高級中国四川料理 登龍 麹町店  @麹町
数日前、出勤のときに自宅マンションのエレベーターに乗ったら、途中、親子がのってきました。
まだ小学生になるかならないかの年齢の女の子は、エレベーターに乗るなり「お母さん、臭いよ~。」と発言。クーラーの吹き出し口に近かったので、「それじゃないの?」とお母さんが言うのですが、「違う! 臭いよ~。」と言い張ります。
一瞬、ワタクシが何か臭うのかな、前の日の夜にチャンジャをいっぱい食べたからかな?とかいろいろ考えて内心焦ったのですが、女の子は「お母さんの口が臭いよ!」と言ったので、ちょっと安心しちゃいました(笑)。
でも、他人の私がいる前でそんなことを指摘されたお母さんも、ちょっとお気の毒。
子供は正直過ぎて怖いです。。。。

DSCF2622 (480x360)
2013年8月29日は、上司がお昼時に不在だったので、先輩とOさんと三人で外へランチを食べに出ることにしました。
先輩とOさんに何が食べたいか聞いてみたのですが、「何でもいい。」とのこと。
なので、私が「高級な担々麺を食べに行きませんか?」と、「高級中国四川料理 登龍(とうりゅう) 麹町店」を誘ってみました。
店名どおりの超高級なこちらのお店ですが、担々麺に限り、ランチタイムはお安くしたとの情報をいただいていたのですが、ず~っと行く機会がなかったので、ぜひ一度行ってみたかったのです。

外1

こちらは以前撮影した写真です。
地下鉄有楽町線麹町駅を出て、新宿通り沿いの麹町4丁目交差点のすぐそばにお店があります。
JR・地下鉄四ッ谷駅からだと、新宿通りの左側を半蔵門に向かってまっすぐ進みます。

外3

担々麺が名物メニューとしてとても有名なこちらのお店ですが、自ら「高級中国四川料理」と名乗っているとおり、そのお値段の高さでも有名です。
麻布にも支店があります。

外2

前回こちらに訪問したのは2008年9月25日だったので、約4年ぶりと、本当に久しぶりでした。

DSCF2644 (480x360)
外の壁にこちらが貼りだしてありました。
ランチタイム(午前11時15分から午後2時30分)特別サービスとして、1,800円の担々麺が1,050円と、とってもお得なお値段になっています。

店内

店内は高級店にふさわしく、立派な壺やテーブルに生花が飾られるなど、豪華な内装です。
店員さんも黒服でサービスしています。

受付にはフロント嬢がいらっしゃり、案内するので少しお待ち下さいと言われます。
12時15分頃にお店に到着したところ、先客はいなくて、ちょうど満席。
受付で席が空くのを待っていたところ、後から女性の一人客がいらっしゃり、相席をすることを条件に私たちより先に中に入ることになったのですが、そのとき、私たちに「お先に失礼します。」と声をかけて下さり、とても気持ちのいい対応でした。
先輩は、自分もああいう対応をしなきゃ~、と言っていました。
5分程待って、私たちも入店。

DSCF2605 (480x360)
今週のランチメニューは5種類あり、お値段は2,500円、全てライス・スープ・ザーサイが付いています。

DSCF2606 (480x360)
ランチタイムサービスは担々麺だけでなく、海鮮湯麺・焼売・春巻も対象になっています。

相変わらずのお値段の高さです。
3桁のメニューを見ると安心しちゃいます(笑)。

DSCF2609 (480x360)
こちらは単品の麺類のメニューです。

DSCF2607 (480x360)
単品は麺系が21種類、ご飯系が3種類あります。
一番お安いメニューが1700円というのにも驚きですが、一番お高いメニューはアワビそばの2万円! 
ランチというよりも、アラカルトみたい。

フロアはかなり広いですが、テーブルがギッシリと置かれていて、席と席の間は意外と狭めです。
お客さんがどんどん入ってくるので、高級店ですが相席も普通です。

DSCF2610 (480x360)
一番奥のテーブル席に着席。
お箸や紙ナプキンなどはあらかじめテーブルにセットされていました。

DSCF2611 (480x360)
卓上には紙ナプキン、爪楊枝、各種調味料が置いてあります。

DSCF2612 (480x360)
着席したテーブルにはあらかじめおしぼりが3つ置いてありました。
この温かいおしぼりには香りがついているのですが、かなり甘く濃厚な香りがしました。
うーん、前はこんな香りだったかな?
ちょっと強くて濃い香りになったような気がします。

DSCF2614 (480x360)
紙ナプキンは水色で、とっても個性的です。

DSCF2615 (480x360)
お箸は割り箸で、箸袋には店名などが入っています。

DSCF2613 (480x360)
お茶は背の高いグラスに入った冷たいジャスミンティーです。
しっかりした香りでした。

DSCF2617 (480x360)
伝票です。
あらかじめ、受付のところでメニューを見ていたので、すぐに全員が担々麺を注文。

DSCF2618 (480x360)
Oさんが春巻きが食べたいとのことだったので、私とシェアしようと言っていたのですが、店員さんに伝えたところ、「みなさま1本ずつですか?」と聞かれ、結局先輩もお願いしました。
メニューには2つで800円と記載されていますが、フレキシブルな対応が出来るようです。

DSCF2619 (480x360)
最初に春巻きのタレが出てきました。
小さな丸い小皿で、白がベースですが、ピンク色で梅の花が描かれています。
とても小さなスプーンも添えられていました。


春巻 (1本400円×3本=1,200円)
DSCF2621 (480x360)
少し待って、春巻きが登場。
オーバル型で、タレの小皿と同じデザインのお皿に3個(3人分)盛られていました。

DSCF2622 (480x360)
1本400円というお高い価格設定だけあって、春巻きはかなり胴が太めで大きいサイズ。
こんがりとした色合いで、とっても美味しそう。

DSCF2641 (480x360)
春巻きは、メニューに「新鮮エノキ入り」と書かれています。
もう一つの単品であるシュウマイは、プリプリエビとフカヒレが入っているとのこと。
エビ・フカヒレとエノキだったら、ぜひともシュウマイが食べたいと思い、着席したらOさんに交渉しようと思っていたら、そのまま忘れちゃいました(汗)。

DSCF2643 (480x360)
こんがり揚がった皮はパリパリです。
中には餡がけされた中身が入っていて、エノキダケでなく、フカヒレも入っていました。
餡はとってもジューシーで、フカヒレのつるつるした食感がよかったです。
美味しいダシの中にフカヒレの食感があり、さすが高級店の中華だな~と思いました。
次回来るときはシュウマイもぜひとも食べてみたいです。


担々麺 (1,800円→1,050円)
DSCF2623 (480x360)
担々麺は白い大きめの器に入っていて、、、

DSCF2626 (480x360)
ダブルソーサーになっています。

DSCF2624 (480x360)
赤いスープはドンブリのフチまでたっぷりと入っています。
照明が逆光になっていますが、とっても色鮮やか。

DSCF2627 (480x360)
トッピングはほうれん草?と挽き肉ですが、それ程量は多くありません。
たっぷりのスープの中に沈みそうです。

DSCF2628 (480x360)
こちらのお店はかなり値段設定が高いので、周りにいるお客さんはかなりの割合で担々麺を頼んでいました。
でも、もちろんそうではないお客さんもいらっしゃり、昼からお酒を飲んでいる人もいて、すごいなぁと思います。

DSCF2629 (480x360)
こちらは担々麺用のレンゲです。

DSCF2630 (480x360)
薄いピンク色のお花が描かれています。
担々麺の器なども全て同じシリーズです。

DSCF2632 (480x360)
まずはスープを一口。
辛さはピリ辛程度ですが、ゴマの風味がとてもあって、美味しい。

DSCF2638 (480x360)
彩りの青菜はほうれん草でしょうか。

DSCF2635 (480x360)
麺は白っぽい細麺で、ほぼストレートです。
あまりにスープがたっぷりで、麺だけ撮影しようと思ってたぐっても、沈んでしまいます。
なので、レンゲにのせてみました。

麺は固めに茹でられ、つるつるとしたのど越しです。
中華料理屋さんにありがちな場合と違い、麺はよくほぐれていました。


麺のボリュームは普通なのに、スープだけがとても多いので、Oさんが「替え玉したいですね。」言っていました(笑)。
先輩は、沈んでいる具があるので、「高級じゃないかもしれないけれど、出来れば穴あきレンゲが欲しい。」とのこと。
いつもはスープを飲みきるのですが、この日は春巻きを食べていたのでさすがに量が多く、8割ほどいただいたところで断念。

以前はデザートがついていたので、食べ終えてお皿が下げられてからちょっと待っていたのですが、結局出てきませんでした。
お値段をお安くしたので、デザートは省くようになったようです。

久しぶりに食べた担々麺は辛さはほとんどないものの、ゴマの風味がしっかりとしていてとても美味しかったです。
お皿を下げるスピードがかなりの早く、高級店とは思えない状況も相変わらずでした(笑)。
これまでの経験から、担々麺だけだと午後早めにお腹が空いてしまうのですが、春巻きのおかげでこの日はとても腹持ちがよかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

担々麺 (2008年1月10日2013年8月29日
Aランチ 麻婆豆腐 (2008年6月5日
菜芯皇麺 牛肉と青菜のそば (2008年9月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年8月29日訪問時お店DATA
**************************
高級中国四川料理 登龍 麹町店 (とうりゅう)
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-2-2 
TEL 03-3264-6628
営業時間 11:15~22:00 (ランチタイム11:15~14:45)  
定休日 日・祝
地下鉄有楽町線麹町駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2014/09/10 06:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<ごはん なる川  @市ヶ谷 | ホーム | こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ  @四谷>>
コメント
にほひと言へば先日満員電車の中で
「ぷ~」した人が居るにほひに悩まされました
少ししてにほひが消へたと思つたらまたにほひますので
二連発しやがつたな、と

に、にまんえん、ですか
どんな時に食えるのであろうか
宝くじの高額当選金当たった時とか?
長嶋茂雄とか志村けんとか奢ってくれる時は
お店の一番高いメニュー頼んでくれると聞きますが
そんな機会でも無いと永遠に縁はなさそう
春巻きも高いですな~
穴開きレンゲ便利ですよね
コーンが具として乗る関係から札幌ラーメンのお店に
多い気がします
【2014/09/10 10:41】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
なおさん
千代田区にもついに局地的豪雨がきましたね。
今日の帰りは傘をさしていてもかなりぬれました(泣)。
登龍は何度か坦々麺を食べたことがあります。
TVで見かける政治家さんにも会いました。
スープの高級感はありますが、麺が伸び気味で私としては今一です。
店員がいつも見ているし、確かに片付けるのが早いですね。
今日のランチは職場のみんなと靖国通りの「勤寿司」に行きました。
職人さんが握ってくれる割には安いです。
【2014/09/10 21:11】 URL | hiro #-[ 編集]
>☆まがり★さん、
満員電車で身動き取れないときのぷぅさんはホント困りますよね~。
しかも、2連発とは。
そういうときって、心の中で「こら~っ!」と怒っています(笑)。

単品2万円の麺料理が存在しているっていうのが凄いですよね~。
私も宝くじを当てたら、ぜひ食べてみたいです。
高級&高額料理と言えばフレンチのイメージですが、
中華料理も天井知らずで半端ないです。


>hiroさん、
昨日はホント、大変でしたね。
風邪をひいたりはしていないですか。
私は会社で靴を履き替えるので、
あらかじめ濡れてもいい靴を履いていったのですが、
男性陣はスーツや靴など、濡れたが大変ですよね~。
今日もまた一雨来そうなので、お互い気をつけましょう☆

中華料理屋さんはたいてい、麺がやや柔らかめですよね。
ラーオタの私としても、そこは結構気になります。
このときは比較的麺が固めだったような。

昨日のお昼は「勤寿司」だったんですね。
私も一度だけ行ったことがあります。
お昼から握ってもらったお寿司を食べられるのは贅沢な気分ですよね☆
【2014/09/11 07:13】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/1897-4306a47f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる