COMPTOIR MISSAGO  @西麻布
今日からいよいよ10月です!
2014年もあと3ヶ月。
時間が経つのがすっごく早く感じます。

本日はマイブログ圏外の西麻布にある「ミサゴ」のレポートです。

DSCF3557 (480x360)
2013年9月12日の夜、友人とディナーに出かけました。
この日向かったのは、西麻布にある「COMPTOIR MISSAGO(ミサゴ)」というお店です。

DSCF3501 (480x360)
「ミサゴ」は住所は西麻布ですが、広尾駅が最寄りです。
とはいえ、かなり歩きます。

DSCF3503 (480x360)
タクシーで移動するならば、外苑西通りから六本木通りに出て、6つめぐらいの道を左折し、ちょっと行った左にアビターレ西麻布というビルがあり、お店はその2階です。

私はいつも広尾ガーデンの周りをぐるっと回るように歩き、商店街にぶつかったら右折します。
ちょっと暗い道なので、初めてだと不安になるかもしれません。

DSCF3504 (480x360)
ビルの1階にはお店の看板が出ています。
何度写真を撮っても、うまく写りません(汗)。

DSCF3505 (480x360)
お店は2階にあるので、細い外階段を上がって行きます。

DSCF3506 (480x360)
「ミサゴ」は、美味しいもの好きのシェフがフレンチをベースにしたお料理を提供する、西麻布のうまいもの屋と呼ばれているお店です。
2010年8月2日にオープンしたそうで、冬はジビエを楽しむことも出来るとのこと。

DSCF3508 (480x360)
入口です。

DSCF3598 (480x360)
フロアはそれ程広くはなく、入口からすぐの所に厨房とカウンター、左奥にテーブル席があります。
右奥にはちょっと個室になっているようなところもありました。

内装は木材をたっぷり使ったシンプルながらも落ち着いた雰囲気で、照明をやや落としていい雰囲気です。

DSCF3601 (480x360)
午後7時少し前に入店したところ、半分ほどの人の入り。
その後、ほぼ満席になっていました。

カウンターからはシェフが調理をしている姿がよく見えますが、この日の私はカウンターに背を向けて座っていたので、何も見られず(泣)。

DSCF3509 (480x360)
友人は少し遅れていたので、先に着席。
予約を告げると、一番右奥の二人用のテーブル席に通されました。
カトラリーセット、布ナプキン、取り皿があらかじめセットされています。
手渡しされたおしぼりは冷やされていていました。


グラスシャンパーニュ (1,575円)
DSCF3513 (480x360)
それ程待たずに友人が到着したので、グラスシャンパーニュで乾杯!

DSCF3512 (480x360)
この日は友人のスケジュールの都合で金曜日ではなかったので、ちょっぴり開放感が薄いです(笑)。

DSCF3514 (480x360)
シャンパーニュは甘い香りで、口当たりがとても優しかったです。

DSCF3515 (480x360)
しっかり冷えていて、飲みやすくて美味しかったです。

DSCF3516 (480x360)
お酒をいただきながら、ディナーメニューを考えます。

DSCF3517 (480x360)
メニューはなく、奥のとても大きな黒板に書かれているので、そこから選びます。
黒板のすぐ前に座っていたので、見るのが結構大変でした。

DSCF3518 (480x360)
アラカルトだけではなく、コースもあります。

DSCF3519 (480x360)
せっかくなので、アラカルトでお願いしました。

DSCF3520 (480x360)
食べたいメニューがたくさんあるので、友人と一緒にかなり悩みました。

DSCF3521 (480x360)
お店の人からは、二人なら前菜二つ、メイン二つを勧められたのですが、友人が食べたい前菜が沢山あるからと、前菜三つとメイン一つにしました。


アミューズ
DSCF3522 (480x360)
まずはアミューズとして2種類が出てきました。

DSCF3524 (480x360)
1つはタコのマリネです。
柔らかな食感でした。

DSCF3525 (480x360)
もう一つはツブ貝のシャンパーニュ蒸しです。
しっかり味で、とてもお酒が進みます。
たっぷり残った汁がとてももったいなかったのですが、ココットを傾けて飲んでいいのかわからず、泣く泣く残しました。


パン
DSCF3528 (480x360)
アミューズを食べていると、パンが出てきました。

DSCF3532 (480x360)
バターではなく、オリーブオイルが添えられていました。

DSCF3531 (480x360)
パンは2種類あります。

DSCF3530 (480x360)
温めてあったかどうか、記憶がはっきりせず。
すみません(汗)。


生ウニとコンソメジュレのアンサンブル  (1,890円)
DSCF3533 (480x360)
1つ目の前菜です。
スペシャリテは本来は一つのお皿に盛られるそうですが、お店のはからいで、一人一つずつにしていただきました。

DSCF3526 (480x360)
小さな木製のスプーンでいただきます。

DSCF3534 (480x360)
ニンジンムースの上にウニとコンソメジュレがたっぷり。
お店の一番人気だそうです。
半分に分けても、結構なボリュームでした。

DSCF3537 (480x360)
ウニは程よい甘さ。
それに比べると、にんじんムースは結構甘かったです。
コンソメジュレはとてもしっかりした味つけで、友人もとても喜んでいました。


白ワイン・ボトル  (4,410円)
DSCF3569 (480x360)
シャンパーニュは早々に飲み終え、この日は白ワインをボトルでお願いしました。
友人は赤ワインが好みですが、夏だからさっぱりと白ワインもいいね!とのことで、店員さんのアドバイスを聞くことにしました。
最初に勧められたのが8,000円以上のものだったので、二人して固まってしまったら、店員さんが察して4,500円しないのを勧めて下さり、友人のブドウの品種の好みでシャルドネに決定(笑)。

DSCF3544 (480x360)
それほど香りは感じませんでした。

DSCF3547 (480x360)
キリッと冷えていて、全体としては辛口ですが、口当たりがやや甘めで飲みやすかったです。

DSCF3556 (480x360)
ワイングラスの脚の部分が少し太くなっていたので、最初は盛っていると少し違和感があましたが、飲んでいるうちに慣れました。


モンサンミッシェル産ムール貝とジロール茸のマリニエール  (1,890円)
DSCF3548 (480x360)
2つ目の前菜が登場。

DSCF3549 (480x360)
この料理方法は、本来は魚の出汁に白ワインと牛乳を入れるそうですが、こちらのお店ではその他にエシャロットや酒精強化ワインのベルモットかな?を加えているので、より濃厚なお味とか。

DSCF3550 (480x360)
ムール貝と言えば夏!
今年はまだ食べていなかったので、とっても嬉しかったです。

DSCF3551 (480x360)
バケットの薄切りが一人2枚ずつ添えられていました。

DSCF3553 (480x360)
取り皿の他に、、、

DSCF3555 (480x360)
殻入れのお皿も出てきました。

DSCF3557 (480x360)
ムール貝は小粒ですが、数はかなりたっぷり。

DSCF3559 (480x360)
貝は柔らかく、とっても旨みがありました。
一緒に入っていたジロール茸は小さいですがシャキッとした歯応えがあり、スープの旨みをたっぷりと吸っていて、こちらもとっても美味しかったです。

DSCF3562 (480x360)
隣のテーブルでも同じメニューを食べていて、パンでしっかりぬぐって食べていたので、私も出来るだけ残さないようにしました。
スープが本当に美味しかったです。

DSCF3560 (480x360)
このキノコは、、、?
メモがなく、記憶もありません(汗)。

DSCF3561 (480x360)
パンのおかわりをいただきました。


ヒグマのラグーと栗のブーダン仕立てフォアグラのソテー添え  (2,625円)
DSCF3563 (480x360)
3つ目の前菜はブータンノワールです。

DSCF3564 (480x360)
あらかじめ、二つに切った状態で出て来ました。
切り分ける手間がなくてありがたいです。

DSCF3565 (480x360)
こちらのお店はジビエを食べられることも有名ですが、まだ9月だったので、それ程種類はなかったです。
でも、このヒグマというのに惹かれてこちらを注文してみました。
ヒグマのブータンノワールは血も入れているそうです。

DSCF3566 (480x360)
ブーダンノワールは臭みは全くなく、濃い旨みにこってりとした口当たり。
友人はこの料理が一番気に入ったようでした。

DSCF3567 (480x360)
フォアグラは二つに切っても結構な大きさです。
ふんわりと柔らかで、こってりとした旨みが口いっぱいに広がりました。

DSCF3570 (480x360)
メインが出てくるまでかなり時間がかかりました。
隣のテーブルと同時に出てきたので、一緒に調理していたのかな?
ワインをボトルで頼んでいたので、飲み物が切れることはなくて助かりました。

お肉用のカトラリーと、、、

DSCF3573 (480x360)
小皿が出てきました。


男祭り(お肉の盛り合わせ)  (3,675円) 
DSCF3574 (480x360)
待ちわびていたメインが登場!

DSCF3576 (480x360)
男祭りとは、3種類のお肉の盛り合わせです。
個人的に女の私もお肉大好きなので、このネーミングにはちょっと疑問です(笑)。

DSCF3577 (480x360)
豚肉と、、、

DSCF3578 (480x360)
羊肉と、、、

DSCF3579 (480x360)
牛肉です。

DSCF3580 (480x360)
焼き野菜もたっぷりと添えられていました。

DSCF3581 (480x360)
一度で3種類のお肉が食べられるなんて、とってもゴージャスです。

DSCF3582 (480x360)
いただきま~す!

DSCF3587 (480x360)
牛肉はハラミで、程よい歯応えでした。

DSCF3583 (480x360)
羊肉は骨付きのラムで臭みがなく、柔らかでしたが、ナイフとフォークだと食べ辛いので手で持って食べたかったです。

DSCF3585 (480x360)
豚肉はヒレ肉で、細かく刻んだパイを衣として周りにまぶしてあります。

DSCF3586 (480x360)
脂が甘くてとっても美味しくて、衣のおかげで旨味が増しました。
三種類の中で一番美味しかったです。

DSCF3584 (480x360)
焼き野菜は、赤パプリカ、ナス、ブロッコリー、カリフラワー、ナスなどなど。


ハーブティ
DSCF3588 (480x360)
友人はお腹いっぱいとのことで、デザートはパス。
甘いものが苦手な私にはありがたかったです(笑)。

ドリンクは口頭で説明を受けます。
さっぱりしたくてハーフティを飲みたかったのですが、案内はなし。
聞いてみたら、ミントティーがあるとのことだったので、二人で注文しました。
とても強い香りで、美味しかったです。
色は茶色なので、紅茶も入っていた?


プティフール
DSCF3591 (480x360)
プティフールは2種類いただきました。
ガラスの楕円形のお皿が、とっても涼しげです。

DSCF3593 (480x360)
メレンゲ、サクッとした歯触りで、甘かったです。
チョコは凍らしてあるかのように、かなり冷え冷えで、やや食感がかたかったです。

DSCF3596 (480x360)
最後にお水をいただき、ディナー終了。

DSCF3602 (480x360)
この日のお会計です。
合計で19,670円で、一人9,835円でした。
美味しいお料理をたらふく食べてワインをボトルで飲んで、一人一万円いかなくてビックリ。


お隣はやや人数の多いおじさまグループで、食べることが大好きなのか、とても盛り上がっていました。
帰りがけに、お酒が入ってご機嫌だったのか、一緒に食べれば良かったなぁ、なんて言われたので、次回はぜひ!と答えました(笑)。

ジビエは解禁が11月15日とか。
スペシャリテの鹿のベーコンも食べられなかったので、先輩に声をかけ、12月に再訪することにしました。


ドリンクメニューです↓
DSCF3541 (480x360)

DSCF3540 (480x360)

DSCF3542 (480x360)

DSCF3543 (480x360)


2013年9月12日訪問時お店DATA
******************************
COMPTOIR MISSAGO (ミサゴ)
〒106-0031
東京都港区西麻布4-17-22 アビターレ西麻布2階
TEL:03-6427-3376
営業時間 
[火~金] 12:00~13:30(L.O) 14:30 close  18:00~21:00(L.O) 23:00 close
[月・土] 18:00~21:00(L.O) 23:00 close
定休日 日曜日
地下鉄広尾駅から徒歩11分
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2014/10/01 06:00】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<番町 松月庵  @麹町 | ホーム | 【閉店】 インド・アジア料理 NaZa  @市ヶ谷>>
コメント
ジビエ食べられてそのお値段は安いでしょう
最初高価なワイン出されてたじろぐ件は
昔車が台風で水没して修理工場に預けたら
見積もりが60万って言われて
中古で100万の車に60万の修理代・・・
って絶句してたら
「今のは新品の部品の場合で中古の部品でしたら18万です」
って言われたのを思い出してしまった
【2014/10/01 12:06】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
こんばんは。
なおさんのブログ圏外のお店紹介記事も、毎回楽しみです。勝手ながら、信頼する友人からお店を紹介してもらっているような気分で読んでいます(笑)

黒板メニューの写真を見ていて「男祭り」にそそられたものの、ネーミングには違和感が…と思ったら、なおさん達はオーダーされたとのことで安心しました(笑)
女性同士ならともかく、女性から男性にこれを頼みたいとは言い出しにくいような気がします。

キノコはポルチーニ茸でしょうか。
メニューの写真では「フレッシュポルチーニのソテー」が二重線で消されているので、なぜ食材の写真が残っているのか不思議ですね。

ぜひこれからの季節、ジビエを頂きに行ってみたくなりました。
先輩との再訪記事も楽しみにしていますね。
【2014/10/02 00:52】 URL | かんの #-[ 編集]
>☆まがり★さん、
結構ワインって、リストを出さないで口頭で決めるお店が多いので、
こういう事態が多いんですよね(笑)。
お酒は大好きですが、料理の料金よりもお高いという事態は、
なかなか慣れることが出来ません。

100万円の中古車に60万円修理費がかかるなら、
迷わず新車を買います!


>かんのさん、
エリア圏外の紹介記事も楽しんでいただいているとのこと、
とっても嬉しいです。
自分としても悩ましいところなのですが、
美味しかったお店は紹介したいし、自分の日記としての側面もあるので、
ついつい書いてしまいます。
準備が追いつかなくて出していないお店も一杯あるんですが(笑)。

肉食系女子としては、
「男祭り」というネーミングはとっても異議あり!です。
でも、もちろん、食べたいので注文しちゃいますよ~(笑)。
私の食べ仲間でこの位で注文を怯むような人間はいませんが、
デートだったりしたら、注文しづらいでしょうね。
折角お得で美味しいメニューなのに。

写真の茸がポルチーニとのご指摘、ありがとうございます。
フレンチだと考えると、可能性が高いですよね~。
お料理で食べたジロール茸は調べてみたらビジュアルが違ったので。

ジビエですが、単品でも楽しめますが、
ジビエのお料理5品+デザートで12,600円のコースがあって、
もうメチャクチャ美味しかったです!!
先輩と今年も行きたいね~と話しています。
ちょっと場所は辺鄙ですが、
そのおかげでこのお値段で出来るのだと思っているので、
興味がおありならば、ぜひ!
今年もそろそろジビエの季節で、ワクワクしちゃいます。
【2014/10/03 08:12】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/1912-31bc29cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる