Rossi  @麹町
このところ姿を見かけなかった「クルージングダイナー」ですが、先週から場所を変えて復活していました。
買いに行った先輩の話では、ヤマト宅急便の前だと集客がイマイチだったので、逆サイドの市ヶ谷寄りの現在の場所にしてみたとのこと。
最近、テイクアウトで普通のカレーが食べられるところが少ないので、戻ってきてくれてよかったです。

DSCF8563 (480x360)
2013年6月6日は、上司のお誕生日のお祝いでちょっと贅沢ランチをしました。
この頃少し仕事が忙しかったので、お誕生日当日は都合がつかなかったのですが、2013年5月29日にランチ訪問した「Rossi(ろっし)」がなかなかよかったので、事務所からもそれ程遠くないし、予約して行ってみることに。

DSCF8309.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から、日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かって交差点を2つ越えてしばらく進み、コンビニのファミリーマートを過ぎたところで右に曲がると、ちょっとした広場というかスペースがあり、その周囲にたくさんの飲食店があります。

DSCF8167_20130614214143.jpg
一番奥の左に三井ビルがあり、このビルには、
1階には、2008年7月29日にランチ訪問した「ちょっとら」、
2階には、2008年2月7日2008年2月8日2008年8月8日2009年3月6日2009年11月2日2012年10月10日にランチ訪問した「根本」、
があります。

この左隣には2011年5月23日2013年4月4日にランチ訪問した「イチ」があります。

DSCF8168_20130614214148.jpg
「ロッシ」は2011年9月20日にオープンしたのですが、場所が奥まっていたことと、当初は夜営業のみだったことから、私がお店のことを知ったのは高田馬場の美容院で読んでいた情報誌からでした(笑)。

DSCF8171_20130614214037.jpg
2013年の4月下旬か5月初め頃に通りかかったとき、ランチを始めたのに気付きました。
営業時間は火曜日から木曜日の週3日で、時間も12時オープン、午後1時30分ラストオーダーと、なかなか外へランチに出られない私にとってはかなりハードルが高いです。

DSCF8165_20130614214130.jpg
三井ビルはかなり古めかしいビルです。
やや暗くて細い階段を降りて地下へ。

このビルは「根本」へ行くときに使っていましたが、地下に以前どんなお店があったのか、全く記憶がありません(汗)。

DSCF8166_20130614214138.jpg
お店の入口の前の踊り場にはワインなどが飾られています。

こちらのお店のランチは少し遅めの12時スタートです。
先輩が予約を取るとき、実はそのことを知っていたのですが、午後に予定が入っていたのと、ゆっくり食事を楽しみたいと思って敢えて11時半で予約をお願いしました。
その時はすんなり予約が通ったのですが、しばらくすると、お店から折り返しの電話があり、「ランチは12時からなので、、、」ということで、残念ながら12時からになりました(笑)。

DSCF8128_20130614214504.jpg
小さな入口を通って中に入ると、右手にカウンターと厨房とテーブル席、左に半個室っぽくなった場所にテーブル席が2つ並んでいました。

DSCF8125_20130614214556.jpg
木目調でダークトーンにまとめられたシックな内装は、とても落ち着いた雰囲気です。
日光が入らない上に照明もかなり抑えているので、ディナーに来たような感覚になりました。

DSCF8124_20130614214554.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
カウンター席からはシェフがお料理をしているところがよく見えます。
厨房に二人、フロアに一人、合計三人の男性で切り盛りしています。

DSCF8127_20130614214501.jpg
作り置きはせず、注文が入ってから全て切り分けるようで、シェフはいろいろな食材をどんどん切ってお皿に盛りつけていきます。

実はこの「ロッシ」というお店は、名刺を見ると「since 1993」となっています。
オーナーシェフの岡谷文雄氏は1993年に六本木で「ロッシ」をオープンし、1999年に閉店した後は表参道の「フェリチタ」というお店でシェフを勤め、2011年にこの地で「ロッシ」を再オープンしたとのことです。

DSCF8164_20130614214226.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ランチメニューは1,300円、2,500円、3,800円と、ちょっとというか、結構お高めです。
こちらは外に出ていたメニューです。

ランチは3種類ありますが、この日はちょっと贅沢をして真ん中のPranzoB(2,500円)のコースにしてみました。
前菜盛り合わせとサラダ、本日のパスタ、岩手県岩中豚のロースト ローズマリー風味、デザート、コーヒーです。

本日のパスタは冷たいものと温かいものが1種類ずつあって、店員さんが口頭で説明してくれます。
冷たいものが野菜とバジルのスパゲッティ、温かいのが短角牛のラグーソーススパゲッティでした。
私以外の3人は冷たいものを、私は温かいのをチョイス。

DSCF8516 (480x360)
入店し、予約したことを告げると、一番奥の4人用テーブル席に通されました。
てっきり手前のちょっと個室っぽくなったテーブル席かと思っていたのですが。。。

DSCF8518 (480x360)
壁にはお酒がずらりと並んでいました。

この席は前回のカウンターに比べると照明の関係で、写真が黄色く写ってしまい、残念。

DSCF8519 (480x360)
お水のグラスはワイングラスです。

DSCF8522 (480x360)
この雰囲気だと、お水じゃなくて、ワインが飲みたくなっちゃいます(笑)。

せっかく豪華なランチをセッティングしたのに、この日の上司はひどい二日酔いでした。
こんな日に限って、なんでまた!
ブログを始めるよりもずっと前に「グローブ・デュ・モンド」でバースデイランチをしたときもそうでした。
まったく!!


前菜盛り合わせとサラダ
DSCF8526 (480x360)
まずは、ワンプレートの前菜盛り合わせとサラダが出てきました。
白い大きな平皿にたくさんの前菜が並び、奥にサラダが添えられています。
一つ一つは小さいですが、とってもゴージャス!

DSCF8527 (480x360)
わずか8日前にもランチ訪問していたので、同じメニューもたくさんありました。
ただ、ランクが上がったせいか、種類が多いです。

DSCF8532 (480x360)
ゴージャスな前菜を見た上司は「すごいな! ワインでも飲もう!」と言い出しました。
こちらもちの会計だったので、上司以外の3人は軽くかたまっちゃいました(汗)。
Oさんはすぐに「ちょっと疲れているので。」と断ったので、先輩はお酒が飲めないし、ここで私も断ったら上司が浮いちゃうなと思い、私がご相伴することになりました。


グラス白ワイン (800円)
DSCF8537 (480x360)
シチリア島の白ワインでした。
あっさりとしていて軽い酸味があり、飲みやすかったです。

DSCF8536 (480x360)
次にパンが出てきました。
2種類あります。これで4人分です。

上のバケットはかなり黒っぽい色合いです。
しっかりとした歯応えで、そのまま食べても噛みしめると旨みがありました。

DSCF8546 (480x360)
下にあるもう一つはパンは、パンというのとは少し違う、ぺたんこのパリッとしたものです。
そのまま食べても薄い塩味がありました。
見たことのないパン?で面白かったです。

DSCF8540 (480x360)
野菜のバーニャカウダです。
カブ、ニンジン、チンゲンサイ?などなど。
お野菜はかために茹でられていて、歯応えを楽しめました。
バーニャカウダそのものはあっさり目です。

DSCF8529 (480x360)
鯖のマリネは程よい酢加減で、身がしっとり。

DSCF8530 (480x360)
白身魚のカルパッチョ?
少し甘いトッピングがのせてありました。

DSCF8538 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
パテ・ド・カンパーニュはかなり柔らかく、フォークを使うとホロホロと崩れるぐらいです。
あっさり目の味わいでした。

DSCF8539 (480x360)
こちらと、、、

DSCF8543 (480x360)
こちらは生ハムで、何かが違ったような?

小さなサイズですが、しっとりと柔らかく、味がしっかりしていました。
脂がとろけて、ワインにとってもあいます。

DSCF8542 (480x360)
短角牛?のカルパッチョ

DSCF8544 (480x360)
写真がピンぼけですみません(汗)。
こちらは前回も食べましたが、何のお料理かはよくわかりませんが、ジャガイモベースのお味でした。


本日のパスタ(冷) 野菜とバジルのスパゲッティ
DSCF8548 (480x360)
白くて丸い大きなお皿は真ん中が窪んでいて、スパゲッティが立体的に盛りつけてありました。

DSCF8549 (480x360)
お野菜たっぷりで、トマトの赤、ブロッコリーの緑と色鮮やかです。


本日のパスタ(温) 短角牛のラグーソーススパゲッティ
DSCF8550 (480x360)
冷たいパスタと同じく、真ん中が窪んでいる、白くて丸い大きなお皿に盛られていましたが、こちらの盛り付けはそれ程立体的ではありません。

DSCF8551 (480x360)
最初からチーズがかかっていました。
パスタは茹でたて熱々です。

DSCF8552 (480x360)
お肉は粗めのカットで、意外とあっさりした味わいでした。
ボリュームはそれ程多くありません。

DSCF8558 (480x360)
ぺったんこのパンにミートソースをのっけて食べてみました。


メイン 岩手県岩中豚のロースト ローズマリー風味
DSCF8559 (480x360)
白くて丸い大きなお皿の中央にお肉がのせられ、上にサラダが添えられています。

DSCF8563 (480x360)
お肉は二切れもありました。

お肉になったからか、店員さんが上司にすかさず「赤もいかがですか?」と聞いてきたのですが、さすがにこれで飲んだら、午後仕事にならないと、こちらはパス(笑)。

DSCF8564 (480x360)
生野菜はリーフレタスなど。
ドレッシングがかかっていました。

DSCF8565 (480x360)
お肉にはサシがたくさん入っていて、脂の旨さがたっぷり。
ザ・和牛の味わいでした。美味しい!
お野菜と一緒に食べるとちょうどいい感じでした。

DSCF8568 (480x360)
パンのおかわりもいただいちゃいました。

DSCF8569 (480x360)
食事を終え、デザートとコーヒーです。


エスプレッソ
DSCF8572 (480x360)
上司はエスプレッソをチョイス。
とってもかわいい器でした。

デザートを待っているときだったでしょうか、壁に置かれた「東京最高のレストラン」という本にこのお店が掲載されていました。
それを見た上司、でっかい声で「こういうのを見ると、美味しく感じるな!」と言い出し、わずか数メートル先にシェフがいるのにと、こちらはヒヤヒヤしちゃいました(汗)。
恥ずかしいからやめて~。

DSCF8574 (480x360)
私は珍しくハーブティをお願いしました。


ハーブティ
DSCF8575 (480x360)
とても香りがよかったです。
量もたっぷり。


デザート
DSCF8577 (480x360)
デザートは、前回のものと果物が違うパターンでした。
ヨーグルトのパンナコッタ、ビワ、バニラのアイスクリームにバルサミコ酢をかけたものです。

DSCF8578 (480x360)
今年初めてのビワでした。
もう食べられるのか~と、ちょっと感激。
全体的に甘さも控えめでさっぱりしていました。
この日のパンナコッタは、前回と違い、ちょっとかためな食感でした。

DSCF8580 (480x360)
この日のお会計です。
合計で11,600円、一人2,900円でした。


お肉の脂がたっぷりあったこともあり、ボリュームも充分でした。
お値段はちょっとかかりますが、贅沢なひとときが過ごせてよかったです。
上司に楽しんでもらえたかどうかは、定かではありませんが(笑)。


お店の名刺です↓
DSCF8173_20130614214053.jpg

DSCF8174_20130614214059.jpg


2013年6月6日訪問時お店DATA
*********************************
Rossi (ろっし)
〒102-0085
東京都千代田区六番町1-2 三井ビル地下1階
TEL  03-5212-3215
営業時間  
[昼:火~木のみ]12:00~13:30(L.O.) 
[夜:月~水・土]18:30~24:00
[夜:木・金]18:30~2:00
定休日 日・祝  
地下鉄麹町駅から徒歩3分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/06/24 07:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町 | ホーム | スパゲッティ&カレー ジャポネ  @銀座一丁目>>
コメント
おお~上司の為にお誕生祝ですか
なんかいいですね~
まあ、お題目が付いたからランチで贅沢できたとも言えるのか
そうそう和牛ってやっぱり美味しいですよね
普段はやっぱり節約でオージーやアメリカ産が多くて
まあ、でもオージーも美味しいよねって思って食べてますが
たまに贅沢して食べた時の和牛のうまさったら
思わず笑みが出ちゃいますな
しかし、グルメ番組や旅番組見てると
ブランド牛の無い県ってあるのかしら
だいたいどこの県もありますよね
聞いたことが無いだけならば高知、香川、広島くらい?
でも知らないだけであるんだろうなぁ
【2014/06/24 12:51】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
お題目があるというのは、たとえ自腹といえども、
行きたいお店でゆっくり出来るのでとっても良かったです。

サシ一辺倒の和牛に対して、
最近赤身の多い短角牛とかドライエージングビーフとかが台頭してきていますが、消費者の勝手な意見を言わせていただければ、どっちも美味しいです(笑)。
いろいろな味わいを楽しめるというのがいいですよね。

和牛ブランドのない県って、あるんですかね~?
高知県は土佐和牛というのがあるそうです。
知名度の問題?!
【2014/06/25 09:31】 URL | なお #-[ 編集]
ちょっと調べたら残りの2県もありますね
広島牛に讃岐牛
多分ブランド牛の無い県は無いでしょう
実家で父が存命中は牛の出産から10ヶ月だけの飼育を
してましたが
出荷後は信州牛になってたようです
種は例に漏れず鹿児島牛の種です
以前はブランドが付かない種を使ってたんですが
やはり飼料代と設備費用に対して
よく値が付いた時でやや儲かるかな~
程度で拙者が実家に居た頃まではそんなだったので
後でブランド牛に種を代えて全然値が上がったと聞きました
だいたい、倍です
そりゃーやらない理由は無いですな
【2014/06/25 09:50】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
ご実家では牛も育てていらしたんですね。
産地表示は最も飼育期間の長かった地域を表示するようなので、
出産からずっと育てていらっしゃったのだから、
紛れもない信州牛ですね。
複数の地域で育てられると、期間の違いでどちらかに指定されちゃうから、
こういう表示はあくまで参考程度ということで。
口蹄疫のとき、松阪牛の種牛が宮崎県産だったのには本当にビックリしました。
それにしても、ブランドかブランドでないかで、そんなに値段が違うんですね。
それはそれでビックリです。
味の差もそれ程あるのか、それとも、日本人のブランド信仰?!
【2014/06/26 06:25】 URL | なお #-[ 編集]
拙者の頃は安い牛でしたが
それでも父親の給料日とかボーナスの日とは違う
臨時収入的な感じで
牛市の帰りはちょっと贅沢な買い物が楽しみでした
子牛かわいいって育てて牛市の帰りの買い物で喜ぶ
なかなかドライな一家でしたな
やっぱ牛の味は思うに7割は種だと思います
松坂神戸近江三田ほとんどのブランド牛が遡ると
宮崎の一頭の種牛に行きつくとか
作った人は畜牛の神様みたいな人だったらしいけど
日本の肉牛文化の開祖と言ってもいいんでしょうね
普通の人は安い牛とブランド牛の差は判っても
なかなか産地の差までは判らないのでは?
一回こんな事件もありました
牛肉の産地偽装とか騒がれた時期があったじゃないですか
某スーパーで贈答用の松坂牛が足りなくなって
近江牛を混ぜて売ってたんですって
そしたら客の一人が松坂牛で買ったはずで
松坂牛は牝牛しか出荷してないはずなのに
牡牛の味がするってクレームして偽装がばれたって
雄山かよっ
【2014/06/26 13:03】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
漫画などでは牡牛と牝牛の香りの違いがわかる人が出てきますが、
本当に存在していらっしゃるんですね~。
私は鼻があまり利かない人間なので、感服するばかりです。
凄すぎる。

昔TVチャンピオンで鼻が利く人の戦いをやっていたのですが、
一回履いただけの靴を200足ぐらい並んでいる中から見つけ出したりとか、
落とし物のハンカチを匂いを嗅いで本人に持っていったりとか、
社内恋愛している人の残り香を嗅いで誰と付き合っているか当てたりとか、
とにかく信じられない人たちばかりでした(笑)。
【2014/06/30 05:07】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/1825-e64555eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる