妻家房 有楽町イトシア店  @有楽町
この週末はとっても良いお天気でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は日曜日に10キロジョギングしたら、久しぶりに1時間6分台の記録が出て、とっても嬉しかったです。
もうちょっとタイムが縮められるよう、がんばろうっと!

本日は、マイブログ圏外の有楽町にある「妻家房」のレポートです。

DSCF7953 (480x360)
2016年2月20日の土曜日、夜からのイベントに参加するために有楽町へ出かけたので、先に軽めのご飯を食べることにしました。

DSCF7973 (480x360)
この日は夕方からお天気が荒れたので、屋内で食べようと思い、交通会館の下とかもウロウロしたのですが、有楽町イトシアのレストラン街に「妻家房(さいかぼう) 有楽町イトシア店」を見つけたので、入ってみることに。


地図です。

DSCF7974 (480x360)
もう10年近く「妻家房」のキムチ教室に通っていますが、実はレストランに行ったのは数えるほど。
先生の味とお店の味って、結構違うんですよね~。

DSCF7896 (480x360)
午後4時頃に入店。
とってもオシャレな内装です。

DSCF7894 (480x360)
この壁の絵、四谷本店にもありますね~。

フロアは結構広いですが、半個室っぽく区切られているので、あまり全体が見渡せません。
それでも、こんな中途半端な時間にもかかわらず、6割ぐらいは席が埋まっていました。

DSCF7891 (480x360)
私たちは右奥の二人用テーブルに通されました。

DSCF7893 (480x360)
卓上にはメニュー、小皿、紙ナプキンなどなど。

DSCF7895 (480x360)
コチュジャンもありました。

DSCF7892 (480x360)
卓上はあらかじめセットされていて、着席するとお茶をいただきます。
いつも料理教室のレシピに書いてある女性の絵、おしぼりの袋に赤で描かれていました。
こういう感じなんだ~。

DSCF7920 (480x360)
メニューはたくさんあって、かなり悩みました。
こちらのセットメニューは、メインが2種類食べられて、とってもお得。

DSCF7921 (480x360)
なので、二人でメニューをかぶらないようにして、石焼きビビンバ・プルコギセットとスンドゥブチゲ・パチヂミセットを注文。

DSCF7919 (480x360)
しかも、午後5時までは、ライス・スープ・キムチ・チャンジャがおかわり無料。
妻家房特製チャンジャがおかわりできるなんて!
チャンジャ大好きなので、これだけでテンション上がりました(笑)。

DSCF7913 (480x360)
最初にサービスしてくれた男性店員さんは、日本語に不安があるのか、とても声が小さくてよく聞こえない(汗)。

注文を終えると、バンチャンがどんどん出て来ました。


hite d ビール (480円)
DSCF7916 (480x360)
韓国ビールのハイトがあったので、こちらを注文。
店長オススメでもあります。
お値段がお安いと思ったら、小瓶だったのね、、、(汗)。
さっぱり味でした。

DSCF7914 (480x360)
まずは家人が注文した石焼きビビンバが登場。

DSCF7951 (480x360)
次々とお料理が出て来て、、、、、

DSCF7953 (480x360)
これで全部出揃いました。
と~っても豪華。
韓国料理らしくって、いいですね~☆


石焼きビビンバ・プルコギセット  (1,680円)
DSCF7939 (480x360)
私のセットとは違い、サラダとワカメスープが付いています。

DSCF7915 (480x360)
熱々で、ジュージューいっていました。
ナムルがたっぷり。

DSCF7962 (480x360)
おこげもあって、美味しかったです。
家人とシェアすると、あんまりコチュジャンを入れられないのが残念(笑)。

DSCF7938 (480x360)
プルコギは、お肉よりも野菜がたっぷりでしたが、甘くて誰でも美味しく食べられる味付けでした。


生マッコリ (1,900円)
DSCF7965 (480x360)
ビールはすぐ飲み終わっちゃったので、生マッコリを注文。
甕で出てくるのが、本場っぽくっていいですね~。

DSCF7966 (480x360)
イトシアの中に入っているのにマッコリが1,900円というのはお得だと思います。

DSCF7970 (480x360)
ふんわり酸味があって、飲みやすかったです。


スンドゥブチゲ・パチヂミセット (1,680円)
DSCF7954 (480x360)
こちらが私の注文したセットです。

DSCF7956 (480x360)
ご飯はそんなに多くはありません。
足りないならおかわりできます。

DSCF7945 (480x360)
韓国海苔。
美味しかったので、これはおかわりできなかったのが残念。

DSCF7944 (480x360)
白菜キムチ。
一切れが結構大きいサイズでした。

DSCF7946 (480x360)
「妻家房」のチャンジャを食べるのは多分初めてでしたが、美味しい!
チャンジャの切り身が大きくて、歯応えがよかったです。

DSCF7950 (480x360)
パチヂミですが、タコが入っていました。
外側はカリッとしていて、中はふんわり。

DSCF7949 (480x360)
こちらのタレにつけていただきます。

DSCF7967 (480x360)
チャンジャが美味しくて、すぐにおかわり。

途中から店長さんが接客してくれたのですが、さすが店長さんはテキパキとしていました。
「チャンジャ美味しいですね~。」って言ったら、最初おかわりを小盛りで持って来たのですが、「もっとたくさんがいいですね。」とわざわざ一度戻ってたっぷり盛りつけてくれました。
ありがとうございます☆

DSCF7957 (480x360)
スンドゥブは小さめのトゥッペギに入っていて、熱々です。
猫舌なので、食べるのが大変。

DSCF7958 (480x360)
まずはスープを一口。
ピリ辛で、旨味が濃厚です。
帆立とかアサリとか入っていて、海鮮の味わいがすごくしました。

DSCF7960 (480x360)
大きなサイズのお豆腐もゴロゴロ。
とろける程ではなかったですが、柔らかです。

DSCF7961 (480x360)
卵も、もちろん入っていました。
どのタイミングで崩すか、いつも迷っちゃいます(笑)。

DSCF7972 (480x360)
おかずが美味しくて、マッコリも進みます。

DSCF7971 (480x360)
午後5時少し前に、もう一度チャンジャをおかわり。 ←せこい!(笑)。

味わいがサッパリしているのは長ネギの刻んだものが入っているからだと、食べている途中に気付きました。
自宅で食べる時も、食べる分だけ刻み長ネギを入れてみようかな。

DSCF7984 (480x360)
この日のお会計は、合計5,740円、一人2,870円でした。


美味しい韓国料理でお腹いっぱい&ほろ酔い気分になりました。
顔が赤くなっちゃっていたので、イトシアの前にあるベンチにしばらく座って酔い覚ましをしてから、イベントに行きました。


ドリンクメニューです↓
DSCF7897 (480x360)

DSCF7898 (480x360)

DSCF7899 (480x360)

DSCF7900 (480x360)

DSCF7901 (480x360)

DSCF7902 (480x360)

DSCF7903 (480x360)


フードメニュー↓
DSCF7904 (480x360)

DSCF7905 (480x360)

DSCF7907 (480x360)

DSCF7906 (480x360)

DSCF7908 (480x360)

DSCF7909 (480x360)

DSCF7917 (480x360)

DSCF7912 (480x360)

DSCF7920 (480x360)

DSCF7921 (480x360)

DSCF7922 (480x360)

DSCF7923 (480x360)

DSCF7925 (480x360)

DSCF7927 (480x360)

DSCF7928 (480x360)

DSCF7929 (480x360)

DSCF7930 (480x360)

DSCF7931 (480x360)

DSCF7932 (480x360)

DSCF7933 (480x360)

DSCF7934 (480x360)

DSCF7924 (480x360)

DSCF7935 (480x360)

DSCF7936 (480x360)

DSCF7937 (480x360)

DSCF7941 (480x360)

DSCF7942 (480x360)

DSCF7943 (480x360)

DSCF7940 (480x360)





2016年2月20日訪問時お店DATA
*******************************
妻家房 有楽町イトシア店 (さいかぼう) 
〒100-0006 
東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア地下1階
TEL 03-6266-0108
営業時間 11:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 なし
JR山手線有楽町駅より徒歩3分
スポンサーサイト

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2016/02/29 05:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(6) |
粥・麺・雲呑 徒歩徒歩亭  @四谷
昨日に続いて、今日も朝から良いお天気ですね!
東京マラソンを見ながら、自分も出場を夢見て、10キロジョギングに行ってきま~す。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

DSCF7864 (480x360)
2016年2月19日は週の最後の金曜日。
お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
前日の夜に神楽坂の「カリーナカリーナ」でお肉をたらふく食べていたので、少し軽めの食事にしようという話になり、久しぶりに「粥・麺・雲呑 徒歩徒歩亭(とぼとぼてい)」に行ってみることに。

DSCF7883 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側を新宿方面に進み、四谷一丁目交差点を越えた次の角を右に曲がり、細い道を少し行った左側にお店があります。


地図です。

DSCF1573.jpg
この場所には、2009年7月27日にオープンし、2009年10月13日にデリバリをお願いした「ヌードルズ 四ッ谷店」がありましたが、1年ぐらいで閉店しました。

DSCF1575.jpg
お店の看板は大きな一枚板で、とっても立派。

DSCF7884 (480x360)
2010年10月12日にオープンした「徒歩徒歩亭」は、2007年11月19日2007年12月10日2011年8月18日に訪問した四谷の老舗有名ラーメン店「支那そば屋 こうや」の系列店で、「こうや」のご主人の娘さんが若女将としてお店を切り盛りしている、お粥とラーメンを楽しめるお店です。

DSCF4828.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
前回訪問したのは2016年2月19日だったので、約2年ぶり、5回目の訪問です。

DSCF1570.jpg
店内は左奥に厨房があり、フロアにはいろいろな形のテーブル席が置かれていて、右奥は床が一段高くなっています。
ラーメン屋さんともお粥屋さんとも思えないぐらい、かなりオシャレでモダンな内装です。

DSCF4801.jpg
厨房は、大きなガラス窓から中を見ることが出来ます。

多分なんですが、「こうや」のご主人がラーメン作っていたと思います。

DSCF4802.jpg
12時半近くにお店に到着すると、7割程の人の入りでした。

DSCF2159_20130525074149.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
卓上には、割り箸、紙ナプキン、爪楊枝、胡椒、醤油、お酢、ラー油ワインのデカンタの容器に入れられたおかわりのお茶などが置かれています。

DSCF7853 (480x360)
私たちは一段高くなったフロアの一番手前のテーブル席に着席。

DSCF7854 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF7847 (480x360)
ランチメニューです。
看板のお粥は4種類、お値段は全て900円です。
麺類は10種類あり、お値段は880円から1,300円です。
ご飯ものは2種類あり、お値段は1,250円です。
「こうや」で人気メニューの雲呑もこちらでいただくことが出来ます。
サイドメニューは4種類あり、お値段は100円~780円です。

2年ぶりにメニューをチェックしたら、結構値上がりしていました。

DSCF7849 (480x360)
隣の席の男性が二人ともとまとそばを食べていて、とっても美味しそうだったし、珍しいからと、注文してみました。

DSCF7870 (480x360)
5分程でお料理が登場。
いただきま~す!


お粥 <牛臓> (850円)
DSCF7865 (480x360)
先輩は当初予定どおり、お粥を注文。

DSCF7862 (480x360)
お粥には、薬味、お新香、冷や奴がついていました。

DSCF7866 (480x360)
ドンブリが深いのでボリュームたっぷりです。


蕃茄麺 とまとそば  (1,200円)
DSCF7864 (480x360)
こちらが私が注文したとまとそばです。

珍しく、ドンブリだけの写真を撮り忘れ(汗)。
かなり大きい器で、トッピングもたくさんついていました。

DSCF7861 (480x360)
味変調味料としてこちらをいただきました。
唐辛子や柑橘系の果汁などが入っているそうです。

DSCF7868 (480x360)
真ん中には白髪ネギとパクチーが立体的に盛りつけてあります。

DSCF7867 (480x360)
小ネギは細長くカットされたものがたっぷり。
生の食感も、火が少し通ってしんなりした食感も楽しめました。

DSCF7869 (480x360)
スープに沈んじゃっていますが、トマトはかなり入っています。
多分、1個はあったんじゃないかな?

DSCF7871 (480x360)
まずはスープを一口。
あっさりしていますが、旨味たっぷり。

DSCF7873 (480x360)
麺はきしめんのように平たいですが、ちょっと縮れています。
ムチッとした食感で美味しかったです。
ボリュームも結構あったと思います。

DSCF7876 (480x360)
トマトはとろけるような柔らかさ。
中の果汁の部分は熱が閉じ込められていて、うっかりがぶっと食べちゃうと、汁で火傷しそうなぐらい、熱々でした。
熱の通ったトマトって、生とはまた違った美味しさがあって、美味しい~。

DSCF7875 (480x360)
ブロッコリーは少々食べにくいぐらい、大きなサイズでした。

DSCF7878 (480x360)
お肉?背脂?
ふるふるした食感です。

DSCF7881 (480x360)
ベーコンも入っていました。
見た目は白っぽくてサッパリスープに見えますが、いろいろ入っているのでコクがあるんだなぁ~と納得。

DSCF7882 (480x360)
こちら、見た目ではぜんぜんわかりませんが、味変調味料を加えた後のスープです。
ある程度食べてから投入したのですが、爽やかな酸味が加わり、ピリッと辛くて、すっごく!美味しかったです。
たっぷりあったので、先輩のお粥にも投入して、二人で楽しみました。


1,000円超えのお高いラーメンだけあって、野菜もたっぷり食べられて、ボリュームも多く、お腹いっぱいになりました。
酸味と辛味がしっかり味わえる味変調味料の美味しさに大感激。
売ってくれないかなぁと思ったぐらいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

お粥 牡蠣   (2011年1月31日
お粥 牛臓   (2010年10月22日

とぼとぼ亭 つけ麺 (2012年7月10日
蕃茄麺 とまとそば (2016年2月19日

頂上麻婆豆腐 (2014年2月24日

醤蛋 味付玉子 (2010年10月22日
鶏手羽煮付   (2010年10月22日
ひな鶏翼蒸し  (2011年1月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


昼・夜メニューです↓
DSCF7847 (480x360)

DSCF7848 (480x360)

DSCF7849 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF7855 (480x360)

DSCF7856 (480x360)

DSCF7858 (480x360)

DSCF7859 (480x360)






2016年2月19日訪問時お店DATA
****************************
粥・麺・雲呑 徒歩徒歩亭 (とぼとぼてい) 
〒160-0008
東京都新宿区三栄町9-26 鈴木ビル1階
TEL&FAX 03-5269-7717
営業時間 
[昼]11:00~14:00 
[夜]17:00~22:30 
定休日 日祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/28 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
神楽坂 Carina carina  @神楽坂
みなさま、楽しい土曜日をお過ごしですか?
今日から少し気温が上がるようで、外出する私はとっても嬉しいです。
でも、花粉に備えなければ(笑)。

本日はマイブログ圏外の神楽坂にある「カリーナカリーナ」のレポートです。

DSCF7834 (480x360)
2016年2月18日の夜、Oさんご家族と先輩と私でディナーに行きました。
この日お邪魔したお店は、神楽坂にある神楽坂 Carina carina(かりーなかりーな)」です。

DSCF7812 (480x360)
地下鉄神楽坂駅から早稲田通りの左側を飯田橋駅方面に向かって進み、通りを一つ越えてしばらく行くと宝生堂ビルがあり、お店はその1階です。


地図です。

DSCF7813 (480x360)
私たちは飯田橋駅から坂を上って歩いて行きました。
宝生堂ビルは地図で見るととても細いので、見落とさないように慎重に探したら、無事、見つかりました。

DSCF7814 (480x360)
「カリーナカリーナ」は、大原易裕オーナーシェフが率いる4つのイタリアンで構成されるカステリーナグループの一店舗で、2012年11月21日にオープンしました。
久保亮介シェフによるお料理は、牛肉は半頭買いの甲州ワインビーフ、スペイン産のイベリコ豚の豚肉、鶏肉や鴨肉に羊肉など、あらゆるジャンルのお肉をイタリアン風にお手軽な価格で楽しむことが出来る、人気のお店です。  

DSCF7815 (480x360)
入口のビニールの垂れ幕をくぐると小さなスペースがあり、テーブルが並んでいます。
季候が良くなったら、ここで楽しめるんでしょうね~。

DSCF7817 (480x360)
フロアは細長~く、奥に続いています。
私たちは一番入口に近い席だったので、店員さんを呼ぶのは一苦労(笑)。

DSCF7816 (480x360)
予約していたので、卓上はセットされていました。

この日はいろいろと楽しくおしゃべりしていたので、メニューの写真は全く撮りませんでした。
なので、記載した値段は、後からネットで拾ったものなので、不正確です。
ご了承下さい。


スーパードライ(ビール) ジョッキ  (850円)
DSCF7818 (480x360)
まずはビールで乾杯!
ジョッキはお値段がちょっとお高めだな~、神楽坂価格だな~と思ったら、巨大な縦長のグラスが登場。

すごっ、長っ!!

面白~い。
スーパードライなのに、何だかとっても楽しい(笑)。


お通し
DSCF7819 (480x360)
お通しはパテです。
薄切りのパンにのせられていました。
お酒の進む味です。

メンバー全員お肉大好きなので、お肉メニューを中心に注文しました。
メインは時間がかかるので、最初にお願いするようアナウンスがあったので、いろいろ食べられそうな本日のお肉のロースト3種盛り合わせをチョイス。


カリーナサラダ  (900円)
DSCF7821 (480x360)
お肉ばっかりではよくないので、店名を冠するサラダを注文。
食べログのメニューだと、「産地直送サラダに鴨の生ハムとチーズのドレッシングとカリカリのクルトンで」とあるのですが、鴨の生ハムだったのかな?

DSCF7823 (480x360)
お値段を考えたらかなりボリューミーでした。
チーズ味たっぷりで、シーザーサラダみたいな感じで美味しかったです。


お魚のカルパッチョ?
DSCF7824 (480x360)
こちらは確か、本日のおすすめからだったかな、、、?
お魚も何だったか白身ではなかったぐらいの記憶しかないのですが、野菜たっぷりでした。


お肉の前菜盛り合わせ  (1,900円)
DSCF7825 (480x360)
食べログを見ていて、ぜひ食べたかったこちらの盛り合わせ、評判通り、と~っても豪華!

DSCF7826 (480x360)
手羽先、、、

DSCF7827 (480x360)
パテ、、、、

DSCF7828 (480x360)
生ハム、、、

DSCF7829 (480x360)
ソーセージなどなど。
中にはかなりスパイシーな味付けのものもありました。


スーパードライ(ビール) ジョッキ  (850円)
DSCF7830 (480x360)
イタリアンだからワインを飲もうと思っていたのですが、あまりにもビールが楽しくて、おかわりしちゃいました(笑)。


マルゲリータ  (1,200円)
DSCF7831 (480x360)
せっかくイタリアンなのだから、と、ピザも一種類注文。

DSCF7838 (480x360)
サラダのボリューム感に比べると意外と小さめでした。
でも、味はフツーに美味しかったです。


本日のお肉のロースト3種盛り合わせ  (3,500円)
DSCF7832 (480x360)
この日のメイン、お肉のローストが登場!!
大きなお皿に盛られていて、と~っても豪華!

写真の上に写っているタマネギのローストは、半分にカットされたものですが、すごく甘くて美味しかったです。

DSCF7837 (480x360)
ちょびっとサラダと、マスタードソースが添えられていました。
この写真を見て思い出したのですが、ワタクシ、マスタードソース、全く食べず終いでした~。

DSCF7833 (480x360)
お肉は3種類あります。

DSCF7834 (480x360)
店員さんが説明してくれましたが、話に夢中でちゃんと聞いていなかった&覚えていなかったで、全くわからず(汗)。

お肉はどれも厚みがあるので、程よい歯応えがあったり、脂がたっぷりのっていたりと、とっても美味しかったです。

DSCF7835 (480x360)
こちらは確か、ハツでした。
唯一、記憶があります(笑)。


ゴルゴンゾーラチーズのペンネ  (1,300円)
DSCF7839 (480x360)
最後の〆に、ペンネを注文。
こちら、お皿の写真を撮り忘れてしまいましたが、かなりたっぷりのボリュームでした。
ペンネはムチムチで、チーズの味わいもしっかりあって、美味しかったです!


グラス 白ワイン  (500円)
DSCF7841 (480x360)
お肉とペンネをたっぷりといただき、お食事終了。
他のメンバーはデザートを食べることになりましたが、私は甘い物はいらなかったので、ワインを注文。
残っているお料理をおつまみにいただきました。
ハウスワインだったと思いますが、すっきりして飲みやすかったです。

DSCF7842 (480x360)
こちらは先輩が注文したデザート。
二つもあったので、一口いただいちゃいました。
甘さ控えめなバニラアイスの中に、ザクザクした食感のオレンジピール?が入っていて美味しかったです。

DSCF7843 (480x360)
これはチョコレートベースのアイスだったのですが、苦みがしっかりと利いていて、とっても美味しかった~。
こちらのお店のデザートは、わりあい甘さ控えめで、私でも美味しく食べられるかも!と思いました(笑)。


ホットティー  (350円)
DSCF7844 (480x360)
Oさんたちはデザートのお供に温かい紅茶を注文。

DSCF7845 (480x360)
この日のお会計です。
4人で合計18,090円、一人約4,500円でした。


評判どおり、お肉料理がとっても美味しかったですが、全体的に一皿一皿の盛りがとってもよくて、CPが抜群でした。
この日はおしゃべりに夢中でお料理にあまり集中していなかったのですが、それでもいろいろな味わいを楽しめてよかったです。





2016年2月18日訪問時お店DATA
****************************
神楽坂 Carina carina (かりーなかりーな)
〒162-0837
東京都新宿区神楽坂6-66-1 宝生堂ビル1階 
TEL 03-5261-4205
営業時間  
[月~木] 17:00~24:00(フード L.O.22:30)(ドリンク L.O.23:00)
[金] 17:00~25:00(フード L.O.23:30)(ドリンク L.O.24:00)
[土日祝] 12:00~15:00(L.O.14:00) 17:00~24:00(フード L.O.22:30)(ドリンク L.O.23:00)
定休日 無休
東京メトロ東西線神楽坂駅1番出口から徒歩3分
都営地下鉄牛込神楽坂駅A3から徒歩5分
東京メトロ有楽町線・南北線市ヶ谷駅B3出口から徒歩7分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/02/27 00:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(2) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
昨日は給料日でした!
10日前にプチ旅行に行ってしまったので、待ち遠しかった~。
残業代も多かったのでちょっとホクホクですが、無駄遣いしないよう、貯金しなければ。

DSCF7796 (480x360)
2016年2月18日は、夜にディナーに行く予定していたので、ランチは軽めにしようと思い、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へ買いに出かけました。

DSCF1279 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つ目のビルの1階がお店です。


地図です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
前回購入したのは2016年1月29日だったので、20日ぶりでした。

DSCF1278 (480x360)
お店の前には大きな幟が2本出ています。
1本の幟には、「うどんそば」と、そば処なのにうどんが先に書かれてる(笑)。
もう1本の幟には「牛丼」と書かれていました。
甘い味付けで私は苦手ですが、お店的にはイチオシのドンブリのようです。

DSCF1276 (480x360)
入口の扉には食べログのステッカーが貼ってあります。
やや古めかしい店舗なので、オレンジがかなり鮮やか(笑)。

DSCF6574 (480x360)
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富。
全品持ち帰りが可能です。

温かいものと冷たいものでお値段がだいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF6573 (480x360)
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
時々男性が一人入り、女性二人という組み合わせになることも。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

DSCF6572 (480x360)
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。
フロアはそれ程広くはなく、左に厨房とカウンターがあります。

DSCF6571 (480x360)
2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。
こちらは単品80円で他のメニューにもつけられるとのこと。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
12時半頃に到着したところ、テイクアウトのお客さんがとっても多くて、外にも二人並んでいました。
ただ、この日はそれ程時間がかからず、すぐに中に入れて、寒かったので一安心。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

でも、これ、使われていない時もあるようで、一番手前の男性店員さんから、しばらく経ってから私の注文をもう一回聞かれました。

DSCF6570 (480x360)
入口からすぐ右手の所にお蕎麦に関する本がたくさん並べられています。
「瓢箪」が掲載されているページには付箋がついているので、すぐにわかります。
これを見たおかげで、お店の営業時間を知ることが出来ました(笑)。

DSCF7791 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。

DSCF7792 (480x360)
これまでに3回大盛りを注文していますが、毎回かなり酷い汁漏れが発生しています。
多分、そもそもこの容器では汁漏れを防げなさそうです。

店員さんも気にしてフタの縁をしっかり押さえていましたが、お店を出て歩き始めて1ブロックも歩かないうちにビシャビシャ。
フタの真ん中を押し込んで、容器を手で支えて持ち帰りました。
さすがに、受け渡されてすぐだったので、結構熱い(汗)。

DSCF7793 (480x360)
夜に備えて軽めに食べようと思い、この日は月見そばの大盛をチョイス。

DSCF9780_20130316092337.jpg
いつも薬味として七味唐辛子がついています。

このところ、ずっと2袋ずつもらっていたのですが、この日は久しぶりに1袋。
規則性がわかりません(笑)。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF7795 (480x360)
容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。
大盛りの器は、普通盛りのよりも大きめのようです。

DSCF7803 (480x360)
フタの内側にネギがくっついちゃっていましたが、これは多分、私がフタの真ん中押し込んだ時に付いちゃったんだと思います。


月見そば(360円)+大盛(100円)=460円
DSCF7796 (480x360)
いただきま~す!

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどのメニューにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

DSCF7802 (480x360)
容器の縁にネギがひっかかっていましたが、このせいで汁漏れしたとはちょっと考えにくいなぁ。
汁がこぼれる時に一緒に流れた?

DSCF7799 (480x360)
長ネギは小口切りです。
薬味兼彩りになっています。

DSCF7797 (480x360)
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
薄切りでした。

DSCF7800 (480x360)
ワカメは結構量があります。

DSCF7798 (480x360)
玉子は、お店で受け取った時は生でしたが、持ってくる間に白身にじんわりと火が通っていました。

DSCF7801 (480x360)
大盛なので、器が大きめですが、それでも蕎麦つゆから麺が飛び出しています。

DSCF7804 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF7806 (480x360)
「瓢箪」の蕎麦つゆは、基本的にあっさりしています。
なので、その時のトッピングで味わいが結構変わります。

麺はいつもどおりというか、相変わらずの柔らかめの食感でした。

DSCF7809 (480x360)
まずはそのまま蕎麦を食べてみて、少ししてから玉子を崩しました。

DSCF7810 (480x360)
玉子を溶かし込むと、特に黄身の旨みが蕎麦つゆに広がり、とってもコクが加わって美味しかったです。

DSCF7807 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


大盛だと構造的に汁漏れが防げないのかなぁ。
また次回買ったときに、慎重に運んでみることにします。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 かき揚うどん (2015年11月27日
 きつねそば (2013年1月9日
 きつねうどん (2014年11月12日
 とろろそば (2013年11月29日
 とろろうどん
 メンチそば
 メンチうどん (2012年4月10日
 力そば  (2014年12月17日
 力うどん (2012年2月27日
 肉そば  (2014年1月7日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 カレーうどん
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶそば (2013年6月13日2013年11月29日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケそば
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめそば 大盛り (2016年1月29日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見そば   (2014年10月16日
 月見そば 大盛り (2016年2月18日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけそば 大盛り (2016年1月15日
 かけうどん  (2012年5月15日
 ちくわそば (2014年2月6日
 ちくわうどん

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねそば (2014年7月11日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろそば
 冷しとろろうどん
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しめかぶうどん (2014年9月16日
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきそば
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわそば  (2013年7月17日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 冷しちくわそば (2014年6月13日
 辛み大根の冷しおろしそば
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 牛丼
 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 カレー丼
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年2月18日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
営業時間 7:00~17:00
定休日 土・日・祝日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/26 00:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
MIX ‘n’ MATCH CAFE  @四谷
この間のぷちトリップでは、本州と九州を結ぶ関門海峡を渡りました。
以前、車で通過したことがあったので、今回はフェリーと歩きの2種類試してみたのですが、「九州へ突入!」という意気込みとは裏腹に、海底遊歩道は歩いても1キロもなくて、地元の方がランニングしたりお散歩していたりと、とってもローカルな雰囲気で楽しかったです(笑)。

DSCF7765 (480x360)
2016年2月17日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
この日向かったのは「MIX ‘n’ MATCH CAFE(ミックスアンドマッチカフェ)」。
2016年2月1日にpenguin_19さんから「お店がリニューアルした。」との情報をいただいたところ、5日後の2月6日の「妻家房」のキムチ教室の帰り道に自分でも見かけたので、早速行ってみることにしました。

DSCF7787 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの右側をを新宿方面に向かって歩き、通りを一本越えて少し歩いた右側にホリナカビルがあり、お店はその1階です。

以前お店の前にどーんと置いてあった青と白で極彩色のペイントをした牛の像がなくなっていました。
個人的にお気に入りだったので、残念。


地図です。
この表記だとしんみち通り側に見えますが、お店の入口は新宿通り側です。

DSCF7790 (480x360)
新宿通りには小さめのランチの看板が出ていました。

DSCF7788 (480x360)
「ミックスアンドマッチカフェ」は、2015年2月6日にオープンしましたが、一年経たない2016年2月3日にリニューアルオープンしています。
2015年11月24日にランチ訪問したときは、アジア系多国籍料理を提供していましたが、このリニューアルで日本初のナン専門店となりました。

こちらのお店は同じビルの2階にある「ムンバイ」のプロデュース店で、お店のHPによれば、こだわりの配合で改良を重ねた「ナン」をタンドール窯で丁寧に焼き上げ、「ナン」と様々な具材をMATCHさせた"NaanPizza NaanRoll NaanDip"という、カレーのお供だけではない新しい「ナン」の食べ方を提案しているとのこと。

DSCF7789 (480x360)
メニューはテイクアウトも出来ます。
penguin_19さんからいただいた情報では、ネットで紹介されていたとのこと。
モーニングもやっています。

DSCF7740 (480x360)
12時15分頃に入店したところ、半分ほどの人の入り。
リニューアルしましたが、集客はあまり変わっていないような、、、、。

DSCF7741 (480x360)
フロアは明るくてオシャレな内装で、右奥に厨房とカウンター、その周りにテーブルが置かれています。
大きな画面のテレビがかかっていて、お酒のボトルがずらりと並んでいました。
お店にいた時は少し内装を変えてシンプルになったかな~と思いましたが、記事を書きながら写真を見比べてみるとそれ程変わっていないかも。

DSCF7742 (480x360)
お店の奥に返却口がありました。
セルフなのかな?

実は、最初に写真を撮った時に返却口について気付いていたので、帰る時にふと思い出したのですが、空いているし、いいかなぁとボンヤリ思ってそのままテーブルに置いて来ちゃいました。
店員さんからは特に何も言われなかったのですが、申し訳なかったです(汗)。
ちなみに、先輩はそもそも返却口のことも気付いていませんでした。

DSCF7735 (480x360)
私たちはフロア中央ぐらいの二人席に着席。

ランチメニューです。
お店は通し営業ですが、午前11時から午後2時までランチセットをいただくことができます。

DSCF7736 (480x360)
ナンピザ5種類、ナンロールが5種類あり、サラダとフレンチフライとドリンクが付いて、全て900円です。

DSCF7738 (480x360)
インドカレーと一緒にいただくナンとは全く違い、新しい食材との組み合わせがほとんどなので、どれを頼むかかなり迷いました。

DSCF7737 (480x360)
ドリンクは6種類の中から選べます。

DSCF7739 (480x360)
先輩はナンピザのムンバイ、私はナンピザの生ハム&ベビーリーフを注文。

DSCF7786 (480x360)
伝票です。

DSCF7755 (480x360)
ドリンクは先に出すか後に出すかを聞かれます。

前回の訪問ではお料理が出てくるのにちょっと時間がかかった記憶があったので、飲めないという事態にならないよう、先に出して頂きました。


アイス チャイ
DSCF7753 (480x360)
先輩はチャイのアイスを注文。
こちらのチャイ、かなり甘さが控えめで、ハーブの味わいがしっかりしてすごくドライな味わいです。


マンゴーラッシー
DSCF7756 (480x360)
私はマンゴー味が好きなので、マンゴーラッシーをチョイス。
わかってはいたのですが、結構甘かったです(汗)。
量はたっぷり目。

DSCF7758 (480x360)
ストローが折れたタイプなので、飲みやすかったです。

DSCF7759 (480x360)
ドリンクの下に置くコースターは、リニューアル前と同じでした。
オシャレなデザインの「M」は、やはり「ムンバイ」の「M」なのかな?

DSCF7765 (480x360)
10分位でお料理が登場!

店員さんから、カトラリーセットなどは入口の方に置いてあるとアナウンスがありました。

DSCF7761 (480x360)
行ってみると、お水もこちらに置いてありました。
先にドリンクを出してもらっていたので、お水がないことに気付かず(汗)。

出来れば最初に着席した時に教えて欲しかったです。
・・・それに、空いていて店員さんも余裕がありそうだったので、お水ぐらい出してくれてもいいのでは?

DSCF7762 (480x360)
お水の隣にはカトラリーセットや味変調味料が置いてあります。

DSCF7763 (480x360)
ちょっと変わった面白そうな調味料があったので、こちらのダイナマイトソースと、、、、

DSCF7764 (480x360)
ミントソースを試してみることに。


ナンピザ ~ムンバイ~ (900円)
DSCF7766 (480x360)
こちらは先輩が注文したナンピザのムンバイです。

DSCF7767 (480x360)
タンドリーチキンとキーマカレーがトッピングされているので、「ムンバイ」のベースの味に近いものを敢えてチョイスしてみたようです。


ナンピザ ~生ハム&ベビーリーフ~ (900円)
DSCF7769 (480x360)
私は逆にピザっぽいトッピングの生ハム&ベビーリーフを注文。

DSCF7770 (480x360)
カウンターからナプキンとナイフとフォークを持って来ましたが、ナンピザは最初から切ってあったので、ナイフは不要でした。

DSCF7768 (480x360)
こちらもカウンターに置いてあったハラペーニョ。
ガツンと辛くて、とってもいいアクセントになりました。

DSCF7771 (480x360)
メインとサラダとポテトは茶色い小さい長方形のお盆にのせられています。

DSCF7772 (480x360)
サラダは白いココットに入っています。
リーフレタス、水菜、スイートコーンなどで、濃い味好きの私もビックリするぐらい、ドレッシングがかなりたっぷりかかっていました。

DSCF7773 (480x360)
フレンチフライは皮付きのものたっぷり目。

DSCF7774 (480x360)
真ん中のポテトがちょっと赤くなっているのがわかるでしょうか。
半分はそのまま食べて、もう半分はタバスコをかけて辛くして食べました。

DSCF7779 (480x360)
ナンピザは、「ムンバイ」のナンに比べると、かなり小さめ。
バジルソースを塗ってベビーリーフを散らし、さらに生ハムをトッピングしてありました。

DSCF7778 (480x360)
あらかじめ味変ソースを2種類かけて、3つの味を楽しみました。
左はオリジナルそのまま。

DSCF7777 (480x360)
真ん中はミントソース。
生ハムの上がちょっと緑っぽいのがわかるでしょうか。
食べてみると、ちゃんとミントの爽快な味わいが感じられました。

DSCF7776 (480x360)
右はダイナマイトソース。
辛さの程度がわからないのに、結構たっぷりかけちゃいました(笑)。

DSCF7780 (480x360)
まずはそのままのものをいただきます。
ピザっぽくするためか、ナンに比べると、ちょっと厚めかな?

DSCF7781 (480x360)
バジルソースの味わいがかなりしっかりあって、本当にピザみたいでした。
ただ、写真を撮っていたこともあるかもしれませんが、ナンそのものは熱々ではなかったです。
あと、結構ナンの甘みが感じられました。
ムンバイ」のナンって、こんなに甘かったっけ?

DSCF7785 (480x360)
最後にダイナマイトソースをかけたものをいただきました。
ダイナマイトの名前どおり、結構辛くて美味しかったです。
ただ、このソースをかけちゃうと、生ハムの味わいとかはかなり薄まっちゃいますね。

DSCF7783 (480x360)
先輩からムンバイナンを一切れいただいちゃいました。
カレーの風味がばっちりで美味しかったです。
濃い味わいのせいか、こちらだとナンの甘さが気になりませんでした。
先輩曰く「生ハム&ベビーリーフ」は味わいが淡泊だからじゃないかとのこと。

DSCF3110 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じです。


ピザのソースやトッピングはとても本格的な味わいで、ナン生地でも全く違和感はなかったです。
2階の「ムンバイ」では同じぐらいの値段で大きなサイズの焼き立てナンがおかわり自由に食べられることを考えると、CPとしてはどうなのかな~とは思いますが、その日食べたいトッピングとかシチュエーションでどちらのお店を選ぼうか、という感じになるのでしょうか。


ランチメニューです↓
DSCF7735 (480x360)

DSCF7736 (480x360)

DSCF7738 (480x360)

DSCF7737 (480x360)

DSCF7739 (480x360)


通常メニューです↓
DSCF7751 (480x360)

DSCF7749 (480x360)

DSCF7750 (480x360)

DSCF7747 (480x360)

DSCF7748 (480x360)

DSCF7745 (480x360)

DSCF7746 (480x360)

DSCF7744 (480x360)


リニューアル前の名刺です↓
DSCF3108 (480x360)

DSCF3109 (480x360)



この表記だとしんみち通り側に見えますが、お店の入口は新宿通り側です。


2016年2月17日訪問時お店DATA
********************************
MIX ‘n’ MATCH CAFE (ミックスアンドマッチカフェ) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル1階
電話 03-5361-7865 
営業時間 8:00~20:00
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/25 06:00】 | インド | トラックバック(0) | コメント(0) |
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店  @四谷
この間の日曜日、愚弟の誕生日祝いで「牛角」の食べ放題に行ってきました。
「牛角」の食べ放題というと、決められた一皿を食べてから好きなメニューを食べるというスタイルなのであまり好きではなかったのですが、いつの間にビュッフェ専門店というのが全国に3店舗だけ出来ていました。
奮発してイチバンお高い黒毛和牛コース(3,980円税別、100分)にしたのですが、桜ユッケやサムゲタンまで食べ放題だし、何より初めて食べた黒毛和牛焼きしゃぶというメニューがとっても美味しかったです。
すごく薄切りなのですが、脂がノリノリでとろける~。
愚弟は焼いた焼きしゃぶで桜ユッケを巻くという、普通じゃありえない贅沢をしていました(笑)。
もしチャンスがありましたら、ぜひ食べてみて下さい☆

DSCF7725 (480x360)
2016年2月16日は、2日後にディナーの予定があったので、軽めのランチにしようと思い、アトレ四谷の中で最近食べていなかった「SUPERMARKET成城石井(せいじょういしい) アトレ四谷店」でお弁当を買うことにしました。

DSCF2211 (480x360)
「成城石井」は、JR四ッ谷駅に隣接するアトレ四谷の1階にあります。
駅の改札からエスカレーターに乗って1階フロアに行くと、一番奥の場所です。


地図です。

DSCF2212 (480x360)
「成城石井」を運営する株式会社成城石井は、1927年2月に果物や菓子などを扱う小さな食料品店として創業し、輸入食料品を多く取り扱う食料品主体の高級スーパーとして最近は駅ビルなどを中心にかなり積極的に店舗展開し、2013年3月に100店舗を達成したとのことです。
現在は株式会社ローソンの系列グループです。

DSCF2213 (480x360)
この場所には2009年1月26日に訪問した「Pizza&Pasta QuaQua(クワクワ) アトレ四谷店」がありましたが、2009年11月10日に「成城石井」がオープンしました。

2009_1204画像0097
こちらは以前撮影した写真です。

販売しているお弁当は、軽食のサンドウィッチからランチボックスのお弁当、和食からエスニック系、そのままそのまま食べられるお弁当から電子レンジで必ずチンしなければならないお弁当などなど、お値段も様々で、かなり多岐にわたっていろいろな種類が置いてあります。

2009_1204画像0096
こちらも以前撮影した写真です。
お高めスーパーだけあって、店員さんの対応がとても丁寧です。

12時15分頃にお店に到着。
お店はかなり空いていて、レジも待つことなく対応してもらえました。
お客さんはほぼ全員女性です。

DSCF5676.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
前回購入したのは2015年12月10日だったので、約2ヶ月ぶりです。

DSCF5876.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
賞味期限が近づいていると、ディスカウントされているお弁当もあって、安物買いが好きな私はついついそっちに目が行っちゃいます(笑)。
・・・というか、最近それしか買っていないかも。

DSCF7693 (480x360)
この日はたっぷりのサラダに小さめのものを一個付けようかなと思っていました。

サラダはとっても種類が豊富ですが、その中から蒸し鶏と彩り野菜の15品目サラダをチョイス。
いつものワタクシらしからぬメニューです(笑)。

DSCF7691 (480x360)
もう一品はこちらの柿の葉寿司にしました。

DSCF5045 (480x360)
成城石井の持ち帰り袋はグレーの色に深い緑色でお店のロゴが入っています。

DSCF3961 (480x360) - コピー
ペッタンコにしてみました。

DSCF7696 (480x360)
中から取り出すとこんな感じです。
お箸などはお断りました。

DSCF7700 (480x360)
サラダは大きめの丸い透明なプラスチック製容器に入っています。

DSCF7703 (480x360)
フタには商品名・金額・消費期限などが書かれているラベルが貼ってありました。
保存料・合成着色料・合成甘味料・化学調味料は不使用で、消費期限は当日です。

DSCF7702 (480x360)
消費期限が当日だったおかげで、定価から20%引きと、お得に買うことが出来ました。
ディスカウントが良かったのも、購入した大きな理由です(笑)。
シールは、何故か完全に横向きに貼られていました。

DSCF7704 (480x360)
容器を包んでいるラップの裏側には、細かい原材料名や保存方法が記載されたラベルが貼ってあります。

DSCF7697 (480x360)
柿の葉寿司は、奈良県にある株式会社中谷本舗というお店で作られたものです。
容器は紙製です。

DSCF7699 (480x360)
容器のサイドに商品名・金額・消費期限・原材料名などが書かれているラベルが貼ってありました。

DSCF7698 (480x360)
こちらも消費期限が当日だったので、定価の20%引きでゲット。

DSCF7705 (480x360)
フタをオープン!

DSCF7708 (480x360)
中にはおしぼり、、、

DSCF7710 (480x360)
ガリ、、、

DSCF7711 (480x360)
お醤油が入っていました。


蒸し鶏と彩り野菜の15品目サラダ(499円外税→20%オフ)+柿の葉寿司(370円外税→20%オフ)=750円
DSCF7725 (480x360)
いただきま~す!

DSCF7713 (480x360)
サラダはボリュームたっぷり。
白、緑、赤、紫、黄色と、彩りも様々です。

DSCF7715 (480x360)
ドレッシングは小さなボトルに入っています。
量はたっぷりで、柚子胡椒味でした。
ちょっとピリッとした味わいで美味しかったです。

DSCF7716 (480x360)
本当に15品目あるのかな?

DSCF7717 (480x360)
赤パプリカ、レンコン、蒸し鶏、、、

DSCF7718 (480x360)
黄パプリカ、ひよこ豆、赤豆?、レタス、、、
お豆が多いのは嬉しかったです。

DSCF7719 (480x360)
カボチャ、ブロッコリー、赤タマネギ、ダイコン、、

DSCF7720 (480x360)
サツマイモ、サニーレタス、リーフレタス、、、
原材料名を見ながらでも、14つしかわからず。
残念。
葉っぱ系の違いは自分でははっきりしかなかったです。

DSCF7724 (480x360)
ドレッシングは最初に全部かけちゃいました。

カボチャやサツマイモなど、甘い味が多かったので食べる時にちょっと怯んだのですが、細かく切ってあったり、それほど甘みが強くなかったので、他の具材と一緒に食べるとそれ程気にならなかったです。

サラダの量も多かったし、食感が様々だったので結構ボリューム感がありました。

DSCF7706 (480x360)
サラダをある程度食べてから、柿の葉寿司へ。
サバ、サケ、タイの3個入りですが、どれがどれだか、全くわからず(笑)。

DSCF7726 (480x360)
一つ目を開けたら、サバでした。

DSCF7729 (480x360)
ガリを置く場所がなかったので、お寿司の際に添えてみました。

DSCF7730 (480x360)
お醤油をちょこっとかけて、一口でいただいちゃいました。
酢飯が美味しい~。

DSCF7732 (480x360)
お次はサケでした。
サケは旨味が濃いので食べごたえがあります。

DSCF7733 (480x360)
最後にタイでした。

DSCF7695 (480x360)
この日のレシートです。


アボガドタコライス
DSCF7707 (480x360)
先輩は、前日の「シシリアンライス」に続いて、この日も屋台でお弁当を購入。
この日は火曜日だったので「トノカフェ」でした。


軽めのご飯にするつもりでしたが、サラダが意外とボリュームたっぷりで食べ応えありました。
久しぶりに柿の葉寿司を食べましたが、酢飯って、定期的に食べたくなっちゃいます。


◇・◆・◇・◆・◇・◆ これまでに食べたメニューです↓ ◆・◇・◆・◇・◆・◇

プルコギと自家製ナムルのビビンバ丼 (2009年12月2日
手まり寿司盛り合わせ (2011年3月3日
唐揚と7種類の彩り十六穀米丼 (2011年3月15日
タイカレー グリーン (2013年3月21日
(小)金目鯛とぶりとサーモンの押し寿司 (2015年10月9日
鮭といくらの五目巻きセット (2014年12月5日
柿の葉寿司 (2016年2月16日

フォーガー (2011年3月11日
酸辣湯麺 (2013年9月24日2014年4月25日
「和」サラダそばひじき (2015年9月18日
9種具材の味噌けんちんうどん (2015年12月10日

タイ風挽肉炒めのまぜまぜサラダ (2013年9月24日)  
きのこと3種まめの胡麻和えサラダ (2014年4月25日
フレッシュトマトと海老のペンネサラダ  (2014年10月14日
黒毛和牛のローストビーフサラダ (2014年10月14日
4種きのことグリーンリーフのサラダ (2015年10月9日
鶏肉とごまのさっぱり春雨サラダ (2014年12月5日) 
蒸し鶏と彩り野菜の15品目サラダ (2016年2月16日

腰果蝦仁(ヤオゴシャーレン) (2011年3月11日
タコとイカの5種ハーブマリネ (2011年3月15日

三角サンド牛肉コロッケ (2015年9月18日
和風ツナチーズ(パン)  (2015年12月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年2月16日訪問時お店DATA
************************************
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (せいじょういしい)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷店1階
TEL 03-5362-0846
営業時間 
[月~土] 7:30~22:00
[日・祝]  8:00~22:00
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/24 05:00】 | | トラックバック(0) | コメント(4) |
番町 松月庵  @麹町
2月も後半に入ったせいか、日が長くなって、だいぶ暖かくなってきましたね。
朝晩の冷え込みも以前ほど厳しくなくて、身体がブルブル震えることもなくなりました。
もうちょっと寒暖の波はあるでしょうが、冬のピークは越えたかなぁと思っています。

DSCF7678 (480x360)
2016年2月15日は週の最初の月曜日。
週末の暴飲暴食で相変わらず体重が高止まりだったので、上司が「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いしたのに乗じて、一緒にお願いすることにしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても30分かからず持ってきていただけるので、大変助かっています。

配達員さんとはもうすっかり顔なじみです。


地図です。

DSCF1234 (480x360)
メニューです。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2016年1月6日だったので、約40日ぶりです。

DSCF7444 (480x360)
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF7445 (480x360)
東京松月庵麺類協同組合なる組織があるようです。
ネットで調べてみましたが、池袋にあるということしかわからず。

DSCF7674 (480x360)
この日は12時少し過ぎに電話で注文したところ、15分かからずに届けていただきました。

ちょっと豪華に食べちゃおうかなぁと思い、親子南蛮うどんを注文。

DSCF7677 (480x360)
薬味は小皿でついてきます。

DSCF9885 (480x360)
お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_0531画像0001
土曜日はこちらの包み紙が使われています。

2008_0531画像0002
とても丁寧な心遣いで、細かい配慮ですね~。

DSCF7676 (480x360)
器には、汁漏れ防止でサランラップがしっかりとかけてあります。


親子南蛮そば  (1,300円)
DSCF7678 (480x360)
いただきま~す!

DSCF7679 (480x360)
薬味は、いつもどおり、七味唐辛子とネギとワサビの3種類です。

DSCF7680 (480x360)
親子南蛮うどんを注文したのに、親子南蛮そばでした(泣)。

前にも2回ぐらい間違えられたので、おじちゃま店員に「うどんで!」とかなり強調して伝えたつもりだったのに~。
先輩が、「本当にうどんを注文する人が少ないんでしょうね~。」と言っていました。

DSCF7682 (480x360)
彩りにミツバと、、、

DSCF7681 (480x360)
海苔が1枚トッピングされています。

DSCF7683 (480x360)
ふわふわの溶き卵でスープの表面が覆われていました。

DSCF7684 (480x360)
薬味は食べる前に全て投入しちゃいます。

DSCF7688 (480x360)
お蕎麦はいつも通り(笑)、ややのびていて柔らかでした。

蕎麦つゆは安定して美味しいです。
寒い時期は、とっても身体が温まります。

DSCF7690 (480x360)
鶏肉は胸肉だと思います。
ちょっとかための食感でしたが、量は結構入っていました。


シシリアンライス
DSCF7675 (480x360)
先輩は千代田四番町ランチ屋台へ行って、「シシリアンライス」でお弁当を購入しました。


全メニュー制覇を目指しているので、うどんを蕎麦と取り違えられたのは本当にガッカリ(´・ω・`)でしたが、気長に食べていこうと思っています(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2013年6月18日
  かけそば   (2013年7月5日
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  たぬきうどん  (2014年11月17日
  大もりそば   (2012年8月31日
  大もりうどん  (2016年1月6日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  肉南蛮うどん  (2014年10月17日
  わかめそば   (2010年11月2日
  わかめうどん (2015年10月22日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば  (2014年12月16日
  おかめうどん (2015年11月25日)   
  山菜そば    (2010年6月21日
  山菜うどん   (2014年6月11日
  おろしそば   (2010年12月14日2015年9月25日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  かきたまうどん (2015年10月5日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  けんちんうどん (2014年11月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  カレー南蛮うどん (2014年1月8日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  スタミナうどん (2014年5月21日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば  (2013年12月10日
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日2016年2月15日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日
  天とじうどん  (2014年1月9日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん  (2009年8月4日
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  天ざるうどん  (2014年7月26日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷しカレーせいろうどん (2014年9月8日
  冷し梅むぎ  (2009年6月11日
  冷し山菜そば  (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  カツカレーライス
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  親子丼「上」(2013年3月27日
  カツ丼  (2010年4月6日
  カツ丼「中」 (2013年1月22日
  カツ丼「上」 (2013年9月13日
  天丼   (2012年5月8日
  天丼「中」 (2012年11月19日
  天丼「上」 (2013年5月16日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼 (2013年11月28日
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
DSCF1234 (480x360)

DSCF1237 (480x360)

DSCF1236 (480x360)

DSCF1238 (480x360)

DSCF1239 (480x360)

DSCF1240 (480x360)

DSCF1242 (480x360)

DSCF1243 (480x360)





2016年2月15日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/23 00:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
炭火焼鳥専門店 播鳥 市ヶ谷店  @市ヶ谷
週末に心配された春の嵐もさほどではなかったので、昨日も無事ジョギングが出来ました。
花粉症が心配だったのでマスクをして走ったのですが、500mぐらいで、うざいし暑いしで耐えきれず、すぐに取ってしまいました(汗)。
風が強かったのでタイムは全然ダメでしたが、とりあえず週に一度のペースが守れてよかったです。
今週はかなり仕事がバタバタしそうなので、気を引き締めてがんばります!

DSCF7378 (480x360)
2016年2月12日は、飛び石連休の狭間の金曜日。
上司がお昼時に不在だったので、Oさんと先輩と私の三人で外へランチを食べに出ました。
この日は午後イチで予定があったので、近場へ行くことに。
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/22 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
昨夜のイベントの帰り道は、雨はかなり降っていましたが、風はそれ程強くなく、心配したほどの嵐にはなりませんでした。
今日もそこそこ良いお天気になったので、これからジョギングに行ってきます。
ただ、花粉が心配なので、薬を飲んでマスクを着用しなければ(汗)。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

DSCF7320 (480x360)
2016年2月10日のランチは、タイ料理が食べたくなり、久しぶりに アトレ四谷の「Pensri’s(ペンシーズ) Kitchen アトレ四谷店」へお弁当を買いに行きました。

DSCF2209 (480x360)
店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退しましたが、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。


地図です。

DSCF2210 (480x360)
「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。

なんでも、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。
メニューは時期によっていろいろと変わっているようです。

カウンターの後ろにレジがあるので、イートインスペースの横のレジに行かなくて済みます。
お願いすると、お弁当を温めてくれます。
ただ、奥の厨房での作業なので、レストランとの兼ね合いで少し時間がかかることがあります。

DSCF7684.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。

前回お弁当を購入したのは2015年12月14日だったので、約2ヶ月ぶりです。
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しています。

DSCF7683.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。

DSCF6172 (480x360)
たまごトッピングをお願いすることが出来ます。
半熟のせいか、3時間以内に食べなければいけません。

店員さんは女性が多いですが、最近は男性店員さんが対応してくれることもあります。
イートインは並んでいることが多いです。
この日も前日に引き続き、12時前に買いに行ったので、アトレの中はとっても空いていました。

DSCF7311 (480x360)
この日は軽めなお弁当のシリーズからこちらの一品と、、、

DSCF7310 (480x360)
まだ食べたことのなかった海老の生春巻を購入。

DSCF4477_20140319203501ac8.jpg
大きいサイズのお弁当を購入すると、鮮やかな薄緑色の持ち帰りのビニール袋に入れてくれます。
淡い色調がとってもステキ。

DSCF2461 (480x360)
店名のロゴがデザインされています。

DSCF7312 (480x360)
普通サイズのお弁当を購入すると、一般的な白いビニール袋です。

この日はこちらでした。

DSCF4086 (480x360)
お箸やスプーンなどはお断りするようにしています。
この日もお断りしました。
スプーンは白いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF4088 (480x360)
おしぼりは白っぽい半透明のビニール袋に入っています。

DSCF1876 (480x360)
箸袋はビニール製で、タイ料理っぽくなく、日本流に「OTEMOTO」と書かれています。

DSCF7315 (480x360)
袋の中から取り出すと、こんな感じ。

DSCF7318 (480x360)
お弁当は、下が黒、フタが透明の長方形のプラスチック容器に入っています。

DSCF7319 (480x360)
フタの下の方にはメニュー名、原材料名、賞味期限、値段、販売元などが書かれたシールが貼られています。

ちなみに、こちらのお弁当、店頭のメニュー名だと「軽めガパオ 玉子入り弁当」となっていて、容器についたメニュー名は「軽めごはん ガパオ弁当/玉子入り」となっています(笑)。

DSCF7316 (480x360)
生春巻は、透明の八角形のプラスチック容器に入っています。

DSCF7317 (480x360)
フタの下の方には同じく、メニュー名、原材料名、賞味期限、値段、販売元などが書かれたシールが貼られています。


軽めごはん ガパオ弁当/玉子入り(560円)+海老の生春巻(280円)=840円
DSCF7320 (480x360)
いただきま~す!

DSCF7321 (480x360)
まずは生春巻からいただきました。

DSCF7322 (480x360)
彩りに大きな葉っぱが一枚添えられています。

DSCF7323 (480x360)
春巻きは、1本を3つに切ってあります。
中には海老のほかに、春雨、ニンジン、レタス、キュウリ、卵などなど、彩りも鮮やかで具だくさん。

DSCF7332 (480x360)
スイートチリが小袋に入って付いています。
甘い味付けなので、ちょっと苦手なのですが、そのまま食べるとかなりあっさり目なので、仕方ない(汗)。
海老はあっさり味なので、それ程存在感がなかったです。

DSCF7326 (480x360)
次に、ガパオを食べました。
細長い容器に、上下にご飯とガパオが盛りつけてあり、真ん中に目玉焼きがのせてあります。

DSCF7325 (480x360)
軽めごはんシリーズですが、意外とご飯はたっぷり目。

DSCF7328 (480x360)
目玉焼きは、黄身の部分はほぼ生の状態で、と~っても美味しそう。

DSCF7327 (480x360)
ガパオはたっぷりの挽肉のほか、赤・緑パプリカ、タマネギなどが入っています。
相変わらず本格的な味わいで、バシッと辛く、油断して食べると涙が出そう(笑)。
うーん、さすが「ペンシーズ」。本格的で、ホント、美味しい。
6日前の2016年2月4日に「オールドタイランド」のガパオを食べましたが、私は断然「ペンシーズ」の味付けが好きです。

DSCF7333 (480x360)
途中で目玉焼きを崩して、ガパオと混ぜ合わせて食べました。
かなりガパオが穏やかな味わいになって、これはこれで美味しかったです。

DSCF7313 (480x360)
この日のレシートです。


全体のボリュームは普通です。
この日は「ペンシーズ」のガパオの美味しさを再認識しました。
こういうガツンとしたお料理が定期的に食べたくなるので、タイ料理はやめられないです。



◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
グリーンカレー弁当 (2012年3月21日
タイの白ナスのグリーンカレー (2014年11月20日) 
レッドカレー弁当 (2013年6月25日
豚肉とカボチャのレッドカレー弁当 (2013年10月7日
マッサマンカレー弁当 (2013年12月4日
海老の特製レッドカレーソース (2014年7月9日
イエローカレー弁当 (2014年8月28日

ペンシーズ弁当 (2012年5月23日
パッタイ弁当 (2012年11月30日
カオマンガイ弁当 (2014年5月29日
ガパオ弁当 (2013年10月7日
菜の花ガパオ弁当 (2014年3月31日) 
海老の特製レッドカレーソース&ガパオ (2014年9月25日
本日のタイ炒飯と焼きビーフン  (2015年10月16日) 
3種盛り弁当 (2013年3月14日
ガパオチキングリルライス&グリーンカレー (2015年12月14日

軽めごはん パッタイ弁当 (2014年2月14日
軽めごはん ガパオ弁当 (2014年2月26日
軽めごはん ガパオ弁当/玉子入り (2016年2月10日

サンドイッチガパオ  (2013年8月26日) 
サンドイッチ エビトムマヨ  (2013年8月26日) 

生春巻 (2012年3月21日
海老とアボガドの生春巻 (2014年3月31日
海老の生春巻 (2016年2月10日) 
ミニ揚げ春巻き (2013年6月25日

青パパイヤのサラダ (2012年11月30日
ヤムウンセン (2013年3月14日
ミニ春雨サラダ (2014年8月28日
目玉焼きサラダ (2013年8月26日) 
白きくらげサラダ(S)  (2013年12月4日
ミニ白キクラゲサラダ  (2014年7月9日) 
春雨サラダ(ヤムウンセン) (2014年2月14日
ミニパッタイ (2013年10月7日
ミニツナサラダ (2014年9月25日) 

豚肉のタイ風味揚げ (2013年10月7日
グリーンカレーコロッケ (2014年2月26日
揚げ豆腐のガパオがけ (2014年5月29日
タイ式鶏の唐揚げ  (2014年11月20日) 
トムヤムスープ (2015年10月16日

[イートイン]
鶏挽肉のバジル炒めごはん 大人気!ガパオ
ちょっぴりがちょうどいい ミニフォーセット (2012年4月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウト用メニュー↓
DSCF3905 (480x360)

DSCF3906 (480x360)

DSCF3907 (480x360)

DSCF3908 (480x360)

DSCF3909 (480x360)

DSCF3910 (480x360)

DSCF3911 (480x360)

DSCF3912 (480x360)


チラシです↓
DSCF2560 (480x360)

DSCF2558 (480x360)

DSCF2559 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg



地図です。


2016年2月10日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/21 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
Trattoria Fiore Cusina Italiana  @麹町
今夜はイベントに出かける予定で、終了時刻が午後9時ぐらい。
天気予報見ている限りでは、東京のお天気が一番荒れている時間帯のようで、大丈夫かな~(汗)。
みなさまも、くれぐれもご注意ください☆

DSCF7294 (480x360)
2016年2月9日は、午前中に外出していた上司とOさんから「お弁当を買って事務所に帰る。」という連絡が入ったので、12時前でしたがお弁当を買いに行きました。
少し時間があったので、久しぶりに「Trattoria Fiore(フィオーレ)Cucina Italiana」へ。

それにしても、12時前の飲食店はどこもガラガラ。
少し時間をずらすだけで、こんなに違うんだ~と、改めて思いました。

外観

地下鉄麹町駅の5番出口を出て日テレ通りを渡ってすぐのニューテシコビルの地下1階です。
赤い屋根と緑色の看板がとても色鮮やかで目立っています。

交差点の角であるお隣のビルには2007年8月3日にランチ訪問し、2010年11月17日2013年11月11日にお弁当を購入した「アジャンタ」があります。


地図です。

DSCF4319 (480x360)
「フィオーレ」は、イタリアのトスカーナ以南で親しまれている素朴な田舎料理を楽しめるお店だそうで、2003年にオープンしました。
個人的には生ハーブをたっぷり使っていたのが印象的です。

前回ランチ訪問したのは2015年12月25日でした。
前回お弁当を買ったのは2014年6月25日だったので、約1年7ヶ月ぶりと、かなりのご無沙汰でした。

DSCF5128_20121026194459.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
日テレ通りにはランチメニューの看板が出ています。

DSCF5129_20121026194459.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
メニューはとっても豊富です。

DSCF7284 (480x360)
以前は日テレ通りでもお弁当を販売していましたが、今は地下の入口前のスペースだけです。
午前10時30分からと、とても早くから販売しています。

DSCF0758.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
階段を降りると、壁一面が棚になっていてお弁当がたくさん並べられています。

DSCF0756.jpg
棚の上には天井まで届く大きさのメニュー表が貼り出されています。

到着したのは11時55分頃だったのですが、いつもの大行列は全くなく、一人か二人しかいませんでした。
このお店でこんなにゆっくりお弁当を選べたのは初めてかも(笑)。

DSCF7198 (480x360)
お弁当は全品650円です。
お茶も50円で販売しています。

DSCF7283 (480x360)
今までいろいろなお弁当を食べていますが、ドリアを見たのは初めてかも。
美味しそうだったので、買ってみました。

DSCF7285 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋です。

DSCF7286 (480x360)
中から取り出すと、こんな感じ。

DSCF7203 (480x360)
お弁当は650円なのに、お味噌汁のもともついています。

DSCF7290 (480x360)
これはいつも自宅に持ち帰っています。
夕飯でお味噌汁を作るのを一回パスできるので、とっても便利(笑)。

DSCF1524.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
スプーンやフォークはプレスチック製で、透明なビニール袋に入っています。
この日はお断りしました。

DSCF7287 (480x360)
お弁当はプラスチック製で、フタが透明、容器が白です。

DSCF7288 (480x360)
消費期限のシールが貼られていました。


小海老とカニのクリームドリア&本日のパスタ  (650円)
DSCF7294 (480x360)
いただきま~す!

DSCF7291 (480x360)
フタにタマネギ?長ネギ?がついちゃっていました(笑)。

DSCF7299 (480x360)
器は3つのパートに分かれています。
一番上にはおかずが詰まっています。

DSCF7300 (480x360)
右端には太いポテトフライが2本。

DSCF7301 (480x360)
太いタマネギ、ナス、ベーコンなどの炒めたもの。
その下にはたっぷりのスパゲッティが入っていました。

DSCF7306 (480x360)
下味がしっかりしていて美味しいですが、これだけムシャムシャ食べていると、ちょっと水分少なめで喉が詰まりそうになります(笑)。

DSCF7305 (480x360)
トマトソースを絡めたペンネもありました。
記事を書く時に、スパゲッティとペンネの両方を食べていることに気付きました。
粉ものたっぷりだ~。

DSCF7303 (480x360)
彩りに?パセリが一つ。

DSCF7298 (480x360)
真ん中にはちょこっとだけニンジンの入ったポテトサラダがありました。

DSCF7295 (480x360)
下の部分に小海老とカニのクリームドリアが入っています。

DSCF7296 (480x360)
小海老と、、、

DSCF7307 (480x360)
カニです。
カニかまでした(笑)。

DSCF7297 (480x360)
かなり固めのゆで玉子が半分。

DSCF7309 (480x360)
クリームドリアはフツーに美味しかったですが、どうしても冬はクリームが少しかたくなっちゃうので、電子レンジでチンして食べた方がいいかもしれません。

DSCF7293 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


久しぶりの「フィオーレ」のお弁当でしたが、相変わらずボリュームたっぷりでかなりおなかいっぱいになりました。
本当に抜群のCPです。
Oさんが事務所に来るようになってから、待たせてしまうと申し訳なくてなかなか買いに行けないのですが、何とか遣り繰りしてもっと食べたいなぁと思っています。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
[ランチ]  
Aランチ ポルペッティのトマト煮 (2007年9月4日
Aランチ 若鶏のローマ風トマト煮込み (2011年8月16日) 
Bランチ スパゲッティ&リガトーニ (2012年1月19日
Dランチ パルジャミーノチーズの焼きリゾット (2010年7月27日
本日のパスタランチ ソーセージとほうれん草のトマトソーススパゲッティとペンネリガーテのゴルゴンゾーラチーズソース (2013年3月8日
とっても辛いスパゲッティ<国産牛スジ肉のスパイス煮込みソース> (2011年10月21日

[ディナー] 2008年2月1日

[お弁当]
  チキンロースト:トマトソース (2008年2月12日)  
  チキンロースト:中華風照り焼き (2008年4月11日
  若鶏のグリル:ねぎ塩チキンレモン添え (2010年10月12日
  若鶏のグリル:きこり風ソース? (2011年1月11日
  若鶏のグリル:ピッツァ職人風 (2011年2月21日)   
  肉だんご:トマトソース (2008年9月9日) 
  オムライス:キーマナスカレー (2009年11月10日
  ハンバーグ:チーズとトマトのピッツア風 (2010年6月17日
  ハンバーグ:モッツァレラチーズのせカレーソース (2010年9月29日
  ハンバーグ:デミグラスソース 唐揚げ添え (2013年1月17日
  オムライスと日替わりパスタ[きのこ入りツナクリーム](2010年10月21日
  豚肉生姜焼きコチュジャンソース (2014年6月25日
  小海老とカニのクリームドリア&本日のパスタ (2016年2月9日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトのお弁当のメニューです↓
DSCF0781.jpg

DSCF0782.jpg


ランチメニューです↓
DSCF1904 (480x360)

DSCF1905 (480x360)

DSCF1906 (480x360)

DSCF1907 (480x360)

DSCF0110.jpg

DSCF1908 (480x360)

DSCF1909 (480x360)

DSCF1910 (480x360)

DSCF1911 (480x360)

DSCF0106.jpg

DSCF0107.jpg

DSCF0108.jpg

DSCF0109.jpg

DSCF0111.jpg

DSCF0112.jpg

DSCF0113.jpg




2016年2月9日訪問時お店DATA
********************************
Trattoria Fiore Cusina Italiana 
(トラットリア フィオーレ クッシーナ イタリアーナ)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町3番地11 ニューテシコビル地下1階
TEL 03-3264-3928
FAX 03-3264-3928
営業時間 11:00~0:00
定休日 日曜
地下鉄麹町駅から徒歩1分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/20 09:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
今日はかなり気温が上がるようですね~。
朝からしっかり薬を飲んで、花粉症に備えなければ。
早いものでもう金曜日。
土曜日はかなりお天気が荒れるそうですが、みなさま、楽しい週末を☆

DSCF7269 (480x360)
2016年2月8日は週の最初の月曜日。
正月太りの上に週末にいろいろ飲み食いしていたので、軽めのランチにしようと思い、千代田四番町ランチ屋台の「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」へお弁当を買いに行きました。

DSCF3521 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。


地図です。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

以前は、月曜日には「エスエヌダイニング」という屋台が来ていましたが、いつ頃からに撤退していました。
あまり通っていなかったので詳しい時期はわからないので、2014年春頃とさせていただきます。

DSCF3522 (480x360)
「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」という幟が出ていただけで、店名を見つけられなかったので、こちらを店名とさせていただきます。
こちらのお店がいつから登場したのかも、ネットなどで調べてみましたが不明だったので、便宜上、2014年春頃に登場とさせていただきます。

DSCF7260 (480x360)
車の前にはメニューの看板が置いてあります。
写真が大きくて、とっても見やすいです。

メニューは3種類のシシリアンライスと日替わりの合計4種類で、お値段は全て680円です。
ご飯とサラダの大盛りは無料です。
ハーフ&ハーフも無料でお願いすることが出来ます。

DSCF7265 (480x360)
注文方法はとてもシステマチックです。
まずご飯とサラダの量の組み合わせを番号で答え、次に、お肉(おかず)を選び、ソースを選びます。

ご飯は少なめ・普通・多めの3種類、サラダは並盛り・大盛りの2種類、おかずは4種類、ソースは6種類あります。

DSCF7263 (480x360)
この日の日替わりメニューはビーフクリームシチューでした。

DSCF6245 (480x360)
女性店主さんが一人で切り盛りしています。

前回お弁当を購入したのは2015年11月30日だったので、約2ヶ月ぶりです。

DSCF7264 (480x360)
デザートの販売も始めたようです。

DSCF6244 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お会計や袋詰めなどは基本的にセルフサービスです。
車の前には小さい台が置かれていて、ここで袋詰めなどをします。

DSCF6246 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
美味しそうなお料理が並んでいて、テンションアップ!

12時15分頃到着したところ、先客が5・6人でした。

DSCF7266 (480x360)
この持ち帰り袋は、よくある白いビニール袋です。

DSCF7268 (480x360)
お弁当の容器はプラスチック製で、下は白、フタは透明です。

この日は日替わりメニューをご飯少なめ・野菜大盛り・牛肉・辛味噌ソース?で注文。
私の前に並んでいた女性二人もご飯少なめ・野菜大盛りにしていました。


ビーフクリームシチュー  ご飯少なめ・サラダ大盛り・唐辛子ソース?  (680円)
DSCF7269 (480x360)
フタをオープン!
ご飯の上におかずをのせ、野菜をのせて、ソースをかけてあります。

DSCF7270 (480x360)
たっぷり過ぎて? 
水菜の茎が飛び出していました(笑)。

DSCF7273 (480x360)
サラダはたっぷりのキャベツ・タマネギ・水菜・レタスなどなど。

DSCF7272 (480x360)
サラダの中央には砕いたチップスがトッピングされています。
量はそれ程多くありませんが、しっかり混ぜ合わせてから食べると、時々パリッ・カリッとした食感を感じられ、とてもいいアクセントになりました。
意外と水分を吸いにくいのか、最後まで存在感があります。

DSCF7275 (480x360)
ソースは確か、唐辛子ソースにしたと思います。
結構ピリ辛だったような記憶が、、、(汗)。

DSCF7274 (480x360)
ご飯は少なめでお願いしました。

DSCF7271 (480x360)
ビーフでクリームシチューって珍しい気がします。
お肉はシシリアンライスのビーフと同じ、細長いお肉なので、スプーンで食べるとちょっと食べ辛かったです。

DSCF7279 (480x360)
小さめの一口大に切ったサツマイモが入っていました。
私はしょっぱいお料理甘い具材が入っているのはちょっと苦手です、、、。

DSCF7278 (480x360)
自宅だとカレーばかりで作るので、クリームシチューは久しぶりに食べました。

DSCF7276 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


この日はご飯を少なめにしたので全体のボリュームは普通です。
単独メニューはほぼ食べ尽くした感じなので、これからはハーフ&ハーフをお願いしてみようかなと思っています。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
元祖ポークシシリアンライス (2014年6月2日
元祖ビーフシシリアンライス (2014年12月1日

麻婆春雨 (2014年6月9日
The マーボーどうふ (2015年11月30日
ビーフクリームシチュー (2016年2月8日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年2月8日購入時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/19 05:00】 | 郷土料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
年明け以降、かなり残業が多かったのですが、何とか一山越えて、少しだけですが楽になりました。
まだまだ気になる仕事が残ってはいますが、今月のお給料はちょっと楽しみかも(笑)。

DSCF7233 (480x360)
2016年2月6日は、2016年2回目の「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。

教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は「にぼっしー中華そば家」をランチ訪問しました。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。


地図です。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2016年1月23日だったので、2週間ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF7133 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「セロリキムチ」で、韓国料理が「豚肉と古漬けキムチのチム(煮込み)」です。


【セロリキムチ】
DSCF7177 (480x360)
セロリキムチはキムチの中では比較的簡単に作れるキムチで、作ったらすぐに食べることが出来ます。

先生はキムチ教室11年目にして2回目で、10年ぶりだとおっしゃっていましたが、拙ブログによれば、2008年2月2日2013年6月15日に習っていました。

材料は全て卓上にセットされています。

この日は体調不良でお腹を壊しているという常連の方がいらっしゃったのですが、先生がとっても効くからと、梅エキスを濃いめにお湯でといたジュースを飲ませていました。
そのおかげか?、無事、教室の終盤、試食をすることが出来ました(笑)。

DSCF7132 (480x360)
まず最初にセロリを塩漬けにします。
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。

DSCF7139 (480x360)
セロリを節ごとに切り離します。
この段階ではまだ洗わなくて大丈夫です。

先生、「節」という単語を初めて知ったとのことで、「勉強になるね。」と言っていました(笑)。

DSCF7141 (480x360)
葉はキムチにしても美味しくないのと、黒ずんでしまうので、使いません。
茎に付いちゃっているものはそのままでオッケーです。

DSCF7145 (480x360)
セロリは縦に二等分に切ります。
太い場合は三等分でも。

DSCF7147 (480x360)
次に、横に4・5センチに切り揃えます。

セロリは厚みがある方が、シャキシャキした食感を楽しめるとのこと。

DSCF7149 (480x360)
セロリの筋は取りません。
食べた時にいい歯応えになるとか。
気になる人は取ってもいいそうですが、実際、出来上がったセロリキムチを自分で食べてみたら、全く気にならなかったです。

DSCF7150 (480x360)
セロリを洗い、ある程度水分を切ったところで大きなボウルに入れ、塩をふりかけます。
「妻家房」で使っている塩は岩塩なので粒が大きく、少し溶けにくいのでセロリに付いた水分でなじむようにします。

DSCF7154 (480x360)
全体を混ぜ合わせ、軽く押して、1時間置きます。
重しは不要です。
上下を返し、さらに1時間置きます。

海水ぐらいの塩分濃度の塩水に漬けても出来ますが、時間がかかるとのこと。

DSCF7178 (480x360)
実習では時間がないので、あらかじめ工場で塩漬けしたものを使います。

DSCF7161 (480x360)
次に、ヤンニョムを作ります。
大きなボールに唐辛子粉を入れ、、、

DSCF7163 (480x360)
さらに、アミの塩辛、潰したニンニク・ショウガ、イワシエキス、砂糖、水あめ、すりタマネギを加えて、、、

DSCF7166 (480x360)
しっかりと混ぜ合わせます。

DSCF7168 (480x360)
ニラを4・5センチの長さに切って、、、

DSCF7170 (480x360)
ヤンニョムに混ぜ合わせます。

DSCF7173 (480x360)
さらに、セロリを投入。
野菜を入れたらあまり揉まないように混ぜ合わせます。
この日は手ではなく、スパチュラで混ぜ合わせました。

DSCF7175 (480x360)
最後にをいりゴマを加え、ざっと混ぜたら完成です。

DSCF7176 (480x360)
味見をして、好みの味に微調整します。
この日は甘みが足りないとのことで、梅エキスを足しました。

DSCF7184 (480x360)
お皿にキレイに盛りつけます。

すぐに食べることが出来て、食べ頃は1週間後ぐらいとのことですが、お好みです。
時間が経つと酸味が出て来ます。

作り立ては味がヤンニョムのニンニクの辛味や唐辛子の辛味が強いですが、浅漬けなのでセロリはとってもシャキシャキでした。

DSCF7179 (480x360)
一人一袋、持ち帰ります。
結構量が多いです。


【豚肉と古漬けキムチのチム(煮込み)】
DSCF7180 (480x360)
この日のお料理は豚肉と古漬けキムチのチム(煮込み)です。
薬膳レシピだそうです。

DSCF7181 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF7183 (480x360)
この日使った古漬けキムチは、先生が昨年5月に作ったものだそうです。

酸味がしっかり出た古漬けキムチはいろいろなお料理に使うことが出来ますが、古漬けにする白菜キムチは、漬ける時に塩・唐辛子・ニンニク・ショウガ・イワシエキスのみを加え、甕に詰めたら上に真っ白になるまで塩をふるそうです。

DSCF7182 (480x360)
お肉は豚バラ肉の薄切りを使います。

DSCF7189 (480x360)
白菜キムチは、もったいないですが、かなりしょっぱいので水で洗います。

DSCF7191 (480x360)
ビックリするぐらい色が抜けちゃいました。
白菜キムチは1/4株のまま調理します。

DSCF7190 (480x360)
フライパンやお鍋をセットします。

DSCF7193 (480x360)
煮干しは頭を取らずにそのまま入れ、、、、

DSCF7194 (480x360)
洗ったキムチを投入し、、、

DSCF7196 (480x360)
水を加えて煮ます。
フタをして、水が沸騰したら中火にして、40分から1時間煮込みます。

洗っただけの白菜キムチはまだまだしょっぱいそうで、煮ていると柔らかくなるだけでなく、塩気が水に移るそうです。

DSCF7199 (480x360)
お鍋またはフライパンにお肉を入れ、、、

DSCF7203 (480x360)
唐辛子粉、すりニンニク、すりショウガ、砂糖を加え、揉み込んで10~20分置きます。

DSCF7206 (480x360)
オリーブオイルを入れて焼きます。
サラダ油でもオッケーですが、オリーブオイルの方が美味しいとのこと。

DSCF7208 (480x360)
ここでコショウをかけます。

DSCF7210 (480x360)
お肉にしっかり火が通ったら、、、

DSCF7212 (480x360)
古漬けキムチとお水、あれば、古漬けキムチを煮込んだ時に残った水分を加えます。

DSCF7214 (480x360)
タマネギをざく切りして、、、

DSCF7215 (480x360)
加え、、、

DSCF7218 (480x360)
さらに、長ネギを斜め切りして、、、

DSCF7219 (480x360)
一緒に煮込みます。

DSCF7221 (480x360)
あれば酸味の出た白菜キムチのつけ汁を加え、、、

DSCF7226 (480x360)
たっぷりの豆もやしを入れて煮込みます。

DSCF7187 (480x360)
古漬けキムチを煮込む時間が実習時間だけでは足りなかったので、試食分の大鍋を部屋の片隅のコンロでずっと煮ていました。
いつもは上のレストランで試食用を作ってもらうことが多いのですが、この日は全て先生が作ってくれました。

DSCF7228 (480x360)
この大鍋を仕上げます。
フライパンに比べてかなり大きいのがわかるでしょうか?

DSCF7230 (480x360)
豆もやしを最後に加えます。
豆もやしの生臭さが出ないよう、フタはしません。

途中、味を見て、好みで砂糖を加えます。

DSCF7233 (480x360)
豆もやしの豆が煮えたら完成です。
この日はコンロの火が弱くて、なかなか煮えませんでした(汗)。
美味しそ~。

DSCF7235 (480x360)
お肉は大きいままで煮込んでいたので、この段階で一口サイズにキッチンばさみで切り分けます。

DSCF7239 (480x360)
盛り付けです。
まず、1/4株の古漬けキムチをお皿に取り出します。

DSCF7242 (480x360)
キッチンばさみで茎を取り除き、一口サイズに切り分けます。

DSCF7243 (480x360)
他の具材を盛りつけます。

DSCF7245 (480x360)
こちらで完成!

DSCF7246 (480x360)
いよいよ楽しい試食タイムで~す☆

DSCF7251 (480x360)
味が濃いめのおかずだからと、この日はご飯も出していただきました。

DSCF7250 (480x360)
添えられていたスプーンがかなり巨大(笑)。

DSCF7253 (480x360)
いただきま~す!

DSCF7254 (480x360)
お肉も白菜もとても柔らかく、とろけそうです。
豆もやしはシャキシャキでした。

DSCF7256 (480x360)
おかわりもしちゃいました。
古漬けキムチ特有の酸味はそれ程きつくなく、ピリ辛でほんのり甘めな味付けです。
ご飯がいくらでも食べられそう。

DSCF7258 (480x360)
セロリキムチを作った時に残った葉を、先生が即席でナムルにしてくれました。
葉をさっと塩ゆでにし、長ネギ・いりゴマ・すりニンニク・ほんの少しの牛肉ダシダ・多めのゴマ油・イワシエキスまたは醤油を加え、しっかりと揉み込むそうです。
イワシエキスと醤油はどちらかだけでもいいし、半分ずつにして両方使っても良いとのこと。
このナムル、セロリのクセが程よく抑えられて、でもしっかり風味があって、すっごく美味しかった!!


セロリキムチは個人的に大好きで、手順も簡単なので自宅でぜひ作ってみようと思います。
残った葉を使ったナムルは、無駄をなくすし、何よりとっても美味しくてすごく気に入りました。

キムチチムは、以前韓国で食べた時、味は決して悪くないけど古漬け特有の酸味が強過ぎて、うーん、、、という感想だったのですが、この日の味付けはすごく酸味がマイルドで、むしろほんのり甘くて美味しかったです。
このレシピを習わなかったらキムチチムを一生食べなかったような気がするので、すごく勉強になりました。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日2015年11月7日
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日2014年11月1日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日2016年2月6日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日2016年1月23日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日2014年4月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ(カッキムチ) (2010年2月20日2014年3月1日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日
たけのこの水キムチ (2014年7月5日
白菜と大根の水キムチ(醤油味)  (2014年9月6日
水キムチ (2015年10月17日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)  (2014年7月5日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
ワインサムギョプサルとネギの和え物 (2014年4月5日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
スンチェマンドゥ (2014年2月5日
マチム (2014年3月1日
豚プルコギ (2014年9月6日
鶏プルコギ (2014年11月1日
カルビチム  (2015年10月17日
ゆで豚肉ポッサム (2015年11月7日
キムチぎょうざ (2016年1月23日
豚肉と古漬けキムチのチム (2016年2月6日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

[きのこプルコギ鍋とキムチセット]
2015年12月27日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg





2016年2月6日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2016/02/18 06:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
にぼっしー中華そば家  @四谷三丁目
年末年始に体重が思いっきり上がっちゃうのは毎年のことですが、2月の半ばを過ぎるともう「正月太り」とは言えないよな~と反省し、春が来る前にそろそろしっかりダイエットしなきゃと思う、今日この頃です(汗)。

DSCF7115 (480x360)
2016年2月6日は、2016年2回目の「妻家房」でのキムチ教室でした。
教室が始まる前にいつも楽しみにしているのがこの界隈のラーメン屋さん巡りですが、この日は「にぼっしー中華そば家(にぼっしーちゅうかそばや)」へ。

DSCF7128 (480x360)
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から新宿通りの左側を四谷方面に向かって歩きます。
3つ目の車力門通りを左折し、しばらく行くと右手にお店があります。


地図です。

DSCF7127 (480x360)
「にぼっしー」は2015年4月22日にオープンしました。
煙人」という居酒屋さんを昼間の時間だけ間借りして営業しています。

DSCF7130 (480x360)
人気店のようで、外にイスが2脚置いてありました。

DSCF7129 (480x360)
こちらは帰りがけに撮影した写真です。
営業時間は午後3時までとなっていますが、売り切れ終いなので、この日は午後1時半頃には終了していました。
私の後3人位だったので、危ないところでした。

DSCF7099 (480x360)
午後1時頃入店すると、先客2名だったので、お店の奥に行って少し待つことに。
食べているお客さんは全員男性でしたが、待ち客2名は女性でした。
フロアはとても狭く、右に厨房、その前にカウンター席という造りです。
換気が悪いのか、店内は暖かいだけでなく、とても湿気が多くて、カメラが曇っちゃいました(笑)。

お店はやや強面な店主さんがお一人で切り盛りしています。

DSCF7107 (480x360)
少し待って、カウンターの右端に着席。

DSCF7101 (480x360)
夜の営業の「煙人」のものですが、お手製の果実酒がずらり。
美味しそ~。

DSCF7104 (480x360)
卓上にはお酢、コショウ、爪楊枝、ゴミ箱などが置かれています。

DSCF7105 (480x360)
「にぼっしー」という店名も可愛いですが、「にぼっ酢~」も、とってもカワイイ。

DSCF7106 (480x360)
ゴミ箱も、小さなピンクでラブリーです。
店主さんのキャラと合わないのでは?(笑)

DSCF7103 (480x360)
メニューです。
中華そば、つけそば、汁なしそばの3種類があります。
こちらのお店は普通盛りで一般のお店の大盛り分あるという、ボリュームが有名です。
だからなのか、麺少なめにすると100円引いてくれるという、ありがたいサービスがあります。
ご飯類の提供はなく、持ち込み可、という面白いスタイルを取っています。

並んでいる時に店主さんが先にメニューを見せてくれて、注文しておきました。
前に並んでいる女性二人には「普通盛りだと他のお店の大盛りぐらいです。」と説明していたのに、私には説明はなし。
食べると思われた?(笑)。
ともあれ、ボリュームの多さを体感したかったので、中華そばの普通盛りをお願いしました。

DSCF7113 (480x360)
カウンターの上に大きなお茶のポットとコップが置いてあるので、セルフで取ります。

DSCF7112 (480x360)
お茶をいただきながら、出来上がりを待ちました。


中華そば  (700円)
DSCF7115 (480x360)
10分弱で登場。
いただきま~す。

麺が多いだけあって、半分ぐらい、汁から麺が出ていました。

実は或る場所で或るものを発見すると味玉がサービスになるのですが、私が見つけて店主さんに伝えたものの、忘れられてしまい、ちょっぴりガッカリ。

DSCF7116 (480x360)
白くて細長いレンゲがドンブリに差してあります。

DSCF7118 (480x360)
中央にはナルトが1枚トッピングしてあり、その上にユズの細切りがキレイにのせてありました。

DSCF7120 (480x360)
メンマはたっぷりめ。
シャキシャキした食感でした。

DSCF7119 (480x360)
海苔は1枚です。
こちらよく見ると、、、

DSCF7123 (480x360)
細長い三角形なのです。
ありそうだけど、意外と見かけたことがないですね~。

DSCF7122 (480x360)
まずはスープを一口。
店名どおり、煮干しの風味がガツンときます。
ただ、お醤油ベースのダシが、私の好みからするとあっさり目でやや物足りなかったです。
油感は結構ありました。

DSCF7125 (480x360)
麺は黄色っぽい中太麺で、少し縮れています。

DSCF7126 (480x360)
ちょっとわかりにくいですが、左側のところがダマになっちゃって食べ辛かったです。

DSCF7117 (480x360)
チャーシューは断面がとってもキレイなピンク色。
下味は薄めながらも、程よい食感で、噛み締めるほどにお肉の味が感じられて、美味しかった~。


普段煮干しラーメンはあまり食べないですが、意外と美味しく思えたものの、あっさりダシはやっぱりあまり好みではないと再認識(汗)。
ともあれ、本当にボリュームが多くて、700円というお値段でかなりお腹いっぱいになったので、CPは抜群だと思います。



◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のお店です↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  【閉店】ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  【閉店】らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  【業態変更】太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日2014年6月21日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  【閉店】そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日
40  Ramen TOKI (2015年6月20日
41  横浜家系らーめん たけ家  (2015年7月4日
42  【閉店】ラーメン力 東風  (2015年9月5日
43  鯛塩そば 灯花 (2015年11月7日) 
44  ハナウタ。 (2016年1月23日
45  にぼっしー中華そば家 (2016年2月6日

◎ラーメン以外

 1  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 2  キッチン たか (2013年6月15日
 3  大阪鮨 四谷 八竹 (2014年7月5日
 4  なか卯 四谷三丁目店 (2014年11月1日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年2月6日訪問時お店DATA
*************************
にぼっしー中華そば家 (にぼっしーちゅうかそばや)
〒160-0007 
東京都新宿区荒木町3
TEL 非公開
営業時間 11:00~15:00(L.O.14:30)  
定休日 日曜日
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/17 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(4) |
タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店  @市ヶ谷
私は花粉症なのですが、毎年、シーズンが始まる時期に「今年こそ体質が変化して、花粉症が治っているはず!」と信じているのですが、日曜日の夜、春一番が吹き荒れた東京に戻ってきたら、東京駅のホームでくしゃみ連発(汗)。
あ~、とっても残念ながら、今年も花粉とお付き合いしなきゃいけないようです(泣)。

DSCF7073 (480x360)
2016年2月4日は、お昼時に上司とOさんがお昼時に不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
新店や行きたいお店が特に思い浮かばず、二人でどこに行くかしばし悩んでしまったのですが、先輩が「いつも同じで申し訳ないのですが、、、」と、「GEMS市ヶ谷」にある「タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店」の名前を挙げたので、タイ料理大好きな私は、もちろん、オッケー!!

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。
市ヶ谷駅を出てすぐ、坂の上を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。


地図です。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。
今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

DSCF4601 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。

10店舗全部でランチ営業をしている訳ではなく、確か7・8店舗だったと思います。

DSCF5042 (480x360)
オールドタイランド」は、19世紀末に開明期のタイの首都バンコクに建てられた貴族の家のことだそうです。
新橋と飯田橋に支店があり、GEMS市ヶ谷店は3店舗目で、2014年11月13日にオープンしました。
他に、姉妹店の「クルン・サイアム」というお店もあるそうです。

DSCF5041 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
エレベーターの中にあるフロアマップはこんな感じです。

DSCF5018 (480x360)
こちらは店内からエレベーターを見たとき写真です。
エレベーターを降りると、お店のフロアにそのままつながっています。

DSCF5003 (480x360)
フロアは左に厨房があり、その前にカウンター席、周りにテーブル席が並んでいます。
アジアン料理というと、民族風のコテコテっぽい内装が多いですが、こちらは木目の調度品を使っているもののかなりモダンなテイストです。

DSCF5004 (480x360)
天井なんて鏡張りの上に紫色のライトが走っていて、かなり派手でした。

前回ランチ訪問したのは2015年12月16日だったので、約1ヶ月半ぶりです。

DSCF5017 (480x360)
「オールドタイランド」のランチは人気でいつも大混雑。
個人的な体感では、GEMSの中で一番人が入っている感じがします。

DSCF4983 (480x360)
テーブルの下には荷物を入れるためのカゴが置いてありました。

DSCF4984 (480x360)
窓がとても大きく、外を眺めるとこんな感じです。

DSCF4985 (480x360)
テラス席もあります。

DSCF1146 (480x360)
テラス席からの眺めです。
3階なので、とっても人が近く感じられました。

DSCF1147 (480x360)
植物も沢山並べてあります。

DSCF3953 (480x360)
12時20分頃に到着すると、先客が4・5人待っていました。
エレベーターの前は、フロアの動線上仕方ないのですが、お会計を終えて帰る人と待っているお客さんでかなりゴチャゴチャ(汗)。
店員さんも忙しそうなので、どんどんエレベーターから上がってくるお客さんの順番はほぼ自己申告です。

少し待ってから、カウンター席の右端に通されました。

卓上には紙ナプキン、カトラリーのセット、キャンドル用?のコップ、呼び出しボタンが置いてありました。

DSCF3954 (480x360)
こちらは、タイ料理屋さんお約束のナンプラー・お酢・プリックポン(唐辛子をすりつぶしたもの)・砂糖の4種類が入ったクルワンプルーンです。
私はあまり味わいを調整する方では無いので、ほとんど使ったことがないです。

DSCF3958 (480x360)
カウンターにはタイっぽいカワイイ小物がたくさん。
こちらは編み込んだ小さな器で、爪楊枝が入っています。

DSCF3959 (480x360)
こちらはデザインされた焼き物?で、キャンドル入れやナプキン入れとして使われています。

DSCF3967 (480x360)
こんな、タイ何だかアジア何だかわからないものも(笑)。

DSCF3956 (480x360)
ガラス張りの厨房では、たくさんの調理人の人たちが忙しそうにお料理を作っています。

DSCF3952 (480x360)
着席すると、店員さんがお茶を出してくれました。
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF4994 (480x360)
ランチメニューです。
写真がキレイで大きくて、すごく見やすいです。

お料理は13種類と多く、お値段は880円から1,240円と、エスニック系にしてはちょっとお高めです。
唐辛子マークの本数で辛さの程度がわかります。

DSCF7062 (480x360)
タイ料理を食べに来る時は、いつもガツンとした味わいが食べたい時なのですが、「オールドタイランド」には結構通い詰めているので、そういう味わいのメニューはもうかなり食べちゃいました。
でも、ふと見ると、まだ食べたことのなかったガパオが唐辛子3本マークで一番辛いことがわかり、こちらを注文。

DSCF4989 (480x360)
こちらはドリンク&デザートメニューです。
タイのお茶やデザートもいただくくことが出来ます。

DSCF5011 (480x360)
おしぼりは白いビニール袋に入ってます。
卓上のカトラリーセットに置いてありました。

DSCF7067 (480x360)
注文を終えると、すぐにスープが登場。


ガイ・パット・バイガパオ・ラート・カオ  (990円)
DSCF7073 (480x360)
この日は本当にお料理が出るのが早く、あっという間にメインも出て来ました。
いただきま~す!!

DSCF7070 (480x360)
スープは薄いブルーの器に入っていて、ダブルソーサーになっています。
細いアルミのスプーンが添えられていました。
まずはスープから。

DSCF7082 (480x360)
このスープ、「嘉賓」のと同じですが、日によって結構味わいが変わります。
この日は個人的に大当たりで、ビシッと辛くて酸っぱくて、本当に美味しい!
一気に体温が上がる感じがして、気をつけないと咳き込んじゃいそう(笑)。

DSCF7084 (480x360)
中には海老や香草、、、

DSCF7085 (480x360)
フクロダケや小ネギが入っていました。

DSCF7075 (480x360)
生春巻は、小さなサイズに切ったものが2つ、白いココットに入っています。
刻んだナッツがトッピングされていて、スイートチリもかけてありました。

DSCF7087 (480x360)
たっぷりのキャベツのほか、ニンジンや大葉、春雨?などが入っていて、かなりあっさりとした味わいです。
作り置きだから仕方ないのですが、切り口が乾燥しちゃっていたり、巻きが甘くてお箸で持ち上げようとすると崩れちゃう時があるのがちょっと残念。
この日はフツーに美味しかったです。

DSCF7091 (480x360)
この日、お茶が忘れられていて、食事の途中に登場。
ワタクシ、食事中にあまり水を飲まない人間なので、全然気付いていませんでした(笑)。

DSCF7076 (480x360)
ガパオは楕円形のお皿に盛られ、ご飯などが添えられていました。

DSCF7077 (480x360)
普段「ガパオ」と言っていますが、メニュー名は「ガイ・パット・バイガパオ・ラート・カオ」と、すごく長いんですね~。
ホーリーバジルというタイのハーブと鶏挽肉の相性がとってもいい、タイの屋台や食堂で人気ナンバーワンのメニューだとか。
お肉の他、タマネギ、赤・緑パプリカが入っています。

DSCF7078 (480x360)
ご飯はボールのように丸められて、まるで小山のようになっています。
かなりのボリュームです。

DSCF7079 (480x360)
ご飯の上には目玉焼きがトッピングされていますが、こちらは黄身が半熟で、揚げた目玉焼きとのこと。

DSCF7080 (480x360)
キュウリの飾り切りが3本添えられています。
タイ料理では、よく見かけますよね~。

DSCF7093 (480x360)
ガパオをそのまま食べたり、ご飯にのっけて食べたりしていましたが、途中からは、ご飯全体を混ぜ合わせちゃいました。
タイ料理らしい辛さを期待して注文したのですが、多少の辛味はあるものの、むしろ甘さを感じてパンチがちょっと足りなかったのは残念。

DSCF7089 (480x360)
半熟の黄身を混ぜると、味わいがマイルドになり、旨味が加わります。

DSCF7094 (480x360)
あまりのご飯の量に、先輩が途中でギブアップ。
もったいないので、私が残りをいただいちゃいました。

DSCF7095 (480x360)
この日の伝票です。


ガパオはちょっと期待していたよりもパンチのある味わいじゃなかったのが残念でしたが、スープがとにかく辛旨だったし、ご飯のボリュームはとてもたっぷりだったので、お腹いっぱいになりました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたランチメニューです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎定番メニュー
ガイ・パット・バイガパオ・ラート・カオ (2016年2月4日
カオ・パット・トムヤム   (2015年10月21日
カオソイ  (2014年12月4日

◎季節メニュー
チムチュム (2015年12月16日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF7062 (480x360)

DSCF7063 (480x360)

DSCF7066 (480x360)

DSCF7065 (480x360)



ドリンク&デザートメニューです↓
DSCF4989 (480x360)

DSCF4990 (480x360)

DSCF4991 (480x360)

DSCF4992 (480x360)

DSCF4993 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ GEMS市ヶ谷ランチ訪問記です↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

地下1階  焼きはまぐりる 市ヶ谷  (2014年11月26日2015年10月20日
地上1階  Lucaffe GEMS市ヶ谷店  (2014年11月27日
地上2階  JAM ORCHESTRA (2015年2月3日
地上3階  タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店 (2014年12月4日2015年10月21日2015年12月16日2016年2月4日
地上4階  炭火焼鳥専門店 播鳥 市ヶ谷店  (2014年12月2日2015年10月2日
地上6階  【業態変更】伊達藩いろり屋 二代目ごいち GEMS市ヶ谷店  (2015年1月27日
        金市朗 市ヶ谷店 (2015年9月24日
地上7階  銀座 しゃぶせん  (2014年12月9日
地上8階  Bistro Grill De salita (2015年1月6日
地上9階  【ランチ営業終了】炭火焼肉 なかはら(2014年12月15日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年2月4日訪問時お店DATA
********************************
タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店 
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷3階
TEL 03-6380-8360
営業時間 
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30)
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 年中無休  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/16 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
春一番が吹いた週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか?
私は一泊二日で下関~門司~小倉のプチトリップに出かけてきました。
抜群のお天気ではなかったですが、海鮮をたっぷり食べて、関門海峡を歩いて渡ったりして、とっても楽しかったです。
元気をしっかりチャージしたので、今週もがんばりま~す☆

DSCF7037 (480x360)
2016年2月4日のランチは、先輩が「LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」のネロがどうしても食べたい!と言ってきたので、私も一緒に買うことにし、同じくネロが大好きなOさんにも声をかけ、結局、上司の分も買うことになり、事務所全員で食べることになりました。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。


地図です。

DSCF7927 (480x360)
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回お弁当を購入したのは2016年1月7日だったので、約1ヶ月ぶりです。
前回ランチ訪問したのは2014年10月27日でした。

DSCF7928 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日2014年5月2日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF5360 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

12時10分過ぎのとっても忙しい時間帯に電話したのですが、いつもどおり15分ぐらいで出来上がると言われたので、先輩がすぐに準備をして取りに行ってくれました。

DSCF1926.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF7246 (480x360)
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
階段を登る途中の右手にお店の名刺やテイクアウトのメニューが置かれています。

DSCF2960 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、今年でなんと39周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

DSCF2962 (480x360)
階段の上の天井に、矢印が描かれた看板が掲げてあります。
階段をのぼって正面が「ワイスタイル」の2つある入口の一つです。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF2968 (480x360)
入口からウェイティングの長いすがある細長い通路を通って奥のフロアに続いています。

店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

DSCF2969 (480x360)
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

先輩の話では、相変わらずの人気で、店内はウェイティングの席が全部埋まるぐらいの行列だったそうです。

DSCF2966 (480x360)
メニューなどの隙間から、厨房の様子が見えます。
写っているお料理はお店のスペシャリテである牛肉の薄切りステーキです。

DSCF5361 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。
スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。
この日は4つだったので、かなりの重さだったと思います。
先輩、ありがとうございます☆

DSCF5363 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
4つあると、壮観です(笑)。

DSCF7033 (480x360)
お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。

DSCF7034 (480x360)
この日は夜遅くまで残業する予定だったので、ガッツリ食べちゃおうと思い、久しぶりにご飯メニューにしちゃいました。
比較的最近メニューに加わったミートローフです。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。

DSCF6799 (480x360)
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

DSCF4557 (480x360)
チョイスするメニューによっては、こんなナイフが付いていることもあります。
この日、ミートローフだったので付いていました。

DSCF7035 (480x360)
いただきま~す!


<スパゲティ> ネロ (1,100円?)
DSCF7036 (480x360)
先輩は大好きなネロ。
相変わらずの美味しさで大満足だったとのこと。


ミートローフ (950円?)
DSCF7037 (480x360)
フタをオープン!
大きくて深さのある容器に溢れそうなぐらい、たっぷりと入っています。
しかも、ミートローフがでっかい!!

Oさんからは「すごい!」との声が聞こえてきました。
実はずいぶん前にOさんがソーセージのグリルを食べた時、そのボリュームに圧倒されたので、きっとミートローフもすごいに違いないとずっと思っていたので、念願が叶いました(笑)。

DSCF7045 (480x360)
ミートローフは、大きくてぶ厚いカットのものが2つ。

DSCF7039 (480x360)
ほかには、真っ黄色のバターライスに、、、、

DSCF7040 (480x360)
スパゲティが入っていました。
炒めてあるので、これだけずっと食べ続けるとちょっとパサつきます。

DSCF7043 (480x360)
ミートローフと同じソースで煮込んだシメジと、、、

DSCF7038 (480x360)
エリンギも入っていました。

DSCF7049 (480x360)
ミートローフを立たせてみたら、その大きさがよくわかります。

DSCF7048 (480x360)
裏にはこんがりとした焼き目がついていました。

DSCF7046 (480x360)
ミートローフは意外と柔らかい食感です。
種類はわかりませんが、ハーブの風味がすごくありました。

DSCF8809 (480x360)
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。
辛いテイストが大好きなので、タバスコの消費量がとっても多いです。

DSCF7050 (480x360)
ボリュームが多いので、途中でタバスコをたっぷりとかけて、味わいを変化させました。
ちょっとかけ過ぎちゃって、結構辛くなっちゃいました(汗)。

何とか食べ終え、お腹いっぱい!

DSCF5383 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
領収書です。


このところ、「タベルナ」で一番困るのはお会計。
私が持っているメニューで多分3,900円だろうと思っていたのですが、4,000円だっとのこと。ただし、内訳がわからない(汗)。
一部値上げしたらしいのですが、持ち帰りのメニューはしばらく作らないようだし、ぐるなびのメニューはかなり古そうだし、お店はかなり忙しそうなので聞く訳にもいかず、お互いの精算をするのに困っちゃいました。
「タベルナ」さんらしいなぁとは思うのですが。



◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日
  ビーフストロガノフ (2014年10月27日
 
[テイクアウト]
◎スパゲティー
  ペペロンチーニ (2014年12月12日
  バジリコ (2014年3月19日
  サルシッチ  (2014年7月28日
  アシューガ  (2015年11月17日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
  ミスキアーレ (2012年10月16日
  アラビアータ  (2014年6月17日
  トンノ  (2010年8月13日
  ペスカトーレ (2013年9月25日
  パンディエーラ (2012年6月8日
  タラモ (2013年1月31日
  サンジャック ビアンコ (2013年8月20日
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日
  カルボナーラ  (2014年11月6日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 
  カニのクリームスパゲッティ (2014年4月8日

◎リゾット
  マリタータ (2011年11月17日
  バンディエーラ (2014年12月18日
  クレーマ (2013年2月26日
  ポロ (2014年2月20日2014年8月26日
  サンジャック クレーマ (2014年4月21日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日
  フンギ (2013年7月4日
  ガンベレット ビアンコ (2014年10月3日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日
  リーネア (2012年11月13日
  ネロ (2012年6月6日
  紅ずわい蟹のクリーム (2014年10月24日2014年11月19日

◎ご飯系
  牛肉の薄切りステーキ (2013年11月20日
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  ミートローフ  (2016年2月4日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日

◎季節メニュー
  あん肝とエリンギのスパゲティー (2014年1月29日2014年10月9日
  あん肝とエリンギのペンネ (2014年12月10日
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣とエリンギのリゾット:ビアンコ (2014年10月30日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)  
  牡蠣いっぱいのリゾット:クレーマ (2015年11月17日) 
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日
  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 エビのマリネとアボガド入りフレッシュトマト添え  (2014年8月1日
  冷製 スモークサーモンとアボガド入り~フレッシュトマト添え (2014年5月1日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日
  Hotaruikaいっぱいのスパゲティー (2014年4月15日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
金額が少し変わっているようです。
DSCF2208 (480x360)

DSCF2209 (480x360)

DSCF2210 (480x360)

DSCF2211 (480x360)

DSCF2212 (480x360)

DSCF2213 (480x360)

DSCF2214 (480x360)

DSCF2215 (480x360)

DSCF2216 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg





2016年2月4日訪問時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/15 06:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(0) |
すだち屋  @四谷
みなさま、楽しい土曜日をお過ごしですか?
私は1泊2日で下関&門司のプチトリップに出かけます。
気温はかなり上がるものの雨が降るようで、ちょっと残念。
観光は半分諦めて、美味しい物を食べられるよう、専念します(笑)。

DSCF7013 (480x360)
2016年2月3日は、前日に引き続き、上司とOさんがお昼時に不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
特にあてはなかったのですが、久しぶりにしんみち通りへ行くことに。

DSCF7030 (480x360)
すると、「たけだ」の横に見たことのないランチの看板を発見。
すだち屋」というお店だそうです。
男性店員さんが客引きをしていたので、折角なので、入ってみることに。

DSCF7032 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに向かい、通りに入ってすぐ右手にある峯村ビルです。


地図です。

DSCF7009 (480x360)
ランチのチラシです。

DSCF7010 (480x360)
お店は2015年12月7日にオープンしたようですが、ランチは最近始めた、、、と客引きの店員さんが言っていたのですが。このチラシでは何故かお店オープン前の11月15日からとなっていて、よくわからず(汗)。

DSCF7029 (480x360)
お店はビルの5階です。
こんな上層階で飲食店は珍しい!
1階には行列店の「たけだ」があります。

ビルの中に入ってエレベーターに乗ります。
このビル、初めて入りましたが、かなり古びていました。

DSCF7028 (480x360)
お店の入口です。

DSCF7027 (480x360)
階段には掃除用具が置かれていました(笑)。

DSCF6994 (480x360)
フロアは長方形の造りで、意外と広くてびっくり。

DSCF6997 (480x360)
先客は1組か2組で、その後もほとんど来ていませんでした。
ランチを始めたばかりで、まだ知られていないのかな?

私たちは右端の4人用テーブルに着席。
卓上にはメニュー、紙ナプキン、おしぼり、お箸、小さいスプーン、砂糖などが置かれていました。

DSCF6995 (480x360)
窓の外にはほんの少しだけスペースが空いていて、とても綺麗なお花が飾られています。

DSCF7004 (480x360)
角地に立っているビルなので、5階まで来ると、意外と眺めが良かったです。
しんみち通りで景色を楽しめるなんて(笑)。

DSCF7005 (480x360)
この日はお天気がとっても良かったので、すごくキレイでした。

DSCF6996 (480x360)
お水の入ったボトルはとっても大きかったです。
グラスはサッポロのビールグラスでした。

DSCF7006 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF7007 (480x360)
ランチは単品が1種類で650円、前菜とセットが750円の2種類があります。
前菜とのセットは、メインを3種類の中から選べます。

DSCF7008 (480x360)
ライスはプラス100円、ソフトドリンクはプラス150円で付けることが出来ます。
ライスにプラス料金が発生するのは、かなり珍しい~。

折角なので、前菜とセットの方をチョイスし、メインは先輩も私も、お店のイチオシらしき豚しゃぶミルフィーユカツにして、ライスも併せてお願いしました。


TODAY’S ASSORTED THREE APPETIZERS ~本日の前菜3種盛り~
DSCF6998 (480x360)
前菜が、割とすぐに登場。
細い長方形のお皿に盛られていました。

DSCF7001 (480x360)
カリフラワーとジャガイモのサラダ。

DSCF7003 (480x360)
いろいろ野菜のマリネ。
ゴボウとかレンコンとか入っているのが珍しかったです。

DSCF7002 (480x360)
キャロットラペ。


豚しゃぶミルフィーユカツ  (前菜付き750円)
DSCF7013 (480x360)
いただきま~す!
一人分のお料理を撮影するのを久しぶりに忘れちゃいました(汗)。


ライス (100円)
DSCF7014 (480x360)
いつもはダイエットでご飯は少なめでお願いしますが、この日はプラス料金を払っているので、あえてそのまま。
先輩も同じ考えでした(笑)。

DSCF7015 (480x360)
浅く窪んだお皿に盛られていました。
それ程多くはありません。

DSCF7016 (480x360)
豚しゃぶミルフィーユカツは、白くて正方形のお皿に盛られていました。

DSCF7019 (480x360)
カツには千切りのキャベツが添えられています。

DSCF7018 (480x360)
サラダスパ的にスパゲッティもありました。

DSCF7020 (480x360)
豚しゃぶミルフィーユカツは2個。
あまりにも小判型の成形がキレイで、既製品のように見えちゃいました(汗)。
すみません。

DSCF7022 (480x360)
食べてみると、ちょっとイメージと違うミルフィーユ状態。
お肉のミルフィーユをイメージしていましたが、実際には薄切りのお肉とタマネギ・白菜などで層を作ってあります。
タマネギが結構大きいカットで、食べると、こんな空洞になっちゃいました(汗)。
お肉の旨味も感じられましたが、タマネギの存在感が抜群で、とっても甘かったです。

DSCF7023 (480x360)
もう一個の方はチーズが入っていました。
間違いない美味しさです。


全体のボリュームは普通です。
ミルフィーユがちょっと想像と違ってお野菜多めだったのはちょっと残念。
ともあれ、思いがけず新店訪問が出来て嬉しかったです。


ランチのチラシです↓
DSCF7009 (480x360)

DSCF7010 (480x360)

DSCF7011 (480x360)





2016年2月3日訪問時お店DATA
****************************
すだち屋
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-4-2 峯村ビル5階
TEL 03-3351-3177  
営業時間 
[昼] 11:30~15:00
[夜] 17:00~24:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/13 00:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国家庭料理 名家  @東新宿
みなさま、楽しい休日を過ごされましたか?
私は昨日はとっても良いお天気の中、10キロジョギングをしたところ、本当に久しぶりに1時間10分を切ることが出来ました。
翌日の疲れもだいぶ残らなくなってきたし、週一回しか走っていませんが、だいぶ調子が上向きになってきていて、うれしいです。

本日は、マイブログ圏外の東新宿にある「名家」のレポートです。

DSCF6940 (480x360)
2016年2月2日の夜、韓国料理好きのメンバー7名で、東新宿にある「韓国家庭料理 名家(みょんが)」へ行きました。

DSCF6879 (480x360)
地下鉄東新宿駅から大久保通りの左側を新大久保駅方面に進み、通りを二つ越えたところに桜井ビルがあり、お店はその1階です。
私は新大久保駅から大久保通りをテクテク歩いてきました。
お隣は「いきなり!ステーキ」です。


地図です。

DSCF6880 (480x360)
「名家」は、2003年12月にオープンした韓国家庭料理のお店で、特に日本では珍しい美味しいカンジャンケジャンが食べられるとのこと。

DSCF6883 (480x360)
入口は大久保通りから一本入った路地にあります。

DSCF6885 (480x360)
お店は地下1階なので、階段を降りて行きます。

DSCF6888 (480x360)
フロアはそれ程広くはありません。
午後7時半頃に入店したところ、先客は3組ほど。

DSCF6886 (480x360)
総勢7名の私たちの席は、左側のテーブル2組をくっつけてありました。

DSCF6889 (480x360)
テーブルの真ん中にはお鍋の火があります。

DSCF6887 (480x360)
予約をしていたので、あらかじめセットされていました。

DSCF6907 (480x360)
6人揃ったところで、お食事スタート!
最初に、韓国料理のお楽しみ、バンチャンが出て来ました。
4種類です。

DSCF6908 (480x360)
レンコンを煮付けたもの。

DSCF6909 (480x360)
豆もやしのナムル?

DSCF6910 (480x360)
韓国おでんと野菜の和え物?

DSCF6911 (480x360)
野菜の甘酢漬け。

DSCF6892 (480x360)
この日の最大のお目当ては、日本では滅多に食べられないカンジャンケジャン。
「名家」では、築地直送の生きた渡り蟹を名家秘伝のタレに漬け込みます。
入荷がないと作れないので、予約するのが確実ですが、予約しても食べられないことも。


カンジャンケジャン (1杯3,600円×4=14,400円)
DSCF6940 (480x360)
予約をしておいたので、食事のスタートと共にカンジャンケジャンの登場。
当日キャンセルした人が一人いたので、8人前、4杯分。
圧巻です!

DSCF6939 (480x360)
お味噌がたっぷり。
真夏以外はずっと食べられるそうですが、味噌がたっぷり入っている冬が一番良いのでは?

あまりにも興奮していて、最初に飲んだビールの写真を撮り忘れ(笑)。

DSCF6946 (480x360)
ワタクシ、韓国料理はかなり好きでいろいろ食べていますが、カンジャンケジャンはほとんど経験がなく、とっても楽しみでした。
写真を取り忘れましたが、手が汚れてもいいように、ビニールの手袋を出して頂けます。
でも、個人的には食べにくいので、手で食べた方が楽ちんで。

DSCF6945 (480x360)
カニの身が甘くとろけます。
美味しい~。
大きめなカニなので身もたっぷりあって、タレは見た目ほど濃くはありません。
全員無言で食べ続けていました(笑)。

このお店でカンジャンケジャンを食べたのが3回目という方がいうには、今回が一番美味しかったとのこと。
そういうタイミングで来られて、本当に幸せ。

DSCF6957 (480x360)
カニを食べ終えると、店員さんが一旦お皿を下げて、残ったタレでご飯を作ってくれます。

DSCF6958 (480x360)
これもまた絶品!
蟹の旨味たっぷりのタレなので、いくらでも食べられそう。


カンジャンセウ
DSCF6912 (480x360)
こちらは同じくカンジャンで漬け込んだ海老バージョンです。
韓国でもそんなに食べられないメニューです。

DSCF6916 (480x360)
本当は8尾セットだったようですが、お店の方のはからいで7尾にしていただきました。
ありがとうございます☆

DSCF6933 (480x360)
クルマエビ、とっても大きい!
殻をむくのも簡単。

DSCF6943 (480x360)
海老の身は引き締まっていて、かなりブリブリした食感です。
こちらも甘みがあって美味しかった~。
渡り蟹はなかなか難しいけど、海老なら自分でも作れそう。
今度自宅でチャレンジしてみようかな。


ポッサム 大 (2,400円)
DSCF6949 (480x360)
他のお料理もいろいろと注文。

全員、カニや海老に夢中で食べ続けているのに、注文したお料理がどんどん出て来ちゃいました。
置く場所がないので、テーブルの端っこにまとめておいて、少し時間が経ってから食べることに。
なんか、テーブルの様子を見ないで注文に対応しちゃうのがとっても韓国らしかったです(笑)。
女主人らしき方は、手の空いている時は常連さんのテーブルにずっと座っていたし。

DSCF6951 (480x360)
白菜の塩漬けかな?
これにお肉をのっけて頂きます。

DSCF6952 (480x360)
このヤンニョムがとっても美味しかった!
しっかりと辛味があって、セリの風味があって、これだけでもおつまみになります。

DSCF6950 (480x360)
ワタクシ、ポッサムって豚肉を茹でただけ、、みたいなイメージがあって、あまり進んで食べることがなかったのですが、2015年10月6日に「美名家」で食べたポッサムがとっても美味しくて、ポッサムに対するイメージが激変。
このお店のポッサムもとっても美味しくて、パクパク食べちゃいました。

DSCF6962 (480x360)
お肉だけ食べても良いし、こうやって白菜やヤンニョムと食べても美味しい。


チャプチェ 大 (1,200円)
DSCF6955 (480x360)
せっかくのチャプチェですが、食べる頃には冷めちゃっていたのが残念。

DSCF6956 (480x360)
わりと細めの麺でした。


マッコリ
DSCF6963 (480x360)
マッコリは壺で登場。
雰囲気あっていいですね~

DSCF6967 (480x360)
普通のマッコリか、生マッコリか、自分で注文していないので、よく覚えていません(汗)。

DSCF6968 (480x360)
イードンマッコリを飲んだのは久しぶり。

DSCF6960 (480x360)
サラサラして飲みやすかったです。


ウゴジスープ
DSCF6972 (480x360)
かなりお腹いっぱいでしたが、やっぱり汁物が食べたいね、ということで、ウゴジスープを注文。

DSCF6978 (480x360)
野菜たっぷりです。

DSCF6979 (480x360)
グツグツ煮えたら、いただきま~す!

DSCF6980 (480x360)
意外とピリ辛でとても身体が温まりました。


とうもろこし茶ハイ (400円)
DSCF6970 (480x360)
とうもろこし茶、大好きなので家でも飲んでいますが、こちらかなり甘みがしっかり出ていて、美味しかった~。
2・3杯飲んじゃいました。

DSCF6988 (480x360)
韓国海苔はおつまみにピッタリ。

DSCF6989 (480x360)
お会計です。
着席してすぐにぐるなびのクーポンを見せたのに、忘れられてる!

DSCF6991 (480x360)
無事、10%引きしてもらえました(笑)。
合計40,289円、一人約5,800円です。

DSCF6993 (480x360)
最後にお茶をいただきました。

DSCF7334 (480x360)
予約をしたからと、お土産をいただいちゃいました。
韓国海苔と白菜キムチです。
自宅でいただきましたが、こちらのお店の白菜キムチ、とっても美味しかったです。


予約からお料理の注文まで、幹事さんに全てお任せでとっても楽ちんでした。
感謝、感謝です☆

人生ほぼ初めてのカンジャンケジャン、とろけるような美味しさで絶品でした。
いつか韓国で食べてみたいな~。


メニューです↓
DSCF6890 (480x360)

DSCF6891 (480x360)

DSCF6892 (480x360)

DSCF6893 (480x360)

DSCF6895 (480x360)

DSCF6896 (480x360)

DSCF6897 (480x360)

DSCF6898 (480x360)

DSCF6899 (480x360)

DSCF6900 (480x360)

DSCF6901 (480x360)

DSCF6902 (480x360)

DSCF6921 (480x360)

DSCF6903 (480x360)

DSCF6905 (480x360)

DSCF6922 (480x360)

DSCF6923 (480x360)

DSCF6924 (480x360)

DSCF6925 (480x360)

DSCF6926 (480x360)

DSCF6927 (480x360)

DSCF6928 (480x360)

DSCF6929 (480x360)

DSCF6930 (480x360)

DSCF6931 (480x360)

DSCF6932 (480x360)






2016年2月2日訪問時お店DATA
*********************************
韓国家庭料理 名家 (みょんが)
〒169-0072 
東京都新宿区大久保1-5-13 桜井ビル地下1階
TEL 03-5287-6463
営業時間 11:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 毎週月曜日
  * 月曜日が祝日の場合は翌火曜日、火曜日が祝日の場合は翌水曜日が休み
地下鉄東新宿駅B1出口から徒歩3分、その先のエレベーター口から徒歩1分
JR山手線新大久保駅から徒歩8分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2016/02/12 08:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(3) |
やきとり 串八珍 [市ヶ谷別館]  @市ヶ谷
今日は朝からとってもいいお天気ですね~。
ウキウキしながら一日を過ごすことが出来そうです。
みなさま、楽しい休日を☆

本日記事をアップした「串八珍」は、明日、閉店します。
つくねスープが大好きだったので、本当に残念です(泣)。

DSCF6857 (480x360)
2016年2月2日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
少し前にOさんから「やきとり 串八珍(くしはっちん) 市ヶ谷別館」がリニューアルすると聞いたので、この日さよならランチをすることに。

2009_0905画像0094
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に進んで最初の交差点を右に曲がり、建物三つ目のセンタービルの1階に店舗があります。正面はソニーミュージック本社です。

2009_0905画像0095
こちらも以前撮影した写真です。
「やきとり 串八珍」は株式会社豊創ホールディングスが運営する大手居酒屋チェーン店で、都内にたくさんの支店があり、この界隈では、2008年9月17日にランチ訪問した市ヶ谷店と2012年4月5日にランチ訪問した四谷店があります。

DSCF0306 (480x360)
お店の前には「ランチ営業中 串八珍」と書かれたでっかい幟が出ています。

DSCF0304 (480x360)
以前は同じ会社が運営する「鳥珍」という店名でしたが、ブランド統合し、2009年9月1日から「串八珍」に業態変更しました。

「女房公認酒場」という標語が笑えます(笑)。

2009_0905画像0047
営業時間は、昼は午前11時30分~午後2時、夜は午後5時~午後11時までです。
定休日は土・日・祝です。

前回ランチ訪問したのは2014年8月27日だったので、約1年半ぶりです。

DSCF6848 (480x360)
Oさんの言っていたとおり、リニューアルオープンのお知らせが出ていました。
「串八珍」としての営業は、明日の2016年2月12日まで。
3月下旬から株式会社豊創ホールディングスが運営する別業態の「シーアン」という西安料理のお店になるそうです。

個人的な好みからすると西安料理の方が嬉しいですが、「串八珍」のつくねとたっぷり野菜のスープ定食が大好きだったので、リニューアルはとってもとっても残念!

DSCF6849 (480x360)
ランチメニューです。
全部で6種類、お値段は720円か750円です。
大盛り無料です。

DSCF6850 (480x360)
季節柄、こんなサービスをやっていました。
ランチなのに、すごいなぁ。さすが、チェーン店。
おかげさまで、自宅の分を購入する必要がなくなりました(笑)。

2009_0905画像0050
お店は外も中も、古民家を再現している凝った造りになっています。

12時10分頃入店したところ、既に入口には入れるか入れないかぐらい並んでいました。
さすがに人気店。

2009_0905画像0052
入口は小さく、通路も狭いですが、奥に向かって店内が広がり、席数は結構あります。
しかも、二人テーブル席、四人テーブル席、お座敷、ちょっと区切った個室など、お部屋のパターンも様々です。

2009_0905画像0051
こちらのお店は前精算なので、まずはお店中央のレジで食券を購入し、店内にあるウェイティング用のイスに座るなどして、席に案内されるのを待ちます。
待っている人数が多くても、席数が多く、回転が早いので、それ程待ちません。

この日もすぐに入れ替わりがあって、レジに通されました。

DSCF8002.jpg
お座敷はこんな感じです。

2010_0330画像0011
こちらも以前撮影した写真です。
壁には夜のメニューが貼り出されています。

店員さんは、ほぼ全員がおばさま軍団です。
いつも忙しく店内を走り回っていますが、お店のキャパの割には人数が少ないようで、片付けられていないままの席が空いているのを時折見かけるのが残念。

DSCF6852 (480x360)
お会計をすると、食券代わりのプラスチックカードをいただきます。

レジではご飯の分量については聞いてくれません。
なので、着席してから来る店員さんにご飯少なめをお願いします。
このプラスチックカードはお料理と引き替えに店員さんに返すせいなのか、注文確認は色だけ見て判断してすぐにいなくなってしまうことが多いなので、ご飯を少なめにしたい人は、最初にしっかりと店員さんをつかまえることをオススメします(笑)。
ちなみに、ご飯の大盛りはレジで申告すると料理とは別の食券をもらえます。

DSCF6851 (480x360)
すぐにレジ近くの半個室になっている4人席に通されました。
4人だと扉を閉めるとちょっと窮屈に感じるぐらいの広さです。

卓上にはお茶の入ったポット、湯飲み、お醤油、七味唐辛子、爪楊枝、紙ナプキン、ディナーメニュー、チラシなどが置かれています。

DSCF8003_201309300814365aa.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お茶はセルフです。

DSCF0433 (480x360)
お茶をいただきながら、お料理を待ちます。

DSCF6856 (480x360)
ちょっとビックリするぐらい、あっという間に登場!
いただきま~す☆


つくねとたっぷり野菜のスープ定食 ご飯少なめ (720円)
DSCF6857 (480x360)
メイン、お新香2種類、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。
お味噌汁はフタ付きです。

DSCF6862 (480x360)
おしぼり、お箸スプーンが添えられています。

DSCF3885_20130621223737.jpg
おしぼりの袋には店名がカラーで印刷されています。

DSCF3887_20130621223634.jpg
おしぼりだけでなく、お箸袋にも店名が印刷されていました。

DSCF6859 (480x360)
ご飯は小さめのお茶碗に盛られています。
少なめでお願いしました。

DSCF6860 (480x360)
お新香の一つはザーサイです。

DSCF6861 (480x360)
もう一つは白菜キムチ。
ご飯のお供がたくさんありました。

DSCF6864 (480x360)
大きな器にたっぷりのスープが入っています。

DSCF6865 (480x360)
つくねはとても大きなサイズのものが4個。

DSCF6866 (480x360)
「たっぷり野菜」というだけあって、くたくたに煮込まれたキャベツがたくさん入っています。
甘みが感じられて、とっても美味しい。
セロリも入っていました。

DSCF6867 (480x360)
つくねだけでなく、ソーセージも入っています。

DSCF6869 (480x360)
スープはコンソメ味です。
この日お料理が出て来たのがすごく早かったですが、スープがかな~りぬるい(汗)。
大好きなメニューなので、これは本当に残念でした。

DSCF6873 (480x360)
つくねは一口でほおばれないほどの大きさ。
パサパサすることなく、柔らかです。

DSCF6872 (480x360)
ソーセージは皮がパリッとした食感で、スープの中に入っていても旨味が逃げていません。
2本も入っているので、食べ応え抜群。

DSCF6875 (480x360)
スープの具材を食べ終え、ご飯を投入。

DSCF6876 (480x360)
これまで何回もこのつくねスープを食べていたけど、リゾットスタイルは初めてかも。
スープもご飯も美味しく完食。

DSCF6854 (480x360)
こちらがいただいた節分のお豆。
自宅で美味しくいただきました。


大好きなつくねスープ、スープがぬるかったのは本当に残念でしたが、リニューアル前に食べられてよかったです。
次にやって来る西安料理もかなり楽しみなので、3月下旬が楽しみです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2010年3月25日2016年2月2日) 
国産黒毛牛すき焼き定食 (2009年9月3日
かつカレー定食 (2010年1月12日
釜揚げしらす丼定食 (2011年7月13日
ビビンバ丼 (2012年8月3日
ビーフカリー (2012年11月5日
麻婆豆腐定食 (2013年10月21日
ジャンボアジフライ定食 (2014年1月16日
生姜焼定食 (2014年3月17日
グリーンカレー (2014年4月1日
マグロづけ丼 (2014年8月27日

[「鳥珍」時代]
つくねとたっぷり野菜のスープ煮 (2007年5月15日) 
具だくさん豚汁定食 (2009年4月13日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


チラシです↓
DSCF0436 (480x360)

DSCF0437 (480x360)

DSCF0438 (480x360)


夜のメニューです↓
DSCF0248 (480x360)

DSCF0249 (480x360)

DSCF0250 (480x360)

DSCF0251 (480x360)

DSCF0252 (480x360)

DSCF0253 (480x360)

DSCF0254 (480x360)

DSCF0255 (480x360)

DSCF0256 (480x360)

DSCF0257 (480x360)

DSCF0258 (480x360)

DSCF0259 (480x360)

DSCF0260 (480x360)

DSCF0261 (480x360)

DSCF0262 (480x360)

DSCF0263 (480x360)

DSCF0264 (480x360)

DSCF0265 (480x360)

DSCF0266 (480x360)

DSCF0267 (480x360)

DSCF0268 (480x360)

DSCF3833 (480x360)

DSCF3834 (480x360)


2016年2月2日訪問時お店DATA
*************************************
やきとり 串八珍 市ヶ谷別館 (くしはっちん)
〒102-0084 
東京都千代田区五番町10-2 センタービル1階
TEL 03-3230-3102
FAX 03-3230-3103
営業時間 
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:00~23:00(L.O. フード 22:15、ドリンク 22:30)
定休日 土・日・祝
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分
都営新宿線市ヶ谷駅3番出口より徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/11 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(9) |
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  @四谷
日中は少し気温は上がるようにはなったようですが、朝晩の冷え込みは変わらず厳しいです。
会社に閉じこもって仕事をしていると、暖かさを全く体感できず、残念です(汗)。
明日はお休みなので、今日一日しっかりがんばりま~す!
乾燥が激しく、インフルエンザが流行しているようですので、みなさまご自愛ください☆

DSCF6827 (480x360)
2016年2月1日は週の最初の月曜日。
週末に食べてばかりだったので、軽めのランチにしようと思い、アトレ四谷の「Soup Stock(スープストック) TOKYOアトレ四谷店」へ行きました。

DSCF0883_20130329071330.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅に直結したアトレ四谷の1階にお店があります。
このフロアには他にもたくさんの飲食店が並んでいます。

アトレにはたくさんの飲食店があり、
1階には、
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店」、 
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店」、
STARBUCKS COFFEE アトレ四谷店」、
ラ・プレシューズ アトレ四谷店」、 
Paul アトレ四谷店」 
この日訪問した「Soup Stock TOKYO アトレ四谷店」、 
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店」 
2階には、
カフェ アントニオ アトレ四谷店」があります。


地図です。

DSCF0882_20130329071327.jpg
「スープストック」は株式会社スマイルズの運営するスープチェーン店で、全国に50店舗以上の支店があります。

アトレ四谷のリニューアルオープンに伴い、「スープストック」も2012年3月11日にリニューアルオープン。
飲食ブースのスペースが広くなり、冷凍スープのテイクアウトが出来るようになりました。

DSCF0885_20130329071321.jpg
写真だとわかりにくいですが、スープが立体的にデザインされています。

前回ランチを購入したのは2015年12月21日だったので、約40日ぶりでした。

DSCF0601_20130329071656.jpg
丸ノ内線側の出入り口のところに、それ程広くありませんがテーブル席とカウンター席があります。

DSCF0886_20130329071257.jpg
イートインのコーナーでは、先に席を確保してから商品の購入するとのこと。

DSCF0610_20130329071551.jpg
飲食スペースの入口にカタログ、お水のおかわり、ナプキン、砂糖、ミルクなどが置いてあります。

DSCF0888_20130329071305.jpg
この写真は人の少ない朝に撮影したものです。
実際にはランチタイムは常にほぼ満席になっています。

DSCF0600_20130329071652.jpg
冷凍ケースです。
かなり大きなサイズで、たくさんの種類を持ち帰りすることが出来ます。

12時15分頃にお店に到着すると、先客は5・6人でした。
相変わらず、お客さんはほぼ100%女性です。

DSCF3093 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
中央にメニューのボードがディスプレイされています。
どれも写真付きで詳細な説明がついています。
スープだけでなく、カレーもあります。

混んでいる時は並びながら眺めてどのスープにするか決めます。
先客が少ないと、メニューを決める前に順番が来ちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしちゃうこともしばしば。

DSCF0602_20130329071659.jpg
単品での注文も可能ですが、お得なセットメニューもあります。

DSCF6820 (480x360)
カロリーの低めのこちらと、もう一種類をスープストックセットでお願いしようと思ったのですが、実際にレジの所に行ったら違う種類のメニューがあったので、そちらを注文しちゃいました。

時々、こういう風に外のメニューとレジのメニューが違う時があるので、出来れば一致して欲しいです。

DSCF0887_20130329071301.jpg
カウンターにスープのフタがずらりと並んでいて壮観です。

DSCF0526 (480x360)
こんな感じで店員さんがスープをよそっていて、とっても臨場感があります。
店員さんが多く、レジでの対応はいつも丁寧です。

DSCF0528 (480x360)
持ち帰り袋は、スープを縦に重ねるせいなのか、縦に細長く出来ています。
とてものっぽで、写真に収めるのに一苦労(笑)。

DSCF3104 (480x360)
ベースは白で、お店のロゴが黒で印刷されています。

DSCF6824 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じ。

DSCF4567 (480x360)
この日はスプーンなどはお断りしたのに、うまく担当の人に伝わらなかったようで、いただいちゃいました。

こちらは以前撮影した写真です。
紙ナプキンとスプーンをお手ふきは一緒にくるんであります。

DSCF0614_20130329071604.jpg
スプーンは黒いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF4576 (480x360)
袋の端にこんなデザインがありました。

DSCF0556_20131213082816d9b.jpg
紙ナプキンからお手ふきが透けて見えます。

DSCF0617_20130329071531.jpg
紙ナプキンは薄い茶色です。

DSCF0618_20130329071534.jpg
こんな風にくるんでありました。

DSCF6831 (480x360)
濡れおしぼりはとても小さいサイズです。
持ち帰り袋と同じく、お店のロゴが印刷されていました。

DSCF0530 (480x360)
スープの容器は、フタが白いプラスチック、下が紙製です。

DSCF6826 (480x360)
この日は珍しく、ちょっとスープが噴き出していました。

DSCF0531 (480x360)
カップの前面には大きく白と黒のツートンカラーのロゴが入っています。

DSCF0623_20130329071459.jpg
ロゴの逆サイドには注意書きが印刷されていました。

DSCF6825 (480x360)
スープストックセットは、白胡麻ご飯、石窯パン、フォカッチャからどれかを選びます。
この日はカロリーセーブのために、石窯パンをチョイス。


スープストックセット  (950円)
DSCF6827 (480x360)
いただきま~す!

DSCF4124 (480x360)
注文の時、石窯パンは温めるかどうか聞かれます。
もちろん、お願いしました。

公式HPによれば、石窯パンとは、「しっかりと水分を抱き込んだ生地を一つ一つ職人の手で丁寧に丸め、石釜オーブンで焼き込んだふっくらしっとりしたパンです。」とのこと。

DSCF6837 (480x360)
温めてあるので外側は少し固めの食感ですが、中はフワフワです。


豚肉と緑レンズ豆のオーベルニュ風煮込みスープ
DSCF6829 (480x360)
まずは豚肉と緑レンズ豆のオーベルニュ風煮込みスープからいただきました。

DSCF6834 (480x360)
公式HPによれば、「柔らかく繊細な味わいの緑レンズ豆に、豚肉、キャベツをあわせてじっくり煮込みました。ハーブが香る豚肉と、ほろっとしたレンズ豆の口どけが魅力です。」とのこと。

かなりあっさり目の味わいでした。

DSCF6833 (480x360)
豚肉やキャベツなどの野菜は細かくカットされています。

DSCF6836 (480x360)
レンズ豆もたっぷり。
大好きなので嬉しかったです。


但馬(たじま)牛すじ肉とわかめのスープ
DSCF6830 (480x360)
次にこちらをいただきました。

DSCF6839 (480x360)
公式HPによれば、「牛すじ肉と干し海老の旨味が溶け合ったコクのあるスープに、磯の香りが広がる国産のわかめを合わせました。肉厚なわかめの歯応えをお楽しみください。」とのこと。

こちらのスープも油感あるものの、かなりあっさり目の味わいです。

DSCF6841 (480x360)
わかめはたっぷりと入っていて、肉厚なので食感を楽しめました。

DSCF6843 (480x360)
但馬(たじま)牛すじ肉です。
すじ肉らしい、クニクニした食感でした。

DSCF6847 (480x360)
レシートです。

DSCF6831 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


カロリーを低めに抑えようと、2種類ともあっさり系のスープを選んだら、私としては淡泊で物足りなかったです。
食べ終えた後の満足感が低いので、やっぱり1種類ぐらいは好きなメニューをチョイスしようと思いました。


パンフレットです↓
DSCF4140 (480x360)

DSCF4141 (480x360)

DSCF4142 (480x360)

DSCF4143 (480x360)

DSCF4144 (480x360)

DSCF4145 (480x360)

DSCF4146 (480x360)

DSCF4147 (480x360)

DSCF4149 (480x360)

DSCF4151 (480x360)

DSCF4154 (480x360)

DSCF4155 (480x360)

DSCF4156 (480x360)

DSCF4157 (480x360)

DSCF4158 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
  東京ボルシチ (2011年4月7日
  豚トロのトマトストロガノフ (2012年6月4日
  8種類の野菜と鶏肉のスープ (2012年6月4日
  温野菜とチーズのブラウンシチュー (2013年1月10日
  トムヤムクン (2013年7月1日
  タイ風グリーンカレースープ (2013年7月1日
  雲南豆腐スープ (2014年6月18日
  トマトと冬瓜の火鍋スープ (2014年6月18日
  豆漿 (2014年10月28日
  鶏のポタージュ  (2014年10月28日
  生姜入り7種の野菜の和風スープ (2015年10月6日
  ユッケジャン  (2015年10月6日
  イタリア産トマトのミネストローネ (2015年12月21日
  北海道産たらこのクリームシチュー (2015年12月21日
  豚肉と緑レンズ豆のオーベルニュ風煮込みスープ (2016年2月1日
  但馬牛すじ肉とわかめのスープ  (2016年2月1日

  ムール貝と帆立のシーフードカレー (2011年4月7日
  バターチキンカレー (2013年10月3日

  白胡麻ご飯 (2011年4月7日
  石窯パン (2012年6月4日2014年10月28日2015年12月21日
  フォカッチャ (2013年1月10日2013年7月1日2015年10月6日

[イートイン] 
  オマール海老と渡り蟹のスープ (2007年7月25日

  石窯バジルパン (2007年7月25日)  

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年2月1日購入時お店DATA
****************************
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (すーぷすとっく)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL&FAX 03-5312-9650
営業時間
[月~土] 7:30~21:00
[日祝日] 9:00~21:00
定休日 アトレ四谷店の休みに準じる
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/10 06:00】 | スープ | トラックバック(0) | コメント(0) |
裏神田 自然生村  @神田
昨日は記事をアップしたつもりだったのに、公開されていませんでした(汗)。
気付いたのが夜だったのでホント、びっくり。
ちゃんと確認しないとダメですね~。

本日は、マイブログ圏外の神田にある「自然生村」のレポートです。

DSCF6764 (480x360)
2016年1月30日の土曜日の夜、友人達と合計4人で食事会に出かけました。
向かった先は神田にある裏神田 自然生村(じねんじょうむら)」というお店です。
友人が以前から行ってみたかったそうで、この日念願叶っての訪問になりました。

DSCF6715 (480x360)
JR・地下鉄神田駅からそれ程遠くない場所にありますが、大通りから路地に入るので、ちょっとわかりにくいです。
しかも、店頭にはレトログッズがたくさん並べられていて、一見、何のお店だかわかりません(笑)。


地図です。

DSCF6717 (480x360)
「自然生村」は、都内でも珍しい自然薯山芋の専門店です。
恵比寿に本店があり、こちらの神田店は2013年5月7日にオープンしたそうです。

DSCF6716 (480x360)
こちらのお店の自然薯山芋は、山代地方の山堀り職人から届いているものだそうです。
山代地方ってどこ?と思って調べてみたら、山口県東部のエリアで、広島県と島根県と接している地域とのこと。
現在でも90%近くが山林だそうですので、だから自然薯がたくさん取れるのかな?
お恥ずかしながら、山代地方という場所を今回初めて知りました(汗)。

DSCF6797 (480x360)
こちらではお客さんのことは村民と呼ばれます。

DSCF6718 (480x360)
マスコミにもよく登場するこちらのお店、とっても人気店だそうです。
土曜日の夜の神田は平日に比べるとずいぶん静かですが、こちらのお店は予約で満席だったようで、しかも、2時間制です。
予約してくれた友人に感謝☆

DSCF6726 (480x360)
店内はそれ程広くはありません。
私たちは一番奥にある唯一?の個室に通されました。

DSCF6727 (480x360)
予約の時に特に個室指定はしなかったそうですが、2015年の年末だか、かなり早い時期に予約を取ったおかげかなだったのかもしれません。

DSCF6724 (480x360)
ただ、個室とは言ってもかなり狭めで、大人4人入ると結構ぎゅーぎゅーな感じです(笑)。

DSCF6725 (480x360)
人気メニューベスト5が貼り出してありました。
こういうのを教えてもらえると、注文しやすいのでありがたいです。
ただ、こちらは専門店故にそれ程メニューは多くないので、特にこのランキングを意識せずに注文しましたが、揚げギョーザ以外は全部食べました。


サッポロ ラガー 赤星 (590円)
DSCF6720 (480x360)
先ずはビールで乾杯!
生ビールもありましたが、赤星が飲めるのは珍しいので、こちらにしてみました。


お通し
DSCF6723 (480x360)
お通しでいきなり自然薯が登場!
ダシでのばしたものをお豆腐?にかけてあります。
薄味ですが、自然薯らしい粘りを楽しめました。


すりおろし生とろ (550円)
DSCF6735 (480x360)
まずは自然薯の基本として、すりおろしを注文。

DSCF6738 (480x360)
一人一個ずつ、まるで、おまんじゅうのように大きめにまるめてあります。
粘りが強いのでドロドロせず、お箸で持ち上げると、丸ごとポコッと持ち上げることが出来ます。
写真撮れば良かった~。残念。
皮ごとすり下ろしているので、黒っぽくなっています。

DSCF6737 (480x360)
味付けはお塩で。
柔らかいけれど弾力がある、不思議な食感でした。


芋の実むかご塩ゆで (480円)
DSCF6742 (480x360)
私はむかごが大好きなので、こちらを注文。
ドライブ行った時に道の駅で購入して家でむかごご飯にしたり、バターで焼いたりして食べます。
うーん、ただ、茹で置きだったせいか、お味はフツーでした。
天ぷらにすればよかったかな?


自然生のざく切りとアボガドのサラダ (890円)
DSCF6744 (480x360)
一つぐらいは野菜を、、、と、こちらを注文。
自然薯、アボガド、トマト、レタス、キュウリ、水菜などなど。

DSCF6746 (480x360)
サッパリして美味しかったし、ボリュームも多くて、なかなかお得な一品でした。


牛タン (1枚290円?390円?)
DSCF6748 (480x360)
この日唯一、自然薯を使っていないメニュー(笑)。
写真を撮り忘れちゃいましたが、1枚ずつ注文できます。
お新香と南蛮味噌漬けが添えられていました。
この南蛮味噌漬け、ピリ辛で、これだけでお酒が飲めます。

DSCF6749 (480x360)
焼き立てを食べなかったのですが、ちょっと硬い部分もありました。
それにしても、何故トロロと牛タンを必ず合わせるのでしょうか?
謎だ~。


村特製ジンジャーのサワー  (630円)
DSCF6752 (480x360)
ビールを飲み終え、次の注文。
ジンジャー系のものは「村特製」と書かれているので、サワーをお願いしてみました。
でも、生姜の風味よりも甘みが先立ち、私には合いませんでした。


和牛のプリプリホルモンとろろ鍋 (1人前1,780円)
DSCF6754 (480x360)
メインに名物すりおろし自然生とろろ鍋をお願いしました。
種類が4つありましたが、店員さんオススメの和牛のプリプリホルモンをチョイス。

DSCF6755 (480x360)
店員さんがお世話してくれるので、楽ちんです。

DSCF6757 (480x360)
水菜を投入し、、、

DSCF6760 (480x360)
さらに、トロロを注入!!

DSCF6762 (480x360)
店員さん、「シャッターチャンスですよ!」と声をかけてくれて、写真を撮りやすいようにタイミングを計ってくれます(笑)。

DSCF6764 (480x360)
表面を覆い尽くすほどの、たっぷりのトロロです。
ほとんど火は通さず、こちらで完成。

DSCF6766 (480x360)
ホルモンはそんなにたくさん入っている感じはしなかったですが、スープがすごく旨味があって、自然薯のトロリとした食感と相まり、と~っても美味しかった~。
もう一鍋お替わりしたかったぐらいです。

DSCF6779 (480x360)
これ、何だったかな?
お水をもらったんだっけ、、、?


自信満々のとろろ雑炊 (1人前600円)
DSCF6769 (480x360)
お鍋の〆は、もちろん、雑炊を!
こちらも店員さんがやってくれます。

DSCF6772 (480x360)
卵だけでなくて、さらに自然薯を投入するという、贅沢ぶり。

DSCF6777 (480x360)
雑炊の薬味は細切りの海苔、小口切りのネギ、黒七味です。
黒七味、大好きなので、嬉しい~。

DSCF6780 (480x360)
卵の旨味も加わり、さらに美味しくなったスープをご飯がしっかりと吸い込んでいて、めちゃウマ。
サラサラ、トロトロと食べられます。
もっとお替わりしたかったな~。

DSCF6768 (480x360)
個室の隣は荷物置きになっていたのですが、その中に、ちょっと見にくいですが、鯉のぼりを発見。
実はメンバーの二人は大の広島カープファン。
そのうち一人は去年から、優勝するまで禁煙を始めたという筋金入りです。
それじゃあ、一生禁煙だね!って言ったら怒られました(笑)。

地酒のメニューが広島県のものが多かったので、もしや、、、と思って店員さんに聞いてみたところ、料理長ともう一人の店員さんが熱心なカープファンとのこと。
やっぱり!
でも、店長さんは阪神ファンだとか(笑)。

DSCF6792 (480x360)
広島の地酒があるからと、注文してみたのですが、どの銘柄だったか、忘れちゃった(汗)。
桜弥山だったかな。。。??

DSCF6793 (480x360)
飲みやすかったです。


元祖自然薯ののふわとろ鉄板焼き (980円)
DSCF6775 (480x360)
鉄板焼きも美味しそうだっので、ベーシックなこちらを注文。

DSCF6776 (480x360)
よく小麦粉を使わず、長芋や山芋100%でお好み焼きを作ったりしますが、これはその自然薯版ということかな?

DSCF6778 (480x360)
生地がふわふわだけど割としっかりしていて、美味しい!
お好み焼きのソースが甘すぎなかったのもよかったです。

DSCF6795 (480x360)
こちらのお替わりも、何だったか、思い出せない。。。(汗)。
焼酎の水割りか、ホッピーをもらったような。
おしゃべりに夢中で、メニューがおろそかになってしまいました。

DSCF6796 (480x360)
この日のお会計です。
合計16,970円、一人約4,300円です。
お腹いっぱい!というほど食べてはいませんが、4人だとお安かったです。


初めて訪問した自然薯専門店。
お鍋と鉄板焼きは本当に美味しかったです。
メニューはそれ程多くないので、ある程度人数を揃えてくれば、1回で気になるメニューはほぼ網羅できると思います。
ステキなお店を紹介してくれたT夫妻に感謝☆


フードメニューです↓
DSCF6729 (480x360)

DSCF6730 (480x360)

DSCF6732 (480x360)

DSCF6733 (480x360)

DSCF6734 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF6782 (480x360)

DSCF6783 (480x360)

DSCF6784 (480x360)

DSCF6785 (480x360)

DSCF6786 (480x360)

DSCF6787 (480x360)

DSCF6788 (480x360)

DSCF6789 (480x360)

DSCF6790 (480x360)

DSCF6791 (480x360)


◇・◆・◇・◆・◇・◆ 神田界隈の食べ歩き情報はこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆

◎ラーメン
カラシビ味噌らー麺 鬼金棒  (2012年1月4日

◎ラーメン以外
神田居酒屋 食彩 でくの坊  (2011年1月8日
じゃんぼ焼鳥 鳥貴族 神田北口店  (2011年10月2日
裏神田 自然生村  (2016年1月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年1月30日訪問時お店DATA
********************************
裏神田 自然生村 (じねんじょうむら)
〒101-0047
東京都千代田区内神田3-17-6 小山第3ビル1階
TEL  03-3251-0833
受付時間 
[昼] 11:30~14:00(L.O.) 
[夜] 17:00~23:45(L.O.23:30)  
定休日 12月31日~1月3日
JR神田駅北口から徒歩1分
地下鉄神田駅から徒歩2分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/02/09 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
仏蘭西料理 北島亭  @四谷
みなさま、楽しい週末をお過ごしだったでしょうか?
私は4月のマラソン大会(10キロ)に向けて、週に一回は走るようにしていますが、昨日は結構強い向かい風が吹いていたのに、今年1番早い、1時間10分で走り切れて、嬉しかったです。
この調子で頑張るぞ~!

DSCF6636 (480x360)
2016年1月29日の夜、先輩と私の友人の3人でディナーに出かけました。
この日お邪魔したのは全員が大ファンの「仏蘭西料理 北島亭(きたじまてい)」です。
実はほぼ一年前にも同じメンバーで食べに来ているのですが、まだ記事をアップできていません(汗)。
お目当てはもちろん、ジビエ!

DSCF1094 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入ってしばらくまっすぐ進むと、右手にJHCビルがあり、お店はその1階です。
黄色い幌が目印です。


地図です。

DSCF1097 (480x360)
このビルの地下には、2011年11月7日にランチ訪問した「WINE 和酒バール OCTAVE」がありましたが、最近、違うお店がオープンしたようです。

DSCF1095 (480x360)
「北島亭」はお値段だけ考えるとグランメゾン級ですが、質素な内装・緩いサービスなどから「高級うまいものやさん」と巷では言われています。
こちらのお料理はガツンときいた塩気に驚くほど大きなポーションで、先輩と私のモロ好みです。

2008_0627画像0030
ビルの奥に小さな入口があります。

2008_0627画像0113
こちらは以前撮影した写真です。
フロアはそれ程広くなはなく、テーブル席が並んでいます。

2008_0627画像0112
こちらも以前撮影した写真です。
友人が遠方に住んでいるため、早めにスタートしようと、午後6時半過ぎに入店。
この日は午後遅くにやたらと仕事が舞い込んで、かなり焦りました(汗)。
何かをかぎつけた上司の嫌がらせか?!(笑)。

入店した時は1組しかいませんでしたが、次第にお客さんが入って、テーブルが空いていたのは多分1つぐらいでした。
相変わらずの人気店です。
しっかりとした味付けでボリュームたっぷりのお店のせいか、男性客も多いです。

DSCF1127 (480x360)
サービスの方が私たちの顔を覚えていてくださったようで、「お久しぶりですね。」と言われちゃいました。
この日はとっても珍しく、北島シェフがフロアにいらっしゃったのでご挨拶。

DSCF1098 (480x360)
私たちは一番手前のテーブルに通されました。
友人はちょっと遅れて合流。

DSCF6587 (480x360)
テーブルの上にはカーネーションが飾られていて、少しだけ華やか。
ややチープな(失礼!)このお花が、食材以外はほとんどお金をかけない!っていう「北島亭」の姿勢がよくわかる感じがして、個人的に好きです(笑)。

DSCF1103 (480x360)
着席すると、温かいおしぼりを手渡されました。
ミントのいい香りがします。

DSCF6591 (480x360)
まずはドリンクの注文。
友人と私はグラスシャンパンをチョイス。

DSCF6592 (480x360)
お酒の飲めない先輩はジンジャーエールをお願いしました。

DSCF6603 (480x360)
その日の食事のメニューはとても大きなホワイトボードに手書きで書かれています。
これを選ぶのはとっても悩ましいけど、楽しい作業です。

冷たいオードヴル(前菜)は7種類あり、お値段は4,200円から5,000円です。
記載された料金はアラカルトで注文した場合のお値段です。
オススメ度を示す★表示がメニュー名の前にふられています。
コースに組み込むとプラス料金が発生するメニューもあります。

DSCF6604 (480x360)
温かいオードヴル(前菜)は6種類で、お値段は1,600円から、なんと20,000円です。
フランスのペリゴール産黒トリュフ(50g)とフォアグラのパイ包み焼き、ペリグーソ-スは、単品2万円という豪華メニュー!!
こちらもコースに組み込むとプラス料金が発生するメニューもあります。

DSCF6605 (480x360)
お魚のメインディッシュは2種類で、お値段は4,200円か4,800円です。

DSCF6606 (480x360)
お肉のメインディッシュは普通のものが5種類で、お値段は4,800円から8,000円です。
このうち1種類は二人分注文しなければなりません。
こちらにもコースに組み込むとプラス料金が発生するメニューもあります。

DSCF1119 (480x360)
お楽しみのジビエは3種類ありました。
この日は蝦夷鹿と青首鴨とベカスでした。
二人分以上注文しなければならず、コースに組み込むとプラス1,000円になります。

DSCF6607 (480x360)
ディナーのコースは全部で5種類あります。
(1) 3品シェフお任せフルコースが8,000円
(2) 4品シェフお任せフルコースが10,000円
(3) ??が11,000円(写真が切れちゃっていました。すみません。)
(4) 4品好きなものフルコースが12,000円
(5) 5品好きなものフルコースが15,000円

DSCF6608 (480x360)
友人が遠方に住んでいるので、早めに帰れるよう、4品好きなものフルコースをチョイス。
こちらは冷たい前菜を個別で選び、それ以外はテーブルで統一する必要があります。

いろいろ迷った挙げ句、先輩はサワラ、友人はウニ、私はフォアグラにして、白子と甘ダイと蝦夷鹿はシェアすることに。


ジンジャーエール  (600円)
DSCF6609 (480x360)
お酒の飲めない先輩はジンジャーエールを注文。
こちら、かなりシュワシュワと発砲していて、お酒にしか見えない(笑)。


グラスシャンパン  (1.300円)
DSCF6610 (480x360)
友人と私はグラスシャンパンを。
かんぱ~い!!
金曜日の夜は、こうでなきゃね。
友人とは今年初めてだったので、今年もヨロシク~。

DSCF6584 (480x360)
お料理を待っていたら、黒トリュフを見せていただきました。
お米の上にのせて保存しているそうです。

DSCF6620 (480x360)
その後、トレイにのせたものも見せていただきました。
圧巻です。
こんなにゴロゴロと実物があるのを見たのは初めて。

DSCF6621 (480x360)
むせちゃいそうな強い香りでした。
100gで9,000円だそうです。(金額が、ちょっと怪しいのですが。)
この黒トリュフを50gとフォアグラを入れたパイ包み焼きは単品で2万円!
でも、黒トリュフの価値を知っている常連さんが食べにいらっしゃるとか。
いや~、こんなに近くで拝めるなんて、得がたい経験をさせていただきました。


アミューズ① ~ツブ貝のドレッシング和え~
DSCF6612 (480x360)
1つ目のアミューズは、ツブ貝のドレッシング和えです。

DSCF1130 (480x360)
この時期はツブ貝が旬なのかな?
3年連続で食べている気がします(笑)。

DSCF1131 (480x360)
食べやすくするため、切れ目が入っています。
歯応えや弾力はあるのですが、とっても柔らか。
ドレッシングのしっかり味に貝の旨みでお酒がすごく進みます。
貝が大好きなので、シアワセ。


アミューズ② ~エビ?のビスク~
DSCF6622 (480x360)
2つ目のアミューズは、エビ??のビスクです。
メモを間違えて消してしまったのと、おしゃべりに夢中だったので、記憶もあやふや。
すみません(汗)。

DSCF6624 (480x360)
デミタスカップなので、量はそれ程ありません。

DSCF6626 (480x360)
旨みが濃くて、塩もしっかり利いています。

DSCF6630 (480x360)
大きなムール貝が丸ごと入っていました。
美味しい~。

DSCF6633 (480x360)
ここでお水が出て来ました。

DSCF6634 (480x360)
パンのバターです。
こちらで3人分だったかな?

DSCF6642 (480x360)
パンはころんとした丸みのある形で、皮は濃い目の色合いです。
確か、温めてあったと思います。

DSCF6644 (480x360)
皮はちょっとかためで、中はふんわり。
後から出てくるお料理のボリュームがすごいので、気をつけて食べないと。


冷たいオードヴル 山形産サワラのマリネ 赤い野菜のマリネ添え
DSCF6637 (480x360)
先輩はサワラをチョイス。
私もこれを食べたくて、かなり悩みました。

DSCF6638 (480x360)
生のものと炙ったものの2種類を食べ比べできたそうですが、炙り方が浅くてそんなに違いがわからなかったそうです(笑)。
でも、とっても美味しかったとのこと。


冷たいオードヴル 鵞鳥のフォアグラのテリーヌ 根セロリのレムラード添え
DSCF6635 (480x360)
私のフォアグラが登場。

DSCF6641 (480x360)
最初に見せてくれた黒トリュフ、なんと、サービスでふりかけていただいちゃいました。
本当にビックリ!!
ありがとうございま~す☆

DSCF6636 (480x360)
根セロリだけでなく、ブロッコリーやインゲンなど、野菜もたっぷり添えられています。

DSCF6645 (480x360)
フォアグラのテリーヌは大きくて厚みもたっぷり。
濃厚な旨味で、とっても美味しい~。

DSCF6649 (480x360)
たくさんあるので、そのまま食べたり、パンにのせて食べたりといろいろと楽しめました。


グラスワイン・白  (1,200円)
DSCF6646 (480x360)
フォアグラの美味しさにお酒が進み、グラスの白ワインを注文。
サッパリしていて飲みやすかったです。


温かいオードブル 北海道産 真鱈の白子のムニエル トマトソース添え
DSCF6651 (480x360)
2つ目のオードブルは真鱈の白子。
冬の「北島亭」で白子が食べるのが毎年の楽しみです。

DSCF6653 (480x360)
トマトソースが敷かれたお皿に白子を盛り付け、その上にシソとソテーした?タマネギが高く盛りつけられ、ちょっとしたタワーになっています。

DSCF6658 (480x360)
白子はねっとりクリーミー。
甘さもそこそこあり、まったりした食感がたまりません。
美味しくって、とっても幸せ。

DSCF6659 (480x360)
料理と併せていたら、すぐにパンを食べきってしまい、もう一個いただいちゃいました。


ヒューガルテン(ベルギービール)  (800円)
DSCF6661 (480x360)
ついでに、大好きなヒューガルテンも注文。


メインディッシュ(魚) 山口・萩産甘ダイのクミン付焼き 下仁田ネギ添え、ブールブランソース
DSCF6663 (480x360)
お魚は帆立か甘鯛でしたが、あまり食べる機会のない甘鯛をお願いしました。

DSCF6664 (480x360)
甘鯛って、西のお魚のイメージがあるんですが、どうでしょう?

DSCF6665 (480x360)
お魚にも野菜が添えられています。
こちらは菜の花。

DSCF6667 (480x360)
このネギがすっごく美味しかったのですが、今改めてメニューを見たら、下仁田ネギでした。
甘かったです。

DSCF6666 (480x360)
甘鯛は皮がパリパリで中はふんわり。
クミンってあまり得意なスパイスではないのですが、全然気にならず、むしろとっても美味しかったです。


メインディッシュ(肉) 
蝦夷鹿 背肉のロースト りんごのソテー添え、ポワブラードソース (+1,000円) 
DSCF6674 (480x360)
最後にお肉の登場です。

楽しみにしていたジビエは蝦夷鹿、青首鴨、山しぎの3種類でした。
友人が、鹿は珍しくないけど、「北島亭」でのレベルの高い鹿を食べたい、とのことで、鹿に決定。
2年前にも鹿肉を食べましたが、首肉でした。

DSCF6670 (480x360)
お肉の付け合わせのポテトグラタンです。
三人分で一皿でした。

DSCF6671 (480x360)
お肉のボリュームがかなりあったので、こちらは完食できず。
無念。


グラスワイン・赤  (1,416円)
DSCF6681 (480x360)
折角お肉が来たので、赤ワインを注文。
あっさりして飲みやすかったです。

DSCF6677 (480x360)
お肉には焼き野菜などの添え物もたっぷり。

DSCF6678 (480x360)
焼きリンゴは二切れ。
私はしょっぱいお料理に甘い味を合わせるのが苦手なので、最初は食べず、最後の方にいただきました。
予想していたよりは甘くなかったものの、個人的にはいらないです(汗)。

DSCF6676 (480x360)
万願寺唐辛子はとても大きなものが1つ。
「北島亭」ではよく登場するお野菜ですが、こんな大きなサイズは八百屋さんでは見たことがありません。
ほんのり青っぽい香りがして甘みがあって、とっても美味しい。

DSCF6680 (480x360)
焼きキノコや、、、

DSCF6682 (480x360)
銀杏もありました。
フレンチに銀杏って、珍しい気がします。

DSCF6684 (480x360)
お肉は大きな塊が2つも!
断面はピンク色で、とっても綺麗。

DSCF6686 (480x360)
脂だけの部分も。
全然くどくなかったです。

DSCF6688 (480x360)
お皿にフチにはのせてあったのは内臓かな?
あまり気にせず、パクパク食べちゃっていました(笑)。

DSCF6692 (480x360)
塊を切り分けると、断面よりさらに綺麗なロゼ色でお肉の繊維が浮き上がっています。
せっかく大きいお肉なので、頬ばれるよう、大きくカットして食べました。
脂身はほとんどありませんが、お肉は柔らかく、さっぱりとしていますが、とってもジューシー。
食べても食べても減らず、本当にボリューミーでした。

DSCF6693 (480x360)
食事が終わるとデザートメニューが出されます。
全部で8種類ありました。

DSCF6694 (480x360)
デザートの前にフルーツが出てきました。
1月の終わりだというのに、なんと、スイカです。

DSCF6695 (480x360)
鳥取県産とのこと。
とてもジューシーで甘かったです。


モンブランのタルト
DSCF6696 (480x360)
こちらは友人がチョイス。

DSCF6697 (480x360)
味の感想を聞くのを忘れちゃいました(汗)。


チョコレートのタルト
DSCF6698 (480x360)
こちらは先輩がチョイス。

DSCF6699 (480x360)
先輩が食べきれなかった分をいただいたのですが、チョコレートがとっても濃厚で苦みが利いていて美味しかったです。
次回はこちらにしてみようかな。


イチゴのタルト
DSCF6700 (480x360)
私はイチゴのタルトをお願いしました。
結局、3種類あったタルトを3人で全て注文しちゃいました(笑)。

DSCF6701 (480x360)
イチゴのタルトは他のタルトと違って、イチゴがタワー状に盛られていました。
しかも、何故かこれにだけアイスクリームまでトッピング(汗)。

DSCF6703 (480x360)
とっても嬉しいですが、イチゴは美味しいもののソースは甘く、ボリューム満点でだったので、何とか気合いで食べました(笑)。

DSCF6705 (480x360)
「北島亭」の名物でもあるプティフールの盛り合わせ。
10数種類のお菓子やフルーツなどが大きなお皿に隙間なく並べられています。
お腹いっぱいだし、友人の帰る時間が迫っていたので、全て包んでいただきました。


コーヒー
DSCF6709 (480x360)
飲み物はコーヒーをチョイス。
デザートの甘さが柔らぎ、助かりました(笑)。

DSCF6711 (480x360)
この日のお会計は、合計57,230円、一人約19,000円でした。


スタッフはみなさん気さくですが、特に大石シェフは、滅多に来ない私たちにもいろいろと楽しく話しかけてくれて、特に後半は賑やかに過ごせました。
おしゃべりに夢中になりすぎて、友人は終電を乗り過ごすところでした(笑)。

ここ数年、冬に訪問しても白子とフォアグラの両方を食べられることがなかったので、この日は本当に大・大・大満足でした。
鹿肉ももちろん美味しかったし、3人とも幸せ一杯。
違うジビエを食べに、来月もう一回行っちゃおうかという話も出たぐらいです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇ これまでのディナー訪問で、アップした記事はこちらです。 ◆・◇・◆・◇・◆・◇

1回目  2008年6月20日 
2回目  2008年12月18日
3回目  2014年1月31日
4回目  2016年1月29日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇



ドリンクメニューです↓
DSCF6591 (480x360)

DSCF6592 (480x360)

DSCF6593 (480x360)

DSCF6594 (480x360)

DSCF6597 (480x360)

DSCF6598 (480x360)

DSCF6599 (480x360)

DSCF6600 (480x360)

DSCF6596 (480x360)

DSCF6601 (480x360)
まだまだあったのですが、撮りきれず。
すみません。





2016年1月29日訪問時お店DATA
****************************
仏蘭西料理 北島亭  (きたじまてい) 
〒160-0008
東京都新宿区三栄町7番地 JHCビル1階
TEL  03-3355-6667
営業時間 
[昼] 11:30~ (L.O.13:30) 入店は13:00まで  
[夜] 18:00~ (L.O.20:00) 入店は19:30まで
定休日 日、第1・3月休
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/02/08 06:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(4) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
立春を過ぎて少~し日差しが暖かくなってきた気がします。
でもそれは、花粉のシーズンが近づくことを意味することでもあり、気持ち的にはちょっとビミョーかも(笑)。
みなさま、楽しい土曜日をお過ごし下さい☆

DSCF6575 (480x360)
2016年1月29日は週の最後の金曜日。
この日の夜は、先輩と私の友人の3人で豪華ディナーに行く予定だったので、ランチは軽めにしようと思い、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へ買いに出かけました。

DSCF1279 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つ目のビルの1階がお店です。


地図です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
前回購入したのは2016年1月15日だったので、2週間ぶりでした。

DSCF1278 (480x360)
お店の前には大きな幟が2本出ています。
1本の幟には、「うどんそば」と、そば処なのにうどんが先に書かれてる(笑)。
もう1本の幟には「牛丼」と書かれていました。
甘い味付けで私は苦手ですが、お店的にはイチオシのドンブリのようです。

DSCF1276 (480x360)
入口の扉には食べログのステッカーが貼ってあります。
やや古めかしい店舗なので、オレンジがかなり鮮やか(笑)。

DSCF6574 (480x360)
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富。
全品持ち帰りが可能です。

温かいものと冷たいものでお値段がだいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF6573 (480x360)
厨房の中では女性3人でお店を切り盛りしています。
時々男性が一人入り、女性二人という組み合わせになることも。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそうです。

DSCF6572 (480x360)
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。
フロアはそれ程広くはなく、左に厨房とカウンターがあります。

DSCF6571 (480x360)
2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。
こちらは単品80円で他のメニューにもつけられるとのこと。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
12時15分頃に到着したところ、テイクアウトの窓が開いていなかったので、入店。
先客はいなかったので、すぐに注文できました。
前回は私の瓢箪史上最大の待ち時間でしたが、この日はイートインもそれ程人が多くなくて、全体的に緩やかな雰囲気でした。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。

DSCF6570 (480x360)
入口からすぐ右手の所にお蕎麦に関する本がたくさん並べられています。
「瓢箪」が掲載されているページには付箋がついているので、すぐにわかります。
これを見たおかげで、お店の営業時間を知ることが出来ました(笑)。

DSCF6571 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。

DSCF6572 (480x360)
「瓢箪」ではいつもディナーを予定している日に、軽めのランチにするために買いに行くことがほとんどなので、食べたことのない麺メニューはカレーうどんだけ。
実は、このメニューはライスと一緒に食べたいと思っているので、この日はわかめそばの大盛にしました。
月見そばの大盛りとどっちにしようか悩みましたが、何となく、月見の方が侘しそうでカロリーが高そうに思ったのですが、実際はどうなんだろう?(笑)。

DSCF2507 (480x360)
いつも薬味として七味唐辛子がついています。

何故かこのところ2袋くれます。
七味唐辛子をたっぷりかけて辛くして食べるのは大好きなので、ありがたいです。

DSCF2508 (480x360)
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF6574 (480x360)
容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。
大盛りの器は、多分、普通盛りのよりも大きめです。


わかめそば(360円)+大盛(100円)=460円
DSCF6575 (480x360)
いただきま~す!
わかめそばだけあって、ワカメだけでほぼ表面を覆い尽くしていました。

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどのメニューにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

DSCF6576 (480x360)
長ネギは小口切りです。
薬味兼彩りになっています。

DSCF6577 (480x360)
カマボコはフチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
薄切りでした。

DSCF6578 (480x360)
ワカメはボリュームたっぷり。
厚い部分もあり、食感も楽しめました。

DSCF6579 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF6581 (480x360)
「瓢箪」の蕎麦つゆは、基本的にあっさりしています。
なので、その時のトッピングで味わいが変わるのですが、この日はわかめそばだったのでさほど味が変わらず、かなりあっさりしていてちょっと物足りなかったです。

麺はいつもどおりというか、相変わらずの柔らかめの食感でした。

DSCF6582 (480x360)
片付けする時に気付いたのですが、持って帰る途中、少し汁漏れしていました。
前回はかなりダダ漏れだったのに比べれば大したことがないですが、大盛りの器はちょっとフタのかかりが甘いのかな?


大盛りの麺は結構多めでした。
ただ、あっさりした蕎麦つゆで食べ続けるのは濃い味好きの私にはちょっとしんどかった部分もあります。
楽しみのディナーのために、我慢、我慢。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 かき揚うどん (2015年11月27日
 きつねそば (2013年1月9日
 きつねうどん (2014年11月12日
 とろろそば (2013年11月29日
 とろろうどん
 メンチそば
 メンチうどん (2012年4月10日
 力そば  (2014年12月17日
 力うどん (2012年2月27日
 肉そば  (2014年1月7日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 カレーうどん
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶそば (2013年6月13日2013年11月29日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケそば
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめそば 大盛り (2016年1月29日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見そば   (2014年10月16日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけそば 大盛り (2016年1月15日
 かけうどん  (2012年5月15日
 ちくわそば (2014年2月6日
 ちくわうどん

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねそば (2014年7月11日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろそば
 冷しとろろうどん
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しめかぶうどん (2014年9月16日
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきそば
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわそば  (2013年7月17日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 冷しちくわそば (2014年6月13日
 辛み大根の冷しおろしそば
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 牛丼
 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 カレー丼
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年1月29日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
営業時間 7:00~17:00
定休日 土・日・祝日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/06 00:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
原始焼 六番町 魚鷹  @市ヶ谷
今週も早いもので、金曜日になりました。
このところ残業続きで週末にやりたいことがたくさん。
みなさまも、楽しい週末を☆

DSCF6557 (480x360)
2016年1月28日のランチは、上司から「外へ食べに行こう。」と誘われました。
この日お邪魔したのは「原始焼 六番町 魚鷹(うおたか)」です。

DSCF1444.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かいます。
2つ目の信号を右折、次の角を左折して少し先に行くと佐藤ビルがあり、お店はその1階です。


地図です。

DSCF1445.jpg
日本テレビ通りから1本入ったこの道は道幅が細く、学校や住宅があるせいかとても静かです。

「魚鷹」は2010年9月14日にオープンしました。

DSCF1446.jpg
ビルの前の敷地は日本庭園風になっていて、立派な石灯籠が置かれています。

前回ランチ訪問したのが2014年2月28日だったので、約1年11ヶ月ぶり、15回目の訪問です。
このところ、上司が気に入って何度か来ていたのですが、いつも行列が出来ていたので、待つのが嫌いな上司はすぐに諦めてしまっていたので、本当にお久しぶりでした。

DSCF2885_20140207081023d27.jpg
お店の前にランチメニューが出ています。

DSCF6542 (480x360)
全部で5種類あり、お値段は1.000円から2,000円とややお高めな設定です。

ランチは土日祝を除いた平日の午前11時半から午後2時半(ラストオーダーは午後2時)までです。
また、終日全席禁煙です。

DSCF1443.jpg
ちょっとした空間ですが、小石を敷き詰めた小さな廊下があって、ランチのお値段が出ていなかったら、なかなか入るのに勇気がいりそうな雰囲気です。

DSCF2586 (480x360)
入ってすぐのところにレジがあります。

事務所を出たのがとても遅く、お店に到着したのは午後12時40分頃。
これだけ遅ければ空いているんじゃないかと、上司なりに考えていたようですが、残念ながら先客が2組いました。
相変わらずの人気です。
ただ、テーブルを片付ければすぐには入れるとのことだったので、そのまま待つことに。

DSCF1103_20120608223302.jpg
後ろの壁にはいろいろな器や、、、

DSCF5032_20121021080054.jpg
植物などが飾られていました。

DSCF1440.jpg
店内は奥に向かってのびていて、すぐ右手に大きな焼き場と厨房とカウンター席があり、左手には半個室のテーブル席、さらに奥にテーブル席があって、結構広々としています。

お店に入ってすぐ右手にこちらの囲炉裏のような大きな焼き場があります。
店名にもある「原始焼」とは、この炉で備長炭によって焼かれるとのこと。

この焼き場の前にはウェイティング用のイスが置かれています。

DSCF0301.jpg
カウンター席から見た厨房です。

DSCF1439.jpg
奥のテーブル席に向かう通路に大きな冷蔵庫が置かれ、たくさんのお酒が並んでいます。
うーん、美味しそう! ランチ訪問なのが残念。

DSCF9458.jpg
冷蔵庫の中にはお漬け物でしょうか、甕が入っていました。
ランチにはお手製らしきお漬け物がついています。

DSCF1410.jpg
お店の奥にあるテーブル席です。

DSCF1411.jpg
店内はシンプルですが、落ち着いた内装です。

DSCF9266.jpg
場所によって掛かっている絵の文字が違います。

DSCF1412.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
壁にはこの日のオススメなのでしょうか、魚の名前が木札に書かれていました。

DSCF6549 (480x360)
私たちは一番奥の部屋の左端の4人用テーブルに着席。

卓上に置かれているのは爪楊枝のみです。

DSCF9442.jpg
席につくと、店員さんが温かいおしぼりを手渡してくれます。

DSCF6548 (480x360)
8" height="359" />
お茶は一年を通していつも温かいものです。
いただきながら、メニューを検討。

DSCF6544 (480x360)
やや厚みのある木の板に紙のメニューがはめ込んであります。
5種類あるメニューは全てお魚と、潔いラインナップです。

DSCF6545 (480x360)
店頭には出ていますが、中のメニューには日替わりの内容が出ていません。
店員さんが口頭で説明してくれます。

DSCF6546 (480x360)
ランチメニューは5種類あり、お値段は1.000円から2,000円とややお高めな設定です。

過去食べたメニューを調べ、まだ食べたことのなかった本日の煮魚定食をご飯少なめでお願いしました。
この日は赤魚の煮付けです。
上司も先輩も同じメニューをチョイス。
Oさんは何だったっけ?


本日の煮魚定食 <赤魚の煮付け> ご飯少なめ  (1,000円)
DSCF6557 (480x360)
しばし待ってお料理が登場!
メイン、小鉢、お新香、ソース、お味噌汁、ご飯のセットです。
大きめの長方形の黒くて編み込んだようなデザインのお盆にのせれています。

DSCF6559 (480x360)
お箸は割り箸で、お盆に添えられていました。

DSCF6558 (480x360)
ご飯は小さめのお茶碗に盛られています。
基本的なご飯の盛りが多いのか、女性客だと店員さんから「ご飯の量はどうしますか?」と必ず聞かれます。
この日は少なめをお願いしました。

DSCF6561 (480x360)
お味噌汁、中身が何だったか、よく覚えていません(汗)。

DSCF6560 (480x360)
お新香は甘酢漬けのキュウリと白菜のお漬け物の2種類です。
冷蔵庫に入っていた甕の中にあるお手製でしょうか、毎回同じ組み合わせです。

DSCF6563 (480x360)
小鉢にはおからが入っていました。
量はそれ程多くありません。

DSCF6564 (480x360)
ほんのり甘い味付けで美味しかったです。
おからは結構好きですが、なかなか自宅で作らないので、とっても久しぶりに食べました。

DSCF6565 (480x360)
この日のメインの赤魚の煮付けです。

DSCF6567 (480x360)
煮付けてあっても、名前の通り、赤いのがわかります。

DSCF6566 (480x360)
長ネギがたっぷり。
煮汁はそれ程甘い訳ではなかったですが、お魚と一緒に食べるととてもサッパリしました。

DSCF6570 (480x360)
写真だと切り身がそれ程大きく見えませんが、厚みがあって身がたくさんついています。
煮汁がほどよくしみて、ふっくらと柔らかでした。


ご飯を少なめにしたので全体のボリュームは普通ですが、お魚とおからが美味しかったです。
「魚鷹」は少しお高めですが、お魚をたっぷり食べられるのがとても気に入っています。



◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

本日の丼ぶり物 
 ホッケのほぐし身温玉丼 (2011年7月8日
 鮭のほぐし身温玉丼 (2011年7月12日
 サワラのほぐし身温玉丼 (2011年9月22日

本日のフライ定食 
 秋刀魚と鮭のフライ定食 (2010年10月26日
 アジのフライ定食 (2011年8月23日
 カジキのフライ定食 (2012年7月31日
 鰆と烏賊のフライ定食 (2014年2月28日

本日の煮魚定食
 笠子の煮つけ定食 (2011年7月22日
 金目鯛の煮つけ定食 (2011年7月26日) 
 鰈の煮付け定食 (2011年11月29日
 鰤と大根の煮付け定食 (2012年1月16日
 目鯛の煮付け定食 (2012年3月27日
 カレイの煮付け定食 (2013年2月15日
 赤魚の煮付け定食  (2016年1月28日

刺身 御膳  (2010年10月18日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のメニューです↓
DSCF2610 (480x360)

DSCF2611 (480x360)

DSCF2612 (480x360)


2014年2月26日の夜のメニューです↓
DSCF2600 (480x360)

DSCF2601 (480x360)

DSCF2606 (480x360)

DSCF2602 (480x360)

DSCF2603 (480x360)

DSCF2604 (480x360)

DSCF2605 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF2591 (480x360)

DSCF2592 (480x360)

DSCF2595 (480x360)

DSCF2594 (480x360)

DSCF2593 (480x360)

DSCF2596 (480x360)

DSCF2597 (480x360)

DSCF2598 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF6550 (480x360)

DSCF6551 (480x360)





2016年1月28日訪問時お店DATA
******************************
原始焼 六番町 魚鷹 (うおたか)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町3-20 佐藤ビル1階
TEL 03-3261-7897 
営業時間
[昼]11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜]17:00~23:00(L.O.22:15)
定休日 土日祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/05 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
No.4 -Hand-crafted- BREAD&PIZZA  @市ヶ谷
今日は立春です。
暦的にはもう春!!
少しでも暖かくなってくれますように。

DSCF6530 (480x360)
2016年1月27日は、なかなか正月太りが解決せず、軽めに食べようと思い、「No.4 -Hand-crafted- BREAD&PIZZA(ナンバーフォー)へパンを買いに行きました。

DSCF3592 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの左側を半蔵門方面に向かって進み、2つ目の交差点の角にお店があります。
だだっ広い敷地の真ん中に平家建の店舗が建っていて、とても目立っていました。


グーグルマップだと、まだ駐車場になっています(笑)。

DSCF3594 (480x360)
お店の周りのスペースには「番町の庭」と命名されています。

DSCF3598 (480x360)
店舗の脇にも奥にもたっぷりのスペース。
駐車場という感じでもなく、奥にはベンチが並んでいるので、小さなお子さんを連れたママたちも結構来ていて、このエリアでくつろいでいました。
この日は久しぶりに寒さが緩み、暖かい日差しがたっぷりだったので、たくさんの人がひなたぼっこしていました。

DSCF3597 (480x360)
こちらの土地は管理者が日本テレビ放送網株式会社で、有期限だそうです。
次の建築物までのつなぎということでしょうか。
建物がログハウス風の簡易なのも、そのためなんですね。

DSCF3595 (480x360)
「No.4」は、表参道CICADAや代官山IVY PLACEを運営する「タイソンズアンドカンパニー」が2015年12月1日にオープンさせたお店で、カフェでもレストランでもパン屋でもない、どこにもない新しい業態とのこと。
2015年12月2日にランチ訪問しました

12時20分頃に到着したところ、イートインエリアはほぼ満席でしたが、レジは空いていました。
オープンラッシュも一息ついたようです。

DSCF3563 (480x360)
フロアは長方形で、右手前にパンが並び、右奥にレジがあります。
奥はテラス席で中程はテーブル席が並び、手前にはカウンター席がありました。
ログハウス風のシンプルですっきりした内装です。
オープンしたばかりだからでしょうか、店員さんの数もとっても多かったです。

DSCF3558 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
右上の黒板にイートインのメニューが書かれています。
ランチはピザとサンドイッチが2種類、サラダが1種類の5種類で、お値段は900円から1,000円です。

DSCF3559 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
セットだとお得なドリンクもあります。
ソフトドリンクだけでなく、スープも1種類ありました。

DSCF3560 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
こちらのお店は午前8時から営業しているので、モーニングメニューもあります。

DSCF6524 (480x360)
棚には美味しそうなパンがずらり。
どんどん焼き上げていて、次々と補充されています。
今回初めてパンをちゃんと見たのですが、甘いパンが多かったです。

DSCF3562 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
種類は少ないですが、デザートもあります。

DSCF6522 (480x360)
この日はこちらのパンと、、、

DSCF6523 (480x360)
こちらを購入。

DSCF6525 (480x360)
半透明のビニール袋に入れてくれました。

DSCF6527 (480x360)
中から取り出すと、こんな感じ。

DSCF6528 (480x360)
パンはそれぞれ1個ずつ、、、

DSCF6529 (480x360)
白い紙袋に入っています。


サワードゥ ドライトマト・オリーブ&くるみ(180円)+チーズバゲット(350円)=530円
DSCF6530 (480x360)
いただきま~す!


チーズバゲット
DSCF6531 (480x360)
チーズバゲットです。
イタリア産ペコリーノ・モッツァレラ・ゴーダチーズの3種のチーズをバゲット生地で包んだものです。

DSCF6532 (480x360)
拳よりもやや大きめ。
チーズがたっぷり入っているのがわかります。

DSCF6538 (480x360)
ハード系なので、しっかり噛み締めます。
チーズたっぷりで、とっても美味しい。
これ1個で結構なボリュームがありました。


サワードゥ ドライトマト・オリーブ&くるみ
DSCF6534 (480x360)
お次はこちら。

DSCF6535 (480x360)
にんにくとハーブでマリネしたオリーブ・ドライトマト・クルミをサワードゥに混ぜ込んで焼いたものだそうで、お酒のおつまみにぴったりとのこと。

DSCF6536 (480x360)
こちらも結構固めの食感で、カリカリする感じでした。
にんにくがしっかり利いていて、クルミの風味が美味しい!
確かに、おつまみにいいかも。

DSCF6540 (480x360)
この日のレシートです。


チーズバゲットが大きなサイズだったこととどっちもしっかり噛み締めて食べるタイプのパンだったので、お腹いっぱいになりました。
しょっぱい系のパンは少なめですが、これからもいろいろと食べてみたいです。





2016年1月27日訪問時お店DATA
********************************
No.4 -Hand-crafted- BREAD&PIZZA (ナンバーフォー) 
〒102-0081 
東京都千代田区四番町5-9
TEL 03-3234-4440
営業時間 8:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 なし
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/04 06:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(0) |
中国居酒屋 佳陽  @市ヶ谷
市ヶ谷にある「串八珍 市ヶ谷店 別館」は、3月下旬に西安料理・刀削麺「シーアン」としてリニューアルオープンするため、2月12日に閉店するそうです。
私はこのお店のつくねスープが大好きで、昨日、最後だと思って食べに行っちゃいました。
私にしては珍しく、最新情報です(笑)。

DSCF6507 (480x360)
2016年1月26日のランチは、時間がなかったので近場の「佳陽(かよう)」へお弁当を買いに出かけました。

DSCF2106 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りに右側を半蔵門方面に向かって進み、最初の交差点を越えて少し行った先にグローリア初穂平野ビルがあり、お店はその地下1階にあります。


地図です。

DSCF8973_20131224053335ac0.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
まだGEMS市ヶ谷が存在していないので、かなり古い写真です(笑)。

「佳陽」は2013年11月にオープンしました。

この場所には2012年10月17日にオープンし、2012年10月18日にランチ訪問した「上海料理・四川料理 ミスターバン酒菜 市ヶ谷店」がありましたが、1年ぐらいで閉店したようです。

さらにその前にはこの界隈では老舗だった「金糸」というお店がありましたが、2012年5月25日に閉店しました。

DSCF6500 (480x360)
前回ランチ訪問したのは2015年10月23日でした。
前回お弁当を購入したのは2015年12月1日だったので、約2ヶ月ぶりです。

これまでとはお弁当販売の場所が変わり、お店の入口の前で販売するようになっていました。

DSCF6501 (480x360)
明るい女性店員さんがお一人で切り盛りしています。

店内のメニューと一緒に、お弁当のメニューが写真入りで大きく出ていました。

DSCF6502 (480x360)
12時5分頃にお店に到着すると、5人程並んでいました。

中華スープを売るようになっていたので、お弁当と一緒に購入。

DSCF6503 (480x360)
持ち帰り袋は一般的な白いビニール袋です。
お箸は断りました。

DSCF6504 (480x360)
中から取り出すとこんな感じ。

DSCF6505 (480x360)
スープの容器はプラスチック製で、下は白、フタは透明です。

DSCF6506 (480x360)
お弁当の容器もプラスチック製で、下は黒、フタは透明です。


木くらげ・玉子・豚肉炒め  (500円)
DSCF6507 (480x360)
いただきま~す!

DSCF6509 (480x360)
スープはとろみがついていて、見た目ほど濃い味わいではなかったです。
玉子などの具材も入っていて、寒い時期は体が温まる~。

DSCF6510 (480x360)
メイン、おかず2種類、お新香、ご飯のセットです。
500円とは思えないゴージャスさ。
さすが、中華です。

DSCF6511 (480x360)
ご飯の量も、なかなか多いです。

DSCF6512 (480x360)
黒ゴマが振ってありました。

これまで2回は気にならなかったですが、この日はご飯が美味しくなくて、量の多さが逆に辛かったです(汗)。

DSCF6515 (480x360)
お新香は、中華の定番ザーサイではなく、ダイコン?でした。
ピンク色で、細切りになっていました。

DSCF6516 (480x360)
2種類あるおかずのうち、一つはカツ?です。
キュウリの千切りが敷いてありました。
あまり中華っぽくないおかずで、お味はフツーです。

DSCF6513 (480x360)
もう一つのおかずはマーボー豆腐でした。
お弁当には必ず入っていて、ビシッと辛くて、美味しい~。
次回お店に行った時にぜひ注文してみたいです。

DSCF6514 (480x360)
メインの木くらげ・玉子・豚肉炒めです。

DSCF6517 (480x360)
タケノコも入っていました。
木くらげはとても大きいです。

DSCF6518 (480x360)
味付けはしっかりしていました。


ボリュームはわりと多めですが、メインが揚げ物に比べると食べ応えはちょっとおとなしめでした。
ご飯の味わいが残念だったので、次回は変わっていると良いのですが。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


[イートイン]
マーボードーフ (2013年11月26日
ちゃんぽん(辛口) (2014年6月6日
四川風レバー炒め (2014年7月4日
麻辣刀削麺 (2015年10月23日

[テイクアウト]
油淋鶏 (2015年11月13日
「佳陽」酢豚 (2015年11月13日
木くらげ・玉子・豚肉炒め (2016年1月26日


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1208 (480x360)

DSCF1209 (480x360)

DSCF1211 (480x360)

DSCF1207 (480x360)


名刺です↓
DSCF7390_20131219081251951.jpg

DSCF7392_2013121908125369f.jpg


チラシです↓
DSCF6681 (480x360)

DSCF6682 (480x360)

DSCF6683 (480x360)

DSCF6684 (480x360)

DSCF6685 (480x360)





2016年1月26日訪問時お店DATA
******************************
中国居酒屋 佳陽 (かよう)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-2 グローリア初穂平野ビル地下1階
TEL  03-5211-8408
営業時間 
[昼]11:00~15:00 
[夜]17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 日曜日(予約のみ可)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分
地下鉄麹町駅から徒歩4分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/03 07:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(3) |
Yakiniku Y-Style  @市ヶ谷/麹町
朝晩がとっても冷え込みますね~。
こんな時に限って手袋を片方なくしてしまい、手を真っ赤にしながら外を歩いています(汗)。

DSCF6475 (480x360)
2016年1月25日は週の最初の月曜日。
上司がお昼時に不在だったので、Oさんと先輩と私の三人で外へランチを食べに出ました。
Oさんから特に希望がなかったので、まだOさんが行ったことのない「タベルナ」と「モリガンズ」のどちらが良いか聞いてみたところ、「タベルナ」がいいとのことだったので、早速いってみることに。
ところが、「タベルナ」はお店の外まで人が並んでいたので、急遽、お隣にある「Yakiniku Y-Style(やきにく わいすたいる)」に入店。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。


地図です。

2009_0424画像0081
ワイスタイル」は、A5ランク最高品質の黒毛和牛を「一頭買い」し、新鮮で安定な味、希少部位などをリーズナブル価格で楽しめる焼肉や、女性にも食べやすい野菜タップリの彩り豊かなやさしい韓国料理を、BGMにジャズが流れる木目調のインテリアが並ぶカフェスタイルの空間でゆったりといただけるお店だそうです。

DSCF7927 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの入口から階段を上がって2階に行きます。
見たことありませんが、エレベーターもあるそうです。

前回ランチ訪問したのが2014年5月2日だったので、約1年9ヶ月ぶりと、ご無沙汰でした。

DSCF7928 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
よくテイクアウトをする「ラ・タベルナ」、
この日訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

2009_0424画像0080
コンビニのファミリーマートを越えてちょっと右に入ったところに、「割烹 根本」や「ハイカラ串家 ちょっとら 麹町店」のある小さな広場がありますが、ここからお店を見ると、こんな感じになっています。

DSCF7246 (480x360)
階段は幅が細く、ビルが古めかしくいので、昼間でもやや薄暗い感じです。
左が「ラ・タベルナ」で、奥が「ワイスタイル」です。

2010_0814画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
階段を登る途中の右手にお店に関するものが飾られています。

DSCF5012 (480x360)
こんな看板が出ていました。

2009_0424画像0042
こちらも以前撮影した写真です。
入口は、階段を上がってすぐのところと、左手奥の2箇所があります。
この日は階段に近い方から入店しました。

DSCF5075 (480x360)
フロアは意外に広く、木目調のとてもオシャレな内装です。

DSCF5077 (480x360)
カウンターやテーブル席がありました。
コーヒーサーバーやウオーターサーバーとか、見た感じ、韓国料理屋さんには全く見えません。

DSCF6471 (480x360)
壁にもたくさんの絵や写真などが飾られています。

2009_0424画像0047
こちらも以前撮影した写真です。
こちらがテーブル席です。

2009_1002画像0021
こちらも以前撮影した写真です。
窓際のカウンター席です。

2009_1002画像0020
こちらも以前撮影した写真です。
窓からは隣のビルがバッチリ見えます。
ビルの外階段にタバコを吸いに出てきた人がいると、目が合いそうです(笑)。

2009_0424画像0052
この日は使っていませんが、テーブルの中央に大きなガスバーナーがあります。

2009_0424画像0053
点火するとこんな感じです。

DSCF6440 (480x360)
12時20分頃にお店に到着すると、8割程の人の入り。その後、ほぼ満席になりました。
お客さんは女性比率がかなり高いです。
私たちは入って左側の4人席に通されました。

卓上にはメニュー、各種調味料、爪楊枝、ミルク、お水が置かれていました。
お水の入った容器が色がキレイでとってもカワイイ。

DSCF6444 (480x360)
小さな容器を開けると、辛味調味料が入っていました。

DSCF6470 (480x360)
テーブルの真ん中には焼き台があり、その上にカトラリーセットの入った小さなカゴが置かれています。
真っ赤なナプキンが鮮やか。

DSCF6443 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF6447 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF5054 (480x360)
この「やりなおし宣言」という言葉、ビルの外にも出ていて、とっても目立ちます。
何でも、原価率30%というのが業界の常識らしいのですが、こちらのお店ではある時から見直して50%で頑張っているとのこと。
客にとっては、とってもありがたいことですね。

DSCF6461 (480x360)
メニューは焼肉、ご飯もの、麺ものと、かなり種類が豊富です。
お得なランチ限定のセットもありました。

私はセットを食べたかったのですが、正月太りでさすがに厳しく、せめて辛い物をと思い、辛いサムゲ麺をチョイス。

DSCF6499 (480x360)
Oさんは明太チーズスンドゥブ、先輩は黒米サムゲタンをお願いしました。

注文してからお料理が出てくるまでちょっと時間がかかりました。
ほぼ満席だし、メニューも多いからでしょうか。
結局20分近くかかり、来た時間が遅かった分、かなりヒヤヒヤしました。
こちらのお店はお料理が出てくるのに時間がかかるのが、ちょっと困るところです。


感動の黒米サムゲタン  (1,100円)
DSCF6472 (480x360)
先輩が注文した参鶏湯です。
サムゲタンなのにご飯が付いているのがちょっと不思議。

DSCF6473 (480x360)
泡が沸き立つほど、かなりの熱々。
石鍋なので、最後まで熱かったそうで、猫舌の先輩は食べるのに奮闘していました(笑)。
結構大きめの高麗人参が入っていて、囓ったら苦かったそうです。


辛いサムゲ麺  (1,000円)
DSCF6475 (480x360)
辛いサムゲ麺は、メイン、副菜、サラダ、キムチ、ご飯、デザートのセットです。
枠のついた長方形のお盆にのせられています。

DSCF6477 (480x360)
ご飯はほんの少しです。

DSCF6478 (480x360)
お茶碗の縁が欠けていました(笑)。

DSCF6479 (480x360)
生野菜サラダは白い小さな丸い器にこんもりと盛られています。
ちぎったリーフレタス、水菜、ニンジン、タマネギなどなど。

DSCF6487 (480x360)
ドレッシングがあらかじめかかっていました。

DSCF6481 (480x360)
キムチとバンチャンは小さな赤と黒の器に入っていました。

DSCF6484 (480x360)
黒い方は白菜キムチです。

DSCF6482 (480x360)
赤い方は何だったかな?
お豆腐的な?

DSCF6488 (480x360)
サムゲ麺は真っ赤な大きなドンブリに入っていました。
真っ赤なスープを見ると、ワクワクしちゃいます。

DSCF6489 (480x360)
彩りの水菜。

DSCF6490 (480x360)
刻み海苔がたっぷりのせてありました。

DSCF6491 (480x360)
溶き卵も入っています。

DSCF6494 (480x360)
まずはスープを一口。
見た目ほど辛くはなく、ピリ辛ぐらいです。
かなりぬるくて、すごくガッカリ(泣)。

DSCF6492 (480x360)
しかも、麺は一部ほぐれていなくてくっついていました。
お箸で食べるためにほぐすのに一苦労(汗)。

DSCF6495 (480x360)
ほぐした鶏肉が入っていました。
「サムゲタン」はよく聞きますが、サムゲ麺はそれをもじっているのかな?

DSCF6496 (480x360)
麺をほぼ食べ終え、手つかずのご飯を投入。

DSCF6498 (480x360)
スープが美味しい時はリゾットスタイルにすると二度楽しめて、とってもお得。

DSCF6497 (480x360)
全体のボリュームは普通です。

DSCF6485 (480x360)
デザートはコーヒーゼリーでした。
黒い色だったので、先輩も私も、何かのタレかと勘違い(笑)。
苦みがしっかり利いていて美味しかったです。


以前食べたジャン麺と何が違うのかな~と過去記事を見たのですが、ベースは同じで、麺の種類と具材が違ったようです。
先輩の食べた熱々ボリュームたっぷりのサムゲタンとは100円しか違わないのに、20分近く待ってスープはぬるく、麺がくっついていたサムゲ麺はかなり残念でした。
トホホ。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇

特Y-Style焼肉御膳 (2009年4月22日
ジャン麺 (2009年9月29日
トクカルビ石焼ビビンバ+定番スンドゥブ (2014年5月2日
辛いサムゲ麺 (2016年1月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF6447 (480x360)

DSCF6446 (480x360)

DSCF6448 (480x360)

DSCF6449 (480x360)

DSCF6450 (480x360)

DSCF6451 (480x360)

DSCF6452 (480x360)

DSCF6453 (480x360)

DSCF6454 (480x360)

DSCF6455 (480x360)

DSCF6456 (480x360)

DSCF6457 (480x360)

DSCF6458 (480x360)

DSCF6459 (480x360)

DSCF6460 (480x360)

DSCF6461 (480x360)

DSCF6462 (480x360)

DSCF6463 (480x360)

DSCF6464 (480x360)

DSCF6465 (480x360)

DSCF6466 (480x360)

DSCF6467 (480x360)

DSCF6468 (480x360)

DSCF6469 (480x360)





2016年1月25日訪問時お店DATA
****************************
Yakiniku Y-Style  (ヤキニク ワイスタイル)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2F
TEL  03-6268-9298
FAX 03-6268-9299
営業時間 
[平日] 11:00~18:00  17:00~23:00
[土曜] 11:00~22:00
定休日 日曜
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/02/02 07:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
今日からいよいよ2月です。
2016年、もう1ヶ月終わっちゃったなんて、ちょっとビックリ。
雪は降らなかったものの、寒い日が続いているので、仕事だけでなく体調管理もしっかりがんばります!

DSCF6314 (480x360)
2016年1月23日は、2016年最初の「妻家房(さいかぼう) 四谷本店」でのキムチ教室でした。

教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は「ハナウタ。」をランチ訪問しました。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。


地図です。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2015年11月7日だったので、約1ヶ月半ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF6223 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「即席白菜キムチ」で、韓国料理が「キムチぎょうざ」です。


【即席白菜キムチ】
DSCF3081_20120819085942.jpg
即席白菜キムチは一番簡単に作れるキムチで、塩漬けした白菜にヤンニョムを和えたらすぐに食べられます。
ご飯のお供だとか。

この日は定員20名のところ、22名の参加。
初めての人もたくさんいらしゃいました。

DSCF6254 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。

DSCF8810.jpg
まず最初に白菜を塩漬けにします。
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。
重さにすると2.5~3キロあります。

韓国の白菜は日本のものに比べると葉が薄くて水分が少ないそうで、キムチに向いているとのこと。
日本の白菜だと水分が多くて、古漬けキムチが出来ないとか。
なので、葉が詰まっているものよりも、少しスカスカしている方が良いそうです。
「妻家房」では、韓国の白菜の種を埼玉県で栽培し、去年は3,000株収穫したそうです。

DSCF6224 (480x360)
白菜1/4株を使って実演します。

DSCF6225 (480x360)
まずは茎の部分を切り取ります。

DSCF6229 (480x360)
包丁で葉を縦に切ります。
即席キムチは茎に味が染み込まないので、必ず葉と茎が一緒になるようにします。

DSCF6230 (480x360)
大きなボウルに白菜を入れ、塩をふりかけます。

DSCF6232 (480x360)
岩塩は溶けにくいので、水をふりかけ、軽く上から押します。
重しは不要です。
20分から30分置いたら上下を入れ替え、さらに20分から30分置きます。
水で洗ってザルにあげ、30分そのままにして自然に水切りします。

DSCF6255 (480x360)
実習では時間がないので、あらかじめ工場で塩漬けした白菜を使います。
一人分が1/4株です。

DSCF6238 (480x360)
塩漬けした白菜は、、、

DSCF6237 (480x360)
包丁を使わず、手で裂きます。

DSCF6234 (480x360)
次に、ヤンニョムを作ります。
大きなボールにアミの塩辛、ニンニク、ショウガ、唐辛子粉、イワシエキス、梅エキス、砂糖を加えて、、、

DSCF6235 (480x360)
しっかりと混ぜ合わせます。

DSCF6236 (480x360)
万能ネギを4・5センチの長さに切って、、、

DSCF6242 (480x360)
ヤンニョムに混ぜ合わせます。

DSCF6243 (480x360)
最後にごまを入れ、こちらで、ヤンニョムが完成です。

DSCF6244 (480x360)
塩漬けした白菜を投入。

DSCF6245 (480x360)
白菜とヤンニョムを和えます。
決して揉み込まず、軽く混ぜ合わせるようにします。

手に唐辛子の赤さが移らないよう、手袋をつけて作業します。
素手でやると1週間ぐらい色が残るそうです。

DSCF6249 (480x360)
こちらで完成です。

DSCF6251 (480x360)
お皿にキレイに盛りつけます。

作り立てが一番美味しいとのこと。
ヤンニョムはニンニクの辛味、唐辛子の辛味が強いので、食べる分にだけごま油を加えると味がまろやかになります。
1週間からから2週間は食べられるそうです。

DSCF6262 (480x360)
一人一袋、持ち帰りました。
1/4株なので、結構量が多かったです。

同じヤンニョムでキュウリでも作れるそうです。


【キムチぎょうざ】
DSCF6260 (480x360)
この日のお料理はキムチぎょうざです。
キムチ教室11年の歴史の中で、2回目の登場だとか。

韓国でも日本と同様にぎょうざがよく食べられますが、形や中身が違います。
焼くことは少なく、蒸しぎょうざがメインで、お雑煮に入れたりもします。

DSCF6257 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF6259 (480x360)
韓国のぎょうざは中身に豆腐とキムチが入るそうです。
豆腐はキッチンペーパーにくるんで水切りします。

DSCF6266 (480x360)
しっかり水切りをした方がいいので、豆腐を崩して、さらにキッチンペーパーで絞ります。

DSCF6268 (480x360)
こんな感じで、かなりモロモロした感じになりました。

DSCF6269 (480x360)
小さなボウルに水切りした豆腐を入れ、、、、

DSCF6270 (480x360)
お肉を加えます。
このひき肉は合い挽きでした。

DSCF6271 (480x360)
軽く混ぜ合わせます。

DSCF6275 (480x360)
茹でたもやしをしっかり水切りし、細かく刻んで加えます。

DSCF6277 (480x360)
細かく刻んだニラと玉ねぎも加えます。

DSCF6283 (480x360)
白菜キムチは酸味が出た熟成したものを使います。
ヤンニョンを取り除き、汁をしっかりと切ります。

DSCF6285 (480x360)
まず縦に切ってから、、、

DSCF6289 (480x360)
細かく切ります。

DSCF6290 (480x360)
ぎょうざは細かく切る作業が多いですね~。

DSCF6292 (480x360)
切った白菜キムチをもう一度水切り。
キッチンペーパーにくるんで、、、

DSCF6297 (480x360)
しっかりと絞ります。
結構水分が出るのにビックリ。
この美味しい汁は、もったいないので他のお料理に使うといいそうです。

DSCF6294 (480x360)
切った白菜キムチを加え、、、

DSCF6300 (480x360)
全体を混ぜ合わせます。

DSCF6301 (480x360)
コショウとごま油を加え、しっかりと混ぜ合わせます。

DSCF6302 (480x360)
餡が完成!

DSCF6304 (480x360)
皮に適量の餡をのせ、包みます。

韓国のぎょうざの皮はかなり大きいそうで、小さいサイズはあまりないそうです。
ちなみに、この日の皮も小さかったとのこと。

DSCF6307 (480x360)
韓国では皮を手作りすることも多いそうです。
小麦粉だけでも作れますが、5:1で米粉を加えるとモチモチした食感になるとのことです。

DSCF6310 (480x360)
皮を半分に折ったら、端同士をぐるっと丸めてくっつけます。
この写真だと倒れちゃっていますが、とってもカワイイ~。
先生、日本風のヒダを作るのは難しくて出来ないそうです(笑)。

この状態で冷凍で保存することが可能とのこと。

DSCF6298 (480x360)
蒸し器をセットして、お湯を沸かします。

DSCF6312 (480x360)
蒸し器にはキッチンペーパーか布を敷きます。
中火で15分から20分蒸して出来上がります。
皮に透明感が出たらオッケーとのこと。

DSCF6314 (480x360)
いよいよ楽しい試食タイムで~す☆
だいたいは、先生の作ったお料理では量が少ないので、上のレストランで作ったお料理が出て来ます。

DSCF6315 (480x360)
ツヤツヤして、とっても美味しそう~。

DSCF6317 (480x360)
タレです。
チヂミのタレだそうです。

DSCF6320 (480x360)
一人3個もいただいちゃいました。
いただきま~す!

DSCF6322 (480x360)
タレがいらないぐらい、下味がしっかりしています。
お豆腐やもやしが入っているせいか、後味はとてもさっぱりしていて、パクパク食べられちゃいます。


即席白菜キムチはかなり手間が楽でとっても美味しいので、自宅でも作ってみようと思いました。
ぎょうざはなかなか自宅では作らないのですが、パーティの時とかにがんばって作ってみようかな。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日2015年11月7日
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日2014年11月1日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日2016年1月23日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日2014年4月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ(カッキムチ) (2010年2月20日2014年3月1日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日
たけのこの水キムチ (2014年7月5日
白菜と大根の水キムチ(醤油味)  (2014年9月6日
水キムチ (2015年10月17日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)  (2014年7月5日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
ワインサムギョプサルとネギの和え物 (2014年4月5日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
スンチェマンドゥ (2014年2月5日
マチム (2014年3月1日
豚プルコギ (2014年9月6日
鶏プルコギ (2014年11月1日
カルビチム  (2015年10月17日
ゆで豚肉ポッサム (2015年11月7日
キムチぎょうざ (2016年1月23日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

[きのこプルコギ鍋とキムチセット]
2015年12月27日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg





2016年1月23日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2016/02/01 06:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる