六厘舎 羽田空港店  @羽田空港
お天気に恵まれた週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
11月も今日で終わり。
仕事がバタバタしそうですが、新しい一週間、がんばります!

本日は、マイブログ圏外の羽田空港にある「六厘舎」のレポートです。

DSCF7520 (480x360)
2015年11月21日は、三連休の初日。
連休を利用して海外旅行に行ったのですが、出発したのは羽田空港でした。

DSCF7511 (480x360)
羽田空港の出国ターミナルには「六厘舎 羽田空港店」があり、羽田空港から出発する時の大きな楽しみの一つです。

DSCF7513 (480x360)
羽田空港店はちょっとお値段がお高いようですが、つけ麺界のビックネームである「六厘舎」のつけ麺を行列に並ぶことなく食べられるのがとっても嬉しいです。

DSCF7508 (480x360)
お店のある場所は東京スカイキッチンという名前のフードコートで、出国して左にまっすぐ進むとこのエリアに出て来ます。
「六厘舎」のほか、うどん屋さん、カレー屋さん、お寿司屋さん、たこ焼き屋さんなどがあります。

名前どおり、この写真の左側はガラス張りになっていて、駐機している飛行機をたくさん見ることが出来るので楽しいです。
特に早朝便だと、だんだん夜が明けてくるので、景色の移り変わりがとってもキレイ。


地図です。

DSCF7519 (480x360)
三連休はフライト料金が滅茶苦茶高かったので、早朝便にしました。
午前6時20分発なので、4時半ぐらいに羽田空港に到着。
この時点で、午前5時1分。
さすがにフードコートはガラガラですが、それでも食べている人がチラホラいました。

DSCF7518 (480x360)
窓口で注文して先にお会計をします。
店員さんから、「つけ麺は15分かかりますが、大丈夫ですか?」と必ず聞かれます。
飛行機乗り損ねた人、いたことあるのかな?(笑)。

DSCF7517 (480x360)
定番のほか、こんなメニューもありました。
辛い味が大好きな私はかなり興味を惹かれましたが、今回は断念。

DSCF7515 (480x360)
つけめんとラーメンの麺のボリュームについて、ゆで前とゆで後について、詳しく記載されています。
ただ、ラーメンやつけめんを食べる機会が少ない人にとってはグラム表示でもピンと来ないでしょうけれど。

DSCF7516 (480x360)
現金だけでなく、交通系電子マネーでも支払いが出来ます。

DSCF7512 (480x360)
カウンターの横には味変調味料や、スープが置いてあります。
つけめんを食べた後は、ここでセルフでスープ割りにします。

DSCF7514 (480x360)
スープ割りにする時、いつもこのゆずを入れます。
むむ、この写真を見て初めて、ライム酢なるものに気付きました(笑)。
次回、試してみたいな~。

DSCF7509 (480x360)
出来上がりまでちょっと時間があるので、しばし待ちます。
お水はフードコート内のカレー屋さんの近くにあるので、「六厘舎」からはちょっと遠いです。

DSCF7507 (480x360)
出来上がると左側の機械がブルブルして、お知らせしてくれます。

DSCF7510 (480x360)
この日はつけめん大盛を1つ注文。
フードコートなので、一人一個注文しなくて良いのが、気軽で気に入ってます。
一応、機内食も食べるつもりだし(笑)。


つけ麺 大盛  (1,030円) 
DSCF7520 (480x360)
15分で出来上がり!
いただきま~す。

DSCF7525 (480x360)
こってり濃厚なつけ汁は、業界的に濃厚豚骨魚介のお店が乱立しているので味わいとしてはもう珍しくなくなりましたが、食べるとやっぱり安定的な美味しさ。

DSCF7522 (480x360)
黄色みがかった中太麺は、ピカピカに光っていて、見るからに美味しそう。

DSCF7524 (480x360)
最近は濃厚つけ麺に極太の麺を合わせるお店が多いから、それに比べると細くてちょっと物足りなさを感じることもありますが、麺そのものはプリプリ・もっちりで美味しい~。
大盛りですが、二人で食べたので、ペロリと完食。
もっと食べたいな~。

DSCF7527 (480x360)
もちろん、スープ割りにして、ゆずを入れて、最後まで美味しくいただきました。


1,000円超えはちょっとお高いですが、旅の始まりに大好きで美味しいつけ麺が食べられると、テンションがアップ↑↑
さて、いよいよ日本を出発~☆





2015年11月21日訪問時お店DATA
*********************************
六厘舎 羽田空港店 (ろくりんしゃ)
〒144-0041 
東京都大田区羽田空港2-6-5 東京スカイキッチン 
(出国ロビー内)
電話 03-6303-6825
営業時間 24時間
定休日 なし
羽田空港国際線ターミナル駅から徒歩10分
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2015/11/30 05:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(6) |
FRESHNESS BURGER 市ヶ谷日テレ通り店  @市ヶ谷/麹町
今日も良いお天気ですね!
私にしては珍しく、2日連続お出かけしなければならず、ちょっとお布団干しや大物洗いをしたいなと後ろ髪を引かれています。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

DSCF2363 (480x360)
2015年11月20日のランチは、上司が「松月庵」に飽き飽きしたのか、珍しく、私が9日前に食べていた「フレッシュネスバーガーを食べたい。」と言い出したので、「FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー) 市ヶ谷日テレ通り店」へ買いに行くことにしました。
私はついこの間食べたばかりだから、別のランチにしようかな~と思っていたのですが、先輩が注文をするために会社のHPを見たら、2015年11月18日からフレッシュネス市場最高級という季節商品の「黒毛和牛バーガー」が販売が始まっていて、先輩も私も一目惚れして、購入することに決定(笑)。

2008_1123画像0038
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、2つめの交差点の少し手前の右側に店舗があります。


地図です。

2008_1123画像0039
こちらも以前撮影した写真です。
一軒家、というのでしょうか、2階建ての小さな建物です。

フレッシュネスバーガー」は、株式会社フレッシュネスバーガーが展開するちょっとお高めのバーガーチェーンで、1992年12月14日に第一号店がオープンし、現在では日本各地だけでなく、香港やシンガポールやミャンマーにも支店があります。

2008_1123画像0037
こちらも以前撮影した写真です。
前回テイクアウトしたのは2015年11月12日だったので、9日ぶりでした。

DSCF4944 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前の右側には限定メニューや営業時間が出ていました。

DSCF4945 (480x360)
逆サイドにはウエルカムボードやお花が飾られています。

ランチタイムは大行列になることが多いので、あらかじめ、電話で注文を入れておくようにしています。
この日は午前中の打ち合わせが長くかかったので、12時15分頃に電話を掛けました。
20分ぐらいかかるとのことだったので、先輩が少し待ってから準備をして、取りに行ってくれました。
ありがとうございます☆

2008_1123画像0032
お店に入ると、右側に小さなテーブルが並び、、、

DSCF1057.jpg
左側にはカウンター席がありました。

DSCF8212 (480x360)
フロアの端には調味料やお水、お砂糖などが置かれた小さなワゴンがあります。

DSCF1059_20120604195025.jpg
お店は1階と2階がありますが、いつもテイクアウトなので2階には行ったことがありません。
1階は禁煙です。

DSCF2064 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
店内には期間限定などのメニューがいろいろと貼ってあります。
この時期は別の季節メニューが出ていました。

DSCF2070 (480x360)
カウンターの横には小さな冷蔵ケースがあります。
この中には、サラダ、デザート、お酒などが置いてありました。
でも、商品がほとんどなくて寂しい感じです。

DSCF2069 (480x360)
2015年10月21日から、糖質を約50%、カロリーを約40%カットし、食物繊維がレタス約3個分という、美味しくて体に優しいバンズに、プラス50円で変更できるようです。

DSCF2068 (480x360)
使われている野菜は全て国内産の生野菜とのことです。

DSCF8215 (480x360)
フロアの奥が調理場です。
あまり広くない中で、結構人数の多い店員さん達が忙しそうに動き回っています。

DSCF2076 (480x360)
注文したものがまだ出来上がっていないと、レジで会計を済ませたら、番号札をもらって待ちます。
出来上がりを待つにも、あまりスペースがありません。
レジの右側の方に立っていると、2階へ上がる人や出来上がりを運ぶ店員さんとニアミス状態で、何とも居心地が悪いです(汗)。

DSCF2077 (480x360)
毎月20日はフレの日とのことで、ドリンクスタンプカードが2倍になったり、ナゲットが260円から200円にディスカウントされたりと、お得な日のようです。

この日はちょうど20日だったからでしょうか、先輩の話ではお店はとっても混んでいたと言っていました。

DSCF2078 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
持ち帰り用の薄いビニール袋は半透明で、中に入った紙袋が透けて見えます。

DSCF6974_20130830103304333.jpg
持ち帰り用の薄いビニール袋には、よく見ると、店名が白いロゴで入っています。

DSCF2159 (480x360)
中に入っている紙袋は淡い茶色でとってもシンプルです。

DSCF4953 (480x360)
でも、店名のロゴはこちらにもちゃんと入っています。

DSCF2351 (480x360)
私の分を袋から取り出すとこんな感じ。

DSCF6976_20130830103309ba0.jpg
紙ナプキンは持ち帰りの袋と似た淡い茶色で、こちらにも店名のロゴが入っています。
この日も油染みがついちゃっていました。

DSCF2360 (480x360)
ハンバーガーの包装紙には、でっかいハートの中に安心の国産野菜と書かれています。

DSCF2361 (480x360)
ハンバーガーは種類によってシールの色が違います。
この日、先輩が黒毛和牛バーガー、私が黒毛和牛チーズバーガーを注文し、先輩が各自の場所にセッティングしてくれたのですが、間違えて私の所に黒毛和牛バーガーが置いてしまい、逆になっちゃいました(汗)。
なので、このシールは黒毛和牛バーガーのものです。
私も、チーズって言葉が入っていないんだなぁとぼんやり思っていただけで、食べるまで気付かなかったので、結局そのままいただいちゃいました。

DSCF2356 (480x360)
アボガドシュリンプサラダは、ドリンクの容器?に入っています。
透明なプラスチック製なので、中がよく見えます。
最近流行っている、ジャーサラダみたい?

DSCF2358 (480x360)
こちらも黒毛和牛バーガーと同じく2015年11月18日から販売が始まった季節商品で、ぷりぷりのエビやクリーミーなアボカド等、11品目を贅沢にトッピングし、バジルマヨネーズソースにレモンを搾って食べるヘルシーなフレッシュサラダだそうです。

DSCF2359 (480x360)
ラベルには原材料名や消費期限などが書かれています。
手書きなのが、とっても臨場感がありますね。

DSCF2355 (480x360)
サラダ用のフォークです。

DSCF2352 (480x360)
ハンバーガーにはマスタードとケチャップがついていることが多いですが、何故かこの日はケチャップが、バーガーを3個注文したのに5個ついていました。
そもそも私のバーガーにつけていいのかどうかわかりませんが、とりあえず一つもらいました。


黒毛和牛バーガー(690円外税)+アボガドシュリンプサラダ(300円外税)=1,069円
DSCF2363 (480x360)
いただきま~す!

DSCF2367 (480x360)
黒毛和牛バーガーは、2014年10月、3週間で完売となった人気商品だったそうで、今回、リニューアルしてさらに美味しくなって再登場したそうで、
「黒毛和牛100%のジューシーなビーフパティに、爽やかな香りとシャープな辛味が特徴の<北海道産山わさび使用のホースラディッシュソース>を合わせました。
たっぷりのしゃきしゃきグリーンカールとグリルドオニオンをトッピング!
本格的な味わいを追求した大人のプレミアムハンバーガー。」
とのこと。
パティの成形方法を変更し、よりふわっと空気を含ませた状態で成形し、手作り感がアップし、よりジューシーになったそうです。
ソースは、国産にこだわるフレッシュネスらしく、北海道産山わさびを使っているそうです。
シャキシャキのグリーンカールを、クラシックバーガーの1.5倍とたっぷりトッピングし、甘味のあるグリルドオニオンと合わせてあるとのこと。

DSCF2368 (480x360)
食べてみると、確かにお肉の存在感がとってもあり、お肉食べてる~って実感します。
ソースがない分、ちょこっとパサッとしていますが、かなりジューシーな方だとは思います。
わさびの風味がしっかりと利いていて、ピリッと刺激的でした。

DSCF2365 (480x360)
サラダには上からたっぷりのドレッシングがかかっています。

DSCF2369 (480x360)
一番上に小さなレモンの櫛切りを発見。
これは、、、このまま食べる? 
それとも、絞る?
でも、絞ったら、手がドレッシングでべたべたになっちゃうなぁと思い、フォークでちょっと押しつぶしてレモンの汁を出しました。

DSCF2370 (480x360)
11品目も入っているだけあって、食べる場所によって味わいが変わります。
プリプリしたエビは美味しかったのですが、ドライクランベリーが入っていて、サラダに甘い味が入っているのはとても苦手な私はちょっと食べるのが辛かったです。
そういえば、「フレッシュネス」のサラダって、こういうパターンが多かったんだと、後から思い出しました(汗)。

DSCF2371 (480x360)
底の方にはお豆も入っていました。
全体としてはアボガドがあっさりしていたせいか、それ程存在感はなかったです。
あと、ドレッシングが下の方までなかなか浸透しなくて、カップ型だから少々食べにくかったです。

DSCF2372 (480x360)
この日のレシートです。


黒毛和牛バーガーは、お肉は確かに美味しくてワサビの風味がとても合っていましたが、700円出すかというと、私としてはちょっとリピートはないかな、という感じです。
先輩は、お肉は美味しいけれど、やっぱりモスバーガーのソースが抜群に美味しいので、そっちの方がいいと言っていました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

[クラシックバーガー]
 クラシックチーズバーガー (2010年2月24日
 ブルーチーズバーガー (2012年10月17日
 アボガドバーガー (2014年4月28日

[ハンバーガー]
 フレッシュネスバーガー (2008年11月17日
 フレッシュネスチーズバーガー (2015年11月12日
 ベーコンオムレツバーガー (2010年6月28日2011年9月20日
 テリヤキバーガー (2007年8月29日
 フィッシュバーガー (2014年10月2日) 
 チーズバーガー (2014年5月22日
 スパムバーガー (2012年10月17日
 サルサバーガー (2009年6月12日

 プレミアムジャークチキンバーガー (2014年5月22日
 ニューヨークチキンオーバーサンド (2014年7月15日
 チキン南蛮カレーバーガー  (2014年10月2日
 黒毛和牛バーガー (2015年11月20日

[ベジタブルバーガー]
 ベジタブルバーガー トーフ (2010年6月28日

[ホットドッグ]
 ホットドッグ (2010年2月24日
 チーズドッグ (2011年9月20日

[サイドメニュー]
 フライドポテト (2007年8月29日
 オニオンリング  (2008年11月17日
 チキンナゲット (2009年6月12日
 グリルドチキン (2014年7月15日
 ポップオーバー (2010年2月24日
 プーリー (2011年9月20日
 アボガドコロッケ (2015年11月12日

 ベジタブルスープ (2010年6月28日
 ポルチーニクリームスープ (2014年4月28日
 クラムチャウダー (2008年11月17日
 トマトクリームチャウダー (2014年5月22日
 オニオングラタンスープ (2015年11月12日

 コールスローサラダ (2014年4月28日
 ビーンズサラダ キャロット&ナッツ (2014年7月15日
 アボガドシュリンプサラダ (2015年11月20日

[ドリンク]
アイスコーヒー (2007年8月29日

[セット]
 ランチコンボ<テリヤキバーガー> (2007年8月29日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF4976 (480x360)

DSCF4977 (480x360)

DSCF4978 (480x360)

DSCF4979 (480x360)

DSCF4980 (480x360)

DSCF4981 (480x360)

DSCF4982 (480x360)

DSCF4983 (480x360)

DSCF4984 (480x360)





2015年11月20日購入時お店DATA
*********************************
FRESHNESS BURGER 市ヶ谷日テレ通り店  (フレッシュネスバーガー)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町2-13
電話 03-3222-0125
営業時間 
[月~金] 8:00~22:00
[土日祝] 9:00~21:00
地下鉄麹町駅から徒歩2分
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/29 08:00】 | バーガー | トラックバック(0) | コメント(2) |
洋風酒場 ゴッホのアトリエ  @四谷
今日はとっても良いお天気になりましたね!
私はこれから知り合いの赤ちゃんを見に行ってきます~。
みなさま、楽しい土曜日を☆

DSCF2312 (480x360)
2015年11月19日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
3日前の11月16日に、以前見つけていた新店に行こうとしたのですが、向かう途中で見つけた別の新店「IppoIppo」に入ってしまったので、この日はリベンジ。
洋風酒場 ゴッホのアトリエ」というお店です。

DSCF2334 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側をを新宿方面に向かって歩き、四谷一丁目交差点を越えて少し歩いた右側に 第22相信ビルがあり、お店はその1階です。

こちらはしんみち通り側ですが、新宿通り側にも入口があります。


地図です。

DSCF2333 (480x360)
「ゴッホのアトリエ」は、2015年9月10日にオープンした洋食屋さんで、四谷界隈では珍しい、ゴッホをテーマにした新空間黒板アートを楽しめるお店とのこと。
当初はディナー営業のみでしたが、いつの間にかランチ営業が始まっていました。
通りには小さなランチメニューの黒板が出ています。

この場所には、2014年10月21日にランチ訪問した「ネオ・ラテンバル La10 TOKYO」がありましたが、2015年夏頃までには閉店したようです。

DSCF2297 (480x360)
フロアは広く、奥にキッチンがあり、テーブル席が並んでいます。
新宿通り側は一段下がって大きなフロアがあります。

DSCF2296 (480x360)
壁にはゴッホの絵が掛かっています。
上のフロアには4・5人しかいませんでしたが、下のフロアは結構人が入っていたようです。

DSCF2298 (480x360)
黒板アートは下のフロアの壁のようです。
この日は上のフロアだったので、あまり見ることが出来ず、残念。

DSCF2299 (480x360)
もうちょっとズームすると、こんな感じ。
これが黒板に描かれているのかな?

DSCF2310 (480x360)
こちらは夜のメニューです。
お肉がウリのようです。
美味しそう☆

DSCF2295 (480x360)
私たちは上のフロアの端っこにある二人席に着席。
卓上にはカトラリーセットと灰皿が置いてありました。

DSCF2300 (480x360)
メニューは注文したら速攻で下げられてしまい、写真が撮れず(泣)。

DSCF2333 (480x360)
ランチは限定20食で、3種類あり、全て980円です。
厚切ベーコンがとっても気になり、二人ともこちらを注文。
サラダとスープがついています。
ライスかパンを選べるので、パンをお願いしました。

DSCF2293 (480x360)
お水はワイングラスに入っています。

DSCF2306 (480x360)
すぐにサラダとスープが出て来ました。


サラダ
DSCF2304 (480x360)
小さめの器に入っていて、ボリュームはそんなにありません。

DSCF2305 (480x360)
サニーレタス、キュウリ、キャベツなど。
ドレッシングはたっぷりかかっていました。

DSCF2309 (480x360)
食べ進めていたら、すっごく小さくて薄い赤と黄色のパプリカを発見!(笑)。


スープ
DSCF2308 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
コンソメスープはしっかり味で美味しかったです。

DSCF2312 (480x360)
お料理はなかなか出てこなくて、15分ぐらいかかりました。
先輩の話では、ベーコンのメニューが一気に4人分出て来たそうなので、一緒に作っていたから時間がかかったのかな?


厚切ベーコンセット  (980円)
DSCF2314 (480x360)
いただきま~す!

DSCF2313 (480x360)
パンは小さなバスケットに入って出て来ました。
一人2個です。

DSCF2327 (480x360)
温めてあったかどうか、ちょっと記憶がはっきりしません(汗)。

DSCF2315 (480x360)
大きなお皿にベーコンと野菜などが添えられています。

DSCF2318 (480x360)
付け合わせはフライドポテトと、、、

DSCF2319 (480x360)
ブロッコリー、ニンジン、カリフラワーです。

DSCF2316 (480x360)
マスタードも添えられています。
先輩は、これがもっと欲しかったと言っていました。

DSCF2320 (480x360)
何故かというと、この厚切りベーコン、本当にかなりの厚切りで、大きいサイズの上に、2枚もある!

DSCF2321 (480x360)
最近ベーコンは値段が上がってしまってあまり食べないのと、もともとベーコンステーキみたいに食べることがないので、何だかとっても新鮮。
滅茶苦茶テンションが上がります↑↑

DSCF2322 (480x360)
脂もたっぷり。

DSCF2324 (480x360)
一口サイズにカットして、いただきま~す!
熱々で、お肉の旨味たっぷり。
美味しい!!

DSCF2326 (480x360)
そのまま食べ続けるとさすがに脂がきついので、マスタードのっけてみたり、、、


DSCF2331 (480x360)
野菜と一緒に食べたりしました。

DSCF2332 (480x360)
先輩が途中でギブアップしてしまい、おすそ分けまでもらっちゃいました(笑)。
自分の分を食べ切った時は結構大丈夫でしたが、さすがにこれをプラスしたら、私もかなり辛かったです。


正直なところ、それ程期待しないで入ったお店だったのですが(すみません!)、厚切りベーコンの圧倒的なボリュームに大満足です。
ここはぜひともOさんに教えてあげなきゃ。
パリパリチキンセットでもぜひ食べてみたいです。





2015年11月19日訪問時お店DATA
********************************
洋風酒場 ゴッホのアトリエ 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-2 第22相信ビル1階
電話 03-5761-6789 
営業時間 
[昼] 12:00~14:00(L.O. )  
[夜] 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 日祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/28 12:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
名前のない屋台  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
今週は平日4日間だったわりには、何だかとっても長く感じました(汗)。
でも、今日一日がんばれば、明日から嬉しい週末です。
お天気も回復して少し気温も上がるようですので、みなさま、楽しい週末を☆

DSCF2285 (480x360)
2015年11月18日のランチは、午後イチに予定が入っていたので、少し早めにランチを買いに行くことにしました。
時間がなかったので、近場の千代田四番町ランチ屋台へ。
この日は水曜日だったので、オムライス屋「リトル・グランマ」ボロネーゼを出す名前のない屋台のどちらかです。

DSCF2271 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

この日はボロネーゼを出す名前のない屋台の方でした。
多分、運営している人は同じですが、隔週で営業内容を変えているようです。
並んでいる時に全体をよく見たのですが、やはり店名は見当たらず。
今度店員さんに聞いてみようかな?


地図です。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回お弁当を購入したのは2015年9月30日だったので、約1ヶ月半ぶりです。

DSCF2272 (480x360)
車の前に小さなメニューが置いてあります。
メニューは4種類あり、650円か750円です。
サラダにかけるドレッシングはなんと、12種類から選ぶことが出来ます。

DSCF2264 (480x360)
車の前にあったメニューにはドレッシングが12種類でしたが、販売窓口の前にあるメニューでは、さらに2種類増えて、14種類から選べるようになっていました。
こんなにたくさんあるのは、店舗のお店でもそうそうないのでは?

DSCF2265 (480x360)
トッピングは6種類あって、プラス50円です。
ご飯の大盛りはプラス100円になります。

DSCF2266 (480x360)
全てのお弁当に温泉玉子がついているので、ここから1個ずつ自分で取ります。

DSCF2267 (480x360)
販売窓口の真ん中に代金を入れるトレイが置かれています。
亀さんがカワイイ。

DSCF2269 (480x360)
お店は女性お一人で切り盛りしています。
以前は女性二人でしたが、最近はずっと一人です。

DSCF2268 (480x360)
車の中は同じ高さなので、調理している様子がよく見えます。

12時頃に到着すると、数人しか並んでいませんでした。
この日はちょっと早めだったということもありますが、こちらの屋台は、他のお店に比べると比較的空いているように思います。

DSCF2270 (480x360)
右奥にはドレッシングのボトルがずらり。
14本、あるのかな?

DSCF0301 (480x360)
お弁当を受け取ったら、左側にあるこちらの小さいテーブルに移動して、スプーンなどと一緒にセルフで袋詰めします。
白いケースは、転がったりしないよう、一時的に卵を入れる容器です。

DSCF2273 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋です。

DSCF2275 (480x360)
中から取り出すとこんな感じ。

DSCF2323 (480x360)
温泉卵は自分で割り入れます。

DSCF2278 (480x360)
容器は小さい長方形のプラスチック製で、フタが透明、下が白です。

DSCF2279 (480x360)
フタをオープン!


とんトロボロネーゼ  (800円)
DSCF2285 (480x360)
温玉をのっけて、完成。
いただきま~す!

DSCF2280 (480x360)
右側にはキャベツの千切りがたっぷり。
ドレッシングは、これまで辛いものをお願いすることが多かったのですが、今回はめんたいこマヨにしてみました。
イメージどおり、インパクトある旨みで美味しかったです。

DSCF2283 (480x360)
上にはマカロニサラダが入っています。
白・オレンジ・グリーンと三色ありました。

DSCF2281 (480x360)
真ん中ぐらいにフライドオニオン?がトッピングされています。

DSCF2282 (480x360)
チーズはたっぷりかかっていました。
このお店のチーズはかなりしっかり味で美味しかったです。

DSCF2286 (480x360)
温泉卵は真ん中にのせても、食べているときの動きで移動してしまい、ご飯がなくなった容器の底に落っこちるんじゃないかとヒヤヒヤしちゃいます(汗)。

DSCF2284 (480x360)
とんトロは一口大にカットしてあります。
見た感じ、茹でてあるのかな?
勝手にソテーされているのかと思っていたので、ちょっと予想外でした。

食べてみると、しっかりした歯応えがありました。
お肉のクセというのでしょうか、ちょっと独特の味わいです。
個人的にはあまり好みではないかも(汗)。

ご飯はそれ程多くありません。
ボロネーゼはいつもどおり、しっかりした味付けで美味しかったです。
たっぷりの野菜と一緒だと、さっぱりと食べられました。

DSCF2291 (480x360)
途中まで食べたら、温泉卵を崩しました。
トロトロの黄身に和えると、まろやかで複雑な味わいになって、ちょっと違う美味しさを楽しめます。

DSCF2289 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


全体のボリュームは普通です。
この屋台が来るようになってからずっと食べたかったとんトロでしたが、あまり好みの味ではなかったのは残念。
ただ、ベースのボロネーゼなどの味つけがしっかりしていて、食べる場所によって食感や味わいが変わるので、最後まで食べ飽きなかったです。
過去10ヶ月分ぐらい記事を飛ばしちゃっているのでわかりにくいですが、この日、定番メニューは全て制覇しました。
これからどうやって食べようかな?!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

  ボロネーゼライス (2014年5月7日
  牛サイコロボロネーゼ (2014年10月8日
  とんトロボロネーゼ (2015年11月18日

  スペアリブボロネーゼ (2015年9月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◆・◇・◆・◇・◆・◇ 千代田四番町ランチ屋台全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆

月曜日 「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」 
  佐賀県ご当地料理 元祖ポークシシリアンライス (2014年6月2日
  麻婆春雨 (2014年6月9日

月曜日 【撤退】ハーブチキンライス屋「エスエヌダイニング」 
  ビーフシチュー&インディアン (2011年4月11日
  ハワイアン&フレンチ (2011年4月25日
  コリアン&イタリアン (2011年5月30日) 
  インディアン&ココナツカレー (2011年6月13日
  チャイニーズ&フレンチ (2011年6月20日
  ロシアン&カレー (2011年6月27日
  アジアン&トマトカレー (2011年7月11日
  チャイニーズ&イタリアン (2011年8月29日
  カレー&キーマカレー (2011年9月5日
  トマトカレー&インディアン (2011年12月5日
  ロシアン&ハワイアン<トマトソース> (2012年6月11日
  Wハーブチキン丼 (2011年10月31日
  ハーブチキンフレンチライス (2012年1月23日
  ハーブチキンハワイアンライス (2012年2月13日

火曜日 タコライス屋「トノカフェ」
  オリジナルタコライス (2011年5月24日
  オリジナルタコライス+スパム (2014年2月18日)  
  ホットチリタコス (2011年5月17日
  ホットチリタコライス+アボガド (2014年6月3日
  アボガドタコライス (2011年4月12日) 
  アボガドタコライス+サルサソース (2011年6月21日) 
  アボガドスパム丼 (2011年4月19日
  アボガドスパム丼+サルサソース (2011年9月13日
  タイ風チキンタコライス (2011年7月5日2011年10月11日
  タイ風チキンタコライス+アボガド (2014月7年29日)  
  ベジタブルタコライス (2013年3月12日
  ベジタブルタコライス+アボガド (2014年9月9日
  ハーフ&ハーフ<オリジナル・タイ風> (2013年1月8日2013年10月1日

水曜日 オムライス屋「リトル・グランマ」  
  デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
  デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
  デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
  アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日
  牛すじカレーソース&ケチャップ (2011年4月27日
  ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日
  ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日
  スンドゥブ風ソース (2013年2月6日
  赤カレーチキンソース (2014年4月30日

水曜日 名前のない屋台
  ボロネーゼライス (2014年5月7日
  牛サイコロボロネーゼ (2014年10月8日
  とんトロボロネーゼ (2015年11月18日
  スペアリブボロネーゼ (2015年9月30日

木曜日 アジア料理屋「ガルバ」 
  ガパオ     (2011年10月20日
  グリーンカレー (2011年5月12日2012年7月26日2012年11月29日2013年2月21日
  グリーンカレー 大盛り (2013年11月7日
  レッドカレー  (2011年4月21日
  トマトチキンカレー (2011年6月30日
  キノコとチキンのココナッツカレー (2011年5月19日
  カボチャとサツマイモのココナッツカレー(マイルド)ポタージュ風 (2012年2月23日
  ドライカレー (2015年10月15日

金曜日 韓国料理屋「ドラゴン屋台」
  豚プルコギ<辛口ソース> (2011年6月17日
  豚プルコギ<辛口ソース>+温泉たまご (2014年8月22日
  ビビンバ (2011年5月20日
  チャプチェ (2011年6月24日
  チャプチェ+温泉たまご (2014年4月4日
  豚プルコギ&チャプチェ  (2011年5月13日
  豚プルコギ&チャプチェ2種盛+温泉たまご (2011年8月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2015年11月18日購入時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
名前のない屋台
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 隔週水曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/27 05:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨日は寒かったですね~。
暑がりかつ寒がりの上司は、事務所に到着するやいなや、「寒い! 暖房!!」と言ってエアコンを稼働していました(笑)。
もう冬の入口ですね~。

DSCF2257 (480x360)
2015年11月17日のランチは、最近ご無沙汰していたな~と思い、「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」のスパゲッティを買うことにしました。
お弁当を持参した先輩も冷凍庫に押し込んで参戦し、当初「松月庵」を予定していた上司に声を掛けたところ、一緒に食べるとのこと。
この日はOさんがお休みで不在だったので、結局、三人全員「ラ・タベルナ」です(笑)。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。


地図です。

DSCF7927 (480x360)
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回このブログでお弁当の記事をアップしたのは2014年11月19日でした。
前回ランチ訪問したのは2014年10月27日でした。

DSCF7928 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日2014年5月2日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF4057 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

12時10分過ぎのとっても忙しい時間帯に電話したのですが、いつもどおり15分ぐらいで出来上がると言われたので、先輩がすぐに準備をして取りに行ってくれました。
ありがとうございます☆

DSCF1926.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF7246 (480x360)
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

DSCF2960 (480x360)
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、この時点でなんと37周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

DSCF2962 (480x360)
階段の上の天井に、矢印が描かれた看板が掲げてあります。
階段をのぼって正面が「ワイスタイル」の2つある入口の一つです。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF2968 (480x360)
入口からウェイティングの長いすがある細長い通路を通って奥のフロアに続いています。

店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

DSCF2969 (480x360)
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

相変わらずの混雑ぶりだったようで、イートインにはかなり行列が出来ていたそうです。

DSCF2966 (480x360)
メニューなどの隙間から、厨房の様子が見えます。
写っているお料理はお店のスペシャリテである牛肉の薄切りステーキです。

DSCF4058 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。
スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。

DSCF2244 (480x360)
先輩、久しぶりだったのと、混雑が激しかったのでフォークをもらってきてしまったとのことです。

DSCF2246 (480x360)
容器の端っこに、何やら貼り付けてあります。

DSCF2248 (480x360)
こちらはビニール袋に入れられた大葉でした。

DSCF2250 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

DSCF2247 (480x360)
私はオイルベースのアシューガにしました。
アシューガには赤唐辛子・青じそ・アンチョビが入っているとのこと。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。

DSCF6799 (480x360)
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

DSCF4557 (480x360)
チョイスするメニューによっては、こんなナイフが付いていることもあります。

DSCF2253 (480x360)
フタをオープン!
大きくて深さのある容器の8割近くまでたっぷりと入っています。
麺の他には赤唐辛子が顔をのぞかせているだけと、超シンプル!

DSCF2254 (480x360)
麺は細麺でかなりのボリュームです。

DSCF2255 (480x360)
唐辛子は細長く、しかも、まるまる1本、そのまま入っていました。


<スパゲティ> アシューガ  (750円)
DSCF2257 (480x360)
袋に入っていた青じそを全てスパゲティにのっけてみました。
どーん!

DSCF2258 (480x360)
たっぷり過ぎる青じそは、まるで森(笑)。
20枚分ぐらい、あるんじゃないでしょうか。

DSCF2261 (480x360)
麺と青じそを混ぜようと思っても、スパゲティが大量で、なかなか難しい~。
お箸が重たいです(笑)。

食べてみると、麺は焼き付けてあることもあって、ちょっと水分が少なめでぱさつき感がありました。
その分、油っぽさはなくて、青じそのおかげでとてもさっぱりと食べられます。

DSCF8809 (480x360)
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。
辛いテイストが大好きなので、タバスコの消費量がとっても多いです。

DSCF2249 (480x360)
ここのところタバスコを切らしていたので、先輩がコンビニで買ってきてくれました。
ありがとうございま~す☆

DSCF2251 (480x360)
開封したてのタバスコは、酸味と辛みがバシッと効いていてすごくフレッシュです。

DSCF2262 (480x360)
途中からタバスコをたっぷりと入れて、味わいを変えました。
辛味と酸味が加わって味わいが複雑になり、パンチがあります。

DSCF2263 (480x360)
結局、トウガラシは2本使われていました。


<スパゲティ> サルシッチ  (750円)
DSCF2256 (480x360)
先輩はサルシッチをチョイス。
こちらもオイルベースで、赤唐辛子とチョリソーが入っています。
ちょっと判り辛いかもしれませんが私のアシューガに比べて麺の量が少ないように思いました。
チョリソーがお高いからかな?
あと、先輩の話では、サルシッチに塩気があるせいか、麺の方は塩気がかなり控えめだったとのことです。

DSCF4059 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じです。


たっぷりの青じそのボリュームにビックリ。
久しぶりに見た目にインパクトのあるメニューに出会えました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日
  ビーフストロガノフ (2014年10月27日
 
[テイクアウト]
◎スパゲティー
  バジリコ (2014年3月19日
  サルシッチ  (2014年7月28日
  アシューガ  (2015年11月17日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  アラビアータ  (2014年6月17日
  トンノ  (2010年8月13日
  ペスカトーレ (2013年9月25日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  タラモ (2013年1月31日
  サンジャック ビアンコ (2013年8月20日
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  カルボナーラ  (2014年11月6日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  カニのクリームスパゲッティ (2014年4月8日

◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  クレーマ (2013年2月26日
  ポロ (2014年2月20日2014年8月26日
  サンジャック クレーマ (2014年4月21日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  フンギ (2013年7月4日
  ガンベレット ビアンコ (2014年10月3日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日
  紅ずわい蟹のクリーム (2014年10月24日2014年11月19日

◎ご飯系
  牛肉の薄切りステーキ (2013年11月20日
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日

◎季節メニュー
  あん肝とエリンギのスパゲティー (2014年1月29日2014年10月9日
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣とエリンギのリゾット:ビアンコ (2014年10月30日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)   
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 エビのマリネとアボガド入りフレッシュトマト添え  (2014年8月1日
  冷製 スモークサーモンとアボガド入り~フレッシュトマト添え (2014年5月1日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
  Hotaruikaいっぱいのスパゲティー (2014年4月15日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
DSCF2208 (480x360)

DSCF2209 (480x360)

DSCF2210 (480x360)

DSCF2211 (480x360)

DSCF2212 (480x360)

DSCF2213 (480x360)

DSCF2214 (480x360)

DSCF2215 (480x360)

DSCF2216 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg





2015年11月17日訪問時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/26 04:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(3) |
串揚げと、樽生ワインと。 IppoIppo  @四谷
この11月はホントに雨が多いですね~。
傘を持つのが嫌いな私には悩ましい日々です。
おまけに今日はかなり冷え込むとのことですので、みなさま、風邪をひかぬよう、ご自愛下さい。

DSCF2209 (480x360)
2015年11月16日は週の最初の月曜日。
この日は上司とOさんがお昼時に不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
新宿通り沿いにビストロの新店を見つけていたので、そこに向かっている途中、「串揚げと、樽生ワインと。 IppoIppo(くしあげと、たるなまわいんと。いっぽいっぽ)」というお店でランチをやっているのを発見。

DSCF2241 (480x360)
通りにランチメニューの小さな看板が出ています。
牛かつの断面の美味しそうなピンク色、かつ、フォアグラという言葉に二人ともすっかり浮かれて、こちらのお店に入店(笑)。

DSCF2242 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を新宿方面に進み、四谷一丁目交差点を越えて右折し、最初の角を左に曲がって細い道に入り、少し行った右側に上野KGビルがあり、お店はその地下1階です。
しんみち通りを抜けて、さらに少し行ったところです。


地図です。

DSCF2243 (480x360)
「イッポイッポ」は、創作牛かつと洋風串揚げとイタリア直送樽生ワインを楽しめるお店として、2015年11月4日にオープンしたそうです。
2014年6月12日にランチ訪問した、しんみち通りにある「串揚げ居酒屋 一歩一歩」の姉妹店とのこと。
わずか2ブロックぐらいの間に2軒も牛かつをランチで出すお店が出来たなんて、「牛かつって流行っているのかな?」と勘違いしちゃいました(笑)。

こちらは以前韓国料理屋さんだったと思うのですが、昼営業はしていませんでした。

DSCF2240 (480x360)
このビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、2011年8月1日に移転してきた老舗有名ラーメン店の「支那そば屋 こうや」があり、2011年8月18日2013年5月2日にランチ訪問しました。
2階には、2011年3月8日にオープンしたタイ・ベトナム料理の「グリーン」があり、2011年3月25日2013年10月22日にランチ訪問しています。
他の店舗は夜営業しかしていないので詳しいことはわかりませんが、やや不便な立地のせいか、お店の入れ替わりが激しいです。

DSCF2238 (480x360)
お店は地下にあるので、細い階段を降りていきます。
ブラックに統一されたデザインがとってもオシャレ。

DSCF2239 (480x360)
入口の扉の前にはネームプレートがビルの入口側に向いてかけてあります。
これだと、階段を降りていく時にどこにお店があるかわかるので、とっても親切~。

DSCF2199 (480x360)
フロアは結構広く、右奥に厨房、その前にカウンター席、周辺にテーブル席がありました。

DSCF2198 (480x360)
新店なので内装はとても新しく、シンプルですがシックな雰囲気です。

12時15分頃に入店したところ、前客は1組、後客はいませんでした。

DSCF2204 (480x360)
壁にはこのお店のウリである樽生ワインの大きなポスターが貼られていました。
美味しそう♪

DSCF2200 (480x360)
長身のイケメン店員さんがお一人で切り盛りしています。
なので、テーブルの上にはあらかじめセッティングされていました。

こちらの店員さん、とても熱心に接客されていて、お料理が終わって手が空くと、隣の席の方にお料理の出来映えなどについていろいろとコメントを聞いたりしていました。

DSCF2197 (480x360)
私たちは左奥の4人席に着席。
とっても広々としていました。
卓上にはお水の入ったポットとグラス、カトラリーのセットが置いてあります。

DSCF2195 (480x360)
あらかじめおかれていたおしぼりは薄いビニール袋に入っていました。

DSCF2202 (480x360)
お水を入れるコップが鮮やかな黄緑色で、とってもカワイイ~。

DSCF2192 (480x360)
ランチメニューは牛かつフォアグラのせ1種類のみ。
なので、「後楽」と同じで、着席して待つだけです。
でも、この日は店員さんがわざわざやってきて下さり、「メニューは一種類だけですが、よろしいでしょうか。」と声をかけてくださいました。

DSCF2206 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。


名物牛かつフォアグラのせ (1,200円)
DSCF2209 (480x360)
メインとバケットのセットです。

DSCF2210 (480x360)
バケットは小さめの籠に盛られて出て来ました。
こちらで一人前です。

DSCF2211 (480x360)
薄切りですが、5枚あります。
確か、常温だったと思います。
1回おかわりできます。
店員さんからも「パンのおかわりできますよ~。」とアナウンスがありました。

DSCF2212 (480x360)
メインは丸くて大きな白いお皿に盛られています。

DSCF2217 (480x360)
サラダとして、キャベツ、キュウリ、ニンジンが添えてありました。
キュウリとニンジンはスティック状です。
キャベツはざく切りですが、これ、食べてみるとかなりの量がありました。

DSCF2216 (480x360)
赤いカワイイ形のお皿にドレッシング?ソース?が入っています。
実はこちらの個性的な器、先輩も持っているそうですが、形が独特過ぎてどうやって使っていいかわからなかったとのこと。
「なるほど、こういう風につかえばいいんですね~。」と言っていました(笑)。

DSCF2221 (480x360)
こんな感じで野菜にディップをつけていただきました。
ただ、こちらのソース、ちょっとしょっぱくて、つける分量が難しかったです(汗)。

DSCF2219 (480x360)
牛かつフォアグラのせは、メニュー写真とはだいぶ印象が違い、先輩も私も「あれれ?」って感じでした。
一口大に切った牛かつは、ちょっとタワー状に積んであります。

DSCF2215 (480x360)
バルサミコ酢で、オシャレにお皿もアートされていました。

DSCF2224 (480x360)
牛かつはレアに仕上げられているので、断面がとってもキレイなピンク色。
見るからに美味しそう~。
食べてみると、お肉は柔らかく、衣の旨味がありますが、塩気がかなり控えめで、しょっぱい味が好みの私にはちょっと辛かったです。
バルサミコ酢をつけても、酸味が加わりますが、甘味もついちゃうので、それはそれで辛い(汗)。

DSCF2227 (480x360)
バケットがたくさんあるので、、、

DSCF2235 (480x360)
こんな感じでパンにのっけて食べたりもしました。

DSCF2229 (480x360)
こちらが、お目当てのフォアグラ。

DSCF2232 (480x360)
こちらもパンに合わせていただきました。
ちょっと表面がかためでしたが、フォアグラの味わいは楽しめました。


全体のボリュームは普通です。
牛かつを食べること自体滅多にないし、洋風にアレンジした牛かつなんて、初めての体験でした。
味付けが自分好みではなかったのはちょっと残念でしたが。





2015年11月16日訪問時お店DATA
****************************
串揚げと、樽生ワインと。 IppoIppo (くしあげと、たるなまわいんと。いっぽいっぽ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-23 上野KGビル地下1階
TEL 03-3226-8222
営業時間 
[昼] 11:30~14:30
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 土日祝
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/25 06:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
麺屋 武士道  @小岩
みなさま、楽しい三連休をお過ごしだったでしょうか?
私も無事旅行から戻り、本日から仕事です。
気付けばもう11月もあと少し。
年末までの仕事も視野に入れてがんばります☆

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「武士道」のレポートです。

DSCF2177 (480x360)
2015年11月15日の夕方、美容院が終わったあと、家人と待ち合わせて夕飯を食べに行きました。
この日訪問したのは、小岩に最近オープンした「麺屋 武士道(ぶしどう)」というラーメン屋さんです。

DSCF2191 (480x360)
JR総武線小岩駅の南口を出て、左にあるサンロード商店街を入り、少し進んだ左手にお店があります。
」という、私が時々通うお気に入りのつけ麺屋さんの少し先です。

この場所に以前どんなお店があったのか、全く思い出せません(汗)。
ラーメン屋さんではなかったと思います。


地図です。

DSCF2190 (480x360)
「武士道」は、2015年11月1日にオープンしたそうです。
プレオープン期間だった10月26日から31日までの間、1日6時間の営業にもかかわらず、合計約1,200人の来客があったとのこと。
すごいですね~。
お店は午前11時から夜中12時まで、年中無休で中休み無しです。

DSCF2173 (480x360)
入店してすぐ左に券売機があるので、先に食券を購入します。

DSCF2174 (480x360)
その隣にウォーターサーバーがあります。
お水はセルフサービスです。

でも、この日は店員さんが持って来てくれました。

DSCF2171 (480x360)
午後4時過ぎに入店したところ、早い時間にもかかわらず、結構お客さんが入っていました。

和風な内装はまだピカピカです。
確か男性店員さんばかりで、イマドキのラーメン屋さんらしく、明るくて元気のある接客でした。

DSCF2170 (480x360)
私たちは入口からすぐの4人用テーブル席に通されました。
とっても広々としています。
通路側にはティッシュ、小皿、レンゲ、ダスターが置いてありました。

DSCF2163 (480x360)
壁側にはメニュー、各種調味料などが置かれています。

DSCF2164 (480x360)
小さなボトルには上から青がっぱ、しょうが、豆板醤、ニンニクが入っていました。

DSCF2165 (480x360)
髪留めもあります。
細かいサービスですね~。

DSCF2167 (480x360)
この日は奥の方は全然見えませんでしたが、フロアは1階と2階があるそうです。
1階はカウンター席とテーブル席があって全席禁煙で、トイレがあります。
2階はテーブル席と座敷席があり、喫煙オッケーで、トイレはありませんが、大型テレビが設置されているとのこと。

DSCF2168 (480x360)
濃厚豚骨ラーメンを注文すると、麺の茹で加減、味の濃さ、油の量を選べます。
私は全てお勧めでお願いしました。

DSCF2169 (480x360)
ドカ盛り野菜ラーメンを注文すると、ニンニクの有無とその量、麺の茹で加減、野菜の量について選べます。
家人は全てお勧めでお願いしました。


ドカ盛り野菜ラーメン  (750円)
DSCF2175 (480x360)
最初に、家人が注文したドカ盛り野菜ラーメンが登場。
二郎インスパイアですね~。

DSCF2176 (480x360)
野菜は260gあるとのことで、かなりの山盛り。
ニンニクは醤油のカエシに漬け込んだ特製刻みニンニクだそうです。


濃厚豚骨ラーメン <醤油>  (700円)
DSCF2177 (480x360)
次に、私が注文した濃厚豚骨ラーメンが登場。
醤油と塩が選べるので、私は醤油をチョイス。
青いドンブリに盛られていました。

DSCF2178 (480x360)
海苔、ほうれん草、ナルト、チャーシュー、ネギがトッピングされています。
家系ラーメンですね~。

DSCF2179 (480x360)
海苔は大きめの長方形のものが3枚。

DSCF2180 (480x360)
家系ラーメンの象徴、茹でほうれん草。
この日、スープがとっても濃かったので、すごく口休めになりました。

DSCF2183 (480x360)
目立ちませんが、長ネギも少し入っています。

DSCF2181 (480x360)
ナルトは薄切りのものが1枚。

DSCF2182 (480x360)
チャーシューは大きめのものが1枚。
焼き目がしっかりとついていて、とっても美味しそう。
ただ、実際に食べてみると、焼いた香ばしさはすっごくあったのですが、豚肉の味わいは意外とフツーでした。

DSCF2184 (480x360)
油の量はお勧めの普通ですが、それでも結構表面に浮かんでいます。
多ければ多いほど甘味が増すそうです。

DSCF2186 (480x360)
一口目は濃厚な豚骨スープだなぁと思ったのですが、塩気が強いのか、段々食べ進めるのが辛くなりました(汗)。
かなり濃い味好きな私ですが、このお店のオススメだとちょっと味が濃すぎるかも。
家人の野菜ラーメンを途中で一口試しましたが、こちらの方が甘味が強くて食べやすかったです。

DSCF2187 (480x360)
麺はストレートの中太麺です。
ボリュームは普通でした。

DSCF2189 (480x360)
途中、少し味わいがさっぱりするかな?と思って卓上のショウガを入れてみました。
細切りの甘酢漬けのような感じです。
あまり味変にはならなかったです。


濃過ぎる味わいと格闘しながら、何とか完食。
ただ、お値段はお安めなのでCPは良かったと思います。
次回は野菜ラーメンを食べてみたいです。
この日は久しぶりに、ランチの「油そば 力」に続いて、二食連続ラーメンを食べました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日2015年10月15日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日
【閉店】濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日
豚骨一燈 (2014年6月7日
越後秘蔵麺 無尽蔵 こいわ家 (2014年8月25日
麺屋 武士道 (2015年11月15日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日2015年10月11日
小味園 本店 (2013年7月31日
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日2015年10月31日
SHEEP GANG DINING (2014年6月15日
ボローニア (2014年6月28日
【閉店】中国料理 一品楼 (2014年8月23日
丸亀製麺 小岩POPO店 (2015年11月1日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2015年11月15日訪問時お店DATA
*****************************
麺屋 武士道 (ぶしどう) 
〒133-0056 
東京都江戸川区南小岩7-26-18
電話番号 03-6657-9967
営業時間 11:00~24:00
定休日 なし
JR総武線小岩駅南口から徒歩1分 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2015/11/24 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(0) |
油そば 力  @高田馬場
楽しかった3連休も、あっという間に今日で最終日。
みなさま、楽しく過ごせたでしょうか?
明日からの仕事はちょびっと憂鬱ですが、4日間しかないので、がんばります!

本日は、マイブログ圏外の高田馬場にある「力」のレポートです。

DSCF2148 (480x360)
2015年11月15日は、久しぶりに美容院に行くため、高田馬場へ行きました。
この時いつも楽しみにしているのは、都内有数の厳選地区である高田馬場・早稲田界隈のラーメン店巡り。
ブログに紹介するのでなるべく有名店に行くようにしていますが、この日はあまり時間がなかったので近場にしたかったのと、日曜日なのでお店の選択肢が結構限られたことから、「油そば 力(ちから)」というお店へ行ってみることにしました。

DSCF2158 (480x360)
JR・地下鉄高田馬場駅から早稲田通りの右側を落合方面に向かって進み、西友を越えたすぐのところに久松ビルがあり、お店はその1階と地下1階です。
この通りにはたくさんのラーメン屋さんがあり、この手前の建物もラーメン屋さんです。


地図です。

DSCF2159 (480x360)
「力」のご主人はミャンマーの方だそうですが、日本で油そばの修行を積んで、2013年7月21日にこちらのお店をオープンしたそうです。

DSCF2161 (480x360)
通りに面した壁にはとても大きな油そばの写真が貼ってありました。
全席禁煙です。
地下と1階を合わせても全部で17席と小さなお店です。
お店に行ったにもかかわらず、地下があると知ったのはこの記事を書いている時でした(笑)。

DSCF2160 (480x360)
大通りに面した壁には、味付けごとの油そばの大きな写真と説明書きがあって、とってもわかりやすいですね~。

DSCF2162 (480x360)
入口は小さく、左側に券売機が置いてあります。
営業時間は写真のとおりです。

DSCF2128 (480x360)
油そばブームからだいぶ時間が経ち、油そば専門店というのも珍しいですが、ご主人が故郷の味としてビーフンもメニューに入っているのも、とっても珍しい!
入口の扉には、ミャンマー語?オンリーで書かれたメニューがどーんと貼り出してありました。

DSCF2125 (480x360)
外に置いてある小さな券売機で先に食券を購入します。
油そばは醤油、辛味噌、塩味の3種類です。

DSCF2126 (480x360)
ビーフンは油と汁の2種類です。
ミャンマーのビールもあるようなので、この後美容院の予約がないなら、飲んでみたかった~。

DSCF2127 (480x360)
激辛好きなので、辛味噌をチョイス。
普通・大盛・特盛は同一料金なので、ついつい、特盛にしちゃいました(笑)。

DSCF2141 (480x360)
開店直後の午前11時過ぎに入店したところ、先客は1名で、後客は一人客が2組ほど。
ご主人お一人で切り盛りしていました。
とても愛想がよくて、言葉も全く問題なかったです。

DSCF2140 (480x360)
フロアは狭く、左に厨房、右にカウンター席です。
テーブル席もあるそうですが、私は気付きませんでした。

DSCF2132 (480x360)
私はカウンターの真ん中ぐらいに着席。
卓上には割り箸、爪楊枝、ティッシュ、お水の入ったポット、グラス、各種調味料などが置かれています。

DSCF2139 (480x360)
調味料の中に、こちらの辛味ガーリックを発見。
とっても美味しそうだったので、ぜひ使ってみたかったのですが、後から出て来た油そばは意外としっかりと辛くて

DSCF2133 (480x360)
麺は株式会社サッポロ製麺というお店のものを使っているようです。

DSCF2138 (480x360)
お水はセルフです。

私の前に来ていたお客さんは同郷の常連さんだったようで、ミャンマー語?でずっと話し合っていて、ぷち海外気分。
高田馬場は、何故かミャンマーの人がたくさん集まっていらっしゃるようです。
美容院のサブの担当の人が高田馬場に住んでいて、かつ、ラーメン好きなので、後からこのお店のことについて聞いて見たところ、最初オープンした時は油そばだけだったのが、いつ頃からかビーフンを出すようになって、それ以降ミャンマーの人のお客さんが増えたそうです。

DSCF2134 (480x360)
ご主人の生い立ちやビーフンメニューの紹介が書かれています。

DSCF2135 (480x360)
油そばの説明や、美味しい食べ方もありました。
これらを読んでいるだけで、結構出来上がりを待つことが出来ます。


油そば (辛味噌) 特盛  (750円)
DSCF2148 (480x360)
10分程待って、油そばが登場!

DSCF2149 (480x360)
こちらは塩スープです。
油そばを注文すると、もれなく付いてきます。
黒い器に入っていて、赤いレンゲが添えられていました。

DSCF2155 (480x360)
多分そのまま飲むと、普段の私には薄く感じると思いますが、油そばを食べて、しかも辛さもあったので、とてもいい口直しになりました。
油そばというと、お酢とかなどの調味料での味変しか知らなかったので、このスープ付きはとってもよかったです。

DSCF2142 (480x360)
油そばは特盛なので、麺がドンブリの縁ぐらいまでたっぷり入っていて、しかも、トッピングは麺を覆い隠すほど多かったです。
特盛は360グラムあるとのこと。

DSCF2147 (480x360)
トッピングは、水菜、、、

DSCF2143 (480x360)
長ネギの白い部分、、、

DSCF2144 (480x360)
メンマ、、、

DSCF2145 (480x360)
刻み海苔、、、

DSCF2146 (480x360)
小さいサイコロ型に切ってあるチャーシューです。
たっぷり目。

DSCF2151 (480x360)
平打ちの黄色い麺は特盛だけあって、かなりのボリューム。
ドンブリの底にタレが入っているので、まずは全体をかき混ぜなければいけません。
麺を持ち上げるのがとっても重たくて、正直、途中で割り箸が折れちゃうんじゃないかとかなり心配でした。

DSCF2152 (480x360)
しばし奮闘して、いただきま~す。
麺はモチモチの食感で美味しい!
しかも、唐辛子でしょうか、結構ビシッと辛さがあって、食べて続けていたら身体が内側から熱くなりました。

DSCF2156 (480x360)
ドンブリには赤文字でお店のネームが入っていました。

DSCF2157 (480x360)
これはいつものことで仕方がないですが、サイコロ型のチャーシューは麺にはうまく絡まず、最後に残っちゃいます。
拾って食べて、美味しく完食!


最初は特盛なんて食べ切れるか心配でしたが、とてもお腹が空いていたのでペロリでした。
麺はボリュームたっぷりで、辛味もしっかり利いて美味しく、お値段もお手頃でCPはとってもよかったと思います。
次回は是非ともビーフンを食べてみたいです。


名刺です↓
DSCF2130 (480x360)

DSCF2131 (480x360)



◇・◆・◇ これまで巡った高田馬場近辺のラーメン屋さんはこちらです↓ ◇・◆・◇

【閉店】さっぽろ 純連 東京店 (2010年2月13日
麺屋武蔵 鷹虎 (2010年8月14日
二代目海老そば けいすけ (2010年12月12日
俺の空 (2011年3月6日
【閉店】中華そば べんてん (2011年7月23日
渡なべ (2012年2月5日
【閉店】博多長浜らーめん ぼたん 高田馬場店 (2012年4月14日
蒙古タンメン中本 高田馬場店 (2012年6月24日
自家製麺 鶏そば 三歩一 (2012年11月25日
鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店 (2012年12月24日
天理スタミナラーメン 高田馬場店 (2013年10月20日
麺屋 宗 (2013年3月10日
野方ホープ 高田馬場店 (2014年3月8日
本格中華麺店 光麺 高田馬場店 (2013年9月8日
【移転】らーめん からしや (2014年2月2日
焼麺 劔 (2014年8月23日
油そば 力 (2015年11月15日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2015年11月15日訪問時お店DATA
***************************
油そば 力 (ちから) 
〒169-0075 
東京都新宿区高田馬場3-12-1 久松ビル1階、地下1階
TEL 03-5937-1686
営業時間 
[平日] 11:00~23:00
[土日祝] 11:00~21:00
定休日 不定期 
JR・地下鉄高田馬場駅より徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/23 00:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
佳陽  @市ヶ谷
本日も、記事をためないために、ブログをアップします。
前日に引き続きプチ旅行に出かけていますので、コメント返しなどが出来ないので、ご了承下さい。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

DSCF2109 (480x360)
2015年11月13日は週の最後の金曜日。
この日は前日「フレッシュネスバーガー」に行った時、「佳陽(かよう)」でお弁当の販売を始めていたのを見つけ、早速買いに行ってみました。

DSCF2106 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りに右側を半蔵門方面に向かって進み、最初の交差点を越えて少し行った先にグローリア初穂平野ビルがあり、お店はその地下1階にあります。


地図です。

DSCF8973_20131224053335ac0.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
まだGEMS市ヶ谷が存在していないので、かなり古い写真です(笑)。

「佳陽」は2013年11月にオープンしました。

この場所には2012年10月17日にオープンし、2012年10月18日にランチ訪問した「上海料理・四川料理 ミスターバン酒菜 市ヶ谷店」がありましたが、1年ぐらいで閉店したようです。

さらにその前にはこの界隈では老舗だった「金糸」というお店がありましたが、2012年5月25日に閉店しました。

DSCF2102 (480x360)
日テレ通りには、イートインのランチメニューやディナーメニューとは別に、お弁当メニューも出ていました。

前回ランチ訪問したのは2015年10月23日でした。

DSCF2104 (480x360)
ただし、お店の入口の所にはスペースがないので、ちょっと麹町方面にずれた場所でお弁当を販売しています。
なので、前日に見た時はすぐに「佳陽」だとは思わず、看板を見てお店がわかりました。

DSCF2101 (480x360)
女性店員さんがお一人で切り盛りしています。
明るくて丁寧な接客でした。

午前11時から12時までの間にお弁当を買えば、缶コーヒーがつくという、タイムサービスがあります。
時間をずらせる人が羨ましい。
でも、お茶じゃなくて缶コーヒーっていうのは、珍しいかも。

DSCF2100 (480x360)
残念ながら辛そうなメニューはなかったので、「人気!!」と書かれた油淋鶏をチョイス。

そういえば、出かける前に同じくお弁当を買いに出ようとしていたOさんに、「『佳陽』で500円のお弁当販売が始まりましたよ。」って声をかけたのですが、普段は結構お値段を気にしてお弁当を買うのに、「食べてみないと味がわからないですからねぇ。」と応えていました。
先輩にこのエピソードを話し、「結構保守的なんですね~。」と言ったら、「もともと『佳陽』のお料理が好きじゃないんじゃ?」とのこと(笑)。

DSCF2107 (480x360)
持ち帰り袋は一般的な白いビニール袋です。
お箸は断りました。

DSCF2108 (480x360)
容器はプラスチック製で、下は黒、フタは透明です。


油淋鶏  (500円)
DSCF2109 (480x360)
いただきま~す!
メイン、おかず2種類、お新香、ご飯のセットです。
500円とは思えないゴージャスさ。
さすが、中華です。

DSCF2117 (480x360)
ご飯の量も、なかなか多いです。

DSCF2118 (480x360)
黒ゴマが振ってありました。

DSCF2114 (480x360)
お新香は、中華の定番、ザーサイです。
細切りになっていました。

DSCF2115 (480x360)
2種類あるおかずのうち、一つは鶏の唐揚げ。
メインが油淋鶏なのに、思いっきり揚げ物かぶり(笑)。
多分、全部のお弁当共通だから、仕方ないとは思いますが。

DSCF2124 (480x360)
お肉は柔らかく、下味もしっかりしていて、フツーに美味しかったです。
唐揚げの下にはレタス、ダイコン、ニンジンなどの野菜が敷いてありました。
中華のお弁当には珍しいのでは?

DSCF2119 (480x360)
もう一つのおかずはマーボー豆腐でした。
見た目はフツーですが、結構ビシッと辛くて、美味しかった~。
次回お店に行った時にぜひ注文してみたいです。

DSCF2113 (480x360)
油淋鶏は皮がこんがりと上がっていて、あらかじめ、一口大に切ってあります。

DSCF2120 (480x360)
細かく刻んだ長ネギがたっぷりとのせてありました。

DSCF2121 (480x360)
鶏肉は胸肉かな?
皮はサクッとした感じで、お肉の程良い弾力がありました。
かけてあるタレが甘さと酸味がしっかりと利いていて、揚げ物のボリューム多くてもさっぱりと食べられました。

DSCF2111 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


揚げ物を2種類食べたので、おなか一杯になりました。
これで500円とは、本当にお値打ちです。
それ程種類は多くありませんが、ぜひ別の種類も食べてみたいです。
できれば、辛いお料理のお弁当も出して欲しい~。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


[イートイン]
マーボードーフ (2013年11月26日
ちゃんぽん(辛口) (2014年6月6日
四川風レバー炒め (2014年7月4日
麻辣刀削麺 (2015年10月23日

[テイクアウト]
油淋鶏 (2015年11月13日


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1208 (480x360)

DSCF1209 (480x360)

DSCF1211 (480x360)

DSCF1207 (480x360)


名刺です↓
DSCF7390_20131219081251951.jpg

DSCF7392_2013121908125369f.jpg


チラシです↓
DSCF6681 (480x360)

DSCF6682 (480x360)

DSCF6683 (480x360)

DSCF6684 (480x360)

DSCF6685 (480x360)





2015年11月13日訪問時お店DATA
******************************
佳陽 (かよう)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-2 グローリア初穂平野ビル地下1階
TEL  03-5211-8408
営業時間 
[昼]11:00~15:00 
[夜]17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 日曜日(予約のみ可)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分
地下鉄麹町駅から徒歩4分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/22 00:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
FRESHNESS BURGER 市ヶ谷日テレ通り店  @市ヶ谷/麹町
三連休の初日、みなさま、楽しくお過ごしですか?
このところ、1週間遅れで書いている拙ブログですが、それでも追いつかないので、土曜日の今日も記事をアップします。
私は小旅行に出ているので、コメント返しがすぐには出来ませんので、何卒ご了承下さい。

DSCF2092 (480x360)
2015年11月12日のランチは、最近あまり買っていなかったことを思い出し、久しぶりに「FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー) 市ヶ谷日テレ通り店」へ行くことにしました。

2008_1123画像0038
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、2つめの交差点の少し手前の右側に店舗があります。


地図です。

2008_1123画像0039
こちらも以前撮影した写真です。
一軒家、というのでしょうか、2階建ての小さな建物です。

フレッシュネスバーガー」は、株式会社フレッシュネスバーガーが展開するちょっとお高めのバーガーチェーンで、1992年12月14日に第一号店がオープンし、現在では日本各地だけでなく、香港やシンガポールやミャンマーにも支店があります。

2008_1123画像0037
こちらも以前撮影した写真です。
前回記事をアップしたのは2014年10月2日でした。

DSCF4944 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前の右側には限定メニューや営業時間が出ていました。

DSCF4945 (480x360)
逆サイドにはウエルカムボードやお花が飾られています。

ランチタイムは大行列になることが多いので、あらかじめ、電話で注文を入れておくようにしています。
この日は午後早くに来客を予定していたので、12時少し前に電話を掛けました。
15分ぐらいかかるとのことだったので、準備をしてすぐに事務所を出発。

2008_1123画像0032
お店に入ると、右側に小さなテーブルが並び、、、

DSCF1057.jpg
左側にはカウンター席がありました。

DSCF8212 (480x360)
フロアの端には調味料やお水、お砂糖などが置かれた小さなワゴンがあります。

DSCF1059_20120604195025.jpg
お店は1階と2階がありますが、いつもテイクアウトなので2階には行ったことがありません。
1階は禁煙です。

DSCF2064 (480x360)
店内には期間限定などのメニューがいろいろと貼ってあります。

2015年9月17日から季節商品として販売の始まったチョップドビーフバーガーは、売り切れになっていました。
人気だったのかな?

DSCF2070 (480x360)
カウンターの横には小さな冷蔵ケースがあります。
この中には、サラダ、デザート、お酒などが置いてありました。
でも、商品がほとんどなくて寂しい感じです。

DSCF2069 (480x360)
糖質を約50%、カロリーを約40%カットし、食物繊維がレタス約3個分という、美味しくて体に優しいバンズなるものを発見。
プラス50円で変更できるようです。
こんなの全然知らなかった~と思ったら、公式HPによれば、2015年10月21日から全店舗に導入されたとのこと。
美味しいままでカロリーだけ抑えてさらに健康にいいなんて、いちど食べてみたい~。

DSCF2068 (480x360)
使われている野菜は全て国内産の生野菜とのことです。

この日「フレッシュネスバーガー」に来たくなった理由は、2015年10月21日から11月17日まで、新しく更に美味しくなったチーズソースを使用したフレッシュネスチーズバーガー又はチーズバーガーとスープのセット販売が期間限定で行われていたからです。
定価で買うよりは50円お得です。
前日、既にこのキャンペーンに気付いていたのですが、上司に誘われて「後楽」でランチになってしまい、内心ちょっと残念でしたが、どうにかギリギリセーフ!
スープは4種類あり、新メニューのオニオングラタンスープとグリーンカレースープの2つは初めて見ましたが、残念ながらより興味のあったグリーンカレースープは既に完売でした。

DSCF8215 (480x360)
フロアの奥が調理場です。
あまり広くない中で、結構人数の多い店員さん達が忙しそうに動き回っています。

12時15分頃に到着したところ、先客は4・5名ほど。
先に電話で注文を入れましたが、電話口で列に並ぶように言われたので、列の最後尾へ。

DSCF2076 (480x360)
少し待って私の順番が来たのですが、注文したものはまだ出来上がっていなかったので、レジで会計を済ませ、番号札をもらって待つことに。

DSCF2077 (480x360)
毎月20日はフレの日とのことで、ドリンクスタンプカードが2倍になったり、ナゲットが260円から200円にディスカウントされたりと、お得な日のようです。

DSCF2073 (480x360)
出来上がりを待つにも、あまりスペースがありません。
レジの右側の方に立っていましたが、2階へ上がる人や出来上がりを運ぶ店員さんとニアミス状態で、何とも居心地が悪いです(汗)。

DSCF2078 (480x360)
持ち帰り用の薄いビニール袋は半透明で、中に入った紙袋が透けて見えます。

DSCF6974_20130830103304333.jpg
よく見ると、店名が白いロゴで入っていました。

DSCF2159 (480x360)
中に入っている紙袋は淡い茶色でとってもシンプルです。

DSCF4953 (480x360)
でも、店名のロゴはこちらにもちゃんと入っています。

DSCF2079 (480x360)
袋から取り出すとこんな感じです。

DSCF6976_20130830103309ba0.jpg
紙ナプキンは持ち帰りの袋と似た淡い茶色で、こちらにも店名のロゴが入っています。

DSCF2082 (480x360)
この日はお断りするのを忘れちゃったのですが、、、

DSCF2083 (480x360)
2箇所も油染みが出来ていました(汗)。

DSCF2084 (480x360)
原因はこのアボガドコロッケ。
小さな紙袋に入れられて、上の部分を紙ナプキンで包んでいたようですが、ほどけてしまっていて、紙袋の中でコロッケが転がり落ちちゃったりもしました。

DSCF2085 (480x360)
スープは小さめのカップに入っていて、下が紙製、フタがプラスチック製です。

DSCF2086 (480x360)
飲み口を留めるシールも半開きになっていて、少しだけ中身がこぼれていました。
この日は厨房がとても忙しかったのでしょうか。

DSCF2080 (480x360)
スープ用のスプーンです。
ちょっと小さめ。

DSCF2081 (480x360)
ハンバーガーの包装紙には、でっかいハートの中に安心の国産野菜と書かれています。
最近はこういう部分を強調する路線になっているんですね~。

DSCF2087 (480x360)
ハンバーガーは種類によってシールの色が違います。
フレッシュネスチーズバーガーは黄色。
わかりやすいです(笑)。


フレッシュネスチーズバーガースープセット(730円:外税)+アボガドコロッケ(300円:外税)=1,030円外税⇒1,166円
DSCF2092 (480x360)
いただきま~す!
何だか、全体が暗く写っちゃった(汗)。


フレッシュネスチーズバーガー
DSCF2091 (480x360)
まずはフレッシュネスチーズバーガーから。

フレッシュネスチーズバーガーとは、「看板商品の『フレッシュネスバーガー』をアレンジし、3種のチーズを使用した特製チーズソースを合わせたハンバーガーです。
オージービーフ100%のビーフパティは、牧草を食べて育つGrass-fed beef(グラスフェッドビーフ)を使用し、余分な脂肪がつかず、旨味がぎゅっと凝縮されています。低脂肪・低コレステロールなのも特徴です。
特製ミートソースとマヨネーズの絶妙な組み合わせに、分厚くスライスしたフレッシュトマト、ミジンオニオンが食感のアクセントになっています。」とのこと。
さらに、今回の変更としては、「チェダーチーズ、ゴーダチーズ、モッツァレラチーズの配合を見直しました。
チーズ感・白ワインの風味をアップさせたことにより、更に高級感のある濃厚な味わいが楽しめます。」とのことです。

相変わらず、トマトがとっても分厚い!

DSCF2093 (480x360)
パンプキンバンズはやっぱり美味しい。
宣伝されているせいか、チーズの風味がとっても強かったように思っちゃいました(笑)。
チーズがこってり濃厚ですが、トマトでサッパリと食べられて、美味しかったです。


オニオングラタンスープ
DSCF2089 (480x360)
新メニューのこちらのスープ、かなり濃い茶色で、表面を覆い尽くす大きなバケットがのせられ、さらにその上にチーズがトッピングされていました。
マスカルポーネを使用していると書いてありましたが、こののっかっている白いのかな?

DSCF2095 (480x360)
スープは、タマネギの甘さとチーズの旨味が加わって、全体的に優しい甘味で濃厚な美味しさで、とっても美味しい~。
たっぷりスープを含んだバゲットも、柔らかい食感で、ボリュームがあります。


アボカドコロッケ
DSCF2096 (480x360)
2015年9月17日から秋の季節限定商品として販売が始まったメニューです。
「裏ごししたアボカドと豆乳を合わせた濃厚でクリーミーな口当たりのコロッケ。
店内に設置されたワールドスパイスのアマゾンホット&スイートサルサソースとの相性は抜群です。」とのこと。
コロンと小さいサイズですが、5個も入っていました。

DSCF2098 (480x360)
中身がとっても柔らかいので、ちょっと持ち方を間違えちゃうだけでぺしゃんと潰れちゃいます。
正直なところ、ダメ舌なのでアボガドというのはよくわからなかったですが、濃厚で滑らかなクリームソースはとっても美味しかったです。
衣も程良い厚さで食感や油の旨みを加えてくれました。
食べごたえもバッチリです。

DSCF2075 (480x360)
この日のレシートです。
お値段は1,000円超えしちゃったものの、美味しくてボリュームもあったので、大満足のランチでした。
ルンルン気分でこの記事を書いていたら、なんと、スープセットでお願いしたのに、単品で計算されていました(泣)。
電話で注文した時は、確かに「どのスープにしますか?」って聞かれたのに。。。
お会計で気付かないのがそもそもダメかもしれませんが、わずか50円のディスカウントとはいえ、反映されていなかったのはガッカリでした。
ブログをやっていなければ、気付かずに済んだのですが(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

[クラシックバーガー]
 クラシックチーズバーガー (2010年2月24日
 ブルーチーズバーガー (2012年10月17日
 アボガドバーガー (2014年4月28日

[ハンバーガー]
 フレッシュネスバーガー (2008年11月17日
 フレッシュネスチーズバーガー (2015年11月12日
 ベーコンオムレツバーガー (2010年6月28日2011年9月20日
 テリヤキバーガー (2007年8月29日
 フィッシュバーガー (2014年10月2日) 
 チーズバーガー (2014年5月22日
 スパムバーガー (2012年10月17日
 サルサバーガー (2009年6月12日

 プレミアムジャークチキンバーガー (2014年5月22日
 ニューヨークチキンオーバーサンド (2014年7月15日
 チキン南蛮カレーバーガー  (2014年10月2日

[ベジタブルバーガー]
 ベジタブルバーガー トーフ (2010年6月28日

[ホットドッグ]
 ホットドッグ (2010年2月24日
 チーズドッグ (2011年9月20日

[サイドメニュー]
 フライドポテト (2007年8月29日
 オニオンリング  (2008年11月17日
 チキンナゲット (2009年6月12日
 グリルドチキン (2014年7月15日
 ポップオーバー (2010年2月24日
 プーリー (2011年9月20日
 アボガドコロッケ (2015年11月12日

 ベジタブルスープ (2010年6月28日
 ポルチーニクリームスープ (2014年4月28日
 クラムチャウダー (2008年11月17日
 トマトクリームチャウダー (2014年5月22日
 オニオングラタンスープ (2015年11月12日

 コールスローサラダ (2014年4月28日
 ビーンズサラダ キャロット&ナッツ (2014年7月15日
 

[ドリンク]
アイスコーヒー (2007年8月29日

[セット]
 ランチコンボ<テリヤキバーガー> (2007年8月29日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF4976 (480x360)

DSCF4977 (480x360)

DSCF4978 (480x360)

DSCF4979 (480x360)

DSCF4980 (480x360)

DSCF4981 (480x360)

DSCF4982 (480x360)

DSCF4983 (480x360)

DSCF4984 (480x360)





2015年11月12日購入時お店DATA
*********************************
FRESHNESS BURGER 市ヶ谷日テレ通り店  (フレッシュネスバーガー)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町2-13
電話 03-3222-0125
営業時間 
[月~金] 8:00~22:00
[土日祝] 9:00~21:00
地下鉄麹町駅から徒歩2分
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/21 00:00】 | バーガー | トラックバック(0) | コメント(6) |
鮨 後楽  @四谷
昨日、先輩がカバンをのぞき込みながら「間違えた~!!」と騒いでいました。
なんでも、家のテーブルの上に、全く同じデザインのお弁当箱を、1つはお弁当入り、もう一つは空箱を置いておいたら、間違って空の方を持って来てしまったとのこと。
外に食べに行ったので問題はなかったのですが、それにしても、いくら先輩のお弁当が小さくて軽いとはいえ、重さに気付かないとは!(笑)。

DSCF2049 (480x360)
2015年11月11日のランチは、お昼になると上司が「外へ食べに行こう。」と誘ってくれました。
お気に入りの「嘉賓」は2日前に行っていたので、「どこに行くのかなぁ?」と思っていたら、上司は「鮨 後楽(こうらく)」へ入って行きました。

ビル入口

こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅の麹町口を出て正面の信号を渡り、新宿通りの左側を半蔵門方面に向かって歩き、「カフェ・ド・クリエ 四ッ谷」のある最初の角を左に曲がります。
角を曲がってすぐのビルがこの写真の長尾ビルです。


地図です。

DSCF4557.jpg
ビルの入口の右側にお店の看板が出ています。
とてもシンプルなので、あまり目立ちません。

DSCF1980.jpg
こちらは以前、夜に撮影した写真です。

DSCF1981.jpg
夜は明るく光るので、昼よりも目立ちます。

2010_0517画像0020
前回ランチ訪問したのは2015年10月7日だったので、約1ヶ月ぶりです。

2010_0517画像0021
「後楽」は地下一階にあります。
ビルの入口から右に入ると、左にエレベーター、右に階段があるので、どちらかを使って地下へ。

のれん

小さなお店の入り口にかかっている暖簾はとても短いです。

DSCF0600 (480x360)
扉は手動です。
このイラスト入りの注意書きが、とってもカワイイ。

DSCF6316 (480x360)
廊下に置かれた灰皿には「ランチ時禁煙」と書かれたボードがのっけてありました。

12時半頃にお店に到着すると、お店はほぼ満席でした。
ちょうどグループが帰ったところだったので、入れ替わりに入店することが出来ました。

2009_0123画像0114
入口に比べると店内は意外に広く、入ってすぐ左手にカウンター、右手に個室があります。

DSCF4536_20130716044723.jpg
カウンターでは料理人さんがせっせとちらし寿司を作っています。
次から次へと注文が入るので、手を止める暇が全くありません。
カウンターからだと作っている様子がよく見えて、とても楽しいです。

DSCF4189_20120929002527.jpg
手前右にある個室はこんな感じです。

カウンター

奥は小上がりになっていて、右にカウンター、左に個室があります。
こちらの写真が奥のカウンターです。
夜の営業ではこのカウンターの一番奥で大将が握っています。

DSCF0603 (480x360)
カウンターの一番奥の席から見ると、こんな感じです。

お座敷

こちらは奥の個室です。
ふすまで仕切られていて、6人入れます。

「後楽」は上司の行きつけのお寿司屋さんなので、大将は私たちのこともご存じです。
ランチで訪問すると挨拶してくれるのですが、この日はいらっしゃいませんでした。

DSCF2042 (480x360)
この日は真ん中ぐらいの小上がりに通されました。

卓上にはお醤油と爪楊枝だけ置いてあります。
普段は割り箸がそれぞれの席のところにセッティングされていますが、2回転目だったせいか、お醤油などのすぐ脇に4人分まとめて置かれていました。

DSCF6288 (480x360)
席につくと、店員さんからお茶をいただきます。

DSCF6291 (480x360)
お醤油用の小皿です。

DSCF4543_20140320062535644.jpg
お箸は割り箸です。
箸袋にはお店の名前が入っています。

DSCF4544_201403200625378d8.jpg
お茶の入っている湯飲みはとても大きいです。

「後楽」のランチメニューはちらし寿司のみなので、注文することもなく、そのまま席に座って待ちます。

DSCF4549_20140320062510fd4.jpg
ちらし寿司が出る直前に、お味噌汁が出てきます。

5分程待って、ちらし寿司が登場!


ちらし寿司  (1,000円)
DSCF2048 (480x360)
いただきま~す!

DSCF6296 (480x360)
お味噌汁は白味噌仕立てでとてもシンプルです。

DSCF2503 (480x360)
具はいつも同じで、アサリが入っていました。
アサリのダシがしっかりと出ていて、美味しいです。

DSCF2049 (480x360)
たっぷりのトッピングで、ご飯が全く見えません。
マグロ、ブリ、白身、サーモン、ホタテ、エビ、シラウオのトビコ和え、イクラ、玉子焼き、カマボコ、タクアン、キュウリ、でんぶ、ガリなどなど盛りだくさん!
相変わらずのゴージャスなビジュアルに、しばしうっとり。
どこから食べ始めようか、いつも悩んじゃいます。

DSCF6310 (480x360)
小皿にお醤油を入れます。
私は濃い味好きなので、お醤油をたっぷりめ。

DSCF2055 (480x360)
丸く小さくまとめられて、お刺身の上にのせられているワサビを、、、

DSCF6311 (480x360)
お醤油に溶かし、直接つけたりかけたりしていただきました。
ワサビの量が結構多めなので、最初にたくさん溶かしちゃうと、かなり利くのでご注意!

DSCF2056 (480x360)
ガリもワサビと同じく、お刺身などと一緒に盛られています。
結構量があるので、お口直しになりました。

DSCF2053 (480x360)
お漬物はタクアンと山ごぼうが入っています。
玉子焼きはそれ程甘くないですが、このピンクの粒々のでんぶだけが、唯一、甘くて苦手な食材です(汗)。

DSCF2051 (480x360)
いつもは中央に茹でたエビを薄切りのキュウリで立たせてありますが、この日はほぼ横になっていました(笑)。

DSCF2058 (480x360)
シラウオのトビコ和えはしっかり味でご飯が進みます。

DSCF2054 (480x360)
中落ちは脂がたっぷりとのっていて、美味しい~。

DSCF2057 (480x360)
具材はそのままお刺身のように食べたり、ご飯とあわせて食べたりと、いろいろ楽しめました。

DSCF2059 (480x360)
量は多くないですが、イクラの粒粒感もたまりません。

DSCF2063 (480x360)
ご飯は酢飯で、ボリュームもたっぷり。
上に海苔が敷いてありました。
お米が美味しく、かために炊きあげられていて、とても好みの味です。


少し冷え込む季節になると、ちらし寿司を食べるのにちょっと気が向かない時もありますが、いざ食べてみたら、いつもどおりの安定の美味しさとボリュームで大満足でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問記録はこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

ランチ訪問
  1回目  2007年5月23日
  2回目  2007年6月28日
  3回目  2009年1月23日
  4回目  2009年9月25日
  5回目  2010年5月17日
  6回目  2011年10月6日
  7回目  2011年12月28日
  8回目  2012年5月21日 
  9回目  2012年8月23日
  10回目 2013年3月15日
  11回目 2013年9月6日
  12回目 2014年6月4日
  13回目 2014年10月15日
  14回目 2014年12月11日
  15回目 2015年10月7日
  16回目 2015年11月11日

ディナー訪問
  1回目  2007年9月12日
  2回目  2008年3月14日
  3回目  2011年11月24日
  4回目  2012年1月27日  

デリバリ
  2009年12月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2015年11月11日訪問時お店DATA
****************************
鮨 後楽 (こうらく)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-6-1 長尾ビル地下1階
TEL 03-3261-6573
営業時間 不明。通し営業ではありません。
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/20 05:00】 | | トラックバック(0) | コメント(6) |
Cafe de momo  @市ヶ谷
健康診断、歯医者と2日連続のヘルシーチェックも無事終了。
昨日は私にはとっても珍しく、上の歯はよく磨いてあると褒められちゃったりもしました(笑)。
みなさまも、健康第一に頑張ってください☆

DSCF2032 (480x360)
2015年11月10日のランチは、上司がお昼時に不在で、午後は来客の予定がなかったので、先輩の発案で「Cafe de momo(もも)」のカレーをテイクアウトすることにしました。
2015年10月28日にランチ訪問した時にとても美味しかったので、Oさんにぜひ食べてもらいたいと思ったからです。

DSCF1426 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅を出て左折してお堀の橋を越え、外堀通りの交差点を渡って右に進みます。
マクドナルドのある角を左に曲がり、左内坂の急坂をのぼってかなり行った右手にLALLAビルがあり、お店はその1階です。


地図はこんな感じです。

DSCF1427 (480x360)
「モモ」は、「GHEE」「Fancied」で長年シェフを務めた赤出川氏と一緒に始めたカレーカフェだそうで、2008年6月に市谷加賀町でオープンし、2015年9月17日、現在の場所に移転オープンしたとのこと。

DSCF1428 (480x360)
お店の前には小さい看板が出ています。
こちらがイートインのメニューです。

DSCF1429 (480x360)
ちょっと見えにくいですが、テイクアウトも出来ます。

ランチ訪問した時に、テイクアウトメニューをもらって来て、それを見て注文したのですが、そのメニューがどうしても見当たらず(泣)。
見つかり次第、追加でアップします。
テイクアウトではコンビは出来ません。残念。

DSCF2022 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋です。

この日は予めお店に電話して注文してから、先輩が取りに行ってくれました。
お店のあるとおりはすごい急坂なので、本当にありがとうございます☆

DSCF2023 (480x360)
一人分を袋の中から取り出すとこんな感じです。

DSCF2028 (480x360)
カレーの他には、白い紙ナプキンと、、、

DSCF2027 (480x360)
透明なビニール袋に入ったスプーンがついていました。

DSCF2024 (480x360)
いただきま~す!
私の準備が追いつかなくて、フタを付けたまま、写真撮影しちゃいました(汗)。
お弁当は楕円形のプラスチック製の容器に入っていて、下が白、フタが透明です。


ビーフカレー <Mサイズ>  (900円)
DSCF2025 (480x360)
先輩はイートインの時に食べたビーフカレーをリピート。

DSCF2026 (480x360)
ビーフカレーは激辛ですが、基本は欧風カレーのように甘味があります。
なので、先輩の話では、前回のようにコンビだととっても美味しく食べられたけど、単独だと少々きつかったとのこと。


キーマカレー <Mサイズ>  (900円)
DSCF2032 (480x360)
左にルー、右にご飯、上に薬味が入っています。

私は、イートインメニューにはないのですが、ミルクカレーというのがあって、これも激辛ではないが辛いとの記載があったので、そちらを先輩に注文してもらったところ、売り切れなのか、作っていないのか、ないと言われてしまいました(汗)。
咄嗟のことだったのでどのメニューにしていいかわからず、とりあえずキーマカレーをお願いしました。
イートインで食べたのは「辛いキーマカレー」でしたが、テイクアウトのメニューに書かれていたのは「キーマカレー」。
味比べをしようと思ったのですが、結果的にはテイクアウトメニューに記載はなかったのですが、辛いキーマカレーはあったそうです。
店員さんのお話では、注文の時にいろいろ聞いていただければ、とのことです。

DSCF2035 (480x360)
お店で食べた時と同じく、ご飯はかなりたっぷり。

DSCF2034 (480x360)
カレーの薬味は細かく刻んであって、白・緑・ピンクと、とってもキレイ。
これだけでも、とってもオリジナルだなぁと思います。

DSCF2033 (480x360)
キーマカレーは、たっぷりのひき肉に、お豆とスイートコーンが入っています。

DSCF2037 (480x360)
辛いキーマカレーに比べると、拍子抜けするぐらい辛さやスパイシーさは感じない、食べやすい味わいでした。
ただ、食べ終えると下にスパイス感がたっぷりと残り、やっぱりスパイスがすごく使われていることがわかります。

DSCF2036 (480x360)
あと、辛さが控えめな分、少しオイリーさも感じました。
お弁当を食べ終えた後、かなり油が残り、改めてカレーって油を一杯使っているんだなぁと実感です。


激辛好きのOさんですが、何故かこの日はバターチキンカレーを選んでいました。
そういえば、詳しい感想は聞かなかったけど、どうだったんだろう?
先輩は、イートインの時に「こんなに辛いのに、お腹が大丈夫だった。すごい!」と言っていたのですが、この日は少々ダメージを受けたようです(笑)。
体調によりけりなのでしょうか。
また種類の違うメニューを食べてみたいです。





2015年11月10日購入時お店DATA
****************************
Cafe de momo (もも) 
〒162-0846 
東京都新宿区市谷左内町27-1 LALLAビル1階
TEL 03-3269-8893
営業時間 *祝日はランチタイムのみ営業。
[昼] 11:30~15:30(LO15:00)
[夜] 17:30~21:30(LO21:00)
定休日 日曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/19 05:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
昨日の健康診断は無事何とか終わりましたが、本日は歯医者の予定が入っています(汗)。
ちゃんと治療が終われば年内はこれで終了のはずなので、最後のあがきで今朝も一生懸命歯磨きしました。

DSCF2016 (480x360)
2015年11月9日は、週の最初の月曜日。
この日は午前中に来たお客様と一緒にランチを食べることになり、久しぶりに上司の大のお気に入りである「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」へ行きました。

DSCF8693 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめていました。その後、2014年後半頃?からまたランチ営業を始めているようです。


地図はこんな感じです。

DSCF2021 (480x360)
この日のメニューです。
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF6747 (480x360)
外階段を使って2階へ登ります。

DSCF8690 (480x360)
お店の入口です。
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回このブログに「嘉賓」が登場したのは2014年11月13日でした

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
こちらは奥の部屋の写真です。
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

入店したのは12時半近くだったので、ほぼ満席でした。
さすが人気店です。
サラリーマンばかりではなく、ご近所の方のようなラフな格好のご年配の方々もたくさんいらっしゃいます。

DSCF4222 (480x360)
壁にはこんな額がかかっていました。

先輩と私は少し遅れて入店したのですが、他のメンバーはフロア中央ぐらいの円卓に着席していました。
一人の男性と相席になったのですが、その方は上司の知っている人だったようです。

DSCF1482_20130502072200.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ランチタイムは午後1時まで禁煙です。
中華料理屋さんでは珍しいのでは?

DSCF2627.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上には各種調味料、お箸、紙ナプキン、爪楊枝、食べるラー油など置かれています。

DSCF3393 (480x360)
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1376 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ランチメニューは17種類あり、お値段が721円~1,545円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

この日のメニューは全て食べたことがあり、軽めに食べたかったことから、五目焼きそばを注文。

DSCF8015_20130125235618.jpg
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、スマホに食べたことのあるメニューをメモするようにしています。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

DSCF3394 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じです。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。


五目やきそば (824円)
DSCF2016 (480x360)
メイン、デザートのセットです。
お盆はありません。

DSCF2017 (480x360)
大きな丸い平皿に五目焼きそばがたっぷりと盛られています。
トッピングが多すぎて、麺がほとんど見えません。
チンゲンサイ、黒キクラゲ、タケノコ、ニンジン、タマネギ、豚肉などが入っていて、どれも大ぶりにカットされていて、餡がけしてあります。

DSCF2019 (480x360)
出来たて熱々で、このお店らしく、野菜はシャキシャキで、とても歯応えを楽しめます。
オイスターソースがベースでしょうか、しっかりした味付けでした。
麺は黄色っぽい細麺です。
ちょっとゴワッとしているので、下から引っぱり出すのが大変。

DSCF2020 (480x360)
折角なので、途中から食べるラー油を加え、しっかりと辛くして食べました。
辛さだけではなくて旨味も加わるので、とっても美味しいです。

この日はお客様が一緒にいらっしゃったので写真はほんの少しだけの撮影で自粛しました。

DSCF2018 (480x360)
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。

DSCF5087 (480x360)
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF6744 (480x360)
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。

DSCF3588 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
レシートはこんなです。


実はこの日は午後イチから来客を予定していました。
なので、猫舌で食べるのがゆっくりな先輩は、すぐに食べ終えられるよう、焼きビーフンを注文したのですが、何故かとても時間がかかり、一番最初に料理が出て来た上司が半分近く食べてからようやく出て来ました(汗)。
先に食べた人に先に帰ってもらおう作戦をしようとしたのですが、結局、お客様もゆっくり召し上がる方だったので、うまく行かず。
事務所に戻ると、時間には間に合っていたのですが、次のお客様が先に来ちゃっていました。
お待たせしてしまって申し訳なかったです。

このところ訪問した時に食べたことのあるメニューばかりだったことから、ついつい軽めのメニューとして五目焼きそばばかりを食べていることに気付きました。
久しぶりの訪問だったのに味のマンネリ感があったのはその制だったのかな?
次回以降の訪問では、もうちょっと違うメニューも食べてみようと思っています。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
鶏肉のカレーライス (2013年3月26日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
マーボー茄子のかけご飯 (2014年2月25日

撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日
茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
茹でギョーザと鶏肉入おかゆ (2013年10月10日

什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日2013年8月1日2015年11月9日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日2014年4月9日2014年11月5日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日2013年5月1日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日

A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
 ◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日2013年6月12日
 ◎チンジャオロース (2013年1月7日
 ◎八宝菜 (2013年2月12日
 ◎インゲンと豚肉とキクラゲの炒め (2013年7月19日

B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
 ◎フクロ茸と牛肉の炒め (2013年12月12日
 ◎ニラ・もやしと牛肉炒め (2014年1月22日
 ◎蒸し鶏 (2014年9月19日

エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日2014年11月5日
 <4個>(2012年10月31日2014年4月9日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日2013年6月28日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg





2015年11月9日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/18 04:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
道玄坂 マンモス  @神泉/渋谷
本日、午前中に健康診断があります。
年一回のこととはいえ、かなり憂鬱(汗)。
最近ちょっと体重が上がり気味だし、運動もあまりやっていないので、やや不安です。
場所が仕事場とは違う場所なので、終わった後のランチを楽しみにがんばります!(笑)。

本日はマイブログ圏外の渋谷にある「マンモス」のレポートです。

DSCF1983 (480x360)
2015年11月8日の日曜日、野暮用があって、久しぶりに渋谷へ出かけました。
用事を済ませてお昼を食べようと思い、道玄坂にある「道玄坂 マンモス」というラーメン屋さんへ行きました。

DSCF1969 (480x360)
JR・地下鉄渋谷駅を出たら、道玄坂交差点の左の道の道玄坂をずっと上がって行きます。
しばらく進むと、道玄坂上交差点の少し手前にお店があります。


地図だとこんな感じです。

DSCF1968 (480x360)
「マンモス」は、いわゆる濃厚豚骨魚介の味わいのつけ麺をメインとするお店で、2011年2月18日にオープンしたそうです。
東高円寺にある「麺屋えん寺」の姉妹店とのこと。

DSCF1971 (480x360)
お昼時ということもありますが、人気店なので、外に5人程人が並んでいました。
この日はとても気温が低く、雨の降る日だったので、立っていると結構寒い!
なかなか人が入れ替わらず、時間のかかるお店だなぁ、、、と思っていたら、5・6人のグループが来ていて、一斉に帰ったので、急に列が進みました(笑)。

DSCF1970 (480x360)
先に店内の券売機で食券を購入します。
豚骨魚介の味わいはずっと食べているので、ちょっと変わった感じで、と思い、濃厚辛つけ麺にしてみました。

DSCF1977 (480x360)
5分程待って、入店。
フロアは狭く、右に厨房とカウンター、左の壁にもカウンター席があります。

DSCF1978 (480x360)
イマドキのお店らしく、店員さんは元気が良くて明るい接客です。
内装も明るく雰囲気で、カップルですが女性客も結構いました。

DSCF1973 (480x360)
定休日はなくて、毎日通し営業です。
食べる方からすると、と~ってもありがたい!

DSCF1972 (480x360)
卓上にはお水、割りスープ、レンゲ、紙ナプキン、爪楊枝、各種調味料が置いてあります。

DSCF1979 (480x360)
最初、間違えて、この割りスープの方をコップに注ぎそうになってしまいました(汗)。
危なかった~。

DSCF1976 (480x360)
こちらのお店では、麺を極太胚芽麺か極太もっちり麺の2種類から選べます。
私は折角なので、このお店のオリジナルらしい、極太胚芽麺をチョイス。

DSCF1975 (480x360)
つけ麺の食べ方や、胚芽麺の効能について詳しく書かれています。

DSCF1980 (480x360)
写真は撮り忘れましたが、荷物置きがカウンターの下にあります。
つけ麺は太麺なので、茹で時間が10分以上かかるとのこと。

DSCF1981 (480x360)
お願いすれば、紙エプロンの用意もあるようです。
あつもりもお願いできます。

テーブル周りのいろいろな注意書きを読んでいると、楽しく待ち時間を過ごせました。


濃厚つけ麺 ~極太もっちり麺~  (800円)
DSCF1982 (480x360)
10分経たずにつけ麺が登場。
こちらはスタンダードな濃厚つけ麺で、極太もっちり麺です。
麺はよくあるほんのり黄色っぽいもの。


濃厚辛つけ麺 ~極太胚芽麺~  (850円)
DSCF1983 (480x360)
いただきま~す!

DSCF1985 (480x360)
こちらが極太胚芽麺です。
確かにかなりの太麺で、ピカピカしていました。

DSCF1987 (480x360)
麺には海苔が1枚添えられています。

DSCF1986 (480x360)
この写真だと明るく写っていますが、極太もっちり麺とは明らかに見た目が違い、やや灰色っぽい色合いでした。
いかにも胚芽っぽい?!

DSCF1988 (480x360)
こちらがつけ汁。
左上に長ネギが1個、飛んじゃっていました(笑)。

DSCF1989 (480x360)
上の方に刻んだ水菜やユズがトッピングされています。

DSCF1990 (480x360)
スタンダードのつけ麺に比べると、濃い茶色のスープですが、それ程赤くはありませんでした。

DSCF1994 (480x360)
でも、実際に食べてみると、濃厚な味わいに加えて結構辛さがしっかりとあって美味しい!
太麺はむっちりした食感で食べごたえ抜群です。
でも、ダメ舌なので、もっちり麺と食べ比べてみましたが、それ程違いはわからず(汗)。

DSCF1993 (480x360)
つけ汁の中にはメンマが入っていました。
細長くて、シャキシャキの食感です。

DSCF1992 (480x360)
チャーシューもなかなかの大きさでした。
トロトロの柔らかさで美味しかったです。

DSCF1995 (480x360)
麺を食べ終えたら、割りスープを入れて、美味しく完食。
ちょっと味わいが薄まって温まるとまた違った味わいで最後まで楽しめました。
つけ汁は麺との絡みが良すぎて、家人は食べ終えたら飲みたくてもほとんどつけ汁が残っていなかったです(笑)。


全体のボリュームは普通です。
濃厚豚骨魚介ベースのつけ麺は最近少々食傷気味でもありますが、濃厚な旨味でパンチのある辛さのつけ汁でむっちりとした歯応えのある麺を食べると、やっぱり美味しいな~と再認識しました。
このお店の3軒隣ぐらいにも、行列の出来ていた味噌ラーメンのお店があったので、次回行ってみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇ 渋谷界隈の食べ歩き情報はこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇

TRATTORIA ANTIVINO  (2008年12月15日
restaurant bacar (2011年1月29日
ABASQUE (2012年1月20日
韓国亭豚や 渋谷2号店 (2014年11月9日
道玄坂 マンモス (2015年11月8日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2015年11月8日訪問時お店DATA
*******************************
道玄坂 マンモス
〒150-0043 
東京都渋谷区道玄坂2-10-1
TEL 03-5459-3956
営業時間 
[平日]   11:30~16:00 17:30~23:00
[土日祝] 11:30~22:00
定休日 なし
京王井の頭線渋谷駅アベニュー口から徒歩3分
東京メトロ半蔵門線、東急田園都市線渋谷駅から徒歩5分
JR山手線他渋谷駅から徒歩7分
東京メトロ銀座線渋谷駅から徒歩7分
東京メトロ副都心線、東急東横線渋谷駅から徒歩9分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/17 05:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(6) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
お天気がイマイチな週末でしたが、皆様楽しく過ごされたでしょうか?
私は美容院に出かけ、久しぶりに髪の毛がスッキリしました。
今日からOさんが長期休暇に入り、仕事が忙しくなりそうなので、がんばりま~す!

DSCF1939 (480x360)
2015年11月7日は、「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。

教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は「鯛塩そば 灯花」をランチ訪問しました。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。


地図だとこんな感じです。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2015年10月17日だったので、約3週間ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF1900 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「白菜キムチ」で、韓国料理が「ゆで豚肉ポッサム」です。
印刷のフォントなどがちょっと変わりました。


【白菜キムチ】
DSCF3081_20120819085942.jpg
白菜キムチは全てのキムチの基本で、お料理などでも最も使われます。
「妻家房」のキムチ教室では年間を通して何度も登場し、最も人気があるそうです。

この日は定員20名のところ、21名の参加。
初めての人が9人もいらしゃいました。

時間がなかったため、白菜キムチの大部分は以前のページのコピペです。
手抜きですみません(汗)。

DSCF3083_20120819085942.jpg
材料は全て卓上にセットされています。

DSCF3084_20120819085941.jpg
11月下旬から12月中旬まで、無形文化遺産登録されたキムジャンと呼ばれるはキムチ作りの時期で、いろいろな種類の野菜で作りますが、用途が多い白菜キムチを多めに作ります。
野菜の少ない時期はキムチを代わりに食べます。
白菜キムチは一度にたくさんの量を作った方が美味しいので、4、5人家族で20~30株、多い家では100株程作るとのこと。なので、自分で作る場合には最低でも3株が望ましいそうです。
それより少ない場合には、味付けの量を多めにした方が良いとのこと。

DSCF8810.jpg
まず最初に白菜を塩漬けにします。
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。
重さにすると2.5~3キロあります。

韓国の白菜は日本のものに比べると葉が薄くて水分が少ないそうで、キムチに向いているとのこと。
なので、葉が詰まっているものよりも、少しスカスカしている方が良いそうです。

DSCF3088_20120819085902.jpg
白菜は茎の方を上にして、上から1/3~1/2に包丁を入れ、残りは手で裂きます。

DSCF3090_20120819085902.jpg
手で裂いた方が包丁で切るよりも断面がザラザラするので、塩水がしっかり入るとのこと。

DSCF3091.jpg
切り口がとってもキレイ。

DSCF8821_20131104065314eaa.jpg
大きなボウルに水を入れ、、、

DSCF8823.jpg
塩を入れます。

DSCF8825_201311040652167d6.jpg
岩塩は粒が大きいので、よくかき回してしっかり溶かします。

DSCF8827_2013110406522153d.jpg
白菜全体に塩水が行き渡るよう、白菜を塩水の中に浸します。

DSCF8829_201311040652245a0.jpg
白菜の中にも塩水が行き渡るよう、小皿で掬ってかけ回します。

水を多くすれば白菜をつけやすいですが、塩がもったいないので、少なめのお水にします。

DSCF2487.jpg
白菜をボールの中に入れ、重石をしないで1時間置きます。

DSCF8832_2013110406523082c.jpg
葉がしんなりしたら白菜を立てて持ち、葉を一枚ずつ広げながら塩を入れます。

DSCF3102_20120819085821.jpg
茎にもしっかりと塩をまぶします。

DSCF2491.jpg
残っている塩水は葉に回しかけます。
まぶした塩が流れてしまうので、茎にはかけません。 

白菜の切り口を上にして重石をして3時間置きます。
1/2株の上下を入れ替え、さらに3時間。

DSCF2497.jpg
白菜がしんなりしたら、塩抜きをします。
ボールに白菜を入れ、3回洗い、流水に晒します。
この時、茎の根本も開いてよく洗います。
白菜は切り口を下にしてザルにあげ、絞らずに1時間、自然に水切りをします。

DSCF8820_20131104065310354.jpg
こちらで出来上がりです。

DSCF8807_20131104065506705.jpg
実習では時間がないので、あらかじめ工場で塩漬けした白菜を使います。
一人分が1/4株なので、そのサイズに切ってあります。

DSCF8842_201311040651406b7.jpg
大根はまず輪切りにして、、、

DSCF8844_20131104065143bff.jpg
縦に切って太めの千切りにします。

DSCF8847_201311040651460e7.jpg
ボールに切った大根を入れ、唐辛子を投入。

DSCF2509.jpg
しっかりとかき回し、大根に唐辛子の赤さを移します。

DSCF8873_2013110406501360c.jpg
ニンニクとショウガを潰すときには、すり鉢とすりこぎを使います。
この巨大なすりこぎはとっても便利で、私も購入して自宅で使っています。

DSCF8876_2013110406501631f.jpg
ニンニクは薄皮をむいて、丸ごと投入。

DSCF8877_20131104065019f23.jpg
すりこぎで擂らずに、潰します。

DSCF8880_20131104065022de6.jpg
ショウガはニンニクよりもかたいので、先に包丁で小さく切ってから、、、

DSCF8882_2013110406493118d.jpg
ニンニクと同様に、すりこぎで潰します。

DSCF8837_20131104065137d2a.jpg
一般的に、キムチには梨を使いますが、日本では梨のない時期はリンゴで代用します。

DSCF3125.jpg
リンゴは種の部分を切り取って皮ごと薄切りにし、細い千切りにします。

DSCF8872_201311040650100e0.jpg
韓国の梨は1年中出回っていて、日本のものよりも少しかためだそうです。
梨も皮をむいて細めの千切りにします。
梨はキムチが発酵すると溶けちゃうとのこと。

DSCF8860_20131104065059d6d.jpg
タマネギは薄切りにします。

DSCF3119.jpg
長ネギは白い部分だけ使い、縦半分に切ってから斜め切りします。

DSCF2535.jpg
ニラはよく洗って、4・5センチに切ります。

タマネギ、長ネギ、ニラは各家庭の好みで入れるそうです。
あと、長期保存するつもりの場合には、野菜は入れずに基本の調味料だけにするといいそうです。

DSCF2533.jpg
イカは刺身用のものを皮をむかずに細切りにします。
浅漬けの場合は大きめが美味しいですが、発酵させると固くなるのでその場合には小さめに切ります。

ゲソでもオッケーです。
ゲソの場合は細かく切ります。

DSCF3130.jpg
材料を切り終えました。

DSCF2536.jpg
大根にアミの塩辛、イワシエキスを入れて混ぜ合わせます。
さらにニンニク、ショウガ、砂糖、イカを投入。

DSCF2538.jpg
ピンぼけで、すみません(汗)。
手に唐辛子の赤さが移らないよう、手袋をつけて作業します。
素手でやると1週間ぐらい色が残るそうです。

DSCF8890_2013110406493778e.jpg
野菜を全て入れます。

DSCF3132.jpg
揉まないようにして、全体を混ぜ合わせます。

DSCF8892_201311040649415cf.jpg
最後にイリゴマを入れて完成です。

DSCF8894_201311040649451e9.jpg
20分~30分置くと、水分が出てきます。

DSCF3140.jpg
白菜の一番外側の葉を広げます。

DSCF3141.jpg
大根などを全体にこすりつけて白菜の葉をしっかり赤くし、中身は根元の方に入れます。

DSCF3143.jpg
外側の大きい葉を広げ、同様の手順を繰り返します。

DSCF2553.jpg
中身を入れ終えたら、白菜の一番上や横側に白い部分が残らないよう、残った具材でしっかりこすりつけます。

DSCF2557.jpg
美味しい中身が出てしまわないように、両手で白菜の形を整えます。

DSCF3149.jpg
出来上がったときに食べやすくするため、半株の白菜をさらに1/2に切ります。
根本から包丁を入れると切りやすいとのこと。

DSCF2560.jpg
ちょっと見えにくいですが切り分けると断面図がこんな感じで、白菜と中身が層になっているのがよくわかります。

この切った断面にもしっかり中身を塗って唐辛子の色をつけます。

DSCF2562.jpg
一番外側の大きな葉を引っ張り出し、、

DSCF8920_20131104064726bc7.jpg
全体にぐるりと巻き付けます。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

DSCF2234_201401310729128b6.jpg
フタを開けると、こんな感じです。

DSCF1908 (480x360)
白菜の一番外側の葉っぱは、塩漬けした後に残して置いて、壺の中にキムチを詰めた後にフタのようにして入れると、空気を遮断できて良いそうです。

DSCF1911 (480x360)
出来上がったキムチを壺の中に入れ、余った大根や水などは上からかけ回します。

常温で夏なら1日、冬なら2日置いたら冷蔵庫に入れます。
食べ頃は夏なら2・3週間、冬なら1ヶ月以上経ってからです。
食べるときは、汁にひたった下の方から食べるといいそうです。

DSCF1910 (480x360)
こちらが持ち帰りの分です。
1/4株あるので、結構な量になります。

DSCF7013 (480x360)
白菜キムチを作るキムジャンの季節は、一日中キムチをつけているので、塩漬けした白菜にヤンニョンを巻いたものをランチに食べるそうです。

DSCF7015 (480x360)
これをご飯にのっけて食べるとか。

DSCF7019 (480x360)
この日は先生が人数分作ってくださいました。
浅漬けなので白菜がシャキシャキして、とても白菜の甘味を感じます。
これだけでもと~っても美味しくて、ご飯がいくらでも食べられそう!


【茹で豚肉ポッサム】
DSCF1913 (480x360)
この日のお料理は茹で豚肉ポッサムです。
「ポッサム」とは、韓国語で包むという意味だそうです。
「妻家房」のレストランでの人気メニューですが、時間がかかるお料理とのこと。

DSCF1912 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF1915 (480x360)
豚バラ肉のかたまりを使います。
お肉は3等分に切ります。

DSCF1914 (480x360)
お肉を茹でます。

DSCF1917 (480x360)
先生の持っている木の棒のようなものはシナモンです。
こんなでっかいサイズ、初めて見ました。

DSCF1919 (480x360)
包丁の背などでカンカン叩いて適当な大きさに砕いて使います。
すっごくいい香りがしました。
なければショウガを多めに入れればいいそうです。

DSCF1922 (480x360)
1リットルの水の中に肉、シナモン、タマネギ、長ネギ、ニンニク、ショウガ、酒、醤油、韓国味噌、粒コショウを入れて火にかけます。
タマネギは1/8にカット、ニンニクは丸ごと、ショウガは皮ごとです。
韓国味噌はお肉の臭み消しのために使いますが、なければ日本のお味噌でもいいとのこと。

DSCF1927 (480x360)
火をつけて水が沸騰したら、中火で20分、弱火で30分、ゆっくりと煮ます。
味が中まで染み込み、お肉が柔らかくなるとのこと。
フタはしません。
圧力鍋だとお肉が柔らかくなりすぎるので、お鍋の方がいいそうです。

DSCF1929 (480x360)
煮上がったお肉です。

DSCF1934 (480x360)
お肉の形が崩れないようにするため、お肉が熱いうちにサランラップにくるみます。

DSCF1933 (480x360)
かなりギューッと押さえつけるようにきつく巻きます。

DSCF1936 (480x360)
巻き終わるとこんな感じになりました。
このまま冷蔵庫に入れると、なんと1ヶ月も!保つとのこと。
冷凍しても大丈夫で、ラップごとチンすればいいそうです。

DSCF1938 (480x360)
いよいよ楽しい試食タイムで~す☆
だいたいは、先生の作ったお料理では量が少ないので、上のレストランで作ったお料理が出て来ます。
この日は煮込む時間が短かったので、先生の作ったお料理は食べられませんでした。

DSCF1943 (480x360)
野菜でくるんで食べると美味しいとのことで、サンチュもいただきました。
業務用なのか、大袋入りですごい!

DSCF1944 (480x360)
白菜キムチも出していただきました。

DSCF1945 (480x360)
うーん、滅茶苦茶豪華な試食です。

DSCF1937 (480x360)
タレは2種類。
上はサムジャン。
韓国の合わせ味噌で、お味噌にネギ・ニンニク・ごま油などが入っています。
下はアミの塩辛にニンニク、唐辛子、みりん、お水などを加えたそうです。

DSCF1939 (480x360)
とってもキレイに盛りつけてあって、美味しそう。

DSCF1940 (480x360)
試食は一人2枚とのこと。

DSCF1942 (480x360)
中央にあるのは、先生が韓国で買ってきたという、キュウリのように大きい青唐辛子だそうです。
こちら、そのままで食べたら、かなり辛かったです(汗)。

DSCF1946 (480x360)
いただきま~す!

DSCF1949 (480x360)
サンチュにお肉をのせ、さらにキムチ、青唐辛子、サムジャンを入れて、、、

DSCF1951 (480x360)
ぐるっと葉っぱでくるんで、、、

DSCF1952 (480x360)
ぱくり!
お肉が柔らかくて、いろいろなお味がして美味しい~。

DSCF1953 (480x360)
お肉を単独で食べても下味が付いて美味しかったです。
野菜と一緒なので、お肉をとてもさっぱりと食べられます。


ポッサムって、ずっと単なるゆで豚だと思っていたので、この日、料理法を知ってビックリでした。
意外と日持ちもするし、パーティにはとってもよさそう。
自分でも作ってみようっと!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日2015年11月7日
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日2014年11月1日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日2014年4月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ(カッキムチ) (2010年2月20日2014年3月1日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日
たけのこの水キムチ (2014年7月5日
白菜と大根の水キムチ(醤油味)  (2014年9月6日
水キムチ (2015年10月17日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)  (2014年7月5日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
ワインサムギョプサルとネギの和え物 (2014年4月5日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
スンチェマンドゥ (2014年2月5日
マチム (2014年3月1日
豚プルコギ (2014年9月6日
鶏プルコギ (2014年11月1日
カルビチム  (2015年10月17日
ゆで豚肉ポッサ 2015年11月7日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg





2015年11月7日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2015/11/16 05:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
鯛塩そば 灯花  @曙橋/四谷三丁目
昨日に引き続き、雨が降っていて、残念なお天気です。
私は本日高田馬場にある美容院に行く予定で、どこのラーメン屋さんでランチをしようか、楽しく悩んでいます。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

DSCF1870 (480x360)
2015年11月7日は、「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。
教室が始まる前のランチで恒例にしている四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りですが、この日は体重が高止まりしていたので軽めのものが食べたくて、新店の「ハナウタ。」に行こうと考えていました。でも、現地に到着して、ふと、「鯛塩そば 灯花(とうか)」のことを思い出し、行列が心配でしたが、行ってみることに。

DSCF1886 (480x360)
地下鉄丸の内線四谷三丁目の駅から四谷三丁目交差点に出て、外苑東通りを曙橋方面に向かって進み、4つ目の角を左折し、細い坂道を下っていく途中の左手にあります。


地図はこんな感じです。

この場所には、2006年6月にオープンし、2007年12月1日にランチ訪問した「北の大草原」がありましたが、2012年10月末に閉店したそうです。

その後、2012年11月27日に「麺屋 豚と鶏の物語(ぶたととりのものがたり)」がオープンし、2012年12月1日にランチ訪問しましたが、2013年後半までには閉店したようです。

その後も幾つかお店らしきものが入っていたようですが、よくわからず。

DSCF1887 (480x360)
「鯛塩そば 灯花」は、2012年7月7日2014年6月21日に訪問した「塩つけ麺 灯花」の2号店(姉妹店?)で、2015年4月27日にオープンしました。
本店譲りの塩のこだわりにさらに鯛というお魚の要素を加えたコンセプトのようです。
ここのところ、ラーメン界では鮮魚使ったお店がとっても増えていますね~。

DSCF1888 (480x360)
お店の前にはメニューの写真や営業時間をのせた小さな看板が出ていました。
「灯花」はラーメン界のビックネームなので、テレビでも紹介されているようです。

2015年7月4日に一度来たことがあるのですが、5人以上並んでいたので、その日は「横浜家系らーめん たけ家」に行っちゃいました
この日は恐る恐る坂の上からのぞいて見たら、誰もいなかったので、「人気店だけど、もうそんなに並ばなくなったのかな?」と思って、早速入店。

DSCF1860 (480x360)
入ってすぐ左に券売機があるので、食券を購入します。
鯛茶漬けとかも人気のようで、多くのお客さんが食べていましたが、ちょっとカロリー的に厳しかったので、この日は半熟味玉子付き鯛塩そばをチョイス。

DSCF1868 (480x360)
素材にこだわるからか、全体的なお値段はちょっとお高め。
なお、2015年10月からお値段が上がっていたようです。

DSCF1867 (480x360)
フロアはそれ程広くありません。
右奥に厨房、L字型にカウンター席になっています。
以前とは全く変わっていました。

DSCF1865 (480x360)
私が入店した時は2つか3つの席が空いていたので、券売機から一番近かった角っこの席に着席。
卓上には大きなお水の入ったポット、湯飲み茶碗、ダスター、お箸などが入った箱、レンゲなどが置かれています。
和風な内装で、とても落ち着いています。

DSCF1859 (480x360)
胡麻鯛茶漬けの食べ方が詳しく記載されていました。
この日は食べなかったので、とっても残念。

DSCF1864 (480x360)
ちょっとわかりにくいですが、足元に荷物を入れる籠が置いてあります。

DSCF1861 (480x360)
券売機の横の壁には紙エプロンや髪ゴムなどが置いてありました。

DSCF1863 (480x360)
私は使いませんでしたが、ありがたいサービスです。

DSCF1869 (480x360)
本店の「灯花」と同じく、「写真撮影大歓迎」とポップを立てていてくれます。
ブロガーにとっても優しくて嬉しいです☆


鯛塩そば~半熟味玉子付き~  (900円)
DSCF1870 (480x360)
しばし待って、鯛塩そばが登場。
白いちょっと独特のデザインの器に入っています。

DSCF1872 (480x360)
写真だとちょっとわかりづらいですが、器の一部が飛び出しています。
レンゲを使うとぶつかりました(笑)。

DSCF1871 (480x360)
いかにも和のラーメンっていう感じの、キレイな見た目です。

DSCF1874 (480x360)
中央にはピンクの飾り麩と小ネギの小口切り。
このお麩、すごくぶ厚いせいか、食べてみたら中が戻りきっていませんでした(汗)。

DSCF1873 (480x360)
メンマはかなり長かったです。
シャキシャキの食感で美味しかったです。

DSCF1875 (480x360)
半熟味玉子は丸ごと一個。
これ、切ってもらっていたら、さらに見た目がステキだったのに~。

DSCF1876 (480x360)
チャーシューはやや厚みのあるものが一枚。

DSCF1877 (480x360)
かなり見にくいですが、写真の中央ぐらいに黄色い粒々がのっているのがわかるでしょうか。
ユズ?

DSCF1878 (480x360)
薄い茶色がかった透明なもの。
飲む前に、ふわんとお魚の香りがします。
生臭いという訳ではないですが、やや苦手です。
でも、スープそのものは鯛の味わいがすごく出ていて、とっても美味しい!

DSCF1879 (480x360)
麺は細麺でしゃっきりとしたのど越しです。
ボリュームは普通。

DSCF1881 (480x360)
チャーシューは味付けはそれ程ありませんが、お肉の旨味がたっぷりで、すごく美味しかったです。
もっと食べたい~。

DSCF1883 (480x360)
味玉、キレイにカットできず、すみませn(汗)。
やや固めの半熟でしたが、黄身が甘くて美味しかったです。


私が帰る頃には5人以上の行列が出来ていて、私はたまたまラッキーだったようです。
周りのお客さんは限定メニューを食べている人が多かったので、既に常連さんもおおいのでしょうか。
鯛茶漬けを食べにもう一度訪問してみたいです。


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のお店です↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  【閉店】らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日2014年6月21日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  【閉店】そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日
40  Ramen TOKI (2015年6月20日
41  横浜家系らーめん たけ家  (2015年7月4日
42  【閉店】ラーメン力 東風  (2015年9月5日
43  鯛塩そば 灯花 (2015年11月7日) 

◎ラーメン以外

 1  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 2  キッチン たか (2013年6月15日
 3  大阪鮨 四谷 八竹 (2014年7月5日
 4  なか卯 四谷三丁目店 (2014年11月1日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2015年11月7日訪問時お店DATA
**********************************
鯛塩そば 灯花 (たいしおそば とうか)
〒160-0006
東京都新宿区舟町12-13 石原マンション1階
電話 03-3354-3303
営業時間
[昼] 11:00~15:00
[夜] 17:00~24:00
定休日 日曜日
都営地下鉄新宿線曙橋駅から徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/15 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
Le Bonze  @東銀座
折角の週末なのに、雨で残念!
洗濯物は、部屋干しです(笑)。
明日までこのお天気が続くようですが、みなさま、楽しい土曜日を!

本日はマイブログ圏外の東銀座にある「ルボーズ」というお店のリポートです。

DSCF1832 (480x360)
2015年11月6日の夜は、友人とディナーに出かけました。
この日行ったのは、私のリクエストで、「Le Bonze(るぼーず)というお店です。
立地がいいのに、CPのよい美味しいお料理が食べられるビストロとして、とても人気があるとのこと。

DSCF1782 (480x360)
東京メトロ東銀座駅A8出口を出て昭和通りを三原橋交差点の方向に進み、最初の角を右折します。
左側の二つ目ぐらいのビルが銀座AZAビルです。
この辺りは銀座の繁華街から少し抜けて、わりあい落ち着いて静かなところです。


地図だとこんな感じ。

DSCF1784 (480x360)
お店はその3階にあります。
このビルの中には他にも飲食店がたくさん入っていました。

DSCF1783 (480x360)
ビルの中に入っていきます。

DSCF1785 (480x360)
看板はとってもシンプル。

「ルボーズ」は、公式HPによれば、店主の青木健晃氏が「銀座で20年にわたって培ってきた伝統的なフランス料理の技をベースにしながらも、その域にこだわらず、ブラッスリー感覚でフラッと立ち寄っていただき、お料理とお酒をゆったり楽しめる憩いの場になれば……。そんな思いを込めて、銀座の片隅に開いた小さなお店」とのこと。

DSCF1786 (480x360)
右奥に小さいエレベータガーがあるので、これに乗って3階へ。

DSCF1791 (480x360)
フロアはそれ程広くはありません。
左奥に厨房があり、その周りにテーブル席が並んでいます。
フロア担当の女性店員さんに予約していたことを伝えると、右奥の窓際の二人用テーブル席に通されました。
私の座った場所からはお隣のビルがとってもよく見えます。

DSCF1788 (480x360)
テーブルにはあらかじめセッティングしてありました。
お皿が白と黒で変えてあるのがカワイイ。

DSCF1789 (480x360)
それ程待たずに友人も合流。
午後7時頃ですが、店内はほぼ満席だったと思います。

DSCF1787 (480x360)
テーブルの下に荷物を入れるカゴがありました。

DSCF1790 (480x360)
着席するとおしぼりをいただきます。

確か、女性店員さんお一人でフロアを切り盛りしているので、お願いしたい時にちょっと時間がかかることもあります。

DSCF1792 (480x360)
ドリンクメニューです。

二人とも、乾杯にスパークリングワインを注文。

DSCF1794 (480x360)
こちらはフードメニューです。
右下にナイフとフォークが浮き上がっているのがカワイイ。

DSCF1796 (480x360)
コースもありましたが、私たちはアラカルトでお願いしました。

DSCF1797 (480x360)
あらかじめ食べログで予習していましたが、食べたいメニューが多くて困っちゃいます。

DSCF1798 (480x360)
店員さんから、二人だと4皿ぐらい、食べる日となら5皿ぐらいとのアナウンスがありました。
また、オススメメニューの紹介もしてもらいました。

DSCF1799 (480x360)
席料は650円です。

私は食べる気満々だったので、5皿頼みたかったのですが、友人はそれ程大食いではないので、とりあえず4皿を注文して様子を見ました。

DSCF1800 (480x360)
こちらはワインリストです。
フードメニューと同じく、真ん中にワイングラスが浮かんでいるデザインです。


スパークリングワイン  (980円)
DSCF1803 (480x360)
乾杯!
さっぱりした味わいでした。


パン
DSCF1805 (480x360)
小さなカゴにパンが盛られて出て来ました。
一人2種類を1枚ずつです。

DSCF1806 (480x360)
バターは細長く切ってありました。
二人で一緒に食べます。


ずわい蟹と根セロリのレムラード  (1,840円)
DSCF1807 (480x360)
1皿目にずわい蟹と根セロリのレムラードが登場。
大きな丸い濃いピンク色のお皿に盛られています。

DSCF1808 (480x360)
店員さんからのオススメだったかな?
サラダ代わりに注文しました。

DSCF1814 (480x360)
ずわい蟹がたっぷりで、風味がバッチリ。
レムラードソースはさっぱりしていました。

DSCF1816 (480x360)
お腹が空いていたので、バゲットをパクパク食べちゃいました。


グラス白ワイン (980円 or 820円)
DSCF1819 (480x360)
スパークリングワインを飲み終え、グラスの白ワインを注文。
店員さんから口頭で2・3種類の説明を受けて、好みのものを選びます。
お値段がわからないのは、友人と私で違うものを注文したので、どっちがどっちかわからないからです(笑)。
さっぱりとしていました。


パテ・ド・カンパーニュ  (1,280円)
DSCF1821 (480x360)
二品目はパテ・ド・カンパーニュ。
二人とも大好きなので、あれば素通りできないメニューです。
黒いちょっとフォルムのあるお皿に盛られていました。

DSCF1822 (480x360)
添えられているのは小さなピクルス2個と、、、

DSCF1824 (480x360)
ニンジンサラダ。
黒いお皿にとっても色が映えます。

DSCF1823 (480x360)
パテは小さな壁のように立ててあって、とってもカワイイ。

DSCF1825 (480x360)
表面には芥子の実?がびっしりと覆っていて、ところどころにピンクペッパーが散らしてあります。
こんなに手が込んでいるパテってなかなか見ません。

DSCF1826 (480x360)
食べログでのコメントではこれをちょっと焼いて(炙って)もらうという裏技みたいなことが紹介されていましたが、すっかり忘れてしまい、そのままの状態です。

DSCF1828 (480x360)
癖もなく、とっても食べやすいパテでした。

DSCF1817 (480x360)
パンに合わせても食べたりもしました。


グラス赤ワイン  (870円)
DSCF1836 (480x360)
白ワインを飲み終え、赤ワインを注文。
同じく口頭で説明を受けて、私は軽めのものをチョイス。
飲みやすかったです。


雲子のムニエル トマトとケッパーのソース  (1,950円)
DSCF1830 (480x360)
雲子のムニエルは、グレーの丸い大きなお皿にのせられています。
こちらはお店からのオススメメニューでもあり、私たちもぜひ食べたい一品でした。
冬のフレンチはこれが食べられるから嬉しい!

DSCF1832 (480x360)
横から見ると立体的で、雲子の大きさがとっても良くわかります。

DSCF1833 (480x360)
雲子がふるふるの柔らかさで甘かった~。
クリーミーでワインが進みます。


グラス赤ワイン  (870円)
DSCF1846 (480x360)
なので、もう一杯おかわり(笑)。
次はお肉なので、ちょっと重ためのものを。


伊達鶏のロースト オマール海老のソース  (2,270円)
DSCF1840 (480x360)
最後にメインのお肉が登場!
メインの種類はたくさんあってかなり迷い、子猪がかなり気になったのですが、伊達鶏はお店のオススメだったのと、オマール海老のソースというのが気になって注文してみました。

DSCF1841 (480x360)
お皿に野菜が盛られ、その上に一口大に切った鶏肉がのせてあります。
オマール海老のソースは茶色でした。

DSCF1842 (480x360)
お肉の部位がいろいろあるのが、食べていて楽しい。
皮はパリッと焼いてあって、お肉は柔らか。
ソースの風味はあまりよく覚えていません(汗)。

DSCF1843 (480x360)
料理名が違うということもありますが、4日前に浜田山の「ファッティーズ」で食べたチキンのパリパリ焼きの方が、皮目の食感は断然良かったです。

DSCF1845 (480x360)
お野菜もサツマイモ、カブ、インゲン、ブロッコリーと、種類豊富でした。

ボリューム的にはもうちょっと食べられましたが、この日は友人の人生の岐路に関わる話を聞いていたので、食事はそっちのけでおしゃべりしていました。

DSCF1848 (480x360)
この日のお会計です。
二人で15,060円、一人7,530円でした。


人気店ですがそんなに大きなお店ではないので、予約はしていった方が確実です。
お料理は本格的だし、東銀座という立地を考えれば、冬らしいメニューも食べられて、CPはなかなか良かったです。


フードメニューです↓
DSCF1794 (480x360)

DSCF1796 (480x360)

DSCF1797 (480x360)

DSCF1798 (480x360)

DSCF1799 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF1792 (480x360)

DSCF1793 (480x360)


ワインリストです↓
DSCF1800 (480x360)

DSCF1801 (480x360)

DSCF1802 (480x360)





2015年11月6日訪問時お店DATA
*******************************
Le Bonze (るぼーず)
〒104-0061 
東京都中央区銀座4-10-1 銀座AZAビル3階
TEL 03-5565-3055
営業時間 18:00〜23:30(22:30 L.O)
定休日 月曜日
東京メトロ東銀座駅A2出口から徒歩2分
東京メトロ銀座駅から徒歩5分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/11/14 08:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) |
【ランチ撤退】Italian Dining&Live Entertainment Fiorire 麹町店  @市ヶ谷
2017年2月8日追記

IMG_1413 (480x480)
「フィオリーレ」のランチ営業はなくなり,2017年1月10日から「欧風カレー サロン・ド・カッパ 番町店」がランチタイムの営業を始め,2017年1月31日にランチ訪問しました

********************************

昨日から今朝にかけて一段と寒くて、そろそろ更なる冬装備が必要だなぁと実感。
この週末は洋服の整理をしなきゃと思っています。
残念ながらお天気はイマイチのようですが、みなさま、楽しい週末を☆

DSCF1771 (480x360)
2015年11月6日のランチは、上司が午後から市ヶ谷方面で仕事に出かける予定だったので、出がけに外で食べようと誘っていただきました。
GEMS市ヶ谷も「佳陽」も通り過ぎて、どこへ行くんだろうと思ったら、日テレ通りの信号を渡ってさらに先へ。
到着したのは野村ビルです。

DSCF2698 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進み、2つ目の交差点を左に曲がります。
ちょっと行った左手に野村ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

このビルの1階には、2008年4月11日2012年6月1日にディナー訪問したフレンチの「Au gout du jour (オー グー ドゥ ジュール)」があり、地下1階には、手前側に「チャイナRai 中国料理(旧名:うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店」、奥側に「Italian Dining&Live Entertainment Fiorire(フィオリーレ) 麹町店」があります。


地図です。

DSCF2696 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの前には大きくて真っ赤な「フィオリーレ」のランチメニューの看板が出ています。

DSCF2697 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
階段を降りて地下へ。

「チャイナRai 中国料理」は、2015年8月1日から、それまでの「うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店」という店名から変更したそうです。内装や料理は全くそのままで、店名だけの変更とのこと。

相変わらずの人気で、数人行列が出来ていました。
待つのが嫌だったのか、上司は私たちをその場に残して「フィオリーレ」へ。
かなり時間が経って、そろそろ入れそうな時間になっても戻ってこず、Oさんが様子を見に行ってくれたら、戻ってきて、「フィオリーレ」の方に来るように言われた、とのこと。

DSCF2695 (480x360)
そちらには行列はなく、ちょうど数人が出てきたところだったので、タイミングがよかったようです。

DSCF2659 (480x360)
「フィオリーレ」は、「本格的“フレンチ”イタリアンの料理とイタリア各地の美味しいワインを生演奏のライブとともに楽しめる新しいStyleのイタリアン・ダイニング」だそうで、2015年5月13日にオープンし、2015年5月26日にランチ訪問したので、約4ヶ月ぶり、2回目です。

DSCF2692 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
入口の前にランチメニューが出ています。

DSCF2665 (480x360)
フロアは奥がとても広く、右手にカウンター、その周りにテーブル席が並んでいます。

DSCF2664 (480x360)
内装はオシャレでゴージャスです。
少し黄色みがかった照明で、昼間ですが、雰囲気がとってもいいですね~。

DSCF1759 (480x360)
私たちは右奥にある2つのテーブルをくっつけた席に着席。
奥の方に初めて来たので、ようやく全体の様子がわかりました。
ほぼ満席で、女性客が多かったです。

卓上にはフォーク・スプーン・おしぼりなどが入った籐籠が置いてあります。

DSCF1761 (480x360)
おしぼりです。
以前は袋にオレンジ色のデザインが入っていましたが、シンプルに白一色になっていました。

DSCF1763 (480x360)
着席すると、店員さんからお水をいただきました。

DSCF1762 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF1754 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF1755 (480x360)
ランチは6種類あり、お値段は900円から2,000円です。
週替わりのようで、この時期は4種類のパスタとリゾットから選べました。
全てのメニューに彩りの野菜サラダと焼きたてフォッカチャがついています。

前回に比べ、ラヴィッシュ(2,000円)という、ちょっと贅沢ランチが出来ていました。

DSCF1756 (480x360)
オプションとして、大盛、前菜、デザート、ドリンクなどを選べます。

DSCF1757 (480x360)
午前11時30分から午後5時までのカフェ利用はこちらのメニューになるようです。
ちなみに、私たちのテーブルにはメニューが2つあったのですが、1つにはこれがありましたが、もう一つにはありませんでした(笑)。

DSCF1779 (480x360)
この日はとっても珍しく全員一致で、フィオリーレの看板メニューであり、限定20食の生ウニトマトクリームフィットチーネを注文。
まだあるのか心配でしたが、大丈夫でした。


彩り野菜のサラダ
DSCF1765 (480x360)
まず最初に、サラダが登場。
小さめの白くて丸い平皿に盛られていました。

DSCF1766 (480x360)
野菜は立体的に盛りつけてあります。

DSCF1767 (480x360)
トッピングに鶏の胸肉?とトマトの櫛切りがのせてありました。

DSCF1769 (480x360)
野菜はリーフレタス、トマト、キュウリ、ニンジン、赤・黄パプリカ、などなど。
確かに彩りはいいですが、前回はそれぞれ細いスティック状のものでしたが、今回は薄切りになっていました。
お肉をのせているせいかな?

DSCF1768 (480x360)
ドレッシングは酸味がしっかりあって美味しかったですが、リーフレタスが多いのか、下の方にはあまり味が回らなくて、野菜をそのまま食べる感じになっちゃいました。。


Speciale 「生ウニ」トマトクリーム 朝打ち生フィットチーネ  (1,200円)
DSCF1771 (480x360)
サラダが出てから約10分後に、フィットチーネが登場!
大きな丸いお皿の真ん中にスパゲッティが盛られ、フォカッチャが添えられていました。

DSCF1773 (480x360)
フォカッチャは大きめのものが1個。
前回よりも厚みがありました。
それとも、メニューのチョイスのせいなのでしょうか。

DSCF1776 (480x360)
「フィオリーレ」の看板メニューであるこちらのフィットチーネ、北海道産の生ウニを使い、フィットチーネは朝打ちの生とのこと。
生のパスタを食べさせてくれるお店は少ないので貴重です。
この界隈だと、2011年10月4日にランチ訪問した「アール プリュス」かな?

DSCF1772 (480x360)
鮮やかなオレンジ色の生ウニトマトクリームがとってもキレイでたっぷり。

DSCF1774 (480x360)
トッピングで生ウニがあるのには、かなりテンションアップ↑↑

DSCF1775 (480x360)
フィットチーネは生なので、もちもちしていて、しっかりした食感です。
ソースにもウニが入っていて、ちょっと缶詰めのウニのような味わいでしたが、濃厚で美味しい~。

DSCF1778 (480x360)
トッピングのウニは、単独で食べてみたら、とっても甘かったです。

DSCF1780 (480x360)
ソースはかなりたっぷりとあったので、絶対残してはいけない!と思い、フォッカチャでしっかりぬぐって美味しくいただきました。


みんなウニが大好きなので、とても美味しく食べられました。
上司もとっても気に入ったようで、大好きな中華にはしないで、このお店を自分でチョイスした甲斐があったようです(笑)。
それ程ボリュームは多くありませんが、生パスタなので食感がしっかりあるのと、ソースが濃厚だったので、食べ終えた時には結構お腹いっぱいになりました。
生パスタ、滅多に食べられないので貴重なお店です。
もっと種類が選べるといいのになぁ。


ランチメニューです↓
DSCF1754 (480x360)

DSCF1755 (480x360)

DSCF1756 (480x360)

DSCF1757 (480x360)


事務所に投函されていたチラシです↓
DSCF3601 (480x360)

DSCF3602 (480x360)

DSCF3604 (480x360)

DSCF3605 (480x360)

DSCF3606 (480x360)

DSCF3607 (480x360)








2015年11月6日訪問時お店DATA
********************************
Italian Dining&Live Entertainment Fiorire 麹町店 (フィオリーレ)
〒102-0081 
東京都千代田区四番町4-8 野村ビル地下1階
TEL 03-6272-5909
FAX 03-6272-5910
営業時間  
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30) 
[夜] 18:00~23:30(フードL.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
定休日 土曜・日曜・祝日(貸切予約の場合は営業)
有楽町線麹町駅6番出口から徒歩3分
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/13 05:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(4) |
BECK’S COFFEE SHOP 四ッ谷店  @四谷
東日本大震災以降、節電を心がけていて、冷蔵庫も設定温度を高めギリギリに設定したり、内部にカーテンを掛けたりしていました。
先日、ふと、上半分の扉の下の所を見たら、「おさえめ」と書かれたボタンを発見。
ほかにも「急速冷凍」とか、「パワフル冷凍」とかもありました。
どう考えても、「おさえめ」って冷蔵おさえめで、イコール電気代抑えめだよね?
この冷蔵庫、10年以上使っていましたが、こんなコマンドがあることを初めて知りました(汗)。
このボタン、押していると縁が緑色に光って、暗闇の中でもわかるんです。
節電をするには、まずはトリセツを読むことから始めなければならなかったようでした(泣)。

DSCF1707 (480x360)
2015年11月5日のランチは、午後イチで来客を予定していたので、近場の「BECK’S(べっくす) COFFEE SHOP 四ッ谷店」へ買いに行きました。

DSCF3791 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
JR四ッ谷駅の麹町口の改札を出て右に曲がり、階段を登ってすぐ右手に店舗があります。

DSCF3795 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お店の入口にはセットメニューの看板が出ています。

「ベックス」は、ジェイアール東日本フードビジネス株式会社が展開するコーヒーショップチェーン店で、関東地方を中心に70店舗以上の支店があります。
JR東日本の子会社だからか、ほぼ駅に直結した場所に店舗があります。

DSCF1684 (480x360)
入口の左側には、その時期のおすすめメニューが大きな写真入りで紹介されています。

この時期は、食物繊維にこだわった「秋の実り!ごちそうサラダプレート」がイチオシのようです。
ただ、残念ながら、こちらはテイクアウトが出来なかったと思います。

DSCF6186.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

12時10分頃到着すると、先客は3名ほど。
それ程待たずにすぐに注文することが出来ました。

DSCF3794 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
フロアは狭く、正面にカウンターがあり、右手に席が少し並んでいます。
2階はもっと広くて、テーブル席がたくさん並んでいます。

オーダーして都度作るメニューのほか、作り置きでスイーツやパッケージされたサンドイッチ、惣菜パンを選ぶことが出来ます。

DSCF1682 (480x360)
昨年に引き続き、ジビエをメニューに取り込んでいて、今年は「信州鹿肉ジビエカレー」なるものがあったので、ジビエに目のない私はこちらを注文。
この日は残業する予定だったので、フレッシュミックスサンドも買っちゃいました。

カウンターでオーダーと会計をしたら、左側にずれて出来上がりを待ちます。

DSCF1685 (480x360)
持ち帰りは小さな紙袋に入れてくれます。
このサイズ、リサイクルで使う時にとても使い勝手がいいので重宝します。

DSCF3799 (480x360)
シンプルなデザインで、「ベックス」のロゴが印刷されています。

DSCF3800 (480x360)
サイドはロゴデザインは同じですが、ベースは濃い茶色で、ロゴが白抜きです。

前回このブログに「ベックス」が登場したのは2014年11月13日でした。

DSCF1687 (480x360)
中から取り出すとこんな感じ。
スプーンなどをお断りするのを忘れちゃいました(汗)。

DSCF3803 (480x360)
紙ナプキンはシンプルな白。

DSCF1690 (480x360)
おしぼりはやや小ぶりで、半透明の白のビニール袋に入っています。

DSCF1688 (480x360)
白いプラスチック製のスプーンは透明のビニール袋に入っています。
前回の時のスプーンは小さくてちょっと食べにくかったですが、少し大きくなりました。

DSCF1698 (480x360)
カレーの容器はフタが透明のプラスチック製で、下が白い紙製です。
2段になっていて、上にルー、下にご飯が入っています。

DSCF1693 (480x360)
このサンドイッチは店内で作ったものではなく、あらかじめ包装されている商品です。

DSCF1697 (480x360)
上の部分に店名のロゴが印刷されていました。

DSCF1694 (480x360)
裏には商品名・消費期限・原材料等が書かれたラベルが貼ってあります。

DSCF1695 (480x360)
袋の開け方について、イラスト入りの詳しい説明が書いてありました。

DSCF1696 (480x360)
サイドの下にある開け口から上に引き上げるとのこと。


信州鹿肉ジビエカレー(690円)+フレッシュミックスサンド(300円)=990円
DSCF1707 (480x360)
いただきま~す!


信州鹿肉ジビエカレー
DSCF1700 (480x360)
公式HPによれば、「鹿の肉は、ヨーロッパなどではジビエ(=野生鳥獣の肉)の一つと呼ばれ、もともとは貴重な高級食材として人気のあった食材ですが、現在、日本では野生鳥獣が増えすぎてしまい、農作物を食べたり田畑を荒らしたり、スギ、ヒノキやブナなどの樹皮や高山植物を食害するなど、農林業や自然環境にとって大きな問題になっています。農作物の被害額は年間に 200 億円を超え、就農意欲の低下や耕作放棄地の増加をもたらし、結果として住処の拡大に繋がっています(日本ジビエ振興協議会HP より一部抜粋)。
当社では、2011 年より、JR東日本グループで取り組む、地域再発見プロジェクトへの取り組みの一環として、鳥獣被害対策で調達された長野県産鹿肉を活用したメニューを販売して」いるとのこと。
2015 年 11 月 1 日より、「信州鹿肉ジビエカレー」の販売が始まっていて、目標は15,000食、なくなり次第終了です。
オーベルジュ・エスポワールのオーナー藤木シェフが監修した、数種類のスパイスを効かせ鹿肉の美味しさを最大限に引き出した香り高いカレーとのことです。

DSCF1701 (480x360)
こちらがご飯です。
量はそれ程多くありません。

DSCF1703 (480x360)
雑穀などが混ぜてあるのでしょうか、ところどころに茶色や紫の粒々が見えます。

DSCF1702 (480x360)
この短くて細い茶色のものは、多分ゴボウだと思います。
違っていたら、ゴメンナサイ(汗)。
すごく風味があって、カレーと一緒に食べていてもインパクトがあって美味しかったです。

DSCF1704 (480x360)
カレーのルーです。
ご飯と同じく、量はそれ程多くありません。

DSCF1705 (480x360)
彩りに、茹でブロッコリーが3つのっかていました。

DSCF1706 (480x360)
ルーはかなり濃い茶色で、具はお肉とタマネギが入っています。

DSCF1711 (480x360)
まずはルーだけそのまま一口。
最初は甘さを感じますが、結構スパイシーで美味しい!

DSCF1709 (480x360)
鹿肉は、サイズも小さく、癖もなくて柔らかだったので、ほとんど存在感を感じられず(汗)。
むしろ、大きくカットされたタマネギが食感がしっかりと残っていて甘味もあり、存在感たっぷり。
カレーのタマネギというと、トロトロに溶けてしまっていることが多いですが、こうやって具として残して食べるのは美味しいかも、と勉強になりました。

DSCF1708 (480x360)
ご飯に少しずつルーをのせながら食べました。

固めに炊かれているし、、雑穀のおかげで粒々感をしっかりと感じられます。

DSCF1712 (480x360)
私は面倒くさがりなので、最後にご飯の味が足りなくなるのを恐れて、ある程度食べたら、ルーを全部ご飯の上にかけちゃいました(笑)。
具材が全て小さくカットされていました。


フレッシュミックスサンド
DSCF1713 (480x360)
カレーをある程度食べたところで、サンドイッチも食べました。

DSCF1714 (480x360)
こちらなキュウリとポテトサラダが入っています。

DSCF1716 (480x360)
こんな感じで、ポテトもたっぷり。
でも、さっぱり味です。

DSCF1717 (480x360)
こちらはハムとレタス。
お肉の美味しさを楽しみながら、サラダでさっぱりといただけました。

DSCF1719 (480x360)
最後は固めの半熟の玉子とマヨネーズ?の組み合わせ。
間違いない美味しさです。

サンドイッチの具はどれもフツーな味わいですが、パンがややパサつき気味だったのは残念。

DSCF1683 (480x360)
この日のレシートです。

DSCF1699 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


ジビエを楽しみに食べたものの、鹿肉の存在感はそれ程なくてちょっぴり残念でしたが、このカレーそのものはスパイシーでゴボウ?のフライの隠し味でとっても美味しかったです。
できればジビエのメニューがもっといろいろあるといいのにな、と思います。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちらです↓・◇・◆・◇・◆・◇

[モーニング] 
モーニングプレートA (2007年10月17日

[ランチ]
クラブハウスサンドイッチ プレミアム  (2011年3月29日

スパイシーチーズドック  (2011年3月29日

ビーフ&ポークのキーマカレー  (2014年11月13日
信州鹿肉ジビエカレー (2015年11月5日
  
ミネストローネ  (2011年3月29日

フレッシュミックスサンド (2015年11月5日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店に置いてあったパンフレットです↓
DSCF1720 (480x360)

DSCF1721 (480x360)

DSCF1722 (480x360)

DSCF1723 (480x360)

DSCF1725 (480x360)

DSCF1724 (480x360)

DSCF1726 (480x360)

DSCF1727 (480x360)

DSCF1728 (480x360)

DSCF1729 (480x360)

DSCF1730 (480x360)

DSCF1731 (480x360)

DSCF1732 (480x360)

DSCF1733 (480x360)

DSCF1734 (480x360)

DSCF1735 (480x360)

DSCF1736 (480x360)

DSCF1737 (480x360)

DSCF1738 (480x360)

DSCF1739 (480x360)

DSCF1740 (480x360)

DSCF1741 (480x360)

DSCF1742 (480x360)



2015年11月5日訪問時お店DATA
********************************
BECK’S COFFEE SHOP 四ッ谷店 (ベックス)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25(これはアトレの住所です。)
四ツ谷駅構内麹町口階段脇
TEL 03-5366-8431
営業時間 
[平日] 6:45~21:00  
[土日祝] 6:45~20:00
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/12 00:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
中国料理 三貴苑  @半蔵門
11月に入ってから雨が多いですね~。
傘を持たなきゃいけないし、湿気は多いし、面倒くさいことばかり。
しばらく天候は不安定なようなので、早くお天気が安定してくれることを祈っています。

DSCF1662 (480x360)
2015年11月4日は、午前中に外出していた上司からお昼直前に電話が入り、「チャーハン!」と言って来たので、「中国料理 三貴苑(みきえん)」に出前をお願いしました。
久しぶりだったので、お弁当を持ってきていた先輩も、私もご相伴。

DSCF9276 (480x360)
こちらがメニューです。

「三貴苑」は老舗(?)の中華料理屋さんで、種類豊富のお料理を、店内で食べることも出来るし、配達もお願い出来るし、お弁当の販売もやっています。
お値段がとってもリーズナブルなのに、1つから配達して下さるとのこと。
私の事務所のような小さいところでは、ホント、ありがたいお店です。

このブログで前回登場したのは2015年3月6日だったので、約8ヶ月ぶりです。

DSCF9278 (480x360)
この日は上司が午後から外出を予定していました。
そんなに急ぐほどでもなかったのですが、短気な上司は「まだ来ないのか! キャンセルしてくれ。」と言い出したので、先輩がお店に電話したところ、既に配達に出ているとのこと。
しかも、電話を切って2分も経たずに配達が届きました(笑)。

結局、12時10分頃に注文し、届いたのは午後1時近くだったので、50分位かかりました。
雨の日でもないのに、最長記録だったと思います。

DSCF1657 (480x360)
私は二日後の夜に友人とディナーを予定していたので、カロリーが少なそうなピータン入りおかゆを注文。

DSCF1658 (480x360)
お粥とトッピングは別皿になっていました。

DSCF1659 (480x360)
どちらもこぼれないよう、サランラップががっちりかけてあります。

DSCF1660 (480x360)
お粥の方の器のラップは二重になっていて、間にレンゲが入っています。
面白~い!
この巻き方には技術が必要ですね。


ピータン入りおかゆ  (600円)
DSCF1662 (480x360)
いただきま~す!

DSCF1663 (480x360)
薬味は長ネギ、梅干し、キムチの3種類です。

DSCF9262 (480x360)
お皿の縁には真っ赤な文字で店名がプリントされていました。

DSCF1664 (480x360)
1つ目の梅干しは肉厚なタイプの大粒ものが一つ。
少し甘めで果肉は柔らかく、酸味もしっかりありました。

DSCF1666 (480x360)
2つ目のキムチは白菜キムチです。
少し甘くて辛さは控えめ。
お粥にキムチを入れたことはなかったのですが、前回食べてみて、すごく合うと思いました。

DSCF1665 (480x360)
3つ目は、長ネギの小口切りです。

DSCF1667 (480x360)
お粥の入ったドンブリはかなりの大きさでした。
しかも、九分目ぐらいまで入っていて、かなりのボリューム。

DSCF1668 (480x360)
お粥は真っ白のご飯に、ところどころ茶色いピータンが見えます。

DSCF1671 (480x360)
トッピングのうち、最初にネギだけのせました。

DSCF1669 (480x360)
まずはそのまま一口。
前回食べたザーサイ玉子入りおかゆよりも、ややしっかり目の味わいでした。

DSCF1674 (480x360)
ピータンはかなり小さめのカットですが、数は結構入っています。
お粥と一緒に食べるとピータンの旨みが広がって、美味し~い。

DSCF1675 (480x360)
ある程度楽しんだところで、残りのトッピングを投入。

DSCF1676 (480x360)
全体をしっかり混ぜ合わせてから食べました。
特に梅干しは果肉が厚いので、レンゲでしっかり潰します。
そんなにキムチの量が多いようには見えませんが、意外と赤く染まります。

辛さや酸味が少しずつ加わって複雑な美味しさになりました。
食べる場所によってちょっとずつ味が変わるのが面白かったです。

DSCF9275 (480x360)
薬味の小皿だけではなく、お粥の入っていたドンブリも、、、

DSCF9274 (480x360)
レンゲにも同じデザインで店名が入っていました。
赤文字っていうのが中華料理屋さんらしいです。


海鮮かたやきあんかけそば  (800円)
DSCF1661 (480x360)
先輩は海鮮かたやきあんかけそばを注文。
どっさりの具材は食べ応えがあって良かったそうですが、量がある分、ちょっと味付けが濃いめでしょっぱかったとのことです。


ピータンを食べたのはかなり久しぶりでしたが、美味しかったです。
お粥のボリュームが多かったので、食べ終わったら結構お腹いっぱいでしたが、夕方にはお腹が空いちゃいました。


メニューです↓
DSCF9276 (480x360)

DSCF9277 (480x360)

DSCF9278 (480x360)

DSCF9280 (480x360)

DSCF9281 (480x360)

DSCF9282 (480x360)

DSCF9283 (480x360)

DSCF9284 (480x360)

DSCF9285 (480x360)

DSCF9286 (480x360)

DSCF9287 (480x360)


2015年11月4日訪問時お店DATA
**************************
中国料理 三貴苑 (みきえん)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町1-8-8 
TEL 03-3234-1247、03-3234-0185、03-3262-1868
TEL&FAX 03-3262-2107
店舗営業&出前時間 11:00~21:30  
定休日 なし
地下鉄半蔵門線半蔵門駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/11 00:00】 | お粥 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Fattys  @浜田山
つい先日、イカのお刺身を買って食べてみたところ、下の部分がほとんど完全に切れていないということがありました。
最初引っ張ってもなかなか出てこないので、解凍が中途半端?と思って全体を持ち上げたら、扇のように広がるばかりで一切れにならない(汗)。
最後の一皮が切れていないようでしたが、それが兎に角かたくって、包丁を出すのも面倒だったので両手で力を入れて引き裂き、何とか一口大に出来ました。
端っこの一つが切れていなかったというのはたま~に見かけますが、全体が切れていなかったという経験は初めてです。
魚屋さんに新人でも入ったのでしょうか。

本日は、マイブログ圏外の浜田山にある「ファッティーズ」のレポートです。

DSCF1635 (480x360)
2015年11月2日の夜、友人と浜田山にある「Fattys(ファッティーズ)」でディナーをいただきました。

DSCF1625 (480x360)
京王井の頭線浜田山駅を降りたら、すぐの道を右に進み、商店街を抜けたら右折して線路を渡ります。
最初の左に曲がる角で左折し、道にぶつかったら右折してしばらく進むと左手にIonic Hmadayamaというビルがあり、お店はその1階です。
この辺りは住宅地でかなり静かな場所でした。

DSCF1649 (480x360)
午後7時頃に入店。
友人は先に到着していました。
フロアはそれ程広くはなく、右手に厨房があり、テーブル席が並んでいます。

DSCF1650 (480x360)
「ファッティーズ」は2011年12月19日にオープンしたご兄弟でやっているビストロだそうです。
美味しいお料理がお手頃の価格で食べられることからとっても人気で、食べログでもかなりの上位につけています。
もともとは私が食べログでお店を見つけ、友人が浜田山に住んでいたので、誘ってみました。
友人はママ友と何度も訪問しているとのことです。

DSCF1631 (480x360)
予約をしていたので、すぐに一番入口近くの席に通されました。
店内は6割ほどの人の入りでしたが、何人も入店を断られていたので、予約で既に満席だったようです。
イスはスツールで、テーブルはそれ程大きくはありません。

DSCF1637 (480x360)
ドリンクメニューです。


生ビール  (550円)
DSCF1626 (480x360)
乾杯は、喉が渇いていたので、生ビールをチョイス。
泡がと~ってもクリーミーで美味しい!
サーバーのお手入れがしっかりしていらっしゃるのでしょうか。

DSCF1627 (480x360)
フードメニューです。
すごくたくさんはないけれど、どれも美味しそうなものばかり。

友人が「オリーブのフリットが美味しいよ~。」というので、もちろん、お願いしました。
あと、白レバーのパテも。

DSCF1628 (480x360)
私の方からは香草爆弾サラダと、、、

DSCF1629 (480x360)
ホルモンのスパイス煮込みを注文。

DSCF1630 (480x360)
メインは後で、、、と思ったのですが、店員さんから「メインは時間がかかるので、早めに注文して下さい。」とのアナウンスがあったので、友人オススメのチキンのパリパリ焼きをチョイス。


香草爆弾サラダ  (800円)
DSCF1634 (480x360)
まず最初にサラダが出てきました。
涼しげなガラスのお皿に、香草・水菜・トマトなどが山のように盛り付けてあります。

DSCF1633 (480x360)
かかっていたドレッシングが酸味がしっかり利いていました。
最近では珍しくなくなったメニューではありますが、香草好きにはたまりません。


オリーブのフリット  (450円)
DSCF1635 (480x360)
友人オススメのこちらのメニュー、私は初めて食べました。
ころんとしたカワイイ形で、表面はこんがりと茶色でとっても美味しそう。
ライムが添えてありました。

DSCF1636 (480x360)
オリーブは種なしなので、パクパク食べられます。
油を吸ったオリーブはす~っごく美味しくて、お酒のアテにぴったり。
この日一番美味しかったです。
旨みをすごく感じたので、帰りがけに店員さんに「チーズとか入っているんですか?」と聞いたところ、アンチョビを使っているそうです。
粒数も結構あるし、お値段から考えると、かなりお得な一品だと思います。
友人の話では、メニューにない時もあるそうで、そんなときはすごく残念と言っていました(笑)。

DSCF1638 (480x360)
ビールをすぐに飲み終え、ワインをお願いしました。
こちらはワインリストの一部です。


赤ワイン・ラウラハートウィグ  (3,600円)
DSCF1640 (480x360)
二人ともたくさん飲むので、友人にボトルを選んでもらいました。
チリ産で、カベルネソーヴィニヨンです。

DSCF1639 (480x360)
軽い口当たりで、渋みが全くなくて美味しかったです。
重たい味好きの友人にはちょっと軽過ぎたかな?


白レバーのパテ  (600円)
DSCF1641 (480x360)
パテは木製のまな板にバケットと一緒にのせられて出てきました。

DSCF1642 (480x360)
パテの量はそれ程多くはありません。
横にある白いものは、サワークリーム??

DSCF1643 (480x360)
バケットは網目状に焼き色がついていて、オリーブオイル?がかけてありました。
温かいので、パンはふわふわです。

DSCF1645 (480x360)
白レバーのパテはとっても軽い口当たりでした。
ほんのり甘い味付けだったので、個人的にはもうちょっと甘さではなく塩気が欲しかったです。


ホルモンのスパイス煮込み  (700円)
DSCF1646 (480x360)
ホルモンメニューがあると、どうしても素通りできずに注文してしまいます(笑)。
一口大に切ったホルモンにはたっぷりとチーズが振りかけてありました。

DSCF1647 (480x360)
ホルモンは部位がいろいろと入っていたと思います。
臭みは全くなく、柔らかでほどよい歯ごたえでした。
スパイス感はそれ程でもありませんでしたが、チーズの風味がばっちり。


赤ワイン・デカンタ  (1,000円)
DSCF1651 (480x360)
ボトルを飲み干し、まだメインが来るからと、赤ワインをデカンタでお願いしました。
こちらの方がやや重ためな味わいだったと思います。


チキンのパリパリ焼き  (1,350円)
DSCF1654 (480x360)
最後にメインのチキンが登場。
お皿にはマッシュポテトが敷いてあり、ソースもたっぷり。

DSCF1655 (480x360)
見た目のとおり、チキンは皮がパリッパリ。
でも、中はふっくらとしていて柔らかでした。

DSCF1656 (480x360)
この日の伝票です。
合計で10,368円で、一人5,184円でした。


この日はおしゃべりに夢中になっていたのと照明の色合いのせいか、写真がピンぼけ気味で残念(泣)。
もっといろいろなメニューを食べたかったのですが、ランチで「ターリー屋」の重たいナンを2枚近く食べてしまったので、チャレンジ出来ませんでした。
ただ、それでも一通り食べてボトルワインをいただいてこんなにリーズナブルなのは大感激!
店員さんの対応も優しく、味も美味しく、こんなお店が近所にある友人が本当に羨ましいです。


2015年11月2日訪問時お店DATA
*******************************
Fattys (ファッティーズ)
〒168-0065 
東京都杉並区浜田山1-23-7 Ionic Hmadayama1階
電話  03-3304-2605
営業時間
[月~土] 18:00~24:30
[日曜日] 18:00~23:00
定休日 水曜日
京王井の頭線浜田山駅から徒歩3分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/11/10 00:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(8) |
インド定食 ターリー屋 九段下店  @九段下
みなさま、楽しい週末を過ごされたでしょうか?
私は昨日、久しぶりに渋谷に出かけたのですが、冷たい雨が降っていて人混みの中を歩く気になれず、用を済ませてラーメンだけ食べて帰っちゃいました。ちょっと残念。
今日から新しい一週間、がんばりま~す☆

DSCF1607 (480x360)
2015年11月2日は週の最初の月曜日。
この日は上司がお休み、Oさんがお昼時に外出していたので、外へランチを食べに出るチャンスでしたが、とても冷え込んで雨の降る日だったので、久しぶりに出前館でデリバリをお願いすることにしました。
お店は沢山ありましたが、二人とも一番気になった「インド定食 ターリー屋(たーりーや) 九段下店」をチョイス。 

DSCF1593 (480x360)
確か、12時20分頃に注文して、40分待ちぐらいだったので、食べるのは午後1時ぐらいかな~と思っていたのですが、予定時間よりも早く来ていただき、午後1時前に到着。
お腹ペコペコだったので、嬉しかったです。
てっきり、インド人の方がいらっしゃるのかと思ったら、配達の方は日本人でした(笑)。

「ターリー屋」は、株式会社ターリー屋が展開するカレーのチェーン店で、都内に19店舗あります。

DSCF1596 (480x360)
袋から取り出すとこんな感じ。

このお店のメニューをチェックしていて、一番興味を持ったのがナンの種類の豊富さでした。
プレーンを含めてなんと、8種類もあります。
なのに、お弁当のセットにしちゃうと1種類を除いてプレーンになってしまい、唯一選べるのはバジルナン。
しかも、このセットだとカレーが1番人気のおすすめであるキーマではなく、バターチキンカレーになってしまいます。
折角のチャンスだからいろいろ食べてみたくて、カレーはキーマカレーとバターチキンカレーの2種類、ナンはバジルナン、ゴルゴンゾーラチーズナン、アーモンド&カシューナッツナンの3種類を食べるために、バジルナン&スペシャルバターチキンセットに単品を加えて注文しました。

DSCF1597 (480x360)
こちらは、2,500円以上注文した時にサービスしてくれるマンゴーラッシー(350円)です。

DSCF1598 (480x360)
タピオカかな?
大きな黒い粒々が見えます。

DSCF1599 (480x360)
この粒々を吸い込めるよう、ストローもぶっとい!
この日はお腹いっぱいなので、ラッシーは先輩にお土産として持ち帰ってもらいました。

DSCF1595 (480x360)
ナンは一枚ずつ、白い紙袋に入っています。

DSCF1600 (480x360)
カレーはプラスチック製の容器に入っていて、下が白、フタは透明です。
色の濃いこちらが、多分キーマカレーで、、、

DSCF1601 (480x360)
ややオレンジ色がかったこちらがバターチキンカレーだったと思います。

DSCF1603 (480x360)
二人とも全く気付いていなかったのですが、ゴルゴンゾーラチーズナンにははちみつがついていました。
苦手なのでこの時は全く使わず、事務所で紅茶を飲む時にでも使おうと、とっといてあります。


バジルナン&スペシャルバターチキンセット(990円)+キーマカレー(550円)・ダブル(450円)+アーモンド&カシューナッツナン(490円)+ゴルゴンゾーラチーズナン(690円)=3,170円
DSCF1607 (480x360)
いただきま~す!
すっごい豪華なランチになっちゃいました(笑)。


アーモンド&カシューナッツナン
DSCF1608 (480x360)
名前のとおり、アーモンドとカシューナッツが入った食感も美味しいというナンです。

DSCF1609 (480x360)
予想以上にたっぷりのナッツがトッピングしてあり、ナッツ好きの私としては、嬉しい誤算でした。

DSCF1621 (480x360)
ナンはむっちりしていて、ナッツの食感ととても合います。
ナンだけ食べても美味しいです。


バジルナン 
DSCF1610 (480x360)
こちらのバジルナンは、バジル、パルメザンチーズ、ニンニクなどをふんだんに使った濃厚なバジルペーストを使用しているとのこと。
新商品だそうです。

DSCF1611 (480x360)
バジルのナンなんて、初めての体験です。

DSCF1617 (480x360)
バジル・チーズ・ニンニクの組み合わせで美味しくない訳がない!という間違いのない美味しさでした。


ゴルゴンゾーラチーズナン (690円)
DSCF1612 (480x360)
こちらも新商品で、イタリア産ゴルゴンゾーラチーズをたっぷり使ったターリー屋オリジナルナンとのこと。
はちみつ付きです。
私たちは使いませんでしたが。

DSCF1613 (480x360)
ナンの表面はチーズで完全に覆い尽くされています。

DSCF1614 (480x360)
見た感じだと、ブルーらしい青カビがあんまり見えないな~と思っていたのですが、、、、

DSCF1622 (480x360)
食べてみたら、中に入っていました。
たっぷりのチーズで、食べごたえ充分。


キーマカレー
DSCF1616 (480x360)
キーマは辛口の鶏のひき肉のカレーで、1番人気かつおすすめとのこと。

DSCF1620 (480x360)
しっかりと辛口で、ひき肉もたっぷり入っていました。


バターチキンカレー
DSCF1615 (480x360)
バターチキンは中辛で、生クリームとバターを使った濃厚な極上チキンカレーとのこと。

DSCF1619 (480x360)
こちらは辛さは控えめでとてもまろやかな口当たり。
ベースにトマトソースの旨みと甘味と酸味がすごく感じられて、と~っても美味しかった!
個人的にかなりはまりました。

DSCF1624 (480x360)
この日のレシートです。
二人で合計3,170円、一人あたり1,585円とかなりお高くなりましたが、珍しいメニューをお腹パンパンになるまで食べられたので、大満足でした。


バジルやゴルゴンゾーラという変わり種のナンに大満足です。
この日は二人とも食べ過ぎて、午後は眠気との格闘が大変でした。
ニンニクを利かせたりしていることもあり、ピザを食べているような感覚です。
「シルザナ」で食べたチーズナンもとっても美味しかったし、これからは普通のナンでは満足できないかも(笑)。


2015年11月2日購入時お店DATA
****************************
インド定食 ターリー屋 九段下店 (たーりーや)
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-3-1 P・Uビル1階 
TEL 03-6261-2278
営業時間 
店舗 
[月~土] 11:00~22:30(L.O.22:00)
[日曜日] 11:00~21:30(L.O.21:00)
デリバリ(出前館
[月~土] 11:00~21:00
[日曜日] 11:00~20:30
最低注文価格 1,300円~
定休日 年末年始
都営地下鉄九段下駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/09 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
丸亀製麺 小岩POPO店  @小岩
本日は所用あって、久しぶりに渋谷に出かけます。
人混みが苦手なので、今からちょっとブルーでドキドキですが、どこのラーメン屋さんに行こうかな~とか、楽しみでもあります。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

本日は昨日に引き続いてマイブログ圏外の小岩の「丸亀製麺」のレポートです。

DSCF1560 (480x360)
2015年11月1日の日曜日。
午後、錦糸町に出かけたので、平井か亀戸辺りでご飯を食べようかと思ってお店を考えていたのですが、この日は1日で、小岩にある「丸亀製麺(まるがめせいめん) 小岩POPO店」でフェアをやっていることを思い出し、急遽行ってみることにしました。

DSCF1584 (480x360)
JR総武線小岩駅の改札を出たら、小岩POPOという駅ビルの中を東京方面に向かって進み、階段を降りると店舗があります。
駅ビル内だから、とっても近くて便利な場所です。

DSCF1583 (480x360)
他の支店ではどうなっているのかわかりませんが、小岩POPO店では毎月1日が釜揚げうどんの日になっていて、半額で食べることが出来ます。

DSCF1582 (480x360)
釜揚げうどんとは、茹で釜から直接引き上げたもちもち熱々の釜揚げ麺とのこと。
「丸亀製麺」の正式名称?は「讃岐釜揚げうどん丸亀製麺」となっているので、まさに看板商品のようです。

私は麺喰いですが、何となく割高感なイメージがあって、意外とうどんを外食することは少ないです。
それでも、「丸亀製麺」は他の支店ですが、数回行ったことがあります。

DSCF1559 (480x360)
お店の外側の角の所に注文口があるので、ここでうどんを注文して受け取ります。
その後、カウンターに沿って歩き、置かれている揚げ物などのトッピングをセルフで取って、最後にお会計です。

DSCF1576 (480x360)
「丸亀製麺」は、株式会社トリドールが展開するうどんのチェーン店で、支店内に置いてある製麺機で小麦から打ちたてのうどんを作り、その場で茹でたてを提供してくれます。
国内だけではなく、海外11カ国にも展開しているとのこと。
創業者が讃岐で修行したことで「讃岐」を謳っていますが、会社の本社は兵庫にあるようです。

DSCF1577 (480x360)
レジのさらに先のスペースには薬味の取り台がありました。
ネギ、天かす、おろしショウガなどなど。
取り放題なのが嬉しい!

DSCF1578 (480x360)
さらに先の方には天ぷら用の天つゆなどが置かれていました。

DSCF1580 (480x360)
フロアはとても広くて、テーブル席が沢山並んでいます。
確か、奥には座敷席もありました。
チェーン店らしく、こぎれいな和風の内装です。
午後3時過ぎというとっても中途半端な時間でしたが、6割ぐらいの席が埋まっていました。
一人客もたくさんいらっしゃっています。

DSCF1569 (480x360)
私は真ん中ぐらいの席に着席。
卓上には割り箸、紙ナプキン、各種調味料が置かれています。

お水はセルフサービスです。

DSCF1560 (480x360)
いただきま~す!


ちくわ天(110円)+万願寺トウガラシ天(140円)=250円
DSCF1561 (480x360)
こちらは家人が注文した天ぷらです。


釜揚げうどん <大>  (390円→190円)
DSCF1562 (480x360)
私は釜揚げうどんのみ、注文。
うどんとツユのセットです。

DSCF1564 (480x360)
釜揚げうどんは、木の桶にたっぷりのゆで汁と共に入っています。
この木の桶っていうのが、雰囲気があっていいですね~。
大なのでボリュームたっぷりで、お湯の中でうどんがたゆたっていました。

DSCF1565 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
ツユは小さな黒い器に入っていました。
ちょっと少なめに見えて、たっぷりつけたい派の私としては足りるかどうか不安でしたが、濃い味だったので充分でした。

DSCF1563 (480x360)
家人が、ネギと天かすをモリモリで取って来てくれました。

DSCF1571 (480x360)
早速投入!

DSCF1573 (480x360)
うどんはお湯の中に入っているので、食べている間中、熱々です。
むっちりした食感で美味しい!
天かすで旨味が足されるので、物足りなさはなかったです。
ただ、ツユが私には少し甘めでした。

DSCF1579 (480x360)
なので、途中から、卓上にあったこちらの七味唐辛子を、、、

DSCF1574 (480x360)
たっぷり投入。
これでだいぶ甘さが控えめに感じられました。
後から考えたら、おろしショウガをとっていなかったので、そっちを加えても良かったかもしれません。

ボリュームは大でしたが、この日最初の食事だったので、ペロリと完食。

DSCF1567 (480x360)
この日のレシートです。
半額フェアのおかげで、とってもお得にいただくことが出来ました。
周りの人も8割ぐらい釜揚げうどんを注文していた感じです。

DSCF1568 (480x360)
「うどん札」という名のクーポン券をいただきました。
有効期限が1ヶ月の短いので、リピーターさんではないと使えないです。


釜揚げうどんの熱々さやもちもちさをシンプルに堪能できて美味しかったです。
個人的にはもっとがしっとした食感を楽しむことの出来る冷やしの方が好きかなとは思いますが、また機会があったら、カレーうどんとかを食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日2015年10月15日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日
【閉店】濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日
豚骨一燈 (2014年6月7日
越後秘蔵麺 無尽蔵 こいわ家 (2014年8月25日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日2015年10月11日
小味園 本店 (2013年7月31日
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日2015年10月31日
SHEEP GANG DINING (2014年6月15日
ボローニア (2014年6月28日
【閉店】中国料理 一品楼 (2014年8月23日
丸亀製麺 小岩POPO店 (2015年11月1日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2015年11月1日訪問時お店DATA
*****************************
丸亀製麺 小岩POPO店 (まるがめせいめん) 
〒133-0056 
東京都江戸川区南小岩7-24-15 小岩POPO1階
電話番号 03-5668-2441
営業時間 10:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 無休
JR総武線小岩駅直結小岩POPO内 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/08 00:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(2) |
レストラン喫茶 タクト  @小岩
みなさま、楽しい週末をお過ごしですか?
私は一週間遅れを維持するために、本日も記事をアップします。
お時間がございましたら、ご覧下さい☆

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「タクト」のレポートです。

DSCF1537 (480x360)
2015年10月31日の土曜日。
久しぶりにメガ盛りを食べたくなり、小岩にある「レストラン喫茶 タクト」に行ってみました。

DSCF1545 (480x360)
JR総武線小岩駅の北口を出てイトーヨーカ堂の左脇をまっすぐ進んで蔵前橋通りに出たら、小岩駅北口交差点を渡って通りの反対側に行きます。
左折し、そのまま道沿いに歩くと奥戸街道に入るのでさらにそのまままっすぐ進むと右手にお店があります。
歩いている途中、この先にお店があるの?と心配になっちゃうぐらい、ちょっと繁華街からはずれていて、普通の家ばかり並んでいる場所です。

DSCF1690 (480x360)
「タクト」はメガ盛り界ではとっても有名なお店で、私が以前買ったデカ盛り本では総合ランキング2位に選ばれていました。
一口にデカ盛りといっても、いろいろなスタイルがありますが、こちらのお店はおかずのボリュームもさることながら、とにかくご飯が多く、ギャートルズ盛りが有名です。
個人的にはご飯よりもおかずがたくさんあった方が嬉しいですが、ご飯好きの私の弟にとっては夢のようなお店らしく、既に2回訪問したそうです。

DSCF1691 (480x360)
前回訪問したのが2014年2月11日だったので、1年8ヶ月ぶり、2度目の訪問です。

DSCF1692 (480x360)
営業時間は、昼の部が午前10時から午後4時(L.O.午後3時30分)、夜の部が午後6時から午後9時30分(L.O.午後9時)です。
オープンから12時まではモーニングがあります。
定休日は毎週水曜日で、第3水木は連休です。 

DSCF1650 (480x360)
入口は古めかしい喫茶店で、中に入ると昭和の雰囲気そのまま。
フロア中程右手に厨房があり、手前にテーブル席、奥の左にもテーブル席がありました。
意外と奥に広くて席数があります。

DSCF1651 (480x360)
レトロなシャンデリアがぶら下がり、漫画本がたくさん設置されています。

DSCF1666 (480x360)
午後1時半頃入店すると、奥の方は見えませんでしたが、多分9割程の人の入り。
ピークタイムは過ぎているのに、かなりの人の多さで、相変わらずの人気でした。
手前のフロアで空いているのは右側にある4人用テーブルが二列に並んでいるところだけだったので、ちょっと待たなきゃ行けないかな?と思いましたが、片側のテーブル席に通されました。

DSCF1652 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には醤油、ソース、爪楊枝、砂糖などが置かれていました。

DSCF1523 (480x360)
着席すると、店員さんがおしぼりとお水を出してくれます。

DSCF1525 (480x360)
前回訪問した時は薄いビニール袋に包まれていましたが、今回は裸のままで、おしぼり受けに入っていました。

DSCF1526 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1653 (480x360)
メニューはかなり種類が豊富で迷います。

DSCF1665 (480x360)
あまりにたくさんあるせいか、お店オススメのメニューがリストアップされています。

DSCF1520 (480x360)
こちらのお店ではプラス料金を支払えばおかず大盛りが出来るという話を聞いたので、家人は店員さんに確認して、肉野菜定食のおかず大盛りを注文。

DSCF1521 (480x360)
私は白ご飯がたくさんあってもあまり嬉しくない人なので、チャーハンをお願いしました。


肉野菜定食 (700円) + おかず大盛り (150円?) = 850円
DSCF1527 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
まずは家人の注文した肉野菜定食が出て来ました。
メイン、小鉢、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。

DSCF1528 (480x360)
並盛りなのでご飯茶碗はそれ程大きくありませんが、もともとの容量の倍ぐらいのてんこ盛り(笑)。
いやはや、絵になります!

DSCF1529 (480x360)
おかず大盛りでお願いした肉野菜炒めは、かなり大きな白い平皿にまさに山のように盛られて、まるでパーティとかビュッフェ用の大皿とそれ程変わらないです。

DSCF1530 (480x360)
薄切りとはいえ、お肉は結構入っていました。
もやしもありますが、キャベツがかなりたっぷり。
お野菜が高い時期だったので、お店の太っ腹ぐあいがどれだけすごいかわかります。
家人だけではもちろん食べきれないので、私もだいぶいただきましたが、味付けも程良く、野菜のシャキシャキ感があって美味しかったです。

DSCF1537 (480x360)
少し遅れて、私の注文したチャーハンが登場。


チャーハン (700円)
DSCF1531 (480x360)
チャーハンは、メインのほか、お新香とお味噌汁がついていました。

DSCF1535 (480x360)
チャーハンなので、大きなスプーンが一緒に出て来ますが、喫茶店らしく、先っぽには紙ナプキンが巻いてあります。

DSCF1532 (480x360)
お新香は、黄色いタクアンと緑色のキュウリのお漬け物の20種類。
色鮮やかな対比です。
チャーハンにはスプーンしかついていないので、お新香用に小さなフォークが付いていました。

DSCF1533 (480x360)
お味噌汁には長ネギの小口切りが散らしてあります。
シンプルですが、フツーに美味しかったです。

DSCF1534 (480x360)
どどーん!!
チャーハンは大きな白くて丸い大きなお皿に盛られていました。

DSCF1536 (480x360)
横から見ると、ボリューム感がわかるでしょうか。
圧倒的で、ワクワクしちゃいます(笑)。

DSCF1538 (480x360)
チャーハンには、ニンジン、グリーンピース、コーンなどが入っています。
お値段のこともあるので、それ程具沢山ではありません。

DSCF1540 (480x360)
チャーハンはすっごくパラパラということはありませんが、そんなにべたつきません。
程良いあっさり目の味付けで、食べ飽きずに食べ続けられました。

DSCF1542 (480x360)
お肉はかなり薄切りとはいえ、結構たくさん入っています。
家人に味見程度に食べてもらいましたが、一人でほぼ完食!

DSCF1543 (480x360)
家人がお冷やをたくさん飲んでいたら、おかわり用に小さなポット入りで出してくれました。


たっぷりのチャーハンを一人で食べ切れるか心配でしたが、この日初めての食事だったせいか、意外とするすると食べられました。
歯応えのある肉野菜炒めもいただいたので、本当にお腹がいっぱい!
デカ盛りを堪能できて、とっても楽しかったです。


メニューです↓
こちらは前回撮影したもので、現在少し値上がりしています。
DSCF1653 (480x360)

DSCF1655 (480x360)

DSCF1656 (480x360)

DSCF1657 (480x360)

DSCF1658 (480x360)

DSCF1659 (480x360)

DSCF1660 (480x360)

DSCF1661 (480x360)

DSCF1662 (480x360)

DSCF1663 (480x360)

DSCF1664 (480x360)

DSCF1665 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日2015年10月15日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日
【閉店】濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日
豚骨一燈 (2014年6月7日
越後秘蔵麺 無尽蔵 こいわ家 (2014年8月25日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日2015年10月11日
小味園 本店 (2013年7月31日
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日2015年10月31日
SHEEP GANG DINING (2014年6月15日
ボローニア (2014年6月28日
【閉店】中国料理 一品楼 (2014年8月23日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2015年10月31日訪問時お店DATA
*****************************
レストラン喫茶 タクト  
〒133-0057 
東京都江戸川区西小岩3-5-22
電話 03-3672-2393
営業時間 
[昼] 10:00~16:00(L.O.15:30)
[夜] 18:00~21:30(L.O.21:00) 
定休日 毎週水曜日、第3木曜日(第三水木は連休)
JR総武線小岩駅北口から徒歩10分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/07 00:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) |
吉野家 四ッ谷駅前店  @市ヶ谷
数日前ですが、このブログの総アクセス数が180万回を越えました。
また、一昨日は久しぶりに一日に800人以上の方が遊びに来て下さいました。
自分の日記代わりとして書いている自己満ブログとはいえ、こうした目に見える数字が出てくると、やっぱりとっても嬉しくて、読者の皆様に感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございます☆
亀ブログですが、これからもヨロシクお願いします(*・`ω´・)ゞ

DSCF1494 (480x360)
2015年10月30日は、週の最後の金曜日。
午前中外出していた上司がちょうどお昼頃に戻ることになり、「吉野家(よしのや) 四ッ谷駅前店」で牛丼買うけれど、「そちらはどうする?」と聞いてくれたので、一緒にお願いしちゃいました。

DSCF2431_2014020307292359d.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅を出てい新宿通りの右側を新宿方面に進み、最初の角にお店があります。

DSCF2432.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
こちらは新宿通りに面した出口です。

「吉野家」は、株式会社吉野家ホールディングスの子会社である株式会社吉野家が運営する大手飲食チェーン店で、牛丼チェーンの店舗数では「すき家」に次いで多く、国内に1,200弱の店舗を展開しているそうです。

DSCF2433_201402030729278a4.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
しんみち通りに続く小道にテイクアウト用の窓口があります。

DSCF2434_20140203072929587.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
テイクアウトのメニューです。

DSCF2435_2014020307293141f.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
単品だけでなくサイドメニューやセットもあります。

前回ランチを購入したのは2014年11月7日だったので、約1年ぶり、5回目です。
市ヶ谷にも支店があり、そちらでは2012年6月28日のランチで購入したことがあります。

DSCF1477 (480x360)
4人分なので、持ち帰り袋も大きいです。
大きいサイズのビニール袋だと、一般的な白いもので、よく見る「吉野家」のロゴが入ったものではありません。

DSCF3437 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
袋には、こんな宣言が書かれていました。

DSCF1479 (480x360)
私の分はこちらです。
牛丼の他、生卵、紅ショウガと七味唐辛子の小袋と割り箸がついています。

DSCF3439 (480x360)
箸袋にはお店のロゴが印刷されています。

DSCF3440 (480x360)
割り箸は記念撮影だけして、使いませんでした。

DSCF3443 (480x360)
薬味の紅ショウガは小袋でついています。

DSCF1483 (480x360)
裏側はこんな感じ。

DSCF3441 (480x360)
七味唐辛子も同じく小袋でついていました。

DSCF1478 (480x360)
この日、上司は自分と先輩と私の分として、牛丼の並盛りと玉子の組み合わせをチョイス。
上司は生卵が大好きだそうです。
かなり長く一緒にいますが、全く知らなかった(汗)。
ちなみに、Oさんは牛丼のアタマの大盛りでした。

DSCF1485 (480x360)
玉子はフタが透明、下が黒の小さなプラスチック製容器に入っています。
真っ黄色の黄身が黒の容器にとっても映えます。

DSCF1486 (480x360)
牛丼は、フタと容器が黒いプラスチック製の器に入っています。

DSCF1488 (480x360)
フタの縁には白で吉野家の店名がデザインされていました。

DSCF1487 (480x360)
フタには消費期限や連絡先が記載されたシールが貼ってあります。

DSCF1489 (480x360)
いただきま~す!

DSCF1490 (480x360)
具は牛肉とタマネギの2種類で、とってもシンプル。
量は多くありませんが、ご飯は見えません。
全体的に真っ茶っ茶です。

DSCF1492 (480x360)
牛肉は赤身と脂身が程よくまじりあったものだけを使っているとのこと。
薄い細切れで、柔らかく、味がよく染みています。
牛丼チェーンの中でも、「吉野家」の味付けは結構好きです。

DSCF1491 (480x360)
玉ねぎは、甘味だけでなく、食感にもすぐれたものを選んでいるとのこと。
やや大きめのカットで、クタクタに煮てある訳ではなく、白っぽい部分を残してあります。

DSCF1493 (480x360)
まずは生卵をのっけます。
私は生卵って、特に好きな訳ではなく、旅館の朝ご飯で出て来た時とかちょっといい玉子が手に入った時ぐらいしか食べません。
なので、牛丼の生卵のせって、人生で初めてでした。


牛丼 並盛 (380円) + 玉子 (60円) =450円
DSCF1494 (480x360)
紅ショウガと七味唐辛子もすべてのっけちゃいました。
彩りがいいですね~。

DSCF1495 (480x360)
少し甘い味付けのお肉に紅ショウガと七味唐辛子のアクセントが利いて、ご飯が進みます。

DSCF3451 (480x360)
ご飯のボリュームはそれ程多くありません。

DSCF1496 (480x360)
最初はそのまま食べて、途中から生卵を崩しました。

DSCF1497 (480x360)
生卵を絡めたお肉はちょっとすきやきチック?な味わいになり、まろやかな口当たりでした。

DSCF1503 (480x360)
この日のレシートです。

DSCF1498 (480x360)
新メニューのクーポンをいただきました。
牛チゲ鍋が気になります。


初めての生卵かけ牛丼は、味わいがだいぶ変わって美味しく食べられました。
ただ、はまる感じではなかったです。
いつか半熟玉子付きで食べてみたいです。
全体のボリュームは少なめなので、夕方にはお腹が空いちゃいました。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

牛丼<並盛> (2012年6月28日2014年3月7日2014年11月7日
牛丼<並盛>+玉子 (2015年10月30日
牛焼肉丼 (2013年2月4日

お味噌汁 (2012年6月28日
けんちん汁 (2013年2月4日
生野菜サラダ (2013年2月4日
キムチ (2012年6月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


いただいたクーポンです↓
DSCF1498 (480x360)

DSCF1499 (480x360)

DSCF1501 (480x360)



以前いただいたチラシです↓
DSCF2469_20140203072651aeb.jpg

DSCF2471_20140203072653e72.jpg


2015年10月30日購入時お店DATA
********************************
吉野家 四ッ谷駅前店 (よしのや) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8-14
TEL 03-5363-2205 
営業時間 24時間営業
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/06 05:00】 | どんぶり | トラックバック(0) | コメント(6) |
中華料理 香楽門  @四谷
昨日の夜は、会社帰りに歯医者へ行きました。
どこか悪いという訳ではなく、定期検診なのですが、普段のお手入れがイマイチなので、結構ガリガリやられ、しょんぼりしての帰宅となりました(泣)。
いつも歯医者に行った直後は、「今度こそ、ちゃんと歯磨きしなきゃ!」と決心するのですが、いつまで持つかな~?!

DSCF1447 (480x360)
2015年10月29日は、お昼時にOさんが不在でした。
12時過ぎに上司から「外へ食べに行くか?」と声をかけられたので、上司と先輩と私の三人で外へ食べに出かけることに。
三栄通りにあるお気に入りの「嘉賓」へ行くかな、、、?と思っていたのですが、珍しくしんみち通りへ入って行きました。
でも、お目当ての店があるわけではないようで、しばらくウロウロ(汗)。
「どこか、行ったことのない新しい店とかはないのか?」と、ずいぶん奥の方に行ってから聞いてきたので、上司の大好きな中華で新店があったなぁと思い出し、「四川料理 香楽門(こうらくもん)」のことを伝えたら、行ってみることになりました。

DSCF1469 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を新宿方面に向かい、四谷一丁目交差点の次の交差点にパルム四谷があり、お店はその地下1階にあります。

DSCF1468 (480x360)
「香楽門」は、2015年6月1日にオープンしたようです。

DSCF3653 (480x360)
こちらは当初の看板です。
表記の違いがわかりますか?
四川料理だったのが、いつの間にか中華料理になっていました。
私は四川料理の方がより行きたくなる人ですが、一般的には中華料理と表示した方が多くの人に受け入れられやすいのかな?

DSCF1467 (480x360)
ビルの前の道路には、ランチメニューの書かれた小さな黒板が出ています。

DSCF1470 (480x360)
この場所には、2014年8月にオープンし、2014年9月10日にランチ訪問した「中華居酒屋 聚べん」がありましたが、2015年5月頃までには閉店したようです。

さらにその前には、2014年2月にオープンし、2014年2月19日にランチ訪問した「創作風居酒屋 龍の里」がありましたが、2014年7月頃までには閉店したようです。

さらにその前には、「華の宴 123酒場(どれみさかば)」が2013年5月7日にオープンし、2013年6月20日にランチ訪問しましたが、2014年1月までには閉店したようです。

さらにその前には、2009年5月21日2009年11月16日にランチ訪問した「紹興酒倶楽部・刀削麺ダイニング 龐家私宴 四谷店」がありましたが、2013年4月末に閉店したようです。

駅から遠い場所にあるせいか、しょっちゅうお店が入れ替わります。
それが全て中華料理屋さんというのはちょっと不思議。

DSCF1465 (480x360)
お店は地下一階なので、細い階段を降りて入店。

フロアはとても広く、右側に厨房があり、それ以外の場所にはテーブル席がたくさん並んでいます。
右奥に半個室のように区切ってあるスペースもありました。
造りは前の店舗のままで、内装だけ少し変えている思います。

DSCF1466 (480x360)
こちらは厨房です。
フロアは女性と男性の二人で切り盛りしていました。

DSCF1434 (480x360)
12時半頃に着席すると、3・4組程の先客がいました。
男性サラリーマンがほとんどです。

DSCF1435 (480x360)
上司は長らく四谷で働いていますが、この場所にあるお店に入ったのは初めてだと思います。

DSCF1437 (480x360)
お弁当販売もやっているようです。
定食全種類を、注文すれば2・3分で作ってくれるそうです。
500円というお値段はとっても魅力的。

DSCF1436 (480x360)
私たちは入口近くの4人用テーブルに着席。
卓上には割り箸、紙ナプキン、爪楊枝、各種調味料が置いてありました。

DSCF1432 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

注文を終えるとメニューを下げられてしまったので、写真はなし(泣)。

DSCF1467 (480x360)
定食は9種類あり、全て700円です。

DSCF1471 (480x360)
最初は定食しかないと思っていたのですが、ご飯(お粥も)と麺類から2品を自由に選んでハーフ+ハーフという注文も可能です。
しかも、お値段はわずか100円プラスの800円です。

DSCF1472 (480x360)
先輩も私も、もちろん、お得に二種類の味を楽しめるハーフ+ハーフをチョイス。
先輩はマーボー豆腐丼と香楽門風焼きそば、私はマーボー豆腐丼とタンタンメンにしました。

DSCF1438 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。
マーボー豆腐丼は後から出てくるとのこと。
麺とご飯なら、ご飯の方が早いような気がするのですが、、、。

DSCF1439 (480x360)
お盆の上におしぼりがのせてありました。


ハーフ+ハーフ<マーボー豆腐丼+タンタンメン>  (800円)
DSCF1447 (480x360)
1・2分後に、マーボー豆腐丼も登場。

メイン2種類、サラダ、お新香、デザートのセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF1446 (480x360)
割り箸の箸袋には店名が印刷されています。

DSCF1441 (480x360)
お新香は中華の定番であるザーサイではなく、割り干し大根みたいなものでした。

DSCF1440 (480x360)
サラダはキャベツの千切りがメインで、キュウリ、水菜、ニンジンなどが少し入っています。
ドレッシングはあらかじめかけてありました。

DSCF1445 (480x360)
まずは麺がのびないようにと、タンタンメンからいただきま~す。
白いドンブリは思っていたよりも大きいです。

DSCF1453 (480x360)
赤いフチの黒いレンゲが差し込んでありました。

DSCF1449 (480x360)
赤茶色のスープには、トッピングとしてひき肉、、、

DSCF1451 (480x360)
チンゲンサイ、、、

DSCF1452 (480x360)
長ネギなどなど。

DSCF1457 (480x360)
スープは、やや旨味が薄めかなと思いましたが、練り胡麻でしょうか、ゴマの風味はたっぷり。
辛さはピリ辛程度でしたが、胡麻味の強いタンタンメンが好みなので、美味しく食べられました。

DSCF1458 (480x360)
麺は黄色っぽい中細麺です。
ハーフ+ハーフのわりにはボリュームは結構ありました。

DSCF1454 (480x360)
お次はマーボー豆腐丼。
上にご飯、下にマーボー豆腐が盛ってあり、スプーンが添えられていました。

DSCF1455 (480x360)
マーボー豆腐はたっぷりの豆腐に彩りの小口ネギが散らしてあります。
タンタンメンよりはもうちょっと辛かったです。

ご飯の少なめをお願いするのを忘れてしまって戦々恐々としていたのですが、ハーフ+ハーフなので、それなりに少なめでした。

DSCF1460 (480x360)
先輩が、焼きそばがすごく多くてご飯が食べきれないと言ってきたので、タンタンメンのスープにご飯を入れてもらいました。

DSCF1462 (480x360)
たっぷりスープを吸わせたご飯は美味しかったです。
完全にカロリーオーバーですが、二種類の味わいが楽しめて嬉しかったです。

DSCF1442 (480x360)
デザートは、中華料理の定番、杏仁豆腐です。

DSCF1464 (480x360)
寒天系のちょっとぷるぷるした食感でした。

DSCF1443 (480x360)
先輩の注文したハーフ+ハーフも、麺が先に出て来て、マーボー豆腐丼は後から登場。


ハーフ+ハーフ<マーボー豆腐丼+香楽門風焼きそば>  (800円)
DSCF1450 (480x360)
こちらで勢揃い。
後から気付いたのですが、この焼きそばは店名を冠してあるので、イチオシメニューだったのかな?

DSCF1444 (480x360)
先輩の話では、この焼きそばはハーフではなく1玉しっかりあったようで、これだけでかなりお腹がいっぱいになってしまったとのことです。


味わいはそれ程特徴的ではありませんが、お手頃価格で2種類のメインが楽しめたのは良かったです。
上司は定番のお店にしかほとんど行かないのに、珍しく新店訪問したのにはビックリ。
この週は、前日の「モモ」に続いて、2店を開拓することが出来てとっても嬉しかったです。


2015年10月29日訪問時お店DATA
********************************
中華料理 香楽門 (こうらくもん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-3-6 パルム四谷地下1階
TEL 03-3354-5099
営業時間 
[昼] 11:00~15:00 
[夜] 17:00~23:30
定休日 日曜日 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/05 06:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Cafe de momo  @市ヶ谷
みなさま、楽しい祝日を過ごされましたか?
今週はあと3日で週末になると思うと、がんばれます。
でも、今日は会社帰りに歯医者に行く予定なので、気分はややブルーです(汗)。

DSCF1413 (480x360)
2015年10月28日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
この日向かったのは「Cafe de momo(もも)」というカレー屋さんです。

DSCF1426 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅を出て左折してお堀の橋を越え、外堀通りの交差点を渡って右に進みます。
マクドナルドのある角を左に曲がり、左内坂の急坂をのぼってかなり行った右手にLALLAビルがあり、お店はその1階です。

かなり冷え込んだ日が続いていましたが、この日は久しぶりに25度を越えて、10月下旬だというのに夏日になった日でした。
カンカン照りの中、左内坂を登るのはかなり大変!

DSCF1427 (480x360)
「モモ」は、「GHEE」「Fancied」で長年シェフを務めた赤出川氏と一緒に始めたカレーカフェだそうで、2008年6月に市谷加賀町でオープンし、2015年9月17日、現在の場所に移転オープンしたとのこと。
私は食べログのニューオープンのページでこのお店を見つけていて、ちょっと距離がある場所なのでずっと行く機会を窺っていました。

DSCF1428 (480x360)
お店の前には小さい看板が出ています。
左内坂をランチタイムにここまで上がってきたのは初めて。
お店を見つけてホッとしちゃいました(笑)。

DSCF1429 (480x360)
ちょっと見えにくいですが、テイクアウトも出来ます。
こんなに遠くまで来て、お店に入れなかったらどうしようと心配でしたが、先輩はこの看板を見て、お弁当を買って帰ろうと思っていたそうです。

DSCF1408 (480x360)
ちょっと半地下のようになっていて、階段を少し降りて入店。

DSCF1409 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、右手に厨房、左手にテーブル席が並んでいます。
厨房の中に男性がお一人、フロアが女性お一人で切り盛りしていました。

DSCF1411 (480x360)
とっても可愛らしい飾りがあちこちにあります。

DSCF1407 (480x360)
12時15分頃に入店したところ、店内は6割程の人の入り。
意外と込んでいないんだ~とその時は思ったのですが、その後続々とお客さんがいらっしゃり、私たちが帰る頃は並んで待っている人もいました。
ちょうどいいタイミングで入れて、ラッキーでした。

DSCF1410 (480x360)
移転オープンしてからまだ1ヶ月ちょっとなので、お祝いのお花がまだ飾られていました。

DSCF1403 (480x360)
私たちは入口に一番近いテーブル席に着席。
ちょっと小さめの卓上にはカトラリーセット、薬味、辛味?調味料が置いてありました。

実はこの場所は私が座った手前側は外の日差しが直接差し込むので、かなり暑かったです(汗)。

DSCF1405 (480x360)
カトラリーセットの小箱の中にはスプーンが2本と、とってもシンプル。

DSCF1406 (480x360)
ちょっとこの写真だとわかりにくいですが、薬味の福神漬け?は、緑・ピンク・黄色と、とってもカラフルです。

DSCF1404 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF1400 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF1401 (480x360)
カレーは6種類あり、3つのサイズから選べます。
お値段は800円、1,000円、1,200円です。
辛さが☆で記載されているので、とってもわかりやすいです。

DSCF1402 (480x360)
2種類のカレーを楽しめるコンビや、カレーメニューではないタコスもあります。
プラス100円でランチドリンクやランチアイスクリームをお願いすることも出来ます。

先輩も私も折角なので激辛カレーが食べたくて、ビーフカレーとキーマカレーのコンビネーションのMサイズを注文。

DSCF1413 (480x360)
しばし待って、カレーが登場!


コンビ(ビーフカレー・辛いキーマカレー) Mサイズ  (1,200円)
DSCF1414 (480x360)
白いオーバル型の大きなお皿に真ん中にご飯、両側にカレーが盛られています。

DSCF1417 (480x360)
こちらはビーフカレー。
激辛、やみつき注意!とのこと。

DSCF1416 (480x360)
カレーなのにご飯少なめはつまらないな、、、と思ってMサイズにしたのですが、かなりのボリュームでビックリ。

DSCF1415 (480x360)
こちらはキーマカレーです。
メニュー名が「辛いキーマカレー」という、激辛メニューのようです。

DSCF1420 (480x360)
薬味を真ん中にのっけてみました。

DSCF1421 (480x360)
細かく刻んである薬味は、ピンク・黄色・緑と、キレイな彩りです。

DSCF1418 (480x360)
ビーフカレーは最初少し甘めなテイストで、後から辛さがバーンと出て来ます。

DSCF1424 (480x360)
一口大のビーフはほどよい歯応えがありました。

DSCF1419 (480x360)
キーマカレーは、最初に見た時、甘いスイートコーンが入っているのが「苦手かも。」と思ったのですが、食べてみると凄くスパイシーで、本当に辛い!
こんなにビシッと辛いスパイスカレーを食べたのは本当に久しぶり。
でも、辛いだけではなく旨味もたっぷりで本当に美味しい!
先輩は顔と頭の全体から汗をかいて、扇子で扇ぎながら食べ続けました(笑)。
私は汗はそれ程かかなかったのですが、涙が出て来ました。

DSCF1422 (480x360)
写真だとわかりにくいですが、先輩がご飯が多いからと、少しおすそ分けしてくれました。
でも、そのせいで、先輩はご飯が足りなくなって最後はキーマカレーをルーだけで食べるはめになり、かなりしんどそうでしたが、何とか完食。

半端ない刺激的なカレーをボリュームたっぷりのご飯と共に食べてお腹いっぱいになりました。
久しぶりに感動した美味しいカレーです。
同じく辛いもの好きのOさんにも教えてあげようっと。
帰りの左内坂は、急坂の下りだったものの、日差しが強く、体の内側から暑くなっていて、汗だくで事務所に帰りました。

DSCF1430 (480x360)
2014年7月10日にランチ訪問した「ジョリー酒場」は、ランチ営業をやめちゃったようです。

DSCF1431 (480x360)
2012年9月19日にランチ訪問した「武蔵乃」は、店舗改装中でした。


2015年10月28日訪問時お店DATA
****************************
Cafe de momo (もも) 
〒162-0846 
東京都新宿区市谷左内町27-1 LALLAビル1階
TEL 03-3269-8893
営業時間 *祝日はランチタイムのみ営業。
[昼] 11:30~15:30(LO15:00)
[夜] 17:30~21:30(LO21:00)
定休日 日曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/04 06:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(6) |
ワインダイナー ヴィンゴ  @四谷
良いお天気の祝日ですね!
私は午前中にスパに行き、ゆっくりお風呂を堪能しました。
露天風呂がとっても気持ちよかったです。

DSCF1385 (480x360)
2015年10月27日は、上司がお昼時に不在だったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
私が見つけていた新店のうち、2015年10月1日にランチ訪問したワインダイナー ヴィンゴ」か2015年10月14日にランチ訪問した「麺処 けんじ」に行こうと思ってしんみち通りへ。
Oさんの希望を聞こうと思ってたのですが、転送電話につかまっていたので、先輩がまだ食べたことのなかった「ヴィンゴ」に決定(笑)。

DSCF0374 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を四谷三丁目方面に向かって進み、2014年11月7日にお弁当を購入した「吉野家」を右折します。
細めの路地を少し進むと、ムラサキビルがあり、お店はその地下1階です。

DSCF0375 (480x360)
「ヴィンゴ」は2014年12月11日にオープンしました。
『銀座まで行かなくても安くて旨いワインと食事が食べられます!!』というコンセプトで、イタリア直送樽生スパークリングとビストロ料理を楽しめるお店だそうです。
浅草に本店があり、小岩にも支店があります。

DSCF0377 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
この日は凄く強い風が吹いている日で、写真には撮りませんでしたが、この看板が倒れちゃっていました。

オープン以降ずっと夜営業のみでしたが、2015年10月1日からランチ営業が始まりました。
私は本当に偶然でしたが、初日に見つけてランチ訪問しています。

DSCF0373 (480x360)
お店へ向かう階段の上には、ブドウ棚が作られていました。

DSCF0372 (480x360)
細い階段を降りて地下へ。

DSCF1377 (480x360)
フロアはあまり広くありません。
左に厨房があり、その前にカウンター、その周りにテーブル席があります。
レンガ造りで茶色がメインのオシャレな内装です。

DSCF1380 (480x360)
入ってすぐ左の所に大きなワインクーラーが置いてありました。

DSCF1378 (480x360)
12時15分頃に入店すると、先客ゼロ。
この日は結局この後も誰も来なくて、私たちの貸切でした(汗)。

DSCF0328 (480x360)
テーブルはそれ程大きくはありません。
イスはクッション部分が真っ赤なスツールです。

DSCF0327 (480x360)
下に荷物を入れるためのカゴが置いてあります。

フロアは男性店員さんが一人で対応していました。

DSCF1384 (480x360)
天井を見上げると、裏メニューが貼ってありました。
確かに、裏です!(笑)。

DSCF1376 (480x360)
私たちは左一番奥の4人席に通されました。
場所的には私が初めて来た時とほぼ同じ場所でしたが、この日はテーブルをくっつけて4人席になっていました。
卓上にはカトラリーセットの入った箱とメニューと小皿が置いてあります。

DSCF0336 (480x360)
小箱の中にはおしぼり、お箸、スプーンなどが入っていました。

DSCF0334 (480x360)
ランチメニューです。
メニューは限定25食の牛まぶしの1種類のみ。
その他はサイドメニューが2種類、グラスビールとソフトドリンクが2種類ありました。
ご飯かお肉、または両方をプラス料金で大盛りにすることが出来ます。

DSCF0369 (480x360)
「牛まぶし」という、ちょっと変わったメニュー。
国産牛たっぷりローストビーフ丼をひつまぶし風に食べるとのこと。
美味しい食べ方が写真入りで丁寧に説明してありました。

DSCF1383 (480x360)
店員さんからお冷やをいただきます。
実はこの時、Oさんはまだ電話につかまっていて入店していなかったので、先に注文しようかと思ったのですが、店員さんから「すぐに出来ちゃいますよ。」と言われたので、Oさんが来るのを待ちました。
数分後、Oさんが到着したので、Oさんと先輩は肉大盛り、私は普通で注文。

DSCF1385 (480x360)
店員さんのおっしゃるとおり、それ程待たずにお料理が登場。
左が肉大盛り、右が普通です。
ぱっと見、右の方が大きく見えますが、左の方がお肉がたっぷりなのがわかるでしょうか。


スタミナ満点!牛まぶし! 肉大盛り  (1,000円+200円=1,200円)
DSCF1386 (480x360)
こちらは先輩が注文した肉大盛り。
普通盛りと違って、真ん中にお肉のタワーがついています。


スタミナ満点!牛まぶし!  (1,000円)
DSCF1388 (480x360)
こちらが私が注文した普通盛りです。
本当は肉大盛りにしようかとずいぶん悩みましたが、比べるためにこちらにしました。

DSCF1389 (480x360)
こちらは自家製かつおだしだそうです。
前回は食事の途中に出て来ましたが、この日はわりあいすぐに出て来ました。
そのまま飲んでも美味しいですよ、とアナウンスがありました。
試してみましたが、塩気が薄いので私にはかけて食べるだけでいいかも。

DSCF1390 (480x360)
ローストビーフは薄切りで、普通盛りでも下に敷き詰めてご飯が全く見えません。、

DSCF1392 (480x360)
真ん中に白胡麻、小ネギ、海苔がトッピングされていました。

DSCF1391 (480x360)
薬味としてニンジンとダイコンのピクルスとワサビが添えられていました。

ワサビはお肉に少しつけるとサッパリ食べられるということですが、ひつまぶし用として残しておいた方がいいとのこと。

DSCF0363 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ピクルスには細切りのゆず?が入っていて、風味を感じます。

DSCF1393 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
ローストビーフには少し甘さのあるタレがかかっています。

DSCF1394 (480x360)
断面は赤身が少なく、しっかり目に火を通してあります。
自分では絶対に出来ないぐらいの薄切りですが、お肉はとっても柔らかで美味しかったです。

DSCF1395 (480x360)
お肉をかき分けていくと、タレのかかったご飯がありました。

DSCF0360 (480x360)
ご飯は水分が多いのか、前回と同じくちょっとお団子っぽかったのは残念。
ここにあるネギもひつまぶし用に残した方がいいのとのこと。

DSCF0361 (480x360)
お肉は普通盛りでもそれなりの枚数があるので、そのまま食べたり、ご飯や薬味などをちょこっと一緒に食べたりと、いろいろ試すことができます。

DSCF1396 (480x360)
半分近く食べたところで、だし汁を投入!

DSCF0364 (480x360)
ご飯がほぐせて美味しいだし汁と共に美味しくいただけました。
ひつまぶし的に二種類のスタイルでとってもお得な気分です。


3人ともローストビーフの美味しさを堪能できて、楽しいランチでした。
Oさんはお肉が多すぎたので、ご飯も大盛りにすればよかったと言っていました。


ランチメニューです↓
DSCF0334 (480x360)

DSCF0332 (480x360)

DSCF0331 (480x360)

DSCF0333 (480x360)

DSCF0369 (480x360)

DSCF0370 (480x360)

DSCF0371 (480x360)


チラシです↓
DSCF0339 (480x360)

DSCF0340 (480x360)

DSCF0341 (480x360)

DSCF0342 (480x360)

DSCF0343 (480x360)

DSCF0345 (480x360)

DSCF0346 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF0337 (480x360)

DSCF0338 (480x360)

DSCF1374 (480x360)

DSCF1375 (480x360)


2015年10月27日訪問時お店DATA
*******************************
ワインダイナー ヴィンゴ 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3-14 ムラサキビル地下1階
電話 03-6457-4701
FAX 03-6457-4702
営業時間
[平日] 11:30~14:00(L.O.13:45) 17:30~23:30(L.O.23:00)
[土曜] 17:30~23:30(L.O.23:00)
定休日 日祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/03 15:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店  @四谷
みなさま、楽しい週末を過ごされたでしょうか?
今日は12月並の寒さにタオルを持参した方がいいぐらいの大雨が降るとか、、、。
週明けの月曜日からかなりガッカリな気分ですが、一日過ごせばお休みなので、がんばらないと!

DSCF1358 (480x360)
2015年10月26日は週の最初の月曜日。
この日は午後イチから予定があり、かつ、お昼休みにお客さんが急に立ち寄ることになったので、上司が「おにぎりかカップラーメンでも買ってきて。」と頼まれ、私もご相伴することにして、四谷アトレの中にある「おむすび 権米衛(ごんべえ) ファーマーズキッチン アトレ四谷店」行きました。

DSCF9003_20120427053010.jpg
店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結したアトレ四谷の1階にあります。
エスカレーターを上がって右手奥です。

「権米衛」は、平成3年3月15日に設立された株式会社イワイが展開するおむすびのチェーン店で、関東地方とアメリカにたくさんの支店を展開しています。
通常のものより1.5倍ものお米を使って店舗で手作りされたおむすびを販売しています。

DSCF9004_20120427053009.jpg
看板のロゴがとってもかわいいです。

以前は「おむすび 権米衛 アトレ四谷店」という店名でしたが、2012年3月14日のアトレ四谷のリニューアルオープンに伴って、店名が「おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店」に変更し、店舗の場所が少し移動してお総菜が充実し、イートインスペースを持つようになりました。

DSCF7977_20120422094101.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
明るくて長いカウンターは、手前におむすび、奥にお総菜が並べてあります。

アトレにはたくさんの飲食店がありますが、お昼時に一番並んでいるのはこちらのお店です。
この日も12時10分頃に到着したところ、10人以上が並んでいました。
ただ、回転は早いので、それ程待つことはありません。

DSCF7980_20120422094058.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お総菜売り場はデパ地下のようなスタイルで、オシャレで見やすいです。

DSCF8389 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お総菜は8種類ぐらいありました。

前回こちらに記事をアップしたのは2014年9月30日だったので、約1年1ヶ月ぶりです。

DSCF1342 (480x360)
スマホにまとめた既食メニューをチェックして、食べたことのないこちらのばくだんむすびとさんまむすび、、、

DSCF1341 (480x360)
おそうざいを1種類チョイス。

DSCF1343 (480x360)
この日は二人分を購入したので、持ち帰りのビニール袋は大きめでした。

DSCF2074 (480x360)
一人分だとこのサイズです。

DSCF8394 (480x360)
商品を入れる白いビニール袋には、可愛いお店のロゴが印刷されています。

DSCF1344 (480x360)
取り出すとこんな感じです。
この日は上司の分も購入したので、お箸などをいただきました。

DSCF1349 (480x360)
こちらが割り箸です。
箸袋がビニール製から紙製に戻っていました。
季節で変わるのかな?
お店のロゴのほか、イラストが入っていました。
おむずびの形を模した円形のデザインかな?

DSCF2076 (480x360)
お手ふきにも持ち帰り袋と同じイラストが入っていました。
こぢんまりとした小さなサイズで可愛い。

DSCF1347 (480x360)
おむすびを入れる容器は透明なプラスチックケース製で、1パックで2個入ります。

DSCF1348 (480x360)
容器には消費期限や製造者などが記載されたシールが貼ってありました。
シールは狭い範囲で貼ってあるので、文字がとっても見にくい(汗)。
保存料は使用していないとのこと。

DSCF1346 (480x360)
お総菜はプラスチック製の容器に入っていて、下は白、フタは透明です。
前回お総菜を購入した時は、半透明のビニール袋に入れられていましたが、この日はなし。

DSCF8402 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
消費期限や製造者などが記載されたシールは、容器の裏側に貼られています。

DSCF1356 (480x360)
ばくだんむすびは単独でラップにくるまれていました。

DSCF1357 (480x360)
裏はこんな感じです。
かなり頑丈に包まれています。


ばくだんむすび(270円)+さんまむすび(170円)+五目野菜の肉だんご(180円)=620円
DSCF1358 (480x360)
いただきま~す!


さんまむすび
DSCF1355 (480x360)
まずはさんまむすびからいただきました。
こちらは2015年10月6日に発売された期間限定商品で、特製タレで煮込んだ、国産サンマを大葉と海苔の香りと共におむすびに仕上げたとのこと。
パックに入れられている時はこの形なので、、、

DSCF1360 (480x360)
せっかくなので、立ててみました。
ややしなびちゃっていますが、彩りに大葉が入っています。

DSCF1354 (480x360)
サンマは甘辛く煮詰めてあるものがほぐして入っています。
万人に好かれそうな、優しい甘さで美味しかったです。


五目野菜の肉だんご
DSCF1352 (480x360)
肉だんごのお総菜はよく出ていますが、こちらはシャキシャキ野菜の食感に、山芋を加えてふっくらと仕上げたとのこと。
お団子は2粒で、赤と黄パプリカが彩りに入っています。

DSCF1353 (480x360)
余談ですが、「権米衛」の公式HPを見ても、お総菜って全く掲載されていません。

DSCF1363 (480x360)
中はこんな感じです。
甘い味付けの餡を絡めてあり、野菜の食感も感じられました。
山芋を加えたふっくら感というのは、あまりわからず(汗)。

DSCF1359 (480x360)
ばくだんむすびは、他のおむずびと違い、海苔で前面で覆われています。
こちらは2014年ぐらいから見かけるようになりましたが、「権米衛」の公式HPに紹介がありません。
和風ツナ、紅さけ、昆布の3つの味が楽しめる、特大おむすびです。
お店のメニューを見ると、本日の具材と記載があったので、その時々によって中身が変わるのかもしれません。

DSCF1364 (480x360)
「権米衛」のおむすびは普通サイズでも通常のものの1.5倍あるのに、さらにその特大サイズということで、手で持ってみると重たく感じるほどの大きさです。
なので、食べ始めても、なかなか具材に辿り着きません。
最初に出て来たのは紅さけでした。

DSCF1368 (480x360)
ようやく全部の中身が出て来ました。
マヨネーズが使われているので、和風ツナが一番味わいが強かったです。
ボリュームたっぷりでかなり食べごたえがありました。

DSCF1371 (480x360)
この日の上司のランチのレシートです。
間違えて、自分の分は写真を撮らずに捨ててしまいました(汗)。


ばくだんむすびと肉だんごを食べたので、全体のボリュームはやや多めです。
初体験のばくだんむすびは見ても食べても楽しい一品でした。
玄米バージョンとか、少し時間がかかってもいいから、好みの具材が入れられるようになるといいのになぁ。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

[白米]
  おかか  (2009年8月25日) 
  日高昆布 (2009年8月25日
  からしみそ (2010年12月22日
  菜の花しらす (2011年3月22日
  カキフライWソースむすび (2013年12月11日
  さんまむすび (2015年10月26日
  ばくだんむすび  (2015年10月26日

[玄米]
  明太子  (2009年9月9日
  明太子チーズ (2007年10月16日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
  チーズおかか (2007年10月16日
  ピリ辛豚みそ玄米 (2012年3月29日
  梅ひじき玄米 (2013年12月11日2014年9月30日

[まぜごはん]
  たこむすび (2010年3月3日
  しそちりめん (2009年9月9日
  きのこむすび (2014年9月30日

[いなり]
 親子いなり  (2012年3月29日) 

[おかず] 
  筑前煮 (2009年8月25日2010年12月22日
  肉だんご (2009年8月25日2010年12月22日
  オクラのゴマ和え (2011年3月22日
  春野菜のごま和え (2012年3月29日
  さんまの蒲焼 (2011年3月22日
  米粉さっくり唐揚げ  (2012年3月29日
  醤油麹漬け (2013年12月11日
  米粉さっくり唐揚げ(黒酢あん)  (2014年9月30日
  五目野菜の肉だんご (2015年10月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ アトレ四谷の飲食店全店訪問記です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ リニューアル後

[ アトレ1階 ]
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 
   イート・イン(2012年4月24日
   テイクアウト(2012年3月21日2012年5月23日2012年11月30日2013年3月14日2013年6月25日2013年12月4日2014年2月14日2014年2月26日2014年3月31日2014年5月29日2014年7月9日2014年8月28日2014年9月25日2014年11月20日2015年10月16日
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (2012年3月29日2013年12月11日2014年9月30日2015年10月26日
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店 (2012年9月5日2014年10月22日2015年10月26日
ラ・プレシューズ アトレ四谷店 (2012年9月24日) 
Paul アトレ四谷店 (2012年5月30日2013年12月5日2014年1月23日2014年3月13日2014年6月16日2014年10月6日2015年9月29日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (2012年6月4日2013年1月10日2013年7月1日2013年10月3日2014年6月18日2014年10月28日2015年10月6日)  
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (2013年3月21日2013年9月24日2014年4月25日2014年10月14日2015年9月18日2015年10月9日

[ アトレ2階 ]
カフェ アントニオ アトレ四谷店 (2012年9月6日2013年7月26日2014年1月10日2014年10月1日


◎ リニューアル前

[ アトレ1階 ]
Paul アトレ四谷店  
  (2007年7月4日2007年9月12日2007年12月21日
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  
  (2007年7月25日2011年4月7日
おむすび 権米衛 アトレ四谷店  
  (2007年10月16日2009年8月25日2009年9月9日2010年3月3日2010年12月22日2011年3月22日
BAGLE&BAGLE アトレ四谷店  
  (2007年10月30日2011年3月2日
Modern Japanese Dining COCORO 四谷アトレ店  
  (2008年1月23日
TINUN The Noodle Bar アトレ四ッ谷店  
  (2008年10月5日2010年9月17日2010年11月18日
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店
  (2009年12月2日2011年3月3日2011年3月11日2011年3月15日
【閉店】Pizza&Pasta QuaQua アトレ四谷店  
  (2009年1月26日

[ アトレ2階 ]
Le Champ De Pierres 四谷店  
  (2008年11月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2015年10月26日訪問時お店DATA
***********************************
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (ごんべえ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL&FAX 03-3357-0141
営業時間
[月~金] 7:30~22:00
[土日祝] 8:00~21:00
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/02 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ハッスルラーメン ホンマ 錦糸町店  @錦糸町
昨日はイマイチなお天気でしたが、今日はとっても良いお天気ですね☆
みなさま、楽しい日曜日を!

本日は、マイブログ圏外の錦糸町にある「ハッスルラーメン」のリポートです。

DSCF1305 (480x360)
2015年10月25日の日曜日の午後。
錦糸町にたまたま出かけたので、ちょっとのんびりしたいな~と思って、コメダ珈琲店に行ってみたら10人以上の行列(汗)。
仕方なく、楽天地に入っているサイゼリアに初めて行ったら、20人以上の待ち。
味が落ちるけど、、、と思ってガストに行ってみたら、改装中でした(泣)。
これ以上場所を探すのも面倒で、とりあえずランチだけでも、、、と思い、蔵前橋通り沿いにある「ハッスルラーメン ホンマ 錦糸町店」に入店。

DSCF1312 (480x360)
JR・地下鉄錦糸町駅の南口を出まっすぐ進み、蔵前橋通りにぶつかったら右折します。
しばらく行った右手にお店があります。

昭和レトロ風?のど派手な看板がメチャクチャ目立っていました。

DSCF1313 (480x360)
「ハッスルラーメン」は、株式会社ロンパネスが運営するラーメンチェーン店で、本店が亀戸にあり、錦糸町の他、篠﨑・浅草・浜町に支店があります。
豚骨、豚足、背脂、鶏ガラなど12種類の素材をじっくり10時間以上煮込んだスープを使用したコクのある特製“とんこく”ラーメンの店だそうです。
ブログには掲載していませんが、訪問は2度目です。
ずいぶん昔ですが、亀戸本店にも行ったことがあります。

DSCF1314 (480x360)
基本は特製“とんこく”ラーメンですが、他にもメニューがたくさんあって、お店の前には看板が山ほど出ています。
あまりにも種類が多く、チョイスに困るほど。
看板が並んでいる後ろの部分は喫煙場所になっていて、私が看板の前をうろちょろしていたら、タバコを吸っているおじさんから、「ここのは美味しいよ。」と勧められちゃいました(笑)。

実際、この通り沿いには4軒ぐらいかな?たくさんのラーメン屋さんが並んでいますが、いつ見ても「ハッスルラーメン」に一番人がたくさん入っています。

DSCF1239 (480x360)
午後2時前という中途半端な時間に入店したのに、店内はほぼ満席。
客層は一人客から家族まで、とても幅広いです。

DSCF1240 (480x360)
店内はそれ程広くはなく、右に厨房、左にテーブル席が並んでいます。

DSCF1237 (480x360)
古いというのもありますが、全体的に雑然としています。

DSCF1238 (480x360)
いろいろとお持ち帰りも出来るようです。

DSCF1236 (480x360)
私たちは一番手前の4人用テーブル席に横並びで着席。
このあと、若い男の子二人と相席になりました。

卓上には割り箸、ティッシュ、爪楊枝、各種調味料などが置かれています。

DSCF1235 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1241 (480x360)
こちらはメニューの一部です。
とにかく種類が豊富。

DSCF1243 (480x360)
私は基本を食べてみようと思い、ハッスル復刻ラーメンにしてみました。

DSCF1248 (480x360)
入口の扉にニララーメンの紹介があって、かなり気になっていたのですが、プラス料金を払えばどれにでもつけてもらえたようです。
後から気付いたので、時既に遅し(泣)。

DSCF1254 (480x360)
メニューの後半部分はお客様アンケートとそれに対する店長のコメントが書いてありました。
何だかとっても昭和チック。
かなりの枚数でした。

DSCF1296 (480x360)
このくずチャーシューなるメニュー、100円とお手頃だったので注文。
限定ですが、まだありました。


ハッスル復刻ラーメン(740円)+くずチャーシュー(100円)=840円
DSCF1305 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!

DSCF1298 (480x360)
くずチャーシューは小皿に盛られ、長ネギがトッピングしてありました。
写真だとわかりにくいですが、くずとは言えないぐらいの大きなサイズのものもあって、すっごいお得!
タレがかけてあるのでちょっと濃いめの味付けで、ビールが欲しくなっちゃいました(笑)。
そのまま食べたり、ラーメンに入れて温かくして食べたりしました。

DSCF1297 (480x360)
ハッスル復刻ラーメンは、亀戸本店の創業当時の背脂こってりラーメンです。
多くのお客様の熱いメッセージにより、定番化したとのこと。

背脂がたっぷり浮いたスープに海苔、チャーシュー、もやし、ネギ、卵がトッピングされています。

DSCF1304 (480x360)
ドンブリには白いプラスチックのレンゲが差してありました。

DSCF1302 (480x360)
海苔は細めの長方形のものが2枚。

DSCF1299 (480x360)
もやしの上に長ネギがのせてあります。

DSCF1300 (480x360)
薄切りのチャーシューは3枚だったかな?
柔らかくて程良く味がしみていて美味しい。
この日はくずチャーシューもお願いしたので、ほとんどチャーシュー麺みたいでした。

DSCF1301 (480x360)
スープの表面は背脂が覆い尽くしています。
背脂ちゃっちゃ系ラーメンは大好きですが、食べたのは久しぶりかも。

DSCF1303 (480x360)
味玉はまるごと1個。
このお値段でまるごとついているのは凄い。

DSCF1307 (480x360)
スープは程良いコクがあって、見た目ほどしつこくないです。

DSCF1308 (480x360)
麺は中細麺です。

メニューを見ると、スープの濃さや麺の茹で加減を選べたようですが、店員さんから何も聞かれなかったので、全て普通だったと思います。

DSCF1311 (480x360)
味玉は黄身が半熟のトロトロ。
甘味があって美味しかったです。


ハッスル特製つけ麺 中 (750円)
DSCF1309 (480x360)
家人はつけ麺を注文。

DSCF1306 (480x360)
つけ麺はピリ辛の味噌仕立てとのこと。

DSCF1310 (480x360)
味見させてもらいましたが、二人とも醤油の方が好みの味でした。


久しぶりの「ハッスルラーメン」は、背脂ちゃっちゃ系と考えると同じ錦糸町にある「なりたけ」の方がパンチがあって好みの味です。
でも、740円というお値段でチャーシューも味玉も入っているので、お値段はお安めだと思います。
次回来る時はぜったいニラトッピングをしたい~!



メニューです↓
DSCF1241 (480x360)

DSCF1242 (480x360)

DSCF1243 (480x360)

DSCF1244 (480x360)

DSCF1245 (480x360)

DSCF1246 (480x360)

DSCF1247 (480x360)

DSCF1248 (480x360)

DSCF1249 (480x360)

DSCF1250 (480x360)

DSCF1251 (480x360)

DSCF1252 (480x360)

DSCF1253 (480x360)

DSCF1254 (480x360)

DSCF1255 (480x360)

DSCF1256 (480x360)

DSCF1257 (480x360)

DSCF1258 (480x360)

DSCF1259 (480x360)

DSCF1260 (480x360)

DSCF1261 (480x360)

DSCF1262 (480x360)

DSCF1263 (480x360)

DSCF1264 (480x360)

DSCF1265 (480x360)

DSCF1266 (480x360)

DSCF1267 (480x360)

DSCF1268 (480x360)

DSCF1269 (480x360)

DSCF1270 (480x360)

DSCF1271 (480x360)

DSCF1272 (480x360)

DSCF1273 (480x360)

DSCF1274 (480x360)

DSCF1275 (480x360)

DSCF1276 (480x360)

DSCF1277 (480x360)

DSCF1278 (480x360)

DSCF1279 (480x360)

DSCF1280 (480x360)

DSCF1281 (480x360)

DSCF1282 (480x360)

DSCF1283 (480x360)

DSCF1284 (480x360)

DSCF1285 (480x360)

DSCF1286 (480x360)

DSCF1287 (480x360)

DSCF1288 (480x360)

DSCF1289 (480x360)

DSCF1290 (480x360)

DSCF1291 (480x360)

DSCF1292 (480x360)

DSCF1293 (480x360)

DSCF1294 (480x360)

DSCF1295 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆ 錦糸町の食べ歩き情報はこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆

<ラーメン> 
つけ麺 七菜矢 (2010年1月31日
濃厚背脂拉麺・つけ麺 なりたけ TOKYO (2010年10月7日2013年7月21日
【閉店】濃厚とんこつラーメン 神鷹山 (2011年6月26日
中華料理 桂林 (2012年3月11日
タンメン しゃきしゃき (2012年10月13日
新とんこつ大学 錦糸町キャンパス (2013年10月20日
ハッスルラーメン ホンマ 錦糸町店 (2015年10月25日

<ラーメン以外>
海鮮居酒屋MARU  (2010年1月24日
立ち飲み居酒屋 倭武多 (2011年1月21日
カレーうどん専門店 せんきち 名代 錦糸町店 (2011年1月30日
ちょい呑み まる大本舗 本店  (2011年2月13日
伝説のすた丼屋 錦糸町店 (2012年7月22日
谷記 錦糸町南口店 (2013年5月5日
三四郎 (2014年4月3日
珈琲所 コメダ珈琲店 丸井錦糸町店 (2014年5月25日2014年10月26日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2015年10月25日訪問時お店DATA
***************************
ハッスルラーメン ホンマ 錦糸町店 
〒130-0012 
東京都墨田区江東橋2-16-8  
TEL 03-5624-4034
営業時間 11:00~3:00  
定休日 なし
JR・地下鉄錦糸町駅南口から徒歩2分
都営新宿線住吉駅から徒歩7分
地下鉄・都営浅草線押上駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/11/01 12:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる