うどん 花咲善伝  @四谷三丁目
今日は地元でBBQをやる予定です。
今回の目玉はラム!
5ミリと1センチの厚さ違いの食べ比べをやる予定で、と~っても楽しみ☆

DSCF7577 (480x360)
2014年7月5日は「妻家房」でのキムチ教室でした。
教室が始まる前にいつもこの界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は新店や行ってみたいお店がなく、食べログを見て気になっていた「うどん 花咲善伝(さかいで)」へ行ってみることにしました。
店名の「花咲善伝」、「さかいで」と読むのにはビックリ。
難しい~。

DSCF7587 (480x360)
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅の3番出口を出て信濃町駅方面に進みます。
四谷警察署を越えた少し先の左手にNK第5ビルがあり、お店はその1階です。

DSCF7588 (480x360)
店主さんはうどんの本場讃岐と都内のうどん店で腕を磨いて2010年1月20日に独立開業したそうです。
肉うどんシリーズを中心にメニューを展開するほか、野菜ソムリエとして季節毎に多様な創作メニューを提供しているとのこと。

DSCF7589 (480x360)
特に世界のご当地グルメ・特産品をアレンジしたオリジナルうどんを「旅うどん」と命名し、期間限定で提供しています。
この時期はブルガリアうどんでした。
ヨーグルトが使われているとか?
とても独創的なお店なので、雑誌などでよく紹介されているそうです。

DSCF7573 (480x360)
店内はそれ程広くはなく、左に厨房があり、その周りをカウンター席が取り巻いています。
内装は木をたっぷり使っていました。

DSCF7572 (480x360)
男性店員さんと女性店員さんの二人で切り盛りしています。
女性店員さんがうどん茹でるなど調理を担当し、男性店員さんが接客を主に担当していました。

DSCF7570 (480x360)
午後1時半近くに入店したところ、先客2名、後客1名でした。

DSCF7569 (480x360)
私はカウンターの真ん中ぐらいに着席。
卓上には紙ナプキン、爪楊枝、七味唐辛子、アンケートなどが置かれていました。

DSCF7566 (480x360)
アンケートがあるなんて、まるでチェーン店みたいです。

DSCF7568 (480x360)
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF7567 (480x360)
メニューとトッピングの組み合わせについて、人気コラボメニューランキングなるものが貼り出されていました。
トッピングをしたい時は参考になりますね~。

DSCF7563 (480x360)
こちらがメニューです。
種類が多いだけでなく、サイズを大・中・小から選べて、トッピングも多数あります。
ご飯ものとセットにすることも出来ます。
メニュー写真がとても大きくてキレイなので、すっごく食欲をそそられます。

DSCF7564 (480x360)
肉うどんの白などがお店のイチオシのようですが、雨が降ったり止んだりでさほど気温の上がった日ではなかったものの、初めてのうどん屋さんでは冷たい麺が食べたいな~と思い、冷・タンタンうどん(900円)を注文しました。
夏季限定メニューのようで、この年の夏も再登場したとのこと。
「ピリ辛だけどさっぱりとしたお出汁がやみつき!」との説明書きがありました。

ホットペッパーのクーポンで大盛り無料だったので、スマホで該当画面を見せて大盛りをお願いしたところ、「大盛りですか?」とちょっと驚かれちゃいました(笑)。

実はこのクーポン、自宅のパソコン画面で見つけていて、印刷するように書かれていたので印刷しようとしたのですが、何故かプリンターが動かず、半分諦めていたのですが、スマホで見ると、そのまま掲示するだけでいい、となっていました。

DSCF7565 (480x360)
後でメニューの裏側を見たら、グリーンカレーのつけうどんなるものを発見。
「復活! 辛いものが苦手な方はご注意ください。」とのキャッチに、こちらにすればよかったかな~と、ちょっと後悔しちゃいました(泣)。

DSCF7571 (480x360)
ふと上を見上げると、焼酎の霧島シリーズがずらりと並んでしました。
大好きな焼酎ですが、「茜霧島」という種類には見覚えがなかったのでスマホで調べてみたところ、なんとつい半月ほど前に販売が始まった新シリーズとのこと。
あっという間に定価販売は全て売り切れ、早速3・4倍の金額で取引されていました(汗)。
いいなぁ、飲んでみたいです。
さすがにこのタイミングで飲むわけにはいかなかったのが残念。


冷・タンタンうどん 大盛り (900円→大盛りはクーポン利用で無料)
DSCF7574 (480x360)
茹で時間が長いからか、少し待ちました。
15分近く経過し、おうどんが登場!

うどん、お箸、レンゲ、紙ナプキンのセットです。
茶色い長方形の木製のお盆に載せられていました。

DSCF7575 (480x360)
ぶきっちょなので、紙ナプキンがついていたのは嬉しかったです。
自分で縛るタイプでした。
この日は特に食べるのが下手くそだったようで、食べ終わった後かなり点々と汁が飛び散っていて、紙エプロンにとっても感謝(笑)。

DSCF7576 (480x360)
お箸は黒い洗い箸で、紙製の箸袋がついています。

DSCF7577 (480x360)
うどんは中ぶりでやや深めな白い器に入っています。
つゆはひたひた位でした。

DSCF7578 (480x360)
ネギ、野菜、ひき肉が真ん中にこんもりと盛ってありました。

DSCF7581 (480x360)
ネギは長ネギで、ほぼ白い部分のみを白髪ネギっぽく長めに切ってありました。
シャキシャキした食感を楽しめて、味もさっぱりします。

DSCF7579 (480x360)
野菜は小松菜でしょうか。
ナムルというかおひたしみたいになっていて、甘い味つけでした。
甘さが苦手な私はこれがうどんなどと味が混ざらないよう、単独で食べちゃいました(汗)。

DSCF7580 (480x360)
ひき肉はピリ辛の味つけがしてあります。
うどん出汁に溶かし込むと、旨みと辛みが広がりました。
結構量があります。

DSCF7582 (480x360)
たっぷりの白胡麻を散らしてありました。

DSCF7584 (480x360)
うどんは中太ぐらいで、艶艶と光っています。
ラー油などの調味料や出汁がかかっているので真っ白な状態の所はほとんどみられませんでしたが、それでも瑞々しさはとてもよくわかりました。

食べてみると、むちっとした食感で、のど越しもよかったです。
大盛りだけあってボリュームたっぷり。
最初のうちは、トッピングの山の下から食べる分だけを引っ張り出すのも大変なぐらいでした(笑)。

DSCF7586 (480x360)
ラー油のせいか、出汁はややオイリーに感じるときもありましたが、ピリ辛味で美味しかったです。
ただ、お酢でしょうか、酸味が結構あって、さっぱりはしたものの、個人的にタンタン系となるとちょっと違和感がありました。

DSCF7590 (480x360)
帰りがけ、2012年9月1日にランチ訪問した「雲南米線」が閉店しているのに気付きました。

DSCF7591 (480x360)
「今月18日」というのが何月なのかはよくわからなかったですが、2014年夏頃の閉店だったようです。
ゴージャスな水餃子をもう一度食べに行きたかったので、かなり残念でした。


個人的には「胡桃屋」のうどんの方ががっしりしたコシがあって好きですが、大盛りを食べてスープも全て飲み干したので、お腹いっぱいになりました。

帰りがけ、近所の方でしょうか、持ち帰りを注文している人がいました。
テイクアウトも出来るってとっても羨ましかったです。


◇・◆・◇ これまで巡った四谷三丁目近辺のランチです↓ ◇・◆・◇

◎ラーメン

 1  ラーメン むろや (2007年9月1日
 2  らぁめん 赤道 (2007年10月20日
 3  【閉店】和風ラーメン 和鉄 四谷店 (2007年10月27日
 4  【閉店】北の大草原 四谷店 (2007年12月1日
 5  太陽のトマト麺 四谷二丁目店 (2007年12月4日
 6  ラーメン 大陸 (2008年1月19日
 7  【閉店】支那そば 温洲軒 (2008年2月2日
 8  めん屋 いなば (2008年5月10日
 9  【業態変更】梟 四谷四丁目店 (2008年7月5日
10  まるいち (2008年9月6日
11  北海道らーめん 麺屋とみ吉 (2008年10月18日
12  中華料理 宝来 (2009年5月16日
13  麺匠 克味 (2009年6月20日
14  一代目 一心ラーメン (2009年7月9日
15  【業態変更】らぁめん 薫 (2009年9月5日)  
16  【閉店】つけ麺・中華 もぐら (2010年2月20日
17  麺屋 大勝軒 四谷三丁目店 (2010年6月5日
18  麺や 樽 (2010年9月4日
19  【閉店】CHABUYA Zutto Branch 四ッ谷店 (2011年1月22日
20  【店名変更】ふわふわ (2011年5月14日
21  麺屋ZERO1 四谷三丁目店 (2011年6月28日
22  【閉店】とんこつラーメン なおじ (2011年11月19日
23  ちゃんぽん酒場 哲 (2011年12月3日
24  一条流がんこラーメン総本家 (2012年2月4日
25  博多ラーメン 長浜や 四谷三丁目店 (2012年3月3日
26  喜多方ラーメン 坂内 小坊師 四谷店 (2012年4月21日
27  熱烈中華食堂 日高屋 四谷三丁目店 (2012年5月5日
28  塩つけ麺 灯花 (2012年7月7日2014年6月21日
29  【閉店】雲南米線 (2012年9月1日
30  濃厚鶏そば 晴壱 (2012年10月20日
31  【閉店】麺屋 豚と鶏の物語 (2012年12月1日
32  そうめんや 四谷三丁目店 (2013年1月19日
33  北海道らぁめん 伝丸 四谷四丁目店 (2013年2月2日
34  中国料理 峨眉山 (2013年3月2日
35  自家製麺 GACHI (2013年10月5日
36  麺匠 三はし (2013年11月16日
37  香港麺 新記 四谷三丁目店 (2013年9月7日
38  八幡浜ちゃんぽん 莢 新宿四谷本店 (2014年9月6日
39  汁なし黒担々麺 黒蠍 (2014年12月6日

◎ラーメン以外

 1  ベトナムサイゴン料理 ティン・フック (2013年4月20日
 2  キッチン たか (2013年6月15日
 3  うどん 花咲善伝  (2014年7月5日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


2014年7月5日訪問時お店DATA
*********************************
うどん 花咲善伝  (さかいで)
〒160-0004 
東京都新宿区左門町12-8 NK第5ビル1階
TEL 03-3351-3380
営業時間  (昼・夜とも、麺・ダシが終了次第閉店)
[昼] 11:30~15:00  
[夜] 18:30~22:00
定休日 日曜日
地下鉄四谷三丁目駅から徒歩3分
JR中央線信濃町駅から徒歩8分
都営地下鉄新宿線曙橋駅から徒歩10分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/05/30 00:00】 | うどん | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目 | ホーム | 沖縄食堂 おなが家  @四谷>>
コメント
うどんてやつは融通無碍ですな
まあ、パスタをラーメンスープで食べたり
クリーム系ソースで蕎麦を食べたりと
色々試みはされてますからうどんに限らないかもですが
うどんでお腹いっぱいもいいので
今度丸香の列に並んでみるか~

【2015/05/30 08:18】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
うどんをいろいろなスタイルで楽しめるのはいいですよね。
クリーム系ソースのお蕎麦、怖いけど食べてみたいかも。
一番保守的な麺料理のイメージですが、
最近、ラー油とかで甘辛風に食べたりするお店もあるし、
業界的にはいろいろチャレンジしているんですね。
【2015/06/01 06:06】 URL | なお #-[ 編集]
お蕎麦を創作ソースで頂くようなのは
隠し味に味噌や醤油ですこーし和風に
振るような工夫がされることが多いのに対して
うどんは、ほぼそのままでも抵抗なく食べれる気がするのが
ちょっと違うとこですか
家ではたまにナポリタンのうどんバージョンは作ります
蕎麦ではやりません
美味しんぼでミートソースで蕎麦食べる話あったじゃない
岡星さんが「毒です」とか言って出すの
ちょっと真似して見るかと
市販のレトルトのミートソースをただ蕎麦に
ぶっかけて見たら、まあ、美味しくないですわ
少し味を調整しないと無理って事が判りました
【2015/06/01 12:08】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
お蕎麦にミートソースですか~。
美味しんぼのその回、読んでいません。
万能のトマトソースも、お蕎麦にはミスマッチ?
確かに、酸味とかが合わなさそうかも。
でも、いろいろチャレンジする☆まがり★さんがすごいです!(笑)
【2015/06/02 05:02】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2154-f2bd691a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる