居酒屋 藩 麹町店  @麹町
昨日は最高のお花見日和でしたね!
あまりにも早い満開はちょっぴり残念ですが、四ッ谷の桜並木はと~ってもキレイでした。
今日は市ヶ谷駅から出勤し、靖国通りの桜を見てみようと思っています。

DSCF4343 (480x360)
2014年4月11日は週の最後の金曜日。

DSCF4311 (480x360)
この日は上司とOさんがお昼時に不在で、先輩は自分で作ってきたお弁当を食べることになり、一人で外へランチを食べに行くチャンスでした。
ただ、夜にディナーの予定が入っていたのでどうしようかちょっと悩んだのですが、この時期以降、あまり外へ出られなさそうなスケジュールだったので、やっぱり出かけることにしました。

2009_0703画像0161
こちらは以前撮影した写真です。
前日は、宿題店に行こうと思って新宿通りの向こう側に行ったものの、新店のスージーハウスに行ってしまいましたが、この日は同じく宿題店に行くために麹町方面に行くことにしました。

DSCF5206_20131029060820430.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
麹町クリスタルシティ東館は、地下鉄有楽町線麹町駅の四番出口とドッキングしていて、とても便の良いところです。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から行く場合には、日本テレビ通りを麹町方面にひたすら進み、新宿通りにぶつかるほんの少し手前の右側にあります。

DSCF5203_2013102906081467d.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
麹町クリスタルシティ東館には飲食店がたくさん入っています。
地下1階には、2008年7月15日にランチ訪問した「南東酒房 黒うさぎ 麹町店」、2013年10月15日にランチ訪問した「DREAM CURRY」、
地下2階には、2009年12月1日にランチ訪問した「川佳」があります。

DSCF4375 (480x360)
この日目指したのは、このビルの地下2階にある「居酒屋 藩 (はん) 麹町店」です。
ずいぶん前に一度行ってみたのですが、かなり並んでいたので断念しました。

DSCF4372 (480x360)
この日は仕事がおして、出かけるのが12時半過ぎになっていました。
そのおかげで、ピークは越えていたようです。
ただ、ちょうど入店する時にお会計の人がたくさんいて、少し入口で待たされました。

DSCF4374 (480x360)
「藩」はチェーン店の居酒屋さんで、繁華街で時々見かけたことのあるお店です。
ただ、以前よりは店舗が減っているでしょうか?

DSCF4373 (480x360)
お店の入口には大きなランチメニューが出ていました。

DSCF4314 (480x360)
エリアによって区切られているので、フロア全体のことはよくわかりませんが、かなり大きいスペースで、お座敷もあります。
タバコについて聞かれ、禁煙だと答えると、左奥のテーブル席に通されました。

DSCF4371 (480x360)
内装は店名どおり、和風で、古民家のようになっています。
テーブルが2つあるエリアでしたが、隣のテーブルは片付けしないまましばらく放置プレイになっていました。
席数の割には店員さんが少なめの配置のようです。

DSCF4313 (480x360)
卓上にはメニュー、割り箸、お茶の入ったポット、爪楊枝、各種調味料が置かれていました。

DSCF4312 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF4315 (480x360)
ランチメニューです。

メニューは全部で6種類、お値段は770円か870円と、とてもお手頃です。
日替わりのものがたくさんあります。
ご飯・味噌汁はお替り無料で、さらに、セルフサービスですが、コーヒー飲み放題もついています。
小鉢で単品3種類があり、全て100円です。

入口にメニューか出ていますが、私はちゃんと見ていなかったので、店員さんから説明を聞きました。
初めてなので、店名がついたメニューでもあり、めんとミニ丼の2種類が食べられる藩御膳をチョイス。


藩御膳  (870円)
DSCF4343 (480x360)
それ程待たずに、お料理が登場!
麺、ミニドンブリ、小鉢、お新香のセットです。
黒っぽい長方形のお盆にのせられています。

この日は梅とろろ昆布うどん&鮭イクラ丼でした。

DSCF4348 (480x360)
うどんのスプーンは木製で、お盆の上にのせられていました。

DSCF4347 (480x360)
お新香はピンク色の大根です。
薄切りでした。

DSCF4344 (480x360)
小鉢はヒジキの煮物です。
真っ黒なヒジキに少しニンジンが入っていました。
黒い器に黒いお料理なので、上から見るとよくわかりません(汗)。
少し甘めな味付けでした。

DSCF4353 (480x360)
まずは冷めないうちにと思い、梅とろろ昆布うどんからいただきました。
おうどんは関西風の透明なだし汁で、とろろ、ネギ、梅干し、青菜、カマボコが入っていました。

DSCF4355 (480x360)
カマボコは中が白、縁がピンク色のものが一枚。
青菜は小松菜でしょうか。
白、ピンク、緑と、彩り豊かです。

DSCF4356 (480x360)
梅干しは大粒のものが2つありました。
お箸で潰してからいただきました。
果肉はふっくらと柔らかく、酸味は穏やかです。

DSCF4357 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
とろろはたっぷり入っていました。
しっかり味付けしてあるので、少しずつほぐしながらおうどんと絡めて食べました。
とろんとした口当たりです。

DSCF4358 (480x360)
うどんは透明感があって艶々しています。
ちょっと柔らかめの茹で加減でした。

うどんのだし汁は透明感はありますが、塩気もダシ感もしっかり味でした。
ボリュームは普通です。

DSCF4349 (480x360)
ミニドンブリは、鮭イクラ丼です。
小さめの黒い器にご飯が盛ってあり、鮭のほぐし身がかけてあり、イクラが中央にトッピングされていて、小ネギが散らしてあります。

DSCF4350 (480x360)
チェーン居酒屋さんのお安いランチだから仕方ないですが、いかにも出来合いのものをのせただけって感じで、少々寂しい感じです。

DSCF4351 (480x360)
鮭もイクラも塩気がしっかりしていました。

DSCF4361 (480x360)
食事を終え、セルフサービスのドリンクを取りに行きました。
ドリンクが置かれているのは、入口のすぐ右手のちょこっと奥まったスペースです。
店員さんから特にドリンクサービスに関するアナウンスがなかったので、ちょっとウロウロしちゃいました。

DSCF4360 (480x360)
メニューにはホットコーヒーとありますが、冷たいドリンクもありました。
ちゃんと見なかったので種類はわかりませんが。

いつも思うのですが、一人の時って、離れたスペースに行くのが結構大変。
荷物は小さなカバンで来ていてお財布も入っているので置いていくわけにも行かないし、かといって全部持っていってしまうと帰ったと思われちゃうし、、、。
一つだけ置いておくと忘れものに勘違いされそうだし(笑)。
この日は上着などを置いておきましたが、夏とかは悩みます。

DSCF4362 (480x360)
私はホットコーヒーをチョイス。

DSCF4363 (480x360)
ミルクだけ入れていただきました。


この日はミニ丼だったのでご飯は減らさず、うどんの汁も全ていただき、最後にドリンクもいただいたのでおなかいっぱいになりました。
お料理はいかにもチェーン店っぽい感じではありましたが、870円というお値段を考えればこんなものかな~とも思います。


夜のドリンクメニューです↓
DSCF4316 (480x360)

DSCF4317 (480x360)

DSCF4318 (480x360)

DSCF4319 (480x360)

DSCF4320 (480x360)

DSCF4321 (480x360)

DSCF4322 (480x360)

DSCF4323 (480x360)

DSCF4324 (480x360)

DSCF4325 (480x360)

DSCF4326 (480x360)

DSCF4327 (480x360)

DSCF4328 (480x360)

DSCF4329 (480x360)

DSCF4330 (480x360)


夜のフードメニューです↓
DSCF4331 (480x360)

DSCF4332 (480x360)

DSCF4333 (480x360)

DSCF4334 (480x360)

DSCF4335 (480x360)

DSCF4336 (480x360)

DSCF4337 (480x360)

DSCF4338 (480x360)

DSCF4339 (480x360)

DSCF4340 (480x360)

DSCF4341 (480x360)

DSCF4342 (480x360)

DSCF4364 (480x360)

DSCF4365 (480x360)

DSCF4366 (480x360)

DSCF4368 (480x360)

DSCF4369 (480x360)

DSCF4370 (480x360)


2014年4月11日訪問時お店DATA
********************************
居酒屋 藩 麹町店 (はん)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-8-1 麹町クリスタルシティ地下2階
電話 03-5275-2233
営業時間 
[平日] 11:30~14:00(LO 13:30)  
[土曜] 17:00~23:00(LO 22:30)  
定休日 土・日・祝
地下鉄有楽町線麹町駅4番出口直結 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩7分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/31 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
あっという間に桜が満開になりましたね~。
この時期だけは、この四ッ谷・市ヶ谷界隈で働いていることを感謝しちゃいます(笑)。
今日はたくさん写真を撮っちゃおうっと!

DSCF4207 (480x360)
2014年4月9日は、12時15分ぐらいに上司が「外へ食べに出ないか?」と誘ってくれました。
向かった先は上司の大のお気に入りのお店「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です。
ただ、ここ2ヶ月ぐらいは上司が個人的なことも含めてバタバタしていたので、ちょっとご無沙汰していました。

DSCF8693 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめていました。その後、2014年後半頃?からまたランチ営業を始めているようです。

DSCF4223 (480x360)
この日のメニューです。
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF6747 (480x360)
外階段を使って2階へ登ります。

DSCF8690 (480x360)
お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのが2014年2月25日だったので、約1ヶ月半ぶりでした。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

DSCF4222 (480x360)
こんな文字がかかっていました。

お店に到着したのは12時半ぐらいでした。
ちょうど混雑のピークで超満員。
席が空いているか不安でしたが、奥の部屋の一番奥のテーブルだけ空いていて、すぐに着席することが出来ました。
次々とお客さんが入ってきて、新学期・新学年になったということを差し引いても、かなりの人気店ぶりです。

DSCF1482_20130502072200.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF2627.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上には各種調味料、お箸、紙ナプキン、爪楊枝、食べるラー油など置かれています。

DSCF2492 (480x360)
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF4203 (480x360)
ランチメニューは17種類あり、お値段が700円~1500円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、携帯に食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

DSCF2495 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
伝票です。

メニューを見ると、なんと全てのメニューが食べたことがありました。
この日の夜はディナーを予定していたので、どれを食べようか悩みましたが、確か、水餃子単品と半炒飯の組み合わせを食べたことがなかったはず、と思って、水餃子4個と半炒飯を注文。

後から自分のブログをチェックしたら、この組み合わせは既に食べていました(汗)。
食べていなかったのは、水餃子8個でした。
ずいぶん昔に上司が水餃子8個を注文し、それを先輩と私がおすそ分けしてもらっていたので、自分で単独に注文したことがなかったのです。
ただ、この日はディナーに行く予定だったので、ボリュームが少ない方が良かったです。
次回、全てのメニューをコンプリートしていたら、ぜひチャレンジしないと。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。


半五目チャーハン(412円)+水餃子4個(412円)=824円
DSCF4207 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
炒飯、水餃子、スープ、デザートのセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

半五目チャーハンはお値段が412円なのに、スープとデザートがついているのがすごいです。
ある意味、とってもお得?!

DSCF4214 (480x360)
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類ですが、日によって色合いや透明度や味わいが結構違います(笑)。
具はトッピングの小ネギのみ。
鮮やかな緑色が、彩りのアクセントになっています。

DSCF4220 (480x360)
この日のスープは茶色っぽくやや不透明でした。

DSCF4219 (480x360)
ただ、色合いほどには濃い味わいではなかったです。

DSCF4208 (480x360)
半五目チャーハンは、小さめな丸いお皿に盛られていました。
具材は卵、ニンジン、お肉?、ネギ、レタスなどなど。

照明の角度の関係で、どうしても、影が入っちゃう(汗)。

DSCF4210 (480x360)
塩気は控えめで、結構あっさりしています。
この日はレタスの存在感をしっかり感じました。
あまり火を通っていなくて、シャキッとした歯触りが残っている部分もあったのが面白かったです。
半炒飯なので、ボリュームは控えめです。

DSCF4209 (480x360)
半五目チャーハンでも、ちゃんとザーサイはついています。
大きめなカットです。

DSCF4211 (480x360)
水餃子は4個で、平皿に盛られています。

DSCF8444 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
餃子のタレはあらかじめ調合されたものが、小皿に入って出てきます。

DSCF4212 (480x360)
茹でてからそれ程時間が経っていないようで、まだほんのり湯気が出ていたのがうれしかったです。

DSCF0659 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
濃い味好きのため、いつもたっぷり目に餃子のタレをつけちゃいます。
なので、ちょっとしょっぱくなっちゃうこともしばしば。

DSCF0666 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
皮が厚めのタイプで、もっちりとした食感です。
野菜たっぷりの餡はジューシーで、いつもの安定した美味しさでした。

DSCF2502 (480x360)
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5087 (480x360)
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF6744 (480x360)
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。


五目焼きそば (824円)
DSCF4205 (480x360)
先輩は五目焼きそばを注文。


全体のボリュームは普通です。
この日の夜はディナーに行く予定だったので、これで充分でした。

消費税増税後初めて訪問でしたが、以前の価格から3%ずつ上がっていました。
1円単位での支払いは面倒ですが、良心的な対応だなと思います。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
鶏肉のカレーライス (2013年3月26日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
マーボー茄子のかけご飯 (2014年2月25日
撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
茹でギョーザと鶏肉入おかゆ (2013年10月10日
什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日2013年8月1日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日2014年4月9日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日2013年5月1日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日
A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
 ◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日2013年6月12日
 ◎チンジャオロース (2013年1月7日
 ◎八宝菜 (2013年2月12日
 ◎インゲンと豚肉とキクラゲの炒め (2013年7月19日
B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
 ◎フクロ茸と牛肉の炒め (2013年12月12日
 ◎ニラ・もやしと牛肉炒め (2014年1月22日
エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日
 <4個>(2012年10月31日2014年4月9日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日2013年6月28日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg


2014年4月9日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/30 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
折角桜が開花し始めた週末なのに、今日はお天気が悪くなるとか。
来週末まで桜がもってくれますように。

DSCF4180 (480x360)
2014年4月8日は、前日に引き続き、上司がお昼時に不在で外へ食べに行くチャンスでしたが、先輩はダイエットのために自制して持参したお弁当を食べるとのこと。

DSCF4166 (480x360)
外へ食べに出てもよかったのですが、Oさんが「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」でお弁当を買うとのことだったので、一緒に注文しました。

DSCF4167 (480x360)
お店に向かう途中にあるしだれ桜がとってもキレイ!

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF7927 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

12時2分ぐらいに電話をかけたので、受話器越しにお店の喧噪が伝わってきました。
15分ぐらいで出来上がるとのことだったので、すぐに準備をして外へ。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
前回お弁当を購入したのは2014年3月19日だったので、約20日ぶり、38回目です。

DSCF7928 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF4169 (480x360)
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF7246 (480x360)
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと36周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

こちらも以前撮影した写真です。
壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

お店に到着すると、たくさんのお客さんがイスに座って順番を待っていました。

DSCF4170 (480x360)
お弁当はよくある一般的な白いビニール袋に入れてくれます。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF4176 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

DSCF4178 (480x360)
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

私はカニのクリームスパゲッティを注文。

DSCF2252 (480x360)
この時期になると冬メニューのアンキモが姿を消し、その代わりに手書きで書き加えられたものだったので、興味津々。
何故か日本語をローマ字表記しています(笑)。
2011年9月7日に渡り蟹のクリームパスタを食べましたが、お値段がお高めだったせいかなくなっていました。
今回登場したのは渡り蟹ではなく、別の蟹さんのようです。
なんであれ、蟹味のパスタが食べられるのは大歓迎!

DSCF6870.jpg
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。


スパゲティー ~カニのクリームスパゲッティ~  (900円)
DSCF4180 (480x360)
フタをオープン!
やや大きくて深さのある容器の8割ぐらいまで入っていて、見るからにボリュームがありました。
明るい赤オレンジ色のソースはたっぷりめ。

DSCF4181 (480x360)
中央に乾燥ハーブがトッピングしてあります。

DSCF4182 (480x360)
ところどころにカニのほぐし身が散らしてありました。

DSCF4185 (480x360)
カニはほぐしてあるものだけでなく、そのままの細長いものも結構たくさん入っていました。
900円というお値段を考えれば、かなりたっぷり。
食べてみると、旨みが濃いとは言えませんが、フツーにカニの風味がありました。

DSCF4186 (480x360)
ソースはトマトの酸味とクリームのまろやかさがあって、と~っても美味しい!
中細麺にとてもよく絡まり、つるつると食べられます。

DSCF4188 (480x360)
しっかり絡めて食べたつもりでしたが、麺を食べ終えると美味しいスープがたっぷり残っていました。
本当なら、美味しいバゲットでぬぐりたいものですが、そんなものはなく、また、もしそうやって食べたらあまりにもカロリーを取り過ぎです(笑)。
スプーンですくってそのままいただきました。
トマトの酸味がしっかりきいているせいか、そのままソースを食べてもそれ程濃すぎるということはなかったです。
私は濃い味が好きだからと言うのもあるとは思いますが。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。

この日、事務所に置いてあるタバスコを切らしていたので、取りに行く途中にあったファミリーマートに行ったのですが、残念ながら、置いていませんでした。
うーん、絶対あると思ったのに!
先輩に「この辺のコンビニでは置いてないですよ~。」と言われちゃいました(汗)。


スパゲティー ~アシューガ(赤唐辛子、青じそ、アンチョビ)~  (750円)
DSCF4172 (480x360)
ダイエット中のOさんは、アシューガをチョイス。

DSCF4173 (480x360)
何と!!
青じそは薄いビニール袋に入れられ、容器にセロハンテープで貼り付けてありました。
こんなメニューがあったなんて、初めて知りました(笑)。
2013年1月24日に食べた「宮川」の煮込みもこんな感じでネギが入っていたのを思い出しました。

DSCF4174 (480x360)
スパゲッティにのせてみると、まるで青じその山。

DSCF4175 (480x360)
すごくいい香りでした。
いいなぁ。
私も今度食べてみたいです。

DSCF5093 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じです。

DSCF4194 (480x360)
この日取って来たテイクアウトのメニューをいろいろ見ていたら、ホタルイカのスパゲッティがあることを発見!
わざわざ横文字、、、というか、ローマ字で書いてあったので、気付きにくいです。
これは初めて見るし、とっても美味しそう!
季節が終わらないうちに、早く食べなければと決心しました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  バジリコ (2014年3月19日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  トンノ  (2010年8月13日
  ペスカトーレ (2013年9月25日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  タラモ (2013年1月31日
  サンジャック ビアンコ (2013年8月20日
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  カニのクリームスパゲッティ (2014年4月8日

◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  ポロ (2014年2月20日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  フンギ (2013年7月4日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日

◎ご飯系
  牛肉の薄切りステーキ (2013年11月20日
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日

◎季節メニュー
  あん肝とエリンギのスパゲティー (2014年1月29日
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF4191 (480x360)

DSCF4192 (480x360)

DSCF4193 (480x360)

DSCF4194 (480x360)

DSCF4195 (480x360)

DSCF4196 (480x360)

DSCF4198 (480x360)

DSCF4200 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2014年4月8日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/29 00:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
十割そば・地酒 蔵や  @四谷
本日も、周回(年)後れを回避すべく、記事をアップします。
とってもいいお天気で、外へお散歩に行きたくてうずうずしています。
まずはため込んだ家事をこなして、早く遊びに出ようっと!

DSCF4154 (480x360)
2014年4月7日は週の最初の月曜日。
とてもお天気の良い日でした。

DSCF4133 (480x360)
駅前のしだれ桜はまだまだキレイでしたが、、、

DSCF4134 (480x360)
ソメイヨシノはそろそろ終わりかけ。
何だか寂しいです。

DSCF4135 (480x360)
上司がお昼時に不在だったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
Oさんに何が食べたいか聞いたところ、「特に希望がなければ、お蕎麦がいいです。」とのこと。
角屋」か「十割そば・地酒 蔵や(くらや)」さんかね~と話したところ、Oさんが「蔵や」の方に行きたいと言ったので、早速お店に向かいました。

2010_0419画像0060
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、すぐ左にある綿半野原ビルの1階にあります。

2010_0419画像0062
こちらも以前撮影した写真です。
「蔵や」は、しんみち通りに2008年3月17日にディナー訪問2008年11月21日にランチ訪問した「焼酎 炭火焼き 六蔵」という系列店がありましたが、2009年の年末に閉店。
2009年7月15日に訪問した「飲み処 喰い処 膳菜や 市ヶ谷店」も系列店のようです。

2010_0419画像0061
こちらも以前撮影した写真です。
前回ランチ訪問したのが2014年1月6日だったので、約3ヶ月ぶりでした。

DSCF9551 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの前にランチメニューの看板が出ています。

DSCF4862.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
こちらのお店では、石臼挽きの群馬県の赤城産のお蕎麦を使っています。
昔の記事を見てみると、2009年7月15日に訪問した「飲み処 喰い処 膳菜や 市ヶ谷店」も同じお蕎麦を使っていました。

DSCF4863.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ランチタイム(11:30~14:30)は禁煙です。

DSCF4634_20121012212028.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
フロアは広く、テーブル席が奥にずっと続いています。
テーブル席や半個室っぽい席など、種類もいろいろ。

12時20分頃入店すると人気店らしく、9割ほどの人の入り。
私たちは奥の方にある個室の一つに通されました。

卓上にはお醤油、爪楊枝、コップ、ポットなどが置いてあります。

DSCF9522 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
置いてあったこちらの容器を開けてみると、、、

DSCF9523 (480x360)
七味唐辛子でした。

DSCF4635_20121012211939.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
席によって呼び出しボタンが置いてあります。

DSCF9519 (480x360)
着席して、お茶をセルフで入れました。

DSCF9512 (480x360)
おしぼりは着席すると店員さんが持って来てくれたような気がします。

DSCF0041_20131128052516bc5.jpg
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF9517 (480x360)
ランチメニューです。
メニューは季節によって少しずつ変わっているようです。

DSCF4138 (480x360)
メニューは大きく分けて十割そば、讃岐うどん、お昼のセットの3種類です。
お値段は650円から980円です。

DSCF4139 (480x360)
単品で葉わさびご飯という、ちょっと変わったメニューがあり、お値段は200円です。

消費税増税後は一律の値上げではなく、上がったものもあれば、据え置いてあるものもあります。

DSCF9550 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じです。

Oさんはカレー蕎麦が食べたかったとのことで、すぐにメニューを決定。
先輩もつられてご相伴(笑)。
この日はいいお天気だったので、私は冷たいお蕎麦でも温かいお蕎麦でも食べられる気候でしたが、九条葱と桜海老のそばが目に付いたので、注文。
この週は外食を2回予定していたので、ご飯ものは断念(笑)。


カレー蕎麦  (920円)
DSCF4145 (480x360)
お値段は増税前から据え置きでした。
混雑していたからでしょうか、出てくるまで少し時間がかかりました。
しばし待って、お料理が登場!
こちらのメニューには小ごはんが付いています。

DSCF4147 (480x360)
お肉大好きなOさんにしては渋い選択だなと思っていたら、後からOさんから聞いたところで、このところ体重がずいぶん増えたようで、久しぶりに着たスーツがかなりきつかったそうです(笑)。
スーツを買い換えるとなったら大変な出費になるので、それは一大事だ!
ただ、せっかくお蕎麦をチョイスしたのに、カレー蕎麦ではあまり意味が無いかもと、自分でも言っていました(笑)。


九条葱と桜海老のそば  (920円)  
DSCF4148 (480x360)
メイン、薬味のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。
Oさんと先輩のカレー蕎麦にはご飯がついていたので、私のはちょっと寂しく感じちゃいました(笑)。

DSCF4149 (480x360)
レンゲはお盆にのせてありました。
大きな木製です。

DSCF0055_2013112805243020e.jpg
お箸は割り箸です。
箸袋には店名が入っていました。

DSCF4150 (480x360)
薬味は2種類あり、2連の器に盛ってあります。

DSCF4152 (480x360)
1つは長ネギの小口切りで、、、

DSCF4151 (480x360)
もう1つは丸ごとの白胡麻です。

DSCF4154 (480x360)
お蕎麦は白いドンブリに入っていますが、具沢山でお蕎麦はほとんど見えません。
九条葱、桜海老、天かすです。

DSCF4155 (480x360)
桜海老は干し桜海老でした。
鮮やかな赤色がキレイで、風味も感じます。
蕎麦つゆを吸って少しずつ柔らかくなるので、場所によって歯触りの違いを楽しめました。

DSCF4157 (480x360)
メニュー写真をざっと見ていただけだったので、先輩も私もてっきり九条葱と桜海老のかき揚げみたいなものと思っていたのですが、単にそれぞれがのせてあるスタイルでした。

DSCF4158 (480x360)
私はいつも、最初に薬味をぜんぶのっけてから食べ始めます。

DSCF4159 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
蕎麦つゆはそれ程甘くなく、天かすのコクや桜海老の旨みを感じました。

DSCF4162 (480x360)
蕎麦は田舎蕎麦で、灰色っぽい色合いで、きしめんのような平たいお蕎麦です。
ちょっともちっとした歯触りでした。

DSCF4163 (480x360)
天かすは割と大きな粒で、たっぷりと入っていました。
蕎麦つゆにコクが加わります。


全体のボリュームは普通です。
九条葱は量もそれ程入っていなかったことから、あまり存在を感じませんでした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

芽かぶとオクラのそば  (2007年8月17日
けんちん汁せいろ  (2007年12月17日
鮪のヅケ丼とせいろ  (2008年4月22日
讃岐うどんとしらすおろし丼(温) (2010年4月19日
地鶏の親子丼とおそば (2011年2月1日
地鶏のつくねそば   (2012年1月6日
カレー蕎麦  (2012年12月27日
牡蠣の玉子とじそば  (2014年1月6日
九条葱と桜海老のそば (2014年4月7日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF4138 (480x360)

DSCF4139 (480x360)

DSCF9517 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF4642_20121012211834.jpg

DSCF4648_20121012211735.jpg

DSCF4649_20121012211734.jpg

DSCF4650_20121012211734.jpg

DSCF4641_20121012211834.jpg

DSCF4643_20121012211834.jpg

DSCF4644_20121012211834.jpg

DSCF4645_20121012211833.jpg


2014年4月7日訪問時お店DATA
****************************
十割そば・地酒 蔵や (くらや)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-4-2 綿半野原ビル1階
電話 03-3356-7571
営業時間 
[平日] 11:30~14:00(L.O.) 17:00~23:30(L.O.22:30) 
[土日] 11:30~14:00(L.O.) 17:00~22:00(L.O.21:00) 
定休日 祝日、年末年始
JR・地下鉄四谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/28 07:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(0) |
中国料理 三貴苑  @半蔵門
今日は5月ぐらいまで気温が上がるらしく、桜も一気に咲きそうです。
この週末は、お散歩するのがとっても楽しみ。
みなさまも、楽しい週末を☆

本日は、「三貴苑」というお店のレポートです。
新店ではないのですが、出前をお願いできるお店を見つけてとても嬉しかったので、もし出前をお探しの方がいらっしゃったらと思って、早めにアップすることにしました。

DSCF9255 (480x360)
2015年3月6日は、先輩が少し前に見つけた出前のお店に頼んでみることにしました。
事務所のあるマンションの近くに来ていたところを思い切って声をかけ、お店の名前が「中国料理 三貴苑(みきえん)」であるということを知り、ネットで調べてみたら、半蔵門にあるお店でした。
Oさんはお昼時に不在だったので、このところ、大好きだった「松月庵」にもさすがに飽きが来ているらしい上司に声をかけ、先輩と三人で注文してみました。

DSCF9276 (480x360)
12時少し過ぎに電話したところ、20分かからずに配達してくださいました。
早い!

お願いしていたメニューも、ちゃんと持って来て下さいました。
お料理の種類はかなり豊富です。
店内で食べることも出来るし、配達も出来るし、お弁当の販売もやっています。
配達なのに、お値段もとってもリーズナブル。
お料理でもお弁当でも、1つから配達して下さるとのこと。
私の事務所のような小さいところでは、ホント、ありがたいです。

配達して下さった店員さんも気さくな感じで、先輩が声をかけたことを覚えていてくれていました。

DSCF9251 (480x360)
私はこの日の夜に先輩と外食予定だったので、一番カロリーが少なそうなザーサイ玉子入りおかゆ(600円)を注文。

DSCF9252 (480x360)
お粥とトッピングは別皿になっていました。

DSCF9253 (480x360)
どちらもこぼれないよう、サランラップががっちりかけてあります。

DSCF9254 (480x360)
お粥の方の器のラップは二重になっていて、間にレンゲが入っています。
面白い!
この巻き方には技術が必要ですね。


ザーサイ玉子入りおかゆ  (600円)
DSCF9255 (480x360)
いただきま~す!

DSCF9256 (480x360)
薬味の小皿には長ネギ、梅干し、キムチの3種類がありました。
梅干しとキムチが一緒にあるのが、何だか不思議です。

DSCF9262 (480x360)
お皿の縁には真っ赤な文字で店名がプリントされていました。

DSCF9257 (480x360)
1つ目の梅干しは肉厚なタイプの大粒ものが一つ。
少し甘めで果肉は柔らかく、酸味もしっかりありました。

DSCF9258 (480x360)
2つ目のキムチは白菜キムチです。
少し甘くてそれ程辛くはなかったです。
キムチは大好きですが、あまりお粥には入れたことがないかも。

DSCF9259 (480x360)
3つ目は、長ネギの小口切りです。

DSCF9263 (480x360)
お粥の入ったドンブリはかなりの大きさでした。

DSCF9264 (480x360)
お粥は真っ白のご飯に、ところどころ、黄色い卵と黒っぽい緑色のザーサイが見えます。

DSCF9265 (480x360)
トッピングのうち、ネギだけのせて食べ始めました。

DSCF9266 (480x360)
まずはそのまま一口。
ダシは利いていますが、塩味は優しめです。

DSCF9268 (480x360)
なので、早めに白菜キムチを入れてみました。

DSCF9271 (480x360)
お粥にキムチを入れるのって、あまりやったことなかったですが、ピリ辛味が加わって美味しかったです。

DSCF9273 (480x360)
次に梅干しも入れていました。
果肉が厚いので、レンゲでしっかり潰して全体に混ぜ合わせました。
キムチと梅干しなんて、一緒に食べちゃって大丈夫なのかな~と、正直ちょっと心配でしたが、優しい酸味が加わっていい感じに味に深みが出ました。

DSCF9275 (480x360)
薬味の小皿だけではなく、お粥の入っていたドンブリも、、、

DSCF9274 (480x360)
レンゲにも同じデザインで店名が入っていました。
赤っていうのが中華料理屋さんらしいです。


上海醤油焼きそば  (800円)
DSCF9261 (480x360)
先輩は上海醤油焼きそばを注文。
一緒にディナーに行く予定の先輩、お値段が800円だし、焼きそばならそれ程ボリュームがないのでは、と思ったそうなのですが、見事に予想を裏切られました(笑)。
キャベツ、もやし、ニラ、黒キクラゲなど具も多く、麺もぎっしりとあって、ラッピングしていたせいか、ぎゅーっと詰まっています。


お粥の量は結構多めだったので食べ終えた時はそれなりにお腹いっぱいになりましたが、夕方早めにお腹が空いてしまい、ディナーがとっても待ち遠しかったです。
ともあれ、配達をしてくれる中華料理屋さんを見つけたのは、事務所にとってもすごくよかったです。
メニューも豊富なので、これからいろいろと食べてみたいです。


メニューです↓
DSCF9276 (480x360)

DSCF9277 (480x360)

DSCF9278 (480x360)

DSCF9280 (480x360)

DSCF9281 (480x360)

DSCF9282 (480x360)

DSCF9283 (480x360)

DSCF9284 (480x360)

DSCF9285 (480x360)

DSCF9286 (480x360)

DSCF9287 (480x360)


2015年3月6日訪問時お店DATA
**************************
中国料理 三貴苑 (みきえん)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町1-8-8 
TEL 03-3234-1247、03-3234-0185、03-3262-1868
TEL&FAX 03-3262-2107
店舗営業&出前時間 11:00~21:30  
定休日 なし
地下鉄半蔵門線半蔵門駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/27 05:00】 | お粥 | トラックバック(0) | コメント(4) |
妻家房 【キムチ教室】  @大久保
先日話題にした外反扁平足ですが、パンプスの中敷きを購入して平日5日間を過ごしましたが、、特に問題はありませんでした。
30分位ぶっ続けで歩いていると、ちょっと違和感を感じるかな?っていうぐらいです。
とりあえず、症状が落ち着いて良かった!
このところ暖かくなってきたので、軽めのジョギングを始めようかなと思っています。

DSCF4080 (480x360)
2014年4月5日は、2014年上半期最初の「妻家房(さいかぼう)」でのキムチ教室でした。
この日はいつもの四谷三丁目にある四谷本店ではなく、大久保にある「妻家房」での開催です。

教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日はせっかく大久保界隈にやって来たので、ラーメン本などで気になっていた「らーめん 五ノ神製作所」でランチをしてから「妻家房」へ。

DSCF4039 (480x360)
最寄り駅は臨海副都心線の東新宿駅で、職安通りを西武新宿駅の方向に進み、交差点を越えた最初の角を右折します。
少し進んだ右手にこちらのビルがあります。
ただ、この場所は駅と駅と間ぐらいに位置しているので、西武新宿駅からでも新大久保駅からでも行くことが出来ます。
私は総武線ユーザーなので、大久保駅から歩いて行きました。

DSCF4040 (480x360)
こちらのビルは2013年5月11日にオープンした「妻家房」の旗艦店で、キムチの販売、キムチ博物館、レストランが入っています。

DSCF4041 (480x360)
細い路地にあるせいか、野良猫ちゃんがノンビリ歩いていました(笑)。

DSCF4044 (480x360)
中に入ると、右に厨房、真ん中にキムチなどの販売スペース、左がキムチ博物館になっています。
とても広くて、内装は洗練された民族風でした。

DSCF4047 (480x360)
入ってすぐのところでキムチなどの韓国お総菜が販売されています。
とても広々としていて、たくさんの種類が並んでいます。
こちらは全て試食できるので、気になるものがあったら店員さんにお願いします。

DSCF4045 (480x360)
こちらはキムチ博物館です。
ここでは時代ごとのキムチが模型と共に観られるので、とっても面白いです。
キムチというと真っ赤な辛い物、というイメージがありますが、唐辛子が伝来するまでは白かったというのは初めて知ったので、とても勉強になりました。

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

DSCF4046 (480x360)
こちらは地域ごとのキムチの特徴を地図と写真で説明しています。
おおまかに分けて8種類にもなります。
一口にキムチと言ってもかなり違いがあり、とても興味深かったです。

前回参加したキムチ教室は2014年3月1日だったので、約1ヶ月ぶりです。

DSCF4043 (480x360)
左奥のちょっと奥まったスペースでキムチ教室が行われました。
四谷本店よりも狭いですが、奥に水道設備はあります。

DSCF4042 (480x360)
この日は申し込みした人が少なく、私を含めてわずか3人だったところ、一人当日欠席で二人でした。
ほぼマンツーマンのレッスンになり、先生ともたくさん話せて楽しかったです。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF4048 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「ごぼうキムチ」で、韓国料理が「ワインサムギョプサルとネギの和え物」です。


【 ごぼうキムチ 】
DSCF4049 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。

ごぼうキムチは、これまでに2009年2月21日2012年5月5日に習っていて、今回が3回目。
初めて習った時は、「ごぼうがキムチ?」「根菜が?」とすごく驚きましたが、今は大好きなキムチの一つです。

DSCF4050 (480x360)
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。

ごぼうは皮はむかずに、しっかりと洗います。

DSCF4052 (480x360)
5センチぐらいの長さに切り揃え、、、

DSCF4053 (480x360)
縦に切って厚さを三等分にします。

DSCF4055 (480x360)
ごぼうにスが入っている時は美味しくないので、その部分は取り除きます。

DSCF4058 (480x360)
切り終えたらアク抜きをします。
酢と塩を入れた水に1時間漬けるという方法もありますが、この日は茹でました。

ごぼうは水分がないので、タマネギのすりおろしを加えます。

DSCF4060 (480x360)
水をたっぷりと火にかけて、沸騰させ、塩を加えます。

DSCF4063 (480x360)
ごぼうを入れてもう一度沸騰したらすぐに取り出して、、、

DSCF4068 (480x360)
水につけて冷まします。
ごぼうが柔らかくなってしまうと、美味しくならないとのこと。

DSCF2654 (480x360)
次に、ヤンニョンを作ります。
こちらはイワシの塩辛です。

DSCF2651 (480x360)
生きているイワシを塩漬けにして半年から1年寝かしたものだそうです。
自作は難しいとのこと。

DSCF1839 (480x360)
持ち上げてみるとかなりの大きさであることがわかります。
とてもしょっぱいので、冷蔵庫で1年は保つし、冷凍庫だと数年大丈夫とのこと。
この汁をキムチ(ニラキムチ・セリキムチ・小松菜キムチなどの青菜系キムチ)や料理に使います。

DSCF1843 (480x360)
身のあるタイプの塩辛は生臭みがあるので1度
煎じます。
お鍋を火にかけて、、、

DSCF1846 (480x360)
イワシの塩辛と同量の水を加えます。

DSCF1862 (480x360)
身が溶けるまで煮詰めます。

DSCF1885 (480x360)
出来上がったら、ザルに漉して、、、

DSCF1890 (480x360)
小骨などを取り除きます。

DSCF1895 (480x360)
冷めたら出来上がりです。
少し匂いが残りますがキムチが発酵すると消えてしまうとか。

こうしたエキス類は地域によって20種類以上あるそうです。

DSCF8873_2013110406501360c.jpg
ニンニクとショウガを潰すときには、すり鉢とすりこぎを使います。
この巨大なすりこぎはとっても便利で、私も購入して自宅で使っています。

DSCF8876_2013110406501631f.jpg
ニンニクは薄皮をむいて、丸ごと投入。

DSCF8877_20131104065019f23.jpg
すりこぎで擂らずに、潰します。

DSCF8880_20131104065022de6.jpg
ショウガはニンニクよりもかたいので、先に包丁で小さく切ってから、、、

DSCF8882_2013110406493118d.jpg
ニンニクと同様に、すりこぎで潰します。

DSCF4066 (480x360)
大きなボールにもち米のり、水あめ、梅エキス、イワシの塩辛、ニンニク、ショウガ、砂糖、唐辛子粉、おろしタマネギを加え、、、

DSCF4070 (480x360)
しっかりと混ぜ合わせます。

DSCF4071 (480x360)
万能ネギをごぼうと同じ長さに切り揃えます。

DSCF4074 (480x360)
出来上がったヤンニョンにごぼうを加え、、、

DSCF4076 (480x360)
切った万能ネギといりゴマを加えて混ぜ合わせます。

一般的に、キムチを作る作業の時は、手に唐辛子の赤さが移らないよう、手袋をつけて作業します。
素手でやると1週間ぐらい色が残るからです。
でも、ごぼうキムチは手で混ぜなくてもよくて、大きなゴムべらでしっかりと混ぜ合わせます。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

DSCF2234_201401310729128b6.jpg
フタを開けると、こんな感じです。

DSCF4081 (480x360)
こちらで完成!

冷蔵庫にすぐに入れて保管します。
1週間ぐらい置いたら食べられます。
酸味はあまり出ない方が美味しいので、出ないうちに食べた方がいいとのこと。
一ヶ月以上保存可能だそうです。

ただ、つけてすぐに食べても大丈夫です。
浅漬けで辛さがかなりしっかり利いていて、シャキシャキした歯応えです。

DSCF4083 (480x360)
ビニール袋に自分の分を入れて持ち帰ります。
結構量があります。


【ワインサムギョプサルとネギの和え物】
DSCF4079 (480x360)
この日習った韓国料理はワインサムギョプサルとネギの和え物です。
サムギョプサルは日本でもメジャーな豚バラ肉の焼肉です。
これをワインに漬け込んで焼くというスタイルで、キムチ教室では初登場とのこと。

材料は全て卓上にセットされています。
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF4080 (480x360)
韓国では10センチの厚さのものもあるそうです。
炭でじっくりと焼き上げるとか。
この日は8ミリの厚さのものを使いました。

DSCF4088 (480x360)
お肉の下味として、小さなボールに醤油、粒マスタード、ショウガ汁、白ワイン、コショウを入れて、全て混ぜ合わせます。

DSCF4095 (480x360)
お肉に混ぜ合わせた調味料を和えます。

DSCF4097 (480x360)
ローズマリーとタイムも加えます。

DSCF4098 (480x360)
3時間から1晩置いて、味を染み込ませます。

DSCF4090 (480x360)
この日の試食用は、先生が前日に作ってくださいました。

DSCF4085 (480x360)
こちらはネギの和え物の材料です。

DSCF4086 (480x360)
長ネギは白い部分だけ、芯を抜いて使います。
すっごく太い立派なネギでした。

DSCF4101 (480x360)
長く切る時は、ネギを三つ折りしてから、、、

DSCF4104 (480x360)
細切りにします。

DSCF4107 (480x360)
そうでない時は好みの長さに切って、千切りします。

DSCF4109 (480x360)
ネギ用の専用ピーラーもあるそうです。
100円ショップでも売っているとか。

DSCF4105 (480x360)
切り終えたら水にさらします。

DSCF4087 (480x360)
出来上がりはこんな感じです。
これはあらかじめ作ってあったものです。

DSCF4112 (480x360)
次に、合わせ調味料を作ります。
ボウルに唐辛子粉、タマネギ汁、すりゴマ、砂糖、ごま油、酢、コショウを入れて混ぜ合わせます。

DSCF4118 (480x360)
準備していた長ネギを和えます。

DSCF4119 (480x360)
塩を加えるとネギがしんなりしてしまうので、入れないとのことです。

DSCF4100 (480x360)
フライパンを温めます。
油はひきません。

DSCF4114 (480x360)
お肉を並べます。
粒コショウをたっぷりのせます。
これは風味付けなので、食べません。

DSCF4115 (480x360)
さらに白ワインをスプーンでかけ回します。

DSCF4116 (480x360)
最初は強火、後から中火にして、中まで火が通るように焼いて、好みの焼き加減にします。

DSCF4126 (480x360)
楽しい試食タイムです☆

DSCF4121 (480x360)
しっかり焼き目の付いたサムギョプサルは、と~っても美味しそう。

DSCF4122 (480x360)
お肉は大きなサイズで焼いて、食べる時に一口サイズにハサミで切ります。

DSCF4128 (480x360)
いただきま~す!

DSCF4127 (480x360)
お肉はネギの和え物と一緒に食べます。

DSCF4123 (480x360)
こちらはきな粉です。
つけて食べても、かけて食べてもいいとのこと。
きな粉を焼肉に使うなんて本当にビックリしたのですが、韓国ではよくあるとか。
確かにバラ肉の脂っぽさを全く感じさせないだけでなく、きな粉そのものの甘みも感じてより美味しくなりました。

DSCF4130 (480x360)
下味がとってもよくしみていて、豚バラですがとてもさっぱりといただけます。
さらにサンチェに包むとよりヘルシーになるとのこと。

DSCF4131 (480x360)
この日、食事のお供に梅茶を出していただきました。
これがと~ってもいい香りで甘酸っぱくて美味しかったです。
南高梅に同量の砂糖に漬け込んだ梅エキスをお湯で割っただけものだそうです。
かなり気に入って、この年の春に私も家で自分で作って時折楽しんでいます。
南高梅ではないくて、ただの青梅でも充分美味しいです。
梅エキスはお料理にも使えて、とっても便利です。


豚バラの焼肉にきな粉をつけて食べるというのはとってもビックリな体験でした。
自宅でもぜひ試してみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日2014年4月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ(カッキムチ) (2010年2月20日2014年3月1日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
スンチェマンドゥ (2014年2月5日
マチム (2014年3月1日
ワインサムギョプサルとネギの和え物 (2014年4月5日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg


2014年4月5日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房  (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区大久保1-8-8  大久保永明ビル
電話 03-3200-3108
定休日 なし
副都心線東新宿駅から徒歩 3分
西武新宿線西武新宿駅から徒歩6分
山手線新大久保駅から徒歩8分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2015/03/26 00:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国料理屋「本場ソウルの味 韓国家庭料理 DORAGON YATAI」  @市ヶ谷
東京もいよいよ桜が開花しましたね~!
ここ数日、四ッ谷の桜並木の土手を歩いていますが、お花見に備えて柵を作ったり仮設トイレを設置したりと、行政側も急ピッチで作業を進めていました。
気温も上がってくるようだし、週末がとっても楽しみです。

DSCF4007 (480x360)
2014年4月4日は、上司がお休みで外へランチを食べに行くチャンスでしたが、業者さんに頼んだ作業が午前中で終わらず、事務所でお昼を食べに出ることにしました。
どこへお弁当を買いに行くか何も考えていなかったのですぐに思いつくことが出来ず、久しぶりに「千代田四番町ランチ屋台」へ行くことにしました。この日は金曜日だったので、韓国料理屋「本場ソウルの味 韓国家庭料理 DORAGON YATAI(ドラゴン屋台)」です。
先輩は「リトルマーメイド」へパンを買いに行ったので、市ヶ谷の交差点で分かれてお店へ。

DSCF7977.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。
このビルの入口近くの敷地内に車が停まっています。

DSCF7978.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
「ドラゴン屋台」の車はやや小さめの車ですが、全体がほぼ真っ赤でとっても目立ち、窓から韓国の国旗がのぞいています。
車体には店名の記載がありません。

DSCF0043_20120413201350.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
車の脇には大きな幟が立てられています。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

「ドラゴン屋台」は2011年3月18日からやって来ました。
今回初めて知ったのですが、オーナーさんは佐々木剛氏という方のようです。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2011年8月12日だったので、約2年8ヶ月ぶり、6回目です。
メニューが少ないこともあって、かなりご無沙汰でした。

DSCF3986 (480x360)
メニューの看板も車と同じく鮮やかな赤です。

メニューは4種類、お値段が600円か650円です。
種類は少ないですが、お値段はお安めです。
大盛りは無料です。

以前に比べ、ビビンバが50円値上がりしていましたが、3種類は消費税増税後もお値段が据え置き。
とってもありがたいです。

DSCF8782.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
車の扉は、日本語・韓国語・英語の3種類で注意書きがされています。

12時20分頃到着すると、5、6人並んでいました。
隣のにある、2013年8月27日にランチ訪問した「市ヶ谷組」の行列と混じらないように、壁に沿って並ぶようにコーンが設置されていました。

DSCF3988 (480x360)
トッピングは温泉卵と韓国海苔の2種類があり、両方とも50円です。

以前から、厨房に男性一人、会計に女性一人の体制でしたが、この日はもう一人女性がいらっしゃいました。
ただ、分担すべき作業は全くないのか、ただ立っているだけでした(汗)。

DSCF3987 (480x360)
わかめスープもありました。
こちらも50円と、とってもお安いです。

DSCF3990 (480x360)
お客さんの要望を聞いて、いろいろカスタマイズしてくれるようです。

DSCF3991 (480x360)
持ち帰り袋は一般的な白いビニール袋です。

DSCF3992 (480x360)
中から取り出すとこんな感じです。

久しぶりなのにメニューは全く変わっていなくて、ちょっとガッカリ。
スマホに既食メニューのメモもまだ作っていなくて、確かビビンバのご飯大盛りはまだ食べていなかったことは覚えていたのですが、翌土曜日に外食予定が入っていたので、断念。
結局、一番ヘルシーそうなチャプチェに温泉卵をつけました。

DSCF3994 (480x360)
お断りをするのを忘れ、この日はおしぼりをいただいちゃいました。

DSCF3997 (480x360)
温泉たまごはそのままコロンと入っています。

DSCF3998 (480x360)
お弁当の容器は紙製です。

お弁当を事務所に置くと、周囲にキムチというか、ニンニクの美味しそうな香りが漂います。
この日は来客がないので問題なかったですが、食べ終えたらしっかり換気をしないとお客様を迎えられません(笑)。

DSCF4001 (480x360)
素早い作業のせいなのか、盛りが良いからなのか、容器から野菜がはみ出していました。

DSCF3999 (480x360)
しかも、二ヶ所も(笑)。
ある意味、韓国料理屋さんらしいかも。

DSCF4002 (480x360)
フタをオープン!
具材がぎっしりと溢れんばかりに入っていて、ご飯が全く見えません。
うーん、美味しそう。

ご飯の上にキャベツの千切りをのせ、さらに、左側にチャプチェ、右上にキムチ、右下にもやしナムル、中央下にコチュジャンが盛られています。


チャプチェ(600円)+温泉たまご(50円)=650円
DSCF4007 (480x360)
温泉たまごをお弁当の中央にのっけました。
ぶきっちょなので、よく端っこにずれ落ちちゃうことが多いですが、この日は成功うまくいきました。
いただきま~す!

DSCF4010 (480x360)
まずは温泉たまごは崩さずにお弁当を少し食べました。

DSCF4006 (480x360)
キムチは基本の白菜キムチです。
酸味はそれ程強くなく、甘さも控えめで辛くて美味しかったです。
汁気たっぷりなのが、ご飯によく合います。

DSCF4005 (480x360)
豆もやしのナムルもたっぷり。
お豆部分の食感がとてもいいです。

ちょっとわかりにくいですが、お弁当の右側にはご飯の上にキャベツの千切りが敷いてあります。
おかずは味が濃いものが多いので、キャベツの千切りはとてもさっぱりとしていました。

DSCF4004 (480x360)
食べ初めはどこからスプーンを入れていいか、迷っちゃいます。
コチュジャンを全体的に絡めたいのですが、こぼれちゃいそう(汗)。
ある程度食べて、それから混ぜるようにしました。

DSCF4003 (480x360)
チャプチェはやや太めの麺で、茶色く染まっています。
甘い味付けのことが多いので、私はあまり食べないのですが、この日はコチュジャンがたっぷりとかかっているせいか、辛旨で食べることが出来ました。

DSCF4012 (480x360)
食べている途中で温泉玉子を割ると、黄身がトロトロに流れ出ます。
辛さが少し和らぎ、黄身のコクが加わり、味わいが複雑になりました。

DSCF4014 (480x360)
それぞれを少しずつ食べた後、全体を大きくかき回して混ぜると色々な味わいが愉しめました。
ご飯のボリュームは普通です。


チャプチェは軽めな具材ですが、味がしっかりしているせいか、食べごたえがとてもありました。
メニューが少ないのは残念ですが、相変わらず美味しくて大満足です。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
 ビビンバ (2011年5月20日
 チャプチェ (2011年6月24日
 チャプチェ+温泉たまご (2014年4月4日
 豚プルコギ&チャプチェ2種盛  (2011年5月13日
 豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日
  
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」 
  佐賀県ご当地料理 元祖ポークシシリアンライス (2014年6月2日

月曜日 【撤退】ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
  ロシアン&ハワイアン<トマトソース> (2012年6月11日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  ハーブチキンフレンチライス (2012年1月23日
  ハーブチキンハワイアンライス (2012年2月13日

火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  オリジナルタコライス+スパム (2014年2月18日)  
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
  ベジタブルタコライス (2013年3月12日
  ハーフ&ハーフ<オリジナル・タイ風> (2013年1月8日2013年10月1日

水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日
  スンドゥブ風ソース (2013年2月6日

木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日2012年11月29日2013年2月21日
  グリーンカレー 大盛り (2013年11月7日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
  カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日

金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  チャプチェ+温泉たまご (2014年4月4日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年4月4日訪問時お店DATA
************************************
[千代田四番町ランチ屋台]
韓国料理屋「本場ソウルの味 韓国家庭料理 DORAGON YATAI」(ドラゴン屋台)
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 金曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/25 05:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(0) |
三四郎  @錦糸町
昨日の夜は録画しておいたテレビ番組をだらだら観ていたら、花粉症の薬を飲むのを忘れてしまい、寝ているときに鼻が詰まって息苦しく、何度も目が覚めてしまって散々でした(汗)。
まだまだピークの続く花粉症なので、しっかり対策をしなければ!

本日は、マイブログ圏外の錦糸町にある「三四郎」のレポートです。

DSCF3953 (480x360)
2014年4月3日の夜、会社が休みだった家人と落ちあって、錦糸町にある「三四郎」という居酒屋さんに行きました。
こちらのお店は老舗居酒屋の名店で、よく雑誌などで紹介されています。
吉田類氏の酒場放浪記にも登場していたとか。

DSCF3944 (480x360)
JR・地下鉄錦糸町駅の南口を出て、京葉道路を渡って丸井側に行きます。
右の東京方面に進み、最初の交差点を左折して通りを一つ越えた左側にお店があります。

DSCF3945 (480x360)
土曜日も営業しているのですが、名物メニューの一つにもつ焼きは平日のみだったので、平日に一度行ってみたいと思っていました。

DSCF3946 (480x360)
お店の入口が渋い!
いかにも老舗な感じです。
入口の左側、写真の奥の方が焼き台になっていて、通りにいい香りが立ちこめていました。

DSCF3960 (480x360)
フロアの奥は厨房で、牛丼屋さんのカウンターのようになっています。
最近はほとんど見かけなくなったスタイルです。
奥の壁にはテレビが設置されていました。

DSCF3959 (480x360)
会社が早番だったので、午後6時過ぎに到着。
家人は5分ほど前に到着していて、先にビールを飲んでいました。
この日は雨が激しく降る日でしたが、店内は8割ほどの人の入り。
さすが人気店です。
あまり長居する人はいませんが、常に入れ替わり立ち替わりで、6~7割は埋まっている感じでした。

DSCF3962 (480x360)
壁にはお品書きがずらりと並んでいます。

DSCF3961 (480x360)
真新しい白い紙が多いのは、消費税値上げに対応して金額を変えたからでしょうか。

DSCF3970 (480x360)
かつ重とか玉子重があるのは珍しい。
〆のご飯?

DSCF3950 (480x360)
お目当てのもつ焼きメニューはこちら。

DSCF3947 (480x360)
私たちは手前左側に並んで着席。
テーブルはとてもきれいな白木の板で、この美しさも有名です。

DSCF3949 (480x360)
卓上には醤油、ソース、串入れ、山椒、七味唐辛子などが置かれていました。

DSCF3952 (480x360)
串入れは店名入りです。


ポテトサラダ
DSCF3948 (480x360)
先に到着した家人は、ポテトサラダを注文していました。
「写真を撮るとかいうから、食べられない!」と文句を言われちゃいましたが、食べないで待っていてくれてありがとう☆
これだけ値段を取り忘れてしまいました。
キュウリ、ニンジン、タマネギなどが入っているベーシックな味付け。
量は少なめです。


焼酎ハイボール  (420円)
DSCF3951 (480x360)
飲み物は焼酎ハイボールを注文。
下町らしく、焼酎ハイボールがあるのがうれしいです。
私はウイスキーハイボールが苦手なので、なおさら。
氷が入っているのは珍しい。
レモンの薄切りが浮かんでいます。
すっきりとして美味しかったです。


もつ焼 れば  (150円×2本=300円)
DSCF3953 (480x360)
もつ焼きを幾つか注文しましたが、まずはればが出てきました。
味付けはタレで。
お値段がお高めだけあってパーツは大ぶりです。
タレはやや甘めでした。
レアっぽく焼いてあるので、柔らかでした。


もつ煮(500円)
DSCF3955 (480x360)
器は小さめですが、もつはたくさん入っていました。
薬味の長ネギもたっぷり。

DSCF3965 (480x360)
もつの他にはコンニャクも入っていました。
もつはトロトロに柔らかく煮込まれていて、スープも旨みたっぷり。


もつ焼き かしら(150円×2本=300円) はつ(150円×2本=300円)
DSCF3956 (480x360)
かしらとはつの2種類が一緒に出てきました。
味付けは塩で。
はつはネギマになっているのが珍しい。
どちらもやや大ぶりで、程よい柔らかさながらも歯応えも楽しめました。

こちらのお店では、もつ焼きは平日しか食べられませんが、平日でも遅い時間になるとほとんど残っていません。
写真を撮り損ねてしまったのですが、焼き台の脇に大皿が置いてあって、これから焼く串が並べられています。
どうやら、追加はないようで、あるもののみのようでした。
なので、7時ぐらいには部位によっては売り切れになっていて、この日は早く来てよかったです。


焼酎ハイボール  (420円)
DSCF3967 (480x360)
ハイボールをおかわり。


いかわた  (210円)
DSCF3957 (480x360)
こちらは食べログを読んで気になったので、注文してみました。
イカスミが混ざっているからでしょうか、真っ黒です。

DSCF3958 (480x360)
かなりしょっぱくて、ほんの少しずつしか食べられません。
日本酒が飲みたくなる味です。
結局食事の最後までちびりちびりと舐めるように食べました。


焼とり大串2本  (500円)
DSCF3964 (480x360)
大串と書いてあるだけあって、かなり大きい!
味付けはタレです。
はつと同じく、こちらもネギマになっていました。
タレがちょっと甘いですが、お肉は柔らかくて食べごたえがありました。


竜田揚  (470円)
DSCF3966 (480x360)
中ぶりのものが5個。
レモンのくし切りとカラシが添えられていました。
カラシが添えられているのって、珍しいです。とんかつみたい。

あらかじめレモンを搾りかけてから食べたら、とってもさっぱり。
お肉も柔らかかったです。
ただ、私はこの日のランチに「俺たちのナポリタン」でスパゲッティを600gも食べていて、あまり空腹ではなかったので、一個しか食べませんでした。


焼酎ハイボール  (420円)
DSCF3976 (480x360)
ハイボールをさらにおかわり。


くりから  (300円)
DSCF3968 (480x360)
こちらもこのお店の名物なので、注文してみました。
値段がお高いので、1本だけ。
小ぶりですが、うなぎの脂の旨みがあって、とっても柔らかでした。


どぜう鍋  (900円)
DSCF3974 (480x360)
最後に、下町らしい一品として、どぜう鍋を注文してみました。
どぜう鍋って、あまりちゃんと食べたことがないので、とっても楽しみ。
やや大きめな土鍋がどかんと登場。

DSCF3971 (480x360)
どじょうは卵でとじてあり、たっぷりのお豆腐も入っていました。
薬味にネギがトッピングされています。
思いがけず、かなりのボリューム。
土鍋のおかげで最後まで熱々の状態でいただけます。

DSCF3972 (480x360)
どじょうは上に顔をのぞかせているものだけでなく、下にもたっぷりと隠れています。

DSCF3973 (480x360)
お豆腐は大きなカットでたっぷり入っています。
割り下はほんのり甘く、意外とあっさりしていました。

DSCF3978 (480x360)
お店の人にすすめられて、卓上にある山椒をたっぷりとかけていただきました。

DSCF3977 (480x360)
うーん、いい香り。

DSCF3980 (480x360)
どじょうは頭からシッポまで、丸ごと食べちゃいます。
やや骨があたる時もありましたが、しっかり囓っていただきました。

DSCF3981 (480x360)
ささがきのゴボウも入っていました。

DSCF3984 (480x360)
この日の伝票です。


平日なので、あまり食べ過ぎ・飲み過ぎは出来ず、この日はこれにて終了。
お会計の時、こちらのお店でとっても有名な、割烹着を着たおかみさんが対応してくれました。
年配の方ですが、とても明るくて元気な方です。

この日のお会計は7,000円弱でした。
自分がよく行く地元のもつ焼き屋さんに比べると、お値段は若干お高めです。
錦糸町価格なのかな。
でも、思いがけず、どぜう鍋なんて食べられたし、行ってみたかった老舗居酒屋さんを訪問出来て、楽しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆ 錦糸町の食べ歩き情報はこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆

<ラーメン> 
つけ麺 七菜矢 (2010年1月31日
濃厚背脂拉麺・つけ麺 なりたけ TOKYO (2010年10月7日2013年7月21日
【閉店】濃厚とんこつラーメン 神鷹山 (2011年6月26日
中華料理 桂林 (2012年3月11日
タンメン しゃきしゃき (2012年10月13日
新とんこつ大学 錦糸町キャンパス (2013年10月20日

<ラーメン以外>
海鮮居酒屋MARU  (2010年1月24日
立ち飲み居酒屋 倭武多 (2011年1月21日
カレーうどん専門店 せんきち 名代 錦糸町店 (2011年1月30日
ちょい呑み まる大本舗 本店  (2011年2月13日
伝説のすた丼屋 錦糸町店 (2012年7月22日
谷記 錦糸町南口店 (2013年5月5日
三四郎 (2014年4月3日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年4月3日訪問時お店DATA
***************************
三四郎  (さんしろう) 
〒130-0022 
東京都墨田区江東橋3-5-4  
TEL  03-3633-0346
営業時間 
[平日] 17:00~22:00
[土曜] 12:30~18:00 
定休日 日祝日
JR・地下鉄錦糸町駅南口から徒歩4分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/03/24 05:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(6) |
やきとり 串八珍 [市ヶ谷別館]  @市ヶ谷
とても暖かくて気持ちのいい週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は岡山県から牡蠣の取り寄せをして、ホームパーティをしました。
準備は大変だったけど、とっても楽しかったです。

DSCF3865 (480x360)
2014年4月1日は、2014年度のスタートです。
桜が満開でお天気もよかったのですが、Iさんが来なくなり、4人体制に戻った日でもあるので、なんとなく寂しかったです。

DSCF3827 (480x360)
上司は不在だったので、Oさんと先輩と私の三人でお昼になりましたが、この日は午後イチに来客を予定していたので、お弁当にするか食べに行くか迷ったのですが、すぐ近場に行ってちゃちゃっと食べようということで、外へ出かけました。
市ヶ谷方面に向かって歩いていたら、珍しく「やきとり 串八珍(くしはっちん) 市ヶ谷別館」の前に行列がなかったので行ってみることに。
ところが、ソニーミュージック側にいたので道路を渡っている間に恐らく10人ぐらいゾロゾロと入店し、かなり焦っちゃいました。
あっという間に行列が出来たのですが、店内には空席がたくさんあったので大丈夫だろうと思って並ぶことにしました。
ほんと、タイミングって重要なんだなぁと、しみじみ実感です。

2009_0905画像0094
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進んで最初の交差点を右に曲がり、建物三つ目のセンタービルの1階に店舗があります。正面はソニーミュージック本社です。

2009_0905画像0095
こちらも以前撮影した写真です。
「やきとり 串八珍」は株式会社豊創ホールディングスが運営する大手居酒屋チェーン店で、都内にたくさんの支店があり、この界隈では、2008年9月17日にランチ訪問した市ヶ谷店と2012年4月5日にランチ訪問した四谷店があります。

DSCF0306 (480x360)
お店の前には「ランチ営業中 串八珍」と書かれたでっかい幟が出ています。

DSCF0304 (480x360)
以前は同じ会社が運営する「鳥珍」という店名でしたが、ブランド統合し、2009年9月1日から「串八珍」に業態変更しました。

「女房公認酒場」という標語が笑えます(笑)。

2009_0905画像0047
営業時間は、昼は午前11時30分~午後2時、夜は午後5時~午後11時までです。
定休日は土・日・祝です。

前回ランチ訪問したのは2014年3月17日だったので、約半月ぶりです。

DSCF3879 (480x360)
ランチメニューです。
全部で6種類、お値段は680円か720円です。
消費税がアップされたせいか、お値段が少し上がりました。
メニューも少し変わっています。
大盛り無料です。

2009_0905画像0050
お店は外も中も、古民家を再現している凝った造りになっています。

2009_0905画像0052
入口は小さく、通路も狭いですが、奥に向かって店内が広がり、席数は結構あります。
しかも、二人テーブル席、四人テーブル席、お座敷、ちょっと区切った個室など、お部屋のパターンも様々です。

2009_0905画像0051
こちらのお店は前精算なので、まずはお店中央のレジで食券を購入し、店内にあるウェイティング用のイスに座るなどして、席に案内されるのを待ちます。
待っている人数が多くても、席数が多く、回転が早いので、それ程待ちません。

DSCF8002.jpg
お座敷はこんな感じです。

2009_0905画像0058
こちらも以前撮影した写真です。
壁には夜のメニューが貼り出されています。

2010_0330画像0011
こちらも以前撮影した写真です。
店員さんは、ほぼ全員がおばさま軍団です。
いつも忙しく店内を走り回っていますが、お店のキャパの割には人数が少ないようで、ピークタイムは食事が終わって後片付けられていないままの席が空いているのを、時折見かけるのが残念。

DSCF3829 (480x360)
お会計をすると、食券代わりのプラスチックカードをいただきます。

レジではご飯の分量については聞いてくれません。
なので、着席してから来る店員さんにご飯少なめをお願いします。
このプラスチックカードはお料理と引き替えに店員さんに返すせいなのか、注文確認は色だけ見て判断してすぐにいなくなってしまうことが多いなので、ご飯を少なめにしたい人は、最初にしっかりと店員さんをつかまえることをオススメします(笑)。
ちなみに、ご飯の大盛りはレジで申告すると料理とは別の食券をもらえます。

DSCF3310 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ランチクーポンです。
さすが大手チェーン店、もともと安いお値段なのに、さらに100円引きにしてくれます。
いつもお客さんが多いのは、これを利用する常連さんが多いのかな?
ただし、有効期限は短いので、私が使うには難しいですが。

この日、チキンカツは既に売り切れていました。
先に食券を買うのですが、Oさんは前回いただいた割引クーポンをしっかりと使っていました。
私はお財布に入っていたのに、すっかり忘れてしまい、とっても残念(泣)。

DSCF3830 (480x360)
Oさんが食券を買っている間に席に案内されました。
この日は一番奥の左側にある半個室の4人用テーブル席です。
逆サイドには小上がりの座敷があるようで、靴箱が並んでいました。
見通しが悪いのでぱっと見はわからないのですが、フロアはとっても広いです。

卓上にはお茶の入ったポット、湯飲み、お醤油、七味唐辛子、爪楊枝、紙ナプキン、ディナーメニュー、チラシなどが置かれています。

DSCF8003_201309300814365aa.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お茶はセルフです。

DSCF5601 (480x360)
お茶をいただきながら、お料理を待ちます。

DSCF3858 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
先輩と私はグリーンカレーにしました。
グリーンカレーというと、2012年4月5日に四谷店でほんの短い間にやっていたランチ営業で食べましたが、かなりイマイチな感じだったので、あらかじめその話を先輩にしておいたのですが、結局二人ともグリーンカレーをチョイス。
前日の夜、会社関係の食事会で韓国料理をたらふく食べていたので、揚げ物メニューは避けたいという気持ちもありました。
いつもは揚げ物大好きなOさんですが、前日のディナーを気にしているのか、喉の調子があまりよくなかったからなのか、つくねスープをチョイスしていました。


グリーンカレー ご飯少なめ  (720円)
DSCF3859 (480x360)
いただきま~す!
メイン、サラダ、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF3870 (480x360)
おしぼり・お箸・スプーンが添えられています。

DSCF3885_20130621223737.jpg
おしぼりの袋には店名がカラーで印刷されています。

DSCF3887_20130621223634.jpg
おしぼりだけでなく、お箸袋にも店名が印刷されていました。

DSCF3886_20130621223741.jpg
しかも、系列チェーンの店名も書かれています。
ここにだけ「鳥珍」の名前が残っていました(笑)。

DSCF3860 (480x360)
ご飯は丸い平皿に盛られています。
なんかちょっと不思議な感じ。

DSCF3861 (480x360)
少なめをお願いした関係なのでしょうか、ご飯の左上の方はご飯粒が飛んでいました(笑)。

DSCF3862 (480x360)
サラダは小さな白くて丸い器に盛られています。
小さくちぎったレタスなどで、あらかじめオレンジ色のドレッシングがかかっていました。

DSCF3864 (480x360)
作り置きのせいか、野菜がちょっとぱさつき気味だったのは残念。
野菜に詳しくないので種類はわからないのですが、ちょっとピリッとした味わいの野菜が入っていて、とてもいいインパクトになって美味しかったです。

DSCF3865 (480x360)
グリーンカレーは小さめの茶色の土鍋に入って出てきました。
赤パプリカ、黄パプリカ、鶏肉、ナスなどが入っていて、パクチーや糸唐辛子がトッピングされていて、彩りが鮮やかです。
ただ、表面の透明な部分が明らかに油の層で、食べ始めるときちょっと不安でした。
しっかり全体をかき回して、油と下のカレーをしっかり混ぜ合わせてからいただきました。

DSCF3866 (480x360)
糸唐辛子はかなりたっぷりめ。

DSCF3871 (480x360)
途中、前日の韓国料理を食べて朝からずっと喉が渇いているという先輩が、お水をお願いしました。
かなり大きめのコップで出てきて、ちょっとビックリ。

DSCF3872 (480x360)
まずはカレーを一口。
混ぜたおかげか、それほどオイリーさは感じませんでしたが、ややコクが薄いものの、美味しかったです。
辛さはピリ辛程度でしたが、食べ終えると身体がポカポカしました。
ただ、せっかく土鍋スタイルで出てきているのに、ぬるかったのが残念。

DSCF3875 (480x360)
野菜はどれも大ぶりにカットされていて、ボリュームたっぷり。

DSCF3874 (480x360)
ただ、ナスは柔らかでしたが、あまり味がしみていなくてちょっと水っぽかったです。

DSCF3876 (480x360)
鶏肉は柔らかでした。

DSCF3878 (480x360)
最初は少しずつカレーをご飯にのせて食べていましたが、後半は面倒になったのと、ご飯に対してカレーが足りなくなっては困ると思い、残ったカレーを全部かけて混ぜ合わせていただきました。

DSCF3877 (480x360)
糸唐辛子はあまり短くカットされていなかったからでしょうか、食べようとしたらお団子状にまとまってしまい、スプーンでいくらつついてもほぐれませんでした。
食べても辛くないので、さほど問題があるわけではないのですが。


以前のことがあったのであまり期待せずに食べたこともあり、先輩も私も「思っていたよりは美味しかった。」という感想でした。
ご飯少なめにしたこともあって、全体のボリュームは普通です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2010年3月25日) 
国産黒毛牛すき焼き定食 (2009年9月3日
かつカレー定食 (2010年1月12日
釜揚げしらす丼定食 (2011年7月13日
ビビンバ丼 (2012年8月3日
ビーフカリー (2012年11月5日
麻婆豆腐定食 (2013年10月21日
ジャンボアジフライ定食 (2014年1月16日
生姜焼定食 (2014年3月17日
グリーンカレー (2014年4月1日

[「鳥珍」時代]
つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2007年5月15日) 
具だくさん豚汁定食 (2009年4月13日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のメニューです↓
DSCF0248 (480x360)

DSCF0249 (480x360)

DSCF0250 (480x360)

DSCF0251 (480x360)

DSCF0252 (480x360)

DSCF0253 (480x360)

DSCF0254 (480x360)

DSCF0255 (480x360)

DSCF0256 (480x360)

DSCF0257 (480x360)

DSCF0258 (480x360)

DSCF0259 (480x360)

DSCF0260 (480x360)

DSCF0261 (480x360)

DSCF0262 (480x360)

DSCF0263 (480x360)

DSCF0264 (480x360)

DSCF0265 (480x360)

DSCF0266 (480x360)

DSCF0267 (480x360)

DSCF0268 (480x360)

DSCF3833 (480x360)

DSCF3834 (480x360)


2014年4月1日訪問時お店DATA
*************************************
やきとり 串八珍 市ヶ谷別館 (くしはっちん)
〒102-0084 
東京都千代田区五番町10-2 センタービル1階
TEL 03-3230-3102
FAX 03-3230-3103
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:00~23:00(L.O. フード 22:15、ドリンク 22:30)
定休日 土・日・祝
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分
都営新宿線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/23 05:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
本日も、周回(年)遅れを回避すべく、記事をアップします。
お時間のある方は、ぜひお立ち寄り下さい。

DSCF3769 (480x360)
2014年3月31日は週の最初の月曜日。
前日の日曜日は春の嵐でしたが、桜が一気に咲いて、満開になりました。
2ヶ月間我が事務所に来てくれていたIさんはこの日が最終日。
上司は不在でしたが、せっかくなので、お花見ランチにしようということになり、12時になったらIさんとOさんは場所取りに行き、先輩と私はお弁当を調達しに行きました。
IさんとOさんは「たけだ」のお弁当をあらかじめ注文しておき、先輩が取りに行ってくれました。
この日の夜はIさんの送別会を開催する予定だったので、さすがに「たけだ」のランチは重すぎると思い、アトレ四谷の「Pensri’s Kitchen アトレ四谷店」へ。

DSCF7686.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退したのかと思ったら、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。

DSCF7688.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。

なんでも、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。
メニューは時期によっていろいろとかわっているようです。

DSCF7684.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。

前回お弁当を購入したのは2014年2月26日だったので、約1ヶ月ぶり、12回目です。
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しました。

DSCF7683.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。

DSCF3759 (480x360)
以前先輩が美味しいといっていたシーフードのふわふわ玉子カレーがガパオとセットになったお得なセット(790円)があったので、こちらを購入。

DSCF3761 (480x360)
1個しかなかったので、私が買い占め(笑)。

DSCF3760 (480x360)
もう一つは春のおすすめとして菜の花ガパオ弁当なるものがあったので、こちらも買ってみました。

DSCF3762 (480x360)
このところ、生春巻きのいろいろなバージョンを売っているので、この日は海老とアボガドの生春巻も買ってみました。

DSCF4477_20140319203501ac8.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
大きいサイズのお弁当を購入すると、鮮やかな薄緑色の持ち帰りのビニール袋に入れてくれます。
淡い色調がとってもステキ。

DSCF2461 (480x360)
店名のロゴがデザインされています。

DSCF1781 (360x480)
こちらも以前撮影した写真です。
普通サイズのお弁当を購入すると、一般的な白いビニール袋です。

DSCF4479_20140319203504278.jpg
お箸やスプーンなどはお断りするようにしています。
こちらは以前いただいたときに撮影した写真です。
スプーンは白いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF4480_20140319203436893.jpg
こちらも以前いただいたときに撮影した写真です。
割り箸は「Otemoto」と書かれた箸袋に入っていて、意外と?日本的でした。

DSCF4483_20140319203438162.jpg
こちらも以前いただいたときに撮影した写真です。
おしぼりは白っぽい半透明のビニール袋に入っています。

成城石井」に行って飲み物を買い、いざ、土手へ。

DSCF3757 (480x360)
桜は満開だし、青空が広がってとってもいいお天気。
土手の上の四ッ谷駅近くの場所で大きな腰掛け用の岩のイスがあり、何でも、おじいさんが立ち上がったタイミングを押さえてゲットできたとのこと。
すごい!

DSCF3777 (480x360)
我が事務所にはレジャーシートなどという気の利いたものはないので、新聞紙の上に座りました。
ちょっと風が強い日だったので、新聞紙がめくれ上がって大変(汗)。
でも、前日の大雨を考えたら、よく新聞紙をひいただけで地面に座れたなと、後から思いました。

DSCF3765 (480x360)
先輩にどちらのお弁当がいいか聞いたら、「買ってきた人が選んでください。」と言われたので、季節メニューの菜の花ガパオ弁当をチョイス。

DSCF3766 (480x360)
アレルギーの食材や賞味期限が書かれたシールが貼られています。

DSCF3763 (480x360)
生春巻は透明なプラスチック製の容器に入っています。

DSCF3764 (480x360)
こちらにもアレルギーの食材や賞味期限が書かれたシールが貼られていました。


菜の花ガパオ弁当  (700円)
DSCF3768 (480x360)
いただきま~す!

お弁当はご飯とおかずの2段になっています。

DSCF3770 (480x360)
ご飯は細長いタイ米です。
ボリュームは普通です。

DSCF3769 (480x360)
おかずの容器には、黄身が半熟の目玉焼きがどんっ!とのせてあり、緑色が鮮やかな菜の花がぎっしりのせてあるので、ガパオが全く見えません。

DSCF3772 (480x360)
ガパオは挽肉と赤パプリカなどが入っていました。
相変わらずの強烈な辛さで美味しいです。
菜の花にはほとんど味付けがなかったと思うので、一緒に食べるとちょうどいい塩梅でした。
辛さのインパクトのせいかもしれませんが、菜の花の苦みはほとんど感じなかったです。
あっさりした菜の花の爽やかさとインパクトのある辛さの組み合わせは、彩りだけでなく味の組み合わせとしても面白かったです。

DSCF3771 (480x360)
目玉焼きの黄身はほぼ半熟で、鮮やかなオレンジ色がと~っても美味しそう!
途中まで食べたところで、黄身を潰し、トロトロの黄身を全体と混ぜ合わせました。
マイルドになってコクが加わって美味しかったです。


海老とアボガドの生春巻  (320円)
DSCF3774 (480x360)
春巻きは、1本を3つに切ってあります。
メニュー名にある海老とアボガドだけでなく、春雨、ニンジン、レタス、キュウリ、卵などなど、彩りも鮮やかで具だくさん。
そのまま食べるとかなりあっさり目です。

DSCF3775 (480x360)
小袋に入ったタレがついていました。
いつものスイートチリではなく、オレンジ色っぽくて、ちょっとピリ辛のような?マヨネーズのようなこってりした味わいです。
生春巻きは単独だとかな~りあっさりした味わいなので、たっぷりつけていただいたのですが、そうすると具材の個別の味があまりわからなくなっちゃいました(笑)。
おしゃべりしながら食べていたからかもしれないですが。

DSCF2561 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じです。


全体のボリュームは普通です。
夜のことを考えたら、生春巻きは食べなくてもいいぐらいでしたが、珍しいメニューがあるとついつい買ってしまう自分に反省(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
グリーンカレー弁当 (2012年3月21日
レッドカレー弁当 (2013年6月25日
豚肉とカボチャのレッドカレー弁当 (2013年10月7日
マッサマンカレー弁当 (2013年12月4日
ペンシーズ弁当 (2012年5月23日
パッタイ弁当 (2012年11月30日
3種盛り弁当 (2013年3月14日
ガパオ弁当 (2013年10月7日
菜の花ガパオ弁当 (2014年3月31日) 
軽めごはん パッタイ弁当 (2014年2月14日
軽めごはん ガパオ弁当 (2014年2月26日
サンドイッチガパオ  (2013年8月26日) 
サンドイッチ エビトムマヨ  (2013年8月26日) 

生春巻 (2012年3月21日
海老とアボガドの生春巻 (2014年3月31日
ミニ揚げ春巻き (2013年6月25日
青パパイヤのサラダ (2012年11月30日
ヤムウンセン (2013年3月14日
目玉焼きサラダ (2013年8月26日) 
白きくらげサラダ(S)  (2013年12月4日) 
春雨サラダ(ヤムウンセン) (2014年2月14日
ミニパッタイ (2013年10月7日
豚肉のタイ風味揚げ (2013年10月7日
グリーンカレーコロッケ (2014年2月26日

[イートイン]
鶏挽肉のバジル炒めごはん 大人気!ガパオ
ちょっぴりがちょうどいい ミニフォーセット (2012年4月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg

チラシです↓
DSCF2560 (480x360)

DSCF2558 (480x360)

DSCF2559 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日2013年12月4日2014年2月14日2014年2月26日2014年3月31日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日2013年12月11日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日2013年12月5日2014年1月23日2014年3月13日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日2013年7月1日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日2014年1月10日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年3月31日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/22 00:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(8) |
懐石 大原  @四谷三丁目
今夜は自宅でホームパーティを予定しているので、準備でとにかく忙しい!
がんばるぞ~!!

DSCF3733 (480x360)
2014年3月28日の夜、友人と四谷三丁目にある「懐石 大原(おおはら)」へ行きました。
友人の誕生日祝いとして行ってみたいお店のリストの中から、私のブログ圏内であるお店だったことと、美味しそうだったので、こちらをチョイス。

DSCF3670 (480x360)
地下鉄丸の内線の四谷三丁目駅から新宿通りを四谷方面に向かって進み、二つ目を左折します。
ここは杉大門通りといって、飲食店が軒を連ねています。
通りの真ん中ぐらいでしょうか、右側になかばやしビルがあり、お店はその2階にあります。

DSCF3671 (480x360)
小さめの雑居ビルで、同じビルには他の飲食店も入っていました。
肝心の「大原」の看板が光っちゃって見辛い(汗)。

DSCF3672 (480x360)
「大原」は2012年6月にオープンした和食のお店です。
お料理はお任せで9,000円のコースのみ。
電話で予約した時に嫌いなものやアレルギーを聞かれますが、二人とも全くないので、そのままでお願いしました。

DSCF3673 (480x360)
やや古びた細い階段を上がって2階へ。
ふらっと入るにはちょっと勇気がいるかも。

DSCF3675 (480x360)
左が「大原」です。

DSCF3676 (480x360)
お店の入口です。
とてもこぢんまりとしていました。

DSCF3751 (480x360)
入店すると、ちょっと古っぽいビルの造りとは全く違い、小ぎれいで落ち着いたシンプルな空間が広がっています。
フロアはそれほど広くはなく、入口からすぐのところにテーブルが2つあり、右奥に厨房、左奥にカウンターとテーブル席がありました。

DSCF3752 (480x360)
到着したのは午後7時で、手前のテーブルにはフランス語をメインで話す外国人グループ客がいらっしゃってちょっと緊張(笑)。
その後続々とお客さんがいらっしゃり、ほぼ満席になったと思います。

DSCF3678 (480x360)
私たちは4人席に二人で座らせていただき、とてもゆったりと過ごせました。
卓上には四角いお盆、お箸、ナプキンがあらかじめセットされています。

DSCF3753 (480x360)
卓上はとてもシンプルで、爪楊枝入れのみ置かれていました。
金色で打った痕をデザインとしたものです。

DSCF3754 (480x360)
開けてみると、よくある爪楊枝ではなく、木から細かく切り出したような皮目を残した爪楊枝が入っていました。

DSCF3679 (480x360)
着席すると、おしぼりをいただきます。
友人より先に来て待っていましたが、それほど時間差なく友人が到着。
フロア担当の店員さんは、素朴ながらも優しい接客でした。

DSCF3680 (480x360)
ドリンクのメニューです。
まずは一杯目をチョイス。

DSCF3681 (480x360)
ビール、日本酒、梅酒、焼酎、ワインなど、一通りの種類は揃っていました。


生ビール エビス (中)  (650円)
DSCF3683 (480x360)
私はのどが渇いたので、生ビール(中)を注文。
銘柄はエビスです。
中というには量が少ないですが、薄はりのグラスでとても細かい泡で注いであったので、とてもクリーミーで優しい飲み口でした。


〆張鶴 純 (新潟 純米吟醸)  (1,000円)
DSCF3684 (480x360)
友人は花粉症がひどく、ビールを飲むと症状が悪化するからと、最初から日本酒を注文。
お店の方にお任せでお願いしたところ、最初はお刺身があるからとのことで、〆張鶴 純になりました。
ヌーボーのような洋風な透かし彫りのある青い容器がとってもステキ。

DSCF3704 (480x360)
お猪口もおそろいのデザインです。
こういうスタイルは珍しくて、家でも欲しいな~と思いました。
ビールを飲み終えてから私もこちらに参戦しましたが、甘くて後味がすっきりとしていて、とってもおいしかったです。


1品目 お刺身盛り合わせ
DSCF3685 (480x360)
1品目はお刺身の盛り合わせです。

DSCF3686 (480x360)
お醤油は小皿で別に出てきました。

DSCF3687 (480x360)
中振りの絵柄が入った丸い平皿には、お刺身3種類、わさび、山菜が盛られています。

DSCF3688 (480x360)
石鯛、ヒラメ、さよりの3種類です。
一人一皿ずつなので、これだけでも結構なボリュームがありました。

DSCF3689 (480x360)
ヒラメの切り身と縁側の2種類を楽しめました。
ヒラメは甘さはそれほどなかったですが、やわらかでした。

DSCF3690 (480x360)
さよりはピカピカと光っていて、やわらかな食感でした。

DSCF3693 (480x360)
赤身のある石鯛は、厚みがあってぷりぷりの食感です。

DSCF3691 (480x360)
中央に置かれた山菜がはワラビでしょうか。
春の訪れを感じる食材が嬉しいです。
こちらの山菜、シャキシャキした歯ごたえが衝撃的でした。
浅い茹で加減なのでしょうか、こんな食感は初めて。


2品目 お椀
DSCF3694 (480x360)
2品目は椀物です。
この日はハマグリしんじょうでした。
金でイラストが描かれた黒塗りのお椀がフタ付きで登場。

DSCF3698 (480x360)
器のフタの裏側にも金で絵が描かれていました。

DSCF3696 (480x360)
白濁のお汁の中央に、やや大き目のしんじょうが置かれています。
その上に小さな芽の茹でた青菜がのせられ、花柚子が添えられていました。

DSCF3697 (480x360)
「花柚子」という食材を初めて知りました。
食べても、香りを楽しむだけでもどちらでもいいそうです。
香りをかいでみましたが、花粉症で全くわからず(泣)。

DSCF3702 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
昆布をメインとしたお出汁がとっても美味しい。
しんじょうはプリプリと柔らかかでした。


3品目
DSCF3705 (480x360)
絵柄の入った丸い大皿に、6種類のおかずがのせてありました。
美味しい物を少しずつと、と~っても贅沢です。

DSCF3710 (480x360)
左上のブルーの小さな器に入っているのがイサキのタラコ和えです。
細長く細かく切ったイサキのお刺身に、タラコがたっぷりと和えてあります。
食べてみると、粒粒感をしっかりと感じました。

DSCF3711 (480x360)
上の瓢箪型の器に入っていたのは、ホタルイカの柚子煮だそうです。
ホタルイカはとても柔らかく、後味に柚子の風味を感じました。

DSCF3709 (480x360)
右上にはハマグリ?の大きな貝のをお皿代わりにして、シラスと黄身酢和えが盛ってありました。
シラスはとっても大きい!
銚子にあるシラス屋さんに行ったときに、地のものです、と紹介されたものみたい。
黄身酢はとても鮮やかな黄色です。

DSCF3708 (480x360)
真ん中にあるものは、説明を聞きそびれ、なんだかわかりません(汗)。
ニンジンと大根?の白和えのようなものでした。
こちらも甘みはなくて私には食べやすかったような記憶があります。

DSCF3707 (480x360)
左下は、うるい?と記憶しているのですが、はっきりしません。
甘さはなく、ゴマのコクがあって美味しかったです。

DSCF3706 (480x360)
右下は牡蠣味噌漬けです。
とても柔らかく、甘めな味付けでした。
私はちょっと甘いなぁと思ったのですが、友人は美味しかったと言っていました。
タラの芽が添えらえています。
ひとつ前のお料理にも入っていましたが、季節がら、大好きな山菜が食べられて、とてもうれしかったです。


4品目
DSCF3713 (480x360)
半円形のような造形的な茶色っぽいお皿には、左に金目鯛、右にシイタケが盛ってありました。

DSCF3716 (480x360)
どんこは半分を2つに切ってありました。
厚みがあって、かみしめると美味しいエキスがたっぷりと出てきてジューシー。
うーん、美味しい!

DSCF3715 (480x360)
キンメダイ塩焼きは甘みはそれ程でもなかったですが、皮はパリっとしていて、とてもふっくらとしていました。


お茶
DSCF3719 (480x360)
このあたりで友人がお茶をお願いしました。
ゆっくり飲んでいたら、何度も入れ替えてくださいました。


春鹿 奈良・純米・超辛口  (900円)
DSCF3721 (480x360)
一つ目の日本酒を飲み終えたので、もう一種類を注文。
友人は辛口が好きなので、春鹿をお願いしました。

DSCF3722 (480x360)
お猪口を二ついただき、私もご相伴。
ただ、こちらのお酒は辛さというか味わいの個性が私にはあまり合いませんでした。
残念。


5品目
DSCF3724 (480x360)
5品目はフタ付きのお椀に入って出てきました。

DSCF3725 (480x360)
オープン!
京都産のタケノコ、鴨のつくね、蕗、飾り切りのニンジン、柚子の千切りです。
タケノコは今年初めてだったので、とっても嬉しかったです。

DSCF3727 (480x360)
つくねは小さいですが、ふんわりとした食感で、ほんのり甘さが感じられました。
美味しいのでもっと食べた~い!
蕗はシャキシャキとした食感で、軽い苦味がよかったです。

6品目は、平貝とほっき貝にぬた和えを添えたものでした。
貝好きの私にはとても大好きなメニューだったのに、まさかの写真撮り忘れ!(泣)。
酢味噌和えは甘くなくて、さっぱりとしていてとてもおいしかったです。
北寄貝は期待したほど甘みがなくて残念。
平貝はシコシコした食感がありました。


7品目
DSCF3728 (480x360)
お料理の最後は、ご飯、お味噌汁、香の物のセットです。

DSCF3731 (480x360)
お味噌汁も、、、

DSCF3732 (480x360)
ご飯も、フタ付きで登場。

DSCF3733 (480x360)
いただきま~す!

DSCF3729 (480x360)
香の物は3種類のお新香が少しずつ盛り付けてあります。
キュウリ?のお新香、ニンジンの漬物、べったら漬けでした。

DSCF3735 (480x360)
細めですらりとした器に入ったお味噌汁は、青のりが入っていて、トロトロでした。

DSCF3737 (480x360)
ご飯はじゃことタケノコ炊き込みごはんでした。
煮物にもタケノコが入っていましたが、タケノコ大好きなので、かぶったのはむしろ嬉しかったです。

DSCF3738 (480x360)
ダシがしっかりとしていて、と~っても美味しい!

DSCF3739 (480x360)
店員さんがすすめてくださったので、おかわりもしちゃいました。
お代わりの時もフタ付きで出て来ます。

DSCF3740 (480x360)
3杯目も店員さんから勧められたのですが、さすがにおなかがいっぱいで食べられませんでした。
無念!
もっと食べたかったので、本当に残念です。

DSCF3742 (480x360)
食事を終え、デザートです。
おしぼりをいただきました。


デザート
DSCF3746 (480x360)
デザートと一緒にお抹茶が出て来ました。

DSCF3743 (480x360)
おはぎ?です。

DSCF3744 (480x360)
表面は真っ白で、ツブツブがよく見えます。

DSCF3750 (480x360)
真ん中から切ってみると、中にはあんこが入っていました。
かなりしっかりとした甘さで、私には少々辛い(泣)。
でも粒粒感がしっかりある食感は良かったです。
半分に切ってしまったせいか、ぶきっちょの私には一本の櫛で食べるのがかなり大変でした(汗)。

DSCF3747 (480x360)
お抹茶はしっかりとした苦味で甘すぎたデザートの後味を落ち着かせてくれました。

DSCF3755 (480x360)
この日のお会計は23,735円で、一人11.867.5円でした。


帰りがけ、店主さんが一階まで見送ってくださり、恐縮でした。
久しぶりの和食は季節感の溢れた食材で品数も多く、美味しかったです。
ただ、友人と後日話した時に同じ感想だったのですが、お肉メニューがほとんどないのでお腹はいっぱいにはなりましたが、味わいとしてやや物足りない感じもしました。


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺の食べ歩きです↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日

◎ラーメン以外のランチ

 1  そば うどん處 七福 弁天庵 四谷三丁目店 (2007年5月19日
 2  天ぷら処 天春 四谷店 (2007年8月1日
 2  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 3  キッチン たか (2013年6月15日

◎ディナー
 1  La Taperia (2007年5月8日
 2  叙々苑 四谷店 (2007年9月12日
 3  【閉店】Sucre Sale (2007年10月19日
 4  【閉店】MAISON Cache-Cache (2007年12月26日
 5  地酒 あさま (2008年2月9日) 
 6  RESTAURANT PAS A PAS (2008年5月23日
 7  マジックバー銀座 八時 四谷荒木町店 (2008年5月26日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年3月28日訪問時お店DATA
*************************
懐石 大原 (おおはら)
〒160-0007 
東京都新宿区荒木町1 なかばやしビル2階
TEL&FAX 03-6380-5223
営業時間  *予約制
[昼] 12:00~13:00  
[夜] 17:30~20:00 (L.O.20:00)
定休日 日祝日
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩3分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/03/21 00:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
BunCoffee Byron Bay  @市ヶ谷
今週も早いもので、もう金曜日。
今日一日がんばれば、嬉しい週末です。
土曜日はホームパーティを予定しているので、その準備に追われた一週間でもありました。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2014年9月27日にオープンした「バンコーヒー」のレポートです。

DSCF9243 (480x360)
2015年3月5日は、午前中の仕事がなかなか終わらず、12時半近くになってから外へランチを買いに行きました。
あまり時間がなかったので近場で買わなきゃと思っていたところ、「BunCoffee Byron Bay(ばんこーひー)」のことを思い出し、行ってみることに。
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/20 06:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(3) |
中國飯店 市ヶ谷店  @市ヶ谷
この二日間、と~っても暖かでしたね~。
桜の開花もあと少し。
早ければ来週にも咲き始めるらしいので、今からすごく楽しみです。
今年はどこへお花見に行こうかな。

DSCF3646 (480x360)
2014年3月28日は週の最後の金曜日。
ここ数日だいぶ気温が上がり、桜が少しだけ咲きました。
この日は上司とOさんがお昼時に不在だったので、Iさんと先輩と私の三人で外へランチを食べに出ました。
少し時間がある日だったので、Iさんにぜひとも食べてもらいたいと思っていた「グローブ・ドゥ・モンド」にチャレンジ。
12時少し前に先輩が先発隊としてお店に向かい、Iさんと私は12時ジャストに事務所を出ました。
残念ながら、「ティーヌン」の前を歩いているときに先輩から連絡があり、満席とのこと(泣)。
このお店がダメだった時のリカバリー策として、いつものとおり、急遽「中國飯店(ちゅうごくはんてん) 市ヶ谷店」に行くことにました。

2009_0206画像0182
JR市ヶ谷駅から靖国通りの左側を九段下方面に進み、東郷公園入口交差点を左に曲がって最初の角を右に曲がってすぐのところにお店があります。
目立つ看板などがなく、建物が奥まっているので、少々見つけづらいです。

靖国通りからお店の建物に入ると、入口が完全に真裏になってしまい、急な坂になっている駐車場の脇を通らなければなりません。

2008_0712画像0194
前回ランチ訪問したのは2013年8月13日だったので、約6ヶ月半ぶりでした。

2008_0712画像0192
お店は半地下にあるので、階段を降りてお店の中に入ります。

2009_0206画像0153
お店に入ると右手にカウンターがあります。
お会計はこちらです。

2009_0206画像0154
フロアへ続く扉です。
高級店らしく、ゴージャスですが落ち着いた内装です。

2010_0312画像0063
フロアへの入り口で、店員さんから禁煙席か喫煙席か希望を聞かれます。

2010_0312画像0019
老舗高級店なので、中華のお店ですが店員さんは日本語が堪能で笑顔で対応してくれます(笑)。

DSCF3628 (480x360)
お店に到着すると、店内はほぼ満席。
右手の個室に大きな円卓があり、先輩が座って待っていました。
相席の心配がありましたが、結局食事が終わるまで誰も来なかったので、私たちだけでゆっくりできました。

DSCF3629 (480x360)
壁には調度品がいろいろと飾られています。

DSCF3630 (480x360)
照明もとっても不思議な感じでオシャレでした。

DSCF3635 (480x360)
テーブルは広々としてゆったりしています。
あらかじめ、小皿・お箸・レンゲなどがセットしてありました。

DSCF3636 (480x360)
卓上にはお醤油、お酢、爪楊枝などが置かれています。

DSCF3638 (480x360)
着席すると、おしぼりが出されました。
さすが高級店、とても厚みがあって、フカフカの触り心地です。

2010_0812画像0002
こちらも以前撮影した写真です。
お茶はポットごと出されます。

DSCF3637 (480x360)
お茶は中華料理屋さんらしくいつもジャスミンティーで、一年を通して温かいものが出てきます。
いただきながら、メニューを検討。

DSCF3631 (480x360)
ランチメニューの種類はとっても豊富です。
単品からコースと、シチュエーションによって選ぶことが出来ます。
お値段は全体的にお高めです。

DSCF3632 (480x360)
せっかくの機会なので、スペシャルランチセット(2,000円)を注文。
メインを5種類の中から選べますが、私は牛肉とセロリの辛味炒めをチョイス。
辛いものが苦手なIさんのために、先輩が店員さんにどれぐらい辛いか聞いてみたのですが、それほどではないとのこと。ただ、結局Iさんは海老のチリソースに変更しました。

DSCF3643 (480x360)
注文すると、どんどんお料理が出てきました。

三種冷菜の盛り合わせ、ピータン、豆腐と豚ひき肉のスープ、ライス・漬物です。


スペシャルランチセット
B 干煽牛肉絲 牛肉とセロリの辛味炒め  (2,000円)
DSCF3646 (480x360)
それ程かからず、メインも登場。
品数が多く、と~っても豪華。
いただきま~す!

DSCF3644 (480x360)
ご飯は普通盛りでお願いし、Iさんに少しおすそわけ。
先輩もご飯をIさんにあげたので、Iさんのご飯は完全なてんこ盛り(笑)。
それでも、結局ご飯のお替わりをしていました。
とても丁寧な接客の店員さんで、ご飯のお替わりを頼んだら「多めにしますか?」と聞いてくださり、少し多めのお替わりにしました(笑)。


香葱肉末豆腐羹 豆腐と豚ひき肉のスープ
DSCF3647 (480x360)
豆腐と豚ひき肉のスープはとろみがついていて、卵などがとても優しい味わいでした。

DSCF3663 (480x360)
メインなどを食べていて最後の方に食べたのですが、とろみのおかげか、それほどぬるく感じなかったです。
小さめのレンゲですくって食べるせいか、量も結構あるように感じました。


泡菜 ザーサイ
DSCF3651 (480x360)
漬物は中華の定番、ザーサイです。
細切りで、量はそれほど多くありません。
メインの味付けがしっかりしていたので、ご飯のお供としてはあまり必要ではなかったです。


生姜皮蛋 ピータン
DSCF3649 (480x360)
ピータンは、ピンク色のガリ?と一緒に小さな器に入っていました。
ガリはさっぱり味です。
ピータンは1/6ぐらいかな?
メインがしっかり味だったせいか、あまり印象に残りませんでした。


冷菜三品拼 三種冷製の盛り合わせ
DSCF3652 (480x360)
3種類の冷菜は、小さな小皿に一緒に盛られていました。

DSCF3654 (480x360)
豚の皮でしょうか、コラーゲンたっぷりな部位の薄切り。
味はそれほどなく、コリコリとした食感でした。

DSCF3655 (480x360)
きゅうりは、塩もみしたのか、薄く味付けしてありました。

DSCF3657 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
干し豆腐の細切りのサラダはパクチーが入っていて、エスニックな味わいです。
アジアをたくさん旅行したことあるIさんは「懐かしい味だ~。」と言っていました。


干煽牛肉絲 牛肉とセロリの辛味炒め
DSCF3658 (480x360)
お皿はそれほど大きくありませんが、細切りの牛肉とセロリがたっぷりと盛り付けられています。

DSCF3660 (480x360)
高級店にしては珍しく、セロリが一本、外まではみ出していました(笑)。

DSCF3659 (480x360)
彩りに赤ピーマンの細切りも少し入っています。

DSCF3661 (480x360)
オイスターソースでしっかりと味付けがしてあって、とてもごはんが進みます。
中華はご飯が少な目に盛られているし、Iさんに少しお裾分けしていたので、おかずを食べ切る前にご飯がなくなっちゃうかもと、ヒヤヒヤしちゃいました(笑)。
セロリは程よく火が通っていて、シャキシャキでもなく柔らかすぎでもないかたさです。
中國飯店のメインは、時々美味しいけれどもボリュームがすごく少ないときがあるのですが、このメニューは美味しくて量がたっぷりで、とっても当たりでした。


西米露 タピオカ入りココナツミルク
DSCF1828 (480x360)
食事を食べ終わるとデザートが出てきて、伝票が置かれます。
デザートはタピオカ入りココナツミルクで、いつも同じだと思っていたのですが、メニューには水曜日は杏仁豆腐と書いてありました。
最近変わったのかな?
杏仁豆腐には遭遇したことがありません。

DSCF5508_20121106232508.jpg
器ごとしっかりと冷やされたココナツミルクはとても良い口直しになります。
見た目よりボリュームがあります。

DSCF1829 (480x360)
ココナツミルクは甘いですが、冷たいのでさっぱりとした後味です。

DSCF1831 (480x360)
タピオカは小さめですが粒粒感がたまりません。

DSCF3669 (480x360)
伝票はこんな感じです。


久しぶりの中國飯店、この日の冷菜はあまり印象に残らなかったですが、メインは美味しくボリュームたっぷりで堪能しました。
もうちょっと距離が近ければ、もっと頻繁に通いたいお店です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
 単品・辛みそスープそば (2010年11月26日
 単品・翡翠冷麺 (2013年8月13日
 日替わりかけご飯セット・牛すじ肉と大根の煮込みかけごはん (2009年2月6日
 ランチセット・鶏肉とピーナッツの辛味炒め (2008年7月10日
 ランチセット・豚バラ肉とうずらの玉子との煮込み (2010年8月12日
 スペシャルランチセット・二種海鮮と春雨のガーリック蒸し (2010年12月17日) 
 スペシャルランチセット・牛肉と春雨の辛味煮込み (2012年1月30日) 
 スペシャルランチセット・牛肉とセロリの辛味炒め (2014年3月28日
 Aランチコース・黒酢のすぶた (2010年3月12日

[ディナー]
  2007年12月14日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF3631 (480x360)

DSCF3632 (480x360)

DSCF3633 (480x360)

DSCF3634 (480x360)

DSCF3639 (480x360)

DSCF3640 (480x360)

DSCF3641 (480x360)

DSCF3642 (480x360)


2014年3月28日訪問時お店DATA
************************************
中國飯店 市ヶ谷店 (ちゅうごくはんてん) 
〒102-0073 
東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービルLB1
TEL 03-3288-3088   
FAX 03-3288-3106
営業時間 
[月~土] 11:30~15:00(L.O.14:30)  17:00~23:00(L.O.22:00)
[日・祝] 11:30~22:30(L.O.21:30)
定休日 なし
地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
JR市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/19 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
スパゲッティ ながい  @四谷
先輩は悪い意味でとっても引きが強い人です。
このブログでもしょっちゅう書いていますが、一緒にご飯を食べに行くと、サラダのドレッシングを一人だけ忘れられているというささいなことから、ビニール片やホチキスや髪の毛などのあまりシャレにならない異物混入、果ては傷んでいる料理を出されてお腹を壊したこともあります。

そんな先輩に新たな武勇伝が。
つい先日、どうしても季節外れのオクラが食べたくて、フィリピン産を購入したところ、見た目はピカピカに新鮮なのに、何故か強い苦みを感じたそうです。
不思議に思ったものの、そのまま食べたら、全身が軽く赤くなって熱が上がり、お腹を壊したとか。
オクラは傷んだら見た目からすぐわかるので、多分、農薬とかかな~と話していました。
大事には至らなかったので何よりです。
みなさま、オクラが苦かったら食べるのはやめた方がよさそうですので、お気をつけ下さい!(笑)。

DSCF3618 (480x360)
2014年3月27日は上司が不在だったので、Iさん、Oさん、先輩との四人で外へランチを食べに出ました。
Iさんがうちの事務所に来てくれるのもあと少し。
ぜひとも美味しいランチを食べてもらいたいと思い、いくつか候補を挙げた中からIさんがチョイスしたのは「スパゲッティ ながい」でした。
無類のご飯好きですが、麺ものも大好物とのこと。

DSCF1940 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。

DSCF1939 (480x360)
前回ランチ訪問したのが2014年1月27日だったので、2ヶ月ぶりの訪問です。

DSCF1938 (480x360)
しんみち通りには、こちらの看板が出ています。

2010年1月27日によるくまさんからいただいたコメントによれば、「ながい」のシェフは西新宿にある老舗人気店「スパゲッティ ハシヤ」から独立されたそうです。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

2010_0222画像0009
こちらは以前の写真です。
季節メニューがある時期は、この看板に写真付きで紹介されます。

2010_0222画像0008
こちらも以前の写真です。
冬だとカキやカニを使ったメニューが出てきます。

2008_0825画像0035
しんみち通りには、ビルとしての看板も出ています。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には2008年9月26日にランチ訪問した「四谷ブルワリー」
地下1階には2008年8月22日にランチ訪問した「沖縄料理店 あん」があります。
ただ、この2店は現在、ランチ営業をやっていません。

DSCF0923 (480x360)
中川ビルに入ってすぐ左手に、こちらのビルのポストがありました。
「ながい」のポストは上段の真ん中です。

入り口

細い階段を上ると、2階に写真のようなかわいい入口の扉があります。

ときどき、待つ人が多くて3階へつながる階段にまで行列ができることもあります。
並んでいる間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文します。

2009_0905画像0035
入口のすぐ右、カウンターの前の壁際に大きなマガジンラックが置かれています。

DSCF6065.jpg
新聞や文庫本などが常備されていて、一人客でものんびり出来そうです。

2010_0705画像0037
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。
この写真の右にトイレがあります。

DSCF0897 (480x360)
窓側から眺めるとこんな感じ。

ちなみに、窓際のテーブル席は間が少し狭いので、我らが上司のような、大きな鞄やおなかを持っているとちょっと通りにくく、コップの水を倒さないよう気をつけた方がよさそうです(笑)。

DSCF1538.jpg
窓から見える問面のビルの2階です。

DSCF8212_20131004210530a5b.jpg
壁に掛かっている時計は、文字盤がパスタでした。

DSCF3919.jpg
お店は男性シェフが一人、フロア担当の女性一人で切り盛りしています。
お二人ともいつもテキパキと動き回り、とても人あたりがいいです。

DSCF0896 (480x360)
入口の正面の奥には冷蔵庫がはめ込まれています。

この日は午前中の仕事が押して外へ出かけたのが午後12時半過ぎ。
「ながい」に到着したところ、テーブル席がいっぱいだったので、カウンターになりました。
ちょうど上智大学の卒業式の日だったようで、はかま姿の女子学生四人組が来ていました。
大学最後のランチに選んでもらえるなんて、お店としてはとっても嬉しいのでは?

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりと取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。

DSCF3614 (480x360)
卓上にはスプーン、フォーク、爪楊枝、タバスコ、粉チーズ、乾燥ハーブ、粉唐辛子?などが置かれています。

DSCF8205_201310042106044ac.jpg
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

卓上

卓上にある粉チーズと乾燥ハーブです。
お好みでふりかけます。

DSCF6412.jpg
こちらの白い小さなボトルには、、、

DSCF6415_2013082208435256d.jpg
とても細かな粉唐辛子?が入っています。

DSCF0894 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF3612 (480x360)
メニューです。

DSCF0892 (480x360)
定番メニューの他、この季節メニューでカキがありました。

コートをかけて着席し、全員のオーダーをし終わったところで、真ん中のテーブルが空いたので、そちらに移動させて下さいました。
店主さんはメモもせず、四人のオーダーを聞き取り、調理開始。
先輩も私もトッピングしたり、男性陣は大盛りにしたりしたのに、プロとはいえ、すごいなぁ。

DSCF3627 (480x360)
こちらが伝票です。

この日はほかにあまりオーダーがなかったはずでしたが、出来上がりに結構時間がかかりました。
4人だっただからかな?
10分以上待ったと思います。

DSCF6413.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口すぐのカウンターに、出来上がっていくスパゲッティが並びます。
カウンター席に座っているときは、見ているのがとっても楽しいです。


納豆とミートソースのスパゲッティ+赤唐辛子(無料)=(1,150円)
DSCF3615 (480x360)
私は先輩が大好きでよくオーダーしていた納豆とミートソースのスパゲッティを注文し、無料の赤唐辛子をトッピングしてもらいました。
スパゲッティは、丸い大きな白い平皿に盛られています。

DSCF3621 (480x360)
お皿にはお店のロゴが入っています。

DSCF3618 (480x360)
麺にミートソースがのせられ、さらに納豆がかかっています。

DSCF3620 (480x360)
ミートソースは濃い茶色に煮詰めてありました。

DSCF3619 (480x360)
ミートソースを覆い尽くしている納豆はしっかりと泡立っていて、すごく香りがしました。
関西出身のIさんが心配でしたが、納豆は大丈夫とのこと。
嫌いな人だったら、その場にいるのは辛いんでは?(笑)

DSCF3622 (480x360)
麺はアルデンテに茹でられて、つるつるとしたのど越しです。
ボリュームは普通です。

ミートソースはトマトの旨みたっぷり。
納豆の泡というかネバネバ感は食べるときにどうなるんだろう?と思いましたが、それほど気にならなかったです。
ミートソースなんて思いきり洋風なのに、納豆はとってもあいます。
とても美味しくて、先輩がよく頼むのもわかりました。

DSCF3624 (480x360)
こちらの店は赤唐辛子をトッピングすると、かなりの辛さになります。
ただ、この日はいつにも増してしっかり辛かったです。
Oさんがタコとナスの唐辛子のスパゲッティ?を注文したのですが、辛いもの大好きでいつもタバスコなどで辛さをプラスして食べるOさんが、この日は全く不要なぐらいでした。
辛さが効いているのは、辛い物好きの私にはよかったのですが、その分、納豆の味わいが打ち消されてしまったので、納豆の味を堪能したいときは、唐辛子をトッピングしない方がいいかもしれません。

DSCF3623 (480x360)
途中でチーズと乾燥ハーブを足しました。
でも、辛さがとにかくはっきりしていたので、それほど味わいの変化にはならず。

DSCF3625 (480x360)
スパゲッティが出て少ししてからポンテケージョが出てきました。
一人一つです。
とっても美味しいポンテケージョなので、出来たてをすぐ食べてフワフワ感と美味しさを楽しむか、最後にソースをぬぐって食べるか、いつも迷います。
もっとたくさんあるといいのになぁ。
この日はソースをぬぐっていただきました。


タラコとイカのスパゲッティ (1,100円)
DSCF3616 (480x360)
先輩はタラコとイカのスパゲッティを注文。
タラコやウニのスパゲッティは、丸い木の器に盛られています。
調理の段階でスプーンとフォークを使ってぐるぐるとかき回して、そのままついて出て来ます。

DSCF3617 (480x360)
いつもどおり美味しかったとのことです。


全体のボリュームは普通です。
納豆とミートソースの相性はとてもよかったです。
自宅でもやってみようかな。
Iさんはアサリのスパゲッティを食べたのですが、美味しく食べられたようで何よりでした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲティ】
  アサリと青じそのスパゲッティ (2008年9月18日

【タラコ、ウニのスパゲティ】
  タラコのスパゲティ   (2012年4月9日
  ウニとイカのスパゲティ (2009年9月2日
  ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日

のりとチーズのスパゲティ (2012年10月5日

【ミートソースのスパゲティ】
  ミートソースとナスのスパゲティ (2009年3月16日
  ミートソースとツナのスパゲティ (2011年1月7日2011年3月24日
  納豆とミートソースのスパゲッテ (2014年3月27日

【ペペロンチーノ風スパゲティ】
  タコとキノコと赤唐辛子のガーリック風スパゲティ (2010年5月25日) 

【トマトソースのスパゲティ】 
  ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
  ベーコンとソーセージと野菜のトマトソーススパゲティ (2009年9月15日
  海の幸のトマトソース (2014年1月27日
  タコとナスの唐辛子トマトソーススパゲティ (2011年10月19日

【クリームソースのスパゲティ】 
  生ハムの生クリームスパゲッティ (2013年8月15日
  アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日

【おしょうゆ味のスパゲッティ】 
  フランクとベーコン・キノコ・アスパラのスパゲッティ (2011年6月2日)  
  海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日

【ホワイトソースのスパゲティ】 
  ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日

【サラダスパゲッティ】 
  シメジとベーコンのサラダスパゲティ (2010年7月5日
  生ハムのサラダスパゲティ (2012年11月12日

【季節メニュー】 
  カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
  カキの唐辛子トマトソーススパゲティ (2008年12月3日2012年12月3日
  カニと青ジソのクリームソース (2010年2月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF3612 (480x360)

DSCF3604 (480x360)

DSCF3605 (480x360)

DSCF3606 (480x360)

DSCF3607 (480x360)

DSCF3608 (480x360)

DSCF3609 (480x360)

DSCF3610 (480x360)

DSCF3611 (480x360)


2014年3月27日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2F
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/18 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(8) |
MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner  @四谷
外反扁平足と診断されてパンプスの中敷きを購入して装着したものの、2日経ってもなかなか慣れない。
ずれ落ちてきちゃったり、つま先の方がよれちゃったりと、こっちはこっちで足を痛めちゃうんじゃないかと心配でした。
ある時よくよく見たら、なんと、中敷きを真裏の状態でセッティングしていたことに気付きました(汗)。
ちゃんと入れ直してみたら、足裏にぴたっと装着して、とてもいいフィッティング感。
先輩に話したら、「話を聞いていて、中敷きがそんなにずれるなんてあり得ないと思っていたんですよ~。」と言われちゃいました(笑)。
ともあれ、この状態でしばらく足の様子を見てみます。

DSCF3546 (480x360)
2014年3月25日のランチも、前日に引き続き、食べるのが遅くなりました。
12時を過ぎても上司がなかなかランチのことを言い出さず、結局外へ買いに出たのは12時半過ぎ。
寒の戻りで寒い日だったのであまり遠くへ買いに行く気になれず、火曜日だったので「MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner(クルージンダイナー)」へ買いに行きました。

DSCF6328_2013112108073479b.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点を左折します。
しばらく進むと左手にヤマト運輸の営業所があり、車はその前に停まっています。

DSCF6323_201311210810251c8.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
歩道には小さな看板も出ていました。

こちらはMACKY RAMONE(マッキーラモーン)さんが主宰する「クルージンダイナー」というお店です。
私はツイッターに登録していないので情報があまりわからないのですが、マッキーラモーンさんは現役のDJ&ミュージシャンのようです。
2013年10月30日からこの場所で販売しています。

それ以前は、こちらの場所には「サファリカレー」が来ていましたが、2013年10月23日に営業を終えました。

DSCF6324_20131121081028df4.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
営業時間は毎週水曜日、午前11時30分から午後1時までです。
2014年2月から、水曜日ではなく火曜日に来るようになりました。

DSCF6326_201311210807313a5.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お米にこだわっているとのことで、富山県産のてんたかくという品種の新米です。
お水が良いからお米も美味しいとのこと。
お米マイスターが推奨する、カレーに一番合うお米だとか。

DSCF6325_20131121080728288.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
特製コールスローは50円です。

前回テイクアウトしたのは2014年2月4日だったので、約50日ぶり、5回目です。

DSCF6330_20131121080739d14.jpg
車には「カレーライス」という小さな暖簾?がかけられていました。
赤と緑という、スイカカラーでとっても目立ちます。

DSCF6329_20131121080737ed9.jpg
こちらのお店で販売しているのは、やわらかお肉の旨コク欧風ポークカレーの「マリンカレー」です。
レギュラーサイズが550円、スモールが50円引きの500円、ラージは100円増しの650円、キングは200円増しで750円です。
なお、キングはトッピングが1つ無料になるとのこと。

たまにマリンカレー以外のものもあるようですが、私が買いに行く日はいつもマリンカレーのみ。
この日もそうでした。
その後わかったのですが、毎月最終週はBuzzカレーを販売しているようです。

DSCF6320_2013112108101068a.jpg
店主さんは男性で、一人で切り盛りしています。

遅い時間のせいか、先客・後客ともにいませんでした。

DSCF1346 (480x360)
ガラスケースの中にトッピングが種類ごとに並んでいます。

DSCF1343 (480x360)
トッピングはタマゴ、チーズ、生タマネギ、ハラペーニョ、コールスロー、トマトサラダの6種類で、全て50円です。
「小さな贅沢、大きな満足!!」という標語が面白い(笑)。

DSCF6611 (480x360)
紙ナプキンは、待ち時間短縮のため、かつ、エコのため、セルフサービスになっています。
なお、コールスローを注文した人には冷たいまま美味しく食べていただくよう、店主さんが入れてくれるとのこと。細かい配慮ですね。
サービスの飴も置いてありました。

DSCF3529 (480x360)
持ち帰り用のビニール袋はポピュラーな白のものです。

DSCF3532 (480x360)
中から取り出すとこんな感じ。

まだスマホにどういう組み合わせで食べたかをまとめていなかったので、ラージサイズでトマトサラダをお願いしました。
この日はおなかがとっても空いていて、体重もオッケー立ったので、ラージサイズにしちゃったのですが、店主さんは「ラージサイズ?」とちょっと驚いていたようです(笑)。

DSCF3537 (480x360)
紙ナプキンはコールスロー注文時以外はセルフサービスと書かれていましたが、この日はトマトサラダだったのに、入れてくれました。

DSCF6340_201311210805425e2.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
白いプラスチック製のスプーンは透明なビニール袋に入っています。
出来るだけいただかないようにしています。
この日はお断りしたのに、何故か入っていました。

DSCF3539 (480x360)
カレーは下が白、フタが透明の丸いプラスチックの容器に入っています。

DSCF3543 (480x360)
ご飯は下が白、フタが透明のオーバル型のプラスチックの容器に入っています。
スモールとレギュラーサイズはご飯とルーが一緒で、ラージとキングは別容器です。

DSCF1350 (480x360)
トッピングのトマトサラダは小さな透明のプラスチック容器に入っていました。


マリンカレー<ラージ>(650円) + トマトサラダ(50円) =700円
DSCF3546 (480x360)
いただきま~す!

DSCF1359 (480x360)
トマトサラダは真っ赤に熟したトマトを小さめの賽の目切りにして、ドレッシングに和えてあります。

DSCF1372 (480x360)
トマトの甘みや酸味とドレッシングの酸味が合わさってとてもさっぱりしました。

DSCF3553 (480x360)
楕円形の容器にご飯がこんもりと盛られていました。
ラージだけあって、ボリュームたっぷり。

DSCF3551 (480x360)
中央にドライハーブがトッピングされています。

DSCF3552 (480x360)
ただ、ちょっと柔らかめに炊かれていたようで、少しお団子状になっていました。
私はかためのご飯が好きなので、ちょびっと残念。

DSCF3555 (480x360)
ルーは濃い茶色で、豚肉以外の具材は入っていません。

DSCF3559 (480x360)
ルーは旨みがしっかりとあって、そこそこピリ辛でとっても美味しいです。
ただ、この日は店主さんが「少し辛めに作ってあります。」とおっしゃっていたとおり、ルーはしっかり辛めで美味しかったです。

DSCF3560 (480x360)
こちらの豚肉は大麦豚の肩ロースだそうで、結構大ぶりの大きさです。
お肉がホロホロと崩れ、豚肉の肩ロースとは思えないぐらいと~っても柔らかですっごく美味しい!

DSCF3562 (480x360)
この日はお肉のカットがやや大きめでしたが、そのせいか、いつも通りふんわりと柔らかい部分と、そうでもない普通の歯ごたえの部分もありました。

DSCF3556 (480x360)
ルーの量はそれ程多くないので、残っているご飯の量に注意して食べ進めます(笑)。

この日は私が事務所に戻ると、上司の注文した「松月庵」がまだ来ていなくて、IさんとOさんも「フィオーレ」まで買いに行っていたので、食事を食べ始めるのが少し遅くなりました。
なので、ちょっと置いてしまったせいか、カレーが少しぬるくなっていて残念。
これからは電子レンジで少しチンしてから食べようと思いました。

DSCF3565 (480x360)
トマトサラダはそのまま食べても美味しいですが、途中からカレーに混ぜちゃいました。
カレーにさっぱり感が加わって、なかなかよかったです。
ただ、この日はカレーがぬるめだったので、余計に冷えちゃいましたが(汗)。

DSCF3566 (480x360)
ルーが少なくなってご飯が食べにくくならないよう、最後はぜんたいをしっかりかき混ぜてから食べました。
ご飯にしっかりとカレーが絡んで美味しい~。

DSCF9250 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
車の横に置いてある飴をいただいちゃいました。

DSCF3545 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


さすがのラージサイズで、かなりおなか一杯になりました。
これからもいろいろトッピングを試してみたいです。
あと、月末にやってくるもう一種類のBuzzカレーも何とか忘れずに買いに行ってみたいなぁ。

なお、「クルージンダイナー」は現在、斜向かいの日大大学院近くにやってきています。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

◎マリンカレー
スモール+トマトサラダ (2014年2月4日
レギュラー (2013年11月13日
レギュラー+生タマネギ (2013年12月25日
ラージ+トマトサラダ (2014年3月25日
ラージ+タマゴ+コールスロー (2013年11月6日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年3月25日購入時お店DATA
*******************************
MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner (くるーじんだいなー)
移動ワゴン車での販売 
場所  東京都千代田区六番町6-20 グランドメゾン六番町前
営業日 火曜日
営業時間 11:30~13:00
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/17 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(4) |
五番町 祭り屋 ステーキハウス  @市ヶ谷
まぁまぁのお天気の週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は来週末にホームパーティを予定しているので、一日中掃除をして過ごしていました。
普段手抜きばかりなので、一通りやるだけでもかなり大変です(汗)。
新しい一週間、がんばります☆

DSCF3517 (480x360)
2014年3月24日は週の最初の月曜日。
この日は午前中の仕事がおしにおして、お昼ご飯を食べようという話になったのは午後2時近く(汗)。
おなかが空いて、死にそうでした。
お客様と一緒に、この時間でもランチをやっていて、近くの場所とのことで、上司が「五番町 祭り屋(まつりや) ステーキハウス」へ行きました。

お店

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって坂を上り、最初の交差点を右に曲がります。
交差点の角には2011年5月31日2011年7月14日に訪問した「まんてん」(現在ランチ休業中)があり、その隣にはたまにお弁当を購入する「こしひかり弁当」、その次が「祭り屋」です。
問面にソニーミュージック本社があります。

店

こちらのステーキハウスで提供するお肉は全て熊本ビーフです。
なので、以前は熊本県のアンテナショップなのかと思っちゃいました。

前回ランチ訪問したのが2014年3月11日だったので、約2週間ぶりの訪問です。

2008_0509画像0191

こちらは以前撮影した写真です。
色鮮やかなお店の看板の向こう側(左側)にちょこっと見えるのが、お手頃価格でボリュームたっぷりのランチがいただける「やきとり 串八珍 市ヶ谷別館」です。

DSCF6468 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ランチの看板も出ています。

DSCF6469 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ステーキハウスとありますが、ディナーではすき焼きやしゃぶしゃぶなども食べられるようです。

2008_0627画像0215
こちらも以前撮影した写真です。
「祭り屋」は、飲食店である一方、無垢・一枚板の家具屋さん直営店なので、店内には様々な種類の木の板や商品モデルのテーブルや椅子などの家具が所狭しと置いてあります。
飲食店と家具屋さんのコラボレーションということで、店内には独特の雰囲気が漂っています。
入口からすぐ右側に、木工品の小さな商品が飾ってあり、販売しています。

2008_0627画像0213
こちらも以前撮影した写真です。
レジ横のショーケースには、美味しそうなお肉が大きな塊でゴロゴロと入っています。
お肉好きにはワクワクしちゃう光景です(笑)。

2010_0212画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
天井を見上げるとくまもとあか牛の巨大なポスターが貼られていました。

家具5

こちらも以前撮影した写真です。
壁一面に、商品でもある木材(?)が置かれています。
気に入った板が見つかり、お買い上げ!なんてお客さんもいらっしゃるんでしょうか。

こちらのお店、熊本県の木材しか扱っていないのかと思っていましたが、屋久杉のものを見つけたこともあります。

家具4

こちらも以前撮影した写真です。
テーブルや椅子は、食事の際に実際に利用するので、購入前に使い心地や座り心地がわかるのはいいなぁと思います。

フロアは木材の中にテーブル席が散在していて、手前と奥の2つの部屋があります。

DSCF4140_20120922090819.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

さすがにこんなに遅い時間だとお客さんもちらほらでした。
私たちは一番奥の右側のテーブル席に着席。
前回Iさんと一緒に来た時と同じ場所でした。

DSCF4124_20120922090934.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
実際に食事をするテーブルには、それぞれ写真のようにお値段がはってあります。
テーブルそのものももちろん、お値段もゴージャス!です。
うっかりものを落としたり、食べ物をこぼすんじゃないかとヒヤヒヤしちゃいます。

DSCF3164 (480x360)
卓上にはメニュー、紙ナプキン、爪楊枝、各種調味料、ミルク、ガムシロップなどが置いてあります。

DSCF3142 (480x360)
小さな籐籠にカトラリーが入れられ、その上に紙エプロン、さらにおしぼりが置かれています。

こちらのお店の紙エプロンは、自分で後ろでしばるタイプです。
ぶきっちょな私は時々うまく結べず、食べている途中にずり落ちてきちゃったりします(汗)。

DSCF3145 (480x360)
おしぼりの袋には「おもてなし」と書いてありました。

店員さんはほとんどが外国人の方ですが、やりとりはほとんど問題ないです。

DSCF5990.jpg
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF6427 (480x360)
ランチメニューの一部です。

ランチメニューはステーキ、ハンバーグ、シチュー、フライなどなどとにかく種類が豊富で、お値段は850円~3,500円とかなり幅が広いです。
ランチメニューには全てスープ、サラダ、新潟産コシヒカリ100%のライスがついていて、ライスはおかわりできます。

DSCF3160 (480x360)
ハンバーグメニューはほとんど食べていたので、この和牛バラ肉のジュウジュウ焼きがかなり気になったのですが、上司に奢ってもらいうにはちょっとお高いかなと思って断念。
ハンバーグ屋さんですが、から揚げやフライなど、ちょっと毛色の違うメニューがあるので、エビフライをご飯少な目で注文しました。Iさんも一緒でした。

DSCF3508 (480x360)
注文を終えると、サラダがすぐに出てきました。
小さめの白くて丸いお皿に、千切りキャベツ、ワカメ、海藻?、トマトの櫛切りが盛られています。
なかなかのボリュームで、緑、赤、紫と彩りが鮮やかです。

DSCF4249.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ドレッシングはモズクドレッシングとゴマドレッシングの2種類が卓上に置かれています。
好きな味を好きな分量をかけられるのがうれしいです。

DSCF3509 (480x360)
私はどちらも好きなので、両方かけちゃいます。

DSCF3163 (480x360)
トマトは大きめの櫛切りです。
前回食べたのと同じで、海藻サラダ?は音が聞こえてきそうなぐらいシャキシャキの食感でした。

DSCF1361.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
もずくが入っているのがわかるでしょうか?
もずくのぬめりもちゃんとあって、とてもサッパリ味です。

DSCF3461_20140228214406cdc.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
人数の多いテーブルにはお料理を運ぶためのワゴンが登場します。


冷やしペペロナータハンバーグ  (1,200円)
DSCF3511 (480x360)
先輩は冷やしペペロナータハンバーグを注文。
この時期にメニューとしてあるかどうか気になったので、店員さんに尋ねたところ、あるとのこと。

DSCF3512 (480x360)
いつにも増して、たっぷりの野菜がだったと言っていました。
ご飯はあえて普通盛りにして、Iさんに半分ぐらいあげていました。


エビフライ ご飯少な目  (1,280円)
DSCF3517 (480x360)
ハンバーグ屋さんなので慣れていないからか、エビフライが出てくるのは少し遅かったです。
すぐに続いてライスとお味噌汁が出てきます。
メイン、スープ、ライスのセットです。

DSCF3516 (480x360)
ご飯は白くて丸い平皿に盛られています。

DSCF3518 (480x360)
ご飯が大好きなIさんにご飯をおすそ分けしました。

DSCF3167 (480x360)
お味噌汁は赤い器に入っています。
たっぷりのアオサ?岩のり?が入っていて、長ネギの白い部分のみじん切りが散らしてあります。
いつも同じの定番です。

DSCF6453 (480x360)
シンプルですが、ダシが効いていて、トロッとした口あたりがたまりません。
個人的には美味しくて気に入っています。
この日はメインを食べるのにとても時間がかかり、すっかり存在を忘れていて最後にいただいたら、かなりぬるくなってしまっていて残念(泣)。

DSCF3513 (480x360)
エビフライは白い大きな丸いお皿に盛られていました。
エビフライのほか、生野菜サラダ、ポテトサラダなどが添えられています。

DSCF3523 (480x360)
レモンは大きめな櫛切りです。
最初に絞って全部にかけまわしました。

生野菜サラダは、キャベツの千切りとトマトの櫛切りです。
最初のサラダにもトマトがあったので、この日はトマトをいっぱい食べました(笑)。
ソースをかけていただきました。

DSCF3514 (480x360)
ポテトサラダはアイスディッシャーで丸めてありました。

DSCF3521 (480x360)
エビフライはかなり大きなサイズのものがなんと3本も!
あまりのボリュームに一同ビックリ。

DSCF3522 (480x360)
タルタルソースがたっぷりと添えれています。
写真を撮り忘れましたが、ソースが別に大きなボトルで出てきます。

DSCF3526 (480x360)
まずは何もつけずにそのまま食べてみました。
出てくるのに時間がかかっただけあって、揚げ立て熱々。
衣はからっと揚がっていて、中のエビはプリプリです。
衣はけっして薄くはないですが、中のエビは火を通しても大きかったです。

DSCF3528 (480x360)
せっかく3本あるので、ソースとタルタルソースと別々にいただきました。
いろいろな味わいが楽しめて、と~っても贅沢!

タルタルソースは卵のこってりとした味わいですが、それほど重くないのでパクパク食べられます。

DSCF3527 (480x360)
ソースをかけても、もちろん美味しかったです。
いつも尻尾も食べちゃいますが、カリカリした食感で美味しく食べられました。

DSCF3185 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じです。


ボリュームたっぷりでおなかいっぱいになりました。
先輩は、内心、ハンバーグ屋さんのエビフライは危険では、、と思っていたそうですが、かなり当たりあたりメニューでIさんも私も大満足でした。
メニューはいろいろ食べてみないと分からないものだと、改めて思います。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【ランチ】
  もも肉ステーキ     (2007年7月30日
  リブロースステーキ (2010年10月14日
  塩焼きカルビステーキ (2007年7月6日
  ペペロナータハンバーグ (2011年3月18日
  チーズドラムハンバーグ(2008年5月7日
  完熟トマトソースのチーズのせハンバーグ (2014年3月11日
  ハンバーグとポテトのラクレット (2008年10月9日
  煮込みハンバーグ   (2007年11月28日2008年12月24日
  おろしハンバーグ  (2011年12月26日2013年3月1日2013年4月9日)  
  ビーフシチュー  (2008年6月26日2009年7月29日
  コラーゲンいっぱいのシチュー (2011年1月18日
  ハンバーグとカキフライ盛り合わせ (2010年2月12日
  牛タンシチュー (2013年11月8日
  エビフライ (2014年3月24日

【ディナー】
  2008年1月7日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF1340.jpg

DSCF6427 (480x360)

DSCF6428 (480x360)

DSCF3149 (480x360)

DSCF3150 (480x360)

DSCF3151 (480x360)

DSCF3152 (480x360)

DSCF3153 (480x360)

DSCF3155 (480x360)

DSCF3156 (480x360)

DSCF3157 (480x360)

DSCF3158 (480x360)

DSCF3159 (480x360)

DSCF4110_20120922091104.jpg

DSCF4114_20120922091103.jpg

DSCF6429 (480x360)

DSCF6426 (480x360)


2014年3月11日訪問時お店DATA
********************************
五番町 祭り屋 ステーキハウス (まつりや) 
〒102-0076 
東京都千代田区五番町10-2 五番町センタービル1階
TEL&FAX 03-3237-0218
営業時間  11:00~23:00(LO 22:00)  *家具販売は10時~23時
定休日 なし(12/31~1/3を除く)
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/16 05:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
超ごってり麺 ごっつ  @亀戸
本日も周回(年)後れを回避すべく、記事をアップします。
今日降るはずだった雨は明日になったようです。
でも、お天気そのものはイマイチ。
これからお掃除をがんばります!

本日は、マイブログ圏外の亀戸にある「ごっつ」のレポートです。

DSCF3491 (480x360)
2014年3月23日は三連休最後の日でした。
この日はいろいろやっていたため、ほとんど食事をとっておらず、さすがにおなかが空いたと思い、午後3時過ぎに亀戸にある「超ごってり麺 ごっつ」へ行きました。
私の大好きなラーメン屋さんの一つです。

2012年1月5日、まだ冬休み中の私は前日食べた「鬼金棒」がとっても美味しくて、ラーメンモードに入ったままだったので、亀戸にある「超ごってり麺 ごっつ」へラーメンを食べに行っちゃいました。

2010_0124画像0075
こちらは以前撮影した写真です。
JR総武線亀戸駅の南口を出て歩くとすぐに京葉道路にぶつかるので、その歩道橋を上って右側に降りるとその並びにお店があります。

2010_0124画像0076
こちらも以前撮影した写真です。
「ごっつ」は2009年4月にオープンしたそうです。

DSCF4625_20121005061357.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
営業時間は午前11時から深夜4時までです。
亀戸には土日の午後に遊びに来ることが多いので、通し営業で土日やっているのはとてもありがたいです。

DSCF4626_20121005061356.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
こちらのお店では菅野製麺所の麺を使っているようです。

DSCF4627_20121005061356.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店のことが紹介された雑誌が飾られていました。

DSCF3480 (480x360)
入口のすぐ左手に券売機があるので、先に食券を購入します。
家人は、まかないから生まれたカレーつけ麺というのを発見し、こちらを注文。

DSCF3481 (480x360)
私は以前食べたことはあるものの、ブログには載せていないつけ麺を食べるつもりでしたが、辛バクダンしょうゆラーメンなるものがあったので、思わずこちらにしてしまいました(笑)。

2010_0124画像0057
店内は縦に長いカウンター席です。

入店した時は数人しかお客さんがいなかったのに、その後ぞくぞくと来店。
午後3時半という中途半端な時間なのにビックリ。
さすが人気店です。
若い男性ばかりでしたが(笑)。

DSCF3488 (480x360)
お水は壁際に冷水器があるので、セルフでとります。

DSCF3483 (480x360)
こんな笑えるポスター?が貼ってありました。

「なりたけ」系のこちらのお店、味は大好きなのですが、カロリーが気になってなかなか訪問できません。
前回訪問したのは2012年1月5日だったので、約2年2ヶ月半ぶりと、かなりご無沙汰でした。

背脂中毒者は確実に増えているようで、秋葉原と新小岩に支店が出来ています。

DSCF3484 (480x360)
つけ麺を注文した場合には、つけ汁が選べるようです。

DSCF4609_20121005061554.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
店内は禁煙です。

2010_0124画像0063
こちらも以前撮影した写真です。
表の看板どおり、菅野製麺所の麺を使っているようです。

DSCF3485 (480x360)
私たちはカウンターの中央から入口側に並んで着席。
卓上にはティッシュペーパー、爪楊枝、割り箸、各種調味料などが置いてあります。

DSCF3487 (480x360)
席からは厨房がよく見渡せます。
中に男性店員さんが3人ぐらいいて、忙しそうに調理していました。

DSCF3482 (480x360)
真っ赤な器が珍しいです。

2010_0124画像0060
こちらも以前撮影した写真です。
メニューです。
基本的にはラーメンとつけ麺が、しょう油ベース、みそベースで選べます。

DSCF3489 (480x360)
後からでもこちらのメニューは注文できます。

Tシャツやポロシャツまで販売していました(笑)。

DSCF3490 (480x360)
超濃厚スープなので、味が濃すぎるときは、申し出れば割りスープを出してくれます。

2010_0124画像0059
こちらも以前撮影した写真です。
このお店のこだわりでもある背脂の量を3段階から選べます。
普通の「ごっつ」を選んでも、一般的にはかな~りたっぷりです。


辛バクダンしょうゆラーメン (880円)
DSCF3491 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!

どんぶりに縁ギリギリまで醤油ラーメンがたっぷりと盛られ、左側に辛バクダンがついています。
チャーシューを並べて中央にたっぷりのネギが添えてあり、麺は全く見えません。

食券を渡したとき、店員さんから辛味は別皿にするか一緒にするか聞かれました。
別皿にして好みに仕上げるのが一番いいのかもしれませんが、見た目は別皿よりもトッピングしてある方がビジュアル的なので、一緒にお願いしました。

DSCF3492 (480x360)
右上にはレンゲが差してありました。
柄の部分に切り込みがあるタイプなので、きっちり止まっています。

DSCF3493 (480x360)
長ネギを小口切りにしたものは、かなりたっぷり目。
背脂をさっぱりさせてくれるだけでなく、彩りもとても鮮やかです。

DSCF3495 (480x360)
チャーシューはとても薄切りで、器の表面を覆い尽くすように敷いてあります。

DSCF3494 (480x360)
背脂は普通のごっつでお願いしました。
でも、普通のお店からすると多めです。
スープの表面には背脂がたっぷりと浮かんでいます。

DSCF3498 (480x360)
メンマも入っています。
柔らかな食感でした。

DSCF3496 (480x360)
辛味はちょっとお値段がはるだけあって、赤いペーストの中に細かく砕いた感じのお肉もたっぷりと入っていました。
こうやってみると、ツナフレークのようです(笑)。

DSCF3497 (480x360)
ますはそのままの状態でスープを一口。
背脂の甘みをたっぷりと感じられました。
うーん、カロリーが怖いけど、やっぱり美味しい。

DSCF3499 (480x360)
黄色っぽい麺は中太麺で、少し縮れています。
プリプリと固めな食感で、美味しい!
ボリュームは普通です。

DSCF3502 (480x360)
少し食べたところで、全体を大きく混ぜ合わせ、辛みが全体に行き渡るようにしました。

赤く染まったスープを一口。
旨みはあるものの、しっかりと辛くなりました。

DSCF3504 (480x360)
こちらのお店のチャーシューは、かなりの薄切りですが、と~っても美味しいです。
お箸で持ち上げられないほどホロホロの柔らかさ。
口の中に入れるとハラハラとほどけ、お肉はほんのり甘く、とろけます。

DSCF3506 (480x360)
かなりプラスアルファを取るだけあって、辛味に入っているお肉はかなりたっぷりで、ボリューム抜群です。
おなか一杯になりました。
いつもはラーメンのスープを全て飲み干す私ですが、さすがにカロリー的に辛いかもと思って、この日は断念。


まかないから生まれたカレーつけ麺 (850円)
DSCF3500 (480x360)
こちらは家人が注文したカレーつけ麺です。

DSCF3501 (480x360)
カレー味ですが、つけ汁にはたっぷりの背脂が浮かんでいます。
さすが!
一口もらいましたが、背脂の甘みをしっかりと感じられました。
カレーは辛さやスパイシーさはそれほどでもなく、とても食べやすかったです。


辛味の中にはほぐしたお肉がたっぷりと入っていたので、もともとボリュームたっぷりなのに、さらに食べ応えがあって、大満足でした。
ちょっとお店に行かないうちにメニューがいろいろと増えていててビックリ。
次回こそはつけ麺を食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

しょうゆ味玉子ラーメン (2010年1月24日
みそ味玉子ラーメン (2012年1月5日
辛バクダンしょうゆラーメン (2014年3月23日

水ギョーザ (2012年1月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した亀戸グルメです。◇・◆・◇・◆・◇  

<ラーメン>
超ごってり麺 ごっつ (2010年1月24日2012年1月5日2014年3月23日
ラーメン二郎 亀戸店 (2011年11月19日
らーめん潤 亀戸店 (2011年12月3日

<ラーメン以外>
伝説のすた丼屋 亀戸店 (2011年8月21日
亀戸餃子 本店 (2012年4月21日
焼鳥ダイニング いただきコッコちゃん 亀戸店 (2013年8月18日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年3月23日訪問時お店DATA
***************************
超ごってり麺 ごっつ
〒136-0071 
東京都江東区亀戸1-39-7 サンキビル1階
TEL 03-5875-2212
営業時間 11:00~04:00   
定休日 なし
JR総武線亀戸駅北口から徒歩3分

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2015/03/15 08:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
居食屋 大樹  @浅草橋
今日はとってもいいお天気ですね。
お洗濯は今日中にやっちゃわないと!

本日も周回(年)遅れを取り戻すべく、記事をアップします。
お時間があれば、どうぞお読み下さい。

本日は、マイブログ圏外の浅草橋にある「大樹」のレポートです。

DSCF3438 (480x360)
2014年3月21日は三連休の最初の日でしたが、仕事の溜まっていた家人は出社したので、帰りがけ、浅草橋で落ちあって食事をすることにしました。
せっかくなので美味しいところに行きたいな~と食べログをチェックしたのですが、祝日だったので、休みがとっても多くて、行きたいお店は見つかりませんでした。
なので、浅草橋で落ち合ってから、駅周辺をぶらりと歩き、お店を物色。
気になる串焼き屋さんがあったのですが、客引きに出ていて、ちょっと気が引けてしまってパス。
駅から少し離れた場所に賑わっている「居食屋 大樹(だいき)」というお店があったので、メニューを見るとそれほどお高くもなかったので入店してみることにしました。

DSCF3450 (480x360)
総武線浅草橋駅の大きい方の改札を出ると大通りに面しています。
左側に曲がって線路沿いに秋葉原方面に進み、最初の角を右折します。
2つ目の角に宇野ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF3432 (480x360)
フロアは意外と広く、右手に厨房、それ以外の場所にテーブル席がずらりと並んでいます。
午後6時45分頃に入店した時から結構混んでいて、その後満席になっていました。
内装は木目調でシンプルながらこぎれいな感じです。

DSCF3419 (480x360)
私たちは窓際で半個室っぽくなっていた4人席に通されました。

DSCF3422 (480x360)
本日のおすすめメニューです。

DSCF3423 (480x360)
こちらが定番メニューです。

この記事を書く時に気付いたのですが、実はこちらのお店、大手居酒屋チェーンの「和民」が関係しているそうです。
同社はダイレクトフランチャイズシステム(DFC)という独立制度を用意し、一定の基準を満たした社員が独立することを促しているとのことで、「大樹」もその一店舗とのこと。
2014年1月6日オープンなので、訪問した時はまだ開店から3ヶ月も経っていない時期でした。
確かに、内装は新しかったような記憶が、、、。
居「酒」屋じゃなくて居「食」屋というのがいいですね。


ビンビール (619円)
DSCF3417 (480x360)
まずはビンビールで乾杯!
土曜出勤、お疲れ様~。


お通し
DSCF3418 (480x360)
お通しは茹でたもやしとツナにマヨネーズをかけたものでした。


特製煮込み (514円)
DSCF3433 (480x360)
本日のおすすめから特製煮込みを注文。
煮込みは大好きなので、あれば必ずお願いしちゃいます。
お肉だけでなく、コンニャク・ニンジン・ダイコンも入っていました。

DSCF3437 (480x360)
柔らかくて味がよくしみていて、美味しかったです。
お肉はちょっと変わった部位も入っていて、ぷるぷるの食感のものもありました。


手づくりメンチカツ (357円)
DSCF3434 (480x360)
メンチは千切りキャベツが添えられ、カラシも付いていました。

DSCF3436 (480x360)
ソースが一緒に出て来ます。

DSCF3435 (480x360)
揚げたて熱々で、なかなかのサイズでした。


パリパリキャベツ (357円)
DSCF3430 (480x360)
小さくちぎったキャベツがたっぷり。

DSCF3431 (480x360)
タレがかかっているだけでなく、塩昆布がのっけてあったのがよかったです。


鶏レバーの葱塩  (1本189円×2本=378円)
DSCF3438 (480x360)
こだわりの逸品として鶏レバーがイチオシだったので、レバー好きな私はもちろん、注文。
葱塩ダレとゴマ油がレバーをより一層美味しくするとのこと。

1本189円もする串焼きは、私にしてはかなりお高めですが、そのお値段だけあって、パーツが大きく、レバーが見えないぐらいたっぷりのネギがのせてあって、とっても美味しそう。
ネギは串を持ち上げるとお皿にこぼれ落ちるほどでした。
オススメだけあって、中はトロトロで甘みがあって美味しい!
塩味ベースのタレとたっぷりのネギでさっぱりと食べられます。


ねぎま 塩 (136円×2本)
DSCF3440 (480x360)
こちらはおススメだったの注文してみました。
お肉は大ぶりで食べ応えがあります。


やげん軟骨 塩 (105円×2本)
DSCF3441 (480x360)
やげんは好きな部位なので、見かけるとよく注文するのですが、出てきてビックリ。
こんな大きいパーツはあんまり見たことない!
しっかりと噛みしめていただきました。


酎ハイ (357円)
DSCF3442 (480x360)
ビールを飲み終え、酎ハイを注文。
ジョッキサイズでたっぷりなのがとっても嬉しかったです。
串焼きの油をさっぱりとさせてくれました。


焼きとり屋さんの出し巻き玉子焼き (462円)
DSCF3443 (480x360)
結構大きなサイズでビックリ。
作り立てなので、ほわほわでした。
甘くない味付けで、うれしかったです。
おしょうゆをちょっとずつつけていただきました。


季節野菜のさつまあげ (390円)
DSCF3444 (480x360)
こちらも本日のおすすめからチョイス。
さつまあげは小ぶりのものが2つです。
おろしショウガが添えられていました。

DSCF3446 (480x360)
さつまあげなのに中にはさいの目切りの野菜がたっぷり。
甘みがあって、食感もよく、手作り感たっぷりの味わいでした。

DSCF3449 (480x360)
最後にお茶をいただきました。


気になるメニューはだいたい注文しちゃったので、せっかく浅草橋に来たので締めはラーメンにしようと思い、まだ腹八文目でしたが、こちらにて終了。
お会計は全部で5,000円ぐらいだったと思います。
大きいパーツの串焼きや手作り感のあるお惣菜をお手頃なお値段で楽しむことができました。

このあと、「トナリ 浅草橋店」に行ってピリ辛タンメンを食べたのですが、2014年11月30日に閉店したとのことです。


メニューです↓
DSCF3422 (480x360)

DSCF3420 (480x360)

DSCF3423 (480x360)

DSCF3424 (480x360)

DSCF3425 (480x360)

DSCF3426 (480x360)

DSCF3427 (480x360)

DSCF3428 (480x360)

DSCF3429 (480x360)

DSCF3421 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまでの浅草橋食べ歩きです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

西口やきとん  (2010年2月20日
ブラッスリー ジョンティ (2013年5月10日
居食屋 大樹 (2014年3月21日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年3月21日訪問時お店DATA
****************************
居食屋 大樹 (だいき)
〒111-0053 
東京都台東区浅草橋1-31-1 宇野ビル1階 
TEL 03-5835-1606
FAX 03-5835-1607
営業時間 17:00~23:30(L.O.)24:00 
定休日 日
JR総武線浅草橋駅西口から徒歩2分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/03/14 08:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(0) |
インド料理 Sirzana 市ヶ谷店  @市ヶ谷
先日の外反扁平足で痛めた足は、靴の中敷きを買うように言われたのに、ロキソニンの入った湿布であっという間に治ってしまったので、そのまま普通に靴を履いていました。
二日後ぐらいにまた右足首に違和感を感じ始めたので、慌てて会社帰りに中敷きを買って、靴にセットしました。
これで症状が悪化しなくなりますように。

みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2015年1月26日にオープンした「シルザナ」のレポートです。

IMG_0513 (360x480)
2015年3月3日はひな祭りの日。
この日はお昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
向かった先は新店の「インド料理 Sirzana(しるざな) 市ヶ谷店」です。 

IMG_0543 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、二つ目の交差点を右折して東郷通りに入ります。
通りの中程の右手にメゾン・ド・シャル-という洒落た名前のビルがあるのでそこを右折して通りの奥に行くとお店があります。
この場所は以前は飲食店ではなかったと思います。

この路地に入るのは初めてでした。
東郷通りの路地の入口の所には、小さなメニューと大きな幟が出ていて、ときどき店員さんが客引きをやっています。

IMG_0545 (360x480)
こちらのお店は2012年12月18日にオープンした護国寺にある「シルザナ」の支店のようです。
市ヶ谷店は2015年1月26日にオープンしました。

事務所のポストにお店のチラシが入っていたので、行く機会をずっと狙っていて、ようやく訪問が叶いました。

IMG_0546 (360x480)
お店の前には小さなランチメニューの看板が出ています。

この日はブロガーのくせにデジカメを忘れるという大失態。
写真はiPhoneで撮影しました。
写真の取り込みやら加工やら、普段とは違う慣れない手順で一苦労(泣)。

IMG_0544 (480x360)
開店から一ヶ月半ぐらいなので、まだお祝いのお花がたくさん飾ってありました。
先輩の話では、「友人一同」というのもあったとか(笑)。

IMG_0511 (360x480)
入口はそれ程大きくありませんが、フロアは意外と広く、奥に続いていました。
店員さんに連れられて奥へ行くと、お客さんがギッシリ。
空席があるかどうか、心配になっちゃったぐらいです。

実は、2015年2月18日に「どすこい酒場 龍馬 靖國市ヶ谷店」へランチ訪問した時、このお店の場所を確認していたのですが、その時は路地の入口で店員さんが客引きしているので、てっきり集客に苦戦しているのかと思っていました(汗)。
す、すみません。。。

IMG_0510 (360x480)
私たちは奥の方の壁際の二人席に着席。
テーブルはそれ程広くはありません。
卓上にはカトラリーセット、紙ナプキン、ストロー、各種調味料が置かれています。

IMG_0498 (360x480)
店員さんからお水とおしぼりをいただき、メニューをチェック。

店員さんはみんなインド人?らしい男性で、日本語がとても上手で丁寧な接客です。

IMG_0500 (480x360)
ランチメニューです。
ランチは午前11時から午後3時とやや長め。
混雑時は食事が済んだら待っているお客さんに席を譲るように書かれています。

メニューの全セットにシルザナ特製サラダ、ナーンorライスとソフトドリンクが付いています。
ナンとライスは食べ放題とのこと。

IMG_0501 (480x360)
カレーセットは選ぶカレーの数やセットの組み合わせなどで6種類ほどあり、お値段は880円から1,200円です。
カレーは定番が7種類、日替りカレーが1種類、合計8種類の中から選びます。

IMG_0502 (480x360)
カレーの辛さは4段階から選べます。

IMG_0503 (480x360)
こちらのお店ではインドカレーだけでなく、アジアン料理も4種類いただくことができます。
お値段は850円か900円です。

2012年5月28日にランチ訪問した「ナザ」もそうでしたが、最近のインド料理屋さんは差別化をはかるためか、アジアン料理も一緒に出すのがブームなのかな?!
ただし、「ナザ」では現在はアジアン料理はグリーンカレーだけになっています。

IMG_0504 (480x360)
サイドディッシュで、シルザナ名物炭焼タンドールが4種類あります。
お値段は600円から1,050円とややお高めです。
ボリュームもありそうですが。

IMG_0505 (480x360)
セットのソフトドリンクは7種類の中から選べます。
「濃厚」ラッシーというのがいいですね。
マンゴーラッシーが珍しいかも。

もちろん別料金ですが、お酒をいただくこともできます。
各国ビールやワインなどもあって、種類が豊富です。

IMG_0509 (360x480)
日替りカレーは、店員さんから口頭でアナウンスがあるほか、壁に置かれた黒板にも書かれています。
この日はダイコンとチキンのカレーでした。

IMG_0542 (360x480)
伝票です。
先輩はチーズナンセット、私は欲張って3種類カレーセットを注文。

IMG_0506 (360x480)
全セットについているせいか、サラダはすぐに出て来ました。

IMG_0508 (360x480)
水菜やレタスのサラダに、インド料理屋さんらしいオレンジ色のドレッシングがかけてあります。

IMG_0513 (360x480)
それ程待たずにお料理が登場。
いただきま~す!


チーズナンセット <キーマ&エッグカレー>  (1,100円)
IMG_0514 (360x480)
こちらは先輩が注文したチーズナンセットです。
丸い銀色のお盆の上に、カレー、ライス、ナンがのせてありました。
サラダがないので、見た目はかなりシンプル。
カレーは私と同じ、キーマ&エッグカレーの辛口です。

IMG_0515 (360x480)
写真がピンぼけですみません(汗)。
二人とも、チーズナンに目が釘付けになりました。
厚みのあるナンは断面図からチーズがとろけだしてすごいことになっている!
チーズナンって何度か食べたことありますが、こんなすごいのは初めて見ました。
二人して「すごーい! すごーい!」とはしゃいでいたら、店員さんが「チーズナン、人気があります。」と教えてくれました。
注文する前に教えて欲しかった~(泣)。


3種類カレーセット <キーマ&エッグ、バターチキン、豆> (1,200円)
IMG_0516 (360x480)
続けて私の注文したカレーが登場。
丸いアルミのお盆に小さな器に入ったカレーが3種類、ライス、ナンが盛られています。

カレーはキーマ&エッグ、バターチキン、豆をチョイス。
全部茶色で、区別できず(汗)。
ブログ的には1つをほうれん草カレーにすればよかったかも。
激辛にすると本来のカレーの味わいがわからなくなっちゃうかなと思って、辛口にしました。

IMG_0521 (360x480)
メニューにはナンorライスと書いてあるのに、ライスがついていました。
2013年12月18日にランチ訪問した「サティー」も同じスタイルです。
ただし、ほんの一口サイズです。

IMG_0538 (360x480)
でも、ちょこっとだけでもライスとナンの両方をいただけるのが嬉しいです。
インド料理屋さんは黄色いサフランライスが定番なので、白飯を見るのはかなり珍しいのでは?

IMG_0522 (480x360)
ナンはお盆からはみ出るほど大きなサイズのものが1枚。
焼き立て熱々です。
バターのいい香りがして、食べるとほんのり甘かったです。

IMG_0523 (480x360)
ほぼ中央部分に穴がありました。
ここに棒か何かを差して、調理したとか?

IMG_0517 (360x480)
バターチキンカレーです。
チキンがちょこっと顔を出していて、小ネギが彩りに散らしてありました。

IMG_0527 (480x360)
カレーはしっかりと旨味があって、ほんのり甘かったです。

IMG_0528 (480x360)
チキンはホロホロの柔らかさでした。

IMG_0518 (360x480)
豆カレーです。
見た目はバターチキンとほぼ同じ(笑)。

IMG_0535 (480x360)
中にはお豆がたっぷり。
素朴なお豆の味わいを楽しめました。

IMG_0540 (360x480)
焦がした?赤唐辛子が丸ごと入っていました。
でも、それ程辛くはなかったです。

IMG_0520 (360x480)
キーマ&エッグです。
卵が入っているインドカレーって珍しいんじゃないかな、と思って選んでみました。

IMG_0536 (480x360)
ゆで玉子はやや大きめのカットでした。
コクのあるカレーに卵の味わいが加わって、間違いない美味しさ。

IMG_0525 (480x360)
先輩がたくさんあるからと、チーズナンを一切れくれました。
わーい! ありがとうございます☆
こんなにたっぷりチーズが入っているとかなりくどくなりそうですが、こちらのチーズはトロトロというよりはややさっくりした食感で、チーズの味わいがありながらも淡泊なので食べ飽きません。
カロリーがこわい、、、(笑)。


特製濃厚ラッシー
IMG_0539 (360x480)
食後のドリンクはラッシーをチョイス。
それ程濃厚とは思いませんでしたが、量はたっぷり。
私にはやや甘めでした。


時間がおしていたので、先輩が一足先に事務所に帰りました。
路地の入口で呼び込みをやっていた店員さんから「おいしかったですか?」とか「また来て下さい。」などなど、丁寧にご挨拶いただいたとのことです。
私が通った時はちょうど呼び込み中だったのですが、大きな「インド料理」(カレーだったかな?)とかかれた幟の横で、「美味しいタイ料理がありますよ~。」と言っていて、すごくおかしかったです(笑)。

このお店のチーズナンは衝撃でした。
次回は絶対チーズナンを食べようと決心しています。
Oさんにも教えてあげようっと。


2015年3月3日訪問時お店DATA
*******************************
インド料理 Sirzana 市ヶ谷店 (しるざな)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-7-22 メゾン・ド・シャルー
電話 03-3221-9996
営業時間 
[昼] 11:00~15:00
[夜] 17:00~23:00
定休日 なし
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/13 06:00】 | インド | トラックバック(0) | コメント(5) |
高級中国四川料理 登龍 麹町店  @麹町/半蔵門
去年に比べ、今年は2倍量の花粉が飛んでいるとか。
度々そう言われていたものの、さほど症状を感じていなかったので、一昨日のランチで先輩に「規定量よりも少ない量の薬しか飲んでいないのに良く効いているのか、もしかしたら、花粉症が治りかけているかも。」なんて話したのに、その日の午後から急激に症状が悪化(泣)。
どうやら低温だったり雨だったりで本格飛散が始まっていなかっただけのようです。
この二日間、かなり辛いです(笑)。

DSCF3406 (480x360)
2014年3月20日は、上司とOさんがお昼時に不在だったので、Iさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
Iさんがわが事務所に来てくれるのもあと10日ほど。
出来るだけランチのおいしいお店を紹介したいと思い、雨が降って寒の戻りで寒い日でしたが、少し歩いて「Trattoria Fiore(フィオーレ)Cucina Italiana」へ行くことに決定。
ちょっと前にテイクアウトのお弁当は買ったことがあって、好評でしたが、イートインは全く違うお料理かつ美味しいのでぜひ紹介したかったからです。

12時10分頃にお店に到着すると、お弁当を買う行列がかなり並んでいました。
買い終えて階段を登ってくる人と道を譲り合いながら何とかお店の入り口に辿り着いたのですが、数人並んでいました(汗)。しかも、お弁当を売っている担当者さんが、「レストランの中にも並んでいますよ。」と教えていただき、これはダメだと諦めました(泣)。

「フィオーレ」がダメだった時のことを想定して、次の候補に「高級中国四川料理 登龍(とうりゅう) 麹町店」の担々麺を考えていたので、そのまま新宿通りまで歩いて行くことに。

外1

こちらは以前撮影した写真です。
地下鉄有楽町線麹町駅を出て、新宿通り沿いの麹町4丁目交差点のすぐそばにお店があります。
JR・地下鉄四ッ谷駅からだと、新宿通りの左側を半蔵門に向かってまっすぐ進みます。

外3

担々麺が名物メニューとしてとても有名なこちらのお店ですが、自ら「高級中国四川料理」と名乗っているとおり、そのお値段の高さでも有名です。
麻布にも支店があって、芸能人が行くお店としてマスコミによく取り上げられています。

外2

前回こちらに訪問したのは2013年8月29日だったので、約7ヶ月ぶりでした。

DSCF3601 (480x360)
外の壁にこちらが貼りだしてありました。
ランチタイム(午前11時15分から午後2時30分)特別サービスとして、1,800円の担々麺が1,300円と、とってもお得なお値段になっています。
でも、前回のランチでは1,050円だったことを考えると、消費税増税や円高などによる原材料費の高騰を踏まえても、少々残念。

店内

店内は高級店にふさわしく、立派な壺やテーブルに生花が飾られるなど、豪華な内装です。
店員さんも黒服でサービスし、受付にはフロント嬢がいらっしゃり、案内するので少しお待ち下さいと言われます。

ウェイティングの場所でメニューをIさんに見せて、高額な値段設定を驚かせて楽しんでいました(笑)。
ただ、それほど待たずに入店できました。

フロアはかなり広いですが、テーブルがギッシリと置かれていて、席と席の間は意外と狭めです。
お客さんがどんどん入ってくるので、高級店ですが相席も普通です。
ランチでもとても値段がお高くて、ずいぶん前に日テレが移転したのに、相変わらずの人気で大混雑です。

DSCF3390 (480x360)
私たちは一番左端の奥まったテーブル席に着席。
エアポケットのように静かな場所なのでよかったです。
メニュー、紙ナプキン、割り箸、おしぼり、お水などがあらかじめセットされていました。

DSCF3391 (480x360)
テーブルの端にはメニュー、紙ナプキン、爪楊枝、各種調味料が置いてあります。
それぞれの容器には、梅でしょうか、ピンク色のお花がデザインされていました。

DSCF2612 (480x360)
おしぼりは温かく、種類はわかりませんが、香りをつけています。

私の座った場所は後ろから照明が当たっていたので、とても撮影し辛かったです(汗)。

DSCF2614 (480x360)
紙ナプキンは水色で、とっても個性的です。

DSCF3395 (480x360)
店名がローマ字で入っていました。

DSCF2615 (480x360)
お箸は割り箸で、箸袋には店名が入っています。
こちらは漢字でした。

DSCF2613 (480x360)
お茶は背の高いグラスに入った冷たいジャスミンティーです。
しっかりした香りでした。
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF3386 (480x360)
今週のランチメニューは5種類あり、お値段は2,500円、全てライス・スープ・ザーサイが付いています。

DSCF3387 (480x360)
ランチタイムサービスは担々麺だけでなく、海鮮湯麺・焼売・春巻も対象になっています。

相変わらずのお値段の高さです。
3桁のメニューを見ると安心しちゃいます(笑)。

DSCF3388 (480x360)
こちらは単品の麺類のメニューです。

DSCF3389 (480x360)
単品は麺系が20種類、ご飯系が3種類あります。
一番お安いメニューが1800円というのにも驚きですが、一番お高いメニューはアワビそばの2万円! 
ランチというよりも、アラカルトみたい(笑)。

担々麺を注文するつもりでしたが、実際にメニューを見ていたら、心がかなり揺れました。
定食は2,500円とありえない金額だったのでともかくも、エビ・イカ・ホタテ・アワビが入った海鮮湯麺が2,500円のところ、1,800円になっていたのは、とっても魅力的。
あと、四川風辛味チャーハン(1,800円)も先輩はかなり注文したそうでした。
私も、次の機会に食べてみたいです。

DSCF3400 (480x360)
伝票です。
結局、全員が担々麺を注文。

こちらのお店では、ずいぶん前から担々麺1,800円をランチタイムだけサービス価格で提供していました。
ただ、不思議なことに、お店の外の壁に張り出されていますが、メニューには全く書かれていません。
実はこの日は値段のことがわからず、やや不安でしたが、帰りがけに外の壁を見て1,300円になったことを知りました。
あと、外の壁に書かれているメニューは「担々麺」で、中のメニューに書かれたタンタンメンは「四川皇麺」。
いろいろな意味でわかりにくいです。

DSCF3401 (480x360)
せっかくなので、サイドメニューも注文。
前回ランチ訪問した時にOさんが春巻きを注文したらとってもおいしかったので、この日はぜひとも焼売を食べてみたいと思っていました。
普通に注文すると2個なのですが、Iさんに一個あげて、先輩ともう一個を二人で分ければいいやと思っていたのですが、店員さんが「一人一つずつにもできますよ。」と言われちゃいました。
私に続いて先輩が春巻を一人一本ずつに注文し、私たちとしては2種類の点心を注文したつもりだったのですが、個数を二つにするか三つにするか決めかねていたら、結局焼売のオーダーは落ちていました(泣)。

DSCF2619 (480x360)
最初に春巻きのタレが出てきました。
小さな丸い小皿で、白がベースですが、卓上の兆見入れと同じく、ピンク色で梅の花が描かれています。
とても小さなスプーンも添えられていました。


担々麺 (1,800円→1,300円)
DSCF3403 (480x360)
担々麺は白い大きめの器に入っていて、、、

DSCF3405 (480x360)
ダブルソーサーになっています。

DSCF3406 (480x360)
赤いスープはドンブリのフチまでたっぷりと入っています。
とっても色鮮やか。

DSCF3407 (480x360)
トッピングは青菜のみと、とってもシンプル。
たっぷりのスープの中に沈みそうです。

DSCF2628 (480x360)
朱色のスープのところどころにゴマダレの白っぽさが混じっています。

こちらのお店はかなり値段設定が高いので、周りにいるお客さんはかなりの割合で担々麺を頼んでいました。
でも、もちろんそうではないお客さんもいらっしゃり、昼からお酒を飲んでいる人もいて、すごいなぁと思います。

DSCF3397 (480x360)
こちらは担々麺用のレンゲです。
他の器などと同じく、薄いピンク色のお花が描かれています。
全て同じシリーズのデザインで統一されています。

DSCF3409 (480x360)
まずはスープを一口。
熱々で、しっかりと辛みがある一方、ゴマのクリーミーさがとても際立ちます。
この日はいつもに比べて辛さがしっかりと効いていて、とっても美味しかったです。
最初は気を付けて啜らないと、辛さでむせちゃうのでご注意!
この日はとても寒い日だったので、温かい汁物はとても体が温まりました。

Iさんは辛いものはあまり得意ではありませんが、ゴマ味が大好きとのこと。
ちょっと心配だったのですが、「この担々麺は美味しく食べられるギリギリの辛さですが、すごくおいしいです!」と喜んでもらえて、一安心。

DSCF2638 (480x360)
彩りの青菜はほうれん草かな?
ギュッと絞ってあったので、ほぐしてみるとそこそこ量がありました。

DSCF2635 (480x360)
麺は黄色っぽい細麺で、ほぼストレートです。
麺だけ撮影しようと思ってたぐっても、あまりにスープがたっぷりで沈んでしまいます。
なので、レンゲにのせてみました。

麺は固めに茹でられ、つるつるとしたのど越しです。
よくある中華料理屋さんとは違い、麺はよくほぐれていました。
ボリュームは普通です。


春巻 (1本400円×3本=1,200円)
DSCF3411 (480x360)
オーバル型で、他の器などと同じデザインのお皿に3個(3人分)盛られていました。

DSCF3412 (480x360)
1本400円というお高い価格設定だけあって、春巻きはかなり胴が太めで大きいサイズ。
こんがりとした色合いで、とっても美味しそう。

DSCF3413 (480x360)
揚げたて熱々で、しかも、中身が餡がけしてあるので、猫舌の先輩と私はしばらく置いて冷ましました。

DSCF3416 (480x360)
こんがり揚がった皮はパリパリです。
中には餡がけされた中身が入っていて、メニュー書かれた「新鮮エノキ入り」だけでなく、フカヒレなども入っていて、かなり具沢山でした。
餡はとってもジューシーで、フカヒレのつるつるした食感がよかったです。
美味しいダシの中にフカヒレの食感があり、さすが高級店の中華だな~と思いました。
そのまま食べてもしっかり下味がついていたので、私はタレを付けるのを忘れちゃいました(汗)。
次回来るときはシュウマイもぜひとも食べてみたいです。


スープが美味しくて、カロリーが高いのはわかっていたのですが、ついつい飲み干しちゃいました。
それを見たIさんから「すごい。」と称賛?されちゃいました(汗)。
体が内側からとっても熱くなって、事務所に戻るまでずっとポカポカしていました。

担々麺のスープを全て飲み干し、大きな春雨を食べたので、おなか一杯になりました。
焼売まで注文していたら、かなり大変だったかも(汗)。

帰りがけ、さてお会計をしようとしたら、Iさんが臨時収入があったからと、なんとご馳走になってしまいました(汗)。
こちらが奢るつもりで春巻まで注文しちゃったのに、、、。
本当に申し訳なかったのですが、ごちそうさまでした☆


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

担々麺 (2008年1月10日2013年8月29日2014年3月20日
Aランチ 麻婆豆腐 (2008年6月5日
菜芯皇麺 牛肉と青菜のそば (2008年9月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年3月20日訪問時お店DATA
**************************
高級中国四川料理 登龍 麹町店 (とうりゅう)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-2-2 
TEL 03-3264-6628
営業時間 11:15~22:00 (ランチタイム11:15~14:45)  
定休日 日・祝
地下鉄有楽町線麹町駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/12 06:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(4) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
今日で東日本大震災の発生から4年になります。
節電や備蓄は習慣になったものの、最近は大きな余震が少なくなったこともあり、日々の生活の中で震災のことを思い出したり考えたりする時間が減りつつあることを実感します。
せめて節目節目の時だけでも、自分にとってこの大震災が何だったのか、これから何が出来るのか、しっかり考えて自分の生活に反映させていきたいです。
この震災により犠牲になった方々に改めてご冥福をお祈りすると共に、未だ苦しみの続く方々が一日も早く平穏な生活に戻ることができるよう、心からお祈り申し上げます。

DSCF3369 (480x360)
2014年3月19日は、午前中の仕事がおして、ランチを食べるのが午後1時近くになってしまいました。
これだけ遅いとお弁当を買いに行ってもあまりない可能性があったので、確実に食べられるよう、Iさんに「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」を提案したところ、お弁当を持ってきているはずの先輩も一緒に注文することになりました。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF7927 (480x360)
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

先に電話でお店に注文を入れると、15分ぐらいで出来上がると言われたので、準備をしてすぐに出かけました。
この日は先輩が取りに行ってくれました。
ありがとうございます☆

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回お弁当を購入したのは2014年2月20日だったので、約1ヶ月ぶり、37回目です。

DSCF7928 (480x360)
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF7244 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF7246 (480x360)
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと36周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

DSCF2231 (480x360)
お弁当はよくある一般的な白いビニール袋に入れてくれます。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF3364 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

DSCF3367 (480x360)
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

一人の時はなるべくお高めのメニューを注文していますが、この日は他に2人いたので、お安めなメニューをのバジリコを注文。

DSCF6870.jpg
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。


スパゲティー ~バジリコ~ (700円)
DSCF3369 (480x360)
フタをオープン!
ニンニクのいい香りが立ち上ります。
フタを開けると、やや大きくて深さのある容器の8割ぐらいまで、細かく刻んだシソがたっぷりとからまった細麺のスパゲティーが入っていて、いつもながらすごいボリューム。
バジリコには青じそとガーリックが入っています。

DSCF3370 (480x360)
オイルベースのメニューは、時々器の下にたまるぐらい油がたっぷりの時がありますが、バジリコはしっかりと焼き付けてあって、オイリーさはまったくありませんでした。
むしろ麺の表面がパリッと乾いていて、ちょっとモソモソした食感です。

DSCF3371 (480x360)
シンプルでシソがさっぱりとしていますが、ニンニクの旨みとパリッとした固めの食感で食べ飽きませんでした。

DSCF3372 (480x360)
よく見ると、しっかりと焦がした麺が混ざっているのがわかるでしょうか。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。
でも、この日はタバスコを切らしてしまっていて、味わいの変化をつけられませんでした。

DSCF3374 (480x360)
麺をほとんど食べ終えて容器の底を見てみると、オイルはほとんどなくて、麺から滑り落ちたニンニクやシソがたまっていました。
午後は来客の予定もなかったし、美味しいので、ニンニクは拾って食べちゃいました(笑)。


サルシッチ(750円)+ペンネ(+100円)=850円
DSCF3368 (480x360)
先輩は、オイルベースで赤唐辛子とチョリソーの入ったサルシッチをペンネに変更して注文。
もともとたっぷり目のボリュームですが、ペンネはさらにボリューミーでうらやましかったです。

DSCF5093 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じです。


具の少ない麺なので、ぱぱっと食べられちゃった分、食べ終えた直後はちょっと物足りない感じがしましたが、少し時間が経つとおなかがずっしり重くなりました。
さすがのボリュームです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲッティ
  バジリコ (2014年3月19日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  トンノ  (2010年8月13日
  ペスカトーレ (2013年9月25日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  タラモ (2013年1月31日
  サンジャック ビアンコ (2013年8月20日
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 

◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  ポロ (2014年2月20日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  フンギ (2013年7月4日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日


◎ご飯系
  牛肉の薄切りステーキ (2013年11月20日
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日

◎季節メニュー
  あん肝とエリンギのスパゲティー (2014年1月29日
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF2247 (480x360)

DSCF2249 (480x360)

DSCF2250 (480x360)

DSCF2251 (480x360)

DSCF2252 (480x360)

DSCF2253 (480x360)

DSCF2254 (480x360)

DSCF2255 (480x360)

DSCF2257 (480x360)



お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2014年3月19日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/11 05:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(4) |
やきとり 串八珍 [市ヶ谷別館]  @市ヶ谷
先週の後半、突然右足首が痛み始め、湿布を貼ってもひどくなるばかりでした。
金曜日の夜と土曜日にお出かけする予定だったので、これはまずいと思って慌てて病院に行ったところ、外反扁平足との診断(汗)。
土踏まずが人よりもカーブが深いのに、扁平足だから右側のくるぶしの部分に圧力がかかって痛んだとか。
処方された湿布はとても良く効いて、すぐに痛みが取れました。
扁平足なのは知っていたけど、それでこんなことが起こるとは(泣)。
足首を支えるよう、中敷きを買うといいとのことでした。

DSCF3322 (480x360)
2014年3月17日は、お昼時に上司と先輩が不在で、しかも、午前の仕事が長引いてあまり時間がなかったので、OさんとIさんと一緒に事務所からそれ程遠くない「やきとり 串八珍(くしはっちん) 市ヶ谷別館」へ行きました。
ここのつくねスープがとっても美味しいので、ぜひIさんに食べてみてもらいたかったからです。

2009_0905画像0094
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進んで最初の交差点を右に曲がり、建物三つ目のセンタービルの1階に店舗があります。正面はソニーミュージック本社です。

2009_0905画像0095
こちらも以前撮影した写真です。
「やきとり 串八珍」は株式会社豊創ホールディングスが運営する大手居酒屋チェーン店で、都内にたくさんの支店があり、この界隈では、2008年9月17日にランチ訪問した市ヶ谷店と2012年4月5日にランチ訪問した四谷店があります。

DSCF0306 (480x360)
お店の前には「ランチ営業中 串八珍」と書かれたでっかい幟が出ています。

DSCF0304 (480x360)
以前は同じ会社が運営する「鳥珍」という店名でしたが、ブランド統合し、2009年9月1日から「串八珍」に業態変更しました。

「女房公認酒場」という標語が笑えます(笑)。

2009_0905画像0047
営業時間は、昼は午前11時30分~午後2時、夜は午後5時~午後11時までです。
定休日は土・日・祝です。

前回ランチ訪問したのは2014年1月16日だったので、約2ヶ月ぶりです。

DSCF0307 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お店の入口にはランチメニューの看板が出ています。
全部で6種類、お値段は630円か690円と、とってもお安いです。

DSCF0305 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ランチメニューです。
大盛り無料です。

2009_0905画像0050
お店は外も中も、古民家を再現している凝った造りになっています。

2009_0905画像0052
入口は小さく、通路も狭いですが、奥に向かって店内が広がり、席数は結構あります。
しかも、二人テーブル席、四人テーブル席、お座敷、ちょっと区切った個室など、お部屋のパターンも様々です。

2009_0905画像0051
こちらのお店は前精算なので、まずはお店中央のレジで食券を購入し、店内にあるウェイティング用のイスに座るなどして、席に案内されるのを待ちます。
待っている人数が多くても、席数が多く、回転が早いので、それ程待ちません。

DSCF8002.jpg
お座敷はこんな感じです。

12時10分ぐらいにお店に到着すると、5人ほど並んでいました。
いつも通りの混雑で、相変わらずの人気です。

2009_0905画像0058
こちらも以前撮影した写真です。
壁には夜のメニューが貼り出されています。

2010_0330画像0011
こちらも以前撮影した写真です。
店員さんは、ほぼ全員がおばさま軍団です。
いつも忙しく店内を走り回っていますが、お店のキャパの割には人数が少ないようで、ピークタイムは食事が終わって後片付けられていないままの席が空いているのを、時折見かけるのが残念。

DSCF3309 (480x360)
お会計をすると、食券代わりのプラスチックカードをいただきます。

レジではご飯の分量については聞いてくれません。
なので、着席してから来る店員さんにご飯少なめをお願いします。
このプラスチックカードはお料理と引き替えに店員さんに返すせいなのか、注文確認は色だけ見て判断してすぐにいなくなってしまうことが多いなので、ご飯を少なめにしたい人は、最初にしっかりと店員さんをつかまえることをオススメします(笑)。

ご飯が大好きなIさんがご飯大盛りをお願いすると、食券をもう一枚くれました。
確か、緑色のものがご飯大盛りの札のようです。
ご飯の少な目をお願いするときは前述のとおりですが、大盛りの場合にはレジで食券をもらうシステムのようです。
もう何年も通っていますが、初めて知りました(笑)。

DSCF3310 (480x360)
このところ毎回いただいていたランチクーポンのデザインが変わりました。
さすが大手チェーン店、もともと安いお値段なのに、さらに100円引きにしてくれます。
いつもお客さんが多いのは、これを利用する常連さんが多いのかな?
ただし、有効期限は短いので、私が使うには難しいですが。

DSCF3311 (480x360)
席が空くまで少し待ちました。
通されたのは右手の小上がりのフロアで、しかも一番奥の通りに面した席。
小さなテーブルを3人で取り囲むように座りました。
外に向かった場所は窓ではなく引き戸になっていて、隙間から通りをのぞくことができます。
Oさんの話では、暖かい季節はこの扉が全開になっていて、通行人とかなり近くなるそうです。

卓上にはお茶の入ったポット、湯飲み、お醤油、七味唐辛子、爪楊枝、紙ナプキン、ディナーメニュー、チラシなどが置かれています。

DSCF8003_201309300814365aa.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お茶はセルフです。

DSCF5601 (480x360)
お茶をいただきながら、お料理を待ちます。

DSCF3312 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
メイン、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。
お味噌汁は蓋付きです。

DSCF3885_20130621223737.jpg
おしぼりの袋には店名がカラーで印刷されています。

DSCF3887_20130621223634.jpg
おしぼりだけでなく、お箸袋にも店名が印刷されていました。

DSCF3886_20130621223741.jpg
しかも、系列チェーンの店名も書かれています。
ここにだけ「鳥珍」の名前が残っていました(笑)。


生姜焼定食  (690円)
DSCF3314 (480x360)
いただきま~す!

この日はIさんと一緒に鳥つくねスープにしたかったのはやまやまでしたが、まだ食べたことのない生姜焼定食を注文。
ご飯はあえて普通盛りにして、ご飯が大好きなIさんにあげることにしました。

DSCF3313 (480x360)
ご飯はやや大き目なお茶碗に軽く山盛りになっていました。

DSCF3316 (480x360)
半分ぐらいをIさんにあげて、私が食べたのはこれぐらいです。

DSCF3321 (480x360)
フタを開けたお味噌汁は、とってもシンプルでした。
具はワカメだけだったと思います。

DSCF3320 (480x360)
お新香は白菜のお漬物でした。

DSCF3322 (480x360)
メインの生姜焼きは、黒くて丸いお皿に盛られ、キャベツが添えられていました。

DSCF3324 (480x360)
キャベツは千切りで、かなりたっぷり。

DSCF3325 (480x360)
マヨネーズがついていましたが、、、

DSCF3327 (480x360)
カロリーを控えたかったので、私はソースをかけて食べました。

DSCF3323 (480x360)
生姜焼きは豚肉と玉ねぎが入っていて、ボリュームもたっぷり。
タマネギは茶色くなるまで柔らかく煮てありました。
お肉も柔らかく、ショウガの風味はそれほどではなく、むしろ優しい甘さが印象的な味付けでした。


Iさんが、つくねスープはコンソメ味で、それに白菜キムチとザーサイがついているのが面白かったと言っていました。
確かにつくねスープにはいつも白菜キムチがつくし、ほかの定食では普通のお新香がついているだけだから、敢えてその組み合わせにしているんだろうな~と思いました。
Iさんは、Oさんが注文した鳥みぞれ定食もとても気になったそうです(笑)。

ご飯を少なくしたので全体のボリュームは普通でした。
このお店のランチメニューももう少しで全制覇できそうです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2010年3月25日) 
国産黒毛牛すき焼き定食 (2009年9月3日
かつカレー定食 (2010年1月12日
釜揚げしらす丼定食 (2011年7月13日
ビビンバ丼 (2012年8月3日
ビーフカリー (2012年11月5日
麻婆豆腐定食 (2013年10月21日
ジャンボアジフライ定食 (2014年1月16日
生姜焼定食 (2014年3月17日

[「鳥珍」時代]
つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2007年5月15日) 
具だくさん豚汁定食 (2009年4月13日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のフードメニューです↓
DSCF0248 (480x360)

DSCF0249 (480x360)

DSCF0250 (480x360)

DSCF0251 (480x360)

DSCF0252 (480x360)

DSCF0253 (480x360)

DSCF0254 (480x360)

DSCF0255 (480x360)

DSCF0256 (480x360)

DSCF0257 (480x360)


夜のドリンクメニューです↓
DSCF0258 (480x360)

DSCF0259 (480x360)

DSCF0260 (480x360)

DSCF0261 (480x360)

DSCF0262 (480x360)

DSCF0263 (480x360)

DSCF0264 (480x360)

DSCF0265 (480x360)

DSCF0266 (480x360)

DSCF0267 (480x360)

DSCF0268 (480x360)


2014年3月17日訪問時お店DATA
*************************************
やきとり 串八珍 市ヶ谷別館 (くしはっちん)
〒102-0084 
東京都千代田区五番町10-2 センタービル1階
TEL 03-3230-3102
FAX 03-3230-3103
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:00~23:00(L.O. フード 22:15、ドリンク 22:30)
定休日 土・日・祝
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分
都営新宿線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/10 05:00】 | ハンバーグ | トラックバック(0) | コメント(4) |
日和亭  @麹町[千代田二番町ランチ屋台]
お天気がイマイチでかなり冷え込む週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
今日も雨が降って寒くなるようですが、花粉だけはちゃんと飛散するんですよね~(泣)。
今年はくしゃみ・鼻水よりも、目がとってもかゆいです。

DSCF3289 (480x360)
2014年3月14日は週の最後の金曜日。
そして、ホワイトデーだったので、いろいろと素敵なお返しをいただき、とても楽しかったです。
この日は午後すぐには予定が入っていなかったので、少し遠い千代田二番町ランチ屋台へ買いに行きました。
以前この辺りを歩いた時、「日和亭(ひよりてい)」が来ているのを知り、この日行ってみたら、まさにジャストでした。
やった~!

DSCF3281 (480x360)
地下鉄麹町駅から新宿通りを新宿方面に進み、最初の角を右折します。
まっすぐ進んで最初の角の左側に二番町中村ビルがあり、その前のスペースに車が停まっています。
ベルギー大使館のすぐ近くです。

車はとても鮮やかな深い青に塗られ、黄緑色のサイの絵が描かれていて、とってもキュート!

DSCF3273 (480x360)
この場所には平日のお昼に移動販売の車がやってきます。
いつもお弁当を買っている千代田四番町ランチ屋台と同じシステムで、日替わりでいろいろなお店が来ています。
木曜日は、2013年10月31日に購入した「韓国ごはん そまりカフェ」というお店でした。
四番町の屋台と、曜日違いで同じお店が来ていることもあります。

DSCF3268 (480x360)
日和亭は、2010年から2011年頃、ソニーミュージックのある通りにやって来ていました。
先輩も私も大好きで、よくお弁当を購入していたので、撤退してとても悲しかったです。
これからはちょっと遠いけど、金曜日にここに来ればまた食べられると思えば、とっても嬉しいです。
相変わらず人気のようで、常に5人前後並んでいる感じでした。

この日のメニューは4種類ありました。

DSCF3269 (480x360)
ボロネーゼライス (600円)
「ひき肉と香味野菜を煮込んだミートソースを、ライスに合うように作りました。
ピリリと辛い黒胡椒と酸味のきいたケッパーが味のアクセントになっています。」

DSCF3272 (480x360)
カルボナーラライス(温泉たまご付き) (650円)
「ベーコンの旨味を引き出したコクのあるクリームソースは、飽きずに食べていただけるように、ハーブと唐辛子を加えています。
温泉たまごをまぜてお召し上がりください。」

DSCF3270 (480x360)
香草チキンのジェノベーゼ(バジル)ライス (650円)
「チキンは3種類のハーブとスパイスをブレンドし、白ワインと一緒に漬け込みました。
鉄板焼きチキンを野菜たっぷりのバジルソースと一緒にどうぞ。」

DSCF3271 (480x360)
香草チキンとゆずの香るケッカソースライス (650円)
「フレッシュトマトとバジルをワインビネガーやバルサミコ酢でマリネしたケッカソース。
ケッパーの酸味とゆず胡椒がアクセントになった、さっぱりとしたメニューです。」

DSCF3275 (480x360)
ライスの大盛りは無料です。

DSCF3276 (480x360)
ハーフ&ハーフもお願いできます。

DSCF3274 (480x360)
トッピングはすりたてパルミジャーノ・レッジャーノ、温泉たまご、オリーブの3種類があり、どれも50円です。
チーズは2倍(100円)でお願いすることも出来ます。
タバスコは無料です。

DSCF3277 (480x360)
車の前が小さな棚になっていて、メニューと一緒にお店のマスコットのサイが飾られていました。

DSCF3278 (480x360)
男性店主さんがお一人で切り盛りしています。
以前と変わらず、とても優しい接客で、お客さんの一人一人にいろいろと話しかけていました。
私の前の女性客がご飯少な目をお願いしたところ、「その代わりにおかずを多くしましょうか?」と聞いていました。
自分の番になると、うれしくて以前の通りに来た時によく買っていましたと話しかけたら、「もう三年前ですね~。」と答えてくださいました。

DSCF3279 (480x360)
この日は初心に戻ってメニューの一番上にあるボロネーゼライスを注文。

DSCF3282 (480x360)
持ち帰り袋は一般的な白いビニール袋です。

DSCF3286 (480x360)
中から取り出すとこんな感じです。

DSCF3287 (480x360)
タバスコは小袋で別についていました。

DSCF3288 (480x360)
お弁当箱は白い紙製です。
このゴムはタバスコをとめるためにかけてあったのかな?


ボロネーゼライス (600円)
DSCF3289 (480x360)
フタをオープン!
右にボロネーゼ、左に野菜がのせられたご飯が入っていました。

DSCF3291 (480x360)
茹でて?小さく切ったキャベツがのせられています。
さっぱりといただけました。

DSCF3292 (480x360)
ご飯のボリュームは普通です。

DSCF3290 (480x360)
ボロネーゼには小さくカットされた野菜やお豆がたっぷりと入っていて、粉チーズがかけてあります。
トマトの酸味と程よい塩気でご飯にとてもよくあいます。

DSCF3295 (480x360)
お豆好きなので、お豆が入っているのはうれしかったです。

DSCF3297 (480x360)
あらかじめタバスコをかけてから食べたので、びしっと辛みが効いて、味に深みが出ました。


全体のボリュームは普通です。
久しぶりの「日和亭」の洋風ご飯、相変わらずとっても美味しかったです。
ちょっと離れていますが、金曜日に頑張って歩いていけばこれからも食べられるのかと思うとすごく嬉しいです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです↓ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ボロネーゼライス (2014年3月14日

[移動販売時代]
カルボナーラ&香草チキンのアラビアータ (2010年9月13日
ボロネーゼ&香草チキンのツナトマトクリーム (2010年9月27日
カルボナーラ&香草チキンのジェノベーゼ (2010年10月4日
ボロネーゼ&香草チキンのジェノベーゼ (2010年12月6日
香草ポークとジェノベーゼ&香草ポークとオリーブのアラビアータ (2011年12月20日
ごろごろ野菜のアマトリチャーナ&香草ポークとゆず香るケッカソース (2011年2月14日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 千代田二番町ランチ屋台全店訪問記です。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

木曜日  そまりカフェ (2013年10月31日) 
金曜日  日和亭 (2014年3月14日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2014年3月14日訪問時お店DATA
******************************
[千代田二番町ランチ屋台]
日和亭 (ひよりてい) 
〒102-0084
東京都千代田区二番町7-5 二番町中村ビル前
営業時間 お昼前後
営業日 金曜日
地下鉄麹町駅から徒歩5分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/09 05:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(2) |
PAUL アトレ四谷店  @四谷
せっかくの日曜日なのに、お天気が悪くて残念。
でも、昨日個人的にとても嬉しいことがあったので、すごく元気になりました。
また新しい一週間をがんばらないと!

2014年3月12日は、「翔龍菜館」をランチ訪問したのですが、2014年8月頃までに閉店したので、割愛させていただきます。

DSCF3254 (480x360)
2014年3月13日のランチは、あまり時間がなかったのと体重が高めで少しカロリーを抑えたいと思い、四谷アトレの中にある「PAUL(ポール) アトレ四谷店」でパンを買いました。

入口

店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。
巨大なケースの中には、大体、右にお総菜系、左に甘い系のパンが並んでいます。

「ポール」は1889年にパン作りの名職人シャルマニヨ・メイヨによって、フランス北部の町リールに生まれた老舗で、現在、フランスでは250店舗以上展開していてフランスでもっとも有名なブーランジェリーのひとつだそうです。
創業当時のレシピと製法を厳格に守り続け、独自に契約栽培した小麦のみを使用していて、日本でも現地に限りなく近い味を伝えるため、主にフランスの小麦・塩・水を使って忠実に味を再現しているとのこと。

ハード系のパンはかなりしっかり噛みしめて食べます。
私は食べる時に口の中を切ってしまうこともあります(笑)。
でも、美味しさが病みつきになって、苦になりません。

DSCF8021 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お店の角に当たる部分には、その時期に合わせたパンやスイーツを飾ってあります。

アトレ四谷店は2002年9月にオープンし、2012年3月14日にリニューアルオープンしています。
「ポール」はアトレ四谷開業時からずっと営業しています。
前回テイクアウトしたのは2014年1月23日だったので、約1ヶ月半ぶりです。

DSCF3248 (480x360)
12時半過ぎに買いに行きましたが、それ程混んではいませんでした。
そもそも、お昼の時間だからすごく並ぶ、というのはほとんどないです。

DSCF3249 (480x360)
スマホにメモした食べたことのあるメニューをチェックしてから購入。
いつもパンだからとついつい多く買いすぎてしまうので、この日は二つだけにしておきました。

DSCF3250 (480x360)
包装するとき、「温かいものと冷たいものを分けますね。」と言われたので、あまり考えずに「はい。」と答えたら、なんと持ち帰り袋も含めて完全に2つにしてくれました(汗)。
この持ち帰り袋が大きすぎるということもあって、パン1個しか入っていないのに、なんともったいない。
小さいサイズの袋があるといいのですが。

DSCF0697 (480x360)
持ち帰り袋はデザインがとてもシンプルで、色合いも落ち着いています。

DSCF3251 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じ。

DSCF0676 (480x360)
おしぼりの袋にも持ち帰り袋と同じロゴが入っています。
いつもお断りをするのを忘れ、ついついもらっちゃうことが多いです。

DSCF3253 (480x360)
ブリオッシュはポールのロゴが印刷された小さな紙袋に入っていました。

DSCF3252 (480x360)
クロワッサンは透明なビニール袋に入って店頭で陳列してあり、そのまま入れられています。


ブリオッシュ・ソーシス (378円)+クロワッサン・ヴォライエ (483円)=861円
DSCF3254 (480x360)
いただきま~す!


ブリオッシュ・ソーシス  (378円)
DSCF3255 (480x360)
まずはブリオッシュからいただきました。
ブリオッシュ生地でポークソーセージを包んで焼き上げたものです。
店員さんから「温めますか?」と聞かれてお願いしたので、ホカホカです。

パン生地は結構厚みがあります。
ちょっと「風の谷のナウシカ」の王蟲っぽい?(笑)。

DSCF3257 (480x360)
ポールのパンというと口の中を切ってしまうぐらいしっかり噛みしめて食べるイメージがあるので、バケットのそれに比べると、ブリオッシュはわりとシンプルな味わいでした。

DSCF3259 (480x360)
ソーセージはパリッとした食感でおいしかったです。
サイズも結構大きいので、食べ応えがありました。


クロワッサン・ヴォライエ  (483円)
DSCF3262 (480x360)
次はクロワッサンを。
蒸し鶏のサラダ、大葉、トマト、レタスをケシの実のクロワッサンにサンドしたものです。

DSCF3263 (480x360)
具だくさんで、パンからはみ出しています。
そして、何よりケシの実がかなりたっぷりで、食べようとパンを持ち上げたり、齧りついたりするとバラバラと零れ落ちます。
風味は大好きでとってもおいしいのですが、さすがにちょっと食べにかったです。
食事の後、机の上をかなり広範囲にわたって拭きました(笑)。

DSCF3264 (480x360)
クロワッサンの生地はサクサクでした。
ポールのクロワッサンはバターの風味がたっぷりで本当に美味しくて大好きです。

DSCF3267 (480x360)
トマトの酸味と大葉の爽快感で、とっても淡白であっさりしていました。
濃い味好きの私には少々物足りないほどです(汗)。
チーズとかピザとかに合わせた方がよかったかも。


味わいのシンプルさからか、この日は全体のボリュームとしてはやや物足りなかったです。
でも、ダイエットのことを考えればこれぐらいでちょうどよかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
アンシェン・ミックス (2007年12月21日
サンド・オリーブ・トマト・モザレラ (2012年5月30日
ピッツァ・プロヴァンサル (2012年5月30日
タルト・ブリオッシュ (トマト・モッツァレラ) (2013年12月5日
ブリオッシュ・ソーシス (2014年3月13日
ホットドッグ  (2013年12月5日)   
クロックムッシュ・ジャンボン (2014年1月23日
クロワッサン・ジャンボンクリュ  (2014年1月23日
クロワッサン・ヴォライエ  (2014年3月13日
プチパン 3フロマージュ (2007年12月21日
プチ・パン・2オリーヴ  (2013年12月5日) 

[イートイン] 
  ◎モーニング  2007年7月4日
  ◎ランチ  2007年9月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日2013年12月4日2014年2月14日2014年2月26日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日2013年12月11日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日2013年12月5日2014年1月23日2014年3月13日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日2013年7月1日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日2014年1月10日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年3月13日購入時お店DATA
****************************
PAUL アトレ四谷店 (ポール)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25
TEL 03-5368-8823
営業時間 
[平日] 7:30~22:00
[日祝] 8:00~22:00
定休日 無休(アトレの休館日に準ずる)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/08 08:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
五番町 祭り屋 ステーキハウス  @市ヶ谷
本日も、周回(年)遅れを回避すべく、記事をアップします。
わずか数日とは言え、1年を切っているのが嬉しい。
もっと挽回しなければ。

折角の週末なのに、お天気がイマイチで残念!

DSCF3165 (480x360)
2014年3月11日は東日本大震災から3年目で、もう3年経ったのか~と、朝からとても考えさせられる日でした。

この日は上司とOさんがお昼時に外出していたので、Iさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
Iさんがうちの事務所にいるのもあと20日程だったので、出来るだけ美味しいところに連れて行ってあげたいと思っていました。Iさんに食べたいものを聞いたところ、特にないとのことだったので、ご飯もお肉も大好きなIさんにピッタリだと思い、「五番町 祭り屋(まつりや) ステーキハウス」へ行くことに決定。

お店

JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって坂を上り、最初の交差点を右に曲がります。
交差点の角には2011年5月31日2011年7月14日に訪問した「まんてん」(現在ランチ休業中)があり、その隣にはたまにお弁当を購入する「こしひかり弁当」、その次が「祭り屋」です。
問面にソニーミュージック本社があります。

店

こちらのステーキハウスで提供するお肉は全て熊本ビーフです。
なので、以前は熊本県のアンテナショップなのかと思っちゃいました。

前回ランチ訪問したのが2013年11月8日だったので、約4ヶ月ぶりの訪問です。

2008_0509画像0191

こちらは以前撮影した写真です。
色鮮やかなお店の看板の向こう側(左側)にちょこっと見えるのが、お手頃価格でボリュームたっぷりのランチがいただける「やきとり 串八珍 市ヶ谷別館」です。

DSCF6468 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ランチの看板も出ています。

DSCF6469 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ステーキハウスとありますが、ディナーではすき焼きやしゃぶしゃぶなども食べられるようです。

2008_0627画像0215
こちらも以前撮影した写真です。
「祭り屋」は、飲食店である一方、無垢・一枚板の家具屋さん直営店なので、店内には様々な種類の木の板や商品モデルのテーブルや椅子などの家具が所狭しと置いてあります。
飲食店と家具屋さんのコラボレーションということで、店内には独特の雰囲気が漂っています。
入口からすぐ右側に、木工品の小さな商品が飾ってあり、販売しています。

2008_0627画像0213
こちらも以前撮影した写真です。
レジ横のショーケースには、美味しそうなお肉が大きな塊でゴロゴロと入っています。
お肉好きにはワクワクしちゃう光景です(笑)。

2010_0212画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
天井を見上げるとくまもとあか牛の巨大なポスターが貼られていました。

家具5

こちらも以前撮影した写真です。
壁一面に、商品でもある木材(?)が置かれています。
気に入った板が見つかり、お買い上げ!なんてお客さんもいらっしゃるんでしょうか。

こちらのお店、熊本県の木材しか扱っていないのかと思っていましたが、屋久杉のものを見つけたこともあります。

家具4

こちらも以前撮影した写真です。
テーブルや椅子は、食事の際に実際に利用するので、購入前に使い心地や座り心地がわかるのはいいなぁと思います。

フロアは木材の中にテーブル席が散在していて、手前と奥の2つの部屋があります。

DSCF4140_20120922090819.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

12時10分位で時間がまだ早かったせいか、お店に到着すると、手前側のエリアにはほとんどお客さんはいなくて、奥の部屋だけ7割程席が埋まっていました。
私たちは一番奥の右手のテーブル席に着席。
6人がけのものだったので、かなり広々としていて快適でした。

DSCF4124_20120922090934.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
実際に食事をするテーブルには、それぞれ写真のようにお値段がはってあります。
テーブルそのものももちろん、お値段もゴージャス!です。
うっかりものを落としたり、食べ物をこぼすんじゃないかとヒヤヒヤしちゃいます。

DSCF3164 (480x360)
卓上にはメニュー、紙ナプキン、爪楊枝、各種調味料、ミルク、ガムシロップなどが置いてあります。

DSCF3142 (480x360)
小さな籐籠にカトラリーが入れられ、その上に紙エプロン、さらにおしぼりが置かれています。

こちらのお店の紙エプロンは、自分で後ろでしばるタイプです。
ぶきっちょな私は時々うまく結べず、食べている途中にずり落ちてきちゃったりします(汗)。

DSCF3145 (480x360)
この記事を書いていて気付いたのですが、「おもてなし」って書いてあるんですね(笑)。

店員さんはほとんどが外国人の方ですが、やりとりはほとんど問題ないです。

DSCF5990.jpg
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF6427 (480x360)
ランチメニューの一部です。

ランチメニューはステーキ、ハンバーグ、シチュー、フライなどなどとにかく種類が豊富で、お値段は850円~3,500円とかなり幅が広いです。
ランチメニューには全てスープ、サラダ、新潟産コシヒカリ100%のライスがついていて、ライスはおかわりできます。

DSCF3160 (480x360)
和牛バラ肉のジュウジュウ焼きがかなり気になったのですが、Iさんも先輩もハンバーグを注文していたのでハンバーグが食べたくなり、スマホの過去の食べたメニューリストを見てみたら、1つだけ食べたことのないメニューがあったので、そちらを注文。
ご飯は、ご飯大好きなIさんにおすそ分けしようと思い、敢えて普通盛りでお願いしました。

DSCF3144 (480x360)
注文を終えると、サラダがすぐに出てきました。
小さめの白くて丸いお皿に、千切りキャベツ、ワカメ、海藻?、トマトの櫛切りが盛られています。
なかなかのボリュームで、緑、赤、紫と彩りが鮮やかです。

DSCF4249.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ドレッシングはモズクドレッシングとゴマドレッシングの2種類が卓上に置かれています。
好きな味を好きな分量をかけられるのがうれしいです。

DSCF3161 (480x360)
もずくドレッシングは珍しいですよ~とIさんにオススメしたのですが、ゴマドレッシングが大好きとのことでした(笑)。
私はどちらも好きなので、両方かけちゃいます。

DSCF3163 (480x360)
トマトは大きめの櫛切りです。
紫色の海藻?は、これまでも出て来ていたと思うのですが、この日は食感がいつもとは全く違いました。
かなりシャキシャキとしていて、ざらっとした食感です。
決して嫌いな訳ではありませんが、いつもとのあまりに違いにビックリ。
種類を変えた?それとも、戻し方が違う?

DSCF1361.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
もずくが入っているのがわかるでしょうか?
もずくのぬめりもちゃんとあって、とてもサッパリ味です。

DSCF3461_20140228214406cdc.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
人数の多いテーブルにはお料理を運ぶためのワゴンが登場します。


完熟トマトソースのチーズのせハンバーグ  (1,500円)
DSCF3165 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
すぐに続いてライスとお味噌汁が出てきます。
メイン、スープ、ライスのセットです。
ただ、Iさんの料理が一番最後に出て来たのですが、ワゴンの上にはそれ1つだけなのに、ライスとお味噌汁は忘れられていました(笑)。

DSCF3169 (480x360)
ご飯は白くて丸い平皿に盛られています。

DSCF3170 (480x360)
こちらは普通盛りです。

DSCF3179 (480x360)
ご飯が大好きなIさんにご飯をおすそ分けしたので、実際に食べたのはこれだけ。

DSCF3167 (480x360)
お味噌汁は赤い器に入っています。
たっぷりのアオサ?岩のり?が入っていて、長ネギの白い部分のみじん切りが散らしてあります。
いつも同じの定番です。

DSCF6453 (480x360)
シンプルですが、ダシが効いていて、トロッとした口あたりがたまりません。
この日は最後に食べたので、ちょっとぬるくなってしまって失敗(汗)。
ただ、これは個人的に美味しくて気に入っています。

DSCF3172 (480x360)
ハンバーグの中で一番お高いメニューです。
鉄板には右にハンバーグ、左に野菜がのせられ、たっぷりのトマトソースとチーズがかけてあって、ハンバーグがほとんど見えません(笑)。
このお店の野菜のボリュームにはいつも驚かされますが、これも同じくたっぷりでした。

DSCF3174 (480x360)
ただ、せっかく紙エプロンをつけてスタンバっていたのに、鉄板はジュージューしていなくて、ソースが泡立つこともありませんでした(泣)。
作り終えてから運ばれるまでの放置プレイの時間が長いからなのか、それともそもそもジュージューさせていないのかわかりませんが、「祭り屋」さんは熱々の状態が出てこないことがままあります。
帰りがけに見かけた他のテーブルでは、ジュージューと音をたてていい香りをさせていたお料理もあったので、タイミングが悪かっただけなのかもしれません。
お肉たっぷりで野菜がてんこ盛りでお値段はそれ程お高くないので、このブレさえなければ本当に良いお店だなと思うので、本当に残念です。
この日は三人とも鉄板を使う必要のない温度で、特にIさんは結構遅れて出て来たのに、やっぱりジュージューしていませんでした。

DSCF3178 (480x360)
ハンバーグにはたっぷりの野菜が添えられています。
わかりにくいですが、赤パプリカ、インゲン、ナス、ジャガイモ、ニンジンなどなど、種類が豊富です。
しかも、切り方がとっても大胆で、一つ一つがでっかい!
ニンジンは縦半分ぐらいのカットで、しかもこれ、2本も入っていました。
写真を撮り忘れましたが、ジャガイモも同じような感じです。

DSCF3182 (480x360)
赤・黄パプリカも一個分ぐらい入っているんじゃないかと思わせる分量です。

DSCF3175 (480x360)
ただ、完熟トマトソースはちょっと煮詰めるのが弱いのか、水っぽかったです。
酸味などはありますが、塩気も淡く、ソースとしての旨みがあまりなかったので、でっかいカットの野菜を食べているとちょっと単調でした。

DSCF3183 (480x360)
ハンバーグを半分に切って断面を見ると、ほんのりピンク色です。
お肉の味がしっかりしていて、量も190gあるのでかなり食べごたえがありました。

DSCF3185 (480x360)
この日のレシートです。


ご飯を半分にしたのに、食べ終えたらお腹がパンパンになりました。
ジュージューしていなかったけれども、Iさんも気に入ってくれたようでよかったです。

ご飯好きのIさん、なんと先輩と私からご飯をそれぞれ半分ずつもらったのに、さらに少し少なめでおかわりを注文(笑)。
それまで使っていたお皿ではなく、新たなお皿に盛られて出て来ました。
常々ご飯好きだと思っていたし、「たけだ」でもたくさん食べていましたが、本当にビックリ。
でも、こんなにご飯を食べているのにすごく細くてスマートなので、羨ましい!!
どうして?!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【ランチ】
  もも肉ステーキ     (2007年7月30日
  リブロースステーキ (2010年10月14日
  塩焼きカルビステーキ (2007年7月6日
  ペペロナータハンバーグ (2011年3月18日
  チーズドラムハンバーグ(2008年5月7日
  完熟トマトソースのチーズのせハンバーグ (2014年3月11日
  ハンバーグとポテトのラクレット (2008年10月9日
  煮込みハンバーグ   (2007年11月28日2008年12月24日
  おろしハンバーグ  (2011年12月26日2013年3月1日2013年4月9日)  
  ビーフシチュー  (2008年6月26日2009年7月29日
  コラーゲンいっぱいのシチュー (2011年1月18日
  ハンバーグとカキフライ盛り合わせ (2010年2月12日
  牛タンシチュー (2013年11月8日

【ディナー】
  2008年1月7日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF1340.jpg

DSCF6427 (480x360)

DSCF6428 (480x360)

DSCF3149 (480x360)

DSCF3150 (480x360)

DSCF3151 (480x360)

DSCF3152 (480x360)

DSCF3153 (480x360)

DSCF3155 (480x360)

DSCF3156 (480x360)

DSCF3157 (480x360)

DSCF3158 (480x360)

DSCF3159 (480x360)

DSCF4110_20120922091104.jpg

DSCF4114_20120922091103.jpg

DSCF6429 (480x360)

DSCF6426 (480x360)


2014年3月11日訪問時お店DATA
********************************
五番町 祭り屋 ステーキハウス (まつりや) 
〒102-0076 
東京都千代田区五番町10-2 五番町センタービル1階
TEL&FAX 03-3237-0218
営業時間  11:00~23:00(LO 22:00)  *家具販売は10時~23時
定休日 なし(12/31~1/3を除く)
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/07 08:00】 | ハンバーグ | トラックバック(0) | コメント(2) |
九州 熱中屋 市ヶ谷LIVE追加公演  @市ヶ谷
早いもので今週も今日一日がんばれば終わりです。
土日はお天気が崩れそうで残念ですが、近づく春を少しでも楽しめればなと思っています。
みなさまも、楽しい週末を☆

本日は、2015年2月6日にオープンした「熱中屋」のレポートです。

DSCF9067 (480x360)
2015年2月27日は週の最後の金曜日、上司とOさんがお昼時に不在だったので、外へ一人でランチを食べに出ました。
先輩も誘ったのですが、持参のお弁当を食べるとのこと。残念。

DSCF2209_20111125052736.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

少し前に食べログのニューオープンで見つけた「九州 熱中屋(ねっちゅうや) 市ヶ谷LIVE追加公演」という新店に行こうと思い、市ヶ谷方面へ行きました。

DSCF9100 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅からお堀の橋を越えて外堀通りの交差点を渡ったところに新高ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

新高ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には、2013年4月16日にランチ訪問した「名代 富士そば 市ヶ谷店」
2階と3階には、2010年8月4日にランチ訪問した「海鮮居酒屋 はなの舞 市ヶ谷店」
があります。

DSCF9099 (480x360)
ビルの入口の前には小さなランチメニューの看板が出ていました。

DSCF9098 (480x360)
さらに進むと、小さな看板とよく見かける新聞かけがあります。
実際にかけてあるものが何だったのか、確認しませんでした。

「熱中屋」は株式会社ゴールデンマジックが展開する飲食チェーンのブランドで、「旬の鮮魚と九州のうまい料理が楽しめる“活気ある”大衆酒場」がコンセプトで、九州の雄大な自然の中で育まれた『霧島黒豚』、『呼子イカ』、『豊後さば』などの食材をはじめ、今や人気の定番鍋「もつ鍋」、手作りの「鉄鍋餃子」、「薩摩揚げ」など皆に愛される九州郷土料理をいただけるそうです。
東京を中心に50店舗以上展開していて、「市ヶ谷LIVE追加公演」は2015年2月6日にオープンしました。
支店を「LIVE」と表記するのが面白いです。
追加公演とあるのは、実は同じビルの2階には2012年11月28日にオープンした「市ヶ谷LIVE」があるからです。
奥の看板の下の方に「2F」と書かれているのがわかるでしょうか。
ただし、ランチ営業はないようです。

DSCF9097 (480x360)
お店は地下1階なので、内階段を降りて行きます。
壁にはディナーメニューの美味しそうなポスターが飾ってありました。

DSCF9096 (480x360)
踊り場から更に下に行くと、黒を基調とした内装になっています。

この場所には2011年11月10日にランチ訪問した「九州藩」がありましたが、2015年1月までに閉店したようです。
この内装は「九州藩」当時のままだったので、私は「熱中屋」も九州をうりにしていることから、業態変更だと思っていたのですが、株式会社ゴールデンマジックは居抜き物件に特化した店舗展開を行っているそうなので、そのまま使われているようです。

DSCF9094 (480x360)
入口の前には白地に黒の文字が書かれた暖簾がかかっていました。

DSCF9093 (480x360)
「九州藩」時代にあったこちらの飾り物も健在です。

DSCF2195_20111125052659.jpg
「山賀灯籠」とは、熊本県山鹿市で木や金具は使わず和紙と糊だけで作られる灯籠だそうで、この灯籠を使った山賀灯籠まつりは熊本県を代表する年中行事だそうです。

DSCF9092 (480x360)
入ってすぐ左に大きな水槽がありました。
でも、、、何故か空っぽです。

DSCF9056 (480x360)
店内はかなり広く、中央左手に厨房とカウンター、右手にテーブル席が並んでいました。
内装は「九州藩」時代とほぼ同じだと思います。
木目がたくさんあって、照明をやや黄色くして落ち着いた雰囲気です。

DSCF9055 (480x360)
12時10分頃に入店すると、店内は半分ほどの人の入り。
女性店員さんに促され、カウンター席の真ん中ぐらいに着席しました。

DSCF9054 (480x360)
卓上にはお水の入ったポット、コップ、爪楊枝、調味料などが置かれています。
灰皿があるので喫煙はオッケーのようです。
お水はセルフで入れます。

DSCF9060 (480x360)
お~、鹿児島の黒千代香があるのがいいですね~。
夜はこの卓上コンロで温めながらいただくのでしょうか。

DSCF9059 (480x360)
おみずをいただきながら、メニューを検討。

DSCF9046 (480x360)
ランチメニューです。

メインメニューは五島うどんで、アゴ出汁か釜玉を選び、それにご飯やチキン南蛮をつけるスタイルです。
チキン南蛮のご飯メニューもあります。
お値段は550円から850円とお安目です。
トッピングもいろいろあります。

DSCF9061 (480x360)
私は一番上に書かれてイチオシらしいアゴ出汁五島うどんにチキン南蛮がついたCセットを注文。
実は体重が高止まり気味だったので、メインがおうどんで助かりました(笑)。


Cセット アゴ出汁五島うどん  (780円)
DSCF9062 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
メイン、サイド、お新香のセットです。
黒くて丸いお盆に載せられていました。

DSCF9064 (480x360)
おしぼりは白い半透明のビニール袋に入っています。

DSCF9065 (480x360)
レンゲは木製で、掬う部分が赤、それ以外が黒でした。

DSCF9067 (480x360)
いただきま~す!

DSCF9078 (480x360)
お新香は白菜でした。
ご飯はないので、あまりいらなかったかも。

DSCF9074 (480x360)
まずはのびないように、五島うどんから。
かなり背の高い黒い大きなドンブリでした。
チビな私にはちょっと食べ辛いかも。
具がシンプルで、ほぼかけうどん状態です。

DSCF9076 (480x360)
西の方らしく、うどんのつゆは薄茶色で透明です。

DSCF9075 (480x360)
トッピングは刻みタマネギです。
おうどんでは珍しいような?
熱があまり通っていないとシャリシャリとした食感を楽しめ、熱が通ると甘味があって、なかなか美味しかったです。

DSCF9083 (480x360)
うどんのおつゆはほんのり甘く、塩気も程よくて美味しかったです。

DSCF9087 (480x360)
五島うどんって、多分初めて食べましたが、細めなんですね~。
歯応えはそれ程でもなく、つるつるとのど越しがよかったです。

DSCF9070 (480x360)
チキン南蛮は一口大のものが2つありました。

DSCF9071 (480x360)
タルタルソースがたっぷりかかっています。
酸味がしっかりと利いていました。

DSCF9088 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
確か、まだほんのり温かだったと思います。
衣はやや厚めでしたが、お肉は柔らか。

DSCF9063 (480x360)
この日の伝票です。


全体のボリュームは普通です。
滅多に食べることの出来ない五島うどんが気軽にランチで食べられたのは嬉しかったです。

実はこの日、上司が午後まで戻らないと思っていたので、ちょっと距離のある「いきなり!ステーキ」にでも食べに行こうかなと思っていたのですが、見込み違いで上司がお昼時間中に事務所に戻ってきてしまいました(汗)。
遠出しなくてよかった~(笑)。


ランチメニューです↓
DSCF9046 (480x360)

DSCF9049 (480x360)

DSCF9051 (480x360)

DSCF9053 (480x360)


2015年2月27日訪問時お店DATA
******************************
九州 熱中屋 市ヶ谷LIVE追加公演 (ねっちゅうや)
〒162-0844 
東京都新宿区市谷八幡町1 新高ビル地下1階
TEL  03-3269-9411
営業時間
[平日] 11:30~14:00 17:00~23:00
[土日] 17:00~23:00 
定休日 無休
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/06 05:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(3) |
スペイン料理&バル MESON CERVANTES  @市ヶ谷
昨日はかなり気温が上がるといっていたので、お昼に外に出る時に楽しみにしていたのですが、意外に寒くてビックリ。
コートを着て出ていてよかった~。
その後かなり暖かくなったそうですね。

DSCF3128 (480x360)
2014年3月10日は週の最初の月曜日。
上司・Oさん・Iさんが午前中の仕事がおしてかなり遅く出かけてから、先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
このところ外へ食べに出るチャンスがたくさんあって、行きたいお店にかなり行けていたので、どのお店にしようかちょっと迷いました。
そういえば「スペイン料理&バル MESON CERVANTES(メソン・セルバンテス)」にこのところ行っていないし、ちょっとランチメニューが変わったようだったので、先輩に提案してみたら、即答でオッケーでした。

2008_1128画像0059
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、二つめの交差点を右に曲がってすぐ右手にこちらの建物があります。

2008_1128画像0058
セルバンテス文化センターとは、1991年に設立された国営の組織で、スペイン語の振興と教育、スペイン及びスペイン語圏文化の普及に努めているとのことです。四大陸に70以上の支部があり、2007年9月から業務を開始したこちらの東京支部は最大規模だそうです。
余談ですが、私の大学時代の友人で、ここにスペイン語を習いに来ている人がいました。

2008_1128画像0056
こちらは以前撮影した写真です。
2008年10月6日から、このビルの最上階である7階に「メゾン・セルバンテス」がオープン。
こちらは株式会社スペインクラブが展開するスペインクラブグループの一つです。

ビルの前に置かれている看板は結構小さめです。

2008_1128画像0054
ビルに入ると、中の壁が鮮やかな黄色と赤になっていました。
さすがスペイン! 華やかでとってもオシャレ。

2008_1128画像0052
入口からすぐ右の所に受付の方がいて、挨拶してくれます。

2008_1128画像0053
エレベーター脇のフロア表示では「カフェテリア」と記載されています。

DSCF3141 (480x360)
エレベーターを降りると、すぐ真ん前にお店の入口があります。

DSCF3140 (480x360)
入口のディスプレイがずいぶん変わっていました。
以前は小物などが飾ってありましたが、ワインラックが置かれてシンプルになっています。

2008_1128画像0012
お店の中へ。
店内は広くて天井が高く、大きな窓に囲まれているのでとても明るいです。

2008_1128画像0013
これは、、、ゴヤかな? 無教養ですんません(汗)。

2008_1128画像0018
フロアの右側はカウンターバーになっていて、生ハムがどんと塊で置かれています。

DSCF3787.jpg
カウンターの冷蔵ケースの中には、ランチタイムだとスイーツが入っています。

DSCF3788.jpg
左端にはいろいろなディスプレイが飾られていました。

DSCF3790.jpg
奥の棚にはお皿などのストックが置かれている場所なので、店員さんがよく出入りします。

店員さんはスペイン人?なのでしょうか、外国人の方も多く、明るくて丁寧な接客です。

2010_0512画像0001
前回ランチ訪問したのは2013年2月18日だったので、約1年1ヶ月ぶりとご無沙汰でした。
ディナー訪問は2009年2月27日2011年12月28日にしたことがあります。

2008_1128画像0042
文化を広めるという役割だからか、インテリアの製品がどれもこれもとてもオシャレで、自分の家で使いたいようなものがたくさん。こちらのイスも色違いのビロードがとってもかわいい。

2010_0512画像0014
窓際の席からは大きなガラス窓から外を眺めることが出来ます。

2010_0512画像0015
窓の外には、カラフルなイスやテーブルがいくつも置かれたテラス席がありました。
天気の良い時期なら、すっごく気持ちよさそう!

入店したのは12時50分頃でしたが、店内はほぼ満席。
サラリーマン以外にも、奥様同士のお食事会的な人たちもいらっしゃいました。

DSCF3113 (480x360)
テーブルを片付けてもらってから奥の2人用テーブルに着席。
卓上には藤籠に入ったかとラリーセット、紙ナプキン、オリーブオイルが置いてあります。

2008_1128画像0016
こちらは以前撮影した写真です。
スペイン産のオリーブオイルでした。

2008_1128画像0017
有名ブランドなのでしょうか。

DSCF3112 (480x360)
ワイングラスに入ったお水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF3107 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF3108 (480x360)
メニューは全部で5種類あり、お値段は1,000円から2,200円と少しお高めです。
偶にしか来ないというのもあり、少しずつメニューが変わっていました。

DSCF3109 (480x360)
メニューは注文が終わると下げられちゃったので、注文する前に先に撮影(笑)。

DSCF3110 (480x360)
最初はセルバンテス定食に目が止まりましたが、次を見たらイベリコランチなるものを発見。
イベリコ豚を使ったメニューで、イベリコ豚のハツ、チョリソーとソーセージのトマト風味シチューとのこと。
スープ、サラダ、デザート付きで、パンまたはサフランライスを選べます。
パンまたはサフランライスは、プラス300円でミニパエリアに変更することも可能です。
肉食女子の私たちは、二人ともこちらのメニューを注文(笑)。


スープ
DSCF3115 (480x360)
最初にスープが出て来ました。

DSCF3116 (480x360)
スープはやや大きめなお皿に入っていて、ダブルソーサーになっています。
デザインが可愛い。

DSCF3119 (480x360)
コンソメスープでしょうか、薄茶色い透明のスープがたっぷり。
中に細かく切った野菜などが入っていました。

DSCF3121 (480x360)
一口啜ってみるとあっさり目のコンソメスープでしたが、コショウが結構きいていて、パンチがあって美味しかったです。

DSCF3123 (480x360)
具は白菜・ニンジン・キノコなどなど、かなり種類が豊富でした。


サラダ
DSCF3124 (480x360)
次にサラダが出て来ました。
小さな白い器に野菜がたっぷり盛られています。

DSCF3125 (480x360)
大胆にちぎってあるリーフレタス、水菜、櫛切りのトマトなどが入っていました。

DSCF3126 (480x360)
ドレッシングはあらかじめかけてありましたが、濃い味好きの私にはちょっと少なめでした。
ただ、ドレッシングそのものは、手作りでしょうか、酸味がすごくしっかりときいていて好みの味です。


イベリコランチ  (1,500円)
DSCF3128 (480x360)
サラダを食べている途中、メインが登場!
続けてパンも出てきました。

DSCF3129 (480x360)
パンは白い小さな平皿にのせられています。
一人1個なので、二人分です。

DSCF3131 (480x360)
見た目は素朴なバケットで、断面はちょっと詰まっていそうに見えますが、中はとてもふんわりとしていました。
卓上にオリーブオイルがあるので、バターはついていません。
私はお料理のソースをぬぐって食べるのがほとんどです。

DSCF3127 (480x360)
シチューは四角いですが丸くくりぬかれているちょっと個性的な器に入って出て来ました。

DSCF3132 (480x360)
トマトベースのシチューにはゴロゴロと入ったお肉のほか、ニンジンやお豆なども入っていて、とても具沢山。
お肉は大ぶりにカットされていて、とっても美味しそう。

DSCF3133 (480x360)
どれがハツでどれがチョリソーかソーセージか、っていうのはあまり気にしないでガツガツ食べちゃいました(笑)。
ハツは歯応えがしっかりしていて、お肉食べた感がすごくあります。
予想以上にお肉がたっぷりと入っていたのと、しっかりと噛みしめて食べたせいかとてもお腹が一杯になりました。

DSCF3134 (480x360)
お豆もよく煮えていて美味しかったです。
ただ、トマトの酸味が利いたシチューはしっかり味で美味しかったのですが、ちょっとぬるかったのが残念。
後から先輩その話をしたら、先輩の方は熱々で、猫舌なので食べにくかったとのこと(汗)。
そんなに差があったのは何で?!


デザート
DSCF3137 (480x360)
食事を終え、デザートが出て来ました。

DSCF3136 (480x360)
確か、イチゴのパウンドケーキだった記憶があるのですが、、、(汗)。
甘さは控えめで、生地がすごくしっとりとしていて美味しかったです。

DSCF3138 (480x360)
この日の伝票です。


お値段はちょっとお高めですが、スープ・サラダ・メイン・パン・デザートとフルコースでいただいて、美味しかったしとてもお腹いっぱいになりました。
しばらくご無沙汰していたのが残念なぐらい、先輩も私も大満足です。
セルバンテス定食もとても気になるので、早く再訪したいです。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちらです↓・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  メニューC (2008年11月25日
  メニューD (2010年5月12日2010年12月24日
  メニュー・デ・セルバンテス 
    メルルーサのソテー パプリカのソース (2013年2月18日
  イベリコランチ (2014年3月10日

[ディナー]
  1回目  2009年2月27日 
  2回目  2011年12月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF3107 (480x360)

DSCF3108 (480x360)

DSCF3109 (480x360)

DSCF3110 (480x360)


ディナーのフードメニューです↓
DSCF4312.jpg

DSCF4273_20120930212631.jpg

DSCF4274_20120930212537.jpg

DSCF4275_20120930212536.jpg

DSCF4276.jpg

DSCF4277.jpg

DSCF4278_20120930212536.jpg

DSCF4279_20120930212536.jpg

DSCF4280_20120930212421.jpg

DSCF4281_20120930212420.jpg

DSCF4282_20120930212420.jpg

DSCF4283.jpg

DSCF4284.jpg

DSCF4285_20120930212419.jpg

DSCF4287_20120930212317.jpg

DSCF4288_20120930212317.jpg

DSCF4289_20120930212316.jpg

DSCF4290_20120930212316.jpg

DSCF4291_20120930212316.jpg

DSCF4292_20120930212316.jpg

DSCF4302_20120930212213.jpg

DSCF4303_20120930212213.jpg

DSCF4304_20120930212111.jpg

DSCF4305_20120930212111.jpg

DSCF4306_20120930212111.jpg

DSCF4307_20120930212111.jpg

DSCF4308_20120930212110.jpg

DSCF4309.jpg

DSCF4310_20120930212003.jpg

DSCF4311_20120930212003.jpg


ディナーのドリンクメニューです↓
DSCF4272_20120930212631.jpg

DSCF4225_20120930213214.jpg

DSCF4227_20120930213214.jpg

DSCF4228.jpg

DSCF4229.jpg

DSCF4230_20120930213128.jpg

DSCF4231_20120930213128.jpg

DSCF4232_20120930213128.jpg

DSCF4233.jpg

DSCF4234_20120930213127.jpg

DSCF4235_20120930213036.jpg

DSCF4236_20120930213035.jpg

DSCF4237_20120930213035.jpg

DSCF4238_20120930213035.jpg

DSCF4239_20120930213035.jpg

DSCF4240_20120930213035.jpg

DSCF4241_20120930212927.jpg

DSCF4242_20120930212927.jpg

DSCF4243_20120930212927.jpg

DSCF4244_20120930212927.jpg

DSCF4245_20120930212927.jpg

DSCF4246_20120930212926.jpg

DSCF4247_20120930212823.jpg

DSCF4248_20120930212823.jpg

DSCF4263_20120930212728.jpg

DSCF4264_20120930212728.jpg

DSCF4265.jpg

DSCF4266_20120930212632.jpg

DSCF4267.jpg

DSCF4268.jpg


2014年3月10日訪問時お店DATA
********************************
スペイン料理&バル MESON CERVANTES (メソン・セルバンテス)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町2-9 セルバンテスビル7F
TEL 03-5210-2990
FAX 03-5210-2977
営業時間 
[カフェタイム]   10:30~17:00
[レストランタイム] 17:00~22:30
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/05 05:00】 | スペイン | トラックバック(0) | コメント(10) |
吉野家 四ッ谷駅前店  @市ヶ谷
昨日は最高気温が10度だったのに、今日は18度とか。
暖かくなるのは嬉しいですが、身体が付いていくのが大変だし、服をどうするか悩ましいです(汗)。

DSCF2982 (480x360)
2014年3月7日のランチは、Iさんと一緒に午前中出かけていた上司が「吉野家(よしのや) 四ッ谷駅前店」で全員分の牛丼を買ってきてくれました。
前日は先輩の提案で「ケンタッキー」を食べていたので、上司がファストフードに目覚めたのかと思ったのですが、何でも前の日の夜に「ラルゴ」でディナーをしたそうで、帰りがけに同じビルの1階にある「吉野家」を見てすごく食べたくなったとのこと。
ありがたくご相伴させていただきました。

このところの上司はさすがに「松月庵」に飽き飽きしてきたようで、何とか食べないようにがんばっています(笑)。

DSCF2431_2014020307292359d.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅を出てい新宿通りの右側を新宿方面に進み、最初の角にお店があります。

DSCF2432.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
こちらは新宿通りに面した出口です。

説明するまでもないとは思いますが、「吉野家」は、株式会社吉野家ホールディングスの子会社である株式会社吉野家が運営する大手飲食チェーン店で、牛丼チェーンの店舗数では「すき家」に次いで多く、国内に1,200弱の店舗を展開しているそうです。

DSCF2433_201402030729278a4.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
しんみち通りに続く小道にテイクアウト用の窓口があります。

DSCF2434_20140203072929587.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
テイクアウトのメニューです。

DSCF2435_2014020307293141f.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
単品だけでなくサイドメニューやセットもあります。

前回ランチを購入したのは2013年2月4日だったので、1年1ヶ月ぶり、2回目です。
市ヶ谷にも支店があり、そちらでは2012年6月28日のランチで購入したことがあります。

DSCF2969 (480x360)
5人分なので大きなビニール袋に入れられていました。
一般的な白いもので、よく見る「吉野家」のロゴが入ったものではありません。

DSCF2970 (480x360)
袋から取り出した一人分はこんな感じです。

DSCF2971 (480x360)
上司が買ってきたのでお箸はそのままいただきました。

DSCF2972 (480x360)
箸袋には「吉野家」のロゴが入っています。

DSCF2973 (480x360)
牛丼は、フタと容器が薄いオレンジ色のプラスチック製の器に入っています。

DSCF2974 (480x360)
フタには消費期限や連絡先が記載されたシールが貼ってありました。

男性陣は牛丼の大盛り、女性陣は牛丼の並盛です。

DSCF2975 (480x360)
薬味の紅ショウガは小袋でついています。

DSCF2977 (480x360)
裏側はこんな感じ。

DSCF2978 (480x360)
七味唐辛子も同じく小袋でついていました。

DSCF2980 (480x360)
フタをオープン!
具が敷き詰めてあるのでご飯は見えません。
全体的に真っ茶っ茶。

DSCF2981 (480x360)
具は牛肉とタマネギの2種類と、とってもシンプル。


牛丼 並盛 (380円)
DSCF2982 (480x360)
紅ショウガも七味唐辛子も全部かけてからいただきました。
いただきま~す。

DSCF2983 (480x360)
お肉は少し甘めな味がしっかりとしみていて、柔らかです。
時折タマネギの食感を感じました。

DSCF2984 (480x360)
ご飯のボリュームはそれ程多くありません。

DSCF2507.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
この日のレシートです。


久しぶりの牛丼、美味しかったですが、具に比べてご飯が多めなので、紅ショウガを全部のせましたが分配がうまくいかず、ややご飯だけを食べる感じになりました。
私は牛丼は汁だくで食べるのが好きだと上司に話しましたが、汁だくの意味がわからなかったようです。
並盛だったので、午後遅くにはお腹が空いちゃいました。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

牛丼<並盛> (2012年6月28日2014年3月7日
牛焼肉丼 (2013年2月4日
お味噌汁 (2012年6月28日
けんちん汁 (2013年2月4日
生野菜サラダ (2013年2月4日
キムチ (2012年6月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


以前いただいたクーポンです↓
DSCF2509_20140203072626bfa.jpg

DSCF2515_2014020307261537e.jpg

DSCF2514_20140203072634f6f.jpg

DSCF2511_2014020307262874d.jpg

DSCF2513.jpg

DSCF2512_201402030726305e7.jpg


以前いただいたチラシです↓
DSCF2469_20140203072651aeb.jpg

DSCF2471_20140203072653e72.jpg


2014年3月7日訪問時お店DATA
********************************
吉野家 四ッ谷駅前店 (よしのや) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8-14
TEL 03-5363-2205 
営業時間 24時間営業
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/04 05:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(6) |
ケンタッキーフライドチキン 四谷駅前店  @四谷
昨日の夜は今年初めて、鼻が詰まって夜中に目が覚めました。
まだ朝ぐらいしか花粉症の薬を飲んでいなかったのですが、寝不足になるのも困るので、今日からちゃんと1日3回飲まなければ。
あ~、いろんな意味で面倒くさい!

DSCF2943 (480x360)
2014年3月6日は、午前中の仕事がおして、お昼を食べるのが遅くなりました。
普段ヘルシー弁当を食べている先輩が、突然「ケンタッキーが食べたい!」と言い出し、上司に「食べませんか?」と誘って巻き込むことに成功(笑)。

出前館」を見るとかなり待ち時間が長く、さすがに午後の予定に差し障りがありそうだったので、直接「ケンタッキーフライドチキン 四谷駅前店」に買いに行くことにしました。
当初はそれぞれの希望のメニューを別々に購入する予定でしたが、先輩がお店に電話して聞いてみると、わいわいポテトは5人分ぐらいあるとのことで、結局一番お得っぽい、春バーレル(オリジナルチキン8、わいわいポテト)を注文し、一人1つずつ商品を注文。

DSCF4186_20120815042531.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
この日は先輩が買いに行ってくれました。
ありがとうございます!

DSCF4187_20120815042531.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅を出て、新宿通りと外堀通りが交差する四谷見附交差点に面しています。

DSCF4188_20120815042530.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前にその時期のフェアの内容が出ています。

前回購入したのが2011年11月22日だったので、約1年3ヶ月ぶり、2回目です。

DSCF4189_20120815042530.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
この写真だと、営業時間は年中無休で午前7時から午後10時までになっていますが、現在は朝の営業はやめたようで、午前11時からの営業になっています。

DSCF2649.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
1階は販売のみ、地下1階が禁煙フロア、2階が喫煙フロアと禁煙フロアになっています。

DSCF2648_20120810120910.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
販売フロアはそれ程広くはありません。


春バーレル (オリジナルチキン8、わいわいポテト)
DSCF2924 (480x360)
バーレルもポテトの容器も、春らしくピンク色の桜が描かれていました。

DSCF2927 (480x360)
先輩は人生初のバーレルとのことで、かなりテンションアップ↑(笑)。
私も初めてでした。

でも、実際に目の前にしてみると、、、、、意外と小さい。
先輩も同じ感想でした(汗)。

DSCF2928 (480x360)
見慣れたケンタッキーのおじさんのロゴの下には、「Congratulations!」という言葉も入っていました。

DSCF2939 (480x360)
中にはオリジナルチキンがぎっしり。

オリジナルチキンとは、
「KFC創業者カーネル・サンダースが調理法を完成させた1939年以来、74年間、変わることなく受け継がれてきた調理法で、登録飼育農場で育てた国内産ハーブ鶏を使用し、店舗で手づくりしている伝統のフライドチキンです。」
とのこと。
ちなみに、1ピースで237kcalあります。

DSCF2943 (480x360)
一人2ピースずつ食べました。

DSCF2940 (480x360)
まだ充分温かく、変わらぬ味で、久しぶりに食べたら美味しかったです。
指が油まみれになりながらお肉に齧り付いちゃいました。

DSCF2925 (480x360)
ワイワイポテトの入った箱はティッシュケースみたいな大きさです。

DSCF2926 (480x360)
こちらにもモチロン、ケンタッキーのおじさんのロゴが入っています。

DSCF2931 (480x360)
フタを開けてみると、ポテトがぎっしり。
さすが5人前です。

DSCF2934 (480x360)
ポテトはかなり太めの拍子切りでした。
箱の中に入れていたのでちょっと水分が戻って柔らかくなっていましたが、まだ充分に温かく、食べごたえがあってボリュームたっぷり。
この日はOさんが午前中の仕事がのびて「ペンシーズ」で購入したお弁当をぶら下げて途中に帰ってきたのですが、かなりの量があったので、途中から参戦してもらいました(笑)。
5人で食べましたが、それでも最後はかなり無理矢理食べて何とか完食。
ちなみに、Oさんが買ってきていた「ペンシーズ」のお弁当は、まさかの鶏カレー(笑)。
鶏ばかりになっちゃうので、買ってきたお弁当を食べるかどうか迷っていましたが、結局全て食べていました。

DSCF2930 (480x360)
私は春バーレルの他に、フライドフィッシュサンド(320円)をお願いしました。
持ち帰り袋にはKFCのロゴは入っていますが、おじさんの顔はありません。

DSCF2935 (480x360)
中から取り出すとこんな感じです。

DSCF2937 (480x360)
紙ナプキンが入っています。

DSCF2936 (480x360)
フライドフィッシュサンドは、メニュー名が印刷された紙にくるまれていました。


フライドフィッシュサンド (320円)
DSCF2944 (480x360)
お店の説明では、
「フライドフィッシュをまろやかなタルタルソースとさわやかなバジルソースと合わせ、全粒粉ドッグパンでサンドしました。
あっさりとした美味しさが特徴の白身魚(スケソウダラ)を使用しています。」
とのこと。

このフライドフィッシュ、試験的に出したときに爆発的に売れて、通常メニューとして復活したと聞いていたので、すごく気になっていました。

DSCF2945 (480x360)
パンを見てみると、口の先からほんの少しだけフライとタルタルソースがのぞいていました。
バンズの上の部分には塩?が散らしてあります。

DSCF2947 (480x360)
先にチキンやポテトをたらふく食べていて、途中Oさんが事務所に戻るなどしてサンドを食べるのが遅くなってしまったからでしょうか、柔らかい口当たりだったことぐらいしか記憶がありません(汗)。
断面を見ると、バジルソースらしい緑色が見えます。


私は本当はこの時期限定のパリパリ旨塩チキンというメニューも食べてみたかったのですが、久しぶりに食べたオリジナルチキンはいつもどおりの美味しさで満足です。
残してはいけないと思ってポテトをたくさん食べたので、かなりお腹いっぱいになりました。
バーレルのセットは本当にボリュームたっぷりです。
大人数の時はとっても楽しいですね。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

レッドホットチキンラップ (2011年11月22日
オリジナルチキン  (2011年11月22日
春バーレル (2014年3月6日
フライドフィッシュサンド (2014年3月6日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


チラシです↓
DSCF2948 (480x360)

DSCF2949 (480x360)

DSCF2950 (480x360)

DSCF2951 (480x360)

チラシです↓
DSCF2957 (480x360)

DSCF2958 (480x360)

DSCF2959 (480x360)

DSCF2960 (480x360)

DSCF2961 (480x360)

DSCF2962 (480x360)

DSCF2963 (480x360)

DSCF2964 (480x360)

DSCF2965 (480x360)

DSCF2966 (480x360)

DSCF2967 (480x360)

DSCF2968 (480x360)


2014年3月6日訪問時お店DATA
****************************
ケンタッキーフライドチキン 四谷駅前店 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 
TEL 03-5367-2808 
TEL 03-5379-4049(デリバリ専用)
FAX 03-5367-2809 
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分
エリアによりデリバリーあり(配達料200円)

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/03 06:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
レストラン セレブリティクラブ フローラル  @四谷
昨日は冷たい雨の降る日曜日でしたが、みなさま、楽しい週末だったでしょうか?
私は特に予定のなかったこともあり、何だかダラダラと過ごしてしまい、ちょっと反省(汗)。
3月に入ったし、気を引き締めて新しい一週間をがんばります!

DSCF2890 (480x360)
2014年3月5日はお昼時に上司・Oさん・Iさんが不在だったので、先輩と外へ食べに行くチャンスでしたが、お昼時に来客を予定していたので、お弁当の先輩は事務所に残り、私だけランチを外へ食べに出ることに。
この日は冷たい雨が激しく降るとても寒い日だったので、あまり遠出をする気になれず、近場の宿題店として「レストラン セレブリティクラブ フローラル」へ行きました。

DSCF2921 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの正面のビルがスクワール麹町です。
「フローラル」はこのビルの1階に入っています。

DSCF2919 (480x360)
ビルの入口にはランチメニューが書かれた看板が出ています。

このビルには飲食店が「フローラル」のほか、、、、
2階に「レストラン セレブリティクラブ アピアン」、
7階に「レストラン セレブリティクラブ Souvenir」、
の2店舗が入っています。

DSCF2922 (480x360)
このビルに入っている飲食店は、3店舗とも2012年3月12日にリニューアルオープンし、以前は「コーヒーハウス フローラル」という名前だったのが変更されました。
全面ガラス窓なので、外からもよく見えるお店です。

DSCF2915 (480x360)
ビルに入って左側に「フローラル」の入口があります。

DSCF2917 (480x360)
お店の入口にはメニューが出ていました。

DSCF2916 (480x360)
こちらはドリンクメニューです。

DSCF2918 (480x360)
こちらのお店には10年ぐらい前に一度お茶を飲みに来たことがあったので、とても久しぶりです。

DSCF2886 (480x360)
12時5分ぐらいに入店したところ、フロア担当の方が一人しかおらず、ちょうど前にお客さんが入ったこともあって、しばし放置プレイ(汗)。
戻ってきた店員さんに促され、窓際のカウンター席に着席。

フロアはそれ程広くはありません。
左に全面ガラス張りの窓の前にカウンター席、右に厨房があり、それ以外の場所にはテーブル席が並んでいます。
シンプルでカジュアルですが、明るい内装です。

DSCF2887 (480x360)
卓上には紙ナプキンと爪楊枝だけ置かれています。
駅前のロータリーなど、外の景色がよく見えました。

駅近でスクワール麹町がイベントホールを併設していることもあり、サラリーマンではなさそうなお客様も多く、また、喫茶店というスタイルだからか、一人客も多かったです。

DSCF2889 (480x360)
着席すると、お水とおしぼり、小さなカゴに入ったカトラリーセットが出て来ます。

DSCF2888 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF2883 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF2884 (480x360)
こちらのお店のランチメニューは、メインを選択したら、
ご飯orパン
スープ
サラダ
のうちのいずれか2品を選択し、さらに、
コーヒー
紅茶
ウーロン茶
のいずれか1つを選ぶことが出来ます。

DSCF2885 (480x360)
こちらのお店も「サブニール」や「アピアン」と同じくセレブリティクラブシリーズに入っているので、喫茶店スタイルの割には800円から1,500円と、結構お高いラインナップです。
1,500円もするステーキなどがあったので、チャレンジしてみたい気持ちもあったのですが、体重が高止まりだったために自粛。
テリーヌという、前菜なのにメインと設定したちょっと珍しいメニューがあったので、変わったもの好きの血が騒いだのですが、この日はかなり冷え込む寒い日だったので、冷たいメインを食べる気にどうしてもなれず、迷いに迷って結局パスタ(野菜たっぷり)を注文。

DSCF2911 (480x360)
伝票です。

ご飯かパンは選べますが、この日はパスタをチョイスしたせいか、店員さんの方から「パスタだからパンですかね?」と言われました。
ここで敢えて「ライスでお願いします。」と言ってみるのも面白いとは思うのですが、カロリーを抑えるべく、「はい、パンでお願いします。」と答えました(笑)。


パスタ(野菜たっぷり)  (830円)
DSCF2890 (480x360)
10分近く待って、お料理が登場!
メイン、スープ、サラダのセットです。

DSCF2896 (480x360)
パスタ用の粉チーズが別皿で出て来ました。
白い小さなココット皿に入っていて、小さなスプーンが添えられています。
一人分なのにたっぷり目なのが嬉しいです。

DSCF2894 (480x360)
スープは小さめの白いコーヒーカップに入っています。
この日はコーンクリームスープでした。

DSCF2903 (480x360)
身体がとても冷え切っていたので、とろみのついたスープはとてもありがたかったです。

DSCF2891 (480x360)
サラダは小さめの白い器に入っていました。

DSCF2892 (480x360)
レタス、大根と人参の極細切り、プチトマトなどが入っていて、フレンチドレッシングでしょうか、白いドレッシングがかかっていました。

DSCF2897 (480x360)
パスタは白い波形のオシャレな器にたっぷりと盛られています。

DSCF2899 (480x360)
(野菜たっぷり)と表記しているだけあって、ブロッコリー・赤パプリカ・黄パプリカ・インゲン・カボチャ・カリフラワー・ナスなどなど、種類が豊富で彩りたっぷり。

DSCF2900 (480x360)
麺は細麺で、ボリュームが多かったです。
パスタにかかっているソースはトマトベースでした。

DSCF2904 (480x360)
ただ、かなりあっさり味だったので、かなりは辞めにたっぷりと粉チーズをかけちゃいました。
できればタバスコも欲しかったかも(汗)。

DSCF2906 (480x360)
料理を終え、飲み物をお願いしようとしたのですが、店員さんが少なくてつかまえるのが大変でした。
それでも、12時半過ぎぐらいからフロアの人がもう一人増えていましたが。

ドリンクはホットコーヒーをチョイス。

DSCF2910 (480x360)
断るのを忘れちゃったので、ミルクとお砂糖がついてきちゃいました(汗)。
せっかくなので、ミルクだけ入れました。


駅近の環境を考えると、お値段が830円で、メニュー名どおり野菜たっぷりのスープとサラダとドリンクがついたプチコースが食べられたのはお得だと思いますが、あっさりした味付けは濃い味好きの私の好みではありませんでした。
喫茶店らしからぬメニューがたくさんあるので、機会があればチャレンジしてみたいです。


2014年3月5日訪問時お店DATA
*******************************
レストラン セレブリティクラブ フローラル  
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6丁目6番地 スクワール麹町1階
電話 03-5212-1508
営業時間
[平日] 7:30~10:30 11:30~14:30 17:00~21:30
[土日祝] 7:30~10:30 11:30~14:30 17:00~20:30
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/03/02 04:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる