仏蘭西料理 北島亭  @四谷
みなさま、楽しい週末をお過ごしでしょうか。
本日も引き続き、周回(年)遅れを回避すべく、記事をアップします。
ボリュームが多くて書くのが大変でしたが、お読みになるのも大変ですよね(汗)。

DSCF1191 (480x360)
2014年1月31日の夜、先輩と二人で新年会として食事に出かけました。
この日行ったのは大好きな「仏蘭西料理 北島亭(きたじまてい)」です。
かなりご無沙汰していたのですが、ジビエが食べたくて、前の年のかなり早い時期から予約しておきました。

ディナーの記事で一番最近のものは2008年12月18日になっていますが、実際にはその後も行っていたものの、記事のボリュームが大きくてアップ出来ていませんでした。

DSCF1094 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入ってしばらくまっすぐ進むと、右手にJHCビルがあり、お店はその1階です。
黄色い幌が目印です。
同じビルの地下には、2008年4月15日にランチをした「軍鶏 黒豚 郷味 四ッ谷店」があります。

DSCF1097 (480x360)
このビルの地下には、2011年11月7日にランチ訪問した「WINE 和酒バール OCTAVE」があります。

DSCF1095 (480x360)
「北島亭」はお値段だけ考えるとグランメゾン級ですが、質素な内装・緩いサービスなどから高級「うまいものやさん」と巷では言われています。
こちらのお料理はガツンときいた塩気に驚くほど大きなポーションで、先輩と私のモロ好みです。
かなり何度も訪問していますが、ボリュームが多くて記事にはあまりしてしていません(汗)。

2008_0627画像0030
以前訪問したときに、鴨だったでしょうか、二人では量が多くて食べられないメニューがあってとても残念なことがあったので、この時は私の友人を一人誘ったのですが、仕事の都合で直前にキャンセル(泣)。結局二人で行くことになりました。
7時から予約をしていて、先輩が先にお店に行き、私が後から到着。

2008_0627画像0113
こちらは以前撮影した写真です。
フロアはそれ程広くなはなく、テーブル席が並んでいます。

2008_0627画像0112
こちらも以前撮影した写真です。
入店した時は半分程の人の入りでしたが、次第にお客さんが入って、テーブルが空いていたのは1つぐらいでした。
相変わらずの人気店です。

DSCF1127 (480x360)
しっかりとした味付けでボリュームたっぷりのお店のせいか、男性客も多いです。

DSCF1098 (480x360)
私たちは一番手前の二人用テーブルに着席。

久しぶりに来たら、サービスの店員さんがいました。
ちょうど忙しい時間帯に行ってしまったというのもあるのですが、私がコートを脱ぐ時、まだ腕も抜けていないのに一番上をひっぱられたので、ちょっと首根っこをつままれた猫のような状況になっちゃいました(汗)。

DSCF1100 (480x360)
テーブルの上にはカーネーションが飾られていて、少しだけ華やか。
ややチープな(失礼!)このお花が、食材以外はほとんどお金をかけない!っていう「北島亭」の姿勢がよくわかる感じがして、個人的に好きです(笑)。

DSCF1103 (480x360)
着席すると、温かいおしぼりを手渡されました。
ミントのいい香りがします。

DSCF1104 (480x360)
まずはドリンクの注文。
私は喉が渇いていたのと、大好きなのでベルギービールのヒューガルデンを、、、

DSCF1105 (480x360)
先輩は青森シードル(アップルサイダー)をチョイス。

DSCF1115 (480x360)
その日の食事のメニューはとても大きなホワイトボードに手書きで書かれています。
これを選ぶのはとっても悩ましいけど、楽しい作業です。

DSCF1116 (480x360)
冷たいオードヴル(前菜)は7種類あり、お値段は4,000円から6,300円です。
記載された料金はアラカルトで注文した場合のお値段です。
オススメ度を示す★表示がメニュー名の前にふられています。

DSCF1117 (480x360)
温かいオードヴル(前菜)は4種類で、お値段は1,680円から4,500円です。

DSCF1118 (480x360)
お魚のメインディッシュは2種類で、お値段は4,200円か4,800円です。

お肉のメインディッシュは普通のものが6種類で、お値段は4,200円から6,300円です。
このうち3種類は二人分注文しなければなりません。
もう1種類はコースに入れるとプラス1,000円になります。

DSCF1119 (480x360)
お肉のメインディッシュは時期なのでジビエもあります。
この日は鴨と蝦夷鹿とイノシシでした。
3種類あり、お値段は4,200円から6,825円で、そのうち2種類は二人分注文しなければなりません。
また、1種類はコースに組み込むとプラス1,000円になります。

DSCF1120 (480x360)
ディナーのコースは全部で3種類あります。
(1) 3品シェフお任せフルコースが8,400円
(2) 4品シェフお任せフルコースが10,500円
(3) 3品スモールポーション1品がっつりフルコースが11,550円
(4) 4品好きなものフルコースが12,600円
(5) 5品好きなものフルコースが15,750円

DSCF1121 (480x360)
店員さんから「注文の仕方はわかりますか?」と聞かれたので、「わかります。」と答えたのに、5品好きなものフルコースを注文するはずが、間違えて4品好きなものフルコースにしちゃいました(汗)。
結果的には二人ともお腹いっぱいになったので、充分でしたが。

DSCF1122 (480x360)
白子とフォアグラの両方が食べたかったのに、この日はフォアグラがないとのこと。
すっごくすっごく残念!
いろいろ迷った挙げ句、先輩はウニ、私は生カキ、マナガツオと白子と蝦夷鹿はシェアしました。

先輩はこの週の頭に胃を痛め、週半ばに薬を飲んで何とか快復しての参戦です。
週前半にお粥を食べていたとは思えない食欲でした(笑)。


ヒューガルテン(ベルギービール)  (840円)
DSCF1123 (480x360)
私は喉が渇いていたのと、大好きなのでベルギービールのヒューガルデンを注文。
グラスでの提供です。
ヒューガルテンはもちろん美味しく、金曜日なのでさらに美味に感じました(笑)。


青森シードル(アップルサイダー)  (630円)
DSCF1125 (480x360)
お酒の飲めない先輩は青森シードルを注文。
以前あったブドウジュースがなくなり、こちらになったようです。
色はかなり濃い茶色です。
一口いただきましたが、微炭酸の軽い甘さで、美味しかったです。

新年会を兼ねたディナーなので、今年もヨロシク~ということで、乾杯!


アミューズ① ~ツブ貝のドレッシング和え~
DSCF1128 (480x360)
1つ目のアミューズは、ツブ貝のドレッシング和えです。
かなり大きいサイズでした。

DSCF1130 (480x360)
野菜は飾りなので、食べないで下さい、とのこと。
危ない! 食いしん坊の私は言われなかったら絶対食べていました(笑)。

DSCF1131 (480x360)
切れ目が入っています。
食べてみると、歯応えや弾力はあるのですが、とっても柔らか。
ドレッシングのしっかり味に貝の旨みでお酒がすごく進みます。


アミューズ② ~アカザエビのビスク~
DSCF1132 (480x360)
2つ目のアミューズとして、アカザエビのビスクが出て来ました。

DSCF1134 (480x360)
デミタスカップなので、量はそれ程ありません。
冷たい前菜に赤座エビを注文しようと思っていたので、かぶらなくてよかったし、これで赤座エビを楽しめたのは良かったです。

DSCF1135 (480x360)
猫舌の私は慎重に食べなければならないぐらい熱々でした。
エビの旨みがガツンとあって、塩もしっかり利いています。
ハーブの香りも強かったです。
ちなみに、私はハーブには疎いので、先輩がフェンネルではないかと教えてくれました。

DSCF1136 (480x360)
なかには赤座エビなのか、小さな固形物が入っていました。
最初は量が少ないな~と思いましたが、重たい味わいなので、確かにこれぐらいでいいのかも。

DSCF1138 (480x360)
パンのバターが出て来ました。
薄く切ってあります。
こちらで二人分です。

DSCF1144 (480x360)
パンはころんとした丸みのある形で、皮は濃い目の色合いです。
食べるまで少し間を置いてしまったので、温めてあったかどうか、わかりません。

DSCF1145 (480x360)
皮はちょっとかためで、中はふんわり。
後から出てくるお料理のボリュームが予想されていたので、少しずつしかいただきました。


冷たいオードヴル 北海道産 生ウニのコンソメゼリー寄せ カリフラワーのクリーム添え
DSCF1142 (480x360)
先輩は久しぶりに「北島亭」のスペシャリテである雲丹のコンソメ寄せを注文。

DSCF1147 (480x360)
相変わらずたっぷりのウニです。
鮮やかなオレンジ色で美味しそう。

DSCF1159 (480x360)
先輩から一口というか、かなりいただいたのですが、ウニが甘くてコンソメの塩気とすごくよく合いました。

DSCF1161 (480x360)
以前食べたときにウニがあまり甘くないことがあって、他の前菜も食べてみたかったことから、私もかなり久しぶりでしたが、と~っても美味しかったです。


冷たいオードヴル 兵庫・赤穂産 生カキのマリネ フランボワーズの香り・サラダ添え
DSCF1150 (480x360)
次に私のカキが登場。
なんと3つもありました!

DSCF1151 (480x360)
サラダも添えれています。

DSCF1152 (480x360)
3つもあったので、先輩に1つおすそ分け。
先輩、本当は生牡蠣はダメなのですが、一個ぐらいならと食べていました。
二日後に様子を聞いてみたところ、何とか大丈夫だったとのこと(笑)。

DSCF1153 (480x360)
カキはとても大きいサイズ。
贅沢に一口でちゅるんといただいちゃいました。
さっぱりした味わいのドレッシングがかかっていて、カキはとってもジューシで甘かったです。

DSCF1154 (480x360)
メニューをちゃんと読んでいなかったのでカラスミが出てきたのにはビックリ。
フレンチでからすみ!
自家製のカラスミはねっとりとしていて、本当に美味しい。
半分ぐらいはカキと一緒に食べましたが、残りはチビチビと単独で味わいながらいただきました。

DSCF1158 (480x360)
ツブ貝と同じく、こちらにも飾りの野菜が添えられています。
もちろん、食べませんでした(笑)。


グラスワイン・白  (1,375円)
DSCF1165 (480x360)
ベルギービールを飲み終え、グラスの白ワインを注文。
あまり冷えていなくて、軽い香りでしっかりとした味わいでした。


温かいオードブル 北海道産 真鱈の白子のムニエル トマトソース添え
DSCF1166 (480x360)
2つ目のオードブルで、真鱈の白子の登場です。
冬に「北島亭」に来ると、白子が食べられるのをとっても楽しみにしていました。

DSCF1167 (480x360)
最初一目見たとき、以前食べたことがあるのに比べると、ちょっとサイズが小さめ。
先輩と、「ちょっと小さくなった?」と話しちゃいました(笑)。

DSCF1169 (480x360)
トマトソースが敷かれたお皿に白子を盛り付け、その上にシソとソテーした?タマネギが高く盛りつけられ、ちょっとしたタワーになっています。

DSCF1170 (480x360)
白子はねっとりクリーミー。
甘さもそこそこありましたが、まったりした食感がたまりません。
シソのおかげでサッパリ感が加わりました。
タマネギがとっても甘かったです。


メインディッシュ(魚) マナガツオ
DSCF1173 (480x360)
2種類しかなかった魚のメインディッシュは、食べたかった甘鯛の方が品切れ(泣)。
代わりにマナガツオがあるとのことで、そちらをお願いしました。

DSCF1174 (480x360)
こんがりと焼いたマナガツオには、百合根ペーストが添えられ、百合根・銀杏・菜の花などが添えられていました。

DSCF1175 (480x360)
菜の花は、春の近さを感じられました。
ほんのりある苦みがたまりません。

DSCF1177 (480x360)
百合根は大好きですが、いつも鍋物に入れているので、こういう風にロースト?して食べるのは初めてかも。
いつもはほっくりした食感ですが、こちらはちょっとサクサクした歯応えで、ほんのりと甘みが感じられました。
銀杏も旨みがあって美味しかったです。

DSCF1176 (480x360)
マナガツオには酸味の効いたバターがかかっています。
皮はこんがりとソテーしてあって、食べるとパリパリの食感です。
でも、身はとてもふんわりして、旨みたっぷりで美味しい!
お魚に詳しく無いこともあり、マナガツオってこんなに美味しかったっけ?なんて思っちゃいました。
お魚で感動することってなかなかないので、かなり感動しました。


グラスワイン・白  (1,260円)
DSCF1178 (480x360)
お料理が美味しくてワインがどんどん進み、白ワインをもう一杯注文しちゃいました。
香りは少なく、甘めな味わいですが、しっかりした味わいでした。
一杯目よりもこっちの方が好みです。

DSCF1188 (480x360)
メインの前にフィンガーボウルが出て来ました。
真水ではなく、何か入れてあるようで、茶色でした。


メインディッシュ(肉) 
蝦夷鹿 首肉のロースト・サルミソース 富士りんごのソテーと栗のピューレ添え 
DSCF1182 (480x360)
最後にお肉の登場です。

楽しみにしていたジビエは鴨、蝦夷鹿、猪の3種類でした。
これは猪かな~と思っていたのですが、サービスの方のイチオシは蝦夷鹿。
かなり迷って、せっかくなので猪が食べたいと思ってローストを注文したのですが、「かなり脂が強いですけど、大丈夫ですか?」と言われて、先輩が「しっかり味の北島亭が脂が強いというからかなりなのでは。」と弱気になり、蝦夷鹿に決定。
ジビエの中では比較的食べる回数も多くてあまり珍しさはないのですが、逆にそういう蝦夷鹿を「北島亭」でどういう風にお料理してくれるのか、とっても楽しみでした。

DSCF1184 (480x360)
ぶ厚い鹿の骨付き肉に、万願寺唐辛子、焼きリンゴ、栗のペースト、串焼きが添えられていました。

DSCF1185 (480x360)
万願寺唐辛子はとても大きなものが1つ。
「北島亭」ではよく登場するお野菜ですが、こんな大きなサイズは八百屋さんでは見たことがありません。
ほんのり青っぽい香りがして甘みがあって、美味しいです。

栗ペーストは甘さはほとんどなかったと思います。

串に刺してあるのは、鹿肉の端っこだそうです。
「北島亭」で串焼きスタイルって初めてでは?
あまりフレンチっぽくないですね(笑)。

DSCF1187 (480x360)
お肉の上にのっかっているのは、レバーだったか、内臓だったと思います。

赤身と骨の間に脂がついていました。
鹿肉って、正肉というか赤身しか食べたことがないので、脂があったのはあまり見たことがありません。
口に含んでみると、ぷるぷるとした食感で、甘くてとろけます。
美味しい!
初めて食べましたが、とっても美味しかったです。
鹿肉を食べて、とってもよかった!

DSCF1191 (480x360)
ぶ厚いお肉を切ってみると、中はとってもキレイなロゼ色です。
お肉の繊維がすごくキレイで、と~っても美味しそう!
せっかく大きいお肉の塊なので、頬ばれるよう、大きくカットして食べました。
柔らかですが、程よい歯応えがあります。
さっぱりとしていて、幾らでも食べられそう。


グラスワイン・赤  (?円)
DSCF1193 (480x360)
お肉に合わせてグラスの赤ワインをお願いしました。
香りは薄めでしたが、軽い口当たりで、少し甘くてほんのり苦みを感じました。

DSCF1196 (480x360)
食事を終えてからデザートメニューをいただきます。

デザートは全部で5種類あります。
以前に比べると、かなり種類が減ったような気がします。

DSCF1198 (480x360)
私は甘くなさそうなメニューとして、紅茶(アールグレイ)のブラマンジェをチョイス。
先輩はクレーム・キャラメルを注文しました。


クレーム・キャラメル
DSCF1200 (480x360)
背は低いですがかなりの大きさです。

DSCF1201 (480x360)
先輩は既にお腹いっぱいな上に甘さにやられてしまったので、三分の一ぐらいは私がいただいちゃいました。
プリンは背骨に響くぐらいのしっかり・がっつり甘いですが、カラメルはとても苦かったです。


紅茶(アールグレイ)のブラマンジェ
DSCF1202 (480x360)
ブラマンジェは紅茶の風味がしっかりときいていて、とろりとした口当たりでした。

DSCF1203 (480x360)
キャラメルアイスもついていたのですが、これが程よい甘さのキャラメル味で、個人的にはこちらがより美味しかったです。

DSCF1208 (480x360)
プチフールが出て来てビックリ。

DSCF1210 (480x360)
10数種類のお菓子が大きなお皿にたっぷりの盛ってありました。
後からネットを検索したら、いつ頃からか、こういうスタイルに変えたようです。
個人的にはデザートよりもお料理に力を入れてくれた方が嬉しいのですが(汗)。
お腹がかなり一杯だったので、フルーツなどを中心につまみ食いをして、残りは持ち帰ることにしました。

DSCF1212 (480x360)
イチゴはとても大粒でした。
1月なのにこんなに大きなイチゴが食べられるなんて、春が近づいているんだなぁと実感します。

キンカンも大ぶりのものが一粒。
久しぶりにキンカンを食べました。
酸味はほとんどなくてさっぱりとした甘さです。

DSCF1211 (480x360)
一口大の干し柿は、ねっとりとした食感で、甘すぎなくて食べやすかったです。

DSCF1216 (480x360)
デザートの後、飲みものをいただきました。


ホットコーヒー
DSCF1214 (480x360)
私はコーヒーを。

ハーブティー
DSCF1217 (480x360)
先輩はハーブティをお願いしました。

DSCF1219 (480x360)
持ち帰りの袋は、ごくごくフツーのビニール袋(笑)。
写真を撮り忘れてしまいましたが、プティフールは小さな縦に細長いプラスチックケースに詰めてあったのですが、そのケースはなんとスイートバジルのもの(笑)。
ただ、中に敷いてある白い紙は可愛らしい飾りの入ったものでしたが。
なんだか、最後の最後に「北島亭」らしくて嬉しかったです。
残りのデザートはほとんど家人が食べたのですが、「すごく甘かったものがある。」と言っていました。

DSCF1220 (480x360)
この日のお会計は、4品好きなものフルコース12,600円にお肉のチョイスで2,100円追加され、私がお酒を4杯、先輩がシードルを2杯飲み、サービス料が10%ついて、二人で合計35,228円、一人17,614円でした。
実際の支払いは、私が単価の高いお酒を飲んでいるので、きっちり差額を計算して割り勘しています(笑)。

DSCF1221 (480x360)
この記事を書いているときに気付いたのですが、グラスの赤ワインが計上されていない!

DSCF1222 (480x360)
お店には申し訳ないですが、ちょっとラッキー(笑)。


久しぶりの「北島亭」は、ジビエで珍しいものにチャレンジは出来なかったものの、大満足でした。
マナガツオと鹿の脂身が感動的に美味しかったです。
しばらくご無沙汰していた「北島亭」ですが、やっぱり定期的に是非通おう!と先輩と盛り上がりました。


◇・◆・◇・◆・◇ これまでのディナー訪問で、アップした記事はこちらです。 ◆・◇・◆・◇・◆・◇

1回目  2008年6月20日 
2回目  2008年12月18日
3回目  2014年1月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇



ドリンクメニューです↓
DSCF1104 (480x360)

DSCF1105 (480x360)

DSCF1106 (480x360)

DSCF1107 (480x360)

DSCF1108 (480x360)

DSCF1109 (480x360)

DSCF1110 (480x360)

DSCF1111 (480x360)

DSCF1112 (480x360)

DSCF1113 (480x360)


2014年1月31日訪問時お店DATA
****************************
仏蘭西料理 北島亭  (きたじまてい) 
〒160-0008
東京都新宿区三栄町7番地 JHCビル1F
TEL  03-3355-6667
営業時間 
[昼] 11:30~ (L.O.13:30) 入店は13:00まで  
[夜] 18:00~ (L.O.20:00) 入店は19:30まで
定休日 日、第1・3月休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

【2015/01/31 00:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) |
塊肉ビストロ BLOCKS  @四谷
朝から雪が降っていますね~。
今日は最大で5センチ積もるかもしれないとか。
みなさま、寒さや足元に充分お気をつけ下さい☆

本日は、2014年11月10日にオープンした「ブロックス」のレポートです。

DSCF5626 (480x360)
2014年12月19日は、上司とOさんがお昼時に不在で外へランチを食べに出るチャンスでした。
先輩を誘ったのですが、忘年会続きで体重が心配とのことで、私一人で行くことに。
GEMS市ヶ谷の新店は先輩と行きたかったので、2014年11月13日にpenguin_19さんからコメントをいただいていた&市ヶ谷経済新聞の記事を読んで情報を知っていた「塊肉ビストロ BLOCKS(ぶろっくす)」へ。

DSCF5637 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜け、さらにその少し先まで進むと右手にCSビルがあり、お店はその1階です。

DSCF5638 (480x360)
この場所には以前、2011年頃にオープンした「炭火焼き 焼きとり居酒屋 さくら」というお店があり、2011年2月4日にランチ訪問しましたが、それ程長続きしなかったようです。
でも、看板がまだ残っています(笑)。

さらにその前には「蕎麦 Dining 仙」というお店があり、2008年6月30日にランチ訪問しましたが、2010年3月に閉店しました。

このブログを始める前には焼き鳥屋さんなどが入っていたこともあり、場所柄か、お店がよく入れ替わる場所です。

DSCF5639 (480x360)
市ヶ谷経済新聞によれば、2014年11月10日にオープンした「ブロックス」は、ライナ株式会社が運営するお店で、牛や豚、鳥、羊、などさまざまな肉の種類を扱うとともに、熟成肉やブランド肉、希少種の肉を提供しているとのこと。中でも一押しは徹底的な室温管理の下、約1000時間をかけて熟成させたドライエージングビーフ「熟成千刻牛」と、秋田県をはじめとした一部の地域のみで飼育されている希少種「かづの牛」だそうです。

DSCF5640 (480x360)
ライナ株式会社は、四ツ谷地域を中心に、コストパフォーマンスの高い店舗を展開しています。
2008年12月2日にランチ訪問した「ルバード」、2011年4月2日にディナー訪問した「ウシカイ」2012年6月21日にランチ訪問した「オブラ」などなど、私もたくさん訪問しています。

DSCF5620 (480x360)
12時10分頃にお店に到着すると、フロアがガランとしていて、ちょっとビックリ。
ランチやっているよね?と思わず、外に置かれているメニューをチェックしちゃいました(汗)。

先客は2組ほど、後客も2組ほど。
オープンしてから1ヶ月以上経っていますが、やはり立地が厳しいのでしょうか。

DSCF5621 (480x360)
フロアは広く、右に厨房とカウンター席があり、その周りにテーブル席が並んでいます。
カウンターの上には大きな生ハムが脚ごと飾られていました。
木材をたっぷり使っていますが、スタイリッシュな内装です。

DSCF5636 (480x360)
私が大好きなベルギービールのヒューガルデンホワイトを発見。
最近たくさんのお店で見かけるようになりましたが、こういう風にでっかい生ビール用の容器があるんですね。

DSCF5613 (480x360)
店員さんから「どこでもどうぞ~。」と言われたので、奥の方の、カウンター席を眺められる席に着席。

卓上にはカトラリーセットの入った箱とドリンク用のミルクや砂糖が置いてありました。

DSCF5617 (480x360)
箱にはフォーク・ナイフ・スプーン・紙ナプキンが入っています。

DSCF5616 (480x360)
ミルク・砂糖・スプーンが小皿に乗せられていました。
食後のドリンク用です。

DSCF5615 (480x360)
着席するとお茶とおしぼりをいただきました。

DSCF5614 (480x360)
お茶を飲みながら、メニューをチェック。

DSCF5606 (480x360)
ランチメニューです。
オシャレ過ぎるせいか、ちょっと見辛いかも。

ランチはバーガー、パスタ、ミートに分かれています。
バーガーは2種類あり、トッピングが6種類。
ソフトドリンク・ピクルス・フライドポテトが付きます。
パスタは1種類のみです。
ミートは1種類だけですが、盛り合わせやアラカルトなどがあります。
ランチドリンクはアルコールが4種類、ソフトドリンクが5種類ありました。

DSCF5607 (480x360)
熟成肉のお店なのでここはお肉を食べないと!と思ったのですが、バーガーっていうのも珍しいなと思って、奮発して熟成牛のバーガーを注文。
ワタクシ、あまりプレミアムバーガーって食べたことがなかったのでちょっとチャレンジしたくなっちゃいました。

店員さんから、ドリンクの種類を何にするか聞かれて、初めてドリンクが付いていることを知りました。
メニューを完全に見落とし(笑)。
グレープフルーツジュースをお願いしました。

DSCF5618 (480x360)
最初にサラダが出て来ました。
白い楕円形の平皿に大きめに千切ったリーフレタスが盛りつけてあります。
横からみると紫キャベツ?もありましたが、基本的にシンプルです。

DSCF5619 (480x360)
大きめなのでかなりの立体感です。
ドレッシングがあらかじめかかっていました。
このドレッシング、手作りでしょうか、酸味が利いてとてもさっぱりとしていて美味しかったです。
ただ、レタスはこのサイズになるとフォークで食べるのも、口の中に入れ込むのも、どちらも大変(汗)。
私がぶっきちょなせいもあるとは思うのですが。

DSCF5622 (480x360)
作り立てを提供していただけるからか、料理が出てくるまでけっこう時間がかかりました。
途中サラダを挟みながらですが、15分弱かかりました。

ハンバーガーは大きな白い楕円形の平皿に盛られ、たっぷりのポテトフライが添えられています。


熟成牛Burger (1,480円)
DSCF5627 (480x360)
やや遅れてグレープフルーツジュースが登場。
このとき対応してくれた店員さん、新人さんなのか、数組のお客さんバラバラに来ていたのにソフトドリンクの種類を忘れちゃったりするなど、ちょっとバタバタでした。

DSCF5628 (480x360)
真っ赤なストローが差してあるのが可愛い。

DSCF5629 (480x360)
グレープフルーツジュースはカールスバーグのグラスに入っていました。

DSCF5624 (480x360)
ポテトフライはやや太め。
揚げ立て熱々で、食感はホクホク、量もたっぷりでした。

DSCF5623 (480x360)
熟成牛Burgerは、100%ビーフパティ、レタス、トマト、スライスオニオン、熟成肉千刻牛 熟成肉を炭火で焼いてサンドした当店自慢のバーガーとのこと。

DSCF5625 (480x360)
大過ぎて崩れるのを心配してか、とても長い竹串が真ん中に刺してありました。

DSCF5630 (480x360)
ピクルスは小さいものが2個。
巨大なバーガーの脇にひっそりと置かれていたので、写真を撮るためにお皿の角度を変えていた時に初めて気付きました(笑)。

DSCF5626 (480x360)
ハンバーガーを真横から見ると、かなりの厚みがあるのがわかります。
バンズにレタス、パティ、トマト、オニオン、お肉が層をなしていました。

DSCF5634 (480x360)
しかし、こういうでっかいバーガーってどうやって食べればいいものなのでしょうか。
よくわからなくて、とりあえず縦に1/4にカットして食べ始めましたが、具沢山であることが災いして、とっても食べにくい(汗)。
均等に抑えていないと、ボロボロと中身が崩れ落ちます。
でも、パティはお肉の味がしっかりして、レタスやトマトはとてもフレッシュで、お味はと~っても美味しかったです。

DSCF5631 (480x360)
ハンバーガーだからパティだけかと思っていたら、ステーキのような塊のお肉もたっぷりと入っていました。
レアの火入れで、とってもキレイなピンク色で、とっても美味しそう!

実際食べてみても、しっかりとした歯応えがあって、下味もしっかりしていてすっごく美味しい!
たっぷり入っていたので、幾つか、お肉だけ単独で食べるという贅沢も出来ました。
熟成肉って何度か食べていますが、ダメ舌な私には脂がとろけるタイプではないというぐらいしかわからないものの、このお肉は歯応えも味わいもとってもよかったです。


お値段はかなりかかりましたが、ボリュームたっぷりだったし、お肉も美味しくて大満足でした。
事務所に帰るなり、先輩に自慢しちゃいました(笑)。
隣の席の人の食べていた丸鶏ハーフの炭火ローストもすっごくボリューミーだったので、なるべく早くOさんと先輩を連れて行って食べたいと思っていたのですが、2015年1月16日に再訪してみたところ、ランチメニューはバーガーのみになっていました(泣)。
残念!


ランチメニューです↓
DSCF5606 (480x360)

DSCF5607 (480x360)

DSCF5608 (480x360)

DSCF5609 (480x360)

DSCF5610 (480x360)

DSCF5611 (480x360)

DSCF5612 (480x360)


2014年12月19日訪問時お店DATA
****************************
塊肉ビストロ BLOCKS (ぶろっくす)
〒160-0008 
東京都新宿区三栄町1-2 CSビル1階
TEL 03-6273-2900
営業時間 
[月・土] 17:30~24:00(L.O.23:30)
[火~木] 11:30~14:00(L.O.13:30) 17:30~24:00(L.O.23:30)
[金曜日] 11:30~14:00(L.O.13:30) 17:30~25:00(L.O.24:00)
定休日 日・祝
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/30 06:00】 | バーガー | トラックバック(0) | コメント(6) |
STARBUCKS COFFEE 市ヶ谷駅前店  @市ヶ谷
昨日も今朝も、寒いですね~。
身体を内側から温めたい!と、朝からコーヒーを飲み過ぎちゃっています(汗)。

DSCF1088 (480x360)
2014年1月31日は、この日の夜に先輩と新年会に行く予定だったので、軽めのお昼にしようと思っていました。
お蕎麦かパンか、、、と考えていたら、そういえば市ヶ谷駅の「STARBUCKS COFFEE(すたーばっくす こーひー) 市ヶ谷駅前店」でランチをしたことがなかったと思いつき、行ってみることに。

外

こちらは以前撮影した写真です。
お店はJR市ヶ谷駅とドッキングした市ヶ谷ストアの2階にあります。
外から見てもととてもオシャレな造りになっています。

2013年の夏頃からビルの改装に伴って一時休業し、2013年12月26日にリニューアルオープンしました。
ただ、ビルの2階は以前と同じお店がそのまま入っているので、あまり新しくなった感じがしません(笑)。

DSCF1071 (480x360)
駅の改札からコンビニの前を通り過ぎると、2階に上がる階段があります。
外階段もあります。

今更説明するまでもありませんが、「スターバックス コーヒー」はアメリカのシアトル発のコーヒーチェーン店で、美味しいコーヒーとスタイリッシュな雰囲気で、高価格帯にも関わらず、現在日本では1,000店以上展開しているそうです。

お隣の四ッ谷駅にも支店があり、2012年9月5日にテイクアウトしました。

DSCF1069 (480x360)
階段を登り切った右手にお店があります。

左には2007年10月11日にモーニング2009年6月23日にランチ訪問した「TO THE HERBS 市ヶ谷店」があります。

2009_0624画像0192
こちらも以前撮影した写真です。
ガラス越しに靖国通りがとてもよく見渡せます。

DSCF1059 (480x360)
入店してみても、あまり変わった感じがしない、、、(汗)。
手前の方に大きなテーブルがあるのが、以前と違うところでしょうか。
ここに来るのもかなり久しぶりなので、記憶があやふやです。

フロアはそこそこ広く、前にカウンター、右にテーブル席が並んでいます。
内装はいつも変わらぬ、シンプルながらもオシャレな雰囲気です。

DSCF1058 (480x360)
12時少し過ぎに入店したところ、先客は3人程でした。
店内はほぼ満席で、入れ替わり立ち替わりどんどんお客さんが入って来ます。

DSCF1060 (480x360)
カウンターの脇にあるショーケースの中には、お総菜パンやスイーツがいろいろと並んでいました。

DSCF1067 (480x360)
程なく順番が回ってきたので、注文しました。

DSCF1061 (480x360)
この日はお総菜パンを、こちらと、、、

DSCF1062 (480x360)
こちらの二つ。
せっかくスタバに来たので、ドリンクもお願いしちゃいました。

こちらのパンは温めるかどうか聞かれたので、お願いしました。

DSCF1065 (480x360)
この日のお会計です。
1,000円超えしてしまうので、ちょっとお高い(汗)。

パンを温めたことも、「ヒーティング」(カスタム)としてちゃんと記載されていました。

DSCF1063 (480x360)
カウンターの周りにはコーヒーがたくさん並んでいます。

DSCF1066 (480x360)
スターバックスはコーヒーの香りがフロアいっぱいに広がっているので、コーヒー好きにはたまりません。

DSCF1068 (480x360)
こちらで出来上がりを待ちました。

DSCF1072 (480x360) - コピー
テイクアウトには小さな紙袋に入れてくれます。

DSCF1074 (480x360) - コピー
スターバックスのいつものロゴだけでなく、、、

DSCF1073 (480x360) - コピー
季節柄、バレンタイン仕様でした。

DSCF1075 (480x360)
袋から取り出すとこんな感じ。


カプチーノ ショート  (340円)
DSCF1081 (480x360)
ドリンクはカプチーノをチョイス。

公式HPによれば、「リッチなエスプレッソに一気にミルクを注ぐことで、一口飲んだときからコーヒー感が感じられるビバレッジです。ベルベットのようにきめ細かいフォームミルクをお楽しみください。」とのこと。

DSCF1082 (480x360)
カップにはもちろん、スタバのロゴが入っています。

DSCF1083 (480x360)
ショートですが、量が結構ありました。

DSCF1076 (480x360)
まずは温めてもらっていたホットベーグルサンドからいただきました。
白い紙に包まれています。

DSCF1087 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じです。
あらかじめ半分に切ってありました。


ホットベーグルサンド ベーコン&オムレツ (380円)
DSCF1086 (480x360)
後から調べたら、こちらは季節のおすすめだったようです。
当時の公式HPでの説明はこんな感じでした。
「ベーコンとオムレツをサンドしたホットベーグルサンド
もっちりとした食感のベーグルに、ほうれん草がたっぷり入ったオムレツ、ベーコン、レッドチェダーチーズを合わせ、濃厚なトマトソースで仕上げました。
朝食や軽食におすすめです。」

DSCF1088 (480x360)
パンはややかためでしっかりと噛んでいただきました。
卵とチーズがしっかり味で、間違いない美味しさです。
噛みしめて食べるせいか、結構ボリュームがありました。

DSCF1078 (480x360)
次に、バルサミコチキンのピタサンドをいただきます。
個別包装になっていました。

DSCF1079 (480x360)
こちらも季節商品だったのか、いま見ても、公式HPに記載がありません。
当時の公式HPでは「ハーブチキンとたっぷり野菜のボリュームあるピタサンド
全粒粉入りのピタの中に、ジューシーで柔らかいハーブチキン、レタス、キャベツ、セロリ、レッドオニオン、トレビス、フライドオニオンを入れました。
香り豊かなハーブチキンとボリューム感のある野菜が秋の食欲をそそります。
別添のバルサミコドレッシングをかけてお召し上がりください。」と書かれていました。

DSCF1080 (480x360)
原材料名や消費期限の書かれたラベルが貼ってあります。
生野菜が使われていますが、翌日まで食べられるとはビックリ。


ピタサンド バルサミコチキン (380円)
DSCF1085 (480x360)
袋から出してみると、野菜がたっぷり入っていて、はみ出しています(笑)。

DSCF1090 (480x360)
中をのぞくと、サニーレタス以外の具が見えました。

DSCF1084 (480x360)
バルサミコドレッシングが別に小袋でついています。
結構量があるな~と思いましたが、残すことも出来ないので全部かけちゃいました。
ピタパンは袋状になっているから、こぼれる心配がないのでいいですね。

DSCF1091 (480x360)
野菜と酸味の利いたドレッシングでとてもさっぱり。
一つ目のパンがこってり系だったので、とてもいい組み合わせになりました。


お値段はちょっとかかりましたが、ドリンクもたっぷり飲んだので、お腹いっぱいになりました。
本当は軽めに済ますはずだったのですが(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
フィローネ きのこ&モッツァレラ(ポーク) (2012年9月5日
グレインブレッド バジルチキン&シーザーサラダ  (2012年9月5日
ホットベーグルサンド ベーコン&オムレツ (2014年1月31日
ピタサンド バルサミコチキン (2014年1月31日

[ドリンク] 
アイス カフェ モカ ショート  (2012年9月5日
カプチーノ ショート (2014年1月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年1月31日訪問時お店DATA
**************************
STARBUCKS COFFEE 市ヶ谷駅前店 (すたーばっくす こーひー)
〒102-0076 
東京都千代田区五番町2 市ヶ谷ストア2階
電話 03-3261-1881
営業時間 
[月~土] 午前7時~午後10時
[日曜日] 午前8時~午後9時
定休日 不定休
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/29 05:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ 四ッ谷バール  @四谷
昨日の夜は、天気予報で全く聞いていなかったのに、冷たい雨が結構降りました。
定期検診の歯医者さんでガリガリやられた私は、雨の中トボトボ帰る羽目に(泣)。

DSCF1036 (480x360)
2014年1月30日は、上司とOさんがお昼時に不在だったので、先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
このところ結構外食しているので、すぐに行きたいお店が思いつかず、しんみち通りにある、2013年1月16日にランチ訪問した「雪梅花」を提案したところ、先輩が乗り気だったので早速行ってみることにしました。
歩きながら「そういえば『Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ 四ッ谷バール』も最近行っていないですね~。」と話したら、先輩が「そっちの方が興味あるかも、、、。」とのことだったので、とりあえず「雪梅花」をのぞいて空席があるのを確認したものの、しんみち通りをさらに奥に進んで「サルサ・カバナ」へ行きました。

DSCF5004_20121020004000.jpg
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、かなり奥の右手に小島ビルがあり、お店はその1階です。
この界隈では珍しいウッディな建物はとても目立ちます。

DSCF4092.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

この場所には「グリル・カバナ」というお店がありましたが、同じしんみち通りにあって2007年7月11日に訪問した「サルサ・カバナ 四谷店」が2010年9月20日に閉店し、2010年10月2日にこの場所に移転し、「Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール」という店名に変更してリニューアルオープンしたとのこと。
さらに、四谷三丁目にあった「サルサ・カバナ 四谷三丁目店」は新橋に移転し、2011年3月29日に「サルサ・カバナ セントロ」という店名でリニューアルオープンしたそうです。

DSCF1054 (480x360)
お店の前には小さな看板が出ています。
季節柄、新年会の紹介でした。

DSCF1056 (480x360)
1ヶ月程前にテレビで紹介されたようです。

DSCF1051 (480x360)
お店の前にはランチメニューも出ています。

DSCF1052 (480x360)
この写真は帰りがけに撮ったので後から気付いたのですが、ランチタイムは通常のメニューを注文すると、サルサカバナ特製カウボーイライスと日替りスープが食べ放題になるというスタイルに変わっていました。

DSCF4137_20130630092116.jpg
店内はそれ程広くはなく、左手に厨房とカウンター、右側にテーブル席が並んでいます。

DSCF8117_20130930083909c12.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
レジの近くにバカルディのロゴの入った小物が置いてありました。

DSCF8118_2013093008391230f.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
こんなものも作っているんですね~。

DSCF4146_20130630091820.jpg
天井には旗を張り巡らし、壁には小さなライトをつけていて、ピカピカと光っています。
カラフルな切り抜きのような旗?がカワイイです。

DSCF4147_20130630091823.jpg
前回ランチ訪問したのは2013年3月5日だったので、約10ヶ月半ぶりです。

DSCF4087.jpg
12時15分頃にお店に到着すると、店内はかなりの賑わい。
「サルサ・カバナ」はお客さんの波が結構ありますが、こんなにパンパンなのは初めて見ました。

DSCF4145_20130630095926.jpg
壁にはいろいろなお酒のポスターが貼られています。

DSCF4086.jpg
こちらはテキーラです。
メキシコ料理屋さんなので、種類が豊富。

フロアを担当するのは男性スタッフ一人だけなので、とにかく忙しそうです。
このところ、ランチのお客さんがとても多くなっているような気がします。

DSCF1004 (480x360)
席がないかも?と店員さんに聞いてみると、外国人6名のグループが座っていた中央の大きなテーブルに相席するような形で向かい合って着席することができました。
ただ、周囲を見回すと、メインのお料理が出ていない人も多く、「これは時間がかかりそうだ、、、。」とちょっと心配になっちゃいました。

厨房に男性シェフ一人、サービスが男性一人で、とにかくとっても忙しそう。
満席ですが、後からもどんどんお客さんがやってきて、まさかの待ちが発生。
こんな状態は初めて見ました。
私たちは入口からすぐのところに座っていたので、私は背中から開けっ放しの冷たい空気がどんどん流れ込んでいて、かなり寒かったです。
でも、先輩は並んでいる人が真正面に見える位置だったので、時計を見たり、こちらのお皿の様子をのぞき込んだり、足踏みしたりしているのを見て、かなり食べるのが窮屈だったとのこと(笑)。

DSCF1008 (480x360)
卓上には紙ナプキンとカトラリーセットが置いてあります。

DSCF8085_20130930084141d09.jpg
こちらは紙ナプキンです。

DSCF1009 (480x360)
店員さんからお水をいただき、メニューを検討。

DSCF1010 (480x360)
ガラスのグラスはぶ厚くてややごつく、ダンサー?のイラストが描かれていました。

DSCF1011 (480x360)
ラムのバカルディのロゴが入っています。
150年以上歴史があるって、すごい。

DSCF4976_20121020004433.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ランチメニューは全部で4種類、お値段は880円と980円です。
全部のプレートに特盛サラダ、メキシカン炊き込みライス、自家製サルサ、とろけるアボガドディップ、ドリンクが付いています。

これまでに全メニューを食べていましたが、この日はホームメードエンチラーダプレートを注文。
赤と緑のソースからチョイス出来るので、緑のソースをお願いしました。
多分、初めてだったと思います。


メキシカンレモントニック
DSCF1012 (480x360)
ランチメニューは飲み物付きで、4種類のソフトドリンクから選べます。
私はいつもメキシカンレモントニックをチョイス。
お料理よりも先にドリンクが出てきます。
前回はグラスに入っていましたが、今回はジョッキでした。

DSCF1014 (480x360)
ジョッキは凍らしてあるので、キンキンに冷えています。
嬉しいですが、入口開けっ放しで冷気の直撃を受けている私にはちょっとしんどかったです(笑)。

DSCF1016 (480x360)
大きめの櫛切りのレモンの1つ浮かんでいます。
量はたっぷりとあって、ちょっと弱めの炭酸に甘みと酸味があって美味しかったです。

DSCF1006 (480x360)
メニューは以前と変わりませんが、提供スタイルが変わっていました。
ランチを注文すると、日替りスープとサルサカバナ特製!カウボーイライスが食べ放題です。
カウンターの右端にセットされているので、セルフで取りに行きます。
ただ、私たちは表の看板も見ていなくて、注文は厨房にいるシェフに向けて言っていたので、詳しい説明がなくてどうしていいかわからず(汗)。
隣の外国人のお客さんたちが食べている様子をしばらく見ていて、同じように取りに入ってみました。

DSCF1018 (480x360)
日替りスープは保温してあります。

DSCF1020 (480x360)
サルサカバナ特製!カウボーイライスはとても大きな炊飯器に入っていました。

DSCF1022 (480x360)
スープとライスを取って来たところで、サラダが登場。
いただきま~す!

DSCF1030 (480x360)
日替りスープはコップに注ぎました。
デミグラスソースのような濃い茶色で、すこしもったりした食感です。

DSCF1032 (480x360)
お肉だったでしょうか、具も少し入っていました。
あっさりしたダシですが、辛さもあります。

DSCF1027 (480x360)
サルサカバナ特製!カウボーイライスは小さなお皿に盛りつけました。
少しオレンジ色っぽく、ミックスベジタブルでしょうか、野菜が少し入っています。

DSCF1026 (480x360)
以前あったメキシカンライスはどちらかというとパサパサしていましたが、こちらはかなりしっとり。
ただ、味付けはかなり淡かったです。
隣の男性客は、1つのお皿にスープとライスを一緒に盛って、カレーライスみたいにして食べていました。
ううむ、あのスタイルは美味しそう!
次回は是非私もやってみたいです。

後から写真を見返したら、サルサカバナ特製!カウボーイライスとは、BeafとBeansのチリトマト煮+バターライスとあったので、これはそもそも一緒に食べるものだったのかな?
しかし、そうなると、日替わりスープはどうなるんだろう?

DSCF1023 (480x360)
「野菜を食べよう」というキャッチフレーズがついた特盛サラダは、小さめの白いオーバル型の平皿にサラダが盛られています。
こんもりとしはしていますが、「特盛」という程ではないかも。

DSCF1024 (480x360)
野菜は葉っぱ系だけと、とってもシンプル。
あらかじめドレッシングをかけてあります。
このドレッシングは酸味がしっかりと利いていて美味しかったです。

DSCF1036 (480x360)
15分程経って、ようやくメインのお料理が登場!
先輩と私は同じメニューで、ソースを赤と緑で違います。
お皿のデザインがずいぶん違うこともあって、だいぶ印象が変わります。


ホームメードエンチラーダプレート 緑のソース (880円→50円引きクーポン利用830円)
DSCF1037 (480x360)
サラダは食べちゃったのでお皿がありませんが、メイン、ライス、スープ、ドリンクと、と~っても豪華。

DSCF1039 (480x360)
濃い紺色?紫色?のフチの大きな丸いお皿に、エンチラーダが3本盛られていて、お豆の煮込みが添えられています。

DSCF1040 (480x360)
ワカモレとサルサソースが小さい白いココット皿に入って脇にのせてあります。

DSCF1042 (480x360)
とろけるアボガドディップとは、メキシコ料理でおなじみのワカモレです。
アボガド好きなので、ねっとりとした口あたりとコクがたまりません。
そのまま食べたり、他の具材と一緒に食べました。

DSCF1043 (480x360)
自家製メキシカンサルサはトマトの角切りがたっぷりと入っていて、すごくさっぱりしています。
そのまま食べても美味しいです。

DSCF1041 (480x360)
トウモロコシ粉で作られたエンチラーダは大きいものが3本。
緑のソースのはずですが、お皿の色合いのせいか、黄色っぽく見えます。

DSCF1045 (480x360)
真ん中をよく見てビックリ。
エンチラーダがひび割れちゃっています。
食べてみるとかたくてぼそっとしていました(汗)。
このお店のエンチラーダは美味しくて大好きなのに、こんなことは初めて。

DSCF1047 (480x360)
中にはほぐして淡く味付けした鳥肉がたっぷりと入っています。
具材はいつもどおり美味しかったのですが、エンチラーダのまずさが足を引っぱる形になってしまって残念。

DSCF1048 (480x360)
量がたっぷりあるのでそのまま食べるだけでなく、ワカモレをのっけたり、、、

DSCF1050 (480x360)
サルサソースを合わせてみたりと、いろいろなスタイルで食べられました。

DSCF1044 (480x360)
添えられたお豆の煮物は抜群に美味しかったです。
見た目は小豆みたいで、甘そうですが、味はしょっぱい系です。
ねっとりと柔らかく、美味しいソースがしっかりとしみ込んでいて、めちゃウマ!
中南米のお豆料理って、個人的には日本の煮豆などより大好きです。

DSCF1848_20140119082144a9b.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
伝票です。

DSCF1007 (480x360)
お会計の時、お財布の中にクーポン券が入っていたのを思い出し、50円お得に食べられてラッキーでした(笑)。


ボリュームたっぷりでおなか一杯です。
このところご無沙汰していたから詳しくはわからないですが、システムを変えたことでこんなに混雑するようになったのか、それとも、テレビなどで紹介されたのでしょうか。
ライスとスープが食べ放題になって、コストパフォーマンスが抜群によくなりましたが、この混雑ぶりとエンチラーダの残念な出来で、ちょっとお店の様子が落ち着くまで行くのは止めようと先輩と帰りがてら話しました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 プレート・ボニータ (2011年1月13日
 大きな鉄板ブリトー<牛> (2012年1月13日2013年3月5日
 メキシカンコンビネーション (2012年8月13日
 ホームメードエンチラーダプレート:赤ソース (2012年11月8日
 ホームメードエンチラーダプレート:緑ソース (2014年1月30日
 巻き巻きタコスプレート (2013年1月29日

*** 旧店舗で食べたメニューです。***

[サルサ カバナ]
  テックスメックス エンチラーダ  (2008年3月17日

[グリル カバナ]
  ジャンボブリトー (2008年1月15日
  メキシカンコンビネーション (2009年7月10日
  ランチタイム限定ランチコース
   1回目 (2009年9月10日
   2回目 (2010年3月23日
  テイクアウト (2008年6月6日
    本日のスペシャル 日替わりランチ プレミアムメキシカンビーフとトマトとハラペーニョ煮

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF4976_20121020004433.jpg

DSCF4970_20121020004538.jpg

DSCF4971_20121020004538.jpg

DSCF4972_20121020004538.jpg

DSCF4143_20130630095920.jpg

DSCF4144_20130630095922.jpg


メキシコ気分診断チャート↓
DSCF4149_20130630091826.jpg

DSCF4150_20130630091829.jpg

DSCF4151_20130630091833.jpg

DSCF4152_20130630091752.jpg

DSCF4153_20130630091755.jpg

DSCF4154_20130630091758.jpg

DSCF4155_20130630091801.jpg


お店の名刺です↓
DSCF5061_20121020004000.jpg

DSCF5062_20121020004000.jpg


2014年1月30日訪問時お店DATA
*******************************
Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ 四ッ谷バール
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20-9 小島ビル1階
電話&FAX 03-3225-1774
営業時間  
[昼] 11:30~14:00  
[夜] 17:00~26:00(L.O.25:30)       
    *22時以降の来店は、サービス料10%
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/28 06:00】 | メキシコ | トラックバック(0) | コメント(0) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
週末に使っていたカバンから戻すのを忘れ、昨日は駅に着いたら定期がありませんでした。
往復の交通費はお安めのランチ代金とほぼ同じなので、もったいないことしちゃって、大反省(泣)。

DSCF0971 (480x360)
2014年1月29日は、午前中の仕事が押して上司とOさんが外へ出かけたのは12時半近くでした。
午後の予定があった訳ではないのですが、これからまるまる1時間外へ出るのはさすがに電話対応などが出来なくなっちゃうからやめておきましょう、ということで、先輩と一緒に「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」のお弁当を買いに行くことにしました。

この日「タベルナ」にした理由は、先輩がこのところ少し胃の調子が悪かったからです。
リゾットやお粥を持ち帰りできるお店って、とっても少ないのが残念。
徒歩徒歩亭」が出来るのですが、さすがに遠かったので、自転車を購入したらチャレンジしようということになりました(笑)。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF7927 (480x360)
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

12時15分頃に電話でお店に注文を入れ、15分ぐらいで出来上がると言われたので、準備をしてすぐに事務所を出ます。
この日は先輩が取りに行ってくれました。
ありがとうございます☆

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回お弁当を購入したのは2013年11月20日だったので、約2ヶ月ぶり、35回目です。

年末年始は外食が多く、体重のコントロールをするのにとても苦労していたので、ボリュームたっぷりの「タベルナ」のお弁当はすっかりご無沙汰していました。

DSCF7928 (480x360)
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF7244 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF7246 (480x360)
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと36周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

DSCF0963 (480x360)
お弁当はよくある一般的な白いビニール袋に入れてくれます。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF0966 (480x360)
断るのを忘れてしまったようで、スプーンとフォークをいただいちゃいました。

DSCF0967 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

DSCF0968 (480x360)
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

こちらは先輩が注文したリーネアのリゾット。
牛すじと野菜のミートソースなのですが、下段が「Sugi」で「すじ」なのかな?
(→筆記体さんからご指摘いただきましたが、「Sugi」ではなく、「Suzi」です。失礼いたしました。)

DSCF0969 (480x360)
私はせっかくなので季節メニューを食べたいと思い、あん肝とエリンギのスパゲッティをお願いしました。

DSCF0970 (480x360)
こちらは漢字で「鮟肝」と書かれています。

DSCF6870.jpg
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。

DSCF0990 (480x360)
この時期から、メニューが値上げしていました。
全部ではなく、一部のみですが、ちょうど自分が購入したメニューは100円値上がり(泣)。
原材料などが値上げしていることを考えれば仕方ないし、全てのメニューじゃないのが良心的かなと思います。

DSCF0971 (480x360)
いただきま~す!


リゾット ~リーネア~  (900円)
DSCF0974 (480x360)
胃の調子が悪いというのに、白粥ではなく「タベルナ」のリゾットって、どうよ?と先輩が自虐的に話していた(笑)のですが、やはりあっさりしたシンプルなものはつまらないと思ったらしく、大好きなリーネアをチョイス。
マンナンにすればカロリーが抑えられるし、と言い訳していたところ、電話で注文したときにマンナンはなくなったとのこと!
私もいつもマンナンにしていたので、大ショックでした(泣)。
しかもこの日はリゾットのお米がすごく柔らかだったとのこと。
一口いただきましたが、かなりべったりとお米が潰れている感じでした。
味付けはいつもどおり美味しかったものの、ご飯がそんな状態な上にボリュームがあったので、先輩は食べ終えるのにだいぶ苦労していました(汗)。


スパゲッティ ~あん肝とエリンギのスパゲッティ~  (900円)
DSCF0976 (480x360)
フタを開けると、容器の8割ぐらいまでたっぷりとスパゲッティが入っていて、いつもながらすごいボリュームです。
エリンギ、唐辛子、アンコウがのせられ、シソがトッピングされています。

DSCF0977 (480x360)
細かく刻んだシソがたっぷり。
このおかげで味わいがさっぱりします。

DSCF0983 (480x360)
スパゲッティは細めです。
しっかり味で、炒めてあるのかややパサッとした食感でした。
麺がたっぷりあるので、口いっぱいに頬ばれるのが幸せ。

DSCF0984 (480x360)
エリンギは小さくカットされ、しっかりと焦げ目がついていました。

DSCF0985 (480x360)
表面の方にあったエリンギは小さなカットでしたが、スパゲッティの中からはかなり大きなサイズのエリンギを発見。
薄切りですが、かなり大胆なカットで、エリンギらしいシコシコした食感を楽しめました。

DSCF0982 (480x360)
スパゲッティの中央には、とても大きなあん肝が!
切れ目が入っていますが、すごいサイズ。
あん肝好きの私は見ているだけでシアワセです。
あまりの巨大さに、先輩も記念撮影(笑)。

DSCF0987 (480x360)
あん肝はふるふると柔らかく、こってりとした味わいでとっても美味しい。
たっぷり食べられて、幸せ~。

DSCF0989 (480x360)
唐辛子はまるまる1本で使っていて、しかも数本入っています。
結構ピリッとした辛味があって、やや単調になりがちな味わいにアクセントをつけてくれました。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。
この日は出番なし。

DSCF0964 (480x360)
この日の伝票です。


久しぶりに食べた「タベルナ」のスパゲッティはボリュームたっぷりで美味しくて大満足でした。
この日は夜まで全くお腹が空かなかったです。
値上げしたのはちょっぴり残念ですが、またいろいろなメニューを食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  タラモ (2013年1月31日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
  サンジャック ビアンコ (2013年8月20日
  ペスカトーレ (2013年9月25日

◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日
  フンギ (2013年7月4日

◎ご飯系
  牛肉の薄切りステーキ (2013年11月20日
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日

◎季節メニュー
  あん肝とエリンギのスパゲティー (2014年1月29日
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF0990 (480x360)

DSCF0996 (480x360)

DSCF0995 (480x360)

DSCF0997 (480x360)

DSCF0998 (480x360)

DSCF0999 (480x360)

DSCF1001 (480x360)

DSCF1002 (480x360)

DSCF1003 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2014年1月29日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/27 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(3) |
スパゲッティ ながい  @四谷
お天気に恵まれた週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
先週は久しぶりに拙ブログへのアクセスが1日700人を越えることが2日もあり、ちょっとテンションが高かったです(笑)。
今週は1月の最後の週になるので、新たな気持ちでがんばります☆

DSCF0907 (480x360)
2014年1月27日は週の最初の月曜日。
お昼時に上司もOさんも不在だったので、先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
先輩は作ってきたお弁当を冷蔵庫に押し込めての参戦です(笑)。
二人ともどこに食べに行くか全く考えていなかったので、最近行っていなくて美味しいお店に行こうと思い、「スパゲッティ ながい」に決定。
もともとは、「ながい」は上司も大好きなお店で、「嘉賓」以外では一番よくお店だったのに、ある時期からぱったりと行かなくなり、そのせいで自分もだいぶご無沙汰してしまいました。
思い出すととても食べたくなる「ながい」のスパゲッティです。

DSCF1940 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。

DSCF1939 (480x360)
前回ランチ訪問したのが2013年8月15日だったので、約5ヶ月ぶりの訪問です。

DSCF1938 (480x360)
しんみち通りには、こちらの看板が出ています。

2010年1月27日によるくまさんからいただいたコメントによれば、「ながい」のシェフは西新宿にある老舗人気店「スパゲッティ ハシヤ」から独立されたそうです。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

2010_0222画像0009
こちらは以前の写真です。
季節メニューがある時期は、この看板に写真付きで紹介されます。

2010_0222画像0008
こちらも以前の写真です。
冬だとカキやカニを使ったメニューが出てきます。

2008_0825画像0035
しんみち通りには、ビルとしての看板も出ています。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には2008年9月26日にランチ訪問した「四谷ブルワリー」
地下1階には2008年8月22日にランチ訪問した「沖縄料理店 あん」があります。
ただ、この2店は現在、ランチ営業をやっていません。

DSCF0923 (480x360)
中川ビルに入ってすぐ左手に、こちらのビルのポストがありました。
「ながい」のポストは上段の真ん中です。

入り口

細い階段を上ると、2階に写真のようなかわいい入口の扉があります。

待つ人が多くて、ときどき3階へつながる階段にまで行列ができることもあります。
並んでいる間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文します。

2009_0905画像0035
入口のすぐ右、カウンターの前の壁際に大きなマガジンラックが置かれています。

DSCF6065.jpg
新聞や文庫本などが常備されていて、一人客でものんびり出来そうです。

2010_0705画像0037
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。
この写真の右にトイレがあります。

DSCF0897 (480x360)
窓側から眺めるとこんな感じ。

DSCF1538.jpg
窓から見える問面のビルの2階です。

DSCF8212_20131004210530a5b.jpg
壁に掛かっている時計は、文字盤がパスタでした。

DSCF3919.jpg
お店は男性シェフが一人、フロア担当の女性一人で切り盛りしています。
お二人ともいつもテキパキと動き回り、とても人あたりがいいです。

DSCF0896 (480x360)
入口の正面の奥には冷蔵庫がはめ込まれています。

12時20分近くに入店すると、先客2組、後客2組でした。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりと取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。

2008_0922画像0058
こちらは以前撮影した写真です。
カウンター席はこんな感じです。

DSCF6404.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上にはスプーン、フォーク、タバスコ、粉チーズ、乾燥ハーブ、粉唐辛子?が置かれています。

DSCF1922 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
私たちは真ん中の4人用テーブル席に通されました。

ちなみに、窓際のテーブル席は間が少し狭いので、我らが上司のような、大きな鞄やおなかを持っているとちょっと通りにくく、コップの水を倒さないよう気をつけた方がよさそうです(笑)。

DSCF8205_201310042106044ac.jpg
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

卓上

卓上にある粉チーズと乾燥ハーブです。
お好みでふりかけます。

DSCF6412.jpg
こちらの白い小さなボトルには、、、

DSCF6415_2013082208435256d.jpg
とても細かな粉唐辛子?が入っています。

DSCF0894 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1920 (480x360)
メニューです。

DSCF0892 (480x360)
定番メニューの他、この季節メニューでカキがありました。

DSCF0921 (480x360)
こちらが伝票です。

久しぶりなのでメニューをどうするか、かなり迷いました。
一旦決めてもイマイチ落ち着かず、またすぐ変更することを繰り返し、結局、海の幸のトマトソースに決定!

DSCF6413.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口すぐのカウンターに、出来上がっていくスパゲッティが並びます。
カウンター席に座っているときは、見ているのがとっても楽しいです。

DSCF0902 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。
先に私のスパゲッティが登場。
写真を撮っている間に、先輩の注文したスパゲッティも出てきました。


ツナとミートソースのスパゲッティ(1,150円)+ 納豆(100円)=1,250円
DSCF0904 (480x360)
先輩もかなり悩んだ結果、こちらを注文。
丸い木製の器に入って出てきます。

DSCF0906 (480x360)
刻んだシソと細切りの海苔がたっぷりで、美味しそう。
久しぶりの「ながい」、とっても美味しくて大満足だったとのことです。

DSCF0907 (480x360)
追いかけるようにして、ポンテケージョも出てきました。
ただ、この日は久しぶりのスパゲッティに夢中で、食べるのをすっかり忘れちゃいました(汗)。

DSCF0908 (480x360)
後から食べたので、冷えてかたくなっていましたが、それでも生地は噛みしめるとすごく旨みがありました。
私は美味しいソースを残したくないので、少しずつちぎってソースを拭き取るようにして完食。


トマトソースのスパゲッティ 海の幸のトマトソース  (1,200円)
DSCF0899 (480x360)
スパゲッティは、丸い大きな白い平皿に盛られています。

DSCF8225_2013100421043113d.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お皿にはお店のロゴが入っています。

DSCF0911 (480x360)
出てきた瞬間、先輩が「美味しそう!」と声が出てしまう程、トッピングが豪華。
海の幸シリーズは他のソースでもあって、以前も注文したことがありましたが、こんなにゴージャスだったっけ?
メニューにはエビ・イカ・ホタテ・アサリと記載されていました。

DSCF0913 (480x360)
中央にはドライハーブが散らしてあります。

DSCF0914 (480x360)
海鮮は種類豊富で、どれから食べようか迷っちゃいます。

DSCF0919 (480x360)
アサリは殻付きでゴロゴロと入っていました。
身も1つずつ、しっかりはずして食べちゃいました。

DSCF0916 (480x360)
この日一番目を惹いたのがイカです。
やや幅広に、長くカットされています。
程よい歯応えでイカの旨みを堪能できました。

DSCF0918 (480x360)
ホタテとエビはあまりたくさんは入っていません。
貝柱は厚めでした。

DSCF0912 (480x360)
トマトソースはたっぷりとかけてあって、汁だく状態です。
海鮮の旨みがとトマトの酸味と甘みが楽しめて、塩気がしっかりとしていて、と~っても美味しい。

麺は中細で、つるつるとしたのど越しがたまりません。
ボリュームは普通です。

DSCF0920 (480x360)
そのままでも充分しっかり味ですが、せっかくなので、ある程度食べたところで卓上の粉チーズとドライハーブをかけました。
チーズが加わるとさらに濃い旨みがプラスされました。


全体のボリュームは普通ですが、トッピングが多い分、たくさん食べた感じがしました。
久しぶりの「ながい」は相変わらずの美味しさで、大満足です。
まだまだ食べたことのないメニューがたくさんあるので、また訪問したいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲティ】
  アサリと青じそのスパゲッティ (2008年9月18日

【タラコ、ウニのスパゲティ】
  タラコのスパゲティ   (2012年4月9日
  ウニとイカのスパゲティ (2009年9月2日
  ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日

のりとチーズのスパゲティ (2012年10月5日

【ミートソースのスパゲティ】
  ミートソースとナスのスパゲティ (2009年3月16日
  ミートソースとツナのスパゲティ (2011年1月7日2011年3月24日

【ペペロンチーノ風スパゲティ】
  タコとキノコと赤唐辛子のガーリック風スパゲティ (2010年5月25日) 

【トマトソースのスパゲティ】 
  ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
  ベーコンとソーセージと野菜のトマトソーススパゲティ (2009年9月15日
  海の幸のトマトソース (2014年1月27日
  タコとナスの唐辛子トマトソーススパゲティ (2011年10月19日

【クリームソースのスパゲティ】 
  生ハムの生クリームスパゲッティ (2013年8月15日
  アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日

【おしょうゆ味のスパゲッティ】 
  フランクとベーコン・キノコ・アスパラのスパゲッティ (2011年6月2日)  
  海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日

【ホワイトソースのスパゲティ】 
  ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日

【サラダスパゲッティ】 
  シメジとベーコンのサラダスパゲティ (2010年7月5日
  生ハムのサラダスパゲティ (2012年11月12日

【季節メニュー】 
  カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
  カキの唐辛子トマトソーススパゲティ (2008年12月3日2012年12月3日
  カニと青ジソのクリームソース (2010年2月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF1920 (480x360)

DSCF1915 (480x360)

DSCF1916 (480x360)

DSCF1917 (480x360)

DSCF1918 (480x360)

DSCF1919 (480x360)

DSCF0892 (480x360)


2014年1月27日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2F
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/26 05:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【休業中】 立呑割烹 しげきん  @新小岩
今日は友人宅にお呼ばれしていて、大人数での新年会をやる予定です。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

本日は、マイブログ圏外の新小岩にある「しげきん」のレポートです。

DSCF0865 (480x360)
2014年1月25日の土曜日、新小岩にある「立呑割烹 しげきん」という立ち呑み居酒屋さんに行きました。

基本的に立ち飲みですが座敷も少しあると聞いたので、午後4時オープンのところ、午後4時20分ぐらいに訪問してみました。

DSCF0848 (480x360)
JR総武線新小岩駅の南口を出てロータリーの右側を歩き、逆サイドに行って最初の角を入っていきます。
この道はやや細い路地ですが、駅からはとても近いです。
一度道を覚えてしまえば、簡単に通えそう。

DSCF0849 (480x360)
食べログで見つけたこちらのお店、お料理が全品320円という格安な設定なのに、特にお魚系メニューが美味しいとのこと。

DSCF0850 (480x360)
お店の前には小さな看板が出ています。
安い!

入店すると、かなり早い時間なのに結構な人の入り。
こういう業態の割には女性客も多かったです。

フロアは結構広く、左に厨房、その前と右側に立ち飲み席、右奥に座敷席がありました。
シンプルで落ち着いた内装です。

DSCF0860 (480x360)
店員さんに立ち飲みのエリアに促されたので、座敷席がないかどうか聞いたところ、全て予約が入っていましたが、午後7時半までならオッケーとのこと。
テーブル席は小上がりになっていて、6卓ぐらい?ありました。


DSCF0851 (480x360)
私たちは一番左奥の席に着席。
大きなテーブルだったので、とても広々としていました。

卓上には灰皿、割り箸、ティッシュペーパー、爪楊枝、お醤油、七味唐辛子など。
灰皿があるので、喫煙はオッケーのようです。

DSCF0854 (480x360)
壁にはメニューがずらり!

DSCF0855 (480x360)
すっごいたくさんのメニューがある~。

DSCF0856 (480x360)
確かにお魚系のメニューがかなり多いですが、、、

DSCF0857 (480x360)
お肉メニューはないわけでもありません。

DSCF0859 (480x360)
一通り目を通すだけでも大変。

DSCF0858 (480x360)
これらのメニューが全て320円です。

DSCF0861 (480x360)
しかも、半額の160円なんていうメニューもありました。

食べログで予習してきた美味しそうなメニューと気になるメニューを片っ端から注文しました。
お値段が明朗だから安心して頼めます(笑)。


お通し (400円)
DSCF0852 (480x360)
テーブル席と立ち席の違いは、お通し400円かかることだけで、お料理の値段は同じです。
その後、500円に値上がりしたようです。
できれば、お通しも320円だったら面白いのに(笑)。

この日のお通しは、白身のお刺身とキュウリの酢味噌和えでした。
お通しからお刺身が出て来たのにはビックリ。
酢味噌があまり甘くなかったのがよかったです。


生ビール  (320円)
DSCF0853 (480x360)
生ビールも320円なので、まずは最初に注文しました。
乾杯!


あじなめろう  (320円)
DSCF0862 (480x360)
予想以上にボリュームがありました。
粗めのタタキ具合で、食感がよくて美味しかったです。

DSCF0863 (480x360)
取り皿をいただきました。

DSCF0864 (480x360)
ちょっとフチが欠けたりしていますが、ご愛敬(笑)。


白子ポン酢  (320円)
DSCF0865 (480x360)
白子を見ると素通り出来ない私。
こちらの白子、ねっとりとした舌触りで甘みがあり、とっても美味しい!

DSCF0866 (480x360)
自宅近くの行きつけの居酒屋さんのよりも美味しくて、ちょっと感動。
この日一番気に入ったメニューです。
大きくはありませんが、お値段を考えればボリュームもしっかりありました。


おまかせ刺身3点盛  (320円)
DSCF0867 (480x360)
単品のお刺身もいろいろあって悩ましかったですが、いろいろ種類の食べられるこちらを注文。

DSCF0869 (480x360)
種類の説明は特にありませんでした。
なので、こちらがよくわからず(汗)。
ブリ? 

DSCF0870 (480x360)
サーモン。
さすがに一切れはかなり小さめでしたが、鮮度はよくて美味しかったです。

DSCF0868 (480x360)
ボタンエビは1つしかなかったのですが、家人はエビが嫌いなので、私が全部食べちゃいました。
ラッキー!
トロリと甘く、とっても美味しかったです。


揚なす  (320円)
DSCF0871 (480x360)
2本分で、たっぷりの鰹節がかけてありました。
おろしショウガも添えられています。

DSCF0876 (480x360)
中を割ってみると、ふんわりとしていて、口の中に入れるとトロリとした食感で甘みがありました。
ショウガと一緒に食べるとさっぱり。


あらだき  (160円)
DSCF0874 (480x360)
一品320円というお安さですが、さらに半分の160円というメニューが幾つかあり、その中からあらだきをお願いしました。
あらだきは冷たいままか、温めるかを聞かれます。
私は温めてもらいました。
冷たいままだと煮こごりを楽しめるそうです。

DSCF0873 (480x360)
出て来たら、結構ボリュームがあったのでビックリ。
骨などを取るちょっと面倒ですが、食べるところも結構あったし、味がしっかりとしみていて美味しかったです。


チューハイ  (220円)
DSCF0875 (480x360)
ビールを飲み終え、チューハイを注文。
安い!
さっぱりしていて飲みやすかったです。


とり唐揚  (320円)
DSCF0877 (480x360)
こちらのメニューがボリュームがあると聞いていたので、注文。
中ぐらいの白い器に、確かにこんもりと盛られていました。
かなり大きめのレタスも彩りに添えられていました。

DSCF0878 (480x360)
衣が薄めで意外と淡めでした。
お肉は柔らかく、美味しかったです。


さわら照焼  (320円)
DSCF0879 (480x360)
さわらの照焼はさすがに切り身が小さめです。
淡いピンク色のガリが添えられていました。

DSCF0880 (480x360)
キレイな焼き目で美味しそう。
身はふんわりと柔らかく、ほんのり甘めのタレで絡めてありました。


天盛  (320円)
DSCF0882 (480x360)
天麩羅3つ。
天つゆが別皿でついてきました。

DSCF0883 (480x360)
キス、ハゼ?、エビです。
衣は軽く、サクサクでした。


チューハイ  (220円)
DSCF0884 (480x360)
おつまみが美味しいのでお酒が進みます。
チューハイをおかわり。


鳥しゅうまい  (320円)
DSCF0885 (480x360)
こちらも人気メニューとのことで注文。
辛子がお皿のフチについていて、大きなレタスが彩りに添えられています。

DSCF0886 (480x360)
大きめのしゅうまいが3つありました。

DSCF0887 (480x360)
餡はとても柔らかく、あっさりとした味わいでした。


茶碗蒸し  (320円)
DSCF0888 (480x360)
家ではなかなか作らないので、茶碗蒸しを注文。

DSCF0889 (480x360)
覚えていないのですが、シイタケのほかにも具が入っていました。

DSCF0890 (480x360)
ダシがきいていて、ふんわりと柔らかくて美味しかったです。
三つ葉も彩りと風味がしっかり感じられました。


一通り気になるメニューを食べたので、7時半になる前にお店を出ました。
お値段は二人で5,500円かからず、一人2,700円ほど。
お魚系メニューが多いので、お腹いっぱい食べたいと思うとかなり品数を注文しちゃいますが、それでもCPがよくて大満足でし。
お魚系メニューをこれだけ種類がたくさんあってお手頃価格に揃えているお店はなかなかありません。
いいお店を見つけました。

なお、ビルの建て替え工事に伴い、2014年5月末で休店し、2015年春リニューアルオープン予定だそうです。
新しくなった「しげきん」にぜひ行ってみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した新小岩グルメです。◇・◆・◇・◆・◇  

<ラーメン>
麺屋 一燈 (2010年8月15日
九州らぁめん 成竜 (2012年3月3日

<ラーメン以外>
焼とりのぐりどっちん (2011年2月6日
大衆酒蔵 鳥益 総本店 (2011年3月19日
立呑割烹 しげきん (2014年1月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年1月25日訪問時お店DATA
******************************
立呑割烹 しげきん 
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩1-30-8
TEL 03-5662-8536
営業時間 15:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 日曜日
JR総武線新小岩駅南口から徒歩2分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/01/25 00:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(2) |
PAUL アトレ四谷店  @四谷
先週の土曜日に引き続き、本日も周回(年)遅れを回避すべく、記事をアップします。
週末にお時間のある方は、ご覧下さい。

DSCF0680 (480x360)
2014年1月23日は、お昼時に長い電話につかまってしまい、外へ買いに行くのが一人遅くなってしまいました。
午後も早めに予定が入っていたので、あまり時間がなかったので、四谷アトレへ。
正月太りを引きずっていたので、体重を考えると「成城石井」か「権米衛」かなぁと思ったのですが、なんとなく気分がのらず、久しぶりに「PAUL(ポール) アトレ四谷店」のパンを買うことにしました。

入口

店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。
巨大なケースの中には、大体、右にお総菜系、左に甘い系のパンが並んでいます。

「ポール」は1889年にパン作りの名職人シャルマニヨ・メイヨによって、フランス北部の町リールに生まれた老舗で、現在、フランスでは250店舗以上展開していてフランスでもっとも有名なブーランジェリーのひとつだそうです。
創業当時のレシピと製法を厳格に守り続け、独自に契約栽培した小麦のみを使用していて、日本でも現地に限りなく近い味を伝えるため、主にフランスの小麦・塩・水を使って忠実に味を再現しているとのこと。

ハード系のパンはかなりしっかり噛みしめて食べます。
私は食べる時に口の中を切ってしまうこともあります(笑)。
でも、美味しさが病みつきになって、苦になりません。

DSCF8021 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。

アトレ四谷店は2002年9月にオープンし、2012年3月14日にリニューアルオープンしています。
「ポール」はアトレ四谷開業時からずっと営業しています。
前回テイクアウトしたのは2013年12月5日だったので、約1ヶ月半ぶりです。

DSCF0671 (480x360)
12時半過ぎと、少し遅い時間だったということもあり、数人レジに並んでいましたが、それ程待ちませんでした。

DSCF0673 (480x360)
食べたことのあるメニューをまだスマホにまとめていなかったので、記憶を頼りにパンを2つを購入。

DSCF8023 (480x360)
事務所に戻ると、「松月庵」でカレーライスを注文していた上司は既に食べ終えていました(笑)。

DSCF0697 (480x360)
持ち帰り袋はデザインがとてもシンプルで、色合いも落ち着いています。

DSCF0675 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じ。

DSCF0676 (480x360)
おしぼりの袋にも持ち帰り袋と同じロゴが入っています。

DSCF0678 (480x360)
クロックムッシュはポールのロゴが印刷された小さな紙袋に入っていました。

DSCF0679 (480x360)
クロワッサンは透明なビニール袋に入って店頭で陳列してあり、そのまま入れられています。

DSCF0680 (480x360)
いただきま~す!


クロックムッシュ・ジャンボン  (462円)
DSCF0681 (480x360)
まずはクロックムッシュからいただきました。
パン・ド・ミにハム、チーズ、ペシャメルソースをはさんで焼き上げているとのこと。

DSCF0682 (480x360)
食パンの真ん中ぐらいにチーズがのせてありました。
こんがりと焼き目がついていて、美味しそう。
ハムとチーズを中に挟んでいるので、見た目はかなり地味で、色合いもシンプルです。

DSCF0684 (480x360)
パンからチーズがちょびっとはみ出していました。

DSCF0685 (480x360)
パンの白い部分は柔らかく、ペシャメルソースがしっかり味で美味しいです。
ハムやチーズの風味もしっかりと感じられました。


クロワッサン・ジャンボンクリュ  (483円)
DSCF0691 (480x360)
お次はクロワッサンをいただきました。
生ハム、トマト、レタスを人気のクロワッサンにサンドしたとのこと。

DSCF0689 (480x360)
クロワッサンはかなり大きめです。
単品で食べてもとっても美味しいクロワッサンを半分に割って、生ハム、トマト、レタスが詰めてあります。
具がたっぷり過ぎて、半分はみ出す程です。

DSCF0694 (480x360)
クロワッサンはパリっとした食感で、噛みしめるとホロホロと崩れます。
バターのコッテリとした旨みにトマトやレタスがさっぱりとさせてくれて、とっても食べやすいかったです。
生ハムの塩気のおかげであっさりし過ぎず、コクがあります。
サラサラとクロワッサンの表面が崩れていくのでキレイに食べるのは難しいですが、久しぶりに食べたポールのクロワッサンは相変わらずの美味しさでした。


お値段は900円以上とお高くなりましたが、パンとは思えないボリューム感でお腹いっぱいになりました。
カロリーもかなり高いんだろうなぁ(笑)。
以前に比べるとお惣菜パンが減っちゃっているようですが、他の種類もいろいろと食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
アンシェン・ミックス (2007年12月21日
サンド・オリーブ・トマト・モザレラ (2012年5月30日
ピッツァ・プロヴァンサル (2012年5月30日
タルト・ブリオッシュ (トマト・モッツァレラ) (2013年12月5日
ホットドッグ  (2013年12月5日)   
クロックムッシュ・ジャンボン (2014年1月23日
クロワッサン・ジャンボンクリュ  (2014年1月23日
プチパン 3フロマージュ (2007年12月21日
プチ・パン・2オリーヴ  (2013年12月5日) 

[イートイン] 
  ◎モーニング  2007年7月4日
  ◎ランチ  2007年9月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日2013年12月11日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日2013年12月5日2014年1月23日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日2013年7月1日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日2014年1月10日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年1月23日購入時お店DATA
****************************
PAUL アトレ四谷店 (ポール)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25
TEL 03-5368-8823
営業時間 
[平日] 7:30~22:00
[日祝] 8:00~22:00
定休日 無休(アトレの休館日に準ずる)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/24 00:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
【ランチ営業終了】 炭火焼肉 なかはら  @市ヶ谷
2015年10月28日追記

「なかはら」のランチ営業は、2015年4月17日をもって終了となりました。

********************************

今週も仕事に追われているうちに、あっという間に金曜日になりました。
2日間冷たい雨が降って、真冬の厳しさを感じましたが、週末はお天気が回復し、気温も上がるそうですので、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2014年11月13日にオープンしたGEMS市ヶ谷に入っている「なかはら」のレポートです。

DSCF5402 (480x360)
2014年12月15日は週明けの月曜日。
週末の暴飲暴食で体重がかなり高く、しかも、二日後の夜には会社の忘年会を控えていたので、本当ならば節制しなければならなかったのですが、お昼時に上司とOさんが不在だったので、折角のチャンスを逃したくなく、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
向かった先はもちろん、GEMS市ヶ谷。

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。
市ヶ谷駅を出て日テレ通りの坂を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。
今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

DSCF4601 (480x360)
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。

新規開拓ももう折り返しを過ぎました。
ただし、10店舗全部でランチ営業をしている訳ではなく、この時期は8店舗でしたが、2015年1月からもう1店舗増えました。

この日は恐らくこのビルの中にある中で一番有名店の「炭火焼肉 なかはら」へ行ってみることに。

こちらのお店は、もともと三ノ輪で「七厘」という店名で人気を博し、その美味しさと価格設定の良さから食べログの焼肉部門でナンバーワンになったこともあるという人気店だったとのこと。
今回、本店をGEMS市ヶ谷に移転し、店名も「なかはら」に変更して現在に至っているそうです。
場所柄か、客単価は上がったそうですが、生肉の取り扱いが出来るようになったので味わいはさらに広がりを見せている、とのことです。

DSCF5041 (480x360)
エレベーターの中にあるフロアマップはこんな感です。

最上階の9階へ。

DSCF5434 (480x360)
エレベーターを降りると、フロアに直結しています。

左に厨房と個室?があり、それ以外の場所にテーブル席が並んでいます。
中央には大きめの長テーブルが置いてありました。

2014年12月6日にhiroさんからいただいたコメントで結構空いていると聞いていて、ランチ営業をやめられちゃったら大変と思ったのがこの日「なかはら」を選んだ理由でもあったのですが、いざフロアに入ってみると、この日は8割程の人の入りでした。

DSCF5435 (480x360)
内装はもちろんとても新しく、スタイリッシュな雰囲気でとても焼肉屋さんには見えません。

エレベーターからフロアに行く途中、ちょっと段差があります。
前述のhiroさんのコメントの中で、つまづきや転倒について教えていただいていましたが、私はそのことをすっかり忘れていて、かつ、全く気付きませんでした。
店員さんが注意を促していたようですが、先輩の前を歩いていたおじさんが激しくつんのめっていたとのこと。
行かれる方は気をつけて下さい。

DSCF5401 (480x360)
排煙ダクトもこんなにオシャレ。

DSCF5436 (480x360)
なので、酉の市の飾りだけあるのがちょっと不思議かも(笑)。

DSCF5433 (480x360)
「なかはら」では田村牛をいただけるとのことで、特約店のプレートが飾られていました。
田村牛とは、公式HPによれば、田村牛とは、田村正道氏が兵庫県で育てている、全頭黒毛和種で、その中でも貴重な純但馬牛及び、但馬系統牛の処女雌のみを理想肥育した、最高品質の和牛だそうです。

DSCF5396 (480x360)
私たちは入ってすぐの所にある長方形の長テーブルに通されました。
二人連れの場合には向き合うような形で相席になります。
隣との席がかなり近かったです。

卓上にはメニュー、紙ナプキン、爪楊枝、お醤油、ソースが置いてありました。

DSCF5398 (480x360)
着席すると、お水とおしぼりを頂きます。

DSCF5399 (480x360)
おしぼりはビニール袋に入っています。

DSCF5400 (480x360)
お水を頂きながら、メニューを検討。

DSCF5397 (480x360)
ランチメニューはわずか3種類。
メンチの数が違うメンチカツ定食が800円か1,000円、あとは1日10食限定の和牛ヒレカツ定食はなんと3,400円!
こんなにアンバランスなメニュー、なかなかないのでは?

以前ビルの1階でランチメニューを見たときは、800円か3,000円以上という二択だったので、オープンから一ヶ月で既に微調整が行われていたようです。

この日はたくさん食べちゃいけないはずだったのに、せっかく来たからと先輩のメニューと比べてみたいなぁと思って、メンチカツ3個のメンチカツ定食を注文し、プラス150円して牛たん汁に変更。
一応、自分への言い訳として、ご飯少なめをお願いしました(笑)。


メンチカツ定食 ご飯少なめ? (1,000円) + 牛たん汁(150円) =1,150円
DSCF5402 (480x360)
しばし待ってお料理が登場!
隣の人が私よりも先に注文していたはずなのに、私にお料理が来たので、間違いじゃないかな?とちょっとドキドキでした。
メイン、とろろ、牛たん汁、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF5404 (480x360)
写真に写っていませんが、伝票がお盆に載せられていました。
一人分だけです。
二人一緒なのに一人分ずつ伝票を切るのは珍しいのでは?
ランチタイムは一人ずつのお会計が多いからという配慮なのでしょうか。
ちなみに、先輩の方には伝票がなく、お料理が配膳されたときに店員さんから「濡らしてしまったので伝票はありません。」と言われていました(笑)。

DSCF5419 (480x360)
お箸は割り箸です。
真ん中辺りに薄紙で封印してありました。

DSCF5408 (480x360)
ご飯は少なめを頼みましたが、、、多分、普通盛?
写真だとわかりにくいですが、結構たっぷり。

DSCF5409 (480x360)
伝票には特に記載はなし。
ちなみに、同じく少なめをお願いした先輩も見た感じは同じでした。

DSCF5407 (480x360)
とろろがついていたのにはビックリ。
出汁にお醤油などが入っているのでしょうか、ほんのり茶色がかかっていました。

DSCF5427 (480x360)
とろろはご飯に全部かけちゃいました。

DSCF5428 (480x360)
好き嫌いの全くない私ですが、じつはとろろはそれ程好きではなく、とろろかけご飯を食べるのは本当に久しぶり。

DSCF5405 (480x360)
牛たん汁です。
小さい器にとても濃い茶色のスープでした。

DSCF5406 (480x360)
小ネギがトッピングしてあります。

DSCF5426 (480x360)
中にはお肉やゴボウなどが入っていました。
お肉はどう見ても、牛たんではなくて小間肉ではないかと思うのですが、違うかな?
濃い味付けが好きな私ですが、そんな私でもかなりしょっぱかったです。

DSCF5410 (480x360)
メンチカツは大きな白い丸皿に、野菜とお新香を添えて盛られていました。

DSCF5413 (480x360)
お新香は柴漬けです。
トロロご飯を食べるときにいいアクセントになりました。

DSCF5412 (480x360)
野菜はキャベツの千切りです。
量はたっぷり。

DSCF5420 (480x360)
ソースをかけていただきました。

DSCF5411 (480x360)
メンチカツはよくある小判型の形ではなく、ボールのような丸い形で、大きい!
3個もあるとかなりの迫力です。
店員さんから調味料がソースと醤油があるので、いろいろお試し下さい、とのアナウンスがありました。

DSCF5422 (480x360)
メンチカツを半分に切ってみました。

DSCF5424 (480x360)
中までしっかり火が通っていて、油がジュワーッと流れているのが見えるぐらいジューシーです。
まずはそのまま食べてみました。
かなり熱々で、衣はカリッとしていて中のお肉はとっても柔らか。
何もつけなくてもかなりしっかり味が付いていたので、最初の1個目はそのまま食べちゃいました。

以前油っぽいというコメントを以前頂いたことがありますが、その日のお料理の出来具合もあるのではっきりしないものの、いいお肉を使っている故か油もしっかりめなので、あっさり好きの人にはちょっと辛いかも。
しかも3個なんて(笑)。

DSCF5429 (480x360)
2個目はソース、3個目はお醤油をかけていただきました。
下味がちゃんとあるので、お醤油はちょっとしょっぱかったです。


メンチカツ定食ライト ご飯少なめ? (800円) 
DSCF5415 (480x360)
先輩のメンチカツ定食ライトは私のよりもやや遅れて登場。
お味噌汁は小さめの器でした。

DSCF5417 (480x360)
ライトはメンチカツが2個です。

DSCF5431 (480x360)
週末ずっと食べちゃっていたという先輩は、普段なら食べられるはずなのに、1個目でグロッキーだったとのこと。
でも、私がもともと3個食べていたから、さすがに丸ごと1個あげるのは心苦しいということでがんばって1個半食べて、残りの半個を私にくれました。
写真は私がもらった半個分です。
なので、私はこの日メンチコロッケを3個半食べたことになり、さすがに食べ過ぎ(笑)。


この日は自分でいろいろ頼んだというのもありますが、とにかくお腹パンパンになり、午後居眠りしちゃうんじゃないかと不安になるぐらいでした。
完全なカロリーオーバーで、この日の夜はがんばって運動するはめに(笑)。
ランチメニューは事実上一択なので、すぐに再訪することはなかなかなさそうですが、上司は揚げ物大好きなので、教えてあげようと思っています。
GEMS市ヶ谷完全制覇まであともう少し!

そうそう、上司の話では、1月中旬の平日の夜にふらっ行こうとしたところ、満席では入れなかったとのこと。
夜はかなり人気で予約が必要のようでした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ GEMS市ヶ谷ランチ訪問記です↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

地下1階  焼きはまぐりる 市ヶ谷  (2014年11月26日
地上1階  Lucaffe GEMS市ヶ谷店  (2014年11月27日
地上3階  タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店 (2014年12月4日
地上4階  炭火焼鳥専門店 播鳥 市ヶ谷店  (2014年12月2日
地上7階  銀座 しゃぶせん  (2014年12月9日
地上9階  炭火焼肉 なかはら(2014年12月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年12月15日訪問時お店DATA
********************************
炭火焼肉 なかはら
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷9階
TEL 03-6261-2987
営業時間 
[平日] 12:00~14:30(L.O 14:00) 17:00~23:00(L.O 22:30)
[土日祝] 17:00~23:00(L.O 22:30)
定休日 水曜日  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/23 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
昨日は雪はちょっとちらつくぐらいでしたが、かなり冷え込みましたね~。
今日も引き続き雨が降って厳しい冷え込みが続くようですので、みなさま、体調にお気をつけ下さい☆

DSCF0645 (480x360)
2014年1月22日は、お昼になると上司から「外へ食べに行こう。」と誘われました。
新年初出勤の1月6日に「蔵や」へ行って以来、16日ぶりです。
この日向かった先は、もちろん、上司の大のお気に入りのお店「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」でした。
ただ、22日まで来なかったのは結構意外でした(笑)。

DSCF8693 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめていました。その後、2014年後半頃?からまたランチ営業を始めているようです。

DSCF0669 (480x360)
この日のメニューです。
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF6747 (480x360)
外階段を使って2階へ登ります。

DSCF8690 (480x360)
お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2013年12月12日だったので、約40日ぶりでした。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

12時20分過ぎにお店に到着するとほぼ満員でしたが、ちょうど入れ替わりがあったようですぐに着席することが出来ました。

DSCF1482_20130502072200.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF2627.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上には各種調味料、お箸、紙ナプキン、爪楊枝、食べるラー油など置かれています。

座ったのは左奥の窓際のテーブルだったので、外の光が入ってきてとっても明るかったです。

DSCF0636 (480x360)
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF0638 (480x360)
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

DSCF8434 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
伝票です。

前日の夜に美味しいお料理をたらふく食べていたので、カロリー低めのメニューを食べたかったのですが、この日のメニューで食べたことがないのはB定食のニラ・もやしと牛肉炒めだったので、ご飯少なめでお願いしました。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。


B定食 ニラ・もやしと牛肉炒め ご飯少なめ (1,000円)
DSCF0645 (480x360)
しばし待ってお料理が登場!
メイン、ギョウザ、お新香、スープ、ご飯、デザートのセットです。
黒い長方形のお盆に載せられていました。
小皿が多いので、ぎっしりと所狭しと並べられています

DSCF0646 (480x360)
ご飯は中華料理屋さんらしく、小さな器に盛られています。

DSCF0647 (480x360)
この日は少なめをお願いしました。
後から取り除いたのでしょうか、結構表面が凸凹しています(笑)。

DSCF0648 (480x360)
ザーサイは薄切りですが大きめで、ボリュームたっぷり。
小さな小皿に入っていました。
よく見かけるものもよりもやや青っぽいせいか、塩味が穏やかです。

DSCF0649 (480x360)
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類ですが、日によって色合いや透明度や味わいが結構違います(笑)。
具はトッピングの小ネギのみ。
鮮やかな緑色が、彩りのアクセントになっています。

DSCF0665 (480x360)
この日のスープはやや濃い目の茶色でした。

DSCF0662 (480x360)
熱々でしたが、見た目よりも塩気やダシの味わいが弱かったです。

DSCF0652 (480x360)
定食には人気メニューの茹でギョーザが2個ついていて、とってもお得。
皮がツヤツヤです。
この日は置き方のせいなのか、いつもより餃子がとっても大きく見えました(笑)。

DSCF8444 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
餃子のタレはあらかじめ調合されたものが、小皿に入って出てきます。

DSCF0659 (480x360)
濃い味好きのため、いつもたっぷり目に餃子のタレをつけちゃいます。
なので、ちょっとしょっぱくなっちゃうこともしばしば。

DSCF0666 (480x360)
皮が厚めのタイプで、もっちりとした食感です。
野菜たっぷりの餡はジューシーで、いつもの安定した美味しさでした。

DSCF0655 (480x360)
メインはオーバル型の小さめのお皿にこんもりとボリュームたっぷりに盛られていました。
もやしがメインで、牛肉とニラがところどころに顔を出しています。
少しとろみがついているので、出来たてだった炒め物は食べ終えるまでずっと熱々。
私は猫舌なので、食べ始めはとても手こずりました。

DSCF0656 (480x360)
オイスターソースをメインとした味付けは、しっかり濃い目の味でご飯が進みます。
もやしはシャキシャキ。
お肉は小さめのカットで、少し歯応えがありました。

DSCF0668 (480x360)
この日はいつもに増して油がたっぷりで、ややオイリーでした。
食べ終えたお皿にこんなに残っていたのにはビックリ。

DSCF0654 (480x360)
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5087 (480x360)
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF6744 (480x360)
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


トマトと豚肉のうま煮卵とじかけご飯  (700円)
DSCF0642 (480x360)
先輩は日替わりを注文。
メイン、デザートのセットです。
お盆はありません。

DSCF0643 (480x360)
何種類もある日替わりメニューですが、このお料理は結構よく登場します。

DSCF0644 (480x360)
いつ見ても、トマトの赤と卵の黄がとても鮮やかな彩りで、美味しそう。


定食はいつもどおり、美味しくてお腹いっぱいです。
2014年も「嘉賓」にたくさん通うことになりそうで、嬉しい反面、ちょっと不安もありました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
鶏肉のカレーライス (2013年3月26日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
茹でギョーザと鶏肉入おかゆ (2013年10月10日
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日2013年8月1日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日2013年5月1日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
 ◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日2013年6月12日
 ◎チンジャオロース (2013年1月7日
 ◎八宝菜 (2013年2月12日
 ◎インゲンと豚肉とキクラゲの炒め (2013年7月19日
B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
 ◎フクロ茸と牛肉の炒め (2013年12月12日
 ◎ニラ・もやしと牛肉炒め (2014年1月22日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
 <4個>(2012年10月31日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日2013年6月28日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2014年1月22日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/22 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Petite Feuille  @麹町
先日、コンビニのレジでお財布を取り出したら、小銭をばらまいてしまいました(汗)。
小銭入れのフタが開けっ放しだった?と思ったら、そうではなくて、完全にパックリと割れちゃっていました。
どうやら、詰め込み過ぎなのにギューギュー押しつけてボタンを留めていたら、外側の部分が切れちゃったようです。
せっかく新しいお財布を買うなら、いろいろ見てみたい、、、と思って、なかなか決まらず、じゃら銭をポケットに入れて日々を過ごしています(笑)。

DSCF0486 (480x360)
2014年1月21日は、上司とOさんがお昼時に不在で、外へランチを食べに行くチャンスでした。
先輩も誘ったのですが、この日の夜、一緒にディナーに行く予定だったので、先輩は体重を考えて自粛。
私も正月太りが全く解消できていなかったのですが、数少ない機会なので、やはり食べに行くことにしました。
このところ市ヶ谷方面によく行っていたので、麹町方面に新店・閉店チェックも兼ねて行くことに。

DSCF0515 (480x360)
麹町プロムナードの地下に行ったことのない新店がずいぶん前にオープンしたことを思い出して行ってみたところ、奥にある「セカンドウインド」が休業していることを知りました。
そのせいか、新店は混雑していて満席。
あまり時間もなかったので、新宿通りに戻って宿題店だった「Petite Feuille(プチ・ファイユ)」に入ってみることにしました。

DSCF0516 (480x360)
地下鉄麹町駅の2番出口を出たら新宿通りの左側を四ッ谷駅方面に向かいます。
2ブロック先に弘済会館があり、お店はその1階にあります。
ポーチをくぐりながら歩いて店内へ。

DSCF0511 (480x360)
ビルの前に大きなメニューの看板が出ていました。

メニューは、この写真では定番がハヤシライスとカレー6種類で、本日のカレーが1種類あり、お値段は680円から890円です。
ただ、下の文字書きの部分では野菜カレーは消されているのか?、ありません。
全品サラダ付きです。
そのほかにはコーヒーやケーキ、ソフトクリームなどがあるようです。

ここはカフェっぽい雰囲気で、メニューもカレーやハヤシライスの軽食中心のようだったので、それ程重たい食事にならないだろうと思っていました。

DSCF0512 (480x360)
毎週月曜日は女性(限定)サービスデーですが、この日は金曜日なので、恩恵は受けられず(泣)。

DSCF0496 (480x360)
とても広々としたテラス席があり、たくさんの白いテーブルセットが並んでいるので、前を通るときにすごく目立っていました。
さすがに真冬だったので、外にいるお客さんはゼロ(笑)。

DSCF0498 (480x360)
入口すぐ左にレジがあるので、先にお会計をします。
店員さんから本日のカレーが何か、口頭で教えてくれます。
カレーメニューが多かったのですが、文字メニューの筆頭がハヤシライスだったので、久しぶりにハヤシライスを食べてみたいなと思い、注文。

学食スタイルというか、レジのすぐ右にカウンターが並んでいてあらかじめサラダとカトラリーがセットされたお盆が並んでいました。
先客が誰もいなかったので、調理担当者がすぐに私の注文にとりかかり、ご飯をよそってハヤシライスをかけたので、本当にあっという間に出来上がりました。早い!

DSCF0509 (480x360)
フロアは右側に細長く広がっていて、窓際などにカウンター席、その中にテーブル席がありました。
半分程の人の入りです。

DSCF0510 (480x360)
私は奥の窓際のカウンター席に着席。

DSCF0497 (480x360)
テラスと新宿通りがとても広く見渡せます。

DSCF0506 (480x360)
内装は非常にシンプルで、一定間隔で造花と紙ナプキンが置かれていました。


特製ハヤシライス  (890円)
DSCF0486 (480x360)
メイン、サラダ、薬味、カトラリー、お水のセットです。
薄茶色い長方形のお盆にのせられていました。
ぱっと見、学食での食事みたい(笑)。

DSCF0494 (480x360)
お水もオーダーと一緒にカウンターで受け取りました。

DSCF0492 (480x360)
カトラリーを包んでいたのはナプキンではなく、ちょっとかための白い紙です。
スプーンとフォークが入っていました。

DSCF0499 (480x360)
サラダは小さめに切ったレタスと千切りのキャベツのシンプルなもので、あらかじめドレッシングがかかっていました。

DSCF0500 (480x360)
作り置きだからだと思いますが、野菜はやや乾燥気味です。

DSCF0504 (480x360)
食べ進めていたら、葉っぱの下からすっごく小さくカットされたトマトを発見!

DSCF0487 (480x360)
ハヤシライスは、フチに薄い水色の花柄が入った丸いお皿に盛られていました。

DSCF0488 (480x360)
ハヤシライスはとっても濃い茶色です。
ところどころにお肉がたっぷりと入っていました。

DSCF0489 (480x360)
見た感じだとご飯はちょっと顔を出しているだけですが、ボリュームは結構多かったです。

DSCF0490 (480x360)
勢い余ったのか、フチにハヤシが飛んでいます(笑)。

DSCF0495 (480x360)
薬味は小さな透明なガラスの器に入っていました。
らっきょうとオレンジ色の福神漬けです。

DSCF0501 (480x360)
最初に薬味を全てのっけちゃいました。
白と茶色のツートーンだったので、ちょっと彩りになったかな?

DSCF0502 (480x360)
いい箸休めになりました。

DSCF0505 (480x360)
まずはハヤシ多めで一口いただきました。
ちょっと温度が低くてぬるかったです。
ダシの味わいがあまりなく、かなり水っぽい味わいでした。
しかも、甘い味付けだったのが、私にはちょっときつかったです。

DSCF0507 (480x360)
お肉は大きめのカットで、ゴロゴロ入っていました。
ただ、食感はかなりかためでした。


この日のハヤシライスは久しぶりに外れたなぁとがっかりしたお料理でした。
周りの人はカレーを食べていたので、やっぱりメニューに多かったカレーにすべきだったかも。
あと、カフェ利用の人も多かったです。
ともあれ、宿題店を訪問出来たことはよかったです。


2014年1月21日訪問時お店DATA
********************************
Petite Feuille (ぷち・ふぁいゆ) 
〒102-0083 
東京都千代田区麹町5-1 弘済会館1階
TEL 03-5276-0333
営業時間 8:00~17:00
定休日 土日祝
地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/21 06:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
和酒とおばんざい 和ごころ  @四谷
今日は大寒です。
その名前に恥じないよう(?)、北風が吹いて寒くなるようですので、みなさま、風邪など引かないようにご注意下さい。
大寒が一番寒さのピークだと考えれば、これから暖かくなっていくはずなので、ちょっと嬉しいです。

DSCF0456 (480x360)
2014年1月20日は、週の最初の月曜日。
上司とOさんがお昼時に不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
このところ、二人で市ヶ谷方面ばかりに行っていたので、久しぶりにしんみち通りに行って、新店があればそこに行ってみるつもりでした。
しんみち通りを一通り歩いてみましたが、新店などは特になし。
なので、通り入ってすぐの「和酒とおばんざい 和ごころ」に行くことにしました。

DSCF0481 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの入口のすぐ左にある高増屋ビルの2階にあります。
地下1階には、「炭膳」というお気に入りのお店がありましたが、2012年の秋頃に閉店し、現在はガールズバーになっています。

DSCF8612.jpg
市ヶ谷経済新聞によれば、「和ごころ」は、2012年10月17日にオープンし、常時70~80種類をそろえる日本酒をはじめ、梅酒、焼酎、ウイスキー、ワインなど国産にこだわった酒と日替わりのおばんざいをメーンに提供するお店で、同じしんみち通りの奥にあり、2009年1月18日にランチ訪問した「直心」の姉妹店だそうです。
開店当初は夜営業だけでしたが、その後ランチ営業をするようになり、2013年6月7日にランチ訪問していて、約7ヶ月半ぶりです。

DSCF0482 (480x360)
こちらのランチは、以前三栄通りの方にあって、2009年3月11日にランチ訪問した「ぶちうま」の広島つけめんを出すお店ですが、久しぶりに見てみたら冬季限定のカニクリームつけ麺なるものがあって、先輩がとても興味を持っていたので、行ってみることに。

DSCF0483 (480x360)
ビルの前にラーメン本に掲載されたページを飾ってありました。
私、この雑誌を持っています。

DSCF8613_20130701195420.jpg
2階のこの場所には、2007年10月3日に訪問した「らぁめん 芳久(よしきゅう) 四谷」がありましたが、2012年のいつ頃かに閉店したようです。

ビルの表札にはまだ「炭膳」の表記が残っていました、、、(泣)。

DSCF8614_20130701195345.jpg
やや古めかしい細めの外階段を上って2階へ。

DSCF8583_20130701195637.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ちょっと暗く写ってしまいましたが、入口の前にはお花が飾ってあり、日本酒などのお酒リストが出ていました。

DSCF0446 (480x360)
フロアは右手奥に見えない厨房があり、それ以外の場所にテーブル席が並んでいます。

12時20分頃に入店したところ、半分程の人の入り。
結構空いているな~と思ったのですが、その後続々とお客さんが入って、ほぼ満席になりました。

DSCF0449 (480x360)
壁には焼酎がずらりと並んでいます。

席数は結構あるのにフロアを担当しているのは女性一人だったので、ちょっと対応に時間がかかることがありました。

DSCF0445 (480x360)
私たちは右奥の2人用テーブルに着席。
席そのものも小さいですが、脇にコップ、レモンを浮かべたお水の入ったポット、爪楊枝、各種調味料などがいろいろと置かれていて、かなりスペースが限定されています。

DSCF0448 (480x360)
ポットに至ってはやや宙に浮いている感じだったので、食べている途中もかなりヒヤヒヤしました(汗)。

DSCF0451 (480x360)
置かれていた調味料は2種類ありました。

DSCF0452 (480x360)
すりゴマと、、、

DSCF0455 (480x360)
辛味でした。
この日は特に使いませんでした。

DSCF8607_20130701195504.jpg
こちらはも以前撮影した写真です。
このお店からは、四谷見附交差点がよく見渡せます。

DSCF0444 (480x360)
着席すると、紙エプロンとおしぼりをいただきました。
紙エプロンは首の後ろでしばるタイプです。
食べ終えて畳んでみると、ぶきっちょな私は結構汁を飛ばしていたので、つけていてよかったです。

DSCF0443 (480x360)
メニューは通常メニューと限定メニューの2種類だけです。
二人とも、カニクリームつけ麺を注文。

DSCF0457 (480x360)
しばし待ってお料理が登場!
かなりの重装備で、テーブルの上は本当にいっぱいいっぱい(汗)。


かにクリームつけ麺  (930円)
DSCF0456 (480x360)
麺、つけ汁、チーズ、取り皿が大きな黒い長方形のお盆にのせられて出てきました。

DSCF0461 (480x360)
これは〆のリゾットの取り皿とスプーンです。

DSCF0464 (480x360)
チーズは小さな別皿に入っていました。
結構たっぷり目です。

DSCF0460 (480x360)
つけ汁は固形燃料で温めながらいただきます。
まるで温泉旅館の食事のようで、ビックリ。
この燃料はかなり長い時間燃えていて、最後まで熱々でいただけました。

DSCF0462 (480x360)
麺は大きな白いお皿に盛られ、たっぷりの野菜と海鮮が添えられていました。

DSCF0467 (480x360)
野菜は茹でキャベツ、水菜、ネギなどで、糸唐辛子で彩りを添えています。
この組み合わせは広島つけ麺と同じです。

DSCF0469 (480x360)
茹でキャベツは大きめでたっぷり。

DSCF0468 (480x360)
卵はやや固めの半熟が半個分ついていました。
味玉もついています。
黄身がとってもキレイな色。
でも、この日は他の具材が豪華だったので、ちょっと印象が薄くなっちゃいました。

DSCF0473 (480x360)
麺は真っ白な細麺です。
パツパツした独特の食感があります。
麺は結構ボリュームがありました。
「ぶちうま」に比べると、1.5倍ぐらいありそう。

DSCF0466 (480x360)
海鮮は2種類ありました。
エビはボイルしたものが4つほど。
殻は剥いてあるのでそのまま食べられます。
それ程ジューシーではなく、やや冷たかったので、スープに浸してからいただきました。

DSCF0465 (480x360)
もう一種類はカニです。
カニは半杯ぐらいでしょうか、立派な爪つきでした。

DSCF0458 (480x360)
つけ汁はカニクリームなので、鮮やかなオレンジ色です。
このつけ汁、表面はそれ程ぼこぼこしないのですが、特に底の方がかなり熱くなっていて、無造作に食べると火傷するぐらいでした。

DSCF0471 (480x360)
どうやって食べていいのかわからないので、とりあず、カニをスープに投入(笑)。
カニやエビはやや冷えている状態だったので、熱々のつけ汁にしばらく浸してから食べました。

DSCF0472 (480x360)
う~ん、豪華です。
それ程たくさん食べるところはなかったですが、手で持ってバリバリ剥いていただきました。

カニクリームのつけ汁は、こってりとしたコクがあってクリーミーで美味しい。
カニの風味もたっぷりと感じられました。
量はたくさんあるので、野菜に絡めて食べたりもしました。

DSCF0450 (480x360)
麺を食べ終えたら、店員さんにご飯をお願いします。

DSCF0475 (480x360)
つけ汁の器ごと持っていって、サイドに置いてある炊飯器からご飯を投入。

DSCF0476 (480x360)
ご飯の量はそれ程多くはありません。

DSCF0477 (480x360)
食べている途中でチーズを投入しました。
さらにコクが出て、トロリと糸を引く感じになりました。

DSCF0478 (480x360)
リゾットもとっても美味しかった!
汁を残すのはもったいないので、最後の一滴までしっかり完食。


お値段は少しお高めですが、麺とご飯の両方を楽しめて、かなりお腹いっぱいになりました。
最近はイタリアンのようなエビトマトのつけ麺などが流行っていますが、まだほとんど食べたことがなかったので、美味しく食べられて嬉しかったです。
ただ、周りのお客さんを見ていたら、ほとんど全員が普通のつけ麺を食べていました(笑)。
ちなみに、時々しんみち通りを通るときに見ていますが、この冬は出ていないようです。


2014年1月20日訪問時お店DATA
****************************
和酒とおばんざい 和ごころ (わごころ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 タカマスヤビル2階
TEL&FAX 03-3357-6556 
定休日 不定休あり 
営業時間
[昼]?
[夜]17:00~24:00 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/20 06:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(4) |
L’ART ET MIKUNI  @竹橋
寒かったものの、お天気には恵まれた週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私はキムチ教室に行った帰り道、久しぶりに新宿をぶらついてお買い物を楽しんだりしました。
相変わらずすごいたくさんの人がいて、人混みに疲れちゃいましたが(汗)。
今週も新たな一週間、がんばります!

本日は、マイブログ圏外の竹橋にある「ラー・エ・ミクニ」のレポートです。

DSCF0392 (480x360)
2014年1月17日は週の最後の金曜日。
夜、友人と新年会ディナーに行きました。

DSCF0351 (480x360)
この日行ったお店は、「L’ART ET MIKUNI(らー・え・みくに)」です。

DSCF0352 (480x360)
地下鉄東西線竹橋駅の1B出口を出てお堀端沿いに少し歩いた右側です。
この辺りは夜になるとかなり暗いので、初めてだとちょっと不安でした。
こちらのレストランは、東京国立近代美術館の中にあります。

DSCF0353 (480x360)
「ラー・エ・ミクニ」は、2008年4月19日にランチ訪問2012年2月17日にディナー訪問した「現代フランス料理 HOTEL DE MIKUNI」の姉妹店で、2012年10月16日にオープンしたそうです。

DSCF0354 (480x360)
入口に置かれたメニューです。
全然文字が見えないですね(汗)。

DSCF0355 (480x360)
友人はオズモールを見るのが大好きで、その中のプランを経由して予約してくれました。

DSCF0356 (480x360)
お店は上の方にあるのとても大きくて立派な階段を登って行きます。
美術館の入口と間違えちゃいそう。

DSCF0357 (480x360)
階段を登り切ると、全面ガラス張りのフロアを見通すことが出来ます。

DSCF0358 (480x360)
真っ暗ですが、こちらはテラス席。
外はお堀端に面した桜並木だそうなので、桜の季節にぜひ来てみたいです。
ちなみに、テラス席は予約できないとのこと。

DSCF0366 (480x360)
フロアは長方形で広く、とてもゆったりとしています。
7時少し前に入店したところ、まだ数組しか来ていませんでしたが、その後ちらほらとお客さんが来ていました。

奥にある絵は三國シェフとのこと。
女性店員さんから三國シェフの半顔だと教えてもらったのですが、私は版画と聞き間違いちゃしまいた(汗)。
こちらのお店には三國シェフはいらっしゃるのですか?と聞いてみたところ、たまたま近くでイベントがあり、その二次会的にお客としていらっしゃったとか。

DSCF0359 (480x360)
私たちはフロア中央の窓側の席に通されました。
写真はピンぼけですが、キャンドルです。

DSCF0360 (480x360)
テーブルはあらかじめセッティングされていました。


アペリティフ
DSCF0361 (480x360)
着席して少しすると、アペリティフをいただきました。
これはコースに含まれています。
ハイビスカスのハーブティーがベースのお酒とのこと。

DSCF0362 (480x360)
グラスには大きくお花が描かれています。
酸味はあまりなく、軽い甘さで飲みやすかったです。

DSCF0363 (480x360)
この日のメニューです。

DSCF0364 (480x360)
この日友人がオズモールで予約してくれたのは、プリフィックスコースにグラス2杯をつけたプランです。

DSCF0365 (480x360)
先付け、前菜、パスタ、メイン、デザート、ドリンクのセットです。
パスタとメインがプリフィックスになっていて、自分でチョイスすることができます。


本日の先付け
DSCF0367 (480x360)
まずはアミューズの登場。

DSCF0368 (480x360)
グラスの形が面白~い!
ミクニらしい?!

DSCF0369 (480x360)
赤ピーマンのムース、甘エビ、サワークリームだそうです。

DSCF0371 (480x360)
とても滑らかな舌触りで、甘かったです。

DSCF0372 (480x360)
自家製グリッシーニが登場。
味は3種類あり、ベーシック?、バジル、パルジャミーノです。
あまりの長さにビックリ。

DSCF0373 (480x360)
パキパキ折りながらいただきました、
バジルは緑色の濃さの割にはあまり風味を感じなかったです。
チーズもほどほどの味わいでした。


シェフ特製 前菜盛り合わせ 
DSCF0375 (480x360)
黒い正方形のお皿に3シュルの前菜が盛られていました。

DSCF0378 (480x360)
野菜のマリネです。
種類が豊富で5種類ほど。
酸味は穏やかでした。

DSCF0376 (480x360)
パテ・ド・カンパーニュです。
あっさりしていて食べやすいものの、私としてはちょっと物足りないお味でした。

DSCF0377 (480x360)
魚のタルタルです。

DSCF0379 (480x360)
魚が粗めで、食感がとても好みでした。
味付けも酸味がしっかりしていて美味しかったです。

DSCF0381 (480x360)
ここでパンが登場。

DSCF0383 (480x360)
確か、温めてあったと思います。

DSCF0386 (480x360)
バターがピラミッドみたいな形にカットされていて、カワイイ。


グラスワイン・白
DSCF0387 (480x360)
ワインは食事に合わせて出していただきました。
とても甘い香りがしました。
さっぱりとした甘さで飲みやすかったです。


パッパルデッレ 鴨肉のラグーソース
DSCF0388 (480x360)
次にパスタが登場。
3種類ある中から、私はこちらをチョイス。

DSCF0389 (480x360)
生パスタなので、早めに温かいうちに食べるようにアドバイスを頂きました。

DSCF0390 (480x360)
パスタはもっちり柔らか。
お肉が結構大きめなサイズで入っていました
量は少なめです。


若狭牛のタリアータ 赤ワインソース
DSCF0391 (480x360)
次はメイン。
2種類あったので、二人ともお肉をチョイス。

DSCF0392 (480x360)
メインが出てくるとき、目の前で銀色のフタ開ける演出があって、とっても盛り上がりました。
断面の濃いロゼ色がとっても鮮やか。美味しそう。

DSCF0396 (480x360)
お野菜も数種類添えられていました。

DSCF0395 (480x360)
左側にある茶色いもの、最初に見たときに、照明のせいかイチジクに見えてしまい、なかなか手をつけなかったです(笑)。
実際に食べてみるとこれはマッシュポテトでした。
表面がこんがりと焼いてあって香ばしく、中はクリーミーで外がカリッとした食感の違いがすごく良かったです。

DSCF0394 (480x360)
お肉は歯ごたえがしっかりしていて美味しかったです。


グラスワイン・赤
DSCF0398 (480x360)
口当たりが柔らかく、飲みやすかったです。
友人が残した分もいただいちゃいました(笑)。


ペリエ
DSCF0399 (480x360)
友人がガス入りのお水をお願いしたところ、、ペリエが出て来ました。
しばらく置いておいても、泡がしっかり残っていて、美味しく飲めました。


パン
DSCF0400 (480x360)
パンのお代わりもいただきました。

DSCF0401 (480x360)
2個目はバケットです。


本日のデザート
DSCF0402 (480x360)
デザートは友人が私に内緒で記念プレートをお願いしてくれていました。

DSCF0403 (480x360)
アイスも果物も程よい酸味があってあっさりいただけました。
アイスにパイがあると、とってもコクが出て美味しい。

DSCF0404 (480x360)
こんなステキなメッセージをいただいちゃって、大感激。
友人はとてもマメな人で、こういう演出をよくしてくれます。
ホント、こちらこそ、これからもヨロシクです。


コーヒー
DSCF0406 (480x360)
ドリンクはホッとコーヒーのみです。

DSCF0409 (480x360)
砂糖とミルクです。
私はストレートなので、使いませんでした。


小菓子
DSCF0407 (480x360)
最後にプチフールが登場。
2種類ありました。

DSCF0408 (480x360)
一つはチョコケーキだったかな?
もう一つはメレンゲです。
このメレンゲは甘さがほとんどなく、カリッとした食感がすごくよくて美味しかった!

DSCF0410 (480x360)
この日のお会計です。
二人で13,155円、一人約6,600円でした。
プランだったので、ミクニのフレンチをコース一通り食べた割にはお安かったと思います。


おしゃべりに夢中になり、お会計を終えて帰るときは一番最後でした(汗)。
たくさんの店員さんに見送りされてちょっと恥ずかしかったです。
黒服の男性店員さんが外まで見送りしていただきました。
友人のはからいで、とっても楽しい新年会でした。
ぜひ、桜の時期のランチに来てみたいです。


2014年1月17日訪問時お店DATA
*************************************
L’ART ET MIKUNI (らー・え・みくに)
〒102-0091 
東京都千代田区北の丸公園3-1 東京国立近代美術館2階
TEL 03-3213-0392
営業時間 
11:30~15:00(L.O.14:30) 15:00~17:00(L.O.16:30) 17:30~23:00(L.O.21:00)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
地下鉄東西線竹橋駅1B出口より徒歩3分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/01/19 06:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(5) |
やきとり 串八珍 [市ヶ谷別館]  @市ヶ谷
幾らだらだらブログとはいえ、周回(年)遅れはさすがにまずいと思い、がんばって記事をアップしてみました(笑)。
週末お時間がある方は、どうぞご覧下さい。

DSCF0276 (480x360)
2014年1月16日は、前日に引き続き、上司が不在でOさんは所用があったので、先輩と二人で外へランチに食べ出ました。
前日は「やきとり 串八珍(くしはっちん) 市ヶ谷別館」のつくねスープが前に並んでいるお客さんで完売してしまったというとっても悲しい事態だったので、この日もう一度チャレンジしてみようと思ったのですが、仕事がちょっとバタついて、事務所を出たのが12時15分頃。
先輩は「今日も無理だろうなぁ。」と言ったのですが、寒いは寒いものの、前日よりは太陽が出ている分だけマシだったので、とりあえず行ってみることにしました。

2009_0905画像0094
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進んで最初の交差点を右に曲がり、建物三つ目のセンタービルの1階に店舗があります。正面はソニーミュージック本社です。

2009_0905画像0095
こちらも以前撮影した写真です。
「やきとり 串八珍」は株式会社豊創ホールディングスが運営する大手居酒屋チェーン店で、都内にたくさんの支店があり、この界隈では、2008年9月17日にランチ訪問した市ヶ谷店と2012年4月5日にランチ訪問した四谷店があります。

DSCF0306 (480x360)
お店の前には「ランチ営業中 串八珍」と書かれたでっかい幟が出ています。

DSCF0304 (480x360)
以前は同じ会社が運営する「鳥珍」という店名でしたが、ブランド統合し、2009年9月1日から「串八珍」に業態変更しました。

「女房公認酒場」という標語が笑えます(笑)。

2009_0905画像0047
営業時間は、昼は午前11時30分~午後2時、夜は午後5時~午後11時までです。
定休日は土・日・祝です。

前回ランチ訪問したのは2013年10月21日だったので、約3ヶ月ぶりです。

DSCF0307 (480x360)
お店の入口にはランチメニューの看板が出ています。
全部で6種類、お値段は630円か690円と、とってもお安いです。

DSCF0305 (480x360)
前の写真が見辛かったので、こちらの写真も載せます。
これは入口の前の左側に置いてあったメニューです。

2009_0905画像0050
お店は外も中も、古民家を再現している凝った造りになっています。

2009_0905画像0052
入口は小さく、通路も狭いですが、奥に向かって店内が広がり、席数は結構あります。
しかも、二人テーブル席、四人テーブル席、お座敷、ちょっと区切った個室など、お部屋のパターンも様々です。

2009_0905画像0051
こちらのお店は前精算なので、まずはお店中央のレジで食券を購入し、店内にあるウェイティング用のイスに座るなどして、席に案内されるのを待ちます。
待っている人数が多くても、席数が多く、回転が早いので、それ程待ちません。

DSCF8002.jpg
お座敷はこんな感じです。

お店に到着すると、店外にはいませんでしたが、店内に10人近く先客が並んでいました。
先輩が列の最後に並び、私がレジの方まで見に行くと、まだ売り切れでは無かったので、とりあえず待ってみることに。

2009_0905画像0058
こちらも以前撮影した写真です。
壁には夜のメニューが貼り出されています。

2010_0330画像0011
こちらも以前撮影した写真です。
店員さんは、ほぼ全員がおばさま軍団です。
いつも忙しく店内を走り回っていますが、お店のキャパの割には人数が少ないようで、ピークタイムは食事が終わって後片付けられていないままの席が空いているのを、時折見かけるのが残念。

DSCF0238 (480x360)
お客さんの7割以上の人がつくねスープを食べているように見えましたが、お会計の順番がやってくると、まだつくねスープは完売になっていなかったので、先輩は無事注文出来ました。
この日は麻婆豆腐定食が売り切れていて、とっても不思議。

私もつくねスープを食べたかったのですが、ようやくほぼメニューを制覇したな~と思っていたのに、2つ新しいメニューが増えていたので、そっちを食べることにしました。
ここ数日、食事制限をして運動してもなかなか体重が減らず、なんとなく自暴自棄になっていることもあって、昨日は生姜焼き定食を食べようと思っていたのですが、結局ジャンボアジフライ定食にしちゃいました(笑)。

DSCF0247 (480x360)
お会計をすると、食券代わりのプラスチックカードをいただきます。

レジではご飯の分量については聞いてくれません。
なので、着席してから来る店員さんにご飯少なめをお願いします。
このプラスチックカードはお料理と引き替えに店員さんに返すせいなのか、注文確認は色だけ見て判断してすぐにいなくなってしまうことが多いなので、ご飯を少なめにしたい人は、最初にしっかりと店員さんをつかまえることをオススメします(笑)。

DSCF0244 (480x360)
この日も前回に続いてランチの100円引きのチケットをいただきました。
もともとお値段がお安めなので、かなりお得になります。
ただ、有効期限がいつも短いので、私はなかなか使うのは難しいですが。

DSCF0241 (480x360)
食券を購入してから隣で少し待って、右手奥の小上がりのスペースに通されました。
一番左側にある小さめのテーブルに着席。
このエリアに来たのは久しぶり。
卓上にはお茶の入ったポット、湯飲み、お醤油、七味唐辛子、爪楊枝、紙ナプキン、ディナーメニュー、チラシなどが置かれています。

職権を確認しに来た店員さんに二人ともご飯少なめでお願いしました。

DSCF8003_201309300814365aa.jpg
お茶はセルフです。

DSCF5601 (480x360)
お茶をいただきながら、お料理を待ちます。

DSCF0270 (480x360)
7・8分経ったところで、お料理が登場!


ジャンボアジフライ定食 ご飯少なめ  (690円)
DSCF0274 (480x360)
メイン、小鉢、お新香、味噌汁、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。
お味噌汁は蓋付きです。

DSCF3885_20130621223737.jpg
おしぼりの袋には店名がカラーで印刷されています。

DSCF3887_20130621223634.jpg
おしぼりだけでなく、お箸袋にも店名が印刷されていました。

DSCF3886_20130621223741.jpg
しかも、系列チェーンの店名も書かれています。
ここにだけ「鳥珍」の名前が残っていました(笑)。

DSCF0276 (480x360)
いただきま~す!

DSCF0280 (480x360)
ご飯は小さめのお茶碗に盛られています。

DSCF0281 (480x360)
少なめをお願いしたので減らしてありました。

DSCF0279 (480x360)
お味噌汁のフタを開けると、とってもシンプルでした。

DSCF0297 (480x360)
具はワカメだけだったと思います。

DSCF0275 (480x360)
お新香は葉物の漬物でしたが、この日喉を痛め気味だった先輩のキムチと交換(笑)。

DSCF0285 (480x360)
白菜キムチはやや甘めで食べやすかったです。

DSCF0286 (480x360)
サラダはマカロニサラダです。
マカロニ、ハム、ニンジン、タマネギなどがマヨネーズベースのソースで和えてありました。

DSCF0288 (480x360)
ジャンボアジフライは、かなりの大きさのものが2つ、長方形のお皿に盛られ、サラダとマヨネーズ?が添えられていました。

DSCF0282 (480x360)
ソースは小皿に盛られて出てきました。
中に何やら白い粒粒が見えましたが、これが何だかは食べても、よくわからず(汗)。

DSCF0292 (480x360)
サラダはキャベツの千切りです。
とても細く、かなり前から仕込んであったのでしょうか、乾いちゃっていました。
ボリュームはたっぷり。
ソースをつけて食べました。

DSCF0290 (480x360)
マヨネーズは、マヨラーも満足する程たっぷりです。
この日はカロリーが心配で、全く使いませんでした。

DSCF0291 (480x360)
ジャンボアジフライは尾っぽがついたままのものが2枚。
こんがりと揚がっていて、とっても美味しそう。

DSCF0293 (480x360)
食べてみると、熱々ではなかったものの、まだまだ温かく、衣はパリッと歯応えがよかったです。
食べている音が先輩の方にも聞こえたようで、ちょっと恥ずかしかったです(汗)。

「串八珍」の揚げ物といえば、以前食べたカツがあまり美味しくなくて、ちょっと不安なところがあったのですが、アジフライは美味しくて、嬉しい誤算でした。

DSCF0295 (480x360)
そのまま食べてもほんのり下味がついています。
私は小皿で出ていたソースをたっぷりつけていただきました。

アジがあまりにも大きくて、そのままつけるのが結構大変。
2つに割ってからつけたり、大きいまま持ち上げて端っこにつけたりしました。

DSCF0299 (480x360)
アジの身も厚く、ふっくらとしていて、後味も軽かったです。
いつもは魚の揚げ物は尻尾まで食べちゃうのですが、これはアジが大きいせいなのか、硬くて食べられず、残しちゃいました。


つくねとたっぷり野菜のスープ煮  (690円)
DSCF0271 (480x360)
こちらはメイン、サラダ、お新香、ご飯のセットです。
私のと違い、お新香は白菜キムチでした。
ちょっと喉の調子が悪かった先輩はキムチは避けたいとのことだったので、私のお新香と交換。

DSCF0272 (480x360)
2日越しで食べられたつくねスープは、味も量も堪能してとてもよかったとのことです(笑)。


ご飯を少なめにしたのに、かなりのボリュームでお腹いっぱいになりました。
結局、前日は「角屋」でカレー南蛮うどんの大盛りを食べていたので、二日連続苦しいぐらいに食べてしまいました。
ダイエットへの道は厳しいです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2010年3月25日) 
国産黒毛牛すき焼き定食 (2009年9月3日
かつカレー定食 (2010年1月12日
釜揚げしらす丼定食 (2011年7月13日
ビビンバ丼 (2012年8月3日
ビーフカリー (2012年11月5日
麻婆豆腐定食 (2013年10月21日
ジャンボアジフライ定食 (2014年1月16日

[「鳥珍」時代]
つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2007年5月15日) 
具だくさん豚汁定食 (2009年4月13日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のフードメニューです↓
DSCF0248 (480x360)

DSCF0249 (480x360)

DSCF0250 (480x360)

DSCF0251 (480x360)

DSCF0252 (480x360)

DSCF0253 (480x360)

DSCF0254 (480x360)

DSCF0255 (480x360)

DSCF0256 (480x360)

DSCF0257 (480x360)


夜のドリンクメニューです↓
DSCF0258 (480x360)

DSCF0259 (480x360)

DSCF0260 (480x360)

DSCF0261 (480x360)

DSCF0262 (480x360)

DSCF0263 (480x360)

DSCF0264 (480x360)

DSCF0265 (480x360)

DSCF0266 (480x360)

DSCF0267 (480x360)

DSCF0268 (480x360)


2014年1月16日訪問時お店DATA
*************************************
やきとり 串八珍 市ヶ谷別館 (くしはっちん)
〒102-0084 
東京都千代田区五番町10-2 センタービル1階
TEL 03-3230-3102
FAX 03-3230-3103
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:00~23:00(L.O. フード 22:15、ドリンク 22:30)
定休日 土・日・祝
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分
都営新宿線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/17 00:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
銀座 しゃぶせん 市ヶ谷店  @市ヶ谷
昨日は結構雨が激しく降って、日中外へ出かけた方はかなり大変だったのでは?
今週は平日が4日しかなかったので、かなり仕事がバタバタしてしまい、あっという間の金曜日です。
2015年とか平成27年という記載にもだいぶ慣れてきて、新年の慌ただしさもようやく落ち着いてきました。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2014年11月13日にオープンしたGEMS市ヶ谷に入っている「しゃぶせん」のレポートです。

DSCF5292 (480x360)
2014年12月9日は、先輩がご友人とランチに出かける予定でしたが、突然のキャンセル(汗)。
上司とOさんが12時になっても事務所に戻ってこなかったので、速攻で二人で外へランチを食べに出ました。
向かった先はもちろん、GEMS市ヶ谷。
折角の友人とのランチの予定が飛んでしまったので、気分転換を図るためにちょっといいものを食べようということになり、7階にある「銀座 しゃぶせん 市ヶ谷店」に決定。

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。
市ヶ谷駅を出て日テレ通りの坂を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。
今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

DSCF4601 (480x360)
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。

10店舗全部でランチ営業をしている訳ではなく、8店舗でしたが、2015年1月からもう1店舗増えました。

DSCF5262 (480x360)
写真だと8階のお店がクローズアップされちゃっていて、すみません(汗)。
この日、8階のお店はランチ休業でした。

株式会社ざくろホールディングスが運営するしゃぶしゃぶのチェーン店で、市ヶ谷店のほかには銀座に2店舗、横浜と新横浜に1店舗があるとのこと。
こちらの会社はしゃぶせんのほか、日本料理、イタリア料理、カフェなども展開しています。
チョコレートケーキで有名なTopsも系列店だったのにはビックリ。

DSCF5041 (480x360)
エレベーターの中にあるフロアマップはこんな感です。

12時ちょっと過ぎだったので、エレベーターは結構混んでいました。
降りていく人を見ると、タイ料理屋さん「オールドタイランド」がとっても人気のようです。

DSCF5321 (480x360)
エレベーターを降りると、フロアに直結しています。
半分ほどの人の入りでした。
勤め人らしき人ばかりでなく、家族連れなども来ていました。

DSCF5323 (480x360)
左に厨房があり、その周りにテーブル席が並んでいます。
白を基調とした内装で、落ち着いてもとても明るいです。
前に訪問したGEMS市ヶ谷がクラブ風?な内装のタイ料理屋さん「オールドアイランド」だったので、かなりのギャップを感じました(笑)。

DSCF5263 (480x360)
私たちは中程のテーブル席に通されました。

テーブルはそれ程大きくはありません。
真ん中に電熱器が埋め込んであります。
お箸や小皿などはあらかじめセッティングされていました。

DSCF5318 (480x360)
こちらは窓際の席だったので、外がとても良く見えました。
この日はお天気も良く、高さがあるのですごくいい眺め。

DSCF5265 (480x360)
テーブルの横には電熱器のパネルがあります。
基本的に自分たちで操作することはなく、全て店員さんがやって下さいました。
この日は一度だけ、自分たちでちょっと温度を下げましたが。

DSCF5264 (480x360)
卓上には呼び出しベル、ラー油?、ポン酢ダレ、ゴマだれもみじおろし、塩、胡椒、爪楊枝などが置いてあります。
ちなみにこのタレの入ったボトル、漏れもないし、オシャレな形で細いので場所をあまり取らず、先輩が取っても気に入っていました。
私もこのボトル、雑貨屋さんとかで見かけたような気がします。

DSCF5277 (480x360)
呼び出しボタンには店名が入っていました。

DSCF5278 (480x360)
陶器の丸々としたカップには、あらかじめ塩胡椒などが入っていました。
しゃぶしゃぶを食べ終えた後、これにお玉6杯?8杯?を入れてスープとして頂くとのこと。

DSCF5279 (480x360)
折角作り方の説明を受けたのですが、結局店員さんがスープを作っていただいちゃいました。

DSCF5291 (480x360)
こちらは紅葉おろしです。

DSCF5273 (480x360)
全員が必ず使うからでしょうか、注文する前に、先にお鍋がセッティングされました。
サイズが大きく、銅色がとても新しく輝いていて、かなり迫力あります。
お湯が沸いてくると、真ん中から湯気が噴き出してきました。

DSCF5274 (480x360)
おしぼりは薄いビニール袋に入れられているのに、さらに小さな籠に乗せられていました。

DSCF5276 (480x360)
薬味として刻んだネギが出て来ました。
こちらで二人分と、とってもたっぷり。
これは最後のスープに入れるものです。

DSCF5275 (480x360)
お水をいただききながら、メニューを検討。
こちらのグラスはとても濃い紫色なので、ぱっと見、ブドウジュースに見えました(笑)。

DSCF5266 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF5269 (480x360)
ランチメニューは午前11時から午後4時(ラストオーダーは午後3時半)までと、長めです。

しゃぶしゃぶセットは4種類あり、お値段は2,200円から4,100円とかなりお高め(汗)。
ランチは6種類あり、こちらのお値段は1,200円から3,300円です。
このうち2種類はサービスランチで、牛肉と豚肉を一緒に食べることが出来て、お値段も1,250円と1,680円でお得になっています。
お肉の他、野菜盛合せと御飯とシャーベットが付いているとのこと。

最初、この二つの違いがわからなくて、店員さんに「お肉の量が違うだけですか?」と聞いたところ、Aセットは国産牛で、Bセットはそうではないとのこと。
普通、料金が高いと国産のことが多いと思うので、結構珍しいかも?

DSCF5324 (480x360)
先輩はAセットにしたので、私は違いを見てみようと思い、思い切ってBセットを注文。

DSCF5281 (480x360)
しばし待って、野菜の盛合せが出て来ました。
これで二人分です。

DSCF5282 (480x360)
ザルには白菜の葉と茎、白滝、、、

DSCF5283 (480x360)
ワカメ、豆腐がのせられていました。


サービスランチA 《国産牛ロース+豚ロース》100g  (1,250円)
DSCF5287 (480x360)
先輩の注文したAセットのお肉が登場。
牛と豚でお皿が違いました。

DSCF5288 (480x360)
こちらが国産牛ロース。

DSCF5285 (480x360)
こちらが豚ロースです。
しゃぶしゃぶなのでかなりの薄切りですが、お皿一杯にキレイに盛りつけてあって美味しそう。

私のBセットのお肉はただいま準備中とのこと。
多分注文はAセットがほとんどだから、国産でない牛ロースは準備がなかったんでしょうね(笑)。
でも、切り立てとは嬉しい!

DSCF5289 (480x360)
お湯も沸いて、準備オッケー。


サービスランチB 《牛ロース+豚ロース》150g  (1,680円)
DSCF5298 (480x360)
さらに少し待って、私のお肉が登場。
いただきま~す!

DSCF5290 (480x360)
ご飯が出て来たのでビックリ。
付いているのを気付いていなかったです(笑)。
なので、少なめをお願いすることができず、こちらは普通盛りです。
小さめの白いお茶碗に盛られていました。
量はそれ程多くありません。

DSCF5300 (480x360)
個人的に、しゃぶしゃぶってタレの味であっさりいただくので、ご飯が進みません。
先輩はしゃぶしゃぶの後の雑炊が大好きだとのことだったので、私も雑炊にしようと思い、途中ではほとんど食べませんでした。

DSCF5292 (480x360)
こちらのお肉は一皿に2種類とも盛りつけてありました。
上が牛ロース、下が豚ロースです。

DSCF5294 (480x360)
牛ロースはそれ程サシは入っていません。
お肉は赤色です。

DSCF5293 (480x360)
豚ロースは結構脂が入っています。
ピンク色がとっても鮮やか。

DSCF5295 (480x360)
先輩のお肉に比べ、1.5倍量のはずですが、盛り付けが違うせいか、量の違いはよくわからなかったです。
でも、お肉がこれだけたっぷり並ぶとテンションが上がります(笑)。

DSCF5302 (480x360)
いろいろと煮ている間に、タレを準備。
ポン酢もサッパリとして美味しいですが、ゴマだれが濃厚で大好き。
小さい器にたっぷり出しちゃいました。

DSCF5304 (480x360)
ポン酢は小さな小皿に入れました。
もみじおろしも投入。

DSCF5306 (480x360)
まずは牛肉からいただきました。
少し赤身が残るぐらいのレアな感じが好きです。
それ程火を通さなかったので、お肉はふんわり柔らか。
うーん、でも、お肉が薄いこともあるせいか、お肉の味わいはあまり感じられませんでした。
ポン酢ダレは酸味が利いてとてもさっぱりとしています。

DSCF5308 (480x360)
豚肉もなるべくあまり火を通し過ぎないようにしていただきました。
お肉は柔らかく、甘みがあって、美味しい!
牛肉と比べたら、豚肉の方が美味しかったです。
これは私の牛肉が国産ではなかったからかと思ったのですが、先輩に後から聞いたら、国産牛でも味わいの感想は同じでした(汗)。

DSCF5309 (480x360)
写真をとるのをすっかり忘れちゃいましたが、お野菜も食べました。
白菜の茎は結構太かったので、早めに投入し、じっくり煮込みました。
個人的にはワカメがとっても美味しかったです。
中に熱い汁をため込んでいたので、食べたら火傷するかと思うぐらい危険でしたが、自分でお鍋をやるときはぜひワカメを入れてみようと思いました。

DSCF5310 (480x360)
私たちが食べるのに夢中になっていたら、店員さんがあく取りからスープ作りまで全部やって下さいました。
ランチタイムなのに、と~っても贅沢な気分です。
この日担当して下さった店員さんたちはとても丁寧で気持ちの良い接客でした。
ちなみに、この翌日か翌々日の夜に上司が夜にこのお店に行ったそうですが、お客さんは殆どいなくてガラガラ。
しかも、店員さんの対応は手際が悪かったという話をしていたので、私たちはとても良い方に担当して頂いたようです。

DSCF5311 (480x360)
ネギをたっぷりと入れちゃいました。
スープはダシがしっかり出ていて美味しかったです。

DSCF5312 (480x360)
お鍋が大きいので雑炊を作るのにご飯を投入しちゃうと引き上げるのが大変そうだったので、直接ご飯にスープをかけました。

DSCF5313 (480x360)
少し残っている具材も入ったりしました(笑)。
ご飯がちょっと固まってしまっていて、ほぐすのが大変。

DSCF5314 (480x360)
スープと同じく、こちらにもネギをたっぷりと投入。

DSCF5315 (480x360)
卓上の塩胡椒を振ったのですが、味付けが足りなかったので、残っていたポン酢とゴマだれを全部投入したら、ちょっと酸味が利いて、胡麻のコクがある美味しい味付けになって大満足。
〆の雑炊、美味しかったです。

DSCF5319 (480x360)
料理を食べ終え、帰ろうとしたら、店員さんから慌てて「デザートがあります。」と引き留められました。
メニューをちゃんと見ていなかったので、付いていることも知らなかった私たちです(笑)。
席に戻り、デザートをいただきました。

DSCF5320 (480x360)
確か、ゆずシャーベットだったと思います。
透明なガラスの器に入っています。
かなりかたくて、スプーンで掬うのがちょっと大変でした。
それ程甘くなくて、すっきりした味わいでした。

DSCF5322 (480x360)
最後に温かいお茶を頂き、お食事が終了です。


とても丁寧で気持ちの良いサービスで、ランチなのにとっても贅沢な時間を味わえました。
ただ、牛肉がもうちょっと美味しいといいのですが。



ランチメニューです↓
DSCF5266 (480x360)

DSCF5267 (480x360)

DSCF5268 (480x360)

DSCF5269 (480x360)

DSCF5270 (480x360)

DSCF5271 (480x360)

DSCF5272 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ GEMS市ヶ谷ランチ訪問記です↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

地下1階  焼きはまぐりる 市ヶ谷  (2014年11月26日
地上1階  Lucaffe GEMS市ヶ谷店  (2014年11月27日
地上3階  タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店 (2014年12月4日
地上4階  炭火焼鳥専門店 播鳥 市ヶ谷店  (2014年12月2日
地上7階  銀座 しゃぶせん  (2014年12月9日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年12月9日訪問時お店DATA
********************************
銀座 しゃぶせん 市ヶ谷店 
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷7階
TEL 03-5212-8071
FAX 03-5212-8072
営業時間 
[昼] 11:00~16:00(L.O.15:30)
[夜] 17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 年末年始(12/30~1/4)  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/16 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(5) |
そば処 角屋  @市ヶ谷/麹町
今週は毎朝電車が遅れていて、会社の到着までヒヤヒヤしていました。
今日は少し余裕をもって家を出ようと思っています。

DSCF0222 (480x360)
2014年1月15日は東京に雪が降るかもしれないと言われ、暗くてとても寒い日でした。
上司は不在、Oさんは所用があったので、先輩と私は外へランチを食べに出たのですが、先輩が「身体を暖めるものが食べたいので、久しぶりに『串八珍』のつくねスープが食べたい。」と希望があったので、もちろん、行ってみることに。
12時10分過ぎに到着したところ、外にまで5人位お客さんが並んでいました。
相変わらずの人気です。
回転は早いからと思い、とりあえず並んだのですが、なんと、先輩の前の人でつくねスープが完売(泣)。
他のメニューを食べる気になれず、もう一つ身体を暖めてくれるお料理の候補として、「そば処 角屋(かどや)」さんに行きました。

2008_0614画像0038

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を半蔵門方面に向かって緩やかな坂を上がり、最初の交差点を越えてちょっと先に朝日六番町マンションがあります。

朝日六番町マンションには地下1階から地上2階までたくさんの飲食店が入っていて、
地下1階には、
2008年6月10日2011年10月4日2009年11月11日にランチ訪問した「アール」、
2011年12月28日2012年1月30日に訪問した「Bar 岸良」、
1階には、
2014年1月28日にランチ訪問した「日テレ通り 横浜家系ラーメン 魂心家」、
そのお隣にはこの日訪問した「そば処 角屋」、
2階には、
2008年8月20日にランチ訪問した「酒と肴 月」、
2008年12月17日にランチ訪問した「NATURAL FOODS ヘルシー館」、
2011年10月27日にランチ訪問した「韓国家庭料理 明洞」(閉店)、
があります。

DSCF0236 (480x360)
見た目はごくごくフツーのお蕎麦屋さんですが、南蛮カレーが有名で、色々な雑誌に紹介されています。
三木武夫元首相の事務所が六番町の近くにあった関係で、三木元首相夫人がご贔屓にしていたそうです。

2008_1205画像0121
昭和の時代に戻ったような懐かしさのある店内はとても広く、6人掛けや8人掛けの大き目なテーブルがぎっしりと置かれていて、相席が基本です。

DSCF3036.jpg
前回ランチ訪問したのが2013年4月2日だったので、約9ヶ月ぶりです。

2008_1205画像0122
席数はかなりありますが、フロアスタッフはわずか2、3人で、いつも活気があります。
お客さんの大部分が男性です。

「角屋」も混んでいたとしても回転が早いだろうから、、、と思って入店してみると、9割程の人の入りで、席が最初から空いていました。
よかった!

DSCF0219 (480x360)
店員さんから「空いているところ、どこでもどうぞ~。」と言われたので、左奥の6人用テーブル席に着席。
相席でしたが、男性一人客二組だったので、とてもゆったり出来ました。

DSCF4845_20121017050319.jpg
卓上にはお箸、ティッシュ、爪楊枝、七味唐辛子、お醤油などが置いてあります。

しばらく来ない間に、ランチタイムが完全禁煙になっていました。
少しお客さんが少なめだったのは、それも関係しているかな?

DSCF3031.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お店の外見と同じく、メニューもごくごくフツーです。
15種類のおそばまたはうどんと、5種類のご飯ものがあります。
飲んでいる人を全く見たことがありませんが、ソフトドリンクとアルコールもあります。

お蕎麦屋さんの花形だと思われる天ぷら蕎麦がないのは、かなり珍しいのでは?

この記事を書いていて気付いたのですが、特製カレー南蛮は800円に値上がりしていたようです。
ずっと変わっていないと思って、この日はメニューの写真を撮っていませんでした(汗)。

DSCF3032.jpg
こちらのお店のイチオシは、「特製カレー南蛮」です。
麺だけを冷たくすることもできます。
紙エプロンを使う場合には、実費で10円かかります。

今まで特製カレー南蛮そばかうどんしか食べたことがなくて他のメニューはいただいたことがないので、本当にイチオシかどうかは不明です(笑)。

DSCF5228 (480x360)
毎週水曜日は100円引きで、650円というお得なお値段になります。
この日はサービスデーの水曜日!
いつも上司の気が向いたときに来ているので、水曜日がサービスデーだとわかっていても、ジャストに来たことはほとんど無かったような気がします。

DSCF0217 (480x360)
毎週水曜日は特製カレー南蛮が100円引きになりますが、その日の午前11時30分から午後1時30分までのランチタイムはカレー南蛮とライスのみの販売です。

DSCF5229 (480x360)
壁にも貼り出してありました。

DSCF4844_20121017050319.jpg
お水をいただき、注文します。
私は体重はかなり厳しかったのですが、食べたことが無かったカレー南蛮うどんの大盛りをチョイス。
先輩はカレー南蛮蕎麦の普通盛りです。

DSCF0223 (480x360)
10分程待ってお料理が登場。
並と大盛りでは器の大きさがかなり違いました。
あまりにも面白いので、先輩の並盛りと並べて撮影(笑)。

DSCF0222 (480x360)
こちらの方がわかりやすいかな?


特製カレー南蛮うどん 大盛 (900円?→800円)
DSCF0225 (480x360)
大きな青い器になみなみとスープが入っていて、表面にうどん、タマネギ、お肉などが見えます。
唯一の彩りは長ネギでした。

DSCF5236 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
ドンブリは深みもありました。

DSCF0226 (480x360)
レンゲはあらかじめ、器に刺さった状態で出てきます。

DSCF0227 (480x360)
薬味として長ネギの小口切りが中央にのせられています。

DSCF0228 (480x360)
具材はお肉とタマネギだけと、とってもシンプル。

DSCF0229 (480x360)
うどんはところどころに浮かんでいました。

DSCF0230 (480x360)
まずはスープを一口。
カレーですが黄色っぽくはなく、濃い茶色です。
ふんわりとお魚の香りがしました。
スープはややとろみがかっていて、スパイシーでも辛くもなく、穏やかなカレーの味わいです。
ほんのり甘く、魚ダシがしっかりと利いていて、食べているうちにだんだんと身体が温まって汗が出てきました。
寒い日にはぴったりです。

DSCF0232 (480x360)
麺はかなり柔らかめでした。
大盛だけあって、かなりボリュームたっぷり。

DSCF0234 (480x360)
お肉は小さくサイコロ状に切った鶏肉が入っています。
胸肉なので、ちょっと固めです。
タマネギはダシの色に染まり、とても柔らかでした。


特製カレー南蛮蕎麦 (800円→700円)
DSCF0220 (480x360)
この日、先輩の方のスープは私のに比べて色合いが薄く、とろみもほとんどなくて、かなりダシも利いていなかったそうです。
こんな事態は初めてで、先輩もビックリ。
かなり早い段階で七味唐辛子をかけて食べていました。

美味しいのと温まるのとでスープをたっぷり飲みながら食べていたら、途中でかなりお腹いっぱいになりました。
この日は遅番で、会社に来てから朝食代わりに幾つかお菓子をつまんでいたのもよくなかったようです(汗)。
どうにかこうにか中身は全て食べ終えましたが、さすがにスープを飲み干すのは無理でした。
おなかぱんぱんです。

帰りがけ、レジでお会計をしていたら、先輩も私も700円だったので、慌てて「大盛り食べました。」と自己申告したところ、プラス100円でした。
あれだけボリュームアップするのにプラス100円とは、かなりお得じゃないかと思います。

DSCF0235 (480x360)
2008年11月5日にランチ訪問した「うち山」は、「角屋」と同じビルで2軒隣にありましたが、2013年の年末までに閉店したようです。
跡地には、2014年1月9日にpenguin_19さんからコメントいただいたとおり、「日テレ通り 横浜家系ラーメン 魂心家」がオープンするという貼り紙がしてありました。
2014年1月27日にオープンし、2014年1月28日にランチ訪問しました


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

特製カレー南蛮そば 
 1回目 2007年6月6日
 2回目 2007年11月21日
 3回目 2008年6月25日
 4回目 2008年8月1日
 5回目 2008年11月7日 
 6回目 2011年12月2日
 7回目 2012年1月12日

特製カレー南蛮そば 大盛 
 1回目 2013年4月2日 

特製カレー南蛮うどん
 1回目 2007年12月7日 
 2回目 2008年12月5日 

特製カレー南蛮うどん 大盛
 1回目 2014年1月15日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年1月15日訪問時お店DATA
******************************
そば処 角屋 (かどや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町4-11 朝日六番町マンション1階
TEL  03-3261-0066
営業時間 11:30~16:30
定休日 土・日・祝
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/15 06:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
貝、磯料理 海然 市ヶ谷店  @市ヶ谷
この三連休はラーメン始めだけではなく、ジョギング始めでもありました。
ところが河川岸に行ってみるとものすごい暴風(汗)。
行きの追い風は走れたものの、帰りの向かい風の時はなかなか前に進めない!
「歩いてるの?」と馬鹿にされながら、8キロだけ走りました。
寒かったので大して汗もかかず、体重もそれ程減らなかったのに、筋肉痛だけは半端ないです(汗)。

DSCF0196 (480x360)
2014年1月14日は3連休明けの火曜日でした。
上司もOさんもお昼時に外出中だったので、外へ食べに行くチャンス!
先輩を誘ったのですが、連休中に旅行へ出かけて体重ががっつりあがっているからからランチは控えめにしなきゃいけないのでパンを買うとのこと。
私も全く同じ状況ではありましたが、滅多に自由に外へ出られないので、ブログのために(笑)新店開拓をしたくて、以前市ヶ谷で見つけていたど派手な新店の大阪の串カツ屋さん「串だおれ」に行くことに。
二人で市ヶ谷方面に出発し、先輩とは「リトルマーメイド」でお別れしました。

DSCF0165 (480x360)
JR市ヶ谷駅を出て左に曲がり、お堀を越えて外堀通りの交差点を渡って右に進みます。
少し行った左側に戸塚ビルがあり、お店はその2階と3階です。

DSCF0166 (480x360)
ちょっと前の夜、このお店のライトがギラギラしているのを市ヶ谷駅のホームから見ていました。

DSCF0214 (480x360)
でも、残念ながらランチ営業はやっていないようで、シャッターが半開きの状態でした(泣)。

左門坂にはまだ食べたことのない宿題店がいくつかあったので、そちらに移動。

DSCF0212 (480x360)
マクドナルドのある角を左折し、少し行った左にマツシタビルがあります。

このビルの1階には「美味酒彩 武蔵乃」があり、2012年9月19日にランチ訪問しました。
お昼からすっぽんを食べられる、貴重なお店です。

DSCF0210 (480x360)
ビルの前に小さな看板が出ていて、ランチメニューが書かれていました。
お魚系のようなので、ダイエット中の私にはぴったり。

DSCF0211 (480x360)
看板の裏側には夜のメニューが紹介されていました。

DSCF0213 (480x360)
ビルの2階にあるお店なので、右側にある外階段を登って行きます。

DSCF0207 (480x360)
こちらのお店は「鮮魚と貝料理 海然(かいぜん) 市ヶ谷店といいます。
株式会社堀本商事が運営する、広島かきセンター直送の牡蠣や築地から仕入れる鮮魚料理が自慢のアットホーム海鮮ダイニングとのこと。

DSCF0209 (480x360)
店名にふさわしく、入口の前には貝の殻がたくさんありました。
貝好きな私のテンションがとっても上がります。

DSCF0208 (480x360)
新年だからでしょうか、樽酒も2つ置いてありました。

DSCF0175 (480x360)
入口からすぐ右にレジがあり、左側には貝の入った水槽があります。
すぐに通りに抜けてしまったのでフロアの様子はよくわかりませんでしたが、やや広いフロアで、奥の左に厨房、その前にカウンター席、手前にテーブル席が並んでいるようです。

DSCF0176 (480x360)
入店すると、店員さんに促され、一番奥のカウンター席に着席。
ここから厨房で作る様子がよく見えました。

DSCF0174 (480x360)
卓上にはお茶の入ったポット、湯飲み茶碗、割り箸、紙おしぼり、各種調味料、爪楊枝が置いてあります。
お茶はセルフでいただきます。
サービスの生玉子と味付けのりが目立ちました。

DSCF0167 (480x360)
ランチメニューは全部で6種類。
ご飯、みそ汁、生玉子、味付けのりがお替り無料で、全て780円と、とってもお安いお値段です。

DSCF0168 (480x360)
この日の特選日替り定食はエビカツ、焼魚は鮭ハラス、煮魚は子持ちカレイでした。
店員さんから口頭で説明を受けます。

DSCF0169 (480x360)
どのメニューか忘れてしまいましたが、品切れで他のお魚に変更していました。

DSCF0172 (480x360)
お魚をお肉の両方が食べられるお得なメニューもありましたが、この日はカロリーを抑えたいのと、鮭が大好きなので、サーモン親子丼をご飯少なめでお願いしました。

DSCF0173 (480x360)
この日の伝票です。

DSCF0171 (480x360)
伝票の裏側には、「レジまでお持ち下さい。」と丁寧にコメントが貼ってありました。
このスタイル、どこかのお店でも見たことがあります。


サーモン親子丼定食 ご飯少なめ  (780円)
DSCF0179 (480x360)
それ程待たずにお料理が登場!
結構早かったです。

DSCF0180 (480x360)
メイン、副菜、サラダ、お新香、お味噌汁のセットです。
大きめの黒い長方形のお盆にのせられていました。
780円というお値段を考えると、とっても豪華!

DSCF0197 (480x360)
お箸は洗い箸で、箸袋がついていたのかな?
この箸袋、よく見かけます。

DSCF0184 (480x360)
お新香は柴漬けです。
やや大きめなサイズで2・3つほど。
この日はドンブリだったので、それ程必要ではありませんでした。

DSCF0185 (480x360)
サラダは星形のお皿に入っていました。
レタスと水菜で、シンプルです。

DSCF0186 (480x360)
白いドレッシングがかかっていました。

DSCF0181 (480x360)
副菜は糸こんにゃくのツナ和え?です。
丸い器にそこそこの量が入っていました。

DSCF0182 (480x360)
とても細い糸こんにゃく?にマヨネーズとツナが和えてありました。
しっかり味です。

DSCF0187 (480x360)
お味噌汁は大きめの器にたっぷりと入っていました。
中身は細切りのダイコンなどです。

DSCF0188 (480x360)
熱々でとても身体が温まりました。

DSCF0196 (480x360)
ドンブリは大きな黒い器です。
ご飯の上にサーモンのお刺身、焼き鮭、イクラ、卵焼き、茹でオクラ、ワサビがのせられていました。
オレンジ、黄色、緑と、とっても色鮮やかです。

DSCF0195 (480x360)
こちらのワサビは、、、

DSCF0198 (480x360)
小皿が一つ付いているので、、、、

DSCF0199 (480x360)
お醤油を入れて、、、

DSCF0200 (480x360)
ドンブリに入っていたワサビを溶かして準備終了。

DSCF0191 (480x360)
緑色の彩りに、茹でオクラが添えられていました。
これはなかなか面白いアイデアで、自宅でも使えそう。

写真では見にくいですが、卵焼きがあります。
薄めに切ったものが2枚ありました。
少し甘めの味付けです。

DSCF0192 (480x360)
サーモン親子丼定食という名前からは、サーモンの刺身とイクラの2種類をイメージしていたのですが、ほぐした焼き鮭もあって、まさかの3種類が楽しめました。
とってもお得。

焼き鮭は食べやすいようにほぐしてありました。
塩鮭ではないようで、身はふんわりと柔らかく、下味はそれほどありません。

DSCF0193 (480x360)
たくさんあるサーモンのお刺身は、冷凍の冷たさが残っているということもなく、ふんわりと柔らかく、脂がとてものっていました。
美味しい!

DSCF0194 (480x360)
イクラはぷちぷちと弾ける食感で、間違いない美味しさ。

DSCF0202 (480x360)
ご飯は少なめでお願いしたのに、見た目は結構ありそうだな、、と思ったのですが、底が浅かったです(笑)。

せっかく味付け海苔や生卵が食べ放題でしたが、ご飯は少なめだしドンブリだし、どうしようかちょっと迷ったのですが、食い意地が勝り、海苔はドンブリに刻み海苔が入っていたので、生卵はいただくことにしました。

DSCF0203 (480x360)
具もしっかり残しながら半分程食べたところで生卵を投入!

DSCF0204 (480x360)
卵かけご飯だけでも美味しいのに、お刺身、焼き鮭、イクラと一緒に食べたら間違いない美味しさ。
とっても贅沢感がありました。
生卵食べてよかった(笑)。

DSCF0206 (480x360)
あまりお茶を飲まない体質なので、写真撮影に気をとられてお茶をすっかり忘れてしまい、食べている途中で気付きました(笑)。
温かいお茶で食事を〆ました。


全体のボリュームは、ご飯を少なめにしたこともあり、普通です。
正直なところ、居酒屋さんだし、お値段もお安かったので、味はそれ程期待していなかった(すみません!)のですが、予想以上に鮭の親子が美味しくて、大満足でした。
夜は大好きな貝料理をいろいろといただけるようなので、一度訪問してみたいです。


ランチメニューです↓
DSCF0167 (480x360)

DSCF0168 (480x360)

DSCF0169 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF0170 (480x360)

DSCF0177 (480x360)

DSCF0178 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF6810 (480x360)

DSCF6811 (480x360)


2014年1月14日訪問時お店DATA
*********************************
貝、磯料理 海然 市ヶ谷店 (かいぜん)
〒162-0843 
東京都新宿区市ヶ谷田町1-2 マツシタビル2階
TEL&FAX 03-5261-8072
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:00~23:00
定休日 日曜、祝日
地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分
JR市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/14 06:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(7) |
カフェ アントニオ アトレ四谷店  @四谷
お天気は良かったものの、強い北風が吹き付ける3連休でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は年末年始の旅行で軍資金が乏しかったため、自宅で大人しくしていました(泣)。
ただ、2015年初ラーメンとして、「中本」で一番辛いメニューである冷し味噌ラーメンを食べに行きました。
かなりの辛さでしたが、汗をかきながら、唇を痺れさせながら、何とか完食。
初ラーメンというだけでなく、辛いもの好きとして一番辛いメニューを制覇できて大満足でした。
今年もたくさん美味しいラーメンを食べたいです。

DSCF9812 (480x360)
2014年1月10日は週の最後の金曜日。
お昼時に上司が不在で、Oさんは仕事が残っているからと事務所で食べることになり、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
市ヶ谷方面にど派手な大阪の串カツ屋さんの新店があったので、ランチをやっているかどうかわからなかったものの、先輩を誘ってみたのですが、先輩は2日連続の「松月庵」攻撃にかなりげんなりしていて、「グラタンとかドリアが食べたいです。」とのこと。
事務所から外へ歩きながらだったので、すぐにはお店が思いつかず、「フィオーレ」を挙げたのですが、もしかしたら「カフェ アントニオ アトレ四谷店」にもあるかも?と言ってみたら、先輩は「アントニオ」がいいとのことで、行ってみることにしました。

DSCF1233 (480x360)
お店はJR四ッ谷駅の四ッ谷口改札口と直結しているアトレ四谷の2階にあります。
1階フロアにはたくさんの飲食店が入っていますが、2階は「アントニオ」だけです。

DSCF5282_20120922100001.jpg
公式HPによれば、「アントニオ」は1944年にイタリア海軍の指揮官付コック長だったカンチェーミ・アントニオが日本に本格イタリアンを紹介したのが始まりで、創業70年を越える老舗イタリアンレストランです。
現在は創業当時の味を守りつつ、2代目のジャーコモ、3代目のアントニオとテレサが大切な味を受け継いでいるとのことです。
レストランは青山本店と横浜に2店舗、デリは都内デパートを中心に9店舗、カフェは青葉台と四谷の2店舗を展開しています。
「カフェ アントニオ アトレ四谷店」はアトレ四谷のリニューアルオープンに伴い、2012年3月14日にオープンしました。

DSCF1234 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
入口には大きなメニューの看板が出ています。

アトレ四谷のリニューアル前、この場所には2008年11月10日にランチ訪問した「Le Champ De Pierres 四谷店」がありました。

DSCF5279_20120922100001.jpg
入口からすぐ左手には大きなショーケースがあり、たくさんのケーキを販売しています。

DSCF1229 (480x360)
ケーキを買いに来るお客さんもたくさんいました。

DSCF1228 (480x360)
ショーケースの上にこんなケーキがのせてありました。

DSCF1230 (480x360)
これはシチリアのお菓子で、「シシリアン カンノーリ」というものだそうです。

DSCF1162 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
入って右側、ショーケースの前にはウェイティングの大きなソファが置かれています。
その奥から右に曲がると、テーブル席が並んでいます。
駅直結の商業ビルのせいか、はたまた客単価がお高めのせいか、お客さんはサラリーマン以外の人が多いです。

12時半近くにお店に到着すると、少し遅い時間にも関わらず満席で、待ちで2組目でした。
入口すぐのところに二人用の席が空いているのが見えたので、そのまま待つことに。

すぐに名前を呼ばれ、店内のウェイティングスペースに置かれているソファに座ってさらに待ちました。
少し来ない間に、少し配置を変えたようです。
以前はこのソファは入口すぐのところにありましたが、入口正面の窓の前に移動していて、ソファのあった場所にはテーブル席が並んでいました。

DSCF1163 (480x360)
内装は、緑を基調とした落ち着いていながらも豪華な雰囲気でした。

DSCF1183 (480x360)
前回ランチ訪問したのは2013年7月26日だったので、約5ヶ月半ぶり、3回目です。

DSCF5242.jpg
60席ある店内は満席なので、たくさんの店員さんが忙しそうに動き回っています。
とても丁寧で洗練された接客です。
本国から来ている人もいるのか、金髪の白人の女性店員さんもいらっしゃいました。

DSCF5243_20120922100416.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
席からはとっても良い眺めを楽しめます。
左にはスクワール麹町、右には上智大学が見えました。

DSCF9791 (480x360)
ソファ席に移ってそれ程経たずに、最初に目をつけていた入口からすぐ右手にある2人用テーブルに、「少し狭いですけどよろしいですか?」と聞かれ、案内されました。

以前は卓上には真っ赤な布が敷かれていましたが、ちょっと淡めなピンク色になっていました。

DSCF9792 (480x360)
卓上には小さな籐籠があり、カトラリーセットが入れてあります。

DSCF5246_20120922100334.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
紙ナプキンの包み紙には鮮やかな赤でお店のロゴが入っています。

DSCF9790 (480x360)
お水をいただき、メニューを検討。
店員さんは女性のイタリア人?の方が対応してくれました。
日本語は問題なく通じます。

DSCF1164 (480x360)
メニューです。
表紙のデザインがとってもキュート。

メニューが少し変わり、シェフランチという4,200円のコース料理も登場していました。

お値段は1,050円から4,200円と、ややお高めです。
前菜とサラダの単品もあります。
ケーキ屋さんらしく、ドルチェのメニューはとってもたくさん。

DSCF9778 (480x360)
先輩のお目当てのグラタンまたはドリアはありませんでした(汗)。
かわりに、炭焼きチキンのジェノベーゼソース和えサンドウィッチを注文。

DSCF1169 (480x360)
私は最初はパスタにしようかとおもったのですが、パスタは2012年9月6日のランチで食べたことがあったし、体重のことを考えれば軽めな方がいいなと思い、サラダランチにしました。
サラダはナポリサラダとシェフサラダの2種類がありましたが、生ハムが美味しそうだったので、シェフサラダをチョイス。
メインの他、スープ、ドリンクがセットです。
ガーリックトーストまたはパンを希望する場合には店員さんに申し出ます。
折角なので、もちろん、お願いしました。


ミネストローネスープ
DSCF9795 (480x360)
10分近く待って、スープが登場。

スープはミネストローネスープか本日の冷製スープから選択できます。
この日の本日の冷製スープはコーンクリームスープでしたが、私は前回冷製スープをお願いしていたのと、寒い日だったので、ミネストローネスープをチョイス。

DSCF9796 (480x360)
スープは小さめの白いお皿に入っていて、ダブルソーサーになっています。

DSCF9797 (480x360)
薄いオレンジ色のスープの表面には、小さくカットされた野菜が浮かび、中央に粉チーズがふってありました。
明るい彩りです。

DSCF9798 (480x360)
たっぷりのチーズは、味のアクセントになっていました。

DSCF9801 (480x360)
スープにはいろいろなお野菜が入っています。
かなり細かく切ってあるのではっきりしませんが、トマト、タマネギ、セロリなどが入っていたと思います。

DSCF9799 (480x360)
特に特徴的だったのが、グリーンピースや白インゲン豆など、お豆類がたっぷり。
個人的にお豆が大好きなので、これはとっても嬉しかったです。

DSCF9800 (480x360)
ただ、この日のスープはかなりぬるかったことが、とっても残念でした。


本日の冷製スープ <コーンクリームスープ>
DSCF9794 (480x360)
この日の本日の冷製スープはコーンクリームスープで、先輩はこちらを選びました。
ぱっと見では、具は見当たらず。
先輩に味の感想を聞き忘れたので、どんな感じかわかりません。


ガーリックトースト
DSCF9802 (480x360)
スープを食べている途中、ガーリックトーストが出てきました。
丸っぽい籐籠に入っていて、一人2枚です。

DSCF9805 (480x360)
ガーリックトーストにはバターがたっぷりと塗られていて、黄色くなっています。
表面はカリッとした歯触りで、ニンニクとバターの風味ががっつりと利いて、とっても美味しい!

DSCF5260_20120922100249.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
写真だとわかり辛いですが、パンの断面図を見ると、半分ぐらいの厚さまでバターがしみ込んでいるのが見えます。

DSCF1219 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
どれだけカロリーがあるんだろうと不安を覚えるぐらいです(笑)。
しっかり味なので、これだけでお酒が飲めちゃいそう。

DSCF9806 (480x360)
しばらく経って、メインが登場!


炭焼きチキンのジェノベーゼソース和えサンドイッチ (1,470円)
DSCF9807 (480x360)
こちらはジェノベーゼソースとマヨネーズで和えた炭焼きチキンを、香りの良いライ麦パンでサンドしたとのこと。
添えられたレタスはかなりの大きさで、先輩は食べるのに難渋していました(笑)。

DSCF9809 (480x360)
この野菜のピクルスは、前回食べたカレーについていたものと同じかな?
種類が多く、彩りも鮮やか。

DSCF9808 (480x360)
豪華ではありますが、サンドウィッチかと思うと、やっぱりお値段はかなりお高めかな?


サラダランチ <シェフサラダ>  (1,260円)
DSCF9811 (480x360)
シェフサラダには、パルマ産生ハム・ブロッコリー・エビ・オリーブ・トマトが入っているとのこと。

DSCF9812 (480x360)
サラダが盛られた楕円形の白いお皿は、それ程小さくはないのですが、とても大きな生ハムがのせてあって、下にあるサラダがほとんど見えません。
この面白い見た目に大満足(笑)。

DSCF9813 (480x360)
野菜は端っこからちらっと見えます。

DSCF9814 (480x360)
生ハムは少しだけ中が透けて見えるぐらいの薄さです。
2枚のせてありました。

DSCF9815 (480x360)
生ハムをめくって記念撮影(笑)。
大ぶりのたっぷりのレタスや青菜、ブロッコリー、トマトなどの野菜や黒オリーブだけでなく、エビやお魚なども入っていました。

ドレッシングがかかっていたかどうか、記憶がはっきりしません(汗)。
生ハムを少しずつナイフで切り分け、野菜などをくるんでいただきました。

DSCF9816 (480x360)
生ハムそのまま食べても、柔らかく、脂がとろける食感で、ちょうどいい塩梅で美味しかったです。
ただ、筋というか、ナイフだと切り分けにくい部分がありました。
トマトは結構大きめなカットです。

DSCF9817 (480x360)
お魚の種類はよくわかりません(汗)。
しょっぱいのかな?と最初に少し食べてみましたが、優しい味わいでした。
骨ごと食べてもとても柔らかで、ほろっと崩れます。

DSCF9818 (480x360)
あまり時間がなかったので、メインを食べ終えたら、店員さんを呼んでドリンクを持って来てくれるようにお願いしました。


ドリンク <ホットコーヒー>
DSCF9819 (480x360)
先輩は紅茶、私はコーヒーをチョイス。

DSCF9820 (480x360)
こちらはコーヒーに付いていたミルクです。

DSCF9821 (480x360)
こちらは紅茶に付いていたミルク。
種類が違う? それとも、容器が違うだけ?

DSCF9822 (480x360)
コーヒーはブラック派ですが、朝からずっとコーヒーばかり飲んでいるので、ミルクだけいれました。

DSCF9824 (480x360)
ドリンクをいただいてお食事終了。
全体のボリュームは普通です。

DSCF9825 (480x360)
この日の伝票です。


この日は事務所を出たのも遅く、入店するまで時間がかかり、お料理もゆっくり目に出てきたので、事務所に戻ったのは1時半近くでした。
Oさんが出かけるのを私たちが帰るまで待っていてくれたので、とっても申し訳なかったです(汗)。

美味しい生ハムがあると、野菜をこういう風に美味しく食べられるんだな~と勉強になりました。
家でもやってみたいです。
こちらのお店はもともと会社員向けのランチを想定していないと思うので、時間があるときでないとちょっとせわしなくなってしまいますので、ご注意下さい。
ちょっとお値段ははりますが、いつかステーキランチを食べてみたいです。


ランチメニューです↓
DSCF1164 (480x360)

DSCF9777 (480x360)

DSCF9778 (480x360)

DSCF1177 (480x360)

DSCF9780 (480x360)

DSCF1169 (480x360)

DSCF1170 (480x360)

DSCF1171 (480x360)


デザートメニューです↓
DSCF1172 (480x360)

DSCF1173 (480x360)

DSCF1174 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF1175 (480x360)

DSCF1176 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF1369 (480x360)

DSCF1370 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇

パスタランチ <スパゲッティ スモークサーモンとブロッコリーのクリームソース> (2012年9月6日
カレーランチ (2013年7月26日
サラダランチ <シェフサラダ> (2014年1月10日

本日のスープ <ビシソワーズ> (2012年9月6日
本日の冷製スープ <ガスパチョ> (2013年7月26日
ミネストローネスープ (2014年1月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日2013年12月11日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日2013年7月1日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日2014年1月10日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年1月10日訪問時お店DATA
***********************************
カフェ アントニオ アトレ四谷店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷2階
TEL 03-5379-0388
営業時間 10:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/13 07:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(4) |
汁なし黒担々麺 黒蠍  @四谷三丁目
2015年の仕事が始まったと思ったら、あっという間の金曜日。
ようやく忘れかけていた仕事を思い出して毎日働くことに慣れてきたというのに、明日から三連休に突入です。
お天気は比較的安定しているようですので、みなさま、楽しい3連休を☆

本日は、2014年10月20日にオープンした「黒蠍」のレポートです。

DSCF5075 (480x360)
2014年12月6日は2014年最後の「妻家房」でのキムチ教室でした。
教室が始まる前にいつもこの界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は「汁なし黒担々麺 黒蠍(くろかつ)」というお店へ行ってみました。

DSCF5088 (480x360)
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅の1番出口を出たら、外苑東通りを信濃町方面に進み、曲がり道を2つ超えて少し行った先に小田ビルがあり、お店はその1階です。
四谷警察のほぼ問面ぐらいです。

実は、ラーメンブロガーさんの記事を見かけただけで来てしまい、店名もわからず、地図もちゃんと確かめていなくて、かなり曖昧な記憶で歩いていたのですが、無事到着。

DSCF5091 (480x360)
お店の前にはメニューなどが書かれた小さな看板が出ています。

「黒蠍」という、ラーメン屋さんらしからぬ店名のこちらのお店は、「紅蠍 RED SCORPION」@御成門の支店で、2014年10月20日にオープンしたそうです。
本店では真っ赤な汁なし担々麺がウリですが、こちらは真っ黒な汁なし担々麺がウリとのこと。
担々麺が大好きなので、とっても楽しみでした。

DSCF5089 (480x360)
大盛り&(小)チャーハンがサービスになるほか、学割があって、学生証を提示すると麺類・飯類が100円引きになるとのこと。

この場所には、2012年9月1日にランチ訪問した「雲南米線 ~YUN NAN RICE NOODLES~(うんなんべいせん)」がありましたが、2014年夏頃に閉店したようです。

DSCF5090 (480x360)
さて入店しようと、自動ドアのボタンを押したのですが、ランプは光っているものの、動かず(汗)。
私のすぐ後に女性の二人連れが来ていたので、3人で途方に暮れていたら、店員さんが横のドアから出て来て、「こちらから入って下さい。」と店内に通されました。
このトラブルはお店の人はこのときに気付いたようで、食べ終えて帰る頃にはこんな貼り紙が出ていました。

DSCF5071 (480x360)
こちらがビルの横にあった扉です。
出入り口が2ヶ所あって良かった(笑)。

DSCF5070 (480x360)
内装は「雲南米線」時代のほぼ居抜き。
まだまだとてもキレイで、黒をメインとしたスタイリッシュでオシャレな雰囲気です。
「黒蠍」のロゴも、まるでカフェやビストロみないで、ラーメン屋さんとは思えない格好良さでした。

DSCF5068 (480x360)
入ってすぐ右に券売機があるので、先に食券を購入します。
汁なし黒担々麺がウリのお店ですがそれ以外のメニューもいろいろとありました。
私はまずは基本をと思って、汁なし黒担々麺をチョイス。

DSCF5067 (480x360)
辛さは4段階から選べます。
お店のオススメは1辛でしたが、私はもうちょっと辛い方がいいなと思って、「いい感じの辛さ」という2辛をお願いしました。

DSCF5066 (480x360)
フロアは広く、右奥に厨房があり、その周りにカウンター席があります。
私は手前の角の場所に着席。
卓上にはお水の入ったポット、コップ、台ふきんなどが置いてありました。

前客は2名ほど。
私と一緒にもう二人入店し、その後もチラホラお客さんがやってきていました。

DSCF5072 (480x360)
オシャレなはめ込みの棚も健在です。
棚にはお酢や胡椒などが入っていて、下の引き出し部分にはレンゲと割り箸が入っていました。

この右側の白いココットには紙ナプキンが入っているはずでしたが、このときはなくなっていて、食事を終えてから手を伸ばしてお隣さんの棚からいただきました(笑)。

DSCF5065 (480x360)
食券を渡すときに「麺を大盛りに出来ますが?」と聞かれたので、せっかくなのでお願いしました。

DSCF5069 (480x360)
お水をいただきながら、お料理の出来上がりを待ちます。


小チャーハン
DSCF5073 (480x360)
しばし待って、小チャーハンが登場。
お店の前に大盛りとかチャーハンとか書いてあったのには気付いていたのですが、てっきりどちらかのサービスなのかと思っていたのですが、全員につくようです。
かなりビックリでした。
麺を大盛りにしちゃっていたの、完全に食べ過ぎ(汗)。

DSCF5074 (480x360)
チャーハンは白い小さな器に入っていました。
小だけあって、量はそれ程多くはありません。
具に高菜とか入っていて、ちょっと和風でした。
多分お新香だと思うのですが、コリコリとした食感のものが入っていて、とてもいいアクセントになっていましたが、全体としては私にはやや薄味です。


汁なし黒担々麺 + 小チャーハン  (880円)
DSCF5075 (480x360)
それ程待たずに、担々麺が登場。

DSCF5076 (480x360)
とても大きな黒いオシャレな器に入っています。
カウンター越しに受け取るのにちょっと緊張しちゃいました。

DSCF5077 (480x360)
横から見ると、お皿全体がウェーブしていて、かなりオシャレです。
器がかなり大きいので、麺の量がそれ程多く見えませんが、かなりありました。

DSCF5078 (480x360)
タレの上に麺をのせ、さらに挽き肉、もやし、青菜などが積み重なっています。

DSCF5081 (480x360)
糸唐辛子が色合いとしてトッピングされていました。
胡麻もふりかけてあります。

DSCF5079 (480x360)
麺は黄色みがかった太麺で、きしめんのような形です。

DSCF5082 (480x360)
店員さんから、器の底にタレがあるので良くかき混ぜて召し上がって下さい、とのアナウンスがあったので、食べる前にかき混ぜました。

DSCF5083 (480x360)
麺量が多いからか、均等に混ぜ合わせるのは結構大変。
まるでイカスミのように、しっかりと黒っぽく染まっていきました。

DSCF5086 (480x360)
黒胡麻タレは、ゴマの風味がしっかりしていて濃い味わいがありましたが、練り胡麻みたいなイメージを持っていたので、それに比べるとそれ程こってり感はなかったです。
麺はムチムチした食感でした。
辛い味が大好きなので、辛さは程よい感じでした。
もっと辛くてもよかったかも。
全体的にちょっと油っぽかったので、途中からお酢を入れたら、味に変化はなかったものの、さっぱりとしてよかったです。
隣の人もお酢を投入していました。

DSCF5087 (480x360)
麺を食べ終えるとタレがまだ残っていたので、ご飯にのっけて食べちゃいました。
それなりに美味しいですが、白ご飯の方が合うかな?と思うので、どちらかチョイスできるといいのになぁと思います。


思いがけず、半チャーハンと麺大盛りの両方を食べてしまったので、かなりお腹いっぱいになりました。
CPは抜群です。
最近担担麺の専門店って増えていますが、黒担担麺をフォーカスしているところはそんなにないと思うので、貴重なお店かなと思います。


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のランチです↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日

◎ラーメン以外

 1  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 2  キッチン たか (2013年6月15日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年12月6日訪問時お店DATA
*********************************
汁なし黒担々麺 黒蠍  (くろかつ)
〒160-0004 
東京都新宿区左門町13-2 小田ビル1階
TEL 03-6380-0138
営業時間  
[平日] 11:00~15:00 17:00~22:00 
[土曜] 11:00~15:00
定休日 日曜・祝日
地下鉄四谷三丁目駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/09 00:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
この冬休みは旅行に出かけてしまったこともあり、例年にも増して正月太りが顕著です(汗)。
去年も3月ぐらいまで引きずっていたので、今年は早めに解消できるよう、しっかり身体を動かさねば。
一応、2015年の目標の1つはハーフマラソンをチャレンジすることなのですが、まずは走れる身体に戻すことから始めないといけないので、先は長くなりそうです(笑)。

DSCF9762 (480x360)
2014年1月9日は午前中から夕方までずっと打ち合わせをやっていた日でした。
お客様の昼食を出さなければならなかったので、多分「宮川本廛」かなと予想したのですが、12時過ぎ、ちょうど私が外出していたときに上司が会議室から出てきて、いろいろ悩んだ挙げ句「『番町 松月庵(しょうげつあん)』のカツ丼。」と指示したとのこと(汗)。
先輩が「お客様がかわいそうでは?」と食い下がり(松月庵さん、すみません。)、「オーベルジーヌ」や「たけだ」を候補に挙げたそうですが、上司は「何が可哀想なんだ?!」と反発し、結局注文することに。。。

まさかの2日連続の「松月庵」に、当初は先輩も私も別のお弁当を買いに行こうかと思ったのですが、先輩はこの日持ってきたお弁当を翌日にスライドできれば楽だからと注文することにし、私も買いに出かけちゃうとすぐに出前が来てしまって昼食をお客様に出す作業が先輩一人になってしまうので、結局、お願いすることにしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2014年1月8日だったので、2日連続です。
「松月庵」さんにはとてもお世話になっていますが、さすがに初めてだったかも。

DSCF7444 (480x360)
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF7445 (480x360)
東京松月庵麺類協同組合なる組織があるようです。
ネットで調べてみましたが、池袋にあるということしかわかりませんでした。

DSCF9758 (480x360)
配達員さんとはもうすっかり顔なじみです。

12時半近くに注文したところ、15分程で届けていただきました。
いつも早く届けていただき、本当にありがとうございます。

この日注文したのは天とじうどん。
お相伴なのをいいことに、かなりお高いメニューを頼んじゃいました(笑)。

DSCF8358 (480x360)
薬味は別の小皿でついてきます。

DSCF9885 (480x360)
お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_0531画像0001
こちらは2009年5月23日に土曜出勤した時に出前をお願いしたら、使われていた包み紙です。

2008_0531画像0002
とても丁寧な心遣いで、細かい配慮です。

DSCF9759 (480x360)
ドンブリはフタではなく、サランラップがかかっていました。


天とじうどん  (1,260円)
DSCF9762 (480x360)
いただきま~す!
メイン、薬味のセットです。

DSCF9761 (480x360)
薬味は、いつもどおり、七味唐辛子とネギとワサビの3種類です。

DSCF9763 (480x360)
表面は麺が見えない位たっぷりの卵で覆われています。
そばじゃなくてちゃんとうどんかな?と心配しちゃいました(笑)。

DSCF9764 (480x360)
彩りに、黒の海苔と緑の三つ葉がトッピングしてあります。
ラップをかけているので、三つ葉はしんなりしていました。

DSCF9765 (480x360)
海苔は小さめな長方形のものが一枚。
こちらも三つ葉と同じく、食べる頃にはシナシナになっちゃっていました。

DSCF9766 (480x360)
卵はしっかりと火が通してあります。

DSCF9767 (480x360)
白身の部分もありました。

DSCF9768 (480x360)
いつも食べる前に薬味を全て入れちゃいます。

DSCF9769 (480x360)
うどんは、いつもどおり、やや太めで柔らかでした。
ボリュームは普通です。

DSCF9776 (480x360)
麺を食べ進めていたら、お蕎麦が混じっているのを見つけました(笑)。
前に「瓢箪」でもありましたが、けっこうあることなのでしょうか。
お蕎麦の中にうどんが入っているという、逆のパターンは見つけたことがありませんが。

DSCF9772 (480x360)
卵がたっぷりなのでわかりにくいですが、海老天が1本入っています。
つゆにどっぷり浸っているので、写真を撮ろうと真ん中に寄せたら、衣がほとんどはがれちゃいました(汗)。

DSCF9774 (480x360)
海老はそこそこ大きめです。
中までしっかりと火が通っていました。


スープも全て飲み干しちゃいました。
全体のボリュームは、たっぷりの卵と天麩羅のおかげでやや多めです。
前日に引き続き、ソバつゆのダシの味わいが弱いのがちょっと残念でしたが、天麩羅の衣のおかげで少しこってり感が増したのが良かったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2013年6月18日
  かけそば   (2013年7月5日
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば   (2012年8月31日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  カレー南蛮うどん (2014年1月8日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば  (2013年12月10日
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日
  天とじうどん  (2014年1月9日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん  (2009年8月4日
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ  (2009年6月11日
  冷し山菜そば  (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  カツカレーライス
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  親子丼「上」(2013年3月27日
  カツ丼  (2010年4月6日
  カツ丼「中」 (2013年1月22日
  カツ丼「上」 (2013年9月13日
  天丼   (2012年5月8日
  天丼「中」 (2012年11月19日
  天丼「上」 (2013年5月16日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼 (2013年11月28日
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2014年1月9日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/08 00:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
今年の1月3日は私の実家での新年会でした。
お昼の12時頃から始まった食事会は午後8時近くまで続き、ずぅ~っとビールを飲みっぱなし。
メンバーは5名だったのものの、メインで飲んでいたのは多分私を含めて3人位だったのですが、お歳暮でいただいたビールセットだけでは足りず、近くのコンビニへ買い出しまでして、結果的に350ml缶と500ml缶を取り混ぜて29本飲み干したとのこと。
缶を捨てるだけでも大変だったのでは。
弟よ、申し訳ない(笑)。

DSCF9747 (480x360)
2014年1月8日のランチは、午後早くに来客があること、かなり冷え込みが厳しかったこと、2日連続でディナー訪問していて体重が心配だったことなどがあり、上司が「番町 松月庵(しょうげつあん)」を注文したので一緒にお願いすることにしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても、30分かからず持ってきていただけるので、いつも大変助かっています。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2013年12月10日だったので、約1ヶ月ぶりでした。

DSCF7444 (480x360)
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF7445 (480x360)
東京松月庵麺類協同組合なる組織があるようです。
ネットで調べてみましたが、池袋にあるということしかわかりませんでした。

DSCF9740 (480x360)
配達員さんとはもうすっかり顔なじみです。

12時少し過ぎに注文したところ、15分かからず届けていただきました。
店員さんから新年のご挨拶をいただいたので、「こちらこそ今年もよろしくお願いします。」とご挨拶。

前回の注文で全メニューを制覇したので、麺違いで注文してみようと思い、この日はカレー南蛮うどんをお願いしてみました。
でも、結果的にはまだ全メニューを制覇していなかったのですが(笑)。

DSCF8358 (480x360)
薬味は別の小皿でついてきます。

DSCF9885 (480x360)
お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_0531画像0001
こちらは2009年5月23日に土曜出勤した時に出前をお願いしたら、使われていた包み紙です。

2008_0531画像0002
とても丁寧な心遣いで、細かい配慮です。

DSCF9743 (480x360)
うどんのドンブリはフタではなく、サランラップがかかっていました。


カレー南蛮うどん  (940円)
DSCF9747 (480x360)
いただきま~す!
メイン、薬味のセットです。

DSCF9749 (480x360)
薬味は七味唐辛子とネギとワサビの3種類です。

DSCF9750 (480x360)
カレー南蛮うどんは黒いドンブリの中にたっぷりのソバつゆが入っていました。
うどん、タマネギ、お肉が顔をのぞかせています。
彩りがないので、モノトーンな表情でした。

DSCF9751 (480x360)
お肉は豚の小間肉でしょうか。
そこそこ入っていて、柔らかでした。

DSCF9752 (480x360)
この日、先輩はカレー南蛮蕎麦を注文。
見比べてみて、どちらがどちらかわからなかったらどうしようと話していたのですが、つゆの表面にそれぞれの麺が浮かんでいたので、その心配は杞憂に終わりました(笑)。
写真を撮ったはずなのに、間違えて捨ててしまったようで、残念!!

DSCF9753 (480x360)
いつも食べる前に薬味を全て入れちゃいます。

DSCF9754 (480x360)
いつもはソバつゆが美味しい「松月庵」ですが、この日はダシがあまり利いていなくてとてもあっさりしていました。
ややとろみがかったカレーの味わいも、辛さやスパイシー感があるわけではないので、存在感が薄かったです。
先輩に聞いてみたところ、カレー南蛮蕎麦も同じような感じだったとのこと。

DSCF9757 (480x360)
うどんはやや太めで柔らかでした。
ボリュームは普通です。


いつも安定した味わいの「松月庵」の蕎麦つゆですが、この日は日によるブレなのか、少し作り方が変わったのか、ちょっと好みではなくて残念でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2013年6月18日
  かけそば   (2013年7月5日
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば   (2012年8月31日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  カレー南蛮うどん (2014年1月8日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば  (2013年12月10日
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん  (2009年8月4日
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ  (2009年6月11日
  冷し山菜そば  (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  カツカレーライス
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  親子丼「上」(2013年3月27日
  カツ丼  (2010年4月6日
  カツ丼「中」 (2013年1月22日
  カツ丼「上」 (2013年9月13日
  天丼   (2012年5月8日
  天丼「中」 (2012年11月19日
  天丼「上」 (2013年5月16日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼 (2013年11月28日
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
メニュー4


メニュー3


メニュー1


メニュー2



2014年1月8日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/07 00:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(4) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
昨日は仕事始めで久しぶりの出勤でした。
意外と全体が動き始めてやることが満載だったのに、仕事嫌いの上司は午後3時過ぎには切り上げて新年会に出かけることになっちゃいました(汗)。
新年早々、今週はどっかでがっつり残業しなきゃ仕事が追っつかなそうです(泣)。

DSCF9686 (480x360)
2014年1月7日は、2014年の会社出勤2日目。
前日は、会社で午後軽く新年会をやって解散という予想を完全に裏切り、T事務所様と一緒に焼肉屋に行って食べまくり・飲みまくりの大宴会になりました(笑)。
この日の夜は当初から来客を招いて会食を予定したので、お正月太りの上に2日連続のディナーはさすがにきついと思い、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」にお蕎麦を買いに行きました。
前日の2014年1月6日のランチでも「蔵や」でお蕎麦を食べたので、様子はだいぶ違うものの、2日連続のお蕎麦です(笑)。

DSCF7041_20130905083820fa6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
前回購入したのは2013年12月13日だったので、約3週間ぶり、37回目です。

DSCF3011_20130607210051.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF1224_20130419071337.jpg
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
時々男性が一人入ることも。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
12時20分ぐらいに買いに行ったところ、テイクアウトの先客はゼロで、後客は1名。
店内はそこそこお客さんが入っていました。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

DSCF9679 (480x360)
持ち帰りのビニール袋は一般的なシンプルで真っ白なものです。

DSCF9681 (480x360)
この日のチョイスはまだ食べたことのなかった肉そば。
食べようとしたら、上司から「2日続けて焼肉か!」と声をかけられました(笑)。
まぁ、焼肉といえば肉で、牛肉ですが、、、。

DSCF9780_20130316092337.jpg
薬味として七味唐辛子がついています。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF9683 (480x360)
おそばの容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。


肉そば (420円)
DSCF9686 (480x360)
いただきま~す!

DSCF9690 (480x360)
「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどのメニューにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

長ネギは小口切りです。
彩りのアクセントになっています。

DSCF9689 (480x360)
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
かなり薄切りでした。

DSCF9688 (480x360)
ワカメです。
結構量が多め。

DSCF9691 (480x360)
お肉は薄切りですが、かなりたっぷり目に入っていました。
しっかりと甘辛く煮付けてあります。

DSCF9692 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。
ピリ辛の七味唐辛子が、甘辛い味付けのお肉にとても良くあいました。

DSCF9694 (480x360)
お蕎麦は、いつもどおり、ややのび気味でもったりと柔らかな食感でした。(笑)。
「瓢箪」のソバつゆは甘くないのは好みですが、ダシの味わいが薄くてあっさりしています。
でも、肉そばだとお肉の旨みがじんわりと広がり、とても美味しくなっていました。

DSCF9680 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームはそれ程多くありませんが、お肉が入っていたので食べごたえはありました。
正月太りを解消するためにはカロリー低めでがんばらないと!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 かき揚うどん
 きつねそば (2013年1月9日
 きつねうどん
 とろろそば (2013年11月29日
 とろろうどん
 メンチそば
 メンチうどん (2012年4月10日
 力そば
 力うどん (2012年2月27日
 肉そば  (2014年1月7日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 カレーうどん
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶそば (2013年6月13日2013年11月29日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケそば
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見そば
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけうどん  (2012年5月15日
 ちくわそば
 ちくわうどん

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねそば
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろそば
 冷しとろろうどん
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しめかぶうどん
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきそば
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわそば  (2013年7月17日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 冷しちくわそば
 辛み大根の冷しおろしそば
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 牛丼
 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 カレー丼
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年1月7日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
営業時間 7:00~17:00
定休日 土・日・祝日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/06 04:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(4) |
十割そば・地酒 蔵や  @四谷
みなさま、楽しい冬休みだったのでしょうか?
私は今日から仕事が始まります。
長かった冬休みも、旅行に出ていたこともあってあっという間でした。
2015年、気持ちを新たにがんばります☆

DSCF9532 (480x360)
2014年1月6日は、長かった冬休みが終わり、2014年最初の出勤日でした。
仕事は早々に終えて新年会に突入したかった上司はお昼ぐらいから飲み始めたかったようですが、参加予定だったT事務所が午後3時ぐらいにならないと合流できないとのことだったので、とりあえず外へランチを食べに行くことになりました。

出かける前に2013年最初のランチはどこに行ったかという話になったので、確か「十割そば・地酒 蔵や(くらや)」で日本酒飲んだりしたような気がします、、、と言ったのですが、後から調べたら、それは2012年のことで、1年前は「嘉賓」に行っていました(笑)。
ただ、この時の話を覚えていたのか、三栄通りに入った上司は「蔵や」へ。

2010_0419画像0060
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、すぐ左にある綿半野原ビルの1階にあります。

2010_0419画像0062
「蔵や」は、しんみち通りに2008年3月17日にディナー訪問2008年11月21日にランチ訪問した「焼酎 炭火焼き 六蔵」という系列店がありましたが、2009年の年末に閉店。
2009年7月15日に訪問した「飲み処 喰い処 膳菜や 市ヶ谷店」も系列店のようです。

2010_0419画像0061
前回ランチ訪問したのが2012年12月27日だったので、1年以上ぶりでした。

DSCF9551 (480x360)
ビルの前にランチメニューの看板が出ています。

DSCF4862.jpg
こちらのお店では、石臼挽きの群馬県の赤城産のお蕎麦を使っています。
昔の記事を見てみると、2009年7月15日に訪問した「飲み処 喰い処 膳菜や 市ヶ谷店」も同じお蕎麦を使っていました。

DSCF4863.jpg
ランチタイム(11:30~14:30)は禁煙です。

DSCF4634_20121012212028.jpg
フロアは広く、テーブル席が奥にずっと続いています。
事務所で日本酒などを軽く乾杯するなどして遅くなっていたので、お店に到着したのは午後1時過ぎでした。
それでも店内はかなりの賑わいで、8割程の人の入り。
私たちはフロア中程にある半個室の4人用テーブルに着席。

卓上にはお醤油、爪楊枝、コップ、ポットなどが置いてあります。

DSCF9522 (480x360)
置いてあったこちらの容器を開けてみると、、、

DSCF9523 (480x360)
七味唐辛子でした。

DSCF4635_20121012211939.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
席によって呼び出しボタンが置いてあります。

DSCF9519 (480x360)
着席して、お茶をセルフで入れました。

DSCF9512 (480x360)
おしぼりは着席すると店員さんが持って来てくれたような気がします。

DSCF0041_20131128052516bc5.jpg
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF9517 (480x360)
ランチメニューです。
メニューは季節によって結構変わっているようです。

DSCF9514 (480x360)
メニューは大きく分けて十割そば、讃岐うどん、お昼のセットの3種類です。
単品で葉わさびご飯があり、お値段は200円です。

DSCF9515 (480x360)
定番メニューは十割そばが16種類、讃岐うどんが3種類、お昼のセットが5種類、お値段は630円~980円です。

DSCF9550 (480x360)
この日の伝票です。
私は年末年始の暴飲暴食で体重がかなり高めに推移していたので、お蕎麦にしなきゃと思い、季節メニューらしい牡蠣の玉子とじそばを注文。
先輩は、私が2012年12月27日に食べたカレー蕎麦にしました。

DSCF9520 (480x360)
卓上にこんなお酒が紹介されたポップが置かれていました。
2012年1月6日の仕事始めで来たときは、夜のお酒のメニューが置いてあったのか、それとも、上司がわざわざ持って来てもらったのか定かではありませんが、日本酒の黒龍を注文しました。
この日は特にメニューはお願いせず、こちらの澪というお酒をオーダー。

DSCF9521 (480x360)
卓上には呼び出しボタンなどはなかったので、店員さんに声かけをしました。
この日は忙しそうだったこともあり、つかまえるのが結構大変。
残念だったのは、担当した女性の店員さんが注文やお茶の補充をしたときにとても無愛想な反応だったこと。
笑顔は無く、返事も聞こえるかどうかの大きさで、こちらのお願いが通っているのかちょっと不安でした。


松竹梅白壁蔵 澪  (980円)
DSCF9525 (480x360)
今年もよろしく~とのことで、乾杯!

DSCF9527 (480x360)
「澪」は松竹梅白壁蔵の作った、最近よく見かける日本酒のスパークリングです。

DSCF9530 (480x360)
アルコールは5%と低くて飲みやすいとのこと。

DSCF9526 (480x360)
グラスに注いでみると、確かにしゅわしゅわと白い泡がはじけます。
すっきりとした甘さでとても飲みやすかったです。
うーん、これはなかなか美味しい。
甘めなお酒が好きな人がお客さんが来るときにはぴったりかも。


牡蠣の玉子とじそば  (950円)
DSCF9531 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。
メイン、薬味、お箸、スプーンのセットです。
赤い縁の黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF9532 (480x360)
お酒ものっけて、いただきま~す!

DSCF0055_2013112805243020e.jpg
お箸は割り箸です。
箸袋には店名が入っていました。

DSCF9534 (480x360)
薬味は2種類あり、2連の器に盛ってあります。

DSCF9535 (480x360)
1つは長ネギの小口切りで、、、

DSCF9536 (480x360)
もう1つは白胡麻です。

DSCF9533 (480x360)
お蕎麦は背の高い器に入っていました。
たっぷりの玉子に閉じられていて、お蕎麦は見えません。

DSCF9539 (480x360)
中央に三つ葉が彩りとしてトッピングされていました。

DSCF9540 (480x360)
玉子はしっかり目に火が通してあります。

DSCF9545 (480x360)
食べる前に薬味を全部のせちゃいました。

DSCF9546 (480x360)
ソバつゆは温かく、ダシがしっかりと利いていて美味しい。

DSCF9547 (480x360)
牡蠣はしっかりと火が通っていますが、それでも結構な大きさです。
数もそこそこ入っていました。
ただ、磯臭さというか、かなり牡蠣の存在感があったので、苦手な人は辛かったかも。
ぷっくりと膨らんだ牡蠣は柔らかでした。

DSCF9549 (480x360)
お蕎麦はやや平べったく、グレーがかっています。
温かいおつゆに入った麺ですが、少しシャッキリした歯応えがありました。
ボリュームは普通です。


カレー蕎麦  (920円)
DSCF9542 (480x360)
先輩が注文したカレー蕎麦です。

DSCF9543 (480x360)
私も2012年12月27日にこちらのメニューをいただきました

DSCF9544 (480x360)
こちらのメニューには小ごはんが付いています。


汁も全ていただき、お腹いっぱいになりました。
全体のボリュームは普通です。
2014年もいよいよスタート。
1年しっかり働かねばと、心を新たにがんばります!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

芽かぶとオクラのそば  (2007年8月17日
けんちん汁せいろ  (2007年12月17日
鮪のヅケ丼とせいろ  (2008年4月22日
讃岐うどんとしらすおろし丼(温) (2010年4月19日
地鶏の親子丼とおそば (2011年2月1日
地鶏のつくねそば   (2012年1月6日
カレー蕎麦  (2012年12月27日
牡蠣の玉子とじそば  (2014年1月6日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF4628.jpg

DSCF4629_20121012212029.jpg


ドリンクメニューです↓
DSCF4642_20121012211834.jpg

DSCF4648_20121012211735.jpg

DSCF4649_20121012211734.jpg

DSCF4650_20121012211734.jpg

DSCF4641_20121012211834.jpg

DSCF4643_20121012211834.jpg

DSCF4644_20121012211834.jpg

DSCF4645_20121012211833.jpg


2014年1月6日訪問時お店DATA
****************************
十割そば・地酒 蔵や (くらや)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-4-2 綿半野原ビル1階
電話 03-3356-7571
営業時間 
[平日] 11:30~14:00(L.O.) 17:00~23:30(L.O.22:30) 
[土日] 11:30~14:00(L.O.) 17:00~22:00(L.O.21:00) 
定休日 祝日、年末年始
JR・地下鉄四谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/05 06:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(3) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室・番外編】  @四谷三丁目
長くて楽しかった冬休みも今日が最後。
私は今日でようやく2013年の記事をアップし終えることが出来ました。
亀過ぎる歩みで本当に申し訳ないです。
2015年もゆるゆるお付き合いいただければと思っています。

DSCF9486 (480x360)
2013年12月28日頃、昨年の冬に引き続き、「妻家房(さいかぼう)」からお鍋セットが自宅に届けられました。
とっても美味しいお鍋なので、冷蔵庫に入れておき、大晦日のディナーにいただきました。
ボリュームたっぷりなので、ダイエットも兼ねて、午後5時ぐらいから食事スタート。

入口

「妻家房」の四谷本店は、地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと右側にあります。
通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。

2008_1025画像0017
1階に韓国食材販売店とキムチ博物館があり、2階と3階がレストランになっています。
写真は1階奥にあるキムチ博物館で、この場所でキムチ教室が行われています。

2009_0126画像0048
こちらは以前撮影した写真です。
いただいたものは、冬のギフトとして販売しているこちらのお鍋のセットです。

DSCF4482_20121009042457.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
送られてきた箱は目を奪われるど派手な赤でした。

DSCF9450 (480x360)
ドキドキしながらオープン!

DSCF9455 (480x360)
フタを開けると、こんな感じです。
箱の中にはぎっしりと食材が詰まっていました。

DSCF9456 (480x360)
箱から全ての小袋を取り出してみると、こんな感じです。
大きく分けて、お肉、野菜、スープ、キムチに分かれています。
こちらのセットは3~4人前のボリュームとのこと。

DSCF9463 (480x360)
毎年同じ商品をいただいていますが、パッケージなどが少しずつ変わっています。

DSCF9464 (480x360)
お肉は鹿児島産黒豚のバラスライスです。

DSCF9465 (480x360)
消費期限が1日過ぎちゃっているけど、気にしない!(笑)。
一応、食べるのが遅くなることがわかっていたので、チルドに入れておきました。

DSCF9459 (480x360)
スープで小袋で3つに分けてあり、何回かに分けて使うこともできるようになっています。

DSCF0137_201312100601184d4.jpg
私は1回で食べ切っちゃいますが(笑)。

DSCF0138_201312100600347a1.jpg
こちらも以前撮影した写真です
そのままお鍋に入れるだけで、薄める必要もなく、とっても簡単☆

DSCF9457 (480x360)
お鍋の味の決め手になる妻家房の美味しい白菜キムチがたっぷりと入っています。

DSCF9458 (480x360)
袋には外装の箱にもあったロゴデザインが描かれていました。

DSCF0136_201312100601153ff.jpg
こちらも以前撮影した写真です
白菜キムチは豚肉よりは消費期限が長かったです。

DSCF9460 (480x360)
豚肉、スープ、キムチ以外の材料は一つの袋にまとめてあります。

DSCF9462 (480x360)
四谷本店特製とのこと。

DSCF9466 (480x360)
お肉と同じ消費期限でした。
なので、こちらも過ぎていますが、気にしない(笑)。

DSCF9467 (480x360)
開けてみると、小袋がこんなにたくさん!
8種類の具材とタデギが入っていました。
全てカット済みなので、調理は包丁いらずです。

DSCF9478 (480x360)
味のアクセントになるタデギです。
こちらのタデギ、とっても美味しいですが、全部入れるとけっこう辛くなるので要注意。

DSCF9468 (480x360)
8種類ある具材は、春菊、、、

DSCF9471 (480x360)
ニンジン、、、

DSCF9474 (480x360)
シイタケ、、、

DSCF9470 (480x360)
エノキ、、、

DSCF9475 (480x360)
長ネギ、、、

DSCF9473 (480x360)
トック、、、

DSCF9472 (480x360)
タマネギ、、、

DSCF9476 (480x360)
戻してある春雨が入っていました。

DSCF0140_2013121006003784c.jpg
キムチ鍋の作り方の紙が入っています。

DSCF0141_20131210060040308.jpg
作り方はとっても簡単。
お鍋に油を引いて温めたら、一口大に切ったお肉を炒め、火が通ったらキムチもさっと炒めます。

DSCF0143_201312100600430bf.jpg
スープを加え、沸騰したら野菜を加え、柔らかくなるまで煮込みます。
お好みで豆腐を加えるといいそうです。
最後にタテギを入れて味見をし、足りなければ塩などで調整してできあがりです。

DSCF9482 (480x360)
いよいよお鍋作りです。
このお鍋のスープはどんな具材でも合うので、いつもたくさんのものを追加しちゃいます。

DSCF9483 (480x360)
追加したのは、白菜、長ネギ、長ネギ、シメジ、、、

DSCF9484 (480x360)
オクラ、ダイコン、エリンギ、ゴボウ、百合根などなど。
キノコが大好きなので、いつもあるだけたっぷり。
豪華に海産物のホタテ、タラ、アサリも投入。

DSCF9486 (480x360)
手順に従って材料を投入。
スープの赤さが食欲をそそります。
具材はいっぺんには入らないので、少しずつ。

一年前は、ダシが弱くて淡白すぎる一方で、炒める時のゴマ油を入れ過ぎて脂っぽくなってしまったので、今回は豚バラ肉の持っている脂でじっくり焼こうと思って少なめの油にしました。

DSCF9487 (480x360)
うーん、ホタテがぷっくりと膨らんで、とっても美味しそう!
去年はホタテを煮込みすぎてかたくなってしまったので、出来上がり直前にい入れてレアっぽくしてみました。

DSCF9490 (480x360)
お肉にも火がしっかり通ったので、いただきま~す!

DSCF9491 (480x360)
実は、最初の一杯目を食べたとき、タデギを入れるのを忘れていました(汗)。
ただ、それでも白菜キムチのせいか、しっかりとした辛さと旨みがあって、食べているときは気付かない程でした。
お鍋のお替わりを作るときに加え、しっかり辛くして食べました(笑)。

DSCF9493 (480x360)
スープが明らかにさらに赤くなりました(笑)。
前回はちょっとコクが弱い感じがしたので、今回アサリを入れてみたのですが、これが大正解。
とっても美味しいスープになりました。

DSCF9495 (480x360)
お鍋の最後のお楽しみ。
〆にご飯と卵とネギを追加して雑炊にしました。

DSCF9497 (480x360)
全ての美味しさを吸い込んだ雑炊は格別です。
食べ過ぎでお腹パンパンになりました。


これまでの何回かの反省点を踏まえ、今年はかなり満足できるお味でした。
大晦日の夜にふさわしいご馳走で、ステキな一年の締めになりました。
ただ、あまりのボリュームに、お正月に体重ががっちりアップしていましたが(笑)。
本当にごちそうさまでした☆


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日
ソクバクジ (2007年10月20日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ (2010年2月20日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年12月31日調理時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2015/01/04 08:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ラーメン二郎 小岩店 ~家二郎~  @小岩
みなさま、改めまして、新年あけましておめでとうございます。
無事旅行から戻り、この記事を書くことが出来ました。
冬休みも後半戦。
残りを楽しくお過ごし下さい。

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「ラーメン二郎」のレポートです。

DSCF9439 (480x360)
2013年の仕事を終えた翌日の12月28日、ずっと「ラーメン二郎 小岩店」からメールが来るのを待っていました。
2012年から最終営業日の次の日に家二郎セットを売り出すようになり、午前9時頃に販売開始のメールが来た記憶があったのですが、この日はなかなか来ない(汗)。
昨年は二日酔いで朦朧としていましたが(笑)、前日の納会はそれ程の飲みにはならなかったので、元気に待ち構えていたところ、9時43分に待ちに待ったメールが届いたので、すぐに自転車で飛び出して買いに行きました。

DSCF0878_20120612231834.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お店に行くには、JR総武線小岩駅の北口を出てイトーヨーカ堂の脇をまっすぐ進むと蔵前橋通りに出ます。
小岩駅北口交差点を渡って通りの反対側に行ったら左折します。
交差点の角にある吉野家の4、5軒先です。

DSCF0879_20120612231833.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店に到着すると、先客も後客もゼロでした。
よかった!

お店の入口すぐのところに品物を並べ、シャッターを半分ぐらい開いた感じで販売していました。

DSCF0880_20120612231832.jpg
こちらのお店の営業時間は、月曜日から土曜日の午前10時30分から午後3時と、とっても短いです。
日曜祝日はお休みで、いつも大行列が出来ていて、売り切れ終いもあります。
開店時間が午前10時30分ってラーメン屋さんにしては結構早いです。

実店舗には2011年9月27日に訪問しています。

DSCF9426 (480x360)
ラーメンセット(2,000円)が15セット、汁なしセット(1,000円)が50セット、豚一本売り(1,000円)が12本を販売していました。
昨年は汁なしのみでしが、今年はラーメンも登場。
この日はラーメン1セットとチャーシュー1本を購入。

店員さんに会計をしてもらっているとき、店主さんに「どれぐらい保ちますか?」と聞いてみました。
そのままだと3日だそうです。
凍らせればもっと保つとか。
ただ、早く食べた方が美味しいとのこと。

本当は年越し二郎にしたかったのですが、この年はカレンダーの並びのせいで、3日以上になってしまうので、2013年12月30日の昼ご飯にいただきました。


豚 (1,000円)
DSCF9430 (480x360)
ラーメン二郎の中で小岩店の豚はかなり美味しい方だと思うので、とっても嬉しい♪

DSCF0114_2013120906302908d.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
袋から取り出すとこんな感じです。
かなりの大きさ。

DSCF0116_201312090630323d6.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べると結構柔らかい食感ですが、切るときは少し固めで切りやすかったです。

DSCF0117_20131209063034d11.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
たっぷり豚を楽しめるよう、ぶ厚く切っちゃいました。

DSCF9428 (480x360)
麺は半透明のビニール袋に入っています。

DSCF9432 (480x360)
取り出してみました。
二郎らしい、灰色っぽい太い平打ち麺です。
これが茹で上がると白くなるから不思議。

前年に初めてトライしたときは、麺がのびてしまってすごくがっかりしたので、今度こそちゃんど茹でよう!と決意していました。
茹で時間は5~8分と店主さんから聞いたので、手際ののろい自分は6分に決定。

DSCF9429 (480x360)
スープ(タレ?)です。
密封バックされていました。
白い脂の部分と黒っぽいタレに完全に分離しています。

スープを溶かそうと湯煎していたら、鍋肌にあたっていた部分が溶け始めてしまい、大慌て(汗)。
何とか中身をこぼすことはなく、ある程度中身が柔らかくなったので、別の小鍋に写して温めました。
調理には問題はなかったのですが、この時のビニール素材がお鍋にがっちりついてしまってガッカリ。

DSCF9433 (480x360)
セットとは別にニンニクを小袋でいただきました。
既に皮をむいたものです。
去年はなかったような気がする、、、?

ニンニクは、ぷっくりと膨らんでとっても大きいものが5つもありました。
特にどこかへ出かける予定はなかったものの、あまりにたっぷりになりそうなので、2つは残しました。
後日味玉作りに使ったのですが、すっごく風味が強く、やっぱり二郎のニンニクはその辺で市販されているのものよりも、すごく良いものだなぁと思いました。
青森産かな?

DSCF0107_20131209063131717.jpg
前回は作り方が細かく書いてある、こんな紙がはいっていましたが、今回は写真を撮り忘れてしまったのか、入っていなかったのか、写真がありません(汗)。
でも、販売日の午後12時半過ぎぐらいに使い方の詳しいメールが届いたので、特に困りませんでした。


家二郎
DSCF9439 (480x360)
無事、完成!
いただきま~す。
もちろん、器も温めました。

DSCF9447 (480x360)
お店よりもキャベツをたっぷり目に入れ、豚も厚切りでたくさん添えちゃいました。

DSCF9438 (480x360)
生ニンニクは粗みじん切りで。

DSCF9437 (480x360)
野菜は茹でもやしと、、、

DSCF9444 (480x360)
茹でキャベツ。
キャベツが多いと彩りが良くなります。

DSCF9435 (480x360)
麺は去年に比べたら、かなり美味しくできました。
ただ、失敗だったのは豚で、冷蔵庫で保管していたものをビニール袋に入れて沸騰したお湯に湯煎したのですが、ちょっと甘かったようで、まだまだ中が冷たかったです。

家人からも「豚が美味しくない。」と大変不評でしたが、お正月にお雑煮を作るときに小さくカットして投入してみたところ、つゆとしっかり馴染んでとっても美味しくいただけました。
ただ単に、この時の準備が足りなかったようです。

うーん、課題が次々と(泣)。
ともあれ、総じて前年よりは美味しくいただけました。
あと、改めて自分でラーメンを作ってみると、出来上がりのタイミングに合わせて麺とスープとトッピングを準備するのが本当に大変。
いつも自分がラーメン屋さんに食べに行くと「出てくるのが遅い!」と簡単に思っちゃいますが、作業がこんなに大変なのかと自分のぶきっちょさを差し引いたとしても、大変なんだと実感しました。
日本中にあるラーメン屋さんを改めて尊敬します。

2013年は残念ながら日程の都合で年越し二郎にはなりませんでしたが、私にとって年末の大きな楽しみです。


2012年12月28日購入時お店DATA
*****************************
ラーメン二郎 小岩店 (じろう) 
〒133-0057 
東京都江戸川区西小岩3-31-13
営業時間 10:30~15:00
定休日 日祝
JR総武線小岩駅北口から徒歩4分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/03 08:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(1) |
~☆~ A HAPPY NEW YEAR 2015 ~☆~
みなさま、2015年、明けましておめでとうございます☆

楽しいお正月を過ごされているでしょうか。

2007年4月から始めたこちらのブログ、なんと8回目!!のお正月を迎えることが出来ました。
流行にのって始めただけで、テーマも単なる思いつきだったのに、
まさかこんなに長く続いて自分の生活にしっかりと根を下ろすことになろうとは、全く思ってもみなかったです。
これも全て、遊びに来て下さっている方々のおかげです。
1年前の自分を振り返る日記のようになっていて、
しかも、職場の事情で同じお店の情報が続いてしまっているにも関わらず、
日々アクセスしていただき、とってもとっても感謝しています☆
今年も引き続き、新店やディナー情報を織り交ぜてのんびりと続けて行く予定です。

こんなだらだらブログですが、美味しいご飯を通じて楽しい時間を過ごすことのお手伝いが出来ればと、
切に願っております。

皆様にとって今年も充実した一年になりますように☆

2015年 元旦  

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2015/01/01 00:00】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる