焼鳥 Ryoma  @四谷
手持ちのデジカメを壊してしまったため、今日からしばらくiPhoneで撮影した写真をアップしています。
撮影そのものにもまだ全然慣れないし、データの取り出しとかも手順が変わるので、大したことではないはずなのに、なんとなく手間がかかるような感じがして疲れます、、、(汗)。

IMG_1455 (480x480)
2016年5月24日は、お昼になると上司が「外へ食べに行こう!」と誘ってくれました。
ちょうど一週間前の2016年5月17日に上司の大好きな「嘉賓」へ行ったので、「この日もまた行くのかな~?」と思っていたら、しんみち通りへ歩いて行ったので、一安心(笑)。
次点に好きなスパゲッティの「ながい」へ行きましたが、残念ながら満席(泣)。
さらにすぐ近くの「軍鶏一」へ行ったところ、ちょうど満席だけど食べ終えた人がいると言われ、しばらく外で立って待っていました。
待つのが大嫌いな上司は「なんか、こんな風に待っているのは馬鹿馬鹿しいな。」と言って、さらに隣にある「焼鳥 Ryoma(りょうま)」に入店。

2010_0707画像0024
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの中程の右手に第43東京ビルがあり、お店はその1階です。

第43東京ビルには飲食店がたくさん入っています。
地下1階には、
2010年12月10日2015年12月7日にランチ訪問した「魚撃」、
ランチ営業がない「鳥久」、
1階には、
この日ランチ訪問した「RYOMA」、
2013年7月2日にランチ訪問した「越後路」
2階には、
2009年6月17日2010年2月17日2010年3月17日にランチ訪問しましたが、現在はランチ営業をやっていない「ロミーナ」、
2014年7月17日にランチ訪問した「ココモ」、
3階には、
2014年5月12日2015年12月9日2015年12月11日にランチ訪問した「ドン ジョバンニ」、
ランチ営業のない「マイレ」があります。


地図です。

2010_0707画像0025
こちらは以前撮影した写真です。
しんみち通りにはランチの看板が出ています。

2007_1008画像0086
こちらも以前撮影した写真です。
前回ランチ訪問したのが2010年7月6日だったので、約5年10ヵ月ぶり、4回目の訪問になります。
かなりのご無沙汰でした。

2007_1008画像0090
こちらも以前撮影した写真です。
入口のガラス扉にこちらのステッカーが貼られています。
「Ryoma」という店名といい、このステッカーといい、お店のオーナーさんはかなりの坂本龍馬ファンのようです。

2007_1008画像0083
こちらも以前撮影した写真です。
店内は至って普通の和食屋さんらしい佇まいでやや雑然とした雰囲気ですが、お店の中の至る所に龍馬グッズがたくさん飾られています。

2007_1008画像0081
こちらも以前撮影した写真です。
入口は小さいですがお店は奥に広がっており、左側に写真のカウンター席、右側にテーブル席があり、かなり席数があります。

こちらのお店、上司も2・3回は来たことがあるはずなのに、確かにかなり久しぶりだったとは思うのですが、完璧に忘れていたようで、「えっ、俺はこの店に来たことがあった?」と言っていました(汗)。

2010_0707画像0009
こちらも以前撮影した写真です。
12時半過ぎに入店すると7割程の人の入りでした。
お客さんは背広軍団がほとんどです。

2007_1008画像0068
こちらも以前撮影した写真です。
お店の一番奥には炭火の焼き場があってもうもうと煙があがっていますが、ガラスで区切られているので煙は全く感じません。
ただし、近くに着席すると、熱は結構伝わってきます(笑)。

2007_1008画像0082
こちらも以前撮影した写真です。
店内の奥の壁には夜のメニューが書かれていました。夜もお手頃価格です。
5年物自家製すもも酒を飲んでみたい~。

IMG_1439 (480x480)
私たちは真ん中ぐらいのテーブル席に着席。
卓上にはお水の入った大きなポット、コップ、割り箸、メニュー、爪楊枝、お醤油などの調味料が置かれていました。

既に使ってしまっていたからか、コップが足りなかったので、お店の人に持って来てもらいました。

IMG_1438 (480x480)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

IMG_1441 (480x480)
ランチメニューです。

鶏の炭火焼きがウリのこちらのお店、鶏の炭火焼きが食べられるランチメニューは7種類もあり、お値段も550円から750円と、お手頃です。

「とろろ重」の写真のとろろのところに「grated yam」と書き添えてありました。
お客さんが結構インターナショナルなのかな?

IMG_1442 (480x480)
鶏の炭焼き以外のメニューも5種類あります。
お値段は500円から750円です。

ランチメニューは全品みそ汁と漬け物付きです。
ライス大盛りはプラス100円です。
プラス60円で単品(冷奴orとろろ芋or納豆)がつけられます。

IMG_1444 (480x480)
あまりにも久しぶりだったので、絶対に食べたことのなさそうなカレードリアを注文。
ドリア大好きなので、敢えてご飯少なめにはしませんでした。

IMG_1447 (480x480)
上司が牛すじカレーを注文したら、こんなボトルが出て来ました。

IMG_1448 (480x480)
カレーホットという、ハウス食品の業務用の辛味調味料です。
初めて見ました。

IMG_1450 (480x480)
カレーの上司とドリアの私には、ナプキンで包んだスプーンが出て来ます。


タマチキン定食 ご飯少なめ?  (650円)
IMG_1451 (480x480)
Oさんと先輩はこちらを注文。
メイン、漬け物、みそ汁、ご飯のセットです。

IMG_1452 (480x480)
Oさんも先輩も私も、「タマチキン」って何だろうと思っていたのですが、「タマ」は「タマ」ネギでした!
私はてっきり「タマ」ゴだと思っていたのですが(笑)。
たっぷりのタマネギが美味しそう。


カレードリア  (750円)
IMG_1455 (480x480)
メイン、漬け物、おみそ汁のセットです。

IMG_1449 (480x480)
漬け物は紫色に染まったキュウリです。
注文を終えるとすぐに出て来ました。
ドリアとの付け合わせというのが何とも不思議です(笑)。

IMG_1456 (480x480)
お味噌汁とドリアという組み合わせも面白い(笑)。

IMG_1460 (480x480)
ダシは薄めでしたが、お豆腐とワカメはたっぷり入っていました。

IMG_1453 (480x480)
カレードリアは、白いオーバル型のお皿に縁ギリギリまで盛ってあります。
焼き立て熱々です。

IMG_1454 (480x480)
チーズがたっぷりで、とっても美味しそうな焦げ目です。

IMG_1457 (480x480)
カレーは上司の牛すじカレーと同じでしょうか?
食べやすいさらっとした感じの味わいでした。
写真には写っていませんが、ごろっとしたお肉も幾つか入っています。

IMG_1459 (480x480)
チーズは量が多いだけでなく、しっかりチーズの味がしたのでとっても美味しかった~。

IMG_1458 (480x480)
途中でカレーホットをかけてみたのですが、結構しっかりと辛かったです。
とてもいいアクセントになりました。
上司、結構ガバガバかけていたけど、大丈夫だったのかな?


カレーとチーズという間違いない美味しい組み合わせで、ご飯もたっぷりだったのでお腹いっぱいで大満足でした。
次回は炭のいい香りがするチキンを久しぶりに食べたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 ピリ辛丼 (2008年10月6日
 トマトソース定食 (2009年10月29日
 みぞれ定食 (2010年7月6日
 カレードリア (2016年5月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
IMG_1441 (480x480)

IMG_1442 (480x480)

IMG_1445 (480x480)

IMG_1446 (480x480)





2016年5月24日訪問時お店DATA
****************************
焼鳥 Ryoma  (りょうま)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-7-27 第43東京ビル1階
Tel&Fax 03-3356-2506
営業時間 *ランチは午後4時まで 
[平日]  11:30~23:30(L.O.22:30)
[土日祝] 11:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/31 06:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
Taco Derio!  @市ヶ谷
週末はとても良いお天気でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか?
私は二日とも食事会にお呼ばれして、美味しかった&嬉しかったものの、体重がかなり厳しい状況です(泣)。
今日は朝から雨ですが、新しい一週間、がんばりま~す☆

DSCF3741 (480x360)
2016年5月23日は週の最初の月曜日。
午前中の仕事がおしてしまい、午後も早くから予定がありましたが、上司から特に指示もなかったので、承諾なく、お弁当を買っちゃうことにしました(笑)。
市ヶ谷方面に歩いて行くと、No.R五番町というビルの前に、移動販売の「Taco Derio!(たこでりお)」が来ているのを発見。
時間もなかったのでそこで買う事にしました。

DSCF1534 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点を左折します。
最初の曲がり角のところにNo.R五番町というビルがあり、その前に車が停まっていました。


地図です。
この会社の入っているビルの前に車が来ています。

DSCF1530 (480x360)
タコデリオ!」は、株式会社サンズが展開する「元気になるフード」を提供するタコス・タコライスチェーンで、路面店やカフェ、移動販売があるそうです。
1999年にキッチンカーから始まったこちらのお店は、完全無農薬で栽培された玄米を使い、全て手作りでお料理を提供するとのこと。

2016年4月4日に久しぶりにやって来て、「出来れば毎週来ます!」と復活宣言していた「クルージンダイナー」は、「タコデリオ!」と場所が同じだったせいか、その後、来ていないような気がします。

DSCF3718 (480x360)
車の横には小さな看板が出ていました。

前回購入したのは2016年4月25日だったので、約1ヶ月ぶり、2回目です。

DSCF1532 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
12時15分頃に到着したところ、先客は2名。
後客はゼロでした。

若い男性店員さんが一人で切り盛りしています。

DSCF3719 (480x360)
お料理はほとんど同じだと思いますが、ちょっと構成が変わったようです。
学割が出来ていました。
前回もあまりシステムがよくわかっていなかったのに、さらに変わっちゃっていました(汗)。

DSCF3720 (480x360)
タコスが3種類、タコライスが2種類、ナチョスがあり、その組み合わせによってお値段が変わります。

上司の分も併せて購入しました。

DSCF1535 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋で、、、

DSCF1538 (480x360)
鮮やかなオレンジ色で、お店のロゴが入っていました。

DSCF3723 (480x360)
中から取り出すとこんな感じです。
こちらは上司のために買ったタコライス+ナチョス。

DSCF3724 (480x360)
私の分はこちら。

実は、オーダーの時、ミートタコスを見ながら「ミートタコス、、、じゃなくてミートタコライスを2つ。ナチョスつけて下さい。」と言ったような気がするのですが、結果的にミートタコス1つとタコライス1つとナチョス1つでした(汗)。
値段の合計が暗算とは違ったので変だなとは思っていたのですが。。。
すぐ近くなのでもう一回買いに行こうかとも思ったのですが、時間がなかったし、ダイエットしなければいけない状況なのでこのままに。

DSCF3727 (480x360)
タコスは白い紙袋に入れてあります。

この写真が暗く写っているのは、カメラのせいです。
実は前日にキッチンに置いておいたら、調味料をこぼしてしまい、何故か暗く写るようになっちゃいました(汗)。
設定を変えて、何とか撮影にチャレンジ。

DSCF1542 (480x360)
ホットソースの容器は、小さなプラスチック製で、フタは透明、下は白でした。


ミートタコス  (400円)
DSCF3740 (480x360)
いただきま~す!

中を見てみると、タコス、小さっ!!
ま、400円だしな~。

DSCF1545 (480x360)
ホットソースです。
お好みでいただくことが出来ます。
辛い味付けが大好きな私はもちろん、いただいちゃいました。

DSCF3741 (480x360)
ミートタコスは、ひき肉と卵をちょっぴりスパイシーに味付けし、トマトとサワークリームのハーモニーが絶妙とのこと。
タコスの中をのぞくと、キャベツの千切りがたっぷり。

DSCF3742 (480x360)
奥の方にはお肉も入っていました。
具の味付けは美味しいですが、いつも「サルサカバナ」で焼き立ての美味しいタコスを食べているせいか、タコスの生地にあまり旨みを感じなかったのが残念。
食べるまでに少し時間がかかったので、ちょっと水分を吸ってしまって柔らかくなったというのもあるのですが。

DSCF3743 (480x360)
なのでちょっと味わいを変えたいと思い、ホットソースを全部かけちゃいました。 

DSCF3745 (480x360)
量が多すぎたようで、食べたらこんなにこぼれてしまい、大変なことに(汗)。
さすがにちょっと辛すぎました。

DSCF3751 (480x360)
お店のスタンプカードです。
タコスはお値段がお安いですが、2つ押させてくれました。

DSCF3746 (480x360)
ランチのボリュームが少なかったので、冷凍庫の中にずっと放置プレイだったアイスを食べることに。

DSCF3747 (480x360)
でも、カロリー的にはこのアイスを食べずにちゃんとお弁当を食べた方が少なかったような気がします(笑)。


注文間違えしてしまったのは、とっても残念。
それを除いても、自分の好みとしては、タコスよりタコライスの方が断然いいなと思いました。

カメラが動いたのはこの日までで、残念ながら、次の日からフォーカスエラーという表示が出て、シャッターが切れなくなってしまいました(泣)。



このビルの前の通りに来ています。


2016年5月23日購入時お店DATA
*******************************
Taco Derio! (たこでりお)
移動販売 
〒102-0084
東京都千代田区五番町10-7 No.R五番町前
営業日 月曜日
営業時間 お昼前後(売り切れ次第終了)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/30 06:00】 | メキシコ | トラックバック(0) | コメント(2) |
畔 -Aze-  @四谷三丁目
天気予報が外れ、雨は早く上がりましたね~。
ツイテル先輩、昨日は一番雨が酷いj時間帯での出勤でした(笑)。
楽しい休日を☆

DSCF3397 (480x360)
2016年5月21日は、2016年上半期初めての「妻家房」でのキムチ教室でした。
教室が始まる前にいつも楽しみにしているこの界隈のラーメン屋さん巡り、この日は新店の「畔 -Aze-(あぜ)」へ。

DSCF3388 (480x360)
最寄りは丸の内線新宿御苑駅です。
でも、四谷三丁目駅からも充分歩ける距離なので、本当は最初に違うお店に行こうと思っていたのですが、ちょっと時間があったので、「畔」に来てみました。
新宿通りを四谷三丁目方面に進み、四谷四丁目交差点を左折します。
緩やかな坂をしばらく下りて行くと、左手にダイアパレス御苑前があり、お店はその一階です。


地図です。

DSCF3389 (480x360)
「畔」は2016年3月14日にオープンしたそうです。
有名ラーメンブロガーのいけ麺さんの記事でそのことを知り、来てみました。

この場所には、2015年3月3日にオープンした「ラーメン力 東風」があり、2015年9月5日にランチ訪問しましたが、2015年9月19日に閉店しました。

さらにその前には「ラーメン むろや」があり、2007年9月1日にランチ訪問しましたが、2013年12月23日に閉店したそうです。

DSCF3391 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、右に厨房があり、L字のカウンターになっています。
シンプルで木目の多い内装は、「東風」のほぼ居抜きでは?

DSCF3392 (480x360)
午後1時過ぎに入店したところ、先客1名、後客ゼロでした。

DSCF3393 (480x360)
男性の店主さんが一人で切り盛りしています。

DSCF3394 (480x360)
私は入口近くの席に着席。
卓上には割り箸、爪楊枝、各種調味料が置かれています。

DSCF3396 (480x360)
お水のコップは入口近くにまとめて置いてあります。
アナウンスはありませんでした。

DSCF3395 (480x360)
カウンターの上にお水の入ったポットが置かれているので、セルフで入れます。

DSCF3390 (480x360)
メニューです。
醤油も塩も味噌もある、、、(汗)。
特に下調べをしていなくて、どれがウリなのか、人気なのかわからなかったので、一番最初に書いてある醤油ラーメンを注文。


醤油ラーメン  (700円)
DSCF3397 (480x360)
しばし待って、ラーメンが登場!

DSCF3398 (480x360)
真っ白いレンゲがのっけてありました。

DSCF3399 (480x360)
海苔は大きな長方形のものが1枚。
ほぼ真ん中にのっけてあって、他の具を隠しちゃってる~。

DSCF3401 (480x360)
海苔をどけると、長ネギがトッピングされています。

DSCF3400 (480x360)
チャーシューはスープに沈んでいました。

DSCF3402 (480x360)
まずはスープを一口。
クセもなく、とってもあっさりとしていて、私的にはパンチが弱かったですが、飲みやすいです。

DSCF3403 (480x360)
麺は黄色みがかった細麺で、ほぼストレート。
ボリュームは普通です。

DSCF3404 (480x360)
メンマは下味は薄めでした。

DSCF3405 (480x360)
チャーシューは豚バラで酒家。
脂の部分はトロトロで、赤身の部分は程よい歯応えで、こちらも薄めな味付けでした。

DSCF3406 (480x360)
帰りがけ、2014年9月6日にランチ訪問した「八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店」がリニューアルし、土曜日の昼間の永ぎゅは屋らに用になっていました。


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のお店です↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  【閉店】ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  【閉店】らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  【業態変更】太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日2014年6月21日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  【閉店】そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日
40  Ramen TOKI (2015年6月20日
41  横浜家系らーめん たけ家  (2015年7月4日
42  【閉店】ラーメン力 東風  (2015年9月5日
43  鯛塩そば 灯花 (2015年11月7日) 
44  ハナウタ。 (2016年1月23日
45  にぼっしー中華そば家 (2016年2月6日
46  麺屋西川 (2016年3月5日) 
47  畔 -Aze- (2016年5月21日

◎ラーメン以外

 1  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 2  キッチン たか (2013年6月15日
 3  大阪鮨 四谷 八竹 (2014年7月5日
 4  なか卯 四谷三丁目店 (2014年11月1日
 5  とんちゃん 四谷店  (2015年1月17日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年5月21日訪問時DATA
******************************
畔 -Aze- (あぜ)
〒160-0004
東京都新宿区四谷4-25-10 ダイアパレス御苑前1階
電話番号 不明
営業時間  
[昼] 11:30~15:00 
[夜] 17:30~20:00
定休日 日曜日
丸の内線新宿御苑駅から徒歩5分
丸の内線四谷三丁目駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/28 00:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(0) |
【閉店】~かあちゃんのレシピ~ ほっこり  @四谷
2017年4月25日追記

「ほっこり」は,2016年12月までには閉店したようです。

IMG_4073 (480x480)
その後,「Wines by california Neuf(ぬふ)」が2016年12月9日にオープンし,2017年4月18日にランチ訪問しました

*******************************

昨日はデジカメが壊れたことがショックですっかり忘れていましたが、五番町の「祭り屋」の跡地に「成城石井」がオープンしました。
先輩が覚えていてくれたので、初日にお弁当を買いに行く事が出来ました~。
雨がしっかりと降ってお天気はイマイチですが、みなさま、楽しい週末を☆

DSCF3355 (480x360)
2016年5月20日は週の最後の金曜日。
お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
新店巡りをしようと思い、幾つかの候補の中から、「~かあちゃんのレシピ~ ほっこり」へ行ってみることに。

DSCF3373 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、かなり奥まで進んだ右手に岩井第一ビルがあり、お店はその2階です。


地図です。
グーグルマップではまだ前のお店の情報のままでした。

DSCF3374 (480x360)
ビルの入口です。
左には2013年1月18日にランチ訪問した「炭火焼干物食堂 越後屋 五郎兵衛」が、右には2011年1月27日にランチ訪問した「旭川らあめん こもり 四谷店」があります。

DSCF3377 (480x360)
「ほっこり」は、「スタッフのかあちゃんたちよりレシピを取り寄せ、“リアルな家庭の味”を再現」しているお料理を提供し、2016年3月22日にオープンしました。

DSCF3378 (480x360)
こちらが夜のメニューです。

この場所には以前「おでん やきとり 克」というお店があり、2014年6月23日にランチ訪問しましたが、2014年9月頃までには閉店。
その後、テイクアウトも出来るタコスのお店が出来ましたが、買いに行く機会をうかがっているうちに閉店してしまいました。

DSCF3376 (480x360)
いったんランチ営業をやめていた時期があったようで、2016年5月9日から再開されたとのこと。

DSCF3375 (480x360)
しんみち通りには小さなランチの看板が出ています。

DSCF3379 (480x360)
こちらは帰りがけに撮った写真です。
二つしかないメニューのうち、一つは完売してました。

DSCF3372 (480x360)
お店は二階なので、細くて急な階段を上がっていきます。

DSCF3342 (480x360)
12時15分頃に入店すると、先客は私たちの直前に入店した女性二人組のみ。
後客はゼロでした。

DSCF3343 (480x360)
フロアは右に厨房、その前にカウンター、左にテーブル席が並んでいます。

おばさまと若い女性のお二人で切り盛りしていました。

DSCF3344 (480x360)
記憶がはっきりしませんが、造りは以前と変わらない気がします。
白を基調とした色合いなので、とっても明るいです。

DSCF3346 (480x360)
一番奥には窓があります。
景色は見えなさそうですが、どんな感じなんだろうなぁ?

DSCF3340 (480x360)
奥の壁にはハンガーがかかっています。

DSCF3341 (480x360)
入り口から左手にお手洗いがありました。

DSCF3337 (480x360)
私たちは真ん中ぐらいのテーブルに着席。

DSCF3339 (480x360)
卓上にはメニューと爪楊枝とお醤油だけが置かれていました。

DSCF3347 (480x360)
着席するとおしぼりとお水をいただきます。
おしぼりは手渡しです。

DSCF3348 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF3338 (480x360)
ランチメニューは2種類のみで、どちらも850円です。

冷しゃぶの卵黄ダレが珍しいと思い、ご飯少なめで注文。
思うことは同じなのか、この時いた4人全員同じでした(笑)。

DSCF3349 (480x360)
しばし待って、お料理が登場~。

DSCF3352 (480x360)
お味噌汁はフタ付きです。

DSCF3353 (480x360)
いただきま~す!


冷しゃぶ定食 卵黄ダレ ご飯少なめ  (850円)
DSCF3355 (480x360)
メイン、副菜、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF3356 (480x360)
ご飯は少なめをお願いしました。
写真ではわかりにくいですが、少なめでも結構なボリューム。
隣の女性二人組は普通盛りだったので、食べ切るのに苦戦していました(笑)。

DSCF3361 (480x360)
お味噌汁には具に油揚げとワカメが入っています。

DSCF3365 (480x360)
お新香はキュウリの漬物でした。
ニンジンや昆布?も入っています。
手作りかな?

DSCF3362 (480x360)
副菜は冷や奴でした。
ネギと鰹節がかけてあります。

DSCF3367 (480x360)
卓上のお醤油をかけていただきました。

DSCF3369 (480x360)
器のそれぞれの下の部分には、こちらの滑り止めが敷いてあります。
全く動かなくて、とっても便利。
こういう配慮は初めて見ました。
アイデアですね~。

DSCF3357 (480x360)
冷しゃぶは黒っぽい器に盛られています。
たっぷりの葉野菜を下にひき、真ん中に冷しゃぶをのせてあり、細長く切った長芋を散らしてありました。

DSCF3368 (480x360)
冷しゃぶを食べたのはけっこう久しぶり。

DSCF3359 (480x360)
長芋は食感がアクセントになってとってもよかったです。

DSCF3358 (480x360)
お肉はとっても柔らかでした。
卵黄ダレはポン酢と違って酸味がない分、タレが濃い部分にあたるとちょっとしょっぱさを感じましたが、ご飯を食べ進めるためにはこれぐらいでよかったかも。
卵黄の濃い旨味が美味しかったです。


卵黄ダレや食器の滑り止めなど、アイデアが面白くてご飯もボリュームたっぷりで満足でした。
この場所はなかなか集客が大変そうですが、頑張って欲しいです。





2016年5月20日訪問時お店DATA
****************************
~かあちゃんのレシピ~ ほっこり 
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-20 岩井第一ビル2階
電話 03-3359-0747
営業時間
[昼] 11:00~14:30(L.O.14:00) 
[夜] 17:00~23:00(フードL.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
定休日 土・日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/27 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
飲茶・上海料理 姜太公 四谷店  @四谷
先日料理中に合わせ調味料をひっくり返してしまい、デジカメが浸水(汗)。
あちこち拭いて、その時は動いたのですが、2日後からフォーカスエラーが出てしまって動かない。。。
修理に出そうか、買い換えようか、かなり悩んでいます。。。(泣)。

DSCF3317 (480x360)
2016年5月19日のランチは、お昼に上司に声をかけたら、「外へ食べに行こう。」と誘ってくれました。
わずか二日前の2016年5月17日に「嘉賓」に行ったばかりだったので、「以前もあった週2回訪問か?」と戦々恐々としていたら、しんみち通りに入っていったので一安心(笑)。
向かった先は、中華好きの上司らしく、「飲茶・上海料理 姜太公(じゃんたいこう) 四谷店」でした。

DSCF8879 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、中程の右手にあります。

以前は真っ赤な大きな壁に店名が金の文字が描かれたど派手で華美な店構えでしたが、2013年7月頃に改装しました。
壁は金色ではありますが、以前に比べれば落ち着いた感じかも?

この場所には以前、2009年8月6日に訪問した「大湊」というお店がありましたが、2010年前半頃に閉店し、2010年7月8日に「姜太公」がオープンしました。


地図です。

DSCF8880 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お店の前にはランチメニューの看板が2つ出ていました。

DSCF8875 (480x360)
12時半頃に入店すると、1階は満席で、2階に通されました。
フロアはそれ程広くなく、手前側にテーブルが並んでいます。

DSCF8876 (480x360)
壁にはドリンクや夜のメニューなどがたくさん貼ってあります。

前回ランチ訪問したのは2014年7月30日だったので、約1年10ヶ月ぶりと、かなりのご無沙汰でした。

DSCF8851 (480x360)
お店は2階席もあります。
左奥の階段を上って行きます。

DSCF3313 (480x360)
2階のフロアは1階よりも広々としています。
7割程埋まっていました。

こちらのお店、上司と1・2回来たことがあるのに、全く覚えていなかったようで、「ここ、初めてだよな?」と言っていて、こちらがビックリしちゃいます(汗)。

DSCF3314 (480x360)
壁にはメニューがたくさん貼り出されています。
上海ザリガニ料理が美味しそう。

「姜太公」は2008年8月22日にディナー訪問2009年5月14日にお弁当デリバリ2009年8月21日にランチ訪問をした「アーバンチャイナ 福翔飯店」の姉妹店で、曙橋にも支店があります。
ただ、時期は不明(2012年頃?)ですが、「福翔飯店」は閉店しています。

DSCF3306 (480x360)
卓上には紙ナプキン、爪楊枝、灰皿、各種調味料などが置かれています。

DSCF3312 (480x360)
ヤマサの丸大豆醤油のペットタイプ、初めて見ました。
公式HPによれば、2016年1月21日から販売された業務用とのこと。
良いお醤油を置いていますね~。

写真には写っていませんが、中国香酢も置いてあったのですが、黒いのに「vinegar」と書いてあったので、上司が「醤油ってビネガーだったか?」とおとぼけなことを言っていました(笑)。

DSCF3315 (480x360)
店員さんからお水をいただき、メニューを検討。

DSCF3308 (480x360)
メニューは週替わりのサービスランチ2種類、定番メニューが23種類、合計25種類があります。
中華料理屋さんらしく、定食と麺があって、とってもメニューが豊富です。
お値段は720円~1,580円と幅があります。

全てのメニューには漬物とデザートがついていて、定食とご飯類はご飯を一回お替わりすることができ、麺類には小ライスを無料でサービスされます。

DSCF3305 (480x360)
この週のサービスランチはこちら。
冷やし中華が大好きな上司はBを注文。
海鮮入り冷やし中華って珍しい~。

写真を撮り忘れましたが、季節メニューとして、普通の冷やし中華も壁に貼り出してありました。

DSCF8849 (480x360)
私は既食メニューをチェックしながら、まだ食べたことのない辛いメニューとして担々麺をチョイス。


パーコー炒飯  (950円)
DSCF3328 (480x360)
Oさんが注文したパーコー炒飯です。
メイン、スープ、漬物、デザートのセットです。

DSCF3329 (480x360)
パーコーと炒飯って、意外とありそうでなかった組み合わせでは?
ボリュームガッツリで間違いなく美味しそうだけど、とってもハイカロリーな一品です。


冷やし中華  (???円)
DSCF3333 (480x360)
先輩が注文した冷やし中華です。
メイン、スープのセットです。
汁無し麺だと、スープがついているようです。

実は先輩、上司と同じく海鮮入り冷やし中華を食べたくて、注文の時に「海鮮入り冷やし中華の単品はないですか?」と聞いたところ、店員さんは壁に貼られた普通の冷やし中華を指さして「ありますよ。」と答えていたので、あんまり通じていないんじゃないかな~と思ったのですが、やっぱり通じていませんでした(笑)。

DSCF3334 (480x360)
でも、出て来た冷やし中華を見てビックリ!!
鶏肉とチャーシューなど、大ぶりにカットされた具がたっぷりですごいボリューム。
出てくるのに少し時間がかかったし、注文間違いではありましたが、味付けがあまり甘くなくて美味しくて、先輩としては大満足だったとのことです。


担々麺  (810円)
DSCF3317 (480x360)
メイン、漬物、デザートのセットです。
大きな黒い長方形のお盆にのせられていました。

DSCF3318 (480x360)
お箸は黒い洗い箸で、和風な箸袋に入ってました。
レンゲも一緒についています。

DSCF3319 (480x360)
漬物は、中華料理屋さんの定番、ザーサイです。
丸い小皿に盛られていますが、量は少し。
個人的にはそれ程必要ないかも。

DSCF3324 (480x360)
担々麺は、大きな白い丼に入っていました。
スープがたっぷり。

DSCF3325 (480x360)
真ん中に、斜め切りした長ネギがたっぷりトッピングしてありました。

DSCF3326 (480x360)
ネギに隠れちゃっていますが、小松菜?でしょうか、青菜もたっぷり。
とても茎が太くて、食べているととても存在感がありました。

DSCF3327 (480x360)
スープはやや暗めの赤で油が少し浮いていて、白胡麻が散らしてあります。

DSCF3332 (480x360)
まずはスープを一口。
やや塩気が強かったですが、旨味がしっかりしていて濃い味わい。
辛さもピリ辛ですが、食べていると身体がかなり熱くなりました。

DSCF3330 (480x360)
麺は黄色がかったやや平たい中細麺です。
量は普通です。

DSCF3322 (480x360)
デザートは中華屋さんの定番、杏仁豆腐です。

DSCF3335 (480x360)
量はとても少なく、液体に近い柔らかめ。
でも、とっても甘かったので、私にはこれで充分でした。

DSCF8878 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じ。


担々麺はシャキシャキした青菜の歯応えがよく、しっかりした旨味で美味しかったです。
具沢山な冷やし中華も魅力的で、こちらのお店はちょっとひと味違う中華が食べられるのが楽しいです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ これまで食べたランチです↓ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

激辛八宝麺  (2010年7月20日
小籠包・スープワンタンセット  (2010年10月20日) 
フカヒレラーメン  (2014年7月30日
担々麺  (2016年5月19日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


ランチメニューです↓
DSCF3308 (480x360)

DSCF3309 (480x360)

DSCF8849 (480x360)

DSCF3311 (480x360)

DSCF3305 (480x360)





2016年5月19日訪問時お店DATA
******************************
飲茶・上海料理 姜太公 四谷店 (じゃんたいこう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-7
Tel&Fax:03-3351-1030
営業時間
[月~土] 11:30~14:30、17:00~04:00(L.O.03:00)
[日曜日] 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 なし
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/26 07:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(4) |
産直鮮魚と新鮮野菜 四ッ谷 魚一商店  @四谷

今日は嬉しい給料日☆
でも、夏休みに向けて、散財しないようにしないと!(笑)

DSCF3283 (480x360)
2016年5月18日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
前回同じような時は私の希望で「斑鳩」に行かせてもらったので、今回は先輩の希望で生ものが食べたいと言うことで、「産直鮮魚と新鮮野菜 四ッ谷 魚一商店(うおいちしょうてん)」へ行くことに。

DSCF9056_20130710062947.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りへ入り、2つ目ぐらいの左手にM&Mビルがあり、お店はその1階と2階です。


地図です。

DSCF9057_20130710062950.jpg
「魚一商店」は、平成5年3月に設立された、千葉県柏市に本店のある株式会社洋伸が運営する産直鮮魚居酒屋で、千葉県と都内に7店舗を展開しているそうです。

四ッ谷店は2013年3月25日にオープンし、同年6月頃からランチ営業が始まりました。

DSCF9049_20130710063006.jpg
この場所には以前、老舗天ぷら店の「若水」があり、天ぷら好きの上司がたまに通っていましたが、店主さんの引退により、2012年11月末に閉店しています。

DSCF9051_20130710063011.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店の前にはとても大きなランチメニューの看板が2つ並んでいました。
写真がとても大きくて見やすくてわかりやすいです。
日替わりメニューは小さなホワイトボードに書かれていて、入店する前に内容がわかります。

DSCF9054_20130710062945.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
営業時間と席数はこちら。
座席については、1階と2階、種類なども詳しく書かれていました。
幹事さんにはありがたい?!

12時15分頃?にお店に到着すると、いつもはピークタイムは結構並んでいるのに、この日は先客は二人ぐらい。
相変わらず作業が追いつかないようで、10人ぐらいお客さんが出て行ったのに、入れるまで少し待ちました。

DSCF3262 (480x360)
こんな札がつけてありました。
高知のお魚が結構来ているんでしょうか。

DSCF9097_20130710062613.jpg
店内はシンプルですが明るい内装です。
1階には左手に厨房、その前にカウンター、右手にテーブル席があります。
こちらはカウンター席です。

DSCF2049 (480x360)
店内には大きな生簀がありました。

DSCF2050 (480x360)
イカが驚くので、生簀を叩いてはいけないとのアナウンスが。
ついつい、やりたくなっちゃうのを、我慢(笑)。

前回ランチ訪問したのは2014年8月18日だったので、約1年9ヶ月ぶり、5回目です。
混んでいて入りにくいということも有り、ずいぶんご無沙汰でした。

DSCF2048 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
2階はこんな感じです。
大きく仕切りが入っていて、テーブル席がたくさん並んでいます。
廊下から少し小上がりになっていますが、土足のまま入って大丈夫でした。
ただ、右奥の方には靴箱が置いてあったので、脱いで上がる席もあるようです。
通路や階段はかなり細いので、すれ違うのもちょっと大変です。

DSCF1979 (480x360)
壁には魚の写真がたくさん飾ってありました。

DSCF0089 (480x360)
この日は、入口すぐそばのカウンター席に並んで着席。

DSCF0090 (480x360)
カウンター席に座るのは初めて。
厨房の奥に焼き場があり、炎をあげながら焼き物をしているのが見えました。

DSCF0091 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
卓上にはメニュー、各種調味料、ソース、爪楊枝、紙ナプキン、自家製ふりかけなどが置いてあります。

DSCF3275 (480x360)
お箸は洗い箸で、引き出しの中に入っていました。

DSCF1980 (480x360)
お醤油に店名が冠されています。

DSCF9094_20130710062646.jpg
自家製ふりかけもあります。

DSCF9095_20130710062649.jpg
いつもご飯少なめにしているので、結局まだ食べたことがありません。

DSCF1985 (480x360)
席によって、呼び出しボタンが置かれているところもあります。

DSCF3273 (480x360)
この時期のオススメメニューもありました。

DSCF3271 (480x360)
着席すると紙おしぼりとお茶をいただきます。

DSCF3264 (480x360)
ランチメニューは定番が11種類、お値段が税込み700円から1,200円とかなり幅広いです。
ご飯の量は小盛り(150g)、並盛り(250g)、大盛り(350g)の3段階から選べます。
ご飯と味噌汁はおかわり無料です。
プラス100円で味噌汁をあら汁に変更可能です。
ご飯のお供の単品が3種類ありました。
ランチビールもノンアルコールビールもチョイスが出来ます。

DSCF3263 (480x360)
この日の日替わりです。
8種類あり、税込950円から1,200円です。

先輩は、生ものを食べるつもりで来たはずなのに、限定メニューに心を奪われ、ドンコの煮付けをチョイス(笑)。

DSCF0083 (480x360)
こちらのお店のクーポンです。

私も軽めに食べなきゃな~と思いつつ、マグロ特大カマ定食に心惹かれ、限定5食のところ、まだあるかどうか聞いちゃいました(笑)。
ちなみに、こちらはクーポンの利用が出来ないそうです。
まだ残っていたので、ご飯少なめで注文しました。


本日の日替わり 限定3食 沼津直送 ドンコの煮付け 小盛  (1,150円)  
DSCF3280 (480x360)
先輩が注文したドンコの煮付けです。
メイン、お刺身、小鉢、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。
先輩、当初の生もの食べたいという願いはかろうじて果たされました(笑)。

DSCF3282 (480x360)
ドンコを丸のまま見たのって初めてかも。
とっても美味しかったそうです。


食べている途中、店員さんが厨房にオーダーを伝えた時、「ネギトロ丼、ネギ抜きで!」というのが聞こえてきました。
それを聞いた私たちの隣の人が、「それじゃ、ネギトロ丼じゃないじゃん!」と突っ込んでいました(笑)。
ネギは嫌いだけど、中落ちが大好きなんですね~。


限定5食 マグロ特大カマ定食 小盛  (1,200円)  
DSCF3283 (480x360)
こちらのお店は注文してからお料理が出てくるまで結構時間がかかることが多いですが、この日は4・5分ぐらいでお料理が登場!

メイン、お刺身、小鉢、お新香、お味噌汁、ご飯のセットです。
黒い大きな長方形のお盆にのせられていました。
と~っても豪華☆

DSCF3301 (480x360)
カマだからでしょうか、私の方だけ、おしぼりが添えられていました。

DSCF3290 (480x360)
ご飯は白いお茶碗に盛られています。

DSCF3292 (480x360)
写真には取り忘れましたが、小盛りでお願いしたのに、何故か大盛りになっていてビックリ。
すぐに減らしてもらいました。

DSCF3300 (480x360)
確かに伝票も大盛りになってる。。。(笑)。

DSCF3285 (480x360)
お味噌汁です。
具は細切りのお揚げとダイコン?が入っていました。

「魚一商店」のお味噌汁は独特のコクがあり、とっても美味しいです。
何の味わいだか、味音痴の私にはわからないのが、残念(汗)。

DSCF3288 (480x360)
お新香は黒い小さな四角い器に入っています。
この日はタクアンの薄切りでした。

DSCF3289 (480x360)
小鉢はお新香と同じサイズで色違いの器に入っています。
この日はヒジキの煮物でした。

DSCF3293 (480x360)
お刺身は3種類あり、小さめの四角い黒いお皿に、玉子焼きと一緒に盛りつけてありました。
薬味にツマと大葉とワサビが添えられています。

DSCF3294 (480x360)
玉子焼きは小さなサイズのカットです。
少し甘めな味つけでした。

DSCF3295 (480x360)
お刺身に冠するアナウンスは特にないので、何の種類かはよくわかりません(汗)。
右からマグロ、サーモン、白身かな?
こちらのお店のお刺身はいつも甘みがあって、美味しいです。
特にこの日はマグロが端っこだったのか、かなり厚めでたっぷり食べられました。
ラッキー♪

DSCF3296 (480x360)
メインのマグロ特大カマは、白い長方形の器に盛られていました。
かなりの大きさで、骨込みですがなんと600gもあるとのこと。

DSCF3299 (480x360)
たっぷりの大根おろしとぶ厚いレモンのくし切りが添えられています。
大根おろしにあらかじめ醤油をかけて、レモンは最初に全体に搾ってからいただきました。
大根おろし、水分はしっかりと切ってありましたが、旨味はイマイチだったのが残念。

DSCF3297 (480x360)
カマにはタレのようなものがかかっていましたが、身が厚いので味付けは淡かったです。
たっぷりの身は柔らかで、脂がよくのっています。
でも、端っこの方を囓ったら、ウロコがザクザク入っていて、ちょっとビックリ。
お行儀悪いですが、さすがに吐き出しちゃいました(汗)。

DSCF3302 (480x360)
美味しく完食!


ご飯少なめにしたのに、たっぷりのボリュームでお腹いっぱいでした。
お魚でこれだけ満足できるのはすごいです。
次回はまだ食べたことのないフライ系を食べてみたいなぁ。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

【定番】
鮪アゴ・カマ肉備長炭炭火焼定食 (2013年6月17日
沼津直送、特大真サバの開き備長炭炭火焼定食  (2013年8月16日
天然地魚 魚一丼 (2014年4月7日
マグロ特大カマ定食 (2016年5月18日

【本日の日替わり】
外洋産マグロのカマヒレ焼き (2014年8月18日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニュー(本日の日替わり)です↓
DSCF3263 (480x360)


ランチメニュー(定番)です↓
DSCF3264 (480x360)

DSCF3266 (480x360)

DSCF3267 (480x360)

DSCF3268 (480x360)

DSCF3269 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF3276 (480x360)

DSCF3277 (480x360)

DSCF9064_20130710062931.jpg

DSCF9065_20130710062859.jpg

DSCF9066_20130710062901.jpg

DSCF9067_20130710062903.jpg

DSCF9068_20130710062906.jpg

DSCF9069_20130710062909.jpg

DSCF9070_20130710062832.jpg

DSCF9071_20130710062834.jpg

DSCF9072_20130710062837.jpg

DSCF9073_20130710062839.jpg

DSCF9074.jpg

DSCF9075_20130710062807.jpg

DSCF9076_20130710062809.jpg

DSCF9077.jpg

DSCF9078_20130710062814.jpg

DSCF9079_20130710062817.jpg

DSCF9080_20130710062744.jpg

DSCF9081_20130710062746.jpg

DSCF9082_20130710062748.jpg

DSCF9083_20130710062751.jpg

DSCF9084_20130710062753.jpg

DSCF9085_20130710062721.jpg

DSCF9086_20130710062723.jpg

DSCF9087.jpg

DSCF9088.jpg

DSCF3273 (480x360)

DSCF3272 (480x360)

DSCF3274 (480x360)





2016年5月18日訪問時お店DATA
***********************************
産直鮮魚と新鮮野菜 四ッ谷 魚一商店 (うおいちしょうてん)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 M&Mビル1階・2階 
TEL 03-5312-8255
定休日 なし
営業時間 
[平日] 11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~23:30(L.O.23:00) 
[土日祝] 17:00~23:30(L.O.23:00) 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/25 07:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
つい先日、新しい革靴を買いました。
いつも買っているブランドのシリーズでしたが、少しずつ型が変わっているようで、右足の甲がちょっとあたります。
それ程きつい訳でもないし、そのうち皮がのびてくれるだろうと、無理してはかないようにしていますが、こうやって体験してみると、自分の両足の大きさって違うんだなぁと実感できました(笑)。

DSCF3245 (480x360)
2016年5月17日は、上司から「外へ食べに出よう。」と声をかけられました。
向かった先は、もちろん、大のお気に入りの「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です(汗)。

DSCF8693 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめていました。その後、2014年後半頃?からまたランチ営業を始めたようですが、再び休業しています。


地図はこんな感じです。

DSCF3260 (480x360)
この日のメニューです。
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF6747 (480x360)
外階段を使って2階へ登ります。

DSCF8690 (480x360)
お店の入口です。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF0971 (480x360)
多言語対応しているキリンの一番搾りのポスターが貼ってあります。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのは2016年4月13日だったので、約1ヶ月ぶりでした。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
こちらは奥の部屋の写真です。
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

12時20分頃に入店すると、いつもこれぐらいの時間はほぼ満席なのに、この日は結構激しく雨が降っていたせいか、ちょっと空いていたようで、すぐに席に通されました。
お客さんは、老舗のせいか、サラリーマンばかりではなく、ご近所の方のようなラフな格好のご年配の方々もたくさんいらっしゃいます。

DSCF4222 (480x360)
壁にはこんな額がかかっていました。

この日はすごく久しぶりに一番奥の小部屋に通され、長いテーブルの手前側に着席。

DSCF1482_20130502072200.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
中華料理屋さんにしては珍しく、ランチタイムは午後1時まで禁煙です。

DSCF2627.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上には各種調味料、お箸、紙ナプキン、爪楊枝、食べるラー油など置かれています。

DSCF3243 (480x360)
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF3244 (480x360)
ランチメニューは17種類あり、お値段が721円~1,545円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

上司は、前日遅くまで残業していた先輩や私を気遣って食事に連れて行ってくれたようで、「一番高いもの食べていいぞ!」と半分冗談で言っていたのですが、このメニューで一番お高いエビチリは、あまり好みの味ではないので辞退させていただきました(笑)。

この日のメニューは全て食べたことがあったので、少し前に思いついた大盛りにチャレンジしてみようと思い、カキソース和えそばの大盛りを注文。

DSCF4036 (480x360)
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、スマホに食べたことのあるメニューをメモして、常にチェックしています(笑)。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

DSCF0952 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じ。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。


B定食 <エビ・帆立・イカと豆腐の旨煮>  (1,030円)
DSCF3257 (480x360)
こちらは先輩が注文したB定食。

DSCF3259 (480x360)
前回私も同じものを食べたのですが、この日の方が美味しそうに見えました(泣)。


カキソース和えそば 大盛り  (824円)+大盛(100円?)=924円?
DSCF3245 (480x360)
いただきま~す!
メイン、スープ、デザートのセットです。

DSCF3246 (480x360)
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類ですが、日によって色合いや透明度や味わいが結構違います(笑)。
具はトッピングの小ネギのみ。
鮮やかな緑色が、彩りのアクセントになっています。

DSCF3255 (480x360)
この日は濃くもなく薄くもなく、ちょうどいい塩梅でした。

DSCF3248 (480x360)
初めて注文した大盛り。
すごいボリューム!!

DSCF3251 (480x360)
横から見ると、このボリューム感が伝わるでしょうか。
お皿は同じなので、縦に和えそばを積み上げて、まるで小山のようになっています。

DSCF3253 (480x360)
唯一の具である長ネギは増量にならないのか、あまり見当たらず(笑)。
食べても食べても減らず、本当におなかいっぱいになりました。
さすがに最後の方はやや飽き気味でしたが、大好きな味をたっぷり食べられて幸せです。

DSCF3247 (480x360)
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。
スプーンは器に差し込んでありました。

DSCF5087 (480x360)
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF6744 (480x360)
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。

DSCF1002 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じ。

DSCF3304 (480x360)
この日の領収書です。


伝票をちゃんと見なかったのと、この日はOさんも大盛の注文をしたので、メニューの金額がはっきりしません。
もしプラス100円だったとしたら、滅茶苦茶お得だと思います。
大盛りシリーズ、楽しくってクセになりそう(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
鶏肉のカレーライス (2013年3月26日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
マーボー茄子のかけご飯 (2014年2月25日

撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日2016年3月29日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日

茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
茹でギョーザと鶏肉入おかゆ (2013年10月10日

什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日2013年8月1日2015年11月9日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日2014年4月9日2014年11月5日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日2013年5月1日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日

A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
 ◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日2013年6月12日
 ◎チンジャオロース (2013年1月7日
 ◎八宝菜 (2013年2月12日
 ◎インゲンと豚肉とキクラゲの炒め (2013年7月19日

B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
 ◎フクロ茸と牛肉の炒め (2013年12月12日
 ◎ニラ・もやしと牛肉炒め (2014年1月22日
 ◎蒸し鶏 (2014年9月19日
 ◎中エビの卵とじ炒め (2015年12月24日
 ◎エビ・帆立・イカと豆腐の旨煮 (2016年4月13日

エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日2014年11月5日
 <4個>(2012年10月31日2014年4月9日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
カキソース和えソバ大盛り (2016年5月17日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日2015年12月18日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日2013年6月28日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg





2016年5月17日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/24 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(6) |
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店  @四谷
週末はとっても良いお天気でしたね。
みなさま、楽しく過ごされたでしょうか?
今日は気温が30度を越えるとのこと。
早くも熱中症が心配な季節になりますね~。

DSCF3204 (480x360)
2016年5月16日は、週の最初の月曜日。
週末にいろいろと食べ過ぎていたので、軽めのランチにしようと思い、アトレ四谷の「SUPERMARKET成城石井(せいじょういしい) アトレ四谷店」でお弁当を買うことにしました。

DSCF2211 (480x360)
「成城石井」は、JR四ッ谷駅に隣接するアトレ四谷の1階にあります。
駅の改札からエスカレーターに乗って1階フロアに行くと、一番奥の場所です。


地図です。

DSCF2212 (480x360)
「成城石井」を運営する株式会社成城石井は、1927年2月に果物や菓子などを扱う小さな食料品店として創業し、輸入食料品を多く取り扱う食料品主体の高級スーパーとして最近は駅ビルなどを中心にかなり積極的に店舗展開し、2013年3月に100店舗を達成したとのことです。
現在は株式会社ローソンの系列グループです。

DSCF2213 (480x360)
この場所には2009年1月26日に訪問した「Pizza&Pasta QuaQua(クワクワ) アトレ四谷店」がありましたが、2009年11月10日に「成城石井」がオープンしました。

2009_1204画像0097
こちらは以前撮影した写真です。

販売しているお弁当は、軽食のサンドウィッチからランチボックスのお弁当、和食からエスニック系、そのままそのまま食べられるお弁当から電子レンジで必ずチンしなければならないお弁当などなど、お値段も様々で、かなり多岐にわたっていろいろな種類が置いてあります。

2009_1204画像0096
こちらも以前撮影した写真です。
お高めスーパーだけあって、店員さんの対応がとても丁寧です。

12時15分頃にお店に到着。
お店はかなり空いていて、レジも待つことなく対応してもらえました。
お客さんはほぼ全員女性です。

DSCF5676.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
前回購入したのは2016年2月16日だったので、ちょうど3ヶ月ぶりです。

DSCF5876.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
賞味期限が近づいていると、ディスカウントされているお弁当もあって、安物買いが好きな私はついついそっちに目が行っちゃいます(笑)。
・・・というか、最近それしか買っていないかも。

DSCF3191 (480x360)
この日はこちらをメインに選び、、、

DSCF3192 (360x480)
もう一品はこちらのサラダにしました。

上司が相変わらずぐずぐずしていてランチを決められていなかったので、4日前にすっかりふくれあがってしまった「タベルナ」のリゾットの二の舞にならないよう、冷たいメニューを買うことに(笑)。

DSCF3193 (480x360)
成城石井の持ち帰り袋はグレーの色に深い緑色でお店のロゴが入っています。

DSCF3961 (480x360) - コピー
ペッタンコにしてみました。

DSCF3194 (480x360)
中から取り出すとこんな感じ。
お箸などはお断りました。

DSCF3195 (480x360)
メインは大きめの丸い透明なプラスチック製容器に入っています。

DSCF3196 (480x360)
フタには商品名・金額・消費期限などが書かれているラベルが貼ってありました。
保存料・合成着色料・合成甘味料・化学調味料は不使用で、消費期限は当日です。

DSCF3197 (480x360)
消費期限が当日だったおかげで、定価から10%引きと、お得に買うことが出来ました。
ディスカウントだったのも、購入した大きな理由です(笑)。

DSCF3199 (480x360)
サラダは小さめの長方形透明なプラスチック製容器に入っています。

DSCF3201 (480x360)
メインと同じく、フタには商品名・金額・消費期限などが書かれているラベルが貼ってありました。

DSCF3200 (480x360)
最近話題のアマニ油を使っているとか。

DSCF3202 (480x360)
こちらも消費期限が当日だったおかげで、定価から10%引きと、お得に買うことが出来ました。


リコピンを摂ろう!トマト担々麺(498円税別→10%オフ)+ひじきと3種豆のミネラルサラダ(398円税別→10%オフ)=870円
DSCF3204 (480x360)
いただきま~す!


リコピンを摂ろう!トマト担々麺
DSCF3205 (480x360)
こちらは成城石井の製品ではなく、キューピーグループのデリア食品のものだそうです。
フレッシュトマトとセミドライトマトを使用した冷し麺で、豆乳ベースのまろやかなスープが全体をまとめるとのこと。

DSCF3203 (480x360)
中身がたっぷり過ぎて、フタに付いちゃっていました(笑)。

DSCF3207 (480x360)
担々麺というか、ミートソースみたい。

DSCF3208 (480x360)
生のトマトもたっぷり。

DSCF3209 (480x360)
もやしやニンジン、葉野菜も入っていました。

DSCF3206 (480x360)
下の方にソースの入った容器とラー油があります。

DSCF3215 (480x360)
ラー油は小袋に入っていました。

DSCF3216 (480x360)
タレの容器を取ると、ボコッと穴が空いちゃいます(笑)。

DSCF3217 (480x360)
タレはかなりたっぷり目でした。


ひじきと3種豆のミネラルサラダ
DSCF3210 (480x360)
国産鶏とたっぷりの豆、ひじきをのせたサラダで、アマニ油入り和風オニオンドレッシングをかけるとのこと。

DSCF3214 (480x360)
ドレッシングはプラスチック製の小さな容器に入っていました。

DSCF3212 (480x360)
ひじき、、、

DSCF3211 (480x360)
鶏肉、、、

DSCF3213 (480x360)
3種類のお豆です。

DSCF3220 (480x360)
両方食べたら、結構ボリューミーでした。

DSCF3221 (480x360)
トマト担々麺はさっぱりした味わいで、担々麺のパンチある味を期待していたので、ちょっと拍子抜けでした。

DSCF3224 (480x360)
レシートです。
この日のお会計は870円でした。

DSCF3219 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


担々麺はあっさりした味わいでちょっと残念でしたが、野菜をたっぷり食べられたのはよかったです。
「成城石井」はお弁当の種類がとっても多いので、いろいろ食べられるのが嬉しいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆ これまでに食べたメニューです↓ ◆・◇・◆・◇・◆・◇

プルコギと自家製ナムルのビビンバ丼 (2009年12月2日
手まり寿司盛り合わせ (2011年3月3日
唐揚と7種類の彩り十六穀米丼 (2011年3月15日
タイカレー グリーン (2013年3月21日
(小)金目鯛とぶりとサーモンの押し寿司 (2015年10月9日
鮭といくらの五目巻きセット (2014年12月5日
柿の葉寿司 (2016年2月16日

フォーガー (2011年3月11日
酸辣湯麺 (2013年9月24日2014年4月25日
「和」サラダそばひじき (2015年9月18日
9種具材の味噌けんちんうどん (2015年12月10日
有機トマトの具沢山ミネストローネ (2014年12月25日
リコピンを摂ろう!トマト担々麺 (2016年5月16日

タイ風挽肉炒めのまぜまぜサラダ (2013年9月24日)  
タイ風春雨サラダ  (2014年12月25日
きのこと3種まめの胡麻和えサラダ (2014年4月25日
フレッシュトマトと海老のペンネサラダ  (2014年10月14日
黒毛和牛のローストビーフサラダ (2014年10月14日
4種きのことグリーンリーフのサラダ (2015年10月9日
鶏肉とごまのさっぱり春雨サラダ (2014年12月5日) 
蒸し鶏と彩り野菜の15品目サラダ (2016年2月16日
ひじきと3種豆のミネラルサラダ (2016年5月16日

腰果蝦仁(ヤオゴシャーレン) (2011年3月11日
タコとイカの5種ハーブマリネ (2011年3月15日

三角サンド牛肉コロッケ (2015年9月18日
和風ツナチーズ(パン)  (2015年12月10日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年5月16日訪問時お店DATA
************************************
SUPERMARKET成城石井 アトレ四谷店 (せいじょういしい)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷店1階
TEL 03-5362-0846
営業時間 
[月~土] 7:30~22:00
[日・祝]  8:00~22:00
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/23 06:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
昨日に引き続き、とっても良いお天気ですね~。
みなさま、楽しい日曜日を☆

本日は、ギャップを埋めるため、過去記事をアップしています。

DSCF7223 (480x360)
2015年1月17日は、c 教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は新店がなかったので、韓国料理屋さんの「とんちゃん」へランチ訪問しました

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。


地図です。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2014年12月6日だったので、約1ヶ月半ぶりですが、この時の記事はまだアップしていません。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF7128 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「ポッサムキムチ」で、韓国料理が「ごぼうチャプチェ」です。


【ポッサムキムチ】
DSCF7132 (480x360)
ポッサムキムチは、唐辛子をあまり使わず、白菜で海鮮などの豪華な具を包むキムチで、昔は家庭では作らず、宮廷料理だったそうです。
中には色々な具を入れるそうですが、この日は作りやすいよう、シンプルな材料にしたとのこと。
以前一度習ったような記憶があるのですが、記事にはアップしていなかったようです。

材料は全て卓上にセットされています。

DSCF7134 (480x360)
飾り用の生栗やナツメなど。

DSCF7168 (480x360)
タコや松の実もありました。
タコは本来、ナクチという小さくて長い種類のものを使いますが、日本にはないので、茹でダコを代用します。
コリコリした食感とのこと。
ナクチの場合は塩水でさっと洗い、4・5ミリに薄切りします。

松の実は黒い部分を取り除きます。

DSCF7129 (480x360)
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。

こちらの白菜は、韓国の白菜の品種の種を持って来て、千葉県で栽培したそうです。
韓国の白菜は、日本のものに比べて葉が薄くて水分が少なく、キムチを作るのには向いているとのこと。

DSCF7136 (480x360)
まず最初にダイコンを塩漬けにします。
皮をむいて、2センチの厚さに切ります。

DSCF7138 (480x360)
さらに三等分し、3ミリの薄切りにします。

DSCF7139 (480x360)
全体に塩を降りかけて、混ぜ合わせます。

「妻家房」では岩塩を使うので、粒がとても大きいです。
レシピで大さじ幾つ、と書かれている時は、すり切りしないとのこと。

DSCF7142 (480x360)
30分置いたら、洗わずにそのまま使います。

DSCF7167 (480x360)
水切りだけします。

DSCF7143 (480x360)
お次は白菜です。

DSCF7144 (480x360)
根本側から1/3ぐらいを包丁で切り、残りは手で裂きます。

DSCF7146 (480x360)
手で裂いた方が、包丁で切るよりも切り口がデボコになるので、塩分を含みやすいとのこと。

DSCF7148 (480x360)
大きなボールに水を入れ、塩をしっかり溶かします。
白菜をそのまま入れ、全体に塩水を行き渡らせます。
白菜キムチのようにしんなりさせる必要はなく、野菜のパリパリ感が取れればいいとのことです。

DSCF7150 (480x360)
次に茎とその間に直接塩をふります。

またボールに白菜を戻し、3~4キロのおもしをして3時間置き、ひっくり返してさらに3時間置きます。
塩漬けが終わったら、流水の中で2・3回洗い、1時間水切りします。

DSCF7130 (480x360)
実習では時間がないので、あらかじめ工場で塩漬けしたものを使うことが多いです。

DSCF7153 (480x360)
この日も先に塩漬けした白菜を使って作りました。

DSCF7154 (480x360)
一番外側の大きな葉を2・3枚、包み用に取っておきます。

DSCF7156 (480x360)
それ以外の部分はキムチにしますが、、、

DSCF7157 (480x360)
茎は取り除きます。

DSCF7161 (480x360)
中の葉は3・4センチに切ります。

DSCF7163 (480x360)
あまり細かくしないで、だいたいでいいとのこと。

DSCF7169 (480x360)
ほかの材料も切ります。
本当は辛子菜を使うそうですが、ないのでセリを。
葉は取り除きます。

DSCF7173 (480x360)
3・4センチの長さに切り揃えます。

DSCF7175 (480x360)
長ネギはみじん切りに。

DSCF7177 (480x360)
生カキは塩水でさっと洗って、二等分か三等分に。

DSCF7179 (480x360)
栗は生栗を使います。
韓国では一年中手に入るそうですが、日本は時期だけ。
この日はゆで栗を使いましたが、生に比べると食感がないとのこと。

DSCF7184 (480x360)
ナツメは両端を切り落とし、種を取り除くために丸く実をむきます。

DSCF7187 (480x360)
大きく切った方が見た目が良いそうですが、細く切った方が食べやすいとのこと。
お好みでどうぞ。

DSCF7190 (480x360)
梨は皮をむいて種を取り、ダイコンと同じ大きさに切り揃えます。

DSCF7192 (480x360)
梨も栗と同じく、韓国では一年中手に入るそうですが、日本は時期だけ。
梨がない時期は、リンゴを使います。
リンゴの場合は皮ごとでオッケーです。

DSCF7193 (480x360)
具材を全て切り終えました。

DSCF7195 (480x360)
大大きなボールに水を切った大根を入れ、色をつけるために唐辛子を入れます。
全体を混ぜ合わせて色が行き渡ったら、、、、

DSCF7199 (480x360)
水切りをした白菜を投入し、さらに混ぜます。
ダイコンと白菜が同じ色合いになるように。

DSCF7201 (480x360)
唐辛子を触る時は、色がついてしまうので、ビニール手袋などをつけて行います。
素手でやると、一週間ぐらい取れないとのこと。

DSCF7207 (480x360)
ニンニク、ショウガ、イワシエキス、アミの塩辛、梅エキス、砂糖を加えてさらに混ぜます。
最後にネギとセリを加え、軽く混ぜます。
野菜を加えた後は、揉まないように、軽く混ぜ合わせます。

葉と茎を一緒に食べて味見をし、自分好みに調整します。
薄味なら塩を加えます。

DSCF7208 (480x360)
ボウルの底にたまったヤンニョムで、カキに味付けをします。
全体に軽く色が付いたら、飾り用なので、一旦取り出します。

DSCF7209 (480x360)
ポッサムキムチを作る時は、こんな感じの容器を用意するといいそうです。

DSCF7211 (480x360)
残して置いた白菜の外側の葉にヤンニョムをつけます。

DSCF7213 (480x360)
丸いお茶碗のような容器に葉っぱを2枚、隙間がないように敷き詰めて、、、

DSCF7215 (480x360)
中身を詰めます。

DSCF7217 (480x360)
上に飾り用の具材をのっけて完成です。

DSCF7222 (480x360)
取り出すとこんな感じ。
でっかいロールキャベツみたい(笑)。

DSCF7223 (480x360)
容器に入れると、ちょうどピッタリ。

DSCF7226 (480x360)
蓋を閉めて完成です。
一人一個、持ち帰ります。

DSCF7225 (480x360)
横から見ると、中身が見える場所も。

DSCF7227 (480x360)
蓋が閉まらないものは、、、

DSCF7228 (480x360)
ラップをかけて密封していました(笑)。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺です。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

DSCF2234_201401310729128b6.jpg
フタを開けると、こんな感じです。

DSCF7230 (480x360)
白菜一株から9個出来たとのこと。
ポッサムキムチを壺に詰めたら、、、

DSCF7233 (480x360)
ボウルに残っているタレを回しかけます。
こうするとしっかり味が染みわたるとのこと。

DSCF7234 (480x360)
すぐに冷蔵庫に入れ、一週間置きます。
食べる時は、味のしみている下の方から。
一ヶ月保つとのこと。

DSCF7236 (480x360)
食べる時は、上の葉っぱの部分を十文字に切り込みを入れます。

DSCF7238 (480x360)
そっとめくって、中身を見えるように盛りつけます。

DSCF7240 (480x360)
具がとっても豪華!


【ごぼうチャプチェ】
DSCF7242 (480x360)
この日の習ったお料理はごぼうチャプチェです。

チャプチェは日本でもすっかりおなじみになりましたが、特にゴボウをたっぷり入れたレシピです。
もともとは宮廷料理で、おめでたい時に作られる辛くないお料理とのこと。

DSCF7259 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF7298 (480x360)
こちらが韓国春雨です。

DSCF7299 (480x360)
サツマイモの澱粉から出来ています。

DSCF7248 (480x360)
ゴボウは皮はむかず、薄切りにして細く切ります。
5・6センチぐらい。
スライサーで長く薄切りにし、長さを揃えてもいいとのこと。

DSCF7244 (480x360)
あくを取るために、水につけます。

DSCF7250 (480x360)
お水にゴボウを入れ、強火にかけて沸騰したら、やや火を弱め、柔らかくなるまで3分ぐらい茹でます。

DSCF7252 (480x360)
醤油・水あめ・ゴマ油を入れて、、、

DSCF7254 (480x360)
水分がなくなるまで炒めます。
とってもいい香り~。

DSCF7257 (480x360)
炒めたら、一旦取り出しておきます。

DSCF7258 (480x360)
春雨は先にお水に一時間つけておきます。
それから茹でます。

お湯だと柔らかくなりすぎるとのこと。
この日はスタッフさんがお湯で戻してしまい、さらに茹でたのでかなり柔らかになってしまい、ちょっと失敗でした。

DSCF7261 (480x360)
茹でる水に味付けをして入れ、、、

DSCF7265 (480x360)
火をかけます。

DSCF7262 (480x360)
春雨を茹でている間に、彩り用の野菜を切ります。
赤・青唐辛子を使いますが、ピーマンやパプリカでもOKです。

DSCF7263 (480x360)
唐辛子はへたを切り落とし、揉んで種を取り出します。
縦半分に切り、中に白い部分があれば取り除きます。

DSCF7270 (480x360)
半分の長さにして、細かい千切りにします。

DSCF7267 (480x360)
青唐辛子も同様に。

DSCF7275 (480x360)
春雨が透明になるまで火が通ったら、、、

DSCF7278 (480x360)
ザルに上げて水を切ります。

DSCF7279 (480x360)
フライパンにゴマ油を敷いて春雨とごぼうを入れて炒めます。
味付けに醤油、砂糖、コショウを入れます。

DSCF7281 (480x360)
唐辛子を投入し、しっかり混ぜ合わせます。
麺がかたいとハサミで適当な長さに切りますが、この日は柔らかだったので、混ぜているうちに切れました。

DSCF7288 (480x360)
お皿に盛り付け、、、

DSCF7287 (480x360)
黒ごまをトッピングしたら完成です。

DSCF7290 (480x360)
いよいよ、お楽しみの試食の時間。

DSCF7291 (480x360)
先生が実習で作ったものだけでは足りないので、上のレストランで作ったものが出て来ます。

DSCF7292 (480x360)
実は、結構、レストランと先生のでは味が違うことが多いです(笑)。

DSCF7293 (480x360)
いただきま~す☆

DSCF7294 (480x360)
まずはレストランで作ったものを。
ゴボウの歯応えがあって、あまり甘くない、しっかりした味付けです。
先生はこれでも春雨が柔らかめだと言っていましたが。

DSCF7297 (480x360)
こちらが先生の作ったもの。
見た目はどっちがどっちだかわかりません(笑)。
先生のは確かに麺がかなり柔らかく、そのせいか、味がぼやけるように感じました。


ポッサムキムチはとっても豪華な分、自分で作るのはなかなか難しいですが、大好きなチャプチェはぜひトライしてみたいです。
特にゴボウたっぷりバージョンだときんぴらごぼう的な味付けなので、馴染みのある美味しさでした。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日2015年11月7日
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日2014年11月1日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日2016年2月6日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日2016年1月23日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日2016年3月5日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日2014年4月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ(カッキムチ) (2010年2月20日2014年3月1日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日
たけのこの水キムチ (2014年7月5日
白菜と大根の水キムチ(醤油味)  (2014年9月6日
水キムチ (2015年10月17日
ポッサムキムチ (2015年1月17日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
ごぼうチャプチェ  (2015年1月17日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)  (2014年7月5日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
ワインサムギョプサルとネギの和え物 (2014年4月5日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
スンチェマンドゥ (2014年2月5日
マチム (2014年3月1日
豚プルコギ (2014年9月6日
鶏プルコギ (2014年11月1日
カルビチム  (2015年10月17日
ゆで豚肉ポッサム (2015年11月7日
キムチぎょうざ (2016年1月23日
豚肉と古漬けキムチのチム (2016年2月6日
パチヂミ (2016年3月5日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

[きのこプルコギ鍋とキムチセット]
2015年12月27日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg





2015年1月17日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2016/05/22 07:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Nico  @神田
今日から楽しい週末です!
今週は珍しく土日とも予定が入っているので、ちょっと忙しくてジョギングも出来ないですが、しっかり楽しもうっと!
みなさまも、楽しいお休みを☆

本日は、マイブログ圏外の神田にある「ニコ」のレポートです。

DSCF3135 (480x360)
2016年5月13日は週の最後の金曜日。
仕事帰りに友人と食事に出かけました。
この日訪問したのは神田にある「Nico(にこ)」というお店です。

DSCF3086 (480x360)
JR・地下鉄神田駅の東口を出て、大通りをまっすぐ進みます。
交差点を二つ越え、次の角を右折し、少し進むと左手にお店があります。

DSCF3088 (480x360)
お店のある通りはこんな路地です。
うっかり見落としそうですが、飲食店がたくさんありました。


地図です。

DSCF3087 (480x360)
「ニコ」は、害獣駆除を行うマタギの方々と契約しているため、禁猟期間でも関係なく、一年中ジビエを楽しむことが出来るジビエビストロだそうで、2012年6月29日にオープンしました。
「ニコ」を運営する株式会社夢屋は、2008年10月10日にランチ訪問した「あて」も系列店です。

DSCF3089 (480x360)
予約を告げると、なんと3階に通されました。
1階と2階は木目調の内装でしたが、3階は民家風。
・・・というか、もともとの家?(笑)。

DSCF3090 (480x360)
昭和レトロの懐かしい佇まい。
壁にはメニューなどが貼ってあります。

ちなみに、階段はすごく幅が狭くて急なので、飲み過ぎたらやばそうです(笑)。
店員さんも上り下りするのが大変そうでした。

DSCF3091 (480x360)
黒板に書かれたメニューの文字、とっても見やすくてキレイ。
メニューが本当にジビエだらけで、嬉しくなっちゃいました。

DSCF3096 (480x360)
私たちは一番奥のちゃぶ台でした。

DSCF3097 (480x360)
卓上にはこちらだけ。

DSCF3098 (480x360) - コピー
メニューをどけると、小皿とカトラリーセットが置いてありました。

DSCF3092 (480x360)
側の壁に貼りだしてあったメニューです。

DSCF3093 (480x360)
食べ物だけでなく、飲み物も色々。

DSCF3094 (480x360)
友人が来るのを待っていたので、じっくりメニューをチェックできました(笑)。

DSCF3095 (480x360)
雉の卵なんて、初めて見た!
すっごく気になる~。

DSCF3101 (480x360)
メニューです。
友人がわりとすぐに到着したので、まずはドリンクを注文。


フリュッテル  (600円)
DSCF3113 (480x360)
泡ものを飲みたかったのですが、グラスは2種類だけ。
しかも、1つはシードルだったので、自動的にこちらのフリュッテルになりました(笑)。
南仏産だそうです。

DSCF3115 (480x360)
久しぶりの再会にかんぱ~い!
すっきりとしていて飲みやすかったです。


お通し ~自家製ライ麦パン~
DSCF3116 (480x360)
お通しは自家製のライ麦パンです。
食べやすいよう、スティック状にカットされていました。


季節の冷製 緑黄色サラダ  (850円)
DSCF3119 (480x360)
友人が野菜を食べたいというので、緑黄色サラダを注文。

DSCF3120 (480x360)
赤・黄パプリカ、ブロッコリー、オクラ、カボチャ、緑・黄ズッキーニなどなど。
とってもカラフルでテンションが上がります。

DSCF3121 (480x360)
フランボワーズドレッシングとのことですが、甘みはそれほど感じませんでした。
野菜はそれほど火を通していないので、歯ごたえも楽しめます。


蝦夷鹿もも肉のタルタル  (850円)
DSCF3123 (480x360)
次に、こちらのお店のスペシャリテである、タルタルが登場!
これは、絶対食べたかった一品でした。
涼しげなガラスのお皿に盛られています。

DSCF3125 (480x360)
蝦夷鹿のもも肉はかなり粗めに切ってありました。

DSCF3130 (480x360)
評判通り、絶妙な味付けで、と~っても美味しい!
お肉は少し歯ごたえがあるけれどさっぱりしていて、いいおつまみになりました。

DSCF3127 (480x360)
お通しのパンは、そのまま食べるだけでなく、、、

DSCF3132 (480x360)
タルタルをのっけて食べたりもしました。


Nicoのレモハイ  (450円)
DSCF3131 (480x360)
スパークリングワインを飲み終え、お酒をおかわり。
「ニコ」オリジナルでオススメという、レモハイにしてみました。
酸味があまり強くなかったのは残念ですが、さっぱりしてお肉料理に合います。


ジビエのグリル盛合せ 400g  (2,650円)
DSCF3133 (480x360)
メインが登場!

メニューを決めるとき、このグリルの盛り合わせにするか、個別メニューにするか、とっても悩みました。
すごく珍しいという羆のハンバーグに後ろ髪を引かれつつ、いろいろ食べられる盛り合わせに決定。

DSCF3135 (480x360)
盛り合わせは300gと400gの2種類がありましたが、300gだと鹿、猪、うり坊、で、400gだとそれに鶉が加わるとのこと。
せっかくなので、鶉が食べられる400gをチョイス。

一週間前の2016年5月6日には「俺のフレンチ」で肉盛りを食べていて、2週連続肉祭りのワタクシです(笑)。

DSCF3139 (480x360)
お皿の縁ののせられたこちら、ちょっと舐めてみたら甘かったので、私はいただきませんでした。

DSCF3136 (480x360)
こちらが鹿。

DSCF3137 (480x360)
猪。

DSCF3138 (480x360)
うり坊。

DSCF3140 (480x360)
そして、鶉です。

DSCF3142 (480x360)
お肉の下には、煮豆が敷いてありました。
お豆が大好きなので、うれしかったです。

鶉は手で持って食べちゃいました。
国産の鶉って、初めて食べたかも?

DSCF3143 (480x360)
鹿は大ぶりのカットで、断面はキレイなロゼ色。
お肉はクセが全くなくて柔らかかったです。

DSCF3152 (480x360)
盛り合わせって、どれから食べるのか、結構悩みます。

DSCF3154 (480x360)
こちらがうり坊。
柔らかかったです。

DSCF3155 (480x360)
うり坊に比べると、猪は薄切りなのにややかためで、脂もしっかりすぎるぐらいのっていました。

贅沢な話ですが、盛り合わせだとどうしても冷めちゃうお肉が出てくるので、食べる順番って重要かも。


Nicoのレモハイ  (450円)
DSCF3158 (480x360)
レモハイ、美味しかったし、お値段の割に量も多かったので、おかわりしちゃいました。


前菜3点盛  (950円)
DSCF3144 (480x360)
メインのボリュームを見てから、まだ食べられそうだったので、もう一皿注文。
盛り合わせは本来お任せなのですが、店員さんに希望を伝えると、ある程度要望を聞いてくれるそうです。
友人がポテサラとパテを入れて欲しいとお願いしたところ、両方とも入れて下さいました。
ありがとうございます!

DSCF3151 (480x360)
パテ用でしょうか。
マスタードがたっぷり添えられていました。

DSCF3146 (480x360)
Niconoのポテサラ。
定番メニューとのこと。

DSCF3147 (480x360)
カボチャの素揚げ?

DSCF3150 (480x360)
ジビエのパテ。

DSCF3149 (480x360)
青唐辛子のピクルス。
これ、ピリッとした爽やかな辛さでさっぱりとして、とっても美味しかったです。
青唐辛子を使ったオムレットがあるので、そちらも食べてみたかったな~。

DSCF3157 (480x360)
確かワインも飲んだのですが、話が盛り上がっていたせいか、珍しく写真を撮り忘れちゃいました(泣)。

DSCF3159 (480x360)
この日のお会計です。
何故か小計のあとにドリンクが2種類だけ記載があって、他の明細はわかりません(笑)。
合計10,594円、一人5,297円でした。


ジビエを一年中、しかも、リーズナブルなお値段で美味しく食べられて、大満足でした。
次回は盛り合わせではなくて、個別メニューを食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆ 神田界隈の食べ歩き情報はこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆

◎ラーメン
カラシビ味噌らー麺 鬼金棒  (2012年1月4日

◎ラーメン以外
神田居酒屋 食彩 でくの坊  (2011年1月8日
じゃんぼ焼鳥 鳥貴族 神田北口店  (2011年10月2日
裏神田 自然生村  (2016年1月30日
Nico  (2016年5月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF3095 (480x360)

DSCF3102 (480x360)

DSCF3103 (480x360)

DSCF3104 (480x360)

DSCF3105 (480x360)

DSCF3106 (480x360)

DSCF3107 (480x360)

DSCF3108 (480x360)

DSCF3109 (480x360)

DSCF3110 (480x360)

DSCF3111 (480x360)

DSCF3112 (480x360)

DSCF3099 (480x360)

DSCF3100 (480x360)





2016年5月13日訪問時お店DATA
********************************
Nico (にこ)
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-3-14
TEL  03-3241-3399
営業時間 
[平日] 17:00~23:30
[土曜] 16:00~23:00  
定休日 日曜・祝日
JR・地下鉄神田駅南口から徒歩4分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/05/21 00:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(4) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
早いもので、今週ももう金曜日。
このところ、仕事が忙しいので、時間が経つのが早いかも。
週末も引き続きお天気が良さそうなので、みなさま、楽しくお過ごし下さい☆

DSCF3076 (480x360)
2016年5月13日は週の最後の金曜日。
夜に友人とディナーに行く予定だったので、軽めに食べようと思い、立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」へランチを買いに出かけました。

DSCF1279 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つ目のビルの1階がお店です。


地図です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
前回購入したのは2016年4月7日だったので、約5週間ぶりでした。

DSCF1278 (480x360)
お店の前には大きな幟が2本出ています。
1本の幟には、「うどんそば」と、そば処なのにうどんが先に書かれてる(笑)。
もう1本の幟には「牛丼」と書かれていました。
甘い味付けで私は苦手ですが、お店的にはイチオシのドンブリのようです。

DSCF1276 (480x360)
入口の扉には食べログのステッカーが貼ってあります。
やや古めかしい店舗なので、オレンジがかなり鮮やか(笑)。

DSCF2844 (480x360)
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富。
全品持ち帰りが可能です。

温かいものと冷たいものでお値段がだいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF3070 (480x360)
こちらは店内に出ているメニューです。

店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF3069 (480x360)
メニューが新しくなったのには理由があり、値上げをしたとのこと。
多分、一律で20円値上げしたようです。
これに伴い、200円代のメニューはなくなりました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。
フロアはそれ程広くはなく、左に厨房とカウンターがあります。

厨房の中では女性2人、男性1人の3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそう。

DSCF6571 (480x360)
2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。
こちらは単品80円で他のメニューにもつけられるとのこと。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
この日は午前中の仕事がおして、お店に到着したのは12時50分頃。
お客さんの数はかなり少なくて、店員さんの一人がカウンターの外に出て食事をしていました。
こんな姿を見たのは初めて(笑)。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。
使われていない時もあるようで、注文をもう一回聞かれたこともあります。

DSCF6570 (480x360)
入口からすぐ右手の所にお蕎麦に関する本がたくさん並べられています。
「瓢箪」が掲載されているページには付箋がついているので、すぐにわかります。
これを見たおかげで、お店の営業時間を知ることが出来ました(笑)。

DSCF3071 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。

こちらのお店の大盛りを注文すると、店員さんのフタの閉め方の問題なのか、容器の構造上の問題なのかはっきりしませんが、普通に袋をぶら下げて持ち帰ろうとするとかなり酷い汁漏れが発生してしまうので、必ず袋の下から手を差し入れて持ち運ぶことにしています。

この持ち方をしていると器の大きさがよくわかるようで、マンションの管理人さんから、「大きなお弁当を買いましたね~。」って声をかけられちゃいました(汗)。

DSCF3072 (480x360)
この日は少し気温が上がった日だったので、今年初めて冷しにしてみました。
冷しわかめそばを大盛りで注文。

DSCF9780_20130316092337.jpg
いつも薬味として七味唐辛子がついています。

基本的に1袋だと思うのですが、何故か2袋いただく時もあり、規則性がよくわかりません(笑)。
この日は1袋でした。

DSCF9781_20130316092310.jpg
裏側は不透明なピンク色でした。

DSCF3073 (480x360)
容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。
大盛りの器は、普通盛りのよりも大きめ。


冷しわかめそば(490円)+大盛(100円)=590円
DSCF3076 (480x360)
いただきま~す!

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどのメニューにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

DSCF3078 (480x360)
1つ目のカマボコは、フチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
薄切りのものが1枚でした。

DSCF3080 (480x360)
2つ目は長ネギの小口切りです。
薬味兼彩りになっています。

DSCF3079 (480x360)
3つ目はワカメです。
この日はこれがメインなので、すごいボリューム。
表面の90%以上を覆っていました。

DSCF3077 (480x360)
冷しだと、容器のフチにワサビが添えられています。

DSCF3083 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。

DSCF3084 (480x360)
「瓢箪」の蕎麦つゆは、基本的にあっさりしています。
なので、その時のトッピングで味わいが結構変わります。
この日はワカメがメインなので、あっさり目のままでした。

お蕎麦はいつものび気味ですが、冷しのせいかしゃっきりした食感で、さほど気になりませんでした。
大盛りだけあって量もたっぷり。

DSCF3082 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


久しぶりの冷しを食べて、夏が近づいていることを実感。
お値段が値上がりしてしまったのはちょっぴり残念ですが、仕方ないなぁとも思います。
夕方頃にはお腹が空いちゃいましたが、ディナーのために我慢!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 かき揚うどん (2015年11月27日
 きつねそば (2013年1月9日
 きつねうどん (2014年11月12日
 とろろそば (2013年11月29日
 とろろうどん
 メンチそば
 メンチうどん (2012年4月10日
 力そば  (2014年12月17日
 力うどん (2012年2月27日
 肉そば  (2014年1月7日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 カレーうどん
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこそば大盛り (2016年3月16日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶそば (2013年6月13日2013年11月29日
 芽かぶそば大盛り (2016年3月4日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケそば
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 たぬきうどん大盛り (2016年4月7日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめそば 大盛り (2016年1月29日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見そば   (2014年10月16日
 月見そば 大盛り (2016年2月18日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけそば 大盛り (2016年1月15日
 かけうどん  (2012年5月15日
 ちくわそば (2014年2月6日
 ちくわうどん

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねそば (2014年7月11日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろそば
 冷しとろろうどん
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しめかぶうどん (2014年9月16日
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめそば大盛り (2016年5月13日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきそば
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわそば  (2013年7月17日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 冷しちくわそば (2014年6月13日
 辛み大根の冷しおろしそば
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 牛丼
 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 カレー丼
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年5月13日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
営業時間 7:00~17:00
定休日 土・日・祝日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/20 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(0) |
LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町
昨日はだいぶ気温が上がりましたが、朝晩の冷え込みもあって、結構寒暖差が激しいですね~。
そのせいか、自分も含めて周囲に風邪気味の人が多いので、みなさま、ご自愛下さい☆

DSCF3058 (480x360)
2016年5月12日のランチは、午後イチから予定があったのに、突然「12時過ぎにちょっと会いたい。」と言ってきた人がいらっしゃり、上司がちゃんと断ればいいのに話に流されて来ることになってしまったので、またまた先輩の判断で全員分のお弁当を買うことにしました。
LA. TAVERNA(ラ・タベルナ)」が大好きなOさんが、可能であれば食べたいという希望だったので、同じく「タベルナ」の大ファンの先輩と私は、もちろん、大賛成!
上司はやや不満だったようですが、代替案があるわけでもなく、そもそもこんなスケジュールになったのは上司のせいだったので、そのまま強行しちゃいました(笑)。

DSCF5377_201308022128363b6.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かってしばらく進んで交差点を2つ越え、コンビニのファミリーマートの先に緑色のタイルに覆われてやや古めかしい恩田ビルがあります。


地図です。

DSCF7927 (480x360)
テイクアウトをするときは、あらかじめ電話で注文してからお店に向かいます。
12時過ぎの忙しい時間帯でも、たいてい10~15分程度でつくっていただけるので、本当にありがたいです。

DSCF5378_2013080221284015e.jpg
前回お弁当を購入したのは2016年4月21日だったので、約3週間ぶりです。
前回ランチ訪問したのは2014年10月27日でした。

DSCF7928 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
恩田ビルにはたくさんの飲食店が入っています。
1階には、
2012年9月12日にランチ訪問した「和人餃子房 銀座 俵屋」、
2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「豚バラかつとカジュアルワインの店 ICHI」、
2階には、
この日購入した「ラ・タベルナ」、
2009年4月22日2009年9月29日2014年5月2日にランチ訪問した「ワイスタイル」、
地下1階には、
2008年5月26日にランチをした「黒うどん 山長 麹町店」
が入っています。
ただし、「山長」は閉店したようです。

DSCF3053 (480x360)
ビルの前にはメニューが出ていて、日替わりがわかるようになっています。

12時頃に先輩が電話したところ、いつもどおり15分ぐらいで出来上がると言われたので、時間を見計らって、事務所を出発。
このところ、メニューがなくて値上がりがあり、個別の金額がはっきりしないので、先輩はあらかじめ聞いていました(笑)。

DSCF1926.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの外階段を上がっていきます。

「ラ・タベルナ」には、飯田橋に「タベルナ ラ・グロッタ」という姉妹店があります。

DSCF7246 (480x360)
階段は幅が細く、ビルが古めかしいので、昼間でもやや薄暗い感じです。

2010_0814画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
階段を登る途中の右手にお店の名刺などが置かれています。
テイクアウトメニューもここにあったのですが、最近お金がかかるからと、作ってくれません(泣)。

DSCF3054 (480x360)
その代わりというわけではないでしょうが、5月から販売が始まった冷製パスタのメニューが置かれていました。

DSCF1289 (480x360)
「ラ・タベルナ」は1977年創業で、今年でなんと39周年!
安定した美味しさとたっぷりのボリュームが特徴のイタリアンの老舗です。

DSCF2962 (480x360)
階段の上の天井に、矢印が描かれた看板が掲げてあります。
階段をのぼって正面が「ワイスタイル」の2つある入口の一つです。

看板

階段を登り切るとこちらの看板が出ています。
すぐ左手に入り口があります。

DSCF2968 (480x360)
入口からウェイティングの長いすがある細長い通路を通って奥のフロアに続いています。

店内の食事を待つ行列が出来ている時は、割り込みに間違えられないよう、「お弁当なので、すみませ~ん。」と声をかけながら行列の一番前に行ってテイクアウトのお弁当を受け取るようにしています(笑)。
お客さんの視線を一斉に浴びるので、結構恥ずかしいです。
かつれつ 四谷たけだ」と同じです。

DSCF2969 (480x360)
通路の右側にあるショーケースにはサラダやデザートが入っています。

男性店員さんは素早いですがいつも丁寧な対応で、もう何度も購入していて顔を覚えられていると思いますが、リゾットを購入するときは「容器を横にしないで、熱いからやけどするよ。」と、毎回声をかけてくれます。

メニュー

壁には所狭しとたくさんのメニューが貼られています。
種類が豊富で、さらにそれらを組み合わせたり、量を多くしたり減らしたりと、いろいろな形でお願いできます。

12時10分頃に到着したところ、ウェイティングのイスでは足りず、外まで人が並んでいました。
相変わらず、大人気です。
出来上がりまで少し待ちましたが、立っている場所もほとんどない、邪魔なワタクシでした(汗)。

DSCF1302 (480x360)
この時期の季節メニューです。
すっかり存在を忘れていたのですが、注文する時に思い出し、先輩にまだこのメニューがあるかどうか聞いてもらってからお願いしました。

DSCF2966 (480x360)
メニューなどの隙間から、厨房の様子が見えます。
写っているお料理はお店のスペシャリテである牛肉の薄切りステーキです。

DSCF5361 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。
スパゲッティやリゾットとは思えない程、とても重くてずっしりとしていることが多いです(笑)。
この日は4つだったので、結構な重さでした。

突然やって来た方は、当初は15分で終わると言っていたもののやっぱり終わらず、結局食事を始められたのは12時40分頃になってしまいました。
午後のお客様が来るまで20分しかない!

DSCF3055 (480x360)
2個以上購入する時は、中身が何かわかるようにフタにメニューが書かれています。
メニュー名はカタカナだったりローマ字だったりと、かなり自由です(笑)。

お弁当の容器は鮮やかなオレンジ色で、とってもかわいい♪

DSCF3056 (480x360)
この時期の季節メニューの中から、蛤と春キャベツ入りリゾットにしました。

DSCF6786_201308231230350f5.jpg
こぼれ防止のため、お弁当の容器はセロハンテープで2ヶ所とめられています。
お腹が空いているときにこれをはがすのは結構大変(笑)。

DSCF6799 (480x360)
フォークやスプーンは透明なビニール袋に入っています。

DSCF0659_20130405053743.jpg
なるべくもらわないようにしているのですが、あらかじめセットされていることが多く、いつも忙しそうなので返却が言い出せないこともしばしば。

この日はすっかり忘れていて、お断りするのを忘れちゃいました(汗)。

DSCF4557 (480x360)
チョイスするメニューによっては、こんなナイフが付いていることもあります。


<スパゲティ> モンテ  (900円)
DSCF3057 (480x360)
この日は珍しくOさんと先輩が同じメニューのこちらを注文。
温かいメニューでしたが、この時期は冷たいバージョンもあります。
トマトもアボガドもたっぷりで、Oさんが驚いていました。


<リゾット> 蛤と春キャベツ入り  (900円)
DSCF3058 (480x360)
いただきま~す!
真っ白なお米にキャベツの緑や唐辛子の赤がとっても映えます。
大きくて深さのある容器の8割近くまでたっぷりと入っています。

DSCF3061 (480x360)
蛤は殻ごとで、それ程大きくはありませんが、たくさん入っていました。

DSCF3060 (480x360)
春キャベツは火が通っていて、鮮やかな緑色です。

DSCF3059 (480x360)
細長い唐辛子が丸ごと1本入っていました。
この日、何となく気が向いて最後に食べてみたのですが、結構辛くて口の中がしばらくヒリヒリしました(汗)。 

DSCF3062 (480x360)
お弁当を買って帰ってから実際に食べるまで、30分近く経っちゃったので、ご飯がスープをほとんど吸い上げちゃっていました(泣)。

DSCF3064 (480x360)
表面のお米が干からびつつあったので、下の方に残っているスープと混ぜ合わせながら食べました。
蛤のダシがしっかりしみていました。

DSCF3065 (480x360)
殻をはずしながら食べていたのですが、美味しいけれど、やはり、チト面倒です(笑)。

DSCF8809 (480x360)
事務所には「タベルナ」用に粉チーズとタバスコを常備しています(笑)。
辛いテイストが大好きなので、タバスコの消費量がとっても多いです。

DSCF3067 (480x360)
途中でタバスコをたっぷりかけちゃいました。

DSCF3066 (480x360)
食べ終えた蛤の貝殻。
こんなに入っていました。

DSCF3068 (480x360)
この日の領収書です。


せっかくの季節限定リゾットだったのに、美味しい状態で食べられなかったのは残念。
この週は、上司のスケジュールの見通しの甘さと仕切りの悪さのせいで、月曜日の「シシリアンライス」火曜日の「佳陽」、そしてこの日の「タベルナ」と、突然お弁当を食べる羽目になり、それぞれ美味しかったものの、個人的にはやや不完全燃焼でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
  牛肉の薄切りステーキ (2007年6月4日
  ビーフストロガノフ (2014年10月27日
 
[テイクアウト]
◎スパゲティー
<オイルベース>
  ペペロンチーニ (2014年12月12日
  バジリコ (2014年3月19日2015年1月8日
  サルシッチ  (2014年7月28日
  アシューガ  (2015年11月17日
  ガンベレット ビアンコ (2013年6月10日
  ミスキアーレ (2012年10月16日

<トマトベース>
  アラビアータ  (2014年6月17日
  トンノ  (2010年8月13日
  ペスカトーレ (2013年9月25日
  パンディエーラ (2012年6月8日

<ブイヨンベース>
  ボンゴレ ビアンコ (2016年4月21日
  タラモ (2013年1月31日
  サンジャック ビアンコ (2013年8月20日
  オラータ ビアンコ (2012年4月27日

<クリームベース>
  カルボナーラ  (2014年11月6日
  渡り蟹のトマトクリームソース (2011年9月7日
  ネロ (2011年10月13日)  
  牛肉とエリンギ入りクリームソース (2011年11月18日
  ゴルゴンゾーラとフレッシュマッシュルーム入り (2011年10月28日
  オラータ クレーマ (2012年9月27日

<ミートソース>
  リーネア:牛すじと野菜入りミートソース (2011年12月7日) 

<その他>
  カニのクリームスパゲッティ (2014年4月8日

◎リゾット
<トマトベース>
  マリタータ (2011年11月17日
  バンディエーラ (2014年12月18日

<クリームベース>
  クレーマ (2013年2月26日
  ポロ (2014年2月20日2014年8月26日
  サンジャック クレーマ (2014年4月21日
  パンナ (2012年2月14日2012年10月11日
  フォルマッジオ (2013年5月23日
  オラータ クレーマ (2012年6月25日

<ブイヨンベース>
  フンギ (2013年7月4日
  ガンベレット ビアンコ (2014年10月3日
  サンジャック ビアンコ (2012年2月24日

<ミートソース>
  リーネア (2012年11月13日

<イカスミ>
  ネロ (2012年6月6日

<その他>
  紅ずわい蟹のクリーム (2014年10月24日2014年11月19日
  蛤と春キャベツ入り (2016年5月12日

◎ご飯系
  牛肉の薄切りステーキ (2013年11月20日
  カジキマグロの薄切りステーキ (2012年3月13日
  ミートローフ  (2016年2月4日
  タベルナ風オムライス  (2008年3月3日

◎季節メニュー
  あん肝とエリンギのスパゲティー (2014年1月29日2014年10月9日
  あん肝とエリンギのペンネ (2014年12月10日
  あん肝いっぱいのスパゲティー (2012年2月2日
  牡蠣とエリンギのリゾット:ビアンコ (2014年10月30日
  牡蠣いっぱいのスパゲッティ:クレーマ (2012年2月24日
  牡蠣いっぱいのリゾット:ビアンコ (2012年12月26日)  
  牡蠣いっぱいのリゾット:クレーマ (2015年11月17日) 
  鮟肝と牡蛎入りスパゲティ:ビアンコ (2011年11月11日

  冷製 アボガドと海老のマリネ入りフレッシュトマト添え (2011年8月11日
  冷製 エビのマリネとアボガド入りフレッシュトマト添え  (2014年8月1日
  冷製 スモークサーモンとアボガド入り~フレッシュトマト添え (2014年5月1日
  冷製 真鯛のカルパッチョ入り~野菜のマリネ添え (2012年9月11日

  Hotaruikaいっぱいのスパゲティー (2014年4月15日
 
[ディナー]
   2008年12月13日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトメニューです↓
金額が少し変わっているようです。
DSCF2208 (480x360)

DSCF2209 (480x360)

DSCF2210 (480x360)

DSCF2211 (480x360)

DSCF2212 (480x360)

DSCF2213 (480x360)

DSCF2214 (480x360)

DSCF2215 (480x360)

DSCF2216 (480x360)


店内のメニューです↓
DSCF1290 (480x360)

DSCF1291 (480x360)

DSCF1292 (480x360)

DSCF1293 (480x360)

DSCF1294 (480x360)

DSCF1295 (480x360)

DSCF1297 (480x360)

DSCF1298 (480x360)

DSCF1299 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF0745_20120521195250.jpg





2016年5月12日購入時お店DATA
****************************
LA.TAVERNA (ラ・タベルナ)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-1 恩田ビル2階
TEL  03-3262-8946
営業時間 
[月~土] 11:00~18:00 18:00~23:00(L.O.22:30) 
[日祝日] 11:00~22:30(L.O.22:00) 
定休日 無休
地下鉄麹町駅から徒歩2分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/19 06:00】 | リゾット | トラックバック(0) | コメント(0) |
九段 斑鳩 市ヶ谷本店  @市ヶ谷
昨日の夜、ちょっとお出かけしようと車に乗ったら、またもやエンジンがかからず(泣)。
先週ちょこっと乗っていたのですが、足りなかったようです。
仕方なく、夜中なのにJAFを呼び、今回はバッテリーを交換してもらいました。
5年近く使っていたので、まぁ、よく保った方かな~。
突然の出費は痛かったですが、しばらくバッテリーの心配をしないで済むのは、精神的に助かります(笑)。

DSCF3032 (480x360)
2016年5月11日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
先輩を誘って、2016年5月6日にチャレンジしたけど行列が長すぎて断念した「九段 斑鳩(いかるが) 市ヶ谷本店へ再訪してみることに。 

DSCF3225 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に向かって歩き、2つ目の交差点の少し手前に第五DMJビルがあり、お店はその1階です。
こちらの写真は、別の日の営業時間外に撮影しています。

2階には、2007年8月28日2008年12月25日にランチ訪問した「マルミット」があります。


地図です。

DSCF3226 (480x360)
2000年4月19日にオープンした「斑鳩」は、無化調で美味しく、かつ、アパレル出身の店主さんによるスタイリッシュな内装で行列の出来る超名店です。
私も2回訪問したことがあり、2013年2月22日に訪問した時の記事をアップしています。
ビルの老朽化によって2015年5月2日に九段下での営業を終え、当初は翌月の6月にはこの場所でオープンする予定でしたが、何故かなかなかリニューアルオープンせず、予定より1年近く遅れて2016年4月27日にオープンしました。
ただし、まだプレオープンとのことで、そのせいか、店名が入りそうな場所はまだ真っ白のまま。

DSCF3227 (480x360)
店頭には並び方が記載された貼り紙が出ています。
靖国通り沿いには並ばず、建物に沿って脇にある路地どおり沿いに並ばなければなりません。

この日も12時10分頃に到着したところ、10人弱の行列が出来ていました。
多分回転は早いだろうと思い、そのまま待つことに。

DSCF3228 (480x360)
市ヶ谷に本店が移転しましたが、「九段」という名前はそのまま残しています。
しばらくの間はプレオープンとのことです。

DSCF3229 (480x360)
営業日は一週間のうち、わずか4日間。
しかも、ランチタイムの3時間だけです。
折角名店が復活したのに、このエリア以外の人が訪問するにはかなりハードルが高そう(汗)。

DSCF3230 (480x360)
メニューは3種類のみです。

DSCF3231 (480x360)
プレオープン中に少しずつ営業時間やメニューを増やしていくとのこと。

この場所には2007年8月20日にランチ訪問した「らーめん 百舌」がありましたが、2014年11月に閉店したそうです。

DSCF3018 (480x360)
店員さんが出て来て、先に食券を買うよう、促されました。
ただ、外に来たり来なかったりだったので、そのシステムはあまり共有されていませんでした。

入口のすぐ左に券売機があります。

DSCF3019 (480x360)
滅多に来られないだろうからと、二人とも特製らー麺をチョイス。

DSCF3022 (480x360)
10分ぐらいの待ちで入店することが出来ました。
ちょっと階段を降りて、フロアに出ます。

DSCF3024 (480x360)
前のお店の「百舌」に来たのがもうだいぶ前だったので、内装がどうだったか、あまり思い出せず(汗)。
現在は「斑鳩」らしく、シンプルながらオシャレな内装です。

「斑鳩」が登場した頃はラーメン屋さんなのに小洒落た感じがすごく評価を受けましたが、もうそれも当たり前の時代になりましたね~。

DSCF3025 (480x360)
右手に厨房があり、L字型のカウンター席です。
私たちは真ん中ぐらいの席に通されました。

DSCF3028 (480x360)
卓上にはグラス、ティッシュペーパー、割り箸、爪楊枝、各種調味料などが置かれています。

DSCF3027 (480x360)
レンゲが入った小皿には布がかけてあるのは、九段下時代からの気配りですね。

DSCF3026 (480x360)
お水はポットがカウンターの上に置いてあるので、セルフで入れます。
切り子のグラスも以前と同じでした。

DSCF3029 (480x360)
厨房はカウンターと同じ高さなので、調理している姿がとてもよく見えます。
ラーメン本やマスコミなどで見覚えのある店長さんのほか、3・4人の男性店員さんがとても忙しそうに動き回っていました。
接客はとても丁寧で、特に店長さんはお客さんに色々と声をかけていました。

DSCF3030 (480x360)
チャーシューの大きな塊に目が釘付けです(笑)。


特製らー麺  (950円)
DSCF3032 (480x360)
それ程待たずに、特製らー麺が登場!
白い器に青の唐草模様?が描かれた器で、白っぽいスープに海苔、味玉、水菜、チャーシューがのせてあります。

DSCF3033 (480x360)
海苔は2枚ありました。
九段下時代の写真を見たところ、1枚だったので、増量したのかな?(笑)。

DSCF3034 (480x360)
相変わらず、とっても美味しそうなビジュアルです。
ただ、スープは以前よりもかなり白っぽくなりました。

DSCF3037 (480x360)
中央には彩りに水菜をトッピング。

DSCF3038 (480x360)
卵は丸ごと一個分で、半分に切ってありました。

DSCF3036 (480x360)
メンマは極太サイズで、量もたっぷり。
柔らかかったり、食感を楽しむ部分もありました。

DSCF3035 (480x360)
チャーシューは大きめのものが3枚。
淡いピンク色に脂の白いサシが入っていて、とっても美味しそう。

DSCF3039 (480x360)
とても小さなあられが入っていて、食べている途中、とっても良いアクセントになっていました。
これは九段下時代にはなかったんじゃないかなぁ?
個人的にはこれがとってもお気に入りでした。

DSCF3040 (480x360)
まずはスープを一口。
九段下時代から熱々ではありませんでしたが、この時もそうでした。
猫舌の先輩には食べやすくてよかったようです。
トロッとした口当たりで、こちらは九段下時代よりも濃厚で旨味たっぷりになった様に思います。
美味しい~。

DSCF3042 (480x360)
麺は白くて細いストレート麺でした。
スープよりは熱々で、ボリュームは普通です。

DSCF3045 (480x360)
卵は固めの半熟で、黄身のオレンジがとっても鮮やか。
甘味が合って美味しかったです。

DSCF3047 (480x360)
卓上に味変調味料があったので、使ってみました。

DSCF3046 (480x360)
こちらは白胡椒。
濃厚なスープが少しすっきりしたかな?

DSCF3043 (480x360)
チャーシューは厚みがあって、ボリューム抜群。
お肉は柔らかで美味しかったです。

DSCF3048 (480x360)
ユズ七味唐辛子もかけてみました。
あまりユズっぽさはわかりませんでしたが、唐辛子のピリッと感はありました。


名店の復活はずいぶんお待たせでしたが、濃厚なスープにたっぷりのメンマ&チャーシューがとっても美味しくてお腹いっぱいになりました。
以前よりイマドキらしい味になったと思いますが、個人的には現在の味わいの方が好みなので嬉しいです。
Oさんにも紹介したいし、メニューが増えたらぜひ再訪してみたいです。





2016年5月18日訪問時お店DATA
******************************
九段 斑鳩 市ヶ谷本店 (いかるが)
〒102-0074
東京都千代田区九段南4-7-16 第五DMJビル1階
電話 03-3239-2622
営業時間 11:30~14:30
定休日 日曜日~火曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/18 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(6) |
中国居酒屋 佳陽  @市ヶ谷
昨夜の地震は、かなり久しぶりに緊急地震速報が鳴ったということもあり、ビックリでした~。
会社でたまたま先輩と残業中だったので、よかったです。
事務所がかなり古いマンションなので、一人だったらかなり心細かったかも。

DSCF3004 (480x360)
2016年5月10日は、午前中の打ち合わせがのびてしまい、しかも、午後も早くから予定があったので、前日に引き続き、先輩の独断で「中国居酒屋 佳陽(かよう)」へお弁当を買いに行ってくれました。

DSCF2106 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りに右側を半蔵門方面に向かって進み、最初の交差点を越えて少し行った先にグローリア初穂平野ビルがあり、お店はその地下1階にあります。


地図です。

DSCF8973_20131224053335ac0.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
まだGEMS市ヶ谷が存在していないので、かなり古い写真です(笑)。

「佳陽」は2013年11月にオープンしました。
2015年11月頃からお弁当の販売も始まっています。

この場所には2012年10月17日にオープンし、2012年10月18日にランチ訪問した「上海料理・四川料理 ミスターバン酒菜 市ヶ谷店」がありましたが、1年ぐらいで閉店したようです。

さらにその前にはこの界隈では老舗だった「金糸」というお店がありましたが、2012年5月25日に閉店しました。

DSCF6500 (480x360)
前回ランチ訪問したのは2015年10月23日でした。
前回お弁当を購入したのは2016年4月1日だったので、約40日ぶりです。

お店に向かう階段の真横でお弁当を販売しています。

DSCF6501 (480x360)
店内のメニューと一緒に、お弁当のメニューが写真入りで大きく出ていました。

DSCF0096 (480x360)
新メニューも登場しています。
2種類は500円、もう2種類は600円です。

女性店員さんがお一人で切り盛りしていますが、とても明るく優しい方です。

DSCF6502 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
前回販売していた中華スープですが、この日はあったかどうか、記憶がありません。

先輩が12時半頃に買いに行ったら、残りがちょうど4個だったとのことで、全て買い占め。
後ろにも人が並んでいたので、大変申し訳なかったとのこと。

DSCF0099 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
持ち帰り袋は一般的な白いビニール袋です。
お箸は断りました。

DSCF3003 (480x360)
中から取り出すとこんな感じ。
お弁当の容器もプラスチック製で、下は黒、フタは透明です。

DSCF3016 (480x360)
いつもお箸はお断りしていますが、この日はうっかりいただいてしまったとのこと。
中華らしい、真っ赤な箸袋です。


回鍋肉  (500円)
DSCF3004 (480x360)
いただきま~す!

メイン、副菜2種、お新香、ご飯のセットです。
500円とは思えない充実ぶり。
さすが中華です。

DSCF3007 (480x360)
ご飯の量も、なかなか多いです。

DSCF3008 (480x360)
黒ゴマが振ってありました。
以前、一回だけすごくご飯が美味しくないときがありましたが、この日はフツーに美味しかったです。

DSCF3010 (480x360)
お新香は、中華の定番ザーサイです。

DSCF3009 (480x360)
副菜の一つはカボチャのフライです。
キャベツの千切りが敷いてあったのですが、長すぎて飛び出しちゃっています(笑)。

DSCF3014 (480x360)
小さめでしたが、甘かったです。

DSCF3005 (480x360)
もう一つの副菜は、塩焼きそばみたいなもの。
薄味でとてもあっさりしていました。

DSCF3006 (480x360)
メインの回鍋肉です。
お肉のほか、キャベツ、ニンジン、ピーマンなどが入っていました。

DSCF3011 (480x360)
ちょっと脂っぽさがありましたが、野菜たっぷりなので、それほど気にならなかったです。
タレが下にたまっちゃっていたので混ぜ合わせながら食べました。
結構ピリ辛です。


油淋鶏  (500円)
DSCF3012 (480x360)
こちらは先輩の食べた油淋鶏。
ボリュームたっぷりです。

この日、市ヶ谷から帰ったのですが、こんな光景に出くわしました。

DSCF3049 (480x360)
野良猫ちゃんたち。

DSCF3050 (480x360)
右手前。

DSCF3051 (480x360)
左ちょっと奥。

DSCF3052 (480x360)
真ん中奥。

彼らは兄弟なのか親子なのか、見た目はほとんど同じ。
触れる雰囲気は全然ありませんでしたが、かわいかった~。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


[イートイン]
マーボードーフ (2013年11月26日
ちゃんぽん(辛口) (2014年6月6日
四川風レバー炒め (2014年7月4日
麻辣刀削麺 (2015年10月23日

[テイクアウト]
油淋鶏 (2015年11月13日
「佳陽」酢豚 (2015年12月1日
木くらげ・玉子・豚肉炒め (2016年1月26日
ネギチャーシュー (2016年4月1日
回鍋肉  (2016年5月10日


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF1208 (480x360)

DSCF1209 (480x360)

DSCF1211 (480x360)

DSCF1207 (480x360)


名刺です↓
DSCF7390_20131219081251951.jpg

DSCF7392_2013121908125369f.jpg


チラシです↓
DSCF6681 (480x360)

DSCF6682 (480x360)

DSCF6683 (480x360)

DSCF6684 (480x360)

DSCF6685 (480x360)





2016年5月10日購入時お店DATA
******************************
中国居酒屋 佳陽 (かよう)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-2 グローリア初穂平野ビル地下1階
TEL  03-5211-8408
営業時間 
[昼]11:00~15:00 
[夜]17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 日曜日(予約のみ可)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分
地下鉄麹町駅から徒歩4分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/17 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
この週末はとっても良いお天気でしたね~。
みなさま、楽しく過ごされたでしょうか?
今日から新しい一週間が始まるのでちょっとブルーな気持ちもありますが、仕事がたっぷりあるので、がんばります☆

そうそう、錦糸町で発生した車が突っ込んだ事件ですが、私がよく歩く場所で、昨日も夕方に現場近くを通りかかっていたので、ビックリしちゃいました。
人がとても多い場所なので、ホント、怖いです。。。

DSCF2992 (480x360)
2016年5月9日は週の最初の月曜日。
午後早くから来客の予定があったのですが、先輩が上司にランチをどうするか聞いてもうだうだしてなかなか答えなかったので、千代田四番町ランチ屋台の「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」でお弁当を買うことに、勝手に決定(笑)。

DSCF3521 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。


地図です。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

以前は、月曜日には「エスエヌダイニング」という屋台が来ていましたが、いつ頃からに撤退していました。
あまり通っていなかったので詳しい時期はわからないので、2014年春頃とさせていただきます。

DSCF3522 (480x360)
エスエヌダイニング」の後、こちらの「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」というお店が来るようになりました。

DSCF7260 (480x360)
車の前にはメニューの看板が置いてあります。
写真が大きくて、とっても見やすいです。

メニューは3種類のシシリアンライスと日替わりの合計4種類で、お値段は全て680円です。
ご飯とサラダの大盛りは無料です。
ハーフ&ハーフも無料でお願いすることが出来ます。

DSCF7265 (480x360)
注文方法はとてもシステマチックです。
まずご飯とサラダの量の組み合わせを番号で答え、次に、お肉(おかず)を選び、ソースを選びます。

ご飯は少なめ・普通・多めの3種類、サラダは並盛り・大盛りの2種類、おかずは4種類、ソースは6種類あります。

DSCF7263 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
定番のほか、日替わりメニューが1種類あります。

DSCF6245 (480x360)
女性店主さんが一人で切り盛りしています。

前回お弁当を購入したのは2016年2月8日だったので、約3ヶ月ぶりです。

DSCF7264 (480x360)
デザートの販売も始めたようです。

DSCF6244 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お会計や袋詰めなどは基本的にセルフサービスです。
車の前には小さい台が置かれていて、ここで袋詰めなどをします。

DSCF6246 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
美味しそうなお料理が並んでいて、テンションアップ!

この日は全員分を先輩が買いに行ってくれました。
ありがとうございます☆

DSCF7266 (480x360)
この持ち帰り袋は、よくある白いビニール袋です。

DSCF2990 (480x360)
お弁当の容器はプラスチック製で、下は白、フタは透明です。

DSCF2991 (480x360)
先輩にリクエストして、この日はビーフとチキンのハーフ&ハーフにご飯少なめ・野菜大盛り・唐辛子ソース?を買ってきてもらいました。
先輩、他のメニューと混じらないよう、フタにメモを書いてくれています(笑)。


シシリアンライス ビーフ&チキン  ご飯少なめ・サラダ大盛り・唐辛子ソース?  (680円)
DSCF2992 (480x360)
フタをオープン!
ご飯の上におかずと野菜をのせ、ソースをかけてあります。

DSCF2994 (480x360)
サラダはたっぷりのキャベツ・タマネギ・水菜・レタスなどなど。
写真には写っていませんが、スイートコーンやゴボウなども入っていました。

DSCF2993 (480x360)
サラダの中央には砕いたチップスがトッピングされています。
量はそれ程多くありませんが、しっかり混ぜ合わせてから食べると、時々パリッ・カリッとした食感を感じられ、とてもいいアクセントになりました。
意外と水分を吸いにくいのか、最後まで存在感があります。

DSCF2995 (480x360)
ソースは確か、辛い物好きの私のために先輩が唐辛子ソースにしてくれたと思います。
結構しっかりと辛くて美味しかったです。

DSCF2998 (480x360)
ご飯は少なめです。

DSCF2996 (480x360)
チキンは一口大で、数は結構入っています。

DSCF3002 (480x360)
柔らかでした。

DSCF2997 (480x360)
牛肉は薄切りですが、こちらもボリューミーです。


初めてハーフ&ハーフを食べましたが、大好きなチキンとビーフの組み合わせだったので、大満足。
ご飯を少なめにしたので全体のボリュームは普通ですが、かなりたっぷりのお肉が入っていたので美味しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
元祖ポークシシリアンライス (2014年6月2日
元祖ビーフシシリアンライス (2014年12月1日

ビーフ&チキン (2016年5月9日

麻婆春雨 (2014年6月9日
The マーボーどうふ (2015年11月30日
ビーフクリームシチュー (2016年2月8日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年5月9日購入時お店DATA
******************************
[千代田四番町屋台ランチ]
佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 月曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/16 05:00】 | 郷土料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
とんちゃん 四谷店  @四谷三丁目
昨日に引き続き、今日も良いお天気ですね~。
それなのに、私はマンションの雑事で夕方近くまで自宅待機していなければならず、ガッカリ(泣)。
みなさまは、楽しい日曜日を☆

本日はギャップを埋めるために過去記事をアップしま~す。

DSCF7112 (480x360)
2015年1月17日は2015年最初の「妻家房」でのキムチ教室でした。
いつも楽しみにしている界隈のラーメン屋さん巡りですが、さすがに新店のネタが尽きたので、少し前に見つけた「とんちゃん 四谷店」という韓国料理屋さんへ行ってみることに。

DSCF7083 (480x360)
お店に向かう途中、2012年4月21日にランチ訪問した「喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店」が2014年11月16日から休業していることを知りました。
今回調べたところ、2015年3月3日にリニューアルオープンしたそうです。

DSCF7123 (480x360)
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から新宿通りの右側を新宿方面に向かい、角を三つ越えてもう少し行くと中川ビルがあり、お店はその地下1階です。


地図です。

DSCF7124 (480x360)
とんちゃん」は、2002年にオープンした日本発のサムギョプサル専門店だそうで、都内に11店舗展開しています。
2012年6月にオープンした四谷店は一番新しい支店です。

DSCF7122 (480x360)
新宿通りを挟んでほぼ問面に韓国文化院があるので、四谷店がここに出来たのかな?

DSCF7126 (480x360)
新宿通りにはランチメニューの看板が出ています。

DSCF7127 (480x360)
以前通りかかった時、土曜日なのに結構にぎわっているのを見て、良さそうだなぁと思っていました。

DSCF7125 (480x360)
正面の階段を降りて、入店します。

DSCF7103 (480x360)
午後1時20分頃に入店すると、7割程の人の入り。
人数の多いグループもいたし、土日祝もランチメニューがありますが、昼間からディナーメニューでサムギョプサルなどを焼いている人も多くて、とっても賑やかでした。

ちょっと見にくいですが、冷蔵ケースの中に野菜がたくさん入っています。

DSCF7104 (480x360)
シンプルですがとてもキレイな内装です。

DSCF7105 (480x360)
真ん中ぐらいに大きなテレビがあって、K-POPが流れています。
たまたまだったんですが、サービスショットになっちゃいましたね(笑)。

DSCF7092 (480x360)
私は奥の方の4人テーブルに通されました。
独占して使えたので、とっても広々。

DSCF7107 (480x360)
こちらのお店ではサムギョプサルをオンドルという石で焼くそうです。
本来オンドルは床暖房の材料として使いますが、サムギョプサルに使うと焦げずに脂が出て行き、お肉を美味しく食べられるとか。

DSCF7106 (480x360)
右側にある窪んだところにお肉から出た脂が集められるのだと思います。

次回はサムギョプサル、食べたいなぁ。

DSCF7093 (480x360)
お水のボトルがお酒の広告が入ったプラスチック製で、コップはアルミ製。
うーん、本当に韓国にいるみたい。
写真だけ見ると勘違いしちゃいそう。

DSCF7094 (480x360)
使い込まれていて、ラベルはかなりボロボロ(笑)。

DSCF7095 (480x360)
もちろん、スプーンとお箸も韓国製です。
長くてちょっと重たいです。

店員さんはもちろん韓国人で、オーダーなどで厨房と韓国語が飛び交っていました。

DSCF7084 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF7085 (480x360)
ランチタイムは午前11時から午後4時と、とっても長いです。
メニューはかなりたくさんあって、全品日替わりおかずが6品付きます。
韓国本場のスタイルで嬉しい~。

DSCF7089 (480x360)
ご飯や麺やスープなどなど、なんと種類は32種類もありました。
決めかねた私は店員さんにどれが一番辛いメニューか聞いてみたところ、牛すじ煮込みとのこと。(780円)だったので、こちらを中門。お願いしました。
オススメメニューで、牛すじ肉を柔らかく甘辛く煮込んだものだそうで、こちらを注文しました。
メニューの日本語読みがそのままハングル表記になっています(笑)。

DSCF7096 (480x360)
程なくバンチャンが登場!
小さなアルミのお皿に盛られたおかずは6種類と、豪華~。
やっぱりこのスタイルはかなりテンションが上がります。

DSCF7097 (480x360)
青菜のキムチ?
あっさり味でしたが辛味が強かったです。

DSCF7098 (480x360)
海苔とキュウリの三杯酢和えみたいなもの。
甘さとお酢の酸味がしっかりと利いていました。

DSCF7099 (480x360)
キュウリなどの野菜の辛味あえ?
キュウリの他、ニンジンや赤パプリカなどが入っていました。
見た目ほどは辛くなくて、キュウリの食感がよくて美味しかったです。

DSCF7100 (480x360)
豆もやしのナムル。
さっぱりしていて、豆の部分がコリコリしていました。

DSCF7101 (480x360)
カクテキ。
見た目ほど辛くなくて、酸味がと甘みのバランスがよくて美味しかったです。

DSCF7102 (480x360)
青菜の白和えのようなもの。
結構塩気が強かったです。

DSCF7108 (480x360)
バンチャンをちょこちょこつまんでいたら、牛すじピリ辛煮こみが登場。

DSCF7110 (480x360)
ご飯は小さくて丸いフタ付きのアルミのお皿に入って出て来ました。
表面には福の文字が彫られています。
今はなくなってしまいましたが.「長寿韓酒房」も同じ器を使っていました。


牛すじ煮込み  (780円)
DSCF7112 (480x360)
いただきま~す!

DSCF7113 (480x360)
ご飯は少なめに見えたので、あまりおかずでは食べず、ほとんど最後の雑炊にとっておきました。

DSCF7109 (480x360)
牛すじ煮込み小さな土鍋に入っていて、グツグツと燃えたぎっています。
熱そう~&辛そう~。
猫舌の私はすぐには食べられません。
ある程度冷めたな~と思って食べても、土鍋なので中はずっと熱いまま。
寒い時期は嬉しいのですが、私はうっかり熱々の具を食べて口の中に水ぶくれを作っちゃいました(汗)。

DSCF7114 (480x360)
しばらく放置プレイにして、ようやくグツグツ言わなくなったスープの表面をすき取り、さらにフーフーして、ようやく一口いただけました。
最初甘みが来ますが、コクがあり、ちょっととろみがかったスープは後からしっかりとした辛さがやって来ます。
濃厚で美味しい!
スープをどんどん飲みたいけど、熱くて飲めない(笑)。

DSCF7117 (480x360)
すじ肉は一口大のものがゴロゴロ入っていました。
時々ぷりっとしたところもありましたが、ほとんどが柔らかくてホロホロした食感です。

DSCF7118 (480x360)
お肉だけでなく、ネギなどのお野菜も入っていました。

DSCF7119 (480x360)
ある程度食べたところでスープにご飯を投入!
入れてみて気付いたのですが、このご飯の器、小さく見えますがかなりギューッと入っているので、土鍋に移してみると、こんなてんこ盛りになってしまいました(汗)。

DSCF7120 (480x360)
やり過ぎちゃったかしらと、スプーンでほぐしながら混ぜ込んでいったら、全然大丈夫でした。
何しろスープが濃厚なので、お米がその旨みをたっぷり吸い込んで、めちゃウマ!

DSCF7121 (480x360)
美味しく完食!
お腹いっぱいです。


メインの量はそれ程量はありませんが、おかずたっぷりなので、これで780円はかなりお得だと思います。
またぜひ違うメニューを食べてみたいです。


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のお店です↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  【閉店】ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  【閉店】らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  【業態変更】太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日2014年6月21日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  【閉店】そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日
40  Ramen TOKI (2015年6月20日
41  横浜家系らーめん たけ家  (2015年7月4日
42  【閉店】ラーメン力 東風  (2015年9月5日
43  鯛塩そば 灯花 (2015年11月7日) 
44  ハナウタ。 (2016年1月23日
45  にぼっしー中華そば家 (2016年2月6日
46  麺屋西川 (2016年3月5日) 

◎ラーメン以外

 1  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 2  キッチン たか (2013年6月15日
 3  大阪鮨 四谷 八竹 (2014年7月5日
 4  なか卯 四谷三丁目店 (2014年11月1日
 5  とんちゃん 四谷店  (2015年1月17日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF7084 (480x360)

DSCF7085 (480x360)

DSCF7086 (480x360)

DSCF7087 (480x360)

DSCF7088 (480x360)

DSCF7090 (480x360)

DSCF7091 (480x360)





2015年1月17日訪問時お店DATA
*****************************
とんちゃん 四谷店
〒160-0004 
東京都新宿区四谷4-3-2 中川ビル地下1階
電話 03-5368-2568、03-5368-2569
営業時間 11:00~23:30
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅2番出口から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/15 00:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(2) |
俺のフレンチ GINZA  @新橋/銀座
今日は朝から良いお天気ですね~。
洗濯機をガンガン回しています。
ただ、風がちょっと強いので、ジョギングに行くかどうか、悩み中。。。(汗)
みなさまも、楽しい土曜日を☆

本日は、マイブログ圏外の銀座にある「俺のフレンチ」のレポートです。

DSCF2934 (480x360)
2016年5月6日はGWの谷間の金曜日。
この日の夜、友人と新橋にある「俺のフレンチ(おれのふれんち) GINZA」へ行きました。

DSCF2876 (480x360)
店名は「銀座本店」ですが、住所は銀座8丁目なので、最寄りはJR・地下鉄新橋駅です。
新橋駅銀座口から第一京浜に出て左側の首都高を越えたら左折し、最初の角を右折します。
少し行くと左側にお店があります。


地図です。

DSCF2878 (480x360)
食事とは関係ないですが、時間があったので周りを散策していたら、お店と同じ並びに銭湯を発見!
銀座のど真ん中にまだ銭湯が営業しているなんてすご~い!
利用している方もいました。
私も入って見たい~。

DSCF2875 (480x360)
「俺のフレンチ」は、ブックオフの創業者としても有名な坂本孝氏が主宰する俺の株式会社が運営するお店で、ミシュランを取ったお店などから有名シェフをヘッドハンティングし、立ち食いなどで回転率を高くすることで」高級料理を低価格、しかも、原価率が60%を越えるという高CPでいただけるとのこと。
フレンチに限らず、イタリアン・スパニッシュ・焼肉・和食・そば・焼き鳥・中華なども展開しています。
系列店を銀座に集中して開店させていることも有名で、この界隈だけでも数店舗あります。
この「GINZA」は、2012年5月16日にオープンし、その後、2015年6月29日に全席着席店舗としてリニューアルオープンしました。

DSCF2877 (480x360)
こちらのお店で腕をふるっているスーパーシェフなどの写真が、お店の壁に大々的に貼り出されています。
個人的にはこのドヤ顔というか、ナルっぽい演出は苦手(汗)。

こちらのお店には2014年6月13日に別の友人とディナー訪問したことがあるので、今回が2回目。
前回はお店の前に数十人がたむろっていましたが、ブームもやや落ち着いたのか、客側がお店のシステムを理解したのか、予約時間よりもちょっと早めにお店に到着した時はほとんど人影はなく、ウェイティングのイスはガラガラ。

DSCF2882 (480x360)
それでも、予約時間が近くなると、人がたくさん集まってきました。
オーダーなどの関係で、席が空いていたとしても、予約時間に一斉に入店しなければなりません。

名前の確認の他、裏メニューの注文があったので、お願いしちゃいました。

DSCF2903 (480x360)
フロアはそれほど広くはなく、1階と2階があります。
以前は1階は立ち呑みでしたが、改装でテーブル席が置かれていました。

かつては毎月1日に電話予約をしていましたが、現在は全店でネット予約ができるようになって、とっても楽ちん。
予約が早かったのか、3番目ぐらいに呼ばれ、2階に通されました。

DSCF2902 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
本日のおすすめワインが壁に掛かっています。

DSCF2883 (480x360)
私たちは一番奥の席に着席。
テーブルはかなり小さめです。
卓上には紙ナプキン、爪楊枝、小皿が置いてあり、カトラリーとおしぼりがセッティングしてありました。

DSCF2885 (480x360)
おしぼりには系列店がたくさん書かれています。
こんなに増えたんですね~。

DSCF2888 (480x360)
まずはドリンクをオーダー。
折角なので、俺のシャンパンをお願いしました。

注文は、メニューの品切れがないように、順番にテーブルを回るので、少し時間がかかることがあります。


俺のシャンパン (1,280円税別)
DSCF2890 (480x360)
久しぶりの食事会に乾杯!
泡がたっぷり、すっきりした味わいで美味しかったです。


アミューズ  (300円税別)
DSCF2884 (480x360)
アミューズは、オリーブ、ベーコン、チーズのピンチョス。
最初からテーブルに置かれていました。
厚みがすごい!
どれも外れのない味わいで、お酒が進みます。

DSCF2887 (480x360)
いよいよ、お料理の注文。
「俺のフレンチ」のスペシャリテであるオマール海老とロッシーニは絶対頼もうと思っていました。
ところが、入店前に裏メニューで限定3つという肉の盛り合わせを注文していたので、店員さんからストップをかけられちゃいました(汗)。
何でも、肉の盛り合わせは総重量が1キロあり、以前も女性二人客が同じようにスペシャリテを注文したところ、食べきれなかったとのこと。
私はそれでもチャレンジしたかったのですが、大食いのはずの友人がちょっと躊躇ったので、ロッシーニは泣く泣く諦めました(泣)。


色々野菜の自家製ピクルス  (380円税別)
DSCF2909 (480x360)
たっぷりのお肉を注文したので、さっぱり系の野菜として、こちらを注文。

DSCF2908 (480x360)
赤・黄・緑パプリカ、レンコン、カリフラワー、ニンジンなどなど。
彩りもきれいでした。


サーモンのカルパチョ 柑橘の香り  (580円税別)
DSCF2904 (480x360)
こちらもさっぱり系として注文した一皿。
サーモンの鮮やかなオレンジ色が黒のお皿に映えて、とってもキレイ。

DSCF2905 (480x360)
オレンジの果肉、赤い花びら、生ハーブも散らしてあります。
ボリュームは普通でした。


パン2種類  一人分(300円税別)
DSCF2913 (480x360)
店員さんからパンを勧められたので、一人分だけお願いしました。
ミルクパンと米粉パンです。


フランス エシレバター  (480円税別)
DSCF2912 (480x360)
一人分なのに、バターがでかっ
このバター、滅茶苦茶美味しくて、パンにたっぷり塗って食べたのですが、それでもたくさん残ってしまい、もっと食べたくてパンを追加オーダーするかどうか、とっても悩みました。
でも、この記事を書いていて気付いたのですが、これって有料だったんですね。
しかも、パンよりも遙かにお高い(汗)。

DSCF2949 (480x360)
結局、こんなに残しちゃった。。
持ち帰りが出来れば良いのに~。(←おばちゃん発想w)


ディービー かちわりメガジョッキ (880円税別)
DSCF2914 (480x360)
シャンパンを飲み終え、白のスパークリングをお願いしようとしたら、メガジョッキサイズを勧められました。
3倍近く入っていて、とってもお得とのこと。
どんな感じか見てみたくて、注文してみたら、本当にメガジョッキでした(笑)。
オーストラリア産だそうですが、すっきりして美味しかったのです。


カナダ産活けオマール海老のロースト 甘美な貴腐ワインソース  (2,880円税別)
DSCF2916 (480x360)
俺のフレンチのスペシャリテの一つ、オマール海老が登場!
記憶がおぼろげですが、4周年記念のイベントで、平日限定でオマール海老が20%大きいとか。
一人半分ずつ食べられるのが、と~っても贅沢!

DSCF2917 (480x360)
オマール海老の難点は、大きさの割には食べる部分が少ないこと。
でも、20%増量のおかげか、量は多めでした。
しっかり焼き付けた香ばしさもたまらなかったです。

DSCF2921 (480x360)
いよいよ、裏メニューの登場!


俺の肉盛り  (1,980円税別)
DSCF2922 (480x360)
どーん!!
お肉が総勢6種類、1キロ分です。
原価率100%だそうです。ホント?

DSCF2934 (480x360)
ボリューム感が伝わるでしょうか?
お肉は、シャラン鴨もも肉のコンフィ、イベリコ豚肩ロースのグリル、バベットステーキ、プラチナポークのフランク、酵素ポークハムステーキ、生ベーコンのグリルとのこと。

DSCF2932 (480x360)
でも、ワタクシ、見た瞬間、食べられる!と確信しました(笑)。

DSCF2925 (480x360)
マスタードと粒マスタードはたっぷり。


ディービー かちわりメガジョッキ (880円税別)
DSCF2938 (480x360)
かちわり、気に入ったので、おかわりしちゃいました。

DSCF2923 (480x360)
イベリコ豚肩ロースのグリルかな?
量がたっぷり。

DSCF2927 (480x360)
シャラン鴨もも肉のコンフィ、鴨が入っているとは思わなかったので、嬉しかったです。

DSCF2928 (480x360)
この生ベーコングリルは、かなりしょっぱかったです。

DSCF2939 (480x360)
友人がお水をお願いしたので、私の分もいただきました。

DSCF2937 (480x360)
プラチナポークのフランクは皮がぷりっとしていて、旨味が濃くて美味しかったです。

DSCF2941 (480x360)
まずはそのままいただきました。
下味がついているので、充分美味しい。


貴腐ワイン ~ベンリエ?~  (1,200円税別)
DSCF2945 (480x360)
オマール海老を食べている時、店員さんからそのソースに使われている貴腐ワインをいかがですか?と勧められました。
私は甘い味のお酒が苦手なので断りましたが、友人は折角だからと、注文。

「俺のフレンチ」、こんな風にちょこちょこと店員さんが裏メニューやオススメなどを勧めてきます。
客単価を上げる作戦ですね(笑)。
でも、話し方がとっても上手なので、嫌な感じは全然しませんでした。

DSCF2940 (480x360)
食感柔らかだったり、しっかり目だったりといろいろで、食べ飽きなかったです。

DSCF2935 (480x360)
途中からマスタードをつけたりして、美味しく完食。


俺のブラマンジェ  (380円)
DSCF2943 (480x360)
私と違ってデザート欠かせない友人は、最後にこちらを注文。
とっても美味しかったとのことで、友人は大満足でした。

DSCF2946 (480x360)
この日の伝票です。

DSCF2952 (480x360)
お会計は合計15,206円、一人7,603円でした。
なんだかんだで、結構いいお値段になりました。


立食時代のお値段を知っていることや、最近は格安ビストロが急増していることを考えると、「俺のフレンチ」のアドバンテージはだいぶ減ったな~とは思いますが、フォアグラ・キャビア・トリュフなどのキラキラ食材が演出されているのは楽しいし、美味しくてお腹いっぱいでした。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した銀座・有楽町界隈のお店です↓ ◇・◆・◇・◆・◇

らーめんダイニング ど・みそ 京橋本店 (2012年4月7日
AUXAMIS des Vins 本店 (2012年8月16日2013年1月18日2013年3月21日
中国名菜処 悟空 銀座店 (2012年9月13日
スパゲッティ&カレー ジャポネ (2013年6月4日
俺のフレンチ GINZA (2014年6月13日2016年5月6日
銀座天龍 (2015年10月4日
Le Bonze (2015年11月6日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF2887 (480x360)

DSCF2888 (480x360)

DSCF2889 (480x360)

DSCF2894 (480x360)

DSCF2895 (480x360)

DSCF2896 (480x360)

DSCF2897 (480x360)

DSCF2898 (480x360)

DSCF2899 (480x360)

DSCF2901 (480x360)

DSCF2900 (480x360)





2016年5月6日訪問時お店DATA
*******************************
俺のフレンチ GINZA (おれのふれんち) 
〒104-0061 
東京都中央区銀座8-7-9
電話  03-6280-6435
営業時間 16:00~23:30(フードL.O.22:00、売り切れ・変更あり)
定休日 不定休
地下鉄銀座線新橋駅から徒歩1分
JR新橋駅から徒歩2分 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/05/14 09:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) |
ドトールコーヒーショップ 市ヶ谷駅前店  @市ヶ谷
昨日は湿気が少なく、カラッと晴れて、とっても気持ちの良い一日でしたね~。
今日も昨日以上に気温が上がるようです。
みなさま、楽しい週末を☆

DSCF2866 (480x360)
2016年5月6日はGWの谷間の金曜日。
上司と先輩がお休み、Oさんが外出中だったので、一人でランチをすることになりました。
本当は、2016年4月27日にプレオープンしたばかりの「九段 斑鳩 市ヶ谷本店」に行きたかったのですが、GW中に増加してしまった体重がなかなか落ちず、週末も控えていたので軽めにしなければと諦め、「瓢箪」へ。

DSCF2845 (480x360)
お店に行ってみると、ビックリ!
この時期は集客がよくないのか、臨時休業していました(泣)。

DSCF2844 (480x360)
メニュー表がキレイになっていたので、記念撮影。

がっかりしていても仕方ないので、当初予定通り「斑鳩」に行ってみたのですが、10人近く並んでいて、こちらも断念。
さらに新店があるかも、、、と思って靖国通りを歩いていたら、「鎌倉パスタ」があったのですが、待ちがあったので、このままでは食いっぱぐれちゃうと思い、「ドトールコーヒーショップ 市ヶ谷駅前店」でテイクアウトして事務所に戻りました。

DSCF2852 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りの右側を九段下方面に進み、通りを1本超えてしばらく行くと重盛ビルがあり、お店はその1階です。


地図です。

DSCF2851 (480x360)
「ドトール」は、1962年4月に設立された株式会社ドトールコーヒーが展開する巨大なコーヒーチェーン店で、直営店だけでも全国に260店舗以上あるとのこと。

この界隈にも支店が幾つかあり、2009年6月15日に麹町四番町店にランチ訪問四谷1丁目南店に2012年9月4日にモーニング訪問しました。

DSCF2846 (480x360)
12時半近くに入店したところ、先客は3人ほど。
それほど待たずにすぐに順番が回ってきました。

DSCF2847 (480x360)
フロアはそれほど広くはなく、右にカウンター、左にテーブル席が並んでいます。
イートインは満席だったようで、店員さんが入ってくるお客さんにアナウンスしていました。
一番手前にいた女性店員さん、とっても声が大きく、ハキハキとお客さんを捌いていました。。

DSCF2848 (480x360)
食べ物は、その場で作るメニューもありますが、既に出来上がっているサンドイッチなどもあるようです。
ただし、時間が遅かったので、棚の中はほぼ空っぽ(泣)。

結局、その場で作るメニューの中からミラノサンドとツナチェダーチーズを注文しちゃいました。
出来上がるまで、カウンターの奥の方に立って待ちます。

DSCF2853 (480x360)
事務所に戻ったのは12時45分。
やっぱり外で食べなくてよかった~。

持ち帰り袋は茶色っぽい紙袋です。

DSCF2854 (480x360)
袋には、シンプルですが見慣れたロゴが印刷されています。

DSCF2855 (480x360)
取り出すとこんな感じ。

DSCF2856 (480x360)<
おしぼりは紙ナプキンでくるんでありました。

DSCF2858 (480x360)
おしぼりは小さめなサイズ。
涼しげな水色の色合いがキレイ。
「ドトール」ってあまりブルー系のイメージがなかったなぁ~。

DSCF2859 (480x360)
パンはそれぞれ紙に包まれています。
こちらはミラノサンド。

DSCF2860 (480x360)
袋を留めるシールは透明で、ロゴが黒色です。

DSCF2861 (480x360)
メニュー名のチェックマークがありましたが、何も書かれていませんでした(笑)。

DSCF2862 (480x360)
「お早めにお召し上がりください」、とのこと。

DSCF2863 (480x360)
ツナチェダーチーズも同じく紙に包まれていました。

DSCF2864 (480x360)
ただ、こちらはホットメニューなので、熱さに注意!の赤いシールが貼ってあります。
確か、「赤いシールの方が温かいメニューです。」と、店員さんからもアナウンスがありました。

DSCF2865 (480x360)
こちらのチェックマークも空っぽ(笑)。


ミラノサンドC~やわらかチキンと半熟タマゴ~(410円)+ツナチェダーチーズ(350円)=760円
DSCF2866 (480x360)
いただきま~す!
どちらのパンも大きく、意外にボリューミーでビックリ。


ツナチェダーチーズ
DSCF2867 (480x360)
冷めないうちにと、ツナチェダーチーズから食べました。
真ん中ぐらいの場所に斜めに半分に切ってあります。

公式HPによれば、ツナチェダーチーズは、「しっかりとした旨みのツナサラダに、とろりと溶けた熱々のチーズが絶妙にマッチ。寒い時期のドトールの定番ホットサンドが今年も登場です。」とのこと。

DSCF2870 (480x360)
パンを半分に取り分けると、チーズがとろーり。
美味しそう~。

DSCF2871 (480x360)
鮮やかな黄色いチーズがたっぷり。
ツナとチーズは間違いない組み合わせで、パンは柔らかく、とっても美味しかったです。


ミラノサンドC ~やわらかチキンと半熟タマゴ~
DSCF2868 (480x360)
ミラノサンドは「ドトール」の看板メニュー。
3種類ある中から、この日はやわらかチキンと半熟タマゴにしてみました。
公式HPによれば、「タマネギ、ケーパー、レモン果汁、パセリを加え、酸味や香りのバランスをほどよく仕上げた特製のタルタルソースが、食材の味を引き立てます。」とのこと。

DSCF2869 (480x360)
レタスははみ出すほどたっぷり。

DSCF2872 (480x360)
ちょっと上のパンを開けて中を見ちゃいました。
レタスの上に薄切りのチキンや半熟タマゴが並べてあります。

DSCF2873 (480x360)
ツナチェダーチーズの方がインパクトある味だったので、それに比べちゃうとおとなしめな味わいでしたが、パン自体がとっても美味しかったです。

DSCF2849 (480x360)
この日のレシートです。

DSCF2874 (480x360)
朝晩の寒暖差にやられて、この日はちょっと風邪気味でした。
事務所ほぼ一人でいなければならなかったのと、この日の夜は友人とのディナーがあったので、葛根湯を飲んで、何とかやり過ごしました。


久しぶりにランチ難民になってしまいましたが、思いがけず、「ドトール」ランチは美味しくてボリューミーで大満足でした。
また違うメニューを食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまでドトールで食べたメニューはこちらです↓↓◇・◆・◇・◆・◇

ミラノサンド 
 海老とポテトのバジルソース  (2009年6月15日
 やわらかチキンと半熟タマゴ (2016年5月6日
カルツォーネ 
 チキンとキノコ  (2009年6月15日
ホットサンド
 ツナチェダーチーズ  (2016年5月6日

モーニング
朝だけセット トマトと豆のサルサドック (2012年9月4日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年5月6日訪問時お店DATA
*****************************
ドトールコーヒーショップ 市ヶ谷駅前店
〒102-0074
東京都千代田区九段南4-8-27 重盛ビル1階
電話 03-3238-7631 
定休日 なし 
営業時間 
[平日] 7:00~20:00
[土曜] 8:00~20:00
[日祝] 8:00~18:00
都営地下鉄新宿線市ヶ谷駅から徒歩2分
JR市ヶ谷駅から徒歩5分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅から徒歩7分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/13 05:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
今朝は朝から良いお天気ですね~。
雨だから、雨が降りそうだからと先延ばしにしていた外での仕事に行かなければ(笑)。

本日は、ギャップを埋めるための過去記事をアップしています。
過去と現在を行ったり来たりですみません(汗)。

DSCF7032 (480x360)
2015年1月15日は、上司とOさんが12時半頃に事務所に戻ってくる予定だったので、12時過ぎにアトレ四谷にお弁当を買いに行きました。
とても寒い日だったので、辛いものが食べたくて、「Pensri’s(ペンシーズ) Kitchen アトレ四谷店」でお弁当を購入。

DSCF2209 (480x360)
店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退しましたが、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドでした。


地図です。

DSCF7022 (480x360)
「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。

なんでも、日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がいらっしゃり、その方のプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。
メニューは時期によっていろいろと変わっているようです。

カウンターの後ろにレジがあるので、イートインスペースの横のレジに行かなくて済みます。
お願いすると、お弁当を温めてくれます。
ただ、奥の厨房での作業なので、レストランとの兼ね合いで少し時間がかかることがあります。

DSCF7684.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。

前回お弁当を購入したのは2014年12月24日だったので、約3週間ぶりです。
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しています。

DSCF7683.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。
イートインは行列が出来ていることが多いです。

DSCF6172 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
たまごトッピングをお願いすることが出来ます。
半熟のせいか、3時間以内に食べなければいけません。

DSCF7020 (480x360)
メニューにはトムヤムスープもあり、具が日替わりです。

DSCF7023 (480x360)
トムヤムラーメンの販売もしていました。
かなり気になります。

12時10分ぐらいにお店に到着すると、先客1名、後客1名ほど。
店員さんは女性が多いですが、最近は男性店員さんが対応してくれることもあります。

DSCF7019 (480x360)
「ペンシーズ」にはたくさんのメニューがありすが、この日、「限定!本日のスペシャル弁当」というシリーズ初めて見ました。
この日は2種類あったので、私は炙り豚肉のスパイシーハーブ和え(690円)をチョイス。

あと、とても寒くて雨の降る日だったので、トムヤムスープも買っちゃいました。
ずいぶん販売を初めていましたが、購入したのはこの日が初めて。
トムヤムスープは注文すると厨房で作ってくれます。
イートインが忙しいのか、出てくるまでけっこう時間がかかったので、お店の外観写真などを撮って時間をつぶしました。

DSCF4477_20140319203501ac8.jpg
大きいサイズのお弁当を購入すると、鮮やかな薄緑色の持ち帰りのビニール袋に入れてくれます。
淡い色調がとってもステキ。

DSCF2461 (480x360)
店名のロゴがデザインされています。

DSCF7024 (480x360)
普通サイズのお弁当を購入すると、一般的な白いビニール袋です。

この日は容器の形が全然違うからと、袋を二つに分けてくれました。

DSCF4086 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お箸やスプーンなどはお断りするようにしています。
スプーンは白いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF5786 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
おしぼりはやや小さめで、白っぽい半透明のビニール袋に入っています。

DSCF1876 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
箸袋はビニール製で、タイ料理っぽくなく、日本流に「OTEMOTO」と書かれています。

DSCF7026 (480x360)
スープはこぼれ防止でしょうか、別のビニール袋に入っていました。

DSCF7027 (480x360)
中から取り出すと、こんな感じ。

DSCF7029 (480x360)
お弁当の容器はフタが透明なプラスチックで下が紙製です。

DSCF7030 (480x360)
フタの下の方にはメニュー名、原材料名、賞味期限、値段、販売元などが書かれたシールが貼られています。

ちなみに、「ペンシーズ」のお弁当は、ここに書かれたメニューと店頭のメニュー名が結構違うことがあります(笑)。

DSCF7031 (480x360)
スープはプラスチック製のコップ型の容器で、下は白、フタは半透明です。


限定!本日のスペシャルお弁当~炙り豚肉のスパイシーハーブ和え~(690円)
+トムヤムスープ~海老のトムヤムクン~(180円)=870円
DSCF7032 (480x360)
いただきま~す!


トムヤムスープ ~海老のトムヤムクン~
DSCF7040 (480x360)
タイのお母さんの味であるトムヤムスープは、発汗作用のあるカプサイシンやレモングラスやカー(タイショウガ)、バイマクルー(こぶみかんの葉)などのハーブを使って独特の風味を出しているとのこと。
具は日替わりで、この日は一番ポピュラーな海老のトムヤムクンでした

こちらのトムヤムクンを見てびっくり。
赤くなくて、薄い茶色なのでお味噌汁ですと言われても、そのまま納得してしまいそう(笑)。

DSCF7044 (480x360)
食べてみると確かに辛さと酸っぱさがあって、トムヤムクンでした。
あまりに驚いて、先輩にも一口食べてもらっちゃいました。
こんなに赤くないトムヤムクンを見たのは初めてです。

トッピングにネギが散らしてあります。

DSCF7041 (480x360)
具は大ぶりのシメジと、、、

DSCF7042 (480x360)
海老が入っていました。
とても寒い日なので、身体の中からポカポカ温めてくれるので美味しかったです。

DSCF7034 (480x360)
ご飯はそれ程多くありません。
よく表面が凸凹になっていることが多いですが、この日は割合キレイでした(笑)。

DSCF7035 (480x360)
先輩曰く、この日は他のお料理よりもこのご飯の香りが一番強く感じたとのこと。
さすが香り米です。

DSCF7036 (480x360)
おかずはぎっしり詰まっていました。
右側にお肉、左に野菜です。
パクチや紫タマネギ?がトッピングされていました。

DSCF7038 (480x360)
ハーブ和えとありますが、巨大なキャベツが目立ちます。
キャベツはかなり大きめのカットで、芯に近い部分も入っていて、バリバリ囓る感じで食べました。

DSCF7039 (480x360)
キュウリは薄切りで、タイ料理屋さんらしく飾り切りになっています。

DSCF7037 (480x360)
お肉は結構大きくて、厚みもありました。

DSCF7045 (480x360)
少し固めの食感ですが、ちょっとしょっぱいぐらいのスパイシーな下味がついているので、とってもご飯が進みます。
キャベツにはドレッシングなどかかっていませんが、このお肉と一緒に食べると味の濃さが和らいで美味しく食べられました。

DSCF2049 (480x360)
この日のレシートです。

DSCF7033 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


実は後から帰ってきたOさんは、同じく「ペンシーズ」でお弁当を買っていて、しかも、同じ限定もののもう1種類でした。
なんという偶然!
確か、海老カレー?だったと思います。

お肉メニューでキャベツなどをしっかり噛み締めて食べたし、スープもつけたのでかなりお腹いっぱいになりました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
グリーンカレー弁当 (2012年3月21日
タイの白ナスのグリーンカレー (2014年11月20日) 
レッドカレー弁当 (2013年6月25日
豚肉とカボチャのレッドカレー弁当 (2013年10月7日
マッサマンカレー弁当 (2013年12月4日
海老の特製レッドカレーソース (2014年7月9日
イエローカレー弁当 (2014年8月28日

ペンシーズ弁当 (2012年5月23日
パッタイ弁当 (2012年11月30日
カオマンガイ弁当 (2014年5月29日
ガパオ弁当 (2013年10月7日
菜の花ガパオ弁当 (2014年3月31日) 
海老の特製レッドカレーソース&ガパオ (2014年9月25日
本日のタイ炒飯と焼きビーフン  (2015年10月16日) 
3種盛り弁当 (2013年3月14日
ガパオチキングリルライス&グリーンカレー (2015年12月14日

限定!本日のスペシャルお弁当
 炙り豚肉のスパイシーハーブ和え (2015年1月15日

軽めごはん パッタイ弁当 (2014年2月14日
軽めごはん ガパオ弁当 (2014年2月26日
軽めごはん ガパオ弁当/玉子入り (2014年12月24日2016年2月10日

サンドイッチガパオ  (2013年8月26日) 
サンドイッチ エビトムマヨ  (2013年8月26日) 

生春巻 (2012年3月21日
海老とアボガドの生春巻 (2014年3月31日
海老の生春巻 (2016年2月10日) 
ミニ揚げ春巻き (2013年6月25日

青パパイヤのサラダ (2012年11月30日
ヤムウンセン (2013年3月14日
ミニ春雨サラダ (2014年8月28日
目玉焼きサラダ (2013年8月26日) 
白きくらげサラダ(S)  (2013年12月4日
ミニ白キクラゲサラダ  (2014年7月9日) 
春雨サラダ(ヤムウンセン) (2014年2月14日
ミニパッタイ (2013年10月7日
ミニツナサラダ (2014年9月25日) 
エビとオクラのサラダ (2014年12月24日

豚肉のタイ風味揚げ (2013年10月7日
グリーンカレーコロッケ (2014年2月26日
揚げ豆腐のガパオがけ (2014年5月29日
タイ式鶏の唐揚げ  (2014年11月20日) 
トムヤムスープ (2015年1月15日2015年10月16日

[イートイン]
鶏挽肉のバジル炒めごはん 大人気!ガパオ
ちょっぴりがちょうどいい ミニフォーセット (2012年4月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウト用メニュー↓
DSCF3905 (480x360)

DSCF3906 (480x360)

DSCF3907 (480x360)

DSCF3908 (480x360)

DSCF3909 (480x360)

DSCF3910 (480x360)

DSCF3911 (480x360)

DSCF3912 (480x360)


チラシです↓
DSCF2560 (480x360)

DSCF2558 (480x360)

DSCF2559 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg





2015年1月15日訪問時お店DATA
***********************************
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店 (ペンシーズ キッチン) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階
TEL 03-5312-9733
営業時間
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 アトレ四谷店定休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/12 05:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
木村屋本店 小岩駅前  @小岩
今日も風が強くて、大荒れのお天気です。
湿度が高くて雨が降るので、なんだか一足早く梅雨入りしたような感じ。
早くすっきり晴れて欲しいなぁ。

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「木村屋本店」のレポートです。

DSCF2836 (480x360)
2016年5月4日はGW広範の連休の中日。
GW前半に旅行に行ってしまったので、軍資金が乏しい。。。(泣)。
なので、オープニングイベントをやっていた「木村屋本店(きむらやほんてん) 小岩駅前」へ行くことに。 

DSCF2842 (480x360)
JR総武線小岩駅の北口を出たら駅ビル沿いに東京方面に進み、一本目の道を越えた右手にパロマビルがあり、お店はその地下1階です。


地図です。

DSCF2843 (480x360)
「木村屋本店」は、株式会社KIDSが展開する居酒屋チェーン店で、もつ鍋やしゃぶしゃぶのほか、九州の郷土料理などを楽しめます。

小岩駅前店は2016年4月12日にオープンしましたが、会社の公式HPにはまだ掲載されていないようです(笑)。

四谷にも、2009年3月9日にランチ訪問した系列店の「もつなべきむら屋 四谷麹町」がありますが、こちらもいつの間にか「木村屋本店 四谷麹町」に店名変更していました。

この場所には「和民 小岩北口店」がありましたが、2016年3月末頃に閉店したようです。

DSCF2740 (480x360)
フロアはかなり広く、右手にカウンター席、それ以外にテーブル席がたくさん並んでいます。
内装はシンプルな和風で、とてもキレイでした。
「和民」時代、ずいぶん前に一度だけ訪問したことがありましたが、大まかな間取りは変わっていない気がします。

DSCF2741 (480x360)
私たちは二人だったので、カウンター席に通されました。
卓上にはメニュー、小皿、割り箸、お醤油等が置いてあります。

DSCF2744 (480x360)
呼び出しボタンもありました。

午後5時の開店直後に入店したので、先客は2組ほどしかいませんでしたが、その後続々とお客さんが入店。
特に家族客が多くて、あっという間にほぼ満席になりました。
実はオープンまで少し時間があったので、お店の前でちょこっと暇つぶしをしていた時、家族一組が先に入店しようとしたのに帰ってしまってたのですが、もしかしたら、テーブル席は満席だったのかもしれません。

DSCF2742 (480x360)
小さな卓上コンロが置いてありましたが、この日は残念ながら、出番なし。

2016年4月15日から2016年5月9日まで、オープニングイベントとして、
1 全品半額
2 90分しゃぶしゃぶ食べ放題が980円
3 飲み放題が980円(飲み放題用メニューから)
をやっていました。
全品半額サービスを受けると、2・3は適用されません。

しゃぶしゃぶにはあまり興味がなかったので、全品半額をチョイス。
とても太っ腹な企画なので、お酒も本当に半額になるのか、念のため確認(笑)。

DSCF2739 (480x360)
着席すると、店員さんから手渡しでおしぼりをいただきます。
チェーン店らしく、とっても明るくて丁寧な接客でした。
ただ、開店してから1時間ぐらい経つと、混雑で提供が遅れたり、オープニングイベントのことを知らずに来た人がシステムがよくわからずちょっとばたついていました。


プレミアムモルツ 中ジョッキ  (580円税別→290円税別)
DSCF2743 (480x360)
何はともあれ、ビールで乾杯!
ビールはサントリーのプレミアムモルツでした。

中ジョッキ、消費税を入れると600円を超えるのか~。
呑兵衛の私には、普段使いは出来ないなぁ。


お通し  (400円税別×2=800円税別→400円税別)
DSCF2745 (480x360)
お通しはお刺身の3種類盛り合わせでした。
これでお刺身が食べられたので、この日はお刺身の注文なし(笑)。

DSCF2747 (480x360)
白身?
お魚の説明は特にありませんでした。

DSCF2748 (480x360)
サーモン。
シラスをのっけているのが珍しいです。

DSCF2749 (480x360)
タイ?

お料理は博多などの九州郷土料理を中心としたメニュー構成になっています。
お店イチオシはもつ鍋ですが、二人だとそれだけでお腹いっぱいになっちゃうので、この日はそれ以外のお料理をいろいろと注文してみました。


名物!辛もつ (480円外税)
DSCF2800 (480x360)
酢もつが大好きですが、「木村屋本店」には、酢もつのほか、辛もつ・塩もつという、変わった味付けのものがあったので、辛もつを注文。

DSCF2801 (480x360)
お値段がちょっとかかるだけあって、量は結構ありました。
もつだけでなく、スライスタマネギも入っています。

DSCF2803 (480x360)
器のフチに赤い薬味がたっぷりとついています。
店員さんから「かなり辛いので注意しながらつけて下さい。」とのアナウンスがありました。
そのままでも結構辛かったので、少しずつ溶かして混ぜ合わせました。

もつはシャキシャキした食感でビシッと辛く、とってもお酒が進みます。


プレミアムモルツ 中ジョッキ  (580円税別→290円税別)
DSCF2838 (480x360)
なので、ビールをおかわり。


特製ニラ餃子  (480円税別→240円税別)
DSCF2804 (480x360)
木村屋名物から、こちらの特製ニラ餃子を注文。
熱々の鉄板にのせられ、タレが添えられていました。

DSCF2807 (480x360)
一皿4個で、長ネギと小ネギがトッピングされています。
なんで、一個だけ裏返しになっていなかったんだろう?

DSCF2809 (480x360)
焼き目がとっても美味しそう。

DSCF2811 (480x360)
皮はちょっと厚めで、餡はニラの風味がしっかりありました。


パリパリ明太ポテトサラダ  (580円税別→290円税別)
DSCF2813 (480x360)
博多といえば明太子。
明太子を使ったメニューはいろいろありましたが、こちらのサラダをチョイス。

このポテチは自家製とのこと。
メニューには「自家製ポテチがドサッ!」と記載&写真がありましたが、実物はそうでもなかったです(笑)。

DSCF2814 (480x360)
かなり赤い明太が一腹、ポテトサラダの上にドカンとのっかっているので、自分で混ぜ混ぜしました。

DSCF2829 (480x360)
サラダはそのまま食べたり、ポテチにのせて食べました。
ポテチの食感がアクセントになって美味しかったですが、カロリーが滅茶苦茶高い組み合わせだなぁ~。


極上レモンサワー ドライ  (550円税別→225円税別)
DSCF2822 (480x360)
こちらのレモンサワーは、宝焼酎の極上にカットとレモンを入れたものとのこと。

DSCF2827 (480x360)
レモンがたくさん入っているので、マドラーでしっかり潰すと、果汁がたっぷり出て美味しかったです。


名物! レバカツ ~濃厚ソース~  (480円税別→240円税別)
DSCF2816 (480x360)
レバが大好きなので、名物と書かれたレバカツを注文。
ソースは5種類の中から選べますが、無難に濃厚ソースをチョイス。

薄いですがサイズは大きめ。
マスタードも添えられていました。

DSCF2825 (480x360)
レバは薄切りでしっかり火が通してあるのでちょっとパサついた食感です。


鶏天  (650円税別→325円税別)
DSCF2818 (480x360)
大分名物の鶏天が大好きなので、こちらを注文。
ダイコンおろしの入ったつけダレのほか、マヨネーズと柚子胡椒が添えられていました。

DSCF2819 (480x360)
ワタクシ、鶏天が大好きで、大分県でも何カ所か食べたのですが、こういう薄切りスタイルは初めて。
ちょっとイメージが違ったのは残念。

DSCF2823 (480x360)
これはこれでフツーに美味しかったですが、やっぱり一口大にカットしてある方が、閉じ込めてあるせいかジューシーな感じがするのは、気のせい?


極上レモンサワー ドライ  (550円税別→225円税別)
DSCF2826 (480x360)
おかわりに違うお酒が飲みたかったのですが、苦手なウイスキーハイボールが多かったのと、サワー系は甘いものが多く、一番飲みたかったかった生スダチサワーはスダチがないとのことだったので、同じものをおかわり。


鰹と栄螺のなめろう  (650円税別→325円税別)
DSCF2830 (480x360)
なめどうが大好きなので、こちらを注文。
サザエも入った贅沢バージョンです。

DSCF2831 (480x360)
あまりサザエの風味はわからなかったのですが、それより何より、かなりしょっぱかったです。
お酒は進みますが。

DSCF2833 (480x360)
こんな風にのりで巻いて食べるのは珍しかったです。


博多とんぺい焼き  (680円税別→340円税別)
DSCF2836 (480x360)
最後にとんぺい焼きを注文。
熱々の鉄板にのせられ、コテと一緒に運ばれてきました。

DSCF2837 (480x360)
ソースは甘めなので、焦げつかないよう、気をつけながら食べました。

DSCF2839 (480x360)
この日のお会計です。
二人で合計4,920円、一人約2,500円でした。
半額パワーはすごい!


この日食べたメニューはそれなりに美味しかったものの、これ!というのはなかったのはちょっと残念。
一度、お店のウリであるもつ鍋を食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日2015年10月15日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日
【閉店】濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日
豚骨一燈 (2014年6月7日
越後秘蔵麺 無尽蔵 こいわ家 (2014年8月25日
麺屋 武士道 (2015年11月15日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日2015年10月11日
小味園 本店 (2013年7月31日
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日2015年10月31日
SHEEP GANG DINING (2014年6月15日
ボローニア (2014年6月28日
【閉店】中国料理 一品楼 (2014年8月23日
丸亀製麺 小岩POPO店 (2015年11月1日
屋台屋 九ちゃん 小岩店 (2016年3月27日
居酒屋 酔い処 (2016年4月17日
江戸前すし 縁むすび (2016年4月24日
木村屋本店 小岩駅前 (2016年5月4日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
DSCF2750 (480x360)

DSCF2751 (480x360)

DSCF2752 (480x360)

DSCF2753 (480x360)

DSCF2754 (480x360)

DSCF2755 (480x360)

DSCF2756 (480x360)

DSCF2757 (480x360)

DSCF2758 (480x360)

DSCF2759 (480x360)

DSCF2760 (480x360)

DSCF2761 (480x360)

DSCF2762 (480x360)

DSCF2763 (480x360)

DSCF2765 (480x360)

DSCF2766 (480x360)

DSCF2767 (480x360)

DSCF2768 (480x360)

DSCF2769 (480x360)

DSCF2772 (480x360)

DSCF2771 (480x360)

DSCF2773 (480x360)

DSCF2774 (480x360)

DSCF2775 (480x360)

DSCF2776 (480x360)

DSCF2777 (480x360)

DSCF2778 (480x360)

DSCF2780 (480x360)

DSCF2781 (480x360)

DSCF2782 (480x360)
DSCF2783 (480x360)

DSCF2784 (480x360)

DSCF2785 (480x360)

DSCF2786 (480x360)

DSCF2787 (480x360)

DSCF2788 (480x360)

DSCF2789 (480x360)

DSCF2790 (480x360)

DSCF2791 (480x360)

DSCF2792 (480x360)

DSCF2793 (480x360)

DSCF2794 (480x360)


飲み放題メニュー↓
DSCF2795 (480x360)

DSCF2796 (480x360)

DSCF2797 (480x360)


しゃぶしゃぶ食べ放題メニュー↓
DSCF2798 (480x360)

DSCF2799 (480x360)





2016年5月4日訪問時お店DATA
*****************************
木村屋本店 小岩駅前 (きむらやほんてん)  
〒133-0057
江戸川区西小岩1-22-18 小岩パロマビル地下1階
電話 03-3658-1109
営業時間 
[月~土] 17:00~24:00
[日祝日] 17:00~23:00
定休日 年末年始
JR総武線小岩駅北口から徒歩1分 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/05/11 06:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(2) |
オムライス屋「Little Grandma」 @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
昨日の午後から今朝までずうっと雨が降り続けて、ちょっと憂鬱。
春らしくぱぁーっと晴れてくれないかなぁと、ついつい思っちゃいます。
傘を持ち歩くのも面倒くさいし(笑)。

本日は、ギャップを埋めるための過去記事をアップしています。

DSCF7006 (480x360)
2015年1月14日のランチは、「千代田四番町屋台村」へお弁当を買いに行きました。
水曜日は、ずっと「Little Grandma(りとる ぐらんま)」というオムライス屋が来ていましたが、いつ頃からか、名前のないボロネーゼのお店も来るようになりました。
両方のお店の出店の法則性がわからず、多分、週替わりなんだろうな~と思っていたので、ちょうど一週間前の2015年1月7日に「名前のない屋台」でお弁当を購入したので、この日行ってみることに。

DSCF2518.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。


地図です。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

「リトル・グランマ」は2011年3月16日からやって来ました。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。

前回こちらのお弁当を購入したのは2014年4月30日だったので、約8ヶ月半ぶり、10回目です。

やはりこの日は「リトル・グランマ」でした。
ボロネーゼを出す名前のない屋台との隔週営業なんですね~。

DSCF6786.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
日本テレビ通りに「オムライス」のとってもかわいいのぼりが出ています。

DSCF6995 (480x360)
12時半頃到着すると、5人程の待ちで、ほぼ女性だけでした。

販売窓口に鮮やかな水色の大きなパラソルを広げてあります。

DSCF6996 (480x360)
大きな炊飯器がテーブルの上に一つ、地面に一つ置いてあります。

DSCF6997 (480x360)
コードが続いているので見てみたら、ビルから電源をとっているようです。
炊いてる? 保温している??

DSCF2522_2014020405270401d.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
日テレ通り沿いにメニューが出ています。
オムライスは定番が4種類、週替わりが1種類で合計5種類あり、お値段は550円か600円です。
ハーフ&ハーフも可能で、お値段が700円です。

女性二人でお店を切り盛りしています。

DSCF6999 (480x360)
ちょっと到着が遅かったので、完売しているメニューもありました。

DSCF2523_20140204052706ff4.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
チーズ、チョリソー、ハラペーニョの3種類を、それぞれ50円でトッピングが出来ます。

DSCF6998 (480x360)
メニューだけでなく、トッピングも完売がありました。

DSCF7002 (480x360)
持ち帰りのビニール袋は、よくある白いものです。

DSCF5002 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
スプーンは黒いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。
普段はなるべくお断りするようにしていて、この日もちゃんとお断りできました。

DSCF7004 (480x360)
容器はプラスチック製で、フタが透明、下が白です。

以前は紙製でしたが、変わったのでしょうか。


トマトソース&ローストチキン (650円)
DSCF7006 (480x360)
フタをオープン!
以前の紙製の容器に比べて深さがあるせいか、見た目のボリューム感がちょっと減りました。

中央にオムライスが鎮座し、右にお肉がのせてあり、左右に赤っぽいソースがかけてありました。
オムライスの黄色とカレーの赤さが鮮やかで、とってもインパクトがあります。

DSCF7007 (480x360)
卵はトロトロの部分とかためな部分が残っていて、いろいろな味わいを楽しめます。

中央に、ちょっとだけ、ドライオニオンがトッピングしてありました。

DSCF7012 (480x360)
ローストチキンは、ローストというより茹でてある感じ。
小さめのカットで、そこそこ数が入っています。
ちょっと鳥っぽい香りがしましたが、歯触りは柔らかでした。

DSCF7013 (480x360)
トマトソースはかなりたっぷり。

DSCF7017 (480x360)
トマトソースは酸味がしっかり目に利いていて、コクもあって美味しい!
久しぶりに食べましたが、トマトソースはとってもの好みの味でした。

DSCF7016 (480x360)
中のご飯はケチャップライスになっているので、オレンジ色です。
見た感じよりもご飯がたっぷりと入っていて、おなかにたまりました。

DSCF7011 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


久しぶりに食べたオムライスはトマトソースが美味しくて大満足でした。
あと、ボロネーゼの屋台と週替わりで来たことがわかって嬉しかったですが、しばらく買っていないとどっちのがその日に来ているのかよくわからないので、結局出たとこ勝負であることは変わらなさそうです(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

<定番>
 トマトソース&ローストチキン (2015年1月14日
 デミグラスビーフソース:チーズ (2012年4月11日
 ケチャップ&ローストチキン:チョリソー (2012年5月16日

<ハーフ&ハーフ>
◎定番
 アラビアータ&トマトソース (2011年4月20日) 

◎定番×日替わり
 デミグラスビーフソース&あさりクリームソース (2011年4月13日
 デミグラスビーフソース&つぶハニーマスタードソース×とりのからあげ (2011年7月6日
 ケチャップ&牛すじカレーソース (2011年4月27日
 ミートソース&豚の竜田揚げ×黒酢あんかけソース (2011年5月18日


<日替わり>
 スンドゥブ風ソース (2013年2月6日
 赤カレーチキンソース (2014年4月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2015年1月14日訪問時お店DATA
*****************************
[千代田四番町屋台ランチ]
オムライス屋「Little Grandma」 (りとる・ぐらんま) 
〒102-0085
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前
営業時間 11:30~14:00
営業日 水曜日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/10 05:00】 | オムライス | トラックバック(0) | コメント(0) |
こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ  @四谷
長かったGWも終わり、いよいよ仕事が始まりました。
次のお休みは7月か~と思うと、ちょっとゲンナリしますが、気持ちを新たにがんばります☆

DSCF2720 (480x360)
2016年5月2日はGWの谷間の平日。
上司をOさんはお休みだったので、お昼になると先輩と二人で外へランチを食べ出でました。
お盆ほどではないですが、四ッ谷駅近辺にはサラリーマンの人影がほとんど見えなくて、ビックリ。
本当はどこかのお店に行きたかったのですが、先輩がお買い物をしなければならなかったので、急遽お弁当に変更。
折角なら美味しいお弁当を食べたいと思い、久しぶりに「こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ」へ行くことに。

DSCF3558.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに向かい、通りに入ってすぐ右手にあります。
この界隈ではダントツの人気店で、時間を問わず、いつも行列が出来ています。


地図です。

DSCF3559.jpg
市ヶ谷経済新聞によれば、四谷の老舗人気店「洋食エリーゼ」が2011年9月25日に閉店し、翌日の9月26日に揚げ物専門店として「こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ」としてリニューアルオープンしたとのこと。

お店の前にはいつも長蛇の列が出来ているので、お弁当を受け取ろうと並ばずに店内に入ろうとすると、何となく痛い視線にさらされるので、先輩はいつも大きな声で「お弁当取りに来ました!」と言っているそうです。
テイクアウトができることを知らないお客さんから「持ち帰れるんだ~。」という言葉が聞こえてくるとか(笑)。

DSCF2689 (480x360)
12時15分頃到着したところ、相変わらずの人気で、5・6人以上並んでいました。
先輩が店内に入ってテイクアウトの注文をしたところ、20分ぐらいかかるとのこと。
なので、先輩のお買い物をしがてら、時間を潰すことにしました。

DSCF5218 (480x360)
こちらが営業時間です。

DSCF2690 (480x360)
入口の左側にテイクアウトのメニューが置かれています。
久しぶりだったので、持ち帰ることに。

前回ランチ訪問をしたのは2014年3月3日でした
前回お弁当を購入したのは2013年12月27日だったので、約1年5ヶ月ぶりと、ご無沙汰でした。

DSCF2688 (480x360)
ふと左を見ると、2016年2月3日にランチ訪問した「すだち屋」がランチ営業をやっていませんでした。
ただし、ランチ営業をやめたのか、連休中だけお休みしていたのかは、わかりません。

DSCF2691 (480x360)
持ち帰り袋は一般的な白いビニール袋です。

DSCF2692 (480x360)
中から取り出すとこんな感じ。

私はこの日、スマホの既食メニューをチェックせず、記憶を頼りに食べたことがなさそうなエビフライカレーをご飯少なめ、サラダ多めで注文。

DSCF2693 (480x360)
こちらは先輩が注文したカニクリームコロッケです。

お弁当は、メイン、ご飯、サラダが別々のプラスチック容器に入っています。
温かいものと冷たいもの、味の違うものが混ざらないという利点がありますが、ゴミがたくさん出ちゃいます。

DSCF2695 (480x360)
お箸やスプーンなどはお断りするようにしています。
でも、先輩この日は忘れちゃったようで、いただきました。

こちらは割り箸です。

DSCF2696 (480x360)
スプーンは白く、小さめの先割れのプラスチック製でした。
透明なビニール袋に入れられています。

DSCF2697 (480x360)
サラダは、小さめな四角形の透明なプラスチック製の容器に入っています。

DSCF2698 (480x360)
カレーとライスは、丸っぽいプラスチック製の容器に入っていて、フタが透明、下が白です。

ご飯を半ライスで注文すると、容器に「半」と書いてあったと思うのですが、この日は二人とも半ライスだったせいか、なかったです。

DSCF2699 (480x360)
エビフライはサラダと同じく、小さめな四角形の透明なプラスチック製の容器に入っています。

DSCF2700 (480x360)
ソースを輪ゴムでくくって止めてありました。
そのまま入っていたら、先輩のカニクリームコロッケのものかどうか、悩んじゃいそうです。

DSCF2702 (480x360)
ソースは中濃ソースでした。

DSCF2703 (480x360)
裏側はこんな感じ。

DSCF2711 (480x360)
いただきま~す!


エビフライカレー(930円)+半ライス?(130円)=1,060円?
DSCF2720 (480x360)
メイン、カレー、サラダ、セット、ライスのセットです。

DSCF2705 (480x360)
サラダはキャベツ、パセリ、ポテトサラダが入っていて、ゴマドレッシングが添えられています

ご飯少なめでサラダ大盛りをお願いすると、サラダが2パックになるのですが、先輩が伝えなかったのか、それとも、お店から忘れられちゃったのかな?

DSCF2707 (480x360)
キャベツはたっぷりの千切りで、彩りにパセリがトッピングされています。

DSCF2706 (480x360)
ポテトサラダには、ニンジンなどの野菜が入っていました。
わりあいあっさり味です。

DSCF2708 (480x360)
サラダには小袋のドレッシングがついています。
「エリーゼ」時代からずっと同じものだと思います。

DSCF3416_20140228211849ab0.jpg
こってりとした味わいの胡麻ドレッシングです。

DSCF2721 (480x360)
ドレッシングを全てかけて食べても、シャキシャキした歯応えのキャベツはボリュームたっぷりなので、濃い味好きの私だとギリギリ足りるぐらいです。

DSCF2709 (480x360)
エビフライは、かなり大きめなものが2本入っていました。

DSCF2710 (480x360)
レモンの櫛切りは結構な厚みです。
最初にエビフライ全体に絞ってかけました。

DSCF2718 (480x360)
結構たっぷりめのタルタルソースも添えられています。

DSCF2714 (480x360)
カレーは左、ご飯は右、真ん中の上に薬味が盛りつけてあります。

DSCF2715 (480x360)
このご飯、半ライスになっていたのか、結局わかりませんでした。

DSCF2717 (480x360)
カレーの薬味は黄色いタクアンです。

DSCF2716 (480x360)
カレーのルーはかなり濃い茶色。
小さく切った具が少し入っています。

DSCF2722 (480x360)
食べ始めてから思い出したのですが、「たけだ」のカレーは結構フツーな味わいです。
辛さもほとんどなくて、食べやすいとも言えますが。

DSCF2723 (480x360)
エビフライは、1本をタルタルソースで食べ、もう1本はカレーで食べました。

DSCF2724 (480x360)
衣はサックリとした食感でとっても美味しい。
「たけだ」の揚げ物は、いつもぶれずに安定した美味しさです。
しっぽまでがりがり食べちゃいました。

DSCF2726 (480x360)
久しぶりだったので、テイクアウトのメニューももらってきました。

DSCF2729 (480x360)
こんなチラシもありました。

DSCF2730 (480x360)
表参道にオープンしたペルー料理のお店ですが、、、、

DSCF2731 (480x360)
なんと、シェフが「たけだ」の店主さんの義弟だそうです。


ご無沙汰していた「たけだ」のお弁当。
揚げ物はやっぱりに美味しいなぁと思い、これからはしっかりダイエットをして、定期的に食べたいとつくづく思いました。(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

<たけだ>
イートイン
  カキミックス定食 (2011年12月14日
  特選もちぶたロースカツ定食 (2013年8月28日
  カニクリームコロッケ&サーモンクリームコロッケ定食 (2013年10月16日
  ポークサルサカツ定食 (2014年2月27日
  メンチカツカレー (2014年3月3日
テイクアウト
  カキフライ (2013年2月28日
  ロースカツおろしポン酢定食 (2013年12月27日
  エビフライカレー (2016年5月2日

<エリーゼ時代>
イートイン
  オムライス (2007年5月2日
  メンコロ定食 (2008年8月26日
テイクアウト
  ニンニクステーキ定食 (2009年3月25日
  オムレツカレー (2009年6月1日
  メンチミックス定食 (2008年12月22日
  大きなポークソテー定食 (2009年10月14日
  牛ホホ肉のシチューセット (2010年4月13日
  ビーフカツレツ (2011年2月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


イートインのメニューです↓
DSCF5212 (480x360)

DSCF5213 (480x360)

DSCF5214 (480x360)

DSCF5215 (480x360)


テイクアウトメニューです↓
DSCF2726 (480x360)

DSCF2727 (480x360)

DSCF2728 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF3560.jpg

DSCF3561.jpg





2016年5月2日購入時お店DATA
****************************
こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-4-2 峯村ビル1階
TEL 03-3357-6004 
営業時間
[平日] 11:00~15:00(L.O.) 15:00~21:00(L.O.)
[土曜] 11:00~15:00(L.O.)  
定休日 日・祝
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/09 09:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) |
MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner  @市ヶ谷
今日も昨日に引き続き、お天気はいいけど、風が強いですね~。
本日の私は、甥っ子を半日預かるという、重大ミッションを遂行中です(汗)。
何とか頑張らねば!
GW最終日、みなさま、楽しい休日を☆

本日は、ギャップを埋めるために過去記事をアップしま~す。

DSCF6888 (480x360)
2015年1月13日は三連休明けでした。
火曜日だったので、ランチに「MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner(クルージンダイナー)」のカレーを買いに行くことに。

DSCF7451 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点を左折します。
通りを一本越えた右手に五番町マンションがあり、車はその前に停まっています。

2013年10月30日からやって来た「クルージンダイナー」は、当初はほぼ問面のヤマト運輸の六番町センターの前で営業していましたが、2014年6月からこちらの場所が変わりました。


地図です。

DSCF7446 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
四ッ谷駅方面側の歩道には、小さな看板が出ていました。

DSCF7449 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
車のすぐ近くにも小さな看板が置いてあり、カレーについての詳しい説明が書かれていました。

こちらはMACKY RAMONE(マッキーラモーン)さんが主宰するお店です。
私はツイッターに登録していないので情報があまりわからないのですが、マッキーラモーンさんは現役のDJ&ミュージシャンのようです。
営業時間は毎週火曜日、午前11時30分から午後1時までです。

それ以前は「サファリカレー」が来ていましたが、2013年10月23日に営業を終えました。

DSCF7448 (480x360)
午前中の仕事がおして12時半頃に車に到着すると、待ち客ゼロ。
お腹ペコペコだったので、すぐに買えたのは嬉しかったです。

DSCF6330_20131121080739d14.jpg
こちらも以前撮影した写真です
車には「カレーライス」という小さな暖簾?がかけられていました。
赤と緑という、スイカカラーでとっても目立ちます。

DSCF6329_20131121080737ed9.jpg
こちらのお店で普段販売しているのは、やわらかお肉の旨コク欧風ポークカレーの「マリンカレー」です。
レギュラーサイズが550円、スモールが50円引きの500円、ラージは100円増しの650円、キングは200円増しで800円です。
なお、キングはトッピングが1つ無料になるとのこと。

DSCF4749 (480x360)
毎月第4週のみに販売される裏メニューは、牛ひき肉と3種豆のチリビーンズ風の「BUZZ(バズ)カレー」です。
レギュラーサイズが600円、スモールが50円引きの550円、ラージは100円増しの700円、キングは200円増しで750円です。
なお、キングはトッピングが1つ無料になるとのこと。

マリンカレーより50円お高いです。
豚肉ではなく牛肉だからかな?

このカレーにはチーズと生タマネギのトッピングがオススメとのこと。

DSCF4747 (480x360)
店主さんは男性で、一人で切り盛りしています。
この方がMACKY RAMONE(マッキーラモーン)さんなのかな?
いつもとっても気さくに話してくれます。

DSCF4748 (480x360)
ガラスケースの中にトッピングが種類ごとに並んでいます。

お米にこだわっているとのことで、富山県産のてんたかくという品種だそうです。
お水が良いからお米も美味しいとのこと。
検査一等米で、お米マイスターが推奨する、カレーに一番合うお米だとか。
「本日のお米」と書かれていますが、いつもこちらの銘柄です。

DSCF1343 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
トッピングはタマゴ、チーズ、生タマネギ、ハラペーニョ、コールスロー、トマトサラダの6種類で、全て50円です。
「小さな贅沢、大きな満足!!」という標語が面白い(笑)。

DSCF7450 (480x360)
ある時期からカレーと言えば付け合わせはこれ!という福神漬けとらっきょうが、わずか20円というお手軽な値段でプラスすることが出来るようになりました。

DSCF6611 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
紙ナプキンは、待ち時間短縮のため、かつ、エコのため、セルフサービスになっています。
なお、コールスローを注文した人には冷たいまま美味しく食べていただくよう、店主さんが入れてくれるとのこと。細かい配慮ですね。
サービスの飴も置いてありました。

DSCF9250 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
甘い物は苦手ですが、折角なので1回いただいちゃいました。

DSCF6873 (480x360)
この日は新年のご挨拶のパネルが飾られていました。

DSCF6874 (480x360)
持ち帰り用のビニール袋は薄く黄色っぽい色合いのものです。

DSCF6875 (480x360)
中から取り出すとこんな感じ。

この日はマリンカレーでした。
正月太りを引きずっていて、体重がかなり厳しかったので、スモールにして、でも何となく物足りなくて玉子をつけちゃいました(笑)。

DSCF3537 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
紙ナプキンはコールスロー注文時以外はセルフサービスです。

DSCF6340_201311210805425e2.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
白いプラスチック製のスプーンは透明なビニール袋に入っています。
もったいないので、なるべくお断りしていただかないようにしています。

DSCF6877 (480x360)
カレーは下が白、フタが透明のオーバル型のプラスチックの容器に入っています。
スモールとレギュラーサイズはご飯とルーが一緒で、ラージとキングは別容器です。

DSCF6876 (480x360)
トッピングは小さな透明のプラスチック容器に入っていました。

DSCF6884 (480x360)
いただきま~す!

DSCF6885 (480x360)
ゆでタマゴは1個分で、半分に切ってあります。
黄身がチラ見えなのがカワイイ。


マリンカレー<スモール>(500円)+ゆでタマゴ(50円)+らっきょう(20円→サービス)=550円
DSCF6888 (480x360)
ゆでタマゴをのっけて、完成!
ゆでタマゴのトッピングがあると、とっても華やかになります。
この日はおまけにらっきょうがあるので、さらに豪華。

DSCF6880 (480x360)
楕円形の容器に、左にご飯、右にルーが盛られていました。

DSCF6882 (480x360)
ご飯のボリュームはスモールなのでやや少なめになっているはずですが、見た感じでは普通サイズとの違いがあまりわからなかったです。
ドライハーブがトッピングされていました。

DSCF6881 (480x360)
ルーは濃い茶色で、豚肉以外の具材は入っていません。

DSCF6883 (480x360)
この日、なんと薬味をサービスしてくれるとのことで、らっきょうをお願いしちゃいました。
ありがとうございま~す☆
持って帰ってくるときに袋を振ってしまったせいか、らっきょうが散らばっちゃいました(汗)。

DSCF6889 (480x360)
まずはルーだけ一口。
最初はピリ辛ですが、だんだんと辛味が押し寄せてきます。

DSCF6891 (480x360)
こちらの豚肉は大麦豚の肩ロースだそうで、結構大ぶりの大きさです。
お肉がホロホロと崩れ、肩ロースなのに豚肉とは思えないぐらいと~っても柔らか。
ただ、この日はふんわりとしたお肉の柔らかさがちょっと弱かった感じです。
カットが小さめだったからかな?
でも、いつも通りの美味しさに満足でした。

DSCF6894 (480x360)
こちらのお店はご飯の量に比べるとルーが少なめなので、途中でなくなってしまわないよう、気をつけて食べるようにしています。
スモールでもそれは変わらなかったです。

ご飯は少なめでしたが、玉子のおかげで満腹感はありました。
2015年初めてのクルージングダイナーのカレー、美味しかったです。

DSCF1191 (480x360)
営業場所はこんな感じです。
お近くの方はご参照下さい。


「クルージンダイナー」は、2015年4月21日に撤退しましたが、2016年4月4日に復活しています


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇

◎マリンカレー
スモール+トマトサラダ (2014年2月4日
スモール+ゆでタマゴ+らっきょう (2015年1月13日
レギュラー (2013年11月13日
レギュラー+生タマネギ (2013年12月25日
ラージ+トマトサラダ (2014年3月25日
ラージ+タマゴ+コールスロー (2013年11月6日

◎BUZZカレー
レギュラー+ハラペーニョ+コールスロー (2014年4月22日
キング+ハラペーニョ (2015年4月21日

◎チキンバターカレー  
レギュラー (2016年4月4日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2015年1月13日購入時お店DATA
*******************************
MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner (くるーじんだいなー)
移動ワゴン車での販売 
〒102-0076
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンション前
営業日 火曜日
営業時間 11:30~13:00
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/08 09:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) |
江戸前すし 縁むすび  @小岩
今日は良いお天気ですが、風が強いですね~。
今年のGWは結構荒れた天気が続いているので、みなさま、気をつけてお過ごし下さい☆

本日はマイブログ圏外の小岩にある「縁むすび」のレポートです。

DSCF1507 (480x360)
2016年4月24日の日曜日。
ちょっと早めの夕飯にしようということで、小岩にある「江戸前すし 縁むすび(えんむすび)」というお店に行ってみました。

DSCF1510 (480x360)
JR総武線小岩駅の北口を出て、イトーヨーカ堂をまっすぐ通り抜け、最初の角を左折します。
少し進んで右手にお店がありました。


地図です。

DSCF1511 (480x360)
入口はビルの奥まったところにあるので、ちょっとわかりにくいかも。

DSCF1459 (480x360)
でも、入ってビックリ。
フロアはかなり広く、左に厨房とカウンター、それ以外にはテーブル席がずらりと並んでいました。
シンプルで明るい内装です。

DSCF1455 (480x360)
「縁むすび」は、お寿司が1個110円から食べられるというお手頃価格なのに、年中無休、朝5時まで営業しています。
写真を撮り忘れましたが、両国ともう一ヶ所東京東部に系列店があるようです。

DSCF1457 (480x360)
午後4時半頃に入店したところ、先客は3組ほど。
5時を過ぎたら、ドンドンお客さんが入ってきました。

DSCF1458 (480x360)
お酒の保管室?もあります。

DSCF2953 (480x360)
この日初めての訪問でした。
理由は、こんなチラシが新聞に入っていたからです。

DSCF2954 (480x360)
春の大感謝祭りということで、4週連続、いろいろなフェアをやっているとのこと。

DSCF2955 (480x360)
この日は一人一品を頼めば、ビールが一杯10円になるという、とってもお得なプランでした。
あまりに太っ腹だったので、思わず店員さんに確認しちゃった程(笑)。

DSCF1453 (480x360)
私たちはフロアの真ん中ぐらいの席に着席。


生ビール  (450円→10円)
DSCF1454 (480x360)
何はともあれ、ビールで乾杯!
銘柄はアサヒスーパードライです。

DSCF1474 (480x360)
ドリンクメニューは種類豊富ですが、この日は不要(笑)。

DSCF1467 (480x360)
フードメニューです。
お勧めメニューには赤いラインが引いてあるのでわかりやすいです。

まずは、オススメを中心に、80円と激安のマグロ中落ち、天ぷら5点盛合わせ、刺身盛合わせ5種、すし屋の煮込み、鶏の唐揚げと、、、

DSCF1456 (480x360)
黒板に書かれた本日のおすすめの中から、生しらすを注文。


刺身盛合わせ5種  (980円)
DSCF1468 (480x360)
まずは、お刺身が登場。
種類の説明はありませんでした。
薬味はレモンとワサビ。

DSCF1469 (480x360)
ブリかな?

DSCF1470 (480x360)
タコ。
吸盤がコリコリして食感がよかったです。

DSCF1471 (480x360)
マグロ。

DSCF1472 (480x360)
サーモン。
安定の味わいです。

DSCF1473 (480x360)
イカ。
ネットリした歯触りで、これが一番個人的に美味しかったです。


鶏の唐揚げ(並)  (480円)
DSCF1477 (480x360)
揚げ物が意外に早く登場。
葉物とレモンが添えられていました。

DSCF1478 (480x360)
一口大のものが5・6個。
熱々でフツーに美味しかったです。


生ビール  (450円→10円)
DSCF1485 (480x360)
おつまみのおかげでお酒が進み、ビールをおかわり。

このあたりだったか、生しらすがないと言われました。
本日のおすすめで、まだ午後5時前なのに売り切れか~。
店員さんに「消しておいた方がいいんじゃないですか?」と言ったのですが、ずっとそのままで、私たちより後に入ってきたお客さん達も同じように注文して断られていました。

あと、マグロの中落ちも。
つけ場から「日曜日は市場が休みで、人気商品だから昨日全部出ちゃったんですよ~。」と説明してくれました(泣)。


すし屋の煮込み  (480円)
DSCF1487 (480x360)
煮込み大好きだし、「すし屋の」というネーミングが面白くて、注文。

DSCF1495 (480x360)
うーん、、、
フツーに美味しかったです。


天ぷら5点盛合わせ  (580円)
DSCF1492 (480x360)
職人さんによる揚げ立てという、天ぷらを注文。

DSCF1488 (480x360)
5点と7点がありましたが、5点にしました。
薬味にダイコンおろしとおろしショウガが添えられています。

DSCF1489 (480x360)
シイタケ、ナス、エビ、カボチャ、白身魚だったかな?
個人的にはシイタケが入っていたのが嬉しい~。

DSCF1491 (480x360)
家人は海老が嫌いなので、もらっちゃいました♪

DSCF1490 (480x360)
このカボチャ、、、

DSCF1494 (480x360)
中まで火が通っていなくて、硬かったです(汗)。


生ビール  (450円→10円)
DSCF1496 (480x360)
さらにビールをおかわり。

そろそろ次の注文を~と思ってなめろうをお願いしたのですが、こちらも品切れ(泣)。
注文の段階ではわからず、少し時間が経ってから「ありません。」と言われるので、ちょっと脱力感があります。
しかも、最初にテーブルを担当してくれていた若い男性店員さんがわりと素っ気なく「ありません。」って伝えてくるので、戦意喪失しちゃいました。
次に担当してくれた人は愛想がよかったのですが。


えいひれ  (280円)
DSCF1497 (480x360)
家人が大好きななので、えいひれをチョイス。
乾き物なら品切れの可能性が低いだろうということで(笑)。

DSCF1499 (480x360)
マヨネーズが添えられているのはよくありますが、レモンが付いているのは珍しいかな?

DSCF1498 (480x360)
量はたっぷり。


ポテトフライ  (280円)
DSCF1501 (480x360)
ポテトフライにはケチャップが添えられていましたが、そのままでも食べられました。

DSCF1502 (480x360)
たっぷりなのが嬉しい~。


生ビール  (450円→10円)
DSCF1503 (480x360)
お酒のアテみたいなものばかり食べていたので、ビールが進みます(笑)。

DSCF1504 (480x360)
いよいよ最後の〆。

DSCF1505 (480x360)
折角お寿司屋さんに来たのだから、ちょっとはお寿司を食べようと、2個ずつ注文。

DSCF1506 (480x360)
4つ、一緒に盛られて出て来ました。


こはだ  (198円)
DSCF1509 (480x360)
こちらは家人が注文。


かにみそ (148円)
DSCF1507 (480x360)
かにみそたっぷり。
お値段の割には臭みとかがなく、美味しかった~。


岩のり  (110円)×2個
DSCF1508 (480x360)
岩のりなんて珍しいな~と思って注文。
磯の風味がたっぷりで美味しかったです。


すごくたくさん食べた訳ではないですが、お得なイベントのおかげで、確か合計で4,000円かからなかったと思います。
この後GW前半で旅行に出かけた時、レシートを紛失してしまい、お値段がはっきりしなくてすみません(汗)。



◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日2015年10月15日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日
【閉店】濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日
豚骨一燈 (2014年6月7日
越後秘蔵麺 無尽蔵 こいわ家 (2014年8月25日
麺屋 武士道 (2015年11月15日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日2015年10月11日
小味園 本店 (2013年7月31日
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日2015年10月31日
SHEEP GANG DINING (2014年6月15日
ボローニア (2014年6月28日
【閉店】中国料理 一品楼 (2014年8月23日
丸亀製麺 小岩POPO店 (2015年11月1日
屋台屋 九ちゃん 小岩店 (2016年3月27日
居酒屋 酔い処 (2016年4月17日
江戸前すし 縁むすび (2016年4月24日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お寿司メニューです↓
DSCF1479 (480x360)

DSCF1480 (480x360)

DSCF1481 (480x360)

DSCF1482 (480x360)

DSCF1483 (480x360)

DSCF1484 (480x360)


フードメニューです↓
DSCF1467 (480x360)

DSCF1461 (480x360)

DSCF1462 (480x360)

DSCF1463 (480x360)

DSCF1464 (480x360)

DSCF1465 (480x360)

DSCF1466 (480x360)


ドリンクメニュー↓
DSCF1474 (480x360)

DSCF1475 (480x360)

DSCF1476 (480x360)


チラシです↓
DSCF2953 (480x360)

DSCF2956 (480x360)

DSCF2957 (480x360)

DSCF2958 (480x360)





2016年4月24日訪問時お店DATA
*****************************
江戸前すし 縁むすび (えんむすび)  
〒133-0057
江戸川区西小岩1-21-22
電話 03-5876-7381
営業時間 
[月~土、祝前日] 11:00~5:00 (L.O. 4:00)
[日曜日、祝日] 11:00~23:00(L.O. 22:30)
定休日 なし
JR総武線小岩駅北口から徒歩1分 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/05/07 09:00】 | | トラックバック(0) | コメント(2) |
聚福楼  @池袋
みなさま、楽しいGWをお過ごしでしょうか?
昨日は記事をアップしたかったのですが、パソコンの調子が悪く、記事を書ききれないままタイムアップになってしまって残念。

久しぶりにカンカン照りの中でジョギングして、かなりへろへろでしたが、苦労した分ぐらいは体重が落ちて、大満足です。
何とか続けて走って体重を戻さねば。

私は暦どおりの仕事なので、今日は出勤です(泣)。
でも、あと一日頑張れば、また週末が来るので、気持ち的には楽ですが。

本日は、マイブログ圏外の池袋にある「聚福楼」のレポートです。
ちょっと時系列が狂っていますが、ご了承下さい☆

DSCF1366 (480x360)
2016年4月23日の土曜日、久しぶりに池袋にある「聚福楼(じゅふくろう)」へ、お肉を食べに行きました。
前回先輩と二人で訪問したのは2014年7月11日だったので、約1年9ヶ月ぶり、2回目です。
いろいろ食べたくて、先輩を含む4人での参戦でした。

DSCF8036 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
JR池袋駅の西口を出て、右側にある交番のある交差点を渡り、左に進んで最初の角を右折します。
最初の角の左側に大雄ビルがあり、お店はその4階です。


地図です。

DSCF8037 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
西口からすぐのロマンス通りの角地にあるビルで、とてもわかりやすい場所です。

DSCF8039 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ビルの1階に出ていたこの看板を見ると、一見、普通の中華料理の店に見えますが、、、

DSCF8038 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
もう一つ出ていた看板のとおり、とっても辛そうな中国の東北地方のお料理を出すお店です。
でも、この写真には出ていませんが、人気メニューは羊の豪快な焼肉が有名です。
前回訪問した時は、お客さんは中国人の方が圧倒的に多かったらしく、先輩が予約の電話をかけたところ、最初は中国語で対応してきたのですが、今回は日本語で、しかも、とっても丁寧に話していたそうで、先輩がとても驚いていました(笑)。

DSCF8042 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
エレベーターを降りると、ダイレクトに店内につながっています。
フロアは結構広く、右奥に厨房があり、テーブル席がずらりと並んでいました。
内装は中華にしては赤や紫はほとんどなく、黒っぽい色調にまとめられていて落ち着いた雰囲気です。
前回の訪問時に比べ、ちょっとテーブルの配列が変わったと思います。

DSCF1443 (480x360)
入口近くにおすすめメニューが出ていました。
意外なことに、海鮮です。
まぁ、炭火焼きだから、間違いなく美味しいとは思いますが。

DSCF1442 (480x360)
エレベーターの脇に巨大な冷凍庫があって、いろいろな食材を店員さんが出し入れしていました。

DSCF8041 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
テーブルの真ん中に炭を置くためのスペースがあります。
卓上にはメニュー、ティッシュペーパー、爪楊枝、各種調味料が並んでいました。
夕方4時に予約して行ったところ、店内は7割程の人の入り。
前回よりも日本人のお客さんが多く、グループ客も多かったです。
人気店だからか、2時間制でした。

DSCF1353 (480x360)
予約席だからなのか、あらかじめいろいろとセットしてありました。
私たちは一番左奥の席に着席。
すぐ隣が厨房で、店員さんが忙しく動き回り、炭火の暑さが伝わったりしていました(笑)。

DSCF1360 (480x360)
この日はとても暑い日だったので、何はともあれドリンクが欲しい!
前回は生ビールが1杯300円というフェアをやっていたのですが、残念ながら終了していていました(泣)。
なので、とりあえずは、瓶ビールを注文。
でも、帰りがけに入口近くの壁を見たら、生ビールは380円?で提供していたようです。

DSCF1371 (480x360)
「聚福楼」では、羊の塊肉を食べられるというのが大人気。
しかも、前足、後足、スペアリブと、部位を選ぶことができます。
ちなみに、塊肉は兎の丸焼きもあります。

DSCF1372 (480x360)
前回は羊の背中の焼き物(烤羊排)を食べたのですが、この日は4人だったので羊とウサギにするか、羊を2種類食べるか迷いました。ウサギは賛否両論だったので、結局、羊を2種類食べることに。
店員さんとも相談し、まずはボリュームの多そうな後足を注文。

DSCF1363 (480x360)
注文を終えると、すぐに炭火を持って来てくれます。
暑い!
実は、先輩は暑さに弱いので、この時期の訪問になりました(笑)。

DSCF1364 (480x360)
でも、炭火のすぐ上には大きなダクトが付いているので、火が近い割にはそれ程煙くなかったです。


アサヒ 瓶  (550円)
DSCF1362 (480x360)
ビール、前回はサントリーでしたが、アサヒになっていました。
四人中二人はお酒を飲みませんが、ともあれ、乾杯!


お通し
DSCF1355 (480x360)
お通しは三連の白い器に三種類の前菜が出てきました。
白菜キムチ、枝豆、落花生で、一つ一つがかなりたっぷりめ。


羊の足の丸焼き<特色烤羊腿> 后腿  (5,800円)
DSCF1366 (480x360)
いよいよお肉が登場!
でっか~い。
見ているだけでテンションアップ↑↑
注文時、店員さんから「丸のまま? 写真を撮りますか? 」と聞かれます。
もちろん、この大迫力を楽しむために丸のまま持ってきてもらい、フォトタイム(笑)。

DSCF1367 (480x360)
横から見ても、この厚み!
因みに、後ろ足は骨込みで1.5キロから2キロぐらいとのこと。

もちろん、このままでは焼けないので、お肉の塊を一旦キッチンに戻します。

DSCF1409 (480x360)
そして骨ごとぶつ切りになってお肉が再登場。
大きなお皿にお肉が積み上がっています。

DSCF1412 (480x360)
断面が鮮やかな赤ピンク色で、とってもキレイ。
塊肉もインパクトありましたが、これはこれでなかなかすごい!
・・・でも、私のへぼ写真だと、なかなかそれが伝えられず(泣)。

DSCF1413 (480x360)
早速焼きます。
基本的にセルフです。
お肉が目の前で焼けていくのを見るのは、と~っても楽しい。

DSCF1417 (480x360)
火を通すのは7割程でいいとのこと。
早く食べたくて、うずうずしちゃいます(笑)。

DSCF1418 (480x360)
先ずは小さめのものをそのままで。
柔らかくて臭みが無くて、美味しい!

DSCF1357 (480x360)
こちらのお店では、このパウダーとソースをつけたお肉をいただきます。

DSCF1356 (480x360)
赤いパウダーには、よく見ると、唐辛子だけでなく、クミンなども入っています。
実はクミンって苦手な味わいなのですが、不思議なことに、このパウダーはクミン独特の風味がない。
しかも、こんなに真っ赤っかなのに、全然辛くない!

先輩と話しているのですが、このパウダー、ぜひ売って欲しいです。
BBQとかに持って行ったら最高です。

DSCF8098 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
こんな風に両方をたっぷりつけて食べると、サッパリとしてドンドン食べられちゃいます。


老虎菜 ラオフーサイ (780円)
DSCF1407 (480x360)
箸休めにサッパリ目のサイドメニューを注文。

DSCF1408 (480x360)
前回こちらを食べたら、パクチーたっぷりでとってもサッパリして美味しかったのですが、お豆が入っていたり、パクチー以外の野菜が増えるなど、かなり内容が変わってしまっていて、ちょっと残念。


レモンサワー (430円)
DSCF1420 (480x360)
ビールを飲み終えたので、サップ利ケインおレモンサワーを注文。

DSCF1422 (480x360)
美味しいので、お肉をどんどん焼きます。

DSCF1423 (480x360)
この骨を焼いて食べてみたのですが、筋っぽい感じで硬くて、あまり食べるところは無かったです(笑)。

DSCF1431 (480x360)
あと、こんな骨?もありました。
さすがにこれは食べられなさそうだったので、焼きませんでした。
それにしても、キレイに切りますね~。


干し豆腐細切りの和え  (680円)
DSCF1403 (480x360)
箸休めにもう一品。
ボリュームたっぷりなのが嬉しいです。

DSCF1405 (480x360)
細麺のような干し豆腐に、ピリ辛のラー油がアクセントになって、とっても美味しくて、当たりのメニューでした。


グレープフルーツサワー (430円)
DSCF1441 (480x360)
さっぱりさせたかったので、柑橘系のサワーをお代わり。


羊の背中焼き 烤羊排  (3,800円)
DSCF1424 (480x360)
後ろ足を難なく食べ終えられそうだったので、背中焼きも注文。
こちらは骨込みで1キロぐらいだったかな?

DSCF1428 (480x360)
もちろん写真をとるために丸ごとの生肉の塊を持って来てもらったのですが、焼いている網の上に生肉をのっけてもらい、すごい光景(笑)。

DSCF1434 (480x360)
ぶつ切りになってお肉が再登場。
こちらもすごいボリューム!

DSCF1436 (480x360)
お肉の断面はとってもキレイなロゼ色。
店員さんにどこの羊か聞いて見たところ、オーストラリア産とのことでした。

DSCF1439 (480x360)
こちらもドンドン焼きま~す!

DSCF1432 (480x360)
卓上には塩やクミンが置かれています。
クミンを出して、つけて食べたのですが、いつものクセは感じず、美味しい~
ワタクシ、インド系のクミンの味わいは苦手なのですが、何故だかこのお店では美味しく食べられて、本当に不思議です。

DSCF1438 (480x360)
後ろ足とスペアリブを食べ比べると、スペアリブの方が旨味が薄い、羊の香りがするという意見が出ましたが、ダメ舌の私にはよくわからず、どちらも美味しくいただいちゃいました(笑)。

DSCF1444 (480x360)
この日のお会計です。
ちょっと見にくいですが、合計で16,049円、一人約4,000円でした。
あまりのお安さに、一同感動(笑)。


お肉は最後の方はさすがに全員の箸が止まり気味でしたが、何とか完食。
外へ出ると自分たちがとっても羊臭いのがわかりました(笑)。
やっぱりこういうお店は人数をそろえるととってもお得で楽しいですね~。
いつかウサギも食べてみたいですが、その勇気が出るかな?


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した池袋グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

東京とんこつラーメン 屯ちん 池袋本店  (2009年12月30日
【閉店】なんつッ亭 池袋店  (2010年2月13日
立呑亭 帆立屋  (2010年2月13日
聚福楼  (2014年7月11日2016年4月23日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ドリンクメニューです↓
DSCF1358 (480x360)

DSCF1359 (480x360)

DSCF1360 (480x360)

DSCF1361 (480x360)


フードメニュー↓
DSCF1370 (480x360)

DSCF1371 (480x360)

DSCF1372 (480x360)

DSCF1373 (480x360)

DSCF1374 (480x360)

DSCF1375 (480x360)

DSCF1376 (480x360)

DSCF1377 (480x360)

DSCF1378 (480x360)

DSCF1379 (480x360)

DSCF1380 (480x360)

DSCF1381 (480x360)

DSCF1382 (480x360)

DSCF1383 (480x360)

DSCF1384 (480x360)

DSCF1385 (480x360)

DSCF1386 (480x360)

DSCF1387 (480x360)

DSCF1388 (480x360)

DSCF1389 (480x360)

DSCF1390 (480x360)

DSCF1391 (480x360)

DSCF1392 (480x360)

DSCF1393 (480x360)

DSCF1394 (480x360)

DSCF1395 (480x360)

DSCF1396 (480x360)

DSCF1397 (480x360)

DSCF1398 (480x360)

DSCF1399 (480x360)

DSCF1400 (480x360)

DSCF1401 (480x360)

DSCF1402 (480x360)






2016年4月23日訪問時お店DATA
****************************
聚福楼 (じゅふくろう)
〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-37-16 大雄ビル4階
TEL 03-6912-7333
営業時間  11:30~24:00
定休日 なし
JR・地下鉄池袋駅西口より徒歩5分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/05/06 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(4) |
タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店  @市ヶ谷
今朝は台風並の暴風でしたね~。
ようやく太陽は出て来ましたが、風はまだ強いまま。
みなさま、気をつけてGW後半をお過ごし下さい☆

DSCF1603 (480x360)
2016年4月27日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
特に行きたい新店がなく、先輩に「どこに行きたいですか?」と聞いたところ、「私に聞くといつもタイ料理になっちゃいますよ(笑)。」とのこと。
私も食べたかったので、「GEMS市ヶ谷」の「タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店」に行くことに。

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。
市ヶ谷駅を出てすぐ、坂の上を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。


地図です。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。
今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

DSCF4601 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。

10店舗全部でランチ営業をしている訳ではなく、確か7・8店舗だったと思います。

DSCF5042 (480x360)
オールドタイランド」は、19世紀末に開明期のタイの首都バンコクに建てられた貴族の家のことだそうです。
新橋と飯田橋に支店があり、GEMS市ヶ谷店は3店舗目で、2014年11月13日にオープンしました。
他に、姉妹店の「クルン・サイアム」というお店もあるそうです。

DSCF5041 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
エレベーターの中にあるフロアマップはこんな感じです。

エレベーターに乗ったら、ココナツミルクの香りが漂っていました(笑)。

DSCF5018 (480x360)
こちらは店内からエレベーターを見たとき写真です。
エレベーターを降りると、お店のフロアにそのままつながっています。

DSCF5003 (480x360)
フロアは左に厨房があり、その前にカウンター席、周りにテーブル席が並んでいます。
アジアン料理というと、民族風のコテコテっぽい内装が多いですが、こちらは木目の調度品を使っているもののかなりモダンなテイストです。

DSCF5004 (480x360)
天井なんて鏡張りの上に紫色のライトが走っていて、とっても派手。

前回ランチ訪問したのは2016年3月30日だったので、約1ヶ月ぶりです。

DSCF5017 (480x360)
「オールドタイランド」のランチは人気でいつも大混雑。
個人的な体感では、GEMSの中で一番人が入っている感じがします。

DSCF4983 (480x360)
テーブルの下には荷物を入れるためのカゴが置いてありました。

DSCF4984 (480x360)
窓がとても大きく、外を眺めるとこんな感じです。

DSCF4985 (480x360)
テラス席もあります。

DSCF1146 (480x360)
テラス席からの眺めです。
3階なので、とっても人が近く感じられました。

DSCF1147 (480x360)
植物も沢山並べてあります。

DSCF3953 (480x360)
こちらはカウンター席です。

DSCF3967 (480x360)
カウンターにはタイっぽいカワイイ小物がたくさん飾られていました。

DSCF3956 (480x360)
ガラス張りの厨房では、たくさんの調理人の人たちが忙しそうにお料理を作っています。

DSCF9664 (480x360)
12時15分頃に入店したところ、中央の窓に近いテーブル席に通されました。

DSCF9665 (480x360)
この日は暖かい日だったので、テラス席でも気持ちよかったかも。

DSCF9948 (480x360)
卓上にはメニュー、お水の入ったポット、紙ナプキン、カトラリーのセット、キャンドル用?のコップ、爪楊枝が置いてありました。

DSCF3958 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
爪楊枝は、編み込んだ小さな器に入っています。

DSCF8261 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
こちらは、タイ料理屋さんお約束のナンプラー・お酢・プリックポン(唐辛子をすりつぶしたもの)・砂糖の4種類が入ったクルワンプルーンです。
私はあまり味わいを調整する方では無いので、ほとんど使ったことがないです。
天井のライトが映り込んじゃっています(笑)。

DSCF5011 (480x360)
おしぼりは白いビニール袋に入ってます。
卓上のカトラリーセットに置いてありました。

DSCF4994 (480x360)
ランチメニューです。
写真がキレイで大きくて、すごく見やすいです。

お料理は定番メニューが13種類と多く、お値段は880円から1,240円と、エスニック系にしてはちょっとお高めです。
唐辛子マークの本数で辛さの程度がわかります。
タイのお茶やデザートもいただくことが出来ます。

DSCF3951 (480x360)
この日は季節メニューが1種類あり、お値段は1,080円でした。

DSCF7063 (480x360)
先輩は大好きなアボガドの入ったゲーン・キィオ・ワン・アボガドをチョイス。
私はちょっとでも辛いものが食べたいと思い、ゲーン・キィオ・ワン・ガイにしました。

DSCF1616 (480x360)
この日の伝票です。

DSCF1588 (480x360)
注文を終えると、すぐにスープと生春巻きが出て来ました。

最近わかったのですが、こちらのお店は麺メニューの方がご飯メニューより早く出てくることが多いです。
この日も先輩の方が先に出て来ました。

DSCF1589 (480x360)
メインが出てくる前に、いただきま~す!

DSCF1592 (480x360)
スープは薄いブルーの器に入っていて、ダブルソーサーになっています。

DSCF1593 (480x360)
お皿と器の間には紙ナプキンがはさんであり、薄いアルミのスプーンが添えられていました。

DSCF1594 (480x360)
スープは薄茶色でパクチーが散らしてあります。

DSCF1596 (480x360)
このスープ、日によって結構味わいが変わります。
概ね、ビシッと辛くて酸っぱくて、全てのメニューの中で一番タイ料理らしいことも(笑)。
この日もややぬるめでしたが、刺激的に美味しかったです。
最近、このスープを飲むのが一番の楽しみになっています。

DSCF1597 (480x360)
中には海老やフクロダケや赤パプリカなどが入っていて、意外と具沢山。

DSCF1590 (480x360)
生春巻は、小さなサイズに切ったものが2つ、白いココットに入っています。
刻んだナッツがトッピングされていて、スイートチリをかけてありました。

DSCF1591 (480x360)
たっぷりのキャベツのほか、ニンジンや大葉、春雨?などが入っていて、かなりあっさりとした味わいです。
作り置きだから仕方ないのですが、たまに、切り口が乾燥しちゃっていたり、巻きが甘くてお箸で持ち上げようとすると崩れちゃう時があるのがちょっと残念。


ゲーン・キィオ・ワン・アボガド  (1,240円)
DSCF1598 (480x360)
先輩が注文したゲーン・キィオ・ワン・アボガドが先に出て来ました。
ゲーン・キィオ・ワン・アボガドとは、タイ料理の代表的メニューのグリーンカレーに海老とアボガドを加えたものです。

DSCF1600 (480x360)
相変わらずアボガドがたっぷり入っていて大満足だったとのこと。

DSCF1602 (480x360)
忘れられていたお茶がこの時出て来ました。
私はお茶が無いことにも気付いていませんでしたが(笑)

DSCF1605 (480x360)
先輩と私のメニューはグリーンカレーとアボガドの入ったグリーンカレーなので、ほとんど同じだと思うのですが、なぜか出てくるのに3分位差がありました。
どちらかというと、私の方が簡単そうに見えるのですが(笑)。


ゲーン・キィオ・ワン・ガイ  (1,080円)
DSCF1603 (480x360)
ゲーン・キィオ・ワン・ガイとは、タイ料理の代表的メニューのグリーンカレーで、鮮やかな緑色は激辛な緑唐辛子やバジルから来ているそうです。

DSCF1606 (480x360)
ご飯は丸い平皿に、こんもりと象って盛りつけてあります。

DSCF1607 (480x360)
こちらのご飯、見た目はそれ程多くはなさそうですが、ギュッと押し込んであるのか、結構ボリューミー。

DSCF1608 (480x360)
鶏肉・ナス・赤パプリカなどなど、とっても具沢山。

DSCF1611 (480x360)
ホント、溢れそうなぐらいです。

DSCF1609 (480x360)
このお店では、お皿の縁が欠けているお皿に遭遇することがたまにありますが、、、

DSCF1610 (480x360)
この日は二ヶ所も欠けていました(笑)。

DSCF1612 (480x360)
先ずはカレーそのまま一口。
辛さはピリ辛ぐらいですが、ココナツミルクがしっかりと利いていて、濃厚で美味しい~!

DSCF1613 (480x360)
鶏肉は大きめの一口大です。
とっても柔らかでした。

DSCF1614 (480x360)
ナスは縦半分に切った小さめのものが結構入っています。
皮がキレイにむいてあり、グリーンカレーをの旨みをたっぷりと吸い込んでいてて、柔らかでした。

DSCF1615 (480x360)
ご飯の小山にカレーを少しずつかけながら、崩して食べ進めます。
ご飯の量が多い上に、ルーは具沢山でスープが意外と少なく、最後はご飯だけが余っちゃいそうになりました(汗)。

DSCF1617 (480x360)
帰りがけ、「祭り屋」のあった場所が工事していることに気付きました。
チーズの写真が貼ってあるので、まさかチーズ屋さん?
あの広いキャパをチーズ屋さんでは難しそうだから、イタリアンかフレンチかな?
楽しみだ~。


グリーンカレーは具沢山でご飯も多く、おなかいっぱいになりました。
「オールドタイランド」の安定した美味しさに大満足です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたランチメニューです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎定番メニュー
<ご飯>
ガイ・パット・バイガパオ・ラート・カオ (2016年2月4日
カオ・パット・トムヤム   (2015年10月21日
ゲーン・キィオ・ワン・ガイ (2016年4月27日
ゲーン・キィオ・ワン・アボガド (2016年3月30日

<麺>
パッ・タイ (2016年3月22日
センレク・ナーム (2016年2月29日
タイスキ  (2015年1月9日
カオソイ  (2014年12月4日

◎季節メニュー
チムチュム (2015年12月16日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


定番ランチメニューです↓
DSCF7062 (480x360)

DSCF7063 (480x360)

DSCF7066 (480x360)

DSCF7065 (480x360)


季節ランチメニューです↓
DSCF3951 (480x360)


ドリンク&デザートメニューです↓
DSCF4989 (480x360)

DSCF4990 (480x360)

DSCF4991 (480x360)

DSCF4992 (480x360)

DSCF4993 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF9984 (480x360)

DSCF9985 (480x360)

DSCF9986 (480x360)

DSCF9987 (480x360)

DSCF9988 (480x360)

DSCF9990 (480x360)

DSCF9989 (480x360)





2016年4月27日訪問時お店DATA
********************************
タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店 
〒102-0085 
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷3階
TEL 03-6380-8360
営業時間 
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30)
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 年中無休  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/04 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(4) |
中国西安料理と火鍋 XI'AN 市ヶ谷店  @市ヶ谷
昨日はお昼休みに外へ出たら、人出がほとんどなくて、街はガラガラでした。
お休みの人が多くて、羨ましかったです(笑)。
みなさま、楽しい連休の後半を☆

DSCF1569 (480x360)
2016年4月26日は、お昼になると上司が「外に食べに行こう。」と誘ってくれました。
しかしながら、いつもお店選びに悩む上司。
この日も出発前から「どこに行こうかなぁ。」とぼやいていました。
どうせ悩んだところで「嘉賓」か「ながい」にしか行きませんが(笑)。

この日はOさんが「中国西安料理と火鍋 XI'AN(しーあん) 市ヶ谷店」を提案したのですが、先輩と私が既に訪問したと知ると、「中華なら『登龍』があるな。行ったことないんじゃないか?」とOさんに聞いたのですが、Oさんは「いや、多分行ったことあります。」とつれない返事。
Oさんは「シーアン」がオープンするのをずっと待っていたのに、スケジュールが合わなかったり、体調がよくなかったりで行けていなかったのですごく行きたかったんだと思います。
結局、「シーアン」へ向こうことに。

DSCF0393 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって坂を上り、最初の交差点を右に曲がります。
交差点の角には2011年5月31日2011年7月14日にランチ訪問した「まんてん」(現在ランチ営業なし)があり、その隣にはたまにお弁当を購入する「こしひかり弁当」、その次が以前よく通っていた「祭り屋」だった場所、そして「シーアン」です。
問面にソニーミュージック本社があります。


地図です。
グーグルマップではまだ「シーアン」ではなく、「串八珍 別館」のまま(笑)。

DSCF0397 (480x360)
「シーアン」は、「串八珍」などが有名な株式会社豊創ホールディングスが展開する中国の西安料理を提供するチェーン店で、都内に8店舗あります。
市ヶ谷店は2016年3月31日にオープンした一番新しい支店です。

DSCF0394 (480x360)
シルクロードの起点で古都であり、美食の町「西安」の、多彩な食材とスパイスが織りなし、中華料理の中ではヘルシーで独創的な「西安大衆料理」を食べられるとのこと。
「シーアン」では選りすぐりの食材やスパイスを使って本場中国西安の一流麺点師たちが調理しているとのことです。
その中でも特に刀削麺をウリにしています。

DSCF0352 (480x360)
お店の前には料理サンプルの並んだケースが置かれています。
最近では珍しいのでは?

DSCF0355 (480x360)
道路上にはランチメニューの看板が出ています。

上司はこの看板を見て、「なんだ! ラーメン屋じゃないか!」と言ってきたので、「マーボー豆腐とかの定食もありますよ。」となだめ、何とか店内へ。
どうやら、上司はラーメンがあまり好きではないようです。

DSCF0396 (480x360)
夜のコースメニューの看板も出ていました。

この場所には、以前、2009年9月1日にオープンした「やきとり 串八珍 市ヶ谷別館」がありましたが、2016年2月12日に閉店しました。
さらにその前には、「鳥珍 市ヶ谷店」がありましたが、2009年8月28日に閉店しました。
「串八珍」も「鳥珍」も株式会社豊創ホールディングスの展開するブランドなので、この場所で3種類の店舗を開店させたことになります。

DSCF0356 (480x360)
営業時間はこちらです。

前回ランチ訪問したのは2016年4月6日だったので、20日ぶり、2回目です。

DSCF0359 (480x360)
12時15分頃に入店すると、ニューオープンの混雑は少し落ち着いたようで、待ち客はいませんでした。

DSCF0361 (480x360)
フロアは広く、茶色を中心とした内装はシンプルながらも新店なのでピッカピカ。
一番奥に厨房があり、その周りにテーブル席がたくさん並んでいます。
串八珍」時代と違い、個室とかを取り除いたので、同じお店とは思えないぐらい、広々しているように感じます。

DSCF0362 (480x360)
入ってすぐ右の窓の前にウェイティングのイスで少し待っていたら、すぐに席に案内されました。

DSCF0367 (480x360)
レジはフロアの中央にあります。

DSCF1583 (480x360)
キッチンはガラス張りなので、中の様子を見ることが出来ます。
大鍋で刀削麺を次々と茹でています。

DSCF1566 (480x360)
案内について行くと、一番奥のフロアへ。
こんなに奥があったんだ~と、ちょっとビックリ。

DSCF1559 (480x360)
敷居が幾つかあり、中華らしい円卓が幾つか並んでいました。

DSCF1564 (480x360)
私たちは奥のフロアの一番手前のテーブル席に通されました。
卓上にはメニュー、紙ナプキン、割り箸、爪楊枝、小皿、レンゲ、お水の入ったポット、調味料などなど。

DSCF1565 (480x360)
奥まった部屋なので、呼び出しボタンもあります。

DSCF1563 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF0369 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF0370 (480x360)
刀削麺が6種類で全てお値段は750円、定食は4種類でお値段は全て880円です。
サイドメニューやデザートもあります。
それぞれのお料理の辛さは、星や唐辛子マークがついていて、一目でわかるようになっています。

DSCF1582 (480x360)
上司は担々麺、先輩は葱油麺を注文。
辛いものが大好きなはずのさんは、まさかの炒飯をチョイス。
なんでも、前日出張先でラーメンを食べたら、汁をかなりはねさせてしまい、ワイシャツを汚してしまったとか。
私はマーボー豆腐を食べようと思っていたのですが、やっぱり麺類が食べたくなり、酸辣麺をチョイス。
さらに、上司が餃子を全員分オーダーしてくれました。

麺類を注文すると、店員さんが「パクチーが入っていますが、大丈夫ですか?」と確認してくれます。
上司は苦手なので、抜いてもらいました。

DSCF0379 (480x360)
紙エプロンをいただくことが出来ます。
Oさん、先に知っていればとガッカリ(笑)。


葱油麺  (750円)
DSCF1567 (480x360)
先輩が注文した葱油麺は、やや茶色っぽいスープで、赤く染まったネギと細切りのチャーシューとパクチーがトッピングされています。
辛さレベルでは2番目に辛いからと注文したのですが、辛さはピリ辛ぐらいで、刀削麺の水切りが甘かったんじゃないかと思うぐらい、スープの味わいが薄かったとのこと。


酸辣麺  (750円)
DSCF1569 (480x360)
酸辣麺は、間口の広く、底の浅めな白い大きな器に盛られています。

DSCF1570 (480x360)
トッピングは挽肉、パクチー、茹でキャベツです。

DSCF1572 (480x360)
葱油麺と同じく、辛さのレベルは2番目ですが、スープは葱油麺に比べると赤かったです。

DSCF1571 (480x360)
小さく切った油揚げ?みたいなものが入っていました。
こちら、味わいのアクセントになってよかったです。

DSCF1573 (480x360)
まずはスープを一口。
前回麻辣麺を食べた時、ダシが弱めだったのであまり期待していなかったのですが、少々油が強いものの、黒酢がビシッと利いていてなかなか美味しい!

前回はパクチーのトッピングがとってもいいアクセントになりましたが、この日は黒酢のインパクトのせいか、あまり気付かなかったです(笑)。

DSCF1575 (480x360)
刀削麺なので、麺はギザギザして不揃いです。
麺は前回と同じく、ちょっと柔らかめ。
厨房の様子を見ている感じだと、すぐに提供できるよう、見込みで茹でているような気がします。
ボリュームは普通です。


鉄鍋ギョーザ  (500円)
DSCF1576 (480x360)
麺に少し遅れて、ギョーザが登場!

DSCF1577 (480x360)
食べる気満々で、卓上にある餃子のタレを小皿に入れたら、店員さんから「かなりしっかり目の下味をつけてあるので、タレはお好みで。」と言われちゃいました(笑)。

DSCF1578 (480x360)
鉄鍋なので、熱々のまま食べられます。
1皿6個です。

DSCF1580 (480x360)
餃子は細長い四角形で、こんがり焼けていて、美味しそう。

DSCF1581 (480x360)
皮はパリッとしていて、確かにこのまま食べても大丈夫なぐらい、しっかり味でした。
先輩と一皿をシェアしたので、3個食べました。
上司に感謝☆です。

DSCF1586 (480x360)
この日の領収書です。


刀削麺は初めてという上司の感想は、「ひもかわうどんみたいだな。」とのこと。
ひもかわうどんって、、、(笑)。
言い得て妙ですが、最近の若い人は、ひもかわうどんよりも刀削麺の方が馴染みがあるのでは?

酸辣麺は予想外に黒酢のインパクトがあり、これまで先輩と私が食べた4種類の中では一番美味しかったです。
次回こそは、ご飯メニューを食べてみなければ!


ランチメニューです↓
DSCF0369 (480x360)

DSCF0370 (480x360)

DSCF0371 (480x360)

DSCF0372 (480x360)

DSCF0374 (480x360)

DSCF0375 (480x360)

DSCF0376 (480x360)





2016年4月26日訪問時お店DATA
*************************************
中国西安料理と火鍋 XI'AN 市ヶ谷店 (しーあん)
〒102-0084 
東京都千代田区五番町10-2 センタービル1階
TEL 03-5275-5220
FAX 03-5275-5229
営業時間 
[昼] 11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜] 17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日 日・祝
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩3分
都営新宿線市ヶ谷駅3番出口より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/03 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
Taco Derio!  @市ヶ谷
みなさま、GWを楽しんでいますか?
私は昨日旅行から戻り、カレンダーどおりの出勤です(泣)。
4日間の旅行中、ずっと食べてばかりでしたが、歩き回っていたことと、かき氷を食べてちょっとお腹を下したおかげか、体重増加はプラス1キロぐらいで済み、正月太りを越えなくて、一安心(笑)。
GW後半はしっかり運動をして体重を戻すつもりです。
今日一日頑張れば、3連休なので、がんばりま~す☆

DSCF1547 (480x360)
2016年4月25日は週の最初の月曜日。
思いがけず、お昼時に上司とOさんが不在だったため、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
ただ、午前の仕事がおしてしまい、外に出るのが遅くなってしまったので、近場のGEMS市ヶ谷に行こうかと歩いていたら、「Taco Derio!(たこでりお)」という移動販売のお店を見つけました。

DSCF1534 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点を左折します。
最初の曲がり角のところにNo.R五番町というビルがあり、その前に車が停まっていました。


地図です。
この会社の入っているビルの前に車が来ています。

DSCF1530 (480x360)
タコデリオ!」は、株式会社サンズが展開する「元気になるフード」を提供するタコス・タコライスチェーンで、路面店やカフェ、移動販売があるそうです。
1999年にキッチンカーから始まったこちらのお店は、完全無農薬で栽培された玄米を使い、全て手作りでお料理を提供するとのこと。

実はこちらのお店、やって来ているのを数回見かけたことがありました。
少し前に、Oさんが一度購入してスタンプカードをもらっていたので、2016年4月4日に買いに行ってみたところ、何故か「クルージンダイナー」が来ていました。
なので、警察とかの関係で、もう撤退しちゃったのかなぁと思っていただけにビックリです。

それにしても、3週間前に「出来れば毎週来ます!」と復活宣言していた「クルージンダイナー」はこの日は見当たりませんでした。

DSCF1532 (480x360)
12時20分頃に到着したところ、先客は1名。
後客は2・3人でした。

若い男性店員さんが一人で切り盛りしています。

DSCF1528 (480x360)
メニューは定番が3種類、月替わりが1種類の合計4種類で、お値段は600円か700円です。
2016年4月のタコライスは、デミたまタコライスでした。

DSCF1529 (480x360)
トッピングは7種類あり、全て50円です。

DSCF1527 (480x360)
ナチョスやチリチップとのセットメニューもありました。

DSCF1535 (480x360)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋で、、、

DSCF1538 (480x360)
鮮やかなオレンジ色で、お店のロゴが入っていました。

DSCF1539 (480x360)
中から取り出すとこんな感じです。

DSCF1541 (480x360)
タコライスの容器は四角いプラスチック製で、フタは透明、下は白です。

DSCF1542 (480x360)
ホットソースの容器も、小さなプラスチック製で、フタは透明、下は白でした。

DSCF1540 (480x360)
ナチョスの容器は、四角い紙製です。

DSCF1544 (480x360)
いただきま~す!


B SET?
有機玄米チリコンカネルタコライス×チリチップ(S)?=900円
DSCF1547 (480x360)
私は辛いメニューを食べたくて、チリコンカネルタコライスにして、チリチップとのセットにしてみました。
セットにしたのは、ナチョスじゃなくて、チリチップだったと思います。
わずか一週間前のことですが、旅行を挟んでしまったため、記憶が朧です(汗)。

DSCF1545 (480x360)
こちらはホットソースです。
お好みでいただくことが出来ます。
辛い味付けが大好きな私たちはもちろん、いただいちゃいました。

DSCF1549 (480x360)
タコライスはたっぷりの具材でご飯はほとんど見えません。

DSCF1550 (480x360)
生野菜はキャベツの千切りです。

DSCF1551 (480x360)
先輩はプラス料金を払ってハラペーニョをつけたのに、何故か私の方にも入っていました。
デフォルト?

ハラペーニョが入っていると、味わいのアクセントになって、とってもいいです。

DSCF1552 (480x360)
チリビーンズにはチーズもかかっています。

DSCF1553 (480x360)
ご飯は有機玄米なので、ほんのり茶色に染まっていました。
量はそれ程多くありません。

DSCF1554 (480x360)
サワークリーム?もたっぷりかかっていました。

DSCF1558 (480x360)
最初にホットソースをかけちゃいました。
チリビーンズはしっかり旨味があって、辛さはピリ辛ぐらい。
ホットソースはなかなかの辛さでした。
玄米はツブツブ感が強く、噛み応えがよかったです。

DSCF1555 (480x360)
チリチップ?のフタを開けてビックリ。
チップがかなりたっぷりありました。
しかも、チリソースとサワークリームがかかっています。

DSCF1556 (480x360)
チップスはトッピングでしんなりしたところとパリッとしたところの2種類の食感を味わえます。
ご飯とは違う食感も楽しめるので、このセットはとてもよかったです。

DSCF1557 (480x360)
たくさんあったので、先輩にもおすそ分け。
「CP抜群のトッピングですねぇ~。」と言っていました(笑)。


有機玄米アボガドタコライス(700円)+ハラペーニョ(50円)=750円
DSCF1536 (480x360)
先輩は大好きなアボガドが入ったアボガドタコライスに、こちらも大好きなハラペーニョをトッピング。

DSCF1537 (480x360)
ボリュームは多くはないものの、玄米もサルサも美味しく、味わいはとっても好みだったとのこと。


基本のタコライスだけだとボリュームはちょっと物足りないですが、味付けは美味しかったです。
セットにすると、移動販売のお弁当としてはややお高めになりましたが、満足感はとっても高くなりました。

月曜日のこの場所には、今後「タコデリオ!」と「クルージンダイナー」のどちらが来ることになるのかなぁ?



このビルの前の通りに来ています。


2016年4月25日購入時お店DATA
*******************************
Taco Derio! (たこでりお)
移動販売 
〒102-0084
東京都千代田区五番町10-7 No.R五番町前
営業日 月曜日
営業時間 お昼前後(売り切れ次第終了)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/02 06:00】 | 沖縄 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる