【移転】九段 斑鳩  @九段下
2016年5月18日追記

「斑鳩」は、ビルの老朽化によって2015年5月2日に閉店しました。

DSCF3225 (480x360)
2016年4月27日、市ヶ谷に移転してプレオープンし、2016年5月11日にランチ訪問しました

*******************************

今日は4月並の陽気になるとのことで、とっても楽しみです。
昨日の夜、帰りがちょっと遅かったのですが、気のせいかそれ程寒くなかったような。
花粉症の薬を飲んで、出社します(笑)。

本日はマイブログ圏外の九段下にある「斑鳩」のレポートです。

DSCF3177_20140221081101e10.jpg
2013年2月22日の夜は久しぶりに予定のない金曜日でしたが、週末を前にとてもご機嫌だったので、体重的にはあまり良い状態ではなかったのですが、ラーメンを食べに行っちゃいました。
せっかくの機会だし、ブログでも紹介するから有名店がいいなぁと多い、神楽坂にある「九段 斑鳩(いかるが)」へ。

DSCF3189_20140221081018fde.jpg
JR・地下鉄飯田橋駅の東口を出て、目白通りの左側を九段下方面に向かって進みます。
飯田橋一丁目交差点のある大通りを渡ったら左折して少し行くと、九段下ビルがあり、お店はその1階です。

飯田橋駅からだとちょっと離れていて、しかも、途中は飲食店があまりない場所も通るので、初めての人にはちょっと心配になるかも。

DSCF3191_201402210810206d9.jpg
2000年にオープンした「斑鳩」は、良質な素材を使った上質な魚介と動物のダブルスープの美味しさと、アパレル出身の店主さんのセンスによる当時はとても珍しかったオシャレな内装で都内屈指の行列店になり、今日まで高い人気を誇る名店です。
2011年、東京駅のラーメンストリートに東京駅支店がオープンしました。

DSCF3193.jpg
営業時間はこちらです。

私は何年前か思い出せないぐらいかなり昔に一度だけ訪問したことがあり、これが2度目の訪問です。

DSCF3192_20140221080950432.jpg
お店の外、入口の右側に券売機があり、先に食券を購入してから入店します。

DSCF3194_2014022108095497b.jpg
濃厚らー麺とかチーズガーリックまぜそばとか気になるメニューありましたが、この日はせっかくだったので、人気ナンバーワンの特製らー麺にしました。

DSCF3196_20140221080958e7f.jpg
期間限定メニューもありました。

DSCF3197_20140221080937317.jpg
床のデザインも何だかステキです。

私が入店する直前に女性二人組が来て、直後に4人組の学生さんがやってきました。

DSCF3173.jpg
6時15分頃入店。
意外なことに、店内はかなり空いていました。

DSCF3175_20140221081059c15.jpg
その後、続々と人が入って来て、あっと言う間に満席。
東京駅支店が出来て来客が減ったのかな~と一瞬思っちゃったのですが、単にラッキーなだけでした(汗)。
女性二人組、学生の集団、男性一人客、外国人と、幅広い客層です。

DSCF3172_20140221081123007.jpg
フロアはそれ程広くはなく、奥に向かって長方形にのびていて、右手に厨房、その前にカウンター、左にテーブル席が並んでいます。

一人なので、店員さんからカウンターを奥から詰めるように言われ、左端に着席。

DSCF3171_201402210811210b1.jpg
カウンターからは同じ高さの調理場がとてもよく見えて、ラーメンを作っている様子を見渡せます。
厨房には男性店員さん二人、フロアが男性店員さん一人で、三人でお店を切り盛りしていました。

DSCF3168_2014022108111553a.jpg
テーブルの下には荷物入れの大きなカゴが置いてあります。

DSCF3169_2014022108111708a.jpg
卓上には、割り箸、レンゲ、お水の入ったポット、グラス、各種調味料、爪楊枝などが置かれています。

DSCF3170_201402210811191f2.jpg
お水はセルフサービスです。
種類の豊富でオシャレなグラスを選ぶのも楽しいです。

DSCF3174_201402210810573a8.jpg
レンゲにはオシャレな布がかぶせてありました。
こういう気配りが人気の秘密なんでしょうね。


特製らー麺 (880円)
DSCF3177_20140221081101e10.jpg
それ程待たずに、らー麺が登場。
白い器に青の唐草模様?が描かれた器で、白っぽいスープに海苔、味玉、水菜、チャーシューがのせてあります。
お魚のいい香りが漂います。

このところずっと食べたくてラーメン本の写真を眺めていたせいか、イメージよりも立体感があまりなかったです。
ただ、よく見れば鮮やかな半熟卵や表面を覆うチャーシューなどなど、麺が見えないほど豪華でした。

DSCF3182_201402210810375e8.jpg
海苔は1枚です。
小さめな四角に切ったものでした。

DSCF3180_20140221081032a25.jpg
彩りの水菜は、ほんの少し。

DSCF3179_201402210811041c0.jpg
煮玉子はあらかじめ半分に切ってあるので、ビジュアルが抜群です。

DSCF3181.jpg
チャーシューは、見た目からして、とっても美味しそう!
すごく大きなサイズのものが3枚も入っています。

DSCF3183_20140221081039db8.jpg
まずはスープを一口。
温くはありませんが、熱々でもないです。
2012年2月5日にランチ訪問した「渡なべ」に初めて行った時もそうだったんですが、以前食べたときはこの温度が少し低めで個人的にはちょっと残念でしたが、この日はそれ程でもありませんでした。
濃度が高くてトロミがあり、滑らかな舌触りですが、しっかり味で美味しかったです。

DSCF3184.jpg
麺は白っぽい細麺のストレートで、ちょっと柔らかめです。
かなり熱々で、猫舌の私にはびっくりするぐらいでした。
ボリュームは普通です。

DSCF3185_201402210810110c7.jpg
お肉を切った断面のロゼっぽい赤みが食欲をすごくそそります。
赤身なのでしょうか、薄めに切ってありますが、歯ごたえがよく、噛み締めてお肉の味を堪能できました。

DSCF3187_20140221081013419.jpg
黄身は半熟で、かなりトロトロです。
少し甘みがあり、ねっとりとした食感がたまりません。

DSCF3188.jpg
メンマは他のトッピングに隠れていましたが、かなりたくさん入っていました。
幅広くてしゃきしゃきとした食感で、味付けは優しめです。


スープも全て美味しくいただいきました。
全体のボリュームは普通です。
オープンから10年以上が過ぎて、今となってはすごく目新しい味わいという訳ではありませんが、幅広い人から愛されるとてもバランスが良くて食べやすい上質なラーメンだなと思いました。


2013年2月22日訪問時お店DATA
****************************
九段 斑鳩 (いかるが)
〒102-0073 
東京都千代田区九段北1-9-12 九段下ビル1階
TEL 03-3239-2622
営業時間 
[平日] 11:00~15:00 17:00~21:30
[土曜] 11:00~21:30
定休日 日曜日
地下鉄九段下駅から徒歩3分
JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩7分
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2014/02/25 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<重慶府 新橋店  @新橋 | ホーム | ティーヌン 市ヶ谷店  @市ヶ谷>>
コメント
お、有名店ですな
定期の途中だし丁度乗り換え駅だし
一回行ってみるべきと思いつつ
なんとなくスルーしてたのですが
九段って言ってもだいぶ飯田橋よりなのですな
カップ麺も出てたのにそれもスルーしちゃってるので
一度行ってみないとですな
【2014/02/25 14:11】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
あまりにもメジャー過ぎてスルーしてしまう、、、
ということもありますよね~。
今となっては個性的な新しい味わいというよりは、
上質な安定した美味しさとなっているから、
お出かけするにはもう一つインパクトが必要かもしれません。
【2014/03/03 11:04】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/1716-8c5fbeae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる