原始焼 六番町 魚鷹  @市ヶ谷
このところ、市ヶ谷方面へランチに行ってもGEMS市ヶ谷ばかり訪問していたので、昨年の12月5日にpenguin_19さんから「まんてん」の昼営業をやっていないという情報をいただいていたものの、ついこの間ようやく確認できました(汗)。
混雑していてなかなか入れませんでしたが、食べたいメニューが幾つかあったのに。
場所も良く、お値段も手頃で、お昼のリピーターは多かったと思うので、残念に思っている人も多いのではないでしょうか。

DSCF2617 (480x360)
2014年2月28日のランチは、OさんとIさんがお昼時に不在だったので、上司から「外へ食べに行こう」と誘われ、先輩と私の三人で出かけました。
つい1年数ヶ月前まで10数年間3人で働いていたのに、久しぶりに三人に戻ってみるとなんだかちょっと寂しい感じがしちゃいます(笑)。
3日前に「嘉賓」に行ったばかりでしたが、まさかの週2回訪問か?と身構えたものの、上司が歩いて行ったのは市ヶ谷方面の「原始焼 六番町 魚鷹(うおたか)」でした。
気に入ると頻繁に通い詰める癖のある我らが上司、一時期はかなり「魚鷹」にお邪魔していましたが、このところずっとご無沙汰していて、久しぶりの訪問です。

DSCF1444.jpg
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かいます。
2つ目の信号を右折、次の角を左折して少し先に行くと佐藤ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF1445.jpg
日本テレビ通りから1本入ったこの道は道幅が細く、学校や住宅があるせいかとても静かです。

「魚鷹」は2010年9月14日にオープンしました。
前回ランチ訪問したのが2013年2月13日だったので、約1年半月ぶり、14回目の訪問です。

DSCF1446.jpg
ビルの前の敷地は日本庭園風になっていて、立派な石灯籠が置かれています。

DSCF2885_20140207081023d27.jpg
お店の前にランチメニューが出ています。

DSCF2642 (480x360)
モードを切り替えるのを忘れて撮影しちゃったので、真っ白になっちゃいました(汗)。
全部で5種類あり、お値段は980円から2,000円とややお高めな設定です。

ランチは土日祝を除いた平日の午前11時半から午後2時半(ラストオーダーは午後2時)までです。
また、終日全席禁煙です。

DSCF1443.jpg
ちょっとした空間ですが、小石を敷き詰めた小さな廊下があって、ランチのお値段が出ていなかったら、なかなか入るのに勇気がいりそうな雰囲気です。

DSCF2586 (480x360)
入ってすぐのところにレジがあります。

事務所を出たのがとても遅く、お店に到着したのは午後1時前。
それなのに満席で、先客が一組、後客も来ました。
相変わらずの人気です。

DSCF2587 (480x360)
カウンターの所にディナーメニューが置いてあって、自由に見ることが出来ました。

DSCF1103_20120608223302.jpg
後ろの壁にはいろいろな器や、、、

DSCF5032_20121021080054.jpg
植物などが飾られていました。

DSCF1440.jpg
店内は奥に向かってのびていて、すぐ右手に大きな焼き場と厨房とカウンター席があり、左手には半個室のテーブル席、さらに奥にテーブル席があって、結構広々としています。

お店に入ってすぐ右手にこちらの囲炉裏のような大きな焼き場があります。
店名にもある「原始焼」とは、この炉で備長炭によって焼かれるとのこと。

この焼き場の前にはウェイティング用のイスが置かれています。

DSCF0301.jpg
カウンター席から見た厨房です。

DSCF1439.jpg
奥のテーブル席に向かう通路に大きな冷蔵庫が置かれ、たくさんのお酒が並んでいます。
うーん、美味しそう! ランチ訪問なのが残念。

DSCF9458.jpg
冷蔵庫の中にはお漬け物でしょうか、甕が入っていました。
ランチにはお手製らしきお漬け物がついています。

DSCF1410.jpg
お店の奥にあるテーブル席です。

DSCF1411.jpg
店内はシンプルですが、落ち着いた内装です。

DSCF9266.jpg
場所によって掛かっている絵の文字が違います。

DSCF1412.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
壁にはこの日のオススメなのでしょうか、魚の名前が木札に書かれていました。

DSCF3749_20130614083724.jpg
こちらも以前撮影した写真です。

しばらく待ちましたが、昼休みの終了に合わせて数客帰ったため、それ程待たずに入ることが出来ました。
私たちは一番奥の部屋の真ん中辺りの4人用テーブルに着席。

卓上に置かれているのは爪楊枝のみです。

DSCF9442.jpg
席につくと、店員さんが温かいおしぼりを手渡してくれます。

店員さんは全員男性でした。

DSCF3742_20130614083712.jpg
お茶は一年を通していつも温かいものです。
お茶をいただきながら、メニューを検討。

DSCF2607 (480x360)
やや厚みのある木の板に紙のメニューがはめ込んであります。
5種類あるメニューは全てお魚と、潔いラインナップです。

DSCF2608 (480x360)
店頭には出ていますが、中のメニューには日替わりの内容が出ていません。
店員さんが口頭で説明してくれます。

DSCF2609 (480x360)
ランチメニューは5種類あり、お値段は980円、1,350円、2,000円とややお高めです。

ランチの中で唯一お刺身定食を食べたことがなかったので、せっかくの機会だから食べてみようかと思ったのですが、お値段が1,400円(汗)。
こんなに高かったっけ?
上司の支払いだと思うと、一人だけこれを頼む勇気はなくて、断念しました。

その代わりに、鰆と烏賊のフライ定食 ご飯少なめ (980円)を注文。
鰆と烏賊の両方が食べられるなんて、とってもお得!と思ったら、全員が同じ注文でした(笑)。


本日の揚げ物定食 <鰆と烏賊のフライ定食> ご飯少なめ  (980円)
DSCF2617 (480x360)
しばし待ってお料理が登場!
メイン、小鉢、お新香、ソース、お味噌汁、ご飯のセットです。
大きめの長方形の黒くて編み込んだようなデザインのお盆にのせれています。

DSCF2618 (480x360)
ご飯は小さめのお茶碗に盛られています。
基本的なご飯の盛りが多いのか、女性客だと店員さんから「ご飯の量はどうしますか?」と必ず聞かれます。
この日は少なめをお願いしました。

DSCF2619 (480x360)
「魚鷹」は比較的ご飯をやわらかめに炊いていることが多いです。

DSCF2624 (480x360)
お味噌汁はいつもと同じ、シンプルなアオサのお味噌汁です。
ダシはあっさり目でした。

DSCF2625 (480x360)
お汁は熱々で、きちんと直前に投入しているのか、アオサはとても鮮やかな緑色。
とろんとした食感がたまりません。

DSCF2620 (480x360)
お新香は甘酢漬けのキュウリと白菜のお漬け物の2種類です。
冷蔵庫に入っていた甕の中にあるお手製でしょうか、毎回同じ組み合わせです。

DSCF2622 (480x360)
キュウリは甘酸っぱかったです。

DSCF2621 (480x360)
白菜はご飯のお供なのか少ししょっぱめでした。

DSCF2626 (480x360)
小鉢にはヒジキの煮物が入っていました。
量はそれ程多くありません。

DSCF2627 (480x360)
ヒジキの他、油揚げ、ニンジン、大豆が入っています。
甘さ控えめであっさりめの味付けでした。
大豆が美味しくて、いつも食べるのが楽しみです。

DSCF2629 (480x360)
メインは細長い長方形の白っぽいお皿に盛られています。
右から烏賊のフライ、鰆のフライ、野菜サラダです。

DSCF2630 (480x360)
サラダはリーフレタス、水菜、ほんの少しの黄パプリカです。
あらかじめドレッシングがかかっていました。

DSCF2631 (480x360)
フライにはタルタルソースがかけてあります。

DSCF2623 (480x360)
タルタルソースとは別にソースが別の小さな容器に入って出て来ました。

DSCF2635 (480x360)
鰆は身がとても厚く、熱々で、食べてみるとふっくらとしていました。
淡白な味わいなので、タルタルソースがとてもよくあいます。

DSCF2634 (480x360)
烏賊は一口大のものが2つもありました。
こちらもかなりの厚さです。

DSCF2639 (480x360)
これだけ厚みがあるのに、囓ってみるとさっくりと切れて、程よい弾力があって甘みも感じました。
美味しい!

DSCF2640 (480x360)
せっかくなので、一枚はタルタルソース、もう一枚はソースをかけて食べました。


厚みのあるフライを3つも食べたので、ご飯は少なめでしたが、ボリュームたっぷりでおなかいっぱいになりました。
鰆やあまり見かけない厚みのある烏賊など、ちょっと他のお店では見かけない食材をいただけて、大満足です。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

本日の丼ぶり物 
 ホッケのほぐし身温玉丼 (2011年7月8日
 鮭のほぐし身温玉丼 (2011年7月12日
 サワラのほぐし身温玉丼 (2011年9月22日

本日のフライ定食 
 秋刀魚と鮭のフライ定食 (2010年10月26日
 アジのフライ定食 (2011年8月23日
 カジキのフライ定食 (2012年7月31日
 鰆と烏賊のフライ定食 (2014年2月28日

本日の煮魚定食
 笠子の煮つけ定食 (2011年7月22日
 金目鯛の煮つけ定食 (2011年7月26日) 
 鰈の煮付け定食 (2011年11月29日
 鰤と大根の煮付け定食 (2012年1月16日
 目鯛の煮付け定食 (2012年3月27日
 カレイの煮付け定食 (2013年2月15日

刺身 御膳  (2010年10月18日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


夜のメニューです↓
DSCF2610 (480x360)

DSCF2611 (480x360)

DSCF2612 (480x360)


2日前の夜のメニューです↓
DSCF2600 (480x360)

DSCF2601 (480x360)

DSCF2606 (480x360)

DSCF2602 (480x360)

DSCF2603 (480x360)

DSCF2604 (480x360)

DSCF2605 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF2591 (480x360)

DSCF2592 (480x360)

DSCF2595 (480x360)

DSCF2594 (480x360)

DSCF2593 (480x360)

DSCF2596 (480x360)

DSCF2597 (480x360)

DSCF2598 (480x360)


お店の名刺です↓
DSCF2589 (480x360)

DSCF2590 (480x360)


2014年2月28日訪問時お店DATA
******************************
原始焼 六番町 魚鷹 (うおたか)
〒102-0085 
東京都千代田区六番町3-20 佐藤ビル1階
TEL 03-3261-7897 
営業時間
[昼]11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜]17:00~23:00(L.O.22:15)
定休日 土日祝
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/02/25 05:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目 | ホーム | こだわりのカツとフライの専門店 かつれつ 四谷たけだ  @四谷>>
コメント
鰆なんてなかなか洒落た魚をフライにしてますね
烏賊が柔らかいと嬉しい
立ち食いそばのイカ天蕎麦とか回転寿司の烏賊の握り
なんであんなに固いのか
くコ:彡
魚料理食べてくなってしまった
週末はまた魚角か!
でもこの前三茶いつもよりエリアを広げて歩いて見たら
世田谷通りにまあまあお安めの中華見つけてるのよね~
最近中華丼食べてないのでそこの中華丼も気になってて
中華丼って当たり外れあるじゃないですか
いや、不味いってのは滅多無いんですが
うずらの玉子入ってないお店がけっこーあるので
油断ならない
【2015/02/25 06:40】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
 まんてん、昼営業やっぱりずっとやってないんですよね。夕方5時からは営業してます。

 たまに昼間入ろうとしてドアに手をかけ、「あっやってないんだ」って感じで退散していく人を見かけます。
【2015/02/25 12:27】 URL | penguin_19 #-[ 編集]
>☆まがり★さん、
そうなんですよ、鰆なんて、なかなか食べられないのに、イカと2種類食べられて、しかも肉厚で美味しかったんです。
久しぶりの訪問でしたが、このお店が人気なのはとてもよくわかりました。

中華丼は比較的ブレの少ないお料理だと思いますが、うずらの卵が入っているかどうかがポイントなのは激しく同意です。
うずらの卵、美味しいですよね~。
最近食べていないので、食べたくなっちゃいました。


>penguin_19さん、
こんにちは。
夕方は5時からの営業なんですね。
公式HPとかないから、確認のしようがありません(笑)。
営業時間が書いていないかどうか、今度お店の入口とかをちゃんと見てみます。
昼間の料理人さんがいなくなっちゃんでしょうかね~。
【2015/02/26 06:21】 URL | なお #-[ 編集]
お魚は今、ホッケとマアジが漁獲量が減少してて
大変見たいですね
以前は鰯でちょっとした騒ぎになってましたが
ホッケはまだたまの居酒屋で食べる程度で
割り勘なのでダメージ少ないですが
大好きな鰺が減少して高価になるのは困りますな
アジフライ定食980円とか勘弁してください

うずらは美味しいことも重要ですが
中華丼食べる際の最初に食べるか最後に食べるか
あれを悩むのもまた醍醐味
考えなくていい2個とかは邪道と考えてしまいます
【2015/02/26 14:36】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
お魚がこれだけ値上げしてくると、ますます魚離れが深刻になりそうですね。
我が家に登場する魚はサンマやサバが多く、アジはそれほどではないので、直撃してはいないのですが。

大好きで美味しいものを最初に食べるか最後に食べるかは悩ましいし、性格が出ますよね(笑)。
私はだいたいが最後まで残してしまう派です。
貧乏性なのです(笑)。

【2015/02/27 06:13】 URL | なお #-[ 編集]
拙者もまず最初に食べることは無いんですがね
悩んでる時点で最初は無いですね
後半
でも、最後まで残すとなんだか寂しいので
最後まで行ってしまわない
いつ食う、今か、いやもう一口食べて
ここの葛藤が醍醐味

【2015/02/27 07:16】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
 まんてん、営業時間は書いてなかった気がします。かわりに「5時から限定メニュー」とか書いてあって、思わず5時から営業やんって突っ込みたくなります。
【2015/02/27 12:30】 URL | penguin_19 #-[ 編集]
>☆まがり★さん、
『葛藤が醍醐味』というのは、とってもよくわかります。
美味しいもので悩ましいのがとっても幸せですよね~。
悩むぐらいのご飯に出会えたことも幸せだし。


>penguin_19さん、
「まんてん」は自分から情報発信しているお店ではないから、散りばめられた情報から類推したり、出たとこ勝負で行かなければならないですね~。
はっきり明示しないということは、人員さえ確保できれば昼営業を再開するかもしれないと、都合のいい解釈も出来ますが。
ともあれ、ランチの選択肢が一つ減っているのはとっても残念です。
【2015/03/02 04:15】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2048-62ed86c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる