純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
しばらく放っておいたら動きが復活したワタクシのデジカメですが、ランチタイムは何とか動いたものの、夜、使っている途中でまたエラーが出てしまいました(汗)。
やっぱり、完璧に直っているということはなさそうです。
もうちょっと様子を見て、修理に出すかどうか、決めないとなぁ。

IMG_2633 (480x480)
2016年6月23日は、お昼になると上司から「外へ食べに出よう。」と声をかけられました。 
向かった先は、もちろん、大のお気に入りの「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です(汗)。

DSCF8693 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。 

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。 
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。 その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。 
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。 
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめていました。その後、2014年後半頃?からまたランチ営業を始めたようですが、再び休業しています。

地図です。

IMG_2639 (480x480)
この日のメニューです。 
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。 
「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。 
作家でグルメな故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF6747 (480x360)
外階段を使って2階へ登ります。

DSCF8690 (480x360)
お店の入口です。 
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF0971 (480x360)
このところ、多言語対応しているキリンの一番搾りのポスターが貼ってあります。 
時代ですね~。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。 こちらは奥の部屋の写真です。 
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。 
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。 

12時半頃に入店すると、ちょうどお客さんと入れ替わりで、すぐに席に通されました。 
お客さんは、老舗のせいか、サラリーマンばかりではなく、ご近所の方のようなラフな格好のご年配の方々もたくさんいらっしゃいます。

DSCF4222 (480x360)
壁にはこんな額がかかっていました。 

この日は入って左奥の窓際の4人席に着席。

DSCF1482_20130502072200.jpg
こちらは以前撮影した写真です。 
中華料理屋さんにしては珍しく、ランチタイムは午後1時まで禁煙です。

DSCF2627.jpg
こちらも以前撮影した写真です。 
卓上には各種調味料、お箸、紙ナプキン、爪楊枝、食べるラー油など置かれています。

DSCF3243 (480x360)
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。 
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

IMG_2627 (480x480)
ランチメニューは17種類あり、お値段が721円~1,545円です。 
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。 
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。 

IMG_2626 (480x480)
・・・と思っていたら、なんと、冷やし中華が2種類ありました!
こんなことは初めてでは?
少なくとも、ここ7~8年はなかったと思います。
2012年4月4日2013年6月28日に食べた牛バラ煮込みそばがなくなっていました。

先輩も私も、A定食で未食のズッキーニというのが気になりましたが、冷たい麺を食べたくて、新作の野菜と鶏肉の冷やし中華を注文。

IMG_2629 (480x480)
「嘉賓」ではビールはアサヒが提供されているようです。
スーパードライの樽生ビールを飲むと、売り上げの一部がオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に寄付されるとのこと。
こんな取り組みが行われているんですね~。

DSCF4036 (480x360) 
「嘉賓」はメニューの種類が多い上に、どのメニューが未食かわからなくなってしまうので、スマホに既食メニューをメモして、常にチェックしています(笑)。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

IMG_1675 (360x480)
こちらは以前撮影した写真です。
伝票はこんな感じ。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。 


野菜と鶏肉の冷やし中華  (927円) IMG_2630 (480x480)
いただきま~す! 
メイン、デザートのセットです。
お盆はありません。

IMG_2633 (480x480)
メインは丸い平皿に盛られています。

具はたっぷりのキャベツの千切り、紫キャベツ、貝割れ大根、玉子焼き、赤ピーマン、鶏肉などなど。

IMG_2634 (480x480)
具だくさんで、横から見るとこんもりとしていて、麺が全く見えません。
白・黄・赤・緑・紫など、とってもカラフル。

IMG_2635 (480x480)
お皿の縁に辛子がたっぷりと添えられていました。 

IMG_2636 (480x480)
全ての具材は細長く切りそろえてあります。

タレはお皿の底にたまっているので、辛子も全部投入し、全体に味が回るよう、しっかりかき回してから食べました。

IMG_2637 (480x480)
あんなにたっぷりあった野菜も、かき混ぜると何処かへ消えてしまいます(笑)。
麺は固めにゆでられていて、のどごしがいいです。

冷やし中華って、タレが甘ったるいことが多いですが、「嘉賓」のはとてもお酢が効いていて、しっかりした酸味がとっても美味しい!
先輩が「ここの冷やし中華は好きなんですよね~。」と言っていたのも納得です。

IMG_2638 (480x480)
食べ終えた、汚らしい写真ですみません(汗)。
メインが野菜なのと柔らかい食感のものが多かったせいか、ぺろりと食べ終えてしまい、もうちょっと食べたかったです。
それほど量が少ないわけではないと思うのですが、先輩は「もしキュウリがあったら、それだけでもしっかりした歯ごたえがあって、満足感が違うかも。」と言っていました。

IMG_2632 (480x480)
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。 
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。 
スプーンは器に差し込んでありました。

DSCF5087 (480x360)
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。 
寒天系のツルツルした食感です。 
冷たい状態で出てきますが、メインのお料理を食べているうちに常温に戻っちゃうことも。

DSCF6744 (480x360)
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。 
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。

IMG_2796 (480x480) 
この日のレシートです。

DSCF3304 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
領収書はこんな感じ。  

IMG_2640 (480x480)
帰りがけ、2階部分から見た再開発地です。
ビルがもうほとんど解体されつつありました。
あっという間だなぁ~。


久しぶりに食べた「嘉賓」の冷やし中華は、甘さが少なくて酢の酸味がしっかりとしていて、とっても好みの味でした。
もうほとんどのメニューを食べたことがあるので、新メニューは本当に嬉しいです。


 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 
香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日) 
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日) 
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日) 
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日) 
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日) 
鶏肉のカレーライス (2013年3月26日) 
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日) 
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日) 
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日) 
竹の子と豚肉の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2016年5月30日) 
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日) 
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日) 
マーボー茄子のかけご飯 (2014年2月25日) 

撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日) 
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日) 
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日2016年3月29日) 
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日) 

茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日) 
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日) 
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)   
茹でギョーザと鶏肉入おかゆ (2013年10月10日) 

什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日2013年8月1日2015年11月9日) 
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日) 
半五目チャーハン (2012年10月31日2014年4月9日2014年11月5日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日2013年5月1日) 
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日) 

A定食  
◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日)  
◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日)  
◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日)  
◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日)  
◎スブタ (2012年11月9日)  
◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日2013年6月12日)  
◎チンジャオロース (2013年1月7日)  
◎八宝菜 (2013年2月12日)  
◎インゲンと豚肉とキクラゲの炒め (2013年7月19日) 

B定食   
◎古老肉 スブタ (2008年3月21日)  
◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日)  
◎フクロ茸と牛肉の炒め (2013年12月12日)  
◎ニラ・もやしと牛肉炒め (2014年1月22日)  
◎蒸し鶏 (2014年9月19日)  
◎中エビの卵とじ炒め (2015年12月24日)  
◎エビ・帆立・イカと豆腐の旨煮 (2016年4月13日) 

エビチリ定食 (2010年6月7日) 
水餃子 茹でギョウザ   
 <4個>(2012年10月31日2014年4月9日) 
カキソース和えソバ (2012年7月2日) 
カキソース和えソバ大盛り (2016年5月17日) 
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日) 
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日2015年12月18日) 
冷麺 
 冷やし中華そば (2008年6月20日
 野菜と鶏肉の冷やし中華 (2016年6月23日 
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日) 
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日2013年6月28日) 
焼きビーフン (2012年3月30日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ィナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg




2016年6月23日訪問時お店DATA 
**************************** 
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん) 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階 
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862 
営業時間  
[昼]11:00~14:00   
[夜]17:00~22:00  
定休日 無休 JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/30 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
BECK’S COFFEE SHOP 四ッ谷店  @四谷
修理に出すかどうか迷っていたデジカメですが、久しぶりに電源を入れてみたら、エラーが出ていない!!
嬉しくて、昨日のランチに持っていったのですが、うっかりiPhoneで撮影しちゃいました(汗)。
慣れって怖いです(笑)。

IMG_2618 (480x480)
2016年6月22日のランチは、軽めにパンでも食べようと思い、少しご無沙汰していたBECK’S(べっくす) COFFEE SHOP 四ッ谷店」へ行きました。 

DSCF3791 (480x360)
JR四ッ谷駅の麹町口の改札を出て右に曲がり、階段を登ってすぐ右手に店舗があります。

「ベックス」は、ジェイアール東日本フードビジネス株式会社が展開するコーヒーショップチェーン店で、関東地方を中心に70店舗以上の支店があります。 
JR東日本の系列会社なので、お店は全て駅の中や近くにあります。

地図です。

IMG_2605 (480x480)
お店の入口には期間限定メニューの看板が出ていました。 

夏サラダプレートは、残念ながらテイクアウトは出来ません。

DSCF6186.jpg
こちらは以前撮影した写真です。 
12時少し過ぎに到着すると、先客は2・3名でしたが、私の後ろの列はすごく長くなりました。
場所柄か、どの時間帯に行っても、お客さんが常に絶えません。

DSCF3794 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
フロアは狭く、正面にカウンターがあり、右手に席が少し並んでいます。 
2階はもっと広くて、テーブル席がたくさんあります。 

オーダーして手作りしてもらうメニューのほか、作り置きでパッケージされたサンドイッチや惣菜パンもあります。
スイーツもあるようです。

カウンターでオーダーしお会計をしたら、左側にずれて出来上がりを待ちます。

IMG_2606 (480x480)
持ち帰りは小さな紙袋に入れてくれます。 
このサイズ、リサイクルで使う時にとても使い勝手がいいので重宝しています(笑)。

DSCF4957 (480x360)
シンプルなデザインで、「ベックス」のロゴが印刷されています。

DSCF3800 (480x360)
サイドはロゴデザインは同じですが、ベースは濃い茶色で、ロゴが白抜きです。


IMG_2610 (480x480)
紙ナプキンはシンプルな白です。
一人分なのに、5・6枚入っていて、とっても太っ腹。

IMG_2608 (480x480)
おしぼりはやや小ぶりで、半透明の白のビニール袋に入っています。 
サンドイッチを2個買ったからか、2つありました。

DSCF3806 (480x360)
スープなどを注文すると、スプーンがついています。 
白いプラスチック製でかなり小さく、透明のビニール袋に入っています。

IMG_2607 (480x480)
紙袋から取り出すと、こんな感じです。 

DSCF4961 (480x360)
サンドイッチはかなり大きくて、厚みのある立派な箱に入っていて、持ち帰り袋と同じ色調で同じロゴが入っていました。 
フタにはイラストでサンドイッチが描かれています。

DSCF4962 (480x360)
サイドのロゴデザインも、ほぼ同じ。

IMG_2612 (480x480)
作り置きで売っているサンドイッチは、個別包装されていました。

IMG_2614 (480x480)
持ち帰り袋やサンドイッチの箱は割と落ち着いた色合いですが、こちらの文字とイラストは白地に赤と、とても明るいイメージです。

IMG_2613 (480x480)
「ベックス」のロゴも同じく白に赤でした。

IMG_2615 (480x480)
裏には商品名、製造日、消費期限、カロリー、成分、原材料などが書かれたラベルが貼ってあります。

ローストビーフサラダサンド(480円)+たまご&ポテトサラダサンド(300円)=780円 
IMG_2618 (480x480)
いただきま~す!


ローストビーフサラダサンド
IMG_2616 (480x480)
ローストビーフサラダサンドは、2016年6月1日から発売されているこの夏の期間限定メニューです。
定番人気のローストビーフとジャガイモを挟んだボリュームのあるサンドイッチで、ローストオニオンソースとドライ醤油をあわせた和テイストのソースを使っているとのこと。

IMG_2617 (480x480)
箱ギリギリの結構大きいサイズで、隙間がほとんどありません。
断面をみるとたっぷりの野菜が入っていて、レタスなどの緑、紫タマネギの紫、ローストビーフのピンクと、とっても彩りが鮮やか。

IMG_2620 (480x480)
2つ入っていますが、それぞれが離れちゃわないよう、カラフルなプラスチック製のピックで留めてあります。 
こちらは赤ですが、確か、それぞれ色が違います。

IMG_2621 (480x480)
この日のサンドイッチは、食べる場所によって、ドライ醤油なのかすごくしょっぱかったり、マスタードがかなり利いていたりと、ちょっと味の偏りがあったのが残念。
ただ、ローストビーフはお肉としての存在感があるので、間違いない美味しさです。


たまご&ポテトサラダサンド
IMG_2619 (480x480)
作り置きで売っているサンドイッチは、味違いで1つずつの組み合わせ。

あまり力を入れていないのか、公式HPには説明がありません。

IMG_2623 (480x480)
定番中の定番のたまごサンド。
オレンジ色の半熟ゆで玉子とタマゴの具が入っています。
安定の美味しさでした。

IMG_2622 (480x480)
もう一種類はポテトサラダサンドです。
ポテトのほか、ニンジン、コーン、キュウリなどが入っていました。
ちょっと酸味のあるさっぱりとした味付けです。

IMG_2603 (480x480)
この日のレシートです。 


具沢山のサンドイッチを2個食べたので、結構お腹いっぱいになりました。
カレーでも期間限定メニューがあるので、次回食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・これまで食べたメニューはこちらです↓・◇・◆・◇・◆・◇ 

[モーニング]  モーニングプレートA (2007年10月17日) 

[ランチ] 
CLUBHOUSE SANDWICHE  
  プレミアム  (2011年3月29日)  
  エビ&バジル (2014年12月3日) 

ローストビーフサラダサンド (2016年6月22日

スパイシーチーズドック  (2011年3月29日) 
信州鹿肉ジビエドッグ  (2014年12月3日) 

ビーフ&ポークのキーマカレー  (2014年11月13日) 
信州鹿肉ジビエカレー (2015年11月5日)  
  
ミネストローネ  (2011年3月29日) 

フレッシュミックスサンド (2015年11月5日) 
たまご&ポテトサラダサンド 2016年6月22日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇




2016年6月22日購入時お店DATA 
******************************** 
〒160-0004  
東京都新宿区四谷1-5-25(これはアトレの住所です。) 
四ツ谷駅構内麹町口階段脇 TEL 03-5366-8431 
営業時間  
[平日] 6:45~21:00   
[土日祝] 6:45~20:00 
定休日 無休 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/29 05:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
先週末、洗面所の電球が1個飛んじゃいました。
ストックしておいたLED電球に切り替え、これで我が家はトイレ・浴室・洗面所の3カ所を省エネ化出来ました。
キッチンの手元の明かりの蛍光灯も飛んじゃったままなので、近々、LED蛍光灯を買いに行く予定です。

IMG_2593 (480x480)
2016年6月21日は、この日は朝から雨が降っていて外へお弁当買いに行くのが億劫になってしまい、上司が「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いすることにしたので、先輩も私もご相伴することに。 

2009_0123画像0103 
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。
 
電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても30分かからず持ってきていただけるので、大変助かっています。 
配達員さんとはもうすっかり顔なじみです。

 
地図です。

DSCF1234 (480x360)
メニューです。

2008_0529画像0011
三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。 

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。 

DSCF7444 (480x360)
「松月庵」のお箸です。 
以前はいただいていましたが、今ではOさん以外はマイ箸を常備していて、Oさんの分はこれまでのストックでまかなっているので、新たな割り箸はもらわないようにしています。

DSCF7445 (480x360)
東京松月庵麺類協同組合なる組織があるようです。 ネットで調べてみましたが、池袋にあるということしかわからず。

IMG_2587 (480x480)
12時5分頃に電話で出前をお願いしたところ、15分ぐらいで届けていただきました。

雨の日は本当にありがたいです☆

DSCF9901 (480x360)
薬味は小皿でついてきます。

DSCF9885 (480x360)
お新香や薬味にかぶせてある紙です。 
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_0531画像0001 
土曜日はこちらの包み紙が使われています。 

2008_0531画像0002
とても丁寧な心遣いで、細かい配慮ですね~。

IMG_2588 (480x480)
器には、汁漏れ防止でサランラップがしっかりとかけてあります。 


親子南蛮うどん  (1,300円)
IMG_2593 (480x480)
この日は少し蒸し暑い日だったので、私以外は全員冷たいおそばにしたのですが、私は温かい蕎麦つゆが飲みたくて、親子南蛮うどんを注文。
 
「松月庵」はお蕎麦屋さんなので、うどんを注文しても、時々お蕎麦が届いちゃうことがあります。

先輩が気をつけて注文してくれたおかげで、この日は無事、うどんのオーダーが通りました(笑)。
いただきま~す! 

IMG_2594 (480x480)
薬味は、いつもどおり、七味唐辛子とネギとワサビの3種類です。

IMG_2591 (480x480)
ネギがたっぷりだったのか、包み紙の裏側に少しくっついちゃっていました(笑)。

IMG_2595 (480x480)
親子南蛮うどんは、たっぷりの卵、鶏肉、海苔、三つ葉などなど具だくさんで、うどんが全く見えません。

IMG_2596 (480x480)
中央には彩りとして三つ葉をトッピングしています。

IMG_2598 (480x480)
この太い茎は、、、?
三つ葉にしては太すぎるし、別の青菜のものかな?

IMG_2597 (480x480)
卵はたっぷりと入っていて美味しかったです。

「松月庵」の蕎麦つゆ、とても好みの味で、いつも安定していたのに、ここ数回ぐらい、なんか味が違うなぁと思っていました。
先輩に聞いてみたところ、実は先輩もそう感じていたとのこと。
ダシの味わいが薄くなって旨味が減ったように思います。
ブレなのか、調理人の方が変わったのか、材料を変えたのか、理由は全くわかりませんが、以前の味に戻って欲しいです。

IMG_2599 (480x480)
薬味は食べる前に全て投入!

IMG_2601 (480x480)
おうどんは、いつもそうですが、やや柔らかめでした。
つゆのつかり具合によって、麺に色ムラが出来ています(笑)。

IMG_2602 (480x480)
鶏肉は胸肉でしょうか。
程よい歯ごたえがありました。

全体のボリュームは普通です。
親子南蛮うどんをリベンジできたのはうれしかったですが、おつゆの味わいの変化がちょっぴり残念でした。
次回は変わっているといいのですが。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

(そば、うどん)   
もりそば    (2013年6月18日)   
かけそば    (2013年7月5日)   
きつねそば   
たぬきそば    (2009年10月20日)   
たぬきうどん  (2014年11月17日)   
大もりそば   (2012年8月31日)   
大もりうどん  (2016年1月6日)   
ざるそば    (2010年11月12日)   
月見そば    (2011年1月12日)   
玉子とじそば   (2010年9月30日)   
肉南蛮そば    (2008年3月31日)   
肉南蛮うどん  (2014年10月17日)   
わかめそば   (2010年11月2日)   
わかめうどん  (2015年10月22日)   
きしめん    (2010年10月27日)   
おかめそば   (2014年12月16日)   
おかめうどん  (2015年11月25日)      
山菜そば    (2010年6月21日)   
山菜うどん   (2014年6月11日)   
おろしそば   (2010年12月14日2015年9月25日)   
柏南蛮そば   (2009年12月16日)   
柏南蛮うどん  (2016年3月23日)   
かきたまそば  (2010年3月9日)   
かきたまうどん (2015年10月5日)   
あんかけそば  (2009年1月9日)   
あんかけうどん (2016年3月28日)   
けんちんそば  (2009年9月4日)   
けんちんうどん (2014年11月4日)   
ちからそば   (2010年1月7日)   
カレー南蛮そば  (2008年3月10日)   
カレー南蛮うどん (2014年1月8日)   
にしんそば   (2010年2月10日) 
にしんうどん  (2016年6月13日  
スタミナそば  (2009年10月22日)   
スタミナうどん (2014年5月21日)   
五目蕎麦    (2008年12月9日)   
鴨南蛮そば   (2009年11月4日)   
鴨南蛮うどん  (2016年4月11日)   
みそ煮込みうどん (2009年11月17日)   
天ぷらそば   (2013年12月10日)   
天ぷらそば[上] (2009年10月6日)     
なべやきうどん  (2009年12月3日)   
なべやきうどん「上」 (2009年3月26日)   
おかめとじそば (2009年9月8日)   
親子南蛮そば  (2008年11月19日2016年2月15日) 
親子南蛮うどん (2016年6月21日  
天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日)   
天とじうどん  (2014年1月9日) 

(特製品)   
うめとろうどん (2011年8月31日)   
とろろ、冷そば (2011年9月6日)   
釜揚げうどん  (2009年8月4日)   
山かけそば   (2011年8月19日)   
天ざるそば   (2008年6月9日)   
天ざるうどん  (2014年7月26日)   
鴨せいろ    (2008年4月18日)   
なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日)   
茶そば     (2011年3月14日) 

(中華)   
ラーメン (2011年2月28日)   
タンメン (2010年4月23日)   
モヤシソバ (2010年3月30日)   
チャシューメン (2010年1月27日)   
スタミナラーメン (2009年10月2日)    
五目中華  (2010年3月4日) 

(季節物)   
冷しきつね   (2011年8月3日)   
冷したぬきそば (2009年2月17日)   
ひやむぎ    (2009年3月2日)   
冷しおろしそば (2008年4月17日)    
冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日)    
冷し納豆そば  (2009年1月30日)   
冷しカレーせいろそば(2008年9月10日)   
冷しカレーせいろうどん (2014年9月8日)   
冷し梅むぎ    (2009年6月11日)   
冷し山菜そば   (2008年4月8日)    
冷しスタミナそば (2008年5月28日)    
冷し五目蕎麦   (2008年9月4日)   
冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日)   
冷し五目中華   (2008年6月3日) 

(御飯物)   
玉子丼   (2011年9月28日)   
牛丼    (2012年7月19日)   
カレー丼  (2008年11月27日)   
カレーライス (2011年10月24日)   
カツカレーライス   
親子丼  (2011年11月14日)   
親子丼「中」(2012年10月24日)   
親子丼「上」(2013年3月27日)   
カツ丼   (2010年4月6日)   
カツ丼「中」 (2013年1月22日)   
カツ丼「上」 (2013年9月13日)   
天丼    (2012年5月8日)   
天丼「中」 (2012年11月19日)   
天丼「上」 (2013年5月16日)   
野菜天丼  (2012年8月29日)   
椎茸丼   (2012年10月2日) 

(小さい丼)   
ミニカレーライス (2011年2月28日)   
ミニ玉子丼 (2013年11月28日)   
ミニ親子丼 (2011年3月14日)   
ミニカツ丼 (2011年1月12日)   
ミニ天丼  (2010年11月12日) 

(セット物)   
玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日)   
カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日)   
親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日)   
カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日)   
天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日)  

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


メニューです ↓ 
DSCF1234 (480x360)

DSCF1237 (480x360)

DSCF1236 (480x360)

DSCF1238 (480x360)

DSCF1239 (480x360)

DSCF1240 (480x360)

DSCF1242 (480x360)

DSCF1243 (480x360)

 


2016年6月21日宅配時お店DATA 
*************************** 
番町 松月庵 (しょうげつあん) 
〒102-0084  
東京都千代田区二番町11-7 
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861 
営業時間 
[平日] 11:00~21:00 
[土曜] 11:00~19:00 
定休日 日曜日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/28 04:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(4) |
佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス  @市ヶ谷[千代田四番町ランチ屋台]
蒸し暑い週末でしたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか?
私は珍しく2日とも友人達との食事会があり、体重がかなりやばい状態です(汗)。
しばらく食事を節制し、運動に励まないと!

IMG_2578 (480x480)
2016年6月20日は、週の最初の月曜日。
お昼になると近場である千代田四番町ランチ屋台の「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」でお弁当を買うことに。
先輩が自分のお弁当に飽きたので一緒に買ってきて欲しいと頼まれちゃいました(笑)。

DSCF3521 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの左側を麹町方面に進み、最初の交差点を越えて少し行ったところに日本染色会館というかなり年季の入ったビルがあります。

地図です。

DSCF6787.jpg
このビルの敷地内に、2011年3月14日から「千代田四番町ランチ屋台」という名前で日替わりの移動販売が来るようになりました。 
「エスエヌダイニング」のホームページだと、「千代田四番町屋台村」とありますが、看板の記載は違うので、「千代田四番町ランチ屋台」とさせていただきます。

DSCF6730.jpg
営業時間は午前11時30分から午後2時までです。 
以前は、月曜日には「エスエヌダイニング」という屋台が来ていましたが、いつ頃からに撤退していました。 
あまり通っていなかったので詳しい時期はわからないので、2014年春頃とさせていただきます。

DSCF3522 (480x360)
エスエヌダイニング」の後、こちらの「佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス」というお店が来るようになりました。

DSCF7260 (480x360)
車の前にはメニューの看板が置いてあります。 
写真が大きくて、とっても見やすいです。 
メニューは3種類のシシリアンライスと日替わりの合計4種類で、お値段は全て680円です。 
ご飯とサラダの大盛りは無料です。 
ハーフ&ハーフも無料でお願いすることが出来ます。

DSCF7265 (480x360)
注文方法はとてもシステマチックです。 
まずご飯とサラダの量の組み合わせを番号で答え、次に、お肉(おかず)を選び、ソースを選びます。 
ご飯は少なめ・普通・多めの3種類、サラダは少なめ・普通・多めの3種類、おかずは4種類、ソースは6種類あります。

IMG_2572 (480x480)
車の前のところにも出ていました。

IMG_2568 (480x480)
定番のほか、日替わりメニューが1種類あります。
この日は豚肉の梅生姜煮でした。

DSCF6245 (480x360)
女性店主さんが一人で切り盛りしています。 

DSCF7264 (480x360)
デザートの販売も始めたようです。

IMG_2570 (480x480)
東京新聞に掲載されたとのこと。

IMG_2571 (480x480)
車の下の部分に、「シシリアンライス」についてのイラストが貼ってありました。

DSCF6244 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
お会計や袋詰めなどは基本的にセルフサービスです。 
車の前には小さい台が置かれていて、ここで袋詰めなどをします。

DSCF6246 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
美味しそうなお料理が並んでいて、テンションアップ! 

IMG_2573 (480x480)
この持ち帰り袋は、よくある白いビニール袋です。

IMG_2575 (480x480)
中から取り出すとこんな感じ。

IMG_2577 (480x480)
お弁当の容器はプラスチック製で、下は白、フタは透明です。

IMG_2576 (480x480)
私は日替わりの豚肉の梅生姜煮のみにして、先輩のは日替わりと先輩の好きなチキンのハーフ&ハーフにしました。

シシリアンライス 豚肉梅生姜煮 ご飯少なめ・サラダ大盛り・トウガラシソース  (680円) IMG_2578 (480x480)
フタをオープン! 
ご飯の上におかずと野菜をのせ、ソースをかけてあります。

IMG_2580 (480x480)
多めをお願いしたサラダは、たっぷりのキャベツ・タマネギ・水菜・レタスなどなど。 
写真には写っていませんが、スイートコーンやゴボウなども入っていました。

IMG_2582 (480x480)
サラダの中央には砕いたチップスがトッピングされています。 
量はそれ程多くありませんが、しっかり混ぜ合わせてから食べると、時々パリッ・カリッとした食感を感じられ、とてもいいアクセントになりました。 

IMG_2583 (480x480)
ソースはコチュジャンが利いた韓国風のトウガラシソースをチョイス。 
この日はあまり辛さを感じませんでした。

IMG_2579 (480x480)
豚肉は一口大にカットされています。
レンコンも入っていました。

IMG_2581 (480x480)
豚肉の梅生姜煮は、割とあっさり味でご飯のおかずにはもうちょっと濃いめが良かったです。

IMG_2585 (480x480)
ご飯は少なめです。


全体のボリュームはやや軽めです。
メインはややあっさり味でしたが、野菜をたっぷり食べられて良かったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 
   
元祖ポークシシリアンライス (2014年6月2日) 
元祖ビーフシシリアンライス (2014年12月1日) 
ビーフ&チキン (2016年5月9日) 

麻婆春雨 (2014年6月9日) 
The マーボーどうふ (2015年11月30日) 
ビーフクリームシチュー (2016年2月8日) 
豚肉梅生姜煮  (2016年6月20日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 




2016年6月20日購入時お店DATA 
****************************** 
[千代田四番町屋台ランチ] 
佐賀のご当地 元祖 シシリアンライス 
〒102-0085 
東京都千代田区四番町4-19 日本染色会館前 
営業時間 11:30~14:00 
営業日 月曜日 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/27 05:00】 | 郷土料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ベトナム料理専門店 フォーおいしい  @小岩
今日は所用あって埼玉県にある友人宅に行く予定です。
お天気も良さそうだし、私的にはぷちトリップ気分で、とっても楽しみ。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

IMG_2475 (480x480)
2016年6月18日の土曜日、所用あって先輩が小岩に来ることになったので、折角なので小岩でディナーをすることにしました。
先輩のリクエストで「ベトナム料理専門店 フォーおいしい」というお店へ。

IMG_2443 (480x480)
JR総武線小岩駅の小さな改札口を出て駅ビルシャポー小岩を通り抜けたら、左に進みます。
蔵前橋通りにぶつかったら信号を渡り、左側に進んだところにお店があります。

地図です。

IMG_2445 (480x480)
お店はとても小さく、前にたくさんの植物が飾ってありました。

「フォーおいしい」は、2015年10月15日にオープンしました。
アジア料理店がひしめく小岩の中でも、ベトナム料理専門店はとっても珍しいです。

IMG_2444 (480x480)
まさに訪問した当日、テレビ東京の「出没!アド街ック天国」が小岩を特集し、こちらのお店が紹介されました。
直前にそのことを知ったので、かなりビックリ(笑)。

IMG_2447 (480x480)
開店時間の午後5時に予約。
狭いお店なので心配でしたが、少し前に予約しただけで大丈夫でした。
ただ、男性店員さんが対応してくれたのですが、時間と人数しか聞いてくれず、思わずこちらから「名前や連絡先は言わなくていいんですか?」と聞いたところ、いらないとのこと。
なので、ちゃんと予約が通っているかどうかかなり不安だったのですが、大丈夫でした(笑)。

フロアはとても狭く、右手に厨房とカウンター、手前を左、奥にテーブル席があります。

IMG_2448 (480x480)
お店はマダム、シェフ、フロア担当の若い女性の3人で切り盛りしています。

予約時間に入店したところ、マダムが商談?中で、しばらく待つことに。

IMG_2446 (480x480)
少ししてから、一番奥の半個室になっている席に通されました。
4人座るとかなりギューギューです。
イスの上にマダムのカバンが置きっぱなしだったので、慌ててご報告(笑)。

IMG_2454 (480x480)
卓上には美味しそうなソースがいろいろありました。

IMG_2455 (480x480)
開店直後から、ダクトの調子が悪いようで、はずしたりつけたりを繰り返していました。
なので、なかなか注文も取りに来てくれません。

クーラーを2台使っていますが、全然涼しくならず、真夏はどうなっちゃうだろうっていう感じです。マダムも「全然効かない。」と言っていました。
私たちのいた半個室には窓が2面あったので、そこを少し開けて風を通していたので、多少はよかったのですが、先輩の座った位置だと、片側から風が入ってくるけれども、片側がキッチンで調理する熱が来て、ビミョーだったとのこと。
すぐ近くのカウンター席の人は、料理の熱でかなり暑かったんじゃないかと言っていました。

あと、窓の外にはストックが置いてあるようで、食事を始めたばかりの頃に荷物を取るのに私たちが一旦全員立ち上がってマダムの作業を見ていました(笑)。
2面の窓の両方をやったのに、結局お目当ての物はなかったようです。

IMG_2449 (480x480)
ランチメニューです。
メインと生春巻きとドリンクで850円と、かなりリーズナブル!

注文しようと思ったら、まだ卓上にランチメニューしかなくて、マダムにディナーメニューを持って来てもらいました。

IMG_2452 (480x480)
ドリンクメニューです。
ベトナムビールとしては、サイゴンビールと333ビールがありますが、最近はスーパーなどで手軽に買えるようになったので、有り難みがだいぶ薄れちゃいました(汗)。
先輩は、珍しいからとロータス茶を、私は暑くて喉が渇いたので生ビールを注文。

IMG_2453 (480x480)
こちらのお店、オープン当初はガラガラで、私もまずは味見にランチに行ってみたいなと思っていたのですが、今回食べログを調べたら、かなり高評価になっていてビックリ。

どうやら、TBSの櫻井有吉のアブナイ夜会で紹介されたそうで、グルテンアレルギーで米粉麺に造詣の深いディーンフジオカ氏が訪問して拘りのスペシャルメニューを完成させたとのこと。
ランチの倍近いお値段ですが、今でも食べることが出来ます。
テレビの影響は大きかったようで、オープンしてから1時間も経たずにほぼ満席になりました。

IMG_2457 (480x480)
ディナーメニューです。
オレンジがかった真っ赤な色合いがキレイ。

IMG_2458 (480x480)
メニューはそれ程多くはありません。
ボリュームの加減がわからないので、とりあえず気になる何品かを注文。


ロータス茶  (360円)
IMG_2462 (480x480)
先輩が注文。
一口いただいたのですが、最初はフツーのお茶みたいな味ですが、後味が苦みというか、渋みというか、何とも言えない味わいがあって、ちょっと苦手でした(汗)。


生ビール アサヒスーパードライ 中ジョッキ  (460円)
IMG_2463 (480x480)
最初にドリンクを注文した時、厨房の奥の方にビールやお茶が注がれたグラスが置かれたのが見えていたのですが、ダクト騒ぎでなかなか出てこないまま放置プレイで、そのまま姿が消えました。
泡の感じからすると、もう一度つぎ直してくれたようです。

IMG_2464 (480x480)
暑い日だったので、最初の一口が、とっても旨い!
 

海老ニラベトナム春巻 3本  (500円)
IMG_2465 (480x480)
最初に海老ニラベトナム春巻が出てきました。
葉野菜やネギ、大葉のほか、ダイコンとニンジンの細切りが添えられています。

IMG_2466 (480x480)
春巻は3本。
人数が3人だったので、ちょうどよかったです。
思っていたよりは小ぶりでした。
春巻の端っこから海老のしっぽが見えます(笑)。

IMG_2471 (480x480)
マダムから「野菜で巻いて食べると美味しいですよ~。」と教えてもらったので、早速やってみました。
パリパリの食感、揚げたての香ばしさ、海老の旨味があり、でも、野菜のおかげでさっぱりと食べられます。


生春巻 2本  (500円)
IMG_2467 (480x480)
次に、生春巻が登場。
生の方が、揚げ物より後に出てきました(笑)。
タレが人数分あるのがありがたいです。

IMG_2469 (480x480)
生春巻のつけダレというと、スイートチリが出てくることがほとんどですが、こちらのタレはやや黄色みがかった透明なもので、キュウリとニンジンの細切りが入っています。
なめてみるとほんのり塩味で、スイートチリが苦手な私にはありがたかったです。

IMG_2468 (480x480)
2本分の春巻は、あらかじめ一口サイズにカットしてあります。
5個という、奇数なのは何故?
ちょうどお花の形のようでキレイですが。

IMG_2470 (480x480)
キャベツ、レタス、ニンジン?、キュウリ、海老などなど、具だくさんで隙間なくきっちりと巻いてあります。
断面はとってもキレイ。
野菜たっぷりなので、とてもさっぱりした食感です。

IMG_2474 (480x480)
卓上にあった海鮮ソースをかけました。
これも濃厚の味わいになって美味しかったです。


ベトナムダック 1/4羽  (1,200円)
IMG_2475 (480x480)
先輩がぜひ食べたいとのことで、ベトナムダックを注文。
楕円型の白いお皿にたっぷりの千切りキャベツとリーフレタスが敷いてお肉が乗せてあり、その周りにキュウリの輪切りが並べてあります。
紫色のお花も添えられていました。

IMG_2476 (480x480)
北京ダックならぬベトナムダックは茶色くてとってもツヤツヤしています。
一口大に切ってありました。

IMG_2478 (480x480)
お肉はほどよい歯応えがあり、少し甘い付けです。
個人的に八角がやや苦手でちょっと警戒していたのですが、使われていませんでした。
骨や軟骨があるので、どこまで食べて良いかよくわからず、お行儀悪く、手で持ってガリガリ食べちゃいました(笑)。


アサリのレモングラス蒸し  (700円)
IMG_2480 (480x480)
こちらは、この日先輩が一番食べたかったアサリのレモングラス蒸し。
たっぷりの貝にタマネギ、小ネギ、赤パプリカ?などがトッピングされていました。

IMG_2481 (480x480)
食べログを見ると、メニューはアサリとなっているけど、ホンビノスが使われていたという記事が多かったのですが、、、。
見た感じ、まんまアサリだったと思います。

レモングラスの風味はそれ程感じず、かなりあっさり味でした。
青唐辛子を使っているようで、スープは結構ピリ辛なのにはビックリ。
ベトナム料理って、あまり辛い料理を食べたことがないのですが、それなりにはあるのかな?


レモンサワー  (380円)
IMG_2483 (480x480)
ビールを飲み終え、全くヴェトナムっぽくありませんが、お安かったのでレモンサワーを注文。


青パパイヤのサラダ  (700円)
IMG_2485 (480x480)
青パパイヤのサラダというと、タイ料理のソムタムが圧倒的に有名ですが、私は昔観た「青パパイヤの香り」という映画の影響で、どうもベトナム料理のイメージが強いです。

リーフレタスの上に千切りの青パパイヤ、パクチー、海老がのせてあり、ベトナムダックと同じく紫のお花が添えられていました。

IMG_2486 (480x480)
青パパイヤのシャキシャキした食感と、タレが美味しかったです。

IMG_2487 (480x480)
さらに、卓上にあったベトナム版「食べるラー油」的な調味料をのっけたら、さらに旨い!


ジャスミン茶  (290円)
IMG_2488 (480x480)
先輩がジャスミン茶を注文。
このグラス、カクテルっぽくてカワイイ。


牛肉フォー炒め  (800円)
IMG_2489 (480x480)
最初に注文したお料理を食べたら結構お腹がいっぱいになったので、店名でもあるメインのフォーを注文することに。

フォーって汁麺のイメージしかなかったのですが、炒めがあったので、面白そうなので注文してみました。

IMG_2490 (480x480)
フォーは平べったいきしめんみたいな形で、うす黄色に染まっていました。
具は牛肉、キャベツ、ニンジン、パクチーなどなど。

IMG_2492 (480x480)
この黄色っぽさは、カレーでした。
ちょっと油っぽかったですが、麺がモチモチでふんわりとカレーの味がして、個人的にはかなり美味しかったです。


鶏肉フォー  (800円)
IMG_2500 (480x480)
〆のフォーは2種類注文しました。

IMG_2501 (480x480)
こちらのお店は、フォーは牛肉と鶏肉がありますが、牛肉は炒めで食べたので、鶏肉を注文。

IMG_2502 (480x480)
鶏肉のほか、小ネギ、タマネギなどの野菜もたっぷりトッピングしてありました。

IMG_2504 (480x480)
鶏肉は、小さめにカットしてあり、ほんのりピンク色で美味しそ~。

IMG_2506 (480x480)
フォーはきしめんのように平べったく、半透明の白い麺です。
私はこちらを食べなかったので、味はよくわからず。


ブンボーフィ  (800円)
IMG_2496 (480x480)
フォーでしめるはずが、辛そうなメニューに一目惚れして、こちらのブンボーフィを注文。

IMG_2497 (480x480)
こちらのお店は、パクチーが苦手な方に配慮して、フォーを注文した時は、パクチーは別盛りにしているそうです。

小皿にパクチー、レモンの櫛切り、細切りの赤唐辛子が入っていました。

IMG_2493 (480x480)
メニュー写真ではスープが真っ赤に染まっているのに、実際に出て来たのは赤くはなくて、茶色でした。

IMG_2494 (480x480)
白いレンゲが添えられていました。

IMG_2495 (480x480)
トッピングは鶏肉フォーと同じです。

スープは辛くてとっても美味しい~。

IMG_2498 (480x480)
この記事を書くにあたって調べたところ、「ブンボーフィ」の「ブン」は、フォーよりも家庭では食べられている押し出し麺とのこと。

スープは辛くて美味しいのですが、それ程濃さはないのか、この麺をスープにくぐらせて食べると、ちょこっとあっさりな感じがします。

IMG_2508 (480x480)
なので、青パパイヤサラダにものっけた「食べるラー油」的な調味料を投入してみました。
もともと美味しいスープに深みが加わり、美味しかったです。

メニューが少ないので全制覇しちゃおうかと話していたのですが、流石にここまで食べたらお腹いっぱいになってしまって、断念。
この日のお会計は合計で10,000円弱、一人3,500円かからなかったです。
お店の運営は、正直なところ、かなりバタバタしていましたが、アジアン料理のお店だというそういうのも味わいの一つと思えるのが不思議です(笑)。


◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

◎ラーメン 
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日) 
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日) 
野武義  (2013年1月10日) 
麺家 六三四 (2013年1月12日) 
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日) 
麺屋清水 (2013年8月23日) 
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日) 
【閉店】濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日) 
豚骨一燈 (2014年6月7日) 
越後秘蔵麺 無尽蔵 こいわ家 (2014年8月25日) 
麺屋 武士道 (2015年11月15日) 

◎その他 
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日2015年10月11日2016年6月1日) 
小味園 本店 (2013年7月31日) 
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日2015年10月31日) 
SHEEP GANG DINING (2014年6月15日) 
ボローニア (2014年6月28日) 
【閉店】中国料理 一品楼 (2014年8月23日) 
丸亀製麺 小岩POPO店 (2015年11月1日) 
屋台屋 九ちゃん 小岩店 (2016年3月27日2016年5月21日) 
居酒屋 酔い処 (2016年4月17日) 
江戸前すし 縁むすび (2016年4月24日) 
木村屋本店 小岩駅前 (2016年5月4日
ベトナム料理専門店 フォーおいしい  (2016年6月18日 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


ランチメニューです↓
IMG_2449 (480x480)

IMG_2450 (480x480)

IMG_2451 (480x480)

ドリンクメニューです↓
IMG_2452 (480x480)

スペシャルメニューです↓
IMG_2453 (480x480)

ディナーメニューです↓
IMG_2457 (480x480)

IMG_2458 (480x480)

IMG_2459 (480x480)

IMG_2460 (480x480)

IMG_2461 (480x480)




2016年6月18日訪問時お店DATA 
***************************** 
〒133-0057  
東京都江戸川区西小岩4-14-20
電話 03-5693-9115 
営業時間  
[昼] 11:00~15:00 
[夜] 17:00~23:00 
定休日 月曜日
JR総武線小岩駅北口から徒歩5分 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/06/26 00:00】 | エスニック | トラックバック(0) | コメント(8) |
源兵衛  @高田馬場
昨日は金曜日&給料日で、気分ウキウキ(笑)。
楽しい気分のまま、週末に突入です。
お天気はイマイチのようですが、みなさまも、楽しい土曜日を☆

IMG_2305 (480x480)
2016年6月10日の金曜日は、夜、友人たちと高田馬場にある「源兵衛(げんべえ)」というお店に飲みに行きました。  

IMG_2267 (480x480)
地下鉄東西線早稲田駅から早稲田通りの左側を高田馬場方面に向かって進み、西早稲田交差点を越えてさらに通りを3本超えた先にお店があります。

地図です。

IMG_2269 (480x480)
「源兵衛」は、昭和元年創業という老舗の居酒屋さんで、現在4代目と5代目のご家族で切り盛りされているとか。
お値段がお手頃でボリュームたっぷりのお料理が人気だそうです。

IMG_2268 (480x480)
メンバーの一人が行きたがっていたお店なので、1週間前ぐらいだったか、予約を取っておきました。

意外と入り口が小さくて、見落としそうかも。

IMG_2274 (480x480)
入り口に比べるとフロアは縦に広がっていて、右に厨房、その前にカウンター席、左にテーブル席が並んでいました。

IMG_2312 (480x480)
老舗のお店ですが、改装したようで、シンプルながらもこざっぱりした内装です。

IMG_2313 (480x480)
厨房とフロアを女性3人で切り盛りしていました。

IMG_2271 (480x480)
午後7時頃に到着すると、店内はほぼ満席。
予約を取っておいてよかった~。

私たちは一番奥のテーブル席でした。

IMG_2270 (480x480)
ドリンクメニューです。

IMG_2275 (480x480)
お酒も食べ物も、店内の壁にずらっと並べられています。

IMG_2276 (480x480)
居酒屋さんらしいメニューがたくさん。

IMG_2277 (480x480)
4人での予定でしたが、1名はちょっと遅れることになったので、先に始めちゃいました。


生ビール 中ジョッキ  (650円)
IMG_2304 (480x480)
久しぶりのメンバーだったので、かんぱ~い☆
この日は暑かったら、ビールがとっても旨い!


シューマイ3個 (350円)
IMG_2278 (480x480)
人気メニューとして挙がっていたシューマイを注文。

IMG_2279 (480x480)
シューマイはちょうど人数分にピッタリでした。

IMG_2280 (480x480)
手作り感たっぷりのジューシーな味わいでした。


海藻サラダ  (650円)
IMG_2281 (480x480)
サラダは、イモサラダと海藻サラダの2種類があったので、こちらの海藻サラダをチョイス。

IMG_2283 (480x480)
海藻だけでなく、生野菜もたっぷり入っていました。


空豆
IMG_2284 (480x480)
友人のリクエストで、この時期旬の空豆も注文。

IMG_2285 (480x480)
今年自分でも2回蒸したのですが、あまり上手に出来ませんでした(泣)。
お店のものはさすがに美味しかったです。


レモンサワー (500円)
IMG_2286 (480x480)
ビールを早々に飲み終え、レモンサワーにチェンジ。


川海老の唐揚げ
IMG_2288 (480x480)
この日集まった友人たちは大学時代の同期だったのですが、当時行きつけの飲み屋さんで川海老の唐揚げが名物で大好きでした。
「源兵衛」にもあったので、満場一致で注文(笑)。

IMG_2289 (480x480)
食べる前にレモンを搾って振りかけました。
パリパリの食感で美味しい~。
時々長いひげが口の中に刺さるのもご愛敬(笑)。


鳥わさ  (850円)
IMG_2291 (480x480)
生もの大好きなので、私のリクエストで鳥わさを注文。

IMG_2292 (480x480)
鮮やかなピンクの断面がとってもキレイ。
ボリュームも結構ありました。


焼鳥
IMG_2293 (480x480)
焼き鳥は、部位が幾つか選べます。

IMG_2295 (480x480)
確かレバーと正肉をタレで注文しました。

IMG_2296 (480x480)
お肉は大ぶりで、間にタマネギがたっぷり挟まっているスタイル。
2本ずつを3人でばらして食べました。


ソーセージ
IMG_2297 (480x480)
写真を撮り忘れてしまったので、正式なメニュー名はわかりませんが、ピリ辛のソーセージです。
マカロニサラダが少し添えられていました。

IMG_2298 (480x480)
見た目はごくフツーのソーセージですが、結構辛かったです。


レモンサワー (500円)
IMG_2314 (480x480)
レモンサワーがすっきりして美味しかったので、おかわり。


串カツ
IMG_2300 (480x480)
串カツも3本セットだったので人数に合ってちょうどよかったです。

IMG_2302 (480x480)
千切りキャベツ、パセリ、レモンが添えられていました。

IMG_2301 (480x480)
揚げたて熱々で美味しかったです。


オムレツ  (750円)
IMG_2305 (480x480)
締めとして、こちらの名物のオムレツを注文。
評判通り、と~っても大きい!!

IMG_2310 (480x480)
スープがついていました。

IMG_2309 (480x480)
中身がパンパンすぎるのか、背中に亀裂が入っちゃっています(笑)。

IMG_2311 (480x480)
こういう卵が薄焼きでご飯にしっかりケチャップ味のついたレトロなオムレツって、結構好きです。
たくさんおつまみを注文したので、かなりおなかいっぱいになりました。


玉子焼  (750円)
IMG_2315 (480x480)
最後に玉子焼を注文。
これもかなり大きなサイズでした。

IMG_2317 (480x480)
大根おろしが添えられています。

IMG_2316 (480x480)
この日はおしゃべりが弾んで結構飲んでしまい、最後の方は記憶がややおぼろげ(汗)。
お祝いを兼ねての飲み会だったので、プレゼントを用意してくれた友人に支払ったり、一人分少なく割り勘したりで、飲み代だけの最終的な金額がはっきりしません。
4,000円~5,000円ぐらいだったかな?


午後9時半頃にお開きにした頃には店内はかなりガラガラでした。
常連さんの多そうなこちらのお店は、サクッと飲んで帰るスタイルなのでしょうか。
老舗らしい手作り感たっぷりのおつまみで、近所にあったら重宝しそうなお店です。


◇・◆・◇ 高田馬場・早稲田エリアの食べ歩き記録はこちらです↓ ◇・◆・◇ 

[ラーメン]
【閉店】さっぽろ 純連 東京店 (2010年2月13日) 
麺屋武蔵 鷹虎 (2010年8月14日) 
二代目海老そば けいすけ (2010年12月12日) 
俺の空 (2011年3月6日) 
【閉店】中華そば べんてん (2011年7月23日) 
渡なべ (2012年2月5日) 
【閉店】博多長浜らーめん ぼたん 高田馬場店 (2012年4月14日) 
蒙古タンメン中本 高田馬場店 (2012年6月24日) 
自家製麺 鶏そば 三歩一 (2012年11月25日) 
鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店 (2012年12月24日) 
天理スタミナラーメン 高田馬場店 (2013年10月20日) 
麺屋 宗 (2013年3月10日) 
本格中華麺店 光麺 高田馬場店 (2013年9月8日) 
【移転】らーめん からしや (2014年2月2日) 
野方ホープ 高田馬場店 (2014年3月8日) 
焼麺 劔 (2014年8月23日) 
油そば 力 (2015年11月15日) 
麺友 一誠 (2016年3月26日) 
鶏塩らーめん 鷹流 高田馬場店 (2016年5月28日

[それ以外]
L’AMITIE (2011年1月29日
源兵衛  (2016年6月10日


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇




2016年6月10日訪問時お店DATA 
*************************** 
源兵衛 (げんべえ)  
〒169-0075  
東京都新宿区西早稲田2-9-13
TEL 03-3232-6635 
営業時間 16:00~23:00 
定休日 毎月3日・13日・23日  
地下鉄東西線早稲田駅より徒歩10分

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/06/25 00:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(2) |
中国料理 三貴苑  @半蔵門
銀行の通帳って、時々磁気の不具合で使えなくなっちゃうことってありませんか?
とはいえ、私はそれほど経験がなく、自分では2・3回、仕事で1回ぐらいしか記憶がありません。
ところが、先輩はこの不具合がしょっちゅう起きます。
体感的には1年に1回以上あるんじゃないかな?
最初、カバンの留め具の磁石のせいだと主張していたのですが、カバンを替えても状況が変わらず。
私は先輩の身体から磁気を発生させているとしか思えません(笑)。

IMG_2429 (480x480)
2016年6月17日は週の最後の金曜日。
お昼になると上司が「冷やし中華!」と言ってきました。
わずか4日前の2016年6月13日に「松月庵」の出前を頼んだばかりだし、この日は先輩も自分のお弁当に飽きたから一緒に頼みたいと言ってきたので、久しぶりに中国料理 三貴苑(みきえん)」に出前をお願いしました。

DSCF9276 (480x360)
こちらがメニューです。 
「三貴苑」は老舗の中華料理屋さんで、種類豊富のお料理を、店内で食べることも出来るし、配達もお願い出来るし、お弁当の販売もやっています。 
お値段がとってもリーズナブルなのに、1つから配達して下さるとのこと。 
配達にかなり時間がかかってしまうこともたまにはありますが、私の事務所のような小さいところでは、ホントにありがたいお店です。 


IMG_2440 (480x480)
これまで麺メニューばかり食べていましたが、この日は、おこげの海鮮五目あんかけを注文しました。
メニューのど真ん中に、しかも、他のメニューよりも大きなポイントで書かれていて、前からとっても気になっていたお料理です。

12時5分頃に注文したところ、わずか15分ぐらいで届けてくれました。
とっても早くて、ありがたや~。

IMG_2424 (480x480)
「三貴苑」はおかもちで配達するので、お盆とかはありません。
おこげの海鮮五目あんかけは、おこげと具材が別々の器でした。

IMG_2425 (480x480)
おこげは平たい丸皿にのせてあります。
サランラップががっちりとかけてありました。

IMG_2426 (480x480)
具材は麺類と同じ大きなドンブリに盛られています。
こちらも、こぼれ防止でサランラップががっちりとかけてありました。

IMG_2439 (480x480)
この日はお断りするのを忘れてしまい、お箸をいただいちゃいました。


おこげの海鮮五目あんかけ  (1,000円)
IMG_2429 (480x480)
いただきま~す! 

IMG_2430 (480x480)
大きな器にはおこげの餡がなみなみと入っていて、しかも、とっても具沢山。

IMG_2432 (480x480)
白菜、ニンジン、青菜、黒キクラゲ、豚肉、さやいんげんなどなど。

IMG_2433 (480x480)
長方形のおこげは真っ白で、5枚ありました。

IMG_2434 (480x480)
お米が一粒とれちゃっているのも(笑)。

IMG_2435 (480x480)
餡をお焦げの上に全部のっけちゃいました。
うずらの卵が1個入っていて、ちょうど真ん中にのっかって、いい感じ。

IMG_2436 (480x480)
濃い茶色の見た目のとおり、しっかり目の味付けでした。

IMG_2437 (480x480)
おこげはサクサクした食感で美味しい!
強めのとろみがついているので、そんなにすぐに柔らかくはならず、サクサク感、ちょっと柔らかめ、しんなり柔らか、と何段階もの食感を楽しめました。

IMG_2438 (480x480)
具も多いし、おこげもかなりのボリュームで、とってもおなかいっぱいになりました。


天津丼 ~カニ玉丼~  (1,000円)
IMG_2428 (480x480)
先輩は天津丼を注文。
甘めの味付けですが、天津丼だと気にならないとのこと(笑)。


中華料理のおこげって、ちょっと高級なお店でディナータイムに食べるイメージだったので、ランチに出前で食べられるというのは、とっても貴重ではないかと思います。
とても美味しかったので、ぜひまた食べたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

ピータン入りおかゆ (2015年11月4日) 
ザーサイ玉子入りおかゆ (2015年3月6日) 

おこげの海鮮五目あんかけ (2016年6月17日

三貴海鮮ちゃんぽん 酸辣湯麺 (2015年12月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


メニューです↓
DSCF9276 (480x360)

DSCF9277 (480x360)

DSCF9278 (480x360)

DSCF9280 (480x360)

DSCF9281 (480x360)

DSCF9282 (480x360)

DSCF9283 (480x360)

DSCF9284 (480x360)

DSCF9285 (480x360)

DSCF9286 (480x360)

DSCF9287 (480x360)


2016年6月17日宅配時お店DATA 
************************** 
中国料理 三貴苑 (みきえん) 
〒102-0083  
東京都千代田区麹町1-8-8  
TEL 03-3234-1247、03-3234-0185、03-3262-1868 
TEL&FAX 03-3262-2107 
店舗営業&出前時間 11:00~21:30   
定休日 なし 
地下鉄半蔵門線半蔵門駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/24 00:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(5) |
東京チャイニーズ 雪梅花 四谷  @四谷
このところ、残業がだいぶ少なくて、家に早く帰れるようになりました。
折角時間が出来たんだから、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃといろいろ考えるのですが、実際にはゴロゴロしちゃってりして、なかなかはかどらず。
ナマケモノな自分にガッカリです(笑)。

IMG_2405 (480x480)
2016年6月16日は、お昼時に上司が不在だったので、Oさんと先輩と三人で外へランチを食べに出ましたが、Oさんも早めに出かける予定があったので、とりあえず四ッ谷駅方面に向かい、駅近の東京チャイニーズ 雪梅花(シュエ・メイ・ホワ) 四谷」へ行きました。

DSCF1419 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入って少し行った右手に綿半野ビルがあり、お店はその1階にあります。

地図です。

DSCF1420 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。 
「雪梅花」は2011年12月16日にオープンした中華のお店で、「紅虎餃子房」などで有名な際コーポレーション株式会社が運営するブランドの1つです。  
「雪梅花」というステキな漢字の名前はそのまま中国語読みして「シュエ・メイ・ホワ」というそうですが、覚えるのが難しい(汗)。 
なので、先輩と私の間では「しんみち通り入ってすぐの中華」で通っています(笑)。

DSCF8840 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お店の窓にはランチメニューが立てかけてあります。 

この場所には、2008年3月17日にディナー訪問2008年11月21日にランチ訪問した「六蔵」がありましたが、2010年の年明け頃までに閉店し、2年近くそのままでした。

IMG_2423 (480x480)
この日の日替り定食です。

DSCF4836_20120114111252.jpg
入口からすぐ前のカウンターには自家製のソーセージなどがズラリ。 
とっても美味しそう! 
見ているだけでワクワクしちゃいます。

DSCF0819_2013122706562231a.jpg

DSCF4810_20120114111712.jpg
店内はとても広く、入ってすぐ左手に厨房とカウンター、中央にテーブル席があり、右手にはちょっと区切られて個室っぽくなっているテーブル席がありました。

DSCF0821_201312270656255e0.jpg
壁にはこんな文字が。 
中国語はさっぱりわからないのが残念。

DSCF0818_20131227065620fff.jpg
天井はとても高いです。 
12時15分頃に入店したところ、9割程の人の入り。

DSCF4809_20120114111712.jpg
天井からぶらさがったガラスの器は花瓶になっていて、実のついた枝がさしてあって、ステキ。

DSCF4811_20120114111711.jpg
内装は木目を基本としいて、レトロで落ち着いた色合いでした。

DSCF0835_20131227065519252.jpg
壁には紹興酒などのお酒がずらり。 

DSCF4807_20120114111712.jpg
席が空いているか不安でしたが、見えていないだけだったようで、店員さんにすぐに通されました。

DSCF8819 (480x360)
フロアの奥の方にある、一段高くなった壁で仕切られた個室っぽい部屋には、壁にこんな絵が飾ってあります。

DSCF2294 (480x360)
半個室からフロアを見渡すと、少し高くなっているので、全体を見渡せます。

DSCF8822 (480x360)
ただ、一部、棚が設置されてしまい、ちょっと歩きにくく、かつ、見渡せなくなっています。

DSCF0848_2013122706454945b.jpg
こちらも以前撮影した写真です。 
寒い時期、ガラスの壁のすぐそばに席には、寒さ対策でブランケットがついています。 
細かな心配りが素晴らしいです。

IMG_2397 (480x480)
卓上にはお醤油、お酢、ラー油、爪楊枝、お水のボトル、カトラリーセットが置かれています。 
アルミ製でスタイリッシュなカトラリーセットの中にはおしぼり、紙ナプキン、レンゲ、お箸が入っていました。

IMG_2398 (480x480)
透明なキューブ状の容器には、カラフルな輪ゴムが。
スタイリッシュなラーメン屋さんではよくありますが、こちらのお店でも置くようになったんですね~。
女性客が多いので、喜ばれるのでは?

IMG_2399 (480x480)
お水をいただきながら、メニューを検討。

IMG_2400 (480x480)
ランチメニューです。 

こちらのお店は中華といってもちょっと変わったラインナップで種類が豊富。
お値段は850円から1,280円と、ややお高めの設定です。 

この日は注文後にメニューを下げられてしまったので、隣のテーブルに置いてあったメニューで写真撮影しました(笑)。

IMG_2404 (480x480)
久しぶりに来たら、パクチー担々麺なるメニューが出来ていました。
一目惚れで、こちらを注文(笑)。

IMG_2420 (480x480)
先輩もパクチー担々麺が気になったようですが、もう一つ目にとまった牛ばらピリ辛かた焼きそばをチョイス。
Oさんはすぐに出来るだろうからと、日替り定食を注文。


牛バラピリ辛あんかけかた焼きそば  (1,180円)
IMG_2412 (480x480)
かた焼きそばはスープがついていて、黒いお盆にのせられていました。

IMG_2414 (480x480)
こちら、写真だとわかりにくいですが、ものすごいボリュームです。
牛肉だし、お値段がお高いのも納得。


パクチー担々麺  (900円)
IMG_2405 (480x480)
私の注文したパクチー担々麺が一番早く出て来て、日替わりだから早いだろうと予想したOさんのお料理は一番最後でした(笑)。

IMG_2407 (480x480)
ドンブリはダブルソーサーで下にお皿が敷いてあり、間に紙ナプキンが挟んであります。

IMG_2406 (480x480)
真っ白な器に真っ赤なスープとパクチーの緑の組み合わせで、彩りがとっても華やか。

ちょうど1週間前の2016年6月9日に「シーアン」でパクチー大盛りの冷やし刀削麺を食べていたので、このところ、パクチーをたくさん食べられて幸せです(笑)。

IMG_2408 (480x480)
「パクチー」担々麺というだけあって、パクチーがたっぷりトッピングしてありました。
もっとあっても、ウェルカムですが(笑)。

IMG_2409 (480x480)
パクチーの陰にはひき肉がありました。
白っぽいから、鶏肉かな?

IMG_2410 (480x480)
担々麺ですが、スープはかなり赤いです。

IMG_2418 (480x480)
まずはスープを一口。
ピリ辛で胡麻の風味があり、旨味たっぷりで美味しい~。
カロリー高いとわかっているのに、ついついスープをたくさん飲んじゃいます(笑)。

IMG_2416 (480x480)
麺は黄色みがかった平打ち麺です。
固めの茹で加減で、のど越しも良かったです。
ボリュームは普通。

食べている途中、パクチーが時々口の中に入ってきて、パッと爽やかになり、とってもいいアクセントになりました。

IMG_2421 (480x480)
ここでOさんが時間切れで、自分の料金を私たちに託し、午後の仕事へと出かけました(笑)。

IMG_2422 (480x480)
あまりにもボリュームたっぷりだったので、先輩からかた焼きそばのおすそ分けをいただいちゃいました。
食べ始めは少し甘めですが、後味はかなり辛く、担々麺よりしっかりとした辛さです。
かた焼きそばのしっかりした食感もよかったです。
先輩、ごちそうさまでした☆


最近、パクチーがとっても身近になって、いろいろなところで食べられるようになっているのは本当に嬉しいです。
パクチーもかなり市民権を得てきましたね~。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちら↓です。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

麻辣担担麺 (2012年1月11日) 
羊麻辣土鍋麺 (2013年1月16日) 
トマトチーズ坦々麺 (2014年2月5日) 
カルボナーラ麺 (2014年2月21日) 
パクチー担々麺  (2016年6月16日

黒ごま担担麺×マーボー丼 (2016年3月8日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


ランチメニューです↓
IMG_2400 (480x480)

IMG_2401 (480x480)

IMG_2402 (480x480)

IMG_2403 (480x480)

IMG_2404 (480x480)


お店の名刺です↓
DSCF4798_20120114111853.jpg

DSCF4801_20120114111852.jpg


 


2016年6月16日訪問時お店DATA 
**************************** 
東京チャイニーズ 雪梅花 四谷 (シュエ・メイ・ホワ) 
〒160-0004  
東京都新宿区四谷1-4-2 綿半野ビル1階 
TEL&FAX 03-6380-0911 
営業時間  
[昼] 11:30~14:30(L.O.)  
[夜] 17:30~23:00(L.O.22:30) 
定休日 なし 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/23 00:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
中国居酒屋 佳陽  @市ヶ谷
昨日は夏至でしたね~。
そろそろ夏休みの予定を固めつつあり、どこに行こうか、どこで食べようかと、うれしい悩みで一杯です。
夏休みがとっても待ち遠しいです!

IMG_2386 (480x480)
2016年6月15日は、お昼近くに上司が買ったお弁当をぶら下げて出社してきたので、待たせないように近場でお弁当を買おうと思い、中国居酒屋 佳陽(かよう)」へ行きました。

DSCF2106 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りに右側を半蔵門方面に向かって進み、最初の交差点を越えて少し行った先にグローリア初穂平野ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

地図です。

DSCF8973_20131224053335ac0.jpg
こちらは以前撮影した写真です。 
まだGEMS市ヶ谷が存在していないので、かなり古い写真です(笑)。 

「佳陽」は2013年11月にオープンし、2015年11月頃からお弁当の販売も始まっています。 
この場所には2012年10月17日にオープンし、2012年10月18日にランチ訪問した「上海料理・四川料理 ミスターバン酒菜 市ヶ谷店」がありましたが、1年ぐらいで閉店したようです。 

さらにその前にはこの界隈では老舗だった「金糸」というお店がありましたが、2012年5月25日に閉店しました。

DSCF6500 (480x360)

お店に向かう階段の真横でお弁当を販売しています。

IMG_2376 (480x480)
店内のメニューの横に、お弁当のメニューが写真入りで大きく出ていました。

お弁当は8種類あり、全て500円です。
チャーハン入りだと550円になります。
タイムサービスで11時から12時の間に購入する人にはコーヒーが1本付くそうです。
時間が自由な人はうらやましい~。
 
女性店員さんがお一人で切り盛りしていますが、とても明るく優しい方です。
この時の人は以前の方よりもお若い人でしたが、同じように明るい接客でした。

DSCF6502 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
前回販売していた中華スープですが、この日はあったかどうか、記憶がありません。 

12時ちょっと過ぎに到着すると、4・5人が並んでいて、その後もどんどんお客さんが来ていました。

IMG_2377 (480x480)
持ち帰り袋は一般的な白いビニール袋です。 

IMG_2379 (480x480)
雨が降っている日だったので、そんなに歩いていないのに、結構濡れちゃいました(汗)。

IMG_2381 (480x480)
おまけに、持ってくる途中に傾けてしまったのか、汁がこぼれてる、、、(汗)。

IMG_2382 (480x480)
中から取り出すとこんな感じ。 
お弁当の容器もプラスチック製で、下は黒、フタは透明です。

こぼれたタレがついちゃっているので、右上の部分は下にティッシュを引きました(笑)。

DSCF3016 (480x360)
忘れていなければ、お箸はいつもお断りしています。
この日もちゃんと断れました。 
中華らしい、真っ赤な箸袋です。 


マーボーナス ~チャーハン入り~ (550円)
IMG_2386 (480x480)
いただきま~す! 
メイン、副菜2種、お新香、ご飯のセットです。 

特に何も考えず、マーボーナスをお願いしたのですが、店員さんが箱から取り出したのがちょうどチャーハン入りだったので、「どうですか?」と聞かれ、そのままいただいちゃいました。

でも、プラス50円高くなったとはいえ、550円とは思えない充実ぶり。 
さすが中華です。

IMG_2390 (480x480)
お新香は、中華の定番ザーサイではなく、柴漬けでした。 

IMG_2391 (480x480)
副菜の一つは細長い揚げ物です。 
ニンジンとキャベツの千切りが敷いてあったのですが、長すぎて飛び出しちゃっています(笑)。 

IMG_2396 (480x480)
何のフライだろう?と思って食べたら、ポテトでした。

IMG_2388 (480x480)
もう一つの副菜は、麻婆豆腐。
「佳陽」の麻婆豆腐は、しっかり辛くて、痺れもあって、大好きです。
これが副菜に入っていると、とってもテンションが上がります(笑)。

IMG_2394 (480x480)
相変わらずの美味しさで、これをメインのお弁当を食べたいといつも思っちゃいます。

IMG_2389 (480x480)
メインのマーボーナスです。 
ナスのほか、挽肉やニラなどが入っていました。

メインがマーボーナスで、サイドがマーボー豆腐という、マーボーかぶり(笑)。
でも、美味しければ気にならないです。

IMG_2395 (480x480)
ところが!!
このマーボーナス、ものすごく塩気が強くてしょっぱい!
濃い味好きの私がそう思うぐらいだったので、たぶん、味付けに失敗したんだと思います。 

IMG_2387 (480x480)
よりによってこんな日に限って、白米ではなく、チャーハン(泣)。
具はニンジン、卵、チャーシュー?などが入っていました。

IMG_2392 (480x480)
チャーハンの味付けはそれ程濃いめではありませんでしたが、如何せん、マーボーナスの味が濃すぎて、半泣きで完食。
午後ものどが渇いて仕方なかったです(汗)。

IMG_2384 (480x480)
この日の先輩のお弁当です。


ここまでしょっぱいおかずにぶつかったのは久しぶりでした。
たまにはこういう時もありますね~。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

[イートイン] 
マーボードーフ (2013年11月26日) 
ちゃんぽん(辛口) (2014年6月6日) 
四川風レバー炒め (2014年7月4日) 
麻辣刀削麺 (2015年10月23日) 

[テイクアウト] 
油淋鶏 (2015年11月13日) 
「佳陽」酢豚 (2015年12月1日) 
木くらげ・玉子・豚肉炒め (2016年1月26日) 
ネギチャーシュー (2016年4月1日) 
回鍋肉  (2016年5月10日) 
マーボーナス<チャーハン入り> (2016年6月15日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


ランチメニューです↓
DSCF1208 (480x360)

DSCF1209 (480x360)

DSCF1211 (480x360)

DSCF1207 (480x360)


名刺です↓ 
DSCF7390_20131219081251951.jpg

DSCF7392_2013121908125369f.jpg


チラシです↓ 
DSCF6681 (480x360)

DSCF6682 (480x360)

DSCF6683 (480x360)

DSCF6684 (480x360)

DSCF6685 (480x360)


 


2016年6月15日購入時お店DATA 
****************************** 
中国居酒屋 佳陽 (かよう) 
〒102-0085  
東京都千代田区六番町4-2 グローリア初穂平野ビル地下1階 
TEL  03-5211-8408 
営業時間  
[昼]11:00~15:00  
[夜]17:00~24:00(L.O.23:30) 
定休日 日曜日(予約のみ可) 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分 地下鉄麹町駅から徒歩4分 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/22 00:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店  @四谷
昨日は雨予報だったので傘を持っていったのに、意外と晴れ間が見えるようなお天気でした。
傘を持ち歩くのは大嫌いなので、とっても損した気分です(笑)。
蒸し暑さが続いていますので、みなさまも、ご自愛下さい☆

IMG_2362 (480x480)
2016年6月14日は、午前中に健康診断を受けました。
お昼前に終わるだろうから、有楽町辺りでランチをしちゃおうかな~なんて思っていたのですが、人身事故に巻き込まれて到着が遅くなり、さらに健康診断そのものがかなり混雑していたので、遠出のランチは諦めて近場で食べようと思い、四ツ谷に戻ってきました。
そのことを事務所に連絡すると、なんと、もう午後1時近くなのに打合せが長引いていて、まだお昼を食べておらず、何か買ってきて欲しいと頼まれちゃいました(汗)。
しかも、午後1時からまた別の打合せを予定していたので、簡単に食べられるおむすびがいいとのことで、四谷アトレの中にある「おむすび 権米衛(ごんべえ) ファーマーズキッチン アトレ四谷店」へ。

DSCF9003_20120427053010.jpg
店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結したアトレ四谷の1階にあります。 
エスカレーターを上がって右手奥です。 

 
地図です。

DSCF9004_20120427053009.jpg
「権米衛」は、平成3年3月15日に設立された株式会社イワイが展開するおむすびのチェーン店で、関東地方とアメリカにたくさんの支店を展開しています。 
こちらのおむすびは、通常のものより1.5倍ものお米を使って、保存料は用いず、店舗で手作りされているとのこと。

以前は「おむすび 権米衛 アトレ四谷店」という店名でしたが、2012年3月14日のアトレ四谷のリニューアルオープンに伴って、店名が「おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店」に変更。
店舗の場所が少し移動してお総菜が充実し、イートインスペースが出来ました。

DSCF7977_20120422094101.jpg
こちらは以前撮影した写真です。 
明るくて長いカウンターは、手前におむすび、奥にお総菜が並べてあります。 
アトレにはたくさんの飲食店がありますが、お昼時に一番並んでいるのはこちらのお店です。 

この日も午後1時少し前に到着したところ、5人以上が並んでいました。 
ただ、回転は早いので、それ程待つことはありません。

DSCF7980_20120422094058.jpg
こちらも以前撮影した写真です。 
お総菜売り場はデパ地下のようなスタイルで、オシャレで見やすいです。

いつも買う時に行列が出来ているので、並んでいると奥のお総菜がよく見えなくて、注文しづらいのが難点です。

DSCF8389 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
お総菜は8種類ぐらいあります。 

前回購入したのは2015年10月26日だったで、約8ヶ月ぶりです。
いつも並んでいるので、ついつい敬遠しちゃうんですよね、、、。

IMG_2351 (480x480)
時間が遅かったので、おむすびの数もかなり少なめになっていました。
誰がどれを食べるか選ぶ時間もないので、全部同じものを購入。
こちらの五目いなりと、、、

IMG_2352 (480x480)
竹の子むすびをチョイス。

IMG_2353 (480x480)
おむすびだけではちょっと物足りないだろうからと、おそうざいも1つ買いました。 

DSCF2074 (480x360)
一人分だと持ち帰り袋はこのサイズです。

DSCF1343 (480x360)
二人分だと少し大きくなります。

DSCF8394 (480x360)
白いビニール袋には、可愛いお店のロゴが印刷されています。

IMG_2354 (480x480)
この日は4人分と量が多かったせいか、大きな紙袋に入れてくれました。

IMG_2375 (480x480)
紙袋が存在することも知らなかったので、手渡された時はビックリしちゃいました(笑)。

IMG_2355 (480x480)
おむすび2つずつとはいえ、4人分だと結構重たかったです。

IMG_2357 (480x480)
取り出すとこんな感じ。 

DSCF1349 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
こちらが割り箸です。 
最近は忘れなければ、もらわないようにしています。
箸袋には、お店のロゴやおむすびの形を模したイラストが入っていました。 

DSCF2076 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
お手ふきにも持ち帰り袋と同じイラストが入っています。 
こぢんまりとした小さなサイズで可愛い。

IMG_2360 (480x480)
おむすびを入れる容器は透明なプラスチック製で、1パックで2個入ります。

IMG_2361 (480x480)
容器には消費期限や製造者などが記載されたシールが貼ってあります。 
・・・が、フタを閉じるように貼ってあるので、この角度だとほとんど文字が見えない(汗)。 

IMG_2359 (480x480)
お総菜はプラスチック製の容器に入っていて、下は白、フタは透明です。 

DSCF8402 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
消費期限や製造者などが記載されたシールは、容器の裏側に貼られています。


五目いなり(130円)+竹の子むすび(190円)+とうふ肉だんご(180円)=500円
IMG_2362 (480x480)
いただきま~す! 

 
五目いなり
IMG_2366 (480x480)
おむすびは大きめなサイズですが、五目いなりもかなり太めで大きかったです。

IMG_2367 (480x480)
「たっぷり五目野菜をやさしい甘みで包みました」とのこと。

IMG_2368 (480x480)
おいなりさんは、甘い味付けのことが多いので、自分で買うことがあまりないのですが、それほど甘くなくて食べやすかったです。


竹の子むすび
IMG_2372 (480x480)
竹の子むすびは、期間限定品として、2016年5月24日から販売されています。
「国産筍の旨みとたっぷりのだしで炊き上げました。」とのこと。

IMG_2373 (480x480)
具は竹の子とニンジンです。
味付けはあっさり目でした。
竹の子がもうちょっと大きめに切って、歯ごたえを楽しめるといいなぁと思うのですが。


とうふ肉だんご
IMG_2363 (480x480)
肉だんごのお総菜はよく出ていますが、こちらはお豆腐が入っているタイプです。 
お団子は2粒で、彩りに茹で野菜が入っています。

余談ですが、「権米衛」の公式HPを見ても、お総菜って全く掲載されていません。
何でだろう?
しょっちゅう変わるからですかね。

IMG_2364 (480x480)
ほうれん草かな?
味付けはほとんどなかったので、肉団子のタレを絡めて食べました。

IMG_2371 (480x480)
中はこんな感じです。 
お豆腐が入っているからか、全体的に白っぽかったです。
程よい歯応えで、とろみの付いた甘めの餡を絡めて食べました。

DSCF1371 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じです。 


結局午後1時からの来客との打ち合わせはさっさと終了したので、こんなことならもうちょっと具沢山に買ってくれば良かったなと思いました。
全体のボリュームは少なめです。
久しぶりにかなりドタバタしたランチになって、この日は午後2時近くになってからようやく仕事をちゃんと始められました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇ 
[白米]   
おかか  (2009年8月25日)    
日高昆布 (2009年8月25日)   
からしみそ (2010年12月22日)   
菜の花しらす (2011年3月22日)   
カキフライWソースむすび (2013年12月11日)   
さんまむすび (2015年10月26日)   
ばくだんむすび  (2015年10月26日) 

[玄米]   
明太子  (2009年9月9日)   
チーズおかか (2007年10月16日)   
ピリ辛豚みそ玄米 (2012年3月29日)   
梅ひじき玄米 (2013年12月11日2014年9月30日) 

[まぜごはん]   
たこむすび (2010年3月3日)   
しそちりめん (2009年9月9日)   
きのこむすび (2014年9月30日) 
竹の子むすび 2016年6月14日

[いなり]  
親子いなり (2012年3月29日) 
五目いなり 2016年6月14日

[おかず]    
筑前煮 (2009年8月25日2010年12月22日)   
肉だんご (2009年8月25日2010年12月22日)   
五目野菜の肉だんご (2015年10月26日) 
とうふ肉だんご  (2016年6月14日
オクラのゴマ和え (2011年3月22日)   
春野菜のごま和え (2012年3月29日)   
さんまの蒲焼 (2011年3月22日)   
米粉さっくり唐揚げ  (2012年3月29日)   
米粉さっくり唐揚げ(黒酢あん) (2014年9月30日)   
醤油麹漬け (2013年12月11日)   

 ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


 


2016年6月14日訪問時お店DATA 
*********************************** 
おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店 (ごんべえ) 
〒160-0004  
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階 
TEL&FAX 03-3357-0141 
営業時間
[月~金] 7:30~22:00 
[土日祝] 8:00~21:00 
定休日 アトレ四谷店定休 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/21 03:00】 | おにぎり | トラックバック(0) | コメント(2) |
番町 松月庵  @麹町
週末は気温がガッツリ上がって暑かったですね~。
身体がまだ暑さに慣れていないせいか、ちょっと辛かったです。
ジメジメしたお天気が続きますが、今週もがんばりま~す!

IMG_2342 (480x480) 
2016年6月13日は、週の最初の月曜日。
この日は朝から大雨が降っていたので、上司が「番町 松月庵(しょうげつあん)」に出前をお願いすることにしたので、ご相伴することに。 

2009_0123画像0103 
「松月庵」の店舗は、JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りを半蔵門方面に向かい、左側に麹町山王マンションのある交差点で左折し、坂を緩やかに下った少し先の左手にあります。
 
電話で注文するときに「どれぐらい時間がかかりますか。」と聞いても、時間を教えてくれることはなく、いつも「出来上がった順番にお持ちします。」といわれますが、たいてい一番忙しい時間帯に出前をお願いしても30分かからず持ってきていただけるので、大変助かっています。 
配達員さんとはもうすっかり顔なじみです。

 
地図です。

DSCF1234 (480x360)
メニューです。

2008_0529画像0011
三人前の器をのっけているお盆は大きくて、お店のネームが入っています。

DSCF5738.jpg
お盆には色々な種類がありました。 

DSCF5739.jpg
こちらにも、ちゃんと「松月庵」の名前が入っています。 

DSCF7444 (480x360)
「松月庵」のお箸です。 
以前はいただいていましたが、今では事務所で全員分のマイ箸を常備しているので、新たな割り箸はいただかないようにしています。

DSCF7445 (480x360)
東京松月庵麺類協同組合なる組織があるようです。 ネットで調べてみましたが、池袋にあるということしかわからず。

IMG_2337 (480x480)
午前中の予定が大幅に伸びたので、午後1時近くに電話したところ、こんなに遅い時間でもお天気のせいで注文が多かったのか、届けてもらうまで30分ぐらいかかりました。

配達員さんはびしょ濡れで、ホント、申し訳なかったです。

DSCF9901 (480x360)
薬味は小皿でついてきます。

DSCF9885 (480x360)
お新香や薬味にかぶせてある紙です。 
20年以上の歴史のある老舗らしいデザインです。

2008_0531画像0001 
土曜日はこちらの包み紙が使われています。 

2008_0531画像0002
とても丁寧な心遣いで、細かい配慮ですね~。

IMG_2339 (480x480)
器には、汁漏れ防止でサランラップがしっかりとかけてあります。 


にしんうどん  (1,000円)
IMG_2342 (480x480)
この日はにしんうどんを注文。 
「松月庵」はお蕎麦屋さんなので、うどんを注文しても、時々お蕎麦が届いちゃうことがあります。 
先輩が気をつけて注文してくれたおかげで、この日も無事、うどんのオーダーが通りました(笑)。
いただきま~す! 

IMG_2341 (480x480)
薬味は、いつもどおり、七味唐辛子とネギとワサビの3種類です。

IMG_2340 (480x480)
ネギがたっぷりだったのか、包み紙にくっついちゃっていました。

IMG_2343 (480x480)
中央には彩りに三つ葉が浮かべてあります。 
にしんに合わせてでしょうか、おろしショウガが入っていました。
このショウガ、蕎麦つゆ全体に味が利いていました。

IMG_2344 (480x480)
にしんが蕎麦つゆに沈んでいるのが見えます。

IMG_2345 (480x480)
三つ葉とにしんの他は、長ネギが入っていました。

IMG_2347 (480x480)
蕎麦つゆはとても好みの味で、いつも安定して美味しいです。 
寒い時期はとっても身体が温まります。

IMG_2348 (480x480)
薬味は食べる前に全て投入!

IMG_2349 (480x480)
おうどんはいつも通り(笑)、やや柔らかめでした。

IMG_2350 (480x480)
ニシンは丸ごと1尾。
身はややかための食感で、甘く煮付けてありました。

全体のボリュームはそれ程多くありません。
ニシンそば(うどん)って人生で3・4回しか食べたことがないので、とても貴重な体験でした。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

(そば、うどん)   
もりそば    (2013年6月18日)   
かけそば    (2013年7月5日)   
きつねそば   
たぬきそば    (2009年10月20日)   
たぬきうどん  (2014年11月17日)   
大もりそば   (2012年8月31日)   
大もりうどん  (2016年1月6日)   
ざるそば    (2010年11月12日)   
月見そば    (2011年1月12日)   
玉子とじそば   (2010年9月30日)   
肉南蛮そば    (2008年3月31日)   
肉南蛮うどん  (2014年10月17日)   
わかめそば   (2010年11月2日)   
わかめうどん  (2015年10月22日)   
きしめん    (2010年10月27日)   
おかめそば   (2014年12月16日)   
おかめうどん  (2015年11月25日)      
山菜そば    (2010年6月21日)   
山菜うどん   (2014年6月11日)   
おろしそば   (2010年12月14日2015年9月25日)   
柏南蛮そば   (2009年12月16日)   
柏南蛮うどん  (2016年3月23日)   
かきたまそば  (2010年3月9日)   
かきたまうどん (2015年10月5日)   
あんかけそば  (2009年1月9日)   
あんかけうどん (2016年3月28日)   
けんちんそば  (2009年9月4日)   
けんちんうどん (2014年11月4日)   
ちからそば   (2010年1月7日)   
カレー南蛮そば  (2008年3月10日)   
カレー南蛮うどん (2014年1月8日)   
にしんそば   (2010年2月10日) 
にしんうどん  (2016年6月13日  
スタミナそば  (2009年10月22日)   
スタミナうどん (2014年5月21日)   
五目蕎麦    (2008年12月9日)   
鴨南蛮そば   (2009年11月4日)   
鴨南蛮うどん  (2016年4月11日)   
みそ煮込みうどん (2009年11月17日)   
天ぷらそば   (2013年12月10日)   
天ぷらそば[上] (2009年10月6日)     
なべやきうどん  (2009年12月3日)   
なべやきうどん「上」 (2009年3月26日)   
おかめとじそば (2009年9月8日)   
親子南蛮そば  (2008年11月19日2016年2月15日)   
天とじそば   (2008年6月19日2009年4月23日)   
天とじうどん  (2014年1月9日) 

(特製品)   
うめとろうどん (2011年8月31日)   
とろろ、冷そば (2011年9月6日)   
釜揚げうどん  (2009年8月4日)   
山かけそば   (2011年8月19日)   
天ざるそば   (2008年6月9日)   
天ざるうどん  (2014年7月26日)   
鴨せいろ    (2008年4月18日)   
なめこおろしそば(2009年1月20日2009年3月12日)   
茶そば     (2011年3月14日) 

(中華)   
ラーメン (2011年2月28日)   
タンメン (2010年4月23日)   
モヤシソバ (2010年3月30日)   
チャシューメン (2010年1月27日)   
スタミナラーメン (2009年10月2日)    
五目中華  (2010年3月4日) 

(季節物)   
冷しきつね   (2011年8月3日)   
冷したぬきそば (2009年2月17日)   
ひやむぎ    (2009年3月2日)   
冷しおろしそば (2008年4月17日)    
冷し揚げ餅おろしそば (2008年3月25日)    
冷し納豆そば  (2009年1月30日)   
冷しカレーせいろそば(2008年9月10日)   
冷しカレーせいろうどん (2014年9月8日)   
冷し梅むぎ    (2009年6月11日)   
冷し山菜そば   (2008年4月8日)    
冷しスタミナそば (2008年5月28日)    
冷し五目蕎麦   (2008年9月4日)   
冷し中華     (2008年5月28日2008年7月23日)   
冷し五目中華   (2008年6月3日) 

(御飯物)   
玉子丼   (2011年9月28日)   
牛丼    (2012年7月19日)   
カレー丼  (2008年11月27日)   
カレーライス (2011年10月24日)   
カツカレーライス   
親子丼  (2011年11月14日)   
親子丼「中」(2012年10月24日)   
親子丼「上」(2013年3月27日)   
カツ丼   (2010年4月6日)   
カツ丼「中」 (2013年1月22日)   
カツ丼「上」 (2013年9月13日)   
天丼    (2012年5月8日)   
天丼「中」 (2012年11月19日)   
天丼「上」 (2013年5月16日)   
野菜天丼  (2012年8月29日)   
椎茸丼   (2012年10月2日) 

(小さい丼)   
ミニカレーライス (2011年2月28日)   
ミニ玉子丼 (2013年11月28日)   
ミニ親子丼 (2011年3月14日)   
ミニカツ丼 (2011年1月12日)   
ミニ天丼  (2010年11月12日) 

(セット物)   
玉子丼セット[温・たぬきそば] (2010年4月23日)   
カレーライスセット[かけそば] (2011年1月21日)   
親子丼セット[もりそば] (2008年3月13日)   
カツ丼セット[温・きつねそば] (2011年3月7日)   
天丼セット[冷・きつねそば] (2010年9月8日)  

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


メニューです ↓ 
DSCF1234 (480x360)

DSCF1237 (480x360)

DSCF1236 (480x360)

DSCF1238 (480x360)

DSCF1239 (480x360)

DSCF1240 (480x360)

DSCF1242 (480x360)

DSCF1243 (480x360)

 


2016年6月13日宅配時お店DATA 
*************************** 
番町 松月庵 (しょうげつあん) 
〒102-0084  
東京都千代田区二番町11-7 
TEL 03-3237-8171、03-3237-8172、03-3262-5861 
営業時間 
[平日] 11:00~21:00 
[土曜] 11:00~19:00 
定休日 日曜日
JR・地下鉄麹町駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/20 05:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(4) |
ハチノス byくるむ  @新大久保
昨日とは打って変わって曇りがちなお天気ですね~。
その分、少しだけ気温が下がって過ごしやすいです。
みなさま、楽しい日曜日を☆

本日は、マイブログ圏外の新大久保にある「ハチノス」のレポートです。

IMG_2036 (480x480)
2016年6月5日の日曜日、所用で早稲田まで出かけたので、新大久保まで出て「ハチノス byくるむ」というお店でランチをすることにしました。

IMG_1991 (480x480)
新大久保駅から大久保通りの左側を東新宿駅方面にまっすぐ進み、通りを3つ越えたところに林ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

地図です。

IMG_1993 (480x480)
「ハチノス」は、お肉を美味しく食べられるよう、蜂の巣のように切れ目を入れているサムギョプサルを提供するお店で、2014年4月18日にオープンしました。

同じビルの2階に、2013年4月18日にオープンした「くるむ サンパ店」というお店があり、「ハチノス」はその系列店とのこと。

IMG_1994 (480x480)
どちらもこの界隈でかなり人気のあるお店で、午後1時半頃に到着したところ、10人以上の行列(汗)。
並ぶのは嫌いですが、折角来たので待つことにしました。

IMG_2001 (480x480)
お店の入口です。
前の台に置いてある紙に人数や希望を書いておきます。

IMG_2004 (480x480)
いつも行列が出来ているからか、入口の前のスペースには、扇風機や冷たいお茶が置いてあります。

IMG_2003 (480x480)
営業時間はこちらです。

席が空いているのが見えたり、お客さんが出て行っても行列が減らなかったので不思議だな~と思っていたら、このフロアの右側は、2階にある「くるむ」の別館でした。

IMG_2014 (480x480)
30分程で入店できました。
内装はとってもオシャレな雰囲気です。
女性客がかなり多めでした。

IMG_2005 (480x480)
私たちはフロア中程のテーブル席に通されました。
既にいろいろセッティングしてあって、テンションアップ!


IMG_2009 (480x480)
タレ。

IMG_2010 (480x480)
サムジャン。

IMG_2007 (480x480)
細長いプレートにお野菜がずらり。
種類豊富で彩りもキレイ~。
こちらは確か焼肉を注文する人に出てくるもので、おかわりは出来なかったと思います。

IMG_2008 (480x480)
こちらは生野菜サラダ。
野菜だけでもかなり食べられます。

IMG_2006 (480x480)
テーブルの真ん中にはコンロが置かれ、その上に斜めになった焼き台がのせてあります。

IMG_1996 (480x480)
ランチメニューです。

IMG_1997 (480x480)
種類はかなり豊富ですが、この日はちょっと豪快に食べたくて、1,580円の焼肉・メイン料理セットというのをチョイス。

焼肉は種類違いのサムギョプサルを中心に18種類ぐらいあります。
一部プラス料金が必要です。

IMG_1998 (480x480)
さらにメインのお料理を10種類ぐらいの中から選びます。

IMG_1999 (480x480)
そして、全てのコースには新鮮野菜ビュッフェというのがついています。

焼肉はおすすめの蜂の巣サムギョプサルの3種盛りとかんなサムギョプサルを選び、メインは濃厚スンドゥブとビビン冷麺にしました。

IMG_2017 (480x480)
注文を終え、新鮮野菜のビュッフェ台へ。

お水はセルフです。

IMG_2018 (480x480)
なんと、こんな色鮮やかな4種類がありました。

IMG_2019 (480x480)
どれにするか迷いましたが、シトラスウォータをチョイス。
見た目ほど味わいはなく、ほんのり感じるぐらいでした。

IMG_2022 (480x480)
ビュッフェ台はそれ程広くはありません。
毎朝作るというナムルやキムチ、カクテキなどなど。

IMG_2021 (480x480)
生野菜ばかりでなく、カボチャの揚げ物やゼリーもありました。

IMG_2020 (480x480)
しかも、カレーまで!
ご飯メニュー頼む必要はなかったです(笑)。

韓国料理屋さんでカレーなんて珍しいな~と思ったら、ネパール人の方が作る本格カレーとのこと。


生ビール 中ジョッキ  (500円)
IMG_2016 (480x480)
席に戻ると生ビールが来ていたので乾杯!

メニューをちゃんと見ていなかったのですが、生マッコリ・米マッコリ・フレーバーマッコリの飲み比べとかも出来るので、とっても楽しそう~。

IMG_2023 (480x480)
ビュッフェ台から取って来たナムルをおつまみにしました。

IMG_2015 (480x480)
新鮮野菜のビュッフェなのに、チキンの唐揚げがありました。
ぱっと見、ちょっと衣が厚そうかな?と思ったのですが、これ、程よい下味がついていて、お肉もとても柔らかく、美味しかった~。
これをメインにしても良いぐらいです(笑)。
ずっと途切れることなく提供していました。

あと、写真を撮り忘れましたが、カボチャの天ぷらもあって、淡い甘さでちょこっと歯応えがあって、こちらもすごく美味しかったです。

IMG_2013 (480x480)
そうこうするうちにお肉が出て来ました。
卓上のバーナーを点火!

IMG_2024 (480x480)
韓国料理屋さんではフツーですが、こちらも店員さんがお肉のお世話を全てしてくれます。

最初はかんなサムギョプサルが登場。

IMG_2025 (480x480)
写真がピンぼけで残念ですが、薄く切った豚肉はとってもキレイなピンク色です。

IMG_2026 (480x480)
こちらにも葉野菜が付いていました。

IMG_2031 (480x480)
お肉はのせる前にタレをしっかりつけて、、、

IMG_2030 (480x480)
男性店員さんが手際よく鉄板の上にお肉を並べます。

IMG_2033 (480x480)
最初は脂が出てくるからか、端っこに並べられていましたが、、、

IMG_2036 (480x480)
少ししたら、少し手前側に移動していました。

IMG_2037 (480x480)
ここで、何と、さっき一緒に出て来た葉野菜をのっけます。

IMG_2038 (480x480)
店員さん曰く、こうやってお野菜でフタをして蒸し焼きっぽくするとのこと。
こんなスタイル、初めてです。


IMG_2055 (480x480)
これで出来上がり~。
焦げ目がとっても美味しそう。

IMG_2056 (480x480)
鉄板の端っこに蒸した時に使っていた葉野菜を敷いて、お肉をのっけておきます。

IMG_2057 (480x480)
包み野菜にお肉、サムジャン、ネギを入れて食べます。
お肉は柔らかながらもちょっとカリッとした食感もありました。


濃厚スンドゥブ
IMG_2039 (480x480)
お肉を焼いて途中、熱々の濃厚スンドゥブが登場。
グラグラと煮立っていて、すぐには食べられません。

IMG_2041 (480x480)
名前の通り、ダシがしっかりと効いていて、旨味たっぷり。
ピリ辛で、お豆腐もとっても柔らか。
お豆腐だけでなく野菜やお肉も結構入っていました。

IMG_2043 (480x480)
次に蜂の巣サムギョプサルの3種盛りが出て来ました。
細長いプレートにお肉が1種類ごと丸めてのせてあります。

IMG_2046 (480x480)
プレーン。

IMG_2053 (480x480)
タレ漬け。

IMG_2052 (480x480)
コチュジャンです。

プラス100円で、3種類食べ比べできるのはとってもお得!

IMG_2050 (480x480)
まずはプレーンのサムギョプサルから焼きます。
細かい切れ目がたくさん入っているのがよくわかります。

IMG_2048 (480x480)
大きな胡椒挽きで上から胡椒をふりかけます。
こういうパフォーマンスもいいですね~。

IMG_2058 (480x480)
出来上がりです。
厚みも程よくあって、歯応えもよかったです。


ビビン冷麺
IMG_2054 (480x480)
ビビン冷麺も、お肉を焼いている途中に出て来たので、しばらくお肉ばかり食べていたら、店員さんから早く食べるようにアナウンスされちゃいました(汗)。
のびちゃうんですよね~。

IMG_2065 (480x480)
全体をしっかり混ぜ合わせてから食べます。
やや甘さが強めな甘辛な味付けでした。

IMG_2059 (480x480)
タレ漬けとコチュジャンのサムギョプサルは一緒に焼きます。
焦げやすいので、アルミを敷きました。

IMG_2061 (480x480)
こちらがタレ漬け。
どんなタレなんだろう?
お醤油ベースにしては白っぽい色合いでした。

IMG_2060 (480x480)
こちらがコチュジャン。
お肉が真っ赤に染まっています。

IMG_2062 (480x480)
アルミを敷いていても、焦げ付きやすかったです。

IMG_2066 (480x480)
かなりしっかり、焦げ目が付くぐらい焼いて、出来上がり~。

IMG_2068 (480x480)
少し時間が経ってしまったので、それぞれの味が、イマイチ記憶がはっきりしません(汗)。

IMG_2071 (480x480)
野菜を巻いて食べちゃうと、サッパリしちゃって味付けの個性がちょっと薄れちゃうんですよね~。

IMG_2067 (480x480)
でも、コチュジャンは結構しっかり甘辛でした。

IMG_2069 (480x480)
最初に生のお肉が出て来た時はそんなに量が多くないかも、、、なんて思っていましたが、野菜も一緒にたくさん食べたり、ビュッフェから持って来たものもたくさん食べたので、かなりお腹いっぱいになりました。

IMG_2073 (480x480)
でも、どうしてもネパール本格カレーが食べたくて、少しだけゲット。
辛さはそれ程ではないですが、すごくスパイシーで、でもココナツミルクのおかげでとてもまろやかで、すっごく美味しかった~。
次回来る時は、これをもっとたっぷりと食べたいです。

IMG_2081 (480x480)
食事を終えたら、こちらのカードをレジに持っていきます。

IMG_2523 (480x480)
この日のお会計です。
二人で合計4,600円、一人2,300円です。
ちょっと豪華なランチでしたが、ビュッフェは充実していたし、お料理は美味しかったし、大満足です。

再訪して違うメニューも食べたいし、マッコリ飲み比べもしてみたいです。 


ドリンクメニューです↓
IMG_2075 (480x480)

IMG_2074 (480x480)

IMG_2076 (480x480)

IMG_2077 (480x480)

IMG_2079 (480x480)

IMG_2080 (480x480)




2016年6月5日訪問時お店DATA 
************************************* 
〒169-0072  
東京都新宿区大久保2-32-2 林ビル地下1階 
TEL 03-3202-0005 
営業時間  
[月~木・日] 11:00~16:00(L.O.15:00) 15:01~23:00(L.O.22:30)
[金・土・翌祝日] 11:00~16:00(L.O.15:00) 15:01~23:30(L.O.23:00) 
定休日 なし
JR山手線新大久保駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/19 09:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) |
セマウル食堂 小岩店  @小岩
今日は真夏のような暑さですね~。
梅雨明けしちゃったような感じです。
さすがに暑すぎでジョギングは断念し、スポーツクラブに行って来ま~す!
みなさまも、楽しい土曜日を☆

IMG_1810 (480x480)
2016年6月1日は週の半ばの水曜日でしたが、会社帰りに甥っ子君を夜11時過ぎまで預かるという大役を果たした後、家人と遅い夕食を食べにセマウル食堂 小岩店」へ行きました。

DSCF1339_20140204073309332.jpg
JR総武線小岩駅の北口を出て、線路沿いに千葉方面に向かって歩き、ファミリーマートの少し先の角を左折します。 
少し行った左側にイーストビルがあり、お店はその1階です。 
小岩駅の小さい改札を出ると駅ビルに直結しているので、それを通り抜けて左側に行くと同じ通りに出るので、こちらの方が便利です。 

 
地図です。

この界隈はスポーツクラブや飲食店、韓国スーパーやガールズバーなどなど、しかも、夜になるとたくさんの客引きで埋め尽くされ、雑多で小岩らしい雰囲気です(笑)。

DSCF1341_20140204073313f59.jpg 
「セマウル食堂」は、韓国料理である豚肉の熱炭プルコギと7分豚キムチチゲを看板商品として、安くて美味しい食堂として、韓国内で200店舗以上展開するとても大きなチェーン店です。 
小岩店は、2012年12月1日に日本第1号店としてオープンしました。
大久保でも新大久保でもないというのが不思議。 
この界隈は韓国の方が多いからかな?

DSCF1340_201402040733117a8.jpg
店構えは本国のものとほぼ同じです。 
ソウルに行ったとき、幾つか支店を見つけて、思わず記念撮影しちゃいました(笑)。

DSCF1062 (480x360) 
営業時間はこちらです。 

IMG_1819 (480x480)
内装は、ガラス張りで明るくてシンプルな雰囲気です。 
店員さんは多分ほとんどが韓国の方だと思います。 
基本的には明るい接客で、日本語も問題なく通じますが、時折、本国からいらしたばかりなのか、全く無表情の韓国式サービスを受けることもあります(笑)。 
韓国語を話す日本人のお客さんもちらほら。

DSCF2365_20140131082305da3.jpg
午後11時半頃に入店したところ、先客は1組のみ。
さすがに時間が遅すぎたのか、後客はいませんでした。

DSCF2373_201401310822499b5.jpg 
奥の壁にはお店を紹介された雑誌などがずらりと貼り出してありました。 
現地のお店の紹介の方が多いです(笑)。 


IMG_1797 (480x480)
こんな真夜中にここに来たのには理由があって、LINEでお友達登録した人に限り、6月1日と2日の2日間限定で、ヨルタン(セマウル)プルコギが半額で食べられるというフェアをやっていたからです。
翌日も対象日でしたが予定があって行けないので、こんな時間にお邪魔しちゃいました(笑)。

DSCF2366_20140131082307ebe.jpg 
私たちは左半ばぐらいのテーブル席に案内されました。 

焼肉類を食べる時は、こちらの真っ赤でとっても目立つ、立派な布エプロンを使います。 
韓国焼酎のチャミスルの名前が入っているので、メーカーが宣伝用に作ったものでしょうか。
店員さんからのアナウンスは特にありませんでしたが、近くの壁に掛けてあるので、取って使います。

DSCF0718 (480x360)
注文はもちろん、ヨルタンプルコギとセマウルプルコギ。
プルコギというと普通は牛肉ですが、こちらは豚肉です。
薄切りした豚肉に、ヨルタンはコチュジャンの辛い味付け、セマウルはお醤油ベースの甘い味付けをしています。
店員さんに聞いたところ、韓国でも日本でも辛い味付けが人気とのこと。

半額になりますが、一回につき2人前ずつ注文しなければならないので、両方を2人前ずつお願いしました。

DSCF0704 (480x360)
焼肉なので、飲み物はもちろん、ビール!
こちらのお店の生ビールはアサヒのエクストラコールドです。

DSCF2378_2014013108221960b.jpg 
テーブルは広く、真ん中に炭を置くようになっています。

IMG_1804 (480x480)
注文を終えると、店員さんが火が入った練炭をセッティングしてくれます。

IMG_1802 (480x480)
韓国料理屋さんらしく、タレやバンチャンがどんどん出て来ます。

IMG_1805 (480x480)
合わせ味噌のサムジャン。

IMG_1806 (480x480)
生ニンニクのスライス。
韓国の人はこのまま食べるようですが、私は焼いていただきます。

IMG_1807 (480x480)
つけダレ。

IMG_1799 (480x480)
ネギサラダ。
見た目ほど辛くはないですが、ピリ辛でとっても美味しいので、大好き。
このまま食べてもいいし、お肉と一緒に食べたりします。

IMG_1800 (480x480)
ワカメスープ。
日によって味が違うことが多いですが、この日は美味しかったです(笑)。

IMG_1801 (480x480)
タマネギの入ったタレ。


生ビール (550円)
IMG_1796 (480x480)
エクストラゴールドなので、冷えててメチャ旨。
最初の一杯にはいいですね~。
量が少ないのが残念(笑)。


熱炭(ヨルタン)プルコギ (880円×2=1,780円→880円)
IMG_1808 (480x480)
いよいよお肉が登場!
店員さんが網にのっけてくれます。

IMG_1810 (480x480)
冷凍だからでしょうか、最初は丸まったままキレイにタワーになります。
美味しそう~。

IMG_1813 (480x480)
火が通ってくると、段々お肉が柔らかくなって、全体が沈みました。

IMG_1814 (480x480)
こちらがお野菜のセット。
リーフレタス、エゴマの葉、キャベツ、タマネギです。
葉野菜が少ないのは、日本だから仕方ないか。

IMG_1816 (480x480)
排煙の筒をぐっと下に引き下げ、お肉が焼けるまでしばし待ちます。

IMG_1817 (480x480)
日本人は生ではほとんど食べないのがわかっているからなのか、何も言わなかったのにニンニクも焼いてくれました。

IMG_1818 (480x480)
お腹空いている時は、待ち遠しくて仕方ないです(笑)。

IMG_1820 (480x480)
かなり火が通ったところで、全体を混ぜ合わせます。
この日は店員さんが一人しかいなくて、もう一つのテーブルのサービスで忙しく、ちょっと焼き過ぎちゃっていたようで、ちょっとたどたどしい日本語で「来られない時は自分でお願いします。」と言われました。

DSCF0712 (480x360)
食べ方の説明書きがちゃんとあります。

DSCF0713 (480x360)
自分でやるのは全然構わないのですが、タレ付きのお肉なので、焼き加減の見極めが難しい。。。

IMG_1822 (480x480)
さらにタマネギも投入し、もうちょっと焼きます。

IMG_1823 (480x480)
出来上がりで~す!
焦げないよう、網のフチにお肉をよせてくれます。

IMG_1826 (480x480)
まずはそのまま食べちゃいました。
お肉は柔らかく、結構ピリ辛。

お次は葉っぱにネギサラダと一緒に包んで食べると、サッパリして美味しい~。

IMG_1827 (480x480)
キャベツは固いので巻きにくいです。
のっけたまんま囓る感じで食べました。


レモンサワー  (450円)
IMG_1828 (480x480)
ビールを飲み終え、レモンサワーを注文。


セマウルプルコギ (880円×2=1,780円→880円)
IMG_1829 (480x480)
次に、セマウルプルコギを焼いてもらいました。

IMG_1832 (480x480)
タレが赤くなくて、黒っぽいです。

IMG_1833 (480x480)
こちらのタレをおかわり。

IMG_1835 (480x480)
ネギサラダが美味しいので、こちらもおかわり。
これだけでおつまみになります(笑)。
バンチャンのおかわりは無料です。

IMG_1836 (480x480)
ヨルタンプルコギとセマウルプルコギを比べて食べたのは初めてでしたが、こっちはかなり甘い!(汗)。

IMG_1837 (480x480)
なので、辛いネギを多めに入れて食べました。 


セマウルプルコギ (880円×2=1,780円→880円)
IMG_1838 (480x480)
時刻は既に12時を過ぎて、日付が変わっていたので、もう終わりかと思ったら、家人がさらに2人前を追加注文(汗)。
しかも、甘い味付けの方だし(泣)。


シークァーサーサワー  (450円)
IMG_1840 (480x480)
サワーをおかわり。
シークァーサーサワーもさっぱりした酸味で美味しかったです。

IMG_1843 (480x480)
ワカメスープもおかわりしちゃいました。

IMG_1844 (480x480)
やっぱり、セマウルプルコギは私には甘すぎるなぁ。
家人にはヨルタンプルコギだと辛すぎるようで、なかなか難しい(笑)。

DSCF1063 (480x360)
レシートはこんな感じです。
ついこの間までレシートを机の上にほったらかしにしていたのに、行方不明になっちゃいました(汗)
確か二人で合計5,000円弱、一人2,500円ぐらいだったと思います。


プルコギ、味の違うものを食べ比べたのはとっても面白かったです。
平日半ばに贅沢に焼肉を食べて、とっても幸せでしたが、次の日の体重はひどいことになっていました。。。(笑)。

 
◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 
◎ラーメン 
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日) 
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日) 
野武義  (2013年1月10日) 
麺家 六三四 (2013年1月12日) 
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日) 
麺屋清水 (2013年8月23日) 
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日) 
【閉店】濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日) 
豚骨一燈 (2014年6月7日) 
越後秘蔵麺 無尽蔵 こいわ家 (2014年8月25日) 
麺屋 武士道 (2015年11月15日) 

◎その他 
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日2015年10月11日2016年6月1日) 
小味園 本店 (2013年7月31日) 
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日2015年10月31日) 
SHEEP GANG DINING (2014年6月15日) 
ボローニア (2014年6月28日) 
【閉店】中国料理 一品楼 (2014年8月23日) 
丸亀製麺 小岩POPO店 (2015年11月1日) 
屋台屋 九ちゃん 小岩店 (2016年3月27日2016年5月21日) 
居酒屋 酔い処 (2016年4月17日) 
江戸前すし 縁むすび (2016年4月24日) 
木村屋本店 小岩駅前 (2016年5月4日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


フードメニューです↓
DSCF0714 (480x360)

DSCF0715 (480x360)

DSCF0718 (480x360)

DSCF0719 (480x360)

DSCF0720 (480x360)

DSCF0721 (480x360)

DSCF0722 (480x360)

DSCF0724 (480x360)

DSCF0725 (480x360)

DSCF0723 (480x360)

DSCF0726 (480x360)

DSCF0727 (480x360)

DSCF0729 (480x360)

DSCF0730 (480x360)

DSCF0731 (480x360)


ドリンクメニュー↓
DSCF0704 (480x360)

DSCF0707 (480x360)

DSCF0708 (480x360)

DSCF0709 (480x360)

DSCF0710 (480x360)

DSCF0711 (480x360)

食べ方の説明です↓ 
DSCF0712 (480x360)

DSCF0713 (480x360)


 


2016年6月1日訪問時お店DATA 
***************************** 
セマウル食堂 小岩店 (せまうるしょくどう)   
〒133-0057  
東京都江戸川区西小岩1-27-20 イーストビル1階 
電話 03-6458-0145 
営業時間  
[平日] 17:00~27:00(L.O.26:00) 
[土曜] 11:30~27:00(L.O.26:00) 
[日祝] 11:30~24:00(L.O.23:00) 
定休日 なし 
JR総武線小岩駅北口から徒歩3分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2016/06/18 09:00】 | 韓国 | トラックバック(0) | コメント(4) |
タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店  @市ヶ谷
お天気が前倒しになったようで、雨予報が晴れて嬉しいです!
週の最後の金曜日。
楽しい週末を迎えることが出来るよう、今日もがんばりま~す☆

IMG_2257 (480x480)
2016年6月10日は週の最後の金曜日。
朝、四ツ谷駅の前に御神輿が通っていくところに遭遇。

IMG_2218 (480x480)
以前も見たことがあったなぁ~と思って調べたら、2014年6月13日のことでした

IMG_2219 (480x480)
それにしても、こんなに近くで見られるので、迫力ある~。

IMG_2220 (480x480)
しかも、この行列はかなり長いので、見応えがあります。

IMG_2221 (480x480)
この時期、市ヶ谷駅の方には山王日枝神社のお祭りの幟が掲げられていたので、その一環なのでしょうか。

IMG_2222 (480x480)
前日に引き続き、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
折角の金曜日なので、あまり気の進まない新店開拓をするよりは美味しいものを食べたいと思い、大好きなGEMS市ヶ谷」の「タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店」へ行くことに。
前日も行くつもりだったのが、「シーアン」の夏季限定メニューに浮気してしまったので、リベンジです(笑)。

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。 
市ヶ谷駅を出てすぐ、坂の上を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。

 地図です。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。 今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

DSCF4601 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。 
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。 

10店舗全部でランチ営業をしている訳ではなく、確か7・8店舗だったと思います。

DSCF5042 (480x360)
オールドタイランド」は、19世紀末に開明期のタイの首都バンコクに建てられた貴族の家のことだそうです。 
新橋と飯田橋に支店があり、GEMS市ヶ谷店は3店舗目で、2014年11月13日にオープンしました。 姉妹店の「クルン・サイアム」というお店もあるとのこと。

DSCF5041 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
このビルには小さなエレベーターが2基ありますが、混雑する時間帯はちょっと待たされます。 
ちなみに、お店が定休日の時はその階に降りられません。

ランチタイムにエレベーターに乗ると、いつもタイ料理の香りがします(笑)。

DSCF5018 (480x360)
エレベーターを降りると、お店のフロアに直結しています。

IMG_2224 (480x480)
この日は午前中の仕事がおして、お店に入店したのは12時45分頃。
店内はほぼ満席だったので、少し待つことに。
そのとき、店員さんから赤いプラスチックのナンバーをもらいました。
こんな対応は初めて。

確かに、エレベーターが2基あることと、並ぶ場所が広くないので、待っている順番がぐちゃぐちゃになるのをよく見ていたので、何かトラブルでもあったのでしょうか。

IMG_2225 (480x480)
ウェイティングの席に座ったのは初めてでしたが、すぐ横の壁に熊本の地震の募金箱が設置されていました。

DSCF5003 (480x360)
フロアは左に厨房、その前にカウンター席、周りにテーブル席が並んでいます。 
アジアン料理というと、民族風のコテコテっぽい内装が多いですが、こちらは木目の調度品を使っているもののかなりモダンなテイストです。

DSCF5004 (480x360)
天井なんて鏡張りの上に紫色のライトが走っていて、とっても派手。 

前回ランチ訪問したのは2016年4月27日だったので、約1ヶ月半ぶりです。 

DSCF5017 (480x360)
「オールドタイランド」のランチは人気でいつも大混雑。 
個人的な体感では、GEMSの中で一番人が入っている感じがしますが、どうでしょう?

DSCF9665 (480x360)
テーブル席はこんな感じです。

DSCF4983 (480x360)
テーブルの下には荷物を入れるためのカゴが置いてあります。

DSCF3953 (480x360)
こちらはカウンター席です。

DSCF3967 (480x360)
カウンターにはタイっぽいカワイイ小物がたくさん飾られていました。

DSCF3956 (480x360)
ガラス張りの厨房では、たくさんの調理人の人たちが忙しそうにお料理を作っています。

DSCF4984 (480x360)
窓がとても大きく、外を眺めるとこんな感じです。

DSCF9664 (480x360)
それほど待たずに席に通されました。

DSCF4985 (480x360)
この日はテラス席です。

DSCF1147 (480x360)
あちこちに植物が並べてあります。  

IMG_2239 (480x480)
テラスから店内への扉には、英語とタイ語で表示されていました。

IMG_2232 (480x480)
一番右端のテーブルです。

卓上にはメニュー、お水の入ったポット、紙ナプキン、カトラリーのセット、伝票を入れるコップ?、爪楊枝が置いてありました。

IMG_2233 (480x480)
紙ナプキンはシンハービールのロゴ入りの缶?に入れてありました。
いいなぁ、私も欲しいかも。

DSCF3958 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
爪楊枝は、デザインは違いますが、編み込んだ小さな器に入っています。

DSCF8261 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
こちらは、タイ料理屋さんお約束のナンプラー・お酢・プリックポン(唐辛子をすりつぶしたもの)・砂糖の4種類が入ったクルワンプルーンです。 
私はあまり味わいを調整する方では無いので、ほとんど使ったことがないです。 
天井のライトが映り込んじゃっています(笑)。

IMG_2237 (480x480)
テラス席からの眺めです。 
この日はとっても良いお天気でした。

IMG_2236 (480x480)
日テレ通り沿いには山王日枝神社の幟が出ています。
朝見た御神輿と関係あるのかな?
日枝神社、今回初めて調べてみたのですが、赤坂にあるんですね~。

IMG_2235 (480x480)
道路の一角がお祭りのためのテントが設置されたりもしていました。

DSCF5011 (480x360)
おしぼりは白いビニール袋に入ってます。 
卓上のカトラリーセットの中にありました。

IMG_2238 (480x480)
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF4994 (480x360)
ランチメニューです。 
写真が大きくてキレイなので、とても見やすいです。 
お料理は定番メニューが13種類と多く、お値段は900円から1,240円と、エスニック系にしてはちょっとお高めです。 
しかも、最近少し値上がりしていることに気付きました。
唐辛子マークの本数で辛さの程度がわかります。 
お料理のほか、タイのお茶やデザートもいただくことが出来ます。

DSCF3951 (480x360)
この日は季節メニューが1種類あり、お値段は1,080円でした。

IMG_2228 (480x480)
麺メニューは既に全て食べたことがありましたが、この日、メニューをよく見ると、麺をプラス50円でバーミー(卵麺)に変更できることに気付きました。
値上げだけでなく、こういうマイナーチェンジもあったようです。
折角見つけたので、大好きなクイッティオ・トムヤムのバーミーバージョンを注文。

IMG_2266 (480x480)
この日の伝票です。

先輩はセンレク・パット・トムヤムをチョイス。
伝票だと「レクトム」と省略されています。
あと、メニューだと「バーミー」になっていますが、伝票だと「バミー」ですね(笑)。

IMG_2234 (480x480)
テラス席は店員さんがほぼ来てくれないので、卓上にあったこちらのボタンを押して呼んだのですが、ちょうど午後1時近くになって帰るお客さんが多かったせいか、3回鳴らしてようやく来てもらえました(汗)。

IMG_2241 (480x480)
しばし待って、私の注文したトムヤム麺が登場。

IMG_2243 (480x480)
スープは薄いブルーの器に入っていて、ダブルソーサーになっています。
横から見ると、象の行列が彫られています。

IMG_2244 (480x480)
お皿と器の間には紙ナプキンがはさんであり、薄いアルミのスプーンが添えられていました。

IMG_2250 (480x480)
本来なら注文を終えると、すぐに出てくるスープと生春巻きが、この日は忘れられていたようで、私のメインを出した時に店員さんが気付いたようで、慌てて出してくれました(笑)。 

IMG_2249 (480x480)
お料理を待っている途中、サイレンが聞こえてきたので、iPhoneを構えましたが、残念ながら、消防自動車はブレブレ(汗)。
こんな昼日中にどこかで出火があったのかな?


センレク・パット・トムヤム  (1,000円)
IMG_2262 (480x480)
こちらのお店は麺メニューの方がお料理メニューより早く出てくることが多いです。 
それにしても、この日は既に午後1時過ぎだというのに、先輩の注文したお料理が出てくるのにかなり時間がかかり、写真のデータを見ると、私のものより8分遅れで出て来ていました(汗)。

一緒にお料理を出すって、難しいんですね~。

IMG_2263 (480x480)
センレク・パット・トムヤムは、タイ料理の定番であるパッ・タイ(焼きビーフン)のトムヤム味です。


クイッティオ・トムヤム(1,000円)+バーミー(50円)=1,050円
IMG_2257 (480x480)
いただきま~す!
メイン、生春巻、ライスのセットです。

IMG_2252 (480x480)
ライスは白い器に盛られています。

IMG_2253 (480x480)
器の端っこはちょっと欠けちゃっていました。

IMG_2254 (480x480)
お米は細長いタイ米です。
私は最後に雑炊にして食べるのが好きなので、そのままではほとんど食べずに我慢します。

IMG_2255 (480x480)
生春巻は、小さなサイズに切ったものが2つ、白いココットに入っています。 

IMG_2256 (480x480)
刻んだナッツがトッピングされていて、スイートチリをかけてありました。 

IMG_2259 (480x480)
たっぷりのキャベツのほか、ニンジンや大葉、春雨?などが入っていて、かなりあっさりとした味わいです。 

作り置きだから仕方ないのですが、たまに、切り口が乾燥しちゃっていたり、巻きが甘くてお箸で持ち上げようとすると崩れちゃう時があります。
この日はまさにドンピシャで当たってしまったようで、上の生春巻きはほどんど巻けていなくて、お箸で持ち上げると中身がこぼれて来ちゃいました(泣)。 

IMG_2245 (480x480)
クイッティオ・トムヤムは、ハーブたっぷりのトムヤム麺で、とってもヘルシーでピリ辛の風味が後を引き、大人気のメニューとのこと。
赤いスープがとっても美味しそうで、酸っぱい香りが漂います。

IMG_2246 (480x480)
中央には大きめのパクチーがトッピングされています。

IMG_2247 (480x480)
野菜はパクチーのほか、もやしや小ネギも入っていました。

IMG_2261 (480x480)
まずはスープを一口。
辛くて酸っぱくて濃厚な旨味がたっぷり。
安定して美味しく、スープを飲む手を止められません。

IMG_2260 (480x480)
プラス料金を支払って変更したバーミーは、卵麺らしく、黄色っぽくて、少し縮れた細麺です。
先輩のお料理を待っていたということもありましたが、麺がほとんどほぐしていなくて、スープの中で固まっていました(汗)。
啜っても滑らかさがなかったです。

IMG_2264 (480x480)
野菜の他に、海老やフクロダケなども入っています。
海老はプリプリでした。

IMG_2265 (480x480)
麺を食べ終えたら、とっておいたご飯を投入し、おじやスタイルで美味しく完食!
旨味たっぷりのスープを吸ったご飯はとっても美味しい~。
もちろん、スープも飲み干しちゃいました。


一人分だけお料理の提供がかなり遅れたり、生春巻きが巻き切れていなかったり、麺がかたまっていたりと、かなり残念なことが重なりましたが、それでもこの味わいはここでしか味わえないので、仕方ないかな~と思ってしまいます。

ちなみにバーミーは、クイッティオ・トムヤムだけでなく、センレク・ナームでも食べられます。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたランチメニューです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

◎定番メニュー 
<ご飯> 
ガイ・パット・バイガパオ・ラート・カオ (2016年2月4日) 
カオ・パット・トムヤム   (2015年10月21日) 
ゲーン・キィオ・ワン・ガイ (2016年4月27日) 
ゲーン・キィオ・ワン・アボガド (2016年3月30日) 

<麺> 
パッ・タイ (2016年3月22日) 
センレク・ナーム (2016年2月29日) 
タイスキ  (2015年1月9日) 
カオソイ  (2014年12月4日) 
クイッティオ・トムヤム<バーミー> (2016年6月10日

◎季節メニュー 
チムチュム (2015年12月16日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

定番ランチメニューです↓ 
DSCF7062 (480x360)

DSCF7063 (480x360)

IMG_2231 (480x480)

IMG_2230 (480x480)

DSCF7065 (480x360)

季節ランチメニューです↓ 
DSCF3951 (480x360)

ドリンク&デザートメニューです↓ IMG_2226 (480x480)

DSCF4990 (480x360)

IMG_2227 (480x480)

ディナーメニューです↓
DSCF9984 (480x360)

DSCF9985 (480x360)

DSCF9986 (480x360)

DSCF9987 (480x360)

DSCF9988 (480x360)

DSCF9990 (480x360)

DSCF9989 (480x360)




2016年6月10日訪問時お店DATA 
******************************** 
〒102-0085  
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷3階 
TEL 03-6380-8360 
営業時間  
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30) 
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:00) 
定休日 年中無休   
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/17 06:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
中国西安料理と火鍋 XI'AN 市ヶ谷店  @市ヶ谷
このところ、カメラではなくiPhoneで撮影した写真を使うようになったのとは別に、ブログのプロバイダーが編集画面を「とっても使いやすくなった」と変更したため、二重の変化に対応するため、四苦八苦しています(汗)。
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、古いデータを移行すると、文字の大きさや行間などが微妙に変わってしまって直すことが出来ず、何だかすごく見辛くなってしまっているのですが、少しずつ見やすいレイアウトに出来れば良いなと思っています。
こんなダメダメブログですが、お付き合いいただけたら嬉しいです☆

IMG_2204 (480x480)
2016年6月9日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
雨の降る日だったのであまり遠くへ行く気になれず、また、時間もそれほどなかったので、事務所から近くて大好きな「オールドタイランド」へ行こうかと話していました。
歩いている途中、3日前の2016年6月6日に「万豚記」に行った時、中国西安料理と火鍋 XI'AN(しーあん) 市ヶ谷店」で夏の冷たい麺が出ていたことを思い出し、面白そうだったので、行ってみることに。

DSCF0393 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって坂を上り、最初の交差点を右に曲がります。 
交差点の角には2011年5月31日2011年7月14日にランチ訪問した「まんてん」(現在ランチ営業なし)があり、その隣にはたまにお弁当を購入する「こしひかり弁当」、その次が2016年5月26日にオープンし、同日にお弁当を購入した「成城石井」、そしてこちらの「シーアン」です。 
問面にソニーミュージック本社があります。

 
地図です。 
グーグルマップではまだ「シーアン」ではなく、「串八珍 別館」のまま(笑)。

DSCF0397 (480x360) 
こちらも以前撮影した写真です。
「シーアン」は、「串八珍」などが有名な株式会社豊創ホールディングスが展開する中国の西安料理を提供するチェーン店で、都内に8店舗あります。 
市ヶ谷店は2016年3月31日にオープンした一番新しい支店です。

DSCF0394 (480x360) 
シルクロードの起点で古都であり、美食の町「西安」の、多彩な食材とスパイスが織りなし、中華料理の中ではヘルシーで独創的な「西安大衆料理」を食べられるとのこと。
「シーアン」では選りすぐりの食材やスパイスを使って本場中国西安の一流麺点師たちが調理しているとのことです。 
その中でも特に刀削麺をウリにしています。

DSCF0352 (480x360) 
お店の前には、料理サンプルの並んだケースが置かれています。 

DSCF0355 (480x360) 
お店の前には小さめのランチメニューの看板が出ていました。  

DSCF0396 (480x360) 
夜のコースメニューの看板も置かれています。 

この場所には、以前、2009年9月1日にオープンした「やきとり 串八珍 市ヶ谷別館」がありましたが、2016年2月12日に閉店しました。 
さらにその前には、「鳥珍 市ヶ谷店」がありましたが、2009年8月28日に閉店しました。 
「串八珍」も「鳥珍」も株式会社豊創ホールディングスの展開するブランドなので、この場所で3種類の店舗を開店させたことになります。

DSCF0356 (480x360) 
営業時間はこちらです。 
前回ランチ訪問したのは2016年4月26日だったので、約1ヶ月半ぶり、3回目です。

DSCF0359 (480x360) 
12時10分頃にお店に到着すると、待ち客が多かったので、店の外で待つことに。
その後もどんどん人がやって来ました。

DSCF0361 (480x360) 
フロアは広く、茶色を中心とした内装はシンプルながらも新店なのでピッカピカ。 
一番奥に厨房があり、その周りにテーブル席がたくさん並んでいます。 
串八珍」時代と違い、個室や壁を取り除いたので、同じお店とは思えないぐらい広々しているように感じます。

DSCF0362 (480x360) 
入ってすぐ右にウェイティングのイスで並んでいます。

列が少し進んで店内に入ってからは、前にグループが待っていたのでこの棚の周りで立っていましたが、出て行くお客さんとゴチャゴチャしちゃったり、先に待っている人がウェイティングの奥に座るような格好になるので先頭がどの人だかわかりにくいし、何故か後から来たはずなのに様子を見に入ってくるおばさまがお一人いらっしゃったりと、ちょっと混乱していました。
店員さんが少ないのか、空いているテーブルが結構見えるのに席に通されないのもややストレスです。

DSCF0367 (480x360) 
レジはフロアの中央にあります。

DSCF1583 (480x360) 
キッチンはガラス張りなので、中の様子を見ることが出来ます。 
大鍋で刀削麺を次々と茹でています。

DSCF1566 (480x360) 
フロアの奥へ行くと壁で区切られた個室があります。 
前回のランチランチ訪問した時はここに通されました。

DSCF1559 (480x360) 
中には中華らしい円卓が幾つか並んでいます。

DSCF0364 (480x360) 
こちらも以前撮影した写真です。
この日は手前のフロアの右端の二人用席に通されました。
卓上にはメニュー、紙ナプキン、割り箸、爪楊枝、小皿、レンゲ、お水の入ったポット、調味料などが置かれています。
積んである小皿の一番上に紙のフタを付けているのは、大手らしい配慮ですね~。

IMG_2193 (480x480)
でも、その一方で、片付けの時にあんまりちゃんとテーブルの上を拭いてはくれていませんでした(笑)。

IMG_2191 (480x480)
着席すると、店員さんがおしぼりを出してくれます。

IMG_2192 (480x480)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF0369 (480x360) 
ランチメニューです。

DSCF0370 (480x360) 
刀削麺が6種類で全てお値段は750円、定食は週替わりの4種類でお値段は全て880円です。 
サイドメニューやデザートもあります。 
それぞれのお料理の辛さは、星や唐辛子マークがついていて、一目でわかるようになっています。

先輩、前回ここで上司が鉄鍋餃子を奢ってくれたのをすっかり忘れてしまっていたようで、「ここにも餃子があったんですね~。」と言っていて、上司が可哀想過ぎる(笑)。

IMG_2196 (480x480)
この日のお目当ては、こちら夏季限定メニュー。
2種類あり、どちらも880円です。
提供期間が5月23日~9月17日までと、とても細かくピンポイントに設定されているのが大手企業っぽい?!

IMG_2217 (480x480)
二人とも、辛さが期待できそうなひんやり茄子のマーラー刀削麺を注文。

麺類を注文すると、店員さんが「パクチーが入っていますが、大丈夫ですか?」と確認してくれるので、冗談で「多めをお願いします。」と言ってみたら、ちゃんとオーダーに入っていた!
店員さんはほとんど中国の方だと思うのですが、今回担当してくれた男性店員さんはちょっと日本語のやりとりが不安だったので、間違えてパクチーの大盛じゃなくて麺の大盛りになっちゃったらどうしようと不安だったのですが、大丈夫でした!
疑っちゃって、ゴメンナサイ。

IMG_2199 (480x480)
オーダーを終えると、紙エプロンをいただきました。
確か、自分で後ろで縛るタイプだったかな?

IMG_2203 (480x480)
それほど時間がかからず、1杯目が出てきたのですが、2杯目が出てこない、、、。
ちょうど麺茹での狭間に当たってしまったのか、結局5分以上遅れて2杯目が登場。
大手チェーン店でもあるんだし、こういう対応はちょっと残念。
冷たい麺でよかったです。

IMG_2201 (480x480)
多めでお願いしたパクチーは、別盛りの小皿で持ってきてくれました。

IMG_2202 (480x480)
たっぷりで、二人とも、とっても嬉しかったです☆


ひんやり茄子のマーラー刀削麺  (880円) IMG_2204 (480x480)
マーラー刀削麺は、間口の広いステンレスの大きめな器に盛られています。

麺とナスの白にパプリカ赤と野菜とパクチーの緑が映えて、彩りがキレイ。

IMG_2205 (480x480) 
基本のトッピングでは少しパクチーがのっています。

IMG_2211 (480x480)
別皿でついてきたパクチーの半量をのっけたら、こんなにモリモリに!
食べていてもパクチーの風味たっぷりで美味しかった~。

IMG_2209 (480x480)
ナスは全て皮をむいてあります。
なので柔らかい食感と甘味を楽しめました。

赤パプリカは細い千切りになっています。

IMG_2210 (480x480)
麺の下には彩りにサニーレタスが敷いてありましたが、、、

IMG_2215 (480x480)
引っぱり出してみたら、まるまる1枚で、器の表面を完全に覆ってしまうほどでした(笑)。
少しずつ囓っていただきました。

IMG_2214 (480x480)
刀削麺は麺がギザギザなので食感の違いを楽しめますが、これまで温かい麺を食べていた時、ちょっと茹ですぎというか、柔らかさが気になっていたので、今回は冷たい麺だからちょっと違うんじゃないかと思ってこのメニューを食べてみたのですが、予想はバッチリ!
器の底にたまっているタレにしっかりかき混ぜ合わせてから食べてみると、麺がしっかり冷えて引き締めっていたので、シコシコした食感が強く感じられ、ボリューム感も増しました。

IMG_2216 (480x480)
そのせいか、それとも冷やしだと麺の量が多いからか、先輩が途中でギブアップしたので、残りの麺も私が一緒にいただいちゃいました。

タレもしっかり辛く、山椒のピリピリ感もちゃんと感じられました。
 
DSCF1586 (480x360) 
こちらも以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じです。


夏季限定の冷たくて辛い刀削麺はボリュームたっぷりで大満足でした。
次回こそは、ご飯メニューを食べてみなければ!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

[定番メニュー]
麻辣麺  (2016年4月6日
酸辣麺  (2016年4月26日

鉄鍋ギョーザ (2016年4月26日
 
[季節メニュー]
ひんやり茄子のマーラー刀削麺 (2016年6月9日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


定番のランチメニューです↓ 
DSCF0369 (480x360)



DSCF0370 (480x360)



DSCF0371 (480x360)



DSCF0372 (480x360)


週替わりのメニューです↓
IMG_2194 (480x480)

IMG_2195 (480x480)


季節メニューです↓
IMG_2196 (480x480)


 


2016年6月9日訪問時お店DATA 
************************************* 
中国西安料理と火鍋 XI'AN 市ヶ谷店 (しーあん) 
〒102-0084  
東京都千代田区五番町10-2 センタービル1階 
 TEL 03-5275-5220 
 FAX 03-5275-5229  
営業時間  
[昼] 11:30~14:30(L.O.14:00) 
[夜] 17:30~23:00(L.O.22:00) 
定休日 日・祝 
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩3分
都営新宿線市ヶ谷駅3番出口より徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/16 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷
昨日は健康診断でした。
行く途中で人身事故に巻き込まれたり、健康診断そのものが大混雑だったりで、午前中は全く仕事にならず(泣)。
でも、あまり好きではないヘルシーチェックが終えられて、ちょっと安心です。

IMG_2177 (480x480)
2016年6月8日のランチは、お昼になってからお弁当を買いに出かけました。
このところご無沙汰していたので、Pensri’s(ペンシーズ) Kitchen アトレ四谷店」へ。

DSCF2209 (480x360) 
店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。 

「ペンシーズ」は、2012年3月14日にリニューアルオープンした四谷アトレと共にオープンしました。 
リニューアル前のアトレに入っていた「TINUN(ティーヌン) The Noodle Bar アトレ四ッ谷店」というタイ料理屋さんは撤退しましたが、どちらも株式会社スパイスロードの運営するブランドです。

 
地図です。

DSCF7022 (480x360) 
「ティーヌン」といえば真っ赤な背景にムエタイ?選手が麺をすすっているというイラストを思い浮かべますが、「ペンシーズ」はぐっと洗練されたオシャレな雰囲気で、ぱっと見だとデパ地下のお総菜屋さんみたいで、タイ料理かどうかわかりません。  

日本人と結婚したタイ人の味澤ペンシーさんというタイ料理研究家の方がプロデュースしたお店だそうで、池袋にも支店があります。 
写真には写っていませんが、レジ近くの陳列棚にレシピ本などが販売されていました。

DSCF7685.jpg 
こちらは以前撮影した写真です。 
ガラスケースの中にサンドイッチ、おかず、デザート、持ち帰り用メニュー、レトルト商品などがキレイに陳列されています。   
カウンターの後ろにレジがあるので、イートインスペースの横のレジに行かなくて済みます。 
お願いすれば、お弁当を温めてくれます。
ただ、奥の厨房での作業なので、レストランとの兼ね合いで少し時間がかかることがあります。

DSCF7684.jpg 
こちらも以前撮影した写真です。 
スイーツや調理済みのレトルト商品もあります。 
イートインもできるので、2012年4月24日にランチ訪問しています。

DSCF7683.jpg 
こちらも以前撮影した写真です。 
このショーケースの奥にレシピ本などが置かれ、レジがあって、イートインスペースへと続いています。 
イートインは,お昼時は行列が出来ていることが多いです。

DSCF6172 (480x360) 
こちらも以前撮影した写真です。 
たまごトッピングをお願いすることが出来ます。 
半熟のせいか、3時間以内に食べなければいけません。

DSCF7020 (480x360) 
メニューにはトムヤムスープもあり、具が日替わりです。

DSCF7023 (480x360) 
トムヤムラーメンの販売もしていて、辛い物好きの私はかなり気になりました。 

12時20分過ぎぐらいにお店に到着すると、テイクアウトのお客さんは疎らでした。
店員さんは女性が多いですが、最近は男性店員さんが対応してくれることもあります。

IMG_2159 (480x480)
「ペンシーズ」のメニューはもう既にほとんど食べていたのですが、この目玉焼きガパオ弁当は未食だったことがわかり、こちらをチョイス。

IMG_2160 (480x480)
折角なので、生春巻も購入しました。

DSCF4477_20140319203501ac8.jpg 
大きいサイズのお弁当を購入すると、鮮やかな薄緑色の持ち帰りのビニール袋に入れてくれます。 
淡い色調がとってもステキ。

DSCF2461 (480x360) 
店名のロゴがデザインされています。

IMG_2161 (480x480)
普通サイズのお弁当を購入すると、一般的な白いビニール袋です。 
この日はこちらでした。

IMG_2162 (480x480) 
中から取り出すと、こんな感じです。
 
DSCF4086 (480x360) 
こちらも以前撮影した写真です。 
お箸やスプーンなどはお断りするようにしています。 
この日はうっかりお箸などを断るのを忘れちゃいました(汗)。
スプーンは白いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

DSCF5786 (480x360) 
おしぼりはやや小さめで、白っぽい半透明のビニール袋に入っています。

DSCF1876 (480x360) 
割り箸はビニールの箸袋に入っています。

IMG_2169 (480x480)
タイ料理っぽくなく、日本流に「OTEMOTO」と書かれているのが面白いです(笑)。

IMG_2163 (480x480)
お弁当の容器はフタが透明なプラスチックで下が紙製です。
二段になっていて、上におかず、下にご飯が入っています。

IMG_2164 (480x480)
容器の横にはメニュー名、原材料名、賞味期限、値段、販売元などが書かれたシールが貼られています。 
いつもはフタに貼っていることがほとんどなので、珍しい。

ちなみに、「ペンシーズ」のお弁当は、ここに書かれたメニューと店頭のメニュー名が結構違うことがあります。
この日も店頭は「目玉焼きガパオ弁当」で、ラベルは「ガパオ弁当玉子入り」になっていました。(笑)。

IMG_2165 (480x480) 
サラダは透明の八角形のプラスチック容器に入っています。

IMG_2166 (480x480)
こちらのフタにも、同じく、メニュー名、原材料名、賞味期限、値段、販売元などが書かれたシールが貼られていました。


目玉焼きガパオ弁当(690円)+海老と鶏の生春巻(300円)=990円 IMG_2177 (480x480)
いただきま~す! 

IMG_2187 (480x480)
上段のおかずの容器の裏側にお米が付いちゃっているようで、こんな感じに机に置くと発覚することが結構良くあります(笑)。

IMG_2171 (480x480) 
生春巻は1本を3つに切ってあります。

IMG_2174 (480x480)
ちょこっとだけリーフレタスが彩りに添えられていました。

IMG_2173 (480x480)
メインの鶏肉と海老のほか、キャベツ、キュウリ?、ニンジン、春雨?、卵などなど、具沢山。
ぎっちりと隙間なく入っています。

IMG_2172 (480x480)
タレのチリソースが小袋でついています。

IMG_2186 (480x480)
私は甘いチリソースが苦手なので、少しだけかけて食べます。
野菜などとてもさっぱりいただけます。
ただ、チリソースの味がしっかりしているのと具材がさっぱりしているのとで、メインの鶏肉や海老はそんなに味がはっきりしません(汗)。

IMG_2178 (480x480)
ご飯はそれ程多くありません。 

IMG_2179 (480x480)
タイ米の表面が凸凹になっていることが結構多いです(笑)。

IMG_2180 (480x480)
ガパオの量はそれ程多くはありません。
目玉焼きがどんっ!とのっかっています。

IMG_2181 (480x480)
目玉焼きは黄身がほぼ生の状態です。
ピカピカ光っていて、とっても美味しそう。

IMG_2182 (480x480)
ガパオはひき肉の他、赤・緑のパプリカやタマネギなどが入っています。

IMG_2183 (480x480)
「ペンシーズ」のガパオは、駅ビルに入っているお店とは思えないぐらい、かなり本格的な辛さです。
久しぶりに、無造作に口に含むと辛さで涙が出そうになるぐらいです。
うーん、いつ食べても安定して美味しい~。

IMG_2189 (480x480)
途中で目玉焼きの黄身を崩しました。
あんまりキレイな写真に撮れず、残念(汗)。
黄身のおかげでガパオの辛さが結構マイルドになりました。

IMG_2190 (480x480)
ガパオは量が多くはありませんが、しっかりとした味付けにパンチのある辛さなので、とってもご飯が進みます。

IMG_2176 (480x480) 
この日のレシートです。

IMG_2185 (480x480) 
この日の先輩のお弁当です。 

久しぶりに食べたガパオは相変わらずパンチの利いた辛さで大満足でした。
「ペンシーズ」で一番大好きなメニューはガパオとヤムウンセンかな?!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

[テイクアウト] 
グリーンカレー弁当 (2012年3月21日) 
タイの白ナスのグリーンカレー (2014年11月20日)  
レッドカレー弁当 (2013年6月25日) 
豚肉とカボチャのレッドカレー弁当 (2013年10月7日) 
マッサマンカレー弁当 (2013年12月4日) 
海老の特製レッドカレーソース (2014年7月9日) 
イエローカレー弁当 (2014年8月28日) 

ペンシーズ弁当 (2012年5月23日) 
パッタイ弁当 (2012年11月30日) 
カオマンガイ弁当 (2014年5月29日) 
ガパオ弁当 (2013年10月7日
目玉焼きガパオ弁当 (2016年6月8日 
菜の花ガパオ弁当 (2014年3月31日)  
海老の特製レッドカレーソース&ガパオ (2014年9月25日) 
本日のタイ炒飯と焼きビーフン  (2015年10月16日)  

3種盛り弁当 (2013年3月14日) 
ガパオチキングリルライス&グリーンカレー (2015年12月14日) 
 限定!本日のスペシャルお弁当
 炙り豚肉のスパイシーハーブ和え (2015年1月15日) 

軽めごはん パッタイ弁当 (2014年2月14日) 
軽めごはん ガパオ弁当 (2014年2月26日) 
軽めごはん ガパオ弁当/玉子入り (2014年12月24日2016年2月10日) 

サンドイッチガパオ  (2013年8月26日)  
サンドイッチ エビトムマヨ  (2013年8月26日)  

生春巻 (2012年3月21日) 
海老の生春巻 (2016年2月10日
海老とアボガドの生春巻 (2014年3月31日) 
海老と鶏の生春巻 2016年6月8日
ミニ揚げ春巻き (2013年6月25日) 

青パパイヤのサラダ (2012年11月30日) 
ヤムウンセン (2013年3月14日) 
春雨サラダ(ヤムウンセン) (2014年2月14日) 
ミニ春雨サラダ (2014年8月28日) 
目玉焼きサラダ (2013年8月26日)  
白きくらげサラダ(S)  (2013年12月4日) 
ミニ白キクラゲサラダ  (2014年7月9日)  
ミニツナサラダ (2014年9月25日)  
エビとオクラのサラダ (2014年12月24日) 

ミニパッタイ (2013年10月7日) 
豚肉のタイ風味揚げ (2013年10月7日) 
グリーンカレーコロッケ (2014年2月26日) 
揚げ豆腐のガパオがけ (2014年5月29日) 
タイ式鶏の唐揚げ  (2014年11月20日)  
トムヤムスープ (2015年1月15日2015年10月16日) 

[イートイン] 
鶏挽肉のバジル炒めごはん 大人気!ガパオ
ちょっぴりがちょうどいい ミニフォーセット (2012年4月24日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


 テイクアウト用メニュー↓
DSCF3905 (480x360)

DSCF3906 (480x360)



DSCF3907 (480x360)



DSCF3908 (480x360)



DSCF3909 (480x360)



DSCF3910 (480x360)



DSCF3911 (480x360)



DSCF3912 (480x360)


チラシです↓
DSCF2560 (480x360)

DSCF2558 (480x360)



DSCF2559 (480x360) 


お店の名刺です↓
DSCF1379_20130805070128eb8.jpg

DSCF1381_2013080507012634d.jpg



 


2016年6月8日訪問時お店DATA 
*********************************** 
〒160-0004  
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階 
TEL 03-5312-9733 
営業時間 
[月~金] 10:30~23:00(L.O.22:00) 
[土日祝] 10:30~22:00(L.O.21:00) 
定休日 アトレ四谷店定休 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/15 05:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(4) |
とっこ処 東京出張所  @四谷
昨日の雨は本当に酷かったですね~。
自宅から駅に向かう途中、傘を差しているのに横から雨が吹き込んできて背中がビショビショになっちゃいました(汗)。
今朝は一転して眩しいほどの晴れ!
暑くなりそうですね~。

IMG_2131 (480x480)
2016年6月7日は、前日に引き続き、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
2016年3月17日に一度トライしたのですが、満席で入れなかったので、リベンジです! 

IMG_2144 (480x480) 
JR・地下鉄四ツ谷駅から新宿通りの右側を新宿方面に進み、四谷一丁目交差点を越え、次の通りの角にサンサーラ四谷というビルがあり、お店はその1階です。

地図です。
まだお店は反映されていなかったので、ビルのデータです。

IMG_2143 (480x480)
新宿通りに小さめのランチの看板が出ています。
 
IMG_2119 (480x480)
とっこ処」は、鳥取県智盆町にあるラーメン・ホルモン焼きそばのお店で、2016年1月27日に支店の東京出張所がオープンしました。

IMG_2120 (480x480)
この場所には以前「吹上浜」というお店があり、2013年7月22日にランチ訪問しましたが、2014年3月頃までには閉店しました。

その後、「喫酒家 勝手家」が2014年4月1日にオープンしましたが、ランチ営業がなくて未訪問のまま、2015年11月20日に閉店しました。

IMG_2121 (480x480)
フロアは広くはなく、しかも、入口すぐのところに柱があるというか、ちょっとスペースと壁があり、さらに進むと店内に入ることが出来ます。

壁にはTシャツやお酒などのポスターがたくさん貼ってありました。

IMG_2122 (480x480)
入口からすぐの場所には植物が飾ってあり、ファブリーズが設置してありました。

12時15分頃入店すると、9割程の人の入り。
全員スーツ姿の男性でした。
左に厨房とカウンター、右に窓際のカウンターがあり、二人分の席は空いているものの、バラバラ(汗)。
食事がだいぶ進んでいる感じの人もいたので、そのまま待つことに。

IMG_2123 (480x480)
男性店員さんが一人で切り盛りしていたので、最初は存在を気付いてもらえませんでした(汗)。
幸い、空席の隣に座っていた男性客の食事が少ししたら終わったので、着席出来ました。

卓上にはお水の入ったポット、グラス、紙おしぼり、洗い箸、お醤油などが置いてあります。

IMG_2124 (480x480)
場所は狭いですが、鳥取に関する情報もいろいろと置いてあります。

途中からいつのまにか女性店員さんが増えて二人体勢になっていました。

IMG_2127 (480x480)
一番奥の場所に、ノートブックの上に置かれたラジオを発見。
店内のBGMはラジオが流れていました。
最近、ラジオを流していたお店って記憶がなくて、何だかすっごく新鮮!

IMG_2126 (480x480)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

IMG_2125 (480x480)
メニューは黒板に書かれています。
丼と豚汁の組み合わせが3種類あり、全て700円です。
他には素ラーメンというメニューもあり、なんとわずか380円で、ご飯を付けてもたったの450円!
最近店舗で食べるランチで500円以下って記憶がありません。

初めてこのお店のランチを見つけた時、ホルモンうどんだったかな?、もうちょっと違うメニューがあったような気がするので、ちょっとラインナップを変えたようです。

先輩も私も一番珍しそうな牛ホルモン丼を注文。

IMG_2129 (480x480)
10分程で、お料理が登場!

IMG_2132 (480x480)
注文する時、後から追っかけで「ご飯少なめでお願いします。」と伝えたのですが、両方ともご飯少なめになっているのか、片方だけが少なめなのか、それともどちらも少なめになっていないのか、並べて写真を撮ってみましたが、よくわかりません(笑)。


牛ホルモン丼+豚汁 ご飯少なめ? (700円)
IMG_2131 (480x480)
メイン、豚汁、お新香のセットです。
いただきま~す!

IMG_2135 (480x480)
お新香はダイコンが3切れ。

IMG_2133 (480x480)
豚汁は、写真を撮り忘れましたが、具沢山で美味しかったです。

IMG_2136 (480x480)
丼は真っ黒なので、中のご飯が映えます。

このドンブリ、オシャレで個性的なシェイプだったので、ちょっと食べ辛かったです。

IMG_2137 (480x480)
白いレンゲが添えられていました。

IMG_2138 (480x480)
牛ホルモン丼は、ホルモンの他にキャベツやもやしなどの野菜が入っていました。
具がたっぷりでご飯がほとんど見えません。

IMG_2140 (480x480)
彩りには万能ネギが少し散らしてあります。

IMG_2139 (480x480)
ホルモンはとても柔らかくて脂が甘い!
写真には写っていませんが、部位が幾つか入っていました。
かかっているタレもニンニクがガツンと効いていて甘辛な味がとっても美味しかったです。

IMG_2141 (480x480)
タレが意外と汁だくなので、ご飯を美味しいタレを浸して食べることが出来ました。
ご飯がすごく柔らかで固まっていたことが個人的にはかなり残念。


全体のボリュームは普通です。
牛ホルモンをランチで食べられるのはとっても貴重だし、かつ、美味しかったです。
うどんだしで作った素ラーメンというのもとっても気になります。





2016年6月7日訪問時お店DATA 
**************************** 
とっこ処 東京出張所 (とっことこ) 
〒160-0004  
東京都新宿区四谷2-9-15 サンサーラ四谷1階  
TEL 080-7819-1134 
営業時間 
[昼] 11:00~14:30 
[夜] 17:00~22:00 
定休日 日曜日・祝日 
JR・地下鉄四谷駅から徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/14 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) |
万豚記 市ヶ谷店  @市ヶ谷
みなさま、楽しい週末を過ごされたでしょうか?
土日は良すぎるぐらいのお天気でしたが、今朝は朝から大雨が降っています。
ちょっとブルーな週の始まりですが、気持ちを切り替えてがんばりま~す☆

IMG_2112 (480x480)
2016年6月6日は、週の最初の月曜日。
お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。 
先輩から餃子を食べたいというリクエストがあったので、万豚記(わんつーちぃー) 市ヶ谷店」に行ってみることに。 

DSCF8489_20130622144526.jpg 
こちらは以前撮影した写真です。 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に進み、最初の交差点である東郷公園入口を右折します。少し行った左側にYSビルがあり、お店はその1階です。 



地図です。

DSCF8491_20130622144533.jpg 
こちらも以前撮影した写真です。 
この場所には2009年7月29日にランチ訪問した「餃子 明明」がありましたが、ビルの建て替えに伴って撤退しました。 
その後、2011年2月14日に「中華・餃子・担々麺 ちょもらんま 市ヶ谷店」がオープンし、2011年6月10日にランチ訪問しましたが、8ヶ月程で閉店。 
2012年10月23日、「万豚記」としてリニューアルオープンしています。
 

同じビルの2階には、2011年2月25日にオープンした「愉快酒場 市ヶ谷店」があり、2011年5月27日にランチ訪問しました。 
その後、ランチタイムのみ「ランチ専門店 スタミナ 極丼亭 市ヶ谷店」という名前で営業するようになり、2012年4月2日にランチ訪問しましたが、2012年の後半頃に閉店したようです。
 
2013年1月15日、「博多名物 しろ味噌もつ鍋 もつ真路 市ヶ谷店」がオープンし、2013年6月5日にランチ訪問しています。 

DSCF7550.jpg 
こちらも以前撮影した写真です。 
東郷通りには大きなランチメニューの看板が出ています。

DSCF5748 (480x360) 
フロアは奥へ細長くのびていて、手前にテーブル席、少し奥の左側に厨房とカウンター席、右側にテーブル席が並んでいます。 

IMG_2100 (480x480)
内装はシンプルですが、奥の壁にはキャラクター?なのでしょうか、ニヒルででっかい豚君の絵が描かれていました。
 
IMG_2102 (480x480)
「万豚記」は、「紅虎餃子房」などを展開する外食大手の際コーポレーション株式会社が展開するブランドの1つで、日本全国に30店舗以上あります。

DSCF7852 (480x360)
12時20分頃にお店に到着すると、9割程の人の入り。 
お客さんはほとんどがスーツ姿の男性でした。

DSCF7522.jpg 
前回ランチ訪問したのは2014年7月7日だったので、約2年ぶり、4回目です。

DSCF7521.jpg 
店員さんの数は結構多いです。 
多分、中国人?の方ですが、注文には特に問題はありません。 
お揃いの黒Tシャツを着ていました。

IMG_2098 (480x480)
私たちはカウンター席の奥の方に通されました。

卓上にはお水の入った大きなポット、コップ、器、レンゲ、メニュー、お箸、各種調味料、爪楊枝などが置かれています。 

IMG_2099 (480x480) 
お水をいただきながら、メニューをチェック。

IMG_2090 (480x480)
中華料理屋さんらしく、麺やご飯など、種類がとっても豊富です。 
特に担々麺に力を入れていて、6種類もあります。 
お値段は700円から1,180円と、かなりの幅広く、セットやサイドメニューやトッピングなどもあります。 

餃子が看板メニューの一つですが、今まで食べたことがありません。

IMG_2097 (480x480)
季節がら、冷たい麺が3種類ありましたが、辛いメニューが大好きな私たちは目が釘付け。
餃子を食べに来たつもりだったのに、あっさり方向転換(笑)。

IMG_2095 (480x480)
でも、折角だったので、大餃子を一つ注文し、二人でシェアすることに。

 
黒ごま坦々涼麺  (880円税別)
IMG_2103 (480x480)


先輩が注文した黒ごま坦々涼麺が最初に出て来ました。
パンチのきいた辛さとコクがあって不動の人気とのこと。

IMG_2104 (480x480)
濃い赤さがとっても美味しそう。
途中で一口いただきましたが、黒ごまがとても濃厚でした。


大餃子 (390円税別)
IMG_2108 (480x480)
私のお料理がなかなか出てこず、先に餃子が登場。
餃子はやみつき餃子と大餃子の2種類があったので、折角なので大餃子にしてみました。



IMG_2106 (480x480)
一皿3個です。
棒餃子みたいに縦に長いのかと思いましたが、おデブちゃん系の形でした。

IMG_2109 (480x480)
餃子のタレは好みで作ります。
私はお酢とラー油たっぷり目でお醤油が少し。



IMG_2111 (480x480)
大餃子だけあって、具はたっぷり。
ただ、かなりあっさり系の味付けで、個人的には少し物足りなかったです。


黒酢麻辣涼麺  (880円税別)


IMG_2112 (480x480)
先輩のお料理から遅れること5分。
ようやく出て来ました。

黒酢麻辣涼麺は、豚しゃぶがのせられ、しびれる山椒と辛さがくせになるお味とのこと。








IMG_2113 (480x480)
真っ赤なタレが真っ白の器にとっても映えます。
器もしっかり冷やしてありました。
具沢山で、麺が全く見えません。



IMG_2114 (480x480)


貝割れダイコンは彩りのポイントになっています。

IMG_2115 (480x480)
豚しゃぶは薄切りでしたが、ややかための食感でした。

IMG_2117 (480x480)
タレは黒酢がしっかりと利いていて、酸っぱくて辛くてちょっと甘くて、とっても美味しい!
山椒も時々ピリリと感じられて、食べ進めると身体が熱くなってきました。



IMG_2116 (480x480)
麺が平打ち麺でした。
珍しい~。
冷たく冷やしてあるので、歯応えも良かったです。

IMG_2118 (480x480)
この日の伝票です。
先輩が「私が餃子を食べたいと言い出したから。」と、奢ってくれました。
ひえぇ、恐縮です。
ごちそうさまでした☆


お目当ての餃子はあまり好みではありませんが、黒酢麻辣涼麺は個人的にかなりヒットメニューでした。
冷たくて辛いメニューってあまりないので、大満足です。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ これまで食べたランチです↓ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 

紅担々麺  (2012年10月23日) 
大肉麺  (2013年10月24日)  
大肉担々麺  (2014年7月7日
黒酢麻辣涼麺 (2016年6月6日) 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 


定番ランチメニューです↓
IMG_2090 (480x480)

IMG_2091 (480x480)

IMG_2092 (480x480)

IMG_2093 (480x480)

IMG_2094 (480x480)


季節メニューです↓
IMG_2096 (480x480)


 

2013年10月24日訪問時お店DATA 
**************************** 
万豚記 市ヶ谷店 (わんつーちぃー) 
〒102-0074  
東京都千代田区九段南4-6-8 YSビル1階 
電話&FAX 03-6272-4888 
営業時間 *14:00まで禁煙、それ以降全席喫煙可
[昼]11:30~15:00 
[夜]15:00~23:00 
定休日 無休  
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/13 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
麺絆や519  @亀戸
少し曇も出ていますが、今日も良いお天気ですね~。

朝イチでジョギングしたので、まだお昼前なのにぐったりしています(笑)。

みなさまも、楽しい日曜日を☆


本日は、マイブログ圏外の亀戸にある「麺絆や519」のリポートです。


IMG_1647 (480x360)

2016年5月29日の日曜日。

錦糸町に出かけた帰り道、ちょっと早めに夕飯を食べちゃおうと思い、前から行ってみたかった亀戸にある「麺絆や519(めんばんやこいけ)」というラーメン屋さんへ行ってみました。 


IMG_1661 (360x480)
JR総武線亀戸駅の北口を出て大通りをまっすぐ進み、ロータリーになっている亀戸駅北口を左折し、次の第一亀戸小学校横交差点を右折して次の角地にお店があります。

IMG_1664 (360x480)
「麺絆や519」というちょっと変わった店名は、店主さんが小池(こいけ)さんから来ているそうです。
柏にある「匠神 角ふじ」で修行していたとのこと。

IMG_1665 (360x480)
2008年6月28日にオープンした大勝軒有限会社が運営する麺屋こうじグループの系列店で、昼は豚骨魚介、夜は角ふじ系メニューと、味が違うラーメンを食べられる二毛作ラーメン店です。

この看板を見ると、月曜日と木曜日は終日角ふじ系メニューが食べられるようです。

IMG_1666 (360x480)
土日は早めに夕飯を食べることが多いので、夜営業が午後4時からというのはとってもありがたいです。

IMG_1641 (360x480)
フロアはそれ程広くはなく、奥に厨房があり、その周りにカウンター席が取り巻いています。

男性店員さん二人で切り盛りしていました。

IMG_1639 (360x480)
入口から入ってすぐ右に券売機があるので、食券を購入します。

ランチタイムは中盛またはライスが無料とのこと。

四川辣醤麺が有名なので食べたかったのですが、この日はけっこう気温が高くて暑かったので、つけ麺バージョンにしました。

IMG_1640 (360x480)
お水は券売機の隣にある給水器からセルフで取ります。

午後4時15分位に入店したところ、先客2名ほど。
後客もちらほら来ていて、常に数人お店にいるような状態でした。

IMG_1642 (360x480)
私たちはカウンターの一番右端に着席。

IMG_1643 (360x480)
刻みにんにくかな?
美味しそうだったのに、食べるのを忘れちゃいました(汗)。


ふじ麺 (680円)
IMG_1646 (360x480)
家人はふじ麺を注文。
特にコールはありませんでしたが、もやしなどの野菜の盛りっぷりはなかなかすごい。
チャーシューもぶ厚くて食べ応えバッチリ。


四川辣醤つけ麺  (830円)
IMG_1647 (480x360)
いただきま~す!
四川辣醤つけ麺はお盆にのせられて出て来ました。

IMG_1648 (480x360)
黒いレンゲが添えられています。

IMG_1651 (360x480)
黄色っぽい中太麺はピカピカ光っていて、とっても美味しそう。
程よい歯応えでした。

IMG_1652 (360x480)
真っ赤なスープにもやしとタマネギがトッピングされていて、さらに粉唐辛子がかけてあります。
うーん、辛い物好きにはたまらないビジュアル!!

IMG_1653 (360x480) 
タマネギは生で大きめにカットされています。
生の固めの食感だったり、少し火が通って柔らかさや甘みを感じたりといろいろ楽しめました。

IMG_1654 (360x480)
スープは真っ赤ですが、半透明です。
ちょっと油っぽいかな?と心配でしたが、、、

IMG_1658 (360x480)
そんなことはなくて、旨味たっぷりでしっかり辛さがあって美味しい~。
やや甘味もあったかな?

IMG_1659 (360x480)
チャーシューは小さめの角切りでした。

食べ進めると、身体の中からじんわり熱くなって、汗が出て来ちゃいました。

IMG_1660 (360x480)
味玉は半分に切ってあります。
固ゆでのものを食べたのは結構久しぶり。
黄身を食べると、辛さが少し和らぎました。


ボリュームはそれ程多くはないと思いますが、唐辛子効果でお腹いっぱいになりました。
しっかりした辛さに大満足。
担々麺もぜひ食べてみたいな~。



◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した亀戸グルメです↓◇・◆・◇・◆・◇ 
  
<ラーメン> 
超ごってり麺 ごっつ (2010年1月24日2012年1月5日2014年3月23日) 
ラーメン二郎 亀戸店 (2011年11月19日) 
らーめん潤 亀戸店 (2011年12月3日) 
麺絆や519 (2016年5月29日

<ラーメン以外> 
伝説のすた丼屋 亀戸店 (2011年8月21日) 
亀戸餃子 本店 (2012年4月21日) 
焼鳥ダイニング いただきコッコちゃん 亀戸店 (2013年8月18日) 
Spanish Bar Pasion 亀戸店 (2016年4月3日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2016年5月29日訪問時お店DATA 
*************************** 
麺絆や519 (めんばんやこいけ) 
〒136-0071  
東京都江東区亀戸2-14-6 
TEL 03-3637-4287
営業時間 
[昼]11:00~14:30
[夜]16:00~23:00
定休日 不定休 
JR総武線・東武亀戸線亀戸駅北口から徒歩3分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/12 10:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
鶏塩らーめん 鷹流 高田馬場店  @高田馬場 
今日は朝から夏のような暑さですね~。
昼からジョギングに行こうかと思いましたが、ちょっと考えちゃう、、、。
洗濯機をガンガン回して、たくさんお洗濯をしないと!
みなさまも、楽しい土曜日を☆

本日はマイブログ圏外の高田馬場にある「鷹流」のリポートです。

IMG_1615 (480x480)
2016年5月28日の土曜日、久しぶりに高田馬場にある美容院に行きました。
いつも楽しみにしているのは、都内有数の激戦地区である高田馬場・早稲田界隈のラーメン店巡り。
この日はあまり時間がなかったので、美容院から近い「鶏塩らーめん 鷹流(たかりゅう) 高田馬場店」というお店へ。

IMG_1589 (480x480)
JR・地下鉄高田馬場駅から早稲田通りの左側を落合方面に向かって進み、信号4つ目の角を左折するような感じで裏通りに入ると、右側に高田馬場プリンスマンションがあり、お店はその1階です。

地図です。

IMG_1590 (480x480)
曰く、「高田馬場で1番あっさり・ヘルシー系の美肌ラーメン」で、「脂たっぷりの豚骨系ラーメンや化学調味料に慣れてしまったお客様には物足りなく感じるラーメンです!!」とのこと。
あまり私の好みではないような気がしましたが、折角の機会なので、チャレンジしてみることにしました。

IMG_1591 (480x480)
こちらのお店のラーメンは日本だけでなく、台湾でもとっても人気だそうで、4店舗も展開しているそうです。
高田馬場の路地裏にあるこのお店を見る限りでは、とてもそんなに活躍しているようには見えませんが、確かに、お店には中国語らしきものがチラホラ。

IMG_1638 (360x480)
あっさりラーメンを食べようと思って来たのですが、濃厚白鶏麺がある!!
・・・でも、夜の部限定メニュー(泣)。
夜まで待つわけにもいかないので、食べられませんでした。
残念。

IMG_1607 (480x480)
入ってすぐ左側に券売機があるので、先に食券を購入します。
シンプルに白鶏麺に決定。
食券はすぐに店主さんに渡してしまったので、写真が撮れず。

IMG_1593 (480x480)
12時ぐらいに入店したところ、先客2組ほど。
その後も満席になることはありませんでしたが、絶えずお客さんが来ていました。
芸能人?のサインもたくさん飾ってあります。

フロアは小さく、右奥に厨房、その周りにL字型カウンター席があります。
ものが多くて、ちょっと雑然とした感じでした。

IMG_1605 (480x480)
左奥の壁には大きなテレビが設置されています。

店主さんお一人で切り盛りしています。

IMG_1606 (480x480)
厨房の奥に何故か「女湯」の暖簾が(笑)。
さらに奥へ続いているようです。

IMG_1592 (480x480)
私は左側のカウンター席に着席。
卓上には洗い箸、爪楊枝、各種調味料が置いてあります。

IMG_1596 (480x480)
味変調味料がとっても豊富でした。
胡麻、コショウなどの定番から、、、

IMG_1597 (480x480)
エクストラバージンオリーブオイルなんていうのもありました。

IMG_1604 (480x480)
お塩はシママーズという沖縄のお塩です。

IMG_1609 (480x480)
鷹流自家製辛子調味料というのもありました。

IMG_1611 (480x480) 
ご飯にも合うとのこと。

IMG_1610 (480x480)
こちらはあっさり白鶏麺用の特製調味料。

IMG_1613 (480x480)
中身はこんな感じです。

IMG_1594 (480x480)
カウンターの壁には注意書きが貼ってありました。
店内は禁煙です。
お一人で切り盛りしているということもあり、食べ終えた食器やグラスなどはカウンターにあげていただければとのことです。

IMG_1595 (480x480)
お水はセルフサービスです。
カウンターの上に大きな水の入ったポットが置かれていました。

IMG_1608 (480x480)
お水をいただきながら、出来上がりを待ちます。
席が低いからか、店主さんが調理している姿はそんなに見えなくて残念。


白鶏麺  (780円)
IMG_1615 (480x480)
しばし待って、らーめんが登場!
カウンターは少し高さがあったのと、私がチビだったので、受け取りがちょっと大変でした。

IMG_1616 (480x480)
小さな黒い正方形のお盆にのせられています。
真っ白な丼との対比がオシャレです。

IMG_1617 (480x480)
長方形の海苔が1枚、上にトッピングされていました。

IMG_1619 (480x480)
ああっ!
肝心のラーメンの写真がピンぼけで残念(泣)。

IMG_1618 (480x480)
真ん中ぐらいに長ネギ、水菜、揚げネギ?、糸唐辛子がちょこっと盛り上げてトッピングしてあります。

IMG_1621 (360x480)
黄色とオレンジの野菜?
上はメンマかな?

IMG_1620 (480x480)
チャーシューは、サイズは小さめですが、枚数がたっぷり。
断面がほんのりピンク色で、と~っても美味しそう。

IMG_1624 (360x480)
スープは出来るだけ油分を取り除き、ほぼ無化調、着色料・添加剤なしの原材料で作られているとのこと。
透明感があって、一口啜ってみると、意外と旨味たっぷりで塩気も程よくあって、美味しい。

IMG_1626 (360x480) 
麺は北海道産小麦(全粒粉)・デュラムセモリナ粉・白玉粉(もち米)・大豆(豆乳)・黍・粟の五穀を独自に配合した鷹流自家製「健身五穀麺」とのこと。
細いストレート麺でしゃっきりした食感です。
スープだけで飲むと充分旨味を感じたのに、不思議なことに、麺に合わせたらすごくすっきりしてしまい、物足りなくなってしまいました(汗)。

IMG_1628 (360x480)
ラーメンではほとんど見かけないトッピングです。
野菜?
上の方はメンマかと思って食べたのですが、とても柔らかくて甘みがありました。
下は鮮やかなオレンジ色で、お花のつぼみでしょうか??
→ネットで調べたら、金針菜というもののようです。
名前は知っていたけど、たぶん、見るのも食べるのも初めてかも。

IMG_1630 (360x480)
鶏チャーシューはとても柔らかで美味しい~。
味付けは淡かったですが、その分肉の旨味を感じられました。

IMG_1632 (360x480)
私には味付けが薄めなので、早々に特製調味料を投入。
確かに旨味が濃くなって、美味しくなりました。

IMG_1634 (360x480)
調子に乗って、辛み調味料も投入。

IMG_1637 (360x480)
こちら、予想以上にしっかりと辛くて、入れ過ぎちゃった、、、(汗)。
辛くて汗が出てくるし、味わいがわからなくなっちゃうで、大失敗でした。


最近家系とか豚骨魚介とかがほとんどのラーメン業界の中では、かなり個性的で面白かったです。
でもやっぱりあっさり味は苦手なので、夜の濃厚バージョンを食べてみたいな~。


◇・◆・◇ これまで巡った高田馬場近辺のラーメン屋さんはこちらです↓ ◇・◆・◇ 

【閉店】さっぽろ 純連 東京店 (2010年2月13日) 
麺屋武蔵 鷹虎 (2010年8月14日) 
二代目海老そば けいすけ (2010年12月12日) 
俺の空 (2011年3月6日) 
【閉店】中華そば べんてん (2011年7月23日) 
渡なべ (2012年2月5日) 
【閉店】博多長浜らーめん ぼたん 高田馬場店 (2012年4月14日) 
蒙古タンメン中本 高田馬場店 (2012年6月24日) 
自家製麺 鶏そば 三歩一 (2012年11月25日) 
鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店 (2012年12月24日) 
天理スタミナラーメン 高田馬場店 (2013年10月20日) 
麺屋 宗 (2013年3月10日) 
本格中華麺店 光麺 高田馬場店 (2013年9月8日) 
【移転】らーめん からしや (2014年2月2日) 
野方ホープ 高田馬場店 (2014年3月8日) 
焼麺 劔 (2014年8月23日) 
油そば 力 (2015年11月15日) 
麺友 一誠 (2016年3月26日) 
鶏塩らーめん 鷹流 高田馬場店 (2016年5月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
IMG_1599 (480x480)

IMG_1600 (480x480) 

IMG_1601 (480x480)

IMG_1602 (480x480)


 


2016年5月28日訪問時お店DATA 
*************************** 
〒169-0075  
東京都新宿区高田馬場4-17-17 高田馬場プリンスマンション1階  
TEL 03-3366-9488 
営業時間 *スープがなくなり次第終了   
[平日] 11:30~14:00 18:00~23:00 
[日祝] 11:30~20:00 
定休日 月曜日  
JR・地下鉄・西武新宿線高田馬場駅より徒歩5分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/11 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(0) |
PAUL アトレ四谷店  @四谷
昨日の午後は雷雨の予報でしたが予報が変わり、結局、朝、家を出た時が一番降られちゃいました(笑)。
週末は今のところ雨が降らなさそうなので、みなさま、楽しくお過ごし下さい☆

IMG_1866 (480x480)
2016年6月3日は週の最後の金曜日。
週末に向けてランチを軽めにしようと思い、四谷アトレにある「PAUL(ポール) アトレ四谷店」へパンを買いに行きました。

入口

店舗はJR・地下鉄四ッ谷駅に直結した四谷アトレの1階にあります。
巨大なケースの中には、右にお総菜系、左に甘い系のパンが並んでいます。

「ポール」は1889年にパン作りの名職人シャルマニヨ・メイヨによって、フランス北部の町リールに生まれた老舗で、現在、フランスでは250店舗以上展開していてフランスでもっとも有名なブーランジェリーのひとつだそうです。
創業当時のレシピと製法を厳格に守り続け、独自に契約栽培した小麦のみを使用していて、日本でも現地に限りなく近い味を伝えるため、主にフランスの小麦・塩・水を使って忠実に味を再現しているとのこと。
日本では株式会社レアールパスコベーカリーズが運営し、日本全国に22店展開しています。

ハード系のパンはかなりしっかり噛みしめて食べます。
私は食べる時に口の中を切ってしまうこともあります(笑)。
でも、美味しさが病みつきになって、苦になりません。


地図です。

DSCF8021 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お店の角に当たる部分には、その時期に合わせたパンやスイーツを飾ってあります。

「ポール」はアトレ四谷店の開業と共に2002年9月オープンし、2012年3月14日にリニューアルオープンしています。

前回パンを購入したのは2016年3月14日だったので、約2ヶ月半ぶりです。

IMG_1861 (480x480)
お店に到着したのは午後12時15分頃。
レストラン側と違って、パン売り場はいつもお昼時だからといってもそんなに混み合わないのに、この日はグループ客などを含め、パンの棚の中が見えないほど人が来ていました。
「ポール」でこんなに混雑していたのは初めて。

こちらのお店のシステムとしては、レジに並んでパンの注文をしなければならないのですが、レジの位置からだと全てのパンの棚は見渡せず、しかも、パンの名前は全てフランス語(汗)。
遠慮ない男性客が「レジじゃぁ、名前がわからないから注文できないよ!」と言っていました。
私もいつも一生懸命名前を覚えてレジに緊張しながら並ぶことが多いので、心の中で激しく同意(笑)。
メニューもそれほど多くないし、あまり変動がないので、パンの名前の入ったメニュー表とかを作ってもらえたらいいなぁと思っちゃいます。

スマホに入れてある既食メニューリストを眺めながら、未食のシャルマーニュ・プーレのハーフサイズをチョイス。
これをまるまる1本食べちゃおうかな、、、とも思ったのですが、やっぱり2種類のパンを食べたくてハーフにしておきました。

IMG_1860 (480x480)
もう一種類はこちらのクロワッサン・ヴォライエに決定。

DSCF0274 (480x360)
持ち帰り袋にはお店のロゴが印刷された白いビニール袋です。

DSCF0697 (480x360)
デザインはとてもシンプルで、色合いも落ち着いています。
照明の違いで、袋の色が違うように見えちゃいます(汗)。

IMG_1863 (480x480)
袋から取り出すと、こんな感じ。

IMG_1865 (480x480)
この日はどちらのパンも透明なビニール袋に入れられていました。

IMG_1864 (480x480)
照明が反射してしまい、見えにくくてスミマセン(汗)。

DSCF6763 (480x360)
おしぼりの袋にも持ち帰り袋と同じロゴが入っています。
この日はお断りしました。

DSCF6762 (480x360)
サラダなどを購入するとフォークがついてきます。
黒いプラスチック製で、透明なビニール袋に入っています。

IMG_1866 (480x480)
いただきま~す!


クロワッサン・ヴォライエ (496円)
IMG_1868 (480x480)
まずは、大好きなクロワッサンから。

IMG_1869 (480x480)
蒸し鶏のサラダ、大葉、トマト、レタスを芥子の実のクロワッサンにサンドしたものです。

IMG_1871 (480x480)
「ポール」のクロワッサンは、バターの濃厚な味わいで本当に美味しい!
この日の具材はあっさり系の味わいでしたが、大葉がとってもアクセントになっていました。

この記事を書いていたら、このパン、2014年3月13日に食べていたことが判明(汗)。
スマホのメモが落ちていたようです(汗)。


シャルマーニュ・プーレ ハーフサイズ  (324円)
IMG_1867 (480x480)
クロワッサンの次はバゲットを。

IMG_1872 (480x480)
メニューの説明では、「軽い食感のバゲットにパプリカチキン、トマト、レタスをサンドしました」とありましたが、実際には、ポールのフランスパンは、歯応えがすごくしっかりしていて、ガシガシ囓って食べる感じです。
なので、全然「軽い食感」ではないと思うのですが(笑)。

IMG_1874 (480x480)
この日はどちらもチキンとお野菜の組み合わせのパンを選んでしまった、、、(汗)。
こちらもあっさりした味わいで、野菜のフレッシュさを楽しめました。

IMG_1876 (480x480)
この日のレシートです。


しっかり囓って食べる「ポール」のバゲットが大好きですが、久しぶりにクロワッサンを食べたら、やっぱりクロワッサンも美味しい~。
具材はあっさり系でしたが、好きなパンの組み合わせで、美味しくお腹いっぱいになりました。

それにしても、この日は午後イチで来客が来るというのに、黒けしの実だとかバゲットの破片とか、ゴミの散らばりやすいメニューばかり食べてしまい、片付けが大変でした(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[テイクアウト]
クロワッサン・ジャンボンクリュ  (2014年1月23日
クロワッサン・ヴォライエ  (2014年3月13日2016年6月3日
クロワッサン・ミックス (2014年6月16日
クロワッサン・パストラミ (2014年10月6日
クロワッサン・クルヴェット (2015年12月17日

アンシェン・ミックス (2007年12月21日
アンシェン・セザム・カマンベール (2015年9月29日) 
アンシェン・トン (2016年3月14日

ピッツァ・プロヴァンサル (2012年5月30日
ピッツァ・ジャンボン (2015年12月17日

クロックムッシュ・ジャンボン (2014年1月23日
クロックムッシュ・アボガドプーレ (2014年10月6日
クロックムッシュ・シャンピニオン (2014年12月22日

プチパン 3フロマージュ (2007年12月21日
プチ・パン・2オリーヴ  (2013年12月5日
プチ・パン・アンシェン・ノア (2014年12月22日

シャルマーニュ・プーレ ハーフ (2016年6月3日

サンド・オリーブ・トマト・モザレラ (2012年5月30日
タルト・ブリオッシュ (トマト・モッツァレラ) (2013年12月5日
ブリオッシュ・ソーシス (2014年3月13日
ホットドッグ  (2013年12月5日) 

サラダ・アトランティック (2014年6月16日) 
プチ・サラダ・ランティーユ (2015年9月29日) 

[イートイン] 
  ◎モーニング  2007年7月4日
  ◎ランチ  2007年9月12日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年6月3日購入時お店DATA
****************************
PAUL アトレ四谷店 (ポール)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-5-25
TEL 03-5368-8823
営業時間 
[平日] 7:30~22:00
[日祝] 8:00~22:00
定休日 無休(アトレの休館日に準ずる)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩0分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/10 05:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷
最近、肩こりがちょっと酷くて、マッサージに行ってきました。
ここ1・2年、急に肩が凝るようになり、トシなのかしら、、、とがっかりです(泣)。
予防も兼ねて、ストレッチを少しやらなきゃな~と思っています。

IMG_1849 (480x360)
2016年6月2日のランチは、午前中の会議が長引くだろうからと、あらかじめ「オーベルジーヌ」のカレーをデリバリする予定になっていましたが、前日の深夜に焼き肉を食べるという無謀な振る舞いをしてしまったため、私だけ「立喰 そば処 瓢箪(ひょうたん)」のおそばにしました(泣)。

DSCF1279 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって進み、最初の角を右折します。
左側の2つ目のビルの1階がお店です。


地図です。

DSCF3013_20130607210059.jpg
前回購入したのは2016年5月13日だったので約20日ぶりでした。

DSCF1278 (480x360)
お店の前には大きな幟が2本出ています。
1本の幟には、「うどんそば」と、そば処なのにうどんが先に書かれてる(笑)。
もう1本の幟には「牛丼」と書かれていました。
甘い味付けで私は苦手ですが、お店的にはイチオシのドンブリのようです。

DSCF1276 (480x360)
入口の扉には食べログのステッカーが貼ってあります。
やや古めかしい店舗なので、オレンジがかなり鮮やか(笑)。

DSCF2844 (480x360)
こちらがメニューです。
麺だけでなくご飯ものもあり、種類はかなり豊富。
全品持ち帰りが可能です。

温かいものと冷たいものでお値段がだいたい110円ぐらいの差があります。
冷しの場合、冷やすのに水道を使ったり人の手を使うからでしょうか。

DSCF3070 (480x360)
こちらは店内に出ているメニューです。

店内は立ち食いなので男性客が多いですが、テイクアウトは女性客も多いです。

お箸などはなるべくいただかないようにしています。
この日も忘れずにお断りすることが出来ました。

DSCF3069 (480x360)
2016年5月頃から値上げしました。
多分、一律で20円ぐらいだと思います。
これに伴い、200円代のメニューはなくなりました。

DSCF6008_201308181143241e6.jpg
暖かい季節はお店の外で並びますが、寒い時期や雨の日はお店の中に入って待つことができるので大変助かります。
フロアはそれ程広くはなく、左に厨房とカウンターがあります。

厨房の中では女性2人、男性1人の3人でお店を切り盛りしています。
店内のお客さんにも対応しているので、いつもとっても忙しそう。

DSCF6571 (480x360)
2012年の初夏頃から、辛味大根の冷しおろしそば・うどんという夏期限定メニューが登場しました。
こちらは単品80円で他のメニューにもつけられるとのこと。

DSCF6009_20130818114327faa.jpg
お店に到着したのは12時10分頃。
店内で持ち帰りを待っているお客さんが1名いましたが、私は外側から注文。
一番手前にいる男性店員さんが対応してくれました。

DSCF7753.jpg
店内のレジ近くの棚には料理名が書かれたマグネットがたくさんあります。
注文が入ると該当のものを取り出してカウンターに置いていました。
使われていない時もあるようで、注文をもう一回聞かれたこともあります。

DSCF6570 (480x360)
入口からすぐ右手の所にお蕎麦に関する本がたくさん並べられています。
「瓢箪」が掲載されているページには付箋がついているので、すぐにわかります。
これを見たおかげで、お店の営業時間を知ることが出来ました(笑)。

DSCF3071 (480x360)
持ち帰りのビニール袋はよくある真っ白なものです。

こちらのお店の大盛りを注文すると、店員さんのフタの閉め方の問題なのか、容器の構造上の問題なのかはっきりしませんが、普通に袋をぶら下げて持ち帰ろうとするとかなり酷い汁漏れが発生してしまうので、必ず袋の下から手を差し入れて持ち運ぶことにしています。

IMG_1846 (480x480)
この日は気温が高めだったので冷し芽かぶそばの大盛りをチョイス。

DSCF9780_20130316092337.jpg
いつも薬味として七味唐辛子がついています。

基本的に1袋だと思うのですが、何故か2袋いただく時もあり、規則性がよくわかりません(笑)。
この日は1袋でした。

DSCF9781_20130316092310.jpg
個別の写真を撮り忘れましたが、2つ前の写真を見ると、七味唐辛子の小袋が変わってる!!

IMG_1848 (480x360)
容器はプラスチック製で、器は白、フタは透明です。
大盛りの器は、普通盛りのよりもちょっと大きめだと思います。


冷し芽かぶそば(520円)+大盛(100円)=620円
IMG_1849 (480x360)
いただきま~す!

「瓢箪」のお蕎麦やおうどんは、ほとんどのメニューにネギ、カマボコ、ワカメがトッピングされているので、勝手にトッピングの3点セットと呼んでいます。

IMG_1852 (480x360)
1つ目のカマボコは、フチがピンク、中が白の華やかなタイプです。
薄切りのものが1枚。

IMG_1853 (480x360)
2つ目は長ネギの小口切りです。
薬味兼彩りになっています。

IMG_1854 (480x360)
3つ目はワカメです。
そこそこのボリューム。

IMG_1855 (480x360)
この日のメインの芽かぶはたっぷりと入っていました。
ぬるぬる・トロトロの食感が大好きで、家でも結構食べます。

IMG_1850 (480x360)
冷しだと、容器のフチにワサビが添えられています。

IMG_1856 (480x360)
いつも食べる前に七味唐辛子をすべてかけちゃいます。
ワサビも一緒に入れ込んで、全体をしっかりかき混ぜてから食べました。

IMG_1858 (480x360)
「瓢箪」の蕎麦つゆは、基本的にあっさり。
なので、その時のトッピングで味わいが結構変わります。
この日は芽かぶがメインなので、あっさり目のままでした。

お蕎麦はいつものび気味ですが、冷しだとかためでしゃっきりした食感になるのがうれしいです。
大盛りだけあって量もたっぷりでした。
夕方頃早くにはお腹が空いちゃいましたが、自業自得なので、我慢!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇
  
 かき揚そば (2012年1月18日
 かき揚うどん (2015年11月27日
 きつねそば (2013年1月9日
 きつねうどん (2014年11月12日
 とろろそば (2013年11月29日
 とろろうどん
 メンチそば
 メンチうどん (2012年4月10日
 力そば  (2014年12月17日
 力うどん (2012年2月27日
 肉そば  (2014年1月7日
 肉うどん (2011年7月21日2011年12月21日
 カレーそば (2012年11月28日
 カレーうどん
 山菜きのこそば (2013年4月19日
 山菜きのこそば大盛り (2016年3月16日
 山菜きのこうどん (2011年10月17日
 芽かぶそば (2013年6月13日2013年11月29日
 芽かぶそば大盛り (2016年3月4日
 芽かぶうどん (2011年11月2日2011年12月12日
 コロッケそば
 コロッケうどん (2013年2月19日
 たぬきそば  (2012年7月20日
 たぬきうどん (2011年12月16日
 たぬきうどん大盛り (2016年4月7日
 わかめそば (2012年10月19日2012年12月6日
 わかめそば 大盛り (2016年1月29日
 わかめうどん (2011年11月24日2012年3月23日
 月見そば   (2014年10月16日
 月見そば 大盛り (2016年2月18日
 月見うどん  (2012年6月13日
 かけそば  (2013年3月4日
 かけそば 大盛り (2016年1月15日
 かけうどん  (2012年5月15日
 ちくわそば (2014年2月6日
 ちくわうどん

 冷しかき揚そば (2012年9月28日
 冷しかき揚うどん (2011年6月14日
 冷しきつねそば (2014年7月11日
 冷しきつねうどん (2011年8月30日
 冷しとろろそば
 冷しとろろうどん
 冷し山菜きのこそば (2012年7月12日)  
 冷し山菜きのこうどん (2011年9月9日
 冷しめかぶそば  (2011年6月8日
 冷しめかぶそば大盛り (2016年6月2日) 
 冷しめかぶうどん (2014年9月16日
 冷しわかめそば (2013年5月17日
 冷しわかめそば大盛り (2016年5月13日
 冷しわかめうどん (2011年6月15日2011年9月14日
 冷したぬきそば
 冷したぬきうどん (2011年6月22日
 冷しちくわそば  (2013年7月17日
 冷しちくわうどん (2011年7月4日
 冷しちくわそば (2014年6月13日
 辛み大根の冷しおろしそば
 辛み大根の冷しおろしうどん (2012年6月21日

 牛丼
 ミニ牛丼 (2011年6月8日) 
 カレー丼
 ミニカレー丼 (2011年6月22日
 ミニそぼろ丼 (2011年7月4日
 たき込みご飯 (2012年5月15日
 たき込みご飯<ミニサイズ> (2011年6月14日2011年7月21日2013年3月4日
 いなり寿司 (2011年6月15日) 
 半ライス (2012年11月28日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年6月2日購入時お店DATA
***************************
立喰 そば処 瓢箪 (ひょうたん)
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2
電話 非公開
営業時間 7:00~17:00
定休日 土・日・祝日
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩1分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/09 00:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(4) |
和だん 夢心邸  @四谷
昨夜、お米が今週中に切れそうだと思って慌てて買いに行ったのですが、今朝残りの古いお米を計量したら、1合分もありませんでした。
ひゃ~、危うくお弁当を作れないところだった~。
面倒くさがらずに買いに行ってよかったです(笑)。

IMG_1775 (480x480)
2016年6月1日は、お昼時にOさんが不在だったので、上司と先輩と私の三人でのランチでした。
実は翌日6月2日が我らが上司の誕生日だったので、スケジュールの都合上、この日ちょっといいランチをごちそうしようと、「和だん 夢心邸(むしんてい)」に予約をしておきました。

DSCF1141 (480x360)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に進み、最初の角を左折し、さらに次の角を右折します。
幅の細いこの道は楠の木通りという名前で、少し行くと右側にフランセビルがあり、お店はその2階です。

ちなみに、新宿通りの曲がり角にはランチの看板が出ています。
そうでなければ、この場所は通りかかる人以外はなかなか見つからないのでは?


地図です。

DSCF1140 (480x360)
鮮やかな紫色の細長い暖簾が下がっています。
この界隈はややダークトーンの灰色のビルが並んでいるので、結構目立ちます。

はっきりしないのですが、多分、2014年になってからオープンしたと思います。

IMG_1790 (480x480)
ビルの前にはランチメニューの看板が出ていました。

2016年3月から、夜営業のための仕込などの都合で、金曜日は予約制ランチになったそうです。

IMG_1791 (480x480)
フランセビルはかなり古めかしく、小さなビルです。
1階には鳥料理屋さんがありますが、ランチはやっていません。

DSCF1139 (480x360)
お店は2階なので、細めの外階段を登って行きます。
途中、お店のネームが入った飾りが置いてあり、その横に名刺もありました。

DSCF1137 (480x360)
階段の踊り場がベンチになっています。

何回かランチ訪問していますが、前回このブログにアップしたのは2014年11月18日でした

DSCF1138 (480x360)
その横にはお茶のセットが置いてあって、お店のホスピタリティを感じます。

DSCF1108 (480x360)
午後1時頃に入店すると、店内はほぼ満席。
かなり遅い時間なのに、その後もお客さんがどんどん来ていました。
こんなに賑わっているなんて、かなりビックリ。

DSCF1107 (480x360)
フロアはあまり広くはなく、右に厨房とカウンター、左にテーブル席が並んでいます。
左手前には半個室的なテーブル席もあります。
写真がその部屋です。

厨房には男性の店主さん、フロアは女性が担当していて、お二人で切り盛りしています。
とても丁寧で落ち着いた接客です。

DSCF1109 (480x360)
こちらがカウンター席です。
木材などをたっぷり使って落ち着いた内装です。
はっきりわかりませんが、この奥にビルの表側からの通路もあるようです。

IMG_1728 (480x480)
予約していたことを告げると、入り口からすぐのテーブルに通されました。

DSCF3996 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
卓上にはメニュー、お茶のおかわりが入ったポット、お醤油、爪楊枝が置いてありました。

IMG_1729 (480x480)
着席すると、おしぼりとお茶をいただきます。

DSCF3993 (480x360)
テーブルによっては呼び鈴もあります。

IMG_1730 (480x480)
ランチメニューです
4種類あり、お値段は1,000円から1,800円とちょっとお高めです。
他にはサイドメニュー1種類とソフトドリンクとアルコールがあります。
ご飯、おみそ汁はおかわり出来ます。

この日は席だけでなくお料理も予約しておきました。
予算として一人2,500円で、リブロースご膳にさらに単品をつけていただくことに。
どんなお料理が出るか、とっても楽しみ~。

DSCF1114 (480x360)
こちらが店主さんです。
店主さんは和食一筋で20年以上のキャリアがあるとのこと。

IMG_1777 (480x480)
店主さんお一人で丁寧にお料理を作っているので、こちらのお店ではお料理が出てくるのにけっこう時間がかかります。
この日はとても混雑していたということもあったと思うのですが、午後1時に予約しておいたのに、最初のお料理が出て来たのは1時20分でした(汗)。

実はこの日、スケジュールに余裕があるからとこの時間に設定したのですが、直前にバタバタと予定が入ってしまい、かなりタイトになってしまっていました。
内緒のつもりでしたが、仕方なく上司にバースデイランチの計画を打ち明け、早めに食事をしなければならなかっただけに、かなりヒヤヒヤでした。


スペシャルご膳 限定5食 国産黒毛和牛リブロースご膳(1,800円)+アルファ=2,000円
IMG_1779 (480x480)
ご飯と甘味は遅れて出て来ました。
メイン、副菜、小鉢2品、お新香、味噌汁、ご飯、甘味付です。
茶色い木のお盆に載せられていました。

お肉はお盆の外側に置いてあったのですが、折角なので、小皿をはずしてキツキツに詰めてみました(笑)。

IMG_1778 (480x480)
こちらが追い出されたお刺身用の小皿です。

IMG_1784 (480x480)
お箸は洗い箸で、箸袋に入れてあります。
スプーンはデザート用です。

IMG_1782 (480x480)
ご飯はお替わり前提だからか、それ程多くはありません。
上司が食後にお米が美味しかったと言っていたのでよかったです。

IMG_1780 (480x480)
お味噌汁には彩りで三つ葉を散らしてあります。
確か鰹出汁だったかな?
旨味が濃くて美味しかったです。

IMG_1785 (480x480)
お新香はダイコンとキュウリの薄切りです。
手作りでしょうか、シンプルな味わいでした。

IMG_1788 (480x480)
小鉢1品目は切り干しダイコンの煮物です。
油揚げやニンジンが入っていました。
味付けはそれ程甘さがなかったと思います。

IMG_1786 (480x480)
小鉢2品目は白身魚の南蛮漬け?です。
最初、小さな肉だんごが3つあるのかなと思って食べたら、お魚でした(笑)。
このおかずはいつも入っていますがお魚が柔らかで、すっきり・さっぱり味の甘酢がよくしみていて美味しいです。

IMG_1781 (480x480)
こちらがプラスアルファとして出て来たお刺身です。
厚切りで、とても脂がのっていました。
貝割れ大根のピリッとした辛味は相性がよかったです。
ワサビが甘くて美味しかった~。

IMG_1770 (480x480)
国産黒毛和牛リブロースステーキは細い長方形のお皿に盛られ、生野菜などが添えられていました。

IMG_1774 (480x480)
別皿で自家製ポン酢がついています。
サッパリ味で美味しかったです。

IMG_1771 (480x480)
ポン酢の他にもレモン、ワサビ、柚子胡椒がついているので、好みでいろいろな味わいに出来るので、美味しいだけでなく、楽しい~。

IMG_1772 (480x480)
お肉はかなり厚めでブロック状にカットされていました。
表面だけをさっと炙ってあるだけで、断面はかなりレア。
程よく入った白いサシに赤身がピカピカ光ってと~っても美味しそう!

IMG_1773 (480x480)
彩りにハーブが一枝とミニトマトが一粒添えられています。

IMG_1775 (480x480)
お肉はほんの少し筋が残っている部分もありましたが、柔らかくて美味しかった~。
ポン酢も柚子こしょうもどちらもよかったです。

しかし、ここで先輩が思い出したのですが、上司はお肉をよく焼く派で、レアは苦手だったのです(汗)。
自分たちが大好きだからすっかり忘れていたのですが、今更どうにもならず。
上司は大人の対応で何も言わずに食べ終え、最後に「旨かった!」と言ってくれました

IMG_1789 (480x480)
甘味はきな粉のレアチーズでした。
これはかなり甘くて、私は食べ切るのにかなり大変でした(汗)。
こちらのデザートは比較的しっかり甘めかも。

IMG_1792 (480x480)
この日のレシートです。

お会計をしたところ、一人2,500円でお願いしていたのに、2,000円でした。
先輩が電話で予約をした時、リブロースご膳が1,800円なので、それにプラスして一人分2,500円の予算で食事を出して欲しいと伝えたところ、リブロースご膳は2,000円に値上がりしているので、プラス500円だと小鉢が幾つか増えるぐらいと言われていました。
お料理を食べている時、プラス料金払ったのにお刺身だけか~、ま、お刺身だし、、、とちょっと寂しく思っていたのですが、そもそもリブロースご膳は1,800円のままだったし、予算も違ったしで、かなり残念でした。
お料理の美味しいお店だからこそ、プラスアルファで豪華なパターンを食べてみたかったのに~。

それにしても、予約の関係でお店のfacebookを見ていたら、ビルの契約の関係でこの場所での営業は長くても2017年3月までとのこと。
好きなお店なので、とってもショック(泣)。
同じ界隈に移転してくれることを祈っています。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

 和だん・ビーフシチューご膳(牛すじ入り) (2014年9月11日
 国産黒毛和牛リブロースステーキ (2014年11月18日
 国産黒毛和牛リブロースご膳+アルファ(予算2,000円) (2016年6月1日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
IMG_1730 (480x480)

IMG_1731 (480x480)

IMG_1732 (480x480)


夜のメニューです↓
IMG_1735 (480x480)

IMG_1738 (480x480)

IMG_1739 (480x480)

IMG_1740 (480x480)

IMG_1741 (480x480)

IMG_1742 (480x480)

IMG_1743 (480x480)

IMG_1744 (480x480)

IMG_1745 (480x480)

IMG_1746 (480x480)

IMG_1747 (480x480)

IMG_1748 (480x480)

IMG_1749 (480x480)

IMG_1750 (480x480)

IMG_1751 (480x480)

IMG_1752 (480x480)

IMG_1754 (480x480)

IMG_1755 (480x480)

IMG_1756 (480x480)

IMG_1757 (480x480)

IMG_1758 (480x480)

IMG_1759 (480x480)

IMG_1760 (480x480)

IMG_1761 (480x480)

IMG_1762 (480x480)

IMG_1763 (480x480)

IMG_1764 (480x480)

IMG_1765 (480x480)

IMG_1766 (480x480)

IMG_1767 (480x480)

IMG_1768 (480x480)

IMG_1769 (480x480)


お店の名刺です↓
DSCF1110 (480x360)

DSCF1112 (480x360)





2016年6月1日訪問時お店DATA
********************************
和だん 夢心邸 (むしんてい)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-18 フランセビル2階
TEL&FAX 03-3355-3262
営業時間 
[月金土] 12:00~14:00(予約は11:30~12:00来店客のみ)
       18:00~23:00(予約は17:00~)
[火~木] 18:00~23:00(予約は17:00~)
定休日 日・祝(予約時のみ営業)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/08 07:00】 | ステーキ | トラックバック(0) | コメント(0) |
横浜家系ラーメン 希家・四谷店  @四谷三丁目
iPhoneのカメラを使うことにようやく慣れてきたと思ったら、撮影したデータがフォルダに入らなくてどこかへ消えてしまったり、パソコンに取り込もうとしたらiPhoneを認識してくれなかったりと、すぐに解消できたものの、トラブル続きで精神的に参っています(笑)。

IMG_1707 (360x480)
2016年5月31日は、仕事の都合で12時に四谷三丁目方面に行かなければならず、作業が終わってから一人でランチを食べることになりました。
ちょうど場所が近くだったこともあり、新店の「横浜家系ラーメン 希家 (のぞみや)・四谷店」へ。

IMG_1721 (360x480)
JR・地下鉄四ッ谷駅から四谷見附交差点を渡って新宿通りの左側を新宿方面に向かってひたすらまっすぐ進み、四谷一丁目交差点を越えてさらに行ったところに龍文党ビルがあり、お店はその一階です。
四谷三丁目駅の方が近いです。


地図です。

IMG_1722 (360x480)
2016年2月27日にオープンした「希家」は、超まろやかな濃厚魚介とんこつつけ麺が味わえる「つけ麺・らーめん春樹」を展開する株式会社創業新幹線が主催する横浜家系ラーメンのチェーン店で、矢口渡にも支店があるようです。

IMG_1725 (360x480)
営業時間はこちらです。
Wi-Fiは無料とのこと。

IMG_1723 (360x480)
11時から12時までは、麺類を注文した人に限り、豚肉半チャーハンかネギチャーシュー丼を100円でいただけるという、早得キャンペーンをやっています。

この場所には、2007年7月27日にオープンし、2007年12月4日にランチ訪問した「太陽のトマト麺 四谷二丁目店」がありましたが、2016年1月31日に閉店しました。

この店舗を経営する人は変わっていないようですが、「太陽のトマト麺」はイートアンド株式会社が展開するチェーン店だったので、運営会社を変更したようです。

IMG_1724 (360x480)
午後5時から閉店まで、つけ麺は大盛りまで無料です。
チェーン店だからか、いろいろなサービスがあります。
私が利用できるのはありませんでしたが(笑)。

IMG_1726 (360x480)
新宿通りにはメニューの小さめの看板が置かれていました。
「太陽のトマト麺」時代っぽいメニューもまだあるようです。

IMG_1698 (360x480)
12時半頃入店したところ、9割程の人の入り。

店内はL字カウンターで、右奥に厨房が見えます。
その周りにはテーブル席が幾つか並んでいます。
ここに訪問したのはだいぶ前なので記憶が不確かですが、あまり内装は変わっていない気がします。

ちょうどカウンター席が一杯だったからか、一人なのに4人用テーブルに通されました。

IMG_1693 (360x480)
ランチメニューです。
メインは家系ラーメンととんこつ魚介つけ麺の2種類。

IMG_1694 (360x480)
他にもタンメンや醤油ラーメン、味噌ラーメンなど、一通りの種類があります。

IMG_1695 (360x480)
チェーン店らしく、ご飯やトッピングなどのサイドメニューも充実しています。

IMG_1692 (360x480)
家系とか豚骨魚介つけ麺とかはいい加減食べ飽きていたので、ちょっと変わったところが食べたいな~と思い、杯数限定の濃厚鶏白湯を注文。

IMG_1699 (360x480)
最近の横浜家系ラーメンでよくあるサービスですが、こちらのお店も一日中ライス食べ放題です。

IMG_1700 (360x480)
セルフで取ります。

壁には豚骨ラーメンの楽しみ方が詳しく書いてありました。

IMG_1705 (360x480)
この時ちょうどグループのお客さんが来店し、私はカウンター席に移動することに。

卓上にはグラス、お箸、各種調味料が置かれています。
実はここには紙ナプキンがなく、両側の奥にあったので、一人客同士が三人並んでいると、手を伸ばし辛い雰囲気で困っちゃいました。
出来れば必ず前にあるようにして欲しいです。

IMG_1704 (360x480)
店員さんは外国人の方でしたが、とても丁寧で明るい接客でした。

IMG_1702 (360x480)
カウンターの壁にはアルコールメニューや、、、

IMG_1703 (360x480)
ディナー限定メニューが紹介されていました。


杯数限定 濃厚鶏白湯 塩ラーメンSP  (980円)
IMG_1707 (360x480)
しばし待って、ラーメンが登場!

IMG_1709 (360x480)
塩ラーメンは真っ白な丼に盛られていて、SPだけあって具材がはみ出すぐらい、たっぷり盛られています。

IMG_1710 (360x480)
ダブルソーサーになっていて、丼とお皿の間にレンゲが置かれていました。

IMG_1708 (360x480)
レモンと柚子胡椒が別皿でついています。
レモンは最初に全体に搾りかけ、柚子胡椒は後から加えて食べました。

IMG_1711 (360x480)
トッピングはたっぷりの生野菜、チャーシュー、味玉で、麺が全く見えないほどたっぷりです。
緑・紫・ピンク・黄色と、とっても彩りがキレイ。

IMG_1713 (360x480)
生野菜はたっぷりのリーフレタスと細切りの紫キャベツです。
たまに生野菜がのかっているラーメンは見かけますが、こんなにモリモリなのは初めて。
しかも、レタスの一切れがとっても大きくて、ちょっと食べにくいぐらいです。
生のままそのまま食べたり、スープに沈めて少ししんなりさせてから食べたりしました。

IMG_1714 (360x480)
鶏白湯なので、チャーシューは鶏肉です。
ほんのりピンク色のお肉は5個ぐらい入っていました。

IMG_1712 (360x480)
味玉は黄身が固めの半熟で、鮮やかなオレンジ色です。
あらかじめ半分に切ってあるので、と~っても美味しそう。
このビジュアルに惹かれてSPを注文しちゃいました。

IMG_1716 (360x480)
まずはスープを一口。
白ではなく、ちょっと灰色がかっていています。

トロトロの口当たりで、塩ラーメンとは思えないぐらい濃厚で味わいで旨味たっぷりで美味しい!
スープがちょっと少なめですが、美味しくってどんどん飲んじゃいました。

IMG_1715 (360x480)
麺は黄色みがかった中細麺です。
ツルツルした食感でした。
ボリュームは普通です。

IMG_1720 (360x480)
濃厚なスープの後口を軽くさせるためか、ユズが入っていました。
ちょうどいいかなと思って、絞ったあとのレモンも投入しちゃいました(笑)。

IMG_1718 (360x480)
鶏チャーシューは鶏ハムみたいな感じで、と~っても柔らか。
程よい味付けで美味しくて、ボリュームも多くて食べごたえがありました。
なんか、久しぶりに鶏ハムを作ってみたくなっちゃいました。

IMG_1719 (360x480)
味玉は見た目どおり、黄身がトロリと甘くて美味しかったです。
SPにしてよかった~。

ちょっとお値段はお高めでしたが、濃厚なスープにたっぷりの生野菜と鶏チャーシューが食べられてとてもお腹いっぱいになって、大満足でした。

IMG_1691 (360x480)
何度もランチ訪問していた「テート・ア・テート」は2016年1月29日閉店しました。
跡地には、2016年3月1日に馬肉専門店の「泡と馬壱萬馬力」がオープンしています。
この日、お店の前を通ったので、お店の写真を撮りました。
ランチ営業をやっていないのが残念。


◇・◆・◇ これまで訪問した四谷三丁目近辺のお店です↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  【閉店】ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  【閉店】らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  【閉店】太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日2014年6月21日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  【閉店】そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日
40  Ramen TOKI (2015年6月20日
41  横浜家系らーめん たけ家  (2015年7月4日
42  【閉店】ラーメン力 東風  (2015年9月5日
43  鯛塩そば 灯花 (2015年11月7日) 
44  ハナウタ。 (2016年1月23日
45  にぼっしー中華そば家 (2016年2月6日
46  麺屋西川 (2016年3月5日) 
47  畔 -Aze- (2016年5月21日
48  横浜家系ラーメン 希家・四谷店 (2016年5月31日

◎ラーメン以外

 1  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 2  キッチン たか (2013年6月15日
 3  大阪鮨 四谷 八竹 (2014年7月5日
 4  なか卯 四谷三丁目店 (2014年11月1日
 5  とんちゃん 四谷店  (2015年1月17日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


メニューです↓
IMG_1693 (360x480)

IMG_1694 (360x480)

IMG_1695 (360x480)

IMG_1692 (360x480)

IMG_1696 (360x480)

IMG_1697 (360x480)





2016年5月31日訪問時お店DATA
****************************
横浜家系ラーメン 希家・四谷店 (のぞみや)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-11 龍文党ビル1階
TEL 03-5367-2611 
営業時間 
[平日] 11:00~25:00  
[日祝] 11:00~23:30
定休日 無休
地下鉄四谷三丁目から徒歩5分
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩10分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/07 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(8) |
純広東家庭料理 嘉賓  @四谷
いよいよ梅雨入りですね~。
今日は雨が降らないようですが、湿度が高く、いかにも梅雨!って感じです。
今週も新しい一週間をがんばりま~す☆

IMG_1669 (480x480)
2016年5月30日は週の最初の月曜日。
この日はお昼時にOさんが不在でしたが、上司から「外へ食べに出よう。」と声をかけられました。
向かった先は、もちろん、大のお気に入りの「純広東家庭料理 嘉賓(かひん)」です(汗)。

DSCF8693 (480x360)
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅の四谷口に出て三栄通りを進み、向かって左側にある第三鹿草ビルの2階にあります。

この第三鹿草ビルには「嘉賓」以外にも飲食店が入っていて、ランチ訪問しています。
地下1階には、2010年8月25日に訪問した「和洋Dining居酒屋 Marsey Beat(マージービート)」がありました。このお店は、2008年10月16日に訪問した「焼鳥 鳥せん(とりせん)」が2010年7月29日からリニューアルオープンして店名が変更したのですが、1年ぐらいで閉店。
その後、2011年9月28日に「Grill&Bar EH LA BAS(エラバ)」というお店がオープンし、2012年2月16日にランチ訪問しました。
同じく地下1階には2011年春頃からランチを始め、2011年4月18日にランチ訪問した「えん屋(えんや)」がありましたが、半年程でランチ営業をやめてしまったようです。
また、1階には2010年7月7日にリニューアルオープンし、その後ランチ営業を始めた「テング酒場 四谷店」には2010年10月13日にランチ訪問しましたが、2010年後半にはランチ営業をやめていました。その後、2014年後半頃?からまたランチ営業を始めたようですが、再び休業しています。


地図です。

IMG_1690 (360x480)
この日のメニューです。
お店の外にその日のメニューが全て出ているので、定食が何か、自分の好きなメニューがあるかどうかを事前に確認してから入店することが出来ます。

「嘉賓」は老舗有名店で、グルメ本で「カキそば」や「水餃子」がよく紹介されています。
作家の故・開高健氏もご贔屓にしていたそうです。

DSCF6747 (480x360)
外階段を使って2階へ登ります。

DSCF8690 (480x360)
お店の入口です。
ランチタイムはいつも混み合っていますが、回転が早いので少し待てばすぐに席が空きます。

DSCF0971 (480x360)
このところ、多言語対応しているキリンの一番搾りのポスターが貼ってあります。
時代ですね~。

DSCF5979_201308181101025ac.jpg
前回ランチ訪問したのは2016年5月17日だったので、約2週間ぶりでした。

2008_0627画像0004
店に入って左にある窓から外を眺めると、ビルのベランダ部分に植物や灯籠などが配置してあり、ちょっとしたお庭になっています。

DSCF6083.jpg
やや古めかしい店内にはテーブルがたくさん並んでいて、奥に厨房と個室があります。
こちらは奥の部屋の写真です。
奥の部屋は以前はお座敷でしたが、今はテーブル席になっています。
左側に4人席のテーブル、右側に4人席のテーブルが2つつなげられていて、2列あります。

DSCF6933_20121228075006.jpg
奥の部屋にだけ、テレビがあります。

12時40分頃に入店すると、少し遅い時間だったせいか、すぐに席に通されました。
お客さんは、老舗のせいか、サラリーマンばかりではなく、ご近所の方のようなラフな格好のご年配の方々もたくさんいらっしゃいます。

DSCF4222 (480x360)
壁にはこんな額がかかっていました。

この日はレジのすぐ後ろぐらいの席に着席。

DSCF1482_20130502072200.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
中華料理屋さんにしては珍しく、ランチタイムは午後1時まで禁煙です。

DSCF2627.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
卓上には各種調味料、お箸、紙ナプキン、爪楊枝、食べるラー油など置かれています。

DSCF3243 (480x360)
着席すると、夏は冷たく、冬は温かいジャスミン茶が出ます。
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

IMG_1670 (360x480)
ランチメニューは17種類あり、お値段が721円~1,545円です。
平日のランチにはデザートの杏仁豆腐がついています。
メニューは1番と8番以外はそれほど大きく変化しません。

この日は久しぶりに食べたことのないメニューがありました。
竹の子と豚肉の中国黒味噌旨煮かけご飯をご飯少なめで注文。

DSCF4036 (480x360)
「嘉賓」は突然行くことが多く、しかもメニューの種類が多くてどのメニューを食べているかよくわからなくなってしまうので、スマホに食べたことのあるメニューをメモして、常にチェックしています(笑)。

メニュー 写真入り上部
テーブルによっては写真入りのランチメニューが卓上にはさまっています。

メニュー 写真入り下部
お料理がどういう感じか具体的に見られて、とてもわかりやすいです。

IMG_1675 (360x480)
伝票です。

2010_0805画像0010
「食べるラー油」ブーム以来、自家製食べるラー油が置かれるようになりました。

DSCF1387.jpg
レジで販売もしています。


B定食 <スブタ>  (1,030円)
IMG_1684 (360x480)
こちらは上司と先輩が注文したB定食です。

IMG_1685 (360x480)
意外と酢豚ってしょっちゅうは出ないので、上司も先輩も喜んで食べていました。


竹の子と豚肉の中国黒味噌旨煮かけご飯 ご飯少なめ?  (721円)
IMG_1676 (360x480)
いただきま~す!
メイン、スープ、デザートのセットです。

IMG_1677 (360x480)
スープは小さめの白い器に入っています。
こちらのお店で出てくるスープはずっと同じ種類ですが、日によって色合いや透明度や味わいが結構違います(笑)。

具はトッピングの小ネギのみ。
鮮やかな緑色が、彩りのアクセントになっています。

IMG_1686 (360x480)
この日はちょっと淡い色合いどおり、あっさり目の味わいでした。

IMG_1680 (360x480)
メインは丸い平皿に盛られています。

IMG_1681 (360x480)
具は竹の子と豚肉と黒キクラゲです。
中央に小ネギが少しトッピングされていました。

IMG_1682 (360x480)
ザーサイも添えられていました。

いつもはご飯が見えないぐらいおかずが盛ってありますが、この日はちょこっとご飯が見えているところがありました。

IMG_1683 (360x480)
竹の子はたっぷり入っていて、シャキシャキの食感です。
豚肉は片栗粉をまぶしてあるのか、とても柔らかでした。

IMG_1688 (360x480)
ご飯少なめをお願いしていましたが、多分、減っていなかった気がします。
この日のおかずは珍しくあっさり目の味付けで、しかも、ちょっと量が少なかったので、ご飯全体を食べられるよう、おかずの配分に気をつけながら完食。

IMG_1689 (360x480)
デザートは中華料理屋さんの定番、杏仁豆腐です。
長年こちらのお店に通っていますが、これ以外のデザートは出たことはありません。
スプーンは器に差し込んでありました。

DSCF5087 (480x360)
シロップは甘いですが、しっかり冷やしてあるのでさっぱりとしています。

DSCF6832_20130823124306d28.jpg
杏仁豆腐は手造りでしょうか、大きめにカットされていてお皿からはみ出しそう。
寒天系のツルツルした食感です。
よく冷やされているので、良い口直しになります。

DSCF6744 (480x360)
ワンポイントに缶詰めのみかんが入っています。
ずいぶん昔はクコの実が入っていたことがありました。

DSCF1408.jpg
食べ終えた器は青と白のいかにも中華らしいデザインで、全てのお皿が同じシリーズです。

IMG_2586 (480x480)
この日のレシートです。

DSCF3304 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
領収書はこんな感じ。


安定した美味しさの「嘉賓」ですが、この日はちょっと味付けが薄めだったのが残念。
でも、久しぶりに新しいメニューに出会えたのは嬉しかったですが。


IMG_1668 (360x480)
この日の朝、銀行に行ったら、道路に柴犬がつながれていました。

IMG_1669 (480x480)
飼い主さんが近くにいるかもしれなかったので撫でたりはしなかったですが、大人しくてとっても可愛かった~☆


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

香茹肉片飯 生椎茸と豚肉のうま煮かけご飯 (2007年12月6日
麻婆豆腐飯 マーボー豆腐のかけご飯 (2007年12月25日
番茹肉片飯 トマトと豚肉のうま煮かけご飯 (2008年1月28日
滑蛋肉片飯 豚肉と卵のうま煮かけご飯 (2008年11月13日
牛肉と玉葱のカレーライス[カレー煮かけご飯] (2010年8月5日
鶏肉のカレーライス (2013年3月26日
蘿白肉粒飯 大根と豚肉のうま煮かけご飯 (2009年5月11日
鶏肉と筍の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年3月15日
鶏肉と竹の子の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2012年5月24日
竹の子と豚肉の中国黒味噌旨煮かけご飯 (2016年5月30日
茄子と豚肉のうま煮かけご飯 (2012年5月9日
ふくろ茸と豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2012年9月3日
マーボー茄子のかけご飯 (2014年2月25日

撈麺と蝦球粥 カキソース和えソバとエビ入おかゆ (2009年1月8日
カキソース和えソバと豚肉入おかゆ (2012年3月1日
カキソース和えソバと牛肉入おかゆ (2012年8月28日2016年3月29日
カキソース和えソバと鶏肉入おかゆ (2012年11月22日

茹でギョーザとエビ入りおかゆ (2011年11月21日2011年12月13日
茹でギョーザと牛肉入おかゆ (2012年6月26日2012年7月18日
茹でギョーザと豚肉入おかゆ (2012年9月26日)  
茹でギョーザと鶏肉入おかゆ (2013年10月10日

什錦炒麺 五目やきそば (2007年6月27日2011年3月24日2011年9月15日2013年8月1日2015年11月9日
什錦炒飯 五目チャーハン (2011年11月1日
半五目チャーハン (2012年10月31日2014年4月9日2014年11月5日
什錦会飯 五目かけごはん (2010年10月15日2013年5月1日
什錦湯麺 五目タン麺 (2011年10月3日

A定食
 ◎なすとエビのうま煮 (2009年9月11日
 ◎野菜とエビの炒め (2011年2月15日
 ◎ふくろだけと豚肉のうま煮卵とじかけご飯 (2011年8月15日
 ◎豆腐と牛肉のうま煮 (2012年10月12日
 ◎スブタ (2012年11月9日
 ◎ニラ・もやしとエビの炒め (2012年12月21日2013年6月12日
 ◎チンジャオロース (2013年1月7日
 ◎八宝菜 (2013年2月12日
 ◎インゲンと豚肉とキクラゲの炒め (2013年7月19日

B定食 
 ◎古老肉 スブタ (2008年3月21日
 ◎青菜と牛肉の炒め (2012年7月24日
 ◎フクロ茸と牛肉の炒め (2013年12月12日
 ◎ニラ・もやしと牛肉炒め (2014年1月22日
 ◎蒸し鶏 (2014年9月19日
 ◎中エビの卵とじ炒め (2015年12月24日
 ◎エビ・帆立・イカと豆腐の旨煮 (2016年4月13日

エビチリ定食 (2010年6月7日
水餃子 茹でギョウザ 
 <8個>(2007年6月27日2007年9月28日2008年6月20日2014年11月5日
 <4個>(2012年10月31日2014年4月9日
カキソース和えソバ (2012年7月2日
カキソース和えソバ大盛り (2016年5月17日
半五目チャーハン+半五目タン麺セット (2010年8月31日
海鮮湯麺 海鮮タン麺(辛口) (2007年9月28日2015年12月18日
冷麺 冷やし中華そば (2008年6月20日
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット (2012年2月10日
牛バラ煮込みそば (2012年4月4日2013年6月28日
焼きビーフン (2012年3月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF2159_20111112074251.jpg

DSCF2160_20111112074251.jpg


ディナーメニューです↓
DSCF7820_20130920052355f15.jpg

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5256.jpg

DSCF5257.jpg





2016年5月30日訪問時お店DATA
****************************
純広東家庭料理 嘉賓 (かひん)
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-7 第三鹿草ビル2階
TEL (予約)03-3358-7912 (フロント)03-3353-3862
営業時間 
[昼]11:00~14:00  
[夜]17:00~22:00 
定休日 無休
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩4分

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/06/06 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
屋台屋 九ちゃん 小岩店  @小岩
折角の日曜日、しかも、お出かけしなければならないのに、朝から雨でガッカリです。
いよいよ梅雨入りですかね~。
みなさま、楽しい日曜日を☆

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「九ちゃん」のレポートです。

DSCF3596 (480x360)
2016年5月21日の夜、「妻家房」でのキムチ教室の後、家人と落ち合って夕飯を食べに行きました。
この日お邪魔したのは、小岩にある「屋台屋 九ちゃん(きゅうちゃん) 小岩店」です。


地図です。
JR小岩駅南口からロータリーの左側のすぐのところにあります。

DSCF9861 (480x360)
「九ちゃん」は、博多の屋台をイメージし、博多のB級グルメを中心にリーズナブルに楽しめるお店で、2011年2月9日にオープンしました。
株式会社一家ダイニングプロジェクトという会社が経営していて、船橋にも支店があります。

前回訪問したのが2016年3月27日だったので、約2ヶ月ぶり、3回目です。

DSCF3582 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、厨房を取り巻くようにカウンター席があり、2階もあるようです。
午後5時頃に入店したところ、先客は1名でした。

私たちは、カウンターの右側の方に着席。

DSCF3584 (480x360)
このエリアは食材が冷蔵されているのを見ることが出来て、テンションが上がります!
美味しそう~。

店員さんはみんなとってもお若くて、しかも、体育会系というか、すっごい元気な接客です(笑)。

DSCF3583 (480x360)
こちらのお店では、お通しのキャベツがおかわり自由です。
たまにこういうシステムのお店がありますが、とってもとってもありがたいです。
もう、野菜メニューはこれだけでオッケー(笑)。

DSCF3585 (480x360)
さらに、酒飲みの肝臓を心配して下さり、ウコンも置いてあります。
この日はそれ程飲む予定ではなかったですが、いただいちゃいました。

DSCF9899 (480x360)
実はこの日このお店に来たのには理由があります。
前回来た時に入会金200円を払って会員になったのですが、そのサービスの一つとして、誕生月には年齢分の餃子が無料になるというものがあります。
家人の誕生日が5月なのですが、お店からハガキが届いたので、折角なので来てみました。


お通しキャベツ (300円税別×2→会員特典0円)
DSCF3586 (480x360)
最初にお通しのキャベツが出て来ました。

DSCF3587 (480x360)
軽くタレをかけてありますが、薬味を混ぜ込んだ味噌とマヨネーズが添えられています。

DSCF3588 (480x360)
お通しのキャベツがおかわり自由というサービスはたまに見かけますが、最初だけとはいえ、キュウリとダイコンがついているのは珍しく、ありがたいです。


ビール <ザ・モルツ>  (530円税別)
DSCF3589 (480x360)
まずはビールで乾杯!
喉が渇いていたので、少し飲んじゃってから写真を撮りました(笑)。

店員さんにバースデイハガキと会員シールを見せて、餃子について相談。
数が多いので分けることも出来るそうですが、折角なのでどーん!という感じが見たかったので、そのままお願いしました。


酢もつ  (280円税別)
DSCF3590 (480x360)
餃子がどれぐらいの量になるのかわからなかったので、とりあえず他のメニューは酢もつだけ注文。

私は酢もつが大好きで、博多料理のお店に来ると必ず注文しちゃいます。
タマネギなどのお野菜も結構入っていてさっぱりと美味しかったです。


バースデイ餃子 (サービス=0円)
DSCF3592 (480x360)
しばし待って、バースデイ餃子が登場!
餃子に花火が刺してある!(笑)。

実は、これが出てくる時は一瞬照明が消え、ハッピーバースデイの曲を歌ってもらえるのですが、この日は女性店員さんがまだシフトに入っていなかったので、フツーに提供されました(笑)。
でも、家人はそういう風にもてなされるのが大嫌いなので、ちょうど良かったです。

DSCF3593 (480x360)
ろうそくではなく、線香花火です。
とっても華やかでいいですね~。
結構長く燃えていて、消えた後は店員さんがちゃんと取り除いてくれます。

DSCF3596 (480x360)
鉄鍋が大きい上に、二重になっている餃子は、圧巻!
数が幾つかは、家人のプライベートでもあるので、内緒です(笑)。

DSCF3595 (480x360)
こんがりとした焼き加減がと~っても美味しそう☆


どでかサワー <自家製 塩レモンサワー>  (680円税別→計上されず、0円)
DSCF3597 (480x360)
ビールを飲み終え、おかわりを注文。
メニューの写真を撮り忘れましたが、自家製の塩レモンサワーなるものがあったので、どでかサワーに出来るかどうか聞いてみたところ、出来るということで、お願いしました。

1リットルあるというどでかサワー、写真ではわかりにくいですが、ものすごく大きくて、飲むのも大変。
私は腕の力が弱いので、両手で持ち上げて飲んでいました(笑)。

DSCF3599 (480x360)
こちら、酸っぱくてしょっぱくて、とっても美味しかったんだけど、もうちょっと甘さを抑えてもらえたら完璧なんだけどな~。

DSCF3602 (480x360)
西の餃子らしく、一口餃子です。
結構くっついちゃっているので、一個を取り出すのが結構大変(汗)。

DSCF3601 (480x360)
裏はこんがりと焼き目が付いています。

DSCF3603 (480x360)
ニンニクが結構利いた、パンチのある味です。
一口餃子だから、二人だし楽勝だろう、、、と思っていたのですが、「妻家房」のキムチ教室でキンパを4つぐらい食べていたので、途中から苦しくなり、何とか食べ終えました。
こんなにたっぷり餃子を食べたのは久しぶり。

IMG_1883 (480x480)
レシートです。
この日のお会計は合計で1,446円、一人723円でした。
この記事を書いていて気付いたのですが、サワーの料金が抜けてる!
なんか、すごくお安かったな~と思っていたのですが、理由があったんですね。
あ、あとレシートにちゃんと餃子の数が書かれていました(笑)。


実は私の誕生日も5月なのですが、何故かハガキが届かず。
そのことを店員さんに伝えたら、6月までオッケーですよ~と言ってくれました。
餃子は美味しかったし、たっぷり感が楽しかったので、また来ちゃおうかな。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日2015年10月15日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日
【閉店】濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日
豚骨一燈 (2014年6月7日
越後秘蔵麺 無尽蔵 こいわ家 (2014年8月25日
麺屋 武士道 (2015年11月15日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日2015年10月11日
小味園 本店 (2013年7月31日
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日2015年10月31日
SHEEP GANG DINING (2014年6月15日
ボローニア (2014年6月28日
【閉店】中国料理 一品楼 (2014年8月23日
丸亀製麺 小岩POPO店 (2015年11月1日
屋台屋 九ちゃん 小岩店 (2016年3月27日2016年5月21日
居酒屋 酔い処 (2016年4月17日
江戸前すし 縁むすび (2016年4月24日
木村屋本店 小岩駅前 (2016年5月4日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


フードメニューです↓
DSCF9864 (480x360)

DSCF9866 (480x360)

DSCF9865 (480x360)

DSCF9867 (480x360)

DSCF9868 (480x360)

DSCF9869 (480x360)

DSCF9870 (480x360)

DSCF9871 (480x360)

DSCF9862 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF9872 (480x360)

DSCF9873 (480x360)

DSCF9874 (480x360)

DSCF9875 (480x360)


その他↓
DSCF9863 (480x360)





2016年5月21日訪問時お店DATA
*****************************
屋台屋 九ちゃん 小岩店 (きゅうちゃん) 
〒133-0056 
東京都江戸川区南小岩7-27-7
営業時間 16:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 年末年始(12/31・1/1)
JR総武線小岩駅南口から徒歩1分 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/06/05 06:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(2) |
妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
少々風が強いですが、良いお天気ですね~。
先週末は忙しくてサボっていたので、今日はたっぷりお洗濯をします!
みなさま、楽しい土曜日を☆

DSCF3473 (480x360)
2016年5月21日は、2016年上半期最初の「妻家房 四谷本店」でのキムチ教室でした。

教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は新店の「畔」へランチ訪問しました

入口

地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと妻家房の四谷本店があります。通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。
1階に韓国食材の販売とキムチ博物館があり、2階がレストランになっています。


地図です。

看板

キムチ教室は午後2時から4時までの2時間、妻家房の社長の奥様である韓国料理研究家の柳香姫先生からキムチ1種類と韓国料理1種類を習います。
まずは柳先生のキムチの作り方を見てから、最大4人までのグループで実習し、そのあと、韓国料理を先生が作るのを見て、出来上がると全員でその試食を行います。

できあがったキムチはお土産としていただくのですが、厳重に包装してもかなり匂いが出てくるので、キムチ教室の後に遊びに行く場合には、かなり場所を限定されます(笑)。
生徒さんはキムチタッパーなどを持参して完全装備する方も多いです。

2008_1025画像0017
お店の中は、手前で韓国食材などが販売され、奥がキムチ博物館になっています。
キムチ博物館のスペースを使ってキムチ教室が行われます。

2008_1025画像0024
キムチ博物館の右手前には、一家総出でキムチ作りを行う風景が再現されています。

前回参加したキムチ教室は2016年3月5日だったので、約2ヶ月半ぶりです。

2008_1025画像0019
右奥にはキムチ作りのための道具などが展示されています。

2009_0516画像0095
たくさんのキムチ壺の中に、鳥の剥製が飾られていました。

2008_1025画像0025
左手前にはかなり大きなキムチの壺が置かれています。
写真は柳先生です。
ちょっとお若い頃のものですが(笑)。

2008_1025画像0023
天井の照明が写り込んでしまっていますが(汗)、テーブルの上の部分が透明になっていて、中にカクテキの材料が飾られています。

茶

キムチ教室が始まる前に、夏は冷たく、冬は温かいトウモロコシ茶をいただきます。
香ばしくて美味しいので大好きで、自宅でもよく飲みます。

2010_0605画像0033
お茶と一緒におしぼりもいただきます。

2008_1025画像0022
キムチを作るための基本的な調味料が一式テーブルの上にセットされています。
左下のお皿にはすりニンニクとすりショウガがあらかじめ混ぜて入っています。

2009_0126画像0045
4つに区切られた容器の中には、右手上から時計回りで、牛肉ダシ、砂糖、ゴマ、韓国産岩塩の順番で入っています。

韓国産岩塩は甘みがありますが、粒が大きいのであらかじめすり潰して使ったりもします。

2009_0126画像0047
壺の中には3種類の粗さに砕いた妻家房のオリジナル唐辛子が入っています。
私の知人でご飯に唐辛子をふりかけて食べる人がいるんですが、とっても美味しいとのこと。

DSCF3407 (480x360)
この日のメニューは、キムチではなく「きゅうりの醤油漬」で、韓国料理が「ナムル キンパプ」です。


【きゅうりの醤油漬】
DSCF3470 (480x360)
この日は珍しく、キムチではなく、醤油漬けでした。
2015年に一度習いましたが、まだ記事にしていません。

キュウリに限らず、季節の野菜で作り、1年中食べる常備食とのこと。
ダイコン、フキ(葉も茎も)、ニンニク、タマネギ、新タマネギ、エゴマの葉など。
旬の時期に1年分作るそうで、なんと1年保つそうです。
しかも、韓国は寒いので、冷蔵庫にも入れないとのこと。
日本でも1ヶ月ぐらいなら常温で良いそうです。

材料は全て卓上にセットされています。

DSCF3472 (480x360)
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。

この日のレシピ、キュウリが5.5キロ(55本)と書かれていて、ビックリ(汗)。

DSCF3409 (480x360)
先ずはキュウリに下味をつけます。
よく洗ったキュウリに少し水気を付け、塩でも見込みます。
硬いところはこすります。

キュウリを丸ごと漬ける事も出来ますが、そうすると味が染み込むまで1ヶ月食べられないので、この日は切って作りました。

DSCF3420 (480x360)
すぐに洗って塩を落とし、しっかり水気を取ります。

DSCF3448 (480x360)
端を切り落とします。。
丸ごとの時は、端っこも切り落とさなくていいとのこと。

DSCF3429 (480x360)
縦に切ります。

DSCF3430 (480x360)
これ、キュウリは必ずしもまっすぐではないので、やってみると意外と難しかったです。

DSCF3431 (480x360)
さらに縦半分にします。

DSCF3434 (480x360)
長い間漬け込むと、種の部分は柔らかくなってしまうので、取り除きます。

DSCF3435 (480x360)
種はどの辺りまで切ればいいのか、ちょっと悩みます。

DSCF3455 (480x360)
食べやすく、また、容器に入れやすいので、長さを三等分にします。

DSCF3439 (480x360)
ショウガとニンニクは薄切りにします。

写真にはありませんが、干し唐辛子をハサミで細切りにします。
種は抜きますが、辛いのが大丈夫なら入れると美味しいとのこと。
私は好きなので入れちゃいました。韓国産のものを使うとあまり辛くなりません。
辛いのが好きなら鷹の爪を使うとピリッとするとのこと。

DSCF3442 (480x360)
鍋に醤油、お水、砂糖を入れ、、、

DSCF3445 (480x360)
しっかり混ぜ合わせたら、、、

DSCF3446 (480x360)
火を付け、、、

DSCF3452 (480x360)
沸騰させます。

火を止めてから酢を加えます。

DSCF3459 (480x360)
この日は火にかけすぎてしまい、少し水を入れて修正しました(笑)。

DSCF3458 (480x360)
こちらは保存のための容器です。
陶器製で、キムチと同じです。

DSCF3461 (480x360)
キュウリを容器の底に並べ、ニンニク、ショウガ、干し唐辛子をのせ、上からタレをかけます。
タレは熱々の状態でかけるのがコツです。

熱を加えちゃうとキュウリがしんなりしそうなものですが、逆にこれでキュウリのパリパリ感が保たれるそうです。

DSCF3473 (480x360)
こちらで完成!

大量に作る時は、キュウリを一段並べたらニンニク・ショウガ・干し唐辛子をのせ、さらにキュウリを並べて薬味をのせる、と繰り返して層にするといいそうです。

DSCF3464 (480x360)
ただ、このままでは1年保ちません。
3日経ったら中身をざるにあけ、、、

DSCF3463 (480x360)
汁を再度沸騰させます。
この時は冷ましてからキュウリにかけるとのこと。
キュウリから水分が出てくるので、水かさが増えているそうです。

これをさらに3日後にもう一度やると、1年保つとのこと。
不思議だ~。

DSCF3475 (480x360)
こちらは実習の持ち帰り分です。
一人3本です。

DSCF3474 (480x360)
20人分以上のタレを一度に作ったので、写真ではちょっとわかりにくいですが、すごく大きなフライパンを使いました。

DSCF3476 (480x360)
量が多くて、なかなか沸騰しませんでした(笑)。

DSCF3477 (480x360)
ビニール袋の耐熱性が不安だったので、一旦ボウルでタレをかけ、、、

DSCF3485 (480x360)
少し冷めたらビニール袋に入れ替えました。
こちらが持ち帰り分です。

DSCF3580 (480x360)
こちらは先生があらかじめ作っておいたものです
汁の煮返しを2回やってから、一週間で食べられるとのこと。
丸ごと漬ける場合には、3日ではなく、一週間経ったら汁を再加熱し、さらにもう一度行って、一ヶ月後から食べられるそうです。

食べてみると、確かにキュウリの歯応えはそのままでした。
韓国版ピクルスという感じでしょうか。
ニンニクやショウガの風味がしっかりとしみて、美味しかったです。


【ナムル キンパプ】
DSCF3484 (480x360)
この日の習ったお料理はナムル キンパプです。

ナムルとは、野菜を茹でたり蒸したり焼いたりして味付けしたものです。
ナムルは2011年9月3日に習ったことがあります。

キンパプは、韓国版のり巻きです。
日本のものとは違い、酢飯ではありません。
2013年3月2日に習ったことがあります。

キンパプの具として、ゼンマイ・ダイコン・豆もやし・ほうれん草のナムルとそぼろを入れます。

この日はナムルとキンパプの両方が習えるので、或る意味、とってもお得です(笑)。

DSCF3478 (480x360)
材料は全て卓上にセットされています。
お料理は実習はせず、先生が作るのを見ています。

DSCF3483 (480x360)
ナムルはゼンマイ、ダイコン、豆もやし、ほうれん草の4種類ですが。時間短縮のため、ゼンマイとダイコンは既に作ったものを用意してありました。

キンパプの具に使う肉のそぼろもあらかじめ作ってありました。
牛ひき肉または豚肉を、醤油・酒・砂糖・ゴマ油・おろしニンニク・たっぷりの黒胡椒で炒めたものです。
焼肉のタレを使ってもいいそうです。

ダイコンナムルは、韓国語ではセンチェといい、日本でいうなますのようなものですが、日本ではナムルになっちゃっているとのこと(笑)。
ダイコンを塩もみしてからしっかり水切りした後、唐辛子粉、酢、砂糖、おろしニンニク、ゴマ油、すりゴマ、塩を加えたものです。
水が出るので、しっかり絞ってから使います。

ゼンマイのナムルは、水煮したゼンマイを醤油・ゴマ油・砂糖・牛だしの素・おろしニンニク・すりゴマで味付けしてしばらく置き、その後炒めます。
柔らかくする場合には、水を少し入れて長めに炒めると良いとのこと。
牛だしの素はコンソメでもオッケーです。
味付けは焼肉のタレでやってもいいそうです。

DSCF3479 (480x360)
豆もやしのナムルを作ります。

DSCF3480 (480x360)
豆もやしや茹でて水をしっかり切って、味付けをします。
豆臭さを出さないため、沸騰したお湯で茹でるか、水から茹でる場合にはフタをするといいそうです。

DSCF3490 (480x360)
もやしに味付けをします。
牛だしの素、すりゴマ、ゴマ油、おろしニンニク、塩を加え、混ぜ合わせます。

DSCF3494 (480x360)
万能ネギは彩りとして使います。
ナムルの時には使いますが、キンパプには不要とのこと。

DSCF3498 (480x360)
2センチの長さに切ります。

DSCF3497 (480x360)
ナムルとして食べる場合には、小口切りにした万能ネギを加え、彩りをよくするといいとのこと。

DSCF3482 (480x360)
次に、ほうれん草のナムルを作ります。

DSCF3487 (480x360)
ほうれん草は長いまま塩を加えたお湯で茹でて、しっかり水切りをします。

DSCF3493 (480x360)
根っこは切り落とします。

DSCF3499 (480x360)
ナムルとして食べる場合には、こちらにも万能ネギを入れると良いとのこと。

DSCF3501 (480x360)
ほうれん草に醤油、ゴマ油、いりゴマ、牛ダシの素を加えて、しっかり混ぜ合わせます。

DSCF3500 (480x360)
ご飯は冷ましてから味付けをします。

DSCF3502 (480x360)
塩、いりゴマ、ゴマ油を加え、、、

DSCF3506 (480x360)
全体に味が行き渡るよう、しっかり混ぜ合わせます。
混ぜ合わせる時、粒を潰さないよう、縦に切るように混ぜるといいそうです。

DSCF3508 (480x360)
この味付けだけでも美味しいとのこと。

DSCF3516 (480x360)
この日、ぐるなびの取材があり、こんな感じでお料理教室の様子を撮影していました。

DSCF3512 (480x360)
簀の子にご飯を広げます。

DSCF3515 (480x360)
具をのせる前に先生がバシバシとご飯を叩いていて、一同呆然でした(笑)。

DSCF3518 (480x360)
隙間なくご飯を敷き詰めたら、、、

DSCF3524 (480x360)
色の配分などを考えて、具をのせます。
豆もやしのナムルをたっぷり入れると、シャキシャキした食感がいいとのことです。

DSCF3566 (480x360)
見た感じでは、これで巻けるかな?と心配するぐらい、具をモリモリにします。

DSCF3530 (480x360)
巻き簀を使ってしっかりと巻きます。

DSCF3569 (480x360)
ワタクシ、巻き簀を使ったことがないので、ちゃんと出来るかどうか、不安(汗)。

DSCF3568 (480x360)
かなりギューッと力を入れていました。

DSCF3531 (480x360)
端っこは具を押し込めます。

DSCF3536 (480x360)
完成!

DSCF3540 (480x360)
・・・と思いきや、まだ続きがあります。

DSCF3542 (480x360)
これは普通の海苔なので、ゴマ油を塗り、お好みで白胡麻をトッピングします。
ゴマ油を塗ると表面がピカピカ光るので、お店で売る時は必ずしっかり塗るとか。

DSCF3548 (480x360)
キンパプは食べやすいよう、一口大に切ります。
この時、海苔があるので、包丁は切れるものを。
一本で9個に切るとちょうど食べやすいとのこと。

DSCF3561 (480x360)
お皿に盛りつけて、本当に完成!

DSCF3555 (480x360)
先生の作った分量だけでは試食用に足りないので、上のレストランで作っていただきます。

でも、結構、レストランと先生のでは味が違うことが多いです(笑)。

DSCF3556 (480x360)
こちらはご飯とナムルの間に生野菜を入れています。

DSCF3575 (480x360)
いよいよ、お楽しみの試食の時間。

いただきま~す☆

DSCF3577 (480x360)
野菜が入っているので、中の味付けはしっかりしていますが、とてもサッパリしています。
美味しい~。
いくらでも食べられそう。

DSCF3579 (480x360)
先生が作ったものもいただきました。
作ってすぐのせいか、ご飯が柔らかで、ゴマ油の風味が強かったです。
具のナムルはしっかり味で、豆もやしのシャキシャキ感はとってもいいアクセントになっていました。


あっさりし過ぎることなく旨味が強く、シャキシャキ感など歯応えもよくて、韓国で何度かキンパプを食べたことがありますが、この日食べたのが一番美味しかったかも(笑)。
お弁当とかにもよさそうなので、初めて巻き簀を使ってキンパプを作ってみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日2015年11月7日
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日2014年11月1日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日2016年2月6日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日2016年1月23日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日2016年3月5日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日2014年4月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ(カッキムチ) (2010年2月20日2014年3月1日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日
たけのこの水キムチ (2014年7月5日
白菜と大根の水キムチ(醤油味)  (2014年9月6日
水キムチ (2015年10月17日
ポッサムキムチ (2015年1月17日
きゅうりの醤油漬 (2016年5月21日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
ごぼうチャプチェ  (2015年1月17日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
ナムル キンパプ  (2016年5月21日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)  (2014年7月5日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
ワインサムギョプサルとネギの和え物 (2014年4月5日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
スンチェマンドゥ (2014年2月5日
マチム (2014年3月1日
豚プルコギ (2014年9月6日
鶏プルコギ (2014年11月1日
カルビチム  (2015年10月17日
ゆで豚肉ポッサム (2015年11月7日
キムチぎょうざ (2016年1月23日
豚肉と古漬けキムチのチム (2016年2月6日
パチヂミ (2016年3月5日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

[きのこプルコギ鍋とキムチセット]
2015年12月27日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg





2016年5月21日訪問時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
定休日 なし
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2016/06/04 12:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ 四ッ谷バール  @四谷
5月以降、グーグルとFC2ブログの相性が悪くなったのか、書き込みがあり得ないぐらい遅くなってしまい、かなり四苦八苦しています。
パソコンを変えても状況は変わらないので、ホント時間がかかってしまって面倒です。
・・・と、読者様には全く関係ない愚痴でスミマセン。。。

みなさま、楽しい週末を☆

IMG_1548 (360x480)
2016年5月27日は週の最後の金曜日。
お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と外へランチを食べに出ました。
新店巡りをしてもよかったのですが、金曜日らしくちょっと華やかな食事をしたくて、久しぶりに「Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ 四ッ谷バール」に行くことに。

DSCF5004_20121020004000.jpg
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、かなり奥の右手に小島ビルがあり、お店はその1階です。
この界隈では珍しいウッディな建物はとても目立ちます。


地図です。

DSCF4092.jpg
こちらは以前撮影した写真です。

この場所には「グリル・カバナ」というお店がありましたが、同じしんみち通りにあって2007年7月11日に訪問した「サルサ・カバナ 四谷店」が2010年9月20日に閉店して2010年10月2日にこの場所に移転し、「Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ バール」という店名に変更してリニューアルオープンしたとのこと。
さらに、四谷三丁目にあった「サルサ・カバナ 四谷三丁目店」は新橋に移転し、2011年3月29日に「サルサ・カバナ セントロ」という店名でリニューアルオープンしたそうです。

DSCF1051 (480x360)
お店の前にはランチメニューも出ています。

IMG_1579 (480x480)
こちらも以前撮影した写真です。
帰りがけに見たところ、ランチメニューはディナーメニューに変更されていました。

DSCF4137_20130630092116.jpg
店内はそれ程広くはなく、左手に厨房とカウンター、右側にテーブル席が並んでいます。

DSCF8117_20130930083909c12.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
レジの近くにバカルディのロゴの入った小物が置いてありました。

DSCF8118_2013093008391230f.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
こんなものも作っているんですね~。

DSCF4146_20130630091820.jpg
天井には旗を張り巡らし、壁には小さなライトをつけていて、ピカピカと光っています。
カラフルな切り抜きのような旗?がカワイイです。

DSCF4147_20130630091823.jpg
前回このブログに記事をアップしたのは2014年1月30日のランチ訪問でした

DSCF4087.jpg
12時15分頃にお店に到着すると、店内は6割程の人の入り。
このところ、ランチはいつも満員御礼で2回ほど入れなかったのですが、この日は雨がちょうどお昼頃にあがっていたので、狙い目かな?思ってきてみたら、ドンピシャでした☆

DSCF4145_20130630095926.jpg
壁にはいろいろなお酒のポスターが貼られています。

DSCF4086.jpg
こちらはテキーラです。
メキシコ料理屋さんなので、種類が豊富。

厨房には男性シェフが一人、フロアは女性スタッフがお二人で切り盛りしています。
この日は何か事情があって、ランチの営業時間は12時半ラストオーダーとのことでした。

DSCF1004 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
私たちは右奥の4人用テーブルに着席。

以前は卓上に紙ナプキンとカトラリーセットが置いてありましたが、現在はセルフで取りに行くスタイルに変わっています。

DSCF4976_20121020004433.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ランチメニューの写真を撮り忘れてしまいましたが、2年ぐらい前から徐々にランチのシステムが変わり、現在はメインをタコスかブリトーのどちらかを選び、4・5種類あるソフトドリンクのどれかをチョイスします。

先輩がブリトー、私がタコスを注文しました。

IMG_1539 (360x480)
注文を終え、お料理を取りに行きます。
フロアの一番奥にお皿やカトラリーセットが置かれているスペースがあるので、ここからお皿を取って、お料理の所へ。

DSCF8085_20130930084141d09.jpg
こちらは紙ナプキンです。

IMG_1541 (360x480)
サラダです。
メインは千切りキャベツに出、それに青菜やニンジンなどが入っていました。

IMG_1540 (360x480)
ドレッシングは何種類かの中から選べます。
こちらにも2種類ぐらい野菜が置い