純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
つい先日、ピーラーをなくしてしまいました。
100円ショップで購入したものですが、見た目が動物の顔みたいになっていてとても可愛く、しかも、たいしたお手入れもしないまま多分5年以上使っていたのに切れ味がほとんと落ちず、すごく気に入っていました。
おそらく三角ゴミの中に落として、そのまま気付かずに捨ててしまったようです(泣)。
日々の食事作りには欠かせないものなので、すぐにダイソーに行って2代目を購入してきました。

DSCF0679 (480x360)
2013年7月19日は、週の最後の金曜日。
12時を過ぎに、上司から「外へ食べに行こう。」と誘われました。
いつもどおり、何も言わず、何も聞かれないまま、上司の外食先としてはほぼ唯一となった「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」へ。

DSCF8693 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF0701 (480x360)
この日のメニューです。
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF6747 (480x360)
外階段を使って2階へ登ります。

DSCF8690 (480x360)
お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF8689 (480x360)
季節柄、冷し中華が出ていました。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2013年6月28日だったので、約3週間ぶりでした。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

12時20分頃にお店に到着すると、ちょうど前を行く人も入店したので、入れるかどうか心配になりましたが、すぐに続いて入店することが出来ました。

DSCF1482_20130502072200.jpg
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には各種調味料、お箸、紙ナプキン、爪楊枝、食べるラー油など置かれています。

私たちは真ん中あたりの4人用テーブル席に着席。

DSCF0699 (480x360)
テーブルの奥には予備?のイスが置いてありました。

DSCF0674 (480x360)
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF0675 (480x360)
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、スマホに食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

DSCF8687 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じです。

上司は鶏肉のカレーライスを注文。
前回ランチ訪問したときに、金曜日はカレーが出るはずだと言っていたので、もしかして、そのために来たのかも。
見た目はお蕎麦屋さんのカレーのような薄い黄色でシャバシャバした水分多めのちょっと古めかしいカレーですが、上司の好みにぴったりだそうです。
先輩は五目チャーハン、Oさんと私はA定食を注文。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。


A定食 インゲンと豚肉とキクラゲの炒め  (1,000円)
DSCF0679 (480x360)
しばし待ってお料理が登場!

メイン、ギョウザ、お新香、スープ、デザートのセットです。
黒い長方形のお盆に載せられていました。

DSCF0681 (480x360)
ご飯は中華料理屋さんらしく、小さな器に盛られています。

DSCF8663 (480x360)
少なめをお願いするのを忘れちゃったので、器が小さめとはいえ、こんもりと立体的に盛られていました。

DSCF0687 (480x360)
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類ですが、日によって色合いや透明度や味わいが結構違います(笑)。
具はトッピングの小ネギのみ。
鮮やかな緑色が、彩りのアクセントになっています。

DSCF0693 (480x360)
この日のスープはやや黄色っぽく半濁でした。

DSCF0691 (480x360)
塩気は比較的穏やかであっさり目です。

DSCF0682 (480x360)
ザーサイは薄切りですが大きめで、ボリュームたっぷり。
小さな小皿に入っていました。
よく見かけるものもよりもやや青っぽいせいか、塩味が穏やかです。

DSCF0688 (480x360)
定食には人気メニューの茹でギョーザが2個ついていて、とってもお得。

DSCF0689 (480x360)
餃子のタレはあらかじめ調合されたものが、小皿に入って出てきます。

DSCF0695 (480x360)
濃い味好きのため、いつもたっぷり目に餃子のタレをつけちゃいます。

DSCF0696 (480x360)
なので、ちょっとしょっぱくなっちゃうこともあります(汗)。

DSCF8683 (480x360)
この日はあまり熱々ではなかったのが残念。
皮が厚めのタイプで、もっちりとした食感です。
野菜たっぷりの餡はジューシーで、いつもの安定した美味しさでした。

DSCF0683 (480x360)
インゲンと豚肉とキクラゲの炒めは、、お皿からはみ出そうなぐらいボリュームたっぷり。
お肉の茶色、キクラゲの黒、インゲンの緑と、華やかではないですがくっきりとした見た目です。

インゲンとかキクラゲとか、正直ちょっとお安めの材料を使っているのは、このところ円安とか天候不順でお野菜などが高くなっているからでしょうか。

DSCF0685 (480x360)
出来たてアツアツなうえ、少しとろみがかかっているので、猫舌の私には食べるときに大変でした。
キクラゲが大きめに切ってあるので、コリコリとした食感が楽しめます。
細切りのお肉はたっぷりで、程よい歯応えでした。
いつもどおり、しっかり目のオイスターソース味で美味しかったです。

DSCF0686 (480x360)
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF8685 (480x360)
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

おかずを食べるのに時間がかかったせいか、いつもはしっかり冷やしてある杏仁豆腐はややぬるくなっていました。

DSCF6744 (480x360)
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。

DSCF0700 (480x360)
器のシリーズが全部同じなのでどれだったかわかりませんが、ヒビがちょっと入っていました。


五目チャーハン (800円)
DSCF0676 (480x360)
先輩は、このお店の五目かけごはんが大好きで、あまり食べたことがなかったという五目チャーハンを注文。
メイン、スープ、デザートのセットです。
お盆はありません。

DSCF0677 (480x360)
見た目より量がたっぷりとあったそうです。


定食のおかずはいつ食べても安定感のある美味しさです。
ボリュームたっぷりの定食で、お腹いっぱいになりました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
鶏肉のカレーライス (2013年3月26日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日2013年5月1日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
 ◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日2013年6月12日
 ◎チンジャオロース (2013年1月7日
 ◎八宝菜 (2013年2月12日
 ◎インゲンと豚肉とキクラゲの炒め (2013年7月19日
B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
 <4個>(2012年10月31日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日2013年6月28日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2013年7月19日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/31 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(3) |
炭火焼き・和酒・地鶏 時分時  @市ヶ谷/九段下
週末の熱帯夜はかなりきつかったですが、ここ2日はかなり過ごしやすく、朝5時に起きるとまだ風が冷たくて気持ちいいです。
8月上旬に夏休みを取る予定ですが、台風が2つも発生。
ルートによっては旅行が台無しになるかも(汗)。

DSCF0609 (480x360)
2013年7月18日は、上司もOさんも仕事で不在の日でした。
前日にディナーをたらふく食べて体重的には厳しかったのですが、一人でランチを食べに出るチャンスは滅多にないのでせっかくなので出かけることに。
一緒にディナーをした先輩は少々食べ過ぎておなかの調子がイマイチだったので、「スープストック」のスープだけでランチ終了(笑)。

このところ四谷方面によく行っていたので、この日は時間的にゆっくり出来ることもあり、特に目指すお店を決めないで新店・閉店情報を集めるべく出発。
最近靖国通りを久しぶりに歩いて未訪問のお店もあったものの、なかなか入りたいお店を決められずにいたら、「炭火焼き・和酒・地鶏 時分時(じぶんどき)」というお店を見つけました。

DSCF0632 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側をを九段下方面に進み、一口坂交差点を越えてさらにもう1ブロック越えて進むと右側に丸中ビルがあります。
お店はこの地下一階にあります。

DSCF0633 (480x360)
「時分時」は2012年8月にオープンし、隠れ家の雰囲気の中で炭火料理と自家燻製を地酒と共に楽しめるお店だそうです。

DSCF0636 (480x360)
この場所には以前「つうけいが」というお蕎麦居酒屋さんがあり、常連さんだったお客様から紹介を受けて、ずいぶん前に一度事務所のメンバーで飲んだことがありましたが、その後移転したそうです。
この場所まで来たのは本当に久しぶり。

DSCF0634 (480x360)
ビルの前にはランチメニューや名刺が出ていました。

メニューを見たらおうどんだったので、体重多めの私にはメニュー的にもいいかもと思いました(笑)。

DSCF0635 (480x360)
階段の手前はちょっとお庭風になっています。

DSCF0637 (480x360)
細長い紺色の暖簾をくぐり、いざ、入店。

DSCF0631 (480x360)
お店は地下にあるので、階段を降ります。

DSCF0630 (480x360)
これは、、、確か、階段を降りきったところだったかな??

DSCF0629 (480x360)
お店の入口です。

DSCF0590 (480x360)
入店すると、ほぼ満員で、少し待たされました。
ちなみに、12時50分頃にはお店がほぼ空っぽになっていました。

DSCF0589 (480x360)
入口のすぐ右手にはお酒が並んだ大きな棚があります。
有名な銘柄も多く、とっても美味しそう。

DSCF0627 (480x360)
正面に厨房とカウンターがあり、右手にテーブル席が並んでいます。
記憶が不確かですが、内装はあまり変わっていない気がしました。
落ち着いてシンプルな雰囲気です。

DSCF0607 (480x360)
準備が整い、私はカウンターの右端の方に着席。

店員さんは、フロアに女性一人、厨房に男性が二人程いらっしゃいました。

DSCF0595 (480x360)
卓上にはメニュー、お醤油、七味唐辛子?、爪楊枝などが置かれていました。

DSCF0591 (480x360)
冷たいお茶をいただき、メニューを検討。
お茶碗がオシャレです。

DSCF0596 (480x360)
お茶と一緒に紙ナプキンもいただきました。

DSCF0594 (480x360)
メニューは単品のうどんが8種類、セットが2種類あり、合計10種類です。
お値段は580円~1,180円とちょっと幅ががありました。

「特製味噌」という言葉に惹かれ、特製味噌の鶏だしつけ汁膳を注文。


特製味噌の鶏だしつけ汁膳 (980円)
DSCF0609 (480x360)
お料理が出てくるまで10分以上かかりました。

うどん、つけつゆ、薬味、どんぶり、お新香のセットです。
薄茶色の木のお盆にのせられていました。

DSCF0610 (480x360)
お箸と茶色い木製のスプーンが添えられています。

DSCF0615 (480x360)
お新香は小さな青い小皿にのせられていました。

DSCF0616 (480x360)
ダイコン、ニンジン、ナス、キュウリとなんと4種類。
どれも歯応えが残っていて、塩気はとても淡かったです。

DSCF0614 (480x360)
薬味は小さな白い小皿にのせられていました。
大葉とみょうがの千切りです。

DSCF0611 (480x360)
せっかく冷たく締めたうどんが生ぬるくならないよう、まずはうどんからいただきました。

ザルに盛られたうどんは見た感じちょっと少なめです。
でも、ピカピカに光っていて、とっても美味しそう!

DSCF0612 (480x360)
実際に食べてみると、ギュッと締まったように中央に寄せてあるので、意外とボリュームがありました。

ランチメニューを見ると、最初のメニューにしか「稲庭うどん」と表記されていませんが、このメニューも含めて、他のメニューも稲庭うどんなのでしょうか?

DSCF0617 (480x360)
つけダレはやや大きめな器に入っていました。

DSCF0618 (480x360)
かなり白っぽい薄茶色で、黒胡麻がたっぷりとトッピングされています。

DSCF0623 (480x360)
まずはそのまま一口いただいてみました。
うどんつゆとは思えない抑え気味の塩気で、濃い味好きならそのままいただくことも出来るぐらいです。
ミルキーな口当たりで、お味噌というより胡麻っぽいクリーミーさがありました。
美味しいです。

DSCF0624 (480x360)
中に鶏肉が入っていました。

DSCF0626 (480x360)
そのままで少しうどんを楽しんでから、薬味を投入。

DSCF0619 (480x360)
この日の日替わり丼ぶりは、鶏の五目ごはんでした。

DSCF0622 (480x360)
薄く茶色に染まったご飯はたっぷり目。

DSCF0620 (480x360)
具にニンジン、ゴボウ、鶏肉などが入っていて、三つ葉がトッピングされていました。

DSCF0621 (480x360)
味付けは淡く、とてもあっさりとしています。
意外とボリュームがありました。


お値段的にはちょっとお高いかなと思いますが、全体的に優しい味付けでボリュームたっぷりでした。
もともと太麺好きなうえに、数日前まで旅行していた香川県で讃岐うどんの食い倒れをしていたので、細麺の稲庭うどんはやや物足りない気分になりましたが、つるつるとしたのど越しはとってもよかったです。
でも、うどんってこんなに幅が広いんだなぁ~と再認識。


この日の散策で、「じーにあす」が閉店していたり、「京華茶楼 九段南店」が別の中華料理屋さんに替わっているのを見つけました。


ディナーメニューです↓
DSCF0597 (480x360)

DSCF0598 (480x360)

DSCF0599 (480x360)

DSCF0600 (480x360)

DSCF0601 (480x360)

DSCF0602 (480x360)

DSCF0603 (480x360)

DSCF0604 (480x360)

DSCF0605 (480x360)

DSCF0606 (480x360)


名刺です↓
DSCF1373 (480x360)

DSCF1374 (480x360)


2013年7月18日訪問時お店DATA
*****************************
炭火焼き・和酒・地鶏 時分時 (じぶんどき) 
〒102-0074
東京都千代田区九段南3-8-13 丸中ビル地下1階
電話 03-5215-5625 
定休日 日曜日、祝日、第1・第3土曜日 
営業時間 
[平日] 11:30~14:00 17:00~23:30  
[土曜] 17:00~22:00 (第1・3土曜日を除く)  
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩8分
地下鉄九段下駅から徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/30 05:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(8) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
先週の土曜日は久しぶりの出勤でしたが、今日一日バタバタしたものの、何とか一段落しました。
気付けば7月も最終週。
夏を楽しむ予定を作らねば!

DSCF0437 (480x360)
2013年7月17日は、夏休み明けすぐだというのに、夜にディナーの予定がありました。
しかも、セミビュッフェのようなスタイルだったので、ランチはかなり軽めにしなければと思い、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」のお蕎麦に決定。

DSCF7041_20130905083820fa6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
具体的な時間はわかりませんが、お店は朝から夕方ぐらいまで営業しています。

前回購入したのは2013年6月13日だったので、約1ヶ月ぶり、33回目です。

DSCF3011_20130607210051.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF1224_20130419071337.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
この日は午後イチで予定が入っていたので、12時前に買いに出ました。
少し時間をはずすだけでこんなに人の流れが少ないのかと、改めてビックリ。
サファリカレー」もまだ誰もいなかったし、「瓢箪」に到着しても先客はいませんでした。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

DSCF0430 (480x360)
持ち帰りのビニール袋は一般的なシンプルで真っ白なものです。

DSCF0431 (480x360)
軽めにするはずが、冷やしちくわ天そばを注文。
天ぷらトッピングなんて本来ダメなのに、誘惑に負けちゃいました(汗)。

DSCF9780_20130316092337.jpg
薬味として七味唐辛子がついています。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF0435 (480x360)
おそばの容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。


冷しちくわそば (460円)
DSCF0437 (480x360)
いただきま~す!

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどのメニューにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

DSCF0439 (480x360)
長ネギは小口切りです。
中央に盛っているので、彩りのアクセントになっています。

DSCF0438 (480x360)
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
かなり薄切りでした。

DSCF0440 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
ワカメもそこそこの量が入っていました。

DSCF0441 (480x360)
ワサビが容器のフチにつけてあります。

DSCF0442 (480x360)
ちくわ天はギリギリ容器に収まるぐらいの、かなりの大きさです。

DSCF0443 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF8705 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お蕎麦は冷やしなので、温かいときのようにのびることはなく、ややキリッとした歯触りでした。
ダシは甘さ控えめのあっさり系ですが、ちくわ天のおかげでソバつゆにもコクが移って美味しかったです。

DSCF0446 (480x360)
ちくわ天の衣はやや厚めです。
お味そのものはごくごく普通ですが、そのまま囓ったり、ソバつゆに浸したりして食感を変えていただけました。


大きめの天ぷらが入っていますが、全体のボリュームは普通です。
午後4時前にはお腹が空いてしまい、ディナーがとっても待ち遠しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 きつねそば (2013年1月9日
 メンチうどん (2012年4月10日
 力うどん (2012年2月27日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶそば (2013年6月13日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけうどん  (2012年5月15日

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろ
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわそば  (2013年7月17日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年7月17日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
営業時間 7:00~17:00
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/29 00:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ケバブ屋台  @四谷
この週末は暑かったですね~。
気温と体温がほぼ一緒(汗)。
この暑い中、渋谷のつけ麺屋さんを目指して駅から10分程歩いたのですが、家人は体調が悪くなり、しかも、昼営業が終わってしまっていて食べられなかったという、惨憺たる結果でした(泣)。

2013年7月11日は、「坂口」という酒屋さんのお弁当を購入したのですが、こちらのお店は2013年12月30日に閉店し、2014年3月28日に「ワインバル サカグチ」にリニューアルオープンしたため、割愛させていただきます。

DSCF0416 (480x360)
2013年7月16日は、夏休み明けで5日ぶりの出勤。
前にやっていた仕事のことを思い出すだけで午前中が終わっちゃいました(汗)。
旅行期間中の暴飲暴食で体重が高止まりだったので、この日は久しぶりにランチ屋台村麹町6丁目店に買いに行きました。

DSCF0400 (480x360)
場所へ行ってみると、車がいない、、、。
駐車場がぽつんとあるだけなので、お店がたまたま遅れているのか、突然のお休みなのか、最悪出店そのものが終わってしまったのか、わかりません(汗)。
結局その後、ランチ屋台村麹町6丁目店は2013年8月9日で完全に撤退しました。

DSCF0410 (480x360)
時間がなかったので、お弁当をどこで買おうか焦りました。
すぐ近くにある「坂口」は旅行前に食べたばかりだし、、、と思い、この間から気になっていたケバブの屋台がこの日も来ていたので、買いに行ってみることに。

DSCF0402 (480x360)
JR四ッ谷駅の真ん前に止まっています。

DSCF0404 (480x360)
2012年6月22日にも一度購入したことがあるのですが、その後しばらく来ていなかった時期もあったような気がするので、その時の車の人と同じかどうかわかりません。
最近も、毎日ではないですが、車が来ているのを見かけます。

DSCF0405 (480x360)
お店はトルコ系?のおじさまが一人でやっていました。
それほど日本語が得意ではないのか、ちょっと寡黙です。

DSCF0403 (480x360)
メニューはケバブ1つ。お値段は500円です。
ソースを4種類から選べます。
シンプルすぎる構成だからでしょうか、お昼時だというのに、客は私一人だけでした。

DSCF0406 (480x360)
ライトにはアルミホイルがぐるぐる巻きになっています。
油よけ? 熱よけ?

ダイエット中とは言え、一個じゃさすがに足りないな~と思い、特製ソースを1つと、全く違うタイプの味をと思って、ガーリックソースを注文。

DSCF0409 (480x360)
でっかいケバブ! 美味しそう~。
見ているとテンションが上がります(笑)。

DSCF0407 (480x360)
注文を終えると、店主さんがケバブを回転させながらお肉をジョリジョリと切り落としていきました。
見ているのはとても楽しかったのですが、ケバブを焼く熱がこちらにも結構届いて、ただでさえそこそこ暑い日だったので、ジリジリしちゃいそうでした。
できれば少し離れた右側から見学するのをオススメします。

DSCF0411 (480x360)
持ち帰り袋は一般的な白いビニール袋でした。

DSCF0412 (480x360)
袋の中には数枚のティッシュが入っていました。
これはもしや、ナプキン代わりということでしょうか。

DSCF0413 (480x360)
ケバブは白い紙にくるんで、ゴム掛けしてありました。

DSCF0414 (480x360)
こちらが特製ソースです。

DSCF0415 (480x360)
外から見て種類がわかるように、ガーリックはゴム2本でしばってくれました。


ケバブ 特製ソース (500円) + ケバブ ガーリックソース (500円) =1,000円
DSCF0423 (480x360)
いただきま~す!
2種類見ても、あまり違いが良くわかりません(汗)。


ケバブ <特製ソース>
DSCF0416 (480x360)
ピタパンの中にたっぷりの野菜とお肉が入っていて、上からソースがかけてあります。

DSCF0417 (480x360)
野菜はキャベツの細かい千切りで、たっぷりと入っていました。

ケバブは鶏肉でしょうか。
小さいパーツになっています。
ぎゅっと抑えてあるせいか、程よい歯応えがあり、こんがり焦げた部分が香ばしくて美味しかったです。

DSCF0425 (480x360)
特製ソースはケチャップとマヨネーズが入っているせいか、マイルドな口当たりでそれ程辛くはなかったのが残念。


ケバブ <ガーリックソース>
DSCF0420 (480x360)
もう一つのガーリックソースは、ケバブは全く同じです。
ガーリックは生のものを使っているようで、買ったときからすごく香りがしました。
事務所に戻ると、先輩から「すっごくニンニクの香りがする!」と言われちゃいました(笑)。

DSCF0421 (480x360)
食べているときも、たっぷりガーリックがたまっているところを食べたら、ちょっと苦みを感じたぐらいです。
ただ、個人的にはガツン系な味わいが大好きなので、特製ソースよりもこちらの方が味が好みでした。

DSCF0427 (480x360)
食感が様々でいろいろな味わいが口の中で混ざり合います。
しっかり噛んで食べるせいか、1つ食べただけでも結構ボリューム感がありました。


ボリュームが結構あったので、2つ食べたらかなりお腹が一杯になりました。
1つ500円というのはちょっとお高めかな~と思いますが、ソースの違いが結構はっきりとわかって面白かったです。


2013年7月16日訪問時お店DATA
********************************
ケバブ屋台
JR四ッ谷駅麹町口のすぐ前

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/28 05:00】 | エスニック | トラックバック(0) | コメント(4) |
炭火 南蛮串焼 ジョリー酒場  @市ヶ谷
今日は楽しい金曜日、しかも、給料日です!
一日がんばれば、楽しい週末に突入!!といきたいところだったのですが、残念ながら、明日は久しぶりの土曜日出勤になりそうです(泣)。しょぼーん。。。
かなり暑くなりそうですが、みなさまは、楽しい週末を☆

本日は、2013年9月15日に「大日本酒場DNB」という名前でオープンし、2014年3月24日にリニューアルオープンした「炭火 南蛮串焼 ジョリー酒場」のレポートです。

DSCF7993 (480x360)
2014年7月10日は、午前中の仕事がおして、上司とOさんがお昼になっても帰ってきませんでした。
このところフリーで外で食べることがほとんど無かったので、「これはチャンス!」と思って、ランチを食べに出かけることに。先輩は翌日の夜にディナーを予定していたので自粛しました(笑)。

DSCF8017 (480x360)
四谷方面に行って上司とばったり出くわしても嫌だったので、市ヶ谷方面へ。
そういえば、ずいぶん前から気になっていた「串だおれ 市ヶ谷店」のランチはどうなったんだろうと思い、お堀を越えて行きましたが、ランチ営業はしていませんでした。
以前はランチ営業を予定していますという貼り紙がありましたが、それもなくなっていたので、ディナーだけの営業に決めたようです。
この界隈ではまだランチを食べていないのはほんの数軒だったので、前に満席で入れなかった和食屋さんに行こうかと思って外堀通りを歩いていたら、見知らぬお店の看板が出ていました。

DSCF8012 (480x360)
新店かも!と思って坂を上がっていくと、なかなかお店がない(汗)。
飲食店がほぼなくなったところにぽつんと「炭火 南蛮串焼 ジョリー酒場 (じょりーさかば)」がありました。

DSCF8015 (480x360)
お店の前には「We ♥定食」というのぼりが出ています。

JR・地下鉄市ヶ谷駅を出て左折してお堀の橋を越え、外堀通りの交差点を渡って右に進みます。
マクドナルドのある角を左に曲がり、かなり行った右手に南沢ビルがあり、お店はその地下1階です。

DSCF8014 (480x360)
生ビールの看板も出ていました。
中ジョッキ350円って、お安い!

DSCF8013 (480x360)
しかも、雨の日は乾杯ビールは100円とのこと。

DSCF8010 (480x360)
こちらのお店は2013年9月15日に「大日本酒場DNB」という名前でオープンしたそうですが、2014年3月24日に「炭火 南蛮串焼 ジョリー酒場 (じょりーさかば)」という店名でリニューアルオープンしたそうです。

「南蛮串焼」って何だろう?と思っていたら、ディナーメニューの記載では、「新鮮なお野菜を国産豚バラ肉で巻いて炭火で焼き上げた串焼き」とのこと。
知らなかったです。

DSCF8011 (480x360)
ビルの入口には大きなランチメニューの看板が出ていました。
外階段を降りてお店へ。

DSCF8007 (480x360)
外からは中の様子があまりわからなかったので、席が空いているかどうか不安でしたが、入店してみると6割程の人の入りで一安心。

DSCF7945 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、左奥に厨房があり、その前にカウンター、その周りにテーブル席が並んでいました。
内装はウッディで洋風なスタイルです。

厨房と客席はガラスで区切られているので、中の様子を見ることはできますが、煙などが流れてこないようになっています。

DSCF8008 (480x360)
私は一人なのでカウンターの一番奥の席に通されました。

DSCF7944 (480x360)
カウンターにはメニュー、爪楊枝、七味唐辛子が置いてあります。

DSCF7949 (480x360)
お店のツイッターもあるそうです。
ランチの日替わりがどんな内容か、こちらでわかります。

DSCF7943 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF7946 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF7947 (480x360)
ランチメニューは日替わりも含めて7種類ありました。
お値段は350円から800円とお手頃です。
限定8食ですが、ねぎ塩豚カルビ丼は500円だし、TKG(たまごかけごはん)は350円というお安いお値段でランチを食べることができます。

DSCF7948 (480x360)
ソフトドリンクは11種類あり、全て100円です。
デザートは5種類あり、お値段は250円から400円です。
TKGよりお高いデザートがあります(笑)。

12時20分過ぎだったので、もう限定はないかなと思って聞いてみたら、まだあるとのことで、ねぎ塩豚カルビ丼をご飯少なめでお願いしました。

DSCF7988 (480x360)
しばし待ってお料理が登場!

メイン、お味噌汁、お新香のセットです。
黒い長方形のお盆に載せられていました。

DSCF7990 (480x360)
お味噌汁はフタ付きです。
やや小さめなお椀でした。

DSCF7991 (480x360)
お盆には濡れおしぼりとお箸が添えられていました。
お箸は洗い箸で、箸袋に入っています。

DSCF7992 (480x360)
こちらが伝票です。


ねぎ塩豚カルビ丼 ご飯少なめ (500円)
DSCF7993 (480x360)
いただきま~す!

DSCF7996 (480x360)
お新香はキュウリのキューちゃんみたいなものでした。
小皿に盛られた量は少なめ。
この日はご飯を少なめにして、豚の味付けがしっかりしていたので、あまり必要なかったです。

DSCF7995 (480x360)
お味噌汁は具がワカメなどが入っていて、小ネギを散らしてあります。

DSCF8006 (480x360)
熱々で、フタを取ったら湯気が凄く出ていました。

DSCF7998 (480x360)
豚カルビ丼は赤いフチの黒い丼に盛られていました。

DSCF7999 (480x360)
ご飯を覆い隠すように豚カルビが敷き詰められ、ネギが中央にトッピングされています。

DSCF8001 (480x360)
ネギは長ネギの緑色の部分のみ。
唯一の彩りでもあります。

DSCF8002 (480x360)
豚カルビはやや薄めのカットですが、枚数は結構ありました。
お肉そのものの下味はかなり薄めです。
ネギ塩タレはかけてあるようでしたが、しっかり味だったり薄味だったりと、ちょっとムラがありました。
お肉は程よい歯応えで美味しかったです。

DSCF8004 (480x360)
全体的にしっかり目の味付けだったので、ご飯少なめだとちょっと味が濃い部分もありましたが、美味しく食べられました。
全体のボリュームはご飯少なめにしたので、やや少なめです。


注文するとき、ねぎ塩豚カルビ丼がメニューの一番左上に記載されてあったのでオススメかなと思ったのですが、後からディナーメニューを見ていたら、チキン南蛮や牛サガリ肉の鉄板ゴロゴロステーキや脂サバがオススメとして紹介されていて、ちょっとガッカリでした(泣)。
でも、居酒屋さんランチらしいお料理で、お値段を考えれば充分満足です。


ディナーのフードメニューです↓
DSCF7966 (480x360)

DSCF7967 (480x360)

DSCF7968 (480x360)

DSCF7969 (480x360)

DSCF7970 (480x360)

DSCF7971 (480x360)

DSCF7972 (480x360)

DSCF7973 (480x360)

DSCF7974 (480x360)

DSCF7975 (480x360)

DSCF7976 (480x360)

DSCF7977 (480x360)

DSCF7978 (480x360)

DSCF7979 (480x360)

DSCF7980 (480x360)

DSCF7981 (480x360)

DSCF7982 (480x360)

DSCF7983 (480x360)

DSCF7984 (480x360)

DSCF7985 (480x360)

DSCF7986 (480x360)

DSCF7987 (480x360)


ディナーのドリンクメニューです↓
DSCF7950 (480x360)

DSCF7951 (480x360)

DSCF7952 (480x360)

DSCF7953 (480x360)

DSCF7954 (480x360)

DSCF7955 (480x360)

DSCF7956 (480x360)

DSCF7957 (480x360)

DSCF7958 (480x360)

DSCF7959 (480x360)

DSCF7960 (480x360)

DSCF7961 (480x360)

DSCF7962 (480x360)

DSCF7963 (480x360)

DSCF7964 (480x360)

DSCF7965 (480x360)


2014年7月10日訪問時お店DATA
****************************
炭火 南蛮串焼 ジョリー酒場  (じょりーさかば) 
〒162-0846 
東京都新宿区市谷左内町21-8 南沢ビル地下1階
TEL 03-5227-8020
営業時間
[昼] 11:30~14:00(LO13:30)
[夜] 17:00~23:00(LO22:00)
定休日 月4日ほど。月によるようです。
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/25 06:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(3) |
【お弁当販売終了】 やきとり 宮川 四ッ谷  @四谷
2015年8月10日追記

DSCF6577 (480x360)
「宮川」のお弁当販売は、2015年7月末をもって終了しました。

************************************

昨日は仕事でミスしていたことが発覚し、お昼から午後にかけてその処理に追われ、てんやわんやの一日でした(汗)。
何とかリカバーできて(多分)、一安心。
しっかりやらなければ、と大反省です。

DSCF0091 (480x360)
2013年7月10日は、数日前にOさんが「やきとり 宮川(みやがわ) 四ッ谷」で冷やし中華のお弁当があったという情報を得ていたので、この日早速買いに行ってみました。

DSCF5682_20120203230710.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの交差点を渡り、左に曲がります。
レストラン エフ」の入っている主婦会館の隣に四ッ谷鳳翔ビルがあり、お店はその1階にあります。

DSCF5685_20120203230709.jpg
この場所には以前「おかわり屋」というお店がありましたが、2011年9月16日に閉店したそうです。

DSCF5683_20120203230710.jpg
「宮川」は40年継ぎ足された秘伝のタレを持つ老舗の焼き鳥屋さんだそうで、2011年11月21日にオープンしました。
溜池山王にも支店があるそうです。

DSCF5684_20120203230709.jpg
前回ランチ訪問したのは2013年3月18日でした。
前回お弁当を購入したのは2013年5月9日だったので、約2ヶ月ぶりです。

DSCF0058 (480x360)
お店の前では店員さんが一人でお弁当の販売をしています。
店内でのランチと同じく、午前11時半からとのこと。

お弁当はきじ弁当、きじ・竜田揚弁当、宮川弁当などの定番のほか、季節メニューなどがあります。
看板に出ていないメニューがあったりもします。
お値段は700円か800円で、白い唐揚の単品もありました。

ちなみに、2013年後半ぐらいからだったでしょうか、現在は外でのお弁当販売はなくなり、店内のカウンターの一角を使って売るスタイルになっています。

DSCF0059 (480x360)
販売する人は日によって変わります。
この日は男性でした。
でも、卓上には「心をこめてまいこが作りました!」と出ています(笑)。

DSCF0060 (480x360)
お弁当を販売する台の右側にお味噌汁が置かれていました。
セルフサービスです。
この日はかなり暑い日でしたが、せっかくなのでいただきました。

DSCF0061 (480x360)
お店に到着したのは12時20分過ぎ。
Oさんが見つけたときは既に完売とのことだったので、ちょっと心配だったのですが、この日は先客が一人しかいなくて、冷やし中華も残っていました。
よかった!

DSCF7796.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前にはお弁当のメニューが書かれた看板が出ていました。
お味噌汁とご飯の大盛りは無料です。

DSCF5502_201308090603010bd.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
店内でのランチメニューの大きな看板も出ています。

DSCF0062 (480x360)
お弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

冷やし中華は保令バッグの中に入っていて、しっかり冷えていました。
なので、店員さんの計らいで、冷たいものと熱いものが混在しないように袋を2つに分けて下さいました。

DSCF4453_201403192018346d6.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
紙おしぼりは白いビニール袋に入っています。
この日はお断りしていただきませんでした。

DSCF0063 (480x360)
袋から取り出すとこんな感じです。

DSCF0065 (480x360)
お味噌汁はプラスチック製の容器で、下は白、フタは半透明です。
かなりの熱々で、容器を入れたビニール袋を外側から持っても熱かったです。

DSCF0064 (480x360)
冷やし中華用に胡麻たれが付いていて、お味噌汁と同じ容器に入っていました。

DSCF0066 (480x360)
冷やし中華はコンビニなどと同じく2段の容器になっていて、透明なプラスチック容器の下に麺、上に具材が入っていました。

DSCF0067 (480x360)
麺メニューを注文したのに、ご飯が付いていてビックリ。
だから容器がたくさんあってビニール袋がパンパンだったのか~。
容器はプラスチック製で、下は白、フタは透明です。


蒸し鶏と自家製胡麻たれ冷し中華そば (700円)
DSCF0069 (480x360)
いただきま~す!

DSCF0074 (480x360)
お味噌汁にはいつもと同じく、ワカメとお揚げが入っていました。

DSCF0077 (480x360)
冷やし中華は思いがけず具沢山です。

DSCF0078 (480x360)
水菜、、、

DSCF0079 (480x360)
薄切りの生タマネギ、、、

DSCF0080 (480x360)
ミニトマトと薄切りキュウリ、、、

DSCF0081 (480x360)
細切りの蒸し鶏です。

DSCF0082 (480x360)
冷やし中華のタレは小さなプラスチックのボトル容器に入っていました。

DSCF0075 (480x360)
お醤油ベースのタレのほか、自家製胡麻たれもあります。
トロリとしたタレの量は少なめでした。
どっちを使う? 両方使う?
同じ冷やし中華を買ったOさんに聞いてみたら、両方とも全部かけちゃっていました(笑)。

DSCF0086 (480x360)
麺は白っぽい細麺です。

DSCF0087 (480x360)
量は普通でした。

DSCF0089 (480x360)
麺にトッピングを全てのせると、かなり豪華で彩りも鮮やか。

DSCF0090 (480x360)
ゴマだれを全部回しかけちゃいました。

DSCF0091 (480x360)
あらためて、いただきま~す!

DSCF0094 (480x360)
自家製胡麻たれはこってり濃厚で美味しかったですが、かなりしっかりした味付けになりました。
お醤油ダレも胡麻たれも全部かけちゃったOさんはむしろしょっぱいぐらいだったのでは?

DSCF0071 (480x360)
思いがけずついていたご飯には、鶏そぼろ、小ネギ、刻み海苔がたっぷりとのせてありました。

DSCF0072 (480x360)
お米はかために炊かれていて、味付けはかなりあっさり目。

DSCF0073 (480x360)
私にはちょっと物足りない感じがしたので、冷やし中華のお醤油ダレをかけて食べたら、甘さが少しあったものの、いい感じの味わいになって美味しかったです。

DSCF0068 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


麺とご飯が両方食べられて、お腹がとってもいっぱいになりました。
これで700円というのはCPは抜群でかなりお得だったと思います。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニュー↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

[イートイン]
きじ飯 (2012年1月31日
唐揚げ定食 (2012年3月9日
チキンカツカレー (2012年7月6日
鶏そぼろと春雨の辛味噌温玉ご飯 (2012年9月14日
チキンカツ定食 (2012年11月6日
チキン南蛮定食 (2013年3月18日

[テイクアウト]
きじとそぼろが楽しめるミックス弁当 (2012年7月11日
ミックス弁当<きじと鳥唐> (2013年1月24日
自然栽培のお野菜を使った夏野菜カレー (2012年7月27日
宮川伝統の味 きじ弁当 (2012年10月3日
宮川弁当<油淋鶏> (2012年10月29日
鶏もも肉の生姜焼き弁当 (2012年12月17日
煮込み<単品> (2013年1月24日
チキン南蛮弁当 (2013年3月13日
おろしカツ弁当 (2013年5月9日
蒸し鶏と自家製胡麻たれ冷し中華そば (2013年7月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF4715_20140328060951de1.jpg

DSCF4716_20140328060953c7b.jpg

DSCF4718_20140328060954780.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF1882_20130517053452.jpg

DSCF7340.jpg

DSCF7341.jpg

DSCF7342.jpg

DSCF7343.jpg

DSCF7344.jpg

DSCF7345.jpg

DSCF7346.jpg

DSCF7347.jpg

DSCF7349.jpg

DSCF7350.jpg

DSCF7351.jpg

DSCF7352.jpg


以前いただいたチラシです↓
DSCF6253_2013082208355069e.jpg

DSCF6254_20130822083507b02.jpg

DSCF6256_20130822083513967.jpg

DSCF6255_20130822083510bb0.jpg


お店の名刺です↓
DSCF6587_20120221081301.jpg

DSCF6588.jpg


2013年7月10日訪問時お店DATA
***********************************
やきとり 宮川 四ッ谷 (みやがわ)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 四ッ谷鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3221-4833
営業時間 *お弁当の販売は午前11時30分から
[月~金] 11:30~14:00 18:00~23:00 
[土日祝] 17:00~22:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/24 06:00】 | その他麺類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
もんじゃと酒膳 かりん  @麹町/市ヶ谷
ようやく梅雨が明け、一気に暑くなりましたね~。
海の日の連休の後に梅雨が明けたのは、ずいぶん珍しいのでは?
体調管理をしっかりして、夏をたっぷり楽しみたいです☆

2013年7月8日のランチは「エスエヌダイニング」のお弁当を購入したのですが、「エスエヌダイニング」は2014年春頃?に撤退したようなので、割愛させていただきます。

DSCF0002 (480x360)
2013年7月9日は上司がお昼時に不在だったので、「外食のチャンスだ!」ということで、先輩とOさんと三人でランチを食べに出かけました。
Oさんに何が食べたいかを尋ねたところ、この日はとても暑い日だったので、「冷たいものか辛いもの」とのこと。
少し出る時間が遅くなったので、近場で辛いか冷たいもの、、、。
ワイスタイル」を思い出したのですが、先輩も私もあまり乗り気になれず、担々麺は結構美味しかった記憶があった「もんじゃと酒膳 かりん」を私が提案。
お店もきれいで冷房もしっかり利いているだろうからと、早速行くことに。

DSCF0016 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、二つ目の交差点を越えたところに山陽六番町ビルがあり、お店は地下1階にあります。

DSCF0015 (480x360)
同じビルの1階にはコンビニのファミリーマートが入っています。

DSCF0014 (480x360)
ビルの入口にランチメニューの看板が出ています。

DSCF0018 (480x360)
逆サイドには本日の日替わりだけが書かれたメニューも出ていました。

DSCF0019 (480x360)
お店は地下なので、細い階段を降りていきます。

DSCF0017 (480x360)
食べログによれば、こちらのお店は1999年9月にオープンしたとのこと。
かなり歴史のあるお店だと思いますが、ランチ営業を始めたのは2011年の春から夏にかけてで、2011年7月7日にランチ訪問しました。
この日は2年ぶり、2回目のランチ訪問です。
Oさんと先輩は初めてです。

DSCF9256.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
入口には広いエントランスがあって、かなり豪華な雰囲気でした。
もんじゃ屋さんというと勝手に庶民的なお店だと思い込んでいました(汗)。

DSCF9255.jpg
入口右手にレジがあり、左手に大きな靴箱があります。
キラキラな壁が、とってもゴージャス。

DSCF9236.jpg
靴箱の鍵は、小さな鈴付きでカワイイです。

DSCF9237.jpg
フロアはかなり広く、奥と手前で2つに分かれ、掘りごたつのテーブルがずらりと並んでいます。

DSCF9238.jpg
2011年7月7日にランチ訪問した時はランチを始めたばかりでお客さんも少なかったし、客引きをしたりもしていましたが、しっかりお客さんを得ているようで、12時20分過ぎに到着すると、8割以上の人の入りでした。

DSCF9996 (480x360)
近くで見ると、迫力!

DSCF9240.jpg
内装は落ち着いた和風の佇まいでした。
ゴージャス感があって、もんじゃ屋さんですが、接待なんかにもいいかも。

DSCF9234.jpg
道路側の壁は全てガラス張りになっていて、小さな竹林になっています。
上から太陽光が入り、道路と人が歩いているのが見えます。

DSCF9235.jpg
私たちは手前奥の4人用テーブルに着席。
卓上にはお水の入ったポット、グラス、割り箸、紙ナプキン、各種調味料などが置いてあります。

DSCF9991 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF9992 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF9993 (480x360)
メニューは本当に増えました。
お好み焼きやもんじゃなど、粉ものの鉄板焼きのお店なのに、ラーメンなどの中華系メニューが多いです。

DSCF9994 (480x360)
日替り定食は3種類あり、単品メニューだけでなくセット物も充実しています。
お値段は750円から950円と、お手頃でした。

こちらのお店は手作り担々麺が人気ナンバーワンとのことで、Oさんはセット、先輩は単品で注文。
私は担々麺は食べたことがあったので、とっても気になっていたサンラータンメンを単品でお願いしました。


担々麺セット 焼肉ライス・サラダ付き (880円)
DSCF9997 (480x360)
最初に、Oさんの注文した担々麺セットが登場。
麺、ご飯、サラダのセットです。

DSCF9998 (480x360)
このセット、単品にわずか80円プラスしただけで、焼肉ライスとサラダがつくので、とってもお得です。
体重を気にしないなら、このお店はセットの方が絶対にいいと思います。


担々麺 (800円)
DSCF9999 (480x360)
次に、先輩の注文した担々麺が出てきました。


サンラータンメン (800円)  →  担々麺 (800円)
DSCF0002 (480x360)
続いて、私のサンラータンメンが登場!!
黒い長方形のお盆にのせられていました。

あれ??
サンラータンメンのはずが、、、、なんか、先輩のと見た目はほとんど同じ(汗)。

DSCF0003 (480x360)
慌てて伝票を見てみたら、担々麺単品が2つになっている、、、、(泣)。
注文間違いでした。
単品とセットが混在したせいで、聞き取りにくかったのでしょうか。
すごーくサンラータンメンを楽しみにしていたので、かなりショック(汗)。

DSCF0009 (480x360)
お盆の上に紙ナプキンが置かれ、その上に白いプラスチック製のスプーンがのせてありました。
かなり細身のスプーンです。

DSCF0004 (480x360)
担々麺はとても大きなドンブリに入っています。
胡麻の白っぽい色合いのスープに、もやし、挽き肉、青菜がトッピングされていました。

DSCF0007 (480x360)
もやしはかために茹でられていて、シャキシャキ感を楽しめました。

DSCF0005 (480x360)
青菜はほうれん草でしょうか。
ぎゅっと水を絞ったためか、ややほぐれにくかったです。

DSCF0006 (480x360)
挽き肉はかなりたっぷり目。
スープに入れるとコクが出ました。

DSCF0008 (480x360)
以前食べたときに比べ、スープの赤さが減っていて、トッピングの量が多いです。

DSCF0010 (480x360)
スープの辛さはぴり辛ぐらいです。胡麻の風味がたっぷり。
こちらのお店の担々麺のスープはちょっと変わっていて、酸味があります。
Oさんは辛さが足りないのか、卓上にあった七味唐辛子を加えていました。

DSCF0012 (480x360)
麺は中太麺で、少し縮れがあります。
少し柔らかめかな~とは思いますが、もっちりとした食感です。
量は結構多めでした。


麺だけでも結構なボリュームだったので、セットだとかなりの満足感だったようです。
Oさんにも気に入ってもらえたようで、何より。

私は美味しい担々麺を食べれたのはよかったですが、サンラータンメンを食べられなかったのが本当に残念です。
近いうちにリベンジしたいです。


お店の名刺です↓
DSCF2157_20111114062535.jpg

DSCF2158_20111114062535.jpg


2013年7月9日訪問時お店DATA
*********************************
もんじゃと酒膳 かりん
〒102-0085
東京都千代田区六番町1 山陽六番町ビル地下1階
TEL 03-3261-6328
FAX 03-3262-7482
営業時間  
[月曜日] 17:00~01:00(L.O.24:00) 
[火~金] 11:30~14:00(L.O.13:30) 17:00~01:00(L.O.24:00)
[土・日] 17:00~01:00(L.O.24:00)
定休日 不定休 
地下鉄麹町駅から徒歩1分
地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分 
JR市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/23 06:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(4) |
mescita  @目黒
楽しかった3連休も終わってしまいましたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
いよいよ関東も梅雨明けになりそうです。

本日は、マイブログ圏外の目黒にある「メッシタ」のレポートです。

DSCF9960 (480x360)
2013年7月5日の夜、久しぶりに先輩と一緒にディナーへ行きました。
この日お邪魔したのは目黒にある「mescita」です。

DSCF9895 (480x360)
とても辺鄙な場所にあるこちらのお店。
公共交通機関だと最寄りはバス停になるそうですが、歩くのは気にならないので、目黒から歩いて行きました。
途中、たくさんの飲食店があって、金曜日の夜だけにとても盛り上がっていて、こちらもテンションが上がります。
歩く途中、2011年11月2日にディナー訪問したことがあり、私のオススメの「太」の場所を先輩に教えました。

目黒から歩く道は単純でした。
目黒通りをとにかくまっすぐ行って、元競馬場交差点を右折するだけです。
でも、お店がみつからない!
お店を通り過ぎてしまい、戻ってきてからようやくお店を発見。

DSCF9896 (480x360)
「メッシタ」は、小柄な女性シェフが、シンプルかつガッツリ系の美味しいイタリアンを作るという評判で、これは私たちの好みにぴったりだと思い、ずっと行く機会を探していました。
なかなか日程の都合がつかず、この日、ようやく実現しました。

カウンターのみの小さなお店だとは聞いていましたが、小さなビルの一画にあるこちらのお店は、全く飲食店に見えない!!
看板もなく、各国料理にありがちな旗も掲げられていなくて、確認できたのは位置口の扉の真ん中に小さく入っていたお店のロゴというか店名だけです。

DSCF9898 (480x360)
フロアはそれ程広くありません。
カウンターのみのお店と聞いていたので、細い長方形のイメージだったのですが、一番奥に厨房があって、壁に向き合う形でカウンター席があり、ちょっとカフェっぽい感じでした。
こういうスタイルのお店は初めてです。

豚君がマスコットなのでしょうか、壁沿いには豚の人形などがずらりと並んでいました。

DSCF9897 (480x360)
私たちは右手前のカウンター席に着席。

厨房に女性シェフ、サービスを男性が担当していました。
食べログの情報によれば、親子だそうです。

DSCF9899 (480x360)
メニューは左側の壁一面を使って書かれています。

DSCF9900 (480x360)
美味しそうなものがたくさんあって、目移りしちゃいました。

DSCF9903 (480x360)
白子のムニエルが人気のメニューだったようですが、この日は時期が違うので食べられませんでした。
残念。冬も来なければ!

DSCF9901 (480x360)
ドリンクのメニューは、ボトルワイン以外は黒板になかったと思います。

DSCF9902 (480x360)
金曜日だったので満席かな?と思っていたのですが、8割程の人の入りでした。


ハートランドビール (440円)
DSCF9907 (480x360)
店員さんにビールを聞いたところ、ハートランドがあったので注文してみました。

DSCF9908 (480x360)
他の種類もあったのか、これだけだったのか、記憶が不確かです。

DSCF9912 (480x360)
この一週間も、無事仕事が終わり、乾杯!

DSCF9913 (480x360)
すっきりとしたハートランドビールは乾杯にぴったり。


富士のミネラルウオーター (160円)
DSCF9910 (480x360)
先輩は富士のミネラルウオーターでご相伴。

DSCF9911 (480x360)
こちら、160円というお値段で、しかも量がたっぷりあって、とってもお得でした。


野生ルーコラのサラダ (600円)
DSCF9914 (480x360)
まずは一品目が出てきました。

ルーコラは、白い丸いお皿の上に、てんこ盛り盛ってありました。

DSCF9915 (480x360)
シンプルにルーコラのみで、ドレッシングがあえてあります。
野生というだけあって、草っぽいガツンとした風味がありました。
結構食べ手を選びそうです。

DSCF9917 (480x360)
カトラリーセットです。
受け皿がオシャレでカワイイ。


キスのフリット アグロドルチェ (1,200円)
DSCF9918 (480x360)
黒板に書かれたメニューのうち、幾つかに本日のオススメとして名前を囲ってあります。
その中からキスのフリット アグロドルチェをお願いしました。
「アグロドルチェ」というのはイタリア語で甘酸っぱいという意味だそうです。

キスのフリットは紺色のラインの入った丸井白いお皿にのせられていました。

DSCF9920 (480x360)
フリットはお皿からはみ出そうな程の大きさで、3本ありました。

DSCF9919 (480x360)
その上にはタマネギでしょうか、キレイな紫色に染まっていて、これも落ちそうなぐらい、フリットに天盛りされていました。

DSCF9925 (480x360)
小皿に取り分け、いただきま~す!

DSCF9924 (480x360)
お皿にはデザインというかロゴが入っていたのですが、「メッシタ」じゃない、、、???

DSCF9928 (480x360)
タマネギ?は、かなり甘めでした。
個人的にはちょっと辛かったし、せっかくのキスは甘くしないで食べたいなと思い、タマネギはルーコラと一緒に食べてみたら、これがなかなか良かったです。
ルーコラの野生の風味がタマネギの甘酸っぱさで緩和してくれて、とても食べやすくなりました。

キスは一口大に切ろうとしたら、もろもろと崩れちゃいました(汗)。
真っ白な身はふんわりとしていて、優しい脂がのっていて美味しかったです。


パン
DSCF9922 (480x360)
フリットのすぐ後にパンが出てきました。
結構大きなサイズです。

DSCF9923 (480x360)
皮はがっしりと固くてしっかり噛みしめて食べるタイプです。


グラス白ワイン (500円)
DSCF9932 (480x360)
ビールを飲み終え、ワインをお願いしました。
メニューなどを見ることはなく、確か口頭で好みを伝えたと思います。
小さなグラスに入っていて、しっかりと冷えていました。


ハムカツ (990円)
DSCF9933 (480x360)
次は、このお店の名物料理の1つであるハムカツが登場。
取っ手の付いた素朴な絵柄が描かれた器にうずたかく盛ってあります。

DSCF9934 (480x360)
ハムカツというと、昔ながらの居酒屋さんとかでよくみかける、平べったいものですが、こちらのハムカツは4、5センチはあろうかと思うキューブ状のもので、ゴロンゴロンと積み上げています。
見た目のインパクトがすごい!
目が吸い寄せられちゃいます。

DSCF9936 (480x360)
お皿に取り分け、いただきま~す!

DSCF9937 (480x360)
中を見てみると、ハムというよりも完全なお肉。
断面はキレイなピンク色。
下味がついているので、このまま食べて大丈夫です。
程よい柔らかさで、しっかりとお肉を噛みしめて食べて、とっても幸せ。

DSCF9939 (480x360)
ハムカツの中にはウズラの卵のカツ?も入っていました。
ウズラの卵はどう食べても美味しいです。


馬のタルタル (1,600円)
DSCF9941 (480x360)
メニューを幾つか追加でお願いしました。
いろいろ魅力的なメニューが多かったですが、このところ生肉規制が厳しくてあまり食べられなくなっていたので、馬のタルタルを注文。

キスのフリットと同じお皿でした。

DSCF9943 (480x360)
タルタルは、真ん中にウズラの卵の黄身をのせたり、、、

DSCF9944 (480x360)
周りを削ったチーズで囲んでありました。

DSCF9948 (480x360)
馬のタルタルはあっさり味なので、黄身を混ぜたり、チーズと合わせて食べるといろいろ味わいの変化が楽しめました。


グラス白ワイン (800円)
DSCF9945 (480x360)
お酒が進んだので、白ワインをもう一杯お願いしました。

DSCF9947 (480x360)
背の高いグラスで登場。


ミートソース (980円)
DSCF9950 (480x360)
まだまだ食べられる!と追加注文。
こちらもこのお店の名物料理の、ミートソースです。

DSCF9951 (480x360)
トマトを一切使っていないそうで、本当にお肉がゴロゴロ。
あと入っているのはニンジンぐらいでしょうか。

DSCF9953 (480x360)
中太の麺に固形のお肉で味が絡まるのか心配でしたが、大丈夫でした。

DSCF9954 (480x360)
しっかりと下味があって、濃厚でお肉のガツンとした旨みがあって、美味しい!


グラス赤ワイン (800円)
DSCF9955 (480x360)
最後にお肉が出てくるのに合わせて、赤ワインを注文。

DSCF9956 (480x360)
すっきりとしていて飲みやすかったです。


鹿肉ロースト (2,700円)
DSCF9957 (480x360)
最後にお肉を注文。
せっかくなので、この日のオススメのこちらをお願いしました。
鹿肉だと時々甘いソースが添えられるのが心配だったので、店員さんにソースは何ですか?と聞いたところ、塩/コショウのみとのこと。
むしろそちらの方が好みなので、とっても嬉しくなっちゃいました。

DSCF9958 (480x360)
かたまりが3つ出てきました。

DSCF9959 (480x360)
このお皿のロゴも、「メッシタ」じゃない、、、?

DSCF9960 (480x360)
断面は鮮やかな赤やピンク、とってもキレイ。
美味しそう!

DSCF9962 (480x360)
切ってみると、溢れるジューシーさでした。
お肉は柔らかく、シンプルな味わいで美味しかったです。

DSCF9965 (480x360)
この日のお会計です。

DSCF9966 (480x360)
この日のお会計は二人で11,940円、一人6,000円かかりませんでした。
うーん、こんなに美味しいものをガッツリと食べてお酒も4杯いただいたのに、とってもお安い!


食べることに夢中で、わずか2時間でお腹いっぱいになってこの日は終了。
帰り道、先輩が美味しいものをお腹いっぱい食べたあとは、どこか近くのホテルに泊まって眠りたい、といつもの願望を語っていました(笑)。
他にも食べてみたいメニューがたくさんあるし、季節によっていろいろ変わるようなので、またぜひ行ってみたいです。


2013年7月5日訪問時お店DATA
****************************
mescita (めっした)
〒153-0063
東京都目黒区目黒4 -12-13
TEL  03-3719-8279
営業時間 16:00~24:00頃 
定休日 日曜日
東急バス元競馬場前駅より徒歩1分
JR目黒駅から徒歩20分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2014/07/22 06:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
今日は暑くなりましたね~。
8月頭に予定しているホームパーティのために大掃除をしていたら、全身汗だくです(汗)。
みなさまも、熱中症にご注意下さい☆

DSCF9888 (480x360)
2013年7月5日は、上司が「番町 松月庵(しょうげつあん)」の出前をお願いしたので、一緒に注文することにしました。
この日の夜は先輩とディナーに行く予定だったので、軽めに食べたかったからです。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2013年6月18日だったので、約20日ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF9881 (480x360)
配達員さんとはもうすっかり顔なじみになりました。

12時少し過ぎに注文したところ、20分ぐらいで届けていただきました。

「松月庵」のメニューも全制覇まであと少し。
この日注文したのはかけそばです。

DSCF9883 (480x360)
丼にはサランラップがぴっちりとかけてあります。

DSCF9882 (480x360)
薬味は別の小皿でついてきます。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

DSCF9885 (480x360)
この日のデザインはこちらでした。
変わったのかな? それとも、2バージョンあるのかな?


かけそば (520円)
DSCF9888 (480x360)
いただきま~す!

DSCF9887 (480x360)
お蕎麦やうどんについてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。
きしめんも同じ薬味でした。

DSCF9889 (480x360)
どんぶりにソバつゆがたっぷりと入っていて、お蕎麦が泳いでいます。

DSCF9890 (480x360)
かけそばだから当たり前ですが、本当にシンプル!

DSCF9892 (480x360)
最初に薬味を全て投入しました。

長ネギの小口切りが白い部分がほとんどだったので、薬味を全て入れてもあまり表情は変わらず。。。
見た目がとってもモノトーンです。

DSCF9893 (480x360)
麺はのびていたので、ちょっと絡まり気味で、一口分を引っぱり出すのがやや大変。
ソバつゆはいつもどおりの美味しさでした。

DSCF9884 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


食べるのが早いということもありますが、ぺろりと平らげちゃいました。
ボリュームはやや少なめです。
なので、4時頃にはお腹が空いちゃいました。
ディナーがとっても楽しみで仕方なかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2013年6月18日
  かけそば   (2013年7月5日
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば   (2012年8月31日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  カツカレーライス
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  親子丼「上」(2013年3月27日
  カツ丼  (2010年4月6日
  カツ丼「中」 (2013年1月22日
  カツ丼「上」
  天丼   (2012年5月8日
  天丼「中」 (2012年11月19日
  天丼「上」 (2013年5月16日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2013年7月5日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/21 14:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(0) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
三連休の初日はイマイチなお天気ですが、みなさま、楽しくお過ごしですか?
私はここ10年以上、この時期をはさんで夏休みをいただいていたのですが、今年は諸事情により家にいます。
あまりにも久しぶりの三連休で何をしていいのかわからず、とりあえずブログをアップしてみました(笑)。

2013年7月3日のランチは「サファリカレー」でしたが、2013年10月23日をもって営業終了したので、割愛させていただきます。

DSCF9870 (480x360)
2013年7月4日は、珍しくお弁当をサボった先輩とお弁当を持ってこなかったOさんと一緒に、「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」のテイクアウトをすることになりました。
先輩から「いつも買ってきてもらっているので申し訳ないから、今日は私が買いに行ってきます。」と言われたので、ちゃっかりお願いしちゃいました。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF7927 (480x360)
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

12時過ぎに電話したところ15分後ぐらいに出来上がると言われたので、先輩はそのまま準備をして出て行きました。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回お弁当を購入したのは2013年6月10日だったので、24日ぶり、31回目です。

DSCF7928 (480x360)
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF8615 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

DSCF8616 (480x360)
この時期は、冷製パスタが出ています。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと36周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

店内は相変わらずの混雑だったようです。

DSCF8617 (480x360)
お弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF9861 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

DSCF9863 (480x360)
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

いつもは一つだけテイクアウトをするのが申し訳なくて、なるべくお値段が高めのメニューを注文しているのですが、この日は3人分だったので、一番お安いオイルベースのフンギのリゾットをマンナンでお願いしました。

DSCF6870.jpg
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。

DSCF9864 (480x360)
いただきま~す!


リゾット パンディエーラ マンナン (900円)
DSCF9866 (480x360)
先輩はパンディエーラのリゾットをマンナンで注文。
パンディエーラは、トマトベースでフレッシュバジルとモッツアレラが入ったものです。

DSCF9869 (480x360)
「タベルナ」の味付けはいろいろありますが、その中でもトマトベースは美味しいと、先輩も私も意見が一致。
久しぶりの「タベルナ」に、先輩も大満足でした。


ブイヨンベース フンギ リゾット マンナン (700円)
DSCF9870 (480x360)
フタをオープン!
やや大きめな器に8分目ぐらいまでたっぷりと入っていました。
この日のリゾットは、かなり水分が多めだったと思います。

DSCF9871 (480x360)
ハーブもたくさん散らしてありました。

DSCF9872 (480x360)
フンギはきのこ類とのことで、シイタケ、エリンギ、シメジなどなど、種類も多く、量もたっぷり。

DSCF9874 (480x360)
テイクアウトですが、まだまだしっかりと熱さが残っているので、猫舌の私は少しずつ慎重にいただきます。
ブイヨンベースはシンプルな味わいですが、塩気やコクがしっかりとしていました。
個人的にはブイヨンベースはかなり好きな方です。
お米の粒粒感がしっかりと残っていました。

DSCF9875 (480x360)
エリンギは薄切りですがかなり大きめ。
シャキシャキ感を楽しめました。

DSCF9877 (480x360)
シイタケはかなり大きなサイズのものを厚めに切ってあります。
火を通しても結構な大きさ。
噛みしめると美味しいスープがじゅわっと出てきました。

DSCF9878 (480x360)
シメジはかなり背の高いです。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。

DSCF9880 (480x360)
食べている途中、タバスコをたっぷりと入れて、味わいに変化をつけました。
ベースの美味しさに辛味と酸味が加わり、さらに味わいが複雑になって美味しいです。

DSCF5093 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じです。


ボリュームがたっぷりあるので、食べ終えるとリゾットとは思えないぐらいお腹いっぱいになります。
ただ、夕方になるとちょっと小腹が空きました。

この日、そろそろ夏のメニューが出ていると思うので、先輩にお願いしていました。
前回行った時は結構良い時期だったのにまだなかったからです。
いつも置いてあった階段脇になかったので、先輩が店員さんに聞いたところ、印刷を外注しているので一枚10円かかるので、作成を辞めてしまったとのこと(汗)。
なので、季節メニューはHPなどを見て注文しなければならなくなりました。
ちょっと面倒なので、残念です。
厳しい経費削減だから仕方ないとは思いますが。
→ その後、リクエストが多かったのか、結局紙製のメニューは無事復活しました!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  タラモ (2013年1月31日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日
  フンギ (2013年7月4日
◎ご飯系
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日
◎季節メニュー
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF8257_20131004214832b08.jpg

DSCF8258_20131004214834f89.jpg

DSCF8259_20131004214837187.jpg

DSCF8260_20131004214839576.jpg

DSCF8261_20131004214842e58.jpg

DSCF8263_201310042148118c6.jpg

DSCF8264_20131004214814ce3.jpg

DSCF8265_20131004214816e43.jpg

DSCF8266_201310042148187a6.jpg


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2013年7月4日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/19 09:00】 | リゾット | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 おでん やきとり 克  @四谷
2014年10月3日追記

DSCF1027 (480x360)
2014年9月10日、2014年9月2日にpenguin_19さんから、私が2014年6月23日にランチ訪問した「克」がランチ営業をやっていないというコメントをいただいたので、確認してみようと、行きがけに通ってみました。

DSCF1028 (480x360)
すると、ランチ営業どころか、お店すらなくなっていて、ビックリ!

***********************************

2日前、事務所の冷蔵庫が突然壊れました。
慌てて冷凍庫の中身を別部屋の冷蔵庫に移し、新たな冷蔵庫をネットで注文。
次の日には配送してくれて、あっという間に設置してもらいました。
先輩はずいぶん前の年末に冷蔵庫が壊れ、大晦日とお正月を含む10日間ぐらい冷蔵庫のない生活を強いられたことがあったので、便利になったな~としみじみ。
ちなみに、何故か冷凍庫だけは次の日に復活していました(笑)。

明日から三連休なのに、お天気はかなり荒れるようで、とっても残念。
でも、ゆっくり休めるだけでもありがたいです。
みなさまも、楽しい三連休をお過ごし下さい☆

本日は、2014年の春頃?からランチ営業を始めた「克」のレポートです。

DSCF7138 (480x360)
2014年6月23日は週の最初の月曜日。
前週の金曜日の2014年6月20日のランチの帰り道にしんみち通りを歩いていたら、「おでん やきとり 克(かつ)」というお店で新しくランチを始めていたのを発見しました。
この日は上司がお昼時に不在だったので、お弁当作りをサボった先輩と一緒に食べに出かけました。

DSCF7159 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、かなり奥まで進んだ右手に岩井第一ビルがあり、お店はその2階です。

左には2013年1月18日にランチ訪問した「炭火焼干物食堂 越後屋 五郎兵衛」が、右には2011年1月27日にランチ訪問した「旭川らあめん こもり 四谷店」があります。

DSCF7154 (480x360)
しんみち通りには小さなランチの看板が出ています。

「克」は、店名のとおり、おでんややきとりを楽しむことができる和風居酒屋さんですが、なんと、ランチタイムはカレー屋さんになり、カレーランチをやっているとのこと。
いつも歩いているわけではないのではっきりしませんが、ランチ営業を始めたのは、2014年春過ぎでは?

DSCF7156 (480x360)
ビルの入口の左側にポストがあります。

この場所には以前馬刺しなどの馬料理専門店がありました。個人的にとても興味のあるお店でしたが、ランチ営業はなく、ディナーも行けないまま、閉店。先輩は一度だけディナー訪問したことがあります。
その後、ぼんやりした記憶ではガールズバーになっていたような気がするのですが、いつの間にか「克」がオープンしていました。

DSCF7155 (480x360)
お店はビルの2階にあるので、階段を登ります。
小さなビルなのでとても幅が狭くて階段が急ですが、ウッディな壁でとてもキレイ。

DSCF7131 (480x360)
フロアはこぢんまりとしていて、右奥に厨房があり、その前にカウンター、それ以外の場所にテーブル席が並んでいます。
階段と同じくウッディで、とてもシンプルな内装でした。

DSCF7134 (480x360)
お店は男性おひとりで切り盛りしています。
先客は男性4人組だけで、サラリーマンではなくて学生っぽかったです。

DSCF7130 (480x360)
「どこでもどうぞ~。」と言われたので、一番手前の二人用テーブルに着席。
写真を撮り忘れましたが、床には荷物を入れる大きなカゴが置いてありました。

DSCF7153 (480x360)
テーブルは小さめなので、お水の入ったポットは隣のテーブルに置いて下さりました。

DSCF7133 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF7129 (480x360)
メニューはカレーで、しかも、2種類のみと、とってもシンプル。
ココナツミルク風味のチキンカレーである南インド風チキンカレーと、カルダモン香る鶏ひき肉のカレーのキーマカレーです。

こちらのお店のカレーは、カレー粉やカレールー、小麦粉、化学調味料は使用せず、じっくり炒めた玉ねぎとトマトをベースとし、各種スパイス・ハーブを用いたインド風のオリジナルカレーだそうです。

DSCF7137 (480x360)
最初はチキンカレーにしようかと思ったのですが、ココナツミルクが甘いかな?と心配してキーマカレーをチョイス。
先輩はチキンカレーに興味を持ったようだったので、二人で話して、別々の注文にしました。
ご飯の量を聞かれて、隣のテーブルを見たら、すごい盛りでビックリ。
ただ、後から考えるとこちらは大盛りでした。
しばし待って、お料理が登場!


南インド風チキンカレー (700円)
DSCF7135 (480x360)
最初に先輩の注文したチキンカレーが登場。
大きめの平皿に型から出したご飯が盛ってあり、その周りにカレーがたっぷりかかっていました。
薬味?が2種類添えられています。

DSCF7136 (480x360)
あとで一口いただいたのですが、恐らくベースの味わいは2種類とも一緒ですが、こちらも温度は低めで、ココナツミルクらしいコクとしっかりした甘さがありました。


キーマカレー (700円)
DSCF7138 (480x360)
続いて、私のキーマカレーが登場。
パッと見ただけだとチキンカレーとキーマカレーの区別がつかないくらい、スタイルは全く同じです。

同じデザインの大きめの平皿に型から出したご飯が盛ってあり、その周りにカレーがたっぷりかかっていました。
薬味?が2種類添えられています。

DSCF7141 (480x360)
こういう型抜きのご飯は久しぶりに見ました。
ちょっとレトロな感じです。
最初、ご飯は少なめにしようかと思ったのですが、この日は夜遅くまで残業する予定だったので、普通盛りでお願いしました。
少しずつ崩しながらいただきました。

DSCF7142 (480x360)
薬味というか、ピクルスが2種類添えられています。
一つはニンジン。
かなりの細切りにしてあって、量はほんの少しです。

DSCF7143 (480x360)
もう一つはキャベツ。
マリネでしょうか、しんなりしています。
量はそれ程多くありませんが、さっぱりとした味つけで美味しかったです。

DSCF7140 (480x360)
キーマカレーは薄めな茶色で、ひき肉や刻んだ野菜などがたっぷりと入っています。
カルダモンの香りがすっごくしました。

DSCF7144 (480x360)
さて食べようとしたら、スプーンがないことに気付きました。
店主さんに声をかけると、忘れていたとのことで、おしぼりとスプーンを慌てて出してくれました。

DSCF7145 (480x360)
せっかくなので、全部揃ったところで記念撮影(笑)。
スプーンには先の部分だけ紙をかぶせてありました。

DSCF7147 (480x360)
おしぼりは薄いビニール袋に入っています。

DSCF7149 (480x360)
香りを重視しているせいか、ルーの温度はややぬるめ。
さらっとした口当たりで辛さや塩気はかなり抑え気味です。
でも、スパイスがたくさん入っているからか、食べているうちに身体の内側からほんのり熱くなりました。
先輩は、普段は頭のてっぺんから汗をかくのに、この日は鼻筋から出たと言っていました(笑)。

DSCF7150 (480x360)
店主さんが「パクチー好きですか?」と聞いてきたので、「大好きです。」と答えたところ、小さなお皿に入れて出してくれました。

DSCF7151 (480x360)
量はほんの少しですが、風味のインパクトが強いので、あるのとないのとではかなり違います。

DSCF7152 (480x360)
全体ボリュームは普通です。


さらっとした口当たりは、いかにもルーを使わずにスパイスで作ったカレーで、カルダモンが凄く存在感があったので、この界隈にあるインド料理屋さんのカレーよりもスパイスカレーらしかったです(笑)。
ただ、優しい味つけで温度が低めなのでガツンとしたインパクトは弱く、個人的にはもう少し塩気を強くしてくれるか、辛みを増してくれた方が良かったです。
でも、久しぶりに際立ったスパイスの香りを楽しめたのは良かったです。

こういう本格カレーを作っているシェフって、私のとっても勝手な偏見で、ロン毛でバンダナを頭に巻いて民族衣装なんかを日常的に身につけているようなイメージがあるのですが、実際のこちらのシェフは焼き鳥を焼くのがとても似合いそうなおじさま店主さんだったので、そのギャップが先輩と私の中では結構ツボでした(笑)。


2014年6月23日訪問時お店DATA
****************************
おでん やきとり 克 (かつ)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-20 岩井第一ビル2階
電話 03-6457-7271
営業時間
[平日] 18:00~00:00(料理L.O.23:00、ドリンクL.O.23:30)
[土曜] 17:00~23:00(料理L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/18 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  @四谷
昨日と今日、二日連続でこのブログが午前2時から午前7時までメンテナンスになってしまい、普段午前5時から午前6時にかけて記事を書いている私にはかなりしんどかったです(汗)。
事前に知っていたら夜のうちに書いておいたのですが、全く知らないままで、朝起きてビックリ!状態でした。
読者様には関係の無い愚痴ですが、ともあれ、記事をアップできてよかったです。

DSCF9758 (480x360)
2013年7月1日は、前日に高円寺の「高円寺麦酒工房」で飲んだ後に〆に「天下一品」でラーメンを食べてしまい、体重がかなりやばいことになっていたので、少し前の2013年6月27日に「桂園」へお弁当を買いに行った時に見つけた四ッ谷駅前の移動販売に行ってみました。
12時になってすぐにOさんと一緒に買いに出て駅前で分かれ、Oさんはアトレ四谷へ。
私が車の所に到着すると、お昼時だというのに行列ゼロ(汗)。
メニューがなんなのかチェックするのも何だか気恥ずかしく、さりげなく通りがかりにのぞき込んだところ、やはりケバブで、2012年6月22日のランチで購入した時と同じく、メニューはそれ一種類のみで味付けが5種類ぐらいありました。
この日は何となく気分が盛り上がらず、結局、アトレ四谷の中に入っている「Soup Stock(スープストック) TOKYOアトレ四谷店」へ行きました。

DSCF0883_20130329071330.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅に直結したアトレ四谷の1階にお店があります。
このフロアには他にもたくさんの飲食店が並んでいます。

DSCF0882_20130329071327.jpg
「スープストック」は株式会社スマイルズの運営するスープチェーン店で、全国に50店舗以上の支店があります。

アトレ四谷のリニューアルオープンに伴い、「スープストック」も2012年3月11日にリニューアルオープン。
飲食ブースのスペースを広く取り、大型の冷凍ショーケースを設置して冷凍スープのテイクアウトが出来るようになりました。

DSCF0885_20130329071321.jpg
写真だとわかりにくいですが、スープが立体的にデザインされています。

前回テイクアウトしたのは2013年1月10日だったので、約半年ぶりで、リニューアルオープンしてから3回目です。

DSCF0601_20130329071656.jpg
丸ノ内線側の出入り口のところに、それ程広くありませんがテーブル席とカウンター席があります。

DSCF0600_20130329071652.jpg
こちらは冷凍ケースです。
かなり大きなサイズで、たくさんの種類を持ち帰りすることが出来ます。

DSCF0884_20130329071334.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
12時10分ぐらいに到着すると、いつも結構行列しているイメージがありますが、この日は先客が5名ほど。
お客さんはほぼ全員女性です。

DSCF0552_20131213082805037.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
中央にメニューのボードがディスプレイされています。
どれも写真付きで詳細な説明がついています。
スープだけでなく、カレーもあります。

並びながら眺めてどのスープにするか決めます。
この日は並びが少なかったので、メニューを決める前に順番が来ちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしちゃいました。

DSCF0602_20130329071659.jpg
単品での注文も可能ですが、お得なセットメニューもあります。

DSCF9740 (480x360)
この時期、アジアのスープフェアみたいなものをやっていて、定番のほかにエスニック系のスープが4種類がありました。

DSCF9738 (480x360)
その中から、唐辛子マークが1本あるトムヤムクンと、、

DSCF9739 (480x360)
唐辛子マーク3本のタイ風グリーンカレースープの2種類を、、、

DSCF0603_20130329071702.jpg
スープストックセットでお願いしました。
パンはフォカッチャをチョイス。

DSCF0887_20130329071301.jpg
カウンターにスープのフタがずらりと並んでいて壮観です。
店員さんは多く、レジでの対応はいつも丁寧です。

品物を袋詰めしている人がレジの奥にいる人たちなので、どうもスプーンとか断りにくいです(汗)。
この日も結局いただいちゃいました。

DSCF0886_20130329071257.jpg
イートインのコーナーでは、先に席を確保してから商品の購入するとのこと。

DSCF0610_20130329071551.jpg
飲食スペースの入口にカタログ、お水のおかわり、ナプキン、砂糖、ミルクなどが置いてあります。

DSCF0888_20130329071305.jpg
この写真は人の少ない朝に撮影したものです。
実際にはランチタイムは常にほぼ満席になっています。

DSCF0611_20130329071554.jpg
スープストックの持ち帰り袋は、スープを縦に重ねるせいなのか、縦に細長く出来ています。
ベースは白で、お店のロゴが黒で印刷されています。

DSCF9744 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じでした。

DSCF0614_20130329071604.jpg
スプーンは黒いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。
紙ナプキンにくるまれていました。

DSCF0556_20131213082816d9b.jpg
おしぼりと紙ナプキンはセットになっています。

DSCF0617_20130329071531.jpg
紙ナプキンは薄い茶色です。

DSCF0618_20130329071534.jpg
こんな風にくるんでありました。

DSCF0619_20130329071537.jpg
濡れおしぼりはとても小さいサイズです。
持ち帰り袋と同じく、お店のロゴが印刷されていました。

DSCF9746 (480x360)
フォカッチャは紙袋に入っています。
油が少ししみ出していました。

DSCF9749 (480x360)
スープは容器が紙、フタが白いプラスチックです。

DSCF0622_20130329071456.jpg
カップの前面には大きく白と黒のツートンカラーのロゴが入っています。

DSCF0623_20130329071459.jpg
ロゴの逆サイドには注意書きが印刷されていました。

DSCF9745 (480x360)
トムヤムクンだと思いますが、パクチーとライム?が別容器でついていました。
容器はプラスチック製で、下は白、フタは透明です。


スープストックセット (900円)
DSCF9758 (480x360)
スープストックセットは、スープのスモールサイズ2種類とパンまたはご飯のセットです。

DSCF9748 (480x360)
パクチーもライム?も、量はほんのちょっとです。

DSCF9759 (480x360)
トムヤムクンにパクチーとライムをセット。
いただきま~す!


フォカッチャ
DSCF9754 (480x360)
スープストックセットにはパンかご飯をつけることができます。
外の看板だとパンは石窯パンしか出ていませんが、注文口のところに置いてあるメニューにはフォカッチャも記載されています。

注文の時、フォカッチャは温めるかどうか聞かれます。
もちろん、お願いしました。

DSCF9755 (480x360)
フォカッチャの表面にはところどころに半透明の粗塩がついています。

DSCF9766 (480x360)
パンよりは少しかための食感ですが、温めてあるので常温の時よりも柔らかい気がします。
生地には旨味があり、ほんのり甘かったり、お塩がピリッとしょっぱさを感じます。
でも、この日はタイ料理で揃えたから、ライスの方がよかったかな?!

DSCF9757 (480x360)
トムヤムクンのメニュー紹介では、「辛くて酸っぱいタイの定番スープ「トムヤムクン」を、ロブスターのだしとタイのフレッシュハーブで本格的に仕上げました。爽やかな香りと酸味が広がります」とのこと。

濃い赤いスープにオクラがごろんと浮かんでいます。
でも、メニュー写真ほどボリューム感はありませんでした(笑)。


トムヤムクン
DSCF9760 (480x360)
パクチーを入れ、ライムを搾っていただきま~す!

DSCF9762 (480x360)
一口いただいてみたら、意外なことに甘みがありました。
酸味は穏やかで、辛さはちょっとあります。
こんなに甘みが利いたトムヤムクンは初めてかも。
個人的には甘い味わいが苦手なので、普通の酸っぱ辛い方が好みです。

DSCF9764 (480x360)
オクラの他、ミニコーンやエビも入っていました。

DSCF9767 (480x360)
エビは結構な大きさです。
柔らかいので、頭以外は全部食べちゃいました。


タイ風グリーンカレースープ
DSCF9756 (480x360)
メニュー説明では、「青唐辛子の爽やかな辛さとフレッシュなタイハーブの香りを、まろやかなココナッツミルクで包み込みました。鶏肉、筍、タイ茄子など、具沢山なカレースープです。」とのこと。

DSCF9772 (480x360)
スープはさらさらしていて、辛さはぴり辛ぐらいでした。
ココナツミルクの風味もありますが、わりとあっさりとしていて食べやすかったです。

DSCF9771 (480x360)
鶏肉や細切りのタケノコなど、確かに具沢山でした。

DSCF9770 (480x360)
ミニトマトが入っていたのにはビックリ。
グリーンカレーに入っているのは、初めて見たかもしれません。
このトマトのおかげで淡い甘さと酸味が加わりました。

DSCF1957_201312130827059e9.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じです。

DSCF9753 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


どちらも具沢山のスープだったので、フォカッチャとあわせると結構おなかが一杯になりました。
タイ料理と比べてしまうとちょっとインパクトに欠ける味わいですが、それぞれ一工夫してあるのは面白かったです。
ほかにもあまりなじみのないアジアンスープがあったので、是非食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
  東京ボルシチ (2011年4月7日
  豚トロのトマトストロガノフ (2012年6月4日
  8種類の野菜と鶏肉のスープ (2012年6月4日
  温野菜とチーズのブラウンシチュー (2013年1月10日
  トムヤムクン (2013年7月1日
  タイ風グリーンカレースープ (2013年7月1日

  ムール貝と帆立のシーフードカレー (2011年4月7日

  白胡麻ご飯 (2011年4月7日
  石窯パン (2012年6月4日
  フォカッチャ (2013年1月10日2013年7月1日

[イートイン] 
  オマール海老と渡り蟹のスープ (2007年7月25日

  石窯バジルパン (2007年7月25日)  

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日、(2013年7月1日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年7月1日訪問時お店DATA
****************************
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (すーぷすとっく)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL&FAX 03-5312-9650
営業時間
[月~土] 7:30~21:00
[日祝日] 9:00~21:00
定休日 アトレ四谷店の休みに準じる
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/17 08:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
中華そば専門店 天下一品 高円寺店  @高円寺
今週末は海の日を含む三連休ですが、土日は雨、祝日は曇りの天気予報です。
ぱーっと晴れて梅雨明け!といきたいところですが、なかなか難しいのでしょうか。

本日は、マイブログ圏外の高円寺にある「天下一品」のレポートです。
3日連続エリア外で、すみません(汗)。

DSCF9718 (480x360)
2013年6月30日の夜、「高円寺麦酒工房」でたらふくビールを飲んだ帰り道、まだ何となくお腹が一杯ではなかったので、「天下一品 高円寺店」に行きました。

DSCF9733 (480x360)
JR中央線高円寺駅南口を出てロータリーの右側の道を南下し、高円寺南四丁目交差点にぶつかったら左折します。
少し進んだ左の角にお店があります。

DSCF9734 (480x360)
天下一品」は日本各地に230店以上の支店があり、ハワイにも進出しています。
私はこのお店の濃厚なスープが大好きで、水道橋や神楽坂などの支店に行ったことがありますが、2011年7月23日に歌舞伎町店ではずれのラーメンを食べて以来、かなりご無沙汰していました。
弟夫婦も「天下一品」の大ファンで、中野店は美味しいから間違いないとのこと。
私は初めてだったので、期待大です。

DSCF9698 (480x360)
午後8時過ぎに訪問したところ、8割程の人の入り。
飲んでいる人もいて、賑わっていました。

DSCF9709 (480x360)
フロアはそこそこ広く、中央に厨房があり、その周りにテーブル席が並んでいます。

DSCF9696 (480x360)
全席禁煙です。

DSCF9714 (480x360)
食中毒への懸念からでしょうか、夏季期間は炒飯や具入りのラーメンの持ち帰りはできません。

DSCF9697 (480x360)
私たちは奥の方の4人席に着席。
卓上にはお水の入ったポット、洗い箸、紙ナプキン、爪楊枝、各種調味料などが置かれています。

DSCF9710 (480x360)
呼び出しボタンもありました。

DSCF9712 (480x360)
お水とおしぼりをいただき、メニューを検討。

DSCF9713 (480x360)
京都北白川発祥の「天下一品」は、老舗だとは知っていましたが、昭和46年創業とは!
あと数年で半世紀ですね~。


スープライスセット (870円)
DSCF9715 (480x360)
ご飯大好きな愚弟は、スープライスセットを注文。
人気ナンバー2のこちらのメニューは、こってりラーメンの並盛に明太子ご飯がついています。

DSCF9716 (480x360)
刻み海苔もたっぷり。

DSCF9719 (480x360)
ご飯にたっぷりかけられるよう、このセットだとスープの量が多めだそうです。


こってりラーメン (並) (700円)
DSCF9720 (480x360)
こちらが単品です。
見比べてみると、、、確かに、ちょっと多いかも。


辛コクラーメン こってり (並)  (800円)
DSCF9717 (480x360)
私はせっかくなので、ちょっと変わったものを頼んでみようと思い、辛コクラーメンの並をこってり味で注文。

DSCF9723 (480x360)
味に合わせて?ドンブリも赤いです。
ダブルソーサーになっていました。

DSCF9724 (480x360)
ドンブリには店名のロゴが入っています。

DSCF9718 (480x360)
赤っぽいスープにはチャーシューとかなりたっぷりの長ネギがトッピングされていて、麺がほとんど見えません。

DSCF9722 (480x360)
長ネギにはさらに糸唐辛子と粉唐辛子がかかっていました。

DSCF9725 (480x360)
長ネギは青い部分の小口切りですが、粉唐辛子の赤さで隠れちゃっています(笑)。

DSCF9726 (480x360)
チャーシューは薄めですが大きなものが1枚。
お味はフツーでした。

DSCF9728 (480x360)
まろやかな豚骨スープに、辛さが利いています。
辛さはシンプルですが、スープに旨みがあるので、美味しくいただけました。

DSCF9727 (480x360)
麺は細麺でストレート。
シャキッとかために茹でてあります。
歌舞伎町店がひどかったので、余計に美味しくいただけました(笑)。
ボリュームは普通です。

DSCF9731 (480x360)
スープも全て飲み干し、お腹いっぱいになりました。


飲みの後の〆のラーメン、久しぶりにやりましたが、やはり、次の日の体重にばっちり反映されていました(泣)。
美味しかったので後悔はないですが。


メニューです↓
DSCF9699 (480x360)

DSCF9701 (480x360)

DSCF9702 (480x360)

DSCF9703 (480x360)

DSCF9704 (480x360)

DSCF9705 (480x360)

DSCF9706 (480x360)

DSCF9707 (480x360)

DSCF9708 (480x360)


2013年6月30日訪問時お店DATA
****************************
中華そば専門店 天下一品 高円寺店 (てんかいっぴん)
〒166-0003 
東京都杉並区高円寺南4-7-1
TEL 03-3317-7408
営業時間 11:00~3:00    
定休日 不定休
JR中央線高円寺駅南口から徒歩3分

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2014/07/16 03:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(0) |
高円寺麦酒工房  @高円寺
急に暑くなりましたね~。
まだ30度を少し超えたばかりなのに、身体が慣れていないせいか、日中は息苦しく、夜は寝苦しく、これから先が思いやられます(汗)。
みなさまも、熱中症対策をしっかりして下さいね☆

本日は、マイブログ圏外の高円寺にある「高円寺麦酒工房」のレポートです。

DSCF9646 (480x360)
2013年6月30日の夜、愚弟の快気祝いで、4人で高円寺にある「高円寺麦酒工房(こうえんじびーるこうぼう)」へ行きました。

DSCF9691 (480x360)
JR中央線高円寺駅の北口を出たら、ロータリーの右側の道をまっすぐ北上します。
2ブロック目を右折し、2番目の角を左折してまっすぐ進んだ左手にお店があります。
場所はちょっとわかりにくく、周囲はほとんど民家でした。

DSCF9692 (480x360)
こちらのお店では、自社でビールを作っていて、お手軽に美味しいビールを飲めるという、地元の人気店とのこと。
ビール大好きな義妹がこのお店のことを見つけて教えてくれました。

DSCF9645 (480x360)
ウッディでカジュアルな内装の店内は、右にカウンター、それ以外にテーブル席があり、奥の方が半二階のようになっていて、さらにテーブル席が並んでいます。
フォトスタジオ跡を改装したそうです。

DSCF9644 (480x360)
人気店だと聞いていたので、午後6時に予約をしておいたら、一番奥のテーブル席に通されたので、とてもゆっくりと飲むことが出来ました。

私たちが入店した時はまだ空いていましたが、その後たくさんのお客さんがやってきてほぼ満席になり、とてもにぎわっていました。

ラフなスタイルなので、ビールは自分たちで注ぎに行きます。
あと、お店を出るときは食器を一つに重ねます。


Cream Ale (540円)
DSCF9646 (480x360)
最初の一杯は、こちらの自家製のクリームエールをチョイス。
「麦本来の華やかな香りと、ホップのフルーティな香りが特徴です。生きたままの酵母やタンパク質により濁っています。香りづけにはNZ産ネルソンソーヴィン種ホップを使用しました。ドイツ産・カナダ産麦芽をバランスよくブレンドしています。」とのこと。

DSCF9647 (480x360)
泡がふわふわ。
甘いですがさっぱりとしていて、軽い味わいでした。


特選ザワークラウト(360円)
DSCF9648 (480x360)
「キャベツの洋塩漬けです。チェコ産、ほのかな甘みが美味しい!」とのこと。
酸味は抑えてあり、さっぱりしていました。
量は少なめです。


たこの唐揚げ (670円)
DSCF9660 (480x360)
「ジューシーなたこを大ぶりに切り分けました。ビールにぴったり!」とのこと。
人気メニューらしいので注文しました。

DSCF9661 (480x360)
レモンのくし切りが添えられています。
大ぶりなので食べごたえがあり、下味がしっかりついていて美味しかったです。


Blonde Ale? (390円)
DSCF9664 (480x360)
「銅色飲みやすい麦100%。気軽に何杯でも飲みたくなるビールを目指して造りました。英国産大麦と、スロベニア産スティリアンゴールディング種ホップを使用。ほのかにスパイシーで後味も良くスルスル飲めます。」とのこと。

甘いですが濃い味わいで、美味しい。
でも、後味は柔らかでした。


厚切りベーコン炙り焼き 4切れ (550円)
DSCF9663 (480x360)
メニューの中に、幾つか卓上焼きというのがあります。
テーブルに小さなコンロを置いて焼きながら食べるので、焼き立て熱々を楽しめます。

ぶ厚く切ってあって、見るからに美味しそう。
表面に軽く炙って焦げ目がついたところでいただきました。
ジューシーで旨みたっぷりで美味しい!
この日一番美味しかったおつまみです。


クリームフロート (640円)
DSCF9680 (480x360)
クリームエールにバニラアイスを浮かべたデザートビールです。
ジョッキを厨房に持って行って、作ってもらいます。

DSCF9681 (480x360)
これは確か、義妹が注文していました。
ビールが甘いものは知っていましたが、アイスを浮かべちゃうこともあるんですね~。


チーズとくるみの盛合せ (480円)
DSCF9666 (480x360)
お待たせしませんメニューの1つ。
「プロセスキューブチーズ3種類に、オリーブオイルをからませました。くるみがアクセント。」とのこと。
くるみはボリュームたっぷりなので、むしろチーズがアクセントかも(笑)。

DSCF9683 (480x360)
こちらはメモがなく、種類がわからず。
多分、メニュー外のものだったと思います。


醸造長が選んだMIXナッツ (380円)
DSCF9668 (480x360)
もう一つのお待たせしませんメニューです。
「当工房のビールに合うようセレクトしました。割れナッツだから一級の味をお値頃にご提供。料理ができるまで、ナッツをつまみながらビールをお楽しみ下さい。」とのこと。

DSCF9669 (480x360)
から入れにチラシでの手作り紙箱がついていました。
この遊び心がいいですね。

DSCF9671 (480x360)
カシューナッツ、アーモンド、ピスタチオなど。

DSCF9672 (480x360)
お値段の割にボリュームがありました。


DSCF9684 (480x360)
こちらも誰かが飲んでいたビールです。


わさび菜 ナムル風 (360円)
DSCF9673 (480x360)
「ツンと辛いわさび菜をごま油を使いビールにピッタリなおつまみにしました! 暑い季節のビールにすごく合います。」とのこと。
わさび菜って、醤油漬けやおひたしなどは食べたことがありますが、ナムル風というのは初めて。
ピリッとした辛さが、本当にビールにはぴったりでした。

Bitter Cream Ale? (690円)
DSCF9686 (480x360)
「スッキリとニガいビール。ホップを多めに使いました。ホップのフルーティな香りと味のバランスがとてもいいです。クリームエールを飲み比べてその差を楽しんでみませんか? ホップはカスケードとギャラクシーを使いました。」とのこと。
苦みがありますが、全体としてはとてもさっぱり味でした。


フィッシュ&チップス Half (430円)
DSCF9675 (480x360)
「ビールおつまみの定番。白身魚のフライに、モルトビネガーをたっぷりかけて」とのこと。

DSCF9677 (480x360)
フィッシュは2つ。
タルタルソースとレモンが添えられています。

DSCF9676 (480x360)
チップスの方がたっぷりめでした。

DSCF9688 (480x360)
これもメンバーの誰かが飲んでいたもの。


牛スジポン酢 (410円)
DSCF9678 (480x360)
「牛すじ肉をさっぱりポン酢であえました。オニオンスライスがサッパリ感を惹き立てます!」とのこと。

DSCF9679 (480x360)
お肉は柔らかで、ポン酢とたっぷりのスライスタマネギのおかげで本当にさっぱりといただけました。


Strong Ale? (690円)
DSCF9689 (480x360)
「香りづけにホップを贅沢につかい、フレッシュな青味が口の中に広がります。それに負けないくらい麦のボディも感じられます。高アルコールで飲みごたえのあるビールです。ベースにオーストラリア産ホップ、その上に樽ごとに異なるアメリカ種ホップを乗せました。英国産エール麦芽とドイツ産ミュンヘン麦芽をブレンドしています。」とのこと。

DSCF9690 (480x360)
甘くて苦くて、しっかり味でした。


おつまみはお手頃な価格ですが、ボリュームもそれなりです。
でも、こんなに美味しいビールがジョッキで400円ぐらいでで飲めるなんて、高円寺在住の人がとっても羨ましい!
義妹には、いいお店を紹介してくれて、感謝で一杯です。
おつまみよりも、ビールでお腹いっぱいになって、午後8時頃にお店を出ました。

この日は話が盛り上がったこともあり、ビールの種類などはかなりいい加減なので、参考程度ということでご了承下さい。


フードメニューです↓
DSCF9650 (480x360)

DSCF9651 (480x360)

DSCF9652 (480x360)

DSCF9653 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF9654 (480x360)

DSCF9655 (480x360)

DSCF9656 (480x360)

DSCF9657 (480x360)

DSCF9658 (480x360)

DSCF9659 (480x360)


2013年6月30日訪問時お店DATA
****************************
高円寺麦酒工房 (こうえんじびーるこうぼう)
〒166-0002 
東京都杉並区高円寺北2-24-8
TEL 03-5373-5301
[水木金] 17:00~22:30(フードL.O.)    
[土日祝] 15:00~20:30(フードL.O.)  
定休日 火曜日 *月曜日は仕込専念日
*月火に祝日が重なる場合は営業し、平日に振り替え
JR中央線高円寺駅から徒歩4分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2014/07/15 07:00】 | 洋食 | トラックバック(1) | コメント(4) |
黒猫夜 六本木店  @六本木
かなり気温の上がった週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は梅雨入りしてから湿気で髪の毛が爆発するのが耐えられなくなり、美容院に行ってストレートパーマをかけてきました。
かなりすっきりし、ようやく気分が落ち着きました(笑)。

本日は、マイブログ圏外の六本木にある「黒猫夜」のレポートです。

DSCF9590 (480x360)
2013年6月28日の夜、友人とディナーに行きました。
この日向かったのは六本木にある「黒猫夜(くろねこよる) 六本木店」というお店です。
2012年12月14日に先輩と訪問してとっても美味しかったので、ぜひ再訪してみたいと思っていました。

食べログで高評価のこちらのお店、中華料理のお店ですが、かなりディープな食材を使っていて、しかも、あまりなじみのない中国酒を少しずついろいろな種類を楽しめ、しかも、六本木なのにとってもお値段がお安いというお店です。

DSCF9644_20131119071924f31.jpg
地下鉄日比谷線六本木駅6番出口を出たら六本木通りをそのまま進み、最初の角を左折して次の左の角に佐竹ビルがあり、お店はその4階です。

DSCF9643_20131119071920042.jpg
駅から徒歩3分ととっても近く、すぐ裏手にある感じですが、ビルの標識に名前が出ていないので、前回の訪問時は一度通り過ぎてしまいました(笑)。

DSCF9645_20131119071927a6a.jpg
ビルは雑居ビルで、かなり年代物です。
エレベーターを使って上へ。

DSCF9649_20131119071934e1b.jpg
エレベーターを降りると、看板もなく、中が全く見えない巨大な扉があるだけ(汗)。
初めて来たときは、本当にここで良いのか、キョロキョロしちゃいました。
まるで会員制のお店みたいです。

DSCF9648_20131119071930aae.jpg
よく見ると、奥の壁にの下に小さな店名が出ていました。
事前情報を一切知らない一見じゃ、絶対に怖くて入れません。

DSCF9651_20131119071850698.jpg
恐る恐る扉を開けると、男性店員さんがとても明るく出迎えてくれます。

DSCF9654_20131119071859676.jpg
食べログダウンライトでちょっと暗い店内はとってもオシャレな内装で、お香の香りが漂っています。
店員さんはイケメンの若い男性が多いです(笑)。

DSCF9655_201311190719025ce.jpg
フロアの中央にカウンターがあり、その周りにテーブル席、半二階になっているような席もありました。

DSCF9695_201311190714247cb.jpg
カウンターの前にはお酒がずらり。
見たことがない中国の酒がたくさんあって、ワクワクしちゃいます。

DSCF9653_2013111907185616d.jpg
私たちはカウンターの左端に着席。
前回と全く同じ場所でした(笑)。


生ビール 中ジョッキ (580円)
DSCF9583 (480x360)
まずは、この日は結構気温が上がったので、冷たい大きい方のサイズのビールで乾杯!
金曜日のビールはとっても美味しい(笑)。


お通し (800円×2人=1,600円)
DSCF9585 (480x360)
最初にお通しが出てきました。
こちらで二人分です。
3種類たっぷりと盛られていて、とっても豪華。

DSCF9589 (480x360)
ナスの煮物ぴり辛ソース和えです。
ナスは柔らかく、程よいぴり辛味が後を引きます。

DSCF9587 (480x360)
揚げピーナッツに海苔塩をまぶせたもの。
こちらは前回もありました。
シンプルですが、海苔の風味がとっても香ばしくて美味しい。
お酒にとっても合いました。
お店の公式HPを見たら、「黒猫夜オリジナル こだわり海苔ピーナッツ」という名前で通販されています。

DSCF9588 (480x360)
豚のアイスバインです。
コリコリとした食感です。
ピーマンと一緒で、とてもさっぱりとしていました。


旬盛 夏の前菜の盛り合わせ <小 2人前> (1,800円)
DSCF9590 (480x360)
最初に前回も食べた前菜の盛り合わせを注文。
季節によって中身が変わるのが嬉しいです。
6種類もある前菜は、何度見てもとっても豪華。
ボリュームもあって、これだけでもかなりお腹にたまります。

DSCF9584 (480x360)
こちらがメニューです。

DSCF9591 (480x360)
とうもろこし中華風天ぷらです。
とうもろこし一粒一粒しっかりと衣がついています。
サクサクとした食感で、ほんのり甘かったです。

奥が枝豆紹興酒漬けです。
見た目はただの枝豆なのに、味がしみ込んでいてすごく旨みがあります。

DSCF9595 (480x360)
甘エビの紹興酒漬けです。
これは前回も食べました。身がトロリととろけ、甘い!
ほんのり紹興酒の香りが漂いました。

奥がうなぎ肝麻辣風味です。
うなぎの肝ってちょっと苦いですが、麻辣風味のせいか、ピリッとした辛味を感じただけでした。
お酒に合います。

DSCF9593 (480x360)
ミニトマト甘酢漬けミント風味です。
ミント?と友人と二人でビックリしたのですが、確かにしっかりとミントの風味を感じました。
トマトの甘みと酸味に意外と合います。

DSCF9594 (480x360)
イロイロモツの冷たい白湯スープです。
見た目だと、まるでムースとかみたいに真っ白で、スイーツみたいです。

DSCF9615 (480x360)
でも、レンゲで掬ってみると、モツがたっぷり。
臭みは全くなくて柔らかでした。


珍味 鴨の脳みそ (680円)
DSCF9596 (480x360)
前回食べて美味しかった珍味鴨の脳みそを今回も注文。
一緒に来た友人が私以上の呑兵衛なので、絶対に好きだと思ったからです(笑)。

小さめな器ですが、たっぷりと盛られていました。
たらの白子に負けないぐらい、とってもクリーミーで舌の上でとろける味わいです。
ピリ辛なタレがよく合って、美味しい!
お酒がとても進みました。
友人も気に入ってくれたようで、良かったです。


黄酒 三種きき酒 (900円)
DSCF9605 (480x360)
こちらのお店ではたくさんの種類の中国のお酒を揃えていて、特に黄酒と白酒が充実しています。
しかも、いろいろ試せるように、3種類ずつ選ぶことが出来ます。

黄酒とは、中国の沿岸部で製造される地方酒の総称です。
日本では紹興酒や老酒と呼ばれることが多いですが、これは紹興地方の黄酒とのこと。

DSCF9606 (480x360)
こちらは友人のチョイスです。


黄酒 三種きき酒 (900円)
DSCF9603 (480x360)
私は少し甘口で後味がさっぱりしているものとお願いしたところ、こちらのラインナップが出てきました。
小さな黒い長方形のお盆に、3種類のお酒だけでなく、チェイサーものせられています。
それぞれのお酒のネームまでついてて、とってもわかりやすい!

DSCF9604 (480x360)
左は孔乙己です。
江南派の西路紹興酒で、「現代黄酒を代表するモダンな味わい! 中国の富裕層から愛されるヴィンテージ紹興酒」とのこと。
甘い香りと味わい、軽い後味でした。

中は神氣です。
孔乙己と同じく江南派の西路紹興酒で、「紹興酒の旧タイプの復刻版。現代紹興酒とはひと味違う、古き懐かしい味。土臭さをダイレクトに表現する風味は、玄人にお勧めできる逸品」とのこと。
香りはあまりない。
甘いですが重たい口当たりで美味しい!

右は台湾老酒です。
南方派で、「台・日・中三国合作、台湾黄酒の起源。台湾建国の歴史と共に歩んだ台湾を代表する黄酒。三国間の技術が集約した奇跡の味わい」とのこと。
甘いですが、酸味もありました。


築地仕入れの一番のおすすめ
本日の鮮魚 (1,800円)
??鮮魚湖南風辛味蒸し
DSCF9598 (480x360)
確かこの日の鮮魚は金目鯛でした。
二人で一匹は多いので、半分でも大丈夫ですよ~と対応していただきました。
二人とも辛い味が好きなので、辛味蒸しで注文。

DSCF9599 (480x360)
かなり大きいサイズの金目鯛が半身あり、たっぷりの辛味がのせられていました。
身はふんわりと柔らかで、程よいピリ辛で後をひきます。
量も多かったです。
お酒が進む!

DSCF9610 (480x360)
ここで、飲み比べを飲みきったので、次の紹興酒を注文しました。
神氣が美味しかったと伝えたら、北方派が好みじゃないかと言われたので、その中から深焦型10年をグラス(680円)で注文。
味わいのグラフを見ると、苦さが飛び出ていて、かなり個性的な感じです。


北方派 ジーモー老酒 深焦型10年 (680円)
DSCF9612 (480x360)
見た目はまるでコーヒーのような、濃い黒さでした。
紹興酒って、こうやって並べてみると、色合いもかなり違います。
苦いのかと思って慎重に口をつけてみると、全く逆の味わいで、飲みやすいほどよい甘さで、ほんのりスモーキーな味わいです。この日一番気に入りました。
店員さんもこのお酒が大好きだそうです。

DSCF9611 (480x360)
でも、紹興酒って覚えてもあまり買えないですよ~と言ったら、「黒猫夜」で通信販売しているとのこと。
まんまとお店の術中にはまっているようです(笑)。
キャンプに時々行くので、常温で美味しく飲めるお酒を探していたのですが、今年はこれを買ってみようかな。


生ザーサイのレモン炒め? (1,100円?)
DSCF9607 (480x360)
旬だからでしょうか、生ザーサイを使ったお料理が幾つかあって、レモン炒めというのが珍しいと思ってこちらを注文してみました。

DSCF9608 (480x360)
大ぶりにカットされた生ザーサイは真っ白。
とてもザーサイとは思えません。
味は淡泊で、シャクシャクした歯応えを楽しめます。
かけてある餡がしっかり味でした。

DSCF9609 (480x360)
レモンはとても大きなもので、このまま食べるとスッキリしました。
熱を通したレモンを食べる機会があまりないので、面白かったです。

DSCF9616 (480x360)

DSCF9617 (480x360)
もう一種類の北方派も飲んでみました。

DSCF9618 (480x360)
ボトルもそれぞれ違いがあって見ていて面白いです。


北方派 ジーモー老酒 花彫型12年 (630円)
DSCF9619 (480x360)
軽い苦みで、少し重たさがありました。
これはこれで悪くなかったですが、とにかくさっきのがインパクトが大き過ぎました。


香菜沙津
パクチサラダ (880円)
DSCF9620 (480x360)
前回食べて美味しかった香菜沙津パクチサラダも注文。
たっぷりのボリュームで嬉しかったです。

DSCF9621 (480x360)
葉物ばかりではなく、ピーナッツや長芋なども入っていて、歯応えも楽しめました。

DSCF9623 (480x360)
呑兵衛二人と認定されたのか、サービスで2種類飲ましていただきました。

DSCF9624 (480x360)
お猪口がカワイイ。

DSCF9626 (480x360)
詳しい種類はメモが無くて忘れてしまいましたが、味わいがずいぶん違うんだな~と、すごく勉強になりました。

DSCF9629 (480x360)
2つ目はこれだったかな?


北方派 ジーモー老酒 深焦型10年 (680円)
DSCF9631 (480x360)
最後に、この日一番気に入ったこちらをもう一回注文しちゃいました。

DSCF9765_201311190648220db.jpg
こちらは前回撮影した写真です。
奥のテーブルで、何やらグラスでタワーを作っています。

DSCF9767_201311190647314c0.jpg
こちらは紹興酒塔(タワー)で、わずか1,000円でやってくれます。
いつか、少し多い人数で訪問してぜひやってみたいです。

DSCF9632 (480x360)
最後にいろないろなものが入った少し甘い温かいお茶で〆です。
前回も出てきたので、これはいつも同じスタイルのようです。

DSCF9633 (480x360)
お花やたっぷりのクコの実が浮かんでいて、とってもゴージャス。
ほんのり甘かったです。

DSCF9634 (480x360)
この日のお会計です。
二人で16,577円、一人約8,300円でした。


個性的なお料理はもちろん美味しかったのですが、この日は自分の好みの紹興酒がわかって、とってもお酒の勉強になりました。
季節ごとにメニューが変わるし、まだまだ食べてみたいお料理もたくさんあるので、また来てみたいです。

この日は久しぶりに会った友人とのおしゃべりが弾み、メニューを撮影するのを忘れちゃいました(汗)。
なので、下にあるメニューは前回の時のものです。
写真の一部が横向きになってしまっているのはバグで直らず、見にくくてスミマセン。


フードメニューです↓
DSCF9678_201311190716571f8.jpg

DSCF9679_201311190805469bf.jpg

DSCF9680_20131119071607b18.jpg

DSCF9681_2013111907161130c.jpg

DSCF9682_20131119071614f65.jpg

DSCF9683_20131119071620fdb.jpg

DSCF9684_20131119071623298.jpg

DSCF9685_20131119071533ec8.jpg

DSCF9686_20131119071537392.jpg

DSCF9687_20131119071540565.jpg

DSCF9688.jpg

DSCF9689_20131119071546545.jpg


ドリンクメニューです↓
DSCF9656_2013111907190439f.jpg

DSCF9657_2013111907182292e.jpg

DSCF9658_2013111907182578f.jpg

DSCF9659_2013111907182792a.jpg

DSCF9660_20131119071832dbc.jpg

DSCF9661_20131119071835dc8.jpg

DSCF9662_20131119071750737.jpg

DSCF9663_201311190717542b0.jpg

DSCF9664_20131119071757193.jpg

DSCF9665_20131119071801000.jpg

DSCF9666_20131119071804139.jpg

DSCF9667_201311190717199f4.jpg

DSCF9668.jpg

DSCF9674.jpg

DSCF9675_20131119071641e58.jpg

DSCF9676_201311190716500b9.jpg

DSCF9677.jpg


2013年6月28日訪問時お店DATA
****************************
黒猫夜 六本木店 (くろねこよる)
〒106-0032 
東京都港区六本木4-9-1 佐竹ビル4階
TEL 03-3497-0256
FAX 03-5754-3775
営業時間 
[平日] 18:00~5:00    
[土曜] 18:00~23:30(L.O.22:30)  
定休日 日曜・祝日
地下鉄日比谷線六本木駅6番出口から徒歩3分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2014/07/14 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(3) |
串揚げ居酒屋 一歩一歩  @四谷
台風は勢力が弱まって風台風になり、恐れていた出勤時間直撃は免れて一安心です。
梅雨明けは近いのでしょうか。
週末はお天気が回復してかなり暑くなるようですが、みなさま、楽しくお過ごし下さい☆

本日は、2014年5月7日にオープンした「一歩一歩」のレポートです。

DSCF6539 (480x360)
2014年6月12日はお昼時に上司とOさんが不在だったので、外へランチを食べに行くチャンスでした。
先輩を誘ったのですが、前日の夜の会社での暑気払いで体重がすごく多くなったから、自粛して持参したお弁当を食べるとのこと。
状況は私もあまり変わらなかったのですが、このところ外へ食べに出られるチャンスがとっても少なかったので、やっぱり行くことにしました。しんみち通りに「串揚げ居酒屋 一歩一歩(いっぽいっぽ)」という新店がオープンし、ランチ営業をしているはず、、、と思ってお店に行ってみると、なんとランチは牛カツのお店でした(汗)。
前日の会社の暑気払いで串揚げをたらふく食べていたのですが、他に思い当たる新店もなかったので入ってみることに。

DSCF6554 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの奥の方の右手に小泉ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

DSCF6553 (480x360)
しんみち通りには牛かつ膳のとても大きな写真が付いた看板が出ていました。

DSCF6555 (480x360)
小泉ビルにはたくさんの飲食店などが入っています。
1階には、2007年11月8日2008年5月23日にお買い物をした「小泉豆腐店」、
2階には、2008年6月2日にランチ訪問した「居酒屋 鬼平」、
地下1階には、2008年5月23日2011年5月16日にランチ、2008年9月30日にディナー訪問した「鮨処 すし政」
があります。

DSCF6556 (480x360)
ビルの中にもランチの看板が置いてありました。

DSCF6558 (480x360)
ランチは牛かつ膳一本で勝負しているとのこと。

DSCF6551 (480x360)
お店は地下一階にあるので、階段で降ります。

DSCF6552 (480x360)
階段の天井や、階段の左脇にもお店の看板等が出ていました。

DSCF6548 (480x360)
階段を上からのぞき込むとこんな感じです。

階段を降りている途中、後ろに同じお店に向かう男性二人客が続いていて、その一人が「俺は牛カツよりとんかつの方がウマイと思う。」と話していました。
これから牛カツのお店に行くのに、なんと後ろ向きな!(笑)。

DSCF6550 (480x360)
地下1階にあるお店2軒の四角い看板がそのまま照明になっています。

「一歩一歩」のある場所には、以前「豆腐料理 米永」というお店があり、2007年9月21日にランチ訪問しましたが、2010年4月頃に閉店したそうです。
その後、2010年8月1日に同じく豆腐料理の「よねざわ」というお店がオープンしましたが、2014年春頃までに閉店したようです。
同じお豆腐料理なのに店名が変わっていたのを去年ぐらいに気付いていてランチに行ってみようとかなきゃなと思っていたのですが、訪問は叶いませんでした。
最初、店名だけ変更したのかな?と思っていたのですが、今回調べてみて、別のお店だったことが判明。

DSCF6546 (480x360)
地下1階の右手が2008年5月23日2011年5月16日にランチ、2008年9月30日にディナー訪問した「鮨処 すし政」です。

DSCF6547 (480x360)
市ヶ谷経済新聞によれば、「一歩一歩」は2014年5月7日にオープンしました。
約20種類の串揚げと、その日仕入れた鮮度の良いサーロイン肉を使い、表面は香ばしく、中はロゼ色の状態に仕上げた「名物牛かつ」を売りにしているとのこと。
串揚げはソースで食べる大阪のスタイルではなく、3種類の味付けで食べるのが特徴だそうです。

DSCF6514 (480x360)
入店してすぐ左側に大きな冷蔵庫があり、たくさんの日本酒が入っていました。

DSCF6512 (480x360)
壁に今月のおすすめ地酒の小さな看板が掲げてあり、日本酒に力を入れているようです。

DSCF6545 (480x360)
フロアは左手に厨房があり、その前にカウンター席、右奥に小上がり、右手前がテーブル席がありました。
前のお店に来たのがずいぶん前だったので記憶がはっきりしませんが、小上がりはなかったような気がします。
お客さんは4割程の人の入りでした。

DSCF6509 (480x360)
店員さんは3人程。
私は一人だったので、カウンター席に通されました。

DSCF6517 (480x360)
卓上にはお茶の入ったポット、湯飲み茶碗、爪楊枝、洗い箸、お醤油などが置かれています。
お茶はセルフサービスです。

DSCF6511 (480x360)
お醤油はヤマサ醤油の鮮度の一滴が置いてありました。
むむっ、使ってみたいかも。

DSCF6505 (480x360)
女性店員さんから、ビニール袋に入ったおしぼりをいただきました。
「メニューは牛かつしかないので、それでいいですか。」と聞かれたので、ご飯を少なめで注文。

DSCF6515 (480x360)
注文を終え、お茶を飲みながら、初めてメニューを見ました(笑)。

DSCF6506 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF6507 (480x360)
メニューは牛かつ膳一種類のみ。

このメニューには記載がありませんが、後から外の看板を見て知ったところ、ご飯はおかわり、大盛りが無料です。

DSCF6508 (480x360)
毎日仕入れる新鮮なサーロインを秘法の調理方法にて揚げ、外は香ばしく中はロゼ色に仕上げた同店の名物料理で、豪快な見た目に反し、繊細な旨みが口中に広がりジューシーな肉汁に言葉を失い虜になること間違いない、とのことです。
お店を立ち上げる際、「何か売りになるメニューを」と試行錯誤の末に完成したメニューだとか。

レアが苦手な方はスタッフに声がけすると対応してくれるそうです。

DSCF6518 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
メイン、小鉢、お新香、つけダレ、お味噌汁、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF6519 (480x360)
お味噌汁はフタ付きです。


牛かつ膳 ご飯少なめ (1,080円)
DSCF6520 (480x360)
いただきま~す!

DSCF6522 (480x360)
ご飯は少なめです。
後から取り除いたのか、表面がボコボコです(笑)。

DSCF6524 (480x360)
ご飯の一部に団子状に固まってしまったところがあり、お箸をさしてもなかなか崩れず、かといって一口で食べるには大き過ぎるしで、途中、かなり四苦八苦しました。

DSCF6530 (480x360)
具はお麩のほか、ワカメも入っていました。
くるんと丸まったお麩の形がカワイイ。

DSCF6531 (480x360)
お新香はタクアンとセロリの2種類でした。
セロリのお新香?っていうのが珍しい。
かなり水分をたっぷりと含んでいて、甘めな味つけでした。

DSCF6532 (480x360)
小鉢はがんもどきの煮物です。
まるまる一個、ちょこんと入っていました。

DSCF6541 (480x360)
中にはニンジンやヒジキ?などの具材も入っていてふんわりと柔らかでしたが、煮汁がすごくしょっぱかったのは残念。

DSCF6533 (480x360)
牛かつは、長方形のお皿に盛られ、生野菜サラダとワサビが添えられていました。

DSCF6534 (480x360)
ワサビは結構たっぷりで、ちょっとおにぎりっぽいフォルムです。

DSCF6536 (480x360)
生野菜サラダはキャベツと紫キャベツなどのみじん切りです。
紫が入っているので、色合いはキレイでした。
ただ、ドレッシングがかけてなかったので、お肉のタレにつけて食べようとしたら、かなり細かく切ってあったのでボロボロ落ちてしまって、とっても食べにくかったです。
野菜には味をつけずに、牛カツにたっぷりタレをつけて一緒に食べる方が良かったかな?

DSCF6537 (480x360)
牛かつは一口大の細切りに切ってあります。
数はかなりたっぷりめ。
衣は薄めですが、ところどころに塊もありました。

パッと見たときは、メニューの写真とちょっと違う、という印象でした。
メニュー写真だと、切り口を表にしているので、ロゼ色のような赤っぽい色合いですが、実際に出てきた牛カツは細く切ったままなので、全体的に衣の茶色っぽい色調です。

DSCF6525 (480x360)
つけ汁は3種類ありました。
店員さんからは特に説明はなかったです。
帰りがけに表の看板を見たら、種類が書いてありました。

DSCF6526 (480x360)
左はゴマだれです。
甘さはなく、こっくりとしたコクがありました。
あっさりした牛カツにはぴったり。

DSCF6528 (480x360)
真ん中はお醤油で、これはお皿についていたわさびを溶かしてわさび醤油としていただくそうです。
私はわさびを牛かつにそのままのせて食べちゃっていました。
お醤油はつけ過ぎちゃうと塩気がきつかったので、つける量に気をつけました。

DSCF6529 (480x360)
右はスタミナソースです。
甘みがありました。

DSCF6539 (480x360)
切り口を上にしてみました。
お肉は薄めですが、中はとってもキレイなレアピンク。

まずはそのまま一口。
ほんのり下味がついていました。
この一切れはすごく固くて、噛みきれなかったので、そのまま飲み込みました(汗)。
ほかにも2・3切れは噛みきれなかったり、筋が残っているものがありましたが、ほとんどはかなりの柔らかさでした。

DSCF6542 (480x360)
牛カツそのものは淡泊な味わいです。
カツはたくさんありましたが、実際に食べてみたらペロリでした。
ご飯少なめにしていたこともあり、全体のボリュームは普通です。


牛かつってほとんど食べたことがないので、こんなものなのかなぁという感想でした。
とんかつは脂身が甘いのに比べ、牛かつは柔らかですがあっさりとしています。
入店直前に他のお客さんが言っていたとおり、とんかつの方が美味しいし、お肉としての存在感があるように思いました。

事務所に帰ってから先輩とその話をしたところ、先輩も新橋にある「おか田」という有名店に、会社を休んでわざわざ並んで食べたそうですが、お肉そのものの味わいが薄くてタレで食べている感じがしてイマイチだったとのこと。
少し前に秋葉原で見つけた行列の出来ていた「壱弐三」という牛カツ屋さんがあったので、こちらを食べてみたいなと思いました。

DSCF6560 (480x360)
事務所への帰り道、2013年7月2日にランチ訪問した「越後路」でこの夏のランチ営業が始まっているのに気付きました。


2014年6月12日訪問時お店DATA
****************************
串揚げ居酒屋 一歩一歩 (いっぽいっぽ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20 小泉ビル地下1階
TEL 03-3351-1028
営業時間
[昼] 11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 土・日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/11 07:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
台風8号が九州に上陸しそうです。
明日には関東地方にもやって来るかもしれないとのこと。
こんな時に限って、今日と明日の夜にはお出かけが入っていて、何だかとっても悩ましいです(汗)。
みなさまも、くれぐれもお気をつけ下さい☆

DSCF9560 (480x360)
2013年6月28日は週の最後の金曜日。
お昼時、Oさんは外出していて、上司と先輩と私の3人でした。
この日の夜は友人とディナーの約束をしていたので軽めのランチにするつもりでしたが、上司から「外へ食べに行こう。」と誘われちゃいました(汗)。
向かった先は上司の大のお気に入りである「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」。
このところこのお店ばかり行くので、「嘉賓」の味が好きではあるものの、さすがにちょっと気が重たいです。
昔は「昨日の夜は何を食べた?」とか聞いてくれたのになぁ(汗)。

DSCF8693 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF9582 (480x360)
この日のメニューです。
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF6747 (480x360)
外階段を使って2階へ登ります。

DSCF8690 (480x360)
お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF8689 (480x360)
季節柄、冷し中華が出ていました。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2013年6月12日だったので、約半月ぶりでした。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

12時40分頃入店すると、相変わらずのとても混雑していました。

DSCF1482_20130502072200.jpg
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF2627.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には各種調味料、お箸、紙ナプキン、爪楊枝、食べるラー油など置かれています。

すぐには入れるかどうか心配でしたが、幸い奥の小部屋の席が空いていて、無事、着席。
この日は団体さんが多く、この部屋に2組もいらっしゃって、とっても賑やかでした。

DSCF9559 (480x360)
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF9557 (480x360)
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、スマホに食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

DSCF8687 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じです。

上司はメニューを見て、「あれ? 金曜日はカレーじゃなかったか?」と呟いていました。
週替わりほど頻繁には出ないと思うのですが、、、。
この日は多分初めてだったかもしれませんが、全て食べたことのあるメニューだったので、お料理を選ぶのにとても困りました。
軽くするためにご飯ではなく麺にしようと思い、牛バラ肉煮込みそばを注文。
先輩も食べるものがなく、仕方なく、いつもは敬遠しているボリュームの多い定食をご飯少なめでお願いしていました。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。


牛バラ肉煮込みそば  (900円)
DSCF9560 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。

メイン、デザートのセットです。
お盆はありません。

DSCF9567 (480x360)
大きな器の中に、やや半濁のスープがたっぷりと入っていて、お肉と野菜がトッピングされています。
白と緑色のコントラストが鮮やかでした。

DSCF9568 (480x360)
牛バラ肉には小口切りの小ネギが散らしてあります。

DSCF9569 (480x360)
お野菜はたっぷりのチンゲンサイと、、、

DSCF9570 (480x360)
もやしです。

DSCF9572 (480x360)
まずはスープを一口。
ほんのり黄色っぽかったです。
いつもさっぱり系ですが、この日は塩気もダシの味わいも特に少なく、かなり薄い感じでした。

DSCF9575 (480x360)
麺は白っぽく、ほんの少し縮れています。
少し柔らかめの茹で加減でした。
ボリュームは普通です。

DSCF9577 (480x360)
チンゲンサイは小ぶりのものを縦半分に切った状態で入っているので、見た目はとっても豪華なものの、少々食べづらかったです。

DSCF9578 (480x360)
大きな塊のお肉は4つか5つでしょうか、結構ゴロゴロ入っていて、しっかりとお醤油の下味がしみて柔らかなお肉でした。
前回2012年4月4日に食べた時はお肉がちょっとスジっぽくて歯に詰まっちゃったりしたので、だいぶ違いました。
この日はスープははずれでしたが、お肉は美味しかったです。

DSCF9580 (480x360)
この日のスープの淡泊さが濃い味好きの私にはかなり厳しく、途中から食べるラー油をたっぷりと入れて、真っ赤っかに染めて食べました。

DSCF9581 (480x360)
温かいスープに辛さが加わり、身体が中から熱くなっちゃいました(笑)。

DSCF8669 (480x360)
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF8685 (480x360)
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF6744 (480x360)
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


A定食 スブタ ご飯少なめ  (1,000円)
DSCF9562 (480x360)
先輩が注文したのはA定食です。この日のメインはスブタでした。
メイン、ギョウザ、お新香、スープ、デザートのセットです。
黒い長方形のお盆に載せられていました。

DSCF9563 (480x360)
ご飯は少なめです。

DSCF9565 (480x360)
スブタはお肉も野菜も大きめのカットで、オレンジ色に染まっていました。


この日は余りに頻繁に通っていてさすがに食べたい物がなく、上司から奢っていただいているとは言え、何だか腹立たしくなり、麺の中で一番お高いものを食べてやる!(といっても、プラス100円ぐらい)と思ってこのメニューを選んだのですが、見事に返り討ちを遭う結果に(泣)。
こんなに頻繁に来ていても美味しいと感じて食べている上司に驚愕です(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
鶏肉のカレーライス (2013年3月26日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日2013年5月1日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
 ◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日2013年6月12日
 ◎チンジャオロース (2013年1月7日
 ◎八宝菜 (2013年2月12日
B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
 <4個>(2012年10月31日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日2013年6月28日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2013年6月28日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/10 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(1) |
桂園 中華居酒屋・餃子房 四谷店  @四谷  
昨日の朝5時に起きて窓の外を見たら、真っ白で隣のビルが全く見えませんでした。
こんな濃霧を見たのは久しぶり。
空気を入れ換えるために窓を開けると、半袖だと震えるぐらい冷たい風が入ってきました。
この話を会社に出勤してから先輩に話したところ、同じく朝5時に起きた先輩は洗濯をして、太陽が眩しく照りつける中、汗だくで洗濯物を干していたとか(汗)。
直線距離だと10キロぐらいしか違わないのに、あまりの違いにビックリでした。

DSCF9545 (480x360)
2013年6月27日のランチは、久しぶりに「桂園(けいえん) 中華居酒屋・餃子房 四谷店」にお弁当を買いに行きました。
ちょっと前から、お弁当売り場に紫色の敷布を敷いていたのがとっても目立っていて、いつかちゃんと写真を撮りたいなと思っていたことも理由の一つです。

「桂園」に向かう途中、四ッ谷駅前に屋台の車が来ていて、ケバブらしき物を売っているのを見つけました。
以前も同じような車が来ていて、2012年6月22日に一度食べたことがあったので、ちょっと気になりましたが、この日は気分が中華モードだったのでやめておきました。

DSCF9541 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、少し進んだところの右に三井資産ビルがあり、お店はその1階にあります。
同じビルの2階には、イタリアンの「マエストロ」が入っています。

DSCF9540 (480x360)
イートインできるだけでなく、店頭でお弁当を売っています。

前回ランチ訪問したのは2010年11月24日でした。
前回お弁当を購入したのは2012年4月26日だったので、約1年2ヶ月ぶりです。

2010_0121画像0044
「桂園」は有限会社桂園が展開する中華料理店のチェーンで、都内だけでも20店舗もあります。

DSCF9537 (480x360)
三栄通りにはお弁当の幟が出ていました。

DSCF9534 (480x360)
お米に関する幟も出ていました。
こちらのお店で使われているお米は茨城県産あきたこまちとのこと。

DSCF9536 (480x360)
お店の前に大きなテーブルを並べて鮮やかな紫や白の布をひき、左側にはその日のランチのサンプルが並べてあり、右側にはお弁当をたくさん並べてあります。

12時過ぎてすぐに事務所を出てお店に到着。
お弁当はずらりと並んでいましたが、お店の人も先客もいない(汗)。

店員さんは店内との掛け持ちのようです。
なので、お弁当をゆっくり選んでいると、店員さんがちょっとジリジリして店内の様子を心配そうに見ているのをひしひしと感じます。お弁当をはやく選ばなきゃと焦っちゃいました(汗)。
「辛いメニューはどれですか?」と聞いたところ、中国人?の女性店員さんは日本語がそれ程でもないのか、辛くないメニューを教えてくれました(笑)。

DSCF9535 (480x360)
お弁当は2種類あり、本格中華弁当が500円、手作り餃子弁当が400円です。
餃子弁当はざっと見た感じでは、見当たらなかったので、オーダーするのでしょうか。
本格中華弁当は5・6種類はあったと思います。
平たくておかずとお弁当が別になっている容器か、ご飯の上におかずがのっけてあるぶっかけスタイルの2種類があります。
結局、マーボー豆腐が辛くて美味しかったことを思い出し、マーボー豆腐が入っているものを購入。

DSCF9542 (480x360)
持ち帰り袋は一番よくある白いビニール袋です。

DSCF9543 (480x360)
お弁当の容器は長方形のプラスチック製で、下は白く、フタは透明です。

DSCF9544 (480x360)
フタには消費期限が記載されたシールが貼られていました。

DSCF9018_20130222232319.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
箸袋は赤くてとても華やか。
この日はお箸はお断りしました。


お弁当 <卵と黒キクラゲの炒め物、黒酢酢豚、麻婆豆腐> (500円)
DSCF9545 (480x360)
フタをオープン!
たっぷりのおかずで、ご飯は全く見えません。
おかずは、卵と黒キクラゲの炒め物、黒酢酢豚?、麻婆豆腐の3種類です。
500円というお値段なのにメインが3つも食べられて、とっても豪華でお得。

いつも彩りにはほとんど気を使っていなかったのに、この日のお弁当にはビニール製の緑色のバランが入っていました。

DSCF9546 (480x360)
卵と黒キクラゲの炒め物は辛くなかったです。

DSCF9550 (480x360)
しっかりと味付けで、タケノコがとてもシャキシャキしていました。

DSCF9551 (480x360)
ご飯のボリュームは普通です。
作ってからあまり時間が経っていないのか、変に水分がこもることもなく、ほんのり温かかでした。

DSCF9547 (480x360)
麻婆豆腐はお豆腐がたっぷりと入っています。
こちらのお店は大衆向けの割にはかなりしっかりと辛いお料理を作ってくれていましたが、最近はちょっと抑え気味かなと感じていました。
この日も食べる場所によってはピリリと辛いものの、ちょっと甘めな味わいもありました。

DSCF9548 (480x360)
黒酢酢豚はやや甘めな味付けでした。

DSCF9554 (480x360)
でもやや大ぶりのものが2個あり、お肉も程よくほぐれる柔らかさでした。


全体のボリュームはやや多いぐらいですが、メインが3種類あって500円というのはお得です。
でも、私がお弁当を買いに行ったときはほとんどお客さんがいなくて、ランチの価格競争は本当に厳しいんだな~としみじみ思いました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  エビチリソース定食 (2010年1月21日
  担担麺と半炒飯 (2010年4月5日) 
  麻辣麺 (2010年11月24日

[お弁当]
  1回目(鶏肉とピーマンとタマネギの辛炒め) 2010年4月15日
  2回目(麻婆豆腐、鶏の唐揚) 2010年12月21日 
  3回目(鶏肉とピーマンとタマネギの炒め物) 2011年1月19日 
  4回目(鶏肉とピーマンとタマネギの炒め物、麻婆豆腐、青菜炒め) 2011年9月29日
  5回目(卵と黒キクラゲの炒め物、麻婆豆腐、鶏の唐揚げ) 2012年4月26日 
  6回目(卵と黒キクラゲの炒め物、黒酢酢豚、麻婆豆腐) 2013年6月27日 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューはこちらです↓
DSCF2635.jpg

DSCF2636.jpg

2010_0121画像0049

2010_0121画像0050

2010_0121画像0051

2010_0121画像0052

2010_0121画像0053

2010_0121画像0054


2013年6月27日購入時お店DATA
****************************
桂園 中華居酒屋・餃子房 四谷店 (けいえん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-21 三井資産ビル1階
TEL&FAX  03-6457-8588
営業時間 11:30~23:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/09 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
昨日は七夕でしたが、一日中雨がちなお天気で残念。
おまけに凄く湿っぽい日で、気温はそれ程高くないのに、どうも体中がベタベタして嫌な感じでした。
台風が近づいていて、この不安定なお天気はまだまだ続きそうです。

なお、2013年6月24日のランチは、2013年4月8日にお弁当を購入した「シャンティカレー」でしたが、ランチ屋台村麹町6丁目店は2013年8月9日に撤退したので、割愛させていただきます。

DSCF9475 (480x360)
2013年6月25日のランチは、上司がおにぎりなどを買っていたので、私は外へお弁当を買いに出ました。
先輩はお弁当をサボり、Oさんもおにぎりしか持って来ていなかったのでおかずを買いに出かけたので、結局3人共外へ行くことに。

この日は梅雨とはいえ、雨は降らないという予報だったのに、お昼前ぐらいから突然の雷雨。
置き傘を使って出かけましたが、あまりにも激しい降り方で、駅やビルの1階にはたくさんの人が空を見上げて雨が弱まるのを待っていました。

私は軽めのお弁当を食べようと思い、四谷の「アトレ」にある「Pensri’s Kitchen(ペンシーズキッチン) アトレ四谷店」に行こうと思い、四ッ谷駅に向かっていたら、先を行っていたはずのOさんがいたので合流し、一緒に向かいました。
先輩は唯一市ヶ谷方面に行き、「リトルマーメイド」でパンを購入しました。

DSCF7686.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退したのかと思ったら、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。

DSCF7688.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。

なんでも、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。
メニューは時期によっていろいろとかわっているようです。

DSCF7684.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。

前回お弁当を購入したのは2013年3月14日だったので、約3ヶ月半ぶり、5回目です。
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しました。

DSCF7683.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。

DSCF9465 (480x360)
「ペンシーズ」はイートインは少し並んでいましたが、お弁当はそれ程人がいませんでした。
これまでに食べたメニューとかぶらないよう、レッドカレーと、、、

DSCF9466 (480x360)
揚春巻を購入。

買い終わってから「成城石井」に行っていたOさんのところへ行ったら、なかなか決められないとのことで(笑)、私は先に帰ることにしました。

DSCF4477_20140319203501ac8.jpg
持ち帰りのビニール袋は、店名のロゴが入った鮮やかな薄緑色で、とってもステキ。
大きいサイズのお弁当を購入するとこちらに入れてくれます。

DSCF9467 (480x360)
この日は普通サイズのお弁当だったので、一般的な白いビニール袋でした。

DSCF9468 (480x360)
雨がひどかったので、袋もびっしょり。

事務所に戻ると上司は一人でぽつんとお留守番していました(笑)。
先輩とOさんはちょうど一緒に戻ってきたので、ようやく全員が揃ってランチスタート!

DSCF9469 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じです。
お箸やスプーンなどはお断りしました。

DSCF4479_20140319203504278.jpg
以前いただいたときの写真です。
スプーンは白いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF4480_20140319203436893.jpg
こちらも以前いただいたときの写真です。
割り箸は、「Otemoto」と書かれた箸袋に入っていて、意外と?日本的でした。

DSCF4483_20140319203438162.jpg
こちらも以前いただいたときの写真です。
おしぼりは白っぽい半透明のビニール袋に入っています。

DSCF9470 (480x360)
ミニ揚げ春巻きは、透明なプラスチックの容器に入っていました。

DSCF9471 (480x360)
「ペンシーズキッチン」のロゴである、唐辛子とすり鉢の素朴なイラストがピンク色のシールに描かれています。

DSCF9472 (480x360)
レッドカレーは上にルー、下にご飯の入った2段の容器に入っていて、フタがプラスチック製、下が紙製です。

DSCF9473 (480x360)
ミニ揚げ春巻きと同じく、ロゴのシールがついていました。

DSCF4501_20140319203212c5c.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
この日は写真を撮り忘れましたが、容器にはアレルギーの食材や賞味期限が書かれたシールが貼られています。
お店のメニュー表示とラベルの記載が微妙に違うときがあります(笑)。


レッドカレー (680円)+ミニ揚げ春巻き(300円)=980円
DSCF9475 (480x360)
いただきま~す!

DSCF9477 (480x360)
まずはミニ揚げ春巻きから食べました。
小さなサイズの揚げ春巻きが5本あり、彩りに菜っ葉が1枚とスイートチリソースがついていました。

DSCF9478 (480x360)
スイートチリソースは白い小さなプラスチック容器に入っています。
ちょっと甘めなので私はあまり得意ではなく、ほんのちょこっとだけつけていただきました。

DSCF9479 (480x360)
揚春巻は当然揚げ置きなので皮は湿気を吸って柔らかくなっていました。
ただ、皮そのものにもしっかり下味がついていて、そこに油分が加わり、美味しかったです。

DSCF9491 (480x360)
中には春雨?やニンジンなどが入っていました。
でもこの日の揚春巻は、中身よりも皮が美味しかったです。

DSCF9480 (480x360)
ミニ揚げ春巻きを幾つか食べてから、いざ、レッドカレーへ!
お店の表記によれば、レッドカレーコクのある辛さが自慢だそうで、辛さの中にコクと甘みが味わえるご飯の進む味とのこと。

DSCF9485 (480x360)
容器がルートの2段になっているせいか、ご飯の量はぱっと見少なそうです。
実際に、それほど多くはありません。

DSCF9487 (480x360)
この日のご飯は水分が多めでちょっとべっちゃりしていました。
カレーをたっぷりかけてしまえばあまり気にならなかったですが、残念です。

DSCF9483 (480x360)
食べ始めてから気付いたのですが、全体が冷たい。
電子レンジでチンして食べればよかったと、とっても後悔しちゃいました。

DSCF9484 (480x360)
レッドカレーは鶏肉、赤・緑パプリカ、タケノコなどが入っています。

DSCF9490 (480x360)
冷たかったせいもあるのか、レッドカレーはコクはあるものの、メニューの説明に書かれている程の辛さは感じませんでした。
グリーンカレーがかなり刺激的な辛さだっただけに、ちょっと拍子抜け。
温めてみると、また違った感想になるかもしれません。

DSCF9494 (480x360)
タケノコのシャキシャキした歯応えがよかったです。

DSCF9495 (480x360)
お肉は鶏肉です。
一口大で、3・4個でしょうか、結構入っていて、柔らかい食感でした。

DSCF7716.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じでした。

DSCF9474 (480x360)
この日の先輩のランチです。
リトルマーメイド」のパンです。


全体のボリュームは普通です。
「ペンシーズ」のお弁当で冷蔵ケースに入っているものは、必ず温めてから食べようと心に決めました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
グリーンカレー弁当 (2012年3月21日
レッドカレー弁当 (2013年6月25日
ペンシーズ弁当 (2012年5月23日
パッタイ弁当 (2012年11月30日
3種盛り弁当 (2013年3月14日

生春巻 (2012年3月21日
ミニ揚げ春巻き (2013年6月25日
青パパイヤのサラダ (2012年11月30日
ヤムウンセン (2013年3月14日) 

[イートイン]
鶏挽肉のバジル炒めごはん 大人気!ガパオ
ちょっぴりがちょうどいい ミニフォーセット (2012年4月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年6月25日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/08 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
東京スタミナカレー365 秋葉原道場  @秋葉原 &プロ野球観戦 @東京ドーム
天気予報が外れて日曜日はいいお天気でしたが、みなさま、楽しい週末だったでしょうか。
私はチケットをいただいたので、かなり久しぶりに江戸東京博物館へ行きました。
せっかくなので常設展も見たかったのですが、別料金とのことで断念(汗)。
でも、久しぶりに両国をぶらぶらしたのは楽しかったです。

2013年6月19日のランチは「サファリカレー」でしたが、2013年10月23日をもって営業終了したので、割愛させていただきます。

本日は、マイブログ圏外の秋葉原にある「東京スタミナカレー365」のレポートです。

DSCF9405 (480x360)
2013年6月22日の夜、プロ野球の巨人対中日戦のチケットをいただいたので、観戦に出かけました。
ナイターだったので、少し早めに家を出て秋葉原駅から水道橋まで歩くことにして、東京ドームの中で食事をするとお高いので、どこかで適当に軽くご飯を食べようと思っていました。
秋葉原駅を出てぶらぶら歩いていると、「東京スタミナカレー365 秋葉原道場」という見たことのないカレー屋さんを発見。

DSCF9412 (480x360)
JR秋葉原駅の電気街口を出て、秋葉原ダイビルの前を歩いて秋葉原UDXビルにぶつかったら左折し、最初の角を右折します。2ブロック進んだ左側のビルの2階にお店があります。

DSCF9413 (480x360)
「東京スタミナカレー365」は、「とんこつらーめん 博多風龍」で有名な株式会社MENYAが展開する新業態のお店で、秋葉原道場は2013年3月4日にオープンしたそうです。池袋東口にも支店があります。
このビルの1階には「博多風龍」が入っています。

DSCF9414 (480x360)
ビルの前にはのぼりが出ています。
雰囲気からしてチェーン店っぽいなぁとは思いましたが、カレーにお肉や揚げ物がトッピングされているのがとっても美味しそうだったので家人がとても興味を示したので、入ってみることにしました。

DSCF9415 (480x360)
お店は2階にあるので階段を登ります。
かなり細くて、やや急勾配でした。
ただ、内装はとってもキレイです。

DSCF9383 (480x360)
入口です。
営業時間は月曜日から土曜日は午前11時から午後10時まで、日曜日は午前11時から午後8時までです。

DSCF9395 (480x360)
入ってすぐの所に券売機があるので、先に食券を購入。
フロアはそれ程広くなく、右と左に分かれています。
左側の奥に厨房がありました。
テーブル席はなく、壁に向かってカウンター席のみ。
内装は新しく、黄色と白をメインにしているのでとても明るい雰囲気です。

DSCF9392 (480x360)
店内は7割程の人の入りで、9割ぐらい男性でした。

DSCF9381 (480x360)
壁にはオススメのメニューや、、、

DSCF9382 (480x360)
食材のこだわりなどが貼り出されていました。

DSCF9391 (480x360)
ちょうど池袋東口道場のオープン直前だったので、お得なキャンペーンの紹介も出ていました。

DSCF9379 (480x360)
左側のフロアに行くと、女性店員さんが「どこでもどうぞ。」と声をかけて下さいました。

DSCF9378 (480x360)
卓上には紙ナプキン、爪楊枝、台ふきん、薬味の福神漬けが置いてあります。

DSCF9377 (480x360)
お水をいただきながら、お料理の出来上がりを待ちます。
着席すると、店員さんがすぐに食券を回収しちゃったので、写真は撮れず。残念。
注文したカレーにはどちらもトッピングで玉子がついているので、食券を渡すときに生卵にするか目玉焼きにするか聞かれます。
家人は目玉焼き、私は生卵にしました。

DSCF9380 (480x360)
こちらがメニューです。
カレーは全て同じで、ご飯の量と、トッピングをお肉にするか揚げ物にするかを選びます。

お店のイチオシはお肉のトッピングです。
東京チカラめしがブームに火をつけたスタミナ焼きが、カレーの分野にも進出したって感じでしょうか。

DSCF9385 (480x360)
風龍グループ5周年のキャンペーンとのことで、こんなチケットをいただきました。

DSCF9386 (480x360)
せっかくいただきましたが、なかなかこれで気集めるのは大変(汗)。


365カツカレー Mサイズ 目玉焼き  (750円)
DSCF9393 (480x360)
家人はこのお店イチオシのスタミナ焼きに目もくれず、カツカレーを注文(笑)。

DSCF9394 (480x360)
うーむ、目玉焼きは絵になる!


365スペシャルカレー Mサイズ 生玉子 (900円)
DSCF9397 (480x360)
私はせっかくならスタミナ焼きとカツの両方を食べてみたかったので、両方を食べられるW盛りのスペシャルカレーを注文。
本当はご飯少なめのSサイズでお願いしたかったのですが、おかずが多いせいか、Sサイズの設定はありませんでした。

メイン、生玉子、紙ナプキン、スプーンのセットです。
小さめの長方形の黒いお盆に載せられていました。

DSCF9400 (480x360)
スプーンは先割れで、かなり細めです。
私の食べ方や口の形に合わないのか、やや食べづらかったです。

DSCF9398 (480x360)
生卵をチョイスした場合には、カレーとは別の小皿に入れられて出来ました。
かなり小ぶりですが、黄身は鮮やかなオレンジ色で、とっても美味しそう。

DSCF9399 (480x360)
カレーは細長いオーバル型の変形のような器に盛られています。
Mサイズのせいか、パッと見は結構細めなスレンダー体型です(笑)。

左1/3にキャベツの千切り、右上にはカツ、右下にはスタミナ焼きがきれいに区分されて盛られていました。
トッピングがいろいろあるせいか、ルーはほとんど見えません。

DSCF9405 (480x360)
卓上にあった福神漬けをたっぷりのせちゃいました。

DSCF9407 (480x360)
薬味としても、彩り的にも、重要かも(笑)。

DSCF9402 (480x360)
キャベツは千切りです。
それ程量は多くありませんが、さっぱりとしていい口直しになります。
唯一明るい彩りなので、見た目としても重要でした。

DSCF9401 (480x360)
スタミナ焼きを、まずはそのままで食べてみました。
お肉は柔らかく、少し甘めなタレがしっかりとしみています。
このままご飯と食べてもバッチリなのでは?
むしろ、カレーと一緒に食べちゃうとタレの味わいがだいぶ消えちゃう感じがします。

DSCF9403 (480x360)
カツはそれ程大きくなく、かつ、それ程厚くもありません。
でも、揚げたてアツアツで、衣はサクサクとした歯触りでお肉も柔らか。

DSCF9409 (480x360)
お肉の断面を見ると上下に脂身があるので、ロースでしょうか。
でも、脂っぽい感じはまったくなかったです。

トッピングがたっぷりなせいか、カレーのルーはかなり少なめでした。
トッピングだけでもご飯が進む味とはいえ、ルーが大好きな家人はこれが大いに不満だったようです。

ルーは辛くもスパイシーでもなく、無難なお味でした。
卓上に辛さを足してくれるようなものがあればいいのになぁ。

DSCF9410 (480x360)
食べている途中、生卵を崩しました。
家人が「生卵だとカレーが甘くなりそう。」と言っていたのがまさに的中し、ただでさえ辛さが物足りなかったのに、さらにマイルドになってしまいました(汗)。
目玉焼きの方が写真映えするし、生卵は個人的にはミスチョイスでした。


トッピングはいろいろありましたが、ペロリと食べられました。
カロリーは結構あると思いますが、ボリューム感はそれ程ではなかったものの、新しいチェーン店を体験できたのは楽しかったです。

さて、腹ごしらえしたところで、野球観戦のために東京ドームへ。

DSCF9417 (480x360)
この日のチケットです。
3塁側内野席の前から数列目という、とってもいい席でした。

DSCF9421 (480x360)
この日のスターティングメンバー。

DSCF9420 (480x360)
試合前にマスコットたちがたくさん出てきてくれました。
ジャビット君はもちろんのこと、、、

DSCF9422 (480x360)
大人気の中日のドアラ君も。

DSCF9425 (480x360)
ドナルドも登場していました。

DSCF9418 (480x360)
お宝ショット?(笑)。

DSCF9426 (480x360)
いよいよ試合開始。
和田選手。

DSCF9429 (480x360)
荒木選手。
声援がとっても多く、人気があるのがわかります。

DSCF9430 (480x360)
阿部選手。
存在感があるなぁ。

DSCF9431 (480x360)
外野を埋め尽くす応援旗。
見応えあります。

DSCF9432 (480x360)
7回の応援。

DSCF9433 (480x360)
代打で登場の山崎選手。
楽天時代からファンなので、出てきてくれて嬉しかったです。

DSCF9435 (480x360)
巨人はいいところなく負け。
割と勝ち女だと思っていただけに、かなりガッカリでした(泣)。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 秋葉原界隈での食べ歩きです。◇・◆・◇・◆・◇・◆

[ラーメン]
麺屋武蔵 巌虎 (2010年9月4日
麺処 MAZERU (2013年4月5日

[それ以外]
カレーは飲み物。 秋葉原店 (2014年3月8日
東京スタミナカレー365 (2013年6月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年6月22日訪問時お店DATA
****************************
東京スタミナカレー365 秋葉原道場 (とうきょうすたみなかれー)
〒101-0021 
東京都千代田区外神田4-3-11 
TEL 03-3253-4000
営業時間 
[月~土] 11:00~22:00
[日曜日] 11:00~20:00
※但し、日曜日の翌日が休日の場合、日曜日の営業時間は22:00まで。 
定休日 なし
JR秋葉原駅電気街出口より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/07 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(4) |
佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
今朝は出勤時間中に大雨が降る可能性が高そうです。
私は会社で靴を履き替えて働いているので、パンプスは止めておこうと思っています。
天候が不安定ですが、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2014年春頃(?)からやって来た「シシリアンライス」のレポートです。

DSCF6252 (480x360)
2014年6月2日は週の最初の月曜日。
この日は上司の誕生日だったので、例年だとちょっといい食事を食べに行って先輩と私でごちそうするのがパターンでしたが、午前中から午後にかけて長い長い打ち合わせがあったので、食事会は諦めました。
朝、お客様に出すランチのことを尋ねると「鳥丼」を取って欲しいとのこと。
宮川本廛」の看板メニューであるきじ重のことを、上司は何故か鳥丼と覚えてしまっています(笑)。
私は「宮川本廛」のメニューの中で注文できるものはやや食べ飽きていて特に食べたいメニューがなかったので、外へお弁当を買いに行くことにしました。
先輩も同じ状況でしたが、持参したお弁当の方がより食傷気味だからと、きじ丼をご相伴することに(笑)。

あまり時間をかけられないので、千代田四番町ランチ屋台へ行きました。
この日は月曜日だったので「エスエヌダイニング」のはずなのに、お店が変わっている!

DSCF6232 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

月曜日に来ていた「エスエヌダイニング」は、この屋台村の管理者でもあるだけに、撤退したのは不思議。
最後にお弁当を購入したのが2012年6月11日と、このところずっとご無沙汰していたので、いつお店が入れ替わったのかわかりません(汗)。ネットで調べても情報はみつかりませんでした。
便宜上、2014年春頃までに撤退とさせていただきます。
詳しい時期をご存じの方がいらっしゃったら、ぜひ教えて下さい。

DSCF6235 (480x360)
「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」という幟が出ていただけで、店名を見つけられなかったので、こちらを店名とさせていただきました。
こちらのお店がいつから登場したのかも、ネットなどで調べてみましたが不明です。
便宜上、2014年春頃に登場とさせていただきます。

12時10分過ぎに到着したので、車の前はすごい列が出来ていました。
10数人並んでいたと思います。
この日は快晴の真夏日で、日差しがジリジリと照りつけ、本当に暑かった~。

DSCF6236 (480x360)
車の前にはメニューの大きな看板が出ています。
しばらく待たねばならなかったので、じっくり読むことが出来ました(笑)。

DSCF6237 (480x360)
メニューはキーマカレーと3種類のシシリアンライスの合計4種類で、お値段は全て680円です。

DSCF6238 (480x360)
ご飯とサラダの大盛りは無料です。
ハーフ&ハーフも無料でお願いすることが出来ます。

DSCF6239 (480x360)
注文方法はとてもシステマチックです。
まずご飯とサラダの量の組み合わせを番号で答え、次に、お肉(おかず)を選び、ソースを選びます。

DSCF6240 (480x360)
ご飯は小盛り・並盛り・大盛りの3種類、サラダは並盛り・大盛りの2種類、合計6種類の組み合わせがあります。

DSCF6241 (480x360)
お肉のソースは6種類の中から選びます。

初めてだったのでまずはベタに食べようと思い、ご飯とサラダは普通盛り、ポークシシリアンライス、マイルドソースにしました。
サラダを大盛りにしたかったのですが、我慢。
シシリアンライスにはお肉がポーク、チキン、ビーフとありますが、基本の郷土料理をちゃんと食べたことがなかったので、
どれが一般的なのかがわからず、一番上にあったポークにしてみました。
ソースは6種類もありますが、「初めてのお客様へ 考案者直伝のマイルドソースをおすすめします」とあったので、マイルドソースをチョイス。
マイルドソースは元祖シシリアンライスのソースで、九州の老舗レストランを立て直した歴史のある秘伝のソースとのこと。

DSCF6245 (480x360)
女性店主さんが一人で切り盛りしていました。

この日は細かい持ち合わせがなく、5000円札と小銭で支払わなければならず(汗)。
店主さんはにっこり笑いながら対応して下さり、本当に助かりました。

DSCF6242 (480x360)
なので、お会計や袋詰めなどは基本的にセルフサービスです。

メニュー写真の中には温泉卵らしき丸いものが写っていますが、温泉卵は別売りで50円です。

DSCF6244 (480x360)
車の前には小さい台が置かれています。
ここで袋詰めなどをします。

千代田四番町ランチ屋台でお弁当を購入する時、小さいビニール袋を毎回いただいちゃうのがもったいなくて持参するようにしているので、この日は持ち帰り袋を節約することが出来ました。
ただ、一度使っちゃうと袋に癖がつくのか、傾きやすくなるので慎重に持ち帰らなければなりません。

DSCF6246 (480x360)
美味しそうなお料理が並んでいて、テンションアップ!

結局全部で15分位待ったと思います。

DSCF6247 (480x360)
この持ち帰り袋は持参した物ですが、お店に備え付けられていたのも同じ白い物でした。

DSCF6250 (480x360)
お弁当の容器はプラスチック製で、下は白、フタは透明です。


佐賀県ご当地料理 元祖ポークシシリアンライス  (680円)
ご飯並盛り、サラダ並盛り、マイルドソース
DSCF6252 (480x360)
フタをオープン!
並盛りなので、見た目はそれ程ボリュームが多くは見えません。

ご飯の上にお肉をのせ、さらに野菜をたっぷりのせて、マヨネーズソースをかけてあります。
マイルドソースはお肉と野菜の間にかけてあるのか、見当たりません。

DSCF6254 (480x360)
中央には砕いたチップスがトッピングされています。
量はそれ程多くありませんが、しっかり混ぜ合わせてから食べると、時々パリッとした食感を感じられ、いいアクセントになりました。

DSCF6255 (480x360)
たっぷりの野菜は細切りのレタス・タマネギ、水菜など。
ちょびっとですがスイートコーンも入っていて、時折甘さを感じられました。

DSCF6256 (480x360)
マヨネーズソースやお肉の下味など、しっかり味でご飯が進みます。
味が偏らないように、全体を混ぜ合わせて食べました。
マイルドソースなので、甘みも結構ありました。

DSCF6258 (480x360)
豚肉は薄めですが、やや大きめのサイズです。
歯応えはかなりしっかり目で、一口サイズに噛みきるのがちょっと大変。
ただ、量はたくさん入っていたので、お肉のボリューム感はかなりありました。


しっかり噛み締めたからというのもありますが、全体のボリュームは結構多めに感じました。
美味しい新店の登場で、これから他のメニューを食べるのがとても楽しみです。

屋台のお弁当って、ご飯にたっぷりの野菜としっかり味付けしたお肉を混ぜ合わせ、オリジナルソースをかけて食べるスタイルが多いです。
野菜がしっかりとれてご飯に合わせるには一番ぴったりだからでしょうか。

ところで、「宮川本廛」のきじ重を食べた先輩から後から聞いた話では、いつもはご飯がかなり柔らかめに炊いてあることが多いのに、この日は水分少なめでしゃっきりしていたそうです。ただ、逆に、いつもはぶれなく美味しいきじが、パサパサしていたとのこと。
両方美味しいというのは、なかなか難しいようです。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」 
  佐賀県ご当地料理 元祖ポークシシリアンライス (2014年6月2日

月曜日 【撤退】ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
  ロシアン&ハワイアン<トマトソース> (2012年6月11日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  ハーブチキンフレンチライス (2012年1月23日
  ハーブチキンハワイアンライス (2012年2月13日

火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
  ベジタブルタコライス (2013年3月12日
  ハーフ&ハーフ<オリジナル・タイ風> (2013年1月8日

水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日
  スンドゥブ風ソース (2013年2月6日

木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日2012年11月29日2013年2月21日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
  カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日

金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年6月2日購入時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/04 06:01】 | 郷土料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
番町 松月庵  @麹町
昨日は暑かったですね~。
あまり嬉しくはないものの、7月に入るとやっぱり違うなぁと思いました。
仕事で外へ出かけなければならない用事はなるべくまとめて行かないと(笑)。

DSCF9135 (480x360)
2013年6月18日は、この日の夜に友人とディナーに行く予定だったので、軽めのランチにしようと思い、上司が「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしたので、一緒に注文することにしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2013年5月16日だったので、約1ヶ月ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF9126 (480x360)
配達員さんとはもうすっかり顔なじみになりました。

12時10分過ぎに注文し、確か20分ぐらいで届けていただきました。

「松月庵」のメニューも全制覇まであと少し。
この日はもりそばを単品でお願いしました。
2008年3月13日にセット物で注文したことはありますが、単品は初めてです。

DSCF9127 (480x360)
蕎麦つゆの入った蕎麦徳利に蕎麦猪口をかぶせてありました。

DSCF9128 (480x360)
蕎麦猪口をはずすとこんな感じです。

DSCF9132 (480x360)
蕎麦徳利の口の所にはサランラップがかけてありました。

DSCF9134 (480x360)
サランラップを取って、準備オッケー。

DSCF9129 (480x360)
もりそばはとても大きなフタ付きの丸いセイロに入っていました。

DSCF7309 (480x360)
こちらは前回撮影した写真です。
薬味は別の小皿でついてきます。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。


もりそば (520円)
DSCF9135 (480x360)
いただきま~す!

DSCF9131 (480x360)
お蕎麦やうどんについてくる薬味は、わさび、長ネギの小口切り、七味唐辛子の3種類です。
きしめんも同じ薬味でした。

DSCF9130 (480x360)
大きな丸いせいろにたっぷりと満遍なくお蕎麦が盛られています。

DSCF9137 (480x360)
更科でしょうか、かなり白っぽいです。

DSCF9138 (480x360)
ボリュームも結構ありました。

DSCF9139 (480x360)
薬味の味が大好きなので、最初から全部入れていただきます。

蕎麦つゆはかなりたっぷりあって、使い切れないぐらいです。
蕎麦湯があればいいのになぁ。

DSCF9140 (480x360)
麺はのびていて、ややくっつき気味でした。
なので、一口分ずつほぐして食べるのがちょっと大変。
蕎麦つゆに浸すとほぐれるの、かたまりを引っぱり出してつけながら食べる場所もありました。

DSCF9133 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


もりそばにしては思っていたより量が多かったですが、午後3時過ぎにはお腹が空いてしまい、ディナーが待ち遠しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2013年6月18日
  かけそば
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば   (2012年8月31日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  カツカレーライス
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  親子丼「上」(2013年3月27日
  カツ丼  (2010年4月6日
  カツ丼「中」 (2013年1月22日
  カツ丼「上」
  天丼   (2012年5月8日
  天丼「中」 (2012年11月19日
  天丼「上」 (2013年5月16日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2013年6月18日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/03 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
私はチビななので安心感を与えるのか(?)、歩いているとよく道を聞かれます。
以前京成線沿線に住んでいた頃、乗り換えの日暮里駅で千葉県内にある駅について聞かれ、自分もあまりわからないので一緒に路線図をのぞき込んで調べることがしばしばありました。
こんなことを書いているのは、最近立て続けに四ッ谷駅界隈で道を尋ねられたからです。
わかる場所でよかった、、、。

DSCF9034 (480x360)
2013年6月15日は、2013年上半期の3回目の「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。
キムチ教室が始まる前のランチでいつも四谷三丁目ラーメン屋さん巡りしていますが、ラーメン屋さんはほぼ行き尽くしたので、この日は「キッチン たか」へ行きました

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2013年5月18日だったので、1ヶ月ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF8917 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「セロリキムチ」で、韓国料理が「きのこのチャプチェ」です。

レシピの日付が何故か6月18日となっていますが、確認したら土曜日は間違いなく6月15日でした。

この日は生徒さんが7人しかいませんでした。
こんなに少ないのは初めてかも。


【 セロリキムチ 】
DSCF8882 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。

セロリキムチは過去に何度か習ったことがあり、2008年2月2日の時の記事をアップしています。

DSCF8883 (480x360)
セロリキムチは他のキムチに比べると、作るのが簡単です。

ただ、塩漬けは必要なので、先生は塩漬けをするところから実演してくれますが、生徒さんが実習するときはあらかじめ工場で塩漬けされたこちらのセロリを使います。

DSCF8918 (480x360)
セロリは葉を取り、よく洗って10センチの長さに切ります。

DSCF8920 (480x360)
口当たりをよくするために、固いところや筋を取ります。

DSCF8921 (480x360)
2.5~3センチの幅に切りそろえます。

DSCF8926 (480x360)
取り除いた部分がこんなにありました(笑)。

DSCF8927 (480x360)
最初にセロリを塩漬けします。
大きなボウルに切ったセロリを入れます。

DSCF8929 (480x360)
塩を全体に回しかけます。
「妻家房」では岩塩を使っていて溶けにくいのと、セロリそのものに水分がないので、水を少し入れます。

DSCF8931 (480x360)
手で全体を混ぜ合わせ、塩が行き渡るようにします。

DSCF8935 (480x360)
20~30分経過したら全体をひっくり返し、さらに20~30分置きます。

DSCF8936 (480x360)
軽く水洗いをして水を切ります。
工場であらかじめ塩漬けしたものはかなりしんなりしていて、食べてみるとしょっぱくなくてそのまま浅漬けのようで美味しかったです

DSCF8928 (480x360)
次はタマネギです。

DSCF8937 (480x360)
ミキサーにかけるか、みじん切りにします。
タマネギを入れるのはとろみとつけるためなので、みじん切りだとちょっと足りないので、出来ればミキサーにかけた方がいいとのこと。

DSCF3677_2014030419254493e.jpg
次に、ヤンニョンの準備をします。
まずはニンニクとショウガです

DSCF6229 (480x360)
この二つにはすりこぎとすり鉢を使います。
とても大きなすり鉢と重たいすりこぎです。
自宅ではもうちょっと小さなサイズのすりこぎを購入して使っています。

DSCF6230 (480x360)
ニンニクは皮を剥いて丸ごと投入。

DSCF6231 (480x360)
擂るのではなく、すりこぎを垂直に落としすように使って、潰します。
水分を出さないためです。

DSCF6234 (480x360)
粗く潰すぐらいで大丈夫。

DSCF3681_20140304192546350.jpg
次はショウガです。

DSCF3683_201403041925085e0.jpg
ショウガはそのままだと固くて潰せないので、薄切りにします。

DSCF6239 (480x360)
ニンニクが入ったままのすり鉢にそのまま投入し、粗めに潰します。

DSCF8943 (480x360)
ボウルにタマネギ、ニンニク、ショウガ、アミの塩辛、唐辛子粉、砂糖、水あめを入れます。
梅と砂糖を同量で作った梅のエキスを入れてもいいそうです。

DSCF8944 (480x360)
さらにイワシのエキスも入れます。

DSCF8947 (480x360)
しっかりと混ぜ合わせます。

ヤンニョンだけ作っても、冷蔵庫で3週間保つそうです。
サニーレタスやサンチュにつけて食べても美味しいとのこと。

DSCF8951 (480x360)
次に、ニラを5・6センチの長さに切ります。

DSCF8953 (480x360)
ヤンニョンに投入し、、、

DSCF8954 (480x360)
軽く全体を混ぜ合わせます。

DSCF8957 (480x360)
さらに塩漬けしたセロリを投入し、、、

DSCF8959 (480x360)
ヤンニョンが満遍なくつくように混ぜ合わせます。

DSCF8960 (480x360)
こちらで完成!

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

DSCF2234_201401310729128b6.jpg
フタを開けると、こんな感じです。

DSCF8963 (480x360)
冷蔵庫の中で保管します。

DSCF8962 (480x360)
セロリキムチは酸味が出ないうちに食べきります。
酸味が出ても食べられるけれども、あまり美味しくないとのこと。


【きのこのチャプチェ】
DSCF8964 (480x360)
この日習った韓国料理はきのこのチャプチェです。
チャプチェは日本でもすっかりお馴染みになり、このキムチ教室でも2009年1月24日にごぼうと春雨の炒め物を習っています。
このメニューはきのこをたっぷり食べる料理で、ニンニクや肉は入れません。

DSCF8965 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。

お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF8970 (480x360)
春雨は乾燥しているのでぬるま湯で戻し、水を切って1時間置いておきます。

DSCF8966 (480x360)
ニンジンはかたいので、火が通りやすいように、細めの千切りにします。

DSCF8969 (480x360)
3ミリぐらいとのこと。

DSCF8971 (480x360)
石づきに砂がついていることがあるので、よく洗い、一口大に切ります。

DSCF8974 (480x360)
シイタケは軸を取り、キッチンペーパーで拭いてからスライスします。

DSCF8979 (480x360)
エリンギは手で裂きます。

DSCF8977 (480x360)
この日のきのこはシイタケ・えのき・エリンギの3種類を使っていますが、マイタケやシメジでもいいそうです。

DSCF8980 (480x360)
エノキは根を切り落とし、ざっとほぐします。

DSCF8983 (480x360)
きのこは春雨より量を多くするぐらい、とにかくたっぷりと入れた方がいいとのことです。

DSCF8984 (480x360)
長ネギは白い部分のみ使います。

DSCF8985 (480x360)
縦半分に切り、、、

DSCF8987 (480x360)
中身は抜きます。

DSCF8991 (480x360)
外側の部分を千切りします。

DSCF8995 (480x360)
赤唐辛子は縦半分に切って種を取ります。

DSCF8994 (480x360)
洗って太めの千切りにします。

赤唐辛子ではなく、赤ピーマンでも大丈夫です。

DSCF8999 (480x360)
フライパンを火にかけます。

DSCF8998 (480x360)
固いものから炒めます。
先ずはニンジンを投入。

DSCF9001 (480x360)
油をかけ回し、ニンジンにある程度火を通します。

DSCF9004 (480x360)
きのこと赤唐辛子を投入。

DSCF9009 (480x360)
きのこは油を吸うので、たっぷりめに使います。
しっかり炒めたら、塩・コショウを少し入れます。

DSCF9013 (480x360)
炒めた具材をボウルに移します。

DSCF9011 (480x360)
フライパンにゴマ油を入れ、きくらげを炒めます。
醤油を加え、強火で炒めてしっかり味をつけます。

DSCF9017 (480x360)
きくらげもボウルに移しておきます。

DSCF9019 (480x360)
次に、春雨をフライパンに入れ、、、

DSCF9021 (480x360)
ゴマ油で炒めます。

DSCF9024 (480x360)
醤油と砂糖を加えて味つけをします。

DSCF9027 (480x360)
先に炒めておいたきのこなどを投入。

DSCF9029 (480x360)
フライパンにくっつきやすいので、ゴマ油をさらに加え、木べらや菜箸などで混ぜ合わせます。
味をみて、好みに整えます。

春雨がくっつかないように、醤油・サラダ油・砂糖を入れた水で茹でて、具はそれぞれに味をつけ、最後に混ぜ合わせるという方法もあるとのこと。
手間がとってもかかりますが。

DSCF9032 (480x360)
お皿に盛りつけて完成!

DSCF9034 (480x360)
最後にいりゴマをトッピングし、コショウをふります。

DSCF9037 (480x360)
実習生は2階のレストランで作ってくださったものをいただきます。

DSCF9039 (480x360)
楽しい試食タイムです☆

DSCF9041 (480x360)
こちらは先生作。
全体的に優しい味わいでした。

DSCF9040 (480x360)
こちらがレストラン作。
ニラが入っていて、ニンジンが太めです。
味つけはやや甘めでした。


チャプチェは大好きなのですが、どうも自分でこれだ!という味を作れません。
きのこが大好きなので、このレシピで練習してみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日
ソクバクジ (2007年10月20日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日
干し大根のキムチ (2008年5月10日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ (2010年2月20日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg


2013年6月15日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2014/07/02 00:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(2) |
キッチン たか  @四谷三丁目
梅雨らしいお天気が続いていますが、今日から7月です!
今年は夏休みを遅めに取る予定なのでまだまだ夏モードに入っていませんが、梅雨明けがとっても待ち遠しいです。

なお、2013年6月14日のランチは、2013年5月24日にお弁当を購入した「アジアンランチ」でしたが、ランチ屋台村麹町6丁目店は2013年8月9日に撤退したので、割愛させていただきます。

DSCF8900 (480x360)
2013年6月15日は「妻家房」のキムチ教室でした。
教室が始まる前にいつも四谷三丁目のラーメン屋さん巡りをしていますが、このところ、ほとんどのお店に行ってしまっていたので、気になるランチを食べるようにしています。
この日訪問したのは「キッチン たか」です。

DSCF8916 (480x360)
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅を出て、新宿通りの左側を四ッ谷方面に向かいます。
三つ目の車力門通りを左折し、一つ目の角地にお店があります。

DSCF8885 (480x360)
午後1時ちょっと過ぎ、お店に到着すると、家族と女性一人がお店の前にいました。
ただ、並んでいるというにはばらけた立ち位置だったので、私はそのままお店に入ったところ、店員さんから「並んでいますよ。」と言われてしまいました(汗)。
再度外に出て、3番目として順番を待ちました。

メニューの裏側だったかな?
並び方についての注意書きがありました。

DSCF8895 (480x360)
市ヶ谷経済新聞によれば、2011年9月1日にオープンした「たか」の店主の高橋和男氏は、かつて四ッ谷にあった「洋食エリーゼ」で4年間働き、独立するにあたって同店の人気メニューのレシピを受け継いだそうです。ちなみに、調理器具の多くも譲り受けたとか。

洋食エリーゼ」は2011年9月25日に閉店し、その翌日の2011年9月26日に揚げ物専門店として「こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ」がオープンしました。
人気のあった洋食メニューがリニューアルによって食べられなくなってしまったので、この日は昔の「エリーゼ」のメニューが食べられると思い、とても楽しみにしていました。

DSCF8896 (480x360)
営業時間と定休日はこちらの通りです。

DSCF8887 (480x360)
お店の人からメニューを渡されたので、いろいろ見ながら待つことが出来ました。
メニューはビーフ、ハンバーグ、ポーク、チキン、ご飯もの、魚介とかなり種類が豊富です。
同じメインで味付けの違うものが多数展開されていました。
お値段も全て1,000円以下と、洋食としてはかなりリーズナブルです。

DSCF8899 (480x360)
10分程待って、入店。
私の後ろには4、5人以上並んでいたので、運が良かったです。
この界隈で土曜日のランチで並んでいるのは、2012年2月4日にランチ訪問した「がんこ」ぐらいしか見たことないかも。

右に厨房、左にカウンター6席のみと、とってもこぢんまりとしています。

ご夫婦でしょうか、店主さんと女性一人で切り盛りしています。
お客さんは家族連れ、友人同士、一人など様々で、幅広く人気を得ているようです。

DSCF8897 (480x360)
私は奥から3番目の席に着席。
左手奥にコンロがあって、店主さんが忙しそうにお料理をしています。
小さな洋食屋さんのシェフというと、頑固な職人さんみたいなイメージでしたが、店主さんはやや色黒のサーファーっぽい風貌でちょっとビックリでした(笑)。

卓上には各種調味料、カトラリー、爪楊枝などが置かれています。

DSCF8898 (480x360)
厨房の真ん中ぐらいにホワイトボードがかかっていて、品切れメニューが書かれています。
この日は数量限定の鮭のバタ-ソテーが既に完売でした。

DSCF8888 (480x360)
メニューによれば、お店のオススメは、トマトのビーフ、ハンバーグ、ポークジンジャーです。
エリーゼで何度か食べたことがあるので、懐かしくて「トマトのビーフ」に決定。
ちょうど近くにやって来たシェフに注文しました。


トマトのビーフ ご飯少なめ  (900円)
DSCF8900 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
メイン、お味噌汁、ライスのセットです。

DSCF8901 (480x360)
お冷やを忘れられていたので、お料理が出てからお願いしました(笑)。

DSCF8902 (480x360)
ご飯は白いやや大きめな平皿に盛ってくれます。

DSCF8904 (480x360)
ご飯は奥様がよそってくれます。
店主さんに注文するとき、ご飯は少なめでお願いしましたが、それが反映されていたかどうかはちょっとわかりません。

DSCF8905 (480x360)
洋食屋さんですが、お味噌汁がつきます。

DSCF8915 (480x360)
具はワカメで、小ネギがトッピングされていました。

DSCF8911 (480x360)
楕円形のようなちょっと変わった形の白いお皿に、トマトのビーフ、キャベツの千切り、ポテトサラダが盛られていました。
付け合わせの組み合わせは、「エリーゼ」と同じです。

DSCF8910 (480x360)
千切りキャベツはてんこ盛りです。
このキャベツだけでもものすごいボリューム。

DSCF8913 (480x360)
最初はビーフに合わせて食べていましたが、さすがにあっさりし過ぎるのと、ソースがやや甘めなので途中からドレッシングをかけていただきました。

DSCF8908 (480x360)
ポテトサラダは少しジャガイモのかたまりが残り、ニンジンなどの野菜も入っていました。
味付けはあっさり目です。

DSCF8907 (480x360)
トマトのビーフは牛バラ肉を角切りトマトと特製ソースで仕上げたとのこと。
熱々をまずは一口。
薄切りのお肉はかなり柔らかく、少し甘くて酸味の利いたソースがとっても美味しい!
やや甘さがありますが、ご飯と合います。
酸味は生のトマトから来ているのでしょうか。たまりません。
お肉のボリュームも見た目以上にありました。

DSCF8912 (480x360)
ソースはかなりたっぷりあります。
お肉だけでなく、タマネギやトマトが入っていました。
とっても美味しいので、残したくない!と思って、スプーンで掬っていただいちゃいました。
途中で、ご飯を入れてリゾットっぽく食べたりもしたのですが、平皿にスプーンだと最後まで食べ切るのが大変でした(汗)。
ソースを全部食べたいので、できればパンが欲しいなぁと思います。
別売りで良いからあればいいのに。

DSCF8914 (480x360)
こちらが伝票です。


久しぶりの「エリーゼ」、、、ではなく、「キッチンたか」はとっても美味しかったです。
「たけだ」もとっても美味しいですが、やっぱりメニューが減っちゃったのは改めて残念だな~と思いました。
なかなか来られる場所ではないし、行列もありますが、また機会を捉えて他のメニューを食べてみたいです。


メニューです↓
DSCF8886 (480x360)

DSCF8887 (480x360)

DSCF8888 (480x360)

DSCF8889 (480x360)

DSCF8890 (480x360)

DSCF8891 (480x360)

DSCF8892 (480x360)

DSCF8893 (480x360)

DSCF8894 (480x360)


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のランチです↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

ラーメン むろや (2007年9月1日
らぁめん 赤道 (2007年10月20日
【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
ラーメン 大陸 (2008年1月19日
【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
めん屋 いなば (2008年5月10日
【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
まるいち (2008年9月6日
北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
中華料理 宝来 (2009年5月16日
麺匠 克味 (2009年6月20日
一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
麺や 樽 (2010年9月4日
【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日
雲南米線 (2012年9月1日
濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
自家製麺 GACHI (2013年10月5日
麺匠 三はし (2013年11月16日
北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
中国料理 峨眉山 (2013年3月2日

◎ラーメン以外

ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
キッチン たか (2013年6月15日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年6月15日訪問時お店DATA
*********************
キッチン たか
〒160-0004 
東京都新宿区荒木町3-1
TEL&FAX 03-3356-2646
営業時間  
[平日] 11:00~20:00
[土曜] 11:00~15:00
定休日 日祝・年末年始・お盆
地下鉄四谷三丁目駅4番出口から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/07/01 05:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(8) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる