妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
昨日のBBQで食べ過ぎているので、がっつり運動しなければ!
みなさまも、楽しい日曜日を☆

DSCF7675 (480x360)
2014年7月5日は、「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。

教室が始まる前のランチで恒例にしている四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りですが、この日は新店や行ってみたいお店がなかったので、食べログを見て気になっていた「うどん 花咲善伝」へ行きました。

この日は7月なのに雨で肌寒い日でした。
遅刻の人が多く、遅れてスタート。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2014年4月5日だったので、約3ヶ月ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF7595 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「たけのこの水キムチ」で、韓国料理が「鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)」です。


【 たけのこの水キムチ 】
DSCF7592 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。

こちらのキムチ教室は11年目になるそうですが、初めて登場したキムチとのことです。
この日は作業が多かったので、いつもなら先生が作るのを見た後に生徒が実習しますが、同時進行で作りました。

DSCF7594 (480x360)
こちらが主役のたけのこです。
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。

たけのこは生なら茹でます。
水煮の方がいいとのこと。
縦半分に切って、中に入っている白いものを取り除きます。
塩水に万能ネギと一緒に3時間つけ込みます。

この日はたけのこは工場で塩漬けしたものを持って来ていて、万能ネギは実習で塩漬けしました。
教室全員で使う量なので、ものすごく大量!

DSCF7608 (480x360)
先生が塩漬けされたたけのこをグループごとの分量に取り分けてくれました。

DSCF7599 (480x360)
8ミリの厚さに切ります。

切ってから塩漬けしてもいいそうです。
その場合の時間は1時間とのこと。

DSCF7601 (480x360)
次に、万能ネギを塩漬けします。
こちらも全員分なので、すごい量でした。

DSCF7602 (480x360)
時間を短縮するために、多めに塩をふります。

DSCF7600 (480x360)
こちらはイワタケというものです。
高山の岸壁に生えているコケの一種だそうです。
日本にはないのかな?と教室で話していたのですが、ネットで調べたところ、どうやらあるようですが、かなりのレア食材のようです。
これは香りをつけて、黒っぽい色をつけるために使うとのこと。

手に入らない場合には、、、っていうか、ほとんど無理だと思われますが(笑)、干しシイタケでいいそうです。水につけて戻し、2ミリ幅に切ります。

DSCF7611 (480x360)
つけ汁は、水にもち米粉を溶かして沸騰させて、冷まします。

DSCF7614 (480x360)
ナツメは種を取り除き、、、

DSCF7617 (480x360)
すりこぎなどで押し潰して平にしてから細切りにします。

DSCF7619 (480x360)
ダイコンは5センチの長さに切って皮をむき、断面を三等分して1センチに切ります。

DSCF7621 (480x360)
塩を振りますが、しんなりさせなくてもいいとのこと。

DSCF7623 (480x360)
リンゴは上下を切り取ります。

DSCF7628 (480x360)
個人的にあまり見た事のないビジュアルです。

DSCF7625 (480x360)
芯を取り除きます。

DSCF7622 (480x360)
皮ごと、ダイコンよりは薄切りにします。

DSCF7626 (480x360)
ニンニクは薄切りにして、さらに細切りにします。

DSCF7633 (480x360)
なつめと同じ大きさに切ると見た目もいいようです。

DSCF7629 (480x360)
次はセリです。

DSCF7631 (480x360)
セリは茎しか使わないので、葉っぱを取ります。
除いた葉はもったいないので、他のお料理使うといいです。

DSCF7632 (480x360)
茎だけにして、、、

DSCF7637 (480x360)
3センチの長さに切ります。

DSCF7638 (480x360)
塩漬けした全員分の万能ネギを、、、

DSCF7639 (480x360)
先生が各グループに分配。

DSCF7640 (480x360)
この万能ネギは数本ずつで巻き付けるので、とても手間がかかります。
なので、ここで生徒さん達も一緒に巻き巻き。

DSCF7641 (480x360)
ところがこれが、大苦戦!
塩漬けが甘いのでしんなりせず、なかなか小さく丸まってくれない!

DSCF7647 (480x360)
先生のお手伝いをしている「妻家房」のスタッフさんたちもかなり苦しんでいました(笑)。

DSCF7651 (480x360)
いよいよ全体を合わせます。
ダイコンは甘味があるので、軽い塩漬けをしたまま、洗わずに入れます。

DSCF7652 (480x360)
塩漬けしたたけのこは水洗いをしてから水を切っておきます。

DSCF7653 (480x360)
大きめのボウルにつけ汁を入れ、ダイコンとたけのこを投入。

DSCF7655 (480x360)
塩・砂糖・梅エキスを加えて味をつけます。

DSCF7659 (480x360)
イワタケと巻いた万能ネギを加え、、、

DSCF7663 (480x360)
さらにセリを入れます。

DSCF7662 (480x360)
ハサミで短めに切った糸唐辛子を加えます。

DSCF7666 (480x360)
水が少なかったら、足します。
この日はチェジュ島のミネラルウオーターを使いました。

DSCF7669 (480x360)
全体を軽く混ぜ合わせ、最後に松の実を入れて完成です。
激しく混ぜちゃうと、万能ネギがほどけたり、たけのこが折れちゃうからだそうです。

DSCF7671 (480x360)
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

ただ、いつものものとは違い、大きくて丸い形でした。
水キムチは量が多いからかな?

DSCF7673 (480x360)
松の実は壺に入れてから、最後に投入してもいいし、食べる時にのせてもいいとのこと。

DSCF7675 (480x360)
常温で1日置いたら、冷蔵庫に入れます。
食べる時は冷やして汁ごといただくそうです。
3週間は保つとのこと。

DSCF7670 (480x360)
こちらが持ち帰り分のキムチです。
水キムチということもあり、量もたっぷり。

ただ、この日、このビニール袋に入れる時に袋が倒れてテーブルに溢れるという事故が発生(汗)。
レシピがびしゃびしゃになってしまったので、もう一枚いただいちゃいました。


【鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)】
DSCF7593 (480x360)
この日習った韓国料理は鶏肉と野菜の炒め物です。
韓国語だとタッカルビと呼ばれるこちらのお料理、日本でもすっかりメジャーになりました。
2012年2月4日にも習っていて、今回が2回目です。

材料は全て卓上にセットされています。
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF7676 (480x360)
鶏肉はもも肉を使います。
20gぐらいの一口大に切ります。
韓国では丸ごとぶつ切りのお肉も使うとか。

DSCF7678 (480x360)
まずはヤンニョムジャンを作ります。

DSCF7679 (480x360)
小さなボウルにコチュジャン・唐辛子粉・水あめ・タマネギ汁・すりゴマ・ごま油・醤油・砂糖・梅エキスを入れ、、、

DSCF7682 (480x360)
しっかり混ぜ合わせます。
野菜なども入るので、ヤンニョンは多め。

DSCF7685 (480x360)
鶏肉全体にヤンニョムが行き渡るようにしっかり混ぜ合わせます。

DSCF7688 (480x360)
味がしみるまで、1時間置きます。

DSCF7694 (480x360)
キャベツは芯を取り除き、かなり大きめにざっくりと切ります。

DSCF7696 (480x360)
パプリカは中の白い部分を取り除き、一口大に切ります。

DSCF7699 (480x360)
赤と黄のパプリカは大きさを揃えて切ります。

DSCF7702 (480x360)
タマネギも同様に。

DSCF7706 (480x360)
これはズッキーニではなく、韓国カボチャと呼ばれるエホバッです。
ない時はズッキーニで代用できます。
半分に切って1センチ幅に切ります。

DSCF7710 (480x360)
とっても色鮮やかですね~。

DSCF7712 (480x360)
フライパンにお肉を入れて、火をつけます。

DSCF7713 (480x360)
ヤンニョムにごま油を入れているので、油は敷きません。

DSCF7716 (480x360)
ニンニク・ショウガのみじん切り、お酒を投入。

DSCF7718 (480x360)
しっかり混ぜ合わせます。

DSCF7720 (480x360)
次に野菜を入れます。
まずはタマネギを入れ、、、

DSCF7721 (480x360)
次にキャベツを投入。

DSCF7723 (480x360)
しっかり混ぜ合わせます。

DSCF7724 (480x360)
残りの野菜も投入。

DSCF7727 (480x360)
みじん切りのネギ、水あめを入れ、、、

DSCF7726 (480x360)
最後にカレー粉を加えて強火で炒めます。

DSCF7729 (480x360)
最後にエゴマの葉を入れて軽くかき混ぜ、火を止めてからすりゴマを入れます。

DSCF7731 (480x360)
こちらで完成!

DSCF7733 (480x360)
楽しい試食タイムです☆

DSCF7734 (480x360)
こちらは先生が作ったタッカルビ。
最後にいりゴマを飾り用にトッピングするといいそうです。

DSCF7735 (480x360)
先生の作ったお料理だけだと生徒さん全員に行き渡る量がないので、上のレストランで作っていただきます。

DSCF7736 (480x360)
見た感じはあまり変わらないような?

DSCF7737 (480x360)
いただきま~す!

DSCF7739 (480x360)
食べると少し甘めのピリ辛ですが、後から辛さが来ます。
お肉は柔らかで、とっても美味しいです。

先生の方が汁だくで野菜がシャキシャキしていて、サッパリ・フレッシュな味付けでした。
エゴマの葉の風味がとっても感じます。
作り立てかどうかというのもあると思いますが。

最後に残った汁にご飯を入れてごま油を入れて食べると美味しそうです。
レストランでは鉄板で炒めているとのこと。
いわゆるポックンパッですね。

タッカルビには、今日の材料の他に、サツマイモ、ジャガイモ、ニンジン、トッポギなどをお好みで入れていいそうです。
ボリューム感たっぷりのメインで、お野菜もたくさん食べられるので、家でもぜひ作ってみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日2014年4月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ(カッキムチ) (2010年2月20日2014年3月1日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日
たけのこの水キムチ (2014年7月5日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)  (2014年7月5日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
ワインサムギョプサルとネギの和え物 (2014年4月5日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
スンチェマンドゥ (2014年2月5日
マチム (2014年3月1日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg


2014年7月5日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2015/05/31 08:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
うどん 花咲善伝  @四谷三丁目
今日は地元でBBQをやる予定です。
今回の目玉はラム!
5ミリと1センチの厚さ違いの食べ比べをやる予定で、と~っても楽しみ☆

DSCF7577 (480x360)
2014年7月5日は「妻家房」でのキムチ教室でした。
教室が始まる前にいつもこの界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は新店や行ってみたいお店がなく、食べログを見て気になっていた「うどん 花咲善伝(さかいで)」へ行ってみることにしました。
店名の「花咲善伝」、「さかいで」と読むのにはビックリ。
難しい~。

DSCF7587 (480x360)
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅の3番出口を出て信濃町駅方面に進みます。
四谷警察署を越えた少し先の左手にNK第5ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF7588 (480x360)
店主さんはうどんの本場讃岐と都内のうどん店で腕を磨いて2010年1月20日に独立開業したそうです。
肉うどんシリーズを中心にメニューを展開するほか、野菜ソムリエとして季節毎に多様な創作メニューを提供しているとのこと。

DSCF7589 (480x360)
特に世界のご当地グルメ・特産品をアレンジしたオリジナルうどんを「旅うどん」と命名し、期間限定で提供しています。
この時期はブルガリアうどんでした。
ヨーグルトが使われているとか?
とても独創的なお店なので、雑誌などでよく紹介されているそうです。

DSCF7573 (480x360)
店内はそれ程広くはなく、左に厨房があり、その周りをカウンター席が取り巻いています。
内装は木をたっぷり使っていました。

DSCF7572 (480x360)
男性店員さんと女性店員さんの二人で切り盛りしています。
女性店員さんがうどん茹でるなど調理を担当し、男性店員さんが接客を主に担当していました。

DSCF7570 (480x360)
午後1時半近くに入店したところ、先客2名、後客1名でした。

DSCF7569 (480x360)
私はカウンターの真ん中ぐらいに着席。
卓上には紙ナプキン、爪楊枝、七味唐辛子、アンケートなどが置かれていました。

DSCF7566 (480x360)
アンケートがあるなんて、まるでチェーン店みたいです。

DSCF7568 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF7567 (480x360)
メニューとトッピングの組み合わせについて、人気コラボメニューランキングなるものが貼り出されていました。
トッピングをしたい時は参考になりますね~。

DSCF7563 (480x360)
こちらがメニューです。
種類が多いだけでなく、サイズを大・中・小から選べて、トッピングも多数あります。
ご飯ものとセットにすることも出来ます。
メニュー写真がとても大きくてキレイなので、すっごく食欲をそそられます。

DSCF7564 (480x360)
肉うどんの白などがお店のイチオシのようですが、雨が降ったり止んだりでさほど気温の上がった日ではなかったものの、初めてのうどん屋さんでは冷たい麺が食べたいな~と思い、冷・タンタンうどん(900円)を注文しました。
夏季限定メニューのようで、この年の夏も再登場したとのこと。
「ピリ辛だけどさっぱりとしたお出汁がやみつき!」との説明書きがありました。

ホットペッパーのクーポンで大盛り無料だったので、スマホで該当画面を見せて大盛りをお願いしたところ、「大盛りですか?」とちょっと驚かれちゃいました(笑)。

実はこのクーポン、自宅のパソコン画面で見つけていて、印刷するように書かれていたので印刷しようとしたのですが、何故かプリンターが動かず、半分諦めていたのですが、スマホで見ると、そのまま掲示するだけでいい、となっていました。

DSCF7565 (480x360)
後でメニューの裏側を見たら、グリーンカレーのつけうどんなるものを発見。
「復活! 辛いものが苦手な方はご注意ください。」とのキャッチに、こちらにすればよかったかな~と、ちょっと後悔しちゃいました(泣)。

DSCF7571 (480x360)
ふと上を見上げると、焼酎の霧島シリーズがずらりと並んでしました。
大好きな焼酎ですが、「茜霧島」という種類には見覚えがなかったのでスマホで調べてみたところ、なんとつい半月ほど前に販売が始まった新シリーズとのこと。
あっという間に定価販売は全て売り切れ、早速3・4倍の金額で取引されていました(汗)。
いいなぁ、飲んでみたいです。
さすがにこのタイミングで飲むわけにはいかなかったのが残念。


冷・タンタンうどん 大盛り (900円→大盛りはクーポン利用で無料)
DSCF7574 (480x360)
茹で時間が長いからか、少し待ちました。
15分近く経過し、おうどんが登場!

うどん、お箸、レンゲ、紙ナプキンのセットです。
茶色い長方形の木製のお盆に載せられていました。

DSCF7575 (480x360)
ぶきっちょなので、紙ナプキンがついていたのは嬉しかったです。
自分で縛るタイプでした。
この日は特に食べるのが下手くそだったようで、食べ終わった後かなり点々と汁が飛び散っていて、紙エプロンにとっても感謝(笑)。

DSCF7576 (480x360)
お箸は黒い洗い箸で、紙製の箸袋がついています。

DSCF7577 (480x360)
うどんは中ぶりでやや深めな白い器に入っています。
つゆはひたひた位でした。

DSCF7578 (480x360)
ネギ、野菜、ひき肉が真ん中にこんもりと盛ってありました。

DSCF7581 (480x360)
ネギは長ネギで、ほぼ白い部分のみを白髪ネギっぽく長めに切ってありました。
シャキシャキした食感を楽しめて、味もさっぱりします。

DSCF7579 (480x360)
野菜は小松菜でしょうか。
ナムルというかおひたしみたいになっていて、甘い味つけでした。
甘さが苦手な私はこれがうどんなどと味が混ざらないよう、単独で食べちゃいました(汗)。

DSCF7580 (480x360)
ひき肉はピリ辛の味つけがしてあります。
うどん出汁に溶かし込むと、旨みと辛みが広がりました。
結構量があります。

DSCF7582 (480x360)
たっぷりの白胡麻を散らしてありました。

DSCF7584 (480x360)
うどんは中太ぐらいで、艶艶と光っています。
ラー油などの調味料や出汁がかかっているので真っ白な状態の所はほとんどみられませんでしたが、それでも瑞々しさはとてもよくわかりました。

食べてみると、むちっとした食感で、のど越しもよかったです。
大盛りだけあってボリュームたっぷり。
最初のうちは、トッピングの山の下から食べる分だけを引っ張り出すのも大変なぐらいでした(笑)。

DSCF7586 (480x360)
ラー油のせいか、出汁はややオイリーに感じるときもありましたが、ピリ辛味で美味しかったです。
ただ、お酢でしょうか、酸味が結構あって、さっぱりはしたものの、個人的にタンタン系となるとちょっと違和感がありました。

DSCF7590 (480x360)
帰りがけ、2012年9月1日にランチ訪問した「雲南米線」が閉店しているのに気付きました。

DSCF7591 (480x360)
「今月18日」というのが何月なのかはよくわからなかったですが、2014年夏頃の閉店だったようです。
ゴージャスな水餃子をもう一度食べに行きたかったので、かなり残念でした。


個人的には「胡桃屋」のうどんの方ががっしりしたコシがあって好きですが、大盛りを食べてスープも全て飲み干したので、お腹いっぱいになりました。

帰りがけ、近所の方でしょうか、持ち帰りを注文している人がいました。
テイクアウトも出来るってとっても羨ましかったです。


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のランチです↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日2014年6月21日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日

◎ラーメン以外

 1  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 2  キッチン たか (2013年6月15日
 3  うどん 花咲善伝  (2014年7月5日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年7月5日訪問時お店DATA
*********************************
うどん 花咲善伝  (さかいで)
〒160-0004 
東京都新宿区左門町12-8 NK第5ビル1階
TEL 03-3351-3380
営業時間  (昼・夜とも、麺・ダシが終了次第閉店)
[昼] 11:30~15:00  
[夜] 18:30~22:00
定休日 日曜日
地下鉄四谷三丁目駅から徒歩3分
JR中央線信濃町駅から徒歩8分
都営地下鉄新宿線曙橋駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/30 00:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(4) |
沖縄食堂 おなが家  @四谷
今日は久しぶりに雨が降るという予報ですが、今日一日がんばれば楽しい週末です。
5月ももう終わりで、梅雨はもうすぐでしょうか。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、新店でもなく、宿題店でもなく、これまで記事に挙げたことのあるお店なのですが、ランチのコンセプトを大幅に変更したお店をレポートします。

DSCF8484 (480x360)
2015年2月17日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、今日こそは!と思い、先輩と一緒に「沖縄食堂 おなが家(おながや)」のランチへ行きました。
前日も同じように行こうとしていたのですが、ほぼ12時ジャストに上司が帰ってきてしまって断念していただけに、嬉しさもひとしお(笑)。

DSCF8496 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て正面の交差点を渡るとスクワール麹町というビルがあり、新宿通りから麹町方面に向かって一つ隣が麹町東急ビルです。

このビルにはかつてレストラン街があり、
1階に、「おむすびと 麹町店」、
地下1階に、
ビア・チムニー 四ッ谷店」、
KOREAN DINING 長寿韓酒房」、
中国小皿料理 南国亭 四谷店」、
沖縄食堂 おなが家
の最大5店舗が営業していました。

DSCF8497 (480x360)
こちらのビルは建て替えるのではないかという噂があります。
2013年4月22日に1階にあった三井住友銀行を移転して以来、飲食店はどんどん閉店してしまい、現在まで営業しているのは「南国亭」と「おなが家」の2軒のみとなってしまいました。

DSCF8495 (480x360)
2012年4月16日にオープンした「おなが家」には2012年4月18日にランチ訪問しましたが、この界隈では珍しい沖縄料理がいただけるものの、それ以上の印象はなく、その後はご無沙汰していました。

ところが、2014年の秋以降だったでしょうか、ビルの前に出ているランチメニューをふと見てみると、なんだかとっても美味しそうなステーキの写真が出ていて、すごく気になっていました。
おなじく食いしん坊の先輩も見つけていて、二人でずっと行く機会を狙っていました。
何しろ、このビルがいつ建て替え工事に入ってしまうか全くわからなかったので、お店のあるうちに一度食べなければ!と思っていたのです(笑)。

2008_0803画像0089
階段を降りて地下に行きます。
利用したことはありませんが、建物の奥の方にはエレベーターもあります。

DSCF8569.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
階段を降りて右手の一番奥が「おなが家」です。

DSCF8462 (480x360)
手前にあった「ビア・チムニー 四ッ谷店」が閉店しているので、とても広いエリアでいろいろなディスプレイをしていました(笑)。

DSCF8463 (480x360)
ランチメニューが書かれた小さな看板が出ています。

12時15分頃お店に到着すると、3・4人程並んでいてビックリ。
お店の中をのぞいてみると食べ終えそうな人がいたし、事務所からも近かったので、そのまま並ぶことにしました。
ボリューム系ランチなので、圧倒的にスーツ姿の男性が多かったです。

待っている途中、この日の日替りランチであるジャンボトンカツが完売(泣)。
メニュー名の真ん中に「完売」書いてあるのが見えるでしょうjか。
店員さんは、この看板だけでなく、ビルの入口の前に置いてある看板にも完売と書きに行っていたので、とっても忙しそうでした。

DSCF8464 (480x360)
ディナーメニューの紹介の看板や、沖縄の観光パンフレットなども置かれていました。

DSCF8465 (480x360)
小さなテーブルの上には沖縄のお酒がいろいろとならんでいます。
そういえば、最近泡盛とか古酒って飲んでいないなぁ。

DSCF8466 (480x360)
入口の右側にもメニューの書かれた黒板が出ていました。

DSCF8468 (480x360)
入口近くのカウンターにはホットドリンクが置いてありました。
ランチはコーヒー飲み放題で、セルフサービスです。
この日は残念ながら時間がなくて飲めませんでしたが(泣)。

DSCF8530_20120526090719.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入ってすぐ右手にレジとカウンターがあり、厨房に続いています。

DSCF8568.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
フロアはとても広く、テーブル席がたくさん並んでいます。

席数が多いこと、一気にお客さんが入ったこと、フロアの担当者が少ないことなどなど、全体的にとっても忙しそうでした。

DSCF8541.jpg
内装はかなりシンプルで、ところどころに沖縄テイストを散りばめてあります。

DSCF8494 (480x360)
壁にテレビがかかっている場所もありました。

DSCF8474 (480x360)
10分近く待って、入店。
私たちは右手奥の方のテーブル席に通されました。

卓上には布をかけてあるカトラリーセット、爪楊枝、灰皿が置いてあります。
最近ランチタイムも禁煙を掲げているお店が多い中、タバコが吸えるのも人気の理由のようです。

DSCF8469 (480x360)
個別に写真を撮り忘れましたが、お水はビールジョッキで出て来ました。

こちらがランチメニューです。
定番は7種類あり、お値段は600円から1,000円です。
日替りは1種類で、700円です。
沖縄料理はやや後退し、ボリュームガッツリのお肉メニューを前面に押し出しています。
ライスとスープはセルフサービスで食べ放題。
トッピングをすることも出来ます。

DSCF8473 (480x360)
オススメと書かれたサーロインステーキがお目当てでしたが、200gあるという炭火ローストポークもかなり気になりましたが、初志貫徹でサーロインステーキを注文。
先輩も同じです。

DSCF8475 (480x360)
スープとライスは、入口近くの角に大きな業務用のお鍋がセットしてあり、セルフで取りに行きます。

DSCF8476 (480x360)
この週は木・金と二日連続でディナーの予定が入っていて、しかも、体重が高止まりしていたので、ご飯をかなり少なめにしておきました。

DSCF8479 (480x360)
本来ならば平皿に盛りつけるようになっていたのですが、私は食べにくそうなこともあって、スープと同じ小さなカップに入れちゃいました(笑)。
ほんのちょこっと、気持ち程度で我慢!

DSCF8477 (480x360)
スープは容器の下の方を探ってみましたが、具はほとんどありませんでした(笑)。
でも、ショウガがしっかりと効いていて、すっきりとしていて美味しかったです。
お料理が出てくるまでけっこう時間がかかったので、お代わりしちゃいました。

DSCF8482 (480x360)
15分ぐらいかかって、ようやくお料理が登場!


サーロインステーキ  (1,000円)
DSCF8483 (480x360)
いただきま~す。

DSCF8484 (480x360)
ステーキは、丸い木の器にのせられていて、サラダ・ポテト・スパム・ココットが添えられています。

DSCF8488 (480x360)
生野菜サラダは水菜です。
こんもりと盛ってあり、ドレッシングがあらかじめかかっていました。
かなりたっぷりの量のドレッシングで、味が濃いめです。

DSCF8486 (480x360)
薄めですが、スパムがついていたのにはビックリ。
ただ、スパムはかなり塩味がしっかりついていたので、ご飯少なめの私にはちょっときつかったです。

DSCF8489 (480x360)
スパムの下には細長いフライドポテトがありました。
お肉だけでなくジャガイモもあって、かなりのボリュームです。
そのまま食べてもしっかり目の味付けでした。

DSCF8485 (480x360)
お肉は、盛り付けの違いもあって、ちょっと写真のイメージとは違うかな~とは思いましたが、それでもなかなかの大きさです。

DSCF8487 (480x360)
白い小さなココットにステーキのソースが入っています。
少し甘めで濃い味付けでした。

DSCF8490 (480x360)
お肉は厚みが結構あります。
一口大に切ろうとしたら、赤身なので、かなり抵抗が(笑)。
お皿が木製なので、力を入れて切ろうすると滑っちゃってとっても切りにくい。
ウッディプレートはオシャレだけど、このお料理に関しては実用的ではなかったです。

DSCF8492 (480x360)
お肉は赤身なので、食べるとかなり歯応えがあります。
下味もほんのりついていました。
ただ、お料理が出てくるまでにかなり待ったのに、何故かお肉は熱々ではなく、やや冷えていたのが残念。
お料理が出来上がっていたのに、配膳が遅れたのかな?
先輩も私も赤身のお肉が大好きなので、しっかり噛み締めていただきました。

DSCF8493 (480x360)
この日の伝票です。


時間がなかったので、コーヒーは飲まずに事務所へ戻りました。
ステーキのソース、たっぷりのドレッシング、スパムと、しっかり味好きの私でもちょっと強く感じるぐらい、全体的にかなり濃いめの味付けでした。
ガシガシ噛んでいると、お肉食べている~という満足感がすごくあったのはよかったです(笑)。

ランチのコンセプトをがっつり系に変えたのは、私にとってはとても嬉しかったです。
贅沢を言わせてもらえば、沖縄料理でボリューム系をやって欲しいのですが。
ローストポークなどの他のメニューも気になったので、チャンスがあればまた再訪したいです。


ランチメニューです↓
DSCF8469 (480x360)

DSCF8473 (480x360)

DSCF8471 (480x360)

DSCF8472 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF9607_20120526090235.jpg

DSCF9608_20120526090234.jpg


2015年2月17日訪問時お店DATA
******************************
沖縄食堂 おなが家 (おながや) 
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-6 麹町東急ビル地下1F
TEL  03-6272-9021
営業時間
[昼] 11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜] 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 日曜日
JR・地下鉄四ッ谷駅 徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/29 05:00】 | ステーキ | トラックバック(0) | コメント(2) |
佳陽  @市ヶ谷
連日暑いですね~。
幸い、それ程外へ行く用事がなく、今のところ、あまり太陽光を浴びずに済んでいます。
熱帯夜にはならないので、寝苦しくないのが幸いです。

DSCF7549 (480x360)
2014年7月4日は週の最後の金曜日で、小雨の降りしきるちょっと肌寒い日でした。
午前中の打ち合わせがとても長引き、しかも、上司が午後から市ヶ谷方面で仕事があったため、行きがてらに外でランチをすることに。
上司は事務所から近くて、しかも通り道にあるせいか、「佳陽(かよう)」へ入っていきました。

DSCF8974_20131224053337f23.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りに右側を半蔵門方面に向かって進み、最初の交差点を越えて少し行った先にグローリア初穂平野ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

DSCF8973_20131224053335ac0.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

「佳陽」は2013年11月にオープンしました。

この場所には2012年10月17日にオープンし、2012年10月18日にランチ訪問した「上海料理・四川料理 ミスターバン酒菜 市ヶ谷店」がありましたが、1年ぐらいで閉店したようです。

さらにその前にはこの界隈では老舗だった「金糸」というお店がありましたが、2012年5月25日に閉店しました。

DSCF8975_20131224053340413.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店は地下にあるので、細い階段を降りて行きます。

ランチタイムはメニューの看板が日テレ通りに出ていたと思いますが、こちらの写真は別の日の朝に撮影したのでまだ看板がありません。

DSCF7388_20131219081249bc4.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
フロアは右側にカウンター、左側にテーブル席、奥にもテーブル席があります。
間口のわりには奥が広く、席数も多いです。
内装は、中華料理屋さんにしては西洋風ですが、とっても派手な色使いです。

DSCF7370_2013121908141707d.jpg
前回ランチ訪問したのが2014年6月6日だったので、約1ヶ月ぶり、3回目です。

前の市ヶ谷での仕事の時にもこのお店に行ったので、「嘉賓」通いはしばらく影を潜めているものの、これからはこちらが定番になりそうです(笑)。

DSCF7371.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入店したのは午後1時過ぎでしたが、まだ半分ぐらいの席は埋まっていました。
4人であることを告げると、一番奥の右手にある6人席に通されました。

DSCF6363 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
壁にはメニューやメニュー写真が貼り出してありました。

DSCF6391 (480x360)
店員さんは中華料理屋さんにしては珍しく(失礼!)、愛想がよく、フロアの人だけでなく、厨房の人もいろいろと声をかけてくれます。

DSCF7533 (480x360)
通されたテーブルは、ちょっと奥まった感じで半個室っぽくなっていて、こんな席があるなんて知りませんでした。

卓上にはお水の入ったポット、紙ナプキン、割り箸、爪楊枝、各種調味料が置かれていました。

DSCF7534 (480x360)
どういうサービスかわかりませんが、ぐるなびってこんな事をしているんですね。

DSCF7545 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF6352 (480x360)
ランチメニューです。
初めてランチ訪問した2013年11月26日に比べ、メニューが大きく替わり、四川系などの辛いメニューが増えました。

ランチセットは13種類あり、お値段は700円から800円です。
味付けを、普通辛、中辛、激辛から選べます。
ご飯とスープはお替わり自由です。

DSCF7536 (480x360)
週替りメニューは18種類あり、お値段は700円から800円です。
セットメニューは2種類あり、お値段は980円です。
こちらも、ご飯とスープはお替わり自由です。

DSCF7542 (480x360)
前回のランチでちゃんぽん(辛口)を食べて、圧倒的なボリュームでスープもなかなか美味しくて満足でした。
できればこの日は久しぶりの予定のない金曜日だったので、帰りがけにどこかのラーメン店に行きたいなと思っていたので、できれば麺メニューを、しかも、辛いメニューを食べたいと思っていましたが、そんなに選択肢がありません。
先輩は先週食べた担々麺は量は多かったけどおいしくなかったと聞いていたので、そうなると麻辣麺。
最初にこのお店に来たときに麻辣麺か担々麺のどちらかを食べたのですが、記憶が不確かでメモもなかったので、かなり悩みました。
冷麺系にしようかとも思ったのですが、辛い物を食べたい欲求には勝てず、結局四川風レバー炒め ご飯少なめ(700円)を激辛で注文。


豚肉とザーサイ炒め ご飯少なめ (700円)
DSCF7546 (480x360)
先輩は豚肉とザーサイ炒めをご飯少なめで注文。
メイン、小鉢、お新香、スープ、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆に載せられていました。
お盆やお皿が大きいのでおかずが少なく見えますが、そんなことはありません。

DSCF7547 (480x360)
豚肉とザーサイ炒めはかなりのボリュームで、先輩はお酢をたっぷりかけて食べていました。
一口いただきましたが、塩気や旨みが濃いめでご飯の進む味わいです。


四川風レバー炒め ご飯少なめ  (700円)
DSCF7549 (480x360)
こちらが私が注文した四川風レバー炒めです。
メイン、小鉢、お新香、スープ、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆に載せられていました。

DSCF7550 (480x360)
ご飯は小さな白器に盛ってあります。

DSCF7551 (480x360)
少なめでおねがいしたところ、見た感じも少し少なめだし、店員さんから「少なめです。」とアナウンスを受けました。

DSCF7552 (480x360)
スープはご飯よりも一回り小さい白い器に入っていました。
玉子スープです。
少しとろみが付いていて、あっさり目ながらも優しい味わいで、この日はおかずが濃い味つけなのでちょうど良かったです。

DSCF7556 (480x360)
お新香は中華の定番であるザーサイではなく、刻んだキャベツの浅漬けみたいなものでした。
これまで来たときは2回とも白菜?のキムチ風でしたが、いろいろ変わるようです。
あっさりした味わいで、箸休めにぴったりでした。

DSCF7554 (480x360)
小鉢は冷や奴です。
長ネギの白い部分を刻んだものがほんの少し散らしてありました。

DSCF7557 (480x360)
メインの四川風レバー炒めは驚くほどのボリュームで、お皿にこんもりと小山のように盛られていました。
たっぷりのレバーだけでなく、大きめにカットされたピーマンやタマネギも入っています。

DSCF7558 (480x360)
見た目はそれ程赤くありませんが、こちらは激辛です。
野菜は火を浅く通してあるのでシャキシャキです。

DSCF7559 (480x360)
一口大に切ったレバーは大きさにばらつきがありましたが、小さいものでも柔らかな食感で、大きめのパーツだと中がトロ~ンと柔らかで、とっても美味しい!
レバーは大好きですが、時々カチカチのものが出てくるのでどうしようかかなり悩みましたが、思い切って挑戦した結果、大当たりでした。

DSCF7560 (480x360)
ビシッと辛く、しっかりした味つけで、ご飯がとっても進みます。
いい意味で裏切られて、とっても良かったです。
先輩に一口おすそ分けしたら、「一番の当たりでしたね。」と褒められちゃいました(笑)。
食べても食べてもなかなか減りません。
ご飯を少なめにして本当によかったです。

DSCF7561 (480x360)
この日はおかずの味つけがかなり濃いめだったので、これ以上塩分を取るのはどうかな~と思い、お豆腐はお醤油はかけずにおかずの残り汁で食べてみました。
あんまり変わらない?!


今回この美味しいメニューに当たって思ったことは、やはりいろいろ食べてみないと美味しいメニューが見つからないなぁということです。
最初のランチ訪問ではまぁフツーの感想だったので、自分で再訪することはなかったと思っていたのに、連れられてきたらとてもいいメニューに巡り会うことができました。

メニューの中ではお高い方ですが、それでもボリュームたっぷりでCPは抜群です。
夕方まで全くお腹が空かなかったです。
お腹いっぱい過ぎて、この日の夜にラーメン屋さんへ食べに行くのは諦めました(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

マーボードーフ (2013年11月26日
ちゃんぽん(辛口) (2014年6月6日
四川風レバー炒め (2014年7月4日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF7541 (480x360)

DSCF7542 (480x360)

DSCF7543 (480x360)

DSCF7536 (480x360)

DSCF7537 (480x360)

DSCF7538 (480x360)

DSCF7539 (480x360)

DSCF7540 (480x360)


名刺です↓
DSCF7390_20131219081251951.jpg

DSCF7392_2013121908125369f.jpg


チラシです↓
DSCF6681 (480x360)

DSCF6682 (480x360)

DSCF6683 (480x360)

DSCF6684 (480x360)

DSCF6685 (480x360)


2014年7月4日訪問時お店DATA
******************************
佳陽 (かよう)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-2 グローリア初穂平野ビル地下1階
TEL  03-5211-8408
営業時間 
[昼]11:00~15:00 
[夜]17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 日曜日(予約のみ可)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分
地下鉄麹町駅から徒歩4分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/28 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国ごはん そまりカフェ  @麹町[千代田二番町ランチ屋台]
ついこの間、夜、カバンの中をのぞいたらスマホが激しく光っている!
な、、なんじゃ?!とビックリして取り出したのですが、どうやってライトのように発している光を止めればいいかまったくわからず、しばしかたまっちゃいました(汗)。
そういえば、最後に電車の中で触った時に間違ってタップしたのか関係ない画面が出て来ちゃったことを思いだし、その画面をもう一度出してみたら、ライトマークみたいなものを発見。そちらをタップしたら、ようやく光が消えてくれました。
スマホが懐中電灯代わりになる機能があることすら知らなかったので、本当に焦りました。
一晩中つけっぱなし、という事態にならなくてよかったです。

DSCF7518 (480x360)
2014年7月3日は午後の予定がゆったりしていたので、前日の「タコライス」に引き続き、千代田二番町ランチ屋台にお弁当を買いに行きました。

DSCF6082 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
地下鉄麹町駅から新宿通りを新宿方面に進み、最初の角を右折します。
まっすぐ進んで最初の角の左側に二番町中村ビルがあり、その前のスペースに車が停まっています。
ベルギー大使館のすぐ近くです。

DSCF6083 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
この場所には平日のお昼に移動販売の車がやってきます。
いつもお弁当を買っている千代田四番町ランチ屋台と同じシステムで、日替わりでいろいろなお店が来ています。
この日は木曜日なので「韓国ごはん そまりカフェ」です。

DSCF7506 (480x360)
「そまりカフェ」は韓国家庭料理を提供するお店で、店長(仮)のマ・ヌルさんが「そまりに乗って」というブログをやっていて、その週のメニューなどを確認することが出来ます。
「そまり」ってどういう意味なんだろう?

12時15分頃に到着すると、前日程の大行列ではなかったものの、10人位並んでいました。
しかも、全員女性です。

DSCF7500 (480x360)
ランチメニューです。
大きな真っ赤な看板で出ています。

前回ランチを購入したのは2013年10月31日だったので、約8ヶ月ぶり、2回目です。

DSCF6075 (480x360)
ご飯の大盛りは無料とのこと。

DSCF7504 (480x360)
メニューは韓国料理の定番のビビンバのほか、本日のメニューが3種類あります。
全て650円です。

DSCF7503 (480x360)
一番人気で、かつ、お得なのは、好みのランチ2種類をハーフ&ハーフにするW盛りだそうで、こちらは700円です。
但し、ビビンバは選べません。
ナムル2種類と半熟玉子が付いています。

DSCF7501 (480x360)
お米は発酵堆肥を使用し、低農薬で作ったコシヒカリ100%の伊賀米を使用しているとのこと。

DSCF6077 (480x360)
W盛りを注文すると、ナムル3種類と半熟卵が無料でトッピングされます。

DSCF7505 (480x360)
車の中に男性一人、車外にサービスの女性一人で、お二人で屋台を切り盛りしています。
接客はとても丁寧で優しいです。

DSCF7507 (480x360)
車の前には小さなイスが置いてあり、黒板がのっかっています。
この日は100円玉が不足しているとのこと。
細かいお金、持っているかどうか、不安になっちゃいます。

キモカワな猫のイラストもあります。
有名なキャラクターなのでしょうか。

DSCF7502 (480x360)
こちらにも同じ猫のキャラクターがいました。

結構久しぶりだったので、前回何を食べたかすっかり忘れちゃいました(汗)。
なので、多分絶対食べていないと思われる、一番人気のW盛りにしました。
本日のAランチと本日のBランチをチョイス。

でも、後から前回もW盛りを買っていたことがわかりました(汗)。
おかずも一種類はダブっていたし。

DSCF7510 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋です。

DSCF7513 (480x360)
中から取り出すと、こんな感じです。

お箸をお断りしたのですが、スプーンはいただいちゃいました(汗)。
次回からは、きちんと両方ともお断りしなければ。

DSCF7516 (480x360)
スプーンは木製で、韓国製でしょうか?ハングルの書かれた紙がスプーンの掬う部分を覆ってあります。

DSCF7517 (480x360)
イラストがカワイイ。
これだけで、すごく現地気分になりますね~。

DSCF7515 (480x360)
容器は紙製です。


W盛り <韓国春雨チャプチェ丼+旨辛炒り豆腐丼>  (700円)
DSCF7518 (480x360)
フタをオープン!

おかずが盛り上がるほどの具沢山で、ご飯が全く見えません。
ナムルや半熟卵が彩りを添えています。
右側がAランチ、左側がBランチです。

DSCF7528 (480x360)
W盛りなので、ナムル3種類と半熟卵がついています。
半熟卵はかためで、半個分ありました。
味付けはなかったと思います。
そのまま一口囓り、後は崩して他のおかずに混ぜ込みました。
卵が加わると味わいがぐんと複雑な旨みが増します。

DSCF7525 (480x360)
ナムルは3種類あります。
ダイコンとニンジンのナムルは甘酢漬けっぽい味付けで、サッパリしていました。

DSCF7526 (480x360)
青菜のナムルはあっさりとした味付けでした。
お野菜は小松菜かな?

DSCF7527 (480x360)
豆もやしのナムルはお豆の歯応えがよかったです。

DSCF7529 (480x360)
こちらは本日のBランチで、国産豚ときのこと豆腐をコチュジャンで旨辛炒り豆腐丼です。
お豆腐によく味がしみ込んでいて、優しい味わいですが、ピリッとした辛さがあって後を引きます。
小さく崩したお豆腐がたっぷりと入っていたので、ボリューム感もありました。

DSCF7530 (480x360)
こちらは本日のAランチで、ひき肉と干しエビと、竹の子の韓国春雨チャプチェ丼です。
サツマイモ澱粉から作られる韓国春雨のぷりぷり食感がたまらない、とのこと。

チャプチェはとても優しい味わいです。
韓国料理屋さんで食べるチャプチェは、ゴマ油の味が強くて麺もほぐれにくいことが多いですが、さらっとした口当たりで、ツルツルと食べられました。
なかなか美味しいチャプチェを作ることが出来ないので、こういう風に作ってみたいな~、と思います。

DSCF7532 (480x360)
韓国料理らしく、途中からは全体を混ぜ合わせて食べました。
いろいろな味わいがして美味しかったです。


全体のボリュームはやや多めです。
韓国料理というとしっかり濃い味のことが多いですが、こちらのお料理は宮廷料理ほどあっさりし過ぎることなく、優しい味つけで美味しくいただけました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 千代田二番町ランチ屋台全店訪問記です。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

火曜日  シシリアンライス
水曜日  タコライス (2014年7月2日
木曜日  そまりカフェ (2013年10月31日2014年7月3日) 
金曜日  日和亭 (2014年3月14日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2014年7月3日訪問時お店DATA
******************************
[千代田二番町ランチ屋台]
韓国ごはん そまりカフェ 
〒102-0084
東京都千代田区二番町7-5 二番町中村ビル前
営業時間 お昼前後
営業日 木曜日
地下鉄麹町駅から徒歩5分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/27 05:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(0) |
タコライス @麹町[千代田二番町ランチ屋台]
昨日は久しぶりの大きな揺れにかなりビックリしました。
揺れ始めてから緊急地震速報がビービー鳴り響いて、やっぱりあまり役に立たなさそうです。
ネットで情報を見ようと思っても、Yahoo!は全然動かず。
ともあれ、被害がほとんど無かったようでよかったです。

2014年7月1日は、「クルージンダイナー」でカレーを購入しましたが、2015年4月21日に撤退したので、割愛させていただきました。

DSCF7488 (480x360)
2014年7月2日は、上司は10日ぶりにお弁当を持参し、私はお昼過ぎに外へお弁当を買いに出ました。
特に食べたいものもなく、この日の午後は割とゆったりしたスケジュールだったので、千代田二番町ランチ屋台へ買いに行くことに。
火曜日が「シシリアンライス」、木曜日が「そまりカフェ」、金曜日が「日和亭」だというのは知っていたのですが、水曜日のお店はどこが来るのか知らなかったので、ぜひ食べてみたかったからです。
一週間前の2014年6月25日に来た時は、何故か車が来ていなくて振られてしまったので、今回こそリベンジ!

DSCF7483 (480x360)
地下鉄麹町駅から新宿通りを新宿方面に進み、最初の角を右折します。
まっすぐ進んで最初の角の左側に二番町中村ビルがあり、その前のスペースに車が停まっています。
ベルギー大使館のすぐ近くです。

DSCF7479 (480x360)
朱色の幟に黄色い文字で「タコライス」とあります。
これは店名兼料理名ということなのでしょうか。

DSCF7475 (480x360)
12時10分過ぎに車に到着すると、20人近いかも?という大行列(汗)。
でも、この近くで買いたいものはなかったので、並ぶことに。
千代田二番町ランチ屋台にそれ程来ているわけではありませんが、今まで見た中で一番長い行列だったかも。
人気店のようです。

DSCF7478 (480x360)
タコライスというと、千代田四番町ランチ屋台では「トノカフェ」というお店が来ていますが、こちらは違うお店のようです。
車の中で、男性が奥でお弁当を作り、手前で女性が接客を担当しています。
回転は意外と速かったですが、いかんせん、人が多いので結構待ちました。

DSCF7476 (480x360)
メニューは4種類あり、タコライス2種類、沖縄料理らしいゴーヤちゃんぷる、普通のメニューです。
お値段は630円と680円の2種類です。
4種類の中から2品を選んでハーフ&ハーフにすることも出来ます。

DSCF7480 (480x360)
車の前には温泉たまごの入った大きなクーラーボックスがで~んと置かれています。
お値段は50円です。
注文する人は自分でこの中から取り出します。
写真はありませんが、卵は小さな紙コップに入っていました。
割れないようにという気遣いでしょうか。
こういう対応は初めて見ました。

DSCF7482 (480x360)
初めてなのでベタに食べようと思い、沖縄タコライスを注文。
接客担当の女性は車の中ではありますが、とても丁寧でにこやかな接客です。
おつりのお金もお札をしっかりと広げて見せてくれました。

DSCF7481 (480x360)
時間短縮のため、袋詰めなどはセルフサービスです。
車の前に小さなテーブルが置かれていて、袋やスプーン、お箸などが並んでいます。
一緒にビックサイズのタバスコや黒コショウもありました。
私は辛い味つけが大好きなので、一旦閉じてあるフタを開け、タバスコをたっぷりめにかけちゃいました。

DSCF7484 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋です。

DSCF7486 (480x360)
お弁当の容器は、屋台ではよく見かける白い紙製です。

DSCF7487 (480x360)
タバスコをかけたときに、フタにつけて赤くしちゃいました(汗)。


沖縄タコライス  (630円)
DSCF7488 (480x360)
いただきま~す!
たっぷりの野菜で、挽肉はちょこっと見えるだけで、ご飯は全く見えません。

DSCF7490 (480x360)
中央にトマトを小さくカットされたもの(サルサソース?)がトッピングされています。
真っ赤でとっても色鮮やか。

DSCF7491 (480x360)
ソースはチリソースとマヨネーズだと書かれていました。

DSCF7492 (480x360)
野菜はキャベツの千切りがたっぷり。
マヨネーズソースが細くかけ回してありました。
長さはそれ程でもないのですが、スプーンだと結構食べにくいことが多いです。
この日もしっかり混ぜ合わせてから食べたら、そんなに気にならなかったです。

DSCF7496 (480x360)
キャベツの他に、ポテトサラダが入っていました。
わりとさっぱり味だったような??

DSCF7499 (480x360)
スイートコーンも入っていました。

DSCF7495 (480x360)
タバスコをかけたので、かなりピリ辛なテイストになり、しっかりした味つけでとっても美味しかったです。
全体をしっかり混ぜ合わせて食べると、しょっぱさや甘さが入り交じり、複雑な味わいになって食べ飽きずに最後まで食べられました。


全体のボリュームは普通です。
買いに行くのはちょっと遠いけど、ナッツタコライスとかも珍しくて食べてみたいです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 千代田二番町ランチ屋台全店訪問記です。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

火曜日  シシリアンライス
水曜日  タコライス (2014年7月2日
木曜日  そまりカフェ (2013年10月31日) 
金曜日  日和亭 (2014年3月14日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2014年7月2日訪問時お店DATA
******************************
[千代田二番町ランチ屋台]
タコライス  
〒102-0084
東京都千代田区二番町7-5 二番町中村ビル前
営業時間 お昼前後
営業日 水曜日
地下鉄麹町駅から徒歩5分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/26 04:00】 | 沖縄 | トラックバック(0) | コメント(5) |
四ッ谷 胡桃屋  @四谷
日曜日の雨予報がはずれ、結果的にお天気な週末になりましたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は久しぶりにネイルをやって、ご機嫌です(笑)。
5月も最終週なので、がんばりま~す!

DSCF7431 (480x360)
2014年6月30日は、前倒しの夏休みでサッカーのワールドカップを観戦に行っていたOさんが久しぶりに出勤した日でした。上司は出張で一日不在の日だったので、Oさんと先輩と私の三人で外へランチを食べに出ることに。
何が食べたいかをOさんに聞いたところ、現地ではお肉をメインに食べていたとのことで、リクエストはお魚かうどんでした。お魚なら「魚一商店」、うどんは「四ッ谷 胡桃屋」かなと思い、四ッ谷駅から交差点を渡るときに「どっちがいいですか?」と尋ねたところ、うどんとの回答だったので、「胡桃屋」に決定。

2009_0917画像0100
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、少し行った左手にあります。
こちらは2009年9月16日に初訪問したときに撮った写真です。

DSCF7231 (480x360)
この場所には、2007年7月27日にランチ訪問し、2009年3月31日にお弁当を購入した「寿司と京のおばんざい 人と人と(ひとひと)」がありましたが、2009年7月31日に閉店しました。

2009_0917画像0095
2009年9月14日にオープンした「胡桃屋」は、昼はこだわりのうどん、夜は鶏料理や串天などが楽しめるお店だそうです。
スタッフの方のブログもありますが、更新は滞っているようです。

DSCF7445 (480x360)
入口には大きな黒板が置いてあり、本日おすすめのうどんが出ています。

2010_0121画像0033
営業時間はこちらです。

2010_0121画像0035
おうどんには沖縄の宮古島のお塩を使っているそうです。

DSCF2723.jpg
日本酒や焼酎の有名銘柄がたくさんあるようで、楽しそう。

DSCF5099.jpg
前回訪問したのが2014年2月10日だったので、約4ヶ月半ぶり、11回目の訪問です。

DSCF7426 (480x360)
入店してすぐ左にレジがあります。

DSCF7208 (480x360)
壁にはお店の特徴がデカデカと書かれています。

DSCF5070.jpg
店内には、両側にテーブル席、奥の右手に厨房、左手奥に座敷席があります。
壁は、隙間なくいろいろと描かれていて、とってもにぎやか。

DSCF1611 (480x360)
壁には、夜メニューが出ています。
店員さんは若い男性が多いです。

DSCF5078.jpg
おうどんの持ち帰りもやっています。
自転車を整備して、ぜひとも買ってみたいです。

2010_0318画像0004
こちらも以前撮影した写真です。
カウンター席はこんな感じです。
お寿司屋さんのようにネタケースがありますが、中には美味しそうなお魚などではなく、定食のお新香や袋に入ったままのお野菜でした(笑)。

2010_0318画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
カウンターの一番奥に天ぷらを揚げる場所があります。
透明なプラスチックに覆われて、油の匂いはそれ程感じなかったです。

DSCF5068.jpg
テーブル席はこんな感じです。

DSCF7193 (480x360)
こちらは奥にある座敷席です。

DSCF7423 (480x360)
壁にはディナーメニューの人気ランキングが貼り出してありました。
こういうのがあると、注文しやすくていいですね。

DSCF7424 (480x360)
席が空いているか心配でしたが、9割程の人の入りでした。
私たちは右手中程の4人席に着席。

卓上にはメニュー、割り箸、紙ナプキン、各種調味料、爪楊枝、灰皿などが置いてあります。

DSCF1609 (480x360)
お茶と紙おしぼりをいただき、メニューを検討。

DSCF7421 (480x360)
ランチメニューです。

定番メニューは、温うどんが13種類、冷うどんが7種類あり、お値段は530円から790円です。
麺の量を小・並・大から選べ、同一料金です。
プラス250円で4種類あるご飯から好きなものを1種類と小鉢などをつけることができます。

前回訪問時から比べると、少し値上がりしていました。

DSCF7422 (480x360)
トッピングは13種類あり、お値段は100円から180円です。
ほかに、ご飯メニューの定食が5種類あり、お値段は880円から930円です。
ご飯の大盛りは無料です。

こちらのお店のうどんは中太の生うどんなので、茹で時間が少し長くかかります。

DSCF7418 (480x360)
定番のほか、今週のうどんという週替わりのうどん(890円)と、4種類のご飯の中から好きな1種類をチョイスしてつけられる定食(1,090円)があります。
この週は鶏天タルタルぶっかけうどんでした。

「胡桃屋」はうどん専門店ですが、鶏天も大人気。
このコラボは間違いなく美味しいはずと思い、週明けで体重が高止まりではあったのですが、こちらを注文。
同じ金額なので、大盛りでお願いしちゃいました(笑)。
先輩も同じものを並盛りで注文。
Oさんは胡麻だれざるうどん(580円)にじゃこ飯をセット(+250円)にしました。


じゃこ飯 (+250円)
DSCF7425 (480x360)
極太麺なので茹でるのにかなり時間がかかるはずですが、この日はかなり早くおうどんが出てきて、ちょっとビックリ。
5分ぐらいしかかからなかったのでは?
茹で置きも出来ないだろうし、ちょっと不思議です。

最初にOさんのうどんが登場。
じゃこ飯は先輩も私も注文したことがなかったので、見るのが初めて。
白いジャコだと思っていましたが、意外なことに、釘煮というんでしょうか、佃煮みたいにお醤油で煮含めたものでした。
むむむ、、、これは甘そうな見かけ。
注文したことないのはむしろ私的にはよかったかも(汗)。


今週のうどん 鶏天タルタルぶっかけうどん 並盛り  (890円)
DSCF7427 (480x360)
次に先輩と私のうどんがほぼ同時に出てきました。

DSCF7428 (480x360)
並盛りだとこのボリュームです。

DSCF7430 (480x360)
麺の量はぱっと見よく違いがわからなかったので、うどんのお皿だけ並べてみたら、うどんのはみ出し具合が違い、大盛りなのだというのはよくわかりました。


今週のうどん 鶏天タルタルぶっかけうどん 大盛り  (890円)
DSCF7431 (480x360)
うどん、胡麻のセットです。
角を取った長方形の黒いお盆に載せられていました。

DSCF7432 (480x360)
白胡麻は小さなすり鉢に入れられてすりこぎが一緒に出され、食べる直前に好みの粗さに擂ります。
胡麻好きな私にはとってもありがたいサービスです。

DSCF7433 (480x360)
私は粗めが好みです。
自分で作業するのは楽しいし、すり立てなので香りがとてもいいです。

DSCF7434 (480x360)
うどんは大きめな黒い器に入っていました。
大盛りのたっぷりのうどんの上に、大ぶりの鶏天が4つ、レモンのくし切り、ネギ、タルタルソースがのせてあります。

DSCF7436 (480x360)
白っぽいタルタルソースはかなりたっぷり。
鶏天に直接つけて食べたほか、うどんのつゆにも混ぜ込んじゃいました。
カロリー的にはかなり高いですが、コクが出て美味しかったです。

DSCF7437 (480x360)
薬味はレモンとネギの2種類。
レモンはかなり太めのくし切りです。
食べる前に全体的に回しかけました。
酸味のおかげで味わいもさっぱりしたし、香りもとても爽やかでした。
ネギは緑色の部分だけ細い小口切りです。

DSCF7438 (480x360)
鶏天はやや白っぽい茶色の衣で、一個一個がかなり大ぶり。

DSCF7439 (480x360)
胡麻は最初にかけて、いただきま~す!

DSCF7443 (480x360)
鶏天は衣は柔らかめで、お肉も同じく柔らかです。
タルタルソースをつけなくても下味があるので、そのまま食べても大丈夫。
この鶏天だけでもかなりのボリュームでした。

DSCF7440 (480x360)
うどんは真っ白な極太で、ピカピカと光っています。
見るからにとっても美味しそう!
写真では、ぶっかけなのでつゆがかかっていてちょっとお醤油色がついちゃっています。

ビシッと冷やされた極太のうどんは、弾力があって歯応え抜群。
がしがし噛み締めて食べる感じです。
一時期、あまりにもかた過ぎると一部のお客さんから言われていて、やや柔らかめになっていたのですが、この日はこのお店で初めて食べたときと同じぐらいのしっかりした歯応えで、個人的にはとってもよかった~。
先輩も凄く喜んでいました。


大盛りのうどんをがしがし囓って食べて、大ぶりの鶏天をたっぷり食べたので、うどんランチとは思えないぐらいおなか一杯になりました。
このメニューのCPは抜群です。

時差ボケで眠気の取れないOさんでしたが、久しぶりのうどんを楽しめたようです。
帰りがけ、クーポン券をいただきました。
そういえばお財布に入っていたのに、使わなくて残念!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[定番メニュー]
小ぶり天丼とごまだれざるうどん定食 (2009年9月16日
辛味噌煮込みうどん定食 (2009年10月19日
トマトカレーうどん (2010年1月20日
明太子クリームうどん (2010年6月11日
はいからぶっかけうどん定食 (2010年7月21日
ピリ辛!豚つけうどん (2011年2月8日
ちく玉天ぶっかけうどん (2013年5月13日

鶏のカラアゲ定食 (2010年11月29日

[季節メニュー]
あしたばの天麩羅うどん (2010年3月18日
鶏天タルタルぶっかけうどん (2014年6月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF7421 (480x360)

DSCF7422 (480x360)

DSCF7418 (480x360)


2014年6月30日訪問時お店DATA
********************************
四ッ谷 胡桃屋 (くるみや)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 松山ビル1階
TEL&FAX 03-5312-1091
営業時間 
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30) 
[夜] 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 無休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/25 04:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(10) |
ボローニア  @小岩
折角の日曜日なのに、雨予報で残念です。
本日も、コツコツと周回(年)遅れをつめています(笑)。

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「ボローニア」のレポートです。

なお、2014年6月28日は「長寿韓酒房」でランチをしましたが、2014年12月26日に閉店したので、割愛させていただきます。

DSCF7389 (480x360)
2014年6月28日の土曜日、午後から出かける予定だったので、行きがけに小岩にある「ボローニア」へ行ってみることにしました。
スパゲッティ界の二郎というネーミングもあるこちらのお店、ランチだとドリンクが付いていてお得だと聞いていたので、ずい分前から機会を窺っていました。

DSCF7403 (480x360)
JR総武線小岩駅から千葉県側の改札口を出て、駅ビルを通り抜けます。
出口を出て右に進み、最初の角を左に入って道なりに進みます。
細い通りに出たら右折し、少し進んだ右側にお店がありました。

DSCF7404 (480x360)
開店前に行列が出来ているのを見かけたことがあったので、席が空いているか心配しながら到着。
外観はイタリアンというより、昔ながらの喫茶店っていう感じです。

DSCF7371 (480x360)
午後1時過ぎに到着すると、8~9割程の人の入り。
客層は若いカップルから家族やおばさま同士と、様々です。
フロアはそれ程広くなく、奥に厨房、左にカウンター、右にテーブル席がありました。

DSCF7372 (480x360)
ビックリしたのはその内装です。
小物、やお皿やカップなどなど、様々なイタリアグッズ?が壁を埋め尽くしています。
地震が来たら、、、?と心配しちゃうほどです(笑)。

DSCF7369 (480x360)
私たちは真ん中近くの4人用席に着席。
卓上にはタバスコ、爪楊枝、灰皿が置いてありました。
タバコはオッケーなんですね。

DSCF7373 (480x360)
タバスコはなんと!5種類も並んでいました。

DSCF7374 (480x360)
普通のタバスコと緑色のタバスコぐらいしか使ったことなかったです。
ハバネロの入ったものもありました。
こんなに種類があるとは知らなかったのでビックリ。

DSCF7370 (480x360)
爪楊枝が大きなタバスコの空ボトルに入っているのが、とってもいいアイデア。
リサイクルになるし、カワイイです。

DSCF7368 (480x360)
フロアはおばさまお一人で対応しているので、タイミングが悪いと少し待ちます。
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF7367 (480x360)
メニューは大きく分けてパスタとピッツァにわかれています。
この日のお目当てはもちろん、パスタ!
種類が多いし、あまり食べログで予習していなかったので、かなり迷いました(笑)。

DSCF7361 (480x360)
Lサイズはプラス310円と、ややお高めです。
普通盛りでも量が多かったはず、と思って、家人がミートソースの大盛り、私はイタリー風の普通盛りで注文。

お料理を待っているとき、隣の方のスパゲッティが出てきたのですが、その盛りっぷりがよくて、期待が高まります(笑)。

DSCF7380 (480x360)
注文を終えると、紙ナプキン、スプーン、フォーク、お皿、粉チーズが出てきました。
Lサイズを注文したからでしょうか、「取り皿は使いますか?」と聞かれたので、思わずお願いしちゃったのですが、結論としては使わなかったです。
もったいないことをしちゃいました(汗)。

DSCF7376 (480x360)
こちらの容器には、、、

DSCF7377 (480x360)
粉チーズが入っていました。
よくある大きなプラスチック製のボトルではなく、木のフタがついた小さな陶器なのが珍しい。


スパゲッティ ミートソース(1,030円)+Lサイズ(+310円)=1,340円
DSCF7381 (480x360)
最初にミートソースが登場。
お皿からはみ出ないかと心配しちゃうぐらい、たっぷりと盛られていて、かなりすごい!
ソースもた~っぷり。

DSCF7383 (480x360)
ハーブがトッピングしてありました。

DSCF7384 (480x360)
横から見ると、少しはボリューム感が伝わるでしょうか。
ミートソースは、牛挽肉と椎茸他野菜をトマトで長時間煮込んだソースとのこと。
表面積が広いので、家人は一部分のみに粉チーズをかけていました。
普通、最初に食べるときにはそのままの味を楽しみたいものですが、この量なら大丈夫(笑)。

DSCF7395 (480x360)
途中で味見をさせてもらいましたが、混ぜ合わせるのも大変。
ミートソースは旨みたっぷりで意外とピリ辛味でした。
カレーのような風味も感じたような気がします。


スパゲッティ イタリー風 (1,080円)
DSCF7393 (480x360)
次に私のイタリー風が登場。
「いんげん・ベーコン・アンチョビ・ニンニク入り塩味」とのことです。
家人がミートソースだったので、味がトマトでかぶらないように、塩味にしてみました。

DSCF7389 (480x360)
最初に目に飛び込んできたのは大量のインゲン。
確かに食べログのコメントでたっぷりのインゲンとは書いてありましたが、これほどとは!
普通盛りでも結構な盛りっぷりです。

DSCF7391 (480x360)
インゲンの隙間にはこちらもたくさんのマッシュルームが入っていて、麺がほとんど見えません。
よく見ると、大量のニンニクのみじん切りも入っていました。
まずはインゲンだけを食べてみると、ニンニクがしっかりと利いていて、アンチョビなどの塩味もしっかり利いていて、美味しいです。

DSCF7390 (480x360)
中細の麺はツルツルとしたのど越しです。
もちろん、麺もボリュームたっぷり。

DSCF7396 (480x360)
途中、粉チーズとハバネロのタバスコをかけてみました。
どの程度の辛さかわからなかったので、少しだけ。
驚くような辛さにはならなかったです。
このパスタにチーズを足すと、ベースがしっかり味なので、やや過剰な味わいになっちゃいました。
普通でも充分なボリューム系で、おなかいっぱい。

DSCF7397 (480x360)
ランチだとドリンクがつきます。
コーヒー、アイスコーヒー、紅茶だったかな?
アイスコーヒーをお願いしたら、「甘さが入っています。」と言われました。

DSCF7399 (480x360)
かなりしっかりと甘かったです。
ホットにすればよかったかも。

DSCF7400 (480x360)
家人はホットの紅茶を注文。
レモンティーです。

DSCF7402 (480x360)
この日の伝票です。


消費税増税の影響もあるとは思いますが、大盛りにすると意外とお値段がお高かったとは思いました。
家人はこの辺りがちょっとネックだったようです。
でも、麺のボリュームは多かったし、山ほどインゲンを入れるというアイデアが面白かったので、私的には大満足でした。
ワカメが入っているメニューが気になったので、また食べに来てみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日
濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日
豚骨一燈 (2014年6月7日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日
小味園 本店 (2013年7月31日
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日
SHEEP GANG DINING (2014年6月15日
ボローニア (2014年6月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF7367 (480x360)

DSCF7361 (480x360)

DSCF7362 (480x360)

DSCF7363 (480x360)

DSCF7364 (480x360)

DSCF7365 (480x360)

DSCF7366 (480x360)


2014年6月28日訪問時お店DATA
*****************************
ボローニア 
〒133-0056 
東京都江戸川区南小岩8-13-10
電話 03-3650-0376
営業時間 
[昼] 12:00~14:00
[夜] 17:00~20:00(L.O.19:30頃)
定休日 火曜日
JR総武線小岩駅から徒歩5分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/24 00:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(6) |
スパゲッティ ながい  @四谷
今日は特に予定がないので、のんびり家事をやるつもりです。
みなさまは、楽しく充実した土曜日を!

DSCF7236 (480x360)
2014年6月26日は、お昼になると上司が外へランチを食べに出ようと誘ってくれました。
前の週は食べる食事がないからと、2日程お弁当を持って来ていたのですが、もうそれはやめてしまったようです(笑)。
12時半近くに事務所を出て、四ッ谷駅を越えて三栄通りへ。
いつものように大のお気に入りの「嘉賓」へ向かってビルの階段を登ろうとしたら、数人が入口の所に立っていたので、並ぶのが嫌いな上司は早々に諦めました。
後から聞いた先輩の話によると、実はこの人たちはお会計を終えた人だったそうですが、「嘉賓」に行きたくなかったので、あえて黙っていたとのこと(笑)。
この日、2010年10月13日にランチ訪問した「テング酒場」のランチがまた始まっていたのに気付きました。
あてが外れた上司はそのまま三栄通りを通り抜け、2番目?にご贔屓にしている「スパゲッティ ながい」へ。

DSCF1940 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。

DSCF1939 (480x360)
前回ランチ訪問したのが2014年5月30日だったので、約1ヶ月ぶりの訪問です。

DSCF1938 (480x360)
しんみち通りには、こちらの看板が出ています。

2010年1月27日によるくまさんからいただいたコメントによれば、「ながい」のシェフは西新宿にある老舗人気店「スパゲッティ ハシヤ」から独立されたそうです。

禁煙

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

2010_0222画像0009
こちらは以前の写真です。
季節メニューがある時期は、この看板に写真付きで紹介されます。

2010_0222画像0008
こちらも以前の写真です。
冬だとカキやカニを使ったメニューが出てきます。

2008_0825画像0035
しんみち通りには、ビルとしての看板も出ています。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には2008年9月26日にランチ訪問した「四谷ブルワリー」
地下1階には2008年8月22日にランチ訪問した「沖縄料理店 あん」があります。
ただ、この2店は現在、ランチ営業をやっていません。

DSCF0923 (480x360)
中川ビルに入ってすぐ左手に、こちらのビルのポストがありました。
「ながい」のポストは上段の真ん中です。

入り口

細い階段を上ると、2階に写真のようなかわいい入口の扉があります。

ときどき、待つ人が多くて3階へつながる階段にまで行列ができることもあります。
並んでいる間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文します。

2009_0905画像0035
入口のすぐ右、カウンターの前の壁際に大きなマガジンラックが置かれています。

DSCF6065.jpg
新聞や文庫本などが常備されていて、一人客でものんびり出来そうです。

2010_0705画像0037
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。
この写真の右にトイレがあります。

DSCF0897 (480x360)
窓側から眺めるとこんな感じ。

ちなみに、窓際のテーブル席は間が少し狭いので、我らが上司のような、大きな鞄やおなかを持っているとちょっと通りにくく、コップの水を倒さないよう気をつけた方がよさそうです(笑)。

DSCF1538.jpg
窓から見える問面のビルの2階です。

DSCF8212_20131004210530a5b.jpg
壁に掛かっている時計は、文字盤がパスタでした。

DSCF3919.jpg
お店は男性シェフが一人、フロア担当の女性一人で切り盛りしています。
お二人ともいつもテキパキと動き回り、とても人あたりがいいです。

DSCF0896 (480x360)
入口の正面の奥には冷蔵庫がはめ込まれています。

到着したのは12時半頃になっていたので席が心配でしたが、窓際の真ん中のテーブルが空いていたのですぐに入ることが出来ました。
このところ「ながい」は満席になっているのをあまり見ないので、それはそれで心配です。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりと取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。

DSCF3614 (480x360)
卓上にはスプーン、フォーク、爪楊枝、タバスコ、粉チーズ、乾燥ハーブ、粉唐辛子?などが置かれています。

DSCF8205_201310042106044ac.jpg
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

DSCF7231 (480x360)
卓上にある粉チーズと乾燥ハーブです。
お好みでふりかけます。

DSCF6412.jpg
こちらの白い小さなボトルには、、、

DSCF6415_2013082208435256d.jpg
とても細かな粉唐辛子?が入っています。

DSCF7228 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF6211 (480x360)
メニューです。

DSCF6212 (480x360)
この時期は季節メニューがなく、定番だけでした。

普通は100gで、プラス100円の大盛りは170gです。

DSCF7227 (480x360)
サラダやガーリックトーストもあります。

DSCF7248 (480x360)
こちらが伝票です。

メニューがたくさんあるのでいつもどれを頼むかとっても悩みますが、スマホにメモった既食メニューを見ながら、ちょっとこってりしたものがいいなと思って、ホワイトソースのスパゲッティの中からエビとアスパラ(1,250円)を注文。
辛くしたかったので、無料の唐辛子のトッピングもお願いしちゃいました。

私はスマホにメモしたこれまで食べたことのあるメニューを参照しながら、醤油味のスパゲッティの中から、エビ、アスパラ、シメジをチョイス。

DSCF6413.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口すぐのカウンターに、出来上がっていくスパゲッティが並びます。
カウンター席に座っているときは、見ているのがとっても楽しいです。


<サラダスパゲッティ> シメジとベーコン  (1,150円)
DSCF7229 (480x360)
10数分待ってスパゲッティが登場!
先輩が注文したサラダスパゲッティのシメジとベーコンです。
たっぷりのサラダで、麺が全く見えません。
水菜の緑、スイートコーンの黄、トマトの赤と、とっても鮮やか。
以前も思いましたが、トマトの量が半端ないです。

DSCF7230 (480x360)
CPで言ったら、全てのメニューの中で、これが一番じゃないかなぁ。
「隣の芝は青い」という言葉どおりで、とっても羨ましかったです(笑)。

DSCF7234 (480x360)
スパゲッティのすぐ後にポンテも登場。
一人一個です。
温かい方が中の生地もふんわり柔らかなので、早めに食べた方がいいです。
とても薄い生地ですが、ふんわりとした独特の食感が本当に美味しい!

以前のものに比べ、黒い点々があるので、ハーブとか入れているのかな?

DSCF7235 (480x360)
一口でばくっと食べちゃいたいところですが、我慢して半分以上は残しておいて、麺を食べ終えた後に残った美味しいエキスをしっかりとぬぐっていただきます。
美味しいので、もっと食べたいです。
上司抜きで来たときに、別料金では頼めないのか、聞いてみたいです。


<ホワイトソース> エビとアスパラ + 赤唐辛子(無料) = (1,250円)
DSCF7236 (480x360)
スパゲッティは、丸い大きな白い平皿に盛られています。

DSCF6216 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お皿にはお店のロゴが入っています。

DSCF7243 (480x360)
いただきま~す!

DSCF7244 (480x360)
たっぷりのホワイトソースに、アスパラと海老が入っています。
ソースの白、アスパラの緑、エビの赤と、こちらも彩りがとってもよかったです。

エビは火を通しても結構な大きさで、しかも、5個も入っています。
プリッとした食感を楽しめました。

アスパラは太めのもので、一番太い部分はさらに縦半分に切ってありました。
ちょっと筋というか固いところが一本だけありましたが、シャキシャキしてアスパラの淡い青っぽさを楽しむことが出来て、満足です。

DSCF7241 (480x360)
やや細めの麺はアルデンテに茹でられて、つるつるとしたのど越しです。
ボリュームは普通。
100gというのは、茹でる前の分量かな?

DSCF7242 (480x360)
ホワイトソースって、いつもこんなに汁だくだったっけ?と思うぐらい、汁がたっぷりめでした。
ソースはこっくりとしたコクがあって、塩加減も程よく、美味しい!

DSCF7246 (480x360)
唐辛子をトッピングでお願いしたので、唐辛子の輪切りがところどころに散っています。
見た目が白いから油断してスパゲッティを啜ったら、結構な辛さでむせちゃいました(汗)。
こんなにガッツリ辛くするのはどうやっているのかな?と思うぐらい、パンチのある辛さが加わります。


この日はホワイトソースのコクが十分だったので、卓上のチーズはかけませんでした。
たっぷりの美味しいソースを残すのがもったいなくて、パンでぬぐったり、フォークでかき集めたりして、美味しく完食。

事務所へ帰る途中、上司が急に騒ぎ出したので「何?」と思ったら、ミートソースを食べた上司はワイシャツに4箇所ぐらい染みを作っていて、午後から来客があったので、慌てて事務所に帰ってから洗っていました(笑)。
事務所に替えのワイシャツを置いておいた方が良いかも。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲティ】
  アサリと青じそのスパゲッティ (2008年9月18日

【タラコ、ウニのスパゲティ】
  タラコのスパゲティ   (2012年4月9日
  ウニとイカのスパゲティ (2009年9月2日
  ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日

のりとチーズのスパゲティ (2012年10月5日

【ミートソースのスパゲティ】
  ミートソースとナスのスパゲティ (2009年3月16日
  ミートソースとツナのスパゲティ (2011年1月7日2011年3月24日
  納豆とミートソースのスパゲッテ (2014年3月27日

【ペペロンチーノ風スパゲティ】
  タコとキノコと赤唐辛子のガーリック風スパゲティ (2010年5月25日) 

【トマトソースのスパゲティ】 
  ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
  ベーコンとソーセージと野菜のトマトソーススパゲティ (2009年9月15日
  海の幸のトマトソース (2014年1月27日
  タコとナスの唐辛子トマトソーススパゲティ (2011年10月19日

【クリームソースのスパゲティ】 
  生ハムの生クリームスパゲッティ (2013年8月15日
  アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日

【醤油味のスパゲッティ】 
  エビ、アスパラ、シメジ (2014年5月30日
  フランクとベーコン・キノコ・アスパラのスパゲッティ (2011年6月2日)  
  海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日

【ホワイトソースのスパゲティ】 
  エビとアスパラ (2014年6月26日
  ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日

【サラダスパゲッティ】 
  シメジとベーコンのサラダスパゲティ (2010年7月5日
  生ハムのサラダスパゲティ (2012年11月12日

【季節メニュー】 
  カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
  カキの唐辛子トマトソーススパゲティ (2008年12月3日2012年12月3日
  カニと青ジソのクリームソース (2010年2月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF7225 (480x360)

DSCF7226 (480x360)

DSCF7227 (480x360)


2014年6月26日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2階
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/23 00:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
うまいものや つだがわ  @市ヶ谷
このところ、全然新店訪問出来ていないので、先週に引き続き、このブログで初登場のお店の記事をアップします。
みなさま、楽しい週末を☆

DSCF1175 (480x360)
2014年9月12日は週の最後の金曜日。
前日に引き続き、上司とOさんがお昼時に不在だったので、お弁当の先輩を置いて外へ一人でランチを食べに行きました。
前の日の2014年9月11日は四谷方面の新店「和だん 夢心邸」にランチ訪問したので、この日は市ヶ谷方面へ。
2013年12月6日にホテルグランドヒル市ヶ谷の味の名店街にある「東京閣」にランチ訪問した時、もう一軒、「a href="http://r.gnavi.co.jp/g398200/" target="_blank" title="うまいものや つだがわ">うまいものや つだがわ」というお店がランチ営業をしているのを知ったので、味の名店街を制覇すべく、来てみることにしました。

DSCF8112_20140119082811f73.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅を出て左に行き、お堀を越えて市ヶ谷交差点を渡り、左折します。
しばらく進むと右手にホテルがあります。

DSCF8113_20140119082813b5c.jpg
ホテルの入口が手前にあり、もう少し先に行くと味の名店街の看板が出ていました。

DSCF8114_201401190828157bf.jpg
こちらは西館のようで、ホテルの本館からアーケードでつながっています。

DSCF8110_201401190828071b5.jpg
味の名店街の入口です。

DSCF1196 (480x360)
真っ赤でよく目立つ、ランチの幟が出ていました。

DSCF8108_201401190828340a9.jpg
こちらがフロアマップです。

DSCF8109_201401190828363b2.jpg
飲食店は4つありますが、ランチ営業をしているのは、2013年12月6日にランチ訪問した「東京閣」とこの日訪問した「うまいものや つだがわ」だけです。
この界隈はお店が少ないのか、結構たくさんの人が来ています。

DSCF1194 (480x360)
お店はフロアの奥の方にあるので、廊下をずんずん進みます。

DSCF1195 (480x360)
エレベーターを越えて、さらに先へ。

DSCF1186 (480x360)
午前中の仕事がおしたのと、事務所からちょっと遠いので、12時半近くに到着。

DSCF1193 (480x360)
食べログを見たら、こちらのお店はもともとはホテル本館の1階にあり、そのころの店名は「都田川」だったようです。

DSCF1188 (480x360)
入口の脇にはランチのディスプレイが出ていました。

DSCF1189 (480x360)
オシャレなツボ、、、??

DSCF1192 (480x360)
「つだがわ」では、ちょい飲み、お食事、宴会など、どのような場合でも対応できるとのこと。

DSCF1191 (480x360)
ランチタイムでも、メニューがかなりたくさんあるようです。
ランチタイムポイントカードなるものもあります。

DSCF1190 (480x360)
メニューがずらり。
わかりやすくて、ありがたいです。

DSCF1160 (480x360)
入口からすぐのところにレジがあり、やや年配のおば様がいらっしゃいます。
雰囲気的に女将かな?と思いました。

フロアはとても広かったです。
テーブル席のほかに、小上がりの席もあるようです。
8割程の人の入りでした。

DSCF1156 (480x360)
私は奥の方にあるカウンター席に通されました。
この場所はお寿司を作る場所らしく、ネタケースの中にはお魚などが並んでいました。
上にはのり巻きがたくさん!
記事を書くために写真を見ていて気付きました。

DSCF1159 (480x360)
店員さんが一人で調理しています。

DSCF1158 (480x360)
このエリア?は、禁煙です。

DSCF1155 (480x360)
卓上にはお茶、コップ、爪楊枝、各種調味料が置いてあります。
お茶はセルフサービスです。

DSCF1157 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF1150 (480x360)
メニューは麺系が12種類、単品かミニ丼付きで選ぶことが出来て、お値段は550円から880円です。
大盛りはプラス100円です。

DSCF1151 (480x360)
ご飯系は10種類、単品かミニめん付きで選ぶことが出来て、お値段は680円から1100円です。
ご飯大盛りは無料です。

DSCF1152 (480x360)
ミニ麺は5種類、、、

DSCF1153 (480x360)
ミニ丼は6種類あります。
かなり幅広いラインナップで、どれにするかすごく悩みました。

DSCF1154 (480x360)
担々麺が気になり、まだまだ残暑の厳しい日だったので、冷担々麺を単品でお願いしました。
ミニ丼をつけない代わりに、美味しい手づくりぎょうざが3ヶで100円ととってもお手頃だったので、こちらも注文。

DSCF1162 (480x360)
それ程待たずに、お料理が登場!
冷担々麺は黒い長方形のお盆に載せられていました。

DSCF1164 (480x360)
黒い市松模様の入った洗い箸が添えられています。

DSCF1167 (480x360)
冷担々麺は黒い器に麺が盛られ、ひき肉、キュウリ、ネギ、メンマがトッピングされていました。
赤いタレと白い胡麻のソースが黒い器にとっても映えます。

DSCF1168 (480x360)
結構具沢山でした。

DSCF1169 (480x360)
メンマは太めです。

DSCF1170 (480x360)
ネギは長ネギの白い部分の小口切りです。

DSCF1171 (480x360)
味付けされたひき肉の餡はかなりたっぷりめ。

DSCF1172 (480x360)
キュウリは短めの細切りです。

DSCF1173 (480x360)
麺は黄色みのある細麺で少し縮れがあるかな?

DSCF1174 (480x360)
担々の赤いソースと胡麻の白いソースはくっきりと分離していて、そのままでは混じり合わなさそう。

DSCF1165 (480x360)
餃子が出てくる前に、タレが出てきました。
小さめの白いお皿に入っています。


冷担々麺 (750円)+ おいしい 手づくり ぎょうざ (100円)=850円
DSCF1175 (480x360)
お料理写真を撮っていたら、少し遅れて、ぎょうざが登場。
いただきま~す!

DSCF1176 (480x360)
小ぶりのものが3つです。

DSCF1178 (480x360)
底の部分に焼き目が少しついていました。
熱いうちにと思って、先に食べました。

DSCF1179 (480x360)
中に入っている餡はやや少なめ。
皮はパリッとしていなくて、餡もジューシーでもなく、うーん、ちょっと残念。

DSCF1182 (480x360)
冷担々麺は、赤と白のソースが混じり合い、麺全体に味が行き渡るよう、最初にしっかりかき混ぜました。
そうすると、何故か具が全部下に入ってしまい、表に見えるのは麺だけ(汗)。

DSCF1185 (480x360)
辛さはピリ辛ぐらいですが、結構しっかりと甘みがありました。
個人的に甘い味付けはあまり好みではないのですが、胡麻のコクがしっかりとあるせいか、何故かこの冷担々麺の味付けはとても美味しかったです。
麺をつるつるとのど越しがよくて、あっという間に食べ終えちゃいました。


全体のボリュームは普通です。
スープがないせいか、満腹感があまりなかったです。

滅多に食べない冷担々麺ですが、甘い味付けが意外でしたが、それを美味しく思った自分も不思議でした。
いろいろ食べてみないとわからないものです。


2014年9月12日訪問時お店DATA
********************************
うまいものや つだがわ
〒162-0845 
東京都新宿区市ヶ谷本村町4-1 ホテルグランドヒル市ヶ谷西館地下1階
TEL 03-3235-2923
営業時間
[平日] 11:30~15:00(L.O.14:00) 16:00~22:30(L.O.22:00)  
[土曜] 11:30~22:30(L.O.22:00)
定休日 日・祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/22 07:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Trattoria Fiore Cusina Italiana  @麹町
今朝は4時起きでこのブログの記事を書いていたのですが、外はものすごい雷雨でビックリ。
出勤までにはおさまってくれるといいのですが、、、。

DSCF7207 (480x360)
2014年6月25日は、午後の予定までに少し時間的に余裕があったので、ちょっと遠い千代田二番町ランチ屋台へ行くことにしました。
火曜日が「シシリアンライス」、木曜日が「そまりカフェ」、金曜日が「日和亭」だというのは知っていたのですが、水曜日のお店はどこが来るのか知らなかったので、そのリサーチも兼ねての訪問です。

DSCF7196 (480x360)
ところが、現地に行ってみると、小さな看板が置かれているだけで、車がいない(汗)。
小さな赤い看板には「本日12時頃より営業いたします。」とのメモが貼ってありました。
私が到着したのは12時10分頃だったので、そろそろ来ていてもいい時間でしたが、さすがに待つわけにはいかず、泣く泣く断念(泣)。
私のすぐ後から女性二人連れが来ていて、同じようにガッカリしていました。
ここまで来てしまったのでどうしようか悩みましたが、久しぶりに「Trattoria Fiore(フィオーレ)Cucina Italiana」のお弁当を買いに行きました。

外観

地下鉄麹町駅の5番出口を出て日テレ通りを渡ってすぐのニューテシコビルの地下1階です。
赤い屋根と緑色の看板がとても色鮮やかで目立っています。

交差点の角であるお隣のビルには2007年8月3日にランチ訪問し、2010年11月17日2013年11月11日にお弁当を購入した「アジャンタ」があります。

DSCF0137.jpg
前回ランチ訪問したのは2013年3月8日でした。
前回お弁当を買ったのは2013年1月17日だったので、約7ヶ月半ぶりです。
Oさんはちょこちょこ購入していましたが、私は久しぶりでした。

DSCF5128_20121026194459.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
日テレ通りにはランチメニューの看板が出ています。

DSCF5129_20121026194459.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
メニューはとっても豊富です。

DSCF7199 (480x360)
以前は日テレ通りでもお弁当を販売していましたが、今は地下の入口前のスペースだけです。
午前10時30分からと、とても早くから販売しています。

DSCF0758.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
階段を降りると、壁一面が棚になっていてお弁当がたくさん並べられています。

DSCF0756.jpg
棚の上には天井まで届く大きさのメニュー表が貼り出されています。

12時15分頃に到着すると、行列はそれ程長くなく、階段の真ん中ぐらいに並ぶことが出来ました。

DSCF7198 (480x360)
お弁当は全品650円です。
久しぶりに来たら、50円値上がりしていました。
それでもお安くてボリュームたっぷりですが。
今まで全く知りませんでしたが、お茶も50円で販売していました。

この日の販売員さん、シェフのように白いコスチュームだったような記憶が、、、。

DSCF7200 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋です。

DSCF7202 (480x360)
中から取り出すと、こんな感じ。

スマホの既食メニューのメモを見ながら買ったのですが、種類も多いし、狭い中でお客さんがごった返しているのでゆっくりは選べず、恐らく絶対食べたことがなさそうな、豚肉生姜焼きコチュジャンソースをチョイス。

DSCF7203 (480x360)
お弁当にはお味噌汁のもとがついています。
これはいつも自宅に持ち帰っています。
夕飯でお味噌汁を作るのを一回パスできるので、とっても便利(笑)。

DSCF1524.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
スプーンやフォークはプレスチック製で、透明なビニール袋に入っています。
この日はお断りしてもらいませんでした。

DSCF7204 (480x360)
お弁当はプラスチック製で、フタが透明、容器が白です。
ご飯とおかずが別々になって二段重ねになっています。

DSCF7205 (480x360)
消費期限のシールが貼られていました。


豚肉生姜焼きコチュジャンソース  (650円)
DSCF7207 (480x360)
いただきま~す!

DSCF7208 (480x360)
ご飯にはドライハーブが散らしてあり、左下にお新香が添えられています。

DSCF7209 (480x360)
お新香は緑色に染まっているキュウリです。
イタリアンのお弁当とは思えなくて、いつも何となく笑っちゃいます(笑)。

DSCF7210 (480x360)
ボリュームは普通です。

DSCF7212 (480x360)
もともと盛りのいいお店ですが、このお弁当も見た目がかなりボリューミーで、とっても美味しそう。
このメニューはどう見てもイタリアンじゃない!(笑)。

DSCF7217 (480x360)
おかずは上下に分かれています。
上にはフライドポテト、マカロニサラダ、パセリが入っています。

DSCF7218 (480x360)
フライドポテトはこんがりと揚がっています。
薄いですが下味がついていので、このまま食べることも出来ます。
量もそこそこありました。

DSCF7219 (480x360)
マカロニサラダはとっても太いです。
マヨネーズソースのようなもので和えてありますが、こちらは薄めな味つけでした。
量はたっぷり。

DSCF7220 (480x360)
彩りに?パセリが一つ添えられていました。

DSCF7213 (480x360)
下の段には豚肉生姜焼き、目玉焼き、マヨネーズが入っていました。

DSCF7216 (480x360)
左上にはマヨネーズがたっぷりと添えられています。
カロリーの心配もあるし、生姜焼きはかなりしっかり味だったので、もったいないですが、ほとんど使いませんでした。

DSCF7214 (480x360)
目玉焼きは黄身が半熟っぽく、コロンと丸くてとってもカワイイ。
この見た目が可愛くて、目玉焼きの入っているメニューからチョイスしたぐらいです。

DSCF7215 (480x360)
豚肉生姜焼きはてんこ盛り。
豚肉は濃い茶色に染まっていて、タマネギも入っています。
食べてみると、お肉は柔らかでコチュジャンソースがかなりしっかりとついていてピリ辛なので、とてもご飯が進む味でした。
薄味好きの人にはちょっと辛いかも、というレベルです。

DSCF7222 (480x360)
お肉のボリュームがたっぷりなだけではなく、その下には細麺のパスタも入っていました。

DSCF7224 (480x360)
目玉焼きを半分に切ってみると、半熟なのは表面だけなのがわかります。
卵と一緒に生姜焼きを食べるとだいぶマイルドな味わいになりました。

DSCF7221 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


たっぷりのお肉、目玉焼き、パスタなどなど、ボリュームたっぷりでかなりおなかいっぱいになりました。
本当に抜群のCPです。
相変わらずの充実ぶりで、またいろいろと種類を食べたくなっちゃいました。
少し場所が遠いのでしばらくご無沙汰していましたが、これからも買いに行きたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
[ランチ]  
Aランチ ポルペッティのトマト煮 (2007年9月4日
Aランチ 若鶏のローマ風トマト煮込み (2011年8月16日) 
Bランチ スパゲッティ&リガトーニ (2012年1月19日
Dランチ パルジャミーノチーズの焼きリゾット (2010年7月27日
本日のパスタランチ ソーセージとほうれん草のトマトソーススパゲッティとペンネリガーテのゴルゴンゾーラチーズソース (2013年3月8日
とっても辛いスパゲッティ<国産牛スジ肉のスパイス煮込みソース> (2011年10月21日

[ディナー] 2008年2月1日

[お弁当]
  チキンロースト:トマトソース (2008年2月12日)  
  チキンロースト:中華風照り焼き (2008年4月11日
  若鶏のグリル:ねぎ塩チキンレモン添え (2010年10月12日
  若鶏のグリル:きこり風ソース? (2011年1月11日
  若鶏のグリル:ピッツァ職人風 (2011年2月21日)   
  肉だんご:トマトソース (2008年9月9日) 
  オムライス:キーマナスカレー (2009年11月10日
  ハンバーグ:チーズとトマトのピッツア風 (2010年6月17日
  ハンバーグ:モッツァレラチーズのせカレーソース (2010年9月29日
  ハンバーグ:デミグラスソース 唐揚げ添え (2013年1月17日
  オムライスと日替わりパスタ[きのこ入りツナクリーム](2010年10月21日
  豚肉生姜焼きコチュジャンソース (2014年6月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトのお弁当のメニューです↓
DSCF0781.jpg

DSCF0782.jpg


ランチメニューです↓
DSCF4261_20140314075839b5f.jpg

DSCF4262_201403140758417b9.jpg

DSCF4263_20140314075843ca0.jpg

DSCF4264_20140314075845d1e.jpg

DSCF0110.jpg

DSCF0102.jpg

DSCF0103.jpg

DSCF0104.jpg

DSCF0105.jpg

DSCF0106.jpg

DSCF0107.jpg

DSCF0108.jpg

DSCF0109.jpg

DSCF0111.jpg

DSCF0112.jpg

DSCF0113.jpg


2014年6月25日訪問時お店DATA
********************************
Trattoria Fiore Cusina Italiana 
(トラットリア フィオーレ クッシーナ イタリアーナ)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町3番地11 ニューテシコビルB1F
TEL 03-3264-3928
FAX 03-3264-3928
営業時間 11:00~0:00
定休日 日曜
地下鉄麹町駅から徒歩1分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/21 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
つけ麺専門店 三田製麺所 御茶ノ水店  @お茶の水
昨日はだいぶ蒸し暑かったですね~。
朝が寒くてうっかり長袖を着てしまったら、午後はなんだかずっともやもやした暑さを感じていました。
梅雨がすぐそこまで来ているようです(汗)。

本日は、マイブログ圏外の御茶ノ水にある「三田製麺所」のリポートです。

DSCF7178 (480x360)
2014年6月24日は、平日でしたが、昼間に所用あってお茶の水へ出かけました。

DSCF7160 (480x360)
早めに用事が済んだら「どこか有名ラーメン店へ行こうかな~。」と思っていたのですが、予想外に手間取ったため、駅のすぐ近くにある「つけ麺専門店 三田製麺所(みたせいめんじょ) 御茶ノ水店」で食べることに。

DSCF7161 (480x360)
JRお茶の水駅の聖橋口を出たら右折して、そのまま道なりに進むと少し行った右手にお店があります。
お茶の水は小川町や神保町なども含めてラーメン激戦地区ですが、この並びだけでも多分3軒ぐらいラーメン屋さんがありました。

DSCF7162 (480x360)
「三田製麺所」は、2008年に東京港区三田で一号店(本店)を設立し、その後、東京都を中心に神奈川県や大阪府、台湾に支店を出し、全部で19店舗あります。
御茶ノ水店は2013年2月13日にオープンしたそうです。
私はあちこちで支店を見かけたことはありましたが、初めての入店です。

DSCF7177 (480x360)
午後1時20分頃に入店すると、4割程の人の入り。
12時頃に通りかかった時には待ちが出来ていましたが、さすがにこの時間だと人は少なかったものの、駅近という立地からか、絶えずお客さんが出入りしていました。

フロアはそれ程広くはなく、右に厨房があり、その前にカウンター席がありました。
2階もあって、テーブル席があるようです。
イマドキのラーメン屋さんらしく、店員さんの数も多く、元気な接客です。
券売機による食券制ではなく、帰りがけにレジでお会計をします。

DSCF7172 (480x360)
私は入口近くのカウンターに着席。
卓上にはメニュー、紙ナプキン、お水の入ったポット、コップ、爪楊枝、各種調味料が置かれていました。

DSCF7174 (480x360)
お水はセルフサービスです。
お水の入ったポットはとても大きく、レモンの輪切りが浮かんでいました。

DSCF7173 (480x360)
あまり飲まないので、ほんのちょっとだけ。
飲んでみても、あまりレモンの存在感は感じられませんでした。

DSCF7163 (480x360)
メニューです。

DSCF7164 (480x360)
「スープとの相性を最大限に引き出すため、小麦粉の配合にこだわり、香り・コシ、共に妥協を許さない自家製極太麺。
時間をかけじっくりと炊き込むことにより、豚骨と魚介の旨味を極限まで引き出した濃厚豚骨魚介スープ。」
とのこと。

DSCF7165 (480x360)
とてもシンプルな構成で、基本はつけめんと辛つけ麺の2種類のみ。
並(200g)、中(300g)、大(400g)は730円、特大(500g)が830円です。
麺の量が200g~400gまでは同一料金です。
特大は名物の特大盛りだとか。
辛つけ麺はプラス50円です。
期間限定のつけ麺メニューや中華そばもありました。

DSCF7166 (480x360)
あつもりにも対応しています。
これにトッピングやご飯ものなどを選ぶことが出来ます。
オススメのセットもたくさんありました。

DSCF7167 (480x360)
ちょっと面白いトッピングとしては、「ちょこっと野菜」というのがあって、結構多くのお客さんが注文していました。
野菜を食べなきゃという意識と、お値段が50円というお手頃さがいいようです。

DSCF7175 (480x360)
つけ麺屋さんなので、もちろん、割りスープもあります。

カウンターの脇にはいろいろなアナウンスが書かれています。
太麺なので出来上がるのに時間がかかるので、結構いい時間潰しになりました(笑)。

DSCF7176 (480x360)
お酒を飲むことも出来るようです。

紙エプロンを使いたい場合には、店員さんに申し出ます。

DSCF7194 (480x360)
辛いもの好きなので、辛つけ麺をチョイスし、大食い&貧乏性なので、ついつい400gの大を注文しちゃいました。
さすが、チェーン店で接客もこなれているので、「え? 大盛りですか?」とか聞き返されなくてよかったです(笑)。


辛つけ麺 大  (780円)
DSCF7178 (480x360)
少し待って、つけ麺が登場!
麺とつけ汁が別々の器に入っていて、同時に出てきました。

DSCF7179 (480x360)
つけ汁は、やや小さめの器に入っていて、赤っぽいスープです。
見るからにドロッとしていて、海苔とネギが浮かんでいました。

DSCF7180 (480x360)
海苔は長方形のものが一枚。
浮かんではいるものの、シナシナで小さく縮んでいました(笑)。

DSCF7182 (480x360)
つけ汁はともかく、麺の器が意外と小さめなのはビックリ。

DSCF7183 (480x360)
麺の器のフチに、赤いレンゲが差し込んでありました。

DSCF7186 (480x360)
400gあるだけあって、横から見るとかなりのボリューム感です。
器が小さめというのもあると思いますが。

DSCF7184 (480x360)
麺は太くて黄色っぽくて四角いです。
水分をたっぷり含んでいて、ピカピカ光っています。
つけ麺専門店だけあって、と~っても美味しそう。

DSCF7188 (480x360)
先ずはスープをそのまま一口。
ドロッとした口当たりで、味わいはよくある豚骨魚介ですが、かなりこってりとしていて辛さもしっかり目。
チェーン展開するだけあって、食べやすくてまとまりの良い美味しさです。
似たようなスタイルで「つけ麺 やすべえ」というお店が好きですが、つけ汁に甘さもないし、こちらの方がスープが濃厚かも。

DSCF7189 (480x360)
麺はモチモチした食感で、噛み締めたときの弾力がたまりません。
さすがにボリュームはたっぷりでした。

DSCF7191 (480x360)
スープの中には小さくカットされたお肉が入っています。
食べてみるとほろりと崩れて、柔らかでした。

DSCF7193 (480x360)
メンマは短めですが極太ものものが数本。
程よい柔らかさでシャキシャキ感も楽しめました。

DSCF7195 (480x360)
つけ汁の量が減ってくると、薄まって辛さも消えていきました。
濃い味好きなので、極太麺にたっぷりと絡めて食べていたら、つけ汁がほとんどなくなってしまいました(汗)。
最後の方はなくなるのことがわかっていたので、麺をつけ汁の中に入れてぐるぐるかき回して残り少ない汁を満遍なくつけて食べるようにして、何とか完食。
せっかく割りスープを楽しみにしていたのに、残念です。
特盛だと絶対に足りないように思うのですが、つけ汁の量が増えるのか、私が単純につけすぎるのかな?

400gはさすがのボリュームでおなかいっぱいになり、家に帰るまで全然おなかが空かなかったです。
時間がかなり押していたので、急いで事務所に戻りました。


チェーン店っぽいからと、なかなか足の向かないお店でしたが、イマドキの味わいで美味しくてお値段もお手頃でおなかいっぱいになりました。
自分の生活圏内にあったら、時折訪問したくなりそうです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまでのお茶の水界隈の食べ歩きです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

用心棒 (2010年3月26日
【移転】三四郎 (2010年4月10日
お茶の水 大勝軒 (2012年12月25日
つけ麺専門店 三田製麺所 御茶ノ水店 (2014年6月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF7163 (480x360)

DSCF7164 (480x360)

DSCF7165 (480x360)

DSCF7166 (480x360)

DSCF7167 (480x360)

DSCF7168 (480x360)

DSCF7169 (480x360)

DSCF7170 (480x360)


2014年6月24日訪問時お店DATA
***********************************
つけ麺専門店 三田製麺所 御茶ノ水店 (みたせいめんじょ)
〒101-0062 
東京都千代田区神田駿河台2-6-22
TEL&FAX 03-5217-3838
営業時間 
[月~土] 11:00~26:00    
[日祝日] 11:00~22:00    
定休日 なし
JR・地下鉄お茶の水駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/20 05:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(5) |
塩つけ麺 灯花  @四谷三丁目
土曜日に行ったバスツアーの二次会に参加した時、買ってきたお土産を全員分まとめて積んで置いたら、帰りがけに見たら、なくなっていました(泣)。
お酒飲んでいたからうっかり間違えたんだろうし、そんなにたくさん買った訳じゃないから、ま、いいかと思っていたら、識別のため、念のために入れて置いた家人の名刺を見たらしく、昨日、会社にお土産が届いてビックリ。
なんだかとっても嬉しかったです☆

DSCF7019 (480x360)
2014年6月21日の土曜日、神宮でスポーツ観戦した帰り道、交通費を節約するために四ッ谷駅まで歩いていたのですが、途中、小腹が減ったので四谷三丁目でラーメンを食べることにしました。
新店が思いつかなかったのと、午後4時頃と中途半端な時間だったので意外と営業しているお店が少なく、「塩つけ麺 灯花(とうか)」へ行ってみることにしました。

DSCF1914_20130524213231.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
地下鉄丸の内線四谷三丁目の駅から四谷三丁目交差点に出て、外苑東通りを靖国通りに向かって緩やかに坂を下っていくと、通りの右側にプチ藤ビルがあり、お店はその1階です。

このすぐ先には、2007年10月20日に訪問した「らぁめん 赤道」2009年7月9日に訪問した「一代目 一心ラーメン」とほぼ一直線に三軒のラーメン屋さんが並んでいて、ラーメン激戦地区になっています。

DSCF7031 (480x360)
お店の前に細長い看板が出ています。
相変わらず人気店のようで、行列用の柵なども置いてありました。

市ヶ谷経済新聞によれば、「灯花」の店主の川瀬裕也氏は大学時代から約9年間、年200食ペースでラーメンを食べ歩いている無類のラーメン好き。3年ほど前から週末に自宅でスープ作りをするようになり、オリジナルラーメンを友人らに振る舞うようになったとのこと。その後から本格的に自分の店を持つことを考え始め、2011年秋には立川・ラーメンスクエアで開催された「ラーメントライアウト」に出場し、2012年初めより本格的に店舗物件を探し始め、2012年6月30日にオープンしたそうです。

DSCF7030 (480x360)
この場所ではたくさんのラーメン店が変遷しています。
私が知っている範囲では、2008年2月2日に訪問した「支那そば 温洲軒」がありましたが、ご主人の体力の限界とのことで、2009年10月10日、40年の歴史に幕を閉じました。
その後、2010年5月2日に訪問した目黒の「なおじ」の系列店として2010年2月3日に「つけ麺・中華 もぐら」がオープンし、2010年2月20日に訪問しましたが、オープンから1年ちょっとの2011年4月に閉店しました。
その後、2011年06月24日に同じ「なおじ」の系列店として「とんこつラーメン なおじ」がオープンし、2011年11月19日にランチ訪問しましたが、1年経たずに閉店したようです。

DSCF1945_20130524212746.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
2015年5月1日からは、昼は11時から15時、夜は18時から23時とのことです。
日曜日は定休日ですが、祝日は営業しています。

前回訪問したのは2012年7月7日だったので、約2年ぶり、2回目の訪問です。

DSCF7005 (480x360)
2014年4月から、淡麗塩つけ麺を注文した人にはスープ割りだけでなく、飯割も無料サービスしてくれるとのこと。

2015年4月27日から、2012年12月1日にランチ訪問した「鶏と豚の物語」の跡地に、系列店の「鯛塩そば 灯花」がオープンしました。

DSCF1916_20130524213241.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
現在、お値段は少し上がっています。
2015年5月現在、淡麗鶏塩そばは750円、淡麗塩つけ麺は800円です。

券売機で先に食券を購入します。
機械は席から少し離れた右側にあります。

市ヶ谷経済新聞によれば、店をオープンするにあたり、店主の川瀬裕也さんは四ツ谷の街や人をリサーチし、「せっかくならばオリジナリティーのあるものを」と、「塩つけ麺」で勝負することに。
主力メニューは「淡麗鶏塩そば」(700円)と「淡麗塩つけ麺」(750円)の2品です。

スープは、香味野菜などを一切使わず、丸鶏、鶏むね肉のみを使った「鶏だし」と、本枯れ本節、サバ節、ウルメ節、白口煮干し、干しシイタケを、時間をかけて丁寧に炊いた「魚介だし」をブレンドしています。
つけ麺用の塩ダレには7種類の塩を使い、キレがある味に仕上げたとのこと。
麺は、塩そばには0.5ミリのストレート麺、つけ麺には手もみ風の平打ち麺を使っているそうです。

DSCF1917_20130524213246.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
前回は淡麗塩つけ麺を食べたので、この日は淡麗鶏塩そば(750円)だったような気もしますが、写真を撮っていなくてわかりません。
帰りがけに券売機の写真を撮ろうとしたら、ちょうど女性3人組に取り囲まれてしまい、断念(汗)。

DSCF1918_20130524213251.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
つけ麺の麺量について詳しい説明書きがされています。
茹でると1.6倍になるとのこと。そんなに変わるんだ~と、ビックリです。
麺量についての記載をしているお店はわりとよくありますが、それが茹でる前なのか後なのかわからないことが多いので、こちらのお店はとてもわかりやすいです。

DSCF7014 (480x360)
店舗面積は約3坪で、席数はカウンター5席のみと、非常に狭い空間です。

前回訪問した時は男性店員さんが2名でしたが、この日は一人。
時間帯の問題なのかな?
厨房はかなり狭く、動くのがとても大変そうでしたが、絶えず動き続けていました。
どんなに忙しそうでも、応対はとても丁寧で気持ちのいいサービスです。

DSCF7013 (480x360)
午後4時45分頃にお店に到着すると、ちょうど先客が帰ったところで、誰もいませんでした。

DSCF7012 (480x360)
客席の後ろを通ることは出来ないぐらい狭いので、空いている席の後ろの扉を開けて席につきます。
私たちは奥の方に着席。

DSCF7007 (480x360)
卓上にはお酢、胡椒、七味唐辛子、爪楊枝、髪の毛をしばるゴムなどが置かれています。

DSCF7008 (480x360)
引き出しを開けてみると、割り箸が入っています。

DSCF7009 (480x360)
レンゲを入れてある黄緑色のケースがとってもカワイイ~。

DSCF7010 (480x360)
塩つけ麺のスープ割りは昆布そば湯だそうです。

DSCF1923.jpg
小さなスタンドやポップで、お店のいろいろなメッセージが書かれています。
「『写真撮影』、大歓迎です」という小さなカワイイ看板、ブロガーにはとっても嬉しい心遣いです。

DSCF7018 (480x360)
ティッシュはカウンターの下に置いてあるとのこと。

DSCF1919_20130524213133.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店のこだわりについて、かなり詳細書かれています。
出来上がりまでの時間潰しにもなりました。。

DSCF1920_20130524213140.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
とても狭い空間ですが、シンプルながらも清潔で凛とした雰囲気です。

DSCF1922.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
カウンターの上にお水のポットとグラスが置いてあり、セルフサービスです。

DSCF1926_20130524213033.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食券は小さなボードに挟まれてきれいに並んでいます。
自分の順番があとどれぐらいか、わかりました(笑)。

DSCF7006 (480x360)
着席すると、おしぼりをいただきます。
食券を渡して、出来上がりを待ちます。


【特製】淡麗塩つけ麺 (1,000円?)
DSCF7015 (480x360)
家人は私が勧めた【特製】淡麗塩つけ麺を注文。

DSCF7016 (480x360)
特製だけあって、チャーシューなどがとっても立派。

DSCF7017 (480x360)
かなり辛くなるので、柚子こしょうをいきなりたくさん溶かないように言っておきました。


淡麗鶏塩そば (750円?)
DSCF7019 (480x360)
続いて、私の注文した淡麗鶏塩そばが出てきました。

真っ白いドンブリに、半透明の薄茶色のスープが注がれ、キレイに整えられた麺が透けて見えます。

DSCF7020 (480x360)
トッピングはチャーシュー、ネギ、メンマの3種類と、とってもシンプル。
見るからに淡麗というか、美しいというか、正当派!って感じです。

DSCF7021 (480x360)
長ネギはほとんどが青い部分の小口切りです。
唯一の彩りでもありました。

DSCF7022 (480x360)
チャーシューは1枚。
やや厚みはありましたが、それ程大きくはありません。
バラ肉でしょうか、うっすらピンク色の断面です。
ホロホロと柔らかで美味しかったです。

DSCF7026 (480x360)
まずはスープを一口。
つけ麺の時も思いましたが、油分が結構たっぷりあります。
お醤油の澄んだ味わいですが、油のおかげでコクがあって、あっさりし過ぎないです。

DSCF7024 (480x360)
麺は黄色みがかったストレートの細麺です。
キレイに整えられているので、崩すのがもったいないぐらい。
しゃきっと固めに茹でられています。
ボリュームは普通です。

DSCF7029 (480x360)
メンマは白っぽい色合いで、とても長いものが2本?入っていました。
食べる場所によって柔らかだったり、歯応えがしっかりあります。

DSCF7028 (480x360)
食べている途中、家人の味玉を半分もらっちゃいました。
やや固めの半熟の黄身がしっとりと甘くて美味しかったです。

家人は麺を食べ終え、スープ割りをお願いしました。
表の看板で無料の飯割りというのを見ていたのですがうろ覚えだったし、店内には表示がなく、店員さんからも特に何も言われなかったので、食べられず終いでした。
食べ終えて外に出たら、やっぱりご飯を頼めたようで、ちょっと残念。

個人的にこちらの塩つけ麺は、自分の中での塩味のイメージを変えたものと思って家人に感想を聞いてみたのですが、濃い味好きなので塩ベースは個人的にイマイチとのこと(汗)。

塩鶏そばはシンプルに美味しかったです。
ただ、塩つけ麺の方がもうちょっと味わいにインパクトがあったし、スープ割りを楽しめたかな~と思いました。


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のランチです↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日2014年6月21日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日

◎ラーメン以外

 1  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 2  キッチン たか (2013年6月15日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年6月21日訪問時お店DATA
*****************************
塩つけ麺 灯花 (とうか)   
〒160-0007 
東京都新宿区荒木町8 プチ藤ビル1階
電話 03-5379-0241
営業時間 *スープ切れ次第終了
[平日] 11:30~18:00 
[土曜] 11:30~17:00
定休日 日・祝
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/19 05:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
Aux Gourmands  @六本木
土曜日は雨のぱらつくお天気でしたが、福島県白河市へ日帰りバスツアーに行ってきました。
ランチタイムは地元の有賀醸造で作られたマッコリが飲み放題という太っ腹な企画で、帰り道はバスに乗ったら爆睡し、気付いたら羽生インターでした(笑)。
ご一緒させていただいた方々もとっても楽しい人たちばかりで、二次会まで参加しちゃいました。
個人旅行ばかりしていますが、ツアーも結構楽しかったです。

DSCF6962 (480x360)
2014年6月20日の夜、友人とディナーに行きました。
ずいぶん遅れてしまったのですが、私の誕生日会を兼ねての食事会だったので、お店の選択権をもらい、食べログをいろいろ調べたところ、「Aux Gourmands(おーぐるまん)」というお店が面白そうだったので、予約を取りました。

DSCF6936 (480x360)
駅は最寄りが六本木一丁目駅ですが、ちょっと歩きます。
ただ、大通り沿いだったのと、まだ明るいうちに歩いていたので、心配していたよりはわかりやすかったです。

DSCF6935 (480x360)
こちらのシェフは元プロボクサーという異色の経歴で、がっつりフレンチがとっても美味しくてリーズナブルだそうです。

DSCF6937 (480x360)
お店の前にメニューが出ていました。

DSCF6938 (480x360)
外階段を登って2階へ。

DSCF6940 (480x360)
午後7時前にお店に到着。

DSCF6941 (480x360)
フロアはそれ程広くなく、左側に厨房がありました。
内装はとてもシンプルです。

DSCF6939 (480x360)
友人はまだ来ていなかったので、私は右奥のテーブル席に着席。
卓上にはナプキンとお皿とカトラリーが置いてありました。

DSCF6943 (480x360)
最初におしぼりをいただきました。
先客は2組ほど。
その後も満席にはなっていなかったようです。


グラス・シャンパーニュ
DSCF6944 (480x360)
少し経って友人が到着したので、まずはシャンパーニュで乾杯!
金曜日の夜は、こうでなくちゃ!

DSCF6945 (480x360)
たっぷりの泡で、すっきりとした味わいでした。

DSCF6946 (480x360)
ディナーは3種類のコースがあります。
好みの2皿を選べる6,000円、好みの3皿が選べる7,560円、お任せコースの12,800円です。
全てお任せチーズまたはデザート、食後の飲み物がついています。
お任せはコースはテーブル全員で注文しなければなりません。
前菜は9種類、メインは8種類あり、お料理によってはプラス料金が発生します。
メニューに記載はあるけれども無いお料理や、記載は無いけれどもあるお料理もありました。

シェフがその日のおすすめを中心に説明してくれます。
見た目は元ボクサーという経歴どおりの強面ですが、話すととても気さくで、お料理について情熱的に語ってくれます。
なので、どれを食べていいのか、と~っても悩ましく、かなり時間がかりました。

本当は、食べログで評価の高かったフォアグラのリゾットを食べるつもりでした。
ホワイトアスパラのムニエルも、この季節物ものだったし、シェフの説明もとっても美味しそうで悩ましい。
ポルチーニをゴロゴロのサイズで切って焼く、という豪快なメニュー外メニューもありました。
結局、好みの3皿が選べる7,560円のコースにして、雲丹と鮎と豚肉をチョイス。


パン
DSCF6952 (480x360)
お料理スタート。
まずはパンが出てきました。
コロンと丸いものが一個。

DSCF6953 (480x360)
記憶が不確かですが、確か、温めてあったと思います。

DSCF6959 (480x360)
中の生地はふんわりと柔らかでした。


アミューズ
DSCF6955 (480x360)
アミューズは、ナスをアサリのダシに煮込み、トマトソースを添えたもの、、だったような。
大きな白いお皿で、真ん中に小さな窪みのあるお皿に盛られていました。
量はほんの少し。

DSCF6956 (480x360)
ナスはとろりと柔らかで、アサリのエキスをたっぷりと吸っていました。
ナスと海鮮系を合わせて煮るのは珍しいかも。

DSCF6957 (480x360)
アサリの身がナスの上にちょこんとのっかっています。
身はフンワリ柔らかです。

DSCF6958 (480x360)
トマトソースの爽やかな酸味もよかったです。
冷たくてとてもさっぱりしていました。


季節のスペシャリテ!! 生うにのコンソメゼリー寄せ、ビッシソワーズで (+1,200円)
DSCF6960 (480x360)
前菜1品目です。
メニューには、
「夏の間の生うにが一番美味しい季節だけのスペシャリテ! 
とにかくこの季節の上等な紫雲丹を買い付けます。
好みの雲丹がないときは欠品になるぐらい美味しい雲丹だけを買ってきます。雲丹とコンソメゼリーとジャガイモのビッシソワーズだけの構成の極上のひと皿です。」
と書かれていました。

最近始まったばかりだというこちらの一皿。
大好きな「北島亭」のスペシャリテでもあり、とっても食べたくてこちらをお願いしました。
シェフのお話では、美味しさにこだわって買ってきた雲丹をたっぷりと盛り付けるとのこと。
なんと、一箱の1/4ものせてしまうそうです。
シェフが見た目が少ない!と感じたときは、1/3ぐらい盛ってしまうこともあるとか。
ありえない!

DSCF6961 (480x360)
やや大きめの白いスープ皿に白いビッシソワーズがひたひたに入っていて、コンソメのジュレが中央に散らしてあり、皿にその上に雲丹がたっぷりと盛りつけてありました。

DSCF6962 (480x360)
シェフがおっしゃった、一折の1/4という話はウソではなく、雲丹が立体的に山になっています。
すご~い!
メチャクチャ美味しそう!

DSCF6964 (480x360)
雲丹はとろりと口の中でとろけ、とっても甘みがありました。
食べても食べてもまだ雲丹がある、というのは本当に幸せ。

DSCF6963 (480x360)
ビッシソワーズはあっさりした味つけでしたが、雲丹の味を邪魔しなくてよかったと思います。
夏を先取りのお料理でした。

DSCF6965 (480x360)
ここでシャンパーニュを飲み終えたので、ワインを注文。
シェフが幾つかボトルを持ってきて、説明してくれます。
私はこちらのシャルドネをチョイス。


グラス 白ワイン
DSCF6966 (480x360)
すっきり・さっぱり味でした。


本日の魚介の料理
DSCF6968 (480x360)
この日は鮎でした。
メニューには、
「今シーズンも始めました。鮎の料理です。本日の魚介の料理でご紹介します。「鮎のマリネ、肝ドレッシング」。ポイントは鮎を洗わないこと。洗わずに三枚におろして塩〆します。仕上げは皮目の炭火焼。表は塩焼き、身は塩〆。骨と頭は干してやきます。肝は当然香りと苦味を活かしたドレッシングです。定番のメロン、スイカは自分の好みに合わないので使いません。ある時は天然を、無い時は半天然を使います。しばらく楽しめます。」
と書かれています。

フレンチで鮎?というのがとっても気になり、こちらを注文。
3皿のうち2皿がお魚系になってしまうのは、肉食系の私としてはかなり迷うところだったのですが、雲丹はどうしても食べたかったし、フレンチの鮎というのが、すごく気になって、こちらを選択。

DSCF6969 (480x360)
白いガラスの器に鮎が盛りつけてあります。
身は半身ずつ。
中骨、頭、シッポはこんがりと揚げてあり、全て食べることが出来ます。

DSCF6972 (480x360)
頭は何故か逆さまに置かれていました(笑)。
ちょっと骨がきつい部分もありましたが、しっかり噛み締めて全ていただきました。

DSCF6970 (480x360)
皮目を焦がしただけのお刺身との話でしたが、鮎のお刺身なんて、初めて食べたかも。
柔らかくてすっごく美味しい!

DSCF6971 (480x360)
肝ソースはしっかりと苦くて、とてもいいアクセントになっていました。
このお料理は本当に美味しくて、大感動でした。
いろいろと美味しい料理を食べ歩く友人も、このお料理は食の世界を広げてくれたと、大絶賛。

DSCF6973 (480x360)
鮎の下にはいろいろなお野菜が入っていました。
ブロッコリーの茎かな?

DSCF6974 (480x360)
次がお肉だったので、赤ワインを注文。
こちらも幾つかボトルを並べて説明をいただきました。

DSCF6975 (480x360)
私はこちらをチョイス。

DSCF6984 (480x360)
渋みは少なくて飲みやすかったです。


本日の国産(たま~に外国もあり)豚肉の炭火焼
DSCF6976 (480x360)
メインの種類が多くて迷って店主さんに伺ったところ、初めてならぜひ豚肉を食べてみて下さいとのこと。
この日は天草ポークでした。

メニューには
「何の肉が美味しいかって・・・? その昔、豚肉を焼いただけなんて日本の仏蘭西料理は認めていませんでした。がしかし、今は十分に主役を張ってます。豚は美味い!!国産豚は美味い!!たま~に外国さんも使いますが、基本国産豚です。絶妙の焼き、塩を楽しんでいただきましょう。」
と書かれています。

DSCF6977 (480x360)
大きな豚肉のブロックに温野菜が添えられています。

DSCF6979 (480x360)
野菜はキャベツ、ブロッコリー、ベビーコーン、赤パプリカなどなど。
全体的にやや固めに火を通してあるので、食感も楽しめました。
キャベツがすっごく甘くて美味しかったです。

シェフは食材の無駄をなるべく出さないようにしているとのこと。
この日使ったキャベツも、茎のところを数ミリ切り落としただけで、すべてつかっているとのこと。
凄くいいことだなぁと思います。
自分でも料理を作るときに心がけたいです。
この観点から、ドライエージングビーフについてはやや否定的とのこと。
確かに、周りをかなりそぎ取りますよね~。

DSCF6980 (480x360)
自宅ではできない厚みを楽しんで欲しい、というシェフの言葉どおり、すごい豚肉の厚みに感激です。

シェフ曰く、塩は軽めにしているとのこと。
塩が強いと、お酒が進むのではなく、水が飲みたくなっちゃうからだそうです。
見た目のイメージと違うでしょ、と茶目っ気たっぷりに話していらっしゃいました(笑)。

DSCF6982 (480x360)
お肉の断面はキレイなロゼピンク。

左側に少し脂身がありましたが、ほぼ赤身の部分でした。
ほどよい歯応えのあるお肉は赤身なのでとてもあっさりめ。
噛み締めて食べると美味しい~。
確かに塩気は淡く、正直なところ、食べ進めるにつれて、ボリュームが多いこともあってやや単調になりました。
個人的にはもうちょっと塩を振ってもらいたかったです。

ただ、後から友人と話したところ、友人のお肉は脂の部分が多かったので、一緒に食べるとちょうど良かったそうです。
私と友人でお肉のパーツにだいぶ違いがあったようです。
因みに脂身は柔らかくてほんのり甘みがありました。

DSCF6987 (480x360)
食事の後は、チーズかデザートを選べます。
友人はデザート、私はチーズをチョイス。
甘いものが苦手な私は、コースに組み込まれているデザートを食べなくて済むので、このスタイルはとってもありがたいです。


チーズ
DSCF6988 (480x360)
チーズは自分で2種類選べます。
ブルーとウオッシュの2種類を選んだところ、私が苦手だと言った山羊のチーズを一つサービスしてくれました。
ありがとうございます!

何でも、シェフはずいぶん昔に、毎週末チーズをたくさん買い占めて味わいの研究をし、2ヶ月続けたら食べるチーズがなくなったとのこと(笑)。
お料理のレシピは全て捨ててしまったというシェフですが、その時にメモしたチーズのメモは今でも大切にとってあるそうです。

DSCF6993 (480x360)
チーズのお皿にはパンと干しぶどうが添えられていました。
パンはちょっと変わっていて、ラスクのように固いパンで、表面にパウダーシュガーがたっぷりとふりかけてありました。
これは心配したほどには甘くなかったです。

DSCF6998 (480x360)
チーズはどれも拍子抜けするぐらい塩気も強くなく、癖もなくて食べやすい味わいでした。

DSCF6994 (480x360)
「せっかくだからどうですか?」と勧められ、カルヴァドスをいただいちゃいました。

DSCF6995 (480x360)
強い洋酒はほとんど飲まないので、カルヴァドスというと、リンゴのブランデーで、漬け込んだチーズがある、ぐらいのイメージしかなかったです(笑)。


チョコレート好きが作った98点のチョコレートケーキ
DSCF6996 (480x360)
友人はデザートに、チョコレートケーキをチョイス。

メニューには
「チョコレート・・・大好きな菓子です。レストランに行ったら必ずチョコ菓子は頼みます。だからこそがっかりすることもしばしばあり、だから手が入り込んでいなくとも美味しいチョコレート菓子が食べたいのです! とってもハードルを上げている気がしますが正直な思いです。残り2点を教えてください!!」
と書かれています。

DSCF6997 (480x360)
でっかい塊が2つもありました。
デザートにもシェフの考えがしっかりと反映されています(笑)。
量が多いからと、一口もらったのですが、濃厚なチョコレートでとっても美味しかったです。
これなら食べてもいいかも。

DSCF7001 (480x360)
この日は二人で30,366円、一人15,183円でした。
飲み物がちょっとお高めですが、それでもこれだけ美味しいお料理をボリュームたっぷりといただけて、15,000円というのはCPがよかったです。
他にも気にいなるメニューがたくさんあるし、ジビエも気になるしで、絶対に再訪しようと心に決めました。

DSCF7002 (480x360)
東京タワーがとってもキレイだったので、記念撮影。

シェフのおしゃべりはとっても楽しくて、帰りは見送って下さいました。
前の週には「俺のフレンチ」に行き、2週連続のフレンチでしたが、どちらもとてもいいお店に出会えて幸せでした。


フードメニューです↓
DSCF6946 (480x360)

DSCF6947 (480x360)

DSCF6948 (480x360)

DSCF6949 (480x360)


デザートメニューです↓
DSCF6950 (480x360)

DSCF6951 (480x360)


2014年6月20日訪問時お店DATA
******************************
Aux Gourmands (おーぐるまん)
〒106-0041
東京都港区麻布台3-4-14 麻布台マンション103
TEL 03-5114-0195
営業時間 
[平日] 18:00~25:00(L.O.23:00)
[土曜] 18:00~23:00(L.O.21:30)
[祭日の土曜日] 14:00~21:00(L.O.19:00)
定休日 日曜・祭日(早めのディナータイムの営業日あり)
地下鉄六本木一丁目駅2番出口から徒歩7分
地下鉄六本木駅3番出口から徒歩10分
地下鉄麻布十番駅6番出口から徒歩12分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/05/18 05:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(4) |
和の料理 梓  @四谷
本日も、周回(年)後れを回避すべく、記事をアップします。
みなさま、楽しい日曜日を☆

DSCF6924 (480x360)
2014年6月20日は週の最後の金曜日。
大のサッカー好きのOさん、早めの夏休みを取ってサッカーのワールドカップを観戦するためにこの日、ブラジルへ出発!
フライトが遅いのでお昼頃まで会社に来ることになっていたので、上司が面白がって「お昼は壮行会をやろう。」と数日前に言っていました。
Oさんのリクエストは和食だったのですが、上司は和食のお店にさほど詳しくないだろうから、トンカツになるのかな、なんて予想していたところ、自分から言い出したのにどこのお店に行くか全く決めていなかったようで、12時過ぎになってから先輩や私に「和食ってどこかあったか?」とか聞いてきました(汗)。
お気に入りだった「亀福」は閉店しちゃったし、「花びし」とかかなぁ、、、なんて考えていたら、先輩が「和の料理 梓(あずさ)」のことを思い出しました。
上司は行ったことがあったし、でも、Oさんは行ったことなかったので、こちらに決定。

2010_0728画像0040
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜け、その先をしばらく行った左側に小谷田ビルがあり、お店はその1階です。 

2010_0728画像0043
こちらも以前撮影した写真です。
「梓」の創業は昭和35年とのことで、半世紀以上続く老舗のお店です。
開店当時のしんみち通りは路面は舗装されていない砂利道で、ようやく丸ノ内線が新宿まで通ったばかりだったそうです。

2010_0728画像0041
こちらも以前撮影した写真です。
お店の入口の左側には、大きな「おこぜ」の文字が入った提灯。
とっても趣があります。

2010_0728画像0039
2010年7月上旬からランチが始まりました。
前回ランチ訪問したのは2013年10月30日だったので、約7ヶ月ぶり、3回目の訪問です。

DSCF6934 (480x360)
ランチメニューはわっぱめし膳のみで、お値段は1,100円です。
写真が遠目でわかりにくいですが、よく見ると「本日より勝手ですが、昼食膳1,100円(税込)とさせて頂きますので宜しくお願い致します」と書かれていました。
消費税増税の4月1日ではなくて、本当にこの日から?
だとしたら、相当な偶然!

2010_0728画像0012
こちらも以前撮影した写真です。
写真ではとても黄色く写ってしまっていますが、店内は白く明るいです(汗)。

フロアはこぢんまりとした広さで、やや古めかしい和風の内装です。
右手に厨房とそれを取り巻くカウンター席、左手に個室があります。

店中に入ると、わっぱ飯の具なのでしょうか、ホタテのような海鮮の香りがして、とってもお腹が空いちゃいました。

2010_0728画像0009
こちらも以前撮影した写真です。
カウンターの一番奥の方はこんな感じでした。

2010_0728画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
写真がピンぼけですみません(汗)。
こちらは夜のメニューです。
築地直送の季節の旬の天然のお魚にこだわっているとのこと。
冬はふぐをいただけます。
ただ、その分予算はお高そうです。

2010_0728画像0002
こちらも以前撮影した写真です。
カウンターの中はこんな感じでした。

お店はお父さんと息子さんのお二人でお店を切り盛りしていらっしゃいます。
ランチでの厨房は息子さんが担当されていました。
二人とも顔がとても良く似ていて、初めての訪問のとき、お父さんは「兄弟ですよ!」なんておっしゃっていました(笑)。
久しぶりの訪問でしたが、お父さんがお元気そうで何より。

2010_0728画像0010
こちらも以前撮影した写真です。
わっぱめしはこんな感じで蒸していました。
写真がピンぼけですみません(汗)。

DSCF6033 (480x360)
12時半頃にお店に到着すると、カウンターは6割程埋まり、小上がりの部屋は奥の小さい方のテーブルが埋まっていました。
私たちはもう一人合流して総勢5名になっていたので、小上がりのもう一つのテーブルは大きめなものの4人用なので、ちょっと狭めなのでカウンター横並びにするか、少し待つか、どうしようかと、しばし迷いました。
結局、一番サイズの大きい上司が無理矢理お誕生席に座ることにして(笑)、小上がりの部屋に入ることに。

DSCF6032 (480x360)
お店のお父さんが「狭くてすみません。でも、じきに空きますから。」なんておっしゃっていましたが、お隣で食べている二人組の女性に聞こえるんじゃないかと、ヒヤヒヤしちゃいました(汗)。

DSCF6907 (480x360)
卓上には爪楊枝入れだけが置かれています。
ちょっと変わっていて、石を削ったような入れ物です。

DSCF6908 (480x360)
複雑な形をしていて、一旦開けちゃうと、蓋を合わせるのが大変でした(汗)。

DSCF6910 (480x360)
着席すると、お箸とおしぼりをいただきます。
箸袋は、季節によってデザインが変わります。

以前はわっぱ飯は3種類の具材から選べましたが、今はお任せになったようです。

DSCF6909 (480x360)
ランチでしたが、一人で盛り上がっていた上司が、ビールも注文。
上司とOさんと私の三人でいただきました。
グラスをちゃんと冷やしてあるので、嬉しい~。


お通し
DSCF6911 (480x360)
お酒を飲む人向けに出てきたお通しです。
イカナゴの釘煮でしょうか?
この手のお料理はとても甘い味つけのものが多く、私はかなり苦手なのですが、こちらは身がふっくらと柔らかく、甘さがすっきりとしていて、とっても美味しかったです。
あまりの美味しさに、先輩におすそ分け(笑)。

DSCF6913 (480x360)
乾杯!
Oさん、たっぷりワールドカップを楽しんで、ちゃんと無事に日本に戻ってきて下さいね~。
(でないと、仕事が回らない(笑)。)

DSCF6914 (480x360)
メニューはないので、注文しないでそのまま待ちます。

しばし待って、お料理が登場!
人数が多いので、お父さんが配膳するのも大変。
相変わらず、すっごい豪華~と思っていたら、さらにもう1品登場。


おひるのわっぱめし膳  (1,100円)
DSCF6924 (480x360)
いただきま~す!
わっぱ飯、天ぷら、天つゆ、刺身、お味噌汁、お新香、取り分け用のお皿のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられて出てきましたが、後からお刺身のお皿が来たら、取り分け用のお皿は外にはみ出ちゃいました。

DSCF6915 (480x360)
お新香は2種類です。
キュウリとダイコン?です。
小さめなカットで、味わいはあっさり。
前回のランチ訪問のときは3種類ありました。

DSCF6918 (480x360)
お味噌汁には三つ葉と天かす?が浮かんでいます。
天かすって珍しいのでは?

DSCF6933 (480x360)
ダシはわりとあっさりしていました。
中にはお豆腐、アサリ、長ネギ、青海苔?などが入っていて、とても具沢山です。

DSCF6925 (480x360)
この日のお刺身はタコでした。
レタスや貝割れ大根を下に敷いて、ドレッシングをかけたサラダ仕立て風です。

DSCF6927 (480x360)
タコはプリプリでした。
野菜と一緒に食べるととてもさっぱりします。

DSCF6919 (480x360)
天ぷらはカボチャ、エビ、かき揚げなどです。

DSCF6916 (480x360)
天つゆはあらかじめ小皿に入れられて出てきます。

DSCF6929 (480x360)
海老には尻尾がついていたので、全部囓って食べちゃいました。

DSCF6928 (480x360)
カボチャは2個。
衣はちょっと柔らかでしたが、優しい甘さでした。

DSCF6920 (480x360)
蒸し立て熱々のわっぱ飯には具材がたっぷりとのせられ、彩りに三つ葉も散らしてありました。
海鮮のいい香りがします。

DSCF6921 (480x360)
具はホタテ、、、

DSCF6923 (480x360)
カニ、、、

DSCF6922 (480x360)
シメジ、山菜などなど。

DSCF6917 (480x360)
小さな小皿と木のスプーンが別についているので、こちらで取り分けていただきます。

DSCF6931 (480x360)
まずは1杯目。
ご飯そのものの味付けはあっさり目です。
取り分け茶碗が小さめなこともあり、軽くよそるなら、3杯分ぐらいあるでしょうか。

DSCF6932 (480x360)
2杯目です。
シメジは大ぶりのものもあり、プリプリとした食感でした。
水分が多いからか、蒸籠にご飯がこびりついてしまい、キレイに完食できないのがとっても残念。

3人でビール瓶1本だったので、すぐに飲み切っちゃいました。
2本目を注文したら、さすがに午後は仕事にならないからと、上司は自主規制(笑)。
お酒を飲んでいた人たちには後からお茶が出てきました。

2010_0728画像0038
こちらは2010年7月28日に初訪問したときの写真です。
お見送りしてくれたお父さん、とっても良い笑顔☆


おかずの種類がとっても多くて華やかですが、味つけが淡めなせいか、全体のボリュームはそれ程重たく感じません。
1,100円に値上がりしましたが、それでもとってもお得だと思います。

話も盛り上がり、楽しい壮行会でした。
四ッ谷駅でOさんとしばしのお別れ。
せっかくの夏休み、たっぷり楽しんで欲しいと思っていたのですが、Oさんの観戦した第3戦で日本はグループリーグ敗退が決定しました(汗)。
聞けば、ドイツ大会の時も行っていて、ブラジル戦の負け試合を観戦していたそうで、もしかして、負け男??


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまでのランチ訪問はこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

1回目  2010年7月28日
2回目  2013年10月30日
3回目  2014年6月20日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年6月20日訪問時お店DATA
********************************
和の料理 梓 (あずさ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-3 小谷田ビル1階
電話 050-5815-9002 
営業時間 
[平日] 11:30~13:40 17:00~23:00  
[土曜] 17:00~23:00  
定休日 日祝、年末年始 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/17 00:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
元祖金沢カレー カレーのチャンピオン 麹町店  @四谷
今日は、日帰りバスツアーで福島県に遊びに行ってきます。
基本的にツアーが嫌いなので、いつぶりだか思い出せません(汗)。
函館に行った時に数時間の夜景ツアーに参加したことはありますが、自分で申し込んだまるまる全部のツアーって、もしかしたら、修学旅行以来かも?!
天気予報が残念です。。。

DSCF6891 (480x360)
2014年6月19日は、10日前の2014年6月9日にOさんが買ってきた元祖金沢カレー カレーのチャンピオン 麹町店」のカレーを先輩がとても食べたがり、麹町本通郵便局にお昼前に行ってその帰りに買おうと計画していたのですが、なかなかうまくいかず、結局10日目のこの日にようやく実現しました(笑)。
エスニックカレーは結構食べられるのですが、いわゆる普通のカレーを変えるのは意外に少ないように思います。

2010_0204画像0035
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を麹町方面に進み、最初の角を右に曲がります。
2008年7月24日にランチ訪問し、現在はランチ営業をやめた「味の店 きよの」の前を通り抜けて坂を少し下り、2009年7月8日にランチ訪問した「中国料理 麹町飯店」のすぐ隣にお店があります。

2009年11月26日にオープンし、2010年2月4日にランチ訪問しています。

DSCF6452 (480x360)
上司はお弁当を持ってきていたので、Oさんと先輩と私の三人でカレーを買うことにして、事前に公式HPを見てメニューを決めました。

DSCF6885 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋です。

お弁当を買いに行ってくれた先輩が、帰って来るまでけっこう時間がかかっていたのですが、何やらとっても大変だったとのこと。
本来なら券売機で食券を購入するのですが、12時前で他のお客さんがいなかったからか、女性店員さんが直接注文を聞いてくれたそうです。
ただ、アジア系の方で日本語でのコミュニケーションがうまく取れず、先輩はメニューの組み合わせを3種類書いて持っていって注文したところ、なぜか5個出来上がり(汗)。
どうやら、トッピングでお願いしたものも、カレー1個と思われてしまったようです。
お会計も5,000円近くとなり、先輩はビックリ。
慌てて出来上がったお弁当と注文したメニューを見比べてお弁当を直してもらいました。
あと、公式HPではよくわからなかったのですが、麹町店では2つ以上でなければつけられないそうです。
逆に、公式HPにはない、チキンカツなどのメニューもあったとのこと。

DSCF6888 (480x360)
なので、持って帰ってきた袋には、5人分のスプーンなどが入ったままになっていました(笑)。

DSCF6887 (480x360)
スプーンとナプキンを入れてくれます。
スプーンは透明なビニール袋に入っていました。

DSCF6886 (480x360)
前に食べたのとは違うカレーを、、、と思ったのですが、基本的にカレーメニューは一つだけで、あとはトッピングが違うだけです。
前回ランチ訪問した2010年2月4日にはお店イチオシのLカツとソーセージを食べたので、この日はカツカレーに海老フライとクリームコロッケを一個ずつつけてもらうことにしました。揚げ物系のトッピングばかりなので、ご飯はミニサイズをチョイス。

DSCF6890 (480x360)
量が多かったせいか、容器は2つに分かれていました。

DSCF6889 (480x360)
どちらも同じ小さめの長方形のサイズの容器で、下は白、フタは透明のプラスチック製です。


カツカレー ミニ(590円)+海老フライ(1本100円×2個)+クリームコロッケ(1個100円×2個)=990円?
DSCF6891 (480x360)
いただきま~す!

お会計も結局後から計算してみたら、合っていませんでした。
私は合計990円だったと思うのですが、3人分の合計金額とは合わなかったです。
ご飯がミニサイズだったのに、普通で計算されていたようです。
ただ、以前Oさんがもらってきたチラシには普通・大盛りは持ち帰り可能と書いてあったので、ミニは持ち帰りは出来るけど、値段には対応していないとか?
先輩といろいろ話しましたが、結局本当のところはわからず終い。
消費税増税の関係もあるのか、先輩の話では、店内に置かれたメニューと壁に張り出されたものとで値段が違ったりしたものもあったそうです。

DSCF6895 (480x360)
カツカレーは右側にカツがどかんと載っていて、左上にキャベツの千切り、左下に福神漬けが添えられていました。
ご飯は全く見えません。

DSCF6898 (480x360)
カツは薄めです。
前回食べたLカツと対比したいところですが、4年以上前だったので、記憶がはっきりせず。。。

DSCF6901 (480x360)
お肉は柔らかでした。

DSCF6897 (480x360)
キャベツは細かい千切りです。
ドレッシングなどはかかっていないので、カレーや福神漬けを和えて食べました。

DSCF6896 (480x360)
福神漬けは真っ赤で、量もたっぷり。
少し甘めな味わいでした。

DSCF6892 (480x360)
トッピングは千切りキャベツを敷いた上にのせられています。
写真には写っていませんが、こちらにも福神漬けがかなりたっぷり入っていて、、正直、食べきるのが大変なほど。
カレーの入っている容器に移して、全体を混ぜ合わせて何とか食べ切りました。

DSCF6893 (480x360)
クリームコロッケはまん丸な形でカワイイ。

DSCF6894 (480x360)
エビフライは結構大きかったです。

こんなに揚げ物ばっかり食べたら大変だ!と思い、Oさんに海老フライを1本進呈。
クリームコロッケもあげたかったのですが、Oさんはクリームコロッケカレーを食べていたので、さすがにあげるわけにはいかず(汗)。
先輩にクリームコロッケをあげようとしたのですが、Lカツカレーを買っていた先輩はこれだけでもカロリーオーバーだからと固辞されたので、自分で食べることにしました。

DSCF6904 (480x360)
食べ始めるときにバタバタしたせいか、せっかくたくさんトッピングを追加したので、全部をのっけて写真を撮るのを忘れちゃっていました(泣)。
慌てて、残っているトッピングをのせて、写真撮影。
汚らしくなっちゃってゴメンナサイ(汗)。

DSCF6902 (480x360)
ご飯はミニ(180g)にしたつもりでしたが、結構ボリュームがあるように感じました。
ミニになっていたのかな?

DSCF6903 (480x360)
クリームコロッケは、衣はかなり柔らかです。
中のクリームはとろりとしていて、しっかりとしたミルキー味でした。

DSCF6905 (480x360)
海老フライは衣がやや厚め。
衣はカラッと揚がっていました。


揚げ物トッピングをたくさんつけたので、かなりおなかいっぱいになりました。
夜まで全くお腹が空かなかったです。
久しぶりの金沢カレーでしたが、トッピングは豪華だったものの、カレーそのものの味わいはそれ程印象の残らなかったのは残念。


メニューです↓
DSCF6452 (480x360)

DSCF6453 (480x360)

DSCF6454 (480x360)

DSCF6455 (480x360)

DSCF6456 (480x360)


2014年6月19日訪問時お店DATA
******************************
元祖金沢カレー カレーのチャンピオン 麹町店 
〒102-0083 
東京都千代田区麹町5-5 
TEL 03-3261-5299
営業時間 
[昼]11:00~15:00  
[夜]17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/16 00:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(4) |
酒と串焼 百  @麹町
早いもので、今週ももう金曜日。
あと一日がんばれば、楽しい週末です。

このところ仕事の都合で新店開拓がなかなか出来ないので、まだブログで紹介していないお店を先に記事にしてみました。
時系列が狂いますが、ちょっとはマンネリ感がなくなればと思っています。
みなさま、楽しい週末を☆

DSCF0709 (480x360)
2014年9月4日は、上司とOさんがお昼時に戻らなかったので、外へランチを食べに出ることにしました。
先輩はこの日は自粛して持参したお弁当を食べるということで、一人で出発。
四ッ谷方面に行って帰ってくる上司たちとばったりと会ってしまうのも嫌だったので、市ヶ谷方面へ行きました。
市ヶ谷界隈で新店が思いつかなかったので、以前見つけたものの、満員で入れなかった麹町駅直結のビルの中の鶏系居酒屋さんに行ってみましたが、ランチ営業をやめていました(汗)。
新宿通り沿いに新店の「O’LAU LAU CAFE × BISTRO TRANSIT 麹町店」があったことを思い出して行ったのですが、こちらは満席。
あまり時間がなかったので並ぶ訳にもいかず、そのすぐ脇にある「味仙」に行ってみました。
他の支店には行ったことあったのですが、ここなら入れるのではないかとメニューを見たものの、どうしても食べたいものが見つからず、そのまま四ッ谷駅方面に向かってとぼとぼと歩いていました。

DSCF0728 (480x360)
Daiwa麹町4丁目ビルの前に来た時、飲食店があるのを発見。
しかも、ランチ営業している表記でした。

DSCF0729 (480x360)
看板とかは出ていませんでしたが、奥をのぞいてみると、確かにお店がある!

DSCF0730 (480x360)
地下鉄麹町駅から新宿通りの左側を四ッ谷駅方面に向かって進み、通りを一つ越えて少し行くとDaiwa麹町4丁目ビルがあります。
お店はその1階です。
ちなみに、食べログではサンライン第7ビルとなっていますが、所有者が変わったのでしょうか。

DSCF0725 (480x360)
こんなところにお店があることすら今まで知りませんでした。
人気が全然なかったので恐る恐る近づいてみると、、、

DSCF0726 (480x360)
入口隣の壁にランチメニューが掲げられていたので、意を決して入ってみることに。

DSCF0727 (480x360)
金宮が暖簾になっているなんて、個人的にかなり好みです(笑)。

DSCF0704 (480x360)
入店すると、ちょっと床が高くなっていました。
左に厨房とカウンターがあり、奥にテーブル席が並んでいます。
奥行きが狭く、フロアはあまり広くは見えません。
フロア担当はおかみさんでしょうか、おばさまがお一人で対応しているのでなかなか存在を気付いてもらえず、しばらく立って待っていました。
カウンター席は一杯だったので、右奥にあるお座敷に通されました。
入口からは全く見えなかったのですが、実は結構広かったです。

DSCF0705 (480x360)
12時15分頃に入店したところ、カウンターとテーブル席は満席でしたが、座敷は半分ぐらいは空いていました。
私は左奥の二人用テーブル席に着席。
お座敷は落ち着いた和の雰囲気です。

DSCF0706 (480x360)
壁の上の方に夜のメニューが木の短冊で並んでいました。

DSCF0698 (480x360)
卓上には割り箸、爪楊枝、各種調味料が置いてあります。

DSCF0708 (480x360)
二つあった容器を開けてみると、お塩と七味唐辛子が入っていました。

DSCF0699 (480x360)
奥まった場所なので、壁にはチャイムが設置されています。

DSCF0692 (480x360)
店員さんが空の湯飲みと小さなポットを出してくれました。

DSCF0693 (480x360)
この湯飲みがとっても可愛い~。
「怒って、、、

DSCF0695 (480x360)
泣いて、、、

DSCF0696 (480x360)
笑って、、、

DSCF0697 (480x360)
福来る 福来朗(ふくろう)」

DSCF0700 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF0701 (480x360)
ランチメニューは壁に貼ってあります。

DSCF0702 (480x360)
全部で7種類あり、お値段は800円か880円です。

DSCF0703 (480x360)
ランチビールもお手頃価格でいただくことができます。

せっかくなので、一番トップに書かれていた炭火焼とり丼をご飯少なめでお願いしました。
後から気付いたのですが、このメニューは多少時間がかかるとのことです。
ただ、全体的に見て、お料理の提供はゆっくり目でした。


炭火焼とり丼 ご飯少なめ (880円)
DSCF0709 (480x360)
15分以上待って、お料理が登場。
メイン、お味噌汁、小鉢、お新香のセットです。
小さなほぼ正方形の黒いお盆にのせられていました。

DSCF0710 (480x360)
お新香は白菜です。

DSCF0711 (480x360)
小鉢はもやしのナムルです。
もやし以外にシメジやネギなども入っていて、たっぷり白ごまが振ってありました。

DSCF0712 (480x360)
お味噌汁は、写真には写っていませんが、湯気が上がっていて、熱々でした。

DSCF0715 (480x360)
提供直前に投入したらしく、水菜が青々としていて、とっても色鮮やか。

DSCF0716 (480x360)
ドンブリは、お肉がたっぷりとのっていて、ご飯がほとんどみえません。
焼鳥3本が並び、その上につくねが1本横にのせてあり、彩りに貝割れ大根が散らしてありました。
かなりのボリューム感です。

DSCF0718 (480x360)
焼鳥はお肉が大きめのカットです。
ネギも入っているので、正肉ではなくネギマです。
ネギは片面にしっかり焼き目がつくほど焼いてあるので、甘かったです。

DSCF0722 (480x360)
串は外してあり、タレを絡めてあります。
お肉はほどよい歯応えで、美味しかったです。

DSCF0717 (480x360)
つくねはちょっと個性的です。
表面をびっしりとゴマで覆ってありました。

DSCF0724 (480x360)
つくねは柔らかですが、ゴマのプチプチ感と風味がたまりません。
胡麻好きの私にはかなりはまりました。
味付けそのものはあっさりとしています。

DSCF0720 (480x360)
焼鳥だけでなく、ご飯にもタレがかかっていました。
全体のボリュームは普通です。


この界隈を結構歩いているつもりでも、まだ存在も知らなかったお店を見つけて本当にビックリしました。
後から食べログを見ましたが、穴場だからかあまり情報がなく、ランチ営業に関する記述もありませんでした。
焼き立ての焼鳥丼を食べられるお店はそんなにないので、貴重なお店だと思います。


2014年9月4日訪問時お店DATA
****************************
酒と串焼 百 (もも)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-7-2 Daiwa麹町4丁目ビル1階
TEL 03-3237-3494
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:00~0:30
定休日 日曜・祝日・第3土曜
地下鉄有楽町線麹町駅2番出口から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/15 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(7) |
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  @四谷
昨日は台風一過でかなり暑くなりましたね~。
ほんのちょっとの差で真夏日にはならなかったようですが、今日こそは30度を超えるとか。
熱中症にお気をつけ下さい☆

DSCF6832 (480x360)
2014年6月18日は、この日も上司がお弁当を持参したので、自分のランチを買うために外へ出かけました。
先輩は、前日に引き続き、2014年6月2日にOさんが購入した「カレーのチャンピオン」のカレーを食べようと思い、郵便局に行った帰りに買って帰ろうと前日から計画していたのですが、この日も忘れてしまい、お相伴しようと思っていた私はとっても残念。
二日後に友人とがっつりディナーに行く予定もあったので、軽めに食べたいのと思い、アトレ四谷の「Soup Stock(スープストック) TOKYOアトレ四谷店」へ買いに出かけました。

DSCF0883_20130329071330.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅に直結したアトレ四谷の1階にお店があります。
このフロアには他にもたくさんの飲食店が並んでいます。

DSCF0882_20130329071327.jpg
「スープストック」は株式会社スマイルズの運営するスープチェーン店で、全国に50店舗以上の支店があります。

アトレ四谷のリニューアルオープンに伴い、「スープストック」も2012年3月11日にリニューアルオープン。
飲食ブースのスペースを広く取り、大型の冷凍ショーケースを設置して冷凍スープのテイクアウトが出来るようになりました。

DSCF0885_20130329071321.jpg
写真だとわかりにくいですが、スープが立体的にデザインされています。

前回テイクアウトしたのは2013年10月3日だったので、約8ヶ月半ぶり、リニューアルオープンしてから5回目です。

DSCF0601_20130329071656.jpg
丸ノ内線側の出入り口のところに、それ程広くありませんがテーブル席とカウンター席があります。

DSCF0600_20130329071652.jpg
こちらは冷凍ケースです。
かなり大きなサイズで、たくさんの種類を持ち帰りすることが出来ます。

この日は午後早くから予定があったので、お店に到着したのが12時ぐらい。
ちょうど数人並び始めた位でした。
ただ、「権米衛」には既に行列が出来ていて、人気の高さをうかがえます。

DSCF4562 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
中央にメニューのボードがディスプレイされています。
どれも写真付きで詳細な説明がついています。
スープだけでなく、カレーもあります。

DSCF4563 (480x360)
並びながら眺めてどのスープにするか決めます。
先客が少ないと、メニューを決める前に順番が来ちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしちゃうことがあります。

DSCF0602_20130329071659.jpg
単品での注文も可能ですが、お得なセットメニューもあります。

DSCF6818 (480x360)
この時期、6月の期間限定のスープとしてアジア特集をやっていました。

DSCF6856 (480x360)
こんなパンフレットもあったので、いただいちゃいました。

DSCF6816 (480x360)
美味しそうだったので、ラインナップの中からこちらと、、、

DSCF6817 (480x360)
こちらのスープをスープストックセットで注文。

DSCF0887_20130329071301.jpg
カウンターにスープのフタがずらりと並んでいて壮観です。
店員さんが多く、レジでの対応はいつも丁寧です。

品物を袋詰めしている人がレジの奥にいるので、どうもスプーンとか断りにくいです(汗)。
この日も結局いただいちゃいました。

DSCF0886_20130329071257.jpg
イートインのコーナーでは、先に席を確保してから商品の購入するとのこと。

DSCF0610_20130329071551.jpg
飲食スペースの入口にカタログ、お水のおかわり、ナプキン、砂糖、ミルクなどが置いてあります。

DSCF0888_20130329071305.jpg
この写真は人の少ない朝に撮影したものです。
実際にはランチタイムは常にほぼ満席になっています。

DSCF6820 (480x360)
スープストックの持ち帰り袋は、スープを縦に重ねるせいなのか、縦に細長く出来ています。

DSCF4566 (480x360)
ベースは白で、お店のロゴが黒で印刷されています。

DSCF6822 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じでした。

DSCF4567 (480x360)
紙ナプキンとスプーンをお手ふきは一緒にくるんであります。
この日は出した弾みで?、バラバラになっちゃっていました。

DSCF0614_20130329071604.jpg
スプーンは黒いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF4576 (480x360)
袋の端にこんなデザインがありました。

DSCF0556_20131213082816d9b.jpg
紙ナプキンからお手ふきが透けて見えます。

DSCF0617_20130329071531.jpg
紙ナプキンは薄い茶色です。

DSCF0618_20130329071534.jpg
こんな風にくるんでありました。

DSCF6831 (480x360)
濡れおしぼりはとても小さいサイズです。
持ち帰り袋と同じく、お店のロゴが印刷されていました。

DSCF9749 (480x360)
スープの容器は、フタが白いプラスチック、下が紙製です。

DSCF0622_20130329071456.jpg
カップの前面には大きく白と黒のツートンカラーのロゴが入っています。

DSCF0623_20130329071459.jpg
ロゴの逆サイドには注意書きが印刷されていました。

DSCF6826 (480x360)
小さな別容器で香菜が入っていました。
特に説明がなかったのですが、どっちのスープのためなんだろう?
何となくのイメージで、火鍋の方に入れちゃいましたが(笑)。

DSCF6830 (480x360)
スープとのセットには、白胡麻ご飯、石窯パン、フォカッチャから選びます。
この日はフォカッチャをお願いしました。
レジで「焼きますか?」と聞かれた(聞こえた)ので、お願いしました。
多分、温めてくれたという意味だと思うのですが。

いつもそうですが、フォカッチャは結構油がしみ出しています。
だからなのか、薄い紙袋は2重になっていました。


スープストックセット  (950円)
DSCF6832 (480x360)
いただきま~す!

DSCF6833 (480x360)
公式HPによれば、フォカッチャは、「外はカリッと、中はもちっとしたピザ生地のようなパン。焼き上げる直前に、オリーブオイルをさっと塗り、イタリア産の岩塩を挽いて仕上げます。」とのこと。
なかなかの大きさです。

DSCF6834 (480x360)
表面をよく見ると、あちこちに岩塩がついています。

DSCF6848 (480x360)
フォカッチャはせっかく温めてもらったのに、食べるのが遅くなったのであまりわからず(汗)。
少し固めの食感でした。
表面に散らしてある岩塩のしょっぱさが味わいのアクセントになります。
スープに浸して食べるのもいいかも。
次回やってみようっと。


雲南豆腐スープ
DSCF6836 (480x360)
まずはこちらから食べました。
「中国・雲南省の甘辛い豆腐料理。豆腐とえのきを軽く炒めて水分を飛ばし、三温糖、豆板醤、ラー油など多彩な調味料で味わい深く仕上げました。」とのこと。

食べる前にこのスープの説明書きを読んだら、「甘い」と書いてあったのでちょっと警戒しちゃいました(笑)。
お豆腐とはわからないぐらい崩してあり、エノキもとても細かく刻んであります。
全体的にちょっともったりとしたスープです。

DSCF6853 (480x360)
一口食べてみると甘さが最初にやってきて、食べるスープを食べているのにとっても不思議な感じ。
その後、かなりガツンとした辛さが追っかけてきました。

DSCF6855 (480x360)
うーん、不思議な味わいの組み合わせだけど、結構癖になりそうです。
ゴマだれのような濃厚さもありました。
食べ進めると辛さを強く感じるようになり、身体がポカポカしました。


トマトと冬瓜の火鍋スープ
DSCF6838 (480x360)
次にこちらを食べました。

DSCF6837 (480x360)
このスープは「山椒やクミンなど豊かな香りが食欲をそそる台湾風の火鍋スープ。香菜を加えた肉団子、冬瓜、トマトなど具沢山で食べごたえがあります。」とのこと。

DSCF6839 (480x360)
香菜はほんの少しです。

DSCF6840 (480x360)
ついてきた香菜、何となくでこちらに入れちゃいましたが、これでよかったのかな?(汗)。

DSCF6843 (480x360)
スープはややオイリーで、少し辛く、あっさり目のお味でした。

DSCF6845 (480x360)
冬瓜はサイズが大きめです。
ちょっとかためな煮加減なので、食感が結構ありました。

DSCF6847 (480x360)
シメジがとっても大きい!

DSCF6844 (480x360)
肉だんごはそれほど香菜の風味は感じませんでした。

DSCF6852 (480x360)
全体としてはとっても具沢山なスープです。

DSCF6882 (480x360)
この日のレシートです。

DSCF6823 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


重たい味わいのスープと具沢山のスープだったので、結構おなかがいっぱいになりました。
新しい味わいに出会えたのはとっても楽しかったです。
スープストックの味わいってかなり本格的で、しかも、週替わりでアジアンメニューをいただけるなんて、本当に凄いです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
  東京ボルシチ (2011年4月7日
  豚トロのトマトストロガノフ (2012年6月4日
  8種類の野菜と鶏肉のスープ (2012年6月4日
  温野菜とチーズのブラウンシチュー (2013年1月10日
  トムヤムクン (2013年7月1日
  タイ風グリーンカレースープ (2013年7月1日
  雲南豆腐スープ (2014年6月18日
 トマトと冬瓜の火鍋スープ (2014年6月18日

  ムール貝と帆立のシーフードカレー (2011年4月7日
  バターチキンカレー (2013年10月3日

  白胡麻ご飯 (2011年4月7日
  石窯パン (2012年6月4日
  フォカッチャ (2013年1月10日2013年7月1日

[イートイン] 
  オマール海老と渡り蟹のスープ (2007年7月25日

  石窯バジルパン (2007年7月25日)  

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日2013年12月4日2014年2月14日2014年2月26日2014年3月31日2014年5月29日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日2013年12月11日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日2013年12月5日2014年1月23日2014年3月13日2014年6月16日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日2013年7月1日2013年10月3日2014年6月18日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日2013年9月24日2014年4月25日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日2014年1月10日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF6856 (480x360)

DSCF6857 (480x360)

DSCF6858 (480x360)

DSCF6859 (480x360)

DSCF6860 (480x360)

DSCF6861 (480x360)

DSCF6862 (480x360)

DSCF6863 (480x360)

DSCF6865 (480x360)

DSCF6867 (480x360)

DSCF6868 (480x360)

DSCF6869 (480x360)

DSCF6870 (480x360)

DSCF6871 (480x360)

DSCF6872 (480x360)

DSCF6873 (480x360)

DSCF6874 (480x360)

DSCF6875 (480x360)

DSCF6876 (480x360)

DSCF6877 (480x360)

DSCF6878 (480x360)

DSCF6879 (480x360)

DSCF6880 (480x360)

DSCF6881 (480x360)


2014年6月18日訪問時お店DATA
****************************
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (すーぷすとっく)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL&FAX 03-5312-9650
営業時間
[月~土] 7:30~21:00
[日祝日] 9:00~21:00
定休日 アトレ四谷店の休みに準じる
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/14 06:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨日の台風は温帯低気圧になってから東京にやって来ましたが、かなり風が強くてスカパー!のアンテナが飛んでしまわないかとっても不安でした。
台風一過で今日は真夏日になるようですね。
身体がビックリしないよう、水分補給をしっかりして下さい☆

DSCF6802 (480x360)
2014年6月17日は、久しぶりに「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」へランチを買いに行くことにしました。
前日のランチを「ポール」のパンとサラダで我慢して夜に家で運動したせいか、体重はかなり戻りつつあったので、このところ食べていないなかったスパゲッティを食べたかったからです。

12時少し過ぎに電話で先に注文したところ、「10分程でできます。」とのことだったので、すぐに準備をして事務所を出ました。
いつも15分ぐらいなので、10分といわれたのは初めてかも。
珍しく空いていたのかな?

ちなみにこの日の上司は、長い間、事務所の中では「松月庵」、外では「嘉賓」を食べていた上司ですが、ついに飽きが来たようで、奥様にお願いしてお弁当を持参していました。
これまでにも何度かこういうことがありましたが、果たしていつまで続くのか?!

DSCF6789 (480x360)
「タベルナ」へ向かう途中、2015年4月21日に撤退した「クルージンダイナー」が反対車線に来ているという看板が出ているのを見つけました。
この時期に場所を変更していたんですね。

実はこの日、2014年6月2日にOさんが購入した「カレーのチャンピオン」のカレーを食べようと思ってお弁当を作っていなかったものの、買いに出かけるのを忘れていた先輩が並んでいました。私も久しぶりに食べたいな~と思ったのですが、もう「タベルナ」に注文を入れてしまっているので、さすがに行くことは出来ず(汗)。
後から先輩に聞いたところによると、ヤマト宅急便の前だとあまりお客さんが集まらなかったので、人が増えるようにと、こちら側に移動したとのことです。
ただ、12時10分ぐらいに買ったのに、私が美味しいと話していた刻み玉ねぎが既に売り切れでガッカリしていました。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF7927 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
前回お弁当を購入したのは2014年5月1日だったので、約1ヶ月半ぶり、42回目です。

DSCF7928 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日2014年5月2日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF6791 (480x360)
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF7246 (480x360)
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと36周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

DSCF6790 (480x360)
この時期の季節メニューとして冷製パスタが登場していました。

DSCF5013 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
逆サイドはガラス張りになっていて本来なら店内が見えるはずですが、所狭しとたくさんのメニューなどが貼ってあって、ほとんど見えません。
こちらにも冷製パスタが始まったことが貼り出されてありました。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

こちらも以前撮影した写真です。
壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

お店に到着すると、店内のウェイティングのイスはほぼ満席。
相変わらずの人気です。
ちょうどメニューを取りに来た女性店員さんが入口近くまで来たので、「テイクアウト取りに来ました。」と伝えたところ、「もう出来ていると思うので、中に入って~。」と言われました。
奥へ行くとにもう出来上がって置いてあったので、すぐにお会計をして持ち帰ることが出来ました。

DSCF6793 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF6798 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。

DSCF6799 (480x360)
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

この日もいただいてしまいました。

DSCF4557 (480x360)
チョイスするメニューによっては、こんなナイフが付いていることもあります。

この日はスパゲティーのアラビアータをお願いしました。
いつもは一人で注文するときはなるべくお高めのメニューを頼むようにしているのですが、この時期事務所のタバスコを切らしていたので、もともと辛いメニューを食べちゃえ!と選んでみました(笑)。


スパゲティー <アラビアータ>  (750円)
DSCF6802 (480x360)
フタをオープン!
大きくて深さのある容器の8割ぐらいまでたっぷりと入っていて、いつもながらすごいボリューム。
トマトソースが麺に絡んでいるだけでなく、トマトの塊もたくさん入っていました。
そしてとっても汁だくです。

DSCF6804 (480x360)
中央にドライハーブがトッピングしてあり、全体的に真っ赤っかな中で、唯一の緑色の彩りになっています。

DSCF6805 (480x360)
トマトの赤さにすっかり隠れちゃっていますが、唐辛子が入っているのがわかるでしょうか?
何本も入っていて、しっかり辛さが利いています。

DSCF6809 (480x360)
麺は中細麺で、ボリュームたっぷり。
つるつるっと、とてものど越しがよかったです。

DSCF6803 (480x360)
ただ、トマトソースは汁も具もたっぷりですが、ちょっと水っぽいというかコクがなかったです。
食べ終えてから先輩に話したところ、先輩は前回アラビアータを食べていて、同じ感想だったとのこと。
どのメニューもほぼ美味しく出来上がっているのに、これは残念。
同じくトマトベースでもリーネアは先輩がリピーターになるぐらいとっても美味しいのに。
メニューによって得手不得手があるということでしょうか。

DSCF9054_20130301080146.jpg
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。
でも、この時期はタバスコを切らしていました。

DSCF6815 (480x360)
ソースが薄めだったので、早めに粉チーズをたっぷりと投入。
これでかなり旨みが足されました。

DSCF6813 (480x360)
入っていた唐辛子です。
しっかりと焦がしてあるものもありました。

DSCF4549 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じです。


マリンカレー @クルージンダイナー
DSCF6808 (480x360)
先輩の食べたマリンカレーです。
トッピングを2つもつけていて、とっても豪華。


久しぶりの「タベルナ」のスパゲッティはボリュームはたっぷりだったものの、味わいがイマイチで残念でした。
これまで、食べたことのあるお料理を印刷されたメニューにカラーペンで引いて消していたのですが、年2回メニューが入れ変わり、しかも少しずつラインナップが変更されることもあり、どれがどれだか最近わからなくなりつつあるので、そろそろちゃんとまとめなきゃな~と考えています。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲティー
  バジリコ (2014年3月19日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  アラビアータ  (2014年6月17日
  トンノ  (2010年8月13日
  ペスカトーレ (2013年9月25日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  タラモ (2013年1月31日
  サンジャック ビアンコ (2013年8月20日
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  カニのクリームスパゲッティ (2014年4月8日

◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  ポロ (2014年2月20日
  サンジャック クレーマ (2014年4月21日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  フンギ (2013年7月4日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日

◎ご飯系
  牛肉の薄切りステーキ (2013年11月20日
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日

◎季節メニュー
  あん肝とエリンギのスパゲティー (2014年1月29日
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 スモークサーモンとアボガド入り~フレッシュトマト添え (2014年5月1日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
  Hotaruikaいっぱいのスパゲティー (2014年4月15日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF5032 (480x360)

DSCF5033 (480x360)

DSCF5034 (480x360)

DSCF5035 (480x360)

DSCF5028 (480x360)

DSCF5029 (480x360)

DSCF5030 (480x360)

DSCF5031 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2014年6月17日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/13 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(3) |
PAUL アトレ四谷店  @四谷
春野菜がたくさん出回るシーズンです。
せっかくなので楽しまなきゃと思い、昨日は新玉ねぎのサラダと新じゃがの煮物を作りました。
今夜はうどとふきを調理する予定です。

DSCF6768 (480x360)
2014年6月16日は、週の最初の月曜日。
金曜日の夜に「俺のフレンチ GINZA」でディナーし、日曜日の夜に「SHEEP GANG DINING」へ行くなど、週末はずいぶん食べ過ぎてしまい、週明けの体重はかなりひどいことになっていました(汗)。
なので、この日は絶対に軽めにランチをしなければと思い、久しぶりに四谷アトレの中にある「PAUL(ポール) アトレ四谷店」へパンを買いに行くことに決定。

入口

店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。
巨大なケースの中には、大体、右にお総菜系、左に甘い系のパンが並んでいます。

「ポール」は1889年にパン作りの名職人シャルマニヨ・メイヨによって、フランス北部の町リールに生まれた老舗で、現在、フランスでは250店舗以上展開していてフランスでもっとも有名なブーランジェリーのひとつだそうです。
創業当時のレシピと製法を厳格に守り続け、独自に契約栽培した小麦のみを使用していて、日本でも現地に限りなく近い味を伝えるため、主にフランスの小麦・塩・水を使って忠実に味を再現しているとのこと。

ハード系のパンはかなりしっかり噛みしめて食べます。
私は食べる時に口の中を切ってしまうこともあります(笑)。
でも、美味しさが病みつきになって、苦になりません。

DSCF8021 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お店の角に当たる部分には、その時期に合わせたパンやスイーツを飾ってあります。

アトレ四谷店は2002年9月にオープンし、2012年3月14日にリニューアルオープンしています。
「ポール」はアトレ四谷開業時からずっと営業しています。
前回テイクアウトしたのは2014年3月13日だったので、約3ヶ月ぶりです。

DSCF6757 (480x360)
12時10分頃にお店に到着したところ、それ程混んではいませんでした。
そもそも、お昼の時間だからすごく並ぶ、ということはほとんどないです。

このところお総菜パンが以前に比べると減ってしまったように思います。
スマホにメモした既食メニューをチェックし、お店の人気商品であるクロワッサンを使ったサンドイッチを食べようと思い、クロワッサン・ミックスをチョイス。

DSCF6758 (480x360)
さすがにサンドイッチ1個だけではな~と思い、このところ見かけるようになったサラダのうち、サラダ・アトランティックを買ってみました。

DSCF6759 (480x360)
温かいメニューと常温のメニューを同時に購入した時は、別々の袋に入れてくれます。

DSCF0697 (480x360)
持ち帰り袋はデザインがとてもシンプルで、色合いも落ち着いています。

DSCF6761 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じでした。

DSCF6763 (480x360)
おしぼりの袋にも持ち帰り袋と同じロゴが入っています。
いつもお断りをするのを忘れ、ついついもらっちゃうことが多いです。

DSCF6762 (480x360)
サラダにはフォークがついていました。
フォークがつくとは知らなかったので、お断りできず。
黒いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF6764 (480x360)
クロワッサンは透明なビニール袋に入って店頭で陳列してあり、そのまま入れられています。

DSCF6765 (480x360)
サラダもクロワッサンと同じく、透明なビニール袋に入れられていました。

DSCF6766 (480x360)
サラダを入れた容器は、フタが透明なプラスチック、下が紙製です。

DSCF6767 (480x360)
容器には帯がかけてありました。
フランス語が格好良く書かれていますが、物知らずなため、意味はわからず(汗)。


クロワッサン・ミックス(496円)+サラダ・アトランティック(648円)=1,144円
DSCF6768 (480x360)
いただきま~す!


クロワッサン・ミックス
DSCF6771 (480x360)
まずはクロワッサンからいただきました。
スモークハム、エレメンタルチーズ、トマト、レタスがサンドされています。

DSCF6772 (480x360)
具だくさんで、パンからはみ出しています。
生地はサクサクの食感でした。
ポールのクロワッサンはバターの風味がたっぷりで本当に美味しくて大好きです。

DSCF6785 (480x360)
特にチーズの味わいがしっかりしていて、ハムと共に旨みがさらに加わり、重たい味わいです。
お値段はお高いですが、しっかりとした味わいで抜群に美味しかった~。
それ程大きく見えませんが、食べごたえバッチリです。


サラダ・アトランティック
DSCF6770 (480x360)
スモークサーモンと野菜のサラダです。
彩りは鮮やかですが、容器が深いため、ややボリューム感に欠けた見た目でした。

DSCF6773 (480x360)
サラダに入っていたのは、リーフレタス、キュウリ、スライスオニオン、、、

DSCF6774 (480x360)
トマト、スモークサーモンなどが入っていて、レモンのくし切りとドレッシングが添えられていました。

DSCF6775 (480x360)
レモンは結構大きめのカットです。

DSCF6776 (480x360)
小さなプラスチックケースにドレッシングが入っていました。

DSCF6777 (480x360)
中はこんな感じです。

DSCF6780 (480x360)
食べ始める前にレモンを搾り、ドレッシングも全てかけちゃいました。
容器が紙製で心配でしたが、分厚い紙だったのでしみ出す心配はなかったです。

DSCF6781 (480x360)
トマトは真っ赤に完熟していて、とても甘みがありました。
ドレッシングはあっさり目の味わいだったものの、酸味がしっかりと利いていて、好みの味でした。

DSCF6783 (480x360)
スモークサーモンは一切れがとても大きくて、鮮やかなオレンジ色。
味もしっかりしていました。
たくさん入っていたので、野菜をくるんだりして食べたりもしました。

DSCF6788 (480x360)
この日のお会計です。
サラダを購入したということもあって、1,000円超えというのは、やっぱりちょっとお高い目でした。


きじと白い唐揚げ弁当  @「宮川」 
DSCF6769 (480x360)
先輩はこの日お弁当をサボっていたので、「宮川」でお弁当を買っていました(笑)。


クロワッサン・サンドのがっつりした味わいのおかげで、食べ終えた後は結構満腹感がありました。
ただ、やはりパンはパンなので、カロリーは多いものの、夕方にはお腹が空いちゃいましたが。
久しぶりに食べた「ポール」のクロワッサンはとっても美味しくて、お値段はややお高めですが、家に買って帰りたくなりました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
アンシェン・ミックス (2007年12月21日
サンド・オリーブ・トマト・モザレラ (2012年5月30日
ピッツァ・プロヴァンサル (2012年5月30日
タルト・ブリオッシュ (トマト・モッツァレラ) (2013年12月5日
ブリオッシュ・ソーシス (2014年3月13日
ホットドッグ  (2013年12月5日)   
クロックムッシュ・ジャンボン (2014年1月23日
クロワッサン・ジャンボンクリュ  (2014年1月23日
クロワッサン・ヴォライエ  (2014年3月13日
クロワッサン・ミックス (2014年6月16日
プチパン 3フロマージュ (2007年12月21日
プチ・パン・2オリーヴ  (2013年12月5日
サラダ・アトランティック (2014年6月16日) 

[イートイン] 
  ◎モーニング  2007年7月4日
  ◎ランチ  2007年9月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日2013年12月4日2014年2月14日2014年2月26日2014年3月31日2014年5月29日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日2013年12月11日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日2013年12月5日2014年1月23日2014年3月13日2014年6月16日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日2013年7月1日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日2013年9月24日2014年4月25日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日2014年1月10日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年6月16日購入時お店DATA
****************************
PAUL アトレ四谷店 (ポール)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25
TEL 03-5368-8823
営業時間 
[平日] 7:30~22:00
[日祝] 8:00~22:00
定休日 無休(アトレの休館日に準ずる)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/12 05:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
SHEEP GANG DINING  @小岩
我が家ではYouTubeをよく観るので、テレビがデジタルに移行した時に購入したポイントは、YouTubeが簡単な操作で観られるというものでした。
ところが今年の4月20日にGoogle社の都合により一方的に終了(泣)。
何とか出来ないかといろいろ調べた結果、クロームキャストというものをテレビに接続することになったのですが、これを動かすためには自宅のネット環境を無線化しなければならず、無線ルーターも購入して、昨日は朝から苦手な通信設定で、あーでもない、こーでもないと大騒ぎ(汗)。
幾つか出来ていない部分があるものの、概ね解決し、YouTubeが復活できて良かったです。

本日は、マイブログ圏外の小岩に或「シープギャングダイニング」のレポートです。

DSCF6722 (480x360)
2014年6月15日の日曜日。
小岩に地元情報誌で見つけたちょっと気になるお店があったので、ディナーで行ってみることにしました。
2014年1月9日二オープンした「SHEEP GANG DINING(シープ ギャング ダイニング)」という牛タンやラムに力を入れているお店で、日曜日の営業はなんと午後3時から、しかも、午後7時までは早割でビール・サワーなどが300円という太っ腹なサービスをしているとのこと。

DSCF6704 (480x360)
JR総武線小岩駅から千葉県側の改札口を出て、駅ビルを通り抜けます。
出口を出て右に進み、最初の角の左側に平田ビルがあり、お店はその2階と3階です。
お店の外観写真を撮り忘れちゃいました(汗)。

DSCF6694 (480x360)
午後4時50分頃入店すると、一番乗りでした(笑)。
店内はまだ新しく、ウッディな内装です。
右手に厨房があり、その前にカウンター、周りにテーブル席がありました。
店員さんは男性店員さんが一人で切り盛りしていましたが、ほどなくもう一人男性店員さんが来ていました。

DSCF6693 (480x360)
テーブル席にどうぞ~といわれ、真ん中ぐらいの4人席に着席。
テーブルの上にはお箸や小皿などが既にセットされていました。
おしぼりを手渡しでいただきます。
店員さんはどなたもとてもフレンドリーで、いろいろとお料理や食材について説明をしてくれました。
一つ一つの食材などにとてもこだわっているようで、お肉料理は牛・豚・鳥・羊と、種類もとっても豊富です。
特に福島産のものが多かったように思います。

DSCF6755 (480x360)
地元情報誌を出して早割サービスについて確認し、まずはビールを注文。
確か、こちらに並んでいるメニューのほとんどが早割の対象だったと思います。


アサヒスーパードライ (480円→300円)
DSCF6699 (480x360)
まずはビールで乾杯!
細身のグラスに入ったスーパードライです。
泡がと~ってもクリーミー!
久しぶりに美味しく入れたスーパードライを飲みました。
手入れの悪いお店だとたまに金臭さがあるビールが出て来たりすることがあって、すごくガッカリすることがありますが、同じビールサーバーでもこんなに味が違うのかと、改めて驚きです。
これが300円でいただけるとは、本当にありがたいです。

DSCF6720 (480x360)
こちらのお店では、2008年ドイツ食肉加工コンテストで金メダルを受賞した、福島県で生産している夢味ポークという黒豚のお肉をいただくことができます。


お通し (350円?×2人分)
DSCF6705 (480x360)
お通しは、その夢味ポークの蒸し豚?です。
それなりに厚みのあるそぎ切りがなんと6枚も!
たっぷりと万能ネギが散らしてあります。

DSCF6706 (480x360)
お肉はかなり白っぽい断面です。
程よい歯応えでお肉の旨みがありました。

DSCF6707 (480x360)
薬味は確か、福島県産のお醤油と北海道の和辛子です。

DSCF6708 (480x360)
この和辛子が爽やかな辛さでとっても美味しくて、残った分は他のお料理と一緒に食べちゃいました。


自家製ドレッシングが人気 野菜で食べるサラダ 小(480円)
DSCF6709 (480x360)
次に、サラダが登場!
小サイズですが、結構なボリュームでした。
店員さんが目の前でドレッシングをかけて混ぜ合わし、とりわけして下さったので、全体写真は撮れませんでした。残念。
リーフレタス、水菜、プチトマト、紫タマネギ、赤パプリカ、黄パプリカなどなど。

DSCF6710 (480x360)
ドレッシングはタマネギやニンジンなど、植物由来のもので作っているとのこと。
なので、メニュー名が「野菜で食べる」と命名したそうです。
ドロッとして密度の高いもので、ゴマの風味と優しい甘みがあって美味しかったです。
このドレッシングは購入することが出来ます。

DSCF6713 (480x360)
牛タン大好きなので、炙り牛タン刺しを注文。
牛タン刺しは、目の前でバーナーに炙って下さいます。
こういうパフォーマンスは気分が盛り上がるからいいですね~。
出来上がったとき、「かなり熱いのでお皿は触らないように。」とのアナウンスがありました。


自家製ネギ油がおいしい炙り牛タン刺し (580円)
DSCF6714 (480x360)
本当は生でも食べられるそうですが、最近はとにかく規制が厳しいので、お客さんから「あたってもいいから食べさせてくれ!」と頼まれるのですが、難しいんですよね~。」とおっしゃっていました。
私もあたっていいから食べさせてもらい人なので、その気持ちは非常によくわかります(笑)。
たっぷりの脂を和らげるために、大根おろしが中央に添えられています。
淡いピンク色が白っぽくなり、全体的に少し縮みました。

DSCF6715 (480x360)
薄切りですが、旨みがしっかりありますよ!との言葉通り、食べてみるとしっかりと肉肉しい味わいが口の中に広がります。
火を通していますが、柔らかです。
ただ、下味として塩とコショウが振ってあったのですが、塩が利きすぎでかな~りしょっぱかったです。
大根おろしとも合わせてみたのですが、それでもかなりきつかった。
ちょっと残念。


夢味豚バラステーキ 中 (880円→サービス?)
DSCF6716 (480x360)
地元紙のクーポンでこの豚肉の和風サムギョプサルが確かサービスになっていたのですが、そのメニューはなくなってしまったので、こちらに変更してくれました。
夢味豚バラステーキは厚みがあり、鉄板にのせられて熱々の状態で登場。

DSCF6717 (480x360)
この時点でテーブルの上はけっこうお皿が並んでいました。
厨房の男性店員さんから、「牛タン焼いても大丈夫ですか?」と声をかけられたので、家人も私も食べるのが早いのでそのままお願いしました。
豚肉は店員さんが一口大に切り分けてくれます。

DSCF6718 (480x360)
そのまま食べてみると、下味は結構薄めです。
逆に添えられた味つけ?は、結構濃い味なので、のっける量に注意しながらいただきました。
豚肉は程よい歯応えではありましたが、期待していたよりも脂の甘みとかは感じられなかったです。


アサヒスーパードライ (480円→300円)
DSCF6719 (480x360)
お酒の進む味つけなので、すぐにビールをお替わり。


醤油麹に2日間漬け込んだ本気の!牛タン炭火焼き 中 (880円)
DSCF6721 (480x360)
次に、牛タンが登場!
ボリュームもあって、これで中サイズで880円とは。
しかも、ぶ厚い!
表面がこんがりと焼かれていて、と~っても美味しそう。
ネギの白い部分が添えられていました。
豚肉と同じく丸い鉄板にのせられて、しばらく熱々の状態でいただくことができます。

DSCF6723 (480x360)
この牛タンには2種類の薬味が添えられていて、山形産のおみ漬と南蛮の味噌漬です。

DSCF6724 (480x360)
こちらは南蛮の味噌漬です。
かなり辛みが強いので、量を気をつけながらのせました。

DSCF6725 (480x360)
こちらが山形産のおみ漬です。
おみ漬って、多分初めて食べたと思います。
個人的にこちらは大ヒット。
お肉に下味はついているのですが、牛タンと一緒に食べると、と~ってもさっぱりしました。

DSCF6722 (480x360)
お肉は噛み締めると弾むような弾力があって、旨みたっぷりで美味しい!
牛タンは厚切りの方が好みの私には、とても幸せでした。
このお値段でこれだけ美味しい牛タンが食べられるのであれば、仙台に行かなくてすみそうです(笑)。


タラコの塩辛? (330円)
DSCF6727 (480x360)
これはメニューには見当たらなかったですが、黒板に貼りだしてありました。
下に小さなサイコロ状にカットしたチーズが敷いて、その上にタラコの塩辛をのっけています。
タラコのツブツブがちょっと見える?
塩辛だけあってかなり塩気が強く、日本酒が飲みたくなっちゃいました。
もちろん、ビールも進みます。

お肉系メニューのがっつりしたラインナップばかりではなく、割と和風な330円というお手頃のお値段でのおつまみもたくさんあります。
お酒は日本酒からワイン、紹興酒などなど何でも揃えていて、いい意味での何でも屋さんです。
小さいメニューが充実しているから、二次会利用にもいいかも。


アサヒスーパードライ (480円→300円)
DSCF6730 (480x360)
生ビールのおかわりを注文したら、、、

DSCF6728 (480x360)
なんと、表面の泡にピンクのハートを書いて下さいました!
カフェではたまにあるサービスですが、ビールでは初めて!
ピンク色はザクロのシロップ(?)で描いているそうです。
うれしい~。


じっくり煮込んだ 牛タンすじ煮込み(330円)
DSCF6731 (480x360)
牛タンだけでなく、すじもゴロゴロ入っていて、お値段を考えるととってもお得だったと思います。
程よい歯応えで味もよく染みていました。


こってり濃厚が旨い豚骨スープ水餃子 (700円)
DSCF6733 (480x360)
自家製鶏ガラスープを合わせた豚骨スープに、豚トロ・雷神ギョーザを入っているとのこと。
韓国料理のような土鍋に入って出てきます。
こちらも店員さんが取り分けてくれました。
この雷神ギョーザって、すぐ近くにある有名店のお店のものかな?

DSCF6734 (480x360)
豚骨スープはまろやかでとっても美味しい。
餃子は大ぶりで美味しかったですが、数が少なかったのは残念。
ただ、その代わりにお肉の他の部位が幾つか入っていました。
ぷるっとした食感がよかったです。

ちなみにこちらの水餃子、辛口もあるので、次回はこちらを食べてみたいかも。


アサヒスーパードライ (480円→300円)
DSCF6738 (480x360)
4杯目のビールを注文すると、、、

DSCF6736 (480x360)
ハートを2重にしてくれました!


マルタイラーメン (300円)
DSCF6740 (480x360)
〆にラーメンをお願いしました。
博多のマルタイラーメンとのこと。
一旦器を下げて、調理してくれます。

DSCF6741 (480x360)
このところバリバリ九州豚骨を食べていなかったので、久しぶりにこの細くて独特の食感のある麺を食べました。
喉をさらっと通って美味しかったです。

DSCF6746 (480x360)
おかわりもして、美味しく完食。


パン粉で発酵 自家製漬物 (330円)
DSCF6745 (480x360)
最後にお新香を注文。
キュウリと大カブ?の2種類でした。
程よく漬かっていました。


鶏スープ (サービス)
DSCF6756 (480x360)
料理の終わりに、サービスで鶏スープをいただきました。
6時間?の長時間にわたってコトコトと煮だしたものとのこと。
小ネギと白胡麻の風味がアクセントになって、量も結構あって美味しかったです。
おなかいっぱいになりました。


この日のお値段は二人で7000円ちょっと。
お酒を通常のお値段で飲んだらいいお値段になってしまうと思いますが、いい素材を使ったお料理が多くて美味しかったです。
店員さんが食材や調理方法についてとても丁寧に気さくに説明してくれたのも、とてもよかったです。
正直、小岩の怪しげな繁華街のただ中にある古ぼけたビルの2階にあるお店なので、行く前はいったいどんなところかかなり不安だったのですが、とても良いお店を見つけたなぁと思いました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日
濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日
豚骨一燈 (2014年6月7日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日
小味園 本店 (2013年7月31日
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日
SHEEP GANG DINING (2014年6月15日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


フードメニューです↓
DSCF6695 (480x360)

DSCF6696 (480x360)

DSCF6697 (480x360)

DSCF6698 (480x360)

DSCF6700 (480x360)

DSCF6701 (480x360)

DSCF6702 (480x360)

DSCF6703 (480x360)

DSCF6748 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF6755 (480x360)

DSCF6750 (480x360)

DSCF6751 (480x360)

DSCF6752 (480x360)

DSCF6753 (480x360)


2014年6月15日訪問時お店DATA
*****************************
SHEEP GANG DINING (シープ ギャング ダイニング) 
〒133-0056 
東京都江戸川区南小岩8-15-18 平田ビル2・3階
電話 03-5612-0655
FAX 03-5612-0656
営業時間 
[平日] 18:00~4:00(フードL.O.3:00、ドリンクL.O.3:30)
[土曜] 15:00~4:00(フードL.O.3:00、ドリンクL.O.3:30)
[日祝] 15:00~24:00(フードL.O.23:00、ドリンクL.O.23:30)
定休日 不定休
JR総武線小岩駅から徒歩2分 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/05/11 06:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(8) |
俺のフレンチ GINZA  @新橋/銀座
2016年5月12日追記

2015年5月6日から店舗メンテナンスで休業中だった「俺のフレンチ GINZA」は、2015年6月29日午後3時30分に、全席着席店舗としてリニューアルオープンしたそうです。

DSCF2876 (480x360)
2016年5月6日、ディナーに再訪しました。

**************************************

GWにたっぷり遊んだので、この週末は家で大人しくしています。
みなさま、楽しい日曜日を☆

本日は、マイブログ圏外の銀座にある「俺のフレンチ」のレポートです。
なお、こちらのお店は2015年5月6日から店舗メンテナンスで休業中で、再開はまだ未定とのこと。

DSCF6665 (480x360)
2014年6月13日の金曜日の夜、友人とディナーに出かけました。
向かった先はマスコミにもしょっちゅう登場する人気店の「俺のフレンチ(おれのふれんち) GINZA」。
以前行ってみたくて、先輩と二人がかりで30分間電話をかけ続けたのですが、一度もつながることがなくて断念。
立ち食いなのはいいのですが、並ぶのはどうも億劫で未訪問のままでした。
子育てしていて滅多に外食できない友人からのたっての望みで、この日、予約はしていませんが、行ってみることになりました。

DSCF6604 (480x360)
お店の住所は銀座8丁目なので、最寄りはJR・地下鉄新橋駅です。
新橋駅銀座口から第一京浜に出て左側の首都高を越えたら左折し、最初の角を右折します。
少し行くと左側にお店があります。

DSCF6606 (480x360)
この日は定時の午後5時半に速攻で仕事をあがって、お店へ。
午後6時には並びましたが、既に大行列(汗)。
30人程いたでしょうか。
基本的に予約客もない客も、同じ列に並びます。
3重ぐらいになっているので、列の最後を確認して友人を待ちました。

DSCF6607 (480x360)
お店の営業時間は午後4時から午後11時30分です。
ラストオーダーは、フードが午後10時、ドリンクが午後11時です。

店内では喫煙できないようで、食事中の人も、待っている人も、お店の外に置かれた灰皿を使って思い思いの場所でタバコを吸っていました。

DSCF6608 (480x360)
「俺のフレンチ」は、ブックオフの創業者としても有名な坂本孝氏が主宰する俺の株式会社が運営するお店で、ミシュランを取ったお店などから有名シェフをヘッドハンティングし、立ち食いなどで回転率を高くすることで」高級料理を低価格、しかも、原価率が60%を越えるという高CPでいただけるとのこと。
フレンチに限らず、イタリアン・スパニッシュ・焼肉・和食・そば・焼き鳥・中華なども展開しています。
系列店を銀座に集中して開店させていることも有名で、この界隈だけでも数店舗あります。
この「GINZA」は、2012年5月16日にオープンしたとのこと。

DSCF6612 (480x360)
こちらのお店で腕をふるっているスーパーシェフはこちらの6名。
シェフの写真がお店の前に大々的に飾られているのって、2011年12月16日にディナー訪問した「サラマンジェ」(銀座移転前)以来です。
個人的にはこのドヤ顔というか、ナルっぽい演出は苦手です(汗)。

DSCF6613 (480x360)
「シェ松尾」出身の方が3名いました。
私は不勉強なのでどの方も存じ上げませんが、美味しい料理を作っていただけて幸せです。

DSCF6609 (480x360)
お店の前にボトルワインのリストが出ています。
ちょっと記憶が不確かですが、確かここに記載されているのが小売り価格で、それにプラス999円でお店の中で飲める、というシステムだったと思います。

店員さんがよく外に出てきます。
驚いたことに、まだ暗くもなっていない午後6時過ぎだというのに、人気メニューはかなり売り切れています(汗)。
私が並び始めた時点で、全てのテーブルが注文しているからと、スペシャリテは全て完売。
その後も、あと幾つで終わります、とか、このお料理に注文が集中しています、などなど、人気メニューのカウントダウンを実況中継してくれます。
店員さんは、席の空いた分のお客さんを通したり、三人以上のグループを通せるテーブルが少ないのでお客さんのグループごとの数を確認したり、メニューの品切れをお知らせしたり、本日のおすすめのワインについて話したりなど、かなりのトークをしてくれたので、これを聞いているだけでも結構暇つぶしにはなりました(笑)。

DSCF6610 (480x360)
お店のすぐ前にはイスが数個並んでいます。
入店直前にこちらで一休みできるシステムでした(笑)。

30分経たずに友人が合流。
私は2時間ぐらい並ぶだろうと思っていたのですが、友人はそれ程とは思っていなかったようで、お店の前の行列を見てすっごく驚いていました(笑)。
7大人気メニューのほとんどが既に品切れと知ると、すごく私に謝ってくれて、他のお店に行こうかという話も出たのですが、私は想定の範囲内だったので、せっかくの機会だからと待つことにしました。

DSCF6614 (480x360)
予約は2時間制ですが、お客さんが出てくるのには結構ムラがあります。
もうちょっとで入れそうなのにな~と思いながらもなかなか入れず、8時になっちゃうと次の予約客が来ちゃう!と焦っていたのですが、なんとなんと、8時からの予約客にキャンセルが出て、私たちは2階にあるテーブル席に通されることになりました。
なんとラッキー!! 信じられない!!
後ろに並ぶお客さんからも滅茶苦茶羨ましがられちゃいました(笑)。

ちなみに、こちらのメニューが私たちが入店した時点のもの。
薄いブルーで線が引かれているのが売り切れメニューです。
みんなが食べたいフォアグラとか牛肉系はほぼ完売。

DSCF6623 (480x360)
外観からすると店内は意外とこぢんまりとしていました。
1階は立食スペースで、たくさんの人がいてギューギュー状態。
階段を上がって2階に行くと、奥にカウンターがあり、その前にテーブル席が並んでいます。
シンプルで落ち着いた内装で、1階とはだいぶ違って落ち着いた雰囲気でした。
窓はなかったと思います。
予約しているだけあって、グループ客が多かったです。
あの予約電話をよく突破したな~。
秘訣を教えて欲しいものです。

DSCF6621 (480x360)
私たちは真ん中右手にある二人用テーブルに着席。
小さめですが、ビストロなんかと同じなので、全く問題なし。
卓上にはメニュー、カトラリーセット、おしぼり、小皿、紙ナプキン、爪楊枝?などが置いてあります。

DSCF6628 (480x360)
フォークには何やらデザインが入っていました。
詳しくないので、どこのものかはわかりませんが。

注文は、メニューの品切れがないように、同じ人が順番に聞いて回ります。
なので、キャンセルで入った私たちは一番最後。
しばし待ちました。

3つ前の写真を見ていただくとわかりますが、午後8時の段階で、スペシャリテ全て、メインディッシュと冷前菜は1種類、温前菜に至っては4種類中3種類がなくなっていました。
メインは二人用のボリュームで、お肉は400gぐらいあるとのこと。
フォアグラは絶対に外せないし、友人は仔羊が食べたいとのことだったので、せっかくのチャンスだから思い切ってメインは2種類注文しちゃいました。

DSCF6626 (480x360)
最初の一杯はスパークリングワインをチョイス。
店頭での店員さんのスピーチによると、これは確か期間限定で出していると言っていたような。
こちらのおみせではなみなみスパークリングとして有名で、4杯で1本使っちゃうとのこと。

DSCF6629 (480x360)
目の前で店員さんが注いでくれます。
グラスはラッパ型で背が高くて、確かに大きい!

DSCF6631 (480x360)
泡がグラスの縁まで来ても、まだまだ!!


なみなみ ジャン・ピエール・ロゼ (780円)
DSCF6632 (480x360)
こちらは友人が注文したロゼのオーストラリア・スパークリングワインです。
ホント、なみなみでした。
こういうパフォーマンス、楽しいですね~。

DSCF6634 (480x360)
私はチリのスパークリングワインをチョイス。

DSCF6635 (480x360)
もちろん、こちらもなみなみです。


なみなみ ラ・パルマ  (650円)
DSCF6636 (480x360)
友人と乾杯!
金曜日はこうでなきゃね~。
さっぱりして飲みやすかったです。


アミューズ (一人300円×2)
DSCF6637 (480x360)
アミューズは、一口大というにはかなり大きいチーズが、一人二個。
有料のアミューズとはいえ、これだけでもかなりすごい。
初っぱなからやられました(笑)。
それ程癖はなくてしっかりとコクのあるチーズで、これだけでちびちびお酒が飲めちゃいます(笑)。
アミューズのほか、2階だとテーブルチャージとして一人300円×2がかかります。


フォアグラのコンフィ (980円)
DSCF6638 (480x360)
透明な四角いガラスの器に、フォアグラ、バケット、ゼリー?がのせてありました。
小さいスプーンが添えられています。

DSCF6640 (480x360)
フォアグラは思っていたよりは小さめ。
でも、食べてみるとモチロン美味しかったです。

DSCF6641 (480x360)
バゲットは胡桃やレーズンなどが入っていて、薄切りのものが4枚。

DSCF6642 (480x360)
ゼリーは多分甘いんじゃないかと思って、食べませんでした(汗)。

DSCF6645 (480x360)
贅沢に、厚切りでバケットにのせて食べちゃいました。
大好きなクルミがいいアクセントになっていて、さらに旨みを増してくれます。


9種の前菜盛合せ (1,280円)
DSCF6646 (480x360)
こちらは、「20時からのお楽しみ」と副題についているとおり、午後8時からしか注文できません。
多分、次々とお目当てメニューが完売していくのを眺めながら順番を待つ人のためのご褒美?(笑)。

一つ一つがかなり多くて、これだけでもかなりおなかにたまりそうです。
店員さんが説明してくれましたが、あまり聞いていなかったので、お料理が間違えていたら、すみません(汗)。
通常メニューのおつまみなどのほか、メニューにはないものもあるそうです。

DSCF6657 (480x360)
生ハムは細かく切ってタルタルソースに和えたものです。
しっかり味で、お酒が進みました。

DSCF6656 (480x360)
チーズのマリネ?
いろいろなチーズがオリーブオイルなどで和えてあって、これも美味しかった記憶があります。

DSCF6655 (480x360)
5種類のオリーブマリネ。
色も大きさも様々です。
一粒だけ巨大なものがあって、友人が「食べたい!」とのことで、食べていました。
どの種類か忘れましたが、ニンニク風味が利いたものがあって、美味しかったです。

DSCF6654 (480x360)
何か細かく切ったお肉とマッシュポテト?を合わせたようなものだったかな、、、?
ちょっと記憶が曖昧です(汗)。

DSCF6653 (480x360)
合鴨スモーク?
フツーに美味しかったです。

DSCF6652 (480x360)
いろいろ野菜の自家製ピクルス。
ニンジン、ベビーコーン、パプリカ?、カブ?などなど。
酸味は穏やかで、シャキシャキした食感でした。

DSCF6648 (480x360)
タコのマリネ?
タコの食感が柔らかく、酸味も利いていて美味しかったです。

DSCF6650 (480x360)
パテ・ド・カンパーニュ?
バケットが添えられていました。
コクがあって、ワインにぴったり。

DSCF6651 (480x360)
サーモンとホタテ?のキャビア添え?
ちょっとねっとりとした食感で、濃いめの味つけでした。


ローストビーフとトリュフのサラダ (780円)
DSCF6659 (480x360)
前菜に続いて、わりとすぐにローストビーフとトリュフのサラダが登場。
これだけで結構テーブルの上が一杯です。
フォアグラを早めに食べて、何とかスペースを確保。

DSCF6660 (480x360)
お皿の上にローストビーフがひいてあり、その上に生野菜がタワーのように盛られ、トリュフがたっぷりと散らしてありました。

DSCF6662 (480x360)
高級食材のはずのトリュフがこんなにあると、まるできくらげのように見えてしまいます(笑)。
ただ、友人も私も、あまりトリュフのありがたさがわからない人間で、香りを嗅いだりはしましたが、この日もトリュフに関してはあまり感想はありません(汗)。

DSCF6666 (480x360)
ローストビーフは薄めなカットですが、お肉の旨みは充分ありました。
合わせた野菜は苦みのあるものもあって、とてもさっぱりといただけます。


ステックアッシュ フォアグラのせトリュフソース (1,180円)
DSCF6663 (480x360)
それほど時間が経たずに、メインの一品目が登場!
こちらのお店のスペシャリテである牛ヒレロッシーニに近いメニューとして、売り切れた後はこちらに人気が集中するとか。
この日も私たちが注文した後は一桁ぐらいの数しか残っていなかったと思います。

DSCF6665 (480x360)
大きなお皿にマッシュポテトを敷いてハンバーグを置き、さらにその上にフォアグラがのっけてあります。
全体的に大きくてインパクト抜群のこちらのお皿、出てきたときに二人とも歓声があがっちゃいました(笑)。
ハンバーグとフォアグラの大きさが、ほとんど同じように見えます。

DSCF6674 (480x360)
温かいうちにハンバーグを食べなければ!と、前菜とサラダを放って、早速切り分けました。
ハンバーグは厚みがあり、中はほんのりロゼ色です。
同じく厚みのあるフォアグラは中がトロトロであふれ出てきました。

DSCF6676 (480x360)
ハンバーグは外側がかなりカリッと焼かれていました。
ソースは甘みがなく、かなり塩味がしっかり目の味つけです。
フォアグラはこってりとした食感で、口の中でとろけました。


なみなみ ジャン・ピエール・ロゼ (780円)
DSCF6668 (480x360)
お酒がどんどん進むので、ここでロゼのなみなみシャンパンを注文。


カンパリオレンジ (650円)
DSCF6673 (480x360)
友人の二杯目はカンパリオレンジ。


パン(ミルクパン・プチバケット)  (300円)
DSCF6670 (480x360)
9種の前菜の盛り合わせがたっぷりだったのを見て、友人がパンを注文しました。
2種類です。

DSCF6672 (480x360)
プチバケットは温めてありました。
皮の部分が固めの食感です。
中の白い部分が少ないので、全体的にしっかりした歯応えでした。

DSCF6671 (480x360)
もう一つのミルクパンは食べるのがかなり遅かったので、温めてあったかどうか不明です。
しかし、パンが出てくる頃にはたっぷりのお料理で、正直、これは注文しなくても充分でした。
結局、友人はあまり食べられず、少し残しちゃいました。


なみなみ ラ・パルマ  (650円)
DSCF6684 (480x360)
さらにスパークリングワインをおかわり。


仔羊のロースト ~つぶマスタードソース~ (980円)
DSCF6677 (480x360)
続いて、メインの二品目が登場!
友人がどうしても食べたかった仔羊です。
それ程大きなサイズではないとはいえ、お肉がはみ出そうなボリュームです。
こちらも、すごい!と二人で感動。

DSCF6679 (480x360)
小ぶりのストウブに入って、そのまま登場。

DSCF6680 (480x360)
とても大きなお肉が2本入っていました。
大きなローズマリーがのせられていて、とってもいい香りでした。
あまり得意な香りではなかったはずなのに、自分でいい香りと感じたのは何故だろう?

DSCF6682 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
お肉の下には新じゃがや一口大に切ったニンジンがゴロゴロと入っていました。

DSCF6681 (480x360)
一人分でこれだけあります。
しかも、野菜類はまだまだ器の底にたっぷりと残っていて、お肉の旨みが染みたじゃがいもはとっても美味しかったのですが、全部は食べられなかったです。
ニンニクは大粒のものが二つ入っていたので、一人一粒ずつ楽しめました。
完全に火が通っているわけではなかったので、とろりと柔らかくて甘みの部分や、ちょっとしゃっきりした食感も楽しめました。

DSCF6683 (480x360)
仔羊は骨付きですが、かなりの厚みがあります。
ツブマスタードソースがたっぷりとかかっていました。
お肉はとてもやわらかく、ナイフですっと切れました。
臭みもなくて、本当に美味しかったです。
注文してくれた友人に感謝。
脂身も癖がなくて、多少冷めてもそのまま食べることが出来ました。


Beer ハーフ&ハーフ (580円)
DSCF6686 (480x360)
味つけがしっかり目のお料理が多いので、やたらとお酒が進みます(笑)。
少しサッパリさせようと、ハーフ&ハーフのビールを注文しました。
黒ビールの風味もありますが、甘いテイストですごく飲みやすかったです。

DSCF6687 (480x360)
グラスには俺のフレンチのイラストが入っていました。


俺のバラ  (480円)
DSCF6689 (480x360)
友人はお店イチオシのノンアルコールカクテルの俺のバラを注文。
バラとグレープフルーツジュース?とソーダが入っているようです。。
一口いただきましたが、甘さが強いのと、バラの風味があまり好みではなかったです。

デザートは別メニューです。
友人は私と違ってデザートを食べたがる人だったのですが、おなかいっぱいで無理でした。
私もかなりがんばって食べましたが、友人が残した分を全て食べきれず、さすがにギブアップ。
少し残してしまってすみませんでした。

DSCF6690 (480x360)
この日のお会計です。
二人で合計12,171円、一人分だと約6,085円でした。

お酒を4杯も飲んで、フォアグラなどの高級食材を含むお料理でおなかがはち切れるぐらい食べて、一人6,000円ぐらいとは、噂に違わぬ高CP!!
人気があるのはとってもよくわかりました。

DSCF6692 (480x360)
午後10時40分頃にお店を出ましたが、メニューはほとんどなくなっていました(笑)。


お酒をたくさん飲ませる作戦なのか、全体的に濃いめの味つけです。
繊細な味わいを楽しむことは難しいですが、パフォーマンスや見た目のインパクトは抜群なので、気の置けない友人とワイワイやるにはと~っても楽しかったです。
この日は座って食べられるというラッキーがあったので、立ち食いしたときの感想とは全く違うものになるとは思いますが、美味しいお料理をじっくり楽しむために、ぜひまた予約を取って行きたいと思いました。
ちなみに、予約を取ると、人気メニューについて最大限確保するようにしてくれるそうです。
翌月の予約はもう始まっていたので、帰りがけに店員さんに空き状況を聞いてみたところ、金・土・日は全て無かったのですが、平日ならまだ取れる日もありそうでした。

初めての「俺の」シリーズ。
ラッキーのおかげにあって、予想以上に楽しめました。


フードメニューです↓
DSCF6614 (480x360)

DSCF6615 (480x360)

DSCF6616 (480x360)

DSCF6617 (480x360)

DSCF6618 (480x360)

DSCF6619 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF6624 (480x360)

DSCF6625 (480x360)

DSCF6626 (480x360)

DSCF6627 (480x360)

DSCF6622 (480x360)


2014年6月13日訪問時お店DATA
*******************************
俺のフレンチ GINZA (おれのふれんち) 
〒104-0061 
東京都中央区銀座8-7-9
電話  03-6280-6435
営業時間 16:00~23:30(フードL.O.22:00、売り切れ・変更あり)
定休日 不定休
地下鉄銀座線新橋駅から徒歩1分
JR新橋駅から徒歩2分 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/05/10 00:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(6) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
連休ボケがようやく治りかけていたというのに、また土日に突入してしまい、すっかりぐうたらな生活に戻ってしまいそうです(笑)。
本日も、亀ブログを何とか更新しましたので、ぜひ遊びに来て下さい☆

DSCF6586 (480x360)
2014年6月13日は週の最後の金曜日。
朝出勤したとき、四ッ谷駅の階段を上がったらすごいたくさんの人が並んでいました。

DSCF6563 (480x360)
朝から何事?と思ったら、何とお祭りで、ちょうど御神輿が通るところでした。

DSCF6562 (480x360)
この時期、お店やおうちの前の飾り付けを見て、お祭りをやっていたのは知っていましたが、もう10年以上この場所で働いているのに、こんな立派な御神輿やお馬さんが出ていたとは、全く知りませんでした!

DSCF6567 (480x360)
ちょうど信号待ちしているので、たっぷり写真を撮ることが出来ました。

DSCF6564 (480x360)
遅番で出勤してきた先輩に話したところ、先輩も見たことがなかったとのこと。

DSCF6565 (480x360)
しかも、この日は銀行に私用があって早めに来ていたので、あともう10分ぐらい早ければ遭遇していたので、ずごく悔しがっていました(笑)。

DSCF6566 (480x360)
お天気も良くて、ホント、ラッキーでした。

この日の夜は友人とディナーを予定していたので、お昼は軽めにしようと思い、久しぶりに「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へお蕎麦を買いに行きました。
上司とOさんが午前中に外出していて、その帰りがけにお弁当を買って12時前に戻ってくることになったので、私も11時半頃に事務所を出発。

DSCF6568 (480x360)
「瓢箪」近くでも、五番町のお祭りブース?を発見。

DSCF6569 (480x360)
ここからも御神輿が出ているのかな?

DSCF7041_20130905083820fa6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つ目のビルの1階がお店です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
前回購入したのは2014年2月6日だったので、約4ヶ月ぶり、39回目です。

DSCF6574 (480x360)
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。
2014年4月の消費税増税に伴い、麺メニューが10円値上がりしたようです。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF6573 (480x360)
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
時々男性が一人入ることも。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

DSCF6572 (480x360)
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。
フロアはそれ程広くはなく、左に厨房とカウンターがあります。

DSCF6571 (480x360)
2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。
こちらは単品80円で他のメニューにもつけられるとのこと。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
さすがにこの時間はお店はまだ閑散としていました。
外からテイクアウトをお願いすると、あまり見かけたことのないおばさまが対応してくれて、「中の方が涼しいから。」と声をかけてくれました。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

DSCF6570 (480x360)
入口からすぐ右手の所にお蕎麦に関する本がたくさん並べられているのをみつけました。
お料理が出来上がるまで、本をチェック。
「瓢箪」が掲載されているページには付箋がついているので、すぐにわかります。
これを見たおかげで、お店の営業時間を知ることが出来ました(笑)。

DSCF6576 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。

DSCF6578 (480x360)
この日はとても暑い日だったので、冷しちくわそばを注文。
ディナーを予定していたものの、食べる時間が結構遅くなりそうだったので、ちょっと重ためのメニューにしました。

この記事を書いていて気付いたのですが、前回2014年2月6日に食べたのがちくわそばでした(汗)。

DSCF6580 (480x360)
薬味として七味唐辛子が小袋でついています。
お店でおばさまが出来上がったお蕎麦を袋詰めしているとき、「お箸はいらないです。」と声をかけたところ、おばさまが何故か「唐辛子、二ついる?」と聞かれたので、思わずいただいちゃいました(笑)。

DSCF6583 (480x360)
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF6584 (480x360)
おそばの容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。


冷しちくわそば (470円)
DSCF6586 (480x360)
いただきま~す!

DSCF6591 (480x360)
ドンブリのフチにワサビがたっぷりと添えられていました。

温かいお蕎麦だとなくて、冷しだとあるようです。

DSCF6589 (480x360)
「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどのメニューにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

長ネギは小口切りです。
薬味兼彩りになっています。

DSCF6588 (480x360)
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
かなり薄切りでした。

DSCF6590 (480x360)
ワカメです。

DSCF6592 (480x360)
磯辺揚げは丸ごと1本、中央にのっかっていました。

DSCF6593 (480x360)
冷しなので、そばつゆは少なめです。

DSCF6594 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。
この日は二袋ありましたが、最初から全部投入。
さすがにこれだけ入れると、かなりピリリとした刺激的な味わいになりました。

DSCF6595 (480x360)
お蕎麦は冷しなので、温かいものに比べてのびにくいので、食べやすいです。

「瓢箪」のソバつゆは甘くないのは好みですが、ダシの味わいが薄くてあっさりしています。
でも、磯辺揚げが入っているおかげで、旨みとコクが加わって美味しかったです。

DSCF6597 (480x360)
磯辺揚げはとっても大きくて、真ん中にのせているのに、フチまでギリギリ。

DSCF1439 (480x360)
ほんのり下味がついているのでそのまま食べても美味しいです。
大きいだけあって、食べ応えがありました。

DSCF6585 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


お蕎麦にしては重ためななものの、全体のボリュームは普通です。
夕方にはお腹が空いちゃったので、ディナーがとっても待ち遠しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 かき揚うどん
 きつねそば (2013年1月9日
 きつねうどん
 とろろそば (2013年11月29日
 とろろうどん
 メンチそば
 メンチうどん (2012年4月10日
 力そば
 力うどん (2012年2月27日
 肉そば  (2014年1月7日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 カレーうどん
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶそば (2013年6月13日2013年11月29日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケそば
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見そば
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけうどん  (2012年5月15日
 ちくわそば (2014年2月6日
 ちくわうどん

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねそば
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろそば
 冷しとろろうどん
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しめかぶうどん
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきそば
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわそば  (2013年7月17日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 冷しちくわそば (2014年6月13日
 辛み大根の冷しおろしそば
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 牛丼
 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 カレー丼
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年6月13日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
営業時間 7:00~17:00
定休日 土・日・祝日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/09 00:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【撤退】 MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner  @四谷
昨日は6日ぶりの出勤だったので、休みに入る前に何をしていたのか、少しずつ思い出しながらの作業でした(汗)。
ただ、みんな自分のことで精一杯なのか、電話も少なくて仕事はやりやすかったです(笑)。
これから海の日の連休まで約2ヶ月半、祝日などのお休みがないかと思うとかなりブルーですが、まずは今日一日がんばります。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2015年4月21日に最終営業日だった「クルージンダイナー」のレポートです。

DSCF1193 (480x360)
2015年4月21日は、毎週火曜日にやって来ていた「MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner(クルージンダイナー)」の最終営業日だったので、上司とOさんはお昼時に不在で外へ食べに行くチャンスでしたが、先輩と二人で最後のカレーを食べることにしました。

DSCF7451 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点を左折します。
通りを一本越えた右手に大きなマンション、車はその前に停まっています。

2013年10月30日からやって来た「クルージンダイナー」は、当初はほぼ問面のヤマト運輸の六番町センターの前で営業していましたが、2014年6月からこちらの場所が変わりました。

DSCF7446 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
四ッ谷駅方面側の歩道には、小さな看板が出ていました。

DSCF7449 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
車のすぐ近くにも小さな看板が置いてあり、カレーについての詳しい説明が書かれていました。

こちらはMACKY RAMONE(マッキーラモーン)さんが主宰するお店です。
私はツイッターに登録していないので情報があまりわからないのですが、マッキーラモーンさんは現役のDJ&ミュージシャンのようです。
営業時間は毎週火曜日、午前11時30分から午後1時までです。

それ以前は「サファリカレー」が来ていましたが、2013年10月23日に営業を終えました。

DSCF7448 (480x360)
一週間前の2015年4月14日に「クルージンダイナー」のカレーを先輩が買いに行ってくれていたのですが、その時、翌週が最終営業日だと聞かされ、二人ともこちらのカレーのファンだっただけに、大ショックでした。
人通りの少ないこの場所での売り上げはかなり悪いようで、原材料費の値上がりなどを考えるとこの場所で営業を続けるのは難しかったとのこと。

DSCF6330_20131121080739d14.jpg
こちらも以前撮影した写真です
車には「カレーライス」という小さな暖簾?がかけられていました。
赤と緑という、スイカカラーでとっても目立ちます。

DSCF6329_20131121080737ed9.jpg
こちらのお店で普段販売しているのは、やわらかお肉の旨コク欧風ポークカレーの「マリンカレー」です。
レギュラーサイズが550円、スモールが50円引きの500円、ラージは100円増しの650円、キングは200円増しで800円です。
なお、キングはトッピングが1つ無料になるとのこと。

DSCF4749 (480x360)
毎月第4週のみに販売される裏メニューは、牛ひき肉と3種豆のチリビーンズ風の「BUZZ(バズ)カレー」です。
レギュラーサイズが600円、スモールが50円引きの550円、ラージは100円増しの700円、キングは200円増しで750円です。
なお、キングはトッピングが1つ無料になるとのこと。

マリンカレーより50円お高いです。
豚肉ではなく牛肉だからかな?

このカレーにはチーズと生タマネギのトッピングがオススメとのこと。

DSCF4747 (480x360)
店主さんは男性で、一人で切り盛りしています。
この方がMACKY RAMONE(マッキーラモーン)さんなのかな?

DSCF4748 (480x360)
ガラスケースの中にトッピングが種類ごとに並んでいます。

お米にこだわっているとのことで、富山県産のてんたかくという品種だそうです。
お水が良いからお米も美味しいとのこと。
検査一等米で、お米マイスターが推奨する、カレーに一番合うお米だとか。
「本日のお米」と書かれていますが、いつもこちらの銘柄です。

DSCF1343 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
トッピングはタマゴ、チーズ、生タマネギ、ハラペーニョ、コールスロー、トマトサラダの6種類で、全て50円です。
「小さな贅沢、大きな満足!!」という標語が面白い(笑)。

DSCF7450 (480x360)
ある時期からカレーと言えば付け合わせはこれ!という福神漬けとらっきょうが、わずか20円というお手軽な値段でプラスすることが出来るようになりました。

DSCF6611 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
紙ナプキンは、待ち時間短縮のため、かつ、エコのため、セルフサービスになっています。
なお、コールスローを注文した人には冷たいまま美味しく食べていただくよう、店主さんが入れてくれるとのこと。細かい配慮ですね。
サービスの飴も置いてありました。

DSCF9250 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
甘い物は苦手ですが、折角なので1回いただいちゃいました。

DSCF1184 (480x360)
持ち帰り用のビニール袋は薄く黄色っぽい色合いのものです。
この日は先輩が買いに行ってくれました。
ありがとうございます☆

DSCF1186 (480x360)
中から取り出すとこんな感じです。

この日は最終営業日ということで、店主さんはマリンカレーとBUZZカレーの両方を持って来てくれていました。
どちらにするかかなり悩みましたが、食べる回数が少なかったけれどもしっかりと辛くて美味しかったBUZZカレーをチョイス。
しかも、最初で最後のキングサイズを注文しちゃいました。
キングサイズはトッピングが一つ無料でつけられるので、BUZZカレー限定のトッピングであるハラペーニョをお願いしました。

DSCF3537 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
紙ナプキンはコールスロー注文時以外はセルフサービスです。

DSCF6340_201311210805425e2.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
白いプラスチック製のスプーンは透明なビニール袋に入っています。
もったいないので、なるべくお断りしていただかないようにしています。

DSCF1187 (480x360)
カレーは下が白、フタが透明の丸いプラスチックの容器に入っています。

DSCF1190 (480x360)
ご飯は下が白、フタが透明のオーバル型のプラスチックの容器に入っています。
スモールとレギュラーサイズはご飯とルーが一緒で、ラージとキングは別容器です。

DSCF1188 (480x360)
トッピングは小さな透明のプラスチック容器に入っていました。


BUZZカレー<キング>(800円)+ハラペーニョ(サービス)=800円
DSCF1193 (480x360)
いただきま~す!

DSCF1195 (480x360)
ハラペーニョは青唐辛子のピクルスです。
「激辛ではありませんが、辛党の人は一度おためし下さい」とのこと。
BUZZカレー限定のトッピングです。

DSCF1201 (480x360)
楕円形の容器にご飯がこんもりと盛られていました。
キングだけあって、かなりボリュームたっぷり。

DSCF1202 (480x360)
中央にドライハーブとオニオンチップスがトッピングされています。

DSCF1196 (480x360)
ルーの入った容器はかなり大きめですが、9分目ぐらいまで、たっぷりと入っていました。
ご飯の量に合わせているとはいえ、かなりの量です。

DSCF1197 (480x360)
カレーには生クリーム?がライン状にたっぷりとかけてあります。
確か、店主さんから「かけましょうか?」と聞かれたと思います。

DSCF1209 (480x360)
ハラペーニョをカレーにのっけてから食べました。
おおぶりなカットで、そのまま食べると、鮮やかな酸味と辛さを感じます。
ピクルスだからか、辛いですが爽やかで、美味しかったです。
カレーに混ぜると、とてもいいアクセントになります。

DSCF1204 (480x360)
BUZZカレーはマリンカレーより辛くてパンチが利いています。
食べているうちに身体が火照ってきました。

DSCF1207 (480x360)
お肉は牛挽き肉です。
小さくカットされたニンジンも入っていました。
ルーがたっぷりあるので、そのままルーだけで食べたりもしちゃいました。

DSCF1206 (480x360)
3種類のお豆もたっぷりと入っていて、食感がいろいろ楽しめました。
お豆好きな私には嬉しかったです。

DSCF1208 (480x360)
ご飯もルーもとにかく量が多いので、ひたすら食べました(笑)。

DSCF1210 (480x360)
私はかために炊いたご飯が好きなのですが、こちらのご飯はやや水分が多めです。
店主さんの好みなのだと思います。

DSCF1211 (480x360)
たっぷりあったルーもご飯も残らないように、最後に全体を混ぜ合わせて食べました。
スパイスの辛さで身体が火照り、ボリュームたっぷりでお腹パンパンです。

DSCF1191 (480x360)
先輩が前の週に頼んでいたからか、営業場所を書いた紙をいただきました。
最初、三番町と聞いていたので、てっきり自転車使えば行けるかなと思っていたのですが、地理に疎い私は麹町に来ている屋台と勘違いしていました(汗)。
私の現在の場所から買いに行くにはちょっと距離があるし、しかもどの場所もかなりの行列らしいので、なかなかハードルが高そうです。
お近くの方はご参照下さい。


ともあれ、約1年半の間、美味しいカレーを販売してくれて、本当にありがとうございました☆


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

◎マリンカレー
スモール+トマトサラダ (2014年2月4日
レギュラー (2013年11月13日
レギュラー+生タマネギ (2013年12月25日
ラージ+トマトサラダ (2014年3月25日
ラージ+タマゴ+コールスロー (2013年11月6日

◎BUZZカレー
レギュラー+ハラペーニョ+コールスロー (2014年4月22日
キング+ハラペーニョ (2015年4月21日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2015年4月21日購入時お店DATA
*******************************
MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner (くるーじんだいなー)
移動ワゴン車での販売 
場所  東京都千代田区六番町6-20 グランドメゾン六番町前
営業日 火曜日
営業時間 11:30~13:00
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/08 05:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
お天気にとっても恵まれたGWでしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は群馬県と長野県の県境にある鼻曲山という山を登山したのですが、この山の山頂に辿り着くまでに峠越えを1回、別の二つの山を登らなければならないというハードな行程(しかも、ピストン)で、久しぶりに酷い筋肉痛になりました(汗)。
ルートを考えた人はメンバーから総スカンをくらっていました(笑)が、ともあれ、自然を満喫できてとても楽しいGWでした。

DSCF6490 (480x360)
2014年6月11日は、夜に仕事関係の暑気払いを予定していました。
上司が「番町 松月庵(しょうげつあん)」の出前をお願いしたので、軽めに済ませたかった私はご相伴することに。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても30分かからず持ってきていただけるので、大変助かっています。

DSCF1234 (480x360)
メニューです。
2014年4月の消費税増税に伴い、料金が変わりました。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2014年5月21日だったので、約20日ぶりです。

DSCF7444 (480x360)
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF7445 (480x360)
東京松月庵麺類協同組合なる組織があるようです。
ネットで調べてみましたが、池袋にあるということしかわかりませんでした。

DSCF6483 (480x360)
配達員さんとはもうすっかり顔なじみです。

12時過ぎに電話でお願いしたところ、12時半近くに届けていただきました。

お蕎麦メニューはほぼ一巡したので、お蕎麦屋さんですが、最近はうどんメニューを食べるようにしています。
この日の夜は串カツを予定していたのでなるべく軽めにしなきゃと思い、山菜うどんを選択。

DSCF6484 (480x360)
薬味は別の小皿でついてきます。

DSCF9885 (480x360)
お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_0531画像0001
こちらは2009年5月23日に土曜出勤した時に出前をお願いしたら、使われていた包み紙です。

2008_0531画像0002
とても丁寧な心遣いで、細かい配慮です。

DSCF6486 (480x360)
ドンブリにはこぼれ防止のためにサランラップをぴっちりとかぶせてありました。


山菜うどん  (870円)
DSCF6490 (480x360)
いただきま~す!
メイン、薬味のセットです。

DSCF6487 (480x360)
薬味は、いつもどおり、七味唐辛子とネギとワサビの3種類です。

DSCF6489 (480x360)
山菜うどんは、山菜、キノコ、ネギ、カマボコなどが入っていました。

DSCF6496 (480x360)
山菜うどんとなっていますが、山菜だけでなく、、、

DSCF6495 (480x360)
ナメコなどのキノコも少し入っていました。

DSCF6494 (480x360)
彩りに?白髪ネギが添えられています。

DSCF6504 (480x360)
カマボコは白いものが1枚入っていました。

DSCF6499 (480x360)
いつも食べる前に薬味を全て入れちゃいます。
ワサビの塊が残らないよう、しっかり混ぜて溶かしてからいただきました。

DSCF6502 (480x360)
うどんはツユを吸って薄茶色に染まっています。
柔らかめですが、お蕎麦よりのびているのがわかりにくいかも。
麺のボリュームは普通です。

DSCF6488 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームは少なめです。
汁も全ていただきましたが、夕方にはお腹が空いてしまい、ディナーが待ち遠しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2013年6月18日
  かけそば   (2013年7月5日
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば   (2012年8月31日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  山菜うどん   (2014年6月11日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  カレー南蛮うどん (2014年1月8日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  スタミナうどん (2014年5月21日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば  (2013年12月10日
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日
  天とじうどん  (2014年1月9日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん  (2009年8月4日
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ  (2009年6月11日
  冷し山菜そば  (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  カツカレーライス
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  親子丼「上」(2013年3月27日
  カツ丼  (2010年4月6日
  カツ丼「中」 (2013年1月22日
  カツ丼「上」 (2013年9月13日
  天丼   (2012年5月8日
  天丼「中」 (2012年11月19日
  天丼「上」 (2013年5月16日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼 (2013年11月28日
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
DSCF1234 (480x360)

DSCF1237 (480x360)

DSCF1236 (480x360)

DSCF1238 (480x360)

DSCF1239 (480x360)

DSCF1240 (480x360)

DSCF1242 (480x360)

DSCF1243 (480x360)


2014年6月11日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/07 05:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(6) |
オリジン弁当 麹町店  @麹町/市ヶ谷
5連休のGW後半も今日が最終日。
明日から仕事かと思うとちょっとブルーになりますが、最後の一日、せっかくなので楽しまなきゃ☆

DSCF6479 (480x360)
2014年6月10日は、午前中の打ち合わせがのびてしまい、急遽お客様用のランチを用意することになり、上司の指示で、「宮川本廛」に出前をお願いしました。
少し前にも同じような状況があって、その時には先輩は自分のお弁当に飽き飽きしたからとご相伴したのですが、この日はさすがに飽きたからと、自分の分は注文しませんでした。
私はこの時間帯にちょうど長い電話につかまっていたのですが、私も食べる気があまりなかったのをあらかじめ察してくれて、私も食べずに済みました。

届いたお弁当を会議室に配り終えた後、それぞれお弁当を買いに行くことになりました。
二人一緒には出られないので、まずは先輩から。
この日無性に酢飯が食べたいモードの先輩と、どこで買えるか二人で検討したのですが、思いついたのは「三崎丸」「京樽」「丼丸」ぐらい。
意外と候補が少なかったです。
結局、「成城石井」へ買いに行って押し寿司とマリネ系の春雨サラダ?を買って、酸っぱいメニューを揃えていました(笑)。

私は、最初は「ポール」のパンでも買おうかな~と悩んでいたのですが、この日は時間もだいぶ遅くなり、逆にもっと遅くなってもそれ程差し支えがなかったので、ちょっと遠い千代田二番町ランチ屋台へ買いに行くことに決定。
火曜日にどのお店が来ているのか知らなかったので、とっても楽しみでした。

途中、ヤマト宅急便の前を通りましたが、この日も「クルージングダイナー」の姿はなし。

DSCF6457 (480x360)
千代田二番町ランチ屋台に到着すると、なんと、前日に食べた「シシリアンライス」が来ていました。
火曜日はこっちにいるんですね(泣)。
さすがに二日連続で食べる気にはなれず、写真だけ撮影。

DSCF6458 (480x360)
この界隈で、まだ食べたことのないお弁当を売っているお店は「オリジン弁当(おりじんべんとう) 麹町店」しかすぐに思い出せなかったので、買いに行くことにしました。

地下鉄麹町駅の6番出口を出て、日テレ通りを市ヶ谷駅方面に進むと、旧日テレを超えた次の角にお店があります。
この場所は、ずいぶん前は酒屋さんだったことを覚えています。

DSCF6460 (480x360)
オリジン弁当は、オリジン東秀株式会社が展開する持ち帰り弁当の巨大チェーン店で、日本全国に550店舗以上あるそうです。
初めて知りましたが、イオンの子会社とのこと。

DSCF6461 (480x360)
当初は年中無休の24時間営業だったようですが、現在の営業時間は朝5時から夜12時までです。

Oさんは時々購入していますが、私は初めてです。
生活圏にほとんど店舗がなくて、「オリジン弁当」そのものをほとんど利用したことがありません。
ずいぶん前に利用したとき、店内に客が3人しかいないのに、私のオーダーが入っていなくて、散々待たされた挙げ句、ようやく店員さんが気付いたという悲しい出来事があって以来、トラウマとなっていたということもあります(笑)。

DSCF6463 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、お総菜やお弁当を所狭しと並べてありました。

1時過ぎに入店したところ、店内には10人近くのお客さんがいました。
場所がいいというのもあるし、さすが大手チェーン店ということでしょうか。
男性も女性もいました。

DSCF6462 (480x360)
お弁当を作ってもらうのは時間がかかるので、既に出来上がっているものを買うことに決定。
ちょうどこの頃、なすの辛味噌炒め弁当のキャンペーンをやっていました。
なんでも昨年に比べてなすが20%増量しているとか。
しかも、午後1時をまわったからなのでしょうか、30%引きという太っ腹です。
店員さんもしきりになすの辛味噌炒め弁当を割り引いています!と連呼していたので、これしかないと思って購入しました。

DSCF6464 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋にピンク色でオリジン弁当のロゴなどが入っています。

DSCF6466 (480x360)
容器はプラスチック製で、下は黒、フタは透明です。

DSCF6469 (480x360)
メニュー名や消費期限が記載されたラベルが貼ってありました。
消費期限は午後4時半までなので、食べ残して夕飯、という訳にはいかないようです。

DSCF6468 (480x360)
30%引きと、とってもお得に購入できました。


なすの辛味噌炒め弁当 (490円→?343円?)
DSCF6479 (480x360)
電子レンジでチンしてから食べました。
いただきま~す!

上下に分かれていて、上におかず、下にご飯、真ん中の左側にお新香が入っていました。

DSCF6473 (480x360)
お新香はキュウリの漬物です。

DSCF6474 (480x360)
ご飯には黒ごまがふってありました。

DSCF6475 (480x360)
お値段を考えたら仕方ないですが、ご飯はあまり美味しくなかったです。
ボリュームもそれ程多くはありません。

DSCF6471 (480x360)
なすの辛味噌炒めはなすの他に豚肉、タマネギ、ニンニクの芽などが入っていました。

DSCF6478 (480x360)
ニンニクの芽は3本入っていて、彩りになっています。

DSCF6476 (480x360)
ナスはしっかりと味がしみていて、とてもやわらかでした。

DSCF6477 (480x360)
見た目通りのしっかりした味付けです。

DSCF6480 (480x360)
メニュー的にちょっと甘いかな?と心配していたのですが、甘さはほとんどなく、むしろ結構しっかりと辛くてご飯が進みました。


全体のボリュームは普通です。
大手人気チェーン店らしく、お値段がとてもお手頃でメニューが豊富なので、ランチに困ったときはまた来てみようかなと思いました。


2014年6月10日訪問時お店DATA
****************************
オリジン弁当 麹町店 (おりじんべんとう)
〒102-0081 
東京都千代田区四番町7
TEL 03-5275-3951
営業時間 5:00~24:00
定休日 なし
地下鉄麹町駅から徒歩4分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/06 00:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
GW後半4日目。
今日は特に予定はなく、旅行の片付けをしたり、家のことをやろうと思っています。

DSCF6442 (480x360)
2014年6月9日は週の最初の月曜日。
週末の暴食暴飲で体重がかなり高めでしたが、夜遅くまで残業することを予定したのである程度は食べていこうと思い、千代田四番町ランチ屋台にお弁当を買いに行くつもりでした。
一週間前の2014年6月2日に買いに行ったとき、「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」という新しい屋台が来ていたので、また食べたいな~と思っていたら、先輩がこの日はお弁当をサボっていたので、新店を見てみたいからと、私の分も一緒に買いに行ってくれました。
ありがとうございます☆

DSCF6232 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

以前は、月曜日には「エスエヌダイニング」という屋台が来ていましたが、いつ頃からに撤退していました。
あまり通っていなかったので詳しい時期はわからないので、2014年春頃とさせていただきます。

DSCF6235 (480x360)
「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」という幟が出ていただけで、店名を見つけられなかったので、こちらを店名とさせていただきました。
こちらのお店がいつから登場したのかも、ネットなどで調べてみましたが不明です。
便宜上、2014年春頃に登場とさせていただきます。

DSCF6236 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
車の前にはメニューの大きな看板が出ています。
しばらく待たねばならなかったので、じっくり読むことが出来ました(笑)。

DSCF6237 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
メニューはキーマカレーと3種類のシシリアンライスの合計4種類で、お値段は全て680円です。

前回はシシリアンライスのお肉の種類違い以外にはキーマカレーがあったので、逆に面白いかなと思って、先輩にキーマカレーをお願いしました。
途中、先輩から電話が入り、「今日はキーマカレーじゃなくて、麻婆春雨だけどいいですか?」と聞かれたので、もちろんオッケーだったので、お願いしました。
シシリアンライス以外は週替わりでメニューが変わるようです。

DSCF6238 (480x360)
ご飯とサラダの大盛りは無料です。
ハーフ&ハーフも無料でお願いすることが出来ます。

先輩からもう一度電話が入り、「ハーフ&ハーフ」も出来ますよ?」と聞かれたのですが、まずはシンプルに食べたかったので、そのままでお願いしました。
わざわざ二回も電話をしてもらい、申し訳なかったです。

DSCF6239 (480x360)
注文方法はとてもシステマチックです。
まずご飯とサラダの量の組み合わせを番号で答え、次に、お肉(おかず)を選び、ソースを選びます。

DSCF6240 (480x360)
ご飯は小盛り・並盛り・大盛りの3種類、サラダは並盛り・大盛りの2種類、合計6種類の組み合わせがあります。

DSCF6241 (480x360)
お肉のソースは6種類ありますが、「初めてのお客様へ 考案者直伝のマイルドソースをおすすめします」と記載されています。
マイルドソースは元祖シシリアンライスのソースで、九州の老舗レストランを立て直した歴史のある秘伝のソースとのこと。

DSCF6245 (480x360)
女性店主さんが一人で切り盛りしていました。

DSCF6242 (480x360)
なので、お会計や袋詰めなどは基本的にセルフサービスです。

メニュー写真の中には温泉卵らしき丸いものが写っていますが、温泉卵は別売りで50円です。

DSCF6244 (480x360)
車の前には小さい台が置かれています。
ここで袋詰めなどをします。

DSCF6246 (480x360)
美味しそうなお料理が並んでいて、テンションアップ!

DSCF6437 (480x360)
この持ち帰り袋は、よくある白いビニール袋です。

DSCF6438 (480x360)
お弁当の容器はプラスチック製で、下は白、フタは透明です。

DSCF6442 (480x360)
いただきま~す!
先輩のお弁当と並べてみても、どちらも見えるのがサラダなので、同じメニューに見えます(笑)。
ちなみに、先輩はサラダ大盛りで、私は普通盛りです。
ちょっと写真だとわかりにくいでしょうか。


麻婆春雨  ご飯並盛り・サラダ並盛り  (680円)
DSCF6439 (480x360)
フタをオープン!
並盛りなので、見た目はそれ程ボリュームが多くは見えません。

ご飯の上におかずをのせ、さらに野菜をたっぷりのせて、マヨネーズソースをかけてあります。

DSCF6443 (480x360)
中央には砕いたチップスがトッピングされています。
量はそれ程多くありませんが、しっかり混ぜ合わせてから食べると、時々パリッとした食感を感じられ、いいアクセントになりました。

DSCF6444 (480x360)
たっぷりの野菜は細切りのレタス・タマネギ、水菜など。
ちょびっとですがスイートコーンも入っていて、時折甘さを感じられました。

DSCF6446 (480x360)
マヨネーズソースやお肉の下味など、しっかり味でご飯が進みます。
味が偏らないように、全体を混ぜ合わせて食べました。

DSCF6445 (480x360)
サラダをどかしてみると、たっぷりの麻婆春雨がありました。
春雨だけでなく、ひき肉やタケノコなども入っています。

DSCF6447 (480x360)
見た目の濃い茶色の色合いどおり、しっかりと味がついていて、ご飯が進みます。
意外としっかりと辛かったのがとても好みの味でした。
野菜がたっぷりあるので、一緒に食べるとさっぱりしています。

DSCF6449 (480x360)
ただ、この日は残念なことに、ご飯がかなり軟らかく、お団子状に固まっているところもあって、食べにくいし、美味しさもイマイチでした。
前回はこうではなかったので、たまたまだったのでしょうか。

DSCF6451 (480x360)
最後は全体をかき混ぜて食べました。


全体のボリュームは普通です。
ご飯はちょっと残念でしたが、おかずは美味しかったです。
次回はシシリアンライスでポーク以外を食べてみたいです。

DSCF6452 (480x360)
この日、Oさんが2010年2月4日にランチ訪問した「カレーのチャンピオン」でお弁当を買ってきました。
懐かしい~。
また久しぶり食べたくなっちゃいました。


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」 
  佐賀県ご当地料理 元祖ポークシシリアンライス (2014年6月2日
  麻婆春雨 (2014年6月9日

月曜日 【撤退】ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
  ロシアン&ハワイアン<トマトソース> (2012年6月11日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  ハーブチキンフレンチライス (2012年1月23日
  ハーブチキンハワイアンライス (2012年2月13日

火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  オリジナルタコライス+スパム (2014年2月18日)  
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  ホットチリタコライス+アボガド (2014年6月3日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
  ベジタブルタコライス (2013年3月12日
  ハーフ&ハーフ<オリジナル・タイ風> (2013年1月8日2013年10月1日

水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日
  スンドゥブ風ソース (2013年2月6日
  赤カレーチキンソース (2014年4月30日

水曜日 名前のない屋台
  ボロネーゼライス (2014年5月7日

木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日2012年11月29日2013年2月21日
  グリーンカレー 大盛り (2013年11月7日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
  カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日

金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  チャプチェ+温泉たまご (2014年4月4日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年6月2日購入時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/05 00:00】 | 郷土料理 | トラックバック(0) | コメント(2) |
豚骨一燈  @小岩
GW後半3日目。
私は登山の後、軽井沢に一泊し、今日東京に戻る予定です。
高速道路の渋滞が酷くないことを祈っています(笑)。

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「豚骨一燈」のレポートです。

DSCF6418 (480x360)
2014年6月7日の土曜日は、梅雨で朝からずっと雨が降り続き、暴風雨で電車があちこち止まるような大荒れの日でした。
小岩にオープンした「豚骨一燈(とんこついっとう)」というラーメン屋さんが話題になっていたので、ランチとして食べに行ってみることに。

DSCF6433 (480x360)
JR総武線小岩駅の北口を出てイトーヨーカ堂の脇をまっすぐ進むと蔵前橋通りに出ます。
小岩駅北口交差点を渡って通りの反対側に行ったら右折し、しばらく行くとお店があります。
離れていますが、「ラーメン二郎 小岩店」と同じく蔵前橋通り沿いです。

DSCF6431 (480x360)
「豚骨一燈」は、2010年8月15日に訪問した新小岩にある超有名店・行列店「一燈」の支店で、2013年12月27日にオープンし、魚介豚骨つけめんを提供しています。

DSCF6401 (480x360)
常に長い行列の絶えない「一燈」とは違い、数人程度の行列だと聞いていたので、これだけ雨が降っているならお客さんがあまりいないのではないかと思い、ランチが終わり間際の2時半頃にお店に到着。

DSCF6402 (480x360)
狙いは当たり、すぐに入ることが出来ました。
ただ、これは運がよかっただけのようで、すぐ後には数人が並んでいました。

DSCF6403 (480x360)
入ってすぐ左に券売機があるので、先に食券を購入します。
店員さんが待ち構えているので、そのままチケットを手渡さねばなりません。
写真が撮れませんでした(泣)。

DSCF6404 (480x360)
濃厚魚介のつけ麺・らーめん、あっさり中華そば、油そば、カレーつけ麺と種類が豊富で、しかも期間限定のきまぐれ煮干しそばもありました。

DSCF6430 (480x360)
券売機の上には麺の量や油そばのトッピングなど、詳しい情報が書かれています。

まずは基本を食べてみようと思い、濃厚魚介つけめんを選び、せっかくなので、味玉をつけました。
お値段は930円と、味玉をつけるだけで900円超えするので、お値段はかなりお高めです。

DSCF6399 (480x360)
フロアはそれ程広くありません。
右手に厨房、その周りにカウンター席、左にテーブル席がありました。
この場所は以前チェーン店の「香月」があり、その頃とそんなに内装が変わっていないような気がします。

DSCF6395 (480x360)
私はカウンター席の入口近くに着席。
扉が開けっ放しだったので、気温がやや低い日だっただけに、ちょっと寒かったです。

スープ割りは、あらかじめポットに入ってカウンターの上に置いてありました。

DSCF6394 (480x360)
卓上には洗い箸、紙ナプキン、レンゲ、髪の毛用の?ゴム、各種調味料等が置かれています。

DSCF6397 (480x360)
右側にあった壺を開けてみると、おろしニンニクが入っていました。

DSCF6398 (480x360)
人気のためか、ランチ営業を延長し、午後3時までになっています。

DSCF6400 (480x360)
メルマガもやっているようです。

DSCF6393 (480x360)
お水をいただきながら、出来上がりを待ちます。


半熟味玉 濃厚魚介つけめん  (930円)
DSCF6418 (480x360)
10分近く経って、つけ麺が登場!
最初に麺が出て、次につけ汁が出てきました。

DSCF6406 (480x360)
白地にフチが青のデザインで彩られています。
黄色っぽい麺がとても端正に折りたたまれて、味玉が添えてありました。

DSCF6408 (480x360)
味玉は丸ごと一個、そのままです。

DSCF6410 (480x360)
麺は四角い感じの形で、縮れがありません。
艶々とキレイに光っていて、と~っても美味しそう。

DSCF6411 (480x360)
つけ汁は、やや小さめの器に入っていました。
濃い茶色のスープにトッピングがいろいろとのっています。

DSCF6412 (480x360)
海苔は長方形のものが1枚。
私は海苔の有り難みがわからない人間なので、シナシナにならないうちに食べちゃいました。

DSCF6413 (480x360)
つけ汁をもらったとき、お魚の香りがぶわーっと香ります。

DSCF6415 (480x360)
長ネギの小口切りが中央にたっぷりとのせられていて、その上には柚子の皮を刻んだものが添えられていました。

DSCF6414 (480x360)
左下に魚粉がたっぷりとかかっていました。

DSCF6420 (480x360)
まずはつけ汁をそのまま飲んでみました。
豚骨ベースのスープは濃厚でコクがあって、こってりしていますが、後味はくどくなくて美味しい!
さすが人気店です。

DSCF6422 (480x360)
チャーシューは厚めのものが1枚。

DSCF6423 (480x360)
メンマは細長いものが数本。
食感は柔らかかったり、シャキシャキだったり、いろいろでした。

DSCF6424 (480x360)
味玉は冷たいと嫌なので、しばらくつけ汁に沈めておきました。

DSCF6425 (480x360)
割ってみると、固めの半熟です。
半分食べてみたら、まだちょっとぬるめだったので、もう一回つけ汁に入れて温めました。

DSCF6427 (480x360)
麺はしっかりした歯応えで、濃厚なスープをよく絡めていただきました。
むちっとした食感がたまりません。
麺が美味しかったので、大盛りとかにしたかったです。

DSCF6428 (480x360)
美味しく麺を食べ終え、スープ割りにしました。
あまり薄くならないように、少なめに。
飲んでみると、ゆずの存在をとても感じました。

DSCF6429 (480x360)
スープも美味しく全て飲み干しちゃいました。


全体のボリュームは普通ですが、スープの濃厚さ、麺の美味しさ、さすが人気店と納得できるレベルの高さでした。
ここは小岩なだけに、お値段が少しお高いと思うのですが、仕方ないのかなぁ。
カレーつけ麺がとても気になるので、ぜひまた食べに来てみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日
濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日
豚骨一燈 (2014年6月7日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日
小味園 本店 (2013年7月31日
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年6月7日訪問時お店DATA
*****************************
豚骨一燈 (とんこついっとう)  
〒133-0057 
東京都江戸川区西小岩4-14-23 岡本ビル1階
電話 03-6806-9333
営業時間 
[昼] 11:00~15:00
[夜] 18:00~23:00
定休日 なし
JR総武線小岩駅北口から徒歩5分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/04 00:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
佳陽  @市ヶ谷
GW後半2日目。
今日は群馬県と長野県の県境にある鼻曲山という山を登山する予定です。
山の方でもお天気だといいのですが。

DSCF6372 (480x360)
2014年6月6日は週の最後の金曜日。
梅雨入りしたと思ったら、嵐のような暴風雨が吹き荒れる一日でした。
この日の午後は上司が市ヶ谷方面の仕事に出かける予定だったので、12時半近くに事務所を出て、外へ食べに行くことになりました。
上司の後をついて行くと、の「佳陽 (かよう)」に入店。

DSCF8974_20131224053337f23.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りに右側を半蔵門方面に向かって進み、最初の交差点を越えて少し行った先にグローリア初穂平野ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

DSCF8973_20131224053335ac0.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

「佳陽」は2013年11月にオープンしました。

この場所には2012年10月17日にオープンし、2012年10月18日にランチ訪問した「上海料理・四川料理 ミスターバン酒菜 市ヶ谷店」がありましたが、1年ぐらいで閉店したようです。

さらにその前にはこの界隈では老舗だった「金糸」というお店がありましたが、2012年5月25日に閉店しました。

DSCF8975_20131224053340413.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店は地下にあるので、細い階段を降りて行きます。

ランチタイムはメニューの看板が日テレ通りに出ていたと思いますが、こちらの写真は別の日の朝に撮影したのでまだ看板がありません。

DSCF7388_20131219081249bc4.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
フロアは右側にカウンター、左側にテーブル席、奥にもテーブル席があります。
間口のわりには奥が広く、席数も多いです。
内装は、中華料理屋さんにしては西洋風ですが、とっても派手な色使いです。

DSCF7370_2013121908141707d.jpg
私はオープン直後の2013年11月26日にランチ訪問したことがあり、7ヶ月半ぶり、2回目です。

DSCF7371.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
12時半頃に入店すると、8割程の人の入り。
4人だったこともあり、奥へ通されました。

DSCF6363 (480x360)
オープン当初に一度ランチに来たことがありますが、一人だったのでカウンター席に通されたため、奥に来るのは初めて。
以前は小上がりがありましたがなくなっていて、全てテーブル席になっていました。

DSCF6391 (480x360)
それにしても、オープン当初はかなりガラガラだったので、この日はたくさんのお客さんが入っていたのにはちょっとビックリ。ずいぶん周囲に認知されたようです。
お客さんのほとんどがサラリーマンの男性ばかりでした。
私たちは奥の壁際の4人席に着席。

DSCF6361 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF6352 (480x360)
ランチメニューです。
前回来た時よりもずいぶん変わった感じでした。
私の好きな四川系などの辛いメニューって、こんなになかったです。

ランチセットは13種類あり、お値段は700円から800円です。
味付けを、普通辛、中辛、激辛から選べます。
ご飯とスープはお替わり自由です。

DSCF6353 (480x360)
週替りメニューは17種類あり、お値段は700円から850円です。
セットメニューは2種類あり、お値段は980円です。
こちらも、ご飯とスープはお替わり自由です。

DSCF6364 (480x360)
私は壁に写真が貼ってあったちゃんぽんがとっても気になり、辛口を注文(800円)。
上司は大好物の酢豚をオーダーしました。

先輩も同じメニューを注文しようと思っていたのですが、かぶってしまったからと、別メニューを注文。


四川風鶏肉炒め 激辛  (750円)
DSCF6365 (480x360)
Oさんは四川風鶏肉炒めを激辛指定で注文。
冬からずっと喉の調子がよくなかったOさんですが、最近だいぶよくなったからと、ちょっと我慢していた辛いメニューを復活させ、まさかの激辛指定(笑)。
店員さんも「激辛?」とやや驚いていました。

メイン、小皿、お漬け物、スープ、ご飯のセットです。
茶色の長方形のお盆にのせられていました。

DSCF6367 (480x360)
メインがとても大きなお皿に盛られていて、ボリュームたっぷり。
すごい!
Oさんは量が多くて、食べきれるかな、、、と不安がっていました(笑)。
おすそ分けをいただいたところ、お肉はとっても柔らかで、山椒が利いてはいたものの、激辛というほどの辛さではありませんでした。
なので、Oさん的にはちょっと物足りなかったようです。
少し休憩をはさみながらも、どうにか完食しました。


担担麺  (650円?)
DSCF6369 (480x360)
次に、先輩が注文した単品の担々麺が登場。
メインとお漬け物のセットです。
茶色の長方形のお盆にのせられていました。
先輩は最初、Oさんと同じメニューを注文しようとしたのですが、かぶったのでこちらに変更したとのこと。

DSCF6370 (480x360)
ドンブリの縁がちょっと欠けているのはご愛敬(笑)。
こちらも大きめな器に入っていて、表面を覆い隠すほどの水菜がたっぷりと盛ってありました。
彩りではないですね(笑)。
ただ、味はコクがあまりなくて塩分が強く、食べきるのが大変だったとのことです。


ちゃんぽん 辛口  (800円)
DSCF6372 (480x360)
ちゃんぽんは、とても大きなドンブリに小皿とお新香がついていて、長方形の茶色いお盆にのせられていました。
器のあまりの巨大さに、他の二つの小皿が隠れちゃっています(笑)。

DSCF6375 (480x360)
小皿の一つは、お漬け物で、白菜とニラのキムチ風です。
でも、かなりあっさりとした味わいで、見た目ほど辛さはありません。
確か初めて来たときもこういうスタイルのお新香が出て、韓国?と思っちゃった記憶があります。

DSCF6373 (480x360)
もう一つの小皿にはソーセージがまるまる1本のっかっていました。
中華の小皿というと、点心系のものがついてくることが多いので、何となくソーセージというのは不思議(笑)。
フツーのお味でした。

DSCF6381 (480x360)
かなり大きいドンブリには、フチの近くまでたっぷりのボリュームです。
野菜などのトッピングで、麺は全く見えません。

DSCF6378 (480x360)
白いプラスチック製レンゲが器に差してありました。

DSCF6379 (480x360)
具はもやし、キャベツ、ニンジン、黒キクラゲ、小松菜?、豚肉、海鮮などなど。

DSCF6386 (480x360)
まずはスープを一口。
ラー油でしょうか、赤さが浮いています。
しっかりとガツンとした辛さで、旨みもそこそこありました。
ただ、スープだけ単独の時は味が足りるのですが、麺や具材と一緒にだとやや薄い味わいになってちょっと物足りなかったです。

DSCF6382 (480x360)
麺は細く、黄色みがかっていて、ストレートです。
固めの食感で、ボリュームたっぷりでした。

DSCF6387 (480x360)
野菜の陰にすっかり隠れてしまっていますが、エビ、アサリ?、貝柱、タコ?などの海産物も結構入っていました。
ただ、食べた感じだと冷凍物のシーフードミックスという感じです。

DSCF6389 (480x360)
食べている途中からかなり苦しくなりましたが、なんとか中身は完食。
さすがにスープは飲み干せませんでした。
プラス50円でライスもつけられるようですが、そんな注文の人がいらっしゃったら、すごすぎる!と思っちゃうぐらいすごいボリュームでした。

DSCF7386_20131219081245188.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じでした。


これだけのボリュームで800円なので、CPはとってもいいと思います。
ランチで人が集まるのはこれが理由でしょうか。
オープン当初に来た時は、ボリュームは全く普通だったので、いつ頃からか方針転換したようです。

仕事が待っている上司は一足先に店を出ました。
3人で帰るとき、手の空いたシェフさんが笑いながら声をかけてくださいました。
フロア担当の女性店員さんも笑顔を見せながらの対応なので、中国系の方が運営している中華料理屋さんの中ではかなり優しい対応です。(スミマセン!)
開店当初は日本語もおぼつかなくてちょっとしたやりとりも大変そうだったし、店員さんとシェフさんのやりとりがとても大きな声だったので、中国語が店内をとびかっている感じだったので、同じお店とは思えないぐらいの変化でした。


ランチメニューです↓
DSCF6352 (480x360)

DSCF6353 (480x360)

DSCF6354 (480x360)

DSCF6355 (480x360)

DSCF6356 (480x360)

DSCF6357 (480x360)

DSCF6358 (480x360)


名刺です↓
DSCF7390_20131219081251951.jpg

DSCF7392_2013121908125369f.jpg


チラシです↓
DSCF6681 (480x360)

DSCF6682 (480x360)

DSCF6683 (480x360)

DSCF6684 (480x360)

DSCF6685 (480x360)


2014年6月6日訪問時お店DATA
******************************
佳陽 (かよう)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-2 グローリア初穂平野ビル地下1階
TEL  03-5211-8408
営業時間 
[昼]11:00~15:00 
[夜]17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 日曜日(予約のみ可)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分
地下鉄麹町駅から徒歩4分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/03 00:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
アジア料理屋「GARBA」  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
GW後半1日目。
私は軽井沢に向かうべく、午後から車で出発するのですが、渋滞がとっても心配。
今年は後半に集中しているから、半端ないだろうなぁと、今からややブルーです(笑)。

DSCF6334 (480x360)
2014年6月5日は、東京が梅雨入りし、激しく雨の降る一日でした。
上司は「松月庵」に出前をお願いしたので、私は外へお弁当を買いに出ました。
午後早くに予定があり、遠くへ行く時間が無かったので、千代田四番町ランチ屋台に行くことに。
私はこの日が水曜日だとすっかり勘違いしていて、「リトル・グランマ」を買うつもりだったのですが、屋台に到着すると、メニューが違う!
しばらく考えて、自分が曜日の勘違いをしていて、この日は木曜日だからアジア料理屋「GARBA(ガルバ)」でした(汗)。

DSCF7001.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

「ガルバ」さんの車はやや小さく、ちょっと緑ががって?落ち着いた白っぽい車で、絵柄や店名のロゴなどは全く入っていません。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

「ガルバ」は2011年3月17日からやって来ました。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2013年11月7日だったので、約7ヶ月ぶり、11回目です。

DSCF6317 (480x360)
久しぶりに来たら、お店の様子が結構変わっていました。
メニューの小さな看板も、サンプルを出している小さなテーブルも、とってもシンプルになりました。

メニューはガパオとカレーセットの2種類で、お値段は680円です。
カレーはグリーンカレー、レッドカレー、トマトチキンカレー、キノコとチキンのココナッツカレーの4種類から選べます。
カレーセットにもガパオと春雨がついています。

ガパオもカレーセットもお値段が同じですが、カレーセットだとカレーだけでなくガパオと春雨も食べられて断然お得なので、ガパオ単独で注文している人を見たことがありません。
私はブログにアップするために、2011年10月20日に食べてみましたが(笑)。

消費税増税のためでしょうか、650円から680円と、30円値上がりしていました。
大盛りは無料です。
カレーは4種類の中からチョイス出来ます。
辛さの目安が表記してあるので、とってもわかりやすいです。

DSCF6318 (480x360)
文字だけのメニュー表だけでなく、お弁当の見本が出ています。
メニューごとにシールの色が違うのが細かい配慮ですね~。

長らく千代田四番町ランチ屋台で唯一店主さんが一人で切り盛りしていましたが、前回から二人体制になっています。
ただ、前回は若い女性スタッフでしたが、今回は若い男性スタッフさんがお会計を担当していました。

DSCF7006.jpg
こちらは車の後ろ側なので、何もなくてとってもシンプル。

12時半頃に到着したところ、先客は4・5名ほどでした。

DSCF7009.jpg
混雑を少しでも緩和できるよう、比較的空いている時間をアナウンスしてくれています。
私もピークタイムをはずしたいですが、会社の都合でできないのが残念!

DSCF6321 (480x360)
「ガルバ」は美味しくてボリュームがあるので気に入っているお店なのですが、メニューが少なくてブログネタにならず、このところご無沙汰していました。
この日も限定メニューはなかったので大盛りにしようと思っていたのですが、シンプルになったメニューの看板には以前あった「大盛り無料」という言葉が見つからず。
店員さんに「大盛りはありますか?」と聞いたところ、「あります。」と言われたので、注文しました。
ちょっと驚かれていましたが(笑)。
消費税も上がったし、お値段上がってもしょうがないや、と思っていたのですが、料金は同じままでした。

DSCF6319 (480x360)
スプーンはもったいないのでいただかないようにしています。

カレーは既にパッキングしてあるので、比較的待ち時間が少ないです。

DSCF6322 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋です。

DSCF6325 (480x360)
ご飯とカレーは別々の容器になっています。

DSCF6329 (480x360)
ご飯の容器は紙パックです。

DSCF6330 (480x360)
少しサラダがはみ出ていました(笑)。

DSCF6327 (480x360)
カレーの容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。
ご飯とガパオはその場で盛りつけますが、カレーはあらかじめ準備してあったものを手渡されます。

DSCF8696_20131028080507fe7.jpg
こぼれ防止でしょうか、フタが2重になっていました。


グリーンカレー 大盛り  (650円)
DSCF6333 (480x360)
いただきま~す!

DSCF6334 (480x360)
縦置きと横置きと両方写真を撮ってみましたが、どっちが美味しそうに見えるかな?

DSCF6348 (480x360)
あまりに盛り盛りで、春雨がフタの裏側にくっついちゃっています(笑)。

DSCF6337 (480x360)
ご飯の上にキャベツ、挽肉、春雨サラダ、もやしのナムル、マカロニサラダがのせられています。
このおかずの組み合わせはいつも同じです。
並盛りですらたっぷりの具材で、ご飯はほとんど見えないので、大盛りならなおさら。
てんこ盛りになっているので、どこから食べていいのか、グリーンカレーをかけていいのか、困っちゃいます。

DSCF6342 (480x360)
ちょっと隠れちゃっていますが、千切りキャベツはたっぷり。

DSCF6338 (480x360)
春雨サラダにはほんの少しですが細く切ったニンジンが入っていました。
酸味がしっかりときいていて、さっぱり味です。

DSCF6341 (480x360)
もやしのナムルもさっぱりとした味付けです。

DSCF6339 (480x360)
マカロニサラダは太いものが2本あって、オーロラソース?がまぶしてありました。
こってり味です。
大盛りになっても、マカロニが2本なのはかわりません。

DSCF6343 (480x360)
ガパオの味付けをした挽肉です。
これだけ食べてみると、ちょっとさっぱり味でした。

DSCF6335 (480x360)
いつもどおり、カレーは容器のフチまで入っています。
と~ってもボリュームたっぷり。
具は沈んでしまっていて、全く見えません。

DSCF6345 (480x360)
カレーはあらかじめ準備してあるので、温度はやや低めなのが残念。
ただ、この日はまだ温かい状態でした。
辛さはピリ辛程度ですが、しっかりとココナツミルクの風味とコクがあって美味しいです。

実は少し前に先輩が「ガルバ」のお弁当を買ったのですが、コクが無くて美味しくなくなっていた、と言っていたのでちょっと心配だったのですが、この日は以前と変わらぬ美味しさでした。

自分がグリーンカレー好きというのもあって、4種類の中では一番好きな味です。
ちょっとカレーをチンして温めてから食べるともっと美味しくなるかな?

ただ、このところパンチのある辛さの「ペンシーズ」のカレーを食べているせいか、グリーンカレーの辛さがとても穏やかに感じるようになっちゃいました(汗)。

DSCF6347 (480x360)
ルーの中にはナス、鶏肉、ニンジン、大根、シメジなどなど、とっても具だくさん。
ナスはとろ~り柔らかです。

DSCF6349 (480x360)
まずはカレーをかけずにガパオとして少し食べて、その後カレーをかけて食べました。
ご飯のボリュームもしっかりあります。
いろいろな具材と一緒に食べるので味わいが複雑になって食べ飽きません。

そもそもガパオとしてそのままご飯が食べられるぐらいの味わいで、さらにココナツミルクの味がしっかりきいた、こってり味のカレーのルーが汁たっぷりとあるので、薄味好みの人には厳しいぐらいではないでしょうか。

DSCF6351 (480x360)
最初はご飯にスプーンでカレーをかけながら食べますが、最後は面倒になってしまい、残っているカレーをご飯の器の方にかけて食べちゃいます(笑)。
お行儀悪いですが、しっかり混ぜて食べるのと、とっても美味しいです。

DSCF6331 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


お腹が空いていたせいか、大盛りでもペロリと美味しく完食。
普通盛りでも千代田四番町ランチ屋台の中で一番ボリュームがあるお弁当をさらに大盛りにしたので、お腹いっぱいになりました。

曜日をすっかり勘違いして、スマホで既食メニューをチェックしなかったのですが、グリーンカレーの大盛りは食べていた、しかも前回だったことに気付いて、ガッカリ。
ま、でも美味しかったからよかったですが。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

◎定番メニュー
 ガパオ     (2011年10月20日
 グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日2012年11月29日2013年2月21日
 グリーンカレー 大盛り (2013年11月7日2014年6月5日
 レッドカレー  (2011年4月21日
 トマトチキンカレー (2011年6月30日
 キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日

◎本日のカレー
 カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」 
  佐賀県ご当地料理 元祖ポークシシリアンライス (2014年6月2日

月曜日 【撤退】ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
  ロシアン&ハワイアン<トマトソース> (2012年6月11日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  ハーブチキンフレンチライス (2012年1月23日
  ハーブチキンハワイアンライス (2012年2月13日

火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  オリジナルタコライス+スパム (2014年2月18日)  
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  ホットチリタコライス+アボガド (2014年6月3日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
  ベジタブルタコライス (2013年3月12日
  ハーフ&ハーフ<オリジナル・タイ風> (2013年1月8日2013年10月1日

水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日
  スンドゥブ風ソース (2013年2月6日
  赤カレーチキンソース (2014年4月30日

水曜日 名前のない屋台
  ボロネーゼライス (2014年5月7日

木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日2012年11月29日2013年2月21日
  グリーンカレー 大盛り (2013年11月7日2014年6月5日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
  カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日

金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  チャプチェ+温泉たまご (2014年4月4日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年6月5日訪問時お店DATA
******************************
[千代田四番町ランチ屋台]
アジア料理屋「GARBA」 (ガルバ) 
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 木曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/02 00:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる