中國飯店 市ヶ谷店  @市ヶ谷
昨日は真夏のような日差しでとっても暑かったですね~。
でも、残念ながら今夜から雨が降り出すようです。
夜遅い方は傘を忘れずにお持ち下さい☆

DSCF8655 (480x360)
2014年7月23日の夜、以前事務所に来ていてくれたIさんが遊びに来るということで、一緒にディナーに行くことになりました。
「場所はどこにしようか?」と上司が聞いてきたので、せっかくの食事会だから、Iさんが大好きなお米にこだわった「米福」@恵比寿というお店を紹介したのですが、遠くまで行くのが面倒くさいと却下。
実はこのお店はIさんのお別れ会の時に行きたかったのですが、定休日で行けず、今回もダメでした。

それなら近場でと、Oさんや先輩が行きたいお店を幾つも候補を挙げたそうですが、ことごとく却下。
結局、上司が市ヶ谷にある「中國飯店(ちゅうごくはんてん) 市ヶ谷店」に決定。
この間、私は自分のミスをリカバリーすべく、与野へ行っていました(汗)。
 2009_0206画像0182
こちらは以前撮影した写真です。
JR市ヶ谷駅から靖国通りの左側を九段下方面に進み、東郷公園入口交差点を左に曲がって最初の角を右に曲がってすぐのところにお店があります。
目立つ看板などがなく、建物が奥まっているので、少々見つけづらいです。

靖国通りからお店の建物に入ると、入口が完全に真裏になってしまい、急な坂になっている駐車場の脇を通らなければなりません。

2008_0712画像0194
前回ランチ訪問したのは2014年3月28日でした。
前回ディナー訪問したのは2007年12月14日だったので、6年半ぶりと、かな~りお久しぶり。

2008_0712画像0192
お店は半地下にあるので、階段を降りてお店の中に入ります。

2009_0206画像0153
お店に入ると右手にカウンターがあります。
お会計はこちらです。

2009_0206画像0154
フロアへ続く扉です。
高級店らしく、ゴージャスですが落ち着いた内装です。

2010_0312画像0063
フロアへの入り口で、ランチの時は店員さんから禁煙席か喫煙席か希望を聞かれます。

DSCF3630 (480x360)
照明はとっても不思議な感じでオシャレでした。

2010_0312画像0019
老舗高級店なので、中華のお店ですが店員さんは日本語が堪能で笑顔で対応してくれます(笑)。

DSCF3628 (480x360)
こちらは個室の円卓です。

DSCF3629 (480x360)
個室の壁にも調度品がいろいろと飾られています。

DSCF8582 (480x360)
午後7時前に入店。
水曜日のせいか、フロアは結構空いていて、3割程の人の入りでした。
ただ、各界の有名人・著名人に愛されている老舗のお店らしく、この日は公明党の団体様がゾロゾロと奥の個室?の方へ入って行きました。

DSCF8587 (480x360)
私たちはフロア中央ぐらいのテーブル席に着席。

DSCF8575 (480x360)
席の横には小さなイスを出してくれるので、ここにカバンを置きます。

DSCF8577 (480x360)
予約を入れていたので、卓上には小皿・お箸・小さなコップ・ナプキン・フィンガーボウルなどがとてもキレイにセットしてありました。

DSCF8581 (480x360)
フィンガーボウルのお水は茶色っぽいです。
紹興酒でも入っている?!
でも、この日は使うことはありませんでした。

DSCF8579 (480x360)
着席すると、おしぼりが出されました。
さすが高級店、とても厚みがあって、フカフカの触り心地です。


生ビール (中)  (?円)
DSCF8589 (480x360)
主役のIさんは仕事で少し遅れていたところ、待ちきれない上司が「先に飲もう!」といい、一杯目を注文。
私は生ビール(中)をいただきました。
ここ数日、アルコールアレルギーの症状が出ている上司は生ビールの小を注文。
見た目は同じスリムな形のグラスなので、ぱっと見、上司はどっちが中か小かわからなかったようです(笑)。
確か、ビールは2種類から選べたので、サントリーのプレミアムモルツをお願いしました。

DSCF8620 (480x360)
メニューです。

この日は上司の意向でコースではなく、アラカルトでいただきました。
上司は「好きなものを頼んでもいいぞ!」とは言う一方、「こんな高いのがあるのか!」とか「時価だって。」とか呟いているのを聞いていると、他のメンバーは空気を読んで、自ずと選択肢が狭まります(笑)。
この時期、Oさんがちょっと体調を崩していたので、辛い系メニューをはずすと、ますます候補が減りました。
「中國飯店」というと、フカヒレ、なまこ、アワビなどのお料理が有名のようですが、自分から言い出すにはお値段が厳しく、お魚系メニューを食べたかったのですが、時価がほとんどだったので、この日は結局私からは希望は述べませんでした。

こちらのお店では、最初にテーブルで一皿に盛られたお料理を見せてくれて、その後、個別に取り分けてくれます。
お料理全体を見渡せるのは一瞬だし、主に上司に向かってなので、この日は写真を撮りませんでした。


脆皮焼腩肉 皮付き豚バラ肉のカリカリ焼き  (中盆 2,400円)
DSCF8622 (480x360)
Oさんが注文。
一人あたり、小さく切ったものを3ついただきました。

DSCF8623 (480x360)
表面はカリカリした食感で美味しかったですが、豚バラだけあって脂身の部分が多く、こってり好きな私ですが、ちょっとくどかったです。
ビールで洗い流すような形で食べました。

DSCF8658 (480x360)
このところ、アルコールアレルギーが出てしまっている上司。
ビールの小でも早速身体がかゆくなってきたとのことで、早々に焼酎に切り替えました。
焼酎だとアレルギーが出ないからと、よく焼酎を飲んでいますが、それはそれで身体に悪いんじゃないのかなぁ?
吉四六をボトルで注文。
中華料理屋さんで吉四六って、なんだか不思議です(笑)。

DSCF8626 (480x360)
氷とお水のセットが出てきました。
お水を入れたボトルはとても背が高くて、フタの所のデザインがステキ。
家で使うには大過ぎるけど、ちょっと欲しいかも。


焼酎 水割り
DSCF8627 (480x360)
高級店だけあって、店員さんがお酒は作ってくれました。
ただ、必ずしもいつもやってくれるわけではなく、特にこの日はそれ程店内が混み合っていなかったのですが、気付いてもらえたらやってくれる、という感じでした。


鮮肉鍋貼餃 特製餃子 (3個750円×2=1,500円)
DSCF8629 (480x360)
餃子が大好きな上司が、こちらを注文。
食べながら「すごいうまいだろ!」とOさんに言っていたので、かなり好みのようです。

DSCF8585 (480x360)
これは、、、??
餃子用のものだったかな?

DSCF8630 (480x360)
餃子は小皿に一個のせられ、タレの入った小皿と肉汁をこぼさないための小さめのレンゲが添えられていました。

DSCF8634 (480x360)
ぷっくりとふくれた大きなサイズです。

DSCF8636 (480x360)
皮はやや厚めで、中はお肉がぎっしり。
それ程肉汁が出てくることはなかったですが、餡はみっちりと詰まってとても肉肉しい食感で、ボリュームがありました。
タレも美味しかったです。


清炒鮮蝦仁 海老のあっさり塩炒め (中盆4,200円)
DSCF8638 (480x360)
こちらは上司が注文。
料理の特性上、仕方ないのですが、かなり見た目がかな~りシンプルでした。

DSCF8640 (480x360)
海老はやや大きめでプリッとしていて美味しかったです。 


雲片肉 薄切り豚バラ肉の辛味特製ソース (中盆1,950円)
DSCF8641 (480x360)
こちらは上司が一番最初に注文したもの。
上司とOさんで、二人して豚バラメニューをかぶって注文。
どんだけ豚バラ好き?(笑)。

薄切りのお肉に生姜の細切りをのせ、たっぷりのソースがかかっています。
キュウリの細切りが彩りに添えられていました。

DSCF8643 (480x360)
同じ豚バラメニューでもこちらはさっぱりしていました。
ただ、食べているときは豚肉メニューだとしかわからなかったのですが、記事を書くときに見たら、辛味ソースとのこと。
ピリ辛ではありましたが、甘さもそこそこあったような記憶があります。


葱油煮乳芋 さといもとねぎの炒め (中盆3,150円)
DSCF8645 (480x360)
中華の里芋料理って珍しいと、先輩がこちらを注文。
「炒め」というイメージからはちょっと違ったお料理でした。

DSCF8649 (480x360)
サトイモは潰してあって、ねっとり。
シンプルな味付けで、塩気も軽く、さっぱりしていました。


空心菜とマコモの炒め物  (2,160円)
DSCF8650 (480x360)
こちらはIさんが注文。
Iさんは男性ですが、料理がとってもお上手。
空心菜って八百屋さんでは安く買えるのに、中華料理屋さんで注文すると一皿1,000円以上するのが不思議で、でも、自分で作っても美味しく出来ないので、ぜひ食べてみたかったとのこと。
先輩も私もまさに同感です。

DSCF8651 (480x360)
しっかり味で野菜がシャキシャキして美味しかったです。
野菜炒めの美味しさって、中華の技術をすごく感じられます。
美味しい、でも、いいお値段ですが(笑)。


黒酢汁排骨 名物 黒酢の酢豚 (中盆3,600円)
DSCF8654 (480x360)
スブタ大好きな上司がこちらを注文。
このお店のスペシャリティの一つです。
もうずいぶん前に、このお店のお料理で忘年会をすることになり、テイクアウトをやっていないので、お料理をお盆ごと運んだことがありました。
その頃はまだ黒酢の酢豚がとっても珍しく、私はほとんど食べたことがなかったので、いい経験をさせてもらいました。
それなのに、上司はその時のことをもうすっかり忘れていました(笑)。

DSCF8655 (480x360)
こってりとした黒酢餡にくるまれたお肉はツヤツヤです。
揚げたお肉が香ばしく、中も柔らかですが、個人的にはやはり甘さがちょっと苦手で、すごく美味しいという感じにはなりません。


豆鼓爆鶏球 鶏肉の黒豆ソース炒め?  (中盆3,300円)
DSCF8660 (480x360)
これは誰のチョイスかわかりません。
この頃からかなりお腹いっぱいになっていました。

DSCF8661 (480x360)
タマネギやパプリカなど、お野菜も大きなカットでたっぷり。
お肉は柔らかく、しっかり濃いめの味付けでお酒が進みました。


なすと豚ひき肉の辛味炒め?  (中盆3,150円)
DSCF8663 (480x360)
こちらも誰のチョイスかわかりません。

DSCF8665 (480x360)
なすはたっぷりと油を吸って、ふわふわと柔らかでした。
ピリ辛味でしっかりと味がしみていて、美味しかったです。
ボリュームも多め。

もうこの時点で、(多分ほとんど全員が)かなりお腹いっぱいでしたが、上司が「〆は炒飯と焼きそばだ!」と言い張るので、一つずつ注文(汗)。

DSCF8671 (480x360)
炒飯の付け合わせでしょうか、お新香の2種盛りが出てきました。
ダイコン?とやや太めにカットされたザーサイです。


XO醤海鮮炒飯 海鮮チャーハンXO醤油風味 (中盆 3,300円)
DSCF8672 (480x360)
こちらはOさんがチョイス。
取り分けられた炒飯は、小さめの器にこんもりと盛られていました。

DSCF8675 (480x360)
ご飯がぱらぱらで、小さめにカットされた海鮮が所々に入っていて、旨みがたっぷり。
お腹いっぱいでしたが、すごく美味しかったです。


芽菜豉油炒麺 もやし入り醤油味焼きそば?  (中盆1,950円)
DSCF8677 (480x360)
最後にこちらの焼きそばが登場。
あんかけスタイルでした。

DSCF8679 (480x360)
麺は柔らかで、シンプルな味わいであっさりと食べられました。
大食いの私でもかなりお腹いっぱいでしたが、先輩がどうしてもこれを食べられないとのことで、先輩の分も食べました。
お腹パンパンです。

このあと、男性陣はデザートを食べましたが、先輩と私は辞退しました。
もう充分お腹いっぱいだったし、甘いものは食べたくなかったので。
上司が「ボトル入れたんだから、飲んでよ!」というので、満腹でしたが、少しずつ焼酎を水割りで飲みましたが、Oさんが体調が悪かったこともあり、飲みきることが出来ず、残念。

DSCF3669 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
ランチの伝票はこんな感じです。

因みにこの日のお会計は一人1万円ぐらいでした。


この日食べたメニューのうち、炒飯が一番美味しくて、空心菜とか茄子、鶏肉メニューも美味しかったですが、個人的に大ヒット!というメニューには出会うことが出来ず、ちょっぴり残念でした。
一度このお店でお金をしっかり準備して海鮮系のメニューを中心に食べてみたいです。

ともあれ、久しぶりに会ったIさんは相変わらず元気そうで、とても楽しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

[ランチ]
 単品・辛みそスープそば (2010年11月26日
 単品・翡翠冷麺 (2013年8月13日
 日替わりかけご飯セット・牛すじ肉と大根の煮込みかけごはん (2009年2月6日
 ランチセット・鶏肉とピーナッツの辛味炒め (2008年7月10日
 ランチセット・豚バラ肉とうずらの玉子との煮込み (2010年8月12日
 スペシャルランチセット・二種海鮮と春雨のガーリック蒸し (2010年12月17日) 
 スペシャルランチセット・牛肉と春雨の辛味煮込み (2012年1月30日) 
 スペシャルランチセット・牛肉とセロリの辛味炒め (2014年3月28日
 Aランチコース・黒酢のすぶた (2010年3月12日

[ディナー]
  1回目  2007年12月14日
  2回目  2014年7月23日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


ランチメニューです↓
DSCF3631 (480x360)

DSCF3632 (480x360)

DSCF3633 (480x360)

DSCF3634 (480x360)

DSCF3639 (480x360)

DSCF3640 (480x360)

DSCF3641 (480x360)

DSCF3642 (480x360)


ディナーメニューです↓
DSCF8620 (480x360)

DSCF8590 (480x360)

DSCF8591 (480x360)

DSCF8592 (480x360)

DSCF8593 (480x360)

DSCF8594 (480x360)

DSCF8595 (480x360)

DSCF8596 (480x360)

DSCF8597 (480x360)

DSCF8598 (480x360)

DSCF8599 (480x360)

DSCF8600 (480x360)

DSCF8601 (480x360)

DSCF8602 (480x360)

DSCF8603 (480x360)

DSCF8604 (480x360)

DSCF8605 (480x360)

DSCF8606 (480x360)

DSCF8607 (480x360)

DSCF8608 (480x360)

DSCF8609 (480x360)

DSCF8610 (480x360)

DSCF8611 (480x360)

DSCF8612 (480x360)

DSCF8613 (480x360)

DSCF8614 (480x360)

DSCF8615 (480x360)

DSCF8616 (480x360)

DSCF8617 (480x360)

DSCF8618 (480x360)

DSCF8619 (480x360)


2014年7月23日訪問時お店DATA
************************************
中國飯店 市ヶ谷店 (ちゅうごくはんてん) 
〒102-0073 
東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービルLB1
TEL 03-3288-3088   
FAX 03-3288-3106
営業時間 
[月~土] 11:30~15:00(L.O.14:30)  17:00~23:00(L.O.22:00)
[日・祝] 11:30~22:30(L.O.21:30)
定休日 なし
地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分
JR市ヶ谷駅から徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/06/11 06:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<やさいと揚げもん屋 「亨。」  @市ヶ谷 | ホーム | つけ麺 R&B  @与野>>
コメント
洗濯とかは楽でいいですが
入梅二日で晴れ二日って気合の入ってない
梅雨前線ですな
水不足がやや心配になります

よく考えたら中華のコース料理って
あんま食べる機会が無い
いつも放題になってしまうので
田舎から友人たちが出てきてくれて
中華街で飲んだ時くらいかな
相方も「放題の方がお得でしょ」
って言いますがここだけの話なので小声ですが
コースだと嫌いなものが出てくる可能性があるから・・・
ですな
なので洋食でもコースはあんま無いね
拙者は嫌いな物ないので
コースの方が自分では頼まそうな物が
出てきたりで楽しめそうな気はしてるのですが
それは言わない
【2015/06/11 07:10】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
お店に行ったら自分が好きな物だけ食べたいから、
私もコースよりはアラカルトを注文することが圧倒的に多いです。
なので、逆に言えば、
コースしかないのにリピートしたいというお店はかなりのお気に入りです。
好き嫌いの多い人は大変ですね~。
それにお付き合いする人も(笑)。

【2015/06/12 06:28】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2173-259f2e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる