四谷菊正  @四谷
昨日は日中、だいぶ気温が上がりましたね~。
朝、会社に向かうときはけっこう寒くて、「天気予報と全然違う!」と思っていたのですが、ランチを食べに出る頃にはかなりポカポカと暖かでした。
春が近づいていることを実感できましたが、残業していたので帰り頃には寒さが戻っていました(泣)。

DSCF4137_20140307231622e63.jpg
2013年3月5日は事務所に3週間来ていただいていた学生さんの最終日でした。
前日に御徒町のステーキ屋さん「鷹」で盛大な?送別会をしたのですが、上司が最終日の今日も軽くやろうということになり、この日の夜、しんみち通りにある「四谷菊正(よつやきくまさ)」へ行きました。

DSCF4174_20140307224833987.jpg
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの奥の左手に仲沢ビルがあり、お店は地下1階にあります。
夜営業のみの店なので、ちょっと気付きにくいかも。

DSCF4115_2014030723185379f.jpg
細い階段を降りて入店します。
フロアは結構広く、右手に厨房とカウンターがあり、奥にテーブル席が並んでいました。

内装は古き良き昭和時代を彷彿とさせるような、やや古めかしく落ち着いた雰囲気です。

DSCF4114_20140307231851bc0.jpg
旦那様がお料理を、奥様が接客を担当しています。
先客は一組、後客も一組でした。

DSCF4111_2014030723191570e.jpg
私たちは一番奥のテーブル席に通されました。
予約をしていたので、卓上には予約席の札が置いてありました。

DSCF4110_20140307231914a80.jpg
卓上にはお醤油、七味唐辛子、爪楊枝などが並んでします。
灰皿もあるので、喫煙はオッケーです。

上司は以前この近くで働いていたご友人のお気に入りとしてこちらのお店の紹介を受け、それ以来時々通っているお店です。
私もずいぶん前に一度上司に連れられて来たことがあります。

DSCF4108_201403072319102c5.jpg
あらかじめ、お箸とお通しがセットされていました。


お通し
DSCF4109_201403072319129a2.jpg
お通しは小さな器に入っていました。
もやしのナムルです。


生ビール (520円)
DSCF4112_201403072319178f2.jpg
まずは生ビールで乾杯!
この日が本当に最終日(笑)。
学生さん、お疲れ様でした。


ウーロン茶 (?円)
DSCF4113_20140307231849832.jpg
お酒の飲めない先輩はウーロン茶でご相伴。

注文はお店の常連である上司にお任せです。
ご夫婦お二人でやっているので、サービスはゆっくり目。
おしゃべりしたり、店内にはテレビが設置してあるので、それを見たりしてのんびり待ちました。


お通し?煮物盛り合わせ? (?円)
DSCF4116_20140307231855651.jpg
最初に細長いお皿にいろいろと盛られたお料理が出てきました。
お通しなのか、盛り合わせなのかちょっとよくわかりませんが、これがこのお店のスタイルで、一人一皿ずつ出てきます。
この豪華なスタイルが上司はとてもお気に入りとのこと。

DSCF4117_20140307231857e2c.jpg
ダイコンとイカの煮物。
ダイコンにはしっかりと味がしみていました。

DSCF4118_20140307231759662.jpg
ゴボウ?、里芋の煮物。
彩りの絹さやです。

DSCF4119_20140307231802082.jpg
コンニャクとレンコンの煮物。
コンニャクはお正月の煮染めのようにねじってあります。

DSCF4120_20140307231804238.jpg
卵焼き。
確か、甘かったような気がします。

DSCF4121_20140307231806698.jpg
ガンモと切り昆布の煮物です。


酎ハイ (420円)
DSCF4127_20140307231738f94.jpg
ビールを飲み終え、サワーをいただきました。
サワーと酎ハイの差がわからなかったので、酎ハイだとレモンの櫛切りが入っているんじゃないかと思い、酎ハイを注文しましたが、何も入っていませんでした。

煮物の次に、串焼きを注文。
壁にもつ焼きの部位についての表が貼ってあったので、レアな部位などいろいろ取り揃えているのかとみんなでちょっと期待したのですが、現在取り扱っているのはメニューに記載のある7種類程とのことで、。ちょっと残念。
それぞれ好きな部位を注文しました。


れば (150円×3本=450円)
DSCF4128_2014030723165149e.jpg
レバです。
辛子が添えられていました。

DSCF4130_2014030723165522b.jpg
タレでいただきました。

DSCF4131.jpg
とても大ぶりです。

DSCF4133_20140307231700c9c.jpg
串焼きがどんどん焼き上がってきました。

DSCF4134_201403072317020c7.jpg
私が注文したのは、、、、タンとハツ、、、だったかな?
メモが無く、記憶が不確かですみません(汗)。


お刺身2種 (?円)
DSCF4136_20140307231620d5b.jpg
お刺身が2種類盛り合わせで出てきました。
〆鯖とコハダです。

DSCF4137_20140307231622e63.jpg
コハダです。
どちらもピカピカと光っていて見るからに新鮮でした。

DSCF4138_20140307231624e0d.jpg
〆鯖です。
とっても美味しかったです。
この日のお料理の中では一番気に入ったかも。


つくね (200円×3本=600円)
DSCF4140_20140307231627c3f.jpg
つくねです。
タレ味で、カラシを添えていただきました。

DSCF4142_201403072316290dc.jpg
かなり大きなサイズです。

串焼きは全体的に、サイズは大きいものの、お肉の旨みは薄かったように思います。


たたみいわし (520円)
DSCF4143_20140307231547b9a.jpg
先輩が大好きとのことで、たたみいわしを注文。
ほんのりと塩味があって、ぱりっとした食感で、私も大好きです。


うるめ (520円)
DSCF4145_20140307231552fad.jpg
うるめはサイズにばらつきが結構ありました。
こんがりと焼かれていて、お酒のアテにぴったり。


イカのげそ焼き (?円)
DSCF4146_201403072315551b3.jpg
イカのげそを焼いたものをいただきました。
カラシが添えられています。

DSCF4147_201403072315572c7.jpg
身はプリッと柔らかく、表面はパリッと焼いてありました。


日本酒 (?円)
DSCF4148_20140307231559443.jpg
焼酎を飲み終え、日本酒をいただきました。
この日はほとんどメモをとっていなかったのと、記憶が不確かなのではっきりしませんが、確か真澄の純米か、浦霞の純米だと思います。
スッキリと飲めて、お料理とよく合いました。
でも、今思えば、店名になっている菊正を飲めば良かったかなと、ちょっと反省です。


煮込み (630円)
DSCF4151_2014030722491536d.jpg
煮込みは小さめな土鍋に入って出てきました。
たっぷりのお肉にお豆腐、卵が入っています。

DSCF4153_20140307224919247.jpg
薬味のネギとカラシは別皿で出てきました。

DSCF4173_201403072248310e3.jpg
煮込みの土鍋の下に敷かれた土台はカワイイ猫ちゃんでした。
私も欲しいなぁ。

DSCF4152_20140307224917292.jpg
卵はしっかり固ゆでです。
白身には味がしみていました。
どういうわけか、白身の部分が二重になっています。
写真だけ見ると、何か外側の皮の中に固ゆで卵が入っているみたい。

DSCF4158_201403081131575dd.jpg
こちらの煮込み、スープには旨みがたっぷりと感じられて、と~っても美味しかったです。
この日はお刺身とこの煮込みが一番好みでした。


ぬた (?円)
DSCF4155_201403072249225e6.jpg
Oさんと先輩が好きとのことで、ぬたを注文。

DSCF4156_20140307224924ff9.jpg
ワケギ、ワカメ、海老、柚子の皮が入っていました。

DSCF4161_2014030811320156d.jpg
さっぱり味です。


お新香 (?円)
DSCF4165_20140307224848be4.jpg
お新香はキュウリ、白菜、青菜の3種盛りでした。


芋焼酎 風憚 水割り (500円)
DSCF4169_20140307224853485.jpg
芋焼酎の中で、唯一知らない銘柄の風憚を水割りでお願いしました。
女将さんが「美味しいですよ~。」とおっしゃっていたとおり、ふんわりとした芋の風味とほんのりとした甘みがあって美味しかったです。


焼きおにぎり (?円)
DSCF4166_201403072248505bd.jpg
最後に〆として、焼きおにぎりとお味噌汁といただきました。

DSCF4167_20140307224852818.jpg
焼きおにぎりは表面がこんがりと茶色く焼かれていて、とっても美味しそう。

DSCF4170_20140307224855376.jpg
表面はパリパリとした食感で、香ばしかったです。


お味噌汁 (?円)
DSCF4172_20140307224829f5d.jpg
お味噌汁には、大胆にカットされたおおぶりのお豆腐とたっぷりのネギが入っていました。


この日のお会計は5人で2万円、一人当たり5,000円でした。
お値段の付け方がややアバウトなのが心配でしたが、お手頃なお値段でした。
二日にわたる送別会も、これにて無事終了。


フードメニューです↓
DSCF4122_20140307231808773.jpg

DSCF4123_201403072317303b8.jpg


ドリンクメニューです↓
DSCF4124_2014030723173295a.jpg

DSCF4125_201403072317348dc.jpg

DSCF4126_2014030723173632c.jpg


2013年3月5日訪問時お店DATA
*******************************
四谷菊正 (よつやきくまさ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-19 仲沢ビル地下1階
電話&FAX 03-3351-0035
営業時間 17:30~23:30       
定休日 土・日・祝
東京メトロ南北線四ツ谷駅2番出口から徒歩2分
丸の内線四ツ谷駅赤坂口から徒歩3分
JR四ツ谷駅から徒歩4分
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2014/03/13 05:00】 | 和風居酒屋 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<カフェ・ド・クリエ 四ッ谷  @四谷 | ホーム | Tex-MexGrill&Bar サルサ・カバナ 四ッ谷バール  @四谷>>
コメント
お通しが八寸スタイルで出てくるお店って
ちょっと華やいだ気分になっていいですな
閉店しちゃった湯島の花ふぶきがそんな感じでした
しかし、こはだがぴっかぴかですな
こはだ好きとしては見逃せないぽいんと
焼きおにぎり久しく食べてない
一時、飲んだ時の〆の定番だったんですがね
ぬたとかお新香とかことごとく
サイドのメニューが美味しそうなお店ね~
【2014/03/13 12:00】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
一番最初に出てくるお通しが凝っていると、
いいお店だなぇと思っちゃいますよね。
お通しが美味しいお店って、お料理も美味しいことがほとんどです。
神泉にある「ぽつらぽつら」っていうお店は、
お通しに8品出てくるので、と~っても豪華でした。
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13098453/
【2014/03/17 14:46】 URL | なお #-[ 編集]
お通しもお金取ってるんだから
しかも問答無用で出てくることを思うと
殆どのお店でもっと力を入れて欲しいですね
何種類かのお通しの中から選べるお店なんかもありますね
同伴者が好き嫌い多いとどれも選べなかった時とかもありますが
そういうこともあるので選べるようにしてるお店は
もう一声、魚、肉、野菜の三種類くらいで選べるようにすると
だいたい、苦手な物を避けることができるような気がします
【2014/03/17 16:29】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
お通しの強制については、よく議論になりますよね。
改めて考えると、不思議な慣習ではあります。
チェーン店なんかだと、拒否する人もいるし。
デフレで客単価が下がり続けているから、
飲み代が3000円のときにお通しが300円だとすると1割ですから、
大きいですよね~。
それなのに、見るからに業務用のお総菜の袋から出してきただけ、
っていうのはガッカリしちゃいます(笑)。
【2014/03/18 09:37】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/1743-df0ff8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる