焼麺 劔  @高田馬場
昨日はかなり気温が上がりましたが、今日からしばらくぐずついたお天気が続くようですね。
傘の持ち歩きが面倒な私は、天気予報とにらめっこしています(笑)。

本日は、マイブログ圏外の高田馬場にある「劔」のレポートです。

DSCF0273 (480x360)
2014年8月23日は、高田馬場にある行きつけの美容院に行きました。
この時いつも楽しみにしている都内有数の厳選地区でのラーメン店巡り。
ブログに紹介するのでなるべく有名店にしようと思っていましたが、老舗系はだいたい網羅したかな~と思い、この日は「焼麺 劔(つるぎ)」へいうお店に行くことにしました。

DSCF0262 (480x360)
JR・地下鉄高田馬場駅の早稲田口を出て、ロータリーを越えたら左折します。
最初の角を右折し、そのまま道なりでず~っと進み、5つほど通りを越えた左側に関ビルがあり、お店はその1階です。
ただ、この日は道路工事をしていて通れない場所があり、ちょっと遠回りしました。

12時半過ぎにお店に向かうと、雨がぱらつき始めました。
天気予報を全然見ていなかったので、ちょっとビックリ。
ただ、何とかやり過ごせるぐらいだったので、そのまま歩いていました。

高田馬場って結構歩き回ったつもりでしたが、この界隈はほぼ初めて。
意外とたくさん飲食店があってビックリしました。

DSCF0259 (480x360)
「剱」は、茹でた麺を鉄板で片面香ばしく焼き、丼に盛って豚骨ベジタブルポタージュスープを入れ、パリパリもちもちの新食感を楽しめるラーメン、「焼麺(やきめん)」をメインに提供するお店です。

DSCF0261 (480x360)
2011年1月21日にオープンして以降、そのオリジナリティの高さから、マスコミでもよく紹介されています。
お店の前に出ている看板にも、「Tokyo Walke」rや「週間大衆」の記事が出ていました。
定休日は日曜日です。
以前から行きたいお店だったのですが、高田馬場に来るのは日曜日のことも多かったので、ようやく念願叶っての訪問でした。

DSCF0294 (480x360)
入口すぐに右手に券売機があるので、食券を購入。
シンプルに焼麺でもよかったのですが、ラーメン本などではよく玉子がついていたので、目玉焼麺(840円)にしました。

DSCF0264 (480x360)
ランチタイム真っ盛りですが、先客ゼロ。
一人だったので、さすがにちょっと緊張しちゃいました(笑)。
後客は私と同じく、女性一人客がやって来ていました。

フロアはそれ程広くはなく、細長く奥に続いています。
左側が厨房で、その前にカウンター席があります。
内装は黒を基調としたオシャレな雰囲気です。
フロア担当の男性店員さんが一人、厨房にも男性店員さん一人のお二人で切り盛りしていました。

DSCF0293 (480x360)
イスの下には荷物置きのカゴが一つ一つ置いてあります。

DSCF0269 (480x360)
店員さんからどこでもどうぞ~と言われたので、カウンターの真ん中やや手前に着席。
卓上には水の入ったポット、割り箸、アルミポットなどがありました。

DSCF0270 (480x360)
アルミのポットの中身は紅ショウガでした。

DSCF0263 (480x360)
店員さんに食券を渡すと、お水をいただきました。
ラーメンの出来上がりをしばし待ちます。
食券を渡すときに、大盛りも無料と言われたので、お願いしちゃいました。

カウンターと厨房の間は仕切りがあって、あまり見えません。
お客さんがゆっくり出来るという配慮だとは思うのですが、中が見えないのはちょっと残念。

DSCF0267 (480x360)
食べ方について細かく指示が書いてあるので、お料理が出てくるまでのいい時間潰しになりました(笑)。

DSCF0271 (480x360)
お店の名刺です。

DSCF0272 (480x360)
最近は写真に撮ったら持ち帰らないようにしています。
家が名刺だらけになっちゃっているからです。

DSCF0265 (480x360)
すぐに小さなすり鉢が出てきました。
細かく砕いたお魚系の粉末です。

DSCF0266 (480x360)
すりこぎはついていないので、このまま投入するようです。


目玉焼麺 大盛り  (840円)
DSCF0273 (480x360)
しばし待って、ラーメンが登場!

DSCF0274 (480x360)
黒のベースに白いデザインの器には、スープがたっぷりと入っていて、ベーコン、玉子、メンマ、ネギがトッピングしてありました。
なんだか、とっても美味しそうなビジュアル!

DSCF0275 (480x360)
細長い白いレンゲが添えられていました。

DSCF0278 (480x360)
チャーシューはドンブリに縁から縁まで届くような、長いものが一枚。

DSCF0276 (480x360)
小ネギの小口切りがたっぷりで、彩りになっていました。

DSCF0277 (480x360)
目玉焼きは、白身の部分は火が通って固まっていますが、黄身の部分はそのままほぼ生です。
なので、色合いがとってもキレイ。
このトッピングは見た目にはマストだと思います。

DSCF0280 (480x360)
メンマは太く四角いものが、数本ありました。
シャキシャキとした食感で、下味はそれ程なかったです。
歯応えがある分、噛み切るのはちょっと難しいときもありました。

DSCF0279 (480x360)
食べ方指南に沿って、まずはスープを一口。
しかし、上澄みの油が浮かんでいるところを啜ってしまい、脂っこかったです(汗)。
他のお店でも良くやってしまいますが、スープの表面には油が浮かんでいることが多いので、しっかりかき混ぜないと!
改めてかき混ぜてから飲んでみたら、美味しかったです。
かなり濃厚で旨みたっぷり。

DSCF0281 (480x360)
いよいよ、麺を食べます。
麺はしっかりと焼き付けてあるので、塊みたいになっているので、ほぐすのが大変で、ほぐれない部分もあります。

DSCF0283 (480x360)
パリッと焼かれた麺は香ばしくてパリパリとした食感で、とっても美味しい。
ラーメンというか、スナックみたいです。
個人的にはかなりこの麺が気に入りました。
最初はかなりパリパリしていますが、だんだんとスープを吸ってしんなりするので、いろいろな食感を楽しむことが出来ます。

DSCF0285 (480x360)
チャーシューは大きなサイズのものが一枚。
こちらも焼いているのか、香ばしいです。
チャーシューというよりも、しっかり焼き付けたベーコンを食べているみたいでした。
表面がカリッとして、中は柔らか。
下味もついていて、美味しかったです。

DSCF0286 (480x360)
食べている途中、魚粉を投入。

DSCF0287 (480x360)
お魚の風味が少し加わりました。

DSCF0290 (480x360)
「食の心得」に記載がなかったので、目玉焼きはどの段階で崩すのかとても悩みました(笑)。
トロトロの黄身のおかげで、旨みが増します。
ただ、個人的には、ビジュアル的にはよかったですが、味わい的にはなくてもよかったかなと思いました。

DSCF0291 (480x360)
最後に、紅ショウガを投入。
ピリッと絡みがあって、味わいの変化を楽しめました。


麺を大盛りにして噛み締めて食べたのと、スープも全て飲み干したので、お腹いっぱいになりました。
焼き麺のパリパリ香ばしいスナックテイストは、予想以上に好みで満足。
スープも濃厚で、とっても美味しかったです。
この後美容院に行って、同じくラーオタの担当の方に話をしたら、その方も後日食べに行って気に入ったとのことでした(笑)。

DSCF0295 (480x360)
帰りがけ、川沿いを歩いていたら、2011年7月23日にランチ訪問した「べんてん」の跡地を通りました。
なんか、人が並んでいないと、別の場所みたい。
こんなにこぢんまりしていたなんて、ちょっとビックリで、とっても悲しかったです。



◇・◆・◇ これまで巡った高田馬場近辺のラーメン屋さんはこちらです↓ ◇・◆・◇

【閉店】さっぽろ 純連 東京店 (2010年2月13日
麺屋武蔵 鷹虎 (2010年8月14日
二代目海老そば けいすけ (2010年12月12日
俺の空 (2011年3月6日
【閉店】中華そば べんてん (2011年7月23日
渡なべ (2012年2月5日
【閉店】博多長浜らーめん ぼたん 高田馬場店 (2012年4月14日
蒙古タンメン中本 高田馬場店 (2012年6月24日
自家製麺 鶏そば 三歩一 (2012年11月25日
鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店 (2012年12月24日
天理スタミナラーメン 高田馬場店 (2013年10月20日
麺屋 宗 (2013年3月10日
野方ホープ 高田馬場店 (2014年3月8日
本格中華麺店 光麺 高田馬場店 (2013年9月8日
【移転】らーめん からしや (2014年2月2日
焼麺 劔 (2014年8月23日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年8月23日訪問時お店DATA
***************************
焼麺 劔 (つるぎ) 
〒169-0075 
東京都新宿区高田馬場2-6-10 関ビル1階 
TEL&FAX 03-3200-5911
営業時間 *スープなくなり次第終了
[昼] 11:00~15:00
[夜] 18::00~21:00(L.O.) 
定休日 日曜日 
JR・地下鉄高田馬場駅より徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/30 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国料理屋「本場ソウルの味 韓国家庭料理 DORAGON YATAI」  @市ヶ谷
今日は朝からとっても良いお天気です。
新しい一週間をスタートするにはピッタリかも。
6月も今週で終わり。
2015年も半分終わるのかと思うと、早いなぁとしみじみしちゃいます。

DSCF0252 (480x360)
2014年8月22日は週の最後の金曜日。
3週間近く夏休みを取っていた上司が先日の午後から久しぶりの出勤で、久しぶりの事務所でお昼ご飯を食べることになりました。
どうするんだろう?と興味津々に見守っていたところ、12時過ぎに「冷やし中華。」と声をかけられました。
予想通りで全く面白くなかったですが、やっぱり「松月庵」(笑)。
上司は出前の人とお金のやりとりをしないので、先輩が夏休み中の私はお弁当を買いに出ることが出来ず、Oさんに先に買いに行ってもらいました。
12時ちょっと過ぎという一番忙しい時間に注文したのに、15分位で届けていただき、とってもありがたいです。
「松月庵」の支払いを済ませ、私もお弁当を買いに出かけました。
この日は久しぶりに「千代田四番町ランチ屋台」へ。
金曜日だったので、韓国料理屋「本場ソウルの味 韓国家庭料理 DORAGON YATAI(ドラゴン屋台)」です。
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/29 05:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(4) |
博多満月 市ヶ谷店  @市ヶ谷
今日は真夏を思わせる、とっても暑いですが良いお天気ですね~。
洗濯機を何回も回し、布団も干して、がんばって家事をしています!
みなさまも、楽しい日曜日を☆

DSCF0192 (480x360)
2014年8月21日は、前日に引き続き、上司と先輩が夏休みだったので、Oさんと二人で外へランチを食べに出ました。
Oさんにどこに行きたいか聞いたところ、「行きたい新店はないんですか?」と逆に聞かれました。
私のブログを気遣ってくれたようです(汗)。
ちょうど前日までにいろいろ訪問してしまったと伝えると、テレビで見たというヴァイキングのお店に行きたいとのことだったので、どこのお店のことかわからないままついていったら、「博多満月(はかたまんげつ) 市ヶ谷店」でした。

DSCF0681.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの右側を麹町方面に進み、一つ道路を越えたところに東プレビルがあります。
このビルの中には、同じく2階に2009年4月27日に訪問した「中華の店 汁番新館」が入っています。

DSCF0680.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
日本テレビ通りにはランチメニューの看板が出ていました。
ただし、現在のランチは500円(税別)で1品料理を選んで、ご飯やお総菜などが食べ放題のシステムになっています。

DSCF0679.jpg
大きな外階段を使って2階に上がり、「汁番新館」の前を通ってビルの奥に向かいます。

博多満月」は、平成12年2月15日に設立された株式会社リロードエッジが展開する、博多のお料理を中心とした居酒屋チェーン店です。
ビール199円、焼鳥46円からと、デフレでも驚くような低価格を武器にいつ頃からか、たくさん店舗を見かけるようになりました。
東京を中心に18店舗あるようです。

市ヶ谷店は2010年8月にオープンし、2010年9月24日にランチ訪問したことがあります。
3年11ヶ月ぶりと、かなりのご無沙汰でした(笑)。

当時の記事をみると、焼鳥は80円なので、さらに半額近く安くなっていました。
199円のビールはサントリーのモルツだったのが、サッポロの黒ラベルに変わっています。

DSCF0678.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
古めかしくて細い通路を右に曲がって一番奥にお店の入口があります。
奥に見える階段はこのビルの裏口の外階段で、そちらからも入ることが出来ます。

DSCF0675.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
「博多満月」のロゴマークは深い紺色と鮮やかな黄色の組み合わせなので、とっても目立ちます。

実はこの日は日テレ通りからではなく、「瓢箪」のある裏の方から入店しました。
階段を登って2階に到着すると、そこはどう見ても「ルノワール」(汗)。
実は、日テレ通り側からだと2階のお店でも、裏から入ると坂になっているので、3階になります。

DSCF0184 (480x360)
フロアはそれ程広くはありません。
入るとすぐ左側がレジがあり、中央に厨房とカウンター、左にテーブル席、右に小上がりの座敷席になっています。

12時10分頃に入店すると、6割程の人の入り。
お値段がお安い割には結構空いているなぁと思ったのですが、単に到着が早かっただけのようで、その後ほぼ満席になりました。

女性店員さんに二人であることを告げると、小上がりの座敷に通されました。
前回来たときは窓側のテーブル席だったので、座敷席があることを全く知らず(笑)。
お座敷部屋には、4人用テーブルが二つつなげてあるのが、3列か4列あり、私たちは一番手前のテーブルに着席。
卓上にはメニュー、洗い箸、爪楊枝、各種調味料が置いてありました。

DSCF0185 (480x360)
こんなお願いが出ていました。
このお店の売りである46円焼鳥は、常に焼き立てを提供する関係上、一人一回3本までの注文とのこと。

DSCF0181 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF0182 (480x360)
食べ放題ランチは税込み500円と、驚くべきお安さです。
最近は中華料理屋さんでもこの値段は難しいのでは。
メインが7種類あるので、その中から一つチョイスします。

メインのほかには、お総菜が2種類、お新香、ご飯、お味噌汁、カレー、うどんが食べ放題です。
オプションとしてお総菜やソフトドリンクなど、50円から150円で追加することが出来ます。

DSCF0183 (480x360)
体重がやや高止まりだったので、最初はもつ煮込みにしようかな~と思ったのですが、店名を冠した赤だれ満月からあげが辛そうな感じがして気になったので、こちらを注文。同じく辛いもの好きのOさんもこちらをチョイス。
料金は前払い制です。
店員さんは注文を聞いてお金を受け取ると、すぐに厨房に戻ってしまいました。
システムに関する説明は一切無し(汗)。
もう一度やって来たところをつかまえて聞いたところ、メインは持ってくるので、それ以外のものはカウンターから自由にお取り下さい、とのこと。

DSCF0179 (480x360)
早速おかずを取りに行ったのですが、お総菜が置いてあるスペースは小さくて、しかも、ほぼ奥半分ぐらいに盛りつけるものが揃っているので、行列はなかなか動きません(汗)。

DSCF0178 (480x360)
お総菜を取るお皿には、食洗機の働きが不十分だったのか、水が底にかなり残っていて、ちょっとそのまま盛りつけるにはかなり抵抗があったので、申し訳ないのですが、お水を切ってから使わせてもらいました。

DSCF0186 (480x360)
うどんをとろうと思ったのですが、どこか見当たらず。
なので、お皿が一つ空のまま、いただきま~す!

DSCF0188 (480x360)
お新香は紫色の柴漬けです。

DSCF0189 (480x360)
この日のお総菜は、マカロニサラダと春雨サラダでした。

DSCF0191 (480x360)
マカロニサラダにはニンジンなども入っていました。

DSCF0190 (480x360)
春雨サラダは春雨のほか、ニンジン、黒キクラゲ、野菜?などが入っていました。
しっかり味で、ご飯が進みます。


満月からあげ  (500円)
DSCF0192 (480x360)
ここで、メインが登場!

バイキングなので、取り行ったり、見つからないものがあったりとバタバタしていたせいか、カレー単独の写真を撮り忘れ(汗)。
カレーはご飯少なめにしてルーをたっぷりかけました。
具はニンジンがほとんど。
かなりシャバシャバでとろみはあまりなく、辛さはほとんどなくて食べやすかったですが、かなりぬるかったので、ちょっと味わいがぼやけていました。
イマイチな味わいで、カレー好きの私はちょっぴり残念。

DSCF0193 (480x360)
から揚げは、白いちょっと深いサイズのお皿に盛ってありました。

DSCF0194 (480x360)
ややこぶりのものが4つか5つあり、彩りにほんの少しのパセリとくし切りのレモンが添えてあります。

DSCF0195 (480x360)
レモンは最初に全部搾ってからいただきました。

DSCF0196 (480x360)
揚げたて熱々で、猫舌の私は食べるのに注意が必要なほど。
衣は薄く、ちょっとクリスピーな食感が良かったです。
お肉そのものも柔らかでした。

DSCF0197 (480x360)
2回目にビュッフェ台に行った時に、うどんを発見!
ご飯などに使われる器が並んでいる奥にちょっと小さめの器が並んでいて、その中にうどんが入っていました。
見つけた!と嬉しくなり、同じくうどんを見つけられなかったOさんの分もゲット。

DSCF0199 (480x360)
ついでに、お味噌汁も取ってきました。
具はネギとワカメ。
これらはお味噌汁の具でも、うどんの具でもどちらでもいいのだと思います。
なので、両方にたっぷり入れちゃいました(笑)。

DSCF0202 (480x360)
うどんにはおろしショウガもたっぷり投入。
そのまま食べようとすると麺がちょっとくっついているので、よくほぐしてからいただきました。
うどんはきしめん風のちょっと平たい形です。
つゆは甘さがほとんどなくて、好みの味でした。

DSCF0203 (480x360)
私はあまりお冷やを飲まない人間なので、2度もビュッフェの所に行ったのに、水を持ってくるのをすっかり失念(笑)。
見かねたOさんが、食事がほぼ終えそうな状態の時に持って来てくれました。
ありがとうございます!


うどんをもう一杯おかわりしようかと思ったのですが、から揚げが意外とボリューミーだったので止めておきました。
Oさんは、折角ビュッフェスタイルのお店に来ているのに、ダイエット中ということで、一通り食べて終了。
何ともったいない!(笑)。

こんなお得なビュッフェスタイルなのは、思いつくのは2009年7月1日にランチ訪問した「さくら水産」ぐらいでしょうか。ずいぶん前だったので、今も同じ値段で提供しているかどうかわからないですが。
Oさんが「この値段ですごいですよね~。」と言っていましたが、ホント、その通りです。


夜のメニューです↓
DSCF0204 (480x360)

DSCF0205 (480x360)

DSCF0206 (480x360)

DSCF0207 (480x360)

DSCF0208 (480x360)

DSCF0209 (480x360)

DSCF0210 (480x360)

DSCF0211 (480x360)

DSCF0212 (480x360)

DSCF0213 (480x360)

DSCF0214 (480x360)

DSCF0215 (480x360)

DSCF0216 (480x360)

DSCF0217 (480x360)

DSCF0218 (480x360)

DSCF0219 (480x360)

DSCF0220 (480x360)

DSCF0221 (480x360)

DSCF0222 (480x360)

DSCF0223 (480x360)

DSCF0224 (480x360)

DSCF0226 (480x360)

DSCF0227 (480x360)

DSCF0228 (480x360)

DSCF0229 (480x360)

DSCF0231 (480x360)

DSCF0232 (480x360)

DSCF0233 (480x360)

DSCF0234 (480x360)

DSCF0236 (480x360)

DSCF0237 (480x360)

DSCF0238 (480x360)



2014年8月21日訪問時お店DATA
*****************************
博多満月 市ヶ谷店 (はかたまんげつ)
〒102-0076 
東京都千代田区五番町4-2 東プレビル2階
TEL&FAX 03-3263-2018
営業時間  
[昼] 11:30~14:30(L.O.14:00)  
[夜] 17:00~24:00
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/28 11:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
産直鮮魚と新鮮野菜 四ッ谷 魚一商店  @四谷
今日は折角の土曜日なのに、梅雨らしい雨がちなお天気になるとのこと。
朝からバタバタする予定ですが、無事記事がアップ出来てよかったです。

2014年8月14日は、2014年5月27日にランチ訪問した「唐辛麺 まっかっか」へ行ったのですが、2014年12月末に閉店したとのことなので、割愛させていただきます。 

DSCF0093 (480x360)
2014年8月18日は週の最初の月曜日。
上司は引き続き夏休みで、この一週間は先輩も夏休みでした。
お昼にOさんと外へランチに出て、何が食べたいかを聞いたところ、「魚が食べたい。」とのこと。
まだまだ、ダイエット中のようです(笑)。
一週間前に「坂本」に行ったので、この日は「産直鮮魚と新鮮野菜 四ッ谷 魚一商店(うおいちしょうてん)」へ行くことにしました。

DSCF9056_20130710062947.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りへ入り、2つ目ぐらいの左手にM&Mビルがあり、お店はその1階と2階です。

DSCF9057_20130710062950.jpg
「魚一商店」は、平成5年3月に設立された、千葉県柏市に本店のある株式会社洋伸が運営する産直鮮魚居酒屋で、千葉県と都内に7店舗を展開しているそうです。

四ッ谷店は2013年3月25日にオープンし、同年6月頃からランチ営業が始まりました。

DSCF9049_20130710063006.jpg
この場所には以前、老舗天ぷら店の「若水」があり、天ぷら好きの上司がたまに通っていましたが、店主さんの引退により、2012年11月末に閉店しました。

DSCF9051_20130710063011.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前にはとても大きなランチメニューの看板が2つ並んでいました。
写真がとても大きくて見やすくてわかりやすいです。
日替わりメニューは小さなホワイトボードに書かれていて、入店する前に内容がわかります。

DSCF9054_20130710062945.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
営業時間と席数はこちら。
座席については、1階と2階、種類なども詳しく書かれていました。
幹事さんにはありがたい?!

お盆ウイークは終わりましたが、街中はまだまだ人が戻りきっていませんでした。
でも、「魚一商店」は相変わらずの人気で、お店に到着したときは並びが3人。
待つかな?と心配になりましたが、店内をのぞいてみると、空いている席はあって、店員さんの作業が追いついていない感じだったので、そのまま待つことにしました。
前に来たときも思ったのですが、キャパが多いのか、店員さんの数が少ないのか、オペレーションがちょっと遅いときがあるようです。

DSCF9097_20130710062613.jpg
店内はシンプルですが明るい内装です。
1階には左手に厨房、その前にカウンター、右手にテーブル席があります。
こちらはカウンター席です。

DSCF2049 (480x360)
店内には大きな生簀がありました。

DSCF2050 (480x360)
イカが驚くので、生簀を叩いてはいけません!

前回ランチ訪問したのは2014年4月14日だったので、約4ヶ月ぶり、4回目です。

DSCF2048 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
2階はこんな感じです。
大きく仕切りが入っていて、テーブル席がたくさん並んでいます。
廊下から少し小上がりになっていますが、土足のまま入って大丈夫でした。
ただ、右奥の方には靴箱が置いてあったので、脱いで上がる席もあるようです。
通路や階段はかなり細いので、すれ違うのもちょっと大変です。

DSCF1979 (480x360)
壁には魚の写真がたくさん飾ってありました。

DSCF0089 (480x360)
それ程待たずに、入店できました。
二人だったので、入口すぐそばのカウンター席に並んで着席。
この後も並んでいる人がたくさんいたので、目が合っちゃいそうで、左側を見るのはちょっと辛かったです(笑)。

DSCF0090 (480x360)
カウンター席に座るのは初めて。
厨房の奥に焼き場があり、炎をあげながら焼き物をしているのが見えました。

DSCF0091 (480x360)
卓上にはメニュー、エコ箸、各種調味料、ソース、爪楊枝、紙ナプキン、自家製ふりかけなどが置いてあります。

DSCF1980 (480x360)
お醤油に店名が冠されています。
ちょっといいお醤油なのかな?

DSCF9094_20130710062646.jpg
自家製ふりかけもあります。

DSCF9095_20130710062649.jpg
いつもご飯少なめにしているので、結局まだ食べたことがありません。

DSCF1985 (480x360)
席によって、呼び出しボタンが置かれているところもあります。

DSCF0084 (480x360)
着席すると紙おしぼりとお茶をいただきます。

DSCF4520 (480x360)
お茶はとても背の高い大きなグラスにたっぷりと入っていました。
冷たい緑茶です。

DSCF1973 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。

ランチメニューは定番が11種類、日替わりが5種類、お値段が700円から1,200円とかなり幅広いです。
ご飯の量は小盛り(150g)、並盛り(250g)、大盛り(350g)の3段階から選べます。
ご飯と味噌汁はおかわり無料です。
プラス100円で味噌汁をあら汁に変更可能です。
ご飯のお供の単品が3種類ありました。
ランチビールもノンアルコールビールも飲むことが出来ます。

DSCF0082 (480x360)
この日の日替わりです。
7種類あり、834円から973円(税別)です。

メニューがたくさんあるので、どれにしようかとても悩みます。
以前食べたメニューをチェックし、本日の日替わりの中から外洋産マグロのカマヒレ焼きをご飯小盛りで注文。
こんなにたくさんメニューがあるのに、Oさんとかぶっちゃいました(笑)。

厨房の中の男性店員さんがオーダーを聞いてくれたのですが、その後お料理を待っているとき、フロア担当の女性店員さんが「注文は?」とダブって聞かれました。
担当エリアとかはっきり決まっていないのか、以前もこういうことがありました。

DSCF0083 (480x360)
二人とも、前回訪問した時のクーポン券を持っていたので、お会計の時に忘れないように、100円割引券を卓上に出しておきました。
クーポンのおかげで1,000円以下で食べることが出来たし、お会計の後にまたこのチケットをいただくことが出来たので、とてもありがたかったです。


本日の日替わり 外洋産マグロのカマヒレ焼き 小盛り  
(1,000円-クーポン100円=900円)
DSCF0093 (480x360)
こちらのお店は注文してからお料理が出てくるまで、結構時間がかかることが多いですが、この日は4・5分ぐらい待って、お料理が登場!
メニューによるのかな?

メイン、お刺身、小鉢、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。
黒い大きな長方形のお盆にのせられていました。
と~っても豪華!

DSCF0094 (480x360)
ご飯は白いお茶碗に盛られています。

DSCF0095 (480x360)
小盛りでお願いしましたが、普通に盛って後から取り除いたのでしょうか、ご飯粒が飛んでいました(笑)。

DSCF0099 (480x360)
お味噌汁です。
具はワカメと細切りのお揚げが入っていました。

DSCF4530 (480x360)
「魚一商店」のお味噌汁は独特のコクがあり、とっても美味しいです。
何の味わいだか、味音痴の私にはわからないのが、残念(汗)。

DSCF0106 (480x360)
お新香は白い小さな四角い器に入っています。
紫色の柴漬けは太めにカットされていて、ちょっと飛び出すぐらい、たっぷりありました。

DSCF0105 (480x360)
小鉢はお新香と同じサイズで色違いの器に入っていました。
白っぽいタケノコのようなもので、シャキシャキした食感です。
前回と同じ副菜でした。

DSCF0096 (480x360)
小さめの四角い黒いお皿に、お刺身3種類と玉子焼きがのせてありました。
ツマと大葉とワサビ、それに玉子焼きが添えられています。

DSCF0098 (480x360)
玉子焼きは小さなサイズのカットです。
少し甘めな味つけでした。

DSCF0097 (480x360)
手前の白いお刺身はイカでした。
最初何だかわからずに食べたら、歯応えが良くて美味しかったです。

お刺身は2種類は説明もなくてよくわかりませんが、どちらも柔らかくて甘みがあって、美味しかったです。

DSCF0100 (480x360)
メインのマグロのカマヒレ焼きは、黒い長方形の器に盛られていました。
かなりの大きさで、尻尾付き。

DSCF0102 (480x360)
たっぷりの大根おろしとレモンのくし切りが一つ、添えられています。

DSCF0108 (480x360)
大根おろしにあらかじめ醤油をかけてからいただきました。
レモンは最初に全体に搾ってからいただきます。

DSCF0103 (480x360)
食べる部分はたっぷりありました。
身が柔らかで、脂がよくのっています。

DSCF4546 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じです。


ご飯少なめにしたこともあり、全体のボリュームは普通です。
でも、メインだけでなく美味しいお刺身も食べられたので、満足感は高かったです。

近くの人がアジフライ定食を注文していたのですが、出てきた2つのアジフライは、お皿からはみ出そうなぐらいの巨大なサイズ。
メニュー写真よりも立派です。
次回はぜひ食べたいです!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

【定番】
鮪アゴ・カマ肉備長炭炭火焼定食 (2013年6月17日
沼津直送、特大真サバの開き備長炭炭火焼定食  (2013年8月16日
天然地魚 魚一丼 (2014年4月7日

【本日の日替わり】
外洋産マグロのカマヒレ焼き (2014年8月18日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニュー(本日の日替わり)です↓
DSCF0082 (480x360)

DSCF0080 (480x360)

DSCF0081 (480x360)


ランチメニュー(定番)です↓
DSCF4514 (480x360)

DSCF4515 (480x360)

DSCF4516 (480x360)

DSCF4517 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF9064_20130710062931.jpg

DSCF9065_20130710062859.jpg

DSCF9066_20130710062901.jpg

DSCF9067_20130710062903.jpg

DSCF9068_20130710062906.jpg

DSCF9069_20130710062909.jpg

DSCF9070_20130710062832.jpg

DSCF9071_20130710062834.jpg

DSCF9072_20130710062837.jpg

DSCF9073_20130710062839.jpg

DSCF9074.jpg

DSCF9075_20130710062807.jpg

DSCF9076_20130710062809.jpg

DSCF9077.jpg

DSCF9078_20130710062814.jpg

DSCF9079_20130710062817.jpg

DSCF9080_20130710062744.jpg

DSCF9081_20130710062746.jpg

DSCF9082_20130710062748.jpg

DSCF9083_20130710062751.jpg

DSCF9084_20130710062753.jpg

DSCF9085_20130710062721.jpg

DSCF9086_20130710062723.jpg

DSCF9087.jpg

DSCF9088.jpg

DSCF9092.jpg

DSCF9093.jpg

DSCF1984 (480x360)


2014年8月18日訪問時お店DATA
***********************************
産直鮮魚と新鮮野菜 四ッ谷 魚一商店 (うおいちしょうてん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 M&Mビル1階・2階 
TEL 03-5312-8255
定休日 なし
営業時間 
[平日] 11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~23:30(L.O.23:00) 
[土日祝] 17:00~23:30(L.O.23:00) 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/27 00:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
Ramen TOKI  @四谷三丁目
今週はそれ程忙しくなかったのに、あっという間に金曜日になりました。
週末は梅雨らしいお天気になりそうでちょっと残念ですが、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2015年2月27日にオープンした「トキ」のレポートです。

DSCF3663 (480x360)
2015年6月20日は2015年上半期最初の「妻家房」でのキムチ教室でした。
電車賃がもったいないので、いつもJR・地下鉄四ッ谷駅から地下鉄四谷三丁目駅まで歩いています。

DSCF3653 (480x360)
新宿通りを歩いていたら、2014年9月10日にランチ訪問した「中華居酒屋 聚べん」の跡地に「四川料理 香楽門」がオープンしていることに気付きました。

DSCF3654 (480x360)
まだ開店したばかりなのか、開店記念フェアとして生ビールを200円でいただけます。
この日はランチ営業をやっていませんでしたが、後日食べログをチェックしたところ、ランチ営業をしているようなので、近いうちに訪問してみたいです。

DSCF3678 (480x360)
教室が始まる前にいつもこの界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、このところ新店などがなかったのでラーメン以外のお店に行っていましたが、久しぶりに調べてみるといつの間にかラーメン屋さんがたくさんオープンしていたので、このうちの1つ「Ramen TOKI(とき)」に来てみました。

場所は四谷三丁目交差点に面した四谷三丁目駅1番出口の目の前です。
すっごく良い場所!
この場所は以前たこ焼きスタンドがあったところかな?

白を基調とした外観は、ラーメン屋さんにしてはとっても珍しいです。

DSCF3679 (480x360)
「TOKI」は2015年2月27日にオープンしたそうです。

私がよく見る「麺好い(めんこい)ブログ」の記事によれば、八丁堀に本店のある「博多流らぁめん 斗樹」のFC店だそうです。

DSCF3677 (480x360)
お店の前には小さな看板が出ていました。
「豚骨ラーメンのお店です」という説明書きが、イラストと相まって、何だかとってもカワイイ感じ。

DSCF3680 (480x360)
メニュー写真もとても大きくてキレイなので、すっごく美味しそう。

DSCF3655 (480x360)
入店してすぐの場所に券売機があるので、先に食券を購入します。
メニューの横に何が入っているか明記してあるので、とてもわかりやすいです。

午後1時に入店すると、ほぼ満席でした。
学生さんや近所の方らしい人など、客層は様々。
私の後にも続々入店してきました。

DSCF3661 (480x360)
フロアはそれ程広くはありません、
手前側にテーブル席、入って右奥に厨房があり、その周りにカウンター席があります。
窓側の席はガラス張りなので、外が直接見えるのがちょっと落ち着かないかも?!

外観同様、中も白っぽい色合いで統一されていて、新店ということもありとっても明るい雰囲気。
ラーメン屋さんというよりはカフェっぽいです。

DSCF3657 (480x360)
私の後から二人組が二組来店したので、店員さんに促され、カウンターの一番奥の席に通されました。

卓上には割り箸、紙ナプキン、各種調味料、爪楊枝などが置かれています。
写真に写っていませんが、お替わりのお水のポットもありました。

DSCF3660 (480x360)
イスはこんな感じで、とってもオシャレ。
こんなに背もたれ低くてどうかな~?と思いましたが、座り心地は悪くなかったです。

DSCF3658 (480x360)
カウンターの壁にはラーメンのこだわりについて書かれたものが貼ってありますが、いろいろ置かれていてよく見えません。
この写真は調味料などを引っぱり出して撮影しました(笑)。

「特製の圧力寸胴で仕上げた濃厚な臭みの全く無いスープ。
チャーシューは炙った豚バラチャーシューと低温調理で肉の旨みを最大限に引き出した豚肩ロースのチャーシューの2種。
麺は濃厚豚骨スープに負けない固い(?)小麦の粉を低加水率で練り上げた特注の中華麺を合わせました。
仕上げに香ばしく仕上げたネギ油をかけ、スープにアクセントをつけています。」

DSCF3659 (480x360)
店員さんからお水とおしぼりをいただき、食券を渡します。
とても明るく丁寧な接客で、イマドキのラーメン屋さんらしい対応でした。

DSCF3662 (480x360)
私の席の真ん前が麺の茹で場所になっていたので、調理の様子がよく見えて楽しいです。


らーめん  (680円)
DSCF3663 (480x360)
それ程待たずにラーメンが登場!
券売機によれば、炙り豚バラチャーシュー1枚、豚肩ロース1枚、黒バラ海苔、メンマが入っているとのこと。
ほかに、長ネギと小ネギが彩りにほんのちょこっと。

DSCF3664 (480x360)
白いレンゲが差し込まれていました。

DSCF3665 (480x360)
器はややほっそりとした丼で、6角形?の独特のデザインです。

DSCF3667 (480x360)
チャーシューは2枚、重ねてトッピングしてあります。

DSCF3666 (480x360)
「黒バラ海苔」という言葉の意味がわからなかったので後から調べてみたら、四角く成型する前の海苔の原草を乾燥させたものだそうです。

DSCF3668 (480x360)
メンマは極太のものが数本。
程よい食感で柔らく、メンマ大好きな私はすごく食感を楽しめました。
味付けは軽めです。

DSCF3671 (480x360)
説明書きにあるとおり、豚骨スープには臭みは全くなくて、とてもコクがあります。
特に後味がすごく滑らかで、舌や喉に余韻が残るので、ずっと飲み続けたくなっちゃいました。

DSCF3672 (480x360)
麺は中細のストレート麺。
ちょっとムチッとした食感がよかったです。

DSCF3673 (480x360)
こちらは豚肩ロース。
お肉はと~っても柔らか。

DSCF3674 (480x360)
こちらが炙り豚バラチャーシュー。
脂の旨みがたまりません。
チャーシューはどちらも味付けは薄めですが、お肉の味わいを感じられました。

DSCF3675 (480x360)
あらかじめ見つけていた辛味調味料。
豆板醤かな?
せっかくなので、入れてみました。

DSCF3676 (480x360)
実は、1杯目の辛味を入れてみたら、スープに沈んでしまったので、もう1杯入れてから写真を撮りました。
なので、かき混ぜてみたら、かなり辛くなっちゃいました(笑)。


全体のボリュームは普通です。
ベタな豚骨ラーメンを食べたのは久しぶりでしたが、滑らかな舌触りのスープはとっても美味しかったです。
駅チカの場所でチャーシュー2枚入っていて680円というのはCPがよかったと思います。


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のお店です↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日2014年6月21日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日
40  Ramen TOKI (2015年6月20日

◎ラーメン以外

 1  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 2  キッチン たか (2013年6月15日
 3  大阪鮨 四谷 八竹 (2014年7月5日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2015年6月20日訪問時お店DATA
****************************
Ramen TOKI  (とき)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3-9 
TEL 03-6457-7621
営業時間  11:00~4:00 
定休日 なし
地下鉄四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/26 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
【業態変更】 炭焼ステーキ くに 市ヶ谷店  @市ヶ谷/九段下
例年より少し遅れましたが、本日、ボーナスの支給日です。
世の中好景気で沸いているようですが、うちの事務所はボチボチというところ。
ともあれ、いただけるだけでもありがたいので、無駄遣いせずにちゃんと貯金しなければ。

本日は、2014年10月21日に閉店した「くに」のレポートですが、ずっと行きたかったお店だったことと、翌10月22日から「いきなり!ステーキ 市ヶ谷店」として業態変更して相変わらず基本的にはステーキのお店なので、記事をアップさせていただきました。

DSCF9765 (480x360)
2014年8月13日は、かねてより念願だった人気店の「炭焼ステーキ くに 市ヶ谷店」へ行ってみることにしました。
これまでに何度もチャレンジしていますが、事務所から遠いうえにいつも並びが出ていたため、もう何年も宿題店のまま。
お盆休みの今頃ならきっと食べられるのではと思い、同じく「くに」に興味のあった先輩と一緒に出かけました。
Oさんは前職時代に赤坂店で食べたことがあるとのことで、ダイエットしていることもあり、「スージーハウス」へ。

DSCF4434.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に進み、一口坂交差点の先にマールコート麹町という建物があります。

この建物にはたくさんの飲食店が入っています。
下のフロアには、2012年6月27日にランチ訪問した「なか卯」と2012年8月2日にランチ訪問した「福龍飯店」があり、
上のフロアには2012年8月20日にランチ訪問した「カルメン」とこの日訪問した「くに」があります。

DSCF4433_20130706093149.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
外階段を上って行きます。

DSCF9745 (480x360)
12時20分頃にお店に到着すると、同じことを考えている人がたくさんいたのか、それとも他のお店がお盆休みで集まってしまったのか、10人弱の行列が出来ていました(汗)。
いつもよりむしろ多いぐらいで、かなりガッカリ。
ただ、ちょうど私たちが到着したときに4人位ぞろぞろと入店したので、入れ替わりがあるかな、折角来たんだし~と思って並んでみました。

DSCF9744 (480x360)
テイクアウトメニューがあるのを初めて知りました。
最近、事務所に自転車を導入したので、ここまで買いに来られます。
ただ、お目当てのワイルドステーキはありません。
何でだろう?
先輩と話し合い、入店に時間がかかったら、お弁当をテイクアウトしようということにしました。

DSCF9748 (480x360)
「くに」は、株式会社ペッパーフードサービスが展開するステーキのチェーン店です。
市ヶ谷店をのぞき、東京都と埼玉県と宮城県に合計8店舗展開しています。
この会社は「ペッパーランチ」も運営し、また、ここ最近では「いきなり!ステーキ」の店舗が急激に増えています。
ペッパーランチのステーキはかなり厳しい味わいでしたが、価格帯的には「くに」の方が上なので、期待が高まります(笑)。

DSCF9747 (480x360)
こちらがランチメニューです。
見辛くてすみません(汗)。

9種類あり、お値段は税抜きで980円から2,480円です。
ランチは土日もやっていて、午後5時までいただくことができます。

DSCF9749 (480x360)
日替ランチも1種類あり、お値段は税抜き950円とお手頃でした。

DSCF9760 (480x360)
行列はなかなか進まず、結局私たちの番が来るのに20分以上かかりました。
先輩が店員さんにテイクアウトをお願いしたのですが、イートインにしてもテイクアウトにしても作る時間は変わらないし、「ワイルドステーキならメニューの中では比較的早く出ますよ。」という話だったので、結局店内で食べること。
この時点で12時45分でした(汗)。

DSCF9754 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、奥に厨房があり、真ん中に丸く囲むような形でカウンター席、その周りにテーブル席が並んでいます。

内装は、木目をたっぷりと使い、レトロな感じの落ち着いた雰囲気です。
写真はありませんが、店員さんはツバキが飛散防止のためか、口周りにプロテクター?のような装置をつけています。
こんな暑い中、マスクよりは楽だとは思いますが、大変~。

DSCF9759 (480x360)
カウンターの奥の上の部分には熟成庫があって、お肉の塊がたくさん並んでいました。
ちょっと遠い位置でよく見えなくて残念!

DSCF9753 (480x360)
私たちは左手前奥の二人用テーブル席に着席。
あまり広くはありません。

卓上には塩、コショウ、爪楊枝、紙ナプキン、メニューなどが置かれていました。
この席は窓ガラス越しなので、外で並んでいる人がいると食べているところが見えちゃいます(汗)。
その代わり、太陽光がたっぷり入るので、とっても明るいです。

DSCF9756 (480x360)
塩とコショウの容器がとても大きい!
量はあまり入っていませんでしたが(笑)。

DSCF9757 (480x360)
ステーキくに通信が置かれていたので、お料理が出てくるまで読んでいました。
ちょっとシワシワですが(笑)。

DSCF9758 (480x360)
これを見ると、ランチでもライスをガーリックライスに変更できるとのこと。
残念、これを知っていれば、絶対ガーリックライスにしたのに!

DSCF9761 (480x360)
この日はとても食べる余裕はありませんでしたが、デザートメニューも5種類ありました。

DSCF9762 (480x360)
お中元もあるとはビックリです。

DSCF9751 (480x360)
窓側とは逆側に置かれた小さな籐かごには、カトラリーセット、おしぼり、紙エプロンなどが入っています。

DSCF9752 (480x360)
中には入っていたお箸は、ぴたり箸という名前の洗い箸です。
使ってみると、磁石が入っているのか、勝手に2本のお箸がくっつきます。
こんなのがあるんですね~。
ただ、磁力が結構強いので、案外指に力がないと開くのにちょっと苦労します。
全体が引き合うんじゃなくて、お箸の先っぽだけもいいんじゃないのかな、と思いました。
レジで販売もしているそうです。

DSCF9750 (480x360)
メニューはワイルドステーキに決めていたのですぐに注文し、店員さんからお水をいただいてお料理の出来上がりを待ちました。
注文したのは二人とも、300gのジューシーカットのお肉がいただけるワイルドステーキです。
ライスかパンを選べるので、私はパンの方がカロリーが低いかなと思ってパンをチョイス。先輩はパンでは早く食べられないからとライスを選択していました。

DSCF9763 (480x360)
お料理は5分位で出てきました。
この時点で12時52分です。
先輩は猫舌の上、私の方が早食いなので、私が先に食べて事務所に帰ることにしました。


ワイルドステーキ ライスorパン付き (パンver.)  (1,100円税別)
DSCF9770 (480x360)
少し遅れてパンが登場。
いただきま~す!


ワイルドステーキ ライスorパン付き (ライスver.)  (1,100円税別)
DSCF9772 (480x360)
先輩のライスだとこんな感じでした。
ライスはそれ程多くありません。
少なめにしたのかどうか、ちょっと記憶が不確かです。

DSCF9771 (480x360)
ステーキソースは小さなポットで登場。
すごい! つけ麺屋さんの割りスープみたい(笑)。

DSCF9773 (480x360)
パンは結構な大きさのものが2つありました。
意外にボリューム感があってビックリ。

DSCF9775 (480x360)
添えられたバターナイフの上に四角くカットされたバターがのせてありました。

DSCF9774 (480x360)
パンは温めてあり、中はふんわりと柔らか。
ポール」みたいなバケットだったら皮がしっかりと固くて食べるのに時間がかかるかと思って心配していたのですが、皮も簡単にちぎれるほど柔らかで、時間がかからずに食べることが出来ました。

DSCF9764 (480x360)
鉄板にのせられたステーキはジュージューと音を立て、もうもうと煙が出ています。
と~ってもいい香り!

DSCF9765 (480x360)
さすが300gのお肉は大迫力です。

DSCF9767 (480x360)
ステーキに添えられているのはアルミホイルに入ったコーンです。
彩りにパセリが1本ありました。
お肉だけ食べ続ける時に単調にならないように、という配慮だと思いますが、鉄板にアルミホイルを1枚隔てているだけなので、猫舌の私には実はこれが一番熱くて食べ辛かったかも(汗)。

DSCF9768 (480x360)
お肉は表面はこんがりと焼かれていました。
あらかじめ、かなり太めで、細長くカットされています。
好みのサイズに切って、さらに熱の残っている鉄板につけて、好みの焼加減で食べました。

DSCF9766 (480x360)
中央に乗っているのは最初バターなのかな、と思ったのですが、バターらしい風味は感じませんでした。
油感はあったのですが、何だったんだろう?

DSCF9778 (480x360)
お肉の断面はまだまだ赤く、とっても美味しそう。
私はレアが好みなので、あまりこれ以上焼かずに、まずはそのまま食べてみました。
赤身のお肉ですが、予想よりは柔らかです。
下味はほとんどありませんでした。

DSCF9780 (480x360)
バター?のようなものを溶かして食べてみましたが、それでもあまり塩気は感じません。
なので、卓上にあった塩・コショウをふりかけて食べました。

DSCF9781 (480x360)
ポットに入っているステーキソースもかけてみました。
意外にあっさり味だったので、濃い味好きの私は結構たっぷり目にかけていただきました。
おろしニンニクをいただいたいたのですが、急いで食べるのに夢中ですっかり失念(汗)。
残念でした。
ニンニクが入れば、味わいが劇的に変わると思います。

お肉は筋もほとんどなくて、赤身は程よい歯応えでした。
急いで食べていたこともありますが、300gもペロリ。
猫舌で食べるのがゆっくりな先輩ですが、この日はかなりがんばって食べていて、食べ終わった時間にそれ程差はありませんでしたが、お会計をお願いして私は小走りで事務所に戻りました。
お腹いっぱいでかんかん照りの日だったの、かなり暑かったです(汗)。

DSCF9897 (480x360)
お会計の時、100円分のお食事券をいただきました。
ランチタイムも使えるのがありがたいです。

DSCF9898 (480x360)
裏には支店の記載がありました。

DSCF9899 (480x360)
この日のレシートです。
1,100円に消費税8%がついて一人1,188円のはずなのに、合計金額は2,370円で、一人1,185円でした。
1円単位は切り捨てということでしょうか。
ちょびっとお得なのはありがたかったです。


事務所に戻ったのは午後1時20分。
来客予定はなく、Oさんに電話を転送していたので助かりました。
「ステーキくに」でゆっくり美味しくランチをいただくには、土日の方が無難かもしれません。
でも、お肉を久しぶりにたっぷり食べられて、大満足でした。

なお、次の日にそれ程体重に反映されたなかったので、先輩に「さすが赤身ですね!」と話したら、先輩は体重がきっちり増えていたとのこと。
この差は何故なんだろう、、、、??!

その後、2014年10月21日に「くに」は閉店し、翌10月22日から「いきなり!ステーキ 市ヶ谷店」として新規オープンしました。


2014年8月13日訪問時お店DATA
*****************************
炭焼ステーキ くに 市ヶ谷店
〒102-0074
東京都千代田区九段南3-9-11 マールコート麹町1階
電話 03-3239-9229  
営業時間 11:00~23:30
定休日 なし 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/25 05:00】 | ステーキ | トラックバック(0) | コメント(2) |
イタリアンダイニング PETER’S  @市ヶ谷
昨日の雷雨はかなり激しかったですね~。
幸い、帰宅時間とは重ならなかったので、家の中で激しい雷や雨を怯えているだけで済みました(笑)。
心配なのでパソコンの電源を切っておいたのですが、スカパー!も途切れることなく、我が家は被害がなかったです。

DSCF9736 (480x360)
2014年8月12日は、前日に引き続き、上司が夏休みだったので、Oさんと先輩と私の三人で外へランチを食べに出ました。
この週はお盆ウイークということで、前日はいつもは行列が出来てなかなか入ることの出来ない「坂本」で食べることが出来たので、この日は「イタリアンダイニング PETER’S(ピータース)」へ行ってみることにしました。

DSCF3662 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進んで一つ目の東郷公園入口交差点を右折し、三つ目の角の二七通りに出たら左に曲がります。少し行った右手にあるアルテビル三番町の1階にお店があります。

DSCF8070_20120412081632.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
神楽坂で29年間営業していた「ピータースポテト」というお店が市ヶ谷に移転し、2012年3月5日に「イタリアンダイニング PETER’S(ピータース)」としてオープンし、同年5月14日から昼営業が始まりました。

同じビルの地下1階には「中華料理 開華亭」があり、2011年10月12日にランチ訪問しましたが、その後、遅くとも2012年11月頃には閉店したようです。

この場所には、2014年7月22日に「家庭料理 三番街」がオープンし、同年10月頃からランチ営業を始めたので2014年11月11日にランチ訪問しましたが、その後、2015年2月頃までにはランチ営業はやめたようです。

DSCF8069_20120412081631.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
フロアガイドには店名を小さいラベルで貼って直してあります。

この場所には以前「和処 加とう」というお店があり、2010年6月15日にランチ訪問しましたが、2012年1月27日に閉店したとのことです。

DSCF9743 (480x360)
二七通りにはランチメニューの看板が出ています。

前回ランチ訪問したのは2012年9月21日だったので、1年11ヶ月ぶり、3回目です。
消費税増税もあり、お値段は1,000円から1,080円に値上がりしていました。

DSCF8068.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店は1階ですが、ちょっと階段を登ったところに入口があります。

外からだとお店の雰囲気がほとんど見えないので、入るには少々勇気がいるかも。

DSCF5687_2013080908082993e.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口の左側にお店情報のアナウンスが出ていました。
ランチは平日のみで午前11時30分から午後2時までです。
ディナーは月曜日から土曜日の午後5時30分から午後11時30分までです。

DSCF9712 (480x360)
フロアはそれほど広くはなく、手前に4人用テーブルが2卓あって、ちょっとガラスの壁で囲って個室っぽく区切られています。
奥は右側が厨房で、左側に4人用テーブル2つ、2人用テーブル2つがありました。

お店は男性シェフと女性店員さんの二人で切り盛りしています。
女性店員さんは以前の方とは変わっていました。

DSCF9714 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
壁に掛かった黒板には「お得!女子会」というディナーコースの説明が書かれていました。
帰りがけ、店員さんからそのチラシもいただいちゃいました。

DSCF9719 (480x360)
これまでにOさんに紹介しようと2・3回チャレンジしたのですが、いつも満席で入ることが出来ませんでした。
3度目の正直、12時20分頃到着してみると、無事、入店!

この日は結局、満席にはなりませんでした。
お盆、恐るべし。

DSCF9711 (480x360)
私たちは奥の部屋の一番手前のテーブル席に着席。
テーブルにはインパクトのある濃い紺のテーブルクロスがかかっていて、紙ナプキンの上にフォークとスプーンがセットされています。

DSCF9715 (480x360)
おしぼりは以前はビニール袋に入ったものをいただきましたが、この日は手渡しでした。
なので、こちらの写真は使用済みのものです。

DSCF9713 (480x360)
お水は背の高いほっそりとしたグラスに入っていました。
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF5650_20130809081107cc8.jpg
メニューは卓上にはなく、部屋の一番奥に黒板が掲げてあるので、そちらを見て決めます。
この日は人がいて写真が撮れなかったので、こちらは以前撮影したものです。

DSCF9743 (480x360)
こちらは外に出ていたメニューです。
ランチは全部で5種類あり、サラダ・スープ・パンがついて、お値段は全て1,080円です。
メニューは週ごとに変わるそうです。
ソフトドリンクはプラス216円で、コーヒーと紅茶のホットとアイス、エスプレッソの5種類がありました。

久しぶりだったし、美味しそうなメニューが多くてかなり悩みましたが、ベーコンとかぶのクリームパスタをチョイス。
先輩とかぶっちゃいました(笑)。
Oさんはベーシックにナポリタンを注文。


サラダ
DSCF9720 (480x360)
まず、サラダが出てきました。
白い中ぐらいの平皿にたっぷりと盛られています。

DSCF9724 (480x360)
レタス、水菜、トマト、キュウリ、赤パプリカ、お豆、ハムなどなど、種類がとっても豊富。

DSCF9726 (480x360)
特に、大好きなお豆がたくさん入っているのは嬉しかったです。

DSCF9725 (480x360)
緑・赤・紫・黄色と、彩りもとっても鮮やかでした。

DSCF9722 (480x360)
ドレッシングもたっぷりかかっていますが、ハムの塩気もあるので、いろいろな味わいを楽しめます。

DSCF9728 (480x360)
しかも、上の方から食べ進めたら、中からポテトサラダが出てきました(笑)。
相変わらず、豪華でボリュームたっぷりのサラダです。


スープ&パン
DSCF9729 (480x360)
サラダを食べていると、スープが登場。
小さな白いカップは同じく白い小さな小皿にのせられ、バケットが添えられています。

DSCF9731 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
スープはコーヒーカップに入っています。

DSCF9742 (480x360)
スープはカレー粉?のようなスパイシーな香りがしました。
不思議に思って飲んでみると、ココナツミルクの風味がして、これはもしや、グリーンカレー?!
中には数種類の刻んだ野菜が入っていましたが、特に大きかったのがオクラでした。
ますます、グリーンカレーっぽかったです。

DSCF9732 (480x360)
小さなバケットにはベーコン2切れとチーズがたっぷりとのせてあります。
高カロリーで、間違いない美味しい組み合わせです。


ベーコンとかぶのクリームパスタ (1,080円)
DSCF9735 (480x360)
サラダもスープもボリュームたっぷりなので、食べ終えないうちにスパゲッティが登場!
大きめの丸くて白い平皿にスパゲッティが盛ってありました。

DSCF9736 (480x360)
かぶの入ったクリームスパゲッティなので、全体的に白っぽい彩りです。
粉チーズもかかっていました。

DSCF9737 (480x360)
ところどころにベーコンのピンク色が顔をのぞかせています。

DSCF9738 (480x360)
具として入っていたかぶは薄切りしてあり、浅く火が通してあるのでしゃくしゃくの食感で、とても甘みを感じました。

DSCF9740 (480x360)
スパゲッティはツルツルとしたのど越しです。
程よい塩加減で、とってもクリーミー。
麺のボリュームは普通です。


ボリュームたっぷりのサラダ、具沢山のスープ、どっしりした具をのせたバケット、クリーミーなパスタと、美味しいだけでなく、お腹いっぱいになりました。
お値段は1,000円超えですが、CPは抜群です。
三度目の正直で食べたOさんは、かなりドストライクな味わいだったらしく、この界隈のイタリアンとしては一番美味しかったと言っていました。
かえりがけ、店員さんから夜のメニューのチラシをいただきました。
パッと見たら女子会と書いてあったので、Oさんには不要では?と思ったら、1通だけ別の普通のコース料理の紹介でした(笑)。
ディナーも期待できそうです。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです↓ ◆◇◆◇◆

ボロネーゼ  (2012年8月1日
ナスとズッキーニのペペロンチーノ  (2012年9月21日
ベーコンとかぶのクリームパスタ (2014年8月12日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


名刺です↓
DSCF3805.jpg

DSCF3807_20120810180857.jpg


チラシです↓
DSCF3808_20120810180857.jpg

DSCF3809_20120810180857.jpg

DSCF3810_20120810180857.jpg

DSCF3811_20120810180856.jpg


2014年8月12日訪問時お店DATA
***********************************
イタリアンダイニング PETER’S (ピータース) 
〒102-0075
東京都千代田区三番町18-19 アルテビル三番町1階
TEL&FAX 03-3239-5513
営業時間 
[月~木] 11:30~14:00 17:30~24:00(チラシでは18:00~)
[金曜日] 11:30~14:00 17:30~2:00(チラシでは18:00~)
[土曜日] 17:30~24:00(チラシでは18:00~)
定休日 日曜日、祝日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/24 06:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(4) |
炭火魚、旬彩料理 坂本  @四谷
昨日の天気予報では今週は後半まで雨が降らないといっていたのに、今日になったら雷雨に注意とのこと(汗)。
会社からの帰宅時間あたりが酷くなりそうとのことだったので、みなさま、お気をつけ下さい☆

DSCF9704 (480x360)
2014年8月11日は週の最初の月曜日。
私は夏休み明けで6日ぶりの出勤でした。
上司が夏休みだったので、Oさんと先輩と一緒に三人で外へランチを食べに出ることに。
そろそろ夏休みのピークのようで、街を歩く人はかなり少なかったです。
Oさんがダイエットに取り組んでいて、さっぱり目のものが食べたいとのことだったので、いつもは人気店でなかなか入ることの出来ない「炭火魚、旬彩料理 坂本(さかもと)」へ行ってみました。

DSCF2902_20111207055200.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、最初の交差点を越えて少し行ったところにYOKビルがあり、お店はその1階にあります。
暖簾のないシンプルで落ち着いた色合いの外観なので、あまり目立ちません。

DSCF2901_20111207055200.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の公式HPによれば、「坂本」は、毎日店主さんが築地で仕入れたお魚の炭火焼きや、玄米で直接仕入れた新潟産コシヒカリをいただけるお店で、2011年9月29日にオープンしたとのことです。

写真を撮り忘れましたが、お店の前にランチメニューが出ています。

DSCF2884_20111207055006.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
店内はそれ程広くはありません。
左手に厨房があり、その前にカウンター、右手にテーブル席があり、奥にも半個室的なテーブル席がありました。カウンターは少し高めになっています。
ピントがボケボケでわかりにくいですが、お魚はあらかじめ火を通してあり、注文が来るまでスタンバってます。

DSCF2883_20111207055006.jpg
フロアの女性店員さんと厨房の男性店員さん数名で切り盛りしています。
こちらのお店の店員さんたちは、とても気持ちのいい接客です。
カウンターからは厨房がよく見えるので、お料理をする様子がわかってとても楽しいです。

DSCF9677 (480x360)
12時20分頃に到着したところ、目論見通りで、テーブル席が2つも空いていました。
いつも外待ちがたくさんいることを考えると、信じられません。

私たちは右手奥のテーブル席に着席。
写真を撮り忘れましたが、メニューのところに小さなウチワが可愛くはさんでありました。
ただ、これ、上手く差さないとウチワの重みでメニューが倒れちゃいます(汗)。
卓上にはメニュー、お醤油、爪楊枝がありました。

前回ランチ訪問したのは2013年3月19日だったので、約1年5ヶ月ぶり、4回目です。

DSCF9675 (480x360)
冷たいお茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF9679 (480x360)
単品メニューは5種類あり、お値段は900円か950円で、御飯・味噌汁・小鉢2品・香の物が付いています。
焼き魚、刺身セット(1,400円)というのもありました。
御飯と大根おろしはおかわり自由です。
プラス料金であら汁や生ビールを頼めます。
シャケとカツオに赤い丸印がついているのかは、一番のオススメだからでしょうか。

Oさんはカツオ刺身丼(950円)、先輩は銀ムツ香味焼きをご飯少なめでお願いしました。
このお店は焼き魚が基本なので、単品メニューとしてお刺身があるのは珍しい気がします。
ちょっと食べてみたかったかも。
私はスマホのこれまで食べたメニューをチェックして、シャケ味噌漬け焼きをご飯少なめで注文。
せっかくなので、あら汁もお願いしちゃいました。

DSCF9680 (480x360)
最初に大きな黒い長方形のお盆が出てきます。
あらかじめ、紙おしぼりとお箸がセットされていました。

DSCF4751 (478x359)
こちらも以前撮影した写真です。
紙おしぼりは白いビニール袋に入っています。

DSCF9687 (480x360)
続いて、大根おろし、小鉢2種類、お新香が出てきました。

お魚はあらかじめある程度火を通してあるようですが、注文が入ってからもう一度炭火にのせて焼くので、お料理が出てくるまで少し時間がかかります。

DSCF9698 (480x360)
続いて、御飯と味噌汁が続けて出てきました。

DSCF4767 (478x359)
こちらも以前撮影した写真です。
味噌汁はフタがついたお椀で登場。

実はこちら、普通のセットについているお味噌汁です。
私はそのまま器の写真を撮っていたのですが、Oさんが私があら汁を注文したことを覚えていてくれて、お店の人に言ってくれました。
すっかり忘れてしまっていたので(汗)、Oさん、感謝!!です。

DSCF9701 (480x360)
そして、お魚が出て来ました。


シャケ味噌漬け焼き(900円)御飯少なめ+あら汁(300円)=1,200円
DSCF9704 (480x360)
あら汁も登場し、いただきま~す!
こちらでお料理全部です。と~っても豪華☆
あまりにも品数が多くて、お盆にのせきれません(笑)。

DSCF9695 (480x360)
御飯は少なめをお願いしました。
底の広い黒いお茶碗のせいか、ご飯がとっても少なめに見えます(笑)。

DSCF9689 (480x360)
大根おろしは小さな器にてんこ盛りになっています。
これだけでもかなりの量ですが、さらにお替わり自由です。

DSCF9710 (480x360)
お醤油をたっぷりかけていただきました。
大根おろしだけでもご飯が進みますが、たっぷり楽しみたいときはご飯を普通盛りにした方がいいかも。

DSCF9690 (480x360)
香の物は青菜とタクアンの2種類ありました。
青菜はお手製でしょうか、とてもあっさりとしています。
タクアンはほんのり甘く、パリパリとした食感を楽しめました。

DSCF9691 (480x360)
1つめの小鉢は冷や奴でした。
薬味は小ネギとおろしショウガです。

DSCF4755 (478x359)
お醤油をたっぷりかけていただきました。
小鉢は冷や奴が出ることが多いようです。

DSCF9694 (480x360)
2つめの小鉢は切り干し大根でした。
ニンジン?などの野菜も入っていて、こちらにも小ネギの小口切りが彩りとしてのせてあります。
少し甘めで優しい味わいでした。

DSCF9709 (480x360)
あら汁は少し大きめの赤い塗りのお椀に入っています。
たくさんのあらが入っていて、彩りにとても細かい青いネギの小口切りがたっぷりと散らしてありました。
あっさり目のダシですが、お魚の旨みがとても感じられました。
あらもたくさん入っていて、しかも、部位が目の部分や骨周りや卵?っぽいものなど、種類も豊富。

DSCF9708 (480x360)
あら汁には、小骨などを出せるよう、小さなお皿が付いていきます。
お料理が遅く出てきた上に食べる量が多く、おまけに写真を撮ったりしていたので、他の二人に比べてかなり食べるのが遅れていたので中身の写真は取れず終い。残念でした。

DSCF9702 (480x360)
先輩が注文した銀ムツ香味焼きもなかなかの大きさでしたが、シャケ味噌漬け焼きはさらにでっかくて、先輩も驚いていました(笑)。
シャケはかなりの大きさで、味噌漬けだからでしょうか、皮は黒っぽくなるまでこんがりと焼いてあります。

DSCF9703 (480x360)
レモンのくし切りが添えられています。
あらかじめたっぷりと搾ってからいただきました。

シャケは味噌漬けは優しい味わいの下味で、やや淡いながらもそのまま食べても大丈夫です。
皮はパリッとした食感で、焦げ目のせいか、とても香ばしかったです。
身はぶ厚くてふんわり柔らか。
味噌漬けというと、ビシッと味のしみた濃い味わいのものをイメージしちゃうのですが、それに比べるととても上品な味付けです。
身が厚いので、たっぷりと食べられました。

大根おろしたっぷりのせて一緒に食べると、さっぱりするし、味わいも変えられて、とても美味しかったです。


銀ムツ香味焼き ご飯少なめ  (950円)
DSCF9700 (480x360)
先輩は、銀ムツ香味焼きを注文。
メインの魚とお味噌汁以外は全て同じです。

DSCF9699 (480x360)
魚はなかなかの大きさでした。
美味しくて気に入っているからと、ほぼいつもこのメニューを注文しています(笑)。

DSCF2881_20111207055007.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
伝票です。


久しぶりの「坂本」は、少しお高めになりましたが、とても美味しくてお腹いっぱいです。
シャケの味噌漬けは個人的に大ヒットでした。
お盆ウイークは出勤すると、人気飲食店が空いていていいですね~。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです↓◇・◆・◇・◆・◇

 銀ムツ香味焼き (2011年11月25日
 秋サバ塩焼き (2011年12月22日
 シャケ味噌漬け焼き (2014年8月11日
 焼き魚、刺身セット <銀ムツ香味焼き> (2013年3月19日)

 あら汁 (2011年11月25日2014年8月11日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF9679 (480x360)

DSCF9685 (480x360)

DSCF9686 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF9681 (480x360)

DSCF9682 (480x360)

DSCF9683 (480x360)

DSCF9684 (480x360)


2014年8月11日訪問時お店DATA
****************************
炭火魚、旬彩料理 坂本 (さかもと)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-23-9 YOKビル1階
電話 03-6380-4643
営業時間 
[昼]11:30~14:00
[夜]17:45~23:00 
定休日 日曜日
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/23 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
刀削麺 張家 麹町店  @麹町
昨日はパッとしないお天気の日曜日でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私はお料理教室に行った後に映画を見て、忙しいけれど充実した時間を過ごせました。
新しい一週間、がんばりま~す!

DSCF8991 (480x360)
2014年8月4日は週の最初の月曜日。
上司は夏休み、Oさんは外出中だったので、12時過ぎに先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
先輩から「どこか美味しいところはありませんか?」と聞かれ、とっさに思い出したのが美味しい刀削麺の「刀削麺 張家 麹町店」。
でも、約10日前に「銀香園」の刀削麺を食べたばかりだったので、「また刀削麺だし、あまりクーラーが効いていないんですが?」と聞いてみたら、先輩は「美味しいなら、オッケーです。」とのことで、行ってみることにしました。

新宿通りを歩いていると、2012年4月19日にランチ訪問した「京華楼」の前のお弁当販売に長蛇の列が出来ていました。
ワンコインの500円というお値段はかなり魅力的のようです。

DSCF8397_201310191526569af.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を麹町方面に進みます。
地下鉄麹町駅を超えて少し行ったところに麹町渡辺ビルがあり、お店はその1階と2階です。
ちなみに、2階があることを知ったのは記事を書いているときで、お店に訪問した時には2階があるとは全く気付きませんでした。

お店は角地にあって、中華なのにシックな黒い外観なので、結構目立っています。
ただ、ぱっと見だと中華とはわからないかも。

DSCF8395_20131019152654768.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の名前は「刀削麺 張家 麹町店」です。
「張家」はシルクロードの起点である西安料理のお店で、イスラム料理の影響を受け、独特な香辛料をふんだんに使っていることが特徴だそうです。
麹町店は2010年5月18日にオープンし、恵比寿・品川・代々木にも支店があるとのこと。

DSCF8393_20131019152649472.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前には小さな看板が出ていました。

前回ランチ訪問したのは2012年11月21日だったので、約1年8ヶ月ぶり、2回目です。

DSCF8394_20131019152651392.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の壁にはとても大きな写真とお料理の説明書きがあって、とてもわかりやすいです。

DSCF8399.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お弁当も販売していました。

DSCF8398_20131019152659042.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
全品500円で、お茶付きです。

お弁当販売のため、入口のドアは常に全開です。
このため、夏は暑く、冬は寒いです(笑)。

こちらのお弁当販売もかなり好調です。
女性店員さんが一人で販売を担当していますがフロアもかけもちなので、とっても忙しそう。
でも、中華料理屋さんにしては(失礼!)、愛想はよくて、笑顔も見せてくれます。
足りなくなっても、少し待てばその場で作ってもらえるようです。
出来たて熱々のお弁当は羨ましいな~。
注文やお弁当などで、店内には大声の中国語が飛び交います。
なんか、この感じが現地感があって、個人的にとっても気に入っています。

DSCF8381_201310191527456a2.jpg
フロアはそれ程広くありません。
奥に厨房があり、その周りにカウンター席があります。
2階と3階にも席がありました。

DSCF8380_201310191528293c7.jpg
12時15分頃にお店に到着。
お店の前で販売しているお弁当に数人が並んでいたので、一瞬、店舗に並んでいる人かと勘違いしましたが、店内は9割程の人の入りでした。

DSCF8379_20131019152826fac.jpg
店員さんが刀削麺を削って茹でているところです。
麺のかたまり?をのせた大きな板の片方を胸にかけて左手で押さえ、右手に持ったナイフで次々とそぎ落としていきます。
ちょっと遠くから眺めていると、バイオリンを弾いているように見えます(笑)。

DSCF8984 (480x360)
私たちは左手前のカウンターに並んで着席。
卓上にはメニュー、割り箸、コップ、レモンを浮かべたお水の入ったポット、ティッシュなどが置かれています。
写真にはありませんが、ティッシュもありました。
お水はセルフサービスです。

空調があまり利いていないどころか、お弁当販売で入口は全開なので、効いているのかもしれませんが、直射日光が当たらないだけまし、ぐらいな感じでした。
これから辛いメニューを食べるにはかなり覚悟がいります(笑)。

DSCF8985 (480x360)
カウンターの壁にはディナーのおすすめメニューが出ています。
ちょっと変わったメニューが多くて、美味しそう。

DSCF8987 (480x360)
カウンターの下には大きな荷物を入れるカゴがありました。

ところで、私の隣は一人分の席が空いていました。
お弁当を買ったおじさんが「ここで食べていい?」と店員さんに尋ね、「空いているからいいですよ。」と許可をもらって着席して食べていました。
うーん、優しい対応だなぁ。

DSCF8983 (480x360)
おしぼりをいただいて、何を食べようか、メニューをチェック。

DSCF8978 (480x360)
ランチメニューです。
刀削麺が7種類とご飯系が6種類ありました。
お値段は700円から880円です。
定食は、スープ・ライス・漬物付きで、ライスのおかわりは自由です。

DSCF8986 (480x360)
期間限定の冷やし刀削麺もありました。

DSCF8990 (480x360)
伝票です。

先輩は坦々刀削麺を注文。
私はこの日は刀削麺を諦め、前の訪問の時にも気になっていた麻婆豆腐をご飯少なめでおねがいしました。


坦々刀削麺  (700円)
DSCF8988 (480x360)
しばし待って、先輩の坦々刀削麺が先に登場!
白い器はややこぶりなものの、縁ギリギリまでたっぷりと盛られていて、刀削麺は飛び出しています(笑)。
挽肉、香菜、チンゲンサイなどのトッピングがあり、すごいボリュームであることが一目でわかります。
麺メニュー単独でお腹がパンパンになるし、これで700円とは、とってもCPがいいと思います。

結局、先に麻婆豆腐を食べ終えていた私が参戦して、たくさんおすそ分けをいただいちゃいました。
モチモチとした麺がとっても美味しかったです。

DSCF8989 (480x360)
メニューの説明では、白ゴマをベースに唐辛子、山椒などとじっくり煮込んだタレを使ったスープが、モチモチの刀削麺との相性抜群!、とのこと。
一口いただきましたが、ゴマの風味がビシッと利いていて、後からじんわりと辛さが来ます。
猫舌で熱いお料理をすぐに食べられない先輩は、食べても食べても麺が減らず、むしろ、のびて増えるぐらい?!(笑)。


麻婆豆腐 ご飯少なめ  (880円)
DSCF8991 (480x360)
続いて、私の注文が登場。
メイン、スープ、副菜、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF8996 (480x360)
ご飯は小さめの器にこんもりと盛られていました。
これで少なめになっているのかな?(汗)。
初めての注文だし、他の人と比べなかったので、これが少なめになっているかどうかはわかりません。

DSCF8997 (480x360)
スープは白い小さめの器に入っています。
ニンジンや黒キクラゲ?や卵などが入っていました。

DSCF9004 (480x360)
優しい味わいで、辛いメニューを食べ続けているときに、いい口直しになりました。

DSCF8998 (480x360)
副菜は春雨サラダです。
青いラインの入った白くて平たい小皿に盛ってありました。
春雨のほか、キュウリやニンジンなども入っています。
酸味はあまり感じず、塩気もあまりなくてかなり淡泊な味わいでした。

DSCF8993 (480x360)
麻婆豆腐は小ぶりの土鍋に入って登場。

DSCF8992 (480x360)
白いレンゲが差し込んでありました。

DSCF8994 (480x360)
赤茶色の麻婆豆腐はところどころに豆腐が見えて、ネギがたっぷりトッピングしてあります。
薬味の長ネギはかなりアバウトに切ってあります(笑)。

DSCF8995 (480x360)
山椒はどさっとかけてありました。
すっごくいい香りがします。

DSCF9002 (480x360)
まずはそのまま一口。
ビシッとした辛さとピリピリした山椒のしびれがあって、美味しい!
まさに期待通りの味わいでした。
豆腐がかなりたくさん入っているので、かなりのボリューム感があります。

DSCF9003 (480x360)
しっかり味なので、ご飯にもぴったり。
さっそくのっけて、ドンブリっぽくして食べました。
薄味好みの人にはむしろご飯がないと辛いかもしれません。
食べ始めるとすぐに身体の内側から熱くなってきて、クーラーもほとんど効いていなかったので、すごく汗をかきました。

DSCF9005 (480x360)
先輩が食べきれないからと、刀削麺のおすそ分けをいただき、お腹がパンパン。

DSCF9007 (480x360)
新宿通りにある子供の像がコスプレされていました。
たすきには「打ち水大会」と書かれています。


辛さも山椒もバッチリ利いている麻婆豆腐ってなかなか食べられないので、大満足でした。
他にも食べてみたい刀削麺も種類もたくさんあるし、またぜひ再訪したいです。
辛い物が大好きのOさんにも教えてあげないと!

私だけでなく、先輩も大汗をかいていました(笑)。
でも、刀削麺がとっても気に入ってもらえたようで嬉しかったです。
「銀香園」といい、「張家」といい、美味しい刀削麺が食べられるお店を見つけて嬉しいです。


ランチメニューです↓
DSCF8978 (480x360)

DSCF8979 (480x360)

DSCF8980 (480x360)

DSCF8981 (480x360)

DSCF8982 (480x360)

DSCF8975 (480x360)

DSCF8976 (480x360)

DSCF8977 (480x360)



2014年8月4日訪問時お店DATA
****************************
刀削麺 張家 麹町店 (ちょうや)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町3-1-13 麹町渡辺ビル1・2階
TEL 03-6272-9544
FAX 03-6272-9546
営業時間 
[平日] 11:30~16:00(L.O.15:45) 17:00~23:00(L.O.22:30) 
[土曜] 11:30~16:00(L.O.15:45) 17:00~22:30(L.O.22:00)
定休日 日祝
地下鉄有楽町線麹町駅1番出口から徒歩3分
地下鉄半蔵門線半蔵門駅 番出口から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/22 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(6) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨日も今日もお出かけ続きです。
お買い物もしたいのですが、時間があるかどうか。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

DSCF8961 (480x360)
2014年8月1日は、週の最後の金曜日。
この日は上司がお昼を仕事の行きがてらに外で食べるというのにぐずぐずと事務所に残っていて、ようやくいなくなったのは午後1時過ぎ(汗)。
これから外へ食べに出る訳にもいかず、お弁当を買うことにしました。
4日前のこの週の月曜日に「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」のスパゲッティを食べたばかりでしたが、先輩がこの日も買うというので、一緒にお相伴しちゃいました。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF7927 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
前回お弁当を購入したのは2014年7月28日だったので、わずか4日ぶり、44回目です。

DSCF7928 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日2014年5月2日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF6791 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF7246 (480x360)
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと36周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

DSCF6790 (480x360)
夏の時期は季節メニューとして冷製パスタが登場します。

DSCF5013 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
逆サイドはガラス張りになっていて本来なら店内が見えるはずですが、所狭しとたくさんのメニューなどが貼ってあって、ほとんど見えません。
こちらにも冷製パスタが始まったことが貼り出されてありました。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

こちらも以前撮影した写真です。
壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

先にお店に電話を入れて注文したところ、15分後に出来上がるとのことで、先輩がすぐに出かけて取りに行ってくれました。
ありがとうございます!

DSCF8942 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF8943 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

DSCF8945 (480x360)
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

DSCF8946 (480x360)
ちょっと別の種類を食べようと思い、この日は二人とも冷製パスタにしました。
先輩はスモークサーモンとアボガド。

DSCF8947 (480x360)
私は海老とアボガドです。

DSCF8950 (480x360)
冷製パスタはカッペリーニで、どちらもフレッシュトマトが添えられています。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。

DSCF6799 (480x360)
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

先輩がお店に到着したときには既に持ち帰りの準備が出来上がっていたとのことで、断るタイミングもなく、フォークも一緒にいただいちゃったとのこと。

DSCF4557 (480x360)
チョイスするメニューによっては、こんなナイフが付いていることもあります。

DSCF8953 (480x360)
いただきま~す!
何だか、写真が白っぽかったり、黄色っぽかったりして、どうも撮るのが難しい(汗)。


冷製 スモークサーモンとアボガド入り フレッシュトマト添え  (900円)
DSCF8955 (480x360)
こちらは先輩が注文したスモークサーモンとアボガド。
アボガドの緑とスモークサーモンのオレンジのコントラストがとってもキレイ。
スモークサーモンは大きな切り身のまま入っていました。


冷製 エビのマリネとアボガド入り フレッシュトマト添え  (900円)
DSCF8961 (480x360)
フタをオープン!
大きくて深さのある容器の8割ぐらいまでたっぷりと入っていて、いつもながらすごいボリューム。
麺の上にアボガドと海老を散らしてあります。

DSCF8965 (480x360)
中央には紫タマネギのスライスとバジル?がひとかけら、トッピングしてありました。
いつもはドライハーブなので、生とは珍しい。
冷製だから?

DSCF8962 (480x360)
海老は茹でてあるのにかなりな大きさで、色鮮やか。
数もかなりたくさん入っています。
食べてみると、プリプリの食感でした。

DSCF8967 (480x360)
アボガドは大きめの一口大にカットしてあり、こちらも量がたっぷり。

全体にドレッシングのようなタレ?がかかっています。

DSCF8968 (480x360)
季節メニューの冷製パスタはカッペリーニなので細麺です。
ボリュームはいつもどおり、もちろんたっぷり。
オイルを纏っていて、ピカピカと光っていました。
前回食べたサルシッチのようにパサつきはなかったものの、いつもしっかり味の「タベルナ」にしては、塩味が薄め。
先輩の方も薄めではあったそうですが、たっぷり入っていたスモークサーモンの塩気で充分食べられたとのことですが、私の方は具材もそれ程強い味わいではないので、ちょっと物足りないぐらいでした。

DSCF8809 (480x360)
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。

DSCF8972 (480x360)
味の物足りなさに、早々にタバスコをたっぷりかけちゃいました。
でも、かけてみて思ったのですが、辛さや酸味ではやはり塩気の全てはカバーできません(汗)。

DSCF8973 (480x360)
食べている時に麺とタレをしっかりと絡めていたつもりですが、食べ終えると、オイルやタレが結構残っちゃっていました。

DSCF8816 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じです。


全体のボリュームは多めです。
塩気が足りなかったのは味付けとしては残念でしたが、海老もアボガドも大好きなので、両方食べられたのは嬉しかったです。

ちなみにこちらのメニューは、「冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え」という名前で2011年8月11日に食べていました(汗)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲティー
  バジリコ (2014年3月19日
  サルシッチ  (2014年7月28日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  アラビアータ  (2014年6月17日
  トンノ  (2010年8月13日
  ペスカトーレ (2013年9月25日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  タラモ (2013年1月31日
  サンジャック ビアンコ (2013年8月20日
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  カニのクリームスパゲッティ (2014年4月8日

◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  ポロ (2014年2月20日
  サンジャック クレーマ (2014年4月21日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  フンギ (2013年7月4日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日

◎ご飯系
  牛肉の薄切りステーキ (2013年11月20日
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日

◎季節メニュー
  あん肝とエリンギのスパゲティー (2014年1月29日
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 エビのマリネとアボガド入りフレッシュトマト添え  (2014年8月1日
  冷製 スモークサーモンとアボガド入り~フレッシュトマト添え (2014年5月1日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
  Hotaruikaいっぱいのスパゲティー (2014年4月15日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF5032 (480x360)

DSCF5033 (480x360)

DSCF5034 (480x360)

DSCF5035 (480x360)

DSCF5028 (480x360)

DSCF5029 (480x360)

DSCF5030 (480x360)

DSCF5031 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2014年8月1日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/21 00:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
THAI RESTAURANT JASMINE THAI 四谷店  @四谷
昨日は梅雨らしく、一日中しとしとと雨の降り続く日でした。
ようやく、梅雨らしくなったということでしょうか。
肌寒かった昨日とは違い、今日は気温が上がりそうです!

DSCF8916 (480x360)
2014年7月31日は、前日に引き続き上司が夏休みだったので、Oさんと先輩と外へランチを食べに出ました。
Oさんの行ったことのないお店で美味しいところ、、、と考えていたら、「アントニオ」のことを思い出しました。ちょうどこの時期上司がディナー訪問して美味しかったという話を聞いていたOさんも喜んで賛成してくれ、早速行ってみたのですが、満席(泣)。
多分15分以上待つとのことで、諦めました。
あまり時間がなかったので、アトレ四谷からそれ程離れていなくて面白いところということで、「THAI RESTAURANT JASMINE THAI(ジャスミンタイ) 四谷店」を思いつき、Oさんも未訪問だったので行ってみることに。

DSCF8941 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に向かって進み、2つめの角を左に曲がります。

前回ランチ訪問したのが2009年5月25日だったので、約4年2ヶ月ぶりと、本当にご無沙汰でした。
なので、以前あったテラスがなくなっていて、とってもビックリ!

看板

こちらは以前撮影した写真です。
静かな路地の奥の方に、オシャレな佇まいのお店があります。
この界隈では有名な鯛焼き屋さんの「ふたば」の斜め前です。

「ジャスミンタイ」は、平成16年に設立した株式会社ASMINE THAIが運営するタイレストランで、タイ人シェフによる、タイの食材・味付けで、本場のタイ料理をいただくことが出来ます。
本店が六本木で、四谷店のほか都内に5店舗展開しています。

2008_1028画像0041
こちらも以前撮影した写真です。
入口近くに、水をたたえた大きな鉢が置いてあり、カラフルな造花の蓮の花がたくさん浮かべられていて、とても色鮮やかです。

店内1

こちらも以前撮影した写真です。
フロアは入って左側にテーブル席が3つあるちょっとした個室があり、右側はかなり広いスペースでテーブル席がたくさん並んでいます。

女性店員さんは、色鮮やかでステキな民族衣装に身を包んでいます。

店内2

こちらも以前撮影した写真です。
レジと厨房の間にある壁に掲げられている肖像はタイの高僧の方だそうです。

店内の至る所にオシャレな小物が飾られていて、とても凝っています。
内装品のほとんどはタイから直接取り寄せているとのことです。

DSCF8882 (480x360)
壁に生樽のシンハーのポスターを発見。
シンハーの生ビールなんて、初めて見ました。
いつも小瓶ばかりで物足りなく思っていたので、ラージサイズを飲んでみたい~。

DSCF8883 (480x360)
「ジャスミンタイ」も結構満席のことがあるので心配していたのですが、12時20分頃に入店すると、8割程の人の入りでした。
フロアのすぐ右手にある4人席に着席。

大きなテーブルの中央はくりぬいて飾りが置かれ、ガラスがはめ込んであります。
アジア料理屋さんは比較的庶民派のお店が多いですが、「ジャスミンタイ」はかなり高級感があります。

DSCF8910 (480x360)
お水を入れたスレンダーなグラスには、シンハーのロゴが入っています。

DSCF8886 (480x360)
こちらのお店は曜日によって食べられるメニューが限定されていて、やや甘めな味付けだったこともあって、しばらく足が遠のいていました。
そのシステムは健在で、日替わりランチメニューは5種類あり、1,026円です。
ちょっぴり贅沢ランチメニューが2種類あり、お値段は1,296円です。

DSCF8903 (480x360)
ところが、新しいメニューも増えていました。
ジャスミンコンボという、タイ料理を代表する5品がワンプレートで食べることが出来て、お値段は2,484円。
食べたい気持ちはやまやまでしたが、これはお値段的にもウイークデーに時間制限がある中で食べるのではなく、週末のブランチにでも食べたいです。
もう一つ、選べるジャスミンセットというシリーズがあり、6種類あり、お値段は1,620円です。

DSCF8908 (480x360)
この中で、海老の辛い太麺焼きというお料理が食べたことがないし、辛そうだったので、ジャスミンセットFを注文しました。
嗜好の似ているOさんも同じものを、先輩はジャスミンセットCをチョイス。


ジャスミンセットF (1,620円)
DSCF8916 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
メイン2種類、生春巻、スープ、ご飯、デザートのセットです。
大きな黒い長方形のお盆にのせられていました。
すごいボリュームです。
メニューに書かれたお料理の他に、具沢山でたっぷりめのスープがついていました。
先輩が、「メニュー写真より豪華なお料理が出てくるって、そんなにないですよね。」と思わず呟くほど(笑)。
どれから食べていいか、とっても迷います。

DSCF8911 (480x360)
お箸は割り箸で、箸袋にはお店の名前をロゴが印刷されています。

DSCF8924 (480x360)
メニューに記載のなかったスープは、副菜の1つと言っていいぐらい、具沢山。

DSCF8933 (480x360)
白菜、ニンジン、卵?・お肉・パクチーなどが入っていて、あっさり目の味わいでした。

DSCF8934 (480x360)
辛いお料理を食べたときの口休めにはもってこいです。

DSCF8927 (480x360)
生春巻は、小さな白くて丸い平皿に盛られていました。

DSCF8929 (480x360)
キャベツ・紫キャベツ・ニンジンの千切りなど、生野菜サラダも添えられています。

DSCF8928 (480x360)
かなり厚めに切ったものが2つあり、刻みナッツとソースがかかっていました。

DSCF8918 (480x360)
メインの一つは鶏肉のバジル炒めライス。
いわゆるガパオですね。
個性的なデザインの白い器にご飯と一緒に盛りつけてあります。

DSCF8920 (480x360)
お米はもちろん、細長いタイ米です。
このお店ではボリューム系のイメージは全くなかったので、ご飯を少なめに頼むことは全く思いつかなかったのですが、結果的には減らした方が良かったです(笑)。

DSCF8919 (480x360)
ガパオはひき肉がたっぷりで、赤パプリカなど野菜もいろいろ入っていました。
ペンシーズ」の味に比べると、辛さは控えめですが、しっかり味です。

DSCF8917 (480x360)
こちらは海老の辛い太麺焼きです。
タイ料理はそこそこ食べていますが、こんな太い麺のお料理は初めて。
こんな幅広の麺は日本でも滅多に見ません。

DSCF8921 (480x360)
具材もかなりたくさんの種類が入っていて、青菜、ニンジン、タマネギ、海老などなど。
生のプチトマトが入っているのがとっても面白かったです。

DSCF8922 (480x360)
このお料理は「辛い」と書かれているだけあって、かなりしっかりと辛さがあり、トマトの甘さや酸味などで少し緩和するという感じでした。


ジャスミンセットC  (1,620円)
DSCF8930 (480x360)
こちらはタイ焼きそば、グリーンカレー、ライス、生春巻、タピオカのセットです。

DSCF8931 (480x360)
あまりのボリュームに、先輩もビックリ。

DSCF8932 (480x360)
メイン2種類だけでもかなりの量だったので、三人とも無口になって黙々と食べ続けました(笑)。

DSCF8926 (480x360)
デザートは、タイの代表的なスイーツのタピオカです。

DSCF8937 (480x360)
ココナツミルクの中には、小さめの透明なタピオカがたっぷりと入っていました。
食事を食べ終えるのに時間がかかったため、ぬるくなってしまったのが残念(泣)。


大食いを自負する私でも完食するのが大変で、食べ終えるとお腹パンパンでした。
タイ料理はどちらかと言えばお野菜も多くてヘルシーだとは思いますが、こんなに食べちゃえば関係ないですね(笑)。
ちょっとお金はかかりますが、単品メニューより遙かに充実したセット料理に3人とも大満足でした。

ジャスミンタイのちょっと手前に和食の新店が出来ていましたが、ランチ営業はやっていないようで残念。


◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです ◆◇◆◇◆

トムヤムクンラーメン  (2007年11月7日
レッドカレー  (2008年10月27日
蟹のカレー炒めセット  (2009年5月25日
ジャスミンセットF  (2014年7月31日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


平日ランチメニューです↓
DSCF8903 (480x360)

DSCF8904 (480x360)

DSCF8906 (480x360)

DSCF8907 (480x360)


ランチメニューです↓
DSCF8913 (480x360)

DSCF8884 (480x360)

DSCF8885 (480x360)

DSCF8886 (480x360)

DSCF8887 (480x360)

DSCF8888 (480x360)

DSCF8889 (480x360)

DSCF8892 (480x360)

DSCF8893 (480x360)

DSCF8894 (480x360)

DSCF8895 (480x360)

DSCF8896 (480x360)

DSCF8897 (480x360)

DSCF8898 (480x360)

DSCF8899 (480x360)

DSCF8900 (480x360)

DSCF8902 (480x360)


2014年7月31日訪問時お店DATA
**************************************
THAI RESTAURANT JASMINE THAI 四谷店 (タイ レストラン ジャスミン タイ)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-17 後藤ビル1F
電話03-5368-1091
営業時間 
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30) 
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:00) 
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/20 00:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(8) |
名代 箱根そば 四谷店  @四谷
今日は朝からとても冷え込み、日中も気温がほとんど上がらないとか。
半袖が辛いのは久しぶりで、梅雨らしいお天気かも?!
週末はビミョーなお天気のようですが、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2015年1月26日にオープンした「箱根そば」のレポートです。

DSCF3206 (480x360)
2015年6月9日は、お昼時に上司とOさんが午後1時近くに事務所を出て行ったので、遅い時間ではありましたが先輩と外へランチを食べに行くチャンスでした。
ですが、先輩はちょっと事情があってこの日はパス。
私も3日後の金曜日のディナーに向けて体重をなるべく減らしたかったので、新店の中からカロリーが低そうな「箱根そば 四谷店(はこねそば)」へ行ってみることに決定。

DSCF3227 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に向かい、曲がり角を一つ越え、さらに進んだところに王蘭ビルがあり、お店はその1階にあります。

DSCF3226 (480x360)
「名代 箱根そば」は、小田急電鉄の子会社である株式会社小田急レストランシステムが運営し、小田急沿線を中心に展開しているスタンドそば店のチェーンで、今年で創立50周年とのこと。
小田急沿線以外にも支店があり、2015年1月26日にオープンしたこちらの四谷店は直営店のようです。

公式HPによれば、そばは生麺を茹で上げ、だしの効いた優しい味わいのつゆを使い、自慢のかき揚げはひとつひとつ丁寧に手揚げをしているとのこと。季節毎のおすすめメニューは他店では味わえない変り種もあるそうです。テーブル席も用意していて、女性や家族連れにも気軽に利用できるとのことです。

DSCF3225 (480x360)
この場所には以前、2013年3月24日にオープンした「天そや 四谷一丁目店」があり、2013年4月12日にランチ訪問しましたが、2015年1月23日に閉店したそうです。
「天そや」は株式会社小田急レストランシステムが同じく運営するブランドの一つでしたが、「箱根そば」と統合したのか、なくなっていました。なので、新店というよりは業態変更のようです。
ちなみに、「天そや」はすぐ近くの四ッ谷駅近くにもありましたが、そちらは撤退しています。

さらにその前には「小諸そば 四谷見附店」があり、 2012年6月20日にランチ訪問しましたが、2013年1月15日に閉店したそうです。

DSCF3224 (480x360)
「箱根そば」創立50周年を記念して、年間を通じて期間限定の名代箱根そばプレミアムを販売するとのことで、その第1弾として、2015年5月16日から『相模湾の恵み 湘南シラスそば』が販売されていました。
お店の前に看板が置かれています。
相模湾で採れたかま揚げしらすをたっぷりと楽しめる一品とのこと。
とっても美味そう。しらすが大好きなので、かなり惹かれました。

DSCF3223 (480x360)
お店の前にはもう一つ看板が出ていて、こちらは午前11時から午後3時までのお得なランチメニューです。

DSCF3222 (480x360)
入ってすぐ左に券売機があるので、先に食券を購入します。

DSCF3200 (480x360)
名代箱根そばプレミアムもかなり気になりましたが、初めてなので基本を食べようと思っていたところ、お得なランチメニューの中に冷しかき揚げW盛りそばというのを見つけ、こちらに決定。
麺が2倍で、大満足の480gとのこと。
冷たいお蕎麦がたっぷり食べられ、かき揚げもついて、なんとワンコイン!

DSCF3202 (480x360)
入店したのは午後1時10分頃。
店内は6割程の人の入りでしたが、場所がそれ程駅近でもないのに、絶えずお客さんが入ってきていました。

DSCF3201 (480x360)
基本的な構造は変わっていませんでしたが、内装を変えたようで、シンプルですがとても明るい雰囲気です。
奥に厨房があり、手前左がカウンター席、右に立ち席、奥の右側にもカウンター席がありました。
写真は立ち席です。

「天そや」時代はそば湯が置いてありましたが、見当たらなかったです。
でも、後からこの写真を見返したら、立ち席に置いてあった電動ポットがそうだったのかな?

食券を店員さんに出すと、お蕎麦かうどんかを聞かれます。
もちろん、お蕎麦でお願いしました。

DSCF3205 (480x360)
出来上がる前にカウンター席の真ん中ぐらいの席を場所取り。
カウンターの幅はそれ程広くありません。
卓上には洗い箸、紙ナプキン、ダスター、七味唐辛子、爪楊枝が置いてありました。

ダスターが置いてあることからわかるように、基本的に自分たちでテーブルをキレイにしなければなりません。
私の前の人は七味唐辛子を散らしたままだったので、食べる前にまずはお掃除(笑)。

DSCF3204 (480x360)
写真を撮り忘れましたが、厨房の左前の所に給水器が置いてあるので、セルフでいただきます。


冷しかき揚げW盛りそば  (500円)
DSCF3206 (480x360)
お料理はかなり早く出来上がりました。
小さめの長方形の黒いお盆に、お蕎麦の器とクーポン券がのせられています。

DSCF3214 (480x360)
いただいたクーポン券です。
四谷店を含む3店舗限定で、5枚集めるとかけそばorかけうどんが1杯サービスになるとのこと。

DSCF3215 (480x360)
期限が2015年9月末なので、かなり通わないと使えず、私にはちょっと厳しそうです。

DSCF3207 (480x360)
お盆に比べると大きめの器でした。
お蕎麦の上にはかき揚げ、手前には長ネギ、大根おろしの薬味がのせてあります。

DSCF3208 (480x360)
左側の丼の縁にはワサビがついていました。

DSCF3209 (480x360)
長ネギは白い部分がほとんどです。

DSCF3210 (480x360)
大根おろしもなかなか多かったです。

DSCF3213 (480x360)
麺はW盛りだけあって、確かにかなりのボリューム。
細い角切りで、蕎麦つゆが隠れてしまうほどでした。

DSCF3211 (480x360)
かき揚げは丸い形です。
揚げ置きなのか、くにゃっと折れていました。

DSCF3216 (480x360)
蕎麦つゆが下にたまっているので、薬味も全部入れて、味が偏らないよう、先ずは全体をぐるぐるとかき混ぜてからいただきました。

お蕎麦は細めの角切りですがややモチッとした食感で美味しい~。
蕎麦つゆもほんのり甘めで食べやすかったです。
予想よりもお蕎麦が美味しくて、しかも、たっぷり食べられてすごくよかったです。

DSCF3220 (480x360)
せっかく麺がたっぷりあったので、途中で七味唐辛子をたっぷりとかけて、味わいを変えてみました。
これだけかけたらかなり辛くなって、これはこれで美味しかったです。

DSCF3219 (480x360)
かき揚げはタマネギやニンジンなど、野菜が結構入っています。
食べてみると柔らかな食感でしたが、タマネギの甘味がすごくありました。
厚みもあるので、結構量があります。


たっぷりのお蕎麦に厚みのあるかき揚げのおかげで、お腹いっぱいになりました。
全然軽めな食事にならなくて、大失敗でもありましたが(笑)。
500円でこれだけ満腹になれるのはお得だな~と思っていたのですが、「天そや」時代の大盛りかき揚げ天そばは420円でした(汗)。
W盛りと大盛りでは量が違うのか、ご時勢で値上がりしているのか。
ともあれ、自分としては満足できたお食事でした。

お蕎麦そのものは、チェーン店の中では「ゆで太郎」の方がしゃっきり感あってのど越しがよいのが好みですが、こちらのお蕎麦のややモチッとした食感も美味しかったです。
また食べてみたいお店ですが、あまり生活圏内にお店がないのが残念です。


2015年6月9日訪問時お店DATA
****************************
名代 箱根そば 四谷店 (はこねそば) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-18 王蘭ビル1階
TEL 03-3359-2522
営業時間 
[平日] 7:00~21:00
[土日] 8:00~18:00
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/19 06:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
飲茶・上海料理 姜太公 四谷店  @四谷
昨日の朝、四ッ谷のお堀端の土手で大々的な草刈りをやっていました。
前の日の夜に雨がたっぷり降っていたせいもあったのでしょうか、草いきれというか、緑の香りがものすごくて、息が詰まるほどでした。
でも、すごく春っぽいというか、自然が感じられて嫌じゃなかったです。

DSCF8863 (480x360)
2014年7月30日は、上司が夏休みだったので、Oさんと先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
Oさんに食べたいものを聞いたところ、「辛いもの。」という回答だったので、まだOさんが行ったことのない韓国料理屋さんの「新古房」へ行ってみました。

DSCF8842 (480x360)
ところが、お店に到着すると、こんな看板が出ていました。
なんと、7月28日から8月15日までランチ営業のみ夏季休業とのこと。
長い!
そして、久しぶりの訪問で食べる気満々だったので、かなりガッカリでした(汗)。

不意打ちをくらって思考力がなくなり、多分辛いメニューもあるだろうという程度の気持ちで、すぐ近くにある「飲茶・上海料理 姜太公(じゃんたいこう) 四谷店」へ。

DSCF8879 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、中程の右手にあります。

以前は真っ赤な大きな壁に店名が金の文字が描かれたど派手で華美な店構えでしたが、2013年7月頃に改装しました。
壁は金色ではありますが、以前に比べれば落ち着いた感じかも?

この場所には以前、2009年8月6日に訪問した「大湊」というお店がありましたが、2010年前半頃に閉店し、2010年7月8日に「姜太公」がオープンしました。

DSCF8880 (480x360)
お店の前にはランチメニューの看板が2つ出ています。

DSCF8881 (480x360)
風のせいでしょうか?
看板の下の部分が倒れちゃっていました。

DSCF8875 (480x360)
12時20分頃に入店すると、1階にはほとんどお客さんがいませんでした。
フロアはそれ程広くなく、手前側にテーブルが並んでいます。
私たちは1階中央部分のテーブル席に着席。
多分、1階で食べたのは初めてでした。

DSCF8876 (480x360)
壁にはドリンクや夜のメニューなどがたくさん貼ってあります。

前回ランチ訪問したのは2010年10月20日だったので、約3年9ヶ月ぶりと、かなりのご無沙汰でした。
2013年夏頃に改装してからは、もちろん初めてのランチ訪問です。

DSCF8851 (480x360)
お店は2階席もあります。
左奥の階段を上って行きます。

2010_0724画像0001
こちらはリニューアル前に撮影した写真です。
2階のフロアです。

2010_0724画像0003
こちらもリニューアル前に撮影した写真です。
2階のフロアは1階よりも広々としています。
どんな感じに改装されたんだろう?

2010_0724画像0004
こちらもリニューアル前に撮影した写真です。
「姜太公」は2008年8月22日にディナー訪問2009年5月14日にお弁当デリバリ2009年8月21日にランチ訪問をした「アーバンチャイナ 福翔飯店」の姉妹店で、曙橋にも支店があります。
ただ、時期は不明(2012年頃?)ですが、「福翔飯店」は閉店したようです。

DSCF8844 (480x360)
卓上には紙ナプキン、爪楊枝、各種調味料などが置かれています。

DSCF8843 (480x360)
店員さんからお水をいただき、メニューを検討。

DSCF8847 (480x360)
メニューは週替わりのサービスランチ2種類、夏季限定メニュー1種類を含む合計25種類があります。
定食と麺があって、とっても豊富。
お値段は720円~1,280円です。

全てのメニューには漬物とデザートがついていて、定食とご飯類はご飯を一回お替わりすることができ、麺類には小ライスを無料でサービスされます。

DSCF8845 (480x360)
この週のサービスランチはこちら。

DSCF8846 (480x360)
後から気付いたのですが、自家製のソーセージや焼き豚などをのせたご飯が2種類ありました。

DSCF8848 (480x360)
Oさんは辛いものを食べたい気持ちを貫き、激辛八宝麺(870円)をチョイス。
先輩は汁無し担々麺(795円)をメニューの一番下から発見して注文していました。

辛そうなメニューは激辛八宝麺のみ。
確か、これは以前に食べたことがあるような気がする。。。
なので、ちょっと奮発して、絶対に食べていないはずのフカヒレラーメンを注文。
メニューに書かれた「本物のフカヒレを堪能ください」というキャッチに惹かれました。
といっても、フカヒレなんてほとんど食べたことがないので、本物か偽物か区別がつけられませんが(笑)。
メニュー表記が「4, カヒレラーメン」とあるのもちょっと笑えました。
カタカナの「フ」を入れるにはスペースが少ないような。


汁無し担々麺  (795円)
DSCF8859 (480x360)
先輩が注文した汁無し担々麺です。
メイン、スープ、漬物、デザートのセットです。
麺類なのにスープが付いているのは、汁無しだからでしょうか。

DSCF8860 (480x360)
これが、かなりビジュアル的に面白かった!
茹でた?豆苗が緑の層をなすほど、たっぷりののせられていました。
ナッツもたくさん入っていたそうです。


激辛八宝麺 (870円)
DSCF8861 (480x360)
Oさんが注文した激辛八宝麺です。
メイン、漬物、デザートのセットです。
汁有り麺だからか、先輩の汁無し担々麺と違い、スープはついていません。

DSCF8862 (480x360)
それ程の辛さではなかったようですが、Oさんはかなりの汗かきなので、全身ぐっしょりになりながら食べていました(笑)。


「フ」カヒレラーメン  (1,280円)
DSCF8853 (480x360)
メイン、漬物、デザートのセットです。
大きな黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF8856 (480x360)
お箸は黒い洗い箸で、箸袋に入ってました。
レンゲも一緒についています。

DSCF8855 (480x360)
漬物は、中華料理屋さんの定番、ザーサイです。
小さな丸いお皿に盛られていますが、量は少し。
唐辛子が結構まぶしてありました。

DSCF8863 (480x360)
フカヒレラーメンは、とても大きな白い丼に入っていました。
たっぷりと注がれた茶色いスープに具がたくさん入っています。
中央にフカヒレが鎮座していますが、かなり小さいサイズです。
ドンブリがかなりのサイズなだけに、フカヒレの小ささが際立ちます(汗)。

DSCF8864 (480x360)
メニューの写真の印象だともうちょっと大きめかなと思ったのですが(笑)。

DSCF8865 (480x360)
ただ、フカヒレ以外の具は種類も多く、量もたっぷり。

DSCF8867 (480x360)
白菜、ニンジン、青菜、ブロッコリー、ヤングコーン、フクロダケ、黒キクラゲ、姫タケ、マッシュルームなどなど。

DSCF8868 (480x360)
スープはお醤油ベースでしょうか、程よい塩加減でほんのり甘く、優しい味わいです。

DSCF8870 (480x360)
麺は黄色がかった縮れた細麺です。
少し柔らかでした。
量は普通です。

DSCF8872 (480x360)
大好きなキノコもたっぷり。

DSCF8874 (480x360)
麺とスープと具材を少しずつ食べたら、いよいよフカヒレへ。
見た感じからプルプルです。
端っこを囓ってみると、ムニュっとして汁がにじみ出ます。
場所によってシャクッとしていたり、ねっとりした食感もありました。

DSCF8854 (480x360)
デザートは中華屋さんの定番、杏仁豆腐です。

DSCF8877 (480x360)
サッパリした甘さでした。

DSCF8878 (480x360)
この日の伝票です。


とにかくボリュームたっぷりで、大食いな私でも食べ切るのがとっても大変でした。
確か、スープは残しちゃったと思います。

高級食材のフカヒレは、圧倒的に美味しいか?と聞かれるとちょっとビミョーではありましたが、個人的には食感はとても好みでした。
中國飯店」だと2,800円から食べられるのですが、一度食べ比べにチャレンジしてみたいものです。
ちょっとお値段がかかりましたが、面白い体験が出来たのは楽しかった~。
ここのお店はちょっと変わったメニューがあるので、また来てみたいです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ これまで食べたランチです↓ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

激辛八宝麺  (2010年7月20日
小籠包・スープワンタンセット  (2010年10月20日) 
フカヒレラーメン  (2014年7月30日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


ランチメニューです↓
DSCF8847 (480x360)

DSCF8848 (480x360)

DSCF8849 (480x360)

DSCF8850 (480x360)

DSCF8845 (480x360)

DSCF8846 (480x360)


2014年7月30日訪問時お店DATA
******************************
飲茶・上海料理 姜太公 四谷店 (じゃんたいこう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-7
Tel&Fax:03-3351-1030
営業時間
[月~土] 11:30~14:30、17:00~04:00(L.O.03:00)
[日曜日] 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/18 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
タコライス屋「移動販売 tono cafe」  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
雨の少ない今年の梅雨ですが、昨夜から朝方にかけて雨が降り、今日も傘を持ち歩かずにすみそうです。
面倒くさがりなので、傘を持ち歩かないのは何よりもありがたいです!(笑)。

DSCF8833 (480x360)
2014月7年29日は、午前中出かけていた上司とOさんが帰ってくる途中にお弁当を買ってくる、という連絡が入ったので、12時前でしたが、私もお弁当を買いに出かけました。
このところ、外でお弁当を買うことが多く、どうも新鮮味に欠けて、食べたいものが全く思いつかず(汗)。
正直、歩いて行ける範囲だと飽きているな~と痛感していたのですが、時間がなかったので千代田四番町ランチ屋台に行きました。
この日は火曜日だったので、タコライス屋さんの「移動販売 tono cafe(トノカフェ)」です。

DSCF2157 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

DSCF6730.jpg
「トノカフェ」は、2011年3月15日からこの場所にやって来ました。
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

DSCF2150 (480x360)
前回こちらのお弁当を購入したのは2014年6月3日だったので、約2ヶ月ぶり、14回目です。

DSCF8311.jpg
お店の公式HPによれば、「トノカフェ」は、シェアハウスを経営するMurabito株式会社が展開していて、ご夫婦とわんちゃん2匹が運営しているとのことです。

大きな車にはオレンジや緑色などの鮮やかな彩りでペインティングされています。

DSCF6967.jpg
「トノカフェ」にやって来たたくさんの有名人の写真が飾られています。

DSCF6751.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
タコライス屋さんですが、このお店のポイントはアボガドです。
アボガドの入るメニューには、一つのお弁当に付き、なんとアボガド半個が入ります。
アボガド大好きな私はワクワクしちゃいます。

DSCF2151 (480x360)
日テレ通りという大きな通り沿いにあるので、お店はいつも大混雑です。
でも、回転はそれ程遅くないです。

12時前だったので行列はほとんどありませんでした。
お料理待ちが1・2人、注文待ちが2人ほど。
なので、すぐに順番が回ってきてしまったので、スマホで食べたことあるメニューをチェックしていた私は結構焦りました(汗)。

DSCF2149 (480x360)
メニューは全部で6種類あり、お値段は700円から900円です。

DSCF2152 (480x360)
販売窓口には注文する場所と待つ場所が明記してあります。
先に車の右側に並び、注文後は車の左側で待ちます。

DSCF4378_20140319200415bca.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
辛い物好きだし、お金がかからないので、タバスコのトッピングはいつもお願いします。
タバスコのトッピングをお願いする人が多いせいか、お弁当の受け渡しの時に店員さんが「タバスコかけますか?」と必ず聞いてくれます。

DSCF8313.jpg
男性二人で切り盛りしていました。

DSCF2155 (480x360)
2014年2月からスタンプラリーを始めたとのこと。
at SHIBUYAとなっていますが、、、。

DSCF2154 (480x360)
7店舗合同のスタンプラリーだそうです。
私はそんなにしょっちゅう買わないので、あまりちゃんと読まなかったです(汗)。
でも、参加しているお客さんもいらっしゃいました。

DSCF6263 (480x360)
持ち帰り袋は白いビニールに赤でお店のイラストが入っています。

DSCF8820 (480x360)
広げるとこんな感じです。

DSCF8821 (480x360)
「トノカフェ」はメニューのバラエティがそれ程あるわけではなく、トッピングも多くはないので、食べたことのない組み合わせはかなり減ってきました。

この日はタイ風チキンタコライスにアボガドをトッピング。

DSCF8825 (480x360)
お弁当の容器は紙パックです。
なので、底を手で持つとかなり熱くなっています。

フタの端っこから、野菜がはみ出していました(笑)。

DSCF8823 (480x360)
お弁当とは別に温泉卵がついていて、自分で割り入れるスタイルです。
この卵は白だったり茶色だったりします。
何故か茶色の時は、ちょっと嬉しい(笑)。
この日は白でした。

DSCF0382_201312130820200f2.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
スプーンは薄い木製です。
ちょっと柄が細長いタイプでした。
もったいないので、なるべくいただかないようにしています。

DSCF8826 (480x360)
フタをオープン!
ご飯の上にたっぷりの刻みレタスが敷いてあり、挽き肉とアボガドがのせてあり、さらにマヨネーズ?ソースがたっぷりとかかっています。
具だくさんなので、ご飯は全く見えません。


タイ風チキンタコライス(700円)+アボガド(100円)+タバスコ(FREE)=800円
DSCF8833 (480x360)
温玉をのっけて完成です。
いただきま~す!

DSCF8828 (480x360)
レタスは太めの千切りになっていて、量もたっぷり。
他のおかずと一緒に食べると、とてもさっぱりします。

DSCF8831 (480x360)
好みで入れるタバスコは、たっぷりかけてくれるので、かなりピリ辛になります。
ひき肉の味付けがちょっぴり甘めなので、この日は特に存在感がありました。

DSCF8827 (480x360)
アボガドは半個分まるまる入っています。

DSCF8835 (480x360)
温玉をどのタイミングで崩すか、いつもうれしい悩みです。

DSCF8841 (480x360)
ご飯のボリュームは普通です。

DSCF8838 (480x360)
タコライスをそのまま少し食べてから、アボガドを崩していただきました。
完熟していませんが、さっぱりながらも旨みが加わって美味しい。
大きめにカットしてゴロゴロっとさせて食べるのが好みです。

DSCF8840 (480x360)
温泉卵を割ってみると、トロトロではないもったりとした鮮やかなオレンジ色の黄身が出て来て、と~っても美味しそう。
具と卵を一緒に食べると、口当たりがまろやかになり、卵の旨みがプラスされて、味わいが深まりました。
食べる場所によってスプーンの中に入ってくる具材が違うので、少しずつ味わいが変わります。

DSCF8830 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームは普通です。
ただ、アボガドを半個分のせた分だけ、食べごたえがありました。


DSCF8817 (480x360)
この日の屋台からの帰り道、2011年10月27日にランチ訪問した「韓国家庭料理 明洞」の跡地に「麹町 はとり」というお店がオープンしていることに気付きました。
ランチ営業はないようで、残念。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

 オリジナルタコライス (2011年5月24日
 オリジナルタコライス+スパム (2014年2月18日
 ホットチリタコライス (2011年5月17日
 ホットチリタコライス+アボガド (2014年6月3日
 アボガドタコライス (2011年4月12日
 アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
 アボガドスパム丼 (2011年4月19日
 アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日

 タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
 タイ風チキンタコライス+アボガド (2014月7年29日
 ベジタブルタコライス (2013年3月12日

 ハーフ&ハーフ<オリジナル・タイ風> (2013年1月8日2013年10月1日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF1398_20120625061703.jpg

DSCF1399_20120625061702.jpg


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」 
  佐賀県ご当地料理 元祖ポークシシリアンライス (2014年6月2日
  麻婆春雨 (2014年6月9日

月曜日 【撤退】ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
  ロシアン&ハワイアン<トマトソース> (2012年6月11日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  ハーブチキンフレンチライス (2012年1月23日
  ハーブチキンハワイアンライス (2012年2月13日

火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  オリジナルタコライス+スパム (2014年2月18日)  
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  ホットチリタコライス+アボガド (2014年6月3日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
  タイ風チキンタコライス+アボガド (2014月7年29日)  
  ベジタブルタコライス (2013年3月12日
  ハーフ&ハーフ<オリジナル・タイ風> (2013年1月8日2013年10月1日

水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日
  スンドゥブ風ソース (2013年2月6日
  赤カレーチキンソース (2014年4月30日

水曜日 名前のない屋台
  ボロネーゼライス (2014年5月7日

木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日2012年11月29日2013年2月21日
  グリーンカレー 大盛り (2013年11月7日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
  カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日

金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  チャプチェ+温泉たまご (2014年4月4日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014月7年29日購入時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
タコライス屋「移動販売 tono cafe」 (とのかふぇ)
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 火曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/17 04:00】 | 沖縄 | トラックバック(0) | コメント(2) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
今朝午前4時過ぎ、何かアラームのような音が聞こえ続けていたので目を覚ましました。
家の中の物を一通り見回しても、鳴っているものはなし。
音を辿っていったら、開けていた窓から聞こえてくる、1階下のフロアのアラームでした(汗)。
ずいぶん長く鳴っていたのですが、あちらの住人は起きなかったのかなぁ?

DSCF8796 (480x360)
2014年7月28日は週の最初の月曜日。
午前中の仕事がおして、ランチになったのは午後1時近く。
上司が不在で外へ出るチャンスでしたが、午後の予定もあったので「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」でお弁当を買うことにしたら、この日、お弁当をサボった先輩も参戦し、しかも、先輩が買いに行ってくれました。
暑い中、ありがとうございます!

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。

DSCF7927 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
前回お弁当を購入したのは2014年6月17日だったので、約40日ぶり、43回目です。

DSCF7928 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日2014年5月2日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF6791 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

DSCF1926.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF7246 (480x360)
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

2010_0814画像0005
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと36周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

DSCF6790 (480x360)
夏の時期は季節メニューとして冷製パスタが登場します。

DSCF5013 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
逆サイドはガラス張りになっていて本来なら店内が見えるはずですが、所狭しとたくさんのメニューなどが貼ってあって、ほとんど見えません。
こちらにも冷製パスタが始まったことが貼り出されてありました。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF9036_20130301080320.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入店すると、細長い通路を通って奥のフロアに出ます。

DSCF1435_20130502063134.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口からフロアへの細い通り道にウェイティングの長いすがあり、テイクアウトのお弁当は出来上がっているとその一番端っこに置かれていることが多いです。
店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

メニュー

こちらも以前撮影した写真です。
壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

DSCF6479_20121207214520.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

お店に到着したのは午後1時近くだったそうですが、まだイートインのお客さんの列があったそうです。
相変わらずの人気店っぷりです。

DSCF8784 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。

スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF8786 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

DSCF8788 (480x360)
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

DSCF8789 (480x360)
先輩は大好きなリーネアのスパゲッティ。

DSCF8790 (480x360)
私はスパゲティのサルシッチをチョイス。

DSCF8791 (480x360)
サルシッチは赤唐辛子とチョリソーが入っているとのこと。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。

DSCF6799 (480x360)
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

この日もいただいてしまいました。

DSCF4557 (480x360)
チョイスするメニューによっては、こんなナイフが付いていることもあります。

DSCF8809 (480x360)
このところ、「タベルナ」はご無沙汰していました。
というのも、事務所に常備していたタバスコが切れてしまったので、買おう買おうと思いつつ、ずっとそのままになっていて、タバスコを買ってから食べたいな、と思っていたからです。
近所のコンビニに行ってもタバスコはなかったので、地元でようやく購入し、この日持って来ました。
万全を期して、久しぶりの「タベルナ」!

DSCF8792 (480x360)
いただきま~す!
何だか、写真が白っぽく写ってしまった(汗)。


スパゲティ- <リーネア>  (900円)
DSCF8794 (480x360)
こちらは先輩のスパゲッティのリーネア。
相変わらず具沢山で美味しそう。


スパゲティー <サルシッチ>  (750円)
DSCF8796 (480x360)
フタをオープン!
大きくて深さのある容器の8割ぐらいまでたっぷりと入っていて、いつもながらすごいボリューム。
麺の上には縦に薄切りしたチョリソーと唐辛子がのっかっていました。

DSCF8797 (480x360)
中央にドライハーブがトッピングしてあり、少しだけ緑色の彩りになっています。

DSCF8798 (480x360)
薄切りのチョリソーは結構たくさん入っていました。

DSCF8805 (480x360)
そのまま食べてみると、かなりのビシッとした辛さです。

DSCF8802 (480x360)
スパゲッティはオイルベースです。
長いままの唐辛子がたくさん入っていて、辛さを麺に移しています。

DSCF8800 (480x360)
麺は中細麺で、ボリュームたっぷり。
ただ、こちらのお店のオイルベースにはよくありがちですが、ちょっと麺はパサつき気味。
下の方にオイルがたまっているので、途中から全体を混ぜ合わせるようにして油を絡めてみましたが、うーん、それ程しっとりはしませんでした。

チョリソーの塩気と辛さで食べるからか、スパゲッティそのものの味付けも控えめ。
麺だけ食べると、ちょっと単調な味わいです。

DSCF8806 (480x360)
淡泊な味わいだったので、途中からタバスコをたっぷりかけてみました。
新品のタバスコはかなり香りが強く、酸味も鮮やかでとてもフレッシュ。
酸っぱ辛くてとっても美味しかったです。
タバスコって風味のいいうち使い切らなければ!と心に留めておかなければ(笑)。

DSCF8811 (480x360)
食べ終えると、オイルがたっぷりと残っていました。

DSCF8812 (480x360)
先輩が最後に底に残った美味しいソースをまとめて口に入れたら、「何か違和感がある~。」と吐き出しました。
出て来たのは、何と輪ゴム!

DSCF8816 (480x360)
この日の領収書です。


ちょっとパサついた食感は残念でしたが、ボリュームはたっぷりです。

先輩は外食するとよくいろんなものが混入していましたが、久しぶりの大ヒット(?)で、引きの強さは健在のようです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日

[テイクアウト]
◎スパゲティー
  バジリコ (2014年3月19日
  サルシッチ  (2014年7月28日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  アラビアータ  (2014年6月17日
  トンノ  (2010年8月13日
  ペスカトーレ (2013年9月25日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  タラモ (2013年1月31日
  サンジャック ビアンコ (2013年8月20日
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  カニのクリームスパゲッティ (2014年4月8日

◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  ポロ (2014年2月20日
  サンジャック クレーマ (2014年4月21日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  フンギ (2013年7月4日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日

◎ご飯系
  牛肉の薄切りステーキ (2013年11月20日
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日

◎季節メニュー
  あん肝とエリンギのスパゲティー (2014年1月29日
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 スモークサーモンとアボガド入り~フレッシュトマト添え (2014年5月1日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
  Hotaruikaいっぱいのスパゲティー (2014年4月15日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF5032 (480x360)

DSCF5033 (480x360)

DSCF5034 (480x360)

DSCF5035 (480x360)

DSCF5028 (480x360)

DSCF5029 (480x360)

DSCF5030 (480x360)

DSCF5031 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg


2014年7月28日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/16 05:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(4) |
番町 松月庵  @麹町
梅雨のわりにはお天気に恵まれた週末でしたが、みなさま、楽しくお過ごしでしたか?
私は久しぶりにジョギングをして、今朝は全身気怠い感じが抜けません(汗)。
辛い週明けですが、今週もがんばりま~す!

DSCF8777 (480x360)
2014年7月26日は、久しぶりの土曜出勤でした。
半年ぐらい前にも土曜出勤かも?というか、上司が勝手に土曜日にやるぞ!と決めてしまい、本人はお客様などと飲み歩いていたので、勝手に仕事を進めて土曜出勤せずに済んだのですが、この日は準備期間が少なく、仕方なく出ることに。
当初3・4時間程度と見込んでいたのですが、やはりなかなか終わらず、結局5時近くまでかかりました。
仕事がひと段落したのは午後2時過ぎ。
Oさんは予定があったので、ここで食事を取らずに帰りました。
上司が「天ざるでも食べよう。」ということで、「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても30分かからず持ってきていただけるので、大変助かっています。

DSCF1234 (480x360)
メニューです。
2014年4月の消費税増税に伴い、料金が変わりました。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2014年6月11日だったので、約1ヶ月半ぶりです。

DSCF7444 (480x360)
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF7445 (480x360)
東京松月庵麺類協同組合なる組織があるようです。
ネットで調べてみましたが、池袋にあるということしかわかりませんでした。

DSCF8748 (480x360)
配達員さんとはもうすっかり顔なじみです。

午後2時半過ぎに持って来ていただいたところ、土曜日だったので、配達員さんがビックリしていました。
そういえば、ビルの管理人さんからも朝来たときに声をかけられました。
普段と違うことをすると、周りからもとっても目立っているようです(笑)。

お蕎麦メニューはほぼ一巡したので、お蕎麦屋さんですが、最近はうどんメニューを食べるようにしています。
上司がせっかく「天ざる」と言ってくれたのですが、私はメニュー制覇をしたかったので、こっそり天ざるうどんにしちゃいました(笑)。
3人分の天ざるはかなりの大装備です。
お盆を受け取ったとき、すごく重たかったです。

DSCF6484 (480x360)
薬味は別の小皿でついてきます。

DSCF9885 (480x360)
お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_0531画像0001
土曜日はこちらの包み紙が使われています。

2008_0531画像0002
とても丁寧な心遣いで、細かい配慮です。

DSCF8761 (480x360)
薬味は、いつもどおり、七味唐辛子とネギとワサビの3種類です。

DSCF8760 (480x360)
この日はネギがたっぷりめだったので、かぶせた紙にもついちゃっていました(笑)。

DSCF8749 (480x360)
塗り箱、徳利、器、海苔、薬味と、とにかくパーツがたくさん。

DSCF8750 (480x360)
徳利にはこぼれ防止のためにサランラップをぴっちりとかぶせてありました。

DSCF8758 (480x360)
つゆはかなり量が多いので半分も使わずに残してしまい、かなりもったいないです。

DSCF8751 (480x360)
器にも何故かサランラップがかけてあります。

DSCF8756 (480x360)
うどんを食べるための器は、かなりの大きさです。
天ぷらを浸すことも前提だからでしょうか。
陶器の器なので持つと結構な重さだし、正直、もう一回り小さくてもいいのでは?と思っちゃいました。

DSCF8775 (480x360)
器につゆを入れ、、、

DSCF8776 (480x360)
薬味を全て投入。

DSCF8753 (480x360)
海苔は小さな小袋に入っています。

DSCF8754 (480x360)
裏はこんな感じ。

DSCF8763 (480x360)
そば/うどんはフタ付きの塗りの箱に入っています。

DSCF8764 (480x360)
フタをオープン!
左にうどん、右に天ぷらが入っていました。

DSCF8779 (480x360)
フタの裏側にはお店のネームが入っています。

DSCF8766 (480x360)
うどんは真っ白で、やや太めです。
量は普通でした。


天ざるうどん  (1,250円)
DSCF8777 (480x360)
いただきま~す!

DSCF8771 (480x360)
食べる前に海苔を全てのっけます。
結構な量で、天盛りになりました。

DSCF8773 (480x360)
うどんは冷やしのはずですが、とても柔らかです。
しかも、くっつき気味で一口分をたぐるのが大変(汗)。
仕方なく、ある程度の塊をつゆの中に入れて、ほぐして適量をいただきました。
この方法だと、つゆをつけ過ぎちゃいます。

DSCF8767 (480x360)
天ぷらにはダイコンおろしとおろし生姜が添えられていました。

DSCF8768 (480x360)
どうやって食べていいかわからず、結局、おうどんの薬味に一緒に投入してしまったのですが、よく考えたら、この場所につゆを入れて天ぷらにつけて食べればよかったのかも(汗)。

DSCF8769 (480x360)
ナス、サツマイモ、シシトウ、海老、カボチャなどなど。
天ぷらは揚げ置きということもあると思いますが、衣は厚めで、水分を多く含んで柔らかです。

DSCF8781 (480x360)
カボチャとサツマイモは優しい甘みがありました。


午後2時過ぎでお腹ペコペコだったせいか、カロリーの高い天ぷらまで食べたのに、食べ終えてからも何となく空腹感がありました(汗)。
器の返却は週明けにお願いしました。

食事を食べ終え、あと2時間ほどがんばり、何とか明るいうちに帰途につくことに。
この日は隅田川の花火大会の日だったので、帰りの電車ではたくさんのお客さんがごった返していました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2013年6月18日
  かけそば   (2013年7月5日
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  大もりそば   (2012年8月31日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  わかめそば   (2010年11月2日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば   
  山菜そば    (2010年6月21日
  山菜うどん   (2014年6月11日
  おろしそば   (2010年12月14日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  カレー南蛮うどん (2014年1月8日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  スタミナうどん (2014年5月21日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば  (2013年12月10日
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日
  天とじうどん  (2014年1月9日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん  (2009年8月4日
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  天ざるうどん  (2014年7月26日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷し梅むぎ  (2009年6月11日
  冷し山菜そば  (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  カツカレーライス
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  親子丼「上」(2013年3月27日
  カツ丼  (2010年4月6日
  カツ丼「中」 (2013年1月22日
  カツ丼「上」 (2013年9月13日
  天丼   (2012年5月8日
  天丼「中」 (2012年11月19日
  天丼「上」 (2013年5月16日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼 (2013年11月28日
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
DSCF1234 (480x360)

DSCF1237 (480x360)

DSCF1236 (480x360)

DSCF1238 (480x360)

DSCF1239 (480x360)

DSCF1240 (480x360)

DSCF1242 (480x360)

DSCF1243 (480x360)


2014年7月26日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/15 05:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
中華居酒屋 銀香園 刀削麺専門  @市ヶ谷
今日は久しぶりに予定のない休日なので、たまった家事をこなしたりしながらのんびりしようと思っています。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

DSCF8738 (480x360)
2014年7月25日は、お昼時に上司が不在だったので、Oさんと先輩と私の三人で外へランチを食べに出ました。
Oさんに何を食べたいか聞いてみたところ、「スパゲッティ」とのこと。
市ヶ谷の「ピータース」は混んでいてなかなか入れないので、「フルール」を思い出したのですが、Oさんにはちょっとボリューム的にどうなのかな?と心配でした。
たまたま、この日は朝ご飯を食べ過ぎてお腹があまり空いていないとのことで、ちょうどよかった(笑)。

猛暑日の中お店に向かい、ビルの階段を降りていくと、入口の前に二人のお客さんが待っていました(泣)。
相変わらずの人気店のようです。
それほど時間がなかったので、近くに刀削麺が美味しい「中華居酒屋 銀香園(ぎんこうえん) 刀削麺専門」があることを思い出し、そちらへ行ってみることにしました。
Oさん、スパゲッティではなくてゴメンナサイ。でも、激辛好きだから、いいよね(笑)。

DSCF1589 (480x360)
外堀通りには、ランチメニューの書かれた小さな看板が出ています。

DSCF1588 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から左に出てお堀を渡り、市谷見附交差点を渡って右折します。
最初の角を左折して坂を登ってしばらく行くと、左手に山本ビルがあり、お店はその地下1階です。
1階には喫茶店が入っていました。

DSCF1587 (480x360)
お店の前には、中華料理屋さんらしい真っ赤なお店の看板と、小さなランチメニューの看板が出ています。

DSCF1586 (480x360)
営業時間は午前11時から午後2時30分、午後5時から午後11時30分です。
定休日は日曜日とのこと。

DSCF1584 (480x360)
お店は地下一階なので、外階段を降りていきます。

前回ランチ訪問したのが2013年8月6日だったので、約1年ぶり、2回目です。

DSCF1525 (480x360)
下から外階段を見上げるとこんな感じです。

DSCF1524 (480x360)
地下にはちょっとした中庭がありました。

DSCF1523 (480x360)
その前にはテーブルが並んでいます。
季節によってはここで食べたり飲んだりするのかな?

DSCF1526 (480x360)
お店の入口です。

12時20分頃に入店したところ、店内はほぼ満席で、こちらのお店も入れるかどうか心配でしたが、一番右奥手前の6人席がぽっかりと空いていて、無事、着席。
すぐ後に二人客が来たので、相席になりました。

DSCF1529 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
フロアはそれ程広くなく、ほぼ正方形で奥に厨房があり、その前にテーブル席が並んでいます。
卓上にはメニュー、お茶の入ったポット、各種調味料などが置いてありました。

DSCF8724 (480x360)
フロアを担当する女性店員さんは、日本語もほぼ問題なく、中華料理屋さんにしては(笑)、とても明るくて元気な接客です。
ちょっと短めのおしぼりと、、、

DSCF8725 (480x360)
冷たいお茶をいただき、メニューを検討。

DSCF8726 (480x360)
ランチメニューです。
中華料理屋さんらしく、種類がとっても豊富。
ご飯系、刀削麺系、ラーメン系、冷麺系などがあり、お値段は780円から850円とお手頃です。

DSCF8727 (480x360)
全品に銀香園特製の杏仁豆腐とサラダが付いています。
Aランチはライスとスープ、お替り一回まで無料とのこと。

DSCF8728 (480x360)
季節柄、冷たいメニューが2種類出ていました。

DSCF1536 (480x360)
こちらのお店には、刀削麺がなんと、6種類もあります。
刀削麺のセットを注文するときには、選択したメニューによってプラス料金が発生します。

DSCF1537 (480x360)
麺メニューは撮らなくていいかな?と思っていたのですが、前回のランチ訪問が約1年前で、しかも消費税増税前だったので、ちょっと変わっていたようです。

DSCF1538 (480x360)
なので、値段がちょっと違ったかもしれません(汗)。

DSCF8747 (480x360)
Oさんは冷やし中華、先輩はネギとチャーシュー刀削麺、私は麺メニューの中ではお高めな酸辣刀削麺を単品で注文。
Oさんは2014年7月7日にランチ訪問した「万豚記」でも冷やし中華を注文していました。
冷やし中華好き? それとも、暑がりだからかな?


サラダ
DSCF8730 (480x360)
注文を終えるとすぐにサラダが出てきました。
単品でもサラダがついていて嬉しいです。
サラダは小さな丸い平皿に盛られています。

DSCF8731 (480x360)
キャベツの千切りがたっぷりに、ニンジンの細切りとサニーレタスを小さくちぎったものが添えられていました。
ドレッシングはあらかじめかかっています。

DSCF1560 (480x360)
麺類の注文した人に対してでしょうか、紙エプロンをいただきました。
ぶきっちょなくせに粗雑な私には大変ありがたいサービスです。
確か、首の後ろで結ぶタイプだったと思います。


冷やし中華  (850円)
DSCF8735 (480x360)
7分後ぐらいに、まずはOさんの冷やし中華が登場。
予想外に具沢山で、麺が見えません。
トマト、チャーシュー、キュウリ、クラゲ、玉子焼きなどなど。
スープもたっぷりでした。
ボリュームたっぷりでなかなか美味しい方だったとのことです。


ネギチャーシュー刀削麺  (?円)
DSCF8736 (480x360)
次に先輩のネギチャーシュー刀削麺が登場。
ネギは辛みで和えてあるので、スープの赤茶っぽい色合いに同化してしまっているため、ちょっと見た目はシンプルです。

DSCF8737 (480x360)
一口スープをいただきましたが、ややあっさり系ながらも、シンプルな辛さがしっかりとありました。
前回食べた麻辣刀削麺のスープに比べるとちょっと淡泊かな?と思いましたが、先輩的には刀削麺が美味しかったと言っていたので、一安心。


酸辣刀削麺  (900円?)
DSCF8738 (480x360)
Oさんと先輩は順番に出てきたのですが、私のメニューはその後しばらく出てきませんでした。
刀削麺が品切れで、今打っている?などとも思っちゃいました(笑)。
忘れられちゃったかな?と不安になったのですが、相席の人たちも料理を待っていたので、単純に時間がかかっていたようです。
Oさんから遅れること6分、ようやく私の酸辣刀削麺が登場!
酸辣刀削麺は大きめの白い丼に並々と入っていて、見るからに凄いボリュームです。

DSCF8739 (480x360)
白いレンゲが添えられていました。

DSCF8740 (480x360)
茶色がかったスープにはタケノコ?、細切りの豆腐?、卵などなど具沢山。

DSCF8741 (480x360)
中央にネギのトッピングが散らしてあり、ラー油でしょうか、辛味が回しかけてあります。

DSCF8744 (480x360)
まずはスープを一口。
意外なことにやや甘みのあるスープですが、すごく酸味が利いています。
ダシが効いているせいか、甘みがあるからか、酸味の角はなくて、とっても美味しい。
酸辣湯ってそれ程たくさん食べたことはないですが、かなり個性的ですが好みの味でした。

DSCF8746 (480x360)
刀削麺はもっちりとした食感で、相変わらず美味しかったです。
厚みがあって少し噛み締めたりするせいか、すごくボリューム感がありました。
もちろん、麺としての量も結構あると思います。


かなりのボリュームですが、スープが美味しくて手が止まりませんでした。
私のメニューがかなり遅く出てきているので二人を待たせてしまっているのはわかっているのですが、最後まで飲み干して、かなり汗だくになりました(汗)。

前回食べたメニューとは全く違う系統ですが、美味しかったです。
刀削麺も美味しくて、お値段の割にはボリュームもたっぷりなので、また別のメニューを食べてみたいです。


ランチメニューです↓
DSCF8726 (480x360)

DSCF8727 (480x360)

DSCF8728 (480x360)

DSCF1536 (480x360)

DSCF1537 (480x360)

DSCF1538 (480x360)


ディナー・フードメニューです↓
DSCF1545 (480x360)

DSCF1546 (480x360)

DSCF1547 (480x360)

DSCF1548 (480x360)

DSCF1549 (480x360)

DSCF1550 (480x360)

DSCF1551 (480x360)

DSCF1552 (480x360)

DSCF1553 (480x360)

DSCF1554 (480x360)

DSCF1555 (480x360)

DSCF1556 (480x360)

DSCF1557 (480x360)

DSCF1558 (480x360)

DSCF1559 (480x360)

DSCF1535 (480x360)


ディナー・ドリンクメニュー
DSCF1539 (480x360)

DSCF1540 (480x360)

DSCF1541 (480x360)

DSCF1542 (480x360)

DSCF1543 (480x360)

DSCF1544 (480x360)


2014年7月25日訪問時お店DATA
*********************************
中華居酒屋 銀香園 刀削麺専門 (ぎんこうえん)
〒162-0846 
東京都新宿区市ヶ谷左内町1-1 山本ビル地下1階
TEL&FAX 03-6457-5096
営業時間 
[昼] 11:30~15:00 
[夜] 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 日曜
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/14 00:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
四谷麺処 スージーハウス  @四谷
今日は雨の中、美容院のために高田馬場へ行く予定です。
(→この記事を書いた後、予報が変わって曇りのち晴れになりました。)
ラーメンランチがとっても楽しみ♪

DSCF8695 (480x360)
2014年7月24日は、お昼時に上司もOさんも不在だったので、久しぶりに先輩と一緒に外へランチを食べに出ました。
少し前に市ヶ谷経済新聞でエージングビーフが食べられる「バレット」というお店がオープンし、ランチをやっているという記事を見たので、先輩に話をして行ってみることに。
実はお店の場所をよく覚えていなかったのですが、無事到着。
ランチメニューの看板を見たら、エイジングビーフはディナータイムのみで、ランチはピザでした。
うーん、、、、、。。
エイジングビーフを食べたかっただけに、ちょっぴり拍子抜け。
すぐ近くの2014年4月10日にランチ訪問した「四谷麺処 スージーハウス」も、新店ですが先輩がまだ行ったことがなかったので、先輩にどちらか選んでもらったら、先輩は「スージーハウス」に行きたいとのことで、急遽行き先を変更しました。

DSCF8723 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から四谷見附交差点をわたり、新宿通りの左側を四谷三丁目方面に進み、最初の角を左に曲がります。次の角をもう一度左に曲がって細い道に入り、少し進んだ左手にアーバンビルがあり、お店はその1階です。

DSCF4302 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お店の前にはシンプルに「つけ麺」と書かれた小さな看板も出ていました。

この場所には30年以上営業を続け、2008年5月9日にランチ訪問した「中国家庭料理 醉詩家」がありましたが、店主さんの年齢や健康上などの理由から閉店したそうです。市ヶ谷経済新聞によれば、名前をつけ麺屋さんになりました。

DSCF4300 (480x360)
その後、都内の人気店で修業して独立した代表の福井利崇氏が、店名を「四谷麺処 スージーハウス」に変更して新業態店のつけ麺屋として2014年4月7日にリニューアルオープン。
九州産小麦を100%使ったオリジナルの麺と濃厚な豚骨スープに数種類の魚介だしをブレンドしたダブルスープを合わせたつけ麺をメーンに提供しています。麺は一般的なものの約1.5倍の長さにすることで小麦の香りやのど越し、コシや弾力も楽しめるということです。
地元住民やビジネスマンをターゲットに据えているそうですが、女性にも好評で来店客の約4割を占めてるとのこと。

オープン時期ですが、お店のチラシだと4月1日、市ヶ谷経済新聞の記事だと4月7日になっています。

DSCF4301 (480x360)
お店の入口の右側に、「醉詩家」のネームプレートが残されていました。

DSCF8719 (480x360)
少し前の7月18日、事務所に「スージーハウス」のチラシが入っていたので、こんなことなら持参すればよかった!
残念(泣)。

DSCF8722 (480x360)
営業時間と定休日はこちらです。

DSCF8720 (480x360)
平日は11時から15時までライス無料です。
さらに、午前中か13時から14時台に来店すると、味玉か野菜盛りのサービスがあります。
どちらも、オープン当初にランチ訪問した時にはなかったサービスです。
でも、この日の私たちはライス無料のタイムサービスに該当したと思うのですが、店員さんからは何も言われませんでした。

DSCF8721 (480x360)
夏季限定でしょうか、30食限定のバンバンジー冷麺が始まったとのこと。

DSCF4272 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
フロアはそれ程博くはなく、手前の温室のようなガラス張りでカウンター席のあるエリアと奥のテーブル席が並んだ屋内エリアの二つに分かれています。

DSCF4273 (480x360)
現在は移転してしまいましたが、2007年7月11日にランチ訪問した「サルサ・カバナ」のように天井や壁がガラスで仕切られています。

12時15分頃入店したところ、6割程の人の入り。

DSCF4277 (480x360)
店員さんは男性で、フロアに一人、厨房に一人、合計二人で切り盛りしていました。
接客はとても明るくて元気でハキハキとしていて、いかにも最近の流行のラーメン屋さんです。

DSCF4271 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
入口から入ってすぐ右手の壁に貼り出してありました。

DSCF8682 (480x360)
入口からすぐ左にある券売機で食券を購入します。
前回食べたレモンつけ麺はとっても美味しくて大満足でしたが、この日はもう一つのイチ押しメニューという辛つけ麺(850円)を食べてみることにしました。

DSCF8684 (480x360)
「奥の席にどうぞ!」と声をかけられ、私たちはカウンターの真ん前にある4人用テーブルに通されました。
広々としていて、とてもゆったり。

卓上にはメニュー、お水の入ったポット、ティッシュ、お箸、各種調味料が置かれていました。
お水にはレモンが浮かんでいます。

DSCF8685 (480x360)
店員さんからお冷やをいただき、食券を渡します。
こちらのお水、一口飲んでみたら、すっごくぬるかったです(汗)。
常温の方が身体に優しいという考え方なのかなぁ?
猛暑日になるかもと言われるぐらいかなり暑い日だったので、冷たい方が嬉しかったです。

DSCF8689 (480x360)
メニューです。
サイドメニューやドリンクメニューも豊富でした。

DSCF8686 (480x360)
このお店のつけ麺に関する説明書きです。
つけ麺は少し出てくるのに時間がかかるので、暇つぶしにはピッタリ(笑)。

DSCF8687 (480x360)
レモンつけ麺の食べ方の紹介もありました。
前回は無かったと思います。

DSCF8688 (480x360)
ディナー用でしょうか、一品料理とドリンクの写真入りメニューもありました。


バンバンジー冷麺  (?円)
DSCF8691 (480x360)
先輩は限定のバンバンジー冷麺を注文。
私がレモンつけ麺を推していたので、どちらか散々悩んだ挙げ句、こちらをチョイス。
やはり、限定という言葉に弱いようです(笑)。
8分位で出て来ました。

黒い四角いお皿の上に、麺がこんもりと立体的に盛られていました。

DSCF8694 (480x360)
麺には細長く切った鶏肉とキュウリがのせられ、たっぷりのタレがかかっていました。
麺はやや平べったく、きしめんっぽい感じ?
使われているお皿は独創的ですが、ボリュームがある分、麺の山を崩すとこぼれちゃいそうで、ちょっと食べづらそうに見えました。
実際には先輩に聞いていないのでよくわからないですが。

DSCF8693 (480x360)
お味について後から聞いたところ、かなりの甘さと辛さの両方が際立つ味わいだったとのこと。
タレの色合いが白っぽかったのに、そんなに辛さがあったとはビックリです。
お値段をメモするのを失念してしまいましたが、先輩としてはややお高いかなとのこと。

先輩も私もお料理の写真を撮っていたので、店員さんは「この場所は暗いから電気をつけましょうか?」とかいろいろ気を使って下さいました。


辛味つけ麺  (850円)
DSCF8695 (480x360)
2分位遅れて、私の注文した辛味つけ麺が登場!

DSCF8696 (480x360)
つけ汁は、黒い器に入っていました。
色のせいか、中のつけ汁の赤さがそれ程はっきりしません。
レンゲは細身の白いプラスチック製で、つけ汁に添えられていました。

DSCF8699 (480x360)
ネギやチャーシューが浮かんでいるのが見えます。

DSCF8700 (480x360)
麺はつけ汁と同じく黒ですが、細身のスタイリッシュなフォルムの器です。

DSCF8702 (480x360)
海苔はかなり大きめのものが一枚添えられています。
苔のありがたさがわからない私は、最初の方につけ汁に浸して食べちゃいました。

DSCF8704 (480x360)
麺はキレイに盛りつけられていて、水菜がトッピングしてありました。

DSCF8703 (480x360)
水菜は短めに切ってあります。
鮮やかな緑色が彩りのアクセントになっていました。

DSCF8705 (480x360)
麺はつけ麺にしてはそれ程太くはありません。
スープを絡みやすくするため、敢えて細めにしているとのこと。
バンバンジーの麺とは同じ?

DSCF8707 (480x360)
やや黄色みがかった平打ちっぽい形です。
きっちりキレイに盛ってあるので、出てきたときは少なめに見えますが、食べてみると普通のボリュームぐらいでした。

DSCF8708 (480x360)
最初につけ汁だけで少し啜ってみました。
意外とガツンとしっかりと辛さがありましたが、味わいとしてはシンプルな辛さです。
レモンつけめんを食べたときは、つけ汁の濃厚魚介豚骨スープがとってもイマドキっぽくこってりと滑らかで美味しかったのですが、辛さを効かせたせいか、ちょっと濃厚さが隠れちゃいました。

DSCF8714 (480x360)
スープの中からメンマを発見。

DSCF8711 (480x360)
チャーシューは、結構厚めです。
しっかりした歯応えがありました。

DSCF8713 (480x360)
この日はとても暑い日だったので、先輩は食事の途中でほぼお冷やを飲み干しちゃいました。
店員さんがそれに気付いてお水を注いでくれただけでなく、氷も入れてくれました。
私はまだほとんど飲んでいなかったのに、ちゃっかり氷をゲット(笑)。
かなりぬるいお水だったので、これはとってもありがたかったです。

DSCF8715 (480x360)
この日は私のつけ麺が出てくるのに少し時間がかかったので、さすがに食べるのがのんびりな先輩でも私よりも早く食べ終えていました。

DSCF8717 (480x360)
でも、せっかくなのでスープ割りまでしっかりといただきます。
スープの温度が上がり、あっさりした味わいになって、全て美味しく飲み干しました。


お店のオススメでもある辛つけ麺ですが、個人的にはレモンつけ麺の方が独創性があって、つけ汁も濃厚で好みでした。
先輩と帰りがけに話したところ、場所の辺鄙さやボリュームから考えると、お値段がややお高めかな~と意見が一致しました。


いただいたチラシです↓
DSCF4309 (480x360)

DSCF4310 (480x360)


2014年4月10日訪問時お店DATA
********************************
四谷麺処 スージーハウス
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-2-6 アーバンビル1階
TEL 03-3355-0569
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/13 00:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(6) |
やさいと揚げもん屋 「亨。」  @市ヶ谷
今日は梅雨らしく、朝から雨が降り続いています。
週末は梅雨の中休みで気温がすごく上がるようですが、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、2015年4月10日にオープンした「亨。」のレポートです。

DSCF3014 (480x360)
2015年6月3日は、上司とOさんがお昼時に不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに行くチャンスでしたが、ここ二日間外食出来ていたので、このところ体重が高止まりだという先輩はパス。
私も同じような状況ではありましたが、折角の新店訪問のチャンスだったのでやっぱり出かけちゃいました。

この日向かったのは、「やさいと揚げもん屋 「亨。」(きょう)」という新店です。

DSCF3041 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、最初の交差点である東郷公園入口交差点を右折します。3ブロック目に東郷公園交差点があるので左折し、少し行った左手に九段木田ビルがあります。
お店はこのビルの2階です。

DSCF3043 (480x360)
「亨」は、新鮮な国産野菜や有機野菜にこだわり、野菜のおいしさとあっさりした揚げ物を堪能できるからだにやさしいお店とのことで、2015年4月10日にオープンしたそうです。
2015年5月5日にかんのさんからコメントをいただいてお店のことを知り、その一週間後ぐらいに一度トライしたのですが、目の前で10人以上のグループが入店したので、混雑していても嫌だなと思ってやめちゃいました。

DSCF3040 (480x360)
ビルの前には大きなランチメニューの看板が出ていて、黄緑色がとても目を惹きます。
この日は小雨がぱらつく日だったせいか、オープンしてから約2ヶ月経過していましたが集客に苦戦していたようで、店員さん2名がビルの前に立って客引きをしていました。

DSCF3039 (480x360)
この場所には、以前、2012年1月16日にオープンした「ナザ」というお店があり、数回ランチ訪問していましたが、2015年春頃までには閉店したようです。

それ以前には和食系のお店が入っていたような記憶があるのですが、訪問を先延ばしにしているうちに未訪のまま終わってしまいました。

DSCF3038 (480x360)
内階段を登って2階へ。

DSCF3037 (480x360)
階段の脇にいろいろと飾られています。
2階には「亨」だけでなく美容院もあるので、どちらのお店によるものなのでしょうか。

DSCF3036 (480x360)
お店の入口です。

DSCF3013 (480x360)
フロアは入って左にカウンター、右奥に厨房、窓際にカウンター席、それ以外の場所にはテーブル席が並んでいました。
基本的な構造は「ナザ」の頃と変わっていませんが、シンプルで明るい内装になっています。

DSCF3012 (480x360)
私は一番乗りでした。
その後、女性客を中心に4・5組ほど来ていたと思います。

DSCF3008 (480x360)
私は右側の壁沿いの二人席に着席。
テーブルは小さめでした。
卓上にはメニュー、紙ナプキン、爪楊枝が置かれていました。

DSCF3009 (480x360)
お箸などが入った茶色い籐籠もあります。

DSCF3010 (480x360)
店員さんは女性1名、男性2名、合計3人でお店を切り盛りしているようです。
着席すると、お水とおしぼりをいただきました。

DSCF3011 (480x360)
お冷やをいただきながら、メニューをチェック。

DSCF3002 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF3003 (480x360)
本日のLUNCHには、日替わりのお味噌汁またはスープが付きます。
国産野菜のサラダはおかわり自由です。
ごはんは白飯か雑穀米から選べます。

DSCF3004 (480x360)
この日は2種類のメインから選ぶことが出来ました。
お値段は880円か900円です。

DSCF3005 (480x360)
ご飯のお供やサイドメニュー、、、

DSCF3006 (480x360)
ドリンクやデザートもありました。

DSCF3034 (480x360)
私はお豆腐の和風ハンバーグを注文。
ご飯は雑穀米にしていただき、少なめでお願いしました。

DSCF2998 (480x360)
サラダはカウンターに置かれているので、セルフで取りに行きます。
国産野菜のサラダで、お代わり自由です。
大きなボウル2つに分かれていますが、種類は同じです。

食事の前に食物繊維たっぷりの野菜を食べると血糖値の上昇を抑え、美容や健康に効果的、とのこと。

DSCF2999 (480x360)
左側に取り皿とドレッシングが置いてあります。

DSCF3001 (480x360)
ドレッシングは自家製和風と胡麻の2種類でした。

DSCF3007 (480x360)
せっかくなので、てんこ盛りにして、自家製和風ドレッシングをチョイス。


お豆腐の和風ハンバーグ 雑穀米少なめ  (880円)
DSCF3014 (480x360)
トップバッターだということを差し引いても、お料理が早く出て来てビックリ。
メイン、サラダ、お新香、スープ、ご飯のセットです。
いただきま~す!

DSCF3020 (480x360)
ご飯は茶色い器に盛られています。
少なめでお願いしました。

DSCF3022 (480x360)
雑穀の種類は多くなさそうでしたが、食感がかためで粒々感もあって美味しかったです。

DSCF3017 (480x360)
スープは白いコーヒーカップに入っていました。
コンソメスープで、ダイコン?、タマネギ、シメジ、ネギなど、野菜たっぷりです。

DSCF3018 (480x360)
お新香は細切りのタクアンでした。

DSCF3023 (480x360)
サラダはサニーレタスと水菜と豆苗が入っていました。

DSCF3024 (480x360)
国産野菜というのはとってもありがたいですが、お野菜の種類がもうちょっとあるといいなぁと思います。

DSCF3025 (480x360)
メインのお豆腐の和風ハンバーグは白くてオーバル型の平皿に盛られていました。

DSCF3028 (480x360)
ハンバーグは小さめのものが3つあり、梅おろし、大葉、小ネギがたっぷりとのせられ、ポン酢がかかっています。

DSCF3027 (480x360)
大きなパセリも添えられていました。

DSCF3030 (480x360)
上の部分がピンク色っぽいのがわかるでしょうか。
メニューの説明を見ると梅(肉?)のようですが、これだけ食べても梅の味はしませんでした。

DSCF3032 (480x360)
ハンバーグはとてもふんわりとしていて柔らかく、ジューシーで軽い口当たりです。
ポン酢や大根おろしでとてもさっぱりと食べられました。

DSCF3033 (480x360)
せっかくなので、サラダをおかわり。
2回目は胡麻ドレッシングにしました。

DSCF3035 (480x360)
食べ終えると、温かいお茶が出て来ました。


ご飯を少なめにしたこともあり、全体のボリュームは普通でした。
インパクトはそれ程ありませんでしたが、お野菜をターゲットにしたお店はこの界隈ではとても珍しかったです。


2015年6月3日訪問時お店DATA
*************************************
やさいと揚げもん屋 「亨。」  (きょう)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-2-3 九段木田ビル2階
電話 03-6256-8555
定休日 日曜・祝日 
営業時間 
[昼] 11:00~15:00 
[夜] 17:00~23:00 
地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分
JR市ヶ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/12 06:00】 | ハンバーグ | トラックバック(0) | コメント(6) |
中國飯店 市ヶ谷店  @市ヶ谷
昨日は真夏のような日差しでとっても暑かったですね~。
でも、残念ながら今夜から雨が降り出すようです。
夜遅い方は傘を忘れずにお持ち下さい☆

DSCF8655 (480x360)
2014年7月23日の夜、以前事務所に来ていてくれたIさんが遊びに来るということで、一緒にディナーに行くことになりました。
「場所はどこにしようか?」と上司が聞いてきたので、せっかくの食事会だから、Iさんが大好きなお米にこだわった「米福」@恵比寿というお店を紹介したのですが、遠くまで行くのが面倒くさいと却下。
実はこのお店はIさんのお別れ会の時に行きたかったのですが、定休日で行けず、今回もダメでした。

それなら近場でと、Oさんや先輩が行きたいお店を幾つも候補を挙げたそうですが、ことごとく却下。
結局、上司が市ヶ谷にある「中國飯店(ちゅうごくはんてん) 市ヶ谷店」に決定。
この間、私は自分のミスをリカバリーすべく、与野へ行っていました(汗)。
続きを読む

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/06/11 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
つけ麺 R&B  @与野
昨日の朝は激しい雨で通勤時間がどうなるかすごく心配でしたが、実際に家を出る頃にはかなり落ち着いていました。
今日は数少ないお天気のようで、ちょっと嬉しいです。

本日はマイブログ圏外の与野にある「R&B」のレポートです。

2014年7月22日は、「クルージンダイナー」でカレーを購入しましたが、2015年4月21日に撤退したので、割愛させていただきました。

DSCF8554 (480x360)
2014年7月23日は、仕事で自分のミスが発覚し、その対応のために急遽埼玉県の与野に行くことになりました(汗)。
JR京浜東北線の与野駅を降りたのは人生で初めて。
到着したのは午後1時半近く。
お昼を食べていなかったので、ラーメンデータベースを調べたら、「つけ麺 R&B(あーるあんどびー)」というつけ麺屋さんが大人気で、しかも、駅近だったので、行ってみることに。

DSCF8571 (480x360)
JR京浜東北線の与野駅の西口を出ると、右にロータリーがあります。
そこを超えた右手の角地にお店を発見。
確かに、と~っても近かったです。

DSCF8572 (480x360)
2009年1月21日にオープンしたこちらのつけ麺屋さんは名物が辛つけ麺とのことで、激辛大好きな私はかなり期待が高まります!

DSCF8573 (480x360)
お店の外にこだわりの書かれた看板が掲げられていました。

入店してみると、店内に2人並んでいたので、仕事に差し支えがあったらまずいと思い、一旦断念。
無事仕事が早めに終わり、午後2時半頃にもう一度行ってみました。

DSCF8574 (480x360)
営業時間と定休日はこちらです。
この写真は帰りがけ、閉店時間の午後3時近くに撮影したので、準備中の札になっていました。

DSCF8570 (480x360)
入口から入ってすぐ左に券売機があるので、先に食券を購入します。

普通のつけ麺が一番左にありますが、その隣にあった辛つけ麺が名物とのこと。
激辛好きな私は、もちろん、こちらをチョイス。
並盛と大盛が同料金だったので、ついつい欲張って大盛にしちゃいました(笑)。

「本気で辛いです!」というキャッチコピーがついた大辛煮そばなんていう魅惑的なメニューがあって、こちらもとても魅力的でしたが、この日は気温が35度近くまで上がるほぼ猛暑日だったので、残念だけどやめておきました。

DSCF8552 (480x360)
フロアはそれ程広くはありません。
右に厨房、その前にカウンターがあります。

DSCF8550 (480x360)
入店したときは時間が時間だったので、誰もいませんでした。
でも、人気店らしく、その後、二人客が一組、一人客が二人来ていました。
ご夫婦でしょうか、男性と女性のお二人でお店を切り盛りしています。
男性がラーメンを作り、女性が接客を担当していました。

DSCF8551 (480x360)
壁にメニューが貼り出してあります。
スープ割り・つけ汁の温め直しが出来るとのこと。
紙エプロンはお願いすればいただけます。

DSCF8553 (480x360)
カウンターの真ん中ぐらいに着席。
卓上にはお水の入った大きなポット、割り箸、紙ナプキン、ティッシュボックス、爪楊枝、一味唐辛子、胡椒お酢が置かれていました。
手前のタッパーには魚粉が入っています。
辛いメニューが中心だからでしょうか、ティッシュペーパーが2段重ねてありました(笑)。

DSCF8549 (480x360)
食券を渡し、つけ麺を待ちます。
着席するとすぐに出してしまったので、食券は撮影できず(泣)。

お水をいただきながら、出てくるのを待ちます。
細身のグラスです。


名物! 辛つけ麺 大盛  (850円)
DSCF8554 (480x360)
しばし待って、つけ麺が登場!
太麺なので茹で時間がかかったのか、出来上がりに少し時間がかかりました。
15分近く待ったかも。

「器が熱いので気をつけて下さい。」とアナウンスがありました。
店員さんがカウンターの高い部分につけ麺とつけ汁を置いてくれるのですが、テーブルが奥に広いので、チビな私はかなり手を伸ばして取る感じになりました(汗)。

DSCF8558 (480x360)
麺は器にたっぷりと盛られていました。

DSCF8561 (480x360)
レンゲは黒いプラスチック製で、麺の下に差し込まれています。

DSCF8559 (480x360)
黄色っぽい中太麺の中央には粉唐辛子がふりかけてあります。
辛い麺はいろいろ食べていましたが、こうやって麺に唐辛子パウダーがふりかけてあるのを見たのは初めて。
シンプルだけど、とっても斬新でした。

DSCF8560 (480x360)
麺は黄色みがかった太麺で、平たいです。

DSCF8556 (480x360)
小さめの黒い器に入ったつけ汁はそれ程赤さはありません。
確かに器は熱々でした。

DSCF8557 (480x360)
刻み玉ねぎ?が中央に浮かんでいました。
青菜っぽいものも入っています。
つけ麺のつけ汁に青菜系の野菜が入っているのって、珍しいかも。

DSCF8562 (480x360)
つけ汁は、表面がちょっとオイリーかなと思いましたが、食べ進めていたら気にならなくなりました。
辛さはかなりビシッときいていて、唐辛子がベースなのでしょうか、ストレートな辛さです。

DSCF8563 (480x360)
つけ汁の中にはほぐしたチャーシューが入っていました。
お肉は柔らかく、しっかり味です。

DSCF8565 (480x360)
メンマほか、青菜が入っていました。
お腹が空いていたせいか、大盛りでもペロリと完食。

DSCF8566 (480x360)
スープ割りをお願いすると、野菜を散らしてくれました。

DSCF8567 (480x360)
隣のお客さんが以前にも来たことがあるらしく、スープ割りをお願いするときに「三つ葉で。」とお願いしていました。
連れの人に話していたのですが、三つ葉か柚子こしょうかを選べるそうです。
ただ、私のスープ割りに入っているのは三つ葉ではなくて、水菜に見えるような。
特にどっちとも聞かれなかったし。

DSCF8568 (480x360)
野菜の味わいでスープがすっきり爽やかになりました。

DSCF8569 (480x360)
ネギを入れてくれることはありましたが、ネギよりもサッパリ感が強かったかも。


個人的にはもうちょっとスープが濃厚で、辛さの味わいが複雑な方がいいかなと思いましたが、お腹いっぱいで満足です。
次に与野に来るのがいつになるかは全くわかりませんが、大辛煮そばがとっても気になります。


2014年7月23日訪問時お店DATA
***********************************
つけ麺 R&B (あーるあんどびー)
〒338-0002 
埼玉県さいたま市中央区下落合1032
TEL 048-822-8763
営業時間 
[昼] 11:30~15:00  
[夜] 17:30~23:00 
定休日 月曜日
JR京浜東北線与野駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/10 05:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(6) |
【お弁当販売終了】 やきとり 宮川 四ッ谷  @四谷
2015年8月10日追記

DSCF6577 (480x360)
「宮川」のお弁当販売は、2015年7月末をもって終了しました。

************************************

いよいよ梅雨入りしました。
雨が降っていないのに、梅雨入り宣言されるのって、なんだか不思議。
いきなりかなりの大雨で、朝からとってもブルーです。
みなさま、足元などにもお気をつけ下さい☆

DSCF8303 (480x360)
2014年7月17日は、久しぶりに「やきとり 宮川(みやがわ) 四ッ谷」のお弁当を買いに行きました。
事務所からは近くて買いに行きやすいのですが、メニューをだいぶ食べてしまっていたので、ちょっと足が遠のいていました。

DSCF4569 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て、ロータリーの交差点を渡り、左に曲がります。
レストラン エフ」の入っている主婦会館の隣に四ッ谷鳳翔ビルがあり、お店はその1階にあります。

DSCF5685_20120203230709.jpg
この場所には以前「おかわり屋」というお店がありましたが、2011年9月16日に閉店したそうです。

DSCF5683_20120203230710.jpg
「宮川」は40年継ぎ足された秘伝のタレを持つ老舗の焼き鳥屋さんだそうで、2011年11月21日にオープンしました。
溜池山王にも支店があるそうです。

DSCF4570 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お店の前にはイートインのランチの看板が出ています。

DSCF4572 (480x360)
入口の近くには、フロアの案内図も出ていました。

お弁当の販売は店内でのランチと同じく、午前11時半からです。
以前はビルの前で販売していましたが、2014年のいつ頃からか、店内で行うようになりました。
お弁当を予約することも出来るようです。

DSCF4571 (480x360)
前回ランチ訪問したのは2014年5月20日でした。
前回お弁当を購入したのは2014年4月16日だったので、約3ヶ月ぶりです。

DSCF5944 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
入ってすぐのカウンターの一番手前でお弁当を販売しています。
カウンターの中にいる店員さんか、厨房から出てくる店員さんが販売の対応をしてくれます。

DSCF8294 (480x360)
12時ちょっと過ぎに入店すると、先客1名でした。
スマホの既食リストをチェックしながらお弁当を眺めていたら、「新発売」という文字を発見。
確かに食べたことがなかったので、こちらを購入しました。800円。
その後、イートインのお客さんがどんどんやってきて、お弁当の後客も二人ぐらい来ていました。

DSCF5943 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
出来上がったお弁当が入っているのかな?

DSCF4573 (480x360)
お味噌汁はセルフサービスです。

DSCF8295 (480x360)
お弁当はよくある白いビニール袋に入れてくれます。

DSCF8296 (480x360)
袋から取り出すとこんな感じです。
お箸はお断りしたのですが、、、

DSCF8298 (480x360)
おしぼりはいただいちゃいました。
今度はおしぼりもお断りしようっと。

DSCF4472 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
割り箸には箸袋などはなく、そのままでした。

DSCF8297 (480x360)
お味噌汁はプラスチック製のコップ型の容器で、下は白、フタは半透明です。

DSCF8300 (480x360)
お弁当の容器は小さめなほぼ正方形のプラスチック製の容器で、下は金色のラインが入った赤、フタは透明です。
黒いお弁当の容器が多かったので、赤は珍しいかも。

DSCF8299 (480x360)
お弁当には小袋の山椒がついていました。

DSCF8301 (480x360)
裏はこんな感じです。


白い唐揚げ弁当  (800円)
DSCF8303 (480x360)
いただきま~す!

DSCF8304 (480x360)
お味噌汁の具はいつもはほとんどがワカメとお揚げですが、この日はお麩に少し小ネギを散らしてありました。
私はお麩が大好きなので、たっぷりゲット(笑)。
ふわふわの食感をたくさん楽しめました。
温かい汁物があると、特に冬はとてもありがたいです。

DSCF8306 (480x360)
お弁当は4つに区切られ、右上にメイン、左上に焼き野菜、右中にお新香、右下に副菜、左下にご飯が詰めてありました。

DSCF8307 (480x360)
ご飯は刻んだ柴漬け?、大葉、胡麻などが混ぜ込んでありました。
普段とは全く違い、こういう混ぜご飯は初めてだったかも。

DSCF8314 (480x360)
量は普通ですが、さっぱり食べられました。

DSCF8309 (480x360)
お新香のところに入った小さなボトルがのっかっていました。

DSCF8317 (480x360)
白い唐揚げのタレです。
量は結構たっぷり。

DSCF8315 (480x360)
ボトルをどかしてみると、柴漬けが出てきました(笑)。

DSCF8308 (480x360)
副菜は、玉子焼きとタケノコの煮物です。
玉子焼きは少し甘めな味つけだったような、、、?
タケノコは大ぶりで、3つぐらい入っていました。
好物なので、シャキシャキした食感をたっぷり楽しめました。

DSCF8311 (480x360)
左上には野菜が入っていて、「宮川」でよく出てくる、赤・黄パプリカ、シシトウ、ナスの組み合わせです。
赤・黄・緑・紫と、彩りが華やか。
カットは大ぶりで、パプリカは甘みがありました。
ナスは素揚げしているのでしょうか、トロリとした食感です。

DSCF8312 (480x360)
白い唐揚はこちらのお店の名物で、これまでにも盛り合わせなどで食べたことはありましたが、これオンリーというお弁当は初めてです。
その名の通り、衣は唐揚らしくなくて、白っぽいです。
よく見ると結構たくさんあって、一口大ものが5・6個? もっとだったかな?

DSCF8313 (480x360)
唐揚は、いろいろな部位があるようです。
歯応えに少しずつ違いがありましたが、美味しかったです。

DSCF8320 (480x360)
下味がちゃんとついているので、タレのボトルがついていましたが、結局使わず、そのまま食べちゃいました。

DSCF8321 (480x360)
山椒は大好きなので、かけました。
とっても香りが良かったです。

DSCF8318 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


唐揚の数が多くて、ボリューム満点です。
先輩からも、「見るからにボリューミーでしたよ~。」と言われました。
「宮川」のお弁当の中ではダントツにCPがよかったです。
美味しかった!


◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニュー↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

[イートイン]
きじ飯 (2012年1月31日
唐揚げ定食 (2012年3月9日
チキンカツカレー (2012年7月6日
鶏そぼろと春雨の辛味噌温玉ご飯 (2012年9月14日
チキンカツ定食 (2012年11月6日
チキン南蛮定食 (2013年3月18日2014年5月20日

[テイクアウト]
きじとそぼろが楽しめるミックス弁当 (2012年7月11日
ミックス弁当<きじと鳥唐> (2013年1月24日
ミックス弁当<竜田ときじ> (2013年10月28日
自然栽培のお野菜を使った夏野菜カレー (2012年7月27日
旬野菜と自家製鶏スープを使ったチキンカツカレー (2013年12月3日
宮川伝統の味 きじ弁当 (2012年10月3日
宮川弁当<油淋鶏> (2012年10月29日
鶏もも肉の生姜焼き弁当 (2012年12月17日
煮込み<単品> (2013年1月24日
チキン南蛮弁当 (2013年3月13日
おろしカツ弁当 (2013年5月9日
蒸し鶏と自家製胡麻たれ冷し中華そば (2013年7月10日
きじと白い唐揚げ弁当 (2013年9月30日
とりの天ぷらときじ弁当 (2014年4月16日
白い唐揚げ弁当 (2014年7月17日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF5832 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF1882_20130517053452.jpg

DSCF7340.jpg

DSCF7341.jpg

DSCF7342.jpg

DSCF7343.jpg

DSCF7344.jpg

DSCF7345.jpg

DSCF7346.jpg

DSCF7347.jpg

DSCF7349.jpg

DSCF7350.jpg

DSCF7351.jpg

DSCF7352.jpg


お店の名刺です↓
DSCF6587_20120221081301.jpg

DSCF6588.jpg


2014年7月17日訪問時お店DATA
***********************************
やきとり 宮川 四ッ谷 (みやがわ)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町15-2 四ッ谷鳳翔ビル1階
TEL&FAX 03-3221-4833
営業時間 *お弁当の販売は午前11時30分から
[月~金] 11:30~14:00 18:00~23:00 
[土日祝] 17:00~22:00 
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/09 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
カレーの王様 市ヶ谷店  @市ヶ谷
とてもお天気のよかった週末ですが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は珍しく2日とも予定があって、ほとんど家にいることなく、出歩いてばかりでした。
ちょっと疲れ気味の週明けですが、今週もがんばりま~す☆

DSCF8282 (480x360)
2014年7月16日は、午後のスケジュールの関係で、11時半前にお弁当を買いに出かけました。
前日は、火曜日なのに千代田四番町ランチ屋台がオムライスの「リトル グランマ」だと勘違いして、結局「フレッシュネスバーガー」にしたので、今日こそはオムライスを食べようと思って屋台に行ったのですが、早すぎたようで「まだです。」と言われちゃいました(泣)。
二日連続だったので、かなりガッカリ。。。
どうしようかとぼんやり考えながら歩いていたら、「カレーの王様」でテイクアウトをしたことがなかったことを思い出し、行ってみることにしました。

2008_1115画像0089
こちらは以前撮影した写真です。
市ヶ谷駅のほど近く、JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かって進むと、すぐ左手に市ヶ谷プラザビルというビルがあります。

2010_0803画像0056
こちらも以前撮影した写真です。
市ヶ谷プラザにはたくさんの飲食店が入っています。
1階の土手に面した側には「ティーヌン」と2011年7月1日にランチ訪問した「とんかつ うちの」があります。
靖国通り側は、1階にある、
2009年10月8日に「カレーの王様 市ヶ谷店」
2009年7月28日に「ITALIAN RESTAURANT DINOS」(2010年後半に閉店し、2010年11月24日に「松屋 市ヶ谷店」がオープン)、
2014年5月26日に「横浜家系ラーメン 市ヶ家」
また、2階では、
2014年5月9日に「居酒屋 ぷちあん」、
2009年7月1日に「さくら水産」
2010年8月3日2011年9月1日に「芝浦食肉」(現在はランチ休業)、
へ行きました。

2009_1012画像0009
前回ランチ訪問したのが2009年10月8日だったので、4年9ヶ月ぶりで、テイクアウトは初めてです。
お昼は結構並んでいることが多くて、なかなか買うチャンスがありませんでした。

2009_1012画像0008
「カレーの王様」は、スパイスなどで有名なエスビー食品株式会社の子会社でしたが、2012年4月1日に株式会社プラスゲートに事業譲渡されたそうです。
都内に7店舗展開しています。

DSCF8271 (480x360)
こちら市ヶ谷店は1973年創業で、この時点で何と41周年とのこと。
この界隈では、老舗中の老舗では?

この日歩いていて思ったのは、11時半前の道って、本当に人が少なくて静かです。
仕事で外出することもありますが、ランチを目的で歩いていなかったせいか、こんなに人通りが少ないのか~と改めて実感しました。
飲食店にしてみれば、ランチって本当に2時間弱ぐらいの間の勝負なんだなぁと実感です。

DSCF8272 (480x360)
市ヶ谷駅方面から見るとこんな感じです。
お店の外に大きく張られた極旨ロースカツカレーがとっても美味しそう。
でも、2日後の金曜日の夜に友人とディナーの予定が入っていたので、諦めました。

DSCF8269 (480x360)
カレーはカレーでも、グリーンカレーが定番メニューにあるとのこと。
これはビックリ!
全然知らなかった~。

DSCF8268 (480x360)
さすがに店内はガラガラで、店員さんから元気よく挨拶されてしまい、メニューを決めるのに焦りました(汗)。

DSCF8267 (480x360)
入口のカウンターで、持ち帰りの人は右側に並びます。
この日は誰もいなかったので、あまり関係なかったですが(笑)。

DSCF8273 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋です。
いただいた容器がとても大きく、そのせいか、袋も大きめ。

店員さんから受け取ったときから何となく不安定感を感じていたのですが、事務所のすぐ近くまで戻ってきたとき、完全に容器が垂
直になっちゃっているのに気付きました(汗)。

DSCF8275 (480x360)
中から取り出すとこんな感じです。
夏季限定のガパオカレーというメニューがあり、面白そうと思って、こちらを購入してみました。

DSCF8278 (480x360)
紙ナプキンと、、、

DSCF8277 (480x360)
フォークが入っていました。
プラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。
このフォークではカレーを食べるのは大変だと思うので、多分、スプーンはお断りしたのかな?

DSCF8279 (480x360)
容器はプラスチック製で、下は白、フタは透明です。

恐る恐る容器を袋から取り出してみると、薬味は隣の区切りにとんじゃっていたものの、ルーの漏れはなし。
さすがにチェーン店だけあって屋台とは違うようです。


ガパオカレー (?円)
DSCF8282 (480x360)
いただきま~す!
容器は3つに区切られていて、上にご飯とガパオ、下にグリーンカレー、左に薬味が入っていました。

お値段は忘れてしまったのですが、それ程高くなかったと思います。

DSCF8283 (480x360)
ただ、容器を垂直状態で運んでしまったせいで、薬味は元の位置にはほとんどなく、上のご飯&ガパオのスペースにぶっ飛んでいました(笑)。

DSCF8284 (480x360)
グリーンカレーは、容器が大き過ぎる?と思ってしまうぐらい、量は少なめです。
具は見当たりません。

DSCF8285 (480x360)
上にはご飯が盛られ、その上に目玉焼きがのっかっています。
右側にはガパオ、左には野菜が添えられ、越境した薬味が入っていました。

DSCF8286 (480x360)
ガパオはしっかり目の味付けでした。

DSCF8289 (480x360)
目玉焼きはやや小ぶりで、フチがこんがりと焼いてありました。

DSCF8287 (480x360)
野菜は赤パプリカと黄パプリカの細切りで、彩りが華やか。
茹でてあるのか、とても甘みがありました。

DSCF8288 (480x360)
こちらが移動してしまった薬味です(笑)。
赤くはありませんが、福神漬けかな?

DSCF8291 (480x360)
意外と辛さがしっかりありましたが、やや塩気が強く、旨みに乏しい感じです。
ペンシーズ」のグリーンカレーを食べ慣れちゃっているから、悪くはないけど、やっぱり物足りない感じです。

DSCF8293 (480x360)
目玉焼きを切ってみると、半熟だったようで、黄身がトロリと流れ出しました。
美味しい!

DSCF8280 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームは普通です。
面白そうだったので変わり種のグリーンカレーを食べてみましたが、やはり専門店の方が美味しかったです。
次回はカレーの王様らしいメニューを食べてみたいです。


イートインのメニューです↓
2009_1012画像0003

2009_1012画像0004

2009_1012画像0005


2014年7月16日訪問時お店DATA
******************************
カレーの王様 市ヶ谷店  (かれーのおうさま)
〒102-0073 
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル1F
TEL 03-3262-7465
営業時間 
[平日] 11:00~23:00 
[土祝] 11:00~22:00
定休日 無休(年末年始は変更あり)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/08 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
FRESHNESS BURGER 市ヶ谷日テレ通り店  @市ヶ谷/麹町
今日は半年に一度の、個人的に大きなイベントがあるので、朝から大忙し!
みなさまも、楽しい日曜日を☆

DSCF8232 (480x360)
2014年7月15日は、千代田四番町ランチ屋台にお弁当を買いに行きました。
火曜日だったのに、何故かオムライス屋「リトル グランマ」の日だと勘違いしていて、車に到着したら「トノカフェ」だったのでビックリ(汗)。
行列もそこそこあったのと、メニューが代わり映えしなくてあまり気乗りがしなかったので、急遽「FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー) 市ヶ谷日テレ通り店」へ行くことにしました。

2008_1123画像0038
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、2つめの交差点の少し手前の右側に店舗があります。

2008_1123画像0039
こちらも以前撮影した写真です。
一軒家、というのでしょうか、2階建ての小さな建物です。

フレッシュネスバーガー」は、株式会社フレッシュネスバーガーが展開するちょっとお高めのバーガーチェーンで、1992年12月14日に第一号店がオープンし、現在では日本各地だけでなく、香港やシンガポールやミャンマーにも支店があります。

2008_1123画像0037
こちらも以前撮影した写真です。
前回購入したのは2014年5月22日だったので、約2ヶ月ぶりです。

DSCF4944 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前の右側には限定メニューや営業時間が出ていました。

DSCF4945 (480x360)
逆サイドにはウエルカムボードやお花が飾られています。

2008_1123画像0032
お店に入ると、右側に小さなテーブルが並び、、、

DSCF1057.jpg
左側にはカウンター席がありました。

DSCF8212 (480x360)
フロアの端には調味料やお水、お砂糖などが置かれた小さなワゴンがあります。

珍しい調味料がいろいろ置いてあるのがウリでしたが、ちょっと種類が減ったかな?

DSCF1059_20120604195025.jpg
お店は1階と2階がありますが、いつもテイクアウトなので2階には行ったことがありません。
1階は禁煙です。

DSCF8208 (480x360)
店内にはメニューがいろいろと貼ってあります。

DSCF8211 (480x360)
12時10分過ぎにお店に到着すると、先客は5・6人ぐらいいました。
スーツ姿の人は少なく、女性客が多めです。

DSCF1058_20120604195109.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
午前11時から午後2時まではお得なLunch Comboが販売されています。
本日のバーガーとフライドポテトRとドリンクがセットで640円とお得です。
2007年8月29日に初めてランチ訪問したときにこのセットをいただきました。
ただ、いろいろな種類を食べたい私には、このセットはあまり魅力的ではありません。

DSCF8213 (480x360)
カウンターの横には小さな冷蔵ケースがあります。
この中には、サラダ、デザート、お酒などが置いてありました。

DSCF8215 (480x360)
フロアの奥が調理場です。
あまり広くない中で、結構人数の多い店員さん達が忙しそうに動き回っています。

注文が入ってからお料理を作るので、結構待ち時間がかかりました。
10分以上待ったかな。
普段は電話でオーダーしてから取りに来るので、こんなにぼんやり待ったのは久しぶり。
待つ人だけでたくさんいて、立ち位置を確保するのも大変(汗)。

DSCF4976 (480x360)
メニューです。
事務所に常備しています(笑)。

DSCF8217 (480x360)
事務所に戻ったのは12時半ぐらいでした。

DSCF6974_20130830103304333.jpg
持ち帰り用の薄いビニール袋は半透明で、店名が白いロゴが入っています。

DSCF8219 (480x360)
中に入っている紙袋は淡い茶色でとってもシンプルです。
この日は紙袋2つに分けて入っていました。
冷たいものと温かいものだったからかな?

DSCF4953 (480x360)
でも、店名のロゴはこちらにもちゃんと入っています。

DSCF8221 (480x360)
袋から取り出しました。
この日は、ニューヨークチキンオーバーサンド、グリルドチキン、ビーンズサラダ キャロット&ナッツを購入。

DSCF6976_20130830103309ba0.jpg
紙ナプキンは持ち帰りの袋と似た淡い茶色です。
こちらにも店名のロゴが入っていました。

DSCF8225 (480x360)
この時期、「フレッシュネスバーガー」とエグザイルがコラボしていて、メンバーが提案した幾つかの新商品を順次提供するという企画をやっていました。
前回はコラボレーション第5弾の商品で、USAさんが考案したプレミアムジャークチキンバーガーを食べたのですが、まだ企画が続いていたようで、この日は第7弾コラボレーション EXILE MAKIDAI考案のニューヨークチキンオーバーサンドです。
ちなみに、2015年6月現在、このコラボ企画は終了しているようです。

こちらは、ニューヨークの"行列が耐えない名物屋台料理"で話題の「チキンオーバーライス」を「フレッシュネスバーガー」がイメージし開発したとのこと。
 「チキンオーバーライス」とは、サフランライスの上に炒めたチキン、ラム、レタスなどの野菜をのせ、ホワイトソースやスパイシーソースをかけた料理だそうですが、グリルした鶏肉を6種のスパイスに漬け込んだスパイシーな味わいのチキン、グリーンカール、トマト、ワカモレをゴマバンズでサンドし、スパイスを効かせたチキンと相性の良いフレッシュネスバーガー特製のガーリックヨーグルトソースをトッピングすることでマイルドに仕上がり、ヨーグルトの爽やかな酸味がチキンの味わいを引き立てていて、スパイスの香りが食欲をそそる、暑い夏にぴったりの商品とのこと。
販売期間は2014年7月14日(月)から8月中旬まででした。

DSCF8230 (480x360)
包み紙を留めるシールで商品名がわかるようになっていますが、コラボメニューは「EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014」と印刷されています。

バーガーにはいつもケチャップとマスタードが小袋で付いていますが、この日はありませんでした。
つけないタイプのものなのか、忘れられたのか、判然としません。
バーガーの味はしっかりしていたので、全くいらなかったです。

DSCF8224 (480x360)
グリルドチキンは、口が開いている小さな紙袋に入れられていました。

DSCF8222 (480x360)
サラダが入っている丸い容器はプラスチック製で、下が白、フタが透明です。

DSCF8223 (480x360)
サラダ用にプラスチック製の白いフォークがついていました。
刃先が短めなので、ちょっと食べにくかったです。


ニューヨークチキンオーバーサンド(390円税別)+グリルドチキン(240円税別)
+ビーンズサラダ キャロット&ナッツ(220円税別)=918円
DSCF8233 (480x360)
いただきま~す!

DSCF8226 (480x360)
サラダはキャベツの千切りの上にお豆やズッキーニやニンジンが盛ってあります。
ズッキーニとニンジンは幅広の薄切りなので、とっても存在感があって、特にオレンジの彩りが鮮やかです。
オシャレな形のスライスでした。
ただ、フォークが小さめだったこともあって、結構食べづらかったです。

DSCF8227 (480x360)
お豆が好きなので、豆入りはとっても嬉しいです。
柔らかい食感ですが、そんなにたくさんは入っていなかったのが残念。

DSCF8228 (480x360)
ドレッシングが甘めな味つけでビックリ。
このビーンズサラダのもう一つの種類はベリー&ナッツだったので、果物が入っている上に甘いドレッシングがかかっているかもと思うと、甘いものが苦手な私はちょっと食べる勇気が出ないかも(汗)。
ボリュームが結構あるので、食べ切るのがちょっと大変でした。

DSCF8237 (480x360)
グリルドチキンは、骨付チキンをこんがり焼いて黒こしょうを効かせたスパイスで味付けをして、外はパリッと中はジューシーな味わいとのこと。
ノンフライなので、カロリー控えめというのが嬉しいです。

DSCF8238 (480x360)
結構大きめなサイズです。
お店の説明書きほど外側はパリッとはしていなかったですが、柔らかく、しっかり味付けしてあって美味しかったです。
骨付きですが、食べる部分も結構ありました。

DSCF8232 (480x360)
バンズからはみ出すほどのレタスが、いつ見てもいいですね~。

DSCF8234 (480x360)
バンズはフレッシュネス名物のパンプキンバンズじゃなかったです。
鶏肉は柔らかく、ワカモレやソースのせいか、意外とあっさり味でした。
個人的な好みとしては、前回食べたプレミアムジャークチキンの方が面白かったです。

DSCF5899 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じです。


全体のボリュームは普通です。
この日はサラダのドレッシング甘さに打ちのめされて、辛いランチでした(汗)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

[クラシックバーガー]
 クラシックチーズバーガー (2010年2月24日
 ブルーチーズバーガー (2012年10月17日
 アボガドバーガー (2014年4月28日

[ハンバーガー]
 フレッシュネスバーガー (2008年11月17日
 ベーコンオムレツバーガー (2010年6月28日2011年9月20日
 テリヤキバーガー (2007年8月29日
 チーズバーガー (2014年5月22日
 スパムバーガー (2012年10月17日
 サルサバーガー (2009年6月12日

 プレミアムジャークチキンバーガー (2014年5月22日
 ニューヨークチキンオーバーサンド (2014年7月15日

[ベジタブルバーガー]
 ベジタブルバーガー トーフ (2010年6月28日

[ホットドッグ]
 ホットドッグ (2010年2月24日
 チーズドッグ (2011年9月20日

[サイドメニュー]
 フライドポテト (2007年8月29日
 オニオンリング  (2008年11月17日
 チキンナゲット (2009年6月12日
 グリルドチキン (2014年7月15日
 ポップオーバー (2010年2月24日
 プーリー (2011年9月20日

 ベジタブルスープ (2010年6月28日
 ポルチーニクリームスープ (2014年4月28日
 クラムチャウダー (2008年11月17日
 トマトクリームチャウダー (2014年5月22日

 コールスローサラダ (2014年4月28日
 ビーンズサラダ キャロット&ナッツ (2014年7月15日
 

[ドリンク]
アイスコーヒー (2007年8月29日

[セット]
 ランチコンボ<テリヤキバーガー> (2007年8月29日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF4976 (480x360)

DSCF4977 (480x360)

DSCF4978 (480x360)

DSCF4979 (480x360)

DSCF4980 (480x360)

DSCF4981 (480x360)

DSCF4982 (480x360)

DSCF4983 (480x360)

DSCF4984 (480x360)


2014年7月15日購入時お店DATA
*********************************
FRESHNESS BURGER 市ヶ谷日テレ通り店  (フレッシュネスバーガー)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町2-13
電話 03-3222-0125
営業時間 
[月~金] 8:00~22:00
[土日祝] 9:00~21:00
地下鉄麹町駅から徒歩2分
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/07 00:00】 | バーガー | トラックバック(0) | コメント(4) |
聚福楼  @池袋
知人に子供が生まれたので、今日は午後から赤ちゃんに会いに行きます。
雨が止んでくれてよかった~。
ベイビーなんて、ホント久しぶりで緊張しちゃいます(笑)。

本日は、マイブログ圏外の池袋にある「聚福楼」のレポートです。
食べ手を選ぶお店だとは思いますが、すっごくオススメ!!

DSCF8058 (480x360)
2014年7月11日の夜、先輩と二人で暑気払いに行きました。
この春はなんだかんだで忙しく、二人で食事をしたのは2014年1月31日に新年会として「北島亭」にディナー訪問して以来、5ヶ月半ぶりです。
ちょうどこの時期、私が食べログで見つけた、怪しくて美味しそうで面白そうな「聚福楼(じゅふくろう)」というお店を先輩に紹介したら、大賛成してくれました。

DSCF8036 (480x360)
この日向かったお店は池袋にあります。
JR池袋駅の西口を出て、右側にある交番のある交差点を渡り、左に進んで最初の角を右折します。
最初の角の左側に大雄ビルがあり、お店はその4階です。

DSCF8037 (480x360)
怪しげな雰囲気満載のお店だから、池袋の場末の路地裏みたいな場所にあるんじゃないかという予想を完全に裏切り、西口からすぐのロマンス通りの角地にあるビルでした。
とてもわかりやすい場所です。

DSCF8039 (480x360)
ビルの1階に出ていたこの看板を見ると、一見、普通の中華料理の店に見えますが、、、

DSCF8038 (480x360)
もう一つ出ていた看板のとおり、とっても辛そうな中国の東北地方のお料理を出すお店です。
でも、この写真には出ていないメニューが実は一番人気です。
後の写真を見ていただければ分かると思いますが、せっかく一見さんでも惹き付けられるお店なのに、ちょっともったいない気がしました。

事前情報ではお客さんは中国人の方が圧倒的に多いと聞いていたのですが、先輩が予約の電話をかけたところ、最初に中国語で対応してきたそうです(笑)。

DSCF8042 (480x360)
エレベーターを降りると、ダイレクトに店内につながっています。
フロアは結構広く、右奥に厨房があり、テーブル席がずらりと並んでいました。
内装は中華にしては赤や紫はほとんどなく、黒っぽい色調にまとめられていて、予想していたよりも全然怪しくなく、むしろ案外オシャレっぽかったです。

でも、炭火を使っているということもありますが、室内はかなり暑い!
真夏とはいえ、外とほとんど変わらないかも(笑)。

DSCF8041 (480x360)
テーブルの真ん中に炭を置くためか、テーブルは基本的に6人位座れる大きさです。
一瞬、先輩と二人なので相席かなと心配でしたが、店員さんに予約をしたことを告げると、奥の厨房寄りで壁のない真ん中っぽい席に通されました。

卓上にはメニュー、ティッシュペーパー、爪楊枝、各種調味料が並んでいます。
予約席だからなのか、あらかじめいろいろとセットしてありました。

夜7時頃入店しましたが、店内はほぼ満席。
しかも、お客さんは中国系?の方が多いようで、日本語はほとんど聞こえてきません(笑)。
大人数のグループが多いので、中国語が店内を飛び交っています。
いいなぁ、この現地感覚。

DSCF8046 (480x360)
こちらは、羊の塊肉を食べられるというのが大人気。
しかも、前足、後足、スペアリブと、部位を選ぶことができます。
ちなみに、塊肉は兎の丸焼きもあります。

DSCF8047 (480x360)
私たちは、一番食べやすくて美味しいという、羊の背中の焼き物(烤羊排)を注文。 


ビール (480円→300円)
DSCF8050 (480x360)
何はともあれ、まずは乾杯。
最初の一杯は生ビールを注文。
フェアで300円だそうです。
因みにこのフェア、ずっとやっているようで、事実上の値下げ?

ビールはサントリーのプレミアムモルツでした。
以前の牛角でもこのグラスで出していましたが、中ジョッキの割にはちょっと細めのスタイル。
とはいえ、300円でいただけるというのは、呑兵衛には本当にありがたいです。

DSCF8044 (480x360)
お料理だけでなく、ソフトドリンクもちょっと変わったものが揃っていました。
喜んだ先輩は、チャレンジ精神を発揮して、アンニンミルクを注文。


アンニンミルク (300円)
DSCF8053 (480x360)
真っ白い液体が中ジョッキに並々と入っていました。
先輩は甘ったるいのを覚悟して頼んでみたのですが、私も後から一口いただいてみると、冷たいせいか意外と甘さは控えめでコクがあって美味しかったです。

DSCF8054 (480x360)
テーブル中央の炭置きの場所にはアルミホイルが敷き詰めてあります。
そこに赤く燃えている炭を入れて、網をのっけます。

DSCF8055 (480x360)
いよいよお肉が登場!

注文したとき、店員さんから「丸のまま? 切ったもの?」と聞かれました。
よく意味がわからなくて戸惑っていたら、「写真を撮りますか?」と聞かれたので、「はい!」とお願いしたら、お肉が塊のままで出て来ました~。
でっか~い!

DSCF8056 (480x360)
BBQですら、こんな大きなお肉は焼いたことがありません。
屋内でこんな風景が見られるとは、本当にビックリ。
すごすぎる!
先輩も私もメチャクチャテンションが上がりました。

DSCF8058 (480x360)
この厚み!
骨込みとはいえ、どれぐらいの重量があるんだろう?

DSCF8060 (480x360)
これは筋? 切れ目?
写真を撮り終えると、店員さんが「よろしいですか?」と確認し、お肉の塊を一旦キッチンに戻します。


お通し
DSCF8079 (480x360)
お通しに三種類の前菜が出てきました。
三連の白い器で、一つ一つがかなりたっぷりめです。

DSCF8080 (480x360)
もやしやニンジンなどの野菜のナムル風でピリ辛味のもの。

DSCF8081 (480x360)
キュウリのキューちゃんのようなお漬け物に薬味を和えたもの。

DSCF8082 (480x360)
塩をまぶした落花生。
あとの2種類はごくフツーでしたが、この落花生はお酒のお供に間違いないお味でした。


ビール (480円→300円)
DSCF8103 (480x360)
早くもビールをおかわり。

DSCF8083 (480x360)
そして骨ごとぶつ切りになってお肉が再登場。
大きなお皿にお肉が積み上がっています。

DSCF8084 (480x360)
断面が鮮やかな赤ピンク色で、とってもキレイ。
塊肉もインパクトありましたが、これはこれでなかなかすごい!

DSCF8086 (480x360)
男性店員さんがお肉を網の上に並べてくれます。
最初はやってくれて、その後はセルフです。

DSCF8088 (480x360)
火を通すのは7割程でいいとのこと。
早く食べたくて、うずうずしちゃいます。


ゆで牛センマイの特製ソース和え 水爆肚  (1,080円)
DSCF8107 (480x360)
せっかくなので、先輩がサイドメニューを2品注文。
1つはこちら。
細切りにしたセンマイがかな~りたっぷり。
セロリなどの香味野菜や唐辛子が彩り?のためにトッピングしてありました。
センマイにこういう彩りがあるのは珍しいかも。

DSCF8091 (480x360)
つけダレはゴマだれっぽい味だったような?
先輩はお肉用の赤いソースをプラスして食べていました(笑)。
センマイは細切りなのでシャキシャキ感は楽しめましたが、味わいはフツーでした。

DSCF8093 (480x360)
そろそろ焼けてきたかな~?

DSCF8094 (480x360)
お肉が目の前で焼けていくのを見るのは、と~っても楽しい。

DSCF8089 (480x360)
店員さんから、卓上にある粉唐辛子パウダーと小さなボトルに入ったソースで食べて下さいとのレクチャーを受けました。

DSCF8051 (480x360)
やや大きめな四角いお皿には赤いパウダーが山と盛られています。
よく見ると、唐辛子だけでなく、クミンなども入っています。

DSCF8052 (480x360)
実はクミンって苦手な味わいなのですが、不思議なことに、このパウダーはクミン独特の風味がない。
しかも、こんなに真っ赤っかなのに、全然辛くない!

DSCF8096 (480x360)
まずは小さな切れ端をそのまま食べました。
ほとんど下味はついていませんでしたが、お肉は柔らか。
匂いに敏感な先輩はこの状態だと少しだけ羊の香りがすると言っていましたが、私は全くわからず(笑)。

DSCF8097 (480x360)
次に、赤いソースをつけてみました。
こちらになると、先輩も臭みはまったくない!と言って、バクバク食べていました(笑)。

DSCF8098 (480x360)
さらに、唐辛子パウダーと赤いソースの両方をたっぷりとつけて食べました。
こんなに見た目は真っ赤なのに、全然辛くなくて、しかも、と~ってもうまい!
お肉は程よい噛み心地の柔らかさで、美味しくってバクバク食べちゃいました。


ビール (480円→300円)
DSCF8106 (480x360)
もちろん、お酒も進みます。
お値段が300円なので、安心してたっぷり飲める(笑)。


牛の内臓の香辛料和え 夫妻肺片 (1,080円)
DSCF8099 (480x360)
こちらは先輩がチョイスしたもう一つのお料理。
夫妻肺片って、新橋の「重慶府」で食べたことがありますが、だいぶ見た目が違います。

DSCF8100 (480x360)
内臓そのものよりも、ネギやキュウリなどの野菜の方が目立ちます。
あまり辛くはなく、内臓や柔らかで食べやすかったです。

DSCF8104 (480x360)
あれだけ巨大なお肉だったから当たり前なのですが、お肉が食べても食べても減らない!(笑)。


王老吉 ワンラオジー (300円)
DSCF8105 (480x360)
先輩は王老吉(ワンラオジー)を注文。


ビール (480円→300円)
DSCF8109 (480x360)
私もさらにビールをおかわり。


老虎菜 ラオフーサイ (780円)
DSCF8101 (480x360)
何かサラダを、、、とのことだったので、私がこちらを注文。
さっぱりしていそうで、お値段もお手頃なので、こちらにしてみました。

DSCF8102 (480x360)
ピーマンとネギと香菜などが入っていました。
香菜の風味がしっかりしていて、お肉の合間に食べるとさっぱりとシャキシャキしていて、とてもいい箸休めになりました。
ボリュームも結構あります。


椰汁 ココナッツミルク  (300円)
DSCF8110 (480x360)
先輩が椰汁(ココナッツミルク)を注文。


ビール (480円→300円)
DSCF8111 (480x360)
私もビールをおかわり。
この日、結局5杯も飲んじゃいました。

DSCF8112 (480x360)
お肉とラオフーサイを一緒に食べると、とってもさっぱりしてよかったです。
お肉があと数切れというところで、先輩がダウン(笑)。
私が残りのお肉を食べ切りましたが、この日はさすがにサイドメニューを全て食べ尽くすことはできませんでした。
ゴメンナサイ。

DSCF8113 (480x360)
二人ともお腹がはち切れるほど食べて、お会計は9,340円!
一人5,000円もかかりませんでした。


こちらのお店は人気店なので、2時間制です。
着席するときに伝えられました。
そろそろ時間、、、というときに店員さんが声がけしてくれますが、お腹がいっぱいで、2時間以上いられないかも(笑)。

次回は人数を揃えて、違う部位のお肉もぜひ食べてみたいです。
この日出会った真っ赤だけど辛くなくて美味しい唐辛子パウダーには大感動でした。
世界は広い!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 池袋でこれまでお店です↓ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

東京とんこつラーメン 屯ちん 池袋本店  (2009年12月30日
【閉店】なんつッ亭 池袋店  (2010年2月13日) 
立呑亭 帆立屋  (2010年2月13日
聚福楼  (2014年7月11日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


フードメニューです↓
DSCF8045 (480x360)

DSCF8045 (480x360)

DSCF8046 (480x360)

DSCF8047 (480x360)

DSCF8048 (480x360)

DSCF8049 (480x360)

DSCF8061 (480x360)

DSCF8062 (480x360)

DSCF8063 (480x360)

DSCF8064 (480x360)

DSCF8065 (480x360)

DSCF8066 (480x360)

DSCF8067 (480x360)

DSCF8068 (480x360)

DSCF8069 (480x360)

DSCF8070 (480x360)

DSCF8071 (480x360)

DSCF8072 (480x360)

DSCF8073 (480x360)

DSCF8074 (480x360)

DSCF8075 (480x360)

DSCF8076 (480x360)

DSCF8077 (480x360)

DSCF8078 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF8043 (480x360)

DSCF8044 (480x360)


2014年7月11日訪問時お店DATA
****************************
聚福楼 (じゅふくろう) 
〒171-0021 
東京都豊島区西池袋1-37-16 大雄ビル4階 
TEL 03-6912-7333
営業時間  11:30~24:00
定休日 なし 
JR・地下鉄池袋駅西口より徒歩5分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/06/06 09:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【ランチ撤退】Italian Dining&Live Entertainment Fiorire 麹町店  @市ヶ谷
2017年2月8日追記

IMG_1413 (480x480)
「フィオリーレ」のランチ営業はなくなり,2017年1月10日から「欧風カレー サロン・ド・カッパ 番町店」がランチタイムの営業を始め,2017年1月31日にランチ訪問しました

********************************

今週は何かと忙しくて、あっという間の金曜日でした。
この週末は個人的にちょっと大きめのイベントがあるので、わさわさしています。
みなさまも、楽しい週末を☆

本日は、2015年5月13日にオープンした「フィオリーレ」のレポートです。
新店紹介できたのは久しぶり~。

DSCF2673 (480x360)
2015年5月26日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
6日前の2015年5月20日にかんのさんから「Italian Dining&Live Entertainment Fiorire(フィオリーレ) 麹町店」というお店の新店情報をいただいていたのですが、自分でもほぼ同じ頃にこのお店を見つけていたので、先輩に提案して行くことに決定。

DSCF2698 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、2つ目の交差点を左に曲がります。
ちょっと行った左手に野村ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

このビルの1階には、2008年4月11日2012年6月1日にディナー訪問したフレンチの「Au gout du jour (オー グー ドゥ ジュール)」があり、「フィオリーレ」と同じ地下1階には、手前側に「うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店」があります。

DSCF2696 (480x360)
ビルの前には大きなランチメニューの看板が出ています。
真っ赤でカワイイ~。

DSCF2697 (480x360)
階段を降りて地下へ。

DSCF2695 (480x360)
12時10分頃に到着したところ、「うすけぼー」の前には5人位並んでいました。
相変わらずの人気のようです。
「フィオリーレ」を目指して、さらに奥へ。

DSCF2659 (480x360)
「フィオリーレ」は、「本格的“フレンチ”イタリアンの料理とイタリア各地の美味しいワインを生演奏のライブとともに楽しめる新しいStyleのイタリアン・ダイニング」だそうで、2015年5月13日にオープンしたとのことです。

DSCF2691 (480x360)
開店してからまだ2週間ほどだったので、開店祝いのお花がまだお店の前に飾られていました。

お店に到着すると、先客4人程。
入るのは難しいかな~とちょっと様子を見ていたら、少しずつ案内されていたので、多分大丈夫だろうと思い、そのまま待ちました。

DSCF2692 (480x360)
入口の前にランチメニューが出ています。

DSCF2665 (480x360)
それ程待たずに、席に通されました。
フロアは奥がとても広く、右手にカウンター、その周りにテーブル席が並んでいます。

DSCF2664 (480x360)
内装はオシャレでゴージャスです。
少し黄色みがかった照明で、昼間ですが、雰囲気がとってもいいですね~。
席数が多いせいか、店員さんもたくさんいらっしゃいました。

DSCF2662 (480x360)
私たちは入ってすぐ左にある大きな円卓に二人で着席。
相席はなかったので広々使えましたが、奥の様子がよく見えなかったのは残念。

卓上にはフォーク・スプーン・おしぼりなどが入った籐籠が置いてあります。

DSCF2666 (480x360)
着席すると、店員さんからお水をいただきました。

この席は、場所がどこだかわかりませんが厨房が近いようで、ニンニクの香りがすっごく漂ってきて、お料理がとっても待ち遠しくなっちゃいます(笑)。

DSCF2667 (480x360)
おしぼりの袋はオレンジ色のデザインがありましたが、店名とかではなさそうです。

DSCF2660 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF2692 (480x360)
ランチメニューは注文したらすぐに下げられてしまったので、お店の前に出ていたものの写真です。

DSCF2693 (480x360)
ランチは5種類あり、お値段は900円から1,200円です。
週替わりのようで、この時期は4種類のパスタとリゾットから選べました。
全てのメニューに彩り野菜サラダと焼きたてフォカッチャがついています。

DSCF2694 (480x360)
オプションとして、大盛、前菜、デザート、ドリンクなどを選べます。

DSCF2690 (480x360)
魅力的なメニューが多くて、二人ともかなり悩みました。
私は前菜3種の盛り合わせが300円とお手頃価格だったので、メインはお値段が低めな設定の「Basio 和牛筋と柔らか煮トマトソーススパゲッティ」を一緒に注文。
先輩は「Unico 至福のワンプレート」をチョイスしました。


彩り野菜サラダ
DSCF2668 (480x360)
まず最初に、サラダが一つだけ登場。
店員さんの説明がよく聞き取れず、多分、私のメニューについているのかな、、、と辺りを見回したのですが、よくわからなくて結局もう一度店員さんに尋ねました(汗)。

店員さんは、具体的なメニュー名ではなく、その前の頭書?で話してくれたらしく、先輩の注文をUnico(ウニコ)と呼んでいたようです。だとすると、私のは「Basio(バッチョ)」だったのかな?
田舎者なので、スパゲッティかリゾットって言ってくれた方がわかりやすいかも。

サラダは小さめの白くて丸い平皿に盛られていました。

DSCF2671 (480x360)
野菜はリーフレタス、トマト、キュウリ、赤・黄パプリカ、などなど。
「彩り」というだけあって、緑・赤・黄・紫など、とってもカラフル。
ドレッシングは手作りでしょうか、シンプルながらも酸味がしっかりあって美味しかったです。
ただ、野菜が細切りのものが多かったのがちょっと取りにくかったですが。


前菜3種の盛り合わせ (300円)
DSCF2673 (480x360)
少し遅れて前菜が登場。
細長い黒の長方形のお皿に、3種類の前菜が並んでします。
予想以上に豪華!

DSCF2674 (480x360)
左はパプリカのピクルス。
赤いレンゲのような器にハーブと共に盛られています。
赤と黄が一つずつ。
ただ、私には少し甘味が強かったのが残念。

DSCF2675 (480x360)
中はスモークサーモン?です。
緑色のソースがかかっていました。
サーモンは柔らかく、このソースがとっても美味しかったです。

DSCF2677 (480x360)
右は生ハムとサラミです。
程よい塩気でした。
う~ん、ワインが飲みたくなる~。

DSCF2678 (480x360)
サラダが食べかけですみません(汗)。


Basio 和牛筋と柔らか煮トマトソーススパゲッティ (900円)
DSCF2683 (480x360)
しばし待って、メインが登場!
大きな丸いお皿の真ん中にスパゲッティが盛られ、フォカッチャが添えられていました。

DSCF2685 (480x360)
フォカッチャは大きいですが、薄切りのものが1枚。

DSCF2688 (480x360)
温かくて、とても柔らかでした。

DSCF2684 (480x360)
スパゲッティはかなりの細麺です。
量はそれ程多くはありません。

DSCF2687 (480x360)
トマトソースはトマトの風味はあるものの、かなりあっさり目だったのが、個人的には残念。
お肉はとっても柔らかくてホロホロでした。


Unico 至福のワンプレート  (1,200円)
DSCF2679 (480x360)
先輩の注文したウニコというメニューはピアット・ウニコともいうようです。
メインは鮮魚のソテー(ケッカソース)とパルメザンチーズリゾットの2種類。

DSCF2681 (480x360)
メイン2種類だけでなく、小さな前菜が2種類とフォカッチャとトマトの角切りなども一緒に盛りつけてあり、とっても豪華。
リゾットを一口いただきましたが、お米の粒々感がしっかりあって美味しかったです。

DSCF2682 (480x360)
サラダも小皿に入れられて、添えられていました。


この日食べたスパゲッティは「ラ・タベルナ」でいうところの「リーネア」だと思うのですが、ソースの旨みが濃くてしっかり味の「タベルナ」の方が好みでした。

全体としていろいろな種類のものが食べられましたが、それぞれのボリュームが少なめなので、何となく物足りない感じあるな~というのが先輩と私の共通した感想でした。カロリーはしっかり取っていると思いますが(笑)。
でも、それ程お高くないお値段で雰囲気のいいランチが出来たのはとてもよかったです。


その後、事務所に投函されていたチラシです↓
DSCF3601 (480x360)

DSCF3602 (480x360)

DSCF3604 (480x360)

DSCF3605 (480x360)

DSCF3606 (480x360)

DSCF3607 (480x360)


2015年5月26日訪問時お店DATA
********************************
Italian Dining&Live Entertainment Fiorire 麹町店 (フィオリーレ)
〒102-0081 
東京都千代田区四番町4-8 野村ビル地下1階
TEL 03-6272-5909
FAX 03-6272-5910
営業時間  
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30) 
[夜] 18:00~23:30(フードL.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
定休日 土曜・日曜・祝日(貸切予約の場合は営業)
有楽町線麹町駅6番出口から徒歩3分
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/05 04:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(4) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
昨日はとっても蒸し暑かったですね~。
久しぶりのジメジメ感、とっても気持ち悪かったです(汗)。
そろそろ入梅になりそうなので、毎日あんな感じになるのかと思うと、今からため息が出ちゃいます。

DSCF8028 (480x360)
2014年7月11日は、この日の夜にディナーを予定していたので、軽めに食べようと思い、久しぶりに「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へお蕎麦を買いに行きました。

DSCF7041_20130905083820fa6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つ目のビルの1階がお店です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
前回購入したのは2014年6月13日だったので、約1ヶ月ぶり、40回目です。

DSCF6574 (480x360)
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富です。
全品持ち帰りが可能です。
2014年4月の消費税増税に伴い、麺メニューが10円値上がりしたようです。

メニューは、温かいものと冷たいものでお値段がずいぶん違い、だいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF6573 (480x360)
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
時々男性が一人入ることも。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

DSCF6572 (480x360)
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。
フロアはそれ程広くはなく、左に厨房とカウンターがあります。

DSCF6571 (480x360)
2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。
こちらは単品80円で他のメニューにもつけられるとのこと。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
12時30分頃にお店に到着すると、先客ゼロ。
後客2名でした。

前日の2014年7月10日に「ジョリー酒場」へランチ訪問した時に通りかかったところ、たくさんテイクアウトのお客さんが並んでいてビックリしました。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

DSCF6570 (480x360)
入口からすぐ右手の所にお蕎麦に関する本がたくさん並べられています。
「瓢箪」が掲載されているページには付箋がついているので、すぐにわかります。
これを見たおかげで、お店の営業時間を知ることが出来ました(笑)。

DSCF8019 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。

DSCF8020 (480x360)
この日はまだ食べたことのないメニューの中から、冷しきつねそばをチョイス。

DSCF9780_20130316092337.jpg
薬味として七味唐辛子がついています。

前回は、何故か店員のおば様がサービスして2つくれましたが、この日はいつもどおり、1個だけ。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF8021 (480x360)
容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。


冷しきつねそば (520円)
DSCF8028 (480x360)
いただきま~す!

冷しなので、そばつゆは少なめです。

DSCF8024 (480x360)
ドンブリのフチにワサビがたっぷりと添えられていました。

冷しメニューにだけ、こういう風にワサビがついています。

DSCF8025 (480x360)
「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどのメニューにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

長ネギは小口切りです。
薬味兼彩りになっています。

DSCF8026 (480x360)
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
かなり薄切りでした。

DSCF8027 (480x360)
ワカメです。

DSCF8030 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。
わさびも蕎麦つゆの中に溶かし込んで、全体をしっかり混ぜてからいただきました。

DSCF8032 (480x360)
お蕎麦は冷しなので、温かいものに比べてのびにくいので、食べやすいです。

「瓢箪」のソバつゆは甘くないのは好みですが、ダシの味わいが薄くてあっさりしています。
この日もきつねが入っていましたが、ややさっぱりしていました。

DSCF8031 (480x360)
きつねは、表面を覆い尽くすほどの、特大の1枚。壮観です。
なので、混ぜるのにとっても邪魔でした(笑)。

DSCF8035 (480x360)
ただ、食べてみて思い出したのですが、きつねかなり甘い味付けです。
端っこを囓ると、じゅわーっと甘い汁がしみ出してきます(汗)。
大きいことは、私にとっては逆に辛かったかも。
ワサビや七味唐辛子などの薬味でも、あまり甘さを相殺できませんでした。

DSCF8029 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームはやや少なめです。
午後4時過ぎにはお腹が空いて来ちゃったので、ディナーが待ち遠しくてしょうがなかったです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 かき揚うどん
 きつねそば (2013年1月9日
 きつねうどん
 とろろそば (2013年11月29日
 とろろうどん
 メンチそば
 メンチうどん (2012年4月10日
 力そば
 力うどん (2012年2月27日
 肉そば  (2014年1月7日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 カレーうどん
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶそば (2013年6月13日2013年11月29日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケそば
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見そば
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけうどん  (2012年5月15日
 ちくわそば (2014年2月6日
 ちくわうどん

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねそば (2014年7月11日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろそば
 冷しとろろうどん
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しめかぶうどん
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきそば
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわそば  (2013年7月17日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 冷しちくわそば (2014年6月13日
 辛み大根の冷しおろしそば
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 牛丼
 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 カレー丼
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年7月11日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
営業時間 7:00~17:00
定休日 土・日・祝日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/04 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(8) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
昨日、会社に新しい電子レンジが届きました。
上司が「ヘルシオいいな!」ということで買ったのですが、付属していたクックブックはとても分厚くていろいろなお料理が紹介されていて、ほぼお弁当を温めるだけという、職場での利用には全く向いていないです(汗)。
というか、ただの宝の持ち腐れ?!

2014年7月8日は、「クルージンダイナー」でカレーを購入しましたが、2015年4月21日に撤退したので、割愛させていただきました。

DSCF7930 (480x360)
2014年7月9日は、雨が降っていてあまり遠くまでランチを買いに行きたくなかったので、「宮川」にしようかと思ったのですが、食べたことのないメニューが少なかったので、アトレ四谷の「Pensri’s(ペンシーズ) Kitchen アトレ四谷店」へ行きました。

DSCF2209 (480x360)
店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退したのかと思ったら、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。

DSCF2210 (480x360)
「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。

なんでも、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。
メニューは時期によっていろいろと変わっているようです。

少し前からカウンターの後ろにもレジを置くようになり、イートインスペースの横のレジに行かなくて済むようになりました。
入口近くはとても狭い上にイートインに並ぶ人とも重なって、ゴチャゴチャしていたので、だいぶ楽ちんです。
あと、お弁当を温めるサービスも始まりました。

DSCF7684.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。

前回お弁当を購入したのは2014年5月29日だったので、約40日ぶり、14回目です。
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しました。

DSCF7683.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。

DSCF6172 (480x360)
いつ頃からか、たまごトッピングなるものが出来るようになっていました。
税込100円というのはなかなかお手頃です。
半熟っぽいせいか、3時間以内に食べるよう、注意書きがありました。

12時10分ぐらいに到着すると、お弁当のスペースにいたのは2、3人程。

DSCF7908 (480x360)
アトレの夏のバーゲンにあわせて、お得なメニューも出ていました。

DSCF7916 (480x360)
カレー系のメニューはかなり食べちゃっていましたが、新メニューの海老の特製レッドカレーソースがあったので、こちらを購入。

DSCF7913 (480x360)
カレーだけだとちょっと寂しいので、一番カロリーが低そうだったミニ白きくらげサラダも買いました。
「お肌に良い白きくらげがたくさん♪」とのこと。
タイ語だとヤムヘッフーヌーカオというようです。
余談ですが、普通サイズだとメニュー名が「白キクラゲサラダ」で、ミニサイズになると「白きくらげサラダ」となっています(笑)。

このところ、ショーケースの裏にもレジが置かれ、その場で精算できるようになったようです。
ただ、この日は直前に別のお客さんが買っていたので、私はいつもどおりレストランフロアの入口近くにあるレジへ行きました。

DSCF4477_20140319203501ac8.jpg
大きいサイズのお弁当を購入すると、鮮やかな薄緑色の持ち帰りのビニール袋に入れてくれます。
淡い色調がとってもステキ。

DSCF2461 (480x360)
店名のロゴがデザインされています。

DSCF7918 (480x360)
普通サイズのお弁当を購入すると、一般的な白いビニール袋です。

この日はこちらの袋でした。

DSCF4479_20140319203504278.jpg
お箸やスプーンなどはお断りするようにしています。
こちらは以前いただいたときに撮影した写真です。
スプーンは白いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF4480_20140319203436893.jpg
こちらも以前いただいたときに撮影した写真です。
割り箸は「Otemoto」と書かれた箸袋に入っていて、意外と?日本的でした。

DSCF4483_20140319203438162.jpg
こちらも以前いただいたときに撮影した写真です。
おしぼりは白っぽい半透明のビニール袋に入っています。

DSCF7919 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じ。

DSCF7922 (480x360)
カレーの容器はフタが透明なプラスチックで下が紙製です。

DSCF7923 (480x360)
容器の横にアレルギーの食材や賞味期限が書かれたシールが貼られています。

料理名は、店頭では「海老の特製レッドカレーソース」ですが、このシールだと「海老のレッドカレーソース弁当」となっています。
「ペンシーズ」では、こういうことが結構あります。

DSCF7920 (480x360)
ミニ白キクラゲサラダは、小さめで透明の丸いプラスチック容器に入っています。

DSCF7921 (480x360)
こちらにも賞味期限などが書かれたシールが貼られていました。


海老の特製レッドカレーソース(700円)+ミニ白キクラゲサラダ(150円)=850円
DSCF7930 (480x360)
いただきま~す!


ミニ白キクラゲサラダ
DSCF7924 (480x360)
サラダは白キクラゲ、ニンジン、青菜、紫タマネギなどなど、野菜の種類が豊富で、彩りもとっても華やか。

こちらのメニュー、初めて食べたかと思っていたのですが、2013年12月4日に食べていたようです。
このときのメニュー名は「白きくらげサラダ(S)」でした(笑)。

DSCF7926 (480x360)
辛さが5段階の4だけあって、このお店らしくビシッと辛くて酸っぱくて、と~っても美味しかったです。
このソースのレシピが知りたいな~。


海老の特製レッドカレーソース
DSCF7931 (480x360)
カレーとご飯は2段になっています。
辛さは3.5とのこと。

DSCF7933 (480x360)
ご飯のボリュームはそれ程多くありません。

DSCF7935 (480x360)
盛り付けはいつもやや凸凹です(笑)。

容器を持ってみるとまだ温かで、実際に食べてみても、ご飯は温かでした。

DSCF7927 (480x360)
カレーの具は大ぶりの海老が3つ。
とってもシンプルです。
ハーブがトッピングで散らしてありました。

DSCF7937 (480x360)
海老はプリプリしていました。
大好きなので、尾っぽもガリガリ囓って食べちゃいました。

DSCF7939 (480x360)
カレーは濃厚で旨みたっぷり。
クリーム系のこってり感と海老の旨みがありました。

DSCF7941 (480x360)
ご飯は温かでしたが、ルーはちょっとぬるかったのは残念。
電子レンジでチンすればよかったです。

あと、ルーの量がかなり少なめだったので、たっぷりご飯にかけて食べちゃうと足りなくなりそうでした。
なので、サラダのタレをかけて食べました。

DSCF2561 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じです。

DSCF7929 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


ルーや具が少なめなので、全体のボリュームはやや少なめでした。
美味しかったのでもっとたっぷり食べたかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
グリーンカレー弁当 (2012年3月21日
レッドカレー弁当 (2013年6月25日
豚肉とカボチャのレッドカレー弁当 (2013年10月7日
マッサマンカレー弁当 (2013年12月4日
海老の特製レッドカレーソース (2014年7月9日
ペンシーズ弁当 (2012年5月23日
パッタイ弁当 (2012年11月30日
カオマンガイ弁当 (2014年5月29日
ガパオ弁当 (2013年10月7日
菜の花ガパオ弁当 (2014年3月31日) 
3種盛り弁当 (2013年3月14日
軽めごはん パッタイ弁当 (2014年2月14日
軽めごはん ガパオ弁当 (2014年2月26日
サンドイッチガパオ  (2013年8月26日) 
サンドイッチ エビトムマヨ  (2013年8月26日) 

生春巻 (2012年3月21日
海老とアボガドの生春巻 (2014年3月31日
ミニ揚げ春巻き (2013年6月25日
青パパイヤのサラダ (2012年11月30日
ヤムウンセン (2013年3月14日
目玉焼きサラダ (2013年8月26日) 
白きくらげサラダ(S)  (2013年12月4日
ミニ白キクラゲサラダ  (2014年7月9日) 
春雨サラダ(ヤムウンセン) (2014年2月14日
ミニパッタイ (2013年10月7日
豚肉のタイ風味揚げ (2013年10月7日
グリーンカレーコロッケ (2014年2月26日
揚げ豆腐のガパオがけ (2014年5月29日

[イートイン]
鶏挽肉のバジル炒めごはん 大人気!ガパオ
ちょっぴりがちょうどいい ミニフォーセット (2012年4月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg

チラシです↓
DSCF2560 (480x360)

DSCF2558 (480x360)

DSCF2559 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日2013年12月4日2014年2月14日2014年2月26日2014年3月31日2014年5月29日2014年7月9日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日2013年12月11日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日2013年12月5日2014年1月23日2014年3月13日2014年6月16日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日2013年7月1日2013年10月3日2014年6月18日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日2013年9月24日2014年4月25日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日2014年1月10日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年7月9日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/03 05:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(4) |
万豚記 市ヶ谷店  @市ヶ谷
本日は、マイブログ圏外の両国にあるお蕎麦屋さんを紹介しようと思っていたんですが、詳しい情報を調べようと検索してみたら、閉店していました(汗)。
気付かずに書いてしまわなくてよかった~。

DSCF7862 (480x360)
2014年7月7日は、週の最初の月曜日で七夕でしたが、梅雨絶好調で朝から雨がぱらつく日でした。
上司がお昼時に不在だったので、Oさんと先輩と私の三人で外へランチを食べに出ることに。
どこのお店に行くかを決めず、何となく市ヶ谷方面へ。
この日は誰も特にこれが食べたい!というリクエストがなく、歩きながらお店を考えていました。
雨なのでそれ程遠くへ行く気にもなれず、Oさんがまだ行ったことがなくて、辛いメニューを食べることが出来る「万豚記(わんつーちぃー) 市ヶ谷店」に決定。

DSCF8489_20130622144526.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進み、最初の交差点である東郷公園入口を右に曲がり、少し行った左側にYSビルがあり、お店はその1階です。

DSCF8491_20130622144533.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
この場所には2009年7月29日にランチ訪問した「餃子 明明」がありましたが、ビルの建て替えに伴って撤退しました。

その後、2011年2月14日に「中華・餃子・担々麺 ちょもらんま 市ヶ谷店」がオープンし、2011年6月10日にランチ訪問しましたが、8ヶ月程で閉店しました。
2012年10月23日、「万豚記」としてリニューアルオープンしています。

同じビルの2階には、2011年2月25日にオープンした「愉快酒場 市ヶ谷店」があり、2011年5月27日にランチ訪問しました

その後、ランチタイムのみ「ランチ専門店 スタミナ 極丼亭 市ヶ谷店」という名前で営業するようになり、2012年4月2日にランチ訪問しましたが、2012年の後半頃に閉店したようです。

2013年1月15日、「博多名物 しろ味噌もつ鍋 もつ真路 市ヶ谷店」がオープンし、2013年6月5日にランチ訪問しています。

DSCF7550.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
東郷通りには大きなランチメニューの看板が出ています。

DSCF5748 (480x360)
フロアは奥へ細長くのびていて、手前にテーブル席、少し奥の左側に厨房とカウンター席、右側にテーブル席が並んでいます。
内装はシンプルですが、奥の壁にはキャラクター?なのでしょうか、ニヒルででっかい豚君の絵が描かれていました。

DSCF7852 (480x360)
12時15分頃にお店に到着すると、ほぼ満席。
お客さんはほとんどがスーツ姿の男性でした。

DSCF7524.jpg
「万豚記」は、「紅虎餃子房」などを展開する外食大手の際コーポレーション株式会社が展開するブランドの1つで、日本全国に30店舗以上あります。

DSCF7522.jpg
前回ランチ訪問したのは2013年10月24日だったので、約8か月半ぶり、3回目です。

DSCF7521.jpg
店員さんの数は結構多いです。
多分、中国人?の方ですが、注文には特に問題はありません。
お揃いの黒Tシャツを着ていました。

DSCF7517.jpg
こちらはカウンター席です。

DSCF7850 (480x360)
席が空いているか不安でしたが、奥のテーブル席が2卓、ぽつんと空いていたので、すぐに着席することが出来ました。

卓上にはお水の入った大きなポット、コップ、取り分け用の小皿、器、レンゲ、メニュー、お箸、各種調味料、爪楊枝などが置かれています。
ポットがあまりにも大きくて、一席埋めちゃっている感じでした(笑)。

DSCF7851 (480x360)
お水はセルフで入れます。

DSCF7854 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

麺やご飯など、30種類以上あって、種類がとっても豊富です。
特に担々麺に力を入れていて、6種類もありました。
お値段は700円から1,100円と、かなりの幅広さ。
セットやサイドメニューやトッピングなどもあります。
季節がら、冷たい麺も2種類始まっていました。

DSCF7857 (480x360)
こちらのお店、中華にしてはお値段が安い方ではありませんが、いくつかのメニューはとてつもなくボリューミーです。
前回注文した大肉麺は、「大(きい)肉」という名前に負けない、とてつもなく巨大なお肉がのっかっていて、しかも味もなかなかで、大満足でした。

なので、この日は同じ大肉シリーズ?の大肉担々麺(1,100円)を注文。
ライスがサービスでつきますが、この日はお断りました。
この週は二日連続でディナーの予定があるので、本当ならば、こんなチャレンジメニューを食べている場合ではなかったのですが(汗)。

DSCF5764 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じ。

Oさんは昔ながらの冷やし中華、先輩は冷やし黒ごま担々麺(850円)と、二人とも季節メニューを注文。


大肉担々麺 ~ダーロウタンタンメン~  (1,100円)
DSCF7862 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。
中華料理屋さんにしては、お料理が出てくるのに少し時間がかかります。

大肉担々麺は真っ白のドンブリに入って出てきました。
写真だとちょっとわかりにくいですが、器がかなりどでかいです。
Oさんと先輩からも驚かれました(笑)。
たっぷりと注がれた濃い黒っぽいスープには、チャーシュー、卵、ネギなどがトッピングされています。

DSCF7863 (480x360)
ダブルソーサーになっていました。

DSCF7868 (480x360)
逆サイドを見たら、かなり汁がこぼれていました(笑)。

DSCF7864 (480x360)
赤茶色のスープには黒胡麻がたっぷりと浮かんでいて、黒いスープに見えます。
中央に塊肉と挽肉がのせてあり、唯一の彩りとして刻んだニラをちらしてありました。

DSCF7867 (480x360)
彩りの野菜がネギじゃなくてニラなのは珍しいかも。

DSCF7869 (480x360)
お肉は何だか小さくなったような気がしますが、器が大きいからそう見えるだけ?
それでも結構な大きさですが。

DSCF7865 (480x360)
よく見ると、大肉だけではなく、ひき肉や、、、

DSCF7866 (480x360)
小間肉もありました。
とにかく、お肉たっぷりの一品です。

DSCF7871 (480x360)
まずはスープを一口。
しっかりとコクがあり、ゴマの風味もばっちり。
かなり濃いめの味つけで、この日はカロリー的にも大変だったので、スープは全部はいただきませんでした。

DSCF7873 (480x360)
麺はちょっと平たい黄色みがかった麺です。
ボリュームは普通です。

DSCF7879 (480x360)
大肉は赤身だと思います。
なので、ホロホロ崩れますが、しっかり噛んで食べました。
歯に詰まりやすいですが、お肉を囓って食べるのは楽しいです。


冷やし黒ごま担々麺  (850円)
DSCF7875 (480x360)
先輩の注文した季節限定の冷やし黒ごま担々麺、豆苗でしょうか、野菜がてんこ盛りで凄い!

DSCF7876 (480x360)
後から聞いたところ、かなり辛かったとのことです。


スープは飲み干さなかったですが、それでもかなりお腹いっぱいになりました。
お値段はちょっとかかりましたが、大好きな担々麺とたっぷりのお肉が食べられて大満足です。
こちらのお店のメニューは幾つかはとてもボリューミーなので、この日も炒飯を半分残しちゃっているテーブルがありました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ これまで食べたランチです↓ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

紅担々麺  (2012年10月23日
大肉麺  (2013年10月24日) 
大肉担々麺  (2014年7月7日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


ランチメニューです↓
DSCF7854 (480x360)

DSCF7855 (480x360)

DSCF7856 (480x360)

DSCF7857 (480x360)

DSCF7858 (480x360)

DSCF7859 (480x360)

DSCF7860 (480x360)

DSCF7861 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF5744 (480x360)

DSCF5745 (480x360)

DSCF5746 (480x360) 


2014年7月7日訪問時お店DATA
****************************
万豚記 市ヶ谷店 (わんつーちぃー)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-6-8 YSビル1階
電話&FAX 03-6272-4888
営業時間 
[昼]11:30~15:00
[夜]15:00~23:00
定休日 無休
14:00まで禁煙、それ以降全席喫煙可
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/02 04:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(3) |
大阪鮨 四谷 八竹  @四谷三丁目
今日から6月です。
衣替えのはずですが、今年の5月は暑過ぎて、遅すぎるタイミングですよね(笑)。
今週も新しい一週間、がんばりま~す☆

DSCF7763 (480x360)
2014年7月5日の「妻家房」でのキムチ教室の帰り道、「大阪鮨 四谷 八竹」で夕飯用にお寿司を買って帰りました。
東京では珍しいという大阪鮨の老舗店だそうで、食べログでもよく見かけて、ずっと前から気になっていたからです。

DSCF7747 (480x360)
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅の2番出口を出て新宿通りの右側を新宿方面に進み、1つ目の角を越えた先に八竹ビルがあり、お店はその1階です。

老舗らしく古めかしい外観です。
パッと見た時、あまり飲食店っぽくないかも。

DSCF7749 (480x360)
「八竹」は、大正13年創業と、90年以上続く老舗中の老舗です。
ふんわりと焼き上げた錦糸たまごにごはんをくるんだ茶巾ずし押し鮨や巻き物を中心とした大阪鮨の専門店とのこと。
築地にも姉妹店があります。

DSCF7748 (480x360)
予定としては待たずに済むように、「うどん 花咲善伝」でランチをした後にお店に来て注文し、「妻家房」のキムチ教室の帰りに取りに行こうと思っていたのですが、「うどん 花咲善伝」が違う方向だったことと、茹で上がりに時間がかかったので、タイムアップで行くことが出来ず(泣)。

DSCF7743 (480x360)
フロアは、老舗だけあってやや古びていて、昭和の香りが漂います。

DSCF7744 (480x360)
入口に入ってすぐの所にはテーブルが幾つから並べられ、イートインにも対応しています。
注文して出来上がりを待つときにもこのテーブルに座ることが出来ました。

DSCF7745 (480x360)
フロアの真ん中ぐらいに注文やお会計をするカウンターがあり、その奥が調理場になっています。
結構多くの店員さんがいらっしゃり、白い割烹着に身を包んで忙しそうに注文をさばいていました。

メニューがとても多く、組み合わせもいろいろなので、選ぶのが大変。
注文を終え、出来上がりをテーブルに座って待ちました。
人気店らしく、絶えずお客さんの出入りがあり、店内で食事をする人もいました。
ただ、テーブルのすぐ脇を持ち帰りのお客さんが歩くので、あまり落ち着ける雰囲気ではありません。
5・6分程で出来上がりました。

DSCF7753 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋ですが、緑色でお店のイラストが入っています。

DSCF7754 (480x360)
老舗らしいシンプルなデザインです。

DSCF7755 (480x360)
袋の中から取り出すと、こんな感じ。
持ち帰りの袋と同じデザインの紙に包まれ、薄い緑色のビニールひもでくくってあります。

DSCF7756 (480x360)
消費期限がスタンプされていました。
当日の夜10時までです。

DSCF7757 (480x360)
3種類のお寿司を買いましたが、「一つの箱にまとめてもいいですか?」と聞かれ、それでお願いしました。

DSCF7758 (480x360)
包みを取り除くと、箱の上にお箸が三膳並べてありました。

DSCF7762 (480x360)
お箸がついてくるとは思わなかったので、断れませんでした(汗)。
3種類頼んだから3つだったのかな?

DSCF7761 (480x360)
中の箱は白い紙製です。

DSCF7760 (480x360)
こちらの端っこにも明示されてはいませんが、消費期限の日付が入っていました。


茶巾ずし・大阪鮨詰め合わせ折一人前(1,300円?)
+黄身ずし(鰺)一人前(1,480円?)=2,780円?
DSCF7763 (480x360)
フタをオープン!
右上に茶巾すし、右下に黄身鮓、左に大阪鮓がきっちりと詰めてありました。
黄色いものが多いので、とっても華やかです。
お寿司というと海鮮が目に飛び込んでくるイメージですが、だいぶ違いました。

看板メニューで表にも書かれていた茶巾ずしを1個、大阪鮓を一人前、黄身寿司を一人前注文しました。
それぞればらばらにお願いしたところ、大阪鮓と茶巾ずし1個の盛り合わせがあると教えていただき、それに変更。
黄身寿司というのは人生で初めて食べるのでぜひ注文しようと思っていたのですが、魚の種類が3・4種類あったので、店員さんにどれがいいか聞いたところ、この時期なら「アジ(?)ですね~。」と言われたので、そちらをお願いしました。

レシートやメモがなく、お値段は正しくないかもしれません。

DSCF7765 (480x360)
大阪鮓は、小さくカットされた長方形の押し鮨が6個と太巻きが2カットです。
白っぽくて細切りのガリがたっぷりと添えられていました。

DSCF7766 (480x360)
お寿司はアナゴ、エビ、白身魚、玉子などなど。

DSCF7767 (480x360)
かなり小さめの一口サイズです。

DSCF7768 (480x360)
太巻きは、海苔で巻いたものと玉子で巻いたものがそれぞれ一つずつで、押し寿司に比べると、大きさも厚みもありました。

DSCF7769 (480x360)
黄身寿司は人生で初めていただきます。
黄身をおぼろ上にしたものが、お寿司が3貫並んでいるところの中央に横断するような形でどか~んとのっかっていました。
見た目からして、かなり個性的!
ふわふわしたおぼろに上には柚子でしょうか、薄切りした皮がキレイに並べてのせられていました。

DSCF7770 (480x360)
黄身はふんわりとしていて、お寿司を一個取り出すのにぶきっちょな私だと落下させてしまい、ボロボロ(汗)。
柔らかすぎて下に落っこちると崩れちゃいますが、幾つかはめげずに壊れたまま掬ってのせて食べました。
お寿司の酸味の上に黄身のほんのりとした甘さを感じ、さらに果物の酸味がぱあっと広がって、独特の味わいです。

DSCF7764 (480x360)
茶巾すしはとても大きなサイズです。

DSCF7771 (480x360)
そのままだと食べられないので、お皿に取り出してみました。

DSCF7773 (480x360)
きっちり四角く折りたたまれ、貝割れ大根?でしょうか、細長い野菜でくるりと巻いてあります。
卵系のものって、色鮮やかではありますが、それだけだとシンプルなので、これはステキなアイデアだなと思いました。

DSCF7774 (480x360)
半分に切った断面はこんな感じ。
ご飯などの具がぎっしりとつまっていて、下にはすごくぶ厚いレンコンが入っています。
酸味の染みた味つけで、シャキシャキとした食感がとてもあって、味のアクセントになっていました。
茶巾部分やおぼろの部分が甘いかな~と心配でしたが、優しい甘さで、レンコンの酸味との組み合わせがよかったです。
まるまる一個食べると、かなりのボリュームでは?


自分のチョイスのせいもありますが、全体的に玉子がとってもたくさん使われていたのには驚きでした。
当初、味付けがかなり甘めでは?と心配していたのですが、実際に食べてみると、優しい甘さ、ほんのりとした塩気、爽やかな酸味という味の組み合わせで食べやすかったです。ただ、甘い味つけが苦手な私には、これはすっごく美味しい!と思えるものは、残念ながらなかったです。
お値段はかなりお高めですが、こんなお寿司があるんだということを知ることが出来たのはとてもいい経験だったと思います。

DSCF7750 (480x360)
この日、新宿通りを歩いていたら、「喫酒店 勝手家」というお店があるのを見つけました。
お店のHPを見たところ、2014年4月1日にオープンしたようです。

DSCF7751 (480x360)
以前、この場所には2013年7月10日にオープンし、2013年7月22日にランチ訪問した「吹上浜 FUKIAGE-HAMA」というお店がありましたが、それ程長続きしなかったようです。


お店の名刺です↓
DSCF7741 (480x360)


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のお店です↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日2014年6月21日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日

◎ラーメン以外

 1  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 2  キッチン たか (2013年6月15日
 3  大阪鮨 四谷 八竹 (2014年7月5日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年7月5日訪問時お店DATA
*****************************
大阪鮨 四谷 八竹 (はちく)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3-11 八竹ビル
電話 03-3351-8989
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅2番出口から徒歩3分

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

【2015/06/01 05:00】 | | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる