万豚記 市ヶ谷店  @市ヶ谷
明日からいよいよ3連休ですが、お天気はイマイチのようで、残念です。
しかも、雨はもう降り出しているし(泣)。
みなさま、楽しい週末を☆

2013年10月23日のランチは「サファリカレー」でしたが、2013年10月23日をもって営業終了したので、割愛させていただきます。

DSCF5749 (480x360)
2013年10月24日、上司とOさんがお昼過ぎまで事務所に戻って来られなかったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
でも、もしかしたらギリギリ戻ってくる懸念があったので、市ヶ谷方面へ(笑)。
普段お弁当持参の先輩に新しく見つけた美味しいランチのお店を紹介するようにしているのですが、この時期、市谷界隈でピンとくる新店に心当たりがなかったので、たまたま「万豚記(わんつーちぃー) 市ヶ谷店」の話をしたら、他の場所でも店舗を見かけるけれど、行く機会がないから行ってみたいと言われました。

DSCF8489_20130622144526.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進み、最初の交差点である東郷公園入口を右に曲がり、少し行った左側にYSビルがあり、お店はその1階です。

DSCF8491_20130622144533.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
この場所には2009年7月29日にランチ訪問した「餃子 明明」がありましたが、ビルの建て替えに伴って撤退しました。

その後、2011年2月14日に「中華・餃子・担々麺 ちょもらんま 市ヶ谷店」がオープンし、2011年6月10日にランチ訪問しましたが、8ヶ月程で閉店しました。
2012年10月23日、「万豚記」としてリニューアルオープンし、同日、ランチ訪問しています

同じビルの2階には、2011年2月25日にオープンした「愉快酒場 市ヶ谷店」があり、2011年5月27日にランチ訪問しました

その後、ランチタイムのみ「ランチ専門店 スタミナ 極丼亭 市ヶ谷店」という名前で営業するようになり、2012年4月2日にランチ訪問しましたが、2012年の後半頃に閉店したようです。

2013年1月15日、「博多名物 しろ味噌もつ鍋 もつ真路 市ヶ谷店」がオープンし、2013年6月5日にランチ訪問しています。

DSCF7550.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
東郷通りには大きなランチメニューの看板が出ています。

DSCF5748 (480x360)
フロアは奥へ細長くのびていて、手前にテーブル席、少し奥の左側に厨房とカウンター席、右側にテーブル席が並んでいます。
内装はシンプルですが、奥の壁にはキャラクター?なのでしょうか、ニヒルででっかい豚君の絵が描かれていました。

DSCF7524.jpg
「万豚記」は、「紅虎餃子房」などを展開する外食大手の際コーポレーション株式会社が展開するブランドの1つで、日本全国に30店舗以上あります。

DSCF7522.jpg
2012年10月23日に初めてランチ訪問したときはリニューアルオープンしたばかりだったので大混雑でしたが、その後少し落ち着いたのか、この日だけたまたまだったのか、12時15分頃に入店すると、8割程の人の入りでした。
スーツ姿の男性がほとんどです。

DSCF7521.jpg
店員さんの数は結構多いです。
お揃いの黒Tシャツを着ていました。

DSCF7517.jpg
こちらはカウンター席です。

DSCF5747 (480x360)
私たちが入口に立つと、最初に奥にいた店員さんが自分の近くのテーブルを指し示して「こちらにどうぞ~。」と声をかけてくれたのですが、すぐ後に他のお客さんの対応が終わった店員さんが「こちらにどうぞ。」と入口の扉のすぐの所にあるテーブル席を指し示しました。
この日はかなり冷え込んだ日で、出来れば奥の暖かそうな場所がよかったので、そそくさとフロアの中程に行き、二人席に行っちゃいました。

卓上には各種調味料、お皿、レンゲ、器、紙ナプキン、爪楊枝などが置かれています。

DSCF5739 (480x360)
着席すると店員さんがお水を出してくれたので、いただきながらメニューを検討。

麺やご飯など、30種類以上あって、種類がとっても豊富です。
お値段は680円から1,180円と、かなりの幅広さ。

DSCF5741 (480x360)
以前、「ちょもらんま」時代に見かけたどでかいチャーシューを食べたくて、大肉麺(ターローメン)に決定。
「どーんと大きな厚切り肉のせ」と添え書きがあり、お値段は1,080円と、ラーメンとしてはかなりお高いです。
担々麺バージョンもあって、かなり迷いましたが、前回のランチで担々麺を食べたので、この日は敢えてラーメンにしました。


大肉麺 ~ターローメン~  (1,080円)
DSCF5749 (480x360)
お料理が出てくるまで、少し時間がかかりました。
前に来たときも結構待たされた記憶があって、それは満席だからかと思っていたのですが、そればかりではないようです。
中華料理屋さんにしては時間がかかります。
11分以上経って、お料理が登場!

大肉麺は真っ白の大きなドンブリに入って出てきました。
たっぷりと注がれた濃い茶色のスープには、チャーシュー、卵、ネギなどがトッピングされています。

DSCF5753 (480x360)
スープはお醤油ベースでかなり濃い茶色で、薄く油が浮いています。

DSCF5751 (480x360)
長ネギは小口切りでたっぷり目。
彩りになっています。

DSCF5754 (480x360)
隠れていますが、メンマも入っていました。
甘く柔らかく煮付けてあります。

DSCF5752 (480x360)
卵はあらかじめ半分に切ってありました。

DSCF5750 (480x360)
真ん中にどかんとのせられているお肉はかなりの大きさ。
看板に偽りはありませんでした。
幾つかあるように見えますが、柔らかい部分が崩れているだけで、基本的には1つの大きな塊だったようです。

DSCF5758 (480x360)
まずはスープを一口。
かなり濃い色合いですが、味はそれ程塩気は強くありません。
ほんのり甘めのお醤油ベースで、ダシもしっかりきいていました。

DSCF5757 (480x360)
麺は黄色い細麺で、ストレートでした。
中華料理屋さんにしてはかために茹で上がっていて、ほぐしやすかったです。
麺のボリュームは普通です。

DSCF5762 (480x360)
レンゲで持ち上げてみると、かなり厚みがあり、しかも重たい!
脂身は少なく赤身が中心なので、かたいかも、、、とちょっと心配しましたが、食べてみると意外とお肉が柔らかくてビックリ。
筋に沿ってハラハラとほぐれ、噛みしめても程よい弾力です。

DSCF5761 (480x360)
一部かたいところがあり、歯に詰まっちゃう感じもありましたが、全体としてはかなり食べやすくて美味しかったです。
お肉はあらかじめ甘じょっぱく煮付けてありますが、甘さはそれ程ではありません。
中華ではお肉の塊を煮るときによく八角を使いますが、これには使われていなかったようなので、苦手な私にとっては嬉しかったです。
あまりにもお肉が大きいので、お肉の合間に麺を食べるという感じでした(笑)。
先輩にも一口おすそ分けしたところ、美味しいと言っていました。

DSCF5763 (480x360)
卵は下味がしみた固ゆで卵です。


エビ味噌担々麺  (980円)
DSCF5755 (480x360)
先輩はエビ味噌担々麺を注文。
大きさの違う海老がたくさん入っていて、味わいもビジュアルもとってもよかったです。

DSCF5756 (480x360)
たくさんあるからと、海老とスープをいただいちゃいました。
濃厚な海老の出汁が出ていて、海老好きにはたまりません。
中ぐらいの大きさの海老は頭から全部食べちゃいました。
お値段は決してお安くはないですが、独創的で美味しい担々麺を食べられて先輩も大満足でした。

DSCF5764 (480x360)
この日の伝票です。


ランチはどちらのメニューもライスの無料サービスがあるはずですが、店員さんからは特に何も聞かれませんでした。
前回来たときは何も聞かれないままお料理の時に一緒に出てきたので泣く泣く食べたことがありましたが、この日は結局出てこなかったので申し出制なのか、女性だから特に対応がなかったのか、はっきりしません。
この日はとてもご飯を食べるキャパはありませんでしたが(笑)。

このお肉、もしかしたら200g以上あったのではないかと思います。
麺料理を食べたはずなのに、お肉を食べた~と、とても充実感がありました。
スープもほとんどいただいたので、お腹パンパンになりました。
お値段は4桁と、かなりお高めでしたが、大満足です。

こちらのお店は周囲にひしめく中華料理屋さんに比べるとお値段は少しお高めですが、一捻りある面白いメニューをいただけるのが嬉しいです。
次回は是非ともこのお店の名物である大餃子を食べたみたいです。


ランチメニューです↓
DSCF5739 (480x360)

DSCF5740 (480x360)

DSCF5741 (480x360)

DSCF5742 (480x360)

DSCF5743 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF5744 (480x360)

DSCF5745 (480x360)

DSCF5746 (480x360)


2013年10月24日訪問時お店DATA
****************************
万豚記 市ヶ谷店 (わんつーちぃー)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-6-8 YSビル1階
電話&FAX 03-6272-4888
営業時間 
[昼]11:30~15:00
[夜]15:00~23:00
定休日 無休
14:00まで禁煙、それ以降全席喫煙可
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/31 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(0) |
やきとり 串八珍 [市ヶ谷別館]  @市ヶ谷
1日40~50通?ぐらい来ていた迷惑メールが昨日からぴたっとなくなりました。
ほぼ2種類ぐらい、しかも、似たようなテイストだったので、発信先は1ヶ所だったかも。
ともあれ、そこががさ入れされたのかソフトバンクががんばってくれたのか、久しぶりに面倒くさくない朝を迎えることができました(笑)。

ブログの記事を下準備したときに何故か間違えてしまったようで、時系列でいうと昨日の「グリーン」の記事と本日の「串八珍」の記事は逆になってしまいました(汗)。
申し訳ございませんでした。。。

DSCF5612 (480x360)
2013年10月21日は、上司が予定外でお昼時に不在になったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに行くことにしたのですが、時間は既に12時半を回っていて、午後イチで来客を予定していたこともあり、近場しか行けませんでした。
この日は少し冷え込んで肌寒い日だったので、Oさんが行ったことのない「やきとり 串八珍(くしはっちん) 市ヶ谷別館」に決定。

2009_0905画像0094
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進んで最初の交差点を右に曲がり、建物三つ目のセンタービルの1階に店舗があります。正面はソニーミュージック本社です。

2009_0905画像0095
こちらも以前撮影した写真です。
「やきとり 串八珍」は株式会社豊創ホールディングスが運営する大手居酒屋チェーン店で、都内にたくさんの支店があり、この界隈では、2008年9月17日にランチ訪問した市ヶ谷店と2012年4月5日にランチ訪問した四谷店があります。

2009_0905画像0046
以前は同じ会社が運営する「鳥珍」という店名でしたが、ブランド統合し、2009年9月1日から「串八珍」に業態変更しました。

前回ランチ訪問したのは2012年11月5日だったので、約1年ぶりです。

2009_0905画像0047
営業時間は、昼は午前11時30分~午後2時、夜は午後5時~午後11時までです。
定休日は土・日・祝です。

DSCF5632 (480x360)
お店の入口にはランチメニューの看板が出ています。
全部で6種類、お値段が630円から690円と、とってもお安いです。

2009_0905画像0050
お店は外も中も、古民家を再現している凝った造りになっています。

2009_0905画像0052
入口は小さく、通路も狭いですが、奥に向かって店内が広がり、席数は結構あります。
しかも、二人テーブル席、四人テーブル席、お座敷、ちょっと区切った個室など、お部屋のパターンも様々です。

2009_0905画像0051
こちらのお店は前精算なので、まずはお店中央のレジで食券を購入し、店内にあるウェイティング用のイスに座るなどして、席に案内されるのを待ちます。
待っている人数が多くても、席数が多く、回転が早いので、それ程待ちません。

DSCF8002.jpg
お座敷はこんな感じです。

2009_0905画像0058
こちらも以前撮影した写真です。
壁には夜のメニューが貼り出されています。

2010_0330画像0011
こちらも以前撮影した写真です。
店員さんは、ほぼ全員がおばさま軍団です。
いつも忙しく店内を走り回っていますが、お店のキャパの割には人数が少ないようで、ピークタイムは食事が終わって後片付けられていないままの席が空いているのを、時折見かけるのが残念。

DSCF5596 (480x360)
一番のオススメはつくねのスープですよ~とOさんに話ながらお店に向かったのに、既に売り切れ(泣)。
私もこのお店のメニューをほとんど食べたような記憶があったので、つくねのスープを食べようかと思っていたのですが、仕方なく、新しい登場していたメニューの中から麻婆豆腐定食を注文。

お会計をすると、食券代わりのプラスチックカードをいただきます。

レジではご飯の分量については聞いてくれません。
なので、着席してから来る店員さんにご飯少なめをお願いします。
久しぶりだったので、レジで「ご飯少なめに」とお願いしたら、席の方で伝えて下さいと言われちゃいました(汗)。

DSCF5600 (480x360)
この日はランチの100円引きのチケットをいただきました。
もともとお値段がお安めなので、かなりお得になります。
ただ、期限が1ヶ月を切っているので、なかなか使うのは難しいですが。
前回のランチの時はランチスタンプキャンペーンをやっていましたが、根付かなかったのでしょうか。

DSCF5603 (480x360)
いつも繁盛している人気店ですが、遅い時間の入店だったこともあり、待っている人は数組いましたが、すぐに席に通されました。
私たちは右手中程の半個室になった4人用テーブルに着席。

卓上にはお茶の入ったポット、湯飲み、お醤油、七味唐辛子、爪楊枝、ディナーメニュー、アンケートなどが置かれています。

お茶を入れたりしているうちに店員さんがちょっと顔をのぞかせたものの、特に声をかけられることもなく立ち去ってしまったので、ご飯少なめを頼むチャンスがありませんでした(泣)。
お会計の時に渡されるプラスチックカードはお料理と引き替えに店員さんに返すので、色だけ見て注文を確認してしまうようです。
ご飯を少なめにしたい人は、最初にしっかりと店員さんをつかまえることをオススメします(笑)。

DSCF8003_201309300814365aa.jpg
卓上にあらかじめ湯飲み茶碗とお茶の入ったポットが置いてあるので、セルフサービスです。

DSCF5601 (480x360)
お茶をいただきながら、お料理を待ちます。


マグロづけ丼  (690円)
DSCF5605 (480x360)
先輩の注文したマグロづけ丼が早く出てきました。
メイン、お味噌汁、お新香のセットです。

DSCF5608 (480x360)
個人的にはつくねのスープに続いて好きなメニューなので、私もこの日は注文しようかちょっと迷いました。
相変わらずの美味しさで、ご飯が普通盛りだったこともあって、ボリュームも結構あったとのこと。


麻婆豆腐定食  (690円)
DSCF5609 (480x360)
メイン、お新香、味噌汁、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。
お味噌汁は蓋付きです。

DSCF3885_20130621223737.jpg
おしぼりの袋には店名がカラーで印刷されています。

DSCF3887_20130621223634.jpg
おしぼりだけでなく、お箸袋にも店名が印刷されていました。

DSCF3886_20130621223741.jpg
しかも、系列チェーンの店名も書かれています。
ここにだけ「鳥珍」の名前が残っていました(笑)。

DSCF5616 (480x360)
麻婆豆腐用にスプーンもついていました。

DSCF5612 (480x360)
いただきま~す!

DSCF5613 (480x360)
ご飯は少なめをお願いできなかったので、普通盛りです。

DSCF5615 (480x360)
ご飯茶碗にたっぷりと入っていました。

DSCF5618 (480x360)
記憶が不確かですが、中はネギのみ?で、とてもシンプル。

DSCF5621 (480x360)
お新香は小さな平たいお皿に盛られた青菜の漬物です。

DSCF5622 (480x360)
麻婆豆腐は黒くて丸平皿に盛られていました。

DSCF5626 (480x360)
茶色のスープにはお豆腐がたっぷりと入っていて、ラー油でしょうか、赤い辛味が回しかけられ、ネギが中央にトッピングされています。

DSCF5624 (480x360)
ネギは彩りで緑色の部分だけ使われていました。

DSCF5625 (480x360)
スプーンで一口食べてみると、塩気もダシも感じられず、とても水っぽくてビックリ。
濃い味好きな私ですが、そういう問題じゃないぐらい味がなくて、とてもご飯のお供になりません。
最初、卓上のお醤油をかけちゃおうかと思ったのですが、塩分をとり過ぎるかもと思って七味唐辛子をかけてみたのですが、唐辛子の単調な辛さが加わっただけで、余計ダメ(泣)。

DSCF5627 (480x360)
こんな時に限ってご飯が多くて、食べ切るのに本当に困りました。
諦めてお醤油をかけて、何とか完食。

DSCF5629 (480x360)
「串八珍」のお料理は当たり外れが多いのはわかっていましたが、調味料を入れ忘れたんじゃないかと思うほど、この日の麻婆豆腐はかなり残念なお味で、久しぶりに完璧な外れでした。


事務所に戻ってから、麻婆豆腐の味の話をしたら、先輩は「出てきた時から美味しくなさそうだな~と思っていましたよ。」と言われちゃいました(笑)。
半分八つ当たりだと重々承知ですが、12時半でつくねが売り切れてしまうのなら、もう少し数を準備して欲しいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2010年3月25日) 
国産黒毛牛すき焼き定食 (2009年9月3日
かつカレー定食 (2010年1月12日
釜揚げしらす丼定食 (2011年7月13日
ビビンバ丼 (2012年8月3日
ビーフカリー (2012年11月5日
麻婆豆腐定食 (2013年10月21日

[「鳥珍」時代]
つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2007年5月15日) 
具だくさん豚汁定食 (2009年4月13日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のメニューです↓
DSCF3869.jpg

DSCF3871.jpg

DSCF9330.jpg

DSCF9331.jpg

DSCF9333.jpg

DSCF9334.jpg


2013年10月21日訪問時お店DATA
*************************************
やきとり 串八珍 市ヶ谷別館 (くしはっちん)
〒102-0084 
東京都千代田区五番町10-2 センタービル1階
TEL 03-3230-3102
FAX 03-3230-3103
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:00~23:00(L.O. フード 22:15、ドリンク 22:30)
定休日 土・日・祝
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分
都営新宿線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/30 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(6) |
ASIAN KITCHEN & BAR GreeN  @四谷
昨日の午後、会社の天井ででっかいゴキちゃんが歩いているのを発見(汗)。
最近久しく見ていないビックサイズで、もともとゴキブリ嫌いのOさんと先輩は一瞬固まっていました。
冷え込んできているからか、かなりのそのそした動き。
来客を予定していたのでそのままにはしておけず、薬を吹きかけたところ、床に落っこちてしばらく所在不明(汗)。
あちこち探していたら、先輩の机の下の配線が絡まっている陰でご臨終していました。
掃除機で吸い取ろうとしたのですが、物が邪魔してうまくいかず、結局先輩が拾って捨ててくれました。
本当にありがとうございます!!

DSCF5670 (480x360)
2013年10月22日、上司がお昼時に不在だったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
2013年4月5日のランチに「ルバード」で食べたガレットが美味しかったので、Oさんに紹介したくて行ってみることに。
中央総合ビルのエレベーターに乗って3階で降りたら、ランチ営業は系列店の「オブラ」でやっているとの案内が貼り出されていて、このお店自体のランチは休業していました(泣)。
ビルの前が何となく寂しげだな~と思っていたのですが、まさかランチ営業をやめちゃっていたとは!

DSCF5633 (480x360)
ただ、このことがあったおかげで、「ルバード」と「オブラ」は系列店だというのがわかりました。

さらに、この記事を書くにあたって調べていたら、「ルバード」は2014年9月10日に閉店し、新しく塊肉とワインのお店「ブロックス」として生まれ変わる予定だそうです。

DSCF5634 (480x360)
新宿通りに佇みながら、さて、どこにしようかと考えました。
Oさんにどんな系統のお料理を食べたいか聞いて見たところ、「イタリアンがいい。」とのことだったので、2007年8月14日に旧店舗でランチをしただけで、私自身も新店舗に移転してから行っていない「サルバトーレ」へ。
バイキングスタイルに変更したのこちらのお店、とても混雑していて、待ちになっていたのでやめました。

思いがけずランチ難民になってしまったのですが、ふと、「ASIAN KITCHEN & BAR GreeN(グリーン)」のことを思い出し、食べたい系統と違うけど大丈夫かどうかOさんに尋ねたら、「3日前にイタリアンを食べていたので、実は違う方が良かった。」と言われた(笑)ので、行ってみることにしました。

DSCF0220_20110902204732.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜け、少し行った右手に上野KGビルがあり、お店はこの2階にあります。

DSCF6327.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
「グリーン」は、2011年3月8日にオープンしました。
オープンして4日目に東日本大震災に遭遇してしまったとは、何ともお気の毒です。

DSCF6328.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
このビルの中にはたくさんの飲食店が入っています。
1階には2011年8月1日に移転してきた老舗有名ラーメン店の「支那そば屋 こうや」があり、2011年8月18日2013年5月2日にランチ訪問しました。
夜営業しかしていないお店が多いので、詳しいことはわかりませんが、このビルはやや不便な立地のせいか、お店の入れ替わりが激しいです。

DSCF5685 (480x360)
市ヶ谷経済新聞の記事によれば、中目黒の人気ダイニングバー「楽屋」で10年シェフをつとめた篠原昇さんが、40歳なることをきっかけに独立開業した店だそうです。
OLを中心とした女性客をターゲットに、タイ・ベトナム料理を楽しめるとのこと。
ウリのメニューはクロック(石臼)とサーク(きね)を使って作る篠原さんオリジナルのカレーペーストを使ったカレーやカレーフォーで、このカレーフォーは中目黒時代にテレビ番組でも取り上げられたそうです。

DSCF5684 (480x360)
ビルの前に小さなランチメニューの看板が出ています。

前回ランチ訪問したのが2011年3月25日だったので、約2年7ヶ月ぶり、2回目です。

DSCF6329.jpg
古めかしいビルの細い階段を上って2階に行きます。
手前側に「グリーン」があります。

この場所には2008年4月7日に訪問した「サランチェ」という韓国料理屋さんがありました。

DSCF5669 (480x360)
フロアは広く、手前から厨房、テーブル席、お座敷席となっています。
シンプルながら、アジア系雑貨などが置かれていて、ちょっとオシャレな雰囲気です。
久しぶりなので記憶が不確かですが、少し内装が変わったような気がしました。

DSCF6109.jpg
入店したのは12時20分過ぎで、6割程の人の入りでした。
アジアン系のお店のせいか、女性客が多かったです。

DSCF5642 (480x360)
手前のテーブルは空いていなかったので、奥の座敷席に通されました。
窓際の左奥の四人席に着席。
とっても広々。

卓上にはカトラリーセットとおしぼりとメニューが置いてありました。

DSCF5652 (480x360)
アジアン系のお店ですが、夜はこんなカクテルもあるようです。

店員さんはフロアを担当する女性一人です。
厨房の方は見えません。

DSCF5637 (480x360)
タイ料理屋さんでお馴染みの4種類の調味料セットも置いてありました。

DSCF5636 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF5638 (480x360)
ランチメニューです。

定番メニューはフォーだけで4種類あります。
700円から950円と幅があり、一番お高いグリーンカレーフォーは、1日10食限定です。
これにスペシャルランチとして1種類あって、900円でした。
2013年10月14日からと記載があったので、半月に一度変わるのでしょうか。
この時期はマッサマンカレーでした。
トッピングが4種類あるほか、ソフトドリンクが8種類、アルコールが2種類、デザートが3種類あります。

DSCF5635 (480x360)
前回何を食べたのか思い出せなかったのですが、多分絶対初めてだと思われた肉ワンタンのフォーにしました。
先輩とかぶってしまったようで、先輩は急遽グリーンカレーフォーに変更。
限定ですが、まだあったのでよかった~。


肉ワンタンのフォー (880円)
DSCF5670 (480x360)
こちらのお店はお料理が出てくるのに少し時間がかかります。
10分程待ってお料理が登場!

肉ワンタンフォーは、大きめの白いドンブリにたっぷりと入っていました。
白とグリーンのシンプルな彩りです。

DSCF5671 (480x360)
中央にはもやし、小ネギ、パクチーがのせられ、、、

DSCF5672 (480x360)
周りには、ワンタンや、、、

DSCF5673 (480x360)
青菜や、、、、

DSCF5674 (480x360)
鳥肉などが入っていました。
なかなか具沢山です。

鶏肉は胸肉でしょうか、細く割いてありました。
味付けはほとんどなかったと思います。

DSCF5675 (480x360)
味が足りないようならと、ナンプラーのボトルをいただきました。
ちゃんと見なかったのですが、現地製のもののようです。

DSCF5676 (480x360)
結局、味わいは充分だったので、使いませんでした。

DSCF5679 (480x360)
まずはスープを一口。
少し濁った白いスープです。
前回食べたカレーフォーはダシ感が少なくてかなりあっさり気味だった記憶がありましたが、この日はダシも塩気もしっかりあって、美味しい~。

DSCF5680 (480x360)
ビーフンは平打ち麺で、きしめんのようです。
やや柔らかめの茹で加減でしたが、ボリュームはたっぷり。

DSCF5682 (480x360)
ワンタンは3つか4つ入っていました。
中に詰めたお肉は旨みがありましたが、ワンタンの皮はちょっと柔らかめで、持ち上げるとぷつぷつ切れちゃったのは残念です。


限定10食 グリーンカレーフォー (950円)
DSCF5677 (480x360)
Oさんと先輩は二人ともグリーンカレーフォーをチョイス。
そこそこ辛さがあり、旨みもボリュームもたっぷりで、とても美味しかったそうです。


麺が多く、ワンタンもあり、スープを全て飲み干したのお腹いっぱいになりました。
前回と味の印象がずいぶん変わって美味しく思ったので、他のメニューも是非食べてみたいです。


ランチメニューです↓
DSCF5638 (480x360)

DSCF5639 (480x360)

DSCF5640 (480x360)

DSCF5641 (480x360)


ディナー・フードメニューです↓
DSCF5653 (480x360)

DSCF5654 (480x360)

DSCF5655 (480x360)

DSCF5656 (480x360)

DSCF5657 (480x360)

DSCF5658 (480x360)

DSCF5659 (480x360)

DSCF5660 (480x360)

DSCF5661 (480x360)

DSCF5662 (480x360)

DSCF5663 (480x360)

DSCF5664 (480x360)

DSCF5665 (480x360)

DSCF5666 (480x360)

DSCF5667 (480x360)

DSCF5668 (480x360)


ディナー・ドリンクメニューです↓
DSCF5643 (480x360)

DSCF5644 (480x360)

DSCF5645 (480x360)

DSCF5646 (480x360)

DSCF5648 (480x360)

DSCF5649 (480x360)

DSCF5651 (480x360)


2013年10月22日訪問時お店DATA
*********************************
ASIAN KITCHEN & BAR GreeN (ぐりーん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-23 上野KGビル2F
TEL&FAX 03-3353-5175
携帯 090-77377691
営業時間
[平日]11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~24:00(L.O.23:30)
[土曜]17:30~24:00(L.O.23:30)
定休日 日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/29 07:00】 | エスニック | トラックバック(0) | コメント(9) |
龍月園  @四谷
昨夜、羽田空港でエボラ出血熱の疑いがある方がいらっしゃいましたが、たくさんの検査の結果、今朝早くに陰性だったことが判明し、ひとまずホッとしました。
日本にやって来るのは時間の問題だとは思っていますが、いよいよかと思うとやっぱりかなりドキドキしちゃいます。
昔、「ホット・ゾーン」という本を読んでエボラ出血熱の怖さを知ったので、もう一度読んでみたいと思って本棚を探したのですが、見つからない。。。

DSCF5329 (480x360)
2013年10月18日は週の最後の金曜日。
お昼になると、上司に誘われて外へランチを食べに出ることになりました。
四ッ谷駅に向かって歩いている途中、T事務所のT様とばったり遭遇。
合同忘年会の話をしていたら、T様から「ランチは『嘉賓』にするんですか?」と聞かれました。
いつもどおり「嘉賓」へ行こうと思っていた上司は不意を突かれて行く気が削がれたらしく、この日は珍しく「嘉賓」の前を通り過ぎ、「龍月園(りゅうげつえん)」に行きました。
自分も含めて一緒だった3人は、その場で口には出さなかったものの、T様に感謝(笑)。

DSCF3900.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、しばらく行った左側に玉川ビルがあり、お店はその1階です。

看板

同じビルの地下には、2007年11月22日に訪問した「ふらり 四谷店」が入っています。

DSCF5346 (480x360)
お店の前には、小さな看板が出ています。

DSCF5538.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口の前には小さなスペースが作ってあり、火おこしに使われているようです。

この場所にマダムがいらっしゃいました。
顔なじみだけどご無沙汰していた上司を見つけると、「何人?」と声をかけられ、相変わらずの愛想のないクールな応対が逆に懐かしかったです(笑)。

DSCF5508.jpg
お店に入るとすぐレジがあり、奥にテーブル席が並んでいます。
店内はとても高級感があり、シックでオシャレで落ち着いた雰囲気です。

DSCF5504.jpg
前回訪問したのは2011年2月23日だったので、約8ヶ月半ぶりです。

2009_0123画像0127
12時40分過ぎに入店したところ、先客はグループ客一組のみ。
直前までもう一組いたのか、下げるお皿がワゴンに積まれていました。

DSCF5507.jpg
フロアから厨房に続く細い通路の右側には座敷席があるようです。

2010_0107画像0001
壁際には色々なお酒がズラリと並んでいます。

DSCF3872.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
私たちはフロア中程の4人用テーブルに着席。

卓上にはメニュー、割り箸、紙ナプキン、灰皿などが置かれています。

DSCF5311 (480x360)
小さな容器に入れられたコチュジャン?辛味噌?がありました。

DSCF5309 (480x360)
前からあったのかな?
全然気付きませんでした。

DSCF5304 (480x360)
着席すると、お茶とおしぼりが出てきました。
おしぼりは4人分を小さなカゴにのせられています。

DSCF5501.jpg
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF5297 (360x480)
ランチメニューです。
焼肉だけでなく一品料理まであってメニューの種類が豊富です。
お値段も800円から3,000円と幅広くありました。

ここに来る途中、前日先輩と私が遅くまで残業していたことを知った上司は、「肉を食べると元気になる。大盛りでもいいぞ!」と声をかけてくれました(笑)。
ご無沙汰だったのでどのメニューを食べたことがあるのかすっかり忘れちゃっていました。
また、この日の夜はディナーに行く予定だったので軽めに食べたいようと思い、スタミナ焼定食(900円)をご飯少なめでお願いしました。
先輩も全く同じことを考えていたようで、同じメニューを注文。

DSCF5306 (480x360)
注文を終えると、炭を準備してくれます。

DSCF5307 (480x360)
昼から炭焼きなんて、と~っても贅沢。
見ているだけでも楽しいです。

DSCF5316 (480x360)
炭は赤々と燃えて、かなりの熱が伝わってきます。

DSCF5317 (480x360)
他の三人は次々とお料理が出てきて、最後が私でした。
ホルモンの準備が遅くなっているようで、まずはそれ以外のものが登場。
メイン以外のナムル・サラダ・キムチ・ライス・スープのセットです。
黒い長方形のお盆にのせられています。

DSCF5338 (480x360)
店名とイラストが印刷された箸袋でした。

DSCF5323 (480x360)
ライスは小さなお茶碗に盛られています。

DSCF5324 (480x360)
少なめをお願いしたのですが、もともと器が小さめだったので、かなり少なめでした。

DSCF5331 (480x360)
スープはワカメスープです。
小ネギの小口切りと白ゴマがふってありました。
写真がピンぼけでスミマセン(汗)。

DSCF5325 (480x360)
キムチは白菜キムチです。
辛さも酸味もほどほどで、食べやすかったです。

DSCF5327 (480x360)
もやしのナムルにはほんの少し、一味唐辛子?がふってありました。

DSCF5328 (480x360)
あっさり目の味付けです。

DSCF5319 (480x360)
サラダはポテトサラダです。

DSCF5321 (480x360)
白くて丸い器に盛られた量があまりに少なくて、かなり寂しげ(汗)。
もっと小さなお皿にした方が良いのでは?

DSCF5330 (480x360)
焼肉のタレは小皿に入って出てきます。

DSCF5322 (480x360)
私以外の人は先に焼き始めました。
むむ、羨ましい。。。


スタミナ焼定食 ご飯少なめ  (900円)
DSCF5329 (480x360)
ようやくホルモンが出てきて、いただきま~す!

DSCF5332 (480x360)
ホルモン・レバー・ギャラの3種盛りとのこと。
でも、レバーは見当たらず、とっても残念。
3種類とも、あらかじめタレがまぶしてあります。

DSCF5337 (480x360)
彩り?に、中央に小ネギが少し散らしてありました。

DSCF5336 (480x360)
多分、こちらがホルモン?
ふにゃふにゃと柔らかく、一口大の大きさです。

DSCF5334 (480x360)
ギャラは、かなり濃い茶色で、独特のイボイボが目立ちました。

DSCF5333 (480x360)
こちらは内臓のどこの部分でしょうか。
ホルモン、好きな割には部位について全く詳しく無いワタクシです(汗)。
こちらはかなり大きめのカットでした。

DSCF5339 (480x360)
私も焼きに参戦!
4人で使うので、ちょっと狭めです。

DSCF5340 (480x360)
ホルモンなので火が通るのに少し時間がかかります。
お腹空いているときにこの待ちは辛い!(笑)。
あと、タレをまぶしたホルモンって、焼き上がりのタイミングがわからなくて、いつも悩みます。

DSCF5344 (480x360)
脂がどんどん滴り落ちます。

ようやく焼き上がり、いただきま~す。
内臓にまぶしてあるタレは少し甘めです。

DSCF5342 (480x360)
ギアラは独特の食感で、歯応えがあります。
味はあっさりでした。

名前のわからない内臓は、サイズが大きいうえに、噛み切るのが結構大変でした。

ホルモンはトロリと柔らかく、脂の旨みを楽しめました。
この3種類の中では一番美味しかったです。

DSCF5345 (480x360)
この日の伝票です。


「龍月園」は、食事を食べ終えるとかなり早く炭を切り上げます。
網の上が私の内臓が一枚だけになったら、さっさと送風スイッチが切られちゃいました(笑)。
お肉の中で一番大きくて厚みのあるものだったので、出来ればもっとじっくり焼きたかったのに~。
もちろん、炭はそのまま入っていましたが。

全体のボリュームは普通です。
ピカイチなお味ではなかったですが、1,000円かからないお値段で3種類の内臓が楽しめたのは良かったです。
上司がこのお店のことを思い出したので、また来るようになるかもしれないので、食べたことのあるメニューをスマホにまとめておかなきゃ。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  焼肉ランチ  (2010年12月28日
  カルビ焼定食  (2008年11月6日2010年1月6日)  
  シェフのオススメランチ:焼肉+小カルビうどん  (2008年3月17日) 
  スタミナ焼定食 (2013年10月18日

  タンのハンバーグ  (2010年12月15日
  温麺 (2011年2月23日) 

[ディナー]
  2009年1月23日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューはこちらです↓
DSCF5297 (360x480)

DSCF3424.jpg

DSCF3425.jpg

DSCF3426.jpg

DSCF3427.jpg


ディナーメニューはこちらです↓
2009_0123画像0139

2009_0123画像0140

2009_0123画像0141

2009_0123画像0142

2009_0123画像0143

2009_0123画像0144

2009_0123画像0145

2009_0123画像0146

2009_0123画像0147

2009_0123画像0148

2009_0123画像0150

2009_0123画像0151

2009_0123画像0152

2009_0123画像0153

2009_0123画像0154

2009_0123画像0155

2009_0123画像0156

2009_0123画像0157

2009_0123画像0158

2009_0123画像0159

2009_0123画像0160

2009_0123画像0161

2009_0123画像0162

2009_0123画像0163

2009_0123画像0164

2009_0123画像0165

2009_0123画像0166

2009_0123画像0168

2009_0123画像0169

2009_0123画像0171

DSCF3876.jpg

DSCF3875.jpg

DSCF3878.jpg

DSCF3880.jpg

DSCF3881.jpg


2013年10月18日訪問時お店DATA
********************************
龍月園 (りゅうげつえん)   
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-20 玉川ビル1階
TEL&FAX 03-3357-1088
営業時間 
[平日]11:30~14:30 17:00~1:00
[土祝]17:00~24:00 
定休日 日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/28 06:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(2) |
こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ  @四谷
お天気に恵まれた週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は地元の公園でBBQをやったのですが、1.5キロの塊肉を焼いたりして、とっても盛り上がりました。
ただ、何度もやっているのにイマイチ炭にうまく火がつかず、バタバタでしたが(汗)。

DSCF5227 (480x360)
2013年10月16日は、台風が日本列島を直撃し、雨は午前8時ぐらいに止んだものの、強風のために次々と電車が止まってしまい、会社に来るのも一苦労でした。
バスを乗って地下鉄に行き、いつもの倍近い時間をかけて、ようやく出社。
あらかじめお昼頃に出社していいという会社もあったようだし、結果的にお昼頃の出社になった人も多かったようです(笑)。
Oさんは結局、会社に到着したのが午後1時近くでした。
上司は午前中の外出が長引き、出先で適当に食べてくるという連絡が入ったので、思いがけず先輩と二人でランチを食べに出られることになりました。

事務所の前の道は、お昼とは思えないほど閑散。
歩いている人は、ランチに出かけるのではなく、これから会社に向かうような人ばかりでした。
三栄通りもしんみち通りもガラガラだったので、新店に行こうかと思っていたのですが、こんな日こそ、行列店に行こう!と「こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ」に向かうことに。
しんみち通りは人がほとんど歩いていなくて、呼び込みの店員さんが数人立っているような状態でした。
魚一商店」に至っては、仕入れが間に合わなかったのか、ランチ営業をしていませんでした。
こんな状態なのにも関わらず、「たけだ」の前には行列が!
とはいえ、3人位だったので並びました。

DSCF5251 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに向かい、通りに入ってすぐ右手にあります。
この界隈ではダントツの人気店で、時間を問わず、いつも行列が出来ています。

DSCF5211 (480x360)
市ヶ谷経済新聞によれば、四谷の老舗人気店「洋食エリーゼ」が2011年9月25日に閉店し、翌日の9月26日に揚げ物専門店として「こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ」としてリニューアルオープンしたとのこと。

お店の前にはいつも長蛇の列が出来ているので、お弁当を受け取ろうと並ばずに店内に入ろうとすると、何となく痛い視線にさらされるので、先輩はいつも大きな声で「お弁当取りに来ました!」と言っているそうです。
テイクアウトができることを知らないお客さんから「持ち帰れるんだ~。」という言葉が聞こえてくるとか(笑)。

DSCF2566 (480x360)
前回ランチ訪問したのは2013年8月28日だったので、約1ヶ月半ぶり、3回目です。
テイクアウトは2013年2月28日のランチにしたことがあります。

DSCF5218 (480x360)
こちらが営業時間です。

DSCF5219 (480x360)
入口近くにテイクアウトのメニューが置かれています。
せっかくなので、いただいちゃいました。

DSCF5210 (480x360)
お店の前には小さな看板が出ています。

DSCF5216 (480x360)
並んでいる途中、店員さんがメニューを持って来てくれるので、先にオーダーをします。

せっかくだから満腹もりもり定食でも食べちゃおうかな、、、なんて思っていたのですが、店員さんから数量限定のサーモンクリームコロッケ定食を勧められました。

DSCF5217 (480x360)
あまり見たことがないメニューだったので、ちょっと興味を惹かれ、せっかくならいろいろと食べたいと思い、カニクリームコロッケ定食を注文し、1つだけサーモンクリームコロッケに変更してもらいました。

DSCF2565 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
午後1時以降だけですが、「エリーゼ」時代のメニューが2種類復活しています。
遅い時間に来られる人が羨まし~い。

DSCF2576 (480x360)
10分程待って入店。

店内は奥へ向かって細長くのびていて、右手に厨房、その前がカウンター席、手前に一つだけ二人用のテーブル席があります。
細長くてかなり狭いです。

DSCF5226 (480x360)
店内は終日禁煙です。

DSCF3531.jpg
カウンター席からは厨房がよく見えます。
厨房の中の店員さんは結構たくさんいらっしゃいます。
サービス担当の店員さんは「四谷たけだ」のネームが入ったTシャツを着ていました。

DSCF3533.jpg
カウンターの上には、生野菜が盛られたお皿がずらりと並んでいます。

DSCF2573 (480x360)
「たけだ」では、複数の人数で行くとバラバラに着席することがほとんどです。
この日は空いていたこともあり、私たちはカウンターの真ん中辺りに並んで着席。
お客さんはほとんどが男性でした。
いつもは閉店まで行列の途切れないお店なのに、私たちが帰るまでに空席がある時間帯もありました。こんな「たけだ」はほとんど記憶がありません。

卓上には洗い箸、お水のポット、カトラリー、紙ナプキン、爪楊枝、お新香、ドレッシング、各種調味料などが置かれています。

DSCF5224 (480x360)
ドレッシングはゴマドレッシングです。
好みでいろいろと食べられるよう、ソース、醤油、塩、タバスコ、からしなど、いろいろな調味料がありました。

DSCF5222 (480x360)
塩はテキサス岩塩です。

DSCF5225 (480x360)
壺にはタクアンが入っていました。

DSCF5220 (480x360)
お水をいただき、お料理が出てくるのを待ちます。
カウンター席からはお料理をしているところがよく見えるので、待っている時間も楽しいです。


カニクリームコロッケ&サーモンクリームコロッケ定食 ご飯少なめ (850円)
DSCF5227 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
メイン、ライス、お味噌汁のセットです。
カニクリームコロッケは「たけだ」イチオシのようで、お料理を運んで来てくれてた女性店員さんから「美味しいですよ~。」と声をかけられました。

DSCF5234 (480x360)
ご飯は洋食屋さんらしく、白くて丸い平皿に盛られています。

DSCF5235 (480x360)
こんもりと丸く盛りつけてあってカワイイです。
でも、これは普通盛りじゃないかな?

DSCF5243 (480x360)
せっかくなので、卓上にあったお新香をご飯に添えました。
黄色に染まったタクアンです。

DSCF5244 (480x360)
ちょっと甘めなので、私的にはあまりいらないかも。

DSCF5232 (480x360)
お味噌汁は赤いお茶碗に入っていました。

DSCF5242 (480x360)
具はワカメで、小ネギの小口切りが散らしてあります。
熱々でした。

DSCF5236 (480x360)
紺のラインがフチに入った丸い平皿に、メイン2種類とサラダが添えられています。

DSCF5239 (480x360)
サラダはたっぷりの千切りキャベツとポテトサラダの2種類です。

DSCF5240 (480x360)
ポテトサラダは量は少なめです。
じゃがいもを粗めに潰してあり、ニンジンやタマネギが入っています。

DSCF5247 (480x360)
キャベツは細い千切りで、こんもりと小山状態で盛られて、パセリがトッピングしてあります。
ドレッシングもありましたが、この日はソースをかけて食べました。

DSCF5238 (480x360)
シャケクリームコロッケは、鮭の身ぎっしりでほんのりチーズ風味のクリーミーなコロッケとのことで、自家製タルタルソースでいただきます。

DSCF5237 (480x360)
まずは左側のシャケクリームコロッケから食べました。

DSCF5245 (480x360)
写真だとちょっとわかりにくいですが、中を割ってみると、オレンジ色の鮭の身が見えました。
ソースをつけずに、そのまま一口。
衣は薄く、壊れそうな程柔らかです。
シャケの味がしっかりとしていて、クリームの風味とばっちりあって、美味しい~!!
クリームもかなりトロリと柔らかです。
いままで「エリーゼ」時代を含めて、「たけだ」で食べたフライで一番美味しいかも。

DSCF5249 (480x360)
後からカニクリームコロッケを食べました。
こちらも中を割ってみると、カニの身が見えます。
味もカニの風味をしっかりと感じて美味しいですが、この日は先輩も私も完全にシャケクリームコロッケに軍配が上がりました。
カニクリームコロッケの方が、クリームが少し固めです。

DSCF5250 (480x360)
この日の伝票です。


ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。
シャケクリームコロッケの美味しさに大感動でしたが、いままでこのメニューの存在を全く知りませんでした。
生シャケの出回る季節限定なのでしょうか。
是非とも通常メニューになって欲しいです。
前回食べた特選もちぶたロースカツ定食がちょっと自分的にははずれだったこともあって、この日のランチは大満足でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

<たけだ>
イートイン
  カキミックス定食 (2011年12月14日
  特選もちぶたロースカツ定食 (2013年8月28日
  カニクリームコロッケ&サーモンクリームコロッケ定食 (2013年10月16日
テイクアウト
  カキフライ (2013年2月28日

<エリーゼ時代>
イートイン
  オムライス (2007年5月2日
  メンコロ定食 (2008年8月26日
テイクアウト
  ニンニクステーキ定食 (2009年3月25日
  オムレツカレー (2009年6月1日
  メンチミックス定食 (2008年12月22日
  大きなポークソテー定食 (2009年10月14日
  牛ホホ肉のシチューセット (2010年4月13日
  ビーフカツレツ (2011年2月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


イートインのメニューです↓
DSCF5212 (480x360)

DSCF5213 (480x360)

DSCF5214 (480x360)

DSCF5215 (480x360)


テイクアウトメニューです↓
DSCF2598 (480x360)

DSCF2599 (480x360)

DSCF2600 (480x360)

DSCF2601 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF3560.jpg

DSCF3561.jpg


2013年10月16日訪問時お店DATA
****************************
こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-4-2 峯村ビル1階
TEL 03-3357-6004 
営業時間
[平日] 11:00~15:00(L.O.) 15:00~21:00(L.O.)
[土曜] 11:00~15:00(L.O.)  
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/27 06:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ネオ・ラテンバル La10 TOKYO  @四谷
秋の長雨がようやく終わり、今日から週末にかけては晴れるようです。
明日は地元の公園でBBQをやる予定だったので、一安心。
みなさまも、楽しい週末を☆

本日は、2014年10月1日に「ヴィダ ロッサ」からリニューアルオープンした「ラテン・トウキョウ」のレポートです。

DSCF2821 (480x360)
2014年10月21日は、上司とOさんがお昼時に外出中だったので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに出ました。
このところ、リサーチ不足もあって新店を思いつかなかったのですが、少し前に新宿通りを歩いていたとき、2009年5月18日2010年11月15日にランチ訪問した「ヴィダ ロッサ」があった場所が工事してあったので、もしかしたら新店が出来ているかもと思って行ってみました。

DSCF2803 (480x360)
お店に到着すると、オープンしている!
しかも、ランチ営業もしていました。
よかった~。

JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側をを新宿方面に向かって歩き、四谷一丁目交差点を越えて少し歩いた右側に 第22相信ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF2804 (480x360)
この場所には、以前、2007年8月14日にランチ訪問した「PIZZA SALVATORE CUOMO(ピッツァ サルヴァトーレ クオモ) 四谷店」がありましたが、2009年3月3日にオープンした「三井ガーデンホテル四谷」の1階に移転しています。

DSCF2805 (480x360)
2009年4月27日、目黒にあるタコス・タコライス・ブリトーのレストラン&宅配「TRICERATOPS(トリケラトプス)」を運営する株式会社タイムシェアが、メキシカン料理のお店として「ヴィダ ロッサ」をオープンし、2009年5月18日2010年11月15日にランチ訪問しました。
2014年10月1日、「ありきたりなものから逸脱したメニューを提供」する新業態「ネオラテンバル」として、「ネオ・ラテンバル La10 TOKYO(ラテン・トウキョウ)」としてリニューアルオープン。
「ラテン・トウキョウ」のオーナーの湯田氏は株式会社タイムシェアの取締役です。

市ヶ谷経済新聞」によれば、「ラテン・トウキョウ」では、「ひとくちオーナー」システムを導入しているそうで、1年間、来店時にプレミアムなアルコールメニューを提供する(同伴者も対象)とのこと。1口1万円と5万円の2つのコースがあり、5万円のオーナーには同店の収支が報告され、3カ月ごとに開くオーナー会議や試食会で新メニューの開発にも携わることができるそうです。

DSCF2810 (480x360)
お店の入口は木製の格子にガラスが入ったとても大きな扉です。
実はこの扉、真ん中を軸にして全体が動きます。
私は外観写真を撮影しているときに人が出入りしたのでその動かし方が何となくわかりましたが、初めて入店するお客さんは結構戸惑っていました。
遊び心?

DSCF2819 (480x360)
店内は細長く奥に向かってのびていて、手前にテーブル席、中央に大きなテーブル、奥にカウンター席があります。
以前は数人用のテーブル席が主体でしたが、このリニューアルで真ん中辺りにとっても大きなテーブルが置かれていました。

内装も、以前はピンクなどの原色を使っていたような気がするのですが、外観とは違い、木目調で落ち着いた雰囲気になりました。

DSCF2820 (480x360)
天井からとても大きなシャンデリアがぶら下がっています。

入店したときはお客さんが一人か二人しかいませんでした。
フロア担当の女性店員さんに促され、中央の大テーブルに着席。
その後、二組のグループ客が来ていました。
お客さんはサラリーマンらしき人はほぼ皆無で、学生さんや友人同士の集まりのような人たちでした。

DSCF2809 (480x360)
私は大きなテーブルの手前側に着席。
席の所にはランチメニューとオープン記念のチラシ?が置かれていました。

2014年10月19日まで生樽詰めソーヴィニョンブランとスパークリングワインが3杯まで100円というサービスをやっていたようで、残念!

DSCF2856 (480x360)
テーブルの下には大きな荷物入れのカゴが置いてありました。

DSCF2815 (480x360)
卓上にはカトラリーセット、おしぼり、ケチャップ、ハバネロソース、グラス、飲み物などが置いてあります。

DSCF2811 (480x360)
グラスと氷も置いてあるので、セルフです。

DSCF2814 (480x360)
飲み物はオレンジジュースとウーロン茶でした。

DSCF2808 (480x360)
ランチメニューです。
メニューは全部で5種類あり、お値段は900円か1,000円と、ややお高めです。
スープとドリンクがついています。

限定を食べようかな~と思ったのですが、この日は既に販売終了。
しかも、玄米ももう終わってしまったとのこと(泣)。
そんなにご飯にこだわる性格ではありませんが、玄米がないと聞いたらテンションが下がってしまったので、ナチョサラダランチを注文。

DSCF2816 (480x360)
ドリンクはオレンジジュースをいただきました。

他のお客さんが来たとき、「マンゴージュースがない。」と言われ、カウンター席に置いてあったマンゴージュースを持って来ていました。
マンゴージュースがあるの?と思ってメニューをもう一度見てみたら、メニューの表記は「マテ茶・グアバ etc」と何とも微妙な表記でした。
私の場所に置かれたラインナップはオレンジジュースとウーロン茶だったので、ある意味一番平凡でつまらなかったので、とっても残念。

DSCF2812 (480x360)
それ程時間をおかずにスープが登場。
白い大きめのカップに入っていました。

DSCF2818 (480x360)
やや甘めなコンソメスープの中にはニンジンやタマネギなどのかなり小さくカットされた野菜が入っていました。
量はたっぷり。


ナチョサラダランチ トルティーヤ3枚付  (900円)
DSCF2821 (480x360)
サラダとトルティーヤが出てきて、こちらで完成。
いただきま~す!

このメニューには「特製コーンドレッシングでゴチャゴチャに混ぜて食べてるのも良し、トルティーヤにまいたらオリジナルベジタブルタコスの出来上がり」という説明がありました。

DSCF2822 (480x360)
サラダは木目のキレイな鉢のようなお皿に入っていました。
赤・紫・白・黄・緑と、とっても色鮮やか。

DSCF2823 (480x360)
ざっくりとした目の大きなトングが添えられています。

DSCF2824 (480x360)
角切りトマト、紫タマネギの薄切り、お豆、葉野菜、、、

DSCF2825 (480x360)
クリームチーズ?、タコスなどなど、とっても具沢山でした。

DSCF2827 (480x360)
特製コーンドレッシングは楕円形の白い小さなココットに入っています。
コーンだからか、黄色いです。

DSCF2830 (480x360)
店員さんから「ドレッシングをかけてよく混ぜて下さい。」というアナウンスがあったので、、、

DSCF2831 (480x360)
ドレッシング全部を最初にかけちゃいました。

DSCF2828 (480x360)
焼き立てのトルティーヤは白い布に包まれ、草を編んだ籠に入っていました。

DSCF2829 (480x360)
包みをオープン!

DSCF2832 (480x360)
いよいよオリジナルベジタブルタコライスを作ります。

DSCF2833 (480x360)
まずは野菜をドレッシングと一緒にかき混ぜます。
具材の種類も多く、トングの目が粗いので、結構手こずりました。
混ぜ終えるとかなり嵩が減ります。

最初、サラダだけで少し食べてみました。

DSCF2835 (480x360)
お料理と一緒に出てきた白い小皿にトルティーヤを広げ、、、

DSCF2837 (480x360)
サラダをのせます。

DSCF2839 (480x360)
くるんと巻いて、いただきま~す!
ドレッシングがちょっと甘めだったのが気になりましたが、具材をミックスさせてトルティーヤが加わると、いろいろ味わいになって、全く気にならなかったです。

DSCF2842 (480x360)
こちらのハバネロソース、少しラベルは違いますが、「ヴィダ ロッサ」時代もありました。

DSCF2841 (480x360)
大辛と書いてあります。
これはチャレンジしなければ!

DSCF2843 (480x360)
2枚目のトルティーヤにはサラダにハバネロソースをかけてみました。

DSCF2844 (480x360)
ちょっとかけ過ぎちゃったかな??(汗)

DSCF2848 (480x360)
でも、それ程でもなくて複雑な味わいに辛味が加わり、さらに美味しくなりました。

DSCF2850 (480x360)
最後の3枚目にも、もちろん、ハバネロソースをかけました。

DSCF2852 (480x360)
いつも欲張って具材をたくさん乗せちゃうので、しっかり巻くのが結構大変(汗)。
ベジタブルタコスだから、あっさりしているかなと思っていたのですが、クリームチーズやトルティーヤの味わいで物足りなさは全くなかったです。

DSCF2853 (480x360)
巻ききれなかったサラダを食べ、オレンジジュースを少しおかわりして、ランチは終了。

DSCF2857 (480x360)
お店からの帰り道、ランチリサーチでしんみち通りを歩きました。

2009年4月28日にランチ訪問した「福もん」が閉店し、新たに「千の味」というお店が出来ていました。
ネットで調べても情報が全然出てこないので、オープン時期とかはわかりません。
ランチ営業はしていないようでした。

DSCF2859 (480x360)
こちらは2013年7月2日にランチ訪問した「越後路」です。
このお店は夏の間だけランチ営業をします。
2014年のランチは10月10日で終了したとのことです。


「ヴィダ ロッサ」からリニューアルした「ラテン・トウキョウ」ですが、ランチメニューのラインナップを見る限りでは、ハンバーグやアボガド、目玉焼き、タコスと、それ程印象は変わりませんでした。
ただ、体重が高めで推移していたので、野菜中心だけどボリューム感も満足感も得られたランチが出来てよかったです。


2014年10月21日訪問時お店DATA
********************************
ネオ・ラテンバル La10 TOKYO (ラテン・トウキョウ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-2 第22相信ビル1階
電話 03-5919-7779 
営業時間 
[平日] 12:00~14:30(L.O. 14:00)  17:30~24:00 (L.O. 23:00) 
[土祝] 17:30~23:00
定休日 日曜日 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/24 07:00】 | エスニック | トラックバック(0) | コメント(4) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
私はiPhoneユーザーですが、メルアドは昔のものをそのまま引き継いで使っています。
誰にも教えていないはずのiPhoneメルアドに、最近じゃんじゃん迷惑メールが入って来るようになりました。
うるさくて眠れないとかはないのですが、迷惑メール指定してから捨てる作業がとっても面倒です。。。

2013年10月9日のランチは「サファリカレー」でしたが、2013年10月23日をもって営業終了したので、割愛させていただきます。

DSCF5054 (480x360)
2013年10月10日のランチは、お昼になると上司が「外へ食べに行こう。」と誘ってくれました。
向かった先は、いつもどおり、上司の大のお気に入りのお店「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です。
でも、このところ、いい加減飽きたのか、誰かから指摘を受けたのか、何故か訪問していなかったので、ちょっとお久しぶりでした(笑)。

DSCF8693 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめています。

DSCF5088 (480x360)
この日のメニューです。
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF6747 (480x360)
外階段を使って2階へ登ります。

DSCF8690 (480x360)
お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2013年8月1日だったので、約2ヶ月ぶりでした。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

12時半頃に到着したところ、ほぼ満席でした。

DSCF1482_20130502072200.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF2627.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上には各種調味料、お箸、紙ナプキン、爪楊枝、食べるラー油など置かれています。

中央奥の4人用席に着席。

DSCF0674 (480x360)
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF5050 (480x360)
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

DSCF5048 (480x360)
伝票です。

この日のB定食は食べたことのないメニューで、茹でギョーザと鶏肉入りおかゆの組み合わせも食べたことがなかったのですが、翌日ディナーに行く予定だったので、ボリュームが比較的少ない茹でギョーザと鶏肉入おかゆを注文。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。


茹でギョーザと鶏肉入おかゆ (800円)
DSCF5054 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。
メイン2種類、デザートのセットです。
黒い長方形のお盆にのせらていました。

DSCF5056 (480x360)
茹でギョーザはなかなかの大きさで、6個です。

DSCF5057 (480x360)
皮はツヤツヤ。

DSCF5062 (480x360)
餃子のタレはあらかじめ調合されたものが、小皿に入って出てきます。

DSCF5074 (480x360)
濃い味好きのため、いつもたっぷり目に餃子のタレをつけちゃいます。
なので、ちょっとしょっぱくなっちゃうこともしばしば。

DSCF5077 (480x360)
この日はちょっと茹で置きだったのか、あまり熱々ではなかったのが残念。
皮が厚めのタイプで、もっちりとした食感です。
野菜たっぷりの餡はジューシーで、いつもの安定した美味しさでした。
ただ、熱々じゃないと皮がちょっと重たく感じるような?

DSCF5059 (480x360)
お粥は中ぐらいの器にたっぷりと盛られています。
かなりのボリュームでした。

DSCF5067 (480x360)
表面には具は見当たらず、小ネギが散らしてあるだけです。

DSCF5070 (480x360)
お粥は熱々。
猫舌なので、少し温度が下がった表面の部分をレンゲで少しずつ削り取りながらいただきます。
この日の塩加減はしっかり目で、ダシも利いていて美味しかったです。

DSCF5072 (480x360)
小ネギの青い部分を小口切りにしたものが唯一の彩りになっています。
とってもシンプル。

DSCF5079 (480x360)
鶏肉はお粥の中に沈んでいます。
一口大よりやや小さめなものが幾つかありました。
お肉には片栗粉でしょうか、衣を纏わせているので、とろんとした口当たりでお肉はと~っても柔らか。

DSCF2644_20120810114854.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
底の方にはショウガを細長く刻んだものが沈んでいます。
ピリッと爽やかな味わいでいいアクセントになりました。

DSCF5081 (480x360)
途中で、食べるラー油を投入。

DSCF5084 (480x360)
油は少なめにしようと思い、底の方に積もっていた固形部分を入れたら、全体がものすごく赤く染まり、とても辛くなっちゃいました(汗)。

DSCF5086 (480x360)
辛いもの好きの自分でも、身体が熱くなり、舌がヒリヒリするほど。
ラー油の固形部分は、予想以上に辛かったです。

DSCF5065 (480x360)
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5087 (480x360)
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF6744 (480x360)
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


五目やきそば (800円)
DSCF5068 (480x360)
先輩はこちらを注文。
メイン、デザートのセットです。
お盆はありません。

DSCF5069 (480x360)
お気に入りにメニューでご飯よりはカロリーが少なめかもということで、リピート率がとっても高いです。


肌寒い日でしたが、食べるラー油効果で帰る頃には薄く汗ばむ程でした。
この日は杏仁豆腐がクールダウンになりました(笑)。

お粥のボリュームが結構あるので、食べ終えた後は結構おなか一杯になりましたが、夕方になるとちょっと小腹が空いちゃいました。
茹でギョーザとお粥の組み合わせがコンプリートできたのが嬉しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
鶏肉のカレーライス (2013年3月26日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
茹でギョーザと鶏肉入おかゆ (2013年10月10日
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日2013年8月1日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日2013年5月1日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
 ◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日2013年6月12日
 ◎チンジャオロース (2013年1月7日
 ◎八宝菜 (2013年2月12日
 ◎インゲンと豚肉とキクラゲの炒め (2013年7月19日
B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
 <4個>(2012年10月31日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日2013年6月28日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2013年10月10日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/23 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
今日も明日も一日中雨の予報です。
昨日から外へ行かなければならない仕事があってぐずぐずしていたのですが、残念ながら今日は行かないと(泣)。

DSCF4956 (480x360)
2013年10月7日は、週の最初の月曜日。
午前中の会議がかなり長引いてしまい、この日ランチの話が出来たのは午後1時過ぎ。
上司は「松月庵」に出前を頼んだので、私は近場のアトレ四谷の中にある「Pensri’s Kitchen アトレ四谷店」へお弁当を買いに行きました。

DSCF7686.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退したのかと思ったら、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。

DSCF7688.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。

なんでも、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。
メニューは時期によっていろいろとかわっているようです。

DSCF7684.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。

前回お弁当を購入したのは2013年8月26日だったので、約1ヶ月半ぶり、7回目です。
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しました。

DSCF7683.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。

DSCF4938 (480x360)
アトレに到着したのは午後1時半近かったので、もうお弁当がほとんどないんじゃないかと心配したのですが、幾つかなくなっているものがあったものの、結構品数はありました。
ペンシーズの食べたことあるメニューリストをまだ作っていなかったので、記憶を頼りにまだ食べたことのないメニューを買うことに。

DSCF4939 (480x360)
この日は人気ナンバーワンというガパオ弁当とミニパッタイを購入。

DSCF4477_20140319203501ac8.jpg
大きいサイズのお弁当を購入すると、鮮やかな薄緑色の持ち帰りのビニール袋に入れてくれます。
淡い色調がとってもステキ。

DSCF2461 (480x360)
店名のロゴがデザインされています。

DSCF4940 (480x360)
この日は残念ながら、普通サイズのお弁当だったせいか、白いビニール袋でした(笑)。

DSCF4479_20140319203504278.jpg
お箸やスプーンなどはお断りしました。
こちらは以前いただいたときの写真です。
スプーンは白いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF4480_20140319203436893.jpg
こちらも以前いただいたときの写真です。
割り箸は「Otemoto」と書かれた箸袋に入っていて、意外と?日本的でした。

DSCF4483_20140319203438162.jpg
こちらも以前いただいたときの写真です。
おしぼりは白っぽい半透明のビニール袋に入っています。

DSCF4941 (480x360)
袋から取り出すとこんな感じです。

DSCF4944 (480x360)
ミニパッタイは、フタが透明、下が白いプラスチックの容器に入っていました。

パッタイは人気のタイ焼きそばとのこと。
甘い味付けのお店が多いので、個人的にはあまり食べることがありません。
この日はおなかがとっても空いていたし、お値段もお手頃だったので、量が少ないからいいかなと思い、買ってみました。

DSCF4943 (480x360)
容器にはアレルギーの食材や賞味期限が書かれたシールが貼られています。
お店のメニュー表示とラベルの記載が微妙に違うときがあります(笑)。

DSCF4947 (480x360)
ガパオはフタが透明なプラスチックで下が紙製の容器です。

DSCF4948 (480x360)
こちらにもアレルギーの食材や賞味期限が書かれたシールが貼られていました。

DSCF4949 (480x360)
「ペンシーズキッチン」のロゴである、唐辛子とすり鉢の素朴なイラストがオレンジ色のシールに描かれています。


ガパオ弁当(680円)+ミニパッタイ(200円)=880円
DSCF4953 (480x360)
いただきま~す!

DSCF4963 (480x360)
ミニパッタイだけの写真を撮り忘れちゃいました(汗)。
作ってから時間が経っているので、麺がくっついてしまって、ほぐれません。
小さめなだけにガシガシやるわけにもいかず、少し持ち上げて端っこから囓って食べました。

甘さが控えめだったのが良かったです。
ナッツやエビの味わいを感じました。
ただ、やはり麺はぶよっとしていて柔らか。
うーん、パッタイはお弁当には向かないかも?

DSCF4951 (480x360)
ガパオ弁当は、鶏挽肉を香りの良いタイハーブで炒めたピリ辛の人気タイごはんとのこと。
私はタイ料理というと、どうしてもカレー系に走りがちなので、自分でも意外でしたが、こちらのガパオ弁当は初めて。

DSCF4955 (480x360)
ガパオとご飯が別々の2段になっています。

DSCF4956 (480x360)
真ん中に黄身が半熟の目玉焼きがドカンとのっていて、インパクトあるビジュアルでした。

DSCF4958 (480x360)
黄身がとても大きくて、ほぼ生の状態なので、ピカピカ光っていて、とっても美味しそう。

DSCF4959 (480x360)
ガパオは結構汁だくです。

DSCF4960 (480x360)
ご飯は結構量がありました。

DSCF4961 (480x360)
盛り方をあまり気にしないのか、かなり表面が凸凹しています(笑)。

DSCF4966 (480x360)
ガパオはかなりしっかりと味がついていて、辛さがびしっと利いています。
ただ、この日はやや塩気を強く感じました。
ご飯のお供としてはぴったりですが。

DSCF4970 (480x360)
挽き肉の他にタケノコや赤パプリカなども入っていました。
彩りや歯応えのアクセントになっています。

DSCF4967 (480x360)
途中で黄身を崩しました。
ほぼ生の状態でとろっとろ。
しっかりした味付けも、かなりまろやかになりました。

DSCF7716.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じでした。


全体としてはそこそこボリュームがあって、お腹が一杯になりました。
タイ料理は時々無性に食べたくなるので、本格的な味わいの「ペンシーズ」が近くにあるのはとっても嬉しいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
グリーンカレー弁当 (2012年3月21日
レッドカレー弁当 (2013年6月25日
ペンシーズ弁当 (2012年5月23日
パッタイ弁当 (2012年11月30日
3種盛り弁当 (2013年3月14日
ガパオ弁当 (2013年10月7日
サンドイッチガパオ  (2013年8月26日) 
サンドイッチ エビトムマヨ  (2013年8月26日) 

生春巻 (2012年3月21日
ミニ揚げ春巻き (2013年6月25日
青パパイヤのサラダ (2012年11月30日
ヤムウンセン (2013年3月14日
目玉焼きサラダ (2013年8月26日) 
ミニパッタイ (2013年10月7日

[イートイン]
鶏挽肉のバジル炒めごはん 大人気!ガパオ
ちょっぴりがちょうどいい ミニフォーセット (2012年4月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日2013年8月26日2013年10月7日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日、(2013年7月1日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日2013年9月24日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年10月7日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/22 05:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
昨日は予報になかったのに夕方から雨が降り出してビックリ。
幸い、帰る頃はパラパラ程度の降りだったので、傘をささなくて済みました。
今週は木曜日ぐらいまで雨が降るようで、この秋は本当に雨が多いなぁと、ゲンナリです。

2013年10月4日は、「麦・石窯・薪 UN」@市ヶ谷にランチ訪問したのですが、こちらのお店は2014年春頃?に閉店したため、割愛させていただきます。

DSCF4803 (480x360)
2013年10月5日は、2013年下半期の最初の「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。

教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は曙橋にある「自家製麺 GACHI」でランチしました。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2013年9月7日だったので、約1ヶ月ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

雨の降る少し肌寒い日だったせいか、この日は温かいお茶でした。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF4666 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「干し大根のキムチ」で、韓国料理が「タンピョンチェ」です。
参加者は9名でした。


【 干し大根のキムチ 】
DSCF4701 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。

このお料理は正確にはキムチではないそうですが、とても長持ちするとのこと。
個人的にはバンチャン(おかず)の一種類としてよく出てくるイメージです。
2008年9月6日にも作っているので、このブログには2回目の登場です。

DSCF4669 (480x360)
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。
ただ、干し大根だとよくわかりません(笑)。

韓国の大根は比較的辛味が強いとか。
干し大根は、まず生の大根を切り方は自由ですが1センチとやや大きめに切って乾燥させます。
細いとキムチにしたときに固くなってしまうそうです。
10日間から3週間干したら出来上がりです。
カビが生えるかもしれないので、冷凍庫で保存するとのこと。

干し大根は20~30分ぐらい水につけて戻します。
あまり長く置くと甘みが流れてしまうとか。
搾って水を切ります。

実習の時は、この作業はやりません。
あらかじめ、工場で準備してくれていました。

DSCF4670 (480x360)
ヤンニョンを作ります。

DSCF4671 (480x360)
大きなボウルにイワシエキス、醤油、唐辛子粉、ニンニク、ショウガ、水あめを入れます。
辛さは好みで唐辛子粉の量を調整します。
さらに先生のマイブームである手作りの梅エキスも加えます。
梅エキスはキムチに入れると酸味が出るのを少し抑えるそうです。
水あめはオリゴ糖でも大丈夫ですが、水あめより甘いので量は少なめにするとのこと。

たくさん作るときは調味料は少し減らした方がいいそうです。

DSCF4677 (480x360)
全体をしっかりかき混ぜます。

DSCF4680 (480x360)
戻した干し大根を加え、ヤンニョンをよく和えます。

DSCF4682 (480x360)
さらに水に戻した唐辛子の葉を加えます。
干し大根と同じく、戻す時間は20~30分ほど。
しっかりと水を搾り、切らずにそのまま入れます。
これは唐辛子の香りがして美味しいそうです。
乾燥した唐辛子の葉がない場合には、小さい白菜やチンゲンサイ、つけ菜を干したものでもいいとのこと。
手作りする場合には大根と一緒に干して作ります。

DSCF4686 (480x360)
全体をしっかりとかき混ぜます。
量が多いときは手でしっかり揉み込むといいそうです。

DSCF4696 (480x360)
味見をして、塩を加えます。
塩はほんの少し。
ただ、入れた方が長持ちするし、味がはっきりするとのこと。

DSCF4695 (480x360)
最後にいりゴマを加えます。

DSCF4699 (480x360)
こちらで完成!

DSCF4700 (480x360)
キムチではないので、作成手順はかなり簡単でした。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

DSCF2234_201401310729128b6.jpg
フタを開けると、こんな感じ。
私も中ぐらいの大きさのものを持っています。

一度にたくさん作らない場合には壺に入れて保管するといいそうです。
作った日から食べられます。
2~3日置いた方が味がしみて美味しいとのこと。

試食したところ、甘みがあって大根の歯応えを楽しめました。
個人的には干し大根のキムチはしっかり甘めの味付けで出てくることが多いので、あまり好みではなかったのですが、自分で作れば調整できていいかなと思いました。


【タンピョンチェ】
DSCF4708 (480x360)
この日習った韓国料理はタンピョンチェです。
緑豆ムッを使ったお料理で、お正月・結婚式・誕生日などおめでたいときによく出てきて、おやつやおつまみなどに食べるさっぱり味の冷たいお料理だそうです。
「チェ」とは千切りという意味で、全ての材料を短冊切りにするとのこと。

DSCF4711 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF4713 (480x360)
緑豆ムッはこちらです。

DSCF4714 (480x360)
緑豆は身体にいい、消化のいい食べものです。

DSCF4715 (480x360)
皮をむいてミキサーにかけて粉にしたものを売っています。

DSCF4716 (480x360)
緑豆ムッを作ります。

DSCF4719 (480x360)
フライパンに粉を入れ、水を加えます。

DSCF4721 (480x360)
ダマにならないように、しっかりとかき混ぜます。

DSCF4723 (480x360)
さらに水を加え、、、

DSCF4724 (480x360)
火にかけます。

DSCF4726 (480x360)
ドロドロになるまで混ぜていくと、、、

DSCF4729 (480x360)
ノリ状になります。

DSCF4731 (480x360)
型に流し込みます。

DSCF4734 (480x360)
表面をならして形を整えます。
水をつけてやります。

DSCF4735 (480x360)
冷蔵庫に入れますが、表面が乾燥してしまうので、水を少し入れておきます。

DSCF4807 (480x360)
固まったら完成です。

この日作ったものももう固まっていました。
ほんのり温かです。

DSCF4737 (480x360)
ムッはサラダやスープ、ビビンバなどに入れるそうです。

DSCF4733 (480x360)
冷めてから食べるお料理なので、脂のない牛の赤身を使います。
豚肉はダメです。

DSCF4738 (480x360)
薄切りにしたら、、、

DSCF4739 (480x360)
キッチンペーパーで血をよく拭き取ります。

DSCF4742 (480x360)
細切りにします。

DSCF4744 (480x360)
長ネギを細かいみじん切りにします。

DSCF4748 (480x360)
火をつけていないフライパンにお肉を入れ、刻みネギ、すりニンニク、醤油、ごま油、コショウを加えて、、、

DSCF4754 (480x360)
よ~く混ぜ合わせます。

DSCF4755 (480x360)
最後に砂糖を加えて、こちらも混ぜ合わせます。

DSCF4758 (480x360)
火をつけて、お肉を炒めます。

DSCF4760 (480x360)
お肉にざっと火が通るだけでいいそうです。

DSCF4762 (480x360)
飾り用の卵焼きを作ります。

DSCF4763 (480x360)
白身と黄身を分けて、それぞれ薄焼きにします。

DSCF4764 (480x360)
飾りなので量は少しでいいとのこと。

DSCF4766 (480x360)
細い薄切りにします。

DSCF4767 (480x360)
こちらで完成。

DSCF4769 (480x360)
ボウルにもやしを入れます。
もやしは塩水でさっと茹でて、軽く搾ります。

DSCF4770 (480x360)
セリは塩水でさっと茹でた後、洗って氷水につけて、軽く搾ります。
三つ葉でもいいそうです。

ほかに、キノコを入れても美味しいとのこと。
キノコはどんな種類でもオッケー。

DSCF4774 (480x360)
野菜に味付けをするために、醤油、お酢、砂糖を混ぜ合わせ、水を加えます。

DSCF4775 (480x360)
野菜に調味料を加え、混ぜ合わせます。

DSCF4779 (480x360)
甘酸っぱい味付けです。
味が薄いときは最後にムッを入れるときに塩を加えます。

DSCF4780 (480x360)
ムッ専用のナイフで1センチ幅に切ります。
断面が波形になってステキ。

DSCF4783 (480x360)
ムッは1週間保つとのこと。
ただ、固くなってしまうので、食べるときに沸騰したお湯に入れて1分間煮ると柔らかくなります。
それを再度冷やして使います。

DSCF4787 (480x360)
1センチ幅の拍子切りにします。

DSCF4788 (480x360)
ムッにごま油と醤油を入れて、、、

DSCF4790 (480x360)
混ぜ合わせてしっかりとした味をつけます。

DSCF4793 (480x360)
先に味付けした野菜を加え、、、

DSCF4795 (480x360)
全体を混ぜ合わせ、すりゴマを加えて出来上がりです。

DSCF4801 (480x360)
飾りの卵と刻み海苔をのせます。

DSCF4803 (480x360)
美味しそう~。

DSCF4809 (480x360)
試食用には、上のレストランで作ったものをいただきます。

DSCF4810 (480x360)
赤ピーマンや緑の三つ葉の葉が添えられていて、華やかな飾り付けでした。
海苔はなかったです。

DSCF4812 (480x360)
楽しい試食タイムです☆
いただきま~す!
酸味がしっかりしていてさっぱりとしていて、ムッは柔らかでした。
やや薄味です。

DSCF4813 (480x360)
先生が作った方が味がしっかりしていました。
どんぐりのムッより食べやすいそうです。


個人的にはさっぱりした味付けなので自宅で作るかどうかちょっとビミョーなところですが、春雨よりも柔らかい食感でダイエットにも最適とのこと。
味付けが面倒なときは酢醤油やお醤油で食べてもいいそうです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日
ソクバクジ (2007年10月20日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ (2010年2月20日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg


2013年10月5日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2014/10/21 08:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(4) |
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  @四谷
絶好のお天気だった週末でしたが、みなさま、楽しく過ごせたでしょうか。

私は結婚式にお呼ばれしたり、ランチ・ディナーと連続で外食したりで、楽しく充実した時間を過ごせたものの、久しぶりにやばいレベルまで体重がアップしてしまい、この一週間はややブルーな気持ちでスタートです(笑)。

2013年10月2日は、「坂口」という酒屋さんのお弁当を購入したのですが、こちらのお店は2013年12月30日に閉店し、2014年3月28日に「ワインバル サカグチ」にリニューアルオープンしたため、割愛させていただきます。

DSCF4579 (480x360)
2013年10月3日は、午後イチで予定があったので、少し早めにお昼にすることになりました。
上司は「松月庵」の出前を頼んだので、私はお弁当を買いに出かけました。
どこで買うかあまり考えていなかったのですが、近場で軽めのものにしようと思い、アトレ四谷の「Soup Stock(スープストック) TOKYOアトレ四谷店」へ。
先輩もお弁当をサボっていてお弁当を買いに行きたかったのですが、Oさんも外へ買いに行く予定だったので、三人とも出てしまうと、「松月庵」のお会計を対応できないので、先輩のお弁当は私が「ペンシーズ」でペンシーズ弁当を買うことにしました。

DSCF0883_20130329071330.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅に直結したアトレ四谷の1階にお店があります。
このフロアには他にもたくさんの飲食店が並んでいます。

DSCF0882_20130329071327.jpg
「スープストック」は株式会社スマイルズの運営するスープチェーン店で、全国に50店舗以上の支店があります。

アトレ四谷のリニューアルオープンに伴い、「スープストック」も2012年3月11日にリニューアルオープン。
飲食ブースのスペースを広く取り、大型の冷凍ショーケースを設置して冷凍スープのテイクアウトが出来るようになりました。

DSCF0885_20130329071321.jpg
写真だとわかりにくいですが、スープが立体的にデザインされています。

前回テイクアウトしたのは2013年7月1日だったので、約3ヶ月ぶり、リニューアルオープンしてから4回目です。

DSCF0601_20130329071656.jpg
丸ノ内線側の出入り口のところに、それ程広くありませんがテーブル席とカウンター席があります。

DSCF0600_20130329071652.jpg
こちらは冷凍ケースです。
かなり大きなサイズで、たくさんの種類を持ち帰りすることが出来ます。

DSCF4561 (480x360)
12時前にアトレについたので、人はかなり少なかったです。
先客2名ほどでした。
お客さんはほぼ全員女性です。

DSCF4562 (480x360)
中央にメニューのボードがディスプレイされています。
どれも写真付きで詳細な説明がついています。
スープだけでなく、カレーもあります。

DSCF4563 (480x360)
並びながら眺めてどのスープにするか決めます。
この日は並びが少なかったので、メニューを決める前に順番が来ちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしちゃいました。

DSCF0602_20130329071659.jpg
単品での注文も可能ですが、お得なセットメニューもあります。

DSCF4564 (480x360)
ユッケジャンなど、気になるスープがありましたが、この日は今まで食べたことのないカレーにチャレンジして見ました。

せっかくなのでカレーとスープの両方を食べたかったのですが、ドリンク付きのセットしかなかったので、残念ですが、単品で購入。

DSCF0887_20130329071301.jpg
カウンターにスープのフタがずらりと並んでいて壮観です。
店員さんは多く、レジでの対応はいつも丁寧です。

品物を袋詰めしている人がレジの奥にいる人たちなので、どうもスプーンとか断りにくいです(汗)。
この日も結局いただいちゃいました。

DSCF0886_20130329071257.jpg
イートインのコーナーでは、先に席を確保してから商品の購入するとのこと。

DSCF0610_20130329071551.jpg
飲食スペースの入口にカタログ、お水のおかわり、ナプキン、砂糖、ミルクなどが置いてあります。

DSCF0888_20130329071305.jpg
この写真は人の少ない朝に撮影したものです。
実際にはランチタイムは常にほぼ満席になっています。

DSCF4565 (480x360)
スープストックの持ち帰り袋は、スープを縦に重ねるせいなのか、縦に細長く出来ています。

DSCF4566 (480x360)
ベースは白で、お店のロゴが黒で印刷されています。

DSCF4573 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じでした。

DSCF4567 (480x360)
紙ナプキンとスプーンをお手ふきは一緒にくるんであります。

DSCF0614_20130329071604.jpg
スプーンは黒いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF4576 (480x360)
袋の端にこんなデザインがありました。

DSCF0556_20131213082816d9b.jpg
紙ナプキンからお手ふきが透けて見えます。

DSCF0617_20130329071531.jpg
紙ナプキンは薄い茶色です。

DSCF0618_20130329071534.jpg
こんな風にくるんでありました。

DSCF4578 (480x360)
濡れおしぼりはとても小さいサイズです。
持ち帰り袋と同じく、お店のロゴが印刷されていました。

DSCF4568 (480x360)
カレーは、ご飯とルーが別々の容器になっています。

DSCF4569 (480x360)
ご飯は、フタが透明なプラスチック、容器が紙製でした。

DSCF9749 (480x360)
ルーは、フタが白いプラスチック、容器が紙製です。

DSCF0622_20130329071456.jpg
カップの前面には大きく白と黒のツートンカラーのロゴが入っています。

DSCF0623_20130329071459.jpg
ロゴの逆サイドには注意書きが印刷されていました。


バターチキンカレー (720円)
DSCF4579 (480x360)
いただきま~す!
カレーは、スープと同じく、ドリンクよりやや幅の太い背の高めな容器に入っています。
なんとなくカレーって平べったい容器に入っているイメージがあるので、最初は少々不思議な感じがしました。

DSCF4582 (480x360)
ご飯の中には白胡麻がたっぷりと入っていました。

DSCF4584 (480x360)
カレーと一緒に食べていても、胡麻の香りをすごく感じたし、ぷちぷちした食感がとてもよかったです。
ボリュームは普通です。

DSCF4585 (480x360)
バターチキンカレーは、北インド料理を手本に、バターと生クリーム、カシューナッツペーストで上品に仕上げたそうで、ジューシーな鶏肉とほくほくとしたじゃがいもが絶妙とのこと。

DSCF4586 (480x360)
ややオレンジ色のカレーの中に、とても大きなじゃがいもがドカンと浮かんでいました。
かなり見た目のインパクトがあります。

DSCF4588 (480x360)
まずはカレーだけを一口。
バターでしょうか、こってりとしたコクがあって、程よい辛さで美味しい。

DSCF4590 (480x360)
鶏肉は一口大の大きさで、とっても柔らか。

DSCF4591 (480x360)
最初は別々に食べていましたが、途中からルーをご飯にかけて食べました。
ご飯がかためなので、とても好みです。

DSCF4594 (480x360)
大きなじゃがいもを食べやすいように割ってみました。
こうやって見てみると、中にはそれ程味が入っていません。
むしろ、やや固めな食感でした。

DSCF4596 (480x360)
レシートです。


ペンシーズ弁当  @ペンシーズ
DSCF4574 (480x360)
先輩のペンシーズ弁当は、お料理の種類がたくさんあって、見た目もとても華やか。
持ってみると結構重たいです。
味もかなりしっかりとしていて、お値段を考えるととってもお得。
先輩は大満足だったそうです。


全体のボリュームは普通です。
バターチキンカレーはこってりとしたコクでとても美味しかったです。
できればドリンク抜きのミニスープとのセットメニューがあればいいのになと思います。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
  東京ボルシチ (2011年4月7日
  豚トロのトマトストロガノフ (2012年6月4日
  8種類の野菜と鶏肉のスープ (2012年6月4日
  温野菜とチーズのブラウンシチュー (2013年1月10日
  トムヤムクン (2013年7月1日
  タイ風グリーンカレースープ (2013年7月1日

  ムール貝と帆立のシーフードカレー (2011年4月7日
  バターチキンカレー (2013年10月3日

  白胡麻ご飯 (2011年4月7日
  石窯パン (2012年6月4日
  フォカッチャ (2013年1月10日2013年7月1日

[イートイン] 
  オマール海老と渡り蟹のスープ (2007年7月25日

  石窯バジルパン (2007年7月25日)  

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日、(2013年7月1日2013年10月3日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日2013年9月24日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年10月3日訪問時お店DATA
****************************
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (すーぷすとっく)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL&FAX 03-5312-9650
営業時間
[月~土] 7:30~21:00
[日祝日] 9:00~21:00
定休日 アトレ四谷店の休みに準じる
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/20 07:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(4) |
横浜家系ラーメン 01  @小岩
今週は平日が4日しかなかったので、週末まで早かったような気がします。
久しぶりに台風の襲来がないお天気な週末らしいので、みなさま、よい週末を☆

本日は、この界隈の新店ストックを切らしてしまったので、マイブログ圏外の小岩にある「ゼロイチ」のレポートです。

DSCF4921 (480x360)
2014年4月26日の土曜日のお昼、小岩にある「横浜家系ラーメン 01(ぜろいち)」という家系ラーメン屋さんに行きました。
このところ、真っ赤な看板の家系ラーメンがとても増えていて、ラーメン雑誌にも特集を組まれるほどです。
大きいチェーン店もあるとは思うのですが、見た目はインパクトのある目立つ赤色で、名前は「~家」となっていて、少しずつ違うものの、印象的にはほとんど同じ。
小岩にも北口と南口に一軒ずつ家系ラーメンがオープンしたので行ってみることにしました。

DSCF4942 (480x360)
JR総武線小岩駅の千葉側の改札口を出て駅ビルのポポを通り抜け、道路に出たら右折します。
少し行った左側に荻原ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF4943 (480x360)
「ゼロイチ」は2014年1月24日にオープンしたそうです。
私は豚骨ラーメンが好きなわりには、家系ラーメンについてはかなり疎いです。
どこもほぼ同じトッピング、カスタマイズで、差がよくわからない。
しょっぱめとか、脂っぽいとかぐらいの区別しか付かず、結構いろいろ食べているとは思うのですが、このお店にもう一度行きたい!というお店になかなか出会えていません。
なので、どうしてこんなにたくさんの家系ラーメンが増えているのか、とっても謎。
この日はたまたま地域情報紙「アエルデ」に1月末までのこのお店のクーポン券がついていたので、せっかくだからと行ってみることにしました。

DSCF4940 (480x360)
12時少し前にお店に到着。
もうちょっとで開店時間でしたが、ちょうど先客の数人が入店しているところでした。
入口すぐ左手に券売機があるので先に食券を購入します。

DSCF4941 (480x360)
このスタイルだとどうやってクーポン券を使っていいのかわからず、家人が店主さんに聞きに行きました。
結果、先に食券を定価で購入し、現金でバックしてくれる、とのこと。

DSCF4915 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、右に厨房、左にカウンターがあります。

DSCF4919 (480x360)
木材をたくさん使った内装は新しいのでピカピカです。
ちょっとレトロな雰囲気を取り入れたデザインになっています。

DSCF4914 (480x360)
壁際には箱詰めされた食材がイスの上に積んでありました。
麺は長多屋製麺というところのもののようです。

DSCF4913 (480x360)
毎月1日は「ぜろいちの日」になっていて、
ソフトドリンク
杏仁豆腐
キャベチャ
麺大盛り
サラダ
トッピング一品
のどれかを1つをサービスしてくれるそうです。

DSCF4916 (480x360)
一番奥にトイレがあります。
男女のシールの貼り方が可愛くて、記念撮影(笑)。

DSCF4910 (480x360)
私たちはカウンター席の一番奥に着席。
卓上には各種調味料、紙ナプキン、割り箸、爪楊枝などが置かれていました。
家系らしく、ラー油・柚子こしょう・こしょう・ごま・トウバンジャンなど、味変用の調味料がたくさんあります。

DSCF4911 (480x360)
お水はセルフです。
レモンを浮かべた大きな水のポットがカウンターの上に置かれています。
赤いレンゲがたくさん入れられた赤いドンブリも並んでいました。

DSCF4918 (480x360)
厨房の奥に、小さなホワイトボードがありました。
いろいろとチェックがあるのは、店員さんたちの備忘録?

DSCF4912 (480x360)
ビニール袋に入ったおしぼりはあらかじめ並べられていました。
お水を少しだけいただきます。

厨房は男性一人。
一気にカウンターが8割程埋まったので、とっても忙しそうでした。

DSCF4908 (480x360)
塩味もありましたが、まずは基本のラーメンにしました。
家人も同じラーメンにして、チャーシュー丼をつけました。
チャーシュー丼、けっこういいお値段だなぁ。

DSCF4909 (480x360)
食券とクーポン券の回収の時に、100円を返金してもらえました。


ラーメン (800円)
DSCF4921 (480x360)
しばし待って、ラーメンが登場!
外が赤く、中が黒いドンブリです。

DSCF4922 (480x360)
海苔、卵、チャーシュー、ほうれん草、黒木クラゲのトッピングで、スープは少なめで麺が顔をのぞかせていました。

DSCF4923 (480x360)
海苔は大ぶりの長方形にカットされたものが3枚。
家系お約束のトッピングの海苔ですが、あまりありがたさがわからず、まだパリパリしているうちにと思い、少しだけ汁に浸して早めにいただきました。

DSCF4924 (480x360)
食べているときは気付かなかったのですが、家系によくある、麺のかたさ・脂のこさ・味の濃さを三択で選ぶ、というスタイルではなかったと思います。

DSCF4932 (480x360)
スープは塩気も脂っぽさも程よい濃さで、飲みやすいです。

DSCF4930 (480x360)
麺は縮れのない黄色っぽい中太麺でした。
固めに茹でられていました。

DSCF4928 (480x360)
黒キクラゲは細切りで、ほんの少し。
コリコリした食感です。

DSCF4929 (480x360)
家系のお約束のトッピングである茹でたほうれん草も、それ程多くはありません。
貴重な彩りです。

DSCF4926 (480x360)
チャーシューは小さめですが、厚さはほどほどありました。

DSCF4934 (480x360)
冷たいと嫌なので、しばらくスープの中に沈めて温めてからいただきました。
お肉は柔らかかったです。

DSCF4927 (480x360)
最近オープンする家系のお店はうずらの卵を使うところをよく見かけましたが、こちらは普通の卵でした。

DSCF4935 (480x360)
半個分で、固めの半熟です。

DSCF4933 (480x360)
ある程度食べたところで、せっかく卓上に調味料がいろいろとあったので、おろしニンニクとトウバンジャンを入れてみました。
やっぱりニンニクが入ると、格段に美味しくなる~。

DSCF4937 (480x360)
スープも全て飲み干しちゃいました。
ドンブリの底にメッセージがあるのを発見。
「ダイエットは明日から」
もちろん、そのとおり!(笑)。

食べている途中から気付いていたのですが、チャーシュー丼が全く出てこない。
店員さんの動きを見ていたら、明らかに私たちよりも後に入ったお客さんのラーメンを作っていたので、きっと忘れちゃったんだろうから、もう少し待ってもダメならキャンセルするために声をかけようかと話していました。
その後も結局出てこないので、家人が店員さんに声をかけたら、「もう少しお待ちください。」だか何だか声をかけられ、忘れてはいなかったようです。
結局、チャーシュー丼が出てきたのは、自分たちがラーメンを食べ終えてからさらに5分位過ぎてからで、私たちの前に入ったお客さんはもう帰っちゃっていました(汗)。


チャーシュー丼 (450円)
DSCF4938 (480x360)
チャーシュー丼は、中ぶりのドンブリにご飯が盛られ、チャーシューがタワーのようにそびえ立っています。
中央にネギがトッピングしてありました。
お値段が高かったですが、それに負けないかなりの豪華さ。

DSCF4939 (480x360)
ボリュームがあるので、私も一口いただいちゃいました。
やや甘めですがすっきりしたタレがたっぷりとかかっていて、ご飯が進みます。
チャーシューはバーナーで炙られているので、脂がとろけてとっても香ばしかったです。
このチャーシューはラーメンのものと同じなのかなぁ?
ラーメンの中のチャーシューはそれ程印象がなかったので、こうやって食べた方が断然美味しかったです。
しかも、ゴマ油の香りがすごくあって、これはと~っても美味しい!
待った甲斐があったとまでは言わないものの、大満足。


私たちの食事のほぼ終盤に、男性店員さんがもう一人やってきました。
うーん、たまたま一人の時間帯で運が悪かっただけなのかもしれないですが、さすがにラーメンとサイドメニューのタイムラグがありすぎるので、先に一言言ってもらえればなぁと思います。
ラーメンはフツーに美味しかったですが、デフォルトで800円というのは、ちょっとお高いかな、という気がします。
でも、ゴマ油の香る炙りチャーシュー丼はとっても美味しかったので、家人は「これの普通サイズがあるなら食べに来るのに。」と言っていました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日
小味園 本店 (2013年7月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年4月26日訪問時お店DATA
*****************************
横浜家系ラーメン 01 (ぜろいち) 
〒133-0056 
東京都江戸川区南小岩8-14-2 荻原ビル1階
電話 03-5622-0165
営業時間 
[昼]12:00~14:00
[夜]17:30~3:00
定休日 なし
JR総武線小岩駅南口から徒歩2分 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2014/10/17 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(5) |
タコライス屋「移動販売 tono cafe」  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
急に冷え込んで、かなり寒くなりました。
用意している洋服だけだと対応できず、会社の行き帰りはちょっと震えてしまいます。
寒暖差が極端で、身体が慣れるのも大変。
そろそろランチで温かいものが食べたくなりました。

DSCF4522 (480x360)
2013年10月1日。
いよいよ10月に突入です。
この日は上司とOさんが午後1時前に出かける予定であったので、少し早めにお昼にすることになりました。
上司が「天ぷら蕎麦」と声をかけてきたので、先輩に「松月庵」の注文をお願いし、私は外へお弁当を買いに出ました。
珍しくランチのことをあまり考えていなかったので、久しぶりに「千代田四番町ランチ屋台」に行ってみることに。
火曜日だったので、タコライス屋さんの「移動販売 tono cafe(トノカフェ)」です。

DSCF8312.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2013年3月12日だったので、約7ヶ月ぶり、11回目です。

DSCF6968.jpg
「トノカフェ」は、2011年3月15日からこの場所にやって来ました。

DSCF8311.jpg
お店の公式HPによれば、「トノカフェ」は、シェアハウスを経営するMurabito株式会社が展開していて、ご夫婦とわんちゃん2匹が運営しているとのことです。

大きな車にはオレンジや緑色などの鮮やかな彩りでペインティングされています。

DSCF8314.jpg
日テレ通りという大きな通り沿いにあるので、お店はいつも大混雑です。
購入する人は車の右側に並び、注文後は車の左側で待つように言われます。

DSCF6967.jpg
「トノカフェ」にやって来たたくさんの有名人の写真が飾られています。

DSCF9209.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
「トノカフェ」は東日本大震災の義援金を集めているだけでなく、被災地に炊き出しに行っていらっしゃるそうです。

DSCF6751.jpg
タコライス屋さんですが、このお店のポイントはアボガドです。
アボガドの入るメニューには、一つのお弁当に付き、なんとアボガド半個が入ります。
アボガド大好きな私はワクワクしちゃいます。

DSCF6969.jpg
車の中にアボガドが箱ごと並んでいて壮観です。
ものすごく素早い手つきで、アボガドを半分に割って中身をくるんと取り出していて、見ているのがとっても楽しいです。

DSCF4497 (480x360)
メニューは全部で6種類あり、お値段は700円か800円です。
ご無沙汰している間に、50円値上げしていました。

DSCF8841.jpg
トッピングもいろいろあって楽しめます。

DSCF4378_20140319200415bca.jpg
辛い物好きだし、お金がかからないので、タバスコのトッピングはいつもお願いします。
タバスコのトッピングをお願いする人が多いせいか、お弁当の受け渡しの時に店員さんが「タバスコかけますか?」と必ず聞いてくれます。

DSCF8313.jpg
お店は女性一人と男性一人でお店を切り盛りしています。

屋台に到着したのが11時50分頃。
時間が早かったこともあり、先客は2名程で、後客も3名程。
10分位違うだけで、こんなに人の量が違うのかと、改めてビックリ。
むしろ、食べたことのないメニューをかんがえている時間がなく、焦っちゃったぐらいです(笑)。

DSCF4498 (480x360)
千代田四番町ランチ屋台でお弁当を購入する時、小さいビニール袋を毎回いただいちゃうのがもったいなくて持参するようにしていますが、「トノカフェ」だと流れ作業でお弁当が出てくるので、袋を持参したことを申告しにくく、そのまま持ち帰り袋に入れてもらってしまうことが多いです。

DSCF4509 (480x360)
新しいメニューはなかったので、アボガドスパム丼にサルサソースをトッピングでお願いしたところ、店主さんから「スパム丼はお醤油ベースのタレがかかっているので、あまりサルサと合わないですよ。」と言われてしまい、ガッカリ。
代わりに、ハーフ&ハーフは食べたことあったかどうか記憶がはっきりしませんでしたが、お願いしました。

DSCF4510 (480x360)
お弁当の容器は紙パックです。
なので、底を手で持つとかなり熱くなっています。

DSCF4511 (480x360)
お弁当とは別に温泉卵がついていて、自分で割り入れるスタイルです。

DSCF0382_201312130820200f2.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
スプーンは薄い木製です。
ちょっと柄が細長いタイプでした。
もったいないので、なるべくいただかないようにしています。

DSCF4514 (480x360)
フタをオープン!

メニューによれば、ハーフ&ハーフはオリジナル、タイ風チキン、ベジタブルの3種類から2種類を選ぶことが出来ます。
ただ、ベジタブルはいつもあるわけではないようで、この日は自動的にオリジナルとタイ風チキンになりました。
確か、以前ベジタブルをお願いしたら、「今日はベジタリアンがないです。」みたいな説明を受けた記憶があるのですが、この日はそもそも種類についてのアナウンスはなかったです。
でも、このやりとりを思い出して、やっぱり自分はハーフ&ハーフを買ったことがあるような気がして、後からデータを見たら、2013年1月8日に食べていました。


ハーフ&ハーフ <オリジナル+タイ風チキン> (800円)+タバスコ (FREE)=800円
DSCF4522 (480x360)
温玉をのっけて、いただきま~す!
ご飯の上にレタスなどの野菜を敷き、たっぷりの挽肉をのせてソースがかかっています。
ぶきっちょな私には珍しく、この日は真ん中にのっけることが出来ました。

DSCF4515 (480x360)
右側がオリジナルです。
ご飯にレタス、チーズ、パリパリの食感のタコチップ、スパイシーな甘辛挽き肉、とろーり温玉、クリーミーなナッツソースをかけたボリューム満点の一品とのこと。
濃い茶色に染まった挽き肉で、たっぷりの白いソースがかけてありました。

DSCF4516 (480x360)
左側がタイ風チキンです。
香り高いナンプラーを利用し、ヘルシーな鶏肉にしっかり味付けをしてあり、ピーナッツの食感がアクセントになっているとのこと。
白っぽい挽き肉で、こちらのソースは細い線状でかけてありました。
赤っぽいのはタバスコだと思います。

DSCF4518 (480x360)
お野菜はレタスの千切りです。
写真ではあまり見えませんが、ご飯が見えないほどたっぷりと入っていました。

DSCF4523 (480x360)
タマラーというほどではありませんが、やっぱり温泉卵があるとかなり豪華になるので、テンション上がります。
あるとないとでは全然違います。

DSCF4526 (480x360)
まずは温玉は崩さず、そのままいただきました。

タイ風は挽き肉の色合いは白っぽいですが、しっかりと下味が付いていて、ご飯がとても進みます。
時折タバスコのピリッとした辛さを感じました。

DSCF4533 (480x360)
ナッツが入っているのも、しっかりと見つけました。

DSCF4529 (480x360)
次にオリジナルを食べました。
意外と甘みが強いです。
あまり多くはなかったですが、小さく砕いたタコチップが入っていて、食感のアクセントになりました。

DSCF4531 (480x360)
ある程度食べたところで、温玉を崩しました。
トロリと流れる黄身がとっても美味しそう。
黄身を混ぜ込むと、口当たりがまろやかになって旨みが複雑になります。

DSCF4520 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリューム普通です。
比べて食べると、味わいの差がはっきりとわかって面白かったです。
定番メニューはほとんど食べちゃったので、トッピングの組み合わせを考えていろいろ試してみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 オリジナルタコライス (2011年5月24日
 ホットチリタコライス (2011年5月17日
 アボガドタコライス (2011年4月12日
 アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
 アボガドスパム丼 (2011年4月19日
 アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日

 タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
 ベジタブルタコライス (2013年3月12日

 ハーフ&ハーフ<オリジナル・タイ風> (2013年1月8日2013年10月1日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF1398_20120625061703.jpg

DSCF1399_20120625061702.jpg


お店のちらしです↓
DSCF4502 (480x360)

DSCF4503 (480x360)

DSCF4534 (480x360)

DSCF4505 (480x360)

DSCF4535 (480x360)


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」 
  佐賀県ご当地料理 元祖ポークシシリアンライス (2014年6月2日

月曜日 【撤退】ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
  ロシアン&ハワイアン<トマトソース> (2012年6月11日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  ハーブチキンフレンチライス (2012年1月23日
  ハーブチキンハワイアンライス (2012年2月13日

火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
  ベジタブルタコライス (2013年3月12日
  ハーフ&ハーフ<オリジナル・タイ風> (2013年1月8日2013年10月1日

水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日
  スンドゥブ風ソース (2013年2月6日

木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日2012年11月29日2013年2月21日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
  カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日

金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年10月1日購入時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
タコライス屋「移動販売 tono cafe」 (とのかふぇ)
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 火曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/16 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
【お弁当販売終了】 やきとり 宮川 四ッ谷  @四谷
2015年8月10日追記

DSCF6577 (480x360)
「宮川」のお弁当販売は、2015年7月末をもって終了しました。

************************************

昨日は台風一過で、とってもいいお天気でしたね!
会社に行くのではなく、お洗濯したかったです(笑)。
ずっと風が吹き続けていましたが、朝よりもお昼や午後の方が風が強かったのが、とっても不思議でした。

DSCF4484 (480x360)
2013年9月30日は、お休みをいただいて旅行へ行っていたので、5日ぶりの出社でした。
会社に来ても、前に何をやっていたのかあまり思い出せず、浦島さん状態。
ただ、この日は月末最終日だったので、やらなければいけないことが結構あり、ハードにリハビリして現場復帰していました(笑)。

12時近くになって突然お客様が来ることになり、午後も来客を予定していたので時間を遅らせることも出来ず、お弁当を買いに行くことになりました。
お弁当をサボっていた先輩は、時間がないので近場の「やきとり 宮川(みやがわ) 四ッ谷」にお弁当を買いに行ってくれました。

DSCF5682_20120203230710.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの交差点を渡り、左に曲がります。
レストラン エフ」の入っている主婦会館の隣に四ッ谷鳳翔ビルがあり、お店はその1階にあります。

DSCF5685_20120203230709.jpg
この場所には以前「おかわり屋」というお店がありましたが、2011年9月16日に閉店したそうです。

DSCF5683_20120203230710.jpg
「宮川」は40年継ぎ足された秘伝のタレを持つ老舗の焼き鳥屋さんだそうで、2011年11月21日にオープンしました。
溜池山王にも支店があるそうです。

DSCF5684_20120203230709.jpg
前回ランチ訪問したのは2013年3月18日でした。
前回お弁当を購入したのは2013年7月10日だったので、約2ヶ月半ぶりです。

DSCF0058 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お店の前では店員さんが一人でお弁当の販売をしています。
店内でのランチと同じく、午前11時半からとのこと。

お弁当はきじ弁当、きじ・竜田揚弁当、宮川弁当などの定番のほか、季節メニューなどがあります。
看板に出ていないメニューがあったりもします。
お値段は700円か800円で、白い唐揚の単品もありました。

ちなみに、2013年後半ぐらいからだったでしょうか、外でのお弁当販売はなくなり、現在は店内のカウンターの一角を使って売るスタイルになっています。

DSCF0059 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
販売する人は日によって変わります。

DSCF0060 (480x360)
お弁当を販売する台の右側にお味噌汁が置かれていました。
セルフサービスです。

DSCF0061 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
先輩からお弁当の希望を聞かれたので、このところ、メニューボードに書いてあった白い唐揚げのお弁当をお願いしました。
現地に着いてから、白い唐揚げのお弁当ときじとの合い盛りの2種類があると電話で教えてくれたので、せっかくなので合い盛りをお願いしました。
上司とOさんの分は適当に購入し、戻ろうとしたところ、帰ってきた上司とOさんに遭遇。
上司からお客様の分も買うように言われ、先輩は買ってきたお弁当を二人に託し、もう一度お弁当を階にお店に戻りました(汗)。
本当にご苦労様でした!

DSCF7796.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前にはお弁当のメニューが書かれた看板が出ていました。
お味噌汁とご飯の大盛りは無料です。

DSCF5502_201308090603010bd.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
店内でのランチメニューの大きな看板も出ています。

DSCF4458 (480x360)
お弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

DSCF4459 (480x360)
袋から取り出すとこんな感じです。
この日はお客様に出す必要などもあったことから、お箸やおしぼりをつけていただきました。

DSCF4453_201403192018346d6.jpg
紙おしぼりは白いビニール袋に入っています。

DSCF4472 (480x360)
割り箸には箸袋などはなく、そのままでした。

DSCF4478 (480x360)
この日いただいたお箸の1つは、なんと、半分に割れたもの1本だけでした。
事務所には割り箸も洗い箸も常備してあるから大丈夫ですが、公園で食べようとした人なんかはすごく困っちゃうのでは?

DSCF0065 (480x360)
お味噌汁はプラスチック製のコップ型の容器で、下は白、フタは半透明です。

人数が多かったのに、サービスのお味噌汁を先輩はちゃんと持ってきてくれました。
汁物が一口あるかないかで食事の印象がすごく変わるので、とってもありがたいです。

DSCF4462 (480x360)
お弁当もプラスチック製の小さい長方形の容器で、下は色柄、フタは半透明です。

DSCF4465 (480x360)
お弁当には小袋の山椒がついていました。

DSCF4468 (480x360)
裏はこんな感じです。


きじと白い唐揚げ弁当  (700円?)
DSCF4480 (480x360)
いただきま~す!
お弁当のフタを開けると、きじを焼いた香ばしい香りが広がり、とっても食欲が沸いてきます。

DSCF4482 (480x360)
お味噌汁にはいつもと同じく、ワカメとお揚げが入っていました。

DSCF4484 (480x360)
きじが4切れ、白い唐揚げが2個、焼き野菜、お新香が入っています。
お肉は2種盛り、野菜の彩りが鮮やかで、と~っても豪華。

DSCF4487 (480x360)
タレはプラスチックの小さな容器に入っています。

DSCF4491 (480x360)
このタレは、きじ用? 白い唐揚げ用?
でも、どちらも下味がしっかりしていたので、この日は結局使いませんでした。

DSCF4489 (480x360)
お新香は紫色の柴漬けです。
おかずがたくさんあるし、ご飯はそれ程多くないので、あまりいらない感じでした。

DSCF4488 (480x360)
焼き野菜は、赤パプリカ、黄パプリカ、シシトウ、ナスの4種類です。
パプリカとナスはとても大きめにカットされていて、食べごたえ抜群。
パプリカはとても甘みがありました。
ナスは中がトロリとした食感です。
シシトウにはあたりがなくて一安心。

DSCF4486 (480x360)
きじはあらかじめ一口大に切ってあります。
白胡麻がふってありました。

DSCF4493 (480x360)
皮目は少しぱりっとしていて、お肉は程よい歯応えです。
タレをつけなくても、お醤油ベースの下味がついていたので、そのままいただきました。
店内で焼き立てを食べた方がもちろん美味しいですが、お弁当でも充分美味しいです。
さすが、看板メニューだけあります。

DSCF4485 (480x360)
白い唐揚げです。
こちらは一口大のものが2つありました。
こんなに白っぽいのって、何だかとっても不思議。

DSCF4495 (480x360)
衣はややしっとり目。
お肉は柔らかく、色は真っ白ですが下味もついていて、こちらもこのままで充分な味わいでした。


ご飯の量はそれ程多くありません。
むしろ、おかずの方がたっぷりでした。

全体のボリュームは普通ですが、2種類のメインが食べられるのはとってもお得感がありました。
初めて食べた白い唐揚げは見た目がとても不思議ですが、お味は美味しかったです。
是非店内で、揚げ立てを食べてみたいです。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニュー↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

[イートイン]
きじ飯 (2012年1月31日
唐揚げ定食 (2012年3月9日
チキンカツカレー (2012年7月6日
鶏そぼろと春雨の辛味噌温玉ご飯 (2012年9月14日
チキンカツ定食 (2012年11月6日
チキン南蛮定食 (2013年3月18日

[テイクアウト]
きじとそぼろが楽しめるミックス弁当 (2012年7月11日
ミックス弁当<きじと鳥唐> (2013年1月24日
自然栽培のお野菜を使った夏野菜カレー (2012年7月27日
宮川伝統の味 きじ弁当 (2012年10月3日
宮川弁当<油淋鶏> (2012年10月29日
鶏もも肉の生姜焼き弁当 (2012年12月17日
煮込み<単品> (2013年1月24日
チキン南蛮弁当 (2013年3月13日
おろしカツ弁当 (2013年5月9日
蒸し鶏と自家製胡麻たれ冷し中華そば (2013年7月10日
きじと白い唐揚げ弁当 (2013年9月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF4715_20140328060951de1.jpg

DSCF4716_20140328060953c7b.jpg

DSCF4718_20140328060954780.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF1882_20130517053452.jpg

DSCF7340.jpg

DSCF7341.jpg

DSCF7342.jpg

DSCF7343.jpg

DSCF7344.jpg

DSCF7345.jpg

DSCF7346.jpg

DSCF7347.jpg

DSCF7349.jpg

DSCF7350.jpg

DSCF7351.jpg

DSCF7352.jpg


以前いただいたチラシです↓
DSCF6253_2013082208355069e.jpg

DSCF6254_20130822083507b02.jpg

DSCF6256_20130822083513967.jpg

DSCF6255_20130822083510bb0.jpg


お店の名刺です↓
DSCF6587_20120221081301.jpg

DSCF6588.jpg


2013年9月30日訪問時お店DATA
***********************************
やきとり 宮川 四ッ谷 (みやがわ)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 四ッ谷鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3221-4833
営業時間 *お弁当の販売は午前11時30分から
[月~金] 11:30~14:00 18:00~23:00 
[土日祝] 17:00~22:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/15 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
行楽シーズンの3連休でしたが、みなさま楽しく過ごされたでしょうか?
私は2泊3日で予定していたキャンプを1泊2日に短縮したものの、お肉やお魚をBBQでたらふく食べたり、温泉に入ったりして、とっても楽しかったです。
心配していた台風19号は、予定よりも早く関東地方を抜けてくれたため、今朝の通勤は先週のような混乱は少なそうで、本当によかった~。

DSCF4006 (480x360)
2013年9月25日は、お昼になるとお弁当買いに出かけました。
翌日から旅行に出かける予定だったので、軽めに済まそうと思っていたのですが、このところ「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」にご無沙汰しているな~と思ったら無性に食べたくなり、しかも、その話を先輩にしたら、お弁当を持ってきていたのに、結局二人で注文しちゃいました(笑)。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF7927 (480x360)
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

この年はまだ夏限定メニューをほとんど食べていなかったことを思い出し、電話でお願いしたのですが、もうやっていないとのこと(泣)。
慌てて、メニューに目をやって、たまたま目にとまったペスカトーレのスパゲッティを注文。
先輩はお気に入りメニューのリーネア(牛スジ)のスパゲッティにしました。
出来上がりは12・3分後とのことで、この日は先輩が取りに行ってくれました。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回お弁当を購入したのは2013年8月20日だったので、約1ヶ月ぶり、33回目です。

DSCF7928 (480x360)
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF2261 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

2010_0814画像0004
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと36周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

DSCF2262 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お弁当は白いビニール袋に入れてくれます。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF4002 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

DSCF4004 (480x360)
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

DSCF6870.jpg
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

この日は断るのを忘れたとのことで、フォークをいただいちゃいました。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。

DSCF4012 (480x360)
いただきま~す!


スパゲッティ <トマトベース> ペスカトーレ  (850円)
DSCF4006 (480x360)
フタを開けると、器のフタギリギリまで、たっぷりと入っていて、圧倒的なボリューム。
やや太めのスパゲッティの上にはたっぷりのトマトソースがかかっています。

DSCF4008 (480x360)
トマトソースは酸味が利いていて、魚介の旨みがたっぷりでと~っても美味しい。

DSCF4019 (480x360)
魚介は種類が豊富で、殻付きのムール貝、殻付きのアサリ、剥き身のアサリ、タコなどが入っていました。

DSCF4018 (480x360)
量もたくさんです。

DSCF4010 (480x360)
タコは火が通り過ぎてかたくなっているものがありました。

DSCF4009 (480x360)
ムール貝が入っているのがとっても豪華で、テンションが上がります。

DSCF4016 (480x360)
麺は黄色みがかった中細麺です。
つるつるとした食感でのど越しがよく、量が多くてもどんどん食べられちゃいます。
ボリュームが半端ないので、一口分を引っぱり出すのが大変。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。

DSCF4020 (480x360)
途中から、タバスコをかけてピリ辛にしました。
ただ、ほんのちょっとかけただけでタバスコがなくなっちゃいました(泣)。
今度買い足しておかないと。
あまり辛くならなかったので、粉チーズもかけてみました。
魚介の旨みにチーズの旨みが加わり、さらにコクが増しました。


スパゲッティ <ミートソース> リーネア  (900円)
DSCF4013 (480x360)
先輩はお気に入りのリーネアを注文。

DSCF4014 (480x360)
リーネアは牛肉と野菜が入っていて、私も大好きなメニューです。

DSCF4025 (480x360)
この日は珍しく領収書を持って帰ってきました。
使うアテはないのですが(笑)。

DSCF4029 (480x360)
先輩が、持ち帰りメニューにヒューガルテンのクーポンがついたメニューがあったので、面白いからと、持って帰ってきてくれました。

DSCF4027 (480x360)
このメニューにはもう注文できない季節メニューがまだ書かれています(笑)。


写真を撮り忘れちゃいましたが、麺を食べ終わった後も、トマトソースがたっぷりと残っていました。
もったいないので、スプーンで集めて全部食べちゃったので、かなりお腹いっぱいになりました。
この満足感は、とてもスパゲッティとは思えません。
久しぶりの「タベルナ」のスパゲッティは、先輩も私も大満足でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  タラモ (2013年1月31日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
  サンジャック ビアンコ (2013年8月20日
  ペスカトーレ (2013年9月25日

◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日
  フンギ (2013年7月4日

◎ご飯系
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日

◎季節メニュー
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF2296 (480x360)

DSCF2297 (480x360)

DSCF2298 (480x360)

DSCF2300 (480x360)

DSCF2302 (480x360)

DSCF2332 (480x360)

DSCF2333 (480x360)

DSCF2334 (480x360)

DSCF2335 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2013年9月25日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/14 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
和だん 夢心邸  @四谷
今日一日がんばれば、この週末は楽しい三連休です!
私は友人家族と一緒にキャンプに行く予定なのですが、台風19号の進路がどうなることやら(汗)。
みなさまも、充分に気をつけて、楽しい週末をお過ごしください☆

本日は、おそらく2014年にオープンしたと思われる「夢心邸」のレポートです。

DSCF1113 (480x360)
2014年9月11日は、前日に引き続き、上司とOさんがお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに出ました。
前日は中華料理の新店「中華居酒屋 聚べん」をランチ訪問しましたが、この日はそれよりも前に見つけていた和食の新店「和だん 夢心邸 (むしんてい)」に行ってみることに。
2014年8月5日のランチで行ったときに臨時休業だったので、リベンジです。

DSCF1141 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に進み、最初の角を左折します。
幅の細いこの道は楠の木通りという名前で、少し行くと「出島厨房」があり、そのもう少し先の右手にフランセビルがあり、お店はその2階です。

ちなみに、新宿通りの曲がり角にはランチの看板が出ています。
そうでなければ、この場所は通りかかる人以外はなかなか見つからないのでは?

DSCF1140 (480x360)
鮮やかな紫色の細長い暖簾が下がっていました。
この界隈はややダークトーンの灰色のビルが並んでいるので、かなり目立ちます。

「夢心邸」の情報はとっても少なくて、お店の公式HPらしきものを見つけたのですが、トップページのみ。
でも、多分2014年になってからのオープンではないかと思うので、新店紹介とさせていただきました。

DSCF1142 (480x360)
ビルの前には結構大きな看板が出ています。

DSCF1139 (480x360)
ビルは小さいので、細めの外階段を登って行きます。
途中、お店のネームが入った飾りが置いてあり、その横に名刺もありました。

DSCF1137 (480x360)
階段の踊り場がベンチになっている!

DSCF1138 (480x360)
その横にはお茶のセットが置いてあって、お店のホスピタリティを感じます。
ただ、この日はちょっと肌寒い日だったのですが(笑)。

DSCF1108 (480x360)
中の様子が全くわからないので、ドキドキしながら入店。
12時15分ぐらいで先客2組程でした。

DSCF1107 (480x360)
フロアはあまり広くはなく、右に厨房とカウンター、左にテーブル席が並んでいました。
左手前には半個室的なテーブル席もあります。
写真がその部屋です。

厨房には男性の店主さん、フロアは女性が担当していて、二人で切り盛りしていました。
ちなみに、食事の途中に奥からお客さんが入ってきたので、ビルの表側からの通路もあるのかもしれません。

DSCF1109 (480x360)
木材などをたっぷり使って落ち着いた内装です。

DSCF1105 (480x360)
一人であることを告げると、カウンター席に通されたので、手前側に着席。

DSCF1106 (480x360)
おしぼりとお茶をいただき、メニューを検討。
おしぼりの受け皿があるのがとっても上品です。

DSCF1103 (480x360)
ランチメニューは定番が3種類で、お値段は全て950円です。
限定5食のスペシャル御膳が2種類あり、1,200円と1,800円と、かなりなお値段でした。
ご飯、おみそ汁はおかわり出来ます。

面白いからステーキに行っちゃおうかなとも思ったのですが、お店の雰囲気がとっても美味しそうな雰囲気ありありだったので、先輩と一緒に来るときにチャレンジしてみようと思い、この日は定番にしました。
少し肌寒い日だったので、和だん・ビーフシチューご膳(牛すじ入り)ご飯少なめ(950円)を注文。

DSCF1104 (480x360)
メニューの裏を見ると、アルコールなどのメニューが記載されています。
「いか人参」という言葉に目が止まりました。
東京では珍しい味わい深い郷土料理、とのこと。
店員さんに聞いてみたら、店主さんから説明をいただきました。
店主さんは福島の出身で、いか人参とは郷土料理だそうです。
あまりにも一般的にお店で取り扱うことが少ないとか。
お値段が200円ということもあって、一緒にお願いしてみました。

ランチタイムは11時半から13時半(ラストオーダー)です。
ランチ営業は火曜日から金曜日までとのこと。

DSCF1114 (480x360)
カウンターだったので、店主さんがお料理をしているのがとてもよく見えて楽しいです。
店主さんは和食一筋で20年以上のキャリアがあるとのこと。
この日はいろいろメニューを切らしたとかで、コロッケなどなど、かなりたくさん仕込をしていらっしゃいました。

凛とした雰囲気だし、人がかなり少ないし、しかも店主さんの目の前だったので、念のためにフロアの女性店員さんに「写真を撮っていいですか?」と聞いたところ、女性店員さんから店主さんに声をかけてくれました。
最初、店主さんは勘違いして、「自分は写真写り悪いから、、、。あっ、料理の写真ならどうぞどうぞ。」と言って下さいました(笑)。


和だん・ビーフシチューご膳(牛すじ入り) ご飯少なめ  (950円)
DSCF1113 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。
メイン、小鉢2種類、お新香、お味噌汁、ご飯、デザートのセットです。
茶色い木目のある長方形のお盆にのせられていました。
ちゃんとメニューを見ていなかったので、とっても豪華でビックリ!
ご飯とお味噌汁はおかわり自由です、と女性店員さんからアナウンスがありました。

DSCF1130 (480x360)
薄い茶色の木製のお箸とスプーンが添えられています。

DSCF1115 (480x360)
ご飯は小さめな器に盛ってありました。
少なめでお願いしていましたが、基本的に少なそうかな?
それとも、普通盛りだと器が違うのかな?

DSCF1116 (480x360)
この日はご飯のお供のいか人参を注文したので、ご飯少なめにしたのはちょっと失敗だったかも。

DSCF1118 (480x360)
お味噌汁は具にワカメと長ネギが入っています。
熱々で、あっさり目のダシでした。

DSCF1117 (480x360)
お新香はキュウリとタクアンの2種類がありました。
黄色と緑色でキレイです。
タクアンはちょっと甘めだったかな?


イカ人参 (200円)
DSCF1120 (480x360)
こちらが別に注文したイカ人参です。
干しイカと人参を同じぐらい大きさの短冊切りにして、お醤油に漬け込みます。
普通の食卓ではお醤油にそのまま漬け込むだけなのでかなり味が濃いとのこと。
店主さんは柚子を加えたりしているそうです。
ちなみに、これに昆布が入れば松前漬けです。

干しイカはまだ結構歯応えが残っていて、それでもかなりの味濃さです。
ご飯のお供よりも、お酒に合うのでは?と聞いてみたら、もちろん、両方に合わせるとのことです。
常連さんの中にはこれだけでお酒が飲めるから、他のおつまみはいらないと気に入ってくださって、売り上げ的には困るとか(笑)。
人参も生なのでシャキシャキ感があります。
どちらも歯応えがあるのですが、食感が違うのが面白かったです。
干しイカは噛めば噛むほど柔らかくなって味がしみ出てきました。
現地のお料理よりは塩加減が控えめとはいえ、それでもかなりの味の濃さ。
この日のご飯は事実上、イカ人参で食べました(笑)。

DSCF1121 (480x360)
事務所に戻ってから千葉生まれ千葉育ちの先輩に話をしたところ、イカ人参は千葉でもよく食べるとのこと。
人が集まるときに大量に作るので、干しイカを細く切るのが面倒だったと言っていました。
東北から関東まで、脈々とつながっているんですねぇ。

DSCF1124 (480x360)
小鉢の1つは煮物?でした。
たっぷりの切り昆布に人参と油揚げ。
構成はイカ人参と似ていますが、こちらはダシを利かせてあっさりめに炊いてあります。

DSCF1125 (480x360)
もう一つの小鉢は白身魚の南蛮漬け。

DSCF1126 (480x360)
甘酢がすっきりとして美味しく、白身魚はほっこりした食感で美味しかったです。

DSCF1127 (480x360)
ビーフシチューは見た目はそれ程大きくない器でしたが、高さがあるので結構なボリュームです。


DSCF1129 (480x360)
固形の具で入っているのはお肉と彩りで真ん中にトッピングしてあるブロッコリーだけです。

DSCF1132 (480x360)
とろみはそれ程はなくてわりあいシャバシャバしたルーですが、コクがあってとっても美味しい!
店主さん曰く、野菜は全て溶けているそうです。

DSCF1135 (480x360)
お肉はとっても柔らかく、牛すじはトロットロ♪

DSCF1136 (480x360)
基本和食屋さんですなのに、こんなに美味しいのがとっても不思議(笑)。

DSCF1122 (480x360)
最後にデザートをいただきました。
あんこが下に盛ってあり、その上に白玉団子?2個がのせられ、きな粉がふりかけてあります。

DSCF1123 (480x360)
白玉団子はちょっと独特のかたさがありましたが、あんこは甘さがとても控えめで、きな粉の風味がとってもよかったです。


女性店員さんはとても丁寧な接客で、店主さんは気さくに話してくださり、一人でも居心地よかったです。
美味しくておかずの種類も多く、お腹いっぱいになりました。
他のメニューもとっても気になるので、先輩を誘ってすぐに再訪したいです。
ローストビーフを是非とも食べてみたい!


お店の名刺です↓
DSCF1110 (480x360)

DSCF1112 (480x360)


2014年9月11日訪問時お店DATA
********************************
和だん 夢心邸 (むしんてい)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-18 フランセビル2階
TEL 03-3355-3262
営業時間 
[月曜日] 17:00~23:00
[火~土] 11:30~13:30 17:00~23:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/10 00:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店  @四谷
起動しなくて肝を冷やした外付けHDDですが、その後は何もなかったように動いています。
単なるバグだった?
でも、かなり驚かされたので、データの保存については別の方法を考えなきゃと思っています。

DSCF3989 (480x360)
2013年9月24日は、お昼になってから外へランチを買いに行きました。
この週末は旅行へ出かけることになっていたので、軽めにしようと思い、アトレ四谷に入っている「SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店」へ。

2009_1204画像0098
こちらは以前撮影した写真です。
「成城石井」は、JR四ッ谷駅に隣接するアトレ四谷の1階にあります。
駅の改札からエスカレーターに乗って1階フロアに行くと、一番奥の場所です。

2009_1204画像0097
こちらも以前撮影した写真です。
この場所には2009年1月26日に訪問した「Pizza&Pasta QuaQua(クワクワ) アトレ四谷店」がありましたが、2009年11月10日に「成城石井」がオープンしました。

2009_1204画像0096
こちらも以前撮影した写真です。
「成城石井」を運営する株式会社成城石井は、1927年2月に果物や菓子などを扱う小さな食料品店として創業し、輸入食料品を多く取り扱う食料品主体の高級スーパーとして最近は駅ビルなどを中心にかなり積極的に店舗展開し、2013年3月に100店舗を達成したとのことです。

2011年5月31日に三菱商事系ファンドの丸の内キャピタル株式会社が設立する新会社に事業譲渡され、2014年9月29日にローソンが買収したというのはとても大きなニュースになりました。

DSCF5676.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
販売しているお弁当は、軽食のサンドウィッチからランチボックスのお弁当、和食からエスニック系、そのままそのまま食べられるお弁当から電子レンジで必ずチンしなければならないお弁当などなど、お値段も様々で、かなり多岐にわたっていろいろな種類が置いてあります。

そして、さすが高級スーパーだけあって、店員さんの対応がとても丁寧です。

DSCF5876.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
朝行くと、賞味期限が近づいていて、ディスカウントされているお弁当も多数。
安物買いが好きな私には嬉しいです。

DSCF3956 (480x360)
到着したのが12時5分過ぎだったので、まだ人はそれ程多くありませんでした。
せっかくなので変わったメニューが食べたいなと思い、並んでいるお弁当を眺めていたら、サンラータンを発見。しかも20%オフ。
これはお得だ~と思ってゲット。

DSCF3954 (480x360)
1つだとちょっと足りないと思ってサラダみたいなものがないかと探したところ、雑誌の「ダンチュウ」とコラボしたメニューがあったので、その中からタイ風挽肉炒めのまぜまぜサラダを選択しました。
こちらも20%オフがあったので、とってもラッキー。

DSCF3955 (480x360)
前回こちらのお弁当を購入したのは2013年3月21日だったので、約半年ぶりです。

DSCF3958 (480x360)
成城石井の持ち帰り袋は、逆光になってわかりにくいですが、グレーの色に深い緑色でお店のロゴが入っています。

DSCF3960 (480x360) - コピー
お箸などはお断りました。

DSCF3961 (480x360) - コピー
ペッタンコにすると、こんな感じ。

DSCF3962 (480x360) - コピー
サラダの容器は透明なプラスチックです。

DSCF3963 (480x360) - コピー
この時期、雑誌の「ダンチュウ」とコラボしていたようで、幾つかあるメニューの中の一つでした。

DSCF3965 (480x360)
自家製のお弁当は、保存料・合成着色料は不使用で、消費期限は当日です。

DSCF3964 (480x360) - コピー
なので、20%オフという、とってもお手頃価格で購入できました。


成城石井自家製 タイ風挽肉炒めのまぜまぜサラダ (599円→479円)
DSCF3974 (480x360)
フタをオープン!
具材の種類が豊富で、彩りもとっても華やかです。

DSCF3975 (480x360)
固ゆでの卵が半分、キュウリの千切り、、、

DSCF3976 (480x360)
紫タマネギ、、、

DSCF3977 (480x360)
トマトのくし切り、、、

DSCF3978 (480x360)
フライドオニオン?ワンタンの皮を揚げたもの?と挽き肉です。
挽き肉は、豚と鶏で、ナンプラー・オイスターソースで炒めてあるとのこと。

DSCF3979 (480x360)
レモンのくし切りも添えられていました。

DSCF3980 (480x360)
ドレッシングは別容器に入っていました。
スイートチリソースとタマリンドペーストを加えた自家製ドレッシングとのこと。

DSCF3981 (480x360)
ドレッシングの容器を取り除いてみたら、、、

DSCF3986 (480x360)
具材の下にシートが挟んであって、食べるときに引き抜くようになっていました。

DSCF3967 (480x360)
酸辣湯麺の容器は、フタが透明なプラスチック、下が白い紙です。

DSCF3968 (480x360)
化学調味料・保存料・合成着色料は不使用で、消費期限は当日です。

DSCF3969 (480x360)
なので、こちらもサラダと同じく、20%オフという、とってもお手頃価格で購入できました。

DSCF3970 (480x360)
こちらのお弁当は食べるときに電子レンジで必ず温めなければなりません。
500Wの場合、2分30秒です。

DSCF3989 (480x360)
いただきま~す!

DSCF3991 (480x360)
初めにレモンを搾り、ドレッシングも全てかけちゃいました。
具材がたっぷりなので、全体を和えたり、下の具材を引っぱり出すのが大変。
この自家製ドレッシングは、辛さもありましたが、甘みもかなりあって、ちょっと私には辛かったです。

DSCF3995 (480x360)
中には、こんなに大きいキャベツ、しかも芯の部分が入っていました。
かなりの歯応えで、がしがし噛みしめて食べました(笑)。


成城石井自家製 酸辣湯麺 (499円→399円)
DSCF3982 (480x360)
お店のメニュー説明は、「程よい酸味と辛味が効いた5種類の具材の入ったあんが中華麺によくからみます」とのこと。

DSCF3983 (480x360)
5種類の具材とは、細切りのお肉・タケノコ、シメジ、シイタケ、卵、ネギなどでしょうか。
ほとんどが細長い同じ形に切り揃えられているので食べやすいものの、その分、食感の変化はあまりなかったです。

DSCF3984 (480x360)
スープはそれ程多くはなく、ひたひた位です。
多くないので、汁多めの和え麺のような、餡かけ麺のような感じ?
スープは酸味は穏やかなので食べやすいですが、個人的にはもうちょっとパンチがある方が好きです。

DSCF3993 (480x360)
麺は白っぽく、細めのストレートでした。
予想したとおり、麺は柔らかでしたが、このスタイルの食べ方では仕方ないと思っています。
ボリュームはそれ程多くありません。

DSCF3972 (480x360)
レシートです。

DSCF3985 (480x360)
この日、珍しくお弁当をサボっていた先輩は、それでもあまり食べないようにとローソンへお弁当を買いました。

DSCF3987 (480x360)
その中で見つけたのがこちら。

DSCF3988 (480x360)
チーズが好きなのと、「からみの苦手な方はご注意下さい。」という言葉に惹かれたそうです(笑)。

DSCF3996 (480x360)
こんがりとした焼き色で、見た目はとっても美味しそう。
よく火の入ったシュークリームのようです。

DSCF3997 (480x360)
半分に割ってみると、かなり空洞がありました。
たっぷりのチーズに、ところどころ黒い点々が。
食べてみてわかったのですが、これは胡椒でした。
「からみ」というのはコショウのことで、ちょっと予想と違いました。
しかも、パン生地の食感やチーズの味わいは実にフツーです。
袋に印刷されているとおり、少し温めて食べた方がチーズの風味がよくなったかもしれません。


麺もサラダもどちらもそこそこのボリュームでしたが、2つ食べたのと、サラダをしっかりと噛んで食べたせいか、かなりお腹いっぱいになりました。あと、先輩からパンを半分もらってしまったので、軽く済ますはずのランチだったのに、かなりしっかりと食べちゃいました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆ これまでに食べたメニューです↓ ◆・◇・◆・◇・◆・◇

自家製 プルコギと自家製ナムルのビビンバ丼 (2009年12月2日
自家製 手まり寿司盛り合わせ (2011年3月3日
自家製 腰果蝦仁(ヤオゴシャーレン) (2011年3月11日
自家製 フォーガー (2011年3月11日
自家製 唐揚と7種類の彩り十六穀米丼 (2011年3月15日
自家製 タコとイカの5種ハーブマリネ (2011年3月15日
自家製 タイカレー グリーン (2013年3月21日
自家製 タイ風挽肉炒めのまぜまぜサラダ (2013年9月24日)  
自家製 酸辣湯麺 (2013年9月24日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日、(2013年7月1日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日2013年9月24日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年9月24日訪問時お店DATA
************************************
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (せいじょういしい)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷店1階
TEL 03-5362-0846
営業時間 
[月~土] 7:30~22:00
[日・祝]  8:00~22:00
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/09 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
パン工房 AntenDo 四谷店  @四谷
私は写真のデータがたくさんあるので、パソコンが重たくならないよう、外付けHDDに保存しています。
一昨日の夜、パソコンを立ち上げたら、外付けHDDを認識しない!
電源のコードを差し替えると一瞬通電してグーッグーッと動くのですが、すぐに止まってしまいます(汗)。
この7年間分のデータがなくなった?!と焦りまくってあちこち相談したのですが、結局、パソコン本体の電源から再起動させたら、何とか再起動。
やはりダブルデータにしなれけばいけないかなと思い、一晩かけてパソコン本体にコピーしました。
今年買い換えて、容量の大きいパソコンで本当によかったです。
あ~ビックリした。

DSCF3804 (480x360)
2013年9月20日は、週の最後の金曜日。
この日の夜は先輩とディナーに行く予定だったので、お昼は軽めにしようと思い、「パン工房 AntenDo(あんてんどぅ) 四谷店」というパン屋さんに行ってみることにしました。
先輩は夜に備えてお弁当を作ってきていたのですが、私がパン屋さんに行くと言ったら、パン好きの血が騒ぎ、結局一緒に行くことに(笑)。ただ、お弁当を食べて、買ったパンは持ち帰りましたが。


続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/08 00:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(6) |
かしら焼&もつ鍋 金太郎 四ッ谷店  @四谷
昨日の朝は台風18号が首都圏に直撃して、交通網がかなり乱れましたが、みなさま、大丈夫だったでしょうか。
私はどれぐらい時間がかかるのかを考えるのが面倒くさくなって7時前に家を出たおかげで、雨にはさほど降られず、電車の中で新聞を読む余裕もありました。
今年は本当に台風がたくさんやって来て大変です。。。

DSCF3757 (480x360)
2013年9月19日は、上司がお昼時に不在だったので、Oさんと先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
このところ、私が食べて美味しかったランチをお弁当の先輩に紹介する、というスタイルが定着していますが、この日は8日前の2013年9月11日に「かしら焼&もつ鍋 金太郎(きんたろう) 四ッ谷店」へ行こうとしたのに、「陽だまり。」に行ってしまったので、リベンジすることに。

2013年7月25日、上司がお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて、一人で外へランチを食べに出ました。
この日は先輩が留守番して下さっていたこともあり、ちょっと遠くへ出かけようと思い、少し前に見つけていた新店の「かしら焼&もつ鍋 金太郎(きんたろう) 四ッ谷店」へ行くことにしました。

DSCF1155_20130823052945f2f.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、信号を超えてさらにずっと奥に行きます。
飲食店がほとんどなくなりかけた辺りの右側に三栄星野ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF0048_20130823053324dba.jpg
市ヶ谷経済新聞によれば、「金太郎」は2013年7月12日にオープンし、10日後の7月22日からランチ営業を始めました。
新鮮な国産牛の小腸のみを使ったもつ鍋と千葉県産の豚肉を使った「かしら焼き」をメーンに、豚しゃぶ、串焼きなどをリーズナブルに提供するお店で、新宿、新中野に続く3号店とのことです。

DSCF1157_201308230529430c0.jpg
お店の前にはとても大きなランチメニューの垂れ幕が出ています。

この場所には2008年10月29日にランチ訪問した「めし処 みなみ」という定食屋さんがあり、ランチのシステムを試行錯誤していましたが、2012年1月10日、「みなみ」から「串かつ専門店 りゅうちゃん」に店名を変更し、昼は定食屋、夜は串かつ専門店になっていましたが、2012年の春以降に閉店したようです。
その後、2012年11月27日に「祭そば」がオープンし、2012年12月14日にランチ訪問しましたが、2013年6月25日に閉店したそうです。
立地が悪いせいか、なかなかお店が定着しない場所です。

DSCF1156_20130823052947c56.jpg
ランチは午前11時30分から午後2時30分までです。
ランチタイムは前払いで、禁煙です。
混雑時には相席になるとのこと。

DSCF1113_201308181226115a8.jpg
12時20分頃に到着すると、店内はほぼ満席。
場所がやや辺鄙なところですが、がっちりお客さんを掴んでいるようです。
お客さんはスーツ姿の男性客ばかりでした。

DSCF1131_201308181224215f2.jpg
一番奥に厨房があり、その前にいろいろな大きさのテーブル席が並んでいます。
真ん中ぐらいに一段上がった踊り場のような席がとっても珍しい。
テレビも設置されています。
内装は木材を多用したシンプルな和風の造りです。

DSCF1133_20130818122224567.jpg
店員さんは男性ばかりで、とても元気で明るい接客でした。

前回ランチ訪問したのが2013年7月25日だったので、約2ヶ月ぶり、2回目です。

DSCF1154_201308181220457e0.jpg
テーブルによっては、座る場所がイスではなく、畳を敷いた小上がりみたいなところに腰掛けるようになっていました。
あまり見たことのないスタイルです。

DSCF3754 (480x360)
入れるかどうか心配でしたが、中2階のようになっている大きなテーブル席に相席で着席することが出来ました。

DSCF3755 (480x360)
卓上にはメニューのほか、各種調味料、爪楊枝、串入れ、お水の入ったポット、コップが置かれています。
水はセルフサービスです。

DSCF1119_201308181225519ae.jpg
こちらはお店特製の辛みそです。

DSCF1127_20130818122412de5.jpg
こんなイラストもありました。
「金太郎」の創業者である創業者の柴田育男さんが作りあげ、30年守り抜いている門外不出の秘伝のみそで、全てのメニューに合わせるよう、勧められています。
テイクアウトも出来るそうです。

DSCF3756 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1114_201308181226130d8.jpg
ランチメニューは8種類あり、お値段は500円から800円とお手頃です。
ご飯はおかわり無料とのこと。
ランチビールをいただくことも出来ます。

この界隈でちゃんこは食べられるというのは貴重です。
ずいぶん前に「食神」というお店が四ッ谷と市ヶ谷の両方にあり、市ヶ谷店には2008年6月13日2008年8月21日にランチ訪問しましたが、長く続きませんでした。

DSCF1117_20130818122542720.jpg
先輩にはモツちゃんぽんめん定食がイチオシと伝えたので、そちらをチョイス。
Oさんにも同じように勧めたのですが、若鶏のからあげ定食(680円)を注文。
私は前回食べたときにモツがとっても美味しかったで、モツが食べられる牛もつカレー定食(600円)をご飯少なめでお願いしました。

こちらのお店、メニューによっては結構時間がかかります。
前回食べたモツちゃんぽんめん定食も、かなりゆっくり出てきました。
注文を取り終えた店員さんから、「ちゃんぽんめんとからあげは時間がかかりますが、よろしいですか?」と聞かれました。
私のカレーは普通に出てきそうだったので、私が先に食べて帰ればいいやと思ってそのままお願いしました。


牛もつカレー定食 ご飯少なめ  (600円)
DSCF3757 (480x360)
ところが、どういう訳か、約20分後、結局私のお料理も他のとほぼ変わらない時間で出てきました。
他のメニューと一緒に配膳しようという配慮だったのか、先輩のちゃんこは熱々だったのに、私のカレーはむしろやや冷めかけでした(泣)。

牛もつカレー、ご飯、サラダ、お新香、お味噌汁のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF3760 (480x360)
ご飯は黒いお茶碗に盛ってあります。

DSCF3761 (480x360)
少なめです。

DSCF3768 (480x360)
お味噌汁はやや大きめのお椀に入っていました。

DSCF3769 (480x360)
大きくカットされた油揚げが入っています。

DSCF3764 (480x360)
お新香はダイコンとニンジンの2種類です。
2013年8月23日にpenguin_19さんからコメントをいただいたとおり、お皿が変わっていましたが、お新香の薄さは相変わらず(笑)。

DSCF3758 (480x360)
サラダは前回と同じで、キャベツの千切りにベーコンチップ?の細かく砕いたようなものがトッピングされています。

DSCF3759 (480x360)
量は少なめです。
トッピングのおかげで味がしっかりしていました。

DSCF3765 (480x360)
もつカレーは両側に取っ手の付いたアルミ鍋に入っていました。

DSCF3767 (480x360)
パッと見た感じでは、具はモツのみです。

DSCF3775 (480x360)
まずはカレーを一口。
他の料理を待っていたせいでしょうか、ややぬるめだったのが残念。
辛さやスパイシーさはほとんどなくて、見た目はかなり濃い茶色ですが、まろやかで食べやすい味わいでした。

DSCF3778 (480x360)
もつはちゃんこに入っていたのと同じものです。
一口大で、色は真っ白。
口に含むと、ぷるんとした食感で、脂の甘みをたっぷりと感じます。
うーん、このモツは本当に美味しいです。
数もそこそこ入っていました。

DSCF3779 (480x360)
食べ始めたときはご飯にカレーをかけて少しずつ食べていたのですが、時間がおしていたのと、ちょっとずつ食べるのが面倒だったので、お行儀が悪いですが、ご飯茶碗一杯にカレーをよそい、しっかりと混ぜて食べちゃいました。


若鶏のからあげ定食 (680円)
DSCF3762 (480x360)
Oさんの注文したのはこちら。
牛もつカレー定食よりも小鉢が一つ多かったです。

DSCF3763 (480x360)
メインのからあげがごい!
こんがりと揚がった一口大のからあげがまさにまさに山積み。
うーん、このコストパフォーマンスはすごいです。


モツちゃんぽんめん定食 (800円)
DSCF3771 (480x360)
先輩が注文しました。
メイン、サラダ、お新香、ご飯のセットです。

DSCF3774 (480x360)
先輩のには、私は食べることの出来なかった卵がちゃんとついている!(笑)。

DSCF3772 (480x360)
ボリュームがたっぷりのうえ熱々だったので、猫舌の先輩は食べ切るのにかなり時間がかかっていました。


全体のボリュームは普通です。
前回のモツちゃんこに比べると、ご飯少なめにしたことを差し引いてもボリュームにかなりの差がありました。
モツがとっても美味しいので、モツが入ったメニューが少ないのは残念。
ただ、他のメニューもボリューム系のようなので是非食べてみたいです。

私は一番に食べ終え、事務所に小走りで帰りました。
帰りがけ、店員さんから「時間がかかってすみません。」と声をかけられました。
事務所から少し離れているので、これだけ時間がかかると気軽には来られないのはちょっと残念です。
1時ギリギリに戻ることが出来ました(笑)。


ランチメニューです↓
DSCF1114_201308181226130d8.jpg

DSCF1115_20130818122616548.jpg

DSCF1116_20130818122618f01.jpg

DSCF1117_20130818122542720.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF3752 (480x360)

DSCF3751 (480x360)

DSCF1125_201308181224451ed.jpg

DSCF1126_20130818122447e79.jpg

DSCF1127_20130818122412de5.jpg

DSCF1128_20130818122414dba.jpg

DSCF1121_20130818122555c30.jpg

DSCF1122_201308181224372d1.jpg

DSCF1123_20130818122440784.jpg

DSCF1124_201308181224421a1.jpg

DSCF1120_20130818122553a14.jpg


お店の名刺です↓
DSCF1371_20130818122047f7e.jpg

DSCF1372_2013081812204941b.jpg


2013年9月19日訪問時お店DATA
****************************
かしら焼&もつ鍋 金太郎 四ッ谷店 (きんたろう)
〒160-0008 
東京都新宿区三栄町10-2 三栄星野ビル1F
TEL 03-5379-0282
営業時間 
[月~土]11:00~14:30 17:00~24:00(L.O.23:30)      
[日祝日]17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/07 00:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(8) |
欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店  @四谷三丁目
台風18号が出勤時間に関東を直撃しそうです。
もう既に電車が運休したり遅れたりしていて、何時ぐらいに家を出ようか、悩んでます。
みなさまも、くれぐれもお気をつけ下さい!!

DSCF3698 (480x360)
2013年9月17日は、午前から午後にかけて長い打ち合わせを予定していたので、あらかじめ上司から「欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店」のカレーを取るように指示を受けていました。
せっかくの機会だったので、先輩も私もご相伴。

外観

店舗は、JR四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に進み、津之守坂入口交差点を越えて少し先に行った福島ビルの2階にあります。

「オーベルジーヌ」は20年以上も営業が続く老舗のお店で、四谷本店のほかデリバリー専門の三田店と銀座店があり、お値段はお高めですが、3日間かけて炒めたタマネギの甘みを感じる欧風カレーをいただけます。
マスコミにもしばしば取り上げられ、ロケ弁としてもよく使われるそうで、四谷本店はTBS、三田店はフジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京、銀座店は日本テレビと、店舗ごとの担当局が決まっていて、メニューに記載されています。

看板

ブログを始める前にランチでお店に一度訪問したことがありますが、市ヶ谷経済新聞の2010年4月5日付の記事によれば、2010年3月25日で店内の営業は終了し、現在はデリバリーとテイクアウトのみ継続していて、2010年10月中に新宿区内の別の場所に移転するとのことでしたが、結局宅配専門店になっているようです。
公式HPよれば、2010年7月から通販も可能になっています。

お店

夜の雰囲気はこんな感じでした。

前回デリバリをお願いしたのは2013年2月20日だったので、約7ヶ月ぶりです。

DSCF3691 (480x360)
「オーベルジーヌ」は、電話での対応も配達の方も、どちらもとても丁寧な接客です。

DSCF6571.jpg
10時半頃注文し、11時半に届けてもらおうとお願いしたのですが、既に時間的に厳しいと言うことで、12時から12時半になるとのことでした。
それでも、結局12時少し過ぎに届けていただきました。

DSCF6572.jpg
ロゴマークは、とってもかわいくて色鮮やかなナスです。

DSCF0191_20130322065352.jpg
スプーン、おしぼり、バター、バターナイフは一つの袋にまとめて入れてあります。
以前はバターは別でしたが、一緒に入るようになりました。

DSCF0190_20130322065350.jpg
裏を見ると、こんな感じです。

自分たちが食べる場合にはスプーンなどはお断りするようにしていますが、こんな感じでセットになっていると、お店の人にとってはかえって面倒かも。
ただ、ここ最近はお客様の食べる分と一緒の時にデリバリをお願いすることが多いので、そのままいただいていることがほとんどです。

DSCF3695 (480x360)
せっかくのバターですが、いつもダイエットも兼ねて食べずにおうちに持って帰ってお料理などで使っています。

DSCF3692 (480x360)
カレーのルーとご飯は別々の容器に入っています。

DSCF3693 (480x360)
ルーの容器には、中身や辛さのレベル、トッピングの種類などが一目でわかるようにメニュー名のラベルが貼られています。

メニューは既に全制覇しているので、何を食べようかとても迷いました。
結局、いろいろと食べられる豪華なシーフードミックスカレーを大辛口・チーズトッピングで注文。


シーフードミックスカレー(1,575円)+大辛口(105円)+チーズトッピング(210円)=1,890円
DSCF3698 (480x360)
いただきま~す!

DSCF3702 (480x360)
ルーとご飯は別々の容器に入っています。
ご飯の入った容器は白い細長いプラスチック製で、2つに区切られており、片方にジャガイモ、もう片方にバターライスが入っています。

DSCF3108_20140214075758da9.jpg
ご飯のボリュームはやや多めです。

DSCF3109.jpg
バターライスになっているので、ところどころにバターがまぶしてあります。

DSCF3703 (480x360)
メークインだと思われる茹でた(蒸した?)ジャガイモが、皮付きでまるまる1個入っています。

DSCF3709 (480x360)
この日のじゃがいもは、皮が縦に切れ目が入っていました。

DSCF3112.jpg
カレー食べ始める前に、まずジャガイモの皮を全部むきます。

DSCF3713 (480x360)
お腹が空いているときはこの時間がすごく長く感じられて、カレーの香りで余計に空腹が刺激され、早く食べたくてうずうずしちゃいます(笑)。
でも、皮の切れ目のおかげで、剥きやすかったです。

DSCF3700 (480x360)
ルーはとっても濃い茶色です。

DSCF3701 (480x360)
フタを開けただけの時は、具材がほとんど見えません。
シーフードミックスカレーには、海老・あさり・帆立のほか、マッシュルームとうずらが入っています。

DSCF3715 (480x360)
トッピングしたチーズはゴーダーチーズを二層に重ね合わせたというものです。
トロトロととろけるタイプではなく、さっくり囓るぐらいのかたさがあります。

少しずつ囓りながらいただきました。

DSCF3721 (360x480)
「オーベルジーヌ」のカレーは欧風カレーなのでベースはかなり甘みがありますが、大辛にすると、最初はスパイスのしっかりとした辛さを感じて後から甘さがやってきて、食べ終えるとスパイスの辛さがすごく残ります。
大辛はかなりしっかりと辛いので、久しぶりに食べるとちょっとむせちゃったりします。
ただ、ルーの温度が低めだと、甘さを強く感じます。

お客様や上司に配膳したりしていて、届いてから少し時間が経ってしまったせいか、カレーがちょっとぬるかったのは残念。
久しぶりに食べた大辛は、かなりしっかりと辛く、ちょっと痺れました。
温度が下がると甘さが強く感じるようになるのですが、大辛口が久しぶりだったので、激しい辛さと甘さが同居する形になってちょうど良かったです。
うーん、辛くて美味しい!

DSCF3581.jpg
メイン以外には、ウズラの卵とマッシュルームが入っています。

DSCF3718 (480x360)
マッシュルームはスライスしてありました。

DSCF0213_20130322065239.jpg
ウズラの卵はまるごと入っています。

DSCF5600.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
しっかり固ゆでです。
味わいがとっても濃厚。

DSCF3717 (480x360)
エビはプリプリでした。

DSCF3719 (480x360)
アサリです。

DSCF0210_20130322065247.jpg
ホタテは大ぶりのものをあらかじめ2つに切って入っています。
肉厚なので、ルーの中に入っていても柔らかで、食べごたえがありました。

DSCF3102_20140214075817fc6.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じです。


シーフードミックスは、ホタテ、アサリ、エビといろいろ楽しめますが、味わいをしっかりと感じるなら単独の方がいいかも、と贅沢にも思っちゃいました。

ライスあり、ジャガイモありで、辛さも手伝ってか、お腹いっぱいになりました。
スパイスのおかげで身体が内側から熱くなり、午後しばらくは身体が火照っていました。
何度も食べているせいで、インパクトは薄くなりましたが、相変わらず美味しいカレーで満足です。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです。全種類制覇しました! ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ビーフカレー  (2008年7月2日
ポークカレー  (2007年7月23日
チキンカレー  
 [大辛] (2007年5月9日2007年5月21日2010年6月4日
 [辛口] (2010年11月5日
チーズカレー  (2010年4月12日
海老カレー  (2008年3月14日2011年12月15日
あさりカレー  (2009年6月18日2011年3月4日
野菜カレー  (2009年7月7日
帆立カレー  (2009年1月27日2012年5月25日2013年2月20日
シーフードミックスカレー  (2007年11月6日2010年4月16日2011年4月6日2013年9月17日
コンビネーションカレー  (2007年9月18日
ランチセット  (2011年10月5日
奈々スペシャルカレー  (2011年2月25日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


メニューです↓ 
2010_0412画像0038

2010_0412画像0039

2010_0412画像0040

2010_0412画像0041

2010_0412画像0043

2010_0412画像0044

2010_0412画像0048

2010_0412画像0045

2010_0412画像0042

2010_0412画像0046

2010_0412画像0047

2010_0412画像0049

2010_0412画像0050

2010_0412画像0051


2013年9月17日宅配時お店DATA
****************************
欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3-1 福島ビル2階
TEL 03-3357-7418 
営業時間
(注文受付時間) 9:00~21:30
(配達時間)
  [月~土] 11:00~15:00 17:00~21:30
  [日・祝] 11:00~15:00 17:00~20:30
定休日 なし

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/06 05:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 中華居酒屋 聚べん  @四谷
2015年6月26日追記

2015年6月20日、「中華居酒屋 聚べん」が閉店していることに気付きました。

DSCF3653 (480x360)
新しくオープンした「香楽門」はまだ開店したばかりのようです。
この日はランチ営業をやっていませんでしたが、後日食べログをチェックしたところ、ランチ営業をしているようなので、近いうちに訪問してみたいです。

**********************************

治りかけていたと思っていた風邪がぶり返し、昨日はかなり体調が悪くなってしまいました(汗)。
なので、昨夜は午後9時過ぎに就寝し、子供のようにたっぷりと睡眠を取ったら、今朝はとっても快適です。
台風が近づいてきていてお天気がやや不安ですが、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2014年8月にオープンした「聚べん」のレポートです。

DSCF1035 (480x360)
2014年9月10日は上司とOさんが12時過ぎに出かけたので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに出ました。
4日前に「妻家房」のキムチ教室へ出かけたとき、2014年2月19日にランチ訪問した「創作風居酒屋 龍の里」が閉店して別の中華料理屋さんになっているのを見つけていたので、早速行ってみることに。

DSCF1027 (480x360)
2014年9月2日にpenguin_19さんから、私が2014年6月23日にランチ訪問した「克」がランチ営業をやっていないというコメントをいただいたので、確認してみようと、行きがけに通ってみました。

DSCF1028 (480x360)
すると、ランチ営業どころか、お店すらなくなっていて、ビックリ!

DSCF1029 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を新宿方面に向かい、四谷一丁目交差点の次の交差点にパルム四谷があり、お店はその地下1階にあります。

DSCF1030 (480x360)
新宿通りにはお店の看板が出ていました。
新たにオープンしたこちらのお店は、「中華居酒屋 聚べん(じゅべん)」というお店です。
ネット上の情報がとても少なくてあまりはっきりしませんが、2014年8月にオープンしたそうです。
なお、「聚べん」の「べん」の字の漢字は、私には探し出すことが出来ませんでした(汗)。

DSCF1031 (480x360)
ビルの前の道路には、ランチメニューの書かれた小さな黒板が出ています。
お昼の時間帯は一人700円のランチバイキングとのこと。
12種類のお料理名が書かれていました。
1 回鍋肉
2 酢豚
3 鶏唐揚げ
4 ニラレバ
5 エビ玉子
6 麻婆豆腐
7 肉野菜炒め
8 水餃子
9 五目チャーハン
10 上海焼きそば
11 ラーメン
12 坦々めん

システムがよくわからず、メインをこの中から一つ選ぶのかな?と思い、担々めんがあるのを確認して階段を降りました。

DSCF1032 (480x360)
お弁当の販売もしています。
4種類あり、税込み500円と、とってもお安いです。

DSCF1033 (480x360)
この場所には、2014年2月にオープンし、2014年2月19日にランチ訪問した「創作風居酒屋 龍の里」がありましたが、2014年7月頃までには閉店したようです。

さらにその前には、「華の宴 123酒場(どれみさかば)」が2013年5月7日にオープンし、2013年6月20日にランチ訪問しましたが、2014年1月までには閉店したようです。

さらにその前には、2009年5月21日2009年11月16日にランチ訪問した「紹興酒倶楽部・刀削麺ダイニング 龐家私宴 四谷店」がありましたが、2013年4月末に閉店したようです。

DSCF1034 (480x360)
お店は地下にあるので、中華風に飾り付けされた細い階段を降りて行きます。
階段の真ん中ぐらいで、来訪者を感知してベルがなるのですが、結構大きなボリュームでビックリします(笑)。

入口の前にお弁当が置かれています。
私がランチをしている間、買いに来ていた人がいました。

DSCF1076 (480x360)
フロアはとても広く、右側に厨房があり、それ以外の場所にはテーブル席がたくさん並んでいます。
右奥に個室もありました。
内装は前の店舗のほぼ居抜きだと思います。

DSCF1077 (480x360)
12時半過ぎに入店すると、先客は3・4人程。
まだオープンしたばかりだからか、集客には苦戦しているようです。
その後、私一人の時間帯もあり、後客は同じく女性一人客だけでした。

店員さんは男性3人で、フロア担当一人、厨房担当一人、厨房兼呼び込み一人でした。

DSCF1068 (480x360)
入口のすぐ右手にレジがあるので、前精算をします。
700円を支払うと、店員さんからお料理の説明がありました。
奥の厨房の前にはお料理がずら~っと並んでいます。
量が少なくなったお料理は2種類ぐらい、補充していました。
タイミングがいいと、熱々のお料理を食べることが出来ます。

DSCF1070 (480x360)
さらにラーメンか坦々メンをオーダーすることが出来ます。
私は坦々メンをお願いしました。

DSCF1066 (480x360)
表に出ていた看板に12種類の料理名が書かれていましたが、メインとして選ぶのではなく、ラーメンと坦々メンを除いて全部の種類を食べられる、というスタイルでした。
ようやくシステムを理解し、あまりの豪華さにビックリ。
しかも、メニューには書かれいないスープやおかゆ、デザートもありました。
これで税込み700円です。

DSCF1067 (480x360)
デザートは杏仁豆腐とマンゴープリンの2種類ありました。

DSCF1069 (480x360)
とりあえず、席も決めないまま、1品少しずつ、お皿にのっかるだけのっけてみました。

DSCF1053 (480x360)
席については特に指定を受けなかったので、左奥の壁際の4人席に着席。
一人だったので、とても広々使えました。

卓上にはメニュー、ティッシュ、割り箸、灰皿、爪楊枝、各種調味料などなど。
内装が居抜きであるだけでなく、こういう備品もほぼ引き継いでいると思われます。
左手前にある占い?の小さな機械は2店舗前の「1・2・3酒場」の時代からありました(笑)。


ランチバイキング  (700円)
DSCF1035 (480x360)
とりあえずおかずを1回目を取ってきて、全体写真を撮りたかったので、坦々メンが出てくるのを待ちました。
それ程待たずに、担々メンが登場。
と~ってもゴージャスなランチになりました!
お料理の数が多すぎてお盆に載りきらないし、写真にも収めるのが大変(笑)。

DSCF1057 (480x360)
おしぼりの袋はライムグリーンのちょっと明るい色合いデザインです。
真っ白なものがほとんどなので、珍しい。

DSCF1054 (480x360)
まずは冷めないうちに、担々メンから食べ始めました。
出てきてサイズにビックリ!
こんなスタイルだから、小盛りかと思っていたのですが、なかなかのボリュームで、充分一人前ありました。
薄いブルーの器に入っています。

DSCF1055 (480x360)
レンゲは濃い赤です。
器に差し込んで出てきました。

DSCF1056 (480x360)
ひき肉・青梗菜・長ネギがトッピングされています。

DSCF1061 (480x360)
中華料理屋さんによくありがちですが、スープはぬるく、麺は茹でたて熱々です。
ダシは弱めであっさりしていますが、ゴマの風味はしっかりありました。

DSCF1062 (480x360)
麺は黄色みがかった中細麺で、少し縮れがあります。
いつもはスープを飲み干すことが多いですが、この日はさすがに他のお料理がたくさんあるので、ほんの少しだけにしておきました。

DSCF1052 (480x360)
お茶はちょっと忘れられていたようで、後から出てきました。
プレミアムモルツのグラスにたっぷり。

DSCF1037 (480x360)
このお皿には、五目チャーハン、肉野菜炒め、ニラレバ、回鍋肉を盛りました。

DSCF1038 (480x360)
五目チャーハンは作り置きのせいか、ちょっとぺっちゃりした食感でした。

DSCF1039 (480x360)
肉野菜炒めは普通に美味しかったです。

DSCF1040 (480x360)
ニラレバのレバはとっても柔らかくて美味しかったです。

DSCF1041 (480x360)
回鍋肉はちょっとこってりした甘めな味つけでした。

DSCF1042 (480x360)
お漬け物も単独であります。
中華のお漬け物の定番、ザーサイです。
あらかじめ盛られていて、結構量が多かったです。

DSCF1043 (480x360)
メニュー名には上がっていませんでしたが、生野菜サラダもありました。
キャベツやニンジンの千切りにスイートコーンの粒を散らしてあります。
ドレッシングはお醤油ベースとゴマだれの2種類があったので、ゴマだれをチョイス。

DSCF1044 (480x360)
もう一つのお皿には、鶏の唐揚げ、麻婆豆腐、酢豚、エビ玉子を盛りつけました。

DSCF1045 (480x360)
酢豚は少し甘めな味つけです。

DSCF1046 (480x360)
エビ玉子はエビの存在はよくわかりませんでしたが、玉子が優しい味わいでした。

DSCF1048 (480x360)
鶏の唐揚げは衣がかためでしたが、フツーに美味しかったです。

DSCF1047 (480x360)
麻婆豆腐はお豆腐がたっぷりでしたが、味わいが薄くて、この日のメインメニューの中で一番残念なお味でした。


DSCF1050 (480x360)
水餃子はステンレスのお皿にそのままゴロゴロ並べられていたので、乾燥しちゃっているんじゃないかな~とやや不安でしたが、、、

DSCF1065 (480x360)
皮が厚めなせいかそれ程気にならなかったです。

DSCF1051 (480x360)
スープは玉子とワカメのスープです。
あっさり目の味付けでした。

DSCF1072 (480x360)
お粥を取り忘れていたので、デザートと一緒に取ってきました。
デザートは2種類ありました。

DSCF1074 (480x360)
水餃子がなかなか悪くなかったので、保温されていて温かいお粥に入れてみました。
ほんの少しだけ温まりました。

DSCF1078 (480x360)
白粥なので味はないし、おかずを食べるにはもうお腹いっぱいだったので、担担麺の汁を入れてみました。
ダシが弱めなので、うーん、ビミョー(汗)。
ともあれ、お粥も何とか完食。

DSCF1049 (480x360)
甘いものが嫌いなくせに、ビュッフェだと何となく全種類制覇したくなり、2種類しかなかったので、食べちゃいました。
一つはマンゴープリン。
かなり希釈しているようでマンゴーの味はかなり薄めでした。

DSCF1075 (480x360)
もう一つは中華料理屋さんの定番の杏仁豆腐です。
添えられた果物は何種類かありました。
これは黄桃だったかな?
杏仁豆腐は寒天系のやや固めでつるっとした食感でした。
ぬるいのが残念。

DSCF1081 (480x360)
杏仁豆腐に添えられていたスプーンは、見た目ではわかりにくいですが、プラスチック製でした。
使ってみたら、凄く軽くて、ちょっとビックリ。


ある程度店内が落ち着いたところで、男性店員さんの一人が入口のところに立って階段を見上げていました。
電話をかけたりという事情もあったようですが、お店に入ろうかと思って地下をのぞき込んだら店員さんと目が合ってしまうというシチュエーションは、まだお店のことをよく知らないお客さん側からするとあまり嬉しくないかも。

特別に美味しい料理というものはなかったものの、だいたいは食べやすいお味でした。
バイキングという性質上、出来たて熱々ではありませんが、タイミングが合えば温かい料理を食べることが出来るし、何より700円というお値段でこれだけの種類を好きなだけ食べられるのはかなり破格ではないかと思います。

DSCF1101 (480x360)
帰りがけ、新宿通りを歩いていたら、2009年5月18日2010年11月15日にランチ訪問した「Mexican Kitchen Vida Rosa(ヴィダ ロッサ)」が工事していました。
閉店? リニューアル?


ディナーメニューです↓
DSCF1086 (480x360)

DSCF1087 (480x360)

DSCF1088 (480x360)

DSCF1089 (480x360)

DSCF1090 (480x360)

DSCF1091 (480x360)

DSCF1092 (480x360)

DSCF1093 (480x360)

DSCF1094 (480x360)

DSCF1095 (480x360)

DSCF1097 (480x360)

DSCF1098 (480x360)

DSCF1099 (480x360)


DSCF1082 (480x360)

DSCF1083 (480x360)

DSCF1084 (480x360)

DSCF1085 (480x360)


2014年9月10日訪問時お店DATA
********************************
中華居酒屋 聚べん (じゅべん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-3-6 パルム四谷地下1階
TEL 03-3226-9016
営業時間 11:00~15:00 17:00~23:00
定休日 日曜日 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/03 07:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(11) |
番町 松月庵  @麹町
うっかりひいてしまったこの秋お初の風邪ですが、鼻がぐずぐずするぐらいまでに落ち着きました。
高熱が出なくてよかったのですが、どうもスッキリしません。
朝晩の温度差がとてもあるので、皆様、風邪をひかないよう、気をつけてください☆

DSCF3617 (480x360)
2013年9月13日は、お昼になると上司が「番町 松月庵(しょうげつあん)」の出前を取ってくれと言ったので、前日の夜に西麻布の「ミサゴ」でがっつりフレンチを食べて体重が高めだったので、私も一緒にお願いすることにしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2013年7月5日だったので、約2ヶ月ぶりでした。

2008_1128画像0070
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF3605 (480x360)
配達員さんとはもうすっかり顔なじみです。

12時過ぎに注文したところ、15分足らずで届けていただきました。

メニュー全制覇へあと一息。
この日はカツ丼の上を注文しました。

DSCF3609 (480x360)
薬味は別の小皿でついてきます。

紙

お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

DSCF9885 (480x360)
この日のデザインは前回に引き続き、こちらでした。
変わったのかな? それとも、2バージョンあるのかな?

DSCF3611 (480x360)
お吸い物はやや暗めな濃い紅色の小さめのお椀に入っています。
フタではなく、サランラップがかかっていました。

DSCF3615 (480x360)
サランラップに三つ葉がくっついちゃっていました(笑)。

DSCF3612 (480x360)
お料理の入った器は、並は陶器ですが、中と上は明るめの茶色の塗りのフタ付きです。

DSCF3613 (480x360)
絵柄も入って、と~っても立派。


カツ丼 上  (1,260円)
DSCF3617 (480x360)
メイン、お吸い物、お新香のセットです。

こちらのお店で丼物を上で注文すると、器が立派な塗りの容器になり、お吸い物がついて、生卵がついてくる、というスタイルになることがこれまでの注文でわかりましたが、今回もその通りでした。

DSCF3618 (480x360)
お新香は2種類入っています。
タクアンとキュウリでした。

DSCF3619 (480x360)
澄んだ汁の中にはお麩が入っていて、三つ葉が散らしてあります。

DSCF3621 (480x360)
お麩は丸いものと細く切ったものと2種類入っていました。

DSCF3626 (480x360)
フタをオープン!
大きなカツが入っていて、卵でタマネギや三つ葉がとじてあります。

DSCF3623 (480x360)
とじている卵とは別に生の黄身が中央にのせられていました。
黄身の黄色が鮮やかです。

DSCF3624 (480x360)
カツは結構大きめで、ご飯がほとんど見えません。

DSCF3625 (480x360)
他に入っていたのはタマネギぐらいです。
タレはほんのり甘くて、しっかりとしみていました。

DSCF3629 (480x360)
お肉はほどほどの厚みで、衣もしっかりと厚さがあります。
しっかりと火が通してあるので、歯応えがありました。

DSCF3631 (480x360)
途中、黄身を崩していただきました。
トロトロの黄身をカツに和えて食べると、味わいがまろやかになります。

ご飯のボリュームは普通です。

DSCF3614 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


お肉が大きめでお吸い物が付いているので、全体のボリュームは結構ありました。
これでご飯メニューはほとんど制覇したかな?
・・・と思って調べてみたのですが、カツカレーライスを食べていない!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2013年6月18日
  かけそば   (2013年7月5日
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば   (2012年8月31日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ
  冷し山菜そば     (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  カツカレーライス
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  親子丼「上」(2013年3月27日
  カツ丼  (2010年4月6日
  カツ丼「中」 (2013年1月22日
  カツ丼「上」 (2013年9月13日
  天丼   (2012年5月8日
  天丼「中」 (2012年11月19日
  天丼「上」 (2013年5月16日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2013年9月13日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/10/02 00:00】 | とんかつ | トラックバック(0) | コメント(2) |
COMPTOIR MISSAGO  @西麻布
今日からいよいよ10月です!
2014年もあと3ヶ月。
時間が経つのがすっごく早く感じます。

本日はマイブログ圏外の西麻布にある「ミサゴ」のレポートです。

DSCF3557 (480x360)
2013年9月12日の夜、友人とディナーに出かけました。
この日向かったのは、西麻布にある「COMPTOIR MISSAGO(ミサゴ)」というお店です。

DSCF3501 (480x360)
「ミサゴ」は住所は西麻布ですが、広尾駅が最寄りです。
とはいえ、かなり歩きます。

DSCF3503 (480x360)
タクシーで移動するならば、外苑西通りから六本木通りに出て、6つめぐらいの道を左折し、ちょっと行った左にアビターレ西麻布というビルがあり、お店はその2階です。

私はいつも広尾ガーデンの周りをぐるっと回るように歩き、商店街にぶつかったら右折します。
ちょっと暗い道なので、初めてだと不安になるかもしれません。

DSCF3504 (480x360)
ビルの1階にはお店の看板が出ています。
何度写真を撮っても、うまく写りません(汗)。

DSCF3505 (480x360)
お店は2階にあるので、細い外階段を上がって行きます。

DSCF3506 (480x360)
「ミサゴ」は、美味しいもの好きのシェフがフレンチをベースにしたお料理を提供する、西麻布のうまいもの屋と呼ばれているお店です。
2010年8月2日にオープンしたそうで、冬はジビエを楽しむことも出来るとのこと。

DSCF3508 (480x360)
入口です。

DSCF3598 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、入口からすぐの所に厨房とカウンター、左奥にテーブル席があります。
右奥にはちょっと個室になっているようなところもありました。

内装は木材をたっぷり使ったシンプルながらも落ち着いた雰囲気で、照明をやや落としていい雰囲気です。

DSCF3601 (480x360)
午後7時少し前に入店したところ、半分ほどの人の入り。
その後、ほぼ満席になっていました。

カウンターからはシェフが調理をしている姿がよく見えますが、この日の私はカウンターに背を向けて座っていたので、何も見られず(泣)。

DSCF3509 (480x360)
友人は少し遅れていたので、先に着席。
予約を告げると、一番右奥の二人用のテーブル席に通されました。
カトラリーセット、布ナプキン、取り皿があらかじめセットされています。
手渡しされたおしぼりは冷やされていていました。


グラスシャンパーニュ (1,575円)
DSCF3513 (480x360)
それ程待たずに友人が到着したので、グラスシャンパーニュで乾杯!

DSCF3512 (480x360)
この日は友人のスケジュールの都合で金曜日ではなかったので、ちょっぴり開放感が薄いです(笑)。

DSCF3514 (480x360)
シャンパーニュは甘い香りで、口当たりがとても優しかったです。

DSCF3515 (480x360)
しっかり冷えていて、飲みやすくて美味しかったです。

DSCF3516 (480x360)
お酒をいただきながら、ディナーメニューを考えます。

DSCF3517 (480x360)
メニューはなく、奥のとても大きな黒板に書かれているので、そこから選びます。
黒板のすぐ前に座っていたので、見るのが結構大変でした。

DSCF3518 (480x360)
アラカルトだけではなく、コースもあります。

DSCF3519 (480x360)
せっかくなので、アラカルトでお願いしました。

DSCF3520 (480x360)
食べたいメニューがたくさんあるので、友人と一緒にかなり悩みました。

DSCF3521 (480x360)
お店の人からは、二人なら前菜二つ、メイン二つを勧められたのですが、友人が食べたい前菜が沢山あるからと、前菜三つとメイン一つにしました。


アミューズ
DSCF3522 (480x360)
まずはアミューズとして2種類が出てきました。

DSCF3524 (480x360)
1つはタコのマリネです。
柔らかな食感でした。

DSCF3525 (480x360)
もう一つはツブ貝のシャンパーニュ蒸しです。
しっかり味で、とてもお酒が進みます。
たっぷり残った汁がとてももったいなかったのですが、ココットを傾けて飲んでいいのかわからず、泣く泣く残しました。


パン
DSCF3528 (480x360)
アミューズを食べていると、パンが出てきました。

DSCF3532 (480x360)
バターではなく、オリーブオイルが添えられていました。

DSCF3531 (480x360)
パンは2種類あります。

DSCF3530 (480x360)
温めてあったかどうか、記憶がはっきりせず。
すみません(汗)。


生ウニとコンソメジュレのアンサンブル  (1,890円)
DSCF3533 (480x360)
1つ目の前菜です。
スペシャリテは本来は一つのお皿に盛られるそうですが、お店のはからいで、一人一つずつにしていただきました。

DSCF3526 (480x360)
小さな木製のスプーンでいただきます。

DSCF3534 (480x360)
ニンジンムースの上にウニとコンソメジュレがたっぷり。
お店の一番人気だそうです。
半分に分けても、結構なボリュームでした。

DSCF3537 (480x360)
ウニは程よい甘さ。
それに比べると、にんじんムースは結構甘かったです。
コンソメジュレはとてもしっかりした味つけで、友人もとても喜んでいました。


白ワイン・ボトル  (4,410円)
DSCF3569 (480x360)
シャンパーニュは早々に飲み終え、この日は白ワインをボトルでお願いしました。
友人は赤ワインが好みですが、夏だからさっぱりと白ワインもいいね!とのことで、店員さんのアドバイスを聞くことにしました。
最初に勧められたのが8,000円以上のものだったので、二人して固まってしまったら、店員さんが察して4,500円しないのを勧めて下さり、友人のブドウの品種の好みでシャルドネに決定(笑)。

DSCF3544 (480x360)
それほど香りは感じませんでした。

DSCF3547 (480x360)
キリッと冷えていて、全体としては辛口ですが、口当たりがやや甘めで飲みやすかったです。

DSCF3556 (480x360)
ワイングラスの脚の部分が少し太くなっていたので、最初は盛っていると少し違和感があましたが、飲んでいるうちに慣れました。


モンサンミッシェル産ムール貝とジロール茸のマリニエール  (1,890円)
DSCF3548 (480x360)
2つ目の前菜が登場。

DSCF3549 (480x360)
この料理方法は、本来は魚の出汁に白ワインと牛乳を入れるそうですが、こちらのお店ではその他にエシャロットや酒精強化ワインのベルモットかな?を加えているので、より濃厚なお味とか。

DSCF3550 (480x360)
ムール貝と言えば夏!
今年はまだ食べていなかったので、とっても嬉しかったです。

DSCF3551 (480x360)
バケットの薄切りが一人2枚ずつ添えられていました。

DSCF3553 (480x360)
取り皿の他に、、、

DSCF3555 (480x360)
殻入れのお皿も出てきました。

DSCF3557 (480x360)
ムール貝は小粒ですが、数はかなりたっぷり。

DSCF3559 (480x360)
貝は柔らかく、とっても旨みがありました。
一緒に入っていたジロール茸は小さいですがシャキッとした歯応えがあり、スープの旨みをたっぷりと吸っていて、こちらもとっても美味しかったです。

DSCF3562 (480x360)
隣のテーブルでも同じメニューを食べていて、パンでしっかりぬぐって食べていたので、私も出来るだけ残さないようにしました。
スープが本当に美味しかったです。

DSCF3560 (480x360)
このキノコは、、、?
メモがなく、記憶もありません(汗)。

DSCF3561 (480x360)
パンのおかわりをいただきました。


ヒグマのラグーと栗のブーダン仕立てフォアグラのソテー添え  (2,625円)
DSCF3563 (480x360)
3つ目の前菜はブータンノワールです。

DSCF3564 (480x360)
あらかじめ、二つに切った状態で出て来ました。
切り分ける手間がなくてありがたいです。

DSCF3565 (480x360)
こちらのお店はジビエを食べられることも有名ですが、まだ9月だったので、それ程種類はなかったです。
でも、このヒグマというのに惹かれてこちらを注文してみました。
ヒグマのブータンノワールは血も入れているそうです。

DSCF3566 (480x360)
ブーダンノワールは臭みは全くなく、濃い旨みにこってりとした口当たり。
友人はこの料理が一番気に入ったようでした。

DSCF3567 (480x360)
フォアグラは二つに切っても結構な大きさです。
ふんわりと柔らかで、こってりとした旨みが口いっぱいに広がりました。

DSCF3570 (480x360)
メインが出てくるまでかなり時間がかかりました。
隣のテーブルと同時に出てきたので、一緒に調理していたのかな?
ワインをボトルで頼んでいたので、飲み物が切れることはなくて助かりました。

お肉用のカトラリーと、、、

DSCF3573 (480x360)
小皿が出てきました。


男祭り(お肉の盛り合わせ)  (3,675円) 
DSCF3574 (480x360)
待ちわびていたメインが登場!

DSCF3576 (480x360)
男祭りとは、3種類のお肉の盛り合わせです。
個人的に女の私もお肉大好きなので、このネーミングにはちょっと疑問です(笑)。

DSCF3577 (480x360)
豚肉と、、、

DSCF3578 (480x360)
羊肉と、、、

DSCF3579 (480x360)
牛肉です。

DSCF3580 (480x360)
焼き野菜もたっぷりと添えられていました。

DSCF3581 (480x360)
一度で3種類のお肉が食べられるなんて、とってもゴージャスです。

DSCF3582 (480x360)
いただきま~す!

DSCF3587 (480x360)
牛肉はハラミで、程よい歯応えでした。

DSCF3583 (480x360)
羊肉は骨付きのラムで臭みがなく、柔らかでしたが、ナイフとフォークだと食べ辛いので手で持って食べたかったです。

DSCF3585 (480x360)
豚肉はヒレ肉で、細かく刻んだパイを衣として周りにまぶしてあります。

DSCF3586 (480x360)
脂が甘くてとっても美味しくて、衣のおかげで旨味が増しました。
三種類の中で一番美味しかったです。

DSCF3584 (480x360)
焼き野菜は、赤パプリカ、ナス、ブロッコリー、カリフラワー、ナスなどなど。


ハーブティ
DSCF3588 (480x360)
友人はお腹いっぱいとのことで、デザートはパス。
甘いものが苦手な私にはありがたかったです(笑)。

ドリンクは口頭で説明を受けます。
さっぱりしたくてハーフティを飲みたかったのですが、案内はなし。
聞いてみたら、ミントティーがあるとのことだったので、二人で注文しました。
とても強い香りで、美味しかったです。
色は茶色なので、紅茶も入っていた?


プティフール
DSCF3591 (480x360)
プティフールは2種類いただきました。
ガラスの楕円形のお皿が、とっても涼しげです。

DSCF3593 (480x360)
メレンゲ、サクッとした歯触りで、甘かったです。
チョコは凍らしてあるかのように、かなり冷え冷えで、やや食感がかたかったです。

DSCF3596 (480x360)
最後にお水をいただき、ディナー終了。

DSCF3602 (480x360)
この日のお会計です。
合計で19,670円で、一人9,835円でした。
美味しいお料理をたらふく食べてワインをボトルで飲んで、一人一万円いかなくてビックリ。


お隣はやや人数の多いおじさまグループで、食べることが大好きなのか、とても盛り上がっていました。
帰りがけに、お酒が入ってご機嫌だったのか、一緒に食べれば良かったなぁ、なんて言われたので、次回はぜひ!と答えました(笑)。

ジビエは解禁が11月15日とか。
スペシャリテの鹿のベーコンも食べられなかったので、先輩に声をかけ、12月に再訪することにしました。


ドリンクメニューです↓
DSCF3541 (480x360)

DSCF3540 (480x360)

DSCF3542 (480x360)

DSCF3543 (480x360)


2013年9月12日訪問時お店DATA
******************************
COMPTOIR MISSAGO (ミサゴ)
〒106-0031
東京都港区西麻布4-17-22 アビターレ西麻布2階
TEL:03-6427-3376
営業時間 
[火~金] 12:00~13:30(L.O) 14:30 close  18:00~21:00(L.O) 23:00 close
[月・土] 18:00~21:00(L.O) 23:00 close
定休日 日曜日
地下鉄広尾駅から徒歩11分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2014/10/01 06:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(3) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる