ラーメン二郎 小岩店 ~家二郎~  @小岩
みなさま、改めまして、新年あけましておめでとうございます。
無事旅行から戻り、この記事を書くことが出来ました。
冬休みも後半戦。
残りを楽しくお過ごし下さい。

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「ラーメン二郎」のレポートです。

DSCF9439 (480x360)
2013年の仕事を終えた翌日の12月28日、ずっと「ラーメン二郎 小岩店」からメールが来るのを待っていました。
2012年から最終営業日の次の日に家二郎セットを売り出すようになり、午前9時頃に販売開始のメールが来た記憶があったのですが、この日はなかなか来ない(汗)。
昨年は二日酔いで朦朧としていましたが(笑)、前日の納会はそれ程の飲みにはならなかったので、元気に待ち構えていたところ、9時43分に待ちに待ったメールが届いたので、すぐに自転車で飛び出して買いに行きました。

DSCF0878_20120612231834.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
お店に行くには、JR総武線小岩駅の北口を出てイトーヨーカ堂の脇をまっすぐ進むと蔵前橋通りに出ます。
小岩駅北口交差点を渡って通りの反対側に行ったら左折します。
交差点の角にある吉野家の4、5軒先です。

DSCF0879_20120612231833.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
お店に到着すると、先客も後客もゼロでした。
よかった!

お店の入口すぐのところに品物を並べ、シャッターを半分ぐらい開いた感じで販売していました。

DSCF0880_20120612231832.jpg
こちらのお店の営業時間は、月曜日から土曜日の午前10時30分から午後3時と、とっても短いです。
日曜祝日はお休みで、いつも大行列が出来ていて、売り切れ終いもあります。
開店時間が午前10時30分ってラーメン屋さんにしては結構早いです。

実店舗には2011年9月27日に訪問しています。

DSCF9426 (480x360)
ラーメンセット(2,000円)が15セット、汁なしセット(1,000円)が50セット、豚一本売り(1,000円)が12本を販売していました。
昨年は汁なしのみでしが、今年はラーメンも登場。
この日はラーメン1セットとチャーシュー1本を購入。

店員さんに会計をしてもらっているとき、店主さんに「どれぐらい保ちますか?」と聞いてみました。
そのままだと3日だそうです。
凍らせればもっと保つとか。
ただ、早く食べた方が美味しいとのこと。

本当は年越し二郎にしたかったのですが、この年はカレンダーの並びのせいで、3日以上になってしまうので、2013年12月30日の昼ご飯にいただきました。


豚 (1,000円)
DSCF9430 (480x360)
ラーメン二郎の中で小岩店の豚はかなり美味しい方だと思うので、とっても嬉しい♪

DSCF0114_2013120906302908d.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
袋から取り出すとこんな感じです。
かなりの大きさ。

DSCF0116_201312090630323d6.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
食べると結構柔らかい食感ですが、切るときは少し固めで切りやすかったです。

DSCF0117_20131209063034d11.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
たっぷり豚を楽しめるよう、ぶ厚く切っちゃいました。

DSCF9428 (480x360)
麺は半透明のビニール袋に入っています。

DSCF9432 (480x360)
取り出してみました。
二郎らしい、灰色っぽい太い平打ち麺です。
これが茹で上がると白くなるから不思議。

前年に初めてトライしたときは、麺がのびてしまってすごくがっかりしたので、今度こそちゃんど茹でよう!と決意していました。
茹で時間は5~8分と店主さんから聞いたので、手際ののろい自分は6分に決定。

DSCF9429 (480x360)
スープ(タレ?)です。
密封バックされていました。
白い脂の部分と黒っぽいタレに完全に分離しています。

スープを溶かそうと湯煎していたら、鍋肌にあたっていた部分が溶け始めてしまい、大慌て(汗)。
何とか中身をこぼすことはなく、ある程度中身が柔らかくなったので、別の小鍋に写して温めました。
調理には問題はなかったのですが、この時のビニール素材がお鍋にがっちりついてしまってガッカリ。

DSCF9433 (480x360)
セットとは別にニンニクを小袋でいただきました。
既に皮をむいたものです。
去年はなかったような気がする、、、?

ニンニクは、ぷっくりと膨らんでとっても大きいものが5つもありました。
特にどこかへ出かける予定はなかったものの、あまりにたっぷりになりそうなので、2つは残しました。
後日味玉作りに使ったのですが、すっごく風味が強く、やっぱり二郎のニンニクはその辺で市販されているのものよりも、すごく良いものだなぁと思いました。
青森産かな?

DSCF0107_20131209063131717.jpg
前回は作り方が細かく書いてある、こんな紙がはいっていましたが、今回は写真を撮り忘れてしまったのか、入っていなかったのか、写真がありません(汗)。
でも、販売日の午後12時半過ぎぐらいに使い方の詳しいメールが届いたので、特に困りませんでした。


家二郎
DSCF9439 (480x360)
無事、完成!
いただきま~す。
もちろん、器も温めました。

DSCF9447 (480x360)
お店よりもキャベツをたっぷり目に入れ、豚も厚切りでたくさん添えちゃいました。

DSCF9438 (480x360)
生ニンニクは粗みじん切りで。

DSCF9437 (480x360)
野菜は茹でもやしと、、、

DSCF9444 (480x360)
茹でキャベツ。
キャベツが多いと彩りが良くなります。

DSCF9435 (480x360)
麺は去年に比べたら、かなり美味しくできました。
ただ、失敗だったのは豚で、冷蔵庫で保管していたものをビニール袋に入れて沸騰したお湯に湯煎したのですが、ちょっと甘かったようで、まだまだ中が冷たかったです。

家人からも「豚が美味しくない。」と大変不評でしたが、お正月にお雑煮を作るときに小さくカットして投入してみたところ、つゆとしっかり馴染んでとっても美味しくいただけました。
ただ単に、この時の準備が足りなかったようです。

うーん、課題が次々と(泣)。
ともあれ、総じて前年よりは美味しくいただけました。
あと、改めて自分でラーメンを作ってみると、出来上がりのタイミングに合わせて麺とスープとトッピングを準備するのが本当に大変。
いつも自分がラーメン屋さんに食べに行くと「出てくるのが遅い!」と簡単に思っちゃいますが、作業がこんなに大変なのかと自分のぶきっちょさを差し引いたとしても、大変なんだと実感しました。
日本中にあるラーメン屋さんを改めて尊敬します。

2013年は残念ながら日程の都合で年越し二郎にはなりませんでしたが、私にとって年末の大きな楽しみです。


2012年12月28日購入時お店DATA
*****************************
ラーメン二郎 小岩店 (じろう) 
〒133-0057 
東京都江戸川区西小岩3-31-13
営業時間 10:30~15:00
定休日 日祝
JR総武線小岩駅北口から徒歩4分 
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/01/03 08:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<妻家房 四谷本店 【キムチ教室・番外編】  @四谷三丁目 | ホーム | ~☆~ A HAPPY NEW YEAR 2015 ~☆~>>
コメント
家二郎を手軽に楽しめていいですな
久々に二郎食べたくなった
近所だと中山か
中山二郎も評判はなかなかで近所ですが
評判店の二郎ってあれじゃないですか
常連さんが付いちゃってる印象で敷居が高くなるのよね~
関内店とかも
行きやすそうな二郎~って一覧見たら
全然行きやすくないお店発見
会津若松なんて飛び出たとこにあんのね
喜多方ラーメンの勢力下でやってけてるのかしら
【2015/01/03 11:43】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/1994-332c7916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる