つけ麺 R&B  @与野
昨日の朝は激しい雨で通勤時間がどうなるかすごく心配でしたが、実際に家を出る頃にはかなり落ち着いていました。
今日は数少ないお天気のようで、ちょっと嬉しいです。

本日はマイブログ圏外の与野にある「R&B」のレポートです。

2014年7月22日は、「クルージンダイナー」でカレーを購入しましたが、2015年4月21日に撤退したので、割愛させていただきました。

DSCF8554 (480x360)
2014年7月23日は、仕事で自分のミスが発覚し、その対応のために急遽埼玉県の与野に行くことになりました(汗)。
JR京浜東北線の与野駅を降りたのは人生で初めて。
到着したのは午後1時半近く。
お昼を食べていなかったので、ラーメンデータベースを調べたら、「つけ麺 R&B(あーるあんどびー)」というつけ麺屋さんが大人気で、しかも、駅近だったので、行ってみることに。

DSCF8571 (480x360)
JR京浜東北線の与野駅の西口を出ると、右にロータリーがあります。
そこを超えた右手の角地にお店を発見。
確かに、と~っても近かったです。

DSCF8572 (480x360)
2009年1月21日にオープンしたこちらのつけ麺屋さんは名物が辛つけ麺とのことで、激辛大好きな私はかなり期待が高まります!

DSCF8573 (480x360)
お店の外にこだわりの書かれた看板が掲げられていました。

入店してみると、店内に2人並んでいたので、仕事に差し支えがあったらまずいと思い、一旦断念。
無事仕事が早めに終わり、午後2時半頃にもう一度行ってみました。

DSCF8574 (480x360)
営業時間と定休日はこちらです。
この写真は帰りがけ、閉店時間の午後3時近くに撮影したので、準備中の札になっていました。

DSCF8570 (480x360)
入口から入ってすぐ左に券売機があるので、先に食券を購入します。

普通のつけ麺が一番左にありますが、その隣にあった辛つけ麺が名物とのこと。
激辛好きな私は、もちろん、こちらをチョイス。
並盛と大盛が同料金だったので、ついつい欲張って大盛にしちゃいました(笑)。

「本気で辛いです!」というキャッチコピーがついた大辛煮そばなんていう魅惑的なメニューがあって、こちらもとても魅力的でしたが、この日は気温が35度近くまで上がるほぼ猛暑日だったので、残念だけどやめておきました。

DSCF8552 (480x360)
フロアはそれ程広くはありません。
右に厨房、その前にカウンターがあります。

DSCF8550 (480x360)
入店したときは時間が時間だったので、誰もいませんでした。
でも、人気店らしく、その後、二人客が一組、一人客が二人来ていました。
ご夫婦でしょうか、男性と女性のお二人でお店を切り盛りしています。
男性がラーメンを作り、女性が接客を担当していました。

DSCF8551 (480x360)
壁にメニューが貼り出してあります。
スープ割り・つけ汁の温め直しが出来るとのこと。
紙エプロンはお願いすればいただけます。

DSCF8553 (480x360)
カウンターの真ん中ぐらいに着席。
卓上にはお水の入った大きなポット、割り箸、紙ナプキン、ティッシュボックス、爪楊枝、一味唐辛子、胡椒お酢が置かれていました。
手前のタッパーには魚粉が入っています。
辛いメニューが中心だからでしょうか、ティッシュペーパーが2段重ねてありました(笑)。

DSCF8549 (480x360)
食券を渡し、つけ麺を待ちます。
着席するとすぐに出してしまったので、食券は撮影できず(泣)。

お水をいただきながら、出てくるのを待ちます。
細身のグラスです。


名物! 辛つけ麺 大盛  (850円)
DSCF8554 (480x360)
しばし待って、つけ麺が登場!
太麺なので茹で時間がかかったのか、出来上がりに少し時間がかかりました。
15分近く待ったかも。

「器が熱いので気をつけて下さい。」とアナウンスがありました。
店員さんがカウンターの高い部分につけ麺とつけ汁を置いてくれるのですが、テーブルが奥に広いので、チビな私はかなり手を伸ばして取る感じになりました(汗)。

DSCF8558 (480x360)
麺は器にたっぷりと盛られていました。

DSCF8561 (480x360)
レンゲは黒いプラスチック製で、麺の下に差し込まれています。

DSCF8559 (480x360)
黄色っぽい中太麺の中央には粉唐辛子がふりかけてあります。
辛い麺はいろいろ食べていましたが、こうやって麺に唐辛子パウダーがふりかけてあるのを見たのは初めて。
シンプルだけど、とっても斬新でした。

DSCF8560 (480x360)
麺は黄色みがかった太麺で、平たいです。

DSCF8556 (480x360)
小さめの黒い器に入ったつけ汁はそれ程赤さはありません。
確かに器は熱々でした。

DSCF8557 (480x360)
刻み玉ねぎ?が中央に浮かんでいました。
青菜っぽいものも入っています。
つけ麺のつけ汁に青菜系の野菜が入っているのって、珍しいかも。

DSCF8562 (480x360)
つけ汁は、表面がちょっとオイリーかなと思いましたが、食べ進めていたら気にならなくなりました。
辛さはかなりビシッときいていて、唐辛子がベースなのでしょうか、ストレートな辛さです。

DSCF8563 (480x360)
つけ汁の中にはほぐしたチャーシューが入っていました。
お肉は柔らかく、しっかり味です。

DSCF8565 (480x360)
メンマほか、青菜が入っていました。
お腹が空いていたせいか、大盛りでもペロリと完食。

DSCF8566 (480x360)
スープ割りをお願いすると、野菜を散らしてくれました。

DSCF8567 (480x360)
隣のお客さんが以前にも来たことがあるらしく、スープ割りをお願いするときに「三つ葉で。」とお願いしていました。
連れの人に話していたのですが、三つ葉か柚子こしょうかを選べるそうです。
ただ、私のスープ割りに入っているのは三つ葉ではなくて、水菜に見えるような。
特にどっちとも聞かれなかったし。

DSCF8568 (480x360)
野菜の味わいでスープがすっきり爽やかになりました。

DSCF8569 (480x360)
ネギを入れてくれることはありましたが、ネギよりもサッパリ感が強かったかも。


個人的にはもうちょっとスープが濃厚で、辛さの味わいが複雑な方がいいかなと思いましたが、お腹いっぱいで満足です。
次に与野に来るのがいつになるかは全くわかりませんが、大辛煮そばがとっても気になります。


2014年7月23日訪問時お店DATA
***********************************
つけ麺 R&B (あーるあんどびー)
〒338-0002 
埼玉県さいたま市中央区下落合1032
TEL 048-822-8763
営業時間 
[昼] 11:30~15:00  
[夜] 17:30~23:00 
定休日 月曜日
JR京浜東北線与野駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/06/10 05:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<中國飯店 市ヶ谷店  @市ヶ谷 | ホーム | 【お弁当販売終了】 やきとり 宮川 四ッ谷  @四谷>>
コメント
あらあらまあまあ大変でしたな
与野は友人が以前住んでて
子供が生まれる度で行ってて
二回ほど行きましたな
仕事エラーで遠出って言うと
会社ではプロカメラマンにレンタルで撮影機材も
出してるのですが
撮影現場で動かなくなったって事があって
南町田に行ったことくらいですか
お客さんのとこになんとかたどり着いたら
ラブホで撮影しててびっくりした
撮影は人物じゃないんですよ
ほんとに適当な撮影場所がそれしか無かったっぽくて
入って来るのちょっとアレだったでしょ
って気遣われてしまった思い出

しかし、けがの功名ですな
普段行かない街のラーメン屋を訪問できると言うのは
確かにつけ麺で麺に唐辛子は見たことの無いビジュアル
長野県でも長野市の辺りの人はお蕎麦を食べるのに
八幡屋磯五郎の七味を蕎麦に直接振りかける
って話はありますが

ちなみにラーメンに生の刻み玉ねぎを使うものとして
八王子ラーメンと竹岡式ラーメンがありますが
そんなに歴史は古くないみたい
ここ30年以内位なので推察するに
1993年の冷夏で都内のラーメン屋でも長葱を
薬味に使えない程野菜類が値上がりして
代替として刻み玉ねぎを使ってたのが
値段が元に戻っても玉ねぎを継続したのが
八王子と竹岡式みたいですね
例のファミレスのサラバーにアルファルファしか無かった
あの年
翌年はタイ米騒動に発展しました
ラーメン文化に影響を与える程の冷夏だったんだなぁと
つくづく思った次第
【2015/06/10 11:09】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
ミスには凹みましたが、
思いがけない形で知らない街に行けるのはとても楽しいです。
しかも、その街の有名ラーメン店に行けて、個人的には最高でした(笑)。

麺に唐辛子をかけるというビジュアル、
シンプルなのにオリジナリティがあって、よかったです。
食べる前から、激辛好きの心をくすぐりますよね。
お蕎麦に直接八幡屋磯五郎の七味をふりかけるんですか~。
我が家にも今、八幡屋磯五郎の七味があるので、やってみようかな。

1993年の冷夏ってそれ程のものだったんですね。
まだ自宅で暮らしている頃だったから、
ふーん、大変なんだ、ぐらいな感じでしたが、
今同じような状況になったら、お米、どうやって買おうとか、
いろいろ大変になるんだろうなぁ。

【2015/06/11 06:25】 URL | なお #-[ 編集]
あの頃は毎年梅雨明けを待って
稲毛海岸でBBQをするのが恒例だったのですが
待てど暮らせど梅雨明け宣言が出なくて
待ちきれずに7月末に決行したら
降られました
開始早々の土砂降り
拙者と友人三人で参加者の取り敢えずの着替えになる
Tシャツをありったけ出したり
大騒ぎになってしまった伝説的BBQ
しかも稲毛海岸の防砂ネット越しの雨で
真っ暗な中雨が目に痛い
明るいところに出て見たらみんな真っ黒なんよ
なので仲間内では伝説の黒い雨BBQとか
呼ばれてます
結局あの年は西南諸島以外では梅雨明けをしなかった
戦後二番目の冷夏だったんだな
江戸時代以前なら人が死にまくってるんだろう
と、思えば現代はほんっといいですな
【2015/06/11 06:45】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
それは大変でしたね~。
雨の中、屋根の下でBBQしたことはありますが、
降られてしまったことはないです。
食べられない上に、片付けも大変そう。
梅雨明けしなかった年というのを思い出しました。
今年も天候不順で野菜が高止まりですが、
冷夏に比べれば遙かにマシですね。
【2015/06/12 06:22】 URL | なお #-[ 編集]
今年も実は気象庁のスーパーコンピュータの演算結果は
冷夏予報なんですって
ただ経験則で5月が暑いと冷夏にならない
ってデータもあって長期予報はコンピューターの演算結果に
手心を加えて例年並みの暑さとしたらしい
エルニーニョが起きてますので
冷夏まで行かなくてもぱっとしない夏になる可能性はあります
何はともあれ野菜とお米が高くなるような気候だけは勘弁ですね
【2015/06/13 10:08】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
予報を出すのって難しいんですね~。
個人的にはお野菜やお米の価格が安定して、
夏休みの時期に晴れてくれればいいんですが(笑)。
今年の夏がどうなるか、楽しみです。
【2015/06/15 05:52】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2169-15874a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる