和酒とおばんざい 和ごころ  @四谷
梅雨らしく雨の降り続く毎日です。
先日、駅ビルの中を歩いていたら、目の前の女性が濡れた床に滑って思いっきりすっころんでいました(汗)。
ピンヒールはとっても危険です。。。

DSCF0618 (480x360)
2014年9月1日は、週の最初の月曜日。
上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
特に思いつくお店がないままとりあえず四谷方面に行き、このところご無沙汰していたしんみち通りに入ったところ、「和酒とおばんざい 和ごころ」に新しいメニューがあるのを発見。

DSCF0481 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。
お店はJR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りに入り、通りの入口のすぐ左にある高増屋ビルの2階にあります。
地下1階には、「炭膳」というお気に入りのお店がありましたが、2012年の秋頃に閉店し、現在はガールズバーになっています。

DSCF8612.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
市ヶ谷経済新聞によれば、「和ごころ」は、2012年10月17日にオープンし、常時70~80種類をそろえる日本酒をはじめ、梅酒、焼酎、ウイスキー、ワインなど国産にこだわった酒と日替わりのおばんざいをメーンに提供するお店で、同じしんみち通りの奥にあり、2009年1月18日にランチ訪問した「直心」の姉妹店だそうです。
開店当初は夜営業だけでしたが、その後ランチ営業をするようになり、2013年6月7日にランチ訪問していて、約7ヶ月半ぶりです。

DSCF0634 (480x360)
ビルの前にはランチメニューの看板2つとメニュー見本が出ていました。

DSCF0636 (480x360)
こちらのランチは、以前三栄通りの方にあって、2009年3月11日にランチ訪問した「ぶちうま」の広島つけめんを出すお店です。

DSCF0637 (480x360)
基本メニューのほか、夏にぴったりという、塩レモンつけ麺がありました。
この時期、大流行の塩レモンを使ったつけ麺とは、何とも最先端!
二人とも興味津々だったので、入ってみることにしました。

DSCF0635 (480x360)
メニュー見本で出ているのは、広島つけめんです。

DSCF8613_20130701195420.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
2階のこの場所には、2007年10月3日に訪問した「らぁめん 芳久(よしきゅう) 四谷」がありましたが、2012年のいつ頃かに閉店したようです。

ビルの表札にはまだ「炭膳」の表記が残っていました、、、(泣)。

DSCF8614_20130701195345.jpg
やや古めかしい細めの外階段を上って2階へ。

DSCF8583_20130701195637.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
ちょっと暗く写ってしまいましたが、入口の前にはお花が飾ってあり、日本酒などのお酒リストが出ていました。

DSCF0446 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
フロアは右手奥に見えない厨房があり、それ以外の場所にテーブル席が並んでいます。

12時10分過ぎに入店すると、8割程の人の入り。
しんみち通りの入口にあるからか、勤め人ではなさそうな人も多かったです。

DSCF0449 (480x360)
壁には焼酎がずらりと並んでいます。

前回ランチ訪問したのは2014年1月20日だったので、約7ヶ月半ぶり、3回目です。

DSCF0445 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。
4人用テーブルに一人や二人が着席するなど、人数のわりにはテーブルが埋まっていてすぐに座れるかどうか不安でしたが、右手奥の方の4人用席に着席できました。
前回来たときと同じ場所です。

卓上にはコップ、レモンを浮かべたお水の入ったポット、爪楊枝、各種調味料などが置かれています。

DSCF0451 (480x360)
置かれていた調味料は2種類ありました。

DSCF0452 (480x360)
すりゴマと、、、

DSCF0455 (480x360)
辛味でした。
この日は特に使いませんでした。

DSCF8607_20130701195504.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
このお店からは、四谷見附交差点がよく見渡せます。

フロアを担当していたのは若い男性スタッフ一人です。

DSCF0603 (480x360)
テーブルの上にはあらかじめ紙エプロンとおしぼりが重ねて置いてありました。

DSCF0615 (480x360)
紙エプロンは自分で首の後ろを縛るタイプです。
ぶきっちょな私は結ぶのが下手くそで、この日も食べているうちにズリズリと下がってきてしまいました(汗)。
でも、食べ終えてみると、結構汁が飛んでいたので、いただけるのはとってもありがたいです。
この日は特に先輩がかなり汁をぶっ飛ばしていました(笑)。

DSCF0605 (480x360)
メニューです。
でも、こちらには定番の広島つけ麺しか載っていません。
店員さんから口頭で塩レモンつけ麺があることを伝えられたので、二人ともお願いしました。

DSCF0607 (480x360)
裏には夜のメニューが出ています。

DSCF0608 (480x360)
注文を終えると、ご飯が先に出てきました。
これまではつけ麺をある程度食べたところでご飯が出て来ていたのが、システムが変わったようです。
黒いやや小ぶりのお茶碗に入っています。

DSCF0609 (480x360)
黒くて細長いスプーンが添えられています。

DSCF0610 (480x360)
こちら、白飯ではなく、小さく刻んだチャーシューが入っている炊き込みご飯でした。
トッピングされているのは、切りゴマでしょうか?
広島つけ麺を食べた後、残った汁におじやのように食べるのがとっても美味しいので、ちょっとビックリ。
自分たちが塩レモンつけ麺を注文したからかな?と思ったのですが、見ていた感じでは炊飯器は一台だったので、全員同じだったと思います。

DSCF0631 (480x360)
白飯ではないので、まずはそのまま食べてみました。
ほんのり茶色っぽく染まっているご飯には、淡い味がついていました。
食べ進めると、下の方に小さく切ったチャーシューが結構入っていて美味しかったです。

DSCF0612 (480x360)
ちなみに、炊飯器は以前厨房からすぐ出たところに置いてありましたが、フロアの右中程の壁際に移動していました。

DSCF0617 (480x360)
少し待って先につけ汁が出て、次に麺が登場!


塩レモンつけ麺  (900円)
DSCF0618 (480x360)
いただきま~す!

DSCF0613 (480x360)
ちょっと写真だとわかりにくいですが、塩レモンつけ麺というだけあって、つけ汁は鮮やかな黄色でした。

DSCF0614 (480x360)
表面に油がうっすらと浮かんでいるのがわかります。

DSCF0619 (480x360)
白くて丸い大きな平皿に麺が盛られ、その上に野菜やチャーシューや味玉が添えられています。

DSCF0622 (480x360)
お皿に縁には柚子こしょうがありました。
店員さんから「お好みでどうぞ。」とアナウンスをいただきました。

柚子こしょうは個人的には大好きなのですが、この日は後述するように、つけ汁の塩気があまりに強く、さすがにしょっぱい味好きの私でもかなり辛かったので、とってももったいなかったのですが、柚子こしょうは使いませんでした。

DSCF0620 (480x360)
中央には、キャベツ、キュウリ、長ネギ、タマネギ、糸唐辛子が天盛りされています。
緑、白、赤と、彩りがキレイ。
こちらのお店のつけ麺はお野菜がたっぷり食べられるのがとってもいいです。

DSCF0621 (480x360)
チャーシューは薄めですが大きなカットが3枚ありました。
ちょっと太陽光が差し込んで白っぽく写ってしまっているのを差し引いても、昔のチャーシューとはちょっと違います。
以前、特に「ぶちうま」時代は、もっとロゼっぽい色合いで、とってもキレイでした。
実際に食べてみても、昔はジューシーで柔らかな食感だったのに、少し食感がしっかりして味わいもいわゆるチャーシューになっていました。
個人的にはこの変化はかなり残念。

DSCF0623 (480x360)
味玉は半個分です。
黄身のオレンジ色がとっても鮮やか。

DSCF0624 (480x360)
小さめですが、レモンのくし切りが添えられていました。
塩レモンつけ麺なのに、さらにレモンの輪切りが(笑)。
食べる前に麺全体に搾りかけました。

DSCF0625 (480x360)
キャベツは茹でてあります。
大ぶりにカットしてあって、量もたっぷり。
この時期、8月の悪天候で野菜が高騰していたので、お店は大変だったろうなぁと思います。

DSCF0626 (480x360)
麺は真っ白で、ストレートです。
かなりかための茹で加減でパツパツとした独特の食感があります。
ただ、この日はどういう訳か、麺がちょっとくっついちゃっていて、ほぐすのが大変でした。
麺のボリュームは普通です。

DSCF0627 (480x360)
お水はテーブルの上にポットとグラスが置いてあるので、セルフサービスです。
あまり水を飲まない私はすっかり忘れていて、この時点で先輩が入れてくれました(笑)。

DSCF0628 (480x360)
たまたまこの日だけだったのでしょうか、つけ汁はかなりのしょっぱさでした。
濃い味好きの私でしたが、かなりパンチを感じる塩の強さです。
麺はもともとほとんど水分を含んでいないし、野菜もゆでキャベツはしっかり水を切ってあるので、よくあるつけ麺のように食べ進めると味が薄まるということもほとんどなく、最後まできつ目の味わいでした。普通のつけ麺だったら、つけ汁が薄まらないのはありがたいはずなのですが、、、。

DSCF0630 (480x360)
味玉はかための半熟で、黄身の柔らかさを楽しめました。
ちょっと逆光っぽく写ってしまったのが残念。

DSCF0633 (480x360)
麺を食べ終え、先輩が「いつもみたいに雑炊っぽく食べるのかな?」と聞いてきたので、「もともと味付きご飯だし、つけ汁はしょっぱめだから、どうでしょう?」と答えたのですが、「とりあえず食べてみよう!」とやってみました。
うーん、、、、やっぱりしょっぱめだったし、特に相性がいい感じもしませんでした(泣)。
それでも、麺とご飯が食べられたので、お腹いっぱいになりました。

帰りがけ、日本酒の入った冷蔵庫をのぞいたら、美味しそうな日本酒がいろいろ並んでいました。
店員さんから「イベントがあるんですよ!」とチラシをいただきました。
なんでも、蔵本さんを呼んで日本酒イベントを行うとのこと。
とっても楽しそうでしたが、この時はスケジュールが合わなくて参加できず、残念でした。

◆◇◆◇◆ これまでに食べたメニューです↓ ◆◇◆◇◆

広島風つけ麺  (2013年6月7日
かにクリームつけ麺  (2014年1月20日
塩レモンつけ麺  (2014年9月1日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2014年9月1日訪問時お店DATA
****************************
和酒とおばんざい 和ごころ (わごころ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷1-3 タカマスヤビル2階
TEL&FAX 03-3357-6556 
定休日 不定休あり 
営業時間
[昼] 11:00~14:00
[夜] 17:00~24:00 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/07/07 05:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町 | ホーム | Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷>>
コメント
昨日拙者も駅の階段で
すっ転びそうになりそうなところを
寸での所で耐えきった女性を見かけました
危ないですね~

しょっぱいラーメンはなんか心臓がしくしく痛みます
よっぽどお冷やで薄めようかって思う事もありますな
つけ麺屋さんに多い割スープ
あれもほんのり味が付いてると
しょっぱめのお店でこれで少し逃げれるかと
割スープ入れてもあまり塩味が薄まらないと
切なくなります
STOP 塩分過多
【2015/07/07 07:11】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
私も濃い味好きなので、
自宅での食事では塩分取り過ぎには気をつけるようにしています。
今のところ健康診断に引っかかるようなことはないのですが、
たまにスーパーの減塩の塩コーナーを見たりしています。
【2015/07/08 05:29】 URL | なお #-[ 編集]
減塩食品や減塩調味料って
結局物足りなくて味足してかえって普通より
過多になってしまったりなので
出来るだけ自分で気を付けた味付けを心がける
感じですかね
あんまうまく行ってないみたいですが
後は排出を促すよう水分多めに摂取はするよう
心がけてますが

【2015/07/08 16:12】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
そうそう、下手に塩を減らしてしまうと旨みも減ってしまい、
他の調味料を加えちゃったり、量を食べられなくなったりします。
タニタ食堂が流行った時にレシピを見たりしましたが、
結局のところ、ダシを利かせて旨みを増やして塩分量を減らすという感じでした。
わかってはいるんですけど、
化学調味料や塩分の強い味に慣れ切っている自分だと、
それに置き換わるぐらいにダシの旨みを増やすって、
お金も手間もかかりすぎるんですよね~。
健康への道のりは厳しいです(笑)。
【2015/07/09 06:23】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2201-5e8d176d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる