼ居抜きではないでしょうか。

DSCF6136 (480x360)
カウンターの上には紹興酒がずらり。

この日は午前中の仕事がおして、入店したのが午後1時頃。
なのでフロアは3割程の人の入りで、のんびりした雰囲気でした。

DSCF6138 (480x360)
店員さんに一人であることを告げると、カウンター席に通されました。
入口近くに着席。

卓上にはお茶の入った大きなポット、紙ナプキン、爪楊枝、各種調味料などが置かれていました。
灰皿もあるので、喫煙はオッケーのようです。

DSCF6137 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF6128 (480x360)
ランチメニューです。

麺メニューは8種類あり、点心と杏仁豆腐がついています。
お値段は650円から850円です。
プラス100円で半チャーハンがつきます。

ご飯メニューも8種類あり、ライス・スープ・点心・杏仁豆腐がついています。
お値段は650円から850円です。

DSCF6145 (480x360)
伝票です。
いつものことですが、担担麺を素通りできず、四川担々麺を注文。


四川担々麺 (780円)
DSCF6139 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
メイン、点心、杏仁豆腐のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF6144 (480x360)
熱々のうちに、、、と、まずは担々麺からいただきました。
かなり大きめな白いドンブリに入っています。

DSCF6146 (480x360)
白いレンゲは麺に差し込んでありました。

DSCF6147 (480x360)
赤茶っぽいスープに野菜とお肉がトッピングしてあり、麺はほとんど見えません。

DSCF6148 (480x360)
野菜は小松菜?ともやしの2種類です。
担々麺にもやしが入っているのは珍しいかも。

DSCF6150 (480x360)
ひき肉はたっぷりめ。

DSCF6149 (480x360)
最初全部お肉かと思っていましたが、よく見ると、色合いがちょっと淡いです。
ナッツを砕いたもの? 天かすということはないと思いますが、、、。

DSCF6151 (480x360)
スープは赤茶色で、油や刻んだネギが少し浮いていました。

DSCF6154 (480x360)
まずはスープを一口。
辛さはピリ辛ぐらいですが、練り胡麻系のコクがあって美味しい。
お肉や謎のトッピングをスープに溶かすと、さらに味わいがしっかりとしました。

DSCF6155 (480x360)
麺は白っぽい細麺で、縮れが少しあります。
固めに茹でてあり、量も結構ありました。

DSCF6142 (480x360)
担々麺をある程度食べたところで、点心へ。
この日の点心は春巻きでした。

DSCF6143 (480x360)
まるまる1本です。
こんがりと揚がっていて、美味しそう。

DSCF6158 (480x360)
お料理が出てきたとき、女性店員さんから「揚げたてなので熱いから気をつけて下さい。」とアナウンスをいただいていたのですが、けっこう時間をおいたつもりだったのに、まだとっても熱かったです。
猫舌の私は端っこの方から少しずつ囓るようにして食べ進めました。

DSCF6156 (480x360)
中には餡にくるまれた野菜などがたっぷりと入っています。
下味がしっかり目についているので、そのまま食べました。
ボリュームもあって美味しかったです。

DSCF6140 (480x360)
デザートは杏仁豆腐です。
小さなガラスの器に入っていました。

DSCF6141 (480x360)
小さくカットされた黄桃が添えられています。

DSCF6159 (480x360)
甘めだったような記憶があるのですが、熱々の春巻きをクールダウンするのにちょうど良かったです。


ボリュームたっぷりの担々麺に揚げたての春巻きでとてもおなかいっぱいになりました。
対応してくれた店員さんも人当たりがよくて、居心地もよかったです。
それにしても、東郷通りってそれ程長い距離があるわけでもないのに、中華料理屋さんやラーメン屋さんがひしめいていて、さらに激戦地区になりました。


ランチメニューです↓
DSCF6128 (480x360)

DSCF6131 (480x360)

DSCF6132 (480x360)

DSCF6133 (480x360)

DSCF6134 (480x360)


2014年5月28日訪問時お店DATA
*******************************
本格中華料理 天香 市ヶ谷店 (てんか)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-7-22 メゾン・ド・シャルー地下1階
電話 03-6261-4077
営業時間 11:00~24:00
定休日 不定休
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/27 07:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
昨日は嬉しいお給料日でした。
今月はボーナスも出たので、ほとんどは貯金に回してしまうものの、気分的にとってもホクホクしています(笑)。
今週末は衝動買いなどをしちゃわないようにしなければ!

2013年6月11日は、前日にOさんが見つけてきた「坂口」という酒屋さんのお弁当を購入したのですが、こちらのお店は2013年12月30日に閉店し、2014年3月28日に「ワインバル サカグチ」にリニューアルオープンしたため、割愛させていただきます。

DSCF8660 (480x360)
2013年6月12日はOさんがお昼時に外出していましたが、上司から誘われ、先輩と私の三人で外へランチを食べに出ることになりました。
このところ、外食というと大のお気に入りの「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」にしか行かない我らが上司。この日、三栄通りに入ると通りの右側の道を歩いたので、「おっ! たまには他のお店に行くのかな?」とすごく期待したのですが、道の途中で左側の道に戻り、いつもどおり「嘉賓」へ(汗)。
この日は水曜日で、上司がお昼時に外出するんじゃないかと思っていたので、先輩も私も久しぶりに「サファリカレー」を食べる気満々だったので、余計にがっかり感が強かったです(汗)。

DSCF8693 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF8692 (480x360)
この日のメニューです。
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF6747 (480x360)
外階段を使って2階へ登ります。

DSCF8690 (480x360)
お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF8689 (480x360)
6月に入ったからでしょうか、冷し中華が始まっていました。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2013年5月1日だったので、約40日ぶりでした。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

12時20分頃に入店するとかなり混み合っていました。

DSCF1482_20130502072200.jpg
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には各種調味料、お箸、紙ナプキン、爪楊枝、食べるラー油など置かれています。

この日はいつもテキパキと愛想よくお客さんをさばくマダムの姿がなく、どの店員さんに声をかけていいのか迷いましたが、ちょうど入れ替わりがあったようで、無事、厨房の手前にある4人席に着席。

DSCF8656 (480x360)
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF8658 (480x360)
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、スマホに食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

DSCF8687 (480x360)
伝票です。

もうほとんどのメニューを食べ尽くし、いつもどのお料理を選ぶかとても困っています。
それなのに、この日はうっかりしてスマホを忘れてしまい、今まで何を食べたかはっきりわかりませんでした。
メニューをざっと見渡したところ、日替わりのマーボー豆腐のかけご飯は食べたことがあり、食べたことがないお粥の種類は思い出せず、A定食のニラ・もやしとエビの炒めが食べたことがなかったような気がしたので、ご飯少なめで注文。
後から調べてみたら、2012年12月21日のランチで食べていました(泣)。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。


A定食 ニラ・もやしとエビの炒め ご飯少なめ  (1,000円)
DSCF8660 (480x360)
この日は上司が注文した半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセットはすぐ出てきましたが、その後少し時間が経って私のA定食が出てきて、先輩の注文した一番シンプルそうな焼きビーフンはずいぶん経ってから出てきました。

メイン、ギョウザ、お新香、スープ、デザートのセットです。
黒い長方形のお盆に載せられていました。

DSCF8661 (480x360)
ご飯は中華料理屋さんらしく、小さな器に盛られています。
少なめでお願いしました。

DSCF8663 (480x360)
少なめになっているかどうか、よくわからないです。
普段だと、もうちょっとてんこ盛りかな?

DSCF8667 (480x360)
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類ですが、日によって色合いや透明度や味わいが結構違います(笑)。
具はトッピングの小ネギのみ。
鮮やかな緑色が、彩りのアクセントになっています。

DSCF5014 (478x359)
こちらは以前撮影した写真です。
この日はやや黄色っぽい色合いでした。

DSCF8676 (480x360)
飲んでみると、しっかり味でした。

DSCF8664 (480x360)
ザーサイは大きめの薄切りで、ボリュームたっぷり。
小さな小皿に入っていました。
よく見かけるものもよりもやや青っぽいせいか、塩味が穏やかです。

DSCF8670 (480x360)
定食には人気メニューの茹でギョーザが2個ついていて、とってもお得。

DSCF8666 (480x360)
餃子のタレはあらかじめ調合されたものが、小皿に入って出てきます。

DSCF8681 (480x360)
濃い味好きのため、いつもたっぷり目に餃子のタレをつけちゃいます。
なので、ちょっとしょっぱくなっちゃうこともあります(汗)。

DSCF8683 (480x360)
この日はあまり熱々ではなかったのが残念。
皮が厚めのタイプで、もっちりとした食感です。
野菜たっぷりの餡はジューシーで、いつもの安定した美味しさでした。

DSCF8671 (480x360)
ニラ・もやしとエビの炒めはボリュームたっぷりで、お皿からはみ出そうなぐらい。
もやしが多めですが、ニラの彩りが鮮やか。

DSCF8673 (480x360)
ニラももやしもとっても熱々。
シャキシャキとした食感で、オイスターソースの風味でとっても美味しい。
もやしなので、プラスチック製の洗い箸だと、不器用な私には量が少なくなってきた頃は食べるのがずいぶん面倒で大変でした(汗)。

DSCF8678 (480x360)
エビは結構大きめなサイズのものが5個ぐらい入っていました。
プリプリッとした噛み応えがあります。

DSCF8669 (480x360)
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF8685 (480x360)
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

おかずを食べるのに時間がかかったせいか、いつもはしっかり冷やしてある杏仁豆腐はややぬるくなっていました。

DSCF6744 (480x360)
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


焼きビーフン (800円)
DSCF8679 (480x360)
先輩は焼きビーフンを注文。
デザートとのセットです。

DSCF8680 (480x360)
シンプルメニューに見えますが、出てくるのにずいぶん時間がかかりました。
上司や私の注文より5分位遅かったです。


定食はたっぷりのメインに水餃子が2個ついているので、お値段はちょっとお高いですが、ボリュームたっぷり。
「嘉賓」の炒め物は久しぶりでしたが、やっぱりいつ食べても美味しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
鶏肉のカレーライス (2013年3月26日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日2013年5月1日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
 ◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日2013年6月12日
 ◎チンジャオロース (2013年1月7日
 ◎八宝菜 (2013年2月12日
B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
 <4個>(2012年10月31日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2013年6月12日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/26 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
今週は、月曜日と火曜日の両方とも電車が遅れ、まともに巻き込まれちゃいました。
月曜日は、電車が止まった直後にホームに到着したので、もみくちゃになりながら別ルートを選択。
火曜日は、電車が遅れているからとわざわざ御茶ノ水駅から乗り込んだ中央線が市ヶ谷駅目前で止まってしまい、総武線に3本も抜かれちゃいました(汗)。
出勤するだけでも大仕事です。
今日は何事もなく会社に到着できますように。

DSCF8621 (480x360)
2013年6月10日は週の最初の月曜日。
週末の暴飲暴食で体重がかなり増加していたのですが、この日は遅くまで残業する予定だったので、しっかりランチを食べることにしました。
上司は「松月庵」に出前をお願いしたのですが、私は半月ほど前の2013年5月23日に「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」リゾットを食べていて、この日は無性にパスタが食べたくなったので、買いに行くことにしました。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF7927 (480x360)
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

12時少し過ぎの一番忙しそうな時間に電話して注文したところ、15分ぐらいで出来上がるとのことだったので、すぐに準備をして事務所を出ました。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回お弁当を購入したのは2013年5月23日だったので、約半月ぶり、30回目です。

DSCF7928 (480x360)
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF8615 (480x360)
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

DSCF8616 (480x360)
いよいよ冷製パスタが始まったようで、メニューが出ていました。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと36周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

12時10分頃にお店に到着すると、イートインに3、4人が並んでいました。
既にお料理は出来上がっていたので、すぐに精算して持ち帰りました。

DSCF8617 (480x360)
お弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF7933 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

この日はゴルゴンゾーラとマッシュルームが入ったフォルマッジオをマンナン入りのリゾットでお願いしました。

DSCF6870.jpg
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

DSCF8618 (480x360)
この日もうっかり忘れてしまい、フォークをいただいてしまいました。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。


スパゲッティ ガンベレット ビアンコ  (900円)
DSCF8621 (480x360)
フタをオープン!
相変わらずボリュームたっぷり。
写真だとわかりにくいですが、容器のサイズが大きくて底が深く、八分目ぐらいまで入っています。

ガンベレット ビアンコは、オイルベースのスパゲッティにエビとキャベツが入ったものとのこと。
海老の赤とキャベツの緑が映えて、とても彩りが鮮やかです。

DSCF8622 (480x360)
キャベツは一口大よりもやや大きめにカットされていて、芯の部分もあるので歯応えも楽しめます。
味付けそのものはシンプルな塩味であっさりしていました。

DSCF8623 (480x360)
海老はおおぶりで、かなりたくさん入っています。
まずは海老だけをつまんで食べちゃいました。
プリッとした歯応えです。
こちらも味付けは塩が軽めであっさり味。

DSCF8627 (480x360)
麺は黄色みがかった中細麺です。
つるつるとしたのど越しで、ニンニクも塩気も辛さもしっかりとしていました。
焼き付けたような香ばしさもあって、とっても美味しい。
このお店のオイルベースの味付けはかなり好きです。
ボリュームもたっぷり。

DSCF8628 (480x360)
とても細長い唐辛子が入っているのを発見。
この大きさのおかげでしょうか、スパゲッティ全体の爽やかな見た目と違って、結構しっかりと辛さがありました。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。

この日は最初からしっかり辛さがあったし、この週の金曜日に食べ放題ディナーに行く予定だったので、カロリーを控えるために粉チーズも使いませんでした。

DSCF5093 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じです。

DSCF8626 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


ボリュームたっぷりですが、自分はこの量を食べ慣れてしまったので、普通に美味しく完食。
つるつると吸い込んじゃうので、事務所の中で一番早く食べ終えたぐらいです(汗)。

この日、お弁当を持ってくるのを忘れたOさんは、「宮川」はとても並んでいたのでやめ、屋台はカレーで、前日もカレーを食べたのでパスし、どうしようか困ったところ、何と「坂口」という酒屋さんでお弁当を買ってきました。
あの辺は、屋台や「後楽」で通っているのに、これまで全く気付きませんでした。
この日は1種類しかお弁当が残っていなかったとのことですが、結構ボリューミーで美味しそうだったので、私も絶対次の日に買いに行こうと決めました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  タラモ (2013年1月31日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日
◎ご飯系
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日
◎季節メニュー
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF8257_20131004214832b08.jpg

DSCF8258_20131004214834f89.jpg

DSCF8259_20131004214837187.jpg

DSCF8260_20131004214839576.jpg

DSCF8261_20131004214842e58.jpg

DSCF8263_201310042148118c6.jpg

DSCF8264_20131004214814ce3.jpg

DSCF8265_20131004214816e43.jpg

DSCF8266_201310042148187a6.jpg


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2013年6月10日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/25 05:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
Rossi  @麹町
このところ姿を見かけなかった「クルージングダイナー」ですが、先週から場所を変えて復活していました。
買いに行った先輩の話では、ヤマト宅急便の前だと集客がイマイチだったので、逆サイドの市ヶ谷寄りの現在の場所にしてみたとのこと。
最近、テイクアウトで普通のカレーが食べられるところが少ないので、戻ってきてくれてよかったです。

DSCF8563 (480x360)
2013年6月6日は、上司のお誕生日のお祝いでちょっと贅沢ランチをしました。
この頃少し仕事が忙しかったので、お誕生日当日は都合がつかなかったのですが、2013年5月29日にランチ訪問した「Rossi(ろっし)」がなかなかよかったので、事務所からもそれ程遠くないし、予約して行ってみることに。

DSCF8309.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から、日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かって交差点を2つ越えてしばらく進み、コンビニのファミリーマートを過ぎたところで右に曲がると、ちょっとした広場というかスペースがあり、その周囲にたくさんの飲食店があります。

DSCF8167_20130614214143.jpg
一番奥の左に三井ビルがあり、このビルには、
1階には、2008年7月29日にランチ訪問した「ちょっとら」、
2階には、2008年2月7日2008年2月8日2008年8月8日2009年3月6日2009年11月2日2012年10月10日にランチ訪問した「根本」、
があります。

この左隣には2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「イチ」があります。

DSCF8168_20130614214148.jpg
「ロッシ」は2011年9月20日にオープンしたのですが、場所が奥まっていたことと、当初は夜営業のみだったことから、私がお店のことを知ったのは高田馬場の美容院で読んでいた情報誌からでした(笑)。

DSCF8171_20130614214037.jpg
2013年の4月下旬か5月初め頃に通りかかったとき、ランチを始めたのに気付きました。
営業時間は火曜日から木曜日の週3日で、時間も12時オープン、午後1時30分ラストオーダーと、なかなか外へランチに出られない私にとってはかなりハードルが高いです。

DSCF8165_20130614214130.jpg
三井ビルはかなり古めかしいビルです。
やや暗くて細い階段を降りて地下へ。

このビルは「根本」へ行くときに使っていましたが、地下に以前どんなお店があったのか、全く記憶がありません(汗)。

DSCF8166_20130614214138.jpg
お店の入口の前の踊り場にはワインなどが飾られています。

こちらのお店のランチは少し遅めの12時スタートです。
先輩が予約を取るとき、実はそのことを知っていたのですが、午後に予定が入っていたのと、ゆっくり食事を楽しみたいと思って敢えて11時半で予約をお願いしました。
その時はすんなり予約が通ったのですが、しばらくすると、お店から折り返しの電話があり、「ランチは12時からなので、、、」ということで、残念ながら12時からになりました(笑)。

DSCF8128_20130614214504.jpg
小さな入口を通って中に入ると、右手にカウンターと厨房とテーブル席、左に半個室っぽくなった場所にテーブル席が2つ並んでいました。

DSCF8125_20130614214556.jpg
木目調でダークトーンにまとめられたシックな内装は、とても落ち着いた雰囲気です。
日光が入らない上に照明もかなり抑えているので、ディナーに来たような感覚になりました。

DSCF8124_20130614214554.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
カウンター席からはシェフがお料理をしているところがよく見えます。
厨房に二人、フロアに一人、合計三人の男性で切り盛りしています。

DSCF8127_20130614214501.jpg
作り置きはせず、注文が入ってから全て切り分けるようで、シェフはいろいろな食材をどんどん切ってお皿に盛りつけていきます。

実はこの「ロッシ」というお店は、名刺を見ると「since 1993」となっています。
オーナーシェフの岡谷文雄氏は1993年に六本木で「ロッシ」をオープンし、1999年に閉店した後は表参道の「フェリチタ」というお店でシェフを勤め、2011年にこの地で「ロッシ」を再オープンしたとのことです。

DSCF8164_20130614214226.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ランチメニューは1,300円、2,500円、3,800円と、ちょっとというか、結構お高めです。
こちらは外に出ていたメニューです。

ランチは3種類ありますが、この日はちょっと贅沢をして真ん中のPranzoB(2,500円)のコースにしてみました。
前菜盛り合わせとサラダ、本日のパスタ、岩手県岩中豚のロースト ローズマリー風味、デザート、コーヒーです。

本日のパスタは冷たいものと温かいものが1種類ずつあって、店員さんが口頭で説明してくれます。
冷たいものが野菜とバジルのスパゲッティ、温かいのが短角牛のラグーソーススパゲッティでした。
私以外の3人は冷たいものを、私は温かいのをチョイス。

DSCF8516 (480x360)
入店し、予約したことを告げると、一番奥の4人用テーブル席に通されました。
てっきり手前のちょっと個室っぽくなったテーブル席かと思っていたのですが。。。

DSCF8518 (480x360)
壁にはお酒がずらりと並んでいました。

この席は前回のカウンターに比べると照明の関係で、写真が黄色く写ってしまい、残念。

DSCF8519 (480x360)
お水のグラスはワイングラスです。

DSCF8522 (480x360)
この雰囲気だと、お水じゃなくて、ワインが飲みたくなっちゃいます(笑)。

せっかく豪華なランチをセッティングしたのに、この日の上司はひどい二日酔いでした。
こんな日に限って、なんでまた!
ブログを始めるよりもずっと前に「グローブ・デュ・モンド」でバースデイランチをしたときもそうでした。
まったく!!


前菜盛り合わせとサラダ
DSCF8526 (480x360)
まずは、ワンプレートの前菜盛り合わせとサラダが出てきました。
白い大きな平皿にたくさんの前菜が並び、奥にサラダが添えられています。
一つ一つは小さいですが、とってもゴージャス!

DSCF8527 (480x360)
わずか8日前にもランチ訪問していたので、同じメニューもたくさんありました。
ただ、ランクが上がったせいか、種類が多いです。

DSCF8532 (480x360)
ゴージャスな前菜を見た上司は「すごいな! ワインでも飲もう!」と言い出しました。
こちらもちの会計だったので、上司以外の3人は軽くかたまっちゃいました(汗)。
Oさんはすぐに「ちょっと疲れているので。」と断ったので、先輩はお酒が飲めないし、ここで私も断ったら上司が浮いちゃうなと思い、私がご相伴することになりました。


グラス白ワイン (800円)
DSCF8537 (480x360)
シチリア島の白ワインでした。
あっさりとしていて軽い酸味があり、飲みやすかったです。

DSCF8536 (480x360)
次にパンが出てきました。
2種類あります。これで4人分です。

上のバケットはかなり黒っぽい色合いです。
しっかりとした歯応えで、そのまま食べても噛みしめると旨みがありました。

DSCF8546 (480x360)
下にあるもう一つはパンは、パンというのとは少し違う、ぺたんこのパリッとしたものです。
そのまま食べても薄い塩味がありました。
見たことのないパン?で面白かったです。

DSCF8540 (480x360)
野菜のバーニャカウダです。
カブ、ニンジン、チンゲンサイ?などなど。
お野菜はかために茹でられていて、歯応えを楽しめました。
バーニャカウダそのものはあっさり目です。

DSCF8529 (480x360)
鯖のマリネは程よい酢加減で、身がしっとり。

DSCF8530 (480x360)
白身魚のカルパッチョ?
少し甘いトッピングがのせてありました。

DSCF8538 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
パテ・ド・カンパーニュはかなり柔らかく、フォークを使うとホロホロと崩れるぐらいです。
あっさり目の味わいでした。

DSCF8539 (480x360)
こちらと、、、

DSCF8543 (480x360)
こちらは生ハムで、何かが違ったような?

小さなサイズですが、しっとりと柔らかく、味がしっかりしていました。
脂がとろけて、ワインにとってもあいます。

DSCF8542 (480x360)
短角牛?のカルパッチョ

DSCF8544 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
こちらは前回も食べましたが、何のお料理かはよくわかりませんが、ジャガイモベースのお味でした。


本日のパスタ(冷) 野菜とバジルのスパゲッティ
DSCF8548 (480x360)
白くて丸い大きなお皿は真ん中が窪んでいて、スパゲッティが立体的に盛りつけてありました。

DSCF8549 (480x360)
お野菜たっぷりで、トマトの赤、ブロッコリーの緑と色鮮やかです。


本日のパスタ(温) 短角牛のラグーソーススパゲッティ
DSCF8550 (480x360)
冷たいパスタと同じく、真ん中が窪んでいる、白くて丸い大きなお皿に盛られていましたが、こちらの盛り付けはそれ程立体的ではありません。

DSCF8551 (480x360)
最初からチーズがかかっていました。
パスタは茹でたて熱々です。

DSCF8552 (480x360)
お肉は粗めのカットで、意外とあっさりした味わいでした。
ボリュームはそれ程多くありません。

DSCF8558 (480x360)
ぺったんこのパンにミートソースをのっけて食べてみました。


メイン 岩手県岩中豚のロースト ローズマリー風味
DSCF8559 (480x360)
白くて丸い大きなお皿の中央にお肉がのせられ、上にサラダが添えられています。

DSCF8563 (480x360)
お肉は二切れもありました。

お肉になったからか、店員さんが上司にすかさず「赤もいかがですか?」と聞いてきたのですが、さすがにこれで飲んだら、午後仕事にならないと、こちらはパス(笑)。

DSCF8564 (480x360)
生野菜はリーフレタスなど。
ドレッシングがかかっていました。

DSCF8565 (480x360)
お肉にはサシがたくさん入っていて、脂の旨さがたっぷり。
ザ・和牛の味わいでした。美味しい!
お野菜と一緒に食べるとちょうどいい感じでした。

DSCF8568 (480x360)
パンのおかわりもいただいちゃいました。

DSCF8569 (480x360)
食事を終え、デザートとコーヒーです。


エスプレッソ
DSCF8572 (480x360)
上司はエスプレッソをチョイス。
とってもかわいい器でした。

デザートを待っているときだったでしょうか、壁に置かれた「東京最高のレストラン」という本にこのお店が掲載されていました。
それを見た上司、でっかい声で「こういうのを見ると、美味しく感じるな!」と言い出し、わずか数メートル先にシェフがいるのにと、こちらはヒヤヒヤしちゃいました(汗)。
恥ずかしいからやめて~。

DSCF8574 (480x360)
私は珍しくハーブティをお願いしました。


ハーブティ
DSCF8575 (480x360)
とても香りがよかったです。
量もたっぷり。


デザート
DSCF8577 (480x360)
デザートは、前回のものと果物が違うパターンでした。
ヨーグルトのパンナコッタ、ビワ、バニラのアイスクリームにバルサミコ酢をかけたものです。

DSCF8578 (480x360)
今年初めてのビワでした。
もう食べられるのか~と、ちょっと感激。
全体的に甘さも控えめでさっぱりしていました。
この日のパンナコッタは、前回と違い、ちょっとかためな食感でした。

DSCF8580 (480x360)
この日のお会計です。
合計で11,600円、一人2,900円でした。


お肉の脂がたっぷりあったこともあり、ボリュームも充分でした。
お値段はちょっとかかりますが、贅沢なひとときが過ごせてよかったです。
上司に楽しんでもらえたかどうかは、定かではありませんが(笑)。


お店の名刺です↓
DSCF8173_20130614214053.jpg

DSCF8174_20130614214059.jpg


2013年6月6日訪問時お店DATA
*********************************
Rossi (ろっし)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-2 三井ビル地下1階
TEL  03-5212-3215
営業時間  
[昼:火~木のみ]12:00~13:30(L.O.) 
[夜:月~水・土]18:30~24:00
[夜:木・金]18:30~2:00
定休日 日・祝  
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/24 07:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(6) |
スパゲッティ&カレー ジャポネ  @銀座一丁目
お天気が良かったり悪かったりだった週末ですが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は土曜日の炎天下の中、屋外でスポーツ観戦をしていたのでかなり暑かったのですが、勝てたので本当によかった!
今日から新しい一週間が始まるので、気持ちを新たにがんばります☆

本日は、マイブログ圏外の銀座一丁目にある「ジャポネ」のレポートです。

DSCF8442 (480x360)
2013年6月4日は、午前中に健康診断を受けました。
終わったのが12時過ぎだったので、お昼を食べてから事務所に戻ることに。
四谷以外の場所でランチをする滅多にないチャンスだったので、以前からとっても気になっていた有楽町にあるロメスパの老舗有名店「スパゲッティ&カレー ジャポネ」に行ってみることにしました。

DSCF8426 (480x360)
JR有楽町駅や地下鉄有楽町駅や銀座一丁目駅から行くことが出来ます。
外堀通り沿いにある銀座インズ3の中にお店があります。

銀座のインズはよく行きますが、3まで行くのは初めて。
結構歩きます。

DSCF8427 (480x360)
建物に入ってマクドナルドを過ぎ、「お店はどこかな~?」と標識を頼りに左に曲がると行列を発見。
しかも、お店は囲いが全くなく、カウンタースタイルでそのまま廊下とつながっていました。

DSCF8428 (480x360)
「ジャポネ」は店名どおり日本人の味覚にあった味つけを自慢とし、ボリュームのあるスパゲッティを和風・中華風・洋風12種類&カレーライスとバラエティーに富んだメニューを提供しているとのこと。

DSCF8429 (480x360)
テイクアウトも出来るようです。
予約電話は午前8時から受け付けてくれるとのこと。

営業時間内に行列に並べば食事はできるそうです。

DSCF8430 (480x360)
お店は細長い厨房の前にあるカウンターのみ。
順番待ちのお客さんは廊下の壁に沿って一列に並びます。
人気店らしく、12時45分ぐらいに到着したのに、10人以上並んでいて、私が帰るときもほとんど行列は減っていませんでした。
ただ、カウンターでさっと食べるスタイルなので回転はまあまあ早かったです。
奥にはトイレや通用口があるので、何も知らない人が通りかかると突然の人だかりにみんなビックリしていました(笑)。

DSCF8431 (480x360)
男性客が多いですが、カップルや女性同士は来ていました。
ちなみに女性一人客は私だけ(笑)。

DSCF8432 (480x360)
営業時間はこちらです。
平日の午後3時から午後6時までは、比較的空席があるとのこと。

DSCF8438 (480x360)
15分程待って、カウンターの左側の方に着席。

こんなに人気店でカウンタースタイルのお店なのに、二人連れのお客さんに隣同士で座れるよう、配慮してくれます。
一人分が空くとそこで一人が座って待ち、どちらかの隣が空いたり、二人並んだ席が同時に空くまで待つことが出来ます。
お値段がとってもお安いから回転率を上げなきゃいけないはずなのに、すごいです。

あと、店主さんを筆頭に、とても人当たりの柔らかいサービスでした。
人気店なのに腰が低く、すごくゆったりとしていました。

DSCF8434 (480x360)
メニューの種類が多くて、かなり迷いました。
前の健康診断の時の2012年11月20日は、同じようなスタイルの「ミスターハングリー」というお店でナポリタンを食べていたので、この日は店名でもある「ジャポネ」を大盛で注文。
他の人の注文を聞いていると、ナポリタンとかジャリコなんかが多かったです。
意外とバジリコなんかもよく出ていました。

DSCF8435 (480x360)
いただいたお茶を呑みながら、しばらく待ちます。

DSCF8436 (480x360)
卓上には持ち帰り用のメニューやタバスコや粉チーズが置かれていました。

DSCF8437 (480x360)
メインメニューのスパゲッティとカレーの他に、サイドメニューとしてサラダが3種類あります。
スパゲッティ同様、お手頃なお値段です。
注文している人もちらほらいらっしゃいました。

DSCF8440 (480x360)
粉チーズとタバスコは巨大なボトルで置いてあります。
たっぷり使えるのが嬉しい♪

DSCF8441 (480x360)
お店は3人体制で切り盛りしていました。
コンロは2つしかなくて、常に強火でジュージュー焼いています。

DSCF8439 (480x360)
ちょうどコンロの目の前だったので、調理をしているのがよく見えて面白かったです。
麺のボリュームが多いので、店員さんは手で直接フライパンに麺を入れていました(笑)。


ジャポネ ジャンボ(大盛)  (650円)
DSCF8442 (480x360)
着席して5分位待って、お料理が登場!
楕円形のお皿にこぼれそうに盛られています。
フォークは横に突き刺してありました(笑)。

DSCF8443 (480x360)
ジャポネは醤油味で、肉・シイタケ・オニオン・小松菜が入っています。
小松菜が意外とたっぷりあって、彩りになっていました。
火を通しすぎていないので、小松菜の青っぽさが味わいをさっぱりさせてくれます。
よく見ると、肉・シイタケ・オニオンなどは細かく切って入っていました。

DSCF8444 (480x360)
お醤油の焦げた香ばしい香りがします。
まずはつるっと一口。かなり熱々です。
お醤油がしっかりとしみて素朴な味わいですが、美味しい。
麺は太麺でもちもちしているので、しっかりかみしめていただきました。
小松菜の存在もあって、お醤油味はしっかりときいているものの、全体としてはあっさり目の味付けでした。

DSCF8446 (480x360)
お醤油味がしっかりしているので、この日はタバスコは使いませんでした。
途中で粉チーズを少しかけて、ちょっとこってりさせて食べ終わりました。


大盛にしたので食べきれるか心配でしたが、わりとあっさり食べ切れました。
食後はかなりおなかが膨れたので、もう一つ上の横綱は厳しいかな、、、。

いわゆるイタリアンのスパゲッティとは全く違いますが、麺を食べるのが大好きな私はむちっとした麺をもぐもぐ食べるのはとっても美味しかったです。
ジャポネは意外とあっさり味だったので、こってり系も含めてまたぜひ他の種類を食べてみたいです。


2013年6月4日訪問時お店DATA
*******************************
スパゲッティ&カレー ジャポネ 
〒104-0061 
東京都中央区銀座西2-2先 銀座インズ3 1階
TEL 03-3567-4749
営業時間
[平日] 10:30~20:00
[土曜] 10:30~16:00
定休日 日・祝
JR山手線有楽町駅京橋口より徒歩2分
東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅より徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/23 05:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(4) |
唐辛麺 まっかっか  @市ヶ谷
今朝はサッカーの対ギリシャ戦があり、落ち着かない気分の人も多いのでは。
楽しい週末を迎えられる結果を期待しています(笑)。

本日は、2014年5月14日にオープンした「まっかっか」のレポートです。

DSCF6106 (480x360)
2014年5月27日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、お弁当の先輩を置いて一人で外へランチを食べに出ました。この日向かった先は「唐辛麺 まっかっか」です。
前日の5月26日にまさきさんからいただいたコメントでお店の存在を知り、早速行ってみることにしました。

前日の5月26日は「市ヶ家」へランチ訪問していて、二日連続の新店訪問です。

DSCF6125 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、二つ目の東郷公園入口交差点を右折し、東郷通りに入ります。
最初の角に2007年8月10日にランチ訪問した「うお多」があるのでそこを左に曲がり、さらに少し行った左側に佐藤ビルがあります。お店はその1階です。

DSCF6126 (480x360)
お店の入口の上に掲げられている大きな看板とその横にある小さな看板は、お店のイメージカラーであろう真っ赤な色に塗られていますが、文字や絵などは一切無し。
そういうデザインなのでしょうか。それとも手抜き?

DSCF6127 (480x360)
市ヶ谷経済新聞によれば、2014年5月14日にオープンしたこちらのお店は東京都墨田区に本店のある株式会社ISSEIが運営しているとのこと。
株式会社ISSEIは有名焼き肉店株式会社トラジの取締役だった浅田一世氏が代表取締役を務め、墨田区内に焼肉屋さんやラーメン屋さんを展開していますが、公式HPにはまだ「まっかっか」に関する記事は見当たりません。
ベースが焼肉屋さんらしく、テグタンスープをイメージした牛骨と野菜のスープに唐辛子を使ったオリジナルのヤンニョンソース合わせた辛いラーメンを提供していて、麺は「浅草開花楼」の太麺、具材にはゴボウやレンコン、ニンジン、コンニャクなどの根菜を使い、健康を意識したラーメンに仕上げているそうです。

DSCF6124 (480x360)
この場所には、以前、2012年7月にオープンした「博多金龍」があり、2012年8月8日にランチ訪問しましたが、2013年のいつ頃か、閉店しました。

その後、2013年4月12日に「ラー油蕎麦 春日亭」がオープンし、2013年5月8日にランチ訪問しましたが、2014年の早い段階で閉店したようです。

場所が大通りから一本入ったちょっと辺鄙な場所のせいか、どちらも1年続くのがやっとという状態の、飲食店にとっては鬼門になっているようです。

DSCF6123 (480x360)
12時10分頃にお店に到着。
外に券売機が置いてあるので、先に食券を購入します。

ウリのまっかっか麺は、つけ麺とラーメンとマゼ麺の3種類があり、ラーメンが700円、それ以外が850円です。
150円も差があるのにはちょっとビックリ。
プラス200円で辛さを増すことが出来ます。
辛くないまっしろ(680円)と冷たい冷え冷え麺(720円)というのもありました。
夜限定の1,200円もするSP麺というのもあるようです。
大盛りはプラス100円、肉増しは200円です。
トッピングは味玉のみで100円です。
ご飯は普通サイズ(100円)、半サイズ(50円)、豚飯(300円)、卵かけご飯(250円)と4種類ありました。

女性店員さんがメニューについて一通り説明してくれました。

DSCF6122 (480x360)
食券を購入して入店してみると、半分ほどの人の入り。
辛いメニューのせいか、女性客もちらほら。

DSCF6121 (480x360)
フロアはそれ程広くなく、奥に向かって長方形になっていて、左奥に厨房、その周りにカウンター席やテーブル席が並んでいます。
内装はとてもシンプルで、前のお店のほぼ居抜きではないでしょうか。

DSCF6100 (480x360)
私は奥の右側にあるカウンター席に着席。
卓上にはティッシュケースが置かれていました。
店員さんがお水と紙エプロンを持ってきてくれます。

DSCF6101 (480x360)
テーブルが狭いからか、壁に小さな棚が作ってあり、割り箸、爪楊枝、調味料が2種類置いてありました。

DSCF6099 (480x360)
私はお店のイチオシであるまっかっかつけ麺を注文。

DSCF6102 (480x360)
無料トッピングでチーズと大根おろしのどちらかを入れることが出来ます。
壁に黄色いポスターで貼りだしてありました。

DSCF6103 (480x360)
ちょっと悩みましたが、チーズをチョイス。

DSCF6104 (480x360)
席についてからそれ程時間がかからずに、つけ麺が登場。
え? もう?と思うぐらい早かったです。

DSCF6105 (480x360)
つけ麺の提供と同時に、店員さんが目の前でチーズを削って入れてくれます。
こういうパフォーマンスは見ていて楽しいですね。


まっかっか つけ麺 <チーズトッピング>  (850円)
DSCF6106 (480x360)
いただきま~す!

DSCF6107 (480x360)
つけ汁は、麺の入ったものよりも一回り小さい黒い器に入っています。
赤いスープなので、色が映えます。

DSCF6110 (480x360)
黒いレンゲはつけ汁の器に入れてありました。

DSCF6108 (480x360)
削ったチーズは結構たっぷりめ。

DSCF6109 (480x360)
スープの表面にはレンコンがちょこっと顔を出していて、ネギが散らしてありました。

DSCF6111 (480x360)
麺は黒い大きめの器に入っています。

DSCF6112 (480x360)
白っぽい中太麺で、縮れのないストーレト麺でした。
ボリュームは結構あります。

DSCF6116 (480x360)
テグタンスープをイメージしたという、つけ汁を先ずはそのまま一口いただいてみました。
ややあっさりながらも旨みがあって、しかも、結構本格的に辛い!
結構食べ手を選ぶかも?と思っちゃう辛さで、辛いもの好きの私はうれしかったです。

DSCF6118 (480x360)
つけ汁の中にチャーシューが沈んでいました。
薄切りですが、柔らかかったです。

DSCF6119 (480x360)
もやしやネギのほか、ニンジン・レンコン・ゴボウなどの根菜、そしてコンニャクが入っていました。
レンコンやゴボウのシャキシャキした食感はアクセントになって思っていたほど程違和感は感じなかったですが、コンニャクはラーメンにはほとんど登場しないので、結構不思議な感じでした。

割りスープについては特に説明もなく、他のお客さんも頼んでいる様子がなかったので、残ったつけ汁は適度に薄まっていたこともあり、そのまま全ていただいちゃいました。


ラーメン本で時々焼肉屋さんとコラボしたラーメンが登場していたのを見たことはありますが、食べたのは初めてです。
根菜を中心に具だくさんで、しっかりとした辛さで美味しかったし、面白かったです。
まっかっか麺とマゼ麺も食べてみたいです。


2014年5月27日訪問時お店DATA
************************
唐辛麺 まっかっか
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-6-6 佐藤ビル1階
電話 非公開
営業時間 11:30~15:00 
定休日 日祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/20 07:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(6) |
築地 宮川本廛 四谷店  @四谷三丁目
この4月に自宅のパソコンを買い換えた際、もともとパソコンに入っていたお試し用のウイルスバスターを導入していたのですが、そろそろ期限が切れそうだったので、つい先日、ちゃんと購入しました。
ところが、迷惑メールを削除する設定しているのにバンバン入って来ちゃうので、メーカーに問い合わせをしたところ、パソコンにあらかじめインストールされているOutlookには対応していないとのこと(泣)。
チャットによる問い合わせなんて面倒な手続きをしたのに、結局手動で削除しなければならず、大変残念でした。

DSCF8409 (480x360)
2013年6月3日は週の最初の月曜日。
この日は朝から長い打ち合わせがあり、お客様のお昼ご飯として上司の希望で「築地 宮川本廛(みやがわほんてん) 四谷店」に出前をお願いしたので先輩も私もご相伴させていただきました。

店

実際の店舗には行ったことがなく、専ら出前をお願いしています。
お店の場所は、JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りを新宿方面に向かって進み、通りの左側、この写真の路地を入ったところにあります。もう少しで津之守坂交差点という場所です。

市ヶ谷経済新聞によれば、2012年2月13日、「宮川本廛」の支店として、「荒木町 宮川」という和食のお店がオープンしたそうです。

DSCF8398 (480x360)
こちらはお料理をのせてくるお盆です。

前回出前をお願いしたのは2013年4月15日だったので、約1ヶ月半ぶりでした。

DSCF5791 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
「宮川本廛」は配達がいつもとても早くて、すぐに届けてくれます。
松月庵」にはかなわないものの、それでも出前の中ではかなり早いほうです。
お腹が空いているときにはとっても助かります。

この日は12時ちょっと過ぎに電話で注文したところ、30分ぐらいで届けていただけるとのこと。
ピークタイムなのに、それよりも早い時間に届けていただきました。

DSCF8399 (480x360)
ついてくる割り箸の箸袋には、店名などのロゴが印刷されています。

DSCF8400 (480x360)
先輩と私はできるだけマイ箸を使うようにして、割り箸はいただかないようにしていますが、「宮川本廛」の出前はお客様にお出しすることを前提としてお願いすることが多いので、結局もらうことが多いです。

DSCF5792 (480x360)
お新香の入った容器にはサランラップをかけてあります。
ただ、複数の注文をしたときは、幾つか重ねてあって一番上にだけかけてあります。

DSCF5793 (480x360)
週末に名古屋へ遊びに行って体重がちょっとアップしていましたが、この日は夜遅くまで残業する予定だったので、しっかり食べておくつもりでした。
ただ、このところ、来客用の食事として上司が指定するのが「宮川本廛」ばかりで、しかも、「宮川本廛」のメニューの中でお願いできる予算内のお料理は全て食べてしまっていて、贅沢な話ですが、やや飽きてしまって食べたいメニューがなかなか決まりませんでした。
ボリュームが多いのはきじ丼でしたが、前回きじ丼食べたし、、、といろいろ迷いましたが、やっぱり無難に一番美味しくてボリュームのあるきじ丼に決定。

DSCF1148_20120609150520.jpg
お重のフタを開けるとき、とってもドキドキします。

DSCF1149_20120609150519.jpg
フタの裏側は鮮やかな赤色で、金文字で店名が入っていました。

DSCF8407 (480x360)
この日はフタの裏に玉子焼きがはり付いちゃっていました(笑)。


きじ重・上 (1,260円)
DSCF8409 (480x360)
いただきま~す!
お重とお新香のセットです。

DSCF8411 (480x360)
お新香は定番の2種盛りです。

DSCF8413 (480x360)
黄色いタクアンが2切れと、紫色の柴漬けです。

DSCF8418 (480x360)
きじ重は、ご飯の上に刻み海苔を敷いて焼いた鶏肉がのせられ、さらにその上に玉子焼きと絹さやがトッピングしてありました。

DSCF8415 (480x360)
フタに張り付いていた玉子は手動で戻してセッティング(笑)。
玉子焼きは大きな長方形のものを2つに切ってあります。
控えめな甘さでした。

DSCF8416 (480x360)
茹でた絹さやの緑色が彩りになっています。
2つありました。

DSCF8417 (480x360)
鶏肉は、美味しそうなお醤油色に染まって香ばしく焼かれ、一口大に切ってあります。

DSCF8421 (480x360)
胸肉でしょうか、噛むと程よい弾力がありました。

DSCF5817 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お肉に塗られたタレはそれ程甘みがなく、お肉によくしみこんでいます。
ご飯が進みます。

DSCF8422 (480x360)
普段は柔らかめなことが多いご飯ですが、この日は普通だったので美味しくいただけました。


全体のボリュームは普通です。
他にもメニューはたくさんありますが、基本のこのきじ重がCPが良くて美味しいので一番好きです。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

うな重・竹  (2009年9月1日2011年7月25日
きじ重・特上 (2009年4月14日
きじ重・上 (2008年1月22日2011年8月8日2011年12月6日2012年1月20日2013年4月15日2013年6月3日
合盛重 (2011年9月26日
うな玉重・特上 (2009年5月31日
うな玉重・上 (2008年5月13日
親子重・特上 (2009年5月22日
親子重・上 (2009年2月12日
きじそぼろ重・上 (2008年9月29日
三色重・上 (2008年11月14日2010年8月26日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


出前のメニューはこちら↓です。
2008_1115画像0105

2008_1115画像0107

2008_1115画像0108


2013年6月3日宅配時お店DATA
****************************
築地 宮川本廛 四谷店 (みやがわほんてん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-11-9
電話 03-3341-7777  
FAX 03-3341-7805 
定休日 水曜日
地下鉄四谷三丁目から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/19 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
旨辛ラーメン表裏  @水道橋
昨日の帰り道、電車で座れたので本を読んでいたら、そのまま夢の中へ。
自分の降りる駅で気付いて慌てて立ち上がったところ、膝にのせたままの本をぶっ飛ばしてしまいました(汗)。
メチャクチャ恥ずかしかったですが、人にぶつけなくてよかったです。

本日は、マイブログ圏外の水道橋にある「表裏」のレポートです。

なお、2013年5月30日のランチは、2013年4月11日にお弁当を購入した「カフェ ラッテ」でしたが、ランチ屋台村麹町6丁目店は2013年8月9日に撤退したので、割愛させていただきます。

DSCF8384 (480x360)
2013年6月2日の日曜日、所用があって水道橋に出かけたので、「旨辛ラーメン表裏(ひょうり)」でランチをすることにしました。
この日は東京ドームでファンキーモンキーベイビーズのラストコンサートが開催されていたので、水道橋駅から東京ドームにかけて、黄色い格好をしたファンの人で埋め尽くされていて、歩くのも大変でした(汗)。

DSCF8395 (480x360)
JR総武線水道橋駅の御茶ノ水方面の出口を出て右に曲がり、そのまま高架下沿いに歩くとお店があります。

DSCF8396 (480x360)
こちらのお店は2010年7月22日に「つけ麺 表裏」としてオープンし、2011年2月7日に「旨辛ラーメン表裏」としてリニューアルオープンしました。
業界大手の「麺屋こうじ」グループの一つで、辛いだけではなく、旨いだけでもなく、辛くて旨いにこだわった旨辛ラーメンを提供するお店とのことで、辛いもの好きの私はずいぶん前から一度食べてみたいと思っていました。
メガ唐揚げなんていうメニューがあって、ちょっとデカ盛り系でもあります。
日曜日が定休日だったり、中休みがあったりで、なかなか行くタイミングが合わなかったのですが、ようやく念願が叶いました。

DSCF8381 (480x360)
入口に券売機があるので、先に食券を購入します。
メニューが豊富ですが、辛さを明記してあるのでとてもわかりやすいです。
家人は一番人気のあんかけデラックス、私はせっかくなので極辛あんかけデラックスを注文。
どちらもメガ唐がついています。
本当は私の方はつけ麺にしようかと思ったのですが、この日は結構暑くはなりましたが、日陰だとそこそこ涼しかったので、温かい辛いスープが飲みたくなりました。

DSCF8379 (480x360)
フロアは結構大きくて、左に厨房とカウンター、右側にテーブル席が並んでいます。

DSCF8378 (480x360)
入店したのは2時近かったですが、お店は常にほぼ満席状態でした。

DSCF8376 (480x360)
ちょうど目の前に二人用のテーブル席があったので、そこに着席。
この席からだと厨房とかカウンターは全く様子が見えなかったです。
卓上にはティッシュとお水の入ったポットが置いてありました。

DSCF8377 (480x360)
テーブルがとても小さいので、壁に棚が作ってあって、割り箸、洗い箸、レンゲ、爪楊枝、紙ナプキン、各種調味料がのせてあります。

DSCF8380 (480x360)
食券を渡すときに、ニンニクを入れるかどうか聞かれます。
日曜日だし、ニンニク入りでお願いしちゃいました。
お水を飲みながら、ラーメンを待ちました。


あんかけデラックス (980円)
DSCF8383 (480x360)
しばし待って、ラーメンが登場!
出てくるのにちょっと時間がかかりました。
こちらは家人が注文したあんかけデラックスです。

DSCF8382 (480x360)
角度を変えるとこんな感じです。
あんかけデラックスは、赤茶色っぽいスープに野菜と唐揚げがトッピングされていました。


極辛あんかけデラックス (1,000円)
DSCF8384 (480x360)
続いて、私の注文した極辛あんかけデラックスが登場。
こちらも白いドンブリに赤茶色っぽいスープがたっぷりと注がれ、野菜とから揚げがトッピングされていました。

DSCF8385 (480x360)
メガ唐というだけあって、おっきい!
一口大にあらかじめカットされています。

DSCF8386 (480x360)
極辛と普通の違いは、トッピングとして七味唐辛子がかかっているかいないかだけでしょうか。
見た目はほとんど同じだし、お値段も20円しか違わないし。

DSCF8387 (480x360)
トッピングでつけたニンニクは生の刻んだものがたっぷり。
七味唐辛子もかなりかかっています。

DSCF8388 (480x360)
野菜はキャベツともやしとナスです。
もやしに比べるとキャベツが意外と多かったです。
ナスの素揚げ?が2個ありましたが、このトッピングはかなり珍しいのでは。
ただ、私の方は食べられましたが、1個は完全にヘタの部分でした(汗)。

DSCF8390 (480x360)
まずはそのままスープを一口。
ちょっとトロリとした口当たりで、しっかりとダシの味わいがして、しかも辛い!
確かに謳っているとおりの旨辛スープでした。
ただ、ちょっとぬるかったのは残念です。

それでも、麺は熱々だし、食べ進めると唐辛子効果でしょうか、身体の内側からポカポカしてきて汗が滲みます。
ニンニクを溶かし込むさらに味が深くなりました。
トッピングの七味?唐辛子はシンプルなツンとした辛さで、結構凶暴な辛さにです。

DSCF8391 (480x360)
麺は黄色みがかった中太麺です。
プリプリした食感で、かたくもなく柔らかくもなく、程よい歯応えでした。
縮れがなくてつるんとしているので、辛い味がそれ程得意ではない家人にとっては、あまりスープが絡まなくてよかったそうな(笑)。
麺のボリュームも結構ありました。

DSCF8392 (480x360)
ドンブリの半分位を覆う唐揚げはメガ唐の名にふさわしい大きさです。
衣がこんがりと揚がっていて、見た目もとっても美味しそう。
揚げ立てを標榜しているだけあって、猫舌の私ではすぐに食べられない程熱々。
お肉は衣がぱりっと香ばしく、中は柔らかで、程よい下味がついていました。
お肉だけでも食べごたえばっちりです。


お値段はちょっとお高めですが、「中本」とはちょっと違う旨辛ラーメンにお腹いっぱいで大満足でした。
つけ麺も是非食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した水道橋グルメはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

つけ麺屋 やすべえ 水道橋店  (2009年5月16日
ら~めん ぽっぽっ屋 水道橋店  (2009年9月4日
用心棒  (2010年3月26日
【閉店】肉屋 (2011年9月17日
肉そば総本店神保町けいすけ 神保町店 (2013年4月12日
旨辛ラーメン表裏 (2013年6月2日

薄利多賣 半兵ヱ 水道橋店 (2011年9月17日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年6月2日訪問時お店DATA
******************************
旨辛ラーメン表裏 (ひょうり)
〒101-0061 
東京都千代田区三崎町2-22-5
TEL 03-5215-6487
営業時間 
[昼]11:00~15:30
[夜]17:00~22:45 
定休日 日曜日
JR・地下鉄水道橋駅より徒歩30秒

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/18 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
ティーヌン 市ヶ谷店  @市ヶ谷
毎日暑いですね~。
朝は起きたらたっぷり牛乳を入れたホットコーヒーを飲むのですが、そろそろ辛くなってきました(笑)。

2013年5月27日のランチは、「シャンティ」のお弁当を購入しましたが、ランチ屋台村麹町6丁目店は2013年8月9日に撤退したので、割愛させていただきます。

DSCF8105 (480x360)
2013年5月28日は、お昼になると上司が「松月庵」に出前を頼んだので、私は久しぶりに市ヶ谷の「ティーヌン 市ヶ谷店」へお弁当を買いに出かけました。

DSCF8096 (480x360)
少し前から、2012年11月2日にランチをした「カフェ・ド・クリエ 市ヶ谷駅前」がリニューアルしていました。

DSCF8097 (480x360)
2011年2月6日にテイクアウトしたl四ッ谷店も2013年1月7日にリニューアルオープンし、2013年3月7日にランチしました。

入り口

こちらは以前撮った写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から九段下方面に向かっての交差点を渡るとすぐ右手に市ヶ谷プラザビルがあり、お店は靖国通り側ではなく、土手側の1階にあります。
お店の入り口の右側の窓が開くようになっていて、テイクアウトができます。

2008_1115画像0089
市ヶ谷プラザは、JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かって進むと、すぐ左手にあります。

2010_0803画像0056
市ヶ谷プラザにはたくさんの飲食店が入っています。
1階の土手に面した側には「ティーヌン」と2011年7月1日にランチ訪問した「とんかつ うちの」があります。
靖国通り側は、1階にある、
2009年10月8日に「カレーの王様 市ヶ谷店」
2009年7月28日に「ITALIAN RESTAURANT DINOS」(2010年後半に閉店し、2010年11月24日に「松屋 市ヶ谷店」がオープン)、
2014年5月26日に「横浜家系ラーメン 市ヶ家」
また、2階では、
2008年11月12日に「プティーワン」
2009年7月1日に「さくら水産」
2010年8月3日2011年9月1日に「芝浦食肉」、
へ行きました。

DSCF6882_20130830094608f87.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
写真が光ってしまって見にくいですが、タイの街角の風景写真です。

前回ランチ訪問したのは2013年1月28日です。
前回お弁当を購入したのは2013年2月22日だったので、約3ヶ月ぶりです。

DSCF8099 (480x360)
ちょっとご無沙汰していたら、テイクアウトの窓口のレイアウトが変わっていました。
メニューが減ったように見えますが、写真が大きくなっただけ?
冷たい麺メニューも始まったようです。

DSCF8100 (480x360)
12時10分ぐらいに到着したところ、先客は2名ほど、後客もパラパラと集まっていました。

季節メニューの冷たい麺メニュー2種類以外は、一律500円です。
以前はいろいろなお値段でしたが、少し前に値下げしました。
麺とご飯など、種類はかなり豊富です。

DSCF3144_201402210757566db.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お弁当の販売時間は午前11時から午後2時45分までです。

DSCF3140_20140221075745b9a.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
注文してからお料理を作る500円のお弁当だけでなく、作り置きのお弁当もあります。
お店の前に長テーブルが出してあって、その上に並べられていました。

DSCF3141_2014022107574754d.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
おかずの組み合わせがいろいろある盛り合わせが750円、小さなおかずのパックが250円です。

DSCF3142.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

おかずの組み合わせがいろいろあるので、どれを選ぶかとっても悩ましいです。

DSCF1788_2014011908172041a.jpg
お店の入口にはウェイティング用のイスが幾つか並べてあります。

DSCF8101 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はシンプルな白でした。

DSCF8103 (480x360)
容器は丸くて大きなプラスチック製で、下は白、フタは透明です。


盛り合わせ弁当 (750円?)
DSCF8105 (480x360)
フタをオープン!
おかずの組み合わせはいろいろありましたが、その中で一番ボリュームがありそうで、自分の好みのおかずの組み合わせの、こちらのお弁当を購入してみました。
大きく3つのパーツに分かれています。

DSCF8106 (480x360)
手前にはパッタイが入っていました。
ニラ、海老、もやし、ナッツや桜海老などが入っていて、レモンの櫛切りが添えられていました。
このお料理はお店によっては結構甘い味付けのことがありますが、「ティーヌン」はそれ程でもなく、むしろしっかり辛かったです。

DSCF8107 (480x360)
レモンはかなり厚みがあります。
最初にレモンを搾ってからいただきました。

DSCF8108 (480x360)
こちらのパートには炒飯が入っています。
キュウリ、パクチー、半熟卵がトッピングされていました。

DSCF8109 (480x360)
キュウリは薄切りのものが2枚で、飾り切りしてあります。

DSCF8110 (480x360)
半熟卵って、タイ料理では珍しいのでは?
黄身はかなりトロトロでした。

DSCF8121 (480x360)
具は卵、ニンジン、お肉?など。
この炒飯は辛くありません。

DSCF8111 (480x360)
3つ目のパートには、生春巻きとタイのさつま揚げが入っていました。

DSCF8112 (480x360)
生春巻きは2つです。

DSCF8118 (480x360)
中には、ニンジン、卵、キュウリ、春雨、海老、シソなどが入っています。
とてもさっぱりしています。

DSCF8116 (480x360)
タレは小さなビニール袋に入っていました。
タレはスイートチリなどなので、甘めなテイストです。
なので、味わい的にはちょっと苦手。
あまりつけないようにして、他の味わいに助けてもらって食べました。

DSCF8113 (480x360)
タイのさつま揚げは小さいサイコロ状にカットされています。
よく見ると、種類がいろいろありました。


全体のボリュームはやや多めです。
タイ料理らしいインパクトのある味わいはそれ程ありませんでしたが、いろいろな種類が食べられて楽しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  冷やしトムヤム (2007年6月8日
  デラ☆トム (2013年1月28日

[お弁当]
  蒸し鶏のせ炊き込みごはん弁当 (2012年2月9日
  レッドカレー弁当 (2011年12月8日
  グリーンカレー弁当 (2007年12月11日2011年1月26日
  ガパオ弁当  (2011年10月18日
  パッタイ弁当 (2012年2月20日
  生春巻    (2011年10月18日
  揚春巻    (2011年12月8日
  日替わり炒飯弁当 (2011年11月9日
  本日の日替わり一皿飯 (2012年11月26日
  トムヤムスープ (2007年12月11日2011年1月26日2011年11月9日2012年2月20日2012年11月26日2012年12月19日
  野菜たっぷり日替わりスープ (2012年2月9日
  ガイパッキン (2008年2月4日
  冷やしトムヤムヌードル:センレック (2012年6月1日
  冷やしトムヤムヌードル:バミー (2012年9月18日) 
  冷やしチャーンノーイ麺:センレック (2012年6月14日
  冷やしチャーンノーイ麺:バミー (2012年7月23日) 
  海老チャーハン  (2012年10月15日
  おかず小パック  (2012年10月15日
  グリーンサラダ (2012年10月30日
  タイ式あぶらそば:バミー (2012年10月30日

 日替わり3種もり (2012年12月19日
 盛り合わせ弁当 (2013年2月22日2013年5月28日

 
[ディナー] 
  2007年9月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


スタンプカードです↓
DSCF6904.jpg

DSCF6906.jpg


ランチのチラシです↓
DSCF5534_201308090614444e7.jpg

DSCF5535.jpg

DSCF5536.jpg


2013年5月28日購入時お店DATA
******************************
ティーヌン 市ヶ谷店
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル1階
TEL&FAX 03-5214-6515
営業時間  
[昼]11:00~15:00 (お弁当 11:00~14:45)  
[夜]17:00~23:00
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/17 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(1) |
すき屋 葛飾柴又店  @新柴又
この週末は真夏のような暑さでしたね~。
日曜日の午前中に近所のスパに行ったのですが、サッカーのワールドカップのせいか、ガラガラでした。
のんびり出来たし、大きな画面のテレビもあるし、これはこれでよかったかも(笑)。
新しい一週間、がんばりま~す!

本日は、マイブログ圏外の新柴又にある「すき家」のレポートです。

DSCF8048 (480x360)
2013年5月26日のお昼頃、車に乗っていてたまたま「すき家 葛飾柴又店」の前を通りかかったので、軽くランチを食べちゃおうと、入ることにしました。

DSCF8066 (480x360)
北総鉄道北総線新柴又駅から柴又街道を金町方面に進むと、右手にお店があります。
「すき家」はロードサイドのお店が多いですが、駅から歩けます。

DSCF8067 (480x360)
「すき家」は株式会社ゼンショーが展開する日本国内店舗数最多の牛丼チェーン店です。
ただ、私の生活圏内にはあまりお店がなく、「吉野家」や「松屋」に比べると利用することが少ないです。

DSCF8055 (480x360)
お昼時ということもあって、お店はほぼ満席。
テイクアウトのお客さんも結構いました。
若い男性アルバイトさんは新人さんなのか、なにやらミスをしたようで、ベテランっぽいおばさま店員から怒られていました(汗)。

DSCF8054 (480x360)
私たちは入口近くのカウンター席に着席。
卓上には洗い箸、スプーン、紅ショウガ、各種調味料などが置かれていました。

DSCF8053 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF8062 (480x360)
この時期、期間限定で発売されて話題になっていたやきそば牛丼を食べてみることにしました。

DSCF8063 (480x360)
軽く食べるだけでよかったので、並盛りの単品だけ注文。


やきそば牛丼 並盛 (390円)
DSCF8048 (480x360)
しばし待ってお料理が登場!
お盆にのっていたのはメイン、ソース、青海苔と、とってもシンプル。

DSCF8052 (480x360)
プレゼントの応募券をもらいましたが、クレヨンしんちゃんはあまりいらないかも。

DSCF8056 (480x360)
青海苔は小袋に入って出てきます。

DSCF8051 (480x360)
焼きそばにかけるソースは別皿になっていました。

DSCF8049 (480x360)
ドンブリを見ると、焼きそばしか見えません。
焼きそばが間違えてドンブリに盛られているようにも見えます(笑)。
太麺の焼きそばに具は一切ありません。

DSCF8057 (480x360)
焼きそばの隙間から、牛肉がほんの少しだけ見えています。

DSCF8060 (480x360)
青海苔をかけ、卓上にあった紅ショウガをのせて、準備オッケー。
出てきた時は寂しいぐらいシンプルでしたが、だいぶ美味しそうになりました(笑)。
いただきま~す!

DSCF8061 (480x360)
焼きそばのソースは甘めです。
焼きそばそのものは普通に美味しかったです。

DSCF8065 (480x360)
牛丼もタレが甘いから、焼きそばと一緒に食べても違和感はありませんでした。
このドンブリ1つでご飯と麺の両方が楽しめます。
並盛なのでボリュームは普通よりやや少ない感じです。


焼きそばとご飯、牛肉とご飯、焼きそばと牛肉などなど、いろいろな組み合わせで味を楽しめました。
本来ならば甘い焼きそばの味は好きではないので、単独で食べるとあまり好みではなかったと思いですが、組み合わせて食べたらそんなに気にならなかったです。
個人的には、わざわざこの組み合わせで食べる必然性までは感じませんでしたが、充分美味しく食べられました。
イベントとして楽しめたのは良かったです。


2013年5月26日訪問時お店DATA
*****************************
すき家 葛飾柴又店 (すきや)  
〒125-0052 
東京都葛飾区柴又5-9-1
営業時間 24時間
定休日 なし
北総鉄道北総線新柴又駅から徒歩3分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/16 04:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(2) |
横浜家系ラーメン 市ヶ家  @市ヶ谷
今週も早いものでもう金曜日。
久しぶりにがっつり暑くなるとのこと。
今夜はマスコミによく登場する有名店「俺のフレンチ」に行く予定です。
予約はしていないので、いったい何時間並ぶことになるんだろう?(笑)。
みなさまも、楽しい週末を☆

本日は、2014年5月26日?にオープンした「市ヶ家」のレポートです。

DSCF6076 (480x360)
2014年5月26日は、上司とOさんがお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて、外へ一人でランチを食べに出ました。
行きたいお店がなかなか思いつかなかったところ、3日前の2014年5月23日にpenguin_19さんからいただいた新店情報を思い出し、オープンしているかどうかはっきりしませんでしたが、「横浜家系ラーメン 市ヶ家(いちがや)」へ行ってみることにしました。

DSCF6096 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅の駅前交差点を靖国通りの九段下方面に向かって渡ってすぐ左側に市ヶ谷プラザビルがあります。
このビルの一番奥に「市ヶ家」があります。

お店に到着してみると、オープンしていました!
後から開店したのがいつだったのかを調べてみましたが、情報が少なくて不明です。
ラーメンデータベースには2014年5月27日となっていますが、私はその前日に訪問しているし。
もしかしたら、当日だったのかな?

2008_1115画像0089
こちらは以前撮影した写真です。
市ヶ谷プラザの入口はこちらです。

2010_0803画像0056
こちらも以前撮影した写真です。
市ヶ谷プラザにはたくさんの飲食店が入っています。
1階の土手に面した側には「ティーヌン」と2011年7月1日にランチ訪問した「とんかつ うちの」があります。
靖国通り側は、1階にある、
2009年10月8日に「カレーの王様 市ヶ谷店」
2009年7月28日に「ITALIAN RESTAURANT DINOS」(2010年後半に閉店し、2010年11月24日に「松屋 市ヶ谷店」がオープン)、
2009年4月6日に「ちりめん亭 市ヶ谷店」
また、2階では、
2008年11月12日に「プティーワン」
2009年7月1日に「さくら水産」
2010年8月3日2011年9月1日に「芝浦食肉」、
へ行きました。

DSCF6097 (480x360)
この場所には、2009年4月6日にランチ訪問した「ちりめん亭 市ヶ谷店」がありましたが、、いつ頃からか「ちりめん酒家 市ヶ谷店」にリニューアルオープンして、野菜たっぷりのメニューをメインに据えるなどしていましたが、2014年5月13日に閉店したそうです。
新業態のお店に一度行かなきゃと思っていたのに、未訪問のまま終わってしまいました。

penguin_19さんの情報では「市ヶ家」も「ちりめん亭」のリニューアルと書かれていましたが、ネット上でざっと調べた限りでは、「ちりめん亭」とのつながりは出てきませんでした。
見た感じはチェーン店っぽい雰囲気がわかりますが、運営会社なども含めて、まだ「市ヶ家」の情報はほとんどわかりません。
ダジャレなネーミングが面白いです。
四ッ谷店が出来たら、「四ッ家」になるのかな?

DSCF6098 (480x360)
12時20分近くにお店に到着したところ、2名ほど並んでいました。
ラーメン屋さんだからすぐだろうと思い、そのまま私も待つことに。
それ程待たずに店内に入れました。

このところ、市ヶ谷にはラーメン店の出店が続いています。
特に家系としては、2014年1月27日に「魂心家」がオープンしたばかり。
日テレ通りの坂の上とはいえ、かなり近い場所です。

横浜家系ラーメンブームそのものはもうずいぶん前になると思うのですが、最近私の生活圏には家系ラーメン屋さんのラッシュが続いています。
自宅のある駅にも、ここ半年ぐらいで3軒(1軒はリニューアル)出来ました。
スープが作りやすいのか、原価が安いのか、とっても不思議です。

DSCF6074 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、奥に厨房があり、その前にテーブル席が並んでいます。
「ちりめん亭」時代の牛丼屋さんのようなカウンターはなくなっていました。
シンプルな内装ですが、オープンしたてなので、どこもピカピカです。

DSCF6075 (480x360)
厨房の前に大きなジャーが置かれていて、オープンから午後5時まではセルフでご飯が食べ放題です。
お米は国産とのこと。

このサービスも「魂心家」と同じです。
ラーメンライスでおなかいっぱいに出来るのが魅力でしょうか。

DSCF6071 (480x360)
真ん中ぐらいの4人席に相席になりました。
テーブルそのものはそれ程大きくないものの、中央に調味料などで仕切られているので気にならなかったです。
お客さんはスーツ姿の男性が圧倒的に多かったです。

DSCF6072 (480x360)
卓上にはお水の入ったポット、グラス、レンゲ、お箸、各種調味料と、かなりたくさんのものが置いてあります。

店員さんはイマドキらしい、元気一杯のフレンドリーな接客です。
開店したばかりなので、超ベテランらしき店員さんが若い店員さんにいろいろと教えているのが聞こえてきました(笑)。

DSCF6073 (480x360)
家系らしく、味変アイテムがずらり。
奥から刻みショウガ、すりおろしニンニク、キュウリのお新香、刻みタマネギ、豆板醤です。
他にコショウ、七味唐辛子、白胡麻などもありました。

DSCF6064 (480x360)
メニューです。

食券システムではなく、普通にオーダーしてあと精算をします。

外看板には「濃厚豚骨ラーメン 690円」とでっかく書いてあったのに、店内のメニューでは右側の文字メニューの一番下に書かれていました(笑)。

メニューは醤油豚骨、塩豚骨、つけ麺、中華そばですが、つけ麺の提供はまだです。
それぞれにいろいろなトッピングをつけることが出来ます。
餃子、ライス、ソフトドリンクもあります。

DSCF6094 (480x360)
伝票です。

まずはベーシックに食べてみようと思い、醤油豚骨に玉子つけて注文。
麺の固さ、味の濃さ、脂の量を選べますが、麺固めだけお願いしました。


醤油豚骨玉子 (790円)
DSCF6076 (480x360)
しばし待ってラーメンが登場!
黒いドンブリです。

DSCF6078 (480x360)
ドンブリはダブルソーサーになっています。

DSCF6077 (480x360)
トッピングは海苔、ほうれん草、玉子、チャーシューです。
白い豚骨スープが黒いドンブリにとっても映えます。

DSCF6080 (480x360)
海苔は長方形の大きなものが3枚ありました。
私は海苔トッピングのありがたさがあまりわからないので、たいてい、最初のうちにさっさと食べちゃいます。

DSCF6082 (480x360)
茹でほうれん草は少しです。
彩りでもありました。

DSCF6081 (480x360)
チャーシューは1枚です。

DSCF6083 (480x360)
お値段を考えると、玉子はプラス100円です。

DSCF6084 (480x360)
スープは表面がちょっと分離していて、脂が浮かんでいます。

DSCF6086 (480x360)
まずはスープを一口。
コクがありますが後にはひかず、クリーミーでした。
家系らしい、食べやすい味わいです。

DSCF6088 (480x360)
麺は黄色っぽい中太麺です。
縮れはなく、短め。
ボリュームは普通です。
固めでお願いしたので、啜るというよりは噛み締めながら食べました。

DSCF6089 (480x360)
チャーシューは薄切りでやや大きめです。
記憶がはっきりしませんが、フツーな味わいだったような。

DSCF6090 (480x360)
丸のまま入っていたので、、、

DSCF6091 (480x360)
半分に切ってみました。
固めの半熟です。

DSCF6093 (480x360)
食べている途中、刻みショウガ、刻みタマネギ、豆板醤を入れていました。
タマネギは2013年8月27日に食べた「東京油組総本店」で印象的だったので入れてみたのですが、あまり変化なし。
刻みショウガはたっぷりめに入れたこともあり、さっぱりしてよかったです。

DSCF6095 (480x360)
スープもすべていただき、完食しました。
全体のボリュームは普通です。


家系ラーメンの味の違いがわからない私にとっては、フツーに食べやすいラーメンだったというのが感想の全てです。
2014年1月28日に食べた「魂心家」との違いは、うずらの卵のあるなしぐらい?


メニューです↓
DSCF6064 (480x360)

DSCF6069 (480x360)

DSCF6070 (480x360)

DSCF6065 (480x360)

DSCF6066 (480x360)

DSCF6067 (480x360)

DSCF6068 (480x360) - コピー


2014年5月26日訪問時お店DATA
*****************************
横浜家系ラーメン 市ヶ家 (いちがや)
〒102-0073 
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザ1階
TEL 080-9380-3728(スタッフ募集の連絡先)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/13 07:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
豚星。  @白楽
今朝も朝からがっつり雨が降っています。
外出しなければいけない仕事があったのですが、これまで面倒でのびのびにしていたのものの、さすがにそろそろ行かないと(汗)。

本日は、マイブログ圏外の白楽にある「豚星。」のレポートです。

DSCF8040 (480x360)
2013年5月25日は久しぶりに横浜へ出かけたので、せっかくなのでラーメンを食べることにしました。
お店はたくさんありますが、あまり家系は好みではないので、新店でとても評判の高い「豚星。(ぶたぼし。)」へ行くことに決定。

DSCF8022 (480x360)
横浜からはちょっと離れた場所でしたが、暇に任せてブラブラ歩いて行ってみました。
細い道の商店街のような場所に突然の行列を発見。
お店には看板も暖簾もなく、行列がなかったらそのままスルーしてしまいそうな外観です。

最寄りは東急東横線白楽駅です。
横浜上麻生道路を北上し、六角橋交差点を左折します。
そのまま道なりに進んでいくと、神奈川大学入り口交差点のところにお店があります。

DSCF8020 (480x360)
到着してみると、20人程の行列。
さすが、噂の人気店です。
近隣の学生さんらしき若い男性が多かったですが、カップルもちらほら。
この日は横浜スタジアムでプロ野球の交流戦が開催されたせいか、ユニフォーム姿の人も。

行列にうんざりした家人は「やめとこう。」と言ったのですが、ちょうど前に並んでいた方が、「食券を先に買ってから並ぶんですよ~。」と親切に教えて下さったので、そのままなし崩し的に並ぶことに(笑)。
私はせっかくここまで来たから食べたかったので、ちょうど良かったです。

DSCF8019 (480x360)
入口のすぐ右手にある券売機で、教えていただいたとおり、食券を先に購入。
ラーメン本で見た豚がとっても美味しそうだったので、「豚が美味しいらしいよ。」と家人に教えたら、小ラーメンの豚入りにしていました。

DSCF8018 (480x360)
私は基本の味は一口家人から味見させてもらうことにして、ベースが美味しいなら期待できるかなと思って、辛麺小を選択。
二郎系のラーメンで辛麺を食べるのは初めてです。

DSCF8024 (480x360)
お店の前にはサントリーの飲み物の自動販売機がありました。
最近のガッツリ系ラーメン屋さんはかなりの確率でこういうスタイルになっていて、多くの人が黒烏龍茶を購入し、ラーメンを食べながら飲んでいます。
ささやかな抵抗でしょうか(笑)。

DSCF8026 (480x360)
2012年7月2日に開店したこちらのお店、直系二郎にて修行を積んだ店主さんがやっているとのこと。
現在は、営業時間は午前11時から午前0時まで、中休みはなくなっています。

DSCF8027 (480x360)
公式ツイッターもあります。

DSCF8025 (480x360)
お店はとても小さく、奥に厨房があって手前にカウンターがあるだけです。
10名入らないんじゃないかな?
並んで座りたい人は、一人席は後客に譲り、席が空くまで待てば対応してくれます。

DSCF8028 (480x360)
お店に入ってすぐ右手に食券の券売機があります。
らーめんと辛麺のほか、つけそばやつけ麺、汁無しそばなどもありました。
意外と種類が豊富です。

DSCF8029 (480x360)
生姜はプラス50円で、現金でも対応してくれるとのこと。

汁なしまたはつけそばを注文すると、スープ割りができます。
ラーメンのスープで割るこってりと、魚介スープで割るあっさりの2種類があるとのこと。

つけそばとつけ麺の違いも丁寧に書かれていました。

DSCF8030 (480x360)
券売機の横に冷水機が置かれています。
確か、セルフだったような?

DSCF8033 (480x360)
店主さんと助手さんでしょうか、男性お二人で切り盛りしています。

DSCF8034 (480x360)
カウンターの上に置かれた大きなドンブリに、レンゲが入っていました。

DSCF8035 (480x360)
奥には食洗機?が置かれています。

DSCF8032 (480x360)
結局1時間ぐらい並んでカウンターの右端に着席。
最近すっかり行列嫌いになり、大好きなラーメン屋さんとはいえ、こんなに並んだのは久しぶりでした。

卓上に置かれているのは洗い箸と粉唐辛子、コショウと、とってもシンプル。

出来上がり直前にトッピングについて聞かれます。
野菜増しにしようか悩みましたが、初めてのお店だったので、ニンニクだけにしておきました。

DSCF8036 (480x360)
あらかじめ食券を渡してあるので、それ程待たずにラーメンが出てきました。


小ラーメン 豚入り (750円)
DSCF8037 (480x360)
まずは家人注文した小ラーメン豚入りが登場!

DSCF8038 (480x360)
見てビックリ!
野菜がてんこ盛りになっています。
野菜増しにしなくてよかった~。


辛麺 小 (700円)
DSCF8040 (480x360)
次に私の辛麺小が登場。
スープを辛くしているせいか、野菜の盛りは普通の小ラーメンに比べると明らかに少なめでした。
それでも、これでも充分なボリュームです。

DSCF8041 (480x360)
盛られたお野菜は、もやしが多いですが、二郎に比べるとキャベツが多いかも。

DSCF8042 (480x360)
無料トッピングでお願いしたニンニクは、生の刻んだものが手前にたっぷり添えられていました。

DSCF8043 (480x360)
スープの澄んだ赤さがとっても美味しそう。
表面には脂が浮いています。

DSCF8045 (480x360)
まずはニンニクを加える前にスープを一口。
旨みがあって、しっかりと辛くて、と~っても美味しい!!
すぐに身体がじんわりと温まってきました。

DSCF8046 (480x360)
麺は中太の平打ちっぽい麺です。
極太ではなく、程よいコシで食べやすかったです。
麺のボリュームもたっぷり。

DSCF8047 (480x360)
豚は一口大のサイズのものがゴロゴロと入っていました。
タレの味がしっかりしみて、赤身の程よい歯応えが楽しめて美味しかったです。

豚入りにした家人の方には、脂のたっぷりついた厚めのカットが結構入っていたので、途中で食べ飽きてしまったようで、私に1枚半ほどくれました。


コクのあるスープ、たっぷりの野菜と麺でお腹いっぱいになりました。
お値段から考えたら絶大なCPで、神奈川大学の学生さんがホント羨ましいです。
二郎系の辛いスープは初めて食べましたが、かなりしっかりと辛くてとっても美味しかったです。
お腹パンパンだったので、子安ぐらいまで歩いてから家に帰りました。


2013年5月25日訪問時お店DATA
****************************
豚星。 (ぶたぼし。)
〒221-0802 
神奈川県横浜市神奈川区六角橋2-10-1
営業時間 11:00~24:00
定休日 日
東急東横線白楽駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/12 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(6) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨日は久しぶりに傘を持たずに済みました。
でも、今日はまた雨のようで残念。
今夜は今年お初の暑気払いを予定しているのですが、夕方以降は雨が激しくなるという天気予報にちょっぴりブルーです。

DSCF7936 (480x360)
2013年5月23日は、お昼になると上司が「松月庵」の出前を頼んだので、私はこのところちょっとご無沙汰していた、「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」のお弁当を買いに行きました。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF7927 (480x360)
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

12時ちょっと過ぎの一番忙しい時間帯に電話しましたが、15分ぐらいで出来上がるとのことだったので、準備をしてすぐに会社を出ました。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回お弁当を購入したのは2013年3月28日だったので、約2ヶ月ぶり、29回目です。

DSCF7928 (480x360)
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF7926 (480x360)
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

5月になったので、そろそろ夏メニューが出ているかなと期待していたのですが、残念ながらまだ出ていませんでした。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと36周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

12時15分頃にお店に到着すると、待ちの人がほぼ壁一列に並んで座っていました。
お弁当であることを告げてレジのところまで進ませてもらうと、ちょうどお弁当が出来上がったのでお会計することができました。

DSCF7931 (480x360)
お弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF7933 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

この日はゴルゴンゾーラとマッシュルームが入ったフォルマッジオをマンナン入りのリゾットでお願いしました。

DSCF6870.jpg
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。


リゾット フォルマッジオ マンナン入り  (1,000円)
DSCF7936 (480x360)
フタをオープン!
相変わらずボリュームたっぷり。
写真だとあまり伝わらないですが、容器のサイズが大きくて底が深いのでたくさん入っています。

DSCF7937 (480x360)
中央に乾燥ハーブがトッピングされています。

DSCF7939 (480x360)
お米の粒粒がはっきり見えます。
いつものことですが、どれがマンナンか全くわかりません。

DSCF7938 (480x360)
フォルマッジオはゴルゴンゾーラとマッシュルームが入っています。
真っ白なクリームの中に、ところどころマッシュルームが顔をのぞかせていました。

DSCF7941 (480x360)
リゾットは熱々なので、猫舌の私は冷めかけた表面の部分を掬って慎重に食べます。

「タベルナ」のクリームベースのリゾットはいつもは意外とあっさりしていて、早い段階でタバスコを投入することが多いですが、これはブルーチーズのコクが加わって、そのままでも旨みたっぷりで美味しい!
ゴルゴンゾーラというにはあまりブルーチーズの強い風味を感じられないのは残念ですが、それでも、充分に美味しかったです。
お米は食べても粒粒感をくっきりと感じます。

DSCF7943 (480x360)
マッシュルームは薄切りにしたものが結構たくさん入っていました。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。

DSCF7945 (480x360)
途中から、タバスコをたっぷり投入。
辛さだけでなく、酸味がすごくクリームベースと合って、旨みが複雑化してさらに美味しくなりました。

DSCF5093 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じです。

DSCF7932 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


リゾットですが、チーズの風味とたっぷりのボリュームでお腹いっぱいになりました。
個人的にかなりお気に入りのメニューです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  タラモ (2013年1月31日
◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日
◎ご飯系
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日
◎季節メニュー
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF8257_20131004214832b08.jpg

DSCF8258_20131004214834f89.jpg

DSCF8259_20131004214837187.jpg

DSCF8260_20131004214839576.jpg

DSCF8261_20131004214842e58.jpg

DSCF8263_201310042148118c6.jpg

DSCF8264_20131004214814ce3.jpg

DSCF8265_20131004214816e43.jpg

DSCF8266_201310042148187a6.jpg


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2013年5月23日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/11 05:00】 | リゾット | トラックバック(0) | コメント(2) |
花びし  @市ヶ谷
毎日雨が降り続き、湿度も半端なく高いです。
昨日コピーを取ったら、出てきた紙がふにょふにょにゆがんでいました。
久しぶりに見たな~と思って、梅雨を改めて実感です(笑)。

2013年5月20日のランチは「ミスターバン」でお弁当を購入したのですが、2013年11月頃までに閉店したので、割愛させていただきます。

DSCF7783 (480x360)
2013年5月21日は、上司が出張で不在だったので、Oさんと先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
このところダイエット中のOさん。
どこに行きたいか尋ねたら、「和食の『花びし(はなびし)』がいいです。」と言われたので、久しぶりにランチ訪問することにしました。

店

JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの左側を九段方面に向かって3分ほど歩くと第2星光ビルがあり、お店はその1階にあります。

看板

お店は、割烹のような小料理屋のようなとても落ち着いた佇まいです。
お値段が表に出ていないと、ちょっと怖くてチャレンジできないかも(笑)。

2009_0206画像0030
こちらは以前撮影した写真です。
ランチメニューは6種類で、900円から1500円と、ちょっとお高めな設定です。
写真があるので、とてもわかりやすいです。
予約制ですが、ランチコース(2,000円~)をお願いすることも出来ます。

2009_0206画像0029
こちらも以前撮影した写真です。
その日の「日替り膳」(800円)のお料理名が出ていて、わかるようになっています。

2008_1025画像0153
入口の扉を入ったすぐの正面ところに、間接照明に照らされた壺が飾られています。

前回ランチ訪問したのが2009年2月2日だったので、4年3ヶ月ぶり、4回目と、かなりのご無沙汰。
メニューを一通り食べてしまったのと、「亀福」を知ってからちょっと足が遠のいていました。

2009_0206画像0028
前の写真だと死角になっていますが、入口すぐ左、レジの正面にお皿も飾られています。

「花びし」は、旬の食材をメインとした和食をいただけるお店ですが、特にすっぽん料理に力を入れていて、日本各地からスッポンを取り寄せ、一年中スッポン料理を、しかも、お手頃価格で楽しめます。
ランチでもスッポン雑炊をいただくことができるので、2009年2月2日にいただいてみました。

2008_1025画像0151
こちらも以前撮影した写真です。
店内は、入ってすぐ右手がカウンター席、左手がテーブル席で、正面奥に小上がりの座敷席、右手奥は同じく小上がりの個室があって、幾つかに仕切られています。
お座敷にあがるための靴脱ぎ場には、いつもお花などが華やかに飾り付けられています。

2008_1025画像0128
お店に到着すると、奥の小上がりの席に行き、さらに右手の小さな個室に入りました。
それ程広くはありません。
個室を区切っている壁は天井部分がつながっているので、お隣のグループの声が良く聞こえます(笑)。

2008_1025画像0130
写真で見るとまるで夜の雰囲気ですが、これは私のカメラのせいでここまでムーディではないものの、全体的に黄色っぽい光なのでちょっとほの暗い雰囲気です。

DSCF7773 (480x360)
テーブルには小皿をお店のロゴの入った割り箸がセットされていて、お茶をいただきました。

DSCF7775 (480x360)
卓上にはお醤油、七味唐辛子、爪楊枝が置かれています。

メニューが出てこないので「あれれ?」と思ったら、なんと私の誕生日のサプライズということで先輩が予約をしてくれていました。
スケジュールの都合で当日ではなかったものの、全く気付いていなかった私は大感激。
いや~、ビックリしました!
何しろ私はこの日の朝に仕事で大チョンボしてしまい、Oさんにフォローしていただいたので、むしろこの日のランチはお礼に奢ろうと思っていたぐらいだったのです(汗)。

なるほど、だからこの個室に入れたのかと、わかってみたら納得でした。
それに、Oさんが「花びし」に行ったことがないはずなのに、知っているのもおかしかったです(笑)。

2009_0206画像0012
こちらも以前撮影した写真です。
本来なら出てくるはずのメニューはこんな感じです。
外に出ているメニューと同じですが、こちらには写真がついていません。
ランチメニューは6種類で、800円から1500円と、ちょっとお高めな設定です。
予約制ですが、ランチコース(2,000円~)をお願いすることも出来ます。
100円から300円をプラスしてもう一品(4種類)つけることができます。
本日のデザート(300円)は3種類の中から選べます。

DSCF7776 (480x360)
オーダーは既に決まっていたので、お料理は結構早く出てきました。

DSCF7777 (480x360)
ご飯とお味噌汁はフタ付きです。
贅沢な仕様です。


花びし御膳  (1,500円)
DSCF7783 (480x360)
いただきま~す!
一つの器に盛り込まれたおかず、天つゆ、お味噌汁、ご飯のセットです。
限定10食なので、とっても貴重なのです。

DSCF7779 (480x360)
ご飯の器は小さめですが、ぎっしりと入っていました。

DSCF7782 (480x360)
体重を心配して、先輩も私も少しずつOさんにご飯を献上したら、こんなになっちゃいました(笑)。

DSCF7781 (480x360)
お味噌汁の写真を撮ると、この場所ではどうしても照明が映り込んじゃいます(汗)。

DSCF7801 (480x360)
中にはワカメとお豆腐が入っていました。

DSCF7785 (480x360)
変形五角形のようになっている器に、右上に煮物など、左上に天ぷら、下にお造りなどが盛られていました。
少しずつですが、彩りが華やかです。
どれから食べようかと、とっても悩ましい~。

DSCF7788 (480x360)
器の下段には、マグロのお刺身、イクラ、山ゴボウのお新香、お肉などが並んでいました。

DSCF7789 (480x360)
マグロのお刺身は小さなサイズですが、厚みのあるものが3切れありました。
程よい脂がのっていました。

DSCF7797 (480x360)
卓上に置かれていた小皿にお醤油を少し入れ、お刺身に添えられたワサビを溶かしていただきました。

DSCF7790 (480x360)
キラキラとオレンジ色に光るイクラは少量ですが、プチプチして美味しかったです。

DSCF7799 (480x360)
イクラはそのまま食べたり、ご飯の上にのせてイクラ丼っぽくして食べたりしました。

DSCF7792 (480x360)
一番右側には、鴨肉?、巻き肉、玉子焼き?の3種類の小さなおかずがありました。
鴨肉?は程よい柔らかさで旨みがありました。
黄色いものは玉子焼きかと思ってぱくりと一口で食べちゃったのですが、違いました。
何だかよくわかりませんでしたが、甘くはなくて美味しかったです。

DSCF7786 (480x360)
天ぷらは、海老、シシトウ?、ナスの3種類です。
右下には大根おろしとすり下ろした生姜が添えられていました。

DSCF7784 (480x360)
天つゆは別皿で出てきます。

DSCF7795 (480x360)
薬味たっぷり目が好きなので、あらかじめ全部入れていただきました。
揚げ置きなので、天ぷらはほぼ常温です。
ただ、「花びし」の天ぷらは衣に独特の柔らかさというか食感があって、とっても美味しいです。

DSCF7787 (480x360)
右上には煮物、玉子焼き、ちくわ、かまぼこなど、いろいろと入っていました。
こちらのお店の煮物は甘さが少ないので、私はとても美味しくいただけます。

DSCF7804 (480x360)
右端にあるのはしんじょうでしょうか。
口に含むと美味しいだし汁がじゅわーっと溢れ出してきてビックリしました。

DSCF7803 (480x360)
こちらは練り物です。


実は先輩は、このランチの場所決めでずいぶん苦労したようです。
ランチは予約が出来ないところが多いし、制限時間内でちょっと豪華な食事のメニューを探すのも大変だったとのこと。
ホント、ご苦労様でした。
久しぶりにいただいた「花びし」のお料理はとても美味しかったです。
一つ一つの素材がよく、丁寧なお料理だから仕方ないのですが、もうちょっとボリュームがあれば嬉しいのにな~といつも思っちゃいます。
コースだと時間が足りないし、お値段が上がってもいいからもうちょっとボリューム的なゴージャスバージョンがあるといいのに。
ただ、この日はすっかり浮かれてしまっていたので、正直、あまり味について覚えていないですが(笑)。

この日はランチをご馳走いただいただけでなく、プレゼントまでいただいてしまい、とっても恐縮しちゃいました。
ランニング用の本格的な帽子だったので、しっかりジョギングをしなければ!
Oさん、先輩、何から何まで、本当にありがとうございました☆
あと、初訪問のOさんも美味しく食べたようでよかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

お造り・天ぷら膳  (2008年2月28日
花びし御膳  (2008年10月21日2013年5月21日
スッポン雑炊  (2009年2月2日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年5月21日訪問時お店DATA
******************************
花びし (はなびし)
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-11 第2星光ビル102
TEL 03-3239-3040
FAX 03-3239-3041
営業時間
[平日] 11:30~14:00(LO 13:30)、17:30~23:30(LO 22:30)
[土曜] 16:00~22:30(LO 21:00)   
定休日 日・祝
JR市ヶ谷駅 徒歩3分  
地下鉄市ヶ谷駅 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/10 07:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
週末は雨続きでしかも結構ひどい降りだったので、ちょっと出かけただけで靴の中がびちょびちょになってしまいました(汗)。
今日は雨が一休みするようで、一安心です。

先週アップした記事を見ていたら、ふと、全て麺メニューだったことに気付きました。
どんだけ麺食いなんだ、と我ながらビックリです(汗)。

DSCF7692 (480x360)
2013年5月18日は、2013年上半期の2回目の「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。
キムチ教室が始まる前のランチでいつも四谷三丁目ラーメン屋さん巡りしていますが、この日は午前中にバタバタしてランチに行く時間が無くなってしまい、「妻家房」に直行しました。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2013年4月20日だったので、1ヶ月ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF7547 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「イカキムチ」で、韓国料理が「ワインサムギョプサル」です。


【 イカキムチ 】
DSCF7546 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。

DSCF7548 (480x360)
「イカキムチ」というネーミングですが、厳密に言えばキムチではなく、野菜が入っているので塩辛でもなく、和え物とのこと。
イカは旬のヤリイカで作ると美味しいそうですが、この日は普通のイカでした。

DSCF7550 (480x360)
イカは内臓を取って皮をむきます。
端っこに切れ目を入れ、、、

DSCF7552 (480x360)
キッチンペーパーで皮をむきます。

DSCF7555 (480x360)
うまくできると、気持ちいいぐらいベロンとむけます。

DSCF7557 (480x360)
頭の部分は切り落とし、可能ならば皮をむきます。

DSCF7564 (480x360)
皮をむいたキッチンペーパーでしっかり水気を拭き取ります。

DSCF7565 (480x360)
イカの身は半分に切って、さらに細切りにします。

DSCF7569 (480x360)
刃を前から入れて下にひくと切りやすいとのこと。

DSCF7574 (480x360)
ゲソも皮をむきます。

DSCF7579 (480x360)
1本1本切り離し、先っぽは使いません。
太いものは細く切ります。

DSCF7583 (480x360)
ボウルにイカを入れ、イワシエキスを入れます。

DSCF7585 (480x360)
よく混ぜ合わせます。

DSCF7587 (480x360)
次に野菜を準備します。
まずはダイコンです。

DSCF7589 (480x360)
最初に5ミリぐらいの輪切りにし、、、

DSCF7592 (480x360)
それから5ミリぐらいの千切りにします。

DSCF7594 (480x360)
タマネギは薄切りにします。

DSCF7598 (480x360)
次はセリです。
セリは黒っぽいものの方がコクがあるとのこと。
韓国ではセリ汁を飲むこともあるそうです。

チゲでは葉を使いますが、色が変わって見た目が悪くなるため、キムチでは使いません。
なので、葉をちぎって取ります。

DSCF7603 (480x360)
太いところは半分に切ります。

DSCF7604 (480x360)
4・5センチの長さにします。

DSCF7608 (480x360)
切った野菜はお皿に入れて置いておきます。


DSCF7618 (480x360)
イワシエキスに漬けておいたイカにダイコンを加え、、、

DSCF7620 (480x360)
唐辛子を投入。

DSCF7628 (480x360)
ダイコンに唐辛子の赤さを移すように混ぜ合わせます。
塩を加え、ダイコンがしんなりするまで10~20分置きます。

このときは時間が無いので、どんどん先を進めました。

DSCF7631 (480x360)
ダイコンがしんなりしたら、砂糖・水あめ・ニンニク・ショウガを加え、、、

DSCF7634 (480x360)
しっかり混ぜ合わせます。

DSCF7637 (480x360)
さらに切った野菜を投入。

DSCF7639 (480x360)
手袋をはめて、軽く混ぜ合わせます。

素手でキムチを混ぜると、唐辛子の赤さが手についてなかなか取れないので、ご注意!

DSCF7645 (480x360)
野菜を加えた後は、強く揉み込んだりはせず、野菜にまんべんなくヤンニョンがつくだけでいいので、軽く混ぜ合わせます。

DSCF7646 (480x360)
リンゴの準備をするのを忘れていました(笑)。
リンゴは皮をむきます。
キムチの時は皮はむかずに使います。

DSCF7648 (480x360)
千切りにします。

DSCF7651 (480x360)
本来は梨を使いますが、この時期はなかったのでリンゴで代用しました。

DSCF7654 (480x360)
リンゴを混ぜ合わせ、、、

DSCF7655 (480x360)
最後にいりゴマを加えます。
たっぷりめが美味しいとのこと。

DSCF7656 (480x360)
こちらで完成。
最後に味見をして、自分好みの味にするといいそうです。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

DSCF2234_201401310729128b6.jpg
フタを開けると、こんな感じです。

DSCF7659 (480x360)
イカキムチはつくってすぐに食べます。
イカが固くなるので、発酵させません。

DSCF7660 (480x360)
作ってから1週間以内、冷蔵庫に入れているなら10日ぐらいで食べきるようにします。
作ってすぐ食べると唐辛子の辛さが強いそうです。


【ワインサムギョプサル】
DSCF7662 (480x360)
この日習った韓国料理はワインサムギョプサルです。
サムギョプサルとは豚バラ肉の焼肉料理のことで、日本でもすっかりお馴染みになりました。
ワイン風味をつけてお肉を焼くそうです。

DSCF7665 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。

DSCF7664 (480x360)
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF7666 (480x360)
お肉は10センチ角に切り分けます。
薄いと味がしみすぎるので、厚めに切るとのとこと。

DSCF7669 (480x360)
ボウルに醤油、ツブマスタード、ショウガ汁、白ワイン、梅エキス、コショウを入れて全て混ぜ合わせ、お肉に和えて下味をつけます。

DSCF7670 (480x360)
2時間漬け込みます。
一晩でもいいそうです。

DSCF7672 (480x360)
お肉に味をしみ込ませている間に、ネギサラダの準備をします。
ネギの白い部分だけ10センチの長さに切ります。

DSCF7673 (480x360)
半分に切って、芯を抜きます。

DSCF7675 (480x360)
重ね合わせて、、、

DSCF7678 (480x360)
縦長に細切りします。

DSCF7682 (480x360)
長くしたい時は1本そのまま切って芯を抜き、皮を畳んで切るそうです。
少しだけ緑の部分を入れるとキレイとのこと。

DSCF7683 (480x360)
切ったネギは水にさらします。
辛みを抜くのと、サラサラにするためです。

DSCF7687 (480x360)
水気をよく取ります。

DSCF7689 (480x360)
フライパンに火をつけ、肉を焼きます。

本来は網焼きをするとのとこと。

DSCF7690 (480x360)
お肉を並べ、、、

DSCF7692 (480x360)
粒コショウを散らし、、、

DSCF7695 (480x360)
白ワインを加え、、、

DSCF7696 (480x360)
じっくりと焼きます。

DSCF7699 (480x360)
うーん、美味しそう!

DSCF7705 (480x360)
火を弱くするのを忘れて、ちょっと焦げちゃいました(笑)。
キッチンペーパーで焦げを取り、ワインを足しました。

DSCF7709 (480x360)
フタをして、ゆっくり火を通します。

DSCF7701 (480x360)
お肉を焼いている間に、ネギに味つけをします。

DSCF7707 (480x360)
ボウルに唐辛子、コチュジャン、タマネギ汁、すりごま、砂糖、ゴマ油、酢、コショウを入れます。
お箸で軽く混ぜ合わせます。

DSCF7710 (480x360)
大量に作るので、あらかじめ準備してビニール袋に入れていたネギを下味に投入!

DSCF7712 (480x360)
調味料が足りないので追加し、、、

DSCF7714 (480x360)
しっかりと和えます。

DSCF7715 (480x360)
こちらで完成!

DSCF7717 (480x360)
キレイな色~。

DSCF7716 (480x360)
お肉もそろそろ焼き上がりました。

DSCF7720 (480x360)
一口サイズに切り分けます。

DSCF7723 (480x360)
まだ中まで火が通っていませんでした(汗)。

自分の近くに小さいナイフとまな板を置いて、切りながら食べる、という方法もあるそうです。

DSCF7725 (480x360)
もう一度フライパンに戻し、しっかりと火を通します。

DSCF7718 (480x360)
盛り付けです。
お皿にネギサラダを敷き詰めます。

ネギサラダは敷いてもいいし、のせてもいいそうです。

DSCF7727 (480x360)
焼けたお肉を並べ、、、

DSCF7732 (480x360)
きな粉をかけて、完成!

DSCF7734 (480x360)
こちらは試食用に、2階のレストランで作ってくださったものです。
昨日から漬け込んでいたとのこと。

DSCF7729 (480x360)
楽しい試食タイムです☆

DSCF7738 (480x360)
お肉はとても柔らかで下味がしっかりついています。
冷めても脂っぽくなくて柔らかでした。
きな粉がとてもいい香り。
このきな粉のおかげで脂っぽさが消えるようです。

きな粉をかけるのにはとってもビックリ。
かけたり、つけたりして食べるとのこと。
砂糖は入れていません。

DSCF7739 (480x360)
先生が作った方が、漬け込み時間が短いのであっさり味です。
ネギサラダはちょっと甘めな味つけでしたが、美味しかったです。


サムギョプサルにきな粉を合わせたのには本当にビックリでした。
そもそも、お料理にきな粉を合わせた記憶がありません。
香りがとても良くて脂っぽさが取れて、とっても美味しかったです。
これはホームパーティで作ったら盛り上がりそう!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日
ソクバクジ (2007年10月20日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日
干し大根のキムチ (2008年5月10日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ (2010年2月20日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg


2013年4月20日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2014/06/09 08:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
そば酒房 九段 三日月庵  @九段
梅雨入りした途端、激しい雨が降っています。
昨日はお客様が帰るときにタクシーを希望されたので手配しようとしたのですが、ちょうど土砂降りの時間帯にあたってしまったこともあり、電話が全然つながらず、ホント困っちゃいました。
週末も雨がちのようですが、みなさま、楽しくお過ごしください☆

本日は、2013年12月13日にオープンした「三日月庵」のレポートです。

DSCF5398 (480x360)
2014年5月14日、上司をOさんがお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて一人で外へランチを食べに出ました。

DSCF5425 (480x360)
市ヶ谷にある「ステーキくに 市ヶ谷店」で一度ランチをしてみたくてがんばって急いで歩いて行ったのですが、到着したときには既に並びが出ていたので、断念(泣)。
やっぱりこのお店をお昼休みに行くには、お盆の頃とかを狙わないと、難しそう、、、。

ダメだったときのことを何も考えていなかったので、どこのお店にしようか界隈をぶらついたところ、「そば酒房 九段 三日月庵(みかづきあん)」というお店を見つけたので、入ってみることにしました。

DSCF5428 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に進み、一口坂交差点を越えて一つ目の角を右折。
次の角を左折してしばらく進むと右手にP.I.M九段ビルがあり、お店はその2階です。

DSCF5426 (480x360)
「三日月庵」は、東京都出身で老舗割烹の四代目である伊奈聖仁(いな まさひと)氏が営むお蕎麦屋さんで、夜は割烹仕込みの和食をいただきながらお酒を楽しむことが出来るとのこと。
2013年12月13日にオープンしたそうです。

DSCF5429 (480x360)
ビルの前にはランチメニューの看板が出ています。

なんか、お店の名前を聞いたことがあるな~と考えいたら、食べログのニューオープンのところで紹介されていたことを思い出しました。

DSCF5427 (480x360)
ついさっきまで、300gステーキを食べる気満々だったくせに、「お蕎麦ならダイエットにもいいかも。」と思っちゃいました(笑)。

DSCF5430 (480x360)
ビルの奥深くに入っていきます。
この廊下の部分も古民家風というか、和風な内装が施されていました。

DSCF5424 (480x360)
突き当たりに細い階段と白い暖簾を発見。
実は、お店が2階にあることを知らず、左にある扉を開けようとしちゃいました。
後ろから同じお店に向かう二人のお客さんが付いてきていたので、メチャクチャ恥ずかしかったです(汗)。

DSCF5423 (480x360)
気を取り直して階段を登りました。
踊り場にも間接照明などが飾られていて、ムードがいいです。

DSCF5422 (480x360)
階段を登り切って左に進むと、元々のビルの構造のせいだと思いますが、一度扉を出てもう一度入っていくような感じになっています。

DSCF5420 (480x360)
ここが本当の入口にあたるところなのでしょうか?
歴史あるお蕎麦屋さんのような暖簾がかかっていました。

DSCF5396 (480x360)
店内も木材をたくさん使った古民家風の内装です。
右手に厨房とカウンター席があり、その周りにテーブル席などがありました。
個室などがあるので見通しがあまりよくないですが、結構フロアは広いのでは。
お客さんも結構入っていたようです。

DSCF5394 (480x360)
12時20分近くに入店したところ、一人だったのかウンター席に通されました。
一番奥の席に着席。

DSCF5388 (480x360)
卓上にはメニュー、醤油、七味唐辛子?、爪楊枝だけと、とってもシンプルです。

DSCF5391 (480x360)
店員さんからお茶・おしぼり・お箸をいただき、メニューを検討。

DSCF5390 (480x360)
湯飲み茶碗は小さめで真っ黒なもの。

DSCF5393 (480x360)
おしぼりは薄いビニール袋に入っています。

DSCF5392 (480x360)
お箸は洗い箸だったかな?
箸袋には店名のロゴが入っています。

DSCF5377 (480x360)
ランチメニューです。
お蕎麦屋さんですが、おうどんも食べられます。
冷たいのと温かいのを単品でお願いするか、ランチメニューとしてご飯もののメニューか麺とご飯のセットがありました。

DSCF5417 (480x360)
せっかくなのでお蕎麦とご飯の両方を食べてみたいなと思ったのですが、ランチメニューだとシンプルなお蕎麦かとろろ蕎麦だったのであまり気乗りせず、鴨が大好きなので、鴨汁せいろそばを注文。


鴨汁せいろそば (1,200円)
DSCF5398 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
お蕎麦、つけ汁、薬味のセットです。
黒い長方形のお盆に載せられていました。

DSCF5399 (480x360)
薬味は丸い小皿にのせられています。
小口切りの長ネギとワサビの2種類でした。

DSCF5402 (480x360)
蕎麦つゆはやや大きめな口の広い器に入っていました。

DSCF5403 (480x360)
具は長ネギ、鴨肉、つくねです。
長ネギはとても大胆な大きさにカットされているので、ネギの味わいや食感をしっかりと味わえました。

DSCF5405 (480x360)
お蕎麦は大きな丸くて黒いお皿に小さなすのこを敷いて、その上に盛ってあります。

DSCF5406 (480x360)
ズームして写真を撮ってみました。
小山のようにはなっていますが、ボリュームは見るからに少なめです。

DSCF5408 (480x360)
お蕎麦はやや灰色がかっていてとても細く、照明の光を浴びてピカピカと光っています。
蕎麦つゆを食べてみると、細麺ながらもややむちっとした食感がありました。

DSCF5411 (480x360)
途中で薬味を全部投入。
蕎麦つゆは鴨肉の旨みがたっぷりと出ていて、それ程甘くなくて美味しいです。

DSCF5412 (480x360)
蕎麦つゆの中に沈んでいるよりわかりやすいかな?と思って鴨肉とつくねをお蕎麦にのせて写真を撮ってみたのですが、ピンぼけ(泣)。

DSCF5413 (480x360)
鴨肉には結構厚みがあります。
しっかりとした歯応えで、噛み締めるほど旨みがあって、この鴨肉はと~っても美味しかったです。
もっと食べたい!

DSCF5414 (480x360)
つくねはこんがりと焼かれて焦げ茶色のものが一個。

DSCF5416 (480x360)
一度揚げてあるのか、表面はちょっとカリッとした食感で中はふんわりと柔らか。
食感の違いを楽しめるだけでなく、もちろん、旨みもたっぷりでした。

DSCF5407 (480x360)
お蕎麦を食べ終え、蕎麦湯をいただくことに。
お料理の提供時にポットごと持ってきてくれます。

DSCF5419 (480x360)
少し冷めかけていた蕎麦つゆに温かさが戻り、全部美味しくいただきました。

DSCF5431 (480x360)
お会計の時、サービス券をいただきました。
お蕎麦は量が少なめなので、大盛りに出来るのはうれしいかも。
ただ、期限が2週間ぐらいしかないので、事務所の遠さから考えると利用するのは難しかったです。


専門店なのでお蕎麦の量が少ないのは仕方ないですが、鴨肉とつくねが本当に美味しくてお値段がややお高めなのも仕方ないのかなぁと思いました。
夜のメニューに鴨のひとり鍋というのがあったので、興味津々です。


ランチメニューです↓
DSCF5377 (480x360)

DSCF5378 (480x360)

DSCF5379 (480x360)

DSCF5380 (480x360)

DSCF5382 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF5383 (480x360)

DSCF5384 (480x360)

DSCF5385 (480x360)

DSCF5386 (480x360)

DSCF5387 (480x360)


チラシです↓
DSCF5433 (480x360)

DSCF5434 (480x360)

DSCF5435 (480x360)

DSCF5432 (480x360)

DSCF5436 (480x360)


2014年5月14日訪問時お店DATA
************************************
そば酒房 九段 三日月庵 (みかづきあん)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南3-5-10 P.I.M九段ビル2階
電話&FAX 03-6261-1989
営業時間  
[平日] 11:00~15:00 17:00~22:00
[土曜] 11:00~15:00
定休日 日祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/06 06:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(4) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
真夏を先取りした暑さが続いていたのに、今日は一転して雨模様で、もしかしたら梅雨入りするかもしれないとのこと。
雨が続くのは面倒ですが、暑さがひと段落すれば、だいぶ過ごしやすいです。

DSCF7390 (480x360)
2013年5月17日は、夜にディナーへ出かける予定だったので、軽めランチにしようと思い、久しぶりに「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へお蕎麦を買いに行きました。

DSCF7041_20130905083820fa6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2013年4月19日だったので、約1ヶ月ぶり、32回目です。

DSCF3011_20130607210051.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF1224_20130419071337.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
12時10分ぐらいに到着したところ、先客1名、後客2名程でした。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

DSCF7384 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はシンプルな真っ白のものです。

DSCF7387 (480x360)
この日はメニューの中でも軽めの冷しワカメそばをチョイス。

DSCF9780_20130316092337.jpg
薬味として七味唐辛子がついています。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF7388 (480x360)
おそばの容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。


冷しわかめそば (460円)
DSCF7390 (480x360)
いただきま~す!

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

冷しは温かいメニューに比べ、蕎麦つゆが少なめです。

DSCF7392 (480x360)
長ネギは小口切りです。
中央に盛っているので、彩りのアクセントになっています。

この日はネギがかなり多めでした。

DSCF7393 (480x360)
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
かなり薄切りでした。

DSCF7395 (480x360)
ワカメそばというだけあって、表面を覆い尽くす程たくさん盛ってあり、麺が見えない程でした。

DSCF7394 (480x360)
ワサビが最初から容器の縁についていました。

DSCF7397 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。
ワサビも全部蕎麦つゆに溶かし込みました。

DSCF7398 (480x360)
お蕎麦は冷やしのせいか、温かいときに比べるとあまりのびていなくて食べやすかったです。

ダシは甘さ控えめのあっさり系で、ちょっと物足りなく思うこともあります。
なので、ソバつゆが淡白に感じるかなとちょっと心配でしたが、たくさんの薬味のおかげか、それ程気にならなかったです。


全体のボリュームは少なめです。
午後4時頃にはお腹が空いてしまい、ディナーが待ち遠しくて仕方なかったです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 きつねそば (2013年1月9日
 メンチうどん (2012年4月10日
 力うどん (2012年2月27日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけうどん  (2012年5月15日

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年5月17日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/05 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(0) |
鼈  @小岩
昨日は火曜日だったので「クルージングダイナー」のカレーを買いに行ったら、車が来ていませんでした。
先輩にそのことを話したところ、前に見たときもいなかったとのこと。
警察の規制にひっかかるなどで、来なくなっちゃったのでしょうか?(泣)

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「鼈」のレポートです。

DSCF7364 (480x360)
2013年5月16日の夜、私は会社の遅番で、ノー残業デイの家人とちょうど帰る時間が一緒になったので、小岩にある「(すっぽん)」というラーメン屋さんにつけ麺を食べに行きました。

DSCF7383 (480x360)
JR総武線小岩駅の南口を出て、左にあるサンロード商店街を入ると、すぐ右にお店があります。
ホームから見えるぐらい、駅からとっても近いです。

この場所には前もラーメン屋さんが入っていました。

DSCF7382 (480x360)
「鼈」というちょっと変わったネーミングのこちらのお店は、新橋にある「月と鼈」というお店の2号店だそうで、2012年4月1日にオープンしました。
濃厚煮干しつけ麺がウリのお店です。

実はこの日で3回目の訪問です。
これまでカメラを忘れたり何だりで、ようやくブログにアップすることが出来ました。

DSCF7381 (480x360)
入口からすぐ左手に券売機があるので、先に食券を購入します。

ブログで紹介するならまずはデフォルトからと思い、濃厚煮干しつけ麺をチョイス。
並盛と大盛は同一料金です。

煮干しというとお醤油さっぱり系をイメージしてしまう私は、あまり煮干し系のラーメン・つけ麺を食べたことがなかったので、このお店の「煮干しで濃厚」というイメージがピンと来なかったのですが、オープンしてからそれ程経たずに訪問し、その美味しさに大感激して以来、小岩のラーメン屋さんの中ではかなりのお気に入りのお店です。

DSCF7358 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、右に厨房、左がカウンターです。
男性お二人で切り盛りしていました。

DSCF7360 (480x360)
午後7時過ぎに入店したところ、先客は3名程。
食事時の割にはあまり人がいないななぁと思っていたら、その後続々とお客さんが入って来て、ほぼ満席になりました。
男性の一人客が多かったです。

DSCF7359 (480x360)
こちらのお店の麺は三河屋製麺のものを使っているようです。

DSCF7355 (480x360)
店員さんから「どこでもどうぞ~。」と言われ、私たちは奥の方の席に着席。

卓上にはティッシュ、割り箸、お水、爪楊枝、胡椒などが置いてあります。

DSCF7357 (480x360)
カウンターには店主さんからのお願い事が書かれていました。
中華そばは、まずはスパイスは加えず、そのまま食べて欲しいとのこと。

つけ麺はあつ盛りやスープ割りをしていただけます。

DSCF7356 (480x360)
いつの間にか、汁なし油そばなるメニューが登場していて、その食べ方の説明書きもありました。

DSCF7354 (480x360)
食券を店員さんに渡し、お水をいただいてつけ麺の出来上がりを待ちます。
太麺なので茹でるのに少々時間がかかります。


濃厚魚介つけ麺 大  (780円)
DSCF7361 (480x360)
家人は濃厚魚介つけ麺を大盛で注文。
つけ汁を見てみると、濃厚煮干しつけ麺とは色が違い、明るい茶色でした。

DSCF7362 (480x360)
一口食べさせてもらうと、濃厚煮干しつけ麺に比べ、かなり甘みがありました。
これはこれで美味しいので難しいところですが、私は煮干しの方が好きかな。


濃厚煮干しつけ麺 大  (780円)
DSCF7364 (480x360)
しばし待って、つけ麺が登場!
この日は久しぶりにたっぷり食べたくなり、大盛をお願いしちゃいました。

DSCF7365 (480x360)
大きめのドンブリの盛られた麺は、大盛だけあってたっぷり。
白いレンゲが差してありました。

DSCF7366 (480x360)
黄色みがかった太麺は、ピカピカと光っていて、と~っても美味しそう!

DSCF7367 (480x360)
つけ汁はやや大きめの器に入っていて、量もたっぷり。
魚介つけ麺のものに比べると、やや白っぽさのある茶色です。
お魚の香りがふわ~っと立ちのぼります。

DSCF7368 (480x360)
表面には細かい泡があるので、そのせいで白く見えるのかな?
長ネギの小口切りがたくさん浮かんでいて、チャーシューがうっすらと見えます。

DSCF7371 (480x360)
まずはつけ汁だけそのまま少し飲んじゃいました。
ちょっとトロッとしていて、しっかりとコクがあって、とっても濃厚です。
美味しい!

DSCF7375 (480x360)
つけ汁の中にいろいろなトッピングが沈んでいました。
チャーシューは一口大ぐらいにカットしたもの。
下味も少しついていて、お肉の部分と脂の部分の両方の味わいを楽しめました。

DSCF7377 (480x360)
メンマは細長く、歯応えがよかったです。

DSCF7378 (480x360)
麺にたっぷりとつけ汁を絡めてから頬ばります。
麺はムチムチとした食感で、弾力があってとっても美味しい。
濃厚なつけ汁に負けない麺の強さがありますが、つけ麺の宿命で後半はつけ汁の温度が下がり、味がやや薄めになっちゃいました。

DSCF7379 (480x360)
麺を食べ終えて、スープ割りをお願いしました。
細長く刻んだユズも入れてくれます。

DSCF7380 (480x360)
少しあっさりした味わいになり、ユズの風味をしっかり感じました。
個人的には温かさを復活させたいけど、もうちょっと濃厚なお汁が飲みたいです(笑)。


大盛はボリュームたっぷりで、後からどっしりと重く感じるほどお腹いっぱいになりました。
相変わらずの美味しさに大満足。
辛つけ麺や混ぜそばも是非食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年5月16日訪問時お店DATA
*****************************
 (すっぽん) 
〒133-0056 
東京都江戸川区南小岩7-27-7
営業時間 
[昼]11:00~16:00
[夜]17:30~23:00
定休日 火曜日
JR総武線小岩駅南口から徒歩1分 

テーマ:つけめん - ジャンル:グルメ

【2014/06/04 06:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(4) |
番町 松月庵  @麹町
昨日も暑かったですね~。
お弁当を買うのに屋台に10分並んだだけでフラフラだったのに、午後は仕事で2回外出しなければならず、さすがに疲れました(汗)。
先輩が先週末に軽い熱中症にかかったと聞いてビックリ。
まだ暑さに身体が慣れていないから、みなさま、こまめな水分補給をするなど、十分ご注意ください!

DSCF7324 (480x360)
2013年5月16日は、12時をだいぶ過ぎてから上司が「カツ丼」と言ってきたので、「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いすることになりました。
この日は特に食べたいランチが思いつかず、しかも、このところ「松月庵」を全然食べていなかったことを思い出したので、メニュー完全制覇のためにも、私も久しぶりに上司にご相伴。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2013年3月27日だったので、約1ヶ月半ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF7306 (480x360)
こちらのお店は、電話で注文を受ける店員さんも、出前を持ってきて下さる配達員さんもとても感じが良いです。配達員さんとはすっかり顔なじみになりました。

この日は天丼の上を注文。
いつもどおり、それ程時間がかからずに配達していただきました。

DSCF7309 (480x360)
お新香の小皿には紙をかぶせてあります。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

DSCF7308 (480x360)
上だからでしょうか、お吸い物がついていました。
フタはなく、サランラップがかかっています。
2012年11月19日に食べた天丼の中にはお吸い物はついていなかったです。

DSCF7307 (480x360)
お料理の入った器は、並は陶器ですが、中と上は明るめの茶色の塗りのフタ付きです。
とっても立派。

DSCF7317 (480x360)
ポイントで絵柄も入っていました。

DSCF7319 (480x360)
横から見るとこんな感じです。

DSCF7320 (480x360)
フタの裏には店名が入っていました。


天丼「上」 (1,570円) 
DSCF7324 (480x360)
いただきま~す!
メインとお吸い物とお新香のセットです。

DSCF7313 (480x360)
上だからでしょうか、お新香も立派でした。
並と中は2種類ですが、この日はタクアン、キュウリ、ニンジンです。
黄色・オレンジ・緑と、彩りも鮮やか。

DSCF7315 (480x360)
透明なお吸い物には、カマボコ、お麩、三つ葉、柚子が入っていました。
すっきりとした味わいです。

DSCF7332 (480x360)
三つ葉が完全に火が通ってしまっていたのは残念。
ユズも入っていて、とても風味を感じました。

DSCF7325 (480x360)
フタをオープン!
天ぷらは、海老3本とシシトウ?1つが入っていて、ほとんどご飯が見えません。

DSCF7326 (480x360)
天ぷらの衣はかなり厚めで存在感がありました。

DSCF7327 (480x360)
ぎっしり詰まっていたせいもありますが、海老天を1本を取り出そうとすると衣がはげてしまって中のエビが飛び出しちゃいました(汗)。
何とか本体と衣を一緒に口の中へ。

DSCF7329 (480x360)
海老は火を通してもなかなかの太さでした。
タレはあっさり目で、あまり甘くなくて食べやすかったです。

DSCF7333 (480x360)
ご飯にもタレがしみていたので、最後まで美味しく食べられました。

DSCF7311 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


衣がはげちゃうのは食べるのが大変だし残念でしたが、ゴージャスバージョンらしく、豪華な一品でした。
海老天も大好きですが、出来れば他の種類の天ぷらを盛り込んでくれる方が個人的にはもっと嬉しいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2008年3月13日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば   (2012年8月31日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  カツカレーライス
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  親子丼「上」(2013年3月27日
  カツ丼  (2010年4月6日
  カツ丼「中」 (2013年1月22日
  カツ丼「上」
  天丼   (2012年5月8日
  天丼「中」 (2012年11月19日
  天丼「上」 (2013年5月16日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2013年5月16日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/03 05:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(0) |
【店名変更】 うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店  @市ヶ谷
2015年12月9日追記

「うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店」は、2015年8月1日に「チャイナRai 中国料理」に店名を変更したとのことです。

**************************************

この週末は真夏のお天気でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私はこのところ仕事に追われていただけでなく、プライベートでも結構バタバタしていたのですが、そちらはこの日曜日でとりあえず一区切り出来て、ホッとしました。
いよいよ6月に突入ですが、気持ちにゆとりを持って向き合うことが出来そうです。
今週もがんばりま~す☆

DSCF7254 (480x360)
2013年5月14日は、上司がお昼時に不在だったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
辛いものが大好きなOさんですが、まだ行ったことなかったはず、と思い、「うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店」へ行くことにしました。

2008_0619画像0063
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、2つ目の交差点を左に曲がります。
ちょっと行った左手に野村ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

このビルの1階には、私も大好きなフレンチの有名店であり、2008年4月11日2012年6月1日にディナー訪問した「Au gout du jour (オー グー ドゥ ジュール)」があります。

DSCF7203.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
1996年9月11日にオープンしたこちらのお店は、もともとはニッカウヰスキーが経営していましたが、アサヒビールの完全子会社化に伴い、アサヒビールのFC店となっています。

このお店の前身である「Pub Restaurant うすけぼー 市ヶ谷店」には2008年6月18日にランチ訪問しましたが、2012年1月31日に閉店しました。
2ヶ月後の2012年3月1日、「うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店」としてリニューアルオープンしています。
「うすけぼー」は、都内に直営店が3店、FC店が3店の合計6店舗を展開していますが、今回のようなリニューアルをしたのは市谷店だけのようです。
ブログには載せていませんが、上司のお供で改装前にディナーを2回訪問したことがあります。

DSCF7199.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの前にはお店の看板が出ています。

DSCF7268 (480x360)
ランチメニューの看板も出ていました。

前回ランチ訪問したのは2012年5月7日だったので、約1年ぶりです。

DSCF7269 (480x360)
こちらの胡麻ダレ冷麺、イチオシなのでしょうか。
ランチメニューとほぼ変わらない大きなサイズの看板です。

DSCF7201.jpg
同じビルの地下にはドイツ料理「PAUKE(パウケ)」というお店も入っています。
ぜひ行ってみたいのですが、ランチはやっていないようで、とっても残念。

2008_0619画像0060
こちらも以前撮影した写真です。
お店の入口です。
通路はやや狭めでした。

DSCF7236 (480x360)
入店してすぐ左にこちらのカウンターがあります。
お会計はこちらです。

DSCF7168.jpg
入口入ってすぐ左にはレジがあり、その正面にはウェイティングの椅子が置かれています。
店内は、やや細い廊下に沿ってたくさんの小部屋に分かれています。
内装にたっぷりの木材を使っていて、重厚感のあるインテリアです。
リニューアルしてもこの立派な内装は変えていません。

フロアはかなり広くて全体像は定かではありませんが、左側には個室が並び、右手に大きな広間があります。

DSCF7238 (480x360)
左側にあるマイナス2度と表記された温度計は、アサヒビールでとても人気のエクストラゴールドのものです。

DSCF7169.jpg
この看板が妙に時代を感じます(笑)。

DSCF7174.jpg
お店に到着したのが12時ちょっと過ぎだったので、入口で少し待たされてから入店。
席に通される前に、喫煙席か禁煙席かの希望を聞かれます。

DSCF7240 (480x360)
この日は左側にある、テーブルが二つぐらい並んでいた個室のような場所に通されました。

DSCF7241 (480x360)
女性の店員さんはチャイナドレス姿です。

DSCF9512_20130301083018.jpg
卓上には中華料理らしいお醤油・お酢・ラー油の3点セットのほか、いろいろ置かれています。

DSCF9513_20130301083021.jpg
カラシは小袋入りです。

DSCF7245 (480x360)
店員さんからお水をいただき、メニューをチェック。

DSCF7234 (480x360)
ランチメニューです。

ご飯類は950円で3種類あり、ライス・スープ・ザーサイ・杏仁豆腐・サラダがついています。
お替わりを希望する場合にはスタッフに申し出るとのこと。

麺類は900円で8種類あり、杏仁豆腐がついています。
麺の大盛りはプラス150円、サラダをつけるとプラス50円です。
スタッフさんに小ライスを申し出るとサービスでつきます。

DSCF7235 (480x360)
丼ぶりは900円で2種類あり、スープ・ザーサイ・杏仁豆腐がついています。
ライス大盛りはプラス150円、サラダをつけるとプラス50円です。

ラーメン・鮭チャーハン・ザーサイ・杏仁豆腐で850円というお得なセットもありました。

ランチを食べた人にのみお得なドリンクがあり、ソフトドリンクやアルコールなど8種類あります。
デザートは杏仁豆腐を単品でつけることができます。

DSCF7239 (480x360)
おすすめメニューとして、別に4種類の麺料理もありました。
950円から1,200円で、杏仁豆腐がついています。
サラダをつけるとプラス50円です。

DSCF9509_20130301083049.jpg
さすがオフィス街、ミーティングランチなるものも2種類ありました。
予約が必要です。

DSCF9510_20130301083051.jpg
どちらもお値段は2,500円のコース料理です。

DSCF7265 (480x360)
この日の伝票です。

Oさんは四川麻婆豆腐、先輩は冷し担々麺、私は胡麻ダレ冷麺を注文。


冷し担々麺 (950円)
DSCF7247 (480x360)
こちらのお店は、お料理が出てくるがかなりゆっくり目です。
まずは先輩の注文した冷し担々麺が出てきました。

DSCF7249 (480x360)
大きな丼の下にはお皿が敷いてあり、ダブルソーサーになっています。

DSCF7248 (480x360)
私も同じメニューを2012年5月7日に食べているのですが、その時と同じで、かなり濃いというかしょっぱかったそうです。


四川麻婆豆腐 (950円)
DSCF7250 (480x360)
次に、Oさんの注文した四川麻婆豆腐が登場。
メイン、サラダ、スープ、お新香、ご飯、デザートと、皿数が豊富です。

DSCF7251 (480x360)
Oさんが何故このメニューをチョイスしたかというと、メニューにこの料理名の下に「おかわりをご希望の方スタッフにどうぞ」と記載されていて、麻婆豆腐がおかわりできるんじゃないかと思ったからです。
いや、常識的に考えればご飯のおかわりでは、、、と思ったのですが、確かにちょっとわかりにくい表記ではありますね。
もちろん、スタッフさんに声をかけましたが、おかわりは出来ませんでした(笑)。


胡麻ダレ冷麺(クラゲ入り)  (1,200円)
DSCF7254 (480x360)
先輩の冷し担々麺から5分程遅れて、ようやく私の胡麻ダレ冷麺が登場!
メインとデザートのセットです。

DSCF7252 (480x360)
お箸は洗い箸ですが、箸袋にはお店のロゴが印刷されています。

DSCF7257 (480x360)
冷麺は大きな透明なガラスの器に盛られています。
このお皿そのものがしっかり冷やされていました。

野菜の緑、卵の黄色、トマトの赤など彩りも鮮やかで、ガラスの透明感も相まって、とっても涼しげです。

DSCF7258 (480x360)
プリプリクラゲと10種類の具材を楽しめるとのこと。
確かに、麺が全く見えません。

DSCF7261 (480x360)
細切りのレタス、錦糸玉子、、、

DSCF7259 (480x360)
ミニトマト、キュウリ、鶏肉?、トビコの卵?、もやし、黒キクラゲ?などでしょうか。
気にしていなかったこともあり、10種類はわからず。

DSCF7260 (480x360)
この茶色いのがクラゲです。
私は歯応えのある食べ物が大好きなので、クラゲも大好きです。
コリコリした歯触りはとっても良かったのですが、もっと入っていて欲しかったかも。

DSCF7264 (480x360)
麺は中細麺で、ボリュームは普通です。
胡麻ダレはやや甘く、麺とたっぷりの野菜を絡めて食べると、とてもさっぱりしました。

DSCF7266 (480x360)
お箸は市松模様の入った黒い洗い箸です。
これは業務用なのか、他のお店でもたまに見かけます。

DSCF7256 (480x360)
デザートは中華の定番、杏仁豆腐です。
彩りに、クコの実が一粒、中央にのせてありました。


胡麻ダレだから仕方ないですが、甘めな味付けは残念。
彩りが鮮やかなもののお値段の割には野菜などが多いので全体のボリュームは普通でした。
次回は四川麻婆豆腐を食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
<ランチ>
究極の四川担々麺 (2012年3月5日
冷し担々麺  (2012年5月7日)  
胡麻ダレ冷麺 (2013年5月14日

<ディナー> 2013年1月9日

リニューアル前ランチ 2008年6月18日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF7233 (480x360)

DSCF7234 (480x360)

DSCF7235 (480x360)

DSCF7239 (480x360)

DSCF7242 (480x360)

DSCF7243 (480x360)

DSCF7244 (480x360)


ディナーのフードメニューです↓
DSCF0435_2013121322322734e.jpg

DSCF0436_20131213223229f71.jpg

DSCF0449_20131213223031940.jpg

DSCF0450_20131213223033790.jpg

DSCF0451_201312132230350ca.jpg

DSCF0452_20131213223037448.jpg

DSCF0453_201312132229496f7.jpg

DSCF0454_20131213222951c19.jpg

DSCF0455_20131213222954738.jpg

DSCF0456_20131213222956402.jpg

DSCF0457_20131213222958dcf.jpg

DSCF0458_20131213222903fa3.jpg

DSCF0459_20131213222905165.jpg

DSCF0460_201312132229082c9.jpg

DSCF0461_2013121322291062f.jpg

DSCF0463_201312132229120f3.jpg

DSCF0464_20131213222831c50.jpg

DSCF0465_20131213222834149.jpg

DSCF0466_20131213222837ee8.jpg

DSCF0467_20131213222839b89.jpg

DSCF0439_20131213223136df3.jpg

DSCF0446_20131213223106bca.jpg

DSCF0447_201312132231094e4.jpg

DSCF0440_20131213223139b5b.jpg

DSCF0441_20131213223142f5f.jpg

DSCF0442_20131213223144a77.jpg

DSCF0443_20131213223058256.jpg

DSCF0444_20131213223101c12.jpg

DSCF0445_20131213223104300.jpg


ディナーのドリンクメニューです↓
DSCF0419_201312132234127df.jpg

DSCF0420_20131213223415d62.jpg

DSCF0421_201312132234170ae.jpg

DSCF0422.jpg

DSCF0423.jpg

DSCF0424_20131213223327ac6.jpg

DSCF0425_201312132233302ea.jpg

DSCF0426_201312132233327d1.jpg

DSCF0427_20131213223253cfd.jpg

DSCF0428.jpg

DSCF0431_20131213223300721.jpg

DSCF0432_20131213223302860.jpg

DSCF0433_2013121322322291e.jpg

DSCF0434_20131213223224ba9.jpg


お店の名刺です↓
DSCF7234.jpg


2013年5月14日訪問時お店DATA
********************************
うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店
〒102-0081 
東京都千代田区四番町4-8 野村ビル地下1階
TEL 03-3288-8811
営業時間  
[平日] 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~22:30(L.O.22:00)
[土曜] 11:30~15:00(L.O.14:30)
定休日 日曜・祝日 (但し、予約の場合のみ営業)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/02 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる