妻家房 四谷本店 【キムチ教室・番外編】  @四谷三丁目
長くて楽しかった冬休みも今日が最後。
私は今日でようやく2013年の記事をアップし終えることが出来ました。
亀過ぎる歩みで本当に申し訳ないです。
2015年もゆるゆるお付き合いいただければと思っています。

DSCF9486 (480x360)
2013年12月28日頃、昨年の冬に引き続き、「妻家房(さいかぼう)」からお鍋セットが自宅に届けられました。
とっても美味しいお鍋なので、冷蔵庫に入れておき、大晦日のディナーにいただきました。
ボリュームたっぷりなので、ダイエットも兼ねて、午後5時ぐらいから食事スタート。

入口

「妻家房」の四谷本店は、地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から地上に出て、三丁目交差点にある四谷消防署から新宿通りを新宿方面を目指して歩いていくと右側にあります。
通りを挟んだ正面はスーパー丸正です。

2008_1025画像0017
1階に韓国食材販売店とキムチ博物館があり、2階と3階がレストランになっています。
写真は1階奥にあるキムチ博物館で、この場所でキムチ教室が行われています。

2009_0126画像0048
こちらは以前撮影した写真です。
いただいたものは、冬のギフトとして販売しているこちらのお鍋のセットです。

DSCF4482_20121009042457.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
送られてきた箱は目を奪われるど派手な赤でした。

DSCF9450 (480x360)
ドキドキしながらオープン!

DSCF9455 (480x360)
フタを開けると、こんな感じです。
箱の中にはぎっしりと食材が詰まっていました。

DSCF9456 (480x360)
箱から全ての小袋を取り出してみると、こんな感じです。
大きく分けて、お肉、野菜、スープ、キムチに分かれています。
こちらのセットは3~4人前のボリュームとのこと。

DSCF9463 (480x360)
毎年同じ商品をいただいていますが、パッケージなどが少しずつ変わっています。

DSCF9464 (480x360)
お肉は鹿児島産黒豚のバラスライスです。

DSCF9465 (480x360)
消費期限が1日過ぎちゃっているけど、気にしない!(笑)。
一応、食べるのが遅くなることがわかっていたので、チルドに入れておきました。

DSCF9459 (480x360)
スープで小袋で3つに分けてあり、何回かに分けて使うこともできるようになっています。

DSCF0137_201312100601184d4.jpg
私は1回で食べ切っちゃいますが(笑)。

DSCF0138_201312100600347a1.jpg
こちらも以前撮影した写真です
そのままお鍋に入れるだけで、薄める必要もなく、とっても簡単☆

DSCF9457 (480x360)
お鍋の味の決め手になる妻家房の美味しい白菜キムチがたっぷりと入っています。

DSCF9458 (480x360)
袋には外装の箱にもあったロゴデザインが描かれていました。

DSCF0136_201312100601153ff.jpg
こちらも以前撮影した写真です
白菜キムチは豚肉よりは消費期限が長かったです。

DSCF9460 (480x360)
豚肉、スープ、キムチ以外の材料は一つの袋にまとめてあります。

DSCF9462 (480x360)
四谷本店特製とのこと。

DSCF9466 (480x360)
お肉と同じ消費期限でした。
なので、こちらも過ぎていますが、気にしない(笑)。

DSCF9467 (480x360)
開けてみると、小袋がこんなにたくさん!
8種類の具材とタデギが入っていました。
全てカット済みなので、調理は包丁いらずです。

DSCF9478 (480x360)
味のアクセントになるタデギです。
こちらのタデギ、とっても美味しいですが、全部入れるとけっこう辛くなるので要注意。

DSCF9468 (480x360)
8種類ある具材は、春菊、、、

DSCF9471 (480x360)
ニンジン、、、

DSCF9474 (480x360)
シイタケ、、、

DSCF9470 (480x360)
エノキ、、、

DSCF9475 (480x360)
長ネギ、、、

DSCF9473 (480x360)
トック、、、

DSCF9472 (480x360)
タマネギ、、、

DSCF9476 (480x360)
戻してある春雨が入っていました。

DSCF0140_2013121006003784c.jpg
キムチ鍋の作り方の紙が入っています。

DSCF0141_20131210060040308.jpg
作り方はとっても簡単。
お鍋に油を引いて温めたら、一口大に切ったお肉を炒め、火が通ったらキムチもさっと炒めます。

DSCF0143_201312100600430bf.jpg
スープを加え、沸騰したら野菜を加え、柔らかくなるまで煮込みます。
お好みで豆腐を加えるといいそうです。
最後にタテギを入れて味見をし、足りなければ塩などで調整してできあがりです。

DSCF9482 (480x360)
いよいよお鍋作りです。
このお鍋のスープはどんな具材でも合うので、いつもたくさんのものを追加しちゃいます。

DSCF9483 (480x360)
追加したのは、白菜、長ネギ、長ネギ、シメジ、、、

DSCF9484 (480x360)
オクラ、ダイコン、エリンギ、ゴボウ、百合根などなど。
キノコが大好きなので、いつもあるだけたっぷり。
豪華に海産物のホタテ、タラ、アサリも投入。

DSCF9486 (480x360)
手順に従って材料を投入。
スープの赤さが食欲をそそります。
具材はいっぺんには入らないので、少しずつ。

一年前は、ダシが弱くて淡白すぎる一方で、炒める時のゴマ油を入れ過ぎて脂っぽくなってしまったので、今回は豚バラ肉の持っている脂でじっくり焼こうと思って少なめの油にしました。

DSCF9487 (480x360)
うーん、ホタテがぷっくりと膨らんで、とっても美味しそう!
去年はホタテを煮込みすぎてかたくなってしまったので、出来上がり直前にい入れてレアっぽくしてみました。

DSCF9490 (480x360)
お肉にも火がしっかり通ったので、いただきま~す!

DSCF9491 (480x360)
実は、最初の一杯目を食べたとき、タデギを入れるのを忘れていました(汗)。
ただ、それでも白菜キムチのせいか、しっかりとした辛さと旨みがあって、食べているときは気付かない程でした。
お鍋のお替わりを作るときに加え、しっかり辛くして食べました(笑)。

DSCF9493 (480x360)
スープが明らかにさらに赤くなりました(笑)。
前回はちょっとコクが弱い感じがしたので、今回アサリを入れてみたのですが、これが大正解。
とっても美味しいスープになりました。

DSCF9495 (480x360)
お鍋の最後のお楽しみ。
〆にご飯と卵とネギを追加して雑炊にしました。

DSCF9497 (480x360)
全ての美味しさを吸い込んだ雑炊は格別です。
食べ過ぎでお腹パンパンになりました。


これまでの何回かの反省点を踏まえ、今年はかなり満足できるお味でした。
大晦日の夜にふさわしいご馳走で、ステキな一年の締めになりました。
ただ、あまりのボリュームに、お正月に体重ががっちりアップしていましたが(笑)。
本当にごちそうさまでした☆


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇
  
[キムチ]
白菜キムチ (2007年9月1日2007年10月27日2011年5月14日2011年11月19日2011年12月3日2012年12月1日2013年1月19日2013年7月20日
ソクバクジ (2007年10月20日
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日
小松菜キムチ (2008年1月19日2011年1月22日2012年4月21日
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日
キャベツキムチ (2008年7月5日
即席白菜キムチ (2008年9月6日2011年9月3日
ナバク水キムチ (2008年10月18日
カクテキ (2008年12月6日
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日
マッキムチ (2009年9月5日
カラシナとネギのキムチ (2010年2月20日
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日
菜の花キムチ (2011年4月2日
かぶキムチ (2012年3月3日
なすキムチ (2012年7月7日
オイペクキムチ  (2012年9月1日
トマトキムチ (2012年10月20日
ニラキムチ (2013年2月2日
ヨルムキムチ (2013年3月2日) 
ネギキムチ (2013年4月20日
イカキムチ (2013年4月20日

[韓国料理]
ビビン冷麺 (2007年9月1日
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日
ノビアニ (2008年1月19日
カムジャジョン (2008年2月2日
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日
オーサムプルコギ (2008年10月18日
韓国餅入りスープ (2008年12月6日
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日
サバのキムチポッサム (2010年2月20日
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日
チャンチククス (2011年1月22日
緑豆ビンデトック (2011年4月2日
サムゲタン (2011年5月14日
ナムル (2011年9月3日
キムチチョンゴル (2011年11月19日
カムジャタン (2011年12月3日
タッカルビ (2012年2月4日
メクジョ (2012年3月3日) 
セカルビチム (2012年4月21日
デジカルビティギム (2012年5月5日
タッカンジョン (2012年7月7日
ビビンソミョン (2012年9月1日
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日) 
カルグクス (2012年12月1日
ジェユクポッサム (2013年1月19日
ジャンサンジョク (2013年2月2日) 
キンパ (2013年3月2日
サンチュ餅  (2013年4月20日
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日
きのこのチャプチェ (2013年6月15日
テジプルコギ (2013年7月20日
タンピョンチェ (2013年10月5日
 
[伝統料理・宮廷料理]
2008年1月19日

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット]
1回目 2009年1月18日
2回目 2009年12月29日
3回目 2010年12月30日
4回目 2011年12月31日
5回目 2012年12月31日 
6回目 2013年12月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2013年12月31日調理時お店DATA
*****************************
妻家房 四谷本店 (さいかぼう)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル
電話 03-3354-0100
営業時間 11:30~23:00
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2015/01/04 08:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<十割そば・地酒 蔵や  @四谷 | ホーム | ラーメン二郎 小岩店 ~家二郎~  @小岩>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/1995-28f9f026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる