CoCo Craft  @市ヶ谷
ここ数日で気温が上がってお天気もよく、桜もだいぶ咲いてきましたね~。
四ツ谷の桜並木の堤防の上では早速お花見が始まっていて、すっごく羨ましいです。
週末にゆっくり見たいものの、天気予報がイマイチで残念(泣)。

DSCF9729 (480x360)
2016年3月24日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
先輩に特に行きたいお店がなかったので、私の提案で市ヶ谷にある「CoCo Craft(ココクラフト)」という新店へ行ってみることに。

DSCF9748 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、二つ目の東郷公園入口交差点を右折し、東郷通りに入ります。
最初の角に2007年8月10日にランチ訪問した「うお多」があるのでそこを左に曲がり、さらに少し行った左側にヴェルデ九段があり、お店はその1階です。
2015年9月28日にランチ訪問したタイ料理の「ソイナナ」の一つ奥になります。


地図です。

DSCF9750 (480x360)
「ココクラフト」のことは、市ヶ谷経済新聞で知りました。
記事によれば、こちらはクラフトビールと点心タパスのお店で、2016年2月1日にオープンしました。
高校生のころから漠然と自分の店を持ちたいと考えていた店主の高橋さんは、20年間勤めた外資系企業を退職後、中国料理店「聘珍楼」などで点心作りを学び、クラフトビールは飲み歩きをするうちに好きになったとのこと。
店名は、「ここ」という場所と「点心」の「心」から「CoCo」、「ビール工房」と「点心工房」から「Craft」とし、「心を込めて手作りの味を」という思いで付けたそうです。

DSCF9749 (480x360)
お店の前にはランチの看板が出ていました。

この場所には2004年にオープンし、2008年4月16日にランチ訪問した「ステラッテ」というお店がありましたが、その後ランチ営業はやめ、2015年11月27日に閉店したようです。

DSCF9717 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、奥に厨房とカウンター、窓際にテーブル席がズラッと並んでいます。
木をたくさん使った内装は、シンプルですが、とても新しくてピカピカです。

DSCF9718 (480x360)
12時20分頃に入店したところ、先客は3組ほど、後客は2組ぐらいでした。
カフェのような趣だからか、スーツを着込んだリーマンらしきお客さんは皆無です(笑)。

DSCF9725 (480x360)
店内から外を見ると、ランチメニューの書かれた看板の裏側にはクラフトビールがズラッと書かれていました。
夜になると、こちらを出すようです。

DSCF9719 (480x360)
私たちは一番手前の二人用の席に着席。
卓上はあまり広くはなく、メニュー、おしぼり、調味料が置いてあります。

DSCF9724 (480x360)
調味料の下には店名のロゴが入ったコースターがありました。
鮮やかなオレンジ色で、とってもカワイイ。

DSCF9723 (480x360)
着席すると、店員さんがお水と割り箸を出してくれます。
箸袋もコースターと同じくお店のロゴ入りですが、色は落ち着いた緑色でした。

対応してくれた男性店員さん、とっても若くてステキな制服を着ていたのですが、声がとっても小さかったです。

DSCF9720 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF9721 (480x360)
メニューは全部で4種類あり、お値段は全て900円です。
ランチビールやデザートもあります。

DSCF9722 (480x360)
先輩とは食の好みがとても似ているので、注文がBランチとかぶってしまいました。
二人とも大根餅を食べたかったからです。
私はプラス100円でホタテ餃子を追加し、ご飯は少なめでお願いしました。

DSCF9728 (480x360)
Bランチは大根餅、えびとアボガド春巻、サラダ、付け合わせ、ご飯、スープ、ミニデザートの点心プレートです。
追加したほたて餃子は手打ち蒸し餃子で、透き通ったムチムチの皮で人気メニューとのこと。
お米はあきたこまちの特別栽培米を使用していて、自家精米の5分付きで、糠を少し残してあるのでビタミンやミネラルが豊富で、かつ食べやすく、玄米と白米の良いとこどりをしているそうです。
「ココクラフト」では全てお料理を店内で手作りをしていて、化学調味料や添加物に頼らない心と体に優しい料理だそうです。

DSCF9727 (480x360)
最初にスープが出て来ました。
優しい味付けですがベーコンの旨味がたっぷり。
量も結構ありました。
片手のついたカップでこのまま飲むと、具が残っちゃうのでお箸で食べました。

DSCF9729 (480x360)
10分かからず、メインのプレートが登場。


Bランチ<点心プレート②>ご飯少なめ(900円)+ほたて餃子(1個100円)=1,000円
DSCF9730 (480x360)
いただきま~す!

DSCF9731 (480x360)
小さな蒸籠に入ったほたて餃子は、店員さんが目の前でフタをとってくれるので、蒸し立て熱々です。
蒸籠の木の香りがとってもしました。
せっかく出来立てなので、まずはこちらからいただきます。

DSCF9732 (480x360)
皮は透明で、メニューにあったとおり本当にムチムチ。
お箸からなかなかはがれないぐらいでした。
そのまま囓ったら味はそれ程なかったので、プレートにあるタレをちょっとつけていただきました。
それ程ホタテの旨味は感じなかったですが、美味しかったです。

DSCF9733 (480x360)
点心2種、サラダ、付け合わせ、ミニデザートは白くて丸い大きなお皿に盛り合わせてあり、いかにもカフェめし!って感じでした。

DSCF9738 (480x360)
サラダはリーフレタス、水菜、ベビーリーフ、赤・黄パプリカなどなど。
ドレッシングはかかっていなかったので、点心のタレをつけたり、付け合わせと和えて食べました。
この写真だとわかりにくいですが、赤パプリカが結構たくさんあったのですが、何故か先輩にはなし(笑)。
せっかくなので、先輩におすそ分けしました。

DSCF9737 (480x360)
付け合わせはワカモレのようなアボガドを潰して味をつけたものです。
海老も入っていて、とっても美味しかったです。

DSCF9734 (480x360)
2種類ある点心のうち、一つは大根餅です。
こんがりとした焼き目で、2個ありました。

DSCF9739 (480x360)
こちらの小さなガラスの器に入ったタレをつけていただきます。
酸味の利いたさっぱりした味でした。

DSCF9743 (480x360)
私は大根餅が大好きで、初めて行くお店にあれば、必ず注文しちゃいます。
柔らかくて美味しかったです。
もっと食べたかったな~。

DSCF9740 (480x360)
もう一種類の点心は春巻きです。
小さめのものが1本ありました。

DSCF9744 (480x360)
皮はシャクシャクした食感を楽しめました。。
出来たて熱々でアボガドの旨味がしっかり感じられて美味しかったです。

DSCF9741 (480x360)
ご飯はお子様ランチのようにこんもりと盛られています。
私は少なめだったので、普通盛りの先輩に比べるとやや高さが少なかった感じです。

DSCF9746 (480x360)
点心などのおかずは単独で食べるとちょうどいい塩加減でしたが、濃い味好きの私からするとちょっとご飯のお供には足りなかったです(汗)。
なので、最後は点心のタレをかけて食べちゃいました。

DSCF9742 (480x360)
ミニデザートは中華らしく、杏仁豆腐です。

DSCF9735 (480x360)
小さなスプーンもお皿に一緒にのせられていました。
私にはかなり甘かったものの、舌触りは滑らかでした。

DSCF9752 (480x360)
この日のレシートです。


ご飯を少なめにしたこともあり、全体のボリュームは少なめでした。
でも、出来立ての点心は手作り感がとってもあって美味しかったです。
点心とクラフトビールというちょっと面白い組み合わせですが、熱々の点心にビールってとっても合いそうな気がします。


お店の名刺です↓
DSCF9753 (480x360)





2016年3月24日訪問時お店DATA
****************************
CoCo Craft (ココクラフト)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-6-5 ヴェルデ九段1階 
TEL 03-6272-8883
営業時間 
[平日] 11:30~14:00 18:00~23:00(L.O.22:00)
[土曜] 18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 日・祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/31 00:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(6) |
番町 松月庵  @麹町
先日、お香典に包むため、5000円札が欲しくて銀行のATMに行きました。
適当に金額をおろしたところ、全て1,000円札(汗)。
ATMが3台あったので、それぞれ6,000円とか9,000円とか違う金額でおろしてみましたが、全滅(泣)。
1000円札ばかりあっても仕方ないので、一旦戻すことに。
大変ご迷惑でしたが、コンビニで簡単におつりでいただけたので、最初からそうすればよかった。
先輩にこの話をしたら、全く同じ経験をしたようで、銀行のATMって、5000円札は入れないのかね?って盛り上がりました(笑)。

DSCF9701 (480x360)
2016年3月23日は、お昼になると上司が「天ぷら蕎麦。」と言ってきたので、軽めに食べたいと思っていた私もご相伴することにして、「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いすることにしました。

2009_0123画像0103
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。

電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても30分かからず持ってきていただけるので、大変助かっています。

配達員さんとはもうすっかり顔なじみです。


地図です。

DSCF1234 (480x360)
メニューです。

2008_0529画像0011

三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。

前回出前をお願いしたのは2016年2月15日だったので、約5週間ぶりです。

DSCF7444 (480x360)
「松月庵」のお箸です。
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF7445 (480x360)
東京松月庵麺類協同組合なる組織があるようです。
ネットで調べてみましたが、池袋にあるということしかわからず。

DSCF9698 (480x360)
この日は12時40分頃に電話したところ、午後1時頃に届けていただきました。
メニューは柏南蛮うどんをチョイス。

DSCF9699 (480x360)
薬味は小皿でついてきます。

DSCF9885 (480x360)
お新香や薬味にかぶせてある紙です。
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_0531画像0001
土曜日はこちらの包み紙が使われています。

2008_0531画像0002
とても丁寧な心遣いで、細かい配慮ですね~。

DSCF9700 (480x360)
器には、汁漏れ防止でサランラップがしっかりとかけてあります。


柏南蛮うどん  (870円)
DSCF9701 (480x360)
いただきま~す!

DSCF9702 (480x360)
薬味は、いつもどおり、七味唐辛子とネギとワサビの3種類です。

DSCF9703 (480x360)
前回注文したとき、うどんでお願いしたのにおそばが来ちゃってとてもガッカリしていたら、先輩が注文のときに「うどん!」と強調してお願いしてくれたおかげで、この日は無事おうどんがやって来ました(笑)。

DSCF9705 (480x360)
具はメインの鶏肉の他は、彩りというには少し熱が入り過ぎちゃっている三つ葉と、、、

DSCF9704 (480x360)
長ネギです。

DSCF9706 (480x360)
蕎麦つゆはとても好みの味で、いつも安定して美味しいです。
寒い時期は、とっても身体が温まります。

DSCF9707 (480x360)
薬味は食べる前に全て投入!

DSCF9708 (480x360)
おうどんははいつも通り(笑)、やや柔らかめでした。

DSCF9709 (480x360)
鶏肉は胸肉なので、ややかための食感です。
量はそこそこ入っていました。


全体のボリュームはやや少なめです。
久しぶり?にちゃんとおうどんのオーダーが通ってうれしかったです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

(そば、うどん)
  もりそば     (2013年6月18日
  かけそば   (2013年7月5日
  きつねそば
  たぬきそば    (2009年10月20日
  たぬきうどん  (2014年11月17日
  大もりそば   (2012年8月31日
  大もりうどん  (2016年1月6日
  ざるそば    (2010年11月12日
  月見そば    (2011年1月12日
  玉子とじそば   (2010年9月30日
  肉南蛮そば    (2008年3月31日
  肉南蛮うどん  (2014年10月17日
  わかめそば   (2010年11月2日
  わかめうどん (2015年10月22日
  きしめん    (2010年10月27日
  おかめそば  (2014年12月16日
  おかめうどん (2015年11月25日)   
  山菜そば    (2010年6月21日
  山菜うどん   (2014年6月11日
  おろしそば   (2010年12月14日2015年9月25日
  柏南蛮そば   (2009年12月16日
  柏南蛮うどん  (2016年3月23日
  かきたまそば  (2010年3月9日
  かきたまうどん (2015年10月5日
  あんかけそば  (2009年1月9日
  けんちんそば  (2009年9月4日
  けんちんうどん (2014年11月4日
  ちからそば   (2010年1月7日
  カレー南蛮そば  (2008年3月10日
  カレー南蛮うどん (2014年1月8日
  にしんそば   (2010年2月10日
  スタミナそば  (2009年10月22日
  スタミナうどん (2014年5月21日
  五目蕎麦    (2008年12月9日
  鴨南蛮そば   (2009年11月4日
  みそ煮込みうどん (2009年11月17日
  天ぷらそば  (2013年12月10日
  天ぷらそば[上] (2009年10月6日)  
  なべやきうどん  (2009年12月3日
  なべやきうどん「上」 (2009年3月26日
  おかめとじそば (2009年9月8日
  親子南蛮そば (2008年11月19日2016年2月15日
  天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日
  天とじうどん  (2014年1月9日

(特製品)
  うめとろうどん (2011年8月31日
  とろろ、冷そば (2011年9月6日
  釜揚げうどん  (2009年8月4日
  山かけそば   (2011年8月19日
  天ざるそば    (2008年6月9日
  天ざるうどん  (2014年7月26日
  鴨せいろ     (2008年4月18日
  なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日
  茶そば   (2011年3月14日

(中華)
  ラーメン (2011年2月28日
  タンメン (2010年4月23日
  モヤシソバ (2010年3月30日
  チャシューメン (2010年1月27日
  スタミナラーメン (2009年10月2日) 
  五目中華  (2010年3月4日

(季節物)
  冷しきつね (2011年8月3日
  冷したぬきそば (2009年2月17日
  ひやむぎ  (2009年3月2日
  冷しおろしそば (2008年4月17日) 
  冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日) 
  冷し納豆そば (2009年1月30日
  冷しカレーせいろそば(2008年9月10日
  冷しカレーせいろうどん (2014年9月8日
  冷し梅むぎ  (2009年6月11日
  冷し山菜そば  (2008年4月8日) 
  冷しスタミナそば   (2008年5月28日) 
  冷し五目蕎麦  (2008年9月4日
  冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日
  冷し五目中華  (2008年6月3日

(御飯物)
  玉子丼  (2011年9月28日
  牛丼   (2012年7月19日
  カレー丼  (2008年11月27日
  カレーライス (2011年10月24日
  カツカレーライス
  親子丼  (2011年11月14日
  親子丼「中」(2012年10月24日
  親子丼「上」(2013年3月27日
  カツ丼  (2010年4月6日
  カツ丼「中」 (2013年1月22日
  カツ丼「上」 (2013年9月13日
  天丼   (2012年5月8日
  天丼「中」 (2012年11月19日
  天丼「上」 (2013年5月16日
  野菜天丼 (2012年8月29日
  椎茸丼  (2012年10月2日

(小さい丼)
  ミニカレーライス (2011年2月28日
  ミニ玉子丼 (2013年11月28日
  ミニ親子丼 (2011年3月14日
  ミニカツ丼 (2011年1月12日
  ミニ天丼  (2010年11月12日

(セット物)
  玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日
  カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日
  親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日
  カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日
  天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです ↓
DSCF1234 (480x360)

DSCF1237 (480x360)

DSCF1236 (480x360)

DSCF1238 (480x360)

DSCF1239 (480x360)

DSCF1240 (480x360)

DSCF1242 (480x360)

DSCF1243 (480x360)





2016年3月23日宅配時お店DATA
***************************
番町 松月庵 (しょうげつあん)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-7
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861
営業時間
[平日] 11:00~21:00
[土曜] 11:00~19:00
定休日 日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/30 00:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(0) |
タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店  @市ヶ谷
土曜日の夕方、コンタクトを外したら、すごく乾燥していたようで、手のひらを越えてどこかへ飛んで行ってしまいました。
狭いキッチンの水場の前だというのに、30分以上床に這いつくばって探しても見つからない(汗)。
あ~、新しいのを買わなきゃな~、すごい出費だ~と落ち込んでいたのですが、日曜日の午後、ふと見たら、床におっこっている!!
何度も歩き回った場所なのにどうやら無傷だったようで、念入りに洗浄して無事、使うことが出来ました。
久しぶりにやらかしてしまったかと落ち込んだのですが、以後、慎重にはずすよう、肝に銘じました(笑)。

本日から、ほぼリアル更新に戻ります!

DSCF9681 (480x360)
2016年3月22日は三連休明けの火曜日。

DSCF9662 (480x360)
東京に桜の開花宣言が出たので楽しみに出社したら、確かにほんの少しですが、桜が咲いてる!

この日はお昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ることに。
出るのが少し遅くなったので、近場で食べようということになり、とりあえず「GEMS市ヶ谷」へ向かいましたが、二人ともここに行くときは「タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店」に必ず行きたくなってしまい、この日もやっぱり行ってしまいました。
もうほとんど条件反射レベル(笑)。

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。
市ヶ谷駅を出てすぐ、坂の上を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。


地図です。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。
今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

DSCF4601 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。

10店舗全部でランチ営業をしている訳ではなく、確か7・8店舗だったと思います。

DSCF5042 (480x360)
オールドタイランド」は、19世紀末に開明期のタイの首都バンコクに建てられた貴族の家のことだそうです。
新橋と飯田橋に支店があり、GEMS市ヶ谷店は3店舗目で、2014年11月13日にオープンしました。
他に、姉妹店の「クルン・サイアム」というお店もあるそうです。

DSCF5041 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
エレベーターの中にあるフロアマップはこんな感じです。

DSCF5018 (480x360)
こちらは店内からエレベーターを見たとき写真です。
エレベーターを降りると、お店のフロアにそのままつながっています。

DSCF5003 (480x360)
フロアは左に厨房があり、その前にカウンター席、周りにテーブル席が並んでいます。
アジアン料理というと、民族風のコテコテっぽい内装が多いですが、こちらは木目の調度品を使っているもののかなりモダンなテイストです。

DSCF5004 (480x360)
天井なんて鏡張りの上に紫色のライトが走っていて、とっても派手。

前回ランチ訪問したのは2016年2月29日だったので、約20日ぶりです。

DSCF5017 (480x360)
「オールドタイランド」のランチは人気でいつも大混雑。
個人的な体感では、GEMSの中で一番人が入っている感じがします。

DSCF4983 (480x360)
テーブルの下には荷物を入れるためのカゴが置いてありました。

DSCF4984 (480x360)
窓がとても大きく、外を眺めるとこんな感じです。

DSCF4985 (480x360)
テラス席もあります。

DSCF1146 (480x360)
テラス席からの眺めです。
3階なので、とっても人が近く感じられました。

DSCF1147 (480x360)
植物も沢山並べてあります。

DSCF3953 (480x360)
こちらはカウンター席です。

DSCF3967 (480x360)
カウンターにはタイっぽいカワイイ小物がたくさん飾られていました。

DSCF3956 (480x360)
ガラス張りの厨房では、たくさんの調理人の人たちが忙しそうにお料理を作っています。

DSCF9664 (480x360)
12時15分頃に入店したところ、中央の窓に近いテーブル席に通されました。

DSCF9665 (480x360)
少し気温が上がってきたので、バルコニー席に行くお客さんもチラホラ。
但し、喫煙可能らしくそれが理由で行きたがっている人もいました(笑)。

DSCF9666 (480x360)
卓上にはメニュー、紙ナプキン、カトラリーのセット、キャンドル用?のコップ、爪楊枝が置いてありました。

DSCF3958 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
爪楊枝は、編み込んだ小さな器に入っています。

DSCF8261 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
こちらは、タイ料理屋さんお約束のナンプラー・お酢・プリックポン(唐辛子をすりつぶしたもの)・砂糖の4種類が入ったクルワンプルーンです。
私はあまり味わいを調整する方では無いので、ほとんど使ったことがないです。
天井のライトが映り込んじゃっています(笑)。

この日は二人席のせいかありませんでした。

DSCF5011 (480x360)
おしぼりは白いビニール袋に入ってます。
卓上のカトラリーセットに置いてありました。

DSCF9667 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF4994 (480x360)
ランチメニューです。
写真がキレイで大きくて、すごく見やすいです。

お料理は定番メニューが13種類と多く、お値段は880円から1,240円と、エスニック系にしてはちょっとお高めです。
唐辛子マークの本数で辛さの程度がわかります。
タイのお茶やデザートもいただくことが出来ます。

DSCF3951 (480x360)
この日は季節メニューが1種類あり、お値段は1,080円でした。

DSCF7066 (480x360)
ぷち旅行に出かけた三連休明けで体重が高止まりだったので、ご飯メニューは避けました。
麺メニューもほとんど食べていたので、あまり気が進まなかったのですが、パッ・タイを注文。

DSCF9668 (480x360)
注文を終えると、すぐに生春巻きとスープが登場。

DSCF9670 (480x360)
スープは薄いブルーの器に入っていて、ダブルソーサーになっています。

DSCF9671 (480x360)
お皿と器の間には紙ナプキンがはさんであり、薄いアルミのスプーンが添えられていました。

DSCF9672 (480x360)
スープは薄い茶色で、小ネギが浮かんでいます。

DSCF9674 (480x360)
このスープ、日によって結構味わいが変わります。
概ね、ビシッと辛くて酸っぱくて、全てのメニューの中で一番タイ料理らしいことも(笑)。
この日も刺激的に美味しかったですが、ちょっとぬるめだったのが残念。

DSCF9675 (480x360)
中には海老やフクロダケが入っていて、意外と具沢山でした。

DSCF9669 (480x360)
生春巻は、小さなサイズに切ったものが2つ、白いココットに入っています。
刻んだナッツがトッピングされていて、スイートチリをかけてありました。

DSCF9676 (480x360)
たっぷりのキャベツのほか、ニンジンや大葉、春雨?などが入っていて、かなりあっさりとした味わいです。
作り置きだから仕方ないのですが、たまに、切り口が乾燥しちゃっていたり、巻きが甘くてお箸で持ち上げようとすると崩れちゃう時があるのがちょっと残念。
この日はフツーに美味しかったです。

DSCF9681 (480x360)
そうこうしているうちに、メインが登場。
いただきま~す!


ゲーン・キィオ・ワン・ガイ  (1,080円)
DSCF9678 (480x360)
先輩は、基本なのに意外と食べていなかったグリーンカレーを注文。

DSCF9679 (480x360)
ご飯がかなり多めのうえ、カレーが具沢山で、先輩はかなり食べ切るのに苦戦していました。

DSCF9680 (480x360)
ルーの入ったお皿の縁が欠けていたのをチェック!(笑)。


パッ・タイ  (990円)
DSCF9682 (480x360)
パッタイは楕円形の薄いブルーのお皿に盛られていました。

パッ・タイはエビ入り焼きビーフンで、訳すとタイ炒めというほど、定番中の定番料理です。
ほんのり甘酸っぱい味付けは、タマリンドソースによるものとのこと。

DSCF9686 (480x360)
パッ・タイには、生?のもやしと、、、

DSCF9685 (480x360)
ナッツを砕いたものが添えられています。

DSCF9684 (480x360)
ワタクシ、タイ料理が大好きですが、実はパッ・タイはあまり食べません。
お店によってかなり甘い味付けのことがあるので、一品しか食べられないランチでは怖くて手が出せない(汗)。

DSCF9687 (480x360)
レモンの櫛切りが添えられているので、食べる前に全体に搾りかけました。

DSCF9688 (480x360)
恐る恐る食べてみると、それ程甘みがなく、レモンの酸味がしっかりと利いていて、とてもサッパリ食べられました。
よかった!(笑)。

DSCF9689 (480x360)
この日の伝票です。


私にとってタイ料理の鬼門であるパッ・タイでしたが、意外に美味しくいただけてよかったです。
「オールドタイランド」のランチはお値段がややお高めなものの、ボリュームがかなりしっかりあるので満足感がとても高いのが特徴だと思いますが、幾つかのメニューだけ量がフツーのものがあります。
パッ・タイは残念ながらそれに当てはまり、ボリュームとしてはやや残念です。
それにしても、「オールドタイランド」にはかなり頻繁に来ているので、2016年中にメニューをコンプリートできそうです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたランチメニューです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎定番メニュー
ガイ・パット・バイガパオ・ラート・カオ (2016年2月4日
カオ・パット・トムヤム   (2015年10月21日
パッ・タイ (2016年3月22日
センレク・ナーム (2016年2月29日
カオソイ  (2014年12月4日

◎季節メニュー
チムチュム (2015年12月16日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


定番ランチメニューです↓
DSCF7062 (480x360)

DSCF7063 (480x360)

DSCF7066 (480x360)

DSCF7065 (480x360)


季節ランチメニューです↓
DSCF3951 (480x360)


ドリンク&デザートメニューです↓
DSCF4989 (480x360)

DSCF4990 (480x360)

DSCF4991 (480x360)

DSCF4992 (480x360)

DSCF4993 (480x360)





2016年3月22日訪問時お店DATA
********************************
タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店 
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷3階
TEL 03-6380-8360
営業時間 
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30)
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 年中無休  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/29 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
龍月園  @四谷
気温があまり上がらない週末でしたが、皆様、楽しく過ごされたでしょか?
私は半月ぶりにジョギングしたのですが、身体が重く、ヘトヘトになっちゃいました。
身体は正直で、ちょっとサボるとダメですね~。
マラソン大会まであと半月なので、もうちょっとがんばらないと!

一週間遅れの記事を書いているので、本日まで過去記事をアップさせていただきます。
ようやく2015年の記事に入れました(汗)。

DSCF6458 (480x360)
2015年1月5日は仕事始めでした。
働くのが嫌いな我らが上司が12時からのスタートとしてくれたので、のんびり出社。
上司はさらにゆっくりと12時半近くにやって来ました(笑)。
当初、1・2時間ざっと仕事をしたら新年会で外へ繰り出す予定だったようですが、Oさんが別の用事帰ってくるのが午後になるとのことで、とりあえずランチを食べに出ることに。
向かった先は上司の大のお気に入りの「嘉賓」。
ところが、午後1時近くだというのに待っている人がいるぐらい混雑していたため、数軒先にある「「龍月園(りゅうげつえん)」へ行きました。
三栄通りはもうほとんどのお店が新年の営業を始めていました。

DSCF3900.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、しばらく行った左側に玉川ビルがあり、お店はその1階です。


地図です。

看板

同じビルの地下には、2007年11月22日にランチ訪問した「ふらり 四谷店」が入っています。

DSCF3210 (480x360)
お店の入口の前には看板が3つ出ていました。

DSCF3211 (480x360)
こちらはランチメニューの看板です。

DSCF3212 (480x360)
液晶パネルで映像を見られる看板もありました。

DSCF0672 (480x360)
入口の前には小さなスペースが作ってあり、炭の火おこしに使われているようです。

DSCF6468 (480x360)
お店の入口には謹賀新年と書かれたとても大きなポスターが貼ってありました。

DSCF5508.jpg
お店に入るとすぐレジがあり、奥にテーブル席が並んでいます。
店内はとても高級感があり、シックでオシャレで落ち着いた雰囲気です。

DSCF5504.jpg
前回ランチ訪問したのは2014年10月20日だったので、約2ヶ月半ぶりでした。

2009_0123画像0127
午後1時に入店したときは数組がいるだけでしたが、何故か午後2時近くなってからどんどんお客さんが入ってきて、半分ぐらい席が埋まっていました。
焼き肉店だからなのか、年始という時期だからなのか、ちょっと人の流れが不思議~。

DSCF5507.jpg
フロアから厨房に続く細い通路の右側には座敷席があるようです。

2010_0107画像0001
壁際には色々なお酒がズラリと並んでいます。

DSCF6423 (480x360)
お店のマダムに促され、中央左側ぐらいの4人席に着席。

卓上にはメニュー、紙ナプキン、爪楊枝などが置かれています。

DSCF6425 (480x360)
こちらの豚肉は、宮崎県産のおいも豚を使っているとのこと。

DSCF6427 (480x360)
ただ、ランチ利用ばかりなので、豚肉を食べるチャンスがないのが残念。

DSCF3161 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF2754 (480x360)
ランチメニューです。
焼肉ランチが11種類、お料理が11種類もあって、メニューはとっても豊富。
お値段も850円から3,500円と、かなり幅広いです。
ソフトドリンク、ビール、デザートもありました。

DSCF6414 (480x360)
私はなるべく軽めに、そして辛いお料理が食べたくて、ユッケジャン(950円)をチョイス。

先輩はタンのハンバーグを注文したところ、マダムから「ないよ。」と一言。
記載されているメニューなのに、理由も謝りも述べることもありません。
こちらのマダムらしい対応に、冬休みが終わったことを実感しました(笑)。
先輩は結局焼肉ランチを、上司はシェフのおすすめランチで小冷麺がついているCランチをチョイス。
みんなで食べようということで、別にカルビを注文してくれました。

DSCF0653 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じ。

DSCF6422 (480x360)
注文を終えると、炭火を準備します。
まずはコンロの火でファイアー。

DSCF6429 (480x360)
炭に火がつきました。

DSCF6430 (480x360)
自分でもたまに炭を使うので、見ていて楽しいです。

DSCF6435 (480x360)
縁をセットし、、、

DSCF6439 (480x360)
網をのせて完成です。

DSCF6434 (480x360)
いつもは着席すると出てくるおしぼりですが、この日はだいぶ遅れて出て来ました。
小さな籐籠に3つ、のせてあります。


ランチビール (350円)
DSCF6431 (480x360)
上司は仕事始めだからと、お酒を注文してくれました。
今年一年またがんばりましょう、と、乾杯!

DSCF6433 (480x360)
ビールはサッポロビールでした。
昼酒は美味しい~(笑)。


マッコリ (700円)
DSCF6436 (480x360)
上司はランチビールだけでは飽き足らず、女将さんに「普通のお酒はオーダーできるの?」と聞いて、マッコリも注文(笑)。
上司が一緒に頼んだこともあり、ビールとマッコリは一緒に出て来ました。
ただし、マッコリは2つというオーダーが通っていなかったようで、1つしか来なかったので、もう一つをお願いしました。
マッコリがぬるくなっちゃうんじゃ?と思ったのですが、上司もお店も気にしていませんでした(笑)。

マッコリはグラスに1/3ぐらいしか入っていなくて、量は多くありません。
トロリとした口当たりですが、甘くなくてドライでした。


焼肉ランチ (1,100円)
DSCF6440 (480x360)
しばし待って、上司と先輩のお料理が出て来ました。

先輩の焼焼肉ランチはメイン、サラダ、キムチ、副菜、スープ、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆に載せられていました。

DSCF6444 (480x360)
お肉がとってもキレイで美味しそ~。
肩バラ肉とのこと。

DSCF6441 (480x360)
ユッケジャンを注文した私には、お箸とスプーンと焼肉のタレが出て来ました。

DSCF2758 (480x360)
箸袋には店名とイラストが印刷されています。

DSCF6447 (480x360)
スプーンは先の方が紙ナプキンで四角く形を整えてくるんでありました。

DSCF6445 (480x360)
みんなで食べるよう上司が注文してくれたカルビのために、タレも個別にいただきました。

DSCF6446 (480x360)
ちょっと遅れてキムチも登場。

DSCF6449 (480x360)
早速お肉を焼きます。
美味しそう~。

DSCF6452 (480x360)
最初は炭の勢いが弱く、ジュージューする感じではなかったです。

DSCF6453 (480x360)
でも、段々と火が強くなり、時々脂が垂れるとファイヤー!

DSCF6454 (480x360)
良い感じに焼き上がりました。

DSCF6455 (480x360)
お肉は柔らかくて美味しい~。
うーん、営業日初日からとっても口福。
上司に感謝、感謝☆

DSCF6457 (480x360)
ところで、こちらの「龍月園」。
焼肉メニュー以外の一品料理をオーダーすると、出てくるまでにかなり時間がかかります。
この日も30分近くかかりました。
幸い、上司も先輩も焼き物なので焼きながらなので時間がかかったし、カルビをいただいたりしたので何となく時間を過ごせましたが。
ただ、あまり食べずに飲み続けていたので、結構お酒が身体に回った感じがしました(笑)。


ユッケジャン  (950円)
DSCF6458 (480x360)
ユッケジャン、ようやく登場!
メイン、キムチのセットです。
いただきま~す☆

DSCF6446 (480x360)
キムチは浅漬けでやや甘い味付けでした。

DSCF6459 (480x360)
ユッケジャンは大きめの器に盛ってあり、汁はかなりたっぷりめ。
スープはオレンジ色がかかった赤さで、具材もたくさん盛ってありますが、トッピングの水菜がたっぷりのせてあって見えません。
赤と緑の彩りがキレイ。

DSCF6460 (480x360)
水菜は立体的に盛りつけてあり、白ごまがふってあります。

DSCF6463 (480x360)
赤いスープを見ると、テンションが上がります(笑)。

DSCF6464 (480x360)
まずはスープを一口。
辛さはピリ辛ぐらいで、じんわりと旨みがあります。
美味しい。

DSCF6467 (480x360)
スープの中にはご飯が入っています。
底の方を探ると出て来ました。
美味しいスープを吸っているので、もちろん旨いです。

DSCF6465 (480x360)
写真にははっきりと写っていませんが、玉子や細かくほぐしたお肉、山菜などが入っていて、具沢山でした。

DSCF6626 (480x360)この日のレシートです。

DSCF3600 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じ。


たっぷりのスープとご飯をいただいたので、お腹いっぱいになりました。

2015年のお仕事もいよいよスタート!!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  焼肉ランチ  (2010年12月28日
  カルビ焼定食  (2008年11月6日2010年1月6日)  
  シェフのオススメランチ:焼肉+小カルビうどん  (2008年3月17日) 
  スタミナ焼定食 (2013年10月18日

  コムタン  (2015年11月26日
  ユッケジャン (2015年1月5日
  カルビうどん  (2014年10月20日
  タンのハンバーグ  (2010年12月15日
  冷麺  (2015年10月8日
  温麺 (2011年2月23日) 

[ディナー]
  2009年1月23日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューはこちらです↓
DSCF2754 (480x360)

DSCF6416 (480x360)

DSCF6417 (480x360)

DSCF2753 (480x360)

DSCF6414 (480x360)

DSCF6415 (480x360)


ディナーメニューはこちらです↓
2009_0123画像0139

2009_0123画像0140

2009_0123画像0141

2009_0123画像0142

2009_0123画像0143

2009_0123画像0144

2009_0123画像0145

2009_0123画像0146

2009_0123画像0147

2009_0123画像0148

2009_0123画像0150

2009_0123画像0151

2009_0123画像0152

2009_0123画像0153

2009_0123画像0154

2009_0123画像0155

2009_0123画像0156

2009_0123画像0157

2009_0123画像0158

2009_0123画像0159

2009_0123画像0160

2009_0123画像0161

2009_0123画像0162

2009_0123画像0163

2009_0123画像0164

2009_0123画像0165

2009_0123画像0166

2009_0123画像0168

2009_0123画像0169

2009_0123画像0171

DSCF3876.jpg

DSCF3875.jpg

DSCF3878.jpg

DSCF3880.jpg

DSCF3881.jpg





2015年1月5日訪問時お店DATA
********************************
龍月園 (りゅうげつえん)   
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-20 玉川ビル1階
TEL&FAX 03-3357-1088
営業時間 
[平日]11:30~14:30 17:00~1:00
[土祝]17:00~24:00 
定休日 日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/28 08:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(2) |
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店  @四谷
みなさま、楽しい日曜日をお過ごしですか?
前日に引き続き、2014年のタイムスリップ記事です。
時系列がぐちゃぐちゃでわかりにくいですが、何卒ご容赦願います(´∀`*;)ゞ

DSCF5821 (480x360)
2014年12月25日の木曜日、年内営業日もあと2日。
この年の冬休みは長めだったので、年末年始はちょっと旅行へ行く予定だったので、忘年会続きで高めに推移していた体重をどうにかしなければと思い、この日も軽めのお弁当にしました。
この日向かったのはアトレ四谷にある「SUPERMARKET成城石井(せいじょういしい) アトレ四谷店」です。

DSCF2211 (480x360)
「成城石井」は、JR四ッ谷駅に隣接するアトレ四谷の1階にあります。
駅の改札からエスカレーターに乗って1階フロアに行くと、一番奥の場所です。


地図です。

DSCF2212 (480x360)
「成城石井」を運営する株式会社成城石井は、1927年2月に果物や菓子などを扱う小さな食料品店として創業し、輸入食料品を多く取り扱う食料品主体の高級スーパーとして最近は駅ビルなどを中心にかなり積極的に店舗展開し、2013年3月に100店舗を達成したとのことです。
現在は株式会社ローソンの系列グループです。

DSCF2213 (480x360)
この場所には2009年1月26日に訪問した「Pizza&Pasta QuaQua(クワクワ) アトレ四谷店」がありましたが、2009年11月10日に「成城石井」がオープンしました。

2009_1204画像0097
こちらは以前撮影した写真です。

販売しているお弁当は、軽食のサンドウィッチからランチボックスのお弁当、和食からエスニック系、そのままそのまま食べられるお弁当から電子レンジで必ずチンしなければならないお弁当などなど、お値段も様々で、かなり多岐にわたっていろいろな種類が置いてあります。

2009_1204画像0096
こちらも以前撮影した写真です。
お高めスーパーだけあって、店員さんの対応がとても丁寧です。

仕事がおして、お店に到着したのは12時半頃だったので、お店は結構空いていて、レジを殆ど並ばずに済みました。
お客さんはほぼ全員女性です。

DSCF5676.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
前回購入したのは2014年12月5日だったので、20日ぶりです。

DSCF5876.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
賞味期限が近づいていると、ディスカウントされているお弁当もあって、安物買いが好きな私はついついそっちに目が行っちゃいます。
・・・というか、最近それしか買っていないかも(笑)。

DSCF5806 (480x360)
「成城石井」のお弁当は一つ一つが比較的軽めなことが多いので、普段だとついついたくさん買い過ぎてしまうので、この日は慎重にチョイス(笑)。

最初はこちらのスープ春雨を買うつもりでしたが、最後の最後で有機トマトの具沢山ミネストローネに変更。

DSCF5807 (480x360)
もう一品はこちらのサラダにしました。
ついつい、増量されているものを買ってしまいましたが、サラダだから、オッケー!(笑)。

DSCF5045 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
成城石井の持ち帰り袋はグレーの色に深い緑色でお店のロゴが入っています。

DSCF3961 (480x360) - コピー
ペッタンコにしてみました。

DSCF5809 (480x360)
ミネストローネの容器は、フタが透明なプラスチック、下が白い紙製です。
お箸などはお断りました。

DSCF5810 (480x360)
フタには商品名・金額・消費期限などが書かれているラベルが貼ってありました。
保存料・合成着色料・合成甘味料・化学調味料は不使用で、消費期限は当日です。

DSCF5811 (480x360)
こちらは電子レンジで必ず温めなければなりません。

DSCF5812 (480x360)
容器を包んでいるラップの裏側には、細かい原材料名や保存方法が記載されたラベルが貼ってあります。

DSCF5819 (480x360)
電子レンジで温める目安は、500wで2分30秒です。

DSCF5813 (480x360)
サラダはこぼれ防止でしょうか、半透明のビニール袋に包んでありました。

DSCF5814 (480x360)
容器はプラスチック製の長方形で、下は黒、フタは透明です。

DSCF5815 (480x360)
こちらのフタにも、商品名・金額・消費期限などが書かれているラベルが貼ってありました。
保存料・合成着色料・合成甘味料・化学調味料は不使用で、消費期限は翌日です。

DSCF5816 (480x360)
増量マークが赤く目立って貼ってあります(笑)。
通常は約160gのところ、プラス30gしてあるとのこと。

DSCF5817 (480x360)
サラダの原材料名のラベルはこちら。
容器から取り外してから撮影したので、しわくちゃになっちゃいました(汗)。

DSCF5820 (480x360)
外側の包装を取り外すとこんな感じです。


有機トマトの具沢山ミネストローネ(604円)+タイ風春雨サラダ(475円)=1,075円
DSCF5821 (480x360)
いただきま~す!

DSCF5827 (480x360)
まずはサラダからいただきました。
お店の説明書きは、「自家製ドレッシングはレモンの風味がきいて、さっぱりとした中にも甘辛の旨みがあります。
5種の具材の春雨サラダに海老、香菜などをトッピング。
たっぷりどうぞ。」とのこと。
挽き肉、ナッツ、パクチー、海老、トマト、等が入っていて、こちらも春雨が見えないほどたっぷり目。

DSCF5829 (480x360)
中央には彩りも兼ねてパクチーがトッピングされていました。

DSCF5828 (480x360)
レモンのくし切りが添えられていたので、食べる前に全体的にふりかけました。
厚みが結構あったので、レモン汁をたっぷりかけることができて、酸味がとっても利いて美味しかったです。

DSCF5830 (480x360)
トマトは有機で、かなり大きいカットでした。

DSCF5831 (480x360)
サラダのソースは小袋に入っていました。
見た感じ、甘めなチリソースかな~とちょっと心配でしたが、甘さもあるものの、辛さや酸味がしっかりとあってパンチのある味わいだったのでとっても美味しかったです。

DSCF5832 (480x360)
こちらの春雨は細めです。
食べ始めは細いせいかちょっとかたい感じがして「戻しきれていないのかな?」なんて思ったりしましたが、食べているとこの食感にも慣れて、噛み応えを感じました。
増量しただけあって、ボリュームたっぷり。

DSCF5822 (480x360)
スープな名前の通り、表面が見えないぐらい具材がたっぷりでした。
パスタ、お豆2種類、ニンジン、ブロッコリー、カリフラワー、アスパラ、キャベツ、黄パプリカなどなど。
彩りもと~っても鮮やか。

DSCF5823 (480x360)
お豆が好きなので、たっぷり入っていたのが嬉しかったです。

DSCF5824 (480x360)
煮込んであるので、野菜は全体的にやや柔らかめ。

DSCF5825 (480x360)
ただ、ニンジンは大きな塊だったのでそうでもなかったですが。

DSCF5826 (480x360)
たっぷりの具材でボリューム抜群でした。

DSCF5833 (480x360)
スープはトマトの酸味を感じられて、旨みもしっかりあって美味しかったです。
急いでいたのでちょっと短めにチンしたら、温かい場所とややぬるい場所があって、温かさにムラがあるのがとってもよくわかりました(笑)。
やっぱり全体的に温めなきゃダメですね~。

DSCF5835 (480x360)
パスタはやや柔らかめの茹で具合でした。

DSCF7695 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じ。


先輩に「今日はヘルシーですねぇ。」とコメントをいただきましたが、ボリュームはたっぷりでお腹はいっぱいになりました。
ただ、やはりサラダ系なので、夕方遅くにはお腹が空いちゃいました。
忘年会シーズンを乗り切るには我慢、我慢。


◇・◆・◇・◆・◇・◆ これまでに食べたメニューです↓ ◆・◇・◆・◇・◆・◇

プルコギと自家製ナムルのビビンバ丼 (2009年12月2日
手まり寿司盛り合わせ (2011年3月3日
唐揚と7種類の彩り十六穀米丼 (2011年3月15日
タイカレー グリーン (2013年3月21日
(小)金目鯛とぶりとサーモンの押し寿司 (2015年10月9日
鮭といくらの五目巻きセット (2014年12月5日
柿の葉寿司 (2016年2月16日

フォーガー (2011年3月11日
酸辣湯麺 (2013年9月24日2014年4月25日
「和」サラダそばひじき (2015年9月18日
9種具材の味噌けんちんうどん (2015年12月10日
有機トマトの具沢山ミネストローネ (2014年12月25日

タイ風挽肉炒めのまぜまぜサラダ (2013年9月24日)  
タイ風春雨サラダ  (2014年12月25日
きのこと3種まめの胡麻和えサラダ (2014年4月25日
フレッシュトマトと海老のペンネサラダ  (2014年10月14日
黒毛和牛のローストビーフサラダ (2014年10月14日
4種きのことグリーンリーフのサラダ (2015年10月9日
鶏肉とごまのさっぱり春雨サラダ (2014年12月5日) 
蒸し鶏と彩り野菜の15品目サラダ (2016年2月16日

腰果蝦仁(ヤオゴシャーレン) (2011年3月11日
タコとイカの5種ハーブマリネ (2011年3月15日

三角サンド牛肉コロッケ (2015年9月18日
和風ツナチーズ(パン)  (2015年12月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2014年12月25日訪問時お店DATA
************************************
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (せいじょういしい)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷店1階
TEL 03-5362-0846
営業時間 
[月~土] 7:30~22:00
[日・祝]  8:00~22:00
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/27 00:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(2) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
みなさま、楽しい土曜日をお過ごしですか?

今日から少し、過去記事をアップします。
今更ながらで何にも役には立たない情報ではありますが、暇つぶしにでもご覧いただければ嬉しいです☆

DSCF5795 (480x360)
2014年12月24日のクリスマスイブ。
私は歯医者に行く予定しかない、単なる日常の一日でしたが、忘年会続きで体重が高止まりだったので、引き続き軽めのランチにしようと思い、 アトレ四谷の「Pensri’s(ペンシーズ) Kitchen アトレ四谷店」へお弁当を買いに行きました。

DSCF2209 (480x360)
店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退しましたが、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。


地図です。

DSCF2210 (480x360)
「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。

なんでも、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。
メニューは時期によっていろいろと変わっているようです。

カウンターの後ろにレジがあるので、イートインスペースの横のレジに行かなくて済みます。
お願いすると、お弁当を温めてくれます。
ただ、奥の厨房での作業なので、レストランとの兼ね合いで少し時間がかかることがあります。

DSCF7684.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。

前回お弁当を購入したのは2014年11月20日だったので、約1ヶ月ぶりです。
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しています。

DSCF7683.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。
イートインは行列が出来ていることが多いです。

DSCF6172 (480x360)
たまごトッピングをお願いすることが出来ます。
半熟のせいか、3時間以内に食べなければいけません。

12時過ぎにお店に到着すると、先客1名、後客1名ほど。
店員さんは女性が多いですが、最近は男性店員さんが対応してくれることもあります。
この日も男性店員さんでした。

DSCF7311 (480x360)
タイ料理が大好きなので、「ペンシーズ」へ行くとついつい、いろいろと買い込んでしまいますが、この日はぐっと我慢で、軽めごはんシリーズからこちらの一品と、、、

DSCF5781 (480x360)
まだ食べたことのなかったエビとオクラのサラダを購入。
いつもはお弁当を温めてもらいますが、この日は午後イチで仕事の予定が入っていたので、そのまま持ち帰りました。

DSCF4477_20140319203501ac8.jpg
大きいサイズのお弁当を購入すると、鮮やかな薄緑色の持ち帰りのビニール袋に入れてくれます。
淡い色調がとってもステキ。

DSCF2461 (480x360)
店名のロゴがデザインされています。

DSCF5782 (480x360)
普通サイズのお弁当を購入すると、一般的な白いビニール袋です。

この日はこちらでした。

DSCF5783 (480x360)
袋の中から取り出すと、こんな感じ。

DSCF4086 (480x360)
お箸やスプーンなどはお断りするようにしています。
この日もお断りしたのですが、忘れられてしまったようで、入っちゃっていました。
事務所の備蓄用として保管しています。
スプーンは白いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF5786 (480x360)
おしぼりはやや小さめで、白っぽい半透明のビニール袋に入っています。

DSCF1876 (480x360)
箸袋はビニール製で、タイ料理っぽくなく、日本流に「OTEMOTO」と書かれています。

DSCF5787 (480x360)
お弁当は、下が黒、フタが透明の長方形のプラスチック容器に入っています。

DSCF5788 (480x360)
フタの下の方にはメニュー名、原材料名、賞味期限、値段、販売元などが書かれたシールが貼られています。

ちなみに、こちらのお弁当、店頭のメニュー名だと「軽めガパオ 玉子入り弁当」となっていて、容器についたメニュー名は「軽めごはん ガパオ弁当/玉子入り」となっています(笑)。

DSCF5789 (480x360)
サラダの容器は個別に半透明のビニール袋に入れられていました。
ドレッシングが垂れるのを心配してかな?

DSCF5790 (480x360)
サラダは透明の八角形のプラスチック容器に入っています。

DSCF5791 (480x360)
フタの下の方には同じく、メニュー名、原材料名、賞味期限、値段、販売元などが書かれたシールが貼られていました。


軽めごはん ガパオ弁当/玉子入り(560円)+エビとオクラのサラダ(320円)=880円
DSCF5795 (480x360)
いただきま~す!


エビとオクラのサラダ
DSCF5797 (480x360)
まずはサラダからいただきました。

DSCF5798 (480x360)
サラダはエビとオクラだけでなく、リーフレタス、ニンジン、紫タマネギ、セロリなどなど、いろいろな種類の具材が入っています。
彩りもと~っても華やか。

DSCF5799 (480x360)
タイ料理でオクラってちょっと不思議な感じでしたが、ぬるっとした食感が面白かったです。
酸味も辛味もバシッと利いていて、とってもパンチがあります。
これで辛さが5段階中の4とは思えない~。
うーん、美味しい!
まさに、タイ料理を食べている醍醐味です。


軽めごはん ガパオ弁当/玉子入り
DSCF5800 (480x360)
次に、ガパオを食べました。
細長い容器には、上にガパオ、下にご飯が盛りつけてあり、ご飯の上の方に目玉焼きがのせてあります。

この記事を書いていて気付いたのですが、間抜けなことに前回の記事で書いた2016年2月10日のランチでも、同じものを食べていました(汗)。

DSCF5802 (480x360)
ガパオは玉子がついていないパターンもありましたが、ダイエット中といいつつも、やっぱり玉子があった方が絵的にもお味的にも美味しいので、こっちにしちゃいました(笑)。

DSCF5803 (480x360)
軽めごはんシリーズですが、意外とご飯はたっぷり目。
ただ、冷たく固まっていたので、ほぐしながらいただきました。

DSCF5804 (480x360)
目玉焼きは、黄身の部分はほぼ生の状態で、と~っても美味しそう。

DSCF5801 (480x360)
ガパオはたっぷりの挽肉のほか、赤・緑パプリカ、タマネギなどが入っています。
この日はお弁当を温めなかったのは大失敗。
おかずは冷たく冷えていて、本来なら辛さは5段階で最上位の5のはずが、味わいがあまりはっきりしませんでした。

DSCF7333 (480x360)
途中で目玉焼きを崩して、ガパオと混ぜ合わせて食べました。
黄身の濃厚な味わいが加わり、刺激的なガパオのお味がちょっと穏やかで複雑な味わいになります。

DSCF5793 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。

DSCF5805 (480x360)
何故かレシートが見当たらず、ポイントのものだけしかない(汗)。

DSCF7313 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じ。


この日はガパオ弁当を温めなかったのはかなり失敗でした。
冷蔵ケースの中で結構な時間が経っていたのか、常温ではなく冷たくなってしまっていて、普段に比べるとかなり味わいがよくなかったです。
残念(泣)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
グリーンカレー弁当 (2012年3月21日
タイの白ナスのグリーンカレー (2014年11月20日) 
レッドカレー弁当 (2013年6月25日
豚肉とカボチャのレッドカレー弁当 (2013年10月7日
マッサマンカレー弁当 (2013年12月4日
海老の特製レッドカレーソース (2014年7月9日
イエローカレー弁当 (2014年8月28日

ペンシーズ弁当 (2012年5月23日
パッタイ弁当 (2012年11月30日
カオマンガイ弁当 (2014年5月29日
ガパオ弁当 (2013年10月7日
菜の花ガパオ弁当 (2014年3月31日) 
海老の特製レッドカレーソース&ガパオ (2014年9月25日
本日のタイ炒飯と焼きビーフン  (2015年10月16日) 
3種盛り弁当 (2013年3月14日
ガパオチキングリルライス&グリーンカレー (2015年12月14日

軽めごはん パッタイ弁当 (2014年2月14日
軽めごはん ガパオ弁当 (2014年2月26日
軽めごはん ガパオ弁当/玉子入り (2014年12月24日2016年2月10日

サンドイッチガパオ  (2013年8月26日) 
サンドイッチ エビトムマヨ  (2013年8月26日) 

生春巻 (2012年3月21日
海老とアボガドの生春巻 (2014年3月31日
海老の生春巻 (2016年2月10日) 
ミニ揚げ春巻き (2013年6月25日

青パパイヤのサラダ (2012年11月30日
ヤムウンセン (2013年3月14日
ミニ春雨サラダ (2014年8月28日
目玉焼きサラダ (2013年8月26日) 
白きくらげサラダ(S)  (2013年12月4日
ミニ白キクラゲサラダ  (2014年7月9日) 
春雨サラダ(ヤムウンセン) (2014年2月14日
ミニパッタイ (2013年10月7日
ミニツナサラダ (2014年9月25日) 
エビとオクラのサラダ (2014年12月24日

豚肉のタイ風味揚げ (2013年10月7日
グリーンカレーコロッケ (2014年2月26日
揚げ豆腐のガパオがけ (2014年5月29日
タイ式鶏の唐揚げ  (2014年11月20日) 
トムヤムスープ (2015年10月16日

[イートイン]
鶏挽肉のバジル炒めごはん 大人気!ガパオ
ちょっぴりがちょうどいい ミニフォーセット (2012年4月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウト用メニュー↓
DSCF3905 (480x360)

DSCF3906 (480x360)

DSCF3907 (480x360)

DSCF3908 (480x360)

DSCF3909 (480x360)

DSCF3910 (480x360)

DSCF3911 (480x360)

DSCF3912 (480x360)


チラシです↓
DSCF2560 (480x360)

DSCF2558 (480x360)

DSCF2559 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg





2014年12月24日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/26 00:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
四谷 政吉  @四谷
今週は平日が4日しかなかったので、金曜日になるのが早かったです。
年度末を控え、忙しい方も多いのでは?
少々寒の戻りではありますが、この週末はちょこっとお花見が楽しめそうで、ワクワクしています。
みなさまも、楽しい週末を☆

DSCF9103 (480x360)
2016年3月17日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
二人とも、あまり外食を食べている場合ではなかったのですが、約1ヶ月前の2016年2月19日に「徒歩徒歩亭」でランチをした時、真向かいのお寿司屋さんでランチをやっているのを知り、お寿司ならそんなにハイカロリーではないかも、、、と行ってみることに。
ところが、入店してみると、「少し時間がかかります。」と言われ、折角だからそのまま待っていたら、席はまだ空いていたのに「今日すみません。」とまさかのお断り(泣)。
仕方なく、2012年5月31日にランチ訪問した「タラキッチン」の跡地に出来た新店に行ったのですが、ランチは食べ放題の鳥の唐揚げ定食オンリーだったので、ちょっとこの日は厳しいと思い、次に、2013年7月22日にランチ訪問した「吹上浜」の跡地に出来たお店に行ったのですが、こちらは満席に20分位かかるとのこと(泣)。

DSCF9088 (480x360)
ランチ難民となってウロウロしていた時、2012年7月30日にランチ訪問した「しるし」がランチ営業をやめていることに気付きました。

DSCF3363 (480x360)
すっかりランチ難民になってしまい、さすがに新店はこれ以上思い当たるところがなく、軽めに食べられて美味しいお店はどこかなぁと考えていたら、久しぶりに「四谷 政吉(まさきち)」のことを思い出し、行ってみることにしました。

DSCF3362 (478x359)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入ります。
通りの左側を奥へ進むと小川ビルがあり、お店はその1階にあります。


地図です。

DSCF3334 (480x360)
「政吉そば」は四ッ谷ばかりでなく東京でも有名な立ち食いそば店でした。
市谷経済新聞の記事によれば、「政吉そば」はオーナーの健康上の理由で2013年にお店を閉店したそうですが、麺類のキッチンカー「麺車 金五郎」を展開するハローライフのマネジャーの山崎大さんがオーナーと同じ師匠の下で修業した縁で、「政吉」の名前を残す形での再オープンが決まったとのことです。
新たな店名は「四谷 政吉(まさきち)」で、2014年1月30日にオープンしました。

DSCF9111 (480x360)
お店の前には期間限定メニューの看板が出ています。
写真がカラフルで大きくて、とっても目を引きます。

前回ランチ訪問したのが2014年3月18日だったので、約2年ぶり、3回目です。

DSCF3360 (478x359)
こちらは以前撮影した写真です。
お店に入ってすぐ右手に券売機があるので、先に食券を購入します。

DSCF9093 (480x360)
辛いものに目がないので、外に出ていた看板で見たピリ辛肉味噌そばに決定。
豚カレー南蛮もかな~り気になったのですが。

DSCF9094 (480x360)
「政吉」はおそばが美味しいので、本当はつけ蕎麦の方がいいのはわかっているのですが、お汁を飲みたかったので汁そばにしちゃいました。

DSCF3340 (478x359)
フロアはそれほど広くありません。
奥に厨房があり、壁に沿って立ち食いのカウンター席があります。
12時半頃の入店だったので、店内はかなり混み合っていました。

左に返却窓口があり、右に注文窓口があります。
厨房では店員さんが3・4人いらっしゃいました。
食券をここで渡します。

DSCF9095 (480x360)
2016年3月22日から4月1日までは、店長さんがアメリカ遠征のため、夜営業はないそうです。
「政吉」、アメリカに進出?!

DSCF3341 (478x359)
こちらも以前撮影した写真です。
置き場がないのでしょうか、カウンターの下には在庫などがどっさり(笑)。

DSCF3344 (478x359)
こちらも以前撮影した写真です。
壁にはテレビがかかっていました。

DSCF3342 (478x359)
こちらも以前撮影した写真です。
こんな豆知識が置かれていました。
リトアニアが世界で一番そばを食べるなんてビックリ。
どういう風に食べているのか、とっても興味津々です。

DSCF9099 (480x360)
この日は比較的暖かい日だったので、私がお蕎麦の受け取りに並び、先輩に外のテーブル席の場所取りをしてもらいました。
卓上には台拭き、蕎麦湯の入ったポット、爪楊枝、各種調味料が置いてあります。

DSCF9101 (480x360)
お水の入ったポットとコップは、入口のすぐ前に置かれたイスにのっけてありました。
気付かずに、店内から持ち出してしまったワタクシです(笑)。

DSCF9100 (480x360)
天ぷらを揚げ立てで提供するため、立ち食いそばやさんですが、出来上がりまで少し時間がかかります。
この日は注文トラブルも重なり、結構待ちました。

DSCF9110 (480x360)
テラス席に座ると、「飲茶・上海料理 姜太公 四谷店」がよく見えます。


冬季限定 ピリ辛肉味噌つけそば  (500円?)
DSCF9097 (480x360)
私と同じく辛いもの好きの先輩は、ピリ辛肉味噌のつけ蕎麦をチョイス。
値段がちょっとはっきりせず、すみません(汗)。

DSCF9098 (480x360)
お蕎麦が透明感があってツヤツヤ。
これを見ちゃうとやっぱりつけ蕎麦にすればよかったと、ちょっと後悔(笑)。


冬季限定 ピリ辛肉味噌そば (500円)
DSCF9102 (480x360)
お蕎麦とレンゲのセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF9104 (480x360)
レンゲは黒です。

DSCF9103 (480x360)
いただきま~す!
見た感じ、スープはそれ程赤くありません。

DSCF9106 (480x360)
肉味噌のはずですが、ぱっと見、あまり見当たりません。
長ネギの小口切りと、、、

DSCF9105 (480x360)
温玉がトッピングされています。
ところどころに唐辛子の輪切りが浮かんでいました。

DSCF9107 (480x360)
まずはスープを一口。
濃いめの味わいで旨味もたっぷり。
しっかりと辛くて、食べていると身体が内側からポカポカしてきました。

DSCF9108 (480x360)
温玉はある程度食べてから崩しました。
黄身の旨味が加わって、さらに美味しくなりました。

DSCF9109 (480x360)
明るい灰色のお蕎麦は、汁そばでもシャッキリ感がわかります。
ボリュームは普通です。


久しぶりに食べた「政吉」ですが、お蕎麦の美味しさは相変わらずで、つけ汁も辛旨で大満足です。
先輩は「スープもとっても美味しかったけど、お蕎麦の存在感が薄れちゃうから、やっぱり普通に食べた方がいいかも。」と言っていました。
記憶にないぐらい酷いランチ難民になってしまいましたが、結果オーライでよかったです。

◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
小海老天つけそば (2014年3月18日
ピリ辛肉味噌そば (2016年3月17日

「政吉そば」時代
小海老天そば (2007年6月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年3月17日訪問時お店DATA
******************************
四谷 政吉 (まさきち) 
〒102-0085
東京都新宿区四谷1-8 小川ビル1階
TEL  03-3357-0091 
営業時間 7:00~21:00
定休日 土日祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/25 06:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
今日は寒の戻りで気温が低く、雨も降るようです。
私事ですが、今日は甥っ子のお宮参りの日なので、お天気がイマイチでとっても残念。
桜が長持ちするとはいえ、一度暖かさを体感しちゃうと、身体がちょっと辛いですね~。
皆様も、体調崩さぬよう、お過ごし下さい☆

DSCF9076 (480x360)
2016年3月16日は、午前中の仕事が長引き、午後もそんなに時間がなかったので、上司とOさんの分のお弁当を勝手に買っちゃうことにしました。
千代田四番町ランチ屋台に行くと、この日は水曜日だったので、ボロネーゼを出す名前のない屋台だったので、牛サイコロボロネーゼをゲット。
私は週末に旅行を控え、軽めにしたかったので、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へ買いに出かけました。

DSCF1279 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つ目のビルの1階がお店です。


地図です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
前回購入したのは2016年3月4日だったので、12日ぶりでした。

DSCF1278 (480x360)
お店の前には大きな幟が2本出ています。
1本の幟には、「うどんそば」と、そば処なのにうどんが先に書かれてる(笑)。
もう1本の幟には「牛丼」と書かれていました。
甘い味付けで私は苦手ですが、お店的にはイチオシのドンブリのようです。

DSCF1276 (480x360)
入口の扉には食べログのステッカーが貼ってあります。
やや古めかしい店舗なので、オレンジがかなり鮮やか(笑)。

DSCF6574 (480x360)
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富。
全品持ち帰りが可能です。

温かいものと冷たいものでお値段がだいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF6573 (480x360)
厨房の中では女性2人、男性1人の3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそう。
男性店員さんが一番手前でテイクアウトの対応をしてくれることが多かったですが、この日は一番奥にいらっしゃったので、ローテーションしているようです。

DSCF6572 (480x360)
店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。
フロアはそれ程広くはなく、左に厨房とカウンターがあります。

DSCF6571 (480x360)
2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。
こちらは単品80円で他のメニューにもつけられるとのこと。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
お店に到着したのは12時20分近く。
待っているお客さんはいなくて、店内に入ってすぐに注文できました。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。
使われていない時もあるようで、注文をもう一回聞かれたこともあります。

DSCF6570 (480x360)
入口からすぐ右手の所にお蕎麦に関する本がたくさん並べられています。
「瓢箪」が掲載されているページには付箋がついているので、すぐにわかります。
これを見たおかげで、お店の営業時間を知ることが出来ました(笑)。

DSCF9071 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。

こちらのお店の大盛りを注文すると、店員さんのフタの閉め方の問題なのか、容器の構造上の問題なのかはっきりしませんが、かなり酷い汁漏れが発生してしまうので、必ず袋の下から手を差し入れて持ち帰ることにしています。
この日は別に二人分のお弁当を持っていたので、結構重かったです(汗)。
そんな私を見かねてか、テイクアウト担当のおば様がカウンターから出て来てくれて、扉を開けてくれました。
とても優しい対応に、感謝・感謝です☆

DSCF9072 (480x360)
たぬきそばと山菜きのこのどっちがヘルシーかな~と悩みましたが、山菜きのこの大盛をチョイス。

DSCF9780_20130316092337.jpg
いつも薬味として七味唐辛子がついています。

何故か2袋いただく時もあり、規則性がよくわかりません(笑)。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF9073 (480x360)
容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。
大盛りの器は、普通盛りのよりも大きめのようです。

DSCF9074 (480x360)
トッピングの量が多かったせいか、フタに山菜が付いちゃっていました(笑)。


山菜きのこそば(390円)+大盛(100円)=490円
DSCF9076 (480x360)
いただきま~す!

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどのメニューにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

DSCF9081 (480x360)
1つ目のカマボコは、フチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
薄切りのものが1枚でした。
いつもは真ん中にトッピングされている事が多いですが、この日は他の具材が多くて、やや埋もれ気味です(笑)。

DSCF9079 (480x360)
2つ目は長ネギの小口切りです。
薬味兼彩りになっています。

DSCF9080 (480x360)
3つ目はワカメです。

DSCF9077 (480x360)
きのこは多分、なめこだけでした。
ツルンとした食感が良いです。

DSCF9078 (480x360)
山菜はわらびや細竹などなど。
量がたっぷりで嬉しいです。
シャキッとした食感を楽しめました。

DSCF9082 (480x360)
意外なことに天かすも入っていてビックリ。
たぬき蕎麦と悩んだのに、まさか山菜きのこに入っていたとは。
ということは、カロリー的にはこっちが上だったかな?

DSCF9084 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF9085 (480x360)
「瓢箪」の蕎麦つゆは、基本的にあっさりしています。
なので、その時のトッピングで味わいが結構変わります。
この日は天かすが入っていたので、程よく旨味が加わり、美味しかったです。

麺はいつもどおりというか、相変わらずの柔らかめの食感でした。
でも、大盛りだけあって量はあります。


DSCF9087 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。
実はこの日、先輩もお弁当を買うつもりでしたが、このところよく外食に出ていたので、冷凍庫の中に3つもお弁当がたまってしまっていたため、泣く泣く自分のお弁当を食べていました(笑)。


山菜好きということもあって、山菜きのこそばは具材たっぷりでお気に入りメニューです。
夕方にはお腹が空いてしまいましたが、週末の旅行に向けて、我慢!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 かき揚うどん (2015年11月27日
 きつねそば (2013年1月9日
 きつねうどん (2014年11月12日
 とろろそば (2013年11月29日
 とろろうどん
 メンチそば
 メンチうどん (2012年4月10日
 力そば  (2014年12月17日
 力うどん (2012年2月27日
 肉そば  (2014年1月7日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 カレーうどん
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこそば大盛り (2016年3月16日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶそば (2013年6月13日2013年11月29日
 芽かぶそば大盛り (2016年3月4日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケそば
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめそば 大盛り (2016年1月29日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見そば   (2014年10月16日
 月見そば 大盛り (2016年2月18日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけそば 大盛り (2016年1月15日
 かけうどん  (2012年5月15日
 ちくわそば (2014年2月6日
 ちくわうどん

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねそば (2014年7月11日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろそば
 冷しとろろうどん
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しめかぶうどん (2014年9月16日
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきそば
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわそば  (2013年7月17日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 冷しちくわそば (2014年6月13日
 辛み大根の冷しおろしそば
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 牛丼
 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 カレー丼
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年3月16日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
営業時間 7:00~17:00
定休日 土・日・祝日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/24 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
串焼き居酒屋 千の味  @四谷
昨日の朝、四ツ谷の桜並木で桜がちょこっと咲いているのを見つけました。
土手の斜面にはハナダイコンも咲き乱れていて、ぱっと見、紫色の絨毯みたいでした。
うーん、いよいよ春本番ですね~!!

DSCF9047 (480x360)
2016年3月15日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ようと思ったのですが、鋭意ダイエット中の先輩はお弁当を食べるとの事だったので、一人で外出しました。
折角一人だったので宿題店に行かねばと思い、しんみち通りにある「千の味(せんのあじ)」へ。

DSCF9068 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの一番最後の右手に第2岩井ビルがあり、お店はその2階です。


地図です。

DSCF9067 (480x360)
「千の味」は、鶏の串焼きなどを中心にお手頃な価格で楽しめる居酒屋さんだそうで、2014年10月27日にオープンしました。
この看板、とっても巨大で迫力満点。

DSCF9069 (480x360)
ビルの前には小さなランチメニューの看板が出ています。

第2岩井ビルには、
1階には、何度かランチ訪問している「越後屋 五郎兵衛」、
地下1階には、2008年10月14日にランチ訪問した「味処 与志井」、
があります。

DSCF9070 (480x360)
お店は2階にあるので、細い内階段で上がります。

DSCF9066 (480x360)
入口です。
小さな暖簾が掛かっていました。

この場所には、2008年中頃?にオープンし、2009年4月28日にランチ訪問した「心酔食処 福もん」がありましたが、2014年10月頃までには閉店しました。

さらにその前には、2007年3月頃にオープンし、2007年7月17日にランチ訪問した「うさぎの農園食堂」がありましたが、2008年6月頃に閉店しました。

さらにその前には、未訪問ですが、インド料理屋さんがありました。

DSCF9022 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、奥に厨房、その前にカウンター席、その周りにテーブル席が並んでいます。
写真が撮れませんでしたが、左の壁には大きなテレビがかかっていました。
シンプルな内装で、壁には夜のメニューがたくさん貼ってあります。

DSCF9021 (480x360)
12時15分頃に入店したところ、9割程の人の入り。
意外にたくさんお客さんがいてビックリしました。
ほぼ全員スーツ姿で、女性客はあまりいません。

私はカウンター席の右端に通されました。
卓上にはメニュー、紙ナプキン、爪楊枝、各種調味料、灰皿などが置いてあります。

DSCF9042 (480x360)
男性店主さんが厨房、女性店員さんがフロアを担当し、二人でお店を切り盛りしていました。
店主さんは入店時や帰りがけなど、とてもよく声を出していて、気持ちの良い接客です。
私の座った場所は店主さんのほぼ真っ正面でした。

DSCF9020 (480x360)
冷たいお茶をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF9015 (480x360)
ランチは定番が5種類あり、お値段が650円から750円です。
日替わりでしょうか、お得ランチというのがあって、この日は鶏唐揚げ定食で550円というお安さでした。
なので、これを注文する人が多かったです。
ご飯はお替わり無料です。

DSCF9018 (480x360)
飲み物やデザートもありました。

DSCF9044 (480x360)
炙ってあるのが面白そうと思い、私は炙りもも肉の親子丼をご飯少なめで注文。
10分弱でお料理が出て来ました。

メイン、サラダ、副菜、お味噌汁のセットで、黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF9045 (480x360)
お味噌汁はフタ付きです。


炙りもも肉の親子丼 ご飯少なめ  (650円)
DSCF9047 (480x360)
いただきま~す!!

DSCF9048 (480x360)
おしぼり、箸袋に入れられた洗い箸、木製のスプーンが添えられています。

DSCF9049 (480x360)
お味噌汁は油揚げ、ワカメ、長ネギが入っていて、具材たっぷり。

DSCF9053 (480x360)
サラダはたっぷりの千切りキャベツと水菜です。
ドレッシングがかけてありました。

DSCF9054 (480x360)
副菜は小さめの冷や奴です。
小ネギがちょこっとトッピングされていました。

DSCF9057 (480x360)
お醤油を垂らして、いただきました。

DSCF9050 (480x360)
親子丼はたっぷりの卵でとじてあり、さらに生卵がのっけてあります。
彩りに水菜を散らしてあり、ご飯は全く見えません。

DSCF9051 (480x360)
黄身がつやつやしていて、とっても美味しそう。

DSCF9052 (480x360)
小さめにカットした鶏肉がとじた卵の中から見え隠れしています。
タマネギも入っていました。

DSCF9059 (480x360)
かなり汁ダクでちょっとビックリ。
ご飯少なめにしたせいもあるかもしれません。

DSCF9061 (480x360)
でも、甘みが少ないタレだったので、ご飯にしっかり染み込ませて美味しく食べられました。
ご飯を少なめにお願いしましたが、それでも結構量がありました。

DSCF9060 (480x360)
ある程度食べたところで、黄身を崩しました。
黄身の旨味で加わって、美味しく味変。

DSCF9065 (480x360)
もも肉は炙ってあるので、焦げ目が付いているのが見えます。
実際に食べてみると、うーん、ちょっと香ばしいかな?っていうぐらいでした。


ご飯少なめにしたので全体のボリュームは普通でしたが、普通に食べれば結構ボリュームがあり、お値段も安くてCPはとってもいいと思います。
オープンから1年半近く経ってしまいましたが、ようやく宿題店に行く事が出来て、ちょっと嬉しかったです(笑)。



ランチメニュー↓
DSCF9015 (480x360)

DSCF9016 (480x360)

DSCF9017 (480x360)

DSCF9018 (480x360)


ディナーメニュー↓
DSCF9026 (480x360)

DSCF9027 (480x360)

DSCF9028 (480x360)

DSCF9029 (480x360)

DSCF9030 (480x360)

DSCF9031 (480x360)

DSCF9032 (480x360)

DSCF9033 (480x360)

DSCF9034 (480x360)

DSCF9035 (480x360)

DSCF9036 (480x360)

DSCF9037 (480x360)

DSCF9038 (480x360)

DSCF9039 (480x360)

DSCF9040 (480x360)

DSCF9041 (480x360)

DSCF9023 (480x360)

DSCF9024 (480x360)





2016年3月15日訪問時お店DATA
****************************
串焼き居酒屋 千の味 (せんのあじ) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-20 第2岩井ビル2階
TEL 03-6380-6629
営業時間
[昼] 11:00~15:00(L.O.14:30)
[夜] 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 不定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/23 06:00】 | 親子丼 | トラックバック(0) | コメント(0) |
PAUL アトレ四谷店  @四谷
みなさま、楽しい三連休を過ごされたでしょうか?
私は海外へ行き、日曜日の深夜便で帰国したのですが、まさかの遅延で羽田空港で夜を過ごしました。
春休みで海外旅行シーズンのうえ、羽田空港の深夜便がすっごく多くて、夜中の12時を過ぎてもベンチはどこも満席(汗)。
出発ロビーに行って、出国した人と入れ違いでどうにか寝場所を確保できました。
コンビニはレジ待ちの列が出来ていて、外国人客に間違えられて空港関係者からアンケートを受けそうになったりと、いろいろ面白い体験が出来て、眠かったけど楽しかったです。
なんか、掘っ立て小屋時代の羽田空港の国際ターミナルを知っていたので、こんなになったんだぁと感慨もひとしおでした(笑)。

DSCF9009 (480x360)
2016年3月14日は週の最初の月曜日。
この日はお昼時にOさんが不在だったところ、上司が先輩と私を「外へ食べに出よう。」と誘ってくれました。
雨が降る中上司が向かった先は四谷アトレ
上司にしては珍しいな~と思ったのですが、どうやら、ホワイトデーとしてちょっと良いご飯をご馳走しようと考えていたようです。
残念ながら向かった「アントニオ」は満席(汗)。
持ち札の少ない上司はかなり困ってしまったようでしたが、午後イチに来客を予定していたので、先輩が「時間がないので買って帰りましょう。」と助け船を出し、「PAUL(ポール) アトレ四谷店」でパンを買うことになりました。

入口

店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。
巨大なケースの中には、大体、右にお総菜系、左に甘い系のパンが並んでいます。

「ポール」は1889年にパン作りの名職人シャルマニヨ・メイヨによって、フランス北部の町リールに生まれた老舗で、現在、フランスでは250店舗以上展開していてフランスでもっとも有名なブーランジェリーのひとつだそうです。
創業当時のレシピと製法を厳格に守り続け、独自に契約栽培した小麦のみを使用していて、日本でも現地に限りなく近い味を伝えるため、主にフランスの小麦・塩・水を使って忠実に味を再現しているとのこと。

ハード系のパンはかなりしっかり噛みしめて食べます。
私は食べる時に口の中を切ってしまうこともあります(笑)。
でも、美味しさが病みつきになって、苦になりません。


地図です。

DSCF8021 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お店の角に当たる部分には、その時期に合わせたパンやスイーツを飾ってあります。

アトレ四谷店は2002年9月にオープンし、2012年3月14日にリニューアルオープンしています。
「ポール」はアトレ四谷開業時からずっと営業しています。
前回パンを購入したのは2015年12月17日だったので、約3ヶ月ぶりです。

DSCF9006 (480x360)
お店に到着したのは午後12時20分頃。
お客さんはそれ程多くはなく、それ程待たずに常に誰かが買っている、という状況でした。
スマホに入れてある既食メニューリストを眺めながら、未食のアンシェン・トンをチョイス。

先輩はダイエットのため、私は週末の旅行に備えて、二人ともパンを一個しか買わなかったので、上司は「本当にそれでいいのか?」と何度も聞いていました。
気持ちは大変ありがたかったのですが、タイミングが悪すぎました(笑)。

DSCF0274 (480x360)
持ち帰り袋にはお店のロゴが印刷された白いビニール袋です。

DSCF0697 (480x360)
デザインはとてもシンプルで、色合いも落ち着いています。
照明の違いで、袋の色が違うように見えちゃいます(汗)。

DSCF9008 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じ。
アンシェン・トンはロゴの入ったビニール袋に入っていました。

DSCF6763 (480x360)
おしぼりの袋にも持ち帰り袋と同じロゴが入っています。
この日はお断りしました。

DSCF6762 (480x360)
サラダなどを購入するとフォークがついてきます。
黒いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。


アンシェン・トン (561円)
DSCF9009 (480x360)
いただきま~す!

DSCF9010 (480x360)
アンシェン・トンは、ポール自慢のフランスパンにツナ、レタス、トマトをはさんだものです。

DSCF9012 (480x360)
ポールのフランスパンは、歯応えがすごくしっかりしていて、ガシガシ囓って食べる感じです。
しかも、サイズが結構大きめだったので、これ1本だけでもかなりのボリュームでした。

DSCF9014 (480x360)
あっさりした味付けのツナは旨味たっぷり。
トマトがとっても甘くて、美味しかったです。

DSCF4034 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じです。


「アントニオ」のご飯食べられなかったのは個人的に残念でしたが、この日の「ポール」のパンは美味しくてボリュームたっぷりで大満足でした。
上司、冷や汗かきながらのホワイトデーだったと思いますが、ごちそうさまでした☆


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
クロワッサン・ジャンボンクリュ  (2014年1月23日
クロワッサン・ヴォライエ  (2014年3月13日
クロワッサン・ミックス (2014年6月16日
クロワッサン・パストラミ (2014年10月6日
クロワッサン・クルヴェット (2015年12月17日

アンシェン・ミックス (2007年12月21日
アンシェン・セザム・カマンベール (2015年9月29日) 
アンシェン・トン (2016年3月14日

ピッツァ・プロヴァンサル (2012年5月30日
ピッツァ・ジャンボン (2015年12月17日

クロックムッシュ・ジャンボン (2014年1月23日
クロックムッシュ・アボガドプーレ (2014年10月6日
クロックムッシュ・シャンピニオン (2014年12月22日

プチパン 3フロマージュ (2007年12月21日
プチ・パン・2オリーヴ  (2013年12月5日
プチ・パン・アンシェン・ノア (2014年12月22日

サンド・オリーブ・トマト・モザレラ (2012年5月30日
タルト・ブリオッシュ (トマト・モッツァレラ) (2013年12月5日
ブリオッシュ・ソーシス (2014年3月13日
ホットドッグ  (2013年12月5日) 

サラダ・アトランティック (2014年6月16日) 
プチ・サラダ・ランティーユ (2015年9月29日) 

[イートイン] 
  ◎モーニング  2007年7月4日
  ◎ランチ  2007年9月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年3月14日購入時お店DATA
****************************
PAUL アトレ四谷店 (ポール)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25
TEL 03-5368-8823
営業時間 
[平日] 7:30~22:00
[日祝] 8:00~22:00
定休日 無休(アトレの休館日に準ずる)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/22 06:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
中国羊肉串専門店 麻辣道場 2号店  @市ヶ谷
いよいよ今日から三連休です!
気温も高くなってきたし、外出も楽しいですね~。
みなさま、楽しい休日を☆

DSCF8880 (480x360)
2016年3月11日は、お昼時に上司が不在だったので、Oさんと先輩の三人で外へランチを食べに出ました。
私から提案して久しぶりにイタリアンの「ピータース」へ行ってみたのですが、満席(泣)。
とっても申し訳なさそうな女性店員さんから予約することを勧められました。
皆さま、予約して食べてるのかな?
当日にならないと予定が見えないことが多いので、なかなかハードルが高いなぁ~。

仕方なく東郷通りへ行き、キョロキョロしながら歩いていたら、Oさんが細い道をのぞいて見つけた「中国羊肉串専門店 麻辣道場(まーらーどうじょう) 2号店」に興味を示したので、入店することに。

DSCF4823 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進んで東郷通りを右折し、最初の角を左折します。
少し進んだ右手にお店があります。


地図です。
まだ以前の店舗の情報のままでした。

DSCF4792 (480x360)
「麻辣道場」は、中国料理の中でも羊肉串専門店だとか。
ネット上に情報がほとんどなくて、詳しいことはわかりませんが、2015年6月頃にオープンしたようです。

DSCF4795 (480x360)
この場所には、2008年8月13日にランチ訪問した「純四川風居酒屋 張之家」というお店がありましたが、2015年6月頃までには閉店しています。

食べログの記載によると、「麻辣道場(旧純四川風居酒屋 張之家)」と記載があるし、電話番号も同じなので、リニューアルオープンなのかな?

DSCF4791 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お店の前にはランチメニューを貼った小さな看板が出ていました。

確か、一度今日と同じメンバーで来たのですが、行列で断念した記憶があります。
いつだったか、イマイチ思い出せないのですが(汗)。

DSCF4793 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
入口の横にある窓にはディナーメニューがたくさん貼ってあります。

前回ランチ訪問したのは2015年7月7日だったので、約8ヶ月ぶり、2回目です。

DSCF4794 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前にイスが並べてありますが、行列の人のためのウェイティングではないようで、こちらにもメニューが置かれていました(笑)。

DSCF4796 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
日替わりのおすすめメニューの看板が出ていました。

DSCF4822 (480x360)
12時20分頃入店すると、ほぼ満席。
フロアはそれ程広くはなく、左に厨房、その前にカウンター、奥にテーブル席があります。

DSCF4803 (480x360)
壁には夜のメニューが貼り出されていました。
中華料理屋さんらしく赤をメインとして、イラストなんかも入っていてカワイイです。

DSCF4802 (480x360)
こちらはカウンター席です。
卓上には黒い洗い箸、紙ナプキン、ザーサイ、各種調味料が置かれています。

DSCF4816 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
カウンターからは厨房がよく見えます。
男性が2・3人で担当していました。
真っ正面にある四角い機械は保温機のようです。
麻婆豆腐は作り置きで、注文が入るとここから出していました(汗)。

DSCF8878 (480x360)
この日は入ってすぐ左にある四人用テーブルに通されました。
人が行き来する度に扉が開くので、結構寒いです。
Oさんが心配してくれて、嬉しかった~☆

DSCF4804 (480x360)
卓上には食べ放題のザーサイが置かれています。
私はいつも麺メニューばかりだから、食べられずに残念(泣)。

DSCF8877 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。
グラスはコカコーラのデザインでした。

DSCF8874 (480x360)
メニューです。
中華料理屋さんらしく、とっても種類が豊富。

DSCF8875 (480x360)
定番は16種類あり、9種類が定食、7種類が単品で、お値段は580円から850円とお手頃です。
単品は、プラス100円で半チャーハンと漬物がつくセットになります。

DSCF4799 (480x360)
塩ラーメンとか鶏肉唐揚げ定食とか、中華でもないようなメニューもあるのがおかしいです。

DSCF8879 (480x360)
日替わりだと思うのですが、入口にも出ていたおすすめメニューが4種類もあります。
お値段は680円か700円です。

DSCF4812 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じ。
中華料理屋さんにしては珍しく(失礼!)、店員さんの対応もわりあい丁寧です。


担々麺 (680円)
DSCF8880 (480x360)
辛いメニューが食べたかったので、担々麺を注文。
先輩も同じでした(笑)。

わずか3日前に「東京チャイニーズ 雪梅花 四谷」で担担麺を食べましたが、全然気にならないし、むしろ嬉しい~。

DSCF8881 (480x360)
ダブルソーサーになっていて、お皿と器の間に白いレンゲが置かれていました。

DSCF8883 (480x360)
赤みがかったスープに青菜や挽肉などがトッピングされています。
汁もたっぷり目。

DSCF8884 (480x360)
中央にたっぷりの挽肉がのせてありました。

DSCF8885 (480x360)
野菜は緑色の彩りの小松菜?のほか、、、、

DSCF8886 (480x360)
もやしも入っていました。

DSCF8889 (480x360)
先ずはスープを一口。
辛さはピリ辛ぐらいでちょっと拍子抜けでしたが、それよりも酸味がしっかりきいていてビックリ。

DSCF8888 (480x360)
麺は細めのストレートです。
ボリュームは普通です。


スープも全ていただいたので、お腹いっぱいになりました。
こちらのお店の担々麺は、酸味がしっかり利いているタイプなので、どちらかと言えば、前回食べたマーラー湯麺の方が好みでした。
次回は麺を離れて、マーボー豆腐とか食べてみたいかも。


ランチメニューです↓
DSCF8874 (480x360)

DSCF8875 (480x360)

DSCF8876 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF4827 (480x360)

DSCF4829 (480x360)





2016年3月11日訪問時お店DATA
****************************
中国羊肉串専門店 麻辣道場 2号店 (まーらーどうじょう)
〒102-0074 
東京都千代田区九段南4-3-11 
TEL 03-3221-7577
営業時間 10:00~23:30
JR・地下鉄市ヶ谷駅 徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/19 00:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
CRUZ BURGERS  @四谷
今日は嬉しい金曜日。
あと一日頑張れば、とっても楽しみな三連休です。
私はぷちトリップに出かける予定ですが、みなさまも、楽しい三連休を☆

DSCF8866 (480x360)
2016年3月10日は、お昼時に上司が不在だったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
Oさんに、少し前に先輩とランチ訪問した美味しかった高級バーガーの「CRUZ BURGERS」(くるーずばーがーず)のことを話したら、興味を持ってくれたので行ってみることに。

DSCF8842 (480x360)
再開発に向けてのビル解体作業もいよいよ本格的になっていました。

DSCF6090 (480x360)
JR・地下鉄四ツ谷駅から三栄通りに入り、かなり進んだ右手に小椋ビルがあり、お店はその1階です。


地図です。

DSCF6089 (480x360)
市ヶ谷経済新聞によれば、「クルーズバーガー」は、カリフォルニアスタイルのハンバーガーレストランとして、2015年11月25日にオープンしました。
店主の野本真希さんはハンバーガー一筋の経歴で、「FRESHNESS BURGER」で店長を務め、その後、グルメバーガーの名店「FIRE HOUSE」で6年働いて独立したとのこと。

DSCF8873 (480x360)
店名は、音楽レーベルの「CRUZ RECORDS」をオマージュして名付けられ、カリフォルニアの田舎街サンタクルーズにあるような、ラフな感じのレストランをイメージしているそうです。

DSCF6085 (480x360)
お店の前にはランチメニューとテイクアウトメニューが出ていました。

DSCF6086 (480x360)
平日のランチメニューは、
◎ハンバーガーはグランドメニューから50円オフ、
◎ホットドッグにもフレンチフライがついている、
◎ドリンクセットはプラス150円、
と、いろいろお得とのこと。

DSCF6087 (480x360)
ドリンクは、アメリカンクラフトを中心に、ドラフトビールを6タップ用意しているほか、ボトルビールなども多くそろえているそうです。
将来的には四谷でクラフトビールのお店もやりたいとのこと。

DSCF6088 (480x360)
この場所には、2013年11月7日にオープンし、2013年11月18日にランチ訪問した「京風鉄板焼き 丹波亭 四ッ谷店」がありましたが、2015年6月13日に閉店したそうです。

さらにその前には、2011年にオープンし、2011年2月3日にランチ訪問した「さくら亭」がありましたが、2013年の夏頃までには閉店しています。

DSCF6043 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、右が厨房で、左にテーブルが並んでいます。
内装はシンプルですが、新築のため、ピカピカ。

DSCF6042 (480x360)
12時20分位に入店したところ、9割程の人の入り。
スーツ姿の人はあまりいません。
リーマンランチにはちょっとお高いかな?

DSCF8853 (480x360)
前回ランチ訪問したのは2016年1月20日だったので、約50日ぶり、2回目です。

DSCF8856 (480x360)
雑誌「カーサブルータス」に紹介されたようで、飾ってありました。

DSCF6044 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
私たちは入って右にある四人用テーブルに通されました。
卓上にはメニュー、各種調味料、カトラリーの入った小箱、紙ナプキン、バーガーを包む紙が置かれています。

DSCF6062 (480x360)
バーガー屋さんらしく、ケチャップとマスタードはとっても大きなボトルです。

DSCF6063 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF6055 (480x360)
ランチメニューです。
単品で食べられる他、ソフトドリンクをプラス150円または250円、スープを+350円でセットにすることが出来ます。

DSCF6056 (480x360)
メニューはバーガー、サンドウィッチ、ホットドッグで、お値段は800円から1,650円です。
ソフトドリンク、アルコール、デザートもあります。
好みでトッピングをつけることも出来ます。

DSCF8872 (480x360)
伝票です。
2回目の訪問だったので、高級バーガーのお店ですが敢えてサンドイッチにチャレンジ!とかやってみようかとも思ったのですが、ハンバーガーのダブルダブルというのが気になり、こちらを注文。

DSCF6045 (480x360)
ドラフトビールのメニューです。
種類がと~っても豊富。

DSCF8845 (480x360)
この日はテイクアウトメニューをゲット。
事務所に保管することに。

DSCF8846 (480x360)
お値段を見ると、イートインよりちょっとだけお高かったです。
イートインの方がお高いとは、珍しいのでは?
容器代かな?


<バーガーズ> モツァレラ・グリーン  (1,490円)
DSCF8861 (480x360)
10分程で、お料理が登場!
こちらはOさんが注文したモツァレラ・グリーンです。
ルッコラ、アスパラ、ほうれん草をオリジナルドレッシングでマリネし、上からモツァレラチーズをメルとしたものとのこと。
Oさん、意外にヘルシーなチョイスでした。


<バーガーズ> アボガド  (1,382円)
DSCF8862 (480x360)
こちらが先輩が注文したアボガド。
先輩はアボガドが大好きなんですよね~。
DSCF8863 (480x360)
1/2個使っているとのこと。


<バーガーズ> ダブルダブル  (1,728円)
DSCF8857 (480x360)
バーガーは大きな丸皿に盛られ、フレンチフライとピクルスが添えられていました。

DSCF8858 (480x360)
隠れちゃっていますが、お皿には店名が描かれています。

DSCF8860 (480x360)
ピクルスは1個。

DSCF8859 (480x360)
フレンチフライは細長いタイプです。
量は結構ありました。

DSCF8866 (480x360)
ダブルダブルは名前のとおり、パティが2枚、チェダーチーズが2倍とのこと。

DSCF8865 (480x360)
バンズは、若松河田にある「手作りのパン 峰屋」にオーダーしている同店のオリジナルとのこと。

私のバーガーだけ、転倒防止にピンが刺してありました。

DSCF8867 (480x360)
横から見ると、パティがぶ厚い!
しかもそれが2枚重なっていて、とっても美味しそう~。

DSCF8868 (480x360)
このままでは食べられないので、自分で紙に包みます。
余りの大きさに、どうやって紙の中に入れていいのか、迷っちゃいました。

先輩、包む時にバーガーを上から潰そうとしたら、すっごく熱かったと言っていました(笑)。

DSCF8870 (480x360)
大口のワタクシでも、バーガーが大きいので囓るのが大変。
ちょっとずつ囓るようにして食べ進めました。
お肉が本当にジューシーで、旨味たっぷりで美味しい!!
それに比べるとチーズはそれ程存在感はありませんでした。

DSCF8871 (480x360)
具の多いバーガーは、どうやって食べても中身が後ろにこぼれちゃいます。
この日は気をつけて食べたので、それ程でもなかったですが、Oさんは結構ソースを飛ばしまくっていました(笑)。
もちろん、美味しい肉汁とソースはスプーンで掬って完食。

DSCF8869 (480x360)
バーガーに刺してあったピンです。


先輩、バーガーはとっても美味しいけど、食べ辛いですね~と言っていましたが、同感です。
でも、苦労した甲斐あって、ダブルダブルはお肉の味わいをたっぷりと楽しめてボリュームも多かったです。
次回は、バーガー屋さんなのに一番お値段が高い、パストラミのサンドイッチを食べてみたいです(笑)。


ランチメニューです↓
DSCF6055 (480x360)

DSCF6056 (480x360)

DSCF6057 (480x360)

DSCF8843 (480x360)

DSCF6059 (480x360)

DSCF6060 (480x360)

DSCF6061 (480x360)


テイクアウトメニューです↓
DSCF8845 (480x360)

DSCF8846 (480x360)

DSCF8847 (480x360)

DSCF8848 (480x360)

DSCF8849 (480x360)

DSCF8850 (480x360)

DSCF8851 (480x360)


ドラフトビールのメニューです↓
DSCF6045 (480x360)

DSCF6046 (480x360)

DSCF6047 (480x360)

DSCF6048 (480x360)

DSCF6049 (480x360)

DSCF6050 (480x360)

DSCF6046 (480x360)

DSCF6047 (480x360)

DSCF6048 (480x360)

DSCF6049 (480x360)

DSCF6050 (480x360)

DSCF6051 (480x360)

DSCF6052 (480x360)

DSCF6053 (480x360)

DSCF6054 (480x360)







2016年3月10日訪問時お店DATA
****************************
CRUZ BURGERS (くるーず ばーがーず)
〒160-0008 
東京都新宿区三栄町6 小椋ビル1階
TEL 03-6380-1354
営業時間 
[平日] 11:00~14:30(L.O.) 17:00~22:30(L.O.)
[土日祝] 11:00~20:30(L.O.)
定休日 火曜日
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅より徒歩8分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/18 00:00】 | バーガー | トラックバック(0) | コメント(2) |
スペイン料理&バル MESON CERVANTES  @市ヶ谷
先週、エンジンがかからなくてJAFを呼んだ我が家の車ですが、まだお手入れしていないのに、一昨日はエンジンがかかって一安心。
消費税増税が延期かも?という話が出て来ているので、このまま買い換えずに乗り続けようかな~。
それなら、普段全くメンテナンスしていないから、少しは大切にしてあげないと(笑)。

IMG_1225 (360x480)
2016年3月9日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
このところ、結構外食出来る事が多かったので、行きたいところがなかなか思いつかない(汗)。
午後イチの予定があったので、近場にしようと思い、久しぶりに「スペイン料理&バル MESON CERVANTES(メソン・セルバンテス)」に行ってみました。

2008_1128画像0059
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、二つめの交差点を右に曲がってすぐ右手にこちらの建物があります。


地図です。

2008_1128画像0058
セルバンテス文化センターとは、1991年に設立された国営の組織で、スペイン語の振興と教育、スペイン及びスペイン語圏文化の普及に努めているとのことです。四大陸に70以上の支部があり、2007年9月から業務を開始したこちらの東京支部は最大規模だそうです。
余談ですが、私の大学時代の友人で、ここにスペイン語を習いに来ている人がいました。

2008_1128画像0056
こちらは以前撮影した写真です。
2008年10月6日から、このビルの最上階である7階に「メゾン・セルバンテス」がオープン。
こちらは株式会社スペインクラブが展開するスペインクラブグループの一つです。

ビルの前に置かれている看板は結構小さめです。

2008_1128画像0054
ビルに入ると、中の壁が鮮やかな黄色と赤になっていました。
さすがスペイン! 華やかでとってもオシャレ。

2008_1128画像0052
入口からすぐ右の所に受付の方がいて、挨拶してくれます。

2008_1128画像0053
エレベーター脇のフロア表示では「カフェテリア」と記載されています。

DSCF3141 (480x360)
エレベーターを降りると、すぐ真ん前にお店の入口があります。

DSCF3140 (480x360)
入口の前にはワインラックやメニューが置かれていました。

2008_1128画像0012
お店の中へ。
店内は広くて天井が高く、大きな窓に囲まれているのでとても明るいです。

2008_1128画像0013
大きな絵画も飾られていました。

2008_1128画像0018
フロアの右側はカウンターバーになっていて、生ハムがどんと塊で置かれています。

IMG_1219 (360x480)
近くで見ると、こんな感じです。
美味しそう~。

DSCF3787.jpg
カウンターの冷蔵ケースの中には、ランチタイムだとスイーツが入っています。

IMG_1222 (360x480)
暗く写っちゃいましたが、この日はケーキが並んでいました。

DSCF3788.jpg
左端にはいろいろなディスプレイが飾られています。

DSCF3790.jpg
奥の棚はお皿などを下げる場所なので、店員さんがよく出入りします。
カウンターに座っているとその様子がよく見えて、忙しい時はかなりばたついているのが聞こえていました。

店員さんはスペイン人?なのでしょうか、外国人の方も多く、明るくて丁寧な接客です。

2010_0512画像0001
前回ランチ訪問したのは2014年11月10日だったので、約1年4ヶ月ぶりとご無沙汰でした。
ディナー訪問は2009年2月27日2011年12月28日にしたことがあります。

2008_1128画像0042
文化を広めるという役割だからか、インテリアの製品がどれもこれもとてもオシャレで、自分の家で使いたいようなものがたくさん。こちらのイスも色違いのビロードがとってもかわいい。

2010_0512画像0014
窓際の席からは大きなガラス窓から外を眺めることが出来ます。

2010_0512画像0015
窓の外には、カラフルなイスやテーブルがいくつも置かれたテラス席がありました。
天気の良い時期なら、すっごく気持ちよさそう!

IMG_1223 (360x480)
12時15分頃に入店すると、テーブル席は満席(汗)。
ビジネスランチの方々が多いようで、グループでゆっくりと食事をしています。
場所によっては、ワインを飲んでいる人も。
私たちは久しぶりにカウンター席に通されました。
この日、デジカメを忘れるという大失態(泣)。
スマホで写真を撮りました。

卓上には籐籠に入ったカトラリーセット、爪楊枝、オリーブオイルが置かれています。
こちらのお店のカトラリーは、ずっしりとして重たいです。

IMG_1215 (360x480)
お水をいただきながら、メニューをチェック。
なんか、色合いがワインみたいに見える(笑)。

IMG_1210 (360x480)
ランチメニューです。

メニューは全部で4種類あり、お値段は1,000円から2,500円と少しお高めです。

先輩はMENU Aのお肉を、私は同じメニューでお魚にして、ミニパエリアに変更してお願いしました。


スープ
IMG_1216 (360x480)
最初にスープが出て来ました。

IMG_1218 (360x480)
ダブルソーサーになっています。

IMG_1217 (360x480)
やや黄色っぽいスープです。

IMG_1221 (360x480)
ベーコンや野菜が入っていました。


MENU A 初鰹のレアステーキ 香草とトマトのピナグレット (1,000円)+ミニパエリア(300円)=1,300円
IMG_1225 (360x480)
続いて、メインとミニパエリアが登場。
どちらも白い平皿に盛られていました。


ミニパエリア
IMG_1226 (360x480)
パエリアはミニなので、そんなに量は多くありません。
白くて丸い平皿に盛られていていました。

IMG_1228 (360x480)
大きめのレモンの櫛切りが添えられています。
最初に絞って回しかけたので、とても酸味が利いてさっぱり食べられました。

IMG_1230 (360x480)
真ん中にムール貝が縦に刺さっているのがカワイイ。
お肉も入っていて、味付けはしっかり濃いめでした。


初鰹のレアステーキ 香草とトマトのピナグレット
IMG_1231 (360x480)
メインは白いおにぎりみたいな形の平皿に盛られていました。

IMG_1232 (360x480)
お魚とソースの他、ジャガ芋とタケノコが添えられています。
初鰹とタケノコなんて、とっても春らしい組み合わせ。
スペインでも食べるのでしょうか。

IMG_1235 (360x480)
桜が咲く前に初鰹なんてビックリでした。
周囲は焦げ目が付くぐらいしっかり目に火を通してあります。
大きめの切り身が二つあって、たっぷり食べられました。

IMG_1233 (360x480)
ピナグレットというのは、このトマトソースのことなのでしょうか。
酸味が利いてトマトの甘みもあって、とっても美味しかった~。
鰹をトマトソースで食べる事は滅多になくて面白かったです。

IMG_1234 (360x480)
ジャガ芋はしっとりしていて、こちらもトマトソースを付けて食べました。

IMG_1237 (360x480)
スペイン料理でタケノコが食べられるとは思っていませんでした。
一口大にナイフで切ろうとしたらちょっと切りにくかったので、そのまま囓ったところ、とても歯応えが良くて美味しかったです。
私にとっては今年お初のタケノコでした。


MENU A 大山鶏胸肉のロースト マッシュルームソース (1,000円)
IMG_1238 (360x480)
こちらが先輩の注文したお肉メニューです。

IMG_1240 (360x480)
パンかサフランライスを選べるところ、先輩はパンをチョイス。

IMG_1239 (360x480)
お肉はボリュームたっぷり。
胸肉ということもあり、かなりしっかりした歯応えだったそうです。


デザート
IMG_1241 (360x480)
久しぶりだったので、デザートがついていることをすっかり忘れていて、危うく帰っちゃうところでした(笑)。

IMG_1242 (360x480)
いちごの?のケーキです。
すっごく甘かったですが、生地はとてもしっとりとしていて美味しかったです。

DSCF3861 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じ。
この日は伝票がなかったので、レジの店員さんから最初1,000円ですと言われました。
もちろんちゃんと、1,300円支払いましたよ~(笑)。


全体のボリュームは普通です。
思いがけず春っぽいメニューが食べられたのは楽しかった&嬉しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちらです↓・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  メニューA 初鰹のレアステーキ 香草とトマトのピナグレット (2016年3月9日
  メニューC (2008年11月25日
  メニューD (2010年5月12日2010年12月24日
  メニュー・デ・セルバンテス 
    メルルーサのソテー パプリカのソース (2013年2月18日
    白身魚とホタテのソテー ロメスコソース (2014年11月10日
  イベリコランチ (2014年3月10日

[ディナー]
  1回目  2009年2月27日 
  2回目  2011年12月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
IMG_1211 (360x480)

IMG_1212 (360x480)

IMG_1213 (360x480)

IMG_1214 (360x480)



ディナーのフードメニューです↓
DSCF4312.jpg

DSCF4273_20120930212631.jpg

DSCF4274_20120930212537.jpg

DSCF4275_20120930212536.jpg

DSCF4276.jpg

DSCF4277.jpg

DSCF4278_20120930212536.jpg

DSCF4279_20120930212536.jpg

DSCF4280_20120930212421.jpg

DSCF4281_20120930212420.jpg

DSCF4282_20120930212420.jpg

DSCF4283.jpg

DSCF4284.jpg

DSCF4285_20120930212419.jpg

DSCF4287_20120930212317.jpg

DSCF4288_20120930212317.jpg

DSCF4289_20120930212316.jpg

DSCF4290_20120930212316.jpg

DSCF4291_20120930212316.jpg

DSCF4292_20120930212316.jpg

DSCF4302_20120930212213.jpg

DSCF4303_20120930212213.jpg

DSCF4304_20120930212111.jpg

DSCF4305_20120930212111.jpg

DSCF4306_20120930212111.jpg

DSCF4307_20120930212111.jpg

DSCF4308_20120930212110.jpg

DSCF4309.jpg

DSCF4310_20120930212003.jpg

DSCF4311_20120930212003.jpg


ディナーのドリンクメニューです↓
DSCF4272_20120930212631.jpg

DSCF4225_20120930213214.jpg

DSCF4227_20120930213214.jpg

DSCF4228.jpg

DSCF4229.jpg

DSCF4230_20120930213128.jpg

DSCF4231_20120930213128.jpg

DSCF4232_20120930213128.jpg

DSCF4233.jpg

DSCF4234_20120930213127.jpg

DSCF4235_20120930213036.jpg

DSCF4236_20120930213035.jpg

DSCF4237_20120930213035.jpg

DSCF4238_20120930213035.jpg

DSCF4239_20120930213035.jpg

DSCF4240_20120930213035.jpg

DSCF4241_20120930212927.jpg

DSCF4242_20120930212927.jpg

DSCF4243_20120930212927.jpg

DSCF4244_20120930212927.jpg

DSCF4245_20120930212927.jpg

DSCF4246_20120930212926.jpg

DSCF4247_20120930212823.jpg

DSCF4248_20120930212823.jpg

DSCF4263_20120930212728.jpg

DSCF4264_20120930212728.jpg

DSCF4265.jpg

DSCF4266_20120930212632.jpg

DSCF4267.jpg

DSCF4268.jpg





2016年3月9日訪問時お店DATA
********************************
スペイン料理&バル MESON CERVANTES (メソン・セルバンテス)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町2-9 セルバンテスビル7F
TEL 03-5210-2990
FAX 03-5210-2977
営業時間 
[カフェタイム]   10:30~17:00
[レストランタイム] 17:00~22:30
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/17 05:00】 | スペイン | トラックバック(0) | コメント(6) |
東京チャイニーズ 雪梅花 四谷  @四谷
昨日は天気予報どおり、暖かくなりましたね~。
午後、ランチを食べに外出したら、とっても気持ちよかったです。
夜、うっかりマスクを外して外を10分ほど歩いたら、花粉症で寝苦しくって仕方なかったですが(笑)。

DSCF8824 (480x360)
2016年3月8日は、お昼時に上司が不在だったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
Oさんに食べたいお料理、行きたいお店について聞いてみましたが、特にないとのこと。
とりあえずしんみち通りに行き、先輩が「サルサ・カバナ」、私が「東京チャイニーズ 雪梅花(シュエ・メイ・ホワ) 四谷」と希望を出し、空いている方のお店に行くことにしたら、「雪梅花」にあっさり入れちゃいました。

DSCF1419 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入って少し行った右手に綿半野ビルがあり、お店はその1階にあります。


地図です。

DSCF1420 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
「雪梅花」は2011年12月16日にオープンした中華のお店で、「紅虎餃子房」などで有名な際コーポレーション株式会社が運営するブランドの1つです。 
「雪梅花」というステキな名前はそのまま中国語読みをして「シュエ・メイ・ホワ」というそうですが、覚えるのが難しい(汗)。
なので、先輩と私の間では、「しんみち通り入ってすぐの中華」で通っています(笑)。

DSCF8840 (480x360)
お店の窓にはランチメニューが立てかけてあります。

この場所には、2008年3月17日にディナー訪問2008年11月21日にランチ訪問した「六蔵」がありましたが、2010年の年明け頃までに閉店し、2年近くそのままでした。

DSCF8841 (480x360)
この日の日替り定食です。

DSCF4836_20120114111252.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口からすぐ前のカウンターには自家製のソーセージなどがズラリ。
とっても美味しそう!
見ているだけでワクワクしちゃいます。

DSCF0819_2013122706562231a.jpg
前回このブログに記事をアップしたのは2014年2月21日のランチ訪問でした。

DSCF4810_20120114111712.jpg
店内はとても広く、入ってすぐ左手に厨房とカウンター、中央にテーブル席があり、右手にはちょっと区切られて個室っぽくなっているテーブル席がありました。

DSCF0821_201312270656255e0.jpg
壁にはこんな文字が。
中国語はさっぱりわからないのが残念。

DSCF0818_20131227065620fff.jpg
天井はとても高いです。

12時40分頃にお店に到着したところ、相変わらずの混雑で席が空いているかどうか不安でした。

DSCF4809_20120114111712.jpg
天井からぶらさがったガラスの器は花瓶になっていて、実のついた枝がさしてあって、ステキ。

DSCF4811_20120114111711.jpg
内装は木目を基本としいて、レトロで落ち着いた色合いでした。

DSCF0835_20131227065519252.jpg
壁には紹興酒などのお酒がずらり。

DSCF4807_20120114111712.jpg
見えていないだけで空いている席があったようで、一安心。

DSCF8819 (480x360)
フロアの奥の方にある、一段高くなった壁で仕切られた個室っぽい部屋に通されました。
以前も来た記憶の或る場所ですが、こんな絵が飾ってあったかな?

DSCF2294 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
結構大きなテーブルなので、とても広々。
少し高くなっているので、前はフロアを見渡せましたが、、、

DSCF8822 (480x360)
この日はいろいろと物を置く棚が設置されていて、折角の場所なのにちょっと歩きにくい&遠くが見渡せなくなっていました(汗)。

DSCF8818 (480x360)
卓上にはお醤油、お酢、ラー油、爪楊枝、お水のボトル、カトラリーセットが置かれています。
アルミ製でスタイリッシュなカトラリーセットの中にはおしぼり、紙ナプキン、レンゲ、お箸が入っていました。

DSCF0848_2013122706454945b.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
寒い時期、ガラスの壁のすぐそばに席には、寒さ対策でブランケットがついています。
細かな心配りが素晴らしいです。

DSCF8817 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF8840 (480x360)
ランチメニューです。

こちらのお店は中華といってもちょっと変わったラインナップで、しかもメニューが豊富でとっても悩みます。
お値段は900円か980円と、ややお高めの設定です。

この日は注文後にメニューを下げられてしまったので、外にあったメニューをのせています。

DSCF2295 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じ。
Oさんは本日の日替わり定食、先輩と私は黒ごま担担麺とマーボー丼のセットを注文。
先輩と私は食の好みがすごく似ているので、担担麺が2種類、おかずが2種類あるのに、丸かぶりでした(笑)。
実は先輩、最初に食べた事ないからと名物の大餃子定食を注文したのですが、時間がかかるといわれ、この日はただでさえ時間が遅れていたので泣く泣く断念(泣)。


本日の2種盛り日替り定食 ~ホタテ高菜豆腐&揚鶏のスパイシーソース~  (900円)
DSCF8834 (480x360)
こちらはOさんが注文した本日の2種盛り日替り定食。
メイン2種類、お新香、スープ、ライスのセットです。
大きな楕円形のお皿が真ん中で区切られていて、2種類のおかずがたっぷりと盛られていました。


担々麺と丼 ~黒ごま担担麺×マーボー丼 ご飯少なめ~ (980円)
DSCF8824 (480x360)
メイン2種、お新香のセットです。
黒いお盆にのせられていました。
セット注文なのに、メイン2種類は単品とほぼ変わらないボリュームでビックリ。

DSCF8826 (480x360)
お新香はダイコンを切ったものです。
こちらのお店、中華料理屋さんにしてはとっても珍しく、ザーサイではありません。

DSCF8831 (480x360)
まずは麺がのびないよう、黒ごま担担麺からいただきました。
単品と変わらないたっぷりのボリュームです。
赤茶っぽいスープが美味しそう。

DSCF8832 (480x360)
彩りの緑はニラです。
結構珍しいかも?

DSCF8833 (480x360)
黒ごまだけでなく、挽肉、唐辛子もたっぷり。

DSCF8838 (480x360)
まずはスープを一口。
黒ごま風味たっぷりでとっても濃厚な味わい。
熱々で、しかもかなりしっかりと辛くて、と~っても美味しい!
食べているうちに身体が内側から熱くなってきました。

DSCF8836 (480x360)
麺は中細麺で、茹で加減は固め。
ボリュームは普通です。

DSCF8827 (480x360)
マーボー丼は小さめの丸くて平たいお皿に盛られていました。

DSCF8830 (480x360)
ご飯は少なめをお願いしましたが、これで少なくなっているかどうか、わかりません。

DSCF8828 (480x360)
マーボー豆腐はお豆腐がたっぷりでボリューミーです。
こちらも担担麺に負けず、結構辛味がしっかりと利いていて、こちらも本格的な味わいで美味しかったです。

写真に取り忘れましたが、余りのボリュームで先輩がギブアップし、マーボー豆腐をさらに少し食べちゃいました。
先輩、週末にちょっとお腹を壊し気味だったのに、ちょっとよくなったから大丈夫だろうと刺激的なメニューを食べちゃったので、この後もさらにぶり返していました(汗)。

DSCF8839 (480x360)
食べ終えた汚いお皿の写真ですみません(汗)。
こちらのお箸、中国らしくとても長いのですが、すごく細くてちょっと使っているとしなるような感じがありました。
以前からこんな感じだったっけ?
軽いのは使いやすいですが、固めの食べ物を扱う時にはちょっと不安になっちゃうかも。


お値段は980円とややお高めですが、ビシッと辛い味わいとたっぷりのボリュームで大満足でした。
メインが両方ともとっても好みの味で、こちらのお店の他の辛いメニューもぜひ食べたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

麻辣担担麺 (2012年1月11日
羊麻辣土鍋麺 (2013年1月16日
トマトチーズ坦々麺 (2014年2月5日
カルボナーラ麺 (2014年2月21日

黒ごま担担麺×マーボー丼 (2016年3月8日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF8840 (480x360)

DSCF8841 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF4798_20120114111853.jpg

DSCF4801_20120114111852.jpg





2016年3月8日訪問時お店DATA
****************************
東京チャイニーズ 雪梅花 四谷 (シュエ・メイ・ホワ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-4-2 綿半野ビル1階
TEL&FAX 03-6380-0911
営業時間 
[昼] 11:30~14:30(L.O.)  
[夜] 17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/16 05:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Bistro Grill De salita  @市ヶ谷
昨日の雨はかなり降りましたね~。
こういう日はあまり外へ行きたくなかったのですが、どうしても郵便局や銀行に行かねばならず、結局2回も外出(泣)。
靴もコートもビシャビシャになっちゃいました。
今日からようやく暖かくなるとのことなので、春が近づいてくるのを実感したいです。

DSCF8800 (480x360)
2016年3月7日は週の最初の月曜日。
お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
午前中の仕事がおして、事務所を出る時間が遅くなってしまったので、近場に行くことになり、GEMS市ヶ谷へ。

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。
市ヶ谷駅を出て日テレ通りの坂を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。


地図です。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。
今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

DSCF4601 (480x360)
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。

DSCF8815 (480x360)
大好きな「オールドタイランド」はちょうど一週間前の2016年2月29日に食べたばっかりだったので、ちょっと違うお店をと思い、目にとまった「Bistro Grill De salita(デサリータ)」へ行ってみることに。

DSCF8814 (480x360)
エレベーターの手前の壁に、こんなポスターを発見。
ディナータイムだとは思いますが、ちょうど「デサリータ」のメニューが変わったとのこと。
それにしても、キャッチコピーが何だか意味深に思ってしまうのは、私だけ?(汗)。

DSCF5041 (480x360)
エレベーターの中にあるフロアマップはこんな感じです。

DSCF6594 (480x360)
「デサリータ」は、2014年11月13日にGEMS市ヶ谷にオープンと共に開店しました。
炭火で焼き上げたグリル料理と微生物農法で作られた彩り鮮やかな野菜をリーズナブルなワインと共に楽しめるお店とのことです。

DSCF6560 (480x360)
フロアは左に厨房があり、その周りにテーブル席が並んでいます。
12時40分過ぎにお店に到着したところ、7割程の人の入り。
女性グループが多いのか、結構賑やかでした。

DSCF6561 (480x360)
内装はシンプルで落ち着いた雰囲気です。
キッチンを取り囲む壁は黒板が貼ってあってメニューが書かれていました。
棚にはお酒や食材などがずらり。

DSCF6562 (480x360)
大きくて華やかなシャンデリアをよく見てみると、なんと全てワイングラスでした。
すごい!

前回ランチ訪問したのは2015年1月6日だったので、約1年2ヶ月ぶり、2回目です。

DSCF8785 (480x360)
私たちは二人だったので、エレベータからほぼ正面の窓際のカウンター席に通されました。
卓上にはカトラリーセット、ガムシロップ、ミルクポーションなどが置かれています。

写真を撮り忘れてしまいましたが、カウンター席はかなりギッシリと席が並んでいて、たまたま私たちの列は他にお客さんがいなかったので問題なかったのですが、全員席についていたら、かなり窮屈そうでした。

DSCF6568 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
カトラリーセットは木をくりぬいた小箱です。
籐製はよく見かけますが、木って珍しいかも。
おしぼり、スプーン、フォークが入っていて、ビストロですが、お箸もありました。

DSCF6554 (480x360)
天気の良い日は、全面ガラス張りなので、日テレ通りからお堀まで見通せて、と~ってもいい景色。

DSCF6559 (480x360)
ただ、8階という高さなので、交差点を見るとほぼ真下の感覚で、高所恐怖症の人にとってはかなり厳しそう(笑)。

DSCF8784 (480x360)
ただし、この日は雨だったので、景色はこんな感じでした。
でも、たとえ大雨でも、遠くを眺められるのは嬉しいです。

DSCF8783 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF8778 (480x360)
ランチメニューです。
2016年3月7日からのランチとのこと。
久しぶりに来たら、結構変わっていました。

DSCF8779 (480x360)
ランチメニューは7種類あり、スープ、サラダ、ドリンクがついて、全て1,000円です。

DSCF8781 (480x360)
先輩も私も結構悩み、先輩は「焼きチーズカレー」、私は「骨付き、カルビ、ステーキ」を注文。

DSCF8782 (480x360)
ドリンクはとっても種類が豊富で、なんと、13種類の中から選べます。

店員さんからどのタイミングで出すかを聞かれたのですが、最近は飲めなくなる事、時間が遅れることを恐れて、こちらのお店に限らず、必ず先に出してもらう事にしています(笑)。

DSCF8786 (480x360)
注文を終えると、程なくサラダとスープが登場。

DSCF8795 (480x360)
続けてドリンクも出て来ました。


ドリンク ~グレープフルーツジュース~
DSCF8793 (480x360)
バカの一つ覚えで、こういうときは必ずグレープフルーツを注文してしまう私です(汗)。

DSCF8794 (480x360)
ストローが薄い水色でキレイでした。

DSCF8791 (480x360)
スープは、白い陶器の片手のカップに入っています。
店員さんからは、確か「野菜のスープ」というアナウンスがあったような?

DSCF8798 (480x360)
とってもキレイなオレンジ色。
きっとニンジンだから甘いのかな~と思ったら、ポタージュスープなので、見た目よりはこっくりと重たい味わいで美味しかったです。

DSCF8787 (480x360)
サラダもスープと似たような白い器に盛られていますが、器を持ってみると、軽っ!
多分プラスチックなのかな?
ちょっとビックリするぐらいの軽さです。

DSCF8797 (480x360)
大きく切った葉野菜と、千切りの野菜の2種類です。
ドレッシングはあらかじめかかっていました。


骨つき、カルビ、ステーキ パン  (1,000円)
DSCF8806 (480x360)
10分程経過し、お肉が登場!
いただきま~す☆

DSCF8807 (480x360)
パンかライスを選べます。
この日はパンをお願いしました。

店員さんが持って来た時、何故か先輩に出そうとしていました(笑)。

DSCF8808 (480x360)
小さなココットにバターが入っています。

DSCF8809 (480x360)
バケットは3個もついていました。
そういえば、前回のランチの時もパンがたくさんありました。

DSCF8812 (480x360)
バターを付けて食べたり、お肉のソースを付けて食べたりしました。

DSCF8800 (480x360)
お肉は鉄板にのせられて出て来ました。
焼き立て熱々で、まだジュージュー音がしていて、と~っても美味しそう!

DSCF8801 (480x360)
小さな器にステーキソースが入っています。

DSCF8802 (480x360)
お肉は薄いですが、結構大きなものが2枚ありました。

DSCF8804 (480x360)
骨つきというだけあって、お肉の縁には骨の断面が所々に並んでいます。

DSCF8803 (480x360)
この写真だとちょこっとしか写っていませんが、タマネギを焼いたものがお肉の下にもたくさんありました。
熱が通ってとっても甘かったです。

DSCF8805 (480x360)
お肉を一口大に切ろうとすると、タマネギが下に入っているので不安定で切りにくかったです。
端に寄せようと思っても、お肉はもう一枚あるし、鉄板は大きくないのであまり動かす事も出来ず(汗)。
ただ、お肉はとっても柔らかで美味しかったです。

DSCF8813 (480x360)
骨の周りまでしゃぶって、完食(笑)。
鉄板なので最後まで熱々で食べられました。


焼きチーズカレー  (1,000円)
DSCF8810 (480x360)
先輩が注文した焼きチーズカレーは、予想に反してカレーとライスが別々に出て来ました。
ご飯は雑穀米かな?

DSCF8811 (480x360)
カレーはスキレットに入っていましたが、私のステーキとは違い、そんなにグツグツしていませんでした。
ちょっと置いておかれちゃったのかな?
でも、猫舌の先輩には充分熱く、かつ、冷めなかったそうです。
ただ、メニュー名からするとチーズが真ん中にちょこっとあるだけだったのは残念だったとのこと。
確かに、見た目は焼き野菜カレーっぽいかも。


パンが3つもあってお肉を食べたので、ボリュームはなかなかありました。
「祭り屋」がなくなってしまったので、ステーキを気軽に食べられるという意味ではよかったかなと思います。


ランチメニューです↓
DSCF8778 (480x360)

DSCF8779 (480x360)

DSCF8781 (480x360)

DSCF8782 (480x360)





2016年3月7日訪問時お店DATA
********************************
Bistro Grill De salita (デサリータ)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷8階
TEL 03-6261-5405
営業時間 
[昼] 11:30~14:30
[夜] 17:00~24:00
定休日 なし  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/15 05:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
結局寒いままの週末でしたが、皆様、楽しく過ごされたでしょうか。
私は二日とも予定がガッツリあって、ややお疲れ気味な週明けですが、新しい一週間、がんばりま~す☆

DSCF8766 (480x360)
2016年3月5日は、2015年下半期最後の「妻家房 四谷本店」でのキムチ教室でした。

教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は「麺屋西川」にランチ訪問しました。

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。


地図です。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2016年2月6日だったので、約1ヶ月ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF8774 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「カクテキ」で、韓国料理が「パチヂミ」です。


【カクテキ】
DSCF8636 (480x360)
カクテキはダイコンを使ったキムチで、一番作りやすいとのこと。

材料は全て卓上にセットされています。

DSCF8644 (480x360)
この日は初めて参加した方が5名いらっしゃり、小さな男の子を連れた方もいらっしゃいました。

DSCF8635 (480x360)
まず最初にダイコンを塩漬けにします。
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。
カクテキにはかたいダイコンの方がシャキシャキして美味しいとのこと。

DSCF8634 (480x360)
こちらがお塩です。
「妻家房」では岩塩を使うので、粒がとても大きいです。
レシピで大さじ幾つ、と書かれている時は、すり切りしないとのこと。

DSCF8637 (480x360)
この日はニューシュガーという韓国の人工甘味料をあらかじめお塩に混ぜました。
こんな手順は初めてでビックリ。
ニューシュガーは砂糖の10倍の甘さなので、ほんの少しだけ。

DSCF8641 (480x360)
こちらが塩とニューシュガーを混ぜたもの。
見かけは全くわかりませんが、舐めると甘塩っぱいとのこと。

ニューシュガーを足すのは旨味を増やすためだそうですが、特にダイコンの美味しくない時期は必ず入れるとか。
あと、ヤンニョムに砂糖を加えると、特に夏場は汁がネバネバになるからだそうです。

DSCF8640 (480x360)
ダイコンは皮ごと使います。
なので、しっかりと洗います。

DSCF8643 (480x360)
3センチぐらい、結構厚めに切ります。

DSCF8646 (480x360)
端を少し切り落として形を整え、、、

DSCF8647 (480x360)
その時のダイコンの大きさに合わせて、2・3センチ角の大きめな角切りにします。

DSCF8651 (480x360)
切ったダイコンは大きなボウルに入れて、塩漬けします。

DSCF8653 (480x360)
先にニューシュガーと合わせた塩を満遍なくふります。
ダイコンの量が多い時は、何回かに分けてまぶしても。

DSCF8658 (480x360)
このまま20分置きます。

実習では時間がないので、あらかじめ工場で塩漬けしたものを使うことが多いですが、この日は自分たちで塩漬けしました。
ただ、時間が少ないので、この日は先生の実習を見ながら平行して作業することに。

DSCF8664 (480x360)
塩漬けをしている間に他の準備をします。
タマネギは2・3センチ角に切ります。
ダイコンとは違う食感を楽しめるとのこと。
タマネギのすりおろしをヤンニョムに加えることもあるそうです。

DSCF8665 (480x360)
万能ネギは3センチぐらいに切ります。

DSCF8666 (480x360)
セリがある時期はセリを加えます。
葉を取り除き、茎だけ3センチぐらいの長さに切ります。
韓国では一年中セリが手に入るそうですが、日本でもこの時期は手に入るので、使いました。
なくてもいいそうですが、敢えて代わりに入れるとすれば、ニラでもいいそうです。

DSCF8662 (480x360)
アミの塩辛は細かく刻みます。

DSCF8668 (480x360)
塩漬けの終わったダイコンは結構水分が出ています。
本来は洗って、ヤンニョムとしてさらに塩を加えますが、この日は時間がなかったので、塩水を切っただけで、追加のお塩は入れず、砂糖を少し加えました。

まずはダイコンに唐辛子粉を入れ、色が付くようにしっかりと全体を混ぜ合わせます。

DSCF8670 (480x360)
ダイコンに満遍なく唐辛子が回るよう、二回に分けて入れました。

DSCF8673 (480x360)
手に唐辛子の色がついてしまうので、ここからの作業はビニール手袋などをつけて行います。

DSCF8672 (480x360)
刻んだアミの塩辛、すり潰したニンニク・ショウガ、砂糖を入れてよく混ぜ合わせます。

DSCF8676 (480x360)
最後に切った野菜を投入し、しっかりと全体を混ぜ合わせます。

出来立てをちょっと食べましたが、ニンニクとかがちょっと角が立っていましたが、ダイコンは甘くてシャキシャキの食感で美味しかったです。
カクテキはあまり塩漬けの時間を長くしないで、ダイコンの中にそんなに塩を入れない方がダイコンの美味しさを楽しめるとのこと。

DSCF8679 (480x360)
一人一袋、持ち帰ります。
かなり量が多かったです。

この時期だと二日間常温で置き、その後このビニール袋ごと冷蔵庫に入れたら、二週間ぐらいが食べ頃とのこと。2ヶ月は保つそうです。
壺に入れる場合には、3週間後ぐらいが食べ頃で、3ヶ月ぐらい保つとのこと。
もちろん、好みがあるので、好きな段階で食べるといいそうです。


この日はもともとレシピに書かれている方法ではなく、先生がもっと美味しく作りたいとのことでちょっとばたついた時間帯もありましたが、その分、今から食べるのがとっても楽しみです。


【パチヂミ】
DSCF8680 (480x360)
この日の習ったお料理はパチヂミです。

チヂミは日本でもすっかりおなじみになりましたが、実は「フライパンで焼く」という意味の方言です。
韓国ではジョンと言います。
「パ」はネギなので、この日はネギのジョンを作ります。

DSCF8682 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF8684 (480x360)
まずは生地を作ります。
ボウルに薄力粉を入れます。
チヂミ粉があれば、そちらの方が美味しいとのこと。
米粉を少し入れることもあるそうです。

DSCF8687 (480x360)
水を入れて、泡立て器でよくかき混ぜます。

DSCF8688 (480x360)
牛ダシと塩を入れ、、、

DSCF8691 (480x360)
さらにかき混ぜます。

DSCF8696 (480x360)
次に野菜を切ります。
ニンジンは千切り。

DSCF8697 (480x360)
タマネギも薄くスライスします。

DSCF8699 (480x360)
ニラは4・5センチの長さに切り揃えます。

DSCF8701 (480x360)
切った野菜を生地に投入し、混ぜ合わせます。

DSCF8704 (480x360)
野菜から水分が出てきます。
少し置いておきます。

DSCF8705 (480x360)
生地を寝かしている間にタレを作ります。
醤油、お酢、唐辛子、いりゴマ、砂糖、ゴマ油、すりニンニク、梅エキスを混ぜ合わせます。


DSCF8706 (480x360)
長ネギまたは万能ネギを細かく刻んで、、、

DSCF8708 (480x360)
混ぜ合わせたタレに加えます。
ネギたっぷり目が美味しいとのこと。

DSCF8709 (480x360)
こちらでタレが完成です。
このタレは、ゴマ油を入れなければ1ヶ月ぐらい保つとのこと。
味を見て、しょっぱいようなら好みで砂糖やみりんを加えます。
水を加えることも出来ますが、長持ちしないそうです。

DSCF8711 (480x360)
いよいとチヂミを焼きます。

DSCF8713 (480x360)
フライパンに油を敷きます。

ゴマ油は焼き上がりがパリッとしないので使いません。


DSCF8716 (480x360)
寝かしておいた生地を広げます。
この時は火は弱めに。

DSCF8717 (480x360)
生地を平らにして、イカを入れます。
ネギチヂミといっても他の野菜や海鮮を入れることが多いそうです。
海老、アサリ、ホタテなどなど。
生地を入れ終えたら、火は強火に。

DSCF8723 (480x360)
万能ネギを敷き詰めます。
すごいたっぷり!

DSCF8724 (480x360)
しっかり生地に押し込みます。

DSCF8726 (480x360)
生卵を溶きほぐして、、、

DSCF8729 (480x360)
チヂミに回しかけます。
生地に入れるんじゃないんですね。

DSCF8734 (480x360)
またもやしっかりと生地をしっかりと抑えます。

DSCF8736 (480x360)
縁が焼けてきたら、、、

DSCF8737 (480x360)
ひっくり返します。
先生、一発で決めて、さすがの腕前です。

裏返したら、油をたっぷりとフライパンの縁に回しかけます。

DSCF8743 (480x360)
チヂミの縁が油が沸き立っているのがわかるでしょうか。
かなりの油の量に、生徒さん、全員ビックリ(笑)。
揚げ焼きのとっても良い香りが、花粉症対策でマスクをしていてもよくわかりました。」

DSCF8747 (480x360)
焼けたら油を切ります。
こうすることで、中まで油がしみこまないとのこと。

DSCF8748 (480x360)
こんなに油を使っていたんだ~。
そりゃ、美味しいはずです。

DSCF8749 (480x360)
ひっくり返すと、こんがりと、とっても良い色に焼けていました。
美味しそ~。

DSCF8750 (480x360)
何度か油切りをして、上下を返して焼き上げます。

DSCF8754 (480x360)
こちらで、出来上がり!

DSCF8759 (480x360)
切り分けます。
万能ネギをキレイに切るために、厨房から大きな包丁を取り寄せてから切りました。

DSCF8763 (480x360)
チヂミって、形は丸いのに、四角く切るんですよね~。
初めて見た時は結構驚きました。

DSCF8764 (480x360)
盛り付けにもコツがありました。
丸いラインがある生地は、内側に向けてのせます。

DSCF8766 (480x360)
その上に長方形に切ってあるものをのっけると、見た目は全く同じになります。
なるほど~!!

DSCF8768 (480x360)
切り口がたっぷりの具材で、彩りも良くて、すっごく美味しそう。

DSCF8771 (480x360)
いよいよ、お楽しみの試食の時間。
いただきま~す☆

DSCF8758 (480x360)
タレは、厨房で作ったものの方がややしょっぱめ。
先生が作ったものは梅エキスが入っているせいか、柔らかな口当たりで、断然美味しかったです。

DSCF8769 (480x360)
先生が焼いたものとは別に、レストランで焼いたものをいただきました。

DSCF8772 (480x360)
外側はカリッとしていますが、中はふんわり。
特に端っこの部分はカリカリ感が強くて、私は好みでした。
具材がたっぷりなのでサッパリとしていて、どんどん食べられちゃいます。


チヂミってシンプルなお料理ですが、自分で焼くとどうも上手に出来ない典型的なお料理で、この日は生徒さんみんな、すごく勉強になった~ととっても喜んでいました。
私も今週末にホームパーティを予定しているので、忘れてしまわないうちに、焼いてみようっと!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日2015年11月7日
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日2014年11月1日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日2016年2月6日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日2016年1月23日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日2016年3月5日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日2014年4月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ(カッキムチ) (2010年2月20日2014年3月1日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日
たけのこの水キムチ (2014年7月5日
白菜と大根の水キムチ(醤油味)  (2014年9月6日
水キムチ (2015年10月17日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)  (2014年7月5日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
ワインサムギョプサルとネギの和え物 (2014年4月5日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
スンチェマンドゥ (2014年2月5日
マチム (2014年3月1日
豚プルコギ (2014年9月6日
鶏プルコギ (2014年11月1日
カルビチム  (2015年10月17日
ゆで豚肉ポッサム (2015年11月7日
キムチぎょうざ (2016年1月23日
豚肉と古漬けキムチのチム (2016年2月6日
パチヂミ (2016年3月5日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

[きのこプルコギ鍋とキムチセット]
2015年12月27日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg





2016年3月5日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2016/03/14 06:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
麺屋西川  @曙橋
昨日は牡蠣パーティを我が家で開催し、今日は朝からお出かけです。
私にしては珍しい、ちょっと忙しい週末を過ごしています。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

DSCF8613 (480x360)
2016年3月5日は、2015年下半期最後の「妻家房」でのキムチ教室でした。
教室が始まる前にいつも楽しみにしているのがこの界隈のラーメン屋さん巡りですが、この日は「麺屋西川(めんやにしかわ)」へ。
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/13 00:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
荒井商店  @御成門
みなさま、楽しい土曜日をお過ごしですか?
今日は毎年恒例の牡蠣のお取り寄せホームパーティを予定していて、前の晩からてんやわんやです(汗)。
お料理がちゃんと作れますように。

本日は、マイブログ圏外の御成門にある「荒井商店」のレポートです。

DSCF8574 (480x360)
2016年3月4日の夜、友人とディナーに出かけました。
この日伺ったのは、御成門にある「荒井商店(あらいしょうてん)」です。

DSCF8517 (480x360)
最寄りは地下鉄の御成門駅ですが、私は新橋駅から歩きました。
新橋のSL広場を左折し、中央分離帯のある大通りを越えてかなり長い距離をまっすぐ進むと右手に江成ビルがあり、お店はその1階です。

新橋と言えどもこの辺りまで来るとかなり暗くなってお店もあまりありませんが、2015年11月27日にディナー訪問した「美の」で来たことのある場所だったし、とにかくまっすぐ行けば辿り着くのでわかりやすかったです。


地図です。

DSCF8518 (480x360)
「荒井商店」は、とっても和風なお名前ですが、都内でも珍しい、ペルー料理店です。
人気店のうえ、あまり席数がないので、予約は必須です。
ミシュランガイド東京2016のピブグルマンにも選ばれたとのこと。
2005年4月26日オープンと、10年近い歴史のあるお店ですが、私は友人の紹介で初めて知りました。
四ツ谷界隈は比較的中南米のお料理は食べられる方だとは思いますが、ペルー料理専門店なんて、興味津々です。

DSCF8519 (480x360)
入口の扉に掛けてあるこちらのデザインが、色鮮やかでとってもカワイイ。

DSCF8548 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、右に厨房、左にテーブル席が並んでいます。
木材を使った素朴でシンプルな内装です。

DSCF8547 (480x360)
予約した午後7時ちょうどぐらいに入店したところ、まだテーブルがたくさん空いていましたが、全て予約で埋まっていました。

DSCF8520 (480x360)
私たちは一番手前の窓側に席に通されました。
トイレにも行かなかったので、結局、奥の様子はよく分からなかったです。

DSCF8521 (480x360)
席から外が見えます。
扉の近くでもあるので、ちょっと寒いときもありました。
お店の前には植木もたくさん並べてあります。

DSCF8522 (480x360)
ところどころにペルー?の小物などが飾られていました。
こちらはクッション。
鮮やかなピンクに原色のお花がたくさん刺繍されていて、とっても現地ちっく。

DSCF8546 (480x360)
「荒井商店」のオーナーシェフである荒井隆宏氏は、「オテル・ド・ミクニ」でフレンチの修行したのち、世界各地で旅をしながら料理を学び、南米ペルーでは現地に1年間いらっしゃったという、とっても独特な経歴でいらっしゃいます。

店員さんがシェフの料理本を貸して下さったので、友人が到着するまでパラパラ見ていたのですが、あまり時間が無くて残念。

DSCF8533 (480x360)
友人が到着したので、まずはドリンクを注文。
折角なのでペルービールをお願いしたら、店員さんが実際に4本のボトルを持ってきて、一種類ずつ詳しく説明してくれました。
しかも、ビールをシェアしていいとのこと。

この日はいただかなかったですが、一番右端にある黒ビール、なんと甘い味だそうです。

DSCF8549 (480x360)
お言葉に甘えて、2種類のビールを注文。
すると、グラスを4つ出して下さいました。
丁寧な対応にビックリ・感激です。

DSCF8550 (480x360)
チョイスしたのはクリスタルビールとクスケーニャビール。

DSCF8555 (480x360)
ちょっと写真だとわかりにくいですが、右のクリスタルの方が明るい黄色で、左のクスケーニャはちょっと濃くて茶色っぽかったです。


クリスタルビール (830円)
DSCF8553 (480x360)
淡い色合いどおり、こちらはすっきり・サッパリした味わいでした。
友人はこちらの方が好きとのこと。


クスケーニャビール (830円)
DSCF8554 (480x360)
こちらも見た目どおり、クリスタルビールに比べればちょっと重たい味わい。
私はこっちの方が好みでした。


こちらのお店では、アラカルトもありますが、予約の際にコースを進められます。
確か3,500円ぐらいからで、予算に応じてお願いすることが出来ます。
金額が変わっても5品であることは変わらず、お料理がグレードアップするそうです。
このメニューが食べたい、とリクエストすることも出来るとのこと。
お店の公式HPにはほとんど情報がないからか、電話では女性店員さんが「食べログにいろいろ出ているので、見てみて下さい。」とおっしゃっていました(笑)。
私たちは5,000円のコースをお願いし、前菜に魚のサラダが出るとのことだったので、メインはお肉をお願いしました。


1品目 ユカ・フリータ
DSCF8558 (480x360)
まずはこちらのペルー版ポテトフライが登場。
揚げ立て熱々で、二人分です。

DSCF8559 (480x360)
お好みで黄色いアヒソースをつけていただきます。
お店のオリジナルだそうです。

DSCF8560 (480x360)
このお芋は、タピオカの原料になっているユカ芋(キャッサバ)とのこと。
割とシャッキリした食感で、ジャガ芋とはちょっと違うお芋の味がして美味しい~。
下味もしっかり付いているので、ソースを付けずにこのままでも充分。
良が多かったので、他のお料理の合間に食べていましたが、冷めても美味しかったです。


2品目 セビーチェ
DSCF8561 (480x360)
次に出て来たのは代表的なペルー料理でもあり、このお店のイチオシでもあるセビーチェ。
コースを注文すると、必ず入っているようです。

DSCF8562 (480x360)
海鮮のマリネサラダみたいな感じ。
お魚はその時期によって変わるようで、この日は鯛とホタルイカとタコでした。

DSCF8565 (480x360)
ペルーのジャイアントコーンを茹でたもの?も添えられていましたが、個人的には旨味に乏しく、あっさりし過ぎていてちょっと固めの食感であまり好みではなかったです。

DSCF8568 (480x360)
セビーチェは、口の中で弾けるようなビシッとした酸味が利いていて、すっごく美味しい!
酸味が苦手な人は厳しいと思います。
とてもサッパリしているので、ホタルイカの旨味がとても引き立ちました。

DSCF8571 (480x360)
こんな鮮やかな濃い紫色のお芋?も隠れていました。
サラダの最後の一口を食べたら、ビックリするぐらい辛かったです。
唐辛子も入っていたのかな?


白ワイン・ボトル  (4,950円)
DSCF8572 (480x360)
ビールを飲み終え、ボトルの白ワインをお願いしました。
ペルーのアルコールはいろいろあったのですが、この日は友人の誕生日のお祝いでもあったので、奮発して「TACAMA」のブラン・ブランをチョイス。
熟したソービニョン種の織りなすパイナップルやパッションフルーツのような香りを楽しめ、荒井商店お勧めのワインとのこと。
すっきりしていて飲みやすく、どのお料理にも合いました。
ボトルの写真を撮り忘れちゃったのが残念。


3品目 カウサ・レジェーナ
DSCF8574 (480x360)
こちらもペルーの代表的な料理だそうで、「カウサ」はマッシュポテト、「レジェーナ」は詰めるという意味とのこと。

DSCF8575 (480x360)
立体的なデザインで、黄身のオレンジ、海老の赤、ジャガ芋の黄色、アボガドの緑色と、カラフルでと~ってもオシャレ。
ちなみに、お隣にも同じお皿が出ていたのですが、横に添えられた海老はなかったです。
コースのお値段が違ったのかな?

DSCF8577 (480x360)
大きな紫色のオリーブはペルー産だそうです。

DSCF8576 (480x360)
バンズのようなマッシュポテトの間には、タルタルソースで和えた海老とアボガドがたっぷり挟んでありました。

DSCF8580 (480x360)
ねっとりとした食感で旨味たっぷりのマッシュポテトに海老の甘みとアボガドのサッパリした旨味も加わります。
お芋と海老の組み合わせって美味しいですね~。
とろける甘さの海老は、マッシュポテトの下にもたっぷり入っているだけでなく、まるまる1尾、お刺身としても食べられて、海老好きの私はとっても堪能できました。


4品目 エストファード
DSCF8581 (480x360)
エストファードとは煮込みという意味のようです。
リクエストしておいたお肉料理がメインでした。

DSCF8583 (480x360)
豚の肩ロースをトマトで煮込んであります。

DSCF8582 (480x360)
ご飯は型抜きしてあって、カワイイ。

DSCF8584 (480x360)
この日のお料理の中では正直、フツーというか、あまりペルーらしくなかったものの、大好きなお豆もたっぷりと入っていたし、、、

DSCF8587 (480x360)
豚肉は柔らかくてホロホロと崩れました。

DSCF8591 (480x360)
少し酸味があってお肉の旨味が移ったトマトソースをご飯にかけて食べると、細長くてサラサラしたお米にとてもよく染みて、美味しかった~。


5品目
DSCF8593 (480x360)
最後にデザートです。

DSCF8594 (480x360)
ピカロネスという、ペルー風揚げドーナツにアイスクリームとチョコレートソースをかけたものでした。

DSCF8595 (480x360)
揚げ立て熱々のドーナツに、冷た~いアイスクリームのコラボです。

DSCF8597 (480x360)
こちらのドーナツ、サツマイモとカボチャで出来ているそうですが、それ程甘くなくて、ムチムチした食感が抜群に美味しかったです。

DSCF8600 (480x360)
この日の伝票です。
名前がデカデカと書かれているのに気付かずに写真を撮っていたので、一部分だけ(汗)。
5,000円のコースにビール一人一杯ずつとボトルワインで、合計16,910円で、一人8,455円でした。


滅茶苦茶インパクトのあるような食材や味わいはありませんでしたが、いろいろなお芋を中心にペルーらしいお料理が食べられて大満足です。
友人も同じ感想でしたが、食べログを見ると、他にも食べてみたいお料理がいろいろあるので、ぜひまた再訪してみたいです。
帰りはシェフが外まで見送って下さいました。
友人にはステキなお店を教えてもらい、感謝です☆


メニューです↓
DSCF8523 (480x360)

DSCF8525 (480x360)

DSCF8526 (480x360)

DSCF8527 (480x360)

DSCF8528 (480x360)

DSCF8529 (480x360)

DSCF8530 (480x360)

DSCF8531 (480x360)

DSCF8532 (480x360)

DSCF8534 (480x360)

DSCF8535 (480x360)

DSCF8536 (480x360)

DSCF8537 (480x360)

DSCF8538 (480x360)

DSCF8539 (480x360)

DSCF8540 (480x360)

DSCF8541 (480x360)

DSCF8542 (480x360)

DSCF8543 (480x360)

DSCF8544 (480x360)

DSCF8545 (480x360)





2016年3月4日訪問時お店DATA
**********************************
荒井商店 (あらいしょうてん)
〒105-0004 
東京都港区新橋5-32-4 江成ビル1階
TEL 03-3432-0368
営業時間 
[昼]11:30~15:00
[夜]18:00~23:00
定休日 日曜日
地下鉄御成門駅から徒歩5分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/03/12 00:00】 | 中南米 | トラックバック(0) | コメント(0) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
昨日の夜、ちょっと車を出そうとしたら、エンジンがかからない(汗)。
このところ全然乗っていなかったな~とは思うものの、2週間は経っていなかったのでショックでした。
JAFを呼んですぐに直したのですが、1時間はエンジンをかけ続けなきゃいけないと言われ、お出かけ先は車でわずか10分ぐらいだったので、私はエンジンをかけっぱなしにしながら、車の中で寝ていました(笑)。
土曜日の朝にもう一度エンジンをかける予定ですが、ちゃんとかかるかなぁ?

みなさま、楽しい週末を☆

DSCF8509 (480x360)
2016年3月4日は週の最後の金曜日。
この日の夜は友人とディナーに行く予定だったので、ランチは軽めにしようと思い、「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へ買いに出かけました。
続きを読む

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/11 04:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(2) |
和の料理 梓  @四谷
先日、会社に出勤するために家を出たら、まさに我が家のアルコープに入ろうとするガス検針の方とバッタリ。
10年以上このマンションに住んでいて初めての事だったので、結構ビックリした顔をしてしまったらしく、ガス検針の方から「驚かせてスミマセン。。。」と謝られてしまいました(汗)。
こちらこそ、すみませんでした。

DSCF8371 (480x360)
2016年3月3日は、以前うちの事務所に数ヶ月間来てくれていたIさんが、近くに来る予定があったので、一緒にランチに行くことになりました。
上司は向かった先は、いつもどおり、大好きな「嘉賓」(笑)。
12時15分頃に到着したところ、残念ながら待ち客がいたので諦め、三栄通りを通り抜けてしんみち通りのさらに奥に向かい、「和の料理 梓(あずさ)」に入店することに。

2010_0728画像0040
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜け、その先をしばらく行った左側に小谷田ビルがあり、お店はその1階です。 


地図です。

2010_0728画像0043
こちらも以前撮影した写真です。
「梓」の創業は昭和35年とのことで、半世紀以上続く老舗のお店です。
開店当時のしんみち通りは路面は舗装されていない砂利道で、ようやく丸ノ内線が新宿まで通ったばかりだったそうです。

2010_0728画像0041
こちらも以前撮影した写真です。
お店の入口の左側には、大きな「おこぜ」の文字が入った提灯。
とっても趣があります。

2010_0728画像0039
2010年7月上旬からランチが始まりました。
前回ランチ訪問したのは2014年6月20日だったので、約1年8ヶ月ぶり、4回目です。
そういえば、前回来た時は、Oさんがサッカーワールドカップ観戦でブラジルへ出発する直前の壮行会でした(笑)。

DSCF8382 (480x360)
ランチメニューはわっぱめし膳のみで、お値段は1,100円です。

2010_0728画像0012
こちらも以前撮影した写真です。
写真ではとても黄色く写ってしまっていますが、店内は白く明るいです(汗)。

フロアはこぢんまりとした広さで、やや古めかしい和風の内装です。
右手に厨房とそれを取り巻くカウンター席、左手に個室があります。

2010_0728画像0009
こちらも以前撮影した写真です。
カウンターの一番奥の方はこんな感じでした。

2010_0728画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
写真がピンぼけですみません(汗)。
こちらは夜のメニューです。
築地直送の季節の旬の天然のお魚にこだわっているとのこと。
冬はふぐをいただけます。
ただ、その分予算はお高そうです。

2010_0728画像0002
こちらも以前撮影した写真です。
カウンターの中はこんな感じでした。

お店はお父さんと息子さんのお二人でお店を切り盛りしていらっしゃいます。
ランチはお父さんがフロアを、息子さんが厨房を担当されていました。
二人とも顔がとても良く似ていて、初めての訪問のとき、お父さんは「兄弟ですよ!」なんておっしゃっていました(笑)。

2010_0728画像0010
こちらも以前撮影した写真です。
わっぱめしはこんな感じで蒸していました。
写真がピンぼけですみません(汗)。

DSCF6033 (480x360)
12時20分過ぎにお店に到着すると、先客は女性の二人客のみ。
後客もいませんでした。

DSCF6032 (480x360)
私たちは5人だったので、左にある小上がりの座敷へ。

DSCF6907 (480x360)
卓上には爪楊枝入れだけが置かれています。
ちょっと変わっていて、石を削ったような入れ物です。

DSCF6908 (480x360)
複雑な形をしていて、一旦開けちゃうと、蓋を合わせるのが大変でした(汗)。

DSCF8362 (480x360)
着席すると、お箸とおしぼりをいただきます。

DSCF8363 (480x360)
メニューはわっぱめし膳のみなので、そのまま待っていればオッケーです。

DSCF8364 (480x360)
座布団やお茶を配膳していたとき、小上がりがやや高めの設計ということもあって、お父様がふらつくときもあったので、ちょっと心配でした。

DSCF8365 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
人数が多いので、座敷の奥の方までお父さんが配膳するのは大変なので、リレーで送ります。


わっぱめし膳  (1,100円)
DSCF8371 (480x360)
さらにもう一品追加で、と~っても豪華!
わっぱ飯、天ぷら、天つゆ、刺身、お味噌汁、お新香、取り分け用のお皿のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられて出てきましたが、後からお刺身のお皿が来たら、半分宙に浮いてちゃいました(笑)。

DSCF8379 (480x360)
箸袋は、季節によってデザインが変わります。
以前は卓上にセットされていましたが、お盆にのせられて出てきました。

DSCF8369 (480x360)
お新香は2種類です。
キュウリとタクアンです。

DSCF8373 (480x360)
お味噌汁には三つ葉と天かす?が浮かんでいます。
こちらのお店にはいつも天かすが入っていて、とっても珍しいです。

DSCF8381 (480x360)
残骸ですが(笑)、アサリなどが入っていました。

DSCF8372 (480x360)
この日のお刺身はタコでした。
レタスや貝割れ大根を下に敷いて、ドレッシングをかけたサラダ仕立て風です。

DSCF8375 (480x360)
天ぷらはカボチャ、エビ、ナスなどなど。
サイズは小さいですが、種類がいろいろあるのがとっても嬉しいです。
海老は尻尾ごと食べちゃいました。

DSCF8370 (480x360)
天つゆは小皿に入っています。

DSCF8376 (480x360)
蒸し立て熱々のわっぱ飯には具材がたっぷりとのせられ、彩りに三つ葉も散らしてありました。
いつもとってもいい香りがするのですが、この日は花粉症でよくわからず(泣)。

DSCF8378 (480x360)
具はアナゴ、ホタテ、エビ、シメジなどなど。

DSCF8367 (480x360)
小さな小皿と木のスプーンが別についているので、こちらで取り分けていただきます。

DSCF8380 (480x360)
ご飯そのものの味付けはあっさり目です。
取り分け茶碗が小さめなこともあり、軽くよそるなら、3杯分ぐらいあるでしょうか。
シメジは大ぶりのものもあり、プリプリとした食感でした。
いつも蒸籠にご飯がこびりついてしまい、キレイに完食できないのがとっても残念。

2010_0728画像0038
こちらは2010年7月28日に初訪問したときの写真です。
お見送りしてくれたお父さん、とっても良い笑顔☆

DSCF8816 (480x360)
この日の領収証です。

DSCF8383 (480x360)
帰りがけ、2015年11月19日と2015年12月4日にランチ訪問をした「ゴッホのアトリエ」が閉店していることに気付きました。
2015年9月10日にオープンしたので、半年保たず。
もう一回、ボリュームランチが食べたかったです。


豪華なおかずですが、味つけが淡めなせいか、全体のボリュームはそれ程重たく感じません。
ご飯大好きのIさんにも喜んでもらえたかな~?


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまでのランチ訪問はこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

1回目  2010年7月28日
2回目  2013年10月30日
3回目  2014年6月20日
4回目  2016年3月3日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年3月3日訪問時お店DATA
********************************
和の料理 梓 (あずさ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-3 小谷田ビル1階
電話 050-5815-9002 
営業時間 
[平日] 11:30~13:40 17:00~23:00  
[土曜] 17:00~23:00  
定休日 日祝、年末年始 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩6分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/10 04:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
日本料理 竹むら  @四谷
昨日はビックリするぐらいの陽気になりましたね~。
ところが、今日の最高気温は昨日の最低気温ぐらいとか(汗)。
これだけ激しい気温のアップダウンだと、春を間近にしながら、体調を崩す人が多くなりそうです。
みなさま、くれぐれもご自愛下さい☆

DSCF8332 (480x360)
2016年3月2日は、前日に引き続き、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
この日向かった先は、三栄通りの新店の「日本料理 竹むら」です。

DSCF8321 (480x360)
四ツ谷駅から信号を渡ろうとしたら、一画が解体工事に入っていました。
いよいよだなぁ~って感じです。

DSCF8354 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から三栄通りに入り、しばらく歩くと右手にJHCビルがあり、その地下1階にお店があります。


地図です。

DSCF8355 (480x360)
同じビルの1階には、ワタクシが愛してやまない「北島亭」があります。

DSCF8352 (480x360)
「竹むら」は、漁師さん直送の新鮮な魚貝をリーズナブルでいただける和食のお店で、2016年2月頃にオープンしました。
2016年2月6日の「妻家房」でのキムチ教室の帰り道に、三栄通り沿いの入口にお花がたくさん飾られているのを見つけたお店です。

DSCF8353 (480x360)
外観写真はランチの帰りに撮影しました。
階段の降り口には吊した不思議なものが飾ってあったのですが、男性店員さんが客引きをやっていて、これは漁師さんが作ってくれてプレゼントされたタコの干物だと教えてくれました。
どんな味がするんだろう~?

DSCF8351 (480x360)
階段の前に本日のメニューが出ています。
お任せ一種類だけですが、どんなお料理なのかは入店前にわかります。

DSCF8350 (480x360)
写真がピンぼけしちゃいましたが、お店の入口です。

この場所には、2011年10月17日にオープンした「WINE 和酒バール OCTAVE」というお店があり、2011年11月7日にランチ訪問しましたが、2016年1月頃までには閉店したようです。

さらにその前には、2008年4月15日に訪問した「軍鶏 黒豚 郷味(さとみ) 四ッ谷店」というお店がありましたが、2011年7月に閉店したようです。

DSCF8349 (480x360)
入口のすぐ左にはこんな表示が出ていました。
むむっ!
期待しちゃうかも。

DSCF8327 (480x360)
フロアはとても広く、奥が一段高くなっていて、テーブル席がたくさん並んでいます。
内装はシンプルですが、オープンしたばかりなので、ピカピカ。

DSCF8348 (480x360)
開店祝いに芸能人などからいただいたお花がたくさん飾ってありました。

DSCF8324 (480x360)
12時半頃に入店したところ、4割ほどの人の入り。
まだオープンから日も浅く、場所もやや遠いからでしょうか。

DSCF8323 (480x360)
私たちはほぼ真ん中のテーブル席に通されました。
4人用なので、とっても広々。
卓上には小皿、紙ナプキン、お箸、爪楊枝、各種調味料が置いてあります。

DSCF8322 (480x360)
灰皿があるので、喫煙はオッケーのようです。
最近、ランチタイムも喫煙できるのは珍しいかも。

DSCF8325 (480x360)
店員さんから温かいお茶をいただきました。
女性店員さんはとっても明るくて人なつっこい接客です。
メニューは一種類しかないので、店員さんからは何も聞かれません。

ただ、外のメニューをちゃんと見ない人もいるだろうし、私としてはご飯少なめをお願いしたかったので、一言声をかけてもらった方が嬉しかったかも。
和食だから大丈夫かな~と思って、そのまま待っていました。

DSCF8351 (480x360)
ランチは本日のランチ1種類のみで、お値段は800円です。
「午後に元気に頑張るには、たくさん食して笑う事が大事。
竹むらで身も心も満腹にしてください。」
と、ステキな店主の言葉がキレイな筆文字で書かれています。

DSCF8328 (480x360)
しばし待ってお料理が登場。
と~っても、豪華!!


本日のランチ あこう鯛粕漬けと牛肉豆腐定食  (800円)
DSCF8332 (480x360)
メイン2種類、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF8333 (480x360)
ご飯はお茶碗に盛られていましたが、なかなかのボリューム。
やっぱり、少なめをお願いすればよかった(汗)。

DSCF8334 (480x360)
ゆかり?がトッピングしてあります。

DSCF8331 (480x360)
お味噌汁はワカメとネギが入っていました。

DSCF8336 (480x360)
お新香は辛子高菜です。
ビシッと濃い味でしっかりと辛く、しかも量が多くて、これだけでご飯がかなり食べられました。

DSCF8341 (480x360)
こちらはあこう鯛粕漬けです。
煮物と野菜が添えられ、長方形のお皿に盛ってありました。

DSCF8346 (480x360)
こちら、野菜を甘塩っぱく煮付けたもの。
ダイコンかな?
食べてもよくわかりませんでした(汗)。

DSCF8345 (480x360)
あこう鯛粕漬けは、表面を少し焦がしてありました。
香ばしさがありましたが、全体としては火が通り過ぎているようで、お箸を差し込むようにしても、なかなか骨から身が離れてくれなくて、しばし格闘(汗)。
味は脂がのっていて美味しかったです。

DSCF8337 (480x360)
こちらはもう一つのメインの牛肉豆腐。
丸いお皿に盛られていました。

DSCF8338 (480x360)
牛肉は甘辛く煮付けてあります。
私の方はちょっとパサッとした食感でしたが、先輩の方はお肉がお団子状態になってしまっていたそうです。

DSCF8340 (480x360)
お豆腐は焼き豆腐です。
量もたっぷり。

DSCF8339 (480x360)
おうどんが入っているのにはビックリ。
こちら、甘塩っぱいタレをしっかり吸い込んでいて、これだけでおかずになりました。

DSCF8347 (480x360)
おかずのボリュームに圧倒された先輩が、ご飯を全部食べきれないからと、少し私にくれました。
ちょっとわかりにくいですが、私が手前側を食べたのに、また一膳に戻っちゃいました(笑)。


身離れの悪いお魚、お団子状になったお肉など、ちょっと残念な部分もありましたが、ごはん・豆腐・うどんとお腹に堪る食材がたっぷりで、これで800円とは、とってもCPがよかったです。
和食でこんなにお腹いっぱいになれるお店も珍しいと思います。
ここならOさんを連れて来ても大丈夫そうです(笑)。





2016年3月2日訪問時お店DATA
****************************
日本料理 竹むら (たけむら) 
〒160-0008
東京都新宿区三栄町7番地 JHCビル地下1階
TEL  03-6274-8450
営業時間 
[平日] 11:00~22:30 
[土曜] 17:00~22:30 
定休日 日曜日
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/09 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
小料理 誠  @市ヶ谷
昨日の夜から、濃霧がすごいですね~。
残業が終わって会社から出たら、空がうすぼんやりしているぐらいだったのですが、自宅に帰る頃には完全に真っ白白になっていてビックリでした。
今朝も引き続いているようですので、みなさま、くれぐれもご注意下さい☆

DSCF8287 (480x360)
2016年3月1日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩に外へ食べに出ようと誘ったのですが、この日は大人しくお弁当を食べるとのことだったので、一人で出かけました。
上司とOさんは帰ってくるかもしれなかったので、鉢合わせにならないよう、市ヶ谷方面へ(笑)。

DSCF8317 (480x360)
食べログで、市ヶ谷の坂を上がったところに新店があるという情報を得ていたので、行ってみることに。
2012年9月19日にランチ訪問した「武蔵乃」がすっかりキレイになってリニューアルオープンしていました。

DSCF8318 (480x360)
JR市ヶ谷駅を出て左に曲がり、お堀を越えて外堀通りの交差点を渡って右に進みます。
マクドナルドのある角を左折して左門坂を少し行った左にマツシタビルがあります。


地図です。

DSCF8319 (480x360)
このビルには、
地下1階に、2014年3月4日にランチ訪問した「しょう吉」、
1階に、2012年9月19日にランチ訪問した「美味酒彩 武蔵乃」、
2階に、2014年1月14日にランチ訪問した「貝、磯料理 海然 市ヶ谷店」
があります。

通り沿いにはたくさんのランチの看板が出ていて、どれがどこか、わからない(笑)。

DSCF8320 (480x360)
地下1階には3軒の飲食店がありますが、看板の真ん中にある「島乃家」が2015年9月28日にオープンしたお店だったので、ずっと行く機会を窺っていました。
ところが、この日待ち客が2名いたので、断念。

DSCF8315 (480x360)
どうしようかな~とぼんやり考えていたら、手前にある「小料理 誠(まこと)」でランチをやっていることに気付きました。
一生懸命思い出しましたが、ここは2014年3月4日に「しょう吉」にランチ訪問したときはランチ営業をやっていなかったはず。

DSCF8314 (480x360)
ちょこっと窓からのぞいてみたら、空いていそうだったので、入店してみました。

「誠」は創業36年の老舗のお店で、二代目の店主が作る和食、おばんざい、新鮮な海の幸を地酒やワインなどと一緒に楽しめるとのこと。

DSCF8308 (480x360)
廊下はとても細く、入口もとっても小さいです。

DSCF8309 (480x360)
ランチメニューは文字だけ書かれたものと、、、

DSCF8311 (480x360)
写真付きのものがありました。

DSCF8310 (480x360)
本日のお魚についても、白板に詳しく書かれています。

DSCF8285 (480x360)
12時20分頃入店したところ、8割程の人の入り。
フロアはそれ程広くはなく、左奥に厨房、その周りにカウンター、それ以外の場所にテーブル席がありました。
お客さんはほぼスーツ軍団です。

フロアは女性スタッフお一人で対応していて、とても丁寧な接客です。
私のコートも預かってくれて、壁に掛けていただいちゃいました。

DSCF8284 (480x360)
カウンターの上にはとても大きな容器が置いてあり、朝鮮人参がたくさん漬け込んでありました。
自家製のお酒?

DSCF8286 (480x360)
私は一人だったので、カウンター席に通されました。
一番右端が空いていたので、そちらに着席。
卓上にはメニュー、ポット、紙ナプキン、爪楊枝、各種調味料などが置かれていました。

DSCF8280 (480x360)
着席すると、お茶とおしぼりをいただきます。

DSCF8281 (480x360)
ランチメニューです。
5種類あり、お値段は全て870円です。
トッピングも5種類ありました。
ご飯とお味噌汁はおかわり自由です。

DSCF8297 (480x360)
お店の予備知識が全くなくて飛び込んでしまったので、どれにすれば良いかよくわからず、海鮮丼をチョイス。
お魚だからいいかな~と思い、ご飯は少なめにしませんでした。


海鮮丼定食  (870円)
DSCF8287 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
メイン、お味噌汁、おかず3種類のセットで、黒い長方形のお盆にのせられていました。
とっても豪華です。

DSCF8288 (480x360)
お箸は赤い塗り箸です。

DSCF8289 (480x360)
お味噌汁は背の高いお茶碗に入っていてました。
長ネギたっぷりで美味しかったです。

DSCF8296 (480x360)
おかず2種類は二連のお皿に盛られていました。
右側はコロンと丸められたポテトサラダ。
あっさり味でした。

DSCF8293 (480x360)
左側は昆布とちくわの和え物です。
こちら、梅肉が使われていて、とっても個性的で美味しかったです。

DSCF8292 (480x360)
3つ目のおかずは小鉢に入っていました。
フキでしょうか、ちょっとシャクシャクした食感で、周りはもずくのようなトロトロしたものです。
油で炒めてあるのか、油分を感じるのですが、ピリ辛の味付けで面白かったです。

DSCF8290 (480x360)
海鮮丼は、ドンブリはそれ程多くはないものの、具材たっぷりでご飯が全然見えません。
この日の具材は、ねぎトロ、タコ、イカ、たまごとのこと。

DSCF8291 (480x360)
ワサビの添えられた小皿があるので、、、

DSCF8299 (480x360)
お醤油を入れ、わさびを溶かします。
私は最初からワサビ醤油を全体にかけ回しちゃいました。

DSCF8303 (480x360)
ちょっと写真がピンぼけですが、トッピングは海苔の千切りと生の青海苔?です。
海苔はよくありますが、青海苔なんて、とっても珍しい。

DSCF8300 (480x360)
たまごは甘くなかったと思います。
白板に書かれたもの以外の具材もいろいろ入っています。
ちくわやイカ、などなど。

DSCF8301 (480x360)
この右側の白いもの、最初何だかわからず食べたら、魚の卵の煮付けだったようです。

DSCF8304 (480x360)
タコのカットも大ぶりでした。

DSCF8302 (480x360)
ネギトロはたっぷり。
ご飯の上に満遍なくのせてあるので、どこを食べても楽しめました。

DSCF8307 (480x360)
ご飯はやや固めでしたが、酢飯だったので美味しかったです。

DSCF8312 (480x360)
お店の入口の左には、テイクアウトのコーヒーがセットしてあります。

DSCF8313 (480x360)
とってもありがたい心遣いだったので、1杯いただいて帰りました。
ただ、この日はかなり寒い日だったので、いざ事務所で飲もうとしたら、ちょっと冷えていましたが(笑)。


少しずつですが、おかずが3種類もあり、ドリンクも付いて870円とは、とってもCPがよかったです。
ちょっと手の込んだお料理が食べられるのは、さすが小料理屋さんらしかったです。
焼き魚盛り合わせはなんと5種類のお魚が食べられるようだし、鳥の唐揚げはてんこ盛りで、ふわとろ玉子豚カルビは卵がたっぷりのせてあったので、再訪して別メニューも食べてみたいです。


ランチメニューです↓
DSCF8281 (480x360)

DSCF8282 (480x360)

DSCF8283 (480x360)





2016年3月1日訪問時お店DATA
*********************************
小料理 誠 (まこと)
〒162-0843 
東京都新宿区市ヶ谷田町1-2 マツシタビル地下1階
TEL 03-3267-8656
営業時間 
[昼] 11:30~14:00 17:30~23:30
[夜] 18:00~01:00
定休日 日曜、祝日
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅より徒歩2分
JR市ヶ谷駅より徒歩3分
都営地下鉄新宿線市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/08 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店  @市ヶ谷
昨日は雨の天気予報がはずれた!と思ってジョギングをしようと出かけた矢先に雨が降ってきてしまい、慌てて家に戻り、仕方なく、久しぶりにジムに行って走りました。
結果的には琵琶湖マラソンを観ながら走れたのでよかったかもしれません。

今週は雨のスタートですが、新しい一週間、がんばりま~す!

DSCF8262 (480x360)
2016年2月29日は週の最初の月曜日。
4年に一度の閏日です。
上司がお昼時に不在だったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
Oさんに行きたいお店を聞いたところ、しばらく悩んで、結局大好きな「GEMS市ヶ谷」にある「タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店」に決定。

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。
市ヶ谷駅を出てすぐ、坂の上を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。


地図です。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。
今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

2016年2月27日に「中村 玄」にディナー訪問するため、渋谷から恵比寿に歩いている途中、渋谷のGEMSを見つけました。
思いがけない偶然にビックリ(笑)。

DSCF4601 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。

10店舗全部でランチ営業をしている訳ではなく、確か7・8店舗だったと思います。

DSCF5042 (480x360)
オールドタイランド」は、19世紀末に開明期のタイの首都バンコクに建てられた貴族の家のことだそうです。
新橋と飯田橋に支店があり、GEMS市ヶ谷店は3店舗目で、2014年11月13日にオープンしました。
他に、姉妹店の「クルン・サイアム」というお店もあるそうです。

DSCF5041 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
エレベーターの中にあるフロアマップはこんな感じです。

DSCF5018 (480x360)
こちらは店内からエレベーターを見たとき写真です。
エレベーターを降りると、お店のフロアにそのままつながっています。

DSCF5003 (480x360)
フロアは左に厨房があり、その前にカウンター席、周りにテーブル席が並んでいます。
アジアン料理というと、民族風のコテコテっぽい内装が多いですが、こちらは木目の調度品を使っているもののかなりモダンなテイストです。

DSCF5004 (480x360)
天井なんて鏡張りの上に紫色のライトが走っていて、とっても派手。

前回ランチ訪問したのは2016年2月4日だったので、25日ぶりです。

DSCF5017 (480x360)
「オールドタイランド」のランチは人気でいつも大混雑。
個人的な体感では、GEMSの中で一番人が入っている感じがします。

DSCF4983 (480x360)
テーブルの下には荷物を入れるためのカゴが置いてありました。

DSCF4984 (480x360)
窓がとても大きく、外を眺めるとこんな感じです。

DSCF4985 (480x360)
テラス席もあります。

DSCF1146 (480x360)
テラス席からの眺めです。
3階なので、とっても人が近く感じられました。

DSCF1147 (480x360)
植物も沢山並べてあります。

DSCF3953 (480x360)
こちらはカウンター席です。

DSCF3967 (480x360)
カウンターにはタイっぽいカワイイ小物がたくさん飾られていました。

DSCF3956 (480x360)
ガラス張りの厨房では、たくさんの調理人の人たちが忙しそうにお料理を作っています。

DSCF8258 (480x360)
12時15分頃に入店したところ、真ん中ぐらいにあるテーブル席に通されました。
しばらくすると、ほぼ満席に。

卓上には紙ナプキン、カトラリーのセット、キャンドル用?のコップ、爪楊枝が置いてありました。

DSCF3958 (480x360)
爪楊枝は、編み込んだ小さな器に入っています。

DSCF8261 (480x360)
こちらは、タイ料理屋さんお約束のナンプラー・お酢・プリックポン(唐辛子をすりつぶしたもの)・砂糖の4種類が入ったクルワンプルーンです。
私はあまり味わいを調整する方では無いので、ほとんど使ったことがないです。

天井のライトが映り込んじゃっています(笑)。

DSCF8260 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF4994 (480x360)
ランチメニューです。
写真がキレイで大きくて、すごく見やすいです。

お料理は定番メニューが13種類と多く、お値段は880円から1,240円と、エスニック系にしてはちょっとお高めです。
唐辛子マークの本数で辛さの程度がわかります。
タイのお茶やデザートもいただくことが出来ます。
この日は季節メニューが1種類あり、お値段は1,080円でした。

DSCF7066 (480x360)
タイ料理を食べに来る時は、いつもガツンとした味わいが食べたい時なのですが、「オールドタイランド」には結構通い詰めているので、そういう味わいのメニューはもうかなり食べちゃいたので、この日はあっさり系という、センレク・ナームを注文。

DSCF5011 (480x360)
おしぼりは白いビニール袋に入ってます。
卓上のカトラリーセットに置いてありました。


センレク・ナーム  (880円)
DSCF8262 (480x360)
多分、5分もかからず、あっという間に出て来てビックリ。

この日はOさんが注文したガパオが、忘れられているんじゃないかというぐらい時間がかかったので、すごくちぐはぐでしたが、O三は食べるのが早いので、結局二番目にお料理が出て来た先輩よりも早く食べ終えていました(笑)。

DSCF8263 (480x360)
生春巻は、小さなサイズに切ったものが2つ、白いココットに入っています。
刻んだナッツがトッピングされていて、スイートチリもかけてありました。

DSCF8276 (480x360)
たっぷりのキャベツのほか、ニンジンや大葉、春雨?などが入っていて、かなりあっさりとした味わいです。
作り置きだから仕方ないのですが、たまに、切り口が乾燥しちゃっていたり、巻きが甘くてお箸で持ち上げようとすると崩れちゃう時があるのがちょっと残念。
この日はフツーに美味しかったです。

DSCF8264 (480x360)
センレク・ナームは、たっぷりの野菜からとったあっさりスープにヘルシーな米麺が入ったタイのあっさり汁麺で、卓上にある調味料で好みの味に完成させてください、とのこと。

DSCF8270 (480x360)
器は背が高めの薄いブルーの陶器です。
フチがギザギザがあったり、サイドに透かし彫りがあって、とても凝った造りです。
ダブルソーサーになっていました。

DSCF8271 (480x360)
お皿と器の間には紙ナプキンがはさんであり、アルミのスプーンが添えられています。

DSCF8265 (480x360)
ドンブリの縁にはまるで耳のように、揚げワンタンが二つついていました。
結構大きくてボリュームたっぷり。
そのままパリパリかじったり、スープに浸して柔らかく食べたりすると食感の違いが楽しめて美味しかったです。

DSCF8266 (480x360)
中央にはパクチーが少しトッピングされていました。

DSCF8267 (480x360)
スープには鮮やかな真っ赤な小海老が浮かんでいます。

DSCF8268 (480x360)
たっぷりのもやしのほか、小ネギも入っていました。

DSCF8269 (480x360)
白くて丸い練り物も顔をのぞかせています。

DSCF8273 (480x360)
まずはスープを一口。
あっさり系なので、どれだけ淡泊なんだろうと、濃い味好きの私はやや心配でした(笑)が、少し甘い味付けで、ちょっとビックリ。

DSCF8274 (480x360)
真っ白でやや平べったいお米の麺は、固めの茹で加減で、結構ボリュームがありました。

DSCF8277 (480x360)
タイ風練り物は2個入っていました。
ムチムチした食感です。

DSCF8278 (480x360)
予想よりも旨味の強いスープで舌が、食べているうちにちょっと単調になってきたので、この日、初めてクルワンプルーンを使って味わいを変化させてみました。
最初、唐辛子の入ったお酢を入れてみたところ、ほんのり酸味と辛味が加わったのですが、やっぱり物足りなくて、すり潰した唐辛子も投入!
ちょっと辛くなり過ぎちゃって、全身汗をかくほど身体が熱くなりました(笑)。

DSCF8279 (480x360)
この日の伝票です。


お料理がなかなか出てこない時はありましたが、一人分だけ全然出てこなかったのいうのは初めてでした。
何度も通っていると、いろんなことがあります(笑)。
私の中ではリピート回数の多いお店なので、2016年中にランチメニュー制覇出来るかな?と楽しみにしています。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたランチメニューです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎定番メニュー
ガイ・パット・バイガパオ・ラート・カオ (2016年2月4日
カオ・パット・トムヤム   (2015年10月21日
センレク・ナーム (2016年2月29日
カオソイ  (2014年12月4日

◎季節メニュー
チムチュム (2015年12月16日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


定番ランチメニューです↓
DSCF7062 (480x360)

DSCF7063 (480x360)

DSCF7066 (480x360)

DSCF7065 (480x360)


季節ランチメニューです↓
DSCF3951 (480x360)


ドリンク&デザートメニューです↓
DSCF4989 (480x360)

DSCF4990 (480x360)

DSCF4991 (480x360)

DSCF4992 (480x360)

DSCF4993 (480x360)





2016年2月29日訪問時お店DATA
********************************
タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店 
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷3階
TEL 03-6380-8360
営業時間 
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30)
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 年中無休  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/07 04:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
麻辣香鍋的 中村 玄  @恵比寿
天気予報がはずれて、雨が降らなくてよかった~。
今日も10キロジョギングに行って来ます!
みなさまも、楽しい日曜日を☆

本日は、マイブログ圏外にある恵比寿の「中村 玄」のリポートです。

DSCF8223 (480x360)
2016年2月27日の土曜日、午後から屋外イベントへ先輩とお出かけし、夜は家人と合流してご飯を食べることにしました。
この日お邪魔したお店は恵比寿にある「麻辣香鍋的 中村 玄(なかむら げん)」というお店です。

DSCF8174 (480x360)
イベントが終わって、予約した時間までかなり時間があったので、外苑前から渋谷に出て、さらに恵比寿まで歩いちゃいました(笑)。
この日はとても良いお天気だったのですが、さすがに夕方になって太陽がなくなると気温がぐっと下がり、おまけに風まで吹いてきちゃったので、一旦お店の場所を確認したら、カフェで体を暖めるためにカフェへ行くことに。
ところが、探しても探してもお店が見つからない!
近所をぐるぐる歩き回って、ようやく見つけたのがこちらのビル。
大規模修繕か何かで全面が布に覆われていて、2階にあるお店は全くわからず(汗)。


地図です。

DSCF8175 (480x360)
JR恵比寿駅の西口を出たら、左に進み、最初の角を左に行くと線路沿いの道があるので、それに沿ってずっと歩きます。
この道は結構なきつい坂でした。
しばらく行くと飲食店が幾つか出て来て、この西岡ビルがあります。

DSCF8173 (480x360)
階段を上がる途中にお店のポストがありました。
カワイイ男の子のイラストに「なかむらげん 15才」と書かれています。
シェフのお名前??

こんな人の名前のような店名ですが、こちらは、株式会社イイコが運営する中華料理のお店で、1997年4月1日にオープンしました。

麻辣香鍋(マーラーシャングォ) という、10種以上の旬野菜の素揚げとお好みの材料をたっぷりの朝天唐辛子とオリジナル火鍋醤で一気に炒める汁なしの火鍋が食べられる、日本でも数少ないお店だそうです。
先輩が長年行きたいお店リストに挙げていて、ようやく念願が叶いました。

DSCF8172 (480x360)
中も思いっきり改装中で、入口はペンキ塗り立てでした(笑)。

ただのアパートの入口にしか見えなくて、先輩とはさすがにもうちょっと案内があった方がいいのに~と文句を言っていたのですが、この会社がやっているお店は全て看板を出さない主義で、隠れ家っぽいテイストを重要視しているとのこと。

あと、こちらのお店、予約の確認を電話でしてくれたのですが、タイミングが当日の午後。
イベント中で電話に気付かず・出られず、結局私の方から折り返しの電話をしたのが訪問する約2時間前。
しかも、大通り沿いの路上だったので、電話の声が遠くて大変でした(汗)。

DSCF8176 (480x360)
一旦カフェに行って身体を暖め、家人と合流して予約時間にお店へ。
扉を開けるとまるで異空間で、中国らしく真っ赤な内装。
店内は満席でとても賑わっていました。
フロアはそれ程広くはなく、左に厨房があり、それ以外にはテーブル席が並んでいました。
私たちは中央付近の丸いテーブル席に着席。

この日は人が多かったこともあって、店内写真を撮るのをすっかり忘れちゃいました(汗)。

DSCF8181 (480x360)
卓上には中国のお酢と、、、

DSCF8180 (480x360)
ソースが2種類。


お通し?
DSCF8178 (480x360)
唐辛子の素揚げにゴマやアーモンドを和えたもの。
これ、すっごく美味しかったです。
カラッと上がった唐辛子は辛さはほとんどなくて、たっぷりのゴマが風味たっぷり。
これだけでかなりお酒が進みました(笑)。

DSCF8177 (480x360)
壁に掛けられていたメニューです。


サントリープレミアムモルツ 生樽  (600円)
DSCF8190 (480x360)
中国ビールも気になったのですが、とにかく喉が渇いていたので、まずはプレミアムモルツで乾杯!


王老吉
DSCF8188 (480x360)
先輩が注文したソフトドリンクです。
メニュー写真を撮り忘れてしまったようで、お値段がわからず(汗)。
韓国のシッケのような味で、甘かったそうです。

DSCF8194 (480x360)
メニューはかなり多彩で、目移りしちゃいます。

DSCF8195 (480x360)
お鍋は後に食べることにして、それぞれ気になる料理を幾つか注文。


烏骨鶏のピータン  (700円)
DSCF8204 (480x360)
こちらは確か先輩がリクエストしたもの。
透明なガラスの器に盛られていて、とっても涼しげな見た目です。

DSCF8205 (480x360)
ピータンはよくありますが、烏骨鶏って珍しい~。
キレイに並べられたピータンには白髪ネギとショウガがのせられ、タレがかかっていました。

DSCF8206 (480x360)
うーむ、、、
ダメ舌の私には、烏骨鶏と普通のものの差がわからず(汗)。
ピータンのお味でした。


サーモンとアボガドのよだれ醤 (1,000円)
DSCF8208 (480x360)
こちらは本日限定のメニューです。
野菜やアボガドの緑、サーモンのオレンジ、タレ?の黄色と、とっても色鮮やか。

DSCF8210 (480x360)
よだれ醤は下の方にあったので、気付かずに上の部分は普通のサラダのように食べちゃいました。
濃いめのしっかり辛い味わいでした。


香草 (お通し)
DSCF8211 (480x360)
この香草、どのテーブルにもあったので、すっごく気になりました。
メニューの中からそれらしい「パクチーの辛味サラダ」というのを見つけて、店員さんに注文しようとしたところ、「す、すみません。こちらは出すのを忘れていました。。。」と言って持って来てくれました。

DSCF8180 (480x360)
こちらの香草、おかわり自由の食べ放題で、卓上に置いてあったこちらのソースをつけて食べるとのこと。
なるほど~、だからソースがあったんですね。
これ、根っこが付いていますが、細いものは食べられるものの、太いのがかなり筋張っていました(汗)。
それでも、香草をそのまま食べるのってなかなかなくて、すっごく美味しかったです。
先輩はかなりはまっていて、それだけでお腹をかなり満たしていました(笑)。
ちなみに、帰りがけに手の臭いを嗅いだら、すっごい香草の香りが染み込んでてビックリ。


塩ゆで落花生  (600円)
DSCF8213 (480x360)
中華で食べられる塩ゆで落花生、シンプルだけど美味しくて大好きです。
茹でたて熱々で、蒸籠ごと登場。
ボリュームもかなり多くて、これはCPがピカイチでした。
食べきれなくて、お持ち帰りさせていただいちゃいました。


店長厳選 甕出し紹興酒 甕出し8年 デキャンタ小 (1,600円)
DSCF8217 (480x360)
ビールを飲み終え、紹興酒を注文。

DSCF8218 (480x360)
写真がブレブレですみません(汗)。

DSCF8220 (480x360)
うーん、お味は普通でした。
三種飲み比べセットを一人分で試した方がよかったかな。


名物! 焼き餃子 6ヶ  (600円)
DSCF8214 (480x360)
名物というだけあって、すごいビジュアルで登場~。
羽根付きは珍しくないけど、まさか逆さまとは!

DSCF8219 (480x360)
羽が大きくて、小皿からはみ出ちゃいます(笑)。
ぎょうざはフツーに美味しかったです。
それよりも、羽がパリパリで香ばしかったのがよかったかも。


じゃがいも千切り麻辣サラダ  (900円)
DSCF8221 (480x360)
ジャガイモだけでなく、水菜やキュウリなども入っていて、ピータンと同じく涼しげなガラスのお皿に盛られていました。

DSCF8222 (480x360)
ちょっとイメージしていたお料理と違いました。
麻辣はピリ辛ぐらいです。

先輩が「これ以上食べるとお腹がいっぱいで鍋が食べられなくなっちゃう!」と言うので、こちらでお鍋を注文。


麻辣香鍋 (鍋底2,200円+豚バラ800円+本日の魚800円+ホルモン組合800円)=4,600円
DSCF8223 (480x360)
お鍋がどーんと登場。
すごい! 具がたっぷり!!

DSCF8226 (480x360)
10種以上の旬野菜の素揚げなどの鍋底に、自分たちの好みの具材を追加します。
先輩がホルモン、家人が本日の魚、私が豚バラをチョイス。
本日のお魚はサーモンでした。

DSCF8227 (480x360)
辛さは5段階から選べますが、家人がそれ程辛さに強くなかったので、美味しく食べられる辛さという3番目の「辛」にしました。

DSCF8228 (480x360)
豚バラ肉は大きめで旨味たっぷり。
ホルモンもとても柔らかでした。
辛さはピリ辛ぐらいです。

DSCF8232 (480x360)
お鍋を食べるのに夢中で紹興酒を放って置いたら、氷が溶けて薄まっちゃいました(汗)。
失敗。
常温で飲んだ方が良かったです。

DSCF8230 (480x360)
野菜も本当に美味しかったです。
レンコンは厚切りなので、シャキシャキ感をたっぷり楽しめます。
綺麗に写った写真がないのですが、でっかい豆もやしが入っていて、ピーナッツの豆もやしとのこと。
珍しいし、すっごく美味しかったです。

お鍋は下の方になってくると、タレが沈んでいるのか、段々と辛味が増してきました。


サントリープレミアムモルツ 生樽  (600円)
DSCF8237 (480x360)
なので、サッパリさせたくて、生ビールをもう一度注文。


薬膳サングリア? (700円)
DSCF8238 (480x360)
家人はおかわりに確か、こちらを注文。
「甘いんじゃ?」って聞いたら、「甘いのがいいんだ!」とのこと。
辛さを中和させたかったのね(笑)。

DSCF8234 (480x360)
朝点唐辛子、店員さんからは食べないようにといわれていたのですが、とってもツヤツヤして美味しそうだったので、ちょっと囓っちゃいました(笑)。
個体差はあるのかもしれませんが、これは全然辛くなくて、パプリカみたいに甘みを感じるぐらいでした。

DSCF8236 (480x360)
こちらお鍋は本当にボリュームたっぷりで、お野菜も食べられるし、すごくお腹いっぱいになりました。

DSCF8239 (480x360)
この日のお会計です。
3人で合計17,000円、一人5,666円です。
写真を撮り忘れましたが、先輩がソフトドリンクを1・2杯追加していたと思います。

お鍋の計算が、他の人のブログを見ると、鍋底は人数分で掛け倍になっていたので、そうなると、私の表記とは違いますので、ご了承下さい。
いつも思うのですが、できれば明細を出して欲しいです。


評判の麻辣香鍋はとってもとっても美味しかったです。
次回行くとすれば、他のメニューはあまり注文しないで、お鍋を人数分以上に具材をたっぷりと追加して食べてみたいです。
先輩、面白いお店を紹介してくれて、ありがとうございます☆


フードメニューです↓
DSCF8194 (480x360)

DSCF8195 (480x360)

DSCF8196 (480x360)

DSCF8197 (480x360)

DSCF8198 (480x360)

DSCF8199 (480x360)

DSCF8200 (480x360)

DSCF8201 (480x360)

DSCF8202 (480x360)

DSCF8203 (480x360)



ドリンクメニューです↓
DSCF8182 (480x360)

DSCF8183 (480x360)

DSCF8184 (480x360)

DSCF8185 (480x360)

DSCF8186 (480x360)

DSCF8191 (480x360)

DSCF8192 (480x360)

DSCF8193 (480x360)




2016年2月27日訪問時お店DATA
***********************************
麻辣香鍋的 中村 玄 (なかむら げん) 
〒150-0022 
東京都渋谷区恵比寿南1-18-11 西田ビル201
TEL 03-3711-5897
営業時間 
[平日] 18:00~01:00(L.O.24:00)
[土祝] 18:00~24:30(L.O.23:30)
定休日 日
JR恵比寿駅西口から徒歩2分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/03/06 11:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
吉野家 四ッ谷駅前店  @市ヶ谷
今日も朝から良いお天気ですね~。
夜から崩れるようなので、お洗濯とか、先にしておかないと!
花粉がかなり飛散していますが、みなさまも、楽しい土曜日を☆

DSCF8156 (480x360)
2016年2月26日は週の最後の金曜日。
午前中外出していた上司とOさんがちょうどお昼頃に戻ることになり、「吉野家(よしのや) 四ッ谷駅前店」で牛丼買うけれど、「そちらはどうする?」と聞いてくれたので、一緒にお願いしちゃいました。

DSCF2431_2014020307292359d.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅を出てい新宿通りの右側を新宿方面に進み、最初の角にお店があります。


地図です。

DSCF2432.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
こちらは新宿通りに面した出口です。

「吉野家」は、株式会社吉野家ホールディングスの子会社である株式会社吉野家が運営する大手飲食チェーン店で、牛丼チェーンの店舗数では「すき家」に次いで多く、国内に1,200弱の店舗を展開しているそうです。

DSCF2433_201402030729278a4.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
しんみち通りに続く小道にテイクアウト用の窓口があります。

DSCF2434_20140203072929587.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
テイクアウトのメニューです。

DSCF2435_2014020307293141f.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
単品だけでなくサイドメニューやセットもあります。

前回ランチを購入したのは2015年10月30日だったので、約4か月ぶり、6回目です。
市ヶ谷にも支店があり、そちらでは2012年6月28日のランチで購入したことがあります。

DSCF8147 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋です。

DSCF3437 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
袋には、こんな宣言が書かれていました。

DSCF8148 (480x360)
私の分はこちら。
牛丼の他、紅ショウガと七味唐辛子の小袋と割り箸がついています。

DSCF8153 (480x360)
箸袋にはお店のロゴが印刷されています。

DSCF8154 (480x360)
割り箸は記念撮影だけして、使いませんでした。

DSCF8155 (480x360)
割り箸は紫外線で殺菌処理しているそうです。
そうなんだ~。
全く知らなかった。

DSCF3443 (480x360)
薬味の紅ショウガは小袋でついています。

DSCF8151 (480x360)
七味唐辛子も同じく小袋でついていました。

DSCF8149 (480x360)
牛丼は、フタと容器が黒いプラスチック製の器に入っています。

DSCF1488 (480x360)
フタの縁には白で吉野家の店名がデザインされていました。

DSCF8150 (480x360)
フタには消費期限や連絡先が記載されたシールが貼ってあります。


牛丼 並盛 (380円) 
DSCF8156 (480x360)
いただきま~す!

具は牛肉とタマネギの2種類で、とってもシンプル。
量は多くありませんが、ご飯は見えません。
全体的に真っ茶っ茶(笑)。

DSCF8157 (480x360)
公式HPによれば、牛肉は赤身と脂身が程よくまじりあったものだけを使っているとのこと。
薄い細切れで柔らかく、味がよく染みています。

DSCF8158 (480x360)
玉ねぎは、甘味だけでなく、食感にもすぐれたものを選んでいるとのこと。
やや大きめのカットで、クタクタに煮てある訳ではありません。

DSCF8160 (480x360)
食べる前に紅ショウガと七味唐辛子もすべてのっけちゃいました。
彩りが少しは良くなった!(笑)。

DSCF8162 (480x360)
ご飯のボリュームはそれ程多くありません。
少し甘い味付けのお肉に紅ショウガと七味唐辛子のアクセントが利いて、ご飯が進みます。

DSCF1503 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じ。


全体のボリュームはそれ程多くはありません。
お肉とご飯の食べる量のバランスを間違えるとご飯だけが残ってしまうことも多いですが、この日はいい配分で食べることが出来て、美味しく完食!


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちら↓です・◇・◆・◇・◆・◇

牛丼<並盛> (2012年6月28日2014年3月7日2014年11月7日2016年2月26日
牛丼<並盛>+玉子 (2015年10月30日
牛焼肉丼 (2013年2月4日

お味噌汁 (2012年6月28日
けんちん汁 (2013年2月4日
生野菜サラダ (2013年2月4日
キムチ (2012年6月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年2月26日購入時お店DATA
********************************
吉野家 四ッ谷駅前店 (よしのや) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8-14
TEL 03-5363-2205 
営業時間 24時間営業
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅より徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/05 07:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
可成家 市ヶ谷店  @市ヶ谷
昨日は午後、かなり暖かくなりましたね~。
夜出かける予定だったので、厚めのコートを着ていたのが完全に浮いちゃうぐらいの陽気でした(笑)。
花粉症も、杉花粉はいよいよピークを迎えつつあり、薬を飲み忘れないようにしないと!

DSCF8133 (480x360)
2016年2月25日は、前日に引き続き上司がお昼時に不在だったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
この日向かったのは、2016年2月22日にまさきさんから教えていただいた「可成家(かなりや) 市ヶ谷店」です。
私もちょうどその前日の2月21日に日テレ通りの坂を上っていてお店に気付いていました。
すっごい偶然!

DSCF8272 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの右側を麹町方面に向かって坂を上がり、最初の通りを越えてすぐのところに市ヶ谷駅前ビルがあります。


地図です。

DSCF8270 (480x360)
市ヶ谷駅前ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
地下1階には2009年2月27日にランチ訪問した「汁番」
1階には、2016年1月13日にランチ訪問した「築地銀だこ」
2階には、2015年8月28日にランチ訪問した「魚雅」
4・5階には、2012年12月18日にランチ訪問した「旬鮮酒場 天狗 市ヶ谷店」
7・8階には2008年7月11日にランチ訪問した「カザータ」がありましたが閉店し、現在は「ザ・ファンキーチキン」が入っています。

DSCF8269 (480x360)
この日は、後に記事に書いた理由により、外観写真は以前撮影したものだけです。

3階には、近江八幡から産地直送で仕入れた新鮮なホルモンとA4ランク以上の各種お肉を楽しめる「ママ食堂 市ヶ谷店」があります。
ランチ営業をしていないので未訪問ですが、夜のメニューがとっても気になっていました。
2016年2月16日から、「可成家」というラーメン屋さんがお昼の時間帯だけ間借りして、ラーメンを提供しています。

DSCF8267 (480x360)
ビルの入口には階段があるので、半階ほど上がると、奥にエレベーターがあります。

2008_0902画像0109
ビルにはエレベーターだけでなく外階段もあります。

DSCF8116 (480x360)
「可成家」は、本店が徳島県徳島市にある徳島ラーメンのお店です。
2013年9月4日に東京に進出して代々木店をオープンしましたが、2016年2月10日に閉店し、2016年2月16日からこちらの「市ヶ谷店」に移転しているとのことです。

DSCF8114 (480x360)
入ってすぐ右のカウンターの上に小さな券売機が置いてあるので、先に食券を購入します。

DSCF8115 (480x360)
メニューは徳島ラーメン1種類だけで、それにトッピングをしたり、サイドメニューをつけたりします。

DSCF8117 (480x360)
お水はセルフです。
券売機の横のカウンター席に、お水の入った大きなポットとグラスが並べられていました。

DSCF8125 (480x360)
フロアはかなり広く、右手前に厨房とカウンター、それ以外の所にはテーブル席が並んでいました。
内装は木目をたっぷり使った、いかにも居酒屋さんらしい雰囲気です。

DSCF8121 (480x360)
12時15分頃入店すると、店内は半分ほどの人の入り。
スーツ姿のお客さんが多かったです。

DSCF8127 (480x360)
ここから奥の日テレ通り側にはお客さんを入れていませんでした。

DSCF8128 (480x360)
夜のメニュー、大鉄板焼の極意について書かれています。

DSCF8126 (480x360)
近江牛の認定証も飾られていました。
いいなぁ、食べてみたい~。

DSCF8119 (480x360)
私たちは右奥の方のテーブル席に着席。

DSCF8120 (480x360)
卓上にはメニュー、ティッシュペーパー、お箸、各種調味料などが置かれています。

DSCF8122 (480x360)
メニューです。
先に食券を購入するので、今更ですが(笑)。

DSCF8123 (480x360)
麺の増量は無料です。

DSCF8124 (480x360)
折角なので、餃子も食べたかったのですが、もれなくライスも付いてきちゃうので、この日はやめておきました。

DSCF8118 (480x360)
お水を飲みながら、おしゃべりしてラーメンの出来上がりを待っていたのですが、全然出てこない!
お隣のテーブル2つも同じように待っていましたが、一つのテーブルに来た後、もう一つのテーブルに来る頃には最初のテーブルの人は食べ終わっていたぐらい、ゆっくりでした。
私たちのテーブルにラーメンが出て来たのは入店から30分以上経過した12時50分。
まさかラーメン屋さんに来てこんなに待たされるとは全く思っていませんでした(汗)。


徳島ラーメン ネギ増し (800円)
DSCF8129 (480x360)
先輩はネギ増しを注文。

DSCF8130 (480x360)
ネギはかなりモリモリで、彩りもとってもキレイ。


徳島ラーメン 肉増し (900円)
DSCF8131 (480x360)
こちらはOさんが注文した肉増し。

DSCF8132 (480x360)
丼の半分以上もお肉でおおわれているぐらい、たっぷりでした。


徳島ラーメン 麺の大盛り  (700円)
DSCF8133 (480x360)
私は麺の大盛りをお願いしました。
麺、生卵のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF8136 (480x360)
赤いレンゲが添えられています。

DSCF8135 (480x360)
徳島ラーメンのお約束の生卵は、白ではなく、茶色でした。

DSCF8137 (480x360)
徳島ラーメンを食べるのは、かなり久しぶり。
いただきま~す!

DSCF8139 (480x360)
中央にはネギの緑色の部分がトッピングされていました。
彩りでもあります。

DSCF8141 (480x360)
細切りで短めのメンマは、たっぷりでした。

DSCF8140 (480x360)
スープは濃い茶色で、表面に結構脂が浮いています。

DSCF8138 (480x360)
先ずはそのまま食べたところ、お肉はとても柔らかく、しっかりとした甘めな下味がついていました。

DSCF8143 (480x360)
スープはやや甘く、コクがあって、と~っても美味しい!

DSCF8142 (480x360)
細くてストレートの麺は、ちょっと柔らかめ。
大盛りをお願いしたので、量はたっぷりでした。

DSCF8145 (480x360)
ある程度食べたところで、生卵を投入!

DSCF8146 (480x360)
ほぐした生卵に麺を絡めたり、お肉に絡めたりして、味わいの変化を楽しめました。
本場の徳島県で食べた時は、あまり生卵のありがたさがわからなかったですが、今回はとても美味しくいただけました。


何かトラブルがあったんじゃないかと思われるぐらいラーメンが出てくるまで時間がかかり、午後1時近くに入店してきたお客さんにはようやく「少し時間がかかります。」とアナウンスしていました。
久しぶりに食べた徳島ラーメンはとっても美味しかったのですが、まさかラーメン屋さんで30分以上待たされるとは全く思っていなかったので、食べ終えると走って事務所に帰りました。
なので、この日はお店の外観写真を撮る時間は全くなかったです。


メニューです↓
DSCF8122 (480x360)

DSCF8123 (480x360)

DSCF8124 (480x360)





2016年2月25日訪問時お店DATA
*****************************
可成家 市ヶ谷店  (かなりや)
〒102-0076 
東京都千代田区五番町4-1 市ヶ谷駅前ビル3階
(ママ食堂市ヶ谷店)
TEL 03-3234-6886
FAX 03-5213-9773
営業時間 11:30~14:30(L.O.14:00)
定休日 日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/04 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(3) |
鉄板道場 鐵一 四ッ谷店  @四谷
先日食べた牛角ビュッフェですが、愚弟がメニューごとに料金を算出したところ、合計で52,050円だったとのこと。
支払ったのは2万円ちょっとだったので、だいぶ元が取れたかな?
高額メニューの厚切り牛タン、桜ユッケ、焼きしゃぶを集中して注文したのがよかったようです(笑)。

DSCF8079 (480x360)
2016年2月24日は、お昼時に上司が不在だったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ました。
Oさんがこの後外出する予定だったので、四ツ谷駅方面へ。
あまり時間も無かったので、チェーンの定食屋さんなら早いだろうと思い、しんみち通りに移転した「鉄板道場 鐵一(てついち) 四ッ谷店」に行くことにしました。

DSCF8110 (480x360)
JR・地下鉄四ツ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程の右手に四ツ谷鈴木ビルがあります。
お店はその2階です。

1階には2010年10月2日にディナー訪問した「赤札屋」があります。
2015年の1月から3月頃に建て替え工事の為に一旦閉店し、2016年2月上旬にリニューアルオープンしたようです。


地図です。
表記されるのは、リニューアル前の赤札屋をポイントにしています。

DSCF8111 (480x360)
こちらのお店は、ミシュラン三つ星の「ジョエルロブション」や宅配ピザチェーン大手の「ピザーラ」などで有名な外食産業大手の株式会社フォーシーズの経営するブランドの一つで、市ヶ谷経済新聞によれば、レトロですが明るい内装で女性客にも入りやすくし、鉄板焼きと煮込み料理をメインに手ごろな価格で提供するとのことです。現在、四ツ谷店のほか、関東に5つの支店があります。

看板は豆電球で昼間からライトアップされ、かなりギラギラしていて、すごく目立っていました。
しんみち通りの中では一番派手かも。

DSCF6192 (480x360)
「鐵一」は、2009年2月14日に栄通の入口近くの場所でオープンし、2009年3月4日にランチ訪問しましたが、四谷駅前地区市街地再開発事業により、2015年12月29日に閉店し、2016年1月5日にこちらに移転オープンしたそうです。

DSCF8112 (480x360)
ビルの前にはランチメニューとライトアップされたど派手な看板が置かれています。

DSCF8113 (480x360)
本日の日替りメニューは小さな黒板に書かれて同じくビルの前に出ているので、入店前にチェックすることが出来ます。

DSCF8109 (480x360)
ビルの左側にある細い階段を登って2階へ。
足ふきマット?の黄色も、とっても派手ですね~。

DSCF8108 (480x360)
階段を上から見ると、こんな感じ。
右側にビール瓶がずらりと並んでいます。

DSCF8107 (480x360)
階段の奥には店名の書かれた大きな看板が掲げてあり、提灯がたくさんぶら下げてありました。

DSCF8106 (480x360)
フロアはそれ程大きくはありません。

DSCF8071 (480x360)
12時15分頃入店したところ、6割程の人の入りでした。

ガラス窓の上の方に、なんで買い物カゴを並べてあるんだろう??

DSCF8072 (480x360)
移転オープンしたばかりなので、とってもキレイ。
昭和レトロっぽい内装になっています。

DSCF8070 (480x360)
私たちはフロア中程のテーブル席に通されました。
卓上にはメニュー、お水の入ったポット、グラス、紙ナプキン、爪楊枝、七味唐辛子、灰皿などが置かれています。

DSCF8076 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF8067 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF8068 (480x360)
全部で定番が4種類、日替わりが1種類、合計5種類あり、お値段は定番が648円(税別)で、日替わりが743円(税別)です。
税別なので最終的な金額がわかりにくいですが、定番が合計700円だったかな?
→後から先輩に確認したところ、699円だったそうです。
うーん、700円いかない、というのがウリなのかもしれませんが、648円(税別)では金額のイメージがつかないから、699円(税込)って表記した方がいいのでは?

DSCF8069 (480x360)
ディナータイムでは、豚バラ肉を激辛ソースを和えて焼いたホットとんというメニューが鐵一名物だそうですが、残念ながら、ランチタイムでは食べられません。
なので、次に気になった塩とんてき定食をご飯少なめで注文。


塩とんてき定食 ご飯少なめ  (648円税別→699円税込)
DSCF8079 (480x360)
しばし待って、お料理が登場。
メイン、お味噌汁、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。
ぱっと見、色合い的にかなりシンプルです。
お箸は黒い洗い箸が添えられていました。

DSCF8084 (480x360)
ご飯は少なめです。

DSCF8085 (480x360)
お味噌汁は、長ネギと、、、

DSCF8098 (480x360)
ワカメが入っていました。

DSCF8086 (480x360)
メインの塩トンテキは、大きな丸い黒いお皿に盛られ、サラダが添えられています。
グローブ型になっている塩トンテキが、かなり個性的!

DSCF8088 (480x360)
お皿の上にの方にサラダ2種類、マヨネーズが盛ってありました。

DSCF8090 (480x360)
こちらのマヨネーズ、塩トンテキとキャベツに使うようです。

DSCF8091 (480x360)
サラダはちょこっとのポテトサラダと、、、

DSCF8089 (480x360)
たっぷりのキャベツの千切りです。
できればマヨネーズはあまり食べたくなかったのですが、キャベツの味付けが他になかったので、少なめにつけるようにしていただきました。

DSCF8087 (480x360)
グローブ型の塩トンテキは、上の方がつながっていて、アコーディオンのように広がっています。

DSCF8093 (480x360)
にんにくチップものっていました。

DSCF8092 (480x360)
いざ食べよう!と思ってお箸で一口大に切ろうとしたのですが、お肉の弾力が強すぎて、切れない、、、。
グサグサ刺したりもしてみたのですが、プラスチック製のお箸の方が折れちゃいそうだったので、仕方なく、一枚切りのまま少しずつかぶりついて食べました。

DSCF8096 (480x360)
食べ始めの頃は、顔の口ではない部分にくっついちゃうほどです(汗)。
歯応えのあるお肉は好きなので、口の中に入ってしまえばそれ程気にならなかったですが。
塩味は控えめでした。


食べるのに悪戦苦闘しましたが、全体のボリュームは普通です。
先輩も同じメニューを食べていたのですが、2016年1月13日のランチで食べた「築地銀だこハイボール酒場」の豚丼もかなりかたい歯応えだったので、このところ、どうも豚肉にはやられっぱなしです(笑)。


ディナーメニューです↓
DSCF8100 (480x360)

DSCF8101 (480x360)

DSCF8102 (480x360)

DSCF8103 (480x360)

DSCF8104 (480x360)

DSCF8105 (480x360)

DSCF8074 (480x360)

DSCF8075 (480x360)

DSCF8077 (480x360)

DSCF8078 (480x360)





2016年2月24日訪問時お店DATA
****************************
鉄板酒場 鐵一 四ッ谷店 (てついち) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-7-14 四ツ谷鈴木ビル2階 
電話 03-5379-5800
[平日]   11:30~14:30(L.O.14:00) 16:00~23:30(L.O.23:00)
[土日祝] 11:30~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/03 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
スパゲッティ ながい  @四谷
昨日はいよいよ3月に突入したというのに、真冬に戻ったような寒さでしたね~。
夕方以降は冷たい風がゴーゴー吹いて、歩くのがとっても辛かったです。
こんなに寒い思いしているのに、何故か花粉症の症状も酷い。
絶対、おかしい!!

DSCF8025 (480x360)
2016年2月23日は、お昼になると上司が「外へ食べに行こう。」と誘ってくれました。
向かった先は、上司にしては珍しく「嘉賓」ではなく、「スパゲッティ ながい」です。

DSCF1940 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程の左手にある中川ビルの2階にお店があります。


地図です。

DSCF1939 (480x360)
前回ランチ訪問を紹介したのは2015年10月13日だったので、約4ヶ月ぶりです。

DSCF1938 (480x360)
しんみち通りには、こちらの看板が出ています。

2010年1月27日によるくまさんからいただいたコメントによれば、「ながい」のシェフは西新宿にある老舗人気店「スパゲッティ ハシヤ」から独立されたそうです。

2010_0222画像0009
こちらは以前撮影した写真です。
季節メニューがある時期は、この看板に写真付きで紹介されます。
冬だとカキを使ったメニューが出てきます。

2008_0825画像0035
しんみち通りには、ビルとしての看板も出ています。

中川ビルにはたくさんの飲食店が入っていて、
1階には2008年9月26日にランチ訪問した「四谷ブルワリー」
地下1階には2008年8月22日にランチ訪問した「沖縄料理店 あん」があります。
ただ、この2店は現在、ランチ営業をやっていません。

DSCF0923 (480x360)
中川ビルに入ってすぐ左手に、こちらのビルのポストがありました。
「ながい」のポストは上段の真ん中です。

入り口

細い階段を上ると、2階に写真のようなかわいい入口の扉があります。

ときどき、待つ人が多くて3階へつながる階段にまで行列ができることもあります。
並んでいる間、お店の方からメニューを渡されてあらかじめ注文します。

2009_0905画像0035
入口のすぐ右、カウンターの前の壁際に大きなマガジンラックが置かれています。

DSCF6065.jpg
新聞や文庫本などが常備されていて、一人客でものんびり出来そうです。

以前からランチタイムは禁煙でしたが、2008年1月21日から終日禁煙になりました。

2010_0705画像0037
店内はカウンター席とテーブル席3つの小さな空間です。
この写真の右にトイレがあります。

DSCF0897 (480x360)
窓側から眺めるとこんな感じ。

ちなみに、窓際のテーブル席は間が少し狭いので、我らが上司のような、大きな鞄やおなかを持っているとちょっと通りにくく、コップの水を倒さないよう気をつけた方がよさそうです(笑)。

DSCF8212_20131004210530a5b.jpg
壁に掛かっている時計は、文字盤がパスタでした。

DSCF3919.jpg
お店は男性シェフが一人、フロア担当の女性一人で切り盛りしています。
お二人ともいつもテキパキと動き回り、とても人あたりがいいです。

DSCF0896 (480x360)
入口の正面の奥には冷蔵庫がはめ込まれています。

お店に到着したのは12時半頃。
テーブル席は満席だったので、カウンター席に通されました。

カウンター

カウンター席は調理場をぐるりと取り囲んでいて、注文を待つ間、シェフがお料理をしている姿をワクワクしながら見ていることができます。

DSCF8024 (480x360)
調理中のシェフを激写。
冬なのに、髪の毛をとっても短く刈り込んでいて、何だか寒そうです(笑)。

DSCF6413.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
入口すぐのカウンターには、出来上がっていくスパゲッティが並びます。
他の人の注文は、もれなく美味しそうに見えちゃいます。

DSCF0819 (480x360)
卓上にはスプーン、フォーク、タバスコ、ナプキン、粉チーズ、乾燥ハーブ、粉唐辛子?などが置かれています。

DSCF8205_201310042106044ac.jpg
スプーンとフォークが入っている籠のナプキンは、時期によって色が違います。

スプーン

スパゲッティを食べるときのこのスプーン、形状がまんまるで、とてもかわいいです。

DSCF7231 (480x360)
卓上にある粉チーズと乾燥ハーブです。
お好みでふりかけます。

DSCF6412.jpg
こちらの白い小さなボトルには、、、

DSCF6415_2013082208435256d.jpg
とても細かな粉唐辛子?が入っています。

DSCF0817 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF6211 (480x360)
メニューです。

DSCF6212 (480x360)
写真を撮ることが出来ませんでしたが、季節メニューとしてカキが登場していました。

普通は100gで、プラス100円の大盛りは170gです。

DSCF7227 (480x360)
サラダやガーリックトーストもあります。

DSCF7248 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じです。

この日は久しぶりにタラコ・ウニ系のスパゲッティの中から、食べたことのないタラコとウニとイカをチョイス。
無料の唐辛子のトッピングもお願いしちゃいました。


のりとチーズスパゲッティ (850円)+納豆 (100円)=950円
DSCF8032 (480x360)
先輩は、大好きなのりとチーズスパゲッティに、納豆をプラス。

DSCF8033 (480x360)
残念ながらイメージとは違い、チーズと納豆の相性はイマイチだったそうです。


<タラコ、ウニのスパゲッティ> 
タラコとウニとイカ (1,150円) + 赤唐辛子 (無料) =  (1,150円)
DSCF8025 (480x360)
15分弱で、お料理が登場。

タラコ、ウニのスパゲッティシリーズは、木をくりぬいたような器に盛られています。

DSCF8026 (480x360)
フォースとスプーンはあらかじめ差し込んで出て来ます。
これは、シェフがスパゲティとソースを混ぜ混ぜしたものです。

DSCF8027 (480x360)
スパゲティはウニで黄金色にツヤツヤと光っていて、とっても美味しそう。
写真では写っていませんが、イカはとても薄切りものがたくさん入っていました。
フォークで少しずつ拾って食べるのも楽しかったですが、枚数が減らしてもうちょっと厚みのあるイカも美味しかったのではないかと思います。

DSCF8029 (480x360)
中央にトッピングしてある海苔は細長く切ってあり、たっぷりと盛りつけてありました。

DSCF8031 (480x360)
麺の合間にトッピングでお願いした唐辛子が見えます。
ウニの濃厚でまったりした味わいがとっても美味しかったのですが、唐辛子をトッピングするとかなりの辛さで、ちょっとウニの味わいを損ねちゃいました(汗)。

DSCF8036 (480x360)
スパゲッティに少し遅れてポンテケージョも登場。
一人一個です。
温かい方が生地が柔らかなので、早めに食べた方がいいです。
とても薄い生地ですが、ふんわりとした独特の食感が本当に美味しい!

この日は普段に増してほんのり感じる生地の甘さがとても感じられて、本当に美味しかった~。
美味しいソースを残さないよう、しっかりとぬぐっていただきました。
プラス料金で個数を増やしてもらえないかな~?

DSCF8037 (480x360)
帰り道、翌日にリニューアルオープンを控えている「小諸そば」の100円割引券付きティッシュをいただいちゃいました。
さすがチェーン店、単価が低いのに、100円引きなんて、なんて太っ腹!
今までとても混雑していたので訪問したことがなかったのですが、この割引が使える3月18日までに絶対訪問しなければ。


この日は先輩も私も、ずっと「ながい」に通っているのに、ちょっとアレンジに失敗してしまいました(汗)。
いつも美味しい「ながい」ですが、より美味しく食べられるようにならないと!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

【アサリのスパゲティ】
  アサリと青じそのスパゲッティ (2008年9月18日

【タラコ、ウニのスパゲティ】
  タラコのスパゲティ   (2012年4月9日
  タラコとウニとイカのスパゲティ (2016年2月23日
  ウニとイカのスパゲティ (2009年9月2日
  ウニとイカとキムチのスパゲティ (2007年7月4日

のりとチーズのスパゲティ (2012年10月5日

【ミートソースのスパゲティ】
  ミートソースとナスのスパゲティ (2009年3月16日
  ミートソースとツナのスパゲティ (2011年1月7日2011年3月24日
  納豆とミートソースのスパゲッテ (2014年3月27日

【ペペロンチーノ風スパゲティ】
  タコとキノコと赤唐辛子のガーリック風スパゲティ (2010年5月25日) 

【トマトソースのスパゲティ】 
  ナスとベーコンのトマトソーススパゲティ (2007年4月27日
  ベーコンとソーセージと野菜のトマトソーススパゲティ (2009年9月15日
  海の幸のトマトソース (2014年1月27日
  タコとナスの唐辛子トマトソーススパゲティ (2011年10月19日

【クリームソースのスパゲティ】 
  生ハムの生クリームスパゲッティ (2013年8月15日
  アスパラとベーコンの生クリームスパゲティ (2008年6月12日

【醤油味のスパゲッティ】 
  卵とベーコン (2015年10月13日
  エビ、アスパラ、シメジ (2014年5月30日
  フランクとベーコン・キノコ・アスパラのスパゲッティ (2011年6月2日)  
  海の幸のスパゲティ(エビ、アサリ、タコ、イカ、ホタテ) (2008年2月22日

【ホワイトソースのスパゲティ】 
  エビとアスパラ (2014年6月26日
  ミックスのホワイトソーススパゲティ (2007年12月5日

【サラダスパゲッティ】 
  シメジとベーコンのサラダスパゲティ (2010年7月5日
  生ハムのサラダスパゲティ (2012年11月12日

【季節メニュー】 
  カキとキノコとほうれん草のスパゲティ (2007年12月3日
  カキの唐辛子トマトソーススパゲティ (2008年12月3日2012年12月3日
  カニと青ジソのクリームソース (2010年2月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF7225 (480x360)

DSCF7226 (480x360)

DSCF7227 (480x360)





2016年2月23日訪問時お店DATA
****************************
スパゲッティ ながい
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2階
TEL 03-3350-0806 
営業時間 
[平日] 11:30~21:45  
[土曜] 11:30~20:45
定休日 日
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/02 00:00】 | パスタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
【閉店】 Irish Pub The Morrigan’s  @四谷
今日からいよいよ3月です。
もうすぐ春!と思うと、何だかワクワクしちゃいます。

本日は、2016年2月26日に閉店した「モリガンズ」のさよならランチのレポートです。

DSCF8002 (480x360)
2016年2月22日は週の最初の月曜日。
お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
この日向かったのは2月26日閉店予定の「Irish Pub The Morrigan’s(アイリッシュパブ ザ・モリガンズ)」です。

DSCF8011 (480x360)
JR・地下鉄四ツ谷駅の麹町口を出て、新宿通りの右側を半蔵門方面に進み、上智大学をちょっと越えたところに麹町共栄ビルがあり、お店はその2階です。


地図です。

DSCF8010 (480x360)
こちらの麹町共栄ビルが建て替えすることになり、1階にあった洋服屋さんも閉店し、裏にある「きよの」も2016年1月29日に閉店しています。
この界隈では一際古いビルだったからな~。

DSCF8012 (480x360)
お店の窓には閉店や感謝を伝える言葉がたくさん飾られていました。

DSCF8008 (480x360)
閉店を知らせる貼り紙によれば、「モリガンズ」は2001年4月にオープンし、15年間営業していたとのこと。
移転予定はなさそうです。

絵2

お店には階段かエレベーターで上がります。
階段をのぼる途中、こんなかわいい絵が掲げられています。
このデザインはお店の名刺にも入っています。

絵

2階の入口にある看板です。
かなり年季が入っていて、いい雰囲気。

2010_0408画像0036
営業時間はこちらです。

DSCF8009 (480x360)
お店のHP(現在は見られなくなっていました。)で確認したら、ランチ営業はやっているっぽかったのですが、ビルの前には何もなかったのでやっているかどうか不安でした。
ランチの看板はこんな風に二階の右奥に片付けられちゃってる(汗)。

入口

恐る恐る入口をのぞいて見たら、営業していました。
よかった~。
入店前、新宿通りから二階を見たら、人が入っているのが見えたので、多分大丈夫だろうとは思っていましたが、一安心。

2010_0408画像0001
入口から右手にカウンターがあります。
手前のカウンターで注文して料金を払い、ドリンクをオーダーした時には柱を越えた左隣のカウンターに移動してドリンクを受け取ります。

DSCF7986 (480x360)
ランチメニューです。
メニューは全部で16種類、お値段は650円から800円です。
ライスは大盛り無料です。

DSCF7987 (480x360)
サラダとソフトドリンクのセットは200円です。
ソフトドリンクは5種類あり、そのうち、コーヒー・紅茶・ウーロン茶がお替わり自由です。
オプションは3種類あります。

DSCF7988 (480x360)
こちらのお店のアイリッシュコテージパイが大好きで、最後のもう一度食べたいと思っていたのですが、既に売れ切れ(泣)。
ハンバーグメニューが多いお店なのに一度も食べたことがなかったので、最後に食べてみようかと思ったのですが、ちょうど厨房からレジに「ハンバーグかなり時間がかかる。」という声がかかったので、結局チリビーンズライスにしました。
先輩も同じメニューをチョイス。

DSCF7998 (480x360)
店内はウッディなインテリアです。

店内3

前回ランチ訪問したのは2010年9月10日だったので、なんと、約5年5ヶ月ぶりと、かなりのご無沙汰でした。
Oさんを一度連れてきたいとずっと思っていたのですが、結局叶わず終い。

店内2

フロアはかなり広く、色々なタイプの席が作られています。

2010_0408画像0009
12時5分頃入店したところ、半分ほどの人の入り。
一人客が多かったです。

店内1

こんなに早い時間なのに、主なメニューが品切れということは、もう閉店を見越してあまりランチの数を用意していなかったようです。

DSCF7990 (480x360)
お客さんの数は多くなかったものの、窓際の席は全て埋まっちゃっていました(泣)。
店員さんの数も少なくて、空いている席もありましたが、片付けが追いついていません。

DSCF7994 (480x360)
なので、フロア中央のスツールの席に着席。

DSCF7989 (480x360)
卓上にはカトラリーセットが置かれています。

DSCF7991 (480x360)
とっても大きい番号札をいただき、お料理が来るのを待っていました。

DSCF7995 (480x360)
スツールの席は、イスもテーブルもどうも不安定で、チビな二人にはどうにも不安で落ち着かなかったので、店員さんが窓際のテーブル席を片付けた後、勝手に移動しちゃいました。
四人用テーブルなので、二人だととっても広々としています。

卓上には、カトラリーセット、紙ナプキン、お箸、お塩、胡椒などなど。
電源もありました。

DSCF7997 (480x360)
急いで片付けたからか、何だか中途半端なままでした(汗)。

DSCF8001 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
私たちが席を変えちゃっていたので、店員さんがちょっと彷徨ってしまいました(汗)。
ごめんなさ~い。


Chili Beans Rice (650円)
DSCF8002 (480x360)
丸くて白い大きなお皿に、上にライス、下にチリビーンズが盛られています。
何だかとってもシンプルだな~と思ったら、昔はサラダ&ドリンクセットを注文していたからでした。
5年5ヶ月の間に70円値上がりしています。

DSCF8004 (480x360)
ライスの真ん中ぐらいに、ドライハーブがトッピングされていました。
ボリュームは普通です。

DSCF8003 (480x360)
チリビーンズには、たっぷりの挽肉、お豆、ジャガイモなどが入ってました。

DSCF8005 (480x360)
ジャガイモはほんのちょっとでしたが、柔らかく煮えていて美味しかったです。

DSCF8006 (480x360)
お豆が好きなので、たっぷりのお豆が嬉しかったです。
日本の甘く煮付けるお豆よりも、こういう煮込み料理の方が大好き。
美味しくたくさん食べられます。

DSCF8007 (480x360)
意外としっかり辛く、旨味もすごくあって、久しぶりに食べましたが、美味しかったです。
自分で作るとなかなかこういう風に出来ないんですよね~。
ご飯との相性も抜群で、ペロリと食べちゃいました。


最後に大好きだったコテージパイが食べられなかったのは本当に悲しかったですが、チリビーンズは相変わらずの美味しさでよかったです。
ビルの建て替えだから仕方ないですが、個性的なお店が消えていくのはとっても残念。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
[ランチ]
 アイリッシュ コテージパイ  (2007年11月20日
 ビーフ イン ギネスシチュー  (2010年4月8日
 チリビーンズライス  (2010年9月10日2016年2月22日

[ディナー] 2012年1月27日


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF7986 (480x360)

DSCF7987 (480x360)

DSCF7988 (480x360)


夜のメニューです↓
DSCF0256.jpg

DSCF0257.jpg

DSCF0258.jpg

DSCF0259.jpg

DSCF0260.jpg

DSCF0261.jpg

DSCF0262.jpg

DSCF0263.jpg

DSCF0264.jpg

DSCF0265.jpg

DSCF0266.jpg

DSCF0267.jpg

DSCF0268.jpg

DSCF0269.jpg

DSCF0270.jpg

DSCF0271.jpg

DSCF0272.jpg

DSCF0273.jpg

DSCF0274.jpg

DSCF5472_20121106231954.jpg





2016年2月22日訪問時お店DATA
********************************
Irish Pub The Morrigan’s (アイリッシュパブ ザ・モリガンズ)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町6-1-18 麹町共栄ビル2階
TEL 03-3512-2597
営業時間
[月~木]11:30~23:00
[金曜日]11:30~24:00
[土曜日]16:00~22:00
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/01 05:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる