こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ  @四谷
本日も、周回(年)後れを回避すべく、記事をアップします。
今月は日数が短いということもありますが、毎日更新することが出来ました。
このブログもだいぶ長く続けていますが、初めてだと思います。
ちょっとだけ、自画自賛(笑)。
みなさま、楽しい土曜日を☆

DSCF2848 (480x360)
2014年3月3日は、週の最初の月曜日。
上司・Oさん・Iさんはお昼時に不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
あまりお店のことを考えていなくて、とりあえず四ッ谷方面に向かい、確か「ながい」に行こうとして12時20分頃にしんみち通りに入ったところ、いつも大行列の出来ている「こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ」の待ち客がわずか2・3名しかいませんでした。
こんなチャンスは滅多にない!と先輩が希望し、そのまま列に加わることに(笑)。
私は前週の2014年2月27日にIさんと来ていたのですが、これだけ美味しいお店にこんなに頻繁に来られることは滅多にないので、とっても嬉しかったです。

DSCF5251 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに向かい、通りに入ってすぐ右手にあります。
この界隈ではダントツの人気店で、時間を問わず、いつも行列が出来ています。

DSCF5211 (480x360)
市ヶ谷経済新聞によれば、四谷の老舗人気店「洋食エリーゼ」が2011年9月25日に閉店し、翌日の9月26日に揚げ物専門店として「こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ」としてリニューアルオープンしたとのこと。

お店の前にはいつも長蛇の列が出来ているので、お弁当を受け取ろうと並ばずに店内に入ろうとすると、何となく痛い視線にさらされるので、先輩はいつも大きな声で「お弁当取りに来ました!」と言っているそうです。
テイクアウトができることを知らないお客さんから「持ち帰れるんだ~。」という言葉が聞こえてくるとか(笑)。

DSCF2566 (480x360)
前回ランチ訪問したのは2014年2月27日だったので、4日ぶりでした。
前回テイクアウトしたのは2013年12月27日でした

DSCF5218 (480x360)
こちらが営業時間です。

DSCF5219 (480x360)
お料理は全品持ち帰り可能です。
入口近くにテイクアウトのメニューが置かれています。

DSCF2837 (480x360)
お店の前にはメニューの書かれた小さな看板が出ています。

DSCF2836 (480x360)
この時期は、季節メニューで牡蠣のお料理を楽しめます。
このカキバター焼定食、とっても美味しそう。
ただ、このメニューは平日は午後1時以降とのこと(泣)。

DSCF2564 (480x360)
並んでいる途中、店員さんがメニューを持って来てくれるので、先にオーダーをします。

DSCF2565 (480x360)
こちらがメニューです。

DSCF2566 (480x360)
フライやカツを中心にかなり種類が豊富で、メニュー選びに迷います。

DSCF2562 (480x360)
午後1時以降だけですが、「エリーゼ」時代のメニューが3種類だけ復活しています。
土曜日だと午前11時から注文が可能です。

DSCF2563 (480x360)
2013年10月16日に先輩と食べてメチャクチャ美味しかったサーモンクリームコロッケは見当たりませんでした。
生鮭の手に入る、秋の一時期しか食べられないのでしょうか。
とっても残念。

私は、ちょっと違ったタイプのメニューを食べてみようかと思い、メンチカレーをご飯少なめで注文。
エリーゼ」時代を含めて、カレーはほとんど食べたことがありません。

先輩は「あれ、こんな味あったっけ?美味しそう。」といい、前回私が食べたのポークサルサカツ定食のご飯少なめでチョイス。
好みが似ているので、食べるメニューがよくかぶります(笑)。

DSCF2576 (480x360)
5分位で入店出来ました。

店内は奥へ向かって細長くのびていて、右手に厨房、その前がカウンター席、手前に一つだけ二人用のテーブル席があります。
細長くてかなり狭いです。

DSCF2841 (480x360)
店内は終日禁煙です。

DSCF3531.jpg
カウンター席からは厨房がよく見えます。
厨房の中の店員さんは結構たくさんいらっしゃいます。
サービス担当の店員さんは「四谷たけだ」のネームが入ったTシャツを着ていました。

DSCF3533.jpg
カウンターの上には、生野菜が盛られたお皿がずらりと並んでいます。

DSCF2573 (480x360)
「たけだ」では、複数の人数で行くとバラバラに着席することも多いです。
私たちはカウンターの手前側に並んで着席。
お客さんは男性が多いです。

卓上には洗い箸、お水のポット、カトラリー、紙ナプキン、爪楊枝、お新香、ドレッシング、各種調味料などが置かれています。

DSCF5224 (480x360)
ドレッシングはゴマドレッシングです。
好みでいろいろと食べられるよう、ソース、醤油、塩、タバスコ、からしなど、いろいろな調味料がありました。

DSCF5222 (480x360)
塩はテキサス岩塩です。

DSCF5225 (480x360)
壺にはタクアンが入っていました。

DSCF5220 (480x360)
お水をいただき、お料理が出てくるのを待ちます。

DSCF2847 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
いただきま~す!


ポークサルサカツ定食 ご飯少なめ  (1,080円)
DSCF2846 (480x360)
先輩の注文したメニューです。

DSCF2844 (480x360)
私の食べた感想と同じで、しっかり辛くとても美味しかったとのこと。


メンチカツカレー ご飯少なめ  (960円)
DSCF2848 (480x360)
10分程待って、お料理が登場!
大きな丸い白皿に、上の方にメンチとサラダ、下の方にカレーが盛りつけてあります。
メンチが大きく、カレーがたっぷりなので、ご飯は全く見えません。
カレーメニューはお味噌汁が付かないんですね。
ちょっぴり残念。

DSCF2851 (480x360)
サラダはパセリをトッピングしたキャベツの千切りと、ポテトサラダの2種類です。
サラダはどのお料理にも共通の定番です。

DSCF2852 (480x360)
ポテトサラダは粗めに潰したジャガイモにニンジンなどの野菜が入っています。

DSCF2853 (480x360)
キャベツの千切りにはパセリがトッピングしてあります。

DSCF2854 (480x360)
キャベツにはゴマドレッシングをたっぷりとかけていただきました。

DSCF2849 (480x360)
焦げ茶色のルーはしっかりととろみがついていて、具はジャガイモなどが入っていますが、それ程多くはありません。
洋食屋さんの本格カレーとのことで、お味は辛さやスパイシー感はそれ程でもなく、食べやすいです。
ご飯が少なめでルーがたくさんかかっているので、よりたっぷり感がありました。

DSCF2850 (480x360)
ぶ厚いメンチは食べやすいようにあらかじめ4つに切り分けられていました。
1個で150gあるとのこと。

DSCF2855 (480x360)
断面を見るとうっすらとピンク色で、肉汁があふれ出ていてと~ってもジューシー。
衣はサクサクで、お肉はやわらか。
厚みがあるので食べごたえも充分。
「たけだ」のメンチを食べたのは久しぶりでしたが、すっごく美味しい。

DSCF2857 (480x360)
この日の伝票です。


個人的には、たけだの数あるメニューの中ではカレーがいちばんフツーな味わいじゃないかと思います。
それでも、カレーに大きなメンチがついていたので、お腹いっぱいです。
メンチがとても美味しかったので、メンチの入ったフライミックスなども食べてみたくなりました。
たけだはメニュー豊富で、まだまだ食べたいものがいろいろあるので、今日のように空いている幸運をつかんで通いたいです。
食べるのに時間がかかったこともあり、先輩を残して私が先に事務所に帰りました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

<たけだ>
イートイン
  カキミックス定食 (2011年12月14日
  特選もちぶたロースカツ定食 (2013年8月28日
  カニクリームコロッケ&サーモンクリームコロッケ定食 (2013年10月16日
  ポークサルサカツ定食 (2014年2月27日
  メンチカツカレー (2014年3月3日
テイクアウト
  カキフライ (2013年2月28日
  ロースカツおろしポン酢定食 (2013年12月27日

<エリーゼ時代>
イートイン
  オムライス (2007年5月2日
  メンコロ定食 (2008年8月26日
テイクアウト
  ニンニクステーキ定食 (2009年3月25日
  オムレツカレー (2009年6月1日
  メンチミックス定食 (2008年12月22日
  大きなポークソテー定食 (2009年10月14日
  牛ホホ肉のシチューセット (2010年4月13日
  ビーフカツレツ (2011年2月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


イートインのメニューです↓
DSCF5212 (480x360)

DSCF5213 (480x360)

DSCF5214 (480x360)

DSCF5215 (480x360)


テイクアウトメニューです↓
DSCF2598 (480x360)

DSCF2599 (480x360)

DSCF2600 (480x360)

DSCF2601 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF3560.jpg

DSCF3561.jpg


2014年3月3日訪問時お店DATA
****************************
こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-4-2 峯村ビル1階
TEL 03-3357-6004 
営業時間
[平日] 11:00~15:00(L.O.) 15:00~21:00(L.O.)
[土曜] 11:00~15:00(L.O.)  
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/28 05:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【閉店】 どすこい酒場 龍馬 靖國市ヶ谷店  @市ヶ谷
2015年9月18日追記

「龍馬」は2015年9月頃までには閉店したようです。

DSCF9119 (480x360)
跡地には、2015年9月から「THAILAND食堂 SOINANA 市ヶ谷店」がオープンし、2015年9月14日にお弁当を購入しました

**************************************

今週で2月も終わりです。
営業日がとても少なかったので、仕事が忙しい人も多かったのではないでしょうか。
2015年の1/6が終わっちゃったのかと思うと、時間の流れの速さにビックリです。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2015年1月にオープンした「龍馬」のレポートです。

DSCF8510 (480x360)
2015年2月18日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、外へランチを食べに出ました。
先輩も誘ったのですが、大人しく持参した弁当を食べます、とのこと。

このところ、あまり外へ出られるチャンスがなかったのと、たまにあってもGEMS市ヶ谷ばかりに行っていたので、界隈の新店情報もほとんど知らない(汗)。
2015年1月19日にまさきさんからいただいたコメントのことを思い出し、「どすこい酒場 龍馬(りょうま) 靖國市ヶ谷店」へ行ってみることにしました。

DSCF8551 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、二つ目の東郷公園入口交差点を右折し、東郷通りに入ります。
最初の角に2007年8月10日にランチ訪問した「うお多」があるのでそこを左に曲がり、さらに少し行った左側に佐藤ビルがあります。お店はその1階です。

DSCF8552 (480x360)
「龍馬」についてネット上で検索しても、ほとんど情報が出て来ません。
押上に2012年1月29日にオープンした同じ店名のお店があるので、こちらの支店なのかな?
気軽な気分でちゃんこ鍋が味わえて、低料金でボリューム満点の居酒屋さんとのこと。

DSCF8553 (480x360)
店名の横にある看板?は、外側の囲いがなく、照明がむき出し(笑)。
これは、こういうコンセプト? まだ出来上がりが間に合っていない? 作る予定がない?

この場所には、以前、2012年7月にオープンした「博多金龍」があり、2012年8月8日にランチ訪問しましたが、2013年のいつ頃か、閉店しました。

その後、2013年4月12日に「ラー油蕎麦 春日亭」がオープンし、2013年5月8日にランチ訪問しましたが、2014年の早い段階で閉店したようです。

その後、2014年5月14日に「唐辛麺 まっかっか」がオープンし、2014年5月27日にランチ訪問しましたが、2014年12月に閉店したそうです。

場所が大通りから一本入ってさらにもうちょっと入るという辺鄙な場所のせいか、どのお店も長続きせず、飲食店にとっては鬼門になっているようです。

DSCF8509 (480x360)
12時10分頃に入店すると、先客は2組。後客は一人客が2組。
オープンして一ヶ月は経過していると思うのですが、なかなか集客には苦戦しているようです。

フロアは男性店員さんが一人で担当し、厨房も多分男性店員さん一人で切り盛りしていました。

DSCF8507 (480x360)
フロアはそれ程広くなく、奥に向かって長方形になっていて、左奥に厨房、その周りにカウンター席やテーブル席が並んでいます。
内装はとてもシンプルで、前のお店のほぼ居抜きだと思います。

DSCF8508 (480x360)
入ってすぐ右手にある壁は大相撲の番付表で埋め尽くされています。
「どすこい酒場」という名前からして、大相撲コンセプトなのでしょうか。
龍馬と大相撲って、何かつながりがあるのでしょうjか。
知識が足りず、よくわからないです(汗)。

壁にはハンガーがかかっていて上着などが掛けられるようになっていますが、逆サイドのカウンター席に座ってしまうと、使うことが出来ません。

DSCF8501 (480x360)
私はカウンター席の奥の方に着席。
卓上にはお水の入ったポット、コップ、割り箸、爪楊枝、お醤油などが置いてありました。

DSCF8504 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF8500 (480x360)
ランチメニューです。
9種類あり、お値段は700円から1,500円と、ちょっと幅があります。

お料理の内容はわからないものの、横綱定食に興味があったのですが、翌日から二日連続でディナーの予定が入っていたので断念。
名物と書かれた鶏塩ちゃんこを注文。

DSCF8498 (480x360)
すると、店員さんから今日から始めたというこちらの「赤三郎」というメニューを勧められました。
鶏塩ちゃんこの辛いバージョンとのこと。
辛いもの好きの私は、もちろんお願いしちゃいました。


赤三郎定食 ご飯少なめ  (850円)
DSCF8510 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。
メイン、小鉢、お新香、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆に載せられていました。

DSCF8512 (480x360)
おしぼりがついています。

DSCF8513 (480x360)
ご飯は白い小さめのお茶碗に盛られていました。

DSCF8516 (480x360)
少なめをお願いしたのですが、隣のお客さんのご飯を見てもそれ程変わっていなかったような気がします。

DSCF8517 (480x360)
お新香は緑色に染まったキュウリのお漬け物でした。

DSCF8518 (480x360)
小鉢にはサラダが入っています。
青菜を敷いた上にマカロニサラダが盛られていました。

DSCF8520 (480x360)
このマカロニサラダ、ちょっと甘めな味つけです。

DSCF8522 (480x360)
赤三郎は、ランチ限定で、自家製力士味噌を利用して辛味担々仕上げになっているとのこと。
ちゃんこだと思っていたのでお料理のイメージがだいぶ違ってちょっとビックリ。
器の佇まいから、担々麺でも出て来たのかと思っちゃいました。

DSCF8524 (480x360)
器と同じ黒いレンゲが差し込んであります。

DSCF8523 (480x360)
中央にもやしがトッピングしてあり、上に赤味噌がのせてあります。
こちらが自家製力士味噌を使ったものなのかな?

DSCF8525 (480x360)
さらにその周りには辛味らしきものがのせてありました。

DSCF8527 (480x360)
スープの表面は白胡麻でびっしりと埋め尽くされています。
胡麻好きなので、テンションが上がります。

DSCF8529 (480x360)
まずはスープを一口。
辛味をほとんど溶かしていない状態だと、ほんのり甘くて旨みたっぷり。
辛味やお味噌を入れても、ピリ辛ぐらいでした。
個人的にはもうちょっと辛くして欲しかったかも。

DSCF8533 (480x360)
具材はとてもたっぷりと入っています。
野菜はもやし、キャベツ、ニンジンなどなど。

DSCF8544 (480x360)
シメジも入っていました。

DSCF8532 (480x360)
スープの中から大きな鶏の骨付き肉が出て来てビックリ。
お肉は柔らかく、たっぷりとついています。
せっかくなので、手で持って囓って食べちゃいました。
しかもこれ、もう1本入っていました。

DSCF8537 (480x360)
お肉は骨付き肉だけでなく、肉だんごとソーセージも入っています。

DSCF8538 (480x360)
肉だんごは鶏肉です。
程よい歯応えでした。
これも、幾つも入っていました。

DSCF8545 (480x360)
ソーセージはやや柔らかめの食感でした。
ソーセージは1本だけです。

DSCF8546 (480x360)
たっぷりのスープなので、最後の雑炊がお楽しみ。
なるべくご飯を食べないように残しておきました。
赤三郎の器が大きいので、ご飯茶碗にスープを入れました。

DSCF8549 (480x360)
しっかりご飯と汁を混ぜ合わせてから食べると、うーん、ご飯が旨みを吸い込んでとっても美味しい!
ご飯もスープも残さず完食。

DSCF8550 (480x360)
この日の伝票です。

辛さは物足りなかったものの、思いがけず具材たっぷりでとてもお腹いっぱいになりました。
CPはとてもいいと思います。
次回来る時はぜひ横綱定食を食べてみたいです。

食後、せっかく東郷通りまで来たので、近隣のお店をチェック。

DSCF8554 (480x360)
2009年2月13日にランチ訪問した「升屋」が閉店していました。

DSCF8557 (480x360)
2014年11月11日にランチ訪問した「三番街」は、、、

DSCF8556 (480x360)
ランチ営業をやめたようです。

DSCF8558 (480x360)
2011年5月31日2011年7月14日にランチ訪問した「まんてん」は昼営業をやめていました。


ちょっと歩いていないと、街の中の様子ってどんどん変わっていっちゃいます。
もっと外へ食べに出たいのですが、なかなかチャンスがないのが残念です。


お店の名刺です↓
DSCF8505 (480x360)

DSCF8506 (480x360)


2015年2月18日訪問時お店DATA
************************
どすこい酒場 龍馬 靖國市ヶ谷店 (りょうま)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-6-6 佐藤ビル1階
電話 03-3556-7008
営業時間 
[平日] 11:30~15:00 17:00~0:00(L.O.23:00)
[土曜] 17:00~0:00(L.O.23:00)
定休日 日祝祭日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/27 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(7) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
昨日は嬉しい給料日でした。
今月は蔵王へ遊びに行ってしまって懐が寂しかったので、いつも以上にありがたく感じます(笑)。
会社に行く前に銀行へ行こうっと。

DSCF2769 (480x360)
2014年3月1日は、「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。

DSCF2643 (480x360)
教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は2013年9月20日からリニューアルオープンしたという「麺家 カツ」というお店に行ってみたのですが、昼営業はないのか、土曜日は営業しないのか、やっていませんでした。
残念(泣)。
この日は時間がなかったので、結局ランチはせずに「妻家房」へ。

DSCF2644 (480x360)
歩いている途中、2013年1月19日にランチ訪問した「そうめんや」が閉店しているのに気付きました。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2014年2月15日だったので、約半月ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF2645 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「カッキムチ」で、韓国料理が「マチム」です。


【 カッキムチ 】
DSCF2646 (480x360)
「カッキムチ」の「カッ」はからし菜です。
からし菜が旬の時に作るキムチで、長持ちするとのこと。
他のキムチを作る時にからし菜を薬味として入れることもあるそうです。
キムチ教室では、カラシナとネギのキムチという名前で2010年2月20日に習っていました

DSCF2647 (480x360)
こちらがからし菜です。
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。

からし菜って、自分ではほとんど買ったことがありません。
というか、店頭で見かけたことも記憶がないです。

韓国のからし菜は紫色で、一年中出回っていて、もっと辛さが強いそうです。
日本のものはあまり辛くないと食べてみたら、後から辛さが来ました(笑)。

DSCF2649 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。

万能ネギもたっぷり使います。
からし菜は塩漬けにして、万能ネギはイワシエキス漬けにするとのこと。
万能ネギは塩漬けすると固くなってしまうそうです。

DSCF2654 (480x360)
こちらはイワシの塩辛です。

DSCF2651 (480x360)
生きているイワシを塩漬けにして半年から1年寝かしたものだそうです。
自作は難しいとのこと。

DSCF1839 (480x360)
持ち上げてみるとかなりの大きさであることがわかります。
とてもしょっぱいので、冷蔵庫で1年は保つし、冷凍庫だと数年大丈夫とのこと。
この汁をキムチ(ニラキムチ・セリキムチ・小松菜キムチなどの青菜系キムチ)や料理に使います。

DSCF1843 (480x360)
身のあるタイプの塩辛は生臭みがあるので1度
煎じます。
お鍋を火にかけて、、、

DSCF1846 (480x360)
イワシの塩辛と同量の水を加えます。

DSCF1862 (480x360)
身が溶けるまで煮詰めます。

DSCF1885 (480x360)
出来上がったら、ザルに漉して、、、

DSCF1890 (480x360)
小骨などを取り除きます。

DSCF1895 (480x360)
冷めたら出来上がりです。
少し匂いが残りますがキムチが発酵すると消えてしまうとか。

こうしたエキス類は地域によって20種類以上あるそうです。

DSCF2657 (480x360)
万能ネギにイワシエキスを回しかけ、1時間置きます。
エキスはしょっぱいのですぐにしんなりします。

DSCF8873_2013110406501360c.jpg
ニンニクとショウガを潰すときには、すり鉢とすりこぎを使います。
この巨大なすりこぎはとっても便利で、私も購入して自宅で使っています。

DSCF8876_2013110406501631f.jpg
ニンニクは薄皮をむいて、丸ごと投入。

DSCF8877_20131104065019f23.jpg
すりこぎで擂らずに、潰します。

DSCF8880_20131104065022de6.jpg
ショウガはニンニクよりもかたいので、先に包丁で小さく切ってから、、、

DSCF8882_2013110406493118d.jpg
ニンニクと同様に、すりこぎで潰します。

DSCF2661 (480x360)
万能ネギからイワシエキスだけ取り除き、ニンニク・ショウガ・砂糖を加え、、、

DSCF2663 (480x360)
よく混ぜたら、さらに唐辛子を加え、、、

DSCF2664 (480x360)
練り合わせて、唐辛子をしっかりとのばします。

DSCF2668 (480x360)
ナシは皮をむいて2・3センチの薄切りにします。

DSCF2670 (480x360)
韓国ではナシが一年中手に入るそうですが、日本では旬の時期しかありません。
ない場合には入れなくてもいいそうです。

DSCF2672 (480x360)
糸唐辛子はハサミでみじん切りにして加えます。

DSCF2676 (480x360)
松の実はヘタを取って加えます。

DSCF2684 (480x360)
いりゴマ・切ったナシも加え、よく混ぜまたらヤンニョンの完成です。
味見をして塩や砂糖なので好みの味に調整します。

DSCF2678 (480x360)
生の牡蠣も入れます。

DSCF2681 (480x360)
日本の牡蠣は大きいので、包丁やハサミで三等分します。
牡蠣は入れなくてもいいそうです。
入れている場合には、2・3ヶ月で食べ切るようにします。

DSCF2686 (480x360)
根を切ってしまうとバラバラになってしまうので、切らずにそのまま使います。
からし菜は塩漬けをして、30分ごとに上下を入れ替えながら1~2時間置きます。
2・3回水洗いしたら絞らずに1時間自然の水切りをします。
実習では時間がないので、あらかじめ工場で塩漬けしてもらったものを使います。

からし菜にヤンニョンをつけます。
中も忘れずにしっかりと。

DSCF2695 (480x360)
牡蠣は溶けやすいので、ヤンニョンを軽くあえて、からし菜の茎の中に入れます。
ナシも同様に中に入れます。

手に唐辛子の赤さが移らないよう、手袋をつけて作業します。
素手でやると1週間ぐらい色が残るそうです。

DSCF2700 (480x360)
からし菜を半分に折り曲げ、巻き付けます。
万能ネギはからし菜一束に対し、3・4本ほどをヤンニョンに軽く和えてから使います。
からし菜が細い時は2本でもいいそうです。

DSCF2705 (480x360)
この日はまだ万能ネギはしんなりしていなかったので、ピンピンはねちゃってとても巻きにくかったとのこと。

DSCF2694 (480x360)
こちらで完成です。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

DSCF2234_201401310729128b6.jpg
フタを開けると、こんな感じです。

DSCF2707 (480x360)
巻いたキムチを敷き詰めます。

DSCF2709 (480x360)
残ったヤンニョンは巻いたキムチの上にかけます。
サランラップをキムチにぴったりとつけてフタをします。

2日常温で置いて、その後冷蔵庫に入れます。
1週間すると水が出てくるそうです。
この水を2・3回、上からかけ回すとカビが出にくくなり、味がよくしみるとのこと。
2・3週間したら食べられますが、冬は1ヶ月ぐらい経ってからがいいそうです。
酸味が出てからの方がまろやかで美味しくなるとか。
冷蔵庫に入れていても、夏と冬では酸味の出方が違います。

牡蠣が入っているので、2・3ヶ月で食べ切ります。
入っていなければ、かなり長持ちするそうです。

DSCF2721 (480x360)
ビニール袋に自分の分を入れて持ち帰ります。
いつも結構量が多いですが、この日は一緒に作業した方がとても食べきれないからと私に下さったので、すごくいっぱい持ち帰ることになりました。
ありがとうございます☆

ちなみに、万能ネギだけで同じ味付けにしてキムチを作ってもいいそうです。


【マチム】
DSCF2716 (480x360)
この日習った韓国料理はマチムです。
「マ」は長芋、「チム」は煮付け・蒸し物という意味なので、長芋の煮物ということです。
手間のかかるお料理ですが、おめでたい時に作るそうで、宮廷料理にもなるそうです。
大久保にある「妻家房」では、季節によってコース料理に組み込んでいるとのこと。

DSCF2717 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF2718 (480x360)
長芋と一緒に牛スネ肉を煮込みます。
スネ肉だと食感がいいそうです。
あらかじめ1時間下ゆでしておきます。

DSCF2720 (480x360)
スネ肉を煮込んだ時の煮汁も使います。

DSCF2727 (480x360)
ナツメの両サイドを切り落とし、、、

DSCF2726 (480x360)
種を取り除いて、細切りにします。

DSCF2735 (480x360)
スネ肉は一口大に切ります。

DSCF2729 (480x360)
長芋は皮をむき、5センチの幅に切ります。

DSCF2732 (480x360)
さらに縦に1センチ幅に切ります。

DSCF2719 (480x360)
長芋は焼くのに時間がかかるので、上のレストランに下拵えを頼んでおいたら、切り方が違いました(笑)。

こういう行き違い、実は結構よくあります。
おおらかな雰囲気です。

DSCF2736 (480x360)
フライパンを火にかけて、油を敷きます。

DSCF2740 (480x360)
長芋を入れて、中火でさっと焼きます。

DSCF2743 (480x360)
焼き目を入れます。
柔らかくなるまでやる必要はありません。

DSCF2745 (480x360)
長芋はとろみがあって焦げやすいので、注意します。

DSCF2748 (480x360)
干しシイタケは20~30分、水につけて戻します。

DSCF2750 (480x360)
キッチンペーパーでしっかりと水気を取り除き、、、

DSCF2751 (480x360)
一口大に切ります。
この日のシイタケはとても大きかったので、四つ切りにしました。

DSCF2756 (480x360)
ヤンニョンを作ります。
小さなボウルに長ネギ、すりニンニク、醤油、すり下ろした梨、砂糖、ごま油、すりゴマ、梅エキスを入れます。

DSCF2759 (480x360)
全体をよく混ぜ合わせます。

DSCF2761 (480x360)
お鍋やフライパンにスネ肉・ナツメ・シイタケ・ヤンニョン半量・胡椒を入れて、、、

DSCF2766 (480x360)
全体をざっと混ぜ合わせます。

DSCF2769 (480x360)
スネ肉の煮汁の半分を加え、強火で15~20分、汁がなくなるまで煮詰めます。
スネ肉をもう少し柔らかくするためです。

DSCF2770 (480x360)
カセットコンロなので煮汁が沸くまで時間がかかったのですが、フライパンの蓋がないので、急遽プライパンをもう一個重ねてのせました(笑)。

結局、途中から上のレストランで煮詰めてもらいました。

DSCF2771 (480x360)
スネ肉を煮ている間に、飾り付けの準備をします。
卵を黄身と白身に分けて玉子焼きを作ります。

DSCF2774 (480x360)
小さめの菱形に切りそろえます。

DSCF2776 (480x360)
黄身も白身も同じ形にします。

DSCF2781 (480x360)
スネ肉が煮上がったら、さらに残りの煮汁を加え、、、

DSCF2783 (480x360)
長芋を入れます。

DSCF2784 (480x360)
残りのヤンニョンも加え、さらに煮詰めます。

DSCF2793 (480x360)
煮汁がほとんどなくなったら、銀杏・胡麻・松の実を入れて出来上がりです。

DSCF2795 (480x360)
飾りの卵をのせて、完成です。

DSCF2797 (480x360)
楽しい試食タイムです☆
いただきま~す!

DSCF2786 (480x360)
この日作ったカッキムチもいただくことができました。

DSCF2789 (480x360)
巻き付けてある状態なので、食べる時はまな板で包丁を使うか、皿にのせてハサミで一口大に切り分けます。

DSCF2799 (480x360)
食べる時は万能ネギとからし菜が一緒に食べます。

DSCF2723 (480x360)
こちらは身のついたイワシの塩辛を使ったご飯のお供です。
塩辛を細かく切り、ニンニク・ショウガ・ネギ・唐辛子を加えます。
これ、と~っても美味しくて、ご飯が何杯でも食べられました。

DSCF2801 (480x360)
この日はご飯も出していただいて、気分は夕ご飯です(笑)。

DSCF2800 (480x360)
マチムはほんのりと甘く、優しい味付けでした。
スネ肉は適度な歯応えがあり、長芋はシャキシャキした食感です。

DSCF2802 (480x360)
カッキムチはからし菜の風味がすごくあって、なんというか、大人味のキムチでとっても美味しかったです。
このキムチをホームパーティで出したら、すっごく好評でした。


最初、長芋の煮物という料理名を見た時、「渋いお料理だな~。」と思ったのですが(すみません!)、作ってみると、長芋と同じぐらい牛スネ肉がたっぷりと入ったお料理でした。
圧力鍋を使えば時間短縮できそうです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ(カッキムチ) (2010年2月20日2014年3月1日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
スンチェマンドゥ (2014年2月5日
マチム (2014年3月1日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg


2014年3月1日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2015/02/26 06:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
原始焼 六番町 魚鷹  @市ヶ谷
このところ、市ヶ谷方面へランチに行ってもGEMS市ヶ谷ばかり訪問していたので、昨年の12月5日にpenguin_19さんから「まんてん」の昼営業をやっていないという情報をいただいていたものの、ついこの間ようやく確認できました(汗)。
混雑していてなかなか入れませんでしたが、食べたいメニューが幾つかあったのに。
場所も良く、お値段も手頃で、お昼のリピーターは多かったと思うので、残念に思っている人も多いのではないでしょうか。

DSCF2617 (480x360)
2014年2月28日のランチは、OさんとIさんがお昼時に不在だったので、上司から「外へ食べに行こう」と誘われ、先輩と私の三人で出かけました。
つい1年数ヶ月前まで10数年間3人で働いていたのに、久しぶりに三人に戻ってみるとなんだかちょっと寂しい感じがしちゃいます(笑)。
3日前に「嘉賓」に行ったばかりでしたが、まさかの週2回訪問か?と身構えたものの、上司が歩いて行ったのは市ヶ谷方面の「原始焼 六番町 魚鷹(うおたか)」でした。
気に入ると頻繁に通い詰める癖のある我らが上司、一時期はかなり「魚鷹」にお邪魔していましたが、このところずっとご無沙汰していて、久しぶりの訪問です。

DSCF1444.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かいます。
2つ目の信号を右折、次の角を左折して少し先に行くと佐藤ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF1445.jpg
日本テレビ通りから1本入ったこの道は道幅が細く、学校や住宅があるせいかとても静かです。

「魚鷹」は2010年9月14日にオープンしました。
前回ランチ訪問したのが2013年2月13日だったので、約1年半月ぶり、14回目の訪問です。

DSCF1446.jpg
ビルの前の敷地は日本庭園風になっていて、立派な石灯籠が置かれています。

DSCF2885_20140207081023d27.jpg
お店の前にランチメニューが出ています。

DSCF2642 (480x360)
モードを切り替えるのを忘れて撮影しちゃったので、真っ白になっちゃいました(汗)。
全部で5種類あり、お値段は980円から2,000円とややお高めな設定です。

ランチは土日祝を除いた平日の午前11時半から午後2時半(ラストオーダーは午後2時)までです。
また、終日全席禁煙です。

DSCF1443.jpg
ちょっとした空間ですが、小石を敷き詰めた小さな廊下があって、ランチのお値段が出ていなかったら、なかなか入るのに勇気がいりそうな雰囲気です。

DSCF2586 (480x360)
入ってすぐのところにレジがあります。

事務所を出たのがとても遅く、お店に到着したのは午後1時前。
それなのに満席で、先客が一組、後客も来ました。
相変わらずの人気です。

DSCF2587 (480x360)
カウンターの所にディナーメニューが置いてあって、自由に見ることが出来ました。

DSCF1103_20120608223302.jpg
後ろの壁にはいろいろな器や、、、

DSCF5032_20121021080054.jpg
植物などが飾られていました。

DSCF1440.jpg
店内は奥に向かってのびていて、すぐ右手に大きな焼き場と厨房とカウンター席があり、左手には半個室のテーブル席、さらに奥にテーブル席があって、結構広々としています。

お店に入ってすぐ右手にこちらの囲炉裏のような大きな焼き場があります。
店名にもある「原始焼」とは、この炉で備長炭によって焼かれるとのこと。

この焼き場の前にはウェイティング用のイスが置かれています。

DSCF0301.jpg
カウンター席から見た厨房です。

DSCF1439.jpg
奥のテーブル席に向かう通路に大きな冷蔵庫が置かれ、たくさんのお酒が並んでいます。
うーん、美味しそう! ランチ訪問なのが残念。

DSCF9458.jpg
冷蔵庫の中にはお漬け物でしょうか、甕が入っていました。
ランチにはお手製らしきお漬け物がついています。

DSCF1410.jpg
お店の奥にあるテーブル席です。

DSCF1411.jpg
店内はシンプルですが、落ち着いた内装です。

DSCF9266.jpg
場所によって掛かっている絵の文字が違います。

DSCF1412.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
壁にはこの日のオススメなのでしょうか、魚の名前が木札に書かれていました。

DSCF3749_20130614083724.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

しばらく待ちましたが、昼休みの終了に合わせて数客帰ったため、それ程待たずに入ることが出来ました。
私たちは一番奥の部屋の真ん中辺りの4人用テーブルに着席。

卓上に置かれているのは爪楊枝のみです。

DSCF9442.jpg
席につくと、店員さんが温かいおしぼりを手渡してくれます。

店員さんは全員男性でした。

DSCF3742_20130614083712.jpg
お茶は一年を通していつも温かいものです。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF2607 (480x360)
やや厚みのある木の板に紙のメニューがはめ込んであります。
5種類あるメニューは全てお魚と、潔いラインナップです。

DSCF2608 (480x360)
店頭には出ていますが、中のメニューには日替わりの内容が出ていません。
店員さんが口頭で説明してくれます。

DSCF2609 (480x360)
ランチメニューは5種類あり、お値段は980円、1,350円、2,000円とややお高めです。

ランチの中で唯一お刺身定食を食べたことがなかったので、せっかくの機会だから食べてみようかと思ったのですが、お値段が1,400円(汗)。
こんなに高かったっけ?
上司の支払いだと思うと、一人だけこれを頼む勇気はなくて、断念しました。

その代わりに、鰆と烏賊のフライ定食 ご飯少なめ (980円)を注文。
鰆と烏賊の両方が食べられるなんて、とってもお得!と思ったら、全員が同じ注文でした(笑)。


本日の揚げ物定食 <鰆と烏賊のフライ定食> ご飯少なめ  (980円)
DSCF2617 (480x360)
しばし待ってお料理が登場!
メイン、小鉢、お新香、ソース、お味噌汁、ご飯のセットです。
大きめの長方形の黒くて編み込んだようなデザインのお盆にのせれています。

DSCF2618 (480x360)
ご飯は小さめのお茶碗に盛られています。
基本的なご飯の盛りが多いのか、女性客だと店員さんから「ご飯の量はどうしますか?」と必ず聞かれます。
この日は少なめをお願いしました。

DSCF2619 (480x360)
「魚鷹」は比較的ご飯をやわらかめに炊いていることが多いです。

DSCF2624 (480x360)
お味噌汁はいつもと同じ、シンプルなアオサのお味噌汁です。
ダシはあっさり目でした。

DSCF2625 (480x360)
お汁は熱々で、きちんと直前に投入しているのか、アオサはとても鮮やかな緑色。
とろんとした食感がたまりません。

DSCF2620 (480x360)
お新香は甘酢漬けのキュウリと白菜のお漬け物の2種類です。
冷蔵庫に入っていた甕の中にあるお手製でしょうか、毎回同じ組み合わせです。

DSCF2622 (480x360)
キュウリは甘酸っぱかったです。

DSCF2621 (480x360)
白菜はご飯のお供なのか少ししょっぱめでした。

DSCF2626 (480x360)
小鉢にはヒジキの煮物が入っていました。
量はそれ程多くありません。

DSCF2627 (480x360)
ヒジキの他、油揚げ、ニンジン、大豆が入っています。
甘さ控えめであっさりめの味付けでした。
大豆が美味しくて、いつも食べるのが楽しみです。

DSCF2629 (480x360)
メインは細長い長方形の白っぽいお皿に盛られています。
右から烏賊のフライ、鰆のフライ、野菜サラダです。

DSCF2630 (480x360)
サラダはリーフレタス、水菜、ほんの少しの黄パプリカです。
あらかじめドレッシングがかかっていました。

DSCF2631 (480x360)
フライにはタルタルソースがかけてあります。

DSCF2623 (480x360)
タルタルソースとは別にソースが別の小さな容器に入って出て来ました。

DSCF2635 (480x360)
鰆は身がとても厚く、熱々で、食べてみるとふっくらとしていました。
淡白な味わいなので、タルタルソースがとてもよくあいます。

DSCF2634 (480x360)
烏賊は一口大のものが2つもありました。
こちらもかなりの厚さです。

DSCF2639 (480x360)
これだけ厚みがあるのに、囓ってみるとさっくりと切れて、程よい弾力があって甘みも感じました。
美味しい!

DSCF2640 (480x360)
せっかくなので、一枚はタルタルソース、もう一枚はソースをかけて食べました。


厚みのあるフライを3つも食べたので、ご飯は少なめでしたが、ボリュームたっぷりでおなかいっぱいになりました。
鰆やあまり見かけない厚みのある烏賊など、ちょっと他のお店では見かけない食材をいただけて、大満足です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

本日の丼ぶり物 
 ホッケのほぐし身温玉丼 (2011年7月8日
 鮭のほぐし身温玉丼 (2011年7月12日
 サワラのほぐし身温玉丼 (2011年9月22日

本日のフライ定食 
 秋刀魚と鮭のフライ定食 (2010年10月26日
 アジのフライ定食 (2011年8月23日
 カジキのフライ定食 (2012年7月31日
 鰆と烏賊のフライ定食 (2014年2月28日

本日の煮魚定食
 笠子の煮つけ定食 (2011年7月22日
 金目鯛の煮つけ定食 (2011年7月26日) 
 鰈の煮付け定食 (2011年11月29日
 鰤と大根の煮付け定食 (2012年1月16日
 目鯛の煮付け定食 (2012年3月27日
 カレイの煮付け定食 (2013年2月15日

刺身 御膳  (2010年10月18日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のメニューです↓
DSCF2610 (480x360)

DSCF2611 (480x360)

DSCF2612 (480x360)


2日前の夜のメニューです↓
DSCF2600 (480x360)

DSCF2601 (480x360)

DSCF2606 (480x360)

DSCF2602 (480x360)

DSCF2603 (480x360)

DSCF2604 (480x360)

DSCF2605 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF2591 (480x360)

DSCF2592 (480x360)

DSCF2595 (480x360)

DSCF2594 (480x360)

DSCF2593 (480x360)

DSCF2596 (480x360)

DSCF2597 (480x360)

DSCF2598 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF2589 (480x360)

DSCF2590 (480x360)


2014年2月28日訪問時お店DATA
******************************
原始焼 六番町 魚鷹 (うおたか)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町3-20 佐藤ビル1階
TEL 03-3261-7897 
営業時間
[昼]11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜]17:00~23:00(L.O.22:15)
定休日 土日祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/25 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(8) |
こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ  @四谷
昨日はと~っても暖かでしたね~。
春が近づいているのは嬉しいですが、2月でこの気候はちょっと怖いぐらいです。
今日も気温が上がるようなので、嫌々ながらですが、花粉症の薬を飲み始めることにしました。

DSCF2570 (480x360)
2014年2月27日は、お昼時に事務所にいたのはIさんと私だけでした。
せっかくなので、美味しいお店に連れて行ってあげたいと思い、「こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ」へ行くことにしました。
この日は午後に来客などの予定がなかったので、多少時間がかかっても大丈夫だろうと思ったからです。

DSCF5251 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに向かい、通りに入ってすぐ右手にあります。
この界隈ではダントツの人気店で、時間を問わず、いつも行列が出来ています。

DSCF5211 (480x360)
市ヶ谷経済新聞によれば、四谷の老舗人気店「洋食エリーゼ」が2011年9月25日に閉店し、翌日の9月26日に揚げ物専門店として「こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ」としてリニューアルオープンしたとのこと。

お店の前にはいつも長蛇の列が出来ているので、お弁当を受け取ろうと並ばずに店内に入ろうとすると、何となく痛い視線にさらされるので、先輩はいつも大きな声で「お弁当取りに来ました!」と言っているそうです。
テイクアウトができることを知らないお客さんから「持ち帰れるんだ~。」という言葉が聞こえてくるとか(笑)。

DSCF2566 (480x360)
前回ランチ訪問したのは2013年10月16日だったので、約4ヶ月半ぶりでした。
前回テイクアウトしたのは2013年12月27日でした

DSCF5218 (480x360)
こちらが営業時間です。

DSCF5219 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
入口近くにテイクアウトのメニューが置かれています。

DSCF5210 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前には小さな看板が出ています。

12時15分頃にお店に到着すると、先客5・6名ほど。
最近並び方が変わったようで、以前はお店から奥の方に向かって並んでいましたが、手前側に並ぶようになっていました。
多分間に合うかなと思って、並ぶことにしました。

DSCF2564 (480x360)
こちらがメニューです。

DSCF2565 (480x360)
並んでいる途中、店員さんがメニューを持って来てくれるので、先にオーダーをします。

DSCF2566 (480x360)
フライやカツを中心にかなり種類が豊富で、メニュー選びに迷います。

DSCF2562 (480x360)
午後1時以降だけですが、「エリーゼ」時代のメニューが2種類復活しています。
土曜日だと午前11時から注文が可能です。

DSCF2563 (480x360)
私は季節メニューの牡蠣も気になりましたが、1月の松島旅行でたらふく食べたし、3月に自宅で牡蠣パーティを予定していたので、この日はポークサルサカツ定食(1,080円)をご飯少なめで注文。
Iさんはロースカツ定食をご飯大盛りをチョイス。
すると、店員さんが私がご飯を並盛で注文してIさんにあげれば、「大盛り料金がかからずにすみますよ~。」と裏技?を教えてくれたので、そうすることにしました。
ご丁寧にありがとうございます!

DSCF2576 (480x360)
5分位待って、入店。

店内は奥へ向かって細長くのびていて、右手に厨房、その前がカウンター席、手前に一つだけ二人用のテーブル席があります。
細長くてかなり狭いです。

DSCF5226 (480x360)
店内は終日禁煙です。

DSCF3531.jpg
カウンター席からは厨房がよく見えます。
厨房の中の店員さんは結構たくさんいらっしゃいます。
サービス担当の店員さんは「四谷たけだ」のネームが入ったTシャツを着ていました。

DSCF3533.jpg
カウンターの上には、生野菜が盛られたお皿がずらりと並んでいます。

DSCF2567 (480x360)
「たけだ」では、複数の人数で行くとバラバラに着席することがほとんどです。
この日はとてもラッキーなことに、手前のテーブル席に着席することができました。
お客さんはほとんどが男性です。

卓上には洗い箸、お水のポット、カトラリー、紙ナプキン、爪楊枝、お新香、ドレッシング、各種調味料などが置かれています。

DSCF5224 (480x360)
ドレッシングはゴマドレッシングです。
好みでいろいろと食べられるよう、ソース、醤油、塩、タバスコ、からしなど、いろいろな調味料がありました。

DSCF5222 (480x360)
塩はテキサス岩塩です。

DSCF5225 (480x360)
壺にはタクアンが入っていました。

DSCF5220 (480x360)
お水をいただき、お料理が出てくるのを待ちます。


ポークサルサカツ定食  (1,080円)
DSCF2570 (480x360)
10分程待って、お料理が登場!
メイン、お味噌汁、ライスのセットです。

DSCF2571 (480x360)
ご飯は洋食屋さんらしく、白くて丸い平皿に盛られています。

DSCF2576 (480x360)
Iさんにご飯を「がっつり取っちゃっていいですよ。」と言ったのに、それ程ではなかったです。
自分でやった方が遠慮がなくてよかったかな。

DSCF2575 (480x360)
減らしたご飯でもう一回写真撮影(笑)。
いただきま~す!

DSCF2573 (480x360)
お味噌汁は具がネギで、小ネギが散らしてあるシンプルなものです。
熱々でした。
洋食なのに、お味噌汁なのが面白いです。

DSCF2578 (480x360)
メインは大きな丸い平皿にサルサソースがたっぷりとかかったカツがのせられ、上にサラダが添えられています。

DSCF2580 (480x360)
サラダはパセリをトッピングしたキャベツの千切りと、ポテトサラダの2種類です。

DSCF2581 (480x360)
キャベツの千切りにはパセリがトッピングしてあります。

DSCF2583 (480x360)
キャベツにはゴマドレッシングをたっぷりとかけていただきました。
背を高く盛りつけてあるので、崩してみると結構ボリュームです。
とんかつの油をさっぱりとさせてくれました。

DSCF2582 (480x360)
ポテトサラダは粗めに潰したジャガイモにニンジンなどの野菜が入っています。
あっさり目の味付けでした。

DSCF2579 (480x360)
カツにはたっぷりとサルサソースがかけてあります。
このサルサソース、トマトの酸味などがしっかりと感じられて、しかもかなり辛さ。
かなり好みの味で、と~っても美味しい。
今までサルサソースを食べたことがなかったのが悔やまれるぐらいでした(笑)。
残すのがもったいなくて、カツや野菜でぬぐってキレイに食べ切りました。

DSCF2584 (480x360)
カツの断面はほんのりピンク色で、とってもキレイ。
揚げ立て熱々のカツは衣がサクサクしています。
お肉はとても柔らかでした。
2013年8月28日に食べた特選もちぶたロースカツ定食の脂はダメでしたが、このポークカツはホント美味しい。
ご飯は減らしましたが、ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。

DSCF2585 (480x360)
この日の伝票です。


ご飯好きのIさんは、「お肉が柔らかいですね~。」と言いながら、私のあげたご飯もさっさと食べ終え、さらにおかわり!
ちょうど対応してくれた店員さんが、注文を取ってくれた人と同じ人だったので、「全然足らなかったのね。」と笑っていました(笑)。
かねてからご飯好きだとは聞いていましたが、これほどご飯を食べるとは!
ご飯好きパワーに圧倒されつつも、Iさんが「たけだ」を気に入ってくれて良かったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

<たけだ>
イートイン
  カキミックス定食 (2011年12月14日
  特選もちぶたロースカツ定食 (2013年8月28日
  カニクリームコロッケ&サーモンクリームコロッケ定食 (2013年10月16日
  ポークサルサカツ定食 (2014年2月27日
テイクアウト
  カキフライ (2013年2月28日
  ロースカツおろしポン酢定食 (2013年12月27日

<エリーゼ時代>
イートイン
  オムライス (2007年5月2日
  メンコロ定食 (2008年8月26日
テイクアウト
  ニンニクステーキ定食 (2009年3月25日
  オムレツカレー (2009年6月1日
  メンチミックス定食 (2008年12月22日
  大きなポークソテー定食 (2009年10月14日
  牛ホホ肉のシチューセット (2010年4月13日
  ビーフカツレツ (2011年2月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


イートインのメニューです↓
DSCF5212 (480x360)

DSCF5213 (480x360)

DSCF5214 (480x360)

DSCF5215 (480x360)


テイクアウトメニューです↓
DSCF2598 (480x360)

DSCF2599 (480x360)

DSCF2600 (480x360)

DSCF2601 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF3560.jpg

DSCF3561.jpg


2014年2月27日訪問時お店DATA
****************************
こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-4-2 峯村ビル1階
TEL 03-3357-6004 
営業時間
[平日] 11:00~15:00(L.O.) 15:00~21:00(L.O.)
[土曜] 11:00~15:00(L.O.)  
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/24 05:00】 | とんかつ | トラックバック(0) | コメント(2) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
みなさま、楽しい週末だったでしょうか?
私はこの週末、蔵王に出かけ、樹氷を見に行きました。
ユニクロの極暖ヒートテックに身を包んで出かけたところ、3月下旬ぐらいの暖かさで、汗をかいちゃうぐらいでした(汗)。
お天気も最高で、大迫力の樹氷を昼も夜も間近で見られることが出来て、とっても楽しかったです。
たっぷりエネルギーチャージしたので、新しい一週間をがんばります☆

DSCF2543 (480x360)
2014年2月26日は、お昼時にあまり時間がなかったので、近場でお弁当を買おうと思い、アトレ四谷の「Pensri’s Kitchen アトレ四谷店」に行きました。
この日先輩はお弁当を持ってきていなかったのですが、ちょっと事務所から出られなかったので、先輩の分も買うことに。

DSCF7686.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退したのかと思ったら、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。

DSCF7688.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。

なんでも、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。
メニューは時期によっていろいろとかわっているようです。

DSCF7684.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。

前回お弁当を購入したのは2014年2月14日だったので、12日ぶり、11回目です。
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しました。

DSCF7683.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。

DSCF4477_20140319203501ac8.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
大きいサイズのお弁当を購入すると、鮮やかな薄緑色の持ち帰りのビニール袋に入れてくれます。
淡い色調がとってもステキ。

DSCF2461 (480x360)
店名のロゴがデザインされています。

DSCF1781 (360x480)
こちらも以前撮影した写真です。
普通サイズのお弁当を購入すると、一般的な白いビニール袋です。

DSCF2537 (480x360)
カレー類はいろいろありますが、グリーンカレーとかレッドカレーはよく食べているのであまり面白くないな~と思っていたら、シーフードの玉子カレー(690円)なるものを発見。
多分初めて見かけたカレーだったので、これを先輩の分として購入。


「ペンシーズ」は、ガパオやグリーンカレーやパッタイなどポピュラーなタイ料理だけでなく、創作的なおかずも結構展開しています。
この日はグリーンカレーコロッケ(300円)なるものを見つけ、是非食べてみたいと思って購入。
もう一個通常サイズで買っちゃうと、ちょっと高カロリーかなと思って、軽めごはん パッタイ(550円)にしました。

DSCF4479_20140319203504278.jpg
お箸やスプーンなどはお断りするようにしています。
こちらは以前いただいたときに撮影した写真です。
スプーンは白いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF4480_20140319203436893.jpg
こちらも以前いただいたときに撮影した写真です。
割り箸は「Otemoto」と書かれた箸袋に入っていて、意外と?日本的でした。

DSCF4483_20140319203438162.jpg
こちらも以前いただいたときに撮影した写真です。
おしぼりは白っぽい半透明のビニール袋に入っています。

DSCF2541 (480x360)
容器は長方形のプラスチック製で、下が黒、フタが透明です。

DSCF2542 (480x360)
アレルギーの食材や賞味期限が書かれたシールが貼られています。

ふと気付いたのですが、パッタイとはお米の麺で作られたタイの定番焼きそばなので、これ、パッタイではなくて、ガパオですね(笑)。
結構長くこちらでお弁当を購入していますが、ラベル間違いに遭遇したのは初めてです。

DSCF2538 (480x360)
グリーンカレーコロッケの容器は、小さめの正方形のプラスチック製で、下が黒、フタが透明です。

DSCF2539 (480x360)
こちらにもアレルギーの食材や賞味期限が書かれたシールが貼られていました。


軽めごはん ガパオ弁当(550円)+グリーンカレーコロッケ(300円)=850円
DSCF2543 (480x360)
いただきま~す!
この日は両方とも軽くチンしてから食べました。


軽めごはん ガパオ弁当
DSCF2547 (480x360)
まずはガパオから。
上にご飯と目玉焼き、下にガパオが盛られています。

DSCF2549 (480x360)
目玉焼きは黄身が半熟です。

DSCF2550 (480x360)
ご飯は丸く象られています。

DSCF2548 (480x360)
ガパオはたっぷりの挽き肉にタケノコなどが入っていて、彩りに細長い三角形にカットされた赤パプリカとピーマンが入っていました。
しっかり目の味付けで、見た目とは違い結構しっかりと辛くてご飯がとても進みます。
「ペンシーズ」のガパオはいつ食べても安定した辛旨です。

DSCF2551 (480x360)
ある程度食べてから、黄身を崩してみました。
トロトロの黄身がお肉に混ざると、辛味は少し和らいで、旨みとコクが増します。


グリーンカレーコロッケ
DSCF2544 (480x360)
グリーンコロッケは一口大よりはやや大きめのものが2個入っていて、キャベツの千切りとプチトマトが添えられていました。

DSCF2545 (480x360)
チンしてしたせいか、プチトマトはちょっとシワシワになっちゃいました(汗)。

DSCF2546 (480x360)
左上に小さなドレッシングの小袋が入っています。
結構なボリュームがありました。

DSCF2553 (480x360)
コロッケの中には粗めなお肉やジャガイモなどが入っていました。
食べてみると、風味がとんでしまっているのか、あまりグリーンカレーっぽくありません。
チンしたのがよくなかったのかな?
辛さもないし、ココナツミルクの風味も特に感じられませんでした。
個人的にはちょっと残念。

DSCF2555 (480x360)
チリソースはちょっと甘めで苦手なので、少しだけかけました。


シーフードの玉子カレー (690円)
DSCF2535 (480x360)
カレー類はいろいろありますが、グリーンカレーとかレッドカレーはよく食べているのであまり面白くないな~と思っていたら、シーフードの玉子カレーなるものを発見。
多分初めて見かけたカレーだったので、これを先輩の分として購入。

DSCF2536 (480x360)
赤っぽいカレーにはエビ、イカ、セロリ、パクチーなどが入っていて、彩りがキレイ。
味もとっても美味しかったと言っていたので、次の機会にはぜひ自分で食べてみたいです。

DSCF2561 (480x360)
この日のレシートです。
不思議なことに、レシートではちゃんと軽めガパオになっていました(笑)。
お値段は同じです。

DSCF2560 (480x360)
こんなチラシをいただきました。


グリーンカレーコロッケはちょっと残念な味わいでしたが、他にもいろいろ気になる独創的なメニューがあるので、チャレンジしてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
グリーンカレー弁当 (2012年3月21日
レッドカレー弁当 (2013年6月25日
豚肉とカボチャのレッドカレー弁当 (2013年10月7日
マッサマンカレー弁当 (2013年12月4日
ペンシーズ弁当 (2012年5月23日
パッタイ弁当 (2012年11月30日
3種盛り弁当 (2013年3月14日
ガパオ弁当 (2013年10月7日
軽めごはん パッタイ弁当 (2014年2月14日
軽めごはん ガパオ弁当 (2014年2月26日
サンドイッチガパオ  (2013年8月26日) 
サンドイッチ エビトムマヨ  (2013年8月26日) 

生春巻 (2012年3月21日
ミニ揚げ春巻き (2013年6月25日
青パパイヤのサラダ (2012年11月30日
ヤムウンセン (2013年3月14日
目玉焼きサラダ (2013年8月26日) 
白きくらげサラダ(S)  (2013年12月4日) 
春雨サラダ(ヤムウンセン) (2014年2月14日
ミニパッタイ (2013年10月7日
豚肉のタイ風味揚げ (2013年10月7日
グリーンカレーコロッケ (2014年2月26日

[イートイン]
鶏挽肉のバジル炒めごはん 大人気!ガパオ
ちょっぴりがちょうどいい ミニフォーセット (2012年4月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg

チラシです↓
DSCF2560 (480x360)

DSCF2558 (480x360)

DSCF2559 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日2013年12月4日2014年2月14日2014年2月26日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日2013年12月11日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日2013年12月5日2014年1月23日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日2013年7月1日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日2014年1月10日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年2月26日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/23 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
今日は旅先から東京に帰る予定ですが、無事帰れますように。
みなさま、楽しい日曜日を☆

DSCF2511 (480x360)
2014年2月25日は、お昼になると上司が「食べに行こう。」と誘ってくれたので、外へ出かけました。
向かった先は、もちろん、上司の大のお気に入りのお店「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です。
最近外へ行くことがほとんどなかったということもあり、久しぶりの訪問でしたが、それでも約1ヶ月ぶり。先輩と私は内心ため息をついていましたが、上司は「久しぶりだな。」とご機嫌でした(汗)。

DSCF8693 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめていました。その後、2014年後半頃?からまたランチ営業を始めているようです。

DSCF2522 (480x360)
この日のメニューです。
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF6747 (480x360)
外階段を使って2階へ登ります。

DSCF8690 (480x360)
お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2014年1月22日だったので、約1ヶ月ぶりでした。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

12時半過ぎにお店に到着するとほぼ満員でしたが、ちょうど入れ替わりがあったようですぐに着席することが出来ました。

DSCF1482_20130502072200.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF2627.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上には各種調味料、お箸、紙ナプキン、爪楊枝、食べるラー油など置かれています。

DSCF2492 (480x360)
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF2496 (480x360)
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

DSCF2495 (480x360)
伝票です。

このお店のランチメニューはほぼ網羅したのではないかと思えるぐらいで、いつも食べたことのないメニューを探すのが大変ですが、この日は珍しく日替わりかけご飯が、まだ食べたことのないマーボー茄子のかけご飯だったので、ご飯少なめでお願いしました。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。


マーボー茄子のかけご飯 ご飯少なめ  (700円)
DSCF2498 (480x360)
しばし待ってお料理が登場!
メイン、スープ、デザートのセットです。

DSCF2500 (480x360)
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類ですが、日によって色合いや透明度や味わいが結構違います(笑)。
具はトッピングの小ネギのみ。
鮮やかな緑色が、彩りのアクセントになっています。

角度の問題でしょうか、天井の照明が映り込んじゃいました(笑)。

DSCF2512 (480x360)
この日のスープはお醤油でしょうか、茶色っぽさが強かったです。

DSCF2514 (480x360)
見た目どおり、味付けもしっかり目でした。

DSCF2504 (480x360)
メインは丸い平皿に盛られています。
ご飯少なめにしているので、モリモリ!という程ではないです。

DSCF2511 (480x360)
ナスの紫色はほとんどなくなるぐらいしっかりと焦げ茶色っぽい色合いで、油でテカテカ光っています。

DSCF2506 (480x360)
彩りは小ネギの小口切りですが、あまり目立たないかも。

DSCF2508 (480x360)
見落としそうですが、ザーサイも添えられていました。

DSCF2507 (480x360)
見た目はかなり濃い味付けっぽく見えますが、食べてみるとそうでもなかったです。
また、油っぽそうな見た目ですが、食べてみるとそんなことはなく、後味はわりとさっぱり。

DSCF2515 (480x360)
油をたっぷりと吸ったナスはトロトロで、特に身の部分は口の中でとろけました。
うーん、美味しい!
しかも、大ぶりのナスがたくさん入っているので、とても楽しめました。

DSCF2502 (480x360)
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5087 (480x360)
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF6744 (480x360)
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


いつも美味しい「嘉賓」のお料理ですが、マーボー茄子は個人的にスマッシュヒット。
油を吸ったナスは本当に美味しいと再認識しました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
鶏肉のカレーライス (2013年3月26日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
マーボー茄子のかけご飯 (2014年2月25日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
茹でギョーザと鶏肉入おかゆ (2013年10月10日
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日2013年8月1日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日2013年5月1日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
 ◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日2013年6月12日
 ◎チンジャオロース (2013年1月7日
 ◎八宝菜 (2013年2月12日
 ◎インゲンと豚肉とキクラゲの炒め (2013年7月19日
B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
 ◎フクロ茸と牛肉の炒め (2013年12月12日
 ◎ニラ・もやしと牛肉炒め (2014年1月22日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
 <4個>(2012年10月31日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日2013年6月28日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2014年2月25日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/22 00:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) |
粥・麺・雲呑 徒歩徒歩亭  @四谷
本日も、周回(年)遅れを回避すべく、記事をアップします。
この週末は、泊まりがけでちょっと遠くへお出かけします。
冬らしい景色をたっぷり楽しむ予定です。

DSCF2467 (480x360)
2014年2月24日は、Oさんが喉の調子が悪くて食べ物を食べづらいとのことで、「粥・麺・雲呑 徒歩徒歩亭(とぼとぼてい)」に行ってみることにしました。
Oさんは初めての訪問です。

DSCF1574_20101102225517.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を新宿方面に進み、四谷一丁目交差点を越えた次の角を右に曲がり、細い道を少し行った左側にお店があります。

DSCF1573.jpg
この場所には、2009年7月27日にオープンし、2009年10月13日にデリバリをお願いした「ヌードルズ 四ッ谷店」がありましたが、わずか1年程の営業でいつの間にか閉店していました。

DSCF1575.jpg
お店の看板は大きな一枚板で、とっても立派。

DSCF1576.jpg
2010年10月12日にオープンした「徒歩徒歩亭」は、2007年11月19日2007年12月10日2011年8月18日に訪問した四谷の老舗有名ラーメン店「支那そば屋 こうや」の系列店で、「こうや」のご主人の娘さんが若女将としてお店を切り盛りしている、お粥とラーメンを楽しめるお店です。

DSCF4828.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
前回訪問したのは2012年7月10日だったので、約1年7ヶ月半ぶり、4回目の訪問です。

お粥という特性からか、誰かの調子が悪い時に訪問しています。
前回は先輩、今回はOさんでした(笑)。

DSCF1570.jpg
店内は左奥に厨房があり、フロアにはいろいろな形のテーブル席が置かれています。
右奥は床が一段高くなっていました。
ラーメン屋さんともお粥屋さんとも思えないぐらいかなりオシャレでモダンな内装です。

DSCF4801.jpg
厨房は、大きなガラス窓から中を見ることが出来ます。

DSCF4802.jpg
12時15分頃にお店に到着すると、8割程の人の入りでした。

DSCF2159_20130525074149.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には、割り箸、紙ナプキン、爪楊枝、胡椒、醤油、お酢、ラー油ワインのデカンタの容器に入れられたおかわりのお茶などが置かれています。

私たちは入口からすぐ右手にある大きめのテーブル席に着席。

DSCF2456 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF2458 (480x360)
ランチメニューです。
看板のお粥は4種類、お値段は全て850円です。
麺類は10種類あり、お値段は800円から1,050円です。
ご飯ものは3種類あり、お値段は全て1,000円です。
「こうや」で人気メニューの雲呑もこちらでいただくことが出来ます。
サイドメニューは7種類あり、お値段は100円~700円です。
お粥はテイクアウトも出来ます。

DSCF2461 (480x360)
麺メニューにも気になるものが幾つかありましたが、お昼限定15食の頂上麻婆豆腐(1,000円)をご飯少なめ?で注文。
このお店で初めてご飯メニューにチャレンジです。


お昼限定15食! 頂上麻婆豆腐 ご飯少なめ?  (1,000円)
DSCF2467 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
麻婆豆腐、スープ、お新香、ご飯のセットです。

DSCF2472 (480x360)
ご飯は白い小さめのお茶碗に盛られていました。

DSCF2470 (480x360)
確か少なめでお願いしたと思います。

DSCF2475 (480x360)
スープはかなり大きめの器に入っていました。
色鮮やかな万能ネギの小口ネギがたっぷりと浮かべてあります。

DSCF2486 (480x360)
レンゲで掬ってみると、スープは透明でスッキリ味でした。
ネギの風味がしっかりしていて美味しかったです。

DSCF2473 (480x360)
お新香はカブの実と葉です。
さっぱり味でした。

DSCF2476 (480x360)
頂上麻婆豆腐は、中ぐらいのオーバル型の浅いお皿に全体に薄く広げるように盛りつけてあります。

DSCF2484 (480x360)
中央にはスープと同じく小ネギの小口切りが彩りに散らしてあります。

DSCF2478 (480x360)
賽の目に切ったお豆腐はたっぷり入っていますが、全体的には赤茶っぽい色合いで、照りがありました。
お豆腐と挽き肉がたっぷり入っていて、かための餡でとじてあります。

DSCF2487 (480x360)
一口食べてみると、最初にまず甘さが来て、後味に辛さが来ました。
思っていたよりは辛くはなく、むしろとても食べやすかったです。


お粥 <牛臓> (850円)
DSCF2483 (480x360)
先輩は体調ではなく体重に考慮して、お粥を注文(笑)。
メイン、小鉢、お新香のセットです。

DSCF2482 (480x360)
お新香は私と同じで、もう一品として冷や奴がついていました。
以前に比べて副菜が寂しくなったような気がします。

DSCF2481 (480x360)
お粥はお味は美味しかったものの、水分が多めでお腹がたぽたぽになったそうです。
でも、夕方にはお腹が空いてしまったとか。


全体のボリュームは、ご飯少なめにしたこともあり、普通です。
やや個性的な味付けの麻婆豆腐ではありましたが、セットで1,000円というのはちょっとお高いかな~と思いました。

喉が痛いはずのOさんは、辛いもの好きだったので、結局私と同じ頂上麻婆豆腐を注文。
ただ、喉の痛みはかなりのものだったようで、食べるのが遅い先輩よりもゆっくり目でした。
数日後、あまりの痛さに病院に駆け込んだところ、喉が膿んでいて切開手術を受けることになってしまいました(汗)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

お粥 牡蠣   (2011年1月31日
お粥 牛臓   (2010年10月22日
とぼとぼ亭 つけ麺 (2012年7月10日
頂上麻婆豆腐 (2014年2月24日

醤蛋 味付玉子 (2010年10月22日
鶏手羽煮付   (2010年10月22日
ひな鶏翼蒸し  (2011年1月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF2458 (480x360)

DSCF2460 (480x360)

DSCF2461 (480x360)

DSCF2462 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF2463 (480x360)

DSCF2464 (480x360)

DSCF2465 (480x360)


2014年2月24日訪問時お店DATA
****************************
粥・麺・雲呑 徒歩徒歩亭 (とぼとぼてい) 
〒160-0008
東京都新宿区三栄町9-26 鈴木ビル1階
TEL&FAX 03-5269-7717
営業時間 
[昼]11:00~14:00 
[夜]17:00~22:30 
定休日 日祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/21 00:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) |
JAM ORCHESTRA  @市ヶ谷
このところ仕事がずっと忙しくて何となく追われている感じがしていたのですが、今週ようやく一段落して久しぶりにホッとした気分です。
今日からインフルエンザに罹患した上司が復帰してくるので、感染しないよう、マスクをつけて出勤します(笑)。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2014年11月13日にオープンしたGEMS市ヶ谷に入っている「ジャム オーケストラ」のレポートです。

DSCF7993 (480x360)
2015年2月3日は、上司とOさんがお昼時に不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
この日向かったのは、もちろん、GEMS市ヶ谷
ランチで唯一未訪問の「JAM ORCHESTRA (じゃむ おーけすとら)」へ行くことにしました。

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。
市ヶ谷駅を出て日テレ通りの坂を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。
今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

DSCF4601 (480x360)
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。

DSCF8023 (480x360)
「ジャム オーケストラ」はビルの2階です。

DSCF8022 (480x360)
エレベーターで行くことも出来ますが、この日は混雑していたので奥にある階段で行きました。

DSCF8021 (480x360)
お店のポスターはとってもシンプル&シック。

DSCF8019 (480x360)
細い階段を上がって行きます。

DSCF7984 (480x360)
左に厨房があり、テーブル席がたくさん並んでいます。
木目のテーブルと落ち着いた青いイスで、シンプルで落ち着いた内装でした。

午前中の仕事がおして出発が遅かったので、お店に到着したのは12時40分頃でした。
店内は3割程の人の入りで、かなり空いていたのでちょっとビックリ。
お値段のせいか、お店の雰囲気なのか、リーマンランチっぽい人はあまりいなくて、ランチミーティングみたいな雰囲気のグループがいました。

DSCF7985 (480x360)
公式HPによれば、某有名レストランのシェフとして活躍した料理人が作るフレンチイタリアンは、美しい見た目から味わい・食感と、食の時間を最大限に楽しませてくれる最高の料理に、活気がありながらも大人のとっておきの空間、そしてスタッフのサービス。そこにお客様一人ひとりの最高の笑顔や笑い声が加わることで、思いもよらないオーケストラが完成します、とのこと。

DSCF7977 (480x360)
ウエディングやパーティにもかなり力を入れているというだけあって、店員さんはビシッとした出で立ちで、サービスもとても丁寧です。

DSCF7983 (480x360)
窓からの景色はこんな感じです。

DSCF7981 (480x360)
私たちは奥の窓側の席に通されました。
テーブルはそれ程大きくありません。

DSCF7982 (480x360)
卓上にはおしぼり・ナイフ・フォーク・小皿がセットされています。

DSCF7976 (480x360)
お水を入れたコップはちょっとビーカーみたいで珍しい形でした。

DSCF8016 (480x360)
お水のグラスに入っていたロゴを撮影したかったのですが、どうもうまくいかず(汗)。

DSCF7978 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF7979 (480x360)
週替わりで5種類あり、お値段は980円から1,100円です。
限定10食のメニューもまだありますと、店員さんからアナウンスがありました。
ライスかパンを選びます。
それぞれおおかわりは自由とのこと。
パスタの大盛りは+100円です。

DSCF7980 (480x360)
サラダはプラス100円。
ソフトドリンクの他、アルコールも注文できます。
デザートもあって、単品かセットで選べます。

DSCF8013 (480x360)
メニューが個性的でかなり悩み、先輩はVegetable 限定10食のトリュフ薫る鰯と2色じゃが芋のテリーヌを、私はMeat 豚バラ肉&ほほ肉の30時間コンフィに決定。
二人ともパンでお願いしました。

DSCF7986 (480x360)
少し待って、パンが出て来ました。

DSCF7987 (480x360)
小さめなものが2種類です。

DSCF7988 (480x360)
コロンとした丸パンと切ったもの。

DSCF7989 (480x360)
どちらもかなり白っぽいです。


Vegetable 限定10食のトリュフ薫る鰯と2色じゃが芋のテリーヌ (980円)
DSCF7999 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。

DSCF8002 (480x360)
トリュフ薫る鰯と2色じゃが芋のテリーヌは、長方形のガラスの器にのせられていました。

DSCF8003 (480x360)
テリーヌは厚めに切ってあります。
イワシとジャガイモが層になっているのがよくわかります。

DSCF8004 (480x360)
彩りがさまざまで、オシャレにカットされた野菜が添えてあります。
切り方が斬新で、遠くから見ていると何の野菜かわかりません(笑)。


Meat 豚バラ肉&ほほ肉の30時間コンフィ (1,100円)
DSCF7991 (480x360)
私のお料理もほぼ一緒に出て来ました。

DSCF8007 (480x360)
パンは温めてありました。
どちらも柔らかい食感です。
先輩が、どちらかのパンが少し酸味があると話していましたが、私はあまりわからず(汗)。

DSCF7993 (480x360)
黒い長方形の石のようなお皿に、お肉と野菜がなどが盛られていました。
野菜のカットやソースのつけ方など、彩りがキレイで、と~ってもオシャレ。
ビストロではなく、グランメゾン系の装いに、先輩と二人でビックリ。

DSCF7997 (480x360)
半分にカットされた芽キャベツとビーツ?の薄切り。
鮮やかな緑色と濃い赤の組み合わせがとっても映えます。

DSCF7998 (480x360)
一番上には小さなカットのクラッカー?にリエット?やポテト、野菜、写真ではあまり写っていませんがシイタケがのせてあります。
凝った造りでかわいくて、一口で食べちゃうのがもったいないぐらいでした。

周りのソースは色合い的にカシスか何かでしょうか。
少し甘かったです。

DSCF7996 (480x360)
コロンと小さなボール状の揚げ物は、、、

DSCF8011 (480x360)
ライスコロッケでした。
常温でちょっと食感が固かったです。

DSCF7995 (480x360)
豚バラ肉&ほほ肉の30時間コンフィは、それぞれ複数ずつあって、こんもりと山になっています。
ツヤツヤしたソース、こんがりとした茶色でと~っても美味しそう。

DSCF8009 (480x360)
コンフィは一度で豚バラ肉とほほ肉の2種類のお肉が食べられるのがとってもお得で嬉しいです。
表面は、コンフィって、こんなに焦げ目が付いていたっけ?と思うほどで、ややカリッとした食感で、中はホロホロ。
ナイフを入れるとお肉がすぐに崩れるほどの柔らかさでした。
しっかり味で美味しかったです。
ソースもパンで残さずぬぐっていただきました。

DSCF8008 (480x360)
先輩からパテを一口いただいたのですが、鰯が燻製してあるのか、すっごく存在感があって手の込んでいる美味しさでした。
じゃが芋が厚めに入っているので、意外と私のメニューよりもボリューム感があったかも、とのこと。


全体のボリュームはそれ程多くはないものの、凛とした雰囲気の中、かなり造り込んだお料理が食べられたのはよかったです。

GEMS市ヶ谷が2014年11月13日にオープンして約3ヶ月、ようやくランチを全制覇しました!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ GEMS市ヶ谷ランチ訪問記です↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

地下1階  焼きはまぐりる 市ヶ谷  (2014年11月26日
地上1階  Lucaffe GEMS市ヶ谷店  (2014年11月27日
地上2階  JAM ORCHESTRA (2015年2月3日
地上3階  タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店 (2014年12月4日
地上4階  炭火焼鳥専門店 播鳥 市ヶ谷店  (2014年12月2日
地上6階  伊達藩いろり屋 二代目ごいち GEMS市ヶ谷店  (2015年1月27日
地上7階  銀座 しゃぶせん  (2014年12月9日
地上8階  Bistro Grill De salita (2015年1月6日
地上9階  炭火焼肉 なかはら(2014年12月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2015年2月3日訪問時お店DATA
********************************
JAM ORCHESTRA (じゃむ おーけすとら)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷6階
TEL 03-6268-9987
営業時間 
[平日] 11:30~15:00 17:00~23:30
[土曜] 11:30~15:00 17:00~26:00
[日祝] 11:30~15:00 17:00~24:00
定休日 なし  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/20 06:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(7) |
東京チャイニーズ 雪梅花 四谷  @四谷
昨日も雪はほとんど降らず、一日中冷たい雨が降り続けました。
通勤とは思えない格好で出かけた私はやや拍子抜けです(笑)。
でも、ようやくお天気が回復しそうでうれしいです。

DSCF2269 (480x360)
2014年2月21日は、上司がお昼時に不在だったので、Iさん・Oさん・先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
Iさんに何が食べたいかを聞いたところ、大のご飯好きなのにラーメン好きのOさんや私に配慮してか、「ラーメン食べたいです。」とのこと。
ただ、教えてあげたい美味しいラーメン屋さんはすぐ近くにはなかったのと、Oさんお気に入りで2013年8月27日にランチ訪問した「市ヶ谷組」の油そばを紹介しようと思ったのですが、Iさんは食事の後に四ッ谷駅から出かける予定だったので、専門店ではありませんが「東京チャイニーズ 雪梅花(シュエ・メイ・ホワ) 四谷」へ行くことにしました。

DSCF1419 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入って少し行った右手に綿半野ビルがあり、お店はその1階にあります。

DSCF1420 (480x360)
「雪梅花」は2011年12月16日にオープンした中華のお店で、「紅虎餃子房」などで有名な際コーポレーション株式会社が運営するブランドの1つです。 
「雪梅花」というステキな名前はそのまま中国語読みをして「シュエ・メイ・ホワ」というそうですが、覚えるのが難しい(汗)。
ざらっと調べた限りでは日本語の意味はよくわかりませんでしたが、名前にちなんだのか、お店の前には立派な鉢植えが置かれていました。
まだまだお花の気配は見えませんが。

DSCF1418 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お店の外の壁にはランチメニューが書かれた大きな黒板が出ています。

この場所には、2008年3月17日にディナー訪問2008年11月21日にランチ訪問した「六蔵」がありましたが、2010年の年明け頃までに閉店し、2年近くそのままでした。

DSCF2296 (480x360)
この日の日替わり定食です。
モードを切り替えずに撮影したので、白っぽくなっちゃいました(汗)。

DSCF4836_20120114111252.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口からすぐ前のカウンターには自家製のソーセージなどがズラリ。
とっても美味しそう!
見ているだけでワクワクしちゃいます。

DSCF0819_2013122706562231a.jpg
前回ランチ訪問したのは2014年2月5日だったので、約半月ぶり、4回目です。

DSCF4810_20120114111712.jpg
店内はとても広く、入ってすぐ左手に厨房とカウンター、中央にテーブル席があり、右手にはちょっと区切られて個室っぽくなっているテーブル席がありました。

DSCF0821_201312270656255e0.jpg
壁にはこんな文字が。
中国語はさっぱりわからないのが残念。

DSCF0818_20131227065620fff.jpg
天井はとても高いです。

12時20分過ぎにお店に到着したところ、相変わらずの混雑で席が空いているかどうか不安でした。

DSCF4809_20120114111712.jpg
天井からぶらさがったガラスの器は花瓶になっていて、実のついた枝がさしてあって、ステキ。

DSCF4811_20120114111711.jpg
内装は木目を基本としいて、レトロで落ち着いた色合いでした。

DSCF0835_20131227065519252.jpg
壁には紹興酒などのお酒がずらり。

DSCF4807_20120114111712.jpg
店員さんは3、4人以上いましたが、席数が多かったこともあり、とっても忙しそうで呼ぶのが大変でした。

DSCF1379 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ちょうど入れ替わりがあったようで、中央奥にある、壁で区切られて半個室の大きなテーブルに通されました。
このお店には何度か訪問していますが、いつも二人だったので、この場所に来たのは初めてです。

DSCF2294 (480x360)
結構大きなテーブルで、四人でも広々としていました。
少し高くなっているので、フロアを見渡せます。

DSCF2260 (480x360)
卓上にはお醤油、お酢、ラー油、爪楊枝、お水のボトル、カトラリーセットが置かれています。
アルミ製でスタイリッシュなカトラリーセットの中にはおしぼり、紙ナプキン、レンゲ、お箸が入っています。
以前は先にテーブルにセットしていましたが、システムを変えたようです。

DSCF0848_2013122706454945b.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
寒い時期、ガラスの壁のすぐそばに席には、寒さ対策でブランケットがついています。
細かな心配りが素晴らしいです。

DSCF1384 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お水を入れたガラスのボトルはとても大きいです。

DSCF1390 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ボトルの表面にはこんな刻印が。

DSCF2258 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1375 (480x360)
ランチメニューです。

こちらのお店は中華といってもちょっと変わったラインナップで、しかもメニューが豊富でとっても悩みます。
お値段は850円から980円と、ややお高めの設定です。

DSCF2295 (480x360)
Iさんは雪梅豚ラーメン、Oさんは2種のおかず定食、先輩は日替り定食をチョイス。
私は前回気になっていたカルボナーラ麺を注文しました。


2種のおかず定食 ~麻婆豆腐とユーリンチィ~ (900円)
DSCF2261 (480x360)
オーダーしてから少し待っていると、まずはOさんが注文したお料理が登場。
メイン、お新香、スープ、ライスのセットです。
4種類のオカズから麻婆豆腐とユーリンチィをチョイスしました。

DSCF2262 (480x360)
大きな楕円形のお皿が真ん中で区切られていて、2種類のおかずがたっぷりと盛られていました。
ボリュームたっぷりで、一同感動(笑)。


雪梅豚ラーメン (900円)
DSCF2263 (480x360)
次に、Iさんが注文した雪梅豚ラーメンが登場。
メイン、小菜、お新香、ライスのセットです。

DSCF2264 (480x360)
お店の名前を冠したラーメンは、とても大きいドンブリに入っています。
ラーメンには珍しく、豚肉の細切れがのせられていました。


日替り定食 ご飯少なめ  (900円)
DSCF2265 (480x360)
次に先輩の日替り定食が登場。
この日は鶏肉と野菜の生姜タンメン&メカジキフライトマトチリソースでした。
メイン2種、お新香、ライスのセットです。
お店の外に書かれたメニューにはスープの記載もありましたが、タンメンだったせいかなかったです。

DSCF2266 (480x360)
Iさんの雪旨豚ラーメンと同じ大きなドンブリに入っています。

DSCF2267 (480x360)
それにかなり大きめのメカジキフライが2つもついていました。
結構なボリュームに、先輩もビックリ(笑)。


カルボナーラ麺 ご飯少なめ  (900円)
DSCF2269 (480x360)
最後に私のカルボナーラ麺が登場。
メイン、小菜、お新香、スープ、ライスのセットです。
黒くて丸い形のお盆にのせられていました。
麺メニューだから仕方ないですが、Oさんや先輩のメニューに比べるとちょっとボリュームダウンかも(笑)。

DSCF2270 (480x360)
麺メニューですが、ご飯がついています。
小さめの白い器に盛られています。
少なめをお願いしました。

DSCF2271 (480x360)
スープはご飯と同じような小さめの白い器に入っていました。
卵スープです。

DSCF2289 (480x360)
優しい味わいですが、卵がたっぷりで間違いない美味しさでした。

DSCF2272 (480x360)
お新香は、前回と同じく白菜のお漬け物です。
切った唐辛子が入っていますがそれ程辛くはなく、甘酸っぱい味付けで、浅漬けなので野菜がシャキッとしていました。

DSCF2273 (480x360)
小菜は、この日は揚げ餃子でした。
前回と同じです。

DSCF2274 (480x360)
作り置きのもので、小さめのものが2つです。

DSCF2286 (480x360)
前回の揚げ餃子はいかにも作り置きでちょっとイマイチな味わいでしたが、この日の揚げ餃子は見た目はほとんど変わらないのに意外と餡がジューシーで美味しかったです。
下味がしっかりついているのでこのまま食べられました。

DSCF2275 (480x360)
カルボナーラ麺は、白い大きな器に入っていました。
麺の上に挽き肉、小ネギの小口切り、粉チーズ、コショウがたっぷりとかかっています。

DSCF2276 (480x360)
見た目の印象としては、ちょっとイメージとは違う、っていう感じでした。

DSCF2277 (480x360)
中央に卵黄がのせてありますが、ほかのトッピングに覆われいて、ぱっと見だと気付きません。

DSCF2278 (480x360)
コショウは粗挽きです。
粉チーズは塊になっているものもありました。

DSCF2279 (480x360)
まずは卵黄を潰し、全体を大きくかき混ぜました。
麺は黄色みがかった細いストレートです。
ボリュームはけっこうありました。

DSCF2280 (480x360)
カルボナーラのクリーミーな味わいを想像していただけに、ちょっとイメージが違いました。
チーズの味わいはそれ程全面には出なくて、コショウのパンチをとても感じます。
たっぷりの挽き肉にはかなりしっかり目の味付けがしてありました。

DSCF2290 (480x360)
カルボナーラというよりは和え麺で、クリーミーではなくはっきりした味わいでしたが、コショウや挽き肉の塩気の味わいはパンチがあるものの、ちょっとバラバラで統一感がない感じでちょっぴり残念。
ご飯は肉味噌たっぷりの麺で食べました(笑)。


副菜が充実していることもあり、全体のボリュームはなかなか多めでした。

一般的な中華料理屋さんに比べると、かなり個性的で独創的なメニューが多くてとても興味が惹かれるのですが、味としては当たり外れが多くて、なかなかギャンブラーなお店です(笑)。
今のところ50%ぐらいの確率かな?
でも、まだ食べてみたいメニューはたくさんあります。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

麻辣担担麺 (2012年1月11日
羊麻辣土鍋麺 (2013年1月16日
トマトチーズ坦々麺 (2014年2月5日
カルボナーラ麺 (2014年2月21日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1375 (480x360)

DSCF1376 (480x360)

DSCF1377 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF4798_20120114111853.jpg

DSCF4801_20120114111852.jpg


2014年2月21日訪問時お店DATA
****************************
東京チャイニーズ 雪梅花 四谷 (シュエ・メイ・ホワ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-4-2 綿半野ビル1階
TEL&FAX 03-6380-0911
営業時間 
[昼] 11:30~14:30(L.O.)  
[夜] 17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/19 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨日はたいした雪にならなくてよかった~と一安心したのに、今日も雪とは!
私は本日はスニーカーで出勤予定です。
みなさま、くれぐれもお気をつけ下さい☆

DSCF2240 (480x360)
2014年2月20日は、午前中の仕事が押してしまったので、ランチの話が出来たのは12時半頃でした。
Iさんに「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」のお弁当を紹介したところ、「食べてみたい。」とのことだったので、買いに行くことに決定。
前日に「ラ・タベルナ」でご飯系メニューを食べていたOさんも、大好きなネロのスパゲティを食べるからと参戦し、お弁当を持ってきているはずの先輩も「食べたい!」とのことで、結局4人分買うことになりました(笑)。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF7927 (480x360)
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

12時半頃に電話でお店に注文を入れ、15分ぐらいで出来上がると言われたので、準備をしてすぐに事務所を出ます。
この日は先輩が取りに行ってくれました。
ありがとうございます☆

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回お弁当を購入したのは2014年1月29日だったので、約3週間ぶり、36回目です。

DSCF7928 (480x360)
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF7244 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF7246 (480x360)
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと36周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

DSCF2231 (480x360)
お弁当はよくある一般的な白いビニール袋に入れてくれます。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF2233 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

DSCF2235 (480x360)
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

私は本当はスパゲッティが食べたかったのですが、体重的にあまりよろしくなかったのでリゾットにしました。
一人の時はなるべくお高めのメニューを注文していますが、この日は他に3人いたので、お安めなメニューをのポロを注文。
電話注文の時にマンナンでお願いしたら、なんと、マンナンの取り扱いは辞めたとのこと。
ただ、プラス100円で玄米に出来ると言われたので、それでお願いしました。
前回注文したときは、単にマンナンがないと言われただけで、玄米のことは何もアナウンスがなかったのですが、また変わったのでしょうか。

DSCF6870.jpg
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。

DSCF2247 (480x360)
先輩は新たなメニューを持って来てくれました。
少し前から幾つか値上げがあったのは同じでしたが、季節メニューからあん肝は消えていたのは残念。
この年はもう終わりということかな?


リゾット ~ポロ~ (800円)+玄米(100円)=900円
DSCF2240 (480x360)
フタを開けると、やや大きくて深さのある容器の8割ぐらいまでたっぷりとリゾットが入っていて、いつもながらすごいボリューム。
ポロにはチキン・オニオン・エリンギが入っています。

真っ白のスープの中にツブツブのお米や具が見えます。

DSCF2238 (480x360)
中央にドライハーブがトッピングされています。
全体が真っ白い中、唯一の彩りです。

DSCF2239 (480x360)
チキンは小さめに切ってありました。

DSCF2241 (480x360)
クリームベースはいつもはあっさり目なことが多いですが、この日はわりとコクがありました。
持って来ている間に少し冷めたのか、表面が少し膜のように固まります。
でも、少し下は熱々なので、猫舌の私は少しずつ表面をはぎ取るようにスプーンで掬い、冷ましながらいただきました。
玄米なので、白米に比べるとプチプチとした食感を楽しめて、食べごたえもあります。

DSCF2243 (480x360)
下の方には大きいですが薄切りのエリンギが入っていました。
シャキシャキとした食感を楽しめます。

DSCF2245 (480x360)
鶏肉はしっかりとした食感だったので、胸肉でしょうか。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。
でも、この日はタバスコを切らしてしまっていて、味わいの変化をつけられませんでした。

DSCF5093 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じです。


リゾットとは思えないボリュームで、おなか一杯です。
ご飯好きのIさんはオムライスをチョイス。
持ち上げるとずっしりとした重さですが、さすが20代、ペロリと平らげて、ちょうど良かったですと言っていました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  トンノ  (2010年8月13日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  タラモ (2013年1月31日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
  サンジャック ビアンコ (2013年8月20日
  ペスカトーレ (2013年9月25日

◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  ポロ (2014年2月20日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日
  フンギ (2013年7月4日

◎ご飯系
  牛肉の薄切りステーキ (2013年11月20日
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日

◎季節メニュー
  あん肝とエリンギのスパゲティー (2014年1月29日
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF2247 (480x360)

DSCF2249 (480x360)

DSCF2250 (480x360)

DSCF2251 (480x360)

DSCF2252 (480x360)

DSCF2253 (480x360)

DSCF2254 (480x360)

DSCF2255 (480x360)

DSCF2257 (480x360)



お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2014年2月20日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/18 07:00】 | お粥 | トラックバック(0) | コメント(4) |
タコライス屋「移動販売 tono cafe」  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
風邪すらひかない上司がインフルエンザにかかってしまい、昨日はスケジュールの変更などなど、事務所がてんやわんやでした。
鬼の霍乱?
インフルエンザのピークは過ぎたようですが、皆様、まだまだお気をつけ下さい。

DSCF2167 (480x360)
2014年2月18日は、久しぶりに千代田四番町ランチ屋台へランチを買いに来ました。
この日は火曜日だったので、タコライス屋さんの「移動販売 tono cafe(トノカフェ)」です。

DSCF2157 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

DSCF6730.jpg
「トノカフェ」は、2011年3月15日からこの場所にやって来ました。
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

DSCF2150 (480x360)
前回こちらのお弁当を購入したのは2013年10月1日だったので、約4ヶ月半ぶり、12回目です。

DSCF8311.jpg
お店の公式HPによれば、「トノカフェ」は、シェアハウスを経営するMurabito株式会社が展開していて、ご夫婦とわんちゃん2匹が運営しているとのことです。

大きな車にはオレンジや緑色などの鮮やかな彩りでペインティングされています。

DSCF6967.jpg
「トノカフェ」にやって来たたくさんの有名人の写真が飾られています。

DSCF6751.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
タコライス屋さんですが、このお店のポイントはアボガドです。
アボガドの入るメニューには、一つのお弁当に付き、なんとアボガド半個が入ります。
アボガド大好きな私はワクワクしちゃいます。

DSCF2151 (480x360)
12時15分頃に到着すると、先客が5名ほど。
ただ、3人ぐらいは既に注文済みだったので、それ程待たずに済みました。

DSCF2149 (480x360)
メニューは全部で6種類あり、お値段は700円から900円です。

日テレ通りという大きな通り沿いにあるので、お店はいつも大混雑です。
でも、素早くお弁当が作られていくので、回転は早いです。

DSCF4378_20140319200415bca.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
辛い物好きだし、お金がかからないので、タバスコのトッピングはいつもお願いします。
タバスコのトッピングをお願いする人が多いせいか、お弁当の受け渡しの時に店員さんが「タバスコかけますか?」と必ず聞いてくれます。

DSCF8313.jpg
お店は女性一人と男性一人でお店を切り盛りしています。

DSCF2152 (480x360)
販売窓口には注文する場所と待つ場所が明記してあって、わかりやすくなっていました。
先に車の右側に並び、注文後は車の左側で待ちます。

DSCF2155 (480x360)
2014年2月からスタンプラリーを始めたとのこと。
at SHIBUYAとなっていますが、、、。

DSCF2154 (480x360)
7店舗合同のスタンプラリーだそうです。
私はそんなにしょっちゅう買わないので、あまりちゃんと読まなかったです(汗)。
でも、参加しているお客さんもいらっしゃいました。

DSCF2158 (480x360)
持ち帰り袋は一般的な白いビニール袋です。

DSCF2159 (480x360)
メニューはほぼ変わらないので、この日はオリジナルタコライスにスパムをトッピングしました。

DSCF4382_20140319200346b60.jpg
お弁当の容器は紙パックです。
なので、底を手で持つとかなり熱くなっています。

DSCF2163 (480x360)
お弁当とは別に温泉卵がついていて、自分で割り入れるスタイルです。
この卵は白だったり茶色だったりします。
何故か茶色の時は、ちょっと嬉しい(笑)。

DSCF0382_201312130820200f2.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
スプーンは薄い木製です。
ちょっと柄が細長いタイプでした。
もったいないので、なるべくいただかないようにしています。

DSCF2164 (480x360)
フタをオープン!
ご飯の上にたっぷりの刻みレタスが敷いてあり、その上に挽き肉がのせられ、ソースがたっぷりとかかっています。
おかずたっぷりなので、ご飯は全く見えません。

公式HPによれば、オリジナルタコライスは「tono cafeのタコライスは、新鮮なお野菜たっぷり。ご飯に、レタス、チーズ、パリパリ食感のタコチップ、スパイシーな甘辛挽き肉、とろーり温玉、クリーミーなナッツソースをかけたボリューム満点の逸品。」とのこと。


オリジナルタコライス(700円)+スパム(200円)+タバスコ(FREE)=900円
DSCF2167 (480x360)
温玉をのっけて完成です。
ぶっきょな私にしては、今日は旨く出来ました(笑)。
いただきま~す!

DSCF2165 (480x360)
しっかり味付けされたお肉と野菜を一緒に食べると、旨みはありますが、とてもさっぱりとしています。

DSCF2166 (480x360)
スパムはたっぷり。
6切れ並んでいて、こちらにもソースがかかっていました。

まずはそのまま囓ってみると、結構しょっぱい(汗)。
全体として味わいがしっかりしているので、スパムの塩気は最後までちょっと気になりました。
ご飯を多めとかにした方が、バランス良い味わいで食べられるかも。

DSCF2169 (480x360)
温玉をどのタイミングで崩すか、いつもうれしい悩みです。

DSCF2170 (480x360)
ご飯のボリュームは普通です。

DSCF2172 (480x360)
温泉卵を割ってみると、トロトロではないもったりとした鮮やかなオレンジ色の黄身が出て来て、と~っても美味しそう。
具と卵を一緒に食べると、味わいが深まり、この日はスパムの塩気を和らげてくれました。


メニューはほぼ固定されていて全て食べたことがあるのでトッピングの組み合わせを楽しんでいますが、この日のお弁当は合計で900円かかったので、屋台で買うお弁当にしてはずいぶんいいお値段になってしまいました。



◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 オリジナルタコライス (2011年5月24日
 オリジナルタコライス+スパム (2014年2月18日
 ホットチリタコライス (2011年5月17日
 アボガドタコライス (2011年4月12日
 アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
 アボガドスパム丼 (2011年4月19日
 アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日

 タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
 ベジタブルタコライス (2013年3月12日

 ハーフ&ハーフ<オリジナル・タイ風> (2013年1月8日2013年10月1日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF1398_20120625061703.jpg

DSCF1399_20120625061702.jpg


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」 
  佐賀県ご当地料理 元祖ポークシシリアンライス (2014年6月2日

月曜日 【撤退】ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
  ロシアン&ハワイアン<トマトソース> (2012年6月11日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  ハーブチキンフレンチライス (2012年1月23日
  ハーブチキンハワイアンライス (2012年2月13日

火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  オリジナルタコライス+スパム (2014年2月18日)  
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
  ベジタブルタコライス (2013年3月12日
  ハーフ&ハーフ<オリジナル・タイ風> (2013年1月8日2013年10月1日

水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日
  スンドゥブ風ソース (2013年2月6日

木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日2012年11月29日2013年2月21日
  グリーンカレー 大盛り (2013年11月7日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
  カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日

金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年2月18日購入時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
タコライス屋「移動販売 tono cafe」 (とのかふぇ)
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 火曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/17 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Dining Caretta2  @四谷
お天気はよかったものの風が強い週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
昨日はイベントに参加するために久しぶりに有楽町にお出かけして楽しかったです。
新しい一週間、がんばりま~す☆

DSCF2132 (480x360)
2014年2月17日は、上司とOさんがお昼時に不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
向かった先は二日前の2月15日に「妻家房」のキムチ教室に参加し、その帰り道に見つけた「創作風居酒屋 龍の里」という新店です。
私たちのすぐ前に男性の一人客がいらっしゃり、階段を降りて続いて入店しようとしたら、男性店員さんから「雪だったので準備が出来ない。」みたいなニュアンスのことを言われちゃいました(泣)。
歴史的な大雪に2回も見舞われたあとだったので、仕方ないとは思いますが、とっても残念。

さて、どこへ行こうかと、とりあえず新宿通りから1本入って歩きました。
不定期のランチ営業になった「テート・ア・テート」がこの日は営業していたのですが、残念ながら満席。
Dining Caretta2(カレッタ・カレッタ)」の前を通りかかったところ、この日は洋食の日でフォアグラソテー付ハンバーグというメニューを見つけました。
大のフォアグラ好きの私たちはとても素通り出来ず、早速入店。

DSCF2147 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜け、少し行った右手に四谷Xeビルがあり、お店はその1階です。
1階とはいっても外階段をちょっと上がるだけなので半2階ぐらい?

左下に雪が積んであるのがわかるでしょうか?

このビルの地下1階は、2010年6月16日に訪問した「合点承知之助 四谷本店」です。
両方のお店ともぐるなびに掲載されていますが、お店の入っているビルについて、「合点承知之助」は長島ビル、「カレッタ・カレッタ」は四谷Xeビルと記載されています。
ビル名が変更になったのでしょうか?

DSCF6183.jpg
2011年2月21日にオープンした「カレッタ・カレッタ」は、この界隈では珍しく、牡蠣とワインを出すお店です。

DSCF2146 (480x360)
通りにランチメニューの小さめの看板が出ています。
パスタと洋食を週替わりでメインメニューにしているようです。
この日は洋食でした。

DSCF2145 (480x360)
入口へ向かう階段の脇に、詳しいランチメニューが出ています。

DSCF6180.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

外階段を登ってお店へ。
気候がいい時期は、入口がかわいいイスで押さえて開け放たれています。

DSCF6155.jpg
フロアはとても広く、右手がカウンター、左手にテーブル席が並んでいます。

前回ランチ訪問したのは2013年4月24日だったので、約10ヶ月ぶり、5回目です。

DSCF6474 (480x360)
内装は木材がたっぷりと使われています。

DSCF6476 (480x360)
男性シェフとフロア担当の女性のお二人でお店を切り盛りしています。

DSCF6473 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
牡蠣メニューがずらり。
以前のランチ訪問で、このメニューをランチ訪問で食べられることを知りました。

DSCF6151.jpg
窓が大きいので、灯りがたくさん入ってきてとても明るいです。

DSCF6154.jpg
うろうろしていたので、入店したのは12時20分過ぎ。
店内はほぼ満席でした。

DSCF2108 (480x360)
テーブル席は満席だったため、初めてカウンター席に着席。
だいたい真ん中ぐらいでした。

DSCF2111 (480x360)
シェフがお料理をしている姿がよく見えて、臨場感たっぷり。

DSCF2140 (480x360)
炎が強い!

DSCF2112 (480x360)
卓上にはドレッシング2種類と籠に入ったカトラリーセットが置かれています。
ドレッシングはフレンチバジル味とニンジン味の2種類です。

DSCF2113 (480x360)
着席すると、冷たいおしぼりとお水をいただきました。

DSCF2109 (480x360)
この日のメニューです。
全部で6種類あり、お値段は1,000円とちょっとお高めですが、6種類から選べるドリンクがついていて、しかも、ライス・スープ・サラダがお替わり自由です。

ハンバーグの他にもミックスフライやカツカレーなど魅力的なラインナップでしたが、二人とも初志貫徹でフォアグラステーキ付 ハンバーグ 和風ペッパーソースをご飯少なめで注文。

DSCF0352_20120502184243.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上には一品料理のメニューも出ていました。


スープ
DSCF2115 (480x360)
程なく、まずはスープが登場。
取っ手のついた白いコーヒーカップに入っています。
薄いグレーのような半濁で見た目はとってもシンプル。

DSCF2124 (480x360)
こちらのお店ではお魚ベースのスープが多いですが、この日もそうでした。
ダシはやや淡いですが、お魚の旨みをしっかりと感じます。

DSCF2125 (480x360)
中にはオクラなどが入っていました。
ちょっとトロッとした口当たりです。

DSCF2116 (480x360)
続いてサラダが登場。


サラダ
DSCF2118 (480x360)
いつもはとても大きな透明なガラスのボウルに二人分入って出て来ますが、この日は一人分ずつ、白い涙型の器に入っていました。
うーん、ボリュームは同じなのかもしれませんが、ビジュアル的にちょっと残念。
大きな器にたっぷり入ったサラダをドレッシングを混ぜ合わせるためにかき回すのが楽しいのに。
これはカウンター席だったからなのか、お客さんが多くてボウルが足りなくなったのかは不明です。

DSCF2119 (480x360)
サラダはレタス、キャベツ、水菜、ニンジン、紫キャベツなどなど、種類がとっても豊富です。

DSCF2120 (480x360)
2種類あるドレッシングを両方ともかけていただきました。
ただ、この日はお客さんが多くて忙しかったのでしょうか、サラダの水切りがかなり甘くて、私はドレッシングをかなりかける方ですが、それでもかなり水っぽい味わいでした。
あとで先輩に聞いてみたら、先輩の方でも同じだったのこと。

DSCF2128 (480x360)
スープとサラダを食べていると、メインが登場!


フォアグラステーキ付 ハンバーグ 和風ペッパーソース ご飯少なめ  (1,000円)
DSCF2137 (480x360)
いただきま~す!

DSCF2130 (480x360)
ご飯は小さめの背の高い白い器に入っていました。

DSCF2131 (480x360)
多分、もともと多くないところに少なめをお願いしたので、かなり少なめです。

DSCF2127 (480x360)
大きくて白い鉢のような個性的な形の器に盛られています。

DSCF2132 (480x360)
フォアグラをのせたハンバーグに、野菜が添えられていました。

DSCF2134 (480x360)
添えられた野菜は3種類です。
茹でたブロッコリーとプチトマト、、、

DSCF2133 (480x360)
こんがりと皮ごと焼かれたジャガイモでした。

DSCF2135 (480x360)
拳ぐらいの俵型のハンバーグにフォアグラがのっけてあります。

DSCF2136 (480x360)
ハンバーグは小さめに感じましたが、フォアグラは意外と大きくてビックリ。
少し甘さがあったものの、ちょっとぱさついた食感でした。
このお値段でこの大きさなので、仕方ないかな。

DSCF2139 (480x360)
ハンバーグを切ってみると、お肉がみっちりと詰まっているのがわかります。
しっかりとした歯応えで見た目よりも食べごたえがありました。
ただ、かけてあるソースがかなりしょっぱめで、ご飯を少なめにしたのをちょっと後悔しちゃいました。


ドリンク
DSCF2142 (480x360)
食事を終え、ドリンクをいただきました。

DSCF2144 (480x360)
6種類ある中から、グレープフルーツジュースをチョイス。

DSCF5389_20121102205048.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じです。

DSCF5391_20121102205048.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ランチ終了の貼り紙が出ていました。
日によっては売り切れ終いなのか、早く終わることもあるようです。


スープ、サラダ、メイン、ドリンクと、ミニコースになっているので、お値段は1,000円かかりますが、スープやライスがおかわりできることを考えると、ボリュームたっぷりでとってもお得です。
ただ、この日は混雑していたせいなのか、今まで食べたお料理の中では一番残念でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

まぐろほほ肉のステーキ (2011年3月28日
牡蠣のカルボナーラ  (2011年8月24日
ずわい蟹のトマトクリーム (2012年1月27日
ジャガイモとソーセージのアラビアータ (2013年4月24日
フォアグラステーキ付 ハンバーグ 和風ペッパーソース (2014年2月17日

生牡蠣<土佐酢ゼリー>  (2012年1月27日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


以前いただいたチラシです↓
DSCF6184.jpg

DSCF6185.jpg


2014年2月17日訪問時お店DATA
*******************************
Dining Caretta2 (カレッタ・カレッタ)
〒160-0008 
東京都新宿区三栄町1-1 四谷Xeビル1階
TEL&FAX 03-5368-2164
営業時間 
[平日] 11:30~14:00 17:00~23:30
[土曜] 17:30~23:30
定休日 日曜日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/16 06:00】 | ハンバーグ | トラックバック(0) | コメント(4) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
昨日に引き続き、今日もとてもいいお天気ですね。
みなさま、楽しい日曜日を☆

DSCF2004 (480x360)
2014年2月15日は、1月は不参加だったので、2014年初めての「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。
キムチ教室は2014年でなんと10年目とのこと!

教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は東京でこの年2度目の大雪で、実家の雪かきをしてから来たので、ラーメンを食べに行く時間ありませんでした。
欠席者も多く、3人で4人分を作ることに。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2013年11月16日だったので、約2ヶ月半ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

この日の先生は大胆なショートカットに変身していました。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF1827 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「ソッバクジ」で、韓国料理が「スンチェマンドゥ」です。


【 ソッバクジ 】
DSCF1830 (480x360)
「ソッバクジ」とは、刻んで混ぜるキムチだそうで、宮廷・伝統キムチとのこと。
「ソッ」は混ぜるという意味だとか。
2007年10月20日にも習っていました。

「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。

DSCF1828 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。

DSCF1829 (480x360)
生の牡蠣も入れます。

DSCF1834 (480x360)
こちらは味付けに使われるもの。

DSCF1835 (480x360)
こちらはイワシの塩辛です。
生きているイワシを塩漬けにして1年寝かしたものだそうです。
自作は難しいとのこと。

DSCF1839 (480x360)
持ち上げてみるとかなりの大きさであることがわかります。
とてもしょっぱいので、冷蔵庫で1年は保つし、冷凍庫だと数年大丈夫とのこと。
この汁をキムチ(ニラキムチ・セリキムチ・小松菜キムチなど)や料理に使います。
少し生臭いがキムチが発酵すると消えてしまうとか。

DSCF1843 (480x360)
お鍋を火にかけて、、、

DSCF1846 (480x360)
イワシの塩辛1カップに対し1/3カップの水を加えて煎じます。

DSCF1862 (480x360)
身が溶けるまで煮詰めます。

DSCF1885 (480x360)
出来上がったら、ザルに漉して、、、

DSCF1890 (480x360)
小骨などを取り除きます。

DSCF1895 (480x360)
冷めたら出来上がりです。

DSCF1851 (480x360)
次はダイコンです。
皮をむいて、4センチぐらいの厚さに切ります。

DSCF1857 (480x360)
さらに半分に切り、1センチの厚さの薄切りにします。

DSCF1860 (480x360)
ボウルに入れて塩漬けします。

DSCF1863 (480x360)
1時間置いて、水洗いします。
ただし、この日は時間を短縮するために多めに塩を使い、洗わずに水を切ってそのまま使いました。

DSCF1836 (480x360)
このキムチには生牡蠣だけでなくタコも入れます。
と~っても豪華。
さすが宮廷キムチです。

DSCF1833 (480x360)
韓国のタコは日本のものより小さいとか。
刺身用なら冷凍物でも、タコの替わりにスルメイカでもいいそうです。

DSCF1868 (480x360)
タコは塩もみをして洗い、しっかり水を切ります。
身は一口大、ゲソは3センチぐらいに切りそろえます。

DSCF1871 (480x360)
プリプリして美味しいとのこと。
ただ、キムチの発酵が進むと少し固くなるそうです。

DSCF8873_2013110406501360c.jpg
ニンニクとショウガを潰すときには、すり鉢とすりこぎを使います。
この巨大なすりこぎはとっても便利で、私も購入して自宅で使っています。

DSCF8876_2013110406501631f.jpg
ニンニクは薄皮をむいて、丸ごと投入。

DSCF8877_20131104065019f23.jpg
すりこぎで擂らずに、潰します。

DSCF8880_20131104065022de6.jpg
ショウガはニンニクよりもかたいので、先に包丁で小さく切ってから、、、

DSCF8882_2013110406493118d.jpg
ニンニクと同様に、すりこぎで潰します。

DSCF1872 (480x360)
白菜もダイコンと同じく塩漬けします。
そのままでも、刻んでから塩漬けしてもいいそうです。
時間は3時間。
この日は時間がないので、あらかじめ塩漬けしたものを使いました。

DSCF1873 (480x360)
水で2・3回洗い、水気を取ります。
茎は取り除きます。

DSCF1877 (480x360)
3・4センチの大きさに切りそろえます。

DSCF1897 (480x360)
葉先などは見た目がキレイじゃないので入れません。
ただ、自宅用ならそのまま使います。

DSCF1884 (480x360)
これで出来上がりです。

DSCF1880 (480x360)
セリは茎だけしか使わないので、葉を取り除き、3・4センチの長さに切ります。

DSCF1882 (480x360)
万能ネギも同じく3・4センチの長さに切ります。

DSCF1900 (480x360)
アミの塩辛は汁を搾って刻みます。

ちなみに、アミの塩辛は万能調味料で、鍋に入れても美味しいとのこと。

DSCF1906 (480x360)
長ネギはみじん切りにします。

DSCF1908 (480x360)
切ったものはお皿に並べておくと、後から使いやすいです。

DSCF1910 (480x360)
全ての材料を切り終えたら、ボウルにタコ、ニンニク、アミの塩辛を入れ、、、

DSCF1912 (480x360)
さらに唐辛子を入れて混ぜ合わせます。
砂糖、煎じたイワシのエキスも投入。

DSCF1917 (480x360)
ダイコンを加えてしっかりと混ぜ合わせ、唐辛子の赤い色をつけます。

DSCF1920 (480x360)
これぐらいダイコンがしっかりと赤く染まったら、、、

DSCF1921 (480x360)
長ネギのみじん切りと、、、

DSCF1923 (480x360)
白菜を投入。

DSCF1924 (480x360)
手袋をつけ、しっかりと混ぜ合わせます。

手に唐辛子の赤さが移らないよう、手袋をつけて作業します。
素手でやると1週間ぐらい色が残るそうです。

ここで味見をして、塩や砂糖で好みの味に整えます。

DSCF1929 (480x360)
混ぜ終えたら万能ネギを加えます。

DSCF1933 (480x360)
牡蠣は大きいので2つか3つに切ります。

DSCF1935 (480x360)
牡蠣が好きなら多めに入れてもいいとのこと。

DSCF1937 (480x360)
軽く混ぜ合わせます。

DSCF1941 (480x360)
糸唐辛子をハサミで切ります。
長いまま入れると、まとまってしまうとのこと。

DSCF1940 (480x360)
完成です。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

DSCF2234_201401310729128b6.jpg
フタを開けると、こんな感じです。

DSCF1946 (480x360)
壺に入れる時、タコや牡蠣はキムチの下に入れるようにします。

DSCF1947 (480x360)
こちらで完成!
表面を軽く押して、塩漬けした白菜の葉を置くか、サランラップを密着させます。

冬ならば2日間常温で置いて、冷蔵庫へ。
1週間ぐらい置けば食べられますが、食べ頃は2~3週間とのこと。
食べる時は下の方が汁をよく吸っているので、下から食べる方がいいそうです。
酸味が気になるようであれ、鍋や炒め物に使っていいとのこと。

DSCF1313_201401070754275d0.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ビニール袋に自分の分を入れて持ち帰ります。
いつも結構な量になります。


【スンチェマンドゥ】
DSCF1951 (480x360)
この日習った韓国料理はスンチェマンドゥです。
マンドゥとは餃子のことで、皮ではなく白菜で包む宮廷料理だそうで、結婚式・お正月・お盆などのおめでたい時に作られるとか。
キムチ教室には初登場とのこと。

DSCF1954 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF1953 (480x360)
餡にはセリ、、、

DSCF1955 (480x360)
もやし、、、

DSCF1956 (480x360)
鶏胸肉を入れます。
好みでもも肉でもいいそうですが、挽き肉はダメとのこと。

DSCF1958 (480x360)
ダイコンも入れます。
まずは薄切りにして、、、

DSCF1960 (480x360)
千切りにして、、、

DSCF1962 (480x360)
みじん切りにします。

DSCF1964 (480x360)
塩もみをして、水気を絞ります。

DSCF1967 (480x360)
もやしと、、、

DSCF1969 (480x360)
セリもみじん切りにします。

DSCF1972 (480x360)
お肉は脂を取り除き、、、

DSCF1973 (480x360)
包丁で叩いてみじん切りにします。

DSCF1975 (480x360)
ボウルに叩いたお肉を入れ、、、

DSCF1976 (480x360)
ニンニク、ネギ、ごま油、ショウガ汁、塩、胡椒、すりゴマを入れて、、、

DSCF1978 (480x360)
混ぜ合わせます。

DSCF1981 (480x360)
切った野菜はキッチンペーパーで水気をしっかりと絞ってから、、、

DSCF1986 (480x360)
お肉に投入。

DSCF1988 (480x360)
手で全体を混ぜ合わせ、、、

DSCF1990 (480x360)
これで餡が出来上がり。

DSCF1987 (480x360)
包む白菜は水を沸騰させてさっと茹でます。
後で蒸すので固めで大丈夫。

DSCF1991 (480x360)
白菜もしっかり水気を切ります。

DSCF1993 (480x360)
白菜を広げます。
この葉っぱの大きさはお好みで。

DSCF1994 (480x360)
食べる時に切って中身が出てこないように、小麦粉をふります。

DSCF2001 (480x360)
餡を長方形に丸め、葉の端っこにのせます。

DSCF1996 (480x360)
しっかりと餡を葉っぱでくるみます。
横もしっかり包みます。
葉の外側を中にすると、凸凹が隠れてキレイなるとか。

DSCF1998 (480x360)
こちらで完成!
手間がかかる~。

葉の大きさが足りなかったら、2枚つないでもいいそうです。

DSCF2004 (480x360)
白菜の緑がとってもキレイ。

DSCF2009 (480x360)
蒸し器でマンドゥを蒸します。
蒸し器が見つからず、しばし待つことに(笑)。

DSCF2016 (480x360)
水を沸騰させてからマンドゥを入れ、蓋を閉めます。
生の鶏肉が入っているので、15分蒸します。

DSCF2006 (480x360)
こちらで出来上がり。

DSCF2008 (480x360)
白菜の緑が消えちゃったのはちょっと残念。

DSCF2012 (480x360)
歯がかみ切れないかもしれないので、一口大に切ります。
この日はお皿に盛っちゃった後だったので、包丁ではなくハサミで切りました。

DSCF2014 (480x360)
楽しい試食タイムです☆
いただきま~す!

DSCF2013 (480x360)
タレは薄口醤油、砂糖、お酢などで、お好みでレモン汁やすりゴマ、万能ネギを入れてもいいそうです。
松の実を砕いたものを入れました。

DSCF2015 (480x360)
タレをつけなくても味があります。
野菜たっぷりなのであっさりとして、白菜の甘みを感じます。
冷めても美味しいとのこと。


この白菜マンドゥは、韓国版ロールキャベツのようなものでしょうか。
美味しかったのですが、手間がかかるので、自分で作るかどうかはかなりビミョーです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ (2010年2月20日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
スンチェマンドゥ (2014年2月5日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg


2014年2月5日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2015/02/15 09:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
ハッピーバレンタインデー!
みなさま、甘くて楽しい週末をお過ごしですか?
世間の浮かれ具合にはひたすら背を向けて、私は本日も周回(年)遅れを回避すべく、記事をアップします(笑)。

DSCF1792 (480x360)
2014年2月14日はバレンタインデー。
甘い物が苦手でスイーツ情報には疎い私は、ない知恵を絞ってチョコレートを購入し、関係各所に配布して何とかこのイベントをこなすことが出来ました(汗)。

お昼になって、Iさんと一緒にアトレ四谷にお弁当を買いに行き、ご飯好きのIさんは「権米衛」へ、私は久しぶりに「Pensri’s Kitchen アトレ四谷店」へ。

DSCF7686.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退したのかと思ったら、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。

DSCF7688.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。

なんでも、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。
メニューは時期によっていろいろとかわっているようです。

DSCF7684.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。

前回お弁当を購入したのは2013年12月4日だったので、約2ヶ月ぶり、10回目です。
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しました。

DSCF7683.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。

DSCF1778 (480x360)
この日は午後イチで予定があったので、12時前に買いに行きました。
そのおかげで、先客・後客共に数名で、お弁当の種類もたくさんあってとても買いやすかったです。

DSCF1779 (480x360)
翌日「妻家房」のキムチ教室に行く予定だったので、ランチは軽めにしたかったのですが、それでも種類を食べたかったので、1つは軽めごはん パッタイ弁当(550円)に決定。

DSCF1775 (480x360)
もう一つは春雨サラダ(ヤムウンセン)(480円)を購入。

DSCF1774 (480x360)
以前もヤムウンセンは食べたことがあるような気がするのですが、こちらは逆に小さな丸い容器からやや大きな長方形のサイズになっていて、しかも、具材がぎっしりと詰まっているのを見て一目惚れしちゃいました(笑)。

DSCF4477_20140319203501ac8.jpg
大きいサイズのお弁当を購入すると、鮮やかな薄緑色の持ち帰りのビニール袋に入れてくれます。
淡い色調がとってもステキ。

DSCF2461 (480x360)
店名のロゴがデザインされています。

DSCF1781 (360x480)
この日は残念ながら、普通サイズのお弁当だったせいか、白いビニール袋でした(笑)。

DSCF1787 (480x360)
取り出してみると、こんな感じです。
容器はどちらも同じものでした(笑)。

DSCF4479_20140319203504278.jpg
お箸やスプーンなどはお断りするようにしています。
こちらは以前いただいたときに撮影した写真です。
スプーンは白いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF4480_20140319203436893.jpg
こちらも以前いただいたときに撮影した写真です。
割り箸は「Otemoto」と書かれた箸袋に入っていて、意外と?日本的でした。

DSCF4483_20140319203438162.jpg
こちらも以前いただいたときに撮影した写真です。
おしぼりは白っぽい半透明のビニール袋に入っています。

DSCF1782 (480x360)
容器はプラスチック製で、下が黒、フタが透明です。

DSCF1785 (480x360)
アレルギーの食材や賞味期限が書かれたシールが貼られています。

パッタイはお米の麺で作られたタイの定番焼きそばです。
いつものパッタイは大きな丸い容器に入っていますが、軽めごはんだとやや小さめの長方形の器になっています。
この軽めごはんというシリーズもこの時期ぐらいから見かけるようになりました。

DSCF1788 (480x360)
春雨サラダもパッタイと同じ容器です。

DSCF1789 (480x360)
こちらにもアレルギーの食材や賞味期限が書かれたシールが貼られていました。


軽めごはん パッタイ弁当(550円)+春雨サラダ(ヤムウンセン)(480円)=1,030円
DSCF1792 (480x360)
いただきま~す!


軽めごはん パッタイ弁当
DSCF1795 (480x360)
まずはパッタイから。
やや暗いオレンジ色に染まったきしめんのような幅広麺がたっぷりと詰めてあります。

DSCF1796 (480x360)
ニラ、エビ、桜海老?、細かいナッツなどがトッピングされていました。

DSCF1798 (480x360)
上の方には少しだけ生のレタスとレモンの櫛切りが添えられています。

DSCF1799 (480x360)
パッタイは麺料理なので、作り置きにするとどうしても麺がのびて固まってしまいます。
以前電子レンジでちょっとチンしたら、劇的に食感や味わいがよくなったので、この日も少し温めました。
ちょこっと生野菜が添えられていますが、気にしない(笑)。

DSCF1813 (480x360)
食べる前に少し温まった(笑)レモンの絞り汁を全体にふりかけます。
冷たい状態だと固まってやや油っぽくなりがちですが、温めたおかげで麺は柔らかく、少し甘めな味付けも不思議とあまり気にならなくなりました。
ナッツやエビの風味もしっかりあります。


春雨サラダ(ヤムウンセン)
DSCF1800 (480x360)
ヤムウンセンも、麺を使っているサラダです。
火を通しているかいないかの違いはありますが。
麺が見えない程具材がたっぷり。

DSCF1801 (480x360)
黒キクラゲ、、、

DSCF1802 (480x360)
ピーナッツ、、、

DSCF1803 (480x360)
桜海老、、、

DSCF1807 (480x360)
鶏挽き肉などなど。

DSCF1804 (480x360)
生野菜もあって、葉野菜とセロリ?、、、

DSCF1805 (480x360)
紫タマネギ、、、

DSCF1806 (480x360)
ミニトマトがありました。

DSCF1809 (480x360)
右下に小さなドレッシングの小袋が入っています。
パンパンになるぐらい、結構なボリュームです。

DSCF1811 (480x360)
しっかり味が好きなので、全部かけちゃいました。
このドレッシングは酸味と辛味がビシッと利いていて、いつ食べても美味しいです。
ただ、あまりにも具材が多いので、混ぜ合わせるのが大変(笑)。
気をつけて食べないと、トッピングがポロポロとこぼれちゃいます。

DSCF1814 (480x360)
具材が豊富なので、どこを食べてもいろいろな味わいが楽しめてよかったです。
本来、飽きないようにいろいろな食感を味わえるようなレシピになっていると思うのですが、私はあまりにも食感が違うものの組み合わせが苦手ということもあり、ピーナッツは砕いてある方が好みかも。
ただ単に、麺を延々と啜って食べるのが好きってことなのかもしれませんが(笑)。
見た目は丸ごとの方がゴージャスだとは思うのですが。

DSCF1815 (480x360)
レシートです。
1,000円超えしてしまい、ちょっとお高くついちゃいました。

DSCF1793 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


小さめのおかずの組み合わせでしたが、2種類食べたのでお腹いっぱいになりました。
「ペンシーズ」はサイドメニューをとても充実させていて、伝統的なタイ料理ばかりでなく、ちょっと新しい独創的なスタイルのお料理も出しているので、いろいろ食べてみたくなります。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
グリーンカレー弁当 (2012年3月21日
レッドカレー弁当 (2013年6月25日
豚肉とカボチャのレッドカレー弁当 (2013年10月7日
マッサマンカレー弁当 (2013年12月4日
ペンシーズ弁当 (2012年5月23日
パッタイ弁当 (2012年11月30日
3種盛り弁当 (2013年3月14日
ガパオ弁当 (2013年10月7日
軽めごはん パッタイ弁当 (2014年2月14日
サンドイッチガパオ  (2013年8月26日) 
サンドイッチ エビトムマヨ  (2013年8月26日) 

生春巻 (2012年3月21日
ミニ揚げ春巻き (2013年6月25日
青パパイヤのサラダ (2012年11月30日
ヤムウンセン (2013年3月14日
目玉焼きサラダ (2013年8月26日) 
白きくらげサラダ(S)  (2013年12月4日) 
春雨サラダ(ヤムウンセン) (2014年2月14日
ミニパッタイ (2013年10月7日
豚肉のタイ風味揚げ (2013年10月7日

[イートイン]
鶏挽肉のバジル炒めごはん 大人気!ガパオ
ちょっぴりがちょうどいい ミニフォーセット (2012年4月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日2013年12月4日2014年2月14日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日2013年12月11日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日2013年12月5日2014年1月23日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日2013年7月1日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日2014年1月10日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年2月14日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/14 00:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
【業態変更】 伊達藩いろり屋 二代目ごいち GEMS市ヶ谷店  @市ヶ谷
2015年9月30日追記

「二代目ごいち」は2015年6月30日に閉店し、2015年7月21日に「金市朗 市ヶ谷店」としてリニューアルオープンしました。

DSCF0029 (480x360)
私は2015年9月24日にランチ訪問しています。

**************************************

最近花粉が少し飛び始めているようで、少しくしゃみが出て来ました。
去年よりも2~3倍の花粉の飛散量とのことで、今から戦々恐々としています(汗)。
今週は水曜日がお休みだったので、身体がとっても楽ちん。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2014年11月13日にオープンしたGEMS市ヶ谷に入っている「ごいち」のレポートです。

DSCF7690 (480x360)
2015年1月27日は、お昼時に上司が不在だったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
前日の夜、上司と一緒にたらふく焼肉を食べたというOさんは、「焼肉以外なら何でも。」とのことだったので、ちょっとはヘルシーかなと思って、GEMS市ヶ谷の中で2015年になってからランチを始めた「伊達藩いろり屋 二代目ごいち GEMS市ヶ谷店 (にだいめごいち)」へ行くことに決定。

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。
市ヶ谷駅を出て日テレ通りの坂を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。
今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

DSCF4601 (480x360)
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。

DSCF5041 (480x360)
エレベーターの中にあるフロアマップはこんな感じです。

DSCF7707 (480x360)
12時10分頃、エレベーターを降りると、ぱっと見満席(汗)。
どうしようかと不安になりましたが、右側の小上がりの席はまだまだ空いていたので、一安心。

夜営業は午後4時からスタートしているとのこと。
この辺ではかなり早いのでは?

DSCF7708 (480x360)
フロアの店員さんが少なくて、私たちの前にも一組お客さんがいたのですが、空席が見えながらもなかなか案内されませんでした。

DSCF7706 (480x360)
入口にはこの日のランチの見本が出ていて、わかりやすいです。
ただ、私たちの後ろで食べていたグループは、何か間違いがあったのか、帰りがけにこの見本と違う、、、みたいな話をしていました。

DSCF7705 (480x360)
フロアは左に厨房、その前にカウンター席があり、周りにテーブル席が続いています。

DSCF7657 (480x360)
右側は小上がりになっていて、中央に置かれた靴箱に靴を入れてテーブル席へ。

DSCF7653 (480x360)
靴箱の鍵です。
先輩の話では、鍵を使うのが面倒なのか、鍵をかけずにそのまま入れている人もいたようです。

DSCF7709 (480x360)
「ごいち」は、宮城県仙台市に本社がある株式会社林デザインが運営するお店で、三陸石巻市直送魚介「金華鯖」や「三陸ホタテ」、仙台名物「厚切り牛タン」や万石浦ブランド牡蠣「新昌」などの宮城の素材を仙台伊達の伝統【いろり焼き】にて、宮城の地酒とともに提供してくれるとのこと。

「ごいち」は2014年11月13日にオープンし、当初は夜営業のみでしたが、2015年1月15日?からランチ営業が始まりました。

DSCF7656 (480x360)
美味しそうなお料理のメニューがたくさん貼り出してあります。
夜メニューなのが残念。

DSCF7652 (480x360)
私たちはほぼ中央の4人席に着席。
掘りごたつ式なので、座るのは楽ちんです。

卓上にはアルコールメニュー、紙ナプキン、小皿、各種調味料などが置いてありました。
特に小皿が数種類あるので、私の前は結構狭い状況です(汗)。

置かれているメニューは何故かドリンクだけでした。
間違えてディナーメニューを注文しちゃうから?

DSCF7654 (480x360)
壺の1つを開けてみると、柴漬けが入っています。
ご飯のお供にと思って、Oさんの前に出しておきました(笑)。

DSCF7682 (480x360)
Oさんが気付いたのですが、卓上に置かれているドレッシングはテーブルによって全く違います。
因みに私たちのテーブルはコールスローでした。
好みのある方は先にチェックした方が良さそうです(笑)。
ただこの日ドレッシングを使ったのはメニュー的に先輩だけでしたが。

DSCF7662 (480x360)
クッションはお店のロゴが入っていて、カワイイ!

DSCF7661 (480x360)
着席すると、お茶とおしぼりを店員さんが出してくれます。
おしぼりは直に手渡しだったかな?

DSCF7655 (480x360)
お茶をいただきながら、ランチメニューをチェック。

DSCF7658 (480x360)
ランチメニューは2種類あり、どちらも1,000円とややお高めです。
2種類といっても一つは限定15食です。

DSCF7659 (480x360)
御飯とみそ汁はお替わり自由でした。
みそ汁はお店自慢の「あさりだし」の味噌汁とのこと。

DSCF7660 (480x360)
まだ限定メニューがあったので、Oさんと私が日替わり、先輩が牡蠣フライ定食を注文。
先輩と私はご飯を少なめでお願いしました。


石巻市直送!!
日替わり金華鯖定食 ご飯少なめ  (1,000円)
DSCF7690 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
まずはおかずのお皿が出て来て、その後ご飯とお味噌汁が登場。

メニューによれば、こちらのメニューは、
「宮城の高級鯖!!金華鯖のみを使用!
親方の腕自慢!日替わりで提供します。
本日の小鉢2種類付き!」
とのこと。

DSCF7693 (480x360)
ご飯は少なめをお願いしたはずですが、多分、普通盛り。

DSCF7694 (480x360)
かなり柔らかくて水分が多く、固めな味わいが好きな私にはちょっと辛かったです。

DSCF7685 (480x360)
奥にあるのは普通盛りのOさんのご飯。
並べてみましたが、全く同じでした。

DSCF7688 (480x360)
同じく少なめにしてもらえなかった先輩はOさんに半分近くあげていました。
おかげで普通盛りのはずがこんもり(笑)。

DSCF7692 (480x360)
お味噌汁は自慢するだけあって、あさりだしはとっても美味しかったです。
あさりの旨みをたっぷり感じました。

DSCF7704 (480x360)
底にはかなり大きめのアサリが二つ入っていて、身がプリプリ。
ぜひともお代わりしたかったのですが、食べている途中、店員さんが近くにいなかったので諦めました。

DSCF7681 (480x360)
細長い長方形のお皿に本日の小鉢2種、メイン、副菜が並んでいます。

DSCF7683 (480x360)
本日の小鉢の1つ目は、ヒジキの煮物でした。
甘さがほとんどなくて食べやすかったです。

DSCF7699 (480x360)
ヒジキのほか、ニンジンやお豆も入っていました。

DSCF7686 (480x360)
本日の小鉢のもう一つは牛肉と高野豆腐の煮物でした。
高野豆腐を食べるのは久しぶり。
ヒジキの煮物と同じく、こちらも甘さがあまりなかったですが、お肉はやや固かったです。

DSCF7696 (480x360)
鶏肉の照り焼き?
これが店主の腕自慢という一品でしょうか。

DSCF7701 (480x360)
皮目を炙って薄切りになっている鶏肉は、ほんのり甘めな下味がしっかりとしみこみ、お肉も柔らかくて美味しかったです。
白髪ネギが添えられていました。

DSCF7684 (480x360)
メインの金華鯖は、てっきり塩焼きかと思っていたのですが、鯖味噌でした。
ダイコンが添えられ、小ネギが彩りでトッピングされています。
汁だくの煮汁はやや甘め。
金華鯖は身がふんわりと柔らかく、脂ものっていました。
ただ、普通の鯖とどう違うかと言われると、あまり違いがわからなかったです(汗)。


名物 牡蠣フライ定食 ご飯少なめ  (1,000円)
DSCF7697 (480x360)
こちらは先輩が注文したお料理です。
メニューによれば、
「石巻産ブランド牡蠣「新昌」を何と5個!!
石巻「山形屋」お仙台味噌のみそ汁
宮城産「こしひかり」使用!」とのこと。

DSCF7698 (480x360)
牡蠣フライは殻付きなので、すごくゴージャスに見えます。
タルタルソースもついていました。
揚げ立てで美味しかったとのことです。


おかずの種類は多かったですが、全体のボリュームはやや少なめ。
なので、夕方ぐらいにはお腹が空き始めちゃいました。
鶏肉のおかずは美味しかったですが、できればこれがなくてもいいので、金華鯖をもう少し大きい切り身が食べたかったかも。

GEMS市ヶ谷のランチ制覇まであと1軒!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ GEMS市ヶ谷ランチ訪問記です↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

地下1階  焼きはまぐりる 市ヶ谷  (2014年11月26日
地上1階  Lucaffe GEMS市ヶ谷店  (2014年11月27日
地上3階  タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店 (2014年12月4日
地上4階  炭火焼鳥専門店 播鳥 市ヶ谷店  (2014年12月2日
地上6階  伊達藩いろり屋 二代目ごいち GEMS市ヶ谷店  (2015年1月27日
地上7階  銀座 しゃぶせん  (2014年12月9日
地上8階  Bistro Grill De salita (2015年1月6日
地上9階  炭火焼肉 なかはら(2014年12月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ドリンクメニューです↓
DSCF7663 (480x360)

DSCF7664 (480x360)

DSCF7665 (480x360)

DSCF7666 (480x360)

DSCF7667 (480x360)

DSCF7668 (480x360)

DSCF7669 (480x360)

DSCF7670 (480x360)

DSCF7671 (480x360)

DSCF7672 (480x360)

DSCF7673 (480x360)

DSCF7674 (480x360)

DSCF7675 (480x360)

DSCF7676 (480x360)

DSCF7677 (480x360)

DSCF7678 (480x360)

DSCF7679 (480x360)

DSCF7680 (480x360)



2015年1月27日訪問時お店DATA
********************************
伊達藩いろり屋 二代目ごいち GEMS市ヶ谷店 (にだいめごいち)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷6階
TEL 03-6261-5356
営業時間 
[平日] 11:30~14:00(L.O.13:45)
[土日祝] 16:00~23:30(フード22:30 ドリンク23:00)
定休日 なし  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/13 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
焼きたてパン工房 Yotsuya Bakery chot Cafe  @四谷
とっても暖かな祝日でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
でも、この陽気も今日までのようで、週末はまた激しく冷え込むとか。
残念!

DSCF1761 (480x360)
2014年2月13日は上司が外出する時間が遅れ、せっかく外へ食べに行くチャンスでしたが、帰ってくる時間が遅くなってしまうだろうからと、お弁当を買ってくることにしました。
このところ、正月太りがなかなか解消されないのに新年会などの食事会が続き、かなり体重が高止まりのままだったので、少し軽めにしなきゃと思い、宿題店だった三栄通りにある「焼きたてパン工房 Yotsuya Bakery chot Cafe(よつやべーかりーちょっとかふぇ)」というパン屋さんへ行くことに。

DSCF1746 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りの右側を進み、最初の信号の角地にお店があります。

DSCF1747 (480x360)
結構古くからあるお店のようですが、2013年の春頃に改装したようです。

DSCF1748 (480x360)
「chot Cafe」・・・ちょっとカフェというのがカワイイ。

DSCF1736 (480x360)
入口の近くには小さな看板や幟が置いてあります。

DSCF1737 (480x360)
午後1時少し前に入店。
それでも結構お客さんが出たり入ったりしていました。

DSCF1739 (480x360)
フロアはそれ程広くありません。
左側と中央にパンが並び、右奥にレジ、右側にイートインスペースがあります。

DSCF1744 (480x360)
時間が遅いせいか、多くの商品が売り切れていて、選択肢が少なかったのはちょっと残念でした。

DSCF1745 (480x360)
ドリンクも売っています。

ご夫婦でしょうか、年配のお二人で切り盛りしていました。

DSCF1743 (480x360)
焼きたてパン工房オリジナルの「四谷あんぱん」というのが気になりました。

DSCF1742 (480x360)
見た目もカワイイです。
でも、甘いパンを食べる気になれず、この日は購入せず。

DSCF1738 (480x360)
いろいろ迷って、結局、コーンパンのタルタルフィッシュ、、、

DSCF1740 (480x360)
コロッケコッペ、、、

DSCF1741 (480x360)
クロックサンドのハムチーズをチョイスし、結局、3つ買っちゃいました(汗)。

DSCF1750 (480x360)
持ち帰りのビニール袋は、白地に赤でフランス語が書かれたりデザインされていてカワイイ。
お店の外観が濃い緑色であることを考えると、ちょっと不思議です。

DSCF1751 (480x360)
中から取り出すとこんな感じです。

DSCF1752 (480x360)
パンは1個ずつ薄い半透明のビニール袋に入れてありました。

DSCF1754 (480x360)
中に入っているのが何の種類かわかるので、食べたいパンから開けられます。

DSCF1753 (480x360)
袋を止めてあるビニールテープには、赤っぽい色合いで「THank you」とデザインされています。
細かい配慮ですね~。

DSCF1756 (480x360)
全部の袋がこのテープでとめられていました。

DSCF1761 (480x360)
いただきま~す!


コーンパンのタルタルフィッシュ(280円)
DSCF1758 (480x360)
まずはこちらから。
コーンたっぷりのバンズに白身魚フライと自家製タルタルソースをたっぷりサンドしたとのこと。
青菜ははみ出す程大きなものが入っていました。

DSCF1760 (480x360)
コーンは確かに一杯入っていて、バンズのあちこちに入っているのがわかります。
食べてみると、コーンなのでバンズに柔らかな甘みを感じました。

DSCF1766 (480x360)
白身魚のフライは柔らかでした。
衣の油が旨みを足してくれます。
自家製タルタルソースはとてもあっさりとした味わいです。
フライやタルタルソースが入っていても、全体を一緒に食べるとお野菜とあっさり目のソースのおかげですごくさっぱりと食べられました。


コロッケコッペ (120円)
DSCF1762 (480x360)
野菜たっぷりのホクホクコロッケをたっぷりのソースをつけてサンドしたとのこと。
コロンとしたコッペパンには刻みキャベツが敷かれ、その上にコロッケがのせてあります。

DSCF1763 (480x360)
ソースはたっぷりとかかっていて、昔ながらのとても素朴な見た目でした。
つやつやでたっぷりとかかったソースがとっても美味しそうで食欲をそそります。

DSCF1771 (480x360)
実際に食べると見た目程濃い味わいではありません。
見た目どおり、味わいも素朴でした。


クロックサンド(ハムチーズ) (160円)
DSCF1764 (480x360)
ロースハムととろけるチーズをサンドしたホットサンドの定番メニューとのこと。

私はパンをあまり食べないので、クロックサンドが何なのかよく知りませんでした(汗)。
先輩に聞いて説明を受けたところ、ホットサンドなんですね~。

DSCF1769 (480x360)
それなら、少しチンしてから食べた方がよかったのかな?
チーズとハムという間違いなく美味しい組み合わせです。

DSCF1772 (480x360)
この日のレシートです。
パン3個で560円でした。
お総菜パンは意外とお高くて、それ程お腹いっぱいにならないのに定食屋さんよりも高くつくようなことが多い感覚があるので、こちらのお店はかなりリーズナブルなのではないかと思います。


1個1個はそれほどおおきくありませんが、3つも食べたので結構おなかが一杯になりました。
いつか四谷あんぱんにチャレンジしようかどうか、悩んでいます。。。。


2014年2月13日訪問時お店DATA
****************************
焼きたてパン工房 Yotsuya Bakery chot Cafe (よつやべーかりーちょっとかふぇ)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-21
TEL 03-3355-4093
営業時間 7:30~19:00
定休日 日曜日・祝日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/12 08:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店  @四谷三丁目
お天気に恵まれた祝日ですが、みなさま、いかがお過ごしでしか?
今朝はゆっくり朝寝坊していたので、ブログのアップがちょっと遅めになっちゃいました。
周回(年)遅れを回避すべく、がんばっています(笑)。

DSCF1718 (480x360)
2014年2月12日は、休み明けの水曜日。
この日は午前中から夜にかけて長い長い打ち合わせがあったので、途中で外に出て来た上司をつかまえてランチをどうするか尋ねました。
こういう時にいつもお願いする「宮川本廛」は水曜日なので定休日であることを上司に伝えると、「じゃあ、カレーにしよう。」とのことで、「欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店」に決定。
Iさんは初めて食べるので、カレーの種類を聞いてみようと思ったのですが、上司の一言で全員ビーフカレーのチーズトッピングで中辛口になっちゃいました(笑)。

外観

店舗は、JR四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に進み、津之守坂入口交差点を越えて少し先に行った福島ビルの2階にあります。

「オーベルジーヌ」は20年以上も営業が続く老舗のお店で、四谷本店のほかデリバリー専門の三田店と銀座店があり、お値段はお高めですが、3日間かけて炒めたタマネギの甘みを感じる欧風カレーをいただけます。
マスコミにもしばしば取り上げられ、ロケ弁としてもよく使われるそうで、四谷本店はTBS、三田店はフジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京、銀座店は日本テレビと、店舗ごとの担当局が決まっていて、メニューに記載されています。

看板

ブログを始める前にランチでお店に一度訪問したことがありますが、市ヶ谷経済新聞の2010年4月5日付の記事によれば、2010年3月25日で店内の営業は終了し、現在はデリバリーとテイクアウトのみ継続していて、2010年10月中に新宿区内の別の場所に移転するとのことでしたが、結局宅配専門店になっているようです。
公式HPよれば、2010年7月から通販も可能になっています。

お店

夜の雰囲気はこんな感じでした。

前回デリバリをお願いしたのは2013年12月9日だったので、約2ヶ月ぶりです。

DSCF1698 (480x360)
「オーベルジーヌ」は、電話での対応も配達の方も、どちらもとても丁寧な接客です。
11時40分頃電話で注文したところ、40~50分みて下さいと言われました。
結局カレーが到着したのは12時半頃だったので、ちょうど時間ピッタリ。

DSCF0191_20130322065352.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
スプーン、おしぼり、バター、バターナイフは一つの袋にまとめて入れてあったり、バラバラだったりします。
こちらはまとめてあった時のもの。

DSCF0190_20130322065350.jpg
裏を見ると、こんな感じです。

自分たちが食べる場合にはスプーンなどはお断りするようにしていますが、こんな感じでセットになっていると、お店の人にとってはかえって面倒かも。
ただ、ここ最近はお客様の食べる分と一緒にデリバリをお願いすることが多いので、そのままいただいていることがほとんどです。

DSCF1704 (480x360)
スプーンは白いプラスチック製で、透明な薄いビニール袋に入っています。

DSCF3695 (480x360)
バターがついていますが、いつもダイエットも兼ねて食べずにおうちに持って帰ってお料理などで使っています。

DSCF1702 (480x360)
バターナイフは小さな白いプラスチック製で、こちらも透明な薄いビニール袋に入っています。

DSCF6571.jpg
ご飯とジャガイモの入っている容器は白いプラスチック製です。

DSCF6572.jpg
ロゴマークは、とってもかわいくて色鮮やかなナスです。

DSCF1695 (480x360)
こちらは先輩が注文したカレーです。

DSCF1697 (480x360)
ポークカレーの辛口にチーズトッピングをしています。

DSCF1707 (480x360)
カレーのルーとご飯は別々の容器に入っています。

DSCF1708 (480x360)
ルーの容器には、中身や辛さのレベル、トッピングの種類などが一目でわかるようにラベルが貼られています。

「オーベルジーヌ」のカレーは全部の種類を食べていたので、どれにするかとても悩みました。
前日にメガ盛りのお店「タクト」に行っていたので、少しでもカロリーの低そうな野菜カレーの大辛をチーズトッピングでお願いしました。
この記事を書いている時、前回と同じメニューであることに気付いてガッカリ(泣)。


野菜カレー(1,260円)+大辛口(105円)+チーズトッピング(210円)=1,575円
DSCF1718 (480x360)
いただきま~す!

DSCF1710 (480x360)
ルーとご飯は別々の容器に入っています。
ご飯の入った容器は白い細長いプラスチック製で、2つに区切られており、片方にジャガイモ、もう片方にバターライスが入っています。

DSCF8334 (480x360)
ご飯のボリュームはやや多めです。

DSCF3109.jpg
バターライスになっているので、ところどころにバターがまぶしてあります。

DSCF8337 (480x360)
茹でた(蒸した?)ジャガイモが、皮付きでまるまる1個入っています。
なので、カレー食べ始める前に、まずジャガイモの皮を全部むかねばなりません。

DSCF8341 (480x360)
お腹が空いているときはこの時間がすごく長く感じられて、カレーの香りで余計に空腹が刺激され、早く食べたくてうずうずしちゃいます(笑)。
☆まがり★さんに皮ごと食べるといいのでは?とアドバイスをいただいていますが、わりと皮がパサパサしていることが多いので、まだ試したことがありません。

この日のジャガイモは、皮が泥っぽいような暗さでシワシワだったので、大丈夫かな?と皮をむいたのですが中は普通に美味しいジャガイモでした。

DSCF1715 (480x360)
ルーはとっても濃い茶色です。
フタを開けただけの時は、具材がほとんど見えません。
野菜カレーは厳選された新鮮野菜が入っていて、季節によって種類が変わることもあるとのこと。

DSCF8346 (480x360)
トッピングしたチーズはゴーダーチーズを二層に重ね合わせたというものです。
トロトロととろけるタイプではなく、さっくり囓るぐらいのかたさがあります。

少しずつ囓っていただきました。

DSCF1723 (480x360)
「オーベルジーヌ」のカレーは欧風カレーなのでベースはかなり甘みがありますが、大辛にすると、最初はスパイスのしっかりとした辛さを感じて後から甘さがやってきて、食べ終えるとスパイスの辛さがすごく残ります。
大辛はかなりしっかりと辛いので、久しぶりに食べるとちょっとむせちゃうときも。
ただ、ルーの温度が低めだと、甘さを強く感じます。

前回食べたのが2ヶ月前だったせいか、大辛口でもそれ程辛さにやられずに、美味しく食べることが出来ました。

DSCF1725 (480x360)
中に入っている野菜は種類が多いです。
アスパラ、ジャガイモ、、、

DSCF1732 (480x360)
ヤングコーン、、、

DSCF1726 (480x360)
カリフラワー。
これはあまり見たことないかも。

DSCF1728 (480x360)
カボチャです。
ちょっと甘くなるのでやや苦手な食材ですが、この日はジャガイモも入っていたので、お腹にたまる感じでした。

DSCF1729 (480x360)
もちろん、定番のウズラの卵は「オーベルジーヌ」のカレーにほとんど入っています。

カレーにまみれていると、どうも具材が美味しそうに写真が撮れないので残念(汗)。

DSCF1735 (480x360)
この日のレシートです。


全体のボリュームは普通です。
野菜カレーは中に入っている具材によって、全体的にちょっと甘くなることが多いので、私はちょっと苦手メニューかも。
お客様の中で一人ちょっと残しちゃっている人がいたので、口に合わなかったのかなと心配でした。
初めて「オーベルジーヌ」のカレーを食べたIさんは、ちょっと辛い味付けが苦手なので、甘いけど辛い!というのに驚いて、お水をたくさん飲んだけど、美味しかったとのことでした(笑)。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです。全種類制覇しました! ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ビーフカレー  (2008年7月2日
ポークカレー  (2007年7月23日
チキンカレー  
 [大辛] (2007年5月9日2007年5月21日2010年6月4日
 [辛口] (2010年11月5日
チーズカレー  (2010年4月12日
海老カレー  (2008年3月14日2011年12月15日
あさりカレー  (2009年6月18日2011年3月4日
野菜カレー  (2009年7月7日2013年12月9日2014年2月12日
帆立カレー  (2009年1月27日2012年5月25日2013年2月20日
シーフードミックスカレー  (2007年11月6日2010年4月16日2011年4月6日2013年9月17日
コンビネーションカレー  (2007年9月18日
ランチセット  (2011年10月5日
奈々スペシャルカレー  (2011年2月25日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


メニューです↓ 
2010_0412画像0038

2010_0412画像0039

2010_0412画像0040

2010_0412画像0041

2010_0412画像0043

2010_0412画像0044

2010_0412画像0048

2010_0412画像0045

2010_0412画像0042

2010_0412画像0046

2010_0412画像0047

2010_0412画像0049

2010_0412画像0050

2010_0412画像0051


2014年2月12日宅配時お店DATA
****************************
欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3-1 福島ビル2階
TEL 03-3357-7418 
営業時間
(注文受付時間) 9:00~21:30
(配達時間)
  [月~土] 11:00~15:00 17:00~21:30
  [日・祝] 11:00~15:00 17:00~20:30
定休日 なし

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/11 08:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(4) |
レストラン喫茶 タクト  @小岩
昨日は深々と冷える寒い一日でした。
事務所の会議室にあるエアコンはかなり古いので、時々うまく動きません。
こんな寒い日に限って、というか寒い日だからなのか、一日中つけていたのにほとんど室温が上がりませんでした。
来客があったので、慌ててサブの暖房をつけて何とか対応しましたが、早く買い換えてくれないかなぁ。

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「タクト」のリポートです。

DSCF1675 (480x360)
2014年2月11日は祝日でした。
週末はいつも遊んでばかりいてなかなか家のことが片付かないからと、この日は出かけずに大人しくしていたのですが、せっかくのお休みなのにつまらないなぁと思い、一度行ってみたかった小岩にある「レストラン喫茶 タクト」というお店に行ってみることにしました。

DSCF1690 (480x360)
JR総武線小岩駅の北口を出てイトーヨーカ堂の左脇をまっすぐ進むと蔵前橋通りに出ます。
小岩駅北口交差点を渡って通りの反対側に行ったら左折し、そのまま道沿いに歩くと奥戸街道に入るのでさらにそのまままっすぐ進むと右手にお店があります。
歩いている途中、この先にお店があるの?と心配になっちゃうぐらい、ちょっと繁華街からはずれていて、普通の家ばかり並んでいる場所でした。

DSCF1691 (480x360)
「タクト」はメガ盛り界ではとっても有名なお店で、私が以前買ったデカ盛り本ではランキング2位に選ばれていました。
特にご飯の量が多くて、ギャートルズ盛りを地で行くとか。
ずっと訪問してみたかったお店の一つです。

DSCF1692 (480x360)
営業時間は、昼の部が午前10時から午後4時(L.O.午後3時30分)、夜の部が午後6時から午後9時30分(L.O.午後9時)です。
オープンから12時まではモーニングがあります。
定休日は毎週水曜日で、第3水木は連休です。 

DSCF1650 (480x360)
午後2時頃お店に到着。
入口は古めかしい喫茶店で、中に入ると昭和の時代の雰囲気のまさに喫茶店ですが、予想していたよりもこざっぱりしていました。
フロア中程右手に厨房があり、手前にテーブル席、奥の左にもテーブル席がありました。
意外と奥に広くて席数があります。

DSCF1651 (480x360)
レトロなシャンデリアがぶら下がり、漫画本がたくさん設置されています。

DSCF1666 (480x360)
私たちが入店した時は、半分程の人の入りでしたが、午後2時過ぎという遅い時間にもかかわらず、どんどんお客さんがやってきました。
ボリューム自慢なので若い人やガテン系の人が多かったですが、結局待ちが出そうになって、先に入っていたお客さんが気を利かせて帰ったりするなど、近所の常連さんらしき方々もいらっしゃいました。
小岩駅からも繁華街からもちょっと距離のある場所なのに、こんなに人がたくさん出入りしていてビックリ。
さすが人気店です。

DSCF1652 (480x360)
店員さんから「空いているところにどこでもどうぞ~。」と言われたので、私たちは厨房の少し前にある4人用テーブルに着席。
卓上には醤油、ソース、爪楊枝、砂糖などが置かれていました。

DSCF1649 (480x360)
お水とおしぼりをいただき、メニューを検討。

DSCF1665 (480x360)
メニューはかなり種類が豊富で迷います。
食べログの情報と「タクトおすすめ」を参考にして、私はチーズハンバーグ定食をご飯少なめ、家人はメンチカレーを注文。

一口にデカ盛りといっても、いろいろなスタイルがありますが、こちらのお店はおかずのボリュームもさることながら、とにかくご飯が多いことが有名です。
個人的にはご飯よりもおかずがたくさんあった方が嬉しいのですが、ご飯好きの私の弟にとっては夢のようなお店らしく、既に2回訪問したことがあります。


メンチカレー  (850円)
DSCF1668 (480x360)
しばし待って、メンチカレーが登場。
カレー、お味噌汁、お新香のセットです。

DSCF1669 (480x360)
写真だとちょっとわかりにくいですが、かなり大きな丸い白いお皿にカレーがたっぷりと盛られています。
食べようとするとルーが溢れそう。

DSCF1670 (480x360)
福神漬けもかなり量あったので、お新香はあまりいらないのでは?!
ご飯はかなりたっぷり目。
ボリューム感が伝わるでしょうか?

DSCF1672 (480x360)
一口もらいましたが、ルーはかなりもったりしているタイプで、特にスパイシーでも甘くもなくて、とっても食べやすいです。
ほとんど具はありませんでしたが、豚バラ肉みたいなのが入っていたので、豚カレー?のようです。
かなりなご飯の量でしたが、まさに飲み物のように食べられたようで、途中で私のご飯を一部助けてもらっちゃいました。

DSCF1674 (480x360)
次に私のメニューが登場。
まずはご飯、お味噌汁、お新香、味付け海苔が出て来ました。


チーズハンバーグ定食 ご飯少なめ  (950円)
DSCF1675 (480x360)
遅れて、鉄板にのせられ、ジュージュー音をたてているハンバーグが登場。
いただきま~す!

DSCF1677 (480x360)
ご飯は少なめをお願いしたはずなのに、結構なボリュームです。
写真だとあまり迫力が伝わらないですが、やや大きめのお茶碗にこんもりと盛られています。

DSCF1678 (480x360)
ご飯は少し水分多めに炊いてあるので、定食的に食べるには個人的にはもう少しかためが好みです。
カレーにしちゃうなら全く問題なかったですが。

DSCF1679 (480x360)
お味噌汁はワカメやネギなどが入ったシンプルなものでしたが、ダシがしっかりと利いていて、熱々でした。

DSCF1680 (480x360)
お新香はタクアンとキュウリの2種類があります。

DSCF1681 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
まるで旅館の朝ご飯のように、味付け海苔がついているのが面白いです。
これだけおかずがあるのに、まだご飯のお供が足りない?(笑)。
結局、ご飯の一部を家人にあげちゃったので、味付け海苔は持ち帰りました。

DSCF1682 (480x360)
鉄板のほとんどを覆うような巨大なハンバーグです。
ソースがかけてあり、さらにチーズものせられています。

DSCF1683 (480x360)
たっぷりのチーズはトロトロ。

DSCF1684 (480x360)
ポテトとインゲンの付け合わせが添えられているだけでなく、、、

DSCF1685 (480x360)
ハンバーグの下にはスパゲッティも敷き詰められていました。

DSCF1687 (480x360)
ハンバーグはとてもふんわり柔らかです。
意外なことに、味付けはかなりあっさり目。
こういうどどーんとしたお料理を出すところって、味付けが濃い目であるというイメージがありますが、このハンバーグについて言えばそうでもなかったです。
ヘルシーだとは思うのですが、大量のご飯のお供にはちょっと物足りない感じでした。

DSCF1689 (480x360)
ケチャップで和えたスパゲッティもたっぷり。
ジュージューの鉄板に盛られているときはお皿の底にたまった油でグツグツと煮えたぎっていて、ちょっと油っぽいかな?と心配しましたが、そうでもなかったです。
スパゲッティのさらに下に油を吸わせるため?の青菜があり、これを食べたらこちらはメチャクチャ油まみれでした(笑)。


家人に手伝ってもらいながら、何とか完食。
この日は朝ご飯を食べちゃっていたので、万全の体制とは言えなかったのですが、ご飯多めの「タクト」の定食にはちょっと苦戦しました。
大食いを自負しているつもりでしたが、麺は結構食べられるものの、ご飯はお腹にとってもたまるので、この系統は弱いのかな?
こちらのお店はメニューがたくさんあるので、ほかにもいろいろと試してみたいです。


メニューです↓
DSCF1653 (480x360)

DSCF1655 (480x360)

DSCF1656 (480x360)

DSCF1657 (480x360)

DSCF1658 (480x360)

DSCF1659 (480x360)

DSCF1660 (480x360)

DSCF1661 (480x360)

DSCF1662 (480x360)

DSCF1663 (480x360)

DSCF1664 (480x360)

DSCF1665 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日
小味園 本店 (2013年7月31日
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年2月11日訪問時お店DATA
*****************************
レストラン喫茶 タクト  
〒133-0057 
東京都江戸川区西小岩3-5-22
電話 03-3672-2393
営業時間 
[昼] 10:00~16:00(L.O.15:30)
[夜] 18:00~21:30(L.O.21:00) 
定休日 毎週水曜日、第3木曜日(第三水木は連休)
JR総武線小岩駅北口から徒歩10分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/10 06:00】 | ハンバーグ | トラックバック(0) | コメント(2) |
四ッ谷 胡桃屋  @四谷
日曜日は残念ながら天気予報どおりの雨でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
今週は水曜日が祝日でお休みなので、いつもよりちょっと気軽な週明けです(笑)。

DSCF1621 (480x360)
2014年2月10日は、次の日が祝日の飛び石連休の日でした。
前週の土曜日に東京地方が23センチという記録的な雪の日で、出勤の時はどんなに大変かと心配しましたが、四ッ谷駅から事務所までの道はとてもキレイに雪かきがしてあって、何のトラブルもありませんでした。
雪かきして下さった方々、本当にありがとうございます。

この日は上司がお昼時に不在だったので、Iさん・Oさん・先輩と私の四人で外へランチを食べに出ました。
せっかくなのでIさんのリクエストを聞きましたが特に希望はなかったので、先輩の提案で「四ッ谷 胡桃屋」へ行くことにしました。
先輩も私も大好きなおうどんですが、関西人の評価や如何に?!
ただ、Iさんはご飯好きの方なのですが(笑)。

2009_0917画像0100
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、少し行った左手にあります。
こちらは2009年9月16日に初訪問したときに撮った写真です。

DSCF7231 (480x360)
この場所には、2007年7月27日にランチ訪問し、2009年3月31日にお弁当を購入した「寿司と京のおばんざい 人と人と(ひとひと)」がありましたが、2009年7月31日に閉店しました。

2009_0917画像0095
2009年9月14日にオープンした「胡桃屋」は、昼はこだわりのうどん、夜は鶏料理や串天などが楽しめるお店だそうです。
スタッフの方のブログもありますが、更新は滞っているようです。

DSCF7232 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
入口には大きな黒板が置いてあり、本日おすすめのうどんが出ています。

2010_0121画像0033
営業時間はこちらです。

2010_0121画像0035
おうどんには沖縄の宮古島のお塩を使っているそうです。

DSCF2723.jpg
日本酒や焼酎の有名銘柄がたくさんあるようで、楽しそう。

DSCF5099.jpg
前回訪問したのが2013年5月13日だったので、約9ヶ月ぶり、10回目の訪問になります。

DSCF7208 (480x360)
壁にはお店の特徴がデカデカと書かれています。

DSCF5070.jpg
店内には、両側にテーブル席、奥の右手に厨房、左手奥に座敷席があります。

DSCF1611 (480x360)
久しぶりに来たら、内装が少しだけ変わっていました。
鮮やかな色彩で大きく野菜の絵が描かれた壁には、夜メニューが出ています。
こちらのお店の壁は、隙間なくいろいろと描かれていて、とってもにぎやか。
店員さんは若い男性が多いです。

DSCF5078.jpg
おうどんの持ち帰りもやっています。
自転車を整備して、ぜひとも買ってみたいです。

2010_0318画像0004
こちらも以前撮影した写真です。
カウンター席はこんな感じです。
お寿司屋さんのようにネタケースがありますが、中には美味しそうなお魚などではなく、定食のお新香や袋に入ったままのお野菜でした(笑)。

2010_0318画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
カウンターの一番奥に天ぷらを揚げる場所があります。
透明なプラスチックに覆われて、油の匂いはそれ程感じなかったです。

DSCF5068.jpg
テーブル席はこんな感じです。

DSCF7193 (480x360)
こちらは奥にある座敷席です。

DSCF7196 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
壁にはディナーメニューの人気ランキングが貼り出してありました。
こういうのがあると、注文しやすくていいですね。

DSCF1608 (480x360)
4人なので入れるかどうか心配でしたが、12時10分ぐらいに到着したところ、この日はそれ程混雑していなくて、すぐに入店。
右手前の一番前の4人用テーブル席に着席。

卓上にはメニュー、割り箸、紙ナプキン、各種調味料、爪楊枝などが置いてあります。

DSCF1609 (480x360)
お茶と紙おしぼりをいただき、メニューを検討。

DSCF1614 (480x360)
ランチメニューです。

定番メニューは、温うどんが13種類、冷うどんが7種類あり、お値段は480円から780円です。
麺の量を小・並・大から選べ、同一料金です。
プラス250円で4種類あるご飯から好きなものを1種類と小鉢などをつけることができます。
トッピングは13種類あり、お値段は100円から180円です。
ほかに、ご飯メニューの定食が5種類あり、お値段は850円から900円です。
ご飯の大盛りは無料です。

こちらのお店のうどんは中太の生うどんなので、茹で時間が少し長くかかります。

DSCF1612 (480x360)
定番のほか、今週のうどんという週替わりのうどん(880円)と、4種類のご飯の中から好きな1種類をチョイスしてつけられる定食(1,080円)があります。
この週は坦々うどんでした。

メニューはほとんど変わっていませんが、今週のうどんで旨!辛っ!坦々うどん(880円)というのがあったので、辛いもの好きの先輩と私はこれで決定。
Oさんは味自慢鶏のカラアゲ定食、Iさんはちく玉天うどんを注文。
Iさんは、磯辺揚げが大好きだからとのことです(笑)。

注文をし終えてからメニューを見たら、価格は同じですがボリュームを三段階から選べます。
オーダーしたときには特にアナウンスがなかったので、久しぶりだったこともあり、すっかり忘れていました(汗)。
少し遅れて、Iさんと私の注文を大に変更してもらいました。
こちらのお店の並盛はそれほど量が多くないので、量についてのチョイスを注文の時に言っていただけるとありがたいのですが。


ちく玉天うどん 大盛り  (780円)
DSCF1630 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。
こちらのお店は結構時間がかかることが多いですが、この日は結構早く出て来ました。
何故かカラアゲ定食のOさんが一番。
次いで坦々うどんの先輩と私、最後にちく天玉うどんのIさんの注文が登場しました。

DSCF1631 (480x360)
Iさんは磯辺揚げが大好きなので、こちらのメニューを選んだとか。
何しろ、4日前に私が食べていた「瓢箪」のちくわそばを羨ましがっていたぐらいでした(笑)。

DSCF1621 (480x360)
奥に先輩の並盛、手前に私の大盛を並べて写真撮影。
あまり差がわからない、、、。
麺量が多いせいか、スープが上がっているのが見えるでしょうか。


旨!辛っ!坦々うどん 並盛  (880円)
DSCF1622 (480x360)
こちらが先輩が注文した並盛です。

DSCF1623 (480x360)


旨!辛っ!坦々うどん 大盛  (880円)
DSCF1624 (480x360)
こちらが私が注文した大盛です。
坦々うどんは、メインと胡麻のすり鉢と木製のスプーンのセットです。
細長い黒っぽいお盆にのせられて出てきました。

DSCF1625 (480x360)
白胡麻は小さなすり鉢に入れられてすりこぎが一緒に出され、食べる直前に好みの粗さに擂ります。
胡麻好きな私にはとってもありがたいサービスです。

DSCF1632 (480x360)
私は粗めが好みです。
自分で作業するのは楽しいし、すり立てなので香りがとてもいいです。

DSCF1626 (480x360)
坦々うどんは厚みのある黒っぽい器に盛られています。

DSCF1627 (480x360)
中央に彩りで長ネギの小口切りがトッピングされています。

DSCF1628 (480x360)
中には大根、ニンジン、ゴボウなどが入っていました。

DSCF1629 (480x360)
スープは思ったよりも赤くなくて、茶色いスープのところどころにラー油でしょうか、赤い部分があります。

DSCF1633 (480x360)
食べる前に、白胡麻を全てのっけちゃいました。

DSCF1635 (480x360)
スープの辛さはピリ辛ぐらいでした。
食べやすいものの、個人的にはもうちょっとインパクトがあった方がよかったです。
野菜はどれも薄切りで、味はしみていました。
ただ、ぶ厚い器にもかかわらず、スープの温度が低めでちょっとガッカリ。

DSCF1636 (480x360)
「胡桃屋」のおうどんはしっかりとかためのコシがありますが、この日は温かい麺だったので、それ程ではなかったです。
大盛りにしましたが、全体のボリュームは普通です。


写真を撮っていませんが、Oさんが注文した鶏のカラアゲは一口大よりやや大きいものがゴロゴロと盛ってありました。
ずいぶん前に見たときは、それこそ山のように盛ってありましたが、その頃に比べるとややボリュームダウンしたような気がするのですが、それでも結構なボリュームです。
揚げ立て熱々で間接照明のせいかとてもピカピカと光っていて、Iさんはおうどんよりもこちらにすっかり心を奪われてしまったようです(笑)。
次回来るときはぜひともこのカラアゲ定食が食べたいとのこと。

久しぶりの「胡桃屋」さんでしたが、やはり暖かい季節に来て、冷たいうどんをたっぷりと楽しみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[定番メニュー]
小ぶり天丼とごまだれざるうどん定食 (2009年9月16日
辛味噌煮込みうどん定食 (2009年10月19日
トマトカレーうどん (2010年1月20日
明太子クリームうどん (2010年6月11日
はいからぶっかけうどん定食 (2010年7月21日
鶏のカラアゲ定食 (2010年11月29日
ピリ辛!豚つけうどん (2011年2月8日
ちく玉天ぶっかけうどん (2013年5月13日

[季節メニュー]
あしたばの天麩羅うどん (2010年3月18日


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1612 (480x360)

DSCF1614 (480x360)

DSCF1615 (480x360)

DSCF1616 (480x360)

DSCF1617 (480x360)

DSCF1618 (480x360)

DSCF1619 (480x360)


2014年2月10日訪問時お店DATA
********************************
四ッ谷 胡桃屋 (くるみや)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 松山ビル1階
TEL&FAX 03-5312-1091
営業時間 
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30) 
[夜] 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 無休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/09 05:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
【閉店】 そば処 角屋  @市ヶ谷/麹町
2016年7月6日追記

2016年6月下旬、「角屋」さんが閉店しているのに気付きました。
工事していたので、最初はリニューアルなのかな?とも思ったのですが、造作物を全て取り除いてすっからかんになっていたので、多分違うと思います。

IMG_2718 (480x480)
工事終了後は、シャッターが閉ざされています。

2016年1月8日にランチ訪問していたし、お弁当を買うために時々近くを歩いていたのに全然気付かなかった!
閉店時期を知っていれば、最後にカレー南蛮を食べに行きたかったです(泣)。

*****************************

車がもうすぐ車検です。
消費税も上がるし、10年以上乗ったし、燃費のいい車が増えたし、このタイミングで買い換えようかなぁと悩んでいます。
近所のショールームに行くと営業とかが面倒くさいので、池袋にあるアムラックスにでも行ってみようかな、、、、と思って調べてみたら、なんと、閉店していました(汗)。
現在は臨海副都心にメガウェブなる施設になっているようです。
むー、池袋でついでにラーメン食べようかと思っていたのに、どうしよう?!

DSCF1556 (480x360)
2014年2月7日は週の最後の金曜日。
上司とOさんはお昼時に外出していたので、Iさんと先輩と私の3人でのランチでした。
せっかくなので外へ食べに行くことにして、Iさんに何が食べたいか聞いてみたところ、「お蕎麦」とのこと。
前日の「瓢箪」の時にも聞いていたのですが、蕎麦屋さんでアルバイトをしていたことがあり、関西人なのにうどんより蕎麦派とのこと。
この辺のお蕎麦屋さんかぁと考えていたら、「そば処 角屋(かどや)」を思いついたので、カレー南蛮蕎麦を提案したところ、食べてみたいとのことだったので、行ってみることに。

2008_0614画像0038

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を半蔵門方面に向かって緩やかな坂を上がり、最初の交差点を越えてちょっと先に朝日六番町マンションがあります。

朝日六番町マンションには地下1階から地上2階までたくさんの飲食店が入っていて、
地下1階には、
2008年6月10日2011年10月4日2009年11月11日にランチ訪問した「アール」、
2011年12月28日2012年1月30日に訪問した「Bar 岸良」、
1階には、
2014年1月28日にランチ訪問した「日テレ通り 横浜家系ラーメン 魂心家」、
そのお隣にはこの日訪問した「そば処 角屋」、
2階には、
2008年8月20日にランチ訪問した「酒と肴 月」、
2008年12月17日にランチ訪問した「NATURAL FOODS ヘルシー館」、
2011年10月27日にランチ訪問した「韓国家庭料理 明洞」(閉店)、
があります。

DSCF0236 (480x360)
見た目はごくごくフツーのお蕎麦屋さんですが、南蛮カレーが有名で、色々な雑誌に紹介されています。
三木武夫元首相の事務所が六番町の近くにあった関係で、三木元首相夫人がご贔屓にしていたそうです。

2008_1205画像0121
昭和の時代に戻ったような懐かしさのある店内はとても広く、6人掛けや8人掛けの大き目なテーブルがぎっしりと置かれていて、相席が基本です。

ランチタイムは完全禁煙です。

DSCF3036.jpg
前回ランチ訪問したのが2014年1月15日だったので、約3週間ぶりです。

2008_1205画像0122
席数はかなりありますが、フロアスタッフはわずか2、3人で、いつも活気があります。
お客さんの大部分が男性です。

12時10分過ぎにお店に到着。
寒い日は温かいメニューが食べたくなるのはみんな同じようで、中に5・6人程待っていました。
ただ、お客さんの回転は速いので、それ程待たずに席に通されました。

DSCF1554 (480x360)
奥の厨房はこんな感じです。

DSCF1552 (480x360)
一番奥の厨房の前の大きな席に相席で着席。

DSCF4845_20121017050319.jpg
卓上にはお箸、ティッシュ、爪楊枝、七味唐辛子、お醤油などが置いてあります。

DSCF1553 (480x360)
お店の外見と同じく、メニューもごくごくフツーです。
14種類のおそばまたはうどんと、4種類のご飯ものがあります。
飲んでいる人を全く見たことがありませんが、ソフトドリンクとアルコールもあります。

お蕎麦屋さんの花形だと思われる天ぷら蕎麦がないのは、かなり珍しいのでは?

DSCF3032.jpg
こちらのお店のイチオシは、「特製カレー南蛮」です。
麺だけを冷たくすることもできます。
紙エプロンを使う場合には、実費で10円かかります。

今まで特製カレー南蛮そばかうどんしか食べたことがなくて他のメニューはいただいたことがないので、本当にイチオシかどうかは不明です(笑)。

DSCF5228 (480x360)
毎週水曜日は100円引きで、650円というお得なお値段になります。
この日は残念ながら、金曜日(泣)。

DSCF0217 (480x360)
毎週水曜日は特製カレー南蛮が100円引きになりますが、その日の午前11時30分から午後1時30分までのランチタイムはカレー南蛮とライスのみの販売です。

DSCF1555 (480x360)
お昼の混雑時はカレー南蛮以外のメニューを注文すると少し時間がかかるようです。

DSCF1551 (480x360)
お水をいただき、注文します。

全員カレー南ばんそばを選択。
「大盛りも出来ますよ。」とIさんに伝えたら、ご飯をつけるとのこと。
それは美味しそうだなと思い、私も一緒に半ライスをお願いしました。
さらにIさんは、賄いの時によく食べていたとのことで、天かすもお願いしました。
店員さんも意外な申し出にちょっとビックリ(笑)。
私も面白そうだったので、全く同じでお願いしてみました。
先輩はライスはつけず、天かすのみを注文。


特製カレー南ばんそば(800円) + 半ライス(100円) + 天かす(free) =900円
DSCF1556 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
メイン、半ライス、お新香、天かすのセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。
こちらのお店でお盆が出て来たのは初めてです。

DSCF1557 (480x360)
半ライスは小さめなお茶碗に盛られていました。

DSCF1558 (480x360)
量は結構たっぷりです。

DSCF1561 (480x360)
ご飯を頼んだからでしょうか、お新香もついていました。
お新香は小さな白いお皿に盛られていました。

DSCF1563 (480x360)
薄い黄色のタクアンが4枚です。
少し甘かったような。
でも、ご飯はカレー南蛮のソバつゆをかけてリゾットスタイルで食べたので、あまりいらなかったです。

DSCF1559 (480x360)
天かすは、ソバつゆの容器に入れてありました。

DSCF1560 (480x360)
かなりたっぷり目です。
プラス料金はなく、とってもお得かも。

DSCF1565 (480x360)
やや大きめな器に汁がたっぷりと入っています。

DSCF0226 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
レンゲはあらかじめ、器に刺さった状態で出てきます。

DSCF1568 (480x360)
薬味として長ネギの小口切りが中央にのせられています。

DSCF1567 (480x360)
具材はお肉とタマネギだけと、とってもシンプル。

DSCF0230 (480x360)
まずはスープを一口。
カレーですが黄色っぽくはなく、濃い茶色です。
ふんわりとお魚の香りがしました。
スープはややとろみがかっていて、スパイシーでも辛くもなく、穏やかな味わいです。
ほんのり甘く、魚ダシがしっかりと利いていて、食べているうちにだんだんと身体が温まって汗が出てきました。
寒い日にはぴったりです。

DSCF1569 (480x360)
天かすは思いがけずたっぷりだったので、先輩は半分程のっけていましたが、私はせっかくなので全部のっけちゃいました(笑)。

DSCF1570 (480x360)
タワー状になって、壮観です。
たっぷりの天かすを崩しながら食べました。

天かすが加わると、やっぱりダシに旨みが増しました。
カリッとした部分とふやけて柔らかくなったものと、食感の違いを楽しめるのも楽しいです。

DSCF1571 (480x360)
お蕎麦はボリュームも結構あります。
味わいは普通だと思いますが、つるつるとのど越しがいいです。

DSCF0234 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お肉は小さくサイコロ状に切った鶏肉が入っています。
胸肉なので、ちょっと固めです。
タマネギはダシの色に染まり、とても柔らかでした。

DSCF1573 (480x360)
最後はお楽しみのカレーリゾット。
よく考えたら、2日前の「雪梅花」でもトマトリゾットにしていました(笑)。
美味しいスープは残さず食べたい私です。

DSCF1575 (480x360)
ご飯をしっかりと蕎麦つゆに混ぜ込んでから食べました。

DSCF1577 (480x360)
ご飯が美味しいスープをたっぷりと吸い込んで、うーん、間違いない美味しさです。
天かすのコクと半ライスのリゾットのおかげでお腹いっぱいになりました。


カレー南蛮だとソバつゆにややとろみがかかっていて味も濃いので、天かすを入れたときの味の差がわかりにくいですが、普通のメニューの時にもぜひやってみたいです。
新しい人が来ると、新しい風が吹いて影響を受けるので、とっても面白い体験でした。
なかなかお蕎麦屋さんに行く機会は少ないですが、私も天かすトッピングを是非ともやってみたいです。
Iさんもカレー南蛮を美味しく食べられたようで、よかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

特製カレー南ばんそば 
 1回目 2007年6月6日
 2回目 2007年11月21日
 3回目 2008年6月25日
 4回目 2008年8月1日
 5回目 2008年11月7日 
 6回目 2011年12月2日
 7回目 2012年1月12日

特製カレー南ばんそば+半ライス+天かす
  2014年2月7日

特製カレー南ばんそば 大盛 
 1回目 2013年4月2日 

特製カレー南ばんうどん
 1回目 2007年12月7日 
 2回目 2008年12月5日 

特製カレー南ばんうどん 大盛
 1回目 2014年1月15日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年2月7日訪問時お店DATA
******************************
そば処 角屋 (かどや)
〒102-0085
東京都千代田区六番町4-11 朝日六番町マンション1階
TEL  03-3261-0066
営業時間 11:30~16:30
定休日 土・日・祝
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/08 00:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(6) |
鉄板焼オータニ  @六本木
本日も、周回(年)遅れを回避すべく、記事をアップします。
久しぶりに予定のない週末で、ここのところサボりがちだった運動もたっぷり出来そうです。
その前にたまった家事をやれよ!と言われちゃいそうですが(笑)。

本日は、マイブログ圏外の六本木にある「オータニ」のレポートです。

DSCF1464 (480x360)
2014年2月6日の夜、Iさんの歓迎会をするため、上司の行きつけのお店である「鉄板焼オータニ」に行きました。
六本木にあるこちらのお店は会員制です。
私はこれまでに何度かお邪魔していますが、このブログで紹介するのは初めてです。
記事にするかどうか迷いましたが、わりと緩い会員制らしく、また、食べログにも載っているので書くことにしました。

六本木の駅からは近いです。
外苑東通り進み、二本目を左折するとすぐに北麻布ビルがあり、お店はその6階です。
何度も来ているはずの上司は道を間違え、大通りをそのまま歩いて行っちゃいました(笑)。

会員制のお店なので、ビルの入口に看板は出ているものの、エレベーターを降りてすぐの所にある入口には何も書かれていません。
インターホンでお店の人を呼んでから入店します。

DSCF1453 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、左側に店主さんがいる大きな鉄板があり、その周りを取り囲むように席があります。
奥と右側にはテーブル席があり、大きな窓ガラスから六本木の夜景が広がります。
眺めもステキですが、このお店に来たときは絶対に店主さんの前の席を陣どり、作る過程を見るのが一番です。
この日は6人でお邪魔したのですが、鉄板周りの席を予約しておきました。

DSCF1452 (480x360)
先輩と私は入口近くの席だったので、出入りの際に寒くないよう、膝掛けの毛布を貸し出してくれます。
ただ、この日はパンツの下にヒートテックを2枚重ねはいていたのでいらなかったです(笑)。

DSCF1440 (480x360)
メニューは冊子になっているものと、、、

DSCF1458 (480x360)
黒板に書かれているものがあります。
常連の上司がいろいろと注文。


キリン一番搾り 生 (700円)
DSCF1456 (480x360)
まずはグラスビールで乾杯!


お通し
DSCF1455 (480x360)
お通しは煮物でした。
ゴボウ、ニンジン、さつま揚げなどなど、種類が豊富。
思いがけず和風なスタートにちょっとビックリ(笑)。

DSCF1462 (480x360)
目の前の鉄板では他のお客さんのオーダーが焼かれています。
うーん、見た目も香りも堪らない!
私も早く食べたい~。


しめじのバター焼き (800円)
DSCF1466 (480x360)
まず最初にこちらが出て来ました。

DSCF1467 (480x360)
しめじがプリップリの食感で、バターの風味がしっかりとしていて美味しい。
シンプルですが、とっても美味しいです。


ほうれん草のバター焼き (800円)
DSCF1468 (480x360)
続けて同じくバター焼きですが、ほうれん草です。
こちらには少しベーコンが入っています。

DSCF1469 (480x360)
ほうれん草の甘みを感じ、ベーコンの旨みとバターの風味でどんどん食べられちゃいます。

DSCF1471 (480x360)
この日はランチに「瓢箪」のお蕎麦を食べていたので、少し食べたら余計にお腹が空いちゃいました(笑)。


赤ワイン ボトル
タティアナ カベルネ&シラーズ (2,600円)
DSCF1514 (480x360)
ビールはすぐに飲み終え、赤ワインのボトルをお願いしました。
メニューによれば、「オーストラリア、赤、ミディアムボディ
ピュアな果実実とコクのある酸味が特徴の赤ワイン」とのこと。

DSCF1472 (480x360)
軽い甘みと酸味で飲みやすかったです。

DSCF1464 (480x360)
お次は旬のカキです。
鉄板の上がすごいことになってる~。
食いしん坊なので、目が釘付けです。


カキ (1,400円)
DSCF1475 (480x360)
大粒のカキがたっぷり。
レモンが添えられていました。

DSCF1476 (480x360)
火を通してもかなりの大きさです。

DSCF1480 (480x360)
贅沢に一口でいただいちゃいました。
カキはプルプルとした柔らかく、とってもジューシー。
甘みがあって、ニンニクとバターがとってもよく合います。
ニンニクバターって、ホント、何に合わせても美味しいです。

DSCF1481 (480x360)
お次はたら白子焼。
こちらも旬の味覚です。
今シーズンはそろそろ終わりとのことで、見た目的に絶対ダメな上司でしたが、注文してくれました。
ありがとうございます!


たら白子焼 (1,500円)
DSCF1487 (480x360)
出来上がり~。

DSCF1489 (480x360)
美味しいソースがたっぷりとついているせいか、バケットの薄切りが添えられていました。

DSCF1484 (480x360)
1週間ぐらい前に「北島亭」の白子を食べていたので、それに比べると甘みはやや少ないですが、ねっとりとした食感がたまりません。
美味しい!

DSCF1486 (480x360)
片面をちょっとこんがり目に焼いてあるので、食感の違いも楽しめます。

DSCF1491 (480x360)
もったいないので美味しいソースは丁寧にぬぐい取って全部いただきました。

上司を筆頭にお腹を空かせていた私たちは出されたお料理を次々と食べ尽くしてしまうので、店主さんは大忙し。
特に上司は食べるのが早いので、店主さんが「いつもとってもせかされます。」とおっしゃっていました(笑)。


プレーン?オムレツ (800円?)
DSCF1492 (480x360)
こちらは定番の一品です。

DSCF1494 (480x360)
ふわふわのオムレツにたっぷりのトマトソースがかけてあります。

DSCF1495 (480x360)
このトマトソースは程よい酸味があって、とってもさっぱり。
卵も食べる場所によってちょっとトロッとしたところやふんわりしたところなど、いろいろ食感の違いを楽しめます。


焼きチーズ?
DSCF1496 (480x360)
これは、確かサービス品だったかな?
チーズを鉄板で溶かしてパリパリに焼き上げたものです。

DSCF1497 (480x360)
チビチビ囓って食べると、程よい塩気とチーズの旨みで、これだけで充分なおつまみになって、お酒が進みます。

DSCF1498 (480x360)
ここまではずっと上司が注文していたので、せっかくならと先輩が気を利かせてIさんに食べたいものを聞いたところ、うにホタテしそ巻をチョイス。


うにホタテしそ巻 (1,500円)
DSCF1501 (480x360)
私も食べたことのないメニューだったので、とっても興味津々。

DSCF1502 (480x360)
味付けは塩とわさび醤油の2種類です。

DSCF1503 (480x360)
出て来たお料理を見ると、巻くというよりは、ウニとホタテを上と下でしそを挟んでありました。

DSCF1504 (480x360)
こんがり焼けたしそをめくってみると、下からウニのキレイなオレンジ色が見えました。
その下にホタテがあって、2層になっています。
まずはそのまま味を何もつけずに一口。
ウニのしっかりした甘みとホタテのふんわりした甘みが両方とも楽しめて、と~ても美味しい。
口の中でとろけます。
こちらのお店は美味しいメニューがたくさんありますが、その中でもかなり気に入りました。
これまで食べていなかったのが悔やまれるぐらいです。


トコブシ (1,500円?)
DSCF1509 (480x360)
Iさんからのもう一つのリクエストだったトコブシを注文。
こちらにもバケットが添えられていました。

DSCF1505 (480x360)
トコブシは身を小さめに切ってあり、たっぷりの肝ソースで和えてあります。
こちらは私のお気に入りのメニューの1つです。

DSCF1510 (480x360)
その日の仕入れによるのかもしれませんが、以前はもう少しトコブシのカットが大きくて、食感をとても楽しめたのですが、この日はやや小さめのカット。
ただ、バターソースで炒められた肝ソースはそれだけなめていてもお酒のおつまみになるような、濃厚な旨みで、ホント、何度食べても美味しいです。

DSCF1521 (480x360)
お酒を飲むペースが速かったので、途中でお水をいただきました。

DSCF1519 (480x360)
この辺りでだいぶお腹が一杯になったので、メインへ。
本来ならばメインは鉄板焼の華であるステーキですが、店主さんはお好み焼きを焼くのがとても得意だそうです。
曰く、「お肉はいいお肉を使えばそこそこ美味しく焼けるけど、お好み焼きは難しいから。」とのこと(笑)。
なので、この日はメインがお好み焼き、ステーキは前菜という位置づけです(笑)。

DSCF1517 (480x360)
メンバー全員がそこそこお腹が一杯だったので、確か一人80gぐらいだったような。
ヒレかロースをお願いしたのですが、先輩と私はヒレ、それ以外の人はロースでした。
焼き加減はレアで。
お肉は黒毛和牛です。

DSCF1522 (480x360)
出来上がり~。

DSCF1525 (480x360)
タレはワサビ醤油と、、、

DSCF1515 (480x360)
ニンニク醤油、生姜醤油、、、だったかな?

DSCF1523 (480x360)
一口大にカットされたステーキには、野菜とニンニクチップが添えられていました。

DSCF1526 (480x360)
野菜はブロッコリー、ニンジン、クレソンです。

DSCF1524 (480x360)
お肉は一口大にカットしてありました。

DSCF1529 (480x360)
断面はとってもキレイなロゼ色でうっとり。
冷めないうちに、いただきま~す!
お肉はとても柔らかく、脂がとろけます。

DSCF1530 (480x360)
炒めたもやしも別皿で出て来ました。

DSCF1533 (480x360)
せっかくなので、いろいろな味わいで楽しみました。
ワサビをつけるとさっぱり。

DSCF1536 (480x360)
ニンニクチップをつけると、ニンニクの旨みが加わり、さらに美味しくなりました。


ウイスキー水割り
DSCF1541 (480x360)
ワインをボトルで3本も飲み、さすがにこれで終わりかと思ったら、上司が水割りを注文。
ウイスキーがどの種類だったか忘れましたが、上司が好みの結構良い銘柄だったような。
すっきりと甘くてとても飲みやすくて美味しかったです。

DSCF1538 (480x360)
お肉を食べて、しばらくしてからいよいよメインのお好み焼き。

DSCF1542 (480x360)
とってもキレイな焼き色です。


お好み焼き (?円)
DSCF1543 (480x360)
お好み焼きは種類がどれだったか、記憶がありません(汗)。

DSCF1545 (480x360)
たっぷりの鰹節がのせられていて、とってもいい香り。

DSCF1546 (480x360)
みっちりと密度の高いお好み焼きは食べたらとってもボリューミーで、これで本当にお腹パンパンになりました(笑)。


話もたくさん弾み、楽しい歓迎会になりました。
Iさんにとても喜んでいたようでよかったです。
この後、カラオケ好きの上司に連れられて、すぐ近くのジャグジーがついているラグジュアリーなカラオケに行ったのですが、先輩と私は一足先に帰らせていただきました。


フードメニューです↓
DSCF1440 (480x360)

DSCF1441 (480x360)

DSCF1442 (480x360)

DSCF1443 (480x360)


ドリンクメニュー↓
DSCF1444 (480x360)

DSCF1445 (480x360)

DSCF1446 (480x360)

DSCF1447 (480x360)

DSCF1448 (480x360)

DSCF1449 (480x360)

DSCF1450 (480x360)

DSCF1451 (480x360)


2014年2月6日訪問時お店DATA
****************************
鉄板焼オータニ 
〒106-0032 
東京都港区六本木3-13-10 北麻布ビル6階
TEL 03-3403-1123
東京メトロ日比谷線六本木駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/07 00:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(10) |
Bistro Grill De salita  @市ヶ谷
心配された雪はほとんど降ることも積もることもなく終わりました。
実家の雪かきに行かねばと思っていただけに、行かずに済んでよかったものの、やや拍子抜け(笑)。
ともあれ、今日で2月最初の週も今日で終わり。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2014年11月13日にオープンしたGEMS市ヶ谷に入っている「デサリータ」のレポートです。

DSCF6582 (480x360)
2015年1月6日は、新年の仕事始めから2日目。
上司とOさんがお昼時に不在だったので、先輩と一緒に外へランチを食べに出かけました。
前日の夜、新年会で天麩羅→蕎麦とはしごしてたらふくご飯を食べ、かなり体重的にはかなり厳しかったのですが、なかなか自由に外食できるチャンスがないので、やはり行くことに。
向かった先は、ランチ制覇も見えてきたGEMS市ヶ谷です。

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。
市ヶ谷駅を出て日テレ通りの坂を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。
今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

DSCF4601 (480x360)
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。

DSCF6596 (480x360)
この日は2階と8階の洋食系のお店が候補でしたが、先輩の希望で8階にある「Bistro Grill De salita(デサリータ)」へ。

DSCF5041 (480x360)
エレベーターの中にあるフロアマップはこんな感じです。

DSCF6594 (480x360)
「デサリータ」は、2014年11月13日にGEMS市ヶ谷にオープンと共に開店しました。
炭火で焼き上げたグリル料理と微生物農法で作られた彩り鮮やかな野菜をリーズナブルなワインと共に楽しめるお店とのことです。

DSCF6595 (480x360)
こんなオープニングチラシがあったんですね。
いいなぁ。

DSCF6560 (480x360)
フロアは左に厨房があり、その周りにテーブル席が並んでいます。
12時10分過ぎにお店に到着したところ、7割程の人の入りでした。

DSCF6561 (480x360)
内装はシンプルで落ち着いた雰囲気です。
キッチンを取り囲む壁は黒板が貼ってあってメニューが書かれていました。
棚にはお酒や食材などがずらり。

DSCF6562 (480x360)
大きくて華やかなシャンデリアをよく見てみると、なんと全てワイングラスでした。
すごい!

DSCF6554 (480x360)
店員さんは男性ばかりだったような気がします。
私たちは窓際のテーブル席に通されました。
全面ガラス張りなので、日テレ通りからお堀まで見通せて、と~ってもいい景色。

DSCF6559 (480x360)
ただ、8階という高さなので、交差点を見るとほぼ真下の感覚で、高所恐怖症の人にとってはかなり厳しそうです。

DSCF6568 (480x360)
卓上には木をくりぬいた小箱にカトラリーセットが入っていました。
籐製はよく見かけますが、木って珍しいかも。
おしぼり、スプーン、フォークが入っていて、お箸もありました。

DSCF6567 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。
このグラス、下の部分の丸みがすごく珍しくて可愛かったです。

DSCF6556 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF6557 (480x360)
ランチメニューは4種類あり、950円から1,300円です。
全てサラダ・スープ・ドリンクがついていて、ライスの大盛りは無料です。
ドリンクは6種類の中から選べます。
ランチビールもありました。

DSCF6558 (480x360)
せっかくなのでバーンと食べちゃえと思い、一番お高いサーロイン・グリル~オリジナルクリームソース~ 自家製スモークバター付きを注文。
ライスかパンを選べるので、せめてもの抵抗でパンにしました(笑)。

先輩は彩りお野菜のヘルシープレート~塩漬けポークのローストグリル~(950円)をチョイス。
「私らしくないメニューチョイスですが、実は塩漬けポークが食べたかった。」とのこと(笑)。
こちらはライスはなく、パンだけです。


スープ
DSCF6563 (480x360)
オーダーを終えると、すぐにスープが出て来ました。
白い陶器の片手のカップです。
量は多め。
コンソメスープだったかな?


ドリンク ~グレープフルーツジュース~
DSCF6570 (480x360)
続いてドリンクが出て来ました。
二人とも、グレープフルーツをチョイス。

DSCF6569 (480x360)
お水と同じグラスです。
オレンジ色のストローが色鮮やか。
量もたっぷりめでした。


パン
DSCF6572 (480x360)
次にパンが出て来ました。
バケット2個に小さいパンが1個。
一人用にしては多くて、でも二人用だとちゃんと分けられない?!


彩りお野菜のヘルシープレート ~塩漬けポークのローストグリル~ (950円)
DSCF6578 (480x360)
先輩と、パンは「1人前? 2人前?」と話していたところ、先輩のプレートが登場。
こちらにはパンが一緒に盛り合わせてあったので、最初のパンは一人前で私のものだということがわかりました(笑)。

DSCF6579 (480x360)
先輩のヘルシープレートは、大きめの丸いお皿にこぼれんばかりにサラダやパンが盛りつけてあって、大迫力。
塩漬けポークのローストグリルも削ったチーズもかなりたっぷりめで、と~っても羨ましかったです。
ただ、期待していたこのポークはかなり筋が入っていて、固くて食べにくかったとのこと。


サーロイン・グリル~オリジナルクリームソース~ 自家製スモークバター付き (1,300円)
DSCF6582 (480x360)
続いて私のプレートが登場。

DSCF6583 (480x360)
長方形のお皿に左にサラダ、右にグリルが盛りつけてあります。
先輩のもりもりプレートを見ていただけに、ボリューム感のなさにはちょっぴりガッカリ。
ま、牛肉だからしかたないか、、、。

DSCF6587 (480x360)
サラダはリーフ類を中心に大きめにちぎってあり、てんこ盛りになっています。
ドレッシングがあらかじめかかっていました。

DSCF6585 (480x360)
サラダとお肉の間には2種類のおかずがありました。
上にはマヨネーズソース?のゴボウのサラダ。

DSCF6586 (480x360)
下にはアンかけみたいになっているパスタサラダです。

DSCF6574 (480x360)
自家製スモークバターは小さなココットに入っています。
スモークっぽい味わいが特に感じられず、フツーな味わいでした。

DSCF6576 (480x360)
バケットは2つ。

DSCF6591 (480x360)
皮がパリッとしていて、中はふんわり。

DSCF6577 (480x360)
こちらのミニパンは1個。

DSCF6593 (480x360)
入っていたツブツブが食感のアクセントになっていました。

DSCF6588 (480x360)
サーロインは小さめのポーションで、表面に焼き目がしっかりついています。
あらかじめ一口大にカットされていました。

DSCF6589 (480x360)
断面を見ると中はレアでピンク色になっています。
お肉は柔らかでしたが、オリジナルクリームソースはちょっと水っぽい感じがしました。

DSCF2051 (480x360)
この日のレシートです。


お値段はややお高めでしたが、スープとドリンクだけでなく、パンがたくさん付いていたので、お腹いっぱいになりました。
GEMS市ヶ谷のランチ制覇もあと2軒!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ GEMS市ヶ谷ランチ訪問記です↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

地下1階  焼きはまぐりる 市ヶ谷  (2014年11月26日
地上1階  Lucaffe GEMS市ヶ谷店  (2014年11月27日
地上3階  タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店 (2014年12月4日
地上4階  炭火焼鳥専門店 播鳥 市ヶ谷店  (2014年12月2日
地上7階  銀座 しゃぶせん  (2014年12月9日
地上8階  Bistro Grill De salita (2015年1月6日
地上9階  炭火焼肉 なかはら(2014年12月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2015年1月6日訪問時お店DATA
********************************
Bistro Grill De salita (デサリータ)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷8階
TEL 03-6261-5405
営業時間 
[昼] 11:30~14:30
[夜] 17:00~24:00
定休日 なし  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/06 06:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(3) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
先週に引き続き、今日も雪が降るようです。
当初の予想よりも積雪はそれ程でもないとのことですが、長い時間降り続けるようなので、しっかり雪の準備をして出かけるつもりです。
とりあえず、朝の通勤時間の混乱は少なそうなので一安心。
みなさまも、くれぐれもお気をつけ下さい☆

DSCF1428 (480x360)
2014年2月6日の夜は、Iさんの歓迎会を行う予定でした。
なので、ランチは軽めにしようと思い、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」のお蕎麦に決定。
Iさんのランチは、四ッ谷駅のアトレ四谷内のお店と、市ヶ谷方面の「こしひかり弁当」と千代田四番町ランチ屋台のどらがいいか聞いたところ、アトレに行ってみたいとのことだったので、Oさんが一緒に行ってくれました。

DSCF7041_20130905083820fa6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つめのビルの1階がお店です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
前回購入したのは2014年1月7日だったので、約1ヶ月ぶり、38回目です。

DSCF3011_20130607210051.jpg
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF1224_20130419071337.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
時々男性が一人入ることも。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。

DSCF0938.jpg
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
12時10分ぐらいにお店に到着し、寒いので入店してから注文。
とても寒い日だったせいか、店内のお客さんがとてもたくさんいました。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

DSCF1421 (480x360)
持ち帰りのビニール袋は一般的なシンプルで真っ白なものです。

DSCF1422 (480x360)
スマホにまとめてある食べたことのないメニューをチェックし、ちくわ蕎麦にしました。

DSCF9780_20130316092337.jpg
薬味として七味唐辛子がついています。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF1426 (480x360)
おそばの容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。


ちくわそば (360円?)
DSCF1428 (480x360)
いただきま~す!

こちら、私の持っているメニューでは料金がはっきりしません。
記憶もはっきりせず、すみません(汗)。

私がお蕎麦を出すと、Iさんがとても羨ましがってくれました。
なんでも、もともとお蕎麦屋さんでバイトしていて、関西人なのにうどんよりもお蕎麦派で、しかも、磯辺揚げが大好物とのこと。
まさにドストレートなチョイスでした(笑)。

DSCF1430 (480x360)
「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどのメニューにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

長ネギは小口切りです。
彩りのアクセントになっています。

DSCF1429 (480x360)
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
かなり薄切りでした。

DSCF1431 (480x360)
ワカメです。

DSCF1432 (480x360)
磯辺揚げは丸ごと1本、中央にのっかっていました。

DSCF1433 (480x360)
この日の麺は既にソバつゆから顔を出していました(笑)。
のびているだけでなく、磯辺揚げの重さもあるから?

DSCF1435 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF1437 (480x360)
お蕎麦は、いつもどおり、ややのび気味でもったりと柔らかな食感でした。(笑)。
啜る途中で切れないように、慎重に啜りました。

「瓢箪」のソバつゆは甘くないのは好みですが、ダシの味わいが薄くてあっさりしています。
でも、磯辺揚げが入っているせいか、旨みとコクが加わって美味しかったです。

DSCF1436 (480x360)
磯辺揚げはとっても大きい。
ソバつゆにしっかり浸すと、常温よりは温かになるし、揚げ物の油の旨みとコクが加わります。

DSCF1439 (480x360)
磯辺揚げそのものも、しっかり味でボリュームがありました。


軽めに食べるつもりが、意外とボリューム感のあるお蕎麦でした。
ただ、やはりお蕎麦なので午後4時過ぎにはお腹が空いて、ディナーが待ち遠しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 かき揚うどん
 きつねそば (2013年1月9日
 きつねうどん
 とろろそば (2013年11月29日
 とろろうどん
 メンチそば
 メンチうどん (2012年4月10日
 力そば
 力うどん (2012年2月27日
 肉そば  (2014年1月7日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 カレーうどん
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶそば (2013年6月13日2013年11月29日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケそば
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見そば
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけうどん  (2012年5月15日
 ちくわそば (2014年2月6日
 ちくわうどん

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねそば
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろそば
 冷しとろろうどん
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しめかぶうどん
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきそば
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわそば  (2013年7月17日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 冷しちくわそば
 辛み大根の冷しおろしそば
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 牛丼
 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 カレー丼
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年2月6日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
営業時間 7:00~17:00
定休日 土・日・祝日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/05 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(4) |
東京チャイニーズ 雪梅花 四谷  @四谷
みなさま、昨日は節分のイベントを楽しまれたでしょうか?
今日は立春です。
とても寒いし、明日は雪の予報ですが、暦の上ではいよいよ春!
ちょっとだけですが、ワクワクしちゃいます。

DSCF1394 (480x360)
2014年2月5日は、上司・Oさん・Iさんが揃って不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
2014年1月30日に二人で出かけたとき、「サルサ・カバナ」か「東京チャイニーズ 雪梅花(シュエ・メイ・ホワ) 四谷」の二択で考えて「サルサ・カバナ」に行ったので、この日は「雪梅花」へ行きました。
2013年1月16日のランチで先輩が食べていたトマトチーズラーメンがどうしても食べたくて、私が候補に挙げていたお店です。

DSCF1419 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入って少し行った右手に綿半野ビルがあり、お店はその1階にあります。

DSCF1420 (480x360)
「雪梅花」は2011年12月16日にオープンした中華のお店で、「紅虎餃子房」などで有名な際コーポレーション株式会社が運営するブランドの1つです。 
「雪梅花」というステキな名前はそのまま中国語読みをして「シュエ・メイ・ホワ」というそうですが、覚えるのが難しい(汗)。
ざらっと調べた限りでは日本語の意味はよくわかりませんでしたが、名前にちなんだのか、お店の前には立派な鉢植えが置かれていました。
まだまだお花の気配は見えませんが。

DSCF1418 (480x360)
お店の外の壁にはランチメニューが書かれた大きな黒板が出ています。

この場所には、2008年3月17日にディナー訪問2008年11月21日にランチ訪問した「六蔵」がありましたが、2010年の年明け頃までに閉店し、2年近くそのままでした。

DSCF4836_20120114111252.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
入口からすぐ前のカウンターには自家製のソーセージなどがズラリ。
とっても美味しそう!
見ているだけでワクワクしちゃいます。

DSCF0819_2013122706562231a.jpg
前回ランチ訪問したのは2013年1月16日だったので、約1年ぶり、3回目です。

DSCF4810_20120114111712.jpg
店内はとても広く、入ってすぐ左手に厨房とカウンター、中央にテーブル席があり、右手にはちょっと区切られて個室っぽくなっているテーブル席がありました。

DSCF0821_201312270656255e0.jpg
壁にはこんな文字が。
中国語はさっぱりわからないのが残念。

DSCF0818_20131227065620fff.jpg
天井はとても高いです。

12時15分ぐらいに入店したところ、店内は意外と空いていて、7割程の人の入りでした。
ただ、その後も続々とお客さんが入って来て、ほぼ満席に。

DSCF4809_20120114111712.jpg
天井からぶらさがったガラスの器は花瓶になっていて、実のついた枝がさしてあって、ステキ。

DSCF4811_20120114111711.jpg
内装は木目を基本としいて、レトロで落ち着いた色合いでした。

DSCF0835_20131227065519252.jpg
壁には紹興酒などのお酒がずらり。

DSCF4807_20120114111712.jpg
店員さんは3、4人以上いましたが、席数が多かったこともあり、とっても忙しそうで呼ぶのが大変でした。

DSCF1379 (480x360)
私たちはフロア中央のやや手前の二人用テーブルに着席。
テーブルはあまり広くありません。

卓上にはお醤油、お酢、ラー油、爪楊枝、お水のボトル、カトラリーセットが置かれています。

DSCF1380 (480x360)
アルミ製のカトラリーセットの中にはおしぼり、紙ナプキン、レンゲ、お箸が入っています。
以前は先にテーブルにセットしていましたが、システムを変えたようです。

DSCF0848_2013122706454945b.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
季節柄、ガラスの壁のすぐそばに席には、寒さ対策でブランケットがついています。
細かな心配りが素晴らしいです。

DSCF1384 (480x360)
お水を入れたガラスのボトルはとても大きいです。

DSCF1390 (480x360)
ボトルの表面にはこんな刻印が。

DSCF1378 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1375 (480x360)
ランチメニューです。
前回とは少し変わっていました。

こちらのお店は中華といってもちょっと変わったラインナップで、しかもメニューが豊富でとっても悩みます。
お値段は850円から980円と、ややお高めの設定です。

DSCF1393 (480x360)
メニューを見ると、少し変わっていて、気になるメニューがいろいろとありました。
カルボナーラ麺とか担々麺とマーボー丼のセットとか、かなり迷いましたが、この日は初志貫徹で「トマトチーズ担々麺」を注文。
先輩は、私も気になっていたマーボー麺をチョイス。

DSCF1392 (480x360)
10分弱で、お料理が登場!


マーボー麺 (900円)
DSCF1388 (480x360)
まずは先輩のメニューが出て来ました。
マーボ麺、小菜、お新香、ライスのセットです。
朱色の丸いお盆にのせられていました。

DSCF1386 (480x360)
マーボ麺はかなり大きめな器にスープがたっぷり。
大きめにカットされたお豆腐がかなりたくさん入っています。
先輩の話では、餡かけされたマーボーの味わいがとても薄くてあっさりし過ぎていて、食べるのに苦労したとのこと。
スープが美味しいだけにちょっと残念だったそうです。


トマトチーズ坦々麺 (900円)
DSCF1394 (480x360)
メイン、小菜、お新香、ライスのセットです。
朱色の丸いお盆にのせられていました。

DSCF1396 (480x360)
ライスは小さな白いお椀に盛られています。
ご飯がつくことをすっかり忘れていました。

DSCF1397 (480x360)
体重のことを考えると、少なめにすればよかったとちょっと後悔。
そのままではほとんど食べず、最後にリゾットにして食べました。

DSCF1398 (480x360)
お新香にはたっぷりの白菜と細切りのニンジンなどが入っていました。
小さいとはいえ、お皿からはみ出す程ボリュームタップリ。
浅漬けだったので、塩加減も控えめでした。

DSCF1400 (480x360)
この日の小菜は揚げ餃子が2本です。

DSCF1401 (480x360)
作り置きのようで、常温でした。

DSCF1414 (480x360)
皮はちょっと乾燥気味だったのは残念。
餡には下味がついているので、そのまま食べて大丈夫です。

DSCF1402 (480x360)
トマトチーズ担々麺は大きめの白い器に盛られていました。

DSCF1405 (480x360)
オレンジがかった鮮やかな赤いスープの真ん中に、粉チーズがたっぷりとかかっています。

DSCF1403 (480x360)
たっぷりのスープです。

DSCF1407 (480x360)
まずはスープを一口。
しっかりとダシがきいていて、ピリ辛で、トマトの酸味を感じて、と~っても美味しい!
チーズを溶かし込むとコクが加わり、さらに旨みが増しました。

DSCF1409 (480x360)
麺は黄色みがかったやや平べったく、少し縮れが入っているでしょうか。
ボリュームは普通です。
チーズがとろけて麺に絡むので、啜るのにちょっと抵抗がありました。

DSCF1410 (480x360)
中にはトマトの角切りがたっぷりと入っていました。
トマトの味をしっかりと感じます。

DSCF1413 (480x360)
挽き肉も入っていました。
白っぽいので鶏肉でしょうか。

DSCF1415 (480x360)
最後のお楽しみで、ご飯にたっぷりと汁をかけて、リゾット風にいただきました。

DSCF1417 (480x360)
ご飯が美味しいスープをたっぷりと吸い込んで、間違いない美味しさです。
食べ切れていなかった麺も入っちゃっていました(笑)。


麺もスープもご飯も全てキレイ食べ終え、美味しくてお腹いっぱいです。
これで900円なので、大満足でした。
このメニューは期待通り、とっても美味しかったです。
個性的なメニューがあるので、メニューによってはちょっと当たり外れがありますが、それでも他のメニューをいろいろと試してみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

麻辣担担麺 (2012年1月11日
羊麻辣土鍋麺 (2013年1月16日
トマトチーズ坦々麺 (2014年2月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1375 (480x360)

DSCF1376 (480x360)

DSCF1377 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF4798_20120114111853.jpg

DSCF4801_20120114111852.jpg


2014年2月5日訪問時お店DATA
****************************
東京チャイニーズ 雪梅花 四谷 (シュエ・メイ・ホワ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-4-2 綿半野ビル1階
TEL&FAX 03-6380-0911
営業時間 
[昼] 11:30~14:30(L.O.)  
[夜] 17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/04 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner  @四谷
少し前にお財布の小銭入れの部分が壊れてしまったのですが、なかなか気に入るお財布がなくて、まだ買っていません。
小銭だけ別にしているのですが、お会計の時とか、すっごく面倒。
よく、小銭入れだけ別に持ち歩いている人がいらっしゃいますが、私は無理だと悟りました(笑)。
早く新しいお財布を買わなければ。

DSCF1357 (480x360)
2014年2月4日は、お昼にIさんと一緒にお弁当を買いに出かけました。
初めてだから、千代田四番町ランチ屋台か「魚沼こしひかり弁当」を紹介しようと思い、市ヶ谷方面に歩いて行ったのですが、この日は最高気温が5度ぐらいしかない、とても寒い日でした。
途中、「MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner(クルージンダイナー)」が来ているのを発見。
そういえば、これまでは水曜日にやって来ていましたが、2月から火曜日に変更になるというアナウンスがありました。
「ここのカレーも美味しいですよ。」とIさんに言ったら、寒さが辛いこともあり、この日はカレーを買うことに決定(笑)。

DSCF6328_2013112108073479b.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点を左折します。
しばらく進むと左手にヤマト運輸の営業所があり、車はその前に停まっています。

DSCF6323_201311210810251c8.jpg
歩道には小さな看板も出ていました。

こちらはMACKY RAMONE(マッキーラモーン)さんが主宰する「クルージンダイナー」というお店です。
私はツイッターに登録していないので情報があまりわからないのですが、マッキーラモーンさんは現役のDJ&ミュージシャンのようです。
2013年10月30日からこの場所で販売しています。

それ以前は、こちらの場所には「サファリカレー」が来ていましたが、2013年10月23日に営業を終えました。

DSCF6324_20131121081028df4.jpg
営業時間は毎週水曜日、午前11時30分から午後1時までです。

DSCF6326_201311210807313a5.jpg
お米にこだわっているとのことで、富山県産のてんたかくという品種の新米です。
お水が良いからお米も美味しいとのこと。
お米マイスターが推奨する、カレーに一番合うお米だとか。

DSCF6325_20131121080728288.jpg
特製コールスローは50円です。

前回テイクアウトしたのは2013年12月25日だったので、約40日ぶり、4回目です。

DSCF6330_20131121080739d14.jpg
車には「カレーライス」という小さな暖簾?がかけられていました。
赤と緑という、スイカカラーでとっても目立ちます。

DSCF6329_20131121080737ed9.jpg
こちらのお店で販売しているのは、やわらかお肉の旨コク欧風ポークカレーの「マリンカレー」です。
レギュラーサイズが550円、スモールが50円引きの500円、ラージは100円増しの650円、キングは200円増しで750円です。
なお、キングはトッピングが1つ無料になるとのこと。

DSCF6320_2013112108101068a.jpg
12時10分ぐらいに到着したところ、先客は2名、後客が2名ぐらいでした。
店主さんは男性で、一人で切り盛りしています。

店主さんに生タマネギトッピングがとっても美味しかったという話をしたら、「そうでしょう。そうでしょう。見つけたのは私ですよ。」と楽しく答えてくれました(笑)。

DSCF1346 (480x360)
ガラスケースの中にトッピングが種類ごとに並んでいます。

DSCF1343 (480x360)
トッピングはタマゴ、チーズ、生タマネギ、ハラペーニョ、コールスロー、トマトサラダの6種類で、全て50円です。
「小さな贅沢、大きな満足!!」という標語が面白いです(笑)。

DSCF6611 (480x360)
紙ナプキンは、待ち時間短縮のため、かつ、エコのため、セルフサービスになっています。
なお、コールスローを注文した人には冷たいまま美味しく食べていただくよう、店主さんが入れてくれるとのこと。細かい配慮ですね。
サービスの飴も置いてありました。

DSCF9222 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
2014年2月から、水曜日ではなく火曜日に来ることになる、との告知がありました。
すっかり忘れていたのですが、この日、曜日が変更しているのをしっかり認識できてよかったです。

DSCF1348 (360x480)
持ち帰り用のビニール袋はポピュラーな白のものです。

DSCF1349 (480x360)
この日は正月太りが全く解消できていない上に、二日後にIさんの歓迎会を予定していたので、スモールサイズを注文。
トッピングでハラペーニョをお願いしましたが、マリンカレーの時は持ってきていないとのこと。
確かに、看板にもBUZZカレー限定と書かれていました。
いままでマリンカレーにしか遭遇していなかったので、BUZZカレーがいつなら食べられるのかわかっていなかったのですが、毎月最終週がBUZZカレーの日だということが後日わかりました。

せっかくなのでトッピングをつけたいな、と思い、トマトサラダをお願いしました。
日本一美味しい50円サラダと紹介されています。
BUZZカレーの場合には、トマトサラダを中に入れて食べてもいいそうです。
うーむ、ますますBUZZカレーが食べたくなりました(笑)。

DSCF1354 (480x360)
紙ナプキンはコールスロー注文時以外はセルフサービスと書かれていましたが、この日はトマトサラダでしたが、入れてくれました。

DSCF6340_201311210805425e2.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
白いプラスチック製のスプーンは透明なビニール袋に入っています。
出来るだけいただかないようにしています。

DSCF1355 (480x360)
カレーは下が白、フタが透明のプラスチックの容器に入っています。

DSCF1350 (480x360)
トッピングのトマトサラダは小さな透明のプラスチック容器に入っていました。


マリンカレー<スモール>(500円) + トマトサラダ(50円) =550円
DSCF1357 (480x360)
いただきま~す!

DSCF1359 (480x360)
トマトサラダは真っ赤に熟したトマトを小さめの賽の目切りにして、ドレッシングに和えてあります。

DSCF1372 (480x360)
トマトの甘みや酸味とドレッシングの酸味が合わさってとてもさっぱりしました。

DSCF1363 (480x360)
楕円形の容器に、左にご飯、右にルーが盛られていました。
スモールとレギュラーはご飯とカレーが一緒に盛られていて、ラージ以上は別盛りになります。

DSCF1364 (480x360)
ご飯のボリュームはスモールなのでやや少なめなのでしょうか。
正直なところ、見た感じでは普通サイズとあまりわからなかったです。
この日は遅番で出社し、会社ででっかいどら焼きを朝食代わりに食べてしまったせいかあまりお腹が空いていなかったことと、食べたら意外と満腹感があって、そういう意味でもレギュラーサイズとの差がよくわかりませんでした(汗)。

DSCF1365 (480x360)
中央にドライハーブがトッピングされていました。

DSCF1366 (480x360)
ルーは濃い茶色で、豚肉以外の具材は入っていません。

DSCF1367 (480x360)
ルーは旨みがしっかりとあって、美味しいです。
この日は結構辛かったです。
こんなに辛かったっけ?という感じで、私としては辛い方が好きなので嬉しかったです。
ただ、Iさんは美味しく食べられるものの、辛いものを食べると汗をたくさんかいてしまう体質だとのことで、しっかりと汗をかいていました(笑)。

DSCF1369 (480x360)
こちらの豚肉は大麦豚の肩ロースだそうで、結構大ぶりの大きさです。
お肉がホロホロと崩れ、肩ロースなのに豚肉とは思えないぐらいと~っても柔らか。
すっごく美味しい!
ぜひ、肉増しが出来るようにして欲しいです(笑)。
いつも通りの美味しさに大満足。

DSCF1374 (480x360)
ルーの量はそれ程多くないので、残っているご飯の量に注意して食べ進めます(笑)。

DSCF9250 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
車の横に置いてある飴をいただいちゃいました。

DSCF1356 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


この日は辛さが増して、さらに好みの味になりました。
週に一回ですが、近い場所で美味しいカレーが食べられるのは嬉しいです。

なお、「クルージンダイナー」は現在、斜向かいの日大大学院近くにやってきています。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

◎マリンカレー
スモール+トマトサラダ (2014年2月4日
レギュラー (2013年11月13日
レギュラー+生タマネギ (2013年12月25日
ラージ+タマゴ+コールスロー (2013年11月6日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年2月4日購入時お店DATA
*******************************
MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner (くるーじんだいなー)
移動ワゴン車での販売 
場所  東京都千代田区六番町6-20 グランドメゾン六番町前
営業日 火曜日
営業時間 11:30~13:00
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/03 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
レストラン セレブリティクラブ Souvenir  @四谷
風が冷たかったものの、お天気のよかった週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
早いもので1月が終わり、いよいよ2月です。
冬もあと少しかな~と思うと、ちょっと嬉しいです。

DSCF1304 (480x360)
2014年2月3日は週の最初の月曜日。
この日から私たちの事務所にIさんという方がいらっしゃり、期間限定ですが、メンバーが増えました。
初日のこの日、上司は「嘉賓」に連れて行きたかったようなのですが、午前中がキツキツで、事務所に戻るのも厳しいんじゃないかと思うスケジュールだったのに、何故か無理して事務所に戻り、結局時間がないからと、四ッ谷駅前にある「レストラン セレブリティクラブ Souvenir(さぶにーる)」に行くことになりました。

スクワール

JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの正面のビルがスクワール麹町です。
「サブニール」はこのビルの最上階の7階に入っています。

前回ランチ訪問したのは2011年12月20日だったので、約2年1ヶ月半ぶりでした。

DSCF1335 (480x360)
このビルには「サブニール」を含めて飲食店が3店入っています。
1階には「フローラル」、2階には「アピアン」があります。

DSCF1336 (480x360)
ビルの前にはその週のランチメニューが出ています。

DSCF1327 (480x360)
スクワール麹町のビルの中に入り、右手にあるエレベーターで7階に上がります。

DSCF1328 (480x360)
「サブニール」は2012年3月12日にリニューアルオープンし、基本的には2階にある「アピアン」と同じメニューがいただけるようです。

DSCF1326 (480x360)
お花がたくさん飾られていました。

2009_0417画像0109
こちらは以前撮影した写真です。
エレベーターを降りてすぐ左にちょっとしたスペースがあり、大きな窓ガラスなのでとても眺めが良い場所です。
店内が禁煙になった代わりにこのスペースが喫煙場所になったので、タバコを吸わない私にはちょっと近寄りがたくなってしまって残念。

DSCF3798.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
新宿通りを新宿方面に向かって眺めています。

DSCF3797_20120907205331.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
こちらは上智大学。
この景色を見られるだけでも嬉しいです。

DSCF1323 (480x360)
入店してみると、以前はフロア中央にはソファ席がありましたが、テーブル席になっていました。
カウンターには仕切りが置かれ、中が見えなくなっています。

DSCF1322 (480x360)
12時半近くに入店したところ、6割程の人の入りでした。

DSCF0021.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
窓から上智大学が見えます。

とても天気のいい日だったので、眺めがすごく良かったです。

DSCF1300 (480x360)
私たちは5人と人数が多かったので、真ん中のテーブル席に着席。

DSCF1283 (480x360)
メニューは週替わり2種類のほか、パスタ・ピザ・洋食・和食とかなり種類が豊富。
お値段は週替わり以外は1,000円超えで、ややお高めです。

5人いるのにメニューが1つしかなかったので、店員さんに頼んでもう一つ持って来てもらいました。
週替りランチが2種類ありますが、外に黒板で出ていたものの、店員さんからの説明はなし。

DSCF1324 (480x360)
上司は自分で選んできたお店のはずなのに、「イタリアンかぁ、、。」とため息をついていました(笑)。
和食がよかったらしく、まぐろの漬け丼を注文。
Iさんも同じものを注文していました。
Oさんはハンバーグステーキをチョイス。
先輩はキノコとベーコンのクリームソース(1,260円)、私はボンゴレビアンコ(1,260円)をお願いしました。

注文を終えると、店員さんから「15分位かかります。」と言われ、急いでいたので「もしかして、パスタは時間がかかるから?」と思い、注文を変えようかと思ったのですが、早くできるのは週替りだけとのこと。
注文を終えた上司はタバコを吸いにでかけてしまっていたので、そのままお願いしました。

DSCF1294 (480x360)
パスタにはサラダ、スープ、デザートがついています。
さらに、ランチタイム(午前11時から午後2時半、ラストオーダーは午後2時)はコーヒー・紅茶・ウーロン茶の中から1つを選ぶことが出来ます。

最初にスープ、サラダ、デザートが先に出て来ました。
スープは両側に取っ手のついた白い器に入っています。

DSCF1303 (480x360)
コーンクリームスープでした。
ほんのり甘くてクリーミーで、量も結構ありました。

DSCF1298 (480x360)
サラダは小さい白い器に入っていました。
リーフレタス、水菜、キュウリ、プチトマト、千切りのダイコンやニンジンなどなど。

DSCF1299 (480x360)
あらかじめ酸味がしっかりとしたドレッシングがかけてありました。

DSCF1296 (480x360)
デザートです。


ボンゴレビアンコ (1,260円)
DSCF1304 (480x360)
結局メインのお料理が出てくるのに20分ぐらいかかりました。
周りのお客さんのお料理は先に出ていたことを考えると、かなりのんびりペースです。
ランチの時間を気にする人にはあまり向かないお店のようです。

DSCF1308 (480x360)
こちらは貝の殻を入れるためのお皿です。

DSCF1305 (480x360)
粉チーズは小皿に盛られていました。


キノコとベーコンのクリームソース (1,260円)
DSCF1306 (480x360)
こちらは先輩が注文したキノコとベーコンのクリームソースです。

DSCF1309 (480x360)
私と同じく別皿の粉チーズがついていましたが、タバスコも一緒に出て来ました。
私は使って良いのかな?(笑)。

DSCF1310 (480x360)
ボンゴレビアンコは、リーフ型でしょうか、とても独創的な形のお皿に盛られていました。
アサリは殻付きで、結構たっぷり入っています。
そのままだと殻が邪魔で食べにくいので、最初にほとんど殻からはずしてから食べました。

DSCF1312 (480x360)
スパゲッティは細麺で、かために茹でられていました。
アサリの風味がしっかりとしみていて、塩気は結構しっかり目です。
ボリュームは普通です。

DSCF1313 (480x360)
途中から粉チーズをかけて、味わいを変えてみました。
味は複雑になって美味しくなりましたが、濃い味がさらにしっかりしたので、薄味好きの人にはちょっと辛かったかもしれません。

DSCF1317 (480x360)
スパゲッティを食べ終えると、汁が結構残っていました。
太っちゃうけど、パンがあればぬぐって食べたいです。

DSCF1316 (480x360)
デザートは一口サイズのプチケーキです。
そのまま食べられるよう、爪楊枝をあらかじめ刺してありました。
スポンジケーキですが、土台が普通味で上の方が苺味です。
特にイチゴの部分がふんわりとした食感で、程よい甘さでした。

DSCF1321 (480x360)
全員が食事を終え、最後にドリンクが出て来ました。
私はホットコーヒーをいただきました。

DSCF1333 (480x360)
この日のレシートです。


この辺りでタイムアップで、先輩と私以外のメンバーはドリンクもそこそこで次の仕事へ移動。
特にOさんは次の仕事の後九州出張が入っていたので、明日までお別れでした(笑)。

私と先輩はゆっくりドリンクをいただいちゃいました。
上司が全員分のお金を置いて行ってくれたのですが、お会計をしてみたら、70円足りない(汗)。
カメラとスマホしか持っていなかった私は、慌てて外に出ていた先輩に声をかけ、事なきを得ました。

メニューを一新して雰囲気を大胆に変化させましたが、イマイチのサービス、お料理の出てくるのが遅いなど、お店の本質は以前とあまり変わっていませんでした。
初めてのランチが「嘉賓」ではなく「サブニール」だったのは、Iさんにとってはよかったのか、悪かったのか?!(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇

[リニューアル後]
ボンゴレビアンコ (2014年2月3日

鮪漬け丼 (2010年9月2日
季節の月替り丼 (2010年9月2日

[メニュー変更前]
寒ぶり漬丼 (2009年1月29日
帆立ずわい蟹丼 (2009年8月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1281 (480x360)

DSCF1282 (480x360)

DSCF1283 (480x360)

DSCF1284 (480x360)

DSCF1285 (480x360)

DSCF1286 (480x360)

DSCF1287 (480x360)

DSCF1288 (480x360)

DSCF1289 (480x360)

DSCF1290 (480x360)

DSCF1291 (480x360)

DSCF1292 (480x360)

DSCF1293 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF1330 (360x480)

DSCF1332 (360x480)


2014年2月3日訪問時お店DATA
*******************************
レストラン セレブリティクラブ Souvenir (さぶにーる) 
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6丁目6番地 スクワール麹町7階
電話 03-6272-5892
営業時間
[平日ランチ] 11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナータイム・カフェタイムは15名以上の貸切(要予約)のみ利用できます。
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/02 05:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(6) |
【移転】 らーめん からしや  @西早稲田
本日は、マイブログ圏外の高田馬場にある「からしや」のレポートです。
こちらのお店は私の訪問後に中葛西に移転したので記事にするかどうか迷いましたが、自分日記でもあるし、該当エリアの方もいらっしゃると思いましたので、アップします。

DSCF1262 (480x360)
2014年2月2日、美容院のために高田馬場へ行きました。
いつも楽しみにしている都内有数の厳選地区でのラーメン店巡り。
有名店はだいたい制覇したので、この日はどこに行こうかずいぶん迷いました。
結局、クーポン券があったのと、辛い麺が食べられるということで、「らーめん からしや」へ行くこと決定。

DSCF1239 (480x360)
JR・地下鉄高田馬場から早稲田通りの左側を早稲田方面にずっと進みます。
明治通りを越えて4ブロック目ぐらいのところに中岡ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF1235 (480x360)
もともとは中葛西にあったお店だったそうですが、2013年2月20日に西早稲田にオープンしました。
しかし、私の訪問後、2014年2月10日に閉店し、同じ中葛西ですが少し違う場所に2014年4月7日に移転オープンしているとのことです。
西早稲田での営業はわずか1年弱でした。

DSCF1236 (480x360)
お店の前にはランチメニューなどが書かれた小さな看板が出ています。

DSCF1240 (480x360)
高田馬場駅からは結構離れていますが、歩いて行きました。
この日はとても奇妙なお天気で、晴れていて太陽光が燦々と注いでいるのに、何故か雨。
しかも結構大粒でした(汗)。
なので、小走り状態でお店へ。

DSCF1257 (480x360)
営業時間と定休日はこちらです。

DSCF1255 (480x360)
開店時間の午前11時ほぼジャストに入店したところ、先客なし。
後客もなく、結局、滞在時間中は私一人でした(汗)。

DSCF1256 (480x360)
内装はシンプルですが、明るい雰囲気です。
店員さんは厨房に一人、フロアに一人、どちらも男性でした。

DSCF1251 (480x360)
なので、店員さんからはあまり姿の見えない角度の手前左側のカウンター席の一番奥に着席。

DSCF1252 (480x360)
卓上にはお水の入ったポット、お箸、ティッシュペーパー、各種調味料が置いてありました。

DSCF1254 (480x360)
こちらの揚げ一味とラー油は自家製です。

DSCF1253 (480x360)
自家製揚げ一味ってどんな感じかな~と思って中をのぞいてみたら、こんな感じ。

DSCF1259 (480x360)
どちらもかなりの辛さがあるようなので、注意書きが貼られていました。

DSCF1261 (480x360)
刻みニンニクでしょうか。
こんなのもありました。

DSCF1277 (480x360)
このお店のティッシュ、1つの箱に2つ口があります。
こういう形は初めて見ました。
普通の半分ぐらいの大きさのティッシュが出て来ます。

DSCF1260 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1241 (480x360)
こちらがメニューです。

DSCF1243 (480x360)
からし麺、ら~めん、つけ麺の3種類です。
お値段は700円から。
これにトッピングをつけたり、ボリュームを増やしたりすることが出来ます。

DSCF1249 (480x360)
セットメニューもあります。

DSCF1258 (480x360)
お昼のタイムサービスで、ご飯か麺の大盛をつけることが出来ます。
ただ、クーポン券との併用は出来ません。
迷いましたが、正月太りを脱却できていないので、麺の大盛りは我慢してクーポン券の味玉をお願いしました。

DSCF1278 (480x360)
こちらが伝票です。

DSCF1279 (480x360)
私はこちらの看板メニューのからし麺を注文。

ニンニク抜き、タレ多め、香味油多めとお願いすることも出来るとのこと。

DSCF1280 (480x360)
クーポン券を持って来たので、味玉1個がサービスになります。
クーポン、伝票にホチキス留めされていました(笑)。

DSCF1250 (480x360)
それぞれのメニューについて、詳しい説明書きが置いてあります。

これによれば、私の注文したからし麺は「ちゃ~しゅうを醤油でじ~っくりと煮込み、高級魚介類エキスをブレンドさせ、自家製の香油一味唐辛子をプラスした特製タレを、もちもちの太麺にからめて食べるスープのないラ~メンです。
よ~く混ぜ合わせ、まずはそのまま食べます。
お好みで揚げ一味唐辛子・ラー油・お酢をかけます。」とのこと。


からし麺 + 味玉(クーポン利用) = 700円
DSCF1262 (480x360)
それ程待たずに、からし麺が登場。
白い大きめの器にからし麺が盛られていました。
麺をほぼ覆い尽くす程、たっぷりのトッピングです。
ネギ、もやし、チャーシュー、メンマ、揚げネギ?、味玉子です。

DSCF1264 (480x360)
中央には長ネギの小口切りと茹でもやしがのせてありました。
緑の彩りです。

DSCF1265 (480x360)
揚げネギ?は、こんがりした美味しそうな色合いです。

DSCF1266 (480x360)
メンマも結構入っていました。

DSCF1263 (480x360)
こんがりと焼き目のついた炙りチャーシューは3枚も入っていました。
お店のウリの1つである炙りちゃ~しゅうは、自家製の特製タレでじっくりと煮込み、注文を受けてから直火で炙るとのこと。
こんがりとした焼き目がとっても美味しそう。

DSCF1267 (480x360)
味玉はあらかじめ半分に切ってあるのでとっても色鮮やか。
ただ、デフォルトで半個分入っていたところにクーポンで一個つけたので、半分に切ったのが3つも(汗)。
これなら麺多めのランチタイムサービスにすればよかったかなぁ。
お店の人も教えてくれればいいのにと、ちょっと思っちゃいます。

DSCF1268 (480x360)
スープはないスタイルですが、タレは結構たっぷり目でした。

DSCF1247 (480x360)
からし麺の美味しい食べ方が詳しく書かれているので、まずはしっかり読みました。

DSCF1270 (480x360)
まずは指示に従い、全体をよくかき回します。
黄色みがかった中太のストレート麺です。

まずはそのまま一口。
茹で加減は結構柔らかめですが、モチモチしていました。
辛さはほとんどありません。

DSCF1271 (480x360)
なので、すぐにお好みで揚げ一味唐辛子、ラー油、刻みニンニク?を追加。
かなり辛いというアナウンスだったので、量は控えめで。
これでさらにしっかりと混ぜ合わせました。

DSCF1275 (480x360)
うっすら麺が赤みを帯びました。
食べてみると、しっかりと辛くなって美味しい!
ただ、ちょっと油っぽくなったので、さらにお酢も追加しました。
辛味調味料は美味しさもある旨辛でとても美味しかったです。

DSCF1273 (480x360)
味玉はやや固めの半熟で、黄身のオレンジ色がとっても鮮やか。
美味しかったですが、さすがに3つはちょっと多かったです(笑)。

DSCF1276 (480x360)
チャーシューは炙った風味がよくて、お肉は口の中に入れるとホロホロと崩れました。
お店のウリだけあって、とっても美味しかったです。


のど越しがいいせいで、つるつると食べられちゃいます。
スープもないので、食べ終えるともっと食べられそうな気分で、やっぱり大盛りにすればよかったかな~と、ちょっと後悔。

自家製の辛味調味料はとても美味しかったです。
自分で好みの辛さにカスタマイズできるのはとってもうれしいのですが、個人的には「中本」みたいに、こういう辛いメニューがあるよ~と提示をしてもらう方が好みかな、と思いました。
受動的かな?


◇・◆・◇ これまで巡った高田馬場近辺のラーメン屋さんはこちらです↓ ◇・◆・◇

【閉店】さっぽろ 純連 東京店 (2010年2月13日
麺屋武蔵 鷹虎 (2010年8月14日
二代目海老そば けいすけ (2010年12月12日
俺の空 (2011年3月6日
中華そば べんてん (2011年7月23日
渡なべ (2012年2月5日
【閉店】博多長浜らーめん ぼたん 高田馬場店 (2012年4月14日
蒙古タンメン中本 高田馬場店 (2012年6月24日
自家製麺 鶏そば 三歩一 (2012年11月25日
鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店 (2012年12月24日
天理スタミナラーメン 高田馬場店 (2013年10月20日
麺屋 宗 (2013年3月10日
野方ホープ 高田馬場店 (2014年3月8日
本格中華麺店 光麺 高田馬場店 (2013年9月8日
らーめん からしや (2014年2月2日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF1241 (480x360)

DSCF1243 (480x360)

DSCF1244 (480x360)

DSCF1245 (480x360)

DSCF1246 (480x360)


2014年2月2日訪問時お店DATA
***************************
らーめん からしや 
〒169-0075 
東京都新宿区高田馬場3-20-2 中岡ビル1階 
TEL&FAX 03-5272-6118
営業時間 11: 00~翌3:00(L.O.翌2:45) 
定休日 無休 
JR・地下鉄高田馬場駅より徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/01 00:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる