ベトナムサイゴン料理 ティン・フック  @四谷三丁目
この週末はお天気に恵まれましたが、みなさま、楽しく過ごされたでしょうか。
私は実家の庭の草取りをしたのですが、作業自体は1時間半ぐらいだったものの、次の日の筋肉痛は半端なかったです(汗)。
どくだみを100本ぐらい引っこ抜いたのは、人生で初めての経験でした(笑)。

DSCF6203 (480x360)
2013年4月20日は、2013年上半期の最初の「妻家房」のキムチ教室でした。
教室が始まる前にいつもランチとして四谷三丁目のラーメン屋さん巡りをしていますが、このところ、気になるお店はほとんど行ってしまっていて、思いつくお店がない!
せっかくなのでラーメンに限らず、人気のランチを食べてみようと思い、前回のキムチ教室のときは、「峨眉山」へ行ってみたのですが、この日は食べログを検索したときに出てきたもう一つの四川料理の人気店の「蜀郷香」というお店に行ってみました。
土曜日はランチはなく、アラカルトだけの対応との情報でしたが、お店は何故か営業していませんでした(泣)。
他のお店の候補を考えていなかったし、時間もあまりなかったのでちょっと焦りましたが、以前から気になっていたヴェトナム料理の「ティン・フック」が「妻家房」からも近いことを思い出し、行ってみることにしました。

DSCF6216 (480x360)
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅の四谷三丁目駅の2番出口を出たら、新宿通りを新宿方面に向かいます。
通りを一つ越え、幾つか先に光徳ビルがあり、お店はその2階です。

DSCF6215 (480x360)
「ティンフック」はベトナム料理店の結構老舗ではないでしょうか。
私が現在働く事務所は以前四谷三丁目にあったのですが、それ以前から雑誌か何かで紹介されていたのでお店のことを知っていました。

DSCF6182 (480x360)
新宿通り沿いには小さなランチの看板が出ています。

DSCF6183 (480x360)
こちらはディナー用でしょうか。
ビルの前にも看板が2つありました。

DSCF6184 (480x360)
古めかしいビルに入り、細い階段を上がって2階へ。

DSCF6185 (480x360)
2階に上がると、ベトナムらしく(?)とっても華やかな装飾が施されていました。

DSCF6186 (480x360)
お店の入口です。

DSCF6191 (480x360)
入店してみると、右手に厨房があり、テーブル席がたくさん並んでいました。
フロアは意外と広かったです。

DSCF6211 (480x360)
店内にもいろいろ民族的なものが飾られています。

午後1時20分ぐらいでしたが、先客は2組のみ。
あとから1・2組入ってきたと思います。
他のお客さんは常連さんだったようで、厨房のおばさまとおしゃべりしていました。

DSCF6187 (480x360)
ヴェトナムの方なのでしょうか、店員さんは若くて細身のイケメン君です。
「どこでもどうぞ~。」と言われ、一番奥の四人用席に贅沢に着席。

すぐにお水とおしぼりを出してくれました。

店員さんはフロアにこちらの男性一人と、厨房におばさま一人だったようです。
親子?

DSCF6188 (480x360)
卓上にはドリンクメニュー、箸箱、薬味が置いてありました。

DSCF6189 (480x360)
箸箱と調味料入れは?はヴェトナムのものでしょうか、とってもステキ。

DSCF6200 (480x360)
フタを開けるとこんな感じです。

DSCF6195 (480x360)
結局使わなかったので、この中に何が入っていたのかは、わからず終いです。

DSCF6194 (480x360)
カレーメニューがあるせいか、福神漬けが置いてありました。

DSCF6190 (480x360)
ランチメニューは卓上にはなく、お店の黒板にだけ書かれています。
550円か650円と、とってもお安いです。

ずいぶん前に見た食べログでは確か鳥カレーが人気だった記憶がありましたが、せっかくヴェトナム料理屋さんに来たので、鳥のフォーをチョイス。
プラス200円で生春巻とドリンクをセットしました。

DSCF6192 (480x360)
ドリンクメニューのみ、卓上に置いてあります。

DSCF6193 (480x360)
基本的に何でもありますが、もちろん、ベトナムのお酒やお茶もありました。


生春巻 (+200円セット:ドリンクとセット)
DSCF6196 (480x360)
最初に生春巻が出てきました。

DSCF6198 (480x360)
まるまる一本分です。

DSCF6199 (480x360)
ニラが飛び出しているのがカワイイ。

これは手で行っちゃってもいいのか?と少し悩みましたが、結局お箸でいただきました(笑)。

DSCF6197 (480x360)
小皿にチリソースが入っていました。

DSCF6202 (480x360)
皮はちょっとかたさが残る感じで逆に食感があってよかったです。
中にはたっぷりの春雨、レタス、ニラ、海老、キュウリ、お肉?が入っていました。
チリソースの甘辛いタレをたっぷりつけていただきました。
とってもさっぱり味です。


鳥のフォー (650円)
DSCF6203 (480x360)
生春巻きを食べ終わった頃に、鳥のフォーが登場。
器がとっても大きい!
ダブルソーサーになっていました。

DSCF6204 (480x360)
透明なスープにたっぷりの白い麺が入っていて、鶏肉、小ネギがトッピングしてありました。

DSCF6205 (480x360)
赤いタレを回しかけてあります。
白、緑、赤と彩りもキレイ。

DSCF6206 (480x360)
一口大に切ってある鶏肉はとても柔らかでした。

DSCF6207 (480x360)
まずは透明なスープを一口。
しっかりとダシが利いていて、旨みたっぷりで美味しい!
とっても美味しくて、結局たっぷりあったスープを全部飲み干しちゃいました。
ただ、スプーンの凹みがあまりないタイプだったので、スープを飲むにはもうちょっと深みのある方が使いやすいかも。

DSCF6210 (480x360)
白い麺はボリュームたっぷり。
ちょっと四角くて、平たい感じの麺です。
つるっとした食感でした。

少し食べてから、赤いタレを溶かし込んで食べてみました。
このタレは少し甘みがあるものの、辛さもかなりあって、とっても美味しかったです。
辛いものが大好きな私としては、もっとたっぷりかけたかったかも。


パッションフルーツジュース (+200円セット:生春巻とセット)
DSCF6212 (480x360)
全てお料理を食べ終えてから、店員さんがドリンクを持って来てくれました。

7種類あるソフトドリンクから、パッションフルーツジュースをチョイス。
黒板にはあった「ハッションフルツ」という表記がカワイイ(笑)。

DSCF6213 (480x360)
ジュースはかなり薄かったですが、甘酸っぱかったです。


美味しくてボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。
お値段も安くて、他のメニューもいろいろ食べてみたいです。
後日先輩に話をしたら、「鳥カレーもすっごく美味しいですよ!」と言われたので、絶対食べなきゃ!


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のランチです↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

ラーメン むろや (2007年9月1日
らぁめん 赤道 (2007年10月20日
【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
ラーメン 大陸 (2008年1月19日
【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
めん屋 いなば (2008年5月10日
【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
まるいち (2008年9月6日
北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
中華料理 宝来 (2009年5月16日
麺匠 克味 (2009年6月20日
一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
麺や 樽 (2010年9月4日
【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日
雲南米線 (2012年9月1日
濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
自家製麺 GACHI (2013年10月5日
麺匠 三はし (2013年11月16日
北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
中国料理 峨眉山 (2013年3月2日

◎ラーメン以外

ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年4月20日訪問時お店DATA
*****************************
ベトナムサイゴン料理 ティン・フック 
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3-11 光徳ビル2階
電話 03-3358-6617
営業時間 
[平日] 11:00~15:00 17:00~23:00
[土祝] 11:00~23:00
定休日 日曜日
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅2番出口から徒歩2分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/05/12 05:00】 | エスニック | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目 | ホーム | 産地直送! 海鮮居酒屋 浜焼太郎 麹町店  @麹町>>
コメント
タイフェスがてっきり10-11でやってるかと思いつつ忘れてて
日曜の昼過ぎにふと、今タイフェス?もう遅いか~とか思ったら
17-18なのね
でも毎年すごく混むので今年もパスかまたは一人で偵察かな
翌週の24-25のラオスフェスが期待かも
タイフェスの喧騒がうそのように空いてた
食べ物もタイフェスにほぼ準じてる感じ
ラオス料理専門店なんてこのなんでもある東京中探しても
何軒あるかだもんね
ベトナムフェスはずっと離れて9月で
毎年メキシコフェスと被っちゃうのよね
いや、土曜お台場行って日曜代々木で分ければ
別に両方行けるっちゃー行けるんですがね
今、スケジュール見たらスリランカも9月なのね
昔は梅雨時にやってて一人で雨中に行って
傘差しながら立ったままカレー食べながらビール飲んで
これ何の苦行?とか思ったものだ
ビール飲んで苦行も無いもんだが
【2014/05/12 10:00】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
屋外イベントは天候に左右されるから、
開催時期が重なることが多いですよね~。
特に春。
傘さしてカレー食べてビールを飲むなんて、
人間業じゃありません(笑)。

ラオス料理って、私にとっては全く未知数です。
どんな感じなんだろう?
【2014/05/13 06:25】 URL | なお #-[ 編集]
ラオス料理はタイ料理にそっくりですが
海に面してない内陸国なので魚介を減らした感じ?
なのでラオスフェスはタイ料理の屋台が二週続けてそのまま残ってる感じです
当然料理はラオス風にアレンジされてると思いますが
【2014/05/13 10:20】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
ラオス料理は、タイ料理からお魚系を少なくしたものですか。
なるほど。内陸ですもんね~。
できれば、同じ料理でタイ風とラオス風を食べ比べてみたいかも(笑)。
【2014/05/20 05:27】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/1780-b41c5c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる