同源楼  @赤坂
しばらく雨がちなお天気でしたが、今日は久しぶりに晴れて気温が上がるようです。
気温の乱高下に体調を崩す人も多いようですので、みなさま、お気をつけ下さい☆

本日は、マイブログ圏外の赤坂にある「同源楼」のレポートです。

DSCF2113 (480x360)
2013年8月16日の夜、Oさんと先輩と私の三人で暑気払いをしました。
激辛好きの3人がこの日向かったのは、赤坂にある「同源楼(どうげんろう)」。
Oさんは前職の時に赤坂で働いていて、こちらのお店のことを知っていました。

DSCF2137 (480x360)
地下鉄赤坂見附駅から赤坂3丁目方面に進み、三つ目の角を左折します。通りを2つ越えた左側にエムプレスビルがあり、お店はその2階です。

DSCF2138 (480x360)
熟練の料理人による本場の麻辣をしっかり利かせた四川料理がとてもリーズナブルに食べられるとのことで、先輩も私もとっても楽しみにしていました。

雑居ビルの1階には同じ系列の「同源楼 四川小吃」が入っています。ランチの時は大行列で、滅多に入れない人気店だそうです。
赤坂には系列店がもう1店舗あり、Oさんが行ったのは、ちょっと離れたそちらの支店とのこと。

DSCF2054 (480x360)
エレベーターを降りると、いきなりフロアに直結していて、食事を楽しんでいる他のお客さんと目が合っちゃいました(汗)。
内装はシンプルで小綺麗です。

DSCF2055 (480x360)
フロアはそれ程広くなく、ほぼ長方形で一番奥に厨房があり、テーブル席が2列に並んでいます。
サービスはマダムお一人で担当していました。
なので、入店時とか、電話が鳴っているときは常にマイペースです(笑)。

DSCF2051 (480x360)
マダムに予約したことを告げると、手前の方にある4人テーブルに通されました。
卓上には紙ナプキン、灰皿、爪楊枝が置かれています。

DSCF2052 (480x360)
お箸や小皿があらかじめセットされていました。


生ビール 中ジョッキ (500円)
DSCF2057 (480x360)
最初にドリンクを聞かれたので、私は生ビールを注文。
生ビールはくびれのある、細いグラスに入って出てきました。
この生ビール、メニューには小と中のサイズがあったのですが、何も考えずに「生ビール」と言ったので、これはもしかして小サイズと間違えられた?と思っちゃいました。

先輩はウーロン茶?を注文。
お茶の写真を撮り忘れちゃいました(汗)。
中国茶が数種類あり、冷たいものはないか聞いてみたのですが、ポットで提供していることもあり、全て温かいものだそうです。
さすが中華!


レモン?サワー (400円)
DSCF2058 (480x360)
Oさんはレモン?サワーを注文したので、ビールよりもサワー派なのかと聞いたところ、直近の健康診断でやや不安の残る数値だったそうで、体重も右肩上がりだし、ちょっと控えたそうです。
ただ、「2杯目はビールにしようと思っています。」というので、意味なし!(笑)。
ともあれ、乾杯!

DSCF2061 (480x360)
2013年2月23日にディナー訪問した「重慶府」@新橋と同じ四川料理。
どうしても同じようなメニューを注文することになるので、その違いを楽しむことにしました。
このお店は辛いのが当然なのか、メニューには辛さを表す表記は全くありません(笑)。


口水鶏 地鶏の四川風ソース (680円)
DSCF2084 (480x360)
これは、「よだれ鶏」のことでしょうか?
角のない手裏剣のような?独特のカーブの白いお皿に入って登場。

DSCF2085 (480x360)
真っ赤なソースの中にお肉が入っていて、たっぷりのナッツと白胡麻がトッピングされていました。
おなかがとっても空いていたので、早速いただきま~す!
お肉を食べるとき、旨みのある辛いソースをたっぷりと絡めました。

DSCF2088 (480x360)
お肉は皮付きの少し厚さのあるカットで、お肉はとても柔らか。
「重慶府」のゴマだれのようなコクではなく、あっさり目で、しかも辛旨です。
ナッツや胡麻は、歯応えを楽しめるだけでなく、噛みしめるとその旨みとコクをはっきりと感じました。

DSCF2090 (480x360)
しかも、「重慶府」と違い、鶏肉だけでなく、ナスもたっぷりと入っていました。
トロリと柔らかなナスは、辛旨ソースをたっぷりと吸って、と~っても美味しかったです。


爽口酥蝦球 芝蝦ととうもろこしの特製唐辛子サクサク揚げ (1,280円)
DSCF2092 (480x360)
こちらは季節メニューからチョイス。
Oさんが以前食べてとても美味しかったとのことでした。

白い丸皿の上にちょっと高さあるカゴに白い飾り切りの紙を敷き、たっぷりと盛りつけてあります。
かなりのボリューム。

DSCF2093 (480x360)
芝蝦ととうもろこしには薄めの衣が付いていて、こんがりと薄茶色いになるまで揚げてありました。

DSCF2095 (480x360)
見たことのない程大きくて幅広の唐辛子は、やや赤さが抜けてオレンジ色っぽくなっています。
これは食べられるとのことで口に入れてみたところ、サクサクと心地よい歯応えで、辛さはほとんどなく、まるでスナックでした。

DSCF2098 (480x360)
こちらにもナッツ、特にピーナッツが入っていました。
蝦はプリプリで、とうもろこしは甘かったです。

DSCF2110 (480x360)
とうもろこしは芯ごと切って揚げてあり、やや固い食感ではありましたが、そのまま食べることが出来ました。
Oさんと私は問題なく食べられたのですが、先輩のはちょっと固すぎたそうだったので、部位によるのかもしれません。
食べられなかった芯を記念撮影(笑)。


生ビール 中ジョッキ (500円)
DSCF2109 (480x360)
辛くて美味しいメニューでビールが進みます。
すぐにおかわりを頼んじゃいました。
Oさんと一緒に生ビールの中ジョッキをはっきり頼んだので、これで最初の時のサイズがわかるだろうと思って待っていたら、最初と同じスリムなグラスに入った生ビールが出てきました。
ビールはやや赤坂値段のようです。

定番メニューの中にクレソンと香菜の四川風サラダがあったので、先輩が注文したのですが、この日はクレソンがないとのことで、残念ながら食べられず。
このメンツだと、「野菜食べなきゃ!」とか言い出す人がいなくて、好きな料理ばかり頼むので、個人的にはとっても気楽で楽しいです(笑)。


辣子鶏 鶏肉の唐辛子、山椒炒め (1,180円)
DSCF2112 (480x360)
四川料理ではおなじみのお料理です。
木製のブランコのようなカゴに入って出てきました。

DSCF2113 (480x360)
唐辛子は、ピーマンのような形のものから、普段見かけるほっそりしたものなど、種類の違うものが使われていました。
鶏肉は一口大に切ってあり、かなりたっぷり。
「重慶府」だと、鶏肉のカットも小さくて数も少ないので、唐辛子の海の中からお肉を拾っていくという感じだったので、だいぶ違いました。

DSCF2114 (480x360)
芝蝦ととうもろこしの特製唐辛子サクサク揚げと違い、こちらの唐辛子は食べられません。
なのに、チャレンジャーなOさんは、唐辛子を食べて撃沈していました(笑)。

DSCF2115 (480x360)
ぱっと見の写真だと山椒は目立ちませんが、食べてみると結構入っていたようで、ビリビリと痺れます。
お肉の量があるだけでなく衣も付いているので、ボリュームたっぷりでした。


レモンサワー (400円)
DSCF2129 (480x360)
ビールを飲み終え、レモンサワーをお願いしました。
味は普通でしたが、ビールよりはお安く、量も多かったです。


夫婦肺片 牛タン、牛肉、トリッパ辛味ダレ  (980円)
DSCF2118 (480x360)
まだお腹に少し余裕があったので、お料理を2つ追加。
1つは、四川料理の代表メニューで、「重慶府」でも食べられなかった「夫婦肺片」。
四つ角ですが、オシャレなフォルムの白いお皿に盛られていました。
真っ赤でたっぷりのスープの中に、お肉が沈んでいます。

DSCF2119 (480x360)
「重慶府」では、多分モツのどこかの部位だけだったと思います。
見た目は他のメニューとほとんど変わりませんが、これはビシッと辛く、この日食べた中で一番辛かったです。

DSCF2121 (480x360)
3種類のモツは、食感もタレの染み具合もかなり違いました。
お肉は柔らかく、タンは薄いながらもシャッキリとした歯応えがあり、トリッパはさっくりとした食感でした。
これも、結構なボリュームがありました。


レモンサワー (400円)
DSCF2132 (480x360)
辛さにお酒が進み、レモンサワーをおかわり。


酸辣土豆条 じゃが芋のピリ辛酸味炒め (780円)
DSCF2124 (480x360)
最後に先輩が壁に貼りだしてあったメニューが気になって注文した、じゃが芋のピリ辛酸味炒めが登場。
お値段を考えると、かなりのボリュームでした。

DSCF2126 (480x360)
芝蝦ととうもろこしの特製唐辛子サクサク揚げと同じお皿で盛りつけてあります。

DSCF2127 (480x360)
ジャガイモはかなり太めの千切りで、こんがりと揚げてありました。
厚みがあるのでほっこりとした食感です。

DSCF2128 (480x360)
辛さはピリ辛ぐらいでしたが、酸味がほんのりと感じられました。
この日は酸味のあるメニューはこれだけで、とっても美味しくいただきました。

DSCF2133 (480x360)
この日のお会計です。
合計で1万円もいかず、8,740円で、一人約2,900円ほど。
赤坂のど真ん中なのに、なんというCPの良さ!
一同ビックリでした。


この日は揚げ物系のメニューが多く、しかもそれぞれボリュームが多かったので、かなりお腹が一杯になりました。
他にも食べたいメニューがたくさんあったのが心残りです。
四川料理の料理でも、造り手の方によってだいぶ出来上がりや味わいが違うことがわかり、とても勉強になりました。
食べ手を少し選ぶお料理ですが、これからも四川料理をいろいろと食べ歩いてみたいです。

この日は3時間もかからず、暑気払いが終了。
Oさんから普段聞けないいろいろな話が聞けて、とっても有意義な時間でした。


メニュー↓
DSCF2059 (480x360)

DSCF2060 (480x360)

DSCF2061 (480x360)

DSCF2062 (480x360)

DSCF2065 (480x360)

DSCF2066 (480x360)

DSCF2067 (480x360)

DSCF2068 (480x360)

DSCF2069 (480x360)

DSCF2070 (480x360)

DSCF2071 (480x360)

DSCF2072 (480x360)

DSCF2073 (480x360)

DSCF2074 (480x360)

DSCF2075 (480x360)

DSCF2076 (480x360)

DSCF2077 (480x360)

DSCF2078 (480x360)

DSCF2079 (480x360)

DSCF2080 (480x360)

DSCF2081 (480x360)

DSCF2082 (480x360)

DSCF2083 (480x360)

DSCF2056 (480x360)

DSCF2101 (480x360)

DSCF2102 (480x360)

DSCF2103 (480x360)

DSCF2104 (480x360)

DSCF2105 (480x360)

DSCF2106 (480x360)


2013年8月16日訪問時お店DATA
******************************
同源楼 (どうげんろう)
〒107-0052
東京都港区赤坂3-18-8 エムプレスビル2階
TEL 03-3589-0533
受付時間  
[昼]11:30~14:30   
[夜]17:00~23:00
定休日 日曜日
地下鉄赤坂駅から徒歩3分
地下鉄赤坂見附駅から徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2014/09/02 06:00】 | 四川料理 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<焼鳥ダイニング いただきコッコちゃん 亀戸店  @亀戸 | ホーム | 産直鮮魚と新鮮野菜 四ッ谷 魚一商店  @四谷>>
コメント
やはり、中華安定の四川はいいですな
あの鶏唐子炒めの唐辛子、よく調子にのって食べ過ぎて具合を悪くします
しかし、凝った器ですな

そうそう、孤独のグルメにも出た小岩の珍々
有吉の散歩番組にも出ましたな
やっぱ美味しそうなので一回行ってみたいものだ
珍々の料理はこの前TVで見た見た目からだけで
ちょっと真似して作ってみましたが
正解かどうかは判りませんが美味しくできました
SBのラー油あるじゃないですか
あれの緑キャップのバージョン知ってます?
花山椒が加えられててあれ使うと一気に本格派になります
なかなかの麻ぶりなのでお勧めしておきます

【2014/09/03 11:25】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
有吉の正直散歩、私も見ました!
一連の流れで歩いているように編集されていましたが、
結構な距離を歩いていましたね。
「珍々」のお料理、久しぶりに見ましたが、
と~っても美味しそうでした。
辛いもの好きなのでうずうずしちゃいます(笑)。

SBのラー油に緑キャップバージョンがあるとは知りませんでした。
四川風ラー油っていうんですね。
http://www.sbfoods.co.jp/la-yu/lineup.html
すごいなぁ、こんなにお手軽に花椒が楽しめるんですね。
今度スーパーでチェックしてみます!
【2014/09/05 06:25】 URL | なお #-[ 編集]
そうそう有吉に限らず
散歩番組って知ってる土地が出ると
どこ歩いてるかわかっちゃうから
「あっ、ワープした」
って思っちゃう
緑キャップのラー油は売ってる率はかなり低いですが
頑張って探してください
価値は絶対あります
自分でもこれどこで見つけたか思い出せないので
今のを使い切るとピンチです

【2014/09/05 07:22】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
シリーズの中のちょっと変わった商品って、
お店では最初は並べてくれるけど、
売れ行きによってはすぐに撤去しちゃったりしますからね~。
種類を豊富に揃えているでっかいスーパーに行くか、
変わり種ばかり並べているこだわりのお店に行くかって感じですね。
見つけたらご報告します。
【2014/09/08 07:59】 URL | なお #-[ 編集]
あれですな
三島食品の赤紫蘇のふりかけのゆかりに対する
青紫蘇のかおりですな
滅多に売ってない幻のゆりかけと言われてますな
緑キャップのラー油ももしかして同じくらい幻かもです
【2014/09/08 11:35】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
青紫蘇のゆかりってあるんですか~。
初めて知りました。
公式HPを見たのですが、こんなにいろいろと種類があったなんて、
ビックリです。
【2014/09/09 07:48】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/1890-a4743a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる